このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

苗木「30人殺しの村?」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 15:47:21.15 ID:jdMZt+Nh0
※ダンロンSSです
※安価あり
※ホラー表現あり

大和田「どこだここはオラァ‼」

山田「も、もう足が限界ですぞ〜」デブデブ

石丸「言っただろう山田君! 常日頃不摂生を続けていると体力は衰える一方なのだ!」

江ノ島「つーか3時間歩きとおしだと普通そうなるんですけど〜イインチョの精神論に絶望です……」キャルン

戦刃「大丈夫盾子ちゃん?レーション食べる?」

朝日奈「あたしはまだ平気だよ?」

大神「ふむ、良い鍛錬になる」

腐川「あ、あんたらみたいなのと一緒にするんじゃないわよ……」ゼエゼエ

苗木「参ったなあ」

時刻は午後6時少し前、ぼくと希望ヶ峰学園の同級生たちみんなは、山の中で立ち往生……
いや、遭難していた。

舞園「そうなんですよ」

霧切「野外プレイね」キリギリッ

苗木「心を読まないでよ舞園さん。あと霧切さんそんな呑気な場合じゃないからね?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482475640
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

寝こさんの寝台車 18両目 @ 2019/02/24(日) 00:00:28.84 ID:DrhS7IJk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550934028/

絵里「いい?正直に言うのよ?」 @ 2019/02/23(土) 23:59:53.32 ID:Yfu9w+Dg0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550933992/

オール安価でまどか☆マギカ 26 @ 2019/02/23(土) 22:34:37.47 ID:fC3MbkPy0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550928877/

チャンスの到来なのかな? @ 2019/02/23(土) 20:48:49.79 ID:WeGvacYy0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550922529/

【禁書】一方通行「ぜってェ野球大会で優勝するンだとよォ」麦野「11回表ね」 @ 2019/02/23(土) 19:16:01.60 ID:3W0hI5iAO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550916961/

#mikuniituya @ 2019/02/23(土) 18:36:40.41 ID:1C6jR96MO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550914600/

須賀京太郎は静かに暮らしたい 菫「第2章だ」【咲-Saki-安価】 @ 2019/02/23(土) 18:03:17.83 ID:1SwzVY4V0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550912597/

グランパスのお姉ちゃん @ 2019/02/23(土) 17:22:15.47 ID:HvmmSBeBo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1550910135/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 15:55:00.80 ID:jdMZt+Nh0
不二咲「うう、こわいよお」

セレス「大分暗くなってきましたわね」

十神「ふん、愚民どもが。やはりお前達と関わると碌なことにならん」

桑田「呼んでないのに勝手についてきてよく言うぜ。で、張本人はなにしてんだ?」

江ノ島「あそこ〜」

葉隠「ぬおお〜! 山の神よ〜どうか俺だけでも助けてほしいべ〜‼」

腐川「い、いっそ清々しいクズね……」

苗木「はあ」

どうしてこうなったんだっけ? 

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 16:02:51.59 ID:jdMZt+Nh0
※数日前

それはお昼の食堂だった

葉隠「苗木っち! 頼みがあるべ!」

苗木「やだ」キッパリ

葉隠「まだ何も言ってないのに⁉」ガビーン

苗木「だって、いつも何か買えか連帯保証人になれかのどっちかじゃないか葉隠くん」

葉隠「う、うぐう……こ、今回は違うんだべ! これを見るべ!」

そういって葉隠くんがテーブルに広げたのは、オカルト系雑誌の特集だった。
こういうのお昼時に見せないでほしいんだけどなあ。

苗木「えっと……この『フルパワーストーン 120%中の120%だ』って広告?」

葉隠「違うべ! こっちの『30人殺しの村は実在した!』ちゅう記事だべ! あ、でも欲しいんなら俺が
格安で―」

苗木「いや、いらないよ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 16:08:03.91 ID:jdMZt+Nh0
葉隠「ちっ、そっか……」

うわあ、露骨に残念そうにしてるよ。

葉隠「ともかく読んでみるべ!」

苗木「えーと……『オカルト通の間では知られた秘村「杉入蛇村」。我々取材班は、ついにその実在する場所を
突き止めた!』……そっか、すごいね。それじゃぼく食べ終わったから……」イソイソ

葉隠「いくらなんでも無関心すぎるべ苗木っち!」

苗木「だって……こういうのは腐川さんとかに教えてあげた方が喜ぶんじゃない?」

腐川「あ、あたしをそんなインチキ詐欺師と一緒にするんじゃないわよ……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 16:15:15.98 ID:jdMZt+Nh0
苗木「あ、腐川さん」

葉隠「インチキとはなんだべ! 俺の占いは3割当たるんだべ!」

腐川「そ、そんなの当てずっぽうと変わんないわよ……け、けど『杉入蛇村』ってのは……ちょ、ちょっと
面白そうじゃない?」

苗木「知ってるの? 腐川さん」

山田「よくぞ聞いてくれました苗木誠殿!」ズイ

苗木「わあ」

山田「『杉入蛇村』……それはこの日本に残る近代神話の一つなのですぞ。これを題材にした作品も多く発表され
今なお多くの好事家の心をとらえて離さない、ミステリアスな事件……」イケボ

腐川「きいい! よ、横からなによあんた!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 16:19:31.40 ID:jdMZt+Nh0
石丸「こら君達! 食事中は静かにしたまえ!」ビシッ

大和田「なんだなんだまた喧嘩かよ?」

不二咲「け、喧嘩はよくないよお」

大神「ふむ、やるならば正々堂々道場でだな」

セレス「そういう問題ではありませんわ」

朝日奈「こ、怖い話はあたしちょっと……」

戦刃「わ、わたしも……」

江ノ島「戦場にいてカマトトぶってんじゃねーぞ残姉!」ゲシイ

十神「愚民の会話は聞くに耐えんな」

みんな集まってきちゃった。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 16:31:35.76 ID:jdMZt+Nh0
霧切「けど『杉入蛇村』……私としても興味があるわね」キリギリッ

舞園「いや! わたし怖いです苗木君!」ヒシッ

苗木「うん、キミたち今までいなかったよね? どうやって当然のように僕の隣の席に座ったのかな?
ワープ?」

江ノ島「そいでよ〜山田〜そのなんとか村ってのはよお〜なんなんだあ〜?」

山田「コホン、それではこの不肖山田、皆さんに『杉入蛇村』について簡単なご説明を致しましょう」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/12/23(金) 16:36:03.82 ID:9x89hZjd0
三十人殺しはリアルで起きた事件だからな、確か戦前の岡山で起きた事件だったけ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 18:09:58.85 ID:jdMZt+Nh0
デロデロデロリン

山田「昔々……デュフフ……50年前くらいのことなんですがねえ」デブデブ

山田「『杉入蛇村』っていう小さな集落があったんですよお」デブデブ

山田「なんていうんですかねえ、この村、非常に排他的な村でしてえ。元々弾圧されていた様々な新興宗教の信者が集まってできたらしくてですなあ」デブデブ

山田「そこで混ざり合った怪しげな風習やら何やらがたくさん……中には見る人が見れば涎物の貴重な古文書なんかも眠っていたとか」デブデブ

山田「ですがあ、よそ者を嫌う『杉入蛇村』では、そんな興味本位で訪れた人々が失踪する事件が頻発しまして」デブデブ

山田「警察の手でも発見できなかったそうですなあ」デブデブ

山田「それで曰くつきの場所として次第に有名になっていったのですぞ」デブデブ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 18:21:40.11 ID:jdMZt+Nh0
腐川「そ、それでここからが重要なのよお……」

腐川「ある大嵐の日があって……『杉入蛇村』は土砂崩れで孤立したのよ……」

腐川「そ、そこでねえ……『杉入蛇村30人殺し』が起こったのよお……」

腐川「は、犯人はそこに住んでた若い男なんだけどねえ……所謂村八分だったんですって……な、なんだか親近感
湧くわねえ……」

腐川「りょ、猟銃と日本刀で有力者と恨みに思ってる奴を次々と……」

腐川「そ、爽快だったでしょうねえ……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 18:31:47.73 ID:jdMZt+Nh0
霧切「苗木君、ここまで聞いてこう思ったでしょう」

霧切「『確かにすごいけど、言うほどかな?』って」キリギリッ

霧切「続きがあるのよ」

霧切「この事件、実は公式な記録がないの」

霧切「何故って? 『この事件』の直後、村が土砂崩れで消滅したからよ」

霧切「あまりにも規模が大きかったこと、日頃からの周辺住民の反感から救助もそれほど積極でなし、そのまま
村は消滅したわ」

霧切「じゃあ誰が伝えたか? 一人だけ、生き残りがいたのよ」

霧切「その人は、助けてくれた農家の人に事件のことを話したそうなんだけど」

霧切「その直後にそのただ一人の生き残りも失踪」

霧切「事件は本当にあったのか? その生き残りの人の行方は? そもそも『杉入蛇村』は本当にあったのか?」

霧切「いろんな憶測を呼んだわ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 18:41:15.71 ID:jdMZt+Nh0
葉隠「その『杉入蛇村』がついに発見されたんだべ!」

大神「話を聞くと土砂に埋もれたはずだが……」

山田「大神さやか殿、実はそれも諸説ありましてな。『杉入蛇村』が世間の目から逃れるために
各所に大金を払い、作り上げたカバーストーリーという話もあるのですぞ」

朝日奈「え〜なんか嘘臭くない?」

舞園「けど見つかったんですよね?」

大和田「おい、よく見るとこの記事どこにあるとか予想してるだけじゃねえか。見つけたなんて言ってねえぞ」

桑田「あ〜、あるある。そういうの」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/23(金) 18:43:37.10 ID:Ml9ASEQgO
>>12
さくらちゃんは大神さくらだぞ
さやかは舞園さん
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 18:59:38.20 ID:jdMZt+Nh0
>>13 どもども 山田「大神さやか殿」→山田「大神さくら殿」

江ノ島「な〜んだつっまんねえの〜」ブーブー

葉隠「違うべ! 俺の直感がこの記事について教えてくれてるべ! 『杉入蛇村』は実在する!」ドドン

セレス「それで何ですの?」

葉隠「当然! 探しに行くんだべ!」デドドン

苗木「……ぼくに声をかけたのって、その手伝いしろっていうためじゃ……」

葉隠「お、流石苗木っち! 察しが良いべ! 見つけたお宝は9:1で山分けだべ!」

石丸「まて葉隠君! それで山でなく山と谷分けになってしまうぞ!」

不二咲「そこ重要かなあ?」

十神「ふん、思った通りだ。要するに金儲けしたいだけか」

舞園「というかそれって窃盗じゃ……」

戦刃「? 戦闘終了後の略奪は暗黙の了解だよ?」

霧切「少し黙っててもらえないかしら?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 19:08:42.93 ID:jdMZt+Nh0
葉隠「というわけで! 改めて苗木っち!」

苗木「さてと、モノモノマシーンでもしようかな」スタスタ

舞園「あ、私もいきます」

霧切「お供するわ」キリギリッ

葉隠「待ってくれって!」ガシイ

苗木「は、離してよ葉隠くん!」

葉隠「俺と苗木っちの仲じゃねーかあ!」グイグイ

苗木「君とそんな仲になると破滅しか待ってないよ!」グイグイ

葉隠「金がねえんだよー!」グイグイ

苗木「預金崩しなよ!」グイグイ

葉隠「いやそれはちょっと……」

苗木「おい」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 19:30:09.49 ID:jdMZt+Nh0
葉隠「もういいべ! もしこれで俺がどうにかなったら苗木っちのせいだべ!」

朝日奈「うわあ」

十神「この責任転嫁能力には見るべきところがあるかもしれん」

セレス「大丈夫ですか十神君」

葉隠「呪ってやるべえ〜」

山田「葉隠康比呂殿の幽霊は生理的に嫌ですぞ! 幽霊なら白い着物の似合うロングなあの娘で!」

大和田「おめえもぶれねえな」

葉隠「苗木っちの実家に取り付くべえ〜場所知ってんだぞ〜」

苗木「ちょ、ちょっと、教えたことないよね? どうやって知ったのさ⁉」

舞園「犯罪ですよ! ……葉隠くん、あとでお話が」

霧切「呆れたものね。……葉隠君、あとでちょっと」

腐川「す、ストーカーね汚らわしい……」

江ノ島「おま言う」キャルン

葉隠「苗木っち〜」

苗木「ああ、もう……」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 19:51:10.34 ID:jdMZt+Nh0
まあ、そんなこんなで結局ぼくは葉隠くんの泥棒……『杉入蛇村』探しに付き合うことになった。
もし本当にそれがあったら、止めないと大変なことになりそうだしね。

舞園「苗木くんが行くならわたしも行きます!」

霧切「苗木君、私たちの仲なら言わずともわかるわね?」キリギリッ

そしてみんなもついてきた、暇だったのかな。
まあ心強いし、ぼくとしては大歓迎だったけど。こうなっちゃうと申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
5時間揺られて乗ってきた無人駅から3時間の山の中、明かりどころが人工物も見えないよ。

江ノ島「十神〜財閥のやつとか呼べね〜の〜?」

十神「通信機器がどれもこれも圏外だ、一体俺達はどこに迷い込んだ?」

山田「ミステリーものの王道展開ですぞ! この流れだとオタクは真っ先に狙われますぞ〜‼」デブデブ

不二咲「お、大和田くん……」

大和田「おう、俺の近くにいろ不二咲。兄弟もだ」

石丸「ふ、背中は任せたぞ兄弟」

戦刃「この虫は食べられるよ」ウネウネ

腐川「ひい、そ、そんな毒々しい色のもの近づけるんじゃないわよ……」

セレス「ミルクティーが恋しいですわ」

朝日奈「液体ドーナツならあるよ?」

桑田「液体……?」

大神「そろそろ日が完全に落ちるな」

舞園「わたし怖い! 苗木くん!」ヒシッ

霧切「わたしもよ!」ヒシッ

苗木「く、苦しい……」ギリギリ

葉隠「創造神よ〜‼」ダベベー

う〜ん、このままじゃよくない、なんとかしないと。
どうしようか?

↓(複数人で行動する場合は人物も明記)



 
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/23(金) 23:07:56.00 ID:Upj/4G85o
野宿できる場所を探す
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/23(金) 23:22:51.76 ID:qGlaIB7Fo
前にあったホラーの館の人?
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/23(金) 23:56:11.83 ID:jdMZt+Nh0
>>18

野宿できる場所を探そうか。
というかもうその選択肢しかない。

苗木「みんな、ちょっと待っててね」

不二咲「え? 苗木君?」

元はと言えば、ぼくのせいで皆をまきこんだんだ。少しは自分でなんとかしないと。
ぼくは野宿できる場所を探して歩きだした。

苗木「野宿野宿……」

洞窟とかあるといいんだけどなあ。

苗木「いっそ『杉入蛇』があると助か―」


ざくっ


「る」が、言えなかった。

苗木「……がっ?」

胸にひどい痛みがあった。

戦刃「―‼」

大神「―‼」

戦刃さんと、大神さんの声が聞こえた気がする。けどぼくには確かめる術もなかった。
胸に深々と突き刺さるくわに、目が釘付けだったからだ。心臓の鼓動に合わせて、血があふれだす。
ぼくは間抜けにも、実物のくわをこうやって間近で見るのは初めてだなあなんて考えながら、ゆっくり目を閉じた。



『DEADEND』
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 00:07:02.12 ID:ZvjDrhWKo
いきなりゲームオーバーか
単独行動がいかんかったのかな
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 00:07:26.05 ID:fjkC6bI20
モノクマ「えくすとり〜む!」ヒョコ

モノクマ「苗木くん、どうして死んでしまうん……?」ウルウル

モノクマ「それはね……苗木くんは『超高校級の平凡』だからだよ〜ん!」ギャハハ~

モノクマ「まあこんなクマった状況で『ソロプレイ』は死亡フラグだよね〜」ウププ

モノクマ「腕っぷしの強い『誰か』と一緒に行ってればまた違ったかもね〜」

モノクマ「続ける気なら、そこら辺を考えてみるといいかもしれません」ウシシ

モノクマ「そいじゃ、サイナラサイナラサイナラ」フリフリ



↓ 17からやりなおしますか(その場合行動も記載)?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 00:14:58.92 ID:KnxbJPSCo
戦刃、江ノ島、葉隠と野宿出来る場所を探しに行く
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 00:17:16.28 ID:QFIcWqGO0
うん
戦刃と行動
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 00:25:20.59 ID:A9jymMEy0
江ノ島も戦闘力やばいんだよな
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 00:27:58.79 ID:KnxbJPSCo
江ノ島は戦闘力もだけど頭脳チートで分析力高いからそっち方面で期待した
あと見張っておかないと変なことしそうだし
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 00:31:30.10 ID:fjkC6bI20
>>23

野宿できる場所を探しに行こうか。
最悪一晩過ごすことになるかもしれないしね。
こういう時は―

苗木「戦刃さん、一緒に来てもらえる?」

戦刃「? いいよ」

山田「ややや⁉ 早速イベントを発生させるおつもりですかな?」

苗木「ち、違うよ。ぼくは野宿する場所を一緒に探してもらおうと思って」

腐川「ののの野宿ですって! ああああたしはこんなとこでね、寝ないからね! き、着替えも風呂もないじゃない!」

桑田「オメーが言うかそれ? でも俺も野宿なんてやだぜ」

大神「だが、この状況では理にかなっている。暗いうちに歩くのは危険だ、体力も温存せねば」

江ノ島「なんか面白そーだしあたしもいくー」キャルン

葉隠「健闘を祈るべ!」

苗木「……葉隠くんも、こよっか?」

葉隠「だべ⁉」



28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 00:43:53.87 ID:fjkC6bI20
ガサガサ

葉隠「ひいいい! あそこでなんか動いたべ! チュパカブラだべ!」ビクビク

江ノ島「純和風のこの状況でそのチョイス……絶望的です……」

苗木(この二人は置いてきた方が良かったんじゃ……)

戦刃「……止まって」

苗木「?」

戦刃さんがそういうのと同時に、前の木立からおじいさんが出てきた。
麦わら帽子にシャツ、くわを担いだ今しがたまで畑仕事をしていた風だ。

葉隠「第一村人発見だべ! おっちゃん! 助けてほしいべ!」

江ノ島「シャラーップ! ニンゲン、あれをよ〜くみるのです」

農夫?「おお……」

戦刃「止まって」チャキ

戦刃さんがナイフを構える。普段なら止める処だけど、ぼくはそれができなかった。
だって……おじいさん? の様子があまりにも常軌を逸していたからだ。
よろよろとした足取りに、病的なまでに白い肌、そして……目があるはずの場所にはぽっかり黒い穴が空いてるだけだった。

葉隠「ぞぞぞゾンビい⁉」

江ノ島「またまた和風テイストに合ってねえけど賛成だぜ!」

農夫?「あ……」

ゾンビ?はくわを振り上げて―戦刃さんめがけて振り下ろした。


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 00:55:25.25 ID:fjkC6bI20
苗木「戦刃さん!」

戦刃「平気」スウ

ざくっ。
くわの刃先が字面に食い込む。

農夫?「う……」

戦刃「……」

戦刃さんはそのままくわの上に足を乗せ、ゾンビ?が引き抜けないように固定すると、ナイフの柄で
思い切り腿の付け根を叩いた。見てるだけでこっちまで痛くなるような攻撃だ。

戦刃「……」

農夫?「あ……」

苗木「うそ……」

なのに、ゾンビ?はビクともしないで戦刃さんに掴みかかろうと手を伸ばしてきた。
バックステップでそれを躱した戦刃さんは、ぼくたちの傍まで後退して再びナイフを構える。

江ノ島「こら残姉! 手加減してんじゃねーよ!」

戦刃「ご、ごめん盾子ちゃん。でも、手加減してないよ、骨が砕けてるはずなの」

葉隠「さらっと怖いこと言ったべ!」

苗木「痛みを感じてないってこと?」

戦刃「薬をやってるのかもしれない」

農夫?「う〜」ヨロヨロ

ゾンビ?はこっちに向かってくる。
動きは遅いけど、痛みがないっていうのは結構まずいんじゃないかな?
どうしようか?

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 01:01:13.32 ID:WW0gPgU8o
戦刃がゾンビの四肢を切断
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 01:02:40.60 ID:KnxbJPSCo
まず倒せるのかどうかわかった方がいいよな。引き続き戦刃に迎撃してもらい、
どうしたら動きが止まるのか、弱点はないのかを江ノ島に分析してもらう

安価下
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 01:20:11.17 ID:fjkC6bI20
>>30

戦刃「……」

一瞬だった。
気づいた時には、ゾンビ?の両手足が切断されて、体が倒れ込んでた。

葉隠「ひいいいいいいい!」ガタガタ

苗木「い、戦刃さ―」

戦刃「見て、苗木くん」

苗木「⁉」

戦刃「血が全然出てない」

言われてぼくは思わずそれを見てしまう。
切断されて肉の断面が見えるそれは、確かに血を流しているけれど、戦刃さんの言うように全然量が少ない。

戦刃「筋肉の色も変、壊死してるみたい」

江ノ島「じゃあゾンビじゃねーかファッキン!」

戦刃「で、でも盾子ちゃん、ゾンビは再生しないと思うよ……?」オドオド

苗木「さ、再生?」

戦刃「う、うん」

もう一度、切断された手足を見ると悪夢みたいな光景が広がっていた。
斬り飛ばされたはずのそれは、傷口に向かって少しづつ少しづつ近づいて行ってた、まるで、意志があるみたいに。
そして四肢を切断された胴体も、何事もなかったかのように僕たちににじり寄ってくる。

苗木「な、なん―」

思わずくちを突いて出たその言葉は、少し先から聞こえる、不二咲さんの悲鳴にかき消された。
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 02:12:12.26 ID:qDrhxAeJo
杉入蛇ってなんて読むんだろ
バラバラにしても再生するのはタチ悪いな

…というか元ネタが元ネタだけに全員生還とか出来るんだろうか
過去のサイレンクロスではbadエンドだったし
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/24(土) 14:28:26.24 ID:fjkC6bI20
葉隠「だべ⁉」ビクッ

苗木「不二咲さん⁉」

戦刃「‼ 苗木くん危ない!」グイ

苗木「わ!」

ブン
目と鼻の先を、何か鈍く光るものが奔った。

「う〜……」

葉隠「ま、また出たあ‼」

ほっかむりのおばあさん……いや、さっきと同じ怪物だ!
手に持ってるのは草刈りにつかう鎌……戦刃さんが引っ張ってくれなかったら今頃……!
あちこちで足音とうめき声がする、ど、どれだけいるんだ?

江ノ島「おい苗木い! どうするよ!」

戦刃「……」チャキ

苗木「↓」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/24(土) 17:32:53.17 ID:WW0gPgU8o
周りに注意しながら不二咲のところに駆けつける
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/28(水) 20:06:31.53 ID:Y6Vmktq50
>>35

苗木「み、みんなと取りあえず合流だよ!」

葉隠「その意見に賛成だべ!」

江ノ島「おっし! 残念! キミに決めた!」キャルーン

戦刃「任務、了解」チャキッ

パンパンパン

?「あ」

?「う」

流石戦刃さん、あっという間にいたゾンビ? を倒しちゃった。

葉隠「し、死ぬんか?」

戦刃「致命傷を与えると、復活するけど動けなくなるみたい」

冷静に考えると、ゾンビじゃないのかもしれない。
いやそもそも生き物なのかこれ?
いや、今はみんなと合流しないと。ぼくたちは戦刃さんに先導してもらって、みんなの方へ急いだ。
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/28(水) 20:23:30.59 ID:Y6Vmktq50
タッタッタ

苗木「みんなだいじょ―」

大神「ぬおおおおお!」ドゴーン

大和田「おらああああ!」バギイ

桑田「っしゃあ! 当たった!」ビュン

ジェノサイダー「キャハハハ‼ きりほーだーい‼」ザクザク

……心配し過ぎだったかな?

石丸「おお君達! 無事だったかね!」

葉隠「怖かったべえ〜‼」ブワッ

山田「ひいいい! 葉隠康比呂殿ソフトタッチでお願いしますぞ!」

不二咲「み、みんな大丈夫?」

苗木「うん、戦刃さんのおかげでね」

戦刃「///」テレテレ

江ノ島「気持ち悪いーんだよ残姉‼」ゲシイ

セレス「で、この方たちは?」

アーウー

十神「大方葉隠が何かしたんだろう」

葉隠「酷いべ! まだ何もしてないべ!」フンガー

朝日奈「『まだ』?」

ガーウーオー ワラワラ

大和田「くそ、こいつらどんだけぶちのめしても立ち上がってきやがるぞ!」

大神「我に任せろ……戻れるほど遠方に投げればいい」ムキムキ

山田「やっぱりパワーキャラは頼もしいですぞ!」デブデブ

舞園「どうしましょう苗木君?」

霧切「その様子だと、まだまだ数がいそうね」

苗木「うん」

けど、正直これならいけるかもしれない。
倒せなくても、動きは鈍い。大神さんに文字通り『投げて』もらえれば……。
そんな楽観的な考えが甘かったことを、ぼくはすぐに思い知らされた。


苗木「―⁉」


頭痛。
割れるような強烈な頭痛が、突然頭を襲った。
意識が保てない。倒れながら僕が見たのは、みんな、そしてゾンビ?までが頭を同じように抱えている姿だった。

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/28(水) 20:28:54.09 ID:Y6Vmktq50
…………
……


苗木「ん……」ガバ

天井? ここは……小屋?
おかしい、さっきまで山の中にいたはずだ。そしてゾンビ?に遭遇して確か……。
そうだ、頭痛だ。頭痛で立ってられなくなって……。
小さな小屋だ、寝泊まりはできそうもないけど、かといって物もない。いったい何に使ってたんだろう?
空気がよどんでないってことは、人の出入りはありそうだけど……。

?「……」

苗木「あ!」

ぼくひとりじゃない、小屋には↓がいた。

※人物指定、複数可
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/12/28(水) 20:40:50.65 ID:FyS3DK66O
舞園
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/28(水) 21:35:54.43 ID:Y6Vmktq50
>>39

苗木「舞園さん⁉」

舞園「う……」

よかった、怪我はないみたいだ。
ゆっくりとだけど、起き上がる。

舞園「苗木……くん?」

苗木「大丈夫? どこか痛くない?」

舞園「え……ま、まさか」

苗木「?」

舞園さんの様子がなんだかおかしい。

舞園「こ、こんなところで? 苗木君! わ、わたしはもっと雰囲気のあるところの方がよかったです‼」

苗木「え?」

舞園「でも……こうなったらもう……大切にしてくださいね///」

……なにかすごい勘違いをされている気がする。
まあ元気そうでよかったよ、さて、どうしようか? 窓もないし、出入り口はドアが一つあるだけだ。


1 とりあえず外へ
2 周囲を探索してみる
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/28(水) 21:48:30.14 ID:4d9K+1OR0
2
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/28(水) 22:00:58.01 ID:Y6Vmktq50
>>41

苗木「何かないか探してみようか」

舞園「はい」

ぼくらは小屋の中を探してみた、といっても、そんなに広さもないしあっという間だ。

舞園「ドライバーがありましたよ! プラスマイナス入れ替えできるタイプです!」

苗木「う〜ん、何もないよりはましかな?」

〇『ドライバー』を手に入れた。

???「う〜」ズルズル

⁉ 外から音が、あの怪物か⁉

舞園「苗木くん……」

苗木「舞園さん、ぼくの後ろにいて」

さて、どうしようか?


1 ドライバーの先制攻撃だ!
2 ここはやり過ごすために息をひそめていよう
3 その他
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/28(水) 22:01:59.44 ID:giC9qXX4o
2
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/28(水) 22:20:14.61 ID:Y6Vmktq50
>>43

苗木「静かにしてよう、やり過ごせるかも」ヒソヒソ

舞園「はい、わかりました」ヒソヒソ

???「う〜」ズルズルズル

行ってくれ、行ってくれ……。
くっ、ドアの前で止まっちゃった。せ、せめて入ってくるのは……。

キイ

???「! う〜」ズルズルズル

舞園「な、苗木くん!」

くそ、入ってきちゃった! 農作業をするような服装ゾンビ?で、手には木刀を握ってる。
逃げるのは……無理だ、後ろは小屋の壁、ゾンビ?をすり抜けて外に行くには狭すぎる。

苗木「舞薗さん! ぼくがあいつの注意を引くから、その隙に逃げるんだ!」

舞園「そんなことできません!」

???「う〜」ズルズル

苗木「やるんだ!」

動きはそんなに早くない、ぼくが全力で体当たりすれば隙くらい作れるはずだ!

苗木「う、うわあああああ!」

ドン

???「う〜」ズル

や、やった! 倒れたぞ、やっぱり力はそんなに強くない!

苗木「舞園さん! 早くそ―」

ぞぶり

舞園「いやああああああああ! 苗木くん!」

うがいのような喉の音。
そういえば、山田くんたちとゾンビ映画をオールナイトで見たときのことを思い出した。あの時も、
たしかこんな音がしていた場面があった、そう、喉を食いちぎられちゃった人だ。不二咲さんが泣き出しちゃって、
大変だったんだよね。
そうだよ……ぞんび?……は……かみつ……



ぞぶり



『DEADEND』


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/29(木) 17:34:24.41 ID:hEiJljti0
キュムキュムキュム

モノクマ「エクストリ〜ム‼」ババーン

モノクマ「また会えて……先生は感激です!」ウルウル

モノクマ「けど苗木君には災難だね〜痛いだろうね〜」ウプププ

モノクマ「あ、アドバイス?」

モノクマ「苗木君は『普通』なんだよねえ」ウプププ

モノクマ「『格闘家』『暴走族』『軍人』……当たりじゃないとお化けと闘うのは厳しいんじゃな〜い?」

モノクマ「ま、『人による』けどねえ」ギャハハー

モノクマ「それと、時には勢いも大事です。ライブ感の持ち主でないと日本刀もってオサレに戦えないのです」ウルウル

モノクマ「ほいじゃ、サイナラサイナラサイナラ」トテトテ

↓再開の場合、場所指定
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/29(木) 18:00:49.43 ID:anT8LEHt0
再開
40で
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/29(木) 18:32:35.82 ID:hEiJljti0
>>40

舞薗さんと小屋の中だ、さて、どうしよう?


1 とりあえず外へ
2 周囲を探索してみる
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/29(木) 19:06:04.34 ID:KreKk2Bv0
1
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/29(木) 22:16:09.64 ID:hEiJljti0
>>48

取りあえず、外に出てみようか。

苗木「歩ける? 舞薗さん?」

舞園「はい。……なんだか嫌な予感がしますね」

ギイ

苗木「うわっ」

霧、霧、霧。
あたり一面真っ白の霧だ。一メートル先も見えないよ。手探りで進むしかない。

舞園「苗木君、怖いです!」ギュ

苗木「うん、離れないようにね」

舞園「はい! 一生離れません!」ギュウウウ

……大丈夫かな?

う〜 ズルズル

苗木「!」

舞園「あの声……」

苗木「そ〜っと逃げようか……」

舞園「そうですね……」

声から離れれば……あの音からすれば何か武器もありそうだしね。
ぼくと舞薗さんはその場からゆっくり離れていった。
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 01:29:10.26 ID:eT8lII9j0
もしかしなくても、森の洋館とかの人?
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 14:32:11.95 ID:iKRet1+O0
…………
……


苗木「ちょ、ちょっと休もうか……」ゼエゼエ

舞園「大丈夫ですか?」

結構歩いたのに、舞薗さんはぴんぴんしてる……情けないなあぼく。
近くにいただろうゾンビ?からは逃げられたみたいだけど、どこを歩いているのかわからなくなっちゃった。
というかここはどこなんだろう?

舞園「人の通りはあると思いますよ。ほら、地面がしっかりしてます」

苗木「考えを読まないでよ……でも、だとしたらどうして誰にも合わないんだろう?」

もしかして、人がみんなあのゾンビ?に……なんて嫌な想像が湧き起こる。
よせよせ、人よりほんのちょっと前向きなのがぼくの取り柄じゃないか。
ここは……


1 もう少し歩く
2 誰かいないか叫んでみる
3 その他
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 14:37:10.22 ID:VRCo+WdhO
2
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 14:53:44.10 ID:RU3vrlQho
叫ぶのは死亡フラグ
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 15:08:55.00 ID:iKRet1+O0
>>52

誰かいないか叫んでみようか? みんながいたら合流できるかも。

苗木「だ―」

舞園「それは違いますよ!」ドグオ

苗木「おぶえ⁉」

舞園「ダメですよ苗木くん! 叫んであのゾンビさんたちが寄ってきちゃったらどうするんですか?」ビシィ

苗木「た、たしかに……ありがとう……舞薗さん……けどお腹を殴る意味はあったのかな?」プルプル

舞園「エスパ―ですから」ニコッ

苗木「説明になってないよ……」プルプル

ふう、しかし腹部の鈍痛と引き換えに冷静になれたぞ。確かにゾンビ?に気づかれる危険もあるな。
逆に呼びたいとき(どんな時だ?)は叫べば呼び寄せられるかもしれない。
さて、もう少し歩いてみるかな。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 15:23:37.44 ID:iKRet1+O0
…………
……


ゾンビ?「う〜」カタカタ

苗木「舞薗さん、静かに」ヒソヒソ

舞園「第1村人発見ですね」ヒソヒソ

やっと家があった。けど、その玄関にはおばあさんのゾンビがいる。
何をしてるんだ? じょうろで……花に水やり? けど花どころかプランターもないぞ。水だって出てない。

ゾンビ?「うう……」カタカタ

……深く考えるのは止めておこう。
さて、どうしようか? 今は手持ちが何もない、というかここがどこかもわからない。
家で何か手がかりでも見つかるといいんだけど……、あのゾンビ?をどうにかしないと。


1 希望は前に進む! 正面突破だ!
2 裏からそ〜っとね……
3 その他
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/12/30(金) 15:33:56.26 ID:eGJ3a5600
3 落とし穴を掘ってゾンビを挑発して誘導して、落とす
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 16:05:18.18 ID:iKRet1+O0
>>56

苗木「よし、舞薗さん。落とし穴を掘ってあのゾンビ?を呼んでそこに落とすんだ」ヒソヒソ

舞園「え? あの……こっそり裏に回りこめばいいんじゃ……」ヒソヒソ

苗木「それは違うよお(ネットリ)希望は前に進むんだ(グルグル)」ヒソヒソ

舞園「は、はあ……」ヒソヒソ

× × ×

ザクザク

苗木「あ、あとどれくらいだろう?」ハアハア

舞園「まだ窪みくらいにしかなってませんよ」ハアハア

苗木「ううむ、道具もなしに穴を掘るのはまずかったかな」ハアハア

舞園「何か変なものに憑かれてませんでした?」ハアハア

くっ、体力を消耗してしまった。
おばあさんゾンビ?は相変わらずで安心だけど……。

舞園「もう普通に裏から行きましょう」ヒソヒソ

苗木「はい……」シュン

うう、格好悪い所を見せちゃったな。
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 17:06:54.13 ID:iKRet1+O0
キイ

舞園「空いてましたね」ヒソヒソ

苗木「そ、そうだね」ヒソヒソ

家の中はほこりっぽいけど案外普通だ、けどそれがまた不気味……。
音を立てないように、中を探ってみる。ごく普通の平屋で、目立つものは何もない。
というか、生活の跡が見える。まさかあのおばあさんゾンビ?が? でもそんな知能があるように見えないけど。

舞園「苗木くん」ヒソヒソ

苗木「ん? どうし―」

キラッ

苗木「ひっ……」

舞園「武器になるかわかりませんけど……」

・『包丁』を手に入れた

ほ、包丁……何故だろうか、舞薗さんが包丁を持っていると胸騒ぎがするような……。

舞園「それと、これ」ピラ

苗木「か、回覧板?」

でも紙がぐちゃぐちゃだ、バイザーもぼろぼろだし。
辛うじて読めるのは……『杉入蛇町内会報』っていう文字くらいだ。
ん? 『杉入蛇』?

苗木「舞園さん、これって……」

舞園「はい、葉隠くんの言ってた村ですよね?」

ってことは……ぼくたちは今ここにいるのか?
でもたしか幻の村だって……それに土砂崩れでなくなったんじゃ……いや、よく考えるとぼく、何も知らないぞ。
あっという間だったからネットで調べる暇もなかった。

う〜 ズルズル

苗木「?」

表のおばあさんゾンビ?が動き出したぞ。ぼくたちに気づいたわけじゃない、何故か家の外の方へ
歩いていく。

舞園「苗木くん、もしかして表のゾンビさん誰かを見つけたんじゃ?」

苗木「え?」

舞園「その……直感なんですけど」

どうだろうか? だとすると不二咲さんやセレスさんだと危ない。いや、他のみんなだって。
確かめるべきか?


1 後を付けよう
2 いや、危険だ
3 その他
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 17:12:31.67 ID:uHQuCUa0o
3まずは陰から覗いて少し様子を見よう
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/12/30(金) 17:13:03.50 ID:eGJ3a5600
1
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 21:20:23.51 ID:iKRet1+O0
>>59

苗木「よし、少し様子を見て見よう」ヒソヒソ

舞園「そうですね」ヒソヒソ

ぼくらは玄関の覗き穴からそっと外を見て見る。
やっぱり、あのおばあさんゾンビ?はどこかへ向かっている。
動きは遅いな、けど確か不死身なはずだし力も普通の人くらいはある。ぼくも舞園さんも力は
強くない、極力戦いは避けないと。

?「……」サササ

舞園「‼ 苗木くん、あれって……」

苗木「あれは……↓くん(さん)?」

↓ 人物指定(複数可)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 21:26:57.84 ID:VRCo+WdhO
朝日奈と桑田
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 21:49:28.50 ID:iKRet1+O0
>>62

朝日奈さんに……桑田くん?

ゾンビ?「うう……」ズルズル

朝日奈「わっ、また来たよ桑田!」

桑田「よっしゃ、任せろ!」ブン

ボコオ

うわ、手に持った木の棒でフルスイング。たまらずおばあちゃんゾンビ?も倒れたよ。

桑田「うっし、どうだよ朝日奈ちゃん!」

朝日奈「あ、あそこに家がある。また押入れとかに押し込めとこうよ」

桑田「そう都合よくあっかな? 引きずるのも俺だし」ブツブツ

ガチャ

苗木「朝日奈さん、桑田くん」

舞園「大丈夫ですか?」

桑田「うおっさやかちゃん!」

朝日奈「苗木!」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/30(金) 22:32:35.11 ID:iKRet1+O0
…………
……


おばあさんゾンビ?の死体を我慢して家まで運んで、古びた縄でぎちぎちに縛り、押入れに入れて箪笥で蓋を
したあと、ぼくたちは額を突き合わせて話し合ってた。議題は勿論、これからどうするかだ。

苗木「2人とも無事でよかったよ」

桑田「まあな! 俺がいりゃなんでもへっちゃらだぜ!」

朝日奈「さすが桑田!」ヤンヤ

舞園「頼りにしてますよ!」ヤンヤ

桑田「そ、そっか///‼ 任せとけって‼」

朝日奈「男って単純だよね」ヒソヒソ

舞園「あ、それいっちゃいます?」ヒソヒソ

苗木(うわあ……)

朝日奈「苗木たちも、気づいたらここにいた感じ?」

苗木「あ、じゃあ朝日奈さんたちもなんだ」

桑田「俺は村にいてよ、棒片手にあいつらから逃げてたら朝日奈ちゃんと会ったんだよ」

舞園「やっぱりここ、『杉入蛇村』なんですか?」

朝日奈「そのす、す……『すいだむら』かどうかわからないけど、村なのは確かだよ。この先少し行くと、小さな山になってて、村が見渡せるんだよ」

そうだったのか……てことは、ぼくと舞園さんは2人のすぐ後を歩いて行ってたのかな?

苗木「村の様子、詳しく、書ける?」

桑田「この霧だからな……大体だぞ?」

そう言って、桑田くんは家から見つけた紙と鉛筆で地図を書いてくれた。

桑田「今俺達のいるここは、端っこだな」

舞園「え〜と……学校、病院……教会?」

朝日奈「うん、これだけすごく大きかった」

結構離れたところに、学校病院教会が固まってる。ここが中心地かな?当然民家もあるだろうし、ゾンビ?の数も多そうだ。

苗木「ほかのみんなは……みてないよね」

桑田「ああ、けど途中で大和田の怒鳴り声と葉隠の悲鳴が聞こえたから、あいつらもいるはずだぜ」

朝日奈「さくらちゃんもみんなもきっと無事だよ!」

確かに、固まっててくれれば、大神さんたちがそう簡単にやられるとは思えない。問題は、ばらけちゃってる場合だ。

舞園「みなさん、中心地の方にいるんでしょうか?」

ガタン

朝日奈「わわっ」ポヨン

苗木「おうふっ///」

あ、朝日奈さんがぼくに寄り添って胸が……。

舞園「……」ギリギリ

桑田「いててて! さ、さやかちゃんなんであごひげ引っ張るんだよ⁉ 痛い痛いって!」

おばあさんゾンビ?が復活したみたいだ、けど、縄で縛られてて箪笥のせいで外には出られない。やっぱり基本的には人間と同じ力みたいだ。
こうやっていけば無力化できるかも……でも押し込めていく場所があるかな? 
そろそろ行動を起こさないと、まずは……。


1 学校へ
2 病院へ
3 教会へ
4 その他



65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 22:36:06.23 ID:RU3vrlQho
1
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/30(金) 22:37:08.31 ID:zF5d2CSbo
3
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/31(土) 09:47:02.85 ID:8xXIrPGr0
>>65

苗木「よし、学校にいこうか」

舞園「確かに、皆さん避難してるかもしれませんね」

桑田「おっし! 女の子のみんな待ってろよ!」フンガー

朝日奈「さくらちゃん……」

ぼくたちは家を出て、学校に向かった。
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/31(土) 10:08:50.92 ID:8xXIrPGr0
…………
……


う〜お〜 ドタドタドタ

朝日奈「ひいいい!」ダダダダ

桑田「アポおおおおおお!」ダダダダ

舞園「いやあああああ!」

苗木「うわああああ!」

追われてます。そう、ゾンビ?です。

桑田「く、この野郎‼」ビュン

う…… バタン

桑田「や、やったぞ! さやかちゃん! 倒したぞ!」

うおおお…… ドタドタ

朝日奈「あと10人はいるじゃない!」

舞園「な、苗木くん! しっかり!」

苗木「き、きつい……」ゼエゼエ

そう、桑田くんなら勝てる。けど、戦いが専門じゃあない。
一人二人ならまだしも、集団でこられるとピンチだ。倒してもどこかに押し込められないし他の
を相手にしてる間に復活されてしまう。
最初に桑田くんが襲い掛かかったとき止めるべきだった……見栄っ張りだからなあ。

ゾンビ?「きいいいいいい!」

ウオー ウー

朝日奈「ま、また仲間呼んでる!」

おまけにゾンビ?たちはある程度意思疎通できるみたいだ、叫んで呼んで、どんどん増えてくる。

ゾンビ?「う〜」

桑田「⁉ 苗木! 後ろあぶねえ!」

苗木「‼」

舞園「はあ!」ザク

ゾンビ?「う?」

舞園「苗木くんになにするんですかなにするんですかなにするんですか」グリグリ

ゾンビ?「う……」ドサッ

舞園「大丈夫ですか苗木くん⁉」

苗木「ま、舞園さんこそ……」ドンビキ

今、包丁で抉ってたよね? 
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/31(土) 11:01:03.35 ID:8xXIrPGr0
ダダダ 
ガチャ
バタン

桑田「や、ヤバかったぜ……」ハアハア

朝日奈「学校あってよかったよ……」ハアハア

苗木「」コヒューコヒュー

舞園「きゃあ! 苗木くん!」ユサユサ

こ、こんなに走ったのは初めてだ……。
で、でもどうにか学校までこれだぞ……。

朝日奈「うわあ、ここも埃っぽい」ケオホケホ

桑田「てか廃校じゃねーの?」

確かに、あちこちボロボロだ。とても最近まで使われてたとは思えないな。

舞園「『杉入蛇小学校』……掲示板にはそう書いてあります」

やっぱり『杉入蛇村』なのかな?
だとすると疑問がいくつか、結局『土砂崩れ』はあったのか? あったらこんなきれいに残ってる
わけないし、嘘ならなんでそんなことをする必要があったのか? 『30人殺し』っていうのも
気になる。あのゾンビ?と無関係ってわけでもなさそうだ。

朝日奈「3階建てだね、低学年中学年高学年なのかな?」

桑田「苗木、着いたけどよお、これからどうすんだ?」

苗木「そうだねえ……」

↓ これからどうする?

70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/31(土) 11:21:34.14 ID:XLXxZ1qdo
探索しながら武器になりそうな物を探す
学校なら色々ありそうだし
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/31(土) 13:19:25.20 ID:7JonErRz0
図書室とか職員室に行けば資料とかありそうだし、探してみる
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/31(土) 15:24:37.11 ID:8xXIrPGr0
>>70

苗木「武器を探そう、桑田くんのそれ、そろそろ壊れそうでしょ?」

桑田「あ? そういやぐらついてるな」

舞園「私のはまだまだ大丈夫ですよ?」ギラッ

苗木「そ、そう」タジタジ

朝日奈「でも、武器なんてどこ探すの苗木?」

苗木「そうだね……」



1 体育倉庫かな?
2 職員室だ
3 図工室は?
4 その他
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2016/12/31(土) 15:26:49.14 ID:l0E9WDqO0
4 交番とかなら銃を置いてるんじゃないかな
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/31(土) 16:34:07.88 ID:9b87pSdso
学校に居るのに交番…?
図工室に行こう
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/31(土) 17:02:32.05 ID:4DIsyvgTo
学校とか逃げ道なさそうだし早く出してやりたいな
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/31(土) 17:18:37.87 ID:8xXIrPGr0
>>73

苗木「交番とかなら、銃があるんじゃないかな?」

桑田「はあ? 学校に行こうなんて言ったのお前じゃんかよ」

う、そうなんだけど……。

朝日奈「それに交番がどこにあるかなんてわかんないよ」

舞園「でも、そう離れてませんよね。近くにないと不便ですし」

桑田「けど、外にはあいつらがうじゃうじゃいんだぜ? さやかちゃん」

どうしようか? 危険の方が多そうだけど……


1 それでもいく
2 学校探索(場所指定)

77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/31(土) 17:23:30.02 ID:kPRVPtiLo
体育倉庫だな。バットとか竹刀とかありそうだし
出口も複数あるからいざって時逃げやすい
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/07(土) 20:33:03.56 ID:yjhS1ktF0
>>77

苗木「よし、体育倉庫にいってみよう! 希望は前に進むんだ!」

朝日奈「え? え〜っと拳銃が交番で……?」グルグル

舞園「苗木くん、言動が一定してませんね」

桑田「う〜ん」

× × ×

というわけで、ぼくたちは体育倉庫目指して校舎の一階を進んだ。
案内図を見る限り、体育館にあるようだ。

朝日奈「うう、怖いよ」タユン

舞園「ここは皆固まってませんとね」プヨン

苗木「そ、そうだね」ギンギン

両手に花、たまりませんなあ。

桑田「な、泣いてねーぞ、くそ。なんで苗木ばっかり……」アポアポ

ギシギシ

桑田「それにしてもよー、いったいどうなってるんだろうなここ」

朝日奈「やっぱり、土砂崩れっていうのは嘘だったんじゃない?」

舞園「なら、どうしてそんなことをしたかですね。それにこれだと誰かが見に来て
すぐにわかっちゃいます」

お、舞園さん鋭いな。本当に、今回のことはよくわからない。
ゾンビ?もそうだけど、何か裏がありそうだ。

↓ 
コンマ偶数で戦闘なしに倉庫へ
奇数でゾンビ?に発見される

79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/01/07(土) 20:34:17.51 ID:H4jjxs+l0
えい
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/07(土) 20:41:22.57 ID:yjhS1ktF0
>>79 奇数、戦闘

ゾンビ?「あ〜?」ヨタヨタ

朝日奈「ひい! 出た〜! きゃあ! 苗木が鼻血出してる! 大丈夫⁉」タユンタユンタユン

苗木「うす、ごっつあんです!」ダラダラ

舞園「苗木くん! エッチなのはいけないですよ!」

桑田「頼むからあっちを気にしてくれよ誰か!」

ゾンビ?「そとからもどったら〜てをあらうんだよ〜」ヨタヨタ

桑田「き、来たぞ!」


1 桑田くん! キミに決めた!
2 男は度胸! 突っ込むぞ!
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/07(土) 20:46:20.74 ID:Oo25tJsYo
1

無理したら死ぬし
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/01/07(土) 20:46:25.96 ID:H4jjxs+l0
2
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/07(土) 20:57:51.60 ID:yjhS1ktF0
>>81

苗木「桑田くん! キミに決めた!」

桑田「アポ?」

朝日奈「た、頼んだよ桑田!」

舞園「桑田くんの勇姿、忘れません!」

桑田「いやいや、まだ死んでねーし!」

ゾンビ?「うがい、てあらい〜」ズルズル

桑田「だー‼ くっそ! やってやるぜ!」

…………
……


ゾンビ?「」

桑田「た、倒したぜ」ゼエゼエ

舞園「さすが桑田くん! 頼りにしてます!」

桑田「そ、そうか?」デレデレ

桑田くんがいてくれて助かったよ、正直ぼくじゃ勝てるかわからない。
それにしても……子供までゾンビ?になっちゃうのか。
今のはぼくらと同じくらいだけど、もっと小さい子だと……今はやめとこう。

朝日奈「ね、ねえ、どこかに閉じ込めなくていいの?」

桑田「あ、そうか」

どうしようか? 教室ならロッカーとかに入れて倒しちゃえば、すぐに出れないだろうけど……


1 閉じ込める
2 先を急ぐ
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/07(土) 20:59:35.15 ID:LDDr46bQO
2
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/07(土) 21:59:52.86 ID:yjhS1ktF0
>>84

苗木「いや、先を急ごう」

朝日奈「ええ? 大丈夫かな……」

舞園「けど、探してうるちに見つかっちゃうかもしれませんよ」

その通り、今は、体育倉庫に急ごう。

…………
……


○体育館

ターンターン

ゾンビ?「だんく、だんく……だんくはこうやるんだぞお……」

朝日奈「な、なにあれ?」ガタガタ

舞園「ダンクシュートの練習ですね」

桑田「いやそういうことじゃねえと思うぜさやかちゃん?」

苗木「……」

あんな軽くジャンプして……はっ、う、羨ましくなんかないぞ。
ぼくらを待っていたのは、体育館で延々タンクシュートの練習をしているゾンビ?だった。
ジャージ姿と服装から……体育の先生かな?
こっちには気づいてないけど、あの身のこなしはこれまでのゾンビ?とは全然違う。戦うと手ごわそうだ。
けど、ああも動いてると見つからないように倉庫まで行くのも難しい。
どうしよう?


1 それでもいく
2 他の場所を探す(場所指定)
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/07(土) 22:02:59.09 ID:78oHpQAVO
2プール
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/07(土) 22:21:22.66 ID:yjhS1ktF0
>>86

嫌な予感がする。

苗木「よし、ここはプールにいこう」

桑田「なにがよしなんだよ?」

舞園「まあまあ、あのゾンビさんがいるところには行きたくないですよ」

静かにここを離れて……。

葉隠「苗木っち〜‼ 助けてくれ〜‼」

ウ~オ~ガ~

⁉ 葉隠くん……とゾンビ?の大群⁉ 校舎からこっちにくるぞ!

朝日奈「葉隠⁉」

桑田「ば、ばか! そんな大声―」

桑田くんの顔を、入口戸の後ろから伸びた手が覆ってそれを遮った。
あの体育の先生ゾンビ?の手だ。

ぐちゅり

桑田「ぎゃああああああああああ⁉」

朝日奈「きゃああああああああ!」

そして、そのまま指が目を潰した。今の葉隠くんの叫び声で、こっちに気づいたんだ。
絶叫しながら転がる桑田くんをよそに、目を潰した体育の先生ゾンビ?は朝日奈さんに飛び掛かった。

ゾンビ?「まずはーれいあっぷからー」

朝日奈「や、やめー‼」

ずぐずぐ

朝日奈「がっがっ……がっがっが」

桑田「いてえええええええええ!」

朝日奈の口が引き裂かれる、まるで、口裂け女のように広がって、血が溢れる。
濡れた、嫌なうがいみたいな声が痙攣している喉から出ていた。
動けなかった、怖くて、脚が竦んでいた。

舞園「いや! やめて!」

苗木「舞園さん!」

舞薗さんが、さっきの子供ゾンビ?に捕まっていた。
近くにいた葉隠くんは、怖がって逃げ出してその後を他のゾンビが追いかけた。

がしり

苗木「ひ」

頭を掴まれる感触。
目に、熱いものが、ついで激痛が襲い掛かった。

苗木「ああああああああああああ!」

いやああああああああ! 苗木くんんんん!
いてえよおおおおおおお!
がっがっががががが……

色んな声が聞こえる。
舞薗さん、朝日奈さん、桑田くん。
そして、ゾンビ?たちのうめき声。何が起こるかはわからないけれど、良いことじゃないことは確実にわかった。

『DEADEND』



88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/08(日) 14:16:01.64 ID:artE74+H0
キュムキュムキュム

モノクマ「はい、またお会いしましたね」ウププ

モノクマ「すっかり顔なじみになっちゃって、ぼくにときめいちゃってる?」ハアハア

モノクマ「では、アドバイスです」

モノクマ「体育倉庫は危なさそうだねえ、離れて正解」ウププ

モノクマ「でも、不安要素があるよねえ、誰とは言わないけど」ギャハハー

モノクマ「どこにいくにも、まずそれをどうにかしないとねえ」

モノクマ「それじゃ、サイナラサイナラサイナラ」フリフリ


再開の場合は場所指定
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/08(日) 14:17:31.69 ID:/hq87IEDo
>>83

なんで急いでる訳でもないのに放置したんだよ…
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/08(日) 19:31:49.95 ID:artE74+H0
>>89

苗木「ロッカーに、閉じ込めておこう」

朝日奈「うんうん、それがいいよね」

桑田「なあ、運ぶのってやっぱ……」

舞園「お願いしますね」ニコッ

桑田「あぽお……」

…………
……


ズルズル

苗木「よし、このロッカーが良さそうだ」

桑田「早く入れようぜ、持ってんの気持ち悪いよ」

苗木「うん、あと入れたら、倒すか何かでつっかえを―」

バタン

葉隠「木刀の先制攻撃だべ!」バーン
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/20(金) 19:38:25.11 ID:aQrYz7Y3o
これは難しいな
予測が全然できない
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/01(水) 08:07:47.63 ID:kQnz2ltko
帰ってきてー
51.80 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)