このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

服部瞳子「シャキッとせい、工藤!?」工藤忍「…はいっ!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:50:21.81 ID:opExylHu0
テステス


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488797421
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【モバマス】高峯のあ「誕生日おめでとう、みく。」 @ 2020/02/23(日) 00:02:24.52 ID:x/FGQKeq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582383744/

ひなたんち @ 2020/02/22(土) 23:58:46.50 ID:7pshJS4Io
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1582383526/

スーパー・ササダンゴ・マシン 越後の虎 ジル・ベッソン @ 2020/02/22(土) 22:35:30.07 ID:m8jGhtQ10
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1582378529/

女「やったぁ 自己新記録だわ!」 男「くっ タイムが伸びない…」 @ 2020/02/22(土) 21:53:24.60 ID:MAZ56vm/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582376004/

お肉と桜と…だけど桜の下でお肉を焼いてはいけない @ 2020/02/22(土) 19:53:06.98 ID:BoR5v8aM0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1582368786/

ポケットモンスター @ 2020/02/22(土) 10:36:50.90 ID:/xFIypgx0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582335410/

【コンマ・安価】リキシマン「超人界の頂点にたつ」旧:キン肉マンSS PART36 @ 2020/02/22(土) 08:31:07.69 ID:zRMyAqih0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582327867/

【モバマス】秋田美人とバレンタイン @ 2020/02/21(金) 23:37:59.54 ID:GHk7TB/s0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582295879/

2 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:51:23.35 ID:opExylHu0
服部瞳子「なんやて、工藤!?」工藤忍「ええ…?」の続き

短め

3 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:52:35.23 ID:opExylHu0
喜多見柚「いや〜、いよいよ明日はフリスク初ライブだね。」


桃井あずき「楽しみだね〜。」


綾瀬穂乃香「私は今からちょっと緊張してます。忍ちゃんはどうですか?」


工藤忍「私は楽しみ半分緊張半分ってところかな。」


穂乃香「みんな凄いです。私だけ緊張してて…。」


柚「ホノカちゃん、リラックス、リラックス〜!」


あずき「穂乃香ちゃん、リラックス大作戦する?」
4 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:53:17.98 ID:opExylHu0
忍「何、リラックス大作戦って。」


あずき「ん〜っと、くすぐる?」


穂乃香「くすぐりは苦手です〜。」


柚「お、じゃあなおさらリラックスしないとだね。」


穂乃香「え、ええ?」


あずき「リラックス大作戦!」


忍「開始!」
5 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:54:06.42 ID:opExylHu0


穂香「忍ちゃん!?」


柚「オラオラオラッ!」


あずき「こちょこちょこちょこちょ〜」


忍「わしゃわしゃわしゃわしゃ」
6 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:55:05.93 ID:opExylHu0
穂乃香「や…やめて…アハハ…クッくださ…」


穂乃香「ア、アハハハハ…本当に…やめ…クフフハ」


柚「まだまだ〜!」


あずき「まだまだ〜!」


穂乃香「…い゙ぎが…でぎ…」


忍「まずいまずいまずい。」


柚「あちゃー。」


あずき「穂乃香ちゃん、大丈夫!?」
7 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:55:45.83 ID:opExylHu0
穂乃香「ゲッホッゲッホッゲッホ」


穂乃香「…ングッ、ハー、ハー、ハー」


穂乃香「ハー、なんとか…大丈夫です。」


柚「ごめんね、ホノカちゃん…」


忍「ごめん…」


穂乃香「いえ、本当に大丈夫ですから…。おかげで緊張も少しほぐれましたし。」


あずき「穂乃香ちゃん…!」


柚「なんて出来た子なんだ…!」


忍「女神のようだぁ…」


穂乃香「やめて下さいよ〜。ほら、もうストレッチも終わったし、帰りましょう?」
8 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:56:42.06 ID:opExylHu0
柚「そうだね〜。」


あずき「そうしよ〜。」


穂乃香「ほら、忍ちゃんも帰りましょう?」


忍「あー…、私はもうちょっとストレッチしてから帰るよ。」


穂乃香「そうですか…」


あずき「じゃあ、私たちは先に帰ってるね?」


忍「うん。」
9 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:57:52.69 ID:opExylHu0
柚「そうだね〜。」


あずき「そうしよ〜。」


穂乃香「ほら、忍ちゃんも帰りましょう?」


忍「あー…、私はもうちょっとストレッチしてから帰るよ。」


穂乃香「そうですか…」


あずき「じゃあ、私たちは先に帰ってるね?」


忍「うん。」
10 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 19:59:34.76 ID:opExylHu0
柚「リーダー、明日遅れないでよ〜?」


忍「大丈夫だよ。柚こそ『テンションアガって寝れなかった〜!』なんて、やめてよ?」


柚「ダイジョーブ、ダイジョーブ!」


忍「本当に〜?」


柚「疑いすぎだよ〜!」


あずき「アハハハハ!」


忍「アハハハハ!」


あずき「それじゃあね!忍ちゃん。」


柚「じゃあね〜。」


穂乃香「…あんまり無理しないで下さいね?」


忍「大丈夫だって。じゃあみんな、じゃあね。」
11 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:01:48.41 ID:opExylHu0



忍「ふう…」


忍(みんな帰ったし、ちょっとここで一言言わせてもらおうか…)


忍(緊張してるに決まってんだろーーー!?)


忍(って言うか、みんな緊張しなさすぎ!)


忍(柚ちゃんとあずきちゃんは、まあわかるよ?普段から緊張とは無縁そうだし。)


忍(問題は穂乃香ちゃん。何?『くすぐられたら緊張がほぐれた』って!すごすぎだよ!)


忍(さっきはカッコつけて『私は楽しみ半分緊張半分ってところかな。』とか言ったけど、嘘だよ!120%緊張してるよ!緊張で体ガチガチだよ!もはやカカシの方が体軟らかいレベルだよ!)


忍「ハー、ハー、ハー…」


忍「なんで一人でキレ芸してるんだろう…アタシ…」
12 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:02:29.56 ID:opExylHu0
忍「…もう一回振り付け確認しよ…」

13 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:04:24.32 ID:opExylHu0
〜ライブ当日 〜


柚「いよいよだね。」


あずき「楽しみだね!」


穂乃香「やっぱり緊張します…」


柚「もう一回リラックス大作戦する?」


穂乃香「い、いえ。勘弁してください!」


あずき「フフフ…忍ちゃん、大丈夫?」


忍「え?ああ、うん。大丈夫。」


柚「忍ちゃんも緊張してる?」


忍「ちょっとだけ。」


あずき「さっき観客席に見に行ったけど、お客さんそんなにいなかったから、あんまり気にしなくて大丈夫だと思うよ?」


忍「それはアイドルとしてどうなの?」
14 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:05:05.71 ID:opExylHu0
柚「まあ、今回はフリスク初ライブだから大目に見てもらおう!」


忍「それは仕事をする人間としてどうなの?」


柚「まあ、半分位は冗談として…」


忍「半分は本当なのか…」


柚「そんなに気張らず楽しくやろうゼ!」


あずき「そうだよ!楽しくやろうよ!」


忍「…うん。」
15 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:06:48.22 ID:opExylHu0
〜ライブ終了後 〜


忍(もう…駄目だ…)


柚「忍ちゃん、大丈夫だよ〜。」


あずき「そうだよ、そんなこと言ったらあずきの方がミスしてたし!」


忍「…ん…」


穂乃香「忍ちゃん…」


忍「…アタシ、もう帰るね…」


穂乃香「忍ちゃん!」


忍「ゴメン、プロデューサーには、先に帰ったって言っておいてくれる?じゃあ。」


あずき「ああ、忍ちゃ〜ん!」


柚「待って〜!」


忍「」タッタッタ


あずき「行っちゃった…」


穂乃香「…今はそっとしてあげましょう…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/06(月) 20:08:45.05 ID:ReCWfb020
さて服部さん、ここでどう攻めるか……?
17 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:10:20.13 ID:opExylHu0
忍「ただいまー、って言っても誰もいないけど。」


忍「ハァ…」


忍(……)


忍(………)


忍(失敗…しちゃった…)


忍(なんでだろう?)


忍(どうして失敗したんだろう?)


忍(ちゃんと練習もしたし、前日までは振り付けも完璧に覚えてたのに…)


忍(ステージに立ったら忘れた?)


忍(違う、それは失敗した言い訳なだけ。)


忍(自分が未熟者だっていうしるしなだけ。)
18 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:11:34.26 ID:opExylHu0
忍(やっぱりアタシってアイドル向いてないのかなぁ…)


忍(わかんない…」


忍「わかんないよ!?」


忍「ウッウッ…クゥッ…ウッウッウッ…」
19 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:12:54.89 ID:opExylHu0
あずき「忍ちゃん、今日も来ないね。」


柚「うん…」


穂乃香「大丈夫でしょうか…」


あずき「LINEも既読つかないし…」


柚「電話もでないし…」
20 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:13:41.04 ID:opExylHu0
服部瞳子「おはようございます。」


あずき「あっ、瞳子さん。」


瞳子「あら、あずきちゃん。それにみんなも。おはよう。」


柚「おはようございま〜すって、それどころじゃないんだよ〜瞳子さ〜ん。」


あずき「助けて、瞳子さ〜ん。」


瞳子「いきなりどうしたのよ…。あら?忍ちゃんは?」


穂乃香「その忍ちゃんが、今大変なんです!」


瞳子「ええっ?」
21 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:15:02.07 ID:opExylHu0
瞳子「……………つまり、忍ちゃんは、ステージで失敗して、それを引きずっていて、事務所にも来てないってことね?」


あずき「うん…」


瞳子「忍ちゃんの家には行ったの?」


穂乃香「はい。電話もメールもLINEも、とにかく連絡が取れる手段は全部使ったんです。でも、いくら呼んでも出てくれなくて…」


瞳子「…そう…」


柚「どうしよう…忍ちゃんがこのまま来ないようになっちゃったら、やだよ!」
22 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:15:59.27 ID:opExylHu0
瞳子「そうねぇ…よし、みんな、この事は私に任せてくれないかしら?」


あずき「瞳子さん、何か良い方法を思いついたの?」


瞳子「ええ。」


柚「どんな方法!?」


瞳子「あんまり期待されても困っちゃうけど…」ゴニョゴニョ


柚「なるほど〜!」


あずき「それなら、忍ちゃんにも出てきてもらえるかも!」


穂乃香「でも、衣装は…?」


瞳子「それも大丈夫よ。みんなも絶対に知ってる人が持ってるわ。」
23 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:16:45.98 ID:opExylHu0



忍「ハァ…」


忍(どれくらい事務所にもレッスンにも行ってないんだろう…)


忍(今日が何日で何曜日かもわからない…)


忍(おかあさんのりんご粥食べたい…)


ピーンポーン


忍「何?」


忍「また穂乃香ちゃんたちかな…」
24 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:18:06.37 ID:opExylHu0
忍「よっと」ピッ


忍「あれ、違う。」


忍「はーい。」


宅配員「お届け物でーす。」


忍「どこからですか?」


宅配員「ちょっと待ってくださいねー」


宅配員「えーと、青森県○○町…」


忍「あ、ありがとうございます!」


忍(家からだ!)


忍(でも、なんでだろう…?)


忍「今出まーす。」
25 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:19:08.46 ID:opExylHu0


ガチャ


瞳子「おはよう、忍ちゃん。」


忍「と、瞳子さん?なんで…?」


瞳子「お届け物を届けに。」


忍「え?」


瞳子「とりあえず入るわね。」


忍「ちょっ、ええ?」


瞳子「おじゃましまーす。」
26 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:20:27.79 ID:opExylHu0


瞳子「さて。」


忍「…」


瞳子「最近事務所にも練習にも来てないみたいだけど、どうしたの?」


忍「そ、それは…」


瞳子「ライブで失敗したから?その事で穂乃香ちゃんたちに引け目を感じてるから?そして、自分は本当はアイドルなんて向いてないんじゃないかって思ってるから?」


忍「…わかってるじゃないですか。」


瞳子「そうね。でも、なんで私がそんなことまで知ってるかは忍ちゃん、わかる?」


忍「…いえ。」


瞳子「私がデビューしたときも、忍ちゃんと同じ状況だったからよ。」


忍「えっ?」
27 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:21:04.72 ID:opExylHu0
瞳子「だけどね、忍ちゃん。当時の私と忍ちゃんが違うことが一つだけあるの。何だかわかる?」


忍「…わからないです。」


瞳子「そう。それじゃあ一緒に考えてみましょうか。」


瞳子「例えば、私と忍ちゃんが仲良くなったときの忍ちゃんの言葉。例えば忍ちゃんがいつも一緒にいる人たち。」


瞳子「何だかわかる?」
28 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:22:33.41 ID:opExylHu0
忍「…仲間…」


瞳子「そう、その通り。当時の私にはなくて、忍ちゃんにはあるもの。それは『仲間』。」


瞳子「それとも、フリスクのみんなは仲間じゃない?私はまだ仲間になってない?」


瞳子「シャキッとせい、工藤!」


瞳子「またここから始めないといけない?」


忍「そ、そんなことないです!」


瞳子「じゃあ、どうして私たちを頼ってくれなかったの!?」
29 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:23:18.40 ID:opExylHu0
忍「そ、それは…」


忍「それは…みんなに迷惑かけちゃったから…みんなに…呆れられたくなかったから…みんなに…みんなに見捨てられたくなかったからっ…!」
30 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:23:56.59 ID:opExylHu0


瞳子「…忍ちゃん、おいで?」


忍「…はい」


ギュッ


瞳子「さびしかったら、私たちに頼って。辛くなったら、私たちに頼って。」


瞳子「頼ることは全然悪いことでもないし、恥ずかしいことでもないわ。」


瞳子「だからね、忍ちゃん。」


瞳子「あなたには仲間がいることを、あなたを応援してくれる人がいることを、あなたがアイドルになりたかった気持ちを、どうか忘れないで。」


瞳子「おねがい。」
31 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:24:35.73 ID:opExylHu0
忍「…はいっ!」
32 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:26:05.93 ID:opExylHu0
瞳子「そういえば、これ、お母様から。」


忍「あ、これって本当にお母さんからだったんですね。」


瞳子「ええ。事務所宛に届いてたの。そのあと電話もあって。『うちの娘をよろしくお願い致します。』って。」


瞳子「ちゃんと応援してくれる人、いたでしょ?」


忍「お母さん…」


瞳子「忍ちゃんが上京する時に何があったかはわからないけど、あとで電話してあげて。忍ちゃんのこと、とても心配していたから。」


忍「はい。」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/06(月) 20:27:22.69 ID:P2m6v/Tq0
>>1
34 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:42:11.91 ID:opExylHu0






忍「瞳子さん。」


瞳子「うん?」


忍「私、絶対にトップアイドルになります。」


忍「その時は、瞳子さんも一緒が良いです。」


忍「だから、頑張りましょう。一緒に!」


瞳子「!…。ええ、もちろん!」
35 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:42:48.95 ID:opExylHu0
終わり
36 : ◆jsQIWWnULI [sage saga]:2017/03/06(月) 20:46:47.02 ID:opExylHu0
途中二回投稿したり、時間が空いたりしてスマソ

今度この名前をみたときも生温かく見守ってください。
14.92 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)