このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

国王「勇者よ、魔王を倒してくれ。武器はこちらで用意しておる」勇者「分かりました」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:17:22.47 ID:cyRuBHSYo

玉座に腰かける国王の前で、ひざまずく勇者。


「勇者よ、よく来てくれた」

「はっ」

「おぬしも知っておろうが、先日の魔王軍の攻撃で我が国の街が多大なる被害を受けた。
 このような蛮行は断じて許されることではない」

「おっしゃる通りです」

「勇者よ、魔王を倒してくれ。武器はこちらで用意しておる」

「分かりました」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493720242
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【アイマス】真「目を閉じて見るハッピーエンド」 @ 2019/10/23(水) 22:09:36.60 ID:TL91zfWYO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571836176/

【ペルソナ5】屋根裏のゴミ「計画的に子作りしよう」 @ 2019/10/23(水) 21:31:08.59 ID:K1c66aO00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571833868/

【安価】ナッパ「どうにかして」ベジータ「フリーザを倒すぞっ!」 @ 2019/10/23(水) 19:46:37.69 ID:OmD257NMO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571827597/

風影奪回編IF カカシVSサソリ  @ 2019/10/23(水) 16:06:31.69 ID:qN8/llvQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571814391/

死ねクズどもが @ 2019/10/23(水) 07:10:23.14 ID:F91YKGvUO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571782223/

I really don't care anymore About all the Jim-Jim's in this town @ 2019/10/23(水) 04:13:16.00 ID:CdkUX/AXo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1571771595/

四葉「私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったのか」 @ 2019/10/23(水) 01:27:41.27 ID:CvbJzp7do
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571761661/

【アイマス 】真美「ゆきぴょんは犬が苦手なんだよね…」 @ 2019/10/23(水) 00:03:41.40 ID:N7eeavce0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571756621/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:24:54.22 ID:cyRuBHSYo

謁見を終えると、案内役の兵士がやってきた。


「勇者様、こちらへどうぞ」

「うむ」


兵士の後を勇者がついていく。

二人とも一言もしゃべらぬまま、広い城内を歩き回る。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:27:15.27 ID:cyRuBHSYo

やがて二人は大きな一本道の通路にたどり着いた。

通路には頑丈な扉が幾つも設けられており、その警戒は厳重を極めている。



兵士が合図する、扉が開く、通過する、を繰り返し、二人は通路を進んでいく。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:32:50.14 ID:cyRuBHSYo

二十近い数の扉をくぐり抜けると、ようやく終点。


≪勇者以外立入禁止≫という意味の文字が書かれた巨大な扉が、
そのサイズに恥じない存在感を放っている。


扉の周辺は選りすぐりの屈強の兵士で固められている。

この扉は絶対に死守せねばならないという心構えがうかがえる。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:36:08.57 ID:cyRuBHSYo

兵士が勇者に向き直る。


「ここから先は勇者様しか入れません。さ、どうぞ」

「案内ご苦労」


ふうっと息を吐いてから、勇者が扉の中に入る。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:40:22.90 ID:cyRuBHSYo

巨大な扉の中には、なんの内装もないシンプルな部屋があった。


あるのは部屋の中央にある、高さ一メートルほどのデスクのみ。


そして、そのデスクの上には赤いスイッチが設置されている。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:41:03.18 ID:cyRuBHSYo

デスクの前に立つ勇者。





勇者は迷うことなく、人差し指でスイッチを押した。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/05/02(火) 19:42:15.33 ID:cyRuBHSYo

あとはもう全自動だ。

スイッチが押されたことによって王国から核ミサイルが発射され、魔王の領土を攻撃するであろう。

今の世では、勇者とは「核スイッチを押す勇気のある者」を意味するのである。



勇者はぽつりとつぶやいた。


「昔は勇者と魔王の戦いってのは、夢と冒険とロマンに満ち溢れたものだって聞いたけど、
 ここまで武器が発達しちゃうと、もうロマンもへったくれもないな」





― 終 ―
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/02(火) 20:13:35.09 ID:V7292e0MO
おつ
わりと好き
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/02(火) 20:20:03.31 ID:siONbW63o
責任だけ負わせるのか
酷い話だ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/02(火) 23:12:58.19 ID:3R4aKApjO
ひどいな
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/03(水) 00:31:21.42 ID:qiwxr1hc0
おつ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/03(水) 18:46:11.81 ID:lQOoEJd+o


星バーーーローーの短編みたいでいいね
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/04(木) 17:10:43.26 ID:HuwFNmfAO
>>13
同じこと思った
無機質な描写で始まるんだけど突き放すようなオチでぞわっとする感じ
すき
3.89 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)