【ミリマス】琴葉「私とあなたと二人で」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

353 : ◆p7PT31uvn8zf [saga]:2019/09/02(月) 01:57:44.30 ID:Q8lr1o0z0
ある程度近所を探索した後、近くのカフェに入る

P「歌織さん、どうでしたか?」

歌織「はい、とても住みやすそうで良い場所だと思います」

P「気に入っていただけたようで何よりです」

莉緒「私も気に入ったわよ」

P「それなら良かったよ」
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/02(月) 23:45:10.62 ID:3cZfNTH0o
待ってた
355 : ◆p7PT31uvn8zf [saga]:2019/10/28(月) 23:31:23.57 ID:udHDZokW0
莉緒「それで、結局歌織ちゃんはどうするの?」

歌織「私は…うん、一人暮らし始めてみます」

莉緒「私も、気に入ったしもう決めちゃうわ」

P「了解、歌織さん正式な日取りとか決まったら連絡をください」

P「書類とか必要なものを用意しますので」

歌織「はい」

P「莉緒もな」

莉緒「わかってるわよ」
356 : ◆p7PT31uvn8zf [saga]:2019/10/28(月) 23:46:03.48 ID:udHDZokW0
琴葉「歌織さんと莉緒姉さんが引っ越してくる日はパーティーにしましょう」

P「良いな」

莉緒「あっ、そのパーティーの料理琴葉ちゃんが作るんでしょ?」

琴葉「え?はい」

莉緒「だったら一つお願いがあるのよ、まあ琴葉ちゃんにじゃなくてPくんにだけど」

P「俺に?なんだ?」

莉緒「何か一品、Pくんが作ってくれない?」

P「ダニィ!?」

米を炊いたりインスタントやら簡単にベーコンやらを焼くくらいしか出来ない俺に

一品を作れと?
357 : ◆p7PT31uvn8zf [saga]:2019/10/28(月) 23:58:12.80 ID:udHDZokW0
P「やめとけ莉緒、俺が作っても美味いものは」

莉緒「歌織ちゃんも食べてみたいわよね?」

歌織「はい、私もPさんの手料理に興味があります」

P「うぐっ…」

歌織さんから妙に期待のこもった視線を向けられる

つい何も考えずにやりますと言ってしまいそうになるが…

琴葉「大丈夫です兄さん」

P「琴葉?」

琴葉「私が兄さんにちゃんと料理に仕方を教えますから」

琴葉「私に任せてください」
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/29(火) 20:45:46.26 ID:uKekZfoT0

待ってた
150.41 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)