ある門番たちの日常のようです

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

300 : ◆vVnRDWXUNzh3 [saga]:2017/09/22(金) 23:00:38.17 ID:VgaczIdP0
バチ、バチ。

短く二回、自身を覆う船体殻が艤装が上げた火花に合わせて明滅する。

本来無色不可視の防壁が、僅かに黄色くなっているのを青葉は視認する。

(………小破、ですか)

損傷としてはさして大きな物では無いが、それでも艤装の稼働率に僅かながら支障を来す。当然、決して喜ばしいことではない。

嗚呼、なのに。

(─────青葉、なんで満面の笑みなんて浮かべちゃってるんでしょうねぇ)

別に、今まで中破・大破を経験しなかったわけじゃない。“海軍”設立間もない頃は物量差に加えて此方が押し込まれていたことも手伝って、遙かに危機的な状態を迎えたことも数え切れないほどある。

だが、それらはあくまでも“物量に押されて”のこと。押し寄せ群がる、一向に減らない深海棲艦の大艦隊にダメージを蓄積させていった結果だ。
では一体一体の手応えはというと、特にあの筋肉ムキムキの変態に鍛え上げられて以降はまるで感じたことはない。姫や鬼なら多少手こずるかといった程度で、基本的には(あくまでも彼女を筆頭とする“海軍”水準で)凄まじい数量以外の面で深海棲艦が脅威となることはなかった。

いつ以来だろう。【単艦同士の攻防】で自身が明確な損害を受けたのは。

何ヶ月、否、何年ぶりだろう。これほど心の底から高揚できる、命をかけていると実感できる戦いは。

「いや、ホント─────司令官の悪いところばっかり似ちゃいましたね。青葉って」

全身を震わせるほどの、青葉の歓喜に応えるように。









『──────♪♪』

紅い瞳を爛と光らせて、“彼女”も………【重巡リ級elite】もまた、歯を剥き出しにして笑った。
548.20 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)