【ミリマス】P「琴葉、おかえり」【アイドルヒーローズ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

10 : ◆8PvrU9Ob/. [saga]:2018/07/12(木) 09:14:44.22 ID:pg5BsF5j0
お腹が空いていたのでカツ丼を平らげた。とても美味しかった。
尋問室を出て司令室と書かれた部屋に移動したところ、このみさんや莉緒がモニターを見ながら苦い顔をしていた。

このみ「デストルドー、かなり手ごわいわね。ここまで防戦一方になるなんて」

百合子「…紗代子を倒したときは、これで終わると思ったんですけど」

莉緒「あら、百合子ちゃん、早かったわね。って、みんなでどうしたの?」

百合子「この方、プロデューサーさんが話があるそうで」

とりあえず状況確認を行い、自分の世界における「アイドルヒーローズ」の話の流れを伝えた。

○まだミサイルを載せた戦闘機も第三艦隊も来ていないこと(レーダーに捕捉できていないだけか)。

○志保がどう動くのか予測できないこと

○百合子が敵に回るかどうかで状況が変わること

このみ「まさか百合子ちゃんが負けちゃうなんて…」

海美「それだけ志保って子が強いんだろうね」

莉緒「でも、戦闘機と艦隊が襲来するのが判明したし、かなり優位に立てるわ! お手柄よ、Pくん♪」

P「ありがとう。…念のため翼とこのみさんはひなたも連れて第三艦隊に行ってくれ。エミリーは手強い」

海美「じゃあ私は戦闘機を堕としに行ってこようかな!」

P「わかった。それなら、俺はここで指示を出す司令役だな!」

海美「プロデューサーには特別な席を用意するよ。私の隣でアドバイスする、っていう」

P「え。俺、死んじゃう死んじゃう」

海美「大丈夫だよ! この歌〈インヴィンシブル・ジャスティス〉があれば、ね!」

―――――――回想終了
15.92 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)