けものフレンズの世界で安価SS

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆OBzaXJXIWo :2018/07/13(金) 23:06:22.75 ID:+yMbixX40
この安価SSは【安価・コンマ】20年前突如魔物があらわれたとつながっている部分があります。

今回ジョジョの記憶に引き継ぎはありません。(分身は他のことで忙しい)

大野木城 通称ジョジョを安価でジャパリパーク内で動かしましょう!

時は西暦202X年9月1日ジャパリパーク開園予定日のこと

そこには動物好きの人々が開園を今か今かと待っていた。

そんななかVIPとして呼ばれた孤児の子供達の中に大野木城はいた。

彼らは他の人よりも一足早くジャパリパークに入園する手筈になっていた。

出迎えた園長と大野木城は話がはずんで2人で研究所建築予定地近くの海岸を歩いていた時、謎の虹色の光が視界を埋め尽くした…

そして………ジャパリパークは10年遅れて開園した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531490782
2 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/13(金) 23:30:30.37 ID:+yMbixX40
大野木「何故ここに園長さんがいないかという疑問にお答えするには、上手く話を纏められなくて長くなりますが、えー、アメリカのほうで1993年にジュラシックパークが開園したが、2010年までにジュラシックパークは研究所含め周辺の島々とともに完全に閉鎖されました。」

大野木「しかしそれから約20年後ジュラシックワールドとして復活しましたが、大きな事故があって園長の友人マスラニさんが亡くなってしまいました。」

大野木「不幸は重なるものでその報せが入るとき園長は親族の方の葬式にちょうど出席してまして…」

大野木「そして、園長はマスラニさんの葬式の他にも10年間ジャパリパークの調査をして得たデータを学会に発表しないといけなくなったらしく、それの関係で色々な集まりにも出ないといけないしで僕も本当に急で驚いてるんだけど、動物好きなら大丈夫っていう園長の謎理論でこの園の管理人兼副園長としてみなさんをお迎えします!今日9月1日、10年間おまたせしました、ジャパリパーク、開園です!!!」

ゲストら「「わーーーーーーー!!!!!!!」」
3 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/14(土) 00:05:20.58 ID:8h4gA5lb0
さて、今ごろゲストの方々は園の入り口でジャパリパークのPVを見てるはずだ。(PV曲 バンバン ガチャガチャダンサーズ)

入り口から入ってすぐにパークガイドAIヤタガラスの音声でPVに映っていた『フレンズ』という存在が園内に生息していることが明かされる。

本当はぱびりおんでフレンズとゲストを互いに慣れさせてから入園させる手筈だったんだけどちょっと手違いがあってそれがなかったことになってしまって…ぶっつけ本番だが、ま、なんとかなるさ、悪いことは起こらない、そう祈っとこう。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/14(土) 14:21:10.84 ID:YWuwuJNQ0
導入に時間がかかり過ぎる
長いのは構わないが文章は予め作っておいてパパっと貼りつけてすぐ終わらせて
直ちに安価に入るようにしないと読者をいつまでも待たせるだけだ
5 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/21(土) 22:15:06.97 ID:SZmSzDDfO
まぁ基本的にぼくは自由に動けるんでまず第1の目標として2年前、PVにも出てくれた歌と踊りが大好きで上手いサーバルたちが失踪したというのでそれを探すこと。

第2の目標は、できればでいいからおそらくサンドスターを生み出し、降らせたと思われる虹色の光の正体を暴きたい。

現在セントラルパークはゲストの方々でいっぱいだ、そこ以外でさて、どこへ行こうか?

選択肢

1近くのコンビニ
2 1週間前に所長、副所長が決まりフレンズやサンドスターについて本格的に研究が行われ始めた研究所
3 この群島の調査隊の隊員を飼育員などから募集している絶滅動物の博物館にある会議室
6 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/21(土) 22:38:06.82 ID:SZmSzDDfO
基本直下取りで決まります。
7 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/21(土) 22:38:43.45 ID:SZmSzDDfO
改めて直下
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/21(土) 22:43:41.72 ID:2a1yRe5L0
1
9 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/22(日) 17:01:41.82 ID:R8ko4S0AO
選択肢 1

近くのコンビニでもいってみるか

コンビニ7・11

大野木「おやつでも買っておこうか、ん?」

このコンビニでは、人間だけでなく、ジャパリパーク内のフレンズもお金代わりにジャパリコインを使いものを買う姿が見れる。

キタキツネ「このジャパリまんチョコ味とじゃがりこください。」

店員「はい、ジャパリまんチョコ味とじゃがりこですね、ジャパリコインで3枚です。」

どこから取り出したのかキタキツネは3枚のジャパリコインを出し、ジャパリまんチョコ味とじゃがりこを買っていった。
10 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/22(日) 17:27:39.72 ID:R8ko4S0AO
資料なんかで見たことあったけど、近くで見ると本当に可愛くて癒される!ちょっと声をかけてみようかな、wkwk

大野木「ちょっといいかな?確か、キタキツネちゃんだったっけ?」

キタキツネ「なんだ、人間。」

キタキツネは僕を睨みつけて来た!

ガーン!ショック!

大野木「僕はこのジャパリパーク管理人兼副園長の大野木城です。仲良くなれたら嬉しいなと思って声をかけてみたんだ。」

キタキツネ「お前か、わたしにわたしを管理する飼育員さんとやらをつけたのは。」

いや、飼育員は園長が採用して決めた配置だからなぁ…

大野木「違うけどまぁ、何か困ったことがあれば遠慮なく言って。」
11 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/22(日) 17:28:33.11 ID:R8ko4S0AO
キタキツネ「わたしたちはお前ら人間に管理なんかされなくても自分たちだけで暮らしていける、ジャパリパークから人間はでていってもらうよう言ってくれないか?」

え、何この子?なんか訳あり?正直面倒くさいな〜、が、ここは言ってやらねば。

大野木「僕は管理人なんて役職がついてるけど、このジャパリパークの管理人と言えるのは『オイナリサマ』といわれるフレンズの神様だよ。』

オイナリサマとは、あの謎の虹色の光に包まれた直後からセントラルパークのこの群島に建てられた神社に存在する不思議な存在のフレンズのことである。

ある子供が持っていた稲荷神社のお守りから生まれたと研究所では推測されている。

ちなみにここジャパリパークのデータを集めていたデータベースの名前がオイナリサマであったことも彼女が生み出されたこととなんらかの関係があると思われる
12 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/22(日) 17:37:17.19 ID:R8ko4S0AO
大野木「それに人間は君たちフレンズと良好な関係を築くことを望んでいる。フレンズを管理だなんてとんでもない!」

キタキツネ「そうか…ならナナのやつにはひどいことを言ってしまったな…謝ってくる。」

大野木「ナナ?あー、あの子か、うん、行っておいで。(何があったかは知らんが、ナナちゃんのプライベートな部分かどうか微妙だけどここは首をつっこまないほうがよさそうだ)

さて、昼ご飯はコンビニ弁当でいいとして、夕方まで何しようかな?

選択肢

1海岸の散歩 2へいげんちほーに行ってみる

3調査隊の隊員を決める会議に顔を出してみる

直下取り
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/23(月) 01:33:58.08 ID:prKuD1Fr0
連取りしたくないからageとく安価下
14 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/23(月) 23:07:01.27 ID:8NuMCl1hO
こちらアーガ世界の分身ですが、連取りされても構いませんよ?

その場合コンマで選択されるようにしときますので。

例えば今回の選択肢の場合奇数なら1、偶数なら2、数字がダブった場合3というふうに選択されます。

人がいなくてもできる限り書けと上(教授)からの指示なので連取りはコンマでいきます。
15 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/23(月) 23:28:37.34 ID:8NuMCl1hO
訂正 セントラルパーク×パークセントラル◯

ここでのパークセントラルは、群島の日本でいう京都あたりにあります。

現在ジャパリパークには、キョウシュウエリア、カンサイエリア、ゴコクエリア、カントウエリア、トーホクエリア、ホクリクエリア、ホッカイエリア、りうきうエリアと呼ばれるエリアがあり、それぞれのエリアにさばく、サバンナ、雪原、都市(遊園地)、水辺、平原ちほーと呼ばれるちほーがあります。(後々呼び方は変わるかも?)

キョウシュウエリアとりうきうエリアにはジャングルちほーも存在します。

パークセントラル周辺以外はほとんど調査が行われていないので、ゲストの方は立ち入り禁止になっています。
16 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/23(月) 23:49:32.54 ID:8NuMCl1hO
コンマ 08 選択肢2

平原ちほーにでもいってくるか!どんなフレンズに会えるかな?

パーク内専用のゴーカートに乗って平原ちほーに向かう。

ここの動物やフレンズは、サンドスターがその身を守ってくれるので、大怪我をする動物やフレンズは滅多にいない。

しかし、稀になんらかの原因で大怪我をする子もいるのでこうして見回りをしているのだ。

これは管理人としての大事な仕事の一つである。

他にも管理人兼副園長としての緊急時の対応や、研究所、飼育員、病院、コンビニなどから上がってくる書類を処理する仕事がある。

研究所、病院、コンビニにはフレンズも何人か仕事をしている。

さっきのコンビニだって店長は人間だが、店員さんはアフリカタテガミヤマアラシの一個体だ。

なんでも人見知りを克服したくてコンビニ店員のアルバイトを始めたとか。



17 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/24(火) 00:00:31.29 ID:9/A+GvFfO
ちなみにパークセントラル外に出たのは今日が初めてだったりする。

お、早速フレンズを見つけた、あれは一目でわかるね、ライオンだ!

平原の一本の木の生えた小高い丘の上でゴロゴロしている。

驚かさないようにゴーカートを止めて歩いて近づく。

大野木「こんにちは、はじめまして!」

ライオン「なんだ?いきなりどっからきたんだ人間。」

大野木「セントラルパークからだよ、僕はジャパリパーク管理人兼副園長の大野木城、ジョジョってあだ名で呼んでもいいよ!」

ライオン「ジョジョか…なあ、ジョジョ、いきなりだがわたしの子分になってみないか?最近ここらのフレンズがいなくなっちまうことがあってさ〜わたしの2人いた子分もいなくなっちゃったんだよね〜…だからさ、新しく子分になってくれないかな〜って。」
18 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/24(火) 00:12:14.06 ID:9/A+GvFfO
大野木「子分はちょっと無理かな?仕事があるし…友達にならなれるから友達になろうよ!」

ライオン「友達か〜、んじゃま、それでいいや〜。暇な時はいつでも来て、一緒にゴロゴロしよう〜?気持ちいいぜー?」

大野木「わかったよ、じゃあ今日から僕たち友達!」

フレンズがいなくなった?もしかしてサーバルたちが消えたことと関係があるのかも?

もしそうだとしたら今後ライオンちゃんや調査隊の力を借りてその原因を突き止めなければならないな。

大野木「ねぇ、そのいなくなった子分たちを探すつもりなら僕にも手伝わせて!ライオンちゃんだけで探そうとしないでね?」

ライオン「ん?なんだ?手伝ってくれるのか!?」

大野木「友達だからね!」



今回は朝行動と昼〜夕方までのこの行動でおわりますが、次の日から夜の行動も選択肢で選べます。
19 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/24(火) 00:16:54.08 ID:9/A+GvFfO
僕は今研究所近くの園長さんの家に住まわせてもらっている。

家というかプレハブ小屋だが。

今日から日記をつけることにした。

三日坊主にならないようにしよう。

今日の出会い

キタキツネ

ライオン

ここから裏ステータス的なもの

キタキツネ 好感度0→1 ライオン 好感度1→5

好感度が10を超えると一緒に行動してくれるようになるかも?
20 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/07/24(火) 00:22:39.47 ID:9/A+GvFfO
次の日の朝行動

大野木「昨日のパークの売り上げは上々のようだ。」

この調子でどんどんゲストの方々が来て楽しんでくれるといいな。

それと昨日調査隊の隊員を決める会議があったがまだ隊長が決まっていないらしい。

さて、今日は何をしようかな?

選択肢

1書類仕事 2ナナちゃんのところを訪ねてみる

3海岸線を散歩

直下取り 連取りコンマ
21 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/08/03(金) 01:45:50.68 ID:lO7e2Ho8O
保守
22 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/11(日) 18:47:45.70 ID:6LjOP8RVO
生存してます、尚、好感度値を実装します、多くのフレンズと絆を結びましょう

安価は下
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/11(日) 21:47:57.48 ID:5wDMIJyD0
3
24 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/11(日) 22:02:00.04 ID:4PDn+pfMO
選択肢 3

海岸線

大野木「〜♪ん?遠くの方で泳いでる見たことないフレンズが・・・」

?「〜♪すーい、すーいっと♪」

大野木「おーい!君は何のフレンズー!?」

ロイヤル「私ー?!私はー!ロイヤルペンギンのフレンズよー!」

大野木「何してるのー?!」

ロイヤル「泳ぐのが好きだから、ひたすら泳いでるのよー!」

大野木「そっか!邪魔してごめーん!」

ロイヤル「別にいいよー!」

大野木「まさか、新フレンズ発見しちゃうなんてな、吃驚だ。」
25 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/11(日) 22:13:47.45 ID:4PDn+pfMO
ロイヤルペンギンと出会った!

現在の好感度一覧

キタキツネ 好感度 1
ライオン 好感度 5
ロイヤルペンギン 好感度 1

主人公の行動次第で急上昇も

好感度が上がれば上がるほど、フレンズ達は強くなります

昼行動

選択肢

1 このまま海岸線を散歩

2 へいげんちほーへ

3 書類仕事

4 ナナちゃんのところを訪ねてみる

5 その他(自由安価)
26 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/14(水) 00:12:25.99 ID:xTc+ibmbO
待ち
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/14(水) 22:47:28.31 ID:pL0WKxiA0
28 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 00:27:54.87 ID:k96kyb4PO
選択肢 1

何かしら起こった事を安価下(その場所にいそうなフレンズと会っただけでもOK、但し出会えるフレンズは一体だけ)

安価例

シロナガスクジラと出会った

カモメが倒れていたなど
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/15(木) 02:26:01.84 ID:r6tKvWm10
何だかフレンズと出会うことを誘導されてる感じがするので敢えて出会わない方向で


突然大波に襲われた!
30 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 10:59:22.76 ID:/yrDzEmZO
安価 突然大波に襲われた 了解

大野木「ま、そうそう異常はないよね。」

ザザザザザザ・・・!!

大野木「ん?何の音・・・って、えっ!!?」

ザザザザザザザッバァアアアアアンッ!!!!

大野木「グガボボボボボボッ!?」



大野木は大波に襲われ、攫われてしまった

大野木が目を覚ますと、そこは・・・安価下
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/15(木) 11:12:40.25 ID:WDYoYQEQ0
朽ち果てた基地のようだ。ウロウロしているとこの基地に一機の戦闘機が降りようとしている
32 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 11:30:51.82 ID:/yrDzEmZO
31 了解 場所は孤島とします

ジャパリパーク 園内と園外の境界に位置する孤島 砂浜

大野木「う、うべぇっ!しょっぱっ!海の水を上手く吐き出せてよかった・・・、ん、ここは?」

戦闘機「」

大野木「戦闘機!?と、基地!?俺は一体何処に流れ着いたんだ・・・!?」

戦闘機「」

大野木「戦闘機から誰か降りてくるみたいだ。」

?「この朽ち果てた基地に、何の用だ、人間。」

大野木「お、お前は?(あんまり知らないが、ハルヒに出てくる長門が長髪になって、それが軍服を着てる感じの見た目だな・・・)」

?「分からん、この基地で開発されたアンドロイドとだけ、私の中のデータにはある、この戦闘機は基地に残されていたものだ。」





元々この子は朽ち果てた基地等で出る予定でした
33 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 11:35:24.26 ID:/yrDzEmZO
大野木「ここはジャパリパーク、パーク・セントラル近くの海岸線からどのくらい離れているかわかる?」

アンドロイド「・・・北東に安価下k mの位置だ。」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/15(木) 12:46:58.21 ID:8B+FwL7G0
5q
35 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 13:00:51.94 ID:/yrDzEmZO
安価 5q

大野木「5qか、泳いで戻るにはきついか・・・。」

アンドロイド「私は、泳げませんよ。」

大野木「うーん、なら、海の泳げるフレンズに助けてもらうしかないか、この辺にいるかは不安だけど、・・・おーい!!泳げるフレンズさん、誰かいないかー!?」

来たフレンズを安価下
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/15(木) 14:57:55.35 ID:7Aj5R10kO
新井
37 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 15:46:03.76 ID:jFIo/wCQO
安価 アライ

アライさん「アライさんは泳げないけど、筏で釣りを楽しむ事ができるんだよ!」

大野木「ん?あ、アライグマ!?その筏は自作!?」

アライさん「アライグマなんて味気ない呼び方しないで、アライさんと呼んで!あと、この筏は自作したものだよ!」

大野木「わ、分かったよ、アライさん、それでどうして筏でここへ?」

アライさん「釣り!」

大野木「木の棒にただ糸を巻きつけて垂らしただけじゃないか・・・、取り敢えずこの筏で戻るか。」

アンドロイド「パーク・セントラルまでの位置情報等、私にお任せください。」

大野木「頼む。」

アライさん「じゃあアライさんはオールで筏を漕ぐよ!」

大野木「こっちに来る時も漕いでたじゃない、疲れてたら代わるよー、アライさん。」

アライさん「まだ大丈夫!疲れたら言うから、その時は代わってね!」

大野木「うん、分かった、無理しないでね。」
38 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 15:52:34.09 ID:jFIo/wCQO
パーク・セントラル近くの海岸線 砂浜

大野木「ふぅ、疲れた、でも戻ってこれてよかった。」

アライさん「結局ほとんど漕いでもらっちゃった。」

大野木「いや、でもアライさんが来てくれて助かったよー、ありがとう。」

アライさん「ふふーん、どういたしました!」

アンドロイド「どういたしまし『て』では?」

アライさん「あら、ちょっと間違っちゃっただけ!じゃあアライさんは引き続き釣りをやるんで、またね、えぇと・・・」

大野木「大野木 城、ジョジョと呼んでもいいぞ。」

アライさん「またね!ジョジョ!」
39 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 16:01:32.66 ID:jFIo/wCQO
大野木「あ、ところでアンドロイドと呼ぶのは味気ないな・・・、君に名前を付けよう!」

アンドロイド「名前・・・、それは時にその者の運命を決めることもあるというものだ、慎重に決めてくれ。」

大野木「分かった、うーん、そうだなぁ・・・、マーキナー・リウスとかどうだ?」

アンドロイド「・・・ラテン語で機械仕掛け、ですか・・・、悪くはない。」

大野木「おし、決まり!で、お前はこれからどうする?」

リウス「取り敢えず貴方様のお手伝いをしたい。」

大野木「そうか、なら、俺に付いて来い。」

リウス「承知。」
40 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 16:06:12.34 ID:jFIo/wCQO
夕方

大野木「さて、着替えたし、この後は何をしようか・・・」

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 へいげんちほーへ

4 海岸線へ

5 その他
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/15(木) 16:18:24.17 ID:Igp+BW5b0
アンドロイド分解しようぜ
42 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 19:27:26.97 ID:NVYS/lxtO
選択肢 5

プレハブ小屋

大野木「そうだ、リウスを分解して調べてもらおう!」

リウス「は?私を壊すのですか?」

大野木「いや、分解して、調べたら元に戻してもらう、安心して、ここの研究所の研究員達は超優秀で、普段から動物、AI、ロボットについて研究、またはAI、ロボットの開発をしているんだ。」

リウス「私のことも詳しく分かるかもしれないと・・・」

大野木「そういうこと。」
43 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 19:48:39.23 ID:NVYS/lxtO
2時間後 午後5時半頃

ジャパリパーク ロボット研究所

大野木「で、リウスについて分かったことは?」

研究員「1996年、4月15日起動、HM-00型改二、製作者天枷博士、動力源、ソーラーエネルギー、サボテンから抽出されたサボテンエネルギー、人間でいう感情や心といってもいいような機構を持っているなど、オーバーテクノロジーだらけです。」

大野木「は?何それ・・・、天枷博士・・・、知ってる?」

研究員「製作者が分かった段階で、リウスの分解と平行してジャパリパーク内全てのロボット研究に携わる者に天枷博士なる人物のことを聞きましたが誰も知らないようです。」

大野木「うーん、それじゃあジャパリパーク外のその道に携わる人に片っ端から連絡して聞いてみて。」

研究員「分かりました。」
44 : ◆oh/FBTookEX1 [saga]:2018/11/15(木) 19:56:20.66 ID:NVYS/lxtO
リウス「お前を信頼して良かった、しかし、天枷博士か・・・」

大野木「何か覚えていることは?」

リウス「・・・・・メモリーには10年前以前のものは何も無い、10年間あそこで1人過ごしていた。」

大野木「・・・・・そっか。」



選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 へいげんちほーへ

4 海岸線へ

5 その他
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/15(木) 22:41:43.87 ID:M3Bx+PX/O
2
46 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 23:36:25.20 ID:NVYS/lxtO
選択肢 2

大野木「じゃ、これからここで働く人を見ていこうか、取り敢えず、そうだな、飼育場へ行こう。」

リウス「承知。」

ジャパリパーク 飼育場

大野木「ここではフレンズではない、普通の動物達を飼育しているんだ。」

リウス「フレンズ・・・?」

大野木「あー、そこからか・・・、要約すると、サンドスターっていう不思議な物質があって、それを浴びることによってフレンズというヒトの特徴を持った動物がここジャパリパークには沢山いるんだ。」

リウス「???」

大野木「見てもらった方が早いかな。」
47 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 23:46:36.05 ID:NVYS/lxtO
ナナ「あれ、こんばんは!大野木さん、飼育場の視察ですか?」

大野木「まぁ、そんなところだ。」

リウス「私はマーキナー・リウス、アンdむぐっ」

大野木「しーっ、実はアンドロイドに嫌悪感を抱く人は少なくないんだ、ナナちゃんがそうかはわからないけど、自分がアンドロイドだってことは黙ってて。」こそこそ

リウス「じゃあ何故あそこの研究員達は」こそこそ

大野木「実はあそこの人達くらいなんだよ、アンドロイドに肯定的な意見を持っている人間は。」こそこそ

リウス「お前は、・・・大野木はどうなんだ?」こそこそ

大野木「僕は嫌悪感抱かない方だよ。」こそこそ

リウス「そうか。」こそこそ

ナナ「ちょっと、いきなり私の目の前で内緒話〜?」

大野木「あぁっ!ごめん!ちょっとね。」
48 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/15(木) 23:52:24.23 ID:NVYS/lxtO
大野木「でさ、キタキツネちゃんはいるかな?リウスに会わせたいんだけど。」

ナナ「あっちにいるよ!」

大野木「あっちか、ありがとう!」

リウス「ありがとうございます、ナナさん。」

飼育場 ドッグラン

キタキツネ「」

キタキツネちゃん「お前は、フレンズになれないのか?」

大野木「お、いたいた、こんばんはキタキツネ。」

キタキツネ「クン」

キタキツネちゃん「こんばんは。」

大野木「あ、どっちもキタキツネか、あはは。」
49 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 00:01:59.83 ID:e5l63rbIO
リウス「この子が・・・、フレンズ・・・。」

大野木「ん、そうだよ、で、こっちが」

リウス「フレンズではないキタキツネ。」

大野木「そう。」

キタキツネ「この子誰?」

リウス「私はマーキナー・リウス、よろしく、キタキツネ。」

キタキツネ「」お手

キタキツネ「よ、よろしく。」

大野木「どっちとも仲良くするんだぞ。」

リウス「承知。」

大野木「・・・命令とかじゃないからな?」

リウス「・・・。」
50 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 00:13:23.53 ID:e5l63rbIO
深夜

園長の家

大野木「ちょっと会議覗いたけど、まだ調査隊の隊長決まってなかった・・・、もしかしてこれ俺がなる流れ・・・?」

リウス「もう寝るか?」

大野木「ん、そうだね、僕はもう寝るけど、今日あったことで何か質問は?」

リウス「アライさんもフレンズなのか?」

大野木「そうだよ、アライさんはアライグマのフレンズなんだ。」

リウス「そうか、なら大野木、お前は?」

大野木「僕はフレンズじゃないよ、そもそもフレンズっていうのは、サンドスターによって動物がヒトの特徴を得た存在のことで、ヒトのフレンズなんてものは今後発生しないんじゃないかなぁ?多分。」

リウス「そうか。」
51 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 00:24:27.67 ID:e5l63rbIO
大野木「あ、そうそう、日記日記、忘れるところだった。」

リウス「日記?紙にその日その日の出来事を書き記しているのか、そんな面倒なことをしなくても私のメモリ機能ならば・・・」

大野木「こういうのは手書きがいいってこともあるんだよ。」

リウス「・・・理解不能、ヒトは面倒な事をするもんなんだな。」

大野木「時にはね。」

日記(ここではかなり省略して書きます)

今日の出会い

ロイヤルペンギン
リウス
アライさん
ナナちゃん

大野木「これでよし、さぁ、寝よう。」

リウス「私も寝るとする。」

大野木「寝れるの!?」

リウス「睡眠を取り、各機能を休ませる事で、余計なエネルギーを使わず、明日に回せるからな。」

大野木「睡眠も取れるとは、本当凄いな、リウスは・・・。」

今回はここまで
52 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 00:25:39.93 ID:e5l63rbIO
51 日記追記 キタキツネちゃん
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 00:30:32.95 ID:PJXTF4cO0
>ヒトのフレンズなんてものは今後発生しないんじゃないかなぁ?多分。
2期の皮肉になっててワロタ
54 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 08:43:43.90 ID:gHXYYLdaO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 その他
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 09:17:01.45 ID:T11tGBmmO
リウスの飛行機があることだし、広範囲の探索をしよう
56 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 15:54:00.48 ID:fn5i42LLO
選択肢 5 55

園長の家

大野木「あぁ、そうだ、あの戦闘機でジャパリパークを飛ぶのは禁止させてもらう。」

リウス「何故?」

大野木「フレンズ達にどのような形であれ実物の火器を見せたくないんだ。」

リウス「そうか。」

大野木「あとで技術者や研究員達をあの基地に向かわせて、色々調べさせた上で基地や戦闘機を解体させよう、もしあのままのあそこにフレンズが近づいたら危ないからね。」

リウス「フレンズ達の事を考えてのことか、優しいな。」

大野木「まぁ、ね。」
57 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 15:59:37.09 ID:fn5i42LLO
昼行動

選択肢

1 書類仕事

2 平原ちほーへ

3 海岸線へ

4 ナナちゃんのところを訪ねてみる

5 その他
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/16(金) 17:00:22.13 ID:hn1nHBJh0
4
59 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 17:18:44.27 ID:DHlwFwHa0
選択肢 4

飼育場

ナナ「あれ、また来たんですか、キタキツネちゃんを見に来たんですか?」

大野木「察しがいいね、そうだよ。」

ナナ「なら、聞いてください!今まで友達がいなかったキタキツネちゃんに友達ができたんです!」

大野木「お、それは本当か!?」

ナナ「はい!今も一緒にいるはずです!」

リウス「友達、か・・・。」
60 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 17:25:42.01 ID:DHlwFwHa0
ジャパリパーク内 住居区

ナナとキタキツネの住居 居間

?「ここだー!一気に抜き去る!」

キタキツネ「なっ!?今のドリフト、どうやって!?」

?「え!?夢中でやったから分かんない!」

ナナ「ささ、どうぞ。」

大野木「お邪魔します、お、マリ○カート64じゃないか!懐かしいなぁ!」

キタキツネ「あ、管理人さんだ。」

大野木「ジョジョでいいよ、今のところ出会ったフレンズ達には全員そのあだ名で呼ばれているから。」

?「ジョジョ?ジョジョといえば、ジョジョの奇妙な冒険!知ってる?」

大野木「うん、知ってるよ、キミは・・・」
61 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 17:31:06.74 ID:DHlwFwHa0
60 ×住居区 ○居住区

サーバル「サーバルキャットのサーバルだよ!よろしくね!ジョジョ!」

大野木「(もしやと思ったが、違う個体か・・・)うん、よろしく、サーバルちゃん。」

キタキツネ「ゴール!」2位

サーバル「あー!いつの間に!?ぐぬぬ、悔しい!もう一回!」3位

1位はcpキノピオ

キタキツネ「いいよ。」

サーバル「あ、ジョジョとナナもやる?これ。」

選択肢

やる
やらない←
62 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/16(金) 22:52:50.09 ID:DHlwFwHa0
Now Loading…
63 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 00:53:46.10 ID:Hk3DMOdM0
選択肢安価下待ち
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 14:32:56.43 ID:DrUfut6K0
なんだそれ安価だったのか
矢印ついてるからやらない固定だと思ってた

それじゃやる
65 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 18:19:14.36 ID:oW9oE6a1O
ナナ「やるー!大野木さんもやりましょうよ。」

大野木「あー、そうだね、やろうかな。」

サーバル「やったー!」

ナナ「私ピーチ!」

キタキツネ「ルイージ。」

サーバル「私はヨッシー!」

大野木「僕はキノピオ。」

休憩を挟みつつ3時間後

大野木「全戦全勝なのだ!」1位 24回

キタキツネ「おかしい、強すぎる・・・」ビリ1回 3位 23回

ナナ「本当強すぎますよ、大野木さん。」2位 21回 ビリ 3回

サーバル「何でー!?」 ビリ 20回 3位 1回 2位 3回

大野木「ちょっと大人気なかったかな・・・、あはは。」

キタキツネ、サーバル 好感度+2

ナナ「あ、大野木さん、仕事とか大丈夫なんですか?」

大野木「あ・・・」
66 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 18:22:37.97 ID:oW9oE6a1O
夕方行動

選択肢

選択肢

1 書類仕事

2 平原ちほーへ

3 海岸線へ

4 サーバルたちと何かしら(サーバルかキタキツネ単体でもOK)

5 その他
67 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 18:23:32.34 ID:oW9oE6a1O
66 選択肢多かった 安価は下
68 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 19:36:47.97 ID:wr5WvG7aO
選択肢安価下
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/17(土) 19:37:19.27 ID:2yL1CsKn0
70 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 19:41:26.57 ID:wr5WvG7aO
選択肢 3

リウス「あれ、仕事をするんじゃ?」

大野木「いや、これも仕事だ、この前の大波が一体なんだったのか、分かることはないかなと。」

何かしら起こったことを安価下
71 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/17(土) 21:38:05.87 ID:wr5WvG7aO
何々のフレンズと出会ったとかでもいいですよ、安価は下
72 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/18(日) 00:20:58.03 ID:qc46vC8UO
なうろーでぃんぐ…
73 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/18(日) 17:42:51.44 ID:bne4iUQSO
安価待ち
74 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/18(日) 20:43:09.75 ID:I6gmYTHJO
安価下
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/19(月) 00:19:25.23 ID:IsYwhDxO0
シロナガスクジラと出会った
76 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/19(月) 16:38:16.92 ID:zGS6jogUO
安価 シロナガスクジラ

シロナガスクジラ「こんにちは、私はシロナガスクジラ、貴方達は?」

大野木「こんにちは、って、シロナガスクジラのフレンズ!?シロナガスクジラなんてここらの海域に来たっけか?(尖閣諸島付近)それよりまた新フレンズ発見だ!」

リウス「研究所に報告ですね。」

大野木「おおっと、僕は大野木 条、フレンズの皆からはジョジョと呼ばれてるよ。」

リウス「マーキナー・リウスだ、よろしく。」

シロナガスクジラ「ジョジョくんにリウスちゃんね、よろしく♪」

大野木(何か、母性を感じる・・・)
77 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/19(月) 16:39:38.29 ID:zGS6jogUO
ミス、大野木 城
78 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/19(月) 16:43:09.28 ID:zGS6jogUO


選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 へいげんちほーへ

4 このまま海岸線を散歩

5 その他
79 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/19(月) 23:07:56.73 ID:2oncZVKuO
安価下
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/19(月) 23:08:36.16 ID:+9P92+9a0
2
81 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/19(月) 23:17:22.17 ID:2oncZVKuO
選択肢 2

ジャパリパーク 居住区

キタキツネ「あ、また来たの。」

大野木「うん、なんとなくね。」

キタキツネと何する?安価下
82 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/20(火) 19:28:56.65 ID:pRbzBGvjO
安価待ち
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 19:32:33.08 ID:bCjcmeED0
フレンズ探し
84 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/20(火) 19:59:06.67 ID:pRbzBGvjO
安価 フレンズ探し

大野木「そうだ、ねぇ、フレンズを一緒に探しに行かない?」

キタキツネ「えぇ〜?今はダラダラしてたいのに・・・。」

大野木「嫌ならいいんだけど・・・」

コンマ判定直下

1〜5以外でキタキツネと一緒にフレンズ探し
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 20:15:20.38 ID:d/4ulsfw0
<●><●>
86 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/20(火) 20:21:01.64 ID:pRbzBGvjO
判定 8

キタキツネ「んー、でもまぁ、いいか、行くよ。」

大野木「やった(キタキツネちゃんと一緒♪)」

キタキツネ「何処に探しに行くの?」

大野木「んー、そうだな・・・」

選択肢

1 平原ちほー

2 海岸線へ

3 森林ちほー

4 雪原ちほー

5 砂漠ちほー

6 水辺ちほー

7 その他(パーク・セントラル以外)
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/20(火) 20:22:12.52 ID:bCjcmeED0
88 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/20(火) 20:26:24.77 ID:pRbzBGvjO
選択肢 4

大野木「雪原ちほーに行こうかな。」

キタキツネ「寒いのは平気なの?」

大野木「僕は寒さには強い方なんだ。」

出会った雪原ちほーのフレンズ安価下
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/21(水) 00:23:27.59 ID:YyQ58Z5B0
ギンギツネ
90 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/21(水) 21:02:47.35 ID:ivzHgd2JO
安価 ギンギツネ

雪原ちほー

キタキツネ「あ!ギンギツネ!」

ギンギツネ「あら、キタキツネじゃない。」

大野木「お、2人は面識あるのか。」

キタキツネ「フレンズになる前から会ってるかな?」

ギンギツネ「うーん・・・、忘れたわ、ていうか、パークガイドの格好(帽子はかぶってない)で寒くないの?貴方達。」

リウス「大丈夫。」

大野木「平気だ、で、ギンギツネはここで何を?」

ギンギツネ「暇つぶしに雪兎作り。」

キタキツネ「私もやる。」

大野木「僕も!」

リウス「・・・私も。」
91 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/21(水) 21:31:26.03 ID:ivzHgd2JO
10分後

雪兎「」

ギンギツネ「貴方のが一番上手いわね。」

大野木「ジャパリパークの管理人兼副園長の大野木 城だ、管理人っていってもパーク内の見回りとかしてるだけだがな。」

リウス「書類仕事等はないのか?」

大野木「うっ・・・、あるけど全然やってないや・・・。」

リウス「・・・やっとけよ・・・(呆れ」

大野木「あっははー・・・、そのうちやるよ、そのうち・・・」

ギンギツネ「・・・もしかして、ロボット?その子・・・。」

大野木「何故分かったし・・・。」

リウス「マーキナー・リウスだ。」

キタキツネ「ロボット!?本当に!?・・・よろしく。」

ギンギツネ「ほぼ無表情だったし、声のトーンもずっと一定だったし、何より見られているというよりは映されている気がして・・・」

大野木「野生の勘的な何かか。」
92 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/21(水) 21:44:43.46 ID:ivzHgd2JO
深夜

園長の家

大野木「いや〜、寒かった、日記を書いてもう寝よう。」

日記

今日の出会い(数字は親愛度、または好感度の%数字の数字です)
ナナちゃん 5
キタキツネ 5
サーバル 3
シロナガスクジラ 1
ギンギツネ 1


ちなみにリウスは5




リウス「おやすみなさい。」

大野木「おやすみ、リウス」
93 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/21(水) 21:47:03.71 ID:ivzHgd2JO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 その他
94 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/23(金) 10:23:12.75 ID:1qRDQq1vO
安価下
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/23(金) 12:05:44.37 ID:O/xOcBXb0
5
96 : ◆OBzaXJXIWo [saga]:2018/11/23(金) 13:04:42.27 ID:1qRDQq1vO
選択肢 5 雪原ちほーへ

出会った雪原ちほーのフレンズ安価下
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/23(金) 19:51:16.94 ID:lWLHsGe90
トキ的な
98 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/23(金) 20:18:46.65 ID:AgXgeT+qO
安価 トキ

大野木「今朝、飼育員の1人からトキが雪原ちほーに向かって飛んでったと報告があった、僕らで行こう。」

リウス「トキ、フレンズの?」

大野木「あぁ、そうだ、凍えてるかもしれないから早く行くぞ。」

雪原ちほー

トキ「さ、流石に無理があったかしら・・・。」ブルブル

大野木「いたいた。」

トキ「あれ、そんな格好で寒くないの?」

大野木「僕は寒さには強い方だよ、それより君がトキ?震えてるじゃないか。」

トキ「寒い・・・。」

大野木「早くここらから離れるんだ、でもどうしてこんなところに・・・」

トキ「仲間を探して、もしかしたらここにいるかもしれないと思って・・・」

リウス「トキの仲間にはショウジョウトキ、クロトキがいますが、このジャパリパーク内には?」

大野木「ショウジョウトキがどっかにいるとは聞いてるよ。」

トキ「ショウジョウトキ・・・、私の、なか、ま・・・ガクッ」

大野木「ガクッて口で言う?って、しっかりしてー!?トキー!?」
99 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/23(金) 20:31:00.85 ID:AgXgeT+qO


動物・フレンズ病院

大野木「軽い凍傷だけで済んで良かった、もう無茶しないでよ。」

トキ「ご心配おかけしました。」

其の後

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 その他
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/23(金) 20:58:21.88 ID:9tsbpWMq0
3
101 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/23(金) 21:08:40.26 ID:AgXgeT+qO
選択肢 3 平原ちほーへ

出会ったフレンズ安価下
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/23(金) 21:56:21.81 ID:yUqLE1jA0
ショウジョウトキ
103 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/23(金) 22:20:59.46 ID:AgXgeT+qO
安価 ショウジョウトキ 選択肢ゾロ目ボーナスつけようかな、更にフレンズが・・・

ショウジョウトキ「ちょっとー、私の歌が下手ってどいうこと!?あんたの耳おかしいんじゃないの?」

クロトキ「わたくしのほうが上手い、〜〜%☆○*:¥#っ!!!!」

ショウジョウトキ「あんたへったね〜、レッスンしてあげようか?(ドヤァ」

リウス「不快な音波を検知しました。」

大野木「こ、個性的な歌声だね・・・、あ、トキに似てる・・・!」

ショウジョウトキ「ん?そう!私はショウジョウトキ!(ドヤァ で、こっちがクロトキ「クロトキです。」

大野木「トキの仲間早速見つけた〜!?同じトキの仲間を探してるトキちゃんがね、森林ちほーにいるとおもうから、会いに行ってあげて!」

クロトキ「仲間・・・」

ショウジョウトキ「探してるってことは、寂しがり屋なのかな、早速会いに行ってみようっと♪」

クロトキ「あ、わ、私も行きます!」

大野木「あ!そういえばクロトキ、新フレンズだ!」
104 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/23(金) 22:24:55.16 ID:AgXgeT+qO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーを散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 その他
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 00:02:53.10 ID:hjkEBid60
go to ナナちゃん
106 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/24(土) 00:18:58.57 ID:eP7FrFJlO
選択肢 2

ジャパリパーク 居住区

ナナ「あ、大野木さん!こんにちは、またキタキツネに会いに来たんですか?」

行動選択肢安価下

1 ナナちゃんとコミュ(内容指定可、何もなければお任せになります)

2 キタキツネとコミュ 同上

3 サーバルとコミュ 同上

4 その他、何かあれば
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 18:01:37.98 ID:m59k4dlnO
ナナちゃんを見てるとなんだかムズムズするんだ…
108 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/24(土) 18:22:38.36 ID:ekwxMB2AO
選択肢 1 ナナちゃんを見てるとなんだかムズムズするんだ…

ナナ「・・・え?そうなんですか?」

大野木「うん・・・、何かを思い出しそうでな?」

ナナ「なんででしょうね?」

大野木「うーん・・・、分からないや。」

ナナ「分からないなら気にしない方がいいですよ、その内思い出すかもしれません。」

大野木「んー、そうだな。」



選択肢

1 書類仕事

2 このままここにいる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 その他
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 18:24:46.19 ID:GXPghEtc0
ナナちゃんを見てムズムズしたので[田島「チ○コ破裂するっ!」]する
110 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/24(土) 18:31:50.09 ID:ekwxMB2AO
選択肢 5

園長の家

大野木「はぁ、と、思ったけど、そんな気分になんねぇんだよなぁ・・・」

リウス「?・・・何が?」

大野木「なんでもない。」

リウス「それより書類仕事溜まってる。」

大野木「分かってるって、その内やる。」
111 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/24(土) 18:37:42.79 ID:ekwxMB2AO
深夜

大野木「日記書いて寝るか。」

日記

今日の出会い

トキ 8
ショウジョウトキ 4
クロトキ 4

リウス 6

大野木「おやすみ。」

リウス「おやすみなさい。」
112 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/24(土) 18:46:41.49 ID:ekwxMB2AO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 その他
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/25(日) 00:15:47.95 ID:/A1HGhb20
もう一回5
114 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/25(日) 01:02:10.32 ID:8hKqquotO
選択肢 5 雪原ちほーへ

出会った雪原ちほーのフレンズ安価下
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/25(日) 12:58:22.08 ID:/A1HGhb20
あるぱか
116 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/25(日) 15:18:28.06 ID:1eTd4QPeO
安価 アルパカ

大野木「起き抜けに雪原ちほーの寒さは堪えるな。」

アルパカ「そうかい?ボクはそうは思わないが。」

大野木「そりゃキミなら平気だろうね、アルパカさん。」

リウス「アルパカのフレンズ・・・。」

アルパカ「おや、彼女連れか。」

リウス「私は彼女などではなく、ジョジョのアシスタントです。」

アルパカ「そうか、早とちりして悪かった。」

大野木「別に気にしてないよ。」



選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーを散策

6 その他
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/26(月) 01:46:43.82 ID:sTEpimnP0
5
118 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/26(月) 15:45:54.01 ID:PLlkvVsBO
選択肢 5

出会った雪原ちほーのフレンズ安価下
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/26(月) 17:34:30.41 ID:507qZvzk0
タンチョウ
120 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/26(月) 19:40:45.24 ID:nIol/58YO
安価 タンチョウ

大野木「〜♪」

リウス「−1度、本当に寒さに強いんだ。」

大野木「だから、寒さに強いって言ったでしょ?」

タンチョウ「はあああああああっ!!」

リウス「危ないっ!」

ドガッ!!

リウスはタンチョウの渾身の蹴りを腕を前にクロスしてガードした!

タンチョウ「あ、も、申し訳ありません!!大丈夫ですか!?」

リウス「ノープロブレム、無問題。」

大野木「今の蹴りかなりの威力ありそうだったのに、流石リウスか・・・。」

タンチョウ「ならよかったです。」

大野木「で、キミは何のフレンズ?」
121 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/26(月) 20:12:09.79 ID:nIol/58YO
タンチョウ「タンチョウです、可愛く、美しくなるには自分を磨き上げなければいけないと人間から聞き、自分磨きをしているところです。」

大野木「う、う〜ん・・・、ちょっと違うかな?」

リウス「ですが心意気はいいです。」

大野木「そうだな。」

夕方

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーを散策

6 その他
122 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/26(月) 23:06:32.09 ID:nIol/58YO
安価待ち
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/27(火) 10:13:24.72 ID:t49qWFIvO
1
124 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/27(火) 17:23:56.26 ID:/pUGPkipO
選択肢 1

園長の家

大野木「・・・流石にもうやんないと不味いよね・・・。」

リウス「私も手伝うから早く終わらせましょう。」

大野木「ありがとう、リウス。」

リウス「ん、この書類は・・・」

大野木「ん?どれどれ?・・・調査隊の隊長か・・・、・・・こっちの飼育員やパークガイドの職員一覧から選んじゃうとか駄目かな・・・、お、この人は・・・!」

僕が手に取った名簿には、パークガイド見習い、愛称ミライとあった(その他書かれていたことについては記憶に無い)

プロフィールにはただ一言、動物大好き!のみ

大野木「園長じゃないけど、大の動物好きなら大丈夫!・・・この子を隊長に推薦してみよう。」
125 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/27(火) 17:42:04.40 ID:/pUGPkipO


園長の家

配達員♂「お届けものでーす!」

大野木「ご苦労様、判子は〜っと、」

配達員「今時判子なんて珍しいですね。」

大野木「あぁ、自分チップ埋めてないんで。」

配達員「そうなんですか。」

大野木「ここの職員は殆どそうだよ。」

配達員「何か訳でも?」

大野木「動物達にチップを入れてないんで、僕らも、みたいな、はい、判子。」

配達員「成る程、では。」

大野木「お疲れ様〜。」
126 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/27(火) 17:46:56.52 ID:/pUGPkipO
リウス「そのキャリーケースは?」

大野木「僕の『家族』が入ってる、出ておいで〜。」

白猫の子猫「・・・にゃ。」

リウス「・・・可愛い。」

大野木「でっしょ〜?生後3ヶ月の白猫、ソラだよ、名前の由来はほら、瞳がスカイブルー!」

リウス「綺麗。」

ソラ「にゃ。」

大野木「よろしく、だってさ。」

リウス「・・・本当かよ。」
127 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/27(火) 20:06:00.85 ID:hiO6GH8jO
深夜

大野木「忘れぬうちに書いておこう。」

ソラ「にゃ?」

日記

今日の出会い

アルパカ 1
タンチョウ 1

大野木「じゃ、書いたし、おやすみ。」

リウス「おやすみなさいませ。」
128 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/27(火) 21:10:35.06 ID:hiO6GH8jO
翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 その他
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/27(火) 21:13:42.21 ID:pd9/VN6r0
130 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/28(水) 00:00:37.85 ID:Ees7vwkFO
選択肢 3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 23:14:44.75 ID:No3GtSRy0
性豪ヘラジカ丸
132 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/29(木) 15:57:25.72 ID:uBA4pFFxO
安価 ヘラジカ

ヘラジカ「やぁやぁ、初めまして、私はヘラジカだ。」

大野木「森の王、ヘラジカか、僕はジャパリパーク管理人、大野木 城!フレンズからのあだ名はジョジョ、よろしく。」

リウス「そのジョジョをアシストする、マーキナー・リウスだ。」

ヘラジカ「ジョジョとリウスか、お前達、私の勢力下に入るつもりはないか?」

大野木「仲間集め?」

ヘラジカ「そうだ、強いやつを集めて力比べをしたいんだ。」

リウス「例えば?」

ヘラジカ「腕相撲とかやりたいな。」

大野木「そうなんだ、でも僕は仕事があるから、ごめんね。」

ヘラジカ「そうか、だが暇が出来たら力比べをしに来てくれ。」

大野木「分かった。」
133 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/11/29(木) 23:13:25.36 ID:SZkRtginO


選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーを散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 その他
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 00:34:26.17 ID:14pJS6v20
1
135 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/12/08(土) 17:22:12.32 ID:sa42WI0vO
選択肢 1 書類仕事

園長の家

大野木「書類仕事を溜めないようにしなきゃね。」

リウス「この資料は?」

大野木「ん?遺跡風の巨大迷路建設計画か・・・、そんなのもあったな、よし、OK出しとこう!」

リウス「どこに建設するんだ?」

大野木「んー、キョウシュウエリアの・・・砂漠ちほー辺り、調査が済み次第、砂漠の景観を壊さないように、そこの地下に巨大な迷路を。」
136 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/12/08(土) 17:23:42.80 ID:sa42WI0vO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーを散策

6 その他
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:27:15.16 ID:uXvfqupUO
2
138 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/12/09(日) 10:04:32.28 ID:eYcoQS0cO
選択肢 2

行動選択肢安価下

1 ナナちゃんとコミュ

2 キタキツネとコミュ

3 サーバルとコミュ

4 その他
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:59:33.33 ID:Y+TU3NPjO
3
140 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/12/23(日) 12:22:10.80 ID:ZnlAUH1XO
選択肢 3 ゾロ目

ジャパリパーク内 住居区 道端

大野木「やぁ、こんにちは、サーバルちゃん。」

サーバル「こんにちは!ジョジョ!」

大野木「今日もキタキツネちゃんと遊んできたの?」

サーバル「ううん、今日は洞窟探検をしたよ!でね、そこでツチノコちゃんってフレンズに会ったんだ!」

大野木「へー、ツチノコのフレンズに会ったんだ、・・・え?」

大野木(ツチノコってあのツチノコだよな?UMAがフレンズに成り得るのか?)

サーバル「どうしたの?」

大野木「いや、何でもない。」

選択肢に洞窟が追加
141 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2018/12/23(日) 12:28:42.74 ID:ZnlAUH1XO


選択肢

1 書類仕事

2 このまま居住区にいる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 洞窟へ

6 その他
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/26(水) 21:08:22.70 ID:6UdprbJH0
5
143 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/04(金) 18:41:56.38 ID:Jdxh80tkO
選択肢 5 洞窟

出会ったフレンズを(ツチノコ以外で)安価下
144 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/06(日) 22:46:27.81 ID:8BneS7BJO
洞窟にいそうなフレンズを安価下
145 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/08(火) 22:09:39.20 ID:g3MIwfMbO
待ち
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/09(水) 00:13:11.86 ID:cQS3kVyF0
洞窟にいそうなフレンズって誰だろうツチノコ以外に思いつかん
安価下
147 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/09(水) 15:11:49.01 ID:+0Xe17IFO
コウモリ系は遊びに来てそう

安価は下
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/09(水) 23:25:07.96 ID:TKTJ8pK00
じゃけものフレンズ コウモリで検索して最初に出て来たナミチスイコウモリとかいうやつで
149 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/10(木) 00:34:41.76 ID:PXcOVDQvO
洞窟

大野木「ここか〜、ツチノコを見つけたら大発見だ・・・リウス、頼りにさせてもらうぞ。」

リウス「ん。待って、誰か・・・大野木「あぁ、いるな、そこの岩陰!!」

ナミチスイコウモリ「キキャーーーーッ!」

大野木「うるっさっ!鼓膜破れる!」

リウス「大丈夫、破れてはいないようです。」

ナミチスイコウモリ「わ、私はナミチスイコウモリ!イタズラの天才のこの私を驚かせるとは・・・!」

大野木「んー、長い、・・・ナミちーだな。」

ナミチスイコウモリ「はぁ!?何勝手に変なあだ名付けてるの!?もー!」ぷんすこ

大野木(にしても、見た目が今まで見てきたフレンズの中では1番大人っぽい、妖艶な感じが・・・?)EXナミチスイコウモリに近い容姿

リウス「このフレンズは以前にも確認されています。」

大野木「あ、いつの間に、ここのデータをインプットしたな?」

リウス「exactly。」

大野木「何故そこで英語。」

ナミちー「こらー!無視すんなー!」
150 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/10(木) 00:39:54.47 ID:PXcOVDQvO
深夜

園長の家

大野木「今日も楽しかったね、明日はもっと楽しい一日になるといいね、じゃ、おやすみ、リウス。」

リウス「おやすみなさいませ、大野木様。」

大野木「お前結構口調変わらない?」

リウス「その時の気分によります、お気になさらず。」

大野木「そっか。」



ナミちー「くっそー、暗闇で驚ろかすイタズラが失敗したなんて、このイタズラの天才ナミチスイコウモリ様は絶対に認めない!・・・覚えてろ〜・・・!!」
151 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/10(木) 00:43:16.84 ID:PXcOVDQvO
大野木就寝後

ソラ「にゃー、り、う、す?」

リウス「イエネコ、・・・イエイヌ、ここに連れてこられたペットや家畜がフレンズになったというデータはなかったが、もしかすると・・・」
152 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/10(木) 00:56:20.38 ID:PXcOVDQvO
日記

今日の出会い

ヘラジカ 1
サーバル 4
ナミちー 1

リウスは7

そして ソラ 3
153 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/10(木) 02:02:19.06 ID:PXcOVDQvO
翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 その他(ライオンを探す みたいに今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
154 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/11(金) 15:38:33.24 ID:LIOPEZNeO
安価待ち
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/11(金) 18:01:37.92 ID:yVt6i0oH0
4
156 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/11(金) 19:04:43.44 ID:7+Gk1E24O
選択肢 4 海岸線へ

海岸線にいたフレンズ安価下
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/11(金) 19:29:12.35 ID:yVt6i0oH0
バンドウイルカ
158 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/11(金) 20:14:44.95 ID:7+Gk1E24O
安価 バンドウイルカ

大野木「お?」

バンドウイルカ「ねぇねぇ、遊ぼー!」

大野木「ごめん、見回り中で忙しい。」

バンドウイルカ「んー、忙しいなら仕方ないかぁ・・・、暇になったら遊んで!」

大野木「分かったよ、バンドウイルカちゃん。」
159 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/11(金) 20:37:03.80 ID:7+Gk1E24O


選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線を見回り

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 その他

安価下
160 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/13(日) 23:03:47.68 ID:I4sWcf+KO
待ち
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/13(日) 23:51:50.78 ID:Gfmrk9by0
162 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 00:07:43.80 ID:EKHYt8/MO
選択肢 1 絶滅動物の博物館へ

大野木「絶滅種の博物館っていっても、しっかりした設備があるわけじゃないから、サンドスター頼りなんだよね。」

サンドスターは絶滅動物たちの剥製を腐らせないようにしてくれる

リウス「ニホンオオカミ・・・、ニホンカワウソ・・・」

ニホンオオカミの剥製「」じっ・・・

ニホンカワウソの剥製「」じっ・・・

大野木「サンドスターのお陰で活き活きして見えるな・・・特に目が、何かこっちを見てるみたい。」

リウス「・・・(家畜やペットだけでなく、もしかして、ここの剥製達も・・・?)」
163 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 00:18:16.72 ID:EKHYt8/MO
夕方

選択肢

1 まだ絶滅動物の博物館にいる(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線を見回り

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 その他

安価下
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/14(月) 03:58:43.99 ID:YDQtZ4VTO
その他
百メートルごえのセルリアンが十匹、海の向こうから現れた
頭が良くニ千匹の様々なセルリアンを従えて軍隊のように理路整然とした行動をしている
165 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 09:27:08.33 ID:WveIAuKqO
164 そんなにセルリアンはまだ出てない時期だったかと(漫画版辺り)、フレンズはプロトタイプ(0代目)?と1代目(漫画版の個体)がいます、・・・あ、でも何かあったな



園長の家

オイナリサマ(念話)「聞こえますか、大野木さん。」

大野木「ん?この感じ、オイナリサマ!?」

オイナリサマ「できれば早急に用意してもらいたいものがあって・・・四神の像と要石をリウキウエリアに。」

大野木「四神?あーっと、白虎とかのことか、取り敢えず園長の伝手で大陸から像を用意してもらおうか?」

オイナリサマ「お願いします。」

大野木「最短で2週間かかるけど大丈夫?」

オイナリサマ「そこを何とか1週間以内に。」

大野木「そ、それはきついかな、けど頼んでみるよ。」

オイナリサマ「ありがとうございます、それでは。」

大野木「・・・どうしてまたそんなものが必要なんだろう?」
166 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 09:57:32.73 ID:WveIAuKqO


選択肢

1 まだ絶滅動物の博物館にいる(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線を見回り

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 その他

安価下
167 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 09:58:58.43 ID:WveIAuKqO
選択肢 1

正しくは 1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・ です

安価下
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/14(月) 13:07:53.20 ID:YDQtZ4VTO
その他ジャパリパークはもう良いや
ジュラシックワールドに行こう
169 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 13:21:36.24 ID:H9ucQ1bLO
その他 ジュラシックワールドへ

スレタイから外れるのでジャパリパーク放棄はできません

園長の家

大野木「え?DNAから絶滅種を復活させた?」

リウス「はい、そのようです、その中でまずはリョコウバトとドードーをこの園に送ることが決まったと園長に連絡を取ったら言ってました。」

大野木「え、こっちに来るの?」

リウス「いえ、我々がプライベートジェットで現在閉鎖中の向こうに行かなければいけないようです。」

大野木「まじか・・・何日かかりそう?」

リウス「計算しましたが、行き帰り、1日半で済むかと。」

大野木「そうか・・・。」

ジャパリパーク内居住区

大野木「てな訳でその間ソラを頼むよ、ナナちゃん。」

ソラ「にゃーん。」

ナナ「はい、分かりました。」
170 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 13:26:51.87 ID:H9ucQ1bLO
深夜

プライベートジェット機内

大野木「リウスがアンドロイドなことは極秘だからね?」

リウス「分かっております、ただのサポートロボットとして付いていきます。」

大野木(あ、日記・・・後でちゃんと書かないとな)
171 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 14:04:08.01 ID:H9ucQ1bLO
1日半後

大野木「リョコウバト5匹、ドードー6匹、まさか絶滅種をこの目で見れるとは・・・」

リョコウバト「トゥイー!」

ドードー「デゥーデゥー!」

リウス「この子達を無事飼育できたと確認でき次第次々送ってくるみたいですね。」

大野木「あぁ、何だか知らんが手元に置き続けたくないような感じがしたな。」

リウス「オークションに出される前にこっちに・・・とか?」

大野木「さ、流石にそれはないだろう・・・、ロックウッド氏が生きている間は・・・(冷凍睡眠や延命の為の投薬等でまだまだかなり長生きしそう)」
172 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 14:35:46.49 ID:H9ucQ1bLO
空からだと日本のどこら辺か分かってしまう恐れがあるため、ジャパリパークからは船しかありません

船→羽田空港→ジュラシックワールド→羽田空港→船

船内

船内にジャパリパークの職員が

職員「あ、副園長!絶滅動物の剥製が・・・人影になって動き出し、消え失せました!」

大野木「え?なん・・・だと!?」

リウス「フレンズ化でもしたんでしょうか?」

大野木「そんなまさか、剥製だぞ?」

リョコウバト「トゥイーッ!?」

ドードー「デゥーデゥー!?」

リウス「・・・それよりまず、リョコウバト4羽とドードー5羽を・・・あれ?」

大野木「ん?お、おぉ、そうだな、もうこの子達の住む場所は準備してあるか?」

職員「あー、はい、まだ使われていないブースを。」

大野木「慣れてきたら放し飼いに。」

ここジャパリパークでは放し飼いが当たり前

フレンズの存在によってフレンズ化していない動物達も人慣れしている
173 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 14:37:52.42 ID:H9ucQ1bLO


選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線を見回り

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 その他

安価下
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/14(月) 14:57:01.88 ID:YDQtZ4VTO
野生化したフレンズに職員が食い殺される
175 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/14(月) 16:07:20.58 ID:H9ucQ1bLO
うーん、惨劇ならジュラシックワールドへどうぞ

ゾロ目なので今まで出会ったフレンズのうち誰かがセルリアンを発見ということで

誰が発見して伝えにきた?安価下
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/15(火) 00:30:56.64 ID:XJmmGQDR0
それじゃ原点に返ってキタキツネ
177 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 02:59:18.78 ID:i+sEHHnCO
安価 キタキツネ

船着場

キタキツネ「あ、ジョジョー!大変大変!」

大野木「キタキツネちゃん、どうしたの?そんなに慌てて。」

キタキツネ「平原地方から森林地方の方に行ったらね、薄暗いところで何だかわかんないものにフレンズが襲われてて!」

大野木「っ!?案内できるか?」

キタキツネ「こっち!」

リウス「私も行く。」
178 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 03:00:24.34 ID:i+sEHHnCO
襲われていたフレンズを選択

サバンナシマウマ
インパラ

安価下
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/15(火) 07:54:24.94 ID:qB/mBgfd0
サバンナシマウマ
180 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 15:42:02.04 ID:+nMseeGmO
安価 サバンナシマウマ

キタキツネ「はぁ、はぁ、急いで、こっち!」

大野木「他のフレンズには教えたの?」

キタキツネ「うん、そしたらアフリカオオコノハズクのフレンズが帰ってきた貴方に知らせて呼んできた方がいいって・・・」

森林 薄暗い場所

サバンナシマウマ「助・・・けて・・・」

大野木「なんだ!?黄色い目のようなものがついた小さい球体が沢山纏わり付いてる!」

キタキツネ「絡みついてて全然剥がせないの。」

大野木「・・・じゃあ攻撃してみて。」

キタキツネ「こ、攻撃!?でも・・・」

大野木「彼女を救うにはそれしかない。」

キタキツネ「う、ぅうう、えいっ!」

パッカーン!×10
181 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 15:55:42.24 ID:+nMseeGmO
サバンナシマウマ「た、助かった・・・あ、あと、あっちの方にインパラが・・・私と同じような目に・・・」

大野木「何!?行くぞ!キタキツネ!」

キタキツネ「うん!」

・・・

インパラ「もう駄目・・・・・。」

大野木「っ!!?透けていってる!?」

キタキツネ「黄色の球体が何か吸ってる!」

インパラ「」

大野木「フレンズとしての体が消えて元のインパラに・・・」

パッカーン×10

キタキツネ「インパラ!・・・これ、無事?」

大野木「・・・さぁ?取り敢えず動物病院に連れて行かないと、おいで〜。」

インパラ「?」トコトコ
182 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 16:05:27.17 ID:+nMseeGmO
動物病院

獣医(女性)「取り敢えず何の異常も見受けられませんでした。」

大野木「そうですか!」

キタキツネ「よかった・・・」

サバンナシマウマ「よかったね、インパラ!」

インパラ「!」ビクッ

サバンナシマウマ「?インパラ、私だよ、サバンナシマウマだよ?」

インパラ「???」

大野木「これは・・・まさか・・・記憶喪失?」

獣医「脳に異常は無かった筈・・・」

キタキツネ「記憶が・・・?フレンズから元の動物になると記憶が無くなっちゃうの!?」

獣医「フレンズだったの、この子。」

大野木(インパラに一体何が起きた?纏わり付いてたあいつらが関係しているのか?)
183 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 16:24:08.20 ID:+nMseeGmO
夕方

会議室での緊急会議が開かれた

大野木「この正体不明の存在の呼称は?」

研究員「カコ博士が球体で空色のものを多数目撃していて、『セルリアン』と呼称したいと。」

大野木「フレンズから元の動物に戻ってしまった原因は?」

獣医「体内のサンドスターの枯渇が原因だと思われます。」

大野木「それで何故記憶が失われる?」

研究員「恐らく、フレンズとしての『個』(人格)が失われたからだと思います、つまり、フレンズから元の動物に戻った時点でフレンズとしての『個』は死んだと言えるかと・・・」

大野木「・・・、またフレンズになれれば・・・記憶は戻るのか?」

獣医「それは・・・分かりかねます。」
184 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/15(火) 16:28:17.51 ID:+nMseeGmO


選択肢

1 絶滅動物の博物館に(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線を見回り

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 その他

安価下
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/15(火) 22:29:56.10 ID:hZ8h4QHEO
ジョジョ自[ピーーー]る
186 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/16(水) 16:12:22.77 ID:PRGggyunO
安価 その他

大野木(あの後オイナリサマにもセルリアンのこととかを話した)

園長の家

ガチャ

リウス「・・・私達がここにいない間にサンドスターが空から大量に降ってきたと・・・あ、それとリョコウバトとドードー、いなくなった1羽、やはり見つかりません。」

大野木「そうか・・・(オイナリサマは一度フレンズになった動物が再びフレンズになることはないと言ってた・・・PVに出てくれたサーバルたちも同じような目にあって・・・)」

大野木(いやいや、大丈夫だと信じようじゃないか、・・・インパラ・・・もう少し発見が早ければ・・・!サーバルたちはあぁなる前に見つけたい、見つける!)

リウス「・・・あとソラがって、聞いてます?・・・聞いてねぇなこれ・・・ぬいぐるみでも探して置いときますから、それで自分を慰めたらどうですか?」

大野木「うん・・・。」

リウス「(上の空か・・・)じゃ、こいつは暫く放っといて、ナナさんのとこ行こ。」

ソラ(イエネコ)「う、うん・・・。」
187 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/16(水) 21:13:24.48 ID:0DYN6TnqO
深夜

会議室

セルリアンへの対処はフレンズではなく人間がすることとなった

園長から剥製がフレンズ化したのか早急に確認をとのこと

大野木「何度も悪いね。」

研究員「いえ、剥製のこと聞きました、フレンズ化しているなら、早く会ってみたいです。」ペコ

研究員(ん?襟のところに違和感・・・)

バンッ!

サーバル「セルリアン!インパラの仇!何処にいるの!?」

カラカル「セルリアンは私達が倒すわ!」

大野木「・・・どっから漏れた・・・!!」

研究員「・・・あ!あー・・・、すいません、多分うちからです・・・いつのまにか白衣の襟の裏に・・・」つ盗聴器

大野木「チンパンかー・・・!」
188 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/16(水) 22:06:09.25 ID:0DYN6TnqO
園長の家

大野木「あれ?リウスは?・・・ま、いっか、ソラ〜、・・・・・ナナちゃんのところだった、寝よ。」

布団を捲る大野木、すると

ナミちー「zzZ」

大野木「なんで!?」

ナミちー「ん?あー、今驚いた?驚いた?!」

大野木「・・・誰の指矩だ?」

ナミちー「?・・・指矩って訳じゃないけど、こうすれば驚くだろうってマーゲイに教えてもらって、・・・あ、全部脱げばもっと驚くかもって言ってたっけ。」

大野木「おい待て、脱ぐなよ?ちょっと外行ってくる。」



マーゲイ「まずっ!」
189 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/16(水) 22:45:49.11 ID:0DYN6TnqO
この世代(漫画版)のマーゲイはエロ知識有り?

百合好き疑惑も

大野木「はぁ・・・見つかんね、いいやもう。」

木の上

マーゲイ「ほっ、見つかったらどうなっていたことやら・・・」

出会いまとめ

バンドウイルカ 1
キタキツネ 10
サバンナシマウマ 5

ちなみにソラは5
190 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/16(水) 22:52:21.24 ID:0DYN6TnqO
翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ NEW!

8 ジャパリパークロボット研究所へ NEW!

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/17(木) 00:13:04.97 ID:RAAHJ3w90
大野木、まさかの寝坊っ・・・!午後一時っ・・・!
192 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 15:33:50.01 ID:UOuMrUfQO
その他 大野木、まさかの寝坊っ・・・!午後一時っ・・・!

園長の家

大野木「やばい!寝坊したっ!」

リウス「・・・落ち着け、本来なら休日の日にジュラシックワールドにいったりしたから代休で2日はおやすみだ、見回りもしなくていい。」

大野木「休み?とったっけ?」

リウス「私がとっておいた。」

大野木「おぉ!サンキューな!・・・んーでも休みって見回りが無くなって暇になるな・・・」
193 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 15:37:07.36 ID:UOuMrUfQO
午後2時〜

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/17(木) 21:14:25.75 ID:Ob3STJn5O
主人公が守られすぎてキモい…安価どうりにやらなければ安価スレの意味ないな
話も進んでないしだから何時間たっても誰も安価取らないんだよ
その他イケメンが現れフレンズ全てがその人のところに行く
195 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 22:34:32.49 ID:gqmVzZ5iO
・ほのぼの路線でいきます
・過激なエログロ安価はしないでください
・世界観に合わない等展開的に無理があると判断した場合再安価
・更新は不定期ですが様子を見つつ速度を上げることも
以降194のような書き込みは荒らしとして徹底的に無視してください

194の安価は全てのフレンズが集まるという部分を採用

その出来事があったのはジャパリパーク開園から1年半後・・・




その日、例の異変が起きた・・・・・
196 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 22:40:20.61 ID:gqmVzZ5iO
その1週間前

大野木「〜♪」

アフリカオオコノハズク「大変なのです!」

大野木「ん!?どうした!?」

アフリカオオコノハズク「動物のサーバルが大怪我をしているのです!」

大野木「何!?何処だ、案内してくれ。」

アフリカオオコノハズク「こっちなのです!」

森林地方

アフリカオオコノハズク「大木が倒れて・・・下敷きに・・・」

サーバルキャット「」

大野木「・・・虫の息だがかろうじて生きてるか、サンドスターのお陰かな、・・・でもこれほど酷いと病院に運んでも・・・いいや!なんとかなるはず!応援を呼んでくるから、サーバルを頼む!」

アフリカオオコノハズク「はいなのです!」
197 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 22:47:24.15 ID:gqmVzZ5iO
動物病院

待合室

大野木「サーバルの容態は・・・」

獣医「あまり良いとは・・・」

大野木「そうか・・・」

そして・・・例の異変が起きた(詳しくはネクソンのアプリ参照)

異変後、大野木が知るフレンズの中で生き残ったのはキタキツネのみ






強さが10以上いってないとここでお別れでした

かなり飛ばしましたが(スレでやるとしたら6年分くらいか?)ここからアプリ版の世代に入ります
198 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 22:54:38.47 ID:gqmVzZ5iO
場所 始まりの地方

エレイア「痛っ!どこまで飛ばされたんだ・・・」



エレイアとはヒトのフレンズとしての大野木の名前である

容姿は茶色のショルダーバッグを提げ、青い服以外は大野木の雰囲気を残したままかばんちゃんのような容姿になっている



リウス「目覚めたか。」

エレイア「おぉ、お前も一緒に飛ばされたのか。」

キタキツネ「みんな・・・。」

エレイア「・・・何て言ったらいいか、・・・まぁ、前に進むしかないさ。」

キタキツネ「うん・・・。」
199 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 23:00:53.56 ID:gqmVzZ5iO
エレイア「で、ここは一体どこ?」

リウス「さぁ?私の方でも色々してみたんですが、分かりません。」

エレイア「え!?リウスでも分からない!?参ったなぁ・・・」

リウス「ただ、ここが始まりの地方とだけ・・・」

エレイア「始まりの地方・・・?ってことはここは夢の中にあった扉の先にあるってバクが言ってた始まりの地方なんだな?」

リウス「えぇ、恐らく。」

キタキツネ「わけわかんない。」

エレイア「まぁ、私もそう思うけど、取り敢えず何かないか探索しよう♪」
200 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 23:12:19.13 ID:gqmVzZ5iO
ステージの残骸

エレイア「お!何かあった。」

リウス「・・・舞台の残骸のようですね。」

エレイア「ん?このステージは・・・PVのサーバルたちが踊ったとこだよ。」

リウス「そうなんですか。」

キタキツネ「なんでそんなものの残骸がここに・・・」

玉兎「おぉ!大野木、いや、エレイアじゃん!元気してたー?」

エレイア「あ、玉兎!お前もここに!」

リウス「無事だったんですね。」

玉兎、月の兎のフレンズ

容姿は天女のような格好をした兎のフレンズ

羽衣で飛べる

仲のいいフレンズに雪兎がいる
201 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/17(木) 23:22:31.67 ID:gqmVzZ5iO
玉兎「この地方には森林と雪山と、海と、ジャングルに・・・砂漠、平原、あと夢の世界と繋がってる場所もあるよ!」

エレイア「そうか・・・、ん、ここにもサンドスターがいっぱい・・・サンドスターって本当に謎だ・・・」

リウス「夢の世界にも影響を及ぼしてましたもんね。」

キタキツネ「まずどこ行こう?」

選択肢

1 平原

2 森林

3 海

4 ジャングル

5 砂漠

6 夢の世界と繋がる場所へ

安価下

短気は損気、飛ばしすぎと思った方は、文句は194にお願いします
202 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/18(金) 08:41:14.34 ID:PCS2wcvbO
安価194 再安価にしたくなかったので色々考えたんですが、フレンズが全員集まるといったらアプリのあのことしかなくて・・・悩みました

安価は下
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/18(金) 09:23:44.67 ID:6XqhbdrdO
6
204 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/18(金) 15:48:24.68 ID:26jCXsLRO
選択肢 6

エレイア「ここから戻れるかなぁ?」

リウス「さぁ?」

キタキツネ「何か光が・・・」

エレイア「あれ、本当!ついて行ってみよう!」

リウス「大丈夫か?」

・・・

ゴコクエリア 海岸線@

エレイア「お、出れた!?」

リウス「・・・ここはコゴクエリアの西辺りです。」

キタキツネ「ジャパリパークに戻って来れたんだ。」

エレイア「光、いなくなっちゃった。」
205 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/18(金) 15:51:24.64 ID:26jCXsLRO
選択肢

1 ゴコクエリア森林地方へ

2 海岸線を進む

安価下
206 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/18(金) 23:43:17.11 ID:26jCXsLRO
やっぱり193まで戻る

194〜のは見なかったことにしてください

・ほのぼの路線でいきます
・過激なエログロ安価はしないでください
・世界観に合わない等展開的に無理があると判断した場合再安価
・更新は不定期ですが様子を見つつ速度を上げることも
・過度な期待はしないでください

安価下
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/18(金) 23:59:09.73 ID:LJum+3WK0
別スレを見てないとわからないような内容を書くなら、前スレのアドレスを貼り、続きものである事をアピールしてくれ
さっぱりわからん

安価下
208 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/19(土) 00:50:23.80 ID:Zp+eJShnO
貼ったら貼ったで作品と関係ないとか文句言う奴がいるんだ・・・

20年前突如魔物があらわれたのスレのジョシュア(俺)の過去編的な

他にも君が咲く世界とか、スレがあるが、興味がなかったら個別に楽しんでください(続き物として読まなくても良い)

安価は下
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/19(土) 00:54:18.25 ID:+U/C8fvfO
誰も安価取らないスレに6年かかるとか笑う
10年以上かかるやろ
つまんないんだよコレ
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/19(土) 17:06:01.58 ID:9VhCDrE+0
空気を変えよう!

7 ジャパリパーク動物研究所へ
211 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/19(土) 21:06:32.96 ID:B2Pmj0i2O
7 ジャパリパーク動物研究所へ

大野木「で?盗聴ができたってことは、インカムとかも完成してるのか?」

研究員「はい、既に調査隊には渡してあります、それと、大野木さんのも。」

大野木「僕のは緊急連絡用か。」

シーラ「あ、副園長、通信機のテストをしましたが、問題ありませんでした!」

大野木「シーラ、何でサーバルたちに漏らしたんだ?」

シーラ「人間に任せっきりじゃ嫌なフレンズもいるかと思って・・・」

大野木「・・・そういう視点が欠けていたか・・・、ありがとう、シーラ。」

シーラ「え?・・・あ、いや〜、何か褒められちゃった、あは。」

研究員「他のフレンズや職員に広がるのも時間の問題ですね。」

大野木「・・・用意しようか、ゲストの方々への注意喚起をする看板とか、セルリアンらしきものを見かけたら近くの職員やフレンズに声をかけてくださいってな。」
212 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/20(日) 15:06:34.69 ID:zZeH8YDiO
夕方

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/20(日) 18:28:42.89 ID:oEIj92X3O
大野木 うんこを漏らす 漏らして周りのフレンズに嫌われる
214 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/20(日) 19:13:36.12 ID:zZeH8YDiO
追加

・下品な安価はやめて下さい

安価待ち

安価下
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/20(日) 19:14:04.54 ID:IeBt+RsN0
216 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/20(日) 19:33:41.31 ID:zZeH8YDiO
選択肢 5

出会ったフレンズを安価下
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/21(月) 00:14:11.06 ID:szCJzjkp0
マンモス
218 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/21(月) 19:50:04.47 ID:pPsLsJGZO
安価 マンモス

絶滅種やUMAはまだ出会えません

が、



ビュオオオオオオーーッ!!

大野木「急に猛吹雪!?おかしい・・・サンドスターのお陰で雪は降っても吹雪かない程度なのに何故・・・?」バタッ

リウス「!!ジョジョ!」

のっしのっし

マンモス「あらら、大変ですね、暖かいところま運んであげます。」

リウス「あ、あなたは・・・!?」
219 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/21(月) 19:56:14.36 ID:pPsLsJGZO
ジャパリパーク 居住区 道端

大野木「ん、ここは・・・?」

リウス「目覚めましたか、大野木様。」

大野木「うん、あー、ありがとう、リウス。」

リウス「私は何もしてない、フレンズが助けてくれたの、そのフレンズは名乗らずに行ってしまったけど。」

大野木「そうか、そのフレンズには今度お礼しなきゃな、特徴とかは?」

リウス「アフリカゾウくらい大きいふさふさしたフレンズでした。」

大野木「そっか(雪男?)」
220 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/22(火) 18:59:26.19 ID:jvrC+eGlO


選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 13:52:26.61 ID:FebLf+BPO
その他 英雄の世界の敵が現れジャパリパークが滅びる
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/23(水) 18:06:13.79 ID:KmoSno2Z0
ナナ視点にして主人公交代

とりあえず大野木はいらん
223 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/23(水) 20:53:15.20 ID:1V//wUETO
・世界観に合わない等展開的に無理があると判断した場合再安価

世界観

けものフレンズ(ケロロ軍曹、攻殻機動隊)

再安価下
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/23(水) 20:54:23.59 ID:DOebcTvy0
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/24(木) 01:52:49.33 ID:Y7U2GcEK0
・荒しはスルー
226 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/24(木) 15:32:48.65 ID:IodWN6KYO
7 ジャパリパーク動物研究所へ

シーラ「絶滅動物の剥製がフレンズになった疑惑を受けて、動物の毛を集めてそこらに放置してみたんですが、ラッコの毛からカリフォルニアラッコのフレンズが、そして鶏肉からニワトリのフレンズが発生したことを確認しました!」

大野木「えぇ・・・!?そんなものからでもフレンズになるのか・・・。」

シーラ「あ、そうそう、ここ最近家畜やペット等も次々フレンズ化しているようです。」

大野木「例えば?」

シーラ「ホルスタインと未確認ですがブタが、ペットはイエイヌとイエネコ。」

大野木「未確認だがUMAもフレンズ化している可能性がある、どこまでフレンズ化させていくんだ、サンドスター・・・。」
227 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/24(木) 15:38:14.45 ID:IodWN6KYO
シーラと大野木は知り合い

シーラの好感度をコンマ1桁目で判定直下

1ほど嫌われてるか関心がありません
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/24(木) 17:28:37.63 ID:ZaEMXxc60
たつき
229 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/24(木) 22:17:32.72 ID:IodWN6KYO
判定 3

今日の出会い

シーラ 3

翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ(ゾロ目で・・・

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 23:03:01.38 ID:L36gsLZtO
主人公ななに交代
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/25(金) 00:39:42.23 ID:RtLs2RxB0
1
232 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/25(金) 15:12:30.09 ID:qdKosigsO
1 絶滅動物の博物館へ

大野木「ここの剥製がねぇ・・・シーラの報告から考えるとなくはなさそうだ。」

リウス「サンドスター・・・謎が深まったな。」

ここに来ているフレンズを選択

サーバル
カラカル
キタキツネ
ソラ(イエネコ)

安価下
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/25(金) 15:42:34.10 ID:0y5ncQzw0
キタキツネ
234 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/25(金) 23:21:18.10 ID:8TN+H888O
安価 キタキツネ

キタキツネ「ここにあった剥製達がいない・・・。」

大野木「お、キタキツネ、そうなんだよ、どっか行っちゃって・・・。」



こういった人間の施設(博物館、美術館、遊園地など)に慣れているフレンズも何体か確認されている

僕の中では彼女の他に3人

その中でもよく他の施設にも遊びにいっているのを見かけたは、サーバルとカラカル。



キタキツネとコミュ、内容を安価下
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/26(土) 00:53:21.87 ID:Zflm8grr0
剥製の行方について
236 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/26(土) 11:30:20.58 ID:oucX3wPGO
剥製の行方について

キタキツネ「剥製達は何処に行っちゃったの?」

大野木「もしかしたらだけど、フレンズになった可能性があるんだ。」

キタキツネ「えー!?もしそうだったら会いたい。」

大野木「僕もだよ。」



選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/26(土) 14:54:27.56 ID:Vi9SKSqM0
238 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/30(水) 19:09:27.94 ID:0lK40vNOO
選択肢 3 出会ったフレンズを安価下
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/30(水) 19:50:06.12 ID:0aZG6mm4O
カラカル
240 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/30(水) 20:03:11.89 ID:0lK40vNOO
安価 カラカル

大野木「あ、カラカルー!」

カラカル「ん?あんたは確か・・・ジョジョ!」

大野木「セルリアンと出会ったら基本逃げること、これは看板とか設置して徹底していくよー!セルリアンともし戦うなら、セルリアンに襲われてるフレンズを助け出すときだけだよ?」

カラカル「あ、シーラに同じこと言われたよ、他のフレンズにも伝えてる。」

大野木「なら、分かってるね?自分から危険に首を突っ込まないでよ!」

カラカル「了解。」
241 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/30(水) 20:29:03.05 ID:0lK40vNOO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/01/30(水) 20:33:17.12 ID:1CyOvc7Y0
243 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/30(水) 21:15:01.78 ID:0lK40vNOO
選択肢 5

出会ったフレンズを安価下
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/01/31(木) 00:54:35.39 ID:aFoCGerq0
ギンギツネ
245 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/01/31(木) 23:29:30.99 ID:EK4lgDJBO
安価 ギンギツネ

ギンギツネ「あら、ジョジョ、どうしたの?」

大野木「いや、この前の急な猛吹雪でここら辺どうなってるか気になって・・・」

ギンギツネ「そうだったの。」

ギンギツネとコミュ 内容を安価下
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/01(金) 00:38:51.52 ID:+IlMahq50
猛吹雪は色々とやばかった
247 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/02(土) 21:19:16.54 ID:t/2bHTGwO
猛吹雪は色々とやばかった



ギンギツネ「フレンズの皆は無事だったんだけど、住処が埋まっちゃったわ。」

大野木「(こりゃここら辺の建物も埋まってるな・・・)助けを求めたら?キタキツネに。」

ギンギツネ「そうね、そうしてみるわ。」

大野木「あと、職員招集して、雪かきだな。」

リウス(気象はサンドスターがあることで安定しているはず、何故異常が・・・?)
248 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/02(土) 21:29:43.90 ID:t/2bHTGwO


選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/02(土) 21:31:17.11 ID:4xGLfX270
250 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/02(土) 22:51:13.98 ID:t/2bHTGwO
選択肢 7 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目

シーラ「あ、ジョジョ!何かしら調べたいことでも?」

大野木「あ、いや・・・(なんとなしに来ただけなんだが)」

シーラ「ちょっと待ってて。」



シーラが持ってきた資料に書かれていたこと

選択肢

1 UMA関係(ゾロ目でなくてもUMA系フレンズと会えるように)

2 絶滅種関係(ゾロ目でなくても絶滅種のフレンズと会えるように)

3 月のうさぎ

安価下
251 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/05(火) 02:33:27.38 ID:243T9c1NO
安価待ち
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/05(火) 12:17:00.78 ID:D6Di6ouzO
2
253 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/07(木) 20:19:42.07 ID:szAKy/hwO
選択肢 2

シーラ「絶滅種の事が色々書いてある資料を持ってきました!」

大野木「あぁ、えっと、ありがとう・・・」




今日の出会い

キタキツネ 12
カラカル 1
ギンギツネ 4
シーラ 4
254 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/11(月) 23:08:26.27 ID:I4RieWMiO
翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/12(火) 23:39:59.10 ID:y2F7zofU0
6
256 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/13(水) 21:17:30.44 ID:FfjoAM3qO
選択肢 6

洞窟にいそうな(コウモリ等)のフレンズを安価下
257 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/13(水) 21:19:12.89 ID:FfjoAM3qO
出会った洞窟にいそうな(コウモリ等)のフレンズを安価下

です

安価下
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/14(木) 02:08:06.18 ID:uAsRrvQUO
ツチノコ
259 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/14(木) 20:27:55.58 ID:bqCfrShuO
安価 ツチノコ

キタキツネの好感度10以上

会える

このようにゾロ目ではなくても仲良くなったフレンズによっては会えるようになるかも

園長の家

大野木「あれ、キタキツネちゃん、どうしたの。」

キタキツネ「ツチノコと会いたい?会いたいならツチノコと仲良くなったから、私の名前を出せば、姿を現わすかも。」

大野木「え!?友達になったの!?」

洞窟

大野木「キタキツネの友達のツチノコさんいませんかー?」

リウス(こんなんで出てくるか・・・?)

バッ!

ツチノコ「大声で呼ぶな!それはあっちが勝手にそう思ってるだけで・・・」

大野木「出たぁ!!?」

リウス「ツチノコ、これまた可愛い。」

ツチノコ「か、可愛い!?ば、バカッ!照れるだろっ!」

だだっ!

大野木「あ、ちょっと!?あ〜あ、やっと会えたのに!」

リウス「仲良くなれなくて残念でしたね。」
260 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/14(木) 20:52:47.81 ID:bqCfrShuO
別のスレに注意写そうとしてミス

・(できるだけ)ほのぼの路線でいきます
・過激なエログロ安価はしないでください
・世界観に合わない等展開的に無理があると判断した場合再安価
・更新は不定期ですが様子を見つつ速度を上げることも

ってなるところを



選択肢

1 絶滅動物の博物館へ

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ(ゾロ目で・・・

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下

になっちゃった

向こうで取られた安価は5

雪原ちほーで出会ったフレンズを安価下
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 01:16:38.12 ID:V73APJXt0
そういえば絶滅種と会えるようになったんだっけ
じゃマンモスと再会
262 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/15(金) 20:58:04.15 ID:ZVNXnVWAO
安価 マンモス

猛吹雪の時に助けてもらったフレンズを探しに雪原へ

大野木「お?見たことないフレンズが。」

マンモス「あら、猛吹雪の時は大変だったわね、私はマンモス、何でか他の同じような子達のリーダー的な存在になってるわ。」

大野木「マ ン モ ス!やはり・・・あ、雪男じゃなくてマンモスか!」

マンモス「雪男?」

大野木「あ、いや、こっちの話、その節はどうも。」

マンモス「元気そうで良かったわ。」

夕方

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほー散策(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)
263 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/16(土) 21:29:30.76 ID:ptDNUxlhO
安価は下
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/16(土) 22:22:06.20 ID:W+uc55MYO
4
265 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/16(土) 22:34:58.56 ID:ptDNUxlhO
選択肢 4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
266 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/17(日) 20:57:20.83 ID:T/x/ENiYO
待ち
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 08:31:59.81 ID:vMYJcyJI0
オオウミガラス
268 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 19:12:08.51 ID:z5FztlHLO
安価 オオウミガラス

オオウミガラス「やっ!・・・私はオオウミガラス。」

リウス「絶滅種のフレンズですね。」

大野木「元祖ペンギンの!」

オオウミガラス「そうだよ、・・・あ、そういえばペンギンってどういう意味か知ってる?」

大野木「いや、知らないな。」

オオウミガラス「そうなんだ、後で調べてみようかな。」

リウス「悪いことは言わないけど、止めておいた方がいい。」

オオウミガラス「なんでです?」

大野木「あぁ・・・、でもまぁ、調べさせてもいいと思うよ?」

リウス「・・・何故?」

大野木「自分(達)の事を知ることは大事なことだと思うから。」

リウス「・・・そうですか。」

オオウミガラス「じゃあ図書館で調べてみよう。」
269 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 19:14:23.74 ID:z5FztlHLO


選択肢

1 絶滅動物の博物館へ

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線散策

5 雪原ちほーへ(ゾロ目で・・・

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 19:27:26.00 ID:H7n3ehvd0
271 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 20:06:49.42 ID:z5FztlHLO
選択肢 5 00

ユキウサギ「こんばんはー!」

スノーラビット「こんばんは。」

大野木「こんばんは、ん?」

リウス「ユキウサギが2人?」

スノーラビット「私はゆきのうさぎ、貴方が作ったあの雪兎ですよ!」

ユキウサギ「私はこの子のこと、スノーラビィって呼んでる。」

リウス「容姿としては、左耳の付け根に椿の葉っぱが付いたユキウサギが、スノーラビット。」

大野木「作った雪うさぎがフレンズ化って・・・、えぇ・・・?どういうことなの!?サンドスターや。」

ユキウサギ「会いたかったんでしょ?」

スノーラビィ「うん、私、貴方達と一緒にいたい!」

大野木「いいよ、一緒に帰ろう。」

リウス「・・・家族が増えましたね。」
272 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 20:13:46.47 ID:z5FztlHLO
今日の出会い

ツチノコ 1
マンモス 1
オオウミガラス 1
ユキウサギ 10
スノーラビット 10

翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 20:16:37.13 ID:WVN7WiCDO
1
274 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 21:27:42.82 ID:z5FztlHLO
選択肢 1 絶滅動物の博物館へ

大野木「んー、ここどうしよう。」

リウス「パーク内の動物を音声で紹介するコーナーを設けては。」

大野木「それ、いいね!そうしよう!・・・で、声優さんを雇うとして、どなたを雇うか・・・」

リウス「!!何者かのの気配・・・」

スノーラビィ「わぁああっ!!?」

サーベルタイガー「あぁ、怖がらないで!私はマンモスの右腕、サーベルタイガー、このサーベルは自分を強く見せるためだけのものなの。」

大野木「使わないのか。」

サーベルタイガー「料理には使うかな。」

スノーラビィ「私を料理しないでぇ〜!」

サーベルタイガー「しないよ!」
275 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 21:30:08.09 ID:z5FztlHLO
274 リウス台詞 のが多い



選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 21:31:45.44 ID:H7n3ehvd0
277 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 21:54:29.50 ID:z5FztlHLO
選択肢 3 ゾロ目

サバンナシマウマ「あっ!貴方は!」

ライオン「ん?ジョジョじゃないか、私の子分を助けてくれたようだな、本当にありがとうな。」

大野木「え、ライオンの子分って、サバンナシマウマたちだったんだ。」

ライオン「あぁ、・・・インパラのことは残念だったな・・・」

大野木「うん・・・。」

ライオン「何か力になれそうなことがあったら、いつでもいってくれ、私とお前はもうまぶだちだからな!」

大野木「(どこで覚えてきた、その言葉)あ、あぁ!」

サバンナシマウマ「わ、私も、まぶだち!」
278 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/19(火) 21:55:36.86 ID:z5FztlHLO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:00:19.47 ID:H7n3ehvd0
280 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/20(水) 00:01:12.87 ID:ISa25cvuO
選択肢 4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 00:14:20.88 ID:9wcPiuK+0
図書館で調べて来たオオウミガラス
282 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/20(水) 19:16:44.84 ID:7B90Vh/OO
安価 図書館で調べて来たオオウミガラス ゾロ目

オオウミガラス「あ。」

大野木「調べてきたのか。」

オオウミガラス「えぇ、でも過去は過去、・・・『また会えて嬉しい?』」

大野木「ヒト代表として言う訳じゃないけど、僕は嬉しいよ!」

リウス「ここでは同じようなことは起きません、何故なら場所が秘密にされているからです。」

オオウミガラス「秘密にしてるの、私達を守るために・・・。」

大野木「まぁね。」

オオウミガラス「フレンズを代表して言う訳じゃないけど、ありがとう!」

大野木「ふふ、安心していいよ。」
283 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/20(水) 19:19:30.92 ID:7B90Vh/OO


選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線散策

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 19:20:51.95 ID:CpXJXlrN0
285 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/20(水) 20:05:55.09 ID:7B90Vh/OO
選択肢 5 雪原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/20(水) 22:43:26.12 ID:mnNcvkCGO
ギンギツネ
287 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/20(水) 22:57:05.56 ID:7B90Vh/OO
安価 ギンギツネ

ギンギツネ「あら、ジョジョ。」

大野木「こんばんは、ギンギツネ。」

スノーラビィ「こんばんは。」

ギンギツネ「可愛い子が増えたわね。」

リウス「私も可愛いと?」

ギンギツネ「そうよ。」

ギンギツネとコミュ 内容を安価下
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/21(木) 01:42:03.99 ID:FTiml9GO0
この間穴を掘ったら雪の中からどん兵衛が出てきた
289 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/21(木) 19:34:33.25 ID:RyE8ABJVO
安価 この間穴を掘ったら雪の中からどん兵衛が出てきた

ゾロ目

ギンギツネ「この間穴を掘ったら雪の中からどん兵衛が出てきたの。」

大野木「他のフレンズが隠したんじゃないか?後で食べるために、・・・例えばキタキツネとか。」

ギンギツネ「あの子はそんなに食い意地張ってないわよ。」

アカギツネ「この赤いきつねも何処かに隠そうかな、ん?」

大野木「お、あの子のじゃない?」

ギンギツネ「貴女は・・・」

アカギツネ「私?私はアカギツネ、見つかっちゃうなんて、やれやれだわ。」
290 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/21(木) 19:40:21.09 ID:RyE8ABJVO
ギンギツネ「初めまして、わたしはギンギツネ。」

アカギツネ「こんばんは、ギンギツネ。」

大野木「キタキツネもここに呼びたいな。」

ギンギツネ「後で紹介するわ。」

アカギツネ「うん、で、それ返して。」

ギンギツネ「あぁ、はい。」

アカギツネ「後で一緒に食べよう、掘り出す時は教えるから。」

ギンギツネ「分かったわ。」

大野木「仲良くなりそう。」

ゾロ目ボーナスで埋めた犯人登場 アカギツネでした
291 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/21(木) 20:46:06.98 ID:RyE8ABJVO
今日の出会い

サーベルタイガー 1
サバンナシマウマ 10
ライオン 10
オオウミガラス 5
ギンギツネ 5
アカギツネ 1

一緒に行動している子
スノーラビィ 11
リウス 15
292 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/21(木) 20:46:57.32 ID:RyE8ABJVO
翌朝

選択肢

1 絶滅動物の博物館へ

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
293 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/21(木) 20:47:32.09 ID:RyE8ABJVO
ミス、1は書類仕事

安価下
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/21(木) 20:50:39.41 ID:T1AfeVmo0
295 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/21(木) 21:15:50.68 ID:RyE8ABJVO
選択肢 3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 09:03:29.60 ID:6LHB4ISSO
オオアルマジロ
297 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/25(月) 15:38:34.49 ID:Yjc0C+kKO
安価 オオアルマジロ

オオアルマジロ「おはよう。」

大野木「おはよう、オオアルマジロちゃん。」

リウス「オオアルマジロのフレンズですか。」

大野木「最近どう?」

オオアルマジロ「最近どう?んー、まぁ、元気にやってるよ!でもセルリアンとかいうのが出て来て、1人じゃちょっと不安かも。」

大野木「君に丁度いい子を見つけてくるよ。」

オオアルマジロ「期待しないで待つよ。」

大野木「手厳しい。」
298 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/25(月) 15:39:53.24 ID:Yjc0C+kKO


選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 15:58:14.04 ID:T8pkVP3iO
6
300 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/25(月) 16:17:30.93 ID:Yjc0C+kKO
6 洞窟へ

出会ったフレンズを安価下
301 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/26(火) 02:20:12.63 ID:DTAahsLGO
安価待ち
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/26(火) 21:43:29.01 ID:ppIeBZTH0
スナネコ
303 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/26(火) 22:57:09.18 ID:L+1eJCPhO
安価 スナネコ

スナネコ「ん?僕に何か用ですか?」

大野木「あぁ、いや、見回りさ。」

リウス「はぅっ」キュンッ

スナネコ「・・・ヒトは僕たちをセルリアンから守ってくれるんでしょう?」

大野木「うん、そうだよ。」

スナネコ「・・・無理はするんじゃないですよ、怪我したら僕のところに来て、砂をかけてあげますから。」

大野木「砂を!?それだけで怪我が治るのか・・・、凄いな。」

スナネコ「じゃあ、他に何か用がないなら僕はもう行きます。」

大野木「ばいばい。」

リウス「」
304 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/26(火) 23:02:09.03 ID:L+1eJCPhO
大野木「おい、リウス、どうしたんだ?」

リウス「・・・か、か、可愛いとはスナネコのことを言うんですね、可愛いという感情がどんなものか改めて分かりました。」

大野木「えっと、うん?本当にどうしたんだ・・・」

夕方

選択肢

1 書類仕事

2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟内散策

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
305 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/27(水) 20:34:26.93 ID:cEwvPOhSO
待ち
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/02/27(水) 23:19:28.73 ID:l3Qmm71E0
2
307 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/28(木) 19:09:29.03 ID:ok8RZMyrO
選択肢 2 ナナちゃんのところを訪ねてみる

ソラ「遅い!」

大野木「忘れてた訳じゃないんだよ?ななちゃんのところならキタキツネもいるし寂しくないかなって。」

ソラ「でも家族だって言うなら一緒にいたい。」

大野木「・・・ごめん・・・もっと早く迎えに来るべきだったね。」

ソラ「いいよ、来てくれたし。」

リウス「仕事より大事にしてくださいよ、大野木さん、家族なんですから。」

スノーラビィ「おー、その子も家族?」

ソラ「イエネコのソラ。」

スノーラビィ「私は雪の兎のスノーラビット!大野木にはスノーラビィって呼ばれてるよ。」

ソラ「程々によろしく。」
308 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/02/28(木) 19:11:11.45 ID:ok8RZMyrO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
309 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/04(月) 17:10:10.96 ID:FpAzHVyzO
待ち
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/04(月) 18:35:31.41 ID:uI91cpPxO
3
311 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/04(月) 19:05:35.21 ID:CfsLhfFbO
選択肢 3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/04(月) 19:09:02.48 ID:HvaGWGh10
オグロプレーリードッグ
313 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/04(月) 19:33:49.70 ID:CfsLhfFbO
安価 オグロプレーリードッグ

大野木「あ、オグロプレーリードッグだ。」

プレーリー「こんばんはであります!」

リウス「っ!!」

ちゅっ

プレーリー「あれ、・・・ついいつもの挨拶をしてしまったであります。」

リウス「あ、危なかった・・・。」

大野木「?あぁ、そういうことか、ゲストやほかのフレンズ達に急にそういう挨拶をしたらダメだよって、前に職員に言われてたね、見かけて知ってるんだ。」

プレーリー「でも急に前に出てくるなんて危ないでありますよ?」

リウス「・・・何か危ないと思って大野木を守ろうとしただけです。」

大野木「この子はマーキナー・リウス、僕は大野木 城、で、こっちはスノーラビィ。」

スノーラビィ「よろしく。」

プレーリー「よろしくであります。」
314 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/04(月) 19:57:40.51 ID:CfsLhfFbO
深夜

大野木「ただいま。」

ソラ「おかえり、今日はどんな事があったの?」

大野木「スナネコ、オオアルマジロ、オグロプレーリードッグに会ったよ!セルリアンは見かけなかったな。」

ソラ「それは良かったね!」

今日の出会い

スナネコ 1
オオアルマジロ 1
オグロプレーリードッグ 1

その他

家族

リウス 10
スノーラビィ 10
ソラ 7

職員

ナナ 5
ミライ 3

当て嵌まらない場合もあるけど、参考程度に数字を好感度としてみたとき

1〜9 知り合い 10〜19 友人 20〜29 親友

30〜39 大親友

こんな感じ
315 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/04(月) 20:00:30.32 ID:CfsLhfFbO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/05(火) 22:57:11.71 ID:vgGtWnN00
2
317 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/07(木) 19:15:28.90 ID:Ghb9xKbTO
選択肢 2 居住区内散策

出会ったフレンズを安価下(人間の暮らしに近い動物のフレンズが多い)
318 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/11(月) 19:59:33.18 ID:GaNADJqlO
待ち
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/11(月) 20:05:50.81 ID:qqX4j1lS0
シマリス
320 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/11(月) 21:05:04.61 ID:GaNADJqlO
安価 シマリス

シマリス「あっ!管理人さんっ!」

大野木「おはよう、シマリス。」

シマリス「朝ご飯に隠しておいたナッツがどっかいっちゃって、ここに来て、飼育員さんにジャパリまん貰ったんです!」

大野木「そうか、良かったね。」

シマリス「でも1個なのが不満・・・。」

大野木「食いしん坊だね、食べ過ぎには注意してね。」

シマリス「はーいっ!」

リウス「か、可愛い・・・。」
321 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/11(月) 21:08:19.44 ID:GaNADJqlO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(元ナナちゃん枠)

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/11(月) 21:50:19.59 ID:qqX4j1lS0
323 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/12(火) 15:45:59.61 ID:3vWM4R+jO
5 雪原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/12(火) 18:57:10.04 ID:cKweLHxk0
ユキヒョウ
325 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/12(火) 19:54:06.46 ID:3vWM4R+jO
安価 ユキヒョウ

大野木「こんにちは。」

ユキヒョウ「こんにちは。」

リウス「貴方は何のフレンズ?」

ユキヒョウ「わらわはユキヒョウじゃ。」

大野木「新フレンズ発見!」

ユキヒョウ「わらわも暇じゃないんでの、そろそろ行くぞ、さらばじゃ。」

リウス「行ってしまいました。」
326 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/12(火) 19:55:43.77 ID:3vWM4R+jO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほー散策

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/12(火) 20:27:07.68 ID:u6y5ivc+0
328 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/12(火) 21:48:00.31 ID:3vWM4R+jO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/12(火) 22:02:28.20 ID:u6y5ivc+0
オカピ
330 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/12(火) 22:44:32.29 ID:3vWM4R+jO
安価 オカピ

オカピ「オカピだゾーっと♪」

大野木「こんにちは、オカピ。」

よく間違えられるが、オカピはシマウマの仲間ではなく、キリンの仲間である

オカピ「お?そちらさんは?」

リウス「こんな格好だが、別に偉くはない、マーキナー・リウス、大野木の秘書兼ガードマンといったところです。」

スノーラビィ「スノーラビィだよ!」

大野木「家族みたいなものさ。」

オカピ「仲良さそうでいいなぁ〜。」

大野木「ふふっ、そう見える?」
331 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/12(火) 22:45:45.63 ID:3vWM4R+jO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/13(水) 00:50:36.02 ID:soiMDtqL0
4
333 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 20:57:22.14 ID:1k3BXsMcO
4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/13(水) 21:05:16.92 ID:RNqWpqIj0
ケープペンギン
335 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 22:37:03.15 ID:1k3BXsMcO
安価 ケープペンギン

ケープペンギン「わーい!人間だ!ねぇねぇ、人間だったら丈夫でステキな私の家作れる!?」

大野木「わっ!いきなり何!?家?無理だよ、んー、でもそうだなぁ、同じペンギン、フンボルトペンギンの巣作りでも参考にしてみたら?」

ケープペンギン「うーん、分かった、そうしてみるよ。」

大野木「・・・何か家への執着が凄い子な気がする・・・」

リウス「ケープペンギン、新しく確認できたフレンズです。」
336 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 22:50:08.44 ID:1k3BXsMcO
深夜

園長の家

大野木「ここからそろそろ移ろうと思う、丁度新しく建物が出来たらしいし。」

リウス「そうなんですか。」

大野木「僕の指紋と声紋で開くゲート付きで、ここより広い住居の隣に倉庫もあるんだよ!更に倉庫や住居の地下には研究できる施設も併設されてるんだ!」

スノーラビィ 「お、おぉー、何かテンション上がってますね。」

ソラ「ボクは広い方がいいから、有り難いよ。」

プルルルル

インカムに着信、携帯とも繋げておいたのだ

大野木「はい、もしもし、ジャパリパーク副園長兼管理人の大野木です、はい、はい、あ、明日の朝、そうですか、では明日朝8時、港に。」

プツッ

スノーラビィ 「お偉いさん?」

大野木「ううん、園長が今回四神の像の運搬関係を任せた職員の方、70代のお爺ちゃんで年上だからね。」

リウス「四神の像・・・(何か起こるんだろうか?)」
337 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 23:00:47.73 ID:1k3BXsMcO
今日の出会い

シマリス 1
ユキヒョウ 1
オカピ 1
ケープペンギン 1

翌朝、パークセントラル近くの港にて四神の像を迎えた大野木はさざれ石を持って、別の運搬用の船で四神の像とオイナリサマと共にリウキウエリアを訪れていた

そこで見たものは・・・



大野木「こ、此奴は・・・っ!!!」

セルリアン「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴーーーーーーッ!!!!!!」

フレンズたち「うわーっ!!?」

リウキウの地で暴れまわる巨大な黒い触覚?が生えたセルリアンだった

オイナリサマ「・・・貴方達ヒトはセルリアンと呼んでいましたっけ、あれを抑えるのに私だけでは力が足りません・・・貴方達の力を借りたいのです。」

大野木「?貴方達って・・・ま、まさか・・・」
338 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 23:18:01.00 ID:TWnCSn1GO
ドンッ、ゴゴゴゴゴ、バァアーーーーッ!

瞬間、強烈な揺れと共に眩い光が辺りを包んだ

大野木「っ・・・!!?」

それも数秒もしないうちに落ち着き、大野木が目を開けると

青龍「東の青龍。」

朱雀「南の朱雀。」

白虎「西の白虎。」

玄武「北の玄武。」

四神「ここに。我等の力をもって、あのセルリアンを封印する!」

オイナリサマ「さ、ジョシュア、さざれ石を。」

大野木「え?あ、うん。」

オイナリサマ「これを四つに分けて、・・・これに分割して封印し、この騒ぎを終わらせます。」

四人「分かりました!」

セルリアン「ガゴッ!?ゴゴゴガーッ!!」

大野木「うわーっ!?こっち来たー!?」
339 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 23:32:57.68 ID:TWnCSn1GO
オイナリサマ「私達も協力するのです、ジョシュア、私とともに四神へ祈りを。」

大野木「は、はい、わ、分かりました。」

セルリアン「ゴゴゴーッ!!」

四神「封印っ!」

セルリアン「・・・・・!!」

・・・

大野木「え?お、終わったの?」

オイナリサマ「はい、成功です。」

青龍「この地に、我等を祀る祠などは?」

大野木「え?あ、貴方達の仰ることならば、大概のフレンズは祠作りに協力してくれると思います。」

青龍「そうか、では2つか3つほど作りましょうか。」

玄武「わしらもそうするか。」

白虎「そうだな。」

朱雀「・・・。」じーっ

大野木「えっと、何か?」

朱雀「な、なんでもないのじゃ///、うむ。」

大野木「そうですか。」

オイナリサマ「さて、私達は帰りましょう。」

大野木「え!?あ、はい。」
340 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 23:40:37.24 ID:TWnCSn1GO
青龍台詞 そうかではなく そうですか

夕方

新築の家

リウス「大丈夫だったか?お前の身に何かあれば大変だぞ。」

大野木「あ、あぁ、この通り大丈夫。(あの時オイナリサマ、僕のことをジョシュアって・・・確か南米の方でよくある名前だったっけ、何でそう呼んだんだろ?後で聞いてみようか、うーん)」

ソラ「大野木、ここはいいな、広くて。」

大野木「そうだね。」

スノーラビィ 「地下室はヒンヤリしてて居心地最高!私地下室に住むね!」

大野木「いいけど、研究用に色々持ってきたら、勝手に色々触らないでね。」

スノーラビィ 「分かったよ。」
341 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/13(水) 23:43:14.40 ID:TWnCSn1GO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
342 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/14(木) 18:58:12.13 ID:4aZb65DZO
待ち
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/14(木) 19:40:30.28 ID:mfRT6RsR0
344 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/14(木) 20:17:06.69 ID:4aZb65DZO
7 ジャパリパーク動物研究所へ

シーラ「お、何か調べに来たの?何について知りたい?」

選択肢安価下

1 UMAについて

2 サンドスターについて

3 暴れまわるフレンズについて
345 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/14(木) 21:32:30.58 ID:4aZb65DZO
安価下
346 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/16(土) 22:08:45.46 ID:RScnMCONO
待ち
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/16(土) 23:35:24.49 ID:DWJ/BFcU0
3
348 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/17(日) 15:28:50.25 ID:bLbVijDgO
3 暴れまわるフレンズについて

大野木「あれ?人少なくない?」

シーラ「あぁ、何か暴れてるフレンズがいるって傷だらけのフレンズが来ましてね、確認に行きましたよ。」

大野木「フレンズが暴れるなんてこと、今までなかったけどなぁ・・・(セルリアンの出現と何か関係が?)」

どうやら暴れているフレンズがいるようだ



今後ゾロ目で遭遇
349 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/17(日) 15:45:54.92 ID:bLbVijDgO
深夜

動物病院

獣医(女性)「まだ完全には回復していません、大人しくしててください。」

トラ「っさい!大丈夫だって!あたしはあの子を止めに行くんだ。」

大野木「こらこら、獣医さんの言うことは聞きなさい。」

獣医「管理人さん。」

トラ「だってあの子を止めたくて・・・」

大野木「うちの職員達に任せときな、それより詳しい話を聞かせてくれる?」

トラ「・・・分かった・・・暴れてたのは・・・あたし、いや、ライオンの奴に似てたかな・・・?」

大野木「うん・・・ライオンに似てたんだね?(一応明日からパーク内放送で注意喚起しとくか)」
350 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/17(日) 15:57:49.49 ID:bLbVijDgO
今日の出会い

なし

その他(安価外)

オイナリサマ ? 特殊
シーラ 5
青龍 3
朱雀 3
玄武 3
白虎 3
トラ 3
リウス 11
スノーラビィ 11
ソラ 11
351 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/17(日) 16:07:55.47 ID:bLbVijDgO
翌朝

管理人宅

リウス「今日はお休みです、ちゃんと休んでください。」

大野木「休むったってやることはあんまり変わらないような・・・」

スノーラビィ 「なら他のフレンズと遊べば!?」

大野木「遊ぶにしても何して遊べばいいか全然分からん・・・。」

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/17(日) 16:25:13.38 ID:qgIKjCnmO
2
353 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/17(日) 16:48:19.47 ID:bLbVijDgO
2 居住区内へ

出会ったフレンズを安価下
354 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/17(日) 19:00:18.85 ID:bLbVijDgO
安価待ち
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 23:28:57.40 ID:3Hs+2VT50
今何かと話題のイエイヌ
356 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/18(月) 19:51:50.91 ID:ySq3pPYUO
安価 イエイヌ(シベリアンハスキー)

イエイヌ「遊ぼっ!遊ぼっ!」

大野木「僕も遊ぶつもりで外でたんだ、何して遊ぼっか?」

リウス「簡単なのでよかったら、おにごっこ、サッカー、野球、ドッジボールあたりですかね?」

スノーラビィ 「サッカーとか野球だったらもっとフレンズ呼ばなきゃね。」

選択肢

1 おにごっこ

2 サッカー

3 野球

4 ドッジボール

安価下
357 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/19(火) 02:33:46.08 ID:JpPPWkMpO
安価待ち
358 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/19(火) 18:44:51.83 ID:k0Y9OTHWO
待ち
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/19(火) 19:04:47.09 ID:ItlJYx9L0
360 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/19(火) 19:34:04.32 ID:k0Y9OTHWO
3 野球

大野木「野球!野球にしよう。」

リウス「本格的な球場などないので、広場で5対5でやりましょう。」

大野木「判定は映像撮るか、とすると、僕でしょ、ハスキー、リウス、スノーラビィ 、ソラも呼ぶとして、あと相手に5人・・・」

リウス「キタキツネちゃん、ライオンさん、サバンナシマウマちゃん、バンドウイルカさんは呼べば来そうです。」

スノーラビィ 「私、ユキウサギ呼ぶーっ!」

広場

大野木「おーっし!勝つぞーっ!」

リウス、ハスキー、スノーラビィ 、ソラ「おーっ!!」

キタキツネ「こっちも負けないよ!」

ライオン、サバンナシマウマ、バンドウイルカ、ユキウサギ「おーっ!!」

コンマ判定(1桁)

1〜5ならジョシュアチームが勝利

それ以外 キタキツネチーム

ゾロ目 引き分け

判定は下
361 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/19(火) 22:10:27.00 ID:bzzRVbh5O
待ち
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/19(火) 23:50:43.48 ID:pnqt2Jq00
ピエール瀧
363 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/20(水) 20:53:37.32 ID:D6ngnzE9O
判定 8 キタキツネチームの勝ち

ルール

三角ベース 内野 外野 2人ずつ 投手1人

打者 1人 5回裏まで

大野木とキタキツネのじゃんけんでジョシュアチームが後攻、キタキツネチームが先攻に

ジョシュアチーム対キタキツネチーム

1回表

キタキツネ「打ーつ!」

大野木「打たせないよ!リウス!頼んだ!」

リウス「ピッチャーですか、やってみます、よっ。」

カキーン!

キタキツネ「打てた!?」

大野木「打った!?」

リウス「150Kmは出てるはず・・・」

この試合、1回表から完全にキタキツネチームのペースだった。

2回表

カキーン!

ライオン「よっし!」

3回表

カキーン!

バンドウイルカ「楽しー!」

大野木「一本足打法!?」

4回表

カキーン!

ユキウサギ「やほー!」
364 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/20(水) 21:09:54.48 ID:D6ngnzE9O
4回裏

カキーン!

リウス「余裕ですね。」

5回表

カキーン!

サバンナシマウマ「満塁ホームラン!」

大野木「またー!?」

5回裏

ライオン「投げるぞー!」

大野木「やば、僕打てないぞ・・・。」

最終スコア

ジョシュアチーム 2

キタキツネチーム 15

大野木「一矢報いたか。」

リウス「ボロ負けじゃないですか。」

ソラ「ご主人だけ掠りもしなかった、むー。」

ハスキー「でも楽しかったー!」

バンドウイルカ「また遊ぼうね!」

ライオン「じゃあな!」

サバンナシマウマ「じゃあ、また。」

ユキウサギ「また呼んでね!」
365 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/20(水) 21:18:31.35 ID:D6ngnzE9O
ソラ「ご主人が走者になるには100年かかりそう、・・・冗談。」

大野木「そうじゃなかったら海に飛び込んでた。」

リウス「それで溺れたら助けに行かないといけなくなるじゃないですか。」

大野木「僕を助けるの嫌か。」

リウス「面倒なことをしないでくださいということです。」



そうそう、どうやってフレンズを呼び集めたのか、実は・・・

オイナリサマ(フレンズを呼ぶのに私の念話を頼らないで欲しいな)



選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所へ

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
366 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/21(木) 12:05:59.55 ID:uCakgxcbO
待ち
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/21(木) 14:27:14.44 ID:uaETBdyFO
6
368 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/21(木) 14:42:40.61 ID:uCakgxcbO
6 洞窟へ ゾロ目

ドゴンッ!!ドガーンッ!!

スノーラビィ 「!!?」

リウス「何者かが接近中・・・危険を察知、大野木は直ちに逃げろ。」

大野木「な、何かやばそうだけど、大丈夫?2人とも。」

スノーラビィ 「わ、私はだ、大丈夫。」

リウス「ラビィちゃんも逃げた方がいい。」

スノーラビィ 「だ、大丈夫だって。」

リウス「・・・くるぞ。」

?「ガァアアーーッッ!!!!!!!」

ドゴッ!!!!

リウス「くっ、いきなり突進してきたか・・・!」
369 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/21(木) 14:54:14.56 ID:uCakgxcbO
リウス「パークガイドAIヤタガラスのデータを参照、推測するに、トランスバールライオンのフレンズと思われる。」

トランスバールライオン「ぐおんっ!ガァアア!」

スノーラビィ 「ひぇ〜・・・これじゃフレンズじゃなくて完全に獣だよー!!」

リウス「ジャパリパークにおいては、獣より獣しているな。」

数値を強さとしたとき

リウス 14
スノーラビィ14

トランスバールライオンの強さを数値化

トランスバールライオン 20

コンマ判定

コンマ1桁目5以上ならリウス達はトランスバールライオンを退けられる

判定は下
370 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/21(木) 16:56:40.04 ID:uCakgxcbO
待ち
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/21(木) 21:46:11.72 ID:eDa8y6RsO
謙虚ライオン
372 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/22(金) 02:35:03.47 ID:9JC9NycUO
判定 2 退けられず

ガギィンッ!!

リウス「?っ!!」

トランスバールライオン「ガァアアッ!!」

リウスの左腕が抉られ、機械の部分が露わに
赤っぽいオイルが血のように滴っている

スノーラビィ 「え!?リウスってば、ロボットだったの!?」

リウス「セーブモード解除、アタックモードに移行・・・20%〜70%までサボテンエネルギーを解放、・・・ラビィ、離れてて。」

スノーラビィ 「わ、分かった、離れとく。」

トランスバールライオン「グゥアァアアアーーーーッ!!!!」

リウス アタックモード 28

コンマ判定

3以上でトランスバールライオンを沈黙させる

判定は下
373 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/22(金) 19:02:22.24 ID:vcxlYbM/O
待ち
374 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/23(土) 23:02:39.80 ID:m+Zjm6u2O
待ち
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/24(日) 02:09:06.97 ID:IMqAc89i0
女子八番 隅田映美子(すみだ・えみこ)

身長 156cm
体重 50kg
誕生日 8月1日(獅子座)
血液型 O
部活動 ソフトボール部
友人 英賀保光里
小野くるみ
園部泉美
生瀬理代
西大路麻美
蓬来江里花
桃山那々子
山科乃梨絵
(女子主流派グループ)
愛称 映美子、えーみ
出身小 椿小学校
家族 父・母・妹
能力値
知力:

体力:

精神力:

敏捷性:

攻撃性:

決断力:

★☆☆☆☆

★★★★★

★★★★☆

★★★★★

★★☆☆☆

★★★★★
明るく元気なムードメーカー。家がパン屋で、いつもふんわりとパンの香りがする。
女子の中で1番の運動能力の持ち主だが、おっちょこちょいでドジを踏むことも多い。
桃山奈々子と共に、今宮朋哉ファンクラブ会員を自称している。
小野くるみ・園部泉美は幼稚園からずっと一緒の幼馴染。
体育委員。

以下ネタバレです。白黒反転させると読めます。

支給武器: なし(出発前に死亡)
kill: なし
killed: 黄松
死亡話数: 第12話
凶器: 金属バット
 
プログラムを告げられ、クラスメイト同士が殺し合うということを「絶対に嫌」と拒否した結果、赤松に「ここで[ピーーー]ばいい」と提案される。逃げようとするが間に合わず、黄松に頭部を複数回殴打され死亡。<12話>


運動能力を活かすことなく退場でした。
実は直前までどうするか悩みました。他の案としては、ここでは退場しない(全体を決めた後でどうしても他のことに繋がらなくなったので諦め)、拒否による首輪爆発(映画版のノブみたいな。最初はそれで書いたけど詰まってしまった)がありました。
376 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 13:29:51.89 ID:fBgiNdCUO
判定 7

ジャパリパーク動物研究所地下室

リウス「捕獲してきました。」

トランスバールライオンとリウス達の戦いのあらましを聞いた大野木

大野木「で?何でセーブモードの次がアタックモードなの?パワーをセーブしてるモードなら次はパワーモードじゃない?」

スノーラビィ 「いやいや、質問するとこそこ!?」

リウス「パワーモードは80%〜100%です、私に残っている数少ないデータでは、元々バナナミンを摂取して20%〜70%をつよつよモード、80%〜100%をさいきょうモードとしてたようですけど。」

大野木「いや待て、バナナミンって何だ?」

スノーラビィ 「ちょっと、こっちを気にして!」

トランスバールライオン「グゥ・・・」

獣医「鎮静剤を打ちましたから、暫く様子をみましょう。」

大野木「うん、分かった、リウスはロボット研究所の方で直してもらおう。」

リウス「大丈夫です、素材さえあれば自然に治りますので。」

大野木「本当かよ。」
377 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 13:31:44.13 ID:fBgiNdCUO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 ジャパリパーク動物研究所に留まる

8 ジャパリパークロボット研究所へ

9 その他(今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/24(日) 13:44:00.56 ID:Vo3MP+vN0
4
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 13:44:20.72 ID:tNt/TNvF0
380 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 14:11:29.39 ID:fBgiNdCUO
4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/24(日) 14:14:38.81 ID:lEfGfM7ZO
hippopotamus
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 14:16:12.68 ID:tNt/TNvF0
バンドウイルカ
383 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 16:37:02.59 ID:fBgiNdCUO
安価 カバ

カバ「あら〜、大野木くん?」

大野木「あ、こんにちは、カバさん。」

カバ「あれからサーバル達は見つかって?」

大野木「いえ、全然・・・手がかりもないんです。」

カバ「うーん、不思議な輝きを追いかけてったとはアライグマから聞いているんだけど、その後はわからないのよ・・・」

大野木「アライグマって、サーバル達と共に最初期に発見された方の?」

カバ「えぇ、今は水辺ちほーでまったりしているそうよ。」

大野木「ん?ここの水辺ちほーへ行く道は何処からか飛んできた大岩で塞がってたはずだけど。」

カバ「私が他の子たちに頼まれて壊したわ。」

大野木「さ、流石カバさん・・・。」

スノーラビィ (・・・カバさん、ただものじゃない・・・!)
384 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 16:41:49.05 ID:fBgiNdCUO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 ジャパリパーク動物研究所へ

9 ジャパリパークロボット研究所へ

10 その他(家に帰ったり今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
385 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 18:50:35.05 ID:pDw9ueAlO
待ち
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/24(日) 19:06:15.05 ID:VLcT+dWMO
7
387 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 19:22:23.96 ID:pDw9ueAlO
7 水辺ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
388 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 20:34:32.74 ID:pDw9ueAlO
待ち
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 20:46:53.53 ID:w6dFuc3k0
ミシシッピーワニ
390 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 21:05:31.32 ID:pDw9ueAlO
安価 ミシシッピーワニ

大野木「こんばんは。」

ミシシッピーワニ「わっ!初めて人に声かけられた!ほら、私の顔怖いでしょ?怒ってるわけじゃないんだけど、生まれつきこの顔だから、よく怒ってるって勘違いされて、あんまり人もフレンズの子たちも寄ってこないの。」

スノーラビィ 「怒ってないんだね。」

大野木「でもかっこいいと思うよ、キミの顔。」

ミシシッピーワニ「か、かっこいい?そうかなぁ。」
391 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 21:16:27.15 ID:pDw9ueAlO
深夜

大野木はパソコンに向かっていた

大野木「うーん、四神がフレンズ化したのは・・・、時々ホットスポットっていって、サンドスターが大量に降ってくることがあるから、それが起こる時期と場所、五行の力で、四神が生まれたんだろうか?」

大野木「考えてみれば四神が生まれたということは四凶獣の方もフレンズ化する可能性が?だとするとまずいかも、・・・ま、その時はその時か。」

プルルルル

大野木「・・・・・はい、大野木です。」

・・・

電話を終え

大野木「・・・これは、休日返上かな?」
392 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 21:30:19.83 ID:pDw9ueAlO
今日の出会い

キタキツネ 15
ライオン 13
サバンナシマウマ 13
バンドウイルカ 4
ユキウサギ 13
カバ 3
ミシシッピーワニ 3

安価外

リウス 14
スノーラビィ 14
ソラ 15

その他

トランスバールライオン 強さ 20 好感度 なし

セルリアン 強さ ほとんどが1〜3(人間でも倒せるレベル)
393 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 21:51:32.72 ID:pDw9ueAlO
ナカベちほー近くの高山

ミライ「2人とも捕まえましたか?」

隊員1「はいっ!」

隊員2「捕まえましたー!」

翌朝

ジャパリパーク動物研究所地下室

大野木「この子達も暴れてたのか・・・。」

ここに捕らえられたフレンズが

オコジョとあともう1人(未登場のフレンズを、絶滅種、UMA、幻獣種は除く)

安価下
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 21:56:34.81 ID:w6dFuc3k0
ドングリキツツキ
395 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 22:35:10.22 ID:pDw9ueAlO
安価 ドングリキツツキ

ドングリキツツキ「・・・。」

ミライ「この子たち、どうするんです?」

大野木「うわ、牙に爪に嘴、凄く鋭く伸びてる・・・、んー、何らかの処置をして、経過観察かな。」

カコ「この状態のフレンズを『獣化形態(ビースト)』と呼称しましょう、このビーストは何らかの原因で体内のサンドスター濃度が極端に不安定になった場合に発生している可能性があり、発生するのは極稀とみていいでしょう。」

大野木「カコ博士!」

カコ「2年ぶりですね、城。」

大野木「城はやめてください、せめて大野木か、あとはジョジョと呼んでください。」

カコ「城は何故駄目なの?」

大野木「そんな城のように立派な人間じゃないからですよ、それにそう呼んでもいいのは運命の人だけだって決めていますし。」

カコ「・・・あらそう、何か振られちゃったみたいね、私。」

ミライ「あはは、え、えーっと、ドンマイ?」

大野木「ここに来たのは僕をからかうためじゃないでしょう?」

カコ「あー、そうそう、サンドスターについて気になる報告があってね、パーク内にいつのまにか増えていた動物達について説明がつくかもしれないの、それじゃあね。」
396 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 22:41:42.82 ID:pDw9ueAlO
リウス「あ、フレンズのドングリキツツキに嘴はないと思ったそこの貴方、ちゃんとオーラみたいなものが嘴として存在しています。」

大野木「いや、態々言わなくても見りゃわかる、さてと、じゃあ、僕もカコ博士について行こうかな。」

ミライ「あ、その前に大野木さん。」

大野木「同じくらいなんだから敬語じゃなてもいいんじゃない?」

ミライ「では、大野木、んー、いや、ジョジョ、あの話、忘れないでくださいね。」

大野木「あー、昨日の夜のね、うん、ちゃんと音声ガイドの収録する時は呼び出すから。」

ミライ「お願いしますね。」




昨夜電話で話したのは暴れているフレンズのことだけではなく、ミライさんの声がいいので、パーク内の動物を説明する音声ガイドの声優に抜擢する旨の話もしたのだ。
397 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 22:56:33.11 ID:pDw9ueAlO
396 じゃなくて く抜け



ジャパリパーク動物研究所サンドスター研究室

カコ「サンドスターには時空を超える力が?」

研究員「はい、恐らくですが・・・。」

カコ「どうしてそのようなことが分かったの?」

研究員「ホットスポットと言われるフレンズが大量に生まれた場所である職員が懐中時計を落としましてね、時間が2秒、落としたと思われる場所から30mmズレていたと言うんです。」

カコ「証拠の写真まであるわね・・・、でも距離の方は動物やフレンズが動かした可能性も・・・」

研究員「それはありますが、時計のズレの方は、動かした形跡はありませんでした、それと可能性としては異世界にも繋がる可能性があるかと、噂では幻獣やドラゴンを見たという噂もありますし。」

カコ「噂は噂、そんなことあるわけないじゃない。」

大野木(ほぉ・・・、もしかするとサンドスターは時空制御をしていて、それが天候制御にも繋がっている?分かんないけどー)
398 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/24(日) 23:00:55.16 ID:pDw9ueAlO
夕方

大野木はフレンズの大量発生報告があった水辺ちほーへ

?「にゃにゃにゃ!?」

?「ちょっと逃げないで〜!」

大野木「ん?なんだなんだ?」

リウス「・・・空間認識部位に異常あり。」

何者かを追いかけているフレンズを安価下
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/25(月) 00:46:58.36 ID:NEeRr3Hv0
ニホンカワウソ
400 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 03:55:55.00 ID:pVWyCSLmO
安価 ニホンカワウソ

ニホンカワウソ「貴方も仲間を探してるの?私もなんだ、私はニホンカワウソ、・・・頑張ろうね。」

リンセ「あ、どうもにゃ、あたしはリンセ、・・・って、えーと、ニホンカワウソちゃんも仲間を?あたしは草原で日向ぼっこしてうとうとしてたらいつのまにか水辺の岩の上にいて・・・」

ニホンカワウソ「仲間とはぐれちゃったんだね、可哀想。」

リウス「・・・おい、大野木、何を泣きそうになってる?」

大野木「だって、ニホンカワウソ、ニホンカワウソだよ!?2012年に絶滅認定されたぁ。」

リウス「剥製が残ってるんだから、そこから生きてる細胞を採って培養すれば・・・」

大野木「違う、違うんだよ、いくらそうやって復活させることができるからって、絶滅を回避することが1番良いんだ。」

リウス「そうか、それより、そこの猫、新しいフレンズでは?」
401 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 04:06:56.90 ID:pVWyCSLmO
大野木「フレンズ・・・なのかな?」

リンセ「フレンズ?何のことにゃ?」

大野木「あれ?・・・キミ、どっかで・・・」

リンセ「ん?会ったことがあるにゃ?」

大野木「いや、多分勘違いか何かだ、僕はジャパリパークの管理人兼副園長、大野木 城。」

リウス「その秘書、マーキナー・リウスだ。」

ニホンカワウソ「この子、仲間とはぐれちゃったんだって、何か知らない?」

大野木「うーん・・・、リンセは何のフレンズ?って、フレンズ自体知らないみたい。」

リンセ「うん、知らにゃい。」
402 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 04:22:29.60 ID:pVWyCSLmO
大野木「取り敢えず僕たちと行動を共にしてもらうよ、いいかな?」

リンセ「んー、まー、いいにゃ、それにしてもここは力が抜けるニャー!」

リウス「エネルギー不足ですかね?」

大野木「さぁ?僕には分からないよ。」

ニホンカワウソ(あの人・・・、大野木さん、私を見て泣いてた・・・?)

大野木「あ、仲間、見つかるといいね!ニホンカワウソちゃんも!」

リンセ「うん。」

ニホンカワウソ「ありがとう。」
403 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 04:24:52.21 ID:pVWyCSLmO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほー散策

8 ジャパリパーク動物研究所へ

9 ジャパリパークロボット研究所へ

10 その他(家に帰ったり今まで出会ったフレンズを探してもOK)

安価下
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/25(月) 08:29:57.07 ID:3Z2KyuncO
1
405 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 15:34:45.65 ID:EFRlWAzvO
1 書類仕事

管理人宅 大野木の部屋

リウス「休みでも、溜まった分の書類は片付けますよ。」

大野木「げっ、どんだけあるんだ・・・。」

・・・

深夜

大野木「ふぅ・・・、こんなところでいい?」

リウス「3/2は片付けたので、いいでしょう。」

リンセ「・・・隊長も同じようなことやってたっけ・・・、うーん、早く戻って、ヘリオス、アリーチェ、エシャル、セレステ、アマツに会わないとにゃ・・・あれ、このことを誰に頼まれんだったっけ?忘れちゃったにゃ。」

スノーラビィ「んむんむ、チョコ食べる?」

リンセ「いらないにゃ。」
406 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 15:41:43.12 ID:EFRlWAzvO
405 リンセ 頼まれたんだっけ?

今日の出会い

ニホンカワウソ 3

その他安価外

リンセ 15(初めて会った気がしないにゃ)
カコ博士 15
ミライ 8
リウス 15
スノーラビィ 15
ソラ 14
407 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 16:06:39.59 ID:EFRlWAzvO
翌朝

大野木「そういえば聞いてなかったね、リンセの仲間って?」

リンセ「んー、確かトウマとミコトと・・・インデックスだったかにゃ?」

大野木「誰だか知らないけど、フレンズじゃなさそう。」

リウス「・・・リンセはどこにいたの?」

リンセ「んーと、ユグドのどっかの草原にゃ!」

大野木「随分と大雑把な・・・リウス、検索をかけてくれ。」

リウス「かけました、ユグドに該当する情報はユグドラシル関連です。」

リンセ「ユグドは大陸の名前だよ。」

リウス「・・・該当なし、未知の大陸でしょうか?ジャパリパークのように人工衛星でも見つけられない大陸の可能性があります。」

大野木「あー、ありがとう、・・・ユグド大陸はちょっと知らないや、僕たち。」

リンセ「そっか、残念にゃ。」
408 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 16:12:51.32 ID:EFRlWAzvO
選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ(書類仕事の書類の中に水陸両用バス関連の書類が、運行開始、水辺ちほーを越えて行けるように)

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/25(月) 16:28:00.00 ID:099MN2J0O
おや、アンドロイドの様子が…
410 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 16:54:06.78 ID:EFRlWAzvO
おや、アンドロイドの様子が… 00

更に判定

偶数ならリウスがリンセの件を全て解決
奇数ならリウス行方不明に

判定下
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/25(月) 17:04:46.82 ID:TOq1fawfO
412 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 18:56:56.41 ID:EFRlWAzvO
判定 偶数

リウス「あ、そういえば昨日水辺ちほーの奥、森林ちほーに何らかの大きなエネルギー反応がありました。」

大野木「それは本当?行ってみるか。」

森林ちほー

大野木「うっわ!?」

リウス「ちっ、邪魔・・・。」

リンセ「黒の軍勢!?と、何あれ!?」

大野木「セルリアンだ!何故か黒の軍勢と同じような姿になっているがな、セルリアンは色々と正体不明で、フレンズを害す存在なんだ。」

リウス「・・・サボテンエネルギー100%解放、燼滅させます。」ガチャ

大野木「おおっ!?まさかビーム!!?」

リウスの右腕部がビーム砲のように変形する

リウス「未知のエネルギーを感知、吸収します、エネルギー充填120%・・・お二人とも十二分に離れていてください。」

大野木「っ!!」
413 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 19:09:29.82 ID:EFRlWAzvO
1分後

大野木「まだまだ離れないといけないかな?あれ、リンセは!?まさかまだ逃げてない?」

ドォオオオオオオオオオンッ!!!!!!!!

大野木「うわっっとぉっ!!?」

被害:森林ちほーの一部焼失

・・・

大野木「で、リンセはどうなった!?」

リウス「分かりません、撃つのに集中していましたから。」

オイナリサマ(念話)「彼女は無事です、あの『黒の軍勢』が出現していた場所から元の世界に戻ったようです。」

リウス「少し、空間が歪んでいた場があったのでそこに向けて撃って空間の穴を広げ、その奥を確かめようとしたんですが、その前に彼女が 私に任せてにゃ! と飛び込んでしまい、空間の穴は閉じてしまいました・・・」

大野木「何がなんだかさっぱりだが、一件落着!・・・ん?『元の世界』って?」

・・・これに答える者は居なかった・・・

リウス「何にしても、帰れたのなら良かったです。」
414 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 19:13:02.56 ID:EFRlWAzvO
413 リウス× オイナリサマ○

撃ったのはマナというエネルギーです
415 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 19:16:00.27 ID:EFRlWAzvO
少し、〜オイナリサマです



リウス「オイナリサマは?」

大野木「別に急ぎの用事があるんだろう、見回りに行くよ。」



選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほー散策

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/25(月) 19:32:06.08 ID:MwSevnkX0
417 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 20:17:30.83 ID:EFRlWAzvO
8 森林ちほー散策

出会ったフレンズを安価下
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/25(月) 20:30:20.16 ID:TOq1fawfO
ジャイアントパンダ
419 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 20:59:37.26 ID:EFRlWAzvO
安価 ジャイアントパンダ

大野木「パンダ!?パンダのフレンズ!?」

ジャイアントパンダ「ふゎ〜・・・、木の根元で寝てたら、人?にみつかっちゃた〜。」

大野木「何故疑問に思う、人で合ってるよ、僕は大野木 城、ほかのフレンズからはジョジョって呼ばれてるよ。」

リウス「マーキナー・リウスだ。」

スノーラビィ 「雪の兎、スノーラビットのスノーラビィだよ。」

ジャイアントパンダ「ふ〜ん、ごめん、眠い、ぐぅ・・・。」

大野木「寝た!?」
420 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 21:00:37.97 ID:EFRlWAzvO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほー散策

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/25(月) 21:01:36.66 ID:MwSevnkX0
422 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 21:47:19.80 ID:EFRlWAzvO
9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目

研究員「あぁ、大野木さん、やはり、開園前より動物の個体数と種類が増えていました。」

大野木「ということは?」

研究員「え、えっと、サンドスターが動物達を連れてきている可能性があるかと。」

大野木「ふむふむ、それで?」

研究員「・・・あーっと、それと、四神なる強力なフレンズの存在をフジ高山にて調査隊が確認しました。」

大野木「なるほど、ご苦労様。」

リウス「完全に嫌な上司の受け答えだ、何をしている?」

大野木「リウス、口調、口調、いや、沸点は何処かなと、低い方でよかった、・・・というかここに居る人来る人沸点低いよね。」

研究員「まぁ、ここは癒しが1つのテーマですし、ストレスフリーで沸点も低くなるのではないかと。」

大野木「外じゃ物価が上がりまくってえらいことになってるもんな、カップ麺が1099円とか僕が生まれる前の物価から考えると本当酷い。」

研究員「東京がああなるのも、20年前なら信じられないでしょうね。」

大野木「だな。」
423 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 21:51:15.31 ID:EFRlWAzvO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほー散策

9 ジャパリパーク動物研究所に留まる

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/25(月) 22:07:31.08 ID:MwSevnkX0
425 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/25(月) 22:16:19.46 ID:EFRlWAzvO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
426 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/26(火) 02:44:29.84 ID:23HTwtUWO
待ち
427 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/26(火) 16:03:44.38 ID:MXJO6v1cO
待ち
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/26(火) 20:02:19.47 ID:K7HqYcYT0
・このスレの事はこのスレだけ見ていれば全てわかるようにしましょう。見づらいだけです。
・ひとつのスレを立てたらまずそのスレを完結させましょう。複数スレの同時進行はどちらの参加者にも失礼です。
・クロスオーバーは少なく。作品数が多くなるほど「全てを楽しめる」人が少なくなるのは自明の理です。
・変に主人公のキャラを立てるのは作者の自己投影と取られても仕方ありません。変なキャラ付けはやめましょう。名前なしでもいいくらいです。


突っ込むのも面倒ですし、この部分が変わったからといってどうという事も無いのですが、「沸点が高い」人の方が怒りづらい人です

安価下
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/26(火) 20:21:08.54 ID:DY7Wegtf0
チーター
430 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/27(水) 15:34:58.88 ID:K3asqI6SO
428 ご指摘ありがとうございます

やっぱり色んな人がいるからこっちと価値観が違うのは当たり前、全部のスレの完結待ってたら100年以上かかるぜ、なんせ俺は万の世界を渡ってきたんだからな!

スレの方は続きものとしてみるかどうかはどうぞご自由に
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/27(水) 15:42:29.43 ID:uJR7nF8mO
?
432 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/27(水) 19:22:12.79 ID:RaAIhxxsO
つまり、100年くらい見る覚悟で見てくれということだ、安価が続く限り続けるつもりだからな

安価 チーター

ビュンッ!

大野木「速っ!今の何!?」

チーター「パーク内最速、チーターよ!」

大野木「僕は大野木 城、他のフレンズからはジョジョって呼ばれてるよ。」

チーター「そう、ジョジョ、早速だけど駆けっこしましょう?」

大野木「無理無理!(2036年時)最高速度124kmも出すチーターと駆けっこなんてしても結果は見えてるでしょ!」

チーター「そう・・・残念ね。」

チーター「あなた達は?」

スノーラビィ 「わたしは雪の兎、スノーラビットのスノーラビィ、パス!」

リウス「え、えーっと、私はやりたくないです。」

チーター「うーん、何処かにスピードで私に敵う子はいないかしら?」

大野木(いたら吃驚だよ)
433 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/27(水) 19:25:37.72 ID:RaAIhxxsO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所に留まる

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/27(水) 19:28:01.30 ID:siMZsXrL0
435 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/27(水) 20:33:21.84 ID:RaAIhxxsO
1 書類仕事

リウス「これは・・・」

大野木「ん?どした?見せて。」

リウス「あっ・・・。」

大野木「んーと、公安のお偉方から僕に面会の依頼?なんで公安が・・・。」

リウス「・・・多分ここの施設に関係あるのでは。」

大野木「心当たりとしては、ロボット研究所かな。」

リウス「っ・・・!」

大野木「人型ロボットがまずいのかもしれん、公安の方でそういうのがいる(いた)って都市伝説というか噂もあるし、人型ロボットの開発は止めるよう要請しとくか。」

リウス「そうか・・・。」
436 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/27(水) 20:39:54.92 ID:RaAIhxxsO
2036年の人型ロボット

何らかの規制が入ったのか、人型ロボットは接客業にしか存在しない

深夜

園長の家 寝室

大野木「・・・zzZ」

リウス「・・・(途切れ途切れだが、たまに来る通信は公安から???戻ってこいとタチコマだけは何とか聞き取れたが・・・気になるが、下手に公安の方で検索しない方がいいかもな)」
437 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/27(水) 22:33:47.43 ID:RaAIhxxsO
待ち
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/28(木) 05:01:07.27 ID:Qy/TcWlw0
何を待ってるんだ
439 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/28(木) 15:24:32.70 ID:9MM41P9FO
438 確かに

今日の出会い

ジャイアントパンダ 1
チーター 1

その他

リウス 16
スノーラビィ 16
ソラ 15
440 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/28(木) 15:25:31.08 ID:9MM41P9FO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/29(金) 14:17:29.19 ID:kpH2HCne0
6
442 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/29(金) 15:27:20.30 ID:qhTqaoK6O
6 洞窟へ

出会ったフレンズを安価下
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/29(金) 17:56:57.50 ID:kpH2HCne0
テングコウモリ
444 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/29(金) 18:32:49.81 ID:qhTqaoK6O
安価 テングコウモリ

大野木「今日も今日とて見回り、見回り。」

リウス「見回りご苦労様。」

スノーラビィ 「見回りもリウスに任せたら?」

大野木「いや、見回りまで任せたら、残りはたまの会議くらいしか仕事が無くなっちゃうよ。」

テングコウモリ「あれ、あなた達は?」

大野木「パーク内で何か起きてないか、見回り中だ。」

テングコウモリ「見回り、つまりパトロール!今度私達と一緒にパトロールしない?」

大野木「してもいいけど、名前は?僕は大野木 城、フレンズの皆からはジョジョって呼ばれてるよ。」

リウス達の自己紹介省略

テングコウモリ「テングコウモリ、パトロールする時は声をかけてね、私達は大体森林地方の方にいると思うから、ちなみに私は夕方のパトロール担当。」

大野木「じゃあパトロールする時は声をかけようかな。」
445 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/29(金) 18:35:39.14 ID:qhTqaoK6O


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟内探索

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/29(金) 23:04:37.21 ID:EMUm6KbtO
6
447 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/29(金) 23:58:54.77 ID:17ovgrmiO
6 洞窟内探索

出会ったフレンズを安価下
448 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/30(土) 09:11:38.56 ID:KHqbLXuFO
待ち
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/03/30(土) 19:52:11.55 ID:6XOpn7mUO
カグヤコウモリ
450 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/30(土) 20:44:17.09 ID:8jRYlNxe0
安価 カグヤコウモリ ゾロ目

カグヤコウモリ「あれ?私、何しに来たんでしたっけ?」

大野木「いや、急に僕たちに言われても・・・。」

ウサギコウモリ「パトロールするようになったきっかけを探しに来たんでしょ!」

カグヤコウモリ「そうだったかしら?パトロールするようになったきっかけ?なんだったかしらね?覚えてる?」

ウサギコウモリ「わたし達、カグヤコウモリさんに誘われてパトロールするようになったのでしゅよ?カグヤコウモリさんが忘れちゃったんならわたし達には分からないでしゅ。」

カグヤコウモリ「まぁ、今日も今日とてジャパリパークやフレンズさん達に何か起きてないかパトロールです。」

大野木「パトロール頑張ってね!」

ウサギコウモリ「はい!なのでしゅ。」

大野木(・・・もしかして僕がきっかけだったり・・・?)

真実は忘れ去られた
451 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/30(土) 20:46:11.29 ID:8jRYlNxe0
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟内探索

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
452 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/31(日) 18:46:30.99 ID:XPt+QoZ9O
待ち
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:12:41.08 ID:dhNtdcz20
454 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/03/31(日) 19:17:06.16 ID:+Dgf0HyGO
7 水辺ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/01(月) 02:56:25.48 ID:GHxD3R3k0
カルガモ
456 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 19:19:23.65 ID:tq/+igrTO
安価 カルガモ

カルガモ「並んで並んでー、そこ、はみ出さないように!」

大野木(水辺ちほー見回りしてたら絡まれたんだけど)

リウス「小ガモじゃないんですから、勘弁してください。」

スノーラビィ 「わたしは楽しいけどね。」

解放されたのは2時間後だった
457 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 19:20:23.07 ID:tq/+igrTO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟内へ

7 水辺ちほー散策

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:23:01.56 ID:J/eY7AP10
459 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 20:31:10.08 ID:tq/+igrTO
8 森林ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 21:26:22.41 ID:pPizFIdx0
8で
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/01(月) 22:23:49.62 ID:GHxD3R3k0
レッサーパンダ
462 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 22:50:01.75 ID:tq/+igrTO
安価 レッサーパンダ

(リウス達を犠牲にして)大野木は森林ちほーの見回りへ来ていた

大野木「元祖パンダ!レッサーパンダちゃんだ!」

レッサーパンダ「え!?私のこと元祖パンダだって知ってるの!?」

大野木「何もレッサーってつけなくても良かったのにねー?」

レッサーパンダ「分かってくれるの!?そうなんだよー、私がパンダなのに・・・。」

大野木「うんうん、そうだよね、ところで尻尾触らせて?」

レッサーパンダ「尻尾?大事な尻尾は触らせてあげられない。」

大野木「残念・・・。」
463 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 23:02:17.12 ID:tq/+igrTO
深夜

管理人の家 大野木の部屋

差出人不明の手紙

「ドードーさんと旅行に行ってきます、心配しないでください」

大野木「?名前が書いてない・・・誰のだろう?ドードーって、あのドードー?」

大野木(謎な手紙だなぁ・・・そういえば、何故いきなり絶滅動物達がフレンズになったんだろう?最初からいてもおかしくなかったはず)

ガチャ

ソラ「ちょっといいかい?ご主人。」

大野木「なぁに?」

ソラ「ソラのジャパリまん、少なくない?」

大野木「あぁ、カルガモに付き合わせたお詫びとしてスノーラビィに多く分配したからね。」

ソラ「そういえば、カルガモが久し振りの引率で張り切って張り切ってとか言ってたっけ。」
464 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 23:07:49.04 ID:tq/+igrTO
今日の出会い

テングコウモリ 1
カグヤコウモリ 1
ウサギコウモリ 1
カルガモ 1
レッサーパンダ 1

その他

リウス 17
スノーラビィ 17
ソラ 16

カコ 10 書き忘れ分
465 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 23:09:52.10 ID:tq/+igrTO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:16:33.40 ID:J/eY7AP10
467 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 23:51:16.17 ID:tq/+igrTO
9 ジャパリパーク動物研究所へ

リウス「大野木、・・・朝伝えた事だが、確証はないぞ?」

大野木「分かってる。」

・・・

大野木「おはようございます、カコさん。」

カコ「会いに来たの?えっと、大野木って言うのも変だし、前みたいにジョジョで、ねぇ、今度所長さん達が東京に行くみたいなの、行ってみない?」

大野木「行く!けど、それよりも、カコさん、貴女・・・」

研究員「なら早速、今週のお休み、空けといてください、僕も行きますんで、よろしく。」

カコ「それじゃ、私、研究途中だったから、戻るね。」

大野木「うーん・・・、ま、焦る必要は無いか。」
468 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/01(月) 23:52:40.43 ID:tq/+igrTO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所に留まる

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
469 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/02(火) 16:52:48.47 ID:p6ule44/O
待ち
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/02(火) 19:52:49.57 ID:4UtXPPTo0
4
471 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/03(水) 15:52:26.31 ID:kN6ioGxUO
4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/03(水) 23:46:56.40 ID:GHuAkwYy0
シロナガスクジラ
473 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/04(木) 02:39:39.51 ID:bnK8teQpO
安価 シロナガスクジラ

シロナガスクジラ「あら、こんにちは、ジョジョくん、リウスちゃん。」

大野木「こんにちは、シロナガスクジラさん。」

スノーラビィ 「こんにちは、私は雪の兎のスノーラビィだよ!」

リウス「こんにちは。」

シロナガスクジラ「見回りかしら?」

大野木「えぇ、そうです。」

シロナガスクジラさんとお喋り

内容安価下
474 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/04(木) 15:43:42.14 ID:iniZN6BuO
シロナガスクジラとコミュ

安価待ち

安価は下
475 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/04(木) 22:01:16.36 ID:Vh54c55wO
待ち
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/04(木) 22:06:18.40 ID:B549By7/0
しかし……でかいな
477 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/04(木) 22:33:28.57 ID:Vh54c55wO
コミュ内容 476

大野木「しかし・・・でかいね。(色々とスケールが)」

リウス「・・・。」スト?ン

スノーラビィ 「?どしたの?リウスちゃん。」

リウス「私だってさらしを取れば・・・」ブツブツ

シロナガスクジラ「まぁ、デカイとはよく言われます、あんまり気にしてないんですけど、そのせいで他の子に迷惑をかけてしまうこともあって・・・」

大野木「海に思い切り飛び込んだら大波が起きたり?」

シロナガスクジラ「あぁ、そんなこともありましたね・・・。」

スノーラビィ 「こ、こわ。」

シロナガスクジラ「怖がらないで〜。」

大野木(大きいと苦労しそうだ)
478 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/04(木) 22:34:59.64 ID:Vh54c55wO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線を散策

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
479 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/05(金) 15:50:28.26 ID:orcE+lWHO
待ち
480 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/05(金) 19:05:02.94 ID:QuDzPzDdO
安価待ち
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/05(金) 20:51:41.33 ID:fm84wpAfO
4
482 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/05(金) 22:01:43.31 ID:QuDzPzDdO
4 海岸線を散策

出会ったフレンズを安価下
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:04:48.35 ID:QVvspKfh0
セイウチ
484 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/05(金) 22:21:48.91 ID:QuDzPzDdO
安価 セイウチ

セイウチ「やぁ・・・。」

海岸線を散策していると無数の青いセルリアンが1人の女の子を囲っているのが見えた

大野木「リウス!」

リウス「はい スノーラビィ「私にやらせて!」あら?」

スノーラビィ 「そーれっと!」

ビュオォオオオオーーーーッ!!

セルリアン「」カチンコチン☆

スノーラビィ 「とどめ!」

大野木「さっきの吹雪で降ったゆ、雪が集まって!?」

スノーラビィ 「どうだ!」

巨大な雪兎で押しつぶされるセルリアン

セルリアン「」パッカァーン!

リウス「強い・・・。」

セイウチ「助かったよ、ありがとう〜・・・ぐぅ・・・」

大野木「寝た!?」
485 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/05(金) 22:31:26.93 ID:QuDzPzDdO
アナウンスが何もない場合ゾロ目チャージ



選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線を散策

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/06(土) 07:47:17.64 ID:ky8Gi+eg0
2
487 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 09:41:33.68 ID:/Tq9JthaO
2 居住区内へ

出会ったフレンズを安価下
488 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 20:48:54.60 ID:5dOUJ1CfO
待ち
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 21:11:07.69 ID:9U/zk9Uq0
ハシブトガラス
490 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 22:05:33.84 ID:5dOUJ1CfO
安価 ハシブトガラス

ハシブトガラス「こんばんは。」

大野木「こんばんは、ハシブトガラス。」

ハシブトガラスはここらでよく見かけるフレンズの1人だ

リウス達の紹介は略

大野木「学校はどうだった?今は2学期だったか。」

ハシブトガラス「ジャパリパークが開園する前に飛び級して特別にヒトで言う、小中学校を卒業しましたよ。」

大野木「約2年で・・・?頭が良いんだね、ハシブトガラスは。」

ハシブトガラス「それほどでもない。」

大野木「謙遜しなくてもいいのに。」
491 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 22:34:28.49 ID:5dOUJ1CfO
深夜

ジョシュアの部屋

ジョシュア「朝さ、オイナリサマ(旧データベース)のデータから絶滅種のデータとサンドスターに関わる色々なデータが抜き取られていて、そのデータをカコ博士が持ってるって言ったよね。」

リウス「言いました、最新のデータベースにもなる予定のパークガイドAIヤタガラスのカメラ映像などのデータを辿ったところ、ジャパリパーク動物研究所のカコ博士の私用の研究室に、その抜き取られたデータがあると推測。」

リウス「パークガイドAIヤタガラスからの接続を試みましたが、寸前で切断、抜き取られたデータの量から、独立したインターネットが構築され、活用している可能性も。」

ジョシュア「なんでそんなことを・・・、カコ博士はサンドスターで何かする気なんだろうか?」

スノーラビィ「んー、よくわかんない、寝ようっと。」

ソラ「・・・あっちで見てた映画 ドラゴンクエスト ○イの大冒険(この世界の2019年の映画) 一緒に見る筈だったんだけどな・・・」

スノーラビィ「あ、私が一緒に見てあげればよかったかな。」

ソラ「・・・別に、いい。」
492 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 22:38:38.87 ID:5dOUJ1CfO
今日の出会い

シロナガスクジラ 2
セイウチ 1
ハシブトガラス 1

その他

リウス 18
スノーラビィ 18
ソラ 17
493 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 22:45:02.31 ID:5dOUJ1CfO
翌朝

ジョシュアの部屋

大野木(うーん、絶滅種のフレンズが何故突然発生したのかは分かりそうだけど、UMAの方は本当に何故?」

リウス「誰かの想いが原因だったりして、ヒトの想いは時として不思議な現象を起こすとネットにはあるぞ。」

大野木「・・・あれ、またいつの間に・・・昨日は覚えてなかったけど、今度はちゃんと鍵閉めたよね・・・?」

リウス「あなたの身に何かあってはと、企画部部長さんから合鍵を渡されました。」

大野木「あー、そう・・・。」
494 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/06(土) 22:46:26.17 ID:5dOUJ1CfO
選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
495 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 05:45:38.80 ID:I/9oNQo1O
待ち
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/07(日) 13:42:57.39 ID:J8Iwqxnn0
3
497 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 14:03:15.50 ID:NUHQncMAO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 14:39:41.99 ID:6IcK6Rj00
モウコノウマ
499 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 15:28:12.48 ID:NUHQncMAO
安価 モウコノウマ ゾロ目

?「ひゃっほー!おっそーい!」ビュンッ!

大野木「な、何だ?」

モウコノウマ「もう駄目・・・」バタッ

リウス「何があったの?」

モウコノウマ「私あんまり走るのは得意じゃないのに、勝手に競争だって言って・・・」

サラブレッド(栗毛)「同じウマなんだから、競争するのは当たり前でしょ?」

大野木「なっ!?サラブレッド!?(この子は多分、元競走馬のあの子かな?確かクリスタルなんちゃらって名前の・・・)」

リウス「・・・確か引退した競走馬を預かる場所がここジャパリパークにはあったはずです。」

大野木「園長が競馬好きでな、引退した後8割近くは殺処分(安楽死)される(2030年〜2034年のデータ)競走馬を引き取る場所が確か何処かにあったはず・・・」(小声)

リウス「データにないのは何故でしょう?」(小声)

大野木「億稼いだ競走馬ともなると狙う奴等が出てくるからな、それを危惧してだと思う。」(小声)
500 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 15:38:52.46 ID:NUHQncMAO
大野木「てか、抜け出したな〜!?えっと、クリスタルなんちゃらだから・・・クリスちゃんって呼ぶね、・・・クリスちゃん!」

サラブレッド(栗毛)以下クリスちゃん「え?クリスちゃん?・・・私のことか、だってじっとしてられなくて!!」ビュンッ

大野木「おーい!待ってくれ〜!」ダダダダダツ!

リウス「追いつけそうにありませんね。」



選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
501 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 18:23:00.19 ID:NUHQncMAO
待ち
502 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 21:14:57.85 ID:NUHQncMAO
待ち
503 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/07(日) 22:59:47.99 ID:NUHQncMAO
待ち
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/08(月) 00:08:00.84 ID:CmZEwoY30
3
505 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/08(月) 15:45:53.90 ID:XIxvBS5OO
3 平原ちほー散策

出会ったフレンズを安価下
506 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/08(月) 21:08:18.77 ID:XIxvBS5OO
待ち
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:11:19.89 ID:yOmepeMf0
エリマキトカゲ
508 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/08(月) 21:50:57.18 ID:XIxvBS5OO
安価 エリマキトカゲ

大野木「はぁ、はぁ、行き先さえ分かればずっと追いかけてやるのに、人間の持久力舐めんな。」ゼェゼェ

エリマキトカゲ「なーなー、お前いつもあっちこっち走り回ってるな、一体何の為にそんなに走り回ってるんだー?」

大野木「その姿、・・・エリマキトカゲか・・・、フレンズのみんなやパークに異常がないか、この自分の眼と脚でしっかり確認する為だよ。」

エリマキトカゲ「ふーん、大変だね、・・・さっきバス乗ってたでしょ、それに乗って探さないの?」

大野木「・・・・・あ。」

・・・

リウス「バス持ってきました。」

大野木「・・・ありがとう。」
509 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/08(月) 21:52:43.55 ID:XIxvBS5OO
夕方

選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほー散策

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
510 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 15:55:57.73 ID:W2rQgWyqO
待ち
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/09(火) 15:57:25.28 ID:yzdV15Jf0
3
512 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 16:12:08.18 ID:W2rQgWyqO
3 平原ちほー散策

出会ったフレンズを安価下
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/09(火) 19:57:59.59 ID:yzdV15Jf0
プロングホーン
514 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 20:27:23.92 ID:IM4IjmUzO
安価 プロングホーン

大野木「ん?」

プロングホーン「え?・・・あ、・・・久方振りだな【ウォッチャー】。」

大野木「ふふ、そうだな、【チェイサー】、元気そうで何よりだ、【ダークネス】はどうしている?」

プロングホーン「(これ続けなきゃダメなの?)あぁ、元気にやっていると聞いている、ここ最近はあっていないけど、それよりそっちの2人は?」

大野木「【機械仕掛け】と【スノーラビット】だ、仲良くしてやってくれ。」

リウス(なんだこの・・・何?)

スノーラビィ(何が始まったの!?)
515 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 20:34:30.61 ID:IM4IjmUzO
大野木「っと、何も続けなくても良かったんだぞ?2年も前に【ダークネス】(笑)に付き合わされた結果生み出したキャラを・・・。」

プロングホーン「え・・・!?そ、そっか、そうだよね!」

大野木「実はこのノリ気に入ってたり?」

プロングホーン「いやいやいやいや、違うよ!?・・・まぁ、私達は被害者、あ、これ言ったら可哀想かな・・・。」

大野木「何を言う気なのか分からないけど、可哀想と思われてる時点で本当に可哀想になっちゃうだろ!」

プロングホーン「ごめんなさい!」

大野木「僕に謝られてもなぁ・・・。」
516 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 20:40:47.83 ID:IM4IjmUzO


選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほー散策 (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 20:46:11.85 ID:u9VsWRCg0
518 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 21:13:33.92 ID:IM4IjmUzO
5 雪原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
519 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/09(火) 23:05:02.84 ID:+Zkk1MtrO
待ち
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/10(水) 00:17:49.33 ID:+m1bgzYj0
エゾシカ
521 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 15:41:08.27 ID:HIMIQKmXO
安価 エゾシカ ゾロ目

エゾシカ「あの、トナカイさんを見ませんでしたか?」

大野木「ん?エゾシカだ、トナカイ?見てないなぁ。」

スノーラビィ「何かあったの?」

エゾシカ「いえ、トナカイさんがパンケーキの材料を持っているんですが、パークセントラルの方に行く筈が、あらぬ方向に行ってしまって・・・」

リウス「どっちに行きました?」

エゾシカ「確か、水辺ちほーの方に。」

トナカイ「おーい!ごめん!パークセントラルって何処だったっけ?」

大野木「ここから南、で、その材料を見るに、パークセントラルの少し外側に開店前の店があるから、そこに持って行って。」

エゾシカ「あー、店に運ぶんでした。」

トナカイ「何故そのことを知っていたのかは知らないけど、ありがとう!」

大野木(そういえば、あそこの開店は明後日って書類に書いてあったっけ、・・・うへへへ、楽しみ!)
522 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 19:34:08.50 ID:k7eVadznO
深夜

管理人宅 大野木の部屋

大野木「おやすみ〜。」

リウス「おやすみなさい。」

スノーラビィ「おやすみ。」

ソラ「おやすみ、ご主人。」

・・・3人とおやすみの挨拶をした後

大野木「うーん、2年前といえばサーバル達と何かこう、すっごく楽しくなるようなことやってたんだっけ?何だったっけなぁ?」

思い出そうとしても、出てこないので、明後日開店するカフェのことでも考えてみる

大野木「うーん、サーバルは確定として、他にどんな子が入るのかな、カラカルかな?アルパカ?うーん、キタキツネ、ギンギツネもいいなぁ〜・・・」

実はこのカフェ、ただのカフェではない、本当に楽しみだ
523 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 19:40:29.38 ID:k7eVadznO
今日の出会い

モウコノウマ 1
クリスちゃん(サラブレッド 栗毛) 1
エリマキトカゲ 1
プロングホーン 1
エゾシカ 1
トナカイ 1

その他

リウス 19
スノーラビィ 19
ソラ 18
524 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 19:42:07.79 ID:k7eVadznO
翌朝

選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 19:44:02.42 ID:LCqnvNF20
526 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 19:54:35.50 ID:k7eVadznO
7 水辺ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
527 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 21:35:26.36 ID:k7eVadznO
待ち
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/10(水) 22:20:57.13 ID:+m1bgzYj0
ジュゴン
529 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 23:01:14.04 ID:k7eVadznO
安価 ジュゴン

水陸両用バスで水上を移動中・・・

ジュゴン「っ!?びっくりした、ボ、ボートかと思った・・・。」

大野木「ボートならもっと音がするでしょ。」

ジュゴン「あ、眼鏡かけて女の子と白いうさぎのフレンズを連れてる・・・確か、オットセイさんを助けてた人?」

大野木「そうだよ。」

ジュゴン「オットセイさんのお友達が探してましたよ、面倒だけど、お礼を言いたいって。」

大野木「あ、ありがとう。」

リウス(ジュゴン、ボート、・・・あっ)
530 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/10(水) 23:03:18.16 ID:k7eVadznO


選択肢

1 書類仕事 ゾロ目チャージ

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ ゾロ目チャージ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
531 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 02:00:47.11 ID:0NC4834dO
待ち
532 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 06:25:10.39 ID:UkER1gCtO
待ち
533 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 15:13:17.96 ID:5OacmNFhO
待ち
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 15:17:22.76 ID:tlQBJkHZ0
1だね
535 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 15:35:30.58 ID:5OacmNFhO
1 書類仕事

仕事部屋

大野木「うん?音符形のセルリアン?」

リウス「新しいセルリアンでしょうか?」

大野木「いや、セルリアンがセルリアンと名付けられる前からいるセルリアンの一種だそうだ。」

リウス「主に、パークセントラルのライブ会場からサバンナちほー、水辺ちほーにて確認されている模様。」

大野木「水辺ちほーか・・・、確かアライグマがいるとか。」

リウス「最初期の・・・」

大野木「うーん、サーバル達について何か見てないか聞いてみるか。」
536 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 15:50:52.81 ID:5OacmNFhO
水辺ちほー

アライグマ「ん?あー!ジョジョじゃん!久し振りだね!」

大野木「見つけた、ねぇ、アライグマ、サーバル達と一緒にいたんでしょ?見てない?」

アライグマ「んー、サーバル達がキラキラを食べちゃった音符の形のセルリアンを追いかけていたのは覚えてるかな、私は転んでサーバル達を見失っちゃったけど、その後どうしたのか、あれから姿を見ないね・・・。」

大野木「うーん、キラキラを食べた音符形のセルリアンか・・・」

リウス「サーバル達が何処に行ったのか、そのセルリアンが鍵を握っていそうですね。」

アライグマ「と、ところで、ジョジョは今何処に住んでるの?正直毎日暇してるから、一緒に・・・なんて・・・。」

大野木「いいよ、住まわせても、でも部屋は誰の部屋に・・・」

リウス「私の部屋でよければ使ってください。」

アライグマ「え?でも・・・」

リウス「・・・貴女がよければ、一緒の部屋を使うつもりだけど、いいかな?」

アライグマ「・・・いいよ!」

大野木「じゃ、帰ったら皆に紹介しようか。」
537 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 15:56:39.76 ID:5OacmNFhO
夕方

大野木「見回り続行!家に帰るのは夜になっちゃうけどいい?」

アライグマ「別にいいよ!」

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/11(木) 17:15:19.43 ID:7WUva/pyO
なんか虫みたいなのがうねうねしてるけどなんだろう
539 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 18:07:28.42 ID:5OacmNFhO
11 538

水辺ちほー アライグマの住処

アライグマ「ここが私が今住んでるとこ。」

木の根っこに穴が開いていて、そこに枕やちょっとした小物が色々置いてある

大野木「ピンク色の枕なんてどっから持ってきたの、・・・うん?」ゴシゴシ

アライグマ「どうしたの?」

大野木「あぁ、いや、なんか虫?みたいなのが枕に・・・」

リウス、アライグマ、スノーラビィ 「?」

アライグマ「何も見えないけど・・・?」
540 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 18:39:09.06 ID:XpYsv76oO
大野木(あっれー?俺の目がおかしくなったのかな?)

選択肢

1 謎の虫をスルーする

2 取り敢えず動物研究所に持っていく

安価下
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 19:33:08.93 ID:f2yrl2dv0
542 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 20:12:13.02 ID:XpYsv76oO
2 取り敢えず動物研究所に持っていく

大野木「取り敢えず持ってきた、研究よろ。」

研究員「ただの枕じゃないか・・・。」

大野木「それが、僕にだけ変な虫が見えて・・・こう、ゲジゲジに似たようなのが見えるんだ。」

研究員「ふーん?霊的なものだったりするのかも?研究していくとするよ。」

大野木「何か分かったら教えてね!」
543 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 20:14:11.65 ID:XpYsv76oO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
544 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 21:06:02.88 ID:XpYsv76oO
待ち
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:11:00.25 ID:DzK9KSCe0
虫観察しようぜ
546 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 21:32:01.82 ID:XpYsv76oO
11 蟲の観察

大野木「何か動きはないか、観察くらいはしていくか。」

研究員「最近はやっと霊的なものの存在証明も科学で出来始めてきているところだからね、君が見ているむしっていうのも、詳細が分かるようになるのはそんなに遠くない未来だと思うよ。」

大野木「ですね、・・・飛んだ・・・」

研究員「え?飛んだって・・・むしが!?」

大野木「・・・なんか惹きこまれそうな光景かも。」

研究員「ちょっと!?おーい!戻ってこーい!怖いよ!?」
547 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 21:43:19.11 ID:XpYsv76oO
深夜

管理人宅

大野木「この子がイエネコのソラ。」

ソラ「初めまして、ソラだよ。」

アライグマ「へぇー、3人と一緒に住んでるんだ、今日から私もこのハーレム?に入るよー、よろしくね、皆。」

大野木「馬鹿なこと言うんじゃない、家族だよ。」

アライグマ「ごめんなさい。」

大野木(さて、仲良くしてくれるかな?)
548 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 21:47:24.21 ID:XpYsv76oO
今日の出会い

ジュゴン 1
アライグマ 30

その他

その他

リウス 20
スノーラビィ 20
ソラ 19
549 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 21:49:27.46 ID:XpYsv76oO
その他 多かった

あと、これからちょいちょい過去の小話入るかもです
550 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 21:55:13.56 ID:XpYsv76oO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ

3 平原ちほーへ

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:55:41.11 ID:f2yrl2dv0
552 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 22:14:35.48 ID:XpYsv76oO
9 ジャパリパーク動物研究所へ

大野木「そういえば最近シーラを見ないな。」

リウス「そういえば。」

研究員「シーラなら、ほら、訳ありの人達のところにね。」

大野木「あー、えっと、園長曰く、オイナリサマが見つけて連れてきた人達のとこか・・・。」

リウス「気になりますが、それよりも、むしです。」

研究員「昨日の今日だぞ、まだまだ何にも分かってないよ。」
553 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 22:18:10.04 ID:XpYsv76oO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所に留まる

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
554 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/11(木) 22:55:12.93 ID:XpYsv76oO
待ち
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 00:25:23.31 ID:xIKJ4emW0
8
556 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 15:25:15.80 ID:CwOuRWVHO
8 森林ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/12(金) 16:45:31.86 ID:xIKJ4emW0
虫の親っぽい何か。怒ってるような雰囲気が…
558 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 17:55:40.16 ID:CwOuRWVHO
8〜11

大野木「ん?あれ?でっかい虫・・・」

コンマ判定

1〜5 セルリアンが蟲を襲ってる

それ以外 虫が寄ってくる

判定は下
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 18:30:26.43 ID:P77mTSW80
うりゃ
560 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 19:02:11.65 ID:CwOuRWVHO
判定 3

黄セルリアン「!!」

虫「!?!?」

リウス「セルリアンを確認。」

アライグマ「任せて!おりゃーっ!」

アライグマの突進!

パッカァーン!

セルリアンを倒した!

リウス「何故こんなところにセルリアンが?」

大野木(虫を狙ってたのかな?サンドスターなさそうだけど)
561 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 19:03:17.20 ID:CwOuRWVHO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほー散策 (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所に留まる

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 19:07:12.84 ID:P77mTSW80
563 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 19:38:37.79 ID:CwOuRWVHO
9 ジャパリパーク動物研究所へ

研究員「お、シーラが帰ってきたぞ。」

シーラ「何度も言いますが、彼女にサンドスターの影響は見られません、他の要因があったと推測します。」

男「他の要因?例えば?」

シーラ「うーん、神様の悪戯とか?」

男「んな、馬鹿な。」

シーラ「そもそもどうしてそこまで知りたがるのですか?」

男「・・・いや、そりゃ、その・・・本当凄く気になって・・・」

シーラ「そうですか、好奇心からですかね?」

大野木(話しからして、特別解放区とは別に秘匿されてる方の居住区の人か)

研究員「あ、虫はまだ何も。」
564 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 19:40:23.50 ID:CwOuRWVHO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほー散策 (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所に留まる

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
565 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/12(金) 21:04:11.07 ID:CwOuRWVHO
待ち
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/13(土) 11:53:45.24 ID:xFhToRy60
10
567 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 13:35:39.67 ID:tS0IBoQ+O
10 ジャパリパークロボット研究所へ

大野木「リウス、何か気になることでも?」

リウス「人型のロボットというのは、私の技術が使われているのか、気になって・・・」

大野木「あー、見る限り6割程は解析できてて、あとは色々やってたみたい、僕には難しくてよくわかんないけど。」

リウス「・・・恐らくだが、私の技術は公安のものだと思う、私は公安に行かなければいけないのだろうか?」

大野木「公安の御偉方が僕に面会求めてきた時点でそれは思った、公安には、行くも行かないもリウスの好きにしたらいいと思うよ。」

リウス「そうか・・・。」

大野木「んー、人型じゃなければあとは園長が見たっていう、あれを元にパークガイドロボットをまた1から作ってもらおうかな。」
568 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 13:45:38.99 ID:tS0IBoQ+O
597 大野木 人型がダメなら

深夜

管理人宅

アライグマ「最初はグー、じゃんけんぽん!あいこでしょ!あいこでしょ!」

リウス「あいこでしょ!」

スノーラビィ「あいこでしょ!」

ソラ「あいこでしょ!」

大野木「何してんの?」

リウス「誰が一緒に行くかじゃんけんで決めてるの。」
569 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 13:51:38.44 ID:tS0IBoQ+O
大野木「えっと?」

リウス「東京。」

大野木「あぁ!それか!リウスは連れて行けないぞ、アンドロイドだってバレたら騒がれるしな。」

リウス「じゃあ、誰も連れて行かないのか!?」

大野木「あー、うん、フレンズは連れて行こうにもサンドスターが切れれば元の動物に戻っちゃうだろうしなぁ・・・」

ソラ「ぽん!勝った!」

アライグマ「負けた〜。」

スノーラビィ「ソラの一人勝ちか。」

大野木「ん〜どうしよう?どうやってソラを・・・」
570 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 14:03:00.05 ID:tS0IBoQ+O
今日の出会い

その他

アライグマ 31
リウス 21
スノーラビィ 21
ソラ 20

翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 14:13:47.88 ID:zFCl3J/Y0
572 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 14:48:18.97 ID:tS0IBoQ+O
1 書類仕事 ゾロ目

企画部部長 そうちゃん

元々清掃員として雇われていたのでそうちゃん

結構イケメン



パークセントラル内 ライブ会場

大野木「久々に来た気がする、あれ?そうちゃん、どうしたの?」

そうちゃん「いや、パークの曲を作ってもらったんだが、歌手が見つかんなくて、お前歌好きだったろ?頼める?」

大野木「えー?そうだったっけ?・・・収録したのを流すんならいいよ・・・。」

そうちゃん「乗り気じゃないなー?あんなに歌やダンスが好きだったのにどうした?まぁ、収録したのをか、OK、じゃ、早速行こうぜ。」

リウス「私達は?」

大野木「外で待っててね。」

その後会場の裏の収録スタジオでようこそジャパリパークへを収録
573 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 14:50:57.91 ID:tS0IBoQ+O
そうちゃん「お疲れさん!結構良かったよ。」

大野木「2回でOK貰えるとは思わんかった。」

そうちゃん「やっぱり歌上手いなお前、また頼むかも。」

大野木「まー、忙しくない時に頼みに来てね。」



選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/13(土) 15:19:34.31 ID:xFhToRy60
8
575 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 16:11:53.89 ID:tS0IBoQ+O
8 森林ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
576 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 19:34:48.58 ID:tS0IBoQ+O
待ち
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/13(土) 19:55:16.57 ID:xFhToRy60
ゴリラ
578 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 20:11:33.88 ID:tS0IBoQ+O
安価 ゴリラ

大野木「・・・ゴリラだ、刺激しないようにゆっくりこの場を去るんだ。」

ゴリラ「・・・何見てんだコラ。」

大野木「ゴリラは繊細だからね、なるべくストレスを与えないようにって・・・あぁ、ごめん、そんなに見つめてたつもりはないんだけど。」

リウス「繊細過ぎません?見たのはものの数秒でしたよ?」

ゴリラ「あぁ、悪い、最近セルリアンとやらのせいでストレスが溜まっててな。」

アライグマ「皆にストレスを与えて、セルリアンめ、許せないな!」

スノーラビィ「本当、セルリアン滅ぶべし!」

大野木(・・・セルリアンは滅んで欲しい、これは皆が思うことか、セルリアンはこのパークののけもの≠セな・・・)
579 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 20:13:02.61 ID:tS0IBoQ+O
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 20:13:49.26 ID:DXYrroTs0
581 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 20:43:45.72 ID:tS0IBoQ+O
9 ジャパリパーク動物研究所へ

大野木「おい、ミャーコ、何でこんなところにいるの、男の元に戻ったら?」

大野木にミャーコと呼ばれた銀髪長髪で白い肌が眩しい猫耳少女は、青い瞳でこちらを見遣る

ミャーコ「みゃみゃ?おー、ジョシュアじゃん、やほー。」

リウス「ヘソ出しとは、風邪ひきますよ。」

大野木「ミャーコはヘソ出しで白、デニム系統が好きだから、大体こんな感じだぞ。」

リウス「む、胸・・・同じくらいか。(小声)」

ミャーコ「んー、旦那さんの匂いがしたと思ったんだけどなー。」

大野木「家に戻ってると思うよ、帰ってみたら?」

ミャーコ「そーするよ、じゃね。」

リウス「あ、ジョシュアとは?」

大野木「あぁ、まぁ、あだ名の1つだよ、主にオイナリサマからそう呼ばれることがあるんだ。」
582 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 20:45:19.83 ID:tS0IBoQ+O


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所に留まる

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
583 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 22:03:54.34 ID:tS0IBoQ+O
待ち
584 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/13(土) 23:04:05.52 ID:tS0IBoQ+O
待ち
585 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 00:15:41.13 ID:YXPjnmk/O
待ち
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 01:53:20.93 ID:A3F3YWxO0
587 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 06:03:52.02 ID:YXPjnmk/O
2 居住区内へ

出会ったフレンズを安価下
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 10:12:03.39 ID:pbBIVby20
シマリス
589 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 11:16:26.42 ID:oLRTvoxlO
安価 シマリス

シマリス「こんばんはーっ!」

大野木「こんばんは、シマリス、今日は何してたの?」

シマリス「んー、食べ物を隠した場所を数えてた、忘れないようにしないと!」

リウス(可愛い・・・)

シマリスとお喋り

内容安価下
590 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 13:30:40.96 ID:oLRTvoxlO
待ち
591 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 19:00:08.29 ID:8dQ+3s9lO
待ち
592 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:00:38.82 ID:8dQ+3s9lO
待ち
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:05:25.36 ID:xiTFKvxgO
今日の晩飯
594 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:16:46.03 ID:8dQ+3s9lO
今日の晩飯

大野木「今日の晩飯は何?」

シマリス「えーっと、あれ、全部隠しちゃったかな・・・。」

リウス「焦って隠したんですかね?手元にある程度は残さないと。」

選択肢

大野木はシマリスをどうする?

1 晩御飯に呼ぶ

2 隠した食べ物を食べるでしょうと帰る

安価下
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:17:25.29 ID:6128Ogh90
596 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:28:02.49 ID:8dQ+3s9lO
1 晩御飯に呼ぶ

大野木「それなら、家の晩御飯にお呼ばれしない?」

シマリス「え、いいんです!?」

大野木「いいよ、あと遅くなるから僕の部屋に泊まっていってね。」

シマリス「ありがとうございまーす!」

597 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:31:58.45 ID:8dQ+3s9lO
深夜

大野木の部屋

開けてくれますか?

その声でシマリスは扉を開け、リウスを部屋に招き入れる

リウス「大野木さんは?」

シマリス「ん?それなら、急な用ができたって、出て行きましたよ?」

リウス「1人で!!?」

シマリス「えーっと、そんなに心配しなくてもいいと思うんです・・・。」

リウス「え?えあ、あぁ、うん、そう、よね?(何でこんなに心配してしまったのだろう、ジョジョなら多分大丈夫だろうに・・・)」
598 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:41:37.19 ID:8dQ+3s9lO
神社内

大野木「来ましたよ、ジョシュアです。」

オイナリサマ「来ましたか、東京に行くらしいですが、ソラも連れて行こうと?」

大野木「え、えぇ、ソラがどうしてもって・・・」

オイナリサマ「・・・何かフレンズをパークの外に出せる方法があればと、そうですね?」

大野木「はい。」

オイナリサマ「無いこともないですよ、ただ、あなたのちk、いえ、祈りが必要ですが。」

大野木「本当!?祈るだけでいいの?」

オイナリサマ「えぇ、私と一緒に、このサンドスターの入ったビンに祈ってください、ソラちゃんの身を守ってくれるようにと・・・」

そう言い、オイナリサマが示した小さなビンには紐が通っていて、中にはキラキラと輝くサンドスターが入っていた

大野木「・・・分かりました。」
599 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:48:40.47 ID:8dQ+3s9lO
その頃リウスは通話していた

リウス「もしもし、園長ですか?・・・え?世話係?ただでさえ忙しい大野木さんに?それなら私が世話を・・・え、オイナリサマの?・・・そうですか、その子は何か特別なんでしょうね。」







『オイナリサマに覚えはないだろうが、』確かに園長はオイナリサマの声で聞いたのだ、オイナリサマに頼まれて自分の養子にした子を大野木に任せろと・・・

その子が東京で待っていることを大野木が知るのは早朝、東京に着いてからだった
600 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 22:51:31.12 ID:8dQ+3s9lO
今日の出会い

ゴリラ 1
ミャーコ 10
シマリス 4

その他

アライグマ 32
リウス 22
スノーラビィ 22
ソラ 21
601 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 23:04:57.99 ID:8dQ+3s9lO
翌朝早朝

船で揺られること4時間

バス会社に特別に頼んだバスで1時間

かつて渋谷と言われていた場所に大野木達はいた

大野木は本土に着いた時点で栗毛、長髪、所々髪が跳ねている、碧眼の大人しめな、白とピンクの服を着た美少女とソラを連れていた

研究員「聞いてなかったの?」

大野木「全然?(リウスのやつ、伝え忘れたな?)」

少女「・・・・・。」
602 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 23:18:02.33 ID:8dQ+3s9lO
渋谷はさながら一昔前に発売されたゲーム

東○ジャングルで描かれたような有様だった

で、何でも、ヨーロッパの方で無人の町を放置して自然がどのように戻ってくるかを研究するプロジェクトがあって、確かもう何十年も経ってて、豊かな自然が戻ってきたとか

それをこの荒廃した東京でやろうと言うのだ

大野木(東京を襲ったあの津波からもう10年くらいたつのか・・・)

ソラ「?・・・ご主人、大丈夫?震えてるよ?」

大野木「ん?気のせいだよ、僕は大丈夫だよ、それよりソラも何か違和感とかない?大丈夫?」

ソラ「大丈夫だよー、これのおかげで。」

と、ソラは首にかけた不思議な虹色の輝きが入ったビンを見せてくる
603 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/14(日) 23:27:05.10 ID:8dQ+3s9lO
僕らの仕事は菌が付着しないようにするスプレーをしたりして、この東京がどうなっているのか、歩き回って調べることだ

ただ、どんな動物がいるか、とかそんなことよりも、今はこの子らのことで頭いっぱいだよ・・・

少女「・・・。」

この少女の名前は ディノ・M(ミーシャ)・トリンちゃん

14歳

園長の養子らしい

両親が突如として蒸発、1人になっていたところを紆余曲折あって園長が養子に迎えたんだとか

選択肢

1 自然還元特区からでて喫茶店へ

2 取り敢えずこのまま同行

安価下
604 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 00:33:05.96 ID:pvMKZGViO
待ち
605 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 15:22:40.44 ID:M633a0qkO
1なら大野木視点

2ならリウス視点

安価は下
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 15:41:07.36 ID:thJnDLHN0
2
607 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 16:34:02.11 ID:M633a0qkO
2 取り敢えずこのまま同行

大野木「まぁ、取り敢えずこのまま同行しようか。」

ソラ「何かあったら私が皆を守る!」

研究員達(そんな危険な事は無いと思うんだけど)

視点変更 リウス

管理人宅 リウスの部屋

リウス「・・・暇。」

アライグマ「なら何かして遊ぶ?」

リウス「何して遊ぶんだ?」

アライグマ「鬼ごっこ、隠れんぼ、歌、ダンス、んー、何しよう?」
608 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 16:36:37.80 ID:M633a0qkO
リウス「ん、全部やる気じゃないよな?」

リウスはどうする?

選択肢

1 フレンズ達と遊ぶ

2 調べ物(サーバル達のことやミャーコについて)

安価下
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 17:18:15.15 ID:inGFl9iVO
本気で遊ぶぜ
610 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 19:02:08.11 ID:1cP1JUmcO
1 フレンズ達と遊ぶ

リウス「私が鬼か。」

アライグマ「逃っげろー!」

シマリス「わーい!」

スノーラビィ 「私は捕まらないですよーっと。」

十数分後、ライブ会場前

リウス「隠れんぼじゃないんだから、・・・みんなどこまで逃げたんだ?」

そうちゃん「では、このパークのテーマ曲、ようこそジャパリパーク、どうぞ!」

リウス「ん?」
611 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 19:04:22.18 ID:1cP1JUmcO
へ 抜け
612 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 19:16:19.69 ID:1cP1JUmcO
ライブ会場のスクリーンには ようこそジャパリパークへ M.Vo J とある

中性的な歌声だが、男の子の歌声だろう



この時点ではフレンズー♪やなかよしー♪ララララーなど、重ねる部分無し



私はいつのまにか鬼ごっこのことを忘れ、聞き入っていた
613 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 19:21:10.45 ID:1cP1JUmcO
ようこそジャパリパーク♪

わーっ!! パチパチパチパチパチパチパチ

リウス「・・・あ、ジョジョが収録したとかいうやつか。」

思い出した

リウス「ん、早く誰でもいいから捕まえよう。」

・・・

リウス「タッチ!!」

アライグマ「ばかなーっ!?」
614 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 19:23:45.29 ID:1cP1JUmcO
休日をリウスはフレンズ達と遊んで過ごした

一方大野木達はというと・・・

判定

1〜5 何かあったようだ

それ以外 無事調査完了

判定は下
615 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:11:46.80 ID:1cP1JUmcO
待ち
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 20:15:47.98 ID:TAC7k8ak0
いよっ
617 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:20:44.43 ID:1cP1JUmcO
無事調査完了

今回の調査ではハシボソガラスやスズメが多く見られた

特にスズメは最近準絶滅危惧種に指定されそうな種なので、沢山見かけられたのは良かった

次の日

喫茶店

大野木「リウス達はどうしてるかなぁ・・・」

考え事をしていたから、周りへ向ける意識が散漫になっていた

どんっ

少女「あ、あっ!」

大野木はソフトクリームを持った少女とぶつかってしまった
618 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:24:52.40 ID:1cP1JUmcO
その頃、リウスは

リウス「・・・どうした?」

アライグマ「え?あー、何かジョジョがいないとなんとなく元気が出なくて・・・」

スノーラビィ 「ん?気のせいじゃない?」

アライグマ「・・・?そう、かな、そうだね、じゃあ、今日も遊ぶぞー!やってないのは、歌とダンスというわけで、カラオケ行っくぞー!」

スノーラビィ「・・・ふふふ。」

リウス「・・・何故か悪い顔。」
619 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:34:06.37 ID:1cP1JUmcO
カラオケ屋は一昨日開店したジャパリカフェの近くだった

気になったので一回歌った後、寄ってみた

ちなみに歌ったのは簡単なドレミの歌

ジャパリカフェ

チリンチリン♪

アルパカ「いらっしゃいませ〜、おや、君は。」

リウス「こんにちは、アルパカさん。」

店に入るとメイド姿のアルパカさんがいた

そして・・・

ミライ「うへ、うへへへへへへ・・・ぉっと、じゅる」

フェネック(うわぁ・・・)

リウス「あれは資料で見た、ミライ、さん・・・?」

メイド姿のフェネックと・・・・・変態もいた
620 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:40:23.59 ID:1cP1JUmcO
夕方

気付いたらジャパリカフェに入り浸っていた

リウス「・・・紅茶が美味しいです。」

アルパカ「ふふ、ありがとう、教えた甲斐があったよ。」

今紅茶を淹れているのは、客として来たハシビロコウさんだ

昼時忙し過ぎるので緊急で店員に加わることがあるらしい

ハシビロコウ「・・・私なんてまだまだです。」

リウス「あ、この店、夜までやるらしいけど、大丈夫?働きすぎじゃない?」

アルパカ「大丈夫、夜は客が少ないから、サーバル1人に任せてるんだ。」

リウス「そうなんですか。」
621 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:46:25.33 ID:1cP1JUmcO


サーバル「お待ちどー!」

リウス「ありがとう、貴方が作ったの?このホットケーキ。」

サーバル「え?えっと、そうだよ!」

カラカル「私が手伝ったんだけどねー、危なっかしくて見ていられなかったから。」

サーバル「ありがとう、助かったよ、カラカル!」

リウス(この2人、友達なんだろうか)

仲が良さそうだ
622 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 20:51:57.59 ID:1cP1JUmcO
深夜

ジョジョが帰ってきた

・・・件の少女も一緒に

大野木「トリンちゃんだ、仲良くしてやってくれ。」

トリン「・・・・・機械?」

大野木・リウス「!?!?!?」

ソラ「一瞬で見破った。」

リウス(この子、只者じゃない気がする、一応警戒しておくことにする)

後、帰って大野木から東京はどうだったのか、話を聞くことにする
623 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 21:00:39.30 ID:1cP1JUmcO
リウス「雀が・・・、それは良かっですね。」

大野木「んで、帰る前に喫茶店に立ち寄ったんだが、考え事していたら、りりちゃんっていう子とぶつかっちゃって、その子がアイスクリーム持ってたんで、服に付いちゃって、不味いと思ったが

こっちも余所見してたから、お互い様!

って言われて、救われたよ。」

リウス「そうですか・・・。」

大野木「しっかし、あの栄華を誇った東京は何処へやら・・・『どっかで保存されてないかな』(ミニチュアかなんかで)」
624 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 21:09:59.80 ID:1cP1JUmcO
アライグマ「おかえりー!」

スノーラビィ「おかえりなさい!」

休日の出会い

トリン 5

その他

アライグマ 33
リウス 23
スノーラビィ 23
ソラ 23
625 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 21:17:16.28 ID:1cP1JUmcO
翌朝

大野木「さぁ!仕事だ仕事!」

トリン「・・・・・。」

大野木「あー・・・、連れて行くか、リウス、俺のことはいいから、トリンちゃんを守ってくれ。」

リウス「承知しました。」

アライグマ「なら、私がジョジョを命懸けで守ってやる!」

大野木「ははは、ありがとう、アライグマ。」

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 21:17:41.93 ID:TAC7k8ak0
627 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 21:25:10.99 ID:1cP1JUmcO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
628 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 22:07:36.77 ID:1cP1JUmcO
待ち
629 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 23:10:09.70 ID:1cP1JUmcO
待ち
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/15(月) 23:35:20.08 ID:mcHM024z0
コモドドラゴン
631 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 23:42:31.81 ID:1cP1JUmcO
安価 コモドドラゴン

コモド「あら?」

大野木「ん?えっと、僕は大野木 城、フレンズの皆からはジョジョって言われてるよ、君は何のフレンズさんですか?」

そう大人のお姉さんっぽい雰囲気のフレンズに尋ねる

コモド「んー、美味しくなさそうね・・・」

リウス・アライグマ「!!」バッ!

大野木「どうしたの!?2人とも?」

アライグマ「いや、なんとなく?」

リウス「・・・何のフレンズかと大野木が聞いている。」

コモド「コモドドラゴンよ〜、うふふ。」

大野木「んー、じゃ、コモドって呼ぶね、よろしく。」

コモド「・・・はぁ、唆られないわね・・・でも逆に、燃えるかも?(小声)」

コモド「えぇ、よろしく。」
632 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/15(月) 23:44:18.52 ID:1cP1JUmcO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/16(火) 00:20:55.05 ID:vxHlZ1I+0
3
634 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/16(火) 08:23:18.98 ID:CJSYW70yO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
635 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/16(火) 14:54:42.93 ID:xyZaZ9CUO
待ち
636 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/16(火) 17:01:17.12 ID:G0N8i+fqO
待ち
637 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/16(火) 19:37:49.46 ID:kZvurtxTO
待ち
638 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 06:47:54.44 ID:/p8mQVTtO
待ち
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/17(水) 09:22:50.76 ID:wVcmuacYO
ヒツジ
640 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 18:36:43.44 ID:bI4PNNIiO
安価 ヒツジ

ヒツジ「おぉ?おー、おー、牙を隠しても私には分かるよ?」

リウス「?・・・何の事?」

トリン「・・・。」

大野木「彼女はヒツジのフレンズだよ。」

トリン「・・・そうなんだ。」

スノーラビィ「可愛いね。」

ヒツジ「私のぷりちーさにやられろー!」
641 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 18:38:13.86 ID:bI4PNNIiO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほー散策(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 18:38:48.69 ID:dTD+xxWP0
643 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 18:55:22.19 ID:bI4PNNIiO
4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
644 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 20:04:41.94 ID:bI4PNNIiO
待ち
645 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 22:07:10.94 ID:bI4PNNIiO
待ち
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 22:10:51.37 ID:sNZqEJ0e0
カリフォルニアラッコ
647 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 22:24:45.60 ID:bI4PNNIiO
安価 カリフォルニアラッコ

カリフォルニアラッコ「んー、割れない・・・」

大野木「ちょっと貸してみて、そりゃっ!」

カリフォルニアラッコ「おぉー!貝が割れた!」

リウス「ちょっと、私のサバイバルナイフを勝手に拝借しないでください。」

大野木「悪い悪い。」
648 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 22:26:04.51 ID:bI4PNNIiO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線散策

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ (ゾロ目で・・・

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
649 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/17(水) 22:57:13.59 ID:bI4PNNIiO
待ち
650 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 15:25:54.33 ID:DsMwJr3dO
待ち
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 16:52:55.44 ID:6ETYF4Yl0
8
652 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 17:37:16.26 ID:DsMwJr3dO
8 森林ちほーへ ゾロ目

?「久しく見てない顔だな、・・・2年振りか?【ウォッチャー】。」

大野木「(アイタタタ・・・)ブラックバックか、久し振り。」

ブラックバック「我の真名を軽々しく口にするな!我は闇そのもの・・・【ダークネス】だ!!」

リウス「何なの?これ・・・」

ブラックバック「名前というのは体を現す、お前達が望むのならば、我が新たな名前をつけてやるぞ?」

スノーラビィ「あ、結構ですー。」

大野木「スノーラビィが引いてる・・・。」

ブラックバック「む?そっちの奴は・・・」

アライグマ「あぁ、お前が私達が目を離した隙にジョジョにちょっかいを出したやつか。」
653 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 17:45:41.50 ID:DsMwJr3dO
アライグマ「あの時はジョジョの様子がおかしかったから、何があったんだろうって思ってたけど、お前のせいだったか。」

スノーラビィ「おかしな様子って?」

アライグマ「突然右腕を抑えて・・・大野木「止めろ!その話はしないでよ、ちょっとノリに乗っちゃっただけなんだから。」

ブラックバック「ふ、何を焦っているのか知らないが、・・・お前はお前の中の闇を解放しろ、そのまま抱えているのは、『辛いぞ?』」

大野木「っ・・・、な、何を言ってるの?」

ブラックバック「ふ、・・・何でもない、適当にそれっぽい事を言ってやろうかと思って言っただけだ、ではな。」

リウス「・・・?結局よく分からないフレンズの方でした・・・。」
654 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 17:53:34.83 ID:DsMwJr3dO
深夜

パーク・セントラル 路上

企画部部長のそうちゃんがアイドルをプロデュースしないかと持ちかけてきたのでそれについて話し合った後

そうちゃん「で?ハーレムってるみたいだけど、本命は誰なの?」

大野木「んなっ!!?そんなのないない!!そもそもフレンズ達は恋愛感情なんて持つんだろうか?」

そうちゃん「持つんじゃない?分からないけど、女の子の姿をしてる以上、可能性はゼロじゃないと思うよ?あとアンドロイドの子の事も含むからな。」

大野木「はぁ・・・、ないない、僕らは家族だから!」

そうちゃん「・・・そうか。」

この時のそうちゃんの目は心なしか悲しそうに見えた
655 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 17:58:38.93 ID:DsMwJr3dO
今日の出会い

コモド 1
ヒツジ 1
カリフォルニアラッコ 1
ブラックバック 10

その他

アライグマ 34
リウス 24
スノーラビィ 24
ソラ 24
トリン 6
656 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 18:00:49.80 ID:DsMwJr3dO
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 19:07:54.57 ID:+xMnxTd20
658 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 19:11:12.04 ID:FUAKZnMDO
5 雪原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
659 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/18(木) 20:51:07.54 ID:FUAKZnMDO
待ち
660 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/19(金) 00:04:46.82 ID:Td/4p7ASO
待ち
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:42:31.47 ID:2jf1wDMp0
ゲンブ
662 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 07:17:50.56 ID:lqkKRuuHO
安価 ゲンブ

大野木「ん?岩・・・じゃないな。」

ゲンブ「・・・よくぞ見破ったな。」

大野木「玄武様、おはようございます。」

ゲンブ「おはよう。」

リウス「岩かと思った。」

ゲンブ「そなたは特別好いておる存在はおるのか?」

大野木「うーん・・・、見た目は、朱雀様が1番好きかな・・・」

ゲンブ「ふむ・・・朱雀が好きとな。」

大野木「見た目ね。」
663 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 07:22:20.30 ID:lqkKRuuHO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほー散策

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/20(土) 11:08:51.40 ID:mTi0lZQu0
2
665 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 12:46:18.87 ID:yg3JWNMdO
2 居住区内へ

出会ったフレンズを安価下
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 13:00:10.45 ID:fn0YX9GwO
あれはアライさん…?
667 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 13:35:45.24 ID:yg3JWNMdO
安価 あれはアライさん…?

大野木「ん?アライさんだ。」

リウス「!??!?!?(検出されたサンドスターの量がおかしい、無量大数の無量大数乗くらいあるだと・・・)」

大野木「アーラーイーさん、こんなところでどうしたの?」

アライさん?「え!?!?、あ、いや、なんでもないのだ、・・・ちょっと遊びに来たのがまさか見つかるとは(小声)」

大野木「誰か探してる?」

アライさん?「大丈夫、ちょっとここら辺ぶらぶらしてるだけなのだ!気にするな!」

大野木「そっか、じゃあまたね、アライさん。」

アライさん?「うん、またね!なのだ!」
668 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 13:37:29.72 ID:yg3JWNMdO
この世代のアライさんはのだのだ言わない

夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 ジャパリパーク動物研究所へ

10 ジャパリパークロボット研究所へ

11 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 13:44:00.32 ID:CzjuH7JK0
670 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 14:02:29.13 ID:yg3JWNMdO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 14:49:14.70 ID:GphF478N0
ゴマすりクソバード
672 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 15:14:59.63 ID:yg3JWNMdO
安価 オオミチバシリ

オオミチバシリ「そこのヒト!付いてきて!異変が起きたの!」

大野木「異変!?分かった、行こう!」

リウス「この先、バスは通れない程の森林ちほーへの荒地ですよ。」

その後、荒地を、崖を、湖を越えると・・・

オオミチバシリ「ほら、ここら辺全部砂漠になってきてるの!」

大野木「はぁ、はぁ、うぉ、本当だ。」

森林ちほーとサバンナ地方の境界辺りの一部が砂漠化して砂漠ちほーと繋がっている

リウス「あの、かなり遠回りです、水辺ちほーからの方がかなり近いです。」

大野木「え・・・?」

オオミチバシリ「遠回りした方が、厳しい道のりの方が楽しいじゃない?」

大野木「かなり辛かったんだけど・・・!!それにしてもここは・・・あ、リウスがぶっ放した辺りだ・・・」

リウス「あ、だ、大丈夫ですよ、サボテンエネルギーが尽きてもう撃てませんから。」

大野木「でも公安がなんて言うか・・・。」

オオミチバシリ「では、伝えたよ!」

大野木「教えてくれてどうもありがとう。」
673 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 15:17:55.99 ID:yg3JWNMdO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ NEW!

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 15:22:03.79 ID:CzjuH7JK0
675 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 15:28:06.80 ID:yg3JWNMdO
4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
676 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 18:08:09.47 ID:MHTxefccO
待ち
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/20(土) 19:04:07.48 ID:uUDc/ECJO
イッカク
678 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 19:24:32.61 ID:R8uPPkJNO
安価 イッカク

大野木「そ、その姿は・・・!?」

イッカク「こんばんは、イッカクだ。」

大野木「イッカク!?サンドスター、イッカクを連れてきたのか!?」

イッカク「・・・不思議な光に触れたら急にこの姿になってな、吃驚だ。」

アライグマ「なんか凄く嬉しそうだね、勢いで抱きしめちゃえば?」

大野木「何で?」

リウス「セクハラは良くない。」

アライグマ「いやー、そうしたら早く親睦が深まるかなって。」

大野木「なるべく吃驚させたくないし、出会っていきなりはしないよ。」
679 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 19:27:39.74 ID:R8uPPkJNO
深夜

管理人宅前

アライさん?「・・・・・。」

この存在は何しに来たんだろう?

選択肢

1 ジャパリパーク内の人間の観察

2 フレンズの観察

3 その他

安価下
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 19:35:44.00 ID:SIrnKW5K0
681 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 20:02:59.68 ID:R8uPPkJNO
2 フレンズの観察 そして00!!

アライさん?「・・・ちょっとフレンズを見てきましたけど、ヒトの姿を得てヒトの持つ感情も持ち得るようになっている・・・嫉妬などもするんでしょうね・・・そんな姿見たくありませんが。」

サーバル(PVサーバル 0世代目)以降PVサーバル 他の子も同様

姉サーバル「やっと戻れた・・・、あ、アライグマ!あなたが私達を戻してくれたの?」

アライさん?「ついでですから♪」

PVフェネック「どうもどうもありがとう〜。」

PVカラカル「戻れたのはなんとなく分かった、でもこれからどうする?ジョジョのとこに行く?」

アライさん?「ジョジョならこの家の中です、音声認識で入れるのはジョジョとミライだけですけど。」

PVカラカル「え〜?入れないの?」

アライさん?「ちょっとお待ちを・・・んんっ、大野木の声「もしもし、大野木です、開けてください。」」

ウィーン ガチャッ

PVサーバル・PVフェネック・PVカラカル「開いたーっ!?」
682 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 20:10:25.52 ID:R8uPPkJNO
大野木の部屋

訂正 PVサーバル

PVサーバル「わーい!ジョジョー!」

大野木「zzZ」

PVフェネック「しー!もう寝ちゃってるよ〜。」

PVカラカル「・・・サ、サーバル、あんた一緒にベッドで寝てなさい、私達は床で寝るから。」

PVサーバル「えー、それは悪いよー。」

・・・外

アライさん?「さて、フレンズ達を直接見に来ましたが、皆さん可愛いですね〜、・・・あまり人間に染まらなければいいのですけど・・・」







そしてその存在はこの宇宙≠ゥら姿を消した
683 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 20:18:47.82 ID:R8uPPkJNO
今日の出会い

ゲンブ 4
オオミチバシリ 1
イッカク 1

その他

存在X 特殊



翌朝

大野木「・・・ん?・・・っ!?」

カラカル「・・・ん、・・・ひゃあぁっ!?!?!?!?///」
684 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 20:19:59.09 ID:R8uPPkJNO
選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 20:20:55.45 ID:SIrnKW5K0
686 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 20:27:20.68 ID:R8uPPkJNO
9 砂漠ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
687 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 21:06:06.51 ID:R8uPPkJNO
待ち
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 21:32:09.08 ID:SIrnKW5K0
コヨーテ
689 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 21:48:50.75 ID:R8uPPkJNO
安価 コヨーテ

大野木「戻って来た?何処にいたん?」

PVサーバル「さぁ?なんか夢の世界に続く場所らしかったけど。」

大野木「はぁ・・・?」

大野木「でもまた会えて本当嬉しいよ、失踪したって聞いて凄く心配してたんだからね。」

カラカル「あ、あんたに心配されても・・・私達そんなにか弱い存在に見える?バカにしないでよね!」

大野木「うん、ごめん、で、カラカル、朝起きたら隣で寝てたのは?」

カラカル「さ、3人でじゃんけんして、勝ったからってこの2人無理やり!!///」

大野木「そっか、おい2人とも、カラカルを虐めないでよ、流石に僕と寝るなんて嫌だったみたいよ?」

PVサーバル「え、そーなの?」

PVフェネック「そうだったんだ、ごめんね〜。」

PVカラカル「え!?いや、私は別に嫌じゃ・・・///」

コヨーテ「オイーッス!!」
690 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 21:54:12.42 ID:R8uPPkJNO
大野木「オイーッス!!」

コヨーテ「元気いいね!もう1度!オイーッス!!」

大野木「オイーッス!!!!」

コヨーテ「ロードちゃん見なかった?」

大野木「ロードちゃん?今日は見てないけど。」

コヨーテ「そっか、で、えっと、久し振り?だっけ?」

PVサーバル「え?私?さぁ?会ってる・・・かも。」

コヨーテ「んー、よく覚えてないけどね。」

大野木(人間の姿を得ても記憶力は元動物のまま?そこら辺曖昧なんだよね)
691 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/20(土) 21:58:21.17 ID:R8uPPkJNO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほー散策

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
692 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 08:48:58.20 ID:GnM1pjmJO
待ち
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 09:29:56.02 ID:ehmvNCn6O
12
あれ…山が…火が…
694 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 09:50:51.95 ID:RBOG7qy1O
12 あれ…山が…火が…

リウス「大変!山が!」

大野木「山火事か!?」

判定

1〜5 火を放った元凶に遭遇

それ以外 セルリアンが火に集まってくる

判定は下
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 10:39:02.78 ID:DaDieTQP0
いよっ
696 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 10:48:14.03 ID:3heP2Dz+O
判定 8 セルリアンが火に集まってくる

セルリアン「」ワラワラ

大野木「あーあー、集まって来ちゃってるよ。」

PVサーバル「任せて!それっ!」

ズバッ!

パッカァーン!

PVカラカル「流石サーバルね。」

リウス「あ、危ないよ!」

トリン「ほっ・・・!(蹴り」

パッカァーン!

大野木・リウス「えぇ・・・!?」

スノーラビィ「へぇ、やるじゃん。」
697 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 10:58:02.99 ID:3heP2Dz+O
大野木「まだそんなに規模が大きくなかったから良かったけど、なんで火が?」

リウス「調査隊が調査をするようです、そのうち報告の書類が上がってくるでしょう。」

夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 11:29:45.31 ID:DaDieTQP0
11
699 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 12:38:21.13 ID:6Gbzt0eXO
11 ジャパリパークロボット研究所へ

リウス「・・・・・。」

大野木「どうだったの?」

リウス「何の異常もなかった(しかし、それならあの時計測したサンドスターのエネルギー量は・・・)」

大野木「んで、ついでに中身まで全部見せてもらったけど、見ただけでなんとなくオーバーテクノロジーだって分かる中身だったよ・・・」

リウス「な・・・中身見たのか///・・・デリカシー無さすぎだ!」

大野木「画像だって、直接見た訳じゃないからいいでしょ、いや、それでも恥ずかしいか、ごめんね。」

リウス「・・・・・まぁいい。」

大野木(しかし、生殖機能まで持っているとは思わなかったな)
700 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 12:41:02.45 ID:6Gbzt0eXO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所に留まる

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 14:02:20.11 ID:ehmvNCn6O
せっかくだからリウスをいじってみよう
702 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 15:35:03.98 ID:7A5I593xO
12 せっかくだからリウスをいじってみよう

管理人宅 大野木の部屋

大野木(彼女のメモリには見事に咲く桜の画像が消えかかってはいたがあった、あれは一体・・・?)

リウス「どうしたんだ?」

大野木「あ、いや、何でもない、・・・そうそう、リウスに生殖機能があったなんて吃驚したよ。」

リウス「そこ、触れるんだ、だが恐らく博士の細胞でも使われているのだろう。」

大野木「天枷博士って女性なの?」

リウス「絶対そうだ、男にこの体が弄られたなどと、考えたくもない。」

大野木「あー、そうだよね、・・・ちょっといい?実感を得るため・・・」

リウス「なんだ急に触れてきて・・・」

大野木「この感じ、確かにある感触だな・・・」

リウス「な、な、何やってる!?上からその・・・感触を確かめるな!///」

大野木「本当現実感がなくって自分で確かめないとって、ごめんね、・・・でも、部屋を別にして良かった。」

リウス「え?お前、私を意識して・・・///」

大野木「ロボ研の人達に勘繰られたら困るからな!」

リウス「・・・おい、ちょっと表出ようか?」イラッ

大野木「ふぇ?・・・あっ、待って、別に君を弄ぼうとした訳じゃ・・・うわー!」
703 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 15:46:59.30 ID:7A5I593xO
深夜



アライグマ「なーにをやってるんだ?」

ソラ「リウスに何かされる前に助け出した。」

大野木「あ、ありがとう。」

スノーラビィ「ロボ研の人が呼んでるよと言って解放させたの。」

大野木「後が怖いよ?」

ソラ「大丈夫だよ、多分。」

トリン「それにしても意外、鈍感そうで鈍感じゃない。」

大野木「喋ったと思ったら失礼な、・・・そうだね、まぁ、そこまで鈍感じゃないと思うよ?自惚れもしないけどね、リウスはあれだけじゃ落ちないと思う。」

アライグマ「で、でももし想いを向けられたら?」

大野木「えー?困っちゃうな〜、僕は正直興味ないもん、そういうの、僕が興味あるのは、未知なもの、珍しい動物、UMA、神々や妖怪、サンドスターや宇宙人、あと超自然的存在とか、あぁ、そういう存在に出会えたらなぁ・・・」

アライグマ「そ、そうなんだ・・・」
704 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 15:57:49.58 ID:7A5I593xO
京都のとある研究所

女「さてと、何年もかかって一通り調べたけど問題は無し、でもジャパリパークの方に反応が・・・サンドスターがあるから当然といえば当然か、開園したし、あの子もいることだし、そろそろ私も行こうか、彼、ジョシュアを手伝いに・・・」



今日の出会い

コヨーテ 1

その他

アライグマ 36
リウス 31
スノーラビィ 26
ソラ 26
トリン 8
PVサーバル 31
PVフェネック 31
PVカラカル 31
705 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 16:03:44.48 ID:7A5I593xO
翌朝

リウス「・・・私を拾ってくれた尽くすべき相手という以外何もないからな?」

大野木「う、うん、分かってるよ?(何か怖いよ)」

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 16:04:06.18 ID:DaDieTQP0
707 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 16:13:38.26 ID:7A5I593xO
1 書類仕事

大野木「ん?」

リウス「どうした?」

大野木「いや、どうやらジャパリパークのロボ研の所長さんが近々来るみたい。」

リウス「ジャパリパークにいなかったのか。」

大野木「所長っていっても暫定的なものらしいんだけどね?」

リウス「そこに置く適切な人材がいないからそういう曖昧な感じに?」

大野木「らしい。」
708 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 16:15:53.88 ID:7A5I593xO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 16:43:31.34 ID:DaDieTQP0
710 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 17:01:43.12 ID:7A5I593xO
2 居住区内へ

出会ったフレンズを安価下
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 17:32:00.89 ID:LR6zdsNn0
なのだー
712 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 18:37:25.21 ID:dt5JdPTwO
安価 アライさん

アライさん「あ、ジョジョ!」

大野木「お?こんにちは、アライさん、昨日も会ったね。」

PVサーバル「私達とも会ったよね!」

アライさん「え?昨日は会ってないけど?」

大野木達「???」

トリン「・・・ほら記憶力が・・・?」

大野木「あ、あぁ、うん?」

アライさんとお喋り

内容安価下
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 19:50:10.90 ID:+3A7XskLO
え?記憶力がアレなら少しくらいイタズラしても覚えて無いんだよね…
714 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 20:02:56.61 ID:dt5JdPTwO
安価大野木「 え?記憶力がアレなら少しくらいイタズラしても覚えて無いんだよね・・・」

アライさん「ん?」

トリン「・・・つまらないね。」

大野木「いや、そういうのじゃ、・・・まぁ、する気はないけどさ。」

トリン「・・・フレンズは私の眷属にできるんだろうか・・・と思っていたが、記憶力がアレだとなぁ・・・」ボソボソ

リウス「ん?不穏な言葉が聞こえた気が。」

トリン「気のせい。」

大野木(元動物の記憶力=フレンズの記憶力とは限らないけど、忘れられるのは悲しいな・・・)

アライさん「なんか分からないけど、元気出して!」

大野木「うん・・・。」
715 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 20:04:58.46 ID:dt5JdPTwO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ (ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
716 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 21:07:10.04 ID:dt5JdPTwO
待ち
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 21:31:35.21 ID:DaDieTQP0
718 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 21:48:24.30 ID:dt5JdPTwO
3 平原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 22:47:07.61 ID:DaDieTQP0
タンチョウ
720 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/21(日) 23:09:42.02 ID:dt5JdPTwO
安価 タンチョウ

タンチョウ「お久しぶりです。」

大野木「こんにちは、タンチョウ。」

タンチョウとお喋り

内容安価下
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 00:34:35.84 ID:DdUbEZhL0
僕は丹頂チックよりバイタリスだね
722 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 00:51:05.23 ID:qMl58fRtO
大野木(!!・・・何か浮かんで来た、よーし、ここは一髪)

大野木「あ、ちょっと面白いこと浮かんだから言うね、

僕は丹頂チックよりバイタリスだね

タンチョウだけに・・・」

リウス「は?」

タンチョウ「???」

大野木(・・・・・スベったーーーーー!!!!!恥ずいっ!!!!!)

リウス「検索・・・あぁ、成る程、・・・ふっ。」

大野木「あ、笑った!?今笑ったよね?リウス!?」

リウス「笑ってません。」

大野木「いーや、笑った!」

リウス「笑っていません。」

大野木「絶対笑ったって!!」

タンチョウ「あはは、仲がよろしいんですね。」
723 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 00:57:32.62 ID:qMl58fRtO
リウス「まぁ、つまり、タンチョウには爽やかさが足りないと?」

大野木「うん、そういうこと。」

タンチョウ「・・・んー、爽やかさ、ですか、それが足りてればもっと綺麗になれるんですね!ありがとうございます!」



選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほー散策(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 01:31:29.81 ID:gfQrFSfd0
2
725 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 03:19:38.92 ID:qMl58fRtO
2 居住区内散策

出会ったフレンズを安価下
726 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 15:23:35.94 ID:pZjKAOhkO
待ち
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/22(月) 15:54:14.79 ID:nhNvIreUO
また蟲みたいなのが…
728 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 19:04:06.70 ID:7iAXWmX+O
2の12 また蟲みたいなのが…

大野木「あ、虫?かな。」

リウス「え?何も見えませんが?」

スノーラビィ「またこのパターン。」

判定

1〜5 光る蟲

6〜0 影みたいな蟲

判定は下
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 19:16:43.99 ID:ANZcpKME0
やあっ
730 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 19:35:26.47 ID:7iAXWmX+O
ゾロ目なのでどちらも

大野木「・・・んー、こっちの虫に影みたいな虫が反応してる?こっちの虫さえ捕まえられればなぁ・・・」

ソラ「あ、ビンに・・・何かが?」

大野木「あれ、持ってたんだ、・・・見づらいけど虫が集まってる?これを持ってこう!」

ジャパリパーク動物研究所

研究員「また君にしか見えないのか、このビンの周りに2種類いるんだね?今のところ妖怪とか神様とかそこら辺から虫の正体を探っているが、まだよく分かってないよ。」

大野木「そっか・・・。」
731 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 19:43:18.27 ID:7iAXWmX+O
深夜

図書館

大野木「あったあった。」

大野木は桜についての本を探し、読み漁っていた

千本桜とは

平安時代、京都のとある丘に一面の桜が咲いていたそうな

その桜達を千本桜と呼んだ

桜が咲いている間は平和であると信じた当時その桜達を愛でていた人々によって神が生じたのか、丘の桜は一年中咲き誇るようになった・・・

大野木「僕としては桜と言ったら千本桜なんだよね、一年中咲き続ける桜か、見てみたいもんだ、・・・さて、他のも探そうっと。」
732 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 19:54:35.04 ID:7iAXWmX+O
管理人宅

トリン「・・・機械で作った料理じゃなくて、手作りの料理が欲しいです。」

リウス「今はこの電子レンジみたいなものに材料を入れればすぐに出来上がりだからな。」

ソラ「それならご主人に頼んでみて、ご主人料理出来るから。」

リウス「知らなかった。」

トリン「意外。」

今日の出会い

アライさん 2
タンチョウ 2

その他

アライグマ 37
リウス 32
スノーラビィ 27
ソラ 27
トリン 9
PVサーバル 32
PVフェネック 32
PVカラカル 32
733 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 19:57:04.06 ID:7iAXWmX+O
翌朝

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 19:58:50.04 ID:ANZcpKME0
735 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 20:07:25.01 ID:7iAXWmX+O
4 海岸線へ

出会ったフレンズを安価下
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 20:32:15.41 ID:HPnuuhapO
カリフォルニアアシカ
737 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 20:46:32.51 ID:7iAXWmX+O
安価 カリフォルニアアシカ

カリフォルニアアシカ「あら、管理人さんのジョジョ?」

大野木「そうだよ、おはよう、カリフォルニアアシ・・・長い、フォルカで!」

リウス「いや、アシカでいいのでは?」

カリフォルニアアシカ「どっちでもいいけど、ステージの完成はまだ?」

大野木「あぁ、モノレールがあそこまで繋がってゲストの方を運べるようになるまで、そうだな、あと半年ってところだから、その頃にはステージも完成してるよ。」

アシカ「完成したら真っ先にイルカさんとシャチさんと行きたいです!」

大野木「楽しみにしててね。」
738 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 20:47:47.69 ID:7iAXWmX+O


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線散策

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 20:48:39.71 ID:ANZcpKME0
740 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 20:55:22.42 ID:7iAXWmX+O
5 雪原ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
741 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 22:01:48.88 ID:7iAXWmX+O
待ち
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/22(月) 22:21:21.27 ID:ANZcpKME0
キョクアジサシ
743 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 22:42:15.42 ID:7iAXWmX+O
安価 キョクアジサシ

大野木「あ、迷鳥。」

キョクアジサシ「確かにミーは、迷ってここにいますが、ユーはミーがこうなった訳を知ってるのですか?」

大野木「サンドスターっていう不思議物質がユーのボディを変えたのさ。」

キョクアジサシ「サンドスターですか、あれが・・・。」

リウス「思い当たる節があったみたいですね。」

キョクアジサシ「ユー、教えてくれてthank youネ!」

大野木「サンキューの発音いいな、おい。」
744 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/22(月) 22:43:44.08 ID:7iAXWmX+O
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほー散策

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 01:05:33.37 ID:xsHQ4roJO
虫と新井さん、絡む
746 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 08:00:20.92 ID:wOuhjLQUO
12 虫と新井さん、絡む

ジャパリパーク動物研究所

アライさん「本当に虫みたいなのがいるの?」

研究員「あぁ、勝手に入っちゃ・・・。」

影虫(仮称)「!!」

大野木「あー!!嫌な予感がして来てみたら!」

アライさん「うん?何か・・・え?私どうしてここに来たんだってけ?うーん・・・」

PVフェネック「危ないよーっと。」ヒョイ

アライさんを担ぎ上げて連れて行くフェネック

アライさん「わわっと!」

アライグマ「虫に何かされたの?」
747 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 08:10:30.84 ID:wOuhjLQUO
ミス アライさん 来たんだっけ?

大野木「分かんないけど、どう見ても怪しい感じがするから!影の奴!」

アライグマ「そうなんだ。」

PVサーバル「それにしても、嫌な予感が当たったね?」

アライさん「そうだ!虫を見に来たんだった!」

リウス「虫がいる部屋に入っちゃ駄目。」

大野木「・・・偶然だと思うけど、アライさんに何もなくて良かった。」
748 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 08:12:14.60 ID:wOuhjLQUO


選択肢

1 書類仕事

2 居住区内散策(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 12:11:28.37 ID:OJ9EWQnQO
9
750 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 15:22:22.15 ID:DtFcNn1kO
9 砂漠ちほーへ

出会ったフレンズを安価下
751 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 18:33:55.66 ID:wMD+WGKSO
待ち
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 19:06:10.74 ID:sDtj5RUg0
アラビアオリックス
753 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 19:17:48.73 ID:wMD+WGKSO
安価 アラビアオリックス

アラビアオリックス「くっ!こんなんじゃまだまだだ・・・。」

大野木「こんばんは、何してたの?」

アラビアオリックス「ジャンプ力を高める修行だよ、逃げる時にジャンプした方が逃げる事が出来そうだから。」

大野木「そうなんだ、アラビアオリックス、頑張って!・・・うーん、長いな。」

リウス「名前がですか?まぁ、愛称がその内作られるのでは。」
754 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 19:29:01.92 ID:wMD+WGKSO
深夜

ジャパリパーク某所の研究室

研究者a「このところ動物研究所に管理人が来るのは我々の事に勘付いてか?」

研究者b「いえ、そのようには思えません、何やら管理人にしか見えない虫を連れてきてはその虫について虫の事を任せた研究員と喋っているようで。」

研究者a「そうか、・・・我々がけもハーモニー(仮称)を人工的に発生させようとして、ビーストが生まれたと知れればどうなるか・・・」

研究者b「けもハーモニーこそがサンドスターを人類が完全に制御することができるような未来に近づくための大きなヒントを与えてくれると信じてやっているんです!犠牲は出ましたが、必ず答えを出さなければいけません!」

研究者a「あぁ、そうだな。」
755 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 19:36:45.97 ID:wMD+WGKSO
今日の出会い

カリフォルニアアシカ 1
キョクアジサシ 1
アライさん 3

その他

アライグマ 39
リウス 33
スノーラビィ 28
ソラ 28
トリン 10
PVサーバル 33
PVフェネック 33
PVカラカル 33
756 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 19:39:38.49 ID:wMD+WGKSO
翌朝

大野木「休みだー!寝る!」

リウス「起きてまたすぐ寝るな!」

選択肢

1 書類仕事

2 居住区へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
757 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 21:52:58.67 ID:wMD+WGKSO
待ち
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/23(火) 22:11:30.93 ID:v+rRxzyDO
寝る
759 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 22:32:39.36 ID:wMD+WGKSO
12 寝る

大野木「お願いだから寝させて・・・?」

リウス「うっ・・・(子供か!と思ったらまだ1○歳だった・・・ミライさんという名の変態も同じだったっけ?)」

アライグマ「寝させてあげようよ。」

PVフェネック「じゃあ誰が添い寝する?」

スノーラビィ「よっし!じゃんけんだ!」

ソラ「よしきた。」

PVサーバル「待って!私達も入れて!」

PVカラカル「ちょっ、私はいいって!」

ワイワイ ガヤガヤ

大野木(せっかくの休日なんだから寝かせてくれ・・・)

添い寝してくるフレンズを好感度10以上のフレンズから1人選択
760 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 22:40:36.18 ID:wMD+WGKSO
フレンズじゃないのも混ざるけど

アライグマ 39
リウス 33
スノーラビィ 28
ソラ 28
トリン 10
PVサーバル 33
PVフェネック 33
PVカラカル 33
ブラックバック 10
ミャーコ 10
ユキウサギ 13
サバンナシマウマ 13
ライオン 13
キタキツネ 15

この中から選択して安価下
761 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/23(火) 23:22:09.34 ID:wMD+WGKSO
待ち
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/24(水) 01:36:53.76 ID:nvsClIQ6O
ここはリウスでしょう
763 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/24(水) 08:22:12.98 ID:KINdAs2AO
安価 リウス

大野木は昼まで寝た



大野木「・・・で、何で添い寝してるのかな?」

リウス「誰も大野木の眠りを邪魔しないように、見張る為です。」

大野木「そうだったんだ、ありがとう。」

リウス「・・・いえ。」
764 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/24(水) 08:23:18.74 ID:KINdAs2AO
夕方

選択肢

1 書類仕事

2 居住区へ(ゾロ目で・・・

3 平原ちほーへ(ゾロ目で・・・

4 海岸線へ

5 雪原ちほーへ

6 洞窟へ

7 水辺ちほーへ

8 森林ちほーへ

9 砂漠ちほーへ

10 ジャパリパーク動物研究所へ

11 ジャパリパークロボット研究所へ

12 その他(フレンズを探したり何か起こったり)

安価下
765 : ◆eN.duO9AEJGy [saga]:2019/04/24(水) 15:16:19.65 ID:WKzIWkNZO
待ち
255.54 KB Speed:2.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)