盲目の老人「60年も昔の話になるかのう……」幼女「おじいちゃん」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 00:11:40.52 ID:w1pCU6EP0
少年の家に、ワタアメという名の猫がいた。

綿菓子のように白く、ふわふわした毛の猫だったからだ。

ワタアメは、少年の両親がペットショップで見つけてきた。

劣悪な環境で育ったらしく、腹の中には悪い虫が沢山棲みついていた。

少年「お母さん、どう? 寄生虫は消えた?」

母「ええ。無事に取り除けたわ。この子、ウチに来て本当によかったわね」

少年「やった……!」

来る日も来る日も、少年は猫と遊んだ。


猫の寿命は短い。

ワタアメがあと10年ほどしか生きられないことは分かっていた。

少年が大人になり、就職し、幸せな家庭を築く頃には、この世にいないことも知っていた。

だからこそ悲しくなった時、縁側で寝そべるワタアメの傍に横たわり、囁きかけるのだった。

少年「ワタアメ、僕達はずっと一緒だ」

少年「お前がいなくなった後の世界なんて、考えられないよ」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533481900
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 00:25:30.75 ID:w1pCU6EP0
盲目の老人「誰にでも平等に死は訪れる」

盲目の老人「儂が25歳の時、ワタアメは死んだ。儂は地方に勤めていて、ワタアメの死に立ち会えなかった」

盲目の老人「こうして縁側に立つと、無性に思い出されるのじゃ。あやつと過ごした数年間を」

盲目の老人「何よりも煌めいて、美しい数年間だった。儂がボールを投げ、あやつが飛び跳ね」

盲目の老人「猫なのにまるで犬みたいだねと笑ったこともあった」

盲目の老人「だが、それも泡沫の夢。ワタアメは帰ってこない。二度と」

幼女「おじいちゃん」

盲目の老人「幼子か、声で分かる」

幼女「おじいちゃんが縁側で思い出してくれるかぎり、その子はずっと、おじいちゃんの中で生き続ける」

幼女「二度と戻らない過去なんて、ないんだよ」

盲目の老人「お主……」

幼女「ありがとう。たった数年だけだったけど、楽しかったよ。おじいちゃんと過ごした日のこと、絶対に忘れない」

盲目の老人「過ごした日? なんのことだ……」

幼女「50年ぶりに帰った来たんだ。またボール投げてよ。ボールじゃなかったら鬼ごっことかかくれんぼでもいいから」

盲目の老人「お主は、まさか……!」


誰もいない縁側に、少年と猫の笑い声が響いて消えた。



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/08/06(月) 00:26:50.27 ID:w1pCU6EP0
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 01:02:32.26 ID:qZr/bp+40
シンプルだけど童話風味でよかった
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/06(月) 01:34:06.83 ID:aqmAHEWDo
おつ
いいはなしだ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 03:30:17.90 ID:NmDN7RdoO
こういうのすき
短いけどとても没入できる
2.99 KB Speed:0   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)