とあるプロデューサーの最後

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:12:17.41 ID:N5xCrX1DO
P「うぅ……」

「父さん!」

「おじいちゃん!」

「P氏!」

P「あいつは……」

「父さん?」

P「――は無事か?」

「お義母さんのことを……もう十年以上も前なのに」グスッ

P「おぅ……そこにいたか」テヲダス

「しっかりして下さい、父さん」ガシッ

P「これで……」

P「ありがとう」

ガクッ

「父さん?」

「父さんっ!!」

「君、心臓マッサージを」

「はいっ!」

ユサユサ

「駄目です。意識回復しません!」

「もう……」

「もういいよ。父さんも最後に母さんに会えたしな」

「あなた……」グスッ

「おじいちゃん……」

「では」

「はい。死亡手続きの方をお願いします」



「さようなら……おじいちゃん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533543137
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:19:27.08 ID:N5xCrX1DO
――葬儀

P二世「皆様、父Pのためにお集まりいただき、ありがとうございました」

ナームナーム

ポクポクチーン

グスッグスッ





P三世「おじいちゃん……」

「大丈夫」

「P三世君のおじいちゃんはまだそこにいるよ」

P三世「幼なじみか……」

幼なじみ「ねっ、手を繋げばわかるよ」

ギュッ

ボワッ

P三世「えっと……」

P「」ポツーン

P三世「あそこか」

P「ん?三世か……なんじゃワシが見えるのか?」

P三世「うん。こいつがね」

幼なじみ「えへへっ、お久しぶりです」

P「おぉぅ、幼なじみちゃんか。久しぶりじゃな」

P「もう少し別の機会ならよかったんじゃがな」

P三世「で、おじいちゃん。もう行くの?」

P「初七日といってな。しばらくは現世にもいれるんじゃが」



「……あなた」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:33:59.12 ID:N5xCrX1DO
P「……な。もう迎えがきおった。が、何も若い頃のまんまで来ないでもなぁ」

「なんだよ。Pさんよ、せっかくあの世から来たってのにその態度は!」

P三世「えっと……おばあちゃん?」

「ん?おや?もしかして三世か?いやぁ、すっかりおっきくなったな」

P三世「……綺麗」ウットリ

幼なじみ「むぅ……」

ギュッ

P三世「痛てて!何するんだ!」

幼なじみ「ふーんだ」プイッ

「んっ、三世にも、もういっちょ前にそういう子がいるんだな」

「……なぁ、もしかして」

P「うむ、小梅と聖の血が入っとるよ」

「へぇ、アタシと琴歌を含めるとあん時の事務所のそればかりだな」

「曾孫が楽しみだ」ケラケラ

P「もう死んでるっての」コチン

「あいた!」

P三世「あ……あの……」

P「ん?どうした?」

P三世「その……父さん達には」

P「……大丈夫だ。あいつらならな」

「そうだね。あん時、Pさんを巡ってあれだけ争った琴歌の娘がついてるしな」

P三世「うん」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:41:18.16 ID:N5xCrX1DO
ポワァ

P「ん……そろそろか」

「お迎えにまいりましてー」

「きたのぉー」

P「さらにお迎えが来たか」ハァ

P「じゃあ、元気でな。あ、事務所の例のダイヤルは奈緒の誕生日で開くからな」

「ちょ!」

奈緒「そんなところにアタシの誕生日を使うな!」

P「ははっ……じゃ、さらば」

シュタッ

奈緒「それじゃあな、三世。それから幼なじみちゃんも三世を頼むぜ」

スッ

幼なじみ「お任せください」フンヌ

P三世「じゃあ、また……僕がそっちに行くまで」

「それは百年は早いのでしてー」

「せいかくにはひゃくじゅうななねんなのぉ〜」

P三世「ちょ!寿命を教えないで!」

アハハハ





P三世「……いっちゃったか」

P三世「……」グスッ

幼なじみ「……」ギュッ

幼なじみ「大丈夫。私がいるから」

P三世「うん……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:47:24.14 ID:N5xCrX1DO
オーイ

P二世「こんなところにいたか」

母「探したのよ」

P三世「うん……ごめん」

幼なじみ「ごめんなさい」

母「幼なじみちゃんまで……さ、おじいちゃんが無事にあの世に行けるように、みんなで願いましょ」

P三世「大丈夫だよ……きっと」

P二世「そうだな。父さんなら……昔のなじみもみんないなくなったっていってから、今頃は……な」

母「はい。母さんもまた……最愛の人に会えたんだろうな」

P二世「おいおい、勘弁してくれよ!」

P三世「あはは」

ワハハハ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:54:16.37 ID:N5xCrX1DO
――あの世

「つきましてー」

P「おっ、まずあの世の鬼さんに御対面かな?」

「その心配はありませんよ」

P「うわっ……出たよ、死んでようやく魔神にジョブチェンジした人が」

ちひろ「もう……Pさんは新参さんなんですから、私達の言うことを聞かないといけませんからね」ギロッ

P「おお恐」

P「でも、まぁ気楽にやっていくさ」

ピーサマー

奈緒「うわっ、出たよ」

琴歌「P様ー!お会いしとうございましたー!」

奈緒「ふんぬっ!」

ガゴッ

琴歌「なんのっ!」

P「お前らなぁ……」

ちひろ「いいじゃないですか。またあの時みたいに」

P「そうだな」

P「じゃあ、鬼相手にアイドルをプロデュースしますか!」

「「「「「はいっ!」」」」」

こずえ「お〜」





(o・▽・o)&(●・▽・●)エピローグおわりだよー

(*>△<)<ナーンナーンっっ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 17:55:12.43 ID:N5xCrX1DO
急に書きたくなったのでエピローグ編だけ先に書きました

本編はまた後日
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/08/06(月) 19:15:24.60 ID:xNTvIQri0
(略)・・・・・・・・・・ということ・・・・
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 21:52:41.46 ID:yCPq2D6Ko
マンガでみた
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/06(月) 23:27:07.61 ID:N5xCrX1DO
……元ネタは黒島亀人の「南の空を飛行機が飛んでいく」の場面だったんですがね
6.29 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)