穂乃果「μ'sのラジオ番組!」真姫「スクールアイドル放送局」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 22:45:28.04 ID:0gRmJbKH0
前回
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1540696785/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1541079927
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 22:49:34.03 ID:0gRmJbKH0
真姫「こんばんは。μ'sの西木野真姫です」

穂乃果「高坂穂乃果です」

真姫「えっと…」

穂乃果「Hello! This is the μ's radio time "School idol broadcasting station".stay tuned.」

真姫「は?」

穂乃果「FMっぽい感じを出せたらと思って」

真姫「じゃあ、発音を直したら?」

穂乃果「一旦CM!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 22:57:13.26 ID:0gRmJbKH0
真姫「穂乃果とやるなんて私聞いてなかったんだけど」

穂乃果「嫌なの?」

真姫「うん」

穂乃果「うわっ。ハッキリ言うね」

真姫「だって疲れそうだし。穂乃果とか凛とかにこちゃんとか。私には荷が重いわ」

穂乃果「まあ、否定は出来ないけど。じゃあ、誰ならいいの?」

真姫「絵里かことりか花陽なら」

穂乃果「うわぁ〜。凄い安全圏」

真姫「そう?」

穂乃果「うん。凄い無難な感じがするよ」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 23:05:35.22 ID:0gRmJbKH0
真姫「まあ、言ってもしょうがないし」

穂乃果「そうだよ。楽しくやろうよ。せっかくなんだから」

真姫「はいはい」

穂乃果「はいは一回だけどね。でね、今日なんとゲストが来るんだよね」

真姫「そうなの?聞いてないけど」

穂乃果「真姫ちゃん何も知らないね。私とやるのも知らなかったしさ」

真姫「だって聞いてないもの」

穂乃果「まあ、いいけど。で、そのゲストなんだけど…もうちょっとでスタジオに着くと思います。お楽しみに〜」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 23:13:25.02 ID:0gRmJbKH0
真姫「誰が来るの?」

穂乃果「それはお・た・の・し・み!」

真姫「あっそ」

穂乃果「なんか冷たいなぁ」

真姫「こんなもんよ」

穂乃果「まあ、いいけど。そう言えば聞いたよ?またサインを求められたんだって?ファンの子に」

真姫「誰に聞いたのよ?」

穂乃果「にこちゃん。悔しがってたよ」

真姫「別に競ってる訳でもないのに」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 23:24:00.97 ID:0gRmJbKH0
穂乃果「でも嬉しいでしょ?」

真姫「そうね。嫌な気はしないけど」

穂乃果「いいなぁ。私はあんまりないもん。海未ちゃんはよく亜里沙ちゃんが出待ちしてるけど。あっ、亜里沙ちゃんって言うのは絵里ちゃんの妹ね!」

真姫「亜里沙ちゃんは絵里じゃないのよね」

穂乃果「推しが?」

真姫「推しって言うの?実の姉なんだし」

穂乃果「実の姉だから絵里ちゃんは違うんじゃないの?」

真姫「どうして?仲良いじゃない?あの姉妹」

穂乃果「あのね、仲が良いのとはまた違うんだよ。私だって雪穂が私のファンだって言ったらさ」

真姫「そんなもんなの?」

穂乃果「なんて言うかさ。もちろん応援はしてくれてるだろうしそう言った意味ではファンなのかも知れないけど。なんか、色々とね、あるんだよ。姉妹とか兄弟って」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 23:41:54.02 ID:0gRmJbKH0
真姫「そうなのね」

穂乃果「まあ、にこちゃんの所はまた色々と違ったりするんだろうけど」

真姫「そんな事言って雪穂ちゃんだって本当は穂乃果の一番のファンかもしれなじゃない」

穂乃果「う〜ん、どうだろうね。分からないね」

真姫「結局なんなのよ」

穂乃果「さあ?あははは。さて、ファンと言えばですけど。リスナーの方からμ'sに対してお便りが来ています」

真姫「え?何?もうやるの?」

穂乃果「前回も序盤でやったらしいんだよ。一応新コーナーって事でやったみたいだけど。前からやってたのと何が違うのかな?」

真姫「ふ〜ん」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/01(木) 23:58:22.11 ID:0gRmJbKH0
穂乃果「じゃあ、読むよ?ラジオネーム、渡辺ミンキーさん。拝啓、μ'sの皆様」

真姫「拝啓って何よ」

穂乃果「拝啓 晩秋の候 皆様におかれましては いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。かねて婚約中の私たちはこのたび結婚式を挙げ、新しい第一歩を踏み出すことになりました。 」

真姫「は?」

穂乃果「つきましては、日頃よりご交誼いただいております皆様により一層のご指導を賜りたく、ささやかながら小宴を催したいと存じます。ご多用中 誠に恐縮ではございますがぜひご出席をいただきたくご案内申し上げます。
渡辺ミンキー。西木野真姫」

真姫「なによこれ!」

穂乃果「あははは、結婚式の招待状みたいだね。真姫ちゃん結婚するの?」

真姫「何、人の名前を勝手に使ってんのよ」

穂乃果「いや〜、真姫ちゃん。結婚おめでとう」

真姫「しないわよ!全く」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 00:24:13.05 ID:0SYojJcm0
穂乃果「はい。次のお便り行きます。ラジオネーム、チョココロネさん。穂乃果ちゃん、真姫ちゃん、こんばんは」

真姫「こんばんは」

穂乃果「何にも!知らない!エリーチカ事、まさに無知を絵に描いた絢瀬絵里に」

真姫「なに、賢い可愛いエリーチカみたいに言ってるのよ。絵里は別に無知じゃないわよ」

穂乃果「どっちかと言えば逆だよね」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/02(金) 07:50:15.12 ID:+70x6cTvO
ミンキーモモかな?
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 19:29:31.34 ID:0SYojJcm0
真姫「絵里対してどんなイメージを持ってるのよ」

穂乃果「ね?続き読むよ?」

真姫「どうぞ」

穂乃果「何にも!知らない!エリーチカ事、まさに無知を絵に描いた様な絢瀬絵里に朗報です。先日、文部科学省の調査で日本国民の約60パーセントが何らかの思い出したくない黒歴史がある事が分かりました。だってよ!良かったな、絢瀬絵里。君は一人じゃない。約7千人の仲間が居るよ。これからも安心して黒歴史を作って行こうね。それじゃあ、最後に一緒に言おうか?せーの、ハラショー」

真姫「意味わかんないんだけど。なに?絵里が黒歴史を抱えてるって言いたいの?」

穂乃果「さあ?どうなんだろ?」

真姫「言っておきますけど絵里に黒歴史なんてないから!」

穂乃果「まあまあ、ネタなんだし」

真姫「そうだけど…もう、なんなのよ。今日のお便りふざけ過ぎでしょ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 19:34:42.05 ID:0SYojJcm0
穂乃果「でも、本当なのかな?文部科学省が調査したって言ってたけど。日本人の60パーセントってかなりの人数だよ」

真姫「嘘に決まってるわよ。どうして文部科学省がそんな事を調査するのよ」

穂乃果「さあ?そもそも文部科学省が何をしてるのかあまり知らないから。って言うかさ、真姫ちゃんは黒歴史あるの?」

真姫「ないわよ」

穂乃果「本当に?私はあるよ?」

真姫「そうなの?…まあ、そっか。穂乃果はありそうよね」

穂乃果「え?どう言う事?」

真姫「結構恥ずかしい事してるじゃない」

穂乃果「え?真姫ちゃんと出会ってからの話?黒歴史って小中学生の時の事なんだけど。しかも、別にそこまで恥ずかしくないし。ぶっちゃけ」

真姫「ふ〜ん。まっ、いいけど」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 22:38:33.63 ID:0SYojJcm0
穂乃果「じゃあ、次のお便りを…っと」

真姫「あら?」

ツバサ「あっ、ごめんなさい。タイミングが悪かったかしら」

穂乃果「いえいえ、ようこそ。おいでくださいました。本日のゲスト!A-RISEの綺羅ツバサさんです!」

ツバサ「こんばんは」

真姫「ゲストってツバサさんだったのね」

ツバサ「あら?知らなかったの?」

真姫「穂乃果は知ってたみたいなんだけど」

穂乃果「もちろんですけどリスナーの皆んなも知らないと思います。この事は私と希ちゃんしかしりませんから」

真姫「なんで希は知ってるのよ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 23:00:42.82 ID:0SYojJcm0
穂乃果「で、どうですか?ツバサさんはラジオとか…」

ツバサ「ちょっと緊張するわね」

真姫「意外かも」

ツバサ「そうかしら?」

真姫「ええ。私達よりも早くからステージに立ってるし緊張とかしないと思った」

穂乃果「ねえ」

ツバサ「緊張しない人間なんて居ないわよ。ほら?ステージ上で歌ったり軽く話したりはするけどラジオみたいにガッツリ喋るのはあまりないから」

穂乃果「成る程!そう言う事なんですね」

ツバサ「英玲奈がお世話になった回を聞かせてもらったけど、穂乃果さんは随分と手慣れて居ると言うか…放送部か何かだったの?」

穂乃果「え?違いますよ?」

ツバサ「そうよね?」

穂乃果「はい。え?そんなに手慣れてます」

真姫「私から見ても手慣れてる様に見えるけどね」

穂乃果「そうかぁ。どっちかと言えばお喋りな方だからかな?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 23:14:43.30 ID:0SYojJcm0
ツバサ「そうかも知れないわね。穂乃果さんには向いてるのね。こう言う風にトークするのが」

穂乃果「なんか自分の新たな可能性に気がついたかもしれない。可能性感じたかもしれない」

真姫「すぐ調子に乗る…」

穂乃果「あはは。これは手厳しい」

ツバサ「そう言えば、いいの?」

穂乃果「何ですか?」

ツバサ「お便りを読んでる途中だったでしょ?私が言うのも何だけど」

穂乃果「あ〜そうですね。忘れてました」

真姫「やっぱりさっきのは撤回ね」

穂乃果「え〜…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/02(金) 23:58:17.06 ID:0SYojJcm0
ツバサ「ふふっ」

穂乃果「じゃあ、続きいこうか?」

真姫「どうぞ」

穂乃果「ラジオネーム、ところ天の助さん。実は皆んなに内緒にしていた事があるんだけど…。どうしようかな?言っちゃおうかなぁ。ん〜…でもなぁ…ここだけの話なんだけど」

真姫「何なのよ、イライラするわね」

穂乃果「ここだけの話。実は希ちゃんと同棲してるんだけど。絶対に言うなのよ?学校とかで絶対に広めるなよ?いいか?もう一度だけ言うけど、絶対に言うなよ?約束だからな?さ〜てと、希ちゃんの手作りのお弁当を食べて午後の授業も頑張るぞ〜」

ツバサ「え?これ…本当の話?」

真姫「まさか…」

穂乃果「希ちゃんのファンの人なのかな?」

ツバサ「あっ、なるほど。リスナーの願望を読み上げるコーナーって事?」

穂乃果「いや、そう言う訳でもないんですけどね。なんか、さっきからこう言うお便りが多いんですよ」

真姫「なんて言って募集してるのかしら?最初の頃は普通に恋愛相談とかが送られて来てたのに」

穂乃果「やっぱり、あれだよ。ほら?新コーナーって言ったでしょ?だからじゃない?」

真姫「だとしたら、なんでそんな応募をするのよ」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/03(土) 00:02:43.01 ID:KPcZtokt0
ツバサ「いいじゃない。面白くて」

真姫「え?面白い?面白いですか?」

ツバサ「ええ。まさにラジオのネタって感じで良いと思うけど?」

真姫「えぇ…」

穂乃果「一応ね、FMラジオみたいなオシャレな感じを目指そうって言ってたんですけどね」

ツバサ「へぇ…」

真姫「まあ、それは最初から無理だと思ってたけど」

穂乃果「それは私にはって事?μ'sのラジオはって事?」

真姫「穂乃果はって事よ」

穂乃果「冷たいなぁ」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 07:58:21.06 ID:WEqBBwRtO
ツバサ「仲良いわねぇ」

穂乃果「え?今のを見て?」

ツバサ「ええ」

穂乃果「そっかぁ。次行きます。ラジオネーム、海砂利水魚さん。足立区と練馬区のハーフである絢瀬絵里さんが…絵里ちゃんは日本とロシアのハーフだって…」

真姫「って言うかクウォーターだし」

穂乃果「あっ、そうそう」

ツバサ「練馬区と足立区なら純粋な日本人になっちゃうわね。そう言う事でもないかな?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/04(日) 18:37:29.13 ID:7ba0qFScO
生粋の江戸っ子絵里ちゃんか
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 20:21:10.74 ID:cjLM9CTP0
穂乃果「え〜、絢瀬絵里さんが喉が渇いたらしく僕の飲みかけのペットボトルを物欲しそうに見ている。絵里ちゃんバカだから自分の飲み物を忘れたのかな?と思った僕は親切心からペットボトルを差し出す」

ツバサ「バカだから…」

穂乃果「すかさず僕のペットボトルに手を伸ばし勢いよく中身を全て飲み干した絵里ちゃん。ごめんなさい、ついっと申し訳なさそうに謝る絵里ちゃんに、大丈夫、むしろwin-winだから!と紳士に振る舞い、僕はペットボトルに手を伸ばした。え〜っと解説していくと」

真姫「解説しなくていい」

穂乃果「え?いいの?」

ツバサ「絢瀬さんって意外とイジられキャラだったりするの?」

穂乃果「いや〜そんな事はないんですけどね。なんだろ?リスナーの人がイジって来ますね」

真姫「あれでしょ?絵里は目立つ見た目だしクウォーターとか色々目に付くからリスナーからしたらイジリやすいんじゃないの?」

穂乃果「なるほど。そう言う事か!」

ツバサ「絢瀬さんも大変ね」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 20:29:19.29 ID:cjLM9CTP0
穂乃果「間接キス…ツバサさんは平気なタイプですか?」

ツバサ「別に気にする様な事でもないかなって思うけど」

真姫「でも、知らない人のは嫌よね?」

穂乃果「ん〜…まあね」

ツバサ「ちょっと話が逸れるんだけど」

穂乃果「はい」

ツバサ「昔の何か…スポーツ飲料だったかしら?広告のキャッチコピーが一本しか売ってなかったと好きな子に嘘を吐いたって言うのがあって」

穂乃果「おおっ!なんかグッと来ますね!」

ツバサ「でしょ?私もリアルタイムで見たわけではないんだけど初めて聞いた時いいなって思ったの」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 20:46:23.22 ID:WEqBBwRtO
穂乃果「なんか真姫ちゃんっぽいよね?」

真姫「何が?」

穂乃果「ほら?仕方ないでしょ?一つしか売ってなかったんだから!とか言ってさ。いやぁ、青春だね」

真姫「人をダシに勝手に盛り上がらないでくれない?」

穂乃果「あはは、ごめん。さて、まだお便りは残っているんですけど一旦曲の紹介をしたいと思います」

真姫「A- RISEでShocking Party。μ'sでユメノトビラ。二曲続けてお聴き下さい」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/04(日) 20:48:13.31 ID:olUiPJ3lO
ツンデレまきちゃん
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 21:45:18.64 ID:WEqBBwRtO
穂乃果「はい。ただ今お聞き頂いた曲はA- RISEのShocking Partyとμ'sでユメノトビラでした」

ツバサ「ついこないだの話なのよね。合同ライブ」

穂乃果「そうなんですよね。なんか結構前の様な気がしますけど」

ツバサ「それだけ濃い毎日を過ごしてるって事じゃない?お互いに」

穂乃果「そうかもしれませんね。さて、お便りの続きいきましょうか!」

真姫「もういいんじゃない?なんか、ふざけた内容が多いし」

穂乃果「いや、一応やろうよ」

真姫「あっ、そう」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 21:53:09.90 ID:WEqBBwRtO
穂乃果「ラジオネーム、ザンギエフさん。ザンギエフってロシア出身なんだよね?絵里ちゃんと一緒だね」

真姫「いや、意味わからないけど」

穂乃果「ゲームのキャラクターに居るんだよ。そうですよね?」

ツバサ「ごめんなさい。分からないわ」

穂乃果「あれ?そうですか。結構メジャーなゲームなんだけどなぁ。まあ、いいか。ラジオネーム、ザンギエフさん。これは…あれ?ツバサさん宛ですね」

ツバサ「リスナーの人って私が出演するの知らなかったんじゃないの?」

真姫「そうよね。なんでお便りが来てるのかしら?」

穂乃果「さあ?……え?あっ、そうなんですか?ホームページで予告していたと…」

真姫「結局?」

穂乃果「あはは。まあ、そう言う事もあるよね」

真姫「いい加減なんだから」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 21:57:26.09 ID:WEqBBwRtO
穂乃果「そんな事ないよぉ。ラジオネーム、ザンギエフさん。知ってる事だけしか知らないツバサさんとのデートコースを考えて来たので聞いてください」

ツバサ「あら、本当?嬉しいわ。楽しみ」

真姫「いや、期待しない方がいいかも。また悪ふざけかもしれないわ

穂乃果「真姫ちゃん完全に疑ってるね」

真姫「そりゃあね」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 22:11:51.78 ID:WEqBBwRtO
穂乃果「え〜、朝7時恵比寿ガーデンプレイス時計広場で待ち合わせ」

真姫「朝早くない?」

ツバサ「そうね。ちょっと早いかしら」

穂乃果「朝食をスターバックスで済ませ」

真姫「スタバで」

穂乃果「うん。朝食をスターバックスで済ませ浅草の演劇ホールで落語を聴く」

真姫「じゃあ、なんで恵比寿で待ち合わせしたのよ」

穂乃果「その後、浅草花やしきで遊園地を満喫した後に上野動物園。動物のうんちくで軽快なトークを展開し盛り上がり気づけば日が沈む。ソラマチビルのレストランで夜景を観ながらディナーを食べる。どこからともなく聞こえてくる音楽に合わせて周りの人達が踊り出し……。今週の日曜はどうでしょうか?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 22:21:10.88 ID:WEqBBwRtO
真姫「ツッコミたい事が沢山あるんだけど…。取り敢えずスケジュールを詰め込み過ぎでしょ?」

穂乃果「そうかな?ツバサさんはどうでした?」

ツバサ「ふふっ、一生懸命考えてくれたのよね?素直に嬉しいわ」

穂乃果「だって〜。良かったね」

ツバサ「落語デートとか凄い気になるわ」

穂乃果「あっ、落語好きなんですか?」

ツバサ「そう言う訳じゃないけど。滅多に行かないし、楽しそうじゃない」

穂乃果「なるほど。まあ、好きな人と行けばどこでも楽しいかもしれませんしね」

ツバサ「そうね」

穂乃果「まあ、私は恋愛経験0なんですけどね!」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 23:11:31.73 ID:WEqBBwRtO
ツバサ「あら?そうなの?」

穂乃果「はい!」

ツバサ「かく言う私もそうなんだけど」

穂乃果「へ〜ツバサさんが?」

ツバサ「女子高だし今はスクールアイドルに夢中だしね」

穂乃果「じゃあ、今日はモテない3人組ですね!あはは」

ツバサ「別に…モテないとは言ってないけど…穂乃果さんだって全くモテない訳ではないでしょう」

真姫「って言うかなんで私も入ってるのよ」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/05(月) 14:12:58.90 ID:/+dRtSqPO
このリスナーキャットがつく方と勘違いしてるな
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 21:35:07.41 ID:3dmvM1tAO
穂乃果「さあ、どんどんいきましょう!ラジオネーム、八宝菜さん。大発見です。μ'sのメンバーの加入した順番が判明しましたのでここで発表したいと思います」

真姫「判明も何も…」

穂乃果「ファーストライブで歌っていたのは穂乃果ちゃん、海未ちゃん、ことりちゃんの3人!穂乃果ちゃんがアイドル王を目指した事からμ'sの歴史が始まったんだったね」

真姫「アイドル王って何よ…」

穂乃果「これからのsomethingの時点で真姫ちゃん、凛ちゃん、花陽ちゃん、矢澤が加入している」

真姫「Somedayだけど」

ツバサ「本当にファンなのよね?」

穂乃果「この時一悶着あったんだよね。矢澤が真姫ちゃんと凛ちゃんと花陽ちゃんを引き連れてμ'sを襲撃」

真姫「してないし…」

穂乃果「その後の僕らのLIVE 君とのLIFEのでえりちと希ちゃんが参加している。と言う事は穂乃果、海未、ことり、真姫、凛、花陽、矢澤、希、絵里と言う順番になると言う事です。どうだ西木野真姫!高校卒業出来なくてもこれくらいの推理は出来るんだよ!恐れ入ったか」

真姫「進級出来なかったって事?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 21:58:29.26 ID:zgSk8ZbK0
ツバサ「さあ?えっと…大筋は合ってるのかしら?」

穂乃果「ん〜…順番はだいたいそうだよね?襲撃に来たのはにこちゃん一人だったけど」

真姫「そうよ。私はその時点でもう加入してたし。嘘ばっかり。適当な事を言わないで欲しいわね」

ツバサ「え?ちょっと待って?襲撃はあったの?矢澤さんの襲撃は事実なの?」

穂乃果「はいっ!」

ツバサ「それ…ラジオで言っていいの?」

穂乃果「えっと…大丈夫だよね?」

真姫「別に問題ないでしょう。襲撃とか大袈裟なのよ」

ツバサ「あっ…なんだ。大袈裟なのね?」

穂乃果「まあ…はいっ!実際には実害はポテトを食べられたくらいです」

ツバサ「全然話が見えないのだけれど」

真姫「大した話じゃないから聞かなくても大丈夫ですから。ラジオで話す様な事でもないし」

穂乃果「では、ラジオで話す内容ってなんなのかな?」

真姫「さあ?次行けば?」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 22:12:13.57 ID:zgSk8ZbK0
穂乃果「なんか今日の真姫ちゃんいつにも増して冷たい。緊張してるのかな?」

真姫「別にいつも通りでしょ?」

穂乃果「そうかなぁ。ラジオネーム、海砂利水魚さん。真姫ちゃん、穂乃果ちゃん、こんばんは。二人は今話題のスクールアイドル、エーリセについて知ってるかな?」

真姫「初めて聞いたわ。エーリセ…聞かないわね」

ツバサ「私も初めて聞いたわ」

穂乃果「エーリセは秋葉原にあるUTX学院に通う女生徒数名で結成されたグループ」

ツバサ「あっ、待って?もしかして、A- RISEの事を言ってる?」

真姫「エーリセ…あぁ…そういう事…」

穂乃果「なるほど!A- RISEをエーリセ…私でも間違えないよ」

真姫「それはどうだか分からないけど」

穂乃果「いや、間違えないって」

ツバサ「えっと…それで?なんて書いてあるの?」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 22:28:19.86 ID:zgSk8ZbK0
穂乃果「秋葉原ってのは電気の配線とかフィギュアとかなんに使うのかよく分からない物を売ってる街の名前」

真姫「秋葉原の説明はどうでもいいから。いい加減だし」

穂乃果「そんで、エーリセってのはリーダーの綺羅ツバサって言う前髪が極端に短い女の子と統堂なんちゃら、他数名で踊ったり歌ったり小芝居したりしてる。若者の間では知らない者は居ないから!ぜひ、名前だけでも覚えて帰ってね!アディオス」

真姫「結果何にも知らないじゃない」

ツバサ「ふふっ、こんな感じでネタにされるのって初めてだからちょっと新鮮だわ」

穂乃果「え?結構オッケーな感じですか?

ツバサ「ええっ!大歓迎!ただ…」

穂乃果「ただ?」




35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 22:38:07.20 ID:zgSk8ZbK0
ツバサ「私の前髪って変?」

穂乃果「え?いや…似合ってると思いますけど?」

ツバサ「それは変なのが似合ってるの?それとも普通にありって事?どっち?」

穂乃果「普通にありかと…ねえ?」

真姫「う〜ん…」

ツバサ「え?何?」

真姫「ツバサさんだから似合ってて可愛いかも知れないけど下手に真似したら大失敗する可能性はあるわよね」

ツバサ「それはどう受け取っていいの?」

真姫「人を選ぶ髪型って事です」

穂乃果「確かに。それはあるかも知れない」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 22:50:05.80 ID:zgSk8ZbK0
真姫「でしょ?」

穂乃果「そうだねぇ。え〜、このラジオではμ'sやゲストに関する事や言いたい事、聞きたい事などなどお便りを沢山応募しております」

真姫「お便りが読まれたリスナーの方には番組特製ステッカーをプレゼントしています」

穂乃果「皆さんからのお便り待ってま〜す」

真姫「悪ふざけは控えめに!」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 22:53:01.50 ID:zgSk8ZbK0
穂乃果「さて、曲紹介といきましょうか」

ツバサ「今回は私が選ばせて貰いました。μ'sでOh,Love&Peace!」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 23:00:03.23 ID:zgSk8ZbK0
穂乃果「μ'sがお届けするラジオ!」

真姫「スクールアイドル放送曲!」

穂乃果「いや〜忘れてたね」

ツバサ「大丈夫なの?」

穂乃果「いつもの事です」

ツバサ「尚更大丈夫?」

真姫「大丈夫じゃないです。この人は」

穂乃果「真姫ちゃん厳しい。さて、ただ今聞いて貰った曲はですね〜私達、μ'sのOh,Love&Peace!でした」

ツバサ「いい曲ね」

穂乃果「えへへ。ありがとうございます。この曲は花陽ちゃんがセンターの曲なんです。大好きなツバサが選んでくれたと聞いたら花陽ちゃん喜ぶだろうなぁ」

真姫「そうね。花陽にとっては憧れだものね」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 23:08:20.45 ID:zgSk8ZbK0
ツバサ「でも、今はライバルでしょ?小泉さんにとってもμ'sにとっても」

穂乃果「はいっ!もちろん」

真姫「当たり前よ」

ツバサ「ふふっ。じゃあ、そろそろ時間だし。格好もついた所で私はそろそろお別れかしら」

穂乃果「そうですね。もっとお話ししたかったんですけど」

ツバサ「次はラブライブで会いましょう」

穂乃果「はいっ!では、最後にリスナーのみんなに何か一言あれば」

ツバサ「ええ。皆さん、とっても楽しかったです。後は…ラブライブでお会いしましょう」

穂乃果「はいっ!」

ツバサ「優勝します!今日はありがとうございました」

穂乃果「それでは今日のゲストはA- RISEの綺羅ツバサさんでした〜」

ツバサ「それではまた」




40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 23:12:44.44 ID:zgSk8ZbK0
穂乃果「いや〜楽しかったねぇ」

真姫「そうね」

穂乃果「どうだった〜?ツバサさんとお話しして」

真姫「ん〜…正直、凄い緊張するかなって思ったのよ。一緒にライブをやったとは言えこうやってちゃんとお話しするのは初めてだし。でも、結構喋りやすいって言うか」

穂乃果「ね?ツバサさんも同じ人間なんだなぁって思ったよ」

真姫「ええ。今日があって良かったわ」

穂乃果「ねえ」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 22:41:23.22 ID:n82/7bJU0
真姫「え〜っと…そろそろ次回の予告をしておく?」

穂乃果「もう?ツバサさん帰ったばかりだけど」

真姫「なんだかんだ言って結構いい時間なのよ。いつもより多めにお便りも読んだし」

穂乃果「はぇ〜確かに。もういい時間だ…次回は誰がパーソナリティを務めるんだっけ?」

真姫「次回は………ことり?」

穂乃果「と?」

真姫「いや…ことりしか書いてない…」

穂乃果「え?嘘?見せて?」

真姫「ほら!」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 22:44:50.65 ID:n82/7bJU0
穂乃果「本当だ…え?ことりちゃん一人でやるって事?」

真姫「流石に一人は無理でしょ」

穂乃果「でも、一人でもラジオやってる人はいるし…」

真姫「それはプロのお笑い芸人の人とかでしょ?……え?あっ、一応未定だったけど今絵里に決まった?」

穂乃果「って事は絵里ちゃんとことりちゃん?」

真姫「そうなるわね。珍しいツーショットね」

穂乃果「言われてみれば…あんまり無いかも…」

真姫「あの二人だと…どんな会話になるのかしら?」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 22:48:01.00 ID:n82/7bJU0
穂乃果「あれじゃない?二人ともオシャレさんだからファッションの話とか衣装の話とかじゃない?」

真姫「確かに、ありえるわ」

穂乃果「女子力の高いラジオになりそうだね」

真姫「そうね。って事は…リスナーのみんなはくれぐれも今日みたいな悪ふざけ満載のお便りは控えてね」

穂乃果「真姫ちゃん…」

真姫「何?」

穂乃果「それ、フリに聞こえるよ?」

真姫「なんでよ?そんな訳ないでしょ」

穂乃果「まあ、そうなんだけど。フリに聞こえる」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 22:51:58.18 ID:n82/7bJU0
真姫「どうしてそうなるのよ。はあ……フリとかではないから。絶対に悪ふざけはしないようにお願いします」

穂乃果「それもフリに聞こえる」

真姫「じゃあ、どうすればいいのよ?」

穂乃果「これ以上は何も言わないのが得策かと」

真姫「結局そうなるの?」

穂乃果「仕方ないよ。それに多分、今日みたいなお便りは送られてくるし」

真姫「どうして?」

穂乃果「リスナーの人達、なんか知らないけど絵里ちゃんをいじりたいみたいだからね。パーソナリティが絵里ちゃんってだけで絶対に来るよ」

真姫「絵里が何をしたって言うのかしら…」

穂乃果「ことりちゃんは完全に巻き添えだね」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 22:59:02.27 ID:n82/7bJU0
真姫「そうね。ことり、応援してるからね」

穂乃果「絵里ちゃんも応援してあげてね。さて、なんて事を話してたらすっかり時間が来てしまったようです。今回パーソナリティを務めさせて頂いたのは穂むらの看板娘もやってます。気が向いたら会いに来て下さい。ついでにお饅頭も買ってね!私のお小遣いがアップします!高坂穂乃果と」

真姫「お相手役は……ま、真姫ちゃん可愛い?」

穂乃果「はっひふっへふ〜」

真姫「かきくけこ、よっ!西木野真姫でお送りしました」

穂乃果「グッバイ!」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 23:00:44.37 ID:n82/7bJU0
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/06(火) 23:46:32.21 ID:RMubo0BHo
面白かった乙
28.23 KB Speed:2.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)