俺「安価でパパスとモョモトとか言う奴と旅をする」【ドラクエX】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 20:12:43.53 ID:KIYqKtAlO
安価とコンマでドラクエXをするスレ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543403563
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 20:15:23.57 ID:rOQTBS2O0
ー???


???「わっはっは。この私を倒そうなぞ甘く見られたものだな」

???「愚か者め!石となり永遠の時を悔やむが良い!」ピロピロピロ

バシュンッ



船「」ザザ〜ンザザ〜ン



ー船の中


俺「うわああぁっ!」ドテッ

パパス「ど、どうした!?ベッドから転がり落ちて…大丈夫か!?」

俺「ッ…痛い…」グスッ

パパス「いったいどうしたと言うんだ?」

俺「悪夢見た…緑の化け物に…石にされる…」

パパス「…ふう。なんだ夢か。大丈夫ここには私がいる。誰も君を石にしたりしないさ」

俺「パパス…」グスッ

俺(この優しそうな髭のおじさんはパパス。旅の途中、捨て子だった俺を拾ってくれた…俺にとって父親代わりのような人だ)

パパス「フフッ。モョモトはもう先に起きて眠気覚ましに風に当たりに行ったぞ」

パパス「君も風にでも当たって目を覚まして来ると良い」


1はーい
2パパスと一緒にいる
3その他(内容も書いて下さい)


安価下

パパスの好感度が7に上がった
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 20:18:13.34 ID:fmpZtwOq0
2
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 20:35:34.01 ID:rOQTBS2O0
船の中


俺「やだーパパスと一緒にいる」

パパス「ハッハッハッ。パパっ子だな。しかしここに居ても何も面白い物は無いぞ?」

俺「それは何?」スッ

パパス「これは地図だよ。これまでの旅で行った所をチェックしていたんだ」

俺「こんなに行ったの?」

パパス「ああ。お前も一緒に回っただろう?覚えてないか?」

俺「分かんない」

パパス「フッ。帰ったらモョモトと一緒に地図の読み方…いや、文字の読み方から教えないとな」

俺「???」

パパス「どれ。少しだけ今の内に教えておこう」

パパス「ここがサンタローズ。サンチョが待っている場所だ」

俺「あの丸いおじさんが待ってるんだ」

パパス「そう。今私達が向かっているのがサンタローズ。つまり私達は現在この辺りを航行中と言うわけだな」

俺「ほうほう…」

パパス「この川を越えて突き進んだ先にあるのがラインハットのお城でー」

俺(何言ってるかさっぱり分からないけど、パパスが嬉しそうだからいっか)


パパスの好感度が8に上がった
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 20:55:19.47 ID:rOQTBS2O0
船の中


「港に着いたぞー!帆をたため!錨を出せー!」

パパス「おっと、どうやら着いたようだな。私達も向かおうか」スタスタ

俺「うん」スタスタ




甲板


パパス「おっ。モョモト。私達を待っていたのか。偉いぞ」

モョモト「はい」

俺「モョモト。またタンスとかを漁っていたのか?」

モョモト「はい」

俺「…そう」

パパス「は…はは…そう言うのはあまり良くないぞ」

モョモト「いいえ」

俺「…。」

俺(このパパスの本当の息子の名前はモョモト。基本的に「はい」と「いいえ」でばかり話して、稀にちゃんとした言葉を話す変な奴)

俺(人の家のタンスや樽を壊して物色したりと奇行も多い…が、根は良い奴…だと思う)

俺(…一緒に旅をしているが、未だにモョモトの行動の全てを理解するのは難しい)

パパス「村に戻るのはほぼ2年振りだ。お前達は未だ小さかったから覚えてはいまい」

俺「さっぱり」

モョモト「はい」

パパス「まぁ良い。では行くかっ!忘れ物は無いな?」

俺「うん」

モョモト「はい」



モョモトの好感度が6に上がりました
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:03:05.10 ID:4XLzti1pO
主人公それでいいのかw
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:03:23.46 ID:+vkrpJMBO
そういう切り口か
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 21:06:35.02 ID:rOQTBS2O0
甲板


パパス「おや?船長。どなたか船に乗り込まれるようだな」

船長「おお!ルドマン様。お待たせ致しました」

デボラ「…。」スタスタ

パパス「??」

デボラ「おじさん。邪魔よ!」

パパス「おっと。すまない」サッ

俺(気の強そうな女)

モョモト「…。」ジィ-

デボラ「フン」タッタッタッ

ルドマン「いやいや、娘が失礼致しました旅のお方」スタスタ 

パパス「いえいえ」

ルドマン「ご苦労だったな船長」

船長「お帰りなさいませルドマン様。そのご様子では今回の旅は素晴らしいものだったようですな」

ルドマン「勿論だよ船長。さあ私の娘を紹介しよう!…と言っても1人はもう行ってしまったが…」

ルドマン「フローラやこっちへ上がっておいで」

フローラ「んしょっんしょっ」スッ

ルドマン「おや?フローラにはこの入り口は高すぎたかな?」



1手伝ってみる
2あのデボラって子。実はタイプだな…
3モョモトが一番可愛い
4ルドマンがタイプだ

安価下
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:07:11.10 ID:4XLzti1pO
1
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:07:40.73 ID:+vkrpJMBO
1
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:08:21.17 ID:d1vbPMA30
1
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 21:18:05.37 ID:rOQTBS2O0
甲板


パパス「どれ。私が手をーーおっ」

俺「はい。手握っててあげる」ギュッ

フローラ「あ…」ヒョイッ

俺「良かったね」パッ

フローラ「あ、ありがとう…///」

ルドマン「これはこれは僕。ありがとう」

パパス「フッ。偉いぞ俺」

モョモト「はい」

ルドマン「よしよしフローラや。長旅で疲れたろう。悪いがフローラを奥の部屋に連れて行ってくれないか?」

船員「はい!かしこまりました!」スタスタ

フローラ「そ、それでは…///」スタスタ

俺「??」

ルドマン「いやお騒がせしました。さあ港へどうぞ」

パパス「では長い船旅だったか降りるとするか。じゃあ船長!随分世話になった…身体に気を付けてな!」スタスタ

俺「久しぶりの陸だ」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ



フローラの好感度が4に上がりました
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/28(水) 21:29:16.57 ID:k8KTWZr9O
これは勇者が産まれないかも
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 21:29:29.14 ID:rOQTBS2O0



港に居たおじさん「あっ!アンタはパパスさん!生きていたんだね!」

パパス「ハッハッハッ。枯れてもこのパパスおいそれとは死ぬものか」

俺(誰?)

パパス「お前達。父さんはこの人と話しがあるので2人でその辺で遊んでなさい」

モョモト「はい」

パパス「あまり遠くへ行かないようにな」

港に居たおじさん(ほうこの子らがあの時連れてた…随分大きくなったなあ…)

俺「何して遊ぶ。モョモト?」

モョモト「…。」スタスタ

俺「え?何処に…あ…」スタスタ

モョモト「」ドン
 
樽「」グシャッ

俺(また樽割ってる…)

モョモト「はい」スッ

俺「お金?くれるのか?」

モョモト「はい」

俺「ありがとう」スッ

モョモト「…。」スタスタ

俺「次は何処へ…って外!?」

俺(今ちょっと前に遠くへ行くなって言われてなかったぁ!?)



1モョモトが心配だ。着いて行く
2パパスに知らせる
3モョモトが外へ出るなら俺は海へ飛び込んでみる


安価下

10G手に入れた
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:30:14.08 ID:/Bdr068po
無難に1
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:30:27.49 ID:k8KTWZr9O
2

下げ忘れてた
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 21:37:49.17 ID:rOQTBS2O0
草原


俺「モョモト!パパスから離れるのは危ないって!」

モョモト「いいえ」スタスタ

俺「ダメだこいつ…。早くなんとかしないと…」スタスタ

俺「あっ!」

モョモト「…。」ジイ-


>スライム3匹が現れた

スライムA「」
スライムB「」
スライムC「」

俺「うわっ!モンスターだ!」

モョモト「…。」スッ

俺「戦うの?」

モョモト「はい」

俺「…。」



1加勢する
2モョモトを置いて逃げる
3その他

安価下
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:38:28.87 ID:CKkXCDano
1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:39:07.27 ID:JLeMDd1PO
1
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 21:54:48.77 ID:rOQTBS2O0
草原


俺(俺もいっちょまえに銅の剣背負ってるんだし、2人ならばやれる筈!)

俺「モョモト!加勢するぞ!」チャキッ

モョモト「はい」コクッ

スライムA「」
スライムB「」
スライムC「」


バトル方式
1バイオ版バトル形式が良い(行動選択後、コンマによりこちらだけが攻撃したり、敵の攻撃だけがあったりする。ゾロ目でクリティカル。敵の痛恨は範囲に組み込まれている)

2ドラクエ版バトル形式が良い(行動選択後、こちらの攻撃(10%でミス。ゾロ目で会心の一撃)敵の攻撃はこちらの攻撃時に出した目の下一桁が0以外でダメージ。0ならば避けれる。9ならば痛恨の一撃)

3戦闘は一撃描写が良い(勝つか全滅か、力量を見て1撃勝負。パパス加入時に雑魚戦や明らかに力の差がある時などは判定無し)


多数決下3まで

モョモトの好感度が7に上がった
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:56:09.48 ID:d1vbPMA30
2
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:57:34.02 ID:KfMCngrG0
やっぱドラクエやし2やろ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 21:57:45.22 ID:/Yki60FnO
じゃあ新しいので
2
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 22:36:56.15 ID:rOQTBS2O0
ドラクエ風バトル
草原


俺「戦う…と言ってもお互い魔法使えないからな…とりあえずこうげきしてみるか」

モョモト「はい」コクッ



俺HP32/32 モョモトHP24/24 スライム3匹HP11/11
コンマ下二桁
モョモト好感度7
71以上強目の攻撃をしたら一撃で倒した(スライムAに11ダメージ。スライムBに7ダメージ)
31〜70お互い一緒の奴を狙った(スライムAに12ダメージ)
11〜30お互いに別の奴を狙った(スライムAに8ダメージ。スライムBに4ダメージ)
10以下攻撃が外れた

安価下(下一桁5以下で同じキャラに3ダメージ×残った敵の数分(10の位が偶数なら俺に、奇数ならモョモトに)。6以上で別々のキャラにダメージ×残った敵の数分。0なら1回分避けれる)


次のターン開始前に
コンマ下二桁
11以上パパスが加勢に来た(戦闘勝利)
10以下モョモトは逃げ出した

安価下2
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 22:39:29.48 ID:JLeMDd1PO
ふふん
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 22:40:54.62 ID:KfMCngrG0
そぉい!
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 23:06:08.31 ID:rOQTBS2O0
コンマ48(スライムAを倒した。俺とモョモトに3ダメージ)
コンマ62(パパス参戦)
草原

モョモト「はい」ブンッ

スライムA「」ベシッ

俺「チェェイッ!」ブウンッ

スライムA「」グチャッ

スライムB「ピキー」ビュンッ

俺「グホッ!」ドガッ

スライムC「ピキー」ビュンッ

モョモト「…。」ドガッ

俺「いたた…大丈夫か…モョモト…」

モョモト「はい」

パパス「待てい!!」タッ

俺「パパス!」

モョモト「…。」

パパス「フンッ!」ブウンッ

>>パパスの攻撃 スライムBに142のダメージ  

スライムB「」ブシャッ

パパス「ムンッ!」ブウンッ

>>パパスの攻撃 スライムCに151のダメージ

スライムC「」ブシャッ



俺「は、速過ぎて剣の動きが見えなかった…」

モョモト「はい」

パパス「大丈夫か2人とも?」テロテロテロ


>>パパスはホイミを唱えた。俺とモョモトの傷が全回復した


パパス「外の1人歩きはまだまだ危険だ。気をつけるんだぞ」

俺「ごめんなさい…」

モョモト「はい…」

パパス「フッ。分かれば良い。それでは行こうか」スタスタ


3の経験値を手に入れた
3ゴールド手に入れた(現在13G)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 23:10:04.12 ID:JLeMDd1PO
なんかモョモトが黒髪ブロリーに思えてきた
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 23:18:32.93 ID:rOQTBS2O0
草原


俺「また魔物…」

モョモト「…。」ジイ-

パパス「フンッ!」ブウンッ

>>パパスの攻撃!くびながイタチAに77のダメージ

くびながイタチA「」ズバアッ

パパス「ソイッ!」ブウンッ

>>パパスの攻撃!会心の一撃!プリズニャンAに160のダメージ

プリズニャンA「」ズバアッ

プリズニャンB「」ズバッ

俺「うっ…」ドガッ

くびながイタチB「」ベシッ

モョモト「いいえ」ドガッ

パパス「息子に手を出すな!」ブウンッシャキンッ

くびながイタチBを倒した
プリズニャンBを倒した

まもののむれをやっつけた

俺「パパス強すぎ…」

モョモト「はい」


それぞれ32の経験値を獲得
俺はレベル2に上がった(HP37に。攻撃力、防御力上昇)
モョモトはレベル2に上がった(HP28に。MPが3に。攻撃力、防御力が上がった)
26のゴールドを手に入れた(39G)
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 23:37:48.21 ID:rOQTBS2O0
草原


パパス「大丈夫か?」テロテロテロ

>>パパスはホイミを唱えた。俺とモョモトの傷が全回復した

俺「魔法って便利だなぁ…」ポワアッ

モョモト「はい」ポワアッ

パパス「それでは行くとしよう」スタスタ




サンタローズ

俺(あれから何時間か歩いたけど、ここがゴールかな?)スタスタ
 
入口を守ってる兵士「やや!パパスさんでは!?2年も村を出たままいったい何処に!?」

入口を守ってる兵士「ともかくお帰りなさい!おっとこうしちゃいられない!皆んなに知らせなくっちゃ!」タッタッタッ

「おーいパパスさんが帰って来たぞー!」

パパス「フッ。とりあえず行こうか」スタスタ

酒場の主人「パパスさん!あんた生きてたんだね!」タッタッタッ

俺、モョモト「??」

酒場の主人「この子達はあの時の2人か。大きくなったねえ。パパスさん夜にでもウチの酒場によっておくれよ」

酒場の主人「皆んなあんたの旅の話を聞きたがる筈だ」

武器屋の主人「よう!パパス!帰って来たな!アンタとは喧嘩ばかりしてたけどよう。居なくなるとさびしくて…」

武器屋の主人「落ち着いたらまた積もる話を聞かせてくれよ!」

村の青年「やあ。本当にパパスさんだ。どうもお帰りなさい。パパスさんが居ない間、皆んなパパスさんの噂ばかりしてたんですよ」

村のシスター「これはパパスどの。よくぞ無事で戻られました。きっと神様が貴方方親子をお守りしてくれたのでしょう」

村のシスター「と、堅苦しい事はやめにしましょう…わ〜い!パパスさんが帰って来た!嬉しい〜!わ〜い!わ〜い!」

俺「パパス大人気」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

パパス「フッ。皆んな良い人なんだよ」スタスタ

サンチョ「だっ旦那様!お帰りなさいませ!このサンチョ旦那様のお戻りをどれほど待ち侘びた事か…」

サンチョ「さあ。ともかく中へ!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/28(水) 23:48:39.75 ID:rOQTBS2O0
パパス家内


ビアンカ「おじさま。お帰りなさい」

モョモト「…。」ジイ-

俺「誰君?」

ビアンカ「??」

パパス「この女の子は?」

ダンカンのおかみ「アタシの娘だよパパス」スタスタ

パパス「やあ。隣町に住むダンカンのおかみさんじゃないか」

サンチョ「この村にご主人の薬を取りに来たって言うんで、よって貰ったんですよ」

ビアンカ「ねえ。大人の話って長くなるから上に行かない?」

俺「えー。パパスといる」

モョモト「いいえ」

ビアンカ「行きましょうよ」ガシッ
 
俺「げっ…いたたたた」ガシッスタスタ

モョモト「…。」ガシッスタスタ

 

2F

俺(無理矢理引きづられて連れて来られた…)

ビアンカ「私はビアンカ。私の事覚えてる?」

モョモト「いいえ」

ビアンカ「えー。じゃあ貴方は?」



1覚えてる(コンマ60以上で本当に覚えてる)
2いいえ
3メ、メスゴリラ…
4モョモトのお嫁さん

 
安価下
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/28(水) 23:49:57.66 ID:/Yki60FnO
1
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 00:00:33.75 ID:DFWkSSKbO
しかもゾロ目だ
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 00:08:00.25 ID:4uV7e9xQ0
コンマ66(ボナ。完璧に覚えてた)
パパスの家
2F


俺「覚えてる」

ビアンカ「本当かしら…さっき誰君って聞いてたわよね?」

俺「アレ嘘」

俺「本当はモョモトにリボン着けて可愛がってた2歳上の可愛いお姉さん!」

モョモト「…。」

ビアンカ「凄い。本当に覚えてたのね貴方!?」

俺「えっへん」ドヤアッ

ビアンカ「じゃあ覚えてくれてたご褒美に絵本を読んであげるわ。ちょっと待ってて」スタスタ

モョモト「はい」ワクワク

俺「文字読めるんだ。流石お姉さん」

ビアンカ「じゃ、読んであげるね!」パラ

ビアンカ「えーと…そ…ら…に…。えーと…。く…せ…し…ありきしか…」

モョモト「???」

俺「空にくせしあ力士…?」

ビアンカ「これはダメだわ。だって難しい字が多過ぎるんですもの」

モョモト「…。」ガ-ン

ダンカンのおかみ「ビアンカ!そろそろ宿に戻りますよ!」

ビアンカ「はーいママ!」スタスタ

俺「行っちゃった…なんだったんだろ…」

モョモト「…。」フルフル


ビアンカの好感度が5に上がった
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 00:18:29.53 ID:XcrsBayKO
コンマ判定ありでしかもゾロ目が5だけで昇るのを手伝うだけで4て
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 00:19:50.28 ID:BfTK0q3lO
ムスコスにも一応喜怒哀楽はあるのね
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 00:44:50.43 ID:4uV7e9xQ0
パパス家

パパス「それじゃ、私は出掛けて来るから2人は良い子にして留守番しておくんだぞ」スタスタ

俺「はーい」

モョモト「はい」

バタンッ

俺「じゃあ何するモョモト?」

モョモト「…。」ソワソワ

俺「ん?」

モョモト「…。」スタスタ

樽「」ベシッ

俺「げっ…」

俺(またモョモトの奇行が出た…)

サンチョ「おやおや。仕方ありませんね。ですが、あまり散らかさないで下さいね〜」

モョモト「はい」パカッ

タンス「」ゴソゴソ

俺(モョモトはこんな調子だし、放っておいて俺も一人で何処かに行ってみるかな?)


1モョモトの奇行を止めに行く
2ビアンカが気になるので宿屋に行ってみる
3村の入口に行ってみる
4パパスを追いかけてみる
5昼寝をして待ってる
6その他(内容も書いて下さい)


安価下
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 00:47:22.71 ID:DFWkSSKbO
1
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 00:48:32.22 ID:yenhjlmeO
武器屋のおっさんに会いに逝く
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 01:06:47.62 ID:4uV7e9xQ0
パパス家

俺「モョモト…」

モョモト「??」

俺「もうそれやめよう」

モョモト「…。」

俺「外に行っても出るぞ」

俺(と言うかもう出てるけど…)

俺「下手すると泥棒として捕まっちゃうぞ…?」

モョモト「いいえ」

俺「…。」

モョモト「はい」スッ

俺「ん?あっ…」

モョモトの手「やくそう」

俺「これは…?」

モョモト「はい」スッ 

俺「えっ…」

俺(賄賂…って言うんだっけこれ?受け取ったら黙っててくれって?…)

俺「…。」


1…受け取って見なかった事にする
2もうやめて違う事しよう
3その他


安価下
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 01:10:05.80 ID:unLWWpt0O
1
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 01:18:02.80 ID:DFWkSSKbO
プレイヤーからしたら俺みたいなNPCはめんどくさいだろうな
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 09:57:13.71 ID:cUMRUgXp0
>>1乙です
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 14:25:56.04 ID:VUQInKzlO
パパス助けてえなあ
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 18:01:47.34 ID:kmGox5BzO
パパス家


俺「…貰っておこう」スッ

モョモト「…。」ニタ-

俺「…。」

モョモト「…。」スタスタ

バタンッ

俺(結局受け取ってしまった…これで俺もアイツの事何も言えない…)

俺(俺に賄賂を渡したモョモトは更に村中のタンスを漁りに行くみたいだな)

俺「パパスは何処かに行ったし、モョモトは漁りに行ったし俺は何処へ行こう?」



パパスが帰って来るまで@3
1ビアンカが気になるので宿屋に行ってみる
2村の入口に行ってみる
3パパスを追いかけてみる
4昼寝をして待ってる
5その他(内容も書いて下さい)


安価下


やくそうを手に入れました
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 18:02:04.74 ID:jJSWbgX00
やる夫スレでドラクエ5の強くてニューゲームする話があったな
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 18:03:49.20 ID:cUMRUgXp0
1で
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 19:27:22.89 ID:3YEVD3An0
流石にこの時期にベラは居ないやろな…
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 20:04:17.35 ID:4uV7e9xQ0
宿屋

俺(なんとなくビアンカが気になって宿屋まで来てしまった)スタスタ

ビアンカ「あら?どうしたの?」

俺「なんとなく」

ビアンカ「なんとなく?あーさてはお姉さんと遊び足りなくて来たのね?」

俺「どう言う都合の良い解釈」

ビアンカ「仕方ないわね。暗くなるまで遊んであげようか?」

俺「えー」

ビアンカ「じゃあ決まりね」

俺「ちゃんと俺の話聞いてる?」

ビアンカ「ねえママ。ちょっと遊んで来て良いでしょ?」

ダンカンのおかみ「うーん…おかしいわね…」

ダンカンのおかみ「え?何?」

ビアンカ「だから暗くなるまで俺と遊んで来て良いでしょ?」

ダンカンのおかみ「まあ暗くなるまでなら良いけど…」

ビアンカ「やった。さあ行きましょ」

俺「…。」



1ビアンカと遊ぶ
2ダンカンのおかみと話す
3その他

安価下
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 20:07:52.73 ID:3YEVD3An0
2
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 20:14:01.70 ID:0FeCkK7h0
3剣をふる
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/29(木) 20:15:53.85 ID:0FeCkK7h0
3剣をふる
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 21:27:51.10 ID:wd1DGDgUO
おかみ√行け おかみ生存√
結局主人公のおこぼれ貰うんか?
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 23:25:00.32 ID:4uV7e9xQ0
宿屋

俺「おばさん。どうかしたの?」

ダンカンのおかみ「旦那の薬を取りに行ってくれた人が未だ戻って来ないのよ」

ダンカンのおかみ「本当は誰かに探しに行って貰いたいけど…」

ダンカンのおかみ「あんたの父さんのパパスも忙しそうだしね」

ダンカンのおかみ「誰か洞窟の奥まで様子を見に行ってくれる人はいないものかねぇ…」

俺「…。」

ビアンカ「貴方は今から私と遊ぶんでしょ?」

ダンカンのおかみ「そうね。流石に子供には頼めないわ」

俺「うーん」


1そうだね。さあビアンカ遊ぼう
2俺が様子見に行ってあげるよ
3その他


安価下
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 23:26:20.96 ID:4jKtN7sSo
2
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 23:37:04.31 ID:4uV7e9xQ0
宿屋

俺「俺が様子見に行ってあげるよ」

ダンカンのおかみ「危ないわ。子供が一人でそんな場所へ行くのは」

俺「大丈夫大丈夫。こう見えて俺剣士なんだよ」チャキッ

ビアンカ「でもその剣銅だから斬る用じゃなくて叩く用じゃない」

俺「う、うるさい!///」

ビアンカ「私と遊ばないの?」

俺「それはまた今度」スタスタ

ザッザッザッ   



洞窟前

俺「洞窟ってここだったかな?」

戦士「坊や。この先は洞窟だ。迷子になってもおじさんは知らないぞ」

俺「…。」


1怖くなんてない。行くぞ
2やっぱり引き返す


安価下
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 23:37:38.48 ID:KKYd+3Bro
1
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/29(木) 23:51:43.69 ID:4uV7e9xQ0
洞窟内

俺「皆んな俺を子供扱いして…怖くなんてない」スタスタ

洞窟奥「キキキキキ」

俺「…。」ビクッ

コウモリ「」バサッバサッ

俺「…なんだ。只のコウモリか」ホッ

俺「結構暗いな…」ドキッドキッ

俺「慎重に進もう…」スタスタ




コンマ下二桁
99川で洗濯してるパパスを見つけた
91以上下+何も出会わず次の階層まで進んだ
71〜90進んだら宝箱を発見したが、モンスターと出会った
6〜70以下少し進んだらモンスターと出会った
5以下モンスターに不意打ちされた
ゾロ目:モンスターを見つけたが、未だこちらに気づいていない


安価下


モンスターエンカウントした場合
コンマ下二桁
81以上とげぼうず1匹
61〜80スライム1匹とげぼうず1匹
41〜60スライム3匹
21〜40とげぼうず3匹
20以下とげぼうず4匹


安価下2
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 23:53:29.42 ID:Tr/+STRBO
運試し
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/29(木) 23:56:33.89 ID:8tZiaWbeO
ほい
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 00:04:08.71 ID:f68oYrOmO
ほい
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 00:09:03.39 ID:o090eggZ0
コンマ42(少し進んだらエンカウント)
コンマ89(スライムととげぼうず)
洞窟内

俺「…。」スタスタ
 
俺(やっぱり魔物とかも出るのかなあ…)スタスタ

スライム「」ザッザッ
とげぼうず「」ザッザッ

俺「わっ!わっ!やっぱり出た!」

俺(1対2…だけどあの青い奴は前に倒した事ある奴だ)

俺(あのとげとげの奴はなんだろう…強いのかな…)

俺「どうしよう…」


1たたかう(攻撃のみ)
2逃げる(コンマ21以上で成功)
3その他


安価下
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 00:09:47.67 ID:o090eggZ0
ミス
とげぼうず1匹とタイマン

1たたかう(攻撃のみ)
2逃げる(コンマ21以上で成功)
3その他


安価下
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 00:10:07.85 ID:6xhvVWddo
2
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 00:20:50.74 ID:o090eggZ0
コンマ85
洞窟内

とげぼうず「」

俺(1匹くらいなら俺一人でも倒せそうだが…まあここは無駄な戦闘は避けて逃げよう)タッタッタッ

とげぼうず「!?」

>>俺は逃げ出した


俺「フゥッ…追って来ない…撒いたみたいだな」

俺「ダメージも無いし、更に先に進んでみよう」スタスタ



ンマ下二桁
00???
99川で洗濯してるパパスを見つけた
61以上下+何も出会わず次の階層まで進んだ
6〜60進んだら宝箱を発見したが、モンスターと出会った
5以下モンスターに不意打ちされた
ゾロ目:モンスターを見つけたが、未だこちらに気づいていない


安価下


モンスターエンカウントした場合(コンマ60以下の場合)
コンマ下二桁
81以上とげぼうず1匹
61〜80スライム1匹とげぼうず1匹
41〜60スライム3匹
21〜40とげぼうず3匹
20以下とげぼうず4匹


安価下2
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 00:25:12.96 ID:f68oYrOmO
えい
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 00:30:13.07 ID:GP7Q+XqPo
惜しい
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 00:48:52.28 ID:BmDQZzr/O
モョモトいらなくね?
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 01:16:54.85 ID:LJbYpSgco
この展開だといらないな
一緒に行くか同行せずに本来の主人公のサポート的なことするかもう全く別で旅するかとかでないと
立ち位置奪っておいてヘイトする為のキャラになっちゃう
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 01:30:05.87 ID:cP8gLO2/o
この作者は原作主人公差し置いてすぐハーレムにするしね
ただモョモトのキャラは面白いからもうちょい様子を見たいかな
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 01:30:15.17 ID:4Z+2hGOHO
てか作風とも噛み合ってないな。
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 02:28:11.36 ID:zHeF+02d0
モヨモトいらなくね。
このままだとモヨモトの活躍する場面を奪うだけの存在になりかねん

まあ、俺君に特殊な出生が生えるまでは、エルヘブンの民の恩恵があるモヨモトしか活躍できない場面もあるけどな
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 02:42:34.19 ID:GP7Q+XqPo
設定決める時に一緒に行動すると俺の影が薄くなると書いてあるし別れて行動するしかない
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 06:47:49.02 ID:o090eggZ0
コンマ96
洞窟内

俺「おっ。宝箱だ」ガシッ

宝箱「」パカッ

俺「中にやくそうが入ってた…貰っとこう」パシッ

俺「分かれ道で左に来たから、ちょっと引き返して次は真っ直ぐ進んでみよう」スタスタ

俺(それにしても1回出ただけであんまり魔物出ないね)スタスタ

階段「」

俺「あ、階段だある。降りてみよう」タッタッタッ



地下2階

俺「広いなあここ…」

俺「後ろに2本道があって前に道がある。どれから進めば良いんだろう」

俺「まあいいや。傷も受けてないし、道を順番に進んで行こう」スタスタ



コンマ下二桁
00???
99傷だらけのスライムを見つけた
91以上魔物と出会わずにまた宝箱を見つけた
71〜90行き止まりの場所に来てしまったので、引き返したら魔物と出会った
6〜70少し進んだら魔物と出会った
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気づいていない


安価下


モンスターエンカウントした場合(コンマ90以下)
コンマ下二桁
81以上おおきづち1匹
61〜80おおきづち1匹ととげぼうず1匹
41〜60おおきづち1匹とスライム2匹
21〜40ドラキー2匹とスライム1匹
20以下おおきづち1匹とスライム1匹とドラキー2匹


安価下2
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 06:48:22.26 ID:Yx4aA9S5O
朝イチの運が
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 07:05:54.46 ID:PWOrpeiiO
そろそろレベル上げたいが
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 09:31:18.08 ID:o090eggZ0
コンマ26(少し進んだ)
コンマ46(おおきづち、スライム2匹)
洞窟内
地下2階

俺「ん?今何か見えたような…」スタスタ

おおきづち「」スタスタ
スライム「」ズズズ
スライム「」ズズズ

俺「う、うおっ!?3匹も現れた!」

俺(ど、どうしよう…1対3だが…あの青い奴は倒した事あるが、木槌持った奴は初めて見る…).

俺(戦うか、逃げるか…)チャキッ



1たたかう(攻撃のみ)
2逃げる(コンマ40以上で成功)
3その他


安価下
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 10:08:41.10 ID:YO0zOshhO
2
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 12:15:08.77 ID:D9ZYWSOqO
俺くん退場か
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 14:52:31.77 ID:AZV566v5O
コンマ30
洞窟内
地下2階

俺「剣に手を当てて、戦う…と見せかけて…」

俺「やっぱり安定の逃げ!!」ダッ

スライムA「!?」

俺「はっはっはっ。そんな身体で人間に追い付けるものか!」タッタッタッ

俺「ぶっち切りの1ーー」

>>しかし、まわりこまれてしまった

スライムB「」ザッ
おおきづち「」ザッ

俺「う、嘘ー!?」ピタッ

スライムA「」ビュンッ
スライムB「」ビュンッ
おおきづち「」ブウンッ

俺(ま、マズい!!魔物の攻撃が来る!)



俺HP38/38
コンマ下二桁桁
00???
99ちょうど近くにいたパパスが助けに来た
66以上おおきづちの攻撃はミス、スライムの攻撃(2)×2(4ダメージ)
31〜65おおきづちの攻撃はミス、スライムの攻撃(3)×2(6ダメージ)
30以下おおきづちの痛恨の一撃(10ダメージ)+スライムの攻撃×2(6ダメージ)(合計16ダメージ)


安価下(下一桁が0ならスライムの攻撃を1匹分避けれる。9ならスライムの攻撃が1匹分6に上昇)

81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 15:09:02.30 ID:L7nj1kNNo
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 15:23:18.62 ID:AZV566v5O
HP38じゃなくて37でした訂正
コンマ30(一つ避けて13ダメージ)
洞窟内
地下2階

スライムA「」プルプルプル

俺「なんだそのノロマの攻撃。当たる訳無いだろ」ヒュッ

>>俺はひらりと身をかわした

スライムB「」ビュンッ

俺「グホッ…」ドゴッ

俺「この飛んで来る攻撃はいたた…」

俺「あと1匹は…」

おおきづち「」ブウンッ

>>痛恨の一撃!!

俺頭「」ドガッ

俺「ガッ!ハッ!!」クラクラ

おおきづち「」シュタッ

俺「いってー!こいつ…いってー!!」

俺「頭割れちゃうだろ…」クラクラ

俺「…とピヨってる場合じゃない」スクッ

スライムA「」
スライムB「」
おおきづち「」

俺(くっ…。頭叩かれたのが効いたな…もう少し強い奴だったなら…)ゾクッ

俺「ッ…。こんな所で負ける訳にはいかない」チャキッ


俺HP24/37
1たたかう(攻撃)
2逃げる(コンマ40以上で成功)
3その他

安価下
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 15:34:25.93 ID:+7gD/ZOvO
2
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 17:45:49.67 ID:PUCORBLFO
逃げてばかりじゃレベルが上がらないし数が少ない時は戦いたいな
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/30(金) 17:48:08.35 ID:xRr6HhDY0
そうだな
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 18:02:36.58 ID:DHpw0yuIO
これ戦士タイプで固定なの?
選択肢で素養変わったりしない?
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 18:58:49.81 ID:s8wWK4AyO
5に転職ない気がしたけど
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 21:02:15.53 ID:o090eggZ0
コンマ93
洞窟内
地下2階


俺「くっ…こうなったらもう…」チャキッ 

スライムA「」ジッ
スライムB「」ジッ
おおきづち「」ジッ

俺「逃げるしかないッ!!」ダッ 
 
スライムA「!?」
スライムB「!?」
おおきづち「!?」

俺「はっはっは!2回目は戦うと思っだろうが、俺は逃げるんだよ!」タッタッタッ

俺「ざまあみたか魔物共!」タッタッ




俺「ふう…追って来ないな。今回は上手く撒けたようだ」

俺「さあ、気を取り直して先に進むぞ」スタスタ


コンマ下二桁
00???
99傷だらけのスライムを見つけた
91以上更に魔物と出会わずに先に進んだら、皮の盾を見つけた
61〜90そのまま魔物と出会わずに宝箱を見つけた
6〜60行き止まりの場所に来てしまったので引き返したら魔物に出会った
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気づいていない


安価下

モンスターエンカウントした場合(コンマ60以下の時のみ)
コンマ下二桁
81以上おおきづち1匹
61〜80おおきづち1匹ととげぼうず1匹
41〜60おおきづち1匹とスライム2匹
21〜40ドラキー2匹とスライム1匹
20以下おおきづち1匹とスライム1匹とドラキー2匹


安価下2
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 21:05:06.74 ID:7rRr5ptSO
ほい
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 21:08:17.07 ID:9bi8BvGHO
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/30(金) 21:49:30.31 ID:xRr6HhDY0
宝箱か
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 23:29:14.07 ID:o090eggZ0
コンマ74
洞窟内
地下2階

俺「また魔物出てこなくなったな」スタスタ

宝箱「」

俺「おおー。また宝箱だ。早速開けよう」ガシッ

宝箱「」バカッ

俺「またやくそうが入ってた」スッ

俺「これで3つか。結構やくそうって手に入るんだな」

俺「とりあえず魔物に出会ってもずっと走って、一度も立ち止まらずここまで来たけど、これからどうしよう」

俺「未だ先に進むかな?」


1このまま奥まで進む
2もう引き返す

安価下

やくそうを手に入れました
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:35:27.50 ID:fUkx1tuOo
1
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 23:40:03.23 ID:o090eggZ0
洞窟内
地下2階

俺「まあいいや。折角ここまで来たんだし、一気に奥まで入ってみよう」

俺「この奥は行き止まりだから一旦少し戻らないと」スタスタ



コンマ下二桁
00???
81以上一気に次の階層まで進んだ
51〜80魔物と出会わずに先に進んだら、皮の盾を見つけた
6〜50行き止まりの場所に来てしまったので引き返したら魔物に出会った
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気づいていない


安価下

モンスターエンカウントした場合(コンマ50以下の時のみ)
コンマ下二桁
81以上おおきづち1匹
61〜80おおきづち1匹ととげぼうず1匹
41〜60おおきづち1匹とスライム2匹
21〜40ドラキー2匹とスライム1匹
20以下おおきづち1匹とスライム1匹とドラキー2匹


安価下2
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:41:25.72 ID:tFNXpvC9O
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/11/30(金) 23:48:32.49 ID:o090eggZ0
コンマ72
洞窟内
地下2階

俺「おおっ。また宝箱だ」

宝箱「」

俺「と言ってもどうせまたやくそうなんだろうけど」ガシッ

宝箱「」バカッ

俺「ん?なんだこれ…」ゴソゴソ

皮の盾「」

俺「盾?」ガシッ

俺「あんまり使った事無いけど、攻撃受ける時にもしかしたらクッションくらいにはなるかな?」

俺「一応装備しておこう」カチッ

俺「珍しくやくそう以外が手に入ったな。とりあえず先に進もう」スタスタ


コンマ下二桁
00???
41以上次の階層まで進んだ
6〜40少し進んだら魔物と遭遇した
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気づいていない


安価下

モンスターエンカウントした場合(コンマ40以下の時のみ)
コンマ下二桁
81以上おおきづち1匹
61〜80おおきづち1匹ととげぼうず1匹
41〜60おおきづち1匹とスライム2匹
21〜40ドラキー2匹とスライム1匹
20以下おおきづち1匹とスライム1匹とドラキー2匹

安価下2

防御力が少し上がりました
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:50:45.66 ID:7aRC1X8OO
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:51:47.17 ID:aAjxsEVrO
ゾロ目だ
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:53:17.27 ID:MadzX5OMO
やっと経験値が稼げる?
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/11/30(金) 23:58:12.87 ID:TgnCHayxO
ちょっと多いな…
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 00:01:32.88 ID:l2Awlc8i0
コンマ66
コンマ17(魔物4匹)
洞窟内
地下2階

階段「」

俺(次の階層へ降りれる階段見つけたから降りようとしたけど…)

俺「アレは…」


おおきづち「」
スライム「」
ドラキーA「」
ドラキーB「」

俺(いっぱいいるなあ…未だ俺の方には気付いてないみたいだけど…)

俺(特に注意しないといけないのはあの木槌持った奴と、初めて見るコウモリみたいな奴か)

俺(今ならこっち気付いて無いから奇襲して1匹は倒せそうだけど、残り3匹と同時バトルになるかな…)

俺(どうしよう…)


1先制攻撃をする(バトルへ。コンマ10以下で空振り。11〜40でスライム撃破。41〜70でおおきづち撃破。71以上でドラキー1匹撃破)
2無視して次の階層へ降りる
3その他


安価下
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 00:03:49.24 ID:YaEghCSOO
厳しいな
2
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 00:16:53.65 ID:l2Awlc8i0
洞窟内

俺(ダメージも受けてるし、油断は禁物かな。無視して次の階層へ行こう)ザッザッザッ




地下3階

俺「おっ」

薬職人「ZZZ」岩

俺「なんだこの人…岩に挟まれたまま寝てる」

俺(よく死なないなこれで…)

俺「あのー」

薬職人「ハッ!いかんいかん。うっかり眠ってしまった」

俺「うっかりってレベルじゃない」

薬職人「隣町からやって来たお客さんの為に薬を作りに来たんだが、急に岩が降って来てね」

薬職人「身動きが取れなかったもんだから、ついうっかりしてしまった」

俺「凄いメンタル」

薬職人「僕。悪いけど、この岩を押してどかしてくれるかい?」

俺「…。」


1どかしてあげる
2おしっこしたくなって来た…
3その他

安価下
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 00:21:47.42 ID:b4rcfj3z0
1
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 12:41:40.44 ID:l2Awlc8i0
洞窟内
地下3階

俺「子供の俺で動くかなぁ…やってみる」ガシッ

薬職人「すまない。お願いする」

岩「」ググッ

俺「ふ…おおおおおっ!!」グググッ

岩「」ズズズズズッ

俺「ふうっ…動いたよ」

薬職人「おおっ。ありがとう!これで頼まれていた薬を作る事ができる」

薬職人「おっとこうしちゃいられない。急いで戻らなければ」タッタッタッ

俺「あっ…」

俺「子供の俺を置いて走って行ってしまった…」

俺「どうしよう。多分今の人がおばさんが探してた人だよね?」

俺「これで目的は達成されたけど…」



1もう少し探検して行く(コンマ91以上で宝箱。コンマ90以下でエンカウント)
2俺も戻る(コンマ61以上でイベント。コンマ60以下でエンカウント)

安価下


モンスターエンカウントした場合
コンマ下二桁
81以上せみもぐら1匹
61〜80おおきづち1匹とドラキー1匹
41〜60おおきづち1匹とせみもぐら1匹
21〜40ドラキー2匹とおおきづち1匹
20以下せみもぐら2匹とドラキー2匹

安価下2
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 12:45:04.58 ID:43XGTWRMO
2
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 12:47:35.44 ID:Y15HJkYwO
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 12:49:47.60 ID:rqY7MD9bO
ゾロだしやれるか?
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 12:53:02.73 ID:l2Awlc8i0
コンマ58(エンカウント)
コンマ44(ボナ。せみもぐら→ドラキーに変更)
洞窟内
地下3階

俺「俺ももう用は無いしさっさと戻ろう」スタスタ

俺「ん?」スタスタ

おおきづち「」スタスタ
ドラキー「」パタパタ

俺「げっ…また魔物だ」

俺「だけど木槌持った奴と黒い奴2匹か…それなら…」チャキッ



1たたかう(攻撃のみ)
2安定の逃げる(コンマ30以上で成功)
3その他


安価下
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 12:53:44.54 ID:rqY7MD9bO
1
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 13:05:01.41 ID:l2Awlc8i0
洞窟内
地下3階

ドラキー「」パタパタ
おおきづち「」ジッ

俺「2匹ならやれる」チャキッ

俺(初めて一人の時に剣抜いた…感動する)シャキンッ

俺「俺の攻撃は痛いぞ。覚悟しろよ」


俺HP24/37 おおきづちHP10/10 ドラキーHP7/7
コンマ下二桁
56以おおきづちを倒した(おおきづちに13ダメージ)
11〜55ドラキーを倒した(ドラキーに12ダメージ)
10以下攻撃が外れた

安価下(下一桁が0なら避ける。9なら痛恨の一撃で倍ダメージ。おおきづちが生きている場合は7、8、9なら痛恨の一撃で10ダメージ他はノーダメージ。ドラキーが生きている場合は2ダメージ)
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 13:06:39.68 ID:G+35icCMO
それっ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 13:14:35.12 ID:l2Awlc8i0
コンマ68
洞窟内
地下3階

俺「どりゃあっ!」ブンッ

おおきづち「」ドガッ

おおきづち「」ドサッ 

俺「一つ!」

ドラキー「」ベシッ
 
俺「ぐえっ」盾ドガッ  

>>俺は2ダメージを受けた

俺「くぅ〜…盾越しにも食らうんだ…」ジンジン

ドラキー「」パタパタ

俺「でも残り1匹だ」チャキッ


俺HP22/37
1たたかう(コンマ11以上で勝利)
2逃げる(コンマ11以上で成功)
3その他

安価下
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 13:15:37.47 ID:EwZYwC15O
男は度胸だ
1
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 13:31:24.69 ID:l2Awlc8i0
コンマ47
洞窟内
地下3階

俺「せえい!」ブンッ

ドラキー「」ドガッ

ドラキー「」ポタッ

俺「ふう…これで全てか。案外楽勝だったな」

俺「さて、階段を上がろう」スタスタ

ザッザッザッ



地下2階

モョモト「…。」ブンッ

とげぼうず「」ドガッ

とげぼうず「」ドサリ


>>モョモトはレベル3に上がった
HP32に。MPが7に攻撃力、防御力上昇


俺「アレ?モョモトじゃないか」スタスタ

モョモト「はい」

俺「どうしてこんな所に?…もしかして俺が洞窟に入るのが見えて追って来たのか?」

モョモト「はい」

俺「なるほど…俺を心配して…」

俺「でもどうして追いつけ…」

俺『ざまあみたか魔物共!』タッタッタッ

俺「…。」

俺「モョモトは現れた魔物全て倒して来たのか?」

モョモト「はい」

俺「…うん。追いつける訳無いか」

俺「とりあえずもう用は無くなったから、ここからは一緒に戻ろう」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ


6の経験値を手に入れた
5ゴールド手に入れた(44)
モョモトが仲間に加わった
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 13:34:07.09 ID:b7+XmdV/0
ツエーーーーー
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 13:35:32.67 ID:8yr9JnfyO
俺も鍛えないといかんな
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 13:37:48.68 ID:b7+XmdV/0
https://i.imgur.com/uOOfMLP.jpg

2年前にまたやりたくなって急に買ったの思い出したよ
端末変えてるから引き継ぎしなきゃ
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 13:45:19.26 ID:ds91ydhCo
むしろモョモト強くしないと俺が活躍奪っちゃうから
俺は死なない程度に鍛えればそれでいい気がする
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 14:21:31.87 ID:l2Awlc8i0
洞窟内
地下2階

俺「さあ、後は来た道を戻るだけだから簡単だな」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

俺(モョモトも一緒だし、魔物が複数出てもそう怖くないだろ)

俺「疲れたしさっさと戻って寝るぞー」スタスタ


コンマ下二桁
91以上イベント発生
61〜90一気に洞窟を抜けた
60以下モンスターエンカウントした

安価下


モンスターエンカウントした場合(コンマ60以下の時のみ)
コンマ下二桁
81以上おおきづち1匹
61〜80おおきづち1匹ととげぼうず1匹
41〜60おおきづち1匹とスライム2匹
21〜40ドラキー2匹とスライム1匹
20以下おおきづち1匹とスライム1匹とドラキー2匹

安価下2
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 14:22:43.72 ID:K4pPXHBuo
活躍奪うなんてことあるのか?
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 14:23:06.69 ID:8yr9JnfyO
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 14:29:34.41 ID:lfPJRn+Xo
すでに親方救出奪われてるんですけど
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 14:33:25.23 ID:P1bqsYX8O
活躍奪わないでモョモトと同行するなら俺の存在意味ないし
いずれ別行動するだろうから鍛えておいた方がいい
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 14:37:33.20 ID:l2Awlc8i0
コンマ72
サンタローズ

俺「二人になった途端に魔物と出会わなかったな」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

俺「魔物も負けると分かってると、飛び出さないように考えてるとか?」

モョモト「いいえ」

俺「考え過ぎか」

俺「サンチョただいまー」

バタンッ



パパス家

俺「パパスは未だ帰って無いんだ?」

サンチョ「はい。お父様は未だ何か用事のようですね」

サンチョ「お坊っちゃま達もそろそろお疲れでしょう。お休みになられますか?」

モョモト「はい」スタスタ

俺「俺も何か忘れてる気がするけど、もう疲れたし寝よう」スタスタ

サンチョ「はい。ではおやすみなさいませ」



俺とモョモトの体力が全回復しました
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 14:48:23.04 ID:l2Awlc8i0
パパス家
2階

俺「ふわあー…」ガバッ

俺「あえ?…モョモトが居ない」

俺「先に起きたのかな?」スタスタ
 
階段「」ザッザッザッ



1階

パパス「ようやく起きて来たか俺」

俺(あれ?モョモト、パパス、サンチョ、ビアンカ、おばさん。いっぱい居る)

パパス「薬が手に入ったのでおかみさんとビアンカは今日帰ってしまうらしい」

俺「そうなんだ。薬手に入ったんだ」

ダンカンのおかみ「ええ。お陰様でね」

俺「??」

パパス「コホン。しかし女二人では何かと危ない。私とモョモトは2人をアルカパまで送って行こうと思うのだが、お前も着いてくるか?」

俺「どうしよう。疲れてるから留守番でも…」

パパス「まあそう言わずに一緒に行こうではないか!」

俺「うーん」


1一緒に行く
2サンチョと留守番しておく
3その他


安価下
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 14:49:02.92 ID:cDjHcxtTo
1
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 15:03:12.33 ID:l2Awlc8i0
パパス家

俺「じゃあ一緒に行く」スタスタ

パパス「よし。そうと決まったら早速出かけることにしよう!」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

サンチョ「旦那様。どうかお気を付けて行ってらっしゃいませ」



村の入り口

入り口を守ってる兵士「やや!パパスさんお出かけですか?」

パパス「うん。ちょっとアルカパの町までな」

入り口を守ってる兵士「ではお気をつけて!」スッ

パパス「では行くとしよう」スタスタ

俺(アルカパの町までどれくらい距離あるんだろう)スタスタ




草原

パパス「…。」キョロキョロ

モョモト「…。」トカゲ- 

俺「食べるなよ。腹壊すぞ?」

ビアンカ「おじさまが睨みを利かせてるからか魔物出ないわね」

ダンカンのおかみ「そうね。行きはせいすいを使って来たけど、流石パパスだわ」

パパス「フッ。運が良いだけだ。さあ暗くなる前にアルカパまで向かうぞ」スタスタ
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 15:18:46.41 ID:l2Awlc8i0
アルカパ

俺(半日近く歩いたかな。結構近くにあったんだ)スタスタ

入り口を守ってる戦士「これはパパス殿。さあお通り下さい」

パパス「やあ。ご苦労さん」スタスタ

モョモト「…。」ソワソワ

俺(…新しい町だからか、モョモトがまた奇行に走りたそうだ)スタスタ

宿屋「」ガチャッ



宿屋内

従業員「あっ、おかみさんお帰りなさい!薬は手に入ったんですか?」

ダンカンのおかみ「ええ。これで主人もよくなると思うわ」スタスタ

俺(奥で寝てる人がダンカンって人か)

ダンカン「ゴホッ…ゴホッ…」

俺(…結構キツそうだ)

パパス「どれ。私もダンカンを見舞う事にしよう」

パパス「お前達は暇なら何処か散歩してくれば良い」スタスタ

モョモト「!!」ビュ-ン

タンス「」ガサガサ 

俺「…また始まった」

ビアンカ「俺は何処かへ行かないの?」

俺「んーどうしようかな」

ダンカンのおかみ「良かったらビアンカと遊んでおいで」

俺「うーん…」


1武器屋を見に行く
2ここに居る
3外に出てみる
4ビアンカとその辺を散歩する
5その他


安価下
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 15:19:37.41 ID:kYzUFB8QO
4
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 15:40:41.90 ID:l2Awlc8i0
宿屋

俺「まあいいか。一緒に何処か散歩でもしようか」スタスタ

ビアンカ「ええ。行きましょ」スタスタ





ビアンカ「ここには色んな建物があるけど、ウチの宿屋が一番大きいのよ」

俺「ふーん」

吟遊詩人「おや?」スタスタ

ビアンカ「あっ」

俺「ん?何?」

吟遊詩人「昔々レヌールの城には逞しい王と美しい王妃が住んでいました」

吟遊詩人「しかし、2人には子供ができずいつしか王家も絶え、お城には誰も居なくなってしまったのでした…」

俺「…。」

吟遊詩人「ところがそのレヌール城から夜な夜なすすり泣く声が聞こえて来ると言う」

吟遊詩人「と、お話はここまで。どうだい坊や。怖かっただろ?」

俺「…。」

ビアンカ「あっ。俺…もしかして今のお話で怖くなっちゃった?」

ビアンカ「私はへっちゃらよ。もう何度も聞かされて慣れちゃった」

俺「…。」


1怖かった…。レヌール城か…覚えとこう
2全く怖くなかった
3むしろ急に語り出すおじさんの方が怖かった
4そんな事よりモョモトが気になる
5俺達はそうならないようにしっかり子供作ろう


安価下
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 15:44:18.42 ID:A9ZcUnVKO
1
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 15:55:54.36 ID:lfPJRn+Xo
いまさら思ったがモョモトが薬草よこしたのって賄賂というより単に仲間に渡そうとしただけではないだろうか
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 16:19:55.23 ID:VXzBO5iRO
>>133
なるほど…どこまでもプレイヤーなんだな
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 16:52:44.79 ID:l2Awlc8i0
アルカパ
宿屋庭

俺「怖かった…。レヌール城か…覚えとこう」

ビアンカ「ふふ。良かったわね」

吟遊詩人「ああ。だけど本当にレヌール城には近付いちゃいけないよっ!」

俺「近付かないよ…」

ビアンカ「ねえ。違う場所に行きましょうよ」

俺「そうだな」スタスタ

ガチャッ



広場

ビアンカ「サンタローズと違ってアルカパは賑やかでしょ?」

俺「サンタローズにはサンタローズの良い所がある」

ビアンカ「うん。それは分かってるわよ。でもねーー」

俺「なんだアレ?」

ビアンカ「うん?」

男の子A「やーいやーい」蹴りッ

ベビーパンサー「( ;ω;)」ドガッ

男の子B「ハハハハハこいつこいつ〜」踏み

ベビーパンサー尻尾「」ギュウッ

ベビーパンサー「フギャ-…」

俺「何やってんだあの子達?」

ビアンカ「あの子達いっつもあんな事して遊んでるのよ。この前なんて私の…」

俺「私の?」

ビアンカ「な、なんでもない!///」

俺「??」

俺「というかねえ君達。その子って…」スタスタ

男の子A「変わった猫だろ?変な声で鳴くんだ。ほらもっと鳴け!」蹴りッ

俺「あっ…」

ベビーパンサー「( ;ω;)」ドガッ

ビアンカ「やめなさいよ!かわいそうでしょう。その子を私に渡しなさい!」

男の子A「おい。この猫を渡せって。どうする?」

男の子B「そうだなあ。虐めるのも飽きてきたし、欲しいならあげても良いけどさ」

男の子B「そうだ!レヌール城のお化けを退治してきたらなっ!」

俺「ゲッ…レヌール城…」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 17:10:17.16 ID:l2Awlc8i0
アルカパ
広場

男の子A「そりゃ良いや!レヌール城のお化け退治と交換だな!」

俺「ええー…」

ビアンカ「ふん。やってやろうじゃないの。俺も手伝ってくれるんでしょ?」

俺「ヤダ」

ビアンカ「そんなのダメよ!私が付いてるから大丈夫。ねっ一緒に行きましょう!」

俺『はい』

俺「ファッ!?」クルリ

モョモト「はい」

俺「モ…モョモト。いつの間に…」

ビアンカ「モョモトも手伝ってくれるの?流石だわ。じゃあ決まりね。3人でお化け退治に行きましょう」

モョモト「はい」

俺「いやだー」

ビアンカ「でも本当にお化けなんているのかしら?」

モョモト「いいえ」

俺(あ、そうだ。俺達どちらにせよもう帰るから行かなくて良いんだ!)

俺「とりあえず一旦宿屋へ戻ってみよう」



宿屋

パパス「待たせたな2人とも。ダンカンの病気はどうやら只の風邪らしい」

パパス「さて、そろそろサンタローズの村へ戻るとしよう」スタスタ

モョモト「…。」ガ-ン

モョモト「…。」スタスタ

俺(やったぜ)

俺「じゃあなビアンカ。残念だがレヌール城のお化け退治は一人で行ってくれ」スタスタ

ビアンカ「…。」

ビアンカ「あっ!そうだママ」ヒソヒソ

ダンカンのおかみ「ん?ああ、それは良いわね」ヒソヒソ

俺「ん?」スタスタ

ダンカンのおかみ「パパスさんパパスさん。このまま帰るなんてとんでもない!」タッタッタッ

ダンカンのおかみ「せめて今日だけでも泊まって行って下さいな!」

俺「!?」

パパス「それではお言葉に甘える事にするかっ。」

モョモト「はい」コクコク

俺「えっ!?」チラッ

ビアンカ「ふふん」ドヤアッ

ビアンカ(逃さないわよ)

俺「…。」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:32:23.22 ID:BHnDb44go
もょもとプレイヤーだって思わないで見ると単なるガイジで草生えるわ
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 17:37:04.41 ID:l2Awlc8i0
???

???『あら。もう目が覚めた?あまり眠れなかったのかしら?』

俺『…。』

???『無理も無いわね。いよいよですものね』

俺『いよいよ…?』

???『さあ。起きなさい』

俺『いや、起きなさいって、もう起きて…』


宿屋3階

「はやく起きなさいってば」ドンッ

俺「ふぉっ!?」ビクウッ

ビアンカ「ふふ。おはよう」

モョモト「…。」ゴシゴシ

俺「ふぇ…な、何?…モョモトと…ビアンカ?」ガバッ

ビアンカ「起きたわね。じゃあ早く行きましょう」

俺「行くって何処に…」

ビアンカ「勿論レヌール城へよ」

ビアンカ「お化け退治をしてあの子ネコを助けなくちゃ」

俺(そう言えばそんな約束してたような…)

ビアンカ「レヌール城はこの町からずっと北にあるそうだわ」

ビアンカ「さあ行きましょう」

俺「ええ…こんな真夜中から行くのか?モョモト?…」

モョモト「はい…」ゴシゴシ
 
ビアンカ「何嫌そうな顔してるのよ。俺。貴方も行くのよ」

俺(くっ…最早俺も行くしか無いのか…)


1俺も風邪がうつったかも…ゴホッ…すまない。二人で行ってらっしゃい…
2仕方無い。腹を括って一緒に行く
3後で追いかけるから、先に二人で行って貰う
4その他

多数決下3まで
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:38:12.54 ID:b7+XmdV/0
1
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:38:13.07 ID:In5QbireO
2
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:38:26.91 ID:cDjHcxtTo
2
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:38:40.42 ID:43XGTWRMO
2
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:42:36.68 ID:lQBtot6WO
1選んでも
元気だと見抜かれて強制的にもう一度選択肢が出る
それのドラクエ
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/01(土) 17:48:34.24 ID:UU+LFsfC0
いくのか
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:52:57.05 ID:K4pPXHBuo
一緒に居たら影に隠れる言われてるのに結局主人公の影に隠れる選択肢選んでいくのか
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:53:54.24 ID:AtVJbt7vO
仲間もいるしガンガン戦ってレベルを上げようぜ
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 17:58:08.57 ID:t+M+nIexO
レベル上げないと後々詰みそうだからレベル上げでしょ?逃げてばかりじゃクリア出来ないよ
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 17:58:40.42 ID:l2Awlc8i0
宿屋3階

俺「はぁ…仕方無い。行くか…」チャキッ

モョモト「…。」ツンツン

パパス「ぐうぐう…マーサ…我が妻マーサ…お前の息子モョモトは元気に育っているぞ。ZZZ…」

ビアンカ「こらモョモト。やめなさい。おじさまが起きちゃうでしょ」

俺(…それにしても普通こんなに寝言言う?案外起きてるんじゃないか?)スタスタ



広場

入り口を守ってる戦士「ZZZ…」
 
俺「ふあぁ…皆んな寝てるな…」スタスタ

モョモト「はい…」スタスタ

ビアンカ「夜こっそり町を出るなんて初めてよ。ワクワクしちゃう」スタスタ 

モョモト「…。」

俺(なんでこいつこんなに元気なんだ…。もしかして女の子って皆んなこうなのか…?)

ビアンカ「さあ準備できたわね。行くわよ」スタスタ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 18:45:42.62 ID:l2Awlc8i0
アルカパ周辺

ビアンカ「さあ行くわよ」

俺「道が分かるのか。こりゃ頼りになるな」

ビアンカ「ううん。北って言ってたからとにかく向かってみるだけ」スタスタ

モョモト「…。」スタスタ

俺「…やっぱり大丈夫かな」スタスタ

ビアンカ「それにしても真っ暗ね。迂闊に森や荒野の方には近づかないとしないと」

俺「それもそうだが、そもそも子供3人で辿り着けるのか?外の魔物って強力だった筈。魔物にも気をつけないと」

ビアンカ「大丈夫。大丈夫。怖がり過ぎよ」スタスタ

俺「何処にそんな根拠が…」スタスタ

モョモト「…。」スタスタ

俺(今一番強いのがモョモトなのに、大丈夫かな…)


コンマ下二桁
96以上レヌール城に着いた
81〜95かなり進んだら魔物と出くわした
61〜80結構進んだら魔物と出くわした
6〜60少しすすんだら魔物と出くわした
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気付いていない


安価下

モンスターエンカウントした場合(95以下)
コンマ下二桁
81以上ドラキー、いっかくうさぎ
61〜80グリーンワーム×3
41〜60おおきづち×2
21〜40プリズニャン×2
20以下プリズニャン×2、くびながイタチ×2

安価下2
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 18:47:36.38 ID:rWA7s6iqO
しのびあし
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 18:47:41.23 ID:b7+XmdV/0
任せろ!
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 19:35:18.98 ID:l2Awlc8i0
草原

俺「暗いなあ…本当にお化け出るのかなぁ…」スタスタ

ビアンカ「お化けなんて迷信よ」スタスタ

俺「うーん…」

モョモト「…。」スチャッ

ビアンカ「うん?どうしたのモョモー」

プリズニャンA「」ザッ
プリズニャンB「」ザッ

ビアンカ「あら可愛い猫ちゃん」

俺「いや、普通に魔物だからこれ!しかも前に戦った時、パパスが直ぐに倒したけどそこそこ強かったような…」カチャッ

モョモト「…。」コクッ

ビアンカ「えっ!?どうするの!?」

俺「…。」


現在俺HP37/37 モョモト32/32(7) ビアンカ18/18
1戦う(攻撃)
2ダメだ!皆んな逃げよう(コンマ50以上で成功)
3その他

安価下
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:36:40.20 ID:cDjHcxtTo
1
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:36:51.45 ID:eZvXuTArO
1
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 19:42:22.29 ID:l2Awlc8i0
草原

俺「いや、パパスが居なくても3人ならいける筈!」ダッ

モョモト「…。」ダッ

ビアンカ「よし!」ダッ

俺(叩く用の剣と棒と果物ナイフ…俺がやられなければなんとかなる筈!)

プリズニャンA「シャアアアッ」ダッ

プリズニャンB「シャアアアッ」ダッ



俺HP37/37 モョモトHP32/32(7) ビアンカHP18/18(0)
コンマ下二桁
00???
51以上先ずは全員同じ奴を狙った(プリズニャンに22ダメージ。1匹撃破)
31〜50俺とモョモトが同じ奴に攻撃した(プリズニャンに19ダメージ、3ダメージ)
11〜30俺だけ違う奴に攻撃した(プリズニャンに12ダメージ、10ダメージ)
6〜10俺の攻撃は外れた(プリズニャンに7ダメージ、3ダメージ)
5以下俺とモョモトの攻撃が外れた(プリズニャン1匹に3ダメージ)
1奇跡の全員攻撃外し(0)

安価下

プリズニャンHP21×2
コンマ下二桁
00???
91以上様子を見て襲って来なかった
76〜90俺に攻撃(3ダメージ)
61〜75モョモトに攻撃(4ダメージ)
46〜60ビアンカに攻撃(4ダメージ)
31〜45ヒャドを唱えた(俺に13ダメージ)
16〜30ヒャドを唱えた(モョモトに13ダメージ)
15以下ヒャドを唱えた(ビアンカに13ダメージ)
ゾロ目(攻撃を躱した)

安価下2
(もう1匹生きている場合のみ)安価下3
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:43:09.99 ID:1WyrhBdwO
どうだ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:43:13.93 ID:AtVJbt7vO
ほい
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:44:45.01 ID:1ueyo7ZRO
00惜しい
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:45:10.40 ID:1WyrhBdwO
普通に悔しい…
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 19:45:16.93 ID:eZvXuTArO
999が出てるよー
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:08:37.66 ID:iV2XvoaZ0
???気になる
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 20:11:56.68 ID:l2Awlc8i0
コンマ99(全員会心の一撃+勝てば経験値3倍)
コンマ93(様子を)
草原


俺「だりゃあぁっ!」ブウンッ

プリズニャン「」ザンッ  

俺「ファッ…!?どうのつるぎなのに真っ二つになった!」

ビアンカ「えー!すっごーい!」

モョモト「はい」

俺(自分でもビックリだ…。逆刃刀だからなんたらってレベルじゃねえ…」

モョモト「…。」ビュンッ

プリズニャンB「」ボグッ

会心の一撃!プリズニャンに14ダメージ

俺「モョモトの攻撃も棒なのにかなり効いてる」

モョモト「…。」ドヤアッ

ビアンカ「えい!」シュッ

プリズニャン「」ザシュッ 

会心の一撃!プリズニャンに6ダメージ

俺「ビアンカも…多分頑張ったと思う」

ビアンカ「…私だけ何か辛辣じゃない?」

俺「だが次はこいつの攻撃が…」スッ

プリズニャンB「」ジィ-

プリズニャンBは様子を見ている

モョモト「??」

ビアンカ「あれ?」

俺「…こんだけやられてこいつ何もしてこないのか」

俺「まあいいや。それならとどめ刺しちゃうか」チャキッ


コンマ二桁(コンマ02以上で勝利。00なら…)
安価下
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:12:33.78 ID:/uJtlo7DO
00出ろ
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:13:49.55 ID:1WyrhBdwO
気軽に出せるもんじゃないよな
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 20:38:27.00 ID:l2Awlc8i0
コンマ78
草原

プリズニャンB「」ザシュツ

俺「ふう…結局ノーダメージだったな」カチャッ

ビアンカ「なんだか私ちょっと強くなれたかも」

モョモト「はい」コクッ

ビアンカ「モョモトも?一緒ね」

俺「どう言う事?」

ビアンカ「魔法覚えたって事」

モョモト「はい」

俺「…は?二人いっぺんに?」

ビアンカ「まあ今は魔力が空だから使えないけど、回復したら見せてあげるわ」

モョモト「はい」

俺「あれ?俺は使えないのになんで二人だけ…」

ビアンカ「えっへん」

モョモト「いいえ」ドヤアッ

俺「…。」

俺(そもそも魔力ってなんだよ…。魔力って奴自体が俺の身体から湧いてくる気すらしないんだが…)

俺「もしかして俺…魔法の才能無いのか…?」


それぞれ66の経験値を貰った
モョモトはレベル4に上がったHP36に、MP10に、攻撃力上昇防御力少し上昇、ホイミを覚えた
俺はレベル4に上がったHP46に、攻撃力防御力上昇
ビアンカはレベル3に上がったHP25、MP9に、攻撃力防御力少し上昇、メラを覚えた
12ゴールド手に入れた(56)
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:39:47.16 ID:kSuWx8BJO
器用貧乏より一点特化ですよ
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 20:43:02.59 ID:BHnDb44go
もょもとよりも俺がもょもとみたいな成長するんだな、破壊神を破壊できるようになるかな
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:02:14.62 ID:iV2XvoaZ0
おもろい
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:03:51.99 ID:mowGUa+4O
ローレシア王子系だから仕方ないね
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:08:25.01 ID:l2Awlc8i0
草原

ビアンカ「さあ。引き続きレヌール城を目指すわよ」

俺「ノーダメージなら強くなった分、体力の消費が激しいんじゃないか?」

俺「一旦引き返して休むと言う手も…」

ビアンカ「…引き返して明日にはおじさんと帰る気でしょ」ジト-

俺「い、いやいやそんな訳は…」シラ-

ビアンカ「どうしたいモョモト?」

モョモト「いいえ」フルフル

ビアンカ「…。」

ビアンカ「うーん。ちょっと何が言いたいかよくわからないわね…どうしようかしら…」

モョモト「…。」ガ-ン

俺(モョモトは進もうと言ってるんだが、未だビアンカには理解できてないか)

俺(よし、ならここは俺が…)



俺HP37/46 モョモトHP32/37(7/10) ビアンカHP18/25(0/9)
1このまま進む
2今日はもう疲れた。一旦無理をしない方が良いと更に勧める(少ししか進んで無いので判定無しでアルカパへ)
3その他

安価下
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:09:35.84 ID:t+M+nIexO
2
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:09:36.54 ID:cSwko6jTO
1
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:09:39.71 ID:l2Awlc8i0
モョモトの最大HPミス37→36
安価踏んでたのなら下採用
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:10:51.09 ID:t+M+nIexO
やっぱり1にします
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:11:39.58 ID:b7+XmdV/0
引き返してもいいと思ったけどね
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:14:00.30 ID:mowGUa+4O
レヌーヌ城の宿屋のとこまで進められれば何とかなりそうだけど…
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:20:50.11 ID:rWA7s6iqO
クリア前に(できれば俺が腹くくる前に)一度戻って
パパス風邪伝染される→ビアンカ「じゃあ今夜また行きましょ」もょもと「はい」→俺「まじかー」
みたいな流れを見たい
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:24:18.24 ID:l2Awlc8i0
草原

俺「やはり無理は良くない。明日の夜になってから再出発しよう」

ビアンカ「…逃げない?」

モョモト「…。」ジイ-

俺「う…パ、パパスが帰ろうと言ったらモョモトと未だ留まるように説得するから!信じてくれ!」

ビアンカ「それならまあ…」

俺「モョモトも…それなら良いだろう?」

モョモト「はい」コクッ

俺「ふう…。よし、それじゃあ出てきたばかりだけど、一旦戻るか」スタスタ 

ビアンカ「そうね。そう言えば私も眠くなって来ちゃったし、戻りましょうか」スタスタ



次の日
宿屋

パパス「ハクション!ハクション!うう…頭が痛い…」

パパス「どうやら風邪をうつされてしまったらしいぞ。情けない事だ」ズズッ

ダンカンのおかみ「ウチの人の風邪がアンタ達の父さんにうつってしまったみたいだね」

ダンカンのおかみ「こうなったら治るまでウチの宿に泊まって行って貰わなきゃ!」

モョモト「はい」

俺(…なんて事だ。こりゃ暫くは帰れ無い…)

ビアンカ「良かったわね。説得する手間が省けて」

俺(まるで神が俺にレヌール城へ行けと言っているらしい…)

俺「はあ…」


1帰るのは諦めてモョモトとビアンカと作戦会議する
2武器屋に行く
3風邪をうつして貰おうとパパスに近付いてみる
4一人で街を抜け出す
5その他


安価下
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 21:26:01.95 ID:l2Awlc8i0
そのまま2にしちゃった申し訳無い
安価踏んでたなら下採用
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 21:28:02.89 ID:y4LzO5fqO
1
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 22:21:32.99 ID:l2Awlc8i0
宿屋1階

モョモト「…。」テロテロテロ

モョモトはホイミを唱えた

俺「なるほど。モョモトは回復魔法。ビアンカは攻撃魔法か」

ビアンカ「今のところモョモトは3回。私は4回で打ち止めかしら」

ビアンカ「もっと強くなれば回数も増えそうだけど」

俺「魔法が使える時点で俺にとって羨ましい…」

ビアンカ「俺はその代わり一番力と体力があるでしょ」

モョモト「はい」

俺「まあそうだが…」

俺(とりあえず先ずはレヌール城に着かないと話にならないな…)

俺(しかし、幽霊が居るとなったら着いてからも何が起きるか分からないが…)


1先ずはレヌール城目指して魔法をガンガン使いながら進もう
2ビアンカのみ魔法を使って行こう
3モョモトのみ魔法を使って行こう
4レヌール城に着いてから何があるか分からない。魔法は温存しよう
5その他


安価下
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:23:27.15 ID:y4LzO5fqO
1
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:24:32.61 ID:0Vxc1hJJO
1
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:25:24.20 ID:vgyCoEEto
ドラクエは小学生のころ2の洞窟とロンダルキアでやられてからやってない
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 22:40:47.55 ID:l2Awlc8i0
宿屋
1階

俺「まあ着いてみないと始まらないし、先ずはレヌール城目指して全力で頑張るか」

モョモト「はい」

ビアンカ「そうと決まったら、今回は早目に出れるように今の間に寝ておきましょう」

俺「仕方ないな」

俺(もう行くしかないしな…)ガックシ


3階

ビアンカ「さあ。行くわよ」ヒソヒソ

モョモト「…。」ゴシゴシ

パパス「ゴホッゴホッ…うう」

俺(何故俺とモョモトはかぜにはならないのか)

俺(…はあ。…まあいいや。どうせレヌール城に着いてもお化けなんて居ないだろうし、さっさと退治したフリでもして帰って来るか)



アルカパ周辺

ビアンカ「今日こそレヌール城のお化けを追い払うわよ!」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

俺「お化けなんて存在しないだろ」スタスタ


コンマ下二桁
96以上レヌール城に着いた
81〜95かなり進んだら魔物と出くわした
61〜80結構進んだら魔物と出くわした
6〜60少しすすんだら魔物と出くわした
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気付いていない


安価下

モンスターエンカウントした場合(95以下)
コンマ下二桁
81以上ドラキー、いっかくうさぎ
61〜80グリーンワーム×3
41〜60おおきずち×2
21〜40おばけねずみ×4
20以下プリズニャン×2、くびながイタチ×2

安価下2
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:41:36.78 ID:bT6hefW7O
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:41:48.21 ID:BH0mJyH50
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 22:42:09.38 ID:jiMhsPmfO
まものむれと でくわした
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 23:04:26.70 ID:l2Awlc8i0
コンマ78(結構進んだ)
コンマ21(おばけねずみ×4)
山岳

俺「アルカパを出て数時間…結構進んだかな?」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

ビアンカ「はぁ…まさかこんなに距離があるなんて…」

俺「そろそろ城くらい見えてもおかしくないんだが…」ジッ

山岳「」

俺「山しか見えない…。本当にこの道で合ってるのか…?」

ビアンカ「分からない。私は俺に任せて歩いてたし…」ジッ

俺「え?俺はモョモトに合わせて歩いてたけど…」ジッ

モョモト「いいえ」フルフル

俺、ビアンカ「…。」

俺「…もしかして道に迷ってる俺達?」

ビアンカ「…もしかしなくても道に迷ってると思う」

俺「どうすんだよコレ…。ちゃんとこっちで合ってるんだよな…ん?」

ビアンカ「モョモト。その杖貸してよ…」

モョモト「いいえ」  

ビアンカ「直ぐに返すから」バシッ

モョモト「…。」ガ-ン

ビアンカ「ふう…これで歩くのが楽に…」

俺「いや、直ぐに返すんだな…」

ビアンカ「え?」

おばけねずみA〜D「」ザザッ

俺「強そうな大きい…ねずみ?がいっぱい…」チャキッ

モョモト「…。」チャキッ

ビアンカ「…魔法使っても…なんだかマズそうじゃない?」

俺「確かにそんな気もするが…」


1たたかう(攻撃)
2無理だこの数は。ここは逃げよう(コンマ50以上で成功)
3その他

安価下
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:05:34.81 ID:BKtfVRctO
逃げれるか?
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:08:55.21 ID:g/uP+ssQ0
2
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:09:57.81 ID:JFmZA5L5O
ヤバイな
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:18:28.83 ID:th46i4PeO
やばい勝てない
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:24:48.71 ID:HDr9bb6HO
俺もアルカパ周辺探検してたらおばけねずみに何回か殺されたな
こいつら集団で出る癖にやたら強い
倒したら経験値やたら美味いけどギラかマヌーサ無いと先ず無理
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 23:40:03.94 ID:l2Awlc8i0
コンマ21
山岳

俺「ダメだこの数は。ここは逃げた方が…」

モョモト「…。」ダッ

俺「って早ッ!」ダッ  

ビアンカ「ちょ、ちょっと待ってよ!」ダッ
 
おばけねずみA〜D「」ダッダッダッ   
 
モョモト「!?」ピタッ

俺「ッ!!逃げる事を読まれてた!?」ピタッ

おばけねずみA「ガアアッ」シャキンッ

ビアンカ「キャアアッ!」


俺HP46/46 モョモトHP36/36(10) ビアンカHP25/25(9)
コンマ下二桁
91以上おばけねずみは逃げ出した
61〜90俺に10ダメージ
31〜60モョモトに12ダメージ
30以下ビアンカに13ダメージ
ゾロ目:ひらりと身を躱した

安価下〜下4(下一桁が9なら痛恨の一撃で倍ダメージ)
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:40:54.92 ID:frH9HeqgO
ヤバイ
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:41:56.90 ID:qVc98pQPO
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:42:00.11 ID:tetF2zmEO
こわいこわいこわい
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:42:35.03 ID:Ug8WUHS1O
どうなる
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:44:28.99 ID:S7VEyx+qO
マジで強いなこいつら
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/01(土) 23:52:41.13 ID:l2Awlc8i0
コンマ92、90、11、03
山岳  

おばけねずみA「」ガブッ

俺「いってーー!?」ブシュッ

おばけねずみB「」ドンッ

ビアンカ「あ。避けた!」バッ

おばけねずみC「」ガブッ   

ビアンカ「いったーい!」

おばけねずみD「」ジイッ

モョモト「…!」

おばけねずみD「」ダッ

モョモト「??」

俺「なんだ?一匹逃げて行った?」ボトボト

モョモト「はい」

ビアンカ「うう…痛いわ…」ボトボト  

俺(俺は慣れてるからこれくらい未だ未だ大丈夫だが、ビアンカを早く回復しないとやばいな…)

おばけねずみA〜C「」ジイッ  

俺「それにしてもやたら攻撃力が高い…体力もあるんだろうな…」

俺「どうする…」


俺HP36/46 モョモトHP36/36 ビアンカHP12/25
1たたかう
2倒せる気がしない、絶対に逃げる(コンマ40以上で成功)
3その他

安価下
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:53:45.87 ID:S7VEyx+qO
2
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:54:09.48 ID:eZvXuTArO
2
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/01(土) 23:54:10.49 ID:JFmZA5L5O
よし
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/02(日) 01:47:08.22 ID:mpCDR1xx0
コンマ87
荒野

俺「1匹減ったとしても油断するな!逃げるぞッ!」タッタッタッ

モョモト「…。」コクッタッタッタッ

ビアンカ「確かにそれが懸命ね」タッタッタッ

おばけねずみA〜C「」ダッ 

俺「やっぱり追って来たぞ!全速力で走れ!」タッタッタッ




森の中

ビアンカ「ハァッ…ようやく諦めたみたいね…」

俺「勝てる魔物ならともかく、まさかジョーカーを引くとはな…」

モョモト「…。」テロテロテロ

>>モョモトはホイミを唱えた。ビアンカのHPが回復した

ビアンカ「ありがとうモョモト」ポワアッ

俺「俺も次受けたら頼む」

モョモト「はい」

ビアンカ「というか思わず森の中へ逃げちゃったけど、これで道合ってるの?」

俺「森を抜けたら城が見えてくると信じて進んでみよう…」ガサガサ

ビアンカ「そうね…。もうそれに賭けるしか無さそう…」ガサガサ


コンマ下二桁
61以上レヌール城へ着いた
6〜60かなり進んだが魔物と出くわした
5以下魔物に不意打ちされた
ゾロ目:魔物を見つけたがこちらに気付いていない

安価下

?モンスターエンカウントした場合(60以下だった場合)
コンマ下二桁 ?
81以上ドラキー、いっかくうさぎ ?
61〜80グリーンワーム×3 ?
41〜60おおきずち×2 ?
21〜40おおねずみ×3?
20以下プリズニャン×2、くびながイタチ×2 ??

安価下2
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 01:51:15.85 ID:pKmf6KIC0
61
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 02:01:19.42 ID:XGA75YIk0
はい
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/02(日) 16:07:29.74 ID:9xCHMs8yO
コンマ85
レヌール城前

俺「ようやく森林を抜けた!」

ビアンカ「アレ?…あの城みたいなのって…」

モョモト「はい」

レヌール城「」

ポツ…ポツ…

俺「ん?…雨?レヌール城に着いた途端に…?」

ビアンカ「それになんだか暗いし不気味な感じね…今にもお化けが出てきそう…」

俺「…。」ゾクッ

ビアンカ「でもネコさんの為に頑張らなくっちゃ。行くわよ二人とも!」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

俺(行きたく無い…)スタスタ



レヌール城入り口

ビアンカ「どうして入り口の周りにお墓がいっぱいあるのかしら…なんだか嫌な感じ…」

俺「…。」ブルブル

モョモト「…。」ガシッ

扉「」ガタガタ

モョモト「???」

ビアンカ「あら?開かないわね」

俺「な、中には入れないようになってんだよ。さあ入れないし意味無いし帰ろう」スタスタ

ビアンカ「待ちなさい」ガシッ

俺「ぐえッ」グッ

ビアンカ「何処かに入れる所があるかもしれないわ。辺りを探ってみましょう」

モョモト「はい」スタスタ

俺(んだよコイツら…ヤル気ありすぎだろ…)スタスタ

城裏口梯子「」

俺「わーお…城の一部が倒壊してて中へ入れそうな梯子がある…」

ビアンカ「やったわね。これで中に入れるわ」

モョモト「…。」ガシッスタスタ

俺「ほえー。勇敢だなあモョモトは…」

ビアンカ「さあ次は俺が登る

俺「えっ!?俺が先?」

ビアンカ「だって最後尾にすると逃げるつもりでしょ?」

俺「…。」


1逃げるわけ無いだろ!ヘタレだと思うなよ!(勇敢に梯子を登る)
2俺はもしビアンカが手を滑らせて梯子から落ちたら受け止める役だから最後尾で!
3(…最後尾から行くフリをして逃げよう)
4その他


安価下
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 16:08:42.39 ID:WI9yYylXo
1
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/02(日) 21:53:17.90 ID:mpCDR1xx0
レヌール城

俺「逃げるわけ無いだろ!ヘタレだと思うなよ!?」

ビアンカ「あら、やる気になったの?」

俺「よく考えたらお化けとか言ってもどうせ魔物の仕業だろうし」

俺「斬れば全て解決するじゃん?あー。そう考えたら一気に怖くなくなったわ」

ビアンカ「その意気よ。さあ行きなさい」

俺「はいはい」ガシッスタスタ   

扉「」パカッ

モョモト「…。」ジイ-ッ  

俺「扉が開いてるな。ビアンカも早く来いよー」

ビアンカ「今登ってるから二人で先に扉の中に入ってて〜」ガシッスタスタ

モョモト「はい」スタスタ

俺「分かった。よーしさっさと魔物倒して帰るぞー」スタスタ



コンマ下二桁
31以上ビアンカも入ったタイミングで扉が勝手に閉じた
30以下ビアンカが入る前に扉が閉まった

安価下
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 21:54:35.40 ID:niNWykBH0
び、ビアンカーッ!
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/02(日) 22:19:39.23 ID:mpCDR1xx0
コンマ40
レヌール城内

ビアンカ「お待たせ」スタスタ

俺「さて、さっさと退治に…」

扉「」ガシャッ

俺、ビアンカ「!?」ビクツ

モョモト「…。」

俺「お?扉が勝手に…」ガシッ

扉「」ググッ

ビアンカ「…ど、どう?」

俺「ダメだ。ビクともしない」

モョモト「??」

ビアンカ「ここから出られなくなっちゃったわね…。で…でもとにかく進めば大丈夫よ!」

俺「あれ?もしかしてビアンカが怖くなって来たのか?」

ビアンカ「そ…そんな訳ないでしょ…。でもなんだか嫌な予感がするの…モョモト。私の側を離れないでね…」ガシッ

モョモト「??」

俺「面白い奴だな」

ビアンカ「…ま、全く面白くなんて無いんだけどっ!」

俺「まあとにかく先に進んでみようモョモト」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

ビアンカ「…。」ビクビク

棺桶「」

俺「なんだこれ?棺桶?」

ビアンカ「やだ気味悪いわ…」

モョモト「…。」ガシッレ

ビアンカ「ちょ、ちょっとモョモト!?何する気!?」

俺「なるほど。中に何か入って無いか気になるのか。奇行が出たな」

ビアンカ「そ…そんな…入ってる物なんてーー」

モョモト「…。」ワクワク

棺桶「」バカッ

ビアンカ「キャアアー!!」

俺「…!」ビクッ
 
棺桶「」シ-ン

俺「空だな…」

ビアンカ「な、なんだ…。驚かさないでよ…」

俺「…いや、それはこっちのセリフなんだが…一応全て見てみるか」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

棺桶「」バカッバカッバカッバカッ

俺「なんも無いな」

モョモト「…。」ガ-ン

ビアンカ「気味悪いわ…早くこの部屋でようよ…」

1部屋を出る
2棺桶内に入って寝てみる
3その他

安価下
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 22:22:14.97 ID:pKmf6KIC0
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/02(日) 22:48:25.41 ID:mpCDR1xx0
レヌール城内

俺「そうだな。これ以上は何も無いし階段降りるか」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

ビアンカ「そうしましょ」スタスタ

雷「」ピカッ

俺「おおー」

モョモト「…。」ジィ-

ビアンカ「…!」ビクッ

電気「」フッ
 
俺「あれ?電気が消えた」

ビアンカ「や、やだ…。ちょっと…停電?…」ガシッ

俺「おぅふ…び、ビアンカ…どこ掴んで…//」ムニュッ

ビアンカ「えっ…」ガシガシ

俺「や、やめ…//」ペタン

ゾロゾロゾロゾロ

モョモト「??」キョロキョロ

ビアンカ「きゃあ〜〜!!」

俺「え…ええー。どうしてお前が叫ぶ方なんだ…」

俺(…あれ?)

電気「」パッ

俺「おっ電気また点いた。なあビアンカ…」キョロキョロ

俺「アレっ!?」

モョモト「??」キョロキョロ

俺「いきなりビアンカが消えた!」

モョモト「はい」

俺「一人で何処へ行ったんだ?怖くなって先に帰ったとか?」

モョモト「…。」フルフル

俺「うーん…確かに消える前に悲鳴をあげてたような…。うん…」

俺「…。」

俺「まあいっか」

モョモト「はい」コクンッ

俺「さあ今度こそ先に進むぞー」スタスタ
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 22:55:37.38 ID:+baU4T4MO
俺君のおっぱいつかんだのかな
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/02(日) 22:59:07.22 ID:mpCDR1xx0
レヌール城内
銅像部屋

俺「この部屋は甲冑を着た戦士の銅像がいっぱい置いてあるな」スタスタ

モョモト「…。」コンコン  

俺「…流石に銅像からは、お前が欲しがりそうな物は何も手に入らないと思うぞ」

モョモト「ガ-ン」

戦士の像「」
戦士の像「」

俺「この部屋も何も無さげだな」

モョモト「はい」

俺「そっちの扉に入ってみるか」スタスタ

俺背後銅像目「」ピカッ

俺「…ん?」クルリ

モョモト「??」

俺「今その像だけ目が光らなかった?」ジッ

戦士の像「」

モョモト「いいえ」フルフル

俺「モョモトは何も感じなかったか…俺の気の所為だったか?」


1気になるな。調べてみる
2…いや、気の所為だな。先に進もう
3うっ…おしっこしたくなって来た…
4その他


安価下
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 23:00:43.83 ID:n2t7ysajo
1
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/02(日) 23:00:52.38 ID:lQfvG9XrO
剣で殴ってみる
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/03(月) 02:19:58.30 ID:nxN5QRzk0
レヌール城内
銅像部屋

俺「…。」ツンツン

戦士の像「」

モョモト「??」

俺「反応無いな」

戦士の像「」

俺(あ、そうだ。サンチョの真似してみよう!)チャキッ

モョモト「??」

戦士の像「」

俺「この剣で仏像をぶつぞー」

モョモト「…。」

戦士の像「…。」

俺「…。」

戦士の像「さぶっ…」

俺、モョモト「!?」

戦士の像「…!?み〜た〜な〜」

俺「…いや、見たって君が勝手に声出したんじゃん」

戦士の像「」バラバラ

うごくせきぞう「」ガララッ

俺「魔物!?」チャキッ

モョモト「…!」チャキッ

うごくせきぞう「」

俺「くっ…意外と強そうだな…」ジリ


俺HP36/46 モョモトHP36/36(7) うごくせきぞうHP100/100
コンマ下二桁
11以上うごくせきぞうに攻撃した(俺13+モョモト7で20ダメージ)
6〜10俺の攻撃は外れた(うごくせきぞうに7ダメージ)
5以下俺もモョモトの攻撃も外れた(0ダメージ)
ゾロ目:会心の一撃で攻撃力倍(50以下ゾロ目ならモョモト。51以上ゾロ目なら俺、99なら両方+経験値3倍)

安価下


コンマ下二桁
86以上様子を見て攻撃してこない
71〜85うごくせきぞうは身を守っている(こちら側攻撃ダメージ半減)
36〜70俺に12のダメージ
35以下モョモトに14のダメージ
ゾロ目:ひらりと身を躱した

安価下2(攻撃時のコンマ下一桁が9なら痛恨の一撃で攻撃力倍に)
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 02:23:30.22 ID:v0d514FG0
はい
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 02:24:48.12 ID:3UY9Zosi0
いいぞぉ!
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/03(月) 02:40:41.59 ID:nxN5QRzk0
コンマ22(モョモト会心の一撃)
コンマ12(モョモトにダメージ)
レヌール城内
銅像部屋

俺「くらえっ!」ブンッ

うごくせきぞう「」ガッ  

俺「くーっ!固ってえ!」ジンジン

うごくせきぞう「」蹴りッ

モョモト「!?」ドガァッ  

俺「も、モョモト!?大丈夫か!?」

モョモト「…。」イライラ

モョモト「…。」ズンッ

うごくせきぞう「ヌッ」ドガッ
 
>>会心の一撃!うごくせきぞうに14のダメージを与えた

モョモト「…。」ニヤリ

俺「そんな棒でよくやれるな…」

俺「しかし未だ大丈夫そうだな」

モョモト「はい」

うごくせきぞう「」ズズズッ

俺「残りどれくらい攻撃すれば良いのか分からないが、この調子で行こう」チャキッ   



俺HP36/46 モョモトHP22/36(7) うごくせきぞうHP73/100
コンマ下二桁
11以上うごくせきぞうに攻撃した(俺13+モョモト7で20ダメージ)
6〜10俺の攻撃は外れた(うごくせきぞうに7ダメージ)
5以下俺もモョモトの攻撃も外れた(0ダメージ)
ゾロ目:会心の一撃で攻撃力倍(50以下ゾロ目ならモョモト。51以上ゾロ目なら俺、99なら両方+経験値3倍)

安価下


コンマ下二桁
86以上様子を見て攻撃してこない
71〜85うごくせきぞうは身を守っている(こちら側攻撃ダメージ半減)
36〜70俺に12のダメージ
35以下モョモトに14のダメージ
ゾロ目:ひらりと身を躱した

安価下2(攻撃時のコンマ下一桁が9なら痛恨の一撃で攻撃力倍に)
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 02:46:31.00 ID:C9hF3qNDO
キック
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 02:47:24.73 ID:s9f6J8pso
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 02:54:08.58 ID:fXD0k97CO
もう00キター
いったい何が起こるんだw
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 16:11:38.34 ID:GyBVhodbO
せきぞうに金的で会心の一発とか?
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 20:20:09.81 ID:zYwt5NX8O
00だから>>156の99より凄いはず…
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 20:28:22.77 ID:+qvN13uAo
勢い余って親分ゴースト撃破やな
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/03(月) 21:15:29.79 ID:nxN5QRzk0
コンマ00(…えっ?00!?!?もう出たの!?)
効果:経験値4倍+選べる効果


1俺覚醒イベント(俺のMP解禁。ライデイン(消費MP6。敵全体に75ダメージ)を思い出す)

2俺にも魔物使いの才能が備わる(魔物を倒すと低確率or超低確率(00を出して倒す等)で倒した魔物が仲間になる)

3親分ゴーストを事故で撃破イベント追加(この後)

4はじゃのつるぎを拾った


多数決下4まで
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:19:23.53 ID:C9hF3qNDO
1
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:20:13.63 ID:d/n8dX9TO
1
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:21:17.15 ID:/HBTY0J9o
2
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:21:56.00 ID:5kI3/CzXo
1
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:32:51.11 ID:v0d514FG0
俺くん勇者だったのか
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:38:05.19 ID:qTN4TViXO
>>234
当たり前だろ?何言ってんだおめぇ

>>233-234
おめぇらゾロ目こんな時に出すなや
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:39:09.88 ID:dwlHy2MvO
それっぽい夢見てたし前世か何かは3の勇者だった?
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 21:41:31.55 ID:C9hF3qNDO
緑の化け物で石化だから6だろ
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 22:21:35.97 ID:w43HlLjYO
別の世界ではイノベイターじゃなくてニュータイプに目覚めるし、さすが俺君だと褒めてやりたいところだぁ
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/03(月) 22:24:21.16 ID:nxN5QRzk0
コンマ00
レヌール城内
銅像部屋

うごくせきぞう「」ズシ-ン!

モョモト「!?」ズズズッ

俺「おおお…」グラグラ

うごくせきぞう「」蹴りッ

俺「あっ!!」バシッ

どうのつるぎ「」カランカラン

俺「し、しまった…」

モョモト「ッ…!!」ダッ  

俺「モョモト!?」

うごくせきぞう「フン」ズンッ

モョモト「…!」ボゴッ 

俺「あっ!」

モョモト「ッ…」ヒュ-ン

壁「」ドンッ

モョモト「」クラッ

うごくせきぞう「フフフフ」ズズッ

俺「起きろモョモト!潰されるぞ!」

モョモト「」

俺(だ、ダメだ!完全に気絶してる!)

俺「くっ…」

俺(飛ばされた剣を取りに行けばーー)

うごくせきぞう「」ブオッ

俺(だ、ダメだ…!絶対間に合わないっ)ドクンッ

モョモト「…。」クラクラ

俺(ただここで殺されるのを見ているしかできないのか!?)ドクンッ

うごくせきぞう「」ヒュ-ン

俺「…。」ドクンッ

俺「…そんな事」ドクンッ

俺「できるものかああッ!」

俺身体「」パキインッ

うごくせきぞう「!?」クルリ

モョモト「…??」
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/03(月) 22:56:30.79 ID:nxN5QRzk0
???

俺(あれ?…何処だここ…?えっ?…う、浮いてる俺?…)フワフワ

緑の怪物『フハハハハッ!』

俺(あれは…夢によく出て来る怪物…?)



オレンジの髪の毛の子『くっ…なんて強さなの…』ボロッ

ガチムチの筋肉男『これが魔王の実力って奴…なのか…』ボロッ

金髪の綺麗な人『ベホイミを使う魔力も…多分残り1回…』ボロッ


俺(この人達は…?焼かれたのかな?皆んな服がボロボロだ…)



???『ハァ…ハァ…』フラフラ


俺(…あれ?あの人は何処かで見覚えが…)


オレンジの髪の毛の子『俺!一人で無茶よ!』


俺(お、俺?い、いや、俺は子供だし…あの人大人だし、偶然名前が同じだけだよな…)



俺?『諦めるなっ!!俺達が諦めればこの世界は終わりだ!』

3人『!?』

俺?『絶対に…お前を倒す!!』チャキッ

緑の怪物『フン。たかが虫ケラ1匹で何ができる』

俺?『…。』

緑の怪物『人間風情が私を倒せるとでも思っているのか!?』

俺?『…なら、見せてやる。人間の本当の力を!』バッ

ガチムチの筋肉男『な、何やってるんだ!?無防備じゃねえか!?』

緑の怪物ブレス『』ボオオオオッ  

俺?『くっ…』ゴオオオオッ 

オレンジの髪の毛の子『ああっ!』

金髪の綺麗な人『べ、ベホイミ!!』テロテロテロ

俺『…。』ポワアア

緑の怪物ブレス『』ゴオオオオッ

俺?『…。』ゴオオオオッ



俺(手を前に突き出して何やってるんだあの俺と同じ名前の人…?このままだと本当に…)


緑の怪物『フン!これでトドメだ!メラmーー』ビッ

俺?『ライデイン!!』ブンッ

緑の怪物『な、何ッ!?』

雷「」ドオ-ンッ

俺(う、うおっ!?)

緑の怪物『ゆ、勇者の…雷だとォッッ!?』バチバチバチバチ
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/03(月) 23:17:08.93 ID:nxN5QRzk0
レヌール城
銅像部屋

俺(あ、アレ?戻って来た…)ヒュ-ン

うごくせきぞう「??」

モョモト「??」

俺(なんだかよく分からなかったが…今の人俺と同じ名前の……よし、なら一か八か…)スッ

俺(俺が!モョモトを守るっ!)

うごくせきぞう「」ズイッ

俺「ライデイン!!」テロテロテロ

雷「」ピシャアンッ

うごくせきぞう「」ドオオオンッ  

モョモト「!?!?」

俺「お、おお…マジか…ほ、本当に出た…」

俺「けど…ハァ…凄い疲れるなこれ…フゥ…」ドサッ  

モョモト「…。」スタスタ

俺「フゥ…大丈夫かモョモト?」

モョモト「はい」コクッ 

俺「フッ…そっか。なら良かった…」

モョモト「ありがとう」

俺「…へ?今珍しくまともに何か話した?」

モョモト「いいえ」フルフル  

俺「??」

俺(…気の所為だったか?)



経験値を340手に入れました
モョモトのレベルが7に上がった(HP54に、MP19に。攻撃力、防御力大きく上昇。キアリーを覚えた)
俺のレベルが6に上がった(HP63に、MP13に。攻撃力大きく上昇、防御力上昇。ライデインを思い出した)
70G手に入れた(126)
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 23:32:40.59 ID:4fxFSbpMo
俺くん6の主人公とか熱い展開だな
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 23:34:11.80 ID:9UMrFW2A0
5と6のクロスオーバーとか俺得
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/03(月) 23:35:13.44 ID:zYwt5NX8O
マジか…ムドーだったのか
じゃあ今俺くんがいる世界は…?
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 00:01:41.62 ID:/8f70j7R0
レヌール城内
中庭

俺「銅像部屋の次は中庭か」スタスタ

モョモト「…。」ジイッ

俺「うん?どうしたモョモト?」スタスナ

墓「」
墓「」 

俺「こんな場所にも墓があるのか…ん?…」

モョモトの墓「」

俺「…モョモトの墓らしい」

モョモト「はい」ガシッ

モョモトの墓「」ズズッ 

モョモト「…。」スッ

俺「いや、モョモトの墓だとしても入れなんて言ってないから…」

モョモト「…。」ガ-ン

俺「ええ…どうしてだよ…」

「う〜ん…」

俺「??」

モョモト「…。」

俺「モョモト。何か言ったか?」

モョモト「いいえ」

俺「なんだ?また気の所為か?」

俺「いや、さっきの銅像部屋と同じなら気の所為じゃなくきっと何かある筈…」

モョモト「…。」

俺「今の声…」



1俺は辺りを警戒しておくからモョモトに捜索して貰う(原作通り)
2モョモトに辺りを警戒させて俺が捜索してみる(コンマ36以上で成功)
3いや、今度こそ気の所為だな。先に進もう


安価下
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 00:02:43.69 ID:eShc3CVuO
2
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 00:03:00.96 ID:v6NGODeNO
あえて2
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 00:16:34.78 ID:9ixOYavz0
5ってもょもとじゃなくてトンヌラじゃなかったっけ?
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 00:23:41.98 ID:e6yuYWMF0
魔物使いロマンがあるなぁ
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 01:14:33.46 ID:OhErQjQH0
バーバラがいる、火炎を吐く、メラミを使うってことは上のムドー戦の記憶か…?
あの時にライデインが使えたらそりゃ強力だわな
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 04:48:01.36 ID:/8f70j7R0
コンマ69
レヌール城
中庭

俺「モョモト。また魔物が現れないか周辺を見ててくれないか?俺はこの墓周りをちょっと調べてみる」

モョモト「はい」スタスタ

モョモトの墓「」

俺「モョモトの墓があるって事は…隣は俺の墓?」チラッ
 
ビアンカの墓「」

俺「あれぇ?どうしてビアンカ?…もう先に帰ったんじゃ…」

俺「…。」

俺「…ん?もしかして」ガシッ

ビアンカの墓「」ズズ 

俺「重……けど…」ググッ 

ビアンカの墓「」ズズズズ

俺「あ」

ビアンカ「あ…」

俺「そんな所で何してーー」

ビアンカ「わーん…」ギュウッ

俺「??」ギュウッ

ビアンカ「遅いじゃない!何してたのよ!」ポロポロ

俺「何って…なんだろう?」

俺(そもそもビアンカ先に帰ったのかと…)

ビアンカ「何よそれ…本当に怖かったんだからね…グスッ」ギュウッ

ビアンカ「でもまあいいわ。助けてくれたから。さぁ先にみましょう」

俺「うん。じゃあ離してくれない?これじゃ動きが…」ホ-ルド

ビアンカ「え?…あ…///」バッ

モョモト「( ^∀^)」ニヤニヤ

ビアンカ「あ…ちょ、ちょっ///ち、違うからモョモト!変な誤解しないで!///」

俺「??」

モョモト「( ^∀^)」


ビアンカの好感度が7に上がった
ビアンカが仲間になりました
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 05:17:27.62 ID:/8f70j7R0
レヌール城
書庫

俺「本がいっぱい散らばってるなこの部屋」スタスタ

ビアンカ「お城の書庫だったのかしら?」スタスタ

モョモト「…。」スタスタ

モョモト「…!」ピタッ

ビアンカ「ん?どうしたのモョモーー」ビクッ

身体が透けた女の人『…。』

俺「ハハッ。どうせまた魔物かなんかだろ」チャキッ

身体が透けた女の人『…。』ニコッ  

俺「ん?笑った?」

身体が透けた女の人『』スウ- 

ビアンカ「か、身体が消え…」

モョモト「はい…」

俺「ほ、本物の…幽霊…!?」ドキッドキッ    

俺(ヤバイ…また怖くなって来た…)ドキッドキッ

本棚「」ゴゴゴゴゴッ  

俺「うひぃっ!?」ビクウッ

ビアンカ「あっ階段だわ。さっきの人もしかしてこのお城に住んでたお姫様かしら…」

ビアンカ「とりあえず階段を降りてみましょーー」

俺「…。」ギュッ

モョモト「…。」ギュッ

ビアンカ「…どうして手繋いでんの?」

モョモト「いいえ」フルフル

俺「…。」ビクビク

俺(落ち着け…未だ俺達が何かされた訳じゃない…。いや何かされた時はライデインで部屋諸共…)ブツブツ

ビアンカ「モョモト。滑り易くなってるから気を付けて」スタスタ  

モョモト「はい」スタスタ

俺「って置いてかないでくれー!」タッタッタッ

253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 05:22:53.62 ID:jkhUh66Bo
モョモトって誰だよトンヌラだろ
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 06:38:45.62 ID:AlU/qVRK0
いやいや、ムスコスさんだろ(鼻ほじ)
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 09:51:07.70 ID:vtjBUp/j0
リュ、リュカ...
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 12:41:42.04 ID:/8f70j7R0
レヌール城
寝室

俺「この部屋はベッドが二つある…寝る場所か?」スタスタ

モョモト「…!」ダッ

ビアンカ「あっ。モョモト?」

モョモト「…。」ガシッ

タンス「」ゴソゴソ

ビアンカ「えー…」

俺「…幽霊の城でもその奇行か。…ある意味肝座り過ぎじゃないか」

モョモト「♪♪」ガサガサ

ビアンカ「あ、ねえアレ…」

俺「ん?」

王妃の幽霊「…。」

俺「ギャッ!さっきの幽霊じゃないか…」

ビアンカ「何か悲しそうな表情してるわ。話しかけてみましょうよ」

俺「え、ええ…の、呪われるぞ…」ドキッドキッ

ビアンカ「多分大丈夫よ」スタスタ

俺「多分って…」ドキッドキッ

王妃の幽霊「…。」

ビアンカ「ね、ねえ貴方…」

王妃の幽霊「…。」ジッ

ビアンカ「…。」ビクッ

ビアンカ「お、俺…」ギュッ

俺「…いや、結局お前も怖がってるんじゃないか」

俺「あ、貴女は…誰ですか?…」ドキッドキッ

王妃の幽霊「私はこのレヌール城の王妃ソフィア…」

ビアンカ(あっ。話した)

ソフィア「十数年ほど前…お城の者は皆んな魔物達に襲われ殺されたのです…」

ソフィア「なぜあんな事になったのでしょう?…」

ソフィア「噂では邪悪な手の者が世界中から身分のある子供を狙っているとか…」

俺「子供を?…うっ…ここの3人全員子供じゃないか…」

ビアンカ「身分が無いから大丈夫でしょ」

ソフィア「しかし私とエリックには子供は居ませんでした」

ソフィア「子供さらいの魔物達はその腹いせに皆んなを襲ったのかもしれません」
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 13:16:22.09 ID:DI3RpWw+o
俺が勇者の血筋なら俺ともょもとで勇者作るの?
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 13:25:44.42 ID:wEAjffvK0
ホモかよ
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 13:27:45.30 ID:NzD3RNAV0
俺くんデイン系魔法使えるって事はもう勇者なんじゃ・・・ww
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 13:36:21.10 ID:IMIt23x8o
モョモトの嫁(ビアンカかフローラ)が勇者の子孫で、この場合の俺は子孫とは違う生まれ変わり的なあれじゃね?
血筋じゃないから厳密には勇者じゃないけど魂は同じみたいな
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 13:45:48.56 ID:/8f70j7R0
レヌール城
寝室

ソフィア「今となっては嘆いても仕方の無い事。ですがせめて…」

ソフィア「私達は静かに眠りたいのです。どうかお願いです…」

ソフィア「この滅びた城に住み着いたゴースト達を追い出して下さい…」

俺(いきなり幽霊に何か頼まれた)

ソフィア「そうでなければお城の者達はいつまでも呪われた舞踏会で踊らされたままなのです…」

ビアンカ「王妃様かわいそう…どうせお化け退治に来たんだし、私達が追い出してあげようよ」

俺「まあやはり魔物の仕業だと分かったしな。魔物とならマトモに戦う事ができるか」

モョモト「はい」

ビアンカ「も、モョモト?もう捜索は終わったの?」

モョモト「はい」

俺「なら先に進むか」スタスタ

階段「」ザッザッザッ



真っ暗の部屋

俺「うわあ。なんだこの部屋…真っ暗だ…」

雷「」ピカッ

俺「…皮肉にも外の雷が光った時一瞬だけ部屋の中が見渡せるな」

ビアンカ「も、モョモト…逸れないように皆んな手を繋いどくべきだ…」

モョモト「はい」ギュッ 

ビアンカ「はい。俺も…」ギュッ

俺「あふん//」モニュッ

ビアンカ「えっ?」ギュッギュッ 

俺「お、おま……絶対わざとだろ…」フニャ  

ビアンカ「な、なんなの?気持ち悪…」

俺「…こっちのセリフだ」
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 13:47:48.54 ID:er8qAC3QO
それは私のおいなりさんだ
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 14:11:27.83 ID:G9fx2UCXO
ライデインがあるから親分ゴーストは楽勝に勝てるな
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 15:19:22.77 ID:/8f70j7R0
レヌール城内
テラス

俺「下で踊ってる幽霊が無理矢理踊らせてるこの城の幽霊達か」ジッ  

ビアンカ「かわいそう…」

モョモト「…!」スッ

俺「うん?おっ…また幽霊…しかも王様だ」

王様の幽霊「…。」スタスタ

ビアンカ「きっとエリックって名前のこの城の王様だわ!追ってみましょう!」タッタッタッ 




レヌール城
外側

王様の幽霊「私の名前はエリック」

ビアンカ「やっぱり」

エリック「頼む。このお城に住む親分ゴーストを退治してくれないか?」

モョモト「はい」

俺「決めるのはやっ」

エリック「親分ゴーストは4階の玉座を住処にしている。其処へ行けばーー」

モョモト「…。」スタスタ

俺「分かった」スタスタ

ビアンカ「親分ゴーストってのを退治すれば良いのね。行きましょ」スタスタ

エリック「これ!未だ話は終わっておらん!」

モョモト「??」

エリック「全く近頃の若い者は人の話を最後まで聞かない」

俺「うわ…」

ビアンカ「年寄りの典型的な口癖だわ…」

エリック「誰が年寄りか。良いか?4階の玉座への道は親分ゴーストの手下の幽霊が道を塞いで通れまい」

エリック「大広間を抜けて地下まで降りれば台所のツボの中に松明があった筈じゃ」

エリック「それを使えば暗闇を照らす事ができよう」

エリック「さあこっちじゃ!」スタスタ

エリック「サビ付いているドアも開くようにしておくから宜しく頼んだぞよ!」

俺(この人本当に逞しい王様だったのか…?)

ビアンカ「台所へ降りろってさ。どうする二人とも?」

モョモト「はい」コクッ

俺「…。」


1分かった。台所へ松明を取りに行く
2疲れたから一旦アルカパへ戻ろう
3そんな事しなくてもビアンカのメラと、そこに捨ててある布が有れば簡易松明作れるよね
4その他

安価下
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 15:47:35.83 ID:Hh98nxwrO
1
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 15:57:37.10 ID:NzD3RNAV0
1
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/04(火) 17:03:11.72 ID:XCtJFYoW0
3はメラでMP使うのか
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 18:50:04.40 ID:/8f70j7R0
レヌール城
テラス

俺「この高さ的に今は2階か?」スタスタ

ビアンカ「天井がかなりの高さがあって広いお部屋。昔ならこの部屋で舞踏会も行われてたのかしら…」スタスタ

モョモト「…。」ジッ

踊ってる幽霊達「」フラフラ

俺「今も踊ってるじゃん」

ビアンカ「踊らされてるのよ無理矢理」

扉「」パカッ

ビアンカ「王様が扉を開けて台所まで案内してくれているからさっさと松明を取って、ゴーストのボスを倒しに行くわよ」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ

俺「下に行けば行くほど魔物の気配がしてきたな…無事に辿り着けると良いが…」スタスタ


コンマ下二桁
71以上無事に台所へ着いた
31〜70台所前でモンスターと出くわした
30以下少し進んだらモンスターと出くわした

安価下


モンスターと出くわした場合(コンマ70以下の場合)
76以上バブルスライム×2
51〜75おばけきゃんどる×2
26〜50ナイトウイプス×3
25以下おばけきゃんどる×4

安価下2
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 18:52:42.02 ID:G9fx2UCXO
本日の運試し
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 18:53:17.26 ID:J95gGsY80
どうかな?
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 19:32:04.81 ID:/8f70j7R0
コンマ02(少しだけ)
コンマ26(ナイトウイスプ×3)
レヌール城
テラス

俺「ん?なんだアレ?火の玉…?」

ナイトウイスプA〜C「」フワフワ

ビアンカ「幽霊城には定番ね…」.

俺「あ、こっちに向かって来るぞ!」

ナイトウイスプA〜C「」ヒュ-

俺「あれ?顔がある…。魔物なのか?」

モョモト「…。」チャキッ

俺(火の玉の魔物3匹…こちらのMPは俺とモョモトはほぼ空だ)

俺(どうする…)チャキッ


俺HP63/63(1/13) モョモトHP54/54(1/19) ビアンカHP25/25(9/9)
1たたかう(攻撃のみ)
2逃げよう(コンマ25以上で成功)
3その他

安価下
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 19:34:05.06 ID:er8qAC3QO
1
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 20:35:24.11 ID:/8f70j7R0
レヌール城
テラス

俺「火の玉くらい倒せるだろ俺達なら」チャキッ

ビアンカ「そうね」スッ

モョモト「…。」チャキッ

ナイトウイスプA〜C「」ビュオッ

俺「行くぞっ!」トンッ


俺HP63/63(1/13) モョモトHP54/54(1/19) ビアンカHP25/25(9/9)
コンマ下二桁
00???
31以上俺が1匹に攻撃、モョモトとビアンカが同じ奴に攻撃した(ナイトウイスプ2匹撃破)
11〜30全員違う奴に攻撃した(ナイトウイスプ1匹撃破。9と12のダメージ)
6〜10の攻撃は外れた(ナイトウイスプにそれぞれ9と12のダメージ)
5以下俺とモョモトの攻撃は外れた(ナイトウイスプに12ダメージ)
01全員の攻撃がはずれた(0)
コンマゾロ目:モョモト会心の一撃

安価下


ナイトウイスプ
コンマ下二桁
91以上俺にルカニ(防御力半減。受けるダメージ倍に)
81〜90モョモトにルカニ(防御力半減。受けるダメージ倍に)
71〜80ビアンカにルカニ(防御力半減。受けるダメージ倍に)
41〜70俺に攻撃(俺に3ダメージ)
21〜40モョモトに攻撃(モョモトに3ダメージ)
20以下ビアンカに攻撃(ビアンカに6ダメージ)

安価下2
安価下3(2匹以上生きている場合)
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 20:37:48.63 ID:n6EUeA3hO
そら!
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 20:38:58.64 ID:er8qAC3QO
ギガスラ
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 20:40:09.88 ID:Jvwk+/+xo
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 20:52:58.16 ID:/8f70j7R0
コンマ63
コンマ64
レヌール城
テラス

俺「おりゃっ!」ブンッ

ナイトウイスプA「」ガンッ

>>ナイトウイスプAに19のダメージ。ナイトウイスプAを倒した

モョモト「…。」ベシッ

ナイトウイスプB「」ドガッ

>>ナイトウイスプBに9のダメージ

ビアンカ「メラ!」テロテロテロ

>>ナイトウイスプBに12のダメージ。ナイトウイスプBを倒した

俺(火の玉の癖に火が効くんだ…)

ナイトウイスプC「」ベチンッ

俺「うぐっ!」盾バシッ

>>俺は3のダメージを受けた

ビアンカ「大丈夫?」

俺「ああ。ちょっと腕がジンジンしたくらいだ。残り1匹このまま倒してしまおう」

モョモト「はい」チャキッ


コンマ下二桁
06以上で勝利
05以下で敵攻撃

安価下

ナイトウイスプ
コンマ下二桁
91以上俺にルカニ(防御力半減。受けるダメージ倍に)
81〜90モョモトにルカニ(防御力半減。受けるダメージ倍に)
71〜80ビアンカにルカニ(防御力半減。受けるダメージ倍に)
41〜70俺に攻撃(俺に3ダメージ)
21〜40モョモトに攻撃(モョモトに3ダメージ)
20以下ビアンカに攻撃(ビアンカに6ダメージ)

安価下2(上コンマが05以下の場合のみ)
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 21:01:44.72 ID:uMbmXmXC0
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 21:03:02.45 ID:n6EUeA3hO
やったぜ!
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 21:26:57.75 ID:dAokgtlbO
ちっ
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 22:06:27.57 ID:AlU/qVRK0
ふと思った、俺君(6世界の魂だけの存在だけど)パパスの探してる勇者だし目的半分達成してるよな
魔界に突っ込んでカミさん救えばパパス的にはハッピーエンドやろ、流石にLVキツイけど
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 22:15:02.35 ID:5aivwz2wO
ならライデインを見せてやればすぐグランバニアに帰って死なずに済んだりしないかな
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 22:20:38.62 ID:/8f70j7R0
コンマ72
レヌール城
テラス

モョモト「…。」ブンッ

ナイトウイスプC「」ベシッ

俺「だあッ!」ブンッ

ナイトウイスプ「」ドガッ

>>ナイトウイスプCを倒した

俺「楽勝〜」

ビアンカ「お疲れ様二人とも」

モョモト「はい」コクッ



36の経験値を手に入れた
ビアンカのレベルが4に上がった(HP28に、MP13に、攻撃力防御力少し上昇)
21ゴールド手に入れた(147)



ビアンカ「さて、今度こそ台所を目指すわよ」スタスタ

俺「ちょっと進んで直ぐに魔物と出会ったからな」

俺「次は何も無く着けば良いが」スタスタ

コンマ下二桁

コンマ下二桁
21以上無事に台所へ着いた
20以下台所前でまた魔物と出くわした

安価下


魔物と出くわした場合(コンマ20以下の場合)
コンマ下二桁
76以上バブルスライム×2
51〜75おばけきゃんどる×2
26〜50ゴースト×4
25以下おばけきゃんどる×4

安価下2
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 22:21:05.81 ID:n6EUeA3hO
それ!
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 22:34:56.96 ID:uMbmXmXC0
a
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 23:11:31.12 ID:/8f70j7R0
コンマ81
レヌール城
台所

ビアンカ「ここが台所かしら?」スタスタ

俺「何か料理作ってる幽霊と…魔物がいるな…」スタスタ

コックの幽霊「うう…こんな味付け私だったら吐きそうだ…」

俺「ん?」

大量に調味料が振られた料理「」グチャッ…

俺「うえっ…確かにこれは食べられ無さそう…」

壺「」パリンツ

モョモト「…。」スッ

>>モョモトはたいまつを見つけた

ビアンカ「流石モョモトね。こう言う時はその変な趣味も役に立つわね」

俺「そこの魔物達は俺達に興味無さげだし、ほっといて4階まで戻るか」スタスタ

モョモト「はい」コクッ



1階

ビアンカ「あっ。見て」

俺「うん?」

火の玉「」ユラユラ

俺「ん?また魔物か…?」カチャッ

モョモト「…。」スタスタ

ビアンカ「モョモト!?」

俺「大丈夫なのか近づいて」

火の玉「メラメラ…いらっしゃい。一晩泊まって行くかい?」

モョモト「??」

ビアンカ「このお城の宿屋だったの…?」

俺(こんな魔物がいっぱいいる中、火の玉が店番とか斬新過ぎる…)


1休んで行く
2…怪し過ぎるだろ。やめておく
3その他

安価下
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 23:16:07.89 ID:qr2YS76qo
1
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 23:27:00.39 ID:/8f70j7R0
レヌール城
1階

俺「俺もモョモトも魔力限界だし休ませて貰うか」

モョモト「はい」

ビアンカ「あら?俺っていつの間に魔法使えたの?」

俺「俺も日々成長してるんだよ」

モョモト「…。」3

火の玉「ヒッヒッヒッ。3名様ご案内」


ベッド

ビアンカ「…寝てる間に魔物に襲われたりしないわよね?」

俺「まさか…」

モョモト「ZZZ…」

俺(俺も今の間にしっかり寝とくか…)


コンマ下二桁
31以上気がつくと全員外にいた
21〜30モョモトが居なくなった
11〜20ビアンカがまた居なくなった
10以下気がつくと二人が居なかった!

安価下
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 23:27:56.16 ID:er8qAC3QO
うらめしや…
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 23:28:19.64 ID:7W6gS1uaO
いいえ
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/04(火) 23:36:19.22 ID:G9fx2UCXO
またお墓ですか?
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/04(火) 23:55:03.49 ID:/8f70j7R0
コンマ16
レヌール城


モョモト「…。」パチリツ

俺「ふわあー…少しは眠れたかな」パチリ  

俺「ん?…どうして俺達外に…宿屋で寝てた筈だが…」キョロキョロ

俺「ってアレ!?またビアンカが居ない!」

モョモト「??」キョロキョロ

俺「うーん…俺達が寝てる間に帰ったのか…?」

モョモト「??」

俺「まあいっか」

モョモト「はい」

俺「とりあえずたいまつを持ってるモョモトは居るし、魔力も回復したから4階に居るって言うゴーストの親玉をさっさと倒しに行って帰ろう」

俺「ちょっと寝たから、急がないと日も昇って来そうだしな」

モョモト「はい」コクッ

俺「裏口から回れば魔物とは遭遇せずに直ぐに4階へ着く筈」スタスタ



3階階段前

エリック「おお!たいまつを手に入れたようじゃな!」

エリック「さあ。向こうの階段を上がればゴーストのボスがいる玉座の間じゃ」

エリック「そなたの勇気に期待しておるぞ」

モョモト「はい」コクッ

俺「ようやくボスと会えるんだな。よし。さっきの真っ暗の部屋へ行ってたいまつを使おう」
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 00:05:53.82 ID:lUwhifv00
レヌール城
4階

たいまつ「」ボオッ

モョモト「…。」

俺「思ってたよりあんまり明るくならなかったけど、まあいいか。行こう」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ



玉座の間

俺「おっ。何だ?あそこの椅子に何かいるぞ」

モョモト「…!」

親分ゴースト「!!」

俺「お前がゴーストの親玉か」チャキッ

モョモト「…。」チャキッ

親分ゴースト「ほほう…ここまで来るとは大したガキどもだ」

俺「…人の言葉を話せる魔物とは珍しいな」

モョモト「はい」

親分ゴースト「褒美においしい料理を作ってやろうじゃないか。さあこっちへ来なさい」

俺「ん?褒美をくれるのか?」

親分ゴースト「ああ。お前達の頑張りには驚かされたからな」

モョモト「ワクワク」スタスタ

俺「モ、モョモト?」

親分ゴースト「フフ。君は正直だね。さあ、料理をあげるからお前もこっちへ来なさい」

俺「え…」


1…どう考えても罠だろ。近づかない
2俺も褒美に期待して近づいてみる


安価下
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 00:10:43.23 ID:JVp3UoSLo
1
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 00:16:30.93 ID:6nnShJA40
もうこの距離からライデイン撃とうぜ
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 01:24:05.44 ID:lUwhifv00
レヌール城
王宮の間

俺(…いや、どう考えても罠だろ)

親分ゴースト「うん?どうしたのかな?ご褒美は要らないのかな?」

俺「俺はここの王様やお姫様から、お前が悪い奴だって聞いた!だから俺はお前の言う事を信じない!」

俺「ここでお前を退治する!」チャキッ

親分ゴースト「チッ!勘の良いガキは嫌いだよ!」カチッ

穴「」バカッ

モョモト「!?」ヒュ-ン

俺「モョモト!」

親分ゴースト「フッ。とりあえずガキ二人は子分共の餌になって貰ったぞ」

俺「2人?はっ!モョモトだけじゃなくビアンカも隠したのはお前の仕業だったのか!」

親分ゴースト「やはり女の肉が一番美味しそうだったからな」

俺「こいつ…よくも!」

親分ゴースト「お前は助けに行かなくて良いのかな?」ニヤニヤ

俺「…モョモト達は強い。俺が着いて居なくても2人でなんとかする筈だ」

親分ゴースト「…ほう。ならお前はどうする気かな?」

俺「お前を退治する」スッ

親分ゴースト「ハハハッ!たかがガキ1人で何ができる!ならお前はこの俺様が直々に食べてやろう」



俺HP63/63(13/13) 親分ゴーストHP200
1たたかう(攻撃)
2呪文(ライデイン。6消費)
3その他


安価下
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 01:27:53.67 ID:Pnm0jBPPO
2
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 01:38:20.10 ID:ElnK5xX1O
やだ、俺君かっこいい
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 02:02:22.98 ID:lUwhifv00
レヌール城
王宮の間

俺「…。」バッ

親分ゴースト「んん?どうしたんだ?ハハッまさか怖くて動きも取れなくなったのかな?」

親分ゴースト「なら望み通り今直ぐ楽にーー」

俺「食らえっ!!ライデイン!」

親分ゴースト「ライデイン!?…ハ…ハハハ。お前みたいなクソガキがその呪文を使える訳が…」

雷「」ピカッ

親分ゴースト「な、何っ!?」

雷「」バチバチバチッ

親分ゴースト「ぐおおおおおォッッ!!」ドオオオオオンッ

>>親分ゴーストに75のダメージを与えた

俺「どうだ!?」

親分ゴースト「ハァ…ハァ…ま、まさか…ぐぅっ…」ブスッブス…

俺「…!」

俺(未だ生きている!!くっ…ボスなだけあるか!)

親分ゴースト「くっ…もしこのクソチビがそうならば…コイツを殺せば、俺は大魔王様から数えきれない褒美と称号を与えられる筈…」ボロッ

俺「は?俺を殺せば褒美と称号って、お前何言って…」

親分ゴースト「俺様の未来為にお前の命は必ず頂くぞ!」キッ

俺「はっ!く、来るッ!」


親分ゴーストの攻撃
コンマ下二桁
76以上普通のこうげき(10ダメージ。下一桁0なら避ける、9なら痛恨の一撃で倍)
51〜75メラ(12ダメージ)
26〜50ギラ(15ダメージ)
25以下ルカニ(俺の防御力が半分に。普通の攻撃時ダメージ倍に)
ゾロ目:親分ゴーストはびびって動けなかった


安価下
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 02:06:56.09 ID:6nnShJA40
ボッツ!
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 02:18:36.23 ID:lUwhifv00
コンマ09
レヌール城
王宮の間

親分ゴースト「ルカニ」テロテロテロ

俺「ぐっ…」ズンッ

俺「な、なんだ今の魔法…身体が重くなった…」

親分ゴースト「あ、焦るなオレ様…。侮ってはいけない。先ずは弱らせてからだ」

俺(身体が重くなって奴の攻撃がモロに当たりやすくなったかもしれないが、身体にダメージは無かった)

俺「今度はこっちの番だ!」



俺HP63/63(7/13) 親分ゴーストHP125/200
1たたかう(攻撃。コンマ11以上で11ダメージ。ゾロ目で倍ダメージ)
2じゅもん(更にライデイン。6消費)
3その他

安価下


俺分ゴーストの攻撃
コンマ下二桁
76以上普通のこうげき(20ダメージ。下一桁0なら避ける、9なら痛恨の一撃で倍ダメージ)
51〜75メラ(12ダメージ)
26〜50ギラ(15ダメージ)
25以下更にルカニ(俺の防御力が更に半分に。普通の攻撃時のダメージが3倍に。下一桁0なら効かなかった)
ゾロ目:親分ゴーストはびびって動けなかった


安価下2
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 02:19:47.88 ID:mk9KQzT8O
2
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 02:21:31.21 ID:6nnShJA40
はいよ
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 02:36:14.06 ID:lUwhifv00
コンマ21
レヌール城
王宮の間

親分ゴースト「ルカニ」

俺「ぐうおっ!」ズンッ

親分ゴースト「よしっ!よしっ!」

俺(くっ…身体が無茶苦茶重い…。これ以上あの魔法を食らうのはマズイ…)

俺「ライデイン!!」

雷「」ピシャッ

親分ゴースト「また!!?う、うおおおオォッ!」ドオオオオンッ

俺「ハァ…ハァ…これで魔力も打ち止め…後は剣で戦うのみ…」チャキッ

親分ゴースト「クッ…チビ1匹の癖に…な、なんて強さだ…」ブスブス




2階テラス

ドオオオオオンッ

天井破片「」パラパラ

ビアンカ「わっ!わっ!な、何!?上の階から!?」グラグラ

モョモト「はい」コクッ

ビアンカ「い、いったいどんな戦闘をしてると言うの…?私達も急ぐわよ!」タッタッタッ

モョモト「…!」タッタッタッ


モョモト&ビアンカ
コンマ下二桁
81以上何も出会わず王宮の間へ(次のターン後から参戦)
41〜80あとちょっとの所で魔物に行く手を阻まれた(2ターン後から参戦)
40以下少し進んだ所で魔物に行く手を阻まれた(3ターン後から参戦)

安価下
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 02:36:19.31 ID:xgT1HhL5O
これでmp使いきったからあとは物理で押すだけだがきつそうだな
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 02:49:02.73 ID:lUwhifv00
コンマ31
レヌール城
王宮の間

俺(大丈夫…。ライデイン二発でかなり消耗してる筈…俺1人でもやれるぞ)スタスタ

親分ゴースト「く、クソ!このクソチビ!」

親分ゴースト「チビの癖に調子に乗りやがって!」

俺「…。」チャキッ

親分ゴースト「…!」ビクッ

親分ゴースト(ヤ、ヤバイヤバイヤバイ。今のライデインまではなんとか耐えたが、次食らったらもう絶対にオシマイだ…こ、殺される…)ドキッドキッ


俺HP63/63(1/13) 親分ゴーストHP50/200
コンマ下二桁
00???
11以上俺の攻撃(11のダメージ)
10以下俺の攻撃は外れた
ゾロ目:会心の一撃(攻撃力2倍に)

安価下


親分ゴースト
コンマ下二桁
99親分ゴーストは降参した
76以上普通のこうげき(30ダメージ。下一桁0なら避ける、9なら痛恨の一撃で倍)
51〜75メラ(12ダメージ)
26〜50ギラ(15ダメージ)
25以下更に更にルカニ(もう効かなかった)
ゾロ目:親分ゴーストはびびって動けなかった


安価下2
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 02:53:45.82 ID:ZaJby/LAO
はい!
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 02:56:56.57 ID:6nnShJA40
誰も取らんなら俺が
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 03:04:23.48 ID:lUwhifv00
コンマ82(俺攻撃11ダメージ)
コンマ57(メラ。12ダメージ)
レヌール城
王宮の間

親分ゴースト「くっ…うぅっ…メ、メラ!」テロテロテロ

俺「ッ…!」ボオッタッタッタッ

親分ゴースト「何!?メラを受けながら前進してくるだと!?」タッ

俺「だあァっ!」ブンッ

親分ゴースト「がはっ!」ブシュッ

俺「ハァッ…ハァッ…」チャキッ

俺(あとちょっと…か…?)

親分ゴースト「ハァ…ハァ…」ボロボロ

親分ゴースト(普通に斬って来やがった…。ライデインはもう打ち止めなのか…?)


俺HP51/63(1/13) 親分ゴーストHP39/200
コンマ下二桁
00???
11以上俺の攻撃(11のダメージ)
10以下俺の攻撃は外れた
ゾロ目:会心の一撃(攻撃力2倍に)

安価下


親分ゴースト
コンマ下二桁
99親分ゴーストは降参した
76以上普通のこうげき(30ダメージ。下一桁0なら避ける、9なら痛恨の一撃で倍)
51〜75メラ(12ダメージ)
26〜50ギラ(15ダメージ)
25以下更に更にルカニ(もう効かなかった)
ゾロ目:親分ゴーストはびびって動けなかった


安価下2
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 03:06:59.45 ID:Pnm0jBPPO
ストラッシュ
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 03:14:57.76 ID:T470cw1LO
かわせ!
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 03:17:51.09 ID:Pnm0jBPPO
やくそう!やくそう!
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 03:45:45.96 ID:lUwhifv00
コンマ46
コンマ76
レヌール城
王宮の間

俺「どうりゃあッ!」ブンッ

親分ゴースト「くおっ!」ブシュッ

親分ゴースト(はっ…ハハッ!間違いない!こいつもうMP切れだ!)

親分ゴースト「そうと決まりゃ怖くねえッ!」ブンッ

俺「オゴォッ!」ボゴッヒュ-ン

壁「」ドンッ 

俺「ゲホッ…ゲホッ…」

俺(な、なんだ今の…ルカニとか言う魔法何度も食らってたからか…?)

俺(よく分からないが…む、無茶苦茶…効いた…)血ブシャ-

親分ゴースト「は…ハハハ…ハハハハハハ!」

親分ゴースト(ギリギリだったが、勝ったぞ!!…あの勇者に!)

俺「ハァ…ハァ…」フラッ

親分ゴースト「!?」




俺?『諦めるなっ!!俺達が諦めればこの世界は終わりだ!』

俺?『絶対に…お前を倒す!!』


俺「そうだ…諦めない…。魔力がもう空でも…絶対に…お前を倒す!!」チャキッ

親分ゴースト「ぞ、ゾンビなのか!?このガキ!!」

親分ゴースト「クソッ!なら次でトドメを刺してやる!」


俺HP21/63(1/13) 親分ゴーストHP28/200
1たたかう(攻撃。コンマ11以上なら11ダメージ。10以下なら空振り。ゾロ目なら会心の一撃)
2どうぐ(やくそう)
3その他

安価下

親分ゴースト
コンマ下二桁
99親分ゴーストは降参した
76以上普通のこうげき(30ダメージ。下一桁0なら避ける、9なら痛恨の一撃で倍)
51〜75メラ(12ダメージ)
26〜50ギラ(15ダメージ)
25以下更に更にルカニ(もう効かなかった)
ゾロ目:親分ゴーストはびびって動けなかった


安価下2(俺が倒されなければこちら側の勝利)
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 03:49:24.25 ID:ZaJby/LAO
2
やくそう
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 03:51:38.26 ID:6nnShJA40
76以上出さなければモョモト達が来て勝ち確か
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 04:12:31.58 ID:ZaJby/LAO
勝った!
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 04:15:52.80 ID:lUwhifv00
コンマ26
レヌール城
王宮の間

親分ゴースト「ぎ、ギラ!」テロテロテロ

俺「ぐ、ああっ!」ボオッ
 
俺「うっ…」ドサリッ

親分ゴースト「フッハハハ。今度こそ死んだkーー」

俺「ま…だ……」スッ

やくそう「」ムシャムシャ

俺「ハァ…ハァ…」ヨロッ

親分ゴースト「な、何故そうまでして立ち上がれる!?ま、まさかこれが…いや、そんな訳は無い!今度こそこれで!」ブンッ

「これで倒されるのはアンタよ」

テロテロテロ

親分ゴースト「!?」

俺「あ…」  

火球「」ビュンッ

親分ゴースト「どわあっ!」ボッ

俺「メラ…?まさか…」クルリッ

「ホイミ」テロテロテロ

俺「あっ」ポワアッ

ビアンカ「またせたわね」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ 

俺「2人とも…」ポワア

親分ゴースト「な、何ぃ…!?子分どもはお前達を食べ損ねたのか!?」

ビアンカ「私達があんな魔物に食べられる訳無いでしょ」

親分ゴースト「くっ…」

モョモト「…。」キッ  

親分ゴースト「うっ…」

俺「よし。完全回復だ」グッ  

親分ゴースト「…。」ボロボロ

親分ゴースト(オレ様が大魔王様の忠実な僕ならあのチビだけでも、オレ様の命と引き換えにして道連れにでもするんだろうが…)

親分ゴースト「…。」

親分ゴースト「す…」

ビアンカ「…す?」

親分ゴースト「すみませんでしたああぁ!!」土下座ー

318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 04:21:45.64 ID:S02VEmfLO
ギリギリだったな
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 04:37:51.22 ID:lUwhifv00
レヌール城
王宮の間

親分ゴースト「俺達はただ魔界を追い出されて、居場所が欲しかっただけなんだ!」

親分ゴースト「この城からは出て行くから命だけは見逃してくれ!この通りだ!」

俺「…散々俺を殺そうとしといて虫が良過ぎない?」

親分ゴースト「ごめんなさああぁい!」

ビアンカ「私もソースで身体中臭いし…」プワ-ン

親分ゴースト「ひええ!」

俺「…どうするモョモト?俺はどっちでも良いや」

ビアンカ「私も…」

モョモト「…。」ジイ-ッ

親分ゴースト「…。」ビクッ

モョモト「はい」コクッ  

親分ゴースト「!!」

親分ゴースト「へ、へへ!許してくれるのか!ありがてぇッ!」

親分ゴースト「へヘッ。アンタ。将来良い大人になるぜ」スウ- 

モョモト「??」

ビアンカ「消えて行ったわ…これで退治完了かしら?」

俺(俺を殺したら報酬が貰えるってのがよく分からなかったな…なんだったんだろう…)フワッ

俺「えっ?」フワッ

ビアンカ「な、何?」フワッ

モョモト「??」フワッ


300の経験値を手に入れた
モョモトはレベル8に上がった(HP61に、MP22に。攻撃力、防御力上昇。バギを覚えた)
俺はレベル7に上がった(HP72に、MP17に。攻撃力、防御力上昇)
ビアンカはレベル7に上がった(HP43に、MP29に。攻撃力、防御力少し上昇。ルカナンを覚えた)
180G手に入れた(327)
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 05:17:43.61 ID:A5A5CWGUO
ゲマにバレたら殺されるよね
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 06:13:21.51 ID:ElnK5xX1O
ゲマ戦では使わないか、ヘンリー誘拐に気づかないほうが良さそう
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 09:07:04.42 ID:UOaYXAZFO
ワンチャンゲマ討伐でパパス生存ルートあるで
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 09:32:41.25 ID:809NzIHQO
倒しても強制敗北イベントなんだ…
本気出してないしな…
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 12:21:47.22 ID:HsmOunCRO
パパスを助けるには00を連発しないと無理そう
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 13:41:10.11 ID:i2jAqWfy0
やっぱりレベル上げて物理で殴るしかないか・・・(脳筋)
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 14:07:26.60 ID:ZLlOsIjW0
俺とモョモトがゲマと戦わないようにするのが重要だと思う
人質になるから最終的にパパスが無抵抗になって死ぬから

パパスにヘンリーと先に逃げろと言われても逃げないで一緒に行動ができれば人質化は防げるけど
それまでの行動やコンマ次第だと思うけど

うまくいってもパパスがダイの大冒険のアバン先生みたいなポジションになりそう
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 14:57:43.66 ID:A5A5CWGUO
パパスってジャミとゴンズを一人で倒せるくらいだから
主人公たちが人質にならなけりゃゲマともいい勝負するんじゃないかな
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 15:05:33.30 ID:Xkz6GzCGO
6主人公には天空装備の原型、もしくは改造元になったとおぼしき専用装備があるけど、その魂を持ってる俺って天空装備つけれるのかな?
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 15:20:42.54 ID:Xkz6GzCGO
5主人公デフォ名
sfcだとトンヌラもしくはサトチー(あらかじめトンヌラとするとパパスが提案する名前)
小説だとリュカ(リュケイロムなんたらかんたら)
最近はアベル
ムスコスもありだが、主人公=プレイヤー、すなわち自分の分身と考えた時、オレスもしくはジブンスが個人的にしっくり来る

息子&娘デフォ名
sfc内部データではクーパー&アニー
最近はレックス&タバサ
個人的にはマゴス&マゴムス、もしくはムスコス&ムスメス
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 15:32:12.10 ID:BLmQwrvGO
ゲマ本気じゃないしこの時期自動回復100とか言うチートあるから倒すのは無理ゲーよ
ゲマイベントは俺君だけ他所行って奴隷回避か、奴隷になって主人公の陰に隠れて勇者である事を隠し通すのが安パイじゃね
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 16:12:07.62 ID:Xkz6GzCGO
一応主人公のちからがカンストするまでレベル上げた上で会心出しまくればなんとか倒せるらしいよ
なお最低でもレベル80くらいいる上に、倒しても負けた扱いになる模様
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 16:33:38.75 ID:/f3hMunlO
おじさんが当時やってたドラクエ5ssが嬉しくて仕方なくて豆知識披露しちゃうスレ?
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 16:45:40.07 ID:HsmOunCRO
左様
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 17:04:30.14 ID:m5KPi5aPo
主人公の子供は男がクリス女がフィラやな
ゲームブックでこの名前使われてたのが印象に残ってるわ
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 17:15:58.81 ID:Pnm0jBPPO
ライディン習得で色々おかしくなっちまったな
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 17:21:09.05 ID:ZN/IIk0KO
モョモトは3人の誰かと結婚して双子産むけど、俺君にも結婚イベントあるんだろうか?それとも一生童貞なんだろうか…
もしあるなら6繋がりでミレーユとかバーバラとかターニアとかも選べたら良いなと思ったがコイツらもう2万年前のキャラだっけか
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 18:05:04.09 ID:ZT6cmqs0O
>>336
俺くんはビアンカ、フローラ、デボラの3人と結婚するよ
勇者はもういらないしムスコスとムスメスは産まれない
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 18:18:02.13 ID:NMgTs7Jb0
天空シリーズの流れ

魔物、デスタムーアの下で夢と現実、2つの世界の征服を着々と進めていた。

6本編の結果、夢の世界には行けなくなったがゼニス城だけは現実から見えるようになり、後の天空城に。天空人は夢の世界の住人が変化したものと考えられる。この時期マスタードラゴンは城におらず、どこにいたのかは不明(城の中にある未来が入っているとされる謎の卵がそれとされている。)。ゼニス王がどうなったのか、後の天空装備とおぼしき6主人公の専用装備がどうなったのかも不明。

間のどこかで進化の秘宝を開発したエスタークとマスタードラゴン率いる天空人との戦争、ここで天空装備が(歴史上では)始めて登場する。結果エスタークは倒され封印されたが地上に多大な被害。

魔物、勇者を子供のうちに滅ぼすべく暗躍。
4本編の結果、進化の秘宝は葬られた。マスタードラゴンはエンディングで、人間もいいものかもしれない、と言い出す。

間のどこかでマスタードラゴンが城を抜け人間に化け下界に降り、遊びに興じて戻れなくなる。この間にゴールドオーブが城から転げ落ちたことで天空城が墜落。天空人も城からいなくなった。復活までどこにいたのやら。

魔物、支配のため布教と工作活動にいそしむ。弱体化しているのか、頭を使うようになったのか不明。
5本編←イマココ

6の前か、6と4の間の補完が欲しい…
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 18:30:55.42 ID:NMgTs7Jb0
>>337
4と5だと天空の勇者は唯一天空装備を装備でき、天空人と地上人との間に生まれる存在、とされるけど、6だと勇者はたとえスライムでも(6主人公は何故か他の人たちよりもなりやすい)、何人でもダーマ神殿でなれちゃうんだよね。職業としての勇者と天空の勇者は違うのかもしれないけど。
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 18:55:40.37 ID:m5KPi5aPo
ゴールドオーブが城から転げ落ちて天空城墜落
冷静に考えなくてもこれ大惨事だよなww
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 20:50:48.31 ID:lUwhifv00
レヌール城
中庭

俺「身体が勝手に中庭に…」スタッ

ビアンカ「あ、王様と王妃様よ」スタッ

エリック「よくぞやってくれた!心から礼を言うぞ」

ソフィア「本当にありがとう。貴方達のお陰でゆっくり眠れそうです」

ソフィア「お城の者達も安らかな眠りについたようですわ」

エリック「さあ行こうかお前」スウ-

ソフィア「はい貴方…」

ソフィア「さようなら。貴方達の事は忘れません…」スウ-

俺(墓に帰って行った…)

ビアンカ「良かったわね。これからは2人幸せに続ける筈よ」

モョモト「はい」コクッ

ビアンカ「でもこのお城に住み着いたゴースト達も許せないけど…罪の無い人達を襲った魔物達はもっと許せないわね!」

俺「そうだな…。世界ではこんな事が未だ日常茶飯事で行われてるなんて…」

ビアンカ「…。」ジイッ

俺「なんだよ?」

ビアンカ「…あら?俺…貴方なんだかちょっとだけ逞しくなった?」

俺「は?俺はいつでも逞しいぞ」

ビアンカ「それは無い」

俺「」ガクッ

モョモト「…。」ジイッ

ゴールドオーブ「」フワフワ

モョモト「…。」スッ

ビアンカ「あら?何かしらその綺麗な宝玉」

俺「金の玉…キンタマ?」

ビアンカ「…どうして男の子ってそう言う発想にばかり繋げるのかしら」

俺「」

ビアンカ「モョモト。きっとお礼よ。ねえ持って行きましょう」

モョモト「はい」コクッ

>>モョモトはゴールドオーブを袋に入れた

ビアンカ「それにしても綺麗な宝玉ね」

俺「…。」

俺(もしかすると魔物達がここの城を攻めた理由って、この宝玉を狙ってとか…いや、考え過ぎか)

ビアンカ「そう言えば空もすっかり晴れて少し明るくなって来たわね」

俺「ああ…」

モョモト「はい」

俺、モョモト、ビアンカ「…。」

俺、ビアンカ「って早く帰らないと!!」

モョモト「??」
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 21:14:02.68 ID:lUwhifv00
アルカパ

>>俺達3人がレヌール城のお化けを退治したと言う噂は何故かその日の夜のうちに広まった
そして夜が明けた…



広場

ビアンカ「さあ約束だわよ!この子ネコを貰って行ってもいいわね!」

ベビーパンサー「ガルルルル…」

俺「…。」

俺(…やはり魔物の赤ちゃんにしか見えないような)

モョモト「…。」ワクワク

男の子B「おいどうする?」

男の子A「仕方ないか…。よし!約束したしお前らも頑張ったからな!このネコはあげるよ!」スッ

モョモト「…!」ガシッ

ビアンカ「良かったわねネコさん。もう虐められないわよ」

ベビーパンサー「キュウキュウ」スリスリ

俺「ん?何故かモョモトには妙に懐いてるな」

モョモト「はい」スリスリ

俺「いや、認めるのかよ…」

ビアンカ「そうだわ!このネコさんに名前を付けてあげなきゃ!」

俺「名前?」

モョモト「??」

ベビーパンサー「??」

ビアンカ「うーん…色んな名前が浮かぶわね…ゲレゲレ、ボロンゴ、プックル、チロル…ねえ。どれか良いのあった?」


ベビーパンサーの名前
1ゲレゲレ
2ボロンゴ
3プックル
4チロル
5その他

多数決下3まで
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 21:16:18.85 ID:ycdK1ppF0
1
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 21:18:01.34 ID:W09BQj5TO
1
やっぱこれでしょ
愛着あるし
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 21:18:56.98 ID:Pnm0jBPPO
ハッサン
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 21:23:26.71 ID:X3eEpV/+o
1
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 21:50:00.68 ID:ycdK1ppF0
リメイクだとリンクスとかギコギコとか候補が追加されてるよ
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 21:57:36.66 ID:R70rjTYN0
ゲレゲレ一般的やな
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 22:11:45.53 ID:lUwhifv00
アルカパ
広場

俺「俺なんでも良いよ。ゲレゲレでも」

ビアンカ「そうなの?俺はゲレゲレが良さそう?」

俺「いや、俺はなんでも良いって。ゲレゲレでも」

ビアンカ「じゃあモョモトもゲレゲレで良いでしょ?」

モョモト「はい」コクッ

俺「だから俺はなんでもー」

ビアンカ「決まったわね。今日から貴方はゲレゲレよ」

ゲレゲレ「」コクッ

>>ゲレゲレが仲間に加わった

ビアンカ「ところで私のウチ、お母さんがアレルギーで動物がダメなんだ…だから俺かモョモトがご主人様になってあげて欲しいんだけど」

俺「モョモトで良いだろ。一番懐いてるし」

モョモト「はい」コクッ

ビアンカ「じゃあモョモトがゲレゲレのご主人様だよ!お願いね!」

ゲレゲレ「ふにゃあゴロゴロ」

モョモト「(^∇^)」

俺「さてと、それじゃあパパスの元へ帰るか」スタスタ

ビアンカ「折角仲良くなれたのに、2人とももう帰っちゃうのね…なんだか寂しいな…」

俺「うん?また暇ができたらモョモトと遊びに来るよ」

ビアンカ「本当?」

モョモト「はい」コクッ

ビアンカ「じゃあ絶対!約束よ!」

俺「おう」

モョモト「はい」
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 22:22:23.66 ID:lUwhifv00
宿屋前

パパス「心配を掛けたな2人とも。父さんの風邪もすっかり良くなったらしい」

俺「良かったね」

モョモト「はい」コクッ

パパス「ダンカン。世話になったな!」 

パパス「では行くとしよう!」スタスタ

ビアンカ「…。」

ビアンカ「2人とも!暫く会えないかもしれないからこれをあげる」サラッ

俺「リボン?」

モョモト「??」

俺「俺もモョモトもリボンは付けれないんだが…」

ビアンカ「あっ。ならゲレゲレちゃんに付けてあげるね!」クルクル

ゲレゲレ「ふにゃあ」

ビアンカ「またいつか一緒に冒険しましょうね!絶対よ!」

俺「ああ」グッ

ビアンカ「うん♪」トンッ

モョモト「はい」トンッ

ビアンカ「元気でね!俺、モョモト!ゲレゲレちゃんもね!」フリフリ

俺「ビアンカも元気でな〜」フリフリ

ビアンカ「うん!」

モョモト「バイバイ」フリフリ

パパス「うむ。行こうか」スタスタ

ビアンカ「…。」スタスタ

ビアンカ「…。」ポロッ





入り口

俺(アイツ最初は煩いし、俺のイケない場所ばっかり触ってくる変な奴だと思ってたけど…仲良くなると良い奴だったな)スタスタ

俺(モョモト以外の友達…になれたのかな…?)スタスタ

モョモト「…。」スタスタ  

パパス「ところでモョモト。俺…」

俺、モョモト「??」

パパス「お化け退治の事。この父も感心したぞ」

パパス「しかしお前達は未だ子供だ。あまり無理をするでないぞ」

俺、モョモト「はい」

パパス「うむ…では行くとしよう」スタスタ
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 22:35:07.10 ID:lUwhifv00
草原

俺「確かサンタローズまで結構距離あったんだっけ…」スタスタ

モョモト「…。」ナデナデ  

ゲレゲレ「ふにゃああ」サワサワ

俺「本当よく懐いてるなぁ…」

モョモト「はい」

パパス(フッ…魔物をペットにしたのか。モョモトにはマーサのようは不思議な力が濃く受け継がれてるのかもしれんな)

パパス「さあ。暗くなる前にサンタローズへ……」

俺「どうしたの?」

モョモト「??」

ゲレゲレ「??」

パパス「…私の背後へ下がりなさい」

俺「魔物?…あっ!」

マッドプラントA「」
マッドプラントB「」
くびながイタチA「」
くびながイタチB「」
くびながイタチC「」

モョモト「…!」

俺「いっぱい出た!」

パパス「…。」シャキンッ

モョモト「…。」チャキッ

俺「…。」チャキッ


1たたかう(攻撃。ゲレゲレ参戦イベントへ)
2ライデインで一掃する(MP6消費)
3逃げる(コンマ21以上で成功)


安価下
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 22:35:49.44 ID:JVp3UoSLo
2
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 22:37:05.48 ID:HsmOunCRO
パパスに見せてしまうのか…
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 22:50:48.69 ID:lUwhifv00
草原

俺「…。」スタスタ

パパス「むっ!!危ないぞ俺!下がっていろ!」

俺「パパス見てて」スッ

パパス「ん?…腕を前に出して何をする気だ?」

俺「ライデイン!!」

パパス「なっ…!」

雷「」ピシャッ

マッドプラントA「」ドオオオオオンッ
マッドプラントB「」ドオオオオオンッ
くびながイタチA「」ドオオオオオンッ
くびながイタチB「」ドオオオオオンッ
くびながイタチC「」ドオオオオオンッ

魔物の群れ「」バタッ   

俺「どう?凄いでしょ」

パパス「ま、まさか…いや、そんな事は…」

モョモト「??」

ゲレゲレ「ガルル…」

俺「アレ?どうしてゲレゲレまで怖がってるんだ?」

ゲレゲレ「ガルルルル…」

モョモト「ダメ」ペシッ

ゲレゲレ「ふしゅーふしゅー…」

俺「???」

俺「…もしかして俺ゲレゲレに嫌われた?」

モョモト「はい…」

俺「な、なんでー…」

パパス「…。」

パパス「…俺」

俺「うん?どうしたの?」

パパス「…サンタローズへ着いたらちょっと私と来なさい」

俺「え、う、うん…」

パパス「…。」

モョモト「??」

俺(…アレ?褒められると思ったのに…ゲレゲレには嫌われるし、パパスは難しい顔しだすし…見せない方が良かったのかな…?)


56の経験値を手に入れた
38ゴールド獲得した(365)
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 22:52:37.73 ID:m5KPi5aP0
天空のつるぎ持たせるイベントクルー?
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 22:58:33.15 ID:mBj73JPcO
勇者見つけた!ラインハットに行ってる場合じゃねえ!となるといいが
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 22:59:30.87 ID:7/eRupEuO
魔物だから勇者である俺君を本能的に警戒してんのか、ゲレゲレ
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 22:59:58.45 ID:WZefs818o
ライデインは00で手に入れた力だし活用していきたいな
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 23:01:27.92 ID:Pnm0jBPPO
ほねつき肉でもやればなつくだろ
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 23:10:53.09 ID:lUwhifv00
サンタローズ
パパス家

サンチョ「旦那様お帰りなさい!ダンカンさんの病気のごかげんはいかがでした?」

パパス「ああ。只の風邪だったよ」

サンチョ「なんと!ただの風邪!?それはようございましたね!」

パパス「ふむ。しかしな…」

サンチョ「どうなされました?」

パパス「いや…」

サンチョ「??」

俺(なんだか数時間前にライデイン見せてから、ずっと難しい顔してるな…)

サンチョ「ところで留守中旦那様にこのようなお手紙が…」スッ

パパス「うむ…」スッ

サンチョ「さあさ。お坊っちゃん達は長旅でお疲れでしょう。お休みになられて下さい」

パパス「あ、待て。俺は…」

俺「うん?どうしたの?」

サンチョ「どうなされましたか?」

パパス「…いや、一休みしてからで良いか。さっき言ったように起きたら連れて行きたい場所がある」

俺「あ、はい…」

モョモト「??」

俺(いったいなんなんだろう…とりあえず疲れたし寝よう…)




2階

俺「ふわああ…」パチリッ

モョモト「…。」パチリッ

パパス「2人とも目が覚めたか。モョモト。父さんは言ってたように俺と用事がある…。その間、お前も村の外に出たりしないようにな」

モョモト「はい」コクッスタスタ

ゲレゲレ「ゴロゴロゴロ…」スタスタ

俺(モョモトはゲレゲレと一緒に何処で遊ぶ気なんだろ?)

パパス「俺はもうあと少し待ってくれるか?この調べ物が終わったら直ぐに私も下へ降りるから待っていてくれ」

俺「はーい」スタスタ



1階

俺「おはようサンチョ」

サンチョ「おはようございます俺坊っちゃん」

サンチョ「あ、そうだ。モョモト坊っちゃんにもお聞きしましたが、俺坊っちゃんはまな板を何処かにしまったりしましたか?」

俺「ううん。触って無い」

サンチョ「ふむ…坊っちゃん達で無いとなるとおかしいな…何処へやったんだろ…」

俺(これは……まな板行方不明事件!?調査してみたいな…けど…)

パパス「待たせたな。では行こうか」ザッザッザッ

俺「…はーい」スタスタ

俺(残念…)
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 23:22:23.26 ID:lUwhifv00
サンタローズ
協会前

パパス「こっちだ」スタスタ

俺「洞窟に用があるの?」スタスタ

モョモトに似た青年「…。」ジッ

俺「…ん?」チラッ

モョモトに似た青年「…。」ニコッ

俺「??」

俺(なんだろ?今の人村の人じゃないよね?…それにしても顔も格好もモョモトとよく似てたなあ…)

俺(世界にはドッペルゲンガーが何人かいるって聞いた事があるけど、その類かな?…)

パパス「どうした?早く来なさい」

俺「あ、はーい」タッタッタッ

パパス「…。」ヒソヒソ

老人「…!?」ヒソヒソ

老人「…。」ジッ

俺「…えっ?何?」

老人「フォッフォッフォッ…はてさてどうなることやら…」スタスタ

俺「??」

パパス「さあこっちだ。このイカダに乗りなさい」

イカダ「」

俺「う…イカダ…大丈夫かな…」ソッ

パパス「大丈夫。落ちそうになるほどスピードを出したりしないさ」

俺(でも既にかなり揺れてるんだけど…)グラグラ

パパス「さあ行くぞ」ザバアッ

俺「ウホッ!」ザバァツ

イカダ「」ビュオオッ

俺「パ、パパス!運転荒すぎ!」

パパス「ハッハッハッ!」グイイッ
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 23:49:15.91 ID:HsmOunCRO
ウホッ、いいイカダ…
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/05(水) 23:53:26.66 ID:lUwhifv00
サンタローズ
洞窟内

俺「こんな場所もあったんだね」スタスタ

パパス「あちらの陸地繋がりじゃなく、こちら側の魔物は手強いし数が多いから注意するんだぞ」スタスタ

俺「スライムとかじゃないんだ」スタスタ

パパス「むっ。早速お出ましだ」シャキンッ

俺「あっ!」チャキッ

アウルベアー「」
ガメゴン「」

俺「熊と亀…だけど、無茶苦茶強そう…」

パパス「邪魔だ!」シュンッ

ガメゴン「」バシュッ

ガメゴンに45のダメージ。ガメゴンを倒した

俺「さすがパパス」

アウルベアー「ゴアアァッ!!」ボゴッ

俺「ゴホッ!」ボゴンッ

>>俺に60のダメージ

パパス「大丈夫か!?」ブンッ

アウルベアー「」ブシュ-

>>アウルベアーを倒した

俺「…い、痛過ぎる」ドクドカ

パパス「すまんな…あの熊から相手にするべきだった…ホイミ」テロテロテロ

俺「ふう…」ポワアッ

パパス「さあ。私が着いて来て欲しい場所はまだまだ先だ。魔物を倒しながら進むぞ」

俺(明らかに俺のレベルや武具がこの場所に合って無くて、俺完全にお荷物状態なんですけど…)

パパス「むっ!そこかっ!」ブンッ

くさった死体「」ザンッ

>>くさった死体を倒した

パパス「怪我はないか?」

俺「う、うん…。俺何もしてないし…」

パパス「そうか。では先へ進もう」

俺(…まあパパスが全て倒してくれるし、このままやられないように頑張って着いて行こう)スタスタ



コンマ下二桁
00???
99はぐれメタルとか言うのも狩った
81以上 下+メタルスライムとか言うレアな種族等も狩った(6000の経験値、2000のゴールド獲得)
61〜80パパスの目指していた場所まで辿り着くのに無茶苦茶魔物が出た(4000の経験値+1500のゴールド獲得)
41〜60パパスの目指していた場所までそれなりに魔物が出た(3000の経験値+1300のゴールド獲得)
21〜40パパスの目指していた場所まであまり魔物が出なかった(2000の経験値+1000のゴールド獲得)
20以下パパスの目指していた場所まで数回の戦闘で辿り着いた(1000の経験値+500ゴールド獲得)


安価下2
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 23:54:18.43 ID:HsmOunCRO
ksk
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 23:54:38.43 ID:YCTOV0j8O
はい
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/05(水) 23:56:26.87 ID:IrF5VQKFO
もう一押し欲しかった
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 00:31:00.41 ID:QY90h5xzO
00ならメタルキングだったのかな?
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 07:38:47.18 ID:CkVNlBP1O
ライデイン&ギガデインって勇者の専用呪文という扱いだけど、それらを使う魔物が5の魔界にはいるんだよね…
後、魔界に行くには勇者は別にいらない、別のものが必要と知ったらパパスどんな顔するかな
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 08:37:41.07 ID:wKuQXV1ko
6主人公なら装備できちゃいそうではある
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 10:53:58.67 ID:1w/qPruRO
コンマ43
サンタローズ洞窟内

ガメゴン「ゴアアッ!」テロテロテロ

雷「」ビュンッ

パパス「遅いっ!」ブンッ

ガメゴン「」ズバアッ

俺「おー凄い」

パパス「怪我は無いか?」

俺「うん。パパスは?」

パパス「フッ。これくらいどうって事無い」

俺「つよ」

パパス「その階段を降りれば私が連れて行きたかった場所へ着く。では行くぞっ」スタスタ

俺「うん」スタスタ

俺「…。」

俺(俺ここまで身を守ってばかりで殆ど何もして来なかったけど、パパスに付いてきただけでかなりレベル上がった気がするな…)


経験値3000を獲得した
俺のレベルが11まで上がった(HP108に、MP25に、攻撃力、防御力大きく上昇)
1300ゴールド手に入れた(1665)
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 11:33:16.85 ID:rVaUWz280
はぐれメタル「やめてくれよ・・・」
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 12:43:58.75 ID:1w/qPruRO
サンタローズ洞窟

パパス「ここだ」スタスタ

俺「うわっ…洞窟の奥にこんな部屋があるなんて…」スタスタ

パパス「この扉の向こうだ」スッ

扉「」ガチャッ 

俺「あれ?何それ?」

天空の剣「」 
手紙「」

俺「地面に刺さった剣と…手紙?」

パパス「…手紙の方は別に気にしなくて良い。その剣を手に取ってくれないか?」

俺「う、うん…。でもこんな長い剣俺に使えるかな…?俺の身長より大きいけど…」

パパス「手に取ってみるだけで良い」

俺「分かった…」スタスタ

天空の剣「」

俺「…。」スッ

天空の剣「」ガシッ

パパス「…。」ジッ

俺(なんだろうこの剣…。懐かしいような…。でもやっぱり違うような…不思議な感じ…)

俺(なんとなくこの剣に凄い力があるのは分かるけど…)

俺「…。」ドキッドキッ

天空の剣「」  

俺(とりあえず地面から引き抜いてみよう…)ドキッドキッ

俺「えいっ!」グッ


コンマ下二桁
71以上なんと持ち上げると剣が俺の使いやすいサイズに小さくなった
70以下…しかし、俺にはこの剣を持ち上げる事すら不可能だった(だがあるフラグが立つ)


安価下2
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:44:42.61 ID:xk5GT3IxO
こい
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:45:13.84 ID:Zar38DyEO
よし
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:45:57.98 ID:10F+i7u6O
はい
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:46:08.99 ID:Zar38DyEO
70以下の展開も気になるな…
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:51:38.93 ID:CCs2dwGYO
やったか!?
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:53:13.10 ID:0dRcl32/0
頼む・・・!コンマデレてくれ!
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 12:55:58.26 ID:MX48mnn50
これで盾と兜の入手も楽になりそう
380 :sage :2018/12/06(木) 13:25:46.85 ID:yUWk7Onk0
よくやった!
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 13:26:29.40 ID:1w/qPruRO
コンマ84(オリジナルフラグの方は消滅)
サンタローズ洞窟

天空の剣「」ビュオッ

俺「!?!?」

俺(うわっ!?なんだこれ!?剣の筈なのに軽過ぎるっ!?勢いが…)ドテッ

パパス「お、おお…」

天空の剣「」シュウウウウ

俺「い、いてて…」ジンジン

パパス「な、なんと!?天空の剣が…小さく…」

俺「天空の剣?…」

天空の剣「」ストンッ

俺「ん?お、俺の手元に勝手に…」トンッ

パパス「…。」ジッ

俺「うん。このサイズなら使えるかも」シュッビュオッビュンッ

俺「でも軽過ぎるような…こんなのでダメージ入るのかな…」ブンッ

パパス「…。」

パパス「そ、そうだったのか…」ジッ

俺「??」

パパス(グランバニアを発ち、サンタローズでモョモトをサンチョに預け)

パパス(伝説の武器防具を求めて各地を彷徨い、吹雪の中偶然辿り着いたあの祠で、赤ん坊だったお前を拾ったが…)

俺「それにしても軽いなこの剣…」ブンッブンッ

天空の剣「」ビュオッビュオッ

パパス(まさかこの子が…伝説の勇者だったとは…)
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 13:35:09.36 ID:r1qp3GX6o
ヘンリーに死亡フラグがw
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 13:37:53.57 ID:CCs2dwGYO
ヘンリーは誘拐されないと嫁と会えないし…
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 13:42:11.64 ID:MX48mnn50
パパスが勇者に会えたのは良かった
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 13:44:55.28 ID:yUWk7Onk0
パパスは嬉しいだろうなあ
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 13:53:07.17 ID:0dRcl32/0
やったあああああああああ
ドラクエ5完!
後はゲマをどうするか・・・
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 14:05:47.01 ID:HPId+/ik0
イブールを倒すついでにゲマも
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 15:19:03.05 ID:CkVNlBP1O
6主である俺が抜けなかっただと…
・この世界だとラミアスの剣と天空の剣は別
・確かにかつての持ち主だったが、それはそれ。いずれ生まれる天空の勇者を待っている
どっちだろう?

天空の勇者は自分の孫→故にあちこち回っても見つけられない
魔界に行くには勇者は別にいらない、別のものが必要
パパスよく考えるとすごくかわいそうだな

ところで、天空の勇者が天空人と地上人との間に生まれるのだとしたら、例えば5主が結婚しなかった、結婚しても子供を作らなかったとしてもその場合はフローラとアンディの子供が天空の勇者になるのかな?
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 15:20:38.11 ID:CkVNlBP1O
<<388

あ、ミス
抜けたんだ…
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 15:33:01.64 ID:Dc9V9U960
6年前
山の中

パパス「くっ…私とした事が…道に迷ってしまったか…」キョロキョロ

パパス「幸い近くの村へモョモトを置いて来たのは良かったが…」

吹雪「」ビュオオッ

パパス「マズイな。かなり吹雪いて来た…。早く山を抜けなければ、これ以上は私の命もマズイか…」サクツサクッ

パパス(しかし、この近くに伝説の剣が封印されている噂はデマだったのか?…)サクッサクッ

ホークブリザード「ギャアッギャアッ」バサッバサッ

パパス「ッ…こんな時に魔物!」シャキンッ

ホークブリザード「」ビュオオオッ

パパス「ぬおっ!!」ビシッビシッ

>>ホークブリザードはこごえるふぶきを吐いた。パパスは76のダメージを受けた

パパス「くっ…」ブンッ

ホークブリザード「」ザシュッ

>>パパスの攻撃 ホークブリザードに70ダメージ

ホークブリザード「」バサッバサッ

パパス「なんと!?未だ息があるか!」

ホークブリザード「」ビュンッ

パパス「うっ…」ビシッ

>>ホークブリザードの攻撃 パパスは46のダメージを受けた

パパス「ええいっ!!」ブンッ

ホークブリザード「」ザンッ

>>パパスの攻撃 ホークブリザードを倒した

パパス「ハァっ…ハァっ…ベホイミ…」テロテロテロ

パパス「…ここの魔物は手強い…。マズイな。MPが無くなる前に早く山を抜けねば…」サクッサクッ

ホークブリザードA「ギャアッギャアッ」バサッバサッ
ホークブリザードB「ギャアッギャアッ」バサッバサッ
ホークブリザードC「ギャアッギャアッ」バサッバサッ

パパス「ぬおおッ!!?」
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 15:34:52.35 ID:Dc9V9U960
undefined
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 15:35:27.01 ID:Dc9V9U960
とある祠

パパス「ハァッ…うぐっ……ほ、祠…か…」ドサリッ

パパス身体「」ドクドク

パパス「ハァッ…ハァッ…」

パパス「くっ…我が妻マーサ…。そしてモョモトよ…私はこれまで…なのか…?」ドクドク…

パパス「マーサ…最後に一目お前と…」

精ルビス像「」

精霊ルビス像「」ブウウンッ

パパス(…!?な、なんだ…?身体が暖かく…)ポワアッ

パパス「いや、傷が回復して行く…これは…?」ポワアッ

精霊ルビス像「」ブウウンッ

パパス「不思議な像だ…。この像が私を助けてくれたのか?」スタスタ

光「」ピカアッ

パパス「ぬっ!?」

赤ん坊「」オギャ-オギャ-

パパス「…赤ん坊?」スタスタ

精霊ルビス像『…導かれし者…ライアンの血を継ぐ者…パパスよ』

パパス「な、何!?この像から言葉が聞こえる!?」

精霊ルビス像『…その子は宿命を背負いし者…。…しかし戦いに敗れ…その使命は未だ果たされておりません』

パパス「戦いに敗れ?…何を言っている。未だこの子は赤ん坊のようだが…?」

赤ん坊「」オギャ-オギャ-

精霊ルビス像『…貴方は実の子、モョモトとと共にその子を守り抜き、どうかその使命を全うさせて下さい』

パパス「ま、待てっ!魔界への行き方はどうすればっ!?」

精霊ルビス像『…魔界への門は伝説の武器防具を備えし勇者と、3つのリングを揃えなさい』

パパス「伝説の武器防具を備えし勇者と…3つのリング…?何の事だ…?」

精霊ルビス像『全てを揃えし時、道は開かれるでしょう…』ピカ-ン

パパス「うっ!?なんだ…光が…」

パア----
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 15:36:13.37 ID:Dc9V9U960
草原

パパス「ZZZ…」

パパス「ん?…眠っていたのか?」パチリッ

パパス「祠のような所へ辿り着いた気がするが…」キョロキョロ

シ-ン

パパス「私は夢でも見ていたのか…?」

赤ん坊「」オギャ-オギャ-

パパス「…!」タッタッタッ

パパス「この子は…?もしや夢では無かったのか?」ダキッ

パパス「ん?」

天空の剣「」

パパス「…もしやこれが伝説の武器とやらなのか?」ガシッ

天空の剣「」シ-ン

パパス「な、なんだコレは!?握ると逆に力が抜ける…」ヘニャッ

パパス「…まさか!伝説の武器は私には扱え無いと言うのか?」

パパス「…。」

パパス「くっ…なんと言う事だ…。だがそれならば伝説の勇者を探しだしてみせる!」

パパス「一先ずいつの間にか吹雪も治まったようだ」

太陽「」

パパス「ふむ。今の内にこの子と剣を持って一旦村まで戻るとしよう…」

赤ん坊「」オギャ-オギャ-
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 16:02:39.74 ID:RcSE8GpX0
サンタローズ洞窟内

俺「この剣どうしたら良いの?」

パパス「その剣はお前のだ。お前が持って起きなさい」

俺「俺の剣…」シャキンッ

俺(いきなり実の剣持つようになるとか凄いプレゼントだ…)

俺「ありがとう」

パパス「フッ。礼を言うのは私の方だ」

俺「??」

俺(えっ?どうしてだろう?)

パパス「ここへ来るまでかなり時間が掛かってしまったな」

パパス「一先ず家まで戻るとするか」スタスタ

俺「はーい」シャキンッ

パパス(これで伝説の勇者と剣は揃った。残るは防具と…3つのリングか…)

パパス「ふむ…」

俺「どうしたの?」スタスタ

パパス「いや…何でもない…」

パパス(…これ以上は情報が見つからないな)

パパス(次は丁度誘いが来ていたラインハットへ行き、残りの防具や3つのリングに関する真新しい情報が手に入らなければ、一度グランバニアへ戻るとするか)スタスタ


天空の剣を手に入れました(攻撃力がかなり上がった)
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:17:09.80 ID:5cPXAilio
天空の剣と装備できる勇者が揃ったってことはゲマ討伐も夢ではないな!
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:18:51.27 ID:tfOUun050
逆に言えば優先的に狙われる上、敵サイドも本気出すかもしれんから難易度がある意味上がったとも言えるな...
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:20:29.26 ID:MX48mnn50
そういえばヘンリー誘拐はゲマがわざわざ出張るくらいの教団にとっての重要案件なのかな?
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 16:23:40.10 ID:RcSE8GpX0
サンタローズ
パパス家

パパス「サンチョよ。今戻ったぞ」バタンッ

俺「今戻ったぞ」スタスタ

サンチョ「お帰りなさいませ。パパス様。俺坊っちゃま」

パパス「ん?モョモトは未だ戻っていないのか?」キョロキョロ

サンチョ「はて…そう言えば随分長い間戻ってきていませんね」

パパス「ふむ…そうか…」

俺(ゲレゲレと一緒に何処へ行ったんだモョモト?)

扉「」コンコン

パパス「誰だ?」ガチャッ

ラインハット兵士「パパス様でおられますね?私ラインハットより遣わされた連絡係の兵士なのですが…」

パパス「ラインハットからか。うむ。丁度向かう所であった」

ラインハット兵士「そうですか!ではこれより一緒に…」

パパス「いや、先に伝えておいてくれ。今は居ないがもう1人連れて行きたい奴がいるのでなっ」

ラインハット兵士「はっ!分かりました!では王達にはパパス殿が来られると伝えておきます!」ビシッ

パパス「うむ」

パパス「さて、モョモトとお前も連れて行きたい所なんだが…」

俺「ラインハット?」

パパス「そうだ。この村の東にある城だ」

パパス「今はモョモトの姿は見えないが…どうだ?今度も俺は一緒に来るか?」

俺「…。」


1勿論今回も俺も一緒に行く
2俺は今回は留守番しておく


多数決下3まで
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:28:20.71 ID:HPId+/ik0
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:29:17.19 ID:10F+i7u6O
>>1さん実際の所パパス生存の目はあるの?
ほぼ無理なら奴隷は嫌なんで留守番したいけど
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:30:32.96 ID:MX48mnn50
2
ゲマにばれたら殺される
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:33:31.94 ID:CCs2dwGYO
さよならパパス…
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:43:55.39 ID:gS4MEMnqo
人質がいなけりゃ少なくとも逃げるのは余裕だろうな
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:46:26.50 ID:Jz1cIWpZO
でもサンタローズこの後焼かれるような…
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:47:58.89 ID:jqCIz3/t0
>>397
教団よりもラインハットの妃の意向が強い
ヘンリーの弟にして自分の子であるデールを次の王に付けようと目論んで結託した
その後奴隷として使ったのはついで

あと、リメイク版だと天空の勇者は高貴な子供がなる、というミルドラースの予知を元に動いてたらしい
…しっかり血筋を調べた上でビアンカ、フローラ、デボラ及び王族や貴族を暗[ピーーー]べきだったな

406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 16:51:24.83 ID:Zar38DyEO
下手に勇者の素質を見せてしまったせいでかえって行動が制限されちまったな…
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 17:00:55.05 ID:RcSE8GpX0
パパス家

俺「ううん。この村でサンチョと一緒に留守番しとくよ」

パパス「何っ!?そんな事言わずに一緒に行こうではないかっ!」

俺「ううん。たまにはノンビリしたい」

パパス「そうか…ではモョモトだけでも探して連れて行くか」

パパス「サンチョ。俺を宜しく頼んだぞっ」

サンチョ「はっ!」

パパス「ラインハットへ行って、戻って来たら暫くは故郷へ帰りゆっくりしようと思う」

俺「故郷ってここじゃないの?」

パパス「う…まあある場所でなっ」

俺「??」

パパス「それじゃあモョモトを探して行って来るから良い子にしておくんだぞ」

俺「はーい」

扉「」バタンッ  

俺「行っちゃった」

サンチョ「俺坊っちゃまはお休みになられますか?」

俺「そうしようかな…。俺レベルじゃ全く相手にならない敵とばかり戦闘になって疲れたし…」スタスタ

地下「」ザッザッザッ  

俺「うおっ!?モョモト?」

モョモト「はい」

ゲレゲレ「ガルルル…」

サンチョ「モョモト坊っちゃま!今まで何処へ!?」

モョモト「??」

サンチョ「ラインハットから使いが来てパパス様はラインハットへ行く事に…モョモト坊っちゃまも連れて行こうとしたのですが、見つからなくて…」

俺「まさかこの家の地下でゲレゲレと遊んでたなんてな…」

サンチョ「直ぐに追えば追いつくかもしれません!」

モョモト「??」ジイッ

俺「ん?俺?俺は今回は留守番」

モョモト「はい?」

俺「パパスがラインハットから帰ったら何処かで暫くゆっくりするって言ってたから、また2人でしか遊べなくなるし、モョモトはしっかりゲレゲレと楽しんで来たら良い」

モョモト「はい」コクッ

サンチョ「おや?坊っちゃま。その枝は…」スタスタ

モョモト「??」

桜の一枝「」

俺「桜の枝?」

サンチョ「綺麗な枝ですね。坊っちゃま達の部屋に飾っておきましょうか?」

モョモト「はい」スッ

サンチョ「では…」スタスタ 

俺「パパスが付いてるし、直ぐに帰って来ると思うが一応気を付けろよモョモト」

モョモト「はい」コクッスタスタ

ゲレゲレ「」スタスタ

扉「」バタンッ

俺「さて…魔力の充電もしなきゃいけないし、俺は一眠りするかな…」スタスタ
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 17:10:14.96 ID:jqCIz3/t0
5だと存在してない特技だけど、勇者(職業)ならジゴスパークやギガスラッシュ、職業特典のHP自動回復があるんだよね
もし使えたらゲマなんか楽勝よ
いや、ムドー(夢)戦でやられて来たならダーマはまだか

夢の世界が後の天空人だとするなら、現実の自分と融合した=天空と地上が混ざった、で勇者になれたのは一応説明できる
ただしこの説の問題はハッサン、ミレーユにも同じことが言える(5主の娘は息子と血筋的には同等なのに勇者ではないことを考えるとここはフォローできる)のと、6主は融合する前から専用装備をつけられることだ
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 17:29:55.65 ID:MX48mnn50
サンタローズの襲撃はパパスが勇者の事をゲマの前で話さなければ起きないかな?
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 17:43:09.31 ID:6t8olMa4O
パパス生存させたかったな…
まあ天空の剣あってパパスと一緒に戦ってもゲマに勝てる気しないけど
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 18:04:37.60 ID:Zar38DyEO
結局パパスは原作通りの最期を迎えるのか
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 18:08:42.40 ID:CCs2dwGYO
まだだ…まだ可能性はある…
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 18:48:20.16 ID:RcSE8GpX0
???

俺(アレ?ここは…)フワフワ

俺(うわっ!また浮いてるっ!って事は夢なのか?)フワフワ

緑の怪物『フッ…ようやくここまで来おったか…』

俺(うわ…まーた緑の怪物いるよ…)

扉「」ドオンッ

俺?『…。』スタスタ


俺(あ、アレは確か…俺と同じ名前の…)


俺?『ムドーーォッ!!』

俺(ムドー?…って事はあの緑の怪物の名前はムドーって名前?…)

ムドー『フフッ…』

俺?『な、何ッ!?』フワッ

ガチムチの筋肉男『くっ…だ、駄目だ…あの時と同じだ!!動かねえ…』フワッ

金髪の綺麗な人『きゃっ!』フワッ

変な帽子の奴『うわっ!』フワッ

俺?『く、クソォッ…!!』クルクル

ムドー『フッハッハッハッ!お前達のような虫ケラが何度来ようともこの私を倒す事はできぬ!』

ムドー『再び石となり永遠の時を悔やむが良い!』


俺(嫌な予感が…)


ムドー『フン。神の使いも私の敵ではないな』パチンッ

変な帽子の奴『』ボンッ

ムドー『次はお前だ。未熟な戦士よ』パチンッ 

ガチムチの筋肉男『』ボンッ

ムドー『今度は二度と帰って来れない場所へ飛ばしてやろう』パチンッ

金髪の綺麗な人『』ボンッ

ムドー『最後はお前だ勇者よ』

俺?『くっ…』クルクルクル

ムドー『既に勇者として完全に覚醒しているお前の魂だけは、二度と目覚める事ができない場所へ封印してやろう』

俺?『な、何だとっ!?』クルクルクル

ムドー『ではさらばだ』パチンッ

俺?『く、クソォォッーー』ボンッ

ムドー『フフフフ…終わったな…ハーハッハッハッ!』


俺(エェー…ぜ、全滅しちゃったよ…)ゾクゾクッ
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 19:08:02.05 ID:RcSE8GpX0
パパス家
2階

俺「…!」バサッ

俺「ハァッ…ハァッ…やっぱり夢…だよな…」

サンチョ「だ、大丈夫ですか俺坊っちゃま。随分と長い間お休みになられておりましたが…」

俺「う、うん…。大丈夫…」ドキッドキッ

サンチョ「身体中が汗でびっしょりですな…。もしや熱でもあるのでは?」

サンチョ「そう言えば旦那様がアルパカへ行った時に風邪になられたと…」

サンチョ「もしかするとその時の風邪が俺お坊っちゃまにも今頃になって…」

俺「いや、違うと思う…と、とりあえずそこの川で汗流して来るね!」タッタッタッ

サンチョ「あまりお身体を冷やし過ぎてもいきませんぞっ!」

俺「はーいっ!」



川の前

俺(…それにしても嫌な悪夢だったなあ)バシャバシャ 

教会のシスター「あら?パパスさんの所の…」

俺「うん」

教会のシスター「坊やはパパスさんには着いて行かなかったの?」

俺「うん」

教会のシスター「そうなのね。今回は珍しくパパスさんともう1人のお子さんが教会でお祈りして行ったから、大事な旅にでも行かれるのかと思ってたわ」

俺「隣のラインハットってお城にちょっと行っただけだから、今日中には戻って来ると思うよ」

教会のシスター「そうなの?じゃあ寂しくないわね」

俺「うん!」

俺(…2人は今頃はもうお城に着いてる頃かな?)

俺(俺も2人が居ない間何かしようかな?)


1洞窟へ入り魔物と戦い経験値を積む
2村の外に出れないかなあ…
3いや、何もせずサンチョと一緒に家に居ておく


多数決下3まで
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 19:13:14.59 ID:6t8olMa4O
もうサンタローズ焼きに来るか?
2
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 19:13:25.88 ID:r1qp3GX6o
2
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 19:17:12.34 ID:vuDc7BhZO
ここから古代の遺跡に行ってパパスを助けられないかな
2
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 19:33:27.59 ID:nA5t0U6rO
正面からは勝てなくても人質取って余裕ぶっこいてる所に背後から天空の剣を急所に叩き込めば…?
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 19:58:32.91 ID:4VOx59+UO
まあパパス助けるなら一緒に行っとかないともう無理だろうな
俺君が寝てた間にパパス達が既にラインハット居るらしいから俺君が追ってラインハット着いた頃には2人居ない
城中探して色々聞き込みしてようやく古代の遺跡に着いた頃にはもう懐いてないゲレゲレしか居ないだろ
奴隷やサンタローズ襲撃は回避できるだろうが
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 20:14:14.28 ID:RcSE8GpX0
サンタローズ
入り口

俺「…。」スタスタ

村の入り口を守ってる兵士「おや?君はパパスさんの所の坊やじゃないか。一人でどうしたのかな?」

俺「えーと…」

村の入り口を守ってる兵士「もしかしてパパスさんともう一人の坊やが出掛けちゃって寂しくなっちゃったのかな?」

村の入り口を守ってる兵士「しかし、お外は危ないからね。1人で村の外へ出させる訳にはいかないんだ」

村の入り口を守ってる兵士「だからパパスさんが帰って来るまでは、ここで良い子にして待っていようね」

俺(村の外へ出るにはこの人を退かせないと出れなさそうだな…それなら…)

俺「う、ううん!違うのっ!」

村の入り口を守ってる兵士「ん?何が違うんだい?」

俺「村の奥の洞窟から魔物がたくさん出てきてっ!」

村の入り口を守ってる兵士「な、なんだって!?」

俺「パパスが居ないから…戦える人が…」

村の入り口を守ってる兵士「た、大変だ…」

俺「…。」


コンマ下二桁
36以上兵士は村の奥へ走って行った
11〜35村の入り口を守ってる兵士「…と、坊や。嘘は良くないぞ」
10以下…あれ?外から兵士がいっぱい…?


安価下
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:14:46.75 ID:GPhm9lyuO
はい
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:19:30.67 ID:CCs2dwGYO
ついて行って誘拐そのものを阻止したほうが良かったか?
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:32:22.06 ID:EXmPoFY2O
まあここは騙せても流石に国境に居る兵士は越えられないしな…
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:39:31.44 ID:CCs2dwGYO
ホントどうしたもんかね
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 20:41:37.68 ID:RcSE8GpX0
コンマ75
サンタローズ入り口

村の入り口を守ってる兵士「大変だ!坊やはそこへ居なさいっ!」タッタッタッ

俺「…。」

俺(…騙してごめんなさい)

俺(でも今の内だ!)タッタッタッ



草原


俺「ふう…遂に1人で村の外へ出て来た…」ドキッドキッ

俺「外には魔物も出るんだったよな。気を付けないと…」

俺「あれ?とりあえず外へ出てきたけど、これなら何処へ向かおう」


1なんとなく北へ向かってみる
2もう一度ビアンカに会いに西のアルカパへ行ってみる
3ラインハットがあると言っていた東の方へ行ってみる
4なんとなく船着場があった南へ行ってみる
5村へ戻る


多数決下3まで
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:42:39.83 ID:5cPXAili0
3
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:42:52.15 ID:2RMT0poUo
3
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:44:57.06 ID:gJgKaESf0
怒られるの覚悟で言うけどパパスって助けたら後々メリットあるの?
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:49:02.00 ID:QAxjlLZLO
グランバニアの王だから生きて帰れば国がバックになる
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:49:52.62 ID:gJgKaESf0
なるほど。ありがとうございます。
ドラクエ5はおおまかにしかストーリー知らないんです。
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:50:45.72 ID:j4p9UmWnO
3
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:55:44.40 ID:ceMNpIhHO
国境の兵士は超えられないのだ
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:56:48.63 ID:jqCIz3/t0
そういや俺の外見って6主のショタバージョンって感じなのかな?
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 20:57:27.51 ID:Zar38DyEO
何のために村に残ったのだ…
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 21:03:18.55 ID:RcSE8GpX0
草原

俺「パパスとモョモト…東の方にある城へ行くって言っていたな」

俺「やっぱり俺も行ってみようかな」スタスタ

俺(もしかしたら既に帰路のパパス達とばったり会ったりして…)

俺「その時は1人で村を出た事怒られるだろうけど…まあいっか」スタスタ

俺「とりあえず魔物に注意して進もう」

俺「森や荒野に入らず草原だけ歩いてたら着くかなあ?」スタスタ



コンマ下二桁
00???
41以上一先ず川を渡る場所へ着いた
21〜40魔物の群れと遭遇した
20以下ん?向かってる方角からいっぱい兵士が…
ゾロ目:魔物を見つけたが、未だこちらに気付いていない

安価下


魔物の群れと遭遇した場合(21〜40、ゾロ目の場合)
コンマ下二桁
76以上スライム×2
51〜75マッドプラント×2
26〜50くびながイタチ×3
25以下おばけねずみ×4


安価下2
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:04:14.65 ID:ceMNpIhHO
は!!
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:04:53.50 ID:Zar38DyEO
うん
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:11:31.28 ID:u3iV8WP60
真面目にやれ!ゾロ目出せや!
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:17:52.39 ID:ahH2VEnx0
後から追いかけるなら最初からついて行けよ
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:19:59.73 ID:b0NYhuviO
時間をずらすことで起こる変化もあるさ
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 21:23:55.34 ID:RcSE8GpX0
コンマ65
川付近

俺「あれ??城じゃなくて川に着いちゃった…」

川「」ザアアアアッ

俺「…どうしよう。この川の向こうに城があるのかな?」

俺「どうやって向こうへ行けば良いんだろう?」キョロキョロ

国境「」

俺「あ、あそこに建物がある。一先ずあそこへ行ってみようかな」スタスタ 



国境

俺(うーん…ここに来たは良い物の…)

国境を守っている兵士達「…。」

俺(奥に見えるのは川を渡れる通路かな…。通してくれなさそうだけど、一応一声掛けてみよう…)スタスタ

俺「あ、あの…」

国境を守っている兵士「ん?子供?こんな場所に1人で?」

俺「川を渡りたくてーー」

国境を守っている兵士「坊や。どうやってここまで来たかは知らないが、悪い事は言わない。戻りなさい」

国境を守っている兵士「ここから先はよその国だよ」

俺「…。」

俺(…取っ付く暇も無い)

国境を守っている兵士「…。」

俺(村と違ってここは絶対に通してくれなさそうだ…)

俺(どうしよう…これ以上は進めなくなっちゃったな…)

俺(パパスの息子だと言っても、モョモトも連れて行ったし何も証拠も無いから信じてくれないだろうし…)


1パパスとモョモトが帰って来るまでこの辺で待っておく
2諦めて違う場所へ行く
3その他


多数決下3まで
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:26:15.20 ID:5cPXAili0
3
河を泳いで通り抜けろ、気合いだ
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:26:49.66 ID:Q+X0PbsgO
3
泳いで渡る
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:27:43.41 ID:CfD+xfU4O
3
見つかりにくい所から泳いで渡る
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:28:49.05 ID:jqCIz3/t0
3
>>442+浮き輪、もしくはいかだになりそうなものがないか探す
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:41:34.46 ID:eZdv22r9O
川にもモンスターはいるんやで…死ぬやろ
騒いでたら衛兵に見つかるで
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 21:56:43.63 ID:RcSE8GpX0
国境

俺「分かりました…戻ります…」スタスタ

国境を守っている兵士「うむ。それが良いだろう」

俺「…。」

俺(と、見せかけて俺は諦めないぞ!)





川の上流

俺「フッフッフッフッ…」

川「」ザアアアアッ

俺「向こう岸まで無茶苦茶距離あるし、かなりの激流だし、泳ぎ方も知らないし、海には魔物も居るって聞いた事もあるけど…」

俺「流石に上流の方から向こう岸へ泳げば、なんとか辿り着けないかな?」

川「」ザアアアアアアッ

俺「…。」ゴクリッ

俺「よし。やってみよう!」スタスタ

川「」バシャバシャ

俺「…。」ドキッドキッ

俺(…これ以上は脚が着かなくなる場所だ…)ブクブク

俺(ここがターニングポイントだ…戻るならここしか無いけど…)ブクブク

俺「…。」

俺「ええいっ!南無三ッ!」トンッ



コンマ下二桁
00流されたが、俺を呼んでいるかのように謎の洞窟へ着いた(俺覚醒イベント2)
99流されたが、まるで導かれる様に謎の祠に着いた(仲間イベント)
91以上死に掛けたが、運が良かったのかなんと向こう岸へ辿り着いた
81〜90大海原まで流されて死にかけてた所、何処かで会った事のある、ふくよかなおじさんの船に拾われた
71〜80流され過ぎて意識不明の重態だったが、砂漠に打ち上げられた
61〜70もしかすると死んだのか、気が付いたら妖精の国と言うメルヘンの所へ来ていた
41〜60大分流されて死にかけてた所、修道院と言う場所で保護して貰った
11〜40以下溺れていた所、更に海の魔物と出会って気が付いたら何故かサンタローズの教会まで戻って来ていた(所持金半分に)
10以下気が付いたら悪い大人に剣等の身包みを全て奪われて、最終的に奴隷として売られた…


安価下2
※(上へ行く程死にかけ度が減って、早く目覚めます)
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:59:35.81 ID:Zar38DyEO
これはこれは…
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 21:59:39.89 ID:wWu33m1jo
いける
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:00:40.72 ID:+t9JIvxmO
惜しい…
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:00:47.40 ID:CCs2dwGYO
よし
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:01:37.58 ID:Zar38DyEO
死にかけってことは向こう岸についてもHP1の状態になってそうだ
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:03:38.30 ID:5cPXAili0
これはビスタ港に送り返されるパターン
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:05:32.24 ID:Tj2Bk6tnO
上程早く目覚めるならまだチャンスは残ってるのかな?
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:06:07.98 ID:Pru/226SO
どれも面白そうだがもしかして99なら4からも勇者が参戦したのか!?
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:15:20.91 ID:jqCIz3/t0
4勇者か
来るとするならソロ、ソフィアどっちだろう
兄妹という設定で両方来たら笑う
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 22:25:31.92 ID:RcSE8GpX0
コンマ89
国境の川

川「」ザアアアアッ

俺「ゲホッ…み、水が口に…ゴホッ…ゴホッ……」ザブザブ

俺(お、俺は…向こう岸へ…)

川「」ザアアアアアアッ

俺「…。」

俺(あ、ダメだこれ…)

俺(下流へ流されるに連れて勢い強くなってるのに無理じゃん…)

俺「ガボガボガボガボボゴゴ…」ヒュ-ン

俺(うん、俺死んだ…)ヒュ-ン



大海原

ルドマン「フローラや。海はそろそろ慣れたかな?もう直旅を終えてサラボナへと帰る」

ルドマン「今のウチに船から見れる景色をウンと見て起きなさい」

フローラ「はい。お父様」

デボラ「フン…海なんてサラボナからでも見れるだろうに…。それに船って直ぐにグラグラして足元が揺れるから嫌いだわ」

ルドマン「は、ハハ…」

フローラ「もう…お姉様…」

船員「す、水死体だー!!」

ルドマン「何だと?」

フローラ「ひっ…」

デボラ「…へえ。なかなか面白そうな事も起きるじゃない」


俺「」プカプカ

船長「むっ…よく見たら子供じゃないか。引き揚げて弔ってあげなさい…」

船員「ま、マジですかい…」

船長「ルドマン様。宜しいでしょうか?」

ルドマン「うむ…かわいそうに…。フローラと変わらぬあんな歳で子供が溺れて死んでしまうとは…」

フローラ「…。」ビクビク

デボラ「何アレ…かなり間抜けな姿ね」ジッ

フローラ(あら?あのお方のお姿…どこかで…?)ザッ
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:33:51.61 ID:5cPXAili0
このままモョモト達は原作通りで俺だけが離脱パターンか…?
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 22:43:54.33 ID:RcSE8GpX0
ルドマン船

俺「ゲホッ…ゲホッ…ゴホッ…」

船員「お、おおっ!なんてタフな子供だっ!未だ息があったか!」

船長「ふむ…良かった良かった」

俺(あ、アレ…?俺生きてるのか…?)

ルドマン「良かったねえ僕」

俺「え…」

俺(…アレ?この太った人…何処かで…)

フローラ「あの…大丈夫でしょうか?…寒いでしょうから、部屋にあったこの毛布をお使い下さい…」バサッ

俺「あ…う、うん…。ありがとう…」ガシッ

俺(この水色の髪の子も…)

デボラ「もしかしてアンタ。魚にでもなりたかったのかい?」

俺「…。」

俺(このキツそうな子は誰だっけ…)

俺「はあ…俺どうして無事に生きてるんだろ…」

全員「…。」

ルドマン(よほど辛い事があったのだろうか…?)

デボラ(これが自殺志願者って奴?)

フローラ(このお方…ビスタ港で会ったあのお方ですよね?)

船長「…。」

船長「ん?よく見たら君…もしかしてパパスさんの所の…」

俺(どうしよう…正直に言ったら入水自殺したとか思われるかな…)


1そうです。もう一度最初に会った港へ戻して欲しい(ビスタ港戻り)
2…違います。しがない旅人です(ポートセルミ行き)
3なんだろう?何か大事な事を忘れてしまったような…(サラボナ行き)



多数決下3まで
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:47:00.52 ID:K0yHjgNIO
3
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:47:06.13 ID:sFou8A7zO
ラインハット近くの対岸まで送ってくれたりはしないんですか…
安価下
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:47:23.77 ID:LVrjkCUto
3
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:49:11.80 ID:ev7cy5tt0
港が無いんだから無理でしょ
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:53:56.82 ID:CCs2dwGYO
記憶喪失か?
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 22:55:02.70 ID:ev7cy5tt0
酸素欠乏症に罹ってしまったか…
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 23:05:54.54 ID:jqCIz3/t0
単にラインハット行きたいってのを忘れただけじゃね?
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 23:21:02.54 ID:RcSE8GpX0
ルドマン船

俺「そうだ…俺…向こう岸へ行きたくて、川を泳いで渡ろうとして…」

船長「…は?」

デボラ「その小さい身体で魔物が出る海を?馬鹿じゃないの?ていうか馬鹿じゃないの?」

俺「う…」

フローラ「もう。お姉様…失礼ですよ…」

デボラ「いや、だってどう考えても死ぬでしょ」

ルドマン「どうしてそんな危ない真似をしてまで泳いで渡ろうとしたんだい?」

俺「それは…」

俺「…。」

全員「…。」ゴクリッ

俺「…あれ?」

船員「うん?」

俺「…どうして泳げないのに、そんな危険な真似したんだろう?」

俺「全く思い出せない…」

デボラ「やっぱり馬鹿だ」

ルドマン「船長。この症状はどういう事か分かるかね?」

船長「ふむ…もしかすると臨死体験をした事で記憶が混濁してるのかもしれませんな…」

船長「いや、酷い場合は酸素欠乏症の可能性も…」

俺「???」

ルドマン「手掛かりはこの豪華な剣のみか…」

フローラ「…。」

フローラ(言うべきなのかしら…?)

船長(パパスさんの息子だと思ったが、気の所為だったか?)

ルドマン「坊や。この剣は何処で?」

俺「分からない…」フルフル

俺「けど、俺以外は扱え無いって誰かが言ってたような…」

デボラ「フン。嘘言ってんじゃないよ。こんなちょっと強そうな剣くらいあたしにも…」ガシッ

俺「あっ」

デボラ「…あら?」ヘナ

フローラ「どうされたのですか?」

デボラ「な、なんだいこの剣。握ると逆に力が抜けて行く…」ヘナヘナ 

俺「だから言ったのに…」  

ルドマン「…むう」
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 23:27:38.83 ID:gS4MEMnqo
うまくやればパパス助かりそうだったけどうまく別ルートに行ったし結果オーライ
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/06(木) 23:37:49.15 ID:RcSE8GpX0
ルドマン船

ルドマン「そうだ坊や。坊やさえもし良ければウチで預かろうじゃないか」

俺「えっ?」

フローラ「まあ!」

デボラ「は?いきなり何言い出すんだい?」

船長「突然どうなされたのですか?ルドマン様?」

ルドマン「うむ。その剣然り、この子からは何か特別な力を感じる…」

俺「…。」

ルドマン「記憶が戻るまでの間、ウチで養子として預かろうと思ったのだ」

フローラ「それは良い考えですわお父様!」パンッ

デボラ「この小魚が特別な力?」ジイ-ッ

俺「誰が小魚だ」

デボラ「フン。そんなにお金になるとは思えないけど、パパが決めたのなら良いんじゃない?」

船長「しかしルドマン様…酸素欠乏症の場合は記憶が戻らない場合も…」

ルドマン「その時はフローラかデボラの執事でもして貰えば良い」

ルドマン「歳も近いからフローラとも直ぐに仲良くなれるだろうし」

フローラ「はい♪」

ルドマン「ちょうど手の掛かって来た子もいるしなっ」

デボラ「…なんであたしを見てるわけ?」

ルドマン「い、いや…はは…さ、さあ坊や。どうかね?」

俺「あ、えっと…」


1お言葉に甘える
2断る


安価下
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 23:38:17.91 ID:2RMT0poUo
1
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 23:47:16.18 ID:gJgKaESf0
つまり大きくなったモョモトと屋敷で再会するわけか。
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/06(木) 23:57:51.29 ID:5cPXAili0
俺「モョモト…俺なんかでいいのか…?」

はい←
いいえ
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 00:05:25.41 ID:fpztKIHPo
(そういうのは)いいです
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 00:16:18.46 ID:Pq5BIBBXO
ほう…続けて?
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 00:24:24.69 ID:dVOAklsH0
もう嫁とかいらないしそれでよくね?
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 00:35:24.89 ID:vJbtZsJV0
undefined
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 00:36:15.55 ID:vJbtZsJV0
サラボナ

俺(思わずお言葉に甘えると言ってしまった俺は、あれから数日後…賑わっている街へ連れて来られていた…)

ルドマン「さあ。この家が今日から君が住む事になる新しい我が家だ」

俺「我が家って…」

豪邸「」ド-ン

俺「デカっ!」

ルドマン「ワッハッハッ。まあ君の記憶が回復するまでここでノンビリとして行ってくれたまえ」スタスタ

フローラ「これから宜しくお願い致しますね//」ペコリ

デボラ「この家ではあたしに絶対服従ね。分かった?」

俺「…。」

俺(なんだかよく分からない事になって来たが、とりあえず俺はどうして皮へ飛び込んだりしたか、早く記憶を回復させないとな…)スタスタ
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 00:37:47.24 ID:vJbtZsJV0
後日
サラボナ広場

俺(ここへ来てから随分経ったな…)スタスタ

フローラ「俺さん。こちら私の幼馴染のアンディ」

俺「宜しく」

アンディ「君が新しくルドマンさんの養子になった俺君か」

俺「あ、はい…まあ成り行きで…」

フローラ「俺さんはここへ来て日が浅いので私とお姉様しかお友達が居られないので、アンディも仲良くしてやって下さいね」

アンディ「ああ。フローラ。君が頼まずともそのつもりさ。宜しく俺くん」スッ

俺「はい」ギュッ

アンディ「俺君。早速一つ友として言っておきたいんだが…こっちへ」ギュッ

俺「うん??」スタスタ

フローラ「あら?男同士の秘密の会話と言うものでしょうか?」

俺「話って…」

アンディ「…ああ…一つ聞いておきたいんだが、まさか君もフローラが好きと思ってたり…とかは?」

俺「え?」チラッ

フローラ(俺さん未だかしら?)ニコニコ  

俺「いや、良い子だとは思うけど…一緒に住んでるって言ってもこの前会ったばっかりだし…全くそう言うのは…」

アンディ「フッ…そうか。なら良かった。私と君と良い友になれそうだ…。しかし彼女は女神のような子だ。くれぐれもフローラを好きになったりしないでくれよ」

俺「あ、はあ…」

俺(なんだコイツ…変な奴だな…)

俺「あ…」
  
アンディ背後
デボラ「…。」スタスタ

デボラ「あ、小魚。何してーー」スタスタ

アンディ「だが、彼女の姉のデボラの方ならどうぞ好きになっても良いぞ」

デボラ「…。」

俺「…。」

俺(背後にそのデボラが聞いてる事教えてあげた方が良いのかな…)


フローラの好感度が7に上がった
デボラの好感度が3に上がった
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 00:40:53.84 ID:UZP/ExulO
アンディはフローラのためにマグマが噴出する洞窟に、実力があるわけでもないのにチャレンジするくらいにはいい男なんだよね
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:01:01.21 ID:ejrOH8jT0
ぬわああああああああああああああああ
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 01:07:10.56 ID:vJbtZsJV0
undefined
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 01:07:41.94 ID:vJbtZsJV0
ルドマン屋敷
フローラ部屋

俺「フローラ。どうしたの?改まって話したい事があるって…」スタスタ

フローラ「今日で俺さんがウチへ来て2年ですわね」

俺「もうそんなに経つのか…月日が経つのは早いな」

フローラ「あれから何か記憶の手掛かりは見つかりましたか?」

俺「いや…それが全く…」

フローラ「そうですか…」

俺「むしろフローラやデボラの執事としての仕事の方が馴染んで来たような感じして、最近は逆に過去の事を忘れつつあるかも…」

フローラ「そうですか…それは私の達にとっては嬉しい事なのですが…」

俺「あ、そう言えば、フローラは来週から花嫁修業として修道院へ入るんだろ?暫く会えなくなるな」

フローラ「ええ…ですがその前に謝っておきたい事が…」

俺「…謝っておきたい事?」
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 01:08:25.20 ID:vJbtZsJV0
ルドマン屋敷
フローラ部屋

フローラ「…。」

フローラ「じ、実は私…俺さんがあの時、誰と居たか…覚えているんです!」

俺「…えっ??」

フローラ「俺さんやお父様達は覚えて居なかったかもしれませんが、俺さんが私と初めて会ったのは、あの船では無いんです!」

俺「えっ!?ち、違うの!?」

フローラ「あっ…いえ、正確にはあの船なんですが…その前に一度だけ…ビスタ港で…」

俺「ビスタ港って確かアルカパの近くの…」

フローラ「はい。そこで船に上がる私の手を取り…」

俺「手を取り…?」

俺(いや、言われてみれば確かにそんな事あったような…)

フローラ「ひ…」

俺「ひ?」

フローラ「一目惚れでした!//」バクバク

俺「…。」

フローラ「あ…///」チラッ

俺「…ごめん。フローラ口をバクバクしてただけだから全く何言ってるか分からなかった」

フローラ「」ガクッ

俺「それでえーと…」

フローラ「も、もういいです!///」

俺「??」

フローラ「コホン…えっと話を戻すのですが、その時横に居た人物が紫のマントを着た不思議な感じのするご兄弟と、長髪で戦士の格好をした俺さんのお父様っぽい人だったんですが…」

俺「紫のマントを着た不思議な少年と…長髪で戦士の…うっ」ズキッ

俺「なんだ…?何か頭に引っかかる…」

フローラ(もう一押し…?)

フローラ「こ、これを持って下さい」スッ

俺「これは?」

フローラ「代々お父様の一族に伝わる家宝の盾…ですが、その盾を装備できるのは選ばれた人間のみらしいです」

俺「選ばれた人間のみ」スチャッ

フローラ(私の勘が当たっていれば、これで何か思い出す筈っ!)

俺「この盾は…」カチャッ

天空の盾「」


コンマ下二桁
パパス好感度8
81以上俺「そうだ…俺ムドーに敗北して…」(何故か思い出し過ぎた)
21〜80パパスとモョモトの事をようやく思い出した(思い出した)
20以下盾を持ってもやはり何も思い出せない…


安価下2
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:10:45.55 ID:Pyn3nNtBo
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:10:52.82 ID:Aa+wnZzlO
はい
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:11:14.57 ID:vDjPx1dho
思い出しすぎたか
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:16:14.07 ID:fpztKIHPo
6の記憶もか
パワーアップイベかな?
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:17:25.28 ID:dVOAklsH0
思い出しすぎたの(ぱぱす達のところは飛び越して思い出した)
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:20:44.48 ID:Pq5BIBBXO
面白くなってきた
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 01:28:44.90 ID:vJbtZsJV0
コンマ82
サラボナ
フローラ部屋

天空の盾「」ピカ-ン

俺「あ…盾が…あれ?俺も…」ピキ-ンッ

フローラ「え?あ…お、俺さんの身体が…」



ムドー『既に勇者として完全に覚醒しているお前の魂だけは、二度と目覚める事ができない場所へ封印してやろう』 ??俺?『な、何だとっ!?』クルクルクル ??ムドー『ではさらばだ』パチンッ ??俺?『く、クソォォッーー』ボンッ ?

俺「…。」

俺「…いや、夢だと思ってたけど…アレ俺じゃないか」

フローラ「はい?」

俺(俺敗北して何処かに封じられて…何故かこの時代に…復活して…)

俺(…あれ?ムドーは?ハッサン、ミレーユ、バーバラ、チャモロ…皆んなはどうなったんだ?)

俺「…。」

フローラ「あ、あの…大丈夫ですか?…」

俺「う、うん…」

俺(よくわからないが…彼処で負けたって事は…今の俺は…また夢の存在なのか…?)

俺(ハッサンの時のように、封印された俺の石も何処かに…?というかどうして俺子供になったんだ…?)

俺「…。」

俺「いや、今は俺の事は良いか…」

フローラ「…。」

俺「ありがとうフローラ…色々思い出せたよ…」

フローラ「そう…ですか…。お役に立てたな良かったですが…」

俺(魔法の使い方もライデインだけじゃなく色々と思い出して来たな…)

俺(未だ思い出せないのもあるが、ルーラを思い出した…。これで一応いつでもサンタローズへは飛べる…)


ホイミを思い出しました(消費MP2)
ルーラを思い出しました(消費MP1)
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 01:30:50.52 ID:vJbtZsJV0
コピーミス
コンマ82
サラボナ
フローラ部屋

天空の盾「」ピカ-ン

俺「あ…盾が…あれ?俺も…」ピキ-ンッ

フローラ「え?あ…お、俺さんの身体が…」



ムドー『既に勇者として完全に覚醒しているお前の魂だけは、二度と目覚める事ができない場所へ封印してやろう』

俺『な、何だとっ!?』クルクルクル

ムドー『ではさらばだ』パチンッ

俺『く、クソォォッーー』ボンッ



俺「…。」

俺「…いや、夢だと思ってたけど…アレ俺じゃないか」

フローラ「はい?」

俺(俺敗北して何処かに封じられて…何故かこの時代に…復活して…)

俺(…あれ?ムドーは?ハッサン、ミレーユ、バーバラ、チャモロ…皆んなはどうなったんだ?)

俺「…。」

フローラ「あ、あの…大丈夫ですか?…」

俺「う、うん…」

俺(よくわからないが…彼処で負けたって事は…今の俺は…また夢の存在なのか…?)

俺(ハッサンの時のように、封印された俺の石も何処かに…?というかどうして俺子供になったんだ…?)

俺「…。」

俺「いや、今は俺の事は良いか…」

フローラ「…。」

俺「ありがとうフローラ…色々思い出せたよ…」

フローラ「そう…ですか…。お役に立てたな良かったですが…」

俺(魔法の使い方もライデインだけじゃなく色々と思い出して来たな…)

俺(未だ思い出せないのもあるが、ルーラを思い出した…。これで一応いつでもサンタローズへは飛べる…)


ホイミを思い出しました(消費MP2)
ルーラを思い出しました(消費MP1)
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:33:44.23 ID:2wEz23ydO
ならアルパカにも行けるのか
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:35:54.40 ID:Pq5BIBBXO
修行すればギガスラッシュも夢じゃないな
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:53:33.46 ID:Yes/jIZN0
あれから2年過ぎてるってことはもうサンタローズ滅んでるか
パパスもどうせ死んでるよな
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 01:55:42.75 ID:GbQ2gp74O
コンマで00出せば大都市となったサンタローズとそこの町長となったパパスがいるかも
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 02:04:11.29 ID:vJbtZsJV0
ルドマン屋敷
フローラ部屋

俺「そしてこのパパスから貰った剣は伝説の…と言うかラミアスの剣の成れの果てって感じかな…?」

俺(そりゃ装備できて当然だが、やっぱりオリジナルのラミアスの剣の方が威力も効果も強かったな)

俺(あの剣何処行ったんだろう…。封印される直前に手放したから流石に無いよな…)

俺「そうか…だが一度戦いに敗れた俺が…もう一度勇者か…皮肉なのかなんなのか…」

フローラ「お、俺さん…?」

ルドマン「ふむ。話は聴かせて貰った」ガチャッ

フローラ「キャッ。お父様!?」

俺「ルドマンさん…」

ルドマン「俺君は何か特別な力を持った者だとは思っていたが、まさか伝説の勇者だったとはな。いや、これは流石に想像より上で驚いた」

ルドマン「ならばその盾は唯一装備できる俺君にあげよう」

俺「ほ、本当ですか!?」

フローラ「実は私もその盾を常々自分の分身のように感じていました。そんな盾を俺さんに使って頂けるのなら…ぽっ///」

ルドマン「…と言いたい所だが、この盾はいつか結婚するフローラの婿へフローラの盾となるよう願いを込めて渡すつもりだったのだ」

俺「ええ…」

フローラ「お父様…あんまりです…」

ルドマン「俺君が伝説の勇者ならば是非フローラと結婚して、この盾を受け取り活躍して欲しい所だが…」

俺「俺が…フローラと…」ジッ

フローラ「わ、私が俺さんと…ぽっ///」ジッ

ルドマン「2人は未だ10歳にもなっていないからな。流石に返して貰うぞ」

俺「あ、はい…」スッ

フローラ「…。」

ルドマン「もしフローラが修道女での修業を終えて来た時、俺君がその気ならば花婿に立候補してくれたまえ」

俺「分かりました…」

フローラ「///」

俺(アンディの事もあるし考え物だな…)

ルドマン「もし俺君が良ければデボラの方を引き取ってくれても構わんぞ。ワッハッハっ!」

フローラ「そ、それはダメですっ!」

デボラ「…パパ。どうして私だけペットみたいな扱いなのかしら?」

ルドマン「き、聞いていたのかデボラ!?」

デボラ「私の方こそ私と結婚する相手は私に完全に服従してくれるような奴じゃないとやーよ」

俺(なんだこいつ)
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 02:13:42.71 ID:Pq5BIBBXO
何でムドー戦の時点でラミアスの剣持ってんだこいつ…
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 02:21:04.94 ID:vJbtZsJV0
ルドマン屋敷
フローラ部屋

ルドマン「して俺君。記憶が戻ったようだが、これから伝説の勇者の君はどうしたいのだ?」

俺「俺は…」

フローラ「…。」

フローラ「寂しくなりますが、やはりご兄弟やお父様の元に帰るのが宜しいかと…」

俺「フローラ…」

フローラ「この盾がここにある限り、俺さんとはいつか必ずまた会う事ができますから」ニコッ

デボラ「えー私は小間使いが居なくなるの困るな〜」

俺「執事を小間使い扱いするな…」

デボラ「あんたさえ良ければこのままその盾が手に入るまでウチで執事としてやってくれても良いんだよ?ねえ。パパ?」

ルドマン「それは勿論。俺君が居てくれるならこの街の治安も安全だろうしな」

俺「…。」

フローラ「もう2人とも俺さんを困らせちゃいけません」

デボラ「とか言って一番居て欲しいのはフローラなんじゃないの?」

フローラ「う…」

ルドマン「まあ決めるのは俺君だよ。さあどうしたい俺君?」

俺「俺は…」


1このままサラボナに居てフローラやデボラと仲良く過ごしておく
2パパス達が俺を心配して探してるだろうし…サンタローズへ戻りたい…。長い間お世話になりました…
3その他


安価下
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 02:23:52.35 ID:PozuaOQXO
3
向こうがどうなってるか分からないし
一度サンタローズやその周辺の様子を見てから決めようと思います
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 02:34:15.37 ID:78poZLUw0
だよね。なにかの間違いでパパス生きてるかもしれんし。
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 02:37:19.98 ID:XJeYaniOO
俺君だけ魔法のMP消費も6基準になってるのね
ベホイミよりホイミの方がMP効率がいいんだよな
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 02:37:25.57 ID:vDjPx1dho
残ってもフローラ修道院行くからおらんよのなぁ
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 03:22:43.75 ID:ejrOH8jT0
パパスの剣
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 07:55:35.37 ID:PcPduHbJ0
>>499に賛成だ
3
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 10:02:42.00 ID:dyybVVmoO
そういやブオーンとかいう結構強い奴がいたな
ルドマンの先祖のルドルフとかいう人が封印してた奴

そいつを倒せる力として囲い込み受けるんじゃね?ほら、勇者だし

妖精の国イベントは5主とビアンカが俺の預かり知らぬところでクリアしたのかな?
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 10:22:34.22 ID:UZP/ExulO
ラインハットに行く前に桜の枝貰ってるから妖精の国イベは終了してる
あとビアンカはサンタローズに来てないから主人公とゲレゲレだけしか行ってないよ
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 10:39:54.76 ID:teJ+32xqO
undefined
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 10:42:37.45 ID:XQsLOOaao
ラミアスの剣持っててムドーに勝てないってどんだけムドー強いんだよ
あとラミアスの剣は最初ボロボロでロンガデセオの女鍛冶屋しか直せないはずだがどうやったんだ?
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 11:14:22.21 ID:teJ+32xqO
ルドマン屋敷
フローラ部屋

俺「向こうがどうなってるか分からないし 、一度サンタローズやその周辺の様子を見てから決めようと思います」

ルドマン「…なるほど。此方へ戻って来る可能性もあると?」

俺「は、はい…失礼じゃなければ…」

ルドマン「いや、結構結構。むしろ父君やご兄弟も一緒に連れて、ここへ戻って来てくれても良いのだぞ?」

俺「えっ!?」

ルドマン「俺君が勇者と言う事はご家族は全員勇者の一族なんだろう?」

俺「い、いえ…それは…。俺だけ実は捨て子らしくて…2人はちゃんとした血の繋がりがあるのですが…」

ルドマン「なんとそうだったか!?」

俺「でも父代わりの人は、俺なんかよりもかなり強くて皆んなから慕われてて…俺の事も息子として育ててくれる良い人で…」

俺「弟なのか兄なのかは分からないけど…一緒に育った兄弟みたいな奴も…奇行に走る事もあるけど、魔物と心を通じ合える事ができる変わった能力を持った奴で…」

フローラ「奇行…?」

俺「い、いや…手癖が悪いと言うか…まあそれはもう直ってると思いたいけど…」

デボラ「面白そうな奴だね。一度会ってみたい。連れて来てよ」

俺「エェ……」

俺(いや、むしろ魔物と心を通わす事ができるモョモトなら…デボラを手懐ける事もできるか…?)

ルドマン「ワッハッハ。今の話しを聞いて私からもお二人をますます連れて来て欲しくなったな」

俺「う、うーん…。それは相談してからになりますが…」

俺(フローラ以外ほんと変な人達ばっかりだけど…でも皆んな純粋で悪い気はしない。皆んな良い人達だ…)

俺(本当にパパス達も呼んで皆んなでここへ引っ越してくるのも良いかもしれないな)
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 11:15:13.85 ID:teJ+32xqO
ルドマン屋敷
フローラ部屋

ルドマン「しかし、ビスタ港へ行くとなると移動手段はどうする?彼方との距離では移動だけで月単位の日数がかかると思うが…」

俺「ご心配には及びません。移動魔法を思い出しましたので、サラボナからサンタローズへは数分あれば着きます」

ルドマン「なんと!?移動魔法とは…勇者はそのような古代の魔法まで使えるのか!?」

俺「えっ?」

俺(ルーラって俺以外にもバーバラとかも使えたり…結構使えた人多かったと思うけど…そんな古代魔法なの?いったい俺がいた時代は何年…いや、何万年くらい前の世界なのか?…)

俺「…。」

俺「と、とにかく明日の朝一番で出発して様子を見て、報告も兼ねてまた戻って来ます」

フローラ「気をつけて下さいね」

俺「ああ」

デボラ「また海に落ちるんじゃないよ」

俺「う…」

ルドマン「直ぐに帰って来ると言っても、一人旅じゃ何が起きるか分からん。これを持って行きなさい」ジャラ

俺「えっ!?こ、こんな大金良いんですか?」

ルドマン「ワッハッハ。構わん構わん。今の間から伝説の勇者に恩を売っておいても損は無いからな」

フローラ「もう。お父様ったら」

ルドマン「これからもどんどん恩を売らせて貰うぞ」

俺「ええ…それはちょっと…」

ルドマン「その代わり…もし私の代でサラボナが危なくなった時は力を貸して欲しい…」ヒソヒソ

俺「私の代で…?」ヒソヒソ

ルドマン「まあそれは万一その時が来た時に改めて話そう」

俺「あ…はい…」

ルドマン「とにかく気をつけて行っておいで」

俺「ありがとうございます」ペコリ

俺(パパス、モョモト、サンチョ…あとゲレゲレ…皆んなちゃんと元気にしてるかな…)

俺(いや、帰ったらノンビリするって言ってたし元気にしてるしか無いよな)

俺(2年振りに色々魔法も覚えて成長した俺の姿見たら驚くだろうなあ…)

俺(いや、やっぱり先ずは怒られるかな?)

俺(とにかく久しぶりに皆んなと会うのが楽しみだ。早く明日にならないかなあ)


2000ゴールド手に入れました(3665)
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 11:22:19.93 ID:Pq5BIBBXO
とりあえず防具新調しようか
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 11:29:35.52 ID:UZP/ExulO
そういや5ではルーラとパルプンテは古代のやつだから、植物採集とかやって再現する必要があるのよね(なお娘)
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:09:54.30 ID:K9gD0p/yO
パパスがクズの改造ドラクエ好き
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:14:59.14 ID:fnPd1SvMO
まだモョモトが脱走するまで長いからどこかでレベル上げやっとかないとな
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 12:29:19.19 ID:teJ+32xqO
空の上

俺「そろそろサンタローズか」ビュウンッ

俺「えーと、俺達の家は…」キョロキョロ

俺「…。」

俺「…あれ?見つからないな」キョロキョロ

俺「もしかして転移する場所間違えたのか?」

俺「着いちゃったけど…」シュタッ

俺「いや、洞窟から川が流れてたから…ここ…だよな…?一先ず入ってみよう…」スタスタ



サンタローズ跡地

俺「…。」キョロキョロ

無数の墓「」
血痕跡「」
毒沼「」

俺「人の気配が…全く無い…」スタスタ

俺「いったいどうなってサンタローズ…じゃないーー」タッ

焼け落ちた建物「」

俺「…。」

俺「確か…ここは…」


酒場の主人『パパスさん!あんた生きてたんだね!』

酒場の主人『この子達はあの時の2人か。大きくなったねえ。パパスさん夜にでもウチの酒場に寄っておくれよ』

酒場の主人『皆んなアンタの旅の話を聞きたがる筈だ』



俺「酒場があった…」

俺「なら…こっちは…」スタスタ

焼け落ちた建物「」



武器屋の主人『よう!パパス!帰って来たな!アンタとは喧嘩ばかりしてたけどよう。居なくなるとさびしくて…』

武器屋の主人『落ち着いたらまた話を聞かせてくれ!』



俺「武器屋があった…」

俺「…。」ドクンッ

俺「ハァッ…ハァッ…そ、それ…なら…」タッタッタッ

パパスの家残骸「」

俺「あ…ああ…アアぁぁァァッ!!」
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:35:18.29 ID:PcPduHbJ0
もう青年期か・・・早い・・・早すぎるわ・・・
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:35:18.56 ID:UZP/ExulO
マトモな戦力もない小さくて寂れた村を滅ぼすとか割と真面目に何やってんだろうね、ラインハット
そこまで行くための遠征費の無駄だし、サンタローズ蹂躙したらそこで終わりだし、天空の剣を探しに来たかもしれないけど、そこにはもう存在してないから無駄足だし 空回りやん
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:38:49.05 ID:9yKACUPMO
ここは原作通りか
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:39:59.89 ID:vDjPx1dho
まだ青年期まで八年あるやろ
ヘンリー誘拐の元凶のパパス探しに来ていないから見せしめに滅ぼしたんやろ、濡れ衣だけど
ぶっちゃけ王様なんで止めんのって思った
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:40:41.89 ID:TLLoGNvYO
まだ10歳にもなってないのにこの仕打ちは…
いやモョモトの方が酷い仕打ち受けてるか
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:45:56.73 ID:Pq5BIBBXO
なんか4主人公みたい
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 12:47:05.70 ID:UZP/ExulO
見せしめだとしてもメリット皆無だし、パパスの身分や人柄を知ってる筈の国王がおるのにやるんかな、とも思う
国王からしたら、パパスの子供が姿を消したのもおかしいしね パパスは消し炭になったけど、それが原因で2人が誘拐した後逃亡したとでも思われたんかな?
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 12:53:25.59 ID:teJ+32xqO
サンタローズ
パパス家跡

俺「パパス!モョモト!サンチョ!何処にいるんだっ!?」タッタッタッ

俺「俺を驚かす為の壮大なドッキリか何かなんだろうっ!?」タッタッタッ

俺「わ、分かったからっ!十分驚いたから!いい加減もう出て来てくれよ!」

シ-ン

俺「あ…ああぁ…」

地下「」

俺「あ、そ、そっか…。この家には地下があったんだ…。皆んな地下に隠れて…!」ザッザッザッ



地下

俺「パパス!モョモト!サンチョ!」

俺「ハァッ…ハァッ…」タッタッタッ  

俺「ッ…!」ドクンッ

桜の一枝「」

俺「こ、この枝…は…。モョモトが…机に飾ってた…」ガクッ

俺「ふぐっ…うぅっ…あぁァァッ…」ポロポロ

俺「アァァああアッ…ズズッ…」ポロポロ

俺「ふ…うぐっ…うぅっ…なんだよコレっ!なんなんだよコレっ!!」ポロポロ


パパス『ラインハットへ行って戻って来たら、故郷へ帰り暫くはゆっくりしようと思う』

モョモト『ありがとう』

サンチョ『坊っちゃま達はお疲れでしょう。さっ。お休み下され』

ゲレゲレ『ガウガウ』



俺「みん…な……あぁ…わあァァァァあぁっ!!」ポロポロ

俺「ハァッ…うっ……ぐっ…どうしてサンタローズが…こんな…こんな…」ポロポロ
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 13:17:44.70 ID:CtklCrKvo
自分がのんびり平穏に暮らしてる裏でこんなことがあったなんて知ったら
なんかもう死にたくなるよな…辛すぎる
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 13:53:53.14 ID:teJ+32xqO
サンタローズ

俺「…。」フラフラ

俺「グスッ…うっううっ…」フラフラ

シスター「ぼ、坊や…こんな所へどうして一人で…?」

俺「きょ…教会の…う…ぐぅっ…」ポロポロ

シスター「えっ…?も、もしかして君…パパスさんの所の…」

俺「う…んっ……」ポロポロ

シスター「…!こんな…こんな事って…ああ…神様…」ギュウッ

シスター「良かった…坊やは無事だったのね…。良かった…」ポロポロ

俺「…。」ポロポロ

俺「うっ…この村に…いったい何が…」

シスター「2年前…坊やが私と別れた数時間後…ラインハットの兵士達が村を焼き払いに来て、村は…」

俺「ラインハットの兵士が…?」

シスター「酷い!酷いわ!パパスさんのせいで王子様が行方不明になっただなんて…」ポロポロ

俺「王子が行方不明に…」

シスター「でも坊やが無事だったって事は…もしかして、パパスさんやもう一人の坊やも無事で…」

俺「…。」フルフル

シスター「…。」ポロポロ

俺「俺は一人でパパスを追いかけて…色々あって昨日まで記憶を失っていたから…」

シスター「そう…なのね…でもあの時の坊やが無事で本当に良かった…」ポロポロ

俺「ありがとう…」

シスター「でも、パパスさん達と逸れてしまって…坊やはこれから…」

俺「…。」

シスター「もし良かったら、教会は無事だったから坊やも、私と神父様と一緒にそこで…」

俺「ううん…俺行かなくちゃ…」

シスター「行くって…何処へ?…」

俺「…。」


1パパス達を探しに次はアルカパへ行ってみる
2ラインハット…許せない…
3もうサラボナへ戻る
4その他


安価下
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 13:55:18.02 ID:GVrUg4LM0
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:02:53.50 ID:PcPduHbJ0
1、復讐ダメ絶対
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 14:21:27.69 ID:teJ+32xqO
アルカパ上空

俺(サンタローズに居たサンチョはもしかしたらもう…)ビュオオッ

俺(だけどちょうどラインハットへ行っていたパパスとモョモトの生死は確認できてない)

俺「…。」

俺(望み薄だが…もしかしたら、パパスと仲が良かったダンカンや…3人で一緒に旅をしたビアンカなら、もしかしたら2人の行方の手掛かりを知っているかもしれない)

アルカパ前「」

俺「…着いた」シュタッ

俺「アルカパか…」

俺「ビアンカ…俺が望んでない形でこっちから向かう事になったけど…元気にしてるかなあ…」スタスタ
  


アルカパ内

女の人「ようこそ。アルカパの町に…あら?坊や1人?お父さんかお母さんは?」

俺「う、ううん!後から来るからっ!」タッタッタッ

俺(良かった…アルカパは2年前と何も変わってないな)スタスタ

町一番大きい宿屋「」

俺(ビアンカ達がいるのはあの大きい宿屋だったよな。入ってみよう)スタスタ

扉「」カチャッ


コンマ下二桁
00なんと俺と同じ歳くらいの、何処かで見た事のあるオレンジ髪の女の子がパパスを回復させていた
99なんと意識不明のパパスがダンカンの宿屋で看病されていた
21以上引越し準備中だったダンカン一家とビアンカが居た
20以下既に誰も居なかった


安価下2
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:22:44.11 ID:Pq5BIBBXO
いるかい?
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:26:49.23 ID:Oh/Z8iDRO
んん
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:26:54.48 ID:g6niNky/o
ひとつ繰り上げか?
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:27:07.85 ID:s3vmETaFO
はい
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:28:20.20 ID:Pq5BIBBXO
ビアンカには会えたか
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:29:46.23 ID:350mxQ+K0
とりあえず更なる鬱展開は回避できたか
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 14:34:34.27 ID:9L+pw9bcO
ビアンカの母親が早死にするのはどうにかできないのかな
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 15:04:34.42 ID:teJ+32xqO
コンマ23
アルカパ
宿屋前

扉「」カチャッ

俺(あれ?逆に誰か出てーー)

ビアンカ「よいしょっと」ドスンッ

俺「ビ、ビアン…カ…」ウルッ

ビアンカ「…え?」チラッ

俺「…。」ポロ

ビアンカ「えっ………ま、まさか…俺…?貴方…生きていたの!?」ポロ

俺「うん…」ポロポロ

ビアンカ「良かったっ!」ギュウッ 

俺「ビアンカ…2年前と変わらないな…」ポロポロ

ビアンカ「私…サンタローズの村がラインハットの兵士に滅ぼされたって聞いて…」

ビアンカ「居てもたってもいられなくて…直ぐにサンタローズまで見に行ったのよ…」ポロポロ

ビアンカ「でもおじさまの家は一番被害が大きくて…俺もモョモトもおじさまも…誰も居なくて…心配したのよ!」ポロポロ

俺「うん…。ごめん…」ポロポロ 

ビアンカ「だけど……。私は2人は生きてると信じてたから…」

ビアンカ「だってあの時…また3人で冒険しようって約束したもの…」ポロポロ

俺「そう…だな…」ポロポロ

ビアンカ「…。」グシグシッ

ビアンカ「そ、そうだ。モョモトは?ここへ来たって事は何処かに居るんでしょ?…もしかしてまたタンスを漁ってるとか?」

俺「ううん…」フルフル

俺「俺の方こそ…パパスとモョモトがここに居ないか探しに来たんだ…」

ビアンカ「…えっ?一緒じゃ無いの?」

俺「ああ…俺は2年前アルカパを出発してからーー」
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 15:08:26.87 ID:dyybVVmoO
>>508
そもそも最初ムドーに負けたのは魔術空間に捕らわれたから
ラーの鏡がなけりゃ、実力云々の前に戦うことすらできん

いや、この世界だとムドーは原作以上に強いのか?
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 15:15:54.00 ID:CtklCrKvo
村を焼いたのは魔物の策略とかではなく純粋に人間なの?
正直無関係の村人まで皆殺しとか復讐されても仕方のないことだが…
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 15:33:22.87 ID:teJ+32xqO
undefined
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 15:36:12.49 ID:teJ+32xqO
アルカパ
広場

ビアンカ「そうだったのね…。俺は大富豪に拾われて、2年間記憶を失ってて…」

ビアンカ「…。」

ビアンカ(そして、まさかの伝説の勇者で…)

俺「ああ…だからサンタローズが滅ぼされた事も…。パパスとモョモトが行方不明になってる事も知ったのはついさっきの事なんだ…」

俺「もしかしたらここへ避難してて、ビアンカ達が何か知ってるかとも思ったんだが…」

ビアンカ「ううん。ごめん…何も…」フルフル

俺「そっか…いや、いいんだ…」

ビアンカ「…。」

俺「はあ…いったい2人は何処へ行ったんだろ…」

ビアンカ「…根拠は無いんだけど、私はきっとモョモトは生きていると思うわ」

俺「…えっ?」

ビアンカ「モョモトも揃ってまた3人で冒険しようって約束したんだもの。俺が約束を守って生きていたんだからきっとモョモトも生きているわよ」

俺「…。」

俺「そうだな。ああ。そうだよな…モョモトはまだきっと何処かで生きている」
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 15:38:04.23 ID:teJ+32xqO
アルカパ
広場

俺「…うん。帰って来てから悲しい事ばっかりだったけど、ビアンカと話せたら少し元気出た。ありがとう…」

ビアンカ「うふふ。なら良かったわ」ニコッ

俺「…?」ジッ

ビアンカ「どうしたの?」

俺「あ、いや…さっきは変わらないって言ったけど、やっぱり少し変わったなって」

ビアンカ「え?そ、そう?どの辺が?」

俺「うーん…。あんまりよく分からないけど…大人の魅力が出てきたって言うのかな?」

ビアンカ「も、もう…!ヤダ俺ったら…何私に発情してるのかしら…///」ベシッ

俺「」バシンッ

ビアンカ「あ、ご、ごめん…」

俺「フッ…そう言う所も変わって無いな」クスクス

ビアンカ「もー!それは褒めてるの!?」

俺「い、いや…褒めてるよ…多分…」

ビアンカ「多分…?」ジッ

俺「あ、ああっ!そう言えばビアンカは外にあんな大量に荷物出して何しようとしてたんだ?」

ビアンカ「あーあれ?実は私達引越しするのよ」

俺「えっ…引越し!?」

ビアンカ「パパの病気がまた再発しちゃってね…もうサンタローズの薬は手に入らないから、山奥の方の温泉のある村へ引っ越して療養しようってなったの」

俺「そうなんだ…ビアンカ引っ越すんだな…」

ビアンカ「だから今度から私に会いたくなったら引っ越し先の村へ来てね」

ビアンカ「あ、勿論モョモトやおじさまが見つかったらちゃんと報告に来るのよ?」

俺「ああ。それは勿論だが…」

ビアンカ「それじゃ久しぶりに俺と会えて良かったわ。私引っ越しの準備の手伝い途中だから戻るわ。また色々落ち着いたら一緒に冒険しようねっ!」ピョンッ

俺「あ」


1ビアンカ達の引越し先をルーラとして記憶もできるし、俺も引越しの手伝いをしようかな
2一旦サラボナへ戻る
3次はラインハットへ向かう
4その他
 

多数決下3まで
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 15:39:02.35 ID:oMAwEyJ4O
1
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 15:40:47.99 ID:9l4JqP+9o
3
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 15:41:24.84 ID:5mcS6ymDO
1
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 15:58:26.76 ID:2x04kiDEO
>>538
魔物が化けた王妃のめ命令やね
兵士は嫌がって村人の大半を逃がしてから焼いてる
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 16:03:58.62 ID:GVrUg4LM0
>>522
ラインハット王は9年前に病死したと夜の兵士から言われるし、村襲撃の時にはすでに生きていないと思われる
むしろ本当に病死かどうか……(後述)

>>538
そこは作中では明かされないが、たぶん既にニセ太后と入れ替わっている
ヘンリーの会話システムは(寝込んだ兵士との会話直後に「きっとすでに入れ替わっていたんだな」と言う)そう希望を持ちたいだけなのかもしれないが

デールじゃなく太后をターゲットにした理由は?と考えると、こっそり誘拐を依頼しに行く、という怪しい行動が誤魔化すのにちょうどいいと推測され
そうなると時間が経ってからでは、入れ替わりやすいという利点がなくなる
ゆえに、誘拐事件の直後くらいに入れ替わったと考える方が自然かと
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 16:20:02.90 ID:CtklCrKvo
>>545-546
そうだったんだ。だから教会も見逃されてたのか
じゃあ村人のほとんどはどこかで生きてるの?
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 16:33:08.09 ID:teJ+32xqO
山奥の村
ダンカンの新居

俺「この荷物はここへ置けば良いですか?」ググッ

ダンカンのおかみ「ああ。そこで良いよありがとう」

俺「ふうー…」ドスンッ

ビアンカ「まさか俺まで引っ越しの手伝いしてくれるなんてね。助かるわ」

俺「いやいや、俺もルーラの記憶もできるし一石二鳥だよ」

ビアンカ「いつの間にか町から町への移動魔法なんて覚えてて便利よね〜」

ビアンカ「お陰でアルカパの荷物を一瞬で運べるからかなり引っ越しが捗ったわ」

俺(運びたい荷物持ったままルーラ使って往復して荷物の移動時間と経費を抑えるとか斬新な使い方するよな…)

ダンカンのおかみ「でもさすがに5往復は疲れただろう?今日はウチの新居で休んで行きなよ」

俺「ありがとうございます」

ダンカン「それにしても、まさかパパスの所の息子の片方が生きていていて、こんなに立派に成長してるとはなあ〜」

ダンカンのおかみ「ええ。最後に見た時より身長も伸びて、強くなって…あ、そうだわ!ビアンカ。アンタ将来俺の嫁に貰ってもらいなよ」

俺「なっ!?」

ビアンカ「は、はあ!?///」

ダンカン「ハハッ。そりゃあ良い。ビアンカの幸せな姿が見れれば、案外私の病気も直ぐに良くなるかもしれんな」

ビアンカ「ちょ、ちょっと二人とも!?///」

ダンカンのおかみ「生きている間にビアンカの晴れ姿を見てみたいもんだねえ」

ビアンカ「い、いや…わ、私は…ねえ俺?私達は別にそんな…ねえ?///」カアアッ

俺「いや、俺に振られても…」

俺(なんか最近ルドマン家でも同じ事があった気が…)

ダンカン「療養する為とは言え、ビアンカはこんな山奥のような村でゆっくりしてられるような子ではない」

ダンカンのおかみ「そうだねえ。もっと賑わってる所の方が似合うと思うわ」

俺「…うん。確かにおてんば娘ですね」

ビアンカ「何処がっ!?///」

ダンカン「まあ俺君が大人になってからで良い。頭の片隅にでも入れておいてくれ」

俺「分かりました」コクッ

ビアンカ「な、何アンタも了承してるのよ…馬鹿…///」

俺(でも皆んな言うけど…結婚かー…今の俺にとっては雲を掴むような話だな…)


ビアンカの好感度が8に上がった
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 16:41:39.28 ID:TLLoGNvYO
モョモトの嫁候補が…
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 16:58:42.57 ID:teJ+32xqO
山奥の村

俺「ふわあ〜…」スタスタ

ビアンカ「おはよう俺。昨夜は良く眠れた?」

俺「うん。空気も良いしな。魔力も完全に回復した」

ビアンカ「そう。なら良かったわ。俺はこれからどうするの?」

俺「うーん…」

俺「そう言えばサラボナを出てから随分経ったな…一度戻るのも良いが…」

俺「未だパパスやモョモトの行方も分からないままなんだよな…このまま旅を続けても良いし…」

ビアンカ「ねえ。昨夜考えたんだけどね。旅を続ける目的があるのなら私もまた何か手伝ってあげようか?」

俺「え?…と言うとまた一緒に冒険するって事か?」

ビアンカ「うん。そう!」

俺「いや、だがお前実家の家業の方は…」

ビアンカ「ねえ。パパママ。良いでしょ?俺と一緒に遊んで来ても」

ダンカンのおかみ「いいよ。こっちの事はこっちでしとくし、パパスの息子には色々助けて貰ったし、次はこっちが助けてあげる番だしね」

ダンカン「俺君になら任せられそうだしな。フフッ今の間にもっと仲良くなっておいで」

ビアンカ「そ…そう言う理由で一緒に旅をしたい訳じゃ無いんだけど…///」

ビアンカ「ね、ねえ俺。良いでしょう?」

俺「まあ親が認めてくれてるなら良いんじゃない?」

ビアンカ「そう?なら…うふふ。また一緒に冒険ができるわねっ!」

俺「…。」

俺(ビアンカたまーに大人の色気ムンと出るな)


>>ビアンカが仲間に加わった


ビアンカ「それで次は何処へ向かうつもりなの?」

俺「そうだな…」


1次はラインハットへ行ってモョモト達を探してみる
2一旦サラボナへ戻る
3残りの伝説の防具を探しに行く旅に出る
4その他

多数決下3まで
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 16:59:53.73 ID:g6niNky/o
1
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 17:01:45.33 ID:XIcLlL4cO
2
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 17:02:13.15 ID:Pq5BIBBXO
2
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 17:02:48.19 ID:RTKKyldF0
1
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 17:11:42.62 ID:fnPd1SvMO
1
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 17:31:43.18 ID:M3UUi+FI0
ラミアスの剣→氷の洞窟で錆の塊(この状態でもまあまあ強い)に、修復された後はカラーリング以外ほぼ天空の剣。稲妻のような模様がある。おしゃれな鍛冶屋で2回叩き直すと、メタルキングの剣を超え、全武器中最強に。道具として使うとバイキルト&攻撃後デイン系追加ダメージ(sfcでのエフェクトは爆発)。対し、天空は道具として使うと凍てつく波動。…劣化してないか?
オルゴー→廃墟となっているグレイス城の地下に隠された、sfc攻略本のイラストだとあまり天空の鎧に似ていない。ハートのような模様がある。8歩ごとにHPが1回復、メラ、ギラ、イオ、炎に軽減効果がある。鍛冶屋で叩き直すと防御力が上がり以降に手に入る鎧に負けなくなるが、sfcでは軽減効果が無くなるのであまりおすすめできない。
スフィーダ→不思議な洞窟の奥にあり、ほぼ天空の盾。sfcでは十字架、リメイクでは交差する剣のような模様がある。ヒャド、吹雪に軽減効果がある。唯一鍛冶屋で叩き直せない(sfcだとミスっぽかったが、リメイクでも直されない)。道具として使うとマホターン。天空はマホカンタ。
セバス→レイドック王がムドー討伐の際にどこかで入手し、現実の自分と融合すると貰える。ちょっと飾りを着けたら天空の兜そっくり。太陽のような模様がある。ザキ、メダパニ、マホトーン、ラリホーに耐性。鍛冶屋で叩き直すと防御力が少し上がる。メタキンヘルムには負けるが、耐性ではこちらが上。天空は何故か5だと耐性がないので、メタキンヘルムが完全に上。
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 18:20:08.42 ID:teJ+32xqO
サラボナ

ビアンカ「へえー。この町が俺が記憶喪失の間にお世話になったサラボナ」スタスタ

俺「意外に…と言うか山奥の村とかなり近かっただろ」スタスタ

ビアンカ「ええ。アルカパからレヌール城への距離より近いかも」

ビアンカ「町の隣にある大きな塔は何?津波でも見張る為の塔?」

俺「さあ?未だにそれが何の為にあるか教えて貰った事無いんだよ」

ビアンカ「ふーん」

扉「」ガチャッ


ルドマン屋敷

俺「ただいまー」スタスタ

デボラ「ん?あ、ようやく帰って来たのか小魚」

ビアンカ「こ、小魚…?」

俺「…誰が小魚だ。ルドマンさんとフローラは?」

デボラ「パパは壺を見に行くとか言って出掛けてるよ。フローラは修道院」

俺「ああ、そうか。フローラはもう修道院に入ったんだったっけか」

デボラ「で、その女誰?」

ビアンカ「あ…初めまして…。私、俺の幼馴染のビアンカ」

デボラ「小魚が幼馴染の女をウチへ連れて来るとかちょっと生意気じゃない?」

ビアンカ「あの…小魚ってもしかして…俺…の事を言ってるの?…」

デボラ「は?それ以外に何かある?」

ビアンカ「ねえ。失礼じゃない?」

デボラ「…何アンタ?私に意見する気?」

俺「ま、まあまあ…2人とも抑えて抑えて…」

ビアンカ「…。」ムッ

デボラ「…。」イラッ

俺(な、何なんだ…?初対面の2人の間に火花散ってて怖いんだけど…)

俺(ルドマンさんーッ!早く帰って来てくれーっ!!)
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 19:34:00.16 ID:vJbtZsJV0
undefined
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 19:40:37.36 ID:vJbtZsJV0
ルドマン屋敷

扉「」ガチャッ

ルドマン「おお。俺君帰って来ていたのか」

俺「ルドマンさん!」

俺(はあ…ようやく帰って来てくれたか…)

ルドマン「それで俺君。2年振りの父親や兄弟との再会は…はて?この子は?」

俺「あ、この子は俺の幼馴染の…」

ビアンカ「初めましてビアンカです。俺がお世話になっています」

ルドマン「ほほう。よくできて可愛らしい娘さんだ」

ルドマン「俺君もフローラが居りながら隅におけんな」

ビアンカ「…フローラが居りながら?」

俺「コホン…そ、その話なら未だ8年以上先の話ですので…」

ルドマン「ワッハッハ。そうだったな。スマンスマン」

ルドマン(しかし俺君がフローラを選ぶのか、幼馴染のビアンカちゃんを選ぶのか…はたまたデボラを選んでくれるのか、今から楽しみだわい)ワクワク

俺「…。」

俺(その時になったら結婚しない可能性だってあるのに…やっぱり期待され過ぎだよな…)  

ルドマン「おっと話が逸れてしまったな。それで故郷の様子は…?」

俺「…とりあえず俺が帰って、この目で見て来た事を全て話します」
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:41:36.23 ID:9tennafw0
このままじゃモョモトが独身ルートまっしぐらや…
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 19:42:33.54 ID:vJbtZsJV0
ルドマン屋敷
数十分後

ルドマン「なんとっ!俺君が育った村がそんな事になっておったとは…」

俺「結局パパスも…兄弟分のモョモトも…召使いのサンチョも誰も見つかりませんでした…」

ビアンカ「…。」

ルドマン「そうか…それはさぞ辛い旅になったな…」

俺「はい…」ポロ

ルドマン「して、これからどうする気かね?約束していたように、ウチでこのまま住むかね?それとも…」

俺(そうだよな…。俺もそろそろこれからどうするか、答えを出さないといけないよな…)

俺「俺は…」



1パパスとモョモトの手掛かりを探す為に旅を続けたい(今まで通りの旅が続きます。時間経過は遅め)

2残りの伝説の防具を探しに旅を続けたい(時間経過は普通。砂漠方面へ)

3冒険は終わり。ルドマンの援助を受けながらモョモトといつか再会できる事を信じて、サラボナ周辺で修行して力をつけたい(一気に青年編に(原作ルート)、モョモトと再会は早目。俺とビアンカのレベルがコンマ次第ではかなり上がります)

4自分の事をもっと知る為に旅を続けたい(俺系(6系)イベント。終わると青年編になります)

5その他


多数決下4まで
※どれを選んでも時間経過が有ります
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:42:40.87 ID:TLLoGNvYO
それだけは避けたい…
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:44:27.39 ID:Pyn3nNtBo
1
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:44:46.09 ID:rFxBIp5F0
1
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:44:53.14 ID:TLLoGNvYO
中だるみしそうだけど1で
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:44:54.20 ID:C36MvYxnO
4
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 19:45:35.98 ID:TVJ64gcKO
1
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 20:22:10.20 ID:0TYBMH/Wo
サンチョがグランバニアに帰ったタイミングってどの辺りなんだ?
パパスがぬわってすぐにラインハット兵がサンタローズ焼き払いに来たとして、その頃にはもうサンチョは帰ってることになるよね
サンチョが焼き払われるサンタローズを見捨てるとは思えないんだがなー
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 20:34:43.93 ID:wFDpmPHY0
あれだけ離れてて隔絶された場所にグランバニアがあるから、あんな小さな村の情報が出回るとは思えない(ラインハット経由はあるかもだけど、国王死んでるしたぶんない)
だから守ろうとしたけど守りきれなかったんじゃないかな サンチョは攻撃呪文とか憶えてないから多対一には滅法弱いし
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 20:36:55.69 ID:wFDpmPHY0
あとサンタローズって住人が10人ちょいのホントに小さな村で、青年期に訪ねたら6個くらい墓が立ってたから半分は犠牲になってるんじゃない?
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 20:50:20.14 ID:vJbtZsJV0
サラボナ

ルドマン「そうか…ではお父上やご兄弟の行方を探すのだな」

俺「はい…。ですが、その天空の盾はいつか必ず必要になると思うので、必ずサラボナへは帰って来ます」

ルドマン「ほう。フローラを貰いにかね?」ニコニコ

ビアンカ「え?フローラさんを貰いに…?」

俺「い、いや。それは…未だ分かりませんが…」

ルドマン「ハッハッ。まあその歳では未だ未来の事は分からんか」

ビアンカ「…。」ジッ

俺「え、ええ…。では、今までお世話になりました…。上に居るデボラと、修道院に居るフローラにもまた必ず会いに来ると宜しく伝えておいて下さい」

ルドマン「うむ。フローラが嫁に行ってしまう前に必ず戻って来るのだぞっ!」

俺「はい!ありがとうございましたっ!」ペコリ


サンタローズ周辺

俺「前はラインハットへ行けなかったが、とりあえず今回こそは必ず着くぞー」スタスタ

ビアンカ「…。」スタスタ

俺「な、なんか2年の間にこの道、小さくなったような気がするなー…」スタスタ

ビアンカ「…。」スタスタ

俺「…。」スタスタ

俺「…なあ。どうして不機嫌なの?」

ビアンカ「いいえ?なんでも?俺は将来フローラさんと結婚して天空の盾を手に入れるんでしょ?」

俺「いや別に結婚するって決まった訳じゃ無いんだが…」

ビアンカ「だって結婚しないと天空の盾手に入らないんでしょ?」

俺「うーん…」

ビアンカ「ほら」

俺「あ!別に俺が結婚しなくても手に入る方法はあった」

ビアンカ「え?」

俺「例えば俺と再会して一緒に旅をしているモョモトがフローラか…デボラと結婚してもルドマンさんは俺に天空の盾をくれると思う」

ビアンカ「そ、そうなの?」

俺「ああ。あの人あんな髪型だけど、なんだかんだで器が大きいからな」

ビアンカ「そうなの!?それなら頑張ってモョモトを探さないとねっ!ほらっ!ラインハットへ行くわよっ!」タッタッタッ

俺「あ、ああ…」タッタッタッ

俺(ふう…女心って難しいな…。それに…)

フローラ『一目惚れでした!//』バクバク

俺(あの時何言ってるか分からなかったが…無視したら無視したで…なんだか可哀想で…)

俺(はあ…結婚って大変だな…)スタスタ
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 20:52:14.78 ID:Pq5BIBBXO
こうなったら重婚だ!
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:11:42.40 ID:sa6ZBo/K0
なんとなく俺君の嫁はフローラになりそうな気がする…なんか、その…上手く言葉で言えないけど俺君ヒロイン恒例の何かアレな鱗片が見える
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 21:16:55.31 ID:vJbtZsJV0
国境

俺「ようやく着いた」

ビアンカ「ここを越えればラインハットへ着くのね」

俺「ああ。だけどな…あ」

ビアンカ「おじさん。ここを通して欲しいんだけど」

ラインハット兵士「ダメだ。通行証の無い者は通す事はできない」

ビアンカ「何よ通行証って」

俺「あれ?前はそんな物必要ありませんでしたよね?」

俺(あの時は小さ過ぎて無くても結局通してくれなかったけど)

ラインハット兵士「最近から必要になったのだ。基本的に通行証はこの国の太后様が必要とした者だけに発行される」

ラインハット兵士「お前達のような子供が近付いて良い国では無い。立ち去れ」

ビアンカ「どうしても確かめたい事があるのよ」

ラインハット兵士「ダメだ。これはお前達の為でもある」

俺「俺達の?」

ラインハット兵士「命が惜しくば今の我が国へは入らない方が良い」

俺(…仕方ない。一旦引き返して策を練るか)

俺「…分かりました。立ち去ります。行こうビアンカ」スタスタ

ビアンカ「…分かったわ」スタスタ

ラインハット兵士「…。」



国境付近

ビアンカ「で、何かこの川を国境を越える策があるの?」

川「」ザアアアアッ

俺「ああ。前は上流から泳いで渡ろうとしたら流されたからな」

ビアンカ「何してんのよ…こんな流れの速い川流されるに決まってるじゃない…」

俺「だから今度は簡単なイカダを作って渡ろうと思ってる」

ビアンカ「…それってもし渡ってる最中に魔物と遭遇したらどうするの?」

俺「え、戦うけど…?」

ビアンカ「はあ…足元攻撃されたら、絶対イカダ壊れるフラグじゃないそれ…」

俺「…なら魔物と出会わない事を祈って進むしかないな」

ビアンカ「そんな事するくらいなら私に策があるわよ…」

俺「お?」

ビアンカ「付いてきて」スタスタ
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:20:41.15 ID:vDjPx1dho
なんでパパスのこと聞かないんだろ
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:28:50.65 ID:m6ZU0IKlO
パパスがヘンリー誘拐した重罪人にされてるのにその国の兵士にパパスの事聞くのはさすがに駄目やろ
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 21:38:50.43 ID:vJbtZsJV0
国境

ラインハット兵士「…。」

俺「…国境まで戻って来て何する気だ?」

ビアンカ「まあ見ててよ」スタスタ

俺「…。」ジッ  

俺(まさか…噂に聞いた事のある色仕掛けか…?いや、未だ4割は子供のビアンカにそんな事ができるとは思えないが…)

ビアンカ「…。」スタスタ

ラインハット兵士「ん?お前はさっきの…立ち去れと言った筈だ」

ビアンカ「ねえ。おじさん」

俺(…。)ジイッ

ラインハット兵士「ん?」

ビアンカ「ラリホー」テロテロテロ

ラインハット兵士「なっ!?き、きしゃ…ま…」ドサリッ

ラインハット兵士「ZZZ…」

ビアンカ「さあ。今の内に行きましょ」スタスタ

俺(…人間に向かって魔法撃つとか、バーバラの生まれ変わりか何かなのか?)

ラインハット兵士「ZZZ…」  

俺「ごめんなさい。通らせて貰います…」タッタッタッ




ラインハット周辺

俺「おおー遂に国境を越えた!」

ビアンカ「あ、もう城の頭が見えてるじゃない」

俺「お、本当だ」

俺「この距離なら何も起きなければ暗くなる前に着きそうだな」スタスタ

ビアンカ「ええ、今夜は野宿になる前に城まで急ぎましょう」スタスタ



コンマ下二桁
41以上ラインハット城へ着いた
40以下しかし道中で魔物と遭遇した

安価下


魔物と遭遇した場合(コンマ40以下の場合)
コンマ下二桁
76以上ドラゴンキッズ×2
51〜75ブラウニー×2
26〜50イエティ×3
25以下スライムナイト×4


安価下2
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:39:57.00 ID:SMDEbOG5O
俺を踏め
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:39:57.49 ID:CmmRICWKO
はい
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:40:51.15 ID:5nUt1y3YO
00キター!
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:41:16.43 ID:Pq5BIBBXO
ヒャッハー!
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:41:46.02 ID:SMDEbOG5O
踏み台で00だしてもた…
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:42:23.13 ID:Pyn3nNtBo
何が起きるんだ…
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:43:53.82 ID:AFd/Uwt+O
実は生き延びて隠れていたパパスが合流とか
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:47:53.15 ID:Pq5BIBBXO
アストロン
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:51:43.70 ID:Q4NnJ5UHO
おいおいあんたよーいままで安価したでやってたのによー?
ああ?喧嘩したいの?
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:53:24.81 ID:vLU7lAyhO
よく読め
下1も安価だ
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:55:33.92 ID:vDjPx1dho
むしろ下1のが重要じゃね
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 21:59:50.91 ID:wFDpmPHY0
行くことはないだろうけど、今のラインハットの一部地域だとこのスレでパパスを乙らせかけたホークブリザードとかが出てくるのよね
間違えてそこに突っ込んだら全滅待った無しやで まーた00出してる俺君
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:05:45.38 ID:SMDEbOG5O
あ、昨日の夜からストーリーだけ読んでて安価システム理解してなかった
ラインハットに着くかどうかが安価下だったのね
混乱させてすみません
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:06:27.10 ID:fnPd1SvMO
また覚醒イベントかな?
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/07(金) 22:09:31.51 ID:vJbtZsJV0
コンマ00


1道に迷ったら謎の洞窟へ辿り着いた(勇者レベルが上昇。ベホマラー、アストロン習得。次回更に強力な勇者技習得)

2道に迷ったら謎の祠へ辿り着いた(6仲間系イベント。低レベル)

3ん?…うひょーっ!!こ、こいつはメ、メタルキングじゃないかっ!(いきなり会心の一撃が炸裂した。俺、ビアンカのレベルが10アップ)



多数決下5まで
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:10:48.72 ID:vDjPx1dho
1
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:10:57.45 ID:Pyn3nNtBo
1
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:11:17.98 ID:vLU7lAyhO
2
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:13:20.22 ID:4GGxTbDYo
1
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:15:05.75 ID:sa6ZBo/K0
既に決まってるけど1
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:15:13.88 ID:MZ3bgayO0
1
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 22:32:14.53 ID:fnPd1SvMO
呪文を活かす為にもレベル上げとかアイテムとか色々やってこうぜ
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 23:10:43.79 ID:oo7HhJ3P0
6で勇者になって覚えられるもの
アストロン
凍てつく波動
ライデイン
ギガデイン
めいそう
ギガスラッシュ
ジゴスパーク
ミナデイン

さあ、どれかな?
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 23:29:00.23 ID:oo7HhJ3P0
そういや本来の最低条件である上級職を一つマスターどころか、職に全く就かずいきなり勇者なのか俺って?ダーマ解放はムドー撃破しないと駄目だし

バトルマスター、賢者、レンジャー、スーパースターのうちのどれか及びそれに就くための下級職の特技があればもっと楽なのに…
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/07(金) 23:33:50.86 ID:b2ALJmnWO
ベホマラー覚えてるなら賢者だったことはあるのかも
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 00:24:04.30 ID:w/anpmoYo
ヘンリーなしかつ事情も全然分かってない現状ラインハットで出来ることってほぼなくね?
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 00:28:09.35 ID:GOG/J9dPO
今回みたいなこともあるしコンマ次第だろ
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 00:51:53.64 ID:+OPzBJzsO
つまらなくなってきたな
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 01:00:42.39 ID:v50/T5Pr0
しゃーない
俺くんスレはこうなるから
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 01:24:33.86 ID:tusBD1870
ベホマラーとフマキラーは似ている
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 02:14:47.35 ID:BaSndWCZ0
ニセ大后そのものはただの小物っぽいが、サンタローズ焼き討ちも結果的に光の教団を広める土台を作りやすくはしてるんだよな
モリモリ殺傷して恐怖政治を行い、危機感を煽られた民は縋るものを求めるという……
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 03:34:16.19 ID:2YFwcxw8O
折角ライデインと天空の剣と6勇者と言う面白い設定手に入れてたのに、多数決で色んな派閥が居るから俺君の行動方針が全く統一されて無くてブレブレになって空回りしてる感があるな
パパスとラインハットイベント→俺君優先勢が取って消極的になり留守番
留守番しとくけど何かしとくか→今度はやはりパパス救いたい勢が取って結局村を出て後を追う
国境をどうするか→脳筋勢が取って川へ飲み込まれる
船に拾われて戻るラストチャンスをどうするか→女キャラ好き勢が取ってサラボナへ行き結局パパス達は見殺しに
2年経ってフローラが暫く離脱したらどうするか→今度はパパス救いたい勢が多数決取るが、時既に遅しで色々と空回り

多数決だからブレブレなのはまあ仕方ないんだけど、最終的に俺君に何をさせたいんだ皆んなは?重婚?ムドーリベンジマッチ?
俺はこうなったらもうパパスは諦めて、むしろ光の教団へ入信させたりととんでもない事やらせてみたい(ゲス顔)
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 03:59:19.17 ID:eFAFuly6O
毎回NGされたがる長文が涌くな
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 05:38:15.72 ID:F9Dwa7070
シンプルに寒い寒気がする
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 06:47:22.24 ID:jTvX+1hjO
寒い寒気て危険が危ないみたいな…
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 07:13:44.84 ID:e+pykl/20
安価結果ならともかくコンマなんだからつまらないとかほざくならここから去ればいいだけ
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 08:43:39.23 ID:mwOX+da6o
1スレ目で2回も00が出るとは今回は楽しそうだな
安価スレだから意思統一なんてできないし方針が定まらないのは普通
なるようになるだろ
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 08:58:53.94 ID:JvuE5mCl0
ちゃんとサンタローズに残留していればサンチョと一緒にグランバニアに行ってたのかな
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 09:37:58.47 ID:5qIkTKyGO
グランバニアには魔物と通じてる大臣がいるから…
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 09:59:43.35 ID:tusBD1870
村に残るなら残るで、襲撃してきたラインハット兵(おそらく半分は魔物)をライデインで迎え撃って返り討ちにする展開は見たかった
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 10:31:02.70 ID:zPq8toQf0
安価やコンマのスレでは思い通りにならないのが普通だから諦めるべし。
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 11:31:28.53 ID:4LWPg9vJ0
コンマ00
ラインハット周辺

俺「…うん?あれれ?」スタスタ

ビアンカ「どうしたの?」スタスタ

俺「マズイ。霧が出てきた…」

霧「」ス--

ビアンカ「そんな…もうラインハットのお城は目前だったのに…」

俺(どうする…もう直ぐだし、完全に視界が遮られる前にラインハットまで走るか?…それともここに滞在して…)

ビアンカ「視界がかなり悪くなって来たわね…。もし今魔物と遭遇すると不意打ちとか受けそう…」

俺「よし。じゃああと少しだしラインハットまで走るか」

ビアンカ「う、うん…」ギュッ

俺「もっと霧が濃くなって来る前に行こう」タッタッタッ




???

俺「…で、どうしてこうなった」

俺「ラインハットには着かないし…いつの間にかビアンカとも逸れるし…」

霧「」ス-

俺「オマケに霧はますます濃くなって、もう視界の先何も見えないし…」

俺「どうしよう…」

「ギャ-ギャ-キイイイイ!」

俺「…。」

俺(ここに留まるのは危険だな…。だが先へ進みたいがどの方角へ進めば良いんだろう…)キョロキョロ

キイイン…

俺「ん?光が見える?もしかしてラインハットの城下町の光か?」スタスタ

キイイン…

俺(光が少しずつ大きくなって来た…もう着くのか?)スタスタ

キイイイインッ

俺「うっ。眩しい…」

光「」パアアアッ

俺「光が…広がって行く…」目瞑り

俺「…ん?」スッ

謎の洞窟「」

俺「こんな所に洞窟…?」 

俺「…。」

俺(なんだろう?…どうしてか俺はあの洞窟へ入らなければならないような気がする)スタスタ 
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 11:37:07.61 ID:4LWPg9vJ0
謎の洞窟内

俺「…不思議な洞窟だな。魔物の気配すら無い」スタスタ

俺「それに何か…懐かしい感じだ…」

俺「…。」スタスタ  

俺「…お?ここが最深部か?」

光の玉「」パアアアアッ

俺「なんだ?この暖かい光は?」

光の玉「」パアアアッ

光の玉「我はセバス……時を超えし勇者よ……今こそ…封印されし力を解放せん…」パアアアアッ

俺「セバス…?封印されし力って…」スッ

セバスと言う光の玉「」パアアアアッ

俺「うっ…」
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 11:39:45.56 ID:4LWPg9vJ0
undefined
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 11:40:40.09 ID:4LWPg9vJ0
???

父親『俺よ。いよいよ魔王ムドーの討伐へ向かうようだな』

俺『…はい。奴の呪いにより、城下に住む民に被害が続出し…そして…セーラまで殺されました』グッ

父親『うむ…』

俺『これ以上はもう我慢なりません…。私は必ずや魔王を倒し、セーラの仇を取って参ります。ですから私目に魔王討伐に向かう為の船をお貸し下さい!』

父親『お前の考えはよく分かった』

俺『ではっ…!』

父親『しかし、それは許可できん』

俺『…!?な、何故ですか父上!?』

父親『魔王ムドーの討伐へは国を挙げ兵を率いて、私自らが向かう!』

俺『ち、父上が直接っ!?で、では私も父上とご一緒に…!』

父親『ならん!』

俺『何故です!?私の腕は今やトム兵士長すら凌ぐ程力を付けたのは父上もご存知の筈です!』

父親『だが、お前は未だ若い。そして万一私に何かあった時、この国の未来はどうなる!?』

俺『そ、それは……ですが、私はセーラがやられているのに、黙ってここで父上の帰りを待つ事など…』

父親『…ではお前には代わりに任務を与える』

俺『任務…?でしょうか?』

父親『この世界には魔王に対抗できる4つの伝説の武器、防具が何処かで眠っていると伝えられている』

俺『4つの伝説の武具…』

父親『お前はその伝説の武器と防具…そして、信頼できる仲間を世界を回り探して来るのだ』

俺『信頼できる仲間?』

父親『うむ。産まれた時から与えられていたこの国の兵や民では無い』

父親『この国の王子である事は隠し、お前がお前自身の力で心を許して共に戦える友と呼べる存在を作るのだ』

俺『私の力で…心を許して共に戦える存在を…』

父親『…万一私がムドー討伐に失敗した時、お前にはその時始めて動いて貰う。良いな?』

俺『ですが…それでは父上は…』

父親『大丈夫だ。ここに代々伝わる伝説の防具の一つ。セバスの兜がある』スッ

俺『それが伝説の防具の一つの兜ですか…まさか代々伝わっていたとは…』

父親『この兜がある限り、魔王ムドーの呪術なぞそうそう掛かりはせん。此方の事は心配せずお前はお前の任を果たして来るが良い』

俺『…。』

俺『…分かりました』
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 12:08:49.02 ID:4LWPg9vJ0
謎の洞窟内

俺「そうだ…。俺はレイドックを出て…」

俺「世界中を回る旅に出て…そこで、大工を継ぐのが嫌で家出して途方に暮れてたハッサンと…」

俺「人身売買してたヤクザ達からミレーユを救い出したんだっけか…」

俺「懐かしいな…また少し思い出せた」ポワアッ

俺「あれ?今のは…」

光の玉「封印されていた力は…また一つ解放された…」

俺「…また一つ?未だ他にもあるのか?」

光の玉「…力になりたい所だが……ラミアスと同じく…私もこれが限界のようだ…」パアアッ

俺「ラミアスと…?」ジッ

天空の剣「」

光の玉「時を超えし…勇者よ…残りの2つの力を揃え…真の自分を…取り戻s……」バカンッ

俺「うわっ!」サッ

光の玉だった物「」

俺「く、砕け散ってしまった…」

俺「でも一応2つだけ更に呪文を思い出せたな」

俺(まああの時と違って力は落ちてるからベホマラーなんて使ったらもう半分以上魔力無くなるけど…)

謎の洞窟「」シュウウウン…

俺「!?ど、洞窟が消えて行く…」

霧「」ヒュウウウ…

俺「あ、霧も晴れた」キョロキョロ

ラインハット城「」

俺「あ、あれっ!?いつの間にかラインハットからかなり離れてるじゃん」

俺「ビアンカは無事にラインハットに辿り着いてるかな?もう夜だし急いで向かってみよう」タッタッタッ


ベホマラーを思い出した(消費MP18、仲間全員HP120回復)
アストロンを思い出した(消費MP8、3ターン全員が石になり、攻撃できないがダメージも受けない)
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:18:28.95 ID:n26yfQqNo
2人PTの時に1度きりのベホマラー覚えても役に立たないな
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:21:52.03 ID:mwOX+da6o
勇者の力を復活させるにはあと2回00出す必要があるのかな
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:21:56.32 ID:OhO3aVA5O
レベル上げしないと
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:22:54.88 ID:tusBD1870
5の勇者みたいに、そのうちスタメン落ちしそう…
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:24:46.34 ID:+OPzBJzsO
ここからモョモトのせいで影が薄くなるのか…彼はどんな化け物になるのやら
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 12:46:15.01 ID:4LWPg9vJ0
ラインハット城

俺「ハァッ…ハァッ……ようやく着いた…もう真っ暗だけど…」

俺「ビアンカは…」キョロキョロ


城下町入り口

ビアンカ「…。」ムスッ

俺「ビアンカ!無事先にラインハットへ着いてたんだな。良かった…」スタスタ

ビアンカ「遅い!」

俺「うっ…」

ビアンカ「私心配してたんだから…」

俺「え?…もしかしてずっとそこで待っててくれたのか?」

ビアンカ「うん…」

俺「ご、ごめん…」

ビアンカ「でも、まあ無事で良かったわ。さあラインハットへ入りましょう」

俺「ああ。パパスとモョモトが向かったこの国なら、何か有益な情報が手に入ると思う」スタスタ

ビアンカ「流石に今日はもう夜だから探せないけどね」

俺「ああ。今日は宿屋に宿泊して、明日から手分けして情報収集しよう」

ビアンカ「そうね。あー野宿にならなくて良かった」


宿屋

宿屋の女将「いらっしゃいませ。2名様で50ゴールドになります」

ビアンカ「えっ!?高っ!」

俺「えっ?そうなの?宿屋泊まるの始めてだから相場が分からないな…」

ビアンカ「私宿屋の娘だったから分かるもん」

宿屋の女将「申し訳ありません。新しい王様…と言うより太后様が軍備の強化の為に各地から兵を集める為に税金をかなり上げられてしまったので…」

宿屋の女将「兵をある程度集め終わったら、税金も少しは落ち着くと思うのですが…」

俺(王子行方不明になるし、客として招いたパパスとモョモトも行方不明になるし、サンタローズ滅ぼすし…本当この国どうなってんだ…)

俺「まあいいや。ルドマンさんから預かってるお金もかなりあるしこれくらい」ジャラッ

>>50ゴールド使った(3615)

俺「とりあえず明日の朝から町の人達から情報収集だ」


コンマ下二桁
00なんとパパスと何処かで見た事ある奴を見つけた
99なんと二年前傷だらけのパパスを見かけたと言う人を見かけた
91以上更に城への裏口を見つけた
41〜90行方不明のヘンリーやパパスの事を語る老人を見つけた
21〜40光の教団と言う組織の情報を手に入れた
20以下何も情報手に入らず
ゾロ目:更に大昔の出来事を書いた本を見つけた


安価下
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:48:17.24 ID:n26yfQqNo
はい
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 12:51:42.46 ID:tusBD1870
何だかんだで00と99に希望を残してくれている>>1が好きよ
ついでに高コンマ練習
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:02:06.93 ID:0XGeqlbWO
この頃って教団まだないでしょ
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:06:27.71 ID:rVU4uHNgO
コンマ次第でもうニセ大后討伐も可能なのかな
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:18:53.99 ID:7pbrt6lx0
ラーの鏡さえあれば...!
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:22:10.03 ID:v50/T5Pr0
>>632
光の教団という名前がこの頃からあるのかは不明だけど魔物の団体自体はもうあるんやで
この頃に教団あってもまだ良い教団としか知られてないけど
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:24:23.45 ID:JvuE5mCl0
パパスが燃やされるのを見ていないからコンマ判定で生存の目があるだけでも嬉しい
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:35:13.65 ID:tusBD1870
少なくとも2年前の時点でセントベレス山でイブール主導の神殿建設が行われていたわけだから、新興宗教団体としての活動の実態はあると思う
ついでに光の教団という名称も幼年期のラインハットが初出のはず

>>634
既にフローラを修道院に出荷済みだから、神の塔に入ることは可能だな
ただ、攻略レベルが…
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:39:39.91 ID:Xji0OQyQO
レベル上げしたいな
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 13:57:50.14 ID:w/anpmoYo
ラインハットはヘンリーかませてやろうよ
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 14:04:08.86 ID:4LWPg9vJ0
コンマ24
ラインハット城下町

ビアンカ「ダメねこの国は。税金を高くし過ぎて城下町の民の顔は皆んな暗いし、魔物まで兵士として雇って行ってるし」

俺「…うん。俺もさまようよろいが城に入ってくの見て、思わず二度見しちゃった」

ビアンカ「いったい実権を握っている太后って名前の人は何が目的なのかしら…」

俺「ちなみに太后は名前じゃなくて身分の事だ」

ビアンカ「えっ…そ、そうなの!?///」

俺「ああ」

ビアンカ「そうなんだ…///…俺ってお城の事物知りなのね」

俺「それは…まあな…」

ビアンカ「?」

俺「しかし、2年前に来たパパスやモョモトの事は流石に誰も覚えてないみたいだな」

ビアンカ「ええ。ここにいる皆んなの認識もおじさまが王子様を誘拐したって覚えてるくらいしか無いみたい」

俺「パパスがそんな事する訳無い…」

ビアンカ「私もそう思う…でもおじさまの事をちゃんと知ってる人私達みたいな人なんて居ないから仕方ないんだと思う…」

俺「はあ…そうだな…。明日情報収集して何も収穫無ければ、もうこの国を出発するかな…」

女の人「もし、そこの可愛い坊や達。誰かをお探しですか?」

ビアンカ「いきなり何この人?」

俺「まあそうですが…何ですか?」

女の人「光の教団へ興味はありませんか?入信すれば探し人もきっと見つかりますよ?」

俺「光の教団?…って何?」

ビアンカ(怪しい…)

女の人「はい。信ずる者には必ず幸福が待っています。探し人や運命の人まで入信すれば見つかったと言う方もたくさんおられます」

俺(信じるだけで探し人が?…なんだそれ…)
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:19:27.77 ID:KGAIuxmoO
信じるだけで救われることもあるよ
みんな無意識にそうなのさ
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:21:32.14 ID:SiFkxWaZO
必ず幸福になる(探し人や運命の人が必ず見つかるとは言っていない)
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:21:39.31 ID:v50/T5Pr0
>>637
幼少期に名前出てたかは覚えてなかったわ

>>641
すげーな意味ないけどここでコンマ77とは
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:25:25.51 ID:OhO3aVA5O
信じる者は(足元を)すくわれる
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:26:34.47 ID:i/f5Pv3Zo
それにしても魔物のいる世界は王族とか大臣の入れ替わりには注意しないとダメだよな
クロノトリガーでもあったし、もう常套手段と言ってもいいレベル
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:29:38.34 ID:6EdxTXxMO
ごめん、誰か>>1のやってるTwitterのパスしらない?
ブクマ間違えて消去しちゃったっぽいんだよね…
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 14:39:31.04 ID:4LWPg9vJ0
ラインハット城下町

ビアンカ「そもそもそう言う勧誘って国から許可が降りないと布教しちゃダメなんじゃないの?」

女の人「それは大丈夫です。国からはちゃんと布教の許可が降りた団体ですので安心して下さい」ニコニコ

俺「うーん…探し人が見つかるかあ…」

金髪の女の子「あの…その教団へ入れば私の兄も見つかるでしょうか?」

金髪の女の子「ずっと探しているのですが見つからなくて…」

ビアンカ(私達と同じ年齢くらいの子だわ)

女の人「はい。必ず見つかるでしょう。もしかしたらお嬢さんの兄さんも既に入信しているのかもしれませんね」

金髪の女の子「そ、それじゃあ私も…」

女の人「坊や達もご一緒にどうですか?」

ビアンカ「信じるだけでモョモトやおじさまが見つかるとは思えないけど…」

女の人「そんな事はありません。教祖様を信じればきっと見つかります。そして教えに従った者のみが光の国へ辿り着けるのです」

俺(光の国ってなんだ?)

俺「うーん…」


1俺達も試しに入信してみようか
2宗教には興味無い
3むしろ金髪の女の子にも辞めとけと伝える
4その他


多数決下4まで
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:40:00.43 ID:wr58TgE70
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:40:11.42 ID:etFSlrJpO
3
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:40:28.77 ID:klGZMVJvo
3
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:45:19.23 ID:2HL4K+khO
結果として良くても金髪の子可哀想
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:46:09.77 ID:lnc5C0Cno
これマリアか?
3
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:46:39.73 ID:2HL4K+khO
マリアじゃないで
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:46:41.26 ID:iUrbanZqO
3
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:52:30.70 ID:I3Y/w97wO
金髪で兄探してってマリアやろ
マリアを教団に送らないと脱出フラグ潰れてモョモトとヘンリー大神殿完成と同時に殺されるんじゃね
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:55:37.75 ID:C8oCGsEQo
これ目を付けられない?
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 14:57:16.67 ID:iDeqLvEBO
勧誘を断る人間なんていくらでもいるだろうし大丈夫じゃない?
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:00:04.70 ID:2HL4K+khO
マリアって兄貴探してたっけ?
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:07:51.72 ID:Xm5NR2TTO
本編のマリアは知らないが
小説版じゃ生き別れになって探してたな
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:18:12.68 ID:mb599S9FO
このミスはseedと同じで後々響きそうですね・・・
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:21:09.29 ID:oX2qqPpxO
モョモト脱出なんて待たずにこっちから光の教団潰して行くしかねーな
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:23:26.39 ID:n26yfQqNo
潰す理由がないからな
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:27:39.16 ID:9zx9rMSUO
未来から来たモョモトを見てるし過程がどうなろうと絶対に脱出するだろうから心配するな
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 15:35:31.99 ID:4LWPg9vJ0
ラインハット城下町

俺「いや、やはり自分の力で道は切り開かないと」

ビアンカ「そうよね。そんな信じて待っているだけで、見つかるならこんなに苦労して無いもんね」

俺「と言う事で入信はしません」

金髪の女の子「…。」

女の人「あら、では後悔なさらないで下さいね」

俺「はい」

俺「君も信じて待つだけじゃ、きっと見つからないと思う」

金髪の女の子「ぇ…」

ビアンカ「貴方。お父さんとお母さんは?急にそんな事したら親が心配するんじゃないの?」

金髪の女の子「私の両親は小さい頃魔物に殺されました。それからはずっと兄と2人で…」

金髪の女の子「子供2人での生活は金銭的にとても苦しかっだのですが、ある日兄は沢山お金を稼げる場所を見つけたと飛び出して行ってしまい…それ以来…」

ビアンカ「ごめんなさい…嫌な事を思い出させて…」

金髪の女の子「あ、いえ…」

俺「ふーむ…それにしても沢山お金を稼げる場所か…」

女の人「…!もしかするとお嬢さんのお兄さんは私達の元で一緒に働いているのかもしれません」

金髪の女の子「え?…」

女の人「私達の場所で働けば確かに沢山お金を稼ぐ事ができるので、きっと兄はその話を聞いて入信したのだと思います」

女の人「お嬢さん。貴方のお名前は?」

金髪の女の子「……マリア…」

女の人「ではマリアさん。彼方に着いたら兄が働いているか一緒に確認してみましょう」

マリア「そうですね…私は魔物と戦えないので、探す為の移動手段も無いですから。…やはりそうするのが一番ですよね」

俺「…。」


1まあそちらに居るっぽいなら仕方ないな…
2…怪しいし辞めといた方が良い。俺達も探してる人がいるし、良かったら俺達と一緒に探そう
3その他


多数決下3まで
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:36:44.58 ID:EErq++dc0
2
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:36:55.48 ID:uKGVPFJdO
2
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:37:17.25 ID:OhO3aVA5O
1
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:37:56.54 ID:OhO3aVA5O
ちょっ
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:38:05.73 ID:lnc5C0Cno
これイッチがマリア教団送れって温情なのかもね
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:40:21.72 ID:NysQJR/0o
マリアいないと脱出フラグが立たないとか
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:40:31.17 ID:dQSs2S5tO
マリアルート>モョモト、ヘンリーの命だぞ
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:41:42.16 ID:lnc5C0Cno
ハーレム脳かぁ、どこ行ってもいるよね
まあ取れなかったから仕方ないけど
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:41:46.36 ID:OhO3aVA5O
なんでだよ…
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:43:13.44 ID:mb599S9FO
二度も選択肢与えてくれてるのに・・・俺君スレではこういうとき大体やらかすんだよなぁ
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:45:59.09 ID:k1UrZ6fL0
まあ俺君が主人公だからね仕方ないね
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:46:18.55 ID:Kmm2ZFhGO
もう勇者は居るわけだし二人犠牲にするだけでハーレムルートに行けるなら安いもんだろ
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:47:34.11 ID:8Ut/1nFFO
まあ勇者はもういるからモョモトいなくてもいいんだけどね
ゴールドオーブの関係で必ず脱出はするんだろうけど
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:48:12.54 ID:OhO3aVA5O
ビアンカとフローラだけで充分なんだけど
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:48:30.67 ID:5RF5t63fO
しないぞ
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:49:13.18 ID:mb599S9FO
ハーレムしようとした結果seedスレはどうなったか学んでいないようだな
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:49:33.58 ID:dQSs2S5tO
やはりハーレム脳と分かり合うなんて無理だよララァ!
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 15:51:40.92 ID:COgL9MtvO
まあ騙されかけた子供を助けていいことしたなということで…
別に嫁にする必要もあるまい
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 16:10:37.34 ID:4LWPg9vJ0
ラインハット城下町

俺「…。」スッ

マリア腕「」ガシッ

マリア「えっ…?あ、あの…」

俺「…怪しいし辞めといた方が良い。俺達も探してる人がいるし、良かったら俺達と一緒に探さないか?」

ビアンカ「そうね。どうせ同じ目的なんだし、私達と一緒に旅をして探しましょうよ」

マリア「えっ?子供2人で外を旅を…?」

俺「子供扱いされてるけど」

ビアンカ「私達そこらの魔物には負けないくらいは強いのよ」

女の人「…。」

俺「だから良かったら、えーと…マリアさんだっけか?君も一緒に」

マリア「あ、あの…お気持ちは嬉しいのですが…私、魔物と戦闘すらした事とか無くて2人の脚を引っ張るだけで…」

ビアンカ「それくらい大丈夫よ。私達が守ってあげるから。ねえ?」

俺「ああ。それは勿論。一応君さえ良ければだが…」

マリア「…。」

マリア「…お二人のお名前を教えてくれませんか?」

ビアンカ「私、ビアンカ」

俺「俺」

マリア「で、では…俺さん、ビアンカさん…。私も戦闘以外では精一杯頑張るので、これから宜しくお願いします」ペコリッ

ビアンカ「宜しくマリアさん」

俺「宜しく」

女の人「…。」

女の人(チッ…まあ良いか。身分の低いクソガキ共なんて別に連れて行けなくても…)


マリアが仲間に加わった(レベル1 HP17、MP3、呪文無し)
マリアの好感度が2に上がった
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:20:10.80 ID:k1UrZ6fL0
さようならモョモト…
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 16:33:33.56 ID:4LWPg9vJ0
宿屋

宿屋の女将「いらっしゃい3名様で75Gになります」

俺(なるほど…1人増えたら高くなるのか)

ビアンカ「それにしても高いわねえ…」

マリア「あ…私、自分の分はちゃんと自分で払いますから」

俺「仲間になったんだから気にしなくて良いって。はい」ジャラッ

>>75G使った(3540)

宿屋の女将「毎度有り」

マリア「あ、ありがとうございます…」

俺(ビアンカと違って初々しくて良いな)チラッ

ビアンカ「…ちょっと。今比べなかった?」

俺「い、いや別に…?それじゃ聞きたい事もあるし行こうか」スタスタ

マリア「はい」スタスタ   




宿屋の部屋

マリア「そうなんですか…。お2人は俺さんのお父様とご兄弟を探す為に、ここまで遥々国境を越えて…」

俺(なんか皆んな勘違いするけど、もうメンドくさいしそれでいいや)

ビアンカ「マリアさん。ラインハットに住んでいたなら何か知らない?」

俺「2年前、川の腰巻き巻いた戦士と猫みたいな魔物を連れた紫のマント着た子供がここへ来ていると思うんだが…」

マリア「2年前ですか…うーん…」


コンマ下二桁
(城下町に居たマリアが仲間になったのでコンマ難易度30%低下)
00なんとパパスと何処かで見た事ある奴を昨日見つけたと言う
99なんと二年前傷だらけのパパスを見かけたらしい
61以上更にマリアは城への裏口を知っていた
11〜60マリアは何があったか知らないが、行方不明のヘンリーやパパスの事を語る老人が居る事を知っていた
10以下何も知っておらず
ゾロ目:更に大昔の出来事を書いた本を見つけた


安価下(パパス、モョモト捜索編ラスト判定)
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:34:11.06 ID:qG7+IU1QO
はい!
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:37:55.65 ID:OhO3aVA5O
カス
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:41:08.07 ID:mb599S9FO
これはひどい
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:48:24.24 ID:C8oCGsEQo
あれもこれもと女の子に目を付けてたら酷いことになっても知らないぞ
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:49:04.40 ID:x8kqqdD+o
お前らここは初めてか?力抜けよ
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:49:29.36 ID:OhO3aVA5O
コンマ6秒遅い
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 16:51:05.48 ID:TMA0N7bEO
これでラインハット篇は終わり?
なら少しレベル上げしたいな
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:02:46.05 ID:ghZjhXUUO
そう都合よく00は出ないよな
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:16:43.11 ID:OhO3aVA5O
ドラクエでよくある鬱展開
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:29:28.78 ID:jTvX+1hjO
どうしてこんなことに…
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:31:07.15 ID:tusBD1870
既にヨシュアが大神殿で衛兵になっているみたいだから、原作通りに行けば少なくともモョモトは助かるんだろうな
ヨシュアに関しては大神殿に攻め入った時に遺骨を集めてやることぐらいしか出来そうなことがないww
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:32:51.87 ID:bZZ89kHyo
どんなスレでもハーレム脳は湧くなぁ
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 17:48:56.80 ID:AQWciXDoO
こんなスレ見てる奴でハーレム嫌いな奴なんていないやろ
安定志向かチャレンジャーの違いでしかない
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 17:58:07.68 ID:4LWPg9vJ0
コンマ06(何も知らない)
宿屋

マリア「すみません…何も…」

俺「そうか…。まあ仕方無いな…。俺と同じ歳なら未だ7歳だったんだし、そこまで気は回らなくて当然か」

マリア「ごめんなさい。お役に立て無くて…」

俺「あ、ああ。いやいや気にしなくて良いよ」フルフル

ビアンカ「だけどこれで遂にラインハットで手に入る情報も無くなって行き詰まったわね…」

俺「誰もどうなったか知らない…つまりここで2人は完全に消息を絶ったと言う訳だ」

俺「…パパスとモョモトはラインハットへ着いて、王子を預かり行方不明となった」

俺「2人が本当に攫ったとは絶対考えられ無いから」

ビアンカ「何かの事件に巻き込まれたと考えるのが妥当かしら…」

俺「パパスが無事ならきっと王子を返して潔白を晴らしてサンタローズは滅ぼされて居ない筈…」

俺「…。」

ビアンカ「…。」

マリア「…。」

俺(認めたくは無いが…冷静に考えたらパパスとモョモトはかなり強い魔物にでも出くわして…やられて…)

俺「くっ…」グッ

ビアンカ「俺…大丈夫?…」

俺「あ、ああ…」

俺(こんな事になるなら…どうしてあの時…俺も一緒に行かなかったんだろう…どうしてあの時…)

俺(パパス…モョモト……)ポロ

マリア「あっ…」ガタッ

ビアンカ「…。」

ビアンカ「マリアさん…今は泣かせてあげましょう?…」フルフル 

マリア「はい…」
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:17:45.73 ID:n26yfQqNo
これで一応生きてるかもしれないからと無駄に探し回ることはなくなったな
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 18:19:37.63 ID:4LWPg9vJ0
ラインハット周辺

ビアンカ「おじさまとモョモトの情報は無くなっちゃったけど、これからどうするの?」

俺「…。」

俺「パパスがサンタローズの洞窟の奥でこの剣をくれた時、何か見せてくれない手紙みたいな物があった」

マリア(そう言えば俺さんは伝説の勇者様なんですよね…。私なんて凄い人達と出会ったんだろう…)

俺「もしかするとアレに何かパパスがやろうとしていた事が書かれているかもしれない。だから一度サンタローズへ戻ってみようと思う」

ビアンカ「分かった。でもその前に一度山奥の村まで戻ってくれない?」

俺「え?ビアンカの故郷に?…あ、そう言えば連れ出して結構経つからな」

ビアンカ「うん…。それになんだか…少し嫌な予感がして…」

俺「嫌な予感?よく分からないけど、それなら行ってみるか」

マリア「ビアンカさんの故郷はここからどれくらいの距離なんですか?」

ビアンカ「歩いて行くと1月くらいかしら」

マリア「エッ!?1月!?」

俺「まあ歩いて行くとな」

マリア「はい?」

俺「飛んで行けば一瞬」

ビアンカ「マリアさん。スカート押さえた方が良いわよ」ガシッ

マリア「スカートを?どうしてです?」

俺「ルーラ」ビュウウウンッ  

マリア「えっ!?きゃ、キャアアアアッ!!」ビュウウウンッ

ビアンカ(マリアさんパンツ見えてる…だから言ったのに…)ビュウウウンッ



山奥の村
ダンカン家

ビアンカ「パパ。ママ。ただいまー」バタンッ


ダンカンの女将イベント
コンマ下二桁
71以上俺がルーラで楽させてあげたから病気にはならずピンピンしていた
70以下ダンカンの女将が病気にかかっていた(原作。ビアンカ離脱)


安価下
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:20:16.57 ID:mb599S9FO
行くぜ
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:20:24.79 ID:HOVVlB0WO
死なないでくれ
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:20:43.54 ID:mwOX+da6o
どうかな
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:21:11.94 ID:HOVVlB0WO
俺が少し早ければ…
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:22:27.72 ID:t3yMgHlcO
うまく行かないな…
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:24:07.75 ID:5cCm3zFzO
ゴミ
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:27:19.10 ID:klGZMVJvo
まだだ…名医を探してルーラで連れてくるんだ
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:33:23.78 ID:PEL188wK0
ルドマンのコネ
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 18:37:31.95 ID:OhO3aVA5O
今日は選択もコンマもカスだな
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 19:04:50.25 ID:4LWPg9vJ0
コンマ57
山奥の村
ダンカン家

シ-ン

ビアンカ「あれ?パパ?ママ?」キョロキョロ

ビアンカ「奥かしら?」スタスタ

マリア「ビアンカさんの両親どうしたんでしょう?」

俺「分からない」

俺(だけど…ビアンカの予感は良く当たるからな…。今回は当たらないで欲しいが…)

ダンカン「おお、ビアンカ。ようやく帰って来たか…」

ビアンカ「…え?」

ダンカンの女将「ゴホッ…ゴホッ…ビアンカ。帰って来たのかい?」

ビアンカ「どうしてパパじゃなくてママが…?」

ダンカン「私の病気が良くなったら入れ違いで、母さんが風邪にかかってしまってな…」

ダンカン「しかもそれがなかなか良くならないんだ…」

ダンカンの女将「なんだい風邪くらい…ゴホッゴホッ…」

ビアンカ「ママ。無理しないで…」



マリア「ビアンカさんのお母様…お辛そうですね…」

俺「ああ…」

ダンカンの女将「ゴホッゴホッ…大袈裟だよ…これくらい…。ビアンカの晴れ姿をこの目で見れるまで…簡単にくたばったりしないよ…」

ビアンカ「ママ…こんな時に何言って…」

ダンカンの女将「ゴホッ…ゴホッ…」

マリア「お母様。風邪にしては随分酷いですね…」

俺(これはビアンカをこれ以上旅に連れて行く事はできないな…)

ダンカンの女将「ゴホッ…まさかアンタじゃなくてアタシが病気になるなんて冗談じゃないよ…」

ダンカン「母さん…」

ビアンカ「ママ…」

俺(風邪か…なら時間が経てば、やがて治るだろうが…)

マリア「お辛そう…」

俺「…。」


1一応用心してマリアにもビアンカ家の手伝いをして貰うようにお願いする(ダンカンの女将生存判定を後日もう一度行えるが、暫く俺1人旅に。今度こそ70以下なら結局死ぬ)
2ビアンカ。暫くは母親に着いててやれ


多数決下3まで
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 19:05:35.88 ID:OlzblThyO
やるしかない
1
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 19:07:05.92 ID:+fcDG7I60
1で
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 19:12:24.90 ID:klGZMVJvo
1
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 19:13:30.63 ID:v50/T5Pr0
ゾロ目の高コンマばかりで笑う
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 19:22:18.95 ID:lnc5C0Cno
70以下なら結局死ぬに草
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 19:37:46.12 ID:4LWPg9vJ0
山奥の村
ダンカンの家

俺「ビアンカ。当然だが、暫くは母親に着いててやれ」

ビアンカ「ごめんね…こんな形で…」

俺「仕方ないさ。病気なんて誰もがなる事だし…」

ビアンカ「うん…」

ダンカンの女将「ゴホッ…ゴホッ…」

俺「それとマリア」

マリア「えっ?」

俺「その…仲間になって急にこんな事頼むの悪いけど、念の為にビアンカ達の力になってくれないか?」

マリア「私が…ですか?」

俺「ああ。嫌なら良いんだが…」

ビアンカ「そ、そんな…悪いわよ…」

マリア「えっと…」

ビアンカ「大丈夫よマリアさん。多分只の風邪だろうし、私達の気なんて使わなくても…」

俺「頼むマリア。俺が代わりにマリアの兄の情報を掴んだ時は必ず報せに来るから」

マリア「…。」

マリア「分かりました。私。迷惑じゃなければここに残ってビアンカさんのお手伝いをします」

ビアンカ「マ、マリアさん!?」

ダンカン「ひゃー。そりゃ助かるが良いのか本当に!?」

マリア「はい」

俺「ありがとうマリア」

ビアンカ「本当にありがとう…」

マリア「い、いえ…仲間からのお願いですから…。私もこれくらい頑張らないと…」

俺「それじゃ俺は旅を再開するよ」

ダンカン「俺君。すまねえなあ」

マリア「俺さんの旅に神のご加護がある事をお祈りしています」

ビアンカ「1人になるけど、気を付けてね…」

俺「ああ。何か情報を掴んだ時は戻って来るから。それじゃ」スタスタ
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/08(土) 22:09:58.85 ID:4LWPg9vJ0
サンタローズ

俺「よし。魔物と戦うのは数年ぶりだが、天空の剣もあるしライデイン6回分は撃てる筈」

俺「でも最後に魔物と戦ったのは…いつだっけ?」

俺(フローラとアンディと町の外で遊んでた時だったか、いや…デボラが俺だけを護衛に勝手に町の外に出た時だったっけ…?)

俺「うーん」

俺「まあいいや。よーし。戦うぞ〜」グッグッ

俺(…一人だけど準備は万端だよな?)


現在俺レベル13 HP164 MP38(ホイミ、ルーラ、ライデイン、ベホマラー、アストロン)
1このままサンタローズの洞窟へ入る
2…いや、念の為に盾も新調しとくか
3その他


多数決下3まで
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 22:11:02.58 ID:jTvX+1hjO
1
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 22:11:10.96 ID:klGZMVJvo
2
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 22:11:27.19 ID:GOLofyR2O
2
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/08(土) 23:45:15.11 ID:OhO3aVA5O
はぐれパパス
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 07:17:09.08 ID:lKU2Mtrt0
にゅわあああああああああああ!!!!!!
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 12:33:32.80 ID:WlYQCh/lO
アルカパ

俺(やっぱり用心しとくに越した事は無いよな)スタスタ

俺「すみません盾売って下さい」

防具屋のおばさん「いらっしゃ…子供…?」

俺「うーん…」ジッ

俺(この店で一番良さそうな盾は…)キョロキョロ

おなべのフタ「」
うろこの盾「」
鉄の盾「」

俺(鉄の盾が一番防御力あってガードできそうだな)

俺「じゃあその鉄の盾下さい」

防具屋のおばさん「良いけど…お金はあるの?」

俺「はい」ジャラ

>>鉄の盾を720G消費して購入した(防御力大きく上昇。炎、吹雪若干軽減。2820G)

防具屋のおばさん「ま、毎度ありがとう…でも坊やにはその盾重たいと思うけど剣と一緒に装備できるの?」スッ

俺「うん。剣には重さを感じ無いから大丈夫」ガシッ

天空の剣「」ピカンッ

防具屋のおばさん(この子の剣…なかなか立派な剣だと思うけど…重さが無い?…)

俺「よし。これで準備も大丈夫だろう。行こう」

俺「ルーラ」ビュウウウンッ

防具屋のおばさん「!?」

防具屋のおばさん「と、飛んで行った…あんな呪文存在したかしら…」
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 12:53:47.33 ID:iV5XK/9tO
モョモト死んでたらマーサが生きる気力なくしちゃいそう…そしたら世界終わりだわ
でも死んじゃうからなぁモョモト
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 12:56:45.65 ID:dQ0N3NT2O
死なないぞ
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:00:34.41 ID:RYpr11MEO
マリアいないと脱出できないしあそこの魔物強いしなぁ
俺が未来から来てゴールドオーブと取り替えるに改変するしかないね
辻褄合わせなら
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:10:20.53 ID:bpa3rp6ZO
もう完全に詰みだろ
続けるだけ無駄
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 13:29:48.19 ID:WlYQCh/lO
サンタローズ洞窟前

生き残りのおじいさん「な、なんと君はあの時パパス殿が連れていたっ!」

俺「おじいさんも無事に生きていたんですね…」

生き残りのおじいさん「そうか…良かったのう…。こんなにも大きく立派になって…」

生き残りのおじいさん「してパパス殿ともう一人のご子息は…」

俺「…。」フルフル

生き残りのおじいさん「そうか…。やはり…。サンタローズがこんな事になってしまって、もしやと思っていたが…」

俺「だけど、あの時パパスが何か残していないかもう一度調べたいと思いまして…イカダを貸していただけますか?」

生き残りのおじいさん「ああ。好きに使うと良い。パパス殿が残したかった物が見つかると良いのう」

俺「ありがとうございます」ペコリ

イカダ「」

俺「よし…」スタッ

俺(準備はできた。行くぞ…)バシャバシャ


コンマ下二桁
00旅の扉を見つけた
99なんと奥から既に脱出済みだったモョモトとヘンリーが出てきた
91以上かなり進んだら宝箱を見つけたが魔物と出会った
81〜90かなり進んだら魔物と出会った
61〜80結構進んだら魔物と出会った
60以下少し進んだら魔物と出会った


安価下


現れた魔物判定
コンマ下二桁
00ホイミン
99はぐれメタル
91以上メタルスライム
81〜90メタルスライム、くさった死体
61〜80ブラウニー×2
41〜60ガメゴン×2
21〜40アウルベアー×3
20以下くさった死体×4
ゾロ目:1匹メタルスライムに書き変え


安価下2
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:30:28.64 ID:fZ4aH87Z0
ほいさ
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:30:56.76 ID:zUTEgmtNO
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:36:51.80 ID:qjnVhhTeO
はい
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:36:55.95 ID:x6UV5hrbO
モョモトが10年間以上奴隷してる間にハーレム作ってて
神殿完成とともにモョモトは殺されて
ハーレムで子供作ってて
ミルドラースは何とか倒せるだろうけど何とも言えんな
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 13:42:09.31 ID:WlYQCh/lO
コンマ64(結構進んだ)
コンマ76(ブラウニー×2)
サンタローズ洞窟内

俺「確か道はこっちだったよな?」

俺「そこの階段を降りて…」スタスタ

階段「」ザッザッザッ

俺「月日が流れても洞窟はそうそう変わらないんだな」スタスタ 

俺「そろそろ魔物と出会ってもおかしくなさそうだが…あっ」

ブラウニーA「」スタッ
ブラウニーB「」スタッ

俺「…数年前に会った、頭ど突いて来た奴の色違いか」シャキンッ

俺(なら痛恨の一撃にさえ気を付けてれば、そうそう攻撃は食らわないだろうが…)

俺(さあどう戦おうか)


俺HP164/164 MP37/38
1攻撃(コンマ下二桁11以上で1匹撃破。下一桁が1、2、3なら残った1匹から痛恨の一撃で反撃を食らう)
2ライデインで軽く一掃(MP6消費)
3その他呪文(ホイミ(2)、ベホマラー(18)、アストロン(8))
4逃げる(コンマ20以上で成功)

安価下
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:43:20.99 ID:2ZIrQaGkO
1
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:43:26.45 ID:UYSO1a750
ほい
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:43:57.35 ID:m+Hav4R3o
おっ99じゃん
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:44:42.83 ID:86YjWp6Jo
できれば一つ前の所で出して欲しかった…
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 13:52:38.26 ID:WlYQCh/lO
コンマ99(勝てば経験値3倍+全員会心の一撃)
サンタローズ洞窟内

俺「はあっ!」ブウンッ

ブラウニーA「」ズバアッ

>>会心の一撃。ブラウニーAは184のダメージを受けた

ブラウニーA「」真っ二つ

俺「うげっ!?」

ブラウニーB「」ビクウッ

俺「久しぶりに剣振ったらいきなり会心の一撃出た…」

ブラウニーA「」惨殺死体

ブラウニーB「」ズズッ

>>ブラウニーBは驚いて動けなかった

俺「…なんだ?攻撃してこなかった?なら悪いがこのまま終わらせるか」シャキンッ


俺HP164/164 MP37/38
1攻撃(コンマ下二桁11以上で1匹撃破10以下で空振り。下一桁が1、2、3なら痛恨の一撃で反撃を食らう)
2ライデインで軽く一掃(MP6消費)
3その他呪文(ホイミ(2)、ベホマラー(18)、アストロン(8))
4まさかの逃げる(コンマ10以上で成功)


安価下
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:53:24.22 ID:86YjWp6Jo
1
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:53:27.57 ID:qjnVhhTeO
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:53:53.89 ID:ZjDt5Wdf0
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:54:01.27 ID:qjnVhhTeO
これはどうなんだろ
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 13:54:54.85 ID:UYSO1a750
またゾロ目か
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 14:06:35.41 ID:WlYQCh/lO
コンマ22(会心の一撃)
サンタローズ洞窟内

俺「えいっ!」ブンッ

ブラウニーB「」ズバアッ

>>会心の一撃。ブラウニーBは180のダメージを受けた

ブラウニーB「」真っ二つ

俺「ひっ!」ビクッ

俺「ま、また会心の一撃出た…」

俺「なんと言う偶然…。俺ひとしこのみ装備なんてして無いのに…」カチャッ

俺「ま、まあいいや。ぼうっとしてるとまた魔物が出て来るし先へ急ぐとするか」スタスタ


126の経験値を手に入れた(次のレベルまで524)
30ゴールド手に入れた(2850)


コンマ下二桁
00旅の扉を見つけた
99なんと奥から既に脱出済みだったモョモトとヘンリーが出てきた
81以上最短距離を突っ走ったら、天空の剣があった部屋へ辿り着いた
61〜80かなり進んだら魔物と出会ったが宝箱を見つけた
60以下かなり進んだら魔物と出会った


安価下


現れた魔物判定
コンマ下二桁
00ホイミン
99はぐれメタル
91以上メタルスライム
81〜90メタルスライム、くさった死体
61〜80スライム×8
41〜60ガメゴン×2
21〜40アウルベアー×3
20以下くさった死体×4
ゾロ目:1匹メタルスライムに書き変え


安価下2
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:07:21.15 ID:vkvxEjH3O
はい
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:08:10.06 ID:9pI6bLlmO
ほれ
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:13:29.40 ID:qjnVhhTeO
なんてこったい初めてやられるかも
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:15:29.14 ID:PdGLOSIXO
逃げかライディンか
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:16:33.96 ID:ZjDt5Wdf0
>>748
ニフラムで消してしまうが
セオリーだが……持って
ないのが惜しいなあ(T_T)
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 14:19:22.85 ID:WlYQCh/lO
コンマ15(かなり進んだ)
コンマ06(くさった死体×4)
サンタローズ洞窟内

俺「道は変わって無いし、もうすぐあの部屋へ着くな」スタスタ

俺「この曲がり角を曲がれば更に階段が…」クルッ

くさった死体A「ウゥ…」ヨロヨロ
くさった死体B「ウゥ…」ヨロヨロ
くさった死体C「ウゥゥ…」ヨロヨロ
くさった死体D「ウゥ…」ヨロヨロ

俺「ッ…!!」ビクッ

俺「急に現れるなゾンビ軍団。びっくりするじゃないか!と言うかくさった死体ばっかり…バイオかよっ!」シャキンッ

俺(確かこいつの攻撃食らうと偶に毒になるんだっけ…?キアリー使える奴いないし、どくけし草も無いし気を付けないとな…)

俺(…やたら数が多いがどうしよう)チャキッ


俺HP164/164 MP37/38
1攻撃(コンマ下二桁11以上で1匹撃破。残り3匹の反撃判定へ)
2ライデインで一掃する(MP6消費)
3その他呪文(ホイミ(2)、ベホマラー(18)、アストロン(8))
4逃げる(コンマ40以上で成功)


安価下
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:19:42.13 ID:86YjWp6Jo
2
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 14:36:33.15 ID:WlYQCh/lO
サンタローズ洞窟内

俺(毒くらいたくないし…仕方ないな)スッ

俺「ライデイン!!」

雷「」ピシャッ

くさった死体達「」ドオオオオンッ

>>くさった死体達に75のダメージを与えた

くさった死体A〜D「」黒焦げ

>>くさった死体達を倒した

俺「ふう…危ない危ない…。1対4はあんまり出会いたくないな…」スタスタ


228の経験値を手に入れた(次のレベルまで296)
60ゴールド手に入れた(2910)


俺「もう直ぐだしさっさと行くか」タッタッタッ


コンマ下二桁
00旅の扉を見つけた
99なんと奥から既に脱出済みだったモョモトとヘンリーが出てきた
61以上最短距離を突っ走ったら、天空の剣があった部屋へ無事辿り着いた
11〜60更に魔物と出会ったが宝箱を見つけた(下判定へ)
10以下魔物に不意打ちを食らった(下判定へ)
ゾロ目:魔物を見つけたがこちらに気付いていない(下判定へ)

安価下


現れた魔物判定(コンマ60以下の場合)
コンマ下二桁
00ダークドレアムが時を超えて自慢しに来た
99はぐれメタル
91以上メタルスライム
81〜90メタルスライム、くさった死体
61〜80スライム×8
41〜60ガメゴン×2
21〜40アウルベアー×3
20以下ガメゴン×4
01???「ほっほっほっほっ。こんな所まで一人で来るとはいけない子ですね」
ゾロ目:1匹メタルスライムに書き変え


安価下2
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:37:06.38 ID:qW6Mm3ZzO
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:37:34.56 ID:ZjDt5Wdf0
やあっ
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:40:00.52 ID:FStyaq6OO
ゲマやめろやw
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:40:14.82 ID:e60XkLdhO
01と00がひでえw
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 14:49:27.10 ID:WlYQCh/lO
コンマ38、56(宝箱を見つけたがガメゴンが現れた)
サンタローズ洞窟内

俺「あれ?道に迷ってしまった…こっちだったと思うんだが…」スタスタ

宝箱「」

俺「おおー迷ったら宝箱発見した。俺ツイてるな」タッタッタッ

俺「では早速…」ガッ

俺「…。」ピクッ

俺「…なんだ?」クルリッ

ガメゴンA、B「ギャオオッ」

俺「クソッ…俺ツイてない…」シャキンッ

俺(この亀は確か硬い奴だったよな…?今の俺なら甲羅に籠られなければワンパンで倒せるだろうが…)



俺HP164/164 MP31/38
1攻撃(コンマ下二桁31以上で1匹撃破。11〜30で身を守られ倒し切れず。10以下なら空振り。コンマ下一桁0以外なら俺にダメージ(14×生き残り数)、9なら痛恨の一撃でダメージ倍)
2またもライデインで一掃(MP6消費)
3その他呪文(ホイミ(2)、ベホマラー(18)、アストロン(8))
4逃げる(コンマ20以上で成功)


安価下
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:50:20.04 ID:Li8YidzaO
1
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 14:52:34.74 ID:GWcCa+tyO
アカン
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 15:01:21.49 ID:WlYQCh/lO
コンマ04(ミス)
サンタローズ洞窟内

俺「いや、1匹ずつ倒すっ!」ブンッ

ガメゴンA「」ヒョイッ

俺「えっ!?よ、よけられーー?」トットッ

>>ガメゴンAはひらりと身をかわした


ガメゴンA「」シュルルルル

俺(や、ヤバイ。甲羅アタックが来る)盾ガード

俺「」ドガッ

俺「いてっ!」ゴツンッ

>>俺に14のダメージ

ガメゴンB「」シュルルルル

俺「はっ!もう一匹!」

俺腹「」ドガッ

俺「ぐえっ!」ドサリッ

>>俺に14のダメージ

俺「くうー…。いてて……血出てきたよ…」ムクリッ

俺「ハァッ…。一人なんだから空振りは気をつけないと一方的にダメージ食らうだけになるな…」スクッ

ガメゴンA「ギャオオッ」
ガメゴンB「ギャオオッ」

俺「ふうっ…どうしよう…」チャキッ


俺HP136/164 MP31/38
1攻撃(コンマ下二桁31以上で1匹撃破。11〜30で身を守られ倒し切れず。10以下なら空振り。コンマ下一桁0以外なら俺にダメージ(14×生き残り数)、9なら痛恨の一撃でダメージ倍)
2ライデインで一掃(MP6消費)
3その他呪文(ホイミ(2)、ベホマラー(18)、アストロン(8))
4逃げる(コンマ20以上で成功)


安価下
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:02:19.83 ID:GWcCa+tyO
1
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 15:07:10.23 ID:WlYQCh/lO
コンマ83
サンタローズ洞窟内

俺「今度こそっ!」ブンッ

ガメゴンA「」ズバッ

>>ガメゴンAに52のダメージ

ガメゴンA「」ドサリッ

俺「よし。一つ倒した」

ガメゴンB「」シュルルルルッ

俺「ぐっ…」盾ガアンッ

>>俺に14のダメージ

俺「ハァ…ハァ…魔物2匹だけなのに結構食らってしまったな…」チャキッ


俺HP122/164 MP31/38
1攻撃(コンマ下二桁11以上で撃破。10以下で空振り。コンマ下一桁0以外なら俺にダメージ14、9なら痛恨の一撃でダメージ倍)
2またもライデインで一掃(MP6消費)
3その他呪文(ホイミ(2)、ベホマラー(18)、アストロン(8))
4逃げる(コンマ20以上で成功)


安価下
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:08:08.75 ID:Z0aYBXrJO
1
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 15:23:55.52 ID:WlYQCh/lO
コンマ75
サンタローズ洞窟内

俺「おりゃッ!」ブンッ

ガメゴンB「」ザンッ

ガメゴンB「」ドサリッ

俺「はあ…なんとか勝ったが…。やっぱり一人だと沢山出ると苦戦するな…」カチャッ


84経験値手に入れた(次のレベルまで212)
76ゴールド手に入れた(2986)


俺「そしてお待ちかねの宝箱の方は」ガッ

宝箱「」バカッ

俺「…ん?…空?」

俺「じゃなくて、よく見たら小さい種が入ってる…」スッ

種「」

俺「なんだっけこの種?確かハッサンが美味しいってよく食べてた奴」

俺「うーん…」

俺「あ!そうだ!確かふしぎなきのみって名前だ!」

ふしぎなきのみ「」

俺「本当においしいのかな?誰も居ないし俺も一粒食べてみるか」パクッ

俺「…。」モグモグ

俺「…。」ゴクンッ

俺「なんだこれ…只の豆の味しかしないじゃないか…」

俺「どうしてこんな物が宝箱に入って保管されてたんだ?なんか損した気分だわ…先に進もう」


ふしぎなきのみ効果
コンマ下二桁
81以上MP5上昇
61〜80MP4上昇
41〜60MP3上昇
21〜40MP2上昇
20以下MP1上昇


安価下
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:24:39.37 ID:ynEoa0wBO
てい
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:24:45.76 ID:uHy6PS0JO
こい
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:26:30.86 ID:1Pyc7+zfO
いまいちだな
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:34:37.10 ID:m+Hav4R3o
きのみ系は最低3で最高6だよ
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:45:07.29 ID:FYFBuhvp0
種が経年劣化していたみたいで草
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 15:48:33.37 ID:sIKl5FZfo
>>769
MPは5が最大だよ
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 16:01:44.31 ID:WlYQCh/lO
コンマ37(最大MPが2上昇して40に)
サンタローズ洞窟内
最深部部屋

俺「ふう…ようやく着いた」

俺「…この部屋だけはサンタローズと違って当時と何も変わらないな」スタスタ

扉「」カチャッ

俺「あ…やっぱりあった。だいぶ埃被ってるけど、あの時見せてくれなかった手紙だ」スッ

パパスの手紙「」パラパラ

俺(パパスはいったい俺達を連れて、世界を旅して何をしたかったんだろう…)ガサッ

俺「…。」ジッ

「モョモト、俺よ。お前達がこの手紙を読んでいると言う事は何らかの理由で私はもうお前の側に居ないのだろう」

俺(これは…パパスの遺言だ…!)

「既に知っているかもしれんが、私は邪悪な手に攫われた妻のマーサを助ける為旅をしている」

「私の妻、モョモトの母にはとても不思議な力があった」

「私にはよく分からぬが、その能力は魔界にも通じるものらしい」

「多分妻はその能力故に魔界に連れ去られたのであろう」

「私の調べた限り、魔界に入り邪悪な手から妻を取り戻せるのは天空の武器、防具を身に付けた勇者だけなのだ」

「そして私は世界中を旅して天空の剣と勇者を見つける事ができた」

「俺はもう気付いているかもしれないが、勇者はお前と共にいる俺だったのだ」

俺「…。」ガサッ

「そして魔界へ行く為には、残りの防具と3つのリングと言う物が必要らしい」

俺(盾はサラボナにあったから、残りは兜と鎧と謎の3つのリングか…結構多いな…)ガサッ

「モョモトよ。俺と共に残りの必要な物を探し出し、そして我が妻マーサを助け出すのだ」

「俺よ。私達と本当は血の繋がりの無いお前まで巻き混んでしまってすまないが、どうかモョモトの力になってやって欲しい」

「そしていつしか、勇者の使命を果たし、魔王を倒して世界を平和へ導いて欲しい」

「勿論モョモトも今度は逆に、その使命を果たす為俺の力になってやってくれ」

俺「…。」ガサッ

「私はお前達息子を信じている。たとえ私がいなくなってもお前達二人で助けあって生きて行くのだ。頼んだぞ。モョモト。俺よ」
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 16:03:09.37 ID:PdGLOSIXO
運命
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 16:19:18.50 ID:x6UV5hrbO
でもモョモトは…
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 16:27:04.34 ID:WlYQCh/lO
サンタローズ洞窟内
最深部部屋

俺「パパス…いつか自分の身に何か起きる事を予感していたのか…」

俺(…数年前、俺がこの剣を貰った後、家で眠ってる間にもう一度洞窟に入って書いたんだろうな)

俺(でもパパスの手紙じゃモョモトもいることになってるが…)

俺「そのモョモトも…もう…」グッ

俺「…。」

俺「…残りの伝説の防具と謎のリングを探して魔界へ入り、パパスの奥さんを救い出して、魔王を倒せ…か」

俺(それにしても…ちょっとやる事多過ぎ無いか…?)

俺「うーん…。とりあえず一先ず洞窟を出るとするか…」

俺「このパパスの手紙は万一モョモトが生きていた場合に備えて置いていこう…」スッ

俺「ホイミ」テロテロテロ

俺「さてと…リレミト使える仲間を連れてないから、また魔物の群れの中戻るぞ」タッタッタッ


コンマ下二桁
00旅の扉を見つけた
99なんと入り口から既に脱出済みだったモョモトとヘンリーが向かって来ていた
61以上一気に外へ着いた
41〜60かなり進んだら魔物と出会った
21〜40結構進んだら魔物と出会った
20以下少し進んだら魔物と出会った


安価下


魔物と出会った場合(コンマ60以下)
コンマ下二桁
00ゲレゲレ
99はぐれメタル
91以上メタルスライム
81〜90メタルスライム、くさった死体
61〜80スライム×8
41〜60くさった死体×3
21〜40アウルベアー×3
20以下ガメゴン×4
ゾロ目:1匹メタルスライムに書き変え


安価下2
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 16:27:34.70 ID:+OVaosngO
よっ
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 16:28:02.69 ID:UYSO1a750
はい
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 16:28:14.82 ID:ynEoa0wBO
よっ
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 17:46:22.18 ID:WlYQCh/lO
コンマ70
サンタローズ

俺(結局行き道を辿って帰って来たから帰りは何も出会わなかったな…)

俺「はあ……」ザザ-

俺(先ずはモョモトと共に、残りの伝説の防具と3つのリングを探せか…)

俺「盾以外は全く心当たりが無い…」

俺「モョモトももう居ないし…」

俺「…いったいこれからどうしよう」



1パパスの意思を継ぎ、残りの伝説の防具と3つのリングを探してパパスの妻を助け出す旅に出る(選択肢の後、青年編へ)
2パパスの意思は継がず、これからは何にも縛られずに自由気ままに世界を旅する(このまま未だ少年のまま進みます)
3その他


多数決下4まで
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:47:54.15 ID:fZ4aH87Z0
1
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:48:35.19 ID:lWOMLC+n0
1で
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:48:58.09 ID:hy+ov++60
1
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:49:04.35 ID:L3CA/rUZo
3もしもの時を考えてモョモトに置手紙をした後パパスの意志をついで旅に
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:49:15.03 ID:1Thh18df0
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:54:35.35 ID:PdGLOSIXO
コンマ次第だから胃が痛くなるな
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 17:59:13.27 ID:p0bt2nAlO
仮にモョモトが生きてたとしてもサンタローズが焼き払われてると俺の生死は不明だけど
アルパカ行けば情報あるよね
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:07:35.59 ID:FYFBuhvp0
サンタローズの生き残りのシスターや爺さんに伝言を頼むか、
パパスの手紙のあった場所に俺やビアンカの安否と所在に関する書き置きを残しておけば、
モョモトが生き残っていた場合に合流がかなり楽になるはず

なお、安価
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 18:12:05.14 ID:WlYQCh/lO
山奥の村

マリア「そうですか。俺さんは父の意思を継いで…」

俺「ああ。伝説の防具と3つのリングを手に入れて魔界へ入るつもりだ」

俺「盾以外は探しに行かなきゃならないし、世界を旅する事になると思うからマリアも一緒に来て各地で兄を探してみたら良い」

俺「魔物からは俺が守ってやる」

マリア「ありがとうございます。私はそうさせて貰いますが、ビアンカさんは…」

俺「そうだ。ビアンカの母親の容態はどうなったんだ?」

俺「風邪なら流石にもう治ってる筈だが…」

マリア「それが…」



コンマ下二桁
91以上逆に既に完全復活してピンピンしていた(ビアンカ引き続き旅に同行)
71〜90ダンカンの女将の息が止まっていた事にマリアが直ぐに気付いて、なんとか一命を取り留めた
70以下ダンカンの女将、皆んなが寝てる間に急に息が止まって死亡した(原作)


安価下
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:13:02.02 ID:+OVaosngO
頼む
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:13:28.91 ID:l88M10c/o
アチャー
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:13:40.20 ID:L3CA/rUZo
70以下だししゃーない
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:14:06.76 ID:+OVaosngO
ちくしょー…
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:16:22.59 ID:PdGLOSIXO
ホント上手くいかないな
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:22:19.03 ID:5VW+xYhVO
つまんね
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:34:00.79 ID:7Lmbp7yKO
まじかよ‥
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:35:26.44 ID:UYSO1a750
無能…無能…
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:36:00.69 ID:m+Hav4R3o
死ぬ確率の方が高いし落ち込むな
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:37:05.15 ID:7Lmbp7yKO
こうなったらモョモトとヘンリーだけでも助ける方向でいかないとな。
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 18:43:24.85 ID:WlYQCh/lO
コンマ02
山奥の村

俺「…は?し、死んだ…!?う、嘘っ…だろ!?えっ!?風邪で死んだのか!?」

マリア「それが…お医者さんの話だと睡眠時無呼吸症候群からの脳卒中になったとの事で…」

マリア「もっと早く気付いてあげれていれば良かったんですが…」

俺「…そうか」

俺(ならもうビアンカの家は、ダンカンのおじさんとビアンカだけに…)

マリア「今はビアンカさんの父はショックでまた病気が再発し、今はご自身も悲しい筈のビアンカさんが一人で父の看病をしています…」

俺(確かにダンカンのおじさんは病弱だから、一人にしておけないし…もうビアンカを連れて行く訳にはいかないな…)

俺「…。」

俺「俺ちょっとビアンカに挨拶してくる」スタスタ

マリア「はい…」



ダンカンの家

ダンカン「ゴホッ…ゴホッ…」

俺「ビアンカ……」

ビアンカ「…。」

ビアンカ「ごめんね。俺…もう私、貴方と一緒に大冒険へは行けなくなっちゃった…」

俺「う…ん…」

ビアンカ「外でのマリアさんとの会話聞こえてたわ。これからはおじさまの意思を継いで、魔界へ行く為に残りの伝説の防具と3つのリングを探す旅に出るのよね?」

俺「あ…聞いてたのか…」

ビアンカ「きっと俺なら達成できると思うけど…気を付けてね。あ、偶にはウチにも顔を出して、その冒険譚聞かせてね」

俺「ああ…」

俺(もし俺が勇者の宿命とか、パパスの遺言が無ければ…一緒に居てビアンカを楽にさせてやるのに…)

ビアンカ「…ちょっと。今生の別れじゃ無いのに、そう悲しい顔をしないでよ。折角立ち直ったのに、また悲しくなっちゃうわ」

俺「…!そう…だな…。約束する!また落ち着いたらきっと会いに来るから!」ニコッ

ビアンカ「…。」

ビアンカ「うん!」ニコッ

俺「それじゃ…元気でな…」スタスタ

扉「」カチャッ

ビアンカ「バイバイ」フリフリ

俺「…。」

扉「」バタン

ビアンカ「…。」

ビアンカ「別れ際に先に泣くんじゃ無いわよ…。男の癖に…」

ビアンカ「本当…いつまで経っても私が着いてないとヘタレのまま変わらないんだから…」ポロポロ
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:44:02.69 ID:YkF70IzT0
原作やり直してみたけど
ヨシュア(マリアの兄)が二人を助けてくれたとき
他の奴隷と違い生きた目をしている…とか言ってる
で、タルに自分も一緒に乗らないということは脱走できない(しない)理由がある

つまりマリアがいなくても「妹を探して言伝を頼む」とかでモョモトたち脱出させてくれるんじゃないだろうかと妄想した
長文スマソ
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:45:15.15 ID:L3CA/rUZo
この世界の文明レベルで睡眠時無呼吸症候群って分かるのスゲェな
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:50:19.55 ID:UYSO1a750
>>800
マリアを助けてくれたから任せられると言うわけで
マリアいない以上自分が死ぬ危険を冒す必要はない
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:54:32.27 ID:FYFBuhvp0
先日からモョモトを死んだことにしたがっている人がいるけど、安価・コンマスレなんだからそこはコンマ次第だろうとしか言えないわ
俺君スレは初めてか? 力抜けよ?
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:54:38.20 ID:PdGLOSIXO
ラインハット辺りからやり直したい
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 18:55:26.42 ID:p0bt2nAlO
だって樽の蓋とか鎖切れないし
一緒に逃げたら追われる身

その点死刑が決まってる奴らと同じなら殺して捨てたと言えばまだ通る
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:07:09.53 ID:PdGLOSIXO
マリア放置しとけばモョモトとヘンリー生存確定で余計な不安を抱える事もなかっただろうに
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:08:46.25 ID:7Lmbp7yKO
今から光の教団に乗り込めないか?
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:10:10.03 ID:lWOMLC+n0
>>804
現状やり直しするには俺が戦闘で死なないとな
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:11:38.24 ID:yxwGrStZO
DQだし死んでも所持金半分で復活するだけだろ
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:19:02.46 ID:7Lmbp7yKO
>>809
そこはどこから再スタートするか選ばせてくれるんじゃない?
もしそういうシステムなら、その時にラインハット辺りから復活の安価を勝ち取るしか無いね。
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:24:22.28 ID:8POhL9oEO
そういや俺くん一度も冒険の書に記録してないよな
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:25:03.70 ID:pQ7Zke7R0
原作の流れに逆らわないで進めた方がイッチも楽かな
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 19:25:57.18 ID:WlYQCh/lO
山奥の村周辺

マリア「それで、これから何処へ行くんですか?」

俺「伝説の防具3つの内、一つはサラボナのルドマンさんの屋敷にある」

俺「残りの兜と鎧の事はさっぱり分からない」

マリア「…私の兄の事を知る人も、俺さんが行った事のある場所ではもう何も情報が手に入らなさそうですね」

俺「ああ…もしかしたらそろそろ新しい大陸に行くべきなのかもしれない…」

俺(新大陸へ行くなら、サンタローズの近くにあるビスタの港から行けそうだ)

俺(だが、もう一度各地で情報収集すれば残りの防具などの情報も手に入るかもしれない)

俺「これからどうするかな…」



1俺は盾以外の他の伝説の防具の事を、マリアはヨシュアの事を、ルーラを使いながらもう一度各村を回って情報を調べてみる(青年編開始がテルパドール天空の兜入手イベントからスタート。俺、マリアのレベルが若干上昇。マリア好感度5に)

2先ずはサラボナ周辺で魔物と戦い実力を上げて、既に発見してる盾から手に入れる(青年編開始がサラボナ結婚イベント開始からに。俺、マリアのレベルがコンマで小〜特大上昇、マリア好感度3に)

3防具よりも、3つのリングやマリアの兄に関する更なる情報を求めて東の国へ行ってみる(青年編開始がグランバニア前のチベットからスタート。俺、マリアのレベルが上昇。マリア好感度7に)

4封印された残りの俺の能力と、新しい仲間を求めて(青年編開始は(他より開始時期が結構遅い)サンタローズ北の洞窟から。俺レベル27からスタート。マリアは修道院へ。マリアは二度と仲間にならない為にマリアの好感度消滅)


多数決下5まで
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:28:08.58 ID:eCDJx30g0
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:29:08.14 ID:PdGLOSIXO
1
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:29:33.80 ID:86YjWp6Jo
1
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:29:55.85 ID:lWOMLC+n0
1で
盾はフローラと結婚選択すれば確実そうだし
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:30:22.24 ID:8POhL9oEO
1に決まったか…モョモト…
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:33:56.47 ID:jpfifShJO
もともと主人公二人もいて邪魔だとかんじてたから消えてくれてせいせいする
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:34:53.32 ID:sIKl5FZfo
原作通りに進めたいなら友人ポジで始めなければ良かったのにね
もう全て遅いんですよ
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:39:30.90 ID:PdGLOSIXO
ハッピーエンドに至らないならエタるほうがまだマシ
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 19:42:20.87 ID:iEY+YwZ40
お前ら相変わらず喧嘩腰だよな…俺も思うところがないわけではないけどさ…
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:00:30.21 ID:Gl22hznXo
子供が多いんだろ
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:02:41.60 ID:pZ/62I2sO
ゲームがうまくいかなくて癇癪起こすような連中が大人である方が怖い
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:16:35.00 ID:x/7j6b2R0
俺は「思うところ」なんて何ひとつ無いな、どんな選択でも>>1は面白く書いてくれてるんだから
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:18:24.59 ID:g3HbENeS0
がんばっていきまっしょい
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:19:28.74 ID:N9m/jKSmO
>>825
なにこいつきっしょ
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 20:23:15.44 ID:5ElsnP/40
俺達が他の伝説の防具を手に入れようと決めて数年後…

???

モョモト「…。」

大岩「」

ムチオトコA「こらー!何をしているっ!さっさと岩を運ばんかっ!」ペシ-ンペシ-ン

モョモト背中「」ビシッビシッ

モョモト「…はい」スタスタ

大岩「」ゴロゴロ

モョモト「ふう…」

ムチオトコB「働け働け!死ぬまで働くんだ!」ペシ-ン

モョモト「…。」スタスタ



2階

モョモト「…。」ボ-

ヘンリー「やあモョモト。こんな所で油を売ってると、またムチで打たれるぞ」スタスタ

モョモト「ヘンリー…」チラッ

ヘンリー「それともまた逃げ出す相談かい?あれからもう10年以上になるもんな」

ヘンリー「お前の親父には本当に申し訳なかったと思っているよ」

モョモト「…。」

ヘンリー「お前はきっと親父の最期の言葉を信じて母親を探したいんだろうな」

ヘンリー「いいよなあ。オレなんかここを抜け出してもお城では弟のデールが王様になってるだろうし…」

モョモト「はい」

ヘンリー「あっ!…そうだ。耳貸せよモョモト」

モョモト「??」

ヘンリー「オレ新しい逃げ出し方思いついたぞ…」ヒソヒソ

モョモト「…!?」

ヘンリー「ムチ野郎に逆らった奴を入れておく牢屋に、死体を流す樽あるの知ってるか?」ヒソヒソ

モョモト「…。」コクッ

ヘンリー「一か八かでそれを使うんだ」ヒソヒソ

モョモト「…!」

ヘンリー「やべえ…オレ天才かも…。実行する時は合図をするから、お前は暫く怪しまれないように早く作業へ戻れ」

モョモト「はい」コクッ

ヘンリー(まあ…ここを逃れれても、その後生きれるかどうかは奇跡に近いけどな…)


コンマ下二桁
00なんとそこには金髪の綺麗な人の姿も
99なんとそこにはムチおとこに変えられたパパスの姿が
81以上上手く二人とも脱出した(原作)
61〜80モョモトだけ脱出した
60以下作戦失敗。ヨシュアに見つかって二人とも鎖に繋がれた(死亡)

安価下2
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:23:39.86 ID:g3HbENeS0
せい
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:24:17.09 ID:xK3IQV3NO
えい
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:24:23.61 ID:g3HbENeS0
どっこいしょ
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:25:57.43 ID:YkF70IzT0
コンマ厳しすぎィ!
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:27:15.13 ID:fZ4aH87Z0
なんでここだけ下1じゃないんだよ…
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:28:43.73 ID:MvscdolmO
これで原作が完全に崩壊したがこの先どう捌くんだろ
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:34:25.66 ID:YxVC9HU2O
死んだかまあ00だせない俺たちが悪いな
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:36:24.77 ID:PdGLOSIXO
本当にクソだな
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:38:59.80 ID:E8KS+4YAO
たまに00とか出るけど肝心な所でコンマに恵まれないな
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 20:40:28.16 ID:5ElsnP/40
コンマ09
???

ムチオトコA「こらー!貴様!倒れるな!早く起きて作業を続けろ!」ペシンペシンッ

老人「」

ムチオトコB「ん?よく見てみろ。その奴隷死んでるぜ」

ムチオトコA「ちっ。またか…これだからジジイは。おい。誰かこいつを片付けろ!」ペシンッ

ヘンリー(来た…!)

ヘンリー「あ、俺!俺がやりますよ!」スタスタ

ムチオトコA「よし。直ぐに運べ」

ヘンリー「はい。勿論でございます。おい。お前。手伝ってくれ」ガシッ

モョモト「はい」ガシッ

ヘンリー「よし。持って行くぞ」スタスタ

モョモト「はい」スタスタ



ムチオトコA「ふん。あの生きた目をしていた奴隷もようやく従順になって来たか」

ヨシュア「おい何があった?」スタスタ

ムチオトコA「あ、いえ…奴隷が1名死亡しましたので、若い奴隷2人に死体を運ばせました」

ヨシュア「若い奴隷二人だと…?」

ムチオトコB「え?それがどうかされましたか?」

ヨシュア「ふむ…付いて来い」スタスタ

ムチオトコA「え、あ。は、はい」

奴隷達「」ジイ-ッ

ムチオトコA「貴様等はさっさと作業へ戻れッ!また叩かれたいかっ!」ペシ-ン

奴隷達「…。」スタスタ
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:41:43.64 ID:FYFBuhvp0
何気にヨシュアが二人の死の直接的な原因になっていて草
あくまで彼は職務を誠実に遂行したにすぎないんだけど、俺にとっては完全にモョモトの仇じゃんww
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 20:58:53.56 ID:PdGLOSIXO
各地の問題解決しないし終了でいいよ
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:07:33.50 ID:i0pRQkK60
パパス死亡ほぼ確定で今回でモョモトも死亡か
もう見なくてもよさそうかな…
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:16:36.72 ID:3MTIPcECO
1は2回もチャンスくれたのにそれでもマリアを手篭めにしようとしたハーレム厨のせいだな
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:20:54.85 ID:FYFBuhvp0
どうせみんな死ぬのならば、デールの母親を型にはめてやりたいわ
パパスの死と10年に渡る主人公の奴隷生活、それによるマーサ救出の大幅な遅滞……
主人公一家を襲った不幸の半分近くはあの女のせいなのに、ちゃっかり生き残って王母様に収まっているんだから面の皮が厚いわ
パパスの親友としてエルヘブンからマーサを連れ出す手助けまでした先代ラインハット王ベルギスが後妻の悪行を知ったら、あの世でもう一度憤死しそう
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:49:56.80 ID:PE9dMYv10
本当に終わったな…もうダメだ
終了終了!もう終わり終わり!
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:52:15.90 ID:N9m/jKSmO
>>834
俺が未来から来ればいいし
勇者もいるからモョモトはいらないと言えばいらない
ヘーキヘーキ
ハーレム選んだしわ寄せだし気にしちゃあかんで
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:54:39.25 ID:8r21HblLo
この先どういうストーリーになるのか楽しみだな
847 : ◆LmApKj0KdA :2018/12/09(日) 21:57:14.83 ID:7Lmbp7yKO
やっちゃった‥
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:58:08.64 ID:mRe4w3Wf0
誰も悪くない

強いて言うなら運が悪い

荒れるのイクナイ
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 21:58:22.23 ID:7Lmbp7yKO
ごめん、sage忘れたしコテハンしちゃった‥
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:04:42.15 ID:FSUbGHsyO
1さん
お慈悲をください。なんとか2人が死を回避するルートをください。
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:10:00.47 ID:leXX+HE/0
>>361の人は一体誰だったのだろうか?
正体はどうなるのかちょい気になる
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:10:17.60 ID:YkF70IzT0
流れ着いた修道院で復活の儀式は…00じゃないと無理かねえ
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:19:16.83 ID:FjK2MqOFO
>>834
原作から逸脱すると書けないので、多分ここで一度終わるんじゃない?
厨を管理できないいつもの1ではある。
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:20:02.01 ID:nWC9D2zVo
次回作のはP4だっけ?
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:22:37.90 ID:mRe4w3Wf0
>>851
心が壊れた俺がモョモトの格好を真似るようになり、モョモトのその後をなぞりつつ過去に来た、ってのはどうだろう?

もしくは他人の空似
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:25:25.49 ID:FjK2MqOFO
>>854
いや、バイオだったはず。1がP4なんてやったら荒れまくる未来しか見えない。
固定信者のいる作品やるのはやめた方がいいよね。バイオとかみたいな殺伐としたのならまだなんとか。
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:34:07.34 ID:7Lmbp7yKO
いや、昔俺という人物が生き抜くバイオハザードがあったが、全員生存で行きたい組と人死んでてもいいから先行きたい組で喧嘩になったぞ。
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:37:43.24 ID:HV9+P9XBO
主人公不在のDQ5って凄いことになってきたな
個人的にはかなりショックだけど…うーむ…
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 22:48:22.37 ID:mRe4w3Wf0
俺主人公ssは一回は原作主人公が死ぬの法則に従ったか…
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:11:40.72 ID:Y+TU3NPjO
>>851
自分としては(概ね)原作通りに進んだ未来から来たモョモト本人だと思う
この後のことも含めて並行世界とかタイムパラドックスとかその辺りの理屈考えるとちょい面白そう
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/09(日) 23:12:07.34 ID:5ElsnP/40
牢屋前

老人「」デロン

見張りの兵士「なんだあ?また死んだのか?」

ヘンリー「はい。申し訳ありませんが、またでございます!」スタスタ

見張りの兵士「全く。人間ってのは弱っちい生き物だな」

モョモト「…。」

ヘンリー「はい。本当にその通りで」

見張りの兵士「ほら。牢屋の鍵だ。さっさとその汚いのを捨てて来い」チャリンッ

ヘンリー「ありがとうございます…ほら行くぞ」ガシッ

モョモト「…。」コクッ


スタスタ 


死体投棄場所

ヘンリー「よし。上手く行ったな…後はこの死体の爺さんじゃなく、この樽へオレ達が乗り込めば上手く行けばここを脱出できる」

モョモト「はい」コクッ

ヘンリー「ほら…鎖の鍵はオレが外してやるからお前は先にーー」

「先に何処へ行く気だ?」

ヘンリー「!?」

モョモト「…!」

ヨシュア「やはり脱走か」

ムチオトコA「嘘ついたな!」
ムチオトコB「奴隷の分際で!」
見張りの兵士A「貴様ー!」
見張りの兵士B「ボコボコにされたいか!」

ヨシュア「この2人が二度とそんな気が起こさんように鎖で繋いでおけ!」

ヘンリー「く、クッソー…!」

モョモト「…。」

モョモト「(^q^)」
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:13:05.80 ID:86YjWp6Jo
(^q^)
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:36:31.54 ID:Gl22hznXo
という夢を見たんだ
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:39:57.72 ID:IJD84Ju7O
>>857
もちろん知ってる。1のシリーズではあれでも荒れなかった方じゃない?
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:41:07.95 ID:npbECB6Uo
一番あれなかったのはZ
最悪だったのが種死
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:49:17.02 ID:ZSdQVSqz0
帰ってきたらもょもとが死んでておでれぇた
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/09(日) 23:56:14.60 ID:bvDd3nnA0
イベントで死ぬから生き返らないと思うが
世界樹の葉というのがあってだな…
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 00:01:26.35 ID:3/lPfs6io
しんりゅうがいてくれたらなあ
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 00:03:17.62 ID:YZghMsQf0
メガザルロック仲間にして等価交換してもらえない?
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 00:07:26.58 ID:AkGWuoiVo
グランバニアはオジロンさんの血統が残ってるからまだセーフだな
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 00:27:22.59 ID:FzCjuVzF0
追いついた
勇者いるから最終的に魔界行って魔王倒すのは何とかなりそうだが
流石にもょもと死ぬときっついな
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 00:50:56.02 ID:KTwaU39y0
その出来事から一年後
テルパドール

俺(パパスの意思を継いで魔界へ行くと決めてから、俺は残りの伝説の防具を求めて…)スタスタ

マリア「この国にも光の教団について知っている人は居無さそうですね…」スタスタ

俺(マリアは兄の情報を掴む為に光の教団についてをそれぞれ調べる為に、遥々南の大陸にある砂漠の城まで来ていた)

俺「ああ、だがこの国には俺の探してる物の一つが確実にある筈だ」スタスタ

マリア「はい。この国は勇者様が訪れるのを皆んなが待っているみたいでしたから、今度こそ見つかるでしょう」スタスタ

俺「ああ…」

俺(パパスの意思を継いで魔界へ行くと決めて、もう一度最初から情報を洗う為にまた俺の知ってる村や城をルーラを駆使して一から回って…)

俺(何度も空振り続きのガセネタを掴まされ続け歳も重ねて来たが、今回ようやく伝説の防具の一つ。兜の在り方が分かった)

俺「それにしても…」ジッ

マリア「はい?」

俺「情報が欲しけりゃ20万G寄越せとか、マリアを寄越せとか言われたが…」

マリア「ああ…有りましたねそんな事も…」

俺「言われてみれば確かにマリアも大人びて可愛い系から美人系になって来たから、モテてもおかしく無いよな」

マリア「え、えー…そ、そうですか?///」

俺「ああ。こんな旅なんてしてなかったら、案外もう誰かと結婚とかしてるんじゃないか?」

マリア「わ、私が結婚?あ、ありえませんよそんなの…///」

俺「いやいや、本当に有り得てもおかしくは無いんだがな…」

マリア「結婚かあ…」

俺「ああ、結婚…ん?」

俺(あれ?何か忘れてるような…)

俺「うーん……まあいいや。とりあえず先にこの国の王様に謁見しに行こう」スタスタ

マリア「はい」スタスタ 
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 02:58:47.21 ID:Xl3GKzvho
W主人公が面白かったのに
>>665.666
この戦犯二人のせいでこんなことに
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 03:26:31.83 ID:6bMcx+oEo
パパスに着いて行かなかった時点でこうなる気はしてたよ
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 05:30:41.70 ID:YZghMsQf0
てめえが安価とればよかった話だろ黙ってろよ
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 06:10:06.82 ID:Xl3GKzvho
>>875
すまん、あまりに残念すぎて
本当にあいつらの代わりに安価取りたかった
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 06:16:16.05 ID:F43upmxJO
そうだな
バカに安価取らせるとろくな展開にならないって、これで証明されちゃったからな
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 08:03:32.44 ID:QgGGUh2tO
DQ5を知らなければ変な宗教団体に連れて行かれそうな少女を助ける普通の選択肢なんだよな
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 08:31:56.82 ID:0Xi754Ye0
>>877
そんな今まで何十回も言われ続けてきた事をドヤ顔で言われてもなぁ
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 08:47:24.11 ID:CPS/0kLYo
俺スレの住人て必ずニ、三人他の人のレス読んでない奴いるからね…
バイオとかも原作知ってる人があれこれ助言してるんだから素直に聞けばいいのに変な選択するし
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 09:14:37.66 ID:h246Z9FQO
俺かモョモトどっちか死んだらやり直しで良くない?
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 11:04:04.70 ID:+TGaYCzOO
いつも思うが1の作る劣化ストーリーごときに真剣になりすぎじゃね?
主人公も意味不明なキャラにされてるしどうでもいいな
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 11:18:32.78 ID:GGhIYImlO
原作ルートの割合減らしてどうしようもない地雷設置して荒れるパターンは種スレからずっとだな
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/12/10(月) 12:09:07.76 ID:qDcqw23d0
てか全てを救おうとして台無しになっとるがな

諺にあるだろ?二兎追うものは一兎も得ずだか何とか

欲張りなレスするとロクなことにならん
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 12:30:51.86 ID:7QgTagY8O
でも完全に原作通りにするならそもそも俺君いらんし難しい所
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 12:35:04.40 ID:h246Z9FQO
原作通りが最低ラインそれ以下の結果はカス
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 12:36:48.26 ID:3/tpQ2bZo
どんな展開でもそれはそれで面白いからどんな展開になってもいいよ
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 12:51:05.04 ID:be9Pvylko
安価取れなかったカスが発狂して喚くのもまた安価スレの宿命
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 13:00:11.60 ID:pZeghwECO
>>883
学習能力がないよな。やっぱり何かずっと履き違えてる。

>>887
1に面白い展開が書けるならいいんだがな。
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 13:05:51.23 ID:BYDH06Ot0
原作通りじゃなくても良くない?
違う展開が見たいのと、コンマ運で何が起こるか変わっていくのが面白いのに
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 13:08:47.33 ID:02lU9ayIO
>>890
この>>1は原作から逸れると書けないから
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 13:49:24.60 ID:yBtFAi7CO
あとハーレムだとバッドエンドになる
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 13:55:08.09 ID:51Cb6WNAO
>>891
正しくは原作から大きく逸れるとクソ展開しか書けない。
知識量はあるんだろうけど話作りが全然できないから、一度ダメになると荒れる。
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 14:32:51.74 ID:YQmTaGknO
1叩いてる奴が全てもしもしで察しろよお前ら
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/12/10(月) 14:44:41.34 ID:+XyHucevO
ifじゃなく原作どうりに進まないと文句言うならこのスレ読まずにゲームしてろよ
後は>>1の腕の見せ所だろ

896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 14:46:18.77 ID:RcB74qrfO
進んでるなと思ったらまた単発の自演荒らし君が騒いでただけか
自分のレスに返信するのは楽しいか?
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 15:19:27.37 ID:a6zYKB32O
こういう荒らしって現実世界でも言い訳ばかりしてるんだろうな
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 15:29:10.84 ID:qsM+yVCyO
>>894
昼間にもしもしじゃない方がヤバいだろ
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 15:34:20.34 ID:vhbWoSV0O
論点ズレてて笑った
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 20:29:48.30 ID:KTwaU39y0
テルパドール

マリア「この国は勇者様が現れるのをずっと待ち望んでいたみたいで、色んな事が語り継がれていますが俺さんに当てはまる事ありました?」

俺「いや…あまり…。俺が天空の血を引いてるとか言われてもしっくり来ないな…」フルフル

俺(夢の世界の力を持つとかならまだ分かるが…)

マリア「もしかすれば、俺さん以外にも伝説の勇者様が存在するとか…」

俺「まあ、その可能性はあるかもしれないな」

マリア「そうなんですか…?2人も同時に勇者様が現れるなんてあるんですね」

俺(うーん…例えば俺はムドーに敗れたままだし、俺の後にムドーを倒して世界を平和にした奴の子孫とかなら…?でも天空の血ってなんだ?)

俺(そう言えば言い方は悪いが、ラミアスの剣とかも天空の剣とか言うのに劣化してるし…)

俺(天空か…。うん。さっぱり分からん)

俺(むしろ天空の血を引いて無い俺がよく天空の剣に認められたよな…。良いのかコレ…?もう1人の勇者自分の装備俺に全て盗られて困ったりしてない?)

俺(…と言うか案外勇者と認められるのってガバガバなのか?)

兵士「旅のお方。女王アイシスと謁見したければこちらの庭園へどうぞ」

俺「庭園?」スタスタ



庭園

花「」

俺「うわあ…そこらに花が咲いてる…」

マリア「ここ砂漠の中の国ですよね?砂漠に庭園があるなんて驚きました…」

アイシス「あら?旅のお方でしょうか?」

俺「貴女は?」

アイシス「ようこそいらっしゃいました。私がこの国の女王アイシスです」

901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/10(月) 23:19:47.74 ID:SSo7mIpM0
デメシス
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/12/10(月) 23:58:13.40 ID:KTwaU39y0
テルパドール
庭園

アイシス「あなたがたも伝説の勇者のお墓をお参りに来たのですか?」

俺「確かに興味はありますが…違います」

アイシス「そうですか。では偶々ここまで旅を為されて来たのでしょうか?」

アイシス「砂漠での旅は辛かったでしょう…r

マリア「それは…はい…。昼は暑くて、夜は寒くて…オマケに魔物まで強くて…」

俺「確かに一歩間違えれば死んでたな…」



砂漠
昼間

太陽「」ジリジリ

砂「」ザアアアッ

俺『ハァ…ハァ……』サクッサクッ

マリア『』グッタリ…

俺(…数時間前にマリアが熱さにやられて倒れて…仕方無くオブって進んでるが)

汗『』ボトッボトッ

俺『だ、ダメだ……。ハァ…密着してると…俺まで暑過ぎて死ぬ…』 

俺『仕方無い。マリアは棺桶に入れよう…』ゴソゴソ

棺桶「」

俺『フゥ…本当にこんな所に城があるのか…?』

太陽「」ジリジリ

俺『と、とにかく…。水が無くなるまでに…先へ進まないと…』サクッサクッ

棺桶「」ズズズ






マリア『うーん…』ゴソゴソ

マリア『あら?私ったらいつの間に棺桶に入れられて…』カポッ

オアシス「」ザザ-ン

マリア『えっ!?す、凄い!砂漠にオアシスがっ!?』

マリア『そう言えば俺さんは…』キョロキョロ

俺『ライデイン!』

雷「」ピシャアアンッ

キングスライム『』ドオオオンッ

キングスライム『んほっ!』ビュウッ

俺『な、何!?ライデインを食らって未だ生きてる!?…グホッ!』ドガッ

マリア『お、俺さん!ベホイミ!』テロテロテロ

俺『うっ…マリア…。目が覚めたのか…』ポワアッ

マリア『ごめんなさい…。私が弱いばっかりにまた俺さんに迷惑を…』

俺『…大丈夫。いざと言う時にこうやって助けてくれるだけで1人の時とは全然違う』スクッ

マリア『俺さん…』

キングスライム『』ブヨブヨ

俺『よし、倒すぞ』シャキンッ

マリア『はい!』スッ
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/11(火) 00:37:01.33 ID:RJzE/I9w0
原作主人公の扱いで毎回苦労してるのに学習しない馬鹿
349.82 KB Speed:73.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)