真姫「今からデザート作るの?えっ!?フルーチェ?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:09:12.49 ID:Ga9WdjH+O
真姫「ふう。今日も一日疲れそうだわ」

穂乃果「ハ〜イ!真姫ちゃ〜ん」

真姫「げっ、穂乃果…」

穂乃果「げって何さ?失礼しちゃう」

真姫「だって。穂乃果が待ち伏してるなんてロクなことがなさそうじゃない。あと、にこちゃんも」

穂乃果「そんな事はないよ!今日は真姫ちゃんに美味しいスイーツを食べさせてあげようと思っただけだよ」

真姫「スイーツ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550502552
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:13:18.70 ID:Ga9WdjH+O
穂乃果「そう。調理室で絵里ちゃんが待ってるから行こうか?」

真姫「え?今から作るの?」

穂乃果「そうだけど?」

真姫「あのね…この後練習あるのよ?全員揃うのに30分もないんだから」

穂乃果「あ〜そこは大丈夫だよ。30分もあれば作れるから。練習の前に糖分摂取しておこうよ」

真姫「嘘つきなさいよ。30分でスイーツが作れる訳ないじゃない」

穂乃果「嘘じゃないよ。焼きそばもラーメンも数分で作れたでしょ?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:18:01.31 ID:Ga9WdjH+O
真姫「それはお湯をかけたりするだけだったし。卵かけご飯は卵をかけるだけなんだもん。けど、スイーツはそうはいかないでしょ?」

穂乃果「いや、それがいくんだよね〜。流石にペヤングみたいに3分とはいかないけどさ」

真姫「でも…」

穂乃果「真姫ちゃん。私を信じて?」

真姫「分かったわよ」

穂乃果「それじゃあ、調理室へれっつらごー」

真姫「おー…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:22:26.73 ID:Ga9WdjH+O
絵里「遅い!すぐ来るって言うから待ってたのに」

穂乃果「ごめん、ごめん。真姫ちゃんがなかなかさ」

真姫「だってこの後練習あるし…」

絵里「それは私も言ったんだけどね。でもすぐに終わるって言うから。本当に簡単に出来るのね?」

穂乃果「うん。任せてよ」

真姫「で?何を作るの?」

穂乃果「はい。それでは発表します。ドゥルルルルルル」

絵里「口でドラムコールを…」

真姫「早くしなさいよ。時間がないんだから」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:33:55.71 ID:Ga9WdjH+O
穂乃果「じゃん!これです!」

真姫「何?フルーチェ?」

絵里「パッケージから想像するに…ババロア的な物かしら?」

穂乃果「ババロアではないかな。なんだろ…説明が難しいなぁ。フルーチェはフルーチェだからなぁ」

真姫「全然要領得ないわね」

穂乃果「まあ、作るのが手っ取り早いよ」

絵里「はい!先生!箱に書いてある通り冷えた牛乳を用意しました!」

穂乃果「流石、優等生!手が早いね!」

真姫「絵里も切り替えが早いわね。って言うか手が早いって…本来の意味では間違ってないけど…」

穂乃果「ん?」

真姫「なんでもないわよ。で?その牛乳をどうするのよ?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:41:27.16 ID:Ga9WdjH+O
穂乃果「牛乳の前にね〜そのフルーチェの箱の中に入ってる袋あるでしょ?」

真姫「これ?」

穂乃果「そうそう。それね!それをボウルの中に入れて」

真姫「こう?」

穂乃果「いや、違う違う。中身を出すって意味だよ」

真姫「え?あっ…だって…言い方が紛らわしいのよ」カァァ

穂乃果「いや…まさか伝わらないとは思わなかったから」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:44:25.15 ID:Ga9WdjH+O
絵里「真姫も意外と天然なのね。ふふっ」

穂乃果「ね〜可愛いねぇ」

真姫「私かえ…」

穂乃果「うそうそ。冗談だから。帰らないでよ。私の言い方が紛らわしかったよね?」

真姫「そうよ…」

穂乃果「ふう…」

絵里「こう言うところ…まだまだ子供よね?」ボソッ

穂乃果「あはは…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:51:40.76 ID:Ga9WdjH+O
真姫「それで?中身を出せば良いのね?」

穂乃果「うん」

ドバドバ

真姫「液体なのね」

絵里「ねえ。これがパッケージみたいになるの?」

穂乃果「なるんだよ。牛乳を入れるとね」

真姫「へ〜。これだけ見てると信じられないけど」

穂乃果「驚くよ〜。それでは、絵里ちゃん!牛乳200mlを入れてください。一気にね」

絵里「ラジャー」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 00:51:44.59 ID:GK0v2QnUO
まきちゃん
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 00:54:44.41 ID:Ga9WdjH+O
ドバドバ

絵里「先生!入れました」

穂乃果「はい。そうしたらスプーンでかき混ぜていきます」

真姫「どれくらいのスピードで?」

穂乃果「え?……適当?」

真姫「また?こないだのインスタントラーメンの時も適当だったわよね」

穂乃果「まあ、でも出来たでしょ?あんまり遅すぎると上手く出来ないからちょっと速めに混ぜるくらいがいいかな」

真姫「速めにね。分かったわ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 01:02:24.73 ID:CaUzifZFo
フルーチェ...
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 04:48:33.91 ID:s0SvGLz20
桃だか蜜柑とか色々あったのは覚えてるけどフルーチェは苺が不動のイメージだわ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 20:59:18.39 ID:K9pQRHzn0
穂乃果「そうそう。そんな感じ」

絵里「ハラショー。段々とゼリーみたいになって来たわ」

真姫「どう言う原理なのかしら?」

穂乃果「さあ?考えた事もないよ。箱にはペクチンがどうのって書いてあるけど…ペクチンって何だろうね?」

絵里「あっ成る程!ペクチンか!」

真姫「そう言う事」

穂乃果「え?二人共分かったの?」

絵里「ジャムなんかがトロリとする原理と一緒ね」

穂乃果「全然分かんないけど。今日は私が二人に教える日なんだからやめてよね。二人共割と世間知らずなのに博識だから困るよ」

真姫「何よそれ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:05:09.41 ID:K9pQRHzn0
穂乃果「っと喋ってる内に出来たね」

絵里「これで完成?」

穂乃果「ん〜…そうだねぇ。もう食べれるんだけど少し冷やした方が美味しいかな」

真姫「って事は後は待つだけ?」

穂乃果「いや…他のも作ろうか?」

真姫「他の?」

穂乃果「うん。今作ったのはイチゴ味でしょ?」

真姫「初めて聞いたけど」

穂乃果「見れば分かるじゃん。で、他にも種類があるんだよ」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:09:04.48 ID:K9pQRHzn0
絵里「あら!そうなの?」

穂乃果「うん。ほら!」

絵里「パインにピーチ…」

真姫「マロンにマンゴーまで」

穂乃果「沢山あるでしょ?どれが一番美味しいか食べくらべしよう!」

絵里「良いわね。楽しそうだわ」

真姫「でも食べきれるかしら?」

穂乃果「楽勝だよ!デザートは別腹だからね!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:32:34.69 ID:K9pQRHzn0
絵里「だからダイエットするハメになるんだけどね…」

穂乃果「も〜今日は特別だからいいの」

真姫「じゃあ穂乃果は毎日が特別ね」

絵里「それは羨ましいわね」

穂乃果「くっ、言い返せない」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:34:47.73 ID:K9pQRHzn0
20分後

穂乃果「さ〜良い感じに冷えたんじゃない?」

絵里「そうね」

穂乃果「ん〜美味しそうだねぇ。それじゃ早速食べようか?」

真姫「うん」

穂乃果「では!」

頂きます!

パクっ

絵里「ハラショー!美味し〜」

穂乃果「でしょ?でしょ?真姫ちゃんは?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:47:18.64 ID:K9pQRHzn0
真姫「うん。美味しい。あれだけでこれだけ美味しいスイーツが作れるなんて。この世の中私の知らない事ばっかりだわ」

穂乃果「そうだよ!これからもきっと色んな事が待ってるよ。真姫ちゃんの知らない事が沢山!楽しみだね」

真姫「うん」

この世の中は私の知らない事で溢れている。楽しい事、嬉しい事、悲しい事、きっとまだまだ沢山ある。私の知らない世界が…。

いきなりなんだけど、あなたアイドルやってみたいと思わない?

あの日のあなたとの出会いがそうだった様に。

穂乃果「美味しいね、真姫ちゃん!」

真姫「そうね、美味しい」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:50:04.18 ID:K9pQRHzn0
ガラガラ

ことり「穂乃果ちゃん…こんな所に居た…」

穂乃果「あれ?ことりちゃん?」

ことり「海未ちゃん怒ってるよ?生徒会のお仕事…」

穂乃果「え?」

絵里「はあ…仕事があるの忘れてたのね?」

真姫「穂乃果らしいわね」

穂乃果「やばい、これはやばい」

ことり「あれ?それって…」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:52:36.13 ID:K9pQRHzn0
穂乃果「え?フルーチェだけど…食べる?」

ことり「いいの!私大好きなんだ〜」

穂乃果「いいよ、いいよ。食べて食べて〜」

絵里「ことりを仲間に引き込むつもりね」

真姫「悪知恵が働くわね」

穂乃果「これで強力な仲間を手に入れたよ〜くふふ」

真姫「無駄だと思うけど」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/02/19(火) 21:53:07.86 ID:K9pQRHzn0
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 22:24:49.98 ID:fyvbXKo5o
おつ!
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/19(火) 23:17:03.02 ID:osS3fvIVO
おつおつ
久々にフルーチェ食べたくなった
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 00:38:37.59 ID:tDLukpgv0
前回サッポロ一番食べてたシリーズの人か
このシリーズ好きだったから新作嬉しい
9.62 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)