【安価とコンマ】これから考えていく幻想郷生活三日目

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:06:15.48 ID:MLDOUNC50
        _         ,ィ'z____,ィ'   .l、      /   ヽ
        l   >、,rー::.、 ,. -|      .i!  ,ィ::::`ヽr‐:::::フ       l   _
         j      ヽ:/   `¨ ー―≠'''´::::::::::::::::::ヽ/   ,..-'''¨´ ̄  l
       rー'¨¨ ≒.、 .>'::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::', :::::::::::::::':,::::::ヾ''´         |
       |      ./::::::::::::::::::::/:::::::i:::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::',:::::::ヽ         人
      l     _/:::::::::::::::::::::/i:::::::::',::i::::::::::::::::::',:::::::::::、:::::',::::::::ハー=≠<´::::::ヽ
         ̄/  ̄/::/::/::::::::::::/|:l::::::l::::'ハ:::::::::::::::::::',::::::::::i! ::::',:::::::ハ::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
.      ∧::::::/:/:::;'::::::::::::::i! l::l:::::l::::::'ハ:、::::>'''¨マ:: ̄:i!マ:::',マ:::::',:,::::::::::::::::::ヽ::::::ハ
       /:/ :::::;'::l:::::i!l::::::::ー十ヾ:',::::i:::::::iヾt_、_:::::::'',:::::::i!::マ::l マ::::ト、::::::::::::::::::::',:::::::::',
.    , '/7:: /7::l::::::l::i::::::::::::|  ゝハ:i!、::::',.ヽ<.ヽ;;_:ハ::::::i!::::マi!:マ:::j:l i::::::::::::::::::::::::i::::::l
   , '::/ .l::::i! |:::l:::::i!l:l::::::::::::|,.xッz:ミハ 、::ヽ . ,イア示心¨ヽj:::::V::::V:::l .l:::::::::::::::::::::::i!:::::l
.  , ':::,.' .i!:::l ::|:::l:::::l:::i!l::::::::/:/'ん示tヽ ヽ::ヽ' .たトムハ ハ:::::j::::i:::::i .l::::i::l:::::::::::::::l::::;'
. /:::, '   .l:::::i::::|:::i!::::l::::i:ヽ::'::ハ. マzしハ  ヽ ヽi 弋ztテzリ /::::::/::::j:::::j l:::l::i!::::::::::::::l:::,'
''::::/    l::::l::::::l:::|ム::i::::iト、ト、: :ム ゞtツ        `¨¨´:/::::::/::::,':::::/ .l:::i::l::::::::::::::,::/       ……なんか色々と久しぶり?
::::,'    |::::l:::::::ヽi!::ヽY:`l::l`マ::ヽ   `         //::::/./::イ::::/   .l::::::l::::::::::::,':/
: l    l:::l:::::::::::::ヽ::::フト、:|il ハ               ム::/ /:/.|::/    .i!::::i::::::::::,':/
:::i    |::l::::::::::::l:::::Vj:::マ::|i!l  ヽ、     (ヽ     _」: /_ '´  i|    |:/:j::::::::,':/
マハ     l:i::::::::::::j::::::/::::::ヽ|i!ヽ    > z __  .,. イ |:/|〉`ヽ、_ ヽ    /::::l:::::::':i!
. ヾt__  i:i:::::::::::i:::::/:::::::::::j ヾ、`      ,ィム`´   ,ヾ´    / ̄' ¨ヾ':::::::i::::::i::l
       i|:::::::::;'::::/::::::::::::/    ,ィ''''' .´/ トリ   ./  `   /   ,:'::::::::::j:::::::Vt
      i:::::::: ':;:':::::::::::: ノ   ,イ   /  l   /       ./   .,:'::::::::::::/:::::::::::}.\
.      l::::::::/::::::::::/.   ,イ  , _/,ィt、i! /__ .       /   , ':::::::::::::;イ:::::::::::::ト、 .ヽ
.     i::::/:::::::::;イ:j .   /  ./,.イ´ .jハVイ ヽ   , '   ., '::::::::::://::::::::::::::/ \ノ
.    l/:::::::;イ:/: /  /.   '/     |ー'--イ. ',  /  .,:'::::::::::/::ノ:::::::::::/   ./|
   /:::>'':::::/::::/  ./   /    i!    .l  ∨  ./::::::::;イ:/ィ'::::::::>''    ,< j
.  , ':::/::イ:::/::::;.'   /.    ,'     .j、__ノ     /:::::::/::::/::::::>''´     /  \
 /:;イ::::/i!:::i:/:::/  / .     l     ./     .|     i::::::/::::/ ,ィ´     /    \
./://:::/::i!::::i!::/  /       l     /     l      l:::/::l:::::l/l. ',    /          ヽ
.|/l:::::ハ::l l::::マ   ヽ、    i   /       .l     |:ハ:l:::::i!::', ',  ./>、  ,       〉

キャラ崩壊とか独自解釈が多めに含まれております。
題名の通りこれから考えていきます。
過去作と書籍はそんなに知りません。儚月抄とか。
安価については再安価を取らせても会う時がありますがご了承ください。
連投は前安価から10分以上たった場合OKとさせてもらいます。
キャラとの会話時に、誰から話を振ったのかを書いて下さるとこちらが大変楽になります。
更新状況等の情報をTwitterにて報告しております。ikiataribatta1 の方をTwitterの方で検索してもらえると嬉しいです。

以上の事が許せる寛大な心を持っている人はよろしくお願いします!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554026775
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:07:10.59 ID:1nViFv9i0
久しぶり、オープンでも見てたよ
3 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:07:47.56 ID:MLDOUNC50
一日目(おーぷん)
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1536671235/

二日目(おーぷん)
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1539002729/
4 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:08:50.66 ID:MLDOUNC50
※うっわ、なんかめっちゃ緊張する。吐きそう。

※前のスレに誘導出してきます。しばしお待ちを……。
5 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:13:27.09 ID:MLDOUNC50
>>2

※こんばんは、お久しぶりです。オープンでも見てくださったんですね! ありがとうございます! こちらでもまた見てくださると嬉しいです!!!

※誘導終わりましたので、早速ですが。人がいるようでしたらキャラメイクしたいと思います。

※参加できるよーっていう人は全裸になって大きな声で叫んでくださると嬉しいです。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:13:59.13 ID:6E02xf0W0
大胆だなあ君いいいいいい!!
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:14:34.99 ID:305E9NJso
復活したようだな
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:14:45.84 ID:1nViFv9i0
戻るべき場所に戻って来たんだな
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:15:57.01 ID:rq6semRVO
チラ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:16:27.03 ID:6E02xf0W0
きゃ〜夢路さんのえっち〜
11 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:18:12.58 ID:MLDOUNC50
>>10

※夢路は別世界で死んだ、ビンタで。


※四人いる!嬉しい!みんなありがとう!

※それでは、まず性別を決めたいと思います。

1 男
2 女

下3までで一番コンマが大きいものを採用。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:18:34.15 ID:1nViFv9i0
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:18:34.79 ID:rq6semRVO
そんなものはない超越している
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:18:51.94 ID:305E9NJso
1
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:19:05.66 ID:6E02xf0W0
1
16 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:20:57.20 ID:MLDOUNC50
※はっや。

※満場一致の男の子。おっさんかもしれないし、ショタかもしれない。無限大の可能性。

※次に種族を決めます。

下4までで一番コンマが大きいものを採用します。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:21:07.12 ID:P/9RcB79O
邪神
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:21:18.50 ID:1nViFv9i0
龍神
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/31(日) 19:21:29.84 ID:6E02xf0W0
白狼天狗
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:21:40.08 ID:305E9NJso
究極生命体
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:21:54.48 ID:0FjjfoHZo
22 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:25:12.70 ID:MLDOUNC50
種族 白狼天狗

※椛の同僚かな?もっふもふ。

※次にステータスですが、新しく「弾幕ごっこの強さ」とは別に「身体能力」の項目を追加。

※はい、どん。コンマ一桁で判定。

体力下2

身体能力下4

知能下6

弾幕ごっこ下8
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:25:52.99 ID:sc8bnQEyo
そーれ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:25:57.81 ID:6E02xf0W0
見送る
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:25:58.60 ID:0FjjfoHZo
@
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:26:16.38 ID:zE8Cc71Qo
やあ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:26:20.62 ID:UvA/gMrDO
はい
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:26:22.89 ID:Ny9BBeavo
ハローマック
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:26:33.73 ID:vj9NyMTDO
はい
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:26:34.34 ID:P/9RcB79O
ちょうつよーい
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:28:03.47 ID:sc8bnQEyo
荒事じゃなくて事務系だなこりゃ
32 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:33:16.39 ID:MLDOUNC50
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

※どいつもこいつももやしかよ。そのくせ運動はできる頭は良い。瞬間最大風速だけやばいやつ。

※体力はないから全然遠くまで飛べない系天狗。

※次に性格決めます。

下4までで一番コンマが高いやつ採用。
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/31(日) 19:33:43.67 ID:6E02xf0W0
女性(雌)嫌い
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:33:59.08 ID:P/9RcB79O
誰とでも仲良くなれるコミュ力の鬼
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:34:01.35 ID:vj9NyMTDO
気弱で引っ込み思案
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:34:14.23 ID:RnWS5s4M0
内気で常にオドオドしてる
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:34:15.53 ID:305E9NJso
昇進欲の塊
38 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:36:58.50 ID:MLDOUNC50
※女嫌いってどんな感じなんですかね?「女?死ね」ってタイプと「ひぃいいいいいいいっ!?」ってタイプがあると思うんですよね。

※決めるときにパパっと決めます。

1 「女?死ね」
2 「ひぃいいいいいいいっ!?」

先に三つとったものを採用。
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:37:10.17 ID:vj9NyMTDO
2
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:37:29.49 ID:6E02xf0W0
2
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:37:32.05 ID:RnWS5s4M0
2
42 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:40:35.93 ID:MLDOUNC50
※満場一致で草。女の子と手でも触れたら失神するタイプ。そんなに酷いかはともかくとして。

※こんな性格なんでスキルの方で初期好感度調整しますね。この子、どうやって幻想郷生きてきたんだろう。

※次に口調。正直あまり反映できる気がしないので、ふんわりと。

下4までで一番コンマが大きいものを採用
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:41:16.34 ID:305E9NJso
特に特徴がないことが特徴の口調
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:41:30.76 ID:sc8bnQEyo
ですます調
女の前だとあわわわわわ系
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:41:33.29 ID:dhNtdcz20
貴公子みたいな丁寧口調
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:42:32.44 ID:6E02xf0W0
女嫌いの童子みたいな感じかね
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:43:04.89 ID:305E9NJso
似た性格が続くのぅ…
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:43:41.63 ID:6E02xf0W0
間違えた安価↓で
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:44:50.40 ID:5DGt+BGJO
強勢な虚勢を張った口調
50 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:45:30.00 ID:MLDOUNC50
※ですます口調了解。男主人公は優男の呪いにでもかかっとるんか?でも好き。

※次に一人称。私とか、僕とか。拙者とか。そういうの。

下3までで一番コンマが大きいものを採用。
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:46:32.40 ID:fY44UYVZO
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:47:36.99 ID:vj9NyMTDO
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:47:48.13 ID:yHylXIxg0
54 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 19:50:32.23 ID:MLDOUNC50
※やっぱり優男じゃないか!(一人称で判断する屑)

※じゃあ次に見た目の特徴。身長とか髪色とか。大雑把に何でも。

下5まででコンマが高い三つを採用。被ったものは多数決で決めます。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:50:51.01 ID:305E9NJso
白狼鴉大天狗天魔の特徴を併せ持つハイブリット体
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:51:40.11 ID:U03wX3E3O
見た目は白狼天狗なのにその着物は何故か哨戒服ではなく高位の者が着る儀式服
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:51:50.12 ID:sc8bnQEyo
ロン毛
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:52:22.16 ID:s+SW2UozO
イケメンの部類
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:52:46.24 ID:UvA/gMrDO
普段は病弱
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:52:54.01 ID:dhNtdcz20
メガネ姿
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:54:41.36 ID:s+SW2UozO
なんという全低コンマ
あと見た目安価よ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:55:14.14 ID:FJaR6A/dO
女嫌いになった理由も決めたい
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:55:55.83 ID:UvA/gMrDO
なんか病弱体質でちょっとやつれ気味なのも見た目かなって
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 19:56:46.09 ID:6E02xf0W0
夢路や童子に近くなってきた
65 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:00:20.21 ID:MLDOUNC50
>>63

※あー、そういうことですか。理解しました。危うく飛ばすところだったぜ……。

・ロン毛
・イケメン
・病弱でやつれ気味

※次に住んでる場所決めます。寝泊まりしてるところ、場所。

下4まででコンマが大きいものを採用。これは場合によってはずらす場合があるのでご了承を。月とか、夢の世界とか。
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/31(日) 20:00:50.22 ID:6E02xf0W0
波月の仕事場
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:01:20.88 ID:s+SW2UozO
天界
68 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:03:01.64 ID:MLDOUNC50
※ご飯に呼ばれたためいったん休憩。安価はこの下でお願いします。

※あとは能力とか名前とかスキルとか決めます。スキルはこんなの面白そうだなっての考えててくれると嬉しいです。もちろん、名前だけでも。
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:03:37.68 ID:0FjjfoHZo
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:03:46.47 ID:dhNtdcz20
妖怪の山
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:04:19.36 ID:305E9NJso
マヨヒガ(八雲家とは別)
72 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:29:21.17 ID:MLDOUNC50
※再開します。

>>66

※すみません、童子は行けますが波月は出せないと思います。こう年月的な意味合いで。あと何も決めてないからきつい。


※住処天界……こいつどうやって天界に住んでんだ?天人でもないのに。とりあえず進めますが、もしかしたら、再安価かもしれません。

※じゃあ、次にこの白狼天狗の本名を決めたいと思います。

下5までの自由安価

募集した後多数決で決めます。
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:31:33.03 ID:305E9NJso
大筒木紫遠 おおつつきしおん
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:32:59.66 ID:s+SW2UozO
黒神統夜 くろかみとうや
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:33:10.06 ID:dhNtdcz20
松寿丸伸也(しょうじゅまる・しんや)
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:33:58.91 ID:sc8bnQEyo
犬吠埼 斑(いぬぼえざき まだら)
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:34:51.81 ID:Neclgp4QO
嵯峨崇仁 さがのたかひと
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/31(日) 20:35:04.09 ID:6E02xf0W0
金刃 龍伍 かねとりょうご
79 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:38:45.51 ID:MLDOUNC50
※名前が全部凄い。漢字全部かっこいい。

1 大筒木紫遠
2 黒神統夜
3 松寿丸伸也
4 犬吠埼 斑
5 嵯峨崇仁

この中から先に三つとったものを主人公の名前としたと思います。
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:39:19.76 ID:cpcQfOHtO
3
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:39:34.02 ID:Neclgp4QO
5
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:39:38.33 ID:cpcQfOHtO
ごめん4の間違い
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [page]:2019/03/31(日) 20:40:00.66 ID:6E02xf0W0
5
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:41:05.89 ID:sc8bnQEyo
これ自分の投票していいん?
85 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:42:44.94 ID:MLDOUNC50
>>84

※あっ。それはまずいですね……ダメですね。

※本当にすみません、多数決一回やり直します。
86 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:44:40.71 ID:MLDOUNC50
※グダグダで申し訳ない……。自分の奴に投票なし、投票は一人一回、連投なし。のルールを設けてもう一度やります。

1 大筒木紫遠
2 黒神統夜
3 松寿丸伸也
4 犬吠埼 斑
5 嵯峨崇仁

この中から先に三つとったものを主人公の名前としたと思います。
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:44:53.70 ID:tXmHys1wO
5
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:45:18.06 ID:cpcQfOHtO
4
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:45:48.48 ID:dhNtdcz20
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:45:52.79 ID:305E9NJso
5
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:45:53.68 ID:6E02xf0W0
やっぱり2
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:46:26.91 ID:PSv+6WyCO
5
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:46:39.12 ID:sc8bnQEyo
1
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:46:44.68 ID:Ny9BBeavo
1
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:47:15.36 ID:sc8bnQEyo
んー単発なのが気になるが…
96 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:49:35.70 ID:MLDOUNC50
※それではこの白狼天狗君の本名は「嵯峨崇仁」となりました。

※では、次に程度の能力を決めたいと思います。

下5までの自由安価

募集した後多数決で決めます。
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:50:16.70 ID:PSv+6WyCO
眺める程度の能力
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:50:39.63 ID:lHaanTrsO
山を跳び越す程度の能力

己の数少ない体力をただの一度の跳躍に全集中する。一度の跳躍でいかなる高さの山越えが可能だが着地後の体力がほぼゼロになる
山を越せるほどの跳躍になるため初速が極めて速い
ちなみに山は本物の山でなくても良く、山と見なせるものであれば概念的なものであっても良い
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:50:50.29 ID:6E02xf0W0
苛立つと麻痺させられる程度の
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:51:39.07 ID:305E9NJso
瞬間移動できる程度の能力
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:54:41.46 ID:1nViFv9i0
触れた物を金に変える程度の能力
102 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 20:58:41.62 ID:MLDOUNC50
1 眺める程度の能力
2 山を跳び越す程度の能力
3 苛立つと麻痺させられる程度の能力
4 瞬間移動できる程度の能力
5 触れた物を金に変える程度の能力

※この中から決めたいと思います。また、強すぎる能力に対しては使用制限を設ける場合があります。

※それでは、自分の奴に投票なし、投票は一人一回、連投なし。

先に三つとったものを採用で。
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:59:21.56 ID:6E02xf0W0
5
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:59:32.65 ID:0FjjfoHZo
42
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:59:47.64 ID:dhNtdcz20
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:59:54.59 ID:sc8bnQEyo
2
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:59:57.73 ID:0FjjfoHZo
ごめんなさい4
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 20:59:59.41 ID:PSv+6WyCO
4
109 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:04:29.20 ID:MLDOUNC50
※まだ多数決は終了していませんのでまだまだお待ちしています。
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:05:29.93 ID:S3he+kRXO
2
111 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:09:57.00 ID:MLDOUNC50
※それでは崇仁君の能力は「山を跳び越す程度の能力」で決定にしたいと思います。>>98詳しく設定してくれてありがとうございます!そのまま使わせてもらいます!

※じゃあ次にスキルを決めたいと思います。持ってると料理が上手く作れたり、初期好感度判定で有利になったり、弾幕ごっこが強くなったりします。

※暫くの間スキルの名前を募集しますのでドシドシお願いします。スキルの効果付きでも、名前だけでも構いませんので!
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:11:20.72 ID:PSv+6WyCO
究極のモフモフ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:12:12.71 ID:6E02xf0W0
もふもふ
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:12:27.97 ID:1nViFv9i0
モフモフ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:12:50.09 ID:sc8bnQEyo
尻尾耳髪がモフモフ
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:13:08.16 ID:6E02xf0W0
同じこと考えている人いて草ですよ
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:14:00.51 ID:305E9NJso
儚きイケメン目配せ
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:14:04.84 ID:S3he+kRXO
薬に詳しい
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:15:41.61 ID:oTMUXj1CO
微弱神性
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:19:56.52 ID:0FjjfoHZo
毛玉かな?
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:21:08.31 ID:6E02xf0W0
イケメンだとセクハラし放題だゾ(歴代男性主人公への皮肉)
122 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:25:19.17 ID:MLDOUNC50
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

※性格が女嫌いのため上のスキルも特典で付いてきます。しょうがないね。

>>120

※ケサランパサランでしょ(適当)

>>121

※女嫌いから目をそらしながら。

※それじゃあ、募集締め切りたいと思います。
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:26:20.38 ID:1nViFv9i0
女嫌いを治さないとな
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:27:13.77 ID:sc8bnQEyo
何者にも抗えない究極のモフモフで逆セクハラを受ける可能性
125 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:29:34.31 ID:MLDOUNC50
※モフモフ関係の奴は全部一つにまとめようと思いましたが、名前なんで。そのままで。

※ですが、スキルの名前っぽくないやつは飛ばさせてもらいました。すみません。

1 究極のモフモフ
2 もふもふ
3 モフモフ
4 薬に詳しい
5 微弱神性

※それでは、自分の奴に投票なし、投票は一人一回、連投なし。

先に三つとったものを採用で。
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:30:08.32 ID:6E02xf0W0
1
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:30:11.64 ID:sc8bnQEyo
1
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:30:16.79 ID:1nViFv9i0
11
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:30:32.96 ID:S3he+kRXO
1
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:30:36.45 ID:1nViFv9i0
131 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:35:55.65 ID:MLDOUNC50
「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

※やっぱり圧倒的じゃないか!地味に微弱神性面白そうだったんだけどね。神様にランクアップワンチャン。

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:36:59.67 ID:6E02xf0W0
誰か言ってたけど
女嫌いになってしまった理由はどうするの
133 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:37:22.17 ID:MLDOUNC50
※これでキャラメイクを終わりにしたいと思いますが、他に何か決めておいた方がいいものとかありますかね?
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:39:44.54 ID:1nViFv9i0
幼馴染とか
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:39:45.47 ID:6E02xf0W0
女性を恐れるようになった理由
とか 服装 とか
136 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:39:47.69 ID:MLDOUNC50
>>62 >>132

※あー、すみません!女嫌いになった理由等は少しずつお話を進めていきながら考えていきたいと思います……、最初に全部決めるより、作っていった方が面白いと思いまして。すみません。
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:40:41.09 ID:0FjjfoHZo
おけー
138 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:44:33.33 ID:MLDOUNC50
>>134

※初期好感度次第ではあるかもしれません、キャラクターによりますが……。

>>135

※じゃあ、服装を決めましょうか。

※服装を決めたいと思います。見た目の所にくっ付ける形で。

下3までで一番大きいコンマのものを採用。内容によってはずらす場合があります。ご了承ください。
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:45:44.42 ID:305E9NJso
>>56
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:46:31.28 ID:1nViFv9i0
>>56
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:47:11.01 ID:S3he+kRXO
狩衣
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:47:40.89 ID:FJaR6A/dO
腕の筋肉が露出するような天狗装飾
143 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:51:29.02 ID:MLDOUNC50
※それじゃあ高位の者が着る儀式服で行きます。どんな服なんですかね、香霖堂の天狗装束とは違う感じですよね。

※それじゃあ、他に決めるものがなければ。これで終わりたいと思います。
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:53:06.82 ID:305E9NJso
乙乙
145 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 21:57:42.43 ID:MLDOUNC50
※それじゃあ、これでキャラメイクを終わりにしたいと思います。長時間、ありがとうございました!

※キャラメイクで終わりにしようと思いましたが、思ったより時間があるので少しだけ動かして終わりたいと思います。

※では、暫くしたら始めたいと思いますが。何か質問等あれば何でもどうぞ。

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:58:08.90 ID:1nViFv9i0
はたてはどうなってる?
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 21:59:11.45 ID:oTMUXj1CO
はたて攻略不倫エンドは笑えんぬ
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 22:00:41.59 ID:3fXbXIYH0
不倫は草
149 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 22:01:50.42 ID:MLDOUNC50
>>146 >>147

※普通にいるよ。だけど童子とくっ付いてるから恋人にはなれないよ。

※不倫しようとしたら、童子君激おこだよ。まず第一に不倫なんかさせないよ。
150 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 22:07:59.24 ID:MLDOUNC50
※崇仁君ってショタ?それとも普通の青年?
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 22:08:32.25 ID:305E9NJso
青年くらいだと勝手に思ってる
152 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 22:13:37.69 ID:MLDOUNC50
※じゃあ、普通の青年で行きます。
153 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 22:52:05.08 ID:MLDOUNC50
※ではでは、早速やっていきたいと思います。

――――

――



崇仁「……んんっ……」

日の光が直で顔に当たり、その眩しさから逃げるように目を開ける。

もう少ししたら夏になるこの時期の日差しはより一層眩しく、立ち上がると同時に立ち上がると同時に軽い貧血に襲われる。

崇仁「あぁ、この場所は絶好のスポットなんですけど温度の変化が激しいのが嫌ですねぇ……あぁー」

風が吹き、寝起きでぼさぼさの長い髪が靡く。それと連動するようにフラフラヨロヨロと身体が動く。

崇仁「……でも風は気持ちいんですよね。はい……とりあえず、着替えましょうか」

ここ、天界の端の端にある家に隠れるように住んでいる白狼天狗――嵯峨崇仁はゆっくりと着替えを始めた。
154 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 22:59:57.56 ID:MLDOUNC50
朝1

崇仁「……ところで、なんでこの場所バレないんですかね。正直すぐにバレてもしょうがないと思って住んでいましたが……なんで?」

自分が座っている椅子の背もたれを撫でながら、改めて室内の様子を確認する。

崇仁「天人の人達にとってここは全く知られていない場所なんですかねぇ。でもなぁ……」

初めてここに来た時、少し埃を被っているくらいだったこの家は今では崇仁の住む家となっていた。

崇仁「不法侵入とかそのへんアレは気にしないで行きましょうか。では……さて、どうしましょうかね」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:00:15.29 ID:0FjjfoHZo
1
156 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 23:06:19.87 ID:MLDOUNC50
崇仁「さて、と」

エプロンを身に着け、手にフライパンを構える。

崇仁「スクランブルエッグ作って食パン焼いて、サンドイッチでも作りましょうか」

崇仁「卵よし、油よし、食パンよし……頑張りますよー」

と、一人盛り上がりながら朝食づくりを始めていく。

結果は?

コンマが高いほどうまくできた。

コンマ直下
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:07:53.34 ID:305E9NJso
うまーい
158 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 23:12:38.79 ID:MLDOUNC50
コンマ4

崇仁「んー……んー……?」

ぐちゃぐちゃになった卵サンドを頬張り、もぐもぐ口を動かしながら首を傾げる。

崇仁「失敗ですねこれ。パンは焦げてるわスクランブルエッグはなんか水っぽい。うん、普通にまずいですね」

透明なグラスに入った水を一口飲んで口の中をリセットし、もう一度失敗した卵サンドを食べる。

崇仁「……練習しましょうかねぇ」
159 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 23:17:31.18 ID:MLDOUNC50
朝2

崇仁「はい、お粗末様でした」

コップや食パンを置いていたお皿を台所に置く。

崇仁「腹ごしらえも済んだことですし、外にでも出かけましょうかね。あー、でもなぁ」

崇仁「……幻想郷という場所は、女の人が多いんですよねぇ……んー」

崇仁「……無理しないで家に引きこもりますかね」

まだ敷かれたままの布団を見ながら、崇仁はそう呟いた。

何する?
1 外に出る(天界)
2 何処かに出かける
3 その他(自由安価)

安価直下
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:18:04.34 ID:305E9NJso
1
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:18:40.30 ID:S3he+kRXO
あの、この人もしかしてお仕事してない?
162 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 23:23:28.36 ID:MLDOUNC50
〜天界〜

崇仁「…………眩しい」

掌で影を作り日差しを遮りながら、フラフラと空中を散歩する。

崇仁「やっぱり引っ越しましょうかねぇ。でもあそこ居心地良いんですよねー……退屈ですけど」

崇仁「……ふぁあぁ」

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/03/31(日) 23:23:39.23 ID:6E02xf0W0
ZUN
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:24:02.69 ID:sc8bnQEyo
天子
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:24:06.81 ID:PZAmLEyLO
天子
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:24:58.28 ID:1nViFv9i0
天使
167 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 23:34:51.25 ID:MLDOUNC50
>>163

※申しわけありません、神主を登場させるのはきついので下にずらしたいと思います。


?「ねえそこの貴方。少し、いいかしら」

崇仁「はわっ!?」

突然の女性の声に身体を大きく震わせる。

崇仁「な、ななな。何ですかぁ!?わ、私に!?」

?「うっわ、ビビりすぎぃー。何、やましいことでもしてたのかしら?天人ではないようだしね」

桃がくっついた帽子を被った、綺麗な青髪の少女は。じろじろと崇仁の事を見始めた。

天子初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:36:00.47 ID:305E9NJso
一目惚れ
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:36:03.62 ID:k7lRKSdmO
170 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/03/31(日) 23:47:57.65 ID:MLDOUNC50
天子5「何、どれだけビビってるのよ」

天子「……何?もしかして私の事を知らないわけじゃないわよね」

崇仁「へぇえっ!?あ、え。えーっといえいえ!?比那名居天子さんですよね!?」

天子「ほーう?ま、流石に知ってるわよね」

と、天子は満足そうに手で髪の毛をふぁさぁと撫でた。

天子「それで、貴方は?」

崇仁「は、はいっ!?」

背筋をピンと伸ばし、崇仁は目を合わせないようにきょろきょろとあたりを見る。

天子「……何?やっぱり変なことしてたの?名前よ名前、教えなさいよ」

崇仁「わ、私は!嵯峨崇仁と、申します!種族は白狼天狗でっ!」

天子「あー分かった分かった。へぇ、山の天狗がこんなところまでねぇ。随分とまあ、自分に自信があるのねぇ」

崇仁「ひっ」

天子「ま、私今気分いいから見逃してあげるわ!感謝しなさい!」

崇仁「あ、ああ。ありがとうございます!」

何話す?

自由安価直下
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:54:19.29 ID:6E02xf0W0
白狼天狗って柔らかいの?(天子)
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/03/31(日) 23:54:21.62 ID:PZAmLEyLO
天子
この家はボロボロなのに貴方はどっかで見たような妙に良い服着てるわね
173 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:03:23.31 ID:cuangFVO0
白狼天狗って柔らかいの?

天子「……白狼天狗、ねぇ」

崇仁「な、なんですか?さ、さっきからジロジロと――」

天子「白狼天狗って柔らかいの?」

崇仁「や、柔らかい!?な、なにがでしょうか!?」

天子「急に大きな声出さないで!……貴方のその耳やら尻尾やらって随分柔らかそうじゃない。良い感じにモフモフして……ちょっと触らせなさいよ」

崇仁「ふあっぁ!?」

天子「何よ、この私。比那名居天子が触りたいと言っているのよ?さ。差し出しなさい」

崇仁「ま、まままま。待って下さい!?あ、あれです。変な菌とか潜んでますから!それに見た目ほどモフモフしてませんから!むしろゴワゴワしてますから!」

天子「うっさい、口答えしないの」

崇仁「あばばばばばばば!?」

コンマ6以上で逃げる

コンマ直下
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:04:33.84 ID:uPWYR879o
しかしまわりこまれてしまった
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:05:03.22 ID:iYhQV0UM0
先制パンチ喰らったな
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:06:25.95 ID:P4m9NkW4o
女嫌いってこれが原因じゃ…
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:07:08.31 ID:e17l9dOs0
女性恐怖症だな
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:08:28.20 ID:e17l9dOs0
ゆうかりんにボコられたか、せーがにゃんにヤバいことされたとか
179 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:12:57.50 ID:cuangFVO0
コンマ4 逃げれるわけがない

天子「あ、やっぱり柔らかいじゃない!んふふ、もっふもふ……」

満足げな笑顔を浮かべながら、天子はワシワシと崇仁のケモ耳を触る。

崇仁「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…………」

一方崇仁は、顔を青くしながらブツブツと虚空を見つめ謝り続けていた。

天子「じゃあ次は尻尾を……キャー!やっぱりすごい!」

満面の笑みの天子。

崇仁「…………死にたい」

虚ろの目の崇仁。

天子「ねぇ、少し五月蠅いんだけど。黙っててくれる?」

崇仁「ひっ!す、すみません!」

天子「んふふふふぅー」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:13:40.84 ID:iYhQV0UM0
飛ばせ
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:14:48.30 ID:e17l9dOs0
主人公のこんな調子が最後まで続くと嫌だし早めに治そう
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:15:36.97 ID:P4m9NkW4o
椛あたりと会えば相談できるかね
同族のよしみとかで
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:16:21.92 ID:e17l9dOs0
後は好感度が存在しなさそうなはたてとか
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:17:39.12 ID:d8e7ETLcO
縦社会の天狗で上位の鴉天狗+女であわわ案件じゃ?
185 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:20:15.70 ID:cuangFVO0
好感度アップ

天子6「モフモフじゃない!」

昼1

天子「…………おい。しっかりしろ。おーい」

崇仁「――――んあっ!?」

天子「全く、あまりの気持ちよさに気を失ってたわね。まあ!?あんなに丁寧にモフってあげたんだから当然よね!」

崇仁「…………」

天子「あら?何かしらその目?」

崇仁「いえいえ!少し、うっとりとしていましたぁ!」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:21:01.19 ID:NjBmjj0zO
2 山
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:21:06.83 ID:uPWYR879o
1
188 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:27:29.70 ID:cuangFVO0
崇仁「あ、あああっ!も、申し訳ありませんが天子さん!わ、私そろそろ地上の山の方に帰らねばならなくてですね!今すぐにいかなければ明日のご飯すら危うく!」

少しわざとらしい気がしなくもないが、崇仁は必死に天子か逃げる嘘を喋る。

天子「あらそうなの?そうねぇ、天人である私の至福の時間を奪うだなんてと怒りに行きたい気持ちもあるけれど……ま、今日の所はこれで許してあげましょうかね」

崇仁「あ、ありがとうございます!ありがとうございます!で、ではぁ!」

そう言って、無い体力を全部振り絞って。地上に向かって飛んで行った。

天子「……今度会ったときは倍モフってやろうかしら」

――――

――

189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:28:37.32 ID:e17l9dOs0
体力も無いんだったな
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:28:38.64 ID:iYhQV0UM0
怖えなあ(羨ましいなあ)
191 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:34:12.71 ID:cuangFVO0
〜妖怪の山〜

崇仁「し、視界が揺れる。脳みそが震える……い、胃液が込み上げてくるぅ……」

二種類の汗をダラダラ垂らしながら、崇仁は何とか胃液を抑える。

崇仁「し、死ぬ。マジで……死ぬ……っ!もう天界のあの家を諦めて、他の場所に……」

虚ろな目でゆっくりと目の前に聳え立つ山を見て、呟く。

崇仁「……またここに戻るかぁ?」

誰にあった?

自由安価直下(妖怪の山に居そうなキャラ)
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:34:26.19 ID:e17l9dOs0
はたて
193 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:39:53.52 ID:cuangFVO0
崇仁「兎に角、ですよ。ここにいてもいいことはあまりないのでさっさと家に戻って布団に――」

?「あー!崇仁じゃーん!」

崇仁「ひっ!?」

恐れていた事態になり、心臓がバクバク動き、瞬きの回数が増える。

崇仁「ど、どど。どうもお久しぶりです……」

はたて初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:41:24.17 ID:P4m9NkW4o
そい
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:41:34.37 ID:NjBmjj0zO
196 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 00:48:50.31 ID:cuangFVO0
はたて5「相変わらずだねー、あはは」

はたて「うん、おっひさー!何、やっぱり山に戻ってくる気になったの?やっぱり生まれ故郷が忘れられないんだねー」

崇仁「……あ、あはは。そう、ですかね」

はたて「うわー相変わらず暗いって言うか……ビビってるねー。そんなにビクビクしないでもいいじゃん」

崇仁「す、すみません!ごめんなさい……」

少しずつ後退りをする崇仁を見て、はたてはやれやれと手を動かす。

はたて「そんなんじゃやってけないよー?と言うか、今までどうやって来たのよ」

崇仁「はぁ……はぁ。あ、ははは……すみません」

はたて「謝るなぁ!」

何話す?

自由安価直下
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/01(月) 00:49:04.99 ID:iYhQV0UM0
結婚おめですからののろけ話
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:56:25.22 ID:qSa4/h0N0
これ女嫌いの効果って女の人から嫌われる感じの補正になってない?
相互関係だったらごめんなさい
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 00:59:51.55 ID:d8e7ETLcO
こんなオドオドしてたらなんだコイツって思われるでしょ
200 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 01:00:35.65 ID:cuangFVO0
結婚おめです

崇仁「あ、えーっと。その……は、はたてさん?」

はたて「うん?」

崇仁「…………け、結婚おめでとうございます」

はたて「えっ……!?」

不意を突かれたように、はたては目を白黒とさせ。顔をほんのりと赤くさせた。

はたて「ばっ……ばーか!ま、まだ結婚してないんですけど!準備段階なんですけど!?早とちりしすぎなんですけどぉ!?」

崇仁「ひぃっ!?ご、ごめんなさい!ごめんなさい!間違った情報でしたぁ!」

はたて「……まあー?確かにー?そろそろ準備もやめて結婚したいなーとか考えてるけどー?」

崇仁「は、はいぃ」

はたて「まあ、私と童子が結婚してないのに結婚したように見えるっていうならー……えへへ」

自分でいろいろ喋った挙句、自分で勝手に照れるはたて。

崇仁「……おめでとございます」

はたて「えへ、ありがとー」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 01:01:55.27 ID:P4m9NkW4o
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 01:02:54.40 ID:iYhQV0UM0
ゲス不倫しちゃダメよ〜崇仁君
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 01:04:08.18 ID:qSa4/h0N0
>>199
そういうことか
204 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 01:05:52.55 ID:cuangFVO0
>>198

※女の人からは「なんだこいつ……」と思われて崇仁からは「女の人だ怖い……」となるので実質相互関係?

※正直あまり深く考えていないので、好感度が上がりやすい上がりにくい程度の簡単なとらえ方で大丈夫です。はい。

好感度アップ

はたて6「えへ、ありがとー」

205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 01:07:52.28 ID:qSa4/h0N0
>>204
納得しました
手間を取らせて申し訳ない
206 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 01:08:38.24 ID:cuangFVO0
※それじゃあいい時間なので今日はこれで終わりにしたいと思います。長い時間参加してくださった皆さん本当にありがとうございました!

※明日もやりますので是非参加してくださると嬉しいです。

※では、また明日。お休みなさい……。

※オープンからまたこっちに戻ってきましたが、またよろしくお願いします!
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 01:09:25.90 ID:iYhQV0UM0
乙やで
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 01:10:05.58 ID:P4m9NkW4o
乙でした
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 06:33:22.20 ID:trpM/gXRO
女嫌いを山として飛び越えよう
210 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 19:07:07.81 ID:cuangFVO0
※こんばんは、今日もゆっくりやっていきたいと思います。

>>209

※あっ。これはラストの感動シーンですね間違えない……。


昼2

崇仁「……そ、それじゃあ。私はこの辺で」

はたて「あー待ってってば!もうちっと喋ろうよー」

崇仁「家に帰って彼氏さんと話せばいいじゃないですかぁ!私なんかと話してもつまらないでしょう!?」

はたて「別にそんなこと思ってないってば。自分に自信持てって、カッコいいんだから」

崇仁「あば、あばばばば……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:08:18.21 ID:uPWYR879o
1
212 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 19:17:23.63 ID:cuangFVO0
崇仁「で、では!自分用事がありますのでぇ!」

目を涙で潤わせて、崇仁ははたてからロケットのように飛んで逃げた。

はたて「あっ!?ちょ、待って――あぁ、行っちゃた……」

目にも止まらぬ速さで遠くに飛んでいく崇仁に、はたては唖然として固まっていた。

誰にあった?

自由安価直下(妖怪の山に居そうなキャラ)
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/01(月) 19:18:06.92 ID:iYhQV0UM0
214 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 19:24:38.95 ID:cuangFVO0
崇仁「はぁー……はぁー……っ」

二連続で体力を最大まで使った結果、まともに歩く事すらできない崇仁は死ぬようにして気にもたれかかった。

崇仁「やはり……この山はマズイ……!半端に知り合いがいるせいで……声をかけられる……!」

口に溜まった涎を飲み込んで、手の甲で額の汗を拭う。そして、息を整えていると――。

?「……どうも、その半端な知り合いですよ」

崇仁「ひぃっ!?」

目の前に、知り合いが居た。

椛初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:24:50.02 ID:nJfa+7bxO
ひいっ!
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:27:45.13 ID:iYhQV0UM0
【訃報】崇仁君、早くも死亡へ
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:28:33.71 ID:nJfa+7bxO
さて次のキャラシートを用意しようか
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:30:14.04 ID:NjBmjj0zO
女性恐怖症になったのには椛が関係しているのかな
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:32:40.25 ID:hMuP+IPKO
白狼天狗一族の鼻つまみものの可能性
220 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 19:34:45.22 ID:cuangFVO0
椛1「……情けない」

崇仁「も、椛さんじゃないですか……お、お久ぶり。です」

目を逸らしながら。小さな声で挨拶をする。

椛「ええ本当に久しぶりですね。毎回毎回、私から逃げるようにまあ……白狼天狗という種族のくせに、山の見張りもしないで。情けない」

崇仁「は、ははは……す、すみません……」

冷や汗がダラダラと垂れる、拭っても拭っても無くならないほどに垂れてくる。

椛「謝る時くらい目を逸らさないで下さい」

崇仁「…………はい」

何話す?

自由安価直下
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:35:40.57 ID:e17l9dOs0
もみ「女が怖いのは知ってるけど前よりひどくなってない?
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:38:51.83 ID:iYhQV0UM0
エイプリルフールでしょ(適当)
223 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 19:48:10.83 ID:cuangFVO0
女が怖いのは知ってるけど前よりひどくなってない?

椛「こほん……女性が怖いのは知ってるけど、前より酷くなってない?」

崇仁「そ、そう。ですか?」

椛「目を見て話す、ビクビクしない。直ぐに逃げない。これくらい出来て下さいよ」

崇仁「……じょ、女性じゃなければ。出来るんですけどねぇ」

椛「へぇー?」

崇仁「ご、ごめんなさい。ごめんなさい!」

椛「……見っともない。まあ、貴方の異常な女性嫌いは、まあ。大目に見るとして……仕事してくださいよ」

崇仁「…………す、すみません」

椛「今どこに住んでいるのか知りませんけど、山での仕事の穴を埋めているのは私達なんですから、少しは――」

崇仁「ほ、本当にごめんなさい……」

椛「……はぁ」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:48:57.44 ID:hMuP+IPKO
225 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 19:55:25.99 ID:cuangFVO0
椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

夜1

椛「……ああ、もうこんな時間なんですか」

空を見るともう日は落ちて暗くなり始めていた。

崇仁「で、では。迷惑になるのでこの辺で……」

椛「む。また貴方は――」

崇仁「ほ、本当に勘弁してくださいよぉ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/01(月) 19:56:01.16 ID:iYhQV0UM0
2三途の川
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 19:58:50.90 ID:e17l9dOs0
サンズ?
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:03:07.24 ID:ZrQeTWNFO
虚弱体質が夜まで散歩できるのだろうか
229 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 20:06:53.88 ID:cuangFVO0
椛「逃がしませんよ、今日は元の家に帰っていただいて。上に報告、そして――」

崇仁「そ、それではまた何処かでぇ――!」

椛「キャッ!?」

その瞬間、先ほどまでクタクタであった崇仁が高く。高く――跳躍した。

先ほどまで崇仁が座っていた辺りでは砂ぼこりが舞い、白い羽根が数枚抜け落ちていた。

椛「あんのぉ……!」

歯を力強く噛みしめて、椛は崇仁が飛んで行った方向を睨んでいた。

――――

――

230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:09:09.38 ID:e17l9dOs0
体力付けなきゃ
231 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 20:11:21.44 ID:cuangFVO0
〜三途の川〜

崇仁「――――」

頬に地面の冷たい感触がする。

崇仁「――ぁ…………あぁ……」

今日だけで何回も本気で空を飛び、しかも最後の一回は自分の能力「山を跳び越す程度の能力」を使ってのものだ。

崇仁「…………死ぬぅ……」

体力は消え去り、立ち上がることすらできない崇仁は。そのまま、消えるように意識を――。

誰にあった?

自由安価直下(三途の川に居そうなキャラ)
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:11:57.94 ID:ZrQeTWNFO
ヤマザナドゥ
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:12:13.41 ID:NjBmjj0zO
こまちち
234 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 20:18:38.77 ID:cuangFVO0
?「ちょ、ちょっとそこの貴方!なんでこんなところで寝そべってるんですか!」

走る足音と共に、女性の声が近づいてくる。

崇仁「……す、すみません……」

?「謝るくらいならこんなところで寝ないでください!」

映姫初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:19:09.86 ID:J/eY7AP10
いよっ
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:20:20.89 ID:e17l9dOs0
肩幅ドゥか
237 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 20:38:35.56 ID:cuangFVO0
映姫4「

崇仁「……す、すみませんが。その、立ち上がることすらできないくらい疲れているので……大丈夫ですよ」

映姫「大丈夫な訳無いじゃないですか!兎に角、ほら、掴まって下さい!」

そういって、女性は倒れている崇仁に手を差し伸べる。

崇仁「……え、えーっと。その、本当に、大丈夫なので。もう死んでるみたいなものなのでほっといてください……えっと、確か。四季映姫・ヤマザナドゥ、さん?」

急に名前を呼ばれて映姫は少し驚いた様子を見せたが、直ぐに今まで通りに戻った。

映姫「いいから早く、立って下さい!」

痺れを切らしたのか、差し伸べていた手をグイ。と伸ばして崇仁の腕を掴んだ。

崇仁「――――っ!?」

急に触られて叫びそうになるが、掠れて声が上手く出ない。

映姫「……貴方も立つ努力をしてください!何ですか口をあんぐりと開けて!」

崇仁「…………今立ちます」

映姫「へ?……そ、それでいいんですよ。それで」

何話す?

自由安価直下
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:40:13.22 ID:P4m9NkW4o
そう貴方は少し怯えすぎる
239 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 20:51:33.47 ID:cuangFVO0
※すみません、ご飯のため休憩します、
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 20:55:07.58 ID:8n0n8CtSO
たんおつ
241 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 21:33:34.87 ID:cuangFVO0
そう貴方は少し怯えすぎる

崇仁「…………」

目を見開いて、崇仁は映姫に触られた腕を見つめる。

映姫「……何ですか、そんなに私に触られたのが嫌ですか?」

崇仁「うぇ!?あ、え……ち、違い。ますよぉ?」

勢いよく映姫の方を向いて、声を上ずらせて答える。

映姫「はぁ、全く……そう、貴方は少し怯えすぎている。もう少し堂々とし、はきはきと喋りなさい」

崇仁「は、はいぃ……すみません、すみません……」

映姫「はぁ……いつまで震えてるんですか……あー、えっと。ところで貴方、名前は」

崇仁「さ、嵯峨崇仁と、言います……」

映姫「よろしい、で崇仁さん。貴方はもっと自信を持ち――」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 21:35:38.93 ID:8n0n8CtSO
243 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 21:47:39.46 ID:cuangFVO0
コンマ3 好感度上昇なし

夜2

映姫「女性が苦手だとしてもそれを克服しようと努力するのが大事なのです!逃げてばかりでは何も変わら無いどころか悪化していきます!」

崇仁「ひ、ひぃ……」

映姫の話を、怯えながら聞く崇仁。逃げたくても威圧感で逃げる事が出来ない。

映姫「……ずっとビクビクしているだけじゃないですか」

崇仁「ご、ごめんなさい……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 21:47:49.02 ID:iYhQV0UM0
1
245 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 22:05:56.17 ID:cuangFVO0
崇仁「で、では。私は、もう帰ろうと思いますので……」

小さく手を上げて、崇仁は映姫にそう言った。

映姫「む。そうですね……もうこんな時間ですし、では。次あったときにでも続きをしましょうかね」

崇仁「は、はい……では。どうも、ありがとうございました……」

小さな声でお礼を言って、またも逃げるように歩いて行った。

誰にあった?

自由安価直下(三途の川に居そうなキャラ)
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:06:31.60 ID:NjBmjj0zO
小町
247 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 22:16:38.59 ID:cuangFVO0
?「いやぁ、見てたよ見てた。お前さん長く掴まってたねぇ」

崇仁「ひゃあ!?」

飛ぶことも忘れて、三途の川の岸を歩いていると。また、何処からか声をかけられる。

?「こっちだよこっち。後ろ後ろ……」

後ろを向くとそこにはニコニコと笑っている、大きな鎌を持った女性が立っていた。

小町初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:18:02.16 ID:iYhQV0UM0
一発で決めた
249 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 22:28:57.29 ID:cuangFVO0
小町4「そんなに怖い、私?」

小町「私は小野塚小町!お前さん、名前は?」

崇仁「わ、私は。嵯峨、崇仁と言います……その、あの。近いん、ですけど……」

ぐいぐいと距離を詰めてくる小町から離れるように、後に下がる。

小町「おっと、すまないすまない。いやぁここいらにいるのは大体幽霊しかいないからさ、喋れるのがここに来るのは珍しいんだよ」

崇仁「そ、そうなんですか……」

小町「……あれ、そんなに怖い?私」

崇仁「そ、そういうわけじゃ。ないですけどぉ……ごめんなさい」

何話す?

自由安価直下
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:29:22.45 ID:jMIwarT00
小町
…私のこと怖いのか(+豊満な胸で崇仁は少し興奮)
251 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 22:33:04.41 ID:cuangFVO0
※本当にすみませんすこし離席します。直ぐに戻ってきます。

※こいつ女性の胸で興奮すんのか……?
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:34:02.35 ID:P4m9NkW4o
しないんじゃないかな?
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:36:02.82 ID:NjBmjj0zO
夢路さんの亜種
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:36:50.71 ID:ZbKrBQq5O
それ含めて女嫌いとか
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:38:03.55 ID:e17l9dOs0
逆レイプされたことがあるとか
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:38:07.19 ID:jMIwarT00
興奮するケースはありそうだと思った
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:40:47.68 ID:cI2edMsZO
子供時代に無理やり性的なアレな目に合ってたらなってそうな反応なのよねこの女嫌いって
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:43:10.32 ID:NjBmjj0zO
性欲は、ありまあす!
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:44:30.42 ID:P4m9NkW4o
一度さとりに見てもらう必要あり?
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 22:45:45.56 ID:e17l9dOs0
えーりんでもいいぞ
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:28:44.17 ID:dXYFfz8D0
リアル系性的虐待ショタかな?
262 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 23:33:49.04 ID:cuangFVO0
※再開していきます。めっちゃ反応されててびっくり。

※興奮しても興奮しなくても、どっちでも面白そうなのでちょっと多数決します。

嵯峨崇仁君、女性に興奮する?

1 男の子だから興奮します
2 女性は怖いので興奮しません

先に三つとったものを採用します。
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:34:27.14 ID:P4m9NkW4o
2
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:34:51.52 ID:J/eY7AP10
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:35:08.52 ID:N2fjuaFjO
2
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:35:28.23 ID:dbE6bFHnO
2
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:35:47.62 ID:B+XyOOb+o
2を更生させるの楽しそう
268 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 23:38:14.74 ID:cuangFVO0
結果 2 女性は怖いので興奮しません

※それでは、急いで書いてきますので。もう少しだけ待っていてくれると嬉しいです。
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:51:37.17 ID:e17l9dOs0
究極のモフモフ持ちだから過去に何かされたのかな
270 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/01(月) 23:55:22.64 ID:cuangFVO0
……私のこと怖いのか

小町「……何だよぉ。そんなに怖がらなくてもいいじゃないかい。私の事がそんなに怖いのかい」

ぶぅ、と頬を膨らませて。いまだにビクビクと震えている崇仁を小町は睨む。

崇仁「ご、ごめんなさい……その。本当に、そういうつもりじゃないんですけど……」

申し訳なさそうに謝る崇仁だが、ゆっくりと後ろに下がっていく。

小町「私の何がそんなに怖いんだい?別に怒りやしないから言ってみてくれよ」

崇仁「あの、本当に。貴女のせいじゃなくて私のせいで……」

小町「……ま、別に良いけどさ。別に死神だからっていきなり魂ぶんどる訳じゃないのにさ」

足元に落ちている小石をつま先でいじりながら拗ねる小町。

崇仁「ご、ごめんなさいぃ……」

小町「てかなんでお前さんこんなところにいるんだい、さっさと帰りなよ?」

崇仁「は、はい。直ぐに帰りますのでぇ……」

小町「……こっちが泣きそうになるから、止めてくれよぉ」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:57:07.03 ID:esu8ZqLfo
ニーズホッグ
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 23:57:07.27 ID:iYhQV0UM0
親身だな
273 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 00:10:40.62 ID:NunQaM7R0
コンマ3 好感度上昇なし

小町「……はぁ。まあいいや、もうこんなところに生きてるお前さんが来るんじゃないよ」

それじゃ、と後ろ向きに手を振って小町は遠くに向かって歩いて行った。

崇仁「…………は、はぁー……」

大きく息を吐いて、胸を撫で下ろす崇仁。

崇仁「怖かった……緊張した……はぁ……」

崇仁「……帰るかぁ」

もう暗い空を見ながら、崇仁はフラフラと宙に浮かんで。飛んで行った……。

――――

――

274 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 00:20:52.74 ID:NunQaM7R0
〜崇仁の家〜

崇仁「……あぁー」

帰って早々来ていた服を脱いで、寝間着になりベッドにダイブする。

崇仁「今日だけでどれだけ飛んで、どれだけの女性と話したんですかね……なんか、もう……キツイ……」

ブツブツと弱音を吐き、枕を抱き枕にして転がる。

崇仁「…………」

そして、そのまま気絶するように眠ってしまった……。
275 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 00:21:31.70 ID:NunQaM7R0
一日目終了

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

好感度

天子6「モフモフじゃない!」

はたて6「えへ、ありがとー」

椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

映姫4「だ、大丈夫ですか?」

小町4「そんなに怖い、私?」
276 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 00:26:58.86 ID:NunQaM7R0
二日目

朝1

崇仁「…………きっつぅ」

死んだ目のままゆっくりとベッドから起き上がり、洗面台に向かう。

崇仁「昨日、動きすぎましたね……足が、筋肉痛で痛いんですけど……はぁ」

バシャバシャと顔を洗い、近くに置いてあるタオルで顔を拭く。

崇仁「……流れで顔を洗っちゃいましたけど、二度寝しましょうかねぇ……」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 00:28:29.36 ID:DABrAOOho
薬を切らしていたので行商に買いに行く
278 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 00:48:41.25 ID:NunQaM7R0
崇仁「……薬切れたかぁ」

薬箱をあさり貧血の薬を探すも見つからず、困ったように頬をポリポリと掻く。

崇仁「筋肉痛の為に湿布も欲しいんですけど、それもないですねぇ……はぁ」

崇仁「行商とかあるんですかね――ああ。ここ天界――」

そこまで言って頭を抱える、無断で天界という大事な場所の家に住み。まず天人でもない自分が買えるわけないと焦る。

崇仁「……天狗の里で買う物だけ買って帰る――いや、人里にも確か永遠亭の人が来てるんですよね」

どちらに向かうか、暫く考える。

崇仁「まあ別にどっちでも変わらないんですけどねぇ。お金は、まあ。ありますけども」

どうする?
1 山の方に行く
2 人里に行く
3 薬買わない

安価直下
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 00:49:56.57 ID:IRk9OUj2O
2
280 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 00:59:49.98 ID:NunQaM7R0
崇仁「……大きく深呼吸しときましょうか」

鼻から息を吸って、口から息を吐く。これを数回繰り返す。

崇仁「人里まで行くのは良いんですけど……行商の人、絶対に女の人ですよねぇ」

ただでさえ幻想郷は女性が多いんですから、と諦めたように呟いて。崇仁は足かせがついたように鈍いペースで外に向かっていった。

――――

――

281 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 01:09:09.05 ID:NunQaM7R0
〜人里〜

崇仁「……なんか、落ち着きますね」

いつもの儀式服ではなく変装用の別の服に耳を隠す帽子、尻尾を隠すでかめのズボンを身に纏った崇仁は。きょろきょろと辺りを見渡す。

崇仁「この幻想郷にもやっぱり男性はいるんですねぇ……いや、居るに決まってるんですけどね。はたてさんの彼氏さんとか」

崇仁「……で、薬の行商人は何処ですかね」

行商の人居た?

コンマ6以上でいたよ

コンマ直下
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 01:10:51.10 ID:yXofvBUDo
いるよ
283 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 01:13:57.96 ID:NunQaM7R0
コンマ0 いる

※それでは、今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さんお疲れさまでした。

※また明日、おやすみなさい……。

※少し体調悪いので、明日は少し遅れると思いますが。ご了承ください……、早くできたらやりますので。
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 01:18:25.14 ID:7K8CPr+D0
乙乙
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 13:42:21.08 ID:7K8CPr+D0
狼(♂)だから人間とくっついたら
お○かみ○どもと○と雪じゃん
286 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 21:44:48.22 ID:NunQaM7R0
※こんばんは、今日もやっていきたいと思います。

>>285

※その映画通りだと崇仁君死にますね。悲しい。


?「やあいらっしゃい、と言っても。薬の販売をしてる時は大体この辺にいるんだけどね」

崇仁「ど、どうも……」

傘を深く被った女性が籠の中をガサゴソとあさりながら、挨拶をする。

崇仁「……あー、その。貧血の薬と、湿布が欲しいんですけど。幾ら、ですか?」

?「はいはい、それじゃあー……はい。これとこれ、値段は……これね」

籠の中から茶色い瓶と湿布を取り出し。その後わざとらしく算盤で値段を示す。

崇仁「あ、どうも。じゃあこ、れでお願いします」

?「はいちょうどね……貴方大丈夫?なんか顔色青いけど」

崇仁「へっ!?」

?「薬だけで治らないようだったら、竹林の奥の永遠亭にね。適当に探せば案内人がいると思うから、その人に頼んでね」

と、その行商人は竹林の方を指さして言った。その後、その人はまた籠をあさり始めた。

崇仁「…………か、帰る。かぁ」

どうする?
1 このまま少し話す
2 帰る

安価直下
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 21:45:37.48 ID:DABrAOOho
1
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 21:52:51.33 ID:7K8CPr+D0
きたわね
289 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 21:53:09.36 ID:NunQaM7R0
崇仁「……で、でもなぁ」

帰ろうと回れ右したところで、少し考え事をする。

崇仁「傘も深いから顔も見えないし、今。私結構我慢できてるし――」

?「……?」

買う物を買っているのになかなか帰らない崇仁の後姿を見て、首を傾げる。

崇仁「…………あ、あのぉ!その、少し話しませんか!?そ、その頭の傘は絶対に取らないで下さい!」

?「へ……へ?い、良いけど……え、何?」

また回れ右をしてこちらを向いたと思ったらいきなりお話をしようと誘われた女性は、少し驚いていた。

鈴仙初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 21:55:05.46 ID:cYI/kan+O
291 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:02:18.78 ID:NunQaM7R0
鈴仙4「変わった人だなぁ」

鈴仙「えっと、私は鈴仙・優曇華院・イナバ。貴方は?」

崇仁「わ、私は嵯峨崇仁と言います!よ、よろしくお願いします!」

鈴仙「……それで、えっと。何話すのかしら?」

崇仁「…………」

困惑した様子で尋ねる鈴仙だが、返事が返ってこない。

鈴仙「ちょ、ちょっと?」

崇仁「は、はいぃ!だ、大丈夫です!」

鈴仙「な、ならいいんだけど……」

何話す?

自由安価直下
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:03:32.16 ID:IRk9OUj2O
うどん
あまり怖がらないでいいのよ(耳元で優しく囁く)
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:04:05.18 ID:DABrAOOho
ますます怖がりそう
294 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:20:38.90 ID:NunQaM7R0
あまり怖がらないでいいのよ

崇仁「ぜ、絶対に笠を取らないで下さいね!お、お願いします!」

鈴仙「……ねぇ。えっと、崇仁さん?」

崇仁「は、はいぃ――」

ビクビクとしている崇仁にグイっと近づいて、鈴仙は口を耳元に近づける。

鈴仙「あまり怖がらないでいいのよ?」

と、優しく。小さな声で囁いた。

崇仁「――――ひゃっ」

その時見えたものは、瑞々しい唇と。綺麗な赤い瞳だった。

紫色の髪が靡いて、甘い匂いがする。鈴仙の情報が一気に脳に入ってきた崇仁は。

崇仁「――ば。あ、あばばばばばばばば……」

震えが止まらない。ガタガタと、歯が鳴る。

鈴仙「あ、あれ?だ、大丈夫?リラックスしてもらおうと思ったんだけど……」

崇仁「ご、ごごごごご。ごめんなさいぃいいいい……」

鈴仙「あ、謝らないで下さい!ま、待って。ゆっくり、深呼吸しましょうか。ね?」

崇仁「ばばばばばばばばば」

鈴仙「お、落ち着いてぇ!?」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:21:13.95 ID:XOpEruu40
おりゃ
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:21:24.95 ID:7K8CPr+D0
味方
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:22:15.17 ID:IRk9OUj2O
オラも耳元で呟かれたいよー
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:22:22.68 ID:DABrAOOho
深刻なトラウマがあるなこれ
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:23:22.18 ID:7K8CPr+D0
惚れたか?崇仁君
300 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:30:37.34 ID:NunQaM7R0
>>297

※分かる。分かる。

鈴仙5「お、落ち着いて。落ち着いてぇ!」


朝2

鈴仙「…………お、落ち着いた?」

崇仁「ほ、本当にごめんなさい……その。き、緊張で」

冷や汗をダラダラ垂らして、崇仁は少し離れて鈴仙に頭を下げる。

鈴仙「き、緊張でああはならないと思うけどなぁ……じゃ、じゃあ。その、困ったら永遠亭に来てね?」

そういって、鈴仙はバイバイと。手を振った。

崇仁「……こ、怖かったぁ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:31:06.48 ID:7K8CPr+D0
2 永遠定に向かう
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:31:08.67 ID:w9oy0x/x0
いざえーえんてーへ
303 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:37:48.91 ID:NunQaM7R0
崇仁「じゃあ、その。行ってみましょうか……永遠亭に」

鈴仙と別れて、崇仁は指をさしていた方向に向かう。

崇仁「……ああ、確か迷いの竹林ですよね。入ったら出てこれないっていう……」

永遠亭の前に広がる竹林の情報を引っ張り出して、何とか案内人なしで行く方法を考える。

確か飛んでいても迷うと聞いたことがあるので、能力を使ったらひどいことになるだろう。

崇仁「案内人さんも、女性でしょうしねぇ……あぁー」

――――

――

304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:38:12.09 ID:w9oy0x/x0
呪いを解く物語かな?
305 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:40:44.13 ID:NunQaM7R0
〜迷いの竹林〜

崇仁「確かにこれは……はい。迷いますね」

目の前に広がる壮大な竹林を見て、崇仁はゴクリと唾を飲む。

崇仁「……では、どうしましょうかね」

どうする?
1 一人で行く
2 案内人を探す
3 やっぱり行かない

安価直下
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:41:44.06 ID:DABrAOOho
2
307 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:47:16.75 ID:NunQaM7R0
崇仁「……はぁ。探し、ますかぁ」

そういって、崇仁はきょろきょろと辺りを見渡す。

崇仁「女性じゃないワンチャンス……無いなぁ」

誰にあった?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:48:16.59 ID:w9oy0x/x0
えーりん
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:48:39.18 ID:7K8CPr+D0
いきなりきたー!
310 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 22:51:38.08 ID:NunQaM7R0
※やべぇ、今気づいた。キャラによってはコンマ判定するの忘れてた……!久しぶりの弊害、過去スレの確認は使用……!

※今回は自分が悪いのでドカンと永琳先生登場で。
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 22:57:43.75 ID:IRk9OUj2O
診 断 開 始

安価なら下
312 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 23:01:47.66 ID:NunQaM7R0
※ちなみに言っておきますが、好感度判定でぞろ目でしたらスキル関係なしで10になります。


?「ねぇ、そこの貴方?」

崇仁「ひゃ、ひゃいぃ!?」

?「……?」

何度目だろうと、急に女性に話しかけられると驚いてしまう。白狼天狗。

?「永遠亭に行きたいのかしら?見たところ妹紅も居ないようだけど、一人で行くつもりだったのかしら?」

崇仁「え、えっと。その、そう。ですけど……はい」

?「止めておいた方がいいわよ。迷子になっても責任は取らないから……家の鈴仙から薬は買ってるようだし、永遠亭には用ないでしょう?」

と、赤と青の二色で分けられたナース服を着た女性は。崇仁に手にある袋を見て、言った。

永琳初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:02:36.71 ID:cYI/kan+O
んー
314 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 23:13:45.16 ID:NunQaM7R0
※スキルありきでも好感度皆低いなぁ、9とか0欲しい。

永琳1「……」

崇仁「あ、貴女が……永遠亭の。その、先生ですか?名前は確か…………八意、永琳さん?」

永琳「先生じゃなくて薬剤師なんだけどね。ま、別に良いけど……何、私のこと知っているの?」

少し不審な目で見つめながら、永琳は尋ねる。

崇仁「い、一応。前に話で……その」

永琳「へぇ……まあいいわ。それじゃあ、永遠亭に用があるってことは私に用があるんでしょ?軽く聞いてあげるわ」

崇仁「ど、どうも……ありがとう、ございます」

何話す?

自由安価直下
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:16:01.18 ID:DABrAOOho
率直に言って女の人が怖い
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:24:36.42 ID:7K8CPr+D0
なんで女怖くなったのかな
317 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 23:34:11.83 ID:NunQaM7R0
率直に言って女の人が怖い

崇仁「その、えっと……」

永琳「何?良いから言って」

崇仁「…………率直に言って、女の人が。怖いんですよね」

永琳「……それで?」

崇仁「うぇ?あ、その。これで以上です……」

永琳「へ?」

これで以上、と言う崇仁に驚き。少し固まる永琳。しかし直ぐに動き出して、小さく咳払いをする。

永琳「……貴方、女性恐怖症?そうねぇ、精神的な物より癌とか、くも膜下出血の方が楽なのよねぇ」

崇仁「その、女性の。全部が怖いんですよね。顔とか身体とかじゃなくて……女性ってだけで、震えが」

永琳「はぁ……過去に女性に対するトラウマがあるんだと思うけど。それ、私に言える?」

崇仁「あばばばばばば……がっ。ん……その、えっと」

コンマ判定

コンマ6以上でお話

コンマ直下
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:35:08.41 ID:7K8CPr+D0
ナニい
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:41:47.52 ID:ImatZ++io
ゆっくりいこうや
えーりん精神科通いがいいかもね
320 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 23:43:35.14 ID:NunQaM7R0
コンマ1 失敗

崇仁「…………」

永琳「別に無理して言わなくても良いからね、そうねぇ……無理やり直そうとすると悪化するのが目に見えているから、カウンセリングが一番なのだけど」

そこまで言って、永琳は頭を抱える。

永琳「……私?はぁ……えっと。崇仁さん?」

崇仁「は、はい!?」

永琳「もし暇だったらこの先にある永遠亭に来て頂戴ね。カウンセリングならいつでも受け付けるから。それに、一応妹紅にも話はしておくから」

崇仁「あ、あ。ありがとう、ございます……」

永琳「……貴方、どうやって家の鈴仙から薬買ったのよ」

崇仁「死ぬかと思いましたぁ……ひぃ」

永琳「……先が思いやられる」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:44:55.89 ID:ImatZ++io
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:45:33.63 ID:7K8CPr+D0
おぉ?
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:47:46.13 ID:7K8CPr+D0
つまり心配させて母性を…?
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:48:45.85 ID:w9oy0x/x0
母親に虐待されてたとか?
325 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/02(火) 23:51:55.97 ID:NunQaM7R0
コンマ9 好感度大幅アップ

永琳3「まぁ、来た時くらいは面倒見ますか」

昼1

永琳「それじゃあ、私人里に用事があるから。今度は、永遠亭でね」

崇仁「あ、ありがとうございました……」

頭を下げてお礼を言う、永琳はそれを見てやれやれと言った表情になった後。すたすたと人里に向かっていった。

崇仁「か、カウンセリング。かぁ……あの、薬剤師の永琳さんと……」

崇仁「…………嬉しいけど、怖いなぁ……!女性と、二人っきりかぁ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/02(火) 23:52:16.38 ID:IRk9OUj2O
今度は紅魔へ逃げた
327 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:00:47.50 ID:RwN9wS250
――――

――



〜紅魔館〜

崇仁「……うわぁ」

カウンセリングかぁ、とブツブツ呟きながら当てもなく飛んでいると。全体が真っ赤に染まった屋敷の前まで来ていた。

崇仁「紅魔館、でしたっけ?確か、吸血鬼が主の――」

そんなことを考えて、崇仁は門の方を見る。

崇仁「……変に関わらないで。帰ろうかなぁ」

どうする?
1 門を通って行く
2 門を通らないで行く
3 どうせ全員女でしょ。怖いから帰る。

安価直下
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:01:42.16 ID:7GeFXkPQ0
1
329 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:03:32.69 ID:RwN9wS250
続けてコンマ

門番起きてる?

偶数 起きてる
奇数 起きてない

コンマ直下
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:05:16.36 ID:JC2SvUGqo
おきろ!
331 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:11:05.97 ID:RwN9wS250
コンマ偶数 起きた!

?「おい、そこのお前。何をしに来た!」

崇仁「ひぃいいい!ご、ごめんなさいごめんなさい!」

軽く門の方を見るとそこには門番らしき女性が立っており、睨まれて怒られてしまった。

崇仁「フラフラ飛んでいたらここに来ちゃっただけで!本当にごめんなさい!すぐに帰りますから!」

?「……何だ、別に白黒や文屋みたいに荒らしに来たわけじゃないのか。ならいいんだ」

そう言うと、門番は嬉しそうに笑ってこちらを見つめた。

美鈴初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:12:25.74 ID:N+AOTAu9O
333 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:20:17.20 ID:RwN9wS250
美鈴2「き、嫌われちゃった?」

美鈴「……あ!?すみません!私は紅美鈴と申します!失礼ですが、貴方は?」

ニコニコと凄い距離で心が近づいてくる美鈴にビクつく。声が震えるが、何とか返事をする。

崇仁「わ、私は。嵯峨、崇仁。と言います……宜しく、お願いしますぅ……」

美鈴「あれ、どうしたんですか?えっと崇仁さん?顔が青いですけど……」

崇仁「ひぃ!?ご、ごめんなさいごめんなさい!貴女が悪いわけじゃなくて、自分が悪いんですぅ!」

美鈴「ああ、そんなに焦らないで下さい!そ、そんなに怖いですか!?」

何が悪かったのか、と。目を見開いて驚く美鈴が居た。

何話す?

自由安価直下
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:20:33.73 ID:7GeFXkPQ0
美鈴のパンチラを見て昔の女性とのトラブルを思い出した
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:22:19.60 ID:9pbBzDvlo
安易な…
336 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:27:21.40 ID:RwN9wS250
※んー、すみません。再安価させてもらいます。パンチラはいいですけど、それで思い出すかなぁ。

※女性恐怖症の原因とは別の奴かもしれませんが、申し訳ありません。

では再安価します、この下でお願いします。
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:29:22.50 ID:9pbBzDvlo
白狼天狗?珍しいですね
338 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:39:10.86 ID:RwN9wS250
白狼天狗?珍しいですね

美鈴「ところで、崇仁さんは何の妖怪なんですか?人間、ではなさそうですけど」

崇仁「は、はい。自分は白狼天狗なんですよ……はは」

フルフルと手を帽子に伸ばし取ると、モフっとした耳が姿を現した。

美鈴「おおっ……!これは、また。凄い……」

目を輝かせ、美鈴がその耳に手を伸ばすが。それをかわすように崇仁は後ろに下がる。

美鈴「あっ、す、すみません……つい。触ってしまいそうに……」

崇仁「ひ、ひ……あ。だ、大丈夫ですから!その、でも、はい……ごめんなさい……」

美鈴「ど、どっちですか?でも、柔らかそうですね、崇仁さんの獣耳」

崇仁「よ、よく言われます……」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:40:03.93 ID:7GeFXkPQ0
モフモフ
340 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:44:56.81 ID:RwN9wS250
コンマ3 好感度上昇なし

昼2

美鈴「……尻尾もモフモフなんですか?」

崇仁「さ、触るん。ですか?」

美鈴「さ、触りませんよ!安心してくださいってば!」

崇仁「ひ、ひぃ……ごめんなさいぃ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:45:41.34 ID:N+AOTAu9O
4 パンチラ単体
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:47:05.59 ID:AJ06dzjJO
美鈴ってズボンじゃ無かったっけ?(非想天則ではそうだった気がする)
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:48:22.78 ID:N+AOTAu9O
生脚の時もあるみたいよ
344 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:51:26.45 ID:RwN9wS250
※調べたらズボンの時と生足の時があるみたいですね。生足の方が好きなので生足です。

※でもパンチラがタダで見れると思うなよ……!コンマだコンマァ!

コンマ7以上でパンチラ

コンマ直下
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:52:28.21 ID:mmjFDx9kO
うぇーい
346 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 00:54:52.73 ID:RwN9wS250
コンマ1 パンツなんて見えなかった

再安価します

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:57:07.38 ID:JC2SvUGqo
むねん
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:57:23.73 ID:9pbBzDvlo
霧の湖のほとりで休憩する
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:57:33.94 ID:JC2SvUGqo
ごめんなさい安価下
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 00:59:03.25 ID:7GeFXkPQ0
童子に振られた大妖精来るかな
351 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 01:07:09.04 ID:RwN9wS250
崇仁「で、では私は行きますのでぇ……」

頭を下げて、崇仁は息を切らして走って逃げる。呼び止める美鈴の声も聞こえたが、それを無視していった。

――――

――



〜霧の湖〜

崇仁「……ぜぇ。はぁ……死ぬぅ」

霧が広がる湖のほとりで、崇仁は腰を下ろす。

崇仁「あ、あの感じは駄目だぁ。天子さんみたいになるぅ……はぁ」

空を見上げて、昨日触りまくってきた天人を思い出す。感触が、まだ残っている。

…………フラフラしてくる。

崇仁「……暫く、休もう」

誰にあった?

自由安価直下(霧の湖に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 01:09:07.04 ID:N+AOTAu9O
腹痛ネガティブマン
353 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 01:11:21.78 ID:RwN9wS250
※そんな奴はいない。再安価、再安価。

誰にあった?

自由安価直下(霧の湖に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 01:13:06.54 ID:N+AOTAu9O
ほんますんません
安価なら下
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 01:15:07.65 ID:N+AOTAu9O
童子
356 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 01:19:17.82 ID:RwN9wS250
コンマ判定

コンマ6以上で、居るよ

コンマ直下
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 01:23:57.99 ID:o5TXygRdo
∩犬∩
(・●・)
358 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 01:28:47.52 ID:RwN9wS250
コンマ9 成功

※主人公夢の競演。

※それでは今日はこれで終わりにしたいと思います。参加してくださった皆さんありがとうございました!

※また明日、おやすみなさい……。
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 01:30:10.08 ID:N+AOTAu9O
おつ
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 07:37:37.48 ID:H7NorfQ9o
おつわ
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 17:05:26.65 ID:2V9pDfa60
行き当たりばったりと、これから考えていくは世界線が違うのか?
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 17:49:34.23 ID:7GeFXkPQ0
>>361
そうさ
行き当たりばったりで童子君出そうとした人居たけどこの世界線には童子君は居ませんみたいなこと言われてたし
363 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 23:13:28.67 ID:RwN9wS250
※今日もやっていきます。遅れてすみませんでした。

?「……あの。大丈夫ですか?」

崇仁「…………え。男の人?」

ばたんと倒れこんでいる崇仁を覗き込むように、その少年は現れた。

その少年の少し珍しい感じのする眼鏡が、少しだけ光った気がした。

崇仁「……うぉ!?お、鬼ぃ!?鬼ですか貴方!?」

?「え、あ。そうですけど……ああ。貴方、白狼天狗ですか」

少年についている角を見て、大きく飛び上がった崇仁は少年から少しだけ離れる。

崇仁「じ、自分。嵯峨崇仁、と言います。失礼ですが、貴方は?」

童子「自分は赤月童子。そんなに怖がらないで下さい、自分は変わりものですから……鬼の中でも、はい」
364 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 23:13:57.08 ID:RwN9wS250
崇仁「……童子さん。ですか……いえ、ですが鬼は私達天狗にとっての――」

童子「まあまあ、本当に気にしないで下さい。自分そういう上下関係嫌なんですよ、上司とか、部下とか」

崇仁「はぁ……」

童子「それに、白狼天狗ならまだ山の見張りの最中じゃないですか?なんで崇仁さんはここに?」

にこにこと笑いながら、童子は崇仁に尋ねると。崇仁は目を逸らした。

童子「……さぼり、ですか」

崇仁「うぐぅ……す、すみません……」

童子「いいんですよ、自分関係ありませんし。それに、言い訳の嘘を言わないだけまだいい」

童子はそう言いながら、その場に座り。隣のスペースを軽く叩く。

童子「座って話でもしましょうよ、種族関係なしに。何となく、貴方とは気が合いそうな気がしますから」

崇仁「…………じゃ、じゃあ。失礼して」

何話す?

自由安価直下
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/03(水) 23:14:12.70 ID:7GeFXkPQ0
子供の名前を考え中の童子君
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 23:20:40.06 ID:7GeFXkPQ0
サボるほどメンタルがありながらなぜ女性恐怖症なのか
367 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 23:35:05.45 ID:RwN9wS250
子供の名前を考え中

童子「そういえば自分、最近子供の名前考え中なんですよねー」

崇仁「…………はい?」

急に飛んできた話題に、困惑を隠しきれない。

童子「あ、自分結婚はしてないんですけど彼女はいるんですよ。あ、知ってますか?鴉天狗の、姫街道はたてっていう子なんですけど」

崇仁「はた――ああ、はい。知ってますよ……貴方がはたてさんの彼氏さんだったんですか」

童子「そうなんですよ。それで、まあ。少し早いなぁとは思うんですけど男の子だったらどんな名前にしようかぁ、女の子だったらどんな名前にしようかなぁって」

えへへ、とかわいらしい笑顔を見せながら。鬼の少年はべらべら喋っている。

童子「……崇仁さんは、好きな人とかいないんですか?」

崇仁「いません」

童子「そ、即答……」

崇仁「いや、その。私女性が苦手というか、怖いというか、嫌いというか……」

童子「あぁ……貴方、そういう人ですか」

崇仁「女性の同僚に会いたくないから、仕事も逃げてるんですよね……」

童子「マジか」
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 23:38:11.46 ID:7GeFXkPQ0
童子相手なら好感度制なしなんだな
安価なら下
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 23:39:31.24 ID:2V9pDfa60
歴代主人公には好感度が表示されないらしいぞ
370 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 23:40:29.79 ID:RwN9wS250
夜1

崇仁「……貴方、本当に鬼っぽくない人ですね」

童子「いきなりですね!?」

崇仁「鬼ってもっと暴力的で、大きいじゃないですか」

童子「……まあ、そうですけど」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 23:43:03.51 ID:9pbBzDvlo
せっかくだし湖一周したら帰る
372 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/03(水) 23:51:37.57 ID:RwN9wS250
童子「じゃあ、自分はこの辺で……そろそろ帰らないといけないので」

立ち上がって、童子は崇仁の方を見る。

童子「普段は大体はたての家にいるので、用があるならいつでも来てくださいね――あ、でも。はたてに変なちょっかいかけたら……ね?」

口は笑っているが、目は笑っていなかった。

崇仁「しませんよ、それじゃあ。お元気で、ありがとうございました」

童子「ま、ですね。じゃ、どうも付き合ってくれてありがとうございました」


誰にあった?

自由安価直下(霧の湖に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 23:52:40.12 ID:/FLwArVPO
まるきゅー
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/03(水) 23:53:38.75 ID:2V9pDfa60
流石に妖精みたいな子供は怖くないよな?
375 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/04(木) 00:19:04.98 ID:WXtsnlsY0
?「おい、そこのお前ぇええええ!」

崇仁「ひぃ!?」

霧で見えないが、目の前から徐々に女の声が近づいてくる。

?「やいやいお前!何してやがるこんなところで!」

崇仁「あば、あばばばああああああああ……ひぃいい……」

小さい妖精の女の子がガンガン言ってくるが、情けなく怯える事しかできない。

チルノ初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/04(木) 00:20:52.44 ID:FlEWw11Q0
はい
377 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/04(木) 00:27:23.85 ID:WXtsnlsY0
チルノ10「もっと元気出せ!な!」

※今日はこれで終わりたいと思います。あまり出来ずすみませんでした。

※また明日、おやすみなさい……。

※チルノちゃん好感度たっか。
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/04(木) 00:51:00.32 ID:ozANyv+v0
乙でしたー
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/04(木) 00:53:36.17 ID:jFabW5iUo
おつおつ
成熟した女性はだめなのかな?
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/04(木) 00:58:41.77 ID:yOnR0MMuO

子供に心配されるレベル
381 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/04(木) 23:11:00.50 ID:WXtsnlsY0
>>379

※つまり崇仁君はロリコンだった……?

※申し訳ありません、今日はお休みさせてもらいます。
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/04(木) 23:24:43.92 ID:eUrGs0ly0
童子「ロリコンはまずいですよ」

夢路「ですよねえ」
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 00:37:18.26 ID:rfx8SHE5O
>>383
大妖精&AQN「…」
384 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:05:05.39 ID:aW8Ktg5n0
※こんばんは、やっていきたいと思います。

チルノ「……ど、どうしたお前!?あ、あたいをビビらせるつもりか!?」

そんなものでビビるもんか!と、胸を張る妖精の少女。

崇仁「び、ビビらせるつもりじゃないんですけど、すみません……その。直ぐに帰りますので、はいぃ――」

チルノ「あたいはチルノ!そんで、お前名前は?」

崇仁「え……あ。嵯峨崇仁と、言います」

チルノ「そうか崇仁か!今後とも宜しく宜しくな!」

崇仁「今後ともって……え?ええぇ……」

何話す?

自由安価直下
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 21:08:04.14 ID:QVvspKfh0
女の子に強くなるには
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 21:09:08.50 ID:Jk8tH1FJO
チルノ
今日からアンタはあたいの子分ね!
387 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:18:52.08 ID:aW8Ktg5n0
女の子に強くなるには

崇仁「…………あー、その。チルノさん。少し質問しても、良いですか?」

チルノ「うん?」

ビクビクと震えながら質問をしてくる崇仁に、首を傾げながらチルノは返事をする。

チルノ「よくわかんないけど、どんとこい!」

崇仁「……女性に、強くなるためには。どうすれば――ああ、違うんです。強くなって優位に立ちたいって訳じゃなくてですね。こう、もう少し……」

チルノ「お、おおおおお。お前!?げ、下克上か!?」

崇仁の言葉を聞いているうちに、チルノの顔がどんどん変わっていく。

崇仁「はい?」

チルノ「あ、あたいより強くなりたいだなんて……そんなの無理に決まってるじゃん!考え直せ!下克上はあきらめろ!崇仁!」

崇仁「あ、あのぉ。別に、チルノさんに勝ちたいわけじゃなくて」

チルノ「なんてったって、あたいはサイキョーだかんな!えへん!」

崇仁「は、話をもう少し聞いてくださいよぉ……」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 21:19:12.81 ID:vvoR45gCo
さいきょーね
389 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:25:10.47 ID:aW8Ktg5n0
コンマ1 好感度上昇なし

夜2

チルノ「だから!目を覚ませー!うおぉおおおお!」

肩を思いっきりつかみ、ガクンガクンと揺さぶる。

崇仁「あっ、ちょっと!?やめてくださいぃいいいいいいい!あば、ばばばばばばばばば……」

チルノ「うおぉおおおおおおお!」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 21:25:29.50 ID:AaTRf2L00
三途の川行く
391 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:36:10.41 ID:aW8Ktg5n0
チルノ「おっと!もうこんな時間だ!」

崇仁「――あっふ!」

急に手を放せれ解放された崇仁は、その勢いで体勢を崩す。

チルノ「それじゃあ、また今度な!」

そして、フラフラの崇仁を気にせず。笑顔で手を振ってチルノは飛んで行ってしまった。

崇仁「ああああああぁ……め、目が回るぅ……脳みそがぁあああ……」

――――

――

392 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:36:43.76 ID:aW8Ktg5n0
〜三途の川〜

崇仁「…………し、死んだわけじゃないですからね」

霧の湖で休んでいても頭が揺さぶられて気持ち悪いだけなので、適当に飛んでいると。気が付けばこんなところまで来てしまっていた。

崇仁「しかし動きすぎました……ま、また。休みましょうか……」

誰にあった?

自由安価直下(三途の川に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 21:37:10.13 ID:Ns4bxb65O
小町
394 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:43:32.06 ID:aW8Ktg5n0
小町「……なんでまた来てるんだい、お前さん」

崇仁「うひゃあ!?」

いつの間にかそばに近づいていた小町に驚いて、悲鳴を上げる。

小町「……はぁ。まあいいさ、お前さんが生きているくせにこんな場所にやってくる変わり者だってことは分かったよ」

崇仁「ご、ごめんなさい。ごめんなさいぃ……う。うぅ……」

ジーっとみられている崇仁は、委縮してフルフルと振るている。

小町「ああもう、泣かないでくれよ?小動物かい、あんたは……」

何話す?

自由安価直下
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 21:44:05.11 ID:5cPUXtPo0
背後から尻尾を触ろうとした小町の胸が崇仁の背中に押しつけられるのに崇仁が気づく
396 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 21:58:12.47 ID:aW8Ktg5n0
背後から尻尾を触ろうとした小町

小町「……おお」

何かを見つけたのか、小町は目を輝かせてそれを見つめている。

崇仁「……な、なん。ですか?」

小町「いいや?何でもない、何でもない……よ?」

ニコニコと笑いながら、小町はゆっくりと崇仁の背後に回り込んでいく。

崇仁「こ、怖いんですけど……!ひ、ひぃ……」

小町「――いまだぁ!」

怯えた崇仁の隙をついて、小町はその尻尾に飛びついた。

崇仁「――――んひゃぁ!?」

そして、そのまま背中に押し付けられる小町の胸。

小町「おお、すっごいモフモフ……撫でるほどに気持ちよくなってくるわー」

崇仁「や、止めてくだしゃいぃ!?」

小町「うおぉと」

尻尾を触っている小町を振りほどいて、直ぐに距離を取る。

崇仁「い、い、い……いきなり、止めてくださいよぉ!」

小町「あはは……ごめんごめん。いやぁ、気持ちよさそうな尻尾でさぁ。つい」

崇仁「はぁ……はぁー……本当にやめてくださいよぉ……」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:00:10.48 ID:gTejhF1Mo
やめやめろ
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:00:28.58 ID:Ns4bxb65O
A
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:06:16.87 ID:y+sJYfmW0
ドSの幽香に会わせたらヤバいことになりそう
400 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:08:57.71 ID:aW8Ktg5n0
コンマ8 好感度大幅上昇
小町6「しっかし、モフモフだなぁ……」

小町「あれ、もう帰る?」

崇仁「もう疲れて眠いんですよ……それじゃあ。勝手に来てすみませんでした、小町さん」

小町「ん。まぁ、私はそんなに気にしてないんだけどねー。じゃ、気を付けてねー」

――――

――

401 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:09:45.43 ID:aW8Ktg5n0
二日目終了

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

好感度

天子6「モフモフじゃない!」

はたて6「えへ、ありがとー」

椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

映姫4「だ、大丈夫ですか?」

小町6「しっかし、モフモフだなぁ……」

鈴仙5「お、落ち着いて。落ち着いてぇ!」

永琳3「まぁ、来た時くらいは面倒見ますか」

美鈴2「き、嫌われちゃった?」

チルノ10「もっと元気出せ!な!」
402 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:14:04.49 ID:aW8Ktg5n0
三日目

朝1

〜崇仁の家〜

崇仁「…………んくっ」

昨日買ったばかりの貧血の薬を二粒飲んで、崇仁は椅子に座る。

崇仁「……ふうぅ。んー……なんか、まだ疲れが取れた感じしないんですよねぇ……足の痛みもまだ少しありますし……」

崇仁「湿布張りますかぁ」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:15:07.47 ID:y+sJYfmW0
3えーえんてー
404 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:22:27.04 ID:aW8Ktg5n0
――――

――



〜迷いの竹林〜

軽く朝食を済ませた崇仁は永遠亭に向かおうと飛んでいき、竹林の前で地面に降りる。

崇仁「……確か、案内人さんに話をつけていてくれるって言っていましたけど……はぁ」

辺りをきょろきょろと見渡して、探すふりをする。

崇仁「んー……一人で行って、迷子になりたくないですしねぇ……」

どうする?
1 一人で行く
2 案内人を探す
3 やっぱり行かない

安価直下
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:23:07.40 ID:QVvspKfh0
406 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:26:08.02 ID:aW8Ktg5n0
崇仁「はぁ、探しますかぁ」

溜息を吐いて、軽く歩いて探し始めた。

誰にあった?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:26:58.38 ID:vvoR45gCo
てゐ
408 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:33:22.21 ID:aW8Ktg5n0
?「ねーねー、お兄さん。こんなところで何してるの?散歩なら、止めた方がいいんじゃない?」

崇仁「ひぃ!」

わき腹をつんつんと触られて、ビクンと身体を震わせる。

?「んー?」

崇仁「ご、ごめんなさいぃ!あの、私ぃ……!」

てゐ初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:34:16.83 ID:5cPUXtPo0
うま
410 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 22:46:29.14 ID:aW8Ktg5n0
てゐ1「へー……」

崇仁「あの、貴女は……」

うさ耳の少女は崇仁を見てウインクをし、笑った。

てゐ「私の名前は因幡てゐ。見ての通りの兎だよー」

崇仁「私は、嵯峨崇仁と言います……それで、その。てゐさんは何でここに……?」

てゐ「そりゃあ勿論!私が案内人だからに決まってるでしょ!」

てゐはまた、崇仁の脇腹を人差し指で突く。

崇仁「ひぃい!?や、止めてくださいよぉ!」

てゐ「あーっはっはっは!悪い悪い、それじゃあ。早速行こうか!」

急げ急げ!そう言って、てゐは竹林に入って行ってしまった。

崇仁「へぇ!?ま、待って下さいよぉ!」

それを追うように、崇仁も竹林に入っていった。

何話す?

自由安価直下
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 22:49:41.63 ID:Jk8tH1FJO
てゐ
なんというか、幸薄そうねあんた
412 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:01:51.06 ID:aW8Ktg5n0
なんというか、幸薄そうねあんた

てゐ「……なんというか、幸薄そうねあんた」

崇仁「はぇえ!?」

てゐ「話しかけただけで驚かないでよ……それに。なんでそんなに離れてるのよ」

てゐの後ろに居る崇仁だが、その距離はかなり離れていた。

崇仁「……す、すみません。ごめんなさい……も、もう少し。近づきますね」

そう言って、三センチほど近づく。

てゐ「……はぁ。まあいいや。別に迷子になっても良いけど、死なないでよー」

崇仁「ご、ごめんなさいぃ!」

てゐ「別に私怖くないでしょ?お兄さんもカッコいいんだから堂々としなって」

崇仁「ど、ど、堂々ですか……じょ、女性じゃなければいいんですけど……」

てゐ「ふーん。何、お兄さんソッチなの?」

崇仁「ち、ち、違いますよぉ!……」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:02:24.43 ID:Ns4bxb65O
いま放て
414 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:12:08.11 ID:aW8Ktg5n0
コンマ3 好感度上昇なし

朝2

てゐ「ねぇお兄さん。実は私、一個嘘ついてたんだけどさ」

崇仁「は、はいぃ?」

急に話し始めたてゐに、困惑しながら。まだてゐについていく。

てゐ「私、本当は案内人じゃあ無いんだよね」

崇仁「へ!?え、いや……え!?」

てゐ「じゃ、そういうことなんで……頑張って脱出してね若人!大丈夫、お兄さんならすぐ抜けれるよ!」

その瞬間、てゐはものすごい速さで飛び跳ねて竹林の奥に消えて行ってしまった。

崇仁「ええええええぇえ!?ま、待って下さいよぉ!」

そう叫んだ時には、もうてゐの姿は見つからなかった……。

崇仁「…………うぅ。そんなぁ……」

コンマ判定
1〜6 迷子状態
7〜9 誰かにあった
0 永遠亭に着いた

コンマ直下
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:14:34.61 ID:gTejhF1Mo
漬け!
416 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:24:17.62 ID:aW8Ktg5n0
コンマ1 迷子

昼1

崇仁「…………景色が変わらないんですけど」

とりあえず外に出るために少しずつ歩いているが、目に見えるものが竹しかなく変化がない。

崇仁「あの場でずっと待機するのが正しいかったですね……はぁ」

崇仁「……うぅ」

コンマ判定
1〜6 迷子状態
7〜9 誰かにあった
0 永遠亭に着いた

コンマ直下
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:24:42.58 ID:Ns4bxb65O
418 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:27:40.44 ID:aW8Ktg5n0
コンマ8 誰かにあった

誰にあった?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:28:06.96 ID:AaTRf2L00
うどんぎゅ
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:29:02.10 ID:y+sJYfmW0
うどんちゃん
421 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:36:42.12 ID:aW8Ktg5n0
鈴仙「ちょ、ちょっと貴方!?な、なんでこんなところにいるんですかぁ!」

フラフラと歩いている崇仁を見つけて、鈴仙が走ってこちらに向かってくる。

崇仁「ひ、ひぃいいいい!?ご、ごめんなさいぃいいいいい!」

走ってくる鈴仙に、泣きそうになりながら。その場でうずくまる。

鈴仙「ちょっと、ちょっとぉ!?大丈夫ですか!?」

崇仁「だ、大丈夫ですぅ……大丈夫ですからぁ!」

鈴仙「絶対に大丈夫じゃないでしょ!?ほら、しっかりして!」

崇仁「う、うううぅ……」
422 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:38:54.49 ID:aW8Ktg5n0
――――

――



崇仁「貴女があの行商人の人だったんですね……」

鈴仙「知らなかったんですか?……それと、あの。離れすぎじゃないですか?」

崇仁「ひぃ!?」

鈴仙「……そのままでいいですから、しっかりついてきてくださいね?」

崇仁「は、はい……わかりましたぁ……」

何話す?

自由安価直下
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:42:39.32 ID:Ns4bxb65O
うどん
昨日の私の匂い、そんなに嫌でしたか…?
424 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/05(金) 23:53:51.38 ID:aW8Ktg5n0
昨日の私の匂い、そんなに嫌でしたか…?

鈴仙「ねぇ、昨日の私の匂い……そんなに嫌でしたか?」

崇仁「へっ!?」

鈴仙「その、昨日私が近づいたら随分驚いていたみたいなので……結構匂いには気を使ってるんですけど」

崇仁「あ、え、そのぉ!に、匂いが嫌だったわけじゃなくて、ですね!?」

鈴仙「じゃあ、何が嫌だったんですか?」

崇仁「あわ……あ、えっと!あ、貴女が嫌なわけじゃなくて……」

鈴仙「もしかして、嫌いですか?私の事」

崇仁「き、嫌いじゃなくてですね!その……う、うぅうううううう……!」

鈴仙「だ、大丈夫ですか!?え。ちょっと!?崇仁さん!?」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/05(金) 23:55:03.82 ID:AaTRf2L00
崇仁君も狼だからケモノ臭いかも
426 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:02:44.92 ID:EuKUdWME0
コンマ2 好感度上昇なし

昼2

〜永遠亭〜

鈴仙「はい、到着ー……本当に、大丈夫ですか?」

崇仁「だ、大丈夫……はぁ。じゃないです……」

手を膝について、息を整える。

鈴仙「じゃあ、私永遠亭の中に居ますので。落ち着いたら勝手に入って下さいね、師匠は入ってすぐの廊下の突き当りに居ますので」

崇仁「あ、ありがとうございます……!」

誰にあった?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:03:05.55 ID:JkD5uLDXo
ぐーや
428 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:11:31.28 ID:EuKUdWME0
〜輝夜の部屋〜

崇仁「し、失礼します……あの、永琳さん。居ますか……?」

コンコン、とノックをして中に入る。

?「あら?永琳の部屋はここじゃないけど……見ない顔だけど、誰?」

それに反応して、奥で机に向かっていた着物の女性がこちらに振り向いた。

崇仁「あ、あれぇ!?す、すみません!い、今すぐ出ますので!」

輝夜初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:12:32.83 ID:jaOS2cv80

聞いたわ。どうして女嫌いなの?
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:13:19.56 ID:JkD5uLDXo
まだ会話内容じゃないぞ
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:14:26.20 ID:jaOS2cv80
間違えた
432 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:14:47.83 ID:EuKUdWME0
※好感度コンマが低いなぁ……。
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:16:08.60 ID:ZWG/uGGT0
だってスキルのせいで
434 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:23:58.13 ID:EuKUdWME0
※スキルもあるけど!コンマで9とか0とかぞろ目が出てほしい!

輝夜1「よろしくね?」

?「まあまあ、少しくらいいじゃない?ねぇ、ちょっとお話しない?」

崇仁「お、お話ですか!?」

輝夜「ええ、私は蓬莱山輝夜。貴方は?」

崇仁「わ、私は嵯峨崇仁と言います!そ、その……私と話しても……」

輝夜「あら、気にしないでいいのに……ほら、もう少しこっちに来なさいよ」

何話す?

自由安価直下
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:25:24.94 ID:xqCq3iZeO
別にとって食おうってわけじゃないんだから
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:25:26.31 ID:CuUEzWJ6o
えーりんが言ってたのは貴方のことだったのね…怖がりすぎよ
437 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:34:56.98 ID:EuKUdWME0
別にとって食おうってわけじゃないんだから

輝夜「何、緊張してるの?別に取って食おうって訳じゃないんだから、落ち着いて。ね?」

崇仁「は、はいぃ……」

輝夜「……それに顔も少し青いみたいだし……もしかして、風邪かなにか?」

崇仁「別に、風邪というわけじゃないんですけど……その。す、すみません……」

輝夜「なんで謝るのよ?…………あ、もしかして。あれ?永琳が言っていた、女性恐怖症の」

崇仁「へえぇ!?ご、ごめんなさい!本当に、その……そういうつもりじゃなくてですね!?」

輝夜「んもう、なら無理しないで言ってくれればよかったのに……大丈夫?」

崇仁「だ、大丈夫ですからぁ……ち、近いぃ……!」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:35:57.09 ID:JkD5uLDXo
ふんぬらば
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:42:17.38 ID:CuUEzWJ6o
お?
440 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:42:28.80 ID:EuKUdWME0
コンマ9 好感度大幅上昇

輝夜3「……そんなに怖いかしら?」

夜1

崇仁「で、では!わ、私はこの辺でぇ!」

そう言い残して、崇仁は部屋を飛び出した。

輝夜「あら……もう少し話したかったのだけど、しょうがないわねぇ」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/06(土) 00:43:31.08 ID:jaOS2cv80
1
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:44:02.69 ID:CuUEzWJ6o
4
えーりんせんせーカウンセリングしてー
443 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:49:17.56 ID:EuKUdWME0
崇仁「こ、今度は間違えないように……えっと突き当りの部屋。でしたね」

崇仁「……あぁ。怖かったぁ……」

誰にあった?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:50:24.75 ID:JMkod3JiO
エーリン
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:51:41.39 ID:ZWG/uGGT0
えーりんえーりん
446 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 00:56:50.31 ID:EuKUdWME0
〜永琳の部屋〜

永琳「…………お茶でも飲む?」

崇仁「あ、ありがとうございます……」

顔が真っ青な崇仁を心配してか、お茶を用意する永琳。

永琳「はぁ、そんなに無理してこなくていいのに……でも、まあ。カウンセリングの約束したんだし、やりましょうか」

崇仁「よ、宜しく。お願いしますぅ……ふぅ」

お茶を飲んで、ほんの少しだけ落ち着く。

永琳「と言っても、カウンセリングなんてほとんど経験ないのよねぇ……ま、とりあえず。何か話しましょうか」

崇仁「が、頑張ります……」

何話す?

自由安価直下
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 00:57:26.33 ID:jaOS2cv80
女性恐怖症になった理由
448 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 01:07:21.21 ID:EuKUdWME0
女性恐怖症になった理由

永琳「それで、女性恐怖症になった理由言える?」

崇仁「ひぃ!?」

思わず、お茶を吹き出しそうになってしまうが。我慢する。

崇仁「い、い、いきなりですね!?」

永琳「しょうがないでしょう?何もわかってないんだから、それに。心の準備も少しはできているでしょう?

崇仁「そ、その……は、はい。は、は……うぅ……」

コンマ判定

コンマ6以上でお話

コンマ直下
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:09:05.19 ID:JkD5uLDXo
うにゅ
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:15:17.35 ID:CuUEzWJ6o
これは名医
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:16:00.87 ID:jaOS2cv80
と、とうとう明かされるのか…
452 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 01:27:02.20 ID:EuKUdWME0
コンマ9 成功

崇仁「わ、分かりましたぁ……」

そう言って、崇仁は声を震わせながら話し始める。

崇仁「と、トラウマと言っても。その、本当に……その、ごめんなさい」

永琳「だからなんで謝るのよ……別に何も貴方悪くないでしょう?」

崇仁「…………え、えっと。その、まずこれを見てもらった方が早いんですけど……」

そう言って、崇仁はゆっくりと立ち上がり、服を脱ぎ始める。

永琳「ちょ、何してるのよ!?」

崇仁「その、こういうことなんですよね……うぅ」

そして、上半身裸になった崇仁。

永琳「…………あー。そういうこと、ねぇ」

崇仁の上半身を見るなり、永琳は何か納得したように頷いた。

首から上は何もないが、首から下には大量の紫色に変色した痣が沢山出来ていた。
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:27:44.98 ID:jaOS2cv80
!?
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:28:57.94 ID:xqCq3iZeO
思ってたよりガチだった
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:30:29.70 ID:ZWG/uGGT0
人間よりはるかに頑丈な妖怪がこうなるってやばいぞ
456 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 01:44:17.48 ID:EuKUdWME0
崇仁「その、私母親に虐待されてたんですよね……母が結構いいところの役職についていたみたいで、その。仕事のストレスですかね、その捌け口になったんですね」

永琳「確かに、この痣の出来方は殴ったりしなきゃ出来ないものよねぇ」

崇仁「顔を殴られると、直ぐに周りにばれてしまうので。大体脇とか、腹とか……」

そういいながら、崇仁はその部分を手で撫でる。

崇仁「……父は、私が生まれてすぐに病気で死んでしまったようなんですよね。だからどんな人だったのかも、全然わからないんですよね……」

永琳「…………」

崇仁「暴力をされるたびに。母の顔が視界に映って、長い髪が揺れて、香水の匂いがして、高い声が耳に響いて――それでその、怖くなっちゃったんですよね」

身体を触られるのも、好きじゃないんですよ。と、虚ろな目になりながら、話す。

崇仁「……暫く経って、母はどこかに行ってしまいました。手紙も何も残さずに、天狗の里を去ってしまいました」

永琳「へ?」

崇仁「どうして去ってしまったのかは知りませんが、多分。仕事がつらくなって逃げたんだと思うんですよね……はは」

永琳「……とりあえず」

崇仁「はい?」

永琳「痣の痕を消す塗り薬を処方しておくわ、これは。私からのサービス」

崇仁「あ、ありがとうございます……どうも」

好感度上昇確定

コンマ8以上で+2

コンマ直下
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:48:16.97 ID:F1Uus9pgo
おくすりのめたね
458 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 01:55:45.30 ID:EuKUdWME0
コンマ7 失敗

永琳4「……虐待ねぇ」

※それでは、今日はこれで終わりたいと思います。長い時間参加してくださった皆さん、お疲れさまでした!

※また明日、おやすみなさい……。

※結構早い段階に決まった女性恐怖症の理由。母親の力強すぎ問題は身体能力8の子の親だし、まあ。
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 01:56:39.44 ID:jaOS2cv80
乙乙
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 02:00:57.01 ID:CuUEzWJ6o
おつおつ
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 09:34:31.21 ID:YjWbHU370
おつ
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 09:37:36.22 ID:JkD5uLDXo
まあ子供の頃の話だろうし
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 09:40:01.70 ID:FsRDXkQ0O
父親が病気で死んだってのは周りの優しい嘘で、本当は浮気相手と蒸発したのかもしれない
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 15:43:31.73 ID:JMkod3JiO
イケメンは親からのDNAですわ
だから綺麗な女性は母を思い出すから危険か?
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 16:36:56.98 ID:ZWG/uGGT0
こういうのは記憶を消すかジョジョに慣らしていくしかないな
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 21:18:20.98 ID:ZWG/uGGT0
はたて
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15949471
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 21:20:59.12 ID:aaMBtSUiO
ID:ZWG/uGGT0
こいつは通称age荒らし
まどマギ系スレで安価めちゃくちゃにしてる荒らしだからNG推奨
468 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 21:35:06.09 ID:EuKUdWME0
※こんばんは、今日もやっていきたいと思います。

>>463

※優しい世界……?

>>464

※幻想郷の女性はみんな可愛くて奇麗なので、みんな危険です。

>>465

※少しづつ慣れるしかないですよねー、どうやって克服して慣れるのかは分かりませんけど。記憶は消せない、多分。

夜2

崇仁「……あ、あの。恥ずかしいので、そんなにまじまじ見ないでくれますか?」

永琳「私の前で自分から脱ぎだしたくせに、何を言って」

崇仁「ご、ごめんなさいぃ……み、見たくないですよね。すみません……すぐに着ますから……」

ぼそぼそと喋って、椅子に掛けていた自分の服を急いで着る。

永琳「…………」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 21:36:33.53 ID:JkD5uLDXo
3
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 21:37:23.20 ID:ZWG/uGGT0
帰れるのか?しかも夜だぞ?
471 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 21:43:28.92 ID:EuKUdWME0
崇仁「え、永琳さん、今日はありがとうございました……それでは、私はこの辺で」

ぺこりと頭を下げて、崇仁は塗り薬の入った袋を手に持って部屋を出ようとするが。

永琳「ああ、ちょっと待って」

永琳に、呼び止められてしまう。

崇仁「ひぃいい!?ま、ま、まだ何か御用でしょうか!?」

永琳「そうじゃないわよ、貴方一人で竹林を抜けるつもり?しかもこんな夜に」

そう言って窓の方を見ると、もう日は落ちて。真っ暗になっていた。

崇仁「…………あー、そう、ですね」

永琳「竹林を抜けるまで送って行ってあげるわ。それじゃあ。行きましょう?」

崇仁「うぇ!?」

永琳「……あら、一人で抜けれる。と言うのなら。別にいいのよ?」

崇仁「う、ううぅ……あ、ありがとうございますぅ……」
472 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 21:47:41.73 ID:EuKUdWME0
――――

――



〜崇仁の家〜

崇仁「……疲れたぁ」

竹林を出たところで永琳と別れた崇仁は、そのまま天界まで飛んでいき自分の家に戻る事が出来た。

そして、ベッドに沈むように横になった。

崇仁「とりあえず、一歩前進……いやぁ。半歩前進くらいですかねぇ……」

頭の方にある枕を掴み、抱き枕にする。

崇仁「……寝ましょうかねぇ」

何する?
1 外に出る(天界)
2 もう寝る
3 その他(自由安価)

安価直下
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 21:48:11.02 ID:jaOS2cv80
2
474 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 21:53:36.51 ID:EuKUdWME0
崇仁「……そういえば、ちゃんと私のこと喋ったのは。かなり久しぶりな気がしますね……」

枕をぎゅうと抱きしめて、呟く。

崇仁「永琳さんは、どう思って聞いていたんですかな……ああ、でも。塗り薬をくれましたし、心配してくれているんですかねぇ……」

崇仁「…………」

頭の中であれやこれやと考えているうちに。

崇仁「…………ぐぅ」

そのまま、眠ってしまった……。
475 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 21:54:27.48 ID:EuKUdWME0
三日目終了

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

好感度

天子6「モフモフじゃない!」

はたて6「えへ、ありがとー」

椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

映姫4「だ、大丈夫ですか?」

小町6「しっかし、モフモフだなぁ……」

鈴仙5「お、落ち着いて。落ち着いてぇ!」

永琳4「……虐待ねぇ」

美鈴2「き、嫌われちゃった?」

チルノ10「もっと元気出せ!な!」

てゐ1「へー……」

輝夜3「……そんなに怖いかしら?」
476 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:00:50.64 ID:EuKUdWME0
四日目

早朝

崇仁「…………んぁ」

手の甲で涎を拭いて、現在の時刻を確認する。

崇仁「……今日は、早起きですねぇ……ふぁあぁ……」

崇仁「……眠い」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:01:29.44 ID:jaOS2cv80
三途の川
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:06:25.04 ID:ZWG/uGGT0
妖怪の山
479 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:08:12.68 ID:EuKUdWME0
崇仁「……折角ですし、朝の散歩にでも行きましょうかねぇ」

違う服に着替えて、崇仁はうーんと伸びをする。

崇仁「ジョギングなんて大層な物じゃないですけど、運動して体力つけましょうか」

そう言って、崇仁は朝食を済ませて散歩に向かっていった……。

――――

――

480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:09:34.20 ID:ZWG/uGGT0
三途の川で出現するキャラ教えて
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:10:06.10 ID:JMkod3JiO

小町映姫
482 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:11:20.89 ID:EuKUdWME0
〜三途の川〜

崇仁「……ここ、私気に入ってるんですかね」

早朝の三途の川をぐるりと見渡して、呟く。

崇仁「また、小町さんに怒られますね……いや、まだ寝てますね。多分ですけど」

あの人が早起きだったら、ばったりなんてことに……とか。そんなことを考えながら、適当に歩く。

誰にあった?

自由安価直下(三途の川に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:14:01.47 ID:JMkod3JiO
こまち
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:17:41.44 ID:CuUEzWJ6o
こいし
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:21:31.45 ID:gapiSVo4O
なんかやたら小町推しの人がいる感じ
486 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:23:35.80 ID:EuKUdWME0
〜小町の家〜

崇仁「……い、家?こんなところに?なんで?」

ぶらぶらと歩いていると、三途の川岸の隅に小さな家を見つけた。

崇仁「え、えっと……表札はないですね……私の家みたいに、誰もいない家なんでしょうか……」

崇仁「……あ、あのぉ?だ、誰かいますかぁ……?」

少しびくびくしながら、崇仁はドアをコンコンとノックする。

崇仁「誰もいないなら、居ないでいいですからね……」

コンマ
1〜6 寝てる
7〜9 起きてます
0 ……なにしてんの、あんた?

コンマ直下
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:23:55.39 ID:JkD5uLDXo
おねんね?
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:25:11.86 ID:F53Q6jpv0
おねむ
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:25:49.92 ID:gapiSVo4O
ガッツリ起きてる
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:25:56.96 ID:CuUEzWJ6o
いきてた
491 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:30:29.63 ID:EuKUdWME0
小町「んー……はい、はぁーい。起きてます、起きてますよぉ……」

ノックの後に、小町の寝ぼけた声が聞こえる。そして、そのままドアが開かれる。

崇仁「ひっ……す、すみません……!こ、小町さんの家だったんですね……!」

小町「んー?……あれ、崇仁じゃないかぁ。何?なんか用?」

小町のジーっとした視線が、崇仁に突き刺さる。

崇仁「ば、ば、ば……!?ご、ご、ごめんなしゃいぃいいいい!と、特に用はないんですぅ!」

小町「あれ、そうだったの……ふーん……んじゃ、家上がってく?」

崇仁「無理ですっ!」

小町「あれ、ほんと?」

コンマ0で、強制的に入る

コンマ直下
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:33:02.40 ID:F53Q6jpv0
立ち上がれ
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:38:40.60 ID:pdz2czWfO
わーお
494 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:40:10.48 ID:EuKUdWME0
コンマ0 成……功……?

小町「まぁまぁ。折角来たんだから、お茶でも飲んでいきなって……遠慮しない遠慮しーなーいー」

そう言って、小町は崇仁の腕をグイっと引っ張って家に入れようとする。

崇仁「あばぁ!?ば、ばばばばばばば――ちょ、ちょっと!?待って、止めて――」

力が抜けて、身体が震える。

小町「あれ、ご飯食べた?なら一緒に食べる?」

崇仁の状態など知らずに、小町は能天気に崇仁にご飯の事を聞いている。
495 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:45:52.98 ID:EuKUdWME0
崇仁「…………」

死んだ目で、崇仁は目の前に出されたお茶を凝視している。

何かを考えているようで、実際は何も考えていない。何も考えられないのだ。

小町「あれ、飲まない?」

崇仁「…………飲みません」

小町「んー、元気ないね?どうしたの、やっぱり風邪?」

いちごジャムを塗りたくった食パンをむしゃむしゃと食べながら、小町は尋ねるが。返事が返ってこない。

小町「……んー。まあ、ゆっくりしていってよ、変な物とかないし」

崇仁「…………死にそう」

何話す?

自由安価直下
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:46:29.41 ID:JMkod3JiO
えーりんのお陰でやや女体に興味を持ち始めた崇仁
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:46:40.57 ID:I4lZqqsS0
小町「はい目を合わせてー、吸ってーはいてー…」
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:47:29.63 ID:F53Q6jpv0
女性に慣れやすくなるような薬もらったのかな?
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:49:18.79 ID:pdz2czWfO
小町の人ちょっと露骨すぎない?
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:50:11.45 ID:F53Q6jpv0
俺?
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:50:42.17 ID:I4lZqqsS0
スレ主が問題あるとすればずらすでしょう。
そうじゃ無ければオッケーで、後は早打ちで殴り合うだけです。
502 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 22:51:15.50 ID:EuKUdWME0
※申し訳ありませんが>>496ではなく>>497を採用したいと思います。すみません。

※女性に興味は、崇仁君暫くないと思う。
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:52:01.17 ID:F53Q6jpv0
ホモENDある?
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:52:36.52 ID:JkD5uLDXo
興味が出てくるときってそれはこのキャラの最終回だと思う
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 22:53:15.50 ID:ZWG/uGGT0
前の主人公が女大好きのセクハラ野郎だったしな
506 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 23:01:56.85 ID:EuKUdWME0
※何回も連投をしていたり、ルールを無視するようなことをしていなければ。特定のキャラに会いまくるのは全然OKです。駄目だったら再安価しますので……宜しくお願いします。

>>503

※霖之助に会いまくればあるんじゃないですかね……補償はしない。

>>504

※多分、そうですね。

>>505

※童子君が泣いてるよ!大体あってるけど!
507 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 23:03:18.29 ID:EuKUdWME0
はい目を合わせてー、吸ってーはいてー

小町「んー……よーし崇仁!」

崇仁「……はい?」

返事をした瞬間、小町がこちらをまっすぐ見つめていた。

小町「私の目をしーっかりと見つめて!はい、吸ってー吐いてー……大きく深呼吸!」

崇仁「な、な、何ですか!?い、いきなり!?」

小町「ほら、深呼吸すると。心がリラックスするでしょ?」

崇仁「じゃあ……なんで貴女の目を見なきゃいけないんですか!?意味ないでしょう!?」

小町「だってなんか崇仁目を合わせてくれないでしょ?ほら、私小野塚小町に慣れるために、だよね」

崇仁「い、い、いや。嫌です!無理ですからぁ――っ!?」

言い訳はしない!と、小町に顔を両手でつかまれる。

顔を両手で動かされ、小町の顔の前に持ってかれる。

小町「はい、深呼吸。深呼吸……」

崇仁「――――あばばばばばばばばば……」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:03:53.60 ID:CuUEzWJ6o
あはわばば
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:06:51.47 ID:c+bpJrVyO
塵も積もれば
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:07:00.69 ID:ZWG/uGGT0
童子じゃなくて行き当たりばったりの夢路のことを言ったつもりなんだけどな
511 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 23:09:13.00 ID:EuKUdWME0
コンマ0 好感度大幅上昇

小町8「やっぱり私嫌われてる?」

朝1

小町「はい、お粗末様でしたー……ねぇ、本当に大丈夫?」

顔を真っ青にして、今にもげろを吐きそうになりながら。崇仁は、床に横になっている。

崇仁「し、暫く。そっとしていてください……すぐに、帰りますから……うぅ」

小町「やっぱり体調悪いでしょ?帰って寝たら?」

崇仁「……そうしたいですねぇ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:09:27.59 ID:F53Q6jpv0
2 竹林
513 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 23:22:23.64 ID:EuKUdWME0
崇仁「それじゃあ……お邪魔、しましたぁ……」

死んだように立ち上がって、崇仁はそうお礼だけ言って行ってしまった。

小町「あ、それじゃあね……んー。やっぱりいきなり顔を触るのは不味かったかぁ……?」

――――

――



〜迷いの竹林〜

崇仁「すーはぁー……すーはぁー……」

大きく体を逸らして、肺いっぱいに空気を吸い込む。

崇仁「じょ、女性の家なんて初めて行きましたよ……!何ですかあれ、凄く体近いですしぃ!」

額に垂れる汗を拭って、崇仁はもう一度。深呼吸をする。

崇仁「…………ふぅ。これで、大丈夫……」

誰にあった?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:23:00.59 ID:jaOS2cv80
鈴仙
515 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 23:29:24.49 ID:EuKUdWME0
鈴仙「……あのー?」

崇仁「うひゃあ!?れ、れ、鈴仙さん!?」

背後から突然声をかけられて、崇仁はバタバタと慌てながら。鈴仙の方を振り向く。

崇仁「な、なな。何の御用でしょうか!」

鈴仙「い、いえ。竹林の前で何かしているなぁーと思って、声をかけたんですけど……もしかして、邪魔しちゃいました?」

崇仁「そ、そういうわけじゃあないんですけど……」

鈴仙「……そう、ですか?ならいいんですけど……」

何話す?

自由安価直下
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:34:01.97 ID:I4lZqqsS0
鈴仙「ちょっと目を合わせて下さい……」
517 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/06(土) 23:40:13.43 ID:EuKUdWME0
※これ鈴仙の能力か……?崇仁君いろんなこと目と目合わせてるね、うらやま。

※少しだけ離席します。0時には戻ってきます。
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/06(土) 23:41:54.92 ID:ZWG/uGGT0
うどんげの能力だと
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:55:39.56 ID:I4lZqqsS0
荒療治かな?
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/06(土) 23:59:51.54 ID:CuUEzWJ6o
俺の目をミロォ!
たんおつ
521 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:03:10.07 ID:Ldxuy7Ec0
※少し遅れましたが、やっていきたいと思います。

ちょっと目を合わせて下さい……

鈴仙「……あ!?す、すみません!」

何かを思い出したように、鈴仙は謝りだした。

崇仁「にゃ……何ですか!?」

鈴仙「崇仁さんが女性が苦手なのは師匠から言われていたのに……!それを忘れて、こんなに、近づいて!」

崇仁「そ、そ!?そんなに、気にしないでも……ああ、いや。えっと……」

鈴仙「…………あ、そうだ!」

何かできることはないかと考えた鈴仙は、目を赤く輝かせて崇仁に向かい合った。

鈴仙「崇仁さん!貴方の女性嫌いを治せるかもしれませんよ!」

崇仁「へ?え、いや……ど、どういうことですか?」

鈴仙「というわけで、まず。私とちょっと目を合わせてください!」

崇仁「…………はぁ!?」

結果は?

コンマ8以上で成功

コンマ直下
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:04:01.49 ID:7+QmLpCEo
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:04:05.32 ID:pm8D0b9Q0
人気投票詳細きたよー
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:05:18.78 ID:YcGQGgDp0
博打成功
525 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:06:15.73 ID:Ldxuy7Ec0
※ここぞというコンマに成功する崇仁君、結構好きだよ。
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:10:45.37 ID:NdBUxw1Uo
コンマ神「見ているぞ」
527 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:19:25.82 ID:Ldxuy7Ec0
コンマ9 成功

崇仁「あ――――」

崇仁の意識が、鈴仙の赤い瞳に吸い込まれていく.

鈴仙「…………」

頭の中が、赤い光で満たされる。一種の催眠術のように、脳みそが弄られていく。

鈴仙「……はい、大丈夫ですか!」

崇仁「へ…………?」

意識が戻り、崇仁は寝ぼけたように周りをきょろきょろと見渡す。

鈴仙「これで、どうですか?」

崇仁「なんですか、鈴仙さん――!?あ、あれ……?」

急に手を握られて、驚く崇仁だが。なぜか身体の拒否反応が起こらない。

鈴仙「私の能力で、崇仁さんの精神を弄って女性嫌いをなくしてみたんですけど……成功みたいですね!」

崇仁「…………お、おお?」

女性の顔が気にならない、匂いが気にならない、声が気にならない。いままで恐怖の対象でしかなかったものがなくなったことで、少し唖然とする。

唖然としながら、鈴仙の手を両手で触る。女性らしい、綺麗な手だ。

鈴仙「あ、あの……恥ずかしいんですけど……?」

崇仁「あ、ああ!す、すみません!」

好感度上昇確定

コンマ8以上で+2

コンマ直下
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:20:09.65 ID:rfMRuqHhO
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:20:40.12 ID:pm8D0b9Q0
すげー
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:21:10.93 ID:NdBUxw1Uo
催眠療法の正しい使い方
531 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:24:03.23 ID:Ldxuy7Ec0
コンマ5 失敗

好感度上昇

鈴仙6「せ、成功した!」


朝2

崇仁「…………」

鈴仙「あ、あのぉ……少し、近い……かなぁ?」

崇仁は手を握りながら、鈴仙の顔をまじまじと見つめている。

崇仁「すみません、もう少しこのままにさせてください」

鈴仙「うぅ、わ。分かりましたぁ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:24:15.22 ID:uIO/oiw5o
3
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:24:43.22 ID:7+QmLpCEo
ついでに虚弱体質についても相談
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:24:46.49 ID:pm8D0b9Q0
童子化じゃん

安価下
535 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:28:40.64 ID:Ldxuy7Ec0
崇仁「……それじゃあ、その。本当に、本当に本当に!ありがとうございました!」

深々と頭を下げて、鈴仙にお礼を言う。

鈴仙「いえいえ、私が出来ることをやっただけですから……」

崇仁「また今度、きちんとお礼の品をもって行きますね!」

そういって、崇仁は自分の体力も忘れて、勢いよく空に飛んで行った。

――――

――

536 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:34:41.55 ID:Ldxuy7Ec0
〜崇仁の家〜

崇仁「匂いも気にならなかった、髪も気にならない、顔も気にならない、声も気にならない……!」

家に帰って、崇仁は自分の手を見つめながら。先ほどの出来事を確認するように復唱していた。

崇仁「私は、これでもう……大丈夫なんですかね……?」

服の上から、自分の体を触り。考える。

崇仁「……しかし、やはり……変な感じは、するんですよねぇ……恐怖心でも、いきなり取られたら空洞ができたようになるんですねぇ……」

何する?
1 外に出る(天界)
2 他の場所に行く
3 その他(自由安価)

安価直下
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:35:06.74 ID:MaFoFicaO
1
538 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:40:27.04 ID:Ldxuy7Ec0
〜天界〜

崇仁「んー……!空気がおいしいですねぇ」

ふよふよ空中散歩を楽しみながら、崇仁はもう一度。自分の手を見る。

崇仁「やはり、もう私は……もう、女性に怖がらなくていいというのは本当に嬉しいですね」

崇仁「……もう少し遠くに行きましょうかね」

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/07(日) 00:40:54.72 ID:rwl6sIZF0
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:41:04.86 ID:uIO/oiw5o
天子
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:41:14.72 ID:rfMRuqHhO
イクさん
542 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:42:48.70 ID:Ldxuy7Ec0
※文ちゃん……コンマします。

コンマ6以上で遭遇

コンマ直下
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:43:11.90 ID:7+QmLpCEo
あやややややや
544 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:48:32.64 ID:Ldxuy7Ec0
?「あややややや!?これはこれは懐かしい顔が!」

崇仁「おおおっ!?」

風を切る音とともに、崇仁の前に。カメラを構えた天狗の少女が現れた。

崇仁「び、びっくりしたぁ……ど、どうもお久しぶりです。文さん?」

文初期好感度判定

コンマ直下
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:49:49.23 ID:pm8D0b9Q0
ぶん
546 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 00:53:38.99 ID:Ldxuy7Ec0
文3「あやや?普通ですね……?」

※それでは、今日はこれで終わりたいと思います。長い時間参加してくださった皆さん、お疲れさまでした!

※また明日、おやすみなさい……。

※どうせすぐに分かるので言っておきますが、催眠効果は今日までとなっておりますのでよろしくお願いします……。そんなにすぐに克服させてたまるか!

※女性嫌い克服して、女の子とハッピーエンド!一番わかりやすい!
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:55:56.07 ID:pm8D0b9Q0
おつおつ
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 00:57:38.39 ID:NdBUxw1Uo
おつおつ
繰り返すうち催眠にどハマりしてアヘっちゃう系主人公クルー?
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 01:09:58.30 ID:YcGQGgDp0
乙でした
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 09:12:25.85 ID:Zexf098i0
おつぅ
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/07(日) 14:16:41.06 ID:rwl6sIZF0
やっぱり、えーりんのとこに通い続けないと治らないな
552 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 21:52:18.97 ID:Ldxuy7Ec0
※こんばんは、今日もやっていきたいと思います。

>>548

※エロ同人にありそう(小並感)


文「……あれ、なんか普通ですね。貴方の事ですから、慌てふためいて歯をガタガタ鳴らすものと思っていましたが……」

崇仁「あはは……その、もう大丈夫になったといいますか……」

文「えええ!?そうなんですか!?仕事に疲れた後、貴方の前にパッと現れるだけで気分爽快だったのに」

つまらないなぁ、と頬を膨らませて文句を言う鴉天狗に、白狼天狗は苦笑いしかできなかった。

崇仁「……や、止めてくださいよ。ほんと」

文「もうしませんよ、貴方から女性嫌いを取ったら。もう没個性じゃないですか」

崇仁「ひ、酷いですね!?」

何話す?

自由安価直下
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 21:54:21.26 ID:uIO/oiw5o
崇仁
大丈夫になった記念に手を握って良いですか?
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:00:20.86 ID:lWqanF1GO
なんだこの調子に乗る系主人公…
555 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:03:29.81 ID:Ldxuy7Ec0
大丈夫になった記念に手を握って良いですか?

崇仁「というわけで、大丈夫になった記念に手を握っていいですか?」

文「は?」

気が抜けたような声を出して、文は崇仁の方を、薄眼で見る。

文「……ふっ。ちょーっと女性に慣れたくらいで、調子に乗って……全く、嘆かわしい」

崇仁「別にいいじゃないですか、ほら。手を握るだけですから」

文「私の手を握って良い異性は貴方ではありませんー。まず、私の新聞を買ってから言ってください」

崇仁「じゃあ、握って良い異性が居るんですか?」

文「居るわけ無いじゃないですか……もしかして狙ってます?はーっ!これだから!」

崇仁「私、恋人とかよくわからないんですよねぇ。ほら、苦手だった時期が長すぎて、ちょっと……」

文「……え。同性愛?」

崇仁「ち、違いますよ!?」

コンマ8以上で+1

コンマ直下
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:04:42.08 ID:NdBUxw1Uo
ほ…
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:04:44.70 ID:rwl6sIZF0
こんな態度とられたら好感度高くしてから盛大に振ってやりたくなるな
558 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:10:25.41 ID:Ldxuy7Ec0
コンマ8 成功

文5「まずは新聞からで!」

昼1

文「ではでは!私は忙しいのでこの辺りで……貴方も女性嫌いが治ったのなら、仕事に戻ったらどうですー?まぁ、そのままサボりでもいいと思いますけどね」

にやにやと笑っている文がウインクをした瞬間。崇仁の目の前から消えてしまった。

崇仁「おぉ……やっぱり速いですね」

崇仁「文さん、やっぱり相変わらずですね……ほんと」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:12:23.25 ID:iqxQsrPKO
1
560 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:17:12.59 ID:Ldxuy7Ec0
崇仁「では、もう少しこの空中散歩を続けましょうかね」

違う方向に転換して、風に流れるように飛んでいく。

崇仁「……でも、ちょっと寒いんですよねぇー……風が強くて」

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:17:46.01 ID:w7vfnBooO
いく
562 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:28:15.27 ID:Ldxuy7Ec0
?「あの、すみません。少し宜しいですか?」

崇仁「はい?」

声の方を振り向くと、ひらひらとした非常に長い羽衣を着けた綺麗な女性が。直ぐ近くにいた。

?「あまりこちらでは見ない人でしたので……失礼ですが、名前は?」

衣玖初期好感度判定

コンマ直下
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:28:48.49 ID:uIO/oiw5o
たかーく
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:28:55.68 ID:7+QmLpCEo
ぬい
565 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:40:31.62 ID:Ldxuy7Ec0
衣玖9「礼儀の正しい方で……」

崇仁「ああ、すみません。私は嵯峨崇仁と申します」

衣玖「崇仁さん、ですか。おっと、私が名乗っていませんでしたね。私は永江衣玖、宜しくお願いいたします」

と、衣玖は長いスカートの裾を指の先でつまんで持ち上げて、小さく礼をした。

崇仁「……それで、私に何の用でしょうか?」

衣玖「ああいえ、本当にこの辺りでは見ない方だと思って声をかけただけですので……それに、最近天界に見ないものが居ると、噂がありますし……」

崇仁「え」

衣玖「私としては、正直どうでもいいんですけど。他の方がどうも……」

崇仁「あ、ああ。そう、ですか……あはは」

何話す?

自由安価直下
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:40:51.42 ID:pm8D0b9Q0
崇仁
綺麗ですね…と無意識に口に出してしまう
567 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:44:03.76 ID:Ldxuy7Ec0
※うーん、ちょっと考えます。会話で珍しくコンマするかも

※催眠で治っただけで、いきなり初対面の女性を口説き始める崇仁君草生える
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:45:09.25 ID:rwl6sIZF0
モフモフに興味があるイクさん
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:45:40.11 ID:lWqanF1GO
コレジャナイ感ある
570 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 22:49:05.66 ID:Ldxuy7Ec0
※まあ、コンマします。成功しても、まあ面白そうなのもありますし。

1〜5 >>566
6〜0 >>567

コンマ直下
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:51:01.57 ID:NdBUxw1Uo
572 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:00:40.52 ID:Ldxuy7Ec0
コンマ7

※間違えて自分に返信しちゃったけど>>568ですので!


モフモフに興味があるイクさん

衣玖「と、ところで。その……後ろからちらちら見える、そのモフモフっとしたものは……」

崇仁「ん、これですか?」

衣玖に背中を向けて、自分の尻尾を見せる。

崇仁「私、白狼天狗なんですよ。だからこんな尻尾もありますし、ケモ耳もあるんですよ」

衣玖「白狼天狗……そ、そうなんですか……」

何か羨ましそうに、崇仁の尻尾をじーっと見つめる。

崇仁「…………あの、触ります?」

衣玖「へぇ!?」

崇仁「ずっと触られるのは、くすぐったいですけど。大丈夫ですよ?」

さあどうぞ、と衣玖に許可を出す。その本人は顔をほんのりと赤らめて、どうしようかと悩んだ末。

衣玖「し、失礼しまーす……」

欲望に負けて、両手で尻尾を優しくつかんだ。

衣玖「おお、おおおおぉ……!す、すごいモフモフ……!」

崇仁「それは何よりです」

目を輝かせて、衣玖はしばらくの間。尻尾を触り続けた……。

コンマ8以上で+1

コンマ直下
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:02:10.28 ID:7+QmLpCEo
モフモフ
574 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:07:28.18 ID:Ldxuy7Ec0
コンマ8 好感度大幅上昇

衣玖11「も、モフモフ……!」

昼2

衣玖「……す、すみません。随分と触ってしまいました……」

崇仁「別に構いませんよ、気にしないで下さい」

衣玖「ありがとうございます……それでは、お礼がしたいところですけど、今は何も持っていないので……もしまたこの辺りに来ることがあれば、その時は何か」

崇仁「ほ、本当に大丈夫ですからね?」

衣玖「ええ、理解していますよ?それでは、私は」

そういって、またスカートを軽く持ち上げてから。衣玖は行ってしまった。

崇仁「…………く、くすぐったかったぁ」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:08:45.38 ID:uIO/oiw5o
1
576 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:13:41.87 ID:Ldxuy7Ec0
崇仁「……そろそろ帰りましょうかねぇ」

汗を拭って、崇仁は家の方向を向く。

崇仁「疲れてきましたし……まだ暗くなる時間ではないので、ゆっくりのんびりと行きましょうか」

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:14:42.46 ID:DhraxcDFO
天子
578 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:25:01.77 ID:Ldxuy7Ec0
天子「あっ!いつぞやの!」

崇仁「うおぉ!?」

いきなり女性の叫ぶ声が聞こえ、身体をビクッと震える。

天子「お前ー……まーた、ここに来るとは、良い度胸ねぇ……」

少し低めの声になって迫ってくる、それに合わせて。崇仁も少しづつ後ろに下がる。

崇仁「ど、どうも。久しぶり……ですかね?天子さん」

天子「後ろに下がらない!この前は私の優しさで見逃してあげたけど、今日はそういかないわよ……」

崇仁「…………ひえっ」

何話す?

自由安価直下
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:27:47.13 ID:YcGQGgDp0
天子が仕掛けて弾幕ごっこ開始(シーンはカット)
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:27:47.24 ID:7+QmLpCEo
まあチャンスをあげるわ(スペカ取り出し)
581 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:42:27.04 ID:Ldxuy7Ec0
天子が仕掛けて弾幕ごっこ

天子「まあ、ここから私が貴方みたいな汚い妖怪を問答無用で蹂躙してもいいんだけど……チャンスをあげるわ」

そういって、にやにやと笑いながら。懐から何か、紙を取り出した。

崇仁「…………?あ、あの?」

天子「弾幕ごっこ、知らないわけじゃないでしょ?立派立派な神も人間も平等な戦闘ルール」

崇仁「だ、弾幕ごっこぉ!?ま、待って下さいよ!私、弾幕ごっこなんてやったこと――」

天子「五月蝿い五月蝿い!男だったらつべこべ言わずに構えなさい!そっちから来ないんだったら行くわよ!」

そういって、天子回転しながら崇仁にめがけて弾幕を展開する。

崇仁「あ、ああもう!私、スペカも持ってないのにぃ……!」

迫ってくる弾幕を何とか交わして、崇仁は涙目になりながら。必死に応戦するが――。
582 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:43:05.39 ID:Ldxuy7Ec0
――――

――



天子「あーっはっはっはっはぁ!見たか!これが私の実力よ!」

見事相手を蹂躙した天子は、両手を組んで仁王立ちになって嬉しそうに笑っている。

崇仁「…………し、死ぬぅ……」

そしてその対戦相手はボロボロになりながら、息を整えていた。

天子「んまぁ?私相手にしては、中々頑張った方だとは思うけど?まだまだね!」

崇仁「……どうも、ありがとうございます」

天子「んー!スッキリしたぁ!じゃ、私はもう帰るから。もう来るんじゃないわよ!」

気分上々に鼻歌を歌いながら、天子は帰って行った。

崇仁「……筋肉痛だなぁ」

コンマ8以上で+1

コンマ直下
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:45:53.96 ID:uIO/oiw5o
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:46:53.14 ID:rwl6sIZF0
こんな女ばっかりだったら女嫌いにもなるな
585 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/07(日) 23:50:51.94 ID:Ldxuy7Ec0
コンマ6

天子7「もう来るんじゃないわよ!」

※では、短いですが今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。

※また明日、おやすみなさい……。
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:58:30.20 ID:NdBUxw1Uo
おつおつの
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 00:55:00.76 ID:QWP1n75R0
588 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:19:24.58 ID:TIVqzn6v0
※こんばんは、今日もやっていきたいと思います。

夜1

崇仁「普段使わない筋肉を使ったせいで、か、身体が……」

崇仁「そう言えば、帰る途中に天子さんに話しかけられたんでしたね……ふぅ。帰りましょうかぁ……」

崇仁「……くしゅっ」

小さなくしゃみをして、崇仁は震えながら飛んでいく。

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:23:41.03 ID:FPRKnuTGo
1
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:24:00.21 ID:bv6dn6Xs0
山へ
591 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:29:47.95 ID:TIVqzn6v0
崇仁「……寒い」

冷たい夜風が、汗によってより強く感じられる。

崇仁「あったかいお風呂に入りたい……もう寝たい……帰りましょう、帰りましょう……」

ブツブツと独り言を喋りながら、崇仁はフラフラ飛んでいく。

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:30:22.86 ID:sMPkFEf5O
はたて
593 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:31:53.11 ID:TIVqzn6v0
※文ちゃんがコンマならば、はたてもコンマ。

コンマ7以上で遭遇

コンマ直下
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:32:39.41 ID:rYmL2HGlo
595 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:33:27.19 ID:TIVqzn6v0
コンマ1 失敗

※再安価します。

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:33:51.35 ID:KdWtzGYVO
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:34:01.83 ID:7oIVk8Zu0
ゆかりん
598 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:36:03.64 ID:TIVqzn6v0
コンマ5以上で遭遇

コンマ直下
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:36:41.68 ID:yOmepeMf0
やあっ
600 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:42:29.00 ID:TIVqzn6v0
コンマ8 成功

?「あらあら、こんなところに珍しい。山の天狗がこんなところで何をやっているのかしら?」

崇仁「へ――」

横を向くと、女性がキレイに上半身だけ出してそこに存在していた。

気配も何もなく、まるで幽霊のように現れた女性は。クスクス笑っていた。

崇仁「――――!?な、なんで貴女が?」

紫初期好感度判定

コンマ直下
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:43:10.03 ID:bv6dn6Xs0
602 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 21:52:34.68 ID:TIVqzn6v0
紫3「宜しく、仲良くしましょう?」

紫「あら、その様子だと……私の事は知っているのかしら?」

崇仁「そりゃあ……まあ。八雲紫さん、ですよね?」

紫「うふふ、私も人気者ねぇ」

気づけば身体全体を出していた八雲紫は、日傘をくるくると回して。どこかを見ていた。

紫「……それで貴方の名前は?」

崇仁「あ、ああ。すみません、私は嵯峨崇仁と申します、以後お見知りおきを」

紫「ふぅん、崇仁ねぇ……ま、仲良くしましょう?」

崇仁「…………ええ」

何話す?

自由安価直下

603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:53:37.66 ID:7oIVk8Zu0
モフモフを堪能する紫
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:58:08.22 ID:7oIVk8Zu0
九尾のモフモフより上か?
605 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:07:02.95 ID:TIVqzn6v0
モフモフを堪能する紫

紫「ええ、仲良くしましょうね?」

崇仁「…………あの」

ニコッと笑った紫の方を向いて、少し恥ずかしそうに。崇仁は尋ねる。

崇仁「……何も言わずに、耳を触るのやめてほしいんですけど」

紫「あら?駄目だった?」

崇仁「駄目じゃないですけど……ほら、心の準備という物もありますし――」

紫「尻尾もすごいわねぇ、家のと同等かそれ以上かしら」

崇仁「少しくらい話を聞いてくださいよぉ……」

耳の次は尻尾を、紫は話を聞かずに触り始めた。

紫「ええ、聞いてる聞いてる」

崇仁「……まぁ、もういいんですけど」

紫「今のうちに女性に慣れておいた方がいいわよー、明日になってもこの状態なのかは限らないんだから」

崇仁「……あれ?私、紫さんに話しましたっけ?女性嫌いの話」

紫「あー…………」

人差し指を唇に当てて、少し考えた後。

紫「秘密ー」

崇仁「ええぇ……」

一言だけ言って、また触り始めた。

コンマ8以上で+1

コンマ直下
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:07:32.82 ID:bv6dn6Xs0
607 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:14:12.32 ID:TIVqzn6v0
コンマ2 失敗

紫4「気持ち良い尻尾ねぇ」

夜2


紫「それじゃあ、私は満足したから帰るわね」

そういった瞬間に、紫は自分のスキマで消えて行ってしまった。

崇仁「……な、なんであの人会いに来たんだ?神出鬼没、とは知っていましたけど……」

崇仁「……今日だけでどれだけ尻尾を触れたんでしょうかね?」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:14:42.45 ID:FPRKnuTGo
3
609 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:19:52.55 ID:TIVqzn6v0
――――

――



〜崇仁の家〜

崇仁「……ふぅ」

コップ一杯の水を飲んで、椅子に座る。

崇仁「疲れた、本当に疲れたぁ……」

崇仁「……お風呂入りましょ」

何する?
1 外に出る(天界)
2 もう寝る
3 その他(自由安価)

安価直下
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:21:01.15 ID:sMPkFEf5O
2
611 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:26:36.41 ID:TIVqzn6v0
崇仁「……それじゃあ、お休みなさぁい」

いつもより長めのお風呂から上がった崇仁は、寝間着に着替えてすぐにベッドにダイブする。

崇仁「あぁ、ベッドが気持ちいぃ……ずっとここに居たい……」

枕に顔を埋めて、そんなことをつぶやく。

崇仁「…………」

そして、そのまま夢の世界に入っていった……
612 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:27:10.90 ID:TIVqzn6v0
四日目終了

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

好感度

天子7「もう来るんじゃないわよ!」

はたて6「えへ、ありがとー」

椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

映姫4「だ、大丈夫ですか?」

小町8「やっぱり私嫌われてる?」

鈴仙6「せ、成功した!」

永琳4「……虐待ねぇ」

美鈴2「き、嫌われちゃった?」

チルノ10「もっと元気出せ!な!」

てゐ1「へー……」

輝夜3「……そんなに怖いかしら?」

文3「あやや?普通ですね……?」

衣玖11「も、モフモフ……!」

紫4「気持ち良い尻尾ねぇ」
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:28:16.23 ID:bv6dn6Xs0
ドレミーでないのかな
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:28:18.09 ID:7oIVk8Zu0
そういえば知能も高いんだったな
615 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:30:14.17 ID:TIVqzn6v0
>>613

※あっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:31:25.70 ID:bv6dn6Xs0
童子コンマ0寝泊まり決定以来の絶叫
617 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:34:43.25 ID:TIVqzn6v0
※ドレミ―判定忘れてた……ヤバイ、ヤバイ……。

※とりあえず、今から判定だけでもやります……。

コンマ8以上で夢の支配者と――

コンマ直下
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:38:05.79 ID:rYmL2HGlo
ぬえ
619 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:47:44.03 ID:TIVqzn6v0
コンマ9 成功

〜夢の世界〜

崇仁「…………あ?」

目を覚ますと、そこは知らない世界だった。

全面濃い紫色の、不思議な世界だった。

崇仁「こ、ここは?」

?「あらあら、またこっちに来ちゃった人が――」

崇仁「ひぃいいいいっ!?」

?「……うるさっ」

ドレミ―初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 22:47:44.29 ID:80vvmzxLo
で、会う!w
621 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 22:54:56.79 ID:TIVqzn6v0
ドレミー7「……不思議な人」

ドレミー「私はドレミー・スイート。ここ、夢の世界の管理人をしているのだけど――」

崇仁「あ、あれ……、あれぇ?」

ドレミ―の自己紹介を聞かず、夢の世界の事ではなく自分の事を不思議がっている崇仁。

ドレミー「……ねえ、貴方。ちょっと」

崇仁「まっ!待って下さい!?…………すぅー、はぁー……」

ドレミ―から少し離れて深呼吸をして、崇仁はゆっくりとまた近づいていく。

崇仁「……わ、私は。嵯峨、崇仁と言います……はい」

ドレミ―「ええ、崇仁さん……不思議な人」

崇仁「す、すみません……」

ドレミー「あら、何も謝ることなんてないでしょう?」

何話す?

自由安価直下
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 23:03:11.70 ID:sMPkFEf5O
童子がはたてに対し絶賛夜這い中
623 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 23:14:12.41 ID:TIVqzn6v0
※んー、すみませんが再安価させてもらいます。

※夢の世界で現実のそういう部分が見えるのか分かりませんし……。

何話す?

自由安価直下
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 23:23:39.56 ID:FPRKnuTGo
女嫌いは克服した筈とドレミーに虚勢な紳士っぷりで応対
625 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/08(月) 23:34:40.80 ID:TIVqzn6v0
※途中ですが、今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。

※また明日、おやすみなさい……。
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 23:39:43.47 ID:80vvmzxLo
おつー
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:01:41.73 ID:tn1z8OY1o
乙乙
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:50:42.91 ID:R6Tk9DtX0
おつ
629 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/09(火) 20:48:10.52 ID:bW53fI/P0
※すみません、今日は休ませてもらいます……。
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 21:09:03.96 ID:tn1z8OY1o
うぃ
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 21:11:46.46 ID:URGBzsINo
ゆっくり休め
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 16:21:31.05 ID:OWvaYPE90
白狼天狗はいぬのおまわりさん
633 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 19:25:16.55 ID:fpCmmWqr0
※こんばんは、今日は頑張ってやっていきたいと思います。

虚勢な紳士っぷりで応対

崇仁「……え、えーっと。ドレミー、さん?」

ドレミー「はい?」

崇仁「…………ひ、一人でいて大丈夫なんですか?こ、この世界?に」

ドレミー「あら、心配してくれているんですか?ええ一人でいても大丈夫ですよ、ここの管理人ですから……まぁ、たまに貴方のような人も来ますけど……」

基本的に無害ですからと、クスリと笑って崇仁の方を見た。

ドレミー「ところで、何故そんなにも汗を?緊張とか、しているんですか?」

崇仁「うぇ!?あ、あー……す、すみません。あは、は……」

ドレミー「もしかして、女性が嫌いとか?」

崇仁「んんっ!?」

ドレミー「この世界で、私に分からない事は無いわ――とか、言ってみたりして」

崇仁「……すみません」

ドレミー「だから、なんで謝るのよ?」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 19:26:19.51 ID:LCqnvNF20
おりゃ
635 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 19:33:04.03 ID:fpCmmWqr0
コンマ1 好感度上昇なし

ドレミー「ああそうそう。極上の眠りを求めるのであれば人里のドレミー寝具店まで宜しくね?」

崇仁「は、はい?」

少し無理やりな宣伝に、戸惑いを見せる。

ドレミー「それじゃあばいばい?もしまた会うことがあれば……宜しくね?」

くすくす笑いながら、ドレミーが指を鳴らすと。

崇仁「え、あ――――」

崇仁は、深い深い眠りに落ちていった――。
636 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 19:36:51.10 ID:fpCmmWqr0
五日目

早朝

崇仁「…………何だったんだ、あの夢は」

目を覚ますとそこはいつもの天井だった。

崇仁「……ああ、いやいや。あんなに語りかけてくる夢は初めてですよ……冷たっ」

背中を触ると、汗でびしょ濡れになっていた。汗で濡れた手を見て、崇仁は溜息を吐く。

崇仁「これ、絶対に夢で無理したからですよね……嘘、鈴仙さんの催眠術解けてる?」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 19:37:13.27 ID:LCqnvNF20
638 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 19:48:19.78 ID:fpCmmWqr0
※連投採用します。

崇仁「…………ふぅ」

汗を流すために軽くシャワーを浴びて、崇仁は普段着を身に纏い外に出る。

深呼吸をすると肺が綺麗な空気で満たされる。

崇仁「適当に出かけましょうかねー……いやはや、私がこんなにも外に出るようになるなんて、変わるものなんですねぇ」

崇仁「一応、薬も飲みましたし。大丈夫ですね。はい」

何処に行く?

自由安価直下(場所によってはコンマ再安価)
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 19:48:54.82 ID:d0a6VLQj0
えーえんてー
640 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 19:56:12.99 ID:fpCmmWqr0
――――

――



〜迷いの竹林〜

崇仁「……催眠のかけ直しって出来るんですかね」

竹林の前でブツブツ独り言をつぶやく。

崇仁「いや、まだ戻ったと決まったわけじゃないんですけど……んー」

どうする?
1 一人で行く
2 案内人を探す
3 やっぱり行かない

安価直下
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 19:56:48.17 ID:XQoqqTspO
2
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 19:56:55.96 ID:LCqnvNF20
643 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 20:01:54.55 ID:fpCmmWqr0
崇仁「……怖いですけど、一人で行くのも同じくらい怖いんですよねぇ」

そんなことを言って、竹林の前で未だ立ち止まっている。

崇仁「い、いや。もう怖いのは治ってるはずなんですけど……な、なぜか寒気が……!」

誰にあった?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:02:38.39 ID:d0a6VLQj0
うどんちゃん
645 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 20:11:39.19 ID:fpCmmWqr0
鈴仙「……何やってるんですか?」

崇仁「ひぃいっ!?」

後ろからと言うわけでもなく、普通に声をかけられただけで驚く崇仁。

鈴仙「あ、あれぇ?崇仁さん、もしかして――」

崇仁「…………みたい、ですねぇ……」

鈴仙「……もう一度しますか?私の眼を見ることになりますけど」

崇仁「が、が――頑張ります……」

落ち込みながら鈴仙の瞳を見る崇仁。そして、鈴仙の目がより赤く光り――。
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:12:08.55 ID:OWvaYPE90
これは耐性が出来てるパターン
647 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 20:16:44.29 ID:fpCmmWqr0
――――

――



鈴仙「なんで効かないのぉ!」

崇仁「…………」

何度も何度も鈴仙の能力を使って崇仁の精神を弄るが、なぜか女性への耐性がつかない。

わーんと叫ぶ鈴仙の横で、崇仁は今にも燃え尽きそうになっていた。

鈴仙「わ、私の能力への耐性が出来た?いや、そんなこと……」

崇仁「きょ、今日はもうやめにしましょう……別に、今までと変わりませんから……」

鈴仙「う、うぅ……すみません……」

何話す?

自由安価直下
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:17:29.08 ID:LCqnvNF20
永遠亭へ連れてって
649 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 20:31:36.56 ID:fpCmmWqr0
永遠亭へ連れてって

崇仁「……それじゃあ、鈴仙さん。私を永遠亭に案内してくれますか?」

鈴仙「わ、分かりましたぁ……本当にすみません。私が不甲斐ないばかりにぃ」

ある意味崇仁よりもショックを受けている鈴仙が、目を潤ませて言った。

崇仁「ほ、本当に気にしないでいいですから!あ、あー……」

鈴仙「……お師匠様の所でカウンセリングをするんですよね?それじゃあ……行きましょうか」

崇仁「へ?え、あ、……い、行きましょうか……」

鈴仙「能力以外で私も力に慣れればいいんですけど……」

崇仁「あ、ありがとうございます……」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:32:44.53 ID:d0a6VLQj0
ぶっかけうどん
651 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 20:35:31.87 ID:fpCmmWqr0
コンマ3 好感度上昇なし

※すみません、ご飯のため休憩します。

※暇な方は今日の夜ご飯とかを書いていてください。
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:38:32.30 ID:d0a6VLQj0
ぶっかけうどん
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:50:19.92 ID:kbRoSqnWo
焼き鳥
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 20:54:04.58 ID:LCqnvNF20
今宵は……鮭でおまんま食った(^^)
655 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 21:46:19.41 ID:fpCmmWqr0
※親子丼美味しかったです、再開していきます。

朝1

〜永遠亭〜

鈴仙「では、私は自分の部屋に戻りますので何か用があれば何時でも来てくださいね」

崇仁「あ、はい。分かりました……」

小さく返事をして、崇仁は鈴仙の少し後に永遠亭に入る。

崇仁「……えっと、それじゃあ――」

誰にあった?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 21:49:09.06 ID:OWvaYPE90
えーりん!えーりん!
657 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 22:05:24.90 ID:fpCmmWqr0
永琳「……ふぁあ」

事務椅子に座り眠そうに欠伸をする永琳。

崇仁「ど、どうもおはようございます……」

永琳「鈴仙から、もう貴方は大丈夫!と聞いていたのだけれど……大丈夫、ではなさそうよね」

崇仁「一日限りだったみたいで……す、すみませんでした……」

永琳「別に気にしてないけどね、まあ。今日もカウンセリングね、少しづつやっていきましょうか」

崇仁「よ、宜しくお願いしますぅ……」

何話す?

自由安価直下
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 22:11:55.36 ID:kbRoSqnWo
母親がいなくなってからどうしていたか
659 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 22:47:32.37 ID:fpCmmWqr0
※本当に申し訳ありません、途中ですが気分が悪いため今日はこれで終わりたいと思います。

※参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

※明日も、出来ればやりますので参加してくれると嬉しいです。
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 22:48:13.11 ID:d0a6VLQj0
お大事に
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 22:48:22.01 ID:kbRoSqnWo
乙でした、お大事に
何だったら再安価でも構いません
662 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/10(水) 22:53:09.91 ID:fpCmmWqr0
>>661

※ああいえ、問題ないので再安価はしないでこのまま行こうと思います!何か心配させてしまいましたらすみません。
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 22:54:00.20 ID:dWlL651Jo
乙乙
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 22:58:55.59 ID:GPc4fwngo
おつ
お体にお気をつけて
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 01:27:37.44 ID:jrpTKgV/0
おつ
666 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/11(木) 23:15:27.54 ID:MpMsBfaN0
※すみません、今日も休ませてもらいます……。
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 23:20:06.76 ID:mZo+Afxyo
ゆっくり休め
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 23:37:09.33 ID:jrpTKgV/0
今日も休め
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 23:54:45.75 ID:5O8GoarNo
寒の戻りに気をつけて
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 19:03:19.91 ID:r7cy4egO0
今日こそは期待してるぞ
671 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/12(金) 23:14:22.50 ID:0B/QR8ta0
※こんばんは、遅い時間ですが今日はやっていきます。

母親がいなくなってからどうしていたか

永琳「そう言えば貴方。母親が居なくなってからどうしていなのかしら?」

崇仁「あー……えっと。家の要らなそうな物を売ったりしてお金作ったりして、なんとか」

永琳「へぇ、他の家を頼ったりしなかったのかしら?」

崇仁「はは、いやぁ……独りになったばかりの当初は、今よりも酷かったので女性が居る家にお邪魔は……」

永琳「別に女性が居る家以外に行けばよかったでしょう?独身とか、居るでしょ流石に」

崇仁「まあ、一応。頼ったことはあるんですけど……まあ、相手にされず」

永琳「……親が中々の地位に居たのに?」

崇仁「あまりいい印象持たれてなかったんですかねぇ……まぁ、はい。売って買ってを繰り返して、白狼天狗の哨戒組織に入り――今に至りますね」

永琳「そう言えば、貴方哨戒は良いのかしら?何、休みとかもらってるの」

崇仁「……哨戒組織にも、女性は沢山居るんですよねぇ……それで、まあ……サボりがちで」

永琳「…………」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:15:20.43 ID:6tS1TZwQo
おめ
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:15:32.50 ID:1Foe1RXFo
おサボり厳禁
674 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/12(金) 23:19:43.04 ID:0B/QR8ta0
コンマ3 好感度上昇なし

朝2

永琳「……今、生活はどうしてるのよ」

崇仁「お、お金はまだありますし……」

永琳「……まあ、貴方の生活についてとやかく言うつもりはないけど……変な病気になってここに来るのは止めてよ?ベッドも無限じゃないんだから」

崇仁「き、気を付けます……すみません」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:20:33.43 ID:1Foe1RXFo
1
676 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/12(金) 23:24:06.06 ID:0B/QR8ta0
崇仁「そ、それじゃあ。こんな早い時間にありがとうございました……」

永琳「ええ、正直あまり力に慣れていないと思うけど……まぁ、コツコツとね」

崇仁「いえいえ!そ、そんなことないですよ!随分、随分楽になってますよ!」

永琳「……ま、いいわ。それじゃあ、お大事にー……帰るときは私でも誰でも良いから言いなさいよ」

誰にあった?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:25:19.74 ID:f4q+mCwMO
レイセン
678 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/12(金) 23:31:10.42 ID:0B/QR8ta0
※レイセンってあれですよね、綿月姉妹に飼われてる子ですよね?書籍読まなきゃ自分。

※月に居る子が永遠亭に居るんですかね?確かサグメ様とかは来てた気がするけどよく分からねぇ……。

※すみません、ちょっと再安価させてもらいます。申し訳ないです。

誰にあった?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:31:53.09 ID:1Foe1RXFo
てゐ
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:32:13.69 ID:6tS1TZwQo
ひめさまー
681 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/12(金) 23:37:37.29 ID:0B/QR8ta0
てゐ「あ」

崇仁「あ」

帰る前に少し見ようと縁側の方に行くと、そこで見たことのある少女が兎と遊んでいた。

てゐ「……やーやー。どうも、お兄さん。お久しぶり?」

崇仁「あ、ば、ばぁ!?あ、なた!?」

目が回り、口が回らない。そんな崇仁を見て、てゐがぐいぐい近づいてくる。

てゐ「あー、そんなに怖がらないでしょ。ほら、一応お師匠様から話は聞いてるからさ、嵯峨崇仁君?」

崇仁「い、いやいやぁ!?あ、貴女……ええぇ!?」

てゐ「……そんなに、ビビる?」

何話す?

自由安価直下
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:45:03.60 ID:heN2Tsd80
崇仁、パンチラでからかわれる
683 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/12(金) 23:58:19.23 ID:0B/QR8ta0
パンチラでからかわれる

てゐ「いやいや、こんなに無害な私が――」

てゐが話している瞬間に風が吹いて、てゐのワンピースが大きく捲れる。

可愛らしい小さなリボンがちょこんと一つ付いた、薄いピンク色のドロワーズだった。

崇仁「――――」

てゐ「ひゃ――あ。お、おっとおっと……もしかして崇仁さん、私の下着、見た?」

崇仁「ご、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……!」

震えて今にも土下座をしそうな格好になりながら、謝る崇仁。

てゐ「いやぁ、はっはっは。ねぇ、どうだった?私のパンツ?どう、どう?」

崇仁「ごめんなさいぃ……!お金なら払いますからぁ……!」

てゐ「……いやいや、そこは可愛かったーとか、超セクシーとか。いうことあるでしょ」

崇仁「ひ。ひぃ……!?ゆ、許してください……!悪気はなかったんですぅ……!」

てゐ「んー、謝られるだけどだとからかいがいが無いなぁ。ワンパターン「

崇仁「す、すみません……本当にすみません……!」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:59:18.56 ID:1Foe1RXFo
まあ、これでタカられた経験ありそう
685 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 00:03:35.63 ID:ySXF8Ykm0
コンマ6 好感度上昇

てゐ2「んー、ワンパターン」

昼1

てゐ「何?私も下着じゃあ興奮しないっていうのかい?姫様とかお師匠様のとかのがいいのかい?」

崇仁「すみませんすみませんすみません……」

てゐ「……あーあー。もう、ごめんって。はい、そんなに泣きそうにならない、謝らない」

崇仁「…………ごめんなさい」

てゐ「んじゃ、私行くから。変なことするなよー」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:04:10.56 ID:9F0oWu7m0
天界もどるー
687 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 00:11:27.87 ID:ySXF8Ykm0
――――

――



〜天界〜

崇仁「…………死にたい」

何とか永琳に送ってもらい、天界の空をフラフラと飛んでいる崇仁。

崇仁「もう、もうあの人には会えない……ヤバい、死にたい……」

崇仁「……寝て、忘れたい」

誰にあった?

自由安価直下(天界に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:11:54.28 ID:ziqf5nPYO
衣玖さん
689 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 00:16:15.13 ID:ySXF8Ykm0
※すみません、早いですが今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。

※また明日、おやすみなさい……。

※長くできるかはわからないけど、今まで休んだ分を取り返すくらい長くやりたいな!
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:23:53.86 ID:9F0oWu7m0
乙乙
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:24:30.95 ID:VUCycz/Q0
おつ
ゆっくりやってくれればええんやで
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:29:59.51 ID:/9GtF2moo
乙乙
693 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 21:19:15.56 ID:ySXF8Ykm0
※こんばんは、今日もやっていきたいと思います。

衣玖「あ、崇仁さん。どうもこんにちは」

崇仁「ひっ……あ、ああ。ど、どうもこんにちは……衣玖さん」

帰り道に偶然会ってしまった衣玖に、ビビりながら挨拶をする。

衣玖「……?あの、もしかして体調が悪いんですか?少し顔色が……」

心配そうに顔を覗き込む衣玖の視線から逃げようと、崇仁も視線をずらす。

衣玖「……もう帰って、寝た方がいいのでは?」

崇仁「そ、そう。しますね……はは」


何話す?

自由安価直下
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:20:58.69 ID:DXYrroTs0
女の子への対応にはまだ苦労する
695 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 21:32:53.34 ID:ySXF8Ykm0
女の子への対応にはまだ苦労する

衣玖「ちゃんとご飯は食べていますか?崇仁さん細いですし、前初めて会った時も少しやつれていましたし……」

崇仁「は、は……まぁ、えっと。私少し体が弱いと言いますか、病弱と言いますか……その、これが通常状態と言いますか」

衣玖「え!?そ、そうなんですか?」

崇仁「…………そう、なんですよ」

驚いた顔をしている衣玖と、少しずつ後ろに下がる崇仁。

衣玖「心なしか、尻尾も少ししなしなになっているような……あの、本当に大丈夫ですか?汗も酷いですし、フラフラとして――」

そういって、ゆっくりと近づいてくる衣玖。

崇仁「ひ、ひぃっ!?ほ、本当に大丈夫ですからぁ!き、き、気にしないで下さいぃ!」

衣玖「…………そう、ですか」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:33:27.28 ID:/9GtF2moo
おねし
697 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 21:40:50.04 ID:ySXF8Ykm0
コンマ8 好感度大幅上昇

衣玖13「本当に、本当に大丈夫ですか?」

昼2

崇仁「で、では。私はこの辺りで……心配してくださり、ありがとう、ございました……」

軽い挨拶をして、崇仁はその場を去って行った。

衣玖「あ、ありがとうございましたぁ……?き、気を付けてくださいよー……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:44:44.31 ID:9F0oWu7m0
トップ独走か
安価なら下
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:45:06.56 ID:4k2WUOCsO
妖怪の山
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:45:17.33 ID:ER48HJniO
1
701 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 21:50:27.50 ID:ySXF8Ykm0
――――

――



〜妖怪の山〜

崇仁「…………ど、何処?此処」

適当な気にもたれ掛かり、辺りを見渡す。

崇仁「……あぁ、ここ山ですか。何も考えずに飛んでいたのでこんな所に……?」

崇仁「いやぁ、流石にそんなこと――と思いたいですけど、実際ここに居るんですよねぇ」

誰に会った?

自由安価直下(妖怪の山に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:52:20.93 ID:/9GtF2moo
華扇
703 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 21:57:32.13 ID:ySXF8Ykm0
?「あら、真面目な白狼天狗がサボりなんて珍しい」

崇仁「うおぅ!?――って、あっ!」

驚いて急に立ち上がる弾みに足を滑らせて転んでしまう。

?「へ?え、ちょっと大丈夫!?」

崇仁「だ、大丈夫!大丈夫ですから!」

華扇初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 21:58:31.80 ID:DXYrroTs0
いよっ
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:01:48.81 ID:ER48HJniO
お姉さんタイプの好感度が高い!
706 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 22:10:18.44 ID:ySXF8Ykm0
華扇8「な、何故そこまで避ける?」

崇仁「し、心配してくださりありがとうございましゅ!こ、この通りピンピンしていますのでぇ!」

華扇「……だ、大丈夫ですか?」

崇仁「え、ええ!」

汗をダラダラ流しながら、何とか返事をする。

華扇「……こほん。私は茨木華扇。この山で仙人をしています」

崇仁「せ、仙人様ですか……わ、私は嵯峨崇仁。と言います……」

華扇「崇仁さん、ですね。それじゃあ、その……」

崇仁「な、何ですか……?」

華扇「……なぜ、そこまで避ける?」

何話す?

自由安価直下
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:10:55.53 ID:4k2WUOCsO
ただならぬ淫らな女性の匂いに悶絶
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:11:27.94 ID:/9GtF2moo
女性が苦手であることと修行的なことで克服できないか尋ねる
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:12:28.66 ID:9F0oWu7m0
淫ピっぴ〜
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:13:11.93 ID:UAwspjnIO
華仙を淫ピに婦する風潮、ファックだね
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:13:27.53 ID:xzzt58qPo
さも当然のような淫ピ扱い
712 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 22:21:12.95 ID:ySXF8Ykm0
※なんでや華扇=淫ピじゃないやろ!!!!!でも安価は取る!良い匂いは絶対する!

ただならぬ淫らな女性の匂いに悶絶

崇仁「……あ、あの!その、本当に本当に大丈夫ですから!その、あまり近づかないでくれません……か?」

華扇「へぇ!?ど、どうしてですか!?べ、別にまだ何もしてないでしょう!?」

崇仁「まだぁ!?」

華扇「何もしませんよ!もしかして、何か隠しているんですか?」

崇仁「ち、違いますよぉ!あ、えっと。その……あまり、女性が得意じゃないといいますか……匂いとか、その」

華扇「に、におっ……!?し、失礼な!い、いきなりそんなことを!」

崇仁「ひぃいっ!ご、ごめんなさいごめんなさいぃ!」

華扇「あ、ああでもそんなに怖がらなくても……」

崇仁「で、デリカシーがなかったですよね。すみません、本当にすみません……」

華扇「ああ私がすっごい悪者みたいな感じがする!と、兎に角謝らないで!」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:21:49.88 ID:UAwspjnIO
多分香水の匂い
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:23:42.57 ID:9F0oWu7m0
世界線違うけど華扇にリベンジのチャンスが…?
715 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 22:26:52.10 ID:ySXF8Ykm0
コンマ8 好感度大幅上昇

華扇10「そ、そんなに嫌な匂いが……?」

夜1

華扇「……そんな匂いしますかね」

ブツブツ呟きながら自分の体の匂いを嗅ぐ華扇。

崇仁「そ、その。すみません……」

華扇「だから……もう。身体、大丈夫なんですよね?ならもう気をつけて帰って下さいね。てか、サボりなんてしないで働きなさいよ」

崇仁「ご、ごめんなさいぃ……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:27:08.58 ID:9F0oWu7m0
1
717 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 22:33:22.26 ID:ySXF8Ykm0
それじゃあ、さようなら。そう言い残して華扇は身体の匂いが嗅ぎながら飛んで行った。

崇仁「……わ、悪いことしたかなぁ……」

もう見えない華扇の方向を向いて、小さく頭を下げる。

崇仁「もう少し休憩したら、帰るかぁ」

誰に会った?

自由安価直下(妖怪の山に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:35:21.71 ID:C/LN6Ga0o
いいにおいしそう、する(断言)
あんかはあやや
719 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 22:45:59.74 ID:ySXF8Ykm0
文「はいはい、どうもどうもー。清く正しい射命丸文ですよー!」

ビュンと風を切る音と共に文が目の前に現れた。

文「こんばんは崇仁さーん……って、あやや?」

崇仁「――――」

文「き、気を失っている……!?いやいや、そんなギャグじゃあないんですから。おーい、崇仁さーん?」

崇仁「――んあっ!?って……ひえぇ!?ど、ど、どうも、文さん……こんばんはぁ……」

文「……あれ、女性嫌い治ってない。この前のはやせ我慢?」

何話す?

自由安価直下
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:46:12.49 ID:5Qtt6UId0
射命丸
確かこうすると貴方は面白い反応するんですよね(ニヤニヤしながらスカートをめくって見せる
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 22:48:21.59 ID:+xk8i8dYo
なんか気色悪い
722 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:02:45.54 ID:ySXF8Ykm0
確かこうすると貴方は面白い反応するんですよね

文「確か、こうすると貴方は面白い反応をするんですよねー」

ニヤニヤと笑いながら、文はゆっくりとスカートの裾をつまむ。

崇仁「ひぃい…………っ!」

目を瞑り、プルプルと震えながら視覚の情報を遮断する。

崇仁「ほ、本当にやめてくださいよぉ!怖い、怖いんですからぁ!」

文「ほれほれー、男ならカッと目を見開いて下着を脳に刻み込めー」

崇仁「む、無理ですからぁ!う、うあぁ……!」

何も見えないが挑発する声は聞こえるので、まだ目を開ける事が出来ない。

文「…………隙ありぃ!」

崇仁「――痛いっ!?」

いきなり額に痛みが走り後ろに倒れる。ゆっくりと目を開くと、もうスカートに手を伸ばしていない文の姿があった。

文「全く、そんなに拒否られたら逆に自信なくしますよ……まあでも、面白かったですけど」

崇仁「……なぜ、デコピン……」

文「お仕置きですー」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:03:22.85 ID:S3xsdyf8O
ひぎぃ
724 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:09:45.91 ID:ySXF8Ykm0
コンマ5 好感度上昇

文4「自信なくしますよ、全く」

夜2

文「では、私はもう帰りますので。貴方もさっさと帰って下さいよ」

そして、文は瞬きの間に飛んで行ってしまった。

崇仁「……きょ、今日だけで。女性と関わりすぎた……き、キツイ……はぁ」

崇仁「……怖いなぁ」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:11:43.23 ID:/9GtF2moo
3
726 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:19:21.50 ID:ySXF8Ykm0
――――

――



〜崇仁の家〜

崇仁「……ふぅ」

晩御飯を済ませ、コップに入った水で薬を飲む。

崇仁「今日は、いろいろと辛い日でしたね……催眠は解けてる、耐性はできる。女性との関わりも多かったですし……」

崇仁「いや、まだ鈴仙さんの能力をまだ諦めたわけじゃないですけど……はぁ」

何する?
1 外に出る(天界)
2 もう寝る
3 その他(自由安価)

安価直下
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:20:17.29 ID:S3xsdyf8O
2
728 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:24:59.92 ID:ySXF8Ykm0
崇仁「……では、お休みなさぁい」

ベッドにダイブして、崇仁は眠りについた……。

夢の世界判定

コンマ8以上で夢の支配者に会う。

コンマ直下
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:25:53.79 ID:5Qtt6UId0
もん
730 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:34:36.59 ID:ySXF8Ykm0
コンマ9 成功

――――

――



〜夢の世界〜

ドレミー「……また来たの?」

崇仁「す、すみません……」

震えている崇仁を尻目に、溜息を吐くドレミー。

ドレミー「今度は貴方が頻繁に来るようになるのかしら?まあ、別にいいのだけど……ねぇ」

崇仁「は、はいぃ!?」

ドレミー「……駄目だこりゃ」

何話す?

自由安価直下
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:35:46.18 ID:/9GtF2moo
支配者の力で夢の中だけでもこう女性が苦手なところを治したりできませんか
732 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:46:01.20 ID:ySXF8Ykm0
夢の中だけでもこう女性が苦手なところを治したりできませんか

崇仁「……その、ドレミーさんって夢の支配者。なんですよね?」

ドレミー「ん?ええ、まあそうね」

崇仁「その、支配者の力でこの世界に居る時だけでも女性恐怖症を治したり……できませんか?」

ドレミー「……まあ、出来なくもないけど」

崇仁「ほ、本当ですか!?」

ドレミー「でも、あまり意味があるとは思えないわよ?夢で慣れたからって現実で慣れるとは限らないし、この世界には基本私しかいないから――何?私と会話の練習でもするの?」

崇仁「え?えっと……できれば」

ドレミー「女性に慣れたいのだったら、今の状態で話した方がいいと思うけれど……あと、いい加減少しずつ後退するの止めなさい?」

崇仁「ひいぃ!ご、ごめんなさい……」


好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:46:18.26 ID:PbxVtgb70
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:46:28.81 ID:4k2WUOCsO
もろ
735 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/13(土) 23:54:01.89 ID:ySXF8Ykm0
コンマ6 好感度上昇

ドレミー8「意味があるとは思えないけれどね」

ドレミー「じゃあ、そろそろお別れの時間ね。快適な睡眠を求めるのなら人里までー」

崇仁「……は、はいぃ」

そして、ドレミーの指パッチンと共に。意識が無くなっていった――。
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:54:32.63 ID:4k2WUOCsO
今更だけどオラも淫らな女性の匂いを嗅ぎたいぞ!
737 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/14(日) 00:00:48.62 ID:9vwUdEPJ0
五日目終了

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2され、コンマ判定で4以上を出さなければ好感度が上がらない。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

好感度

天子7「もう来るんじゃないわよ!」

はたて6「えへ、ありがとー」

椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

映姫4「だ、大丈夫ですか?」

小町8「やっぱり私嫌われてる?」

鈴仙6「せ、成功した!」

永琳4「……虐待ねぇ」

美鈴2「き、嫌われちゃった?」

チルノ10「もっと元気出せ!な!」

てゐ2「んー、ワンパターン」

輝夜3「……そんなに怖いかしら?」

文4「自信なくしますよ、全く」

衣玖13「本当に、本当に大丈夫ですか?」

紫4「気持ち良い尻尾ねぇ」

ドレミー8「意味があるとは思えないけれどね」

華扇10「そ、そんなに嫌な匂いが……?」
738 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/14(日) 00:04:15.20 ID:9vwUdEPJ0
※それでは、今日はこれで終わりたいと思います……あまり出来へんかった、すまねぇ……。

※また明日、おやすみなさい……。

>>736

※僕も嗅ぎたい!!!!!
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:05:13.38 ID:8R4DIP+oo
乙乙
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:05:23.20 ID:dUpPPxi40
乙乙
僕も嗅ぎたいで草
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:51:49.33 ID:fUhSzBXF0
乙ぅ
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 00:59:05.49 ID:iFXw125ao
おつ
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 01:11:57.52 ID:sqb6PnFd0
>>558
文の好感度はもっと高いぞ
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 19:26:29.04 ID:dUpPPxi40
ボーちゃ○「僕も嗅ぎたい」
で脳内再生されて笑ったわ
745 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/14(日) 23:35:39.75 ID:9vwUdEPJ0
※すみません、今日は一つだけやっていきます。

>>743

※すみません……!好感度を4から6に直しておきます!

>>744

※溺れるボーちゃんももう消えましたね……。


六日目

朝1

崇仁「……あの夢を見た日は、寝汗が凄いんですよね……」

溜息を吐いて、崇仁はフラフラと立ち上がり台所に向かう。

崇仁「ちょっと水分補給して、お風呂入りましょうか……。ついでに薬を塗って湿布も張りましょうか……」

崇仁「……あっつ」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:37:28.96 ID:PnASxOMVO
1
747 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/15(月) 23:31:28.46 ID:sAHHbbQO0
※こんばんは、短くても出来るだけ毎日やるぞ……やるぞ……。

崇仁「……今日何食べましょうかね」

エプロンをつけて、適当に食材を見る。

崇仁「てか、食欲あまり無いんですよねぇ……あー。もう。食パンでいいですね」

食パンを一切れ摘み取って、トースターにセットする。

崇仁「…………ふぁああ」

結果は?

コンマが高いほどうまくできた。

コンマ直下
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:31:37.42 ID:EohxlgfZo
749 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/15(月) 23:39:20.19 ID:sAHHbbQO0
崇仁「…………ぁー」

見事に黒く焦げてしまった食パンを前に、呻き声をあげる。

崇仁「ぼーっとしてたぁ……不味い、これは不味い……」

崇仁「さすがにこんなに真っ黒な食パンは食べれないですかねぇ……あーでも、まあ、一応……」

そういって、角から一口ザクっと齧ってみる。

崇仁「…………まっず」
750 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/15(月) 23:42:55.83 ID:sAHHbbQO0
朝2

とりあえずジャムとバターを塗りたくって乗り切った崇仁。

崇仁「……これからどうしましょうかねぇ」

崇仁「暑いし、身体もなんか痛いし……外の空気吸って寝ましょうかねぇ」

大きく伸びをすると、背骨がパキパキとなる。

崇仁「……気持ちよくなりましたね」

何する?
1 外に出る(天界)
2 何処かに出かける
3 その他(自由安価)

安価直下
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:43:40.46 ID:Z2lR4Ve60
竹林
752 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/15(月) 23:53:41.25 ID:sAHHbbQO0
――――

――



〜迷いの竹林〜

崇仁「天界とは違って、ここは良い感じの涼しさですね……」

竹林の入り口近くの日陰になっている場所で、崇仁は涼んでいる。

崇仁「……少し疲れたのでもう少しここで休みましょうか。ふぅ」

誰に会った?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:54:06.62 ID:EohxlgfZo
もこたん
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:54:07.22 ID:Ob8QhvsaO
うどんちゃん
755 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 00:00:30.58 ID:dOCA/UoS0
?「おい、そこののお前。何座り込んでんだこんな所で」

崇仁「へ……?」

顔をあげるとそこには白髪の女性がこちらを見て居た。

?「怪我とかして――はないな」

崇仁「すっ、すぅ……すみません。す、少し休憩していましてぇ……」

妹紅初期好感度判定

コンマ直下

女嫌い-2
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 00:03:07.87 ID:cQ8jtxAJo
もこもこ&モフモフ
757 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 00:12:24.32 ID:dOCA/UoS0
妹紅5「……まあ、落ち着いていこうな」

妹紅「お前、汗凄いな?本当に大丈夫か?」

崇仁「は、はいぃ……。その、元から病弱だったり、その……あまり女性の方がぁ……その」

目をせわしなく動かし、焦っている崇仁を見て。その女性は何かを思い出したように手をポンと叩いた。

妹紅「ああ、お前あれか。嵯峨崇仁だっけか?永琳がなんか言ってたな」

崇仁「へ?え、ああ!永琳さんが……え?もしかして、貴方が案内人さんの?」

妹紅「ああ、藤原妹紅。竹林の案内人で健康マニアだ。宜しく、宜しく」

崇仁「ど、どうも……」

妹紅「ま、落ち着いてな?別に取って食うわけじゃあないしな」

何話す?

自由安価直下
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 00:16:32.68 ID:+5juBqoQO
妹紅
まあ長く生きてりゃその内に治るさ。気負う必要はない
759 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 00:17:21.64 ID:dOCA/UoS0
※すみません、今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした……。

※また明日、出来たら頑張ります。おやすみなさい……。

※皆さん、マジで体調には気を付けてください。気温が上がったり下がったりしまくってるので。

※安価取ってましたら、この下でお願いします。
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 00:21:15.46 ID:+5juBqoQO
お疲れでした
遅くとも0時過ぎたら寝よう
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 00:26:28.54 ID:rS6dCAYAo
もこたん「筍食うか?」


ご自愛ください
おつ
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 00:44:01.85 ID:wMrIji0e0
乙ぅ
763 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 22:41:06.99 ID:dOCA/UoS0
※こんばんは、やってきます。


まあ長く生きてりゃその内に治るさ。気負う必要はない

妹紅「……なぁ。そんなに怖いか?」

崇仁「ひぃいっ!?」

声をかけただけでおかしな声を上げる崇仁を見て、やれやれと手を動かす。

妹紅「別に変な臭いもしないと思うし、変な事も言ってないと思うんだが……まぁ。私があれこれ言っても意味ないんだが」

崇仁「す、すみません……」

妹紅「ああ、いや。こっちこそすまないな……こほん。まあ、長く生きてりゃその内に治るさ。気負う必要はないさ」

崇仁「へ……?」

妹紅「気楽に行こうぜ、気楽にな……時間が解決してくれるさ」

そう言って、妹紅は大きく伸びをした。

崇仁「…………はぁ」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 22:42:07.95 ID:rS6dCAYAo
765 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 22:46:48.74 ID:dOCA/UoS0
コンマ5 好感度上昇

妹紅6「気負う必要なんかないさ」

昼1

妹紅「んで、永遠亭に行くか?」

崇仁「へ?」

妹紅「確かあれだろ、カウンセリングとかやってるんだろ?別に用じゃないってんならここでサヨナラだけど……」

崇仁「あー……えっと。その、そうですね……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 22:47:03.37 ID:Ujkm5k+A0
1
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 22:47:13.23 ID:b6tD2KAz0
西の河原
768 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 23:03:56.17 ID:dOCA/UoS0
崇仁「……すみません、もう少しここで休もうと思うんです」

妹紅「ん、そうか。じゃあ私は行くわ」

何時までもこんな所にいるなよ、そう言い残して妹紅は竹林に入っていった。

崇仁「……時間が解決とは言いますが、なんですかね……んー」

崇仁「……はぁ」

誰に会った?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:04:17.93 ID:f/L3kYXDO
うどーん
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:04:59.06 ID:RyzmuFaH0
えーりん
771 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 23:12:29.44 ID:dOCA/UoS0
鈴仙「あ、崇仁さん!おはようございます!」

遠くから手を振りながら鈴仙がこちらに向かってくる。軽く頭を下げて、その方向を向く。

崇仁「っ……ど、どうも。おはようございます……鈴仙さん」

鈴仙「もしかして、今から永遠亭に?」

崇仁「い、いや。すみません……別に永遠亭に行こうと思ったわけではなくて……」

鈴仙「あ、そうだったんですか。え、じゃあなんでこんなところに?」

崇仁「暑かったので、少し日陰で休憩でもと……」

鈴仙「ああ、確かに今日は少し暑いですからねぇ」

何話す?

自由安価直下
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:21:07.86 ID:b6tD2KAz0
並んで座って休憩
おどおどしながら慣れてみよう。
773 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 23:44:19.38 ID:dOCA/UoS0
おどおどしながら慣れてみよう

鈴仙「…………」

崇仁「…………あ、あの。その、えっと――鈴仙さん」

鈴仙「はい?」

崇仁「……な、な。なんでそのぉ……隣に?」

崇仁の隣に座った鈴仙に小さく声をかける。

鈴仙「ほら、こうやって少し近づくことで女性に耐性がつくんじゃあないかなぁ……と。思いまして」

崇仁「そ、その心遣いは嬉しいんですけど……ま、まだ。その、距離の詰め方が早いと言いますか……その、少し離れていいですか?」

鈴仙「だ、駄目ですよ!ほら、片言でも良いから話しましょう?」

崇仁「ひ、ひぃ…………」

鈴仙「ほら、例えば……そうですね。好きな食べ物とかありますか?」

崇仁「…………美味しい物でしたら、何でも好きですね。別に特別、好きな物とか嫌いな物とかありません……ので」

鈴仙「へぇ、何でも食べれるんですか……偉いですね、私も本当に食べれないものとかは無いんですけど、苦手なものがちょっとあって……」

崇仁「そ、そうなんですか……」

鈴仙「……」

崇仁「……」

鈴仙「……最初の話題選びに失敗したぁ……!」

好感度上昇コンマ判定
1〜3 +0
4〜7 +1
8〜0 +2

コンマ直下
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:45:24.01 ID:7JafRR9i0
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:46:10.16 ID:f/L3kYXDO
うどんげ3連続で+0!?
776 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/16(火) 23:49:06.73 ID:dOCA/UoS0
コンマ1 失敗

※すみません、今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした!

※それでは、お休みなさい……。

※うどんちゃん全然好感度上がらなくて悲しい。女性嫌いで長丁場になりそう。
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:50:09.79 ID:rS6dCAYAo
おつー
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 23:50:19.95 ID:Ujkm5k+A0
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 16:43:50.54 ID:W1WoMFa20
治せそうなのは無かったことに出来るけーね、なんでもひっくり返せる正邪ぐらいか
780 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/17(水) 21:52:38.68 ID:2YK0lDp50
>>779

※慧音先生はそれ出来るかもだけどよほどの事がないとしないと思う。正邪は絶対しない、ずっとからかってると思う。

※本当にすみません、今日は休みませてもらいます。ぐっすり寝ます。

※あとスキルの「女嫌い」を少し変えると思います。好感度上がらないのが結構多いので、確率下げるかもう無くすかします。はい。
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 22:31:25.50 ID:XFMsQPaZ0
別に義務じゃないからやりたいときに来てくれればいいのよ
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 00:35:57.48 ID:Bs/OWs+o0
グダグダだったからテコ入れも仕方ないね
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 22:36:15.49 ID:9+n8Sp7X0
女嫌いの好感度判定にマイナスをかける効果はともかく、性格はこのままでいて欲しいなー
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 22:39:43.42 ID:umIZzEZP0
だな
女性を怖がるという個性あっての崇仁君だし
785 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:06:03.87 ID:nrd0VI5N0
>>781

※すみませんありがとうございます……

>>783 >>784

※スキルの効果は変えますが、性格の方はいつも通りのままなので大丈夫です。個性は失わせない。

※と言うわけで、スキル「女嫌い」の効果を

「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2される。

に変更したいと思います。グダグダで申し訳ありませんでした……。

※では、今日はやっていきたいと思います。
786 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:07:22.35 ID:nrd0VI5N0
昼2

鈴仙「……」

崇仁「…………」

鈴仙「……そ、その。大丈夫ですか?」

崇仁「ひぃい!?だ、だ、大丈夫…………じゃ、ないです。すみません……ごめんなさい」

鈴仙「……私も、その。ごめんなさい……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:08:13.85 ID:Bs/OWs+o0
えーえんてーに行く
788 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:12:48.01 ID:nrd0VI5N0
崇仁「……あの、ついでなので永遠亭に行きたいと思うんですけど……案内、良いですか……?」

鈴仙「案内ですか?それくらい別にいいですけど……」

しょんぼりとしながら立ち上がり、鈴仙は崇仁の方をじーっと見る。

崇仁「な、な……なんですかぁ……?」

鈴仙「……何でもないですぅ。はぁ」

――――

――

789 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:15:05.88 ID:nrd0VI5N0
〜永遠亭〜

鈴仙「崇仁さん、もうそろそろ一人でもここに行けるんじゃないですか?何回もここにきてじゃないですか」

崇仁「いやぁ……どう、ですかねぇ……」

鈴仙「私からこんなこと言っちゃいましたけど、絶対に一人で行こうとなんてしないで下さいよ?」

崇仁「わ、分かっていますよぉ……!」

誰に会った?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:15:49.37 ID:57ERTwW5o
せんせー
791 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:21:56.61 ID:nrd0VI5N0
永琳「何気に貴方毎日来てる気がするわね、暇なの?別に強制してないのに」

崇仁「あ、あははは……」

椅子にもたれ掛かりながら、永琳はじーっと崇仁を見つめる。

永琳「……なんか表情筋が死んでるんだけど。何、鈴仙と急接近でもした?」

崇仁「…………そんなに死んでます?」

自分の顔を確かめるように、べたべたと両手で触る。

永琳「お茶でも飲む?」

崇仁「あ、ありがとうございます……」

何話す?

自由安価直下
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:22:08.03 ID:K1oMXoEr0

女性の匂いが嫌いなのか
どんな匂いが嫌いなのか
793 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:36:41.60 ID:nrd0VI5N0
どんな匂いが嫌いなのか

永琳「そう言えば貴方、女性の匂いも駄目なのよね」

崇仁「は、はい……その。何と言うんですかね。香水の匂いとか、女性特有の……匂いあるじゃないですか」

永琳「……何よそれ?」

崇仁「正直、女性の匂いだと思ってしまうから駄目になってしまうんだと思うんですけど……その」

永琳「女性の匂いだと思うから駄目なのね?じゃあ目隠しと耳栓でもして女の布団にでも潜り込んできなさいよ。慣れるわよ」

崇仁「殺す気ですか!?」

永琳「冗談よ、冗談冗談……にしても、そんな大雑把だと本当に少しづつ慣れるしかないんだけど……ねえ」

崇仁「こ、今度はなんですかぁ……」

永琳「特別に私の胸で深呼吸する権利をあげるわ」

崇仁「…………え、永琳さん、私の事嫌いなんですか?その、本当にごめんなさい……」

永琳「あらひどい」

好感度上昇コンマ判定

コンマ8以上で+2

コンマ直下
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:38:25.22 ID:fPrdIuhIo
はうあ
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:38:51.13 ID:K1oMXoEr0
ドSで草
796 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:41:51.59 ID:nrd0VI5N0
コンマ2 失敗

好感度上昇

永琳5「少しづつ慣れるしかないんだけど……」

夜1

永琳「普通の男だったら泣いて喜びそうなものなんだけどねぇ」

崇仁「ご、ごめんなさいぃ……」

永琳「貴方が悪いわけじゃないでしょ?私もできる限り調べたりしてみるから、毎日じゃなくていいから、暇な時に来て頂戴ね」

崇仁「わ、わかりました……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:44:30.25 ID:57ERTwW5o
1
798 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/18(木) 23:51:02.67 ID:nrd0VI5N0
崇仁「では、私はこの辺で……」

永琳「あら、もう少しゆっくりしていけばいいのに」

崇仁「ああ、いや……少し休んでから帰りますので……」

永琳「……もしかして、この部屋の匂いもキツイ?」

崇仁「いや、ここは薬の匂いの方がキツイのでまだ……はい」

永琳「……なんかもやもやするわね」

誰に会った?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/18(木) 23:55:55.33 ID:hg9xd2i1O
にゃんにゃん
800 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 00:01:17.57 ID:NmsRaCXn0
コンマ判定

コンマ6以上で遭遇

コンマ直下
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 00:02:51.44 ID:zNvOH/VXo
ニャーン
802 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 00:03:30.58 ID:NmsRaCXn0
コンマ4 失敗

再安価します

誰に会った?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 00:07:13.32 ID:s2YXDmR+0
いんぴ
804 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 00:13:57.40 ID:NmsRaCXn0
コンマ判定

コンマ6以上で遭遇

コンマ直下
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 00:15:55.78 ID:s2YXDmR+0
806 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 00:20:24.10 ID:NmsRaCXn0
コンマ8 成功

※それでは、今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。

※また明日、お休みなさい……。
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 00:26:18.61 ID:OQ2jAZsXo
乙乙
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 00:28:23.57 ID:s2YXDmR+0
乙乙
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 01:11:33.15 ID:zNvOH/VXo
乙乙
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 07:25:24.96 ID:yoKpTiGb0
811 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:05:53.89 ID:NmsRaCXn0
※こんばんは、今日もやっていきます。


華扇「……あ。崇仁さん?」

縁側に座り深呼吸をしながら空を見上げていると、自分の名前を呼ぶ声がした。

崇仁「ひぇ……?あ、え、華扇さん?ど、どうしてここに?」

華扇「私だってずっと山に引きこもっているわけではありませんよ。散歩ですよ、散歩」

崇仁「……散歩、ですか?それにしては、竹林を越えて、永遠亭まで?」

華扇「あまり行ったことがない場所に行きたい気分だったんですよ……ふぅ。えっと、隣座っていいですか?」

崇仁「ひいぃ!?」

何話す?

自由安価直下
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:06:50.05 ID:IuWBs7AX0
華扇

昨日の私はどんなニオイだったんですか!
813 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:19:54.00 ID:NmsRaCXn0
昨日の私はどんなニオイだったんですか!

華扇「……隣に座っただけなのに、何故そこまで避けるんですか……」

崇仁「うっ……す、すみません……」

隣に座った華扇から少しずつ距離を取る崇仁。

華扇「……あ!そう言えば昨日の私は結局どんな匂いだったんですか!」

崇仁「ひぃい!?」

華扇「そんなに距離を取るほど臭いですか!?そんなにですか!?」

崇仁「で、ですから……その、貴女が悪いんじゃなくて、私が悪いので……その、全体的に駄目で」

華扇「ぜ、全体的に!?」

崇仁の言葉にショックを受けて、勝手に華扇は落ち込んでいる。

華扇「ううぅ……獣臭いのかしら……お風呂にも毎日入ってるのに、昨日はちょっと長めに入ったのに……」

崇仁「あ、あばばばば……そ、その。違う……」

華扇「はぁ……」

コンマ8以上で+2

コンマ直下
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:20:54.82 ID:ETdeLJ4IO
どっちもかわいそうwww
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:26:26.81 ID:s2YXDmR+0
獣臭いのではなく淫らないい臭いがダメな模様
816 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:27:10.80 ID:NmsRaCXn0
コンマ2 好感度上昇

華扇11「ぜ、全体的に臭い……!?」


夜2

華扇「……も、もう暗いので。私はもう帰ります」

急に立ち上がって、フラフラと華扇は竹林に向かって歩き出した。

崇仁「か、華扇さん……?」

華扇「その、崇仁さん……すみませんでしたぁ!」

声を震わして、華扇は走って消えて行ってしまった……。

崇仁「…………も、申し訳ないことをしてしまった……!」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:32:06.35 ID:IuWBs7AX0
3
818 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:38:09.13 ID:NmsRaCXn0
――――

――



〜崇仁の家〜

崇仁「……はぁ」

家に戻って直ぐに溜息を吐く崇仁。

崇仁「なんか、悪いことしたなぁ……はぁ。今度会った時にきちんと謝らないといけませんね……」

崇仁「……お風呂入りましょ」

何する?
1 外に出る(天界)
2 もう寝る
3 その他(自由安価)

安価直下
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:41:31.33 ID:ETdeLJ4IO
2
820 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:45:23.18 ID:NmsRaCXn0
崇仁「もう寝ましょう寝ましょう……ぐっすり寝て明日も頑張りましょう……」

枕を抱いて、崇仁は目をつぶる。

崇仁「……あの、女の人の夢。見ないといいんですけど……ふぁああ」

そして、崇仁の意識は消えていった。

――――

――



夢の世界判定

コンマ8以上で夢の支配者に会う。

コンマ直下
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/19(金) 23:49:00.85 ID:GIeTPoa50
822 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:54:47.12 ID:NmsRaCXn0
コンマ5 失敗

六日目終了

名前 嵯峨崇仁
性別 男
種族 白狼天狗
体力 もやし(1)
身体能力 もう少しで鬼(8)
知能 天才級(9)
弾幕ごっこ 3ボスくらい(4)

程度の能力 山を跳び越す程度の能力

性格 女嫌い(女の人めっちゃ怖い)
口調 ですます調
一人称 私
見た目 ・ロン毛
    ・イケメン
    ・病弱でやつれ気味
    ・高位の者が着る儀式服

住処 天界

スキル
「女嫌い」
女性キャラの初期好感度が-2される。

「究極のモフモフ」
好感度上昇時にコンマ判定をし8以上でもう+1される。モフモフ

好感度

天子7「もう来るんじゃないわよ!」

はたて6「えへ、ありがとー」

椛2「貴方の代わりを私たちがやっているんですからね」

映姫4「だ、大丈夫ですか?」

小町8「やっぱり私嫌われてる?」

鈴仙6「せ、成功した!」

永琳5「少しづつ慣れるしかないんだけど……」

美鈴2「き、嫌われちゃった?」

チルノ10「もっと元気出せ!な!」

てゐ2「んー、ワンパターン」

輝夜3「……そんなに怖いかしら?」

文6「自信なくしますよ、全く」

衣玖13「本当に、本当に大丈夫ですか?」

紫4「気持ち良い尻尾ねぇ」

ドレミー8「意味があるとは思えないけれどね」

華扇11「ぜ、全体的に臭い……!?」

妹紅6「気負う必要なんかないさ」
823 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/19(金) 23:59:10.80 ID:NmsRaCXn0
※はやいですが、今日はこれで終わりたいと思います。参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。

※また明日、おやすみなさい。

824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 00:38:22.21 ID:Eky7veWOo
乙乙
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 00:50:43.10 ID:cc9c7rg9o
おつおつ
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 01:39:40.91 ID:0OjlYRY40
乙!
827 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 21:38:18.22 ID:0fqy0mho0
※こんばんは、今日もやっていきたいと思います。

七日目

早朝

崇仁「んんー……」

ベッドの上で大きく伸びをすると、背骨がパキパキと鳴る音がする。

崇仁「……あれ、なんか足痛い……えぇ、筋肉痛……あたた」

崇仁「最近外によく出るようになったので、もう慣れたとか思ってたんですけど……あー、足痛い。湿布張りましょう……」

何する?
1 朝ごはん作る
2 外に出る(天界)
3 何処かに出かける
4 その他(自由安価)

安価直下
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/20(土) 21:39:55.04 ID:GaVnhnBm0
体力付けるためにダッシュで永遠亭に行く
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 21:45:11.97 ID:/hdwVl9rO
死ぬ気か
830 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 21:47:30.87 ID:0fqy0mho0
――――

――



〜迷いの竹林〜

崇仁「……走れば体力付きますね、と何となく思ってここまで来ちゃいましたけど」

竹林の前まで来て、崇仁は空を見上げる。

崇仁「走って竹林を抜けて永遠亭――って、一人で?」

崇仁「……走るのは、別の場所にした方がいいですかねぇ」

どうする?
1 一人で行く、走って
2 走るのを諦めて、案内人を探す
3 やっぱり行かない

安価直下
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 21:48:24.62 ID:tJYnQcEOo
2
832 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 21:52:50.58 ID:0fqy0mho0
崇仁「……やっぱり今日は止めておきましょうか。足も痛いですし、永遠亭まで走ってと言うのは少し無謀すぎますね」

自分で自分の事を笑い、辺りを見渡し始める。

崇仁「誰かいませんか……まだ早いですし、寝てますかね……」

誰に会った?

自由安価直下(迷いの竹林に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 21:53:21.54 ID:56R7b8jO0
うどーん
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/20(土) 21:53:45.62 ID:GaVnhnBm0
かげろー
835 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 21:59:41.48 ID:0fqy0mho0
鈴仙「あ、崇仁さん?」

崇仁「うお……れ、鈴仙さん?」

竹林の方から歩いてくる鈴仙を見て、崇仁は首を傾げる。

崇仁「……あ、朝、早いですね?」

鈴仙「なんか今日は早起きだったんですよねー。崇仁さんこそ、今日はいつもよりも早いですね」

崇仁「あ、はい……なんか、その。早起きしてしまって……」

鈴仙「ふふ、そうなんですか」

何話す?

自由安価直下
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:04:41.15 ID:neg/za89O
鈴仙無意識前かがみ胸チラ
837 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 22:13:57.40 ID:0fqy0mho0
※(今思った、鈴仙で胸チラできるか……?Yシャツのボタン外してんのか……?)
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:15:14.70 ID:tJYnQcEOo
そういう時はコンマだ
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sape]:2019/04/20(土) 22:15:51.35 ID:neg/za89O
薬師姿ならいけると思った
840 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 22:16:22.34 ID:0fqy0mho0
※せやな、コンマしよう……。

コンマ6以上で胸チラ。

コンマ直下
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:17:39.22 ID:/hdwVl9rO
842 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 22:20:54.53 ID:0fqy0mho0
>>839

※すまねぇ……すまねぇ……!

コンマ2 失敗

再安価します

何話す?

自由安価直下
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:29:42.54 ID:neg/za89O
意図的な胸チラ
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:34:02.08 ID:bhI9By7t0
欲望に忠実すぎる
845 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 22:35:01.22 ID:0fqy0mho0
※意図的……!?もっとコンマだコンマぁ!

コンマ7以上で自分から胸チラ

コンマ直下
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:36:54.67 ID:FRD9ACIFo
どうかな
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:38:28.53 ID:tJYnQcEOo
連取りでは?
848 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 22:41:06.86 ID:0fqy0mho0
>>847

※連取りは10分以上からOKとなっていますが、まあ大体10分経ってますし採用。熱意に負けた。

コンマ7 成功

※意図的に胸チラどうやってしよう。鈴仙お前……。
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:45:43.60 ID:56R7b8jO0
兎は年中発情期!
850 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 22:55:39.79 ID:0fqy0mho0
意図的な胸チラ

鈴仙「…………」

崇仁「……れ、鈴仙さん?」

何か考えている鈴仙にどうかしましたかと声をかけると、鈴仙は大きく体を震わせた。

鈴仙「……ちょ、ちょっと。ちょっと待って下さいね?」

そして、鈴仙は後ろを向いて、何かごそごそとし始めた。

鈴仙「そ、それじゃあ……はい。何か、話しましょうか」

崇仁「そ、そうですか……?」

鈴仙「え、えっと。そうですね」

崇仁「な、なんか今日の鈴仙さん変で――」

不自然に前かがみになった鈴仙を見ると、普段はつけているボタンが外されており、胸の谷間が見えた。

崇仁「ば――ばぁ!?え、あ――はぁ!?」

鈴仙「ど、どうかしましたか?」

崇仁「い、いや。その――胸が――ぁ!?」

目を閉じて、声が掠れながら言葉を発する。

鈴仙「む、胸が?胸がどうかしましたか?」

崇仁「…………ごめんなさい許してくださいぃ……!ほんと、何もしてませんからぁ……!」

鈴仙「え。あ、崇仁さん?」

崇仁「許してください、許して下さい……!」

鈴仙「あ、ああ失敗したぁ!ご、ごめんなさい崇仁さん大丈夫ですか!?その、胸とか見せれば案外女性嫌いが治るんじゃないかなーって思いまして――」

崇仁「あばばばばばばばば……」

鈴仙「崇仁さぁーん!?」

コンマ8以上で+2

コンマ直下
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 22:57:17.26 ID:bhI9By7t0
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:01:11.27 ID:neg/za89O
※医療行為(意味深)
853 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 23:02:05.91 ID:0fqy0mho0
コンマ6 好感度上昇

鈴仙7「ご、ごめんなさぁい!」


朝1

崇仁「ひぃ……ひぃい……!」

鈴仙「ほ、本当にごめんなさい。もうこんなことしませんからぁ……!」

崇仁「ほ、ほ。本当に、止めてくださいよぉ……。いや、そのぉ。私の事を考えてやってくれたのは分かりましたから……!」

鈴仙「うぅ……ごめんなさい……」

何する?
1 もう少し散歩を続ける
2 他の場所に行く
3 もう帰る
4 その他(自由安価)

安価直下
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/20(土) 23:02:39.13 ID:GaVnhnBm0
永遠亭に行く
855 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 23:08:26.11 ID:0fqy0mho0
――――

――



〜永遠亭〜

永遠亭まで何もしゃべらずに一緒に歩いて行った鈴仙と崇仁。

鈴仙「で、では。私はこの辺でー……」

顔を真っ赤にしながら、小さく頭を下げて。鈴仙はそそくさと中に入っていった。

崇仁「…………気まずくて、死ぬかと思った……」

誰に会った?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:08:58.31 ID:tJYnQcEOo
ようむ
857 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 23:11:48.83 ID:0fqy0mho0
※こーんーまー

コンマ7以上で成功

コンマ直下
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:13:23.72 ID:FRD9ACIFo
yyy
859 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 23:13:56.65 ID:0fqy0mho0
コンマ2 失敗

再安価

誰に会った?

自由安価直下(永遠亭に居そうなキャラ)(キャラによっては再安価、コンマ)
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:16:01.62 ID:tJYnQcEOo
ぐや
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:16:37.44 ID:tJYnQcEOo
おっとごめんなさい連取りでした
安価下
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:17:10.44 ID:neg/za89O
ぐや
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/20(土) 23:21:57.14 ID:GaVnhnBm0
えーりん
864 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 23:26:26.35 ID:0fqy0mho0
〜輝夜の部屋〜

輝夜「ふぁあぁ……あら、貴方何処かで――」

崇仁「ひいぃい!?ご、ごめんなさぁい!ま、また間違えましたぁ!」

扉を開けると、そこには寝間着姿の輝夜が居た。

輝夜「ああちょっと待ちなさいよ。別に前々気にしてないんだから、ほら。おいでおいで」

崇仁「ご、ごめんなさい。ごめんなさいぃい……それに、その。私みたいなやつが」

輝夜「だから気にしないわよ……あー、えっと崇仁?だっけ、貴方女性が苦手なんだったかしら。ま、慣れる意味もかねて、ね?」

崇仁「ひ。ひぃい……」

何話す?

自由安価直下
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:41:54.65 ID:56R7b8jO0

さっきの鈴仙のおかげで女性の魅力に目覚めた?
866 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/20(土) 23:44:27.62 ID:0fqy0mho0
※全然できなくて本当に申し訳ありません、今日はこれで終わりたいと思います。

※参加してくださった皆さん、お疲れさまでした。また明日、出来たらやります頑張ります。
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:46:10.52 ID:tJYnQcEOo
オマエノシワザダタノカ
乙でした
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/20(土) 23:49:01.52 ID:56R7b8jO0
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 00:03:51.33 ID:jlaAxXcY0
おつー
870 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/21(日) 20:50:33.12 ID:DCnrtqIR0
※本格的な風邪になりました、全くできなくてすみません。暫く休ませてもらいます。

※とりあえず、自由安価分だけ投下して終わりたいと思います。

※休んでる間に小ネタとか投下できたらいいんですけど、消化できなかったらと思うと辛いのでやりません。すみません。



さっきの鈴仙のおかげで女性の魅力に目覚めた?

輝夜「ところで、鈴仙のおかげで女性の魅力に目覚めた?」

崇仁「…………は?」

輝夜「いやぁ、この前鈴仙がどうにか貴方を治したいって言ってたから、なら誘惑しなさいとアドバイスしたのよねー」

と、自慢げに語る輝夜。

崇仁「い、いやいやいやぁ!?あ、貴女が、貴女が元凶ですか!?」

輝夜「鈴仙は発育いいからねー。男として興奮しまくりでしょ?」

崇仁「死ぬかと思ったんですから……本当に、本当にやめてくださいよ……!」

輝夜「む、私なりの治療方法だったんだけどねぇ」

崇仁「荒治療すぎる……」

輝夜「……じゃあ今度は永琳にしてもらえば?」

崇仁「…………やめて」

コンマ8以上で+2

コンマ直下
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 20:54:06.16 ID:dFlcmS4to
しっかり治して
872 : ◆z07gL4YySg [saga]:2019/04/21(日) 20:56:23.85 ID:DCnrtqIR0
コンマ6 好感度上昇

輝夜4「私なりの治療方法だったんだけどねぇ」
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 20:58:14.84 ID:TJTebw/i0
でもこれを繰り返せば女性に慣れて嫌いじゃなくなるかも
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/21(日) 21:00:40.44 ID:ZpVSbjQBo
ならんです
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/23(火) 16:41:20.74 ID:kq3l6GqE0
アレルギーみたいなもんだし悪化するぞ
234.80 KB Speed:36.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)