このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

須賀京太郎は静かに暮らしたい 和「第4章ですね」【咲-Saki-安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/04/07(日) 11:15:09.49 ID:4DyMZ7jg0
・須賀京太郎の安価・コンマ闘牌系スレです

・ジョジョキャラは出ませんがジョジョの奇妙な冒険に基づくネタや概念を導入しています

・このスレは京太郎の奇妙な冒険(1〜4章)の続編となっています

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554603309
2 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:23:34.48 ID:4DyMZ7jg0
【麻雀の基礎ステータスについて】

攻撃力値・防御力値・速度値・精神力値・天運値の5つがあり、この5つを基に麻雀力が算出される。

攻撃力値・防御力値・速度値は練習等によりそれぞれの経験値を獲得することで上昇する。

ケガなどによって下がってしまうこともある。

○麻雀力は以下の計算式で算出する。

麻雀力=(攻撃力+防御力+速度+精神力)/4+天運/2

○攻撃力値は、打点を左右する。攻撃値のランクで、点数計算表を決定する。

○防御力値は、放銃者を決める際に重要となる。高ければ放銃しにくく、低ければ放銃しやすい。

○速度値は、高い者が和了しやすくなる。卓でトップの速度を誇る者は和了判定値+20,2番目の者は+10される。

○精神力値は、精神力の指標。対局中0になると対局が続行不可能となる。
 精神力値が0になった幽波紋の雀士はスタンドを召喚していられなくなる。

○天運値は、総合的な麻雀力に最も大きく影響する。


[麻雀力のランク付け]

 G   F    E    D    C    B    A    S   SS
   
〜25  〜50  〜75  〜100  〜135  〜170  〜190  〜225  〜275


[基本能力のランク付け]

  G   F   E    D   C   B   A    S    SS
   
〜15  〜30  〜45  〜60  〜75  〜90 〜100  〜149   〜174


[基礎ステータスを1上昇させるのに必要な経験値]

         必要経験値
 能力値
G(0〜15).      3
F(16〜30).      7
E(31〜45)      10
D(46〜60)      15
C(61〜75)      20
B(76〜90)      25
A(91〜100).     35
S(101〜150)..    45
3 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:24:03.42 ID:4DyMZ7jg0
【基本能力値について】

STR:Strength、筋力。
CON:Constitution、体力。 
SIZ:Size、体格。SIZ+100センチが身長と同じくらい。
DEX:Dexterity、敏捷性・器用さ。
APP:Appearance、外見。
INT:Intelligence、知性。いわゆる地頭の良さ。
POW:Power、精神力。麻雀における精神力値を参照する。
EDU:Education、教養。
SAN:Sanity、正気度。低くなっていくほどに殺人欲求を抑えがたくなり、0になれば完全に発狂する。

クトゥルフ神話TRPGを参考にしたこれらのステータスは、状況に応じたコンマ判定の際に使い分けます。

スタンド戦の際に参照するステータスにもなります。

POW(=精神力値)の初期値がSAN値の初期値となります。(ただし、精神力値の上昇にSAN値は連動しません。)

CONの値が体力最大値の初期値(麻雀の練習などで減少する。パワプロ的なやつ)となります。(ただし、体力最大値の上昇にCONは連動しません。)
4 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:24:30.70 ID:4DyMZ7jg0
【対局の進行について】


1 【親決め】

能力提示のレスのコンマを比較し、高い順から東南西北となる。


2 【和了判定】

それぞれの対局者分のコンマ判定を行う。

麻雀力 + 和了判定コンマ +速度値補正= 和了判定値 

和了判定値が対局者の中でトップの人の和了りとなり、

素の和了判定コンマの一桁が1,3,5,7ならツモ和了り、2,4,6,8,9,0はロン和了りとなる。


3 【放銃判定】

和了がロン和了りの場合行う。ツモ和了りの場合はスキップする。

和了判定値+防御力値 = 放銃判定値 とする。

和了者を除く3人の対局者のうち、最も放銃判定値の低い者が放銃する。


4 【打点判定】

打点コンマの判定を行う。

打点判定後、点数の移動が行われ、次の局の和了判定へと移行する。

打点コンマ + スキルなどによる打点コンマ補正= 打点判定値 とする。

点数計算表と打点判定値を照らし合わせて打点を決定する。

点数計算表は、攻撃力値のランクに応じて変化する。


5 【ダメージ計算】

幽波紋の雀士が和了した場合、点数を失った他家はスタンド和了攻撃を受ける。

そのダメージは失った点数1000点につき1ポイントとなり、精神力が削られる。

失った精神力は、対局終了後に時間経過とともに回復していく。


【特殊コンマについて】

素の和了コンマが22,44,66,88のうちいずれかだった場合、
その局、点数計算表は七対子版を使う。(スキルの効果等で別の点数計算表を用いることもできる。)
子は3900・5200・7700、親は5800・7700・11600が2・3・4翻に書き換えられ、役満の条件が変わる。

素の和了判定コンマが99ならば天和・地和、00ならば人和を和了る。
人和の時の放銃者は、和了者以外の3人のうち防御力値が最も低い者となる。
また、人和は役満として扱う。


【その他】

・スキルの効果やスタンド和了攻撃等で精神力値が0になった場合、対局は続行不可能となり、代打ちがいなければ、敗北となる。
5 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:24:57.29 ID:4DyMZ7jg0
[スタンド戦の進行]

ターン制戦闘。各自が1ターンに1回、何らかの行動をとることができる。

行動に応じて、コンマ判定を要する場合がある。


[攻撃フェイズ]

自分のターンに攻撃を仕掛ける側(能動側)と相手のターンに攻撃を受ける側(受動側)に分かれる。

@まず、能動側が攻撃を命中できるかどうかをコンマ判定。命中率で判定する。

A能動側が命中判定に成功した場合、受動側は回避するか受け流すかを選択できる。

回避する場合、DEX対抗判定を行う。計算式:50+(受動側DEX−能動側DEX)/2=回避成功率

受け流す場合、STR対抗判定を行う。計算式:50+(受動側STR−能動側STR)/2=受け流し成功率

回避に成功しても受け流しに成功しても、ダメージは0になる。スタンドによっては「触れること」自体がまずい場合もある。

(キラークイーンの第一の爆弾など)

B攻撃が命中した場合、ダメージ計算を行う。

計算式は攻撃方法に応じて決められているが、通常攻撃の場合は以下の通り。

計算式:15+(能動側STR−受動側CON)

スタンドの効果などでダメージが定められている場合は計算を行わない。


[移動]

移動することによって相手との距離を詰めることも離すこともできる。

1ターンに移動できる距離はDEX×0.1メートル。

移動した後に相手が攻撃圏内に入った場合、そのまま攻撃に移ることができる。


[スタンド使い本体の各ステータスの扱い]

精神力:スタンドを操るための精神力。スタンドを使えば消耗する。0になると、スタンドが動かせない。

天運:幸運度。場合によっては判定に用いる。

STR:攻撃する時に重要になる。受け流しの成否やダメージ量を左右する。

DEX:攻撃回避の成否やターンごとの移動力を左右する。本体による攻撃の命中率にもなる。

INT:自由安価で「知恵を使う」と宣言すれば、INT判定を行える。成功すれば、状況が有利になる。

CON:毒を盛られた時、CON判定に失敗するとダメージを受けてしまう。
   窒息させられそうな時、CON判定に失敗すると気絶してしまう。
   また、CONとSIZの合計値がHPになる。

SIZ:CONとSIZの合計値がHPになる。何かしらの判定で使用する場合もある。

HP:CONとSIZの合計値。スタンド戦では攻撃を受けるとHPが減り、0になると死亡する。
6 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:25:25.44 ID:4DyMZ7jg0
[スタンドの各ステータスの扱い]

本体の行動については本体のステータスでコンマ判定を行うが、

スタンドの行動についてはスタンドのステータスでコンマ判定を行う。

()内の数値は目安。

破壊力:A(STR150〜100),B(STR99〜75),C(STR74〜60),D(STR59〜45),E(STR44〜30)

スピード:A(DEX150〜100 移動力:15〜10m/turn),B(DEX99〜75 移動力:9.9〜7.5m/turn),C(DEX74〜60 移動力:7.4〜6m/turn),
     D(DEX59〜45 移動力:5.9〜4.5m/turn),E(DEX44〜30 移動力:4.4〜3m/turn)

射程距離:A(〜100m),B(数十m),C(十数m),D(5〜2m),E(2m未満) 

持続力:スタンドを使用すると、精神力が消耗する。
A(2/turn),B(5/turn),C(8/turn),D(11/turn),E(14/turn) 

精密動作性:スタンドで攻撃する場合の命中率を左右する。

A(100%),B(99〜75%),C(74〜60%),D(59〜45%),E(44〜30%)

成長性:戦いの最中にはあまり意味がないステータス。


[ラッシュについて]

攻撃する時、スタンドによるラッシュを仕掛けることができる。

相手が応じなかった場合、命中率で判定して命中した場合には相手の受け流しを無効にしてダメージを与えられる。(回避はされる)

この場合のラッシュのダメージはスタンドのSTRそのものになる。

相手が応じた場合、DEX対抗判定を行う。

計算式:50+(能動側DEX−受動側DEX)/2=能動側勝利率

判定で勝った側は負けた側に 50+(勝利側スタンドSTR−敗北側スタンドSTR)のダメージを与える。
7 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:26:11.99 ID:4DyMZ7jg0
【進行について】

1週間は月・水・金・日曜日の4ターンに分かれている。
 
練習したり休んだり出かけたり、何か1つ行動すると、1ターンが進む。(ターンが進むこの安価を行動指定安価という)


行動選択安価のコンマが3の倍数だった場合、GOODランダムイベントが発生する。

行動選択安価のコンマが8の倍数だった場合、BADランダムイベントが発生する。

24の倍数だった場合、中間のイベントが発生する。

13,42,44だった場合、特別なイベントが発生する。

行動選択安価のコンマが44以外のゾロ目、ゾロ目+−1の時、天運値が上がる。



【システムについて】

【体力について】

体力は、練習する時などに必要で、練習やイベントなどによって低下し、休息をとることやイベント、アイテムの使用などで回復する。

体力の低い状態で練習をしてもケガなどはしないが、体力が20しかないのに消耗体力が25の練習などはできない。


【体力最大値について】

体力の上限値のこと。この値を超えた体力を維持することはできない。

一部の練習やイベントなどで上昇する。


【SAN値について】

京太郎の正気度。ゼロになると、アナザーワンでさえ抑えがきかなくなり、本当に人を殺し始めてしまう。

ヘブンズタイム(自慰行為)やイベント、対局で最下位になることで減少し、瞑想や女の子とのデートやイベントなどで回復する。


【世間評価について】

世間や監督の評価。40以上になると一軍に上がることができる。

練習や監督にゴマをすることで上がる。何か世間に認められるようなことをすることでも上がる。

しかし、京太郎としてはあまり高くても嬉しくないものなので、SAN値が下がる原因にもなり得る。


【仲間評価について】

白糸台高校の麻雀部員からの評価。高くなると、団体戦の時の味方が強くなる。

練習や仲間と仲良くすることで上がる。

しかし、京太郎としてはあまり高くても嬉しくない。


【国家権力の監視について】

国家権力による監視の度合い。高くなると……?
8 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:27:03.17 ID:4DyMZ7jg0
【経験値・麻雀センスについて】

麻雀の基礎ステータスには攻撃値・防御値・速度値・精神力値・天運値の5つがある。

このうち、攻撃値・防御値・速度値を上げるためには、各種経験値を獲得しなければならない。

攻撃値を上げるためには攻撃経験値、防御値を上げるためには防御経験値、速度値を上げるためには速度経験値が必要となる。

これらの経験値は、練習やイベントなどで得られる。

また、練習やイベントで、『麻雀センス』を得られることがある。

麻雀センスはスキルを獲得するために必要。


【所持金について】

物を買うには、当然の如くお金が必要になる。まぁ宝くじ当たったからもう金のやりくりには困らないけど

○月の始めに叔父から仕送りが来て、預金からいくらか引き出す。それで所持金は5万増える。

○短期バイトやイベントなどで増やすことができる。

○お金があれば、アイテムを買うことができる。


【好感度について】

今作では、好感度に上限はない。

ただし、特殊なのは、女子から京太郎に対して抱く好感度ではなく、京太郎から女子に対して抱く好感度を計上する。

明華に関しては、普通に明華からの好感度を計上する。

0だと京太郎は相手に対して何の関心も抱いていない。(もしくは手が綺麗だな、くらい)

30くらいから、その女子が危険にさらされた時に心配する気持ちが生まれてくる。
9 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:27:37.36 ID:4DyMZ7jg0
【FAQ】

Q 精神力値はどうやって上げるの?

A SAN値がある程度上昇したタイミングやイベントなどで上がります。あとは弓道場に行くとか


Q 天運値上げにくくない?

A 基本的には天運値上昇はボーナスのようなものだと考えてください。

  ちゃんと練習して攻撃・防御・速度値を高めれば、なんとかなるなる


Q 特定のキャラの好感度上げるにはどうすればいい?

A うろつきとランダムイベントが好感度上げの基本です。

  対局をする事でも好感度は上がるけど、敗北した時のリスクもあります。


Q 対局の時に毎回アナザーワンが出てくれば時止めて勝てね?てかキラークイーンで相手を爆発させればよくね?

A アナザーワンは今のところは頑張っても1局くらい表に出てこれる程度です。京太郎の精神力値が上がれば出てこれる時間も長くなります。
 
  しかし、特別な場合でもないとアナザーワンは出張ってきません。

  キラークイーンで相手を爆発させると同卓者である京太郎は目立ってしまいます。


Q 自由安価は何取ればいいの?

A なんでもいいです。ただし、京太郎は平穏な生活を望んでいるので、内容によってはやむを得ず何かに巻き込まれるような形に変更すると思います。


Q 基本能力値ってどうやって上げるの?

A STRは筋トレ、DEXは短距離走、CONは長距離ラン、EDUは「勉強をする」コマンドで上がります。APPは服を買ったりして容姿を整えれば上がります。

  SIZは基本的に変わらなくて、INTは特殊なイベントとかがないと上がらないです。POWは精神力値そのものなので、精神力値の上昇に連動します。

  EDUが低いと、定期試験で赤点をとってしまって赤っ恥のこきっ恥をかき、練習などができなくなるので気を付けてください。


Q 何年構成のシナリオ?

A 正直あまり考えてないのですが、高校生活は3年間やるとダレるし3年生が引退しちゃうので、1年程度で考えてます。

  END条件を揃えるとエンディングに向かっていく感じですかね……。


Q とりあえずの目標は?

A インハイ優勝!
10 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:28:19.99 ID:4DyMZ7jg0

Q 照イベントを終わらせる方法は?

A 9つの「tip」(情報)を集めてください。

  tipの獲得経路はこうなります。↓


  tip1→→→→→→→→┐
                 |
  tip2 → tip3→┐.     |
           ト→tip6→→tip8→tip9
  tip4 → tip5→┘.     |
                 |
  tip7→→→→→→→→┘


 tipは以下3つのいずれかの方法で獲得できます。

 @行動選択安価で「宮永家の闇に迫る」を選択し、INT判定に成功する 

 AリアルINTを駆使して適切な自由安価をとる 

 B適切な場所へのうろつき 

 tip5を獲得できていれば、照のインハイでの弱体化は多少軽減できます。

 @の方法では、(よっぽど運が悪ければですが)インハイを延期してもイベント完遂できない可能性はありますので、

 このスレの設定とかを踏まえていいアイデアが思いついたときは、A・Bの方法が有効かもです

 ただし、Bの手段をとる意図で、イベント進行に関係ない場所をうろついた時は、その場所で起こる本来のイベントが起こるので、(照イベントの進行という観点で見れば)無駄足になってしまいます。

 ヒントを兼ねて例を挙げると、弓道場・茶道部・港・コンピュータ室などはその場所のキャラ固有のイベントが進むので、照イベントとは関係のない場所と言えます。

 Aでは、物理的に可能なことなら自由にできます。(例えば、コロッセオの地下に行って柱の男を探すとかは無理)

Q 色々聞きたいことが他にもある

A いつでも聞いてください
11 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:29:22.58 ID:4DyMZ7jg0
[主人公]:須賀京太郎 スタンド:『キラークイーン』


                   ,..-、,、_,,_
                ,__,.ケ,、ィイYハソュ、,,     ト、      ,イ|
               <_/./从/イソ{"´`ヾh     | LY´ ̄ ̄`7/ !
                    /イ.Vヒリ'rェzjゞ _,,,,jカ}    | | ``ー‐'"´; |
                 リ^j゙',  "´V'''''~jミi!    l |        ', |
                 トレ' ,'  ‐-、,, /ソ'     V       _} !
                 ヾト、   `` ,゙/       {「::i!;ヽ ,ィ;;i!:7 |
                 /j  ヾ:;;;;;;:.:,イ´        l ゞ=''゙; ;ゞ='',' |
                , イ〈    .:;;;;;:.:/     _ _」 ',     ,' i!
               ,イ / !    ,.'´ト、   ,r'´子タ ト、 ‐=- /:.!L,.-──- 、
         _,.-‐''´ / ! ,jr‐<´   ,イ `ヽ/。 。 。  _」;;:ヽ __,ィ ,r'´  ,r''"´ ̄`フ\
     ,r─''"´     /  |/L_ハ。/// ̄ノ   ,rュ_」7,イj!;:;:;:;:;::.:.:,ノ, イ7′  , '´/7rェヽ
    / i         `フ ! /;.;i   ,//  ,/q /ハ レ'ヾヾ\;;:;:.:.:: .: . ./´ー==イ、, 弋夲/i
    ! |       「 ̄  l i;;;;;|   リ  ,イl   L_」l  レ'´     _ノ二ニヽ ヾヽ  `¨7
    | ゙i       i   | |;;:;;| _,ハ__ノ^|」 o o oト、/  ,.-‐'"´\  _」」_」_」、  /
    ,〉、 ゙i、       |   ,| ,!;;;::;|ノ-、/, イ:; ̄ ̄`¨`Y;:,r'"´二ニヽ,.-‐''"´`ヽ  ヽi| /
   ,ハ \ト、     l    !,!;;::;/ー-/  / .:.:    _,リ´   ̄`\\   ヽ \  ,j!,イ
   / iヽ  ハ    |   i!;r'ー=,/  /  .:.:  _/        / ゙i\   `,   !/.:;:;!
  ,/  ! \,! ト、   l   ,r'´  ̄i  i  / ̄         /  |  !   i /   /
 /    !ヽ   iト、.   |,イ     |  \/       _,, '´ ヾ  | ,/;:::.:.:.,r'"´  ,/
,/    |  \ | ゙、  ,l ハ、    \  ,/__    , '´      ≧j/;;;:r:;"´    ,/
i     / ̄`` ー!  ! iリ  `'ー--‐ュj ,/,r─-、ヽ/      ,r''" ̄ ̄``ヽ::;:;:.:. ../
|    ,/       |  i  ヽ       /;:;i 1   ,! l  ,.-‐'"´!\;;:.:. :.:. :. :.:l:::::.:/
ヽ        l   ハ  \__」;;;:.:.:\_ノ,/, イ77;;:.:r=ュ!_\.:.:.:.:.,r''"¨´
 \__ o o   !   i    \  `>:;:;:;:;>!三二二>;:;〉j戉7!:; .::;i.::.::〈
      ̄ ̄`¨ヾ  |    /i ,/;;;;;;:;:;:;:| !/r=、ヾ;;;:;://.:.:.:.ノィィィィbb7
          `7 /    /,イ /;;;;;;;:;:;:;:;:|」〈戉7/;:;:;:;ヾ.:.:./「「「「「!!!!!L


「強大な悪」の方の京太郎。

2003年2月2日生まれの15歳で、身長180cm、体重61kg、血液型はA。

前科なし、誰とでもトラブルなく接するが特に親しい友人……あり、恋人なし、手術経験は……あり。脳みそをいじられている。

人を殺さずにはいられない「性」を背負っている。そして、美しい「手」の女性を殺して手首を愛でたいという欲求に心奪われている一方で、

「植物の心」のような人生を…そんな「平穏な生活」を目標にしている。

あたたかいミルクを飲んでから20分ほどのストレッチをして熟睡するのが日課。

宝くじが当たって割と裕福な暮らしをしている。怖いものに対しては結構ビビる。

高校1年生にして130km/hの速球を投げる逸材だが、セ・リーグで優勝できる実力を持つ打線相手には、彼の打ちごろの棒玉は通用しなかった。

ただし、身体は貧弱なのにホームランは打てる。

白糸台に入学し、麻雀部に入部してからは共に苦難を乗り越えてきた同輩に対して友情を感じている。

原村和に対しても同様で、彼女の存在を失うことは「目立つ不幸」よりも避けたいとすら思っている。異性として意識することさえある。

宮永照に対しては、宮永家の闇に首を突っ込むほどに思いやりの気持ちを持っている。

弘世菫に対しては人格者であるとして尊敬の念を抱いており、「手を抜く」ことを申し訳ないとすら思うほどである。

渋谷尭深は「心の平穏」をもたらす茶道を嗜んでいるので、気が合うと思っている。また、恐怖体験をした自分に抹茶をくれたので喜んでいる。

亦野誠子のことは侮りつつもサバサバした気持ちのいいヤツだと思っている。

雀明華のことは、殺したいほど嫌っている。

三尋木咏のことは、厄介で関わりたくない存在ではあるが、「1巡前」の縁もあるし嫌いではない。

スコヤのことは、「1巡前」の因縁もあって恐れているが、いつも「左手」でナニをシゴいてもらっているし、オシリを拭いてもらっている。
12 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:29:52.55 ID:4DyMZ7jg0
[アナザーワン:もう一人の須賀京太郎] スタンド:『宇宙(ザ・ユニバース)』.           /   ,/ / /-‐…≠ : /:./  .:.|―
                                                       /_ ̄ ̄/'/ /: : : /: : :./: /,'   : |: : : : :.
                                                       / /〕 '" /  /: : : : : : : :/:./ /  /: : |: : -―…・
                                                     '  / _ / _ /: : : : : : /:./___/   ': : : |: : : : : : : : : :.
                                                    / /' /  ̄ ̄ 乂_彡彳'": ---/  /: : : :√  ̄ >-=ミ
                                                        / {/  /  //__/: : :/ ___ /  / : : : ,'≠ /
                                                  /' / ノ{  / / / ∠彡<__/    '  / : : : ///
                                                    {/ /'/《 >/  /: : : /_ 〕 _/   ': : : :.:/⌒´
                                                 / / 《 ィッ}/  / ̄ ̄ / | i /  /: : : : :/_ 
                                  ___,-、 _, ---- 、      }イ《  /イ 〕_ /'    /| i ≠'  / : : : : : //   /
                                 ,   ´     /  `  < ⌒\.   / イ // _〔 _{ へ  { / / ,/: : : : : : :,:/    /'
                             /        |    :.   `ヽ、    '/ |'  7^∨∨/ , </  /  ̄ ̄\: : //   /
                            /     / /   l|    V     `   、{      / \∨ し'  /  / / ̄ ̄ \〈―=彡 __/
                             .'     / , { { | |     | 、   、_ \_   /  /> ---イ  / /   / ̄ \ ,/    \
          /  ヘ                |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´ ̄ ̄ }\'   へ|  ' /'   / ///ヽ ∨      ヽ
.         |.   ヘ                 | | {メ、_{ 从  | , |-‐'´ |  、 \`\     ' | i ノ  } { |    ' /⌒  /    _/  }
.         |.   ヘ.            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、 _\ /v' 人,//'|  人   | /   ), イ二/ ̄:.:/  '
            |    ヘ          /イ{ { r 从 { Vソ ;;;;;;;∨';;Vソ/イ |∧} 、/ / // \_/ イ人 \\  i'  ≠≦/|// : : : /   /
          |     ヘ           ∨乂レハソ::´:::::::::::::::::::::::::::`:::|/ j' リ < __,/-‐… /≧=-  >―\/<⌒ / / : //   /
          ヤ     ヘ.          }∧ ー:.         `:::::::::ムl/ ノ/  __V_  / > ̄ ̄ \ ( /イ ̄ ̄彡 / / /   /
、            ヽ     \         /  、 八.     ,-‐‐┐ .人.i | Y /V ∧ | / /7/ ――  >イ 人 / /_/   /   /
 \         \      \          }イ/__,-‐┐'、二ニ' /. Y,ソ  | /  V ∧∨ヽ/  ' /  /    / ,  /イ     '  /     /
   \         \      \        r‐ ' ´,-‐'´| | __/|―――‐ァ}'   、''∧  ∨イ   / /' ̄ ̄ /  / /゙|     :i       /:/
    \         \.     ``丶.,、_.  !-‐ '´☆;h!................| ̄`フ. /.イ    V'∧  |⌒〉  / / ノ/ // / |   / |  /  /: :./
ヽ     `:゙''-、,_   _,,..-‐' 、      ヽ、ヽ-┴     ', ',:;;;;;;;;;;;;;|....../∠_、ノ `r-   〉 ∧  イY / ノ /彡   //_,///,|  i/, ∠,/: : : /
 ヽ、,_      `゙''ー-、           `'、\      ', ',:::::::::::::::::/ /`- 、ー-、__ |i  〉 | 〉 ,/ , /  //―,/ // |  |//: : : : : /
    ゙''ー-、                    \\     ', ',:::::::::::::/./{{⌒} }    \. /  / /  /' /  /' /_ノ ////|  |イ : : : : /
       `゙''ー-、,                 """""ヽ   ヽ|::::::::/./ ヽニ} }    |:  |/  / 〉| 〈  V_// |/|//////ハ  V: r-=彡
       ,.、'"                        .゙''ー┴-、/./. / r‐くノ}   |:  |丶、,//' 、  ∨ ^Yi/// ///////_  i: |
__,,.. .-‐ "                             _ノ/  { {ヽ_ノノ.   |:  | / 〈\/ \ 乂ノ7// ////゙<⌒ヽ  |: |
                             ._,,..-‐''""    l/  .∨二ノ.    |:  |/ 〈/ / ハ 〈 |/,i////∧///ヽ   |: |i
    _,..、-''ヽ,                ._,..、-"         l   { し'ノ      |:  } 〉  / /  ヽ\〉/// |// : V///∧ :.八
_,,..-‐''    /          ,---、,_ノ             l   `       |:  |/  \    「_V/ | // : : : V///∧   \

「強靭な良心」の方の京太郎。頭脳明晰だが激情的な人格。

「1巡前」の出来事はほとんど表に出ていた彼の記憶・体験と言ってもいい。

宮永照をこよなく愛している。
13 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:30:19.12 ID:4DyMZ7jg0
[白糸台高校麻雀部部長・チーム虎星のメンバー]:弘世菫


                 /_ ̄`::ヽ_ ゚           マ /////ヌ ム
             / ̄::::´ ̄ヽ:::::::::::゚ヽ`ヽ          マ    ム ム
                /::::ア:::::::::::::::::::\:::゚::::::\::::::、         マ  //r v≦オ{
            //::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ハ:::::::.         _ゝュ/八_j≠‐'
               ア::::::::::::::::::::::::::::::i:::::ハ:::: ....i:::::l::i       ィf 」ム__jムハ
           / :::::!:::::::!::::::::';:::::::::::゚:::::i!:::::::::::|:::::i:::.        Y  三三. ム
             '  ...i::::::::iハ::::::ヽ::::::゚ィz::i::::::::::::i::::::::::i       ⌒ヾ 「 マ ム
          i..:::::::l:::::::::};> ´ 7マ tji::::::::::::|:::::::::::!         {_リ  ハ  ム
           L::::」:;:ィハテj    ゞ'´!:;::::::::::j j::::::::|          マ Vハ  ム          _ ―rォ
           |:::::::::::ハ ゞ'        j:L;!/ /:!:::::::!           マ Vハ_ム __  ―=   ̄ ̄
           |:::::::::::::ハ  `        ィ{::::l::::::::|        r≠キ /////ハ―=   ̄ ̄
           |::::::::::::::::ム   ゚ `   イ  {::::::i::::::::|__ ―=  ̄ ヾ=<///`ー―
           j> ´ ̄ ̄ `ヽ,_, _ ―=7  ̄ ̄_\_    >-、  マ///[ ヽ
     -ー  ̄ ̄       ヾ{` 〉≦ ̄ ̄ /:::::::/ィ ̄ ア7⌒7 ̄  7{   ヽ マ//  イ
   /        _z、__ ヽ_)/ /  /:::::::/   イ/ /  仁ニニ{! ; > __)イ  / ヽ
   {        ,ィ T     ハ` ´ /=≠ /:::::/|    リ /  「≦'==ヘ!    |八_ ィ    {
   `ヾ _ イ | !     { |   /  / ィ/::::ム|    { !  !r―ニ二{.   i/(_  イ  ノ
      ` ヽj j! !      i八  ! /゚ /{::/ニi|    ム 、   マニニニ人  |!_( _  ィ {
          ̄ ̄>、   个ミ丶{ /  /゚j/ニニム    ム≧ュ_ゝ=キ  ´ ̄ L≧ュ__ イ
           /::::::`ヽ  j }`ヾj/ ムニ゚ニニ八     了/::::::::::::i      j了 ///|
            /::::::::::::::::7  ゝア ムニニ.゚ニニヽ    !::::::::::::::::::::|     h! /////{
            /::::::::::::::::/ /イ⌒ ムニニニニ゚ニニュ、 人:::::::::::::::::::i     人丶///ハ



白糸台麻雀部の部長を務めるクールな雀士。「シャープシューター」の異名を持つ。

弓道部を兼部しており、弓道場に行けば会える。

京太郎のことは、当初実力に疑問を持っていたが、対局を経て自分を遥かに凌駕する雀士であると認めた。

弓道のスジがいいことにも感心しており、部員の中でも京太郎のことはかなり信頼している。

部員の結束のために祭りイベントを企画するほどの部員思いで、京太郎が「手を抜く」ことを申し訳ないと思うほどの人格者である。

最初に安価をとられたキャラだけあって色々優遇要素があったりする。SSSかわいい
14 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:31:07.84 ID:4DyMZ7jg0
[インハイチャンプ・チーム虎星のメンバー]:宮永照


              <   ̄ ̄ >- 、
          /              >、
         /                  ヽ
        /                     ヽ
       ./       /               V
      /  /     /!     r、ヽ   i         V
       /  /  /   / ! i   V }! !   j       }
     /  i  ij__j__,j,,,,j j    ト-j-j‐-、ハ   ,    '
     /   !  ハ i ! ヾiヽ  j  !.ハ V }  j;,,    |
     /  ィ .ハ  ! ヽjz,,,,,,,,  \ ,{_,,,j/ }/z、.}  /;;,,,,,  |
   /_/ j ∧ j/"i。;;;;;;;;;!      {。;;;;;;;;;` }!j /;;;;;;;,,   |
  //   j ヽヽ{` !;;;;;;;;;;!     !;;;;;;;;;;/ / /-、;;;;;.  |
      ,   } }!  ヾ;;;;ソ      ヾ;;;ノ .イ/ r' };;;;;;;,  |
      j !   }       '         3/;;;;;;;;;  |
      |ハ   `,             イ";;;;;;;;;;;;;;;/ .i
iヽ     i{ };;;;;!;;;,,, \     __    イ;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/ } .|
i !     i ヾ;!ヾ;;;;;,,,!;;;;,,>-    <  !;;;;;;;;;,//イ"⌒`ゝ
i i/⌒>、  ヾrヾ__jー---'''⌒j     //     /⌒ヘ
j  iィ仁ニミ>''"::::::::::::::::ヽ__<ニニヽ _ イ      /    ヽ
{  {!〈"⌒7^}:::::::::::--::::::::::r7_r==ミ ヽ `V      イ         〉
i  `, ヽ ノ j:::::::(   )::::::::7ヽ  〉"/〉 .i     イ7       /
ヽ  ` ヾ /:::::::::`ー"::::::::〈 ト-" r'  j   /;:;/        {
 ヽ   i//ヾ:::::::::::::::::::::::人      /  ./;:;:;/ ,"      .}
  ,   〈/  `ー-- t "  ヽ  ',   !  ./;:;:;:;:/
  ',   ヽ     ∧;:\    ''ヽ   ヽ/;:;:;:;:;/        /



白糸台のみならず高校麻雀界で最強を誇る雀士。「なぜか」日光の下でも活動できる柱の一族。

京太郎のことは対局を経て同等の実力を有する存在として高く評価している。京太郎への想いはそれだけじゃなさそうだが……。

相互に名前呼びする仲だし。

妹とは確執がある様子。

京太郎としては、当初は不気味な存在だったが、唯一自分に匹敵する強者として認めているし、

物静かで読書家な一面を好ましく思っている。「1巡前」に嫁だったことも思い出し、宮永姉妹の「確執」を解決したいと考えている。

(アナザーワンほど「1巡前」の愛情を引きずっているわけではないが、「1巡前」の繋がりから他の人より多少大切には思っている)
15 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:31:41.38 ID:4DyMZ7jg0
[白糸台高校麻雀部部員・チーム虎星のメンバー]:渋谷尭深


                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   -‐…≠::/:::::::/:::/::::::::::::::::::::::∧:::::::::::\
                        /:/:::/::/:::/::/::/::::/:::: / ‘:::::::::::::::::.
                   //:::/:::::/:::/::/ |:i::::::::::::/‐- _|:::|::::l::::|:::.
                    // {/::/:::::l:::l:|:::l__」:|::::::::l::′__|:::|::::l::::|:::::.
                 /  /:::::/:::l::::l:::l八{_ 从:::::::l:| ___ }从:人リ::::::|
                   /  /:::::: / ::::l::::l斗苧芹` \从芹苧≧v'::/ ::::: |
                     /:/::::/::l:::八::| 乂)炒   ==、 乂)炒/::/:::::::::::|
                 |::{::::/:::il:::::∧{、_'_'_'_'/ '  \'_'_'_/::/:::::/::::/
                 |八{:::::i|::::{:∧      __    厶イ:://::::/
                    \:八:{::::::::.、    ‘='  ー=≠彡仏イ
                    \[\:::::个ト .      . イ/
                        \{⌒_}  --   {__
                        /~\__ノ     乂_ `丶
      _         __  -‐      ‘,        }
     ⌒ヽ: : : :.―――<\\         ‘ー- __   _,|      \
        ∨: : : : : : : : : : \\\        { ̄    `丶 /       //〉
        ∨: : : : : : : : : : : :\\\       { ̄ ̄〉  __,/       //∧
.        _人: : : : : \: : : : : : :\\\      ‘, /´ /        // ∧
    /: : : : : \: : : : : \: : : : : : :\\\     ∨   ,/      /// / ,∧
   /´ ̄ ̄\: : :.\: : : : : : ---: : }: :.\\\    ∨ ∠ニニニニニ /:/ ∨ / ∧
          ̄ ̄{\:_:_:_:_:_彡ヘ:.{: : : : \\  ̄ ̄ ∨  . . -‐=彡: : / ̄ ∨
            ∨   /    \: : : : : :≧===‐ ┼‐==≦:_:_:_:_/    ∨
              \__{     \: : : : : : : : : :}/\: : : :\         }
              {-- 八      \: : : : : : /7:l: : }: : : : : }       八



チーム虎姫の中堅を務めていたが、虎星においてはポジション未定。

「オカルト」は「ハーベストタイム」。野球でも9回以降に打力が上がるという仕様。

京太郎のことはわびさびを通じて仲良くなれるかもしれないと思っている。

作法室に行けば会える。

京太郎からの好感度は高くなかったが、前スレの最後で京太郎の恐怖体験に寄り添っていたことで結構上がった。

祭りの時にお化け屋敷でビビりだと判明したのが良い方向に働いたというね
16 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:32:12.17 ID:4DyMZ7jg0
[白糸台高校麻雀部部員・チーム虎星のメンバー]:亦野誠子 スタンド:『ビーチボーイ』


                 、、_,/(ィ-―ァ
             ≦゙        ` ヽ、
            /ィ   ,.、,、、  、    \
            /...;、;リ'"  ` ヽiヽ:.、:.:.:.:.:.. ヽ
            /;.:リ'           jハ:.:.:.:.:.:.:!、
             i;.:.|  _     ,.=-   iハ!:.:.:.:.:!、
               iハ:.:! __`ニ  ´ ‐_,...、  |:.:.:.:.:.i`
           | !、i< ('::i゙     ´Lン'゙ |^ }:i:N
               、!               /ル
                 i   ′      ,:‐'/
                  丶   ‐--   ,.:V′
                     `丶 _  _,..::'   !
                      〕´     |-.、
              _,...-‐''/7   __/   `丶、_
           rrr''"    i   ′/        >>、
          λi:!      |   /         //  ヽ
          / ヽヾ、     |  /    ,,:=='"イ



マタンゴ。
17 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:32:43.85 ID:4DyMZ7jg0
[白糸台高校麻雀部部員・チーム虎星のメンバー]:原村和


                       _
                   . : :´: : : : : : : : :`: : . . 、
                ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  _
            , ´: : : : : : : : : : l: : : : : ヽ: : :r  _: : : : : >;;´;;l
           /: : : : : :|: : :l: : : :|: : :l : : : :ヽ: :ヽ;;;;;` ‐.ュ´=x、;;l
           /: : : : :|::ハ: : |: : : | ,: : |、: : : : `,: :ヽ;;;;;;;;j:ヽ: : ',;;/ミx
          l: : : : : :|:斗‐-|: : : |ヽ_ヽ: : : : ',: : {;;/;|: : ',: : |;';ヽヾ,
           ! !: ;: : !: トl ',: l ,: : | ヽ:l `、: : 、l: :く__;;;|: : :|: : レ´ ミ
         { ',: :l: l: : |ィ=ニx`ヽ: l x==zxヽ: : : !: : : :¨|: : :|: : : |   }
          l ヽ:ト,l: `:、' 心!  ヽ'イ´ハ羔ミx`!:l: : : : :|: : :|: : |:.l   l
           ヽ`: : : l ゞメ     込;;;り } レ: : : : :l: : :|: : |:.|
               l: : : : |  ,     `゙¨ ´  /: : : : : |: : :.|: :!: |
            l: : : |: .、  .        //: : :l:|: : : |: :|: :|
             l: : : ト: :丶. `'           イ: : : ,'{:|: : : |: :|: :|
            ノ: : : |l: : : :ヽ _     < /: : : /:l: |: : :.|: :|: l
           /: : : :l: l: : : : : : : :`,     /: : :/: : l !: : : : |: : ,
            /: :/: : :l: ヽ: : : : : : :.j    /: : :/^‐  _: : :l: : l: :',
          /: : /|: : : l:__ヽ -<´ノ   /: : : :/ヽ:;:;:;:;:l:l: : l: : !: :l
       /: : / l: :」´;:;:;:;:;:;:_ ‐´ '_ __ /: : : :/イ;´:;:;:;:ヽ`,: l: : ヽ:l
      /: ,-r‐^ 、´ノ:|l:;:;:;:/´  ̄`ヽ /: : : /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽヽl: : : ヽ、
     ", 'f¨¨¨ヽ ミ -';|:;|!;:;/  _.,.,-:;:´://: : /:;:;:__ -- ===`、`\: : `ヽ
   // -ヽ` -,¨´l;;;;;l:;||/_∠__-- ==//: :/¨‐___ ̄  -‐ ¨l:., : : : \: :
  / ノ /.  ̄  ヽ:;:;V∠ニ-‐ ‐ ¨¨l ;: :/ -‐ ´  , ´    l !: : : : : ヽ
 / l /        「¨7 ̄¨ ‐--‐ ´|{ |: '   、 /        l:;l: : : : : : `
/  | {       , -/        { | /    l ,         l',:;',: : : : : :
.   l l       /;l;;{            レ    l l        |, ヽ:,、: : : :
.  ,' ,      /;/!;;l               , |  _ -- - -|-, ヽ:;.、: : :
  l   、    l;;;l;;|;;;;l             / レ ´   _   -+-`--_;>: :
.  l    ヽ   _|;;;|;;|;;;、ヽ          ノ ノ, ィ ´     !ノ  ̄: : : : :
  l     ヽl  |;;|;;;|;;;;',;;;;`ヽ 、 _ _   ´  /: '‐-!       |: : : : : : : : : :
  |     | l |;;|;;;;〉;;;`.;;;;;;',          /: : :ll: :l     |: : : :,,: : :l: : :
  l     |/  l;;;;;;| ヽ;;',;;;;;;|          /: : : / : :l.     |: : :./!: : l|: : :



京太郎のクラスメイトでチームメイトで唯一の異性の友人。

デジタル麻雀を得意とし、多かった現実でのミスも京太郎の助言で「のどっち」として目覚めたことで克服した。おはようのどっち!

京太郎とは頻繁に一緒に勉強したり、(まだ京太郎が麻雀力にそんなにプライドを持っていない頃に)麻雀のアドバイスをしたりと、

割と仲良くやっている。麻雀でも野球でも京太郎をやる気にさせるほど、高潔な意志を持つ。

今では京太郎にとって同輩以外では唯一の「友人」であり、京太郎の中では「目立たないこと」より彼女の存在が大切になっている。

彼女もそんな京太郎の友情を嬉しく思い、むしろ友情を越えて恋愛感情が芽生え始めている。
18 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:33:43.08 ID:4DyMZ7jg0
[須賀の同輩・チーム虎星のメンバー]:同輩(高久田誠)



                    ___
                _/////>ミン/7ァx、
                  ////////   L/////ヽ
               /////////       \///∧
               ノ////_/\_   ___ \// \
             //// 厂⌒)     xf厂⌒`  V///\
               {////}        { ィちア   V⌒V∧
           八///,{抖==ミメx、 l ¨¨      i{(ヽ{//}
            \_∧ ノィfうアハ L_ ノ      ハ(ノ{//′
                 V∧  ¨¨  廴√     l  Lノ /
               Y⌒`、   ⌒_ -r ァ     爪/
              八 ヽ`、  ⌒ーこブ     /ハ
                 ` 、_ 、             / {  \     、丶`
                   \/∧         /  }  /⌒ v
                   ⌒>      '  ノ/   ∧
                       ',  ̄  __ /^    '  ',
                      ノ\    {_     /    ,
                        /⌒¨¨ア⌒ロ / \  /    ',
                          /\   ∧ロ ロ/  /∨ ___,
                        /   、 {ー v⌒{  ‘   \
                       /⌒7  /^  /ロ {  /      、
                 /   /   /   厂  { ,         /
                 /     /   {   厂ロ { ,′     /
              ∧    〈    {  厂   {,       ′



京太郎のクラスメイトでチームメイト。

「須賀の同輩」として、誰からも名前を呼んでもらえないが、部内対抗戦では異常な活躍を果たした。

琉音・栞のOGコンビに対しても引けを取らないほどには実力がある。

京太郎の本性を知りつつも、強い友情を感じている。

ジョジョ原作の同僚が吉良に関して異常に詳しいのと同様に、このスレでの同輩は京太郎のことをメチャ分かっている。須賀京太郎検定一級。

ただ、吉良吉影と違って、京太郎はそんな彼を気の置けない友人として認めている。

打倒虎姫のために全力を尽くすという約束をお互いに果たしてから互いの信頼は強固になった。

京太郎のことをよく分かっているがために、和との間に生じた問題も2人の間で解決させた。

そんな彼は「茶海」に8月5日まで幽閉されている。
19 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:34:10.70 ID:4DyMZ7jg0
[白糸台高校麻雀部部員・チーム虎星のメンバー]:岩貞祐太 スタンド:『フジナミ』


      ,, -''"´ ̄ ̄`"''- 、
    _/            \
  .//              \
 /                    '、
 | . / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`"''-、       .|
 ヽ.|              |        |
  リ,-一'" ( `''ー―-、 \      |
.   |/___ヽ、   /___  .ヽ ,ニ、|
  .| .ヽ_・.>.ノ , .ノ_.・ノ    |/.'⌒.}
.   |   ̄/   ヽ ̄      || .>ノ/
   '、 .,イ  _)、.      リ、_,.イ
   '、 /`フj´__ \     ,' .|ノリ
    '、. ^'l王lヨシ'^      / . |
    '、.`ー一'´     /   |
     ヽ        ,,-'´,'   |、
      〕ー―‐一''´  /   / 〉-、_
    ,,-〈 `''ー―――一''"´  /
    ´  .ヽ           /



京太郎のチームメイト。

「矢」に射られ、スタンド『フジナミ』を発現するが、京太郎に敗北して右腕を失う。

後腐れはないが、右腕に爆弾を抱えることになった彼は麻雀力が落ちてしまった。

義手はしょっちゅう故障するし、オイル漏れする。

壮行試合(野球)では、黄金期の猛虎打線相手に炎上した。仕方ないね。

今季は活躍してくれ……防御率2点台で2桁勝った彼の勇姿を忘れられないんだ……
20 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:35:03.47 ID:4DyMZ7jg0
[白糸台高校麻雀部部員・チーム虎星のメンバー]:金本知憲

      ,,-―――――-、
    ,r´          `\
    | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
    |./           ',   ',
    /-      -     i   .|
    /⌒ヽ    /⌒     .|   |
   ,'yr=ミ:、`  /行ミt    |  .|     
   |{_ヒri}゙、.〉 , ゙ヒrリ.》    |/,⌒i     
   |  ̄./     ̄        .>ノ.|     
    .',  .|   -、        .、_ノ     
    ヽ  `¨i⌒´      / / .|      
    .|ヽヽ{ニニニィヽ /   /  |  
    .ヽ、 ∨    }   /   .|   
      i\゙こ三/  ./ /  |
      |. ヽ___/  ,'   .|
       |ヽ_______,,-''"|
    ''"´ヽ           ノ`"''


京太郎のチームメイトの女の子。

元々は原村和より優先されて虎姫に選出されるほどの実力者だったが、肩に不安がある。

大和のことは評価しているが、このままでは便利屋で終わってしまうと危惧しており、たまに発破をかけている。

壮行試合(野球)では、京太郎と対戦してホームランを打ち、苦しめた。


[白糸台高校麻雀部部員・チーム虎星のメンバー]:前田大和


    ,, -''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`"''- ,,
   /                 \
  ノ  ._______       ヽ
  |  /           .',      '、
  リ |    二ニ       /      .|
 ノノソ__  ´、__ノ ̄   .\     .|
   .{.  -\    -     |     |
   〉.‐ニ・ュヽ  .rニ・ー   | /'⌒i|
   .|   ̄ / '  ヽ ̄    .| .| >ノ,イ
   .|   .(( ,二)、      リノ、_ノ |
    \ ,_ノニ゙ニヽ.__、ヽ / /|   |
      ',. `ー一'´     ./ |   lリ
      '、 ⌒    _,,.-‐''´ ノノ |
      `'┬―一''´ .   / .'´|、 .|
        .,|  〈 '   .,',,.-''´.|ノリ
      _,, -|.`''ー――一''´  .ノ`"''
    ´   ヽ          /


京太郎のチームメイト。

抜群の勘とセンスで軽快な守備を見せる名手。本職は内野だが外野も上手いユーティリティプレイヤー。(要するに守備力が高い)

ただし総合的な麻雀力はあまり高くない。

岩貞とは仲がいい。金本からは守備固め扱いされるので疎ましく思っているが、彼女の思いやりに彼は気づけていない。

壮行試合(野球)では意外性を発揮し、三塁打を放った。
21 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:35:36.28 ID:4DyMZ7jg0
[臨海女子高校の麻雀留学生・恋する乙女]:雀明華 スタンド:『オール・マイ・ラブ』


   ¨ニ_         _tj^     ,:/               \‘'vtj tj         Tヒ_
.   ¨ニ_       _tj^        ツ       ,          _ヽ Ytj          ^tj_
     ¨ニ_    _tj^      _,.″   / |   :i   ハ_    ^vトL,tj_           ^tj_
     ¨ニ_ _tj^       .-ノ    // 人i Uい  ヒ_   i V「ltj^`ヽ           ^tj_
       」tj^     ____彡'ノ   / ,斗ヒ 丁小 トif厂^ぅトi    _`'tj   }i          ^tj_       _ニ¨
     o「^¨ニ_   i{   ,;'´  狄  ハ|i 」十八 V十iLハ| 圦 [_ ^’ , \                ^tj_     _ニ¨
          ¨ニ_   〃 ノ゙ ノア ]i 斗桃妝, \V桃抃以ぃ j^t トぃゝ_\__              ^tj_   _ニ¨
             ¨ニ人r f^{ i:小l トfメ小     ^Tfメ升 ]小 ⌒人 トj ¨`〜ヽ              ^tj_ _ニ¨
               ¨ニ乂 ^'人 L_ ¨ ^     ´ ^  j~  t  ^‘ij     ^}           ^tj[
                   ¨ニ_ リ  ⌒ヽ"  `    ""  '  カッ   ‘,     ,リ       _. -ニ¨ ̄ ]o
.                   ¨ル  /人´   - -    xリ  ソ^j:  ‘.   '′   _ -ニ¨
                 え゙ , ア介y,       .ィi^ア  ,’ v   ッ,  _ -ニ¨
                ,fy~ ,^ ノjfメ ^i: ぅt-   [_.:′ ,′ ^j:   j, 'tヤ¨
               ,ャ?ソ   jfメy斗fy~リ     ヒ7   ふ_  ^'.  ^j, ~y,
               _:^ ' _,厶jfメ√  j^       ア  , n‐=tェ」j_    ^:_
             y^ j_,t^n゙jfメ    i~^ヽ  ,.:'"_t  /,'~   ¨ア式ヒ, y,¨;_
            _jッ ソ「入^vjfメ    tャ'"´ ̄`'ソ′ _y    '~ /^圦 :^t_^t_
           _y^ ソリ  `'jfメ      i[    ´  ;ァソ  /_ ィi^   リ  ふ ^:,,
         ,;ァ¨ , ~ j「  jfメ_ ヽ、   ‘  /  イjえ '´. ィソ      L_ ^'jx -_
        _, " _y゙ ,圦  jfメvjぃ_  、  _jッ ´_, -'^_n _y'´ jリ       ¨弌 ` ヽ ゙y_
      _-~  _ァ  厂^ ,jfメ ソ ^`:,_ )y'´ _,.れィ _^ '~  ¨  /;         」i、 ャ,`  ^ッ_
    _,ヽ  _え’  人  jfメtッ′    ^tj , '⌒jyツァ^     ,i v′  、    _j仇   ¨    X:、
  _っ'^   yて   _^,沁jfメLア      ヤ[  ,^ (       i以  _,. jyx_rf'~   え ヤt   ^ty,
,ッニ~   -ソ^   ッ犲ぇv二;」;      ノ;   ィぇ       ,ッj^衣¨^  "才   ]八  ^え,  ~ふ


フランスからの麻雀留学生。

オーケストラの演奏会で京太郎に親切にされたことから知り合い、一目惚れする。

何気ない一言が京太郎の逆鱗に触れ、雀荘でボコボコにされるが、恋する乙女はメゲなかった。

スタンド使いとして目覚めると同時にクレイジーヤンデレストーカーとして覚醒し、吉良吉廣の要求も跳ねのけ、京太郎をわが物にしようとする。

麻雀では窒息プレイで勝利するも、リアルファイトで女性に対してはあり得ない程の仕打ちを受ける。

その後DV男のように甘い言葉をかけた京太郎にコロっと騙され、文字通り陰から京太郎を見守る存在に。

律儀に京太郎本人への接触はやめているのだが、それでもたびたび京太郎の悩みの種になっている。ランダムイベント発生率も異常だし。

不気味なストーカーとして書いたつもりでも、「可愛い」とレスをもらえることがあるので>>1は困惑している。
22 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:36:05.36 ID:4DyMZ7jg0
[写真の「おやじ」・京太郎の父]:吉良吉廣 スタンド:『アトム・ハート・ファーザー』

                           ,. -‐…ー…ー-ミ
                          /     -‐‐-ミ    ヽ
                        /  /   。  \ 、、゙'v
                       /  .'        o   Vハ }!ニ- _
                  //   (  。     ,....   }i | ,リ:....   ̄ニ‐ _
                 / {      \ ヾ  ((::::{  八川:::::::::::::::.....   ̄ニ‐ 、
                 /  。':、    ミミミ\ ヽ ー=ミV/ __》ハ,::::::::::::::::::::::::::::....、 |      
                 /  。    ゝ  ミミミミ/ ( ー=ミミVv'.)W:i:.: rーv.:::/Xヽ::::::|  |
           /。       /.::::`ー弌ー弍``Y´・ Y^VYア{|i:i:;.::し/>xヘヘヘ.:::|  |    
          /        /.:::::::::::::::/三>、_`ヽ辷彡と_ノぇ八':/.:/´ r } } }i l ::|  |
         /  °    <::::::::::::::::::_《_  {\、込、_‘`辷彡イハ:/.:∧二ノ ハハリノ ::|  l
        `ー-   °_  。` ‐-=ニ! {/ /`ト、\///≧xヘ:::i{:/.:/ヽニ=-'^⌒´.:.::::| 。 l
                   ~゙' ‐-=ニ二∨厶ィ\ヽ Y^::::::::::::ヽ/.:/    . : .:.:.:::::::::::::|   l
                      《_{_{{ {{ミK⌒77ニ=‐‐ァ.:/_ . .:.:.::::::::::::::::::::::::::| 。 l
                         {{∧八`ヽトミ=ニ二゚ _/.:/ 。 ~゙ニ=-  _:::::::::::::|  。|
                          {メ@ {辷大ユ,.二、/.:/~゙ ' -=ニ     ニ=┘ |
                         {チ弌アア⌒  と二ヽ         -=ニ ° 。|
                           V/`弌{{/    ,( ヽ∨               -=ニ!
                             ー=ニゝ、 }∧ヽ_レ
                             し'ヾ.} 「
                             / .::/ ノ
                               / .::/
                           / .::/
                             / .::/
                         / .::/
                            / .::/
                    ∧  《ミV
                     , /::〉 //》' __,.
                       { {:::`//.:し' //
                       vう::::::`ブ ′
                      ∨/ _ >'゙
                           ̄

十年以上前に死亡した京太郎の父親。

彼の死をきっかけにして京太郎は叔父の養子に入り、苗字を「須賀」と改めることになったのだが、

実は幽霊として現世に残り、京太郎を見守っていた。

京太郎の殺人性癖を父親として憂い、人間的成長を期待して、京太郎と彼自身のスタンドを目覚めさせた「矢」を駆使し、

京太郎にスタンド使いの刺客を送り込む。
23 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:36:39.52 ID:4DyMZ7jg0
[牌のおねえさん]:瑞原はやり スタンド:『単細胞変換(バカ・トランス)』


        ( ̄ \ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ___  ☆
      __≧  /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:/    ノ
    /> .:.:(___(__) .:/ .:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(__) _)::.\
.   /.:.:.:.:.: |  |.:.:′.:' |:.:.:.:.:.:.:.:.: :. :.|.:.:.\人::.:.:.:.:. \
   / .:.:.:.:.:.:./|__|.:.:.|:.:./| 八:{\:.:.:.:.:.:.:.:|.:.|:.:.:.| ヽ:.:.:.:.:.. \
.  / .:.:.:.:.:.:./  :| |.:.:.:W__|_  \ ≧:.:ト、 |:.:|:.:.:.|  ‘,.:.:.:.  \
 / .:.:.:.:.:.:./ _| |.:.:.:.; /rしハ    rしハ|:|:.:.:.|     .:.:.:.:.  |
  .:.:.:.:.:./ .///|.:.:.{ i弋う'   弋う' 小:|}.:.:.|     ': .:.:.:. |
| .:.:.:.:./  .' |ノ  :.:.:圦 "    '   "/:j:/.:.:.:.|    |.:.:.:.:.:
人 .:.:.:.‘ 爪    V.:.:个..  V ノ  イ.:.:.:.:.:.:.:.:|    |.:.:.:.:.:/   ∧_
  ヽ.:.:.' 〔::{ \   /7¨ヽ:.:.:≧-≦- 、:.:.:./ ̄ ̄ >-、 .:.:.:/  <  <
   ):;  j:::}__ ヽ //  /\::::::::::/ /⌒ヽ|/ _ ノ    :.:.:/    |/ ̄
  /  ノ:::{  \(__./     、l八  ノ /:::::::::::: ヽ |:::(
/  {:::::::::{__ ノ   > 、      /―― 、:::::: | |\\
    从_::::::{_/      }\       ` ̄\ :::: |_/.  \
   j_::::::::/      .:/  \         } }!/:
ーイ  `:/       .:/    `   ..     // :|   ∧
 .:  .: .|:::..     .....′         |.:.:.7´ }.:.:ハ:| _/ '.__
  ..:: 八::::::::::::::::::::::::::::::...      ...::::从/ .:/  ノ 、     /


プロ雀士で牌のおねえさんをしている。

スタンド使いであるために宮永照以上の雀力を誇り、京太郎をビビらせた。

健夜の手によって「1巡前」の記憶を思い出すことになり、「強靭な良心」の方の京太郎には親しみを感じている。

「強大な悪」の方の京太郎は、なんかうざいなと思っている。改めて会えば「1巡前」補正で好感度も上がるけど。
24 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:37:09.53 ID:4DyMZ7jg0
[プロ雀士・SKY財団鬼の副団長]:三尋木咏 スタンド:『地獄の釜淵(ヘル・エッジ・ロード)』

                       . -─-
                      .  . ::::: :::::::::::::::::::.`
                  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 <\  「 |             /.::::::::::: l:::|:::: l::i:!:::::::::::ヽ.:::: :::::::.       (⌒)
.  \.> |__!.            . .:::::::::::::i:|:::|:::: |::l:N::::::::::::i :::::::::::: .     (⌒  ⌒)
「二」                i.::!:::::::l:::Tト.:|.::: |十 ト.:::::::: l::::::::::::::: i      (_)
     < \        |::i!::::: l::::|トvL:斗:j_⊥\::::::::::::::::::::::|
       \ \      N|:::::::l::::|r:j   ´T ハ !.::::::::: i:::::: !
        \ \ __ /ハl:l::l::::|ヒ!   乂ツ リ.:::::::::::|:::::人
         \  マハ.: :∨::从j::N" '、_ _ ""/.:::::.:::: リ:V.:::: \
            /\/ /. :::::∨.::人:込  ー’ /.:::::::.::::/:::/.:::::::::::::\
 .         /  / /. :: :: ::i:X:\::\:≧ア.:::::::::::: :イ:::r ┴=≠ニミx:)
         /  / /. :: :: :: :ト ァ⌒\::〆. :。c<.::ル!/ヽ:: :: :: :: :: :: ::\
 .        ∧_ノ /. ::: :: :: :::j: ::: : :/:::ヌ´: : :/: : :〈 丶.∧:: :: :: :: :: :: :: :ヽ
       ∧__./. :: ::: ::: ::: :: ::/{:: :: :::ハ:./: : : / ∨/ ∧:: :: :: :: :: :: :: :: :.
        /.::/.: ::: ::: ::: ::: :: :: く: :.ルヘ:( : : : : : :く: : : :.∨/ ∧:: :: :: :: :: :: :: :: :.
 .      〈. :'. ::: ::: ::: ::: :: ::: :: :: :::X :: :: :::> --< \: :: ∨/ ∧:: :: :: :: :: :: :: :: :.
       . : ::: :: :: :: :: :: :: :::/⌒ト≧≠== -- ─ ┤\:::∨/ !:: ::: :: ::: :: ::: :: ::.
        \: :: :: :: :: :: :./ /:\ー --==≠ 彡! | !\乂 」:: :: :: :: :: :: :: :: ::}
         \: :: :: :./  /\: :::>─--─<.::.::〉」」  「:: ::: :: :: ::: :: :: :: ::, '
            ̄    /: :: ::〉 . ::_ ::_ ::_ : ::イヘ     \:: :: ::: :: :: :: :/
                   /: :: ::/:: :: :: ::: :: :: :: :: :: ::: ∧       \: :: :::: /
               /: :: ::/: :: :: :: ::: ::: :: :: :: :::: :'::∧        ̄
                /: :: ::/:: :: :: :: ::: :: :: :: :: :: :: ::.:'::∧

プロ麻雀界でも「迫りくる怒涛の火力」として名を馳せる強雀士。

瑞原はやりの話を聞いてガマンできずに京太郎を襲った。後々のコンマ判定からすると、好きだから会いたくてたまらなかったのだろう。

健夜の手によって「1巡前」の記憶を思い出すことになり、「強靭な良心」の方の京太郎をよく知っており、

「強大な悪」の方もひっくるめて京太郎にガチ恋している。

「強大な悪」の方の京太郎は、なんかうざいなと思っているが、「1巡前」からの繋がりは大切にしようと思っている。
25 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:38:20.33 ID:4DyMZ7jg0
[プロ雀士・柱の一族の天才]:小鍛治健夜 スタンド:『世界(ザ・ワールド)』

\\// Y=ニニニニニニニニ∨   ∧ニニニニニ/⌒丶/  ./  { }ニ}ー-、    /  {}}   厂 ̄ ̄ ̄⌒ヽ__
=ニ∨/   }ニニニニニニ厂 ̄    〈  }==ニニ/⌒7  ー=彡  }.//}______厂 ̄}   {}} /      O ,ィ彡'´
ニ∨/  .ノ==ニニニ/  }ニ:Y  }  }==厂   ,.   -────-  /ニニニ}__/    {}}ニニニニニニ⌒ヽ___
ー=彡'"´ニニニニ/   人ニ{   ノ/⌒´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶/  ⌒ヽ  {}}ニニニニニニマ
ー'=ニニニニニ/   /  ヽ=ニニニニヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/⌒⌒ヽ         〉ー=彡⌒´
ニニニニニニ/   /    ノ===ニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      ̄`ヽ     {ニニニニニニニニ
==ニニ\    /     ⌒ヽニニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          \   \ニニニニニニ
=ニニニ/    ′         }=ニニ/:.:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ : }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        }     Y⌒ ̄ ̄`ヽ
ニニ/\     γ⌒ヽ__rく==ニ′: : :i:.:.:./|:.:.:./{ハ: :./ |:.:/\:.:./ハ:.:.:|:.:.:.:.:.i        }     }      }
ニ/ー-  ⌒7 ̄}      /{.   i:.:.:.:.: :|:.:/ :l:.:./   ∨ レ'  ∨  }Y:.:.:.:.:.|       Y      /       /
ニニニニニ/⌒ /      /   } 〃|:.:|.:.:.:.W  V                |:.:.:.:.:.|   / ̄ ̄⌒)    /     /
ニニニニニ}           ⌒)/  {{ |:.:|.:.:.:.|   ___,.   、____  |:.:.:.:.:.|____/,ィ彡'´  Y⌒ヽ/   /==ニ
ニニー=彡 ヽ_ _  O       |:.:|.:.:.:.| ´                ` |:.:.:.:.:.|:ニ/  /   /       /==ニニニ
ニニニニ\      >`¨´       |:.:|.:.:.:.| ,斗ぅ芋ミ      斗ぅ芋ミ  |:.:.:.:.:.| {__/   ./⌒ヽ     /ニニニニニニニ
ニニニニ厂⌒ヽ/\}  ,ィ彡'⌒    |:.:|.:.:.:.| {. 乂辷ソ::::::::::::::::::乂辷ソ .} |:.:.:.:.:.|  /    /==ニニニ\/    / ̄ ̄ ̄
:ニニニ/⌒)      \/     〃  |:.:|.:.:.:.|ハ   :::::::::::::::::::::::::::::    ハ|:.:.:.:.:.| ./    /ニニニニニニニ〉    /
=ニ/   _}ヽ   ー=彡'´    |:.:|.:.:.:.lヽ{        '         }ノ|:.:.:.:.:.| | __/===ニニニニ/⌒\/
/   __)   }          |:.:|.:.:.:.|:.人     __       人 |:.:.:.|: | | |=====ニニニ/O  Y
  /  / \/  ___________}\ |:.:|.:.:.:.l: :|:.:|:...    ̄ ̄    イ:l:.: :|:.:.:.|: | | |===ニニニ/ `¨´ /|
/ニニニ〉    Y  {ニニニニニニニニY.|八:.:.:.ト、|:.:|:.:.r‐}` ー--‐  {‐ァ: |:.|: : |:.:.:.|: | ∨ニニニニ/     / :|
\===/     |   〉ニニニニニニニニ   \l:_:|-‐'{厂         ア}ー- .:_:|:.: 八|===ニニ/       /  ヽ___/
  \/    /  /====ニニニニニ_ ,. <     |        |    ノ/=ー-、ニニ〈    〃   /ニニニニニニニニニニ
   `¨´ ̄ ̄`ヽ====ニニニニニ〈           |        |            〉/\_//   {ニニニニニニニニニニニ
⌒ヽ ー───ニニニニニニニニニ∧           ヽ       /           ∧    { {____/ニニニニニニニニニニニ


人間の子に生まれながらも、先祖返りした完全な「柱の一族」。最強のスタンド使いでもある。

「1巡前」の世界では京太郎に完全敗北して消滅したと思われていたが、赤土晴絵の腸として生き永らえていた。

彼女にとっての京太郎は「この宇宙で唯一尊敬する人間」……と、本人は言う。

お近づきの印に自らの左手首をプレゼントしちゃうような不思議ちゃん。どういうつもりなのだろう。

普段は物腰柔らかだが、ちょっとしたことで豹変すると顔つきが邪悪になる。

こんな感じで↓ まぁカーズとすこやんって似てるよね(気のせい?)

_,..(((((////彡>川//彡ミ
彡三ミミヽ川///////彡三ミ、  
巛巛,r‐-,_川川川//彡ミリリ  
))))ゞニイ○i'⌒i─_'',.フミ/リリ  
彡彡: : :l `゙´i`''´ ̄ ////川  
彡!\ : :l : : ノ: ノ;.:-'"i川川川
川代't、 l川::( _」..-‐ニヾ川リ   
川|| `'`゙ヺ7三::∠'三'ブ゙巛リ    
川ll|  ///'´ ):::....    川ヽ    
川 || レ |    : : :   ヾミヽ   京太郎ォォォ!!
川,.-! ヾ゙_フ         rヾミヽ
--!;::::! r-_-_-_-;ノ   _!::::ヾミヽ  
:::::))'''! (''ー‐'''/   i゙::::::ヾ''''´ヾリ 
ゞ‐'゙川| 「""゙´   ,..ゞニノ  /彡 
川川川i、ゞ   _,.-'´,.. --- 、 _ヾヾ  
`'ー-、、_ノ二ニ´´ ̄二二二ニ_巛  
26 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:38:46.57 ID:4DyMZ7jg0
[弁護士]:原村恵


                   ,..、__
               ,.ィ:、フ、: : \:`:ヽ.、
              / :ハ:!-‐i: 、:ヽヽ-、: ゙、
                / /:ハ: 、 }ハ:j!`、i!ト、:、\
             i.i : | __,...__ iリ _ル.._|:i:iー-ゝ
                 |:!_:i! rェ:ェ、,. /ィ:ェ、 };!!
              {^}j 、     i   !}
              !、_, i     ,. 〉   'i
                i: i !  , _.. .._  /     
               ゙i"\ ` 二  /
                 /i_   \___,.イ
             _/   \_  /,ノ\
          _,..-'′\    /―<    ト、_
     _,....-‐''"       \ ∧::_::;!\  |  `ー--、
    /'"               `′ヽ::::i  `゙′      \


和の父。

和には将来的に優秀な法曹になってもらいたいと思っており、そのためにレベルの高い高校に転校させて、

麻雀をやめさせたいと思っている。

京太郎とは風呂で裸の付き合いをしたが、京太郎の目に宿る、殺人鬼特有の「漆黒の意志」に恐怖を抱いている。
27 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 11:39:32.30 ID:4DyMZ7jg0
テンプレはここまで。

続きはこっちでやります
28 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:08:28.63 ID:4DyMZ7jg0

―帰路―


京太郎(それにしても恐ろしい目に遭った……) トボトボ

京太郎(「茶海」…「三禁」…)

京太郎(世界はまだまだ俺の知らぬ怪異に満ち満ちている……)

京太郎(一番恐ろしかったのは「ヒトデナシ」だ……)

京太郎(同輩の声で俺に語り掛けてくるとは……)

京太郎(正体は……想像したくもないな) ブルッ

京太郎(「茶海」に慣れている様子の渋谷尭深の存在がせめてもの救いだった……なぜあんなにも慣れっこなのかは分からんがね)

アナザー京『相棒、世界の不思議に慄いてるとこワリイが、「なんか」来てるぜ』

京太郎「!」

京太郎「……本当だ」
29 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:12:43.23 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「……何ということだ。ここ最近、まるで「平穏」な日々が送れていない……!」

京太郎「新しい厄介事が次から次へと忙しく舞い込んでくる……ッ!」 ゴクリ



       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
 '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                 `ー-、__,|    

   (⌒)_              _(⌒)
  (⌒  )   -‐…‐-    (  ⌒)
   `¨ヽヽ/ .::::::::::::::::::::::::::.`  〃`¨´
     . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.     /.::::::::::::::/! :::::::::::::::::::.ヽ :::::::.
    /.:::::::::::〃  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    .′.::::::::/  │:::::::i:ト、:::::::::::::i:::::: i   プンスコ
   .:::::::::::::/     |:::::::::i:| i::| ::::: |:::::::|
   |:i:::::::::: ≧ト廴ト、::: 仏斗匕、 :}:::::::|
   {:| ::|:::::|乍≧ミ  `¨ィ≦斤|`′:: |
   ゞ ::|:::::|: 辷ソ      辷ソ |:: |::::: |    厄介事じゃない! 
   |::::| ::::. ハ//  ,   ハハ/, ::: |::::: |
   |::::| :::::ハ     __r     .イ:::::|::::: |
   |::::| ::::i::::> .   `  イ::::|:::: |::::: |
   |::::| ::::|:::::::r‐| ≧≦ |‐、 |:::: |::::: |
   |::::|i :::{/ {人     人} .':::::,′:::|
   |::::j|::八!   \\.// /.::/ニ‐ ::l
  -≦八廴≧   \/ ≦彡'|ニニニニ`ヽ
 ニニニニニ二|/二\|/ニニ\!ニニニニニ=




アナザー京『野依理沙……こりゃまた懐かしいヤツが現れたもんだぜ』

京太郎「ちぃっ……」
30 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:21:16.56 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「久しぶり……と言えばいいのかな?」

理沙「久しぶり!」 プンスコ

京太郎「……その様子だと、どうやら君も「1巡前」のことを思い出させてもらったみたいじゃあないか」

理沙「小鍛治プロに!」 プンスコ

京太郎「小鍛治健夜・三尋木咏・瑞原はやりと違って、君とは「1巡前」の記憶を持ったままこちらの世界で対面することになったな……」

理沙「」 コクリ

京太郎「しかしこの須賀京太郎……別に厄介払いするつもりもないが、歓迎するつもりもないぞ」

理沙「……」 プンスコ

京太郎「何の用で俺の前に現れた…?野依理沙……」

理沙「……」



理沙の印象判定(京太郎のAPP110を参照)


02〜20 (かつて自分に正しいことの白の中に戻る意思を与えてくれた)素晴らしい雀士!(プンスコ

24〜43 (四肢切断されたことあるし怖いけど)かっこいい!(プンスコ

46〜64 (強いしカッコイイし理想の結婚)相手!(プンスコ

68〜90 好き……かも!(プンスコ

91〜97 好き!(プンスコ

44以外のゾロ目、ゾロ目+-1 ガチ恋!(プンスコ

13、42、44 意外ッ!それはヤンデレッ!!


コンマ↓1
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 18:22:13.25 ID:TMs3ww5x0
やあっ
32 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:30:30.98 ID:4DyMZ7jg0

理沙「……懐かしくて!」 プンスコ

京太郎「……懐かしい?」

京太郎「ふぅん……「1巡前」はそんなに良好な関係を築いていたかな?俺たちは……」

理沙「……それは」 シュン

アナザー京「まぁ、相棒は意地が悪いけどよ」 ドン☆

理沙「!」 ビクッ

アナザー京「おれは確かに懐かしく思う気持ちも結構あるぜ。最後はお前ら幽波紋の雀士に救われたワケだしよ」

理沙「あ……」

アナザー京「終わりよければ全て良し、ってワケじゃあねえが……感謝の気持ちもあるからな」

理沙「そ、そうなの?」 テレテレ

アナザー京「ああ。今から一杯やりにいくか?」

理沙「あ……の、飲めない……」 シュン

アナザー京「なんだ。そりゃあ残念だな」

京太郎「残念じゃあない」 バン☆

理沙「!」

理沙(入れ替わり……。話には聞いていたけど、忙しく交代するんだなぁ)
33 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:34:14.75 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「「1巡後」の今、俺はまだ未成年なんだ……飲酒はご法度だ」

理沙「た、確かに」

京太郎「で……用件は何なんだい?ただ懐かしく思って顔を見に来たと言うだけならもう満足したろう?」

理沙「う、うん……」 シュン

アナザー京『相棒、辛辣過ぎだぜ。おれだってSKY財団の人間は信用しちゃいねえが、可哀そうに思えてくる』

京太郎「……」

理沙「ば、ばいばい……」 トボトボ

京太郎「……いずれ」

理沙「……?」

京太郎「酒はともかくとしても……食事くらいならするのも一興だな」

理沙「!」
34 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:43:40.72 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「「旧交を温める」だとか……」

京太郎「近況報告だとか……」

京太郎「そんなつもりじゃあないが……」

京太郎「「1巡後」のこの世界では、「矢」を巡っての協力関係にある以上……」

京太郎「ビジネスライクな形であるとしても……付き合いはあった方がいいだろう」

理沙「う、うん!」 パァァ

京太郎「……今度は、この須賀京太郎の「平穏」を「崩す」のではなく、「守る」側に回ってもらいたいものだ」

理沙「も、もちろん!」 プンスコ

京太郎「それではね……今日は疲れているんだ。あしらう為の方便などではなく、本当にね…」

京太郎「往復で4時間も電車に乗っていたものだからな……」

理沙「お、おつかれさま!」 プンスコ

京太郎「どうも……それでは、おやすみ」 スタスタ

理沙「お、おやすみ!」 プンスコ


京太郎「……」 スタスタ

アナザー京『やっぱ相棒は……最初は冷てえけど、結局「1巡前」からの繋がりがある人間には情があるみてえだな』

京太郎(宮永姉妹に対しての情に比べれば、ほんのちょっぴりだ……奴が窮地に陥れば見捨てる程度の情に過ぎないさ)

京太郎(そうではないときであれば……多少は赤の他人より親密にしてもいいと考えている)

アナザー京『ま、それでいいだろーぜ……無下にするには心苦しいが、完全に心を許せる相手ではないからな……幽波紋の雀士たちは』

京太郎(そうだな……)



〇理沙への好感度が10上がった!
35 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:52:53.78 ID:4DyMZ7jg0

その後……


―須賀家―



ゴゴゴゴゴゴ…


京太郎「……ッ!!」 ビクウッ

アナザー京『また「来た」な……』

京太郎「……チッ!!ここ最近、本当に忙しいッ!!次から次へと何なんだ…!全く…!!」

アナザー京『なんだか知らねえが絶え間なくイベントが起こるな。どういうわけなんだ?いったい』

京太郎「全く…!!どの「幽波紋の雀士」だ…?!こんな夜更けに訪問してくる非常識なヤツは……!!」 


ピンポーン


京太郎「……」 スタスタ ガチャッ



       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
 '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                 `ー-、__,|    `
                  ===  、
               ..::::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :、  __
          ( ̄`\;::::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、/  }
           > 一ヽ:.:.:.:.:.YV:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.ヽ K≧=、
        /´(  ∠ 丿:.:.:.|/ i |{.:.:.:.:.:.:.}.:}}:.:i )ソミヾ.\
       ,.:.:.:.:.:.:.: ̄| ̄:´:.:.:.j|:||  ヽヾ:_:_仆从:jヾ ヾ.:.:.:.\\
      Y.:.:.:.:.:.:.:V |.::.:.:.:.:.:.::.l ゙__,     __, l.::ソ   ヾ.:i:.:} ヽ
     /.:.:.:.:.:..:../  |.::.:.:.:,ヘ|::i ´ ̄`    ⌒ |.:.i|.    i:}.:.i  )
     i.:.:.:.:.:.:.:../  .|.:.:.:.:ゝ_|:|    _ _   .j:.:|i    ソl:.:{
     {,.:.:.:.:.:.:.{   l::.:.:.:.:.:i:.:i\   v _ .ノ ,.∠:.:ii.    {.:.:.:.i    こんばんは〜☆
     メ:.:.:.:.:.:.ミ   i:.:.:.:.:.:.:ヽ:{Π≧、≡≦刀i:::ヾ     {:.:.:∧
     ヾ.:.:.:.:.∧   ,:.:.:.:.:,.r-、| \≡i | (少´.j ≧ソ、   i:.:.:.:.:}
       \.:∧ ;:.:.:/ 卞弋_入//  \.ノ{ミ≧} i.  |.:.:.:/
         ヽ.:.:Y:.:.{   }非} ̄´      }非{ |   i.:.:i
          }:.:.:.:..::i   {非{    Y   ‖心ヽ.   |.:.:{
         /:.:.:.:.:.::|   入 `ヘtyrソtrヘソ´ヾ   }   ゞ.:.ヽ



京太郎「……瑞原はやりか」 ハァ
36 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 18:58:57.92 ID:4DyMZ7jg0

はやり「はや?もしかして、来ること察知してたのかな?」

京太郎「剥き出しの闘気で分かるさ……貴様ら幽波紋の雀士は気配を前面に押し出さずにはいられないのか?」

はやり「そこはほら〜!プロだからねっ☆オーラは全開にしとかないと!」

京太郎「……今、何時だと思っている……もう11時半だぞ」

はやり「ごめんね〜☆色々忙しくて、こんな夜遅くにしか時間がとれなかったの」

はやり「中に入れてもらってもいいかな?」

京太郎「……玄関先ではダメなのか?」

はやり「それは……誰が、見ているか分からないから、ねっ?」

京太郎「……入れ」

はやり「おじゃましまーす☆」 トテトテ

京太郎「……」 ハァ
37 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:03:37.57 ID:4DyMZ7jg0

―リビング―



京太郎「……で、用件はなんだ」 コトン

はやり「ありがとー!いただきます☆」

京太郎「紅茶を飲む前に話してくれないか?もう眠いんだ」

はやり「もう、せっかちだなぁ☆」

京太郎「やかましい」

はやり「2つ用があって来たんだけどね……」

はやり「まず一つ目は、近況報告をし合おうと思って!」

京太郎「はぁ……近況報告、ね」
38 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:14:08.66 ID:4DyMZ7jg0

はやり「まず、こちらの報告をするね☆」

はやり「財団では、「矢」の所有者の行方は未だ掴めていないんだけど……」

はやり「「天然」のスタンド使いを何人か発見してるよ!」

京太郎「「天然」?」

はやり「「矢」の効果を受けたわけではなくって……」

はやり「生まれながらにして『スタンド』を宿していたり…「矢」以外の何かのきっかけで後天的に『スタンド』に目覚めた子のことね!」

京太郎「ふぅん……そんな連中がいるのか…」

アナザー京『スコヤや晴絵、「1巡前」のおれと同じタイプのスタンド使いだな』

はやり「私たちはその子たちを政府から保護していて……21世紀プロ推薦枠として、インハイの団体戦に出場させようと思ってるの!」

京太郎「なに?矛盾しているんじゃあないのか。それは……」

京太郎「「保護している」と言いながら、インターハイという危険な舞台に立たせるのか」

はやり「もちろん、大会期間中は私たちが全力で護衛するよ?」 アセアセ

はやり「でも、インターハイという大舞台は……政府側にスタンド使いがいるとすれば、それを引っ張り出すチャンスでもあるし……上手くいけば、一網打尽にできるかもしれない」

はやり「「スタンド使いは惹かれ合う」からねっ☆」

京太郎「……」

アナザー京『こいつら、目的のためならガキでも利用するんだな。悪い作戦じゃあねえと思うが……腹黒いぜ』
39 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:20:37.28 ID:4DyMZ7jg0

はやり「そっちはどーお?何か変わったことはあったかな?」

京太郎「……そうだな……」

アナザー京『相棒、亦野や雀明華のことは言うなよ。あくまでもスタンド使いとは接触していないという体でいこう』

京太郎(なぜだ?亦野はともかく、雀明華はいいんじゃあないか?)

京太郎(正直なところ、いつまで俺の口車に乗っていてくれるか分からない。財団の監視下に置くか、あるいは隠密に抹殺してもらいたいくらいの存在なんだが…)

アナザー京『気持ちは分かるが、あのクレイジー・ストーカーは強力なスタンド使いだ。財団側の戦力が削がれる事態になりかねねえほどにはな』

アナザー京『そうなればおれたちにとっての「利用できる味方」が減ることになる……』

京太郎(……それもそうだが)
40 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:23:17.79 ID:4DyMZ7jg0

アナザー京『それに、もし財団側が上手く雀明華を飼い慣らせたとしても、スタンド使いに目覚めた経緯を話されてしまっては、財団側が「おやじ」に近づく……』

アナザー京『「矢」が財団の手に落ちることに繋がるんだ』

京太郎(……それは避けたいな。適当な話をして誤魔化すとしよう)

京太郎「……最近は、とても忙しい。マスコミの取材を受けたり、友人が山に籠り始めたりと…色々ね」

京太郎「スタンド使いの襲撃だとか、「矢」の所有者と接触するだとか…そういう真に面倒なトラブルに巻き込まれていないのは幸いだがな……」

はやり「そっかぁ……なかなか進展しないね……」 シュン

京太郎「ま…気長にやっていくしかないんじゃあないのかね」

はやり「それはそうだけど……」
41 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:27:15.58 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「……それで、もう一つの用件というのはなんだい?」

はやり「あ、それはね……ちょっと待ってね」 ゴソゴソ

京太郎「?」


プルルルルルルルルル


はやりはスマートフォンを取り出して、電話をかけ……そのまま画面を京太郎に向けた


京太郎「何の真似だ?」

はやり「ちょっと、頼まれごとをしててねっ」
42 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:29:24.38 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「? 誰から?」


プルルルルルルルルルル



はやり「電話がつながれば分かるよ〜」

京太郎「……まさか」



コールが止み……画面に現れたのはッ!!!!



_,..(((((////彡>川//彡ミ
彡三ミミヽ川///////彡三ミ、  
巛巛,r‐-,_川川川//彡ミリリ  
))))ゞニイ○i'⌒i─_'',.フミ/リリ  
彡彡: : :l `゙´i`''´ ̄ ////川  
彡!\ : :l : : ノ: ノ;.:-'"i川川川
川代't、 l川::( _」..-‐ニヾ川リ   
川|| `'`゙ヺ7三::∠'三'ブ゙巛リ    
川ll|  ///'´ ):::....    川ヽ    
川 || レ |    : : :   ヾミヽ   久しいなッ!! 京太郎ォォォォォッッ!!!!
川,.-! ヾ゙_フ         rヾミヽ
--!;::::! r-_-_-_-;ノ   _!::::ヾミヽ  
:::::))'''! (''ー‐'''/   i゙::::::ヾ''''´ヾリ 
ゞ‐'゙川| 「""゙´   ,..ゞニノ  /彡 
川川川i、ゞ   _,.-'´,.. --- 、 _ヾヾ  
`'ー-、、_ノ二ニ´´ ̄二二二ニ_巛  






                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ-- 、
                         ___/==一  ー=ミ  \ < ⌒\ 
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ ̄ ̄ヽ- 、
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }} /
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ¨¨>
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }-<
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=、___
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ   /
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 </´   ∧ /八  \_,/
                   }乂________彡' /  } {从  } | / :::/イリ\ \
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ / ∧ リ :l/J:: {_∧}  ̄´
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.∨ U ::.. ノ}  リ
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{⌒〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}: : |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |              うッ!! こ、小鍛治健夜ッッ!!!?!?
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉





なんと、はやりは健夜にビデオ通話を発信していたのだったッ!!
43 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:34:18.63 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「な、なぜッ!!いきなり小鍛治健夜にビデオ通話を仕掛けるのだッ?!」

はやり「健夜ちゃんがねー、須賀くんとビデオ通話したかったらしくて」

はやり「わざわざ私を送り込んで私のケータイで電話しなくても、須賀くんとLINE交換して話せばいいのに、って言ったんだけど……」


健夜『フン…!この健夜と京太郎がLINEなどというくだらないツールで常日頃から繋がっているというのでは……あまりに軽薄な関係だからなッ!!』

健夜『我が眷属を遣いとして送り込んだのだッ!!』


京太郎(な、なんだこいつ……)

アナザー京『何を考えてるのか…全くもってサッパリだぜ……』


はやり「健夜ちゃん、須賀くんと久しぶりに話せたからって興奮しすぎだよ〜!須賀くん驚いてるよ?」

健夜『ん……それもそうだね』 スッキリ

京太郎(豹変が激しすぎる)
44 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:38:54.52 ID:4DyMZ7jg0

京太郎(アナザーワン……ちょっと代わってくれないだろうか?どうしても小鍛治健夜は苦手だ……)

アナザー京『ああ、構わねえぜ』

アナザー京「……よう、スコヤ」 ドン☆

健夜『! 「良心」の方が表に出てきたんだね』

アナザー京「相棒はてめーの態度が気持ちワリイからって心の内側に引っ込んじまったぜ」

アナザー京「正直に言っておれも不気味で仕方ねえ……なんだっておれに電話を寄越すんだ?」

健夜『ふふ……なんてことのない、他愛のない会話をしようと思っただけだよ?』

アナザー京「……なぜだ?」

健夜『そこに理由なんていらないでしょ。敢えて理由を挙げるとするなら、私があげた「手首」の感想でも聞こうと思ったのかな』

アナザー京「ああ……あれか」
45 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 19:54:32.64 ID:4DyMZ7jg0

アナザー京「あの気色悪い「手首」なら、相棒は肌身離さず持ってるぜ」

アナザー京「「手首」と一緒に料理したり、出かけたり、しゃぶったり、ケツを拭いたりと楽しんでるみてえだ」

健夜『そっか。それは良かったよ』

アナザー京「てめえのせいで相棒の気持ち悪さに磨きがかかって、こっちとしては迷惑してるんだがな」

健夜『ふふっ、そっかそっか』

アナザー京「そっかそっか、じゃねえよ」

健夜『なかなか財団本部に訪れてくれないものだから、近況が気になっていたんだ』

健夜『話を聞けて嬉しいな』

アナザー京「……」 ゾクッ
46 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 20:01:16.94 ID:4DyMZ7jg0

アナザー京(相棒、やっぱ不気味すぎておれもキツいぜ)

アナザー京(そろそろ交代してくれねえか?)

京太郎『ちっ……仕方ないな』

京太郎『アナザーワン……せっかくの機会だから、さっき電車に揺られながら考えていたことを「お願い」してみようと思うのだが……どうだろうか?』

アナザー京(ん?ああ……まぁ、いいんじゃあねえか?「なるべく穏便に、人を殺さずに」って条件を付けくわえてよ)

京太郎『分かった……その条件で「頼んで」みるとしよう』

京太郎「……小鍛治健夜」 バン☆

健夜『! 今度は「悪」の方かぁ。どうしたの?』

京太郎「以前お前は、「2回だけ俺の頼みを聞く」と言っていたな?」

健夜『うん。言ったね』

京太郎「ならば、その1回をここで使わせてもらいたいのだが」

健夜『いいよ。何かな?』

京太郎「……インターハイを、延期にしてもらいたい」

健夜『いいよ』

京太郎「……即答か」
47 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 20:06:17.96 ID:4DyMZ7jg0

はやり「えーっ、どうして〜〜??!!」

京太郎「瑞原はやりには、山籠りしている友人の話をしたが……彼はチームメイトなんだが、今現在ずいぶんと遠くに行っていてね」

京太郎「帰ってくる頃には既にインターハイが始まっているから、出場できなくなる懸念があるんだ。それを不憫に思った」

はやり「なるほど〜!須賀くん、優しいね!!」

京太郎「……」

京太郎「加えて言えば、大会に向けて「切り札」の開発に取り組んでいるのだが……まだ時間がかかりそうなのだ」

京太郎「だから、時間的猶予が欲しい」

健夜『そっか。じゃあ、任せて』

京太郎「……即答した上に、ずいぶんと軽い回答だが……できるのか?正直、ダメ元で頼んだのだが」

健夜『できるよ。私には、パワーがあるから』

京太郎「……そうか」

アナザー京『パワー……権力ねぇ。まぁ、スコヤなら確かに麻雀業界に口利きできそうではあるな』
48 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 20:12:43.66 ID:4DyMZ7jg0


京太郎「あと、アナザーワンからの要望なのだが……人を殺さずに事を進めてくれ」

京太郎「要人を暗殺するだとか、そういうことはナシだ」

健夜『どうして?』

京太郎「いや、俺としては別に赤の他人の生死などどうでもよいのだが……アナザーワンとしては目覚めが悪くなるからじゃあないか」

健夜『ふぅん……分かったよ。「良心」の方の京太郎の気分を害すのは避けなくっちゃね』

京太郎「……」

京太郎「……そういうことで、お願いするよ」

健夜『うん。分かった』
49 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 20:18:42.99 ID:4DyMZ7jg0

京太郎「それでは、そういうことで……俺はそろそろ床に入りたいのだが」

健夜『あっ、そっか。私は夜行性だからこれから活動するけど、京太郎は人間だから眠いよね』

健夜『配慮が足りなかったね』

京太郎「い、いや……構わないよ」 ゾゾゾゾゾッ

京太郎「そ、それではね……」

健夜『うん。健やかな夜を眠れますように』


ピッ


京太郎「……ふぅ」

はやり「それじゃあ、通話も終わったことだし……私はお暇するね」

京太郎「ああ……」

はやり「夜遅くにごめんね!」

京太郎「いや……」

はやり「インハイ、頑張ってね!応援してるから☆」

はやり「バイバーイ!」 フリフリ

京太郎「ああ……」


ガチャ バタン



京太郎「……ふぅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜〜……」 ヘナヘナ
50 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 21:43:02.99 ID:MiNhk7ab0

京太郎「疲れた……」

アナザー京『その気持ち、すごく分かるぜ。相棒』

京太郎「小鍛治健夜……不気味すぎるぞ……」

アナザー京『ああ。おれたちとコミュニケーションをとろうとするのも謎だし、思いやりを見せてきたのもものすごく気持ちが悪かったぜ……』

アナザー京『何を考えているんだ……?スコヤのヤツは……』

京太郎「さあね……」

京太郎「だが……この蜜月が続いているうちは、俺の知っている中で最大の脅威と対峙せずに済むからありがたくはあるがね……」

アナザー京『……相棒。蜜月ってのはなかなか短いもんだぜ』

京太郎「……そうだな」

アナザー京『おれと照さんはずっと仲睦まじかったがなッ!!』 ドヤッ

京太郎「……」
51 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 21:51:30.47 ID:MiNhk7ab0

深夜……


―インターハイ試合会場前―


健夜「……集まったのは、この3人かぁ」

咏「いきなり深夜に召集されるとはねぃ……そりゃ他の2人は熊本と愛媛だから来れるわけねーか」

はやり「まさか、須賀くんに言われたその日に決行するなんて……」

理沙「突然!」 プンスコ

健夜「まぁいっか……良子ちゃんはともかく、大沼はいたところで役に立たないしね」

健夜「それじゃ、会場内にいる警備員を全員外に連行してきてね。殺しさえしなければいいらしいから、負傷させて気絶させればいいよ」

咏「強引すぎっしょ……」

はやり「健夜ちゃんの考えることは常人の斜め上だよね……」

理沙「人間じゃない……」

健夜「それは、柱の一族の天才だからね」
52 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 21:59:08.10 ID:MiNhk7ab0

健夜「さ、早く行ってきて。はやりちゃんが『単細胞変換』で狂わせた標的を咏ちゃんが負傷・昏倒させるだけ。簡単でしょ」

咏「へいへい……」

はやり「気が滅入るよ…」 トボトボ


理沙「わ、私は……」

健夜「さっき言ったでしょ。警報機や外部との通信装置を全て灰にしてきて。監視カメラの映像も外部に転送されないように気を付けて」

理沙「了解!」 プンスコ


健夜「……さて」

健夜(あとは、眷属たちが任務を終えるのを待って、この健夜が直々に「片付ける」だけ……)

健夜(京太郎……驚くだろうなぁ) フフッ

健夜(この健夜の"power"というのは、「権力」なんかじゃあない……)

健夜(全てを捻じ伏せ…創造も破壊も意のままにする……!) クワッ



     ,二、           .,,,  _,,=-=,,_
   彡/./ミミrミミヽ    _/ミミ〈ミ/"二ニ=、            _
  彡リヽヽ彡〔ミ彡〈ミミヽ/彡ミ〔ミミ〈 〈ミミミ彡ヾ          v´,_j __
  |川川爪 ~゛ヾ〔《《(ミ(彡彡(彡リ~`<ミミミミ彡三ヽ.   __ λ .I.i ,_j
  l|川川リ/    ヾミΧ彡ク⌒~,ィヒ彡ミミミミ彡ミミミミヽ;:::::::::.ヽ_..l  j.!  !
  1リリリ/      /:::: ̄彡彡《三ミ彡彡ミミ∧彡ミミミミヾ:;ミ:;:;:;::::.l .ヘ  j-ミ、__,,
  ヾ川|      /:;:;:;彡彡ミ〈《((彡三ミミ∧ミ/ 》ミ∧ミミミ彡),:彡;:;:;|  .ヾ λ .i::::::::::.ヽ__
   ヾリ     〈::彡彡彡ミミ/ヾミミ彡/三ミミミy彡三ニヾ彡〉ヽ,:彡:;j   ヽ丶!ヽ彡彡:;:;:;:;:;:;`:.......、 .,.,.,.、
           );;彡彡彡〉》ミミミミ////ニミミミ彡ニテミミ〉)ミ/ミミヽ,.ミ/        !:、彡彡彡:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
         /;;;;彡彡ミミ彡《彡ミ,ミ》》》〉≡〇◯〇彡,リイlノミミミン         |彡彡彡彡ミミミミミミミミミヾ
        /ミミ彡彡彡彡::iリ川λ〈《(ヾミ,,,,._ ;:.;; xッ'ラir'''j''""~´         |彡ミミミミミ彡彡ミミミミミミノ
      /ミミミミミミ三彡彡:;:.リ川ヽ∨ベ革>' ::i"`"゛.::iゝ==──=ニ,__,>===-ム,,ヾミミ彡ミγ⌒ミミミミミリ/
     (彡彡彡三彡三彡ミ:,.爪川リ>ヘ    :: ::. .::::::::(,_゚)〈 ミミリ川ミ(,x=マ二ニヽ) 、ヾミ||リ  `ヾ彡ミ〈
      '彡川ハ川川ミミミ彡,.|川川(,_゚)、  、ー='  .::∧(,_゚) ヽ、ミリミ'|ζ~ )) .《ζ|  `ヽ、リ|、     ヾゝ
     /川川小ミミミ川川彡,|川小(_゚)||\  ゛ニニ.´:/i:.キ^○イ;;;;;`ヽ-|`==彡'ミ 》 _|::.、   ヽ、
     /小リ川川ミミミミミミミ...,i川彡◯リ/ll;;,,丶、__;;,/ l;:. l!;,ヾミヽ、;;;;;;|x=ミ、 《ζ|::::::`...、   \
    〈川川川川ミミミミ::;/三ミヾ_,彡ィ"ミ丶,,``'≡===ー亠'''ハ;;;;;;;`ヽ!ζ~ ))  》 :|_::::::::::...ヽ   ヽ
     ヾリ川川川ミミ::〈三三ミリl〃;;;;三ミ;;;;ヾニ≡-ー-=ニ三彡ハ''''';;,,|ミニニ彡__《ζ|~\,:::::::::::..\  丶 全ての生物やスタンドをブッち切りで超越する「能力」なのだッ!!
       リ小川川ミミ:::ヾミミミ小、,;;;;;;;;;ミミ;;;;;;;\;;;;;;;;;;::::=ニ彡//  (二ニ-―-ニ三) ̄::::::::::::::::::::\  ヽ
       (リ小川川ミミミ'∧リミ川ヽ ̄`ヾ、ミ;;;ヽ;ヽ;;;;;;;ニ=、ン..   /       ! ̄`丶、:::::::::::::::..ヽ 丶
        \リ川川爪゛ミ 乂;iミ川`ミ=、\ミ;;;;;!;ハ     `ヽ::.  /   ヽ    |    ヽ、ヽ.::::::::::::::.ヽ ヽ
          )川リ川リヘ//⌒ヾミミ川》〉\》,;;;;;l;;|      ヽ:/     ヾ:   |     ヽ.. \::::::::::丶 丶
         /川小川川/,/     ヾ川リノ,;;;;;;;ヾ;;;;l;;;;|       /      !::.   |     .ベ  \:::::::丶 丶
      =≡彡川川川/;/       〉川l' ̄ ̄''''''-=!,      /       i::  |      ヘ    ヽ:::::ヘ ヘ
     /彡彡彡川リ彡/´        ヽ川       \    /        !::  |        ヘ    ヽ::::::! ヤ
    /彡彡彡≡'""" i          ∧リ        \ /          i:: ,L_,__      ヘ   .∧:::::i  l
    //      ー=≡|           ゛ ''-=,,,,_     ∨          !:: 乂_" `丶、,=-ー-ミ、  ∧:::::i  l
   |l/          ∧、_               ̄""'''' /          !::  |(⌒ヽ、 .ヾ,ミ))≧.,ヽ  ヤ::::i  !
               ヽ、"''ー-=,,    "''ー=,,_      i'          (⌒X⌒ヽ、 ヽ  ヾヽ≧ ∧ ..1::::i  l
                ` 、_         "''ー-=               ヽ  ヽ、 ヽ、   .ヤ.i=≡=i   1::::|  !
                   \                         | ヽ、 \  `   ノ /≪,,/  ..|::::1 l
                     `= ,_                       丶、ヽ、 ゛  _,,イ_,イニイ    .|::::1 l
                        """""                    >-,,=-''^'=''"        l::::i l
                                                                |:::| l
                                                               .|::1 !
                                                              . !::l ハ
                                                               l::l /
                                                               レ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 22:00:44.25 ID:CV4t8hhF0
すこやんの愛情、重すぎ…
54 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:03:36.65 ID:MiNhk7ab0
30分後……


咏「ぜぇ…ぜぇ…」 ズルズルズル…

はやり「お、終わったよぉ〜」 ズルズルズル…

理沙「つ、つらい……」 ズルズルズル…


警備員の山「」 ズザザザザザザ…


健夜「遅かったではないか……本体とスタンドの両方で作業を進めているのだから、もっと早く終わると思っていたのだがなッ!」


はやり「ご、ごめんね〜」 ハァハァ

咏「『ヘル・エッジ・ロード』で運ぶのは楽だけど、あたし本人が運ぶのはきつすぎっしょ……」 ゼェゼェ


健夜「さて……お前たちは帰っていい」

理沙「やった…!」 プンスコ




                   -=彡'´ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヘ:::|:: |:::::::::// ,' / //:::::::::::::<_,,/
                       __ノ<ヘ::::::::::::::::::::ノ´ ̄`Y::::::::::::::::::::``'":|::、,,|:::::://.,.'..//::::::::彡'"´ ̄ ̄
                            `>:::::::::'\   ヘ::::::::::::::::::::::::::::``::::::::::彡;  /ノ::/
                        \__>'´ ̄ ̄`ヽ::\__,,>:::::::::::ミ`ヾ〇○O''/::::ィ:{//:/
                                  `ヽ===ニニ='"ハミィミ、、ミ:::;;;ノィz/ .}イ:::彡
                  ,, --‐‐- 、、__                 ヽ}.ヾ`´イ..Yヾ"::. ,|::::::ミ  { {/彡__ィハィ
             , ィ"" ̄     ,, ,, >.、             〇)_) ;; 〃 .;;; :ィヽ ノ >彡彡>'';;´   \彡ハ
           /   ,,!!!!ィ'!!||l !!!!|| |||!!!!!ヾr`ヽ、.   ソ ノ    ___|ヘ::..Yミ三イ:} .//:::/::::::....,;;      ;ヘ彡   ここからは……
           / iiiiii!|ll|"!!             "`\ ヘ {  ハ リ/..-、::::::{ .\ヽ===', /:::::∨ ::::::::,';:::.....      ;; Yミ
         /  ii|||!!!        ハ ゚         ) {{、ミミ从::/..::::::::::::`>、ヘ ミニ /::::::/   ::;;;:::::::::::::::.........::::... }彡   このスコヤの独壇場だッ!!!!
       /  .::::{          Y  〈〉 ゚      ( {:::::::::::::::::|..:::::::::::::::>、:::::>='/:∧::{   .::;;;::::::   :::::   :: }ミ
         { ...:::::丿          ___,,,、___-=ニヽ<::::::>'" ̄``===ィ===-'"´/::::::::{:ハ  ::::::;;::::....  ..:;;:    : .ノミ
       ノ :::::::::ミ            ___,, ィ==三ミ彡::::/     :/       {:::::::::',:::ヘ, ::::::;;:::::::::::::::;;:::::::.. ..;: /ミ
      { .::::::::ミ  i      〈〉 ゚  _____,,/`∨///      :/       、、,Y::::::::::::/ :::::;;;:::::::::::;;;;:::::::::;;: Y::彡
      .{  .:::::::ヽイヽ             二二{ミミ={;;:/'"´.     :/         ヾ、:::::/ ,;.''´ :::::::;;;;;:::::::   }::::彡
       }.〈〉.;;:::、 i!Yヽ     。   ィ'" ̄ ̄`l>:::::/     .:/          .:::/ ,;"    ::;;; :::::::   }}/"´
     ,ノ:;;:::;;::  :: .ノノ ヘ  <>    i!      ィ´ノ::. `{....    .::{..        ...:::::/;  .;"     ,;;;;      }'ミ
/\-彡r'' >=;;;;;''  Y:::: ヽ  ゚     l>    /::   ∨:::::::::::::::ヘ:::::___:::::::::::::::::::::::::::/;  ;'     ;;;;;;      /``
 Yィ´ :::__ノ ::::::::__  ヽ、   \_  ゚ ゚    .∠     Yァ---=彡"´  ̄ ̄ヾミミ::/;   ;'    ,,;;;;;;......:::::::::: /
ヾ}  r‐ィ-、_,,,>、>,  }    ヽヽ___,,、、__  /::      ヽ|   .;;::::::     :;; ``{;;   ;::............::;;"':;;;::::::  ./
 | .ノ | .{、    Y ノ;;:     YY    `ヽ;;      ..ミ|   ..;;;;;;:::::::::::.. .;;: ::::::{;   ;:::::::::::::;;;;....;;::::::::::::::/ミ
 `ヽ_) \_)    .ゝイ  ::  . ノ.ノ      Y     ......ヘ .:::::::;;::::::::::::::::::;;;::::::::::::::{;;   ;;``:::::;;;;;;;;;``:::  ./ミ
55 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:09:52.20 ID:MiNhk7ab0

健夜「そして…!ゆくぞッ!!」

健夜「我が最強のスタンドッ!!」

健夜「『ザ・ワールド』よッ!!!」

                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                                             ̄ ̄ ̄

                                  | ̄¨¨''‐- ,,__
                                     |.|        ̄¨'''''─--、
                                      | |                  ,'
                                  |. |.               ,'
                                     l                   ,'
                               ,ィ'|  ',.             /
                               ,イ‐、/.  ',          /
                             /⌒∨.  ! ヘ            /
                              ',⌒ィハ  ノ  \      ,イハ
                 __,ィ'" ̄ ̄≧ミ、    ゞ、{__l  lト、.  ヽ  , '" /-.}
             ァ< ̄//  ≠''"  __  ヽ   / ハ . ',ゞヽ  ヽ'  _,/', ノ
             /  ,イ / /.   ,ィ''"     `ヽ / l::l ヽ、`¨`! / ,ィゞ彡<
.            /  /{ ,ィ=ミ.  /          マ. ヘ:',  ヽ  /   ̄_/" ̄¨''‐ミ
          /  / /::::::::::::::ヾ ヽ ,ィ " ̄ ̄ `ヽ)  ',}  _ ヽ_, イ /人ヽ , ─ 、ヽ
           /   /  {/´ ̄`ヽ ヽV.           ヽ  ヘ _ `こニ゙ ,イ / ヽヽ    `ヽ
.          /  ,'/ ̄>=ァ''"⌒≧',>───、===、 )  ( `⌒Y′/   ヘゝ-''" ̄  、ヽ
       / ⌒ア´_,,,,,,,,,/ l /´/ -==ミ   / `''< ̄¨''、ヽ__,イ  /    ヘV      `ヽ
         |   /ィ´.   | {| ,イ / , - 、`ヾヽ{___/  } ',    ヽ、   ァ─--ミ ヘゝ_ ==ミ、  Y
        |  /′  /   ', V ', Y´{   ヽヾ_´ `{  /─゙,    ゝイ      ヽ ア´   `ヾ、
       /  |.   |    ', | ', ゝ‐}/ ⌒ }´ ̄` ゝ‐'   ',     ',        ', `、     ヽ
.      /.   |  l く',     ヽ  } ( ヽ、__ノ____ノ     ',.       ',        ', ゝ==ミ、、  ハ
       {    |.  ', ヘゝ   ', / >く      ヽノ___ノ      ',        ', {     ヽ. }
      > 、 ヘ  ',  ヘ >、__ゝ-(___)==──=イ      ヽ.     ',        }. 乂_   }ノ
         ヽハ  ',  >====彡 (⌒ヽ__...,イ.       }!.     l        } / ̄"'' 、、 /ヽ
.           ヘ ',  \     _ >彡ヘ   ゝ _____彡′     ノ       ,' l       Y   \
         へ ',   >─''"    /  ゝ、/ `¨¨¨¨¨´  Y __ ,イイ  ゝ、    / ゝ=、    ノ.     ヽ
            |::::::::::ヽ__/     ,イハゝ、  ノ|',        /.     }    ヽ-=イ/   "''、_/      ',
          |::::::::::::::::: ̄::::≦´  ヘ ',    |へ.____ ,ィl      ノ     マ /     /: : :.        ',
         ¨''‐- 、:::::::::::::::,イニ=- ゝミ、.  |         ノゝ─‐<=-、 __ /イ ヾ、、  /.: : :. :. :.       l
              ¨ヘ¨  -=ニ  ', ヾ  マ`''──''" }     ::|:   `::/ (.     >'.: : : : : : : : : : : :. :.  }
56 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:12:58.48 ID:MiNhk7ab0


健夜「KUAHHHHHHHHHHHHH!!!!!!!」 ガシャンッ ガシャンッ ゴシャアッ グシャッ 



..,___     /         _               l  | / /   ,,,,,,x ,,,,,,,,,,,ィ
士トl士     (.     /!/;;j      /  /〃/ |  | l //Vヾ" rイ"  #,,,,,
..' ' ``      ゝ   ./;;//;;;;;;j 〈 ̄ゝ,;;人  /  ::.人 | .| l// __j_ 彡.ハ ミ-i′彡,,,,,
..馬太      /  ∧/;;;;/ .|;;;;;ノ_ 〃 .::::::::::: ::Y::.... ノ  '>| .| ' ノ'´::: `彡 じ'  j:ー-《  彡
..,___    /. ...|;;;;;;;;;/ レ'/;;ノ,ゞ''''r''''''''ヾ~ヾ/ヽ,/ .|  | ,,=7{..:::::::彡 -廴ヽ,j::  /ーi:"'''〃
士トl士   {.  ..};;;;;;;;;|  └ 〃∧ ゝ.:::::/::: "''''''j,.. .|  ´ _,,,/ハ  彡、.......`ヽ';::::::/  /ゝ彡__,,
..' ' ``   八.. ..|;;;;;;;;;| _,,,;;;7i; /ゞ〃、 〃,、 ノ ヾ |  i´...../_ ヽ  `≠≠く:::r、;;;;;ノ;;;;;7 /;;;;l
..馬太     {   |;;;;;;;└';;;;;;ノ } ::   /::>':::/'ゝ /;;; |  |,,二 `ヾ \,,;;;;;;;;;;;>ゝ,;;ァ´/;;;;//;;;;;/
..,___     {   |;;;;;;;;;;;>'// ∧、 //::::::::::/  : /  |/ム_ヾゞ 彡'`ヾ::::::::): /´;;;/ /;;;;;l l;;/
士トl士    ヽ...|;;;;;;;;;|.    ,.、 / ̄ヾ、::::::...   彡  /:  廴j ノi´ ̄彡彡ー ' /;;;;;;/ l;;/
..' ' ``     / |;;;;;;;;」   / ∨    ヾ、::::::::..ノ{  ミ  ミ 廴 ~ヽゝ-/⌒彡, l;;;;;;;;l.      // / 7
..馬太    i . ̄   /    ヽ  .::::::::"''''''ノ/ゞ,;ミ i  ミ l  .|::  ゞzイヾj;;;;;;;;l ,,,,-イ../ / / /
..,___     j .   /         ヽ:::::::::::;;;;/ /三ミ_,,..⊥...ノ;;....|::  .j::  l:、j|;;;;;;;;´;;;;;;;;/./ / /イ~7
士トl士    .l . /         ヾ''"´_ ::/  ;:::{ヽ  `ゞ-人;;;;;ム::::人ノ!;;;;;;><´./ /_,´、└
..' ' ``     .{ . \、  ヽ     ∧廴__::/..   ''"≒z、:: 》:::::::::::::`´`': l;;;;;/_,,=z/ .'´ /  ̄
..馬太    ',.    \丶 、____、|∨>、_  , . .::::::::::)=='''""""   .l;;;;;l三 ̄∨ /三 ̄ =ニ二
..,___..   ./ ̄ヽ 厂\ ヾ.    .._..ヽi∨  | ヽ::::::::::::::/       ,z / '´三__,,,/ /ノ三_  _ ニ
士トl士..  八=-イ{ |`イヽ.  ‐=ニ゚イ`_,ゞ∨./  }ヽ/´′°_三´ ̄`Z ニ -ヾ 三 三 ̄彡z   ̄
..' ' ``.   .ノ V. }/弋ゝ≧ー、‐‐ '、ノ゙イ}ミx..ノ !  _ニ 三'"_____ ニ ニニ⌒ ヾ廴,,,三 __彡 ニ二
..馬太    八 /∨_..  弋ー'\_丶_二ヘノ ヽ ハ 三 ̄三 ̄ヾ 三  ニ}}ー:: 三 = 三´ _彡 三
..,___       \i::':  .::::::\......ヽ. ̄ ̄/{...:{  :'|_ニ":: ___ニ___,,,,,,z=三ーニ∨/ 三zz三_,z'´三 三
士トl士.     /::_;>-z==zー- 、:_::::/:: / .: ニ==x z='"三Z_ 三三/ニ/ ̄∨ニ、 三_z三 ニ三
..' ' ``.     ゝ7 '' / "  / ''   /~`ヽ、 ..::_ニ'二、ゞ___z廴z=='' / /ニ/  / ゝz三ニ´ _ 三
..馬太    / /  ./   /_z=ニ二=ーニ=ゞ"三 ′_j 三 ̄三ー / /ニ/, -ァ⌒i   _   ̄二三
..,___.   ..(.∧ 、ヾ、ヽ三廴ゞ 三_,,,,,ゝ三`ヽ三 ,z ニ 廴zくー' / /=≠ //==二 ̄三_  三
士トl士.    /三ヾ`ヽ 三{`ゞ゙⌒ヾ  ノ》ゞヾ 三廴j゙ 三   三/ /_,,-┐三   三-‐‐ニ_  三
..' ' ``.  .てゝ三::.....  》z7゙`ヾ廴_三廴,ノ`ー∠丶 二ニニ二二/  ´ _,,,,⊥ ,ニ~ニ´ 三 _,x三  _
..馬太.  ./ヽ三三三三A (`ヽヾ《 = 三 _z' 三z  ̄  三  ./  /三三_ム=、ゝ__ニ`ヾ 三 三




なんと健夜は、自らの輝彩滑刀とザ・ワールドの拳で巨大スタジアムを破壊し始めたッ!!!!!
57 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:15:15.19 ID:MiNhk7ab0
    l .`t'  \_/            li,  .l,             |     .l _∧\ .ゝ --′ ./<  ,iン/
-<_〉  \./ 'ミ.     ..、         l.l. .!             }      ∨/__人     l__>´/
\¨\  / ._/゙'ニニニ、,  'ヒ、  、. 'L    |.゙l、l             !       .`'''-..、  ゙l     ./ .,,‐ン_
___Y ̄|\.∨´  .i!、/ヘ/`ヽ ゙\ ゙/i、.l'、    ! ヽl             ! .、        `''-″  . / ./ ./へ__`'ー
 \ヘ!  `'.\ 《 `'-<_|  .ヽ.\. l l'.l.\  ! .゙l         l/|                 ,/ ./_人/ 心
-‐ ∨  __  |゙┘\   ´ .'-、 /:.ヾ゙,  `- l             ` /、.,ィ      ./゙| ̄'ー、./ / . l.ヽ`¨¨ッ.,/
 ∨  Yゞ}  .l ./゙.l  /    |:.:.:.:.:}゙″  .゙'ユ           /.!ノ/  ,ンl' / \}/__} /|\ | リ、 ̄Y
. /   .l./   !く,7\|.../:.(     |:.:.:/                    ,l!゙./ / />ュイ/ ̄._..ゞ./ ∧ ゙'.l, | ¨ ̄¨¨
'ゝミ¬ ..,_    ふ、..゙/:.:./ー┐  j/ /}                  ゛ .レ",,/イ\_}/ン'''ン'   ∨ ∧/ .r'"
.  `'-..、`''ー ..,.r―:.':.:.:.:.:.:.:.└ァ   }:.:.:j                    〃   ._ミ~゙ / ,,, ‐ ∨ /,ノ゛
     `''-...∠:.:.:.:.:/ ̄/:.:.:.:./___ j/                         : '".,,;;ニ;;/!'" __ l.〃-‐==ニニ二三
   'マニ¬-- /:.:.:./  /:.:.:.:./:.:.:.:./                           /:.:〉...ー''''"_,, ‐'″
      `゙''.゙/:.:.::/  /:.:.:../二 ̄                       __/:.:/:-‐ー┐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄../:.:.:/  /:.:./:.:.:.:/                        _}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./..... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /⌒  //  ̄   ___                      ̄/:.:/ /:/:.\..   ,.<¨|
\____.|Z_心}____,..:</                         /:.:/ (/<:.:.:.:.:.::>..゙'"ヘ_人lr────
-'"Y¨¨イ''" |>-'===.,...<:.:./                            /:.:/    \/..゙{ヘ、__>-}
.--ー¨¨コ    .. -`-''/:.:.:.:/                        //         /\  _./
\_>‐´r-ニl   _../:.:./                         /         /::.:.:.:.:.:>     _
 ̄  __|へ_/.,,x=゙..゙//                                 rー<:.:.:.:.:.:.:.:/     ,/ハー、
   /\ l ̄        /           ,ノ .,イ            ''i ミ、.       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:>´゙、   . /\ィへ.,,-
.  l メ_|        /     .,=@   ,-ア / │       ,.  ..!.`-,`'-、..... |:.:.:.:.> ´゙,, --ミ;;、 '冫 .¬―./
   マイ/  .,フl ゙̄Y   .,..-'゙./    ,/,/./   .! /!     . lヽ |     .`'-,゙'t. ̄    マ''ー- ..,,゙''λゞz_,ミ Y
.   ゙‐'  /心.!乂!  r'"  ./   . /  iツ゛   .! ./ !     :ll,.l ヽ l      .`' !iミ'-、  \_  /  .ト――''' ̄
        乂\./、 lr'"   /   /   ./     ,! / .l .、    ! l|, ゙'レ       . \ ゙'‐ / /゙l―''\  /7ニニ
___   ,/._ l_l. ,ブ   ./ . ,/          l l  l .i!|    ,! ゙ll,            /\.l|ゞ!    \ Y}/へ
 \`' !./ ゛ 廴ソ゛   彡/            !,! │l゙.!    .l  ゝ           { ¬ニニニ/\__    \\三




健夜「ククククククッ!!!ハハハハハハハハハハハッッ!!!!」


人類の英知の粋とも言える、コンクリートと鉄筋から成る巨大な建築物はッ!!

見る見るうちに、人類を嘲る最強の生物と最強のスタンドによって砕かれ、折られ、崩れてゆくッ!!!
58 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:37:39.14 ID:MiNhk7ab0

健夜「クックック……!!」




  \       /i:i:ii:i:i:i:i:i:i:/                     __ _   ` r‐―-、
    \       /i:i:._     __                  l´   |i:i:,.    |l   | /\
      \   /i:i:.┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-          .| _|i:i:i| r,  |l  /    \
<.      \/i:i:ii.│ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐   .\  \i._     __      \
  ` <    |i:ii:./ /  l  ヽ_   ̄ |__  __|    ...ヽ ̄. ┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-.\
      `  !l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i       l,. │ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐
        _. ̄         ̄    └┐ ┌‐┘      ./../ /  l  ヽ_   ̄ |__  __|
___ //_/                  | |_l      ...!l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i
    マム  ______                       r' ´  ̄         ̄    └┐ ┌‐┘.../
    マム  l       li:i:|         ._     __. ./       /               | |_l   /
     マム l     li:i:l ___  ┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-.                    /、  /
      マム     li:i:l |    `l...│ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐        _     __
______マム.     li:i:| l      |./ /  l  ヽ_   ̄ |__  __|        ┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-
       |      li:il  |,‐..!l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i       │ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐         __
/\    |      |i:l  |i:i:i:i:i:i ̄         ̄    └┐ ┌‐┘       / /  l  ヽ_   ̄ |__  __|     _┐   |   ||
    \   |     li:l  li:i:i:i:i:i:i:l              /i:i:i:i.| |_l、     !l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i l ̄| |_l _. | |
     \ l     |:|   ` ̄ ̄´ /7l             `7¨ヽi:i:i:i:i:\.       ̄         ̄    └┐ ┌‐┘  ̄  / /  .|_|
      , へ     |:|          |i:|/                \i:i:i:i:i\ / r ´ ̄l\/∨        | |_l        / ///
    ィi:i:i:/      l:|                           :|\i:i:/   |    li:i∧ノ ∨                 ̄     | ̄|
  ィi:i:i:/ |      ||                          /‐- 、   ,ィ|   |i:i:i∧  ∨                          ̄ ┘




健夜「マヌケな京太郎は……!このスコヤが高雀連か何かと交渉でもして日程を延期するのだと思っていたのだろうなァ…!!」

健夜「だが違うッ!!」

健夜「ヤツの「お願い」は「インハイを延期させる」ッ!!それだけよッ!!」

健夜「それだけがヤツの「頼み」よッ!!」

健夜「過程や…!方法なぞ…!」


_,..(((((////彡>川//彡ミ
彡三ミミヽ川///////彡三ミ、  
巛巛,r‐-,_川川川//彡ミリリ  
))))ゞニイ○i'⌒i─_'',.フミ/リリ  
彡彡: : :l `゙´i`''´ ̄ ////川  
彡!\ : :l : : ノ: ノ;.:-'"i川川川
川代't、 l川::( _」..-‐ニヾ川リ   
川|| `'`゙ヺ7三::∠'三'ブ゙巛リ    
川ll|  ///'´ ):::....    川ヽ    
川 || レ |    : : :   ヾミヽ   どうでもよいのだァーーーーーーーーーーッッ!!!!!
川,.-! ヾ゙_フ         rヾミヽ
--!;::::! r-_-_-_-;ノ   _!::::ヾミヽ  
:::::))'''! (''ー‐'''/   i゙::::::ヾ''''´ヾリ 
ゞ‐'゙川| 「""゙´   ,..ゞニノ  /彡 
川川川i、ゞ   _,.-'´,.. --- 、 _ヾヾ  
`'ー-、、_ノ二ニ´´ ̄二二二ニ_巛  
59 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:40:48.97 ID:MiNhk7ab0
数分後……


ウー ウー


健夜「フン……誰かが通報したようだな……」

健夜「この辺りで……一つ、シメといこうではないかッ!!」

健夜「ザ・ワールドォッ!!!時よ止まれぃッッッ!!!!!」



                                          {  ̄ ヽ   /⌒ヽ
                               /⌒ヽ   Υ   〉   し}  :,
                                 Υ  :{  ∧}   :|     ノ  }   /⌒)
                                 ∧  ,入_{-{_  /〉,.ィ"    //⌒ノ  /
                                  /乂 二 -_人-二-/_-_{   / >'"   /
                              |_-_(   )_-(   ) γ  、=彳_{   /
                              人-_- ̄>-===- ...._乂 ノγ⌒ヽイ_〉
                             ___  | \ (          ヽ-_乂_ ノ'"
                    ,斗-=ミ <二ニ|_∧  `>-...._      ノ   /〉_rニ=- _   _
.              _    ,斗-〈:≧=┐ニ>''"///〉     -_ ̄ ̄_-_   //~''<ニ<_>''"ニ\
.             |;   ̄ /ニニニニ≧ニ////////乂    -_-_-_-_-  丿:\_///ヽニニr=ニ二 〉___
               |i:     |ニ二二二コニ∧/////(==ヘ >‐--======-‐<)=)/_////ニニ_r‐――‐ヨ
               |l:     |人ニニニ>-、ニ\/////>-===ニニニニニ==‐</////ニニニ__  ̄ ̄ 丁|
              |ト.    |_|ニfニ二>=ニニニニ=- .....//_///////////_//...-=ニニニニ<__ニニ二丁|
            ′、   |_|ニ|ニニ|\ニニ>'"⌒>ニニニ___ ̄ ̄ ̄ ̄ニニニニニ,斗-=ニニニニ>┐=|=|
                _ \  .|ニ|ニニ|二ニニiニニ/ニニニ/ニ/_〉ニニニfニニヘニニニ\二ニニΥ二ニlニ|=|
             ′  \|ニ|ニニ|二ニニ|ニニ|ニニ=-/ニ/_/_ ニニ _|ニニ|ニー=ニ二|_二二|二二lニ|=|
               |  ′ \-‐.|二ニニ|ニニ|ニ二ニ|ニ|ニ|ニ ̄ ̄ニ|ニニ|二lニニニ|_二二|二二lニ|/
              | 〈 _   \|二ニニ|ニニ|ニ二ニ|ニ|ニ|ニ二二ニ|ニニ|二lニニニ|_二二|ニニ/ ̄
             | | てう>   \ニニ|ニニ|ニ二ニ|=/=_|ニ二二ニ|ニニ|二lニニニ|"''<l;|=/
              >乂    l  |  l ̄ ̄-|ニ二ニ|/-_-|ニ二二ニ| ̄∧=lニニニ|
              r爻__|ハ > ,__l | l /⌒_>---┘-_-:|ニ二二ニ|_-_-∧|ニ=‐''"
.             r爻 r‐}人:  マェェYェェ -‐ァ′-_-_|_-_-_-_-_ ̄ ̄ ̄_-     |
          /⌒{ノ{:  \ _ ニニ/-/´-/-_-_-:|_-_-_-_-_-_-_-_〉        |
          (___/三{i  三i\__ 人人-∧___彡/-_-_-__-_-_-_-〈       |
        /-_-)》三={i   =/  /〉_ _廴,,彡/-_-_-/_/ ̄¨¨ ―‐ .¨¨ ̄| :/,
       _(__/《三= } }  :(__//_{_ _ _ _ _/-_-_-/_/_ _ _ _ / -‐ ⌒i_|-| /,
      /-:/-_-_:ヽ=   / /〉′_人_ _ _ _|-_-_-/_/_/ ̄:/     Y_|  /,
   /⌒>:′-_-_- }}==/  .// /-{_ `ー-:|-_-_-|-|/    :{      }_|∧ :/,
.   /-_-//_-‐  -/  /⌒∨′/ -_/\_ _ _:|-_-_-∨\    :::     //_-_〉  |
  廴_,//   -/   /  //,イ _-_ /_\_` ー|_-_-_-_\-\  )::...   _/-:/  :/
. /_-_‖   ,,/   /⌒∨ /  _-_:/_ _ _ ヽ_ _ ∨-_-_-_-:\->---<-_/   :/
. |-_-:{{_  _-:/   _|  / /_/ ̄--‐_'"_ _ _ }_ _ |\-_-_-_-_->----<      /
  >=={{-_-彡{-_-_-:廴_〈 ;′,,_ _ _ _ _ _ _ _ /乂_ 》i-\-_-_-_-_-_-|       /
. |-_-{{ ̄-_ニ_>- /ー┐|_ ⌒_ー-_ _ -_ _ _ _ _ _ _》i-_| \-_-_-_-_-〉     _/
. 人,-,{{_ _/_Y⌒ヽ_:|-_-_|_|_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 》i-∧_ _\-_-_-/     /
   7~》_}_ _ |_ _ _ _廴_ノ-|_ ⌒_ー- _ _ _ _ _ /_/从-_∧_ _..\-/    /
  〈-_{{ {_ _ |_ _ _ _|-_-_|_|_-_ 、_ _ _ _ _  ̄_ _ _ /_ _r \-_\_ _ \___/
.   ∨/\、_ト、__ _:|-_-_|_|_ _ _ \_ _ _ _ ,,.、丶´_ _ _/  廴_-_>-=彳_/
.     \Υ_ { _ _ _:乂__ノ_|_ _ _ _ _ _ ̄_ _ _ _ _ _ _.:/    〉⌒7¨¨¨´




ブゥーン……チッチッチッチッチッチッチ キュゥーーーーーーン
60 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:43:14.91 ID:MiNhk7ab0
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :/!,::: :l:/ :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: l三ニ! :::: :::: :::: ::::
::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::/i :l:::ヽ!| :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :: :: l三三、_,j! :::: :::: :
:: :::: :::: :::: :::: :::: ::/ !l:::l :::l|!l:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::l三三三ニ! :::: ::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: :::/ /: V::: :::' ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::j三三 三 l:: ::: ::: :
:: :: :: :: :: :: :: :::/ /: :: l:: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::l三三三三l:: :: :: ::
: : : : : : : : : : :l /: : : :l : : :ィv/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|三三三三l : : : : :
: : : : : r7/!,: : l : /!lヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :  :|三三三三:ヽ: r ‐
ヽ-───' ,/l l |!   ./ j !l l                                 r'^ーz_,-、     r'三三三三三| |三
──r-、三l `ヽ li   / /' l l !                                     | 三三三|     |三三三三三 | |三
三ニ/三了ニl三 l !l, / /!  ! !l                                   | 三三三|     |三三三三三 | |三
三:/:三Zzヽzヽ :l l / //ヽ、l l           _                         | 三三三|     |三三三三三 | |三
Z/`ヽ、三 ヽ、zヽ/ /'三lヽ,zヽ、          / 7ヽ、                      | 三三三l、   ..|三三三三三 | |三
:/三三ヽ、三z:ヽ、三l ィz、三ァ ヽr-──,   /!/三/Z/      r-‐、_              |三三三三!    |三三三三三 | |三
─r 、Z/:;\ Z zヽ、三ヽヲ ZY'"ヽzヽ三Zヽ,ノ /三/Z/}     l 三Zl    _,.i  j-vh, .|三三三三l7.,_ .::|三三三三三ヲヾ'三
三|Zヽ/三l Z\ t7/Z/7三三lZヾ7三ヽ三Zん'三/Z/7     j三三l  ,゙::::::', .|三Zl .|三三三Z!.|三,ヽ,j三三三三三三Z!三
!ソ、_/三Z\三ZVZ:://三三l 三l ヽ三ヘヽ三>-'"Z//       .l三三 l r'ヽヾノ'ヽl三三ヽ!三三三 ‐|-三 /l ̄ヘ三三三三i:三
\三ヽ、三Zヽ/ヲ>//三三l三シ Zl 三Zヽ´三ヽ/シ r─-.,__,「三三Zl l::::l' ̄:l::::l三三三三三三ヾl !l三ノ三;l三zヘ..r‐─‐-, 三
:::::ヽ 7三ヽ、三!三V/三ヽ三ノニ l三ヘ 三Zヽ三三`ヽ、三三三三三三Z<-、:-r'_,.ノ三三三三三三,/!.!ll ,.ヽ三:l三Z:ヘ!三z三l :三
::::::::l|;三/ /ヽ/三 Z!三Z:ヽ/ /三 - 、三三ヽ_,. -‐ `l!三三三γ⌒`/`'-z_jヘ-'──'^ヽ三三 r-!,Zl !lZヽZ:l!三三ヽロ!ロロ! /
:::::::::lヽ/Zl三:ヽ三j-へ- , X -‐≪ 三l l三三三三ヽ,/j!-<三/ jl  !1ヽ,八.j:::l' , '   〈三三!t::l r‐'"~ヽヽZヽ三三ヽZ:/::::::
::::::::::>-,ヽ三_l/:::::::::l:::::lZlヽ三三三V,> 、三三三'"^l_,.j_,/   '   ヽ::l  l:::l  _,. .,-ノ三j^"':::j l::::!:::::::l7三三 ̄ ̄/:::::::/
:::::::::!::::::::'ー.,_Z!j::::::::::::::l:::/-‐'゙ゝ、三l/ヽ,-' >‐- 、三三/ _  r─- _ .l::l l::( r-,  |Z_,-'´::::::::::l::::::::, -‐'ヽ三三三Z|\/:::::
::Y´⌒ヽ!::::::::l-':::::::::::::::;√=-::::::::\!:::::ヽ_,ノ::::::::::i !ヽz===,/;:ヽ-Z_,::::::::`ヾj-lノ_,.j:::::l .|/- 、 r-‐v-,:::::::::::::::::::::::::::::_,.-'::|::: |::::::::::
:::::~ ̄`'::‐-z:-<:::::::::::::::::::::::_,:::-‐ , l:::::::::::lー::r - _::::::::_,. -‐":::::::::::::ヾ}:::::::::,::、::く´::::!:::::V⌒t::::::ヽ::: l:ヽ、_,.'^‐-,:::::_,‐´::::: : |:: ,|:::::,::::
  ─ z _____   _ ,. - ─ - z _ -─ - ─ - 一‐- 、, ...,,::::-─-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
        _ , .  ィ -z_,. - ──- .,_  _,. -─< , . . . . . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -========ニ== - -  ̄`~' ー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __
  __., -‐''"´       _,.    ,. -─< , . . . . . .- -───────一         -──── ─ ─ ‐ - - z .,_
 ̄                        _     ̄ "  _ ,.    _ _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _  `'ヽz_
z=z_  - , . - r7     __,. -‐'´< _ , .... - ─ - , . -─ '''"~´ ̄           ' " ゙      z=z_,. -=z、  , . : ::
   _,.  - ──一' _   ̄`'⌒"` ,、 _,. 、 、 _ _,. ,:    "            _, .  -─ '"'^`'" ̄: : : :_,. -‐': : : : :::::::::
'"´   ‐- ''"~´ ̄            ∠_,.´   ̄  ,.  - ─ ─── '"~´'" ̄: : : : : : : : : : : : :- ─ -: : : ::::::::::::::::::::::::::::




健夜「フンッ!!」 ダッ



健夜は時を止めたまま、瓦礫の山と化したスタジアムを後にした

止まった時の中で数秒が経過するが……健夜は姿を現さなかった……
61 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:45:53.42 ID:MiNhk7ab0
そして……!

4秒が経過した時……!!



健夜「フハハハハハハハハハ!!!!!」




_,..(((((////彡>川//彡ミ
彡三ミミヽ川///////彡三ミ、  
巛巛,r‐-,_川川川//彡ミリリ  
))))ゞニイ○i'⌒i─_'',.フミ/リリ  
彡彡: : :l `゙´i`''´ ̄ ////川  
彡!\ : :l : : ノ: ノ;.:-'"i川川川
川代't、 l川::( _」..-‐ニヾ川リ   
川|| `'`゙ヺ7三::∠'三'ブ゙巛リ    
川ll|  ///'´ ):::....    川ヽ    
川 || レ |    : : :   ヾミヽ   タンクローリーだァァァァァァァァァァァッッッッ!!!!!!!
川,.-! ヾ゙_フ         rヾミヽ
--!;::::! r-_-_-_-;ノ   _!::::ヾミヽ  
:::::))'''! (''ー‐'''/   i゙::::::ヾ''''´ヾリ 
ゞ‐'゙川| 「""゙´   ,..ゞニノ  /彡 
川川川i、ゞ   _,.-'´,.. --- 、 _ヾヾ  
`'ー-、、_ノ二ニ´´ ̄二二二ニ_巛  




                           .                  :;   i!
                                                  ;       ;
                           :;:;*                     :;*‘
                 i             Y'⌒ヽ                              と@:;”
                 |             乂_゜ツ                               .・  ;:;;*
     ____               へ         ゜   ┴◎                 _        ”   ・
     |┏━━┓|_ロロ          〈>、j       .   ・             /"  `>、    lニコ  .
     |┃    ┗━━┓|           ̄                        ∠_  / 多:、   ’    ___
     |┃    ┏━━┛| ’     ィ"⌒\                      // ゙̄>"幻"::::>< . : ; ; __|┏━┓|_ロロ
     |┗━━┛| ̄ ̄ ̄.:;;*   /:::\   .\                    ィ-::,, く、<\、/' \,/:ィ     |┏━┛  ┗━┓|
      ̄ ̄ ̄ ̄    ;‘    ,/   :::::::\   \            /i    ` 、\`" ィ,_/∠ノ   ゜   |┣━      ━┫|   _
                    〈  ,イ :::::::::\   \         /  ヽ    ヽ >、/'⌒Y         |┗━┓  ┏━┛| ┏┛┗┓
                  ’  \/    :::::::::: 、 :\       /     \:::::::::::゙!  i、_゜_ノ  _   _从_,,ィ ,/ ゙‐┛| ̄ ̄; . ̄|::┣┛
  .  ’            ;:;'   ,"⌒\、         `へー个^´ /! (/)   `ー:イ      〈Y7゙  ̄ ̄ ̄"''=:、て_,,. = ´     ̄
               _,,ィ     '、_゜.ノ、ィ-‐、       、  へn/::::::>    ∠ :∠ノ  ..:::(⌒  `^ ..:::      ヾ〈´____
      \、      し'        〈 o !〉     《   ...::::::::     , " :,<   ___   ィ ,,        | ( ̄ ̄     ロロ┓
        ゞ、_从_    .:   ⌒)_::..  `ー''>、           ,从_  Y /ヘ\へ,,≫ ̄  (⌒:::.. ⌒     ,ノ:( ̄      l二二ノ
       ア,:=''" ̄ ̄ ̄   ..:::::::::::::::::ヾ_,,,,_|!li`へ从/ ̄イll|,へィ_,、|!ll`ー、\へ/'/,ヘ,, \"_,,,,ィ     _,,,..  ='''"⌒\
 ___て::/              __≫ "'^"''''イ ̄^"へ《⌒Y''"`^ ̄Y^''''"`^ ̄"'''"  ≪__
     ̄) {           ´     ̄      Y"    ≪__     \、 ..::(⌒::           `
  -=''''^ヽ'、                /               >    ≫     \   `           .
     /⌒`''=一      .                         <"                 ’・
                               ・
62 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:48:49.01 ID:MiNhk7ab0


健夜「まだまだァァァッッ!!!!」

健夜「完全にブッ潰れよォォォォォォォォォッッッ!!!!!」



                                   ____
                               ,. .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ
                            ∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                        //|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                           {;'  W:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|
                              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
                            /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.|
                        /:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|
                          /:.:./|:.:.:.:./:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八
                            /:.:./ :|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :l:.:.:.:.:.:.:.:.|
                            {;V′:|:.:|/|:.:i:.: :i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.: |
                               八| V{\|:.i:.:.:.:.: :|:|:.:|:.:.|:.:.∧/}人  _
                          r=Tヽ   レ'\:.:.:.乂人/∨ヽ__rf¨´く    もいっこタンクローリーだッッッッ!!!!!!
                             /ヽ \\   ヘ/       ∧__ ,. ' ̄
                            /   \. \\         / ∧
                      /      }   ∨ヽ         》
                      {           {.,.   ∨r=======ァ′
                       {\       /    マ7 ̄⌒¨¨⌒ “
                     人. \   /      ./
                        /  \ ヽ/       {{
                          / ̄           ∧
                  /     /             / \
                 /     ∧               /./
                   ≠´ .圦\.          / /ヽ
            '    /   ./ \  ̄ ̄ ̄ ̄  /   ,'\
            /     /     ./      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         \
63 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:49:15.69 ID:MiNhk7ab0

                                            ____ _  ____ _
                           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |        | |         |
                            |            |   |        | |         |   i      ″
                             |            |   |        | |         |
                              |            |   |        | |         |       /
                               |            |   |        | |         |    |    ′
                                |            |  i: |        | |  ____⊥_ _lレ'″          ;:
          (^;              :    |”        |   |        |/  ̄.:.:.::::::::::::...... /._:.\
                            |            |   |     i   /. : .:.:.:.:.::::::::     //  :\ 、
                〈》           |            |   |_____/ .:.::::::::__   -―r'/  / / |:.|     |
                              |            |            | ̄ ̄........... . . .  | l  /   |.:|           '″
                       i     |            |             l . . .:.:::::::::::.: . . .l:|_/`一 ' :{   ,  "
                          |    ;    |             :l .:.:.:.:.:::::::::::.:.:. . . l .:.:.:::::: /|
                           |            |         |  |.:.:.:::::::::::::::::.:.:. . . |.:.:.:::/...::::〉    。
              '^             |  ゙        | r――――‐l|―:|.:.:.:::::::::::::::::.:.: . . ...|.:/..::/^ヽ
                             |            | |   :      |r ″ ̄ ̄...¨....― 、:.:.:.|:::::::::| o  :}          (⌒;
                          | ハ、|            | |   |;     ,|:... . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::: \,:|_/ `ー--′
                         | ∨ |            | |  ,l|:.    l.:.. . .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::ヽ       ”
                           l|:   |            | |___|___, ′. :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::l           '″
                       l|!   |            |:   ┃  /.:  ....:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::|    《}}
                    __  l|   |            |   :|   /.:.   ...:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::: : l:|
                /.:.:.:::::::... ̄|\.、|            |    l /.::.:.. .    ........:.:.:.:.:.:::::::::::::://;{     _     <≫
              /′.:.:.:.::::::::::......|  ヽ:\.         |    レ'.:::::.:.:.:....   ..........:.:.:.:.:::::::::://;/l|    ,<_》      '′
             / .:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.:.|:   l:::.:>、      |   ,..イ.:::::: .:.:.:.......   .....:.:.:.:.:.:::: //;;/ |   '″          ”
                 l .:.:.:.:.::::::::::::::::::::..|::.:  | ::.:. .. \ :   ! /:;ノ.:::.:.:... ,..::-―‐-..、::.:.:.....//;;,′ i        ′
             | .:.:..:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.::.:.:..... | :::.:.:..   ゙ーr< .:.:| :.:.:.:..:/::;. ‐ ¨ ̄ ̄ \:.//; /   _          ”
                 | .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.... l ::::.:.:.....   /:|:.. .\:.:... r':./   / / _⊥/';;/  ,へ\   /       '′
                ゙ .:.:.:.:.:::::::::::::::::::.:. :.:.... /.:::::::.:.:.... /..:::{ ::.:.:.. 、 :|;:.{    /  /   〃\  く .:;>_}
              \ .:.:.:::::::::::: ::.:.:.:.. /...:::.:.: :.:/..:::.:. : .}::.:... .:.:∧:.\  /   ,r'″   l   `    /
                   /\.:__,,  ´_.::::::::.:.:'.:... .:... .:.:.; :::.. ,.ヘ ;\;:}‐<   〃   ,/   _从_,. ィ     ’
                    {.::ノ   \::../´  l :::.:.:.:.:.:... ...:.:i ::; .:.:. /   /::::{:   \ノ′   /  ̄ ̄"=、て /
                    ¨      `{ 0 /.:::::.:.:.:.:.:.:.l|....‖.:i:_/ { /::: : l_,,◎='"}   /         } ≪    .
                       `一'^ ==三 、_.人:.:从:〈_,.  ,イ::::::::::..\_ノ-‐ '′          ン  {_ _
                            ̄ ゙̄"">='¨⌒丁'^''-┰''''"        _  = '" .: . :(       ̄
        、                      /     {   <__      ̄ ̄ ¨ ̄    ̄  \
                          ___≪       >       ̄ ̄    ”
                           ̄           ≪
                      。                           °   ・
                                  _
                                 /⌒ヾ、
                                 \.::ノ
                                   ¨
64 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:50:32.78 ID:MiNhk7ab0

健夜「フン……!!」 ニヤリ

健夜「これで終わりだ……!!」




\\// Y=ニニニニニニニニ∨   ∧ニニニニニ/⌒丶/  ./  { }ニ}ー-、    /  {}}   厂 ̄ ̄ ̄⌒ヽ__
=ニ∨/   }ニニニニニニ厂 ̄    〈  }==ニニ/⌒7  ー=彡  }.//}______厂 ̄}   {}} /      O ,ィ彡'´
ニ∨/  .ノ==ニニニ/  }ニ:Y  }  }==厂   ,.   -────-  /ニニニ}__/    {}}ニニニニニニ⌒ヽ___
ー=彡'"´ニニニニ/   人ニ{   ノ/⌒´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶/  ⌒ヽ  {}}ニニニニニニマ
ー'=ニニニニニ/   /  ヽ=ニニニニヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/⌒⌒ヽ         〉ー=彡⌒´
ニニニニニニ/   /    ノ===ニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      ̄`ヽ     {ニニニニニニニニ
==ニニ\    /     ⌒ヽニニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          \   \ニニニニニニ
=ニニニ/    ′         }=ニニ/:.:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ : }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        }     Y⌒ ̄ ̄`ヽ
ニニ/\     γ⌒ヽ__rく==ニ′: : :i:.:.:./|:.:.:./{ハ: :./ |:.:/\:.:./ハ:.:.:|:.:.:.:.:.i        }     }      }
ニ/ー-  ⌒7 ̄}      /{.   i:.:.:.:.: :|:.:/ :l:.:./   ∨ レ'  ∨  }Y:.:.:.:.:.|       Y      /       /
ニニニニニ/⌒ /      /   } 〃|:.:|.:.:.:.W  V                |:.:.:.:.:.|   / ̄ ̄⌒)    /     /
ニニニニニ}           ⌒)/  {{ |:.:|.:.:.:.|   ___,.   、____  |:.:.:.:.:.|____/,ィ彡'´  Y⌒ヽ/   /==ニ
ニニー=彡 ヽ_ _  O       |:.:|.:.:.:.| ´                ` |:.:.:.:.:.|:ニ/  /   /       /==ニニニ
ニニニニ\      >`¨´       |:.:|.:.:.:.| ,斗ぅ芋ミ      斗ぅ芋ミ  |:.:.:.:.:.| {__/   ./⌒ヽ     /ニニニニニニニ
ニニニニ厂⌒ヽ/\}  ,ィ彡'⌒    |:.:|.:.:.:.| {. 乂辷ソ::::::::::::::::::乂辷ソ .} |:.:.:.:.:.|  /    /==ニニニ\/    / ̄ ̄ ̄
:ニニニ/⌒)      \/     〃  |:.:|.:.:.:.|ハ   :::::::::::::::::::::::::::::    ハ|:.:.:.:.:.| ./    /ニニニニニニニ〉    /        そして時は動き出す…!
=ニ/   _}ヽ   ー=彡'´    |:.:|.:.:.:.lヽ{        '         }ノ|:.:.:.:.:.| | __/===ニニニニ/⌒\/
/   __)   }          |:.:|.:.:.:.|:.人     __       人 |:.:.:.|: | | |=====ニニニ/O  Y
  /  / \/  ___________}\ |:.:|.:.:.:.l: :|:.:|:...    ̄ ̄    イ:l:.: :|:.:.:.|: | | |===ニニニ/ `¨´ /|
/ニニニ〉    Y  {ニニニニニニニニY.|八:.:.:.ト、|:.:|:.:.r‐}` ー--‐  {‐ァ: |:.|: : |:.:.:.|: | ∨ニニニニ/     / :|
\===/     |   〉ニニニニニニニニ   \l:_:|-‐'{厂         ア}ー- .:_:|:.: 八|===ニニ/       /  ヽ___/
  \/    /  /====ニニニニニ_ ,. <     |        |    ノ/=ー-、ニニ〈    〃   /ニニニニニニニニニニ
   `¨´ ̄ ̄`ヽ====ニニニニニ〈           |        |            〉/\_//   {ニニニニニニニニニニニ
⌒ヽ ー───ニニニニニニニニニ∧           ヽ       /           ∧    { {____/ニニニニニニニニニニニ




キュゥゥゥゥゥーーーーーン
65 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:54:02.82 ID:MiNhk7ab0

                 .,、-ー''ア:;、-'/       ,,、-'7         / ̄/_
               ノ  ////了      / /     ,-ー―" __/
               .イ  i::/ / / /       / ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /
              ,|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"  /// /
              ,リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /       |/ ./ /  ./\
              i   ,、-ー'   '"/ / / /        //   \/;;、-'/
             / 「"       ,ノ /  / /              、-",、 '
             / /         |/    レ                   / /
              |  |                                | /
              |/                                 レ"

                                          i   , '  ,
                                    ,  i     i|i:      i   ’
                                         i l  :,i||||i i     :i|i: i: |  ,
      ___                           i|i| i  i||l || |i i i| i|||i li li i /  ,
.     |///// |\                           i| i|||| |i!i ||  | || |i.:||    |  |i///            ___
__     |TTTTT|\\                  ,    || |||!;.:||!l    || ||        ;//:( /          /i|===|
トミ|   |===== |\\|  __         「〉  ,,  〈」:ii||| |                  /  (/  __ ___ /\|/|===|    ┌┐ _
トミl ̄「iミ| i| | |  \| | |\ ┌i     ,    \  )\  \  人       ,      /( |==i| |/|//| |//||/|===| rzzzZZz_ Li
トミ|  トミ| i| | | | | | | | |= |_「IIi∧ 「| __  \、   \   \  )´         /(   〈I   //=i|_|/|//|_|//||/|===|_i|//|Ti|__|/|__|
トミ|  トミ| i| | | | |_|_|.._| |= |IIIIIIIIIII| |/ZZへ _∧⌒'ヽ \\ \          r, <( /(/   // /:i| /|竺竺| /||/|===|/|//|Ti|__|/|__|
トミ|  トミ| i|二ト| | |三トミIj|= 匝些些|_| |II|II| |_|/∧                         / /  /'  /__i| /|三三| /||::-==ニ|//|Ti|__|/|__|
ト| ̄|\_:| i|二lミ| | |IIIIトミIj|_| ̄|\|z |_| |II|II|_|_|//,'〉  ノ\           , ,     // 〈 /:!゙/|三三|-‐|ZZZZZ|//|Ti|__|/|__|
ト|=|\i | i|二lミ|_|_|IIIIトミIj|_|「i |  |z |_| |====||(⌒ヽ J                 ))   ,,  ゚ //..,,,, '⌒ヽ|-‐|LiLi|zzz|ZZトミ|__|/|__|
ト|=|\l | ii ̄「トミi ̄トミIj|_|「i |\|z |_| |iLILIi|| ヽ ,;;;,,, ,, ゚  。  ロ ’        .. .. :::..  ゚ 。  〈ヘ;;; ;,,,,;;_|-‐|LiLi|zzz|ZZトミ|II|///|
⌒). . .⌒ヽ_i|  |.トミ|―トミIj|_|「i |  |z |_| |iLILI\\ , ,;;; ,;; ,;;, .,:. .::.   .. <> ,,;   ,;;,,; ,;,<> ,,;;,,,   〉;; ,,;, | ̄トttt|zzz|ZZトミ|II|//xXx
. . . . . . . トミ|  |:トミ|//トミIj|_|「i |\| ̄トミ|'⌒Y; ;; \\\:: ... :::: .::: ..: ;; ,,;;; ,「~〉 /  :: ... ::: ../( ;;;: :..::::: ;;,,// ; ,, ィrzzzzzzzzzz||TTT〈爻爻
. . . . . . . トミ|  |:トミ|//トミI,ノ'⌒^⌒|==トミ|;; ;,,;, ,,, ;;;; ,,, ;; ;,,, ,,,,, . .... : ... ...:: :::` ノ( ;; ,,,<_〉 ::/ ::: ..;; ,,///;;;; ,,,,,,;K|======izzz||TT7/爻爻〉
二二(⌒. . . .⌒ヽ⌒. . . . . ⌒. : : . : . ~~⌒: : .~⌒ヽ : . :: ⌒: :. ; , ;, ;,, ; ; ,;;, ; , ;; . :: : ,; ;, ;, ;; , ;;, ;,; ⌒// , ;; ; ; ; ; ;;;;;;,iLiLiLi||i|ili||TT爻爻爻
lllllllllllllヽ. . . . . . . . . ⌒; , , , , , ,; ;, ,,  . . . . . , , , , , , , , , , , , ,,, , . :: : 〜〜. . . . . . . . . .. , , ,, ; ; ; ;, ;;, ,; ;, ;; , ;〜; ,,;;⌒ヽLiLiLi||i|ili|| 爻爻爻爻
lllll(⌒; ,; , ;, ; ,;, ,, , , ; ,; ; ; ,,; , ;; , ;; ;, ;, ;;;; ,;; ,,,, ; ,; ,;; ,;; ; ; ; ; ; ; ; , ,, , ,; .. :: :: .::.. :: .. . . . .. .: , ;; , ;; ; ; , ; ; ,; ;; ; ; ; ;;; ,; ; ;;;;; )iLiLi||i|ili||爻爻爻爻
lllllll), ;;; ,;; ,;; ,;〜〜;, ,;; ,;; ,;; ,;; ―‐:: ..:: .:: ..: :: ;, ,,, , ,, ,〜〜.. .:: :. :: : :: : :: ... '' ,,; ;, ;; ;,,;; ;,, '' ,,; ;;; ,, ,, ; ; ; ; ;; ; ; ;; 〜〜: :: .:: ⌒; ;; ,;; ;⌒;; ;;,, ,〜へ
l/;, ;, ;, ;, ;,,, ;;;; ;;;, ;, ;, ;, ;, ;, ;,;/~  ̄;|〈〈~~\'' ; ;; , , , , , , , ,;;; , ;, , ; ; ; ;'" ; ; , , , ; ; , ; ; ;; , ;: :: . .: :. :.. : 〜〜; ,; ;, ;, : :. : .: : .: : . :--: .: . :. :. : . :. :.:
;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;, ;,/    | ;∧;  \ ; , ; , ; , ; ;, ; , ,; ;, ; , ;,-- ;, ;, ; ,; ;, ;, 〜;, ;, ; ,; ,; , ;, ;, ,; ,, ; , ;, ;, ; ;, , ; ,; , , ; ;'' ;, ;, ;, ;, ; , , ;; ,, :: .: ::.




時が動き出すと同時に……!

二台のタンクローリーに満タンまで積載されていたガスが大爆発を引き起こしたッ!!!!
66 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 22:57:37.41 ID:MiNhk7ab0


炎は燃えに燃えたッ!!

スコヤの破壊の痕跡を全て舐めまわすかのように…!



        ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘                 _
      ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’   /| r`l.
                         ト、 ’ 、.・                       |::|└:|
                        ノ (                             |::| ..:::|
                 、   ,    `Y   |   ∵”     .,t                  |::| ..:::ト、
               ,ノ)        |   人         .-}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
        ,      `Y´(    '     ,/    く、       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\    ) 、    /       }    ...`=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ  ::::::::::::::::::::::  \ノ!    |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{  .)    ::::::::::::::::::::::ゝ  ...|:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl          .::::::::::::  、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>. .:::::::::::::::::::::::::.  、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェ  ...::... .   .
_|_|_,工工]エlエ}//. .) 、    )ヽ      (  ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ   ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/  . ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '.. .''、v,;.wVゞ;v;.  ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )
_|_|_l.  (.  エエl-. .) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  .._/\二:   ::Vィ'  (ソヘ (::.:
.: , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :.  . 、.v,,.  ',:; .::)       て:;;
  )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;  . .:.(ノ        (::
. (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;. .lニコ. .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ
._ノ  `-'      `-' :~〜--〜~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ    .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (
.   _,,;::- ‐' 〜~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (   ::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    )





健夜「……ふぅ」 スッキリ

健夜「終わった……」

健夜「溜まっていたフラストレーションを発散できたようで悪くなかったなぁ」

健夜「さて……帰るとしようかな」 ザッザッザッザ…



スタジアムだったものを覆う炎は、翌朝になってようやく消し止められたのだった……。
67 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 23:09:50.48 ID:MiNhk7ab0
〜翌朝〜


京太郎「な……!」 ポロッ ガシャンッ


テレビをつけ、朝のニュースを見ようとした京太郎は驚愕したッ!!

驚きのあまり、手に持っていたリモコンを落とし…そのことにすら気づかなかったッ!!


アナウンサー『本日、8月1日の深夜3時ごろ、国立麻雀競技場が崩落の末大火災を引き起こしました』

アナウンサー『原因については未だ調査中ですが、幸いにも死者は0人。重傷者が20人ほどいる模様です』


京太郎「こ…小鍛治健夜だ…!!」

アナザー京『あ…アイツ……やりやがった…!』

アナザー京『まさか、こんな方法で……!!』


アナウンサー『今月4日から開催が予定されていた夏の麻雀インターハイについては、開催施設を失ったため、当分延期される見込みですが……』

アナウンサー『代わりの会場として候補に挙がっている東京ドーム・明治神宮球場は近日中には予約を執り行うことができず、早くても14日以降までの順延になる見通しです』


アナザー京『これはたまげたぜ……やはりスコヤは発想からしてモノがちげえや……』

京太郎「か、感心している場合か……!」

京太郎「や、やはり小鍛治健夜は恐ろしい存在だ…!!「関わり合いにならない」というのが一番正解かもしれない…!!」

京太郎「く、狂っている…!!スケールが違う…!!モノの考え方の……!!」

アナザー京『まあ……お前の「頼み」を叶えてくれたわけだし、ありがたくその恩恵にあずかっておくのが賢いぜ』

京太郎「そ、それはそうなんだがな……」


●SAN値が7下がった。
68 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/07(日) 23:10:39.60 ID:MiNhk7ab0
2018年8月1日(水) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:22/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:47 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(59) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(43)
・小鍛治健夜(17) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:14/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R クソデカおにぎり×2:体力が20回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-T 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)



安価↓1
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:11:27.87 ID:QDjuxf4hO
SAN値がどんどん削られて焦る
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/07(日) 23:13:29.85 ID:vnkf3LRJ0
10
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 00:11:12.20 ID:izcYuNirO
スコヤェ…
72 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 06:04:44.85 ID:4Qr614i90
ではINT判定

01〜25 失敗

26〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 07:33:13.28 ID:ARSKnDjCO
74 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:10:33.98 ID:4Qr614i90

〜午前練開始前・廊下〜


尭深「……」 テクテク

尭深「!」

尭深「須賀くん、おはよう」

京太郎「! 渋谷先輩、おはようございます」

尭深「廊下で何してたの?」

京太郎「渋谷先輩を待っていたんです」

尭深「私…?」

京太郎「ええ。同輩のことで、ちょっぴり話しておきたいことがありまして」

尭深「なるほど……そういう話」
75 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:17:03.97 ID:4Qr614i90

京太郎「あいつのことですが、このまま8月5日を待っているだけでは、失踪事件として大問題になりかねない」

尭深「確かに……。たくさんの人が心配しているしね……」

京太郎「なので、「旅打ちに出ている」ということにしておきませんか」

尭深「旅打ち?」

京太郎「ええ。色々と失踪の理由を考えてみたんですが……これくらいしか思いつきませんでした」

京太郎「あいつは今、九州にいて……しかし、帰ってくる金はない」

京太郎「その上スマホを壊してしまって、絶体絶命の状況」

京太郎「たまたま俺と渋谷先輩のケータイ電話の番号を覚えていたので、公衆電話から俺たちには連絡できた」

京太郎「そういう設定にしておきませんか?」

尭深「分かった……そうしようか」

尭深「今日も放課後、「茶海」に行く予定だから……同輩くんにも、帰ってきてから口裏を合わせるように言っておくね」

京太郎「助かります。……というか、今日も行くんですか?」

尭深「うん。同輩くんが、麻雀牌を持ってきてほしいらしくて」

京太郎「ふぅん……そうですか」
76 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:30:31.50 ID:4Qr614i90

〜午前練・部室〜



貝瀬監督「えー、みんなもテレビだとか新聞だとかで見て知ってるとは思うけど……昨晩、国立麻雀競技場が崩壊したわね」

岩貞「ヤバかったよな!あの燃えてる映像!」

和「なにが原因だったのでしょう……」

京太郎「……」

貝瀬監督「当初は手抜き工事で骨組みがガタガタだったところに、タンクローリー2台が突っ込んで大爆発を起こして炎上……」

貝瀬監督「それが木造部分に延焼していったという風に言われてたみたいだけど……」

貝瀬監督「あのスタジアムがタンクローリー2台分のガス爆発で崩壊していくというのは不自然だとかで……」

貝瀬監督「テロ組織が関与しているだとか政治的な思惑がどうとかいろいろ言われてるみたいね」

前田「現場の警備員は、全員記憶を失って火傷してたとか……」

金本「怖いわね〜」

誠子「記憶を失うってなんだ?闇が深いな」

尭深「その警備員の人たちが関与してたりとか……?」
77 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:36:37.36 ID:4Qr614i90

菫「テロ説や過激派組織の犯行というのはないように思えるがな。犯行声明が出ていないし」

照「……普通に壊したんじゃないのかな」

京太郎(……正解。さすが柱の一族)

菫「普通にってなんだ。普通にって」

照「こう…ガシャーン!って」

菫「何を言ってるんだ……」 ハァ

貝瀬監督「……まぁ、事件の真相は正直関係ないのよ」

貝瀬監督「私たちにとっての一番の重要事は、この事件でスタジアムが使えなくなったから、インハイが延期になったということ!」

前田「練習期間が延びたぜ!」

岩貞「それは他校も同じだけどな」

貝瀬監督「代わりの会場は明治神宮だとか東京ドームだとか言われてるけど、いくら高雀連でも一日二日で予約が取れるわけではないし……」

貝瀬監督「各方面で予想されている通り、最低でも10日の猶予ができたと言ってもいいでしょう」
78 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:41:46.63 ID:4Qr614i90

貝瀬監督「そこで、8月11日から13日の3日間……虎星メンバーで合宿をするわ」

誠子「おー!!」

金本「楽しそうね」

菫「おいおい、遊びではないぞ」

貝瀬監督「場所は箱根よ。猛練習で疲れた身体をしっかりと温泉で癒しながら、インハイに向けて最後の仕上げをするというわけ」

尭深「楽しみ……」

貝瀬監督「……同輩も、それまでにちゃんと連絡がつけばいいんだけど」

和「……そうですね……」

尭深「あ……そのことなんですが……」

貝瀬監督「?」

尭深「同輩くん……今は九州にいるみたいです……かくかくしかじかで」

虎星一同「九州?!」


渋谷尭深……説明ッ!!
79 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:46:54.82 ID:4Qr614i90

貝瀬監督「まるまるうまうま……」

貝瀬監督「なるほどね……事情は把握したわ」

菫「全く……人騒がせな奴め」 ハァ

誠子「行く前に連絡くらいしとけって話ですよ!」

貝瀬監督「全くもってその通りよ…」 ヤレヤレ

和「でも……無事で良かったですね!」

照「朗報だね」

岩貞「でも、旅打ちかぁ!俺もやってみたいなあ」

前田「ものすごく強くなって帰ってきたりしてな!」

金本「同輩くんの成長が楽しみだわね」

京太郎(同輩め……俺の考えた適当な嘘のせいで、ずいぶんと帰ってくるときのハードルが上がったな)

アナザー京『ヤツなら、そのハードルも超えてくるかもしれねーぜ』

アナザー京『一面茶畑しかないあの場所なら、暇すぎて牌をいじるしかやることねーしな。メチャ練習してるかもしれねえ』

京太郎(さあ……どうだかね)
80 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 08:54:13.70 ID:4Qr614i90

〜午前練終了後・廊下〜


京太郎「……さて」

京太郎(インターハイが延期になり、時間的も精神的にもゆとりができた……)

京太郎(おかげで、インハイ前に宮永姉妹の「確執」について迫る時間もありそうだが……)

京太郎(……何をどうやって調べたものだろうか)

アナザー京『相棒、この前も言ったろう。とりあえずは、あの記者から手持ちの情報をありったけ聞き出せばいいじゃあねえか』

アナザー京『ヤツは照さんの「過去への手がかり」を掴んだとか言ってたじゃあねえか』

京太郎「!」

京太郎(そういえば、そうだったな……)

京太郎(よし……今の時間なら昼休みをとっている頃だろうし……電話してみよう) プルルルルルルルルルル


西田『もしもし、西田ですが』

京太郎「白糸台の須賀です」

西田『ん?ああ、LINE電話か!あの須賀くんね!』

京太郎「ええ。西田さん、今お時間よろしいですか?」

西田『うん。昼休みだし大丈夫よ』

京太郎(よし……)
81 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 09:53:16.44 ID:4Qr614i90

京太郎「「宮永照の妹」の件で伺いたいことがありまして……」

西田「あ、私に聞きたいことがあったわけね」

京太郎「ええ……以前、「過去への手がかり」を掴んだとかおっしゃってましたが……」

京太郎「この件に関して知っていることを、全て教えていただきたい」

西田「……うーん、そうね……」

京太郎「……?」

アナザー京『相棒、てめえは交渉が下手くそだな』

京太郎(なに?)

アナザー京『向こうからすれば、面倒ながらも色んなとこに足を運んで頭を下げて、ようやく手に入れた情報だろう……?』

アナザー京『そう易々と渡してくれるもんでもねえさ』

京太郎(……なら、どうすればよいと言うのだ)

アナザー京『簡単さ。向こうが食いつくような交換条件を出せばいい』

京太郎(交換条件……)

アナザー京(そうだ)
82 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 09:58:50.19 ID:4Qr614i90

アナザー京『向こうにとって魅力的に思える条件を提案しろ』

アナザー京『なんなら出まかせを言ったって構わねえ。上手いこと相手から情報を引き出せ』

京太郎(……分かった)

京太郎「……そうですね」

京太郎「もし、西田さんがこの件に関する情報を提供してくださるなら……俺もまた、今後は情報提供者になりましょう」

西田『え?それはどういう……』

京太郎「自分で言うのもなんですが、俺は宮永照に名前呼びするように言われるくらいの信頼を受けています」

京太郎「何かしら、西田さんの欲しい情報を引き出せることがあるかもしれません」

西田『なるほど……確かに信頼のあるチームメイトだからこそ知れることもあるわよね……』

京太郎「……」

西田『……よし!分かったわ』

西田『こっちで把握している情報をあげるから、今後は私に協力してちょうだいね!』

京太郎「……ええ。よろしくお願いします」 ニヤリ

京太郎(よしよし、上手くいったぞ……)
83 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 10:10:11.01 ID:4Qr614i90

西田『……「過去への手がかり」と言っても、新たに謎が増えただけなんだけど……』

西田『私が、宮永照の卒業した東京の中学校と小学校を回ってあと……長野まで行った話はしたわよね』

京太郎「ええ」

西田『長野では……宮永照の通っていた小学校に行ったの』

西田『そこで、宮永照の自宅が「あった」場所を教えてもらって……そこまで行ったわ』

京太郎「「あった」場所…?」

西田『ええ。……旧宮永家は、今は別の人が住んでいるとか……そういうことはなくて』

西田『完全に焼け落ちて、「そのまま」になっていたわ』

京太郎「なんですって……?」

西田『焼け跡が取り壊されて新しい家が建つでもなく……なぜか「そのまま」』

京太郎「……??」

西田『奇妙よね。私もおかしいと思ったんだけど……近隣住民に聞いても理由は分からなかった』
84 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 10:15:29.60 ID:4Qr614i90

西田『けど、近隣住民……地元民からは、更なる奇妙な話が聞けたの』

京太郎「……どういう話です?」

西田『旧宮永家の向かいに住んでるおばあさんと話したんだけどね……』


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


西田「そうですか……じゃああの家の跡地は……」

地元民「ああ……冬に火事があってねえ……」

地元民「界くんと咲ちゃんは小学校の向こう側に引っ越しちゃったのよ」

地元民「幸いケガ人はいなかったけどね」

西田「……」

地元民「火事の前の晩にアークタンデさんが来たのは覚えてるわ」

西田「あーく…」

地元民「アークタンデ。あの家の母方のおばあちゃんだね」

西田「っ?!じゃあ……えっと……宮永姉妹ってクォーター?!うそっ?!」

地元民「あの婆さん髪や目は白人っぽくないからねえ」

西田「はぁ……」

85 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 10:19:27.91 ID:4Qr614i90

西田「!」

西田「じゃあということは宮永さんちのお母さんの結婚前の名前は……」

西田「愛・アークタンデ……?」

地元民「んっ?愛ちゃんって有名なの?」

西田「いや……もうマニアしか覚えてないと思うんですが……」

西田「20年くらい前にほんの一時だけ活躍したアイ・アークタンダーっていうプロがいたんですよ」

地元民「へぇ……タンデとタンダーじゃ違うねえ」

西田「選手登録の時に読み方変えたんですかね」

西田(……あれ?)

西田(でも…取材で出てくる宮永さんのお母さんって……)

西田(ハーフでもなんでもない、全然アイさんと似てない感じの人だったような……)
86 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 10:29:41.25 ID:4Qr614i90

西田「……」 スッ


西田はスマートフォンを取り出して、地元の老婆に画面を見せたッ!


西田「この人です……アイ・アークタンダー…」

地元民「ん…あぁ」


       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
 '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                 `ー-、__,|    
____,.斗‐=¬冖ニニヽ___
 ̄>'"        ー三≧
: : : .       ー≠⌒ ̄/ }
: : /: ::/.        ,.斗<,} /      ./´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
: /: ::/: :/: :./:,∠)ー'⌒ ∨      |              |
/: ::/: :/: :/: :./ (__ム孑{ノ )      |      愛       |
: ::/: :/: :/: : ノ   ィヒリノ {”       |      ち       .|
::i:|: :i|: : |: : ::{   ⌒´r__  ヽ     |      ゃ      |
::i:|: :i|: : |: : ::} 、__,ノ ゝ┬'′   .ノ      ん       |
::i:|: :i|: : ∨::ノ  il{(エiェェく      ̄|      だ      |
:从 人: : :V{      ーr'     |            |
{乂\:.\: :\ \__、    }      乂________.ノ
≦三三三三三三[[[≧チ
三三三三三三三[[[三爪


   ,...-―-ヾヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:,: ----、ヽ
  /:./::::::::::::`|):::::::::::::., -‐ ´゛゛``´´u   u ヽ:.i
  i:.//  .::::::::::/':::::::::::/   il            i:.i
  レ i:::::::::::::.:./:::.:.::::::/    ij             i:.|
.  /:::::::.:,.:.:.:|:::::::::::::|       ,、/  ヽー-‐'´  |:!
  !:::::::.:/.//:::::::::::::.:!、   ´ ̄ ̄ ヽ    '´_,.:--!、
 /ノ:::::://イ:::::::.__:.:.ミ    ___,..:- 、  /'´ (ソ`'|.|/
/:.:./   |::::::i ,ヘヾ  ェi´<´(.::ノ` ノ ̄ヽ__,..--|ィ
´ ̄       !::::::.!     `ー--‐‐'          |:.!    …………!!!!
        /!|::::::\  u   u       ヽ   |:.:!゙、
       /ハ|、:::::::.`ー-、  U      _,  u /:.:.:i:.:゙、
      ハ|__!,..---――>、    ー=-‐'  /:::::::.:.i:.:.\
      /:..:..:..:..:..:..:..:./ ゙、丶、       /i.|.:::::::::::::i゙、:.ヾ:、
.      /i:..:..:..:..:/:../:..:..:.i.:..〉  ` ー--' |ノ/:::::::::::::.|.|:.:\:.ヾ、、
    /..|..:..:i.:./..:/:..:..:..:..:/ |         //:::::::::::::.:.:|:|.\:.ヽ:゙、ヾ.、
    /..:..゙、..:|//:..:..:..:..:..ト、        //:::::::::::::::::::.|:|..:..:.\.:.:ヽ:.:.ヽ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
87 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 10:42:57.69 ID:4Qr614i90

京太郎「…………」

西田『…………』

京太郎「それは……一体どういうことですか…?」

京太郎「「取材で見る宮永照の母親」……「宮永愛」と「アイ・アークタンダー」……」

京太郎「容姿はまるで違うが……地元民には「アイ・アークタンダー」が「宮永愛」として認識されている…?」

西田『……そういうことね』

京太郎「……訳が分からない……」

西田『私も理解できてないわ……整形とか、そういうことなのかしら』

西田『宮永照のお母さんを訪問して質問するのが手っ取り早いけど……』

西田『外部の人間が立ち入っていい領域ではない……そんな「闇」が見え始めてきたようで、そうもいかないし……』

京太郎「……そうですね」
88 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 10:49:26.07 ID:4Qr614i90

西田『……須賀選手は、どうしてこの件を気にしてるの?』

京太郎「……俺の場合、完全な部外者というわけでもないので」

西田『……?チームメイトだから?』

京太郎「……まぁ、そんなところです」

京太郎(……違う。俺は単なる「チームメイト」だから気にかけているのではない……)

京太郎(他人が立ち入ってはいけない「闇」があるのなら……覗き込んで宮永姉妹を光の下に連れ出す義務がある……!)

京太郎(そのくらいの繋がりなのだ…!「1巡前」からの宮永姉妹との縁は…!!)

西田『……まぁ、気になるかもしれないし、後で旧宮永家の住所とか送っておくわね』

京太郎「ありがとうございます」

西田『そろそろ戻るわ。そっちの方でも、何か分かったことがあったら教えてね』

京太郎「ええ、分かりました。お時間をいただきましてありがとうございます」

西田『いえいえ。それじゃあね』 ピッ


京太郎「………」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 10:50:59.46 ID:/ijKi3UA0
しかしすこやん
てっきり協会で権限や圧力かけて延期を公式に図ると思ったら
完全な力技でたまげた
90 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 11:00:44.62 ID:4Qr614i90

京太郎(現在の東京の宮永家には……「取材で見る宮永照の母親」が暮らしている……)

京太郎(しかし……地元民に認知されている「宮永愛」…つまり「アイ・アークタンダー」とは別人の様子…)

京太郎(数年のうちに容姿が変わった…?整形やら、何やらで…)

京太郎(あるいは……どちらかが「偽者」なのか…?)

アナザー京『「1巡前」の照さんと咲の母親は……ガキの頃に何度も会ってるし、結婚してからも遺影を何度か見たりしているよな』

アナザー京『どちらかが偽者だとすれば……俺たちには、どちらが本物か区別がつくんじゃあねえのか?』

京太郎(いや……どうだろう)

京太郎(宮永照の母親は、世界が「1巡」する前に死亡している……)

京太郎(つまり、「1巡前」とはよく似た別人になっているというわけだから……容姿や雰囲気に違和感があっても、「1巡」により生まれた差異ということかもしれない)

アナザー京『両方に会えれば手っ取り早いんだがな。「1巡前」からどちらの方がかけ離れているかで判別できそうなもんだが』

京太郎(「取材で会う宮永照の母親」とやらの容姿が分からないからな……あいにく興味がないので雑誌など読まないし……)

アナザー京『まだ調べ始めたばかりだが……早速奇妙な話になってきたな』

京太郎(ああ……)



〇tip2:宮永照の母の容姿 を手に入れた!
91 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 11:01:56.08 ID:4Qr614i90
2018年8月2日(木) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:22/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:46 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(59) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(43)
・小鍛治健夜(18) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:14/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R クソデカおにぎり×2:体力が20回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-T 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿


安価↓1
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 11:13:42.55 ID:uOAkWGLJO
無難に10
93 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 11:16:07.06 ID:4Qr614i90
ではINT判定

01〜25 失敗

26〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 11:21:06.42 ID:ooXhwzgno
へい
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 11:21:54.92 ID:ooXhwzgno
oh……
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 11:23:15.14 ID:uOAkWGLJO
逆に凄いな
97 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 11:24:04.54 ID:4Qr614i90
42を射抜かれたの初めてだからむしろボーナスあげたいレベル
98 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 11:28:40.60 ID:4Qr614i90

―図書室―


京太郎(……ダメだ) ペラッ

京太郎(麻雀雑誌を漁って、「取材に出てくる宮永照の母親」を探そうと思ったが……なかなか見つからない)

京太郎(宮永照の母にインタビューした記事などがあっても、顔写真までは出ていない……) ペラッ

アナザー京『参ったな。これじゃお手上げだぜ』

アナザー京『実際に宮永照の母親に接触してみるというのがいいんじゃあねえのか?』

京太郎(……そうだな。目的を隠しつつ、口実をつけて会ってみるか…)


〇体力が15上がった!

〇次回、「宮永家の闇に迫る」を選択した時、INT判定ナシでイベントを進行できます。
99 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 11:29:17.49 ID:4Qr614i90
2018年8月3日(金) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:22/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:45 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(59) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(43)
・小鍛治健夜(19) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:14/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R クソデカおにぎり×2:体力が20回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-T 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿


安価↓1
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 11:50:04.22 ID:rALg2y5vO
10
101 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:20:49.79 ID:4Qr614i90

〜午前練・部室〜


京太郎「……」


ベキッ ガッシャーン


突然、部員たちがそれぞれの荷物を載せているテーブルの脚が折れたッ!

近くにいた京太郎の脚に、尭深の湯飲みが当たって割れるッ!!


誠子「うわっ!!急にテーブルの脚が折れたぞ!?」

京太郎「……痛い」 ボロッ

照「京ちゃん、大丈夫?」

和「足にケガはないですか?!」

京太郎「いや、心配せずとも大丈夫だ」

岩貞「老朽化してたのか?」

菫「いや、この前新しく買ったばかりなんだが……」

前田「みんながカバン置くから重さに耐えきれなかったのかも」
102 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:23:08.35 ID:4Qr614i90

京太郎「……俺が片付けておきますよ」

和「私も手伝います」

京太郎「いや、俺一人で十分だよ。同輩もいないし、ちょうど8人で2卓で打てるだろう」

京太郎「延期になったとはいえインハイも近い。練習に励んでいてくれ」

和「それはそうですが……」

京太郎「いいから、ここは俺に任せてくれ」

和「……ありがとうございます」 ペコリ


京太郎「……」 ガサゴソ


誠子「須賀が進んで雑用をやるなんて珍しいなあ。感心感心」

前田「そうか?二軍の時は結構熱心だったぞ」

岩貞「あいつ、雑用好きみたいだしなー」
103 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:28:24.69 ID:4Qr614i90

その夜……


―宮永照の自宅―



京太郎(……さて)

京太郎(ここまでは、計画通り……)

京太郎(『キラークイーン』でテーブルの足を爆破し、荷物を崩したタイミングで……)

京太郎(宮永照の教科書を俺のカバンに忍び込ませた……)

京太郎(これで宮永家を訪れる口実ができたわけだが……)

京太郎(……宮永照の母親は在宅かな…?普通のOLなら仕事が終わっていてもいい時間だが……)


ピンポーン


照『はい』

京太郎「白糸台高校の須賀です。照さんにお返ししなくてはいけないものがあって、来たのですが……」

照『京ちゃん?今行くね』

京太郎(……出たのは宮永照か。母親はいるだろうか……?)
104 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:30:07.60 ID:4Qr614i90

ガチャッ


京太郎「!」



          _、‐''゛: : : : : : : : : : : : ニ=-、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       ': : : : : /: : : : : : :.|: : : : : : : : : :ヽ: : : :\
      .′: : : : ': : : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
      |:i|: : : : :|: : : |: : : : :|i: : : : :|: :|: :ノ : : ',: : : :‘,
      |:i|: : : : :|: : : |: : : : 八i: : : :|: 匕从: : :.',.: : : :|
      |:i|i: : : : |: : : |斗屮宀Y|: /レ'ィ升ァ : : |',\: |
      |:i|li:. : : : : : : :Vィ旡坏^レ'   ヒソ ノ} : : |:.', \
    /ヽ込、: : :\: : ^丈zり     `""| : : | : ',
   r'´ // ノ¬_\: ``〜-ゝ""      从イノ: |:.|    京ちゃん……いらっしゃい
  /777レし'ア/人: \ー‐トL     ‐ イ: : : : :/|ノ
  {//\//レレ〔|i:i:i}i:|i:、 : : ト、 ≧=‐- く: : : :|: : |
  {////\/ノ |i:i:i:|i:ト辷: 从    |: :/: ∧: |从|
  |/////Υ 从/¨'||//\`''ー   |=く辷、∨
  ∨ ///ハ   (//八\ /\   、  寸/ヽ
  }'/////{   {//////\ /\     V八}
  V////∧   }////////\//〕h、   }//\
   V////∧__ノ/////∧//////////~''<///ヽ
    ∨////∧ /////∧ /////////////////ハ
    ∨'////∧////∧/////////////)//////}
    ∨/////∧///\ /////////////丶///
      V//////}//}  ∨//////////////////
      ∨////ノ/レ'  ∨/////////////////
       \////ノ    |∧ //////////////|
        `ー'゙      |/∧ /////////////|
                  j|//∧'//////////Λ{
               ハ///////////////∧
              _//∧////////////>^VL
           ,ィ/////∧//////////ー'ア V
          /,'|//////∧///////////   |
       _ ィ////|////////////////// ,ィ' /ノ
      |///////|/////////////////|ノ し1{
      〈////////////////////////////り∧
      ト、/////////\//////////////////∧



京太郎(宮永照……)

アナザー京『ラフな格好してるなッ!!可愛いぜェーーーーーッ!!』
105 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:41:51.83 ID:4Qr614i90

照「どうしたの?返さなきゃいけないものって……?」

京太郎「いえね……俺のカバンに照さんの教科書が紛れ込んでいまして……」 スッ

照「そうだったの……いつの間に…?」

京太郎「恐らく、今日の部活でテーブルが壊れたときでしょうね」

京太郎「間違って俺のカバンに入れてしまったみたいです……すみません」

照「謝らなくていいよ。というか…返すの、明日でもよかったのに…」

京太郎「いえ……夏休み中も持ち歩くくらい勉強熱心なのかと思いまして。照さんは高3で受験生ですし、早めに返すべきかと……」

照「そんなこともない……夏休みに入ってもカバンから取り出してなかっただけ」

京太郎(ズボラだな……普通はカバンが重くなるし、そもそも不要だから抜いておくだろう……)

照「でも、ありがとうね」

京太郎「いえいえ……それでは、また明日会いましょう」

照「いや……家まで来てもらってすぐ帰らせるのは悪い。上がっていって」

京太郎(来た…ッ!そりゃそうだ…!この須賀京太郎をすぐに追い返すことなどしないと思っていた……ッ!!)

京太郎「いえいえ……それこそ悪いですよ」

照「遠慮しないで。一緒にお菓子食べよう」

京太郎「……そこまでおっしゃるなら、お言葉に甘えて……お邪魔します」 ニヤリ

照「リビングはこっち」 テクテク

京太郎(作戦成功……ッ!!)
106 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:46:28.06 ID:4Qr614i90

―リビング―


京太郎「……」 キョロキョロ

京太郎(ちと行儀は悪いが……家族写真か何かがないか探してみよう)

京太郎「……」 キョロキョロ

京太郎(……ない)

照「ショートケーキ、食べられる?」

京太郎「あ、はい……大丈夫です」

照「良かった。さっき買って帰ったんだ」 スッ

京太郎「ありがとうございます」

照「食べよう」 モグモグ

京太郎「……いただきます」 モグッ
107 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:49:46.46 ID:4Qr614i90

照「……うん。美味しい」 モグモグ

京太郎「そうですね……」 モグモグ

京太郎「……あの」

照「?」 モグモグ

京太郎「照さんの親御さんって、いつお帰りになりますかね……?俺がいたら迷惑かと思いまして……」


                 _. . : :―――: . .
             ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : :` : 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           .:' : : /:,: : : : : : : : : 、: : : : : : : ヽ : : ヽ
           /: : :/: :/:/: :, : : : : : : |: : :!: : : |: : ∨: :∧
          , : : /: :/:/ : / 、: : : : :.ト、: |:|:{: :|: : :.| : |: : .
           /: : 〃:/:/|:从-、}:、: : : :.|-从}-Y : : | : |: : |
         /: : ィ: : :{: |r----从\: : |, ---- ミ: : :,: :/: : ,
          ̄´  |: }从:{   ⌒Y   ∨  ⌒Y }: :/}/Y : ′
           |: : : :/   乂_ノ     乂_ノ /:イ  /: :,′
           |: : : {                 r-: ': : /   ん……。もう少しで帰ってくると思う……
              从: : 乂      ^ー(    イ: : :/: :/
            ∨: {:从{¨¨, ィ「 ̄ 7¨´、_: 从:イ: :/
               \|  / \ ∨^/  />/' }:/
                 / |乂\∨_,イイ/  }
               {/⌒ア `ー介 -‐´ {__〉
               {`ー∧ /:∧:.、  |- r'
  __________乂ノ 「iY{:/__}:./, -=- } _____
                 ̄`, {====}-、 ̄ ̄
                   ゝ ――‐ '
108 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 13:57:16.00 ID:4Qr614i90

照「けど、迷惑じゃないから気にしないで」

京太郎「そ、そうですか……」

京太郎(よし……適当に会話をつないで、母親の帰りを待つとしよう……)

京太郎「そういえば、渋谷さんから同輩の話聞きました?」

京太郎「あいつ、今は風呂に入る代わりに川で水浴びして生活しているらしいですよ」

照「そうなの……大変そう」

照「でも、彼はハングリーそうだから大丈夫なのかな」

京太郎「でしょうね。きっと呑気にやってますよ」

京太郎「俺なら耐えられませんがね……そもそも、旅打ちで武者修行ってどんな考えをしてるんでしょうね」

照「私はありだと思うよ」

照「旅も楽しそう」

京太郎「へぇ、意外な言葉ですね。どこかに旅行したりはするんですか?」

照「あまり行ったことはない……国内なら関東圏ばかり」

照「京ちゃんは色々なところに行ってそう」

京太郎「そうですね……高校に上がる前の春休みは、ヴァレンティノの本店に行くためだけにローマに行きましたよ」

照「活動的だね」 モグモグ

京太郎「まぁ、拘りというものがありますから」
109 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 14:01:32.05 ID:4Qr614i90

そして……


ガチャッ


「ただいまー」


京太郎「!!!」

照「お母さんが帰ってきた」

京太郎(き…来たッ!!)

京太郎(ついに来たぞ……!!宮永照の母親…ッ!!)

京太郎(どんな人間だ…?!今の声だけでは、正直なところ分からない…!声なんて、「1巡前」の幼少期に聞いたきりだからね…)


愛「ふぅ……今日も疲れたわ」 ガチャッ


愛「あら、照のお友達?」

照「うん。部活の後輩で、京ちゃんって呼んでる」

京太郎「お…お邪魔しています…!」


京太郎(な…なに……ッ!!)
110 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 14:07:39.80 ID:4Qr614i90

愛「あら、そうなの」

京太郎(なんだ……?!)

愛「照にも男の子の友達がいたのね」

照「京ちゃんだけ」

京太郎(ほ、本当に……宮永照の母親なのか…?!)

愛「京ちゃんね。私、宮永照の母です」


  __           __   _       __
 /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
..〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
  ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
  V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
   V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
    .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
    .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
    ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
      . V     U                             〈:::/ \/
        /<_/「: : : :| | : : : : | |.: : : : :│|: : |:l: : : : | |_>
      l___l | ̄ ̄| |二二 | |二ニ二」 |二|:l ̄ ̄| |__
       |.: : : : :| | ̄ ̄| | : : : : | |.: : : : :│|: : |:l ̄ ̄| | : : : :
   __ |.: : : : :| |: . _| | : : : : | |.: : : : :│|: : |:l  _| | : : : :
 /    丶: : : :l l: : _`≧< _,└──_,>≦厂  | | : : : :
        ', : : l: l 彳丁¨::气ト、    `´ =彳::¨丁气ノ |/ : :/
  い 宮   . : :l:│ ト、|l ::::: リ          ll :::::リ 〃レ/ : :/ :
  い 永   l : :|: .ト、  `¨¨´          `¨¨´  // : :/ : :
  ま 愛  |l : |: :l\ヽ' ' '      ,       ' ' '  /_;/ : :/
  す と  从: |: :l: . \       _         / : : | : :/ :
         /|川l|: :|l: :ト、       {   }      イ : : : | :/ :/
 \    / Yl:|: :||: :| | ヽ      ー     /. :|: :|: : |/∠/
   `¨´     Yl: :||: :| l : . `l 、 _  イ |_:|: :レ' ⌒



京太郎(ま…!まるで違う…ッ!!)

京太郎(「1巡前」の宮永姉妹の母親とは完全に容姿が違う…ッ!!)

京太郎(こ…こいつは臭いッ!!別人のニオイがプンプンするぞッッ!!!)
111 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:05:30.20 ID:4Qr614i90

愛「須賀くんは何年生なの?」

京太郎「い…一年生です……」

愛「あら、照の2個下なのね」

愛「照って部活ではどうなの?マイペースでしょ、この子」

照「お母さん」

京太郎「照さんは……一流の実力がありますし、みんなの憧れですよ。俺も良い刺激をたくさんいただいてます」

照「きょ、京ちゃん」 テレッ

愛「そうなの〜!それは良かったわ!」

京太郎(……性格も違う気がする)

京太郎(幼少期の記憶はあまりないが、照さんの話だと自分と同じように口数の少ない人だったはず……)

京太郎(闘気もあまりない……20年前にプロ雀士だったとは思えないほどだ……)

アナザー京『性格は、初対面の娘の友達の前だから無理してるって可能性があるし……』

アナザー京『麻雀力を感じないのも、20年のブランクがあるということが理由かもしれないが……』
112 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:15:10.91 ID:4Qr614i90

アナザー京『やはり……決定的におかしいのは「容姿」だな…』

アナザー京『「1巡前」の宮永姉妹の母は、照さんにそっくりだった……』

アナザー京『それが、この女はまるで似ていねえ…!』

京太郎(……どうやら、整形の線もなさそうだぞ……)

アナザー京『……そうだな』

アナザー京『整形で顔は変えられても……宮永家特有の「あの髪質」は変えられない…!』

京太郎(ああ…!)

京太郎(この女には……宮永家特有の「角」がないッ!!)

アナザー京『照さんも咲も……どんなに髪型を変えようとしても、あの「角」らしき部分は絶対に残っていた…』

京太郎(宮永照の場合、本当に柱の一族の「角」だから当然ではあるが……)

京太郎(宮永咲に関しても……どれだけ髪質をいじろうとしても、あの「角」の部分は変えられないとボヤいていた記憶がある…!)

アナザー京『そして…咲も照さんも、口を揃えて「母親譲りの髪型」だと言っていたな……』

京太郎(この女に「角」がない理由は……「1巡」により生まれた微妙な「差異」なんかじゃあないのでは……?)
113 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:24:16.51 ID:4Qr614i90

アナザー京『しかし……まだ断定はできねえ』

アナザー京『なにせ、世界の「1巡」なんてのは宇宙開闢以来初めてのことだ』

アナザー京『「角らしき髪型は遺伝」「あの髪型は変えられない」という「1巡前」における事実が歪んだって可能性もある……』

京太郎(そうだな……)

京太郎(まだまだ、調べていく必要がありそうだ……)


愛「須賀くんも、今夜はうちで食べていったら?」

照「お母さん、ナイスアイデア」

京太郎「いえ……それは悪いですよ」

愛「いいのよ!遠慮しなくたって」

照「そう。一緒にごはんも食べよう」

京太郎「……では、お言葉に甘えて」

照「……よかった」 ボソッ

京太郎「……」

京太郎(宮永照……君は一体どんな事情があって…こんな奇妙な異物と暮らしているのだ…?)

京太郎(違和感を覚えているのは「1巡前」を知っている俺だけなのか……?)

京太郎(だが、もし……この違和感が、姉妹の「確執」に関係することであれば……)

京太郎(俺は……真実を突き止めなくてはならないッ!!)


〇照への好感度が8上がった!

〇tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? を手に入れた!
114 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:25:25.78 ID:4Qr614i90
2018年8月4日(土) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:22/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:45 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(43)
・小鍛治健夜(19) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:14/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R クソデカおにぎり×2:体力が20回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-T 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない?


安価↓1
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 18:29:29.84 ID:d211Ny/6O
一旦おにぎり2個消費
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 18:37:46.18 ID:d211Ny/6O
茶葉や抹茶は合宿で使いたいね

一巡して母親に変化が生じている
にもかかわらず照に柱の一族ばりの
スペックガ備わっている(野球で全打席HR)
ってのは引っかかるね
117 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:39:46.70 ID:4Qr614i90

京太郎「……」 モグモグ

尭深「須賀くん、早弁?」

京太郎「ええ。やけに今日は小腹が空いていまして。おにぎりだけ食べてしまおうかなと」

尭深「そっか。じゃあ、一緒にお茶もどうぞ」 スッ

京太郎「ありがとうございます」 ズズズ…


〇体力が40上がった!

〇尭深への好感度が4上がった!

●クソデカおにぎりが2個無くなった。
118 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:41:20.18 ID:4Qr614i90
2018年8月4日(土) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:62/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:43 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(47)
・小鍛治健夜(21) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:14/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない?


安価↓1
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/08(月) 18:48:58.30 ID:izcYuNirO
茶海経由で大沼プロと接触できんかな
120 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 18:51:32.02 ID:4Qr614i90
>>119
「茶海を大沼プロが訪れているかもしれないから行ってみる」ということですか?
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 18:53:02.72 ID:/ijKi3UA0
10
2でピンポイント射抜くには情報がまだ足りないかな
122 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 19:01:57.64 ID:4Qr614i90
>>119が自由安価なのかどうかいまいち分からないので、とりあえず>>121を採用します


ではINT判定

01〜25 失敗

26〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 19:04:23.41 ID:/ijKi3UA0
ゾロ入れると失敗20%切るはずなのに
全然安心できねえ
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 19:05:16.15 ID:/ijKi3UA0
あっぶねえ
連続42とか全く笑えん
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 19:14:10.87 ID:/ijKi3UA0
そして失敗率20%切らないことに気づく
今日はもう黙ってますorz
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/08(月) 19:20:09.60 ID:izcYuNirO
>>122
いや財団経由で呼び出して茶海に送りこめるのかという話
霧島神境みたいに日本中にあるなら大沼プロにも接触できるかと思って
能力的にもプロ雀士歴的にも事情が分かってる的な意味でも、アイさん探るのにうってつけの人材だからコンタクト取れるならとりたい

…書いてて思ったけど、大沼よりむしろ永水組と接触できたら最高だな
でも一巡後で接点ないしなあ
127 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 19:33:31.04 ID:4Qr614i90
>>126

なるほど。そういうことでしたか

財団経由で大沼に会うことはできますよ

茶海については……たかみーイベントに関係するのでノーコメントですが

永水組との接触というのは……接点がないなら、無理やり会いにいけば……ゲフンゲフン

前作がヒントかもです
128 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 19:42:52.25 ID:4Qr614i90

―須賀家・自室―


京太郎(昨日、宮永照の母親……「宮永愛」に対して抱いた違和感は無視できるものではない…)

京太郎(「アイ・アークタンダー」とは、やはり別人なのか……?)

京太郎(別人だとすれば、この世のどこかに「アイ・アークタンダー」がいるはず……そして、そちらが「本物」に違いないのだが……)

京太郎(昨日会った「宮永愛」が、年を取って容姿が変化したため、「アイ・アークタンダー」とは似ても似つかないという可能性も考えてみたが……)

京太郎(年齢の変化などではない……それに、むしろ「宮永愛」は若々しく見えた……)

京太郎「……旧宮永家へ行ってみよう」

アナザー京『長野のか?』

京太郎「ああ……あの記者が見逃した「手がかり」があるかもしれない」

京太郎「……あの女、LINEで住所を送ると言っていたくせに、送っていないじゃあないか」 チラッ

京太郎「……催促しよう」 ポチポチ
129 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 19:47:31.84 ID:4Qr614i90

そして……


ピロン♪


京太郎「! LINEが返ってきた……なになに?」

西田『ゴメン!行き方はなんとなく覚えてるんだけど、住所をメモった紙なくしちゃったわ!』

京太郎「こ、この無能……」


ピロン♪


西田『もしかして、訪れる予定があるの?』

京太郎「ええ、まぁ……っと」 ポチポチ


ピロン♪


西田『なら、今日から数日間長野で取材の予定があるから、時間の空いているときに案内するわよ』

京太郎「! なんだ、なかなか使える女じゃあないか」

京太郎「では、今日中に向かうので、案内お願いします……っと」 ポチポチ
130 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 19:55:22.29 ID:4Qr614i90

ピロン♪


西田『めっちゃいきなりね俳(*'o'*)o』

西田『了解したわ。東京からだと時間かかると思うし、仕事も終わってると思うから信濃境駅で待ち合せましょう』

西田『駅に着いたら連絡してね』

京太郎「分かりました、と」 ポチポチ

アナザー京『相棒、長野まで行くのか。ずいぶんと久しぶりだな』

京太郎「そうだね……小学生振りか」

京太郎「「1巡前」の記憶を取り戻した今、殊更に懐かしい土地ではあるが……故郷巡りよりも、宮永家の闇に迫ることを優先しなくてはね」
131 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 19:59:00.74 ID:4Qr614i90

京太郎「……さて、当日だから自由席にはなるが……新幹線で行くか」


ピロン♪


京太郎「! 西田からLINEだ……まだ伝えておくことがあるのか?」


西田『

   ,、
   |└‐一 7     /7      /7
   Ll ̄/ /[l[l/7 / /<ヽ [l[l/7/ /<ヽ[l[l/7
     //  //// ∨ //// ∨ //
           /7
            / /<ヽ /ニニニニニ7 [l[l/7
         // ∨           //
                     _ -―-
            _  -‐  ̄_  -―- ミ
      -==ニ二 -‐   ̄   / /´       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         `ヽ ミヽ_n_n_彡i  /       |  了解        .|
            l l´  tl ̄リ_  | |         |  したァーーー  |
         ,l-.|/℃ヽ8 テc<`|,-l、        /  ーーーッッ!!|
     __ 〈〃ト - イ} { i⌒´  /)〉  __   ̄\______/
   /i i i i\〈 ┬- `´ -┬ 〉ノ/i i i i\
    | 〔 ̄ ̄ ヽ.l| |丁 ̄丁|  |  |/´ ̄ ̄〕 |
    |   ヽ    || | |   | | | |    /´   |
   \__|__/ l ヽ`ー' /  /   \__|__/|
   _|  /_{=} \  ヽ `二´ , '       {=}ヽ   |
 /´ |o∧ヽ__ヽ  ヽ  \__/  /  / ̄/ ,ハo|、
 ヽ-ニ_ \|   ` ̄ヽ / ̄´   |/ ̄  `´ )
  / _ \                   / __ /
. / 〈__〉― 、 ____} {____ // ̄    /
 l 〈 __l__l /l、ヽ/,ニCCニ、\/ /     /
 | 〈 __l, ゝ' / |\〈二二二二〉/|/     /
  \l__lノ//\` ー――‐ ´/ヽ\___ア
    ` ― ´/   ` ┴rr┴ ´   \ /     』



京太郎「……なんだ、この妙なドイツ軍人のスタンプは」

京太郎「あの返事にスタンプなど返さなくてもよいものを……」 チッ

アナザー京『憎めないヤツじゃあねえか。マスコミとはいえ、毛嫌いするほど悪い人間じゃあないぜ』

京太郎「……」
132 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:03:17.94 ID:4Qr614i90
そして……数時間後ッ!!


―信濃境駅―


京太郎(懐かしい……清澄の地だ)

アナザー京『マジに懐かしいぜ……「1巡前」はここで生まれ育って、アメリカから帰ってきた後もここに家を建てて住んでたわけだしなァ』

京太郎(感傷に浸っている暇などない……)

京太郎(……ないのだが)

京太郎(どうしても……ここに帰ってくると、そんな気持ちになってしまうな)

京太郎(宮永姉妹と過ごした日々を思い出すよ……)

アナザー京『……相棒。咲と照さんの「確執」……なんとしても解決しなくっちゃあなッ!!』

京太郎(ああ…!その思いが一層強くなった…!!)


西田「おーい、須賀選手ー!」 タタタタッ


京太郎「!」


133 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:06:50.96 ID:4Qr614i90

西田「ごめんね、待ったかしら?」

京太郎「いえ、それほどでは……」

西田「お腹空いてない?私は食べてきたけど……どこかのお店に行きましょうか?」

西田「結構長野に来るから、いいかつ丼の店知ってるのよ」

京太郎「「藤豚」ですか?」

西田「えっ、知ってるの?!」

京太郎「ええ。実は俺も、以前は清澄に住んでいたので」

西田「知らなかった……。これはいいことを聞いたわ」 メモメモ

西田「じゃあ、そこ行く?」

京太郎「いえ。新幹線の車内で弁当を食べてきたので大丈夫です」

京太郎「それより、早速旧宮永家に案内してください」

西田「……分かったわ。行きましょう」
134 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:12:32.03 ID:4Qr614i90
そして……


          iv'ヘ
          | ;`;|
 . . . . . . . | ;'l:|           i'`'i             、   、"''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::!:`l'|  ζ\     |;`;|             ‖   . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"..._|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>     ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//:;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._   |_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .   |_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| . . . . . : : . :
';'::'''"       |_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、  |_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;.. |_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|彡ミx;: -─: ッEw ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:| ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '



西田「……ここよ」

京太郎「……話に聞いていた通り、火事の焼け跡が放置されているんですね」

西田「そうね……この土地が誰の名義なのか調べようと思って、登記を見てみたんだけど……」

西田「「アイ・アークタンデ」の名義だったわ」

京太郎「!」

西田「だから、新しく家が建つこともなく……このままになっているわけね」

西田「アイさんが、焼け跡を放置している理由は……本人にでも聞かないと、分からないけど……」

京太郎「……」
135 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:17:08.45 ID:4Qr614i90

京太郎「……」

西田「……どう?実際に来てみて」

西田「この廃墟の存在は謎に包まれているけど……廃墟自体には、特に注目するところはないでしょ?」

京太郎「……いえ、案外そうでもないかもしれないと思ったので、遠路はるばる長野まで来たんですよ」

西田「え……?」


コンマ判定

44以外のゾロ目、ゾロ目±1 成功

それ以外 失敗

↓1〜↓3 どれか1つでも成功すればOK


↓4 この場所でなにかとりたい行動がある場合、自由安価。適切な安価であれば、↓1〜↓3のコンマ判定に失敗しても成功扱いになります

特にない場合は、「コンマ判定で代用」と書いてくれれば、44以外のゾロ目、ゾロ目±1で成功にします
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 20:20:01.39 ID:yOmepeMf0
おりゃ
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 20:22:17.76 ID:uOAkWGLJO
激しく燃えた場所を調べるとか?
138 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:32:52.95 ID:4Qr614i90
>>137
お見事 コンマ判定成功です
139 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:38:48.07 ID:4Qr614i90

京太郎「……」 ザッ ザッ


京太郎は廃屋と化した旧宮永家の焼け跡に立ち入り、注意深く観察して回った


京太郎(ずいぶんと激しい火事だったようだな……)

京太郎(奇跡的に保存状態のいい写真が入ったアルバムだとか……「アイ・アークタンデ」の所有品だとか……)

京太郎(なにか、「アイ・アークタンデ」に近づけるものがないかと期待していたが……)

京太郎(床すらも焼け落ちて地面が露出しているこのありさまでは、望み薄だな……) ザッ

京太郎「ムッ!」

京太郎「……」 ザッ ザッ

京太郎(「雨降って地固まる」とは言うが……ここの地面だけ、妙に「固い」ぞ……)

京太郎「……」 ザクッ ザクッ


京太郎は、『キラークイーン』の手で土を爆破しながら、違和感を覚えた部分の地面を掘っていったッ!!

するとッ!!


京太郎「!!」
140 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:47:43.24 ID:4Qr614i90

京太郎「こ……これはッ!!」

京太郎「て……鉄の扉ッ!!」


なんとッ!!京太郎が掘り進めた先には、しっかりと鍵のかけられた鋼鉄の扉があったッ!


京太郎「……大当たりだ」


西田「なになに?!なにか見つけたの?!」


京太郎「!」

京太郎(『キラークイーン』……第一の爆弾ッ) ボムッ


京太郎は駆け寄ってくる西田に見えないよう、『キラークイーン』の右手で鍵を破壊した!


京太郎「鉄の扉を見つけました……どうやら、地下へと続いているようです」

西田「え?!」
141 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 20:55:37.84 ID:4Qr614i90

西田「ち、地下への隠し扉……?!」

西田「そりゃあ気付かないわ……よく見つけたわね……」

京太郎「……」 ギギギ…


感心する西田には目もくれず、京太郎は鉄の扉をこじ開ける…!


京太郎「……階段がある。やはり、地下へと続いているのか…」 カツン カツン

西田「え?!お、降りるの?!」

京太郎「ええ。なにか問題が?」

西田「いや……一応、不法侵入よ?」

京太郎「そんなこと……廃墟に立ち入ったと時点で違法行為は働いています」

京太郎「ここまで来てのこのこと帰れるものでもない」 カツン カツン

西田「す、須賀選手……見た目に反して意外とアウトローなのね……」

京太郎「……暗いな。スマホの懐中電灯で照らさなくては」 カツン カツン カツン

西田「あ、ちょ、私はどうすれば……」

京太郎「お好きにどうぞ」 カツン カツン カツン

西田「……う〜〜〜〜〜〜!!」

西田「廃墟に隠された地下への階段なんて……ジャーナリストの血が騒ぐわ!!」

西田「私も降りずにはいられないッ!!」 カツン カツン カツン


142 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:00:10.99 ID:4Qr614i90

京太郎と西田が階段を下りた先には……

どこまで続くのかも分からない、暗黒の洞窟が広がっていたッ!!


│ .l  'i   |  !    、.‐、  ,./ ゙i  .,i'1  .|  l .|  !   1.l .、.,     ;  i′ i'   .|    .!  j  , /  /
.l゙ .i,!  .!  .|.l'   、 .,! :! ./   | |  l .!  ! ,!"  ,,-、.   !" l !   l   !  l  l   .l   、 |  l  .| l  /
.! l}  .!  | !   l /   /   ! ,! 、 "   |、..-"  .`'--''ー" !|  .l゙   !  .「  l゙, ...|   | .!   !  ! ."  !
  |,!     |   / l / ー゙.-..,_ , '、,,し‐''冖'''''"三三三三三三 |.ll  !   .,!    ."l  .〉  | .| 「 .!,," .iト
  ″  .,     ,! .]三三三三三三三三三三三三三三三三 !."! l .!  ,!  !  |,/│ .|  ゙  l ,! .l l  i
 ri    |     ″ '|三三三三三三三三三三三三三三三三,ゝ|!  ゙ .; .!.、 l   │ l゙  ,!:!   ",! .l ." .!
 .l! l.  .l, .,!  、 .r、、三三三三三三三三三三三三三三三/ .!  ., .} |│ l   l゙ l  ".!  l .、.!  !、 .l !
 .|  .l  ,! .l゙.! .,!  !  .゙l、三三三三三三三三三三三三三三!、 !  .!  | .! .l .!    │    l .| !.ゝ .!l゙.,.〉 ′
. i ′│  ! ."" .,! .!   .ヽ、三三三三三三三三三三三三三 l . l }  !  .ゝ,!    ! /   .! ! !  .ネ !   |
 !  !  !  ` ヽ ~|  .  | 、三三三三三三三三三三三三三 l  ! ! l.゙   )、   .! .|.  1l゙  !  .,リ  j !
 ! ! |  ゛    .゙l. 」 .|  .l;;i.l、三三三三三三三三三三三三 /゙l ネ .;;.! i   .}i、  .! .,!|  ,!  l │l  .| !
.'i. .".!'、   │ .|゙!|  |  .!  `-.三三三三三三三三三三三│.l  l、 |.| .l   .l!l i   !1 /  、  !  !, l゙‐ !
 l,  .l l 、  |  ! . l l., 、  l   ミ'-.三三三三三三三三三] |   ヽ ./l   .ヽ|.l   !; .!  .|  !   | │
  .!  " ゙'│ "  ! .| ."l  !  l 、 | 、 \三三三三三三三l.!.! ! 、 .゙t、′    .! .!  .!"| .|; " ! 、  !  |i
  .!    |.l     |  .!、 .! .! .| .ゝ ! .l .l 、 ヽ三三三三三l.,.l′.l .! .; ゙゙゙.l、`'ー..__   !  !.゙"   " .l.i   ,!|
 │  i ゛|  !  .|_  .!ヽ゛ ‘ .|.! │ ` 〉 .!  !三三三三三 l │.1 .".! .|  .l i  | ,ヽ、 !    :! .、  ".l  ./ l 、
  .! .,  .!    |.!   l  l.゙li_._,, --,,,,゙,,.... -――┘三三三三三 ゙'''''"´゙'''―‐'''''ー|. !.、,!.l .、ヽ.|    ! .l     │. ′
l │.! .、  .l゙,! _,.__,.l._./   = ─二 ─ニ─―― ──二  = ─二二  !'゙‐'... l  &..,,,_、 .|   i  .!│
゛  .゛ ...l,, -¬" __  -   ニ     ――  __ ─二 ̄ ̄  __    ―   ̄ ̄`'-、l、 |  ゛ |
―--'"゛    ─  ̄ _   ___ ̄ ̄   二 ─   = ─二 ─ニ─‐  ̄_  __ ̄= ─二 ̄'、 .!''、.
三三三 二──  =  ̄ ̄_  ̄ ̄ ─二 ─ ̄ ̄ ──二─  = ─二 _  ̄ ─二 ─三三`'''-,`  .,,
三三三三―  __  ̄ ─二 ─ ̄    ―   ̄ ̄  = ─二 ─ニ─ = ─二 _   三三三三三三三
三三三三三三三 =  ̄ ̄_  ̄ ̄ ─二 ─二 ─ニ─__ ̄__ ̄= ─  ─二三三三三三三三三三三



京太郎「……」

西田「うわ……宮永家、地下にこんなところが…?!」

京太郎「……」 スタスタ

西田「ちょ、進むの?!」

京太郎「当然です……奥に何かあるかもしれない」 スタスタ

西田「し、しかも意外と強引……」 タタタッ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 21:02:04.67 ID:uOAkWGLJO
とんでもない存在に遭遇しそうだ
アナザー京の出番か?
144 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:17:27.87 ID:4Qr614i90

京太郎(しかし……暗い上に広いな……) ザッザッザッザッ

京太郎(どこまで続いているのだ……?この洞窟は……)

西田「す、須賀選手!!み、見て!!」

京太郎「……なんですか?」

西田「こ、こっちの壁を照らして見てみて……!」

西田「この洞窟……壁画があるッ!!」

京太郎「なに……?」 パッ

京太郎「……!!」


                                             , /  ` 、vヽヽ
                                            Y /, ― 、 ヽl .i i
                                            l r '  ̄ y、 )) .i i
                                          r.'´ ^ i=====>ヽ// ノ l
                                         //   |     ''<=' ン
              __                        .// ⊂ > .|======>  |
      ,  't T ̄ ̄  ‖                       .└-`    |      .i
  _ ―/   | l  (()  ''^ii                         .'ーv   |       ノ
/    /    \ \’.   レ`―,           ( ○)- 、      7  >.'      <_ -― - - 、
    /ヾ     | .|`ー― .、ノヽ>― ― -   <~\><ノ       ` ´ >ノ    Y ´  |       ヽ
   /  ヾ vv、 .\\ □   _’.三三三三`yく、ゝ _.i  |        /´ |     し  i   ,,ー ' ヘ
   .|    .|   .>< ̄\||  /  `y    |  lK ミヨ ' ヽ ノ ><   /   l      ー― ' ~ 人   ヘ
   .l    |     \ .||  .l    |      ー 、 ー '、    ><      l         ヽ   ヾ   i
   |    |      .~><|   .|        /` 、\   ノ   ><|        , ┘><.)  L
   i     ゝ         i   .N 、     /   /\ ^ ー― ' ^    L___>< ンミ\<L    ̄ヨ
   人    人        /   ./  />< ./  /    \        /、 ii_ v -<ミミミミミ\  ̄ ̄
    \     \    _r '.   i  .l  /  \ /       \      //~~‖~ヾ ||| ヾン ' \ \
      \     ^~ Y^ <   /    ^<   ./ \        \    ‖_ _,,,><~\ \ ン´\_




京太郎「な……?!?!」
145 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:24:44.93 ID:4Qr614i90

京太郎「……なんだ、これは……ッ!?」

京太郎(壁画だと…ッ?!)

京太郎(しかも……右の人間が被っているのは「石仮面」ではないのか…?!)

西田「旧宮永家の地下に洞窟があって、しかも壁画が描かれているだなんて……」

京太郎「……鉄の扉があって、その下に階段が続いていたことから……既にわかってはいたが……」

京太郎「この洞窟は……「何らかの意思」が働いて残されている……!」

京太郎「「アイ・アークタンダー」が旧宮永家を取り壊さず…土地もそのままにして売り払わずにいた理由と、何か関係があるかもしれない……!!」

西田「……この左のナイフで刺されてる人の血?を描いてるのかしら……」

西田「体から流れ出た液体が、川みたいに続いて……壁画も奥へ奥へと続いていくわ……」

京太郎「……これを辿ってみましょう」

西田「そ、そうね……」
146 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:29:31.80 ID:4Qr614i90

そして、京太郎一行はしばらく突き進むと……開けたところに出たッ!!



西田「おおっ!こんな大広間が!!」

京太郎「……」 キョロキョロ

西田「あっ、中央にぶっとい柱と彫刻みたいなのがあるわ!照らしてみて!」

京太郎「なに……?」 パッ



 \  \ ヽ   ヾV》》、从从ヘヘヘ   :、  V、 ヾヾ jト ニィ!イイイイ / /     //////////   /   /  /    ///
ヽ  \  \ ハ  ヾV从ハヘヘヘヘヘ〉    { l', ヾY、ヾヾ{   }l||||||レ イ ,'__  //////////   /   /  /イ  /∠ ノ
、 ヽ  \  ト     Y从ヘヘヘVV l    ', ハ l { }||||||    |||||||{ | |   |{ '"""イイ////   /  /  /   ヽ// ィ'
、ヽ ヘ  \ j≧辷-、__ }}}ソ j|||| |__,| __|__j  jlllllls≦丁≧s ,!!! l l   ll_!_{{ {{ { {イ  /  ィ―/     / ィイ{´
ヘ ハ ヘ  .lj    l | jjソ /,!!!!_二二___, イ , ィ:'"´:.| ` ソト ミト、__l_二二_jjjjjjjj___j  イ"´ |    / イ彡"
 ヾVハ .ヘ  l     l ハ / ./listentoking'sw/ /  _,,   | _ /  / ヾ\ordsprimesleadtotr|     !   /ィ /
   V ハ ヘ.:,|  _ _ V/ /uthkingisbrave,イ /ヽ /  , -|-、ソヽ / /ヾ ヽkingneverlosesho|     |  / ./ /
   V ハ ヽ}_     | /pekingiskindkin/ 〉\ / ヾ イ j! |. l!  ゝ'  , ィ ヾハghasadreamkin|     |_/ / /
    ', !l  l     .l'gisadventurous,' ハ  { V _  j!ィ ト!jメ" _ Y - ‐ヘハkingacceptsall|     |  | Y
    Y l  l     .lhavethehearto:' ! ヽ j __ |ヘ_,,{゙ト、,.ィ''ノ、.ノ l,,__ _,, }ハfkinghereweprl     |_j {!
    j .l.  |     |aisekingking'sligl .{.二 /´ィフ < `><´  <- 、ヽ  j .}htshinesking.l| ィ ― !  |ハ ハ
   ,' j   .l.    .|moveshispeopll', ._,,/ / / ̄ 7 ̄{ミj≧二/⌒ヽ ヘ  l jekingactswithl.|     ィ|  lノハ ハ
   /7.,'   ト 、   |ovekingfoughth',ハ ,.〈〈 ヽ_ ≦'―ヾィイ  ̄ )゙ヽ 〉〉ト/.,'atrednokingge|    _,,| ! ヾヽ ハ
  ./ヲ ,'   j l >s |tslostgoon,bravVヽ  `/ ヽ イ{,〈,ミ!_ノ-- ,'―-` 、/ /ekinglifeisgrati..|'"´ ̄...| ! ヘ ハ ハ
 /ラ ト, -、 | .l、   ゙ludeeatingisreceiヽヘ〈',´  r,ハ 丶 ハ ィハ .r,   ,ゥvinglifegoodorevil|_ _   . | |  トんン ハ
/ /  {   Y l_  ` トjisn'talldonot<、 r,n  Vハ  ;ハ./乂l=l乂ヘrv','  /〉/ M7  /7bebarb_|''"´ _ .! }  ト ハ  ハ
 ハ¬ lrミ レ≧s-...‐..|ariconemustnv、 ヘlj  Vハ /,ハ.仆 l=l 仆ノノ,'  ,'// /,'/  //otwaste.|辷二二|j/フr 、l l l l .ハ
. l j  ヘ  Y    ̄l. |___allisprecious v、 ヘ', _〉 ヘ-ハoハr=!j=tハイoハ-'ィ〈__/'/ .//kingtalkst|    フ / 斥  j j  ハ
. { ノ   ヘ ハ_ /.‐-lソoallbeingssavev、 〉トヘ ヘ l.{´}〉!´l l`7{  ハ<" イ<、/ //dallfromwa_|_____,,-l { ヽ ィ  } }  }
ハイ  イ⌒\ .l |  |   . |veskingishopefor v、l< ヘ.', } { .{ }  7 / / / // ,'/allkingdefeate|     l l/ ´ヘ l j  /
 l  {    ハ| |  |.   |dsavagetribealone.vlヘ__ヘ',_,ハ l_ニl .!ニ_,'/‐〈'/__//_.,'/Zekromjoinedki.|二二二| {イ   j !/ /フ
} ';  ヘ   ヘ!j  .|.   |nginadaykingcalledmヽト',辷ハ__lj_l .!__,'/__/,'__///onsterbeingsking|__: .| |、  ノノ/ / ,'
V ヘ  \   ヽヽj   |ishopeandfuturethegヘ ',Y } ',l .|_| l¨{ {レ // イreatkingharmoni.r-l  _ l_/!≧≦イ// /
ハ ハ   \  ヽ\辷_|akingturns2ndcorner,ィハ7イ/ ハ.ゥ! !ゥヘ ヘ {ヘ ヽkingturns3rdcorn| |   ∠/ // ノV '
 } ハ\  フ"´ ̄` \|erkingturns5thcorィ7ィ / ノフ ,ハlヘl l/l ヘ  ヽ....聿≧snerkingturn| | /   / / /イヾ\ハ
-'― Y   ト 、     ≧s- __sュ≦斗ア / / ノ /.l'ハ ハl  ヽ \  >、云:> 、___ イ  ∠/ / イ ヘ ノゝ≧辷
二二二ニ辷二二二二ニニニニニニ >'"  //,イ j .l::゙v' j  \   \  > 、:≧;`二二}ニニニニl辷辷辷辷辷辷辷辷≦
―――-- ≠二二二ニニニニ> ´  , s≦/ // ハ=三ハ  \  > 、  ≧s 、 __辷三三三辷辷ニニニ云二二




京太郎「……!!!!!?????」

アナザー京『こ……これはッ!!!!』
147 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:35:31.13 ID:4Qr614i90

西田「どれどれ……近づいて見てみましょう」 タタタッ

西田「……!?!?!?」

西田「な…なにこれッッ!?!?!?!?」



西田が目にした「彫刻」……ッ!!

それは……ッ!!!



       ,、
    .//  |亅
   / /   | |. /l
   / / /1 ||| |
   7 / | | | l |/ ,-‐─¬
  / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
 ./ /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
../ /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
/_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                                        ̄ ̄ ̄
               /⌒
           // _,,....,,_
         /_..、+・'".: : : :. :.`''<
       /.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.`''<
       /.: : : : : : : : : : : : : : :. ⌒\.: : : :. :.`''<
       |.: : : :.~\ : : : : : : : : : : : : : \.: : : :. :. :.`''<
     /.: :. :.\: : \.: : : : : : : : : : :. :. :.\ : : : : : : : : : ニ=-
     |: : : : : : : : : : : \ |\.: : : :. :.\: : : :\-‐ '' "´       _
     |: : : : : : : :}: :\ : :  ̄ニ=‐: : :.|/\: : |\        j>'´    `、
     |: : : : : : : :|: : : :  ̄|    \: : |ィメ |: :/ . }      / /    |
     | : : : : : : /...: : : :. :.|  _,, . ヽ: | リ |/ ∨ _ >'  /  /     |
     |.: : : :. :./: : : : : : : :| ̄_,-‐  }/   | : : ∨二\   /        |
     Λ: : :./ : : : : : : : : |てル′   ` /.: : : :.\ニニ| /    |  | / /
      Λ.: : : :. :.\: : : :       , /⌒\|\|ニニ|.ヽ | ||  |/ /
        \: : : : : : \: : \    ' /ニニニニニニニ/.  ゝ| || //
          \: : : : : : \: :\ ̄ ̄ニニニニニニニ/    人_||_/
              \.: : : :. :.\ニニニニニニニニニニニニ/
           /ニ~""''' ‐-\ニニニニニニニ/:::::::\
             /ニニニニニニニニニニニニニニニニ/::::::::::::::::::|
.            /ニニニニニニニニニニニニニニ/:::::::::::::::::::::ノ|
.          /ニニニ/⌒\ニニニニニニニ/:::::::::::::::::::::/.ノ|
         /\/      \ニニニ/::::::::::::::::::::/ // |
          /ニニ/            |:::::::::::::::::::::::::/´ / / |
.        /ニニ/.       /⌒ |:::::::::::::::::::/   / /  |
        /ニニ/       /i:i:i\|:::::::::::::/   /::: i   \
     /ニニ/    ⌒\/i:i:i:i:i:i:i:\ ̄.   /::::::::::|     /\
      /ニニ/          \ __i:i:i:i:i:i:i\  /:::::::::::::::|   /:::::::::::::Y
.    /ニニ/   |           \i:i:i:i:i:|/:::::::::::::::::: |./:::::::::::::::::::::|
.   /ニニニ/   |            \\i:i:i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |
  /ニニニV              \ヽ.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |
  |ニニニV      |    /⌒\    ∨|::::::::::::::::::::::::::::::::: /   /
  |ニニニ〈  Λ  ||   |i:i:i:i:i:i:i:\  ∨:::::::::::::::::::::::::::::/|.     /
  |ニニニV  |ii|  ||   |i:i:i:i:i:i:i:i:i∧  ∨ー───‐   |    /
  |ニニV  |i:ii|.  |\   ∨i:i:i:i:i:i:i:i:∧. ∨     /     |  /
  |ニ.V.   \|   し \  ∨i:i:i:i:i:i:i:∧ノ   /      /  /
  |ニニ≧=‐- \  ノ \ \i:i:i:i:i/    /     /  /
  |ニニ∧i:i:i:i:i:i:i:i ̄i:i:i:i:i:i:i:ゝ-'i:i ノ     /.      /   ∨
  |ニニニ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iγ´ ゝ-/          \ . ∨
  |ニニニニ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{    /           \ . ∨
  \ニニニニニΛi:i:i:i:i:i:i:i:i:    |  /                 `¨
    \ニニニニΛi:i:i:i:i:i    /  ,′
      \ニニニΛ      {.   |
           ̄ ̄ ̄     Λ  |
                  `¨゛



西田「あ……アイさんの彫刻?!?!?!」
148 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:40:22.87 ID:4Qr614i90

西田「うわーっ!!「アイ・アークタンダー」の彫刻があるわ!!」

西田「改めてみると、ホントに宮永照にそっくりよね〜」

京太郎(確かに似ている……)

京太郎(俺の見知った「宮永愛」そのものの外見をしている……)

京太郎(だが……驚くべきところはそこじゃあない……ッ!!)


_,.、-ー一''又>、ヘ_,.r'´ソ ]ン´`7ン´/ ゝ-‐='´ ,へ-、_>ニi _r‐''´:;/:;:;:;:ン
/ミニ=‐'´y´_,.t'てi!ニ/ __!ソニ''´,.r'´ヽ'´r‐/_∠彡て,r!´,!:;:´:;:;:;:;:;:;):;:;:;{
_ノ三彡'´‐'´ r-‐'__i'  _/:;:ツt____ノ _,.r'ン_,r、/i'´ニ!r' ノ:;.,_:;:;:;:;:;:;:;〉/:;:;I
/!,r'三ニ.,_/r'´Y´ _,.-‐'´-'´ン厂て/  r'´ンt-ヘ-7´ヽ'´ヽ::!:;:;:;ン_,._,.ィ
__,.、-‐ニ</_厂!__i´_ノ、-‐'´ /   i´ /´斤‐'´ i_ノ_/,r/ヘ ___,.r'´_ノナー'
_.,>‐=彡'´/__,,..r'´ 、,.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ i´ヘソ_,._   ,.、‐'´彡,.rツ _二
三'´ r、彡'´   /  _,._,.ィー7´"´ _ノ厂 ̄く,.r'´ニ´_'´ー'´ニr' ̄ヽ_ノY '´
ニン´/ ノ ヾ ´___,.r'´_ノナー'´_´ソ ]ン´`7ン´/ ゝ-‐='´ ,へ-、_>ニi _rr
   _,._   ,.、‐'´彡,.rツ _二´,/ __!ソニ''´,.r'´ヽ'´r‐/_∠彡て,r!´,!:;:´:;:
"´ _ノ厂 ̄く,.r'´ニ´_'´ー'´ニr' ̄ヽ_ノ_/:;:ツt____ノ _,.r'ン_,r、/i'´ニ!r' ノ:;.,_:;:;:
´ソ ]ン´`7ン´/ ゝ-‐='´ ,へ-、-‐'´-'´ン厂て/  r'´ンt-ヘ-7´ヽ'´ヽ::!:;
/ __!ソニ''´,.r'´ヽ'´r‐/_∠彡て,r!、-‐'´ /   i´ /´斤‐'´ i_ノ_/,r/ヘ /:;)
  _/:;:ツt____ノ _,.r'ン_,r、/i'´ニ!r.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ i´ヘソ 厂r‐ヘ〉ツ´!´:;:;
-‐'´-'´ン厂て/  r'´ンt-ヘ-7´..,.r7´!ー-、_j'´ コノノ/,.-'-彡L!ソ ノ:;:;:;:;:
 、-‐'´ /   i´ /´斤‐'´ i_ノ_/´ ヽ /  ┴‐'´ i! ̄V´三'´/ヅ/:;:;:;:;:;:;:
.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ i´ヘソ 厂r‐ヘ/!,r'三ニ.,_/r'´Y´ _,.-‐'´-'´ン厂て/  r
..,.r7´!ー-、_j'´ コノノ/,.-'-彡L!ソ_,.、-‐ニ</_厂!__i´_ノ、-‐'´ /   i´ /´
´ ヽ /  ┴‐'´ i! ̄V´三'´/ヅ.,>‐=彡'´/__,,..r'´ 、,.r‐'´ ノ三ニ7 〈/
/!,r'三ニ.,_/r'´Y´ _,.-‐'´-'´ン厂三'´ r、彡'´   /  ,.r7´!ー-、_j'´ コノ
_,.、-‐ニ</_厂!__i´_ノ、-‐'__,.、-‐ニ</_厂!__i´_ノ、-‐'´ /   i´ /´斤‐'´ i_
.,>‐=彡'´/__,,..r'´ 、,.r‐'´_.,>‐=彡'´/__,,..r'´ 、,.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ i´ヘソ_,.
三'´ r、彡'´   /  ,.r7三'´ r、彡'´   /  _,._,.ィー7´"´ _ノ厂 ̄く,.r'
ニン_/:;:ツt____ノ _,.r'ン_,r、/i'´ニ!r.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ i´ヘソ 厂r‐ヘ〉ツ´!´:;:;
-‐'´-'´ン厂て/  r'´ンt-ヘ-7´..,.r7´!ー-、_j'´ コノノ/,.-'-彡L!ソ ノ:;:;:;:;:´
 、-‐'´ /   i´ /´斤‐'´ i_ノ_/´ ヽ /  ┴‐'´ i! ̄V´三'´/ヅ/:;:;:;:;:;:;:_,
.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ i´ヘソ 厂r‐ヘ/!,r'三ニ.,_/r'´Y´ _,.-‐'´-'´ン厂て/  r
..,.r7´!ー-、_j'´ コノノ/,.-'-彡L!ソ_,.、-‐ニ</_厂!__i´_ノ、-‐'´ /   i´ /´
´ ヽ /  ┴‐'´ i! ̄V´三'´/ヅ.,>‐=彡'´/__,,..r'´ 、,.r‐'´ ノ三ニ7 〈/ /
/!,r'三ニ.,_/r'´Y´ _,.-‐'´-'´ン厂三'´ r、彡'´   /  ,.r7´!ー-、_j'´ コ
               、-‐'´ /   i´ /´斤‐'´ i_ノ_/´ ヽ /  ┴‐'´


京太郎(この大広間の岩壁や……この柱にいくつもいくつも張り付けられているもの…!!)

京太郎(これは……ッ!!)


.            / ̄ ̄ ̄}ト、
         /   /}  ,i  \
.        _/   /___|  人   \
       ノ/ //⌒|   i  \_ \_
.       / 人 (  レ'⌒i|__{     [ ̄i{
      l /\___,ノT´ヽi ノーく⌒廴|
      |/      ,ノ  イ⌒ r'    {  川
      } /ー‐く__  {  {  _人_ノくl|
      レ'ノ'⌒ー‐f⌒ヽ)  j{/ ̄ ̄⌒ヽl|
      i〈 ゙マ_、_ {  イ(___jレ=ァォ│
      │ヽ 廴  ̄う)ソ⌒{ ノ ̄__,ノ ノ,ハ|
      |i ,ノ {厂厂i厶- }ト ̄_/,ィ{_, |
     | 「  /    __{  |__} レく〔 j厂|
.       | |    ノ{「 i ∨ i } ノ {「\i´/
.     } ノ ノ   ヽ`⌒i Y⌒´\ \/i/
.     ∨ i   \_(_n---n、_  i  ,ノノ
       ∨\__ノ  lノ____,|ノ  ノ ノリ
.           \  ノー‐ヘ    ノi{/
        \  {     } /i{/
.           \ヽ-----f__/
              ̄ ̄ ̄


京太郎(「石仮面」じゃあないか……ッ!!!)
149 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:54:30.97 ID:4Qr614i90

アナザー京『あ…相棒ッ!』

アナザー京『ユニバースの五感で確かめたいことがある…ッ!!代わってくれッ!!』

京太郎(あ、ああ…)

アナザー京「…………」 ドン☆

アナザー京(おれのユニバースは……小宇宙の中に心臓を転送するとき……)

アナザー京(ブラックホールに吸い込まれないよう……正確な座標計算と転移を行えるほどには……精密な動きができる)

アナザー京(相棒も勘づいているだろうが…!)

アナザー京(おれたちの考えが正しければ…………)



              _ / ,  / //|     , | ,:  |  V  :.
              ` ̄/  ' | |∧ |  / },l --|   |   |
               /,イ  { |-- 从 / /,ィrtォ、 , |   |
_______∧,、_ /  ∧ |,ィtォ、∨ '  Vり {,イ /-、  }_ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'`  / イ{从{ Vり }/       |イ l) } 从 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ̄   Vr:l    '     u     //               ……ッ!!!
                  l叭     _      r ' /
                     、u  `ー`    イ  {
                     \      /  |∧」
                         ` r‐ ´「 ̄ ̄ ̄}
                       「 } |    |///// ∧
                        |/|_,ノ   /////////≧=-
                    _//∧   「/////////////////≧=- 、
                -=≦/////〈 ∧_///////////////////////∧
              /////////////V∧/////////////////////////∧
               ///////////////\{///////////////////////// ∧
             ,'/////////////////|o//////////////////////////{
             {/////////////////{/////////////////|//////////|
150 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:59:21.66 ID:4Qr614i90

アナザー京(ま…間違いない……ッ!!)

アナザー京(「見て」…「聞いて」…「嗅いで」…ハッキリと分かった…ッ!!!)

アナザー京(「これ」は石柱と一体化しているが……「彫刻」ではないッ!!!!)

アナザー京(アミノ酸がある!細胞がある!微妙ながら体温がある!脈拍がある!)



            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Y /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´          (生きているんだこいつはッ!!)
//////////\{    /`¨¨ 、
////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\
//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
151 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 21:59:52.90 ID:4Qr614i90
  __           __   _       __
 /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
..〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
  ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
  V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
   V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
    .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
    .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
    ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
      . V     U                             〈:::/ \/
               /⌒
           // _,,....,,_
         /_..、+・'".: : : :. :.`''<
       /.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.`''<
       /.: : : : : : : : : : : : : : :. ⌒\.: : : :. :.`''<
       |.: : : :.~\ : : : : : : : : : : : : : \.: : : :. :. :.`''<
     /.: :. :.\: : \.: : : : : : : : : : :. :. :.\ : : : : : : : : : ニ=-
     |: : : : : : : : : : : \ |\.: : : :. :.\: : : :\-‐ '' "´       _
     |: : : : : : : :}: :\ : :  ̄ニ=‐: : :.|/\: : |\        j>'´    `、
     |: : : : : : : :|: : : :  ̄|    \: : |ィメ |: :/ . }      / /    |
     | : : : : : : /...: : : :. :.|  _,, . ヽ: | リ |/ ∨ _ >'  /  /     |
     |.: : : :. :./: : : : : : : :| ̄_,-‐  }/   | : : ∨二\   /        |
     Λ: : :./ : : : : : : : : |てル′   ` /.: : : :.\ニニ| /    |  | / /
      Λ.: : : :. :.\: : : :       , /⌒\|\|ニニ|.ヽ | ||  |/ /
        \: : : : : : \: : \    ' /ニニニニニニニ/.  ゝ| || //
          \: : : : : : \: :\ ̄ ̄ニニニニニニニ/    人_||_/
              \.: : : :. :.\ニニニニニニニニニニニニ/
           /ニ~""''' ‐-\ニニニニニニニ/:::::::\
             /ニニニニニニニニニニニニニニニニ/::::::::::::::::::|
.            /ニニニニニニニニニニニニニニ/:::::::::::::::::::::ノ|
.          /ニニニ/⌒\ニニニニニニニ/:::::::::::::::::::::/.ノ|
         /\/      \ニニニ/::::::::::::::::::::/ // |
          /ニニ/            |:::::::::::::::::::::::::/´ / / |
.        /ニニ/.       /⌒ |:::::::::::::::::::/   / /  |
        /ニニ/       /i:i:i\|:::::::::::::/   /::: i   \
     /ニニ/    ⌒\/i:i:i:i:i:i:i:\ ̄.   /::::::::::|     /\
      /ニニ/          \ __i:i:i:i:i:i:i\  /:::::::::::::::|   /:::::::::::::Y
.    /ニニ/   |           \i:i:i:i:i:|/:::::::::::::::::: |./:::::::::::::::::::::|
.   /ニニニ/   |            \\i:i:i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |
  /ニニニV              \ヽ.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |
  |ニニニV      |    /⌒\    ∨|::::::::::::::::::::::::::::::::: /   /
  |ニニニ〈  Λ  ||   |i:i:i:i:i:i:i:\  ∨:::::::::::::::::::::::::::::/|.     /
  |ニニニV  |ii|  ||   |i:i:i:i:i:i:i:i:i∧  ∨ー───‐   |    /
  |ニニV  |i:ii|.  |\   ∨i:i:i:i:i:i:i:i:∧. ∨     /     |  /
  |ニ.V.   \|   し \  ∨i:i:i:i:i:i:i:∧ノ   /      /  /
  |ニニ≧=‐- \  ノ \ \i:i:i:i:i/    /     /  /
  |ニニ∧i:i:i:i:i:i:i:i ̄i:i:i:i:i:i:i:ゝ-'i:i ノ     /.      /   ∨
  |ニニニ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iγ´ ゝ-/          \ . ∨
  |ニニニニ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{    /           \ . ∨
  \ニニニニニΛi:i:i:i:i:i:i:i:i:    |  /                 `¨
    \ニニニニΛi:i:i:i:i:i    /  ,′
      \ニニニΛ      {.   |
           ̄ ̄ ̄     Λ  |
                  `¨゛
152 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 22:07:08.31 ID:4Qr614i90

アナザー京(髪型のように見えるのは……まさしく「角」ッ!!)

アナザー京(ま…間違いない…ッ!!)

アナザー京(髪型として咲に遺伝し…「角」そのものとして照さんに遺伝した……「柱の一族」に特有の触覚器…!!)

アナザー京(……交代するぜ、相棒)

京太郎(あ…ああ……!!) バン☆

京太郎(「柱の一族」という呼び名は……まさしく「柱」に一体化していることに由来していたのか…!!)

京太郎(「アイ・アークタンダー」は…「宮永愛」は…「柱の一族」だったッ!!!)

京太郎(しかし…!なぜ……こんなところに…?!!)

京太郎(動かない様子を見ると……「休眠状態」なのか…?!)
153 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:09:20.94 ID:4Qr614i90

京太郎(今……アナザーワンと交代してしまったが、もう一度アナザーワンに出てきてもらって、「波紋法」で完全に破壊すべきか…?)

京太郎(あるいは、俺の『キラークイーン』で……跡形もなく爆破してしまうか…?)

アナザー京『待て、相棒……どうして破壊する方向で考えているんだ?』

アナザー京『確かにブキミではあるが……休眠状態の柱の一族とはいえ、照さんや咲の母親を殺すわけにはいかねーぜ』

京太郎(そ、それはそうだが……)


西田「?」

西田「何かしら……この柱の彫刻、光り輝く部分があるわ」 ジーッ
154 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:10:55.17 ID:4Qr614i90

西田「!!」

西田「こ、これは……!」


         |               ,-―-、                     i
         i    _∧_        _|  __j |_                    !
    __ _人_ _ ∨   . <  ヘ、__ノ   > .          _ _ / \ _ _
        `Y´   o    . :个 ‐- /     ∨'′   i` : .             \ /
        ! * ゚   /   i     l:::\   /ヘ,     l __ \            i i
.           /⌒ヽ-―¬‐=ニ.._j::ニ=-‐‐-=ニz--‐‐1     i/⌒Y     ┼◇―
.         八   __,\  i::::> ´     !   : ` <,」  /.__   ノ        ! 人
            ^ ー‐一'__ j '         :   /i/::::. 丶'/,ー‐一彡       `Y´
          ,'> ´\,'//     、   i: ,  /   ∨/     ',         ∧
.          ;ヘ、   , ′    \  |::/ / ::.:. . .__ '/ヽ  /::        ∨
        i//\ / i      _ ニ=- !'___   -‐ ニ i///,>、::::::i        :
         |/// 丶 | -‐ ニ ̄ __;::イ \::::.:.:..:.. . .   |,/  \::|        ◇
.          k'    ∧   . : : :/ , 、__, ⌒ヽ : : : : . . ,'∧     !         :
.           v> , _/::::::、 / ‐-/ /_j:::::ir‐-、:::\--‐, //ム -‐=7
         V,/// ̄ ̄ト、  7 ;  ヽ::!   ir‐、::/,|     i:::::,′
          ,ム=-‐―--| > .._    :|    _..<'//| r‐――-、
.          i      /i ̄ ̄∨/フ7'へ'7フ// ̄ ̄ ,-\     }
            ゝ ___.. <:::::∧   ∨'     ´'v/    / ::::>ヘ ___ノ
      i        `  ハニ=-‐ \   / ‐-=ニ/> '′
   _ _人_ _ ゚ o       ` < __ Y´ ̄`Y __ > ´
    `Y´      ☆ 。           | ⌒i|
     i                    `ー―'



西田「だ…ダイヤだわ!」

西田「ダイヤモンドが埋まっている!」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/08(月) 23:12:44.66 ID:uOAkWGLJO
ヤバイヤバイ触れたら喰われるぞ
156 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:18:45.81 ID:4Qr614i90

西田「へぇ〜……キレイ……」

西田「何カラットあるのかしら……」 スッ


京太郎「!!」

京太郎「待て西田ッ!!」

京太郎「その柱の宝石にうっかり触るんじゃあないッ!!」


西田「えっ?!ちょ、何を呼び捨てで……」


カチッ


西田・京太郎「!」


京太郎の呼びかけも間に合わず、西田が宝石に触れてしまったその時ッ!!

何らかの仕掛けが作動したかのようなスイッチの入る音が聞こえたッ!!
157 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:21:57.51 ID:4Qr614i90

西田「え、今の音は……」

京太郎「な…なにか……とてつもなくマズい予感があるぞッ!!」


京太郎の予感は的中したッ!!

「この場から離れなくてはいけない」 そう考えるよりも早く、「罠」が作動したッ!!!




  ト、        V∧                            , イ       ./ ./
  | \       V∧                          / ./      ./ ./
  ..\ \       V∧_                         ト.、/     / ./
    \ ゝ/   ヾ::::::/                       / /    ノ\/
     }/::\   V∧                       ヾ   / /
       \:::>   ¨                           ヽ/
                                           , .イ
      ト、                                      / /
     .八 \                               ト/ /
        \ \,ィ                          _./ヽー'
            > .::\                         {、 ゞ<
          ̄ \:::>                         ̄

               _                     __
  ヽー= .r.、__        八 >、               ,ィ ,≦---,    { {三ニf}-=ニ_
    `=-ト、_ノ    、―‐=ク_               {  ヾ _r≦    _ ¨ ̄ヾソ-=ニ_ ≧=-
               ヾー}人::


        _ へ                               ,≠_
   ニ=-'`三三} .}              .ハ               {_ {三ニ{ー-ニ__
/   _ニ=ソ¨  `´             .|,ヘ}               ̄¨ヾニ _  ≧ 、
 ̄ ̄                      l | |                       ̄ ̄
                        `|´
                 〈 ̄                _
                 / ./               }/{
                < .{                ハ八
        />        / ./                ノ/〈          八
    .//        / ./                 ∨∧   __     \.\
   .//     / /   | /                  ∨ |}  } 〈      \|
   |/      _./ /   |./                    ヾ|  ハ∧
         ./ .〈                              ノィ∧
        / /´                                   V∧
       ./ /                                    V∧
       | ./                                      \|
       |/



西田「?!?!?」

京太郎「な……なにィィィィィィィィィィィィィィィッッッ!!!!!」


「罠」はッ!!柱から飛び出す千本のナイフッ!!

京太郎も西田も、とても避け切れる数ではないッ!!!
158 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:28:11.75 ID:4Qr614i90

京太郎「トロいぞクソカスッ!!」 ドグシャアッ

西田「へぶッ?!」


京太郎は西田の腹を蹴り飛ばしてかばったッ!!


              f>::..、,r=、
. ィ┐   r=、   人ニ三//゙"'''ー- _
/:エ!   {三\    >/∧゙丶、::::::::::::::::゙"'''ー- _
i王l    ∨三:゙'┐    ̄ \ ``*::、::::::::::::::::::::::::: ̄≠ァ
王l     ∨三/゙ヽ、     ゙丶、 __ ゙゙"''''''''''''''''"´,..<
ィへ     }三/ヽ::::`ヽ、        ̄ ''''''' "´
,:イ´        ̄\ ヽ::::::::`ヽ、
:::::l            \ \::::::::::゙ヽ、



しかし、その一瞬が命取りになり……京太郎の全身をナイフが襲うッ!!


京太郎「しまッ…!き、『キラークイ――――



               「 i! 「 |
             ,. r ヘ .i!.| i!
             f  i!ヘ__i!.レ      
             .[ ヘ_,.. r=
             .[  __,,.. }         ,r≦ ヘ/ヽ
              .[  ヘ          ヽ     /
              .[             >  /
               .[  リ          /  / ト
               ヽ /         ` '  ._,! `7
                               7 ヘ



       _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_       
 ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、        らしくねえな、相棒ッ!!
´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>   
/////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
/////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
/////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////
159 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:30:00.11 ID:4Qr614i90

京太郎『!』


                                                         /   ,/ / /-‐…≠ : /:./  .:.|―――
                                                       /_ ̄ ̄/'/ /: : : /: : :./: /,'   : |: : : : :.:\:
                                                       / /〕 '" /  /: : : : : : : :/:./ /  /: : |: : -―…・・・
                                                     '  / _ / _ /: : : : : : /:./___/   ': : : |: : : : : : : : : :.:
                                                    / /' /  ̄ ̄ 乂_彡彳'": ---/  /: : : :√  ̄ >-=ミ : :
                                                        / {/  /  //__/: : :/ ___ /  / : : : ,'≠ /    \: \
                                                  /' / ノ{  / / / ∠彡<__/    '  / : : : ///      \: \
                                                    {/ /'/《 >/  /: : : /_ 〕 _/   ': : : :.:/⌒´         \: \
                                                 / / 《 ィッ}/  / ̄ ̄ / | i /  /: : : : :/_           | | |\:
                                  ___,-、 _, ---- 、      }イ《  /イ 〕_ /'    /| i ≠'  / : : : : : //   /   __彡'V:.| ハ :
                                 ,   ´     /  `  < ⌒\.   / イ // _〔 _{ へ  { / / ,/: : : : : : :,:/    /'     ̄/  : :.,  {: :
                             /        |    :.   `ヽ、    '/ |'  7^∨∨/ , </  /  ̄ ̄\: : //   /       /   ':./   } :
                            /     / /   l|    V     `   、{      / \∨ し'  /  / / ̄ ̄ \〈―=彡 ____/    /  /: /   '
                             .'     / , { { | |     | 、   、_ \_   /  /> ---イ  / /   / ̄ \ ,/    \     /: :,   /
          /  ヘ                |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´ ̄ ̄ }\'   へ|  ' /'   / ///ヽ ∨      ヽ / : /
.         |.   ヘ                 | | {メ、_{ 从  | , |-‐'´ |  、 \`\     ' | i ノ  } { |    ' /⌒  /    _/  }: : :/
.         |.   ヘ.            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、 _\ /v' 人,//'|  人   | /   ), イ二/ ̄:.:/  ' /
            |    ヘ          /イ{ { r 从 { Vソ ;;;;;;;∨';;Vソ/イ |∧} 、/ / // \_/ イ人 \\  i'  ≠≦/|// : : : /   /
          |     ヘ           ∨乂レハソ::´:::::::::::::::::::::::::::`:::|/ j' リ < __,/-‐… /≧=-  >―\/<⌒ / / : //   /
          ヤ     ヘ.          }∧ ー:.         `:::::::::ムl/ ノ/  __V_  / > ̄ ̄ \ ( /イ ̄ ̄彡 / / /   /
、            ヽ     \         /  、 八.     ,-‐‐┐ .人.i | Y /V ∧ | / /7/ ――  >イ 人 / /_/   /   /
 \         \      \          }イ/__,-‐┐'、二ニ' /. Y,ソ  | /  V ∧∨ヽ/  ' /  /    / ,  /イ     '  /     /
   \         \      \        r‐ ' ´,-‐'´| | __/|―――‐ァ}'   、''∧  ∨イ   / /' ̄ ̄ /  / /゙|     :i       /:/
    \         \.     ``丶.,、_.  !-‐ '´☆;h!................| ̄`フ. /.イ    V'∧  |⌒〉  ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィ
ヽ     `:゙''-、,_   _,,..-‐' 、      ヽ、ヽ-┴     ', ',:;;;;;;;;;;;;;|....../∠_、ノ `r-   〉 ∧  イY / )
 ヽ、,_      `゙''ー-、           `'、\      ', ',:::::::::::::::::/ /`- 、ー-、__ |i  〉 | 〉‐=、´ ビギニング・オブ・ザ・ワールド!!時よ止まれッ!!
    ゙''ー-、                    \\     ', ',:::::::::::::/./{{⌒} }    \. /  / /  )
       `゙''ー-、,                 """""ヽ   ヽ|::::::::/./ ヽニ} }    |:  |/  / 〉| , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソト、!yヘ!
       ,.、'"                        .゙''ー┴-、/./. / r‐くノ}   |:  |丶、,//' 、  ∨ ^Yi/// ///////_  i: |
__,,.. .-‐ "                             _ノ/  { {ヽ_ノノ.   |:  | / 〈\/ \ 乂ノ7// ////゙<⌒ヽ  |: |
                             ._,,..-‐''""    l/  .∨二ノ.    |:  |/ 〈/ / ハ 〈 |/,i////∧///ヽ   |: |i
    _,..、-''ヽ,                ._,..、-"         l   { し'ノ      |:  } 〉  / /  ヽ\〉/// |// : V///∧ :.八
_,,..-‐''    /          ,---、,_ノ             l   `       |:  |/  \    「_V/ | // : : : V///∧   \





ブゥーン……チッチッチッチッチッチ キュゥゥゥゥーーーーン
160 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:39:48.06 ID:4Qr614i90

アナザー京「時は「止まった」」

アナザー京「……一瞬、かなり焦ったがな」

京太郎『助かったぞ……アナザーワン』

京太郎『よくもこんな一瞬で時を止められたものだな……』

アナザー京「お前があの記者を蹴り飛ばしているときには既に、交代の準備は完了していたからな」

アナザー京「しかし、驚いたぜ。相棒が自分の身を守るよりも先に、このアマを助けるとは」

西田「」

アナザー京「もしかして情が湧いたか?」

京太郎『バカを言うな。こんな女、こういう事情でなければ死んだって何も思わないさ』

京太郎『情があるとすれば、宮永姉妹に対してだけだ……』
161 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:41:05.31 ID:4Qr614i90

京太郎『この女は……真偽のほどは知らないが、マスコミが宮永家の家庭事情に深入りするのを止めてくれる役割を果たせるそうだからね』

京太郎『念のために、助けておいた』

アナザー京「なるほどな……合点がいったぜ」

アナザー京「相棒が身を呈して守ろうとするのは、大切な存在だけだろうしな」

京太郎『俺は「悪」の須賀京太郎なのでね……自分の心を動かす存在以外に興味はないさ』

アナザー京「ま……自分の大切な人さえ守れりゃ十分さ」

京太郎『無駄口を叩いていないで、時が止まっているうちにここを脱出しよう。他にも何が仕掛けられているか分からん』

アナザー京「それもそうだな……よいしょっと」 グイッ

アナザー京「この記者重いな……ダイエットした方がいいぜ」

京太郎『余計なお世話だろうよ』

西田「」
162 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:45:42.36 ID:4Qr614i90
そして……


―地上・旧宮永家前―


アナザー京「……さて、時は動き出す」

アナザー京「相棒、交代しておくぜ」

京太郎「ああ」 バン☆

京太郎「に、西田……重いッ!!」 ドサッ


キュウウウーーーーン……


西田「ひいいいいいいい!!!!」 


シーーーーーーン……


京太郎「……」

西田「あ……あれ?!」 キョロキョロ

西田「ここは……焼け跡の前?ナイフは…?」 キョロキョロ

京太郎「……気絶してたんですよ、西田さん」

西田「えっ?!ホント?!」

京太郎「ええ」
163 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:49:03.47 ID:4Qr614i90

京太郎「洞窟で蝙蝠がいきなり飛んできて、びっくりして気を失っていたじゃあないですか」

西田「え、ええ……?」

西田「そんなことあったかしら……」

西田「確か、洞窟を進んでいったら壁画があって……その奥に、アイさんの彫刻のある広間があって」

西田「そこにある宝石に触ったら、いきなりナイフが飛び出てきて……」

京太郎「……変な夢を見ていたんですね」

西田「ゆ、夢…?あんなリアルな夢、初めて見たけど……」

京太郎「俺一人で洞窟の奥まで行きましたけど、岩で塞がってて奥には行けませんでしたよ」

西田「そ、そうなの……?」

京太郎「ええ」

西田「そ、そっか……うーん、ずいぶん不思議な夢だったわね……」

京太郎「……」
164 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:53:05.85 ID:4Qr614i90

その後……


―新幹線・車内―


京太郎「……」


帰りの新幹線に揺られながら、京太郎は考え事に耽っていた……。


京太郎(あのダイヤは「罠」だ……)

京太郎(「アイ・アークタンダー」…「宮永愛」が仕掛けた「罠」……)

京太郎(近づく者の好奇心を利用し、眠っている間の栄養分とする「罠」だ……)

京太郎(まさか……宮永愛が「柱の一族」だったとは……)
165 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/08(月) 23:58:34.76 ID:4Qr614i90

アナザー京『「1巡前」の照さんは、一言もそんなことは言ってなかったのにな』

京太郎(ああ……)

京太郎(恐らく、これこそが「1巡」の生んだ「差異」だ……)

京太郎(やはり、東京の宮永家にいる「取材で見る宮永照の母親」は偽者だった……)

アナザー京『しかし、こうなるとまた新たな疑問が生まれてくるぜ』

京太郎(ああ……)

京太郎(まず、あの偽者は誰なのか…)

京太郎(そして、なぜ宮永照は……母親ではない別の女性を、母として扱っているのか…)

京太郎(謎は深まるばかりだ……)
166 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:10:05.27 ID:nr+TaH9B0

アナザー京『しかし、照さんやスコヤ以外にも「先祖返りした柱の一族」がいたとはなァ』

アナザー京『照さんはともかく……スコヤもこのことを知っているんだろうか』

京太郎(さあね……あの抜け目のない小鍛治健夜のことだ。自分の味方の候補として、マークしていてもおかしくはない)

アナザー京『宮永愛がプロで活躍していたのは20年前だという……』

アナザー京『この世界でスコヤが生まれたのは27年前……時期は被っている』

アナザー京『だが……「1巡前」の記憶を保持したままのスコヤは……確か、エジプトにいた時期もあったな』

京太郎(……そういえばそうだ。エジプトで「おやじ」に「矢」を譲渡したとも言っていたし……)

京太郎(何らかの目的で、旅に出ていた時期があると考えていい……)

京太郎(もしその期間が被っていれば、知り得ていない可能性もある……)

京太郎(小鍛治健夜の知らないうちに、休眠中の宮永愛を殺害しておくべきだったか…?)

アナザー京『いや、それはマズいぜ。宮永家の闇も明らかになっていない今、宮永愛を殺すことがどうはたらくかも分からねえ』

京太郎(……それもそうだ)

京太郎(……本当に、複雑な問題だな……)


〇tip4:宮永家跡地の柱の一族 を手に入れた!


  tip1→→→→→→→→┐
                 |
  tip2 → tip3→┐.     |
           ト→tip6→→tip8→tip9
  tip4 → tip5→┘.     |
                 |
  tip7→→→→→→→→┘
167 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:11:25.40 ID:nr+TaH9B0
2018年8月5日(日) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:62/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:42 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(47)
・小鍛治健夜(22) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:14/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族


安価↓1
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:15:34.10 ID:paD76V4qO
2-Eで照の家に行ってtip5を入手できるかな?
外れやヒントは駄目ならば10
169 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:18:19.07 ID:nr+TaH9B0
>>168
ハズレです……。

ハズレの自由安価でも、直接tipに繋がらなくてもヒントを得られるような場合もありますが、

今回は10を選んだということになります
170 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:22:49.93 ID:nr+TaH9B0
ではINT判定

01〜25 失敗

26〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:26:13.42 ID:paD76V4qO
できればスムーズにいきたいが
どうだ
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:26:51.77 ID:paD76V4qO
(茫然)
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:26:55.17 ID:2LkIpbKRO
すげぇね
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:28:40.00 ID:paD76V4qO
呪いを疑うレベルで吸い寄せられてんな……
いやマジで足引っ張って申し訳ない
175 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:30:55.08 ID:nr+TaH9B0
マジでワロタ

tip5とtip7は獲得をちょっと難しく設定しているので、2回も42が出た記念に救済もしときます


ヒントを得られるかどうかのEDU判定


ではEDUの半分で判定

01〜52 失敗

53〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗


↓1
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:31:38.40 ID:qlKXca/A0
42から連続でゾロ出してるのがポイント高い
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:34:05.66 ID:qlKXca/A0
救済とは(サーセン)
178 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:39:16.73 ID:nr+TaH9B0

―須賀家・自室―


京太郎「……しかし、宮永照の母親が偽者だと分かったはいいが……」

京太郎「謎は深まる一方で……正直手詰まりだな」

京太郎「参った……西田の持っている情報では、これ以上の進展も望めないし……」

アナザー京『照さんの家にもっかい行って、偽者の母親を問い詰めてもいいが……「はいそうです」と認めるはずもねえ』

アナザー京『恐らく、シラを切られて終わりだろうしな』

京太郎「……仕方がない」

京太郎「今日一日は宮永姉妹の「確執」を考えるのは諦め……「切り札」の開発に励むとしよう」




「切り札」の開発コンマ判定

01〜25 大失敗    経験値4アップ
26〜50 失敗     経験値6アップ
51〜75 成功     経験値8アップ
76〜00 大成功    経験値10アップ

44以外のゾロ目、ゾロ目±1  超成功 経験値15アップ 
44,42            大失敗 経験値4アップ

コンマ↓1
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:44:10.67 ID:paD76V4qO
これはこれでありがたい救済措置
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:44:42.62 ID:paD76V4qO
少しだけ汚名返上できたか
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 00:47:45.16 ID:ap5PyRWNO
レロレロ
182 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:53:13.42 ID:nr+TaH9B0

数時間後……


京太郎『……どうだ?』

アナザー京「…………」 ジーーーッ

アナザー京「そうだな……」

アナザー京「ユニバースの観察眼で見て、ようやく削れていることが分かるか分からないか、というレベルで精密に削れている」

京太郎『そうか……それは良かった』

アナザー京「白を作るときのイカサマについてはこの出来で十分だろうぜ」

アナザー京「だが…三萬を二萬に、五筒を四筒に、五索あるいは六索を四索にするのはまだまだ実戦で使えるレベルじゃあねえ」

京太郎『なに…?』

アナザー京「なぜかというとだな…」

アナザー京「どれだけ上手に模様を削り取っても、削っていない部分との間に「へこみ」が生まれているからだ」

アナザー京「これを解消しないことには、機械で読み取られた時にはアウトになる可能性が高い」

京太郎『……そうか。解決策を考えてみよう』


〇「切り札」の開発経験値が15上がった!

●体力が30下がった。
183 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 00:56:31.43 ID:nr+TaH9B0

〜翌日・午前練〜


―部室―


                 _
           ィニニニ彡ニニ、-ニニ、
         /ニニ/ニニニニニyニニムヽ
        /ニニ--ニニニノノ\ニへニニムヽ
      /ニ/ニニニニニノ ̄ ̄ ̄マニニニリ
      {ニ/ニニニニニ彡´      lニニニ/
      丶/ニ'         ,ィz、ヾニニヽ
       lニニl /^'===、  ィ=≦   lニニ/
       .\ニ}  rェェァ    ィェェャ  l-vリ
        {`j   / ノiiii ヽ    lf l
        '、'ii、    r _ _ j   riiリノ    おはようございまーす!!
         '_'iii、    ニ    ! レ
           ハ  ヽニニニニア  イ
           ト、  `ー―´ ィ h
           j  \   /  / lヽ
          /} ‐- 、_ -- __ -    l}.:.:\
        //.:.:{    ≧_≦     /j.:.:.:.:.:ミ、
    _...-<.:/.:.:.:.l    ハ:::::::::::}   / j.:.:.:.:.:.:マ.:.:.:>--- __
_...-<.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:lヽ / ';::::::/ \ / j.:.:.:.:.:.:.:.:マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>--...__



和「同輩くん!」

京太郎(そういえば、昨日までが閉じ込められる期間だったか)

誠子「同輩!!やっと帰って来たのか!!」

同輩「すいません!!皆には心配かけちゃいました!!」
184 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:00:40.68 ID:nr+TaH9B0

菫「まったく……大勢の人に迷惑をかけてくれたな……」 ハァ

同輩「いやー、ホントに申し訳ないっす……」

貝瀬監督「同輩あなた、いなくなって1日目は無断欠席だからね?」

貝瀬監督「次の日に渋谷から連絡が取れた旨聞いていたけど……」

同輩「いや…マジですみません」

同輩「罰掃除でも懲罰ランニングでも何でもやります!ホントすみません!!」 ペコペコ

貝瀬監督「そういうのはいいわ。この失態は、インハイの舞台で取り返す事!!」

同輩「はい!!」
185 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:03:16.73 ID:nr+TaH9B0

前田「まぁ、無事に帰ってこれたみたいで良かったよ」

岩貞「で、どうだったんだ?旅打ちは」

金本「成果はあったのかしら?」

同輩「へへ……そりゃもう、バッチリですよ!」

京太郎(何を出まかせを……「茶海」で一人で牌をいじっていただけだろう、実際は)

同輩「須賀……「何を出まかせ言ってんだ」って顔してんな」

京太郎「ん…よく分かっているね」

同輩「ところがどっこい…!出まかせじゃあないんだぜ…!!」

京太郎「なに……?」

186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 01:04:53.05 ID:ap5PyRWNO
西棟、東棟が気になるが違うかな
187 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:08:52.76 ID:nr+TaH9B0

同輩「俺も驚いたんだけどな……ホントにパワーアップして戻ってこれたんだぜ!!」

京太郎「なんだと…?」

同輩「お前のついた適当な嘘のせいで、いろんな人から怒られるハメになったんだぞ」 ヒソヒソ

同輩「この仕返しは、麻雀でしっかりしてやるからな!!」

京太郎「元はと言えば、君が渋谷先輩をつけるなんてマネをしたのが悪いんだろう」 ヒソヒソ

京太郎「まぁいい……君が望むなら、相手をしてあげよう」

同輩「よし来た!早速打とうぜ!」

和「じゃあ、私も打ちます」

同輩「オッケー!」
188 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:10:05.24 ID:nr+TaH9B0

前田「じゃあ俺も打とうかな」

同輩「あ!大和先輩……ちょっと申し訳ないんすけど、今回だけもう一人のメンツは俺が決めてもいいすか?」

前田「? 構わないけど……」

同輩「じゃあ、渋谷先輩お願いします!!」

尭深「私?いいけど……」

京太郎(……同輩のヤツ、何を考えている……?)

京太郎(わざわざ渋谷先輩を指名するとは……)

京太郎(……まぁ、どうせくだらないことだろうがな……)

同輩「よし、早速打とうぜ!!」
189 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:16:44.41 ID:nr+TaH9B0
南四局零本場  親 同輩


同輩「ふぅー……俺のラス親だぜ!」

京太郎(同輩のヤツ……結局大したことはなかったな)

京太郎(確かに、多少は打ち筋が良くなったかもしれないが……結局俺の足元にも及ばない…)


京太郎  49100

原村和  24500

渋谷尭深 11600

同輩    14800


京太郎(渋谷尭深がいるから、局数を増やしてオーラスに回したくないものだし……連荘を避けて打ってはいたが)

京太郎(そうでなければ普通にトバせていたぞ……)

京太郎(それが狙いだったのか?)
190 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:21:12.31 ID:nr+TaH9B0

京太郎(ま……ラス親だからと奮起したところで、この須賀京太郎には敵わないということを教えてやろう)

尭深「……」 カシッ

尭深「……?!」

京太郎「……?」

京太郎(どうした…?渋谷尭深が動揺している様子だが……)

同輩「フッフッフ……」

同輩「渋谷先輩……オーラスなのに、植えた種が手牌に実ってないから驚いてるんですか?」

尭深「え……?!」

京太郎「なに…?」

尭深「ど、どうしてそれを……」

京太郎(……なに?「ハーベストタイム」が発動していないのか…?)

同輩「ヘッヘッヘ……」
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 01:26:28.32 ID:nN48sXGTO
マホだこれー!?
192 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 01:27:20.93 ID:nr+TaH9B0

同輩「おかしいっすよね……」

同輩「渋谷先輩の「オカルト」は…毎局の第一打が種牌として成長し、オーラスになれば実って収穫できるという能力……」

同輩「この南四局までに経過した局は13局……」

同輩「須賀は自分も連荘せず、他人にも連荘させまいと頑張ってましたが、俺は安手でもいいんで必死で上がってましたからね」

京太郎(こいつ……いきなりどうしたというんだ?)

同輩「本当なら……渋谷先輩の手牌は、国士無双十三面待ちが完成しているはずなのに……していないんでしょう」

尭深「……うん」

京太郎(な…なに…?!どういうことだ)
193 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:09:07.84 ID:nr+TaH9B0

同輩「今の俺には通用しないんですよ…!」

同輩「「山」に種を植える、その能力は…!」

尭深「同輩くん……「茶海」で、いったい何を…?」

和「あの……対局中です。オカルト話はいいので、早く打牌してください」

同輩「おっと!悪いな!悪いな!原村さん」 タンッ

和「まったくもう……」 タンッ

同輩「またまた悪いな!原村さん!」

同輩「言ったんだけどな……ロン!!」 パタッ

和・京太郎「?!」


  __           __   _       __
 /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
..〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
  ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
  V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
   V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
    .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
    .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
    ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
      . V     U                             〈:::/ \/
              _,≦=彡三三三/三三三三ミ、
             /三/三三三彡三三三=三三/ム
             f三/三r⌒'''==彡''´~~  `~}三{三ム
             }三l三ノ    `'--''´  ィ-、ヾ三三リ
            .{三/={ ,ィ彡≧z-ノ ヽ-彡''ヘミ} i三=ソ
             ∨三{ヾ^ ニミ     ィニミ ) |三Y
             (=三l < ●` ノ,iii,ヽ ´● >  l三=リ
              >={   ̄/  iiiii  ヾ ̄   リ-Y/
              .| )ヽ     r llll -,    /k'ヾ!
              、、:)i ',    ^ー^    / } //
               ヽ_.} ',    ---    / f-ソ    国士無双……十三面待ちってさ…!
                i=i、   ィ ̄ ̄ヽ     l=/
                ヾト   `⌒´   ./f´
                 j ':, \     , イ/  |   __
                -/ヽ_ ':, `---ィ / _/ヽ /;,, _`>、
             /: ,f   `~''-ミ三/ィ'~´  /-、/ _, l
          _  -/: : : :l      ィ''vヘ    f---' ノ ;; |::,==-. . .__
  _ ..... :< : : : : /: : : : :l、    /; ; ; ; ; ;,    `ーイ  /  `ム: : : :>
< : : : : : : : : : : : : /: : : : : l ム   ∧; ; ; ; ;∧    ,イ.:八__/   /⌒∨: :
.: : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : l  ム  / ム ; ; / ム  / l: {  { -,,、 /   /¨∨
: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : l. \∨  /;T;マ  ム// l:/ ___j ___ ./ __ ./   .l:
: : : : : : : : : : : : / : : : : : : l   \  /; ;il>=--<   f    {__ィノ,;;;,, /  r'''ヽ


 ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐ ┌─┐
 │一│九│@│H│.1 │.9 │  │  │  │  │  │  │  │ │.1 │
 │萬│萬│筒│筒│索│索│東│南│西│北│白│発│中│ │索│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘ └─┘
194 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:11:46.85 ID:nr+TaH9B0

京太郎「な……なにィィィィィィィッッ!!!!???」

京太郎「は…ハッタリでもなんでもなく…!」

京太郎「本当に…!」

京太郎「同輩…!君が…!!」

京太郎「国士を張っていたというのか…ッ?!渋谷尭深ではなく、君が……ッ!!」

同輩「そういうことだぜ」

同輩「これで……捲ったな」



京太郎  49100

原村和  24500 → -23500

渋谷尭深 11600

同輩    14800 → 62800
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 02:15:02.48 ID:ap5PyRWNO
なん…だと…?
196 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:16:48.89 ID:nr+TaH9B0

京太郎「ば…バカな…!!」

京太郎「こ、この須賀京太郎が……同輩ごときに……!!」

同輩「へへっ!舐めんなよ!舐めんなよ!」

尭深「……すごいね、同輩くん」

尭深「私の「ハーベストタイム」を封じて……自分が収穫を横取りするなんて」

和「……さっきから、何を話しているのかさっぱりです」

同輩「へへへ…!「茶海」で修業を積んでたら、いつの間にかこんなことができるようになってたんですよ!」

同輩「もう俺に……「山」に影響を及ぼす「オカルト」は通用しない…!」

同輩「「山」に「種」となる牌を植えて収穫する「ハーベストタイム」は格好の餌食なんで、当て馬に使わせてもらいました…!サーセン」

尭深「いや……チームメイトに披露するいいやり方だったと思うよ」

同輩「そうすか?あざす!!」

197 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:21:08.53 ID:nr+TaH9B0

菫「……驚いたな。尭深の「ハーベストタイム」を無効にするとは……」

照「なかなか、強力な「オカルト」」

誠子「こりゃ私もうかうかしてられないなぁ!レギュラー争いが激しくなりそうだ」

同輩「けど、多分宮永先輩や亦野先輩には通用しないですよ」

照「どうして?」

同輩「俺のこの「オカルト」は……「山」に影響を及ぼす「オカルト」の恵みを、俺が奪い取る能力……」

同輩「シンプルに速度と打点が上昇していくタイプの「連続和了」や、3副露することで和了りに近づく亦野先輩とかには手出しできないんです」

菫「なるほどな……」
198 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:26:16.94 ID:nr+TaH9B0

同輩「精神的・体力的な消耗も激しいんで、そう何局も使えるもんじゃないですしね」

貝瀬監督「けど、強力な「オカルト」ね。インハイでは期待できそうだわ」

同輩「そう言ってもらえると光栄です!」

京太郎「ば…バカな…!!」

京太郎「たった1週間……「茶海」で牌をいじっていただけで…そんな真似ができるようになっただと…?!」

菫「ちゃかい?茶会に行っていたのか?旅打ちの間に」

同輩「いえ、そうじゃないです。俺が修行してた場所ですよ〜」

照「でも、1週間でこの力を身につけたのはすごい。やっぱり、思った通りの才能があった」

同輩「あざす!!」
199 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:30:17.53 ID:nr+TaH9B0

同輩「へへへ…!」

同輩「ここ最近……須賀が新しい「奥の手」を編み出してるような気がしてな」

京太郎「!!」 ギクッ

同輩「俺もなんかしないとなー、と思って危機感持ってたんだよ」

京太郎(こいつ…!俺が「切り札」の開発をしていることに勘付いていたのか…?!)

アナザー京『マジにカンの良いヤツだな、同輩は……異常なくらいに』

京太郎(ぐ…!俺が「切り札」の開発に手間取っている間に、同輩はあっさりと「オカルト」を身につけやがるとは……!!)

京太郎(ゆ、許せん…!!) ギリリッ

同輩「まぁ、そんなに苛立つなよ。仲間は心強いほうがいいだろ?」

京太郎「だ、だが……」
200 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:36:08.41 ID:nr+TaH9B0

同輩「それに、俺だって結構大変だったんだぜー?」

同輩「さすがに一週間ずっと茶葉しか食わねえのは飽きたぜ……娯楽も全然なかったし、なかなかキツかった」

京太郎「だ…だが、たった1週間だろう…」

アナザー京『たかが1週間……されど1週間だ。照さんも認める同輩の才能が開花するには、十分な時間だったようだぜ』

同輩「どうも…「山の神様」ってヤツに好かれてんのかな…俺は……」

同輩「仙人みたいな生活を続けて……俺は山と「一心同体」になったッ!!」

同輩「「山」に実る恵みは……全部俺のもんさ」



         /´〉,、     | ̄|rヘ
   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
   '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                  `ー-、__,|    `
                  __
               ///>┐)h、
              /=-- ' __ 弋/ !
               ∧/!,,、、、 /ュッ '//、
              ∧',ャッ h!]~´ ノヽ}
               ( ヽ .У、_ / }!/'
                ∧{ `≦´  ノ'
                /≧s。 ィ( }ヽ,
             >''~ }! \__/ ! }!``〜、、
         >=-   /__ }、/}_!∨! < \ヽ 〕iト
        / ∨    / } 、 ,'/ , |  Υ    } i    これが俺の……「山身一体の極み」だ…!!
        , \ v/   ∧  i '// , !  ! / //}/!
        { /  }/,    ∧   !/// i ,   !,' __7/,
        7  '/}!     },  }////, ヽ, { {___ 7//!
        ,   '/∨   ! \}////,  Y   !7 / ,
       , /ヽ  } ,'    、 )}//// ,  } !  .i'   ,
       7   リ !     Y}//// ,  ' 7  ,'//  ,
       {-=≦/l∧     }ノ!//// } /.// /!≦=\}!
       厂\ヾ}  ,        |////7,' /'  /{ /  ノ}
       }\\ヾ∨/∧    !〕iト イ, /__ ノ! }ノ  , /
        i     '.} i∨/∧ ◎ }_]二}].{,  ///!ノニ=-ノ/
        i  U }ノ、!// !  ノ i } }!爪 ! {/ ,' !ヾ\〈/
        i  U }\'/      ノ ! i! ! ヽ,=-' ,' }ヽ }!
        i   、 /、 ヽ   / i/    !//!  リ !ノ i!
        ,   '{/ \ヽ, O7! } {',  .'//!、、/   / ,
          ,   '/  i  ,' , !,   ',  '//ヽ,   ! }
        } ¬={   ! / i ! ,  、∨!'i///ヽ/ И!
          .i//~弋__    ! ! ',   ヽ{/ ' 、≧=‐,リ
         _,イ//、 、∨ /7! ! ,     !/   ノ!//7
          , { ,ヽ>}ノ //} ! i〉   !/  / '//'
             ゝイ ´    !     |   } ノア
            ∧     !     i   , }
            ∧     !      i  / ,'
              }、   !    ,' リ,イ/ ./
              ! }   !   , ! __  ,
              Y、  |    , !///.7
              }//,  |   , }///7
              i//ヾ,U   ! .!//7
              }/  |   !//,
                  )//、 | i/!//!
201 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:41:14.66 ID:nr+TaH9B0

京太郎(お…おのれ…!!)

京太郎(腹立たしいヤツだ…!)

京太郎(まるで……「この須賀京太郎より才能はある」と抜かしているようで気に入らん…!!) ギリッ

京太郎(だが……)

同輩「ぜってー、優勝しなきゃいけねえしな」

京太郎「……そうだな」

和「……」

同輩「須賀…!」

同輩「ようやく、お前の力を借りるだけじゃあなく……俺自身の力も原動力にして…全国優勝を狙えるようになったぜ…!!」

京太郎「……フン!自分の力を過信するんじゃあないぞ…」
202 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:46:01.43 ID:nr+TaH9B0

京太郎「渋谷尭深が同卓しているという幸運……というより、そういう風に仕組んだから、点数の上ではこの須賀京太郎を上回っただけだ」

同輩「わーってるよ。お前と普通にやって勝てるとは思ってねえさ」

同輩「けどこれで……お前はもっと俺を信頼してくれるよな!」

京太郎「……多少は」

同輩「よし!よし!」

同輩「俺たちのコンビで、白糸台を絶対優勝させようぜ!!」

京太郎「……ああ!」

和「……先ほどから、支離滅裂なオカルト談義でみなさんが盛り上がっていたので黙っていましたが」

和「私も…二人の力に頼りきりで優勝を目指しているというわけじゃありませんからね」

同輩「っと!そうだよな!悪い!悪い!」
203 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:48:20.88 ID:nr+TaH9B0

誠子「おいおい、レギュラー当確みたいに勘違いするなよ!!」

尭深「私たちもいる……」

岩貞「俺だって、義手の調子が良ければ活躍できるぜ!」

金本「私も肩の調子が良ければいけるわね」

前田「二人は安静にな!」


菫「……どうやら、この夏は若い力がチームの原動力になってくれそうだな」

照「菫、おばさんくさいこと言うね」

菫「な…!」



〇同輩が更にパワーアップした!(同輩〇→同輩◎)
204 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:49:07.99 ID:nr+TaH9B0
パワーアップした同輩のステータスです



同輩◎(高久田誠)


【基礎ステータス】:B B A B A

麻雀力:B(165↑)

攻撃力:B(76) 防御力:B(90) 速度:A(93) 精神力:B(85) 天運:A(98)

STR:88 DEX:91 INT:94 CON:95 SIZ:92

【麻雀能力】

【須賀の奇妙な同輩】(自動発動)
・麻雀力+30
・自分に対して代打で須賀を送った場合、須賀の麻雀力は10アップする。
・須賀に対して自分を代打に送った場合、自分の麻雀力は10アップする。
第二・第三の効果は、スタメンの麻雀力平均値が170を超えている相手チームが存在しない場合には発動しない。

【今ここにある同僚の心】(自動発動)
団体戦の時、自分に対して代打が出された場合、
その代打の麻雀力が自分の元々の麻雀力より低い場合は、代打選手の麻雀力は15アップする。
自分の元々の麻雀力より高い場合、代打選手の精神力値は10アップする。

【先輩を立てる同僚の鑑】(自動発動)
団体戦の時、自分に対して送った代打選手の防御力値がEランク以下の場合に発動する。
代打選手の麻雀力は10アップする。

【山身一体の極み】(オカルト・自動発動)
山牌に対して効力を発揮するタイプの「オカルト」を発動している他家が存在する場合、自動で発動する。
・その「オカルト」による和了判定値補正を無効にする。
・無効にした和了判定値補正の値分だけ、自分の和了判定値はアップする。
・この効果を発動している間、1局ごとに精神力値を40消耗する。
205 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:52:35.34 ID:nr+TaH9B0

【山身一体の極み】の精神力消耗と、【今ここにある同僚の心】の効果は、ジョジョの登場人物である同輩(同僚)だけでなく、

ちゃんと咲キャラもインハイで活躍できるようにと思って設定しました


あと、【先輩を立てる同僚の鑑】は、チーム内の防御力ランクE以下の選手がマタンゴと金本しかいないので、

実質マタンゴの救済です

マタンゴは原作で悲惨な目に遭ってるから、このスレでは救済しないと(使命感)
206 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 02:54:16.51 ID:nr+TaH9B0
では、一旦風呂に入ってくるので休憩します

明日は朝早いけど、>>1は起床能力が低いので徹夜するつもりです。生活リズムも乱れてるし

なので、また後で再開します

それではまたー
207 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 03:04:25.61 ID:nr+TaH9B0
てか自分でも忘れてたけど、当初は原作の高久田くんポジ…つまり、ヒロインとの仲をからかうくらいのキャラとして出したので、

あんまり活躍させる気ありませんでした(同輩の本名も高久田誠として設定してあるし)


けど、実は同僚と吉良が仲良い説を聞いたり、「どこかに行こうぜ!って感じで誘ってる同僚とまんざらでもなさそうな吉良のコラ画像を見て、

そんな感じにしようと思ったんでした


参考画像

https://imgur.com/6WFE4kK.jpg
208 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 03:07:18.32 ID:nr+TaH9B0
そういや安価出し忘れてました……安価出してから入浴します
209 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 03:08:13.85 ID:nr+TaH9B0
2018年8月6日(月) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:32/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:41 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(47)
・小鍛治健夜(23) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:29/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族


安価↓1
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 03:11:28.69 ID:3CAD50D30
4同輩
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 03:49:33.34 ID:nN48sXGTO
212 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 05:39:48.80 ID:nr+TaH9B0

それはえぐいて

ですが>>1はやきうスレの「安価は絶対」の精神をリスペクトしているので、やらざるを得ないッ!!
213 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 05:43:57.06 ID:nr+TaH9B0

―須賀家・自室―


京太郎「そう……上手だ…」 シコシコ

京太郎「うん…肉棒を扱くのが上手になってきたね……」 シコシコ

京太郎「なに?柱の一族の天才だから当然だって?」 シコシコ

京太郎「そうだね……小鍛治健夜、君はまさしく天才だよ」 シコシコ


アナザー京『……相棒。そう毎日毎日スコヤの手首を使って一人芝居でシコって楽しいか?』

京太郎「うるさいな……自慰行為中に話しかけるなといつも言っているだろう」

アナザー京『やれやれだぜ……』

京太郎「……だが、お前の言う通り、毎日の自慰行為が同じことの繰り返しであるのは事実……」

京太郎「今日はひとつ……趣向を変えて、同輩をオカズにしてみるか」

アナザー京『?!』
214 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 05:54:55.96 ID:nr+TaH9B0

アナザー京『き、気でも狂ったのかッ?!相棒!?』

アナザー京『いや、元々狂ってはいるが……いつもの100倍増しでアタマおかしいぜッ!!』

京太郎「騒ぐな。やかましいぞ」

アナザー京『ま、前におれをネタにシコっていたときも気色悪かったが……その時並みの異常さだぞ…!!』 ゾクッ

京太郎「黙れ、アナザーワン。俺にも考えがあってのことだ」

アナザー京『考え……?』

京太郎「「1巡前」の須賀京太郎は理系の人間だったのだから、お前も基礎研究の重要性は承知しているだろう」

アナザー京『い、いきなり何の話だ』

京太郎「「自慰」という実践的な行為に際して……その具体的方法…例えば、「手首で扱く」だとか「オナホールを使う」だとかの選択も大切だが」

京太郎「結局のところ、「ズリネタ」という素材の選択こそが、オナニーの質を左右する最大の要因なのだ」
215 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 06:02:06.80 ID:nr+TaH9B0

京太郎「そしてその「ズリネタ」は……この須賀京太郎個人の性癖にマッチしていればしているほど、射精の質を高める」

京太郎「だから自慰研究に携わる者として、日々様々な「ズリネタ」を試し、性癖との適合具合を確かめ…自身の性癖への理解を深める必要がある」

京太郎「人間という生き物は、安易な道を選びたがる……」

京太郎「この須賀京太郎とてそうだ。「平穏」に生きるためには、安易な道を安全に歩んでゆくことが肝要だからな」

京太郎「だが、安易な道を選び…同じような方法で同じような「ズリネタ」を用いるという…マンネリズムに堕落した自慰行為を続けていては……」

京太郎「結局のところ、自慰行為の質を低下させることに繋がる。オナニーの質は生活の質。「平穏」な生活から得られる満足感を減退させることに帰結するのだ」

京太郎「だから俺は、基礎研究を怠らない…!」

京太郎「同輩をオカズにオナニーをすることは、一見無意味で不要な試みに見えるが……」

京太郎「小鍛治健夜の「手首」を用いた自慰行為との対照実験として機能し、俺自らの性癖への理解を深めることに貢献するだろう」

アナザー京『……すまねえが、全く理解できねえ』

京太郎「理解しなくても構わんッ!!」 

京太郎「俺は同輩でシコるぞ!アナザーワンーーーーーッ!!」




ヘブンズタイム判定

01〜25 大失敗    好感度2アップ
26〜50 失敗     好感度4アップ
51〜75 成功     好感度6アップ
76〜00 大成功    好感度8アップ

44以外のゾロ目、ゾロ目±1  超成功 好感度10アップ 
44,42            大失敗 好感度2アップ

コンマ↓1
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 06:11:57.93 ID:utSSSEMv0
217 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 06:46:57.35 ID:nr+TaH9B0

2時間後……


京太郎「同輩…!同輩…!」 シコシコ…

京太郎「……ダメだ。射精に至ることはできなさそうだ」

アナザー京『……マジに無駄な時間を過ごしたな』

京太郎「だから、無駄ではないと言っているだろう」

京太郎「これで、「親しい」人間…そして「友人」という類の相手で…」

京太郎「なおかつ性別が「男」で…「ゴツゴツしていて毛が生えている」手を持っている場合は、性癖との適合率がほぼゼロであることが分かった」

京太郎「つまり……この逆の「ズリネタ」であれば、性癖とのほぼ完全にマッチするということが再確認できたわけだ」

アナザー京『元々分かっていたことじゃあねえか』

京太郎「分かっていることでも、対照実験を経て再確認することで、信頼性が高まる」
218 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 06:49:26.57 ID:nr+TaH9B0

京太郎「おかげでこれから先……「手が綺麗で、屈服させたくなるような間柄の女」でオナニーをするとき、最高の満足感を得られると「確信」して自慰行為に励める」

京太郎「この「確信」というのが大切なのだ……「確信」は「安心」を導く」

京太郎「「安心」こそ、「平穏」な生活の象徴だろう?」

アナザー京『ああそうかい……もう何でもいいぜ』



―窓の外―


                ____   ___
               / ̄>―‐`´    \
             /  /        \   \
                /                \
                  /     /   ∧  ',    \
              /,    / / l     ',  }    l\\
             //   - /l/^ l|   | -l ,∧    l| |\\
.           //  ′   /-l- j|   | -l/l ∧   l\  \\
          l | {   |斤苧i从  :|,斤苧ミ l   | |\  )ノ
           八{ 八  八 ヒ)ソ  \:{_ ヒ_)ソ^》  | | |  \
           \ i\从|\    ,   、、、、/  /}ノ |   }
              /   人 u    _     フィ^   l|   ノ
               /   / /个ト ../)´ '/)、.. イ  | |   ,      ………………。
           /   / / //⌒// ///-- .  | |   ′
.           /   / / (∨/_,ノ// /)  `゙丶|    ,
          /   //:    ∨   └ /∨   ∨
.         /   /       |    /  ∨   //\   \
.       /  /二ニ=-    l    /\   |  //ニニ \   \
     / / {二ニニニニニニ |   /___Y⌒V/二二ニ \   \
    / /   {二二二二}ニ'  /二ニニ|  ∨二\二ニ、 \   \
.   //    /{二二二二l/   ,二二二|   ∨二ニ∨二〉  \   \
   {{    / {二二二二′  ,ニニニニニ|   ∨二ニ∨/    \   \



明華(と……とんでもない光景を見てしまいました……)

明華(京太郎さんが……友人の同輩さんでじ、自慰行為をしているなんて……)
219 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 06:59:02.06 ID:nr+TaH9B0

明華(同輩さんの名前を呼んでいるのを聞いたときは、耳を疑いましたが……)

明華(もしかして……京太郎さんは両性愛者…あるいは、同性愛者なのでしょうか……)

明華(だとすると……「女性に現を抜かさない」とは言ったものの、「でも男性ならOK」という風に考えている可能性がありますね…)

明華(それは困ります……)

明華(京太郎さんに、異性愛者に戻ってほしいと呼びかけたい気持ちでいっぱいですが……「陰から見守る」という約束がある以上、お話することはできませんし……)

明華(どうすればよいのでしょう……) シュン
220 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 06:59:34.37 ID:nr+TaH9B0

明華「………………」

明華(……仕方ないですね)

明華(本当でしたら……京太郎さんを誑かす女性が現れた時は「排除」するつもりでしたが……)

明華(京太郎さんの性癖を修正し得る存在になりそうでしたら、「見守る」ことにしましょう……)

明華(一時他の女性に靡いたところで、最終的には私の下に帰ってきてくれることでしょうしね……)

明華(京太郎さんが同性愛者として揺るがないのなら……性転換手術でもなんでも受けますが、できればそれは避けたいです……)



                    __  _ 。。 --=、、
              >イ ´   `ヽ/     .`>、
             /イ´`/  ̄`       、ヽ、  ヘ\
            // /   ./   ヽ  ヽ .ヽ ヽ   > s。、
              ./    /     ヤ   ヽ  \\  \‐- 二ニ=-
             /    /  /    .|、   ヽ   ∨   \
             /    |  ./|    |∧  ∨   ∨     \
           /      / !    | ヽ、 |∨   ∨ 、 、   \
          /  ./ / ィ  |  ヘ     .| __ヽ | ∨  | | ヽヾ、   ヽ
         //// /  .|ヘ .|+-∨  .| --. lノl` | . |.j  ト ヤ\
        '´ .// | ‖|  |.| `,x≧_.\. .| 斥示ミx } } //  .| ヘ .\
          {/ ヘ { .|  { .斥o:::::ミ \|  ゝイ::::ノ ソ./     |  ヘ
          ゝ  ヘ<∨ \ .弋少      `.゙´  ‖|    ‖ ) ∧    京太郎さん……できることなら、女性の私を愛してくださいね…
             / `´ >、\ "   ´    "  /´.|    /   ∧
             /    ‖`∧)    _ ,..   ノ | ‖   / ヽ   ∧
           ./  /  ‖    >s。.      。イ-<‖  /  ヽ  .∧
           /  /   ‖  >‐ ´ {.`i≧≦"  ゝ!.‖  /_    ヽ
          ./  /  .>"´     |_       ‖  /  `ヽ、   ヽ
        ./ ./ ∧ヽ        | `ヽ xィ‐ ´ /  /     `メ、 ヽ
       / / ∨::::∧ヽ       ヤ> イ_ナ)-./  /     //`ヽ
     / /  ∨::::::::∧ヽ      ヤ .‖`  〉   /    .//::::::::::::
    /     /∨:::::::::::::∧ヽ    _Y`v   .‖ ./    //:::::::::::::::::
  ./      / .イ:::::::::::::::::::∧ヽ  /r ィv ‐-=ィv  /   //:::::::::::::::::::::::
/       //::::::::::::::::::::::::::|\ V  0`´  / ‖/ { //::::{::::::::::::::::::::::::
          〈:::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::/     イ ‖ { |´/::::::::::∨::::::::::::::::::::




〇以降、ヘブンズタイムでの好感度上昇率がアップします!

〇以降、明華が他の女に危害を加える可能性が低くなります!

●体力が25下がった。

●SAN値が2下がった。(男でオナニーしたのでSAN値低下率アップ)
221 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:01:21.30 ID:nr+TaH9B0
ランダムイベントの内容判定

これからは>>1が勝手に決めるんじゃなく、コンマに任せます。出してもらったお題はちょっと高めの確率で発生するという感じで

ブロマイドやカードを持っているプロは、カードの枚数と種類の数に応じてイベント発生率が変化します。

残りは、白糸台の誰かのイベントとか>>1の思いついたイベントに割り振ります。



01〜05 炎と氷 京太郎とスコヤ

06〜13 燃えよ地獄の釜淵(ヘル・エッジ・ロード)

14〜21 瑞原はやり孤独の青春

22〜26 王の中のソロモン王

27〜34 忍び寄る沈黙の影

35〜39 未来からの手紙

40〜44 キャッチ・ザ・レジェンド(伝説の日々に)

45〜47 マートンは須賀京太郎が好き

48〜50 ぼくの名は清宮幸太郎

51〜54 弘世菫(シャープシューター)

55〜58 「たかみー」の収穫

59〜62 風に帰る雀士

63〜66 「釣り」(フィッシング)に行こう!

67〜70 そいつの名はのどっち

71〜80 『セト神』の金本

81〜85 侵略者テル

86〜00 クレイジー・ダイヤミョンファは挫けない


↓1
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 07:05:00.39 ID:paD76V4qO
はい
223 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:20:24.05 ID:nr+TaH9B0

プルルルルルルルルルルル



京太郎「……なんだ、電話がかかってきたぞ……」

京太郎「せっかく今から小鍛治健夜の「手首」を使って自慰行為を仕切りなおそうと考えていたのに……」

京太郎「……?知らない番号だ」 ピッ

京太郎「……もしもし」

???『ククク…久しぶりじゃな……』

京太郎「……どちらさまですか」

京太郎「かけ間違いでは?」

???「何を言っておる……間違えてなどおらんわ……」

京太郎(……マヌケなボケ老人か?)
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 07:22:16.57 ID:utSSSEMv0
体力回復しないとやばいね
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 07:25:17.82 ID:paD76V4qO
次抹茶使ってから行動だな
226 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:26:56.18 ID:nr+TaH9B0

京太郎「……番号に心当たりがないもので」

京太郎「名乗っていただかないと、どなたか分からないのですが」

???「いやいや…!分かるじゃろ…!」

京太郎(……鬱陶しいジジイだ……孫か何かと間違えているのか…?) イラッ

京太郎「あの、お名前を伺ってもよろしいですか?」

???「おいおい…!名乗るまでもないじゃろう…!!」

京太郎(老害め…。電話越しでなければ爆殺したいくらいだぞ……) イライラ

京太郎「……切りますよ?」

???「カカカ…!待て待て…!」

京太郎「!」

アナザー京『この声…確かに聞き覚えがあると思ったが…!』

???「キキキ…!最近の若いもんはせっかちでいかんな…!」

京太郎「……その笑い方で気づいたぞ」

京太郎「貴様……大沼秋一郎か…」

大沼「カァカァカァ…!キィキィキィ…!クゥクゥクゥ…!」

大沼「ようやく気付きおったか…!!須賀…!!」

京太郎「……」 ハァ
227 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:32:35.64 ID:nr+TaH9B0

アナザー京『こりゃまた懐かしい相手だな』

アナザー京『「1巡前」の幽波紋の雀士でかかわりがないのは、これで戒能良子だけか』

京太郎「……なんだ、貴様は……突然電話をかけてきおって」

京太郎「というか、なぜ俺の電話番号を知っている……」

大沼『カカカッ!そんなもの、財団の権力を使って調べればすぐに分かることよ…!』

京太郎「それで嫌がらせコールかい?羨ましいな…ヒマそうで…」

大沼『おいおい…!せっかく人が好意で電話してやったというのに、なんたる言い草だ…!』

京太郎「なんの好意だ……。暇な老人に煙たく絡まれているとしか感じないのだがね」

大沼『フン…!相変わらず生意気なガキだ…!』

大沼『ワシが「未来からのフィードバック」をさせてやろうと思っているのに…!』

京太郎「なに…?」
228 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:36:17.00 ID:nr+TaH9B0

京太郎「どういうことだ……?」

大沼『年老いたワシより忘れっぽいガキじゃな……我が『予言』のことを忘れたか?』

京太郎「!」

大沼『ついさっき、貴様に関する興味深く…奇妙な『予言』を得てな』

大沼『健夜様のお望み通り、貴様に教えてやろうと思ったのだ』

京太郎「俺に関する『予言』だと……?」

アナザー京『こいつ、「1巡後」の今でもスコヤを信奉してるのか。敵に回したくねえ面倒な相手なんだがな』

京太郎「……どういう内容だ」

大沼『カカカ…!これがまた、妙な『予言』でな…!!』
229 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:39:40.91 ID:nr+TaH9B0

大沼『インターハイの日程が全て終了した後のことになる……正確な日付は分からんのだが』

大沼『須賀…!貴様は…「一匹の猫を殺す」…!』

京太郎「……なんだと?」

大沼『その猫は…貴様の幸運の招き猫となり得るそうだ…!』

京太郎「……意味が分からないのだがね」

京太郎「この須賀京太郎に、動物を虐待する趣味はないが」

大沼『カカカ…!だが、『予言』で確定している未来だ…!お前はどう足掻いても「一匹の猫を殺す」のだ…!!』

京太郎「……」
230 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:44:57.40 ID:nr+TaH9B0

大沼『そして……その猫が幸運を招くというのだから……』

大沼『『予言』をきちんとフィードバックし、丁重に扱うことじゃな……!!』

京太郎「言っていることが支離滅裂だぞ…」

京太郎「俺は「猫を殺す」のに、その猫を「丁重に扱え」だと…?」

京太郎「まるで意味不明だ…!」

アナザー京『全くだな。ボケてしたヘンな妄想と『予言』を混同しているんじゃあねえのか?』

大沼『ワシもよく知らんわ…!』

大沼『一つ言えるのは……せっかくの『予言』じゃ。「せいぜいフィードバックしておけ」ということだけじゃな』

京太郎「くだらないね……年老いて『スタンド』も衰えたようだな」

大沼『キキキ…!忠告はしたぞ……』

京太郎「そうかい、それはどうも……」
231 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 07:48:23.88 ID:nr+TaH9B0

大沼『ククク…!』

大沼『ワシが健夜様から仰せつかったのは、「この『予言』を須賀京太郎に告げろ」というだけじゃ』

大沼『用件は以上だ……質問には答えられんぞ』

京太郎「特に聞きたいことなどないし、まるで構わないさ」

大沼『おお…!そうじゃ!』

大沼『今度ワシが東京を訪れたとき、熊本の地酒を持って行ってやろう!』

京太郎「いらない。老人ホームに引きこもっていてくれ」

大沼『キキキ…!辛辣じゃな…!』

大沼『まあ良いわ…!話はこれだけじゃ…!じゃあの…!』 ピッ


京太郎「……なんだったんだ、こいつ……」
232 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 08:02:03.69 ID:nr+TaH9B0

京太郎「全く……訳の分からない話をしてきおって……」

京太郎「「1巡前」は狡猾で老獪な曲者という印象だったが、ただのボケ老人に成り果てたようだな……」

京太郎「これも「1巡」の生んだ「差異」か……」

アナザー京『大沼ね……思えば、「1巡前」はヤツの『予言』のせいでおれの運命は思わぬ方向に動き始めたんだったな』

アナザー京『支離滅裂で意味不明な内容だったが、ヤツの『予言』は「未来を確定させる」……』

アナザー京『ボケてほざいた戯言、というわけじゃあなければ、本当に実現する未来なんだろうぜ』

京太郎「俺としては、ボケていてくれた方がありがたいがね……」

アナザー京『おれもそう思うぜ』

アナザー京『ヤツが「1巡後」のこの世界でも、スコヤの信奉者というのは不安要素だ』

アナザー京『スコヤは今のところ悪事を働いていないが……何を考えているか全く読めねえからな』

アナザー京『スコヤの力に大沼の『予言』が加われば、鬼に金棒だ……』

アナザー京『もしスコヤが本性を現すようなことがあれば、『予言』のフィードバックを利用して、トントン拍子に事が進みかねねえ……』

京太郎「……まぁ、そんなことはなさそうだがな」

京太郎「今の小鍛治健夜は牙を抜かれた猛獣のようにおとなしい……かえってそれが不気味でもあるが』

アナザー京『……』



〇体力が10上がった。
233 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 08:02:51.90 ID:nr+TaH9B0
2018年8月7日(火) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:17/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:38 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(47)
・小鍛治健夜(24) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:29/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の抹茶×1:体力が全回復します。SAN値も1回復します。(消耗品)
-S 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族


安価↓1
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 08:04:06.81 ID:ap5PyRWNO
10
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 08:05:44.01 ID:KAYEOSqHO
先に回復しようぜ
抹茶か茶葉で
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 08:07:30.35 ID:ap5PyRWNO
ちょっと消耗してるしそうするか?
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 08:10:36.19 ID:utSSSEMv0
8Rからの ↑234とかね
238 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/09(火) 08:20:40.15 ID:nr+TaH9B0
では、抹茶飲んでから宮永家の闇に迫るという感じで

INT判定

01〜25 失敗

26〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1



>>1はそろそろ出かけます

今日は8時半まで仕事です……旅行で散財したし気合入れて働かなきゃですが、働きたくないし!


          __                        / ̄ L._,
        _/  廴                 /  や   |
      |   働  |──-  .._ __..  -── |   め   |
      |   き  |:::::::::::::::::::::::´:::::::::::::: `::::::::::::::く|  ろ  |
      |   た  .〉、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:l|   ォ  、
   /V/    く   |::::〉/::::::::/:::::/爪:::\:::::::ヽ:::::::ハ !!   〉
 __ノ   \  な   V:/::::::∨{:l;ハV ヽ::::ヽ::::::::::::::::{\___   /
/   働   lヽ い   {:'::::: ∨        ∨∧:::::::::i::::.   _二{.__
ヽ   き.   |‐| し    〉::::::/____,,  ー〜七/∧::::: |ヽ::V: : : : : : : \
 |   た   |ハ !  〈::::::::i __     _ |;ハ::::::V::::|: : : : : : : : :
 |  く  .|/}   /|:::::::ハc¨¨¨`   ''¨¨¨つ |::::::|:::∧ : : : : : : : :
 |   な   |: : :V/: : :!::::::|小""  〈    __ "" 人::::|V : : : : : : : : : :
 l   い   ト: : : : : : : : Vハ 八  r一 ´ ノ ./  W,∧: : : : : : : : : :
 |  し  |_|: : : : : : : : : : |、.父ト 二二 .イ    //゚,: : : : : : : :
 l !! ハ: : : : : : : : : : ト \   l_____//   //   ゚,: : : : : : :
  \   /  ∨: : : : : : : :.:l \\ \   ′//   / ∧: : : : : : :
   }_/   ∨: : : : : : : :!\ ≧===‐く イ/     / /: : :、: : : : :
.       \   ∨: : : : : : ハ | ヽ     o ヽ         / \: : : : : : :
.       \   ゚,: : : : : : ||         |         {   \} : : : :
          |: \ ゚: : : : : : :||         l       ハ     ̄ ̄



帰ってきてから更新するかどうかは眠気次第です

眠いながらも気になるのは、方言わかんねーけど新道寺はインハイで出すべきなのか…?ということ

あと、まともに攻略できるヒロインが現状では白糸台面子+明華(+咏+ハオ?)くらいだけどそれでいいのか…大正義あわあわやクロチャーは攻略対象外のままで良いのか?ということです

インハイ終了後にヒロインに追加してほしい人とかいたら教えてくださいね

それではまたー
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 08:22:39.86 ID:utSSSEMv0
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/09(火) 08:24:01.11 ID:utSSSEMv0
次の更新も楽しみにしてます
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 16:52:41.10 ID:ap5PyRWNO
そういえばもう『4』章なんだよなぁ〜
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 17:12:23.30 ID:qlKXca/A0
猫は本作的に考えれば咏とみてほぼ間違いないかな
池田がここからすんごい役割持って目立ちだすとは考えにくいし
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 17:16:58.53 ID:ap5PyRWNO
え普通に猫草の事じゃないの?
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 17:56:55.62 ID:qlKXca/A0
>>243
し、知ってて言ってみただけだから(震え声)

そっか吉良なんだし普通に考えれば猫草出てくるのが当然か
すっかり失念してましたわ
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 23:55:25.12 ID:nN48sXGTO
[ピーーー]ことになるって話だから間田かもしれない(てきとう)
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/09(火) 23:57:00.54 ID:nN48sXGTO
間田じゃねえ玉美だ
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/10(水) 13:14:00.04 ID:U6J8Gt8I0
玉美は池田が妙に似合う
地方決勝後の号泣顔で俺達の心に施錠していったのは間違いない
248 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:05:19.56 ID:eo663Mwf0
一昨日はすっごいきつかったっす

今日は休みなんで早起きしたし、のんびり更新していきます
249 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:18:52.77 ID:eo663Mwf0
―須賀家・自室―


京太郎「……」 ペラッ

京太郎「…ダメだな」 ハァ

京太郎(旧宮永家の地下にあった洞窟…そこに眠る柱の一族…「宮永愛」)

京太郎(どうして宮永照・宮永咲の母親が休眠状態に入っているのか…宮永照の偽者の母親の正体は誰なのか…)

京太郎(少なくとも…宮永愛の休眠の謎については、一介の記者に過ぎない西田が真実に近づける領域ではないし……)

京太郎(自分で柱の一族について調べようと……伝承やら都市伝説やらに関するいろいろな本を読み漁ってみたが……)

京太郎(まるで手応えがない……柱の一族の「は」の字も見当たらないぞ……)

アナザー京『仕方ねえさ。「1巡前」は、晴絵だって柱の一族について研究するのに10年かかったらしいしな』

アナザー京『そこらにありふれてる本で情報が得られたら苦労はしねえさ』

京太郎「それもそうだがね……」

京太郎(「茶海」の抹茶を淹れたことだし……一旦休憩するか) ズズズ…

京太郎「……美味いッ!!」

京太郎「なんだこれは……とてつもなく美味い茶を淹れられたぞ…?!」

京太郎「これが「茶海」の茶葉で作った抹茶か…大したものだ」 ズズズ…

京太郎(ま…同じ抹茶を使っていても、まだ渋谷尭深の入れた茶の方が美味いと感じるのは、彼女の方が茶の湯に通じている証明か) ズズズ…


〇体力が全回復した!

〇SAN値が1上がった!

〇尭深への好感度が6上がった!
250 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:25:57.08 ID:eo663Mwf0

京太郎「……ふぅ」 ホッコリ

京太郎「さて……どうしたものかな」

京太郎「手詰まりの感がある……これ以上宮永家の闇に迫るには、宮永照本人に尋ねたり…偽者の母親本人を問い詰めたりするほかないか…?」

アナザー京『いや…それはやめようぜ』

アナザー京『真実に迫っていった結果、おれたちの力でどうにかできる問題なら解決すりゃあいい……』

アナザー京『だが…そういう問題でなければ、おれたちは照さんを傷つけないように見守るしかないんだ』

アナザー京『それを踏まえれば、宮永家の闇について唐突に触れたら、照さんを傷つけかねない』

アナザー京『まずは照さんや偽者に接触せずに、真実に近づいていくしかねえ』

京太郎「だが……それならば一体どうすればよいのだろう?」
251 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:30:24.08 ID:eo663Mwf0

京太郎「赤土晴絵のように長い月日をかけて柱の一族について調べるところから始めるのか?」

京太郎「「宮永愛の休眠」が大した意味を持たないかもしれないというのに……」

アナザー京『それはねえだろうぜ』

アナザー京『偽者が「宮永愛の代わりの母」をしている以上…「宮永愛の休眠」は、宮永家の闇とはなにか密接な関係があるハズだ』

京太郎「だが……だとしても、何か俺たちに取り得る術はあるか?」

アナザー京『……たったひとつだ』

京太郎「?」

アナザー京『長い年月をかけるでもなく…当事者に詰問するでもなく…宮永家の闇に迫る方法はたったひとつしかねえ』

アナザー京『「柱の一族」について……誰よりもよく知っているであろうヤツに尋ねるということだ』

京太郎「!!」

京太郎「こ…!小鍛治健夜にか…?!」

アナザー京『ああ……』
252 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:43:28.56 ID:eo663Mwf0

京太郎「な、なにを言っている…アナザーワン!」

京太郎「小鍛治健夜に「柱の一族」について尋ねるということは……こちらが「柱の一族」について謎の関心を寄せていることを意味する…」

京太郎「そうなればヤツは、その関心の謎について考えを巡らせるだろう…!」

京太郎「小鍛治健夜が宮永愛のことを知っているのか知らないのかは分からないが…」

京太郎「ヤツなら、どうにかして宮永愛が休眠しているという事実を嗅ぎつけてもおかしくはない…!!」

京太郎「なにせヤツは柱の一族の天才だ…」

京太郎「俺の身近な柱の一族…宮永照の血筋を辿って、宮永愛を見つけ出すということもやりかねない…!」

アナザー京『全然あり得るな』

京太郎「もし、「同胞」が休眠しているということを知れば……」

京太郎「今は大人しくしている小鍛治健夜も、再び野望に燃えてこの須賀京太郎の敵に回るかもしれない…!!」
253 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:44:14.59 ID:eo663Mwf0

京太郎「「1巡前」とて、ヤツが世界征服に向けて大胆な行動をとっていたのは……」

京太郎「同じ柱の一族の右腕、宮永照という存在を従えていることが理由だったように思える…!」

アナザー京『それに関しては間違いねえだろうな。スコヤの世界征服の計画において…鍵となるのは「暗殺」を主とした戦略だったらしいが……』

アナザー京『もし近代兵器を相手にしなくてはならない状況に陥った時……』

アナザー京『頼みの綱となるのは…戦闘の天才にして、「風の流法」の使い手…照さんの存在だったに違いねえ』

アナザー京『今はスコヤ以上に時を止めていられるおれの存在が脅威となって息を潜めてはいるが……』

アナザー京『おれが一時的にしか表に出られない状態にある以上、強力な同胞を味方につければ……』

アナザー京『勝算があると見込んで、再び世界征服の旗を掲げ始めるかもしれねえ』

京太郎「だったら…!」
254 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:50:33.00 ID:eo663Mwf0

アナザー京『だが…それでもおれたちは、宮永姉妹の「確執」を知らんフリするわけにはいかねえだろ』

京太郎「……」

アナザー京『「1巡前」に悲しい運命を辿って苦しんできた照さんを……この「1巡後」の世界でも苦しませるワケにはいかねえッ!!』

京太郎「……俺とてそう考えないではない」

京太郎「だが……小鍛治健夜という絶対にして最大、最強の脅威…!!」

京太郎「それを無視できるというのか…?!」

京太郎「「1巡前」の勝利も、紙一重だった…!!小鍛治健夜の油断や幽波紋の雀士の寝返りなど、様々な幸運が積み重なってようやく勝利できたというだけだ…!!」

京太郎「むしろ今は…「1巡前」と比べて戦うのは不利だ…!!」

京太郎「この須賀京太郎は戦ったとしても誰にも負けん、という自信こそあるが……それは人間相手に限った話だ…」

京太郎「時を止められるアナザーワンが限られた時間しか表に出てこられない以上、勝算はほぼないのだぞ…!!」

アナザー京『……』
255 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 05:55:39.93 ID:eo663Mwf0

アナザー京『だが……この「1巡後」の世界にも、幸運なことはある』

アナザー京『それは……小鍛治健夜が、「須賀京太郎を尊敬している」とのたまっていることだ』

京太郎「なに…?」

アナザー京『正直おれは信じちゃあいねえ…信じちゃあいねえが…』

アナザー京『おれを尊敬しているスコヤなら、勝算があっても手出しをしてこないかもしれない』

アナザー京『それに賭けるしかないように思える』

京太郎「……危険すぎる」

アナザー京『そうだな……危険な賭けだ』

アナザー京『スコヤのヤツが……本当におれたち須賀京太郎を尊敬しているのか…まるで分からない』

アナザー京『お前はどうだ……?相棒…』

アナザー京『照さんのために……スコヤの言葉を信用できるか……?』

京太郎「……」


照への好感度67と、スコヤへの好感度24の平均値41で判定


01〜59 信用できない

60〜00 信用するしかない

44以外のゾロ目、ゾロ目±1 信用するしかない

13,42,44 信用できない


コンマ判定↓1
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 05:56:36.83 ID:+W+48vh10
ha
257 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:10:04.21 ID:eo663Mwf0

京太郎「……宮永姉妹が「確執」を抱え……」

京太郎「宮永照が苦しみ続けて生きてゆく……か…」

京太郎「……」

京太郎「この「1巡後」の世界では…俺とアナザーワンが分裂する前の「須賀京太郎」を知っている者は…小鍛治健夜と幽波紋の雀士しかいない…」

京太郎「どいつもこいつも信用はできないヤツらだ……特に小鍛治健夜はね…」

アナザー京『……そうだな。幽波紋の雀士たちに関しては信じてやってもいいような気はするが、できればスキは見せたくねえ』

京太郎「その他の人間は……数少ない「友人」を除けば…取るに足らない、死んでいても生きていてもどうでもいいような人間ばかり……」

京太郎「だが……そんな「1巡後」の世界だからこそ……」

京太郎「「1巡前」では幼少期から強い繋がりを持つ宮永姉妹の存在は……かけがえのないものだ」
258 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:14:19.10 ID:eo663Mwf0

京太郎「彼女らの存在自体が…「故郷」のようなものなのだ…」

京太郎「「1巡前」…確かにあった「幸福」な時間……」

京太郎「「須賀京太郎」を覚えていないとしても……その象徴が宮永姉妹であることに変わりはない…」

京太郎「そして…宮永咲については…今のところ何も分からないが…」

京太郎「宮永照は「苦しんでいる」…!!」

京太郎「ずっと暮らしていた故郷が、燃えて灰に帰すのを立ち尽くしながら眺めているような心境だ…!」

アナザー京『……』

京太郎「こんなことでは……とても安眠していられない…」

京太郎「結局のところ……この須賀京太郎の幸福が大切なのだが……」

京太郎「宮永姉妹の不幸は……須賀京太郎の不幸に直結する…!!」
259 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:15:17.40 ID:eo663Mwf0

アナザー京『だったら…ッ!!』

京太郎「ああ…」

京太郎「不本意ながら危険なギャンブルだが…」

京太郎「小鍛治健夜を……計り知れない脅威だとしても、ヤツのことを……」




             }{ { / / / ノ   ,ノ }| 八{ `丶、ー=彡く    /〃 /
           / ___} {/ /〃/}} / 八〈 r‐=ミ \ー=ミ゙\___,// |  |
        .///:} { 〈〈(〈 ,ノハ/ ./.イ }} ヽ__(ヽ: : }⌒^^^^^゙7}{ |  |
.       -=二 ./ ノ人 ハ}}}〈(_ノ//ノノノ〉 ⌒ヽ}:...八       }{ |  |
         ./ イ(___/ {/,}厂 ̄`^ー=彡      し::.. \   | }{ |  |
          ..'/乂___ {{  }〃:......: ...: : .   :.      \:::...丶  | }{ |  |
.        ..'/ '└‐=ミ) 《{K:...:^{V::.. u  u:.      \::...  | }{ |  | . : .
.        }'  / =彡ヘ,_}{ :... }}.::,ハ     \__       ヽ:. | }{ |  |: : : : : .
         // イ⌒ハー=ミ  ヽ{{ :{{ ,  ij   u         :... | }{ |  : : : : :
            { / レ}从八\i八V{{ぅ」::...      U    |:. :| }{ | ..::ヽ: : :/
           '′   レ} V八\ヽ) ^゙⌒ヽ    ,     |:: :| }{ | ...::::八}/
                 {/     ーヘ  ...::..   ./  ij u l:: :| }{ | :.::/ {{
                           ゚, 〃  .:/  /     /{|/⌒|    〉
                           }__/^ーヘ _/       仄|_}}i:i|     {
                               ⌒ ー‐く{ : |]{:i:i:|     |: /
                                   } トくi〈|     |/
                                   | |{/=}|     | /
     信用するほか……                  / ,ノ{i:i:i}|     |{/
                                     / { /i:i:i}|    // ,
     ないじゃあないか……ッ!!!         {:... |i{__}}:i:|  ...:{ { /
                                  7 :|i{[]{i:i:|  : ::} l//
                                    |i}:i:i:i:i:| . . ..:|//
                                      i  |{i:i:i:i:i:|. : . ...:|/
                                      |  |{i:===|. : : ::::|.:::.. /
                                      | .: |{i:i:i:i:i:|: : : ::/ ::/
                                      |: : |{__}}i:i:|: : /{...:/



アナザー京『……よく決意してくれたな』
260 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:29:18.29 ID:eo663Mwf0

アナザー京『そうと決まれば……SKY財団の事務所に乗り込んで、スコヤの奴から聞き出せることを全て聞き出そう』

京太郎「ああ……」

アナザー京『ただしスコヤは狡猾で非常に高い知能を持つ……』

アナザー京『ヤツと交わす言葉ひとつひとつが、おれたちの運命を左右することになったっておかしくはねえんだぜ』

京太郎「分かっているさ…」

アナザー京『「1巡前」の戦いを思い出してみろ……』

アナザー京『裏をかかれて霧島神境に侵入されたとき…ユニバースが止まった時の中を動ける理由に気付かれたとき…』

アナザー京『ナイフを浴びせられて大ダメージを受けたとき…致命傷を与えたと思ったら、逃走経路に送りこんじまったとき…』

アナザー京『[超新星残骸]を浴びせようとしたら、地下に逃げられたとき…2匹のクジラの腹の中に閉じ込められたとき…』

アナザー京『「須賀京太郎」がいくら知恵を振り絞っても、その度にヤツは策を巡らせたり機転を巡らせたりしてその上をいってきた…』

アナザー京『結局何もかも乗り越えてスコヤを倒せたが、それはヤツの油断や照さん、幽波紋の雀士たちの助けがあったからに過ぎない』

京太郎「よく覚えているさ……思い出したくもない熾烈な戦いだった……」

京太郎「あの戦いを思えば、ヤツに対して慎重になり過ぎるということはない…というのは十分心得ている」

アナザー京『それならいい。慎重に、かつ冷静に…できる限り上手く、スコヤから情報を引き出すんだぜ』

京太郎「そのつもりだ…!」
261 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:30:19.95 ID:eo663Mwf0
ナイフじゃないや……このスレでは麻雀牌にしたんだった……

× アナザー京『ナイフを浴びせられて大ダメージを受けたとき…致命傷を与えたと思ったら、逃走経路に送りこんじまったとき…』

〇 アナザー京『牌を浴びせられて大ダメージを受けたとき…致命傷を与えたと思ったら、逃走経路に送りこんじまったとき…』
262 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:36:46.29 ID:eo663Mwf0
―SKY財団本部事務所・入り口前―


京太郎「……」 ゴクリ

京太郎(扉の前からでも……いや、もっと言えば…最寄り駅に着いた時点で感じていた…)

京太郎(小鍛治健夜はこの奥にいる……)

京太郎(圧倒的妖気がそれを物語っている…!)

京太郎(不在、という心配は必要なさそうだ……)

アナザー京『何をビビっている、相棒。さっさと扉を開けて中に入ろうぜ』

京太郎(……ああ) ガチャリ ギィィィィ…


鍵を差し込み、ドアノブを引いた京太郎だが……

扉は重かった…。まるで京太郎の重圧を反映しているかのように……
263 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:38:16.22 ID:eo663Mwf0

それでも、恐る恐る扉を開くと……その先の応接室に、ヤツはいたッ!!


         /´〉,、     | ̄|rヘ
   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
   '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                   `ー-、__,|    `
                 /:::::::::::::/:::::::::::::::: /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ハ
             ,::::::::::::::::::::::::::::::::::://|/ア::::/|/|::::::|::::::::::::.
             ,::::::::::::::::::::::::::::::::::/-―- 、 ̄   |/И:::::::::|
            ,:::::::::::::::::::| :::::::::::/               И/ ::|
            ,:::::::::::::::: __| ::::::::: |斗午トミ      `ヽ |:::::::|
           ,::::::::::::: /⌒| :::::::: イ!ノ:::}゚|      __  / ::::::|
              .:::::::::::::::{  |:::::::::: 代__ン      ア午ミ .:゙! ::::: |
           .::::::::::::::: \_」::::::::::::|          {ノ:リ イ゙:::| :::::::|
              .::::::::::::::::::i::::: |::::::::::::| 、::、     . ゞ゚ /::::::| :::::::|
           .:::::::::::::::::::i::::: |::::::::::::|         、::、.::::::::::| :::::::|   あれ?京太郎かぁ……どうしたの?急に
             .:::::i:::::::::::: i::::: |::::::::::::|    ー ‐     .:::::::::::::| :::::::|
         /::::::i:::::::::::: i::::: |::::::::::::|\      イ:::::::::::::::::| :::::::|
          :::/|::i:::::::::::: i:::::_|::::::::::::|   >‐=七チ:::: i::::::::::::::::::| :::::::|
         |:::i人i ::::::::__jン^|::::::::::::| / ::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |斗sヤ¨´    ∨\八 \:/__/|/|::::::::::::::/:::::::::::j
        /⌒\》  ー------   -― 《下<_;;/::;/|/::::/|/
       ,     ∨》             ∨》  ∨ 厶イ , 、
       {        ∨》              ∨》       く\\
       ,       ∨》               レ》|  |   /⌒二¨¨\
      ∧      |∨》                レ》|  | /     ヽ、\〉




京太郎「こ、小鍛治健夜……」
264 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:41:01.71 ID:eo663Mwf0

健夜「咏ちゃんか誰かが忘れ物でもして来たのかと思ったけど……珍しいね」

健夜「というか、最初に来た時以来初めてだね……京太郎がここに来るのは」

京太郎「……他の幽波紋の雀士はいないのか?」

健夜「うん。みんな、日中は仕事中だからね」

健夜「ペナントレースも後半に入って白熱してきてるし」

健夜「私は第一線を退いてるから、あんまり関係ないけどね。咏ちゃんやはやりちゃんは優勝争いに精を出してるよ」

京太郎「……そうか」
265 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:48:35.37 ID:eo663Mwf0

健夜「それで、今日はどうしたの?誰かに用があった?」

京太郎「ああ……小鍛治健夜。君にだ」

健夜「私?」

健夜「私に何の用が?」

京太郎「……柱の一族のことで、聞きたいことがあるのだ」

健夜「……ふぅん?」 ピクッ

健夜「何を……?」

京太郎「……」

アナザー京『相棒、ここから先は慎重にな…!!』

アナザー京『言葉の一つでも誤れば、スコヤは警戒して何も教えてくれないかもしれない……』

アナザー京『逆に、上手く言えば宮永愛のことに勘付くリスクが下げられるかもしれない』

京太郎(分かっている…ッ!!)


A 君に敬意を払って、興味を抱いたのだ

B ……休眠している柱の一族を発見した

C ……話の前に、条件がある…ッ!

D いずれこの須賀京太郎に牙を向くかもしれない貴様のことは知っておかねばならないだろう?


安価↓1
266 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:49:21.13 ID:eo663Mwf0
なにか相談したいこととかあれば、書いても大丈夫です

その場合は安価↓になるので
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 06:50:29.22 ID:+W+48vh10
c
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 06:53:24.99 ID:+W+48vh10
aとbは怪しいし cかdでcを選んだけど 大丈夫かな
269 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 06:55:31.76 ID:eo663Mwf0

京太郎「……」

健夜「どうしたの?そんな怖い顔をして」

健夜「もっと気楽にしていいよ。あ、こっちに座りなよ」

京太郎「……話の前に、条件がある……ッ!」

健夜「条件?」

京太郎「小鍛治健夜……!」

京太郎「ここから先、俺が質問することには……全て真実を答えてもらおう」

京太郎「いいか…?俺のする質問全てに対して、真実で…だ…!」

健夜「……ずいぶんと高圧的だなぁ」

京太郎「……」

アナザー京『これはマズかったか…?スコヤの高いプライドを傷つけた可能性がある……!』

健夜「まぁいいけどね……それは、「お願い」?」

京太郎「……いや、そうではない」
270 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 07:00:20.89 ID:eo663Mwf0

健夜「なんだ……「お願い」じゃあないんだ……」

京太郎「……」

健夜「それなら、ちょっとその条件は飲めないかなぁ……」

健夜「この健夜と京太郎は対等な関係……それを、一方的になんでもかんでも教えろって言われても、ちょっとムッとしちゃうよ」

京太郎「……そう焦る必要はない。まだ俺の提示する条件はある……」

健夜「? まだあるの?」

京太郎「ああ……」

京太郎「この話が終わった後……俺はお前が喉から手が出るほど欲しい話をしてやるさ」

健夜「……?この健夜が、喉から手が出るほど欲しい話…?」

京太郎「そうだ…!」

京太郎「つまりこれは……対等な交換条件というワケさ……」

健夜「……なるほどね」
271 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 07:07:50.07 ID:eo663Mwf0

健夜「そういうことなら……「お願い」じゃなくても受諾するよ」

京太郎「!」

健夜「いいよ。なんでも聞いて」

アナザー京『……よしッ!!やったな、相棒!!』

京太郎(ああ…!交渉成功だ…!)

京太郎(マヌケが…!小鍛治健夜…!)

京太郎(この京太郎が「いくつ質問をするのか」「どれだけの話をしてやるのか」もハッキリとさせていないのに…引っかかりおって…!!)

京太郎「……ならば、遠慮なく聞かせてもらうよ」

健夜「うん、どうぞ」

京太郎(……まずは、どういう話から入れば良いのだろう)


A 柱の一族という生物は、休眠するのか?

B 以前夜行性だと言っていたが、なぜ平日の昼間も起きているんだ?

C 柱の一族の暮らしぶりを知りたい

D 石仮面は、君が開発したもの以外にも存在するのか?


↓1
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 07:11:47.54 ID:+W+48vh10
c
273 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 07:24:41.48 ID:eo663Mwf0

京太郎「……「まずは」、柱の一族の暮らしぶりについて知りたい」

健夜「私たちの?どうして?」

京太郎「……質問は許さないぞ、小鍛治健夜…!」

健夜「……」

京太郎「君に許されているのは「真実を答えるだけ」…ただそれだけだ…」

京太郎「君が喉から手を出して悶えるほど知りたい話を教えてやるという条件で交渉が成立したのだ……きちんと従ってもらうぞ」

健夜「……まぁ、いいよ」

健夜「私たち…柱の一族は……」

健夜「鳥と同じ生活ができ…魚と同じ所に住める…」

健夜「木と同じ呼吸をし…水と同じに動ける」

健夜「「柱の一族」は太陽の下では走れない……だから石仮面を作った」
274 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 07:31:43.72 ID:eo663Mwf0

健夜「もちろん……普通の生物を食料とするよりもずっと…」

健夜「高カロリーの吸血鬼を生み出して捕食することの方が効率的、という側面もあるけどね」

京太郎「……」

健夜「そして…」

健夜「京太郎たち人間がひとつ夜を眠るところ…「柱の一族」は二千の冬を眠る…」

健夜「人間が50の春を見るところ…「柱の一族」は若者のまま無数の春を過ごす…」

健夜「生物進化の行きつく果て……ピラミッドの頂点に君臨する「柱の一族」も、太陽は苦手」

健夜「だから昼間は地底で暮らし……夜になれば地上に出、自然と共にある生活を送っていたそうだよ」

京太郎「……伝聞調なのはなぜだ?」

健夜「そんなの、見ての通りだよ。この健夜は人間の支配する世界で人間どもと同じように暮らしているじゃない」

健夜「これはあくまで、一万年以上前の滅びる前の「柱の一族」の話」

京太郎「……」


A 今の話からすると、君が作ったもの以外にも石仮面はあるのか?

B 君が休眠に入るのはいつだ?

C なぜ「柱の」一族なのだ?

D 宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?


↓1
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 07:35:24.14 ID:+W+48vh10
a
276 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 07:46:54.52 ID:eo663Mwf0

京太郎「今の話からすると、君が作ったもの以外にも石仮面はあるのか?」

健夜「あるよ」

健夜「柱の一族は、一万年以上前は地球上色々なところに分布していたからね。色々なタイプがある」

健夜「ただ他の生物を吸血鬼に変えることを目的にしたタイプもあるし……」

健夜「何か…その何か、というのはこの健夜も研究中なのだけれど…」

健夜「何らかの物体を嵌めこむことで、骨針の「押し」を強くして我々の脳にも刺さるタイプ…つまり、究極生物になることを目的としたタイプもある」

健夜「「儀式」に用いるタイプの石仮面もあったみたいだね」

健夜「この健夜が開発したのは、別のタイプ…「天照大神の御身」を宿す者の血を浴びるだけで骨針の「押し」を強くできるタイプのものだね」

京太郎(……つまり、宮永愛の傍に石仮面があったことは、別に不思議でも何でもないのか…)

アナザー京『そうだな…この話からすると、スコヤは宮永愛を知らねえ可能性が高い』

アナザー京『スコヤの製作したものではない石仮面を自分の傍に置いておいただけ、ってことなんだろうぜ』

京太郎(……やはり、「宮永愛の休眠」については悟られてはいけないな)


A 君が休眠に入るのはいつだ?

B どうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?

C 宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?

D 「儀式」とはなんだ?


↓1
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 07:50:13.61 ID:+W+48vh10
c
278 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 07:55:57.82 ID:eo663Mwf0

京太郎「……ずっと疑問に思っていたのだがね」

京太郎「宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?」

健夜「それは、「1巡前」に彼女の妻だった京太郎が一番よく知っているんじゃあないの?」

健夜「照は普段、「柱の一族」としての血を解除して、人間として生活しているからでしょ」

健夜「このスコヤは、上位生物としてのプライドが許さないからそんなことはしないけどね」

京太郎「……それは知っている」

京太郎「だが、この「1巡後」の世界では……宮永照は、普段から柱の一族のパワーを発揮できているぞ」

健夜「え……?」

健夜「それは妙な話だね……そんなはずはないけど」

京太郎「いいや……これは確かだ。俺は日ごろから彼女の驚異的な力を目の当たりにしている」

健夜「………」
279 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 08:05:59.79 ID:eo663Mwf0

健夜「……じゃあ、理由は一つだね。彼女は太陽を「克服」したんだ」

京太郎・アナザー京「!!」

京太郎「そ、そういうことなのか…?!」

健夜「だって…柱の一族のパワーを維持して太陽の下で活動できるというなら、理由はそれしかないでしょ」

アナザー京『………!!』

アナザー京『あ、あり得ねえと思って深く考えすらしなかったが…もしや…?!』

京太郎「て……宮永照は、「究極生命体」になったということか…?!」

健夜「いや……そこまでは分からないなぁ」

健夜「太陽を「克服」するには、「別の方法」もあるし」

健夜「でも……スコヤですら発見できていない「何らかの物質」を発見して、それを嵌めこんだ石仮面を被り…究極生命体に進化したんだとすれば…」

健夜「それは……なかなか気に食わないことではあるね」

京太郎「!!」 ゾクッ

京太郎(し…しまった…!宮永照の話をしてしまったのは、失敗だったか…?!)

アナザー京『なんとかスコヤが警戒しない方向にもっていくしかねえぜ…!相棒…!』

京太郎(ど、どうすれば…!)


A ところで、君が休眠に入るのはいつだ?

B ところでどうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?

C ところで、太陽を「克服」する「別の方法」とはなんだ?

D ところで、「儀式」とはなんだ?


↓1
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 08:07:49.16 ID:+W+48vh10
d
281 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 08:22:14.31 ID:eo663Mwf0

京太郎「と、ところでだ……」

京太郎「先ほど石仮面の話をしていて気になったのだが……「儀式」とはなんだ?」

アナザー京『あ…相棒。それはちと、話題の転換が強引だぜ…!』

健夜「ん?ああ…西洋に生息していた「柱の一族」が行っていたという「儀式」…「太陽超克の儀式」のことだよ」

京太郎「「太陽超克の儀式」……?」

京太郎「ど…どういう儀式なのだ?」

健夜「私も、この「1巡後」の世界に来てから、旅の中で発見した方法なんだけどね……」

健夜「まず一人……太陽を「克服」せんとする者の血族を生贄に捧げる」

健夜「そしてもう一人の別の血族に、その血を浴びせる」

健夜「血を浴びた「犠牲者」に対して特別な呪文を唱えると……望んだ対象一人を、太陽を「克服」した存在にできる」

健夜「この「対象」というのは柱の一族であれば誰でもいいんだ……儀式の術者本人はもちろん、別の柱の一族にかけることもできる」

健夜「「対象」は「犠牲者」と融合し、DNAの螺旋構造が二重螺旋から四重螺旋となって、従来の弱点…太陽を「克服」した身体になることができる」

京太郎「そんな方法が…」

健夜「ただし、この「太陽超克の儀式」にも欠点があってね……」
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 08:25:42.05 ID:+W+48vh10
何か嫌な予感が
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 08:31:41.40 ID:yZfDGLQHO
Aは聞かずに終わりたいな
逆にBは確認できるならばしておきたいが
ちょっと不信感で暗転しそうならば
感謝して切り上げた方が良いのかもな
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 08:36:55.54 ID:+W+48vh10
儀式の欠点が休眠とかないよな・・・・知らんけど aが地雷なのはわかる
285 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 08:37:17.48 ID:eo663Mwf0

健夜「一つは、太陽を克服した「対象」は……極めて短い寿命を持つようになってしまう」

健夜「本来であれば寿命などあってないような柱の一族だけど……たったの100年ほどまで寿命が縮んでしまうんだ」

京太郎「100年?十分長いじゃあないか」

健夜「それは、人間の考え方だね」

健夜「この「欠点」を利用して、柱の一族の内部抗争でも、敵対する相手に「儀式」を行って呪文をかけ、寿命を持たせるということが横行していたそうだよ」

健夜「西洋の柱の一族は、これで滅びたみたいだね」

京太郎「……そうなのか」

健夜「それに加えて……この「儀式」で太陽を「克服」したところで……超生物になれるというわけじゃあない…」

健夜「ただ、太陽を「克服」できるだけ……DNAが四重螺旋構造になるから、他のあらゆる生物の遺伝子を備えた存在にはなれない」
286 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 08:48:35.43 ID:eo663Mwf0

健夜「更に、まだ「欠点」はあるんだ」

京太郎「……?」

健夜「「対象」が別の血族の血を浴びた状態で…反対呪文をかけられてしまうと…」

健夜「「犠牲者」との融合を解かれてしまう」

健夜「太陽を「克服」した状態ではあり続けるけど……柱の一族としての力を大幅に失ってしまう」

健夜「「太陽超克の儀式」は血の結束を要とした儀式……別の血族の血を浴びた状態で呪文をかけられると、効果が激減するんだ」

健夜「結果、太陽を「克服」してはいるけれども、パワーはなんてことのない…吸血鬼よりマシというくらいの、中途半端な生物になってしまう」

健夜「これらの「欠点」を踏まえると、このスコヤにとっては絶対に取りたくない方法だね」
287 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 08:50:18.71 ID:eo663Mwf0

健夜「そもそも、このスコヤには血族がいないから……やりようのない「儀式」だけど」

京太郎「……?君にも父母はいるだろう。柱の一族として先祖返りしていない人間ではダメだなのか?」

健夜「ううん。同じ血が流れていれば、「生贄」や「犠牲者」が人間だろうと柱の一族だろうと問題はないよ」

健夜「ただ、このスコヤは生みの両親を殺害しちゃってるからね。血族はいないんだ」 ニコッ

京太郎「な、なにッ?!」 ゾクッ

京太郎「な…なぜそんなことを……」

健夜「鬱陶しかったからね。このスコヤを日中外に連れまわそうとしたり…親として偉そうに振舞ったり…」

健夜「このスコヤの上に立つ存在は要らないから。頂点に立つものはいつもひとりだよ」

京太郎「………」
288 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 08:58:33.01 ID:eo663Mwf0

京太郎(「太陽超克の儀式」……)

アナザー京『「1巡前」の晴絵やトシさんも知らなかった情報だな……)

アナザー京『もしかすると、「1巡」の生んだ「差異」なのかもしれねえが……その辺はよく分からねえ』

京太郎(今のところ……小鍛治健夜の宮永照に対する敵意を高めてしまっただけで、有用な情報は得られていないな……)

京太郎(どうする……話を切り上げるか?)

アナザー京『だが……このままでは、宮永愛の休眠の謎については分からず仕舞いだ』

アナザー京『何とかして、聞き出したいところだが……直接的に休眠について尋ねるのはマズい気がするぜ』

京太郎「………」



A 宮永照への敵意を緩和するくように努め、話を切り上げる

B そのまま話を切り上げる

C ところで、君が休眠に入るのはいつだ?

D 休眠に入る条件はなんだ?

E ところでどうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?


↓1
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:00:13.23 ID:+W+48vh10
e
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:05:08.10 ID:fivmt2FyO
照への敵意緩和は下手すりゃm(__)mになってしまいそうだし
ここでは避けて別の機会で上手く解消図っていきたいかな
291 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 09:07:29.86 ID:eo663Mwf0

京太郎「ところでどうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?」

健夜「ああ……こればかりは、いくらこのスコヤの知能を以てしても、推測しかできなかったからね」

健夜「世界が「1巡」してから両親を殺害した後、世界中を旅して知ったことだよ」

健夜「世界各地の地底に眠る遺跡を探索したり、人間どもが子孫へ伝えた伝説・伝承を調べていったりね……色々と骨が折れたよ」

京太郎「……」

健夜「…そろそろいいかな?このスコヤは、質問攻めにされるのはあまり好きじゃないんだ」

京太郎「……あと一つだけ聞かせてもらおう」


A 以前夜行性だと言っていたが、なぜ平日の昼間も起きているんだ?

B なぜ「柱の」一族なのだ?

C 君が休眠に入るのはいつだ?

D 宮永照が「儀式」を実行した可能性は?

E 休眠に入る条件はなんだ?


↓1
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:08:27.84 ID:+W+48vh10
正直何が正しいのかわかんね 敵意の緩和も露骨に緩和しようとしても逆効果なのかwwすべてがわかんね
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:11:35.27 ID:+W+48vh10
a かな
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:12:51.00 ID:+W+48vh10
a
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:18:03.04 ID:+W+48vh10
別の課題からすこやんが勝手に暴露してくれると期待してたがもしかしてEとかで良かったか?
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:22:25.27 ID:UgWlDFsMO
まあ大きな地雷踏んだようでは無さそうだし
こんなもんで良いんじゃないかね
そもそも交渉実行の安価でOK出した時点で大手柄よ
297 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 09:25:22.41 ID:eo663Mwf0

京太郎(……もはや、何を聞けば良いのか分からないな)

京太郎(夜行性だというのに、小鍛治健夜が今起きている理由でも聞いてみるか……?)

アナザー京『待て、相棒。ラスト1個の質問でそれはもったいねえぜ』

アナザー京『まだ核心に迫れていないんだ……冷静に考えようじゃあねえか』

京太郎(だが、アナザーワン…俺にはこれ以上は分からない)

京太郎(お前なら、何を尋ねるというのだ……?)

アナザー京『……』


前スレ>>1000ボーナス!

アナザーワンのINT判定に成功すれば、正解の選択肢を選んだことになります

失敗しても、多少ベターな選択をしたことになります


INT判定(アナザーワンのINT94を参照)


01〜06 失敗

07〜00 成功

44以外のゾロ目、ゾロ目±1 成功

13,42,44 失敗

↓1
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:25:42.81 ID:+W+48vh10
なるほど 門前払いされる可能性もあったわけだしな
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:28:10.82 ID:+W+48vh10
成功したかな

300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:29:36.35 ID:UgWlDFsMO
コンマ運は良いのな
ようやっとる
301 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 09:33:18.24 ID:eo663Mwf0

アナザー京『……ここは、少しでも宮永家に関する情報をハッキリとさせたい場面だ』

アナザー京『「太陽超克の儀式」を知ることができたのは良かったが……「生贄」や「犠牲者」の必要な儀式を照さんが実行するとは思えねえ』

アナザー京『一方で、「儀式」を実行したのでないとすれば、照さんが太陽の下で活動できる理由は謎のまま……』

アナザー京『この点について明確な答えを得られそうな質問をすべきじゃあねえか?』

京太郎(……具体的には?)

アナザー京『照さんが「太陽超克の儀式」を実行した可能性について聞いてみよう』

アナザー京『スコヤなら、的確な推測をしてくれるかもしれねえ』

アナザー京『真実がどうあれ、「儀式で太陽を克服した」可能性をスコヤに考えさせることができれば……』

アナザー京『超生物にはなっていないと思わせて、芽生えてしまった照さんへの敵意を間接的に和らげることもできそうだしな』

京太郎(……なるほど)
302 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 09:35:41.38 ID:eo663Mwf0

京太郎(危機的状況に陥るたびに思う……お前が「須賀京太郎の片割れ」で、本当に良かった…とね)

アナザー京『そりゃどうも』

京太郎(早速、尋ねてみよう…)

京太郎「小鍛治健夜……最後の質問だ」

健夜「うん、何かな?」

京太郎「宮永照が…「太陽超克の儀式」を実行したという可能性はないのだろうか?」

京太郎「俺には、君ですら発見していない「何らかの物質」を彼女が発見して究極生命体になったとは考えにくい」

京太郎「彼女が超生物になったと感じたことだって、今までに一度もないのだ」

健夜「……うーん、そうだね……」
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:35:48.81 ID:SALha2Q9O
なんかとんでもない精神戦やってる…
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:40:05.41 ID:UgWlDFsMO
ガチで殺し合った相手と
現状敵意こそないが敵か味方か分からない状態で
情報聞き出すための話し合いとか
俺なら心臓止まるわ
305 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 09:44:21.66 ID:eo663Mwf0

健夜「確かに、その可能性はなくはないね」

健夜「けど、かなり低いと見てもいい」

京太郎「……なぜだ」

健夜「「太陽超克の儀式」は……「術者」と「対象」が柱の一族であることは当然の前提として……」

健夜「「同じ血が流れていれば、「生贄」や「犠牲者」が人間だろうと柱の一族だろうと問題はない」と言ったけれどね……」

健夜「「生贄」と「犠牲者」のいずれかが、同族であろうと柱の一族でない場合……「術者」は休眠状態に入ってしまうんだ」

京太郎・アナザー京「!!!!」

健夜「宮永照が「対象」でありながら、「術者」でもあるとすれば……他に2人の柱の一族がいたということになるけど……それはないんじゃあないのかな」

健夜「宮永家に、宮永照以外に2人も柱の一族がいたとは考えづらいしね」

健夜「そもそも……あんな小娘が「太陽超克の儀式」を知っているとは思えないし」

健夜「それに関しては、「何らかの物質」についても同じことが言えるけどね……」


アナザー京『……今ので核心に迫った…ッ!!』

京太郎(休眠状態に入るケースについて、知ることができた…!!)
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:45:35.72 ID:+W+48vh10
つまりDが正解だったか?照につながる話をこれ以上するのはまずいと思ったがそうなるのね
307 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 09:53:19.55 ID:eo663Mwf0

京太郎(今回得られた情報について整理したいところだが……)

健夜「じゃあ、京太郎の質問はここまでだね」

健夜「今度は…このスコヤが「喉から手が出るほど」欲しがりそうだという話について……聞かせてもらうよ」

京太郎(……最後に、大きな関門が残っているのだ)

京太郎(さて…あの条件は出まかせだ…)

京太郎(「宮永愛の休眠」について言えば、小鍛治健夜はさぞかし目を光らせることだろうが……それについては言えない…)

京太郎(何を言って誤魔化せば良いだろうか…?)


A この前の花火大会の日、石仮面らしきものを見た

B 休眠している柱の一族がいるらしい

C 宮永照は超生物かもしれない

D この須賀京太郎は、そのうちネコを殺すらしい

E この須賀京太郎は、怖いものが苦手なんだ

F 「茶海」という謎の空間があった

G 雀明華というスタンド使いと接触した

H 三尋木咏はどうやらこの須賀京太郎に好意を抱いているらしい

I 俺の部活にはスタンド使いが2人いる

J この須賀京太郎の『キラークイーン』の能力が知りたくはないか?

K 俺の同輩にとても優れた才能を持った人間がいる


安価↓1

308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:55:26.45 ID:+W+48vh10
H
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 09:57:21.33 ID:+W+48vh10
同輩や明華を売るのを嫌だし 何か面白そうなので
310 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:01:17.34 ID:eo663Mwf0

京太郎「……三尋木咏は、この須賀京太郎に好意を抱いているらしいぞ」

健夜「ふぅん。それが?」

京太郎「きょ、興味はないのか?自分の眷属の色恋沙汰だろう?」

健夜「ないよ。というか、知ってるしね」

京太郎「う……」

健夜「勝手な単独行動をとって京太郎を襲撃したのもそうだし、それ以降も暇があれば会えないかどうか画策してるよ」

健夜「「柱の一族の知能で京太郎をオトす方法を考えてくんね?」って頼まれたこともあるしね」

京太郎「な……」

健夜「私はくだらなすぎてどうでもよかったから、「戦闘に関するアドバイスでも送ればいいんじゃない?」とあしらったけどね」

京太郎(あ、あれは小鍛治健夜の入れ知恵だったのか…)
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:02:00.58 ID:SALha2Q9O
あちゃー
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:03:26.05 ID:D98UDCNMO
E辺り無難に見えるがSAN値下がって地味にヤバそう
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:05:34.13 ID:SALha2Q9O
難易度高杉
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:05:48.04 ID:D98UDCNMO
あ、Eは菫に何らかの形でペナルティ入るかもしれんか
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:06:25.95 ID:+W+48vh10
すまん まあもう一度チャンスがあるならDとかEとか Aはどうなんだ?
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:07:45.03 ID:SALha2Q9O
切り札として矢の事があるけどな…
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:08:59.98 ID:D98UDCNMO
柱の一族に触れる話題は避けた方が良いと思うが
IかJかな Jで覚悟を見せるのも手かな
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:11:48.89 ID:SALha2Q9O
選択肢が11もあると混乱もする
319 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:14:36.93 ID:eo663Mwf0

健夜「……もしかして、話っていうのはそのこと?」

京太郎「あ、ああ……そのつもりだった…」

健夜「……」 ハァ

健夜「がっかりしたよ…このスコヤが「喉から手が出るほど」知りたがる話だっていうから、期待していたんだけどね……」

京太郎「そ、それはすまない…」

健夜「人間の色恋沙汰に興味を抱くような低俗な存在に思えるかな?柱の一族の天才、このスコヤが……」

京太郎「い…いや、そういうわけではないさ…」

京太郎「ただ、君とちょっぴり親密になれるんじゃあないかと思ったのだ……こういう人間らしい話題ならね…」

健夜「……まぁいいよ。帰って」

京太郎「あ、ああ……用は済んだし、お暇しよう」 スタコラサッサー


健夜「………」
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:14:58.74 ID:D98UDCNMO
明華の話は「前世周回との特異点」を示す話題の一つとして
活かせないかね 本人を売るわけでは無さそうだし
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:17:22.32 ID:SALha2Q9O
失望されちゃったかな
322 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:18:22.98 ID:eo663Mwf0

―帰路―


京太郎(……最後の話だが、何を言えば良かったのだろう…)

アナザー京『あんなもんでいいだろ』

アナザー京『ヤツが先に話をして、後から相棒が話すという形にしたのが正解だったな』

アナザー京『おかげで有用な情報を聞き出せて、ヤツに対しては特に何も教えずに済んだ』

アナザー京『交渉としては十二分に成功だ。心象は悪くなったろうがな』

京太郎(それが問題なのだ……)

アナザー京『それより……「太陽超克の儀式」についての話は、まさに値千金の情報だったな』

京太郎(ああ……)
323 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:21:40.11 ID:eo663Mwf0

京太郎(「太陽超克の儀式」は…「生贄」を捧げ、「犠牲者」と「対象」を融合することで太陽を「克服」する儀式だという……)

アナザー京『ただし、「生贄」と「犠牲者」のいずれかが人間の場合……「術者」は休眠状態に入る……』

京太郎(と、いうことは……だ)


A 宮永照が「儀式」を実行したのだ!

B 宮永愛が「儀式」を実行したのだ!

C 宮永咲が「儀式」を実行したのだ!

D 宮永照の母親の偽者が「儀式」を実行したのだ!


↓1
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:22:37.20 ID:MCorYx1HO
まあ元々アナザーを評価している訳だし
吉良の方は軽視させる方が良いのかもな

明華やスタンドの話は親父や矢に話が回る
危険もあったんだよな
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:23:48.90 ID:+W+48vh10
D
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:30:06.11 ID:+W+48vh10
あれもしかしてBだったかな?すまん
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:30:47.51 ID:MCorYx1HO
偽者に宮永家の血族である描写ってあったか?
すこやんの話だとそもそも血族間でないと
儀式自体行えないっぽいが
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:31:32.18 ID:pk/AZmv00
B
329 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:34:05.85 ID:eo663Mwf0

京太郎(宮永照の母親の偽者が「儀式」を実行したのだ!)


        /<_/「: : : :| | : : : : | |.: : : : :│|: : |:l: : : : | |_>
      l___l | ̄ ̄| |二二 | |二ニ二」 |二|:l ̄ ̄| |__
       |.: : : : :| | ̄ ̄| | : : : : | |.: : : : :│|: : |:l ̄ ̄| | : : : :
   __ |.: : : : :| |: . _| | : : : : | |.: : : : :│|: : |:l  _| | : : : :
 /    丶: : : :l l: : _`≧< _,└──_,>≦厂  | | : : : :
        ', : : l: l 彳丁¨::气ト、    `´ =彳::¨丁气ノ |/ : :/
  い 宮   . : :l:│ ト、|l ::::: リ          ll :::::リ 〃レ/ : :/ :
  い 永   l : :|: .ト、  `¨¨´          `¨¨´  // : :/ : :
  ま 愛  |l : |: :l\ヽ' ' '      ,       ' ' '  /_;/ : :/
  す と  从: |: :l: . \       _         / : : | : :/ :
         /|川l|: :|l: :ト、       {   }      イ : : : | :/ :/
 \    / Yl:|: :||: :| | ヽ      ー     /. :|: :|: : |/∠/
   `¨´     Yl: :||: :| l : . `l 、 _  イ |_:|: :レ' ⌒


アナザー京『……相棒、何を言っている?スコヤの気迫にビビッて頭が回ってねえのか?』 ガクッ

京太郎(え?……違うのか?)

アナザー京『やれやれだぜ……説明する気も失せた』

アナザー京『てめえで勝手に考えやがれ』

京太郎(な!おい…!お前は理解しているというのなら、教えてくれたっていいじゃあないか!)

アナザー京『バカヤロウ。宮永姉妹の「確執」を解決したいのはヤマヤマだが……』

アナザー京『相棒が自分で答えに辿り着けねえってのは、「須賀京太郎の片割れ」として不安が過ぎる』

アナザー京『時間はまだある。スコヤと話した内容を思い出して、自力で考えてみるんだな』

京太郎(な、なに……)


●INTが1下がった。
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:35:06.65 ID:SALha2Q9O
いっぺん死んどけ
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:35:52.44 ID:+W+48vh10
正直ごめん 
332 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:37:18.83 ID:eo663Mwf0

京太郎(実際、小鍛治健夜と相対した恐怖で少し思考力が落ちていたかもしれない……)

京太郎(冷や汗でシャツがびっしょりだ……)

京太郎(もう二度と経験したくないような時間だったぞ……)

京太郎(スタンドを使うなんて目じゃないくらいに、精神的に消耗した…) ゲッソリ

京太郎(だが……今回の小鍛治健夜との交渉で、核心に迫る情報を得られたことは確かだ……)

京太郎(帰って休んでから、改めて考えてみるか…)


〇tip5:太陽超克の儀式 を手に入れた!



  tip1→→→→→→→→┐
                 |
  tip2 → tip3→┐.     |
           ト→tip6→→tip8→tip9
  tip4 → tip5→┘.     |
                 |
  tip7→→→→→→→→┘
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:37:52.66 ID:SALha2Q9O
まあ分かりにくいっていうのはあるけどな
334 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:38:27.70 ID:eo663Mwf0
今回のスコヤとの問答の答え合わせっていりますか?

一応、tip5まで入手できたので開示しても大丈夫なんですが
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:39:05.48 ID:MCorYx1HO
お願いしたいです
結構選択肢続いてこんがらがりそうですし
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:39:49.37 ID:+W+48vh10
できればお願いしたい
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:40:31.33 ID:SALha2Q9O
犠牲者と生け贄がこんがらがる
338 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:44:10.40 ID:eo663Mwf0
まず、最初の交渉開始時の選択肢です。

柱の一族に関することを聞きたがる理由を上手く説明しなければいけない場面でしたね


A 君に敬意を払って、興味を抱いたのだ

B ……休眠している柱の一族を発見した

C ……話の前に、条件がある…ッ!

D いずれこの須賀京太郎に牙を向くかもしれない貴様のことは知っておかねばならないだろう?


「君に敬意を払って、興味を抱いたのだ」は最悪の選択肢で、スコヤにウソが見抜かれて、スコヤの不信感はMAXになっていました。

「いずれこの須賀京太郎に……」がベストな選択でした。この場合、スコヤは京太郎の度胸に感心していました。

「……話の前に、条件がある…ッ!」は、ベターではありますが、その後の選択肢次第では状況が悪化する選択でした。また、この選択で最後の11個の選択肢が全部ハズレになりました

「……休眠している柱の一族を発見した」は、2番目に悪い選択肢でした。宮永愛について話さなければいけないことになっていました。
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:45:35.72 ID:SALha2Q9O
どれもハズレ…
340 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:45:59.12 ID:eo663Mwf0
1つ目の質問

A 柱の一族という生物は、休眠するのか?

B 以前夜行性だと言っていたが、なぜ平日の昼間も起きているんだ?

C 柱の一族の暮らしぶりを知りたい

D 石仮面は、君が開発したもの以外にも存在するのか?


これは、どれを選んでいてもあまり大差ない選択肢でしたが、

「柱の一族という生物は、休眠するのか?」「石仮面は、君が開発したもの以外にも存在するのか?」だといきなりすぎるので、ちょっと不審に思われていました。
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:46:04.55 ID:MCorYx1HO
答え合わせやってくれてる間に
これで半分揃ったTipの整理もしておきたいな
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:49:15.54 ID:+W+48vh10
あそこでBを選ぶ度胸はなかったわ
343 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:51:12.75 ID:eo663Mwf0
2番目の質問


A 今の話からすると、君が作ったもの以外にも石仮面はあるのか?

B 君が休眠に入るのはいつだ?

C なぜ「柱の」一族なのだ?

D 宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?


「今の話からすると、君が作ったもの以外にも石仮面はあるのか?」は最良の選択肢でした。

「君が休眠に入るのはいつだ?」は予想している方もいる通り、地雷でした。スコヤの不信感が上がる選択肢となっていました。

(ただし、最初の選択で「いずれこの須賀京太郎に牙を……」を選んでいれば、特にペナルティなし)

「なぜ「柱の」一族なのだ?」は毒にも薬にもならない選択肢でした。特に話が進展もせず、問答が終わりに近づく感じなので、むしろあまり良くないです。

「宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?」は良くもあり悪くもある選択肢でした。「太陽超克の儀式」に話が近づく代わりに、宮永照への敵意を上げてしまうことに繋がります。
344 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:54:40.50 ID:eo663Mwf0
3つ目の質問


A 君が休眠に入るのはいつだ?

B どうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?

C 宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?

D 「儀式」とはなんだ?


「君が休眠に入るのはいつだ?」は2つ目の質問と同じく、スコヤの不信感が上がる地雷。

「どうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?」は毒にも薬にもならない選択肢でした。

「宮永照が太陽の下でも活動できるのはなぜだ?」は2つ目の質問と同じく、良くもあり悪くもある選択肢でした。

「「儀式」とはなんだ?」は正解。自然な流れで「太陽超克の儀式」に迫れていました。
345 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 10:57:59.68 ID:eo663Mwf0
4つ目の質問


A ところで、君が休眠に入るのはいつだ?

B ところでどうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?

C ところで、太陽を「克服」する「別の方法」とはなんだ?

D ところで、「儀式」とはなんだ?


「君が休眠に入るのはいつだ?」は2つ目・3つ目の質問と同じく、スコヤの不信感が上がる地雷。

「どうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?」は3つ目と同じく、毒にも薬にもならない選択肢でした。

「ところで、太陽を「克服」する「別の方法」とはなんだ?」はベストな選択肢でした。自然な流れで「太陽超克の儀式」に話が近づきます。

「ところで、「儀式」とはなんだ?」はベターではありますがベストではありませんでした。「太陽超克の儀式」に迫れますが、話が少し戻るので、スコヤは京太郎の動揺を悟っています。
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 10:59:20.88 ID:MCorYx1HO
ゴールが見えてこなくて焦りだしてるよな
無理もない
347 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:06:27.18 ID:eo663Mwf0
5つ目の質問


A 宮永照への敵意を緩和するように努め、話を切り上げる

B そのまま話を切り上げる

C ところで、君が休眠に入るのはいつだ?

D 休眠に入る条件はなんだ?

E ところでどうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?


「宮永照への敵意を緩和するように努め、話を切り上げる」はINT判定に成功すれば、照が儀式を行った可能性を指摘できる選択肢でした。

失敗していれば、照をかばおうとしているとだけスコヤに悟られて話は終了していました。その場合、照はスコヤに監禁され、1週間以内に助け出さないと死亡することになっていました。

また、界・咲・照の母親の偽者は死亡していました。

(さすがにそうなったらリセットを望む声が上がると思うので、ペナルティ付きで最初の選択肢に戻ることを考えていましたが)


「そのまま話を切り上げる」は最悪の選択肢でした。tip5は入手できず、照はスコヤに監禁され、界・咲・照の母親の偽者は死亡していました。


「君が休眠に入るのはいつだ?」はこれまでの質問と同じく、スコヤの不信感が上がる地雷。上2つよりはマシですが……。


「休眠に入る条件はなんだ?」は、アナザーワンが直接聞くのはマズいと思っていた通り、スコヤの不信感が上がる選択肢でしたが、

一応「太陽超克の儀式」で「術者」が休眠状態に入る条件というのを聞き出せていました。


「ところでどうやって、一万年以上前の柱の一族に関する情報を手に入れたんだ?」はこれまでの質問と同じく、毒にも薬にもならない選択肢でした。

この質問で、できる質問は残り1個になりました。
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:10:17.22 ID:+W+48vh10
危ないところだったな ABは地雷だったか
349 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:10:54.56 ID:eo663Mwf0
6つ目の質問


A 以前夜行性だと言っていたが、なぜ平日の昼間も起きているんだ?

B なぜ「柱の」一族なのだ?

C 君が休眠に入るのはいつだ?

D 宮永照が「儀式」を実行した可能性は?

E 休眠に入る条件はなんだ?


「以前夜行性だと言っていたが、なぜ平日の昼間も起きているんだ?」「なぜ「柱の」一族なのだ?」は毒にも薬にもならない質問で、tip5は入手できず、照の監禁・咲・界・偽者の死亡に繋がっていました。


「君が休眠に入るのはいつだ?」は、スコヤの不信感が上がった上、tip5は入手できず、照の監禁・咲・界・偽者の死亡に繋がっていました。


「宮永照が「儀式」を実行した可能性は?」が正解です。照への敵意を削ぎながらも、「太陽超克の儀式」で「術者」が休眠状態に入る条件というのを聞き出せていました。


「休眠に入る条件はなんだ?」は、前の質問と同じく、アナザーワンが直接聞くのはマズいと思っていた通り、スコヤの不信感が上がる選択肢でしたが、

一応「太陽超克の儀式」で「術者」が休眠状態に入る条件というのを聞き出せていました。
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:12:53.59 ID:SALha2Q9O
一発勝負でこの複雑なのはさすがに無理だろう
『できるわけがないッ!』
351 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:13:24.81 ID:eo663Mwf0
どこかで照監禁・咲・界・偽者死亡になる選択肢が選ばれた場合、>>1000ボーナスで救済しようと思っていました(あれがなければ一発アウトでしたが……)

もしアナザーワンのINT判定で失敗した場合は、「休眠に入る条件はなんだ?」とストレートに聞き出すことになっていました。
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:16:48.95 ID:98QhTbQVO
元々相当難しいって作者が明言していたからね
まあ大きな地雷を踏まずに選択肢良く選んでくれたよ
ただ最後のDテメーは駄目だ
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:17:26.66 ID:+W+48vh10
まさか 選択し次第でそんなゲームオーバーみたいな展開になる何て想像もしてなかったわ 救済に感謝
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:18:34.40 ID:98QhTbQVO
咲が死亡対象リストに入っているってことは
本作での咲はあくまで麻雀の魔王であって
素の身体能力は平凡って解釈で良いのかしら
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:19:55.30 ID:+W+48vh10
すこやん怖い
356 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:21:03.90 ID:eo663Mwf0
最後の京太郎からスコヤが「喉から手が出るほど」知りたがる話をする場面の選択肢です。


A この前の花火大会の日、石仮面らしきものを見た

B 休眠している柱の一族がいるらしい

C 宮永照は超生物かもしれない

D この須賀京太郎は、そのうちネコを殺すらしい

E この須賀京太郎は、怖いものが苦手なんだ

F 「茶海」という謎の空間があった

G 雀明華というスタンド使いと接触した

H 三尋木咏はどうやらこの須賀京太郎に好意を抱いているらしい

I 俺の部活にはスタンド使いが2人いる

J この須賀京太郎の『キラークイーン』の能力が知りたくはないか?

K 俺の同輩にとても優れた才能を持った人間がいる


最初に「……休眠している柱の一族を発見した」、または「いずれこの須賀京太郎に牙を…」を選択していれば、この選択肢は発生しませんでした。


「この前の花火大会の日、石仮面らしきものを見た」、「この須賀京太郎は、そのうちネコを殺すらしい」、

「この須賀京太郎は、怖いものが苦手なんだ」、「三尋木咏はどうやらこの須賀京太郎に好意を抱いているらしい」は、スコヤの不信感が上がりますが、ベターな選択でした。


「休眠している柱の一族がいるらしい」は宮永愛のことを話さなくてはならなくなる選択肢でした。


「宮永照は超生物かもしれない」は、照監禁、咲・界・偽者死亡に繋がる選択肢でした。


「「茶海」という謎の空間があった」は、スコヤの興味を引けますが、選んでいると後々……?


「雀明華というスタンド使いと接触した」は、スコヤの興味を引けますが、明華がスコヤに抵抗して殺されていました。


「俺の部活にはスタンド使いが2人いる」は、スコヤの興味を引けますが、選ぶと、これ以降マタンゴと岩貞は部活に顔を出すことがなくなっていました。


「この須賀京太郎の『キラークイーン』の能力が知りたくはないか?」は、スコヤがまだ知らない『キラークイーン』のスタンドの秘密がバレるという、スタンド使いとしては致命的な状態になっていました。


「俺の同輩にとても優れた才能を持った人間がいる」は、スコヤの興味を引けますが、選ぶと、しばらく同輩とは会えない状態になっていました。
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:21:24.25 ID:98QhTbQVO
1000はちょっとパッシブで保守的すぎないかと思ったが
結果的に上手いこと機能してくれたな
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:24:02.75 ID:+W+48vh10
なるほど Hの選択は悪くはなかったのか 良かった
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:24:48.99 ID:pk/AZmv00
高難度安価は直下じゃなく少し離した方がいいかも
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:25:53.30 ID:+W+48vh10
スタンドの話はしなくて正解だったか 
361 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:26:14.50 ID:eo663Mwf0
最後の「術者」を当てる選択肢の正解は、一応まだ秘密ということで……スコヤの不信感が上がったことでどうなるのかというのも秘密

もしベストな選択しかしていなければ、スコヤの不信感を上げずにtip5・6をゲットできていましたが、正直あまりそうなるとは思っていませんでした

むしろ、今回の選択肢は地雷を踏みぬかなかったので全然セーフですね!

6つ目の選択肢の失敗も、>>1000ボーナスというセーフティネットで何とかなりましたし。前スレ>>1000のお手柄ですね

362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:27:02.01 ID:SALha2Q9O
ゲームだったら難易度高すぎの糞ポイントだったな
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:27:53.49 ID:98QhTbQVO
平日昼はそもそも人少ないしこんなもんだろ
変に空けてもデメリットしか生じない
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:28:57.29 ID:+W+48vh10
良かったわ 1000とボーナスに感謝 まあ誰がやっても一回は地雷踏んでたやろ
365 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:30:11.98 ID:eo663Mwf0
>>359
なるほど……その点はちょっと反省ですね

セーフティネットもあるしいいだろと思って、パワポケみたいな難しい選択肢の連続をちょっとやってみたかったんですが、結果的にtip5もゲットできましたし良かったです
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:30:51.08 ID:+W+48vh10
直下じゃないと時間帯によっては話が全然進まなくなるから直下でよし
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:31:36.10 ID:98QhTbQVO
何気に最初のはったりが一番の難関じゃね
あれ選べる奴おるんか
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:31:41.96 ID:SALha2Q9O
最近麻雀戦がなくて寂しい
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:32:37.60 ID:98QhTbQVO
麻雀は合宿で入るだろ
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:35:11.84 ID:98QhTbQVO
Tip6は最後の選択肢当てれば入手できたのかな
とりあえず次も10選んでおけば間違いにはならないか
371 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:41:52.48 ID:eo663Mwf0


|\_/ ̄ ̄\_/|
\_|  ▼ ▼ |_/
   \  皿 /
  (⌒`::::  ⌒ヽ
   ヽ:::: ~~⌒γ⌒)  楽しんでもらえたかな?
    ヽー―'^ー-'
     〉    │


とりあえずこれで、一応は照が絶不調でインハイに臨むことはなくなりました!(だから厳しい選択肢だったというのもあります)

でもここまで来たら照イベント完遂したい感はありますね

tip7は入手の際にそもそも手段を思いつくかどうかが難しくて、tip8はINT判定無しで思いつけますが、入手がちょっと難しいかも?tip9はINT判定無しで入手できますけどね

菫さん・たかみーはインハイ前のパワーアップは厳しいかもですが、国麻があるから……(こっから菫さんまたはたかみーに振り切るのもアリではありますが)

麻雀はほら……インハイでたくさんやるから!多分飽きるほどやるでしょう……飽きないように、色々と相手チームの能力を考えたり、インハイのシステムをいじったりはしましたが


では、安価出して>>1は昼ごはん食べてきますね

お付き合いいただきありがとうございました!
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:44:06.12 ID:+W+48vh10
おつ
373 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 11:44:12.76 ID:eo663Mwf0
2018年8月8日(水) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:123/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:74
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:38 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(53)
・小鍛治健夜(25) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(220)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:29/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族
  tip5:太陽超克の儀式


安価↓1
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:44:35.66 ID:+W+48vh10
4明華
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:46:47.93 ID:SALha2Q9O
10
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:48:23.90 ID:SALha2Q9O
>>374
お前さっきD選んだのもしかしてわざとか?
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:49:04.47 ID:98QhTbQVO
流石に10で
ここで4は頭おかしい
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:52:11.12 ID:+W+48vh10
違います 最初はDだと思って後からしっかり読み返したら違うかもってことに気がついたので本当にすいませんでした 
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 11:54:14.26 ID:SALha2Q9O
だとしてもここで明華は無い、頭おかしい完全に無駄行動だろ
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:00:53.56 ID:Xr5npn+4O
そもそもすこやんの選択肢から全部お前さんが連取りしてるんだし
いくらなんでもここまでの連続、それも無駄行動は駄目でしょ
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:06:00.31 ID:+W+48vh10
4を選んだ理由は読み返した時に同輩の時の主の機転が利いていてすごいなと思い明華 を選んだ場合どうなるのか興味があったので選びました
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:08:18.35 ID:+W+48vh10
連続で安価を取ったのは人が少ないと思ったので取りました Dに関しては本当にすいませんでした
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:08:50.16 ID:ALkkp/tA0
つまり作者への嫌がらせや無茶振りが目的ってことよね
駄目だろそんなの
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:11:39.80 ID:SALha2Q9O
穏便にすんだけど微妙な結果になったのこのカス野郎のせいだろ
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:14:19.23 ID:+W+48vh10
何で4を選んだことが嫌がらせになるんですか?別に期間が迫ってるとかではないんですよね?
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:16:51.16 ID:ALkkp/tA0
思いっきり期間が迫ってるんだよなあ
開き直んな
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:27:23.50 ID:eMwZBcAQ0
期間が迫ってるなんて言われてないのに発想が出るあたり完全に確信犯で間違いないわな
明華を選ぶ辺りも含めてな
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:29:54.79 ID:SALha2Q9O
推理苦手だから静観してたけどこんなクソ野郎がやるなら参加するべきだったか
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:37:39.00 ID:eMwZBcAQ0
こいつまさかどこぞの作者じゃないだろうな
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:41:28.62 ID:+W+48vh10
期間が迫ってるって話については返答の例えであって実際期間が迫ってるみたいなアナウンスもないし 問題ないと判断しただけです
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:52:18.51 ID:ALkkp/tA0
これはDもわざとっぽいな
結局作品と皆の足を引っ張りたいだけじゃねえの
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 12:55:59.45 ID:+W+48vh10
Dに関しては本当にわざとではありません それだけは言えます 
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 13:03:43.60 ID:+W+48vh10
すこやんの時に関しては時間が早朝であり本当に人が少なかった為結果的に僕が全部安価を取る形になりましたがいくら俺でも自分で取った安価をすべてわざと無駄にするような行為はしません
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 13:04:27.70 ID:eMwZBcAQ0
自慰はわざとで
このままねじ込ませれば俺の勝ちとか考えてんのがなあ

客観的に考えても極度の緊張から戻って
色々な重要な情報の整理差し置いてやるようなことじゃない
395 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 13:27:48.02 ID:eo663Mwf0
戻ってみれば荒れている……ッ!!

自分のスレが荒れるのなんて久しぶりなので流石にビビりました

まぁ確かに期間は迫っていますし、正直マジで明華?とも思いましたが、明華オナニーも書いてて面白いような気はします

今が8月8日で、11〜13は合宿なので、8月8日の行動も含めればあと3回しか猶予はない…つもりでしたが

今回は特別にオナニーの後に照イベント選択したってことにしておくので、それで収めましょう

照イベントがインハイまでに終わらなかった場合、前の同輩で自慰行為した件も無駄行動ということで荒れる気がするので、14〜16も行動可能にしておきます

17に開会式ということで

安価は自由にとってくれていいんですが、荒れるのは嫌なのでこういう措置をとります
396 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 13:31:01.40 ID:eo663Mwf0
                __, . : ´  ̄ ̄ ` 、
        、__, . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ
        \` < . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
         \  `ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
          八_≦=\: : : : : / . : __: : : : : : : . ヽ
        / .: : : : : : : : : : : / . : /   //l : : : : : : . l\
       / .: : : : : : : : : : / \/     l/  |ノ ヽ: : : : :|: . ヽ
      / .: /: : : : : : : : /\_/`\           | : : : :|: : : . \_
    _/ .:// : : : :/⌒V. :/___ ヽ    __| : : : :|二ニ=ー'
    ̄ ̄ / : :/lハ  /: /〃 丿厂ヽ     ´_  | : : : :|
         |: :/  l : :/ / 〈「し.:/       ,彳フヽ /: l : : |
        ∨   | :/ ∧⊂⊃`¨´      /し:/ ノ/: :/l: : :|     まぁみんな仲良くするし!
      ___ /W//∧          , `ー'′ /: :/ l : :|
     // ̄\\ |ノ ̄\ヽ    ` ー 、_,  ⊂ノ人l  l : |     仲良きことが一番だし!
    〃 ̄\ \\    \\         / レ'     l :/
   〃    \ \\    ヽ ` / ̄厂`丶、__     レ′
  〃      \ \\    l__/     // ∧
 //        \ >ー 、 |  /    // / l




               __, . : ´  ̄ ̄ ` 、
        、__, . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ
        \` < . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
         \  `ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
          八_≦=\: : : : : / . : __: : : : : : : . ヽ
        / .: : : : : : : : : : : / . : /   //l : : : : : : . l\
       / .: : : : : : : : : : / \/     l/  |ノ ヽ: : : : :|: . ヽ
      / .: /: : : : : : : : /\_/`\           | : : : :|: : : . \_
    _/ .:// : : : :/⌒V. :/`ヽ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二三
    ̄ ̄ / : :/lハ  /: /`ヽ / ´`ヽ _  三,:三ー二二
         |: :/  l : :/ /   ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄ ̄
        ∨   | :/ ∧⊂⊃ミ }  ...|  /!ヘ;;;;丿
      ___ /W//∧   _}`ー‐し'ゝL _
     // ̄\\ |ノ ̄\ヽ    ヘr--‐‐'´}    ;ー--------
    〃 ̄\ \\    \\   ヾ:::-‐'ーr‐'"==-──
   〃    \ \\    ヽ ` / ̄厂`丶、__     レ′
  〃      \ \\    l__/     // ∧
 //        \ >ー 、 |  /    // / l



ということでオナニー→照イベントの流れで再開します
397 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 13:38:45.99 ID:eo663Mwf0

―須賀家・自室―


京太郎(「太陽超克の儀式」は柱の一族を日光の下でも活動できるようにする儀式…)

京太郎(ならば、誰かが宮永照に対して「儀式」を行ったということではないのか???)

アナザー京『……はぁ』

京太郎(うーむ……イマイチ考えがまとまらないな……)

京太郎「ここは、自慰行為でもして気分転換を図るとするか!」 

アナザー京『』 ガクッ

アナザー京『相棒バカすぎ問題』

アナザー京『「1巡前」の須賀京太郎は頭脳明晰で鳴らしていたというのに……なぜその知能はおれだけにしか引き継がれてねえんだ?』

京太郎「やかましいな……俺はアナザーワン、貴様よりも欲望に忠実というだけだ」

アナザー京『なるほどな。欲望に忠実なサルだから、人間様より知能が低くても仕方ねえってわけか』

京太郎「黙れッ!!これは雀明華で射精した後にすっきりとした頭でモノを考えようという戦略なのだッ!!」

アナザー京『あっそ……』




ヘブンズタイム判定(明華なので成功以上確定、好感度上昇率4倍)

01〜50 失敗     好感度28アップ
51〜00 大成功    好感度36アップ

44以外のゾロ目、ゾロ目±1  超成功 好感度44アップ 
13,44,42            大失敗 好感度12アップ

コンマ↓1
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 13:43:03.58 ID:+W+48vh10
ha
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 13:48:35.17 ID:+W+48vh10
先ほどは自分のせいで荒れてしまい 主さん及びに掲示板の方々に互いなる迷惑をかけたことをここに謝罪します 本当にすいませんでした 自分で取った安価なので責任取って自分でコンマも自分取らせて頂きました 本当にすいませんでした
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 13:56:30.56 ID:SALha2Q9O
明華ルートとか本気で嫌なんだけど
401 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 13:57:03.23 ID:eo663Mwf0
―須賀家・庭―


明華(さて、今日の京太郎さんは何をしているのでしょう?) ヒョコッ

明華(今日も麻雀の練習に励んでいるのでしょうか?)

明華(それとも、今日も奇妙な「手のおもちゃ」を使って自慰行為をしてらっしゃるかも……)


恋する乙女・雀明華は今日も京太郎の庭に潜んで、ひっそりと窓の外から京太郎を「見守ろうと」していた

流石の京太郎も自宅内での行動が見られているなどとは思っていないので、迂闊にもカーテンを閉め切っていなかったのだ

これは、カンの良いアナザーワンにすら気づかせないほど、雀明華のストーキング能力が天才染みていることの証明でもあった


京太郎「やかましいな……俺はアナザーワン、貴様よりも欲望に忠実というだけだ」


明華(あ……また「手のおもちゃ」を取り出してズボンを降ろしてらっしゃる……自慰行為をするんですね)

明華(初めに見た時は本物の人間の手かと思って焦りましたが、メグちゃんに相談してみたところ、「それはきっと大人のオモチャでスヨ」と言っていましたし……)

明華(本物の人間の手でしたら、日にちが経てば蝿がたかったり、腐ったりしそうなものですし……きっと玩具ですよね。要らぬ心配をしてしまいました)

明華(それよりも、誰もいない虚空に向かって話しかけてらっしゃることの方が心配ですが……)

明華(京太郎さんにはよくあることですし…きっとストレス発散の一種なのでしょうね。独自の自己管理方法を編み出してらっしゃるあたり、流石です)


京太郎「黙れッ!!これは雀明華で射精した後にすっきりとした頭でモノを考えようという戦略なのだッ!!」


明華「!!」

402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:01:24.08 ID:ALkkp/tA0
キャラは悪くない
何回も同じこと繰り返す奴が悪い
前回の深夜の同僚自慰も時間によっちゃ今回並みに荒れてたところよ
403 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:03:56.93 ID:eo663Mwf0
                ____   ___
               / ̄>―‐`´    \
             /  /        \   \
                /                \
                  /     /   ∧  ',    \
              /,    / / l     ',  }    l\\
             //   - /l/^ l|   | -l ,∧    l| |\\
.           //  ′   /-l- j|   | -l/l ∧   l\  \\
          l | {   |斤苧i从  :|,斤苧ミ l   | |\  )ノ
           八{ 八  八 ヒ)ソ  \:{_ ヒ_)ソ^》  | | |  \
           \ i\从|\    ,   、、、、/  /}ノ |   }   きょ…京太郎さんが私で自慰行為を…?!!
              /   人 u    _     フィ^   l|   ノ
               /   / /个ト ../)´ '/)、.. イ  | |   ,
           /   / / //⌒// ///-- .  | |   ′
.           /   / / (∨/_,ノ// /)  `゙丶|    ,
          /   //:    ∨   └ /∨   ∨
.         /   /       |    /  ∨   //\   \
.       /  /二ニ=-    l    /\   |  //ニニ \   \
     / / {二ニニニニニニ |   /___Y⌒V/二二ニ \   \
    / /   {二二二二}ニ'  /二ニニ|  ∨二\二ニ、 \   \
.   //    /{二二二二l/   ,二二二|   ∨二ニ∨二〉  \   \
   {{    / {二二二二′  ,ニニニニニ|   ∨二ニ∨/    \   \



―室内―


京太郎「雀明華…ッ!!君は本当に美しい「手」をしているよッ!!」 シコシコ

京太郎「(性格の異常さも相まって)屈服させたくなるから最高だッ!!」 シコシコシコシコ

京太郎「やはり…!雀明華だと興奮の度合いがまるで違うッ!!」 シコシコシコシコ

京太郎「以前の同輩での実験で判明した通り…!最高の「ズリネタ」だよッ!!君はッ!!」 シコシコシコ

京太郎「あぁ…!!気持ちがいい…!なんという快感だ…!!」 シコシコ

京太郎「君の首を絞めたい…!!以前『キラークイーン』でボコボコに殴ってやった後、水責めをして苦しそうにしてやったよなァ!!」 シコシコシコシコ

京太郎「そして何発もビンタしてやったッ!!あの時の苦しそうな顔…なんてカワイかったろう?!?!忘れられんッ!!!」 シコシコシコ


―屋外―


明華「きょ…京太郎さんが…!」

明華「私のこと、「カワイかった」って……!!」 カァァァァァ
404 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:10:12.89 ID:eo663Mwf0

―室内―


京太郎「腕をもぎたいッ!!背中を切り裂きたいッ!!首を絞めたいッ!!」 シコシコシコ

京太郎「その時彼女は、どんなにカワイイ顔で苦しむのだろうッ?!?!?!あァーーーーーーーーーーッッ?!」 シコシコシコシコシコ

京太郎「ぐッ!!も、もう「イク」よ…!!君をブチのめす妄想で絶頂するッ!!」 シコシコシコシコシコ

京太郎「死ねいッ!!!雀明華ァーーーーーーーッッッ!!!!!」 ドピュルルルルルルルルルルルルルルルル

京太郎「……ふぅ」 スッキリ

京太郎(……くだらんな。そして皮肉なものだ)

京太郎(大嫌いな雀明華が最高の「ズリネタ」となってしまうこの須賀京太郎の性癖というものはね……) フッ



―屋外―


明華「きょ、京太郎さん……♥ 」 ジュンッ

明華「なんて危険な性癖をもってらっしゃるんでしょう……」
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:11:14.15 ID:SALha2Q9O
明華も最初は友人から始めれば可愛かったのに今じゃ嫌悪感しか感じないよ
406 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:11:31.71 ID:eo663Mwf0

明華「で、ですが……」

明華「わ…私……京太郎さんになら、何をされてもいいです…♥ 」


                 、
       > ‐==‐/<"
     .///./    `ヽ、
     / / / /   ヤ   ヤヽヽ
    .! .//   i i   i .i  ャ 
    l// /  /ノノヽ  ii j   !ヽ
  ./.! /// / _  .j ./_リ リ / ノ
    .!  / / r示ミ`//f j.iノノャ´
    i.  i /  ヾ ツ    ` i  Nヽ
    i  ヘ i `ュ 、.""  _   /  ヘ`
   .i    ` ィi、 > 、_ <! .ヘ ヾ
   j   j /ヽ、 `>ュュ、 iヘ ヾ ヘ \    京太郎さんの愛を一身に感じられて……
  .// j  .i イニニ\ヽ、 ヤヽ-ュヤ i.ヘ \ \
  // .i  jlニニニニニ\.ヽiiiiiiiiiiiiiiュ、 ヽ \ ヽ
. // ./  j i ニニニニニニ\`ゝiiiィ ´ .` < .ヽ i    私……本当に幸せです……♥
// /i  .i iニニニニニニニニヽ       .}  ).!
/  i !   ! .} ニニニニニニニニi       j/ i
  i ヘ  ! .!ニニニニ/ニニニニl        /  /
  i  丶 i .iニニニニlニニニニニ!        { ./
\ ヽ  \iニニニニiヽニニニニi        }/
  >-`  iニニニニl .iニニニニ!       .l
      イニニニニ! .lニニニニ!       l、
      .|ニニニニ|  .!.ニニニ|   \  j 、
      l ニニニニ!  ィニニニi    .\{ニム
      | ニニニニ}/ニニニ/      `! ヾ、
      lニニニニ/ニニニニ/        iヽ .、`ヽ
      |ニニニ |ニニニニ/        .ゝヾヾ弍
      !ニニニ iニニニ./          }ニ!
      !ニニニ |ニニ /____ ,,,,,,, ..... 。s<´\
      i_ 勹、ニ./ニニニニニニニニニニニニニニ\
      /   ,.} ヽ´ニニニニニニニニニニニニニニニニ> 、
     .{.ィィァ !ァ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ> 、
      ヤ!.i| !./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ> 、
      ヾ ^/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>、
       ./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>、



〇明華の好感度が36上がった!

●体力が25下がった。

●SAN値が1下がった。
407 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:14:24.72 ID:eo663Mwf0
明華とかいう爆弾

もはやネタ的な話しか書けない


では照イベントのINT判定

01〜26 失敗

27〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:14:56.24 ID:9ml+qoM1O
どんな安価取ろうと自由だと思いたいけど、流石にこの流れでその選択するのは俺でも違うと思うわ

作者の機転で何とか照イベントできるけど今後もあると思わないよう考えて安価取らないとな
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:15:26.15 ID:9ml+qoM1O
すみません、ROMります
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:15:37.31 ID:ALkkp/tA0
はい
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:17:53.23 ID:SALha2Q9O
バイツァダストしてぇ…
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:17:54.09 ID:ALkkp/tA0
自慰はSAN値下げるわ体力下げるわイベント進まないわのデメリットしかないし
可能ならば選択肢から外してほしい
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:19:08.83 ID:SALha2Q9O
本当に作者の力量次第だな安価スレは
414 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:19:53.27 ID:eo663Mwf0
こんなことあるんすね……流れ悪すぎワロエナイ

>>412
わかりました

流石に永続的になくすと、白糸台メンバー以外の好感度上げづらくなっちゃうんで、とりあえず照イベントとインハイ終わるまで禁止ということで
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:20:07.25 ID:eMwZBcAQ0
24ひっくり返すと42だし
照安価やっぱ呪われてないかこれ
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:26:17.32 ID:+W+48vh10
初めてSS速報の安価取りに参加して見ましたが自分には向いてないことがわかったのでROM(観覧勢)に回らせて頂きます これ以上書き込んでも荒れるだけなので安価も今後は取らないようにします 最後に本当すいませんでした
417 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:26:48.74 ID:eo663Mwf0

京太郎「……ふぅ」

アナザー京『……で、相棒。スッキリした頭とやらで、おれが呆れてる理由は分かったか?』

京太郎「……いや、分からん……」

アナザー京『』 ガクッ

京太郎「尋常でない射精感のせいで、脳が麻痺していてね……ボーっとして、とても何かを考えられる余裕はない……」

アナザー京『こ…こいつ…!救いようがねえとは、このことだぜ…!!』

アナザー京『相棒、てめえ!!しばらくオナニーは禁止だッ!!』

京太郎「なにッ?!」

アナザー京『宮永姉妹の「確執」を解決して…インハイも終わるまで、オナニーすることはこのおれが許さねえぜッ!!』

京太郎「ばっ、バカなッ!!ふざけるんじゃあないぞッ!!アナザーワン!!」

アナザー京『ふざけてるのはてめえだろ、このイカレ性癖のサル野郎が』

アナザー京『これから一度でもオナニーしてみろ。体の支配権を奪ってスコヤの「左手首」を波紋を流してドロドロにしてやる』

京太郎「なっ、なにィィ?!?!」

アナザー京『ちっ…!今日のところは、大人しく「切り札」の開発でもしていろ…!』

京太郎「な、なんて強引なヤツ…!!」



「切り札」の開発コンマ判定

01〜25 大失敗    経験値4アップ
26〜50 失敗     経験値6アップ
51〜75 成功     経験値8アップ
76〜00 大成功    経験値10アップ

44以外のゾロ目、ゾロ目±1  超成功 経験値15アップ 
44,42            大失敗 経験値4アップ

コンマ↓1
418 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:28:57.44 ID:eo663Mwf0
>>416
いや、>>1としては人が少ないときとか安価取ってもらえるのはありがたいんで、ROMれとかはないんですけど

安価は自由と言っても一応他の参加してくれてる方の気持ちを汲み取ったり、連取りで変な安価はやめたりした方がいいかも、ってカンジじゃあないですかね

コンマは↓
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:30:41.29 ID:ALkkp/tA0
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:32:05.34 ID:ALkkp/tA0
うーむすまん
本当流れが悪いな
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:37:13.03 ID:SALha2Q9O
爽快感を感じてスッキリしたいのに、腐ったごみ溜めみたいな空気で全然スッキリしねぇ
422 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:41:18.28 ID:eo663Mwf0

数時間後……


京太郎『……どうだ?アナザーワン』

京太郎『今回は、そこそこにできたと思うんだが……』


                               ─
                        >''"       \ へ                   / ̄`丶、
                         / /         !   \                  /.       ヽ
                       ///  / /    /   \_ゝ                 |     } |
                   _/ / /\//    ,.     \               |      /  |
                      ⌒7 {/ < 外、/// / }      ∨          __.     |     ./  /⌒\
                      /从  ¨´/' //─|‐/  、  ∨        /    \ /|   /  /      \
                       人|       /'ヽ苳 |/ /. {\ ∨       {      | ̄`─  ̄./      / /
                       | |          / / / |  \.      \     |.      /    / /
                        |∧   ̄ ヽ    /人/\{            \.   |───/.    / /\
                     ,へ ´|∧        イ       `              Λ   ̄ ̄厂{    / /   \
                      |  `|   ー s≦二ニヽ                    /    /  `¨゛  /     |
                   /\_|  _仁二二二/,,.. -‐/⌒\           {               /     \    ……ダメだな
                ,,.+''’Λ  |   |二ニ=‐,,.+''’二二ニ/二二二\.         \.           /     /  |
               「ニニニニΛ  |──|二二二二二二ニ/二二二二二\         \.         /       /    |
               |ニニニニΛ..|.. /二二二二二ニニ/ニニニニニニニ\         >、    /    /    |
.            _j{ニニニニニΛ|/ニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ\_..  /ニ圦   〈     /      |
            /ニj{ニニニニニニ|ニニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ ̄ニニ⌒/ニニニ∧   \_/       /
         /ニニj{ニニニニニニニニニニニニニ=‐ ‐=ニニニニニニニニ/ニニニニニニ∧   \   _ /
           /ニニニj{ニニニニ0ニニニニニニニニニニ=‐ ‐=ニニニニニニ/ニニニニニニニ∧.      ̄ ̄ /|
.          /ニニニニj{ニニニニニニニニニニニニニニニニΛ''+.,,ニニニニ{ニニニニニニニニ∧    _/  |
         /ニニニニ/|ニニニニニニニニニニニニニニニニΛ  ‘''+.,,ニニニニニニニニニニニ∧/.      |
.        /ニニニニ/. |ニニニニニニニニニニニニニニニΛ       ‘''+.,,ニニニニニニニニニニΛ     /
      /ニニニニ/. |ニニニニニニニニニニニニニニニ/           ‘''+.,,ニニニニニニニニニΛ   /
.     /ニニニニ/   |ニニニニニニニニニニニニニニ/              ‘''+.,,ニニニニニニニ \_/
    /ニニニニ/   |ニニニニニニニニニニニニニニ/                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.   /ニニニニ/    |ニニニニニニニニニニニニニニ/



京太郎『なにィ?』

アナザー京「まるで精度が上がってねえ……前に言ったことを忘れたのか?」

京太郎『ええと……なんだったかな?』

アナザー京「このマヌケッ!!牌を削った部分と削っていない部分との間に「へこみ」が生まれていると言ったろうがッ!!」

京太郎『あ、ああ……そうだったね…』

アナザー京「解決策を考える、と言っていたが……まるで考えていねえじゃあねえか」

京太郎『す、すまない……忘れていた』

アナザー京「……やれやれだぜ」 ハァ

アナザー京「もういい……今日は終わりだ。さっさと休め」

京太郎『あ、ああ……すまないね……』



〇「切り札」の開発経験値が6アップした!

●体力が30下がった。
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:41:47.77 ID:+W+48vh10
>>418
はい しばらくは疲れてるので無理ですが休みの日で人が少ない時には時々取らせていただきます
424 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 14:42:04.93 ID:eo663Mwf0
2018年8月9日(木) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:68/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:74
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:37 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(113) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(113) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(53)
・小鍛治健夜(25) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(256)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:35/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

× 4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族
  tip5:太陽超克の儀式


安価↓1
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 14:58:53.92 ID:+W+48vh10
10判定はお任せします 
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 15:44:02.59 ID:SALha2Q9O
自慰は問題外だけどずっと同じ選択肢選び続けなきゃいけないのはちょっとげんなりしてくるな
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 15:56:40.04 ID:pk/AZmv00
ハズレ踏んだときがなぁ
なんとなく咲の方探った方がいいのかとか思ってるけど
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 16:11:14.30 ID:SALha2Q9O
京太郎も疲れきってるだろうな、先は見えないしアナザーはさっさとやれと急かすし
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 19:22:04.77 ID:ALkkp/tA0
うろつきでピンポイントの対象踏めればイベント進められるんだろうけどな
こういう時にランダムイベントみたいなのが流れを変えてくれると良いんだが
430 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 19:30:51.92 ID:eo663Mwf0
では照イベントのINT判定

01〜26 失敗

27〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

44,42 失敗

↓1



あと、さっきの明華オナニーの時に3の倍数だったの忘れてました


ランダムイベントの内容判定



01〜05 炎と氷 京太郎とスコヤ

06〜13 燃えよ地獄の釜淵(ヘル・エッジ・ロード)

14〜21 瑞原はやり孤独の青春

22〜26 王の中のソロモン王

27〜34 忍び寄る沈黙の影

35〜39 未来からの手紙

40〜44 キャッチ・ザ・レジェンド(伝説の日々に)

45〜47 マートンは須賀京太郎が好き

48〜50 ぼくの名は清宮幸太郎

51〜54 弘世菫(シャープシューター)

55〜58 「たかみー」の収穫

59〜62 風に帰る雀士

63〜66 「釣り」(フィッシング)に行こう!

67〜70 そいつの名はのどっち

71〜80 『セト神』の金本

81〜85 侵略者テル

86〜00 クレイジー・ダイヤミョンファは挫けない


↓2
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 19:31:58.52 ID:f2yrl2dv0
はあっ
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 19:35:58.70 ID:VaNjuOjk0
菫さんを!
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 19:54:31.89 ID:GN8mS9cYO
ナイス
434 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:25:37.43 ID:eo663Mwf0

―廊下―


京太郎(……参ったな)

京太郎(まるで考えがまとまらない……)

京太郎(なんというか…慢性的な疲労感が頭をもたげてずっしりとのしかかっているような感覚がある……)

京太郎(ここ最近は……この須賀京太郎が目指す「平穏」な生活とはかけ離れた…精神をすり減らすような日々が続いているからだ…)

京太郎(宮永姉妹の「確執」を解決しなければいけないという焦り……小鍛治健夜との息が詰まるような交渉……)

京太郎(「茶海」での恐怖体験や雀明華の存在自体もそうだ……)

京太郎(苦しい出来事が立て続けに押し寄せてくるせいで……夜もぐっすりと眠れていない……) ハァ

京太郎(アナザーワンは……本当の意味で何事も「そつなくこなせる」ヤツだが……)

京太郎(この須賀京太郎は完璧超人ではない…)

京太郎(それはただ、「1巡前」に表に出ていたかどうかに左右される経験の差というだけだから……別に劣等感を覚えているわけではないが……)

京太郎(精神的な重圧の一因となっていることは確かだ…)
435 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:30:07.10 ID:eo663Mwf0

京太郎(ヤツの口癖を借りるなら……本当に、「やれやれだ」)

京太郎(この須賀京太郎に心の安寧は許されないのか…?)


             , ―<>‐'´,                   \ >-、
               {:::::::: j ::::::::::::}   // /   、  、      `マ::::::}
             } :::::印フ::::::::{  // / / ハ ハ `ト、ヽヽ 、    ヽ::〈
               {:::::: У::::::::::::} l / / / } } | l l l l li  ', ヽ  l::}
             ゝ=イj、::rーr'  | il l  |  | | | | | | l l| i l i l l l l::}
               /// : :|  |  | il l  |  | | | | | |ハノ| i l i l l | |::ト、
           /:::// ::::::|  | | 从 乂 ! ノイ ノ ハノx==リ<イイ!イ l | l:::\>
           {f^〈:rヘ::j  ト、ily{frうr1      ´frうr1}y!ノ ル'j | lヽ:::::〉
               l  |    ト、 ` 込:ン       込::ン ' ∧乃_ | | ∨
               l  |    | r'  .:::::::::    ,    .::::::::. /ノi l l | |
            イ /l   | ト--、              /  li l l | |   ……須賀くん
            / //!    | | | i {\     ー‐    /  li l l | |
            / // |   | | | i |  l>、     , < |  l |i l l | |
            ,イ // /|   | | | i |_|  ` ー ´|   |  l |i l l | |
        // // //|   |_| |_リ:::::l        「>-ト-、_l |i l l l 乂
       / / // /  |   l::| |::::::::::{        L::::::::\ f^Y^ヽ |  \
        / / // />' |   l::| | :::::::::ヽ__,  _ノ | ::::::::::::fr'ニニム     ,
     / / //// : ::::::|   l::| | :::::::::::::',-―――┤::::::::::::{レ―-、 iハ    ,
      / / /イ//rへ、 |   l::| |:::::::::::::::::',      /:::::::::::::::{レ―-、 | ハ   |
    l / / レ ∧  `1    l::リ:::::::::::::::::::',   /::::::::::::::::/Y7Ti  ト、ハ   |
    l / / / /  ヽ  l   ト、:::::::::::::::::::::ヽ  /:::::::::::::/,ノl:::::::|  ト、 ハ  |



京太郎「!!!」 ビクッ

和「どうしたんですか?そんなに驚いて」

京太郎「は、原村さんか……いや、考え事に耽っていたのでね。突然声を掛けられたように感じたものだから」

和「それはすみませんでした」

京太郎「いや……」
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 20:30:28.80 ID:SALha2Q9O
やはりノイローゼになっているッ…
437 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:34:12.07 ID:eo663Mwf0

和「……須賀くん、お疲れのようですね」

京太郎「え?」

京太郎「い、いや……そんなことはないが」

和「……」


                       _ -───- _
                    .               、
                    /:>                     \  __
            ___j/                 __ Y´::::ノ:ヽ
              |::::::::::/     . : : : :! :. . : : . : : : . : . .  {::::::::ヾ.イ::::〈
             !:::::::/ / /. : / /: : .:| ::|: : :;: : : :|: . : : :. ヽ::::::::::};}:::::::|
              l:::::/ / / . :/ /: : /| ::| : : :|: : : :ト、:|:|: : }´:::::::|ト__:/
           {:::/ /.: ; . :/ /: : ::{: :| ::|: : :!、: : | |: j、:|: : l:::::::ィ´ヾ:::ヽ、
           l_:l イ: : :|: :|: :|_{-‐ハ:|イ:.| : : :|`ヽ‐|┼-、|: :.|丁/::::::::}:::::::〉、
           /:| ハ: :| |: :l |: : | }:lヽ: :'、: :|ヽ、: | }/ l | ||| l::r‐く|ヽ/{´
            ヽl |_l: : |: :|: :|rテ干示ト'\lヽl´::rf苡圷¨} |/-|:  ̄:|: :l |
            レ \ト、 \ヽ 弋:ツ       ゞ夕 ノ/ ´|: : : :|: :|  |
                    イl| |\}l`.:xwx:. ,     .:xwx::.  _ノ;  ::| |  |
                / j|! ハ             // |  : :|:l: : :|   ……ウソです
                  / .イ j|l介 、             /´   !  : :!:l: : : |
              / /| ||l|{  、 ´ `   イ_    |  : :l l: : 八
                / / l| |l|||  __」 ̄    {、:::::ヽ、  |  : :| !: : : ∧
            / // l| ||厶斗‐::´:r‐!     /::::::::::::`::|  : :ト、: : : : ハ
              l /   /| |::::::::::::::::::/-、   ァ´:::::::::::::::::::::八 . : }>、\: : :ヘ
              | 〃 ∧!  ト、::::::::::::::::l ̄ ̄ 7::::::::::::::::::::::::/  . :j   ヽ }: : :ヘ
             l//  }/'| 八::\::::::::::|    /:::::::::,.-‐::´:::// . ::/ /´∨: : : :ヘ
             // ∨ / ハ:.:.\::\::::l  /-‐::´:_,..:.: ̄// . ∨〃   }ヾ: : : :ヘ
          {イ  / / / l ヽ:.:.:}>-::!./-‐<:.:.:.:.:.:.:.:.:イ/   ∨イ     Vヽ 、: : }{
          |ハ  }ァ'./ {   `ー-ゝ、レ_∠≠=- ´ /   . :/ l|     ト:l | l: :ハ|



京太郎「っ!」

和「最近の須賀くんは……部活動の最中も、物憂げな表情をしていますし…」

和「どこか、辛そうに見えます……」

京太郎「……そうかな、自分では分からないのだが」

和「私には分かりますよ……。大切な「友人」の変化に気付かないわけないじゃないですか」

京太郎「……原村さん……」
438 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:37:51.36 ID:eo663Mwf0

和「何かあったんですか……?」

京太郎「………」

和「私には、話しづらいことなのでしょうか」

京太郎「……そうだね」

京太郎(宮永姉妹の「確執」を含め……俺の悩みというのは、とても彼女に話せる内容ではない)

和「………」

和「……分かりました。無理に話せとは言いませんよ」

京太郎「……」

和「ところで須賀くん、これからティータイムにしませんか?私、パンケーキの美味しい良い喫茶店を知ってるんです」

京太郎「え?」
439 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:41:14.89 ID:eo663Mwf0

京太郎「いや……遠慮しておくよ」

京太郎「そもそも、君は午後練も参加すると監督に言っていたじゃあないか」

和「そんなことはいいんです。……いえ、良くはないのですが」

京太郎「じゃあ、やめておかないか」

和「……もう!同輩くんもいつも言っている通り、本当に付き合いが悪いですね…」

京太郎「そういう性分なのでね……」

和「……」 ハァ

和「とにかく……行きましょう、須賀くん!」 グイッ

京太郎「な…!」 グググッ

京太郎(ひ…引っ張られるッ!!非力な俺では、原村和の腕力にさえ太刀打ちできないのかッ?!)

和「行きますよ!自力で歩いてください!」 グイグイ

京太郎「わ、分かったよ……ご、強引な女だ…」
440 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:45:49.13 ID:eo663Mwf0

―喫茶店―


京太郎「……」 コトン

京太郎「……」 モグッ

和「……どうですか?」

京太郎「……うん、いいね…実にいい店だ」

京太郎「紅茶の淹れ方も風味を損なわないような丁寧さが意識されているように感じるし……」

京太郎「君の言う通り、パンケーキも甘味がグッドだ。最近甘いものを食べていなかったから、なおさら美味しく感じるよ」

和「それは良かったです」




 二 `丶、`丶、_\__\〉-<⌒
`‐-、 二. `ヽ、 ミ ̄ /⌒シ \
二‐/,ィ┐|=ミ=|  /|_,/l_イ| \  \_
‐ニ| i<  i ,.{  | }/__ 从 、 |` ̄ ̄
二‐ヽ ┘ |     lヾ. } } /从}
ニ ‐'"/   /    |_{;)} レ' ∧{
'  /   /     '" ` `゙ / `
  /    ,      F'′
  ヽ.    \、 L`___l    (……随分と久しぶりに感じるな…。こういう心安らぐ時間というのは……)
 _\    ヽ._>┘
 /了\_ノ
 ◆(
 門|
441 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:52:03.76 ID:eo663Mwf0

和「……須賀くん、元気が戻ってきたみたいですね」

京太郎「え…?」

和「なんだか、久しぶりに須賀くんの満足げな顔を見た気がします」

和「何かに悩んで思いつめたような表情や、不安に怯えたような様子よりもずっと……そちらの方が須賀くんらしくていいですよ」 ニコッ

京太郎「……」

京太郎(君は……俺のことを心配して……)

和「何か話せない事情があるというなら、無理に話さなくてもいいんです」

和「ただ、一人で抱え込むのが辛くなったら……」

和「その時は、いつものように遠慮をするのではなくて……私を頼ってくださいよ」

          ,>─.:::.──- .ィ─-、._
    __┌.、/          \/:::::|
    |:::::::∨′  .: : : : : : :. : : :.  ',::::::::}
.   ,ゝ::::/ : : : : : : : : : : :ト、:: : : :  :∨::::゙i
    {::::/  ,.! ! !:.:.|:.| :| :| ', :!:!:}: : : ',;;;;ィ゙
    ヽ ! .{: :{:| | | 」|:.| :|: :ィ‐十ト|:|:} : : }:::::\
   / |/{ |.!.| {斤人|ヽj\| .レ゙リリル: :ノ::::ィレ′
   ヽ:::::.{',从|レィ==、   ィ==x .リ/:|」|
     ├┤| :沁 ::::::::    :::::::: ノ/: : !
     |:.:.|',| : :人    r─‐┐  ハ/  /:|
     |:.:.|::| : : |> , `.-- ' ,∠// /! :|   私たち、友達なんですから!
     |:.:.|::|   .:|ィ‐=_,,} ー  {.__//゙ /_.| i|
     |...:|::| ! :リ.|::::{_   __.//゙ / ヽ!|
     |:.:.|:.| ! / /_,ヽ.∠ィ'/ /─=||
     |:.:.|:.| / /─'、,..ィ‐-、_,..|:|  |_    ||
     |:.:.|:.i!:../. :::      .:. . |:∨ ゙<  小.
     |:.:.|:.{ !      :∨:: . ヽ`>、 ∨ |. )
     |.:.:| | {     .:::      :} ! :!
     |:..:|∧ ',: : . .: : . : i.     ..ノ|: | リ
     |:../ ヾ.\__, : : :人: : : : :,.イ〃.ノ/
     ゝ |  `ーイ:: ::::/:|:::::::::/゙_.∠.ィ゙/
      |  ::\.|_ :::/ ::! ::,ィ゙    {"
      ∧  ::::\ } : ::::: ::/    ∧


京太郎「原村さん……」
442 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 20:55:52.76 ID:eo663Mwf0
                       ___
                   ,.ィ'f爪^ \_、
                       {乂x≦”ヽ//}ト、
                  r_r=ミ、 !i! } / イノ }
.              <_/./从/イソトトW〃^}辷}
                /イV.ヒ气、    _,.斗/}
                 Vf{弋fzx ィfzァ . /
                  ー:   i}  V ´
                    }、 _ `  _ .′       君の言葉はいつも……この須賀京太郎の心を動かしてやまないな…
                x≦”{ .ヽ  ̄ .イ_、
            ___  -‐ /  {「\_ `ー__/  }. `ー= ..,,, __   
        {      /   .{   /⌒V    }  }       ヽ
         /}      .{_/  ! o./、 . くト、o /⌒ヽ.,_      }
        ./  、__   /   }ゝ'′}   { i/{     ./ }    .}
       /   ”_、 \    }  ./.   ',   {    /  ′./  ヽ
      .{      く:i:i}   v   }  ′   , i{.   /  {/     /
       ノヽ    }:i:}    V .}      } i{  /  ./      .′
     {   V   }Y     V .} i {      } i{       {      {
     {   V   i ! .′    } i {      } i{ .′   ./     {
      .ノ    ∨ / ∨ .′ } } i {      } i{ {    {      {
     {   ”ミ*、.{  l /    } i {      } i{ {    {x≦”
     {.′   ⌒“''*、 { /  .} i {      } i{   /        }
     .\       \{  ◯} i {      }:i:i:i:i:i:/       ノ
        \         .\ :i} i {      }:i:i:/   ‐-‐=   _/
          .\       \:i:i:{      }/          /
             \        \!   x≦  ヽ   .斗*''”
               }\     ,.斗*''”ミ*、 \ i} /:i:i:  }
           /  \  /        _∨ }_∧:i:i:i:i  }
             /   :i:i:i:i/        ノ⌒“''*、∧:i:i:i  }
         /   :i:i:i:i:/  ゝ、     ./      .\:i:i:  }
           /   :i:i::i:i:i\i{ / ≧彡、        >:i
        {   :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`ー=彳:i:i:i:i:i:`ー    ‐=彡:i:i  }



和「……!」 ドキッ

京太郎「君の存在というのは、数少ない救いだ…」
443 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:00:43.74 ID:eo663Mwf0

京太郎「君の優しさが、この須賀京太郎の苦痛を和らげてくれたよ…」

和「須賀くん……」

京太郎「やはり君はかけがえのない存在だ。比較衡量して「目立つ不幸」より重大だと判断したのは間違いじゃあなかった」

京太郎「ありがとう。あたたかい言葉をかけてくれて」

和「と、当然です……」 ドキドキ


     |   \ /ー/ ̄ ̄ ̄`¬: : : : : : : : : : :\
    r'   ー--イ  ト‐‐‐、   /: : /: : : : : : : : : \
    |     ,,,,ト-∧_     /:/: : : : : : : : : : : : : :\
    ト-┬‐‐'' / T\     「/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙、
     /     |  \    | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :゙、
    ∠__    /    ヾ-イ: : : :/: : : :/|: : :i : : : : : : : : : ゙、
    Y : \  / ___    |: |: : : :/: : :/ / : /: : :| : : : : : i: i:゙、
    /: : : : : Y:::|_」:::::\_」:| : //: :/ ソ;,; /: : : / : : | : : :| :|: |
.   /: : : : : :/:/ :| : : :| : :| |: :/ | :/   /:/X; :/ /: :| : : :| :| :|
  /: : : : : :/: |:: :| : : : : : | ゙、/ .V _  '' /;;;;ノ  /: :/: : ::/:/: |
  /: : : : : :/ : |: : | : : :|: : |        ヾミ_=@  /: :/.: : :/レ レ'
.../: / : : : : :./:|: : : : : : | : |           イ  ̄/: :./
/: /: : : : : :/: :|: : :|: : : :|: :|    ////////  (  レ
: /: : : : : :/: : :|: : :| : : : | :|             >
/: : : : : :/: : : :|: : :|: : : : | |           ,/    須賀くんは……私にとっても、大切な…かけがえのない人なんですから……
: : : : : :./: : : : | : : | : : : : |         ,√| 
: : : : : :| : : : :/゙; : : ゙; : : : :.\/⌒ヽ ____/ | |
: : : : :./: : : :/::::゙; : : ゙; : : : : :.\: : :|     | |_
: : : : :|: : : /===〉: : ゙; : : : : : : \ |     |_√\_
: : : : :|: : /;;;;;;;;;;;;;| : : : ゙; : : : : : : : \   r「/ /.|´ ト、
: : : : :|: /     |: : : :゙; : : : : : : : : :゙,  | | し | .| |



京太郎「……そうかい」 フフッ
444 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:09:51.15 ID:eo663Mwf0

京太郎(原村和に宮永姉妹の「確執」について話すことはできないし…話そうとはしない)

京太郎(これは、「1巡前」から続く「須賀京太郎と宮永家」の縁を理由に解決を目指している問題だからだ……)

京太郎(だが…その過程で感じる苦しみというのも……)

京太郎(原村和……彼女のような存在がいてくれると思うだけで…)

京太郎(彼女を心の片隅に留めておくだけで……随分と和らぐものだな)

京太郎(改めて……「やる気」が出てきた…)

京太郎(「頑張ろう」という意欲が湧いてきた…)

京太郎(宮永家の闇の深さも…小鍛治健夜の脅威も…その他もろもろの悩みの種も……どこ吹く風だ…ッ!)



                          /⌒ _>、/⌒ Y¨¨¨  、
                        /´> ´   ,    }      \
                        , ´    /     :    、   ヽ
                       /     /  '      |  |   ∨    :.
                     ー‐イ' /  /  | | l     }  | |  |     .
                           / '   ' / |{ |    / /| }  l  |    |
                      // / { | { .|、 |  , }/ }/  /  }    {
                     / ,..イ , } |\{::/{_/  /   乂__ ..`ニ=ミ∨
                        ̄´  |∧ 「{{`fッミ} ,_...:厶斗匕  {彡/⌒i }ノ
                          八}`¨ニノ ⌒K¨亙>  `´ノ⌒} |´
                             /::...   ゙^    .:/ _}:;ノ ノ    
                              ', 〈、_,        /  (__,彡′
                                  __      /   /{//        (この須賀京太郎に切り抜けられない苦境は…試練は…トラブルは……
                                 i ‐-`丶    / レヘ
                               }        / // ノ{                              1つとしてないのだからな……ッ!!)
                                 \__ ..   < ///: :〉
                            厂\ __///   /⌒\__
                              . -‐/}/⌒⌒ヽニニ. /   ,//⌒ー-->‐-
                           / /〈_/::::::::::::ノ }ニ/    /    ,/     .
                     / /   >ー=彡八/  ___,/  .....::/     ____゚,
                    く /   /::::/'ニ  /   \  .::::/     /
                   _/ {   / }}:::/^) ,//     / ...:::/   /       i
                    /}   /  /:=彡::/__/ /     / .::: /          |
                    / /   / /::::::::::::/     /     /  /    /       |
                 /  {/   / //::::::::/     /     /   ′. . :/           |
               {  /   /,/ }}:::::::/    /       /  .:{ . : : ′         |
            /⌒ {___/==彡:/  ノ /     /..:...   }. : /         |
            >...:::::::::::::::::::::::::/  / /. : : : : : /  ⌒ヽ  {:.../ /}  /  . . . ._丿
           ≪    }}:::::::::::::::://ー彡 ,/ . : : :  /    ::..\_}{..:/ ノ / . . : : : / /
      <:::::::::::::::::==彡::::::::::/:::/     / : : :  /      {\//,ノ(_ノ {/⌒ヽ/:/
   /::::::::::::}}:::::::::::::::::::::::::::://::::/   /     /       厂ミ//´    /    /:/
  /:::::ゞ==彡::::::::::::《_》:/ ,/《_/   ,/   /: .    . . :/  {/    /     /
≪⌒》.::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::/  /   /::} : : : . . : : : /. : : /   _,/      {/





〇和への好感度が10上がった!

〇SAN値が10上がった!

〇精神力が2上がった!

〇体力が30上がった!
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:11:33.70 ID:SALha2Q9O
こういうモノを求めていた
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:12:40.48 ID:HMRoNG+MO
早々に法律分野志している奴とかならともかく
高校生1年位で比較衡量とか言ってる奴いたら
軽くどついてやりたくなるわね
447 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:14:45.90 ID:eo663Mwf0
>>446
そうか、比較衡量って法律用語でしたね
>>1が法律系の学部なんで耳慣れていて勘違いしていましたが……以後気をつけます
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:17:01.20 ID:HMRoNG+MO
いや、割と吉良とかならむしろ
言っててもおかしくないとは思ったのも事実なので
あまり気にしないでくださいな
449 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:22:46.07 ID:eo663Mwf0
―須賀家・自室―


京太郎(さて……改めて、現段階で得られている情報を整理してみよう)

京太郎(まず第一に……宮永姉妹には「確執」がある。宮永照が「妹はいない」と言い放つほどの…根深い「確執」が)

京太郎(そして次に……「宮永照の母の容姿」は1巡前とはまるで異なる。これは、「「1巡」の生んだ「差異」ではない」ように思えていたが……)

京太郎(それを裏付けるように、旧宮永家の跡地には「柱の一族」が眠っていた)

京太郎(その容姿は「アイ・アークタンダー」そのもの……俺が「1巡前」から知っている宮永姉妹の母、「宮永愛」その人だった)

京太郎(そうすると、現在宮永照の母として社会的にも認知されていて…宮永照もそのように扱っているあの女は、「偽者」ということになる)

京太郎(だが……今のところ、その正体は掴めていない)
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:24:44.07 ID:f2yrl2dv0
>>446-447
そもそものどっちは
両親ともに法曹家だ(^^)
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:31:06.73 ID:/noWNekEO
>>450
法律用語発言したのは
のどっちじゃなくて京太郎やで(^^;
452 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:32:42.49 ID:eo663Mwf0

京太郎(そして、小鍛治健夜との交渉の中で知った「太陽超克の儀式」……)

京太郎(西洋の柱の一族の間で使われていたというこの「儀式」は……)

京太郎(太陽を「克服」しようとする者の血族を一人、生贄に捧げ…)

京太郎(そしてもう一人の別の血族に、その血を浴びせる…)

京太郎(血を浴びた者を「犠牲者」と言い、その「犠牲者」に対して何らかの特別な呪文を唱えると……望んだ「対象」一人を、太陽を「克服」した存在にできる)

京太郎(この「対象」というのは柱の一族であれば誰でもよくて……儀式の「術者」本人だけではなく、別の柱の一族にかけることもできる)

京太郎(「対象」は呪文をかけられた「犠牲者」と融合し……柱の一族のもつ弱点、太陽を「克服」した身体になることができる)

京太郎(この「儀式」の欠点は4つ……)

京太郎(1つは、太陽を克服した「対象」の寿命が100年ほどになるということ。俺たち人間にとっては弱点には思えないが)

京太郎(次に、この「儀式」で太陽を「克服」をしても、「究極生命体」になれるわけではないということ)

京太郎(そして3つ目は、「対象」が違う血族の血を浴びた状態で反対呪文をかけられてしまうと…「犠牲者」との融合を解かれてしまうということ)

京太郎(太陽を「克服」した状態ではあり続けるが、……柱の一族としての力を大幅に失って中途半端なパワーの生物になるらしい)

京太郎(と、言っても……吸血鬼よりは強いというから、あまり弱点には思えないのだがね…)
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 21:34:46.75 ID:f2yrl2dv0
>>451
いや、だからこそのどっちに
理解してもらえたということ(^^;
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/11(木) 21:39:03.18 ID:/noWNekEO
>>453
ああなるほど納得
まあ比較って単語入ってるから
一応法律知らなくても何となく意味分かる言葉ではあるのよね
455 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:41:26.54 ID:eo663Mwf0

京太郎(そして4つ目の欠点……これに関しては、条件付きの欠点だから小鍛治健夜が後から口にしたものだが…)

京太郎(「太陽超克の儀式」は…「術者」と「対象」が柱の一族であることは当然の前提で……)

京太郎(「生贄」や「犠牲者」が人間だろうと柱の一族だろうと…同じ血族であれば発動できるそうだが……)

京太郎(「生贄」または「犠牲者」が、同族であっても…柱の一族でない場合は……「術者」は休眠状態に入ってしまうという…)

京太郎(この「太陽超克の儀式」は……それ単体で見ると…別種の生き物が行う、ただの不気味で冒涜的な「儀式」に過ぎないのだが……)

京太郎(「宮永照が柱の一族のパワーを発揮しながらも、日光の下で活動できる」という謎を勘案すると、重大なヒントであるように思える…!)

京太郎(俺が思うに宮永照は「究極生物」ではないし……「太陽超克の儀式」で太陽を「克服」したと見て、間違いはないのだ…)

京太郎(ならば……「儀式」は、どのようにして執り行われたのか…?)

京太郎(まず、「儀式」に参加するのは最低でも3人だ…)

京太郎(殺される「生贄」…「生贄」の血を浴び、呪文をかけられて融合する「犠牲者」…)

京太郎(そして「犠牲者」と融合し、太陽を「克服」する「対象」…)
456 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/11(木) 21:48:10.48 ID:eo663Mwf0

京太郎(……しかし、ここで冷静になって考えてみると……)

京太郎(「儀式」は最低人数の3人だけで執り行われるとは限らないのだ…)

京太郎(「太陽超克の儀式」の「対象」は……儀式の「術者」本人だけではなく、別の柱の一族にすることもできるという…)

京太郎(そうなれば、儀式の「術者」と「対象」が別だったという可能性もあるじゃあないか……)

京太郎(だとすれば……「生贄」「犠牲者」「対象」「術者」は……それぞれ誰だったのか…?)

京太郎(まず、前提として……全員が宮永家の人間であるということは間違いない。血族の「血の結束」で行う儀式だそうだからな)

京太郎(そして、「対象」は宮永照で確定だ。彼女は太陽を「克服」しているのだからね……)

京太郎(では、「生贄」「犠牲者」「術者」は誰なのか…?)

京太郎(俺は最初、「術者」は宮永愛の「偽者」だと思った……)

京太郎(宮永照が一緒に暮らしている近しい存在だし、彼女が「偽者」を母として扱っているのは、「儀式」を執り行ってくれた感謝の気持ちがあるとか……そういう理由かもしれないからだ)
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 22:16:00.67 ID:SALha2Q9O
対象 照
術者 愛
犠牲者 ?
生け贄 ?

生け贄はいずれにせよ死亡が確定
融合解除されたなら犠牲者は咲か?
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/04/11(木) 23:16:03.08 ID:OCx9NdbfO
全然関係ないけどこれ「切り札」開発するより牌投げまくってセンス磨いてスキル取りまくった方が強くなりそうな気がする
切り札が持ってれば勝ち確くらいのぶっ壊れでもない限り
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 23:18:59.59 ID:SALha2Q9O
石化している愛が母親なのはおそらく確定
なら『偽者』は一体何者なのか…ここで止まってしまう

儀式の最中もしくはその後『何か』があって咲と確執ができた?
火事の原因は何らかの暴走か証拠隠滅か
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 23:52:43.97 ID:SALha2Q9O
そもそも照が自発的に儀式をやったのかどうか(個人的には違う気がする)
『偽者』は相互利益があるから照の母親役をやっている?

後は何があるかな…
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/11(木) 23:57:55.19 ID:SALha2Q9O
追加
地元で認識されてる宮永愛とは別にアークタンデなる人物が存在する?
462 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:08:04.76 ID:Y8SYRt6R0
京太郎(だが、ここで俺が見落としていたのは……)

京太郎(そもそも「「術者」は柱の一族でなければならない」ということと……)

京太郎(「「生贄」または「犠牲者」が柱の一族でない場合は、「術者」は休眠する」という条件付きの欠点だ…)

京太郎(「宮永家に宮永照以外に2人も柱の一族がいたとは考えづらい」……そう小鍛治健夜は言っていたが)

京太郎(俺とてそう思う……いくら「1巡」したからと言っても、そこまでの「差異」が生まれるものだろうか?)

京太郎(だが、それに関しては一旦置いておこう。「1巡による差異がそこまで変化をもたらさない」という思い込みに過ぎない可能性だってあるのだからな…)

京太郎(だが……「偽者」の容姿を考えてみれば……「偽者」が術者でないということは確定だ…!!)

京太郎(なぜなら……「偽者」には柱の一族の象徴たる「角」がなかった…!!)

京太郎(小鍛治健夜とて、豹変しなければ髪に隠れて見えづらい「角」だが……宮永姉妹の母親ならば、姉妹と同じ位置に「角」が生えていなくてはおかしい…!)
463 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:15:56.88 ID:Y8SYRt6R0

京太郎(と、なれば……だ)

京太郎(宮永照本人はまだ若く、「儀式」に関する知識を持っていたとは考えづらいし……)

京太郎(「術者」であれば、休眠していないのだから……2人の「柱の一族」を「生贄」「犠牲者」としていたということになり……無理があるように思える)

京太郎(結局のところ……)

京太郎(宮永家には、宮永照・宮永愛のほかには2人も「柱の一族」はおらず……)

京太郎(「生贄」と「犠牲者」になったのは、一族の「人間」だったために……)

京太郎(「術者」だった…「宮永愛」が休眠状態に陥ったと考えるのが自然なんじゃあないか……?)


アナザー京『やれやれだぜ……やっとそこまで辿り着いたか、相棒』

京太郎「アナザーワン」

アナザー京『そんくらいのことはよ……「太陽超克の儀式」の条件付き欠点を聞いた時点で…』

アナザー京『旧宮永家の地下に眠る宮永愛の存在と関連付けて気付いてほしかったもんだぜ』

京太郎「嫌味なヤツだな。最終的に答えに辿り着いたのだからいいだろう」

アナザー京『ま、そうだな。それよりも、そこから生まれる新たな謎が問題だぜ』

京太郎「ああ……」
464 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:23:09.17 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「「儀式」の「対象」が宮永照で……「術者」が宮永愛だということはいい」

京太郎「ならば、「生贄」と「犠牲者」は誰なのか…?ということ……」

アナザー京『そして、「術者」でも何でもないのなら…宮永愛の「偽者」の正体は結局誰なのか…だな』

京太郎「……ここまで突き止めたはいいが、また手詰まりだな」

京太郎「謎を解明していけば新たな謎を生み……とてもキリがないぞ…」

アナザー京『そうだな……徒労感がハンパじゃねえぜ』

アナザー京『だが…実感とは逆に、真実には着実に近づいていると考えていい……』

アナザー京『今のところ、いくつもの謎を解明できているのは事実なんだからな。プラスに考えようじゃあねえか』

京太郎「……そうだな」
465 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:29:53.76 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「……ひとつ思ったのだが……」

京太郎「小鍛治健夜は、「「対象」が別の一族の血を浴びた状態で反対呪文をかけられてしまうと、「犠牲者」との融合を解かれてしまう」と言っていた」

京太郎「それでも、「太陽を「克服」した状態ではあり続ける」とも……」

京太郎「それを考慮すれば、既に宮永照は融合を解除されているという可能性はないか?」

アナザー京『……』

京太郎「となれば、「犠牲者」は今も生きている宮永家の人間…宮永界や、宮永咲の可能性がある」

アナザー京『…なんとなくだが、違う気がするぜ』

京太郎「なぜだ?」

アナザー京『スコヤはこうも言っていた……』

アナザー京『融合解除された「対象」は……「柱の一族としての力を大幅に失ってしまう」と……』
466 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:33:30.15 ID:Y8SYRt6R0

アナザー京『もし照さんが反対呪文をかけられて「犠牲者」との融合を解除されているなら……』

アナザー京『吸血鬼よりは優れているが、「柱の一族」としては劣ったパワーになっているということだろう』

アナザー京『だが……おれたちが見た照さんのパワーは、「1巡前」の強力な柱の一族の力そのもの…』

アナザー京『あの恐ろしい「神砂嵐」を喰らったわけじゃないが……』

アナザー京『普段の麻雀では、流法こそ使っていないものの、「1巡前」とさして変わらない実力を発揮しているし……』

アナザー京『壮行試合の時に見た驚異的な身体能力も「1巡前」と変わらねえ』

アナザー京『「1巡前」の…敵に回すと恐ろしく、味方に回れば誰よりも心強い「柱の一族」の力を保持しているようには思えねえか?』

京太郎「……それはそうだな」

京太郎「と、なれば……「犠牲者」は、未だに宮永照の体内に取り込まれ……DNAにねっとりと絡み付いているものと考えていいのか」

アナザー京『恐らくな』
467 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:38:22.96 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「……ふぅむ」

京太郎「では、「生贄」は誰だろうか……」

京太郎「誰か心当たりはあるだろうか?」

京太郎「と、言っても……俺たちは、宮永家の人間を4人しか知らないのだが……」

アナザー京『……おれは、一人目星を付けているヤツがいるぜ』

京太郎「なにッ!」

京太郎「それは誰だ?!」

アナザー京『照さんと咲の母方の祖母…宮永愛の母親だ』

京太郎「!」

京太郎「ファーストネームは知らないが……地元民から「アークタンデさん」として認知されているという婆さんか」

アナザー京『そうだ』
468 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:46:11.45 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「だが、なぜ…?」

京太郎「確かに…宮永咲や宮永界は存命しているから……」

京太郎「俺たちの知っている宮永一族の人間の中ではその老婆くらいしか心当たりがないと言えばないが」

アナザー京『それ以外にも根拠はある。根拠としては若干弱い気もするが……』

アナザー京『スコヤの話だと、「太陽超克の儀式」は「西洋の柱の一族」の間で横行していた「儀式」……」

京太郎「!」

アナザー京『宮永界はバリバリの日本人だ。「儀式」の存在が宮永家に広まった経緯は、母方の一族からと考えた方が自然じゃあねえか?』

京太郎「……となれば、「アークタンデさん」とやらは「儀式」の存在を知っていたはず……」

アナザー京『ああ。そう考えれば、「儀式」について知っているその老婆が「生贄」を買って出た可能性があるようには思えねえか?』

アナザー京『無理やり「生贄」にしたのかもしれねえがな。「血の結束」を鍵とする「儀式」なら、合意の上で実行に移した方が効果はあるんじゃあないかとは思うぜ』

京太郎「……説得力はある」

469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 09:49:32.08 ID:O7DFn9cA0
咲は読書家って点が手掛かりになるのかミスリードになるのか
ここにおいては正直厄介極まりない公式設定
470 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 09:54:51.32 ID:Y8SYRt6R0

アナザー京『「アークタンデさん」という老婆が存命ならば、この推理は大ハズレだがな』

アナザー京『その辺り、西田とかいう記者が調べていたりはしないだろうか?』

京太郎「……ダメもとで当たってみるか」 ピピピッ


プルルルルルルルルルルルルルル


西田『はい、もしもし。西田だけど、須賀選手?』

京太郎「ええ。こんばんは」

京太郎「ちょっぴりばかり伺いたいことがあるんですが、今お時間よろしいですか?」

西田『ええ、構わないわよ』

京太郎「宮永照の母方の祖母……「アークタンデ」さんについて、何か分かっていることってありませんかね…?」

西田『お!須賀選手、あなたもしかするとジャーナリストの才能があるかもしれないわね!』

西田『私もちょうど、宮永照の親戚について色々と調べてたとこでね……いくつか分かったことがあるの』

京太郎「!」
471 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 10:05:25.95 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「「分かったこと」……というのは…?詳しく教えていただけませんか」

西田『いいわよ。もう少し深いところまで突っ込めたら、伝えようと思ってたんだけどね』

西田『まず、「アークタンデさん」について知りたかったのよね』

京太郎「ええ……」

西田『彼女の本名は「アビー・アークタンデ」……』

西田『生粋のイギリス人で、WWUの終結後に日本の麻雀界を再活性化するために派遣されてきた雀士の一人だったそうよ』

西田『来日後に日本人男性と結婚したけど、夫の方は若くして病死。女手一つでアイさんら姉妹を育ててきたらしいわ』

京太郎「……「アイさんら姉妹」……?」

西田『ええ。アイさん…「アイ・アークタンデ」には…日本名では「宮永愛」さんだけど…彼女には、双子の妹がいるそうよ』

西田『と、言っても……二卵性双生児だとかで、妹の「立さん」は日本人のお父さん似で、アイさんとはあまり似てないそうだけど』

京太郎「………」
472 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 10:13:44.44 ID:Y8SYRt6R0

西田『アイさんがこっちで日本人男性…宮永界さんと結婚してからは、日本に帰化したらしくて……』

西田『岩手で独立リーグの監督をしていたらしくてね。おかげで麻雀界方面から足跡が辿れたわ』

西田『東北住みだからアイさんたちとは別居していたけど、割としょっちゅう長野の宮永家には顔を出していたみたいよ』

西田『旧宮永家で火災があった日の前夜も、「アークタンデさんが来たのを覚えている」と地元の方が言っていたと話したわよね』

京太郎「ええ……」

西田『……ひとつ、奇妙なことがあってね』

京太郎「……?」

西田『これについて調べ終えたら、須賀選手にも伝えようかと思ってたんだけどね……』

西田『あの火事でのケガ人や死亡者は「いなかった」と地元の方も言ってたけど……』

西田『「アビー・アークタンデ」さんは……その後消息を絶っているの』

京太郎・アナザー京「!!!!」
473 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 10:40:02.76 ID:Y8SYRt6R0

西田『そして……今年の1月』

西田『その火事の日から……宮永照が小5になる前、小4の冬からちょうど7年が経過し…』

西田『「アビー・アークタンデ」さんの失踪宣告が申し立てられて……7月には審判が確定したそうよ』

京太郎「な……!!」

アナザー京『なに……ッ?!?』

西田『岩手の家裁に勤めてる大学の時からの友達がいてね』

西田『親族でもなんでもないから、ホントはダメなんだけど……絶対公表しないって約束で、その失踪宣告と、その後の遺産相続に関して色々と聞かせてもらったわ』

京太郎「……」
474 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 10:43:49.25 ID:Y8SYRt6R0

西田『失踪宣告の申立人は、アイさんの代理人。その後の遺産分割協議はアイさんの代理人と、アイさんの妹の立さんの間で行われたそうだけど……』

西田『アイさんの強い意向があったそうで、アイさんは相続を全面的に放棄して……全て立さんが相続したらしいわ』

京太郎(なに……?!)

アナザー京『……妙だな。宮永愛は旧宮永家の地下で休眠しているんだぞ…?!』

アナザー京『相続に際して意向を表明することなんてできないはずだが……』

京太郎(まさか、旧宮永家の地下にある洞窟で眠っているのは……宮永愛ではないのか?!)

アナザー京『いや、そんなはずは……』
475 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 10:58:56.77 ID:Y8SYRt6R0

西田『これについては、妙に思ってね……』

西田『記者生活で培った人脈を辿って……なんとかアイさんの代理人に接触して、話を聞けたんだけど……』

西田『個人の事情…それも法的関係のディープな話だから、なかなか聞き出すのに苦労したわ』

西田『まぁそこは、私の話術でなんとか聞き出せたんだけどね』 ドヤッ

京太郎「……素直に凄いと思います」

京太郎(顔も広いし、話術にも長けている……マスコミのくせにどこか憎めないキャラクターをしているし、有能な記者だな……)

アナザー京『この女、思った以上に「デキる」ぜ……。相棒が地下で危機一髪のところを助けた判断は間違いじゃあなかったようだな』

西田『代理人の方は、実はもう何年もアイさんとは会えていないらしくて……』

西田『最後に会ったのは、7年前のことらしいんだけど』
476 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:02:09.18 ID:Y8SYRt6R0
西田『その時…アイさんとその娘さんの……「咲さん」の強い意向で…相続を放棄することを決定していたらしいわ』

京太郎「な…なに……ッ!!!!」

京太郎「さ、「咲さん」というのは………………み…宮永咲か……!!??」

西田『……そうよ。これで、やっぱり「宮永照の妹は宮永咲」ということが…公の法的関係から証明されたというわけね』




                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ-- 、
                         ___/==一  ー=ミ  \ < ⌒\ 
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ ̄ ̄ヽ- 、
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }} /
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ¨¨>
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }-<
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=、___
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ   /
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 </´   ∧ /八  \_,/
                   }乂________彡' /  } {从  } | / :::/イリ\ \
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ / ∧ リ :l/J:: {_∧}  ̄´
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.∨ U ::.. ノ}  リ
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{⌒〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}: : |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\    ………………!!!
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉



京太郎は電話を持つ手が震えた……

とても動揺を隠すことなどできなかった…!

当然、「宮永照の妹が宮永咲であるということを聞かされたから」ということではない

思いもかけぬところから、突如として咲の名が現れたという現実が現実に思えなかったのだ……



アナザー京『……驚いたぜ』

アナザー京『宮永家の闇を辿りに辿って……ようやくここで、咲の名が出てくるとは……ッ!!』
477 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:09:16.84 ID:Y8SYRt6R0

西田『「アビー・アークタンデ」さんの失踪宣告の申立てをするように伝えられていたのも、その時……』

西田『……おかしな話でしょ』

西田『まるで、7年経ってもアークタンデさんが帰ってこないということを母子揃って確信していたかのよう……』

京太郎「………」

西田『正直、ブキミに感じたわ……』

西田『アイさんがアークタンデさんを「手にかけた」なんてことはないと思うけど……そんな勝手な想像が一瞬頭をよぎってしまうくらいにはね…』

京太郎「………」

西田『アークタンデさんの消息についてもう少し調べてから、須賀選手にもこの件について話そうと思っていたんだけど……』

西田『それが終わったら、私はこの調査からは身を引くわ。他人の私が踏み込んではいけない領域をとうに越えてしまっているし……』

西田『当然記事にもせず……麻雀誌の中では、宮永照の家庭事情についてはタブーということで通そうと思ってる』
478 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:17:19.71 ID:Y8SYRt6R0

西田『「宮永照の妹は宮永咲」ということがハッキリと分かって、ジャーナリスト根性が満足したというのもあるんだけど……』

西田『底の知れない闇に足から浸かってしまったような恐怖……と言えばいいのかしら』

西田『そういった類の、得体の知れない怖さもあって……もう調べるのはやめようと思ったの』

西田『須賀選手も、これ以上は知ろうとしない方がいいんじゃあないかしら……』

西田『いくら宮永照と親密だと言っても、誰と一人として他人が越えちゃいけないラインというのを感じたわ……』

京太郎「……そうですね。俺もこれ以上は詮索しないようにしようと思います」

西田『……うん。それがいいわ』

京太郎「西田さん、ありがとうございました。一介の高校生に過ぎない俺では、到底知り得ないような情報も提供していただいて……」

西田『それはいいのよ。私が知りたくて調べてたことを、別の知りたがってる人に教えてあげただけだしね』

西田『それでも感謝してくれてるなら、今度からみっちり取材に付き合ってもらおうかしらね!』

京太郎「……はは。考えておきます」

京太郎「それでは、ありがとうございました」

西田『いえいえ。こちらこそ』 ピッ


京太郎「………………」

アナザー京『更に核心に迫れたな……相棒』

京太郎(ああ……とんでもないことを知ってしまった気分だ)
479 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:24:13.21 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「まず……宮永姉妹の母方の祖母にして…宮永愛の母……」

京太郎「「アビー・アークタンデ」が7年もの間、消息不明になっていた…!」

京太郎「それも……7年前の、旧宮永家の火事の日から…!!」

京太郎「やはり「アビー・アークタンデ」は……「生贄」となったのだ…ッ!!!」

京太郎「「太陽超克の儀式」の「生贄」ッ!!それは宮永姉妹の祖母だったッ!!!」

アナザー京『そしてどうやら……間違いなく、旧宮永家が炎上した夜に、「儀式」は行われたようだぜ…!!』

京太郎「ああ…!違いない…!!」

京太郎「「宮永愛」も同様に7年間行方知れずだというのなら……辻褄が合うッ!!」

京太郎「その日から柱の一族「宮永愛」は、旧宮永家の地下洞窟で休眠に入ったのだ…ッ!!!」
480 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:35:01.92 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「そして、宮永愛の代理人の話…!」

京太郎「ようやくここで…と言うか、まさかここで…と言ったものか…」

京太郎「とにかく……「宮永咲」だ…!!」

京太郎「彼女は、宮永愛と同様に……「アビー・アークタンデが7年経っても戻らない」ということを「知っていた」ッ!!!」

京太郎「「太陽超克の儀式」で祖母が「生贄」となり、まさに「帰らぬ人」となることを「知っていた」のだッ!!!」

アナザー京『ひとつ疑問なのは、失踪宣告申し立てと相続放棄に関して……咲も「強い意向を示していた」ということだがな』

京太郎「! ……言われてみれば、妙だな」

アナザー京『7年前といえば……咲はまだ小1の8歳。まだ年端もいかないガキだ』

アナザー京『「1巡前」のアイツは、いくつになっても手のかかるどうしようもねえヤツ…可愛いヤツだったというのに…』

アナザー京『祖母が「儀式の生贄」となって死んだことも知った上で、遺産相続や失踪宣告の意思決定に際して意思表明できるようなタマだろうか…?』

京太郎「………」
481 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:44:26.39 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「……考えてみれば考えるほど、おかしな話だな」

京太郎「これは……宮永咲に接触して、事情を聞き出すほかないか?」

アナザー京『いや……それはダメだ。少なくとも今は、な』

京太郎「……そうだな。この「1巡後」の世界では、彼女とは何の接点もないし……」

京太郎「いきなり家庭の事情、それも「柱の一族」まで絡んでくる一般人が知っていようもない話を聞きだそうとしても、不審でしかない」

アナザー京『咲の心情も思いやる必要がある。照さん同様、この宮永家の闇に苦しんでいることだろうしな……』

京太郎「ああ……。祖母を「生贄」として失い、母が休眠状態に陥っているというのだ……」

京太郎「彼女の心境は如何ばかりのものか。とても計り知れない」

アナザー京『どうしても、咲に接触しなきゃいけねえという状況にでもならねえ限り、咲との接触は避けよう』

京太郎「分かった」
482 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 11:51:16.45 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「……そして、未だに疑問なのは…「犠牲者」と「宮永愛の偽者」の正体か」

アナザー京『「犠牲者」については見当がつかねえな……』

アナザー京『もしかすると、「アビー・アークタンデが「犠牲者」になった」という可能性もある』

京太郎「!」

アナザー京『だとしても、「7年経っても戻らない」と「知っている」ことに矛盾はねえからな』

アナザー京『そうなれば、今度は「生贄は誰だったのか」が分からなくなるが……』

京太郎「どのみち、まだ一人…正体不明の宮永一族の存在があるわけだな」

アナザー京『ああ。そういうことだ』

アナザー京『だがな、相棒。「宮永愛の偽者」については…大方の見当はつくぜ』

京太郎「なにっ?」
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 11:56:32.78 ID:dkbx701YO
りつべェ…
484 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 12:03:58.85 ID:Y8SYRt6R0

アナザー京『簡単さ。もう一人、少なくとも裁判所やら宮永愛の代理人には消息の知れてる宮永一族がいただろ?』

京太郎「「立さん」とかいう……宮永愛の妹のことか?」

アナザー京『ああ。おれの推測では、十中八九そいつが「宮永愛の偽者」だろうぜ』

京太郎「なぜそう思うのだ?」

アナザー京『「立」という女は失踪しているわけじゃあなく…遺産分割協議にも参加しているというから、「犠牲者」でも「生贄」にもなっていない宮永一族だ』

アナザー京『宮永愛とは双子で…容姿こそ似ていないものの、照さんにとっては血縁上の叔母にあたる存在』

アナザー京『そして「偽者」は……容姿こそまるで宮永愛と違うし、柱の一族でもないが…』

アナザー京『照さんに疎まれるでもなく、きちんと母親として扱われている……』

京太郎「!」

京太郎「すると……宮永愛の妹「立」は、アビー・アークタンデの遺産を相続し……「宮永愛の偽者」として、母代わりを務めているということか?!」

アナザー京『ああ。それも、照さんに受け容れられるような形で……恐らく、遺産を乱用して遊び惚けるでもなく…照さんとは合意の上で母親をやってるんだ』

アナザー京『もっと言えば、宮永一族全体の総意なのかもしれねえ。そこまでハッキリと分かるわけじゃあねえがな』

京太郎「……なるほど」
485 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 12:19:55.14 ID:Y8SYRt6R0

京太郎「……もしそうだとすれば、「宮永家の闇」というのは……」

京太郎「俺たちが勝手に邪推しているというだけで、宮永一族の者たち…本人たちの中では、納得ずくのことなのか?」

アナザー京『なわけねえだろう。だとすれば、照さんと咲の間に「確執」がある理由が説明できねえ』

京太郎「……それもそうか」

京太郎「「太陽超克の儀式」により、「生贄」あるいは「犠牲者」としてアビー・アークタンデは姿を消し……」

京太郎「「術者」の宮永愛は休眠。「対象」の宮永照は日光の下でも活動できるようになり、恐らくは叔母の立の下に引き取られた」

京太郎「だが、なぜ宮永姉妹の間に「確執」が残っているのか…それは結局…未だに分からない、というわけか……」

アナザー京『そう悲観したような口調になるな。相棒』

アナザー京『ここに来て、ようやく真相まであと一歩のところまで辿り着けた』

アナザー京『最後のパズルのピースは「犠牲者」…もしかすると「生贄」の方かもしれねえが、その正体だ』

京太郎「そうだな……」

京太郎「だが、ここからは西田の助けは期待できない。彼女は調査をやめたし、そもそも宮永照のDNAに取り込まれた者の正体など調べようもない……」

アナザー京『こいつはなかなかヘヴィだぜ。どうにか…そしてなんとか…「過去」の真相を知らなきゃいけねえがよォ〜〜〜』

京太郎「むむむ……」


〇tip6:発覚した宮永・アークタンデ一族の詳細 を手に入れた!

〇INTが1上がった!


  tip1→→→→→→→→┐
                 |
  tip2 → tip3→┐.     |
           ト→tip6→→tip8→tip9
  tip4 → tip5→┘.     |
                 |
  tip7→→→→→→→→┘
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 12:21:39.53 ID:tLSN2r+6O
残りは3つか…
487 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 12:26:15.32 ID:Y8SYRt6R0
現在まで開示されている情報に関しての質問とかってありますか?

と言っても、それがtip7に直接的に繋がるわけじゃないので、現状で分かりづらいところとかないかなーと思って確認したいだけなのですが



ちなみに、次のtip7を得るには、 @の方法「行動選択安価で「宮永家の闇に迫る」を選択する」だと、

INT判定はアナザーワンと京太郎のINTの合計値÷3=57が成功率となっています

A「リアルINTを駆使して適切な自由安価をとる」の方が確実と言えば確実かも

ヒントになりますが、B「適切な場所へのうろつき」ではtip7以降は得られません。既存のうろつき先では情報は得られないということです


昼ごはんを食べるために休憩するので、それまでは次の安価出さないでおきますね

それではまた
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 12:35:32.83 ID:tLSN2r+6O
宮永愛もしくは宮永立が妊娠していたなら赤子を生け贄or犠牲者にしたという説はどうだろう
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 12:52:07.83 ID:O7DFn9cA0
「咲がここまで登場していない(少なくとも京太郎と顔を会わせていない)」って点が引っ掛かる……俺が見落としているだけかもしれんが
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 12:55:43.88 ID:hjMfXfgp0
tip7は咲の現状(住居や華族構成)に関する内容かな
全くこれまでと関係が無い手掛かりとなるとその辺りがクサい気がする
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 13:11:08.29 ID:aDy9YzbK0
淡が何か事情知ってる節あったけど聞けるんかね
京太郎たちと同じで確執があることを知ってるだけの可能性もあるけど
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 13:19:08.65 ID:O7DFn9cA0
次に選ぶべきは咲に会うことでほぼ間違いないかな
ただ外れの可能性もあるからなあ……安価取る人に任せるが
余裕があれば何気に亦野が評価29だし会って評価30超えのイベントも起こしてみたいが




ちなみに火事って特別失踪の1年にはならんのですっけ?普通失踪でおk?
死亡扱いのタイミングとかちょっぴり気になってしまった
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 13:25:13.99 ID:tLSN2r+6O
咲に会うのはアウトだっての、更に事態が拗れかねない
麻雀雑誌に載ってる咲に違和感がないか確認したいかな
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 13:33:16.82 ID:aDy9YzbK0
少なくともうろつき選択にない長野行きが正解っぽい
咲関係の外堀を埋めてく感じかな
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 13:49:33.34 ID:tLSN2r+6O
咲から直接情報を得るのは不可能、アナザーの言うとおり接点がないのだから無理なはず
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 14:01:07.35 ID:aDy9YzbK0
だから咲の周囲の人物が妥当なとこじゃないの?
それともそこにも接点持ってないといかんの?
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 14:15:56.57 ID:O7DFn9cA0
>>493
指摘すまぬ&感謝
しかし長野に縁があって咲のことを知っていそうで変に勘ぐられず訪ねられそうな相手か…
のどっちに聞いてみるとか?
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 15:45:10.63 ID:2P6mZqlTo
今更だけどtip5:太陽超克の儀式を入手してると照が弱体化しなくなるってことは
誰かが照に反対呪文をかけて弱体化させようとするけど
儀式について知っている京太郎がそれに気づいて阻止する
みたいな流れになったりするんだろうか
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 15:57:30.42 ID:tLSN2r+6O
生け贄にしたら確執ができてしまうなら姉妹とかなり関係が近い人物なはずだけど、ここで新しく鍵になる人物がいると言われたら推理のしようがない…
融合と聞いて緑色の赤ちゃんが思いついたけど、ジョジョで他に融合案件あったっけ?
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 16:04:41.96 ID:hjMfXfgp0
愛さんの像周辺のトラップ具合からすると
定期的に不用意に入ってきた人間を宝石で釣って取り入れたりしてる可能性ありそうだが
その辺りは何か関係してくるんだろうか
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 19:11:37.32 ID:lW5hYtZ4o
みなもちゃんこと光ちゃんとか
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 19:20:25.85 ID:FE8yEUISO
流石にみなもちゃんを核心の位置に持ってくるのは
作者でもためらいそうなところだが
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 19:33:26.23 ID:tLSN2r+6O
無理、どうすればいいかさっぱり分からん
情報を得る手段が思い付かん
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 19:37:39.19 ID:FE8yEUISO
まあ手詰まりなら手詰まりで
57%の引きに賭けるのが最善やね
505 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 23:21:35.88 ID:uTeAYV6V0
普通に出勤してたので安価出せませんでした


>>492
アビー・アークタンデは普通失踪として処理されました

ここからは本筋にあまり関係ない情報ですが、

リーディングケースでは従軍や海難のみならず、火災で死体が発見されるなどの確証がない場合も特別失踪が認定されたケースはありますが、

1年が経過しても失踪宣告の申し立てをせず、あえて7年間の期間をおいて普通失踪が認められるのを待っていたということ、

アビー・アークタンデが火災当時現場にいたという証明もないこと、

そもそも、失踪宣告の申立書の申し立て理由欄に「アビー・アークタンデが火災で死亡した可能性がある」という記述がないことなどから、普通失踪で認定されました

これらが裏付けることについては言わないでおきますが……


>>491
あわあわは「咲に別居している姉がいる」ことと、なにか触れたらヤバそうなことは知ってますが、詳しいことは知りません

>>497
のどっちが転校してきたのは4月ですが、原作で咲と和が出会ったのは5月なので、2人に面識はないです
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:28:34.45 ID:tLSN2r+6O
長野に行ったとして具体的に何をどう調べればいいのかが曖昧なんだよなあ…
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:29:05.11 ID:O7DFn9cA0
>>505
アカン失踪宣告のくだり夢に出そうなんですが
明日も朝から出勤なのに寝るの怖い
ただ詳しい回答ありです
508 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 23:35:23.52 ID:uTeAYV6V0

ちなみに、tip7を得る方法は、2つは考えています

そのうち1つの方法は、アナザーワンの発言と前作『京太郎の奇妙な冒険』がヒントです

正解はひとつ!じゃないということですね

もし>>1でも思いついていない革新的な方法があれば、それでtip7獲得にしてもいいとか思ってます

でも、「長野に行く」というだけでは具体的にはどうしようもないかもです……


(ちなみに、なんでアナザーワンが急に色々推理し始めたのか違和感あったかもですが、

元々アナザーワンは京太郎の成長のために静観してたまにアドバイスをするくらいにしようと思っていましたが、前スレ>>1000があったので、tip6では京太郎と色々話し合うことになりました)
509 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/12(金) 23:42:28.00 ID:uTeAYV6V0
これから>>1は闇のゲームに参加しなくてはならない予定があるので、安価だけ出して去ります


安価↓1以降、なにかアイデアを書いてくだされば、それを京太郎が思いついてアナザーワンと1個1個検証していったという形になります

正解に近いものがなければ、次の更新の時に行動選択安価を出すので、それで「宮永家の闇に迫る」を選択していただければ、57%の確率で成功します

正解ではなく、tip7の直接的な獲得に繋がらない方法でも、tip7に繋がるような方法であれば、「宮永家の闇に迫る」の場合のINT判定の成功率がちょっとアップするかもです



それでは↓1〜 >>1が帰ってくるまで、何個でも可
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:42:51.81 ID:FE8yEUISO
ここまで未登場のカツ丼さん辺りも力になってくれそうかなあ
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:51:23.31 ID:O7DFn9cA0
何気に「愛さんが岩手で独立リーグの監督をしていた」なんてワード出てるし
トシさんが一巡前の記憶貰えてるならば重要な情報貰えそうだが
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/12(金) 23:56:59.07 ID:hjMfXfgp0
咲が色々な本読み漁って儀式のことを知って
力を手に入れた照を一方的に恨むのは分からんでもない
ただ照が咲を拒絶する理由がどうにもしっくり来ないのがなあ
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:02:52.57 ID:soF0TnqfO
そもそも何の為にこの宮永家の当事者達は
儀式を行う必要があったのか
愛が休眠に入るようなリスクを承知の上で
行った目的は何なんだろ
母や祖母が寿命を敢えて人間並みにする必要があったのか
配偶者との別離に思うところがあったとかかね
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 00:11:43.67 ID:BKO+8i1A0
何気に西田記者に死亡フラグ立ってないかこれ
もう少し調べて真実に辿り着いた途端ZAPの気配が凄いんですが
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 02:13:24.13 ID:JavEFRomO
前作読み返すの大変なんでお任せしたい
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 03:37:14.75 ID:qW+vEXIYo
>アナザー京『祖母が「儀式の生贄」となって死んだことも知った上で、遺産相続や失踪宣告の意思決定に際して意思表明できるようなタマだろうか…?』

咲は真実を知らされてない説
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 04:24:26.41 ID:qW+vEXIYo
たぶんだけどtip7がもう一人の宮永一族の正体でtip8が確執の理由?
で一族の家族構成を知る手段がひとつとは限らないってことか?
宮永家の家計図とかどっかで見れないかな
もしくは戸籍とか宮永家の墓とか地元の人に聞き込みするとか?
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 07:40:21.38 ID:BKO+8i1A0
咲が今作でどんな生活送ってるのか気にはなるな
界さんがいるし家族に関してはまあ何とかなってそうだが
本来いるべき京太郎がいなくてこの事件を経験したとなると相当性格歪んでてもおかしくなさそう

麻雀はガチの姉への復讐心からやってたりするんかな
清澄の空気も心配(何とかだじぇだじぇあわあわと和んではいそうだが)
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 08:14:05.33 ID:i530mUwZ0
良いこと思いついた
西田にこれ以上調べさせるのは止めてこちらから真相教える代わりに
インハイの各対戦校に関して監督でも調べられないレベルの情報持ってこさせるようにしてはどうかね
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 10:15:46.11 ID:BKO+8i1A0
失踪宣告絡みでやべー夢見るかと思ったが
ファンタジー世界で倒した女捕虜をエロい拷問にかける淫夢という
違う意味でやべー夢を見た

最高だったので作者に感謝
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 13:07:08.32 ID:H6p7wNnXO
岩手で昔プロやってたならトシさんがなんか知ってそうではあるけど連中が協力的かわからんしな
波紋で柱の一族を滅する方向に流れてもぜんぜんおかしくない
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 14:36:57.61 ID:i530mUwZ0
アナザーとの仲に限ってはトシさんシロや豊音含めて家族ぐるみみたいな生活を半ば強引にしてたわけだし
記憶戻ってるならば誰よりもフランクに色々協力してくれそうではあるんだがな
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 14:47:26.82 ID:BKO+8i1A0
ふと浮かんだのが
アトムハート発現したのは前世だとトシさんだったのに現在は京太郎の親父になってるんだよな
前世で発現していた他のほとんどのスタンド使いは一周しても同じ能力なのに

トシさんにも京太郎みたいに別の人格が芽生えているとか?
524 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 15:07:45.27 ID:UiX3sR6n0
>>513
寿命が100年程度になるのは儀式の「対象」、つまり照です

>>523
メタ的なことを言うと、「おやじ」と同じタイプのスタンドをトシさんが持ってたのは、幽霊だからスタンドも同じタイプになるかなーと思ったからです……

名前は一応『アトム・ハート・ファーザー』と『アトム・ハート・ババア』で違いますが……
525 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 15:17:52.03 ID:UiX3sR6n0

京太郎「……アナザーワン。誰か、協力を仰げそうな人間はいないだろうか?」

アナザー京『例えば、誰だ?』

京太郎「長野に一人、プロ雀士がいたはずだ」

京太郎「名前は確か……そう、藤田靖子」

アナザー京『ああ……藤田プロか』

京太郎「彼女が何か情報を持っているということは……?」

アナザー京『いや……それはねえだろう。宮永家とは繋がりがなさすぎる』

アナザー京『強いて言うなら……「1巡前」、まだ須賀京太郎が清澄で雑用暮らしをしてたとき…』

アナザー京『当時の清澄の麻雀部の部長が、和と咲を鍛える目的で藤田プロと戦わせたことがあったらしいが……』

アナザー京『「1巡後」の今、和は白糸台にいるしな』

京太郎「例えば……原村和の代わりを大星淡が務めて、「1巡前」と同じ出来事が起こった可能性は?」

アナザー京『なくはねえ。なくはねえが……』

アナザー京『そもそも、藤田プロは幽波紋の眷属ではないからな』

京太郎「……そうか。小鍛治健夜は彼女に記憶を取り戻させていないかもしれないな」

アナザー京『ああ……恐らくな』
526 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 15:30:33.43 ID:UiX3sR6n0

京太郎「……ならば、あの波紋雀士の老婆…熊倉トシはどうだろう?」

アナザー京『トシさんか…!』

アナザー京『あの人は頼りになる人だし……』

アナザー京『「アビー・アークタンデは岩手の独立リーグで監督をしていた」という…』

アナザー京『アビー・アークタンデとトシさんの間になんらかの接点があってもおかしくはねえ』

京太郎「……これは、いい線をいってるのでは?」

アナザー京『いや……とは言ってもだ』

アナザー京『トシさんが「1巡前」の記憶を持っているかどうか分からねえ……持ってなければ、特別の理由がない限り接触は困難だが』

アナザー京『今のところ、「1巡前」の記憶を最初から保持していたのはスコヤただ一人しか知らない……』

アナザー京『そもそも、普通の人間は「1巡前」の記憶を「持っていない」んだ。「忘れてる」とかじゃあなく……』

アナザー京『精神が時を越えてきたおれとスコヤ以外にとって、「1巡前」のことはなかったことに過ぎねえ』

京太郎「……そうか」

アナザー京『「1巡前」のことを覚えているヤツがいるとすれば……』

アナザー京『そいつは神か悪魔か……はたまた神に愛された特別な存在くらいなもんだろうぜ』

京太郎「……」

アナザー京『それに……アビー・アークタンデが、一族の秘密の「儀式」や詳しい内情について他人にベラベラと喋っていたとは思えないしな』

京太郎「……それはそうだ」


〇「宮永家の闇に迫る」コマンドのINT判定の成功率が3%アップした!
527 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 15:32:18.97 ID:UiX3sR6n0
2018年8月10日(金) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:98/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:113
SIZ:80  SAN:46 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(115) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(123) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(53)
・小鍛治健夜(26) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(256)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:35/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

× 4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(INT判定あり)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族
  tip5:太陽超克の儀式 tip6:発覚した宮永・アークタンデ一族の詳細


安価↓1
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 15:32:24.81 ID:BKO+8i1A0
ころたんが有力候補だったかこれは
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 15:37:16.92 ID:BKO+8i1A0
9天江衣に連絡をとる手段を探す
無理ならば10
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 15:45:07.75 ID:Wy8rMOSzO
姫様は違うのかな?
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 15:51:25.38 ID:BKO+8i1A0
姫様は長野との接点が無いのが
現時点においては微妙なところじゃないかね
532 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 16:12:06.51 ID:UiX3sR6n0

―須賀家・自室―


京太郎「……アナザーワン」

京太郎「あれから一晩考えたのだが……「1巡前」の記憶を保持していそうな有力な人物が思いついたぞ」

アナザー京『なに?誰だ、そいつは』

京太郎「……天江衣だ」

アナザー京『衣ちゃん?』

アナザー京『そいつはまた、どうして?』

京太郎「お前の何気ない言葉がヒントになった……」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


アナザー京『「1巡前」のことを覚えているヤツがいるとすれば……』

アナザー京『そいつは神か悪魔か……はたまた神に愛された特別な存在くらいなもんだろうぜ』


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


京太郎「「神に愛された特別な存在」……もしかすると、「天照大神の御身」を宿す彼女は、ドンピシャなんじゃあないのか…?!」

アナザー京『……!』
533 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 16:21:05.43 ID:UiX3sR6n0

アナザー京『……なるほどな』

アナザー京『特に何も考えずに呟いた言葉だったが……そこから面白い仮説を建ててくれるじゃあねえか、相棒』

アナザー京『だがな……ここで、忘れちゃあならねえことが3つある』

京太郎「なに?」

アナザー京『まず1つ……「天照大神の御身」を宿す者が記憶を保持しているとすれば……そもそも照さんはおれたち「須賀京太郎」のことを覚えているだろう』

京太郎「それは俺も思い当たった反証だ」

京太郎「だが、もし宮永照が……「覚えていないフリ」をしているのならばどうだ?」

アナザー京『!』

京太郎「宮永家の闇は深い……何らかの事情で、この須賀京太郎との接触を避けている可能性があるッ!」

アナザー京『……あり得なくはねえ』
534 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 16:26:53.73 ID:UiX3sR6n0

アナザー京『だが、2点目の問題がある』

アナザー京『この「1巡後」の世界では、おれたちは龍門渕家と何のコネクションもねえ』

京太郎「……それはそうだ」

アナザー京『衣ちゃんが住まうのは、何の接点もない巨大財閥の令嬢の家。衣ちゃんに会わせろったって会わせちゃくれねえんじゃねえか』

京太郎「……」

アナザー京『衣ちゃんに電話をかけてみる、ってのもアリだが……』

アナザー京『さすがに、「1巡前」の衣ちゃんの電話番号なんざ覚えちゃあいねえし……相棒はどうだ?』

京太郎「いや、そこまではな……」

アナザー京『最悪、衣ちゃんの住む家に侵入するって手もあるぜ』

京太郎「……犯罪じゃあないか」

アナザー京『そうだぜ。でもおれは、真相に近づける可能性があるなら何だってやるつもりだ』

京太郎「……」
535 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 16:37:27.50 ID:UiX3sR6n0

アナザー京『そして3つ目だ。今おれは、「真相に近づけるのなら何だってする」と言ったが……』

アナザー京『仮に衣ちゃんが記憶を保持していたとして……衣ちゃんが宮永家の闇について何か知っていることがあるだろうか?』

京太郎「……なさそうではある」

アナザー京『衣ちゃんが、何か宮永家との繋がりがあるかと言えば……咲との関わりくらいだが』

アナザー京『衣ちゃんと咲は、麻雀を通じて友達になった仲とはいえ…家の事情を気軽に話せる間柄ではねえ……「1巡前」の関係性で言えばな』

アナザー京『もし衣ちゃんが記憶を保持しているとすれば、咲とどのように関わっているのかは全く不明ではあるがな』

京太郎「……」

アナザー京『「天照大神の御身」を宿していて、記憶を受け継いでいる可能性があるのは、他に2人……』

京太郎「神代小蒔と大星淡か」

アナザー京『ああ。その2人については、衣ちゃんとはまた事情が変わってくるな……』

京太郎「神代小蒔に関しては、霧島神境に住んでいるから宮永咲との繋がりはない……」

京太郎「大星淡は、原村和の代わりに清澄に在籍しているから……宮永咲とは親しいかもしれない…!」
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 16:39:54.84 ID:H6p7wNnXO
天照大神なら神一択だと思うがなあ
あいつら神託があるから、姫様に記憶残っててこっちのことを調べる動機さえあれば事情全部知ってておかしくない
537 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 16:42:26.38 ID:UiX3sR6n0

アナザー京『だが、この話は全て……』

アナザー京『「天照大神の御身を宿す者は1巡前の記憶を受け継いでいて、宮永照は記憶がないフリをしている」という前提に基づいている』

アナザー京『衣ちゃんと咲の間柄についても、小蒔さんと宮永家の関わりについても、淡と咲の関係性についても、全て推測に推測を重ねただけに過ぎない』

京太郎「……」

アナザー京『どうしたもんかな…?相棒……』

アナザー京『てめえが決めてくれていいぜ』

京太郎「……そうだな……」


A 龍門渕家に侵入して天江衣との接触を図る!

B 自由安価

C 大星淡との接触を図る!

D 神代小蒔との接触を図る!


安価↓3
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 16:51:42.63 ID:BKO+8i1A0
そうなるとDか
良子を頼れば連絡も取れそうだし
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 17:10:33.34 ID:JavEFRomO
確証がないからどれも地雷に見える…ハズレだったとしても覚えている可能性が高いのはDか?
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 17:28:39.97 ID:PPlw7ymSO
D
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 17:42:35.55 ID:soF0TnqfO
2番目は照として意図的に並べましたねこりゃ
前世を一切匂わせない言動からいってちょっと
照には問い詰めようがないもんなあ
儀式で前世の記憶なんかを封印したって
可能性も考えられるが流石に強引だしな
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 17:54:16.65 ID:BKO+8i1A0
淡は流石に衣が駄目なら駄目と見て間違いないだろな

しかし色々ヒント貰っておきながら正解が出せないもんだなあ……
作者が再選択肢出してるってことは一応近づいてはいるんだろうけど
543 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 17:56:40.68 ID:UiX3sR6n0

京太郎「ならば俺は……天江衣でなく、神代小蒔との接触を図るべきだと考える」

アナザー京『ほう…どうしてだ?』

京太郎「確かに神代小蒔と宮永家の関わりは薄い……宮永家の闇について知っていることはないだろうが…」

京太郎「神代小蒔と彼女が従える六女仙の巫女…!彼女らには……『神託』があるッ!!!」

アナザー京『!!!』

京太郎「この「1巡後」の世界では、神代家の人間とも全くコネクションはないから……考えもしなかった方法だが」

京太郎「もし神代小蒔が「1巡前」の記憶を受け継いでいるとしたら……『神託』の力を借りて宮永家の闇を探れるはずだ…!!」

アナザー京『そうか…!「1巡前」に聞いていたが忘れていた…!』

アナザー京『「『神託』によって賜る情報」は、過去に既に起こったことや現在の状況について……!!』
544 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 17:59:46.70 ID:UiX3sR6n0

アナザー京『いける…!!これで真実に辿り着けるぞ…!!相棒……!!!』

京太郎「フ……。まだ、神代小蒔が「1巡前」の記憶を保持しているとは限らんがね……」

京太郎「さて、どうやって神代小蒔に接触したものかな……」

京太郎「幽波紋の眷属・戒能良子は六女仙の1人、滝見春と従姉妹関係にあったはずだが……そこを頼りにしてみるか?」

アナザー京『……』


アナザーワンのINT判定


INT判定

01〜06 失敗

07〜00 成功

44以外のゾロ目±1 成功

13,44,42 失敗

↓1
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 18:01:02.97 ID:jeWkTUlv0
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 18:02:40.28 ID:BKO+8i1A0
ナイス
547 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 18:10:00.39 ID:UiX3sR6n0

アナザー京『いや……それはやめておこう』

京太郎「なに?」

アナザー京『戒能良子とは1巡経過した今、まだ会えていないし……接触を図るには、別の幽波紋の眷属かスコヤを通じて話を通してもらうしかねえ』

アナザー京『だが、それは避けたい……狡猾で知略に長けたスコヤにおれたちの行動を知られるというのは、後々になって余計な災厄を招きかねない』

京太郎「それはそうだ……よもや宮永家の闇の解決のために動いているとは分かるまいが……」

京太郎「ヤツは天才……。もしかすると辿りに辿って宮永愛の存在にまで気づきかねないし、用心するに越したことはないな」

京太郎「だが、それならばどうするのだ……?戒能良子の手を借りずに入境する方法があるだろうか」

アナザー京『近くの山に行って、おれたちだけで霧島神境に侵入するんだ』

京太郎「なに……?!」
548 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 18:25:01.53 ID:UiX3sR6n0

京太郎「どうやってだ……?」

京太郎「確か……山から霧島神境に入るには、神代小蒔か六女仙の誰かの同伴が必要なハズ……」

アナザー京『相棒、「1巡前」はおれに抑圧されていたから覚えてないか?』

アナザー京『スコヤとの決戦のとき……ヤツに先回りされたおれと照さんが、どうやって入境したか』

京太郎「!! おまえ、『宇宙』で……?」

アナザー京『そうだ。空間に穴をブチ開ける……!』

アナザー京『「1巡前」は咄嗟の思い付きだったが、成功したやり方だ……!』

京太郎「それは覚えているが……あの時は、神代家の当主が死亡していて結界が弱まっていたからうまくいっただけではないのか?」

アナザー京『ああ。それはそうだぜ』

アナザー京『だが、おれの『ザ・ユニバース』は……自分で言うのもなんだが、史上最強の『スタンド』…』

アナザー京『霧島神境の結界が完璧だとしても、突破できる自信はある』

アナザー京『「できて当然と思うことで何だってできる」……晴絵の教えは、「1巡」経っても忘れちゃあいねえぜ』

京太郎「……そうか。なら任せるとしよう」
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 18:48:27.41 ID:fXv1Xt4/0
言うまでもないと思うけど。 正解何て誰にもわからないんだからこれからの流れで安価外してもその人に文句を言うのはやめような。そもそも安価取れないのが悪いって話になるしな。大丈夫だと思うけど。
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 18:59:47.62 ID:i530mUwZ0
>>549
コンマ判定で外すのは仕方ないし責められん
だが安価は責める責めない以前にきちんと考えて責任意識持って踏もうや

お前の主張は「わざと無意味な安価踏むけどワイのこと責めないでね」って言ってるようにしか見えん
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:02:38.23 ID:fXv1Xt4/0
前作でもそうだが誰かが死ぬような展開はあんまり良くないな。今回で言うならすこやんとかにスタンドの情報は教えない方が良いな。11の質問の回答でもわかるように教えたらその人はすこやんに狙われるし。
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:09:32.75 ID:fXv1Xt4/0
>>550 もちろん自分も何も考えずに適当に安価を踏むつもりはありません。そもそもわざととか無意味とかどうやって判断するんですか?貴方が極端な考えを持ちすぎなだけでは?何でそんな話になるんですか?
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:09:51.66 ID:l9O2qvJ/O
誰かが死ぬような展開になりうる選択肢は取らない方が良いって意味か
まあ確かに正論だわな
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:12:52.21 ID:i530mUwZ0
>>552
でもお前何も考えずに適当に自慰選んでたじゃん
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:17:14.99 ID:fXv1Xt4/0
>>
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:18:08.22 ID:fXv1Xt4/0
>>554意味がわかんないんだけど
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:20:23.55 ID:BKO+8i1A0
とりあえずtip7は無事に入手できそうだし
何とか残り2ターンで照をパワーアップさせようか
そうすれば行動の自由も多少は増えるし
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:20:55.19 ID:KKcfG+FO0
この以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りしますってやつ一人で何百レスもしてるな…暇なのかな…
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:21:57.52 ID:fXv1Xt4/0
ここにいる人は皆暇だから来てるんだよな
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:43:51.89 ID:tfiCn2dVO
姫様「今世は私にも跡継ぎを」とか言い出さないか
ちょっと心配
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 19:44:48.93 ID:DXYrroTs0
>>558
全員が同一人じゃないってば(--#)
562 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 23:42:52.19 ID:UiX3sR6n0

京太郎「だが問題は……神代小蒔と六女仙が、侵入者の俺たちをどう思うかということだ」

京太郎「神代小蒔が須賀京太郎のことを覚えていれば、とりなしてくれるかもしれないが……」

京太郎「覚えていない場合は、少々厄介だぞ……」

京太郎「戒能良子の紹介であれば、たとえ「1巡前」の記憶がなくとも……頼みこめば『神託』を授けてくれるかもしれないが」

京太郎「突然の招かれざる客に対して、そこまでの親切を働いてくれるとは思えない」

アナザー京『その心配はねえ……恐らく…いや、確実に……神代小蒔はおれのことを「覚えている」ッ!!』

京太郎「なに……?なぜ、そう言い切れるのだ」

アナザー京『今さっき……ちと考えてみたんだがな』

アナザー京『同じ「ユニバースの刃」に乗って時を越えてきたおれとスコヤだが……』

アナザー京『なぜおれは記憶を失い、スコヤだけが記憶を保持し続けられたのか……その理由が分かった気がするぜ』

京太郎「なんだと……?!」
563 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/13(土) 23:48:32.08 ID:UiX3sR6n0

京太郎「それは小鍛治健夜が言っていたように……」

京太郎「未熟な肉体…つまり未発達の「理性」に対して精神が強大過ぎたから、須賀京太郎の精神は分裂し……」

京太郎「小鍛治健夜の場合は、初めから強靭な柱の一族の肉体だから精神の分裂が避けられた、ということではないのか?」

アナザー京『いや。スコヤが述べていたのは須賀京太郎の精神が分裂した理由だけだ』

アナザー京『今のおれたちが、分裂した精神でありながらも「1巡前」の記憶を保持しているということは、記憶喪失と精神分裂に関係はねえ』

京太郎「……!」

アナザー京『むしろ、おれたちとスコヤの決定的な違いは……「1巡前」にあった』

京太郎「なに……?」

アナザー京『須賀京太郎は人間で…スコヤは柱の一族とか、そういうことではない……』

アナザー京『スコヤは究極生命体になるにあたって……「天照大神の御身」をその身に宿していたじゃあねえか……!!』

京太郎「!!」
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/13(土) 23:53:16.68 ID:JavEFRomO
今更だけど吉良がベースになってるけど、ディアボロ要素も持ってんのな京太郎
565 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 00:02:25.66 ID:QBun3XqL0

アナザー京『完全に消滅させたと思っていたヤツは、晴絵の腸として生き続けていた』

アナザー京『つまり、究極生命体として……「天照大神の御身」を宿した柱の一族として、生き続けていた……!!』

京太郎「……!!」

アナザー京『須賀京太郎とスコヤの決定的な違いはそこにあったように思える……』

アナザー京『これについては、神代小蒔が記憶を保持していれば正しいかどうか分かることだが……恐らく間違っちゃあいねえ』

アナザー京『スコヤが「1巡前」の記憶を受け継いでる理由ってのが、その辺りしか思いつかねえからな……』

アナザー京『時を越えてきたのが須賀京太郎とスコヤの2人だけだから、判断材料が少なすぎるというのもあるが』

京太郎「推測に推測を重ねたような話だが……全ては神代小蒔に再会したときに分かるというわけだな」

アナザー京『そういうことだ。だが、おれの読みは当たっているはず……』

アナザー京『「1巡」の時を越えても尚、記憶を維持し続けるという「奇跡」をスコヤが起こしている以上……「御身」がカギだろうからな』

京太郎「とにかくは……霧島神境に行ってみよう」

アナザー京『ああ。『神託』の助けを借りるためにも……それしかねえッ!!』
566 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:03:48.88 ID:QBun3XqL0
そして……


―高尾山―


京太郎「ふぅ……」 ザッ

京太郎「……この辺りでいいだろうか」

京太郎(登山道をだいぶ離れたし……もう夕暮れということもあって、人が迷い込んでくるということもないだろうからな)

アナザー京『ご苦労だったな、相棒』

アナザー京「ここから先は……おれに任せな」 ドン☆

京太郎『ああ……頼んだ』
567 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:10:32.29 ID:QBun3XqL0

アナザー京「ユニバース!!」

                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                                             ̄ ̄ ̄
                        /   ,/ / /-‐…≠ : /:./  .:.|――――――――――
                  /_ ̄ ̄/'/ /: : : /: : :./: /,'   : |: : : : :.:\: :\: : : \__
                  / /〕 '" /  /: : : : : : : :/:./ /  /: : |: : -―…・・・ \: : : : :\
                '  / _ / _ /: : : : : : /:./___/   ': : : |: : : : : : : : : :.:\ \: : : : :\
               / /' /  ̄ ̄ 乂_彡彳'": ---/  /: : : :√  ̄ >-=ミ : : \ \: :〈⌒ヽ
                    / {/  /  //__/: : :/ ___ /  / : : : ,'≠ /    \: \: \ \{
              /' / ノ{  / / / ∠彡<__/    '  / : : : ///      \: \: \ \
               {/ /'/《 >/  /: : : /_ 〕 _/   ': : : :.:/⌒´         \: \: \
             / / 《 ィッ}/  / ̄ ̄ / | i /  /: : : : :/_           | | |\: \: \
    へ       }イ《  /イ 〕_ /'    /| i ≠'  / : : : : : //   /   __彡'V:.| ハ : \: :ヽ
   /  |      / イ // _〔 _{ へ  { / / ,/: : : : : : :,:/    /'     ̄/  : :.,  {: : : : i /
   i|  |        '/ |'  7^∨∨/ , </  /  ̄ ̄\: : //   /       /   ':./   } : : :/: :
   ||  ,     {      / \∨ し'  /  / / ̄ ̄ \〈―=彡 __/    /  /: /   ' /: : /
   ヽ /∧        /  /> ---イ  / /   / ̄ \ ,/    \     /: :,   / /:/
    ∨ ∧  「 ̄ ̄    }\'   へ|  ' /'   / ///ヽ ∨      ヽ / : /   /:/
.     ∨ ∧  ' \     ' | i ノ  } { |    ' /⌒  /    _/  }: : :/   /: :/
       、'∧  〉_\ /v' 人,//'|  人   | /   ), イ二/ ̄:.:/  ' /    ノ 彡'
        V'∧/ / // \_/ イ人 \\  i'  ≠≦/|// : : : /   /    ―≠
     へ/∨ < __,/-‐… /≧=-  >―\/<⌒ / / : //   /       i:/
    へ i ノ/  __V_  / > ̄ ̄ \ ( /イ ̄ ̄彡 / / /   /        /
  /\ i | Y /V ∧ | / /7/ ――  >イ 人 / /_/   /   /       ,
  ,   Y,ソ  | /  V ∧∨ヽ/  ' /  /    / ,  /イ     '  /     /  
  i  し  / /}'   、''∧  ∨イ   / /' ̄ ̄ /  / /゙|     :i       /:/  
   、〈    イ    V'∧  |⌒〉  / / ノ/ // / |   / |  /  /: :./   |
   \ へノ `r-   〉 ∧  イY / ノ /彡   //_,///,|  i/, ∠,/: : : /
     \ __ /    |i  〉 | 〉 ,/ , /  //―,/ // |  |//: : : : : /
.        ̄\    j  /  / /  /' /  /' /_ノ ////|  |イ : : : : /
         `     /  / 〉| 〈  V_// |/|//////ハ  V: r-=彡
            ``丶、,//' 、  ∨ ^Yi/// ///////_  i: |
              / 〈\/ \ 乂ノ7// ////゙<⌒ヽ  |: |
             / 〈/ / ハ 〈 |/,i////∧///ヽ   |: |i
          __/  〉  / /  ヽ\〉/// |// : V///∧ :.八
        __/// /  \    「_V/ | // : : : V///∧   \
568 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:12:27.29 ID:QBun3XqL0

アナザー京「さて……やってみるか」


ブンッ!!

アナザーワンはユニバースの刃を虚空に向かって振り下ろしたッ!!




                  ,竓-‐ … ‐- よ
                   >也゙iク'i:i:i:i:i:i:i:i:i:,l|ツ". 〕iトk
               ,xく...   i/i:i:i:i:i:i:i:i:,l|'   ,ィ幺ニ ミメ、.
          ,乙. ム     iii:i:i:i:i:i:i:i:l||   ,ィ幺>"..... ※
          冶_゙マム    |i:i:i:i:i:i:i:l||'  / / ,,-''" ̄__.N
        /i:i:i:i:i:i_゙ム   |i:i:i:i:i:i:ii|   /" /,,-‐'' ̄i:i:i:i:i:i:i:
.        厶i:i:i:i:i:i:i:i:`マl,   ',i:i:i:i:i:i:|i /./ ´i:i:i:i:i:i:i:__i:i:iハ
.       たi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゙、   ゙、i:i:i:i:il. /./i:i:i_,,-‐''ニ三三三三三ツ
.        #.,,,_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ  \i:i:il l/ ,-''      ___`....ヤ
.      @i:i:i:i`守ミュ、i:i:i:i:i:i:i:丶、     -‐''' ̄ ̄''‐-=ニ=-、.... i
.      !゙ミニュ、__ `ヾュ、_ ,,-‐      ̄`丶、i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヾ三ヽ.g
.        キ.. ゙゙''‐=三二ニ=-─'''"" ./l. ', `ヽi:i:i:i:i丶、\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:瓦
..     抓i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_,ィ//i:i:i|   ヽi:i:i:i:i:iマ ムi:i:i:i:i:i:i:i:i彑
       ムi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ニニ/i:i:i:i:l|     ゙、i:i:i:i:i゙マニli:i:i:i:i:i:i:iハ
       ∧....‐-=,,,,___ _,ィ≦ジ"i:i:i,ィl|'    ,l|li:i:i:i:i:i'lニl,i:i:i:i:i:i,勹
         寸.....-=ニ三>"i:i:i:i:i:i,ィ≦l    /|lli:i:i:i:i:i:マムi:i:i,4
          \... ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,ィク /    /l||li:i:i:i:i:i:i:゙マl 在
            今xi:i:i:i:i:i:i:i:i:,ィク  ノ    // l|li:i:i:i:i:i:i:x令
                尖ト 〔゙≦/_,,/     {l{ '|l . 〕 ≪
                〕iト=ェL」__」Lニ=牝刋



すると空間に穴が開くッ!!




アナザー京「おれの『ザ・ユニバース』はスタンドパワーで小宇宙を創造し、今いるこの世界に通じる穴を開くことができる……」

アナザー京「ならば、元々別の世界…霧島神境と位相が重なっているこの山中なら……あっさりとゲートを創れるってワケだ…!」
569 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:24:59.08 ID:QBun3XqL0

アナザー京「ヨユーだったな、相棒。結界なんてなんぼのもんだぜ」

京太郎『ああ……流石としか言いようがない』

京太郎『なぜ、同じ須賀京太郎の片割れでも……お前の『宇宙』はこうも強力なのだ…?』

京太郎『「1巡前」の須賀京太郎の特徴を一番受け継いでいるのがお前だから、納得できんことはないが……』

アナザー京「別に相棒の『キラークイーン』が弱いってわけじゃあねえさ」

アナザー京「むしろ相棒の「静かに目立たず殺人を犯したい」という欲求とマッチする強力な能力だ」

アナザー京「だが、おれの場合…いや、おれが色濃く特徴を受け継いでいる「1巡前」の須賀京太郎の場合……」

アナザー京「「スコヤを倒し、なんとしても奪われた本来の人生を取り戻す」という意志が頑強だった……」

アナザー京「何度か死にかけたこともあったが……旅の途中で背負った想いも増えてゆき、それが力になっていった」

アナザー京「ハングリーさがダンチだった。その底なしの精神力は、「強靭な良心」たるおれが最も強く受け継いでいるが……」

アナザー京「最近では、相棒。お前だって同じ須賀京太郎の片割れなんだな、って実感することも多いぜ」

京太郎『なに?』

アナザー京「和や同輩に対する強い仲間意識や、宮永姉妹の「確執」を解決しようという執念……まさに須賀京太郎そのものだ」

アナザー京「分裂前の自分の面影を、その片割れに見出すってのもヘンな話だがな」

アナザー京「この事件を解決できた暁には、相棒は以前よりずっと成長していることだろうぜ」

京太郎『……フン。何でもいいさ』

京太郎『ゲートが開いたのだから、さっさといくぞ。アナザーワン』

アナザー京「ああ……そうだな」 バッ


アナザーワンは、京太郎の肉体を支配したまま…自らの開いたゲートへと飛び込んだ!
570 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:31:28.24 ID:QBun3XqL0
―霧島神境―


アナザー京「……」 シュタッ


 ,.、-‐乂:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.; ,:゙;:`,:゙:`;;';';';';';';';';'/i:i:|;'//;';';';';';';゙:,":,゙:,`:,,: _:`,:`:;":;゙ ゙:,: :;" ,: ゙:, ;" _ -=≦     ‖
ミx:;゙:;`:;":;゙:;`⌒ :.:.:;":;`:;`:;";';';';';';';'乂i:i:i:|//;'/;';';'゙:, ゙::,":, イ^弋≧s。 :;゙ :; ゙;: _,,.. -=≦        ‖
:.;:.;`゙≠ミtx'⌒ :.:.:.:.":;゙:;゙:;゙:;:゙:;゙;';';';';'i:i:i:i:i:i://;';';';';':.;:.;:; ゙:; :;゙ 厂乂ニ二_><              ハ
:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;(⌒ :. :. :. :. :, :, :, :, ;';';';';';'i:i:i:i:i:|;';';';';';';':.;:.;:.;:.; :. :. / /\`ヽ、 ``ー〈     ,。o个s。    ,ィマ:,
⌒ヾ:.;:.;:≦⌒ : : : : :, :, :, :, :, :, :, :rts。i:i:从 :, :, :, : :,: , :_ -ァ゚ /  `'<ミs。.,_∠-=≦ニニナニ=‐-=彡 マ:,
:.;:.;:.辷彡 :. :. :. :. :.: :, :, :, :, :, :, :, :,j三三≧s。.,_ -=≦ //  _ -=≦二二ニ=-  ̄^^^ ̄ムi:i:i:i:iム マ:,
⌒ヾ'⌒ :. :. :. :. :, :, :, :, :, :, :, :, :, :/、ヽ   ̄ 7´  //-=≦二二ニ=- 7ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:彡i:i:i:i:i:ム マ:,
:.;:.;:.;:.;_ : : : :: :; 广ニ=-  _ァ゚/ \\_,.ノ_,. -=≦二ニ=-⌒Xヾ;:ミ:ヾ;:ソヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ィ_ニニニム
:.;:.;:.;:.;:.;ミ : :: .: :∧ ̄””¨¨“ア゙/_ -=ニ二二二ニ=‐ ¨二__ x==爪ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ__,,.. -=ニ二二フー
:.;:.;:.;:.;≦ .: : :.: //\ _ ,ィ゙-=≦ニ=-弌ニニヌ'^YY´ー_‐_|::|冖乂ヾ;:ミ:ヾ_,,.. -=ニ二ZZZZZZ二ニ「」::}
:.;/⌒ミ、__ ∠ -=≦ニニ=-~フミミミミミミミミミミシ^Y:| ^|::| ̄ :::|:i:|::|fZZZZZZZZZ二ニ=-‐ '' ”,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;}i,
'´:.;:.;:.゙:.;:.;``'<ニ=- ̄::::|:|^7ミミミミミミミミミ彡: : |:| : |::|::::::::::|:i:|::|广ー…  ̄,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;;:j}ム
:.;:.ノ:.;:.;:.;:.;:.;: `|::|:::::::::::: :|:|:x_ミミミミミ彡⌒::::_|」..⊥ -=ニ二/,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,::; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ハ,ム
'":.;:.;:.;,、、‐'⌒ |::|::::::::_:_:」:L -=;';'Y´ニ二三三三三三三ア,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,:;; ,,:::_:_,,、、-‐ァ'^', マム
:.;:.;:.;:.;:.ソ-=ニ二三三三三三;';';';'k'三三三三三三r=≦zzzzzzzzzzzzzzzェ=ニニ二二 ̄─==ニナ¨_‐_ム:マム
:.;: ;∠三三三三二二ニニニ==--}i:|--==ニ¨¨ ̄ ̄ /∠ニ/弍ニニニニニニニニニニニナニナ汽''^^^`
/_‐|_‐∠/:::|_‐_‐,、xxXXXx_‐,}i:|_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐/∠-- く/_‐|:||:::|::::::::::〈〉〈〉:::::::::::::: :: ::|:|:|i:i:i:i|,:゙,:j气
州州州xく'`'`'`'`'くj'j'j'j'j'j'j'j'j_‐_}i:|'爻爻爻爻‐/∠ィ´:.;:.;:.;:.;:.;:|¨|:||:::|::::::::::〈〉〈〉:::::::::::::: :: ::|:|:|i:i:i:i|,:゙,:゙j气
州州ア´;';';';';';';';';';';';'_j'j'j'ソ_‐_从爻爻爻v/∠ニレ'`'`'`'`'`''| :|:||:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|:|i:i:i:i|,:゙,:゙,j气
洲洲;';';';';';';'//;';';';';';';';')‐''"⌒^^''爻爻v/∠ニア´;';';';';';';';';';゙;゙| :|二二二二二二二二二二|ニニニ|,:゙,:`j气
:;゙:;`乂ーミソノ⌒``∠_ノ─--=ミー---∠∠ニニ(爻;';';';';';';';';';';゙;| :|:|i:|_____|_,,|i:i:i:i:i:i|:|:|i:i:i:i|,:",:"j气
ニ>、:;":;゙:}洲{===彡'":;゙:;`:;":;゙:;゙:;゙}i,        ^"''弌爻爻爻|_,|:|i:i∧|i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ |i:i:i:i:i:i|:|:|i:i:i:i|,:",:"厂j
__|,、,、ノノ'^^''WwWwWWwW彡'゙                 └─=」二二__| |ー--.|:|:|i:i:i:」:゙:゙:゙:゙:゙:゙:
`゙`゙゙゙゙`゙`゙゙゙゙`゙`゙`゙`゙`゙゙゙`゙`゙´                              ̄  …┴  ̄: : : : : : :



アナザー京「見覚えのあるこの景色……間違いない、ここは霧島神境だ!」
571 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:36:07.76 ID:QBun3XqL0

京太郎『一安心だ……全く別の異世界に辿り着いていたらと思うと、肝が冷えたぞ』

アナザー京「ビビるなよ、相棒。「1巡前」だって成功していたやり方なんだぜ」


京太郎とアナザーワンがそのような会話を交わしていると、参道の方から一人の巫女が駆け寄ってきた!



           /|   __
             {.:|  /: :_⌒ヽ
        -─……─‐-: : `∧
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.\:.
    /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ:.:.:.ヽ
  :' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,:.:.:ハ
  ′: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨:.l
 |: : : :i: : l / l!: : : ト、 : : : :ト、 : : : : |:.::.,
 |: : : :|: : |'   |: : : :|'´\: : |‐-: :}: :|i.:.::.,
 |: : : :|\|'⌒ | l: : :|   \|  ∨: :八:.:.:.,
 ' : : : |:l   __ 乂 : :|  ,イ示冬、〉:/ ミ:.:.:.:.,
 |l: : : |:l_ ,竹冬、\|  .乂:ン / }::|  〉:.:.:.:..    ど…どなたですかっ?!六女仙の全員が在境しているのに、入ってこれるなんて…?!
. 八: : :|:l〃乂ン/ ̄`ー─‐‐′|::|〉/.:.:.:.:.:..`、
   \{:|i:ハー‐"  '     u r|::| '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     |:| 人"     __     ,イ_}∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:..\
    ':}         ‘ ′ ...:  |八:∧:::|.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:..
            >-<::   /  〉-}/|.:.:.:.:.:.:.:.| \|
           / ∧::   /  /  \.:.:.:.:.:.:.|   }


アナザー京(巴さんじゃあねえか。ずいぶんと懐かしい顔だぜ)

アナザー京「怪しい者じゃあねえ。ワケあってここに来なきゃならなくなったんだが、結界を破ってきたのは悪意があったわけでもなんでもないぜ」

巴「?!」
572 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:39:52.74 ID:QBun3XqL0

巴「け、結界のことも知っているなんて……?!」

巴「あ、あなたは……何者ですか?!」

アナザー京「っと……名乗るのが遅れたな」



               /⌒ _>、/⌒ Y¨¨¨  、
             /´> ´   ,    }      \
             , ´    /     :    、   ヽ
            /     /  '      |  |   ∨    :.
          ー‐イ' /  /  | | l     }  | |  |     .
                / '   ' / |{ |    / /| }  l  |    |
           // / { |-+-|、  | ,-}/-}/- /  }    {
             / ,..イ , 从,ィ=从{ l / ィ=tミ}イ/ /_   从
            ̄´  |∧  {  Vリ ∨'   Vり /' /- }  / }
               / 从ム   ,      ム,イ-、/l ,
                  :.            r ' /|/                   ザ・ユニバース
                 八   __ _,    / /     おれの名は須賀京太郎……『宇宙』のスタンド使いだ
                     、         イ Y
                    \___  イ   |ヽ
                   「 、 |    r <///|
                   |/}_」    |//(_)//|_
               , <///〈      ,」////イ////> 、
          r--- <////////∧   /////////////////> 、_
         //////////////〈/ }---{///////////////////////ハ
          {//|////////////Y   |////////////////////////}
          |//|//////////////|  /////////////////////////l|
          |//|//////////////{__/////=====///イ///////|




巴「!!!!」

巴「須賀…京太郎……?!!」
573 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:43:17.97 ID:QBun3XqL0

巴「ま…まさか……あ、あなたが……あの…?!」

京太郎『この反応……アナザーワン!!』

アナザー京(ああ……どうやらビンゴだ!)

アナザー京(神代小蒔はおれのことをしっかり覚えててくれたみたいだぜ…!!)

アナザー京「そうだ。ここの姫様とはずいぶん古い知り合いでな」

巴「!!」

巴「ひ、姫様のことも……」

巴「……分かりました。社務所にご案内します」

アナザー京「サンキュー。助かるぜ」

574 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:52:54.09 ID:QBun3XqL0

―霧島神境・社務所―


巴「……まさか、須賀様がいらっしゃるとは思いませんでした」

巴「姫様のお話や、『神託』でその存在は存じ上げてましたが……」

アナザー京「突然訪問してすまないな」

巴「いえ……お気になさらず」

巴「では、この客間でお待ちください。姫様を呼んできますので」

アナザー京「ああ、分かった」


アナザー京(霧島神境に来るのは「1巡」してからは初めてのことだ……)

アナザー京(スコヤを倒す旅の途中で10日間だけ滞在し……スコヤとの最終決戦の地もここだった)

アナザー京(霞太郎が生まれてからは、週末には必ず来るようにしていたし……)

アナザー京(ずいぶんと懐かしいところだぜ……縁があるな、この場所とは)
575 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 05:57:23.89 ID:QBun3XqL0

アナザー京(この「1巡後」の世界では、神代のおっさんが殺されるという悲劇も起こらないだろうから……)

アナザー京(霧島神境の財政が逼迫して、須賀京太郎の子を六女仙が孕まなきゃならねえという事態になることもないだろうし……)

アナザー京(霞さんとの間に霞太郎が生まれることもねえのかな)

アナザー京(そうなると少し寂しいが……スコヤが運命を狂わせなかった本来の世界…あるべき世界ってのが今なんだろうし、仕方のないことだろうか)

京太郎『アナザーワン。物思いに耽っているところ悪いが……そろそろ時間ではないか?』

アナザー京「ン……そうだな。いつの間にか疲労感がエグいことになってたぜ」

アナザー京「交代しておくか、相棒」

京太郎「ああ」 バン☆


京太郎とアナザーワンが身体の支配権を交換したその時!
576 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 06:01:41.50 ID:QBun3XqL0
客間の引き戸が開けられ……2人の巫女が姿を現すッ!



              ___
           <: : : : : : : : : : >
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
      /: : : : : : : : : :/: : : : : : ト : :/ : : : : /: : :.
.    /:イ: : : : : :/: :/{: !: : : : : | ∨: :} : : : : : : :}
   〃 }: : : : :{ 从:{.T l: : : : ハ{. T : :! {: : : : : ト{
   /  .|: : : : :l {: : | {. |: :/ ノ }| |: :ノ :| : : : : :||!
  j{   .|: : : : :| 乂:|x、∨:/ ノ-==x、.!: : : : : !:}
  乂  |: : : : :K f::::rハ     イ:::rハヾ:: : : : ::|
      |: : : :: l  ゞ- '      ゞ- ' ノ: : : : :リ
.     乂: : : ハ ""   '   ""  .: : : : /   きょ…京太郎様……!
       `<: ゝ.     _       /: :>´
         >: :>  ー'   .ィ:: :く
         /: :/ /≧ - <|〉、_`ヽ \
       /: : :/.イ  ∧    /  } `- ∨:ヾ:.、
     /:/: : :/   / ∧ イ  /    }: : | :| 、
   γ´.{/: : :/    :/ ∨/ /   ト. !: : ! :!ハ
.  /  {: : : {       // /      .ノ : ノ丿 ∧
  /   .乂:乂      // /    ./: /´ :/ ∧
. 〈     , \     ィ / /  _ィ: 彡`ヽ   :/ :〉
  }   , ´      .ノ   , ′       ハ    /
 _ゝ__ /     ,::´   /            :  r'ミ
〈    {      /   :/             }-ノY _〉
 /  !    ,:    /  _            ! 〈_ト{
./    ::    {:   Y  : : : :         リ   }
     、   |   | : : : : : : : :        ,     |
     ゝ   !   !.: : : :, _ 、: : ..     イ      |




           ,  ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::..ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;、:.:.:.:.:.:.:::::ヽ:::..:.ヽ
       // .:./..::::/.:::;:::::::::::/ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';::::....;
        /,'::.:::;'.:::::/.:::l!::::::::::;'  .';::::::::::l:::::::::l:::.:.:..i
        /.i::::::::|:::lL::-亠 : :::l  ̄丁T!::‐!::::::l:l:::::.:.::|
.       i !:、::::l::::l!、:_」L::::l:::l --+HL_:::l:::.;リノ:::.:.:...|
        ! .l:::::トゝ:!´__::_ヽ:川  ,,z=-zy/j;イ:::::::::::::::.|
        | .l :::::. lv'筰:卞 ヽ. ´ b::::::::jヽ .!l::::::::::::::.|
       l ::::::::l! .辷.ノ      ー.―   ll::::::::::::::.|
          l :::::: l. ,,,    '     '''    'l:.:::::::::: .|  
        l::::::::::l             /l:::::::::: .|    あら、この方が……
.         l::::: :::.l.    ャー‐ッ     /:::l:/::: :.l
         l:::: ::::::>...            イ:::::/ :: ::::::l
.          l:::: :::::::::::::>.....___ <  |:l:/:::: ..::::::'
          l::: .:::::: :::::/:::::l     /:::::::::.:::::: /
.           l::: :::::..:::/{:::::::|    /::::::::.:::::::::/
          l:: .:::.::/ ゝ´ll  /,':::::::::::::::::./> 、
         l: .::::::///  ! / /::::::::::::::: イ./   ヽ
.           l:.:::::/  ,'  /  /::::::::::::::;.' /    | .i
.          l=;/   l /   ,;:::::::::::::::,' /       ! l
           ,':::l  ./      i:::::::::::: / /    / l! .l
        /::丿, '     /!:::::::::::;' /    /     !



京太郎「!」

京太郎(神代小蒔と、石戸霞……!)
577 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 06:05:34.48 ID:QBun3XqL0

小蒔「きょ……京太郎様ーーーっ!!」 タタタタタタッ ギュウウウウッ

京太郎「ぐえっ!!」


小蒔は胸がいっぱいという表情で京太郎に駆け寄り、たまらず京太郎を抱きついたッ!!


小蒔「あれ……京太郎様、心なしか以前よりほっそりしたような……」 ギュウウウウ

京太郎「く…苦しい……」


霞「小蒔ちゃん、いくらなんでも客人に対してそれは礼を欠くわ」


小蒔「はっ!す、すみません……京太郎様と再会できたことが嬉しくて、つい……」 パッ

京太郎「ふ、ふぅ……」

京太郎「か、構わないよ……「1巡」ぶりだね……小蒔さん……」

小蒔「はい!お久しぶりです!」 ニコッ
578 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 06:09:33.59 ID:QBun3XqL0

霞「初めまして……では、ないのよね。須賀京太郎くん」

京太郎「ええ、まぁ……」

霞「失礼ながら、私の方は覚えていないのだけれど……」

京太郎「仕方のないことですよ」

京太郎「それより、この様子ですと……やはり小蒔さんは、俺のことを「覚えている」んですね?」

小蒔「もちろんです!」

小蒔「京太郎様のことは、片時も忘れたことはありません!」

京太郎「……。やはり、そうなんですか……」

アナザー京『いくつも重ねた推測の基盤は、まず正しかったようだな』
579 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 06:30:10.24 ID:QBun3XqL0

霞「小蒔ちゃんが物心ついた頃からずっと口にしていた「京太郎様」とお会いできるとは……光栄だわ」

京太郎「いえ、そんな大した者ではありませんが……六女仙の方々も、俺のことをご存じなんですか?」

霞「それは勿論よ」

霞「初めは……と言っても、10年以上前は、だけれども」

霞「私を含む六女仙も、当主様も小蒔ちゃんのお話は半信半疑で聞いていたわ」

霞「けど、『神託』で全ての真実を知ることになって……」

霞「世界が「1巡」したということも……「1巡前」の世界を救い、一足先に「1巡後」に辿り着いたあなたの存在も……全て把握しているわ」

京太郎「……そうだったんですね」

霞「「1巡前」のあなたの武勇伝は全て小蒔ちゃんから聞いているし……2週間に1度の『神託』でも、あなたに関する情報を賜ることが多いの」

京太郎「え……それは?」

霞「小蒔ちゃんがあなたのことを知りたがるからね」

京太郎「そ、そうなんですか……」

小蒔「えへへ」

霞「もちろんそれだけじゃなく、「1巡前」の出来事を中心として…あなたの過去は世界の核心に迫るような興味深い事実が多いし……」

霞「ここの主神・天照大神との繋がりも不思議と強いものだから、神職に携わる私たちが知っておくべきことも多いというのもあるのよ」

京太郎「なるほど……そういうことでしたか」

アナザー京『「1巡前」の人生は、何かと規模のデカい経験が多かったしな。「御身」を宿す者との関係も深かったし』
580 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 08:47:07.44 ID:QBun3XqL0

霞「小蒔ちゃんは、先月の下旬に「須賀京太郎が「1巡前」の記憶を取り戻した」という『神託』を賜ってからは、おおはしゃぎだったのよ」

小蒔「か、霞ちゃん!恥ずかしいので言わないでください!」 カァァァ

霞「あらあら、ごめんなさいね」

京太郎「……」

霞「それでも、まさか……その『神託』からひと月と経たないうちに、あなたから訪問を受けるとは思わなかったわ」

小蒔「「1巡前」を懐かしんで、ここまで足を運んでくれたんですか?」

京太郎「いえ……どうしても知る必要がある、「過去の出来事」がありまして……」

京太郎「「天照大神の御身」を宿す4人のうちの1人、小蒔さんなら力になってくれるかと思ったんです」

霞「4人?」

京太郎「?」

小蒔「あ……そうでした。「1巡前」は4人でしたね……」

京太郎「え……?」
581 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 08:58:32.10 ID:QBun3XqL0

京太郎「それは……どういう意味ですか…?」

小蒔「私も、「1巡後」のこちらの世界で『神託』を賜って驚いたのですが……」

小蒔「この「1巡後」の世界では……「天照大神の御身」を宿す者は…7人いるんです」

京太郎・アナザー京「!!!???」

霞「正確に言うと、7人が「9部位」をそれぞれ所有しているという状況なのだけれどね」

京太郎「な、なに……ッ!!??」

アナザー京『「御身」が9部位あって……7人が所有しているだと…?!』

小蒔「「天照大神の御身」は……心臓、左手、両目、脊椎、両耳、右手、両脚、胴体、頭部に分かれています」

小蒔「「両目」と「脊椎」は私が所有していて……」

小蒔「「左手」は衣さん。「右手」は淡さん。「両耳」は赤土さんが保有しているそうです」

京太郎「!!」

アナザー京『は、晴絵が「御身」の所有者ッ!?』

霞「『神託』によれば……赤土晴絵は、長期にわたって体内に「御身」を宿す小鍛治健夜が潜んでいたために適格者になったそうよ」

アナザー京『たまげたな。ということは晴絵のヤツも、おれのことを覚えているんだろーか』

京太郎「……他の部位はどうなんですか?」

小蒔「ええと……」
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 09:00:37.56 ID:QBibX/fA0
まさかのSBR展開かい
583 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 09:03:33.48 ID:QBun3XqL0

小蒔「確か……「胴体」と「両脚」は小鍛治プロが所有していたんですが」

小蒔「「両脚」については、正体不明の「誰か」に譲渡したそうです」

京太郎「なに……?」

小蒔「その「誰か」が誰なのかは分からないのですが……」

京太郎「……なぜ分からないんです?」

小蒔「それは……」

霞「小鍛治健夜が「神に仇為す邪悪なる者」だからよ」

京太郎「!」

霞「たとえ「御身」という天照大神そのものに関係する重要な情報でも、「神に仇為す邪悪なる者」の意思は『神託』では探れないの」

京太郎「……」

アナザー京『スコヤのヤツはおれたちだけじゃあなく、神サマでも何を考えてるかわかんねえってことか』
584 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 09:11:26.41 ID:QBun3XqL0

京太郎「……そうですか」

京太郎「まさか、「天照大神の御身」が9つもの部位に分かれているとは思いませんでしたが……」

小蒔「私も初めは驚きました……。どうやらこれは、「1巡」により生まれた「差異」のようです」

小蒔「小鍛治プロが「御身」を宿して時を越えたのが、大きく影響を与えてしまっただとかで……」

京太郎「……そうなんですか」

京太郎「ここまで挙がったのは、両目、脊椎、左手、右手、両耳、胴体、両脚の7部位と、6人……」

京太郎「では、残りの2つの部位は宮永照が所有しているということですか?」

小蒔「え?いえ、違いますよ」

京太郎「え?」

小蒔「あ……これも、「1巡前」とは違いますね。「1巡前」は照さんが所有していたんでした……」

京太郎「な……な、な…?!なに……?!!」

小蒔「この、「1巡後」の世界では……」


           /:、
             /i:i:i:〉
         /:i:i:i/  Λ
           /:i:i:i:i:i:、 〈//〉  /:i:i〉 Λ
.          /:i:i:i/\/ 〈/  /:i:i/ 〈:i/ /:i〉 /i:i〉
         〈:i:i:i/         /:i:i:i:i:、   ∨ /:i:i/  Λ
                     /:i:i/\/    /:i:i/  〈:i/ /:i〉 /:i:i〉
                 〈:i:i/         /:i:i:i:i:、    ∨ /:i:i/ 〈/〉  /:i:i:〉
                        /:i:i/\/     ./:i:i:i:i:、    /:i:i/ 〈/〉
                          〈:i:i/        /:i:i/\/   /:i:i:i:i:、    /:i:i〉
                                〈:i:i/      ./:i:i/\/ .   /:i:/ 〈/〉  /:i:i:〉
                                       /:i:i/       /i:i:i:\   ./:i:i/ 〈/〉
                                       V/     /:i/^'' ┘   /:i:i:i:i:、
                                              ∨     /:i:i/^' ┘
                                                      └ '
                 <: : : : : : : : : : : > .
               イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
             .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
               /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :/ : }
            / {: : : :/: : ::/-: : : //: :/!: : : : : : : |
           ,′!: : :/{ {: / { : / /: :ス }: : : : : : : :
           {. |: : :|, ===ミ. ∨ // /: : /: : : : :|
           |. |: : {! f : :r}`   -=x :乂/: : : : : ::
           { 从: | ゞ-'     r': : r∨: : : : : : |
              ∨{    ,    ゞ_:ン  ̄Y : : : :
                >ゝ          _ .イ : /}:リ
            /: / \ ‘'      イ: : :_:>'
          γ./: : /   }` ---ァ<{ .Y: {、     「心臓」と「頭部」は……宮永照さんの妹、咲さんが所有しているんです
.          / /: : /  /  {! /  / ヽ !: :!!
         / {从:{  {.  l/  /    .ノ: :|l、
.        _{  , '∨.   |./  /   . / : : リ Y
       < ィ     /  /    / /: /
       , ´             -=_彡      !
      .:     /  /        {     ノ
     i     ,′ /          :!     }
     :       /          ::}     ノ
     ∧     /             ト--==彡`>
   / .ゝ  {  {            |   ∨∧>
  /      >--=x            人   ゝ'´}
585 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 09:21:10.25 ID:QBun3XqL0


                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ-- 、
                         ___/==一  ー=ミ  \ < ⌒\ 
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ ̄ ̄ヽ- 、
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }} /
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ¨¨>
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }-<
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=、___
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ   /
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 </´   ∧ /八  \_,/
                   }乂________彡' /  } {从  } | / :::/イリ\ \
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ / ∧ リ :l/J:: {_∧}  ̄´
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.∨ U ::.. ノ}  リ
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{⌒〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}: : |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、      なッ!?な…ッ?!!なにイィィィィィィィィィッッッ!!!!????
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉



小蒔「わっ!」 ビクッ

小蒔「そ、そんなに驚きましたか…?」

小蒔「咲さんは照さんと姉妹ですし、「1巡」もすればそのくらいの「差異」は生まれてもふしぎじゃないと思いますが……」

京太郎「な、な……」 カタカタ…

アナザー京『……マジかよ』

小蒔「京太郎様……?」

京太郎「そ、そんな……?!」 カタカタ…


京太郎は心の底から震え上がった……。

照が「御身」の所有者ではなかったことへの驚きからではない……。

自分が今調べている宮永家の闇……

様々な情報が揃ってきて、解決が近づいている中で、依然として情報がないのが咲についてのことだった

そこに「宮永咲は「御身」の所有者である」という予想外の事実が飛び込んできたということに、何か底知れない恐怖を覚えたのだった……。

それはもはや、咲に対する恐怖に近かった……。
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 09:23:51.80 ID:qq1bVySDO
なんてこった
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 09:30:15.73 ID:QBibX/fA0
京太郎のホームが清澄じゃないときの
咲さんの強敵ないしラスボスポジのしっくり感

原作が主人公咲ちゃんでラスボス照やししゃーないか
588 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 09:31:04.69 ID:QBun3XqL0

アナザー京『……信じられねえ』

アナザー京『推測が1つ、ハズれたな……』

京太郎「……っ」 カタカタ…

アナザー京『照さんは、「1巡前」のことを「覚えてないフリ」をしていたんじゃあなく……本当に「覚えていなかった」んだ…!!』

アナザー京『むしろ、「覚えている」のは咲だったのか…!!』

アナザー京『それならまだ、アビー・アークタンデの失踪宣告申し立てや遺産相続で咲が意思表明できた理由も分からないではないが……』

京太郎「み、宮永咲が……2つの「御身」の所有者…?!」

霞「『神託』で知ったのだけれど……確か、あなたはこの世界では、宮永咲さんとは関わりがないのよね」

小蒔「それはふしぎですよね。咲さんは「御身」を2つ宿していますし……2つの「奇跡」を授かっているはずです」

小蒔「そのうち一つは、私たちと同じく……「「1巡前」の記憶を引き継ぐ」という「奇跡」だと思いますが……」

アナザー京『咲は、おれたちのことを覚えているのに会いに来たりすることもなかったのか……』

アナザー京『妙ではあるが……おれたちが「記憶を取り戻していない」という可能性も考慮してのことだろうか?』

京太郎(それは、分からないが……)
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 09:35:21.46 ID:QBibX/fA0
衣や淡は神託が牌の神に愛されることに使われて
前世の記憶は無いと考えるのが妥当か
590 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 09:39:02.88 ID:QBun3XqL0

京太郎「今、「2つの奇跡」と言いましたが……「御身」の数だけ、「奇跡」が起こるものなんですか?」

小蒔「はい、そうです!」

小蒔「私は、「両目」と「脊椎」を所有しているので……」

小蒔「「「1巡前」の記憶を受け継ぐ」という「奇跡」と、「『神託』を賜ることができる」という「奇跡」を授かっています!」

霞「「1巡前」は六女仙の力を借りて、当主様が審神者を務める必要があったそうだけど……今は小蒔ちゃん一人で『神託』を授かる力を持っているのよ」

京太郎「……宮永咲が、「記憶を受け継ぐという奇跡」を起こしているなら……もう1つの「奇跡」はなんなんですか?」

小蒔「そ、それは……分からないんです」 シュン

京太郎「……?」

京太郎「なぜですか?天照大神に関することですし、『神託』で把握していそうなものですが……」

霞「……それが、『神託』を以てしても……知ることができないのよ」

京太郎「え……?」
591 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 09:46:40.37 ID:QBun3XqL0

霞「考えられる理由は2つ……」

霞「1つ目は……宮永咲さんが、「神に仇為す邪悪なる者」だから…ということ」

京太郎「な……?!」

アナザー京『ば、バカなッ!!』

京太郎「い、いや……そんなはずは……!!」 ガタッ

小蒔「きょ、京太郎様!お、落ち着いてください。もう1つ考えられる理由はありますよ!」

京太郎「す、すみません……取り乱してしまいました」

京太郎「何ですか?もう1つの考えられる理由とは……」

霞「それは……宮永咲さんが、強力な「波紋使い」か「柱の一族」である…という可能性よ」

京太郎・アナザー京「!!!???」

小蒔「思い出してみてください……」

小蒔「「1巡前」……赤土さんは正義の幽波紋の雀士でしたが、『神託』の告げる幽波紋の雀士のリストには挙がっていませんでしたし……」

小蒔「宮永照さんも、小鍛治プロを欺いて京太郎様を裏で支援していましたが……「柱の一族」であるために、『神託』ではその真意が読み取れませんでした」

京太郎「……そういえば、そうでしたね」

霞「天照大神は元々、波紋雀士と柱の一族の争いから人間を救うために「オカルト」や『神託』を与えたもうた存在……」

霞「その天敵たる「波紋使い」や「柱の一族」に『神託』が及ばないのは当然の理なのよ」

京太郎「………」
592 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 10:10:56.77 ID:QBun3XqL0

小蒔「京太郎様、どうしたのですか……?」

小蒔「先ほどから、宮永咲さんの話になると、血相を変えて驚いてらっしゃいますが……」

京太郎「……俺が霧島神境を訪れた理由は」

京太郎「宮永咲も関係する……宮永家の闇について、『神託』の力を借りて探りたかったからなんです」

小蒔・霞「!!」

小蒔「宮永家の、闇……」

霞「もしかしてそれは、7年前の「事件」に関係することかしら?」

京太郎・アナザー京「!!」

京太郎「な、なにか知っているんですかッ!!??」

霞「え、ええ……」


593 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 10:25:12.96 ID:QBun3XqL0

霞「元々、「1巡前」は宮永照さんが「柱の一族でありながら御身の所有者」だったということもあって……」

霞「9年以上前から……照さんのみならず、宮永家全体について『神託』で探りを入れていたのだけれど……」

霞「どうも、『神託』で得られる情報が不明瞭なことが多くてね」

霞「お母さまや妹の咲さんのこともそうだし、宮永一家の動向として意図が分からないことが多すぎたわ」

霞「照さんは「1巡前」も柱の一族だったからおかしくはないとはいえ……」

霞「宮永家の中には、照さん以外にも「柱の一族」か「神に仇為す邪悪なる者」が最低でも1人はいると見て、様々な角度から『神託』を賜って監視していたの」

京太郎「……」

霞「そんな中……7年前、詳細は分からないけれども……『神託』によって、宮永家に「奇妙な事件」が起きたことが分かったわ」

京太郎「……教えてください。その『神託』……」

霞「ちょっと待っていてね……書庫に記録があるから、取ってくるわ」  スクッ

京太郎「……お願いします」
594 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 10:31:05.65 ID:QBun3XqL0

霞は立ち上がり、客間を出ていった


京太郎「紙媒体で記録しているものなんですね、『神託』っていうのは……」

小蒔「このご時世ですから、さいばーせきゅりてぃ?をしっかりする必要があるから、と霞ちゃんは言ってました」

京太郎「……なるほど。確かに、最大のサイバー攻撃対策はオフラインにしておくことですからね」

小蒔「そうなんですか?やっぱり、京太郎様は色々なことを知ってらっしゃいますね!」

京太郎「……」

小蒔「……京太郎様」

小蒔「もしかして……また、「1巡前」のように…何か大変なことに巻き込まれているのですか…?」

京太郎「……いえ。今回は違います」

京太郎「「1巡前」とは違って……今度は、自分から首を突っ込んでいるんです」

小蒔「……危ないことはしないでくださいね」 ギュッ

京太郎「……ご心配なく。ただ、ちょっと姉妹仲を良化させようとしているだけですから」

小蒔「そうなんですか?」

京太郎「ええ……」


595 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 10:34:28.39 ID:QBun3XqL0

小蒔「やっぱり、京太郎様はお優しいですね!」 ニコッ

京太郎「……フン。別にそういうことではなく……」

京太郎「ただ……やるべきことをやっているというだけです」

京太郎「恐らく、俺にしかできないことを……」

小蒔「……?」


そんな会話をしているうちに、霞が客間に戻ってきた


霞「見つけたわ」 ガラララッ

京太郎「!」

霞「2011年の……1月の記録ね」 ペラッ

霞「この記録が……その「事件」についての『神託』よ…」

京太郎「……!!」
596 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 12:24:42.97 ID:QBun3XqL0

霞「「柱の一族」か「神に仇為す邪悪なる者」が絡んでいるから……それぞれの人物の主観や意思などはわからないのだけれど……」

霞「それでもよければ……どうぞ」 スッ

京太郎「……ありがとうございます」


霞の手渡した『神託』の記録…!!

そこには、恐ろしく冒涜的で…そしてこの上なく禍々しい……宮永家で執り行われた「太陽超克の儀式」の全貌が記されてあった……ッ!!!


「   時は寅の刻。闇の長者、このかみの天日をともがらとせむことを願ひて、

    寝を寝るをたよりと待ち、言はん方なく悪しげなる儀を申し行ひけり。

    うからのおほばなるを討ちてければ、さる血を石のやうなる面に零し、このかみのかんばせを打ち覆ひけり。

    長者の、いとこのかき暗さるるさまをそばめにかきて、咒を誦じけるさまこそうたてけれ。

    ときしもあれこのかみぞゆくりなくおどろきける。ののしりて厭ひ愁ふも、

    前広に思ひ掟てけむ、はらからのおととなるが服はせんと目をかけて飛んでかかりけり。

    からくすまふも、さるべきにや嶺のかみに咲く花に野分はかけても及ばざるやうにて、

    いたう燃ゆるしつらひを見るに、著くかまへてかなはじとや思ひけむ、つひに思ひ絶えぬ。

    さるほどにほむらの移ろひて、さながらいへゐの燃亡したる東雲の折、

    融け合ひし影を具して水面を眺み、けにあへなくて音を泣くさま、いみじう傍ら痛かりけり。

    儀の畢んぬよりやがて、長者、隠したる室に渡りて絶え籠りてけり。                             」



アナザー京『………!!!!』

京太郎(……読めん)
597 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 12:28:16.87 ID:QBun3XqL0
初歩的なミス

× 融け合ひし影を具して水面を眺み、けにあへなくて音を泣くさま、いみじう傍ら痛かりけり。

〇 融け合ひし影を具して水面を眺め、けにあへなくて音を泣くさま、いみじう傍ら痛かりけり。
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 12:28:42.64 ID:qq1bVySDO
読めねぇ…
599 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 12:30:58.74 ID:QBun3XqL0

  /    '   |   ',         :}∧∨',ヽ, /  V |   | ' /: : :ヾv  v
 '     :|   ',    ,         }  ! V / :|  V |   |{ ,: : / } ヽ v
'    / !   :{ハ   ハ ∧       } V| /{ V |_,  v!   |      }  ヽ
    '  :,   ' ,   ' ∨∧     ' ,}イ' _j{≫!7:f心刈 V       / {l 、|斗 ―――
   /  ,∧  ∧ー=ミ{__ ヽ ',    j{⌒'| 7/j' j'うゝ:ア |  '  '      ' :{l ヽ! `ヽ
   ,'  / ∧  ∧:、 {`~^ ー--  /: : j ^    ≫'’     V'    _ノ  {l  |   V
/ ,'  /  j{∧  ∧ヽ{ ,ィァ=v云|  ': : : i|   ~´       '   「:\ } {l      ,ヽ
  ,' ./:| / v∧  {ヾ八{  ヽぅ! /: : :  U           し  :!: : : V:V      , \   『なん…だと……ッッ??!!』
  ! ./ | /  ヾ∧  ,、\: `: : : :|/: : : :、               }: : : : : '        ,
  |/  :| '     )ヽ , \ヽ: : : :': : : : ノ!                八: : : :'       ,
     '    } / / ヽ   丶: :.} !: : : `: .、       _      ': : : : : '        ,
        j/ ,       \し: : : : : : :.   _,.  '"      /: : : : : '           ,
           ,          ヽ.,: : : : : :冖、 _      ,イ{: : : : :/           !
           、         > .,: : : : : : (     /: U : : :./          |
          | ヽ           / :≧s。.,:ヽ  _ ./\: : : : {「 \           |



アナザー京『ま…まさか……そ、そんな……!!』

アナザー京『そ…そうだったのか…!!』

京太郎(アナザーワン、何を驚いている…?)

アナザー京『い…今まで見えなかった……宮永姉妹の「確執」の理由…!!』

アナザー京『それがようやく……分かった…ッ!!!』

京太郎(なにッ!!!???)
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 12:42:25.96 ID:qq1bVySDO
昔の人はよくこんな回りくどい表現で理解できるもんだ
601 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 12:43:14.29 ID:QBun3XqL0

京太郎(ほ、翻訳しろッ!!アナザーワンッ!!)

アナザー京『あ、ああ……』

アナザー京『『神託』でも詳細が分からないというだけあって……それぞれの人物が誰なのか明確にされていないし…意図もはっきりしない部分があるが……』

アナザー京『とにかく、説明しよう……』

京太郎(頼む)

アナザー京『午前4時ごろのこと。「闇の長者」は…最後の文から察するに、「宮永愛」のことだが…』

アナザー京『「このかみ」……後の文で「はらからのおとと」が出てくるから、「このかみ」が照さんで…「はらからのおとと」が咲だろう……』

アナザー京『宮永愛は、照さんを太陽の友達にしようと願って、照さんが寝るのをチャンスと待って、マジに最悪の儀式を執り行った……「太陽超克の儀式」のことだ』

京太郎(……それで?)

アナザー京『「うからのおほぼなる」…つまり、「このかみ」の祖母、アビー・アークタンデを殺し……その血を「石のやうなる仮面」、石仮面に垂らして、照さんに被せた』

京太郎「……!!」

京太郎(つまり、アビー・アークタンデは……やはり「生贄」かッ!!)

アナザー京『「いとこ」…誰だかは分からねえが、「このかみ」、照さんのいとこだろう……宮永愛の、いとこが悲しみに暮れる様子を傍目に呪文を唱える様は最悪だった』

京太郎(宮永照の「いとこ」…ッ?!)

京太郎(そいつが……「犠牲者」かッ!!!)

アナザー京『そういうことになる……!』
602 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 12:56:55.79 ID:QBun3XqL0

アナザー京『しかし、タイミング悪く照さんがいきなり起きた。照さんは大騒ぎして嫌がり、嘆き訴えるが……』

アナザー京『前もって決めてあったのだろうか、「はらからのおととなる」…咲が、服従させようと照さんに襲い掛かった……!!』

京太郎(な……なにィィィィィィィィィッッ!!!!????)

アナザー京『照さんは必死に抵抗するが、「1巡前」からの因縁だったのだろうか、嶺の上に咲く花に台風の如き風の流法は全く及ばないようで……』

京太郎(な…なんだと…?!)

京太郎(宮永照が……宮永咲に敵わなかっただと…?!)

アナザー京『激しく燃える部屋の中の調度類だかを見て、ハッキリと「全く敵わない」と思ったのだろうか、遂に抵抗を諦めた…!』

京太郎「………」

アナザー京『そのうち炎は燃え広がって、そのまま家が焼け落ちた頃…』

アナザー京『「融け合ひし影」…「融合した光」、つまりは「犠牲者」を伴って、どこかの水面を眺め…』

アナザー京『いっそうどうしようもない気持ちが募って、声を上げて泣く様子は……とても気の毒で見ていられないようだった……』

京太郎「……っ」

アナザー京『儀式が終わるや否や、宮永愛は隠してあった洞窟に移動して引きこもってしまった……!』

アナザー京『どうやら『神託』ってのは……神の視点で告げられ、天照大神の主観や推測が入り混じっているようだな…』

アナザー京『だが、そんなことはどうでもいい…!』
603 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 13:04:58.64 ID:QBun3XqL0

アナザー京『「犠牲者」の正体が宮永姉妹の「いとこ」だと分かったことも発見ではあるが……』

アナザー京『それよりも重要なことは……!』

アナザー京『咲が…あの咲が…照さんを上回るパワーを以て、嫌がる照さんを屈服させ…「儀式」を強行したということだッ!!!!』

アナザー京『宮永家の火事の原因は、二人の争いにあった…ッ!!』

京太郎(宮永姉妹の「確執」…!!)

京太郎(その理由は……そこにあったのか…ッ!!)

アナザー京『間違いねえ…!!咲のヤツ、とんでもないことをしやがった…!!』

京太郎(し…信じられん……)

京太郎(あの、宮永咲が……そんな…?!)

アナザー京『……咲について『神託』で詳しく探れない理由が分かった気がするぜ』

アナザー京『恐らく咲は……照さんを上回るパワーを持つ…「柱の一族」だったんだッ!!』

京太郎(ば、バカな……!!)
604 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 13:16:43.59 ID:QBun3XqL0

京太郎(「1巡前」の宮永咲は「柱の一族」の血を発現してはいなかった…!!)

京太郎(そもそも彼女は、祖母を「生贄」とし、いとこを「犠牲者」にして、激しく拒む姉を屈服させてまで「儀式」を強行するような人間では……!!)

アナザー京『……「1巡」がもたらした「差異」なのかもしれねえ。咲は「人間じゃなくなっちまった」……』

アナザー京『だから、こんな悲劇を引き起こした……』

京太郎(そんなことが……ッ)


小蒔「……あの、京太郎様…?」

京太郎「!」 ハッ

小蒔「ど、どうされましたか…?険しい表情をしてらっしゃいますが……」

京太郎「……すみませんが、急ぎの用事ができてしまいました。今すぐにここを立ち去らねばなりません」

小蒔「えっ?!」

霞「あら……それは残念ね。一晩くらい泊まってゆくのがいいんじゃないかしら、と思ったのだけれど」

京太郎「……すみません。そんな余裕もなさそうです」

霞「……そう。分かったわ」

霞「小蒔ちゃん、ちゃんと京太郎くんにお別れしなさい」

小蒔「うぅ……また、来てくださいね?」 ウルッ

京太郎「ええ……。用件を済ませるだけになってしまって申し訳ないです」

霞「いいえ。気にしないで」

京太郎「ありがとうございます」 ペコリ

京太郎「それじゃあ……」 タタタッ
605 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 13:29:52.69 ID:QBun3XqL0
―高尾山―


京太郎「〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!」 ザッザッザッザッザッ

アナザー京『待て!相棒。そんなに急いで下山して、どうするつもりだ?』

京太郎「き…決まっているだろうッ!!宮永咲に会いに行くのだッ!!」

アナザー京『会ってどうするんだ?』

京太郎「そ、それは……」 ピタッ

京太郎「……」

アナザー京『殺すつもりだったな。相棒』

京太郎「………!!……ぐっ」

京太郎「そ、そういうわけでは……」

アナザー京『嘘をつくな。義憤に駆られてのこととはいえ、殺人衝動もちのお前が考えることくらいお見通しだ』

京太郎「っ……」
606 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 13:36:33.75 ID:QBun3XqL0

アナザー京『だが、ひとたび足を止めて考えてみれば、それがとんでもないことだと分かるだろう?』

京太郎「……」

アナザー京『怒りにまかせて咲を殺したところで、何の解決にもならない』

アナザー京『それで本当に照さんが喜ぶはずはないし……姉妹の「確執」は残ったまま、永遠に解決できなくなる』

京太郎「……そうだな」

アナザー京『もちろん、咲がどういう人間…いや、どういう生物になってしまったとしても、「1巡前」では幼馴染であり「家族」だった仲だ』

アナザー京『咲を殺すということは、どんな理由であれ、おれたちの心に後味の良くねえものを残すこと請け合いだぜ』

京太郎「だが……宮永咲は、神でさえ同情するほどの苦しみを宮永照に与えたのだぞッ!!?」

アナザー京『元々天照大神はそれなりに慈悲深い神だ。弟が高天原で蛮行を働いていても、ある程度はかばうくらいにな』

京太郎「お、お前は…!!そんなこと、どうでもいいッ!!」

アナザー京『それに、咲にも理由があったのかもしれない』

京太郎「……なにッ?!」 ピクッ
607 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 13:41:20.37 ID:QBun3XqL0

京太郎「り…理由…?!あんな所業に、理由なんてあってたまるものかッ!!』

アナザー京『頭を冷やせッ!!焦り過ぎるな、相棒ッ!!』

京太郎「っ」 ビクッ

アナザー京『こんな時こそ、冷静になれ……!冷静に情報を整理し、的確に物事に対処するんだ』

アナザー京『おれたちにはまだまだ考えなくちゃあならねえことがある』

京太郎「なんだ?!考えなくてはならないこと、というのは……!!」

京太郎「まさか、明日からの合宿のことなんかを言っているんじゃあないだろうなッ!!」

京太郎「俺はそんなことどうでもいいッ!!今は、宮永姉妹の「確執」を解決することが最優先だッ!!」

アナザー京『焦るんじゃあねえと言っているだろうッ!!』

アナザー京『てめえが合宿に行こうが行くまいが勝手にすりゃあいいが、「確執」を解決したいなら冷静になりやがれッ!!』

京太郎「ぐ……ッ!!」 ギリッ
608 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 13:48:29.13 ID:QBun3XqL0

京太郎「な、ならば…!ど、どうしろと……言うのだ…!!?」

アナザー京『……おれたちは、『神託』によって…「生贄」がアビー・アークタンデであり、「犠牲者」が宮永姉妹のいとこだということを突き止めた』

アナザー京『そして、姉妹の「確執」の原因が咲が「儀式」を強行したことにあるというのも、ほぼ確定というわけだ』

京太郎「……そうだな」

アナザー京『パズルのピースは全て揃った』

アナザー京『あとは、「答え合わせ」をするだけだ』

京太郎「「答え合わせ」だと……?」

アナザー京『そうだ。おれたちの頭の中では、「祖母やいとこを犠牲にする儀式を拒絶していた照さん、にもかかわらず強行した邪悪な咲」という図式が出来上がっているが……』

アナザー京『それが本当に正しいのか……咲に直接会って確かめる必要がある』

京太郎「……結局会うのではないか」

アナザー京『それしかねえさ。昨日まではマズいと思っていたが、事情が変わったからな』
609 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 19:49:44.16 ID:QBun3XqL0

アナザー京『おれとしてはまだ……咲のヤツがそんなことをしたなんて、信じたくねえが……』

京太郎「……俺だってそうさ」

アナザー京『だが、『神託』が告げたことは真実だ』

アナザー京『これが宮永姉妹の「確執」の真相だった以上……咲に会って事情を聴き、事と次第によっては……ブチのめして照さんの前で頭下げさせるしかねえ』

京太郎「……同感だ」

京太郎「それで本当に……姉妹の「確執」が解決できるかどうかは分からないがな……」

アナザー京『……おれには一つ、策がある』

京太郎「…どういう策だ?」

アナザー京『いや……今は言わないでおくぜ』

アナザー京『どっちみち、咲から照さんに謝らせねえ限り……姉妹仲を改善するという目的の上では、この策はあまり意味がねえ』

京太郎「……そうか、分かった」

京太郎(宮永咲…!)

京太郎(「1巡前」からの深い縁があるお前のことは…「心の故郷」とさえ思っていたが……)

京太郎(お前が諸悪の根源…吐き気を催す邪悪だというのなら…)

京太郎(俺はお前に対しても……一切の情を持たんぞ…!!)


〇tip7:「神託」の告げる真相 を手に入れた!

〇精神力が5上がった!



  tip1→→→→→→→→┐
                 |
  tip2 → tip3→┐.     |
           ト→tip6→→tip8→tip9
  tip4 → tip5→┘.     |
                 |
  tip7→→→→→→→→┘
610 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 19:53:19.96 ID:QBun3XqL0
このまま流れで宮永家の闇解決にいきたいですか?

それとも、予定通り合宿を挟みますか?

前者の場合、監督のミスで宿の予約が2日ずれていたということになります



A 貝瀬監督は旅館を8月13〜15日でとっていたッ!(17日から開会式)

B 貝瀬監督はミスなく旅館を予約していた


↓1〜↓3 多数決
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 19:56:19.00 ID:qq1bVySDO
ちょっと休憩を挟みたいのでB
アイテム購入の機会は忘れてないよね?
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 19:58:25.09 ID:6128Ogh90
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 20:01:26.09 ID:l5ZGf/wao
a
614 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 20:24:12.17 ID:QBun3XqL0
了解です

>>611
正直に言うと忘れてました
615 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 20:35:39.97 ID:QBun3XqL0

―帰りの電車―


ピロン♪ ピロン♪ ピロン♪ ピロン♪ 


京太郎(しまった、バイブしておくのを忘れていた……)

京太郎(……部のグループLINEの通知か)

京太郎(なんだろう…?ずいぶんとLINEが飛び交っているようだが……)


麗香@麻雀部監督『ごめん!!!!!合宿行のバスの手配と旅館の予約、日にち間違えてた!!!!!』

弘世菫『どういうことですか?』

麗香@麻雀部監督『いや、明日から合宿の予定だったでしょ?けど、確認してみたら13〜15日の予約になってたのよ(^▽^;)』

弘世菫『把握しました。』

高久田ちゃん『マジすか!マジすか!それヤバないすか?!』

誠子『やったー!明日も釣りに行っていいってことですよね!?』

たかみ『日程がズレるだけだから、13〜15は行けないよ、亦野ちゃん』

誠子『マジか』

岩貞(虎党一筋)『えー、合宿のためにノースロー調整してたのに煤i; ̄□ ̄』

大和『てか合宿の後、インハイまで1日しか空かないのヤバいっすよ』

ともあき『肩の調整がムズかしくなるわね〜』

原村和『合宿でもインハイでも、野球ボールより牌を握る時間の方が長いので心配はいらないと思います。』


京太郎(なに…?合宿が明日からではなく、13日からだと……?)
616 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 20:39:57.98 ID:QBun3XqL0

麗香@麻雀部監督『そういうわけだから、みんなゴメン!!!!!! <(_ _)><(_ _)><(_ _)>』

原村和『かしこまりました。』

高久田ちゃん『あんま気にしないでくださいよォ〜!監督ゥー!』



京太郎(フン、マヌケが……)

京太郎(だが…俺にとっては好都合だ)

京太郎(合宿が始まるより前に……宮永咲に会いに行き、姉妹の「確執」にケリをつけることができそうだからな……)

京太郎(心に余計な焦燥を抱えたまま、合宿に臨むよりはよっぽどいい…)


〇体力が10上がった!
617 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 20:40:47.64 ID:QBun3XqL0
2018年8月11日(土) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:108/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:43 DEX:80  INT:75
CON:83. APP:110 POW:120
SIZ:80  SAN:46 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(120) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(123) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(53)
・小鍛治健夜(26) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・雀明華(256)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:35/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

× 4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(ここからはINT判定なし)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族
  tip5:太陽超克の儀式 tip6:発覚した宮永・アークタンデ一族の詳細 tip7:「神託」の告げる真相


安価↓1
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 20:41:52.43 ID:qq1bVySDO
10
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 20:42:39.41 ID:6128Ogh90
6 三枚
620 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 20:53:25.71 ID:QBun3XqL0

―八王子駅―


京太郎(この時が来た……)

京太郎(特急あずさの指定席は、昨日の夜に帰ってすぐ2席とっておいた……)

京太郎(小淵沢で乗り換えて、信濃境へ…)

京太郎(宮永咲のいる清澄へ向かう…!!)

アナザー京『相棒、分かっているだろうが…まずは「話を聞く」ために向かうんだぜ』

京太郎(ああ……。血気にはやって襲い掛かるなんてことはしないさ…)

アナザー京『ならいいんだがな。これはおれ自身への戒めでもある……』

アナザー京『咲の顔を見たら、プッツンきちまいそうなおれ自身へのな……』

京太郎(俺とてそうさ……)

京太郎(宮永咲の所業は……到底許せるものではない…!)

京太郎(どんな事情があったのかは、知らんがね……)

アナザー京『まずは、「事情」を聞き……一発ブン殴ってから照さんに謝らせる…!』

アナザー京『事と次第によっちゃあ、何十発でもブン殴って、引きずってでも東京に連れ出して、照さんに謝らせる…!』

京太郎(……そのつもりでいくさ)
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 20:54:54.47 ID:qq1bVySDO
よく見たら安価が両方42に近い…
不吉だ…
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:00:22.31 ID:3QxI/DMP0
判定ないから 問題ないね
623 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:00:42.04 ID:QBun3XqL0
そして……


―信濃境駅―


京太郎(……着いたぞ…!) ザッ

京太郎(清澄に…!)

京太郎(さて……どこへ向かったものかな……)

アナザー京『まだ16時という微妙な時間だ。学校の授業が終わったくらいの……』

アナザー京『今頃は部活に参加しているか…あるいは直帰しているか、あるいは図書館にでも寄っているか…』

京太郎(宮永咲の通学路を通って清澄高校へ向かおう……)

京太郎(彼女がいるの可能性の高い、学校へ近づくことになるし……もし帰宅しようとしているなら、途中で出くわすかもしれない)

アナザー京『そうしてみるか…』
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:03:33.69 ID:3QxI/DMP0
良く安価スレでコンマを狙うとか言ってる人いるけど 狙ってゾロ目とか実際出せるもんなのかね 知らんけどww
625 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:12:01.21 ID:QBun3XqL0

―咲の通学路―


京太郎(懐かしい道ではある……「1巡前」の中学・高校生活では、彼女と共にこの道を通って通学していたからな……)

京太郎(だが今は……感傷に浸る気分にはなれん……)

アナザー京『……相棒』

アナザー京『なんだか妙に心地よいような……妙な感覚がねえか?』

京太郎「!」

京太郎(お前もか、アナザーワン…!)

京太郎(駅に着いた時から、少し感じていた……)

京太郎(進行方向に向かってドンドン惹き付けられていくような気分……歩の進みが自然と早くなっていくような感覚がある……)

京太郎(「宮永姉妹の確執を一刻も早く解決したい」という焦りがそう感じさせているのかと思ったが……お前も同じような気分を味わっているとは…どういう…?)

アナザー京『分からねえ……』

アナザー京『分からねえが、進んでいった先で……何か分かるかもしれねえ』

京太郎(そうか……ならば、先を急ごう…!) スタスタスタ
626 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:20:34.21 ID:QBun3XqL0

―清澄高校・校門前―


京太郎(……懐かしの母校に辿り着いたぞ……)

アナザー京『1年で宮守に転校したがな…』

京太郎(しかし妙だ……ここに来る途中で、先ほどの感覚がピークに達したような瞬間があったのだが……)

京太郎(清澄高校に到着してみると、あの感覚は弱まってきている……)

アナザー京『ああ……数分前まではまるで、適量の大麻をキメて最高にハイになっているときにお気に入りのヒップホップを聴いているかのような好調だった…』

アナザー京『だが今はまるで、クスリの効力が切れてきたかのよう……』

アナザー京『おれのみならず、相棒までも感じるところがあるのなら……偶然じゃあなさそうだな』

アナザー京『これは……何かあるぜ』

京太郎「……」

アナザー京『さて、どうする…?相棒……』

京太郎(清澄高校に侵入する)

アナザー京『それでこそ、おれの相棒だぜ…!』

京太郎(今は不法侵入だとか犯罪だとか、そんな小事を気にかけている場合じゃあない……) ダッ
627 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:26:01.29 ID:QBun3XqL0

―校内―


京太郎(……さて、校内に侵入したはいいが……) 

京太郎(どこへ行ったものかな…?図書室にも姿はなかったし、やはり麻雀部か…?) ウロウロ


久「あら、先生。こんにちは」 ペコリ

京太郎「!!」 ビクッ

京太郎(た、竹井久……!!?)



         /: . : . : .>イ:.イ: . ヽ: . : .\
        /: . : . : /   {/从ノヘ: .ヽ: . : . ,
       /ィ'": . : /,   ー - ,,__V: . : . : . ,
      〃,: . : . //     ,,,     V: }. i: . :.
      〃 . : .:.:/       ,ィf乏ォ、, V:!:リ. : . .
     /  ,: . :/ ,イ禾ヾ     ら::.リ } .}: /: . : . ,
    ,'  ,: . :.A,{!乂:::リ     `ー'   ハ: . : . : .:
    {  .i: . ,':..,` '"  '       ,イ: . : . : . :.
       ,: .{: .ハ            {: . : . 7: . ,    あれ?でもこんな先生うちにいたかしら……
       V: . : ハ _    -‐-    V: . : {: . :
       ヽ: . : .ヾヽ        , <}: . : i: ./
         ヽ: . :∧ヽ 、_n_, ィ |: .:ノ: . : {:/
         ノ: . : .∧ヘ}/^ヾ   i: ./: . : . {
       _/: . : .ノ:;:;{ イ/~ヽ,  {゙7: . : ノ: ヘ
     ,’‐-{: ../:;:;:;:ム  '".r、}    {ヘ: へ: . :.}<_
    7;/ =、 ヽ{`>、:;:;}   } ’ ̄ ゙̄i ヾ:;:;ヘノ 〃/、
   7;7´   \   _,,i__   i:;:;\   !:;:;:;:;:;:;:;:〃/  Y
   ,;;,'  ',   .\ {== ̄``ォ、:;:;ヘ !:;:;:;:;://  / .,
   ,;,'{   ヽ    V:;:;:;:;:;:;:=7 \:ヘ|:;:> '" ヘ.ノ  i!
    ,;,∧   \ r'"ー、_:;:;:;:;:;:;7   `}へ     ,  ヽ
   ,;;,' .V    }    ー‐' ヽ    {__}       ノ
   ,;;'  }    /      } ノ   :|iiiii|      } / V
  77_ ,   / ヘ     .イ    iiiiiiii         V
  └―‐7 >'   }     ,'     iiiiiiii      ,'    V
     {/     i!    7    ノ:iiiiiiiii    /  ノ :}



京太郎「!!」
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:32:05.67 ID:3QxI/DMP0
よりにもよって上埜さんかよ 
629 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:32:33.62 ID:QBun3XqL0

京太郎(し…しまった…!)

京太郎(学生議会長の彼女に見つかってしまうとは……!!)

アナザー京『学生議会長って、懐かしいじゃあねえか。よく「生徒会長」って言っちまって訂正されたもんだぜ』

京太郎(な、なにを呑気なことを……)

アナザー京『いや、逆に考えればチャンスだろう。相棒』

アナザー京『麻雀部の部長も務めているこのアマなら、咲の居場所を知ってるかもしれねえ』

京太郎(た、確かに……それはそうだが……)


久「……変ねえ。こんな若くてイケメンの先生がいたら、忘れるはずないんだけど」

久「夏休み期間だし、教育実習の先生が来てるはずもないし……」

京太郎「っ!」

京太郎(し、しまった……!そういえば、夏休みだったか…!!すっかり忘れていたッ!!授業があるものだとばかり思っていたぞ…ッ!!)

アナザー京『慌てるな、相棒。動揺を顔に出すんじゃあねえ』

久「……失礼ですけど、どなた?」

京太郎「………」


信用判定 京太郎のAPP110−20(怪しいので)=90で判定


02〜14 完全に怪しまれる

15〜00 信用される

44以外のゾロ目、ゾロ目±1 信用される

13,42,44 通報される


↓1
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:33:28.83 ID:3QxI/DMP0
ほい
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:34:48.53 ID:qq1bVySDO
毎度コンマ判定の時は緊張するな
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:35:07.41 ID:T0hOFt+6O
よしセーフ
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:35:24.02 ID:3QxI/DMP0
42 44はともかく13が何故wwこれって成功で良いんだよね?
634 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:37:56.16 ID:QBun3XqL0
>>633
13は忌み数だからね、仕方ないね

でもとりあえずセーフです
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:38:04.39 ID:3QxI/DMP0
通報されてたらどうなってたんだ?やっぱりBAD?
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:39:35.51 ID:qq1bVySDO
個人的には14も不吉に感じる
637 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:45:52.25 ID:QBun3XqL0

京太郎「あ、あー……」

京太郎「わたくし、麻雀WEEKLYTODAYで記者をしている吉良吉影と申しますが……」

久「あら、マスコミの方だったのね」

京太郎「え、ええと……あれ?名刺が見つからない…」 ゴソゴソ

久「いいですよ、名刺なんて」 フフッ

京太郎「す、すみません」 ペコペコ

久(キッチリした外見に反して、案外おっちょこちょいなのかしら?)

京太郎(よし……疑いが晴れた様子だ…。白糸台の制服がスーツで良かったと実感するのは初めてだな……)

京太郎「ええとですね……清澄の期待の新星、宮永咲さんに取材を申し込みたくて訪問させていただいたのですが……」

久「あら、それはタイミングが悪かったですね」
638 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:47:15.06 ID:QBun3XqL0

久「彼女なら、ついさっき…何かを思い出したかのように帰ってしまいましたよ」

京太郎「そ…そうなんですか」

久「確か、「図書館に行く」って言ってたような……」

京太郎「……ありがとうございます!失礼します!!」 タタタタタタッ


久「忙しい人ねえ。マスコミってみんなああなのかしら」


京太郎(宮永咲は、図書館へ向かった…!!) タッタッタッタッタッタ

アナザー京『急ごうぜ、相棒!!』

アナザー京『また移動されちゃ面倒だぜッ!!』

京太郎『ああ……分かっているッ!!』 タタタッ
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:49:17.22 ID:3QxI/DMP0
咲さんと会うなら拳銃ぐらい用意せんと 命がいくつあっても足りないぜ
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:50:34.17 ID:qq1bVySDO
戦闘かなこの流れは
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:52:01.65 ID:3QxI/DMP0
コンマなら任せろ
642 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:52:25.72 ID:QBun3XqL0
>>635
これで即BADは厳しすぎですが、警察に事情聴取とか受けてこのターンの行動は潰れてました

人に信用されるには外見が大切(至言)

こういうところで原作京太郎のイケメンさや、もう1人の元ネタの吉良の気品漂うエリートっぽい雰囲気が役立つのでした
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:55:59.89 ID:3QxI/DMP0
>>642
なるほど。忙しいのにわざわざ返信ありがとうございます。
644 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 21:56:42.26 ID:QBun3XqL0

そして……


―図書館前―



京太郎(……おかしい) ザッ

京太郎(図書館には着いたものの……また、あの感覚が薄れてゆくのを感じる…)

アナザー京『図書館への道を走っている間は、あの妙に心地よい感覚が強くなっていくのを感じていたんだがな……』

アナザー京『またしても、ある一瞬を境にピークが過ぎて、どんどん感覚が弱くなっていってるぜ……』

京太郎(これは…どういうことだ……?!)

アナザー京『……恐らくだが』

アナザー京『このフシギな感覚は……咲のヤツも体感しているんじゃあねえのか…?』

京太郎(なに……ッ?!)
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 21:58:13.15 ID:3QxI/DMP0
まさかすこやんが近くにいるとか?
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:00:46.13 ID:qq1bVySDO
おもいっきり避けられてるな
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:02:32.07 ID:9ArwlbIIo
ちなみにtip7にたどり着くもうひとつの方法って教えてもらうことは可能?
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:05:47.51 ID:3QxI/DMP0
京太郎を見た時の咲さんの反応が気になる
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:06:17.60 ID:T0hOFt+6O
一巡前の弱い自分が出ないように
今会うわけにはいかない
とかだったら良いな
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:07:39.34 ID:3QxI/DMP0
今回の咲さんは敵ポジションじゃないの?知らんけど 照さんの件もあるし
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 22:12:54.64 ID:T0hOFt+6O
今までの流れを見る限り
大会におけるラスボスであるのは
間違いなさそうだが
ライバル的な位置付けであって悪や敵ってわけでは
ない可能性もあるんじゃないか

まあ作者さん次第ではあるけどね
652 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 22:14:32.45 ID:QBun3XqL0

アナザー京『理由は説明できねえ……あくまでおれのイントゥイションに基づいた考察だが……』

アナザー京『おれたち「須賀京太郎」と咲は……不思議な肉体の波長のようなもので惹かれ合っているように思える…!』

京太郎(な……なに……ッ!!??)

アナザー京『雀明華が知れば、嫉妬に悶え狂いそうな話ではあるが……とにかくそうなんじゃあねえかと思える』

アナザー京『だから、二人の距離が近づけば近づくほど…あのフシギな感覚が強くなり、離れれば離れるほど、感覚は弱まっていく…』

アナザー京『それでお互いの存在を何となく感じているんじゃあねえのかな……?』

京太郎(そんなことが……あるのか…?!)

アナザー京『さあな……。以前旧宮永家を訪れた時にこの感覚がなかったのは、咲が何らかの理由で清澄にいなかったからじゃあないか……』

アナザー京『そんな強引な理由を後付けしたくなるほどの、必然性を感じてはいるぜ……!』

京太郎(……正直なところ、分からないではない……)
653 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 22:30:20.63 ID:QBun3XqL0

京太郎(「1巡前」から続く宮永姉妹との縁……)

京太郎(一緒にいた時間の長さで言えば……他の人間と比べても、群を抜いて宮永咲と過ごした時間は長かった……)

京太郎(そう思えば、ただの偶然ではないようには思える……)

京太郎(だが、そうなると……彼女の方も、こちらの存在を感知しているのか…?)

アナザー京『恐らくな……』

アナザー京『おれたちと同様に、「近づいている」「遠のいている」というのが何となく分かるだけで……正確な場所が分かるわけじゃあねえだろうが』

京太郎(……彼女は先ほどから…俺たちが近づいたと思えば離れてゆく……)

京太郎(これは……彼女が「須賀京太郎を避けている」ということか…?)

アナザー京『……そうかもしれねえな』

京太郎(……どうする?アナザーワン……)

アナザー京『ジリジリと追い詰めていくしかねえ……何度かおれが時を止めていけば…距離を詰めていくことは可能だ』

京太郎(……分かった。その作戦でいこう) ダッ
654 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 22:51:02.79 ID:QBun3XqL0

かくして、京太郎とアナザーワンは、どういうわけか自分たちを避けている宮永咲を追跡し始めた…!

最初に到着した信濃境駅から、宮永家や「1巡前」の京太郎の実家があった茅野駅周辺……

清澄高校のあるJR七久保駅周辺と、縦横無尽に移動する咲を追い詰めるのは至難の業だったが……

『宇宙』の時間停止を駆使しながら着実に咲との距離を縮めていった…。

そして……諏訪湖の近い上諏訪駅まで辿り着く…!!


―上諏訪駅―


京太郎「……!!」

アナザー京『気付いているな…?相棒…!』

京太郎(ああ……!)

京太郎(この茅野から上諏訪まで電車で移動している間……宮永咲との距離は縮まる一方だった…!)

京太郎(彼女は今…ここに留まり続けている…ッ!!)

アナザー京『どうやら、観念して逃げ回るのを諦めたようだぜ……!』
655 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 22:57:51.19 ID:QBun3XqL0

アナザー京『まだ日は落ちていない……』

アナザー京『柱の一族の血を解除して逃げ回って時間を稼ぎ……』

アナザー京『夜になって「アイツの時間」になったとき、おれたちと対峙してくるんじゃあないかと思っていたが……読みが外れたな』

アナザー京『もしや、「須賀京太郎と戦う」という狙いがあるんじゃあないかと疑っていたが……そういうことではなさそうだ』

京太郎(ま…彼女にしてみれば、この須賀京太郎と戦を構える理由はないはずだ……)

京太郎(逃げ回る理由というのも、イマイチ分からないが……)

アナザー京『しかし…万が一、ということもある……』

アナザー京『相棒。何度か肉体の支配権を譲り合ったが、疲労はないか?』

京太郎(心配はない。電車移動が多かったものだから、回復できている)

京太郎(お前こそどうなんだ。『ザ・ユニバース』の時間停止は、スタンドパワーの消耗が激しいはずだが)

アナザー京『こっちも心配はいらねえぜ…。スタンドは精神の力……』

アナザー京『咲を追い詰めて照さんに謝らせようって意志が、無限の力の源になっているからな……ッ!!』

京太郎(……それならいいのだ)

京太郎(向かうとしよう…!この肉体が惹き付けられている方向へ…!) ザッ

アナザー京『ああ……!』
656 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:00:16.46 ID:QBun3XqL0
―諏訪湖―


三三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二二二二二二二二二二二二二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二三三三三三三三三三三三
三三三三三三二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニニニニニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二三三三三三三
三三三三二二二二二二二二二二二二二二二ニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二三三三三三三
三三三二二二二二二二二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二二二二二二二二三三三三三
三三二二二二二二二ニニニニニニニニニニニニニニ――――――‐ニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二二二二二三三三三
三二二二二二ニニニニニニニニニ―――――――――‐      ――――――――ニニニニニニニニニニニニニ二二二二二三三三
二二二二ニニニニニニニ―――――――                      ――――――――ニニニニニニニニニニニニ二二三三
二二ニニニニニ――――――                                         ――――――――ニニニニニニニニニ二三
二ニニニ―――‐                                                     ――――――‐ニニニニニニニ二
ニニ――‐                                                                ―――――ニニニニニニニ
―‐                                                                        ――――ニニニ
‐                                                                            ―――ニ
                                                                                   ―‐



ニ三三三ニ=―--―---―==―=―-   _____                      ________       _  -=ニ三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二二ニ=――=ニニニ二三三三三三三三三三三三二二三三三三三三
           ―=、ー――――       ―――――――――        ー―――ァ _____
      _   -―  ̄::::::.:.:.:.:.: : : : : . : . : . : . : . : . . .                               ̄ ̄ ̄¨¨   ー―――--
        ̄ー 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : . : . : . : . : . : . : . : . . .            . . . : . : . : . : . : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            `ー―ァ::::::::.:.:.:.:.:.: : : : : : . : . : . : . : . : . : . . .          . . . : . : . : . : . : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               >:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. : : : .___: . : . .           . . . : . : . : . : : : : : .:.:.:::::__    -―    ¨ ̄ ̄ ̄
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨      ―――     ¨¨ ̄



京太郎「……」 ザッ

アナザー京『着いたな……』

京太郎(ああ……)


京太郎は遂に……宮永咲が留まっていると感じる場所…諏訪湖のほとりまで辿り着いたッ!!
657 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:04:33.86 ID:QBun3XqL0

京太郎(感じる……ッ!!)

京太郎(この肉体が……最高潮に惹かれ合うような奇妙な感覚…!)

京太郎(そして同時に……全身の穴という穴につららを突っ込まれたような寒気を…!) ゾクッ

アナザー京『……相棒ッ!!』

アナザー京『あの……桟橋の端に立っているのは……!!』

京太郎「……!!!」



       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
 '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                 `ー-、__,|   
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
 ∠:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    ̄/::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::l
    !:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
    |::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::l
    N::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ}::リ
    !',::::ヽ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/::イ
      ヽ!ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::/ i     …………。
         ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::イ
           \::w:::::w::/
          r、j___jr 、
      _,,,ィ////////////////// ュ、
    /!i i//////////////////////! !iゝ
   / ji i///////////////////////! i!ハ
   / .ji! !///////////////////////! i! i
  /  !! !///////////////////////! i! ヽ
 ./  ii !///////////////////////! i!
_/   ji! /////////////////////// .j!!  ヽ
〈   `ー-===ー---‐ー----‐ー===-''"  _,,ゝ
. \ `''ーー!     \;;;;;/     i ー- ''"  j
   ゝー-t-!      `"       ト-t-- ィ'''"
   j  .j i              .j .i   i
658 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:08:42.86 ID:QBun3XqL0

京太郎(……間違いない……ッ!!)

京太郎(全身から滲み出る妖気と、相反するような心惹かれる波長……!!)

京太郎(顔を見なくても……後ろ姿だけで分かる…ッ!!)

京太郎「宮永……咲ッ!!!!」


咲「………」 クルッ




       /:、
        /i:i:i:〉
     /:i:i:i/  Λ
      /:i:i:i:i:i:、 〈//〉  /:i:i〉 Λ
.     /:i:i:i/\/ 〈/  /:i:i/ 〈:i/ /:i〉 /i:i〉
    〈:i:i:i/         /:i:i:i:i:、   ∨ /:i:i/  Λ
                /:i:i/\/    /:i:i/  〈:i/ /:i〉 /:i:i〉
             〈:i:i/         /:i:i:i:i:、    ∨ /:i:i/ 〈/〉  /:i:i:〉
                    /:i:i/\/     ./:i:i:i:i:、    /:i:i/ 〈/〉
                      〈:i:i/        /:i:i/\/   /:i:i:i:i:、    /:i:i〉
                            〈:i:i/      ./:i:i/\/ .   /:i:/ 〈/〉  /:i:i:〉
                                   /:i:i/       /i:i:i:\   ./:i:i/ 〈/〉
                                   V/     /:i/^'' ┘   /:i:i:i:i:、
                                          ∨     /:i:i/^' ┘
                                                  └ '
                       .  ¨  ̄ ̄ ¨   .
                . ´              `ヽ
               . ´                  :.
                ′                         :.
            /                        :.
            ,′                       ;.
            /                         /
              / {                            /
          /  \                     /  イ
            /\_ \ _                   ∠ イ |
        /  ,ィ   ̄ ̄    |    │   l  :| :|    | | |
.        厶イ |  i    |   ト.    ト、 .:ト、 .| :|    | |/
         j  j从|  | |、 | | | ト、 │゚. :| ゚. | :|    │!
                 |  ト、圦乂| 乂| \| \| ヽ{ヽ{   イノ
                 乂_{ jハ               从イ/´     ……来ちゃったんだね、京ちゃん……
               -=ニ`ト .    −    .イ二ニ=‐- 、_
              r=ニ    =ニ二|`ト   _ . r |二ニ   ニ7 }ニ〉
             ハ マニ   ニ二ハ         !二ニ    / / /ヽ
.            / Vハ \     ニ二ハー-  -一 j二ニ   / / / ∧
            ′ \\\   ニ二ハ───‐/二ニ  //イ /
            |      \\\  二∧    /二ニ ///,/ ,/  1
            |   }八  {\\\ 二∧  /二 /// // ∧   |
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:10:18.17 ID:T0hOFt+6O
これは間違いなく可愛い文学少女(魔王)
660 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:12:32.30 ID:QBun3XqL0

京太郎「………」

アナザー京『やはり、「須賀京太郎」のことを覚えている…!』

アナザー京『『神託』の通り……咲こそが「御身」を宿し…「記憶を受け継ぐという奇跡」を起こしている…!!』


  |::\     _
  |::  \     |  :|   _
  》   /    j:\:j    |::  |_□    _,     |:: ̄|_[|
  |::  |  /| |:  |   |::  _:| [_]  _|::_|     |::  _:|□      |: ̄|_□
  |::  |/  | |:_|   |::_|      |:: ̄|_□  |::_|          .|:  _:| []    __
  |:..     |                   |::  _:|              |:_|         .|:: ̄ |   |:\
  |::  __゙|                   |::_|                            |::   |   |:/:|
  |::  |                                               |::   |__ '\:|
  |::  |                                               |::   __:|
  |::   \                                              |::   |
  |,___\                                              |::   |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                            |::__|
                       .  ¨  ̄ ̄ ¨   .
                . ´              `ヽ
               . ´                  :.
                ′                         :.
            /                        :.
            ,′                       ;.
            /                         /
              / {         ニニ二三三二ニニ       /
          /  \     ニ二二三三三二二ニ    /  イ
            /\_ \ ___   ニニ二三三二ニニ   ∠ イ |
        /  ,ィ   ̄ ̄三三|:ニニ三王 三l 三|ニニニ= | | |
.        厶イ |  i  二| 三トニ二三ト、三ト、 ト、ニニ= | |/
         j  j从|  | |、 | | | ト、ニ王ニ{{ o }}ニ=  | !
                 |  ト、圦乂| 乂| \{ \| ヽ{ヽ{   イノ   京ちゃんだけには……絶対に会っちゃいけなかったのに……
                 乂_{ jハ               从イ/´
               -=ニ`ト .    −    .イ二ニ=‐- 、_
              r=ニ    =ニ二|`ト   _ . r |二ニ   ニ7 }ニ〉
             ハ マニ   ニ二ハ         !二ニ    / / /ヽ
.            / Vハ \     ニ二ハー-  -一 j二ニ   / / / ∧
            ′ \\\   ニ二ハ───‐/二ニ  //イ /
            |      \\\  二∧    /二ニ ///,/ ,/  1
            |   }八  {\\\ 二∧  /二 /// // ∧   |




京太郎「なに……?」
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:12:37.67 ID:qq1bVySDO
地元だから感慨深いなあ
662 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:20:28.86 ID:QBun3XqL0

京太郎「どういう意味かは知らないが……」

京太郎「俺の方は、どうしても君に会って……話を聞かなければならない事情があるッ!!」

咲「……帰って」 ゴゴゴゴゴゴ…

京太郎「なに…?」

咲「帰って、京ちゃん。今ならまだ、京ちゃんと会っていないも同然だから」 ゴゴゴゴゴゴ…

京太郎「……何を言っている、宮永咲ッ!!」
663 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:20:57.43 ID:QBun3XqL0
京太郎「俺は…君と話をするために会いに来たのだぞッ!!」

咲「……もう1度だけ言うよ」 ゴゴゴゴゴゴ…



    _,  _】__,  _,                   /【_,, r・、_
   _ノ【  _】厂]【  /【__,            /,*'’`~7】  |【`7】_/し¶
  _/イ【  【[ [【  /,‘(【             〔【    {【__ノ,* 」】】厂`7】                   _,,
_ノ,・^`z┓【「  ]】 [【 」】             〕】     〉】)】 |【_】|  /【                   /ヘ】
|【   〈【 【!  |【  }】 {【                 〕】     /【 |【  」】】|  〉【                     〈【 /】/】 _,:┓
)】   7】 】!  〉】 }】 }】            〕】    」【 |【_{【【〈,x*┛                     /】〈【_】!【 _】 }】
`;】   |【 】レ',*’ }】r',*                〕】    〕【 レ’⌒´】/‘                      /】  〉】! 】【 j【
ノ】   ]】 `寸’   )】'’                〕】   \`*、                       /】  /】L,】【,*゙┛
)’   ヽ【____  `】                 〕】     ⌒ヽ`・*┓                   /】  〈【⌒′’
`;】     ̄ ̄ ̄¨・*┓             〕】 i┏=z_   ^7【                   /】 __  `*、・.
⌒】   ___    (【                  〕】 |【( ̄`*、・. 〉】                     _/】 |【`*、  }】
 }【  ``】⌒・*._ ]】              〕】  }】|    ⌒`'┛                 _〕】 /】  `\{【
 〕】   (【_   ̄``*【                   〕】 _,】|                           〕【,:*く’    `┛
 \、  て【                    〕】 _,】「                      」【′
   )】  (【                      〕【ノ*^'                           }【
  くく’   〉】                       〕,*’
   ヽ】  /【                     〕
    }】 〕【
    ヽV【
     `)】
              /:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
           . ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚。
          . ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚。
           . ':.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::::./:.:.:.:.:.:. /:.:.:::::.:.: i:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.゚
       . ':.:.:.:.:.:.:.:..::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::' :.:. /:.:.:.:.:.:::/:.:.:.:.:.:i:.: ,|: i:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:゚
      . ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.::::::':.:.:::.′:.:.:.:::/i :.:.:.:. ,|ノ |: ト、 :.:::: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:゚
       /:.:.:.:.:.:.:.:.::::::i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:..::::' .:.:: |:.:.:.:.:.: ':::|:.:.:. / | :: |: |:::ヽ:.:. ト、_:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:゚
      ./ :.:.:.:.:.:.:::::::::::|::.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:::.:.:.:::::::':.:.:::::|:.:.:.:.:: '::::|:.:.:. |:::| :: |_」::-|:.:.Τ:丶:::i::|:.:.:.:.::::.:.:.:.::ハ
     /:.:.:.:.:.::::::::::::/|:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::::.:.:.::::::':.:.:.::::|:.:.:.:.: ':::::|:.:.:. |:::|/|:,′ |:.:./::::::::Y |:.:.:.:. i:.:.:.:./∧
   ./:.:.:.:::::::::::. 'フ:.::::|:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::::.:.::::::::i.:.:.:.::::|:.:.:.:. '::::::|:.:.:.:.i::'| :: |':::.:.:」ィ芹丐:::Y|:.:.:: ∧:.://:.:.i
   /:.:.::::::::. '´ /:.: :::∧:.:.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:. :::.:: |.:.:.::::∧:.;.::′:::|:.:. /:: |':.:.x豕刋: 芍⌒マY:.:::∧ V:.'i:.:. |
  ./:.::::. '´  ' :.:.:::/:∧:.:.:.:.:::.:.:.:::::.:.:::::: /|.:.:.::::':::V::;|::::::::|:.:/:::.:.:.:,狄i[_ o -i| :.:. }! |:::/ i i:. |:.: ′
 / . '´    .i:.:::::/i/ ∧:.:.::::::.:.:.::::.:.::: /:::|:.:.:.:.':::::∨|::::::::|:/:::::.:.:.:.:.:.汽,.  、汐:.:.: リ .|イ / /:.:.:|:.:′
./'´       .|:.::/ .| / ∧:.:::::::.:.:::::.:.:.:i′:|:.:.:.;'::::::::V|::::::::|':::::::::.:.:.:.:.:.:.:.`¨¨´   ' ' / |_/ /:.:.:. |/
         .|:/ |:./ ∧:..:::::.:.:::.:.:: |::::::|:. /:::::::::: ゙|:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,  '´       .| /:.: ∧|    ……帰って。京ちゃん。
         .|'  .|:/:./:.∧:.:::::.:.::::.:: |::::::|:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.; ´        |イ:.:.:./ .|
         .|  |:/:.:/:∧:.::::.:.:. W::::::|':::::::::::::::::::::::::: -‐--- '´           '::::/i/
             .|:/:.:/:/i:.:\:::.:.:.|:iム:::::::::::::::::::::::::/      、          イ:::/|
             .|:.:./:/ .|:.:.:.:.\:.从_ムー---‐ ´                 .イ '!:/
             .|:/:./ .|:.:.:.:. 厂:´ト、. ヽ            _..     /:/ |′
             .|':./  |:.:.:.:∧:. /|:.:`¨¨へ          '´      ./ iル′
             .|/'  |: / ∨: !、:.::/ |>o。_          /  .!-ー--  .._
           {.     |:./   ∨{. Y/ |:.:.:.:./i:.:¨7 T¨¨¨¨¨¨´    ^ー 、     ` ̄
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:22:04.27 ID:qq1bVySDO
こっっわ…
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:25:24.45 ID:T0hOFt+6O
それでも京ちゃんと呼ぶのを止めないのか……
666 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:25:57.23 ID:QBun3XqL0

京太郎「………ッ!!!」 ゾゾゾゾゾゾ…

京太郎(な…なんという威圧感だ…!!)

アナザー京『「凄み」と「闘気」に関して言えば……照さん、スコヤと同等…!!いや、それ以上か…?!』

京太郎(……だがッ!!)

京太郎「そう簡単に帰るわけにはいかないのだよ…!」

京太郎「君と宮永照の「確執」は…!!「1巡前」からのよしみで……到底放ってはおけないのだッ!!」

咲「……!」

咲「そっか……おねえちゃんのことで来たんだね……」

咲「なら…猶更、何を話しても意味ないよ…」

京太郎「なに……?」
667 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:30:50.50 ID:QBun3XqL0

咲「私たちの間で起こったことは…もう、「過ぎ去ったこと」だから……」

咲「終わったことを話しても……何にもならない」

京太郎「……違うッ!!まだ宮永照の中では…彼女の中では「終わったこと」ではない…!」

京太郎「彼女は今も…!君との「確執」を胸に抱え続け…苦しんでいるのだッ!!」

咲「……でも、それはどうしようもないこと」

咲「私には何もできないし……京ちゃんにできることと言えば、おねえちゃんに寄り添うことだけだよ」

京太郎「な…なにィ……ッ!!」

京太郎「咲…!!君は自分がしでかしたことで…!姉に対する罪悪感はないのか…ッ!!」

咲「……だから、京ちゃんを追い返すんだよ」 ゴッ

京太郎「な……?!」
668 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:34:45.89 ID:QBun3XqL0

咲「取り返しのつかないことをしてしまったからこそ……」


   __           __   _       __
  /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
  〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
   ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
   V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
    V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
     .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
     .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
     ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
        .V     U                             〈:::/ \/
:;,.:;,.:;,:;:;,:.;:,.:;,...:...;:;.....:;::;;...               ....:;.:,:;,:.:.:,,,:;:;,,,,.,:;::,.,:;;:.,.:;::,;.:;,:.;:,;,.;
:;.:;,.::.,::,:;:,;,:.,;.;;.,:.;,:,::.;..:;..      ,,.:.:.::. ̄:.:.:.. .、   :;:;:;:;:;;  rァ  ,,.,:;:;:;:;:;;:;:;:;::;,.:;
:;,;.:;,:.;,:,:..;,.:.:,;.:,,;.;.:,;..:  ー-=‐''" ......::..:.:.:..:.:.:..::.:...丶            ,.:;.,:.,:,.;.,:.;,:,;.:;
:,;.;.,:.;;.;..,;.:.;,:;..;:,:,:;..    `¨ラ..:. .:. .:.: .:.:.:.: : : :..::.:.:::ヾ 、         :;,:.;,:;.;,.;,::;,.:;
:;:,:.;.:;,:.;,:;:;.;,;.:,;.:.:;,..       /.:::/::.. :i]:..:::.:::::i: .::...:.:::.::.:..:'  ヽ  . -イ    ,:.;,:.;::,;.:;
:;.,:;.;;.,;:.;,:;,::,:.:;..:..:;,:;..   ./..::/..:.:::..|A .:::::: |:::ハ::::::::::::l:l  } /   .l      :;,;:;,.:
:;,.;,...:;,:.;,:;.:,,.;..;:,;.:;;:;,.:;  厶イ::/:::::::'.ニ\::::|/○}イ:::ィ:N   .l    ノ      ,.;:,;.,.
:,;.:;.;.;;.:,;.:;,::,:::.;,:..;:,;.,:.;    |Λ:〔ト、'.ニニヽ|-ニニノイノ .ノ    }. 斗'        ::;:;,.
:;,.:,;:,:.:.;.:.;:;,:;.:,;:;.:,:,:.;:  ノ)   `}:入       /ン     ´           ;:,.;:;
:.;,:.;:,:.,::.:,:.;,:;.:,;:;.:;:    `    }Λ{:.>r--- ´l<_                   ,:,;.:;   私は……京ちゃんをおねえちゃんの下へ送り返さなきゃいけない…!!
:,;:.;..;,:;.:,;:::.;,:;.:;:   ___   r−-y''"´ |   ノ    ̄二二ヽ  .  -‐'フ    .,:.;:,
:,;.:;.:,::.:,;.::,;...:;  ./    )  .|     ‘. ̄´ /   .ィ⌒ 、 ヽ'く   /    '',,::
:,;:.;.;,:;.:;,:;,:;:,;:..   l 厂 ̄   Λ     ‘. ./  .イl7    、  ` ァ        ;:.,:;.
:,;:;.:;,:;...:.:.:...:,;:,.. ヾ     イ  \    ‘ / .ィl|:|ル      \/     ,.....,:,:;.:,
:;,:.;;.......;,:;,:;.:;,,,.;:,:.,,...  く\  .|弋≧=彡□≦=-彡 、    /ム      ,..,:.;,:.;,:,;.:;
:,;.:.;;.;,:::;,:,:.;.;;.,:;:,:,:,:;..;.;,:;. \\ :|   ̄ /liノ心     〕ト、//ヽl  ,.,,:;,.:;,:;.,:;.:,:.,.:,;:




京太郎「……?!!」

アナザー京『相棒…!!何か……ヤバいッ!!!』
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:41:15.66 ID:3QxI/DMP0
結局咲は何をしたいんだ 訳がわかんないよ
670 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:43:39.83 ID:QBun3XqL0
咲がかぶりを振るかのようにゆらりと動いたと思ったその時には……!!


   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、    _   r'^>/^ゝ     r-、 ,、
  |  `l / // /       / / く ヽ   |  `l / // /     / / く ヽ
  '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''   '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''
   '!  ,、__7  i  ``゛''ー、       '!  ,、__7  i  ``゛''ー、
   1  |       |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
    i_」         'L_」            i_」      'L_」
                                   r-、 ,、   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、
                                    / / / ヽ  |  `l / // /       / / く ヽ
                              「`L_ 'ー-' く_/    '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー'
                               i  ``゛''ー、     .'!  ,、__7  i  ``゛''ー、
                               |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
                               'L_」           i_」         'L_」
              ヽ,     !           _ il"./    .../     . /      _/゙
                ヽ.    !            ,/ノン゛    ./      /     ._..-'゛
                    ヽ  . !           /..,rン"  ,.,r'i '"       ./   .,..-'´
                  l ./       . / . ,iゞ   ./  l,          li、,..-'´
                     ゙″     /       ./     |       “゛                   _,,,...
                          ,/       /    .テ                     --`- ..,,.
、,                       /       ../ |   ,..‐゙
 .\                 /        / .| ./
 __ヽ              /        . /    .!'"
`゙゙~'' ゛               /、        /                     _.. ----------i.
                  ノンl″       ./                /゛           /
                 ,rン'./         /                /            /            、
               ,;;ソ゛./         /               ,i"    _,,,.. -ー'"            _,, ‐''"゛
ー-,,、           ,〃 ./         ./                  ,i,゙,, ー'''"゛                   ゙゙̄''''-..、
   `''-、,    .〃  ./            /               ´                       ,..- ゛
      `''';;i. ゛  /          /                                    _..-'"゛
    ,..-'"     ,i′        │                                ,.. ‐'"
.._.. ‐'″      / ,          !                             _.. ‐'"
             / /             !                             _.. -'"゛          : .iir‐‐
         / 〃          l                        _.. -'''″                  ゝ
            l゙/il      ._,,.. -――--.... i.               _,, ー''"
         !/ !   ,..-'"゛        / ,,_   .__,,,.. -‐''"゛
        l/│  lニ 、y      _,,, /     ̄ ̄゛                 'マニ ̄ ̄―- ..,,_.     .,.
        .リ !   .'“゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄                              : \      `゙'''ー ..,゙゛
        / l !                                          `'、,            `'
     ._..┐l゙ .|.|                                              _...ヽ
  ._..-'"  .| !  .||l                                        =`-ー'".ヽ
.'"゛    !    ゙ !                                           _,, -'''″ .ヽ
     ./     l                                      _,, ー''"       . \




京太郎の眼前には……数えきれないほどの花びらが舞っていたッ!!!!
671 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/14(日) 23:47:08.59 ID:QBun3XqL0


                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ-- 、
                         ___/==一  ー=ミ  \ < ⌒\ 
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ ̄ ̄ヽ- 、
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }} /
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ¨¨>
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }-<
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=、___
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ   /
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 </´   ∧ /八  \_,/
                   }乂________彡' /  } {从  } | / :::/イリ\ \
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ / ∧ リ :l/J:: {_∧}  ̄´
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.∨ U ::.. ノ}  リ
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{⌒〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}: : |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、        なッ!!!なんだこれはッ!!??!!
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉




アナザー京『驚いている場合じゃあねえッ!!!』

京太郎「ッ!!!」 ハッ


回避しますか?受け流しますか?


安価↓1
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:48:16.41 ID:qq1bVySDO
受けるのは怖いな回避
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:49:47.45 ID:3QxI/DMP0
回避と受け流すって同じじゃね知らんけど
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:51:00.84 ID:3QxI/DMP0
受け流すってのはそのまま咲を信用して棒立ちってこと?
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:52:09.93 ID:3QxI/DMP0
受け流すって言い回しが気になるけど まあどうなるかね
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/14(日) 23:54:39.43 ID:T0hOFt+6O
花びらに触るってこと自体がヤバそうだからなあ
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 00:02:07.25 ID:TrLisk4eO
咲本体がどうなっているのかが分からないからな
半径20メートルエメラルドスプラッシュ受けてる感じか
アナザーなら何とか
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 00:03:52.63 ID:F7XMNEWi0
まあ いくら咲さんでも手加減してるでしょう再起不能になるレベルまでやらんでしょ それかお得意の時間止めか
679 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 01:01:33.73 ID:FwejVYXa0
回避判定

計算式:50+(受動側DEX−能動側DEX)/2=回避成功率

花弁のDEX:80 京太郎のDEX:80より


01〜50 回避失敗

51〜00 回避成功


↓1
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 01:06:57.78 ID:lwMjnaZlO
半々のコンマなんて誰も取りたくないよな
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 01:10:55.63 ID:F7XMNEWi0
始まってたか 取り合えず↑ナイス どちらにせよコンマも安価もどんな結果になっても取った人を責めるのはお門違いだからな 自分で取らないのが悪いし
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 01:13:32.51 ID:lwMjnaZlO
戦闘ルール再確認してきた
受け流しがSTRで回避がDEXだったか
京太郎本当STR低いな…
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 01:20:20.27 ID:F7XMNEWi0
始まってたか 取り合えず↑ナイス どちらにせよコンマも安価もどんな結果になっても取った人を責めるのはお門違いだからな 自分で取らないのが悪いし
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 01:21:25.11 ID:F7XMNEWi0
すいません 操作ミスで同じ文章を送ってしまいました
685 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 02:48:28.61 ID:FwejVYXa0

京太郎「ぬううううううううッッ!!!!」 グゥンッ


京太郎は頭部目がけて飛来する花弁を、後ろに倒れるギリギリのところまで身体を逸らせて回避したッ!!


咲「……へぇ」

咲「流石京ちゃん……「1巡」してもまだ、戦闘にかけては高いセンスを持ってるんだね」


アナザー京『咲の言う通りだぜ……相棒。今のは好判断だった』

アナザー京『見てみろ……湖に落ちた花びらを…!』

京太郎「……?!」


(⌒.:): : : : : : : :;、;、;、;゚: : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : :⊂⊃: : : : : : : : : (  .:): : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : ゚(ゝーー'): : : : : : : : : : : (  .:): : : : : : : : : : : :_: : : : : : : 。;、;、;、;゚: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;、;、;、;゚。: : : : : : : :
: : __[l[l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : コポ : : : : : : : : : : :(  .:): : : : :(ゝーー')゚ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゚(ゝーー')゚: : : : : : : :
: : └‐┐| __n__◎ : : : : : : : : γ ⌒ ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ○: : : :_: : : : : : : : : :(  .:) : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : :
: : ┌‐┘|└ォ r┘: : : : : : : : : : ゝ 〜彡: : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : (  .:): : : : : : : : : : : :
: :  ̄ ̄ :<八八>[l[h : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : :_:_: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : :o:ー' : : : : :_: ゚ : : : : : : : : : : : : : : : :/ ̄ ̄|ヽ: : : 。: :。 : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : :r_/ / | :ジュッ!: : : : : :
: : ⊂⊃: : : :_: : : : : : : : : (  .:): : : : ゚ ;、;、;、;。 : : : : /  /ヽ|: : : (ゝーー')゚: : : : : : : : :_: : : : : : : :r、:´¨| |/`:,: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : : : :(ゝーー'): : : : :/、 /,、,、,/,、,、〜: : : :_: : : : : : : :(  .:): : : : : :\`~`´~´/: : : : 〜: : : : : : :
: :;、;、;、;。: : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : :_:~〜~~〜~~´´: : : : : :(  .:): : : : : :_: : : : : : : : : : : : `¨ー¨´_: : : : : : : : : ⊂⊃:
(ゝーー')゚: : : : :_: : : : : : : (  .:): : : : : : :_: : : : :| ,[l[l :__n__[l[l:_ : : : : : : : : : : (  .:): : : : : : :_: : : : : : :(  .:): : :_: : : : : : : : :
: : : : : : : : (  .:): : : : : : : :_: : : : : : :(  .:): : :|_厂: : └ォ r┘└┘/7: : : : : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : :_: : : :(  .:): : : :_: :
: : :_: : : : : : : : : : : : : : :(  .:) : : : : : : : : : : :_: : : : : : <八八>: : <ノ: : : : : :_: : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : (  .:): : : : : : : :(  .:)
(  .:): : : : : : : : : : : ;、;、;、;。 : : : : : : : : : (  .:): : : : : : : : :_: : : : : : : : : : (  .:): : : : : : : :(  .:): : : :_: : : : : __[l[l : : : : : : :
: : : : :_: : : : : : : : : :゚:(ゝーー')゚: :_: : : : : : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : :_: : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : (  .:): : :└‐┐| __n__◎: :
: : (  .:): : : : : : : :_: : : : : : (  .:): : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : :(  .:) : : : : :_: : : (  .:) : : : : : : : :_: : : : ┌‐┘|└ォ r┘: : :
: : : : : : : : : : : : (  .:): : : : : :_: : : : : : : : : : : :(  .:): : : :_: : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : :_: : : : : : :(  .:): : : : ̄ ̄ :<八八>[l[h
: : __[l[l: : : : : : : : : : : (  .:): : : : : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : : : : : : :(  .:) : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : ー':
: : └‐┐| __n__◎ : : : : : : : : : : : :_: : : : : : ⊂⊃: : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : :(  .:): : : : :
: : ┌‐┘|└ォ r┘: : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : :
: :  ̄ ̄ :<八八>[l[h: : : :゚ ;、;、;、;。: : : : : : : : :_: : : : : (  .:): : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : :_(  .:): : : : : : : : : : :_: : : : : ⊂⊃: : :
: : :(  .:) : : : : : : : ー' : : : (ゝーー'): : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : : : : :(  .:): : : : : : : : :



京太郎が目にしたのは……!

花びらが舞い落ちた水面が、まるでマグマのように煮え立つ不可解な光景だったッ!!!
686 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 02:51:37.53 ID:FwejVYXa0
                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ-- 、
                         ___/==一  ー=ミ  \ < ⌒\ 
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ ̄ ̄ヽ- 、
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }} /
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ¨¨>
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }-<
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=、___
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ   /
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 </´   ∧ /八  \_,/
                   }乂________彡' /  } {从  } | / :::/イリ\ \
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ / ∧ リ :l/J:: {_∧}  ̄´
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.∨ U ::.. ノ}  リ
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{⌒〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}: : |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|     な……なにイ゛イ゛イ゛イ゛イ゛ィィィィィィィィッッッッ!!!????
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉


京太郎「ば…バカな…ッ?!?!」

アナザー京『受け流そうとして触れていたら……火傷どころの騒ぎじゃあなかったな……!!』

京太郎「な…なんだッ?!?!今の花弁はッ!!」



       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
 '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                 `ー-、__,|   
/   /                                 ヽ
        /                           \
   /      /          `ヽ           i!  \
      /                       ノ.!     .       、
        /           \        (しヘ、j }     i      {
   i  {                    、    >   ノ     |      }
   |  }  }     {      ト      (_  ん′    |       {
   |  {  {     }      |: :} }: : : :  】 } ヽ      |     \
   |  }   、     {      | : ′: : : 厶斗 ノ_,_∧     |    ト、
           \    }\     |/ノ: :,x枩戈}狄⌒_!   八    | \ノ   今のは……[嶺上開花]だよ
       \  ト、   {  \   | : :   | {_u_ノ |   .′ /  \
  },   \    トf_、: : : : : :ヽ ノ      乂   ノ   厶 イ     U
 八 ,瓜 \   ∨,ン\: : :               ┃,′ /    !
 . ∨ ∧: : ヽ.  >                      |/  /}j\  |
、 、 { 厶: : :               、           |   ′   ヽノ _
. \{\{\,∧:                           八/       /( ̄
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:01:02.73 ID:lwMjnaZlO
やっぱり怪焔王の流法(仮)か
688 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:14:14.79 ID:FwejVYXa0

京太郎「り……嶺上開花…?!」

京太郎「な、何を言って……!!」

咲「人間の限界を遥かに超えた……生物ピラミッドの頂点に咲く花…」

咲「この世のあらゆる生命より強く…!気高く…!そして美しく咲き誇る情熱の花…!!」


京太郎「……!!」

アナザー京『やはりそうか…!!』

アナザー京『こんなことができるのは……人間の領域を超えた生物だけだ…!!』

アナザー京『咲は……霧島神境の巫女たちが睨んでいた通り……「柱の一族」だった…!!」
                |`\
        ____ |  /_   __ ∧ /|   __ rヘn
        |_,. -┐| |// /  |__ 「 |_/ |/   |_ 「 |__||」  _ 「「|  __ [[|
            ||  |/   __||        ___| |     ,.コ|. ̄  ,コ|
         __||      |_,. -┘     └一 '´        ̄      ̄
     | ̄ ̄ _,」
      ̄ ̄ ̄          -=ニ二ニ          ニ二二二二二二二
                 二二二二  二二        二二ニ  ニ二二二
                     ニ二二二   ニ二  ニ二二ニ           ニ二二
                 ̄    ____       ̄ニ二二ニ  ニニ       二二
             ニ二ニ   ニ二二二二二ニ     二二ニ ニニ      二二
              ニ二         ┐  ̄ニ二二二二ニ=  ニ二 二ニ     二二
                    /::::/       ̄ニ二二二ニ  ニ   ニ    ニ二二
               /  /::::::::/...-―≠ニア{    ̄ニ二ニ  ニ二ニ     ニ二
                   /{ /::::::::::::::::::::::::::::::::-=<.. 二ニ  二ニ ニニニ ニ   ニ二
             二{::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::-=く:::::\二ニ ニ二  二二二二  二ニニ
               二二〉::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\⌒    ニ   ニ二二ニ  二ニニ=
               二/:/:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::\二ニ ニ   二二ニ   ニニ=
               /:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.⌒丶ニ __二二二二ニ   ニ=
           ⌒i::|:::|:::::|::|:::::::::|:::|::::::::|::::::::: |::::::|乂__ /: :.:|二二ニニ   =
ニ             ニ二|::|:::|:::l:|::|::::l:l::|:::|::::::l:|::::l:::: |:l::l:| ̄/: : : : |二二ニニ     ニ
二.            二|::|:::|:::l:|::l::::l:l::|:::l\从:::l:::: |:l::l:l/: : : : : :/二二ニ  二二二
ニニ            二|从:|::从八从乂{´廴}乂::::从: : : : : :./二二二二二ニ 二ニ=-
 ニニ.          二二)イ::圦     ,     ∧/----: : :__:_/二二二二二ニ  二二ニ=                   モード
   二ニ= =ニ二 ニ=  二}//> . - . イ:::::: : : : :/´ ̄∨ ̄ ̄\二ニニ    二二ニニ    これが私の……「花の流法」…!!
=ニ二二ニ  二二二 ___∠{: : : : : :| ̄ _」::: : : : :./    l|     | |__     二二二ニ
  ニニニ   ニニニ //   ∧: : : : :.ー―.:: : : :/} ___ }   リ リ    =ニ二二二ニニ
   二ニ=  =ニニニ ノノ   \{ {\: : : :.  .: : :/ニ/ l/ ̄\__彡'--  、  \ニニニ=
=ニ二二ニ 二二 { {      ̄ハニ、:_:_,:.//ニニ/   |ニニニニニニニニニニニ二\   \ニニニ
二ニ  ニ二 二=/\   ___/二|`ー ‐┼┼≦___} -=ニ三三三三ニ=-  \   \二
ニニ   二二ニ/   / ̄ ̄ 二八   ,{三三三三三三三≫  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   \
ニニ  二  ´   /二ニ  =ニ二二}    \三ニ=- ̄{ ̄ ̄    =ニ二二ニ==   \
ニニ:/   /  二ニ ニニニニ|     \三三三ニ=- __    -=ニ二二二ニ
二/    /二ニ= =二 二二ニ _|     /≧=====┬=ニ三三三ニ=- ニニニニニニニ
. /   =ニニ二二  二二二ニニ/ {廴___/´  / ̄ ‘,     ___ .... . -――-
/ /ニニニ二二二二____. .: ::|  \     ___/  --- ‘,  /: : : : : : : :./::}:_:_:_/::
,/ニニニ:/ ̄ ̄/: : : : : /: : :人    ̄ ̄   /: :|: :\: : ̄: : : : : : : : : :/::/: : /::::::



咲「高嶺の花を前にして京ちゃんができるのは…大人しく尻尾を巻いて逃げ出すか、足掻いた末に虚しく屈するか……どちらかだよ」

京太郎「……フン!」
689 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:20:13.23 ID:FwejVYXa0

京太郎「くだらんな……!」

咲「!」

京太郎「この須賀京太郎が……そんなチンケな脅しに屈するとでも思っているのかね?」

咲「……あくまで、帰る気はないんだ」

咲「なら……仕方ないね」 ゴッ

京太郎「そちらが戦う意欲に満ち満ちているなら……むしろちょうどいいくらいだ」

   __           __   _       __
  /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
  〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
   ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
   V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
    V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
     .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
     .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
     ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
        .V     U                             〈:::/ \/
                   ,..-、,、_,,_
                ,__,.ケ,、ィイYハソュ、,,     ト、      ,イ|
               <_/./从/イソ{"´`ヾh     | LY´ ̄ ̄`7/ !
                    /イ.Vヒリ'rェzjゞ _,,,,jカ}    | | ``ー‐'"´; |
                 リ^j゙',  "´V'''''~jミi!    l |        ', |
                 トレ' ,'  ‐-、,, /ソ'     V       _} !
                 ヾト、   `` ,゙/       {「::i!;ヽ ,ィ;;i!:7 |   咲……君のことを一発殴っておかないと
                 /j  ヾ:;;;;;;:.:,イ´        l ゞ=''゙; ;ゞ='',' |        精神衛生上よろしくないのでな……
                , イ〈    .:;;;;;:.:/     _ _」 ',     ,' i!     
               ,イ / !    ,.'´ト、   ,r'´子タ ト、 ‐=- /:.!L,.-──- 、
         _,.-‐''´ / ! ,jr‐<´   ,イ `ヽ/。 。 。  _」;;:ヽ __,ィ ,r'´  ,r''"´ ̄`フ\
     ,r─''"´     /  |/L_ハ。/// ̄ノ   ,rュ_」7,イj!;:;:;:;:;::.:.:,ノ, イ7′  , '´/7rェヽ
    / i         `フ ! /;.;i   ,//  ,/q /ハ レ'ヾヾ\;;:;:.:.:: .: . ./´ー==イ、, 弋夲/i
    ! |       「 ̄  l i;;;;;|   リ  ,イl   L_」l  レ'´     _ノ二ニヽ ヾヽ  `¨7
    | ゙i       i   | |;;:;;| _,ハ__ノ^|」 o o oト、/  ,.-‐'"´\  _」」_」_」、  /
    ,〉、 ゙i、       |   ,| ,!;;;::;|ノ-、/, イ:; ̄ ̄`¨`Y;:,r'"´二ニヽ,.-‐''"´`ヽ  ヽi| /
   ,ハ \ト、     l    !,!;;::;/ー-/  / .:.:    _,リ´   ̄`\\   ヽ \  ,j!,イ
   / iヽ  ハ    |   i!;r'ー=,/  /  .:.:  _/        / ゙i\   `,   !/.:;:;!
  ,/  ! \,! ト、   l   ,r'´  ̄i  i  / ̄         /  |  !   i /   /
 /    !ヽ   iト、.   |,イ     |  \/       _,, '´ ヾ  | ,/;:::.:.:.,r'"´  ,/
,/    |  \ | ゙、  ,l ハ、    \  ,/__    , '´      ≧j/;;;:r:;"´    ,/
i     / ̄`` ー!  ! iリ  `'ー--‐ュj ,/,r─-、ヽ/      ,r''" ̄ ̄``ヽ::;:;:.:. ../
|    ,/       |  i  ヽ       /;:;i 1   ,! l  ,.-‐'"´!\;;:.:. :.:. :. :.:l:::::.:/
ヽ        l   ハ  \__」;;;:.:.:\_ノ,/, イ77;;:.:r=ュ!_\.:.:.:.:.,r''"¨´
 \__ o o   !   i    \  `>:;:;:;:;>!三二二>;:;〉j戉7!:; .::;i.::.::〈
      ̄ ̄`¨ヾ  |    /i ,/;;;;;;:;:;:;:| !/r=、ヾ;;;:;://.:.:.:.ノィィィィbb7
          `7 /    /,イ /;;;;;;;:;:;:;:;:|」〈戉7/;:;:;:;ヾ.:.:./「「「「「!!!!!L
690 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:21:36.08 ID:FwejVYXa0

咲「……そっか。残念だよ…」

咲「こんなはずじゃ……なかったんだけどね…」

咲「仕方がないから、今は京ちゃんを……」 ゴッ

       /:、
        /i:i:i:〉
     /:i:i:i/  Λ
      /:i:i:i:i:i:、 〈//〉  /:i:i〉 Λ
.     /:i:i:i/\/ 〈/  /:i:i/ 〈:i/ /:i〉 /i:i〉
    〈:i:i:i/         /:i:i:i:i:、   ∨ /:i:i/  Λ
                /:i:i/\/    /:i:i/  〈:i/ /:i〉 /:i:i〉
             〈:i:i/         /:i:i:i:i:、    ∨ /:i:i/ 〈/〉  /:i:i:〉
                    /:i:i/\/     ./:i:i:i:i:、    /:i:i/ 〈/〉
                      〈:i:i/        /:i:i/\/   /:i:i:i:i:、    /:i:i〉
                            〈:i:i/      ./:i:i/\/ .   /:i:/ 〈/〉  /:i:i:〉
                                   /:i:i/       /i:i:i:\   ./:i:i/ 〈/〉
                                   V/     /:i/^'' ┘   /:i:i:i:i:、
                                          ∨     /:i:i/^' ┘
                                                  └ '
                     ____
                   ...:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...
             /..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:..:..、
                ..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:..:..、
              /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'):ヽ
             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rf〃.:.:.:.
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:i\i:.:.:.i:.:./:.:.:i):.:i
          ∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://>x:.:i:.:.:.:'<ハ:.:.|::ノレ'レ:.:.:.:
           i.:.:.:.:.:.:j/リ  、八W ,  )火 _,ノ:.:.:.:.|
           i.:.:.:.:.:.:{i灯示圷   'T r' ,r'":.:.:.:.:.ハ:.|
              :.:.:.:.:.:.:.:. 乂'ツ     乂'ツ 川:V リ
.             jハ.:.:∧ゝ::         ::: /イ::.′
             V  ゝ.     ′    ィW          倒す…!!
               八j> ´ `   ≦i/j八
              r‐ ´  Y  ̄   i   ̄ ̄ ̄厂:::::.、
                /|      「       W    〃、::::::::::::::::...
             ,: |     i>  </    /| 丶::::::::::::/
              ト、    、    /     /:::レ′ ヽ:/
            ri  '|::::\    ヽ. ̄/   /:::〃    }
            |′八:::::::::丶   ' /  /:::::/√ ̄   \
            ∧ /i'ー‐::::::::\ i_/::::::/  ̄ ̄ ̄     〉
.           /     |   ̄ ̄"「,ー「 ̄..___、     / /
           ヽ丶. _、 、     {i::::::、::::::::::::::::::::ヽ'.  ̄ イ
           ト 、   i  丶   |::::::::ヽ ̄ ̄ ̄ト、:.ー,''"  '.
              ,   ̄∧      、::::::::::\/  \i∧   '.
          /   ,'  i  、   \ 丶::::::::::::./   i| i     ,
          ,     i 〈   丶    \::::::::V   i| |      ,
          .'     ,  /     ー――‐一、::::::V /  ,     ,
         ,    ,'  >、           >―ヽ   :,    ,
        ,    ,  ,:::::::\..____/::::::::::::::∧  ,     ,
        ,'     ,  ::::/::::::::i:::::::::i::::::::::::',::::::::::::',::::i:::i   ,    :,
691 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:22:26.52 ID:FwejVYXa0
では、戦闘が勃発したのでステータスを貼っていきます


須賀京太郎

【基礎ステータス】

精神力:S(130↑) 天運:S(114)

STR:43 DEX:80 INT:75 CON:83 SIZ:80 HP:163


【能力】
『キラークイーン』(スタンド)
破壊力:A(STR:110) スピード:B(DEX:80 移動力:8m/turn) 射程距離:D(2m) 
持続力:B(精神力消耗:5/turn) 精密動作性:B(命中率:80%) 成長性:A

・[第一の爆弾]
 『キラークイーン』の右手が触れたものを爆弾に変える事ができる。
 爆弾のタイプは任意のスイッチ操作で爆発させる「起爆型」と、何かに触れると自動で爆発する「接触型」の2種。
 爆発する対象は「爆弾に変えられたもの自身」が爆発するタイプと「爆弾になっているものに触れているもの」が爆発するタイプがある。
 後者の場合、爆弾にされたもの自身は爆発後も残る。
 爆発の規模・威力は、身体に小さな穴を開ける程度の小規模な爆発から、人間一人を完全に消滅させるほどの規模まで自由自在。
 また、後者のような大規模な爆発を起こしても、爆破対象以外には一切の被害を及ぼさないようにできる。
 ただし、一度に爆弾にできるのは一つのものだけである。
・[第二の爆弾『シアーハートアタック』]
 破壊力:A(STR:70 ダメージ:15〜50) スピード:C(DEX:70 移動力:7m/turn) 射程距離:A(300m)
 持続力:A(精神力消耗:なし) 精密動作性:E(命中率:基本命中するが、標的の対応次第では0) 成長性:A

 『キラークイーン』の左手から発射される、髑髏の顔を持つ爆弾戦車。
 熱を感知して標的を認識する遠隔操縦型のスタンドで、[第一の爆弾]と併用が可能。
 

・[第一の爆弾]:以下の効果を選択する。
├ 標的に触れた時、起爆型爆弾に変えて爆破する。DEX対抗コンマ判定を行い、成功すれば任意のダメージ。
└ 触れたものを接触型爆弾に変える。利用方法は自由安価。
・[第二の爆弾『シアーハートアタック』]:ターンを消費せずに発動できる。
├ 『シアーハートアタック』を放つ。以降、DEX70で移動して自動で熱源を攻撃し、15〜50の任意ダメージを与える。
└ 『シアーハートアタック』を左手に戻す。


【魂縛りの器】(任意発動)
精神力値を50消耗して発動できる。
「アナザーワン:もう一人の須賀京太郎」に身体の支配権を譲る。
この効果は1ターンの間しか持続しない。


【チャンス○】(自動発動)
コンマが7の倍数の時、天運値+5

【逆境○】(自動発動)
精神力値+10

【打球反応○】(任意発動)
受動的にDEXコンマ判定をする時、DEX+5

【体当たり】(自動発動)
攻撃する時、体当たりができるようになる。
体当たりのダメージ計算式:能動側のSTR+SIZ−受動側のSTR+SIZ
相手の方がSIZが10以上小さい場合、SIZ差10につき相手を1メートル吹き飛ばす。
692 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:24:16.23 ID:FwejVYXa0
宮永 咲


【基礎ステータス】
 
精神力:S(120) 天運:SS(160)

STR:110 DEX:106 INT:67 CON:165 SIZ:55 HP:220

【能力】

《花の流法》(モード・???)
???


【???】(???)
693 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:25:13.23 ID:FwejVYXa0
戦闘のルールについては>>5 >>6を確認してください

この戦いで、「強大な悪」の方の京太郎が負けると……?
694 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:27:59.78 ID:FwejVYXa0
[須賀京太郎のターン]


敵本体との距離:4m


【基礎ステータス】

精神力:S(130/130) 天運:S(114) STR:43 DEX:80 INT:75 CON:83 SIZ:80 HP:163/163

【能力】
『キラークイーン』(スタンド)
破壊力:A(STR:110) スピード:B(DEX:80 移動力:8m/turn) 射程距離:D(2m) 
持続力:B(精神力消耗:5/turn) 精密動作性:B(命中率:80%) 成長性:A
・[第一の爆弾]
・[第二の爆弾『シアーハートアタック』]
 破壊力:A(STR:70 ダメージ:15〜50) スピード:C(DEX:70 移動力:7m/turn) 射程距離:A(300m)
 持続力:A(精神力消耗:なし) 精密動作性:E(命中率:基本命中するが、標的の対応次第では0) 成長性:A
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(攻撃圏外)@[第一の爆弾]:命中率80%
      標的に触れた時、起爆型爆弾に変えて爆破する。DEX対抗コンマ判定を行い、成功すれば任意のダメージ。
(攻撃圏外)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏外)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率80%
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)C本体で通常攻撃をする:命中率80%
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)D本体で体当たりする:命中率80%
      ダメージ=能動側のSTR+SIZ−受動側のSTR+SIZ。相手のSIZによっては吹き飛ばす。

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:8.0m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる。

(発動可能)@『シアーハートアタック』を放つ。(ターンを消費せずに発動できる)
     以降、DEX70で移動して自動で熱源を攻撃して15〜50の任意ダメージを与える。
(発動不可)A『シアーハートアタック』を左手に戻す。
(発動可能)B【魂縛りの器】を発動する。
(発動可能)C自由安価



安価↓1
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:28:28.46 ID:lwMjnaZlO
いや咲さん強すぎません!?
シアハは相性悪いし辛い戦いになりそう…
知恵を使ったりアナザーに変わってもらったりして速攻で倒さないとキツそう
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:30:06.71 ID:F7XMNEWi0
a3
697 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:31:58.60 ID:FwejVYXa0
まぁ今は攻撃圏外ですが、移動してからなら攻撃可能なので了解です
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:33:56.52 ID:F7XMNEWi0
すいません なるほど 敵に近寄らないと当たらない訳ですね 
699 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:34:12.28 ID:FwejVYXa0
京太郎の『キラークイーン』での通常攻撃

命中率は80%ですが、咲は回避も受け流しもしようとしないので、自動命中になります

ダメージ計算式:15+(能動側STR−受動側CON)より、

15+(110−165)=−40より、ノーダメージです
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:36:47.54 ID:lwMjnaZlO
ですよねー
本格的にヤバイな
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:39:32.01 ID:F7XMNEWi0
結局何ならダメージ与えることができるんだ
702 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:41:38.43 ID:FwejVYXa0

京太郎「咲ィィィィィィッ!!」 ダッ


京太郎は桟橋の端に立ったままの咲に向かって駆けだしたッ!!


京太郎「「強大な悪」と小鍛治健夜に評されたこの須賀京太郎だが……俺には俺の思想信条があるッ!!」

京太郎「そして君は……俺にノスタルジーを呼び起こす…大切な「縁」をメチャクチャにしたッ!!」

咲「……」

京太郎「許せないことだッ!!喰らえぃッ!!!」

京太郎「『キラークイーン』ッ!!!」



   「|               r卅''个廾N
   |.| /7           _レl''" | `ト、}
   { ー'/            〈 __ノー'ー{_ノ!
     ̄ _          \___o OOハ
    「| r'└[「|          川| \//Nl|
    |.| 〕〔_                |`> ∠ _N|l
    |」(O_,、〉               |// ―--ヘ
       [[l/7             |´/ ̄i´ ̄`∨
       〈/           |´    l    N|l
     /7            l     !    |
     〈/             lN{   jl\  ∧
    <〉             |l トN{、   ̄ ∧
                      |トNリ    ∧
                  ___∧  | i    __l /,/≠メ_,_,
                トy'´   __j ! ! /  / /  __ /メ,//
                 l rtr, くリノ ,l  |^|/ //|  (「。。)//'〉
                |. ̄ __   / |  ∨  | ノ o o   /
       ∨      ト ´ `  l |l  ∨ \__    o /
        \、、    | } ,.--..、 / ! /   /o }   /7
       / ̄ ̄`ヽ  ∨ : : : : У |/    ///   〈 /
      /    ,.ィ´ ̄ヽ._\ー‐'  /     {/__/     7
.     /   /ィ }〔   \___/   ///`ヽ O  /
.       |  ./∨リ「   '´    \  ///    //、/
     ミ  {vマ´/ ≠廾卅/    ilレ      // ,/
    / ̄ ̄V⌒ヽ/´   /l彡  ilリ         /
      /{   ノ、   /  |彡 |li  /      /
     /f⌒ヽ¨´  \/ /ヽ 川   ////, /
   三圭 {   j、   /`7ヽ  〉/  /   }レ
    三l /⌒´ \_./__〈__//   彡///彡ハ
     ∨___ノ、  /_/  /          l
      ( )   ̄__/   ./_,//       /
          ̄ ̄/   /、  \彡    /
  ヽx、____/   ,.ィ ヽ 〉    ∧彡  /
    r─┬┬─‐く_,ノ_l_/    ーヘ彡´
    {/ ̄\__ノ o        〔



『キラークイーン』は天高く拳を振りぬき、確かに咲の顎をクリーンヒットしたッ!!!
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:43:01.45 ID:lwMjnaZlO
アナザーワンの波紋、宇宙の攻撃か第一の爆弾だろ
というかルール理解できてないなら少し見学してからにしたら?
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:45:03.33 ID:F7XMNEWi0
じゃあ行動安価はしばらくお任せしますね
705 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:46:01.04 ID:FwejVYXa0

が……しかし……!!


   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、    _   r'^>/^ゝ     r-、 ,、
  |  `l / // /       / / く ヽ   |  `l / // /     / / く ヽ
  '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''   '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''
   '!  ,、__7  i  ``゛''ー、       '!  ,、__7  i  ``゛''ー、
   1  |       |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
    i_」         'L_」            i_」      'L_」
                                   r-、 ,、   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、
                                    / / / ヽ  |  `l / // /       / / く ヽ
                              「`L_ 'ー-' く_/    '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー'
                               i  ``゛''ー、     .'!  ,、__7  i  ``゛''ー、
                               |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
                               'L_」           i_」         'L_」
      '. : :.'. : : :.'._」 i -‐i‐‐|: :|: {_____i:.i__i: :i   i: : ハ: : : :ハ: {__i:}  |
     ∧:_:_:!>''"! l !_ . ハ_」_i:.|ハ: : : : : |. :{´i ̄:.「~¨`ヽ: : : :.}: : :.:`ヽ|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /        .!. : : :!; <{: | i:.| |: : : : : |: : 八: : | |: : ハ: : : ': : : : : :.:| < 京ちゃんの「殴る」
.    /     { . :´: :! xく:|ヽ! iヘ:「ヽ! 八: : : :.:|ヽ:「 \| |:.:/ |: :./ : : :': : : .|  |  
   /  ,  .∧ : : : i: :|ヽ| ,」⊥jL ヽ  \: :.|ヽァテ¬=ミ、 |ハ'. : :./. : : : |  |  っていうのは……
  ,'. :イイ: : : :. : : {ヽ|,.ァ7'"⌒ヽ`ヽ   ヽ|  ん'.:::::::ハ`Y /: : :/ : : : : :|  ヽ__________
  ,''´ | |: : : ∧: :Y 〃 ん'.::::::::ハ         { {::::::::::::i:} }}': :/ヘ: : : : : :.|
    { |: : : : : \! {{ { {:::::::::::i::}         Vヽ.__,ノリ ノ/|/  } : : :.∧|
       |: : : : : : ! \ .Vゝ--' ノ        ゝ--- '     /. : :./ ノ   ____________
       |: : /{: :八 个 > '~´     ,        :.:.:::::   ;  /.: : :/     /
       |: / ヽ: :.:iヽハ   ::.:.::               /_,ノィ: :/      '  傷にもならない、
       |/   \| ゝ:.      、ー― ァ        /: :./ ノ:/       |   
                }ヘ、        ̄         .イイ/  /     |  撫でるだけのことを言うの?
                |: />. .             .イ:./ ノ′        \____________
               {/  ヽ{≧ト .. __  .  ´ |/
                   ヽi           |_
                      ,|          ノ.::\
                       /.:|         /.:::::::::::\



京太郎「な……なにィィィッッ!!???」


咲は全く堪えていなかった……!!

まるで草原でそよ風に吹かれた後のように、何も感じない…いやむしろ、爽やかそうな表情をしていたッ!!
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:50:33.61 ID:lwMjnaZlO
負けるとどうなるってんだ
ゲームオーバーか?
707 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:52:15.56 ID:FwejVYXa0
[咲のターン]



京太郎「バ…バカな……!!」

京太郎「この須賀京太郎の『キラークイーン』のパワーを……ものともしていないだと…?!!」

アナザー京『そ…そんなことが…?!』

アナザー京『相棒の『キラークイーン』は、腐っても近距離パワー型のスタンド……その拳の一撃すらも、通用しないというのか…ッ!!!』


咲「じゃあ今度は私の番だよ。いくね」



  |::\     _
  |::  \     |  :|   _
  》   /    j:\:j    |::  |_□    _,     |:: ̄|_[|
  |::  |  /| |:  |   |::  _:| [_]  _|::_|     |::  _:|□      |: ̄|_□
  |::  |/  | |:_|   |::_|      |:: ̄|_□  |::_|          .|:  _:| []    __
  |:..     |                   |::  _:|              |:_|         .|:: ̄ |   |:\
  |::  __゙|                   |::_|                            |::   |   |:/:|
  |::  |                                               |::   |__ '\:|
  |::  |                                               |::   __:|
  |::   \                                              |::   |
  |,___\                                              |::   |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                            |::__|
              ヽ,     !           _ il"./    .../     . /      _/゙
                ヽ.    !            ,/ノン゛    ./      /     ._..-'゛
                    ヽ  . !           /..,rン"  ,.,r'i '"       ./   .,..-'´
                  l ./       . / . ,iゞ   ./  l,          li、,..-'´
                     ゙″     /       ./     |       “゛                   _,,,...
                          ,/       /    .テ                     --`- ..,,.
、,                       /       ../ |   ,..‐゙
 .\                 /        / .| ./
 __ヽ              /        . /    .!'"
`゙゙~'' ゛               /、        /                     _.. ----------i.
                  ノンl″       ./                /゛           /
                 ,rン'./         /                /            /            、
               ,;;ソ゛./         /               ,i"    _,,,.. -ー'"            _,, ‐''"゛
ー-,,、           ,〃 ./         ./                  ,i,゙,, ー'''"゛                   ゙゙̄''''-..、
   `''-、,    .〃  ./            /               ´                       ,..- ゛
      `''';;i. ゛  /          /                                    _..-'"゛
    ,..-'"     ,i′        │                                ,.. ‐'"
.._.. ‐'″      / ,          !                             _.. ‐'"
             / /             !                             _.. -'"゛          : .iir‐‐
         / 〃          l                        _.. -'''″                  ゝ
            l゙/il      ._,,.. -――--.... i.               _,, ー''"
         !/ !   ,..-'"゛        / ,,_   .__,,,.. -‐''"゛
        l/│  lニ 、y      _,,, /     ̄ ̄゛                 'マニ ̄ ̄―- ..,,_.     .,.
        .リ !   .'“゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄                              : \      `゙'''ー ..,゙゛
        / l !                                          `'、,            `'
     ._..┐l゙ .|.|                                              _...ヽ
  ._..-'"  .| !  .||l                                        =`-ー'".ヽ
.'"゛    !    ゙ !                                           _,, -'''″ .ヽ
     ./     l                                      _,, ー''"       . \




京太郎「!!!」
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:52:50.58 ID:F7XMNEWi0
いろいろ確認してきたけど 魂縛りの器ってのを発動してアナザーに変わってもらうか
709 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 03:53:26.16 ID:FwejVYXa0

咲は「花の流法」の第二の技、[鏡花水月]を発動しました。(さっきのは第一の技、[嶺上開花])

命中率は100%、回避も受け流しもできません。

ダメージは0です。
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:55:08.93 ID:F7XMNEWi0
ダメージは0ってことは大丈夫ってことだよね?そもそも命中100ってきついな コンマ運に頼ることすらできないのか
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:55:38.91 ID:lwMjnaZlO
どう見てもヤバイ技じゃないですかーやだー
知恵を使うをコマンドリストに入れといたほうが分かりやすいかも
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 03:58:22.56 ID:F7XMNEWi0
これは最善を尽くすしかない それで負けたのならしゃあないし 誰も文句は言えないだろう
713 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:00:34.68 ID:FwejVYXa0

京太郎(咲が頭を振ったかと思えば、「角」から花びらが射出されたッ!!!)

京太郎(咲はあの柱の一族の「角」を射撃装置として、あの恐ろしい花弁を撒き散らしているのだッ!!)

京太郎(先ほどのあの威力…!『キラークイーン』で受け流したところで、大怪我を負うのは必至ッ!!避けるしかないッ!!) ザッ


京太郎は近距離ながらも身体を捻ってなんとか回避を試みるッ!!


しかし……!!



                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
  ,r―z._: .:                    / /      `'''ー ..,、     .`,::.:.:.::.,,: ,r=、_: :
 rへFヲノ }                   / ./       ____`--..,,.   r'⌒^ヾ<ラト}  .::;::.::;: : : : : : : : :
::.:,≧`Zーイ                 _..ィ  ./ ,i彡―''''''二二 ---―¬ ̄ .`''r'ヽYこ'y¬f='r'"二y<ヲ  ,:;::;:;:
:{_,rく `K^;;:..,-x==、:     ._..-'"  .`" / ,i'――"´                `ーz^Yゾ'~  {-<rッ)__}>‐{: r‐'7ノ^
〔__r彡'フ^ヽ V_r'7ス _..-'"゛ ._..i-‐―/ ./                      ̄' '゛   ヾノTヘノ  _/二'Y:: j
:.::`て{ r'ッ^}.ゝ‐ヘノ _.. -'''"  .!  ./ ./        __ .,-u--、 __/!       ,. -‐-:.::.:.:..:...     {`〈frぅ}‐},. - 、
:;:.:;:::`<_ラ¨゛ : .:~  ゛     i! / /.!        / |`ー r'^! 」_i _   x==、: : : ::.:;::. ::. :...     `Z二_/:;::;::;::;〉
.  rへFヲノ }            !レ,r―z._: .:      / _¨` /::;::;Y::;`´::`ヽ、/   /  |      l  . l   .`''″
..l ::.:,≧`Zーイ             rへFヲノ } ''て   ! .´ ,. -'-_‐-- 、_::;::;::;::`ヽ   /    !         !  .l
 !:{_,rく `K^;;:..         ::.:,≧`Zーイ   │  |./:;:;::/::;::r-_‐-、:`ヽ::;::;::;::ヽ/    i        !  .l\.
  〔__r彡'フ^ヽ         :{_,rく `K^;;:..   l   /::;::;::;::!::;:/i:/rミ、:;:i、::;:〉::;::;::;::;:i:`ー、ノ           |.,-x==、: 、
  :.::`て{ r'ッ^}.        /〔__r彡'フ^ヽ   l、_」::;::;::;::;::!:::{i;!i、ン:;ノi;;!:;!::;::;::;::;:/::;::;::;|           ^ V_r'7ス "ヽ
  :;:.:;:::`<_ラ¨゛        ` :.::`て{ r'ッ^}.  /,r'´ (::;::;::;:!::;:i::;::ト-=-‐イノ:i、::;::;ノ::;::;::;::;!        _.. ‐'_ルゝ‐ヘノ  ..l
 ,-x==、:          :;:.:;:::`<_ラ¨゛ 〈    !::;::;::l::;::ヽ:;:Yt、:;_/::;/,. ='、::;::;::;::;〈 ヽーく -''',゙ / '´ー'^^~     .l,
^ V_r'7ス           l   ヽ    ヽ、.__ヽ::;::;::!::;::;:ヽ、!ィ'_ノ,r'´::;::;::;::;〉::;::;:_ノヽ ヽ.:.:゙!.、  ,  ,!    l
_ルゝ‐ヘノ            ヽ.  \       `!::;::ヽ、:;__ノ-イ::;::;::;::;::;::;ノ::;::;::;}  \\\`゙''". l  .l゙    l
ー'^^~  ヽ           `'、、 \       `ー‐ァ、__ノ `ヽ.,_,. -':;r-、,.ノ `ー、 `ー 、ヽ   .ゝ l     l
   ヽ   \           \  . \  ,r―z._: .:      ,..-'"_..-'"          l  . _,,.〉/     │
  ,::.:.:.::.,,: ,r=、_: : ::: : ::.:.:.:.:: : : : : : : : : : :、  rへFヲノ }  ._..-'"゙., /                l/  ,-x==、:   ,ィ tー
  r'⌒^ヾ<ラト}  .::;::.::;: : : : : : : : :    \::.:,≧`Zーイ  "゛.,..-'´                     ^ V_r'7ス !  l
 r'ヽYこ'y¬f='r'"二y<ヲ  ,:;::;:;:       :{_,rく `K^;;:..'-..,゙                     ,..-'´_ルゝ‐ヘノ  ! /
 `ーz^Yゾ'~  {-<rッ)__}>‐{: r‐'7ノ^    〔__r彡'フ^ヽ   `''- ,,,               _..-'´  ー'^^~  ゙.ゝ.l
   . ̄' '゛   ヾノTヘノ  _/二'Y:: j    :.::`て{ r'ッ^}.     `''ー 、、    ._..-'"            ,i'l′  .!_,
    .l_、 :.::.:.:..:...     {`〈frぅ}‐},. - 、  :;:.:;:::`<_ラ¨゛     ,:;::;:;:     '″          /       ヽ
 x==、: : : ::.:;::. ::. :...     `Z二_/:;::;::;::;〉         `''ー、{: r‐'7ノ^    :,..,... ;;___r‐、_;; :_::::::/
               `-、  `' _ ‐゛               _.._/二'Y:: j      r'::;::; ヽヲ'-{::::::、
              |  .`'、、  . \         .,,, -''″ `〈frぅ}‐},. - 、   <::;::;::;:Z^ーY_ノ
                                    `Z二_/:;::;::;::;〉 ::;::.   r'‐lrュ}‐く::;




京太郎「え……?」
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:00:48.88 ID:F7XMNEWi0
最善を尽くしたとして勝てる可能性はどんくらいなんだ
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:01:53.48 ID:F7XMNEWi0
ダメージ0なのにやばい技 あ・・・・察し
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:06:03.38 ID:lwMjnaZlO
A3がお前の考えた最善か?
もう寝るんで起きるまでに決着がつかない事を祈る
もしくは勝ってる事を願う
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:06:45.79 ID:F7XMNEWi0
麻雀で勝負じゃあかんのか
718 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:09:17.52 ID:FwejVYXa0

京太郎「な……なんだ……ッ?!!」

京太郎「し…視界にバラの花がッ!!!」


京太郎の眼前には……地面から生えて視界を覆いつくしている薔薇が広がっていたッ!!


京太郎「ッ??!!」 スカッ

京太郎「な……?!!」


視界いっぱいに広がる薔薇の花とその茎が邪魔をして、眼前にいるはずの咲すらも見えないッ!!

「触れるといけない」と思いながらも、京太郎はつい『キラークイーン』の腕を振り回すが……薔薇には決して触れることができなかったッ!!!


京太郎「な…なんだーーーーーーーッッッ!!!!???」 スカッ

京太郎「この薔薇はーーーーーッッ!!??触ることができないぞッ!!??」 スカッ スカッ

アナザー京『な…なにッ?!ば、バラだと…?!』

アナザー京『そんなものおれには見えないが……相棒の目には、何が見えているんだッ??!!』

京太郎「?!!」


咲「避けようとしても無駄だし……視界から取り除こうとして無駄だよ」

京太郎「?!」
719 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:09:48.12 ID:FwejVYXa0
× 咲「避けようとしても無駄だし……視界から取り除こうとして無駄だよ」

〇 咲「避けようとしても無駄だし……視界から取り除こうとしても無駄だよ」
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:11:01.70 ID:F7XMNEWi0
>>716 あんまり言いたくないけどさっきから何様なの?見学したらとか それが最善だとか?結局参加すらしないという それで起きて負けてたら文句言うのか?最初の選択は俺も悪いけど ちょっといろいろいとおかしくないか?
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:13:54.25 ID:F7XMNEWi0
別に寝ても良いけど 負けたからって文句は言うなよ 参加しなかったのが悪いって話だからな
722 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:18:55.44 ID:FwejVYXa0

京太郎「こ…これは……君の「花の流法」…[嶺上開花]なのかッ?!!」

咲「正確には「花の流法」……第二の花弁、[鏡花水月]だよ」

咲「避けようとしてももう遅い……」

咲「薔薇の花びらを見たということは……既に「瞳」の中に入ったということだから」

京太郎・アナザー京「?!!」



               /´〉,、     | ̄|rヘ
         l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
          二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
         /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
         '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                         `ー-、__,|   
                  /        /              \
                 /   /    /  /   |   |       ヽ
               /   /    /-/=/.,,_ /  /   :|  ',      ヽ
\                 /   /   //  / / / /|ヾ/|    ||  l       ∧
  \            /    l   //| /|/ / / / / /   /:| _|  :|  ヽ  ヘ
    \       /イ   |  // |.z===/ // /   /:: |⌒ト、、| :|  |   ',
      \     | |/ ィ|  :ト|彡'´彡三ミヾ:::::::/   /:::: | /|  :ト、!  |    l
        ̄⌒>ーァ | |/ /!  | ||  / ⌒ヾ}} ::     // /_ | /|   /     :|
\   \  \/  / // {  |  |::::  | ヾ_ノノ /_/::::''≧三 /// / /ト、   :|
  \   ヽ  l  / /./  V  \|   ヾ 彡'´  ̄...........  / '⌒ヾ;ヾ.// /./ ! \  :l
   \  ヽ  {  | |l   \_{ ヽ..:::::::....  ...:::::::::::::::::::.. |ヾ、_ ノ} }}/. / |    ヽ :|
    ヽ  \}  | |l     |八            ,:::: ゝミ 彡' 〃//  l      ヽ
     ヽ  {  | |l            r─- ._     .::::::..  ー‐ '´   j
      \ ヾ  l | !        ヽ     |     })         /ノ从  /
        \ `ミ, ', ヾ 、      :| ヽ   ヽ.__ /      人   |ハ/   [鏡花水月]は……目には見えても決して手にとることのできない、儚い幻!!
         \`、|ヽヾ 、    :|   \          _,. < /\
           V |  \     ト    >  -‐ ' ´   彡'  {




咲「見えているのはそれだよ……!!」

京太郎「な……??!!」
723 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:25:05.71 ID:FwejVYXa0

京太郎「バ…バカな…?!」

京太郎「俺は幻覚を見ているというのか…ッ!!??」

京太郎(これでは……視界が遮られて、まるで何も見えない…ッ!!!)



: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ
: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /    『こ…これは……『スタンド』……なのか…ッ?!』
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >



京太郎(なにッ?!どういう意味だ、アナザーワン?!)

アナザー京『「柱の一族」が使う「流法」は……スコヤにせよ照さんにせよ、人間とはまるで違う体組織を活用した戦法だ……!』

アナザー京『しかし……1度見てしまえば触れることも避けることもできない幻覚というのは……生身の生物の可能な領域を超えたところにある…!』
724 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:28:59.13 ID:FwejVYXa0

アナザー京『つまり咲の「花の流法」は……「柱の一族特有の流法」でもあり、『スタンド』でもあるということだ……!!』

京太郎(そ…そんなことが……ッ!!??)


                |`\
        ____ |  /_   __ ∧ /|   __ rヘn
        |_,. -┐| |// /  |__ 「 |_/ |/   |_ 「 |__||」  _ 「「|  __ [[|
            ||  |/   __||        ___| |     ,.コ|. ̄  ,コ|
         __||      |_,. -┘     └一 '´        ̄      ̄
     | ̄ ̄ _,」
      ̄ ̄ ̄          
      /      /  /|   | |    ヽ       \
.       /  /  / / / |  |. |   | |   |   ', ヽ    ∧
     /  /  /./ / |  | |   | _|L.--|.,,,_  |  |   :l ',
     /  /  |  ト|_,r|''´|`:|   |  |\ | `ト| :|    | :|
    /   |   | ィ| |─ト :|ヽ  | / ̄V|  | :| |   |  |
    /   |   レ´| \|_\|  ト、. |::::彡三=、 :| ./ / /   !
   /彡イ |    ト| 彡 ─ヾ:\|::::\::::/,'⌒ヽ \/ / /   |、
.      |  ヽ  ゝ///;'⌒',ヽ:::::::::::::::::::::|:!::::::::::!:| ||イレ' |  ハ!
.      |   ト、 || | ';::::::::!:|::::::::::   ヾ、;;;;;;;ノ  |/ ハ  / |
.      |    ハ, \:::ヾ.;;;;;...'   ,          ハ /  /
.      | /ヘ ヽ..ハ                  ハ// /     …………。
        /    \トハ      ー_,ア     ノ'´//
               |ゝ、           //イ/
              |人> ._       <:| / /
                \|\|  ー<   :|´
                     |        :|> 、
                   /|       /   \



京太郎(く…くそったれ…!!)

京太郎(生物ピラミッドの頂点に立つ身体能力を備えながら、『スタンド』としても花弁を操れるだと…?!)

京太郎(どこまで常識を超えてくるのだ…ッ?!咲…ッ!!)


●京太郎本体のDEXが30下がった。



《花の流法》(モード・スタンド)
自らの体毛を特殊な花に変えることができる。
花に熱を持たせたり、硬質化させたりすることもできるし、「触れることのできない」花を咲かせることもできる。
伸縮自在の角では生命反応の探知が可能な他、花弁を飛ばすための射撃装置にもなる。

・[嶺上開花](命中率:80% 花弁のSTR:0 花弁のDEX:80 射程距離:4m)
├ 標的の頭上から灼熱の花弁を降らせる。40ダメージ。
├ 相手が受け流した場合、20ダメージを与える。
└ 第一の効果または第二の効果でダメージを受けた場合、以降相手は火傷で毎ターン10ダメージを受ける。
・[鏡花水月](命中率:100% 花弁のSTR:0 花弁のDEX:70 射程距離:4m)
├ 標的に触れることのできない花弁を飛ばす。
├ [鏡花水月]は回避も受け流すこともできない。
└ 発動後、花弁は標的の瞳の中に留まり続け、次のターン以降は相手本体のDEX−30
・[???]
・[???]
725 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:30:45.41 ID:FwejVYXa0
京太郎が負けるかもしれないので、荒れる前に言っておくと……

「強大な悪」の方が負けてもBADエンドとかではありません。まだチャンスはあります……むしろそこからが本番かも?
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:31:11.53 ID:F7XMNEWi0
移動してから攻撃って流れは可能なんだよね?移動だけで一ターン消費?
727 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:32:55.24 ID:FwejVYXa0
[須賀京太郎のターン]


敵本体との距離:2m


【基礎ステータス】

精神力:S(125/130) 天運:S(114) STR:43 DEX:50↓ INT:75 CON:83 SIZ:80 HP:163/163

【能力】
『キラークイーン』(スタンド)
破壊力:A(STR:110) スピード:B(DEX:80 移動力:8m/turn) 射程距離:D(2m) 
持続力:B(精神力消耗:5/turn) 精密動作性:B(命中率:80%) 成長性:A
・[第一の爆弾]
・[第二の爆弾『シアーハートアタック』]
 破壊力:A(STR:70 ダメージ:15〜50) スピード:C(DEX:70 移動力:7m/turn) 射程距離:A(300m)
 持続力:A(精神力消耗:なし) 精密動作性:E(命中率:基本命中するが、標的の対応次第では0) 成長性:A
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(攻撃圏内)@[第一の爆弾]:命中率50%↓
      標的に触れた時、起爆型爆弾に変えて爆破する。DEX対抗コンマ判定を行い、成功すれば任意のダメージ。
(攻撃圏内)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏内)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率50%↓
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏内)C本体で通常攻撃をする:命中率50%↓
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏内)D本体で体当たりする:命中率50%↓
      ダメージ=能動側のSTR+SIZ−受動側のSTR+SIZ。相手のSIZによっては吹き飛ばす。

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:5.0m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる。

(発動可能)@『シアーハートアタック』を放つ。(ターンを消費せずに発動できる)
     以降、DEX70で移動して自動で熱源を攻撃して15〜50の任意ダメージを与える。
(発動不可)A『シアーハートアタック』を左手に戻す。
(発動可能)B【魂縛りの器】を発動する。
(発動可能)C自由安価



安価↓1
728 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:34:02.16 ID:FwejVYXa0
>>726
移動した後に攻撃圏内に入る場合は、そのまま攻撃に移行することが可能です。

移動してもまだ攻撃圏内に入らない場合は、それで1ターン消費となります。

ちなみに今は攻撃圏内です。


安価は↓
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:35:10.47 ID:F7XMNEWi0
B1から A1
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:36:34.86 ID:F7XMNEWi0
すいません じゃあ取り合えず移動で
731 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:39:59.94 ID:FwejVYXa0
OKです。では、命中判定

01〜50 咲を狙えなかった

51〜00 咲を狙えた


コンマ↓1 また、↓1は威力を1〜200の範囲で指定してください


咲を狙えた場合の咲とのDEX対抗判定

計算式:50+(受動側DEX−能動側DEX)/2=回避成功率

よって、50+(106-80)/2=63


01〜63 咲に触れることができなかった

64〜00 咲に触れることができた


コンマ↓2
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:41:31.21 ID:F7XMNEWi0
はい
733 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:42:15.75 ID:FwejVYXa0
ダメージも指定してほしかったのですが、触れなかったので今回は問題ないです
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:43:15.29 ID:F7XMNEWi0
↓2じゃないの?
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:43:58.56 ID:F7XMNEWi0
すいません 今理解したわ 
736 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:44:26.32 ID:FwejVYXa0
>>734
間違えました。狙えなかったので、触ることもできなかったという意味です
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:46:24.10 ID:F7XMNEWi0
なるほど 了解です
738 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:49:28.77 ID:FwejVYXa0
[京太郎のターン]


京太郎(ぐ……ッ!)

京太郎(普通に『キラークイーン』で殴打しても通用しないというのなら……『キラークイーン・第一の爆弾』で…咲を爆破するしかないッ!!)

京太郎「き、『キラークイーン』ッ!!」 ブンッ ブンッ


京太郎は『キラークイーン』の両腕を、眼前にいるはずの咲に触れるために闇雲に振り回すが……

視界が薔薇で覆われているために、狙いを定めることができないッ!!


咲「何をしてるの?京ちゃん」 シュタッ


京太郎「?!」

アナザー京『相棒、後ろだッ!!』

京太郎「な…!!」

京太郎(ま…まずい…!!視界が明瞭でないということが、ここまでのディスアドバンテージとはッ!!!)
739 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 04:52:31.25 ID:FwejVYXa0
[咲のターン]


咲は【???】(???)の[???]を繰り出します。

命中率は咲のDEXが106なので、自動命中ですが、回避しますか?受け流しますか?


安価↓1


(というか今思いましたが、「命中率」という言葉が分かりづらいですね。

狙いを定めることができるかどうかを判定するのが「命中率」で、命中判定に成功して狙いを定めることができた場合に、

攻撃が回避されるか・されないか、または受け流されるか・されないかを判定するという流れです。)
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 04:55:03.32 ID:F7XMNEWi0
回避
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 05:00:44.15 ID:F7XMNEWi0
この戦い分が悪いな 
742 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:04:36.60 ID:FwejVYXa0
では回避のDEX対抗判定

計算式:50+(受動側DEX−能動側DEX)/2=回避成功率

50+(50-106)/2=27


01〜73 回避失敗

74〜00 回避成功


コンマ↓1


>>741
宮永姉妹の「確執」解決のための最後の関門だからね、仕方ないね

それに京太郎には時を止められるアナザーワンがついてるから……
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 05:05:34.33 ID:F7XMNEWi0
頼む
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 05:06:10.47 ID:F7XMNEWi0
ゾロ目なのでサービスとかないかww
745 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:06:30.64 ID:FwejVYXa0
ゾロ目なので……完全回避はできませんでしたが、急所は外せたということにします
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 05:07:54.24 ID:F7XMNEWi0
 ありがとうございます 感謝します
747 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:09:03.96 ID:FwejVYXa0

[???]によるダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)


咲のSTRは110、CONは165 京太郎のCONは83


よって、(110/2+165−83)=137ダメージですが……


ゾロ目ボーナスにより、ダメージは半分とします。

よって、69ダメージ
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 05:16:28.91 ID:F7XMNEWi0
次は知恵を使うか 
749 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:17:06.93 ID:FwejVYXa0

咲「京ちゃん……」

咲「ここまでの戦いぶりをみて、1つの疑問が浮かんだんだけど……」

咲「その答えを、確かめておこうかな」

京太郎「なに……?」

咲「そのために……京ちゃんにとっても興味深いはずの…戦うのを諦めようって思えるようなものを見せてあげるよ」

京太郎「なんッ……?!」

アナザー京『何かしてくるッ!!!相棒、回避体勢をとれッ!!』

京太郎「ッ!!」 ササッ


咲「ハートが震える…!燃え尽きるほどヒートアップする…!!」 ゴゴゴゴゴゴ…

アナザー京『?!』

アナザー京『こ……このカンジはッ!!!???』
750 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:21:48.80 ID:FwejVYXa0
咲「刻むよ、血液のビート!!!」


               __           __   _       __
              /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
              〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
               ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
               V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
                V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
                 .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
                 .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
                 ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
                    .V     U                             〈:::/ \/
                    /: : : : : : :/: : :/: : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
                      ̄ ̄ ̄¨ア : : : /: : ://: : /: : // : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
  ノ⌒ ー--‐ '⌒^ ー-     -‐…・・/ : : : /: : ://: : /: : /// : : : : , :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::}
f《: . :   . :/      . : . : . : . : ./ : : : ; : : /{/ヘ/: : /// : : : : / : : |: : :.:.:.::::::::::::::::::::.:.:.:.}
V》       (      \. : . : . : . :/ : : : :j{: :.rf嶺峠い/イ: : : : : :/: :イ:.i|: : :.:i.:::::::::::::::::::::::.:.:,
 ¨⌒ー '"~¨`ヽ \    \: . : . // : : :イリ.:.从 _)開ハ刈i |: : : :/ |i: :|: ||: : :.:|.::::ノ⌒ヽ:.:.:.:.:′ ,,ル'⌒
          ^\  : .   // : ィ仁|i.:/  Vし℃仆|i | : : :  |i: :|: r冖れノ^  ノ⌒廴__ノ^⌒¨´
.               丶  : .  j/{ニニ|iイ    'ー '゙  八| : : |ー─-fソ:. :.  辷?い: :.:.:. ′
                \ : . : ; {ニ二い   :.:.:  ::::::::::八: : |j埖fソ^;. :. :.fら ). : :.:.:.:/
.                   \ : .l {ニニ八       , ::::::ヽ| ヒ^爻_廴 ノノ^. . : :.:./ニニ},      オーバードライブ
                    ヽ| {ニニニニニ:、   、         ー'⌒)ソ)メ . . : :.:.:/ニニニ}}      [波紋疾走]ッ!!!!
                    | k二ニニニ/\     ー    :.:.:   才イ. : /}/ニニニニ}}
                    | |ik.ニニニ{〉  \__        イニニノ/ニニニニニニニ圦
                    | |ikikニニ{入____    ̄¨アニたニニニニニニニニニニニニニハニニ\
                  /|人kikik.ニ{    >-=ニニニニニニニニニニニニニニ=-  ∧ニニニ〉
                    《    :. トミメ{   -=ニニニニニニニニニ=-     . : . / :〉 ̄
                      j}   :.   ≫→ァニニニニニ=-ァア       . : . : . : ., :/:∧⌒L_
                  リ}     :. /ikikikヽ\ikikikikikik/      . : . : . : . : . : . : . : . : /〉





京太郎「なんだとォォォォォォォォォォォォォッッッッッ!!!!!??????」


全身が山吹色に発光した咲がッ!!

その眩い拳がッ!!!京太郎を襲うッ!!


アナザー京『よけろ相棒ーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!!!』
751 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:26:15.77 ID:FwejVYXa0
   r≦ l . __  __
   |/ i| |k_| |k_|
   |t_ il_____
   | V  ̄‖_/
   | X / ̄   .r=,   i\i\
   |/ ,i| ___|i l____ V/V/
   |  i| .Z ___/ i_.i\;i|
   .\/  V  |iVil  .|  ,i|
           i/  |,/i|
            __,| __| i\i\ /‖
            .\i.._// . .V/V/ l//i
                        //
                      /
.      i!               ,'
.      |}            /
.      |;!           /                 _,, ャ彡 ´
       ,{i|    i|  ,!   /                _ャ≦ ≠ ´
      i{;l;}   i{|  .i}  ,i}  /           _ ャ≦>''"´
.!  :  ,i{ l }  .,i{:}  ,i}  ,/}  /       , ャ≦>''"´
!|  : :  i{  }! . ,i| l  ,i} ,//! .,','   /  ャヤ戊"´
|.li : .! i{  }l .,il' .} ,','.,!//,' //. ィ/,.イ彡''"/
| li; l .l l{  .}|,il ;} !}///,',ィ'i/'イ ,ィ彡" ´/
  ';l : ;{   ;lil'  },.'.〃 '/〃/イ彡" ´                       _,, -=ニ二三三三
      ; /      , ィ;彡" ´               .    ´  _,, -‐≠三三二ニ= ''' ̄
     .' / .;    ,.彳彡"               .  ´  _,, -≠三ニ= '' ̄
     {!'  ,i   ,ィ彡"             .  ´  _,, ャ≦彡'''" ̄
   i , ・; ’イ'"             .  ´  _ ャ≦彡 ''"´
.    }   ,'             ,  ´  , ィ彡 ''"´
    }  .,'            , '   , イ≦=-‐ ''
    、;//’,         /   _∠三三二ニ=ェェェェ=
     ’ ”         ≦=‐      _,, -‐≠''  ̄
     .,    ≧    _,,.. -‐  ‐=ニ三......,,,,,,,,,,,,__
     ’ ・     ̄   ‐-   = ニ ニ 二二三三=  ̄ ̄





アナザーワンの必死の呼びかけも虚しく、視界の見えない京太郎は咲の殴打を喰らってしまうッ!!!!


京太郎「はぐァーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!!」 ズシャアアアアアアアアッ



3メートル以上も吹き飛んだ京太郎は、地面に強く叩きつけられるッ!!!
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 05:27:44.64 ID:F7XMNEWi0
咲さん強すぎませんかね 取り合えず知恵を使って状況を変えるしかないか
753 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:35:32.97 ID:FwejVYXa0
           ,.      _  ,ィ  ;'!
         /| /|    l;| f;;| /;;|       _,,,,
     ハ   };;! /;;|.    i,;| };;レ;;;;{   __.,,,ィ;;;;;;;/
     };;!  |;;レ;;;;;}    j;;;-‐;;lク;/   ゙ー‐'¨コ;;;;/
      |;;i /;;;冂;;| -=┐匚l;;/   _,,ィ;´;;;;;;;;;二ニニ=━ ,イ
     };;レ;;/!;;ニ;;;|   /;;;;;/     `´  ̄ ̄     ,イ! |;/__,、
    /;;;;;i/;;;;| |;;| /;;イ;;|               j;;;;二-ァ;;;;;;/
   /;;/!;;;;/V |;;! '¨´  l;;;!               j;;/   /;;;/
  ///,;;;|    ´    |;;|               l;;I //
/¨´/'"´|;;|           l;;!               `’/;;/
        !;;!                      ,ィ}   ,'/
       l;;|                      ,┐  /;;/__,、
         |;!                {;;;二´;;;;;;;;;;;;;;;/
                          j;;{   ̄};;;;;;/
                        ム′   j;;;;/
                           //
                          ∠/




京太郎「が…!がはッ!!!!」 ビリビリッ

京太郎(あ…危ないところだった…!どこから攻撃を受けても良いように体勢を整えていなければ、完全に急所を突かれていた…!)



京太郎は中国拳法の用いる「ネコ足立ち」の構えをとっていたために、致命傷を防ぐことができた

もちろん京太郎は拳法を習っていたわけではないが、四肢の力を抜き、どこの方向からの攻撃にもスピードとリズムを失わぬ防御態勢を本能的にとり…

自然と拳法の「ネコ足立ち」の型になったのである

このことが戦闘経験の豊富な「1巡前の須賀京太郎」の片割れその人であることを自然と証明しているようでもあった


アナザー京『い…今の……!ブ厚い鉄の扉に流れ弾丸の当たったような音…!!』


しかし、いつもなら同じ「片割れ」たる京太郎の成長をほめそやすアナザーワンも……衝撃のあまり、そこまで考えが回らずにいた……!!
754 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:39:05.16 ID:FwejVYXa0

アナザー京『ま…間違いない…!!』

アナザー京『「1巡前」はよく聞いていた……「波紋」の流れる音だ……ッ!!』

京太郎(あ、ああ…!!この身で喰らった俺が一番よく分かった…!!)

京太郎(ま…間違いない…!!咲は……「波紋使い」だ…ッ!!!)

アナザー京『な…なんてこった…!!』



            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Y /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从       『「御身」を宿す咲が起こしたもう1つの「奇跡」というのは……このことだったのか…ッ!!』
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、
////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\
//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
755 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:49:15.35 ID:FwejVYXa0

アナザー京『突然の戦闘でそこまで気が回らなかったが……考えてみれば、おかしなことだった……!』

アナザー京『夕暮れとは言え……まだ日が出ているのに、咲は「柱の一族」の力を発現させている…ッ!!』

アナザー京『そして……「柱の一族」の天敵たる「波紋戦士」の特権…!「波紋の呼吸」までも体得して……!!』

アナザー京『「1巡前」は……動揺した時にだけ「波紋の呼吸」を発動させていた咲が…!』

アナザー京『「柱の一族」の血を発現させながらも、同時に「波紋法」を使えるだと……?!』

京太郎(驚くべきはそこだけじゃあない……!)

京太郎(今、直接的に「波紋」を喰らった俺だから分かる…!!)

京太郎(咲の「波紋」は……!その質も…!その威力も…!その特徴も…!)

京太郎(アナザーワン…!!お前と酷似している…ッ!!もはや、お前の「波紋」そのものと言っても過言ではないッ!!)

アナザー京『!!!』

京太郎(フシギと肉体の波長が惹かれ合うように感じたのはそれだッ!!「同じ波紋」が体内に流れているからだったのだ…ッ!!)

アナザー京『そ…そうだったのか…ッ!!』
756 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 05:56:14.51 ID:FwejVYXa0

アナザー京『天敵どうしの「柱の一族の流法」と「波紋戦士の波紋の呼吸」……!』

アナザー京『それも、俺と同様に…究極の高みに達している「波紋」を練り上げ…!』

アナザー京『「波紋」の技術で「流法」でもあり、『幽波紋』でもある力を使いこなす……!』

アナザー京『そして恐らく、「天照大神の加護」たる「オカルト」も…!』

アナザー京『あり得ねえはずの相反する4つの能力を兼ね備える、理外の存在……!!』

アナザー京『まるで「自分がこの世界の主人公だ」と言わんばかりの型破り……ッ!!』


       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
 '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                 `ー-、__,|   
: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ
: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /   
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /     『咲はまさに…!「奇跡」の存在だった……ッ!!!!』
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
757 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:02:34.09 ID:FwejVYXa0

咲「……私の「波紋」が効いているね……」

咲「殴りつけられた横っ腹の肉が、溶け始めているよ……」

京太郎「……ッ!!」 ドロリ…

咲「『スタンド』が……『ザ・ユニバース』じゃないことで疑問を抱き始めたけど……」

咲「今、私の「波紋」が通ったことで確信したよ」

                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/

                              /    / /  /!: : : : :!: :i: : i: : :、: : : : : :.i
                             / . .,:/: :! l: :l: :/l .l. . . . l. :li: : i: : !l: : : : : : :.l
  /~´`丶、                     //´i: : !: :li li ハ!‐! l: : : l: l l /l ノ l: :!: : : l: : |
  ;      ヽ                     i: : :ヽイ';/;;;;ゝ iiヽ:lヽ!,i/,,!/,_!/l: : : ノ: :リ
  !       \                   l: :i: :l lゝ!:::::ノ` ` 丶 '´i;;;;;;;!ヽノ: : :/: :./
  ヽ        ヽ、               |/i/iヽl "゙''゙゙      !ヒ;;;;ノノ´、/: :./
   ヽ         `丶、            ,.=-‐ 、!    ´      ` /ノ: :/
      ヽ          ` ー-..;,,,__    /     ;人、   _ ,,_     /: :/   この京ちゃんは……私が知ってる京ちゃんじゃないッ!!
        \              ~~~''''´      ," ,/ヽ、      ,彡/
         ヽ、           , ´ (    ,/l'"ヽヽ ヽゝ,ー < ´,
           `ヽ ..,,,_      /       リ ,/  ヽヽ  \ ハ ヽ、_
              , "~~"−-,_"._ 丶、   ノノ    i\ヽヽ  iニ,,_i   `''ァ、
              ; `、  丶,..‐ヽ  ゙‐, '´>,i     ! \ヽ  'i l    /./ヽ
             /、 ヽ   ゙;  リ ,ノ   ミ     ヽ ヽヽ  l .l  / /i、i
              ゝヽ  丶  ,i ノ‐'"_ ノミノil       ヽ \ヽ !l /,//i ミヽ、
              ヽ`、 丶,_,, ノ;ノ
               ヽ、   ,ノ'
                 ヽ- '"


京太郎・アナザー京「!!!」
758 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:11:50.18 ID:FwejVYXa0

咲「「波紋の波長」が私と一致していて、惹かれ合うものだから……京ちゃんだと認識していたけど」

咲「それは、「波紋の呼吸を体得していれば一致する」という話で……つまり、この京ちゃんの波紋の「素養」自体は私と同じというだけに過ぎなかった……」

京太郎「……」

咲「だって、「波紋の呼吸」を完全に体得していたなら……同じ波形・同じ波長の「波紋」を流されても効果はないはずだから」

京太郎「……よく理論立てて考えたものだな。「1巡前」の咲とは別人だ……」

京太郎「流石は「柱の一族」の知能といったところか……」

咲「話を逸らさないで……」

咲「あなたは誰…?私の知っている京ちゃんじゃないよね…?」

京太郎「ああ……その通りだ」

京太郎「「お前の知っている須賀京太郎」は……この「1巡後」にはいない」

咲「?!」

京太郎「俺は「1巡前の須賀京太郎」の片割れ……その「悪の心」とでも言うべき存在だ」

咲「え……?!」
759 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:19:44.99 ID:FwejVYXa0

京太郎「そして、もう1人の「須賀京太郎」の片割れ……今は心の内側に引っ込んでいる「良心」とに分裂している」

咲「……?!!」

京太郎「もっとも、「良心」の方は「究極の波紋法」を体得しているし……肉体や性格、『スタンド』まで「1巡前の須賀京太郎」のものを引き継いでいる」

京太郎「どちらも「1巡前の須賀京太郎」その人ではないが……どちらが「君の知っている須賀京太郎」かと言えば……アナザーワン(もう一人の俺)の方だろう…」

咲「そ…そうだったの…?!」

咲「京ちゃんの精神が……2つに分裂していたなんて……」

咲「そ、そっか……でも、焦ったよ…」 

京太郎「……」

咲「「私の知ってる京ちゃん」その人じゃなくても……2人に分かれて、京ちゃんは京ちゃんとして存在していたんだね……」 ホッ

京太郎「咲……」

京太郎「君は…俺との対話を拒んで追い返そうとしたり、恐るべきパワーを誇示して襲い掛かってきたりはするのに……随分と、「須賀京太郎」にご執心じゃあないか」

咲「!!」 ハッ
760 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:24:55.03 ID:FwejVYXa0

京太郎「俺を拒むのには……何か理由があるんだね?」

咲「……っ」

京太郎「話してごらんよ……元々、俺は君を「ふるさと」のように大切な存在だと思っている」

咲「そ…それは……」

咲「それは……できないよ…」 ウツムキ

京太郎「……」



      /:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.ヽ:.:.、:.:.:`ヽ
      /:.:.:.:/:.:.:.:.:....i:.::::::|、:::..::i、::.:.i::::::..ヽ:::ヽ:.:.:.:ヽ
     /:.:.:.:.:i:.:.:i:.::::::::|:::::|::| ゙、:::| ゙、 i::i  ゙、:: ゙、  ゙、
   /:.:.:.:|:.:|:::::|::::::|::i| ::|:|  i .| i....|::|::::::::::i::::::i:::::::::i
   i:.:.:.:.i.|:::|  i| ||i..::::|:i  i:::| |::ハ:|:::::::::::|::::::i::::::::|
  i   |.| i |il..:::::i::|゙、::::i゙、__.i::| |ハ||:::::::::::|::::::|::::::::゙、
  i    | .!:::i::::|!゙、;::::::i ヽ:! ヽヾ ̄ ̄ |::|:::::::|-、::|:::::::i、i
 i  ,,,::::|:::i::::|゙、|メヽ::::i  ヽ'´_,........_ |:i|:::::/`ヽ.}::::: i リ
. i ..::;::-|::i:::゙、:|'´ ー ヾ   彡‐'´ ̄`ノ'i::::/  /:::::i::|     私は、京ちゃんと関わっちゃいけない……!
..|/   |:::゙、::i゙、 .;==、       ,,,,,   i::/   ノ:::::/V
     i:::::::ヾ::、´,,,,, ,      """ u レ /i´:::::/゛
.     i::::::;w、:゙、""                 V'"`
      ゙、/  \丶   ー'´`   ,     ゙、ー-、______
          ヽ!`ー- __    , ´    /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./<ヽ
            ___`フ´_ヽ    /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/ ,;===、ヽ
          /i:.:|.|:.:.:.:.:./  |   /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/  /     ゙、i



アナザー京『……咲、どうして……』

京太郎「……」
761 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:29:07.80 ID:FwejVYXa0
               ___
         ,. : : : : : : : : : : : : : : .、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、
      ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
     .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : :.
     {: : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : l: 、
     |: :,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /): :|: : |、: :.
     |:∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ{∧:|:|: : | \〉
     }'  、: : : : : : : : : : : : : : : : l: / Y/∧: :!
       ∨:、: : : : : : : : : : : : :/イ  u |/  ∨
          }:/\:|: : : : : : : : /    人    京ちゃんを倒して……追い返さないといけないの…!
          /   -从-----イ{     イ 
     _,.::―/:::::::::::::::::::::::::::≧≦--r---、
     /:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:/`ヽ
     ,::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ {::{  ,:∧
    /:{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::|/'  }
    {::|| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |::|   |
    |::|| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |::|   |
    |::|| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |::|   |
    |:::ー====================_'_」::|   |
    ´ T T ―r――r、―――――‐ '     }



京太郎「……そうか」
762 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:30:45.32 ID:FwejVYXa0
京太郎「ならば、俺は……」



            ____ ,イ,イ
            ヽ=.--7/レ'レ'
               //
           ___//
           ヽ=.-- '. ,イ,イ ,イ    .,ィ
                  レレ //    / }
                   /'   ./ /
                          //
                          ´
                       , イ
                       レ'
                       ,.._.,、_
                  __厶、  ,.ケ. .゙、. `ヽ
             ト<´    ハ<__/./. ゙、ミ彡、
             d、 `¨¨´ _」/イ.VヒVi.i. ヒ彡{
               /)ハ) rfi 、 {リハ∧ぇ、ィ符`fう!
            ∨//) ー' :.  }   L  /トリ、   君をゴッ倒してでも……事情を聞きださなければならないな
                | ' 〈i\  r ^ム、 ヘ =‐/ノ爪
               } ,ノ  ≧=彳'⌒ア{フf彡/ | 、
          __r、jア´  \∨ノ、 _<_,ノ、_人/__」  \
        /_ ̄`ヽ´ ̄三ニ=-'///x/ ./\    ヽ             x-‐-ミ
       〃、fvLヽ `ミ 、    〃/X / /  /  /⌒ヾ、       , ( `ー--‐' ),
       {{ 》S《 }} }ト     厶┴≠./ /  、i /    、    _∠⌒{` ー==‐ 1
        〉ゝ==イ _人 `ー /x7¨´ / ./  ニ=ー>x{       /      ∨⌒ヽJ
        厶≠⌒ヽ〉  `〃x.イi{  / .// , ‐f:V_Y\ j  ∨  . -一'∠二ニニ}
       厶≠⌒∨ノ_).厶 ' /{    ! /  / rf::Yヽ-〉 r:Y  ∨    .厶二}ニニ7
      厶≠゙⌒〃ニZ_`ー-/:rヘ. Y{   ゝ., {::ゝ_ア-rf/⌒  }    厶二7ニ7
     _厶。ラfo{⌒¨´C::_〕/:∧、   ||\ { /`¨7:::::::_厶   /    レ二7ニ7
     レ。/  {o{::::::::::c:ニコ.:/込 ー=ニ|ト \_∠^ヾ ̄ 。 ≠ァ'-―=ミ  ハ二ニ7
     Yこ  ≫xrう:8_ア.:/≫x{に)ニ||  _<=ニ  }i} ゚/(廴,. -一'’≠=キ‐…___
     ゞ=‐彡'     /.: ′\ ー=≦!! 廴`ア了´ レ'八`=ミ、      __`ー //⌒ヽ
               ′i ニ=-、、下 !!      !::::}:/:::。:::o::}}、__ -‐ ⌒ ∨{ {   }
             {/| iハ  } Y ll    八::({:::。:〃 ̄´  ̄ .ニ=ミ -‐厶ゝゝ-彳
                  | i   {  i  ll   /`ー、::::{{>‐=ニ¨   __,.>'⌒ヽ`¨ア
                  | !    ', i  lレ,/|     YL::〕≧==≦( { 人 、`ー-し'′
                  |:!   :. { i  ¨´  :|              Уヽ `ー-ニ7
     . . . .         |i  ',  :.ハ !      !              ト`ー- `ニニ7
     . . . . . . . ..       |;   `ーぅ Y     :}            ∧`ー- `ア
     : . : . : . : . : .     !  _彡'ヽ} !     {            ∧ 廴> ´
     : , : , : , : , : , : ,.   \    弋!    ',           _∧ `ア
.      ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _  \   ヽ  ー-`ュ、      ,. :i{ 込_ア
        ‐ _‐ _‐ _‐ _‐ _‐ _‐_  ` 、  ', ヽ  ⌒}      f:〔::::/辷_「
        ‐_‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐_   ヽハ '.   `、    ヽ∨}r_′
           ‐二二二二二ニ- _   {_ '.     }       )}_{しリ
            ‐二三三三三三ニ_  L ∨   ;     {{/::`7
             ‐ニ二三三ニ- ‐=,厶-}   Y       }}/⌒
                ‐ニ三三ニ‐_  ゞ≠|  \〉       ヾ. ゙
                -ニ三三ニ_   L____,}       `='
                    -ニ三ニ‐ 厶___]
                      ‐Ξ三∠__〃 _ノノ
                    r≦==彡 〃´
                    `¨¨¨¨¨´


咲「……!!」

京太郎(先ほど、痛恨の波紋傷を受けたというのがキツいが……やるしかないか…!!)



●京太郎に69ダメージ!!


【究極波紋法】(波紋)
特殊な呼吸法により、体を流れる血液の流れをコントロールして血液に波紋を起こし、
「波紋」=生命エネルギー=太陽エネルギーを生み出す。その性質は電気に似ている。
波紋はある種のエネルギーである為に末端からしか本来は放出できず、その性質上、拳や蹴り技に纏わせて使用する。
他家の放銃時に雀卓を通じて和了牌とそれに触れている指に波紋を流し込む事での攻撃も可能。
ツモ和了した時は、雀卓の点棒ケースに波紋を流し込み、点棒を払わせる際に威力は落ちるが波紋を流し込める。
歴代の波紋雀士と比較しても抜きんでて強力な、空前絶後の最強の波紋を練る事ができる。
その威力は太陽の光を苦手とする生物のみならず、その他の生物の身体にも危険な程である。

・[波紋疾走]
├ スタンド使い本体による通常攻撃のダメージ計算式を変更する。ダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)
├ 波紋を伝導する物質を通して攻撃できる。ダメージ=(能動側CON−受動側CON)
└ 波紋を苦手とする生物に対しては、ダメージ=(能動側CON−受動側CON/4)
・敵の攻撃により負傷しても、波紋で痛みを和らげてステータスが下がらない。
763 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:31:59.26 ID:FwejVYXa0
[須賀京太郎のターン]


敵本体との距離:5m


【基礎ステータス】

精神力:S(120/130) 天運:S(114) STR:43 DEX:50↓ INT:75 CON:83 SIZ:80 HP:94/163

【能力】
『キラークイーン』(スタンド)
破壊力:A(STR:110) スピード:B(DEX:80 移動力:8m/turn) 射程距離:D(2m) 
持続力:B(精神力消耗:5/turn) 精密動作性:B(命中率:80%) 成長性:A
・[第一の爆弾]
・[第二の爆弾『シアーハートアタック』]
 破壊力:A(STR:70 ダメージ:15〜50) スピード:C(DEX:70 移動力:7m/turn) 射程距離:A(300m)
 持続力:A(精神力消耗:なし) 精密動作性:E(命中率:基本命中するが、標的の対応次第では0) 成長性:A
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(攻撃圏外)@[第一の爆弾]:命中率50%↓
      標的に触れた時、起爆型爆弾に変えて爆破する。DEX対抗コンマ判定を行い、成功すれば任意のダメージ。
(攻撃圏外)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏外)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率50%↓
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)C本体で通常攻撃をする:命中率50%↓
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)D本体で体当たりする:命中率50%↓
      ダメージ=能動側のSTR+SIZ−受動側のSTR+SIZ。相手のSIZによっては吹き飛ばす。

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:5.0m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる。

(発動可能)@『シアーハートアタック』を放つ。(ターンを消費せずに発動できる)
     以降、DEX70で移動して自動で熱源を攻撃して15〜50の任意ダメージを与える。
(発動不可)A『シアーハートアタック』を左手に戻す。
(発動可能)B【魂縛りの器】を発動する。
(発動可能)C自由安価



安価↓1
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:34:17.69 ID:F7XMNEWi0
c4 知恵を使う
765 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:37:01.73 ID:FwejVYXa0
ではINT判定

今回は失敗か成功かのどちらかです


01〜25 失敗

26〜00 成功


↓1 
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:37:28.05 ID:F7XMNEWi0
ほれ
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:38:25.62 ID:F7XMNEWi0
すまん
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:48:34.46 ID:F7XMNEWi0
コンマ運にすら見放されたらどうにもならんわ 
769 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:54:27.34 ID:FwejVYXa0
[京太郎のターン]


京太郎「はぁ……はぁ……!」

京太郎(ぐ……まずいな)

京太郎(さっき[波紋疾走]を喰らった脇腹の肉が溶け…気化し始めている…!)

京太郎(元々、普通の人間とて強い直射日光を浴びれば火傷で皮膚が水膨れになる……紫外線は皮膚ガンなどの病気の原因にもなり得る)

京太郎(だが、咲の「波紋」は…アナザーワンのそれと同等の力…!)

京太郎(「1巡前」に出会った宮守や阿知賀の波紋雀士の数百倍の波紋力だ…!)

京太郎(俺が「波紋法」を習得していれば……効果はなかったはずだが……)

京太郎(今の俺に強すぎる「波紋」は効く…!とてつもない苦痛を与えてくれるほどには…!)

京太郎(マズい…!)

京太郎(こんな逆境でこそ、知恵を振り絞って諦めずにチャンスを掴むしかないが……)

京太郎(この、痛みで朦朧としてきた意識では……な、なにも…考えられない…ッ!!)
770 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:56:07.29 ID:FwejVYXa0
[咲のターン]


咲は《花の流法》の第三の花弁[???]を発動します。

命中率(きちんと狙いが定まる確率)は90%です。


01〜90 狙いは定まった

91〜00 狙いが定まらなかった


コンマ↓1
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:57:16.37 ID:F7XMNEWi0
無理ゲーすぎる 頼む
772 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 06:58:08.35 ID:FwejVYXa0
狙いは定まってしまいました


回避しますか?受け流しますか?


安価↓1
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:58:41.99 ID:F7XMNEWi0
回避
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 06:59:36.99 ID:F7XMNEWi0
ここで最強のゾロ目とか いらないところで運を使ってしまった
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:00:07.66 ID:F7XMNEWi0
自分でも驚いてる
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:01:15.60 ID:F7XMNEWi0
3連続ぞろ目が出たから 何かないかな
777 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:01:48.76 ID:FwejVYXa0
では、DEX対抗判定です

計算式:50+(受動側DEX−能動側DEX)/2=回避成功率


花弁のDEXは90、京太郎のDEXは50です。


よって、50+(50−90)/2=30パーセント


01〜70 回避失敗

71〜00 回避成功


コンマ↓1
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:03:02.61 ID:F7XMNEWi0
頼む
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:05:12.06 ID:F7XMNEWi0
こんなの無理ですやん いらないところで3連続ぞろ目が出て肝心な所で失敗
780 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:08:19.30 ID:FwejVYXa0
>>776
確かにすごいですね。それに、深夜からこの時間まで付き合ってくださってるのもすごくありがたいことなので……ちょっとボーナスを!

まず、この戦闘で「強大な悪」の京太郎が負けるとどうなるかぼかしていましたが、アナザーワンが戦ってくれます

普段は1ターンしか出てこれないアナザーワンですが、

今回の戦闘では2ターン出てこられることにしようと思っていました(バランス的には、ある程度「悪」の京太郎がダメージを与えていれば勝てるくらい?)

ですが、ボーナスとして、4ターン出てこられることにしようと思います


>>647
あと遅レスですが、無視してたわけじゃなく、この一連のイベントが終わったら言おうと思ってたのでしばしお待ちを……
781 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:10:11.34 ID:FwejVYXa0
回避は失敗。


第3の花弁[???]は、10回のコンマ判定を行い、各コンマの下1桁の値の合計値の2倍分のダメージを与える効果です。

↓1〜↓10 コンマ判定(>>1も埋めます)
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:10:42.19 ID:F7XMNEWi0
ありがたい ありがとうございます
783 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:10:49.20 ID:FwejVYXa0
オラオラ
784 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:11:16.46 ID:FwejVYXa0
ちなみに今までもそうでしたが、下1桁0は10として扱います……
785 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:11:43.49 ID:FwejVYXa0
なんか高い数字しか出てないぞ
786 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:12:10.54 ID:FwejVYXa0
>>1がとるべきではない……?
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:13:13.52 ID:F7XMNEWi0
ほれ
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:13:56.02 ID:F7XMNEWi0
たのむ
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:14:34.09 ID:F7XMNEWi0
やばい
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:15:00.12 ID:F7XMNEWi0
これ
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:16:06.40 ID:F7XMNEWi0
何故かね わろた
792 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:18:01.89 ID:FwejVYXa0

(9+10+6+9+4+2+2+9+2+10)*2=126

よって、京太郎に126ダメージ……
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:20:39.14 ID:F7XMNEWi0
778から790で壊滅的な低い数字を出してしまった >>1の途中までの頑張りを無駄にした
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:21:37.14 ID:F7XMNEWi0
何だ 理解したわ 低い数値で良かったのかww
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:23:15.49 ID:F7XMNEWi0
勝手な脳内変換でこっちが与えるダメージだと勘違いしてたわ
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:25:08.41 ID:F7XMNEWi0
下一桁かww
797 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:26:45.05 ID:FwejVYXa0
[咲のターン]


京太郎「はぁ…!はぁ……!」 フラフラ…


咲「京ちゃん……」

咲(なんでその身体で……こんな絶対に敵わないって状況でも、諦めてくれないの…?)

咲(もう、こうなったら本当に……京ちゃんを倒すしか……ない!!)

    _,  _】__,  _,               /【_,, r・、_
   _ノ【  _】厂]【  /【__,         /,*'’`~7】  |【`7】_/し¶
  _/イ【  【[ [【  /,‘(【         〔【    {【__ノ,* 」】】厂`7】                   _,,
_ノ,・^`z┓【「  ]】 [【 」】         〕】     〉】)】 |【_】|  /【                   /ヘ】
|【   〈【 【!  |【  }】 {【             〕】     /【 |【  」】】|  〉【                     〈【 /】/】 _,:┓
)】   7】 】!  〉】 }】 }】           〕】    」【 |【_{【【〈,x*┛                     /】〈【_】!【 _】 }】
`;】   |【 】レ',*’ }】r',*            〕】    〕【 レ’⌒´】/‘                      /】  〉】! 】【 j【
ノ】   ]】 `寸’   )】'’            〕】   \`*、                       /】  /】L,】【,*゙┛
)’   ヽ【____  `】             〕】     ⌒ヽ`・*┓                   /】  〈【⌒′’
`;】     ̄ ̄ ̄¨・*┓           〕】 i┏=z_   ^7【                   /】 __  `*、・.
⌒】   ___    (【              〕】 |【( ̄`*、・. 〉】                     _/】 |【`*、  }】
 }【  ``】⌒・*._ ]】          〕】  }】|    ⌒`'┛                 _〕】 /】  `\{【
 〕】   (【_   ̄``*【               〕】 _,】|                           〕【,:*く’    `┛
 \、  て【                〕】 _,】「                      」【′
   )】  (【                  〕【ノ*^'                           }【
  くく’   〉】                   〕,*’
   ヽ】  /【                 〕
    }】 〕【
 /:::ヽV【:`ー-、      \ ! i:::|:::::::::::::::|::|:::::|:::::::::| |:::::::::::|:::::::|:::::::::f/ ,.イ
/:.:::::::::::`)】::::::::::::::`ー-、     \ー=、、:.:.:.::|:::!:.:.:!::.:.:.:| |::::::.:.::!:::::::|:__,ノ/ ::::|
......................|...........!..........i.`iー-、   ヽ...:` \::|!::|:::::|!::::::| |:|r==ラ´ /::...........|
.................... |..|....i....|..._|_!_!__::::\  ゙、.:.:.:::` ヽ、:::::|゙、::::! /':::/!/ /:.:.:.::::|:::::::::|
..........:::::::::::|::|:.:.:|:.:..i:.:.:.:|:.i ゙、:::::| 、ヽ   ゙、:.:.::::::| ヾv'ィニニ! L__ノ /:/:.:.:.:.:.:i:::::::|::|
-‐'"´ ̄|:::|::!:.:.:|:.:.:i、.:.:i_ゝィ≠=ミヽ、  ヾ==ェ' ,.ィ´ ̄ヽヽ ヾ、/:.:.:.:.:.:ノ::::::i:::|   _
     |::::|:ハ:.:.:i.:.:.!|\//..:::::::::::.丶  \、\_/ / /__;::ノ ム  -‐'⌒ー--、__,.-'∠
      |::.:.リ;,ヽ:.i:.:.:.:レ/ ┐::::::::;: }    ー-、( ュ、   /: } i . r‐'"´ ̄`ー--、  ̄
      !:.:.:.:.:.:.::\、:.:ヾ、 、ヽ、;;;ンノ   ...........、ヽ !.... V.ン ノ/ /:.:.:.:ノ::/::/ リ  `ー
.     |.:.:.:.:.:.,.个ヽi`iヾ .ゝ---'"......:::::::::::::::::::....、 ゝ-==-'ン ノ/:::::;イ::/::/
    |:.:.:.:.:/ |ハi、 |  /////       ,    `》/ー''"´ /::/ノ/!ノ     《花の流法》…第三の花弁、[百花繚乱]で……!!
    |、:/    ヽー!               《/     イ'"´/ソ
     V      ヽハ        -‐ ‐-  /l|     /::::/
                \            《/  ,..イ::/
                `iー-、         |》.イ:::/レ′
                 |ハ:| `ー-、   _,..-‐'"i|::|/
                       |    ` ̄    《
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:27:34.61 ID:TrLisk4eO
スタンド絡みの戦いはとにかく初手で
間違った行動を取らないことが大事だなあ
799 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:30:19.18 ID:FwejVYXa0
  |::\     _
  |::  \     |  :|   _
  》   /    j:\:j    |::  |_□    _,     |:: ̄|_[|
  |::  |  /| |:  |   |::  _:| [_]  _|::_|     |::  _:|□      |: ̄|_□
  |::  |/  | |:_|   |::_|      |:: ̄|_□  |::_|          .|:  _:| []    __
  |:..     |                   |::  _:|              |:_|         .|:: ̄ |   |:\
  |::  __゙|                   |::_|                            |::   |   |:/:|
  |::  |                                               |::   |__ '\:|
  |::  |                                               |::   __:|
  |::   \                                              |::   |
  |,___\                                              |::   |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                            |::__|
      / _,,./   、,,,、   _/    .; !     .|   !       _.、,i.
      l,i'゛      : ゙l一'[゛   ./ ;;.l,ノj   ,./   .i″    ., -'"〈フ゛
     .l′     , /  .,.l!;  /   ...;゙ゝ、,,./   /     / ,,,./
           / ″ ,,ミ‖ /   ./   ./    ./      レ'´
           | ...-'";;;;゙ビ;  ./  ,r..ヾ   .i'"      ′
           |i/ .,、  .ノ│,./  /    _ノ''.l,
           ゛ _!、`゙" ヽ;〔;../   ._.r'"  ., !;  .__
             ゙゙‐'-ー'.‖   ./ `  ./  .[ ̄'' |、゙''-..、
       .'マ---゙ ̄^゙ヘァ  .7  ./    / . ;;|;.,i,,_    . `'、
      _,,,..-′ ._..-‐'゛ .,i‐"   {.  ./  /   ...'!r" `゙'‐、.'i.li .!
       `''ー r'"    /   .,、'゙コ'-./   /    .. .;;|;..」  ゛│./′
                 ゛l゙ ,r, /     : ly'゙.  ./  .;;゙.l;::., / /
                  ll゙ .゙エ     ,〃、;;.../     ....../.シ'゛ l
                   、.i'、      : l、  .,i>'''゙!゙゙l  _.../
                 ゙!.l| \    /.,,ノ-イ″  iシ'″゙リ'v
                  `ヽ `''―-|〃 ._i′   ., "  ;:;レ′
               ,. ,,  . _  `';;ii /  ...l|l!;;  ./    l;; \ .'、  . 、
             ..‐'←'゙´フ!”  ., ''/゛ ,, ''|ミ.;;/;;;./   ,- .;;i!、  `''\ `''x、.
            ,i'゛   ./    ./   ./゛  /'゙l=┘   /  ;;;l/'~''-、  l   .!`i
        │.,,-''''''゛    /  /    .ltl|'ト  . /   ...,,l;;ゝ  l  !   /./
         `'k          ! 、 .l    .,i.ll″,./   /  lx〃   |゙ ,r"  〃
                    ! ゙'゙"'=..,,_ ii《..ノ゛ /   ;.l /    へ′
                  `'' ..,_   ., rリ;; /   . _,,;]r!ク_..‐
             、          `''-..,_乂,, -ー ̄ ̄´  .;;l; '_,,_
            l゙ゝ、      ,/"./    ___..--'''゙゙゙}.._.  `゙''-,
               `''-,.|    ,/ └┘_,, i、/゛  _. ...,iイ  . `';;  /    i、
                 ll゛  ,./   ,,.;;''亡〃゛  ,/゛ .;,l,゙|″  .,..!" /     /│
                i″ .,/ ‘゛ l`/;  /   ., -./   ,,‐'" ,/゛  ., ャ" .,/
        _,,xiliッ'     .l /    ' lゞ./   / .;;i゙'i: / / ´   . / ..,.. '"
  ._,,,,.. -‐''" ._/      `'.l、   ;:; !;;  ,./  .,.;;;|'"〃゛     .,/-''''″
‐´  ,.. -ー'''" ,ノ       .   ...'l゙,゙「―'/ / ;:;;l...:ヽ、 .i、  ゛
. _/´   ._,, ‐7       ,il!,, -'''"´ , / /  .,.;ト、 .`'-、.lヽ
"   ,i!''゙_..-'"       : ,l〃.,..-'".! Z丶./  . /  .;.l广'''''''―-..,゙-、    ti、
   : テ'"    ., ! ..y;;二'";;;゙レク   ;;|;;..'゛  ,/   / .l.,.   .、 `''.二-  .'タ' 、
.、 .,,/     .!、.lィ'"    ;;;`-`-ーへ  ./  ./   ;ヽ.;..  ,|,!   `- \  ;:..l'‐
(,,xコリ    i-./                            ;;゙''''-..;,゙ih、 、    ri,,,|、
  ;;;l゛  .ィ'l,゙〃                               ゝ ミ|ィ二)- ..,,二.
  .;;|iil! .,l!'"    ,i-、  _,                             、     .,,、
.,r‐'" ..l,゙..-〜'゙゙‐'  `゙ ̄ !ー -ー!へr'‐'^'''゙.l'".!へr'ー‘'ー -ー'- /ー―-〜'゙゙‐' -ー''゙  '-




京太郎「え……?!」 フラッ


意識が朦朧とし、視界が薔薇に覆われている京太郎にも轟音で分かったッ!!

湖に舞い落ち、湖水を沸騰させていた花弁が……突如として渦を巻いて再び宙を舞っているとッ!!!!
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:30:21.55 ID:F7XMNEWi0
いろいろ混乱してたわ これ死んだか?
801 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:36:27.28 ID:FwejVYXa0

京太郎「こ、これは……」 フラフラ…

アナザー京『咲のヤツ…!!まだこんな奥の手を隠し持っていたのかッ!!!』


咲「……それだけじゃあないよ」

京太郎「ッ?!」

京太郎「な…なんだとッ!!!」


  .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]   .__ l]l]
 │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___  │|___
  |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘   |┌┘
 └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'    └'
  ,r―z._: .:                    / /      `'''ー ..,、     .`,::.:.:.::.,,: ,r=、_: :
 rへFヲノ }                   / ./       ____`--..,,.   r'⌒^ヾ<ラト}  .::;::.::;: : : : : : : : :
::.:,≧`Zーイ                 _..ィ  ./ ,i彡―''''''二二 ---―¬ ̄ .`''r'ヽYこ'y¬f='r'"二y<ヲ  ,:;::;:;:
:{_,rく `K^;;:..,-x==、:     ._..-'"  .`" / ,i'――"´                `ーz^Yゾ'~  {-<rッ)__}>‐{: r‐'7ノ^
〔__r彡'フ^ヽ V_r'7ス _..-'"゛ ._..i-‐―/ ./                      ̄' '゛   ヾノTヘノ  _/二'Y:: j
:.::`て{ r'ッ^}.ゝ‐ヘノ _.. -'''"  .!  ./ ./        __ .,-u--、 __/!       ,. -‐-:.::.:.:..:...     {`〈frぅ}‐},. - 、
:;:.:;:::`<_ラ¨゛ : .:~  ゛     i! / /.!        / |`ー r'^! 」_i _   x==、: : : ::.:;::. ::. :...     `Z二_/:;::;::;::;〉
.  rへFヲノ }            !レ,r―z._: .:      / _¨` /::;::;Y::;`´::`ヽ、/   /  |      l  . l   .`''″
..l ::.:,≧`Zーイ             rへFヲノ } ''て   ! .´ ,. -'-_‐-- 、_::;::;::;::`ヽ   /    !         !  .l
 !:{_,rく `K^;;:..         ::.:,≧`Zーイ   │  |./:;:;::/::;::r-_‐-、:`ヽ::;::;::;::ヽ/    i        !  .l\.
  〔__r彡'フ^ヽ         :{_,rく `K^;;:..   l   /::;::;::;::!::;:/i:/rミ、:;:i、::;:〉::;::;::;::;:i:`ー、ノ           |.,-x==、: 、
  :.::`て{ r'ッ^}.        /〔__r彡'フ^ヽ   l、_」::;::;::;::;::!:::{i;!i、ン:;ノi;;!:;!::;::;::;::;:/::;::;::;|           ^ V_r'7ス "ヽ
  :;:.:;:::`<_ラ¨゛        ` :.::`て{ r'ッ^}.  /,r'´ (::;::;::;:!::;:i::;::ト-=-‐イノ:i、::;::;ノ::;::;::;::;!        _.. ‐'_ルゝ‐ヘノ  ..l
 ,-x==、:          :;:.:;:::`<_ラ¨゛ 〈    !::;::;::l::;::ヽ:;:Yt、:;_/::;/,. ='、::;::;::;::;〈 ヽーく -''',゙ / '´ー'^^~     .l,
^ V_r'7ス           l   ヽ    ヽ、.__ヽ::;::;::!::;::;:ヽ、!ィ'_ノ,r'´::;::;::;::;〉::;::;:_ノヽ ヽ.:.:゙!.、  ,  ,!    l
_ルゝ‐ヘノ            ヽ.  \       `!::;::ヽ、:;__ノ-イ::;::;::;::;::;::;ノ::;::;::;}  \\\`゙''". l  .l゙    l
ー'^^~  ヽ           `'、、 \       `ー‐ァ、__ノ `ヽ.,_,. -':;r-、,.ノ `ー、 `ー 、ヽ   .ゝ l     l
   ヽ   \           \  . \  ,r―z._: .:      ,..-'"_..-'"          l  . _,,.〉/     │
  ,::.:.:.::.,,: ,r=、_: : ::: : ::.:.:.:.:: : : : : : : : : : :、  rへFヲノ }  ._..-'"゙., /                l/  ,-x==、:   ,ィ tー
  r'⌒^ヾ<ラト}  .::;::.::;: : : : : : : : :    \::.:,≧`Zーイ  "゛.,..-'´                     ^ V_r'7ス !  l
 r'ヽYこ'y¬f='r'"二y<ヲ  ,:;::;:;:       :{_,rく `K^;;:..'-..,゙                     ,..-'´_ルゝ‐ヘノ  ! /
 `ーz^Yゾ'~  {-<rッ)__}>‐{: r‐'7ノ^    〔__r彡'フ^ヽ   `''- ,,,               _..-'´  ー'^^~  ゙.ゝ.l
   . ̄' '゛   ヾノTヘノ  _/二'Y:: j    :.::`て{ r'ッ^}.     `''ー 、、    ._..-'"            ,i'l′  .!_,
    .l_、 :.::.:.:..:...     {`〈frぅ}‐},. - 、  :;:.:;:::`<_ラ¨゛     ,:;::;:;:     '″          /       ヽ
 x==、: : : ::.:;::. ::. :...     `Z二_/:;::;::;::;〉         `''ー、{: r‐'7ノ^    :,..,... ;;___r‐、_;; :_::::::/
               `-、  `' _ ‐゛               _.._/二'Y:: j      r'::;::; ヽヲ'-{::::::、
              |  .`'、、  . \         .,,, -''″ `〈frぅ}‐},. - 、   <::;::;::;:Z^ーY_ノ
                                    `Z二_/:;::;::;::;〉 ::;::.   r'‐lrュ}‐く::;


京太郎の全身を薔薇の花が覆いつくし…!トゲを身体に食い込ませながら、茎が全身を縛り付けていたッ!!

今度は幻覚などではないッ!!!



京太郎「う…動けんッ!!」 グググ…

京太郎「きょ…[鏡花水月]は……俺の見せられている幻覚ではなかったのかッ!!??」 グググググ…
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:39:07.84 ID:F7XMNEWi0
次のターンがあるならボーナスでアナザーが4ターン出れるから 魂縛りの器しかないけど
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:39:55.18 ID:Du0dD6S5O
ここまでの流れで何とかなるビジョンが思い浮かばない
804 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:41:16.81 ID:FwejVYXa0
   __           __   _       __
  /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
  〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
   ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
   V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
    V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
     .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
     .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
     ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
        .V     U                             〈:::/ \/
:;,.:;,.:;,:;:;,:.;:,.:;,...:...;:;.....:;::;;...               ....:;.:,:;,:.:.:,,,:;:;,,,,.,:;::,.,:;;:.,.:;::,;.:;,:.;:,;,.;
:;.:;,.::.,::,:;:,;,:.,;.;;.,:.;,:,::.;..:;..      ,,.:.:.::. ̄:.:.:.. .、   :;:;:;:;:;;  rァ  ,,.,:;:;:;:;:;;:;:;:;::;,.:;
:;,;.:;,:.;,:,:..;,.:.:,;.:,,;.;.:,;..:  ー-=‐''" ......::..:.:.:..:.:.:..::.:...丶            ,.:;.,:.,:,.;.,:.;,:,;.:;
:,;.;.,:.;;.;..,;.:.;,:;..;:,:,:;..    `¨ラ..:. .:. .:.: .:.:.:.: : : :..::.:.:::ヾ 、         :;,:.;,:;.;,.;,::;,.:;
:;:,:.;.:;,:.;,:;:;.;,;.:,;.:.:;,..       /.:::/::.. :i]:..:::.:::::i: .::...:.:::.::.:..:'  ヽ  . -イ    ,:.;,:.;::,;.:;
:;.,:;.;;.,;:.;,:;,::,:.:;..:..:;,:;..   ./..::/..:.:::..|A .:::::: |:::ハ::::::::::::l:l  } /   .l      :;,;:;,.:
:;,.;,...:;,:.;,:;.:,,.;..;:,;.:;;:;,.:;  厶イ::/:::::::'.ニ\::::|/○}イ:::ィ:N   .l    ノ      ,.;:,;.,.
:,;.:;.;.;;.:,;.:;,::,:::.;,:..;:,;.,:.;    |Λ:〔ト、'.ニニヽ|-ニニノイノ .ノ    }. 斗'        ::;:;,.
:;,.:,;:,:.:.;.:.;:;,:;.:,;:;.:,:,:.;:  ノ)   `}:入       /ン     ´           ;:,.;:;
:.;,:.;:,:.,::.:,:.;,:;.:,;:;.:;:    `    }Λ{:.>r--- ´l<_                   ,:,;.:;   これが…第三の花弁、[百花繚乱]…!!!
:,;:.;..;,:;.:,;:::.;,:;.:;:   ___   r−-y''"´ |   ノ    ̄二二ヽ  .  -‐'フ    .,:.;:,
:,;.:;.:,::.:,;.::,;...:;  ./    )  .|     ‘. ̄´ /   .ィ⌒ 、 ヽ'く   /    '',,::
:,;:.;.;,:;.:;,:;,:;:,;:..   l 厂 ̄   Λ     ‘. ./  .イl7    、  ` ァ        ;:.,:;.
:,;:;.:;,:;...:.:.:...:,;:,.. ヾ     イ  \    ‘ / .ィl|:|ル      \/     ,.....,:,:;.:,
:;,:.;;.......;,:;,:;.:;,,,.;:,:.,,...  く\  .|弋≧=彡□≦=-彡 、    /ム      ,..,:.;,:.;,:,;.:;
:,;.:.;;.;,:::;,:,:.;.;;.,:;:,:,:,:;..;.;,:;. \\ :|   ̄ /liノ心     〕ト、//ヽl  ,.,,:;,.:;,:;.,:;.:,:.,.:,;:



咲「舞い散った花も…幻に過ぎなかった花も…全てが返り咲き……!!」

咲「幾千の花が燃えるように咲き乱れる…!!!」


京太郎「ぐっ……!!」 ググググ…
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 07:44:10.24 ID:TrLisk4eO
今回の戦闘は元々作者も負けを折り込み済みで作ってるし
実際ここからの選択肢が大事になってくるだろうな

ただ今後を見据えるなら少し前の咏からのアドバイスや
今回のここまでの戦闘は見直した方が良いよなあ
806 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:45:28.88 ID:FwejVYXa0
                |`\
        ____ |  /_   __ ∧ /|   __ rヘn
        |_,. -┐| |// /  |__ 「 |_/ |/   |_ 「 |__||」  _ 「「|  __ [[|
            ||  |/   __||        ___| |     ,.コ|. ̄  ,コ|
         __||      |_,. -┘     └一 '´        ̄      ̄
     | ̄ ̄ _,」
      ̄ ̄ ̄          -=ニ二ニ          ニ二二二二二二二
                 二二二二  二二        二二ニ  ニ二二二
                     ニ二二二   ニ二  ニ二二ニ           ニ二二
                 ̄    ____       ̄ニ二二ニ  ニニ       二二
             ニ二ニ   ニ二二二二二ニ     二二ニ ニニ      二二
              ニ二         ┐  ̄ニ二二二二ニ=  ニ二 二ニ     二二
                    /::::/       ̄ニ二二二ニ  ニ   ニ    ニ二二
               /  /::::::::/...-―≠ニア{    ̄ニ二ニ  ニ二ニ     ニ二
                   /{ /::::::::::::::::::::::::::::::::-=<.. 二ニ  二ニ ニニニ ニ   ニ二
             二{::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::-=く:::::\二ニ ニ二  二二二二  二ニニ
               二二〉::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\⌒    ニ   ニ二二ニ  二ニニ=
               二/:/:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::\二ニ ニ   二二ニ   ニニ=
               /:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.⌒丶ニ __二二二二ニ   ニ=
           ⌒i::|:::|:::::|::|:::::::::|:::|::::::::|::::::::: |::::::|乂__ /: :.:|二二ニニ   =
ニ             ニ二|::|:::|:::l:|::|::::l:l::|:::|::::::l:|::::l:::: |:l::l:| ̄/: : : : |二二ニニ     ニ
二.            二|::|:::|:::l:|::l::::l:l::|:::l\从:::l:::: |:l::l:l/: : : : : :/二二ニ  二二二
ニニ            二|从:|::从八从乂{´廴}乂::::从: : : : : :./二二二二二ニ 二ニ=-
 ニニ.          二二)イ::圦     ,     ∧/----: : :__:_/二二二二二ニ  二二ニ=                  
   二ニ= =ニ二 ニ=  二}//> . - . イ:::::: : : : :/´ ̄∨ ̄ ̄\二ニニ    二二ニニ    これで……全部、終わり…!!
=ニ二二ニ  二二二 ___∠{: : : : : :| ̄ _」::: : : : :./    l|     | |__     二二二ニ
  ニニニ   ニニニ //   ∧: : : : :.ー―.:: : : :/} ___ }   リ リ    =ニ二二二ニニ
   二ニ=  =ニニニ ノノ   \{ {\: : : :.  .: : :/ニ/ l/ ̄\__彡'--  、  \ニニニ=
=ニ二二ニ 二二 { {      ̄ハニ、:_:_,:.//ニニ/   |ニニニニニニニニニニニ二\   \ニニニ
二ニ  ニ二 二=/\   ___/二|`ー ‐┼┼≦___} -=ニ三三三三ニ=-  \   \二
ニニ   二二ニ/   / ̄ ̄ 二八   ,{三三三三三三三≫  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   \
ニニ  二  ´   /二ニ  =ニ二二}    \三ニ=- ̄{ ̄ ̄    =ニ二二ニ==   \
ニニ:/   /  二ニ ニニニニ|     \三三三ニ=- __    -=ニ二二二ニ
二/    /二ニ= =二 二二ニ _|     /≧=====┬=ニ三三三ニ=- ニニニニニニニ
. /   =ニニ二二  二二二ニニ/ {廴___/´  / ̄ ‘,     ___ .... . -――-
/ /ニニニ二二二二____. .: ::|  \     ___/  --- ‘,  /: : : : : : : :./::}:_:_:_/::
,/ニニニ:/ ̄ ̄/: : : : : /: : :人    ̄ ̄   /: :|: :\: : ̄: : : : : : : : : :/::/: : /::::::



咲「「1巡前」に積み重ねた京ちゃんとの関係も……全て「なかったこと」にする…!!」
807 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:47:18.95 ID:FwejVYXa0

咲「ばいばい、京ちゃん……!!」


咲はそう言い放ち……角から燃え上がる花弁を撒き散らしたッ!!!




   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、    _   r'^>/^ゝ     r-、 ,、
  |  `l / // /       / / く ヽ   |  `l / // /     / / く ヽ
  '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''   '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''
   '!  ,、__7  i  ``゛''ー、       '!  ,、__7  i  ``゛''ー、
   1  |       |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
    i_」         'L_」            i_」      'L_」
                                   r-、 ,、   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、
                                    / / / ヽ  |  `l / // /       / / く ヽ
                              「`L_ 'ー-' く_/    '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー'
                               i  ``゛''ー、     .'!  ,、__7  i  ``゛''ー、
                               |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
                               'L_」           i_」         'L_」
              ヽ,     !           _ il"./    .../     . /      _/゙
                ヽ.    !            ,/ノン゛    ./      /     ._..-'゛
                    ヽ  . !           /..,rン"  ,.,r'i '"       ./   .,..-'´
                  l ./       . / . ,iゞ   ./  l,          li、,..-'´
                     ゙″     /       ./     |       “゛                   _,,,...
                          ,/       /    .テ                     --`- ..,,.
、,                       /       ../ |   ,..‐゙
 .\                 /        / .| ./
 __ヽ              /        . /    .!'"
`゙゙~'' ゛               /、        /                     _.. ----------i.
                  ノンl″       ./                /゛           /
                 ,rン'./         /                /            /            、
               ,;;ソ゛./         /               ,i"    _,,,.. -ー'"            _,, ‐''"゛
ー-,,、           ,〃 ./         ./                  ,i,゙,, ー'''"゛                   ゙゙̄''''-..、
   `''-、,    .〃  ./            /               ´                       ,..- ゛
      `''';;i. ゛  /          /                                    _..-'"゛
    ,..-'"     ,i′        │                                ,.. ‐'"
.._.. ‐'″      / ,          !                             _.. ‐'"
             / /             !                             _.. -'"゛          : .iir‐‐
         / 〃          l                        _.. -'''″                  ゝ
            l゙/il      ._,,.. -――--.... i.               _,, ー''"
         !/ !   ,..-'"゛        / ,,_   .__,,,.. -‐''"゛
        l/│  lニ 、y      _,,, /     ̄ ̄゛                 'マニ ̄ ̄―- ..,,_.     .,.
        .リ !   .'“゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄                              : \      `゙'''ー ..,゙゛
        / l !                                          `'、,            `'
     ._..┐l゙ .|.|                                              _...ヽ
  ._..-'"  .| !  .||l                                        =`-ー'".ヽ
.'"゛    !    ゙ !                                           _,, -'''″ .ヽ
     ./     l                                      _,, ー''"       . \
808 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:50:57.74 ID:FwejVYXa0
そしてその花弁は……湖上に舞い上がった燃える花の竜巻に引火し…!!!

爆発的に巨大な火柱を創り上げたッ!!!!

                      _
                  ト、   ^)ノrァ
               |し'!、_ノ |_ノし! リ    rイ
               し-‐1 r―‐'´   :ト、ィ__j しヘ
                ,イ | |! |!     :| ィ――''イ | ト、__,ィ        ト、
                )ノ_j l| :八,ィ   し'   / /  し‐ ニ!:/  イ ,ィイ  ム l
                ̄ ) _ノ:(__ノ     _./ /    // レ'   し' (ノrイ  ) |
                /'´         /'´ ̄    /´      _,.ノ /  ^)/
                                        /´ ̄   _,
                                            ⌒)ノ
                )  廴     〉                              j}        j} イ
            `ヽ、 }i   _}                            i{  /{i   / Y´
                  \ }i  ト、                            i{ ノ /  / ,イ´
              ノ〉     _ ノ´                                し' /  j{ /
              ) 廴ノ{    `!                                  j{   j{ (
              {   しi  {廴i{                                 /   j{/´
              `Y    {  `ヽ、                             7
               ト、Y¨リ   ノ                               j{
              }i | ) }! /{  )                            /⌒ ,イ
           }!{ ヽ、{ }/  弋                              て _ノ /
           リ  )   }i  )_                               廴/ j{ /{
                 }ヽ、_}i                            て/ {i
                 ,ィイ  丿  ¨                            /j{  /
                (   |  `¨ヽ、            /{                   >´ / /           _≧s,ィて
                 ) ノ    ノ         }/ }i    し'         {_ /⌒      j{廴   ⌒г。
              jし'リ´   jし ヽ、          |!    イ′    ,イ     てノ}сm{_  ,ィ´ ノ     ヽ、_)
し    il   jしイし'   廴jし' (_,ィ劣    ,才し'jしィ  }      そ    ) 廴  _ノ′   (  }才´_j{廴_     )
(   ノレ'し'         }し'レ,' ノレし廴_ノレ'   __,j{   }i     しィノ廴,ィ劣 てノ´____≧sィ劣____≧s。,イ
i≧sィ劣___j{___j{  し'    __,,,才¨´ノ ,才,ィ{        /      そ     入_    ,ィて_   ̄ ̄ ̄ ̄
         )ミx  ,イ    __,,,才´   ノし' そ´j}  )     レ'!      廴_   j} (_  _ノ  /⌒
         _,才'  し'  __,,,才´    j廴_) ,才¨´ N し′     /しй-ュ    て_ノ 厶   ̄⌒
       _)   _Y¨´      ノ ,才´     入        /    ¨“''气      `そ_从_
    ノ,才a¨¨⌒`         ,ィ'才    }!  ノ          しィ        ⌒“''气        て_.,ィ
し,,ィ'¨                jし'レ´         }!Ю)       j{_   イ             ´⌒“''气    て_,才廴
⌒              ,才´     ノしィ  ) 守     ,イ (  彡'                    ⌒“''≧s。   て
                   ¨´      )   (  `Y     ノ て マ                    ⌒¬r-z_
                      `}i 廴  j}    j{ /   し,
                    _廴ノ  て_ノ    j{ (    j{
                         `ヽ、          _   /
                      人__)                  jし,
809 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:54:13.10 ID:FwejVYXa0
そして…!!

薔薇の茎に身体を縛り付けられ、身動きの取れない京太郎は……!!!!



                         / ̄ ̄¨¨ ニ=ミ__r=ミ-- 、
                         ___/==一  ー=ミ  \ < ⌒\ 
                   厂 ̄ -―====ミ \ {  ヽ ̄ ̄ヽ- 、
                  // >―‐===ミ \ ヽ}   } }} /
                     / ー=彡  _____  \ \ } ノ /ハ¨¨>
                 /-‐=ニ二. ___ \  ヽ ∨ //' }-<
                    / 厂 ¨二ニ=‐====ミ\ }  }} } //⌒ ー‐=、___
                ∨ >‐一  / ̄ ̄ミ /⌒ー=ミ /⌒ ー―=ミ   /
                〈〈ー=ニ二 .. _/⌒)八 </´   ∧ /八  \_,/
                   }乂________彡' /  } {从  } | / :::/イリ\ \
           -‐==〈ニ二¨¨⌒ ー==彡' _ノ / ∧ リ :l/J:: {_∧}  ̄´
        ´     -‐=〕 ー=ミ ー=ニ .. ____/  :::.∨ U ::.. ノ}  リ
     /    ,/    ,八{{ Y⌒\ー=ミ}厂}  U u ⌒ヽ  ,:://{⌒〉
    /    ,/    /  乂| {\ V=彡  〉-‐=ミ、_   :. }|_,ノ},}: : |
. /    ,/       l    八八(〈_ \}   /'⌒二≧=ミ辷} |f)ノ{: :|     う……うおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッ!!!!!!!!
-‐==ミ,/        |   |:ニ\\_      厂{rf)ノ...:::  〈'゙ |: : |
      \        |   |ニニ{\_,) \  .:`¨¨´‐'.:::..   ..::. 八: }         ヘ、
                |   lニニ八   ゚,   \    u  u 、__/ ,′}/        /   /  /\
.        }       |   |ニニニニ\__∧   :. lj U __ ..ィ ′:/       ノ: .  / /ヘ  冫
‐-        \、 : : . . |   人ニニニニ/《_込   :}    /`二フノ{丶>      /  ¨7´ {{__//
      く: : : : :..\ : : }     \ニニ/{i:i:i:i:i:i}|> .    ー=彡'八/   __/    :厂  ̄「  , -―=ミ
      \: : : : ::::.   {__    }\} }《__》{ |   >   __ノ: ..:}  /广¨}:.     ..::/  i  .::{ ̄{[ ̄]  }
        : : : ::::}}  : : /:...  {ニニニ|i:i:i:i:| |:....∠,   /. ........:::::://. :/ ..::{::      }   | ..:::}ニ`二二¨´
        }: :.::/.:    /:::....   {ニニニ|《__》| |:::::.../   /. :....:::::::::/ノ : /...::::::::}    . :   / |..:::::::} {[ ̄]  }
         /. :     \::::.....::{ニニニ|i:i:i:i:| l:::: /::...../. : ...::://{  :/    {  . :/ / {  ...:厂〔匚} ̄〉




全てを焼き尽くす花弁の火柱に包まれ……燃え尽きてしまうッ!!!!!



●京太郎に126ダメージ!!!

●京太郎のHPは0になりました……。
810 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 07:59:25.04 ID:FwejVYXa0
          ,.イ
         (_二二  ̄7,イ人           ,ィ ト、
               //(_ノし' ,ィ ト、      ( :し' しイ
      ,.イ    //      ( :し' しイ      ̄7 | ̄   :ト、j7__,ィ
       | 'ー―'´ /          ̄7 | ̄    /,イ :!     >ィr―'   l7l7rァ
      ∠,. -―― '          /,イ |     </ノノ   <_ノ:|」     /'´
                       ∠/ノノ

 (,,_         ,/ i{     ゞ、 __   丿(      ⌒ヽヾ   y´
  ,,"⌒      # (   ゙、   ト、    ⌒Y    `てノ、    #   /  ,,ノ
 {(    ;      ;   ,,)  :.乂_ _ノ ヾ,           ).          (
  ゙て 、    i!  ⌒ヽ       ,,("      乂 (     )ゞ、-  {("
 ,      ィ (     `)}      )           `゙゙ -イ  弋  ノ
    )!  (   ゝ    ノ        }!     ゞト..,, ノ       (   ,
  /‖  )  (    /"         /     ノ       }!   乂
 ノ.  { `Y   乂  ::;         、     "        ‖ ト、  {( 、
    、  i{      #         ,,           . ノ    ,)}  ヽ,,__)、
;:                   "   }        〃゛           \
ヾ    ヘ´"                (    )            `(
  ヾ    、     ::;          (⌒   (  、           ヽ
ゞ、  )     )、          ゙         }!             }
  Y     y `ヾ   ;:;'            ‖            人
                ;:;'      ,,:;'   {("    ,..yー    "
ト、                    ...;:;''     \ ,r'" /   ,, ''
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



咲「……京ちゃん」


燃え上がる炎を見つめ、咲はひとり呟いた……。
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:03:26.09 ID:F7XMNEWi0
もし可能ならボーナスを引き継いでくれないかな 4ターン出てくる奴 次の戦闘がどんな感じになるかはわからないから何とも言えないけど 
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:03:42.05 ID:QwkLnKmVO
()
813 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:04:00.47 ID:FwejVYXa0

咲(火力は調整してあるし……[鏡花水月]で頭とかの大事な部位が燃えないようにはしてあるから……絶対に死にはしないけど)

咲(全身の大火傷で、しばらくはまともに動けなくなるはず……)



                                   ___
                               ,. : : ´: : : : : :`: .、
                        /: : : : : : : : : _: : : :`ヽ、
                        /: : : : : : : : , : ´: : : : : : : :ヽ
                          /:,: : : : : : : /: : ,ィ: :,: : : : : : : .
                      /イ: : : ,⌒/: : /:/、/: :,: : : : : : :.
                       {: : :_{ '/イ: //:イ /:/: : :,: : : : :}
                ィ====ミ、_/:/:/ / {:/   {{ {イ/: :/: ,: : : :,
                //´  `ヽ∨  :  /  :.: ヾ /:イ: :/: : : ,′
               / ,: /    Yム             _ /イ: , : : :/
              / / /       Y::| ,..、   、  ' ヾイ: /|: : /
          〈__,∧ Y       |:.|∨、\__`__...ィ´: :/ ,:/
             / ∨ l|     \_」:.|`}::::ヽ     /: イ  /
              /  /   .     〈:.:.|/::::::::::}    ´      ここまでやれば…私のこと、嫌いになって…もう会いに来ないでくれるよね……
          ,  /   |      }-'-r</,|
          /  /   :.       |-、/ ノ/ |
         ,:  /     }       {:.:.}/   |
         /  ,       |       |:.:.| /   |
        , __/     ,      Y'   |
        / -r=\     {        、   |
         ,   /        |       {
      /-- { ̄ ̄\   ,        |    、
        {/ ̄ ̄ ̄\\  ,        |     |
       /::::::/::::::::::::::::::`<>、       |     |
     ,::::::::::,:::::|:::::::::::::::,:::::::::<}      |     |




               「 i! 「 |
             ,. r ヘ .i!.| i!
             f  i!ヘ__i!.レ      
             .[ ヘ_,.. r=
             .[  __,,.. }         ,r≦ ヘ/ヽ
              .[  ヘ          ヽ     /
              .[             >  /
               .[  リ          /  / ト
               ヽ /         ` '  ._,! `7
                               7 ヘ



       _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_        やれやれだぜ…!
 ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>   誰が、誰のことを嫌いになるって?
/////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
/////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
/////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////




咲「!!!!」
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:05:53.43 ID:QwkLnKmVO
深夜から明け方にかけて安価コンマ全部自分で取るなんてマナーの悪い奴がいるもんだな
すこやんとの対話の時の奴と同じか?
815 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:08:46.40 ID:FwejVYXa0
 (,,_         ,/ i{     ゞ、 __   丿(      ⌒ヽヾ   y´
  ,,"⌒      # (   ゙、   ト、    ⌒Y    `てノ、    #   /  ,,ノ
 {(    ;      ;   ,,)  :.乂_ _ノ ヾ,           ).          (
  ゙て 、    i!  ⌒ヽ       ,,("      乂 (     )ゞ、-  {("
 ,      ィ (     `)}      )           `゙゙ -イ  弋  ノ
    )!  (   ゝ    ノ        }!     ゞト..,, ノ       (   ,
  /‖  )  (    /"         /     ノ       }!   乂
 ノ.  { `Y   乂  ::;         、     "        ‖ ト、  {( 、
    、  i{      #         ,,           . ノ    ,)}  ヽ,,__)、
;:                   "   }        〃゛           \
ヾ    ヘ´"              __  (    )            `(       .
  ヾ    、     ::;          i  j (⌒   (  、           ヽ
ゞ、  )     )、         ィ≦.v.ニュ,     }!             }
  Y     y `ヾ   ;:;    {三三三}::,   ‖            人
                ;:;   キキニニ{=i::,,   {("    ,..yー    "       こんな焚火がなんだってんだ……?
ト、                      7ニニ} `"    \ ,r'" /   ,, ''
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ {=7ニ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      マiニ}
                      rュ
                   三三三三
                  三三三三三三三
                 三三三三三三三三三
               三三三三三三三三三三三




三ミ三三三三リ┼┼l l      / ,.  ---  -= _    Y三ヲ/ ̄ \   〈ニ三
  r'三三三三{  .ノ┌‐┐   ./≠::::::::::::::::::::::::::::::::::ミx、 ノ'´  |     .|    Y三
  乂三三三ニ]     ノ ツ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' 、__   |  う  |   ノ'"´
    ̄⌒^フ圦      ,,'" ̄::::::::::::::::::::、:::::::::::::ヽ:::::::::::::< ∠.  : | ,/
ミx、     `三≧=-、_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::∨:::::::::::::ヽ |.  :  .|
三L、         /::::::::::::::::::::::::::斗┼ヘ∧::::::::::::i::::::::::::::::: L.|     .|
三ヘ三彡⌒ー   ∠._/:::::::::::::::i:::::::::∧| ,x'"芯ミ、::::::::|:::::::::≧=- \  /  -=≦彡
               .':::::::::::::-┼''"/    { _r} }}::::::::::::::::::::::/ ̄   \
    ,        {:::{:::::∨〃芯      ‘¨” '"}:::/^!::::::::::|  :  .う |
≧=-'´         Vヘ:::::::'.::...ヒ:ノ        ノイ ,|:::::: /|  :  そ |
                ヽ:::ヘ:::::「 `       U _ノ:|::::::/ |  :   : |
                ` ヘ/   く_ 〕   .|ハ::∧/ .l !!  : |
                  `  .,_    /  | .}'  .  \___./
                       丁    L...、 i
                         i .i|;iノ」    ´__ `ー|l!、 i|
                     rl | 川'  ./ / r 'rー‐-、`i|:l!  ヽ | ll
                  /|  / ̄/  / └' ノ⌒`´  |x、  /
                 ./∧ / ./  ノ    二二ユ   ヽ、  ソ''
                ノ {:l:l}/--/ ア     二二,フ   {ハ   ッ
                ,廴__>'"  〈{ 乂_   ノ ̄ ̄    l  }
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:09:24.67 ID:F7XMNEWi0
>>814 いきなり出て来て何を言ってるんだ?そもそも俺以外の人がいなかったから連続で取ってただけだし もう一人いたけど偉そうに提示だけして結局寝てしまったからね
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:10:21.62 ID:TrLisk4eO
>>814
それはちょっと違う
ここはちょいちょい戦闘シーンで
進行を優先するために作者含めて
連取りokでやらせるケースがある

まあ月曜朝方に張り付くような存在だし
作者が認容している以上第三者が責める必要は無いよ
障害者枠の奴に指示や見張りつけず仕事させて
滅茶苦茶になってもそれは会社や雇った側の責任だ
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:12:26.67 ID:YGEirHveO
参加する人も他にいなかったから仕方ないんじゃないか?
あまりとやかく言って荒れるのは勘弁
819 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:13:01.65 ID:FwejVYXa0
                ,,、 -''/
             イ  /,r ''了 / 了
               /  /,/  // ,/
           /   /:/  // _/
              イ  / / __/: l/
             |.  / //__,
.           |  レ '''"  /
.            |    ,、-ーー'
          |  r'
           |  |
            |  |                    ___,-、 _, ---- 、
            /  |.                 ,   ´     /  `  < ⌒\
         |  /.                /        |    :.   `ヽ、
         |/.                 /     / /   l|    V     `   、
                             .'     / , { { | |     | 、   、_ \_
          /:::::ヘ                |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´
.         |:::::::::ヘ                 | | {メ、_{ 从  | , |-‐'´ |  、 \`
.         |:::::::::::ヘ.            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、        
            |:::::::::::::ヘ.          /イ{ { r 从 { Vソ ;;;;;;;∨';;Vソ/イ |∧}         おれも相棒もッ!!
          |::::::::::::::ヘ            ∨乂レハソ::´:::::::::::::::::::::::::::`:::|/ j' リ
          ヤ::::::::::::::ヘ.           }∧ ー:.         `:::::::::ムl/            こんな花びらが燃えたくらいでやられるほど! 
、            ヽ::::::::::::::::\.         /  、 八.     ,-‐‐┐ .人   
::::\         \::::::::::::::::\.          }イ/|\.   '、二ニ' /               ヤワじゃあねーぜッ!
:::::::::\         \::::::::::::::::\         「<l|  `  .__/_
:::::::::::::::\         \::::::::::::::::``丶.,、_    |////>、     | 「/|
ヽ::::::::::::::::::`:゙''-、,_   _,,..-‐'::、::::::::::::::::::ヽ、ヽ-┴≦、[二]/l}    |、}l∧_                   /゙ '' 、
 ヽ、,_::::::::::::::::::::::`゙''ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'、\/////////\   |/////≧=-              /_  / ,、-'"/
    ゙''ー-、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\////////|___j\//////////≧=、            `',,、- ''" ,,,/
       `゙''ー-、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""ヽ ///∧ /.イ////////////|//|            /    /
       ,.、'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙''ー┴-、//////////////|//|          /  __/
__,,.. .-‐ "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ//////////////|//|        ∠  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐''"".////.l///////////////|//|         | /
:::::::::::::::_,..、-''ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..、-"././/////////l///////////////|//}         | /
_,,..-‐''    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,---、,_ノ/////////////////l///////////////|//|         |/






               __,. : : : ¨¨¨¨: : : . 、
             ,. :´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /: ,: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :\
            .': : :/: : :,: : /: :/: /: : : : : :.|: : 、: : :ヽ
          /: : :/: : :/: : ': : :': :i: : : |: ! : |: : : ,: : : : :.
         .': : : ': : :.:|:{: :|: : :|: :{: : : |、|:_/: :|: :|: |: : : ::.
         |: : : |: : :|:|_l,.ムイ}:/从: { }/ }`ヽ: : ,: \: :.
         |: : : {: : :^{从ィ笊ミ、 ∨ ,ィ笊ミ/}: /: : | \}
         |: : :∧: : | { ん::刈     ん:刈ムイ : : |
         |: : :{ \:、 r弋こソ    弋zソcl:.|、: :|
            从: : 、 '  乂ノ:.:.:.    '   :.:.: |/ \:} そ…そんな…!し、信じられない…!!
          Y、: ー: .、    ___     人  `
            乢: : :|  . (__,.---- 、_) イ
             从 :|  >  __.  ´
                  Y      |、
             /::::::\     ,::::\
            /:::::::::::::::::\___{::::::::::\
820 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:15:51.09 ID:FwejVYXa0

咲「ど…どうやってそんなことが……?!!」

アナザー京「カンタンなことだ。てめえもよく知ってるはずだぜ……おれの『ザ・ユニバース』の能力はよ」

咲「!!!」



ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ、               }ニニニニニニニ(__ノニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ           }ニニニニニニニニニニニ(⌒
ニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニ          _八ニニニニニニニニニニニ\
ニニ//ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ         {ニ/⌒\ニニニニニニニニニニ\
ニ/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ                   }ニニニニニニニニニニ}
=/ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ八__              ノニニニニニニニニニニ/
= ‖ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\            {ニニニニニニニニニニ{
= ‖ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-        ∨ニニニニニニニニニ乂_
ニ{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ          ∨ニニニニニニニニニニ}
ニニニニニニニニニニニニγ ⌒ヽニニニニニニニニニニ         ∨ニニニニニニニニニニ}
ニ ニニニニニニニニニニニ{    }ニニニニニニニニニ八          ∨ニニニニニニニニニリ
ニニ人ニニニニニニニニニニ乂  ,ノニニニニニニ( ⌒\ニニ\           \ニニニニニニニニ/
ニ/  \ニニニニニニニニニニニニニニ⌒\..__. (    \ニニ\          "'' ニニニニニニ{
      \ニニニニニニニニニニニニ{, -ミ }ニニ(     }ニニ            )ニニニニニニ
       \ニニ( )ニニニニニニニニ;7 ソヘニニニハ    }ニニニ〉           {ニニニニニニ
          )ニニニニニニニニニ/⌒/ニ/ ''"⌒\ニ|   }ニニ/           |ニニニ(  )ニ
         /ニニニニニニニニ{. /ニ/   /  ̄ ヽ,._ノニニ{              |ニニニニニニ
        {ニニニニニニ{⌒ヽニ.〈ニニ\_∠ィ    、.{ニニニニニ             |ニニニニニニ{
    /⌒)  ヽニニニニニニ{  }ニ \ニニ 从i∧Nリソ、、.ニニニ/          ノニニニニニニ{     俺が時を止めた……!!!
.   /ニ{    \{⌒ヽニ八 ノニニ{ `寸ニニヽ イニニ\ ニ(           {ニニニニニニニ{
   /ニニニ(⌒  \  )ニニニ/⌒   ,.寸ニニVニニニニニ| ニニ>          }ニニニニ( )ニ|      相棒が焼き尽くされる直前にな…!そして脱出できた…
  {ニニニニ\     __      __ノニ∨ニ{Oニニニニ=..ニ/  {h、         ノニニニニニニニ
   }ニニニニニ-   〈ニニニ=- -=ニニニ./ニニ}ニニニニΛニ、  ノニ}      「ニニニニニニニノ
 しノニニニニニニ\  \ニニニニニニ.../ニニニ{O二ニ{ ∨ニ、..'ニニ}     __ノニニニニニ(  ){
 }ニ|⌒\ニニニニニ\  )ニニニニニ. /二ニ= 人,_ニΛ ∨ニ、 ニ人__ノニニニニニニニニニ}
 }ニニ|   )ニニニニニニ) {ニニニニ../斗=ニニ互fニニムニ\,∨ニ、 ニニニニニニニニニニニニニノ
 }ニノ   {ニニニニニ(  -=ニ ,、r=ニニニニニニマニニムニニ∨ニ、.ニニニニニニニニニニニ厂
 }=(    \ニニニニニニニニ.{ニニニニ斗rセ癶ニマニニムニニ}ニニ} ニニニニニニニニニニ/
ノニニ=-__  `¨¨ ニニニニニ. `¨¨´"'〜≠ニノ  \マニニム  j--{    .-ニニニニニニニ
ニニニニニ=- __)ニニニニ=-        ̄       マニニム イ,、メ、   ..-ニニニニニニ
\ニニニニニニニニニニニ                    〈ニニニ}   ヽ`    -ニニニニニニノ
_)ニニニニニニニニニニニニ=-                 /  リ      -ニニニニニノ⌒
ニニニニニニニニニニニニニニニニ=- _        .`¨¨´   -ニニニニニ-
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=―
821 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:19:13.70 ID:FwejVYXa0
     , ´   /  .' / .'  '        | l  | l |  |
   /    / '   |  | | l|  |    l | ,  } l |  |
 _/    イ /   l|  |_,∧_{  :.   ,-|-}-/、 ,  |  {
  ̄ ´   / /    {  |、{ l∧  {、   | }/イ/},イ /  l_、
      {〃   r∧ |ィ斧ミ从 、Y , イ斧ミ、 } /l|  l、
      /    /{ 从{、 Vzリ  \Y/ Vzり /イ } /
       /   //从 l∧\       ,\        | /イ/
     /  イ'  {/l∧ ∧      、        ,イ/j'    やれやれだぜ……!
    ̄ ̄        ー∧         _,     从
               ヽ 、    ` ¨  ̄   ィ }/
                 ∧ \       / |/>
                  {(从_|     --  ´ 「/// |
                  |/ ̄}}          |////|
            _,.:<|///||          l/////>..,_
     _,.. -=<///// \//}         ,r-///////////>=-..,_
  <//////////////////∧-- 、    {//////////////////>



                  _........----......._
              ,. : ´: : : : : : : : : : : : :`: : 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
              :': : :,: : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : ヽ
            /: : :/: : : :/: : : : : : : : : |: |: : : : : : : ∧
             .': : : ' : : : / : /: :,: : イ: : :|: }: : |: : :|: : :∧
            , : : : |: : : / : /l: /: / }: : ,:.イ : /: }: :}: :!: : :.
             | : : : |: : /:{:_/_}ム/ / : /、_|:_/: /: /: :|: : : :.
             {: / : | : ィ´}//イ /}: / / }/`ヽ:イ: : ': : : : :
          〉,: :, {: : | ,ィ斧汽 /´ ィ斧汽、} : /:|\: : |
          {八:{ \:{とヒこソ       ヒこソっ: イ: :|  \}
          |   乂ム     :.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:  ムイl: /
             从{∧     _   _     人:∧{      きょ…京ちゃん……!
              |/ >:../^} /⌒l、` .イ }:./ リ
                ___/-'-'-- 、/〉「-、/ '
          ,.. <:::::::::::::::{======ミ`ヽ|〉::`::::...._
         /⌒\\:::::::/`ヽ:::::::::::∨, {::::::::::::::::::>-、
          {==、 {:\/   〈7 ー、{ ̄|:::::::::::://,ィ^.
            ,   \Y       /   | ,::::::::/イ:.:./  ∧
         {      `|  、      |_/= ´イ:.:.:,イ  /  }
         |     W    \      | ̄´:.:.:.:/= }イ   |
         |    /     }    /-r  ´    |
         ∧   ,       |    /__」        ,    |
        {:::,   /       |   ,:.|:.:|      {
        L∧ /      /   /:.:|:.:..        |    |
          、 '         /:.:.:.|:.:.:|      |    |
           \         }|.:.:.:|:.:.::.,     |    |
            \     /:|:.:.:.Y:.:.}      ,      |
               | ` ー ´|:.:.:.:|:.:.:.:.マ:.:.|      {
               | /    :,:.:.: |:.:.:.:.:.}:.:.|      |      |
                W    ,:.: ∧:.:.:.:.:.:/     ∨     |
822 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:24:08.34 ID:FwejVYXa0

アナザー京「さっき相棒が言っていた通り……「てめえの知ってる須賀京太郎」その人ってワケじゃあねえがな」

アナザー京「あくまでもおれは片割れ……。相棒とおれ、二人合わせて本当の「須賀京太郎」だ」

アナザー京「そしてお前は、随分と「京ちゃん」が気掛かりなようじゃあねえか」

アナザー京「相棒と交代して、時を止めるのが間に合ったのは……お前が生命にかかわる部位を茎で防御してくれてたからだしな……」

咲「っ……」

アナザー京「何故おれを突き放すのに、こうもおれを助ける?」

アナザー京「おれにはてめえのことが……思っていたような邪悪な柱の一族とは思えねえ」

咲「……」

アナザー京「話せ。全ての事情をよ」

咲「…それはダメ」

アナザー京「……そうか」
823 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:27:58.81 ID:FwejVYXa0
       /:、
        /i:i:i:〉
     /:i:i:i/  Λ
      /:i:i:i:i:i:、 〈//〉  /:i:i〉 Λ
.     /:i:i:i/\/ 〈/  /:i:i/ 〈:i/ /:i〉 /i:i〉
    〈:i:i:i/         /:i:i:i:i:、   ∨ /:i:i/  Λ
                /:i:i/\/    /:i:i/  〈:i/ /:i〉 /:i:i〉
             〈:i:i/         /:i:i:i:i:、    ∨ /:i:i/ 〈/〉  /:i:i:〉
                    /:i:i/\/     ./:i:i:i:i:、    /:i:i/ 〈/〉
                      〈:i:i/        /:i:i/\/   /:i:i:i:i:、    /:i:i〉
                            〈:i:i/      ./:i:i/\/ .   /:i:/ 〈/〉  /:i:i:〉
                                   /:i:i/       /i:i:i:\   ./:i:i/ 〈/〉
                                   V/     /:i/^'' ┘   /:i:i:i:i:、
                                          ∨     /:i:i/^' ┘
                                                  └ '
                     ー=ミ、_>-‐…‐ミ
                      xi〔.        弋_
                    ,.イ             `、
                    /     |`ヽ、..    |                  ___
                     ノイ..  |. |.. /ヽ . |. |⌒\.. _        /     ``丶、
                      厶イ../\|   ィ炒i.从ノ/.´ ̄: : : :`ヽ     {: : . . .      `                              
                        从.   \   l/ /       __,xく     ヽ: : : : : :.          \    ならテメエは……このおれが直々にブチのめす
                      __>ヘ.. ,_',.。+''"    ,.。o≦⌒: : :\     \: : : : : : .       \
                     /:::: ̄`/  /  。o<_ : : : : : : : :  ̄ ̄``丶、/\: : : : :.        ヽ
                     {::::::::::::/  /  /   _ ̄``丶、: : : : : : :: :: :: \:::::ヽ: : : :.          }
                     八:_:_:::/ /  /,. '´ ̄       } : : : : : : : : : \::::::::::`、: :/.        /
                   /,イ///ミく__/ /  。o≦⌒__  ̄ヽ: : : : : : : : : \::::::::::::∨: : ..     /
              _,.。o≦⌒ {//// /ヘー<_,.。s个x ̄ ̄       \ : : : : : : : \:::::::::::} : : : :    ハ
           ,、+'“ /. : : ::::////{/ニニoニニニニニ\ー─--=ニ _ `: : : : : : : \:::::::::l : : : :    /  ',
        ,、+''“  / . : : : ::::////ハニニニニニニニニニヽ、     ⌒ヽ : : : : : : : \:_彡: : : :    ,     }
       /     / . . : : : :::::ム////∧ニニニoニニニニニニ`ヽ、     、:\ : : : : : \: : : : :   /    /
      / /  ,: . .: : : : : : ::{//////i∧ニニニニニニニニニニトミtx    :.、 :..\ : : : : \: : :  /.    /.:
    ,  /   / : : : : : : : : :ノ/////ノ厂Yニニoニニニニニニ/.∨///≧s。.,_:.、: : \: : : : ー=彡    /. . : :
   ./ . :     /  : : : : : : : :,イ//////,イ//ニニニニニニニニニ/   寸/////ム: :. \: : \: : : . .   . . : : : : : : :
  / /    :  : : : : : : : /////// ´::|/ニニoニニニニニニ/     寸////ム: :.::\: : ミ=-: :ー=彡: : : : : : : :
    :     {   : : : : : : :{////∨ ::/ニニニニニニニニニf⌒\   {///////\ : :.\: : ⌒>s。.,_ : : : : : : :
  {  :. : : : : : : : : : : : ::{/(__)__//ニニニニoニニニニニニニ〈  γヽ  寸/////^\: : `ヽ、/      ̄”''
  、 : :.、 : : : : : : : :::::::::::::| ̄ ̄| ̄Vニニニニ/\ニニニニニ.|\ 弋ノ_ヽ  '///  / `ヽ、: /
   \: : \: : : : : : : ::::::::| | | | |  |ニニニ/    \ニニニ二マ `Y´ ̄ |  }/  / \,
    \: : :`ヽ、: : : : ::::::| | | | |  /   _,.。s个s。        /ニム | | | | |  弌/      ヽ
      `ヽ、: : ``丶、:::| | | | | /  ,.イニニニニミs。     /二ニY | | | |.    ム    /
          ``〜、、: |_|_|_|_|_/イニニニニニニニニミ=くニニ二ム_|_|_|_|.    }  __/
              ̄ ̄  /.二二二二二二二二二二二二.二ム,.       . ̄
                      /二二二二二二二二二二二 二二二.ム
                 /二二二二二二-ァ=弋二二二二二二二ム
                  /二二二二二二ア´   \二二二二二二ニヘ
                   /二二二二二ア         \二二二二二二ム




咲「っ」 ビクッ


咲の顔に、この戦いの中で初めて恐怖の色が浮かんだッ!!


アナザー京「詳しい事情やてめえの考えてることは全て、その後でたっぷり聞かせてもらうとするぜ」

咲「……っ…」
824 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:28:44.90 ID:FwejVYXa0
アナザーワン:もう一人の須賀京太郎

【基礎ステータス】

精神力:Ultimate(250) 天運:SS(150)

STR:99 DEX:91 INT:94 CON:175 SIZ:95 HP:290

【能力】
『 ザ・ユニバース
   宇宙  』(スタンド)
破壊力:A(STR:200) スピード:A(DEX:200 移動力:20m/turn) 射程距離:C(5m) 
持続力:A(精神力消耗:2/turn) 精密動作性:A(命中率:100%) 成長性:完成

・自分がスタンド攻撃で相手を斬り付けてダメージを与える際に、
 相手の精神力の一部と波紋エネルギーを混ぜ合って増幅させ、[超新星波紋爆発]を起こし、小宇宙を創造できる。
・創造した小宇宙内にブラックホールを生成し、物体を[事象の地平面]の彼方へ転移させることができる。
・[超新星波紋爆発]によって生じた[超新星残骸](スタンドパワーの残滓)を残留している波紋を操作することで光速の10%で弾き出すことができる。
・物理的な攻撃を受けた時、接触時のスタンドパワーを利用して自らの体表面に小宇宙を創造し、ダメージを小宇宙内に逸らして緩和する事ができる。
・自分に流れている時間を無限大に発散(lim[time→∞]time=∞)し、自分以外の全てに流れる時間を相対的に限りなく0に近くすることができる。
 原理としては、まず創造した小宇宙内に生成したブラックホール同士を飲み込ませ合い、質量が限りなく0に近いブラックホールを作る。
 そのブラックホールを厚さが限りなく0に近い層にして全身に浸透させる。
 結果、身体を構成する原子全てが事象の地平面そのものと内側に同時に存在する状態になる。
 すると、止まった時の中で自分の時間は動き続けるので、永遠の時間の中にいることになる。
 事象の地平層を絶えず維持する必要があるので、尋常でないスタンドパワーを要し、体感で1分程度しか使用できない。


・[超新星波紋爆発]:通常攻撃及びラッシュ命中時に発動できる。
├ 標的に与えるダメージは2倍になる。
└ ブラックホールを内包する小宇宙を1つ創造する。
・[宇宙転換]:物理的なスタンド攻撃を受けた時に発動できる。
└ 体表面にブラックホールを内包する小宇宙を創造し、ダメージを2分の1に軽減する。
・[事象の地平面]:精神力値を3消耗して任意のタイミングで発動できる。
├ ある程度小さな任意の物体を宇宙の彼方へ飛ばす。
└ 創造した小宇宙の個数分の回数しか発動できない。
・[超新星残骸](命中率:80% DEX:光速/10 射程距離:視界内)
├ 引き起こした[超新星波紋爆発]による累計ダメージの3分の1のダメージを与える。
└ 第一の効果で参照する累計ダメージは、[超新星残骸]を発動する度にリセットされる。
・[Beginning Of The World]:精神力値を70消耗して発動できる。3ターンの間時を止め、止まった時の中を動けない者は行動できなくなる。


【究極波紋法】(波紋)
特殊な呼吸法により、体を流れる血液の流れをコントロールして血液に波紋を起こし、
「波紋」=生命エネルギー=太陽エネルギーを生み出す。その性質は電気に似ている。
波紋はある種のエネルギーである為に末端からしか本来は放出できず、その性質上、拳や蹴り技に纏わせて使用する。
波紋伝導率の高い物質を通しての攻撃も可能。
歴代の波紋雀士と比較しても抜きんでて強力な、空前絶後の最強の波紋を練る事ができる。
その威力は太陽の光を苦手とする生物のみならず、その他の生物の身体にも危険な程である。

・[波紋疾走]
├ スタンド使い本体による通常攻撃のダメージ計算式を変更する。ダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)
├ 波紋を伝導する物質を通して攻撃できる。ダメージ=(能動側CON−受動側CON)
├ 波紋を苦手とする生物に対しては、ダメージ=(能動側CON−受動側CON/4)
└[超新星爆発]を [超新星波紋爆発]へと強化できる。
・敵の攻撃により負傷しても、波紋で痛みを和らげてステータスが下がらない。


【868の軌跡】(自動発動)
自分が能動側でスタンド使い本体による攻撃を繰り出す時、STR+10


【宇宙戦艦】(自動発動)
自分が受動側でスタンド使い本体が攻撃を受ける時、能動側のSTR−10


【魂の解放】(自動発動)
「須賀京太郎」から身体の支配権を受け取る。
この効果は1ターンの間しか持続しない。
825 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:32:22.72 ID:FwejVYXa0
この戦闘では、アナザーワンは4ターンの間戦うことができます


あと、度重なる来訪者の襲来で夜の人がいる時間帯に更新が中断されることが多いので、

人がいない時間帯に安価取ってくれる人は本当にありがたいですし、みんな仲良くということで……

てか>>1も身分に甘えて自堕落な生活を送ってる人間なので、感謝しかないです
826 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 08:34:23.90 ID:FwejVYXa0
[アナザーワンのターン]


敵本体との距離:5m


【基礎ステータス】

精神力:Ultimate(250/250) 天運:SS(150) STR:99 DEX:91 INT:94 CON:175 SIZ:95 HP:290/290

【能力】
『 ザ・ユニバース
   宇宙  』(スタンド)
破壊力:A(STR:200) スピード:A(DEX:200 移動力:20m/turn) 射程距離:C(5m) 
持続力:A(精神力消耗:2/turn) 精密動作性:A(命中率:100%) 成長性:完成
・[超新星波紋爆発]
・[宇宙転換]
・[事象の地平面]
・[超新星残骸]
・[Beginning Of The World]
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(発動不可)@[超新星残骸](命中率:80% DEX:光速/10 累計ダメージ:0)
      引き起こした[超新星波紋爆発]による累計ダメージの3分の1のダメージを与える。
(攻撃圏内)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏内)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率100%
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)C本体で波紋攻撃をする:命中率91%
      ダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:9.1m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる

(発動可能  )@[Beginning Of The World]:精神力値を70消耗して発動できる。
       3ターンの間時を止め、止まった時の中を動けない者は行動できなくなる。
(要伝導体指定)A波紋を伝導する物質を通して攻撃する:命中率90%
       ダメージ=(能動側CON−受動側CON)
(要対象指定 )B[事象の地平面]:精神力値を3消耗して任意のタイミングで発動できる。
       任意の物体を宇宙の彼方へ飛ばす。
(発動可能  )C自由安価


安価↓1
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:35:22.33 ID:F7XMNEWi0
今何人いるんだ?俺は会社が休みとはいえ流石に疲れたから そんなに参加出来ないけど 
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:36:24.81 ID:F7XMNEWi0
詳しい人頼むわ
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 08:52:21.05 ID:F7XMNEWi0
c1
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 09:00:42.55 ID:F7XMNEWi0
a1は超新星波紋爆発を使った後に使える用になるって認識で良いんだよね?
831 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:18:41.52 ID:FwejVYXa0
>>830
そうです。お疲れなのに安価取ってくれてありがたいです
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 09:29:13.07 ID:F7XMNEWi0
正直c1を選んだのは咲が動けなくなればかなり有利に働くと思ったからだけど 効かないとか効果がないとかないよな・・・・
833 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:30:04.92 ID:FwejVYXa0
[アナザーワンのターン]


咲「っ……」

咲(「家族だった」私は知ってる……)

咲(京ちゃんの『宇宙』は……生涯でただ1度……おねえちゃんにしか負けたことのない、最強の『スタンド』……!)

咲(おねえちゃんに負けたのも、時間停止の能力や「波紋呼吸法」を身につける前の話……)

咲(その頃から……「幽波紋の眷属」を完封するほど強かったけど……)

咲(「究極の波紋」を身につけて…時を止められるようになってからは……)

咲(色んな「トラブル」に巻き込まれてはきたけど……1度として負けてない……!!)

咲(これは……もう一人の京ちゃんより、ずっと手強いよ……!) ブルッ

アナザー京「咲……てめえの考えてることはお見通しだぜ」

咲「!」

アナザー京「だがな……相棒の名誉のために言っておくとだ」

アナザー京「『キラークイーン』は……相棒のちと変わった趣味を満たすために最適なスタンド……」

アナザー京「てめえのように存在が異次元のパワー型の相手には、不利だったというだけだ」

咲「……」
834 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:37:02.08 ID:FwejVYXa0
               ザ・ユニバース
アナザー京「そしておれの『宇宙』は……!おれの望む宇宙を創造してゆくためのスタンドッ!!」

咲「っ!!」

アナザー京「この宇宙にてめえら姉妹の「確執」なんて悲劇はあっちゃいけねえ……!」

アナザー京「気に入らねえモノは全て……この刃で斬り捨てるぜッ!!」

アナザー京「てめえがどんな事情を抱えていようと……絶対に照さんと仲直りさせてやる……ッ!!!」

咲「う……!!」

咲「だ、第三の花弁っ![百花繚ら―――――


アナザー京「無駄だッ!!」
835 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:37:38.48 ID:FwejVYXa0

                                                         /   ,/ / /-‐…≠ : /:./  .:.|―――
                                                       /_ ̄ ̄/'/ /: : : /: : :./: /,'   : |: : : : :.:\:
                                                       / /〕 '" /  /: : : : : : : :/:./ /  /: : |: : -―…・・・
                                                     '  / _ / _ /: : : : : : /:./___/   ': : : |: : : : : : : : : :.:
                                                    / /' /  ̄ ̄ 乂_彡彳'": ---/  /: : : :√  ̄ >-=ミ : :
                                                        / {/  /  //__/: : :/ ___ /  / : : : ,'≠ /    \: \
                                                  /' / ノ{  / / / ∠彡<__/    '  / : : : ///      \: \
                                                    {/ /'/《 >/  /: : : /_ 〕 _/   ': : : :.:/⌒´         \: \
                                                 / / 《 ィッ}/  / ̄ ̄ / | i /  /: : : : :/_           | | |\:
                                  ___,-、 _, ---- 、      }イ《  /イ 〕_ /'    /| i ≠'  / : : : : : //   /   __彡'V:.| ハ :
                                 ,   ´     /  `  < ⌒\.   / イ // _〔 _{ へ  { / / ,/: : : : : : :,:/    /'     ̄/  : :.,  {: :
                             /        |    :.   `ヽ、    '/ |'  7^∨∨/ , </  /  ̄ ̄\: : //   /       /   ':./   } :
                            /     / /   l|    V     `   、{      / \∨ し'  /  / / ̄ ̄ \〈―=彡 ____/    /  /: /   '
                             .'     / , { { | |     | 、   、_ \_   /  /> ---イ  / /   / ̄ \ ,/    \     /: :,   /
          /  ヘ                |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´ ̄ ̄ }\'   へ|  ' /'   / ///ヽ ∨      ヽ / : /
.         |.   ヘ                 | | {メ、_{ 从  | , |-‐'´ |  、 \`\     ' | i ノ  } { |    ' /⌒  /    _/  }: : :/
.         |.   ヘ.            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、 _\ /v' 人,//'|  人   | /   ), イ二/ ̄:.:/  ' /
            |    ヘ          /イ{ { r 从 { Vソ ;;;;;;;∨';;Vソ/イ |∧} 、/ / // \_/ イ人 \\  i'  ≠≦/|// : : : /   /
          |     ヘ           ∨乂レハソ::´:::::::::::::::::::::::::::`:::|/ j' リ < __,/-‐… /≧=-  >―\/<⌒ / / : //   /
          ヤ     ヘ.          }∧ ー:.         `:::::::::ムl/ ノ/  __V_  / > ̄ ̄ \ ( /イ ̄ ̄彡 / / /   /
、            ヽ     \         /  、 八.     ,-‐‐┐ .人.i | Y /V ∧ | / /7/ ――  >イ 人 / /_/   /   /
 \         \      \          }イ/__,-‐┐'、二ニ' /. Y,ソ  | /  V ∧∨ヽ/  ' /  /    / ,  /イ     '  /     /
   \         \      \        r‐ ' ´,-‐'´| | __/|―――‐ァ}'   、''∧  ∨イ   / /' ̄ ̄ /  / /゙|     :i       /:/
    \         \.     ``丶.,、_.  !-‐ '´☆;h!................| ̄`フ. /.イ    V'∧  |⌒〉  ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィ
ヽ     `:゙''-、,_   _,,..-‐' 、      ヽ、ヽ-┴     ', ',:;;;;;;;;;;;;;|....../∠_、ノ `r-   〉 ∧  イY / )
 ヽ、,_      `゙''ー-、           `'、\      ', ',:::::::::::::::::/ /`- 、ー-、__ |i  〉 | 〉‐=、´ ビギニング・オブ・ザ・ワールド!!時よ止まれッ!!
    ゙''ー-、                    \\     ', ',:::::::::::::/./{{⌒} }    \. /  / /  )
       `゙''ー-、,                 """""ヽ   ヽ|::::::::/./ ヽニ} }    |:  |/  / 〉| , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソト、!yヘ!
       ,.、'"                        .゙''ー┴-、/./. / r‐くノ}   |:  |丶、,//' 、  ∨ ^Yi/// ///////_  i: |
__,,.. .-‐ "                             _ノ/  { {ヽ_ノノ.   |:  | / 〈\/ \ 乂ノ7// ////゙<⌒ヽ  |: |
                             ._,,..-‐''""    l/  .∨二ノ.    |:  |/ 〈/ / ハ 〈 |/,i////∧///ヽ   |: |i
    _,..、-''ヽ,                ._,..、-"         l   { し'ノ      |:  } 〉  / /  ヽ\〉/// |// : V///∧ :.八
_,,..-‐''    /          ,---、,_ノ             l   `       |:  |/  \    「_V/ | // : : : V///∧   \





ブゥーン……チッチッチッチッチッチッ キュゥゥゥーーーーーーン
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 09:42:41.34 ID:F7XMNEWi0
c2と究極波紋法って組み合わせることが出来るの?
837 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:54:01.35 ID:FwejVYXa0

アナザー京「時は止まった……おれたち、須賀京太郎だけの時間だ」

アナザー京(……相棒のヤツ、心の奥底に引きこもって出てこねえな)

アナザー京(さっきまでの戦いでよっぽど消耗したか…)

アナザー京「相棒。聞こえてねえかもしれねえが……今しがた咲に語ったことは本心だぜ」

アナザー京「本体が人間を超越したパワーを持っていて、中距離攻撃の手段も備えているという咲相手によくぞあそこまでやってくれたと思う……」

アナザー京「お前のおかげで、咲の手の内は全て分かったし……咲が根っからの悪人じゃあなかったことも分かった」

アナザー京「相棒の苦労は無駄にはしねえ……」

アナザー京「今まで、ある程度の時間を越えてからも身体の支配権を貰いっぱなしでいることはなかったが……」

アナザー京「今回ばかりは……限界ギリギリをブッちぎって、咲を倒しにいくぜ……!!」

アナザー京「あまり長く支配権を受け取りっぱなしだと、相棒の精神の負担がデカくなるから……さっさとケリをつけるつもりだがな」


●アナザーワンの精神力値が70消耗した。

〇これから3ターンの間、ずっとアナザーワンのターンです。咲は一切の行動ができません。
838 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:56:52.09 ID:FwejVYXa0
>>836
CAは、「究極波紋法」で波紋を伝導する物質を通じて間接的に攻撃する場合の攻撃方法です

なので、組み合わせるとかではなく、中距離攻撃の場合の波紋攻撃です。

ACが近づいて行う通常の波紋攻撃になります
839 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:57:36.16 ID:FwejVYXa0
あと、ちなみにこの戦いを見ていれば分かるとは思いますが、咲に対して京太郎の波紋は……。
840 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 09:58:30.34 ID:FwejVYXa0
[アナザーワンのターン]


敵本体との距離:5m


【基礎ステータス】

精神力:Ultimate(180/250) 天運:SS(150) STR:99 DEX:91 INT:94 CON:175 SIZ:95 HP:290/290

【能力】
『 ザ・ユニバース
   宇宙  』(スタンド)
破壊力:A(STR:200) スピード:A(DEX:200 移動力:20m/turn) 射程距離:C(5m) 
持続力:A(精神力消耗:2/turn) 精密動作性:A(命中率:100%) 成長性:完成
・[超新星波紋爆発]
・[宇宙転換]
・[事象の地平面]
・[超新星残骸]
・[Beginning Of The World]
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(発動不可)@[超新星残骸](命中率:80% DEX:光速/10 累計ダメージ:0)
      引き起こした[超新星波紋爆発]による累計ダメージの3分の1のダメージを与える。
(攻撃圏内)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏内)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率100%
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)C本体で波紋攻撃をする:命中率91%
      ダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:9.1m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる

(発動不可  )@[Beginning Of The World]:精神力値を70消耗して発動できる。
       3ターンの間時を止め、止まった時の中を動けない者は行動できなくなる。
(要伝導体指定)A波紋を伝導する物質を通して攻撃する:命中率90%
       ダメージ=(能動側CON−受動側CON)
(要対象指定 )B[事象の地平面]:精神力値を3消耗して任意のタイミングで発動できる。
       任意の物体を宇宙の彼方へ飛ばす。
(発動可能  )C自由安価


安価↓1
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 09:59:03.76 ID:QwkLnKmVO
相殺されるから効かないって事だよね
そのくらいは分かる
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 09:59:55.89 ID:QwkLnKmVO
A2
843 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 10:08:17.54 ID:FwejVYXa0
京太郎によるラッシュです。

咲は止まった時の中を動けないため、ラッシュの打ち合いに応じなかったとして、

ユニバースのSTR:200のダメージを受けます。


ただし、咲は時間が停止する前に[百花繚乱]を発動しようとしていたので、咲は角から花弁を射出する準備をしていたということになります。

よって、[ブルーミング・バリヤー]が発動していました。

・[ブルーミング・バリヤー]:精神力値を15消耗して発動できる。
└ 体表面を大量の分厚い花で覆い、ダメージを2分の1に軽減する。


これにより、時間停止1ターン目の咲へのダメージは100です。(3ターンまとめて安価出します)
844 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 10:08:45.68 ID:FwejVYXa0
[アナザーワンのターン]


敵本体との距離:5m


【基礎ステータス】

精神力:Ultimate(176/250) 天運:SS(150) STR:99 DEX:91 INT:94 CON:175 SIZ:95 HP:290/290

【能力】
『 ザ・ユニバース
   宇宙  』(スタンド)
破壊力:A(STR:200) スピード:A(DEX:200 移動力:20m/turn) 射程距離:C(5m) 
持続力:A(精神力消耗:2/turn) 精密動作性:A(命中率:100%) 成長性:完成
・[超新星波紋爆発]
・[宇宙転換]
・[事象の地平面]
・[超新星残骸]
・[Beginning Of The World]
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(発動不可)@[超新星残骸](命中率:80% DEX:光速/10 累計ダメージ:0)
      引き起こした[超新星波紋爆発]による累計ダメージの3分の1のダメージを与える。
(攻撃圏内)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏内)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率100%
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)C本体で波紋攻撃をする:命中率91%
      ダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:9.1m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる

(発動不可  )@[Beginning Of The World]:精神力値を70消耗して発動できる。
       3ターンの間時を止め、止まった時の中を動けない者は行動できなくなる。
(要伝導体指定)A波紋を伝導する物質を通して攻撃する:命中率90%
       ダメージ=(能動側CON−受動側CON)
(要対象指定 )B[事象の地平面]:精神力値を3消耗して任意のタイミングで発動できる。
       任意の物体を宇宙の彼方へ飛ばす。
(発動可能  )C自由安価


安価↓1
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:15:20.56 ID:QwkLnKmVO
真正面から叩き込んだなら背後に回ってもう一度ラッシュ
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:26:46.94 ID:HugjvzQo0
倒すよりも戦意を喪失させるような結末に持っていければと思うが
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:29:47.24 ID:F7XMNEWi0
戦意を喪失させるって言ってもどうなったら戦意喪失するかもわからんし 普通に倒せばよいんじゃないの?
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:30:42.22 ID:YGEirHveO
体表に花弁があるなら正面も後ろも変わらないんじゃないか?
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:32:03.40 ID:YGEirHveO
ちなみに宮永ホーンは事象の地平面で飛ばさないのかな?
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:32:59.04 ID:QwkLnKmVO
後ろにぶっ飛んで距離をとられるのが嫌
戦意喪失かー、キ[ズキュウウウン]するとか?
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:33:48.67 ID:F7XMNEWi0
ラッシュ2回やったってことは咲HPは220で残りはHPは20ってことになるけど となると後は通常攻撃でも何でもすれば倒せるってことになるけど
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 10:35:46.42 ID:F7XMNEWi0
そもそも二回目のラッシュがどうなったかはまだわからないけど
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 13:13:14.12 ID:HugjvzQo0
単純計算で咲の体力は残り1ターンで20か
最後のターンで何をするかかね

アナザーが咲から聞き出す状況を作るにはどうしたものか
色々な真相よりも咲の本心聞き出すことができればな

何気に京太郎も満身創痍だしアナザーの知恵に託すべきかねえ
個人的には優しくハグしてやれって思うが

宮永ホーンすっ飛ばすのはZAPから一瞬でギャグ時空と化してゲームオーバーとかありそうだし
そもそも姉妹が柱の一族という前提の根底飛ばしたらいかんでしょ
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 13:17:05.47 ID:HugjvzQo0
あとズギュウウンは「お姉ちゃんいるのに何考えてんの」って咲が違う意味で逆上しそうだから怖いなあ
するならせめてほっぺかな
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 13:18:36.69 ID:HugjvzQo0
何か俺のIDがハグを推奨しているせいで
思わず俺まで推奨してしもうた
すまんな
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 13:44:55.60 ID:suWA1m/B0
今までの戦闘と同じように全削りからの問答で良いんでない
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 17:58:28.79 ID:XPEMXTESo
>>780
了解あと>>505の「これらが裏付けること」もあとで教えてほしいなーなんて
今は無理でも言えるようになってからで良いので
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 19:04:26.47 ID:TrLisk4eO
もんぷち邸に強硬突入していたら
どうなったかもちょっと気になるな
火事に関する情報なんかはより詳細に
入手できたかもしれないがそれ以降が続かず
結局手詰まりになってたとかかな
改めて再選択の余地用意してくれた作者に感謝
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 19:26:18.70 ID:QwkLnKmVO
負け癖がつきそうなんだよな、相手が強いのもあるけどノーマル京太郎3連敗だし
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 20:12:18.44 ID:mi3jCU670
そらまあスタンド戦はほとんど鍛えてないし残当
基本インハイに向けての雀力上げかイベ消化しかやってないから今親父の襲撃でも来たら普通に[ピーーー]る
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 20:22:02.27 ID:odO0/NGA0
インハイ以降も結構続きそうな流れみたいだし
スタンド能力やスタンド戦についてはとりあえず後回しで良いだろ
負けた戦いも勝てればボーナスだが基本勝てなくても仕方ないって内容みたいだし
862 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 20:22:24.07 ID:FwejVYXa0
やっと帰ってこれた……

>>857 >>858
了解です。咲戦終わってひと段落ついたら話します

>>856
それでいいと思います。キスはいかんでしょ(戒め)
863 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 20:23:24.61 ID:FwejVYXa0
京太郎によるラッシュです。

今回も咲は止まった時の中を動けないため、ラッシュの打ち合いに応じなかったとして、

ユニバースのSTR:200のダメージを受けます。


ただし、[ブルーミング・バリヤー]が発動していたということで、ダメージは軽減されます。

・[ブルーミング・バリヤー]:精神力値を15消耗して発動できる。
└ 体表面を大量の分厚い花で覆い、ダメージを2分の1に軽減する。


これにより、時間停止2ターン目の咲へのダメージは100です。(3ターンまとめて安価出します)
864 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 20:23:55.08 ID:FwejVYXa0
[アナザーワンのターン]


敵本体との距離:5m


【基礎ステータス】

精神力:Ultimate(174/250) 天運:SS(150) STR:99 DEX:91 INT:94 CON:175 SIZ:95 HP:290/290

【能力】
『 ザ・ユニバース
   宇宙  』(スタンド)
破壊力:A(STR:200) スピード:A(DEX:200 移動力:20m/turn) 射程距離:C(5m) 
持続力:A(精神力消耗:2/turn) 精密動作性:A(命中率:100%) 成長性:完成
・[超新星波紋爆発]
・[宇宙転換]
・[事象の地平面]
・[超新星残骸]
・[Beginning Of The World]
 

A:攻撃する(以下の攻撃方法から選択してください)

(発動不可)@[超新星残骸](命中率:80% DEX:光速/10 累計ダメージ:0)
      引き起こした[超新星波紋爆発]による累計ダメージの3分の1のダメージを与える。
(攻撃圏内)Aラッシュを仕掛ける
(攻撃圏内)Bスタンドで通常攻撃をする:命中率100%
      ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)
(攻撃圏外)C本体で波紋攻撃をする:命中率91%
      ダメージ=(能動側STR/2+CON−受動側CON)

B:移動する(どこに移動するか選択してください):移動速度:9.1m/turn

@敵本体に向かっていく
A敵本体から離れる

C:その他の行動をとる

(発動不可  )@[Beginning Of The World]:精神力値を70消耗して発動できる。
       3ターンの間時を止め、止まった時の中を動けない者は行動できなくなる。
(要伝導体指定)A波紋を伝導する物質を通して攻撃する:命中率90%
       ダメージ=(能動側CON−受動側CON)
(要対象指定 )B[事象の地平面]:精神力値を3消耗して任意のタイミングで発動できる。
       任意の物体を宇宙の彼方へ飛ばす。
(発動可能  )C自由安価


安価↓1
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 20:40:15.57 ID:QwkLnKmVO
オーバーキルは可哀想なんでA3
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 21:21:02.86 ID:F7XMNEWi0
時間も止まってるし 普通に考えたらこれで倒せるよな 
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 22:07:45.06 ID:XPEMXTESo
スタンド戦難しいよなあ
キラークイーンだとうまく立ち回りにくい戦いが多かった印象
知恵を使うのは失敗して1ターン無駄にするのが怖いし
もっとアナザーワンに頼ったほうがいいのか?
でもそれはそれでヌルゲーになりそうな気もするし吉良京太郎の活躍が見たい
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 22:15:40.62 ID:QwkLnKmVO
>>5でHPが0になると死亡するってあるのが戦う上で引っ掛かってる気がするんだけど
869 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:12:30.20 ID:FwejVYXa0
>>867
そうですね……でしたら、もっと自由安価で第一の爆弾を活用するのがいいかも

アナザーワンは4部承太郎的なポジなのでめちゃ強いですが、アナザーワンに頼りきりで勝つと勝利報酬は減ります

どうしてもヤバい時に頼ったり、吉良京太郎も頑張った上でアナザーワンに頼る分には全然いいと思います


>>868
それについては、アナザーワンは1巡前から峰打ちの達人なんで大丈夫です
870 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:14:28.94 ID:FwejVYXa0
アナザーワンの『宇宙』による通常攻撃です。

命中率は100%、咲は時を止められているので回避も受け流しもできません。

ダメージ=15+(能動側STR−受動側CON)

『ザ・ユニバース』のSTR:200 咲のCON:165より、

15+200-165=50ダメージです。
871 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:18:13.19 ID:FwejVYXa0
[アナザーワンのターン:止まった時の世界]


                |`\
        ____ |  /_   __ ∧ /|   __ rヘn
        |_,. -┐| |// /  |__ 「 |_/ |/   |_ 「 |__||」  _ 「「|  __ [[|
            ||  |/   __||        ___| |     ,.コ|. ̄  ,コ|
         __||      |_,. -┘     └一 '´        ̄      ̄
     | ̄ ̄ _,」
      ̄ ̄ ̄          
                       ___/ ̄ ̄\_
                   ,  ´        <⌒
                  ,:'            `ヽ、
                 ,                \_
                                \ } ̄´
                  '              ,  \
                / ,          |/} ∧ }`ー`
                 {∧          「ノ|/}/イ
                '  、       | /`/ } '
                   } ∧     /イ   /     さて……一瞬の時で始末してやるか
                   |' ,} \__/イ__ /
                   |ニニニ=-〈
                 /7ニニニニニニ=- ,,_
                 /二|ニニニニニニニニニニ=-
              -ニニニ|ニニニニニニニニニ/ニニ|
              |∧ニニニ|二ニニニニニニニ/二ニニ∧
              |=∧|ニニ:|二二ニニニニ\ニ/二ニニニ∧
              |=二|ニニ:|二二二二ニニニ∨二二二二∧
             r''=二:|ニニ:|二ニニニニニニ',ニニニニニ/
.              ノニ二:∧ニニV二二ニニニニニ',ニニニニ∧
             /ニニニ∧ニニVニニニニニニニ',二ニニニニ|
         /ニニニ二∧ニニV二二二ニニニニ',ニニニニ|
           /ニニ二二/   、ニニV二二二ニニニi二二二 ∧
.          /ニニ二二/     \二Vニニニニニニ|ニニニニ∧
         /ニニ二二/       ∨ニV二ニニニニ∧二ニニニニ|
.        / 二二二/>、__    マ(二ノ二ニニニニニ|ニニニニ人
       |二ニニニ//ニニ\彡イニ「ニニニニニニ/∨ニニニ\(
      `ー=ニニ=--=ニ二ニニニニニニニニ/二ニ∨二二ニニ∧
            /ニニニニ`丶、ニニニニ__彡'"ニニニ:∧二二ニニ∧
.          .゙ニニニニニ/ニニ\ニニニニニニニニ/=∧二ニニニ∧
        lニニ>''"⌒V二二二 \ニニニニー==彡:/│V二二ニニ∧
        |/    ./二二ニニニ\二二二\ニ/゙ニ| ∨二ニニ:∧
.                .゙二二ニニニニニ\二ニニ∨ 二l   V二二ニニ∧
.               /二二ニニニニニニ`ニ=-=彡ニニ/  :| 0二ニニニ:〉
              /ニニニニニニ/^ヽ二二二二ニニl′   |ニ0ニニ_彡′
.             /ニニニニニニ/  ニニニニ二二|.    \0/  ‘,
            /ニニニニニニ/   ニニニ二二二|     「|`|    :i
              /ニニニニニニ/    ニニ二二二二|      :|」│    :|
          /ニニニニニニ/     ニ二二二二二|       `ト' :|│| | i.
            /二二二ニニニ,:′   .ニニニニニニ二|        `弋,ノノ// ` .
        /二二二ニニニ/     ニニニニニ二二|        `¨´`'`     \
          /二二二ニニニ/      ニニニニ二二二|                 `   \
872 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:20:10.74 ID:FwejVYXa0

アナザー京「咲におれの「波紋」は通用しねえが……」

アナザー京「『ユニバース』の斬撃の前には……カンケーのねえことだぜ」



                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                                             ̄ ̄ ̄
                        /   ,/ / /-‐…≠ : /:./  .:.|――――――――――
                  /_ ̄ ̄/'/ /: : : /: : :./: /,'   : |: : : : :.:\: :\: : : \__
                  / /〕 '" /  /: : : : : : : :/:./ /  /: : |: : -―…・・・ \: : : : :\
                '  / _ / _ /: : : : : : /:./___/   ': : : |: : : : : : : : : :.:\ \: : : : :\
               / /' /  ̄ ̄ 乂_彡彳'": ---/  /: : : :√  ̄ >-=ミ : : \ \: :〈⌒ヽ
                    / {/  /  //__/: : :/ ___ /  / : : : ,'≠ /    \: \: \ \{
              /' / ノ{  / / / ∠彡<__/    '  / : : : ///      \: \: \ \
               {/ /'/《 >/  /: : : /_ 〕 _/   ': : : :.:/⌒´         \: \: \
             / / 《 ィッ}/  / ̄ ̄ / | i /  /: : : : :/_           | | |\: \: \
    へ       }イ《  /イ 〕_ /'    /| i ≠'  / : : : : : //   /   __彡'V:.| ハ : \: :ヽ
   /  |      / イ // _〔 _{ へ  { / / ,/: : : : : : :,:/    /'     ̄/  : :.,  {: : : : i /
   i|  |        '/ |'  7^∨∨/ , </  /  ̄ ̄\: : //   /       /   ':./   } : : :/: :
   ||  ,     {      / \∨ し'  /  / / ̄ ̄ \〈―=彡 __/    /  /: /   ' /: : /
   ヽ /∧        /  /> ---イ  / /   / ̄ \ ,/    \     /: :,   / /:/
    ∨ ∧  「 ̄ ̄    }\'   へ|  ' /'   / ///ヽ ∨      ヽ / : /   /:/
.     ∨ ∧  ' \     ' | i ノ  } { |    ' /⌒  /    _/  }: : :/   /: :/
       、'∧  〉_\ /v' 人,//'|  人   | /   ), イ二/ ̄:.:/  ' /    ノ 彡'
        V'∧/ / // \_/ イ人 \\  i'  ≠≦/|// : : : /   /    ―≠
     へ/∨ < __,/-‐… /≧=-  >―\/<⌒ / / : //   /       i:/
    へ i ノ/  __V_  / > ̄ ̄ \ ( /イ ̄ ̄彡 / / /   /        /
  /\ i | Y /V ∧ | / /7/ ――  >イ 人 / /_/   /   /       ,
  ,   Y,ソ  | /  V ∧∨ヽ/  ' /  /    / ,  /イ     '  /     /  
  i  し  / /}'   、''∧  ∨イ   / /' ̄ ̄ /  / /゙|     :i       /:/  
   、〈    イ    V'∧  |⌒〉  / / ノ/ // / |   / |  /  /: :./   |
   \ へノ `r-   〉 ∧  イY / ノ /彡   //_,///,|  i/, ∠,/: : : /
     \ __ /    |i  〉 | 〉 ,/ , /  //―,/ // |  |//: : : : : /
.        ̄\    j  /  / /  /' /  /' /_ノ ////|  |イ : : : : /
         `     /  / 〉| 〈  V_// |/|//////ハ  V: r-=彡
            ``丶、,//' 、  ∨ ^Yi/// ///////_  i: |
              / 〈\/ \ 乂ノ7// ////゙<⌒ヽ  |: |
             / 〈/ / ハ 〈 |/,i////∧///ヽ   |: |i
          __/  〉  / /  ヽ\〉/// |// : V///∧ :.八
        __/// /  \    「_V/ | // : : : V///∧   \
873 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:22:12.13 ID:FwejVYXa0
                        / /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、   !
                   /  . 〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__   │
                     /  /  ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     ._.._,,,,......................,,.  /    /    V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
  ,,;;=!“´          /    ./      V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
. ,r/゛               /     !.       ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
./.l                /    ! .       ';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
,! | _,,,.. -―''''''''''''¬―┴ ....,,,_.l       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
' ̄                  `.          V     U                             〈:::/ \/
                            `'''ー、、             |        l            /
     _,,, -ー''''''^゙゙゙´厂 ̄ ̄´丁゙゙''''''―- ..,,_   `''-、.       .!       /               /    ,i′
 _,,r‐(″           |      .l        `'''ー ..,、 `'-、     |      /            /    /
'´  l ヽ        |      . l              `''-、, \    .|      /            /    ,i′
   .ヽ .ヽ       .|       .l                 `'-,\. ,!     /               /   . /
    .ヽ  ヽ.      !       ly‐´                `'、"/     /           /   /
     ヽ  ヽ..,..-‐'  !           l                 !    /               /  ./    _..-''
      ゙L  \   .!        ヽ                !    ./            /  / ,.. -'"゛
   .,..;;/'"ヽ   .ヽ.  l         ヽ               l    /           _iシ‐“´
 ., ;;r'"   .ヽ   ゙'v''゙.l         ヽ                ,l゙   ./      _,,, -‐'"゛
.'/       ヽ    .゙'ヽ.l         ヽ            /   ./,,.. -‐'''"´                   _..
"            /、    ゙'ゝ            ヽ       . _,,,.. ┴'''"´                      _,,i./ '"
.、、       / . ,iヽ.    \.        .__L,,.. -ー'''"゛                       _,,,.. -‐''" /
  ゙゙''ー- ....,,,,,,i,゙,,,,i___;;i,,,,,,,,,......ニv--ー¬''^ ̄゛                       _,,,,,,ir‐‐'''"´     /
''-..,,、                              __,,,,,,......--ーー''''"゙´  /         /
   `゙゙''''ァ―┬ ..................,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,....,,....  --―¬''''!ミ゙゙゙了  ./         ,./          /
     ./   l        \     .\        ゙'(、  ,i′      . /            /
    .i′  .!             \     \.       `'-/       /          ,./
    ./   !               \     . \        `'-、  . ,/         /
    l    |                 \,     . \        `'ッ‐゛         /
   .゛   ゛                  ゛       ゛      ´              ゛




アナザー京「ダァラララララララララララララララララララララララララララララッッッッッ!!!!!!!」


『ザ・ユニバース』怒涛の斬撃ッ!!!

止まった時の中で立ちすくむ咲を容赦なく斬り付けるッ!!!

もちろん咲は「自分が今攻撃されている」ということにすら気づけていないッ!!!!
874 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:24:49.20 ID:FwejVYXa0
                  /´   ム -イ;‐ァ
                ,!      〃 /
                    /      ィ! |l i¨7
             /     ;'´ i  l| | |
             l  /|   !: !  |L/| !〉
                  |./  l   |! l  |  .|__|     /`l
                     |   l! |  |     ,、   l  |/ 〉
                   !  |l' |  |     ,l |  l  |レ'
                   |  |! .|/     ,! L.-ヾi=,'
                    |/      _,.-'´  _, - '_´
                        |_,.- '´| L-'´_|
                          ,.-'´  ,.-'"
                         |,.- '´| |      /|
                            |,i    //   __     _
                                  / ィ'  /__ノ   /丿
                                 く/レ         / /
                                     ,____,. - '´ /
                                    /____,/



『ユニバース』の刃が咲の身体を打つたびに、金属がぶつかり合うような鈍い音が響き渡るッ!!



アナザー京「ムッ!!」

アナザー京「気付かなかったが…咲のヤツ、おれが時を止める前に硬質化させた花弁を身にまとっていたな……?」

アナザー京「これは、体毛が変化した自前の鎧か…」
875 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:26:49.69 ID:FwejVYXa0
               /´〉,、     | ̄|rヘ
         l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
          二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
         /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
         '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                         `ー-、__,|   
                            , 、。s≦ニニム
                           ノ /ニニニニニニ}
                    _,  ´ ̄\__ .イニニニニ/
                    > ´ イ⌒',   `ヽニニニ{
              _ - ´       |    ハニニム
                 _>   ' ,/  、 } , : | ハニニニニニ=--
                  /⌒/ | | _/| ∨ / l|  |}ニニニニニニニニニ=-
                /   { |゙ト、| / /}ィリ|n  |ニニニニニニニニニニニニニニ=-zzzzzx
                   ̄ィ , 从沁∨'/炒 } リ ハ!ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≫
                   { /从  ,     ム从ニニニニニニニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニヽ               ザ・ユニバース
                     /\ -‐ イ「ニニニニニニニニニニニア¨¨¨¨ ̄⌒寸ニニニニニニニニ\    だが……おれの『宇宙』に小細工は通用しねえッ!!!
                       `ヾ. ≧≦ /ニニニニニニニニニニニ,'        寸ニニニニニニ,=ミニヽ
                     {_ヽ /ニニニニニニニニニニニ,'            ヾニニイ/`Yニニム
                   _      `寸ニニニニニニニニニニア            lア゙ { 〈〉'〈ニニニ}
                  `寸≧s。    ィニニニニニニニニニニ{           _-" ::::',:::`¨´ー‐=ニ}
                      /ニニニニ=-,=ニニニニニニニニニニニニ{        __, イ ヽ:::::::ヽ:::::::ゝ┐ }!
                  マニイ´ヾニニニニニニニニニニニニニニニ〉         乂___.イ‐ヽ=-⌒ヽ:::::::{´. /
                 //////}ニニニニニニニニニニニニニニム                    ‘,:::ゝ' ',
                 _,,ィ///////>ニニニア//-==ニニニニニニム                 〈::::/ /
              /////////////ア///////////.寸ニニニ{                   /]ゝィ
              ,イ/////////////ア///////////////寸ニi〉                {__/
.          ,イ/////////////>'////////////////}ニア゙
.         /////////////ア´ {{////////////////ニア
.         ,イ////////ニ=-     寸////////////イ¨´
      ,イ///////イ´         マ/////////ア´
.     /ゞ===イ´           マ/////アイ
      ム:::::::::::::::::}              {:::::::::::::リ
   く::::::::::::/¨¨´.               {:::::::::::/
    ¨¨¨                     ゞ─'゙
876 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:31:15.59 ID:FwejVYXa0
アナザー京「ダララララララララララララララララララララララララララララララララララララララララララッッッ!!!!!!!」



       /:、
        /i:i:i:〉
     /:i:i:i/  Λ
      /:i:i:i:i:i:、 〈//〉  /:i:i〉 Λ
.     /:i:i:i/\/ 〈/  /:i:i/ 〈:i/ /:i〉 /i:i〉
    〈:i:i:i/         /:i:i:i:i:、   ∨ /:i:i/  Λ
                /:i:i/\/    /:i:i/  〈:i/ /:i〉 /:i:i〉
             〈:i:i/         /:i:i:i:i:、    ∨ /:i:i/ 〈/〉  /:i:i:〉
                    /:i:i/\/     ./:i:i:i:i:、    /:i:i/ 〈/〉
                      〈:i:i/        /:i:i/\/   /:i:i:i:i:、    /:i:i〉
                            〈:i:i/      ./:i:i/\/ .   /:i:/ 〈/〉  /:i:i:〉
                                   /:i:i/       /i:i:i:\   ./:i:i/ 〈/〉
                                   V/     /:i/^'' ┘   /:i:i:i:i:、
                                          ∨     /:i:i/^' ┘
                                                  └ '
________ヽヽ ___________;;、 .\           `'‐./          /
---..........,,,,,,,___、  ..l.ヽ           ヽ  .゙i ̄ ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄"''/          /.;一――――---------........ .
‘''''''';;;;r......--.... ..二 ゙゙̄.l..ヽ''¬――-.... l   ヽ__           /        ./  `''-..、
ー'"゛             ´゙'''''ゝxiii- ....,,,,_、,!   !   ̄ ゙゙゙゙̄"''''''./        ノ,, 、    `'-、,
,, ー''''''゙゙"`゙゙゙""''''―-..,,,、    `'''ー ,,、 /    |ー-- ......,,,,、./        ./   `'-、    .`'''ミ¬――--............
. `゙''ー-..,,_         `.l'ー、、    .`'''-、、 l         /        ./ . ....,,,,_、.\      ゙'-、
ー ..,_    `゙''ー ..,_     l, .l.`'‐、、    `''‐、,.._   /        ,./        ゙̄".\      . \
   .`゙''ー、,,,     `゙'''ー ..,.!  l'"゛ `''-、     `'- /       /            \       `''ミ¨゙''''
¬―――ー┴―'''''''''''゙゙゙゙´  .l  l,   _.. \       `''-、   ./ ‘''''― ..,,,,_        \          \,
ー- ....,,,,___、          _..l  .l-'''″`'''ーニュ、      .`'- /           ̄''''―- ..,,,_、\
-、  `'-、、 'ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ' .!  .l      /\       . \                  `. ヽ
`゙''ゞ..,_  .`'-、、`''-..、     l  l ー ..,, ./    \        ゙'-、                    ヽ
`''ー ..、`''ー ..,_ ゙''-、、 ゙''ー..、  .!  l . /       .,ノ、        \ ..,,_               ヽ
.、   `゙'ー ..,、`''ー .ミ;;-、  ゙゙'ー .! _/゛         ,/-..,_.\        \. `゙'''ー ,,_             l
 .\      `''ー ..,、`゙''ゝ ,,..-'"       .,/゛    .`"\         \     `゙''ー ,,,_     |
   . \        `'つ='"゛       ,..-'´         \            \        `゙'''ー- l゙
.\   .\   _.. -'"゛          .../ ´゙゙''''`-x.._           ヽ,         \             /
  .\ _,, ー''"           ,..-'"゛ `|''‐ ..,_   .`゙''''― ..,,_、 .ヽ          \       _/
―‐''"            _.. -''゙゛./    l    `'''ti_       ⌒ .ヽ          ヽ, . -‐''"゛
        _,, ー''ミ゛   /     │、、    .`'''二ー ,,、     ヽ             \
  _,,,.. -‐'''"、.    .\ /      .l  .`'-、     .`''-、. `゙''ー ,,,_ .ヽ              \
⌒ ヘ..,、   \   . /        .!    .`'-、     `''-、,   ゛ ヽ              ヽ
..\,   `''''―ー¬'"         l       `'-、.      `'-、,  . l            ヽ
   \                    /           `'-、      `'-、, .l             ヽ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ ̄´゛
    .''ミ'-、,             / -、           `'-、         `'.l,                ヽ
     .\ `''ー..,,        /    ゙'-、            `''-、     ..l,                ヽ
      ヽ.   `゙''''''ー'''''"-、      \              `'-、    l                 \
          ヽ            \       \              `''-、  l               ヽ...、




花弁の鎧もどこ吹く風ッ!!!

最強の『スタンド』の名に恥じぬ最速の斬撃が休む間もなく咲の肉体を襲うッ!!!!
877 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:32:11.82 ID:FwejVYXa0
                ,,、 -''/
             イ  /,r ''了 / 了
               /  /,/  // ,/
           /   /:/  // _/
              イ  / / __/: l/
             |.  / //__,
.           |  レ '''"  /
.            |    ,、-ーー'
          |  r'
           |  |
            |  |                    ___,-、 _, ---- 、
            /  |.                 ,   ´     /  `  < ⌒\
         |  /.                /        |    :.   `ヽ、
         |/.                 /     / /   l|    V     `   、
                             .'     / , { { | |     | 、   、_ \_
          /:::::ヘ                |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´
.         |:::::::::ヘ                 | | {メ、_{ 从  | , |-‐'´ |  、 \`
.         |:::::::::::ヘ.            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、        
            |:::::::::::::ヘ.          /イ{ { r 从 { Vソ ;;;;;;;∨';;Vソ/イ |∧}         
          |::::::::::::::ヘ            ∨乂レハソ::´:::::::::::::::::::::::::::`:::|/ j' リ
          ヤ::::::::::::::ヘ.           }∧ ー:.         `:::::::::ムl/            
、            ヽ::::::::::::::::\.         /  、 八.     ,-‐‐┐ .人                   これで……終わりだッ!!!!
::::\         \::::::::::::::::\.          }イ/|\.   '、二ニ' /               
:::::::::\         \::::::::::::::::\         「<l|  `  .__/_
:::::::::::::::\         \::::::::::::::::``丶.,、_    |////>、     | 「/|
ヽ::::::::::::::::::`:゙''-、,_   _,,..-‐'::、::::::::::::::::::ヽ、ヽ-┴≦、[二]/l}    |、}l∧_                   /゙ '' 、
 ヽ、,_::::::::::::::::::::::`゙''ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'、\/////////\   |/////≧=-              /_  / ,、-'"/
    ゙''ー-、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\////////|___j\//////////≧=、            `',,、- ''" ,,,/
       `゙''ー-、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""ヽ ///∧ /.イ////////////|//|            /    /
       ,.、'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙''ー┴-、//////////////|//|          /  __/
__,,.. .-‐ "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ//////////////|//|        ∠  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐''"".////.l///////////////|//|         | /
:::::::::::::::_,..、-''ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..、-"././/////////l///////////////|//}         | /
_,,..-‐''    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,---、,_ノ/////////////////l///////////////|//|         |/
878 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:35:41.49 ID:FwejVYXa0
アナザー京「ダラアッ!!!!!」


                  r‐、//
                  |∠__/
          く ̄\   ノ! |/
          r、_>  `二ノ r、
        ノ r─'´ヽ, `ー‐'´ /          r─-、.      /!
        ` ̄ ___ノ   {´ ̄  _「L_      \  {       r' |
         __>  _∧ ヽ、 └ 、 r-、 }       \!     / |
        ` ̄ ̄   \__{     .| | l/           /  {_
                     |/         __r─'´ /´
                               ノ    r、/
                               ` ̄ ̄
     `゙''― ,,,"'ー、、         ヽ   ./l  / ,i′       _/゛./  .'丶ー- ..,,_     _,, ー''"゛.,,, -''"
        ,  `゙''ー.ミヽ..、       ヽ  l ! ./ . /       . /  /         ..二=ミ,,、 _..-'"゛
        /      `'-、ヘ..、     l .| !,iゞ ./      ./゛ ,..-'′      ,,, -''"゛   ._..-“゙''ー ..,、
       /      、   \ `'''゙‐''、  ll゙lゞ / ,i .,..=". /       ._..-''"゛     ., /       `゙''ー ..、
       /     ヽゝ ''=i..、`'-、 .\/゛  .! i|.┘  ,/     _..-''"       .,/゛
       !          `''ミ"ー.\      |./    /      .'",i‐7     _,,,,ィニ--―¬''''''''゙゙゙゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
      l                \ .l ヽ        l゙         ilr'"._..-‐'''" /
      .!               ゙广         `'ーて         .'"
      !             ─=二_             `'''ー-....--┐_,, -'ア -.---..........,,,,_
     l                   )            ( `゙゙''ー ..、  ___く            ⌒"''― ..,,,_
     .l    、              ,/.              ヽ.   `゙´ 、,´゙゙''ー-..,,,               `゙''''
     l  .,/゛           ∠           r‐,,r、.    ..\     `''-、   .`゙'ー ..、
    ,|-'´                 /    ,r‐-、  .!  ゙! l   ,i、 \       `'-、    `゙'ー、,、
  .,/゙.!          、     ,.rシァ   て  .!   .\   .|, .,∧ l、\ .\ `'-     .`'-、      `''ー、、
/  .|      : -"    ./'",,‐_x'''厂゙″  ┐ ,..―=、 ゙'ゞ l|  `へ,゙.、       `'、、  ゙'-、   `''-..、
   │             / .,,‐/ .}./      l, 'i     ゙'-. .、    ゙' \         .\.    \     .゛
    !      ,. ./   .iジ  / ヽ      l .!        ヽ     ヽヽ         \.    `'-、
   .! ._.  .,/ ./    .〃  ./   ヽ     ! !        ..l     ヽ'、             \     \
   .,|-'゛   ゛ ./     ./   ./     .ヽ    | ,!       .、 . l,     ヽヽ      、.   .\     .゛
  '" !    /     .  l   ./   ,、  ヽ   ,!.|   ヽ   .、 ゙'- l      ヽ.l   '、,  . \    \
   .l   ./     ./ . l   ./  / │   .ヽ  .| !   .ヽ  ..l   l      ヽ.l,   .ヽ,    \   .\
  │ ,/      ″ /   /  .‘       .ヽ .l.|       ,  ..l   .l,    . 、  lヽ    .゛     .\.,,, ノ=''"
   l‐゛   ..     ./   l、          ヽ:!|      ゙''-、,    !   .l .ヽ .ヽ.l      _.. -''"゛.\  `
. /.!    ,i′    ./   .` ヽ    .'' 、     .゙l(,      、  `'-、 .l   ..l   . l l   ,, ‐'″      `-、
″ !   .゛      l      ヽ    `'-     \     `'-、  .`'' l、   .l   . l l
  .|         /       .ヽ.     `'-、    .\.      \   ! \      . l.l,
  .|         /         ヽ.      ゙'-、    `-      `'-,,}  `'-、  ̄´゙'.lヤ― ..,,,,_
  .|        /          \         \.            ...l'-、  .\.  .゙l.l     . ´゙''''ー- ..,,、
  .l      |  l            \       `'-、          l. .`'-、. .\. ..lL



ラッシュを締めくくる強烈な一撃が、咲の腹部に叩き込まれたッ!!!!



アナザー京「トドメの一撃は、峰打ちと決めてある……」

アナザー京「絶対に殺す相手以外にはな……」



〇咲に250ダメージ!!!!
879 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:39:17.16 ID:FwejVYXa0

アナザー京「そして時は動き出す」


キュゥゥゥーーーーーン……



      / :::::/::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::∧:::::.:.:.:|:..:.:.:.|:.:.:::|i::.:.:|
     /   !  / ::::::/:::::::::::::::::|:| |::::::|:::|:::::..:.:i:::::::|:i:.:.:l
.    /............|........|..//.ハ.......:.ハ..:::| | !: : |:: |:::....:...|:::::::|::.:.:|
    /.:.:::;:イ::|!:::::::l//メ、|::::::::!'i:::::|::| i:::::|i:::|::i:::::::::|:::::::::.:.:i゙、
  /:.::/ .|::|:!:::://'´`ヽ!::::::| _、::|V-‐!::::|、::!|:::::::::|:::::::::.:.:|
  //    |/:::V::!|  <ヽヽ:::|  V'"´゛ヽ、!ヽi::::::::::ト、:::::./i|
        !::::::::|:r-、弋ノ  ヾ   f´:i  ヾ ゙、::::::/) }:ル'
       r‐|::::∧:ト、.\ ,     _ゞ',、  /  i:::/ ' /W
      人:|i:/:.:.::゙、 \ `ー-、    `i. ヽ  ,..N./:.:.:.:`ー-、     うぅうッ!!!????
    ,イ ゙、゙、:.:.:.:.:.:\ ヽ   `ー--‐' /_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,:.:-‐'´>、
    ! ゙、 ゙、゙、:.:.:.:.:.:.:ヽ         / /:.:.:.:.:.:,,:.:"_, -‐-´i::::|
.   /i ゙、. iヽ\:.:.:.:.:.:.\      ,ク´:.:.:.,,:.:"´イ´/     i::!
   i |  ヽi: :\\:.:.:.:.:.!ヽ  _, -‐'´i:.:/:./: / /     i| リ
.   i  | i ヽ: : :.\\:.:.>'´:.:.:.:,; -=i:./: :/ /    ハ |
   |   ゙、 ゙、 |\: : :\\i:.:.:/:.:.:.:.:.:..| : / /     i | ノ



バタッ


正面からも背後からも怒涛の斬撃を喰らった咲は、吹き飛ぶこともなく突然襲い来る全身の激痛に悶え倒れたッ!!!!


アナザー京「……」
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:39:40.04 ID:QwkLnKmVO
>>869
そっちじゃないキラークイーンの爆弾のほう
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:43:13.68 ID:QwkLnKmVO
原作での威力の凄まじさを知ってるとどうしても使うのを躊躇ってしまう
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/15(月) 23:44:39.24 ID:TrLisk4eO
アナザーが止めに入るだろうから大丈夫じゃね
883 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:45:30.77 ID:FwejVYXa0

咲「きょ…京ちゃん……」 ピクピク…

咲「う……うぅ……っ」 ズリズリ…

アナザー京「てめえの負けだぜ。咲……」 ザッ


痙攣し、血を噴き出し続ける身体を引きずって咲は逃げようとするが……その前にはアナザーワンが立ちはだかるッ!!!


アナザー京「その身体じゃ、なんとか話すことはできても逃げも隠れもできねえはずだ」

咲「っ……」

アナザー京「大人しく全ての事情を話してもらうぜ……」

アナザー京「そろそろ限界だ……また相棒に交代するが、今のてめえなら相棒でも片付けることはワケねえ」

アナザー京「そうだろ、相棒」

京太郎「……ああ」 バン☆
884 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:46:52.99 ID:FwejVYXa0
>>881
スタンド戦の開始時に相手のステータスは開示されているので、相手のHPギリギリのところまでダメージを与えればいいと思います
885 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/15(月) 23:55:55.85 ID:FwejVYXa0

咲「っ…!はぁ…はぁ…!」 ズリズリ…

京太郎「咲……これ以上の悪足掻きをするんじゃあない」

京太郎「いくら「柱の一族」の再生能力を有しているといっても……この須賀京太郎が回復の暇を与えん」

京太郎「話すのだ…!君の背負っている事情を…全て…!!」

咲「っ…!それは…ダメ…!」

京太郎「っ!!」 プツン


京太郎「この……クソカスがッ!!!」 バキイッ

咲「っ?!!」 ドゴッ


京太郎は激高し、瀕死の咲を殴りつけたッ!!
886 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 00:01:01.82 ID:ZZeUZb820
アナザー京『相棒…!いくらお前の腕力が非力とはいえ、やりすぎると……!!』

京太郎「黙っていろッ!!アナザーワンッ!!」

アナザー京『……』


咲「きょ…京ちゃん……」

京太郎「咲ッ!!」 ワナワナ…



                          /⌒ _>、/⌒ Y¨¨¨  、
                        /´> ´   ,    }      \
                        , ´    /     :    、   ヽ
                       /     /  '      |  |   ∨    :.
                     ー‐イ' /  /  | | l     }  | |  |     .
                           / '   ' / |{ |    / /| }  l  |    |
                      // / { | { .|、 |  , }/ }/  /  }    {
                     / ,..イ , } |\{::/{_/  /   乂__ ..`ニ=ミ∨
                        ̄´  |∧ 「{{`fッミ} ,_...:厶斗匕  {彡/⌒i }ノ
                          八}`¨ニノ ⌒K¨亙>  `´ノ⌒} |´
                             /::... u ゙^     .:/ _}:;ノ ノ   君がどれだけこの須賀京太郎や宮永照を「不幸」にしていると思っているッ?!
                              ', 〈、_,      u /  (__,彡′
                                  __      /   /{//      君たち姉妹に「確執」なんてあってはならない…!
                                 i ‐-`丶  ij  / レヘ
                               }        / // ノ{      君と彼女は姉妹仲睦まじく、「幸福に」ならなければならないのだぞッ!!
                                 \__ ..   < ///: :〉         
                            厂\ __///   /⌒\__        
                              . -‐/}/⌒⌒ヽニニ. /   ,//⌒ー-->‐-
                           / /〈_/::::::::::::ノ }ニ/    /    ,/     .
                     / /   >ー=彡八/  ___,/  .....::/     ____゚,
                    く /   /::::/'ニ  /   \  .::::/     /
                   _/ {   / }}:::/^) ,//     / ...:::/   /       i
                    /}   /  /:=彡::/__/ /     / .::: /          |
                    / /   / /::::::::::::/     /     /  /    /       |
                 /  {/   / //::::::::/     /     /   ′. . :/           |
               {  /   /,/ }}:::::::/    /       /  .:{ . : : ′         |
            /⌒ {___/==彡:/  ノ /     /..:...   }. : /         |
            >...:::::::::::::::::::::::::/  / /. : : : : : /  ⌒ヽ  {:.../ /}  /  . . . ._丿
           ≪    }}:::::::::::::::://ー彡 ,/ . : : :  /    ::..\_}{..:/ ノ / . . : : : / /
      <:::::::::::::::::==彡::::::::::/:::/     / : : :  /      {\//,ノ(_ノ {/⌒ヽ/:/
   /::::::::::::}}:::::::::::::::::::::::::::://::::/   /     /       厂ミ//´    /    /:/
  /:::::ゞ==彡::::::::::::《_》:/ ,/《_/   ,/   /: .    . . :/  {/    /     /
≪⌒》.::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::/  /   /::} : : : . . : : : /. : : /   _,/      {/
887 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 00:05:15.98 ID:ZZeUZb820

京太郎「引きずってでも東京の宮永照の下へ連れて行ってやるッ!!」

京太郎「彼女に誠心誠意……頭を下げて、「謝罪」するのだッ!!!」


咲「……したよ」 ポロ…


      /: : : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : .  ヽ
      /.: : : : : : : : : :/: : : : .i: : : : : : : : : :l : : : : :i .     ヽ
     i     . : : :l: : i: : . |   l    |:  l:  l     ハ
     .l     i  l  li   l  , |    i  l  l l :i i   ハ
     | . : :| : : : :| i: : l: : |l _,,/!‐'´:/i : : 'ー/|‐ ;;l ,_ l: :l: : l: :.l: .  l
      |: : : l: : : : :l,,|-‐l''|´l / /;/ l: : / _i /i/i /!: l: : l: : |\: . |
     |: : : :l : : : : l l: :|;,=ニiiii卜  !/ ゞiiiiiiヾ,i/ i/: : :i: : :|  \l
     l i: : llヽ: : :.i 彳,i;;;;;;;C ;  ......... ;i;;;;;;;C ゞ/: :/i:l : : |
      l i!: :ハ\: :l(´`)ニ=-C .::::::::::::. Cー(´`)//: :リ: : :|
      l!:l: : :l;ヽ, ゞ  :::::::::::     ,  :::::::::: !´: : :| \|
       ! 'l: |\~ヽ、               リ: : :/il   `     おねえちゃんには…中学のとき
           l! ヽ!\ゝ     ,,:‐.. ..;;,、   /:./|/ i
              '| `丶、 `~ ̄~~  〆|/';/            ひとりで会いに行って、謝ったよ…
           /´i;l    `>ー,.イ´ー、,,_
         〆i´  ヽ、     l  l ヽ ヽ ~ーニ,,,_
       /i  |    \      |  iヽヽ    ~゙ヽ、
     /  |  |\    \ー‐、 〆|   |.\\     ヘ
    /    |  |  \   \   |   |  ヽ ヽ i   ハ



京太郎「……なにッ!!?」
888 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 00:15:04.30 ID:ZZeUZb820

咲「けど……一言も口をきいてくれなかった……」


      /:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.ヽ:.:.、:.:.:`ヽ
      /:.:.:.:/:.:.:.:.:....i:.::::::|、:::..::i、::.:.i::::::..ヽ:::ヽ:.:.:.:ヽ
     /:.:.:.:.:i:.:.:i:.::::::::|:::::|::| ゙、:::| ゙、 i::i  ゙、:: ゙、  ゙、
   /:.:.:.:|:.:|:::::|::::::|::i| ::|:|  i .| i....|::|::::::::::i::::::i:::::::::i
   i:.:.:.:.i.|:::|  i| ||i..::::|:i  i:::| |::ハ:|:::::::::::|::::::i::::::::|
  i   |.| i |il..:::::i::|゙、::::i゙、__.i::| |ハ||:::::::::::|::::::|::::::::゙、
  i    | .!:::i::::|!゙、;::::::i ヽ:! ヽヾ ̄ ̄ |::|:::::::|-、::|:::::::i、i
 i  ,,,::::|:::i::::|゙、|メヽ::::i  ヽ'´_,........_ |:i|:::::/`ヽ.}::::: i リ
. i ..::;::-|::i:::゙、:|'´ ー ヾ   彡‐'´ ̄`ノ'i::::/  /:::::i::| 
..|/   |:::゙、::i゙、 .;==、       ,,,,,   i::/   ノ:::::/V    きっとまだ、私のことを怒ってるんだ……
     i:::::::ヾ::、´,,,,, ,      """ u レ /i´:::::/゛
.     i::::::;w、:゙、""                 V'"`
      ゙、/  \丶   ー'´`   ,     ゙、ー-、______
          ヽ!`ー- __    , ´    /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./<ヽ
            ___`フ´_ヽ    /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/ ,;===、ヽ
          /i:.:|.|:.:.:.:.:./  |   /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/  /     ゙、i



京太郎「……謝罪してもなお、許してくれなかったというのは」

京太郎「君が「太陽超克の儀式」を強行したことがそんなにも許せないことだったというわけか……」

咲「!!」

咲「そ…そこまで知ってるの?」

京太郎「ああ……」

京太郎「記者の力を借りたり、旧宮永家を探索したり、小鍛治健夜と交渉したり、霧島神境で『神託』の告げた真相を知ったりと……」

京太郎「謎が謎を呼び、解明にはだいぶ手間取ったが……君たち姉妹の「確執」の原因は、大方把握するまでには至った」

京太郎「だが、『神託』にも限界があった。だから君の口から何が起きたのかを話してもらわないと……本当の意味で「確執」を理解できたとは言えない」

咲「……そっか」
889 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 00:16:46.14 ID:ZZeUZb820

咲「私たちのために、いろんなところを駆けずり回って解決に奔走してくれてたんだね……」

京太郎「……」

咲「分かったよ…」

京太郎「!」


                  _........----......._
              ,. : ´: : : : : : : : : : : : :`: : 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
              :': : :,: : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : ヽ
            /: : :/: : : :/: : : : : : : : : |: |: : : : : : : ∧
             .': : : ' : : : / : /: :,: : イ: : :|: }: : |: : :|: : :∧
            , : : : |: : : / : /l: /: / }: : ,:.イ : /: }: :}: :!: : :.
             | : : : |: : /:{:_/_}ム/ / : /、_|:_/: /: /: :|: : : :.
             {: / : | : ィ´}//イ /}: / / }/`ヽ:イ: : ': : : : :
          〉,: :, {: : | ,ィ斧汽 /´ ィ斧汽、} : /:|\: : |
          {八:{ \:{とヒこソ       ヒこソっ: イ: :|  \}
          |   乂ム     :.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:  ムイl: /
             从{∧     _   _     人:∧{     全部、話すよ……。私のこともおねえちゃんのことも、何が起きたのかも……
              |/ >:../^} /⌒l、` .イ }:./ リ
                ___/-'-'-- 、/〉「-、/ '
          ,.. <:::::::::::::::{======ミ`ヽ|〉::`::::...._
         /⌒\\:::::::/`ヽ:::::::::::∨, {::::::::::::::::::>-、
          {==、 {:\/   〈7 ー、{ ̄|:::::::::::://,ィ^.
            ,   \Y       /   | ,::::::::/イ:.:./  ∧
         {      `|  、      |_/= ´イ:.:.:,イ  /  }
         |     W    \      | ̄´:.:.:.:/= }イ   |
         |    /     }    /-r  ´    |
         ∧   ,       |    /__」        ,    |
        {:::,   /       |   ,:.|:.:|      {
        L∧ /      /   /:.:|:.:..        |    |
          、 '         /:.:.:.|:.:.:|      |    |
           \         }|.:.:.:|:.:.::.,     |    |
            \     /:|:.:.:.Y:.:.}      ,      |
               | ` ー ´|:.:.:.:|:.:.:.:.マ:.:.|      {
               | /    :,:.:.: |:.:.:.:.:.}:.:.|      |      |
                W    ,:.: ∧:.:.:.:.:.:/     ∨     |



京太郎「……頼む」
890 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 00:55:24.90 ID:ZZeUZb820

咲「まず、私のこと……」

京太郎「……」

咲「私は物心ついたころからずっと…「前の世界」で起きたことを全部覚えてたんだ……」

咲「でも、他の誰も「前の世界」のことは覚えてなかった……おねえちゃんに話しても、きょとんとしてた」

咲「「この世界」で小さい頃に起きたことは、「前の世界」で起きたこととほとんど同じだったよ…」

咲「これから起こることが未来予知みたいに分かって……お母さんやおばあちゃんは不気味がってた……」

咲「だから、あんまり話さないようにはしてたよ…」

京太郎「……」

咲「「前の世界」と違ったのは……私が、素質があるだけで身につけてなかった「波紋呼吸法」を生まれた時から使えたことと……」

咲「「柱の一族」の血を発現してたこと……」

咲「麻雀で人とは違うものが視えるだけじゃなく、そんなことまで身につけてる私は……「神様に愛されてるのかな」って直感的に分かったんだ」

京太郎(「波紋法」を使える「柱の一族」で『スタンド』を使いこなし、「オカルト」も備えている「奇跡」の存在であることは……)

京太郎(自身でも「天照大神の御身」の恩恵によるものだとなんとなく分かっていたのか…)

891 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 01:06:05.50 ID:ZZeUZb820

咲「そして……もうひとつ、「前の世界」と違うのは……」

咲「おねえちゃんが……「前の世界」より、日光に弱かったこと……」

京太郎「!!」

咲「京ちゃんも知ってるよね……」

咲「「柱の一族」の血は、「オカルト」が破られたときに強制的に発現しちゃうけど……」

咲「「前の世界」のおねえちゃんは、「オカルト」が破られなくても…自分の意志で「柱の一族」の力を使えたし……」

咲「その状態でも、ほんのわずかな時間なら日光の下にいても耐えられた……」

京太郎「ああ……そうだったね」

咲「けど、「この世界」のおねえちゃんはそうじゃなかった……」

咲「ちっちゃいとき、お日さまの下で家族麻雀をしていて……私がおねえちゃんの「連続和了」を止めたら……」

咲「急におねえちゃんの皮膚が爛れ始めて、おねえちゃんが苦しみだした…」

京太郎「……!!」

咲「お父さんとお母さんが屋内に避難させたから、そのときは大事にならなかったけど……」

咲「たぶんおねえちゃんは、「前の世界」と違って……「神様の加護」がなかったんだと思う」

咲「だから、ほんの一瞬太陽の光に当たっただけでも深刻なダメージを受けてしまった…」

京太郎「……」
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 07:11:16.75 ID:QMYSSYnhO
儀式実行者の選択は咲が正解か
あの四択は愛を選んでいても間違っていたわけね
893 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 07:29:25.40 ID:ZZeUZb820

咲「お母さんとおばあちゃんは、そのことをすごく怖がってね……」

咲「昔、お母さんはプロの麻雀士だったんだけど……」

咲「プロ入りしてからもしばらく無放銃を誇る伝説的な強雀士だったらしいんだ」

咲「けど、ある時お母さんの「オカルト」が破られて……「柱の一族」の血が強制的に覚醒してしまったらしくて…」

咲「お母さんはそれを機にプロを辞めたんだ」

咲「おばあちゃんは、普通の人間だったんだけど……」

京太郎(……そんな経緯があったのか)

咲「そしてお母さんとおばあちゃんは……」

咲「お母さんとそっくりで、とてもかわいがってるおねえちゃんが……いつの日か「オカルト」を破られて…「太陽に殺される」ことを怖がってた……」

咲「だからおばあちゃんは…1度イギリスの実家に帰って、アークタンデの家で密かに受け継がれている「儀式」について調べて……」

咲「遂に「儀式」の詳細とやり方を見つけ出してしまったんだ…」

咲「「柱の一族」が太陽を「克服」するための…冒涜的で残酷な「儀式」の執り行い方を……」

京太郎「……「太陽超克の儀式」か…!!」

咲「……」 コクリ
894 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 07:46:18.60 ID:ZZeUZb820

咲「帰国したおばあちゃんが、「儀式」について私たちに告げたとき……おねえちゃんは「絶対にやりたくない」って拒絶したよ…」

咲「もちろん、私も「イヤ」と言った……お母さんは…悩んだ末に、実行したがっていたけど…」

京太郎「……!」

咲「だって、家族か親戚の誰かを「生贄」や「犠牲者」にするなんて……いくらおねえちゃんのためでも、できないと思った……」

京太郎「ならなぜ……「太陽超克の儀式」は実行に移されたのだ…?」

咲「……それには長い経緯があったんだ」

咲「それからというもの……おばあちゃんは、岩手でしてた仕事の合間を縫って何度もうちに来た……」

咲「そのたびに…何度も何度も…宮永とアークタンデの血筋を引くみんなが集まって、家族会議が開かれたんだ」

咲「でも、毎回おねえちゃんは泣いて嫌がった……」

京太郎「……」

咲「「儀式」の「術者」は…おねえちゃん自身か、一族の他の「柱の一族」がやらないといけないけど……」

咲「おねえちゃんが「術者」になる場合、休眠状態に陥らないためにも……柱の一族ふたりを「生贄」と「犠牲者」にしなくちゃいけない……」

咲「でも、親族の中で柱の一族の力を発現してたのは、お母さんと私のふたりだけ……」

咲「でもおねえちゃんにとって、私かお母さんを殺すなんてことは絶対にしたくなかったこと……」

咲「だから「術者」と儀式の「対象」は別になった……」
895 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 07:59:02.29 ID:ZZeUZb820

咲「そして私も「術者」になって家族か親戚の人を殺すなんて嫌だったから、拒否したよ…」

咲「するとお母さんが、「術者」を買って出た……」

咲「「対象」であるおねえちゃんを除いて、私しか柱の一族はいないから……お母さんは絶対に休眠することになっちゃうけど」

咲「それでもお母さんは、「術者」になると言って聞かなかった」

咲「私とおねえちゃんがいくら嫌がっても、意志を曲げずに……おうちの地下に、休眠用の洞窟まで作り始めちゃったんだ……」

京太郎「……」

咲「そうなると次は、誰が「生贄」と「犠牲者」になるのか?という話になったんだけど……」

咲「まず、アークタンデの血を引いてないお父さんは除外されて……」

咲「おばあちゃん、私、お母さんの妹の立おばさん、立おばさんの娘で私たちのいとこの光ちゃんの誰かが務めなきゃいけなかった……」

咲「まず、「生贄」はすんなりと決まったよ…。おばあちゃんが名乗り出たの」

京太郎「アビー・アークタンデが……」

咲「そう……。おばあちゃんは焦ってた……」

咲「おばあちゃんは……職場には隠してたみたいだけど、心臓を患ってたから……」

咲「「前の世界」の記憶がある私は……その時のおばあちゃんの余命が1年もないことを知ってたけど…」

咲「自分でも、寿命がそう長くないことを分かってたんだと思う…」

京太郎「……」
896 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/16(火) 08:08:44.44 ID:ZZeUZb820

咲「そして、「犠牲者」は誰になるか…という話し合いで」

咲「それまでの家族会議で、おばあちゃんとお母さんが「儀式」遂行の意志が固いことを知った私は……自分から名乗り出たよ」

京太郎「!!」

咲「私はどういうわけか、「奇跡」でも起きたみたいに「柱の一族」でありながら、太陽をものともしなかったけど……」

咲「おねえちゃんは、これから先……太陽を恐れて暮らし続けなきゃいけないというのが……不公平だと思ったから」

咲「おねえちゃんのために……自分が「犠牲者」になってもいいと思った」

京太郎「……」

咲「けど、おねえちゃんがいないときの家族会議で……それは却下されたよ」

京太郎「なに……?」

咲「理由は……いざ「儀式」を開始した時に、おねえちゃんが抵抗した場合…」

咲「おねえちゃんを押さえつけて無理やり「儀式」を進めるには、私のパワーが不可欠だったから……」

京太郎「……!!」

咲「嫌な役回りだな、と思ったよ…」

咲「なぜかは分からないけど……」

咲「「前の世界」では持ってなかった強力な力を持って生まれたがために、自分が犠牲になることも許されないなんてね……」

京太郎「……」
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/16(火) 09:03:18.09 ID:4S7cmjLA0
なんかノートルダムで火事とかとんでもないニュース入ってきたが
イッチ!君の意見を聞こうッ!
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 00:28:39.68 ID:MknrUn9J0
>>897そう言う話は人それぞれ皆意見違うし 絶対荒れる原因になるから やめたほうが良い
899 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:07:05.16 ID:ewpDZuqo0
>>897
いや普通にショックですね
出勤前にニュースで見てパリ終わったなと思いました
900 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:07:58.08 ID:ewpDZuqo0
咲「残る「犠牲者」は……立おばさんか、いとこの光ちゃんが務めなきゃいけなかったけど……」

咲「光ちゃんが自分からやるって申し出た……」

京太郎「……? その少女は……「儀式」に反対しなかったのか?」

咲「うん……」

咲「光ちゃんは…柱の一族の血のせいか、光線過敏症と皮膚がんを患ってて……」

咲「満足に外を出歩けないような身体だったんだ……」

咲「お魚が大好きな子で、たまに水族館に行ったり、ほんのわずかな時間だけ海辺で魚が泳ぐのを眺めたりするだけで……」

咲「ほとんどの時間はおうちの中に引きこもってなきゃいけなかった……」

咲「そんな光ちゃんを、小林のおじさんは疎ましく思ってたらしくて……光ちゃんも自分でそれに気づいてた」

咲「だから、自分から「犠牲者」になるって言ったんだ……」

京太郎「……」

咲「立おばさんは……おねえちゃんの身体の一部としてでも、光ちゃんが太陽の下で暮らせるなら…と、その申し出を承諾してた…」

咲「私も同じ気持ちだった……」

咲「「前の世界」では……光ちゃんは2か月後に容体が悪化して……苦しみながら亡くなってしまったから……」

咲「「もしかすると同じ運命を辿るのかもしれない」と思うと……その方が幸せなんじゃないかと思った」

咲「おねえちゃんの身体と融合して、お日さまの下で泳ぐ魚を見て暮らせる方が、幸せなんじゃないか……って」

京太郎「……そうか」
901 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:08:35.68 ID:ewpDZuqo0
咲「全ての役目の担当が決まってから……7年前の冬のある夜、「儀式」は実行に移された」

咲「おねえちゃんが眠りに落ちてから……岩手からおばあちゃんが来て、お母さんはおばあちゃんを殺した」

咲「おばあちゃんの血に塗れた「石仮面」をおねえちゃんに被せて……お母さんは、泣きじゃくる光ちゃんに向かって呪文をかけた」

咲「けど、その時……異様な気配に勘付いたのか、おねえちゃんが起きちゃったんだ……」

咲「おねえちゃんは泣き叫びながら「儀式」を中止するようにお母さんにお願いした……」

京太郎(……『神託』が告げた通りの展開だ)

咲「けど、お母さんは聞き入れずに……前もって決めていた通り、私に合図を送って……私は指示通り、おねえちゃんを捻じ伏せた」

咲「「オカルト」が解除されていない、普通の人間と同じ身体能力のおねえちゃんを組み伏せることは簡単だった……」

咲「今でも覚えているよ……あの時のおねえちゃんの、苦しそうで、悲しそうで…恨めしそうな顔は……」

京太郎「……」
902 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:09:05.71 ID:ewpDZuqo0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

愛「エム イル シュア ネウ アンフ セフチュ ヘヌア ウンヌ エフ ヘヌア ウレル テル エル ネヘフ……」

照「やめてっ!!お母さん、やめて!!!」

咲「……おねえちゃんっ」 グワシイッ

照「さ…さ…!咲…!!は…離して…!」 ググググググ…

咲「ごめんね…ごめんね、おねえちゃん……」 グググウウッ

照「う…裏切ったの…?!おばあちゃんと光を…売ったの…?!」 ググググググ…

咲「……」 グググググッ

照「……咲っ」 ギリッ
               __           __   _       __
              /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
              〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
               ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
               V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
                V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
                 .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
                 .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
                 ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
                    .V     U                             〈:::/ \/
:.:.:.:...   :::::::::::::::::::::::__,::‐---‐-、::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::f´      ,  |::::::::::::::::::::
 ::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::i  !  |   |  |ヽ:::::::::::::::
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::└-L_ !  | ,ィ ハ:::::::::::::
    :.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::T`'"´::し′!::::::::::::
       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::゙、.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:::::::::
            :.:.::.::::::::i:.:.:.:.:.:_;.-┴┐::
               :::::|  //::::::::,!-、_
                    //:.:.:.:.:_/:::::....|
                〈 // ::./:.:.:  :.:.|
                ヽ /:::::::::  ::::::\
                 Y :.:.:.:.:.:   /   i
                  !、_!:.:.     /   \
                 .:.:.:.:.゙、    //   ヽ
                .:.:.:.:.:.. i   /     __,ゝ,       _,,..-‐''""´ ̄ ̄``゙ ゙ヽ
               ..:::.:.::    i  /     / / \ _,....-‐''"_,..-‐_''"´ ̄ ̄ ̄二二二\
              .:.:.:.:.:    .i /   / /  -=、-ァ''":.:.:.:.:/  ノ)‐''"-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::ヽ
           .....::::::::::      V // /     /:.:.:.:.:.:.:.:.:! /_;/:.:.:.:_;.:.-―:.::.:.::::::::::::::゙、
           ....:::::::::::         ノ'′/ /       /:.:/:.:.:.:/'"//ィ彡:._.:-―-、_:.:.:.:.:.:..:::::::::::::i
     ..........::::::::::::         /  / //      /:.//:.:.:/      ''"´∠:X;エ二._.:.:.::::.::::::::::::|
................::::::::::::::          / /!.//     _.イ;/-i:.:./ /         i. (三}'} ナー-、`.:.:.:.::::::::::::|
                /  /::::| i:.{    ,.ィ´ |   |/ /       .::.  _//_,.:-―:.:.:.:::::::::::::::|
               /::\   |::::::| |.:|   / i  j:    i    r.、  ::::::. -‐;i二7.;.:.:. ..:.:.:::::::::::/
             (:::::::::::::ヽ  !:::::::、|:.! /   、      :、     | |   :::: ∠..-‐/:.:.:./:.:.:::/
  ヽー-、         >.、::::::::::ヽ{:::::::::i.:|./     \__,.、-‐ー、._ └'  :'、=∋メ'"..-‐'"; ‐/
    \:`ー-..、_    /  `ー-、_::\:::、V    _,...-‐''"´       `>ー---――∠:.:_;.:-イ  :/      咲ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっ!!!!!
      \:::::::::::\ ;イ      \:::>(_!-rf'"´              //7:.;.ィ.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/ :/
       \:::::::::::::メ|        i、イ::\、-、ー-、_    _,:=ヒ ∠ノ /:.:.:.:./:::::/::/ /
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 07:09:08.17 ID:9tztfKRA0
>>898
先日の旅行で訪れていただろうし
そういう立場から思うところがあれば教えてほしい…と思ったが
ちょっと軽率すぎたか
失礼しました
904 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:09:43.55 ID:ewpDZuqo0
               //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヽ
              / 〃7/:::::::::::::::::/::::::/7:::::从::::: |ト::::::::::i:::::::::::::::ハ
           / / //:::::::/:::://i:::::/ /i::::| ':::::|l :::::: i:::::::::::i:::::il
            / j:::::::/:::::::/__::/  |{ |:::i  i:::ハ.∧:::::|: i:::::::i:::::|l
             { /:::::/:::::/i{  |{ ̄~|圦:::; i/ j/-j::::/:::|::::::il::: |l
                /7::::i::::/ ィ 弌ト、.   乂/'-/=ミ::/ j::i:::::::|l::::リ
          _ / |{::::ト::{〈 ら:::::::}`     ´んぅト/ /!::::::リ::/
.               八:::|从とつー '        ら::::/ 〉 ::::;:イ:::{
              >、 } 〃〃   ,   ` ーrっ// ノ::八
                 /⌒              〃〃/}_rくノ )}
             /::::::::::/\   ^ ` 〜 、    / >=へ      ごめんね……おねえちゃん……
                {:::::从:{   >        _  < /:i:::::::::::ヽ
                  ゝ:::(八    _}>-=≦/{_    {八::::::::ハ::}ト
                   /i |   `>/::::\    }::/ レ'
              ---=ニ¨:::::::い  / '::::::::::入   ´
       __  /      i:::::::::ヾ/ ':::::::::::/  `ヽ
     /-、   `ヽ    \    乂:::/::::::::::::::/      ヘ
  r'⌒.i   `¨ヽ ヽ\.   〉   У:::::::::::::/      /   ,
  r|  V  ∩  i_ \ヽ /i  /::::::::::::/      r     '
  i {  {   !::i  八   ハ/.ノ ..:::::::::::::彡        | /   ,
  ゝヽ. } |: |  /:: )(__/´ ̄¨ニ=-__。,_______|_/____'_
   ゝヘ } ト、/
      し
905 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:10:11.52 ID:ewpDZuqo0
                      _
                  ト、   ^)ノrァ
               |し'!、_ノ |_ノし! リ    rイ
               し-‐1 r―‐'´   :ト、ィ__j しヘ
                ,イ | |! |!     :| ィ――''イ | ト、__,ィ        ト、
                )ノ_j l| :八,ィ   し'   / /  し‐ ニ!:/  イ ,ィイ  ム l
                ̄ ) _ノ:(__ノ     _./ /    // レ'   し' (ノrイ  ) |
                /'´         /'´ ̄    /´      _,.ノ /  ^)/
                                        /´ ̄   _,
                                            ⌒)ノ
                )  廴     〉                              j}        j} イ
            `ヽ、 }i   _}                            i{  /{i   / Y´
                  \ }i  ト、                            i{ ノ /  / ,イ´
              ノ〉     _ ノ´                                し' /  j{ /
              ) 廴ノ{    `!                                  j{   j{ (
              {   しi  {廴i{                                 /   j{/´
              `Y    {  `ヽ、                             7
               ト、Y¨リ   ノ                               j{
              }i | ) }! /{  )                            /⌒ ,イ
           }!{ ヽ、{ }/  弋                              て _ノ /
           リ  )   }i  )_                               廴/ j{ /{
                 }ヽ、_}i                            て/ {i
                 ,ィイ  丿  ¨                            /j{  /
                (   |  `¨ヽ、            /{                   >´ / /           _≧s,ィて
                 ) ノ    ノ         }/ }i    し'         {_ /⌒      j{廴   ⌒г。
              jし'リ´   jし ヽ、          |!    イ′    ,イ     てノ}сm{_  ,ィ´ ノ     ヽ、_)
し    il   jしイし'   廴jし' (_,ィ劣    ,才し'jしィ  }      そ    ) 廴  _ノ′   (  }才´_j{廴_     )
(   ノレ'し'         }し'レ,' ノレし廴_ノレ'   __,j{   }i     しィノ廴,ィ劣 てノ´____≧sィ劣____≧s。,イ
i≧sィ劣___j{___j{  し'    __,,,才¨´ノ ,才,ィ{        /      そ     入_    ,ィて_   ̄ ̄ ̄ ̄
         )ミx  ,イ    __,,,才´   ノし' そ´j}  )     レ'!      廴_   j} (_  _ノ  /⌒
         _,才'  し'  __,,,才´    j廴_) ,才¨´ N し′     /しй-ュ    て_ノ 厶   ̄⌒
       _)   _Y¨´      ノ ,才´     入        /    ¨“''气      `そ_从_
    ノ,才a¨¨⌒`         ,ィ'才    }!  ノ          しィ        ⌒“''气        て_.,ィ
し,,ィ'¨                jし'レ´         }!Ю)       j{_   イ             ´⌒“''气    て_,才廴
⌒              ,才´     ノしィ  ) 守     ,イ (  彡'                    ⌒“''≧s。   て
                   ¨´      )   (  `Y     ノ て マ                    ⌒¬r-z_
                      `}i 廴  j}    j{ /   し,
                    _廴ノ  て_ノ    j{ (    j{
                         `ヽ、          _   /
                      人__)                  jし,



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
906 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:10:44.31 ID:ewpDZuqo0
咲「おねえちゃんは必死に抵抗したけど……」

咲「私が前もって油と一緒に散布していた[嶺上開花]の花びらに着火して…[百花繚乱]で捻じ伏せた」

咲「おねえちゃんは遂に諦めて何も言わなくなった……」

京太郎「……」

咲「「儀式」が完了して……光ちゃんが完全におねえちゃんに取り込まれると、お母さんは地下洞窟に姿を消して…」

咲「私は燃え盛る家からおねえちゃんを連れ出して……この諏訪湖まで連れてきた」

京太郎「!」

咲「光ちゃんはたまに体調がいい時、外出してこの桟橋から魚を眺めていたんだ……」

咲「朝日が昇って……」

咲「水面に映る自分の姿と…元気に泳ぎ回る湖の魚を見て、おねえちゃんは声を上げて泣いていたよ…」

京太郎「……」

咲「私は何も言えなかった……」

咲「おねえちゃんとはそれっきり話してない……」

咲「春になって、小林のおじさんと立おばさんがおねえちゃんを引き取られるまでの間も……全く…」

京太郎「……そういう事情だったのだな」
907 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:11:12.89 ID:ewpDZuqo0
咲「中学生になって……募りに募った罪悪感に耐え切れなくなって、東京のおねえちゃんに謝りにいったときも……」

咲「おねえちゃんは、一言も口をきいてくれなかったよ…」

咲「ただ、憎しみに満ちた冷たい眼で私を見つめるだけ……」

京太郎「……」

咲「けど、当然のことなんだ……」

咲「おねえちゃんの時は、7年前のあの夜から止まってしまった……」

咲「お母さんが休眠に陥って、おばあちゃんが亡くなって、光ちゃんが融合吸収されて、私がおねえちゃんを捻じ伏せたあの夜から……」

咲「その時私は理解したよ……おねえちゃんの心の傷は、私がいくら謝っても癒せない…古傷を抉ってしまうだけだって」

京太郎「……」
908 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:11:44.11 ID:ewpDZuqo0
咲「もし……この世にただ一人、おねえちゃんの傷ついた心を癒せる人がいるとすれば……」

咲「それは、京ちゃんしかいないって思った」

京太郎「! ……俺か」

咲「「前の世界」でおねえちゃんの旦那さんだった京ちゃんなら……どうにかしておねえちゃんの心を癒してくれるかもしれないと思った」

京太郎「……」

咲「けど、大嫌いな私が京ちゃんと何か繋がりを持っているとおねえちゃんが知ってしまったら……」

咲「おねえちゃんは、京ちゃんさえも受け容れることができなくなってしまうかもしれない……」

京太郎「……それでこの須賀京太郎をも拒んでいたのか」

咲「うん……」

咲「今、日本のどこにいるのかも分からない京ちゃんが……何のしがらみもないヒーローとして、おねえちゃんに手を差し伸べること……」

咲「私にできる唯一の償いは……その可能性に賭けることだったから……」

京太郎「……そうか」
909 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:12:41.14 ID:ewpDZuqo0

京太郎「咲……君の事情はよく分かったよ」

京太郎「だがね……この須賀京太郎が、宮永家の闇について知らんふりを決め込んで……宮永照と関わり続けるということはできないのだ」

咲「……どうして……?」

京太郎「そんなものは、「対症療法」に過ぎない……」

京太郎「俺がいくら彼女を幸せにしても、心に闇を抱え続けることには変わりないし……」

京太郎「咲…。君と宮永照の「確執」を解決しなければ、俺の心に後味の良くないものを残すからだ」

咲「なにそれ……」

京太郎「どうでもいい他人に溢れるこの「1巡後」の世界で……」

京太郎「君はこの須賀京太郎にとって「故郷」のようにノスタルジックで思い出の深い大切な存在……」
910 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:13:57.33 ID:ewpDZuqo0
京太郎「たとえ宮永照の心が癒えたとしても、君が罪悪感に苛まれ続けるというのでは意味がないのだ」

咲「……でも……」

京太郎「これは俺のエゴだ……だが、この須賀京太郎の思い通りにならない事情なんてものは認めない……」

京太郎「それがこの須賀京太郎のポリシーだ……!だから……」


             }{ { / / / ノ   ,ノ }| 八{ `丶、ー=彡く    /〃 /
           / ___} {/ /〃/}} / 八〈 r‐=ミ \ー=ミ゙\___,// |  |
        .///:} { 〈〈(〈 ,ノハ/ ./.イ }} ヽ__(ヽ: : }⌒^^^^^゙7}{ |  |
.       -=二 ./ ノ人 ハ}}}〈(_ノ//ノノノ〉 ⌒ヽ}:...八       }{ |  |
         ./ イ(___/ {/,}厂 ̄`^ー=彡      し::.. \   | }{ |  |
          ..'/乂___ {{  }〃:......: ...: : .   :.      \:::...丶  | }{ |  |
.        ..'/ '└‐=ミ) 《{K:...:^{V::.. u  u:.      \::...  | }{ |  | . : .
.        }'  / =彡ヘ,_}{ :... }}.::,ハ     \__       ヽ:. | }{ |  |: : : : : .
         // イ⌒ハー=ミ  ヽ{{ :{{ ,  ij   u         :... | }{ |  : : : : :
            { / レ}从八\i八V{{ぅ」::...      U    |:. :| }{ | ..::ヽ: : :/
           '′   レ} V八\ヽ) ^゙⌒ヽ    ,     |:: :| }{ | ...::::八}/
                 {/     ーヘ  ...::..   ./  ij u l:: :| }{ | :.::/ {{
                           ゚, 〃  .:/  /     /{|/⌒|    〉
                           }__/^ーヘ _/       仄|_}}i:i|     {
                               ⌒ ー‐く{ : |]{:i:i:|     |: /
                                   } トくi〈|     |/
                                   | |{/=}|     | /
  宮永照に君を「赦させる」……!            / ,ノ{i:i:i}|     |{/
                                     / { /i:i:i}|    // ,
  それを以てようやく…!                 {:... |i{__}}:i:|  ...:{ { /
                                  7 :|i{[]{i:i:|  : ::} l//
  姉妹の「確執」は終焉を迎え、                |i}:i:i:i:i:| . . ..:|//
                                      i  |{i:i:i:i:i:|. : . ...:|/
  この須賀京太郎も安眠できるのだ……!        .|  |{i:===|. : : ::::|.:::.. /
                                      | .: |{i:i:i:i:i:|: : : ::/ ::/
                                      |: : |{__}}i:i:|: : /{...:/



咲「そんな……」 ウルッ
911 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:14:27.13 ID:ewpDZuqo0
咲「無理だよ…」 ポロポロ…

咲「あんなに私のことを憎んでいるおねえちゃんが、今さら私のことを赦してくれるはず……」 ポロポロ…

京太郎「俺はまだ知らないが……アナザーワン!貴様には「策」があるのだろう?」

京太郎「勿体ぶっていないで、さっさとその「策」とやらを話すのだ!」

アナザー京「……そうだな。咲にも伝えておく必要がある」 ドン☆

咲「…もう一人の京ちゃん…」

咲「「策」って……?」

アナザー京「おれたちも随分、宮永家の闇を解決するために調べ事をした……」

アナザー京「その過程で……「太陽超克の儀式」について、その詳細を知ることになった」

アナザー京「咲……。お前はアビー・アークタンデや宮永愛から何も聞かされていなかったのかもしれねえが」

アナザー京「おれたちに「儀式」の詳細を教えてくれたヤツは……興味深い「儀式の欠点」までも伝えてくれたんだぜ」

咲「「儀式の欠点」……?」

アナザー京「ああ」
912 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:14:59.12 ID:ewpDZuqo0
アナザー京「いくつかある「儀式の欠点」……その一つは」

アナザー京「「「対象」が別の一族の血を浴びた状態で反対呪文をかけられると、「犠牲者」との融合を解かれてしまう」という点だ……!!」

咲「……!!?」

京太郎『なるほどね……その手があったか。流石に高い知能を有しているだけのことはあるな、アナザーワン」

アナザー京「まあな……」

アナザー京「この「欠点」を利用すれば……「犠牲者」となった小林光と照さんの融合を解除し…!」

アナザー京「少なくとも、その少女だけは救うことができるはずだ……!!」

咲「ひ…光ちゃんを…救える……?!」

アナザー京「ああ……!!」

アナザー京「だが、これはあくまで「根本治療」のプロセスの1つだ……」
913 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:15:35.09 ID:ewpDZuqo0
アナザー京「てめえが改めて謝って、照さんに赦してもらわねえ限りは……照さんの心の傷も、お前の後ろめたさも、解決することにはならねえんだぜ!咲!!」

咲「っ……」

咲「で…でも……」

咲「光ちゃんが助かっても……おばあちゃんが亡くなったことも、お母さんが休眠に陥ったことも変わらないし……」

咲「おねえちゃんを捻じ伏せた私に対する憎しみは、なくならないと思うよ…」

アナザー京「寿命が近づいていたために焦って「儀式」を急いだアビー・アークタンデが殺されたことは取り返しがつかない……」

アナザー京「だが、宮永愛は休眠に陥っただけで……死んじゃあいないし……」

アナザー京「善良ないとこを救えるってだけでも、閉ざされた天岩戸に風穴をブチ開けるくらいの効果はあるはずだ」

咲「ぅ……でも……」

アナザー京「咲……」 ギュッ

咲「!」

                        ̄
               /    /⌒〉  `丶、
              /    /   ⌒    丶、
.          /                |  \_ 丶、
         /     /     |    /     ∨ ̄
.         / /          jl.   /  }    ∨
           |   |   / //   /Λ _ !  \ |
.           l . /~| /``〜 _///∨  ∨ `
        ,ィi{ 八{  |/ 苡テ/   --‐V /|/)h、
     ,ィi{二二二\}!     |     /|/ニニニニh、
   ,ィi{ニニ二二二二∧    ′   /ニニニニニニニニニh、
 ,ィi{ニニニニニニニ二二二\ __ -‐ /ニニニニニニ/ニニニニh
 ニニニニニニニニニニニニニニニ ≧==≦ ニニニニニニニニニニニニニニ
|ニニニ\ニニニニニニニ. /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ ニニニニニニニニニニニ|
|ニ二二\二〈~\ー- _i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ニニニj{ニニニニニニニニ|    「1巡」の時を経ても……おれたちは「家族」だ!!
|二二二二\/  \__ ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨ニ j{ニニニニニニニニ|
|ニニニニニ二二〉        ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}ニニj{ニニニニニニニニ|
|ニニニニニ二圦         廴|ニニニ==-- ---==ニニ/ニニニ\
|ニニニニ二二j{ニ\.       }ニニニニニニニニニニニニ=---‐くニニ 〉
|ニニニニニニニj{二:圦≧s。___/ニニニニニニニニニニニニニニニニ二\|
|ニニニニニニニ/{ニニニ人i:i:i Vニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
|ニニニニニニニ┐ニニニ/i:i:i ニ=- ""''' ‐ - =ニニニニニニニニニニニニ|
|ニニニニニ-=≦ニニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨ ̄≧=‐ _ ニニニニニニ|
|ニニニニニニニニ=────────┐ /    ~.┐ニニニニ|
|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二| ̄       ┴「 ̄ ̄
|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二|      /〉_/
 ~""''' ‐- -=ニニニニニニニ二二二二|____/
           ~""''' ‐ ---- =ニ!
914 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:16:12.84 ID:ewpDZuqo0
アナザー京「「家族」の仲が悪けりゃ、解決したいと思うし……そのためには尽力もする…!」

咲「京ちゃん……」 ウルッ

京太郎「だがね……」 バン☆

京太郎「結局のところ……「家族」の一員たる俺たちの意志だけでは、わだかまりは解消できない……」


                          /⌒ _>、/⌒ Y¨¨¨  、
                        /´> ´   ,    }      \
                        , ´    /     :    、   ヽ
                       /     /  '      |  |   ∨    :.
                     ー‐イ' /  /  | | l     }  | |  |     .
                           / '   ' / |{ |    / /| }  l  |    |
                      // / { | { .|、 |  , }/ }/  /  }    {
                     / ,..イ , } |\{::/{_/  /   乂__ ..`ニ=ミ∨
                        ̄´  |∧ 「{{`fッミ} ,_...:厶斗匕  {彡/⌒i }ノ
                          八}`¨ニノ ⌒K¨亙>  `´ノ⌒} |´
                             /::...   ゙^    .:/ _}:;ノ ノ    
                              ', 〈、_,        /  (__,彡′
                                  __      /   /{//     君も含めた「家族全員」が「幸せになろうとする意志」……
                                 i ‐-`丶    / レヘ
                               }        / // ノ{     その強固な意志なくしては、問題が解決を見ることはないのだ…!!
                                 \__ ..   < ///: :〉
                            厂\ __///   /⌒\__
                              . -‐/}/⌒⌒ヽニニ. /   ,//⌒ー-->‐-
                           / /〈_/::::::::::::ノ }ニ/    /    ,/     .
                     / /   >ー=彡八/  ___,/  .....::/     ____゚,
                    く /   /::::/'ニ  /   \  .::::/     /
                   _/ {   / }}:::/^) ,//     / ...:::/   /       i
                    /}   /  /:=彡::/__/ /     / .::: /          |
                    / /   / /::::::::::::/     /     /  /    /       |
                 /  {/   / //::::::::/     /     /   ′. . :/           |
               {  /   /,/ }}:::::::/    /       /  .:{ . : : ′         |
            /⌒ {___/==彡:/  ノ /     /..:...   }. : /         |
            >...:::::::::::::::::::::::::/  / /. : : : : : /  ⌒ヽ  {:.../ /}  /  . . . ._丿
           ≪    }}:::::::::::::::://ー彡 ,/ . : : :  /    ::..\_}{..:/ ノ / . . : : : / /
      <:::::::::::::::::==彡::::::::::/:::/     / : : :  /      {\//,ノ(_ノ {/⌒ヽ/:/
   /::::::::::::}}:::::::::::::::::::::::::::://::::/   /     /       厂ミ//´    /    /:/
  /:::::ゞ==彡::::::::::::《_》:/ ,/《_/   ,/   /: .    . . :/  {/    /     /
≪⌒》.::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::/  /   /::} : : : . . : : : /. : : /   _,/      {/
915 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:16:42.08 ID:ewpDZuqo0
咲「っ……」 グスッ

京太郎「改めて……「赦してほしい」という気持ちを宮永照にぶつけるほかない」

京太郎「罪悪感の混じった後ろ向きな懇願ではなく…!「共に幸せになろう」と前向きに請願するのだ…!!」

京太郎「もう1度……俺と君と彼女とで……幸せな時を送りたくはないかッ!!??」

咲「……」 ポロポロ…

京太郎「共に「幸福に生きる」ぞッ!!咲ッ!!!」


                  _........----......._
              ,. : ´: : : : : : : : : : : : :`: : 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
              :': : :,: : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : ヽ
            /: : :/: : : :/: : : : : : : : : |: |: : : : : : : ∧
             .': : : ' : : : / : /: :,: : イ: : :|: }: : |: : :|: : :∧
            , : : : |: : : / : /l: /: / }: : ,:.イ : /: }: :}: :!: : :.
             | : : : |: : /:{:_/_}ム/ / : /、_|:_/: /: /: :|: : : :.
             {: / : | : ィ´}//イ /}: / / }/`ヽ:イ: : ': : : : :
          〉,: :, {: : | ,ィ斧汽 /´ ィ斧汽、} : /:|\: : |
          {八:{ \:{とヒこソ       ヒこソっ: イ: :|  \}
          |   乂ム     :.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:  ムイl: /
             从{∧     _   _     人:∧{     う……うん……!
              |/ >:../^} /⌒l、` .イ }:./ リ
                ___/-'-'-- 、/〉「-、/ '
          ,.. <:::::::::::::::{======ミ`ヽ|〉::`::::...._
         /⌒\\:::::::/`ヽ:::::::::::∨, {::::::::::::::::::>-、
          {==、 {:\/   〈7 ー、{ ̄|:::::::::::://,ィ^.
            ,   \Y       /   | ,::::::::/イ:.:./  ∧
         {      `|  、      |_/= ´イ:.:.:,イ  /  }
         |     W    \      | ̄´:.:.:.:/= }イ   |
         |    /     }    /-r  ´    |
         ∧   ,       |    /__」        ,    |
        {:::,   /       |   ,:.|:.:|      {
        L∧ /      /   /:.:|:.:..        |    |
          、 '         /:.:.:.|:.:.:|      |    |
           \         }|.:.:.:|:.:.::.,     |    |
            \     /:|:.:.:.Y:.:.}      ,      |
               | ` ー ´|:.:.:.:|:.:.:.:.マ:.:.|      {
               | /    :,:.:.: |:.:.:.:.:.}:.:.|      |      |
                W    ,:.: ∧:.:.:.:.:.:/     ∨     |
916 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:17:10.04 ID:ewpDZuqo0
京太郎「……よし」

京太郎「咲……俺はこれから東京に戻り、「宮永照と小林光の融合解除」をするための根回しをしておく」

京太郎「君は後日……俺の指定した時間に、指定した場所を訪れ……姉妹の「確執」の最終解決を図るのだ」

京太郎「それでいいね?」

咲「……うん」 ゴシゴシ

咲「分かったよ…」

咲「私……もう一度おねえちゃんに向き合う……」

京太郎「……」 コクリ

咲「もう一度おねえちゃんに謝って、赦してもらうんだ……」
917 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:20:29.59 ID:ewpDZuqo0
咲「そして……」


         /: : : : : : : : : : : : : `丶、       ---- 、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \           \
       . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  /  仲   も
      . : : : : : : : : : : : : .: : : .: .:: :. : : : : : : :. ′.  良   う
.     /: : : : : : : :i: ,:i: : : :ト、:,」L{i_:ハ:i: : : : : ::i.     く   一
    厶イ: : : : : .:|i:八: : :.|.:ハ:i: :l|ノ州: : : : : .:|     な  度
      |.:: : : : :才Zノ\:|( 斗笊ミメ|: _: : -=j    る    
      | i: : : : ;抖笊ミ     Vーり l/ }: :/:八.    っ
      l人: : : :::.乂_り       ̄  .ノ.://   、 !
       乂: {:八 、、   '__  ``.刈乂      ー-----‐
         ヾ(      ヽ ノ  イリ
              >r‐   乂}ト。.
                Y^}     _./      、
     ___    /     |`` '"´ /       __:.
.   / 、Vn   ∧     :|  ̄ ̄ /      _/.  ;ミメ、
  〈 ュ`Yノ ノ  ′ト、    :|   /    ..:::イ :!′ } Y \
.   }⌒;´イ  {:!.!:.\  ;    ′ ....::::::/ ; |  / ∨\ ハ
   ハ   人  八 ;、:::.:\l   厶イ.:.::/---マ:!.:// . }  ヾ|
   [__フ_彡ヘ/  |  ー‐ミ以r‐… ´      |// {:八
   { 【  ハト、 !      )___{           j/  ≧=- 、
   ∨\  } E    /:.:.:.ハ        〈    \ }




 二 `丶、`丶、_\__\〉-<⌒
`‐-、 二. `ヽ、 ミ ̄ /⌒シ \
二‐/,ィ┐|=ミ=|  /|_,/l_イ| \  \_
‐ニ| i<  i ,.{  | }/__ 从 、 |` ̄ ̄
二‐ヽ ┘ |     lヾ. } } /从}
ニ ‐'"/   /    |_{;)} レ' ∧{
'  /   /     '" ` `゙ / `
  /    ,      F'′
  ヽ.    \、 L`___l
 _\    ヽ._>┘      ああ……!そうしてもらおう……!!
 /了\_ノ
 ◆(
 門|



〇tip8:姉の憎しみ を手に入れました!

〇STR・DEX・INT・CONが1上がりました!

〇SAN値が5上がりました!

〇精神力値が5上がりました!

〇咲への好感度が167になりました!
918 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:41:59.17 ID:ewpDZuqo0
>>647

tip7の別の入手方法として考えていたのは、

宮永愛の「偽者」として照の母代わりをしている「小林立に話を聞くこと」でした。

もちろん立もシラを切ったり追い返そうとしたりして、簡単に話してくれるはずはないので、

「拉致して拷問する」「自白剤を調合して真実を吐かせる(DEX・EDU複合判定アリ)」「説得する(APP-80の判定アリ)」「その他自由安価」などの方法で、

7年前の事件の真相を聞き出せるという感じでした。その後、立を連れて咲に会いに行くと、説得or戦闘でtip8が入手できるという流れでした。


>>857
>>505の「これらが裏付けること」というのは、

咲や愛がアビー・アークタンデの死を確信していた…というよりも知っていたということです。それも、公になると困る形で死亡したために、その真相を秘匿しようとしていたということですね。

もちろんそれは、tip7・tip8で明かされたように、宮永愛が「生贄」として彼女を殺害したからでした。

「もしかして火事の時に死んじゃったのかも」と疑っていたら、特別失踪として1年後に申し立てるはずですからね。

失踪に至る経緯も知らないフリをして7年待って申し立てるように取り決めておいたのはそういうことです。


>>858
龍門渕邸に侵入していたら、ハギヨシさんとの戦闘後にころたんと話せていました。

その場合、「「御身」を宿している者は「1巡前」の記憶を引き継いでいる」と分かりますが、「太陽超克の儀式」の真相については分からずじまいでした。

あわあわと会っていた場合は戦闘無しで記憶保持を確認できますが、同様に宮永家の闇の真相については足踏みする形になっていました。
919 : ◆Rcg5z0T7ZfzG [saga]:2019/04/17(水) 07:45:10.79 ID:ewpDZuqo0
2018年8月12日(日) ―夏休み午前練後・部室―


京太郎「何をしようかな」


【基本情報】
体力:108/123 所持金:36100円 貯金:約6400万円 世間評価:84 仲間評価:MAX 国家権力の監視:33 麻雀センス:75

STR:44 DEX:81  INT:76
CON:84. APP:110 POW:125
SIZ:80  SAN:50 .EDU:95


【現在の麻雀ステータス(スキル補正無し)・ステータス上昇に必要な経験値】  
攻撃力:B(80) 防御力:B(88) 速度:B(77) 精神力:S(125) 天運:S(114)
攻撃力経験値:あと10/25 防御力経験値:あと17/20(=25-5) 速度経験値:あと18/25


【京太郎の抱いている好感度(ただし、雀明華に関しては京太郎への好感度)】
・宮永照(67) ・弘世菫(53) ・原村和(123) ・亦野誠子(29) ・渋谷尭深(53)
・小鍛治健夜(27) ・三尋木咏(25) ・瑞原はやり(12) ・野依理沙(10)
・宮永咲(167) ・雀明華(256)


1 麻雀の練習をします(現在の体力以上に消耗する練習はできません)

-A EMS筋力トレーニング.          :攻撃経験値 42↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 2↑ STR 1↑ 体力 30↓
-B 大谷翔平モデルのピッチングマシーン打撃  :攻撃経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-C 特上プレミアムネット麻雀         :防御経験値 24↑ 速度経験値 18↑ 麻雀センス 2↑ 体力 20↓
-D 心臓破りの崖.                :攻撃経験値 16↑ 速度経験値 26↑ 麻雀センス 2↑ DEX 1↑ 体力 30↓
-E 茶道.                     :SAN値 5↑ 麻雀センス 2↑ 体力 15↑
-F 対AI実戦対局               :攻撃経験値 16↑ 防御経験値 16↑ 速度経験値 16↑ 麻雀センス 5↑ 体力 30↓ 
-G 高負荷スーツランニング.         :攻撃経験値 12↑ 麻雀センス 1↑ 体力最大値 4↑ 体力 15↓
-H 高負荷スーツ長距離ランニング     :攻撃経験値 16↑ 麻雀センス 2↑ 体力最大値 6↑ CON 1↑ 体力 30↓
-I  投オスミウム牌.              :攻撃経験値 9↑ 速度経験値 9↑ 麻雀センス 8↑ 体力 20↓ 
-J 「切り札」の開発(現在の経験値:35/50) :経験値ランダム上昇 体力↓30 

2 うろつきをします

-A:西棟 -B:東棟 -C:弓道場 -D:茶道部 -E:図書室 -F:港 -G:コンピュータ室 -H:購買 -I:下北沢

-J:カジノ -K:アジアンマッサージ店(健全) -L:SKY財団本部事務所 -M:「茶海」

3 勉強をします:体力 20↓ EDU 5↑

× 4 ヘブンズタイムをします(オナネタを一人選んでください):体力 25↓ SAN値 1↓ 対象への好感度(明華は本人の好感度)ランダム上昇

5 短期アルバイトをします(日曜のみ):体力↓35 所持金10000円↑

6 茶葉を抹茶に加工します(加工する枚数を指定してください):体力↓25

7 休む(体力が最大まで回復)

8 アイテムを使います(何をいくつ使うか指定してください。ターンは経過しません)

-A 光るヘルメット:練習時に減る体力が5下がります。(1個しか所持できません)
-B NORTH FACEのジャケット:APPが10上がります。
-C GUCCI GANG スタイル:APPが30上がります。
-D 酸素カプセル:「休む」コマンド選択時、体力が最大値まで回復します。
-E 人工精霊:コンマ判定時、ゾロ目+-1をゾロ目にできます。(1個しか所持できません。また、対局中は効果がありません。)
-F 知恵の輪:持っていると2週間に1度、INTが1上がります。(1個しか所持できません。次に効果が現れるのは8月15日)
-G 睡眠学習装置:勉強をしたときに上昇するEDUが2増えます。(1個しか所持できません)
-H 麻雀牌(小鍛治健夜使用済み):行動指定安価時、ゾロ目+-1の場合に天運値が1上がります。(1個しか所持できません)
-I 健夜の左手首:毎ターン小鍛治健夜への好感度が1上がり、SAN値が1下がります。
-J 三尋木咏のブロマイド×1:持っていると、三尋木プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-K 野依理沙のブロマイド×1:持っていると、野依プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-L 瑞原はやりのブロマイド×1:持っていると、瑞原プロに会える可能性が上がるかもしれない?
-M マートンのプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時にマートン選手に会えるかもしれない?
-N 清宮のプロ野球カード×1:持っていると、GOODイベントの時に清宮選手に会えるかもしれない?
-O よくとぶバット:練習時に増える攻撃経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-P ナイスなグラブ:練習時に増える防御経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-Q 速いスパイク:練習時に増える速度経験値が2上がります。(1個しか所持できません)
-R 「茶海」の茶葉×3:体力が全回復します。(消耗品)


9 自由安価

10 宮永家の闇に迫る(ここからはINT判定なし)
  現在所持しているtip
  tip1:宮永姉妹 謎の確執 tip2:宮永照の母の容姿 tip3:「1巡」の生んだ差異ではない? tip4:宮永家跡地の柱の一族
  tip5:太陽超克の儀式 tip6:発覚した宮永・アークタンデ一族の詳細 tip7:「神託」の告げる真相 tip8:姉の憎しみ


安価↓1
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 07:46:10.24 ID:GE9IsixxO
10
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 07:54:06.73 ID:wr/7YaPI0
10
照と光が分離したら光はガンで死ぬのではと疑問に思う…
分離すると照も弱体化するんだっけ?
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/17(水) 08:07:25.89 ID:A0GIxbPnO
前世の記憶があるならば
それこそころたんと何らかのタイミングで接触して
もんぷちの医療処置を受けられるように……なんてできんかね
923 :