男「僕の生徒は亜人だらけ」サレム「例え5回目だとしても私は諦めない」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :人外好き ◆HQmKQahCZs [sage]:2019/04/25(木) 21:19:36.61 ID:lTxirEHFo
このSSのキャラクターのほとんどは人外です。

人外が苦手な人はご注意ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1556194775
2 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:21:57.07 ID:eKgRgmgI0
【メインキャラクター紹介】

【名前】 男

【種族】 人間

【性別】 男

【性格】 流されやすいお人よし。最近少し荒んできた

【特徴】 くすんだ赤毛の地味眼鏡

【設定】 大学時代の先輩に誘われ田舎の学校から学園へと赴任した。試験的に導入されたゼミナールを担当し、個性の強い生徒に困惑しながら毎日を頑張って過ごしている。ときおり女装したりさせられたり、白髪が増えたり色々悩みが多い20代やや後半
     番長連に風紀委員の情報を流して学園を混乱に陥れた張本人。自治委員会の監督や学園長の先兵となって事態の鎮圧を模索中。
     学園の守り神である本物のロウェナの魂を吸い込んでしまった。



【名前】メイド

【種族】人間

【性別】女

【性格】無表情奉仕系

【特徴】身長が低く、痩せ細っている

【設定】先の大戦で亜人と敵対していた人間の子孫で、先の大戦で亜人の味方をした人間の子孫、亜人に隷属することを定められ、アータル経由で男の手に渡った。
    形式上は男に隷属する身ではあるが男自体が緩いので他の隷属者と違いかなりのびのびと過ごしている。
    痩せ細っていたが適切な食事、運動によって少し健康的になり、勉強にも精を出せている。最近気になる人が出来た?
3 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:22:33.46 ID:eKgRgmgI0
【名前】ベルスタシア

【種族】メタルスライム

【性別】女

【性格】普段は明るく面倒見の良いお喋り娘キャラだが本質は人を信用しない猜疑心の塊
愛されたいより愛したい派

【特徴】液体金属水銀のスライム
    金属のため火に強い
    無敵

【設定】大昔から栄える大富豪の一族
大体何でも持っているけれど、どうしても心の隙間は埋まらない
ベールクレアという双子の妹がいる。
そしてラブベールクレア

【名前】ジェラルド

【種族】デュラハン

【性別】男

【性格】温厚で礼儀正しい

【特徴】やや女性的な顔立ちの小柄な少年

【設定】文武両道を掲げる名門の出だが、武術は不得手なことと男性らしくない顔つきをコンプレックスとしている
    趣味は動物の世話。最近魔術戦闘部に入部したり、ファンクラブができたり色々あった。
    大柄な妹がおり、次期当主は妹のほうらしい


【名前】サレム

【種族】蝶人

【性別】男

【性格】親切で誰にでも大仰な敬語

【特徴】緑長髪、長身、整った顔立ち、複眼目、細長い手(4本)足(2本)、背中に緑を基調とした翅

【設定】常に誰かの役に立ちたいと思っている、が、自身のズレた感覚を基準としているためありがた迷惑になることが多い。そのことに反省はない。
     クチナワという少女に陰ながら付き纏われている。本人は謎の存在に怯えつつもクチナワであるとは気付いていない。
昆虫同士のあつまりに顔を出したりと割と交友範囲は広い。
     あと、割と人懐っこい。
4 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:27:03.25 ID:eKgRgmgI0
名前】ルーティ

【種族】セイレーン

【性別】女

【性格】明るく元気

【特徴】水色の髪と瞳を持った少女  足にはウロコが生えており、また自由に尾ひれに変えられる

【設定】歌うのが好きでよく歌っている。ベルスタシアに並ぶほど明るくロウェナに並ぶほど悪戯好き。



【名前】プライヤ

【種族】グレムリン

【性別】男

【性格】陽気なお調子者だが、発明に関しては妥協を許さない職人気質

【特徴】まだら模様のある灰色がかった鱗に覆われた肌にぎょろりとした黄色い眼、ぼさぼさの黒髪
首には遮光ゴーグルをぶら下げ革の前掛けを身に着けている。 手先が器用

【設定】物を壊すことが得意なグレムリン族にあって、物を作ったり直したりすることを好む変わり者。
いずれみんなをあっと驚かせるような発明をするのが夢である。
甘いものに目がない。年上に見える年下のガルーダ少女と付き合うことになった。
変な発明をして誰かに迷惑をかけることが多い。


【名前】ロウェナ

【種族】幽霊

【性別】女

【性格】ミーハーで好奇心旺盛で高い行動力
なかなかフレンドリーでいたずら好き
どちらかというと尽くすタイプ

【特徴】凄くコテコテな幽霊衣装
長髪黒髪美人

【設定】大昔から幽霊しているエリート幽霊。
何故か学生として籍を持っているし普通に暮らしている。
何時から幽霊しているか本人も覚えていない。
夜だと三割増しでテンション高い。
時折一人で物思いに耽ているがとても絵になる。
エリートなので本人の気分次第だが見えるし触れる
維持でも成仏する気はない、というかそもそも未練を忘れてしまった。とても大事なことを忘れてしまった。
実は学園に深くかかわる存在であることが発覚した。


【名前】ミレイア・ロード

【種族】吸血鬼

【性別】女

【性格】プライド高いが餌付けされるとすぐ懐く、色々ちょろい

【特徴】常に隈を浮かべる赤目白髪のアルビノ美少女
日傘を常備している

【設定】夜行性だが学校は昼にあるので吸血鬼的な意味で昼夜逆転してる
基本寝不足なので体力ないが虚勢はいっちょ前に張る
吸血鬼の中でも高貴な一族出身。
自他ともに認めるブラコンになった。
上から目線だが「男」以外には割と優しかったりする。
5 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:41:55.76 ID:eKgRgmgI0
【名前】
リリ

【種族】
ショゴス

【性別】
不明(基本的に女性の姿をしており、口調等も女性的なため他者からは女性として見られている)

【性格】
とても物腰穏やかで、誰にでも敬語を使う
他者に奉仕することを無上の喜びと考えているようで、頼まれれば基本的になんでもやり、見返りはまず求めない

【特徴】
不定形。体色は基本的に黒に近い紫色(彼女自身の意志である程度自由に変更可能)
普段は(肉体の一部を変化させた)メイド服めいた「衣装」に身を包んだ女性の姿をとっている
自身の肉体の一部を変化させて椅子・コップ等の簡単な物品を生成することも可能だが、彼女の体から離れると30分ほどで溶けて消えてしまう

【設定】
「奉仕部」なる謎の部活の部長を自称している。現在部員はリリを含めて三人で、「男」が顧問をやっている。自分の事をテケと呼んでいるが、最近自分とは何かに悩む。
「男」の向かい側の家に引っ越してご近所さんとなった。未だに一般的な感情は手に入れていないが芽生え始めた欲求に戸惑っている。


【名前】ヒヅキ

【種族】鬼人

【性別】女

【性格】寡黙

【特徴】着物を着た赤毛の長髪・長身 自身の身長ほどの太刀を常に持っている

【設定】強さを求めている求道者的な側面がある 家族はおらず天外孤独の身である。食事が大好きということが発覚した。最近若干修行以外にも興味を持ち始める。
     伝説の人食い鬼、白鞘童子に育てられており、白鞘童子の刀を受け継いでいる。
     度重なる敗北から心が折れ、普通の少女になろうとしたが「男」の説得によって改めて修行に打ち込むようになった。
6 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:45:32.39 ID:eKgRgmgI0
【サブキャラクターたち】

【名前】アータル・オルファン

【種族】 サラマンダー

【性別】 男

【性格】 豪快で直球

【特徴】 高身長筋肉質で体の大部分が赤い鱗に覆われている。黒色の炎紋と呼ばれる痣を右顔と右胸に持つ。

【設定】 男の先輩で学園に誘った張本人。普段は男をていのいい雑用係として使用したり、生徒に無理難題をぶつけたりするが一応のサポートは行う程度の優しさは持ち合わせている。
     女好きで生徒に手を出すことこそないものの、その親族に手を出すことは時折ある。
     いつも煙草を口に咥えており、一日に何十本も吸うヘビースモーカー。ただし喫煙者(自身)の印象が悪くならないように生徒の喫煙はきつく戒めている。


【名前】 少年

【種族】 人間

【性別】 男

【性格】 真面目で勉強好き

【特徴】身長やや低めで黒と灰色と青色が混じっている髪色をしている。姉であるミレイアほどではないが夜更かしをすることが多いので目の下のクマと目つきの悪さを持つ。気にしてないが言われるとムッとくる。
    
【設定】メイドと同じく隷属種である人間。買われたメイドと違いミレイア・ロードの兄に身を拾われた。数学を中心として勉学が好きであり、ロード家での教育もあって成績自体はトップクラスである。そのため生徒会から目をつけられ半ば強制的に生徒会へ入れられた。順調に交友範囲を広げており、学園でも顔を知られている方。しかし生徒会ゆえ悪い意味で知られることも多々ある。姉であるミレイアの事は好いている。
     生徒会活動を通して交友範囲を広げていく中で美少女達と知り合いになったりしている。


【名前】少女

【種族】人間

【性別】女

【性格】暴力的で独善的で自分の世界を曲げない

【特徴】低めの身長で幼い顔つきだが目つきの悪さと大きな口から見えるギザ歯が台無しにしている

【設定】過剰なほど鍛えすぎたため成長を止めた体とスラム街で鍛えた体術でムカつくものをぶっ飛ばしている。番長連に勧誘されたり風紀委員に狙われたりするがすべてシェンメーインのせい。
     フーの背中に乗るのがマイブーム。
7 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:52:09.79 ID:eKgRgmgI0
【名前】 マリア?

【種族】 サキュバス?

【性別】 女?

【性格】 男好きで女嫌い

【特徴】 大きく胸元の開いた赤いドレスの上に白衣を着た保険医。

【設定】 女性に対してはかなりぞんざいな態度をとり、好みの男性には過剰なアピールを見せる。ただ、一応保険医なだけあって女性にもそれなりの治療はちゃんと施す。
     体育会系よりは細身のなさけない男を好み、気絶して運ばれてきたタイプの男性には夜這いをかけるがそのたびに助手のミーシャに阻止される。



【名前】 ミーシャ

【種族】 ワーキャット

【性別】 女

【性格】 真面目で容赦がない

【特徴】 丸眼鏡で巨乳でナース服

【設定】 マリアの暴走を抑える要であり、優秀なナース。マリアが暴走するたびに、ハリセン、ハンマー、自慢の爪を駆使して阻止しており男子生徒からは『門の守護者(ゲートガーディアン)』と呼ばれている。普段着は黒いひらひらとしたワンピースを愛用しており、小脇に分厚い本を抱えていることが多い。
     学園内の怪我人を助けるために今日も特製のゴーレム部隊を率いて出動する。



【名前】テラス・カルライン

【種族】天狗

【性格】真面目で豪傑だが、融通は利くタイプ

【特徴】顔半分を覆う面頬。行者のような服装に長い一本場下駄。

【設定】現学園長であり陸上部顧問。天狗の中でも有数の実力者で目にもとまらぬ速さで飛び回ることができる。学園の生徒ならば等しく愛を注ぐ。学園の秘密を知っており、それを守るためには非情になる覚悟をしているが、その覚悟をなお強固なものにするため
     面頬で顔を隠している。座右の銘は「青春は消耗品」であり、生徒達に青春の有効活用を説く。
    
8 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 21:55:18.71 ID:eKgRgmgI0
【名前】オルレアン

【種族】ハーピー

【性別】女

【性格】ちょっとあざとい所があるが本人に自覚はない。割と口が悪いが本人に自覚はない。実は寂しがり屋な所があるが本人に自覚はない。

【特徴】手(羽)は淡いピンクの羽毛で覆われており、足には硬い鱗と鋭い爪。頭にはあほ毛があるが本人曰くこれは冠羽らしい。
【設定】孤児院育ち。両手が羽であるにも関わらず孤児院時代に受けた英才教育(?)のお陰か料理など手先が必要な事でもそつなくこなす。誰とでも仲良くは出来るがどこか人との間に距離を置く癖があり、余程親しい人以外とはその距離がなかなか縮まらない。



【名前】バジロウ

【種族】リザードマン

【性別】男

【性格】情熱家

【特徴】身体はその熱い性格とは正反対の青い鱗に覆われており、甚平に似た独特の服を着ている。

【設定】東国にある料亭の息子。
勉学と共に異国の食文化を学ぶという名目で学園に通っている。
料理に対しては非常に研究熱心で日々研鑽を怠らないが、料理にのめり込むあまり幾度となく赤点の危機にさらされている。
先祖はファンタジー小説『黒衣の勇者』シリーズに登場するコボルトの料理人(のモデルとされる亜人)と共に店を営んでいたらしいが、真偽のほどは不明である。
実家でお世話になったヨダカというコボルトにこき使われている。



【名前】 ノヘジ

【種族】 透明人間

【性別】 男

【性格】 助平

【特徴】 身体が常に透明
服と眼鏡が宙に浮いているように見える

【設定】
根は真面目で誠実なオープン助平。男子に対しては硬い口調でしょうもない猥談を振ってくる。胸より尻派。
イエスパンチラ、ノータッチを掲げ女性には紳士的に振る舞う。が、普段の言動のせいで全く信用してもらえない。
ラッキースケベを求めて校内を散策するのが日課。それ以外は地位が低めな一族の期待に応えるべく、医者を目指して勉強に励んでいる。
猥談はガリ勉な彼なりの仲良くなるための努力である。ニースラントを助けたり、ニースラントから逆玉の輿を狙われたりしているがその好意には自分が好かれることはないという意識から気付いていない。

オルレアン・バジロウ・ノヘジの三人で三バカと呼ばれる。最近少年を入れてバカフォーと呼ばれ始めた。
9 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:02:47.68 ID:eKgRgmgI0
【名前】ヒョウカ

【種族】雪女

【性別】女

【性格】いつもクールだがたまに天然がある

【特徴】銀髪で肌が白い、身長が高い(気温と室温が高いと身長が縮む)

【設定】風紀委員長。風紀には厳しい。
普段はクールだが天然発言もある。けっこうノリにも乗ってくれる。
暑いのが苦手で暑さによって身長が縮んでしまう。
生徒会に顔を出したりする。
氷を操ることができる。

【名前】ナタリー・シルヴァ

【種族】メデューサ

【性別】女

【性格】マイペースで、おしとやかな性格。普段怒らないが怒らせると恐い。

【特徴】オレンジ色の髪で長髪。頭に20匹の蛇がついている(毒蛇ではないが噛まれると痛い)。怒る時だけ目から石化する光線を出す。

【設定】風紀委員の副会長。生徒に注意する時、お母さんみたいな仕方のことから周りから「お母さん」、「ママ」等のあだ名で呼ばれており、本人はそのあだ名に対して気にしていない。頭の蛇は一匹ずつ1号〜20号と名前がある。ヒョウカとは親友。マナを識別できる。石化する光線は、対象の人物だけを石化することができ、周りに被害を出さない。光線は壁、鏡なども簡単に通り抜けることができる。石化を解くには頭の蛇に噛んでもらうと戻る。



【名前】 クロ

【種族】 不明

【性別】 不明

【性格】
演技の天才でありその役柄にあった性格を、熱血でも根暗でも天才でもバカでも親しげでもクズでも何でも演じることができる。
本人にも、もはや演じているという自覚すらなく、その性格に完全に変性している。

【特徴】
変身能力持ちで事あるごとに様々な姿をとり、正体は誰も知らない。
むしろ本人も産まれた最初の自分の姿を覚えていない。
風紀委員としての姿は爽やか中性狐っ子
番長勢力としての姿はクールドラゴン

【設定】
風紀委員のNo.3であり、主に強者を抑える前線部隊を取り仕切る。
風紀委員として爽やかで親切なキャラを演じており、上司部下との関係は良好。
しかしてその正体は番長勢力のNo.3にして、番長勢力から風紀委員に送り込まれたスパイ。
普段は風紀委員として過ごすがその裏で番長勢力に有意な情報を集めている…ということになっているが、どうにもヒョウカ個人の情報ばかり集めさせられていて、番長リーゼはヒョウカに惚れてるだけなのではと疑念は深まるばかり。
マナを認識できる。親近感がわく。
最近は二足のわらじで過ごしても良いのではないかと思い始めている。

10 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:04:17.89 ID:eKgRgmgI0
【名前】カルラ

【種族】烏天狗

【性別】男

【性格】心が広く、兄貴肌

【特徴】身長が高く、背中に烏の羽が生えている。
天狗の格好をしてる。顔の上半分烏の仮面をつけている。

【設定】風紀委員に所属しているが、風紀にはそんなに厳しくない。(ただし周りの人に迷惑かけるようなやつは厳しく取り締まる)
彼が仮面を外したところは、誰も見たことがない。
飛ぶことが可能。聞き上手で、色んな生徒が相談にくる。



【名前】ワルフ・クライム

【種族】ワーウルフ

【性別】男

【性格】曲がったことが嫌いで友達思い。(昔は、喧嘩っ早い性格だった。)

【特徴】黒髪ツンツン頭、黒色のオオカミのしっぽと耳がついている。ロック系の服を着てる。

【設定】前は不良で喧嘩っ早く武器を持ってるいる相手でも喧嘩をしていた(イズナやヒヅキにも戦ったことがある)。喧嘩はかなり強いが今は不良から足を洗っている。今は風紀委員に入っている。後輩の面倒見がよく後輩たちから人気がある。
ヤツカとは不良更正した時、親友になりヤツカが 倒れてないか少し心配してる。
とある事件により欲情したとき性別が変わるという呪いにかかっていた。


【名前】ビクト

【種族】兜虫

【性別】男

【性格】熱血漢で努力家。筋肉大好き。

【特徴】赤髪で大きな兜虫の角がある。四本の腕がある。ゴリマッチョ。背中に羽がある。背が高い。

【設定】暇さえあればどこでも筋トレをしてる。彼が筋トレをするとそこの場所だけ1、2度は上がる。頭がよく学園内でも10位以内には入っている。サレム、エンプーサ、ヤツカ、セリカなどの昆虫系の種族は「同士」と呼んでいる。サレム、エンプーサとは知り合いである。
風紀委員兼陸上部(ハンマー投げ)に入っており前は陸上部だけだったが学園長に進められ風紀委員に 入った。(どちらともしっかりこなしている)
筋トレをしていたおかげか切ったり殴ったりしても傷一つつかない頑丈な肉体になった。もちろん角もどんなことをしても折れることはない。角だけで人や物を持ち上げることができる。
11 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:05:14.11 ID:eKgRgmgI0
【名前】ベリア・ゴエティア

【種族】悪魔

【性別】男

【性格】
自称悪のカリスマ。
頭は良いがバカ。

【特徴】太くてと大きな悪魔角がチャームポイントで無駄にでかい黒翼を持つ。
黒衣を好んで着る。
イケメン。

【設定】
圧倒的生徒会長であり自他共に認める実力者。
生徒会の気質を体言したような人物。
最上級悪魔として、よくクククと企むような笑みを溢すが大抵そんな考えていない。
トラブルメーカーで彼の通った後はペンペン草1つ生えないと言われる。
思い付きで行動する。
夢は大きく魔王!



【名前】セラフ・ロートシルト

【種族】熾天使

【性別】無性別

【性格】猪突猛進、なかなか俗っぽい
やりたいことやったもん勝ち青春ならタイプの人

【特徴】6対12枚となかなか野暮ったい量の翼を持ち、無駄に複雑で格好いいデザインの天使の輪っかを持つ

【設定】
最高位の天使で、例に漏れず性別はないが人格としては女性格
悪魔は潰す
生徒会副会長として、その能力を遺憾なく発揮するが定期的にサボる
悪魔はぶっ潰す
天使らしく淑やかで口調も丁寧に心掛けているが、元来の粗雑なところは隠しきれていない
一応天使らしく皆の幸せを願っているし救済しようともするが自分の幸せにも人一倍尽力する。べリアの天敵であり、よくべリアを愛用の槍で襲っている。



【名前】オルキヌス・オルカ

【種族】鯱人

【性別】男

【性格】仁義を尊ぶ真面目な人

【特徴】白のスーツを上手く着こなす伊達男
高身長

【設定】
海洋を牛耳る最大手のマフィアのボス後継者の一人
生徒会監査
鯱らしく速い、賢い、強い武闘派
仕事中はくそ真面目だが、プライベート、余暇では
意外にノリが良い
生徒会の良心かと思ったら割りとボケ側の人
フハハハ系偉そうボケキャラ
12 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:05:39.52 ID:eKgRgmgI0
【名前】
セルリア

【種族】
ナゾ

【性別】


【性格】
向上心がとても強く自分の実力を上げるためならどこへでも飛んでいく変態的行動力を発揮する。


【特徴】
黒フードと杖など古めかしい魔女衣装
異常に露出が少なくフードの奥の素顔すら確認できないし誰も見たことがない

【設定】
生徒会四天王の1人、会計
自称魔術王
強い
肉体的スキンシップが激しい
魔術を極めることに全力を奮っている
しかし、それ以外はからっきしのポンコツになってしまった
魔術を極めるためには何でもしてしまうことが珠に傷



【名前】クレル・アークフォード

【種族】鳳凰

【性別】女

【性格】ボケたがり

【特徴】赤と黄色のコントラストが美しい羽毛を持つ
尾っぽが長い
学園でも指折りの美女、モデル体型

【設定】
残念美人
スルメや麻雀やダジャレが好きだったりと趣味が完全にオッサンのそれ
生徒会広報部長
大食漢
声が大きい人
気に入った人には羽根を1つあげる習性がある
鳳凰の羽根は幸運の象徴



【名前】
ヤツカ

【種族】
蜘蛛

【性別】


【性格】
良く言えば常識的、悪く言えば無個性。他人に物事を頼まれると断り切れない根っからの苦労人気質。ちなみに本人曰くツッコミスキルは生徒会に入ってから磨かれた。

【特徴】
上半身は黒髪短髪眼鏡の中肉中背で普通の人間と変わらないが、下半身は蜘蛛のような茶褐色の胴と6本の脚からなっている。

【設定】
生徒会書記。色物揃いの生徒会では唯一と言っていいほどの常識人であり苦労人ポジ。元々生徒会に入るつもりはなかったが、書記向きと言われて無理矢理入会させられた。会議はヤツカ抜きでは進まず、誰かがボケると彼がツッコむのはもはや見慣れた光景になっている。他人に頼まれると断り切れない自身の性格に悩みを持っており、何度か生徒会を抜けようか考えたことがある。ジョゼットテイラーの熱心なファンで同ブランドの服を何着も持っている。
13 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:12:32.88 ID:eKgRgmgI0
【名前】エヴァ・ゴエティア

【種族】 悪魔

【性別】 女

【性格】
お転婆御嬢様
明朗闊達
めっちゃポジティブ

【特徴】
健康的美少女
魔女帽子と豪華絢爛な杖を持つ
ひんにゅう

【設定】
べリアの妹でトラブルメーカーなところも含め兄にそっくり。生徒会によく顔を出し、クレルには餌付けされている。
社交界に出席する彼女は他の上流階級の子息令嬢と交流が盛んであり、自分でもよくお茶会を開いたりする。ベルの悪友。
魔術王セルリアの一番弟子で彼女のローブの中身を知っているが、口封じの呪いをかけられた。
自称魔法使いと実力はあるが謙虚さはない。
自分も弟子が欲しいらしく随時募集している。
将来の夢は謙虚に大魔神


【名前】ティファ・ロートシルト

【種族】熾天使

【性別】女(無性別でもある)

【性格】礼儀正しくしっかり者。(姉セラフの時だけ毒舌になる)

【特徴】黄色髪でボブカット。平均的な身長。6対12枚の羽がありさらに身長と同じくらいの十手を背負っている。セラフとは違い頭には普通の天使の輪っかがある。

【設定】セラフの妹。しかし本人は姉が嫌いで、姉が話しかけると無視や赤の他人のふり、毒舌になるなどとにかく嫌いもちろん「セラフ」の名前が出るだけでも嫌だ。理由は悪魔(べリア)を殺したり、挙げ句に問題までおこすような人を姉ではないと考えている。姉が改心したら少しは考えを改めたようと考えている。
風紀委員に最近入っており、その理由がヒョウカ、ナタリーこそ理想の姉と思い、もっとお近づきなりたくて風紀委員に入った。その為、二人を呼ぶ時は「ヒョウカお姉様」、「ナタリーお姉様」と呼んでいる。悪い奴らは十手を使って全滅するただし姉と違うのは敵は全員峰打ちで終わらせること。あまりにも速く本人が十手を持つ時にはもう終わっている。エヴァとは親友である。


【名前】アビゲイル

【種族】デュラハン

【性別】女

【性格】 ハイテンションで猪突猛進

【特徴】兄であるジェラルドの2倍近い体格と、それに見合った怪力を持つ。注意力が散漫なためよく頭を落としてしまう。

【設定】ジェラルドの妹で次期当主。ジェラルドと違い武芸に長けるがジェラルドと違い思慮にかける。あまりよく考えずに行動するためトラブルを招くことも多いが本人はいたって悪気はない。兄の事は好きだが迷惑をかけることが多い。



【名前】ベールクレア

【種族】メタルスライム

【性別】女

【性格】傲慢で不器用
愛したいより愛されたい

【特徴】近づき難いオーラのある友達いない系眉間皺荒みガール

【設定】ベルスタシアの双子の妹
年齢は同じだが飛び級しているのでベルスタシアより上級生。
先代生徒会長でべリアとも面識がある。
一族始まって以来の本物の天才。
数々の分野で凄まじい実績を積み上げてきた。
天才だから大丈夫と、ある意味放任的扱いを受けてきた。誰も構ってくれない
大体何でも出来るけど、心の隙間は埋まらない。
「男」の事が好きで、嫌われるのが怖い。
14 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:26:41.10 ID:eKgRgmgI0
【名前】エグゾセ・リゲイアー

【種族】セイレーン

【性別】男(装女子)

【性格】一人称は「俺」で、口調や振る舞いも男性に似せている。周囲からは頼れる兄貴(姉御)と思われているが、ルーティのような恋に恋する女の子としての一面も持つ

【特徴】青髪の中性的な容姿の半人半魚で、黒いエナメルジャケットを着用し、下にはさらしを巻いている。大昔は半人半鳥だったセイレーンの原始的特徴を残すといわれる貴重な一族出身で、魚の胸ビレのような発達した腕はかつての翼だったと考えられている。この腕を用いて水面上をトビウオの如く滑空することができる

【設定】海洋マフィアの現ボスの一人娘だが、本人は後を継ぐつもりはないらしい。男装している理由は父親がエグゾセを後継者に据えるために男として育てようとした家庭的事情によるものだが、そもそもセイレーンは女性しかいないので周囲は男装を半ば公認している状態になっている。本人は一人の娘として扱ってくれない父親に反発しながらも、男装自体は悪くないと考えている。ルーティのような異性を魅了する歌声は持っていないが、聴覚器官にダメージを与えるほどの叫び声をあげることができる。オルキヌスやリーゼとは基本的に仲が良くないが、逆に風紀委員とは仲が良い
実はノゥティの姉で、学園の人気アイドルアイレーンだったりする。



【名前】ノゥティ

【種族】セイレーン

【性別】女

【性格】内気で気弱

【特徴】水色の髪と瞳を持った少女  足にはウロコが生えており、また自由に尾ひれに変えられる

【設定】歌うのが好きでかなりの美声の持ち主だが、彼女の歌には異性を無意識に魅了し引き寄せる効果があり、彼女の性格も相まって軽い男性恐怖症になっている
現在は1人のときにしか歌わないが、それでも年頃の少女らしく恋愛には憧れており、自分の歌の能力を抑える方法を探してる。姉であるエグゾセは好きだけど、たまに価値観のずれを感じる。



【名前】リーゼ・オルカ

【種族】リヴァイアサン

【性別】男

【性格】紳士を気取るがその実喧嘩早い

【特徴】
マフィアなスーツを着こなすインテリ風

【設定】
学園の番長にして海洋マフィアのボス候補の一人。多くの舎弟を束ね、風紀委員の問題児リスト上位にいる。そのためヒョウカとはよく喧嘩している。
オルキヌスとは親戚。昔生徒会長に敗れたことがある。
本家に生まれたというだけでとあるセイレーンがボス後継序列1位の座にいるのが不服。しかし、縦社会で生きる者として相応の礼儀をもって接する。
実はオルキヌスと同じ天然ボケ属性を有しているのは内緒



【名前】ユークリッド・オルカ
【種族】海竜
【性別】女
【性格】お淑やかな丁寧良い子
【特徴】黒髪黒セーラー切れ長美人、スカウターみたいに相手の戦闘力を測定することができる優れた目を持つ

【設定】学園の御姉様として慕われている完璧美女であり、世のため人のために生きようと活動している平和主義者。困った人がいたら拳一つで直ぐに解決。頭はそんな良くない。
お淑やかに見えるが結構ノリがよく行動力もある。他の御姉様とも仲良い
幼き日かつて不世出のいじめっ子として地元に君臨していたガキ大将であり過去討伐されたことがある。
今は大人しくなりお嬢様然として振る舞っているが、未だその戦闘力は衰えていない。結局本質は人の心分からない系マフィア。
実は孤児でありその才能を買われ孤児院からオルカファミリーに引き取られた。そのため継承序列は低く逆らえないため、番長連にも嫌々所属している。おかげで元ヤンがバレないよう変装能力は上達していく一方である。
リーゼには悪態つき、クロとは仲良い



【名前】カフカ・カルカリアス

【種族】鮫

【性別】女

【性格】命令に忠実で、冷静で冷酷

【特徴】白目がない黒色の瞳と灰色のざらざらとした肌、鋭い三角の歯など、街行く百人に聞いたら九十八人が怖いか不気味と答える外見をしている。

【設定】海洋マフィアの一員でリーゼの部下。ただし順位がリーゼより上位のエグゾセの命令を断ることはできずちょくちょくエグゾセの部下となっている。肉をお肉様と呼ぶほど肉が大好きな肉食系。
口には出さないがお肉様をくれないリーゼよりお肉様をくれるエグゾセのほうがいいなと思い始めている。
15 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:29:33.60 ID:eKgRgmgI0
【名前】 ディーピカー

【種族】 ガルダ

【性別】 女

【性格】 喧嘩っ早く、情に厚く、きっぷの良い江戸っ子っぽい姉御

【特徴】 人間のような体に猛禽の頭・翼・鉤爪を持ち、全身赤い羽毛に覆われている
金色のアクセサリーを沢山身につけている

【設定】
暑い地域の出身だが、常にホッカイロほどの熱を帯びているので寒さも平気
派手好きで祭り好き。1人でいるより大勢でワイワイしたい
蛇・竜系亜人とは種族上仲が悪い。
学園祭実行委員長でありプライヤの腕にほれ込み、学園祭実行委員会に引き込む。
念願のプライヤの彼女になることができ最近浮かれ気味。こう見えて中学生。


【名前】ソロ

【種族】風の精霊

【性別】女

【性格】知的探求者という名の変態
好奇心にとっても正直
デリカシーがないとも言う

【特徴】体を風にしてそこら辺をよく漂っている
全体的に白い服を好む
常に笑顔が張り付いていて、ある意味ポーカーフェイス

【設定】スキャンダルや特ダネが大好きな自称ジャーナリスト
新聞部部長
かなり頭は良いがその頭脳を悪用しかしない
人の秘密を暴くのに闘志を燃やすが周りから反感を買いよく粛清されている
しかし反省も後悔もしないので今も風の向くままそこら辺に漂っている
呼べばすぐ来てくれる
逆に自分について探られるのは恥ずかしがる
アマネとは友人同士で敵同士。アマネにショタコンという事実を暴露された。



【名前】モマ

【種族】?鼠(ムササビ)

【性別】女

【性格】生真面目を絵に描いたような人物。説教くさくて小言が多く、一度話が始まると長くなるタイプ

【特徴】?鼠のように前足と後足の間に飛膜を持ち、茶色の長い尻尾が生えている(本人によるとこの尻尾がチャームポイントらしい)。茶髪ボブカットで滑空時に着用する特注のゴーグルを頭にかけている

【設定】新聞部副部長。同輩のソロに対しては忌憚なく意見を言い合える立場で、ソロが長話に耐えられなくなって逃げ出すこともしばしば。風を吹かせるソロとは相性抜群で、逃げるソロを滑空しながら追いかけ回す姿は学園でもよく知られている。生徒会メンバーのクレルとは広報と新聞部という関係もあり、公私共に付き合いがある。モモンガの亜人とよく間違われるが、本人はそれを嫌っている



【名前】コタロウ

【種族】ヤモリ

【性別】男

【性格】悪戯や他人の秘密を暴くことに心血を注ぐ生粋の悪ガキ。モマをはじめ周りからはその情熱をもっと他のことに費やせばいいのにと呆れられている。お調子者故に肝心なところでやらかすタイプだが、良くも悪くもポジティブシンキングなので立ち直りは早い

【特徴】忍者風の紺色の装束に身を包み、メモ帳や悪戯道具などが入った巾着袋を腰に提げている。特殊な四肢を用いてヤモリの如く壁や天井を這いずり回ることができる。尻尾の自切も可能で初対面の人物には悪戯も兼ねて挨拶代わりに使うこともある

【設定】新聞部の部員でソロとモマの後輩。口癖は「〜ッス」。ソロと共に(自称)特ダネハンターとして活動している。ソロからは可愛がられているがモマに対するトカゲの尻尾切り要員にされるなど扱いが雑な部分もある。マナを識別できる数少ない人物で、たまに共謀して悪戯を仕掛けることもある。忍者の末裔らしいが忍術は全く使えない
16 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:32:56.49 ID:eKgRgmgI0
【名前】アマネ

【種族】天邪鬼

【性別】女

【性格】天邪鬼な性格
攻める側なので攻められるのは弱い

【特徴】何をどうしているのか不明だが、常に空中に倒立状態で浮かんでいる
基本嫌な笑顔を浮かべている

【設定】
ソロの盟友にして好敵手で、プライベートでは結構仲が良い
放送部部長
人の本心本音を知るのが趣味
唐突に放送部イベント"告白してみよう"を断行する
高精度な嘘発見器を自作したりと頭は良いが悪用しかしない



【名前】
コダマ

【種族】
山彦

【性別】


【性格】
誰にでもフランクに接する裏表のない陽気な人柄。アマネ曰く「面白味がない(いじり甲斐のないほど裏表のないポジティブな)」性格。現代の若者言葉をよく使う。

【特徴】
茶髪タンクトップでキャップを後ろに被るなど、今風の若者ファッションが特徴。犬のような耳を持ち、首にはヘッドホンをかけている。

【設定】
放送部副部長で音響機器に詳しい。山彦の亜人固有の能力である『再声』を持ち、聞き取った相手の声を完全に“再生”することができる。また、歌唱力も高い。見た目や言動からチャラチャラしていると思われがちだが、意外と生活は真面目で学業成績も中間以上を維持している。


【名前】
ロザリア

【種族】
木乃伊(ミイラ)娘

【性別】


【性格】
おっとりした性格の無自覚系誘惑キャラ。包容力のあるお姉さんタイプだがどこか抜けている部分もあり、年下からも親しまれやすいと評判は高い。

【特徴】
腰まで伸びる少しくすんだ茶髪を持ち、大きめのリボンを頭につけている。全身包帯でグルグル巻きだが、ボンキュッボンのダイナマイトバディなこともあって身体のラインがくっきりしている。所々素肌が見え隠れしており、運が良ければポロリが見れる...かもしれない。

【設定】
種族としてはミイラだが厳密には「死蝋」と呼ばれる特殊な分類に属しており、生前とほとんど変わらない容姿を保っている。そのため『世界一美しいミイラ』とも称される。ちなみに本人曰くこの容姿を維持し続けるのは大変なので、できるなら普通のミイラになりたいとのこと。オカルト研究部(通称「オカ研」)の部長を務めているが、本人の性格も相まって部活動らしい活動はほとんど行われておらず、各人が自由に活動している。



【名前】エンプーサ

【種族】蟷螂

【性別】女

【性格】サバサバ系毒舌女子。初対面の相手でも思ったことをズバズバ言うタイプだが、逆に罵倒されたり体型イジリされると涙目になる

【特徴】つり目長身の貧にゅ...スレンダー体型で、両腕は鎌状になっている。黄緑色の長い髪を持ち、お腹を露出した祈祷師の衣装を身に纏っている

【設定】オカルト研究部副部長。カマキリの亜人は
古より予言者としての素質を持つと広く信じられているが、本人はオカルトとバッサリ切り捨てている。またオカルト的事象に対しても一部を除いて否定的で、オカルトの探求よりもオカルトを否定する立場から研究を進めている
ロザリアとは友人らしいがなにか確執を持つ。
17 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:36:47.69 ID:eKgRgmgI0
【名前】
八卦院 空子(はっけいん そらこ)

【種族】


【性別】


【性格】色々と行動したがり、人に世話を焼きたがるが体がついていかず、その事を歯がゆく思っている。ただし諦めない根気強さを持っている。


【特徴】オカルト部の部員兼占い部の部長。病弱にして惰弱で、何かと息絶える事が多い。高確率で当たる占いをすることができるがその際体力を使い果たして死んでしまう
ただし死んだとしても数十分後に蘇る。

首から上は人間と同じだが首から下に牛の特徴がでており、むっちり体型。
ミルクもでる。



【名前】オー・クラッペン

【種族】???

【性別】男

【性格】やたら声がでかく、激情家。祭となると毎回ゴミでなにか派手なイベントを企画する程の祭好き。

【特徴】ゴミ溜め場にある部室(プレハブ小屋)の窓からメガホン越しに喋る。メガホンはオシャレで毎日変えている。

【設定】カルト部活と名高いゴミ回収部の部長。長らく部長を務めているがいつも窓からメガホン越しに喋るだけで、部室ことプレハブ小屋のドアがゴミ山で埋まっていて部員すら入れないので誰も姿を見た事が無い。部室から出てこないので留年記録絶賛更新中。
使っているメガホンはマジックアイテムの為しばしば放送部の回線に混線して苦情が来ている他、部員が集めたゴミは彼が処分しているが処分方法は不明。一号と呼んでいる少女と一緒にいる



【名前】R-10

【種族】機械天使

【性別】なし

【性格】ドヤ顔天然系自称クールキャラ

【特徴】変形タイプで普段は正八面体キューブの形をとっている
人型にもなれ機械の羽に天使の輪をもつ

【設定】高性能Aiを搭載しているが、何がどうバグったのかそこはかとないボケキャラになってしまった
しかし何故かその代わりクールな同種族にはありえないもの"感情"を獲得するに至った
バカだが素のスペックは高く作られているので優秀ではある
誰かに仕えることがプログラムされているので本能的にご主人様を求めるために奉仕部へ入部した。
しかしご主人様と認めた人以外に対しては毒舌である。


【名前】アリレウス

【種族】堕天使

【性別】なし

【性格】マジ天使

【特徴】6枚3対の白翼

【設定】堕ちた天使の一族出身だが本人はまったく天使気質のいい人。天使気質と堕天気質が混じったため敬語にだぜ口調がくっついた変なしゃべり方をする。
18 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:39:35.93 ID:eKgRgmgI0
【名前】イルミ
【種族】ケンタウロス
【性別】女
【性格】恥ずかしがり屋で穏やか
【特徴】黒髪ショートカット、馬の部分は茶色、馬の耳がついている、オッドアイ(青と黄色)、巨乳であり巨乳であり巨乳。更にスパッツ。
【設定】人とケンタウロスのハーフで、人前に立つとテンパることがある。主人公の男とは小さい頃によく一緒に遊んでいたなかである。ケンタウロスなので走るのが速く、陸上部の重量級のエース。
    一度男にフラれたが諦めずに再チャレンジを目指す。



【名前】
ペレグリン

【種族】


【性別】


【性格】
ナルシストでポエマー

【特徴】
青みがかった黒い一対の翼と鋭い爪を持ち、鳶色のマフラーを巻いている。
「瞬膜」と呼ばれる瞼とは別の眼球を保護する膜がついており、急降下中に眼にゴミが入ったり乾くのを防ぐ機能を持っている。

【設定】
陸上部(航空部門)のエース。『音速の貴公子』とも呼ばれ、実際に急降下中のスピードは音速を超えるとされる。たまに生徒の前で曲芸飛行を行っているが、大抵無許可のため顧問に大目玉を食らっている。内外から将来を嘱望されているが、本人の夢は
放浪しながら世界を旅することらしい。



【名前】ヒダン

【種族】両面宿儺

【性別】男

【性格】表の顔:穏健的でナアナア
    裏の顔:好戦的でヒャッハー

【特徴】 山の民のような服装と肩まで垂れる長い銀髪
右の側頭部には鬼神面を付けている
表の顔は好青年だが、裏の顔は眼光鋭い面立ち

【設定】 鬼(両面宿儺)の亜人。後頭部には髪と鬼神面で隠れた裏の顔があり、それぞれ独立した意思を持つ。鬼神面を表の顔にかざすことで、表と裏の顔を入れ替えることができる。両面宿儺は先の大戦以前より他の鬼の亜人と共に人間の支配に抗っていたという伝承があるが、本人は人間にわだかまりは持っていない。ヒヅキとは種族の関係上交流があるが、表と裏の顔で評価は真逆である。
表の顔はメイドを悪漢から救った経緯から懇意の仲になっており、男からメイドを任されることが多い。


【名前】リンネ

【種族】鬼

【性別】女性

【性格】自己主張しない流されやすい性格で誰にでも敬語を使う大和撫子

【特徴】巫女服着用 右手に包帯を巻いている

【設定】
縁結び、恋愛成就のご利益があるらしい神社の巫女。神楽を修得しており、行事がある時は舞っている。
神に生け贄として捧げられていた一族の末裔で、自己評価が低い。右手から血液を流し、それを操ることが出来る特異体質。
血液を燃やしたり武器に変えて戦うが、傷付けることを嫌う。
数百年に一度、同じ外見の鬼が一族の中で産まれている。らしい。
容姿がヒヅキの師匠に似ているらしいが…?
19 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:41:37.83 ID:eKgRgmgI0
【名前】 スザク・アークフォード

【種族】 鳳凰

【性別】 男

【性格】
The クズ
童貞
クヨクヨしない気にしないポジティブマン
滅茶図太い

【特徴】
無駄にイケメン
赤毛の髪にポカポカでフカフカな羽毛を持つ
回復と防御の魔術に長ける

【設定】
 番長勢力のNo.2で、リーゼの右腕。しかし本人に忠誠心は皆無であり、また野心溢れるニューリーダー病患者なので度々番長に下剋上を謀り制裁される。その度に不死鳥の如く復帰して何食わぬ顔でそこにいる。
 不真面目でそもそもテストすら受けず、留年しているため妹と同級生である。勉強はできないのではなく、しないだけとは本人の談。
 基本クズだが何故か妹からは慕われている。
基本クズな彼がNo.2をやれているのはただただシンプルに彼が強いからである。しかしクロら舎弟たちからは忠誠心を向けて貰えず、雑に扱われている。
 リーゼとは時折ラーメンを食べに行く仲、クロの名付け親、幼馴染みにヒョウカとゴエティア兄妹がいる。



【名前】 プライド・ルーデベルト

【種族】 グレムリン

【性別】 男

【性格】
・傲慢とちょっとツンデレ
・好奇心の申し子で、ボタンを押しちゃいけないと言われると即座に押すタイプ

【特徴】
・白衣眼鏡三白眼

【設定】
・プライヤの兄にして、自称"魔導王"にして、番長勢力の一員にして、"学園四賢人"にして、究極の天才発明家。魔導だけではなく、理系もいける。
・圧倒的天才だが、研究以外サボり過ぎて留年している。
・好奇心の余り、自らの研究でよく事件を起こし、大体リーゼか風紀委員から折檻を受ける。反省はしない。
・弟のことは何やかんやで気にかけている。絶対に表には出さないが。
・魔術王との決戦は伝説として語り継がれ、また学会でのベールクレアとの対立と生徒会に縁がある。
・子供みたいなIQの低い口喧嘩をする。



【名前】ロア・ロールド

【種族】王蟲

【性別】女

【性格】
自称クール属性
前方先輩面

【特徴】
ありとあらゆる虫の特徴を兼ね揃える虫たちの王
ムカデみたいな長いしっぽがチャームポイント

【設定】
神出鬼没のみんなの先輩。かつては生徒会や風紀委員など多くの委員会を経験してきたが、今は一応番長連の一員。
絶滅危惧種の肉食貴族。後輩を可愛がるが先輩面してくる。
なんか昔から学園にいる、学園謎お姉さんの一人で顔が広い。
お茶会好きで度々不特定多数に招待状を送り付ける。
中核となる人格は存在するが、彼女は個にして群であり群にして個な生命体。
そのため老化していく体を新しいものに取り換えることができ、実質的不死である。しかしそのテセウスの舟的不死ゆえに過去の彼女と今の彼女は同一かというパラドックスをもつ。
20 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:45:04.69 ID:eKgRgmgI0
【名前】シェンメーイン

【種族】リザードマン

【性別】女

【性格】飄々

【特徴】丸メガネのサングラスに咥え煙管。登下校では被り傘を着けて、錫杖に見立てた仕込み長刀を鳴らしている。

【設定】家柄は中々知られているとこの出で、教養を学べと通わされているが、本人はこだわってない為興味の出た事を優先気味。

頭は悪くなく判断力もあるが躊躇しないため、良くも悪くも行動が早い。荒事も好き。
「相手が本気を出す前にとことん痛い思いをさせる。根性萎えるまでぶちのめす」
がケンカのモットー。



【名前】イヅナ

【種族】鎌鼬

【性別】男

【性格】本人は不良を自称しているが、中身は小心者。老人や女子供に弱く、困っている人を見つけると何故か助けてしまう性格

【特徴】茶髪オールバックで白の特攻服を纏い、「構え太刀」という太刀を佩いている

【設定】見た目や言動はオラついているが、弁当の早食いなどやることがショボイ。目立った非行や犯罪もない(というより本人にする勇気がない)。舎弟が何人かおり、「兄貴」と呼ばれて良い意味で慕われている。太刀は威嚇のために佩いている要素が強く、そもそも本人が剣術に疎いこともある



【名前】ローエン

【種族】龍族

【性別】男

【性格】
正々堂々な武人
戦闘オタクであり、喧嘩にワクワクするタイプだが不良ではない。
ちゃんと礼儀はある。

【特徴】
龍人形態と完全龍形態を持つ。
鱗の色は黒紫色

【設定】
古くからの武門の家柄であり、素手や武芸、武術など多くの戦闘技能を修める。
学園5本の指に入る戦闘力の持ち主だが上位4名には勝てずにいるので、それら4人を勝手に四天王と呼んでいる。
単純な身体的戦闘力に限界を感じ、それだけでは学園最強には手が届かないと最近は魔術にも手を出している。
知り合いからは中二病と煽られている。
魔術戦闘部を作ったが人は集まっていない。



【名前】フー

【種族】虎族

【性別】男

【性格】自らの種族と実力に高いプライドを持ち、虎の亜人の流儀である1対1の闘いにこだわる生粋の戦士。自分にも他人にも厳しいタイプで交友は広くない

【特徴】虎人状態では黄土色の短髪で黒い道着を着ている。完全形態になると長いたてがみになり、道着が破れて上半身が露出するほど全身が発達する

【設定】格闘技を得意とし、特に一族相伝の拳法に自信を持つ。ローエンとは一度拳を交わし合った好敵手の間柄で、たまに二人で修業をしたり議論を交わしている。また、龍の亜人と虎の亜人は古くより互いに強さを競い合う関係ということもあり、その決闘を邪魔する者は誰であろうと許されないと考えている。大戦以前に虎の亜人が人間の一方的な迫害によって絶滅寸前まで追い込まれたことから、人間(特に第二種、その中でも少女)に対して憎悪に近い嫌悪を抱いている



【名前】オルタネート

【種族】リザードマン

【性別】女

【性格】粗暴かつ単純。

【特徴】スローガンが書かれたタスキ着用。風紀委員会対策でヘルメットも装備

【設定】「全種族平等」がスローガンの学生運動グループ…の過激派メンバー。父が所属していた頃のグループは大きく悪名高いグループだったものの支援団体に切られた事もあり、現在学内メンバーは彼女だけ。
スローガンが殴り書きされたトラック型魔導車『テラス学園長退陣号』の上で演説してる事が多い。正直暴れるのが楽しいのと大好きな父がやっていたからやってるだけであんまり考えてない。風紀委員にボコボコにされる常連。
21 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:46:38.29 ID:eKgRgmgI0
【名前】シノ・サトミ(信乃・里見)

【種族】犬娘

【性別】女

【性格】日常生活ではワガママでお転婆な部分が多いが、公の場では気品あふれる所作を見せる

【特徴】白い犬耳と尻尾を持ち、長い黒髪を簪で結って藍色の女袴を着用している。家宝である宝刀「村雨」と数珠を肌身離さず持っている

【設定】東の国にある旧家──サトミ(里見)家の生まれで、八人姉妹の長女。学園には留学生としてやってきた。一人称は「妾」で語尾に「〜のじゃ」をつける等、古風な言い回しが目立つ



【名前】
シバエモン

【種族】


【性別】


【性格】
穏やかで物腰柔らかだが、相手が誰であろうと平等に接する肝の座った部分も持ち合わせる。一方で茶目っ気を発揮したり、金にうるさい一面も見せる。

【特徴】
普段は甚平、茶室では羽織と袴を着用する。恰幅のよい体格で狸の耳と尻尾を持つが、変装中は隠している。

【設定】
東国出身の狸の亜人で変装を得意とする。趣味は和菓子作り。茶道部の部長も勤めており、作法にはあまり厳しくせずに初心者でも利用しやすいことをモットーとしている。そのもてなしは高い評価を得ており、噂では学園長がお忍びで利用していると言われるほどである。



【名前】タタラ オソラヤマ(恐山 多々良)

【種族】猩々

【性別】女

【性格】豪放磊落で豪快な性格

【特徴】赤がかった茶色の髪色をしており、セットできないほどかたい髪質のため山嵐のような髪型になっている。片方のみ肩がだされた革製の胸当てをいつもつけており、そこから見える腕にはかなりの筋肉がついている筋肉質

【設定】多々良は一族の頭首に伝わる当主の名前であり、本当の名前はヒサ(緋紗)。オソラヤマ一族は東の国の鍛冶師を取り仕切る一族で国一の鍛冶師である。得意とする妖刀の制作には右にでるものがおらず、里見の村雨のメンテナンスも手がける。
長身筋肉質で面倒見のよい性格のために女性にはモテて、男性に慕われているが本人は複雑に思っている

シノ・シバエモン・タタラで東方の御三家と呼ばれる。



22 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:49:20.43 ID:eKgRgmgI0
【名前】
ジャンヌ・メトレス

【種族】
雀蜂

【性別】


【性格】
典型的な高飛車お嬢様。常日頃からノブレッソブリージュを欠かさないように考えているが、時として相手にとっては有り難迷惑になることも。

【特徴】
金髪ツインテで白い手袋をはめ、黒いブーツを履いている。雀蜂の触角と翅を持つ。腰には護身兼決闘用としてレイピアを差している。

【設定】
先の大戦で人間と亜人をまとめ上げて勝利へと導いた女性を先祖に持つとされる名門・メトレス家の息女。ミレイアなどの上流階級の亜人とは社交場においても交流がある。個人的な趣味としてフェンシングを嗜んでいる。気に入らない相手に対しては手袋を投げて決闘を申し込むことがある



【名前】
マユ・ヤマイ

【種族】
マイマイガ

【性別】


【性格】
自信がなく大人しく根暗、と思われがちだが純粋に不満を溜め込むタイプでときおりひとりで発狂したように豹変すり

【特徴】
茶色く煤けた白色の大きな羽と髪をもっており頭の上に大きな二本の触覚を持つ。

【設定】
セリカの親戚だが遠い遠い親戚なのでマユ自体は平民の出。セリカに憧れてはいるが近づけないために遠くからこっそり見ている。嬉しくなったり気持ちが高ぶったりすると羽から大量の黄燐が撒き散らされ発火するため「カラミティーヤマイ」や「ヤマイじゃなくてヤバい」や「亜人火力発電所」など散々な名前で揶揄され、誰も近寄らずボッチ。



【名前】
セリカ

【種族】
蚕蛾(カイコガ)

【性別】


【性格】
お淑やかで誰にでも優しい。深窓の令嬢として育てられてきたので世間知らずで乙女チックな部分がある。

【特徴】
儚さが漂う美しい容貌、絹のような純白の長髪とカイコガに似た触角と翅を持つ。カイコガの亜人共通の宿命として飛行できない上に身体も弱いため、他の亜人と比べて平均寿命はかなり短い。服装はジョゼットテイラーによるオーダーメイドの白いシルクのワンピース。

【設定】
世界に事業を展開する大富豪の一人娘。身の回りには常に身体の弱い彼女を支える使用人やボディーガードがいる。父親(母親は既にこの世を去っている)が決めた名門出の許婚がいるが、本人は短い生涯だからこそ種族や身分に囚われない自由な恋愛がしたいと考えている。
あらゆる生涯を潜り抜けて求婚してきたルークに惚れており、逃げるルークをどんな手を使ってでも追い詰めることが趣味
23 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:51:21.26 ID:eKgRgmgI0
【名前】フラジール

【種族】ゴーレム

【性別】なし

【性格】能天気で忘れっぽい

【特徴】人型のストーンゴーレム
様々な鉱石の寄せ集めでできている

【設定】使役された経験があるのか、人の手伝いをしたがる。しかし何をしていたかすぐに忘れてしまう。悪びれる様子はなくいつもニコニコしている。
鉱石に含まれる複数の別のゴーレムの欠片から記憶を一部引き継いでおり、物忘れと相まって過去の記憶があやふや。
ずっと誰かを探しているような気がするが思い出せずにいる。



【名前】グレゴリー

【種族】フレッシュゴーレム

【性別】男

【性格】寡黙で温和

【特徴】全身に縫い跡がある強面の巨漢

【設定】
ロード家とも親交の深い魔術研究家フランクリン博士が作り出した人造人間であり、学問や人付き合いを学ばせるために博士が学園に通わせている。
その見た目と裏腹に優しく繊細な性格である。
大きな手からは想像できないほど手先が器用で、特技は編み物・裁縫。
演劇部の衣装の多くは彼が手掛けているらしい。



【名前】リバーシー

【種族】蒸気式機械天使

【性別】女

【性格】明るく社交的だが蒸気の量に応じてテンションが変化する。リアカーで物や人を運ぶのが大好きだが後ろ歩きなので衝突多発。

【特徴】基本は人型だがあちこちから蒸気を排出している。右目が蒸気の状態を表すメーター。

【設定】
大昔、人間の設計図を参考に亜人が見よう見まねで作った蒸気機関車に搭載されていた運行管理用魔法回路が解体出来なかった為に人型の機械ボディに移植された物。機関車時代、前後を間違えて作られた為に亜人にも人間にも欠陥品呼ばわりされていた。人型になった今でも後ろ歩きが基本。頭の上に汽笛と鳴らす為の紐が付いておりしょっちゅう他人にイタズラで鳴らされている。



24 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:54:34.34 ID:eKgRgmgI0
【名前】リューン

【種族】蝙蝠

【性別】女

【性格】お節介焼き

【特徴】眼鏡っ娘
目は悪いが超音波で常人よりも鮮明に世界は見えている

【設定】
恋のキューピッドを自称する変人
すぐ恋愛認定してきて勝手に一人で盛り上がるただのカプ厨
他人の恋路を眺めるのが好きだが、自分の恋路には疎いというか期待していない。
純愛ものや政略結婚ものなど幅広くイケる口



【名前】ルーク

【種族】朱鷺

【性別】男

【性格】紳士で強がりな寂しがり屋

【特徴】よく整った顔立ちに白色の羽毛を持つ

【設定】
絶滅種朱鷺の最後の生き残り。
種を絶やさぬために早く子孫を残さなければいけないという焦りがあり、気に入った人にすぐ求婚する悪癖がある。
誰の隣にいても分不相応にならないよう、男研きに余念がなく、勉学や運動、お洒落に家事、コミュニケーション能力などの向上に腐心する努力家。
紳士であることを心掛けているが、いろんな人に求婚していく姿から変態の烙印をよく捺される。
求婚してしまったセリカに束縛されており、必死で逃げている。




【名前】ライオ・キング

【種族】獅子

【性別】男

【性格】男女問わず優しく、戦うのが嫌い。

【特徴】身長が3mあって、獅子のようなたてがみがある。筋肉質な体型。しっぽがついている。「自分不器用だから」が口癖。

【設定】獅子族は男性が何もしなく、女性が全部行っている一族のためそれが嫌で一族を離れた。
不器用と言っているが運動、芸術器用にこなしている。その為、部活や委員会から助っ人に呼ばれることがある。見た目と種族から決闘を申し込まれたりして困っている。重いもの軽くと持ち上げる怪力を持っている。少年と一緒のクラスにいる。
25 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:56:47.68 ID:eKgRgmgI0
【名前】ニースラント

【種族】夢魔(夢に入り込み生命エネルギーを奪える種族)

【性別】女

【性格】怠惰が服来て寝そべってる

【特徴】毛先のカールした青のボブカットに羊のような角持ち。間延びした口調、発育悪し

【設定】両目はいつも閉じていて誰も開いているとこを見たことない。彼女の瞳を見た者は覚めることのない夢に誘われてしまうとかしまわれないとか。玉の輿を画策中



【名前】セフィム

【種族】天使

【性別】女

【性格】おっとりぽやぽや

【特徴】小さな一対の翼、白衣をまとった金髪の女性 

【設定】常に空を見ながらふらふらとあちこちをまわっている 意味深な物言いをすることもあるが実際は特になにも考えていない
    基本的にノリと勢いで過ごしている。スナ○キン



【名前】クチナワ

【種族】白蛇

【性別】幼女

【性格】臆病者だが嫉妬深い

【特徴】首を締めるように赤い紋様があり、白髪赤目 かなりの虚弱体質で杖がなければ歩けない

【設定】
一族にかけられた呪いによって声が出せなくなっており、筆談で会話を行う。それについて過去虐められたことがあり他人を恐れている。濁りきった愛情をセレムに向けている。



【名前】ハナヨ(花代)

【種族】河童

【性別】?女

【性格】とても奥ゆかしく自己主張をあまりしないが、困っている人がいると損得勘定抜きで助けずにはいられない心優しい性格

【特徴】一人称は私(素の時はおら)
黒のおかっぱ頭。薄緑色の肌を持ち、頭頂部には皿状の物体が存在している
この部分が乾いてしまうと調子が悪くなってしまうらしく、常に湿らせるための水筒や霧吹きを複数持ち歩いている
基本的に誰にでも丁寧な標準語で話すが、テンパった時や皿が乾いてしまったとき等には地元の方言(所謂田舎訛り)が出てしまう
見た目からは想像のつかない怪力の持ち主で、泳ぎも得意

【設定】山奥の村出身。地元では神童だったらしく、勉強も運動も得意な文武両道タイプ
田舎者であることにコンプレックスを感じているらしく、都会のハイカラなものに強い憧れを抱いている
26 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 22:59:18.22 ID:eKgRgmgI0
【名前】リリス・セクトニア

【種族】死神

【性別】女

【性格】クーデレ

【特徴】ドクロ黒衣大鎌と典型的な死神衣装
結構グラマラス

【設定】古くから罪人の処刑や屠殺業、悪霊成敗など忌避される職業に従事してきた日陰者の一族。
本人は自分の一族に誇りを持っているが、殺しが生業なのもあって他者から忌み嫌われてきた。その反動で、誰かに優しくされるとすぐデレる。
チョロイン。意外に家庭的。
大鎌を持ち歩いてる時点で変人の領域に足を突っ込んでいるが本人に自覚はない。




【名前】レーナ

【種族】スキュラ

【性別】女

【性格】お喋り好きで冗談をよく言う。どんなボケでもツッコミをいれる。ムードメーカー。

【特徴】緑髪でポニーテールをしてる。下半身は8本のタコの足で色はピンク色。壁、天井を自由に歩ける。

【設定】ごりごりの関西弁で話し出したらなかなか止まらない。
実家がたこ焼きを経営していて、自身もたこ焼きをつくるのが上手い。
ボケたがりのクレルとは仲が良く、いつか漫才を結成したいと考えている。
色んな変わった味の飴を多く隠し持っている。



【名前】モモ

【種族】モモンガ

【性別】女

【性格】流行に敏感なイマドキのJK。ビッチっぽい振る舞いをするが、その手の経験は全くない、いわゆる処女ビッチ

【特徴】ミニスカ金髪ショートカット褐色ギャル。モマ同様滑空のための飛膜を持っているが、種族による身体の構造上の違いからモマほど長く滑空できない

【設定】モマと同い年の従姉妹。趣味や性格が近いコダマとはよくつるんでいる。モマからは会う度に身だしなみや振る舞いを注意されているが、モモ本人はそれを疎ましく感じて反発している。ムササビの亜人とよく間違われるが、本人はそれを嫌っている



【名前】ラインメハオ

【種族】狼娘

【性別】女

【性格】クールで現実的…だったのだが絶賛厨二病中。周りからはそれさえ無ければ非の打ち所がないのにと残念がられている。

【特徴】昔話に出てくる、亜人を斬って斬って斬りまくった人間のコスプレで、身長よりも長い長剣(レプリカ)を二本背負っている。もちろん軍服。

【設定】
優秀で誰からも好印象を持たれるクールな狼娘…だったのだが中学生の時に黒衣の勇者の英雄譚を読んだところ、「今は滅びた大国」「強大な力を持つエース」といった要素に厨二心を鷲掴みにされ亜人なのに当時亜人と敵対していた現在で言う所の第二種側にすっかりハマってしまった。平たく言えば拗らせたミリオタで、特に「黒衣の勇者の後輩」のファン。黒衣の勇者の英雄譚に登場する『勇者の恋人の親友であり、勇者と交わった狼娘』と容姿が良く似ているのだが第二種側のファンなのでその事を言われるのはあまり好きでは無い。
27 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 23:01:16.73 ID:eKgRgmgI0
【名前】マナ

【種族】ドッペルゲンガー

【性格】悪戯好きで子供っぽいが、一方で孤独を恐れる一面も持つ。ようはかまってちゃん

【特徴】普段は普通の人間と変わらず、良くも悪くも普通な見た目の黒髪ロングJK。種族の性質上、見た目では家族や同族以外の他人に識別してもらえない

【設定】上記の特徴故に自分を識別してもらえる亜人と人間は皆無に等しく、自分を判別してもらいたいがために半ばウザイほどの悪戯を仕掛けてくる。そのせいで煙たがられることもあるが、本人はそれでも構わないと思っている。噂では母親が2人いるらしい。



【名前】
エリザベス(エリー)

【種族】
ハーピィ

【性別】


【性格】
見事なまでのテンプレートなツンデレ。孤高を気取っているが、一度心を許した相手にはとことん懐く
音楽への造詣が深く、特に歌は聞くことも歌うことも大好き(腕前も中々のもの)

【特徴】
腕と一体化しているタイプ(先端にカギヅメ状の手あり)の白い羽根を持つ翼人
豊かな緑色の髪をポニーテールにしている。おっぱいが大きく衣服はまるでスリングショット水着だ
腕を羽ばたかせて空を飛ぶことができるが、かなり体力を使うらしくあまりやりたがらない

【設定】
将来の夢は声楽家。でも人前ではどうしてもあがってしまって満足に歌うことができず、そこをどうにかしたいと思っているらしい
28 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 23:09:37.79 ID:eKgRgmgI0
【名前】レイン

【種族】蝙蝠

【性別】女

【性格】清く正しいMっ娘

【特徴】着痩せ眼鏡

【設定】
マゾな性癖でたまに暴走するが本人はなかなかに有能な人物
先代生徒会副会長にして、先代新聞部部長でべリアもソロも元部下
ベールクレアとも本人は友達と思っている
良くも悪くも顔が広く学園の大体の人と知り合い
学園の番長に踏まれるために挑みに行った伝説を持つ行動力お化け
妹がいて溺愛している
男女異種族人型不定形に関わらず年下は可愛がる年上も可愛がる無敵の変態力と不落の妄想力を誇る



【名前】
リリー・ガブリエラ

【種族】
大天使

【性別】
無性別(容姿や口調は大人びた女性)

【性格】
清貧で慈愛に満ち信仰心の厚い、まさに聖女を体現したといえる人柄。反面、人を疑うことを知らないほどに純真無垢なため、他者の悪意に気づかずに騙されてしまう危うさも抱えている。

【特徴】
修道服に身を包み、黄色のセミロングの髪と2枚の大きな翼を持つ。髪には白いユリ(マドンナリリー)の花を模した髪飾りをつけている。

【設定】
学園内にある教会で活動するシスター。教会の慈善事業として、孤児院や貧困家庭出身の子供の支援を行っている。その献身的な姿勢から、(某天使姉妹と比較して)「真の天使」とも呼ばれる。ちなみにマリアとは旧知の間柄だが、彼女の悪癖がいつまで経っても改善されないことに悩んでいる。



【名前】セレナ・ロスチャイルド

【種族】不死鳥

【性別】女

【性格】朗らかで明るくそれでいてとっても寂しがり屋

【特徴】笑顔が素敵なフカフカ羽毛に包まれたスレンダー美女
美人遺伝子持ち

【設定】
学園の長命謎お姉さんズの一人で、むかーしむかしから学園にいる。
かつての初代生徒会長でありクレルらは彼女の妹の子孫。
今は生徒会顧問でありながら、学生としての籍も持つ特異な存在。
長命種鳳凰の中でも突然変異により不死性に特化してしまった悲劇の人。
一族から他に不死鳥が現れないかと心配する反面それを期待してしまっている自分に嫌悪感を持つ。
しかし人生停滞が基本のお姉さんズの中でも特に、前進することも出来ず過去に囚われている。
愛は重い方
実は未亡人貴族属性持ち



【名前】ヨダカ

【種族】コボルト

【性別】女

【性格】竹を割ったような性格で、細かいことは気にしない一本筋の通った性格

【特徴】コボルトなので低身長かつ犬顔。毛皮に覆われているがしっかり手入れされており、短くてつやのある黒白の毛足をしている。

【設定】東の国から学園の食堂に勤めに来たコボルト。バジロウが小さなころから面倒を見ておりバジロウはヨダカに頭が上がらない。
かつては堅気ではない仕事をしており、そこからすくい上げてくれたバジロウの父親に感謝をしており、バジロウが一人前になるためには協力は惜しまない。しかしスパルタであるためバジロウのためにと思った行動がバジロウには嫌がらせに近いと思われたりする。
体が弱く床に臥せっているユナという妹がおり、薬代を稼ぐために日々必死に働く。ただし、だからといってお金を恵んでもらうことは絶対に受け入れない。
29 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/04/25(木) 23:10:06.86 ID:eKgRgmgI0
今日はここまで

これだけキャラクターがいると一覧を作るだけで時間がかかりますね
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/25(木) 23:13:53.56 ID:Rn59dyiko
乙乙
ベールクレア祝ヒロイン化
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/25(木) 23:14:37.90 ID:VN0tLhn5O
スレ建て乙&乙
改めて見返すとちょいちょいこんなキャラいたなって思う
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/25(木) 23:20:06.98 ID:vslUWBD0O
地味に先生キャラも増えてる
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/25(木) 23:33:39.34 ID:XpkwUp0XO
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/26(金) 00:08:14.53 ID:BnODkK/bO
前スレ1000www
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/04/26(金) 00:14:42.96 ID:haNe1uOrO
ははーんさてはベールクレア好きだな>>1
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/04/26(金) 06:29:19.56 ID:9UkE/iXyO
乙ー
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/01(水) 00:22:28.09 ID:C7TPcXnR0
令和
38 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/05(日) 21:51:34.37 ID:Vy1OG1Jk0
いつの間にか雨が降っていた。

テラス学園長に呼ばれたときは快晴だったというのに。

当然傘なんて持ち歩いていない。

だから僕は雨に濡れながら歩いていた。

雨に濡れるのは好きじゃない。服が水を吸って重くなるし、眼鏡に水滴がついて前が見辛くなる。

でも今日はそんなことは気にならない。僕の思考領域のほとんどを占めているのは先ほどのテラス学園長たちとのこと。

生徒の命が奪われた。

それも被害者は人間で、おそらく人間を標的にした犯行だと推測される。

なぜこんなことに。

平和な学園は―――

男「全部、僕のせいじゃないか」
39 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/05(日) 22:01:47.82 ID:Vy1OG1Jk0
僕が、僕がこの学園を壊したんだ。

学園の守り神を奪い

秘密をバラし

だから僕が殺したと同じ―――

ロウェナ「雨に、濡れてるよ?」

男「っ!」

視線を思考から現実に戻すと鼻と鼻が触れ合うほどの距離にロウェナさんがいた。

とっさのことに歩みを止めることはできず僕はロウェナさんを

すり抜けた。

当然のことだ。ロウェナさんは幽霊で、ロウェナさんから触れようとしなければ触れることはできないのだから。

だからロウェナさんに傘は必要ない。なのに

ロウェナ「はい先生。傘持ってきたよ。持って出なかったでしょ?」

男「なんで、知ってるんですか?」

ロウェナ「メイドちゃんから聞いたんだよ。風邪引いちゃったら辛いよ? あっ、でも私がお世話できるからそれはそれで」ニヘラ

人懐こいロウェナさんの笑顔。

だけど僕はその笑顔に微笑み返すことはできなかった。

ロウェナ「……先生、なにかあったの?」

男「…いや、何も。………………いえ、ちょっと色々とありまして」

ロウェナ「お姉さんに相談する?」

男「…すいません。できないんです」

ロウェナ「そっか」

ロウェナさんはそれ以上追及はしなかった。

その代わりに傘を差さない僕にかわって傘を差してくれた。
40 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/05(日) 22:12:00.33 ID:Vy1OG1Jk0
このロウェナさんが偽物だということ。

幽霊ですらない、本物のロウェナさんの残滓だということ。

だからといってこのロウェナさんが否定されるわけじゃない。

それは分かっているんだ。分かっているのに。

ロウェナさんの顔をまっすぐに見ることができなかった。

ロウェナ「帰ろっか」

男「すいません、ちょっと行かないといけないところがあって」

ロウェナ「そっか、じゃあお姉さんも行くよ」

男「でも。いや、駄目です」

ロウェナ「私も行くよ。ついてきて欲しいんでしょ?」

男「………お願いします」

ロウェナ「うんっ」
41 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/05(日) 22:27:23.55 ID:Vy1OG1Jk0
コンコン

保健室の扉を叩く。扉には保健室が使えない旨の張り紙が張られてあった。

ノックをしてから十秒ほどして少しだけ扉が開き中から眉をひそめたミーシャさんが半分だけ顔をのぞかせた。

ミーシャ「はいはい。すいませんが今日は保健室は開いてませんよ。そこに張り紙してあるでしょう?」

男「テラス学園長に言われて来ました」

ミーシャ「! じゃあ、どうぞ」

ちゃんと扉が開かれる。中にはいつも通りの消毒液の香りと、いつも以上に気怠そうな顔をしたマリアさんがいた。

マリア「学園長がよこしたのはあんたなのね」

男「はい」

マリア「で、後ろのは?」

ロウェナ「ロウェナさんでーす」

マリア「………部外者は立ち入り禁止よ」

ロウェナ「そっかぁ。じゃあお姉さんはここで待ってるよ」

ロウェナさんが僕の背中を押す。よろめきながら振り返るとロウェナさんはひらひらとこっちに向かって手を振りながら扉を閉めた。

重苦しい雰囲気の部屋に僕は残される。だけどロウェナさんが背中を押してくれたんだから、進まなくちゃ。
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/05(日) 22:32:20.53 ID:UdKbkMsz0
きたあああ
43 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/05(日) 23:09:52.91 ID:Vy1OG1Jk0
男「それで、被害者の子は」

マリア「見ない方がいいと思うわよ。話だけで十分でしょ」

男「…いえ、ちゃんと見ないと」

マリア「そう。じゃあ見なさいな。ミーシャ、袋持ってきて」

マリアさんが指をさした方向にあるベッド。白いカーテンを開けるとそこには顔に白い布を被せられ横たわっている男子生徒がいた。

男「………」

ぱっと見た感じ外傷はない。少なくとも手足はあった。

男「一体どんな子が」

申し訳ないと思いながら布を取る。

男「っ!」

男「うぇっ」

ミーシャ「こっちです」

ミーシャさんが差し出した袋の中に吐瀉物をぶちまける。

男「げほっ、げほ、げほっ」

口の中が酸っぱい。喉がイガイガと痛む。

マリア「やっぱり吐いた?」

ミーシャ「当り前ですよ。あんなもの見ちゃ」

マリア「そうね。顔の筋肉丸出しでグロテスクだもの。面の皮を剥がすだなんて、犯人は一体何を考えてるのかしら」
44 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/05(日) 23:10:20.68 ID:Vy1OG1Jk0
今日はここまで

おやすみなさい
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/05(日) 23:14:51.98 ID:6ubNZ40LO
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/05(日) 23:15:33.82 ID:0985Lbo2O
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/05(日) 23:17:08.46 ID:ckCUzONTo
おつ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/05(日) 23:18:37.70 ID:/aPJQ3PhO
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 04:04:56.39 ID:4McA5In1o
少女とか一部の少数が暴れまくって生徒会や番長連その他も入り乱れて混迷しそう
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/05/06(月) 07:50:08.11 ID:B47LjM9bO
乙ー
51 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 20:25:15.70 ID:+K6X6PX80
顔の皮がなかった。瞼を閉じさせることもできない。

濁った瞳で天井を見上げている彼は一体何を思っているのだろうか。

マリア「正気の殺し方じゃないわね。よっぽどの怨みを持ってるか、頭がおかしいやつの仕業よ」

ミーシャ「頭がおかしくなければ殺人なんてしませんよ」

マリア「そうかしら」

白い布を再び彼の顔に被せる。

こんな事件を表沙汰にできるわけがない。彼には申し訳ないが情報管制をひいて正解だ。

マリア「それで、あんたが犯人捜しをするわけ?」

男「えぇ。学園長に命じられましたから」

マリア「そう。とにかく気をつけなさい。犯人がこの子個人を狙ったのならまだし、人間を狙ったのだとしたら貴方も標的なんだから」

男「そう、ですね」

僕も狙われる可能性は充分にある。でも僕が狙われるのならまだ幸いだ。

僕以外にもこの学園に人間がいるのだから。
52 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 20:51:13.99 ID:+K6X6PX80
男「この子、どうするんですか?」

マリア「防腐処理して保管。とりあえず家族には行方不明として報告」

男「そうですか」

マリア「ちょっと、そんな目でみないでよ。こっちだって仕事でやってんだから」

男「すいません…」

マリアさんが悪いわけではない。テラス学園長が悪い………わけじゃあない。

悪いのは犯人だ。犯人が悪いんだ。

マリア「すぐに防腐処理するから出てった方が良いわよ」

マリア「ゲロを吐き散らされるのは嫌だもの」

男「わかりました」

マリアさんの忠告通り保健室から出る。

外ではロウェナさんがふわふわと漂いながら僕を待ってくれていた。
53 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 20:54:16.74 ID:+K6X6PX80
ロウェナ「私にはよくわかんないけどさ。一緒に帰ろうか」

男「そうですね」

ロウェナ「疲れてるんなら私が憑依して連れて帰ってあげるよ?」

男「結構です」

ロウェナさんに迷惑をかけるわけにはいかない。

というのは建前で、憑依はされたくなかった。

僕の中にいる本物のロウェナさんがどう影響を与えるかわからなかったから。

ロウェナ「手をつなぐのは、いい?」

男「えぇ、それくらいなら」

ロウェナ「やった」

嬉しそうに僕の手に触れるロウェナさん。

いったいなぜロウェナさんは僕にこうも構うのだろうか。

僕が先生でロウェナさんが生徒だから?

考えても答えは出なかった。

その答えを知っていながらも。
54 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 20:57:23.69 ID:+K6X6PX80
〜15週〜

体調がすぐれない。

病気になったとかそういうわけじゃない。

心の問題だ。

心の重力が体までも重くしているだけだ。

だから無理やり引きずれば動ける。

僕は普段よりもずっと重い体に鞭を打ちながら立ち上がった。

はぁ、さてと今日は

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>55
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 20:58:47.51 ID:QQWc+47T0
3事件についてもっと良く調べてみる
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 20:58:59.11 ID:JIVAsRIlO
番長連とのコネを使い犯人についての情報を探る
57 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 21:04:56.78 ID:+K6X6PX80
男(事件の情報は足で稼ぐとよく言われている)

男(まぁ、僕には地道に行動することしかできないんだけどね)

男「しかしどこから当たってみればいいものか」

男(わかっていることは被害者が第一種であり、中等部三年だということ)

男(部活には所属しておらず、所在は男子寮………か)

男「せめてどこかの部活に所属してたらよかったんだけど」

男(僕一人でやっても仕方ない。情けないけど誰かの力を借りよう)

男「例えば」

>>58
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 21:07:37.69 ID:vVpRF0Dp0
ロア
59 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 21:09:54.07 ID:+K6X6PX80
ロア・ロールド。

学園に昔から存在する生徒。

僕よりも年上らしいけど、見た目はそう見えない。

昆虫族の年齢が分かり辛いってのもあるかもしれないけど。

彼女は不思議と色々な事を知っている。

もしかしたら僕の事情も全て知っているのかもしれない。

そんな不思議な生徒だ。

もしかすると彼女なら被害者の事も知っているかもしれない。
60 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 21:23:51.69 ID:+K6X6PX80
誰もいない森の中。

あの木の後ろには殺人鬼が隠れているんじゃないだろうかという妄想を抱かせるほどに不気味だ。

男「さてと」

男「ロア先輩っ!!」

叫んでみる。

僕の声は森の中に吸い込まれてすぐに静寂に飲み込まれた。

僕の声が届いているといいけど。

男「わっぷっ」

変化はすぐだった。

木の葉がざわめく音が大きくなり、一枚の紙が僕の顔に張り付いた。

それを取り確認すると招待状の文字と噛み付き跡のようなキスマーク。

「こちらへ」

男「うわぁっ」

いきなり声がかけられびっくりする。

いつの間にか一人の少女……いや少年か? どっちだろうか。

指定されたデフォルトの制服を着た子がいた。

甲殻の色は緑と青が混じっており、翡翠のような煌めきを持っている。

「主に命じられて参りました。主の元へ案内します」

男「ありがとう。君はロアさんの」

「しもべです」

男「あぁ、そうなんだ」

ロアさんなら従者がいてもおかしくないな。なんかそんな雰囲気あるし。

「ついてきてください」

男「うん」

「!」ピョンッ

男「!?」

ついて行こうと一歩踏み出したら凄い勢いで飛ばれた。

十メートルほど前に着地するとくるりと振り返る。僕を待っているのだろうか。

しかしあぁも勢いよく飛びのかれると。

僕、なんかしちゃったんだろうか。
61 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 21:39:19.51 ID:+K6X6PX80
ついていくと木々がない開けた場所についた。

木々の代わりに花畑になっている。その真ん中でロアさんは白い椅子に座ってなにかを飲んでいた。

ロア「早い再会ね。その様子だと何かあったみたい」

男「えぇ、ちょっとロアさんに聞きたいことがありまして」

ロア「なにかしら。知っていることならば何でも答えてあげるわ。可愛い後輩のためにね」

男「………中学三年の男子生徒。第一種の生徒を知っていますか?」

ロア「もちろん」

男「彼について教えてほしいのですが」

ロア「どうやら 『行方不明』 になってるようね」

ロアさんが笑いながらティーカップを啜る。行方不明をわざわざ強調して言ったということは大体を知っているのだろうか。

ロア「特に目立った生徒ではなかったわ。嫌われてもいない。かといって人気者というほどではない」

ロア「成績は上位の方だけど、彼より上はもっといる」

男「交友関係は」

ロア「交友関係は………そうね、貴方の知っている中だとアビゲイル。それ以外だとリバーシーって子と知り合いみたい」

男「アビゲイル………ジェラルド君の妹か」

とりあえずアビゲイルちゃんに話を聞きに行くべきかな。

ロア「今の私が知っているのはこれくらい。お望みなら調べてみるけれど?」

男「いいんですか? それじゃあお願いしたいんですけど」

ロア「じゃあ代わりに右腕を頂くわね」

男「!?」

ロア「冗談よ。可愛い後輩にそんなことはしないわ」

カチカチと咢を打ち合わせて笑っているが、僕には笑えない冗談だ。

ロア「何かわかったらその子を行かせるわ」

「分かりました」

男「ありがとうございます。よろしく、えっと」

「シルベ、と申します」

男「よろしくシルベさん」スッ

シルベ「!」ピョン

男「………」

握手を求めて手を差し出したらまた飛びのかれた。

嫌われている?

ロア「嫌われているわけじゃないわ。人見知りで警戒心が強いの」

男「はぁ、なるほど」

嫌われていないのならいいんだけど。
62 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 21:43:47.10 ID:+K6X6PX80
男「もう一つ良いですか?」

ロア「なにかしら」

男「犯人、知ってませんよね」

ロア「………えぇ、知らないわ」

ロア「少なくとも今の私はね」

カチリと一度咢を打ち合わせる。その瞳から何を考えているのかを読み取ることはできない。

僕に腹芸は向いていないらしい。わかってはいたけれど。

ロア「これ以上被害者が増えないといいわね」バシャッ

ロアさんがティーカップを逆さにして中に入ってた液体を花畑へと撒く。

ロア「後輩がいなくなるのは、悲しいことだもの」
63 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/06(月) 21:44:19.79 ID:+K6X6PX80
今日はここまで

おやすみなさい
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 21:49:09.15 ID:L5xDGaEto
ロアもロアで一本シナリオできるくらい闇抱えてそう
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 21:49:35.57 ID:77OEGoYYo
おつ
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 21:52:49.46 ID:ucc5ny2HO
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 21:55:33.76 ID:j5xa/1ILo
シルベはなんの昆虫だろうか
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 22:03:19.70 ID:GwOcOnmJO
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/06(月) 22:36:33.13 ID:ucc5ny2HO
>>67
甲殻の色と警戒心が強いってところからすると玉虫かな
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/05/06(月) 22:48:20.79 ID:B47LjM9bO
乙ー
71 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 20:32:54.19 ID:4n8iPP5f0
〜16週〜

男「気が重い。けど行かなくちゃね」

男「はぁ」

ミレイア「なによ。冴えない顔して」

ミレイア「朝からため息ばかりつくなんて、穏やかじゃないわよ」

男「僕にも色々あるんだよ」

ミレイア「ふん、庶民の悩みなんて高々知れてるわ」

ミレイア「どうせ次の給料日までお金がないとかでしょ?」

男「違うから」

ミレイア「まぁ、私を崇めるなら少しくらいは恵んであげなくもないけど?」

男「だから違うって」

ミレイア「なによ。つまんないわね」

男「……ミレイアさん。目の下の隈がいつもより濃いね」

ミレイア「なっ。どこ見てんのよっ」

ミレイア「色々とあるのよ。庶民と違ってね」

男「お互い、大変だね」

ミレイア「ふんっ」プイッ
72 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 20:33:55.48 ID:4n8iPP5f0
男「そういえば僕は授業をさぼってもいいんだろうか」

男「さぼんないけどさ」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>73
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 20:37:16.09 ID:+LwfKxdDO
ルーティ 理系
74 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 20:50:41.37 ID:4n8iPP5f0
ヒヅキ【運動 429】

ベルスタシア 【魔導 358】

ジェラルド【魔術 303】

サレム【理系 467】

ルーティ【理系 319】

プライヤ【魔導 977】

ロウェナ【運動 181】

ミレイア【文系 277】

リリ【魔術 474】

75 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 20:58:34.55 ID:4n8iPP5f0
〜16週 土曜日〜

羨ましかった。

私が持っているものをなにも持ってないあいつが。

妬ましかった。

私の人生とはかけ離れた人生を送ってきたあいつが。

私が持っているものを押し付けたかった。

金も、宝石も、美味しい食事も、快適な部屋も

―――重圧も。

あいつが持ってないもの、全部あげる。

だから私を助けて。

なんて言えるわけがない。

これは私の心の中に秘めた

弱音だ。
76 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 21:03:35.33 ID:4n8iPP5f0
男「うわっ、また廊下が水浸しだ」

エグゾ「おい、シャワーの温度が温いぞ」

男「タオル一枚で出歩かないでくれる!?」

エグゾ「もっと熱くしろ熱く」

男「セイレーンなのに熱いのが好きなんだ…」

エグゾ「たりめーだろ。風呂は熱くてなんぼだ」

男「ちょっと待ってて。ボイラーの調整してくるから」

エグゾ「おう、頼んだぜ」

男(なんで僕がこんなことを)

男(>>79しなくちゃいけないのに)

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:05:07.61 ID:VZJZ8rKS0
3アビゲイルとリバーシーに話を聞きに行く
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:05:40.49 ID:u9cNYakpo
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:06:15.98 ID:fuCWn/af0
>>77
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:08:27.54 ID:u9cNYakpo
ミレイアも助けたいな
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:11:49.50 ID:cU2I6YLp0
>>75の独白はエグゾかな?
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:13:31.52 ID:u9cNYakpo
ミレイアだと思った
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:16:59.81 ID:cU2I6YLp0
勘違いしてたミレイアだったか
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 21:17:17.06 ID:Vm6V+MdeO
ミレイアなんだろうけど対象が男なのか少年なのかがわからん
85 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 21:33:45.08 ID:4n8iPP5f0
ジェラルド君の妹、アビーちゃんをみつける事は簡単だ。

学園内を適当に周って、大きな声と大きな音がした方へ行けばいい。

高身長も相まって本当にアビーちゃんは目立つ。

男「うわ。花壇が壊れてる」

アビー「花壇を壊してしまいました! アビーは悪い子! アビーは悪い子っ!」

男「大丈夫? アビーちゃん」

アビー「あわわ、見つかってしまいましたっ! アビーを許してくださいですっ」

男「うん、まぁ、故意じゃなければ謝れば許してもらえると思うけど」

アビー「恋はいつかしてみたいです!」

男「………そっか」

アビー「? ところでなぜアビーの名前を知ってるのですか? どこかでお会いしたことがあるのでしょうか。思い出せないなんてアビーは悪い子でございますっ!!」

あ、そういえばアビーちゃんと会ったのは僕の体が女だったときか。

思い出したくない………

男「ジェラルド君のゼミ担当だから」

アビー「? にぃにの先生はおねぇ様ですよ?」

男「色々あってあの時は女の子になってたんだよ」

アビー「おねぇ様は、オネェ様だった?」

ちょっとよくわからない。

男「性転換の薬を飲まされて女の子になってたの。それにあの時実は男だって言ってたでしょ?」

アビー「うぅ、アビーにはよくわかりませぇん。すいません………」ショボン

男「まぁ受け入れがたい話だけどさ。さて花壇直すの手伝うから早く片付けちゃおう?」

アビー「! オネェ様はお優しいのでぇす!」パァァ
86 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 21:42:59.40 ID:4n8iPP5f0
アビーちゃんと協力して花壇を治す。

なんというか見た目通りパワー型の子だ。細かいことは苦手だけど力は人の何倍もあるらしい。

服が汚れるのも構わず腐葉土を抱えてなんなく運ぶ姿は種族差というものを意識せずにはいられなかった。

男「ふぅ。これで大丈夫かな」

アビー「お花様が枯れないといいのでございますが」

男「大丈夫だと思うよ。一応知り合いの園芸部の子に相談しとくけど」

アビー「ありがとうなのでぇす!」

めまぐるしい子だなぁ。

さてと

男「ちょっと聞きたいことがあるんだけどいいかな」

アビー「なんでしょう!」

男「君の知り合いの人間の男の子について、なんだけど」

アビー「? どうかしたんですか? なんか病気でお休みしてるみたいですけど」

病気。そう伝えられてるのか。

じゃあうかつなことは言えないな。

男「それと、リバーシーさんを呼んできて欲しいんだ」

アビー「お安い御用でぇす!」ビシッ

アビーちゃんは敬礼をすると、ずだだだとすごい勢いで走り去った。

なにか物音がしたところをみるに、何かにぶつかって壊してしまったみたいだ。

本当、大変な子だなぁ。
87 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 21:51:46.71 ID:4n8iPP5f0
アビーちゃんはすぐに戻ってきた。

煙をあげながら抵抗する女の子を引きずりながら。

リバーシー「そっちは私にとって後ろすでのな!!」

………ん?

アビー「大丈夫大丈夫!!」

リバーシー「いやいやいや、何がいならかわかのな夫丈大がにな!?」

………んん?

途中からあの子が言っている言葉がなんなのかわからない。

どこの言葉だあれ。

アビー「とうちゃーく!」

リバーシー「うぅ、蒸気機関の敗北とはすなわち科学知識のすでのな北敗………」

訛り、じゃないよね?
88 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 22:00:35.87 ID:4n8iPP5f0
男「ごめんね。僕がアビーちゃんに頼んで連れてきて貰ったんだ」

アビー「この人はにぃにの先生で、オネェ様でぇす!」

リバーシー「え? え? どう見ても男」

男「男だよ。アビーちゃんが適当呼んでるだけだから気にしないで」

男「ゼミ教師をやってる男っていうんだ。よろしく」

リバーシー「私はリバーシーです! 蒸気式機械天使というすでムレーゴ!」ポッポー

男「………えっと、ごめん、ちょっと後半よくわからなかった」

リバーシー「あぁ! すいませんっ。 私は言葉を後ろ向きに言ってしまうのですっ」

………そういう癖ってあるのか。

リバーシー「そのリバーシーは欠陥品の出来損らかすで」

男「いやいや、それもまた個性だと思うよ。誰も持ってない特徴は素晴らしいと思う」

僕自身平凡なだけあってそう思う。

ーシーバリ「! かすでんるれくてっ言てっいなゃじ品陥欠もで私なんこ、なんそ!?」

男「えーっと、うん」

リバーシー「貴方は良い人だぁ!」

アビー「ふふーん。オネェ様は良い人なのでぇす」

適当に応えちゃったけど、喜んでくれたのなら結果オーライなのかな。

さて、打ち解けられたところで本題に入ろうか。
89 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/07(火) 22:01:24.86 ID:4n8iPP5f0
すいません今日はここまでです

いさなみすやお
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 22:04:14.59 ID:KU+VBQP90
すでつお
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 22:06:18.96 ID:u9cNYakpo
乙乙
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 22:13:10.17 ID:Vm6V+MdeO
つお
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/07(火) 22:29:22.26 ID:5Q5oZByCo
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/05/08(水) 05:08:05.59 ID:+HyJJY0OO
乙ー
95 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 16:09:30.08 ID:r/MeoRRi0
男「ちょっと聞きたいんだけどさ。君たちのクラスメートの人間の男の子がいるでしょ」

リバーシー「なんだか病気でお休みしているみたいで、心配です」

男「変わったところとかなかった?」

アビー「? ………はっ、実は彼は変態さんだったのでぇすか?」

男「いや、変わったところってそういうところじゃなくて。最近様子が変だったりとかは」

リバーシー「うーん、体調が悪いというわけではなさそうしたしで」

おかしいところはない。ということは何かトラブルを起こした、もしくは巻き込まれたというわけではないのかな。

通り魔的犯行の線が強い。もしかしたら被害者になったのは僕だったのかもしれない。

その危険性はこれからも続くわけだけれど。

アビー「オネェ様ぁ?」

男「! そっかおかしなところはなかったかぁ」

リバーシー「なにかあったのですか? 大変な病気とか………」

男(病気だったらよかったんだけどね)

二人の顔が曇る。クラスメートが病気といえば連想されるものは死。

ただ、病気は過程だ。まだ死んではいない。

だったら

男「うん………。詳しくは話せないけれど重い病気になってしまったんだ」

アビー「! そそ、そんなぁ!!!!」ガシッ ググッ

大声に竦んだ体を軽々と持ち上げられる。なんて力。小柄だけど男の僕をこうなんでもないように抱え上げるとは。

掴む手に込められた力は強く、アビーちゃんの動揺が伝わってくる。

アビー「それは大変です今すぐお見舞いにいかないときっとベッドの上で寂しい思いをしていると思うのでぇすだからアビーは友達で友達だから友達として」グイングインッ

大きく前後に揺さぶられる。両眼には涙を湛え、大きな瞳から今にも零れ落ちそうになっている。その姿に心を痛めそうになる。

いい気分にはならないだろう。僕がやったことは彼女たちにとっては悪いことかもしれない。

男「駄目なんだ」

それでも最悪に至らないようにするためなら、進むしかない。

アビー「なぜですかぁ!?」

男「まだ良くわかってない病気なんだ。感染症とも言われている。だから会わせるわけにはいかない」

男「………もしかすると、もう帰ってこないか、も゛っ」ドサッ

アビーちゃんの手から力が抜ける。支えるものがなくなり落下した僕は受け身をとれず、地面に強かに尻を打ち付けた。

アビー「そんなの、そんなのは嘘でぇす!! アビーは信じませぇん!!」

体が大きいとはいえまだ少女。受け止めるには重すぎたのだろう。アビーは頭部を抱え込んで直した花壇を破壊しながら逃げ出した。

リバーシー「すで夫丈大、らかすましかとんなが私はービア、のあ」

リバーシー「すまし礼失も私………のそ。すまいざごうとがりあてれくてえ教」ペコッ

リバーシーちゃんが何を言ったかはわからない。だけどその表情は当然ながら笑顔ではない。

得られた情報はおそらく通り魔的犯行だということ

わかったことはその情報を手に入れるために僕は二人の少女を傷つけたということ。

………達成感は皆無だ。
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 16:45:03.40 ID:pB0RykXCo
来たか!
97 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 17:14:18.90 ID:r/MeoRRi0
男「はぁ………」

晴れない気分のまま僕は帰路を歩いていた。

日は落ちかけ、場所によっては目を凝らさなければならないほど薄暗い。

目を凝らせば何かが隠れていそうに思える。だから夜の暗闇よりも怖い。

―――ッ!!

男「!!!」

叫び声が聞こえた。方向は………第二種の保護地区から。

もしかして、犯人が………

だけどもし凶悪な殺人鬼がいたとして、僕では………

1.声がしたほうに駆けだす

2.帰路を急ぐ

>>98
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 17:16:21.03 ID:KuYpCL4DO
1
99 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 17:29:45.05 ID:r/MeoRRi0
………行かなきゃ。

間に合わないかもしれない。

もしかしたら襲われるかもしれない。

それでも逃げたら、見捨ててしまったら絶対に助けれないんだ。

僕はそう自分に言い聞かせ、勇気を振り絞り路地裏を進んだ。

今にも何かが飛び出てきそうなほどに不気味だ。

だけど僕は足を止めることなく急ぐ

―――鍛えていれば、よかったんだろうか。

勉学ばかりで、体躯を鍛えることの無い僕には誰かを救うなんて言葉は現実味を帯びていない。

もしヒヅキさんだったらこの足に絡みつくような弱気なんてないのだろう。強く一歩を踏み出せるのだろう。

もし―――

男「………!!」

血の濃い匂いがする。

僕にとっては非現実的な臭いが危機感を煽る。

踵を返したい。

逃げ出してメイドちゃんの作る美味しいごはんを食べて

暖かいお風呂に入って

ふかふかのベッドで眠りにつきたい。

男「―――っ!」ムグッ

思わず飛び出そうになった悲鳴を両手で押さえる。

辺りに飛び散った血しぶき。

体の一部を欠損し、倒れ伏した誰か。

そして両手を血で濡らした少女ちゃんがいた。
100 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 17:35:34.71 ID:r/MeoRRi0
少女「誰?」バッ

素早く少女ちゃんが振り返る。

とっさに物陰に隠れることはできたけれど、見られてないだろうか。

今までの犯人は少女ちゃんだったのか?

なぜ……なんで?

彼女も人間のはずだ。

でも、第二種なら違うのか?

第二種は人間として認められないのか?

男「ふーっ、ふーっ」

抑えようと思っても荒い息が手の隙間から漏れる。

聞こえてくれるな。聞こえないでくれ。

少女「………私じゃないよ。やったのはさ」

少女「だから警戒しないで欲しいな」

………本当に?

本当にやってないのか?

そういって誘い出して、殺す気か?

………いや、彼女も学園の生徒。

教師ならば信じないといけないんじゃないのか?

男(どうする。どうする)

1.その言葉を信じて出ていく

2.隙を見て逃げ出す

>>102
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 17:37:07.46 ID:5wCIoTVE0
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 17:39:07.98 ID:Idk6+Pl5O
1
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 17:39:11.72 ID:yPyjkENS0
1
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 17:45:58.30 ID:ceEoEbFI0
>>101
全角で数字書き込んでいるということはお前糞改行だろ
わざと逆張りしてるだろ
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 17:49:30.97 ID:5wCIoTVE0
>>104
全角で書いたからって……
別に僕とは限らないけど?
106 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 18:39:14.59 ID:r/MeoRRi0
………僕だって教師だ 生徒の言葉は信じよう。

ぎゅっと手を握り締めて僕は物陰から―――

「状況証拠がばっちり揃ってるやん」

男「―――っ」

出ようとする前に誰かが現れた。

四角い箱のような頭部をしている特徴的な彼は………

オー「わいは名探偵やないけど、犯人はお前や! なんてな」

右手に持ったメガホンから聞こえてくる声はどこか無機質的。それに大声が耳に響く。うるさい。

僕より至近距離で大声を浴びた少女ちゃんは両手で耳をふさいでいた。

少女「私は人間だけど?」

オー「同族殺しなんてそう珍しいもんでもないやろ。第二種なんてあんたらから見たらおもちゃみたいなもんやろ」

少女「………は?」

オー「おぉ怖い怖い」

そういって身を竦めているが演技だ。

表情は見えないがおそらく少女ちゃんをあざ笑っている。

………彼は一体
107 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 18:51:56.05 ID:r/MeoRRi0
オー「最近起きる第二種殺人事件。犯人はお前。理由は強さを示したかったから」

オー「みんな納得やないか? 普段のあんたを知ってる人なら皆納得する」

少女「勘違いが酷いよ。私は売られた喧嘩は買うし、ムカつくやつはぶっ飛ばすけど」

少女「悪いやつじゃない」

オー「口ではなんとでも言えるわな」

少女「………ムカつく」

オー「で、ワイをぶっ飛ばす………いや殺すんか?」

少女「あと一つ、勘違いしてることがある」

オー「実は男ですとかか? その薄っぺらいっておいおいおいわざわざ脱いで証明せんでも」

少女ちゃんが着ている服に手をかけ、ボタンを引きちぎりながら脱ぎ去った。

下着はつけてなかった。僕がいる方からは見えるのが背中で良かった。

少女ちゃんの体を表すなら引き締まっているという表現じゃ適切ではない。それを通り越した動物的な体つき。薄皮の下の筋肉が今にも飛びかかりそうなほどうねっていた。

少女「私は第二種だ」
108 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 19:07:21.67 ID:r/MeoRRi0
オー「………マジで?」

少女「今証拠見せてるでしょ」

裸を見せているのに一切動じていない。

おそらく少女ちゃんが言ってる証拠とは焼印の事だろう。

オー「………本当に犯人やないんか?」

少女「どちらかというと犯人側」

オー「本当の本当に?」

少女「うん」

予想していなかったらしくオー・クラッペンくんはメガホンを顎(?)にあてて考え込み始めた。

一号「マスター。呆けてないで早く持って帰らないと」ドサッ

上から誰か落ちてきた。その誰かは四肢で着地するとクラッペン君をマスターと仰いだ。

その顔はどこかで………

男「!」

僕が最初にここに来たときに見た女の子。

死んだはずの、あの子だった。

手足が生えた? そんなわけない。良く見るとその手足は人間のものではない。

真っ白の手足とちらりと見える球体間接。まるで人形のようだ。

オー「あぁ! せやな!」

少女「持って帰るって、何する気なの?」

オー「一号。回収よろしく」

一号「マスターがやってください」

オー「うい」

少女「答えろよ」
109 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 19:20:09.15 ID:r/MeoRRi0
オー「………マジで?」

少女「今証拠見せてるでしょ」

裸を見せているのに一切動じていない。

おそらく少女ちゃんが言ってる証拠とは焼印の事だろう。

オー「………本当に犯人やないんか?」

少女「どちらかというと犯人探してる側」

オー「本当の本当に?」

少女「うん」

予想していなかったらしくオー・クラッペンくんはメガホンを顎(?)にあてて考え込み始めた。

一号「マスター。呆けてないで早く持って帰らないと」ドサッ

上から誰か落ちてきた。その誰かは四肢で着地するとクラッペン君をマスターと仰いだ。

その顔はどこかで………

男「!」

僕が最初にここに来たときに見た女の子。

死んだはずの、あの子だった。

手足が生えた? そんなわけない。良く見るとその手足は人間のものではない。

真っ白の手足とちらりと見える球体間接。まるで人形のようだ。

オー「あぁ! せやな!」

少女「持って帰るって、何する気なの?」

オー「一号。回収よろしく」

一号「マスターがやってください」

オー「うい」

少女「答えろよ」
110 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:03:42.69 ID:ISieQUpP0
クラッペン君は被害者を軽々と担ぎ上げると

少女「おい、答えろって」

オー「すまんな嬢ちゃん。お喋りはここまでや」

少女「おいっ!!」

オー「じゃあな」ピョンッ

一号「御機嫌よう」ピョンッ

大きく屋根まで飛び上がり、どこかへ逃げた。

人間業じゃない。クラッペン君はともかく、一緒にいた女の子まで屋根までジャンプしていた。

少女「おいっ! こらっ!!」ピョンッピョンッ

少女ちゃんも人間離れした跳躍力でジャンプをしているがそれでも3メートル程度。

クラッペン君を追うのは無理だ。こう入り組んだ路地では追いつけるはずがない。

少女「よいしょっ!」タンッ タンッ タンッ

少女「百点満点!」ビシッ

と思っていたら壁を蹴って屋根まで上っていった。

少女「おいこらー! 待てこらー!!」

オー「うおっ!」

………僕には到底できそうにない。

だけど二人は学園の生徒だ。素性は分からないけれど、学園の生徒であるなら探しようはある。

だけど、二人は殺人事件の情報を知っているのだろうか。
111 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:08:23.77 ID:ISieQUpP0
男「ただいまー」

エグゾセ「帰ったか。ん? お前どこか怪我してんのか?」

男「いや? 怪我はしてないけど」

エグゾ「でもこの臭いは………服からか」

エグゾ「お前、なにやってたんだ?」

男「………」

エグゾ「おい」

男「ごめん、ちょっと話せないんだ」

エグゾ「そうか。別にお前がなにしてようが俺は構わねぇんだけど」

エグゾ「お前が怪我すると心配する奴がいるんだよ。俺はしねぇけど」

男「心配かけてごめん」

エグゾ「俺はしてねぇって。てかくせぇから風呂入って着替えてこい」

男「そんなに臭うかな」

エグゾ「ぷんぷん臭ってやがる」

男(血の匂いが分かるだなんて。エグゾセさんは凄い鼻がいいんだなぁ)
112 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:22:12.80 ID:ISieQUpP0
〜16週 日曜日〜

アリレ「うわっ、これから、からっ、辛いですっ!」

R「ダブリューダブリュー。語尾を忘れるほど辛いですか」

アリレ「水、水くださいっ」

リリ「どうぞ」

アリレ「ひぃー」ゴクゴクゴク

アリレ「はぁ、なんてもの食べさせてくれるんですかだぜ」

R「面白そうなんで買いました」

アリレ「迷惑な」

リリ「そんなに辛いのですか?」

R「リリも食べますか」

アリレ「やめといた方がいいと思うのですだぜ」

リリ「………」ズルッ ズルルルッ

リリ「………」ゴクゴクゴクゴク

リリ「御馳走様でした」

アリレ「」アングリ

R「リリは味覚がないのですか」

リリ「味覚はあります」

アリレ「だ、だ、大丈夫なのですかぜ? 水は」

リリ「はい。平気です。大丈夫です」

R「ダブリュー。アリレウスは男気がないですね」

アリレ「あれ食べるくらいなら男気なくていいのですぜ」
113 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:23:13.27 ID:ISieQUpP0
男「さて、今日は」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>115
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 21:28:17.04 ID:KuYpCL4DO
2 ルーティ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 21:28:19.09 ID:Inc6bK8u0
3アイレーンの歌を歌っているエグゾセを見かける
116 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:47:37.58 ID:ISieQUpP0
男(しまった僕としたことが財布を忘れて―――)

「アフェイジア―――っ!」

男(あれ………この声、歌は前聞いた)

「閉ざして満たしてこの想いを」

「口にできるほど甘くはないから」

「ドロドロと煮えたぎって、全部濁って台無しにして」

男(やっぱり、アイレーンの曲。だけどなぜその歌が僕の家から)

男(一体、誰が)

「恋は衝動、愛は消耗、もういらないからさ全部仕舞ってよ」

「一人ぼっちで鏡に叫ぶの」

男(こっそり、こっそり)コッソリ

エグゾ「大切なもの、全部消して」

男「!?」

男(エグゾセさん!? エグゾセさんなんで!?)

エグゾ「ふぅ。今日もばっちりだな」

エグゾ「今日はここまでで」クルッ

男「や、やぁ」

エグゾ「」
117 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:50:14.94 ID:ISieQUpP0
男「エグゾセさん。アイレーンの歌、凄い上手だね」

エグゾ「いつからいた。いや愚問だな」

エグゾ「………どうやって死にたい?」

男「殺さないで!?」

エグゾ「覗き野郎に人権はねぇ!」

男「僕の家なのに覗きなの!?」

エグゾ「うるさいうるさいうるさいっ。というかなんて戻ってきてんだよ!」

エグゾ「しばらくはもどんねぇんだろ!?」

男「財布忘れちゃって」

エグゾ「この抜けさく野郎!!」
118 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 21:57:28.59 ID:ISieQUpP0
エグゾ「………そうだよ。俺がアイレーンだ」

男「え、女装してたってこと?」

エグゾ「…俺は女だ」

男「えぇ!?!?」

エグゾ「まだ気づいてなかったのかよ。見ればわかるだろとは言わないけどな」

エグゾ「だからアイレーンは女装じゃねぇ。普段が男装だ」

男「なぜまた男装を?」

エグゾ「じゃあなんでお前は女装を?」

男「ぐあぁぁぁっ」

エグゾ「ちげぇわ。俺はお前と違って変態じゃなかった」

男「僕だって変態じゃないよっ」

エグゾ「女装して女子寮に侵入する男を世間一般では変態と呼ぶんじゃないか?」

男「否定が―――できない!」
119 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 22:08:31.49 ID:ISieQUpP0
エグゾ「とにかく俺がアイレーンだってことを人にしゃべってみろ」

エグゾ「お前が女装して女子寮に侵入したってことをこの街中に広め回ってやる」

男「君が秘密にしたいって言うなら言わないけど」

エグゾ「信じるぞ? その言葉を信じるぞ?」

エグゾ「もし私を裏切ってみろ。口を縫い合わせて嘘をつけなくしてやる」

男「言わないって」

エグゾ「………はぁ。油断しちまった。くそっ」

男「あのエグゾセさん」

エグゾ「あんだよ」

男「もう一曲歌ってくれないかな」

エグゾ「しねぇ!!」
120 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/19(日) 22:09:06.55 ID:ISieQUpP0
今日はここまで。

作詞、できない。
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:15:39.81 ID:KVf5qiXiO

エグゾセの風呂上がり何度も見てるのに気付かんかったんかい
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:17:52.55 ID:pB0RykXCo
乙乙クラッペンと少女は一連の犯人知らなさそうよな
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:29:42.10 ID:suc5moydO

ぺったんこやろなぁ
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:35:17.45 ID:c37FRq0KO
リリ痛覚ないのか
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:37:27.76 ID:KuYpCL4DO
乙です
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:39:33.57 ID:1OPl/pPYO
おつー
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/19(日) 22:42:38.30 ID:d9MGcW0jo
エグゾセ嫌い
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/05/19(日) 23:34:39.19 ID:MQzWKce8o
乙ー
129 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 21:37:10.17 ID:AMT9W9Bt0
〜17週〜

男「そういえば少女ちゃんはどこのクラスなんだろうか」

男「クラッペン君はゴミ回収部らしいけど」

男「………ゴミ回収部ってなんだ?」

男「とりあえずはこの二人に話を聞けば犯人に近づける、のかな」

男「………クラッペン君。あんなことしてるけど、一体何が目的なんだろうか」

男「ちょっと、探るには怖いな」
130 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 21:37:53.22 ID:AMT9W9Bt0
男「っと、それよりも」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>132
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 21:40:39.62 ID:yYSeOdcs0
サレムに魔術
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 21:48:24.81 ID:5jTnbXxBo
133 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 21:56:09.31 ID:AMT9W9Bt0
ヒヅキ【魔術 421】

ベルスタシア 【魔術 342】

ジェラルド【運動 293】

サレム【魔術 176】

ルーティ【運動 229】

プライヤ【魔導 992】

ロウェナ【文系 353】

ミレイア【魔術 295】

リリ【魔導 455】
134 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:04:44.99 ID:AMT9W9Bt0
〜17週 土曜日〜

ミーシャ「この前ですね。実家から山菜が送られてきたんですよ」

マリア「あらいいじゃない。そういえばあんたの実家ってどこよ」

ミーシャ「結構な田舎ですよ。でも実家は結構大きいお屋敷なんですよ」

ミーシャ「村の外れのほうなのが辛いですけど」

マリア「ってことはあんた意外とお嬢様だったり? ちょっと男紹介しなさいよ」

ミーシャ「私の田舎を汚染させるわけにはいかないので」

マリア「汚染ってなによ。最近そういう差別に厳しい世の中なのよ?」

ミーシャ「お屋敷も結構古いみたいで。大戦のちょっと後くらいに建てたらしいんです」

マリア「ざっと数百年レベルってとこねぇ。なんか金目のものとかないの?」

ミーシャ「聞いてどうするんですか」

マリア「あんたの扱いがちょっと良くなる」

ミーシャ「話ちょっと戻しますけど、別に同性愛を否定してるわけじゃなくて、貴方を否定してるだけですから」

マリア「あんた、毒舌だとモテないわよ」

ミーシャ「素直ですにゃ」

マリア「可愛くないわねぇ」

ミーシャ「モテモテですにゃ」ツーン
135 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:07:50.17 ID:AMT9W9Bt0
男「ちょっと身長伸びた?」

メイド「そうでしょうか」

男「うん。伸びてる伸びてる」

男「成長期だから大きくなってるんだよ」

ロウェナ「おっぱいが?」

男「おっぱ………身長の話ですよ」

ロウェナ「そうだよねー。メイドちゃんのおっぱい育ってないもんねー」

メイド「ご主人様は大きい方が、望ましいと思われますか?」

男「あっ! そういえば僕は」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>137
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:10:05.47 ID:5jTnbXxBo
3
人間種殺しそうな危ない奴知ってそうな番長連でコネを使い情報を集めてみる
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:10:24.25 ID:Bjg/OB0DO
138 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:13:12.63 ID:AMT9W9Bt0
男「番長連の人に犯人に心当たりがないか聞いてみようかな」

男「………犯人に聞いちゃったらどうしよう」

男「でも危ない橋を渡らないといけない時もあるよね」

男「それが今かはわからないけど」
139 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:18:39.91 ID:AMT9W9Bt0
〜森の中〜

ザワザワ

男「番長連はなんでこんなところに集まってるんだろうか」

男「不気味だなぁ」

ガサガサッ

男「っ!」

ドサドサドサッ

男「うわっ、誰!?」

「我らスザク様に仕える三羽鴉!」

「一羽でチュン!」バッ

「二羽でチュチュン!」ババッ

「三羽揃えば」シュババッ

「「「牙をむくっ」」」バァーンンッ

男「………雀じゃん」

「何を! スザク様は言ってたぞ!」

「牙を持った鳥と書いて東洋では」

「鴉と呼ぶのだちゅんっ」

男(ちゅんっって言ってるじゃないか)

「えぇい! これ以上先に進もうとすれば!」

「拙者達、三羽鴉が」

「牙をむくのだちゅんっ!」

男(かわいい)
140 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:22:57.49 ID:AMT9W9Bt0
男(しかしなんで忍び装束なんか着てるんだろうか)

男「そういえばスザク君の知り合い? だって言ってたけど」

「忠実なしもべだ!」

男「そうなんだ。えっと僕はスザク君の友達?」

「スザク様に友達なんぞできようか。いや、できない」

「ありえないッピー」

「つまりお前は嘘つきだな!」

ゴンッ

ゴンッ

ゴンッ

「「「ジュチュンッ」」」

スザク「お前ら好き勝手言いやがって」

スザク「俺様にかかれば友達なんぞ百人単位で作れるわ!!!」

男(友達がいないことに関して否定できてないよ、スザク君)
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:26:35.71 ID:sjDNcZT8O
スザクに忠実なしもべができようか
142 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:28:12.45 ID:AMT9W9Bt0
スザク「よぅ。こいつらがピヨピヨうるさいからなんか来たのかと思えばお前か」

スザク「お前のおかげでこっちは楽しくやれてるぜぇ」ニタニタ

男「それはなにより。で聞きたいことがあるんだけどいいかな?」

スザク「はっ。それなりの姿勢を見せてくれたら考えないこともないぜぇ?」

男「それなりの対価………」

「さすがスザク様!」

「ケツの毛まで毟り取るようなみみっちい性根だホケキョー」

「まぁスザク様はケツの穴を見られておられたがな」

「「「ケラケラケラ」」」

ゴンゴンゴンッ

「「「ジュチュンッ」」」

スザク「焼き鳥にされてぇのか?」

男「まぁまぁまぁ」

スザク「ちっ。仕方ねぇからただで協力してやるよ。みみっちくなんかないスザク様がな!」

男「本当? ありがとうスザク君」

スザク「けっ。礼なんか言われたら冬毛に生え変わっちまうぜ」ブルルッ
143 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:29:09.31 ID:AMT9W9Bt0
今日はここまで

おやすみなさい
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:30:49.28 ID:rjVGBN+no
おつつつ
145 :訂正 ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/22(水) 22:30:58.78 ID:AMT9W9Bt0
× 「まぁスザク様はケツの穴を見られておられたがな」



○ 「まぁスザク様はケツの穴を見られてしまったのだがな」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:31:54.84 ID:5jTnbXxBo
乙乙やはりスザクは非処女…
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/05/22(水) 22:32:50.89 ID:NSVPMJCYO
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:33:21.96 ID:JhDlzurcO
やっぱり主要番長連メンバーに純粋悪はいないの
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:42:30.16 ID:Bjg/OB0DO
乙です
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/22(水) 22:43:46.04 ID:bEhVutu/o
リーゼとスザクくらい?

あとはそんなでもない

もうキャラ多いけど純粋悪キャラ作ってもいいのかな
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/05/23(木) 01:55:15.08 ID:CZudVk0UO
乙ー
152 :訂正 ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 19:06:40.15 ID:l3uC6ni30
スザク「立ち話もなんだ。ついてこい」

男(ということで案内されたのは)

スザク「どうした。早く入れよ」

男(もう使われていない校舎。森の中にこんなところがあったんだなぁ)

男「いや。まだまだ僕の知らないことばかりだなと思って」

スザク「ふふんっ。これが男の秘密基地ってやつよ!」

「秘密基地って、お可愛い」

「まぁスザク様の脳みそは新品でつるつるであられるからな」

「殴られる気がするチュン」

ゴンゴンゴン

「「「ギエピー」」」

スザク「お前ら本当に俺の部下なのか?」

男「まぁまぁ」
153 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 19:14:55.69 ID:l3uC6ni30
スザク「早速だがお前の悩みとやら、この俺がすっきりさせてやってもいいぜ」

男「う、うん」

男(視線を感じる。例えるなら肉食獣の檻に入れられた小鼠の気分)

男(あまり心地が良い視線ではない)

クロ「………」グルル

リーゼ「………」フッ

ユークリッド「………」ジッ

カフカ「………」グゥ

プライド「………」フハハ

スザク「どうした? まさか俺様の存在感に気おされちまったのか?」

男「あ、あはは、実は」

スザク「お前は分かる奴だな! いいぜいいぜぇ! そういう奴が長生きするってもんよ!」

男(正確にはスザク君に気おされているわけではないけど)
154 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 19:29:17.88 ID:l3uC6ni30
リーゼ「おいスザク」

スザク「なんだよ」

リーゼ「そいつは明らかに部外者に見えるが」

スザク「おう良く聞いてくれたな! この部外者面してる一般市民的男性は何を隠そう風紀委員の内情を俺に告げ口した腹黒性悪男なんだぜ!」

リーゼ「……お前が?」

男「…はい、実は」

プライド「フヒ、フハハハ! 良いぞ良いぞ! 貴様が混沌の原初か! 見れば見るほど頼りないその面が実に良い! グッドだ!」ズズイッ

プライド「ほうほう、貴様なりは普通だが、普通ではないな? 我にはわかる。我にはお見通しなのだ! フワッハッハッハ! フーッハハンゲホゥッゲホッゲホッ!」ズズズイッ

男「………」ベチャア

リーゼ「だとしても俺の断りなく連れてくるとは面白くねぇな」

スザク「お前の許可がいると? 今はお前がナンバー1だが、すぐに俺がその座を奪い取ることになるんだぜぇ?」

リーゼ「んだと? やんのか鶏野郎」

スザク「上等だぜぇえ! 灰は灰に! 塵は塵に! 魚野郎は水の中に!」

「燃えるごみは赤いゴミ箱に!」

「燃えないゴミは青いゴミ箱に!」

「ポイ捨て駄目絶対だちゅん」

スザク「………」ゴゴゴンッ

「「「ピチュン」」」」

ユーク「お兄様。殺し合いも構いませんが目的を見失いませぬよう」

ユーク「あの鳥はいつでも殺せますわ」ニコッ

リーゼ「………それもそうだな」フゥ

ユーク「カフカさん。お客様にお茶を」

カフカ「承知」

リーゼ「お前も俺の部下を使うのか………」

ユーク「可愛い妹のお願いですわ」クスクス

リーゼ「可愛い、ねぇ」
155 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 19:42:36.64 ID:l3uC6ni30
カフカ「お茶」

男「ありがとう」

リーゼ「それで、頼みとは」

男「ちょっと聞きたいことがあるんだけれど」

スザク「おう、なんでも答えてやるぜ。太っ腹なスザク様がよぉ!」

リーゼ「教えることが可能であればだ」

男「………人間を標的にした殺人事件。その犯人についての情報を知っていたら教えて欲しい」

リーゼ「………殺人事件?」

男「去年から頻発してる保護地区での第二種殺人事件」

ユーク「第二種……そう“珍しいこと”ではないのではなくて?」

リーゼ「あぁ。そんなことじゃ警察も動きはしないだろうな。だからお前が動いているのか?」

スザク「なんだ、そんなつまらねぇことなら―――」

男「その犯人がこの学園において第一種の殺人を犯した可能性がある」

ユーク「あぁ、なんと嘆かわしい事。罪なき人の命を奪うことが是であるはずはありませんのに」

プライド「クハハッ 良いジョークだなっ」

ユーク「なにか?」

プライド「ふんっ」

男(か、帰りたい………)
156 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 20:00:18.12 ID:l3uC6ni30
リーゼ「お前の見立ては人間に絞った快楽殺人と?」

男「その可能性が高いと考えているよ。第二種から第一種に標的を変えたのだと」

ユーク「確かに快楽を求めるのであれば第一種を狙うというのも考えられますね」

男「君たちなら犯人に心当たりがあるかなと思って」

リーゼ「協力をしてもらいにきたと」

男「協力なんてもんじゃないよ。ただ心当たりを教えてくれるだけでいい」

男「それだけでいい」

スザク「人間を狙うと言ったら………」ジーッ

リーゼ「俺は人間に限らん」

男「っ!」

リーゼ「待て。俺は犯人ではない。確かに人間を喰うことは可能だが、人間だけというわけじゃない」

男「そ、そうだよね。食人なんてリスクを冒さなくてもいいんだもんね」

プライド「食人など今ではもう過去の事件。今ではリスクが高い割にはメリットがなさすぎる」

ユーリ「最近の人口肉美味しいですものねぇ」

リーゼ「だから標的はおそらく人間じゃないといけない種族だ。吸血鬼…あるいは」

クロ「鬼」

男「やっぱり、鬼か」

男「食人種族に限れば少数かもしれないけど、そこを絞るための情報がない?」

リーゼ「………あいつが怪しいな」

ユーリ「あいつとは………リョウメンスクナの?」

スザク「あぁ、怪しいな。あいつ」

男「リョウメンスクナって…ヒダン君?」

スザク「なんだ。知り合いだったのか?」

男「いや、ヒダン君はそんなことしないって!」
157 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 20:02:55.69 ID:l3uC6ni30
スザク「あいつスクナの癖に人間とやたら仲がいいだろ」

スザク「保護地区にいたなんて噂もあるみたいだし」

リーゼ「鬼は特に人間と溝が深い」

リーゼ「殺し殺されの歴史。それに食人の咎」

ユーリ「怪しすぎますわねぇ」

男「そんな……こと、ないよ」

男(といえるほど、僕はヒダン君のことを、知っているのか)

男(もしかして、本当に………)
158 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 21:45:45.12 ID:PTnApBAA0
リーゼ「確固たる証拠はないがな」

ユーク「疑わず後悔するより、疑って安心する方が良いと私は思いますけどね」

男「確かにそうかもしれない。だけど」

スザク「あぁーもう! まどろっこしいなぁ! つまりヒダンを捕まえて吐かせりゃいいんだろ!?」

リーゼ「だが、ヒダンもかなりの実力だ」

スザク「だが8人もいれば何とかなるだろ。戦いは数だぜ」

プライド「ナチュラルに吾輩たちまで数に入れているとは。さすが悪逆非道のゴミ屑だな!」

リーゼ「俺は乗らん。敵に回して徳はない」

スザク「んだよ。目障りじゃねぇか鬼なんて」

リーゼ「関わらなければ問題ではない」

男「そこまで協力してくれとは頼めないよ」

リーゼ「こいつもそう言っている」

プライヤ「吾輩は実験台が欲しかったのだが。犯罪者であれば人権はなかろう」

スザク「反対1、賛成2か。おい、クロとユークリッド。お前はどっちにつく」

クロ「………総番長に従う」

ユーク「犯人を退治したいとは思いますが、確定してないことに手は出せませんわね。かえってこっちが悪者になるやも」

スザク「反対3か。もういいぜ。俺一人で行ってきてやる!」

リーゼ「ユーリ」

ユーク「分かってますわ」ズブッ

スザク「んごァッ」

男「!?!?」

スザク「ユークリット、てめぇ……誰を刺してやがるッ!」

ユーク「人のためならざる者を」

男「スザク君!? 大丈夫!?」

ユーク「大丈夫ですわ。この人ならばクビを刎ねない限り生きておりますゆえ」

スザク「いてぇもんはいてぇんだよ!!」プンスコ

男(腹に刀を差されても怒るだけで一向に元気が衰える気配がない)

男(これが不死鳥、なのか?)
159 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 21:50:05.11 ID:PTnApBAA0
リーゼ「総番の俺から宣言する。この件に関しては番長連は触れることはない」

リーゼ「人間が犠牲者の内はこちらは傍観を決め込む。情報程度はやってもいいがな」

リーゼ「だがいくらことが荒れても俺たちはお前を助けない。たとえ死の淵にいるお前を偶然見つけたとしてもだ」

男「そこまでしてもらおうなんて思ってないよ」

男「僕だって教師なんだから」

リーゼ「ふんっ。根性というか諦めの悪さだけはある人間だ」

男「?」

リーゼ「カフカ、家まで送ってやれ」

カフカ「分かりました」

男「ありがとう。皆」

リーゼ「ふんっ。精々人の身であがくといい」

リーゼ「絶望するまでな」
160 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 21:53:34.65 ID:PTnApBAA0
男「送ってくれてありがとう」

カフカ「任務ですから」

カフカ「それでは」グゥゥ

男「えーっと、夜ご飯食べていく?」

カフカ「いえ」

男「確か今日はハンバーグだったような」

カフカ「お肉様ですか」

男「うん、お肉のハンバーグ(お肉様)」

カフカ「………」ジュルリ

男「遠慮せず」

カフカ「護衛代としていただきましょう」
161 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 21:57:27.71 ID:PTnApBAA0
ノゥティ「あ………」

エグゾ「おい、なんでお前がいやがる」

カフカ「仕事です」

メイド「お、お夕飯です」ビクビク

エグゾ「リーゼからの差し金か?」

男「いや、僕が誘ったんだけど…ちょっとお世話になったから」

エグゾ「知り合いは選べよな」

メイド「スープをお持ちします」

カフカ「申し訳ありませんが、お肉様を喰うなと言う命令は出ておりません」

エグゾ「…別に食うなと言ってるわけじゃねぇけどさ」

エグゾ「俺が言えたことじゃねぇけどなんでこんな危ないやつばっか身近に連れてくるんだ?」ボソッ
162 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 22:05:07.90 ID:PTnApBAA0
〜17週 日曜日〜

空子「道に迷ったのなぁ〜」

空子「私のところぇ〜 来てくださぁ〜い」

空子「なぁ〜んでもぉ 占ってあげま〜す」

空子「もぉ〜っと もぉ〜っと 幸せにぃ〜」

エンプ「………」

ロザリア「どうしたのぉ?」

空子「もぉ〜♪」ボンッ

ロザリア「エンプーサちゃーん?」ボインッ

エンプ「………チッ」
163 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 22:07:44.38 ID:PTnApBAA0
ルーティ「先生ってさー、モテてるよね?」

男「あの、笑えないし傷つく嘘はやめてください」

ルーティ「でも私先生のこと好きだよ?」

ルーティ「んーちゅっ」

ルーティ「だから他にも先生のこと好きな人いるかもよ?」

男「そんなルーティさんみたいな変人はいませんよ」

ルーティ「いると思うけどなー」ベターッ

男「ちょっと離れてくださいよ、僕は今から」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>165
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:08:38.38 ID:Y6uEjAcKo
まだまだ解決しなきゃいけない事案が多いな
安価下
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:09:30.49 ID:dq3bJBmDO
3そのままルーティとまったり過ごす
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:11:35.84 ID:TeTQzxwVO
事件は少女かヒダンくらいしか宛ない
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:14:28.64 ID:coPmbzvJO
全て解決する前に教師の期限が来そう
168 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 22:29:03.16 ID:PTnApBAA0
男「…まぁいいや」

男「ルーティさんはどうしたんですか?」

ルーティ「んー? んふふー。悪戯をしにきたのさ。みゃははー」

男「悪戯?」

ルーティ「んっ」

チュッ

ルーティ「こーひゅう」ニュルリ

レロリ

男「ルーフィふぁ」

ルーティ「んじゅる、んじゅるるる」

ルーティ「ぷはぁっ!」タラリ

ルーティ「えへへ、キス。しちゃったね」

男「…これが、悪戯?」

ルーティ「うん。可愛い悪戯」

ルーティ「今の私なら先生は私を見てくれる」

ルーティ「きっと、今の私なら先生は好きになってくれる」

ルーティ「ロウェナより遅れたけど」

ルーティ「私が先生の彼女第一候補に立候補するんだからにゃあ」

男「たちが悪いよ。冗談にしては」

ルーティ「先生」ズイッ

ルーティ「私は嘘はつくし冗談は言う。だけどこういうことは真面目なの。人に愛してもらえるのなら私は………きっと素直になれる」

男「前も同じようなことしたじゃない」

ルーティ「………それは」

ルーティ「強がりだよ。悲しかったから」

ルーティ「先生の……バカ」プイッ

ルーティ「えへ、でもこれで先生は私のこと意識してくれるでしょ」

ルーティ「今のが“ルーティ”のファーストキス、なんだから」

男「ルーティさん………」

ルーティ「これは本当。だから怒らないで」

ルーティ「嫌われるのは慣れてるけど、好きな人に嫌われるのは慣れてないから」

ルーティ「……ごめん先生。我が侭で」タッタッタ

男「………ルーティさん?」

ルーティの好感度【71】

ルーティへの好感度【10】
169 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/05/29(水) 22:30:19.31 ID:PTnApBAA0
今日はここまで

空子はお助けキャラです
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:33:22.71 ID:Y6uEjAcKo
お助けしてもらおう
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:33:55.47 ID:YJlUD7naO
乙男パンクしないよね
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/05/29(水) 22:34:34.59 ID:kPn8PjwfO
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/05/30(木) 00:33:22.74 ID:06a3FMO5O
乙ー
174 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 21:31:17.16 ID:mClvOVfz0
〜18週〜

僕の人生、というか生活。

あきらかに良くない方向に動いている。

どこから間違ったんだろうか。

僕が、教師らしくないから、なのかな。

一生懸命にやってきたつもりなんだ。

なのに………

ロウェナさん。

ルーティさん。

この二人の想いに対して僕はまだ答えをだせそうにない。
175 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 21:36:18.44 ID:mClvOVfz0
男「はぁ…」

オルタ「なんだ、うかねぇ顔してんじゃねぇか」

男「オルタネートさんはウキウキだね」

オルタ「おう! 毎日が楽しくなってきてんだぜ」

男「あんまり暴れてるといつか取り返しのつかないことになるよ?」

オルタ「行くとこまで行ってやるさ。その覚悟くらいできてる」

男「覚悟…か」

オルタ「おら、授業の準備できたぞ」

男「ありがとう」

男「さて今週は」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>176
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 21:42:11.49 ID:y/owj/Tqo
サレム魔術
177 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 21:49:26.88 ID:mClvOVfz0
ヒヅキ【魔術 440】

ベルスタシア 【文系 363】

ジェラルド【運動 306】

サレム【魔術 195】

ルーティ【理系 339】

プライヤ【魔導 1004】

ロウェナ【文系 240】

ミレイア【魔導 285】

リリ【魔術 474】
178 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 21:59:13.76 ID:mClvOVfz0
〜18週 土曜日〜

オル「あれ、ヒヅキッちどうしたの?」

ヒヅキ「…甘味を、作りたい」

オル「んー、いいよ☆ まさか人にあげるやつ?」

ヒヅキ「あぁ」

オル「まぁ。あまーい☆」

オル「ってマジで★」

ヒヅキ「喰わせたい奴がいる」

オル「それって、もしかして好きな人ー?」

ヒヅキ「………わからん」

ヒヅキ「ただ、感謝はしている」

オル「ごちそうさまですっ★」

ヒヅキ「? まだなにも作ってないが」

オル「女の子の主食は恋バナ☆」

ヒヅキ(恋バナ?)
179 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 21:59:59.76 ID:mClvOVfz0
男「さて今日は」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>181
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:01:20.26 ID:sEIhESj9O
3
メイドと一緒にいるヒダンを見つける
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:02:22.99 ID:3YACb9aq0
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:02:47.50 ID:y/owj/Tqo
空子に事件の手がかり以外にもこれから男が解決するであろう他の事案についても欲張って聞く
183 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:05:26.02 ID:mClvOVfz0
男「メイドちゃーん」

男「………」

男「あ、そういえば今日、メイドちゃん出かけるっていってたな」

男「ヒダン君と………」

男(心情的にはヒダン君を信じたいけど…)

男「でも、言われてみれば鬼は食人種族なんだよなぁ」

男「………こっそりついて行こう」
184 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:08:47.08 ID:mClvOVfz0
ヒダン「〜〜〜」

メイド「〜〜〜」

男(仲良さそうに話してる)

男「傍から見て怪しいところはなにもないな」

男(もうちょっと近づけば会話が聞けるかな)

1.近づく

2.近づかない

>>185
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:16:13.67 ID:qhlV2qfaO
2
186 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:24:35.27 ID:mClvOVfz0
男(尾行のプロってわけじゃないただの一般人だ。うかつな行動をとるのはやめておこう)

メイド「!」

ヒダン「♪」コクコク

メイド「〜♪」ペコペコ

男(何か買ってる)

男(しかもいっぱい)

男(全部持ってあげるってヒダン君、優しいなぁ)

男(やっぱりヒダン君は悪くない、のかな)
187 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:28:02.97 ID:mClvOVfz0
男「………」コソコソ

男(人気のない方に…いったいどこへ?)

メイド「〜〜〜」スッ

男(路地裏に……特別保護区にいったい何の用で)

男(ここから先は土地勘がない。隠れる場所も少ない)

男(行くとしたら運だのみだな)

1.行く【コンマ50以下で尾行成功】

2.引き返す

>>188
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:31:49.55 ID:sEIhESj9O
1
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:32:00.53 ID:dRedYRNSO
コンマこい!
1
190 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:40:09.09 ID:mClvOVfz0
ヒダン「誰ですっ」バッ

男「わっ」

ヒダン「…先生? どうしたんですかこんなところで」

メイド「ここはご主人様が来るようなところでは」

男「ちょっと用事があるんだよ。君たちは?」

ヒダン「メイドちゃんの知り合いに食べ物とかを配ってるんですよ」

メイド「ここでは食事にありつけないことも多いですから」

男「なんだ、そういうことか…」

メイド「ご主人様はなぜここに?」

男「学園の仕事だよ。詳しくは言えないけど」

ヒダン「メイドちゃんのことはお任せください。ばっちり守って見せますよお父様!」

男「君にメイドちゃんは渡さない!」

ヒダン「そんなっ」

メイド「え、えっ」オロオロ

男「冗談はさておき、たしかにメイドちゃんだけだと心配だね」

ヒダン「はい。特にここは治安が悪いですから」

メイド「ヒダンさんのおかげで、助かってます///」

ヒダン「いやぁ。メイドちゃんのためならどんなことだってしてみせるよ」キラーンッ

ヒダン「でもいろんな子と知り合いになれて、僕は嬉しいですよ」

ヒダン「本当に」

ヒダン「あっ、一番はメイドちゃんですからっ 怒らないでっ」

メイド「べ、別に怒ってませんから」オロオロ
191 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:41:47.41 ID:mClvOVfz0
男「二人の邪魔をしちゃ悪いし、僕はもう帰ろうかな」

ヒダン「あれ? 用事はいいんですか?」

男「出直すよ。別に今日じゃないといけないってわけでもないし」

男「メイドちゃんをよろしくね」

ヒダン「えぇ。特に最近ここでは事件が多いみたいですから最大の注意を払います」

ヒダン「メイドちゃんがバラバラにされるなんてあってはならないことですから」

男「それじゃ」
192 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:42:26.03 ID:mClvOVfz0
男「ヒダン君は犯人じゃないみたいだ」

男「…困った。情報が途切れてしまったぞ」
193 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:49:59.42 ID:mClvOVfz0
〜18週 日曜日〜

ベール「できた、できたわ!」

ベール「やっとできた!!」

ベール「これさえあれば、私はきっと!」

ベール「はぁ、はぁ、ふぅ。落ち着かないと。落ち着かないと私らしくない」

ベール「………ふぅ。とりあえずマナに連絡しないと」
194 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:51:42.04 ID:mClvOVfz0
ノゥティ「先生」

男「どうしたのノゥティさん」

ノゥティ「ちょっと友達から誘われたので、出かけてきますね」

男「うん、行ってらっしゃい。夕飯は?」

ノゥティ「お願いします」ペコッ

男(エグゾセさんと違ってノゥティさんは礼儀正しいなぁ)

男「さて、僕も」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>196
195 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/01(土) 22:52:13.88 ID:mClvOVfz0
今日はここまで

ベールクレアが正ヒロインになる薬とかないですかね
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:54:20.41 ID:nf7vJJPW0
3興奮しているベールとマナに会う
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:56:30.22 ID:7rndgYQQo
ベル一族は次の世界でも書いて、どうぞ

おつ
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:56:52.46 ID:y/owj/Tqo
乙乙
しれっとヒロインレースに参入しても良いと思うの
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:58:26.92 ID:sEIhESj9O

そんな薬できたらイルミが不憫過ぎるんだよなぁ...
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 22:59:52.79 ID:6FAx8/8JO
>>1が最終決定者だ
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 23:01:43.93 ID:dQMR2ThPO
少年くんスレならヒロイン化いけるやろ
元生徒会長設定あるし
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 23:17:36.70 ID:oomIthD6O
ベル一族はシリーズが進む度に進化していくのに愛は得られないという悲哀
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/01(土) 23:21:40.47 ID:EzkF81KUO

ベールの性格で表舞台で生徒会長やってる所が想像できない
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 08:16:53.22 ID:l/mzVQbio
ベールに生徒会長設定あったっけ?

レインじゃない?
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 12:00:45.88 ID:xR1B4jSxo
>>13
ベール「男」が好きというのはloveのことなのかな
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/02(日) 13:59:09.64 ID:cxAjsj7uo
乙ー
207 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 20:48:12.84 ID:8H3lu/4E0
男「そうだ。ベールクレアさんなら何か解決してくれるかもしれない!」

男「頼るのは実に情けないことだけどさ」

男「………でもそんなこと言ってられないよね! よし、行こう!」
208 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 20:59:49.04 ID:8H3lu/4E0
「これ飲めば本当に?」

ベール「その通りよ。あんたたちの間で交渉が成立してるなら飲めばいいわ」

「………これでやっと」

男(誰かいるのかな)コンコン

「!」

ベール「だ、誰よ?」

男「僕だけど」

ベール「私の知り合いに僕って名前はいないわね」

男「あー、えっと、男だけど入っていいかな」

ベール「………」

「いいよ」

ベール「いいわよ」

男「じゃあお邪魔して」ガチャッ
209 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 21:06:32.82 ID:8H3lu/4E0
男「……あれ、ベールクレアさん。足がある」

ベール「スライムだもの。足くらい作れるわ」

男「えっと、そっちは………」

「みゃはは、初めまして」

男「初めまして。それで今いいかな?」

ベール「ちょっと待って。先にこっちが質問するわ」

男「? わかったよ」

ベール「えー。こほん」

ベール「あんた。どんな女が好きなのよ」

男「……冗談?」

ベール「冗談じゃないわよ! 冗談言う性格に見える!? そんな性格ならもっと人気者よ、えぇ!」

男「…ごめん」

ベール「…ごめんなさい。ちょっと気が高ぶってて」

ベール「それで、あんたのタイプは、どんな人なのよ」

男「えーっと>>212みたいな人だけど」

【種族】

【性格】

【特徴】
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:15:53.63 ID:CMUplGkb0
【種族】メタルスライム
【性格】傲慢で不器用
愛したいより愛されたい
【特徴】近づき難いオーラのある友達いない系眉間皺荒みガール

そもまんま言ったら逆に警戒されるかな?
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:19:22.56 ID:RVG4qYx40
【種族】エルフ

【性格】おっとりとして和やか

【特徴】家事を上手にこなせる
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:19:24.92 ID:t2RLJ3qAO
【種族】特に好みはないが、あまりにも文化や価値観が剥離してると慣れるのが大変かも?

【性格】振り回されるのは慣れてるけど、自己主張し過ぎない人の方が相性的には良さそう

【特徴】見た目は特に気にしない
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:21:42.43 ID:xR1B4jSxo
【種族】ヤタガラス

【性格】周りを気遣える優しい人だけど何処か影のある儚さを持った人

【特徴】甘えてくれたり、甘やかしたりしてくれる
214 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 21:28:15.75 ID:8H3lu/4E0
男「えーっと価値観とか好みが近い人だけど」

ベール「外見は? 外見はどうなのよ」

男「特に希望はないかな」

ベール「!」

ベール「そ、それって人型とかじゃなくてもいいのかしら」ソワソワ

男「うん。全然かまわないよ」

男「でもそんなこと聞いていったい」

ベール「不定形とかでもいいの?」

男「僕がどうこう言えるほどモテないしね」アハハ

ベール「そ、そ―――「でもあんまり自己主張しすぎない人の方がいいかな」

ベール「―――」

ベール「そう…」ショボン
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:32:42.24 ID:xR1B4jSxo
ベールかわいい
216 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 21:35:07.07 ID:8H3lu/4E0
ベール「わがままばっかり言う我が強い女はイヤなのね………」

男(ミレイアさんのことかな?)

男「別に嫌いじゃないよ?」

ベール「! でもあんたさっき」

「あのー、イチャイチャしてるところ悪いんだけど、貰ってもいいかな」

ベール「イチャイチャなんてしてない!」

ベール「そこにあるから持っていきなさいよ」

「ありがとう。ベールクレアちゃん」

「本当に」
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:39:56.33 ID:3Mmq2jZoO
これマナノゥティでなんか手遅れならないよな
218 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 21:44:57.42 ID:8H3lu/4E0
男「何か作ってあげたの?」

ベール「存在固定薬」

男「なにそれ」

ベール「私達みたいな不定形なんかの姿を固定させる薬よ」

ベール「変身してる時に飲めばそのまま固定されるから、人魚に足を与えたりもできるわ」

男「………すごい」

ベール「そんな言葉じゃ私を褒めるには足らないわね」

男「ごめん、語彙力がなくて」

男「学者として、素直にベールクレアさんを称賛したい」

ベール「ふ、ふふんっ///」

男「あ、ところで僕の用事もいいかな」

ベール「いいわよ。今最高に気分が良いからなんだって聞いてあげる」
219 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 21:53:15.16 ID:8H3lu/4E0
男「今、とある事件を調査してるんだけど」

ベール「事件? 今学校が荒れているあれ?」

男「じゃなくて………」

男(ベールクレアさんならいいか)

男「おそらく人間だけを狙った殺人犯がおそらく学園内にいる」

ベール「!」

男「心当たりは」

ベール「ないわ。交友関係広くないもの」

ベール「でも、もし物的証拠とか、なにかがあったら私が調べてあげる」

ベール「それと」

ベール「人間を狙ったって、あんたは危なくないの?」

男「……危ないかもしれない。だけどやらないといけないんだ」

ベール「なんであんたが? 警察でも風紀委員でも適材がいるじゃない」

男「色々と事情があってね」

ベール「………死なないでよね」

男「心配してくれてありがとう」

ベール「し、心配って言ってもあんたが心配だとかじゃなくて、便利な助手が消えるのが惜しいというか………違うわ」

ベール「あんたが心配なの。いなくなってほしくないの」

男「………大丈夫」

男「約束するよ。絶対死なないって」

ベール「死んだらゴーレムにでもしてやるから」

男「本当にしそうで怖い」

ベール「本当にするわ」

男「え」
220 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 21:59:42.18 ID:8H3lu/4E0
ベール「とにかく、何か見つけたら私を頼りなさい」

ベール「それとこないだあんたが言ってた魂がうんぬんも調査勧めてるから待ってなさい」

男「本当に何から何まで」

ベール「別にいいわよ」

ベール「私が『好き』でやってるんだから」

男「ありがとうベールクレアさん」

ベール「ベールで良いわ。長いでしょ」

男「ありがとう。ベールさん」
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:00:49.45 ID:3Mmq2jZoO
デレデレやの
222 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 22:12:45.05 ID:8H3lu/4E0
〜19週〜

ドンッ

男「うわっ」ドテッ

リバーシー「すすす、すいませんですっ!」

男「あれ、君は」

リバー「あっ! 貴方はこないだの。あの時は」

男「あの時はごめんね。あの後」

リバー「アビーちゃんは落ち着きました。まだちょっと強がってますけど」

リバー「きっと、きっと大丈夫です。アビーちゃんは強い子ですから」

男「任せてしまってゴメン。それと辛い目に会わせて」

リバー「そんな! 先生は悪くないですよ! 仕方ないことで」

リバー「…だから、誰も悪くないんです」

男「リバーシーさ「あっ! 授業の時間ですから失礼します!」ポッポー

男「………申し訳ないな」

223 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 22:13:51.52 ID:8H3lu/4E0
男「僕も授業をしなくちゃ」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>224
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:27:18.90 ID:vtF7RuNa0
ヒヅキ魔術
225 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 22:28:46.89 ID:8H3lu/4E0
ヒヅキ【魔術 462】

ベルスタシア 【魔導 371】

ジェラルド【理系 246】

サレム【文系 481】

ルーティ【運動 249】

プライヤ【魔導 1018】

ロウェナ【魔術 268】

ミレイア【理系 314】

リリ【魔導 472】
226 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 22:32:26.79 ID:8H3lu/4E0
〜19週 土曜日〜

「これが?」

「うん、これ飲めばいいんだってさ」

「…そっか」

「もしかして、駄目だったり?」

「そ、そんなことないよ。別にそれでいいんだけど、でも」

「本当にいいの?」

「いいよ。このままの私でいるくらいなら、君の人生背負う方がいいよ」

「そうすれば私はきっと人として生きれるから」

「でも、たぶん普通の人とは………」

「理解してる。それでもなりたいの。だけど私には声がないけど、いいのかな」

「……いざとなったら守ってあげるから」

「そっか」

「じゃあ一か月後………それまでに準備を済ませよう」

「うん」
227 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 22:34:35.03 ID:8H3lu/4E0
男「あれ、朝食3人分だけ?」

メイド「ノゥティ様は朝早くどこかへ出かけられました」

メイド「私はエグゾセ様を起こしてまいります」水着+シュノーケル

男「お願い」

男(さて今日は)

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>229
228 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/02(日) 22:35:01.11 ID:8H3lu/4E0
今日はここまで

おやすみなさい
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:35:09.05 ID:doGzcPnDO
3
ノゥティを探してみる
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:35:11.98 ID:Jf8FEXpc0
3(最近空気な)男子ゼミ生と男子会
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:35:27.59 ID:pYOx7tabO
少女+シェンメーインに事件の事を聞きに入く
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:38:01.49 ID:XmVnQQjkO
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:39:38.49 ID:doGzcPnDO
乙です
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 22:40:06.86 ID:rXFAKchTO

メイドちゃんその格好は…?
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/02(日) 23:11:07.81 ID:SaQMPCBko
乙ー
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 00:36:37.61 ID:dlYHRnf4o
ベルスタシアよりも先にベールクレアと距離を縮める
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 16:22:34.72 ID:eYeGkr95o
私が好きでやってるとかこれもう告白じゃん
238 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 17:22:30.70 ID:qYotdhyt0
『ルーティ』とは誰だ。

一体お前は誰を求めているんだ。

結局どちらを愛するつもりだ。

優柔不断は治癒することない毒だ。

侵されれば決して待ってはくれないぞ。

お前がどう動こうが、もうすぐ後戻りはできなくなるんだ。

言っておくがお前が愛せるのは『ルーティ』のみだ。

なぜなら『選ばれたもの』のみしかお前は愛することができないからだ。

そういう決まりだ。

そういう運命だ。

だから肝に銘じておけ

もうすぐ『ルーティ』は決まる。
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 20:08:10.13 ID:LQ0/X6/lo
ううん、現状変にひっくり返そうとしたらマジでマナルーティ死ぬってことなんだろうな
ノゥティの腹も探ってみたいが、男だとそういう立ち回りはよっぽど外堀埋めないと無理だろうし……
水面下で動いてるイベントが把握しきれん
240 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 20:30:15.46 ID:qYotdhyt0
男(今のはなんだ? メイドちゃんの声じゃない………)

男(幻聴? まさか神のお告げ、なんてことはないか)

男(やっぱり僕の体に何か起こってるのかな…)

男(今度ベールさんに相談しよう)
241 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 20:32:42.70 ID:qYotdhyt0
男「…あれ、これノゥティさんの財布だ」

男「忘れちゃったみたいだな。渡しに言ってあげよう」

男「といってもどこにいるかわかんないなぁ………」

男「そうだ>>242にいるのかもしれないな」

1.女子寮

2.オルレアンの屋台

3.港

4.図書館
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 20:34:19.45 ID:VI6ZpbMI0
3
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 20:34:34.49 ID:pLgQEHHDO
4
244 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 20:35:45.21 ID:qYotdhyt0
男「ノゥティさんは海洋種族だもんな。港にいるのかもしれない」

男「よし、行ってみよう」
245 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 20:44:13.55 ID:qYotdhyt0
〜港〜

男「………人間は海洋種族と違って泳げないんだった」

男「どうしようか」

レーナ「なんや浮かない顔して。飴ちゃん食うか?」

男「あ、いつぞやの」

レーナ「うちはレーナ。名前だけでも憶えていってなー」

男「メイドちゃんがお世話になったみたいで」

レーナ「メイドちゃん? あぁ、あのめんこい子かぁ!」

レーナ「礼なんていらんて。うちがムカついたからやっただけやもん」

レーナ「んで、話戻すけどどないしたん?」

男「ノゥティさんって子を探してるんだけど知らない? セイレーンなんだけど」

レーナ「ルーティやないん?」

男「いや、ノゥティさん」

レーナ「ルーティやったら家出したってのは聞いてるけど、ノゥティって子は知らんなぁ」

レーナ「これでもうち顔広いつもりやったんやけど、まだまだやな〜」

男「………え?」

レーナ「どないしたん? 前も言うたやんか家出したって」

男「え、ルーティさんは女子寮に住んでるはずじゃあ」

レーナ「そうなん? でも親御さんは探しとるで?」

男「………なんか、なんか違うような」

レーナ「そない怖い顔して、ほらスマイルスマイル〜」

男「ありがとうレーナさん」

レーナ「ノゥティって子探しとこうか? 君泳げへんやろ?」

男「大丈夫。それよりちょっと用事思い出したから」
246 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 20:45:56.77 ID:qYotdhyt0
男(ノゥティさんがどこにいるかは分からなかった)

男(だけど何かが引っかかる)

男(僕の認識ではルーティさんは女子寮に住んでいたはずだ)

男(だけどレーナさんの話ではルーティさんは家出して戻ってきていない)

男(そしてそのことを僕に話したとも言っていた)

男(その記憶は僕にはない。なんでだ)

男(一体僕の身に、何が起こっているんだ)
247 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 21:21:53.26 ID:qYotdhyt0
〜19週 日曜日〜

少年「はぁ…」

バジロウ「ぐったりしてんな」

少年「今の学園の状況見ればわかるだろう。あちこちがギスギスしててさ」

少年「風紀委員に生徒会に、仕事が山積みなんだよ」

バジロウ「たまには俺らを頼れよな」

バジロウ「………そっかノヘジも自治委員で忙しいんだったな」

バジロウ「俺だけ、俺だけなにもできてないのか」

少年「別に特別なことなんてなにもしなくていいんだよ」

少年「バジロウとくだらない話するのが俺の日常なんだから。そのままでいてくれよ」

バジロウ「……なんかお前がモテる理由がわかるな」

少年「は? モテてねぇよ」

バジロウ「ノヘジがいたら全力で叫んでるんだろうなぁ」
248 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 21:22:38.47 ID:qYotdhyt0
男「今日もノゥティさんはいない」

男「さて」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>251
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 21:27:28.87 ID:dlYHRnf4o
ルーティかノゥティか選ぶときが来たのかねぇ
安価下
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 21:29:03.06 ID:rbSsa0miO
3困ったときの空子相談
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 21:29:55.16 ID:6AyyO3Uo0
252 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 22:05:59.01 ID:BBJVO9nM0
男「八卦院 空子さん」

男「学園祭の時に占ってもらったけど噂を聞いたところでは学内屈指の占い師らしい」

男「その占いはもはや予言の域にまで達しているとか」

男「当たるも八卦当たらぬも八卦というけれど、助力を頂く価値はあるんじゃないだろうか」

男「よし、八卦院さんに会いに行こう」
253 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 22:11:09.78 ID:BBJVO9nM0
コンコン

男「すいませ「入ってモォいいですよ〜」

男「失礼します」ガラララ

空子「貴方がぁ、来る予感はぁ、してましたぁ〜」どたぷ〜ん

男「流石占い師」

空子「貴方が困ってることぉ〜 な〜んでモォ、占ってあげますよぉ〜」

空子「それがぁ、私のぉ、仕事ですからねぇ〜」

空子「特にぃ、貴方はぁ、いろんな運命がぁ、見えますしぃ」

空子「まるでぇ〜 他の人にぃ 運命を操られてるみたいですぅ〜」

男(…ロウェナさんの魂のこと、なのかな)

空子「それでぇ、占ってほしいこととはぁ、なんでしょ〜」

男「えっと」

>>255

254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 22:15:44.48 ID:pLgQEHHDO
消えかけている運命があるかどうか(フラグ消滅的な意味で)とかかな?
安価下
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 22:16:13.83 ID:7TULu7pE0
失っているらしい自分の記憶について
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 22:16:53.46 ID:dlYHRnf4o
殺人事件やルーティ問題やこれから先解決しなければならない事件もろもろのヒントを欲張って聞いておきたい
257 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 22:22:30.19 ID:BBJVO9nM0
男「僕、どうやら記憶が消えているみたいなんです」

男「それを占ってほしくて」

空子「消えてませんよぉ?」

男「え?」

空子「それはぁ、認識の齟齬であってぇ、記憶のぉ、消失ではありませぇん」

空子「その解決方法はぁ………そうですねぇ」

空子「おそらくぅ、貴方はもう、根本のぉ、原因は分かってるはずです〜」

空子「記憶が〜 歪んでわからないだけでぇ〜」

男「………そう、なんですか?」

空子「はいぃ〜」

空子「ん〜。サービスでぇ、もう一つだけ、占ってあげます〜」ドタプーン

男「じゃあ」

>>258
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 22:28:07.65 ID:pLgQEHHDO
>>256にしたいけど、一つだけということだから無理かな?

無理なら最も早く解決しなければならないことで
259 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 22:40:29.47 ID:BBJVO9nM0
男「今、色々問題を抱えてるんですが」

男「一体、一番何を真っ先に解決しなければいけないのでしょうか」

空子「う〜ん」

空子「一番近い問題はぁ、貴方の近くにいるぅ、二人なんでしょうねぇ」

空子「本当にぃ、取り返しがつきませんからぁ」

空子「別に〜、見捨ててモォ、貴方の人生にぃ影響はぁ ないですけどねぇ」

空子「それを除くと いうならぁ………今の所はぁ」

空子「殺人鬼を追うことですかねぇ」

男「そんなとこまでわかるんですか」

空子「えっへん〜」

空子「これからぁ、殺人鬼よりぃ、大変なことが起こるみたいですけどぉ」

空子「頑張ってくださいねぇ〜」

男「具体的には」

空子「占いですからぁ〜」

男「助言をください」

空子「う〜ん。とりあえずはぁ、貴方が誰を大切にしたいか、ですねぇ」

空子「もう、あんまり時間がありませんからぁ〜」

空子「はい、終わりですぅ〜」ポテプーン

男「ありがとうございました」
260 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 22:41:00.99 ID:BBJVO9nM0
男「わかったようなわからなかったような」

男「僕の運命は誰かに操られている、か」

男「一体僕に何が?」
261 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/03(月) 22:41:42.38 ID:BBJVO9nM0
今日はここまで

空子さんはヒント係

そういう風に動かせるキャラはとてもありがたいです
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 22:43:29.01 ID:tpteLQDyO
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 22:58:32.72 ID:pLgQEHHDO
乙です
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 23:05:33.25 ID:dlYHRnf4o
友を否定する緑色の少女
夢を追う水銀の少女
青き偽りの姉妹
外面だけの亡霊
今は亡き胡蝶の友
因縁の血に染まる白布
これ一番上と一番下は解決せずに終わりそう
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 23:11:00.32 ID:eYeGkr95o
>>264
結局どれが誰なのか
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 23:26:54.34 ID:JLKgzE/oO
乙だわ
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/03(月) 23:51:46.31 ID:r6fImgOlo
乙ー
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/04(火) 23:54:21.16 ID:LtDgvmo90
もう今期もだいぶ後半だな
早いものだ
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/05(水) 00:31:13.80 ID:gGDIkZdVo
下げ
270 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 18:29:26.89 ID:2PJ3bzMa0
〜20週〜

リンネ「あぁ、困りました」

男「大丈夫? って、その包帯どうしたの? 両手両足に…怪我、なのかい」

リンネ「あ、これはご心配なく怪我ではありませんから」

男「そっか。それで、どうしたの? 困りごとがあるなら僕が力になるけど」

リンネ「えぇっとですね、でも、私なんかの」

男「いいからいいから」

リンネ「………その、お守りの鈴をなくしてしまって」

男「鈴? 心当たりは?」

リンネ「さぁ、昨日の朝にはつけていたのですが」

男「じゃあ探す範囲がわかんないね」

リンネ「困りました…」

男「どんな鈴なの?」

リンネ「赤い包帯を巻き付けた鈴なのですが」

男「赤い、包帯。うんわかったよ。見つけたら君の所へ届ける」

リンネ「本当ですか!」パァッ

男「他の人にも聞いてみるから任せて」

リンネ「ありがとうございます。こんな私のために、貴方は良い人ですね」

男「いやいや」テレテレ
271 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 18:30:28.80 ID:2PJ3bzMa0
男「落し物って困るよね。風紀委員とかに届いてればいいけど」

男「さて」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>272
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 18:47:35.24 ID:popz4Mut0
ルーティに魔術
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 18:47:51.39 ID:hs9X2zv8O
サレム
魔術
274 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 18:54:20.16 ID:2PJ3bzMa0
ヒヅキ【魔術 483】

ベルスタシア 【文系 376】

ジェラルド【運動 316】

サレム【理系 480】

ルーティ【魔術 329】

プライヤ【魔導 1029】

ロウェナ【魔術 288】

ミレイア【文系 292】

リリ【魔術 488】
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 19:37:15.35 ID:WRVbj0nbo
リンネの包帯って右手だけだよ
276 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 20:23:37.15 ID:94fCDHMJ0
〜20週 土曜日〜

ヒヅキ「………」ブンッ ブンッ

オル「おっ、今日も頑張ってるね☆」

ヒヅキ「………お前か」

オル「うんうん。オルレアンちゃんだよん☆」

オル「差し入れ持ってきたからここにおいとくよ☆」

ヒヅキ「………ありがとう」

オル「いえいえ〜♪」

オル「そういえばヒヅキちんいつも持ってた刀どうしたの?」

ヒヅキ「………」

オル「なんか、変なこと聞いちゃったり?」

ヒヅキ「…もう、持っていない」

ヒヅキ「………………」

オル「…ごめん」
277 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 20:25:07.95 ID:94fCDHMJ0
男「さて、今日は」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>278
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 20:28:54.16 ID:popz4Mut0
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 20:29:43.75 ID:6MsS2ILGo
3殺人事件について少女に尋ねる
280 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 20:32:22.04 ID:94fCDHMJ0
男「誰かに勉強を教えようか」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>281
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 20:37:58.85 ID:6MsS2ILGo
リリ理系
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 20:42:05.76 ID:6Px0WqJv0
>>278
本当いい加減にしろや糞改行。もっとやることあるだろ。
283 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 20:43:03.27 ID:94fCDHMJ0
男「リリさーん、リリさーん」コンコン

テケリリリリリリリ

ガチャッ

リリ「はい」

男「もうすぐ試験だから勉強しない?」

リリ「貴方様が望むこと全てテケの望み」

男「別に嫌ならいいんだけど」

リリ「……私も、勉強を教えていただきたいと思います」

男「決まりだね」

リリ 【理系 149】
284 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 20:55:34.70 ID:94fCDHMJ0
〜20週 日曜日〜

ニース「ねぇ、そんな守ってくれなくても〜」

ノヘジ「また、襲われるかもしれない」

ニース「そんな、大丈夫だからぁ」

ノヘジ「…安心して寝るといいだろう」

ニース「君に迷惑かけるなら、帰って寝るよ〜」

ノヘジ「送って帰るだろう」

ニース「女子寮だよ〜。ついてくるの? や〜ん」

ノヘジ「…駄目か?」

ニース「ん、いや。ありがと〜。でもなんでこんな僕を守ってくれるの?」

ノヘジ「………///」

ニース(なんて、意地悪だったかな〜)

ニース「お礼としてキスしてあげても〜 いいよ〜」

ノヘジ「き、キス………ぶはっ!」ブシュッ

ニース「ん〜 これさえなければな〜」
285 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 20:57:41.77 ID:94fCDHMJ0
男「なにかしらの波動を感じる」

男「よし今日は」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>287
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 20:59:42.86 ID:6MsS2ILGo
279
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 21:00:26.00 ID:o/2uRz0p0
3殺人事件について少女に尋ねる
288 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:08:39.86 ID:94fCDHMJ0
男(あの時見たことを、聞きに行こう)

男「一体あの後どうなったのか」

男「だけど、少女さんは一体どこにいるんだろうか」

男「親しくないしな」

男「そうだ!」

1.ヒョウカに聞く

2.ロアに聞く

3.空子に聞く

>>289
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 21:14:30.78 ID:sWptKq5xO
2ロア
290 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:16:01.53 ID:94fCDHMJ0
男「裏の情報は裏の人に」

男「少女さんが裏の人かは知らないけどロアさんなら知ってそうだ」

男「よし、またお世話になりに行こう」
291 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:18:50.79 ID:94fCDHMJ0
〜森の入り口〜

男「ロアさ〜ん」

シルベ「…」ヒョコッ

男「やぁ、シルベさん。ロアさんの所に連れて行ってもらいたいんだけど」

シルベ「ついてきて」ピョンッ

男(あはは、やっぱ避けられてるのかな)
292 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:29:39.16 ID:94fCDHMJ0
シルベ「失礼します我が主」

ロア「聞こえてるわ。いらっしゃい先生」

男「またお世話になりに来たよ」

ロア「えぇ、構わないわ。甘えられるのが先輩の役目だもの」

ロア「もちろん代償は頂かない。つもりよ」

男(なんか引っかかるなぁ)

ロア「それで、何を尋ねに来たのかしら」

男「人間の女の子。少女ちゃんって言うんだけど」

男「どこにいるか知らないかな」

ロア「えぇ知ってるわよ」

男「その居場所を教えて欲しいんだけど」

ロア「呼んであげるわ」

男「え?」

ロア「あの子とはお友達なの。虫の知らせを送るわ。一時間ほど待ちなさい」

男「なんか、ありがとうございます」

ロア「ふふっ、それまで紅茶を飲むといいわ。シルベ、キッチョウを迎えに向かわせなさい」

シルベ「承知致しました。我が主」
293 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:38:14.91 ID:94fCDHMJ0
〜1時間後〜

少女「ロア、一体何の用だよー」

ロア「入りなさい」

少女「遣いをよこしてまで私を呼ぶってことは」ガチャッ

少女「なにか大変なことが……………」

少女「あるのかな?」キャルンッ

男「あ、あはは」

ロア「猫をかぶってももう遅いわよ。それにこの人は貴方の素を知ってる」

少女「なんで?」

男「路地裏での出来事を、僕は見た」

少女「!」

少女「あの時、いたのかよ」

男「人間殺しの犯人を捜してるんだ」

少女「協力しろって。嫌だね。私は私で犯人を捕まえて」

少女「殺すんだ」

男「………協力した方が犯人を捜しやすいとは思わないかい」

少女「分かった。協力してもいい。ただ見つけたときは必ず」

少女「私に殺させろ」

男「………」

1.約束しよう

2.約束はできない

3.それは許せない

>>294
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 21:43:06.34 ID:6MsS2ILGo
3
295 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:57:21.99 ID:94fCDHMJ0
男「それは許さない」

少女「なんでだよ」

男「君だって生徒だ。生徒の手を汚させるわけにはいかない」

少女「あの場にいたならお前だって知ってるだろ」

少女「私は第二種だ。復讐する権利がある」

少女「いや、復讐しなけりゃいけない!!」

男「僕に任せてくれ。捕まえて見せる」

少女「はっ。そのなりじゃあ説得力がないね」

男「分かってる。だけど僕には協力してくれる人がいる。協力してもらわなければ何もできないってのは情けない話だけどね」

男「君にも協力してほしい。どうか頼む」

少女「第一種に第二種の気持ちが分かるか。奪われる側がわかるの!?」

男「分からないよ。こっちに来るまで人間に種類があることも知らなかったような世間知らずだ」

男「だから教えて欲しい。お願いだ」

少女「………」

少女「一つ、いや二つだけ教えておいてあげる」
296 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 21:59:16.04 ID:94fCDHMJ0
少女「あそこにいた箱の男は犯人じゃない。こっち側だった」

少女「そしてもう一つ。犯人は途中で武器を手に入れた」

少女「鋭利な何かを」

男「…鋭利な……刀とか?」

少女「分かんない。あいつが言ってただけだから」

少女「これ以上は協力できない。いくらあんたが第二種差別してないってのが分かってても」

少女「のうのうと生きてきた第一種が許せないんだよ」

少女「私達になんの違いもないって言うのに」
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:00:26.35 ID:2UoXTyOJo
協力結べないと中々難しいな
他に事件追ってる学園関係者いたか?
298 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 22:02:42.46 ID:94fCDHMJ0
男(瞳に怒りを湛えて少女さんは去って行った)

男(おそらく引き留めていたら僕に危害を加えただろう)

男「メイドちゃんも、そう思ってるんだろうか」

男「僕は同じ人間だって思ってるよ。メイドちゃん、少女ちゃん」

ロア「貴方がいくら言おうと世界は変わらない」

ロア「第二種は間違いなく存在して差別され続けている」

ロア「だから貴方の言葉も態度も、少女ちゃんにとっては苛立ちでしかないわ」

男「分かり合えないんでしょうか」

ロア「無理よ。貴方がそう言っている限りは」

ロア「貴方は何をやっても第一種なのだから」

男「………」
299 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 22:04:23.83 ID:94fCDHMJ0
今日はここまで

おやすみなさい

ベールもルーティもノゥティも可愛いです。
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:06:44.08 ID:2UoXTyOJo
乙。どーなることやらねぇ
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:08:47.21 ID:WFphuMpDO
乙です
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:09:53.22 ID:hs9X2zv8O
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:10:08.79 ID:6MsS2ILGo
乙乙次どう行動すればいいんかな
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:11:34.48 ID:Y9fuczN4O
305 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/06(木) 22:19:06.94 ID:94fCDHMJ0
設定とかキャラクターの質問があったらぜひ聞いてください。

というか聞いてください。お願いします。
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:46:39.76 ID:BJSSFq3/O
どうでもいいような質問でも良いんかな
作中一の大富豪は誰やろなとか
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:03:42.16 ID:6MsS2ILGo
ベルスタシアとベールクレアはどっちが攻略難度高いんですかっと
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:05:48.73 ID:RobV6QcQO
>>1が好きなキャラとか動かしてて楽しいキャラとか
あとは主要キャラ以外の学年とか設定してあったら教えて欲しい
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:09:18.27 ID:gCyG1NgDO
セルリアの中身は何ですか
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:23:47.46 ID:WK2EYmJ6O
愛が重い子ランキング上位を知りたいわ
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:55:21.62 ID:Y9fuczN4O
ジェラはんじゃなくて妹のアビーのほうが次期当主なのはなんでなの
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:01:15.71 ID:aarz9A9Po
腕っ節(状況判断含む)ランキングと、出来れば得意な戦法とか簡単なレビューを
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:11:02.64 ID:JY1mUu4to
この世界での希少種にあたるのは何?
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:32:58.78 ID:nzaV72R+O
教科ポイントは何百点越えたら優秀とか学園トップレベルとか世界級とかそういう基準を教えて欲しいな
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/07(金) 01:08:49.36 ID:5qnHIbvpo
乙ー
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 02:13:26.37 ID:I/62s3yIO
このキャラはこのキャラと仲良いとか全員分じゃなくていいから大雑把に教えて欲しいの
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 07:07:35.04 ID:vNqLMUJDO
今までのストーリーの中で大きな分岐点となった部分や作者が予想していなかった安価とかがあれば、出来れば知りたいです
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 18:23:42.23 ID:elbidUrw0
リリの第一人称
「テケ」の由来は?
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 18:53:03.24 ID:OTBKuEaXo
>>318
>>1じゃないけど
ショゴス(元はクトゥルフ神話に出てくるスライムっぽい生物)って「テケリ・リ、テケリ・リ」って鳴くんですよ
リリって名前も多分そこから取ってる
320 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/08(土) 21:15:11.52 ID:DsLvrZic0
>>作中一の大富豪は誰やろな

ベル一族とセリカ嬢一族が同じくらいです。

ベル一族は前作の大戦よりお嬢様の協力を得て戦後復興を担う財閥を築きあげました。
そのため大陸においては重鎮と呼べるべき存在のひとつですがあまり社交的ではなく隠匿主義なのであまり知られていません。

セリカ一族は全国に事業を展開しており世界的流通網を築きあげましたが種族の寿命が短く歴代当主の入れ替わりが激しいためにあくまで商業的な力を持っているのみにとどまっています、

余談ですが東洋の国では農を取り仕切る農皇の元に仕える御三家があり、それぞれ士、工、商を司っています。
士はシノ・サトミの一族、工はタタラ・オソラヤマの一族、商はシバエモンの一族が司っています。なのでこの三人もかなりの富豪です。特に商を取り仕切るシバエモンが。



>>ベルスタシアとベールクレアはどっちが攻略難度高いんですかっと

一応ベールクレアは攻略対象ではありませんがどちらがチョロイかというと圧倒的にベールクレアです。
愛されたいと思い、愛に飢えているため、自己防衛反応的ツン耐えて、愛情を注げばすぐにデレます。

ベルスタシアは過去の出来事故人を信用することがないため、好意は向けてくれますが愛させてはくれません。
一線を越えさせてくれるには誠意を見せ続けなければいけないために、ベルスタシアの方が攻略難易度は高くなっています。
321 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/08(土) 21:58:57.10 ID:DsLvrZic0
>>>>1が好きなキャラとか動かしてて楽しいキャラとか
あとは主要キャラ以外の学年とか設定してあったら教えて欲しい
好きなキャラはベールクレアとモマ、ヨダカ、三バカ、サレムです。今書いてる影響でR−10も可愛い。もちろん他のキャラも皆好きですけども。皆さんは誰が好きですか?
動かしてて楽しいのはバジロウ達三バカですね。少年周りのキャラクターは自然と動いてくれるのでありがたいです。
学年は大まかに小、中、高、大でしか分けてません。学年を考えると進級とか進学で色々と大変なことになってしまうので。



>>セルリアの中身は何ですか
■■■です。



>>愛が重い子ランキング上位を知りたいわ
クチナワ、ロウェナ、ベルグレイン、セリカです。
ディーピカーはプライヤを誘拐したりしてますが、フラれたら一人で号泣するタイプだと思います。



>>ジェラはんじゃなくて妹のアビーのほうが次期当主なのはなんでなの

ジェラルドの一族は騎士ではありますが、生業は処刑人として生きている家系です。
ですがジェラルドは小さく、身体能力も優れていないため首切り刀などの処刑器具を用いて執行することが難しく次期当主の座から外されました。
またジェラルドの性格上処刑人には向いてないのでやはり次期当主はアビゲイルがふさわしいとされています。
322 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/08(土) 22:29:10.25 ID:DsLvrZic0
>>腕っ節(状況判断含む)ランキングと、出来れば得意な戦法とか簡単なレビューを
学内で腕っぷしで有名なのは

リーゼ
小さいころから裏社会で生きているため、相手を痛みつける技術と喧嘩の仕方に熟達しています。頭の回転も速いため状況を即座に判断して最適な反撃を行うことを得意とします。

スザク
得意の魔術を駆使しながら爆発力を伴った特攻を得意とします。威力は高いのですが如何せん武術的な要素を持っていないためにリーゼにはやり伏せられています。

ユークリッド(普段は隠している)
居合術を得意としている、というのは建前で、一度キレると持っている刀を鈍器のような振り回しながら暴れ回ります。ガキ大将的容赦のなさには躊躇がなく相手が戦意喪失しても意識を失っても攻撃をやめることはありません。バーサーカーです。

オルカ
最強ではありません。ですが持前のタフさとガッツで最後のは勝利をもぎ取ることから不敗の名をほしいままにしています。

ベリア
悪魔は素の身体能力が高く、更にその中でもベリアは再生能力がバグっているので普段の様子からは想像できませんがかなりの実力者です。
本領は多人数との立ち回りで自分が一番優位な位置に陣取り続けることで多人数相手の戦いを可能にしています。実はスペック高い。

セラフ
そんなベリアを何回も殺っているので強いです。

ヒョウカ
生徒会の中でも一番の実力者です。雪女としての能力は風紀委員長特権で強化されており、凍結術式で相手を凍らせ、捕縛します。これがある限り学内ではほぼ無敵です。

ティファ
セラフの妹です。ドラコ流護衛術、捕縛術を嗜んでおり、目にもとまらぬ速度で十手を古い制圧します。

シェンメーイン
仕込み杖、癇癪玉、胡椒玉、目つぶし、仕込み針、痺れ薬などなんでもありです。

ヒダン
表では受け流しを主体とした柔的な戦いを、裏では大木を斬り倒すような剛的な戦いをします。
鬼はそもそも戦闘種族の頂点なので最強です。

リンネ
血液を武器にして戦うので傷つくたびに戦闘力が上がります。能力の応用で止血もできるため戦闘力はかなり高いです。

ローエン
拳に魔力を纏わせ相手を打ち抜くので硬い相手にも幽体にも有効な攻撃手段を持ちます。簡単な魔術も戦闘に織り交ぜるので最近はフーに勝ち越し気味です。

少女
異常に発達した柔らかい弾性に富んだ筋肉繊維を持ち、瞬間的な加速や爆発的な跳躍を行うことができます。自らを弓と例えた我流の格闘術で見た目以上の戦闘力を誇ります。
323 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/08(土) 22:52:36.97 ID:DsLvrZic0
>>この世界での希少種にあたるのは何?

鬼、龍、巨人、ベルスタシアなど突然変異種です。人間も減少傾向で将来的に希少種に所属することになります。
一般的には長寿で世代交代のスピードが遅い種族が種族数が少ない傾向にあるようです。



>>教科ポイントは何百点越えたら優秀とか学園トップレベルとか世界級とかそういう基準を教えて欲しいな
大体500を超えていれば優秀な生徒とされます。800を越えると学園トップクラス、1000を超えるともう専門家レベルです。
世界級と呼ばれるためには1500を越えなければなりませんがそのレベルは学内に今の所5人しかいません。学園四賢人であるベールクレア、セルリア、プライドはもちろん世界レベルです。



>>このキャラはこのキャラと仲良いとか全員分じゃなくていいから大雑把に教えて欲しいの
昆虫種族と植物系種族と無機物種族は同種族で集まる性質を持つため、それらは基本的に仲良しです。
学内でもオルレアンは顔が広く、女子の胃袋を握っているため、基本的に皆と仲良しです。
あとは少年は色々と問題解決に関わっているため交友範囲が広く、友人が多いです。
それ以外では

カルラ&ワルフ&ヤツカ(案外バカをするのが好きらしいです)

ヒョウカ&エグゾセ&ユークリッド&セラフ(お嬢様ズです)

ティファ&エヴァ&レーナ

アビゲイル&リバーシー

ミレイア&ジャンヌ&セリカ

クレル&モマ

ソロ&アマネ<仲が良かったり悪かったり)

コタロウ&コダマ&モモ

イルミ&リンネ

少女&シェンメーイン&フー(フーは不服ですが)

シノ&シバエモン&タタラ(御三家同士で、基本シノの保護者役です)

ベールクレア&フラジール&ニースラント

ミーシャ&ラインハメオ(実は従妹です)

リリー&アータル&オルレアン(孤児院繋がりで、アータルとオルレアンは同孤児院出身です)
324 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/08(土) 22:59:58.09 ID:DsLvrZic0
>>今までのストーリーの中で大きな分岐点となった部分や作者が予想していなかった安価とかがあれば、出来れば知りたいです

路地裏に入るかどうかが一番大きな分岐でした。今後起きる事件にかかわるかどうかがあそこで分岐しました。

予想してない安価は結構ありますね。学内騒乱のきっかけとかロウェナさんの正体とかルーティの現状とか色々とあります。
なんで当初の予定にない展開とかが安価SSの醍醐味だと思うのでとても楽しいです。



>>リリの第一人称「テケ」の由来は?

>>319さんの通りです。
325 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/08(土) 23:02:41.20 ID:DsLvrZic0
今日はここまで。

色々な質問ありがとうございました。
今後も何か聞きたいことがあればお気軽にお願いします。
質問してくれたら喜びます。

また、キャラクターに私のいろんな設定を詰め込んだりしてますが、もしこんなキャラじゃないのにと感じられたら申し訳ありません。
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:09:45.90 ID:fFbSaexIo
乙乙こう設定読んでいくの好きなのよね
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:13:34.11 ID:gtI4f6rkO

ヒヅキはこの腕っぷしリストに乗ることもできないレベルなのかな
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:15:58.20 ID:pEjNE3l8O
学園四賢人そんな頭良いんだ…一人分欠番だけど
プライヤくん兄にはまだ届かんのか
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:18:39.11 ID:/a7807y4O
おつ。設定とか裏話は参考になります
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:21:28.77 ID:7Pp412xjO

そういえば三歌人って、アイレーン(エグゾセ)以外は誰と誰なんだろ
設定的にはノゥティ、エリザベス、コダマあたりなんだろうけど
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:27:14.78 ID:2D3PvN7gO

首が着脱できる種族が首切り役人ってのもなかなか面白いな
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:31:44.67 ID:F9cx6VP9O
セルリアの正体■■■って■■種か
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:35:43.86 ID:vCqlnc6AO
これ腕っぷし更に上位四名となると
ヒョウカヒダンセラフベリアかな
番長連からは入らなさそう
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:59:13.74 ID:R+glkpTSO

お嬢様ズは
猥談のネタにされた(冤罪)ことを理由に少年を凍結した雪女
妹のために男に釘を刺す(物理)海洋マフィアのボスの娘
キレるとバーサーカー化する元ヤン
悪魔絶対[ピーーー]ウーマンの天使
とか好戦的でやべーやつばっか揃ってて草生える
だからこそ仲が良いとも言えるが
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 00:03:19.63 ID:KlozCG8+o
セルリア魔術1500越えの化け物なら強そうな気もするがよ
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 02:24:35.02 ID:vGEZWJv7O
資産的な意味で最上位はベルセリカ一族じゃろけど家格的な意味で上位なのもベルセリカ一族なんやろか
作中割りと貴族階級みたいな子たち多いけど
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/09(日) 04:29:02.08 ID:MdzZqXDho
乙ー
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/17(月) 21:19:06.64 ID:WpMmSNVV0
ミーシャとラインハメオが従姉妹なのは泣ける
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 21:43:13.28 ID:C8yxzvRao
>>338
多分そういうことなんだろうな
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 23:51:44.71 ID:gZEV4yjbo
作中の孤児院とユークリッドのいた孤児院って同じとこなんかな
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 02:18:27.34 ID:jhS0wsQCO
そういや好感度の基準とかよくわかってないけど何点以上だと好意あるとか設定どうなってるん?
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 12:19:48.72 ID:m0ZJ4cNoo
大体40〜50でイベントがおこりだすみたい
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/22(土) 00:35:35.66 ID:qtwVpRCRo
二週間
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/23(日) 23:10:14.59 ID:BjVno0PF0
まだかな
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/25(火) 23:05:26.26 ID:GIKkaEMKo
不安
346 :人外好き ◆HQmKQahCZs [sage]:2019/06/26(水) 21:17:40.29 ID:Hc1YRQ2o0
ロア「あなたは優しいわ。だけど無知だから人によってはそれを残酷と感じることもある」

ロア「あなたは悪くない。と慰めておいてあげる」

男「………いざとなったら無理やりでも止めてみせます」

男「僕は教師だから、生徒を間違った方向に進ませるわけにはいかないんです」

男「人殺しは絶対にいけないことだから」

ロア「………」ジッ

男「なんですか?」

ロア「番長連に情報を売った人とはまるで別人に見えるわ」

男「うっ」

ロア「お茶を飲んだら帰りなさいな」

ロア「一晩寝て、整理をしなさい。あなたには到底理解できない世界のことを」
347 :人外好き ◆HQmKQahCZs [sage]:2019/06/26(水) 21:22:00.76 ID:Hc1YRQ2o0
〜21週〜

男「もうすぐテストか」

男「今のところみんな順調だけど」

ジェラ「はぁ、はぁ」

男「おはようジェラルド君。どうしたの、そんな土嚢袋抱えて」

ジェラ「誰かが花壇壊してたんですよ。その補修です」

男(またアビーちゃんかな)

男「手伝うよ」

ジェラ「だめですよ。汚れます」

男「大丈夫。いつも汚れ仕事ばかり投げられてるから………」グスン

ジェラ「あっ………」
348 :人外好き ◆HQmKQahCZs [sage]:2019/06/26(水) 21:23:12.84 ID:Hc1YRQ2o0
男「さてと」

亜人【ヒヅキ・ベルスタシア・ジェラルド・サレム・ルーティ・プライヤ・ロウェナ・ミレイア・リリから一人】

教科【文系・理系・魔術・魔導・運動から一教科】

>>349
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/26(水) 21:37:07.94 ID:hqnw63df0
ロウェナ魔術
あとsageになってるからage
350 :人外好き ◆HQmKQahCZs :2019/06/26(水) 21:42:22.80 ID:Hc1YRQ2o0
ヒヅキ【理系 199】

ベルスタシア 【魔術 355】

ジェラルド【魔導 250】

サレム【文系 497】

ルーティ【魔導 308】

プライヤ【魔導 1044】

ロウェナ【魔術 313】

ミレイア【魔術 311】

リリ【魔導 487】
351 :sageててすいません ◆HQmKQahCZs :2019/06/26(水) 21:46:05.38 ID:Hc1YRQ2o0
〜21週〜

ロウェナ「むぅ………」

ミレイア「どうしたのよ。珍しく難しい顔して」

ロウェナ「えっとね、ロウェナさんは今悩んでるんだよね」

ミレイア「へぇ。脳みそなくても悩むのね」

ロウェナ「ひどいよ! 幽霊差別だ!!」

ミレイア「人が一生懸命勉強してる前でうんうんうなられたら差別もしたくなるわよ」

ミレイア「で、悩みってなんなのよ」

ロウェナ「相談に乗ってくれるミレイアちゃん、大好き!」

ミレイア「はいはい」

ロウェナ「えっとね。私は、先生のこと大好き、なんだけど」

ミレイア「のろけ?」

ロウェナ「違う違う。えっと先生のこと大好きなんだけど」

ロウェナ「愛してるのかわからないんだよ」

ミレイア「………ロマンティックな悩みね」

ミレイア「その答えは私は持っていないからほかのところにいきなさい」

ロウェナ「助けてよ〜ミレイアちゃ〜ん」クネクネ

ミレイア「あぁもうウザったいっ!」
352 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/26(水) 21:49:02.68 ID:Hc1YRQ2o0
エグゾ「じゃ、行ってくるわ」

ノゥティ「行ってらっしゃい」

男「行ってらっしゃい」

バタンッ

ノゥティ「あ、メイドちゃんも、い、いないから」

ノゥティ「二人きり、ですね」テレッ

男「あ、僕は今から」

1.誰かに勉強を教える

2.誰かに会いに行く

3.自由選択

>>353
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 21:50:00.92 ID:nsAkh00I0
3ノゥティと過ごす
354 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/26(水) 21:56:10.31 ID:Hc1YRQ2o0
男「いや、君と過ごそうかな」

ノゥティ「本当ですか?」パァ

男「一人は寂しいでしょ? それとも何か用事があるのなら」

ノゥティ「な、ないですっ、暇ですっ」

男「そっか。それはよかった」

ノゥティ「なにしましょう」ソワソワ

男「やりたいことも特にないから」

男「出かける?」

ノゥティ「あっ、はい、いいと思います!」

男(よろこんでくれたようだ)

男(しかし、どこに行こうか。最近の女の子が喜んでくれそうなところって)

>>355
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:04:11.15 ID:pRwx+ou7o
お洒落な喫茶店
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:05:42.29 ID:OL3u1dFE0
歌関連は地雷かな?
安価下
357 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/26(水) 22:08:51.14 ID:Hc1YRQ2o0
男(そうだ。ルーティさんに教えてもらった喫茶店に行こう)

男「行ってみたい喫茶店があるんだけどいいかな」

ノゥティ「喫茶店。素敵ですね」

ノゥティ「こう見えて、紅茶とか好きなんです」

男「熱いの大丈夫?」

ノゥティ「水棲種族だからって熱いのだめってわけじゃないんですよ」

ノゥティ「苦手な人が多いのは確かですけど」

男「ノゥティさんが苦手じゃなくてよかったよ」

男「さぁ、行こうか」
358 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/26(水) 22:11:59.48 ID:Hc1YRQ2o0
男「確か、ここを曲がって」

男「あった」

ノゥティ「わ、わかりにくいところにありますね」

男「秘密の隠れ家をイメージしてるんだって」

男「だから落ち着ける雰囲気らしいよ」

ノゥティ「先生はどこでここを知ったんですか?」

男「ルーティさんっていう子に教えてもらったんだ」

ノゥティ「…へぇ、ルーティさんに教えてもらったんですか」

男「もしかして知り合い?」

ノゥティ「いいえ。ルーティさんって人は知らないですね」

男「そっか。まぁ海も広いからね」

男「それじゃあ入ろうか」

ノゥティ「はい」
359 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/06/26(水) 22:12:59.23 ID:Hc1YRQ2o0
今日はここまで

お久しぶりです。ここ数週間体調を崩してまして更新できませんでした。

すいません。

360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:20:08.96 ID:pRwx+ou7o
乙乙
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:22:36.95 ID:/FbfozYg0

無自覚に地雷を踏んでいくスタイル
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:22:38.33 ID:qlff3m5zo
あつおつ
おだいじに
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:24:49.76 ID:5RnsRJYLO

景気付けに質問しとこう
公式美人というか美人度ランキングってどうなってるのって
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:34:45.75 ID:eZVzBPDoO
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:36:44.48 ID:2FfXXyfDO
乙です
更新待ってました
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/06/26(水) 22:48:17.08 ID:dLoEd/g3O
乙ー
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/26(水) 22:55:25.62 ID:hdZs3sxFO
おつおつ
368 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/01(月) 22:33:02.85 ID:HNC5ZRJV0
―ノゥティサイド―

カランコロン。

私たちが来た事を知らせる鐘の音が軽やかになりました。

お店の中はいろんな香りが混じっています。一体なんの香りだろう。

たぶん、お茶の香りなのかな。

さっきは先生に合わせてああ言ったけれど水中種族にお茶を飲む習慣はあまりありません。

でも嗅覚は発達してるからこの匂いがいくつかの匂いでできていることはわかります。

とってもいい香りで、紅茶ってすごいんだなぁとうっとりとしてしまいます。

まだ飲んでないのに、変ですね。ふふっ。

男「ノゥティさん?」

あ、いけない。立ち止まって店の中を見渡してる私を先生が不思議そうに見てます。

そうだよね。ここに、お茶を飲みに来たんだから、席に座らないと。
369 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/01(月) 22:52:31.34 ID:HNC5ZRJV0
コボルトの店員さんに案内されて席に座ります。毛足がくるくるカールしてて手触りがよさそうです。

水棲種族はたいていつるつるしてますからね。モフモフに憧れたりします。

カウンターでなにかハンドルをぐるぐる回しているのはマスターさんなのかな。

マスターさんもコボルトなんだ。毛で目が隠れててまるでお爺ちゃんみたいに見えます。

いいなぁ。コボルトさんいいなぁ。

私、ここ好きです。

男「なんか喜んでくれてるみたいで、うれしいよ」



子供みたいにキョロキョロ見回してるところを見られてしまいました。

先生が微笑ましい顔で私を見てます。

恥ずかしい………。

男「僕も久しぶりに喫茶店に来たなぁ」

ノゥティ「先生は喫茶店好きなんですか?」

男「学生時代は良く言ってたよ。落ち着いて本が読めるからさ」

先生の学生時代。どんなだったんだろう。

好きな人とか、いたのかな。

ノゥティ「先生の、学生時代って、どんな感じだったんですか?」

男「そんな面白い学生生活じゃないよ。本読んでるだけだった」

でも、もっと聞きたい。先生の事、もっと知りたい。

やっと、ノゥティになれるんだから。

今までとは、違うんだから。

1.もっと詳しく聞いてみる

2.深く聞くのはやめる

>>370
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/01(月) 22:53:36.05 ID:nhKJXBdn0
1
371 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/01(月) 23:05:03.65 ID:HNC5ZRJV0
ノゥティ「例えば、こ、恋人さんとか」

男「いなかったよ」

………ダメです。

それに喜んでる私がいて、ひどい女だって思った。

それに

男「………」

たぶん、これ先生聞かれたくなかったことだ。

男「まぁ、そんなことはなかったけど先輩………アータル先生に引きずり回されて色々騒がしい学生生活だったよ」

男「だから喫茶店は僕の逃げ場所で、唯一落ち着ける場所だった。だから好きなんだ」

私の表情が曇ったのを察した先生が、話題を変える。

本当に優しい先生。触れちゃいけないところに触れたのは私なのに。

いつも、私が先生を傷つけて。だけど先生は構わず私に接してくれる。

きっと先生なら私を傷つけない。

だから、大好き。大好きだよ、先生。
372 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/01(月) 23:10:50.73 ID:HNC5ZRJV0
男「ルーティさんに教えてもらってよかったな。本当にいい店だ」

ルーティちゃん。いいえ、マナちゃん。

マナちゃんもたぶん、先生が好きみたい。

だからマナちゃんはライバル。一歩リードされてるみたいで胸がもやもやする。

私も先生のためになにかやってあげたい。先生のためになる私になりたい。

だけど、私の唯一の長所である歌は先生に届けちゃいけない。

それにマナちゃんほどの行動力もない。

一歩じゃないなぁ。何歩もリードされてる。

それに私、面倒な女だって思われてるかもだし。

ずーん。

男「ノゥティさん?」

ノゥティ「あ、は、はいっ」

男「なに頼もうか。僕はこれにしようかなって思うんだけど」

ノゥティ「せ、先生と同じものでっ」

男「うん、わかったよ」

ダメ。気分が落ちてくのは悪い癖。

このまま沈んでなんかいられない。

せっかくの二人きりを、無駄になんかさせない。

私の努力、泡になって消えたりしないんだからっ。
373 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/01(月) 23:16:31.91 ID:HNC5ZRJV0
ルーティ「えっと、あの、その」

ダメでした。

瞬時に撃沈です。

口下手はそう簡単に治らなくて、伝えたいこと、話したいことがうまく言えません。

持前の引っ込み思案も私の足を引っ張って………

うぅ、私やっぱり

男「ノゥティさん。ゆっくりでいいから」

ノゥティ「ひゃいっ」

二度、深呼吸します。長く息を吐いて気持ちを落ち着けて。

ノゥティ「あ、この曲、いいですね」

BGMで流れている落ち着いた曲。古びた音がさらに味に深みをもたらしてる? みたいで。

男「この曲、昔通ってた喫茶店でも流れてたなぁ。コーヒー飲んで、本を読んで、小腹がすいたらサンドイッチを頼んで」

男「そういうなんでもない日が、とても好きだったよ」

先生の目が懐かしい遠くを見ています。郷愁を映すその瞳に私は映ってない。

もし、先生と私が同じ年齢で、同じ学校にいたら、その時は………
374 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/01(月) 23:22:45.42 ID:HNC5ZRJV0
なんて妄想をして、思わず

ノゥティ「先生も、制服きて私と一緒に歩いてみませんか?」

男「僕が? ダメだよ、この歳で来たら笑われちゃうよ」

ノゥティ「そんなことないですよ」

本当にそんなことないよ。先生は小柄だし、童顔だし、学生と間違われてもおかしくないんだよ。

男の人に言っちゃいけないてわかってるけど、先生は可愛い。知れば知るほど、見れば見るほどその可愛さがわかってくる。

勉強だけしかできないとこも、不器用なところも、一生懸命なところも、くるっとした赤毛と薄いそばかすも、顔に似合わない大きな眼鏡も。

全部とっても可愛い。先生はとってもかわいいんです。ふふ。

ノゥティ「制服で一緒に歩きましょう。一緒に普通の、なんでもない放課後を二人で」

男「…ちょっと憧れるけど、でも」

ノゥティ「私からのお願いって言ったら、ダメですか?」

男「……それを言われたら、仕方ないね。今度になるけどいいかな」

ノゥティ「! はいっ」

ちょっぴりズルい女ですけど、先生とデートができる。

やった。

やったよ、うれしいな、頑張ったね私。

勇気を出して、意地悪して、よかった。

あ、困ったように笑う先生が、とってもかわいい。写真に映したい。

先生のこと、いっぱい、映したいな。
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/01(月) 23:46:26.04 ID:O5xBdb3/o
やっぱりショタなんですねぇ
376 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/02(火) 00:03:30.53 ID:N2N9sEbf0
今日はここまで

学内美人ランキングですが

1位 『白雪嬢』 セリカ

2位 『向日葵嬢』 マリーニャ

3位 『紅羽嬢』 アカシケ=ヤナゲ

4位 『銀梅嬢』 メイロザカ・ウグイス

5位 『ホッピングハート』 アイホワイト

6位 『見た目だけは美人』 クレル・アークフォード

7位 『93代目歌姫』 セラス

8位 『紅目』のミレイア

9位 『蒼氷の法規執行官』 ヒョウカ

10位 『スール』 ユークリッド・オルカ 

11位 『恋愛根絶・惰弱全滅』 アイレーン

12位 『有料の妹達』 チェチャシア・A・ビエナ

13位 『マドンナ』 リリー・ガブリエラ

14位 『刃狼』 ラインハメオ

15位 『木漏れ日の笑顔』 セレナ・ロスチャイルド

です。
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 00:06:08.05 ID:K778pdgfo
乙乙セリカ一位とは
ルークは何が不服なのだ
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 00:09:47.74 ID:hpfCtlsaO
おっつー
知らない子達がいるけどいつかちゃんと本編に出るんよね
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 00:12:16.78 ID:3Ngjj3d6o
ノウティ諦めたと思ってたけど、男の事まだ普通に好きなのか
4回目以前見に行こう
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 00:18:20.59 ID:UoWc0N4xO
さてはアイホワイトとセラスとアイレーンが三歌人だな
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 00:23:04.87 ID:Qr2D63/Z0
乙乙
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 00:52:38.82 ID:7nIpQNYfO
ミレイアちゃんちんちくりんかと思ったらめっちゃ美人なのね

美人ランキングの次はイケメンランキングよね
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 01:04:44.60 ID:+jb78ZBVO
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/02(火) 10:24:55.64 ID:ceEywXKLO
乙ー
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/02(火) 15:01:19.14 ID:me262d3i0
ちょっとヤンデレみたくなってるし、>>369の選択肢は2を選ぶのが正解だったのかな?それとも2を選んだら恋を諦めることになっていたか
386 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 20:48:11.75 ID:FpIx4iGQ0
「はい、今日の紅茶セット二つー」

先生を見つめていると、私と先生の間にずずいとお皿が二つ置かれました。

お皿の上には湯気をあげる紅茶とふわふわしたシフォンケーキ。ホイップクリームが添えられててとてもおいしそう。

男「あ、変な飲み方してて、ごめんね」

見ると先生は紅茶にホイップクリームを乗せていました。へぇ、そういうのみかたもあるんだなぁ。

ノゥティ「そうやって飲んでもおいしいんですね」

男「邪道かもしれないけど、好きなんだ。これ」

ノゥティ「いいえ、とっても素敵です」

そう、とっても素敵。

こんな素敵なものを先生と二人で。

幸せだ。

とっても幸せ。

さっきから私の幸せランキングがどんどん更新されていってる。

胸がどきどきして、私のハートが甘くなっていく。

溶けて、泡になってしまいそう。

ノゥティでよかった。

ルーティだったら、きっと私は先生に近づくことはできないから。

偽物じゃ先生にふさわしくないもの。

やっと私は本物に―――
387 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 20:49:50.63 ID:FpIx4iGQ0
本物って、なんだろう。

今まで生きてきた私?

それとも今から生まれ変わる私?

ルーティ

ノゥティ

どっちが本当の『私』なの?

私は『ルーティ』から逃げた。

お姉ちゃんに迷惑をかけて『ルーティ』から逃げた。

あの日私は、『ルーティ』から逃げた。
388 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 20:51:48.68 ID:FpIx4iGQ0
その日はなんでもない日。

いつもと同じ日。

のはずだった。

朝起きたらお母さんが鼻歌を口ずさみながら朝ごはんを作ってて、

お父さんは難しい顔をしながら新聞を読んでいる。

なんにも変わらない日常。

のはずだったのに。

ノックの音一つで全部壊れた。

まるで脆いガラスのように簡単に

戻らなくなった。
389 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 21:05:23.81 ID:FpIx4iGQ0
入ってきたのは怖い顔をした黒い服の人。

知ってる。何度か見たことがある。きっと海洋マフィアの人だ。

でもなんでそんな人が私のおうちに来たんだろう。

怖かった。でもそれより怖かったのが。

「今までご苦労でした」

「いえ、ボスの命令を果たしたまでです」

お母さんもお父さんも真面目な顔で、怯えもせずその人と言葉を交わしていたこと。

お知り合い? にしてはとても業務的な会話。それにボスって

ここで理解できていないのは私だけで、不安におぼれそうになる。

ビクビクと震えていると黒服の人が傅いてこちらに手を差し出し

「お迎えに上がりました。海洋マフィア次期後継者序列第1位 『ルーティ・リゲイアー』様」

ルーティ「え、え、ち、違います。ひひ、人違いです。私はる、ルーティ・アクアトレスで、リゲイアーさんじゃ」

「違うんだルーティ。お前はアクアトレスじゃない。実は海洋マフィアの娘で、ルーティ・リゲイアーなんだよ」

え? どういうこと、じゃあ私の今までの人生って全部偽物だったってこと。

ルーティ・アクアトレスなんて存在しない、作られたものだったってこと?

それに、だったら

ルーティ「お、お父さんとお母さんは、私のお父さんとお母さんだよね。ねぇ」

「違うんだ」

二人が首を横に振る。

ここに、なに一つ本物の私は存在しなかった。

今までの、私が積み重ねていったものは全部虚像で、

たったノックひとつで崩されちゃったんだ。
390 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 21:20:43.76 ID:FpIx4iGQ0
黒服の人に連れられて、すごい立派な家の中へ。

そこでは皆が私に敬語を使って、礼儀正しい。だけどどこか怯えているような、飛び掛かってきそうな、ねめつける様なまともじゃない視線を感じる。

道中、黒服の人に説明されたのは私は元々海洋マフィアの娘だけど、マフィアとしての性質に乏しいから部下に託してマフィアとは関係ない生活を送らせてきたってこと。

そしてそんな私が再び呼び戻されたのは私の持ってる力が必要だったから。

わかんないよ。そんなこと言われても理解したくないよ。

助けて、助けて先生。

「ここでお待ちください」

大きな部屋に案内されて独りぼっち。

落ち着いたような、不安なような。

もやもやする感情を抑えきれずに私は部屋の中を落ち着きなく、ぐるぐると泳ぎ回った。

水中でよかった。流れる涙を誰にも見られないから。

不安だよ。怖いよ。悲しいよ。

誰か、ねぇ誰か―――

「お前か」

扉が開けられました。

顔を見られたくなくて私はとっさに顔を背けて両手で抑えました。

この人が、ボスなのかな。

ちらりと見ると、かっこいい一人の男の子がいました。

若いから、ボスじゃないのかな。一体誰なんだろう。

不安4割、恐怖3割、好奇心3割。

私は彼から距離を取りつつ注意深く一挙一動を観察しました。

391 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 21:45:14.46 ID:FpIx4iGQ0
ルーティ「だ、誰、なんですか?」

「誰、か。元次期後継者序列第一位、エグゾセ・リゲイアーだ」

リゲイアー?

リゲイアーってことは、もしかして

ルーティ「私の、お兄ちゃん、ですか?」

そう聞くと彼はがっくりと肩を落としてため息をついた。

ぷくぷくと浮き上がる泡を右手で打ち払いながら彼は

エグゾ「俺は女だ。諸事情で男の恰好してるけどな」

エグゾ「そもそもだ。私たちは女以外いないだろ」

ルーティ「私たち? あっ、ということは、あ、あなたもセイレーン、なんですか?」

セイレーンには女性しかいません。遺伝子がなんだかんだということは知ってますが詳しくはわかりません。

エグゾ「だから俺はお前の兄貴じゃねぇ、姉だ」

口調も姿もすごいかっこいいのに、お姉ちゃんらしいです。

とってもびっくりしました。
392 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 22:12:59.73 ID:FpIx4iGQ0
ルーティ「えっと、それで、一体私に、ご用ですか?」

エグゾ「なに、俺から序列を奪ったやつがどんな奴なのか見たかっただけだ」

エグゾ「こんな弱そうなやつとは思わなかったが」

弱いです。私はよわよわです。だからなんで私が序列第1位に選ばれたんでしょうか。

ルーティ「あ、あの、お姉ちゃん」

エグゾ「あぁん!?」

ルーティ「ひぃっ」

エグゾ「あ、すまねぇ。女扱いされるのが久しぶりだったもんでな」

エグゾ「で、なんだ」

ルーティ「わ、私、後継者になんて、なりたく、ないです」

怖いことも、痛いことも大嫌い。それにここは男の人がいっぱいで、怖いんです。

絶対私はマフィアになんて向いてない。

エグゾ「………マフィアのボスになったら望むことなんだってできるぞ。金も男も我儘にできる。誰しもが夢見てる地位だ」

金も男もいらない。私は………

私は何がしたいんだろう。今まで偽物だった私は何がしたいんだろう。

………あ。あれだけは嘘じゃない。

先生が今まで優しくしてくれたこと。そんな先生を好きになったこと。だから

会いたいよ。先生。

ルーティ「い、いらないです。普通に、生きれれば、それで私は十分、です」

エグゾ「へぇ。欲がないやつだな。しかしなんでこんなお前が」

「ルーティ様……とエグゾセ様もいらっしゃったのですか」

エグゾ「親父が呼んでるのか?」

「えぇ、エグゾセ様も一緒にと」

エグゾ「そうか。じゃあ行くぞルーティ」

そういってお姉ちゃんは私の手を引いてくれました。
393 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/04(木) 22:13:57.83 ID:FpIx4iGQ0
今日はここまで

おやすみなさい

イケメンランキングはまた今度
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 22:18:34.50 ID:QCwzDHKp0
乙です
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 22:20:12.57 ID:OGbLM0ROO

エグゾセ(アイレーン)が美人イケメン両方でランクインしそう
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 22:23:12.73 ID:wzIB/Jono
おつ
この1から人魚でトゥルーエンドとれるのだろうか
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 22:29:47.57 ID:CTqf7gJvo
乙乙
レーナ度々ルーティ宅訪れてたけどあれマフィアの家に行ってたんかな
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 22:31:02.21 ID:9TGWt4vmO
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/05(金) 00:57:26.95 ID:0MXzS3rro
乙ー
400 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/08(月) 11:11:30.28 ID:XPYLD95G0
お姉ちゃんの手は水中でもはっきりと温かく、私を安心させてくれました。

そういえばずっと一人っ子だったのでお姉ちゃんが欲しかったことを思い出します。

こういう形で叶って嬉しい、のかな。

大きい屋敷の中で手を引かれてあっちに行ったりこっちに行ったり。

ぐるぐる回って自分がどこにいるかわからなくなります。

とっても広いんですね、ここは。

でも、こんな生活に憧れているかというと………

私は逆におびえる小市民なので、こじんまりとした家が一番なんです。

エグゾ「怖いのか?」

ルーティ「あ、あの、えと、その」

エグゾ「………その様子だとそりゃあ資格なしってされるわけだ」

資格なし? だったらなんで私は今更………
401 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/07/08(月) 11:16:15.77 ID:XPYLD95G0
「こちらでボスがお待ちしております」

エグゾ「俺も入っていいのか?」

「………少々お待ちください」

黒服の人が扉の向こうに消えるとお姉ちゃんはつないでた手を放して私の頭の上に移動させました。

エグゾ「大丈夫だ。お前は俺が守ってやるよ」

そういって私の髪を撫でてくれます。その手は優しくて、だからこそ不思議でした。

ルーティ「なんで、なんでおねえ……エグゾセさんは私に優しくしてくれるんですか」

エグゾ「………恥ずかしい話だけどな。ずっと妹が欲しかったんだ」

エグゾ「俺がこんなんだから女の子らしい妹がずっと欲しかった。お前みたいな」

そういってそっぽを向きました。だけどその頬は少し赤く照れてるんだなとわかりました。

本当に、この人は私のお姉ちゃんなんだ。

とくんと胸がうれしくなって跳ね上がりました。
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/07/08(月) 19:02:26.93 ID:xvPbhTPYO
乙ー
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/08(月) 23:14:06.96 ID:/LJuG92e0
乙です
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/08(月) 23:30:18.86 ID:Roy3hX2h0
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/11(木) 18:11:36.72 ID:YaDARkbSO
質問今現在の各キャラたちの恋愛矢印の向きはどうなってるのん
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/22(月) 08:38:54.01 ID:UBFqXEbbO
各キャラの学園内での有名人度ってどうなってるんの?
407 :亜人好き ◆HQmKQahCZs [sage]:2019/07/24(水) 21:13:53.97 ID:yPKb8t7uo
投稿できずにすいません
のっぴきならない理由で今安定して書くことができません。
楽しみにしてくださるかたには申し訳ないのですがもう少し期間が開きそうです
連絡遅れてすいません。

あとよろしければSkypeでlive:yannderekanozyo
にコンタクトいただけてお話出来れば嬉しいです
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/24(水) 21:19:31.99 ID:9ZZEj79Vo
待ってるよ
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/24(水) 21:38:44.56 ID:3AbS9L70O
うむ待つぞい
コミュ障やからSkypeは難しいけどな!
410 :亜人好き ◆HQmKQahCZs :2019/07/25(木) 14:51:44.97 ID:G7FGXY1po
さげてしまってた
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/25(木) 19:28:27.74 ID:z7D2uwz0o
復活してくれるならいつまでも待つよ
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/25(木) 20:15:22.44 ID:6Liypso/O
報告乙
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/25(木) 21:05:32.30 ID:v3Ws8YscO
他のssでも終わりまで書ききった実績あるからね信じて待ってるよね
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/07/26(金) 10:28:48.29 ID:FfXxDJ/M0
Twitterとかは使ってないんすか?
415 :亜人好き ◆HQmKQahCZs :2019/07/26(金) 14:14:07.16 ID:0lG0T/+bo
@katakuriko7010
ですけど書き込みはしてないです
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/07/30(火) 23:00:25.81 ID:+NncbvNSO
今更だけどまだ貼られてなかったので


前スレ

男「僕の生徒は亜人だらけ」?
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516854637/

男「僕の生徒は亜人だらけ」ヒヅキ「………2か」?
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521206503/

男「僕の生徒は亜人だらけ」ロウェナ「おねーさんを称える三回目!」?
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532602391/

男「僕の生徒は亜人だらけ」 ジェラルド「4回目だったらきっと僕はっ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549544268/


外伝

少年「俺のクラスは亜人だらけ」?
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520564330/

417 :亜人好き ◆HQmKQahCZs :2019/08/08(木) 20:57:06.25 ID:rf/iP4YRo
こんばんは 亜人好きです

未だにちょっと続きを書くことができません。

ですが続きではなく今後でることのないであろう番外キャラの紹介ならばギリギリできそうです。

それよりも頑張って続きを書いてほしい人もいるかと思いますので安価をとろうと思います

1.キャラ紹介や裏設定を知りたい

2.続きをみたい

安価下
1〜5
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 20:58:26.03 ID:MwwV8v500
1
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 20:58:51.25 ID:WK3AfFpno
1
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 21:01:09.48 ID:GUAuyW+go
無理せんでな
1
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 21:03:06.47 ID:K8qJD9VDO
1
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 21:34:45.08 ID:FrrSoeGkO
続きも待ってる
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 21:43:46.78 ID:cD9Z2bNCO
1で
424 :人外好き ◆HQmKQahCZs :2019/08/08(木) 22:40:51.83 ID:SVPTwUWUo
ありがとうございます

では学園の施設の設定や、学園に関わるキャラクターの紹介をしていこうと思いますのでよろしくお願いします。

設定だけは豊富なので
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 23:49:28.61 ID:h+1ANJXfO
期待
426 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/08/10(土) 21:39:53.06 ID:f7oSx5wM0
〜入学案内 その1〜

【学園温泉 五徳の湯】

学園が建つ前、ここがまだ古びた温泉街だったことから存在する温泉。

源泉は地下1800メートルからくみ上げられた18度の冷温泉を加温して利用している。

温泉の質はカルシウムを含む二酸化炭素泉であり、乳白色で発泡している。

効能は大きく5つあり、疲労回復、美肌、骨折等の骨異常、集中力向上、恋愛運上昇。このことから五徳の湯と呼ばれる。

低温、中温、高温の三種類に分けられ、一般的に低温は植物族や水中種族等が好み、中温は人間、獣人、昆虫族等が好み、高温は竜人や鬼等が好む。

その他にも種族に応じて水深や温泉の構造も多様化しており、さらに温泉部のエンターテイメント性に富んだ改修により、迷宮化している。そのため初めてこの温泉に入った者が無理をして奥まで入り込み逆上せてしまい倒れることがある。

一日平均35人がのぼせ、13人が溺れ、3人がマリアに襲われ、温泉部回収班に回収される。このように多少危険ではあるが、学園内での危険度としては低めのため、規制がかけられることはない。また学生と学園長に温泉好きが多いためという理由もある。

入湯料は生徒の貧富の中央値を取られているため、だいたいの生徒が入浴可能であるが、それでも入れない生徒には温泉特別給付金が支給されるため、温泉に入りたい限りは入浴が可能である。第39期生徒会長により入湯料の無償化が検討されたが牛乳などを卸している購買部と入湯料を部費にしている温泉部の猛反対により頓挫した。そうでなくとも温泉の学園運営には莫大な維持費がかかるため当初からその公約は達成できない所謂人気取り政策であった。

128年前はここまで複雑化した温泉ではなかったが128年前の部長、インキュバスのエンプヘザー・イルクラウドにより改修が始まり、徐々に過激化していった。この改修は複雑化することにより女湯を覗く仕掛けを施すのが目的とまことしやかに噂されているが事実は今のところ確認されていない。そのスクープをゲットしたとされるある新聞部員がいたとされるという噂も流れているが、その新聞部員の情報は一切ないためほら話か学園の闇に触れたため消されたとされている。

学内の中央校舎から歩いて数分のところに位置し、どの校舎からも距離はほぼ同じであり、利用者の割合もほぼ拮抗する。

学園名物の一つであり学園外から入湯に訪れるものも多い。畜産部による厳選された特濃牛乳と温泉部飲食班による温泉卵が人気である。

【関係者】

・ウノハナ兄妹
温泉部に所属するアカナメの兄妹で三助を務める兄のユヅキ、番頭を務めるウヅキはその仕事ぶりから温泉の看板ともいえる存在になっている。ユヅキは助平ではあるものの兄貴肌であり、気風の良い性格をしていることから男性を中心に人気を得ている。
伝説ののぞき穴を探しているうちの一人であり、覗きの常習犯ではあるものの人望(とそこそこのルックスにより)役職を罷免されるに至ってはいない。そんなユヅキであるが女子に引っ張りだこになる日が年に数回ある。それは身体測定の日である。身体測定前の女子は体重を少しでも軽くすることに躍起になっているため、垢すり・マッサージ技術にたけるユヅキへの依頼が殺到するのだ。
ウヅキは番頭であるため文字通り温泉の顔であり、兄と違い人好きのする性格と容姿である。ただし、マナーを守らないものには情けはなく、拷問ともいえる垢すり・マッサージ技術をもって、地獄へと導く。そのことから覗き魔には恐れられているが、彼女に構ってもらうために覗きをする者もいるとかいないとか。ウヅキからの好感度は下がる一方なのでもう少し考えが及ばなかったのだろうか。

・シービー・サラ・ホワイトウォーター
温泉の常連客で、温泉部と同じか、それ以上に温泉を知り尽くす人物。マーメイドであり、水中種族のはずなのだが彼女は熱いお湯を好み、通常なら逆上せてしまうであろう長時間でものほほんと湯につかっている。
眼鏡をかけないと何も見えないために、眼鏡をかけているがその眼鏡はなぜか曇らないし、温度で劣化していないため学園の不思議のうちのひとつとなっている。
温泉初心者は彼女に教授を仰いだほうがいいだろう。でなければ極楽に来るはずがいつの間にかベッドの上で寝ていることになる。案内料は風呂上りの牛乳一本で行きたい風呂の案内や温泉でのマナーを教えてくれる。それで安全な温泉生活を送れるならと彼女に色々と貢ぐ生徒も多い。特にダイエットに効く温泉を尋ねられることが多いようだ。
もし温泉の常連になりたければ彼女と仲良くなるのがいいだろう。基本的には水深の深い高温の温泉にいるがマッサージチェアでもよく目撃されるため男子はそのときに話しかけよう。のんびり屋な彼女は君の疑問を答えてくれるだろう。そしてなぜか男子湯のことも把握していることに気付くだろうが気にしないでおこう。

・サガ・アイスランドゥ
現温泉部部長。温泉を取り仕切っており、彼女を敵に回すと温泉に入れなくなるため敵に回さないほうが良いとされる人物のうちの一人。種族はルムリンまたはオルムルと呼ばれるナーガの一種で温泉の中で生活する珍しい種族である。特徴として背中に瘤があり、ここで呼吸ができるため温泉につかったまま泳ぐこともできるがマナー違反のため、溺れてる客を救うときか、閉めたあとの湯舟でしか使用することはない。
温泉を誰よりも愛するという自負があり、毎日温泉のお湯に話しかけている変人であるが、なぜか彼女は話しかけるだけでお湯の様子がわかり、彼女がほめたお湯は湯触りが良くなる。
温泉には愛情を注ぐ一方、他人には割と無関心であり、温泉を汚すものには容赦なく毒を吐く。
もし彼女と仲良くなろうというのならば温泉を愛し、彼女の無関心さにめげないような強い心がいるだろう。そしてそれを乗り越え親密になったところで彼女はかなりの吝嗇であり、苦労することが多いだろう。

・サルメ・バースパ・テ・ルマエ
現温泉部副部長。種族はレッドキャップであり燃える様な鮮血のような赤髪が目立つ。主に温泉の経営を取り仕切っており、期間限定の商品や、新しい薬湯の開発に努めている。
真面目な一方色々なことを試してみたい知識的欲求が抑えきれないため新しい温泉の開発などに情熱を注ぎ、温泉の迷宮化を促進させる要員となっている。
薬学医学にも強く、温泉部経営班主任かつ、医療班副主任である。
また温泉部経営班マーケティング隊のフョルネとは幼馴染の中で悪友であり、定期的に行われる変なイベントは彼らの暴走が原因である。

【キーワード】

・温泉部
文字通り温泉を取り仕切る部活であり、学内でも有数の巨大組織である。大きく分けて経営系班 実働系班 商業系班の三つからなり、そこから細かな部署に分かれる。
部活ではあるものの部費は売上を運用しており、生徒会の影響下にない珍しい部活である。ただし生徒会とは事を構える気はないため問題を起こすことは少ない。
427 :人外好き ◆HQmKQahCZs [saga]:2019/08/10(土) 21:40:41.03 ID:f7oSx5wM0
こんな感じで学内の案内をしていこうと思います

おやすみなさい
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/10(土) 21:53:31.72 ID:MriIMmy6o
乙乙
学園は最低でも128年前からあるんか
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/10(土) 21:56:32.71 ID:FyrTBuebO
おつおつ。さすが細かい
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/10(土) 22:14:47.87 ID:zMFZ6M9UO
おつ
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/10(土) 23:18:10.83 ID:JokDnRSAo
乙ー
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 02:12:45.37 ID:y3zNNj1qo
落書き支援
https://i.imgur.com/Rh00QSh.jpg
433 :人外好き ◆HQmKQahCZs :2019/08/16(金) 10:40:40.37 ID:o0/CiOExo
うわぁあああああ
ヒヅキだぁあああああ
ありがとうございますううううう
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 13:51:27.89 ID:5siA5UUnO
俺も絵心あったら何か描いてみたかった
435 :人外好き ◆HQmKQahCZs :2019/08/16(金) 14:14:00.91 ID:BMtOHvwOo
>>432
ヒヅキ可愛いです
ヒヅキ可愛いです
ヒヅキ超可愛いです

ベールクレアもお願いできませんか!?
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 14:39:01.51 ID:grXSwXklO
(スライムたちって普段の見た目はモン娘みたいな人型スライムなのかそれとも転スラみたいな完全人型なのだろうか?)
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 23:39:21.07 ID:fKZm4LaLO
絵心ないから代わりにwebアプリで作ってみた
https://i.imgur.com/lkUhXuX.png
https://i.imgur.com/WlfxUnq.png
https://i.imgur.com/zbvewRa.png
https://i.imgur.com/ISlNurh.png
https://i.imgur.com/KxMe0dF.png
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 23:47:39.89 ID:Yg7+oRuTO
>>437
すごいなー。こういうのできるんか
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 00:07:32.65 ID:3rcp+sPGO
charat chocoってサイトで簡単に作れるよ!皆もつくってみよう!(ごり押し)
440 :人外好き ◆HQmKQahCZs :2019/08/17(土) 17:21:31.10 ID:NrzA5T0ho
>>437
クロ
ロウェナ
セラフ
ヒョウカ
セルリア
を作ってくださりありがとうございます!
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 17:45:06.76 ID:v5GDgPmJo
スライムっぽさと水銀のメタリックさ、液体っぽさが全然表現できなかったけど一応
https://i.imgur.com/INrj5EU.png
217.67 KB Speed:3.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)