綾「陽子とデート……!?」【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/06/12(水) 19:46:39.88 ID:vzyX6Bnro
陽子「なー綾ぁ。遊園地のチケット二枚貰ったんだけどさ、一緒に行かない?」
綾「ゆうっ……!? もう、陽子のバカッ!」
陽子「いよいよなんで!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1560336399
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 19:48:00.38 ID:vzyX6Bnr0
陽子「あぁ、有名なデートスポットだったんだ。知らなかったよ〜」
綾「しれっと誘うからビックリしたじゃない。そういう気があるのかと……」
陽子「そんな回りくどいことしないよ〜。誘うなら正々堂々、正面から!」
綾(そっか、まぁそれこそ陽子っぽいわね……って、今私、正面から誘われてる、ってことは……!)
綾「やっぱりそういうつもりなんじゃない! 陽子のジゴロ! スケコマシ〜!!」
陽子「だから何でだよー!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 19:48:44.53 ID:IP/JrvJ1o
改行した方が読みやすいよ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 19:48:50.65 ID:vzyX6Bnr0
綾(待ち合わせ、朝八時半……)

綾(た、楽しみ……!)

綾(一緒に行けば恋が叶う、ってもっぱら噂の遊園地。それを陽子と……!)

綾(どんな所回ろうかしら、どんな服着て行こうかしら?)

綾(あぁ、ワクワクが止まらないわ……)

綾(…………)

綾(い、いや、陽子と行くのが楽しみってことじゃなくて、陽子はただ一緒に来てもらうだけだから……!)

綾(……誰に言い訳してるのかしら)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 19:49:52.39 ID:vzyX6Bnr0
>>3 ご指摘ありがとうございます

陽子「……あっ、いたいた! おーい綾〜!」

綾「お、おはよ、陽子……」フラフラ

陽子「なっ、どうした綾!?」

綾「六時から、ずっと直立で待ってた……」

陽子「六時!? 待ち合わせって八時半だったじゃん!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 19:50:24.42 ID:vzyX6Bnr0
綾「寝る前に見た占いで『悪手を打ってしまう』って出たから、もし普通通りに行ったら遅れちゃうかもって思って……」

陽子「却ってそれが悪手になっちゃってるよ綾」

綾「でも遅れるよりはいいでしょ……?」

陽子「なんという律義さ……」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 19:51:38.52 ID:vzyX6Bnr0
陽子「しかし、早く来ても結局開くまで待たなきゃいけないんだなぁ」

綾「そういえば待ち合わせの十五分前に来たわね、どういう風の吹き回し?」

陽子「そんな扱いかよ! いや綾は待ち合わせの何分も前に来るって知ってるから、それに合わせようかなぁって。流石に二時間前は予測つかなかったけど……」

陽子「あー暇だなぁ。綾、そんな長い時間よく一人で待てるね」

綾「こうやって待つ時間も悪くないもの。これから何をしようって考えるだけでわくわくしてこない?」

陽子「あぁ、修学旅行シンドローム!」

綾「あれってそういう名前なの!?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 19:52:23.72 ID:vzyX6Bnr0
陽子「それで、綾は何にシンドロってるの?」

綾「何その略し方……」

綾「……一つ、どうしても行きたい場所があるの。>>10、なんだけど」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:02:00.68 ID:s/d2UpG00
うさぎのいるカフェ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:06:40.83 ID:z7JUEtal0
こけしハウス
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 20:15:04.05 ID:vzyX6Bnro
綾「こ、こけしハウスに行きたくて……!」

陽子「……え、シノの家? 遊園地に来てまでなんで?」

綾「違うわよ。ほら地図のここ」

陽子「なになに、『ドキドキハラハラこけしハウス』……」

綾「有名なスポットの一つなの! ここに入った二人は、より強固な絆で結ばれるらしいわ!」オトメノメー

陽子(……どっからどー見たって綾の大嫌いなお化け屋敷だけど)

陽子(こうなった綾を止めるのは、多分無理だ……)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 20:22:53.42 ID:vzyX6Bnro
アナウンス【間もなく開園でございます……】

綾「もうすぐね!」

陽子「あ、あのさ、綾。まずは定番のアトラクションからの方が……」

綾「こけしハウスはここの定番よ?」

陽子「それだけ楽しみなら後にとっといた方が……」

綾「それじゃああっという間に列が出来ちゃうわ! 早いうちから行かないと!」

陽子(なんで地雷を踏む時に限ってこんなにも意思が固いんだ!?)
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 20:29:21.36 ID:vzyX6Bnro

 十数分後……

綾「……………………」

陽子「え、えっと……」

綾「……………………」プルプル

陽子「あ、あれだな! 早く抜け出そうという意思がシンクロして、より強固な絆が芽生えたな!」

綾「……………………」プルプル

陽子「で、でもアリスなら『シノがいっぱーい!』って、却って喜んだりしそうだよな、あはははははは!」

綾「……シノ,コワイ……」

陽子(あのシノさえ怖がるようになるなんて……)

陽子(そっとしておいてあげよ)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 20:32:38.69 ID:vzyX6Bnro
陽子「もう大丈夫?」

綾「ごめんなさい、迷惑かけちゃって……」

陽子「いいっていいって! まだ時間はたっぷりあるんだし!」

陽子「それでより、他に行きたい所は?」

綾「私ばっかり悪いわ。順番っこに行きましょ」

陽子「いいの? ありがとっ。じゃあ私は>>16 にしよっかなぁ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:50:20.45 ID:IP/JrvJ1o
コーヒーカップ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:50:26.30 ID:LTxApSkhO
お化け屋敷
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 20:51:50.65 ID:s/d2UpG00
射的場
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 20:55:53.98 ID:vzyX6Bnro
陽子「お化け屋敷にしよっかなぁ!?」

綾「!? !?!?!?!?!?!?!??!?!?!?!??!?!?!?!?」

陽子「人殺しを見るような目で見ないでよ……」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 21:02:42.38 ID:vzyX6Bnro
誤字のせいで陽子が衛門みたいに……

陽子「いや、これには訳があるんだよ! 綾のためを思ってなんだ!」

綾「私のため……?」

陽子「ほら、折角の定番スポットなんだから、楽しめなきゃ損だろ? だから何度も行って、綾の心を慣らしてしまおう、ってわけ!」

綾「絶対嫌よ!? あんな所、一度生きて出られただけ奇跡よ! 二度入ったら絶対無事じゃ済まないわ、よくて即死よ!」

陽子「悪かったら何になるんだ」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 21:04:06.21 ID:vzyX6Bnro
陽子「大丈夫だよ綾〜。ほら、出口から人がたくさん出てる」

綾「でも、私もあの人達と同じ結末を迎えられるとは限らないじゃない!」

陽子「じゃあ綾がそうなるように、しっかり綾の傍にいて守ってあげるからっ」

綾「まも……そ、そんな甘言には惑わされないわ!」

陽子「甘言て」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 21:06:30.52 ID:vzyX6Bnro
陽子「じゃー分かった! もし一緒に来てくれたら、私も一つ、何でも言うこと聞く!」

綾「! な、何でも……!?」

陽子「おみやげ全部奢りでも、疲れたらおんぶでも何でも!」

綾「そ、そんなみっともない真似しないわよ! ……でも、本当なのね?」

陽子「私に二言はない!」

綾「……そ、そこまで言うなら、もう一回付き合ってあげるわ」

綾「その代わり、その、ちゃ、ちゃんと守ってよね、陽子!」

陽子「それがお願い?」

綾「備え付けに決まってるじゃない」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/06/12(水) 21:11:23.84 ID:vzyX6Bnro
陽子「次、私たちの番だな」

綾(こ、怖い……! 今からでも逃げ去りたい……!)

陽子(綾、不安そうだな)

陽子(ここまで引っ張ったんだから、私が何かして落ち着かせないとな)

陽子(>>25 をしよう)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:11:53.96 ID:LTxApSkhO
ハグ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:12:00.24 ID:zFVyYyi2O
ドリブル
22.57 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)