《安価》時給応相談

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 14:26:23.34 ID:JvhoVgla0
アニソン(どの曲かは>>1に任す)
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/18(日) 18:10:38.05 ID:z5JGX2dk0
今まで隠してきたが、俺はすごい音痴なのだ
ぶっちゃけカラオケに行きたいなんて思ったことはない
こうなったらふざけてウケを狙うしか......


男「ほんじゃあ、これだ」

美術部員「渋っ」

男「俺も聞いたことあるだけで歌うのは初めてだ」


演歌という逃げの選択肢
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/19(月) 20:34:54.45 ID:g2L4ABVQ0
結果は言うまでもない
点数は34点
空気が微妙になってしまった


男「......うぅ......」

美術部員「どうしてそんなに落ち込むんですか」

男「俺は......俺は金を貰ってやってんだ......それなのにこんな微妙な空気を作ってしまって」

美術部員「......っ、ふふふ」

男「無理に笑うな」

美術部員「いや、そんな深刻に考えてると思わなくて」
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/19(月) 21:52:04.87 ID:g2L4ABVQ0
男「そうか、そう思うか」

美術部員「あっ、すみません」

男「......くくく、じゃあ盛り上げていこうぜ!」

美術部員「ひぇっ!?」

男「おら行くぞデュエットだ」

美術部員「いいんですか!?」

男「ああ!何歌う?」

美術部員「>>245
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/19(月) 21:52:41.70 ID:FPx0RbhW0
北空港
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/19(月) 22:42:33.29 ID:8i1HW1Pn0
ライオン
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/20(火) 19:16:15.74 ID:axJFV0UM0
彼女が選曲したのは、ロボットアニメの曲だった
なるほど、確かにこの曲は二人で歌うことが多い

そして歌い始める


男・美術部員「♪〜」


当然、演歌よりも歌いやすかった
歌っている最中にふと彼女の顔を見ると、今までにないくらい楽しそうだった
内気な人間にもこんなところがあるのか
彼女もその視線に気付き、見つめかえして微笑む
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/20(火) 19:49:21.92 ID:axJFV0UM0
点数は80点
だいぶ足を引っ張ってしまった


男「ふー......」

美術部員「頑張れば結構歌えるじゃないですか」

男「お前ほどじゃない」

美術部員「いいんですよ今から上手くなれば」

男「......それも悪くないかもな。だがもう時間だ」
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/20(火) 19:54:34.54 ID:axJFV0UM0
カラオケボックスの外に出たとき、彼女は話しかけてきた


美術部員「男さん」

男「どうした?そろそろ帰ったほうがいい」

美術部員「いえ、今日は素敵な日になりましたのでそのお礼を」

男「そうか。その気持ち、ありがたく受け取っておく。幼馴染姉にも明日礼を言うんだな」

美術部員「はい!それで時給ですが......850円で良いですか?」

男「まだ現金があるのか?」

美術部員「ありますよ」

男「ならそれも受け取っておく。長時間だったから結構な額だぞ?大丈夫か?」

美術部員「はい!」
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/20(火) 20:05:25.61 ID:axJFV0UM0
その後、家に帰る
今日は結構な額が手に入ったので財布の中身を確認することにした


男「......ふむ......」

男「これぐらい金が貯まれば......>>251の製作に取りかかれるかもしれない」


彼は昔から工作や発明の類いを好む
そのため、様々なものを作って遊ぶのだ
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/20(火) 20:38:53.10 ID:aoRZFq9t0
食品サンプル
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/20(火) 20:42:35.70 ID:ruo9I2Cp0
フィギュア
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/20(火) 23:49:42.34 ID:axJFV0UM0
男「フィギュアを作るか」

男「毎日寝る前に一時間ほど作業しよう」

男「大変疲れる作業だからな。熟睡できるはずだ」

男「誰のフィギュアを作るかは決まってないし、デフォルメ素体から作るか」

男「肩こりの季節が幕を開ける」
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/20(火) 23:58:33.97 ID:axJFV0UM0
翌日
台風のもたらした暴風雨により、外で待機できなくなった
しかし直帰というのはあまりにも退屈なので、下駄箱の隅に邪魔にならない程度のスケールで待機した


男(いつもより好奇の視線で見られているような気がするな......)


すると、彼に>>255が話しかけてきた
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 00:04:17.65 ID:yUkR6Qrw0
幼馴染
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 00:04:19.79 ID:907vi0RpO
図書委員
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 19:59:08.53 ID:KlRuOhff0
勇気があるものだ
好奇の視線の中心にいる人間に堂々と話しかけるとは
俗にまみれた外面だけの人間には難しい芸当だろう


図書委員「あ、ここにいたんですね」

男「直帰はつまらんので」

図書委員「そうですかそうですか」

男「嬉しそうだな。どの用件だ?」

図書委員「>>258
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 20:03:03.79 ID:qPwgU3Lt0
本の返却催促をまた手伝って欲しい
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 20:03:42.97 ID:rRgqGmpU0
私が今まで趣味で書いてきた小説を読んで欲しいのですが
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 20:41:06.92 ID:KlRuOhff0
図書委員「私が今まで趣味で書いてきた小説を読んでほしいのですが」

男「いいぞ」


これは難題だ
内容をしっかり分析しなければならない
また、本人の創作意欲を損ねてもいけない(これは飽くまで個人的な願い)


図書委員「......やっぱり恥ずかしいですね」

男「リラックスしろ。下駄箱だと湿気が多い。適当な教室を探してそこで読むぞ」
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 21:58:56.42 ID:KlRuOhff0
彼女から渡された冊子は一般の本と比べればそこまで厚いものではなかった
一時間もあれば読みきれるだろう


男「それでは読ませてもらう」

図書委員「どうぞっ!まぁ私の小説が悪書なわけありませんから」

男「......」


急に強気になったな、などと思いつつ読み始める


>>262...どんな本?
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 22:02:31.55 ID:tm8GpSoDO
一見邪道に見えて最後まで読むと王道バリバリのファンタジー
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 22:02:34.46 ID:Be8PccK40
甘酸っぱ過ぎる青春恋愛小説
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 22:26:58.77 ID:KlRuOhff0
一通り読み終えた
内容としては青春恋愛小説だ
王道といえば王道なので、作者の味付けが試されるのだが......


男「すげー......甘酸っぺぇ......」

図書委員「そうだろうそうだろう?」

男「これヤバいわ。心がガンガン締め付けられる」

図書委員「私も書いてて辛かった」

男「甘酸っぱいっていうのは王道の中の王道だが、それもここまで行けば新しいぞ」
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 23:05:41.62 ID:KlRuOhff0
図書委員「高評価ですか?」

男「おう」

図書委員「やったー!」

男「しかしよくもまぁここまで出来たものだ。お前にも恋とか分かるんだな」

図書委員「失礼ですね」

男「冗談さ。お前もこの本みたいに素敵な恋をしろよ」

図書委員「......カッコつけてくれますねぇ」

男「ほら時給よこせ。600円」

図書委員「まけてください」

男「450円」

図書委員「分かりましたっ!」
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 23:10:48.34 ID:KlRuOhff0
家に帰り、フィギュアを製作する
まだ素体すら出来ていないが、彼は黙々と作業する
そして刻限がやってくる


男「そろそろ寝るかなー......」


その時、久しく聞く電子音が鳴る
彼は携帯電話を取る


男「この夜中に誰だ......?」


>>267...誰がかけてきた?
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 23:12:17.54 ID:GLvNL8FhO
奇術部部長
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/21(水) 23:12:36.70 ID:yUkR6Qrw0
幼馴染
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 18:50:55.59 ID:j+XPRiPK0
幼馴染「やあ男。僕だよ」

男「......」

幼馴染「もしもーし?そこにいるのは分かってるんだからね?」

男「......」

幼馴染「今から君の家に行って話をすることになるよ」

男「ちぇ」

幼馴染「やっぱり居るんじゃないか。全く......」
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 18:58:07.98 ID:j+XPRiPK0
男「それで、何の用?」

幼馴染「なんか変なもの作ってない?」

男「......いや、フィギュアを作ってはいるが」

幼馴染「デカイ?」

男「手のひらには乗るだろうさ」

幼馴染「なら安心」

男「用件はそれだけか?切るぞ」

幼馴染「あぁ待ってよ。こっちが本題」

男「なんだ?」

幼馴染「>>271
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:03:40.81 ID:fHt81o4Y0
今好きな人いる?
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:03:48.30 ID:+zkStIzDO
もし私が外国に留学すると言ったら嫌かい?
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 19:15:56.35 ID:j+XPRiPK0
幼馴染「もし私が外国に留学すると言ったら嫌かい?」

男「......ふむ」


少し間を置いて答える


男「自分で決めかねているなら......俺は嫌だな」

幼馴染「......そう、そうかぁ」

男「外国に行くってのは大きな挑戦だ。大した覚悟もなく行けば失敗する可能性もあるだろう」

幼馴染「......」

男「知り合いが挫折するところは見たくないな。そう思ったよ」

幼馴染「くくっ......参ったなぁ」

男「?」

幼馴染「参った参った。僕の負けだ。また明日」
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 19:19:49.95 ID:j+XPRiPK0
意味深なメッセージを心に留めて眠る
翌日もいつも通り登校し、校門の外で依頼人を待ちわびる
ひとつ変わった点があるとするなら机に張った紙に追記したことだろう
『あと7日』


男「短い期間だったが、結構面白かったな......」


早すぎるノスタルジーに浸っていると>>275に声をかけられる
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:22:39.63 ID:+zkStIzDO
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:27:49.77 ID:r/bBc5Ru0
生徒会長
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:27:55.54 ID:cJSFDmm4O
奇術部部長
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 19:38:39.25 ID:j+XPRiPK0
生徒会長「おや、男くんじゃないか。ごきげんよう」

男「会長ですか」

生徒会長「君はこういうのが趣味なのかい?」

男「そうですよ。なにかご用ですか?請け負いますが」

生徒会長「>>279
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:40:01.40 ID:1wUCH21z0
生徒会の手伝いをちょっと頼めるかな?
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 19:55:52.02 ID:fHt81o4Y0
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 20:02:23.01 ID:j+XPRiPK0
生徒会長「生徒会の手伝いをちょっと頼めるかな?」

男「いいですよ」

生徒会長「話が早いね」

男「じゃなきゃここで待機してないですよ」

生徒会長「それもそうか。じゃあついてきてくれ」


会長に促され、生徒会室まで移動する
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/22(木) 20:06:11.22 ID:j+XPRiPK0
そして生徒会室
意外と物が散乱し、ごちゃごちゃしていると最初は思っていたが
今ではもう慣れた


生徒会長「男くんはここにも慣れているよね」

男「まぁ、そうですね」

生徒会長「秘密基地みたいで赴きがあるだろう?」

男「それで、何を手伝えばいいんですか?」

生徒会長「>>283
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 20:21:20.64 ID:1wUCH21z0
私の遊び相手
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/22(木) 20:37:43.42 ID:r/bBc5Ru0
生徒総会で読む原稿の作成
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/23(金) 20:35:43.08 ID:eN8QLGbh0
生徒会長「生徒総会で読む原稿の作成をお願いしたい」

男「ほほう。最初の挨拶でも?」

生徒会長「そんなところだ。よろしく頼むよ」

男「責任が重いんですが」

生徒会長「大丈夫大丈夫。何かあっても怒られるのはこっちだから」

男(とんでもない人だ......)
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/24(土) 16:03:00.33 ID:ThxJ94RN0
生徒総会は一週間後らしい
それまでに完成させれば良いとのことだが、こんな重い荷はとっとと降ろしたい
なので頑張って一日で書き上げることにした


男「仰々しい挨拶は苦手なんだよなぁ」

生徒会長「ボクはこの生徒会室を調査しなければならない」

男「ここを?何のために?」

生徒会長「ここから虫が涌いているって苦情が来てさ。本当か分からないんだけどね」

男「ここゴミ屋敷と変わりませんもんね」
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/24(土) 16:07:07.56 ID:ThxJ94RN0
色々な発表を思いだし、頭を捻っていると悲鳴がする


生徒会長「もぎゃー!」

男「なんすか」

生徒会長「ゴキブリがいる!」

男「そうですか。ここゴキブリを殺すスプレーありましたよね?」

生徒会長「あるけど怖い」

男「そうですか。じゃあゴキブリと仲良くして下さい」

生徒会長「んな殺生な!」
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/24(土) 16:29:30.93 ID:ThxJ94RN0
生徒会長「頼むよ男くん」

男「オプションで、追加料金払ってくれるなら良いですよ」

生徒会長「男くんは相変わらずだね!いいよ払うから退治して!」

男「承りました」


男はゴキブリを殺すスプレーを持ち出し、会長のそばの物陰に使う
紙を擦り合わせるような音と共にじたばたと奴が出てくる
そして奴は会長の脚によじ登り、絶命した
一方の会長はと言えば


生徒会長「アッ____」


気絶していた
仕事の分担は反対の方が良かっただろう
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/24(土) 16:49:43.19 ID:ThxJ94RN0
夕刻
原稿の完成は目前であり、ゴキブリは殺したので心置きなく作業できていた


男「ふー......」

生徒会長「ぅーん......」

男「お目覚めですか」

生徒会長「ああ、ボクは何を......っは!奴は!?」

男「もう処分しました。安心して下さい」

生徒会長「そうかい。それは良かった」
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/26(月) 00:49:17.01 ID:QayZ37lg0
男「それと、これ。原稿できましたよ」

生徒会長「ありがたい。それで時給は......」

男「いくらが良いですか?」

生徒会長「>>291
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/26(月) 01:00:00.04 ID:CtZgxYWS0
5000円でどうだろうか?
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/26(月) 01:02:44.05 ID:6LUElLozO
↑+ゴキブリで迷惑かけた追加料金で私の体で払おう……

生徒会長が男なら「ゴキブリで〜」の所は無視で
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/26(月) 22:17:34.59 ID:QayZ37lg0
生徒会長「5000円でどうだろうか?」

男「恐ろしく太っ腹ですね。日本ってインフレそこまで進んでましたっけ」

生徒会長「あぁ、あとゴキブリで迷惑かけた追加料金は私の体で払おう」

男「......体!?」

生徒会長「そう。体さ」

男「ぐ、具体的に例を示して下さい」


何もかも驚きでひたすらキョドる


生徒会長「>>294
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/26(月) 22:24:14.35 ID:CtZgxYWS0
それは当然エッチな……ああ、君は童貞だったか
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/26(月) 22:26:31.59 ID:IEbQqyKX0
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/26(月) 22:28:14.68 ID:8rWBodN5O
胸でも尻を触ってもいいし、君が満足いくまで色々していい。その先も……
私の身体が好みじゃないなら、追加は3000円に変えておくが?
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/27(火) 01:06:15.40 ID:qJYpmhXI0
生徒会長「それは当然エッチな......ああ、君は童貞だったか」

男「......く!」

生徒会長「否定しないんだね」

男「そ、それよりも会長はもっと自分を大事にですね」

生徒会長「私の身を案じているならそれは無用だ」

男「童貞をからかって楽しいですか」

生徒会長「おいおい。心外だなぁ。私はからかってなんかいないよ」
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/29(木) 22:56:52.65 ID:fNoU4ofw0
彼女はこちらを勢いよく押し倒す
その目は生徒会長たる胆力を感じさせる


男「うっ」

生徒会長「くくっ、不満はないようだ」


そして彼女はこちらに馬乗りになる
絶対絶命だ
誰か助けに来ないかと思った


男「会長、まずいですって」

生徒会長「安心したまえ」
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/29(木) 23:10:22.44 ID:fNoU4ofw0
その時、ノックの音がしてドアが開く


図書委員「経費の報告に来ました......!?」

男「あっ!図書委員!」

生徒会長「やばっ」

図書委員「な、なななな何やってるんですか!?」

男「見ての通りだ」

生徒会長「違う!誤解なんだよ!これは偶然だ!」
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/29(木) 23:31:46.72 ID:fNoU4ofw0
図書委員「ふーん、そうですか」

男「助かった......」

生徒会長「本当なんだ!信じてくれ!」

図書委員「じゃあなんで男くんがここにいるの?」

男「それはだな。俺は会長に仕事を頼まれたんだ」

生徒会長「そうそう。ただの業務だよ」

図書委員「へー。馬乗りになって組み合うのが生徒会の業務なんですね」

男「それは業務じゃない」

生徒会長「そ、そうだ。ただ手持ちがないから体で払おうとしただけで」

図書委員「......会長。夜道には気をつけて下さいね」
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/29(木) 23:39:12.46 ID:fNoU4ofw0
生徒会長「待ってくれ!命だけは......!」

男「命まで奪うことはあるまい」

図書委員「あなたに私が何を考えているか分かりますか」

生徒会長「......」

男「よく分からんが怒りを鎮めてくれ、俺にできることならなんでもするから」

図書委員「ん?」

生徒会長「ん?」

男「......あ」

図書委員「じゃあ、>>302
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/29(木) 23:40:41.65 ID:m5+pvI3ZO
こらからも私に手伝ってくださいね
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/29(木) 23:41:06.33 ID:WocI6ChU0
好きです。付き合ってください
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/29(木) 23:41:52.30 ID:vHlfNo2DO
休日に買い出しを手伝ってほしい
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/29(木) 23:41:54.33 ID:MUNnZc270
今度は自宅の倉庫兼書庫の整理を手伝ってほしい
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/29(木) 23:45:26.66 ID:WocI6ChU0
出来たら安価↓の>>303
無理ならそのまま
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/30(金) 20:53:54.52 ID:iffCeMiY0
図書委員「休日に買い出しを手伝ってほしい」

男「休日......明日か。いいぞ」

生徒会長「欲がないな」

図書委員「会長に比べれば、そうですね」

男(多分威嚇してる。怖い)

生徒会長「ま、とりあえず時給の5000円は払っておくよ」

図書委員「なっ、そんな大金」

男「ありがとうございました」
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/30(金) 21:01:30.72 ID:iffCeMiY0
翌日
陽光は美しく照りつける
お陰で焦げ目がつきそうだ


男「うぁー......」


欠伸をひとつして着替える
するとチャイムが鳴る


男「はい」

図書委員「用意は出来ましたか?」

男「ん、まぁ」
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/30(金) 21:06:12.59 ID:iffCeMiY0
図書委員「じゃあ行きましょうか」

男「やけに早いな」

図書委員「そ、そうですか?」

男「いいけどな」

図書委員(せっかちな女だと思われたかな)

男「今日はどこに行くんだ?」

図書委員「>>310
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/30(金) 21:12:41.68 ID:3CQ1RwHX0
デパート
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/30(金) 21:12:47.52 ID:p/XUL/dDO
ホームセンターです
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/30(金) 21:13:03.15 ID:PvVwOy2j0
公園の噴水広場
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 13:35:21.69 ID:8w0ZTfsb0
図書委員「ホームセンターです」

男「ホームセンター!?」

図書委員「そうですが、何か問題でも」

男「いや、意外だなと」

図書委員「私に対してどんなイメージだったんですか?」

男「教室の隅でニタニタしながら本読んでる感じ」

図書委員「ローキック」

男「ふげっ」
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 15:08:16.35 ID:8w0ZTfsb0
ホームセンターにやって来た
この木の匂いがなかなか好きで、心が落ち着く


図書委員「よし」

男「そういや、何買うんだ?」

図書委員「言ってませんでしたっけ」

男「おうよ」

図書委員「>>315
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 15:13:26.96 ID:BS92Aq/90
本棚を新調します
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 16:01:38.39 ID:u9QondnO0
家や図書室の棚を修理する道具です
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 16:23:26.59 ID:8w0ZTfsb0
図書委員「家や図書室の棚を修理する道具です」

男「いまいちイメージしづらい」

図書委員「そうですね。私も詳しくないのでネジ穴を開ける奴とネジがあればいいです」

男「そうか。じゃああっちのコーナーだな。行くぞ」

図書委員「はい」
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 17:21:14.53 ID:8w0ZTfsb0
商品を一通りカゴに入れた
買い忘れがあると困るので確認しよう


男「これで全部か?」

図書委員「そうですね。ネジのサイズもこの程度で良いでしょう」

男「あっ」

図書委員「ど、どうしました?」

男「......ドライバー持ってる?」

図書委員「流石にありますよ!?」
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 17:27:43.09 ID:8w0ZTfsb0
男「会計か」

図書委員「ええ、そうですね」

男「......奢らないよ?」

図書委員「ケチですね」

男「今更言うか」

図書委員「どうしてそんなケチなんです?」

男「>>320
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 17:33:36.39 ID:4VINDtw80
生まれたときからの性分だ
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 17:39:42.36 ID:BiowulkDO
過去にお金が無いことで酷い目にあったからな
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 18:19:37.36 ID:8w0ZTfsb0
男「過去にお金が無いことで酷い目にあったからな」

図書委員「どの程度ですか」

男「色々だな。ショボいのからヤバいのまで」

図書委員「差し支えなければ聞きたいです」

男「ショボいのがラーメン奢ってやろうとしたら十円だけ足りなくて最高にダサかったこと」

男「ヤバいのが誘拐されて身代金を請求されたとき」

図書委員「......誘拐!?」

男「うち貧乏だから身代金払えなくてさ。俺がいくつか内臓抜かれたよ」

図書委員「しゃ、洒落になりませんよそれ」

男「まぁそのあと親が必死に働いてくれて必要分は確保した」
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 18:24:29.74 ID:8w0ZTfsb0
図書委員「その話されると私が払わざるを得なくなりますね」

男「だろうな。ネットで調べれば多分出てくるんじゃね?」

図書委員「嫌ですよそんな話」

男「でも恐怖に大分耐性がついた。ジェットコースターなんて一ミリも怖くないね」

図書委員「私はジェットコースターなんて無理ですよ」

男「俺も無理。怖くないけどゲロ撒き散らす」

図書委員「汚っ!」
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 18:27:44.70 ID:8w0ZTfsb0
その後、ホームセンターを出た
すると彼女は若干迷ったような顔をしたあとに別れを告げた
きっと遠慮させてしまったのだ。しかし好意は無下にしたくないので帰った


男「家暑っ」


やることもないのでフィギュア作りをして寝た
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/31(土) 18:52:00.26 ID:8w0ZTfsb0
翌日
いつものように校門で待機していると真横に鳥の糞が落ちてきた
怯えながら『残り五日』と書く


男「怖いなぁ」


すると>>326が話しかけてきた
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 18:53:45.96 ID:BiowulkDO
担任教師
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 18:59:50.97 ID:kKVHMOPK0
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 01:11:53.68 ID:stVczdAa0
担任教師「むっ、男ではないか」

男「ああ、先生」

担任教師「何をしているんだ?」

男「見ての通りですよ。特別自由研究です」

担任教師「確かに君はこういうのを好みそうだ」

男「それより、何か用ですか?」

担任教師「>>329
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 06:00:24.46 ID:czNfOYfDO
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 06:51:13.14 ID:Ycq/eGiE0
部品運び
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 06:53:44.91 ID:veW36oBLO
ミス。間違いました
安価は「確か君はお金を払えばなんでもやってくれるらしいが……私も頼んでいいか?」で
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 08:27:01.76 ID:g8Aq/02zo
>>330
ID違うんだけど誰お前
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 15:37:34.98 ID:stVczdAa0
とりあえず>>329を採用します


担任教師「部品運びをしてほしいんだが」

男「何の部品ですか?」

担任教師「それが私も知らないんだよ」

男「......ど、どういうことですか?」

担任教師「倉庫にあるらしいんだが、位置しか教えて貰えなかった」
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 15:44:23.23 ID:stVczdAa0
よくある話だが、倉庫はボロボロだ
錆にまみれているし、薄暗い。風が吹けば倒れてしまいそうだ
噂によれば、公的な機関を通さずに無許可で学校に建てたとかなんとか


男「ここって、鍵できちんと開くんですか?」

担任教師「開かない。バールを使う」

男「先生今日はいつにも増して物騒ですね」

担任教師「褒めてくれるなよ......それっ!」


扉は開け放たれ、侵入が可能になった


男「先生。部品ってこれですよね?」

担任教師「多分そうだが......これ何の部品だ?」

男「見たところ>>335ですね」
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 15:46:35.98 ID:i5Prf6a90
アンドロイド
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 16:05:04.75 ID:uMS6cF0HO
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 18:13:16.41 ID:stVczdAa0
男「アンドロイドですね」

担任教師「アンドロイドぉ......?」

男「最初はマネキンかと思いましたが機構がしっかりしています」

担任教師「なんだってそんな薄気味悪いものが」

男「人体模型じゃなくて機械なんで恐れなくてもいいと思いますけどね。運びましょう」

担任教師「そうだな。体育倉庫まで運べばいいらしい」
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 18:23:49.23 ID:stVczdAa0
体育倉庫まで運搬した
幸いにも部品の運搬は誰にも見られなかった


男「いやぁ、疲れましたね」

担任教師「ん?何帰ろうみたいなオーラ出してんの?」

男「はへ?」

担任教師「折角だし、組み立ててみないかい?」

男「別料金ですよ」

担任教師「ケチだね。まぁいいさ、ともかくやろう」

男「分かりました」


>>338...アンドロイドの見た目
>>339...アンドロイドの用途
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 18:27:29.47 ID:i0HumSESO
藍髪、藍眼の短髪の美少女(Gカップ巨乳)
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 18:45:47.99 ID:fjcmkX6l0
介護用
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 19:08:01.13 ID:stVczdAa0
アンドロイド「あれ、ここは?」

担任教師「動いた!動いたよ男君!」

男「そうですね。このアンドロイドは観賞用かな?」

アンドロイド「観賞用!?私には介護という立派な仕事があります!」

男「藍髪で藍眼だからキャラクターみたいだなって思ったんだよ」

アンドロイド「藍は落ち着いた色ですから介護に向いているんです」

担任教師「ではその胸はなんだ。見たところGはあるな」

アンドロイド「これも精神の安らぎを重視したものです」
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 19:16:59.94 ID:stVczdAa0
男「じゃあ安らぐわ」


一点を注視する


アンドロイド「じろじろ見ないで下さい!」

担任教師「男君。いくらいかがわしいアンドロイド相手でも流石にそれは引くぞ」

男「そうですね、いかがわしいと言われればそれまでです」

アンドロイド「むきーっ!よってたかっていかがわしいだの何だのうるさいですよ!」

担任教師「と、言ってもここには介護の必要な老人なんていないし」

男「俺達がなにもしなくてもいずれ介護以外の業務に就かされるでしょうね」
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/01(日) 19:35:58.12 ID:stVczdAa0
アンドロイド「そんな!どうにかならないんですか!?」

担任教師「しかし我々にはどうしようもない」

男「それこそ本当にいかがわしい用途かもね」

アンドロイド「うぅぅぅぅ......」


この世の終わりみたいな雰囲気のアンドロイドを傍目に、優雅に歩くものが居た
そう、生徒会長である


男「あっ、会長!」

生徒会長「どうしたんだいそんなに慌てて」

男「このアンドロイドが何に使われる予定か知ってますか?」

生徒会長「んー......>>344
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 19:36:55.66 ID:Ycq/eGiE0
校長の新しい秘書とか聞いたような……
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 19:52:50.88 ID:czNfOYfDO
私の祖父が使いたいと言ってたな
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 19:55:28.46 ID:0U9NxY0I0
ID:Ycq/eGiE0二刀流して不正働いてるのに何で採用するの?
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/01(日) 19:57:47.27 ID:PE9bVQFz0
書き込む端末間違えてるし、性欲のことしか考えられ無い猿存在するんだな
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/02(月) 15:47:19.89 ID:DvM6r6Ad0
またいつもの自己中野郎か
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/02(月) 21:18:36.74 ID:RL53077d0
生徒会長「私の祖父が使いたいと言ってたな」

男「......あー、なるほど?」


会長の祖父はこの学校の創始者である
そして一線を退いた今も強大な権力を持っている
大抵のイベントで来賓として出席し、長々とスピーチをするのだ


生徒会長「どうも体が優れないようで、介護士を雇おうかという話をしていたのだが」

男「あのアンドロイドの存在を思い出したと」

生徒会長「そんなところ。校長が直々に届けに行くらしい」
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/02(月) 21:46:11.32 ID:RL53077d0
男「アンドロイド」

アンドロイド「何ですか......」

担任教師「そう気を落とさないで」

男「おめでとう!君は介護に使用されるぞ」

アンドロイド「!!本当ですか!?」

担任教師「そうなのか?」

男「あぁ、生徒会長の祖父が使うらしい。この学校の創始者だ」

アンドロイド「良かったです」

担任教師「あぁ、あのじーさんか」
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/09/03(火) 23:33:49.67 ID:/dvD0nJJ0
男「これにて解決。という訳で」

担任教師「金か」

男「話が早くて実に助かります」

担任教師「交渉出来るんだよね?」

男「そうですね。ご希望の金額をどうぞ」

担任教師「>>352
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/03(火) 23:36:20.06 ID:L70RNmI80
会長祖父から小切手が
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/03(火) 23:36:48.05 ID:YLFkRA9d0
一万円あげよう
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/03(火) 23:37:06.76 ID:0ZfbOo4w0
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/05(木) 22:19:53.43 ID:XeyexP/A0
担任教師「一万円あげよう」

男「え、ありがとうございます」

担任教師「そこで『いいんですか!?』とか言わないのは流石だと思う」

男「光栄です」

担任教師「まったく、君という奴は」
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/05(木) 22:25:37.76 ID:XeyexP/A0
翌日
いまや彼に残された時間は四日だ
しかし彼は焦らない


男「今日は涼しいな」


すると、彼に>>357が話しかけてきた
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 22:27:21.47 ID:ufXs4wTl0
幼なじみ
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 22:29:49.61 ID:5QbqPueO0
奇術部部長
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 22:31:45.97 ID:5QbqPueO0
部長は>>37の人と同じ人です
念のため
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/06(金) 20:17:23.74 ID:OzBkLj2u0
奇術部長「やあ男くん」

男「おや、珍しい人だ」

奇術部長「人を珍獣みたいに扱わないで」

男「すみません。で、ご用件は?」

奇術部長「>>361
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 20:20:56.34 ID:BP6drK800
今回は買い物に手伝って欲しい
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 20:46:15.98 ID:rjaVuWnB0
助手になってくれないか?
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/06(金) 22:40:57.03 ID:OzBkLj2u0
奇術部長「助手になってくれないか?」

男「いいですよ」

奇術部長「やったー!」


相手は相当な変人と聞いている
それは覚悟の上だが、何をさせられるのだろうか


男「で、どうするんですか?」

奇術部長「部室に来て!話はそれから!」
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/06(金) 22:45:43.02 ID:OzBkLj2u0
部室にやって来た
こじんまりとしており、用途不明の器具がそこらにある


男「......」

奇術部長「どう!?すごいでしょ!?奇術やりたくなるでしょ!?」

男「そうですね。金塊の一つでもあればもっとやる気出ますよ」

奇術部長「あー......金塊はないんだ」

男「あったらそれはそれでビビりますが。で、何をすればいいんですか?」

奇術部長「>>365
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 22:47:01.96 ID:nopHBjRw0
箱に入ってもらいたい
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 22:47:48.76 ID:1DOaiwES0
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 14:32:46.85 ID:WXBh2gl20
奇術部長「箱に入ってもらいたい」


彼女は部屋の中央にポップなデザインの箱を用意する
上面にフタがあり、そこから入れそうだ


男「......これですか」

奇術部長「うん!とっても安全だから安心してね」

男「分かりました」


なんだか嫌な予感がしたが、まぁ気のせいだろう
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 14:38:28.41 ID:WXBh2gl20
中に入ると、外からフタが閉められた
その直後にガチャリと施錠される音がする
不安になったので、何をするつもりなのか聞くことにしよう


男「今から何をするんですかー?」

奇術部長「______!________!!」


何か得意気に喋っているようだが、くぐもって聞こえない
一体何が起こるのか......


>>369...奇術部長は何をしようとしている?
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 14:41:09.71 ID:EusZ/jk20
人間切断術
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 14:45:23.77 ID:NOttj/eG0
箱の中に水が入ってくる
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 14:45:54.55 ID:G7d5oV5Y0
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 15:21:57.47 ID:WXBh2gl20
しばらくすると足元が冷たくなる
足からも汗をかいたのかと足を触る
すると、箱の中に水が入ってきていることが分かる


男「え、ちょ、おま」


水位は上昇し、命の危機を感じる
箱を叩いても水位の上昇は止まらず
____そして意識を失った
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 15:31:17.43 ID:WXBh2gl20
未だもやはかかるが、意識がはっきりとしてきた
ひとまず上体を起こし、周囲を見る


奇術部長「ご、ごめんなさい!!」

男「......あ、ああ」


思い出した。この変人に気絶させられたのだ
しかし本人は反省しているようだし、そこまで責めずとも良いような気がした


奇術部長「おわびに、>>374
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 15:39:17.93 ID:Vv8IV7QFO
特別手当て
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 15:39:40.97 ID:G7d5oV5Y0
私の家でごちそうをしよう
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 15:57:45.79 ID:WXBh2gl20
奇術部長「私の家でごちそうをしよう」

男「いいんですか?」

奇術部長「ああ、今日は誰もいないんだ」


独り暮らしだと思っていたが、家族がいるらしい
意外に思うと同時に安堵した
折角なのでごちそうになるとしよう
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 16:10:55.47 ID:WXBh2gl20
男「お邪魔します」


家に上がり、ダイニングに通される


奇術部長「じゃあここに座って待っててね」


彼女はキッチンに向かい、料理を始める
よくあるダイニングから料理する姿の見える間取りだったので、ひとつ聞いてみることにした


男「先輩」

奇術部長「はいはーい」

男「前に先輩、彼氏がいるとか言ってましたよね。家に俺上げていいんですか?」

奇術部長「>>378
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 16:15:34.26 ID:1r+Dp/PDO
ふふ、これは秘密の関係になるかな
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 16:15:37.11 ID:Bhf10SPz0
彼とは幼馴染で長い付き合いだからね
これぐらいでは動じないよ
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 16:47:02.31 ID:WXBh2gl20
奇術部長「彼とは幼馴染で長い付き合いだからね、これぐらいでは動じないよ」

男「熟年リア充ですね」

奇術部長「うれしいようなうれしくないような」

男「理解者がいるって良いですよね」

奇術部長「確かにそれは大事だね。人間、どっかで折れちゃうもの」

男「ま、俺にはお金があります。それで大抵のことはどうにかなりますよ」
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 17:04:46.45 ID:WXBh2gl20
奇術部長「おまちどおさま」


オムライスが出てきた


男「いただきます」


一口食べる。うまい
料理が得意という意外な一面に気付く
食が進む。香辛料の配分がかなりテクい


奇術部長「どう?」

男「凄く旨いです」
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 17:16:36.92 ID:WXBh2gl20
ピリ辛オムライスを食べ終わり、帰り支度をする


男「ごちそうさまでした」

奇術部長「うん。じゃあまたね」

男「はい、俺も誰か理解者を探そうと思います!」

奇術部長「応援してるよ!」
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 17:29:04.47 ID:WXBh2gl20
翌日
相も変わらず校門待機
残り三日の張り紙を作ろうとしたら、担任教師にのぼりをもらったので使うことにした
今日からは少し豪勢だ


男「どいつもこいつもチラ見で済ませおって」


憤る彼に>>384が話しかけてきた
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:30:55.72 ID:G7d5oV5Y0
幼なじみ
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:31:23.45 ID:keEecXiXO
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:31:31.09 ID:MywqsivU0
校長先生(理事長?)
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 17:49:46.94 ID:WXBh2gl20
幼馴染「男じゃん」

男「俺だよ」

幼馴染「あと三日か、飽きるの早いね」

男「時間の事情だ。で、ご用件は?」

幼馴染「>>388
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:53:03.81 ID:Bhf10SPz0
今夜また家に泊まって
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:53:09.32 ID:1r+Dp/PDO
お菓子作ったから食べてみて
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:53:20.74 ID:G7d5oV5Y0
私と付き合って
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 17:54:31.58 ID:6TLiNWZy0
性欲猿並みのエロガキ死んでくれないかなぁ
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 19:39:06.33 ID:WXBh2gl20
幼馴染「お菓子作ったから食べてみて」

男「お菓子?お前料理とかできんの?」

幼馴染「む、失礼だね。僕はお菓子だって作れるんだ」


彼女は紙袋からクッキーを取り出す
そしてまるで動物に差し出すように摘まんで渡す
それを奪い取って口に放り込む


男「.......ああ、クッキーだな。しかしお前、何入れた?」

幼馴染「>>393
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 19:40:23.89 ID:G7d5oV5Y0
私の愛情
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 19:43:44.54 ID:p3jP4H7J0
私の気持ちという隠し味をたっぷり
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 21:42:35.58 ID:WXBh2gl20
幼馴染「私の気持ちという隠し味をたっぷり」

男「......そ、そうか」


どこか腑に落ちないが、気にしないことにしよう
クッキーなんてものは久しぶりに食べた。前に食ったときもコイツが作ったときだ


幼馴染「美味しい?」

男「......まぁまぁ」

幼馴染「厳しいね」

男「舌もケチなんでね」
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 22:49:32.59 ID:WXBh2gl20
幼馴染「むぅ。で、辞めるってことは資金は足りたってこと?」

男「当面は。今はフィギュア作ってる」

幼馴染「ふーん。電磁波発生装置とかドローンジャックウイルスとかはやめたの?」

男「たまにはアナログなことも良いだろうと思ったんだ」

幼馴染「男に心境の変化があるなんて、考えもしなかったよ」

男「まぁ俺も移ろい行く大河の中にいるってことだ」

幼馴染「そう。じゃあ」

男「いや、お代はいただくぞ?」

幼馴染「やっぱ変わらないね」
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/07(土) 22:55:43.32 ID:WXBh2gl20
幼馴染からは小銭をいくらかせしめて帰った
名誉ATMと呼びたい
フィギュアは完成した
どんなフィギュアを作ったかは一切伏せるが、まぁ学園祭の時にでも売ろう

翌日
残り二日ののぼりを掲げ、待機する


男「残り48時間だぞ。カネで動くヒューマンが48時間だ」


多面的思想を展開する彼に>>398が話しかける
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 22:57:04.36 ID:1r+Dp/PDO
美術部員
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 22:57:04.72 ID:gsiIs/Eb0
図書委員
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 22:57:05.42 ID:fM7k6quE0
見たことあるようなないようなサラリーマン
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 22:57:12.30 ID:G7d5oV5Y0
幼馴染姉
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 09:25:07.86 ID:qwCyqFFQ0
図書委員「......あと、二日ですか」

男「そうとも。元気がないな」

図書委員「あ、いえ。気のせいです!」

男「なら良いが。用件をどうぞ」

図書委員「>>403
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 09:28:09.98 ID:I+Mb1UHL0
好きです!私と付き合ってください!!
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 09:28:22.75 ID:WgORnvbDO
逆にあなたは何か人手が必要なことはありませんか?今度は私が人手になりますよ
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 09:29:56.72 ID:9EbHcl9M0
また放課後付き合ってくれませんか?
買い出しではなく普通に遊びに
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 09:44:19.16 ID:qwCyqFFQ0
図書委員「逆にあなたは何か人手が必要なことはありませんか?」

男「へ」

図書委員「今度は私が人手になりますよ」

男「......ほほう、こりゃあ一本取られた」

図書委員「えへへっ、やりました」

男「そうか、人手か......>>407
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 09:46:33.41 ID:xHb0ZzlQ0
プールの底に巨大な絵を残したい
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 09:46:47.28 ID:oA0X8EOB0
じゃあ俺の家の掃除手伝ってくれないか?
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 11:47:51.30 ID:hdd/Z1hE0
男「じゃあ俺の家の掃除手伝ってくれないか?」

図書委員「男くんの家......」

男「この前教えてもいないのに訪ねてきたんだから場所は分かるだろ?」

図書委員「そうですね」

男「じゃあ行くぞ」

図書委員「あっ、ちょ待」


男は校門に停めてあった自転車に乗って家に向かう
彼女はといえば、当然自転車置き場に置いてあるため、自転車置き場へと走った
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 12:07:48.43 ID:hdd/Z1hE0
二人は男の家に到着する


男「居間とかはろくに使ってないんで、俺の部屋を掃除しよう」

図書委員「お邪魔します」

男「俺の部屋はあっちだ。着いてきてくれ」


>>410...コンマが大きいほど部屋が汚い
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 12:08:51.29 ID:I+Mb1UHL0
アニメ
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 13:47:03.51 ID:hdd/Z1hE0
ただ少し配置が複雑なだけで、散らかっているかと言われればそうではない
独り暮らしで汚かったら相当だが


図書委員「意外と整ってますね」

男「要らなくなったものは売るからな」

図書委員「ああ、そういう」

男「お前は何に失望しているんだ」
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 13:52:45.05 ID:hdd/Z1hE0
片付けは速やかに終えられた
ホコリの汚れは少し多かったが、さして問題にはならなかった


図書委員「あんまり働いた感じがしませんね」

男「雑草でもむしるか?」

図書委員「遠慮します......あっ、そうだ」

男「なんすか」

図書委員「本棚見ても良いですか?図書室に置く本の参考にしたいので」

男「良いけど」

図書委員「では拝見します」


>>414...どんな本が多い?
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 13:53:21.92 ID:I+Mb1UHL0
経済関係
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 13:54:23.54 ID:Xk7KM9dQ0
経済・経営学
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 13:55:01.32 ID:xHb0ZzlQ0
歌集や楽譜集
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 19:38:21.66 ID:qwCyqFFQ0
図書委員「『一から始める経済学』、『白に擬態するカメレオン企業』」

男「どうだ、参考になるだろう」

図書委員「いえ全く」

男「えー」

図書委員「......いかがわしい本とかないんですね」

男「......あぁ、ないね。そういや、どっちが金払うんだ?」

図書委員「私が払いますよ」

男「太っ腹!」
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/08(日) 21:21:53.41 ID:qwCyqFFQ0
最終日
変わらず校門待機をしていたら、やたら色んな女が詰めかけてきた
いがみ合ったり何かを協議したりと忙しい様子だ


男「......団体さんのようだな」


彼女らは今まで自分が顧客として受け持った女たちだ
真剣な協議(?)の末、何か結論が出たようだ


男「ご、ご用件をどうぞ」

女たち「>>419
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 21:23:10.24 ID:IIeGEFjJ0
今日これまでの活躍を
映画にしたいと思います
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 21:27:20.72 ID:JQqGwofp0
最終日記念とこれから宜しくというわけでみんなで遊びに行きましょう
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/09(月) 19:17:42.62 ID:h459Oik90
女たち「最終日記念とこれから宜しくというわけでみんなで遊びに行きましょう」

男「......法律や業務が許さなそうな奴もいるが、それは大丈夫なのか?」


すると女たちは頷く
ある者は慌て、ある者は悔しそうに、ある者は嬉しそうに


男「なら良いんだが、で、どこ行く?」


女たちは再び協議を始めた
今日一日この調子なのかと思うと少し気が滅入る


女たち「>>422
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 19:22:20.20 ID:b1giJ12B0
遊園地
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 19:26:38.71 ID:qsC+sCxDO
屋内プールに行きましょうか
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/09(月) 20:55:03.81 ID:h459Oik90
女たち「屋内プールに行きましょうか」

男「いいぞ」


全員自転車を既に持ってきている
用意が周到過ぎる。この様子では全員水着を持っているだろう
だが、俺は水着を持っていない
どうしたものか......
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/09(月) 21:00:24.97 ID:h459Oik90
男「俺水着持ってないっす」

女たち「......誰か持ってる?......あるよー!......よし、安心」

男「......え?用意してあるの?」

女たち「うん。プールに着いてから渡すね」


なんだか嫌な予感がしたが、プールに向かうことにした
程なくしてプールに到着する


男「こっから更衣室だが、俺の水着は?」

女たち「これ」


>>426...どんな水着?
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 21:05:40.84 ID:qsC+sCxDO
普通のトランクスタイプ
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 21:17:26.88 ID:DnqpbQzr0
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/09(月) 22:35:25.81 ID:h459Oik90
それは意外にも普通のトランクスタイプの水着で、まだ彼女らに良心が残っていたことを感じさせる
さっさと着替えよう


男「ふぅ」


着替えを終え、入場する
一々彼女らを待っているとことあるごとに協議されるので、そこら辺で泳ぐとしよう
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/09(月) 22:53:23.67 ID:h459Oik90
ここは結構豪華で、温水プールや流れるプールもある
しかしあえて普通のプールで泳ぐことにした


男「プールなんて、相当久し振りだ」


すると、>>430がこっちに向かって泳いで来た
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 22:55:48.17 ID:DnqpbQzr0
幼馴染姉
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 22:58:02.91 ID:1itM840To
図書委員
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/10(火) 20:43:17.93 ID:itIO0z1f0
図書委員「......」

男「ぶくぶく言ってて何が言いたいのか分からん」

図書委員「貧相な体ですね」

男「悪いか」

図書委員「そうですね......見てて面白くないです」

男「うるせぇ、貧相な胸しやがって」

図書委員「>>433
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 20:45:17.79 ID:Ln9EnXQYO
なら触って確かめてみますか?(男の手を自分の胸を揉ませる)
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 20:46:15.31 ID:LaKqT+Y70
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/10(火) 20:58:01.75 ID:itIO0z1f0
図書委員「なら触って確かめてみますか?」


彼女は男の手を取り、己の胸を揉ませた


男「っな!何を!」

図書委員「お?慌ててますね?」

男「当たり前だ馬鹿」

図書委員「どうでしたか?」

男「へ?」

図書委員「感触はどうだったかと聞いているんです!」
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/10(火) 21:24:34.31 ID:itIO0z1f0
男「......思ってたよりかは、柔らかかった」

図書委員「ですよねぇ!?」

男「でもやっぱり貧相だと思った」

図書委員「ぐぬぬ」

男「後なぁ、そうやって自分の胸とか触らすのは良くないと思うぞ。お前だって女だろう」

図書委員「......ど、どうせ男くんにしか触らせないし......」

男「え?なんつった?」
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/10(火) 22:32:44.17 ID:itIO0z1f0
その後、何故かパンチされたので流れるプールに逃げて来た


男「浮かぶか」


しばらく浮かんで流される
次第に眠くなってきた
流石にプールで寝るのは躊躇われるので起き上がる


男「......ん」


隣を振り向くと>>438が着いてきていた
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:34:12.61 ID:PriBpfA40
図書委員
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:34:46.10 ID:6O4LfXhiO
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:38:42.71 ID:1rDD1D1DO
美術部員
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:41:01.59 ID:6O4LfXhiO
>>438は変更できたら幼馴染姉
無理なら図書委員のままで
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:54:17.21 ID:P7o23Q3z0
なんか>>305もだけど他にも安価出してる人いるのに後出し変更とかどんだけ自己中なんだよ
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/11(水) 20:36:04.43 ID:sfRz1/Sy0
まぁ同キャラ連続するのもアレなんで>>440でいきますよ


幼馴染姉「やあ男くん」

男「幼馴染姉さんじゃないですか」

幼馴染姉「流れるプールとは、意外と子供みたいな趣味だな」

男「好きでいる訳じゃないです」

幼馴染姉「そうなのか?」
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/11(水) 22:50:16.56 ID:sfRz1/Sy0
男「それより先輩、更衣室に侵入したりしてないですよね?」

幼馴染姉「まさか。そもそもあれは悪い偶然だ」

男「......ふーん、そうですか。パンツ売ってあげようと思ったんですがね」

幼馴染姉「それは本当か!?」

男「やっぱりそういう趣味なんですね。この変態」

幼馴染姉「>>445
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/11(水) 22:52:00.86 ID:J0CwvCqs0
しまった…つい本音が
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/11(水) 22:52:02.31 ID:xPx1wCvDO
違う!断じて違う!
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/12(木) 00:09:44.29 ID:UTM1/kPc0
ID:6O4LfXhiOみたいな糞野郎の我儘放置するから図に乗って他のスレでも暴れるんだよ
>>1も糞
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/12(木) 00:31:11.53 ID:K7n/VFM10
ゴリ押し自己中のせいで幼馴染姉妹嫌い
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/12(木) 20:11:45.84 ID:nq/LFioG0
幼馴染姉「違う!断じて違う!」

男「......本当?」

幼馴染姉「ああ、本当だ」

男「今回は信用しましょう」

幼馴染姉「ありがたい」

男「それより、なぜ俺に密着してくる?」


少し離れて、再び密着して
それをひたすら繰り返していた
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/12(木) 22:26:53.50 ID:nq/LFioG0
幼馴染姉「プールが流れているからな」

男「ふーん。軽いんですね」

幼馴染姉「無駄な肉は要らないからな」

男「......じゃあその胸はなんなんですか」

幼馴染姉「これは勝手についてきたんだ」

男「俺なんかに構ってなければ彼氏の一人でも居そうなもんですがね」

幼馴染姉「いやいや、絶対ないよ」

男「そうですか?先輩なら誰だって落とせると思いますよ」

幼馴染姉「そ、そうか?」
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/12(木) 22:32:59.03 ID:nq/LFioG0
その後、先輩は
『そうか、そうか......やれるんだな......?そういう意味だよな......?』
とか言ってて怖くなったので、温水プールに逃げ込んできた


男「温水プールというのは初めてだが、悪くないな」


ぬくぬくしていると、>>452が泳いできた
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/12(木) 22:34:06.43 ID:qWAkBp/DO
美術部員
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/12(木) 22:34:13.26 ID:92ENHjs/0
美術部員
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/13(金) 18:01:07.47 ID:CXEVW0dc0
美術部員「男さーん、遊びましょう」

男「遊ぶといっても、ここにいることが既に遊ぶことなんじゃないのか?」

美術部員「確かにそうですね。海だったら砂の城を作っていたんですが」

男「そうだなぁ。泳ぎは得意か?」

美術部員「文化部に水泳はキツイです」

男「それもそうか」
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/13(金) 18:04:21.11 ID:CXEVW0dc0
美術部員「......」

男「うーん......ん?」


よく見ると彼女はなんだかもじもじしている
目線も頻繁に逸らし、何か変だ


美術部員「......」

男「どうかしたのか?様子が変だぞ」

美術部員「......>>456
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 18:05:19.61 ID:6HQmvd730
好きです。男さん
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 18:06:06.69 ID:I0Sifh7x0
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 18:06:12.61 ID:8e1gQywq0
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/13(金) 19:28:32.45 ID:CXEVW0dc0
美術部員「好きです。男さん」


突然の告白に、時間が止まる
彼女は半ば放心状態、彼はと言えば言葉を咀嚼し反芻し続ける


男「......恋人的な意味で?」

美術部員「は、はい」

男「そうか、嬉しいよ。だがやめておいた方が良い」

美術部員「な、なんでですか!?」
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/13(金) 19:47:49.94 ID:CXEVW0dc0
男「俺はどうしようもなくがさつで、その上ケチだ」

男「しかも決して上品じゃないし優しい性格でもない」

男「俺は......お前を幸せにすることができないだろう」


しばらく呆気にとられていたが、彼女は口を開いた


美術部員「そんなこと分かってるに決まってますよ」

男「え?」

美術部員「確かに男さんはすごくケチです。でも優しいです」

男「俺は優しくなんかない」

美術部員「嘘です。本当に優しくなかったら忠告なんてしてくれませんよ」
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/13(金) 21:28:40.09 ID:CXEVW0dc0
男「......こんな俺で......いいのか?」

美術部員「はい。私は男さんが好きですから」

男「そうか、ありがとう」

美術部員「それとこのことはあまり話さない方がいいです」

男「なぜ?」

美術部員「なぜって、命は惜しいでしょう」

男「?」
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/14(土) 22:06:48.76 ID:WX8CK0LL0
その後、みんなで仲良く帰った
一緒に色んな話もしたし、親睦か深まったのは間違いないだろう
......今日は、タダでもいいと思えた

そして、業務は終わった
これで学んだことをレポートにして提出する予定だ
出来が良ければまたこういうことも出来るだろう

それはそうと、学校に行かなくては
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/14(土) 23:12:02.87 ID:WX8CK0LL0
今日は生徒総会
経費やら目標やらを聞き流す昼寝の時間だ
しかし会長の読む原稿は自分の書いたものなので聞くとしよう


生徒会長「____であるからして_____である」


自分で考えたものながら、つまらない原稿だ
真面目すぎる。過剰なまでのアクセントも時には民衆を惹き付けるということを知っていたのに


生徒会長「又、この原稿を用意した男を次期生徒会長とする」

男「......は?」

生徒会長「壇上に来なさい」
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/14(土) 23:16:54.82 ID:WX8CK0LL0
男「ま、待て、意味が分からないんだが!?」


小声で問い詰める
彼女も円滑に進行したいため、小声で応答する


生徒会長「もともと原稿を用意したものが次期生徒会長という条件を公表していたんだ」

男「まじすか」

生徒会長「それでは次期生徒会長に意気込みを表明してもらいます」
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/14(土) 23:23:09.76 ID:WX8CK0LL0
男「......はい。次期生徒会長を務めます、男です」

男「俺......僕は、つい最近まで人助けの活動を行っていました」

男「実は原稿を用意したのもその一環でして」

男「その活動から、人は悩みを抱え、それを解決するためには助け合うことが重要と知りました」

男「なので、これからは生徒会一丸となって人助けや人手になることに尽力していきたいです」

男「助け合いの精神を育んで豊かな学校生活を目指しましょう」




男「......最後に、個人的に相談があるものは生徒会室に来ること」
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/09/14(土) 23:24:14.85 ID:WX8CK0LL0
おしまい

長々と安価に付き合っていただき、ありがとうございました
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/14(土) 23:26:06.87 ID:2STTUVX30

幼女を再登場できなかったのが残念
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/14(土) 23:26:43.08 ID:iQZJ5w0X0
おつ
最後の方の流れがよーわからんかったけど結構楽しかった
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/14(土) 23:53:34.28 ID:OeceRp7U0

もっと見たかった
126.70 KB Speed:10.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)