【イナイレ】FFIに参戦しよう!【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 12:12:27.22 ID:8TJtOTHOO
爆熱…ストームッ!
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/24(月) 12:36:35.09 ID:H/2k9UDc0
豪炎寺「爆熱…ストームッ!」

ガザード「ヴオオオオオオ」

ボオオオオオオオオオ

鬼道「な、なんてシュートだ!」

風丸「円堂っ!?」

円堂(はっきりとわかる!この技はゴッドハンドじゃ止められない!だったらこいつに賭ける!)

円堂「ちゃああああああっ!」

ギュウウウウン!!

円堂「メガトンヘッド!!ちぇえええいっ!!」

ガキイイイイン!!

角間王将『物凄いシュートとシュートがぶつかり合った!円堂が防ぎ切るか!?それとも豪炎寺が勝ち越し点を呼び込むか!?』

円堂「ぐっ…ぐううううっ!!」

ギュウウウウン!! ギュウウウウン!!

豪炎寺「…」クルッ

半田(え?まだ競り合ってる途中だろ?なんで、なんでそんな確信めいた顔で後ろ向いてんだよ…)

鬼道(まさか!)

パリ---ン

円堂「ぐわああああああああ!!!!」ドサッ

ズバーン!!

審判「ッ!」ピ-

角間王将『ゴーーール!木戸川清修驚異の攻撃力!ここまで硬い守りを誇ってきた雷門から、前半だけで2点を奪った!!」

貴志部「流石はエースストライカー」

豪炎寺「フッ…」

パァン

勝「豪炎寺、貴志部の勝利の方程式に俺達3兄弟、この最強布陣で全国をもぎ取る。悪いが、お前達に邪魔はさせない、みたいな!」

半田「くっ…!」ギリッ

鬼道「>>236
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 12:40:34.44 ID:o03jeA5nO
…やられたな。
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 12:41:21.20 ID:D7foBFpd0
…やられたな。
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/24(月) 12:52:50.51 ID:H/2k9UDc0
鬼道「…やられたな」

円堂「ああ…」

風丸「爆熱ストーム…トライアングルZ…どちらも強力な技だ。武方3兄弟にマークを強めれば豪炎寺、逆に豪炎寺にマークを強めれば武方3兄弟だ。この圧倒的攻撃力に、どう対抗すればいい?」

半田「…今このチームで化身が使えるのは天馬だけだ。天馬の化身がドリブル型、シュート型…でもこれ以上の追加点は防ぎたい。だったらもう不慣れなのは承知で、天馬を守りに入れた方が」

鬼道「いやそれでは攻撃力が落ちる上に天馬をいたずらに消耗させるだけだ。そうなれば、勝てる確率は0だ」

半田「じゃあどうすんだよ!!」

ピッ!ピ----

角間王将『ここで前半終了のホイッスル!1-2、木戸川清修1点リードで折り返します!』

鬼道「ハーフタイム中に考えをまとめる」

半田「……わかった」











【雷門ベンチ】

鬼道(どうする?どうすればいい…?)

春奈「お兄ちゃん、これ」

鬼道「ああ。すまない…」

春奈「>>239
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 12:56:45.38 ID:PbnDgcdJ0
とりあえず相手のデータを洗い直してみたんだけど何か参考になるかな?
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/24(月) 14:29:27.40 ID:H/2k9UDc0
春奈「とりあえず相手のデータを洗い直してみたんだけど何か参考になるかな?」

鬼道「……」

春奈「ど、どう?」

鬼道「いや特には……豪炎寺、得点率9割超えと武方3兄弟も8割以上で貴志部は10割、だが貴志部は確実に点が取れる時以外にシュートは打たない。これは木戸川と当たると決まった時には既に頭に入っていたデータだから、これといった………いや待て」

鬼道(……ある。確実に決められるであろうチャンスなら、一番最初にあった。あの時俺達は、武方3兄弟と豪炎寺を徹底マークしていた。貴志部が化身を発動していたにも関わらず、だ)

鬼道(ましてや雷門は前の試合で千羽山にシュートを打たせなかった鉄壁、とくにパスカットは要警戒すべきポイントだ。あの貴志部がそのデータに気付いていない筈がない。加えて円堂は、セーブ率という数字上では大した成績を収めていない。はっきりといえば本戦のセーブ率から円堂はザルだと見るべき、意識をFW4枚に持っていかれていた隙を突いた方が数字上の確率は高かった筈だ。にも関わらず、貴志部はあの時パスを選択した……何故……)

春奈「お兄ちゃん?」

鬼道「……よくデータを洗い直してくれたな」ナデナデ

春奈「へっ!?ど、どうしたの突然!?」

鬼道「…見つかったんだよ、絶対的攻撃力の、その僅かなほころびを」

「「「「!」」」」

鬼道「春奈、お前のおかげだ。ありがとう」

半田「>>241
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 14:30:54.91 ID:6eI1codXo
ど、どういうことだよ?
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/24(月) 15:11:42.66 ID:H/2k9UDc0
半田「ど、どういうことだよ?」

鬼道「…時間がない。円堂、質問がある。作戦を立てる上で、最も重要な質問だ」

円堂「!」

鬼道「メガトンヘッドだが、どんな体勢からでも発動することは可能か?」

円堂「どういうことだ?もう少しわかりやすく…」

鬼道「そうだな、飛び込みながら打つことは出来るか?」

円堂「んーー、それはやったことないからやってみないとわかんねぇ…けど、どうしてもやって欲しいんだな?」

鬼道「ああ」

円堂「>>243
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 15:16:14.93 ID:Go/yclSk0
分かった。理由はわからないが俺は鬼道を信じる。
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/24(月) 15:26:19.85 ID:H/2k9UDc0
円堂「分かった。理由はわからないが俺は鬼道を信じる」

鬼道「…作戦を伝える。フォーメーションは前半と同じ、マークは引き続き豪炎寺と武方3兄弟を徹底的に…そして………」

























角間王将『さあ後半は雷門ボールでキックオフとなります!果たして、この激戦を制するのはどちらのチームか!?』

円堂「皆!ここが踏ん張りどころだ!気を引き締めて行くぞおおおおお!」

「「「「おおおおおおっ!!」」」」

貴志部「まだまだ1点差だ、攻撃の手を緩めず攻めるぞ!」

「「「「おおおおおおっ!!」」」」

ピ----

染岡「…」チョンッ

天馬「行くぞおおおおおっ!」

角間王将『松風のドリブルで後半戦の幕開けです!』

鬼道(砕いてみせる。必ず!!)

豪炎寺(俺達は、絶対に負けない!)
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/24(月) 15:27:37.38 ID:H/2k9UDc0
今回はここまで
次回は出来たら、後半戦を終わらせたいかな?
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 15:49:37.94 ID:8TJtOTHOO

この豪炎寺と貴志部は代表クラス間違いなしだろうけど、何故選ばれなかったのか気になるところ
募集に間に合わなかったとかメタ的な理由抜きで
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/24(月) 19:30:37.99 ID:7ZkK7pYk0
今のところ無印とGO要素しかないけど、監督が趙金雲で選手にアリーチェが居る
ここからどうアレオリが関わってくるのかも気になるところ
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 09:57:23.92 ID:FrzUjOjx0
ギュウウウウンン!!

勝「はやっ!?」

努「やばすぎっしょ!」

角間王将『松風、プレッシャーを掛けにきた武方勝と武方努を軽くかわして切り込んでいく!しかし貴志部がすぐにフォローに入った!』

貴志部「〜〜〜っ!!」

ブ〜〜オオオオオ〜〜〜

天馬「!?」

貴志部「オケハザマ・ウォール!」

天馬「>>249
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 10:19:55.53 ID:Tm7CQp2U0
(まだボールを奪われるわけにはいかない!少し早いけど…)魔神ペガサス!
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 10:30:54.06 ID:FrzUjOjx0
天馬(まだボールを奪われるわけにはいかない!少し早いけど…)

ギュウウウン!ギュウウウン!

ペガサス「うおおおおっ!」

天馬「魔神ペガサス!」

角間王将『貴志部の必殺技に対抗すべく、松風!ここで再び化身を発動させました!』

貴志部(やっぱり来た!)

ペガサス「・・・」ビリビリビリビリ

天馬「ペガサス……ブレイク!」

ペガサス「オオオオッ!!」

ドーン!!

貴志部「うわあっ!」

角間王将『松風、貴志部を吹き飛ばしました!』

天馬「よっし!このまま一気に!」

染岡「>>251
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 10:41:33.59 ID:KGGM7uYHO
天馬!こっちだ!
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 11:27:01.23 ID:FrzUjOjx0
染岡「天馬!こっちだ!」

天馬「はいっ!」

バシュ

染岡「轟け!」

バシュ-ン

ワイバーン「ギュウウウ!イイイッ!!!」

染岡「ワイバーン…クラッシュ!!!」

角間王将『染岡の必殺シュートが炸裂した!』

ボオオオオ

西垣「スピニングカット!」

カキーーーーン

角間王将『あっと惜しい!染岡のワイバーンクラッシュはまたしても西垣に塞がれてしまいました!』

西垣「>>253
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 11:40:02.36 ID:vs+W0HszO
何度やったって同じこと!みんな上がれ!
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 11:55:21.75 ID:FrzUjOjx0
西垣「何度やったって同じこと!みんな上がれ!」

「「「「おうっ!」」」」

鬼道(ここだ、木戸川の定石通りならここからパスを繋ぐのは高確率で貴志部…)

西垣「貴志部っ!」バシュ

貴志部「っ!」ポスッ

鬼道(やはり来た!)

鬼道「全員、そのまま貴志部ではなくFW4枚を重点的にマークしろ!」

豪炎寺「なにっ!?」

風丸「…」

勝「お、おい…」

鬼道(来い…攻めて来い……)

貴志部「…くっ!」

角間王将『完全フリーになった貴志部、ドリブルで雷門陣内へ上がっていく!』

壁山「ま、マークは外さないッス!」

努「あ、ありえねえっしょ普通!」

友「なんで貴志部が放置されてんだ、みたいな!?」

鬼道(…やはりな。こいつら、貴志部がフリーになった途端に慌て出した)

豪炎寺(3人とも表情に出過ぎだ!)

貴志部「>>255
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 12:01:54.78 ID:30z9BZVcO
(くそ、顔に出すな。悟られてはならない!)
俺をフリーにしていいのかい?じゃあ、このまま決めさせてもらうよ!
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 14:03:39.48 ID:FrzUjOjx0
貴志部(くそ、顔に出すな。悟られてはならない!)

貴志部「俺をフリーにしていいのかい?じゃあ、このまま決めさせてもらうよ!」

円堂「来い!」

ギユウウウン!ギュウウウン!

貴志部「獣王!レオン!!」

西垣「決めろ貴志部!」

軟山「頼む決めてくれ!」

貴志部「うううおおおおおおっ!」

バシューーーーーン

角間王将『貴志部シュートを打った!』

円堂「ちゃああああああっ!」

ギュウウウウン!!

円堂「メガトンヘッド!!ちぇえええいっ!!」

ガキイイイイン!!

角間王将『円堂のメガトンヘッドが貴志部のシュートを弾き返しました!カウンターシュート炸裂!』

貴志部(やはりこうなったか…!)

西垣「だがこの威力なら問題なく防げる!スピニングカット!」

ボオオオオ

天馬「今だ!らあっ!」

ジジジジ…

西垣「なにっ!?」

角間王将『おっと松風がスピニングカットに直撃する直前に左足でボールを蹴り上げました!』

西垣「しまっ……!」

天馬「デスドロップ!」

ギュオオオオオン!!

軟山「うっ!?うわあああ」

ズバーン

角間王将『ゴール!松風のシュートチェインで雷門同点に追いついた!』

貴志部「…どこで気付いた?」

鬼道「ハーフタイム中だ。少なくとも前半の間は気付けなかった」

鬼道「…戦術、テクニック、駆け引き、観察眼…総合力で言えばアンタはここに居る選手の中で文句なくNo.1だ。そんなアンタが最初の攻めでマークのキツかった武方3兄弟にパスを出すなんて凡ミスをした。最初はラッキーだと大して気にはしなかったが、あれは凡ミスではなかった」

貴志部「…」

鬼道「あんたは気付いていたんだ。円堂の実力に。数字ではなく等身大の円堂の力をすぐに見抜いた。見抜いたからこそ打てなかった。だからあの時パスを選んだ」

貴志部「……ご名答だよ。流石は天才ゲームメイカーだ」

鬼道「>>257
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 14:44:36.99 ID:NLYSd3ne0
俺だけの力ではない。
この作戦は『FW4人を完全に封じ込める』事が前提の作戦だ。
俺1人では、まずできなかったよ。
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 15:14:01.21 ID:FrzUjOjx0
鬼道「俺だけの力ではない。この作戦は『FW4人を完全に封じ込める』事が前提の作戦だ。俺1人では、まずできなかったよ」

貴志部「お互い、いい仲間に恵まれて司令塔としてはこれ以上なく楽しい試合が出来てるよね」

鬼道「ああ」

貴志部「…だけど、このままじゃ終わらないよ」












ピ---

角間王将『さあ、木戸川清修のキックオフから試合再開です!』

豪炎寺「…貴志部!」バシュ

貴志部「っ!」ポスッ

半田「マーク入るぞ少林!」

少林「はいっ!」

勝「くっ…」

角間王将『やはり雷門はFWを要警戒!木戸川、これをどう攻略するか!?』

貴志部「……確かにこの作戦でFWを徹底的に封じることで、攻撃翌力を削ぎ落とすことには成功したんだろう。でも、どんな作戦にも必ず弱点はある!」

鬼道(そうだ。貴志部の言う通りこの作戦には1つ大きな弱点がある…)

貴志部「行くぞ!」

角間王将『貴志部がドリブルで上がっていく!しかし誰も貴志部には近付かない!』

半田「>>259
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 15:25:55.24 ID:oGCTe6p7O
(この作戦、円堂への負担が1番デカい。よく快諾したぜこんな作戦!)
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 15:55:28.98 ID:FrzUjOjx0
半田(この作戦、円堂への負担が1番デカい。よく快諾したぜこんな作戦!)

角間王将『貴志部一気にゴール前だ!円堂対貴志部、キャプテン同士の一騎打ちに突入です!!』

貴志部「さて、何処に打とうか…」ゴゴゴゴゴ

円堂(右か…左か…)

鬼道(そう。この作戦の弱点。それは円堂が1人で貴志部からゴールを守る必要があるということ。普通に力勝負となれば円堂に分があるが、貴志部は完全フリー。余裕を持って駆け引きに持ち込める。こうなったら円堂でも100%止めるというのは不可能だ…)

円堂(当てるんだ……真正面は有り得ない、いや、そう思わせて?それとも…)

貴志部「っ!」

ポ----ン

円堂「なっ!?」

角間王将『貴志部はループシュートを選択!円堂これには反応が遅れた!!』

円堂(やべえ、このままじゃ入る!どうすりゃ…!!)

鬼道『メガトンヘッドだが、どんな体勢からでも発動することは可能か?』

円堂(やってやる!もうそれしか方法はねえ!)

円堂「ちゃああああああっ!」

ギュウウウウン!!

円堂「メガトンヘッドオオオォォォ!!!!」

バシュ

円堂「当たった!」

角間王将『円堂が土壇場でメガトンヘッドを発動した!このボールはポストを越えるか!?それとも!?』

半田「越えてくえっ!」

貴志部「決まれっ!!」

ズバーン

審判「ッ!」ピ-

角間王将『ゴーーール!木戸川清修再び勝ち越し!記録上は円堂のオウンゴールということになりましたが、貴志部のプレーで点を取った!キャプテン対決を制したのは貴志部ですっ!!』

円堂「くっそおおおおおお!」ドンッ!

豪炎寺「>>261
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 16:24:20.97 ID:NLYSd3ne0
(今回こそ決められたが、同じ手は通じまい。…あのキーパーは高いセンスを持っている。)
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 16:38:56.63 ID:FrzUjOjx0
豪炎寺(今回こそ決められたが、同じ手は通じまい…あのキーパーは高いセンスを持っている)

勝「やってやったな貴志部!」

努「奴らもこれで、ナメた陣形は外してくる…みたいな!」

貴志部「…いや、そうとは限らないよ」

友「え?」

貴志部「確かに俺をフリーにするのは相当のリスクを背負うことになる。けど、俺をフリーにしてまで彼らは君達を警戒しているんだ。そう簡単に崩すとは思えない」

豪炎寺「ましてや彼らはここまで勝ち上がった強者だ。これくらいで覚悟が揺らぐとは思えない」

勝「そ、そうか…」

貴志部「だけど必ずチャンスは作ってみせる。俺が風穴を、開ける」

武方3兄弟「「「っ!」」」コクッ












円堂「すまん、勝ち越しを許した…」

鬼道「まだまだ時間はある。次だ。次こそ止めてくれればいい」

円堂「……おう!」

天馬「>>263
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/26(水) 17:33:16.88 ID:B9ou/QC3O
(…この作戦ですらまだ『第一段階』。円堂さんの負担も馬鹿にならないけど、勝つにはこれしかない。)
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 18:15:02.93 ID:FrzUjOjx0
天馬(…この作戦ですらまだ『第一段階』。円堂さんの負担も馬鹿にならないけど、勝つにはこれしかない)

円堂(鬼道が言うには、次の1点まではセーフティ。だけど理想はなんでもいいから次の失点を防ぐ。俺だって、もうこれ以上点を取られるのはキーパーとして嫌だ。なんとしても、次こそ勝つ!)

鬼道「さあ攻めるぞ!ここで1点を取ってまた同点にする!」

染岡「おうよ!」

風丸「ああ!」

円堂「……よし皆、踏ん張るぞ!」

「「「「おおおおお!!!」」」」

強豪木戸川清修の攻撃翌力に大苦戦する雷門

果たして、彼らはこの激戦を制することが出来るのか!?
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/26(水) 18:15:50.55 ID:FrzUjOjx0
今回はここまで
次回こそ木戸川清修戦を終わらせたい…
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 09:00:44.26 ID:po9pNjQi0
ピ----

染岡「…」チョンッ

天馬「ッ!!」

ギュウウウウンン!!

勝「ちょ、こいつやっぱ速すぎるっしょ!」

豪炎寺(確かに速いな。だが…)

ブ〜〜オオオオオ〜〜〜

貴志部「オケハザマ・ウォール!」

天馬「うわっ!」

ヒュルルルル

豪炎寺(やはり化身はそう何度も使えない。同じ条件なら貴志部は負けない!)

角間王将『貴志部、松風からボールを奪った!』

貴志部「>>267
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 09:03:32.69 ID:EKyqQ6AJo
(パスは・・・やっぱりダメだよな)
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 09:37:58.81 ID:po9pNjQi0
貴志部(パスは・・・やっぱりダメだよな)

角間王将『雷門、勝ち越しを許しても尚貴志部をフリーにする戦術を続ける模様!果たして、この意図は如何に!?』

貴志部「じゃあ遠慮なく行かせて貰うよ!」

そう宣言した貴志部はあっという間にゴールまで切り込んでいた

円堂(さあ、来い!今度こそ止める!)

栗松「キャプテン…」ゴクッ

豪炎寺「!」タッタッタッ

貴志部「はあっ!」

バシューーーーン

円堂「ちゃあああああっ!!」

円堂(届けっ!)

ガコーーーン

角間王将『貴志部のシュートは僅かだがポストに嫌われた!』

半田「外れた!?」

貴志部「いや、外したんだよ」

豪炎寺「ッ!」タッタッタッ

角間王将『いや!ルーズボールに豪炎寺が走り込んでいた!貴志部、どうやらわざとポストに当たるようシュートを打っていたようです!』

ギユウウウン!ギュウウウン!

豪炎寺「炎魔!ガザード!」

勝「決めてくれ豪炎寺!」

豪炎寺「爆熱…ストームッ!」

ガザード「ヴオオオオオオ」

ボオオオオオオオオオ

角間王将『豪炎寺の化身シュートが炸裂!木戸川清修追加点なるか!?』

壁山「さ、させないッス!だあああああああ!!」ゴゴゴゴゴ

ドーーーーーーン

壁山「ザ・ウォール!」

豪炎寺「>>269
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 09:41:10.92 ID:AMZ0ToOI0
無駄だ!お前では止められない!
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 10:03:04.39 ID:po9pNjQi0
豪炎寺「無駄だ!お前では止められない!」

ドゴオオオオオオン!

壁山「うわあああああああっ!!」

円堂「壁山っ!?」

風丸「!?あの、馬鹿!」

ギュウウウウンン!!

円堂「!?」

豪炎寺の爆熱ストームで壁山は吹き飛んでしまった…

吹き飛ばされた壁山を心配して、円堂は一瞬緩んでしまった…

轟音と爆炎をまとったボールが円堂に襲い掛かろうとした、その時だった!








風丸「ごはっ!!」ボコッ

ズバーン!!

審判「ッ!」ピ----

角間王将『ゴール!木戸川追加点!2-4!』

風丸「ゴホッ!ゴホッ!」

円堂(風丸…俺を、庇って……)

円堂「だ、大丈夫か…?」

風丸「!」キッ!

パァン!

「「「「!?」」」」

風丸「馬鹿野郎!なんでこんな大事な場面で気を緩めた!」

円堂「なっ…!?ば、馬鹿ってなんだよ、俺は…!」

風丸「大馬鹿だ!壁山が、どんな思いで豪炎寺に立ち向かったと思ってるんだ!」

円堂「!」

風丸「>>271
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 10:04:46.87 ID:48pSg9sCo
壁山だってこうなることを覚悟の上で立ち向かったんだ!
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 10:43:41.73 ID:ClInFvZd0
風丸「壁山だってこうなることを覚悟の上で立ち向かったんだ!」

風丸「例え自分が止められなくても、後ろのお前が止めてくれる…そう信じてたから立ち向かえたんだ!」

円堂「!」

風丸「…次は守るぞ。皆で」

壁山「2点差ッスけどまだセーフティ。ですよね?」

鬼道「>>273
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 10:45:59.11 ID:AMZ0ToOI0
あぁ、かなりギリギリだがな
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 11:58:07.34 ID:RMrta2EI0
鬼道「あぁ、かなりギリギリだがな」

染岡「俺ら皆で全力を尽くせば、この窮地も脱することが出来る!やろうぜ!」

天馬「はいっ!」

風丸「……さっきは、差し伸べてくれた手を払って悪かった」

円堂「いや、俺の方もあれで目が覚めたよ」

風丸「…背中は1人で守ってるなんて、もう思わないでくれよ」

円堂「おう!」

観客のほとんどがこの2点差でゲームが終わったと思っていた

しかし、雷門はまだ誰も諦めていなかった

その諦めない心が、チャンスを引き寄せる……

天馬「そよかぜステップ!」

ヒュン!

跳山「あっ!?」

角間王将『松風が必殺のそよかぜステップで跳山を抜きました!』

マックス「そよかぜステップなんて、予選以来じゃん」

染岡「天馬!」

天馬「はいっ!」バシュ

染岡「そおら!」

バシュ-ン

ワイバーン「ギュウウウ!イイイッ!!!」

染岡「ワイバーン…クラッシュ!!!」

ギュウウウウンン!!

西垣「何度やっても無駄だ!!」

ボオオオオ

西垣「スピニングカット!」

カキーーーーン

西垣「ワイバーンの翼は、もう折れてr風丸「うおおおおっ!!」

分身A「」

分身B「」

風丸「分身ディフェンス!」

西垣「なんだとっ!?」

角間王将『なんとDFの風丸西垣の目の前まで駆け上がっていました!これは驚きです!』

風丸「天馬!」

天馬「はいっ!」

風丸「>>275
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 11:59:29.47 ID:2tWmDTx+o
俺達で決めるぞ!
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 12:17:28.11 ID:RMrta2EI0
風丸「俺達で決めるぞ!」

バシュ---ン

鳥「ピィィィ!!」

風丸「ふっ!」

天馬「たあっ!!」

ボオオオオッ!

「「炎の!風見鶏!!」」

角間王将『出たああああああ!戦国伊賀島戦で決勝ゴールとなった風丸と松風の必殺炎の風見鶏!これが追い上げの1点となるか!?』

軟山「タフネスブロックううう!!!!」

ボヨ----ン

軟山「う、うううう…うわああああっ!!」

ズバーン!

角間王将『ゴール!雷門も黙ってはいません!3-4、白熱のシーソーゲームとなってきました!!!』

鬼道(ここからだ!ここからが、最大のターニングポイントとなる!!)

天馬「>>277
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 12:20:13.22 ID:D04EKRq20
ここまでは作戦通りですよね、綱渡りどころか糸を渡ってるってくらいギリギリですけど
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 13:56:10.02 ID:RMrta2EI0
天馬「ここまでは作戦通りですよね、綱渡りどころか糸を渡ってるってくらいギリギリですけど」

鬼道「ああ。ここからだ…ここからが、山場だ…」

栗松「…」ゴクッ

壁山「つ、次も…からだを張るッス!」

円堂「……おう!」











ピ---

豪炎寺「…」

バシュ

勝「よっ、貴志部!」

バシュ

貴志部「…」ポスッ

天馬「うおおおおおっ!!」タッタッタッ

勝「なっ!?あいつ、貴志部に向かって走ってやがる!」

友「マジかよ!」

角間王将『松風、貴志部に向けてプレッシャーを掛けます!』

豪炎寺(このタイミングで陣形を崩してきた?どういうつもりだ…?)

天馬「勝負です!貴志部さん!」

貴志部「……いいよ」

ギユウウウン!ギュウウウン!

貴志部「獣王!レオン!!」

天馬「はあああああああっ!!」

貴志部(化身は使ってこない?いや、化身じゃなくてもブロック技の可能性はある。それに!)

天馬「あああああっ!!」

貴志部(この向かってくる目に、全力で応えたい!!)

ジジジジジジ!!!

貴志部「スクラッチレイド!!」

ザシュ!!!

天馬「ぐわあああああああっ!!」

角間王将『貴志部、松風を吹き飛ばします!そしてそのまま化身を発動しながらドリブルで切り込んでいく!』

半田「>>279
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 14:00:27.73 ID:B4ybPltwo
大丈夫か天馬!
(・・・後輩が、みんながこんなに頑張ってるんだから俺だって頑張らなきゃな)
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 14:13:37.55 ID:RMrta2EI0
半田「大丈夫か天馬!」

天馬「は、はい…」ヨロッ

半田(・・・後輩が、みんながこんなに頑張ってるんだから俺だって頑張らなきゃな)

貴志部「うおおおおっ!」

レオン「ガァァァ!!!」

半田「うううおおおおおおおっ!!」

貴志部「はあっ!」

ドーーーーーーン

半田「ぐわっ!」

豪炎寺「貴志部っ!」

貴志部(豪炎寺のマークが緩い!)

バシュ

豪炎寺「ふっ!」ポスッ

角間王将『ボールはエースストライカーの豪炎寺に繋がりました!』

豪炎寺(何を企んでいるかは知らないが、その企みごと打ち砕く!それが、それがエースストライカーだ!!!)

ギユウウウン!ギュウウウン!

豪炎寺「炎魔!ガザード!」

壁山「と、止めるッス!」

豪炎寺「これで決まりだ!爆熱…ストームッ!」

ガザード「ヴオオオオオオ」

ボオオオオオオオオオ

角間王将『豪炎寺の化身シュートが炸裂!これが試合を決定付ける1点になるか!?』

壁山「だあああああああ!!」ゴゴゴゴゴ

ドーーーーーーン

壁山「ザ・ウォール!」

ドゴオオオオオオン!

壁山「うわあああああああっ!!」

円堂「今度は無駄にしない!ちゃあああああ!!」
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 15:04:49.55 ID:RMrta2EI0
円堂「ちゃああああああっ!」

ギュウウウウン!!

円堂「メガトンヘッド!!ちぇえええいっ!!」

ガキイイイイン!!

角間王将『再び物凄いシュートのぶつかり合いとなります!果たして今回はどちらが勝つか!?』

円堂「ぐおおおおおおおおっ!!!」

ジリ……ジリ……

円堂(だ、駄目だ!押し込まれる……)

角間王将『円堂が徐々に押し込まれていく!やはり今回も豪炎寺が勝つか!?』

円堂「う、うおおおっ……」ザザッ…

ピトッ

風丸「ぐっ、諦めるな円堂っ!!」

角間王将『あっと風丸が円堂を支えています!』

風丸「俺達なら絶対に押し返せる!勝とうぜ円堂、皆で!!」

円堂(仲間が俺の背中を支え押し込んでくれる!行ける!行けるっ!!)

円堂「……行けるっ!」

円堂・風丸「「うおおおおおおおっ!!」」

ギュオオオオオオオオンンン!!!!

角間王将『円堂が豪炎寺の必殺シュートを弾き返した!』

豪炎寺「なんだと!?」

角間王将『爆熱ストームとメガトンヘッドの二つのエネルギーが合わさったボールは木戸川ゴールへと向かっていく!』

西垣「>>282
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 15:07:36.32 ID:uxeO9/5x0
くっ!スピニングカット!!
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 15:37:40.16 ID:RMrta2EI0
西垣「くっ!スピニングカット!!」

ボオオオオ

ギュオオオオオオオオンンン!!!!

西垣「なんだと!?」

努「軟山!止めてくれっ!!」

軟山「タフネスブロックううう!!!!」

ボヨ----ン

軟山「う、うううう…うわああああっ!!」

ズバーン!

観客達「「「「……」」」」

シ----ン

角間王将『ご、ゴールッ!雷門、この土壇場で追い付いたああああああああ!!!!』

わあああああああああああああっ!!!

角間王将『お聞きくださいこの大歓声!スタジアムは今年1番の大盛り上がりです!』

風丸「よっしゃ!やったな円堂っ!!」

ギューーーーー

円堂「>>284
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 15:40:53.24 ID:AMZ0ToOI0
ははっ!苦しいって!
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 15:45:47.81 ID:RMrta2EI0
円堂「ははっ!苦しいって!」

半田「…やったな、鬼道」

鬼道「ああ」

少林「結果的に同点にはなりましたけど、もし木戸川が1点差になってから時間稼ぎに切り替えてたら、どんな作戦で行くつもりだったんですか?」

鬼道「考えてないさ。もし万が一が起きたら白旗をあげるつもりだった」

栗松「え"っ!?」

半田「安心しろよ。そのもしもは端から有り得ないって根拠はあったからさ」

栗松「こ、根拠でヤンスか?」

鬼道「>>286
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 15:49:22.56 ID:scPwAzz20
やつらは攻め手を緩める事はできない。
奴らの自身の根幹には『絶対的なエースストライカー』という存在がある。
時間稼ぎにシフトするという事は、『エースの敗北』を認めることと同義だからだ。
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 18:14:42.44 ID:RMrta2EI0
鬼道「やつらは攻め手を緩める事はできない。奴らの自信の根幹には『絶対的なエースストライカー』という存在がある」

鬼道「時間稼ぎにシフトするという事は、『エースの敗北』を認めることと同義だからだ」

栗松「な、なるほどでヤンス…」

半田「でも円堂達は、その自信を跳ね除けてくれた」

鬼道「このエースの敗北で、木戸川の動きは格段に鈍くなる。叩ける。山場を越えチャンスを掴んだ今なら、勝てる!」

絶対的エースストライカー、豪炎寺を止めたことで雷門は勝てる

鬼道の宣言通り、終わりはロスタイムに訪れた…

鬼道「イリュージョンボール!」

ヒュンヒュンヒュンヒュン

豪炎寺「なっ!?」

鬼道「天馬!」

バシュ

天馬「はいっ!」ポスッ

貴志部「まだだ!ここを凌いで、延長戦だ!!!」

ギユウウウン!ギュウウウン!

貴志部「獣王!レオン!!」

天馬「はあああああああっ!!」

ギュウウウン!ギュウウウン!

ペガサス「うおおおおっ!」

天馬「魔神ペガサス!」

角間王将『松風、貴志部両選手が化身を出してきた!!』

「「うおおおおおおっ!!」」

ガシイイイイッ!!

円堂「踏ん張れ天馬!!」

天馬「>>288
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 18:18:36.68 ID:zAihOhdho
(ここで全力を出しきっても構わない!)
(何故なら俺には頼りになる仲間達がいるから!!)
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 19:07:19.09 ID:c8hCnpaW0
天馬(ここで全力を出しきっても構わない!何故なら俺には頼りになる仲間達がいるから!!)

天馬「うあああああああああっ!!!!」

ペガサス「おおおっ!おおおおおおっ!!」

バキッ!!!

貴志部「がっ…!!!」

レオン「」シュウウウウン…

天馬「はっ!!」

ピカーン!

ペガサス「ウウウウウ……」

シュウウウン!

天馬「銀の翼!魔神ペガサスアーク!」

ペガサスアーク「オオオオッ!!」

角間王将『出たああああああ!!松風の秘奥義!化身進化!!』

天馬「ジャスティス………ウィング!!」

ビュウウウウオオオオオオオオ!!!

軟山「!?」

ズバーン!!

審判「ッ!!!」ピ----

角間王将『ゴオオオオオオルッ!!雷門、大逆転!!最後は松風の銀の翼、ペガサスアークが試合を決めました!!』

ピッ!ピッ!ピ-----

円堂「いよっしゃあああああああああっ!!!」

天馬「勝った………」

ペガサスアーク「」シュウウウウン…

豪炎寺「……負けたか」

貴志部「完敗だったよ、おめでとう。雷門の皆さん」

半田「よく言うよ。俺らのことをあんだけ圧倒してさ。互角に戦えたのは天馬だけだったし」

貴志部「>>290
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 19:08:47.60 ID:og0PG6bs0
松風の力が何より大きかった
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 19:10:11.39 ID:LfOtfT2mo
そんなことはない
彼だけなら俺達が負けることはなかった
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 19:12:25.26 ID:scPwAzz20
それでも、君達は俺たちに勝って見せた。
胸を張りなよ。
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 21:32:41.24 ID:c8hCnpaW0
貴志部「それでも、君達は俺たちに勝って見せた。胸を張りなよ」

半田「……ありがとう」

鬼道(いよいよ世宇子だ。佐久間、源田、皆…必ず、必ず仇は取る!見ていてくれよ…)

激闘の準決勝を制した雷門だが、まだ全てが終わった訳ではない

次はいよいよ決勝戦!

雷門は頂点を掴むことが出来るか!?
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/01(日) 21:38:45.37 ID:c8hCnpaW0
今日はここまでにします
プロローグ最終章の世宇子編ですが、剣城の再登場はFFI編まで取っておくことにします
そしてここでもアンケートを取ります
いきなり試合から始めることはないですが、どの場面から始めたらいいか、読者の意見を取り入れようと思います
ではまた次回!

295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 21:51:21.16 ID:CSvvjjkQO

やっぱり世宇子戦に向けた練習中にアフロディが乱入する流れはやってほしい
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 19:18:58.31 ID:8bYJ4QQf0
出来たら一之瀬を加入させて欲しいな
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 09:58:31.77 ID:WdtYT2lH0
半田「でいっ!」

バシュ

鬼道「ツインブースト!!」

ギュウウウン!

円堂「ちゃああああああっ!」

ギュウウウウン!!

円堂「メガトンヘッド!!ちぇえええいっ!!」

ガキイイイイン!!

春奈「キャプテン、もの凄く気合が入ってますね」

秋「ええ。サッカー部が作られた時からの目標だった場所に辿り着いたからね」

春奈「>>298
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 11:04:12.00 ID:L3VMuVEN0
他の皆さんと気合入ってますね。
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 11:18:33.81 ID:WdtYT2lH0
春奈「他の皆さんも気合入ってますね」

夏未「頂上が見えるところまで来たまさにこのタイミングで満足されるよりはマシよ」

葵「そもそも皆さん、そういうタマじゃないですもんね」

円堂「よっしゃー!もう1丁!」

天馬「キャプテン!次は俺が行きます!」

円堂「おう!天馬には、ランスロットを受け取ってからまだ1度も勝ててなかったからな。今日こそ勝たせて貰うぜ!」

天馬「>>300
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 12:08:23.25 ID:GOVNf0Xio
俺もいつか俺の力だけで勝ってみせます!(ランスロットはやっぱり剣城のものだ、こいつもきっと剣城の下に帰りたがってる、だから剣城が戻ってくるまで一緒に頑張ろうな!ランスロット!)
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 12:17:20.46 ID:WdtYT2lH0
あまりネタバレは出来ないのですが、ランスロットは返す予定はないのでズラさせて貰います、申し訳ありません

302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 12:17:48.08 ID:WdtYT2lH0
春奈「他の皆さんも気合入ってますね」

夏未「頂上が見えるところまで来たまさにこのタイミングで満足されるよりはマシよ」

葵「そもそも皆さん、そういうタマじゃないですもんね」

円堂「よっしゃー!もう1丁!」

天馬「キャプテン!次は俺が行きます!」

円堂「おう!天馬には、ランスロットを受け取ってからまだ1度も勝ててなかったからな。今日こそ勝たせて貰うぜ!」

天馬「>>303
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 13:01:58.73 ID:p/cETg1M0
じゃあ、今日も勝たせて貰いますね。
でないと剣城に申し訳ないですから。
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 13:22:30.91 ID:meW8Oi5u0
天馬「じゃあ、今日も勝たせて貰いますね。でないと剣城に申し訳ないですから」

ジジジジ…

天馬「デス…ドロップ!」

ギュオオオオオン!!

円堂「ッ!」ザッ!!

円堂「メガトンッ!!」

パシィィィィィ!!

「「「「!?」」」」

「中々悪くないシュートだね。人間の中では最強クラスか。だけど、僕には及ばない」

壁山「で、デスドロップが…片手で止められた?」

半田「マジかよ…」

「驚いているようだね。まあ、無理もない。僕は神、あまりの次元の違いに戸惑うのは当然だからね」

少林「か、神…?」

栗松「あの人頭おかしいんでヤンスかね?」ヒソヒソ

染岡「俺に聞くな…」

鬼道「>>305
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 14:25:58.83 ID:ovRHomwx0
…なぜ、貴様がここにいる!
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 14:37:44.25 ID:meW8Oi5u0
鬼道「…なぜ、貴様がここにいる!」

「おや?誰かと思えば、元シードの鬼道君じゃないか。また負けるために転校したいたのかい?物好きだね」

半田「また…ってことは!」

鬼道「アフロディ!」

アフロディ「>>307
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 14:59:27.44 ID:GOVNf0Xio
初めまして雷門のみなさん
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 15:18:26.11 ID:meW8Oi5u0
アフロディ「初めまして雷門のみなさん」

春奈「アフロディ…って、世宇子中のキャプテン!?」

円堂「世宇子のキャプテン!?お前が!?」

鬼道「貴様、何しにここへ来た!答えろ!」

アフロディ「何ということはないよ。僕はただ、雷門に興味が出ただけさ」

天馬「興味?」

アフロディ「剣城君程の1匹狼を瞬く間に絆した雷門がどれほどのものなのかと思ってね、一目見に来ただけさ」

アフロディ「…けれど、がっかりだよ。まさか雷門がこれほど弱いだなんてね」

円堂「>>309
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 16:18:52.49 ID:/HJL1erGO
…お前すげぇな!天馬の『デスドロップ』を片手で止めるなんて!
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 16:41:19.52 ID:meW8Oi5u0
円堂「…お前すげぇな!天馬の『デスドロップ』を片手で止めるなんて!」

アフロディ「僕は神だからね。君達人間とは次元が違うのさ」

円堂「?よくわかんねえけど、お前が凄えキーパーなのはわかったぜ!」

鬼道「…アフロディのポジションはMFだ」

円堂「え?そうなの?」

天馬「MF…俺と、同じ……」

アフロディ「…今のでわかったろう?僕1人にも遠く及ばない君達が、世宇子に勝つことはあり得ないんだよ」

染岡「くっ…!」

円堂「そんなことはないぞ!」

アフロディ「…ほう」

円堂「勝利の女神は、最後まで諦めない奴のことが好きなんだ。だから、例えお前が神であってもどんなに強くても、最後まで諦めずに戦えば俺達にだって勝利の女神は微笑んでくれる。そういうもんなんだぜ!」ニカッ

アフロディ「……なるほど。雷門のキャプテンは随分と能天気で、その上鈍感なようだね。あの剣城君が絆されたのもこの馬鹿さ加減に一周回って、といったところか」

アフロディ「………まあいいや。今日のところはこの辺で帰らせて貰うとするよ。決勝戦、楽しみにしているよ」

円堂「おう!いい試合にしようぜ!」

アフロディ「…じゃあね」

鬼道「待て!」

アフロディ「ん?なんだい?」

鬼道「帰る前に1つだけ……帝国戦の時には、手を抜いていたのか?」

春奈「お兄ちゃん…」

アフロディ「…」

鬼道「答えろ!」

アフロディ「だってさ、君も含んで相手にならなかったし」

「「「「!?」」」」

アフロディ「むしろあの程度の実力でよく僕に本気を出させなかったことを責めてきたね。ある意味、あっぱれと言ったところかな?」

鬼道「>>311
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 16:50:09.73 ID:/HJL1erGO
…俺のことを馬鹿にするのは構わん。
だが、源田と佐久間を…帝国を相手にならないと言ったその言葉。
必ず後悔させてやるぞ、アフロディ!
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 17:02:55.41 ID:meW8Oi5u0
鬼道「…俺のことを馬鹿にするのは構わん。だが、源田と佐久間を…帝国を相手にならないと言ったその言葉。必ず後悔させてやるぞ、アフロディ!」

アフロディ「出来るといいね。それじゃあ、決勝戦で」

そう宣言すると、アフロディは去っていった

最後まで諦めずに戦えば勝てると信じる円堂

帝国の仲間を侮辱され勝利に飢える鬼道

そして、円堂達と同じく勝つために全力を尽くす覚悟を決めた雷門イレブン

それぞれの想いを胸に、運命の決勝戦、間もなく開始!!
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/04(水) 17:03:26.56 ID:meW8Oi5u0
今回はここまでにします
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 08:58:25.76 ID:kAUS05tr0
【FFスタジアム】

わあああああああああああ!!!
わあああああああああああ!!!

角間王将『遂にこの日がやってきました。長かったFFもこれが最後!雷門中対世宇子中の試合、実況担当は角間王将でお送りします』

わあああああああああああ!!!

秋「木戸川との試合の応援も凄いと思ったけど、今日は迫力が全然違うね…」

葵「前は木戸川の方が応援が多かったのに、今回は互角って気がします!」

栗松「お、俺達まるで…スターになったみたいでヤンス!」キラキラ

夏未「栗松君、浮かれるのはまだ早くてよ」

栗松「あっ!?す、すみません…」

鬼道「…」キュッ

春奈「>>315
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 10:04:44.10 ID:hPUJ3XxB0
…お兄ちゃん。
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 10:06:23.63 ID:PS2L3+gBo
マジンザハンドイベントなし
やぶてん版かな
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 10:23:17.34 ID:kAUS05tr0
春奈「…お兄ちゃん」

鬼道「心配するな。この間は少し頭に血が上っていたが、今は冷静だ」

鬼道「…俺は確かにリベンジの為にここまで来た。だが、ここに来てふと気付いたことがある」

春奈「気付いた、こと?」

鬼道「…俺はただ勝ちたい。雷門を優勝させて、皆で喜びたい。その思いが大きくなっていることにな」

半田「>>318
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 10:27:51.93 ID:oE0JSY400
鬼道…
あぁ、そうだな!勝って、そして泣こうゼッ!
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 10:33:47.28 ID:kAUS05tr0
半田「鬼道…あぁ、そうだな!勝って、そして泣こうゼッ!」

染岡「鬼道の泣き顔か。確かにそいつは気になるな!」

風丸「そのゴーグル外して素顔も見てやるか」

マックス「おっ、いいねそれ」

鬼道「お前たち…」フッ

春奈(良かった。いつものお兄ちゃんだ…)ホッ

天馬「>>320
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 11:39:17.82 ID:mAW8N1XYO
…アフロディさん!
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 11:54:17.14 ID:kAUS05tr0
天馬「…アフロディさん!」

アフロディ「おや、君は確か剣城君からランスロットを受け継いだ…松風君だったかな?」

天馬「この間デスドロップを簡単に止められた時、正直俺は勝てないと思いました」

アフロディ「何、そう思うのは当然のことさ。自分の力を理解している分、君は他の人間達と違って理知的なようだね」

天馬「……俺1人ではアフロディさんには勝てません。でも皆で力を合わせれば、アフロディさんにも立ち向かえる。あの敗北で、俺は貴方にそう教えて貰いました」

アフロディ「立ち向かえる、か。勝てるとは言わない辺り謙虚だね」パチパチ

天馬「勝負は何が起こるか、わからないものですから」

アフロディ(こいつ、謙虚に見せかけて勝つ気満々じゃないか)

天馬「それじゃあ俺はこれで」ペコリ

アフロディ「……今日の試合、お互いに楽しもうね」











葵「て、天馬…世宇子のキャプテンさんに何言ったの?」

天馬「何って、挨拶だよ挨拶」

葵「そ、そっか。挨拶…」

円堂「>>322
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 11:56:57.10 ID:d/gVSzfe0
今はまだ、敵も味方もない
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 12:03:54.83 ID:+0IC/Sv60
天馬は今日の試合どう思う?
俺は正直怖い、あんな奴等に勝てるのかって不安もある
でもそれ以上に楽しみなんだ、あんなすげえ奴等と戦える、勝ったらどんなに嬉しいんだろうなって
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 12:21:56.98 ID:kAUS05tr0
円堂「天馬は今日の試合どう思う?」

天馬「あ、キャプテン。どう、とは?」

円堂「…俺は正直怖い、あんな奴等に勝てるのかって不安もある。でもそれ以上に楽しみなんだ、あんなすげえ奴等と戦える、勝ったらどんなに嬉しいんだろうなって」

天馬「俺達、どれだけ喜べるんでしょうね?」

円堂「…見つけようぜ。今日の試合で」

天馬「はい!」
















アフロディ「…どうやら全員神に抗うつもりのようだね」

鬼道「当然だ」

染岡「俺達は誰が相手でも最後まで喰らいつく!」

アフロディ「…精々観客をがっかりさせないようにしたまえよ」

審判「両チーム、整列!」

円堂「行くぞ、皆」

風丸「ああ」

アフロディ「……」

世宇子の選手達「「「…」」」

染岡「あん?」

白服「皆さま、ドリンクをお持ちしました」

アフロディ「ご苦労様…では早速、僕達の勝利に」

世宇子イレブン「乾杯!」

カンッ!

世宇子イレブン「…」ゴクゴク

半田「なっ!試合前の整列直前に勝利への乾杯だと!?」

壁山「頭来るッス!」

鬼道「>>325
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 12:25:56.20 ID:S1mo4ZTAo
その余裕も長くは続かないと言うことを教えてやる
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 12:39:35.79 ID:kAUS05tr0
鬼道「その余裕も長くは続かないと言うことを教えてやる」

染岡「鬼道の言う通りだ。あそこまでナメられてんなら却って好都合だ。手遅れになるくらい点を取って、あいつらを世界一間抜けな学校にしてやろうぜ!」

壁山・栗松・少林「「「おー!」」」

アフロディ「…」ニヤリ
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 12:40:05.75 ID:kAUS05tr0
〜グラウンド〜

角間王将『FF運命の決勝戦、雷門ボールからキックオフ!』

ピ-----

天馬「…」チョンッ

染岡「っしゃあ!行くぜ!」

デメテル「…」

染岡「あん?」

角間王将『おっとこれはどういうことだ?世宇子の選手達は誰も動かない!』

天馬「えっ!?」

鬼道「馬鹿な!」

染岡「>>328
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 12:49:10.65 ID:ib7WHlFu0
チッ!どうやらとことん俺達を舐めてるようだな
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 13:13:10.91 ID:kAUS05tr0
染岡「チッ!どうやらとことん俺達を舐めてるようだな」

アフロディ「さあ、ゴール前までどうぞ」

染岡「はん!言われなくたって!」

角間王将『染岡、ドリブル世宇子陣内へ切り込んで行く!』

染岡「おらあっ!」

バシュ-ン

ワイバーン「ギュウウウ!イイイッ!!!」

染岡「ワイバーン…クラッシュ!!!」

角間王将『染岡!いきなり必殺シュートを打ち込んだ!』

染岡「砕けやがれえええっ!」

ポセイドン「…」パシッ

染岡「なっ!?」

角間王将『キーパーポセイドン!染岡のワイバーンを片手で難なく掴みました!』

ポセイドン「…」ポイッ

コロコロコロ〜

鬼道「!」

ポセイドン「…」チョイ

角間王将『世宇子の守護神ポセイドン!なんと鬼道にボールを渡し人差し指で挑発しています!これは間違いなく宣戦布告です!』

鬼道「>>330
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 13:19:12.96 ID:+UfOoMXXo
・・・後悔させてやる
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 13:47:02.26 ID:pnZkjY6O0
鬼道「・・・後悔させてやる」

半田「鬼道!」タッタッタッ

鬼道「……行くぞ!」

バシュウウウウン

半田「でいっ!」

バシュ

鬼道「ツインブースト!!」

ギュウウウン!

ポセイドン「…」パシッ

角間王将『ポセイドン!これもまた片手で防いだ!』

ポセイドン「これも違うな。アフロディ!」

アフロディ「…少し早いけど、いいだろう」

ポセイドン「ッ!」ポイッ

ヒュルルルル

天馬「!?」ポスッ

ポセイドン「>>332
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 13:49:24.56 ID:NVK82sc/o
ほら撃ってみろよ
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/07(土) 14:03:37.70 ID:pnZkjY6O0
ポセイドン「ほら撃ってみろよ」

天馬「…」

鬼道「……天馬、デスドロップだ」

ポセイドン「デスドロップだと?本当にそれでいいのか?」

鬼道「なに?」

ポセイドン「本当はわかっているんじゃないのか?俺にはもう、技は通用しない。可能性があるならそれは化身だということに」ニヤリ

鬼道「!」

天馬「…鬼道さん?」

壁山「鬼道さん!天馬に化身を使って貰うッス!」

栗松「そうでヤンス!」

少林「このままじゃ俺達、ずっと舐められてそのまま終わってしまいますよ!」

半田「鬼道っ!」

染岡「あいつらの天狗の鼻をへし折るにはもうそれしかねえだろうが!」

鬼道「…わかった」

鬼道「天馬、頼む」

天馬「…わかりました」

アフロディ「>>334
458.23 KB Speed:2.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)