【安価】上条「とある禁書目録で」黒子「仮面ライダーですの」【禁書】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 14:44:52.72 ID:HMV39EDEO
おおおおお二人共、順番にお相手しますからっ…!

少年漫画やラノベのうぶな主人公っぽいよ猟虎ちゃん
73 :1  [saga]:2020/02/15(土) 18:09:23.68 ID:6sUeHJtRO
 猟虎「おおおおお2人共、順番にお相手しますからっ!///」アセアセ


 彩愛・枝先「「はーい//」」


 猟虎「(ああ・・・こんなに慕われるなんて・・・///)」


 猟虎「(わたくし、生きてて良かったですわ・・・!///)」ジーン


 

 枝先「この間お話ししてましたけど//」


 枝先「猟虎さんは姉妹でお姉ちゃんになるんですよね?//」


 猟虎「は、はい//そうですわ//」コクリ,ナデナデ


 彩愛「でもって仮面ライダーになったんだから、ライダーシスターズだね//」


 猟虎「と、言っても・・・//パートナーの方が別に居らっしゃいますから・・・//」ナデナデ


 枝先「北条彩鈴さんですよね//私の友達の子から話題になってる人って聞いたことありますよ//」


 彩愛「そうなの?//」


 枝先「>>74




 >>72 うぶな主人公・・・んー、>>1は思いつかないでせう。特にラノベに関しては
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 18:16:35.14 ID:mQ5Y+CSGO
色んな部活の試合で名前を見る人だって、それでどの試合でもエース級って聞きましたよ
……それにかなりのクールビューティーって!
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 18:18:24.39 ID:230XNlBLO
屋台のラーメン屋さんがたまに学校の近くに来るんですけどそこで必ず見る人らしくて
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 18:19:19.61 ID:AG8KjuKJO
バイクを乗り回すすごい人って
…ただたまに風紀委員に追っかけられてるらしいです、あのサソリの人とか白井さんに
77 :1  [saga]:2020/02/15(土) 18:42:02.24 ID:6sUeHJtRO
 枝先「色んな部活の試合で名前を見る人だって話してました//」


 彩愛「ってことは・・・掛け持ちしてるんだね//」


 猟虎「は、はは、はい//ボクシング、柔道、空手部//」


 猟虎「更に最近はウエイトリフティング、レスリング、ラグビーなどもしているそうでして//」

 
 彩愛「はぁぁ〜〜//パワフルだZE//」


 枝先「その競技でどの試合でもエース級って聞きましたよ」


 枝先「特にボクシング部では今、階級を上げて今6連勝中なんだとか//」


 彩愛「それすごすぎだYO!?//」


 枝先「それにかなりのクールビューティーな人だからか//」


 枝先「男の子や女の子に年上の女性の人達からモテモテなんですって//」


 彩愛「ほぉ〜・・・まさに人気者なんだね//」


 猟虎「妹の入鹿ちゃんによると、屋台のラーメン屋さんへよく赴いているそうですわ//」


 彩愛「>>78
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 18:46:04.48 ID:AG8KjuKJO
屋台のラーメン屋さんが好きって結構すごい好みな気がするなあ…
もしかしたら飾らないところがモテるのかもしれないYO!
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 18:47:34.16 ID:HZQc9AYfO
北条さんが自分の気に入った人に屋台のラーメン屋さんを勧めてるのかそれとも屋台のラーメン屋さんで北条さんに会うと気に入られるのか…

私も知ってるけどなかなか入る勇気が無いんだYO…
よーし覗いてみようかな今度!
80 :1 [saga]:2020/02/15(土) 20:33:39.47 ID:k1FoS7Qo0
 彩愛「屋台のラーメン屋さんが好きって結構、通な感じだね//」


 枝先「確かに、そもそもこの街で屋台のラーメン屋さんを見たことないですもんね//」


 猟虎「は、はは、はい//」コクリ


 彩愛「私は知ってるけど中々入る勇気がなくて・・・//」
 

 彩愛「もしかしたら飾らないところがモテるのかもしれないYO!//」


 枝先「なるほど〜//」


 猟虎「た、たた、確かに、飾らない感じのお方でしたね・・・//」


 猟虎「それに・・・変身してからの戦闘センスも抜群で・・・//」


 枝先「おぉ〜//是非とも「アイテム」に入って来てほしいですね//」


 彩愛「確かに!そうしたら、12人になるから・・・//」


 彩愛「治安維持組織をもう1組織、結成してみたいね//」


 枝先「>>81


 猟虎「>>82
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 20:40:31.90 ID:HZQc9AYfO
おおーそれはいいかも知れないですね!
良い方向に切磋琢磨していけるかも…
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 20:41:21.64 ID:JnFz974wO
北条さんが入るとなるともう一人、私の妹も…?
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 20:42:10.79 ID:ERyZB+rvO
アイテムのリーダーは麦野さんだけど、新しいのは誰になるんだろう…ウーン
でも興味あるかも…
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 20:46:08.75 ID:8l2ZmjLZO
彩愛ちゃんヒーローだしそういう野望ありそうでなんか良いな
安価下
85 :1 [saga]:2020/02/15(土) 21:01:53.40 ID:k1FoS7Qo0
 枝先「おおー!//それはいいかも知れないですね!//」


 猟虎「はい//良い方向に切磋琢磨していけるかもしれません//」


 猟虎「(北条さんが入るとなると・・・もう1人、入鹿ちゃんも・・・?)」


 枝先「「アイテム」のリーダーは麦野さんだけど・・・もし、そうなったら//」


 枝先「新しくリーダーになるのは誰だろ・・・//」ウーン


 彩愛「ん〜・・・滝壺さんか制理ちゃんかなー//」


 彩愛「もちろん猟虎ちゃんもいいかな!//」


 猟虎「わ、わわわ、わたくしが!?///」


 枝先「全然いいと思います!//猟虎さん、戦闘でも頼りになりますからっ//」


 彩愛「>>85




 >>79 前者で連れて行ってくれる感じでせうね
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 21:04:40.51 ID:XlcDegFfO
うん!
こうやって私達の面倒っていうか、付き添ってくれてるしね
それに心配性だから突っ走らずに済むし良いかもニヤッ
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 21:07:24.25 ID:Cf6e+yW3O
猟虎さんがリーダーだけど入鹿さんがたまに実権握る感じになるのかな
いざという時は猟虎さん立つんだろうけど

遠距離戦闘だとアイテムで一番だと思うから賛成だYO!
後ろからサポートするリーダーもかっこいいかも!
88 :1 [saga]:2020/02/15(土) 21:33:13.25 ID:k1FoS7Qo0
 彩愛「うん!//こうやって私達の面倒っていうか、色々と付き添ってくれてるしね//」


 彩愛「それに心配性だから突っ走らずに済むし良いかも//」ニヤッ


 猟虎「(何故に怪しい笑みを?!)」


 枝先「遠距離戦闘だと「アイテム」で1番だと思いますから、賛成です!//」


 彩愛「後ろからサポートするリーダーもカッコいいZE☆!//」


 猟虎「そ、そうでしょうか・・・//」


 枝先「もちろんですよ//イナイレの円堂君もキャプテンだけどキーパーやってるんですし//」


 彩愛「そうそう!//」


 猟虎「まぁ、それはそうですけど・・・//」


 猟虎「ですが、その・・・//思い出したんですが・・・//」


 枝先「何です?//」


 猟虎「入鹿ちゃんの話しによると小牧さんと話して//」


 猟虎「北条さんは性に合わないし、部活で忙しいので公安のライダーや風紀委員に
    入ったりしないとのことですわ・・・//」


 彩愛「ありゃー//そっか・・・//」


 枝先「それなら事情が事情ですしね・・・//」


 枝先「>>89
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 21:43:03.59 ID:fXWZuReMO
敵対することはないと思いますし、何かあったら助け合うって感じくらいの距離がいいのかもですね
90 :1 [saga]:2020/02/15(土) 22:13:53.72 ID:k1FoS7Qo0
 枝先「何かあったら助け合うって感じくらいの距離がいいのかもしれないですね//」


 彩愛「なるほどね〜//」


 猟虎「それもなのですが・・・//」


 彩愛「え?//」


 猟虎「助太刀するのは小牧さんだけ、との事です//」


 枝先「えぇ〜〜!//そ、そうなんですか・・・?//」


 彩愛「蠢動に関する事件の話しは聞いたけど・・・//」


 彩愛「そんなに小牧ちゃんの事が気に入ったの?//その北条って子は//」


 猟虎「お、おお、お、恐らくは・・・//」


 枝先「ん〜・・・何て言うか、北条さんって一匹狼って感じなんですね//」


 彩愛「>>91
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 22:18:56.68 ID:fXWZuReMO
そりゃ人気出るわけだYO…
誰にも心を許さない戦士が一人の子には尽くすってイケメンすぎる…

犬夜叉の殺生丸とか一人のために尽くすキャラはかっこいい…
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 22:19:47.67 ID:Gsp47na80
何事にも囚われないで
飄然と生きてるみたい
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 22:21:28.52 ID:k0gUrjblO
アイテムにはいないタイプだと思うZE☆
小牧さんって人色んな人に好かれるし面白い人なんだなー
94 :1 [saga]:2020/02/15(土) 22:38:10.19 ID:k1FoS7Qo0
 彩愛「そりゃ人気出るわけだYO・・・//」


 彩愛「誰にも心を許さない戦士が1人の子には尽くすってイケメンすぎるなぁ・・・//」


 枝先「カッコイイですね〜//あれですよね?//」


 枝先「私だけの騎士、みたいな!//」キャッ


 彩愛「「アイテム」にはいないタイプだと思うZE☆//」


 猟虎「え?//麦野さんや滝壺さんや絹旗さんやテレスさんや//」


 猟虎「サンドリヨンさんや吹寄さんさんは・・・?//」


 彩愛「その述べた人達とは違う意味で尽くしてるじゃん?//」


 枝先「1人限定って感じじゃないですもんね//」


 彩愛「そういうことだYO☆//」


 猟虎「な、なるほど・・・//」
 

 彩愛「小牧ちゃんって人色んな人に好かれるし面白い子なんだなー//」


 猟虎「>>95




 >>91 うわぉ懐かしい!完結編でチート刀と一緒に無くなってた腕が出てきたのにはびっくらしました
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 22:42:35.92 ID:v8nfokguO
一生懸命を超えて良くも悪くも諦めが悪いって妹が言ってましたわね…クスッ
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 22:44:33.83 ID:WFr7KMoNO
犬夜叉は珊瑚と弥勒が好きだったなあ
禁書だとシルヴィアとオッレルス的な

確かイギリスの方にもかなり親交が深いとか…
97 :1 [saga]:2020/02/15(土) 23:17:43.22 ID:k1FoS7Qo0
 猟虎「一生懸命を超えて良くも悪くも諦めが悪いって//」


 猟虎「妹が言ってましたわね・・・//」クスッ


 彩愛「それこそが北条ちゃんの長所だと思うYO☆//」


 枝先「だからこそ、ボクシングでは勝ち続けてるんでしょうね//」


 猟虎「そうですわね・・・//」コクリ



 
 彩愛「・・・にしてもさー//」

 
 枝先「はいはい?//」


 猟虎「なんでしょうか・・・?//」


 彩愛「うん・・・//」チラッ


 猟虎「?//」


 ―プカプカ・・・

 彩愛「・・・胸が大きいとお湯に浮かぶってホントなんだね//」ジーッ


 猟虎「・・・ひきゅっ!?///」カァァア


 枝先「あー、それは私も気になってました//」


 猟虎「>>97
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 23:22:24.69 ID:9IGz1jkKO
な、何をそんなに見てるかと思ったらっ…!
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/15(土) 23:22:49.57 ID:hCSm9L4zO
麦野さんや滝壺さんとかとは入ったことってお二人は無いんですか?
100 :1 [saga]:2020/02/15(土) 23:35:17.82 ID:k1FoS7Qo0
 猟虎「な、ななな、な、何をそんなに見てるかと思ったらっ・・・!///」プルプル


 枝先「いやぁ、すみません//どうしても・・・ねぇ?//」


 彩愛「うんうん//すごいもん!//」


 猟虎「す、すごいって・・・//」
 

 彩愛「私と絆理ちゃんは・・・ね?//」


 枝先「はい・・・//」


 猟虎「滝壺さんと吹寄さんもこのようになりますし・・・//」


 枝先「そうなんですか〜//」オォ〜


 猟虎「は、はい・・・//」 

 
 彩愛「(羨ましいYO〜・・・//)」
 

 猟虎「お、おお、お、お2人は麦野さんや滝壺さんと一緒に入ったことはありますか?//」


 彩愛「無いYO//シャワーだけ一緒に浴びたことはあるけど//」


 枝先「私も同じです//・・・ってことは、それを知ってる猟虎さんは入った事あるんですね//」


 猟虎「>>101
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 06:36:25.51 ID:cEpCtA2mO
え、ええ…ここに入ったすぐの頃に…
102 :1  [saga]:2020/02/16(日) 08:29:11.98 ID:YKrgEpag0
 猟虎「え、ええ・・・//」コクリ


 彩愛「いつ?//」


 猟虎「「アイテム」に所属した、すぐの頃に・・・//」


 枝先「え?そうなんですか?//」


 猟虎「はは、は、はい//その時は、NEVER事件が起きる前でしたので//」


 猟虎「色々調べていた時期でしたから、街中を見回っていたじゃないですか//」


 枝先「あぁ〜、そういえばそんな時期がありましたね・・・//」


 彩愛「その頃はまだ私も居なかったからよくわからないYO//」


 猟虎「それで、汗をかいたので流そうとした際にお2人と一緒に入った、といった経緯になりますわ//」


 枝先「そういうことですか//」


 彩愛「>>103
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 08:54:37.66 ID:cEpCtA2mO
あの二人と入ると色々参考になりそう…
成長とか…
104 :1  [saga]:2020/02/16(日) 09:09:21.73 ID:YKrgEpag0
 彩愛「あの2人と入れば色々参考になりそうだなぁ//」


 枝先「と言うと、例えば?//」


 彩愛「成長してる部分をじっくり見られそうじゃない?//」


 枝先「あ、なるほど〜//」


 枝先「ちなみに、どちらも浮いてました?//」


 猟虎「はい//ぷかーっと//」

 
 彩愛「今、こうかってる感じ?//」プニプニッ 

 
 猟虎「ニャアッ!///なななななななね何ををををを!?///」


 彩愛「いやー、つい突ついてみたくて//」


 枝先「わ、私もやってみていいですか?///」


 猟虎「>>105
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 09:13:37.59 ID:cEpCtA2mO
く、くすぐったいからちょ、ちょっとだめです!
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 09:14:58.81 ID:iYou16soO
す、少しだけですから
お話の参考になりそうですし
107 :1  [saga]:2020/02/16(日) 09:24:48.54 ID:YKrgEpag0
 猟虎「く、くく、く、くすぐったいですから、ちょ、ちょっと・・・///」


 枝先「あ、は、はい・・・ダメですよね・・・//」シュン


 猟虎「あぅ・・・//」


 猟虎「・・・す、少し・・・だけなら・・・///」モジモジ


 枝先「!//」パァァア


 彩愛「おー、流石先輩だね//」


 猟虎「そ、そ、それは関係ないんじゃ・・・//」


 枝先「では・・・し、失礼して・・・//」ドキドキッ,ゴクッ


 ―プニプニッ・・・

 猟虎「んっ・・・!///」ピクッ


 枝先「お、おぉ・・・///(突ついたら指が沈む・・・でもって押し戻されるような感じ///)」


 枝先「(佐天さんでもこんなにはないから、すごいなぁ〜〜///)」プニプニッ


 猟虎「ぁ、んっ・・・///っ///」ピクッ


 彩愛「・・・絆理ちゃん?//もういいんじゃない?//」


 枝先「あ///ご、ごめんなさいっ///」アセアセ


 猟虎「ぁ・・・///い、いえ///」フルフル


 彩愛「>>108
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 09:29:21.23 ID:wLIuTPseO
でも私もつい凝視しちまったZE!
猟虎さんもこんな甘い声するんだって…
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 09:33:40.71 ID:XO0H62sxO
母性を感じられて結構良かったYO
110 :1  [saga]:2020/02/16(日) 10:17:09.52 ID:YKrgEpag0
 彩愛「私もつい凝視しちまったZE!//」フンス


 猟虎「(ずっとしてたんですよね?//)」ジトー


 彩愛「猟虎ちゃんもあんな甘い声出すんだね//」


 猟虎「い、いい、い、言わないでください!///」カァァア


 枝先「(私もそう思いました、はい///)」モジモジ


 彩愛「うーん//これが母性なんだね//」


 彩愛「すごく感じられたYO☆//」


 猟虎「ぼ、母性・・・//」


 枝先「猟虎さんは面倒見もいいですからね、納得します//」クスッ

 
 彩愛「でしょ♪//」


 枝先「>>111
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:20:31.75 ID:Cn7rucflO
猟虎さんの母性とか他の人に知られたら人気出ちゃいそうだなあー内緒にしとこ
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:20:53.13 ID:xO/9EE38O
そのうち今度は手で包んでみたいかも
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:23:04.66 ID:kG7t1Mk3O
絆理ちゃん甘える相手が少ないから猟虎さんが甘やかしてくれたら一気に懐くんだろうな
114 :1 [saga]:2020/02/16(日) 10:33:24.47 ID:YKrgEpag0
 枝先「(猟虎さんの母性を他の人に知られたら・・・すごい人気出ちゃいそうだな〜//)」


 枝先「(内緒にしとこ//)」


 彩愛「ねね、今度は手で包んでみたいかも//」ワキワキ


 猟虎「そ、そそそそ、それだけはご勘弁を!///」アセアセ


 枝先「流石にそれはダメですって彩愛さん//」クスッ


 彩愛「う〜〜ん//そっか〜・・・//」


 猟虎「」ホッ


 枝先「じゃあ、そろそろ体を洗いましょうか//」


 彩愛「そうしよっか//」ザパァッ


 猟虎「は、はは、はい//」コクリ




 視点変更

 キャーリサ♥横須賀
 リメエア♥削板
 ヴィリアン♥アックア
 小牧 feat新たなる光

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定) 
  
 >>113 春上「寂しいの〜!」プンスコ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:35:54.39 ID:kG7t1Mk3O
リメ削ぎ
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:36:46.01 ID:oK/PAcNpO
信じてアイテムに送り出した友人にお姉さんができましたってなんかすごい背徳感

小牧ちゃん
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:37:08.27 ID:1NqLhaJtO
リメエア削板
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:37:19.09 ID:9wbwcJ3gO
横キャリ
119 :1 [saga]:2020/02/16(日) 10:50:15.49 ID:YKrgEpag0
 -イギリス ウィンザー城 第一王女屋-

 削板@寝間着「はあぁぁ〜〜〜!」


 削板「良い湯だったぜ、リメエア!」ホカホカ


 リメエア@ナイトガウン「そうでしたか。それならよかったです」クスッ


 削板「よっと。おぉっ!?」ボスン


 リメエア「ど、どうしましたか?」


 削板「あ、悪い悪い。すげぇベッドがフカフカで沈んじまったからさ」


 リメエア「そ、そうですか・・・」クスッ


 削板「俺はベッドで寝ないからな。床に布団敷いて寝るからな」


 リメエア「>>120
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:52:49.72 ID:E0COZFrJO
和室というのですか?
本で読んだことがあります、タタミを敷いてるとかフムフム
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 10:54:29.46 ID:FkQH6AVKO
私は逆に布団というのが想像できませんね
122 :1 [saga]:2020/02/16(日) 10:59:25.43 ID:YKrgEpag0
 リメエア「和室というのですか?」


 削板「ん〜・・・俺の家は年季が入ってるアパートだけど、そう呼べるのか・・・?」ウーン


 リメエア「本で読んだことがあります。確か・・・」ゴソゴソ


 リメエア「あ、これです。・・・タタミを敷いてるとか」フムフム


 削板「おぉ、そうだな。畳が敷いてあるぞ」


 リメエア「では、和室ですね」クスッ


 削板「そうだなっ!リメエアのこの部屋は洋室か?」


 リメエア「だと、思います。日本ではそう呼称されると思いますので」


 削板「そうか」


 リメエア「日本は変わった文化が多いですから、床に布団というのは想像できませんね」


 削板「>>123
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 11:02:21.67 ID:FkQH6AVKO
畳は良いんだぞ、香りは良いしそのまま横になっても床より寒くないからな!

リメエアさんのベットってすごいフカフカしてそう、ホテルのベットより
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 11:02:47.13 ID:Qm7ZHpePO
こっちだとベッドが主流だしそうだろうな
125 :1 [saga]:2020/02/16(日) 11:10:43.36 ID:YKrgEpag0
 削板「こっちとかあっちだとベッドが主流だし、そうだろうな」


 リメエア「(あっち?・・・米国や仏国などの事でしょうか・・・)」


 リメエア「え、ええ。そうだと思います」コクリ


 削板「畳は良いんだぞ!香りは良いしそのまま横になっても」


 削板「木の板の床より寒くないからな!」


 リメエア「それは素晴らしい機能性ですね。・・・ここの一部に敷いてみましょうか」フム


 削板「おう!試してみろよっ」ニカッ


 削板「そのまま床に置いても使えるからな。畳は」


 リメエア「そうなのですか」


 リメエア「では、この本のように床いっぱいにしなくてもよろしいのですね・・・」


 削板「>>126




 >>123 そりゃイギリスの王女様でっせ?当然でっしょ
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 11:12:24.73 ID:Qm7ZHpePO
まあなー茶の間とかちょっとだけひいたりとかも悪くないだろうな!
でもこういうリメエアの部屋みたいな洋室も好きだぞ
127 :1 [saga]:2020/02/16(日) 11:33:46.60 ID:YKrgEpag0
 削板「まぁなー。茶の間とかちょっとだけ敷いたりとかも悪くないだろうな!」


 削板「けど、こういうリメエアの部屋みたいな洋室も好きだぞ」


 リメエア「そ、そうですか・・・?//」


 削板「おうっ!何て言うか落ち着くって感じがするからな」


 削板「リメエアはずっとここの部屋で過してたのか?」


 リメエア「ええ。幼少の頃から与えられた自室なので・・・」


 リメエア「もちろん、妹と弟もそれぞれあります」


 削板「皆の部屋はこんな感じなのか?」


 リメエア「いえ、個性的ですね・・・」クスッ


 削板「どんな風にだ?」


 リメエア「キャーリサの部屋は武器庫のようになっていて」

 
 削板「おー」


 リメエア「神華の部屋はヴァイオリン作りに専念しているのが丸わかりで・・・」
 
 
 削板「うんうん」


 リメエア「ヴィリアンは・・・―――」



 台詞
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)

 えー、茶髪ロングちゃんはクレジットにて山根綺さんでした。ショーバイロックのルフユを担当している方ですね
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 11:40:50.38 ID:Qm7ZHpePO
ワンピースにもチョロチョロ出てたしこれからもっと来そうな人よねー

料理の本、とりわけパンツクリが多かったりしますね
2世用の家もドールハウスで作ったりでなかなかかわいいです
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 11:42:57.50 ID:o60ZyHSZO
かわいい小物が多いですね、店に飾るものを作ったりとか…
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 11:43:41.83 ID:LcbCSuOvO
おそらく2世の影響か部屋全体は暗いですが、なかなか小物や雑貨は可愛いですよ
131 :1 [saga]:2020/02/16(日) 11:58:13.38 ID:YKrgEpag0
 リメエア「可愛い小物が多いですね、店に飾るものを作ったりとか・・・」


 削板「店の飾りもんを作ってるのか?」


 リメエア「ええ。店内が少し寂しいので店長からそう依頼を受けまして・・・」


 リメエア「そうして作るようになったそうです」


 削板「そうか。店長から信頼されてるんだな!」


 リメエア「はい」クスッ


 削板「ヴィリアンはパン屋でバイトしてるなら」


 削板「キャーリサとか神華とかお前も何かやってるのか?」


 リメエア「キャーリサと神華はやっていませんが、私は以前ケーキ屋でバイトを・・・」


 削板「ケーキ屋か!色々作ったりしたのか?」


 リメエア「い、いえ、それが・・・」


 削板「ん?」


 リメエア「作る前に辞めてしまったんです。色々と事情がありまして・・・」


 削板「そうなのか。残念だな」


 リメエア「>>132
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 12:03:07.50 ID:KaDIRO0DO
お恥ずかしながらちょっとばかり不器用なところがありまして…
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 12:03:57.34 ID:7DQHN1gxO
接客の担当をしていたのですが笑顔が苦手なのか難しく……
あと王室の第一王女とバレそうになったのもありますね
134 :1 [saga]:2020/02/16(日) 12:23:20.81 ID:YKrgEpag0
 リメエア「お恥ずかしながら、少しばかり不器用なところがありまして・・・//」


 リメエア「それに接客の担当をしていたのですが、笑顔が作るのが苦手で・・・//」


 削板「お、おう・・・」


 リメエア「王室の第一王女とバレそうになったのもありますね・・・」


 削板「・・・」


 リメエア「なので、辞めざる得なかったんです・・・」


 削板「それ、お前のおっちょこちょいなのが原因なんじゃ・・・」


 リメエア「うぐ・・・//」


 削板「まぁ、誰しも苦手なことがあるしな!仕方ないと思うぜ」クスッ


 リメエア「お心遣い、感謝いたします・・・//」


 削板「>>135
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 12:29:16.09 ID:7DQHN1gxO
俺も不器用っていうかパワーで進めていくタイプだからな
リメエアは何でもできると思ったからそういう一面をしれてよかったぜ
136 :1 [saga]:2020/02/16(日) 13:27:09.11 ID:YKrgEpag0
 削板「俺も不器用っていうかパワーで進めていくタイプだからな」


 リメエア「(その通りですね・・・)」コクリ


 削板「リメエアは何でもできると思ったから・・・」


 削板「そういう一面を知れてよかったぜ」クスッ


 リメエア「え?」


 削板「お前も普通の人なんだってわかったからよ」


 リメエア「は、はぁ・・・」


 削板「王女様でも失敗することはあって、落ち込んだりもする」


 削板「俺はそれが1番良いと思うんだ!」


 リメエア「・・・」


 削板「>>137
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 13:30:52.28 ID:AiEv2M2HO
気がはええけど、二人寄り添うようになったら互いの欠点を互いのいいところで塞げば良いんだし完璧を目指すだけじゃねえと思うぜ
俺はそう思う!
138 :1 [saga]:2020/02/16(日) 13:51:49.94 ID:YKrgEpag0
 削板「気が早えけど、2人寄り添うようになったら」


 削板「互いの欠点を互いのいいところで塞げば良いんだしよ」


 リメエア「(軍覇さん・・・//)」


 削板「完璧を目指すだけじゃねえと俺はそう思うぜ!」ニカッ


 リメエア「・・・そうですね」

 
 リメエア「まぁ、ケーキには然程熱中していたという訳ではなかったので・・・」


 削板「ん?そうなのか?」


 リメエア「世間の事を少しでも認知しようという目的でのアルバイトでやっていましたから」


 削板「おー、そういうことなのか」


 リメエア「はい。なので、私自身が熱中することをまず見つけたいですね」


 削板「>>139
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 13:55:18.17 ID:ooMwCMBuO
んー何でもこなせそうだしなんだろうな…
料理とか裁縫も出来る気がするしなあ…
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 13:56:04.78 ID:Ub7o38UpO
そのベルトのヘビみたいなの笛吹いて操るとかはどうだ
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 13:56:30.90 ID:g7Zs+X3AO
おう!それなら俺も協力するぜ
根性ないと探すのも苦労するだろうからなババーン
142 :1 [saga]:2020/02/16(日) 14:05:58.72 ID:YKrgEpag0
 削板「おう!それなら俺も協力するぜ」


 削板「根性ないと探すのも苦労するだろうからな!」ババーンッ!


 リメエア「ありがとうございます」クスッ


 削板「じゃあ・・・そうだな」


 削板「不器用なのは料理だけか?」


 リメエア「まぁ、はい・・・」ションボリ


 削板「じゃあ、笛吹いて蛇みたいなベルトのアイツを操るとかはどうだ?」


 リメエア「・・・そ、それは、多分ダメですね」


 削板「え」


 リメエア「そもそも、サガークは意志を持っていますし・・・」


 リメエア「キャーリサ達からそれがどうした、と冷たい目で見られるのは間違いありません」


 削板「んー。そうか・・・」


 リメエア「>>143
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 14:09:10.42 ID:g7Zs+X3AO
何か私の既存のイメージを壊すようなことをしたいですね
……うーむ、だいぶファッションとか磨きましたが
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 14:09:32.47 ID:JIFGpRJFO
あなたの伴侶としてふさわしい何かですね
145 :1 [saga]:2020/02/16(日) 14:20:19.32 ID:YKrgEpag0
 リメエア「何か私の既存のイメージを壊すようなことをしたいですね・・・」


 削板「余計に難しいな。それを考慮して考えるってなると」


 リメエア「これでも、ファッションだとかは磨きましたが・・・」


 削板「じゃあファッションデザイナーになるか?」


 リメエア「ファッションデザイナー・・・」


 削板「リメエア。絵を描くのはどうだ?」


 リメエア「はぁ・・・それなりに画力はありますが・・・」


 リメエア「服に関して興味を持っているとは言えませんよ?」


 削板「まぁ、いつもドレスだしな」


 削板「けど、何かきっかけで好きになるって事もあると思うぜ!」


 リメエア「そうでしょうか・・・」


 削板「>>146
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 14:21:33.26 ID:JIFGpRJFO
ああ、この間俺とデートしたときの黒い服もかなり着こなしてたし俺はお前の服をもっと見たいぜ
……出来ればだが、俺用に作ってほしいな!
147 :1 [saga]:2020/02/16(日) 14:35:45.73 ID:YKrgEpag0
 削板「ああ、この間俺とデートした時の黒い服もかなり着こなしてたし」


 削板「俺はお前がドレス以外の服を着てるとこ、もっと見たいぜ!」


 リメエア「そ、それは・・・嬉しく、思います//」


 削板「・・・出来ればだが」


 リメエア「?」


 削板「もし、ファッションデザイナーになるなら俺用に作ってほしいな!


 リメエア「え・・・軍覇さんに・・・?//」


 削板「ああ。俺はいつも学ラン着てるだろ?」


 削板「だからお前がデザインして作ってくれた服を着て、デートに行くのも青春があるだろ!」


 リメエア「な、なるほど・・・?(青春は関係あるのでしょうか・・・)」


 削板「>>148
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 14:37:40.41 ID:aSjSnllwO
ペアルックでも違ってもいいからリメエアに俺に着てほしいのを見繕ってほしいんだ、ダメか?
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 14:38:26.07 ID:bIIG+5UwO
俺が初めての客になるから頼むべ!
150 :1 [saga]:2020/02/16(日) 14:56:38.99 ID:YKrgEpag0
 削板「ペアルックでも普通のでもいいから」


 削板「リメエアが俺に着てほしいのを見繕ってほしいんだ、ダメか?」


 リメエア「い、いえ・・・全くダメではありません」


 リメエア「ですが、軍覇さんがお気に召していただけるかどうか・・・」


 削板「いいんだよ。言ったろ?」


 削板「失敗したって完璧じゃなくたってもいいんだ」


 リメエア「・・・わかりました」コクリ


 リメエア「少し、描いてみましょうか。用紙と鉛筆を・・・」




 リメエア@左片眼鏡「さて・・・」


 削板「俺、ちょっとトイレ行ってくるな」スクッ


 削板「すぐに戻ってくっから」


 リメエア「はい。わかりました」コクリ



 どうする?orどうなる?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 14:59:18.19 ID:yYibS+K4O
枕に顔を埋めて年甲斐もなくはしゃぐリメエア
サガークと会話をしつつどんなのがいいか本を読みつつイメトレ
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 15:00:10.57 ID:kFja9g1RO
↑+下着から着飾ろうとスルスル脱いで考えるリメエア
下着を着替えたところでソギーが戻ってきてしまう
153 :1 [saga]:2020/02/16(日) 15:25:57.54 ID:YKrgEpag0
 リメエア「・・・はぁ〜〜〜///」パフンッ


 リメエア「(軍覇さんの服を、私が・・・ですか・・・///)」


 リメエア「(恋人らしい、ことですよね・・・///)」カァァア


 リメエア「ふふっ・・・//」


 リメエア「・・・サガーク?//」


 サガーク「noatいisuはod?」


 リメエア「どのようなものがいいでしょうか・・・//」


 サガーク「oyiらanerたiみsomaてkurべakらutiしmでagoんniiaberuほsuos?」


 リメエア「なるほど。・・・ファッションに関する本は・・・これですか」


 リメエア「・・・」ペラペラ


 サガーク「らenianなたerisいomakぎuainagukuhiiokkakそ」


 リメエア「もちろんそうですよ」クスッ


 リメエア「>>154
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 15:33:18.89 ID:y+UmVi3DO
サガークはサガークでリメエアのこと思いやってると思うと可愛いね(皐月)

何事も全力で取り組まないと彼に失礼ですから
155 :1 [saga]:2020/02/16(日) 15:56:40.46 ID:YKrgEpag0
 リメエア「何事も全力で取り組まないと彼に失礼ですから」


 サガーク「onurikeねdnniazeだdinnうnatnそnakomed?」


 リメエア「とりあえず直感的に描いてみましょう」


 リメエア「私的には・・・勇猛で・・・活発な・・・」

 
 サガーク「んarakerosう?」


 リメエア「あとは・・・」




 リメエア「・・・」サラサラッ


 リメエア「・・・できたっ」


 サガーク「eのtなesiんmど?」
 

 リメエア「これですっ」




 どんなデザイン?
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 16:40:10.65 ID:y+UmVi3DO
黒いジャケットに持ち前の太陽をワンポイントにかざしたジャケット+ダメージジーンズ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 16:41:11.19 ID:0VVT1MqcO
特攻服
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 17:23:52.74 ID:9dBsJ6rgO
シンプルな学ラン
>>156がいいかな
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 17:33:01.54 ID:tcweS7giO
意外とサガーク読めるような文章でありがたかった

ダメージセレクション
160 :1 [saga]:2020/02/16(日) 18:04:36.05 ID:YKrgEpag0
 リメエア「黒いジャケットに持ち前の太陽を模したTシャツの柄をワンポイントに翳したジャケット」


 リメエア「それからダメージジーンズです」 


 サガーク「anakiよisarうerもakeおtとtaいomusいukkiんhtusiraうtukaraykonatiigos」


 リメエア「そうでしょう。はぁ・・・気に入ってくださるでしょうか・・・」


 サガーク「uzahureよrukeだttぶiiniうkaじょrいanatiigosだ」


 リメエア「そうだといいのですが・・・」


 リメエア「・・・信じてみましょう」


 サガーク「iよerだutきsaいayのzそ」フヨフヨ


 リメエア「ありがとうございました。サガーク」


 ―ガチャッ

 削板「悪い悪い!迷っちまった!」


 リメエア「あ、大丈夫でしたか?」


 削板「ああ。>>161
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 18:11:02.07 ID:tcweS7giO
広くてどれがどれだか分からなくなりそうだったぜ、おまけにどれか探してたら家来の人たちに怪しまれちまったし
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 18:11:44.21 ID:5iHotW5ZO
広すぎてめんくらぅたぜ
163 :1 [saga]:2020/02/16(日) 18:34:26.51 ID:YKrgEpag0
 削板「広くてどこかどの部屋で、どれだか分からなくなってたぜ」


 削板「おまけにどの部屋か探してたら家来の人たちに怪しまれちまったし」


 リメエア「何ですって?」ピクッ


 削板「まぁ、当たり前だよな」ハハハッ


 リメエア「いえ、私の恋人である貴方を怪しむなどと・・・」


 リメエア「万事に値します。その者達は全員1年間分の減給と処罰をくだしますので」


 削板「おいおいそりゃあ、いくらなんでも可哀想だろ?」


 リメエア「いいえ。そうれなければ私の気が収まりません」


 削板「いいって。そこまで気にすんなよ」


 リメエア「ですが・・・」


 削板「>>164
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 18:39:52.69 ID:5iHotW5ZO
みんな仕事を全うして王室のみんなを護ってんだ、誰も傷ついてないんだからそれでいいと思うぞ!
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 18:40:08.59 ID:r09FWPd+0
迷路みたいな屋敷にいるのが悪いんだ
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 18:40:37.34 ID:isXCVDb9O
顔を知られてないのは俺が大っぴらにリメエアの彼氏だ!と言わないからかもしれないな!
俺の根性が足りてないのもいけない
167 :1 [saga]:2020/02/16(日) 19:37:27.05 ID:YKrgEpag0
 削板「皆、仕事を全うして王室のみんなを護ってんだ」


 削板「誰も傷ついてないんだからそれでいいと思うぞ!」


 リメエア「・・・そうですか」


 リメエア「軍覇さんが、そう仰るのでしたら・・・」


 削板「それにさ。顔を知られてないのは俺が大っぴらにリメエアの恋人だ!!」


 削板「言ってないからかもしれないしな!」


 リメエア「そ、それはそれで、とても恥ずかしいような・・・///」


 削板「恥ずかしがる事ないだろ」


 リメエア「ですが・・・//」


 削板「俺の根性が足りてないのもいけなかったんだ。王室の皆とダチになって」


 削板「お前の恋人って認めてもらいたいからな!」


 ―ドンッ!ドンッ!カンッ!


 リメエア「>>168
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 19:42:32.01 ID:isXCVDb9O
家来の者でしょうか、私が出ます
……あなたの言葉しかと受け止めましたからね//
169 :1 [saga]:2020/02/16(日) 19:58:07.63 ID:YKrgEpag0
 リメエア「・・・はい//貴方の言葉しかと受け止めましたからね//」


 削板「おうっ!」ニカッ


 リメエア「ふふっ・・・//」


 リメエア「・・・あ。そうでした//こちらを、どうぞ//」


 削板「おっ!どれどれっ」ワクワク


 リメエア「・・・//」ドキドキ


 削板「・・・ふむふむ・・・」


 削板「お〜・・・」


 リメエア「・・・//」ゴクリッ


 削板「・・・ふむっ」


 リメエア「ど、どうですか・・・?//」


 削板「>>170





 効果音は弦ちゃんのあれでせうので。
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:02:19.02 ID:isXCVDb9O
なるへそ
てっきりノックの音かと安価は下
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:05:40.01 ID:CzawyEYPO
俺の好きなマークも入れているし着こなしやすさも悪くなさそうだな!
ここまで詳細にかけるってすごいな!
172 :1 [saga]:2020/02/16(日) 20:18:44.48 ID:YKrgEpag0
 削板「俺の好きなマークも入れているし・・・」


 削板「着こなしやすさも悪くなさそうだな!」


 リメエア「それなら、よかったです//」


 削板「ここまで詳細にかけるってすごいな!」


 リメエア「いえいえ、そんなことはありません//」


 削板「いや!お前には才能あるぜ!ファッションデザイナーのセンスがさ」


 リメエア「はぁ・・・そう言っていただけると・・・//」


 リメエア「何と言えばいいか・・・//」


 削板「ん?」


 リメエア「>>173
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:30:57.02 ID:CzawyEYPO
まだまだ至らぬ点が多い気がして二の足を踏んでしまうのです
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:31:15.38 ID:9/gGuL5zO
私も…もうすぐ妙齢なのでよろしいのかと思ってしまうのです…
175 :1 [saga]:2020/02/16(日) 20:40:52.13 ID:YKrgEpag0
 リメエア「まだまだ至らぬ点が多い気がして・・・二の足を踏んでしまうのです」


 削板「そうか・・・」
 

 リメエア「ですが・・・」


 リメエア「私も、もうすぐ妙齢なので・・・好きにしてもよろしいのかと思いました」


 削板「おっ?・・・じゃあ、やってみるのか?」


 リメエア「はいっ。もちろん素性は隠してでの活動を行なうことになりますが」


 リメエア「第一王女と知られれば、依怙贔屓を生むかもしれませんので」


 削板「そうだな。それがいいか」


 リメエア「はい」


 削板「>>176
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:43:21.23 ID:9/gGuL5zO
表は謎のデザイナー、裏の顔は第一王女か…なかなかミステリアスで面白いじゃないか?
177 :1 [saga]:2020/02/16(日) 20:52:58.45 ID:YKrgEpag0
 削板「表は謎のデザイナー、裏の顔は第一王女か・・・」

 
 リメエア「や、やはりおかしいですよね・・・」


 削板「そんなことはないぞ!ミステリアスで面白そうじゃないか?」


 リメエア「はぁ・・・そうだといいのですが・・・」


 リメエア「・・・一先ず、コンテストなどで実力を確かめてみます」


 削板「おうっ!自分の実力を信じるのも大事だからなっ!」


 リメエア「ええっ。今は自己採点ではこの程度、と思いますので・・・」


 リメエア「もっと練習を積んで、コンテストで入賞するぐらいには実力を付けたいと思います」
 

 削板「その意気だ!」ニカッ


 リメエア「>>178
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:54:23.88 ID:wC+U3oIoO
ふふふ…
応援してくださるなら、あなたに色々着せますからね//
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 20:54:37.80 ID:5b0DvgX2O
負けませんよ!あなたの期待に答えますから
180 :1 [saga]:2020/02/16(日) 21:07:36.87 ID:YKrgEpag0
 リメエア「ふふふ・・・//」


 リメエア「ライバルの方々には負けませんよ!//」


 削板「おうっ!応援してるぜっ」


 リメエア「ありがとうございます。応援してくださいね//」


 リメエア「色々着てますから//」


 削板「ん?俺が着るのか?」


 リメエア「ええ。もちろん//」クスッ

 
 リメエア「誰かモデルをしてもらいたいので・・・是非、軍覇さんに//」


 削板「そうか!おし、じゃあ任せとけ!」


 削板「目指せ優賞だな!頑張ろうぜ!」


 リメエア「はい。期待に必ずお答えますっ」




 視点変更

 キャーリサ♥横須賀
 ヴィリアン♥アックア
 小牧 feat新たなる光

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定) 
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 21:08:05.19 ID:5b0DvgX2O
キャリ横
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 21:08:17.69 ID:Q0WjexctO
キャーLiSA
183 :1 [saga]:2020/02/16(日) 21:17:44.33 ID:YKrgEpag0
 キャーリサ「んっ・・・あっぅ・・・!//」


 横須賀「・・・」グニグニッ


 キャーリサ「あ、そ、こぉっ・・・!//」

 
 横須賀「ここか」グニッ


 キャーリサ「んんんっ!///」

 
 横須賀「・・・まだ続けるか?」グニグニ


 キャーリサ「も、もう少し・・・//」


 キャーリサ「横須賀の指圧は効くから、なっ・・・//」

 
 横須賀「そうか」グニグニッ


 キャーリサ「あぐぅ・・・!//」

 
 横須賀「>>184
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 21:19:15.77 ID:fH5PYNDtO
意外と凝ってるんだな、デスクワークでもしてたのか?

横須賀さんがどこを揉んでるのか気になりますことよ
185 :1 [saga]:2020/02/16(日) 21:25:29.92 ID:YKrgEpag0
 横須賀「意外と凝ってるんだな。そんなに歩いていたのか?」グニグニッ


 キャーリサ「いやーただ立ってた時間が、んくっ」


 キャーリサ「長かっただけだと思うしーっ・・・//」

 
 横須賀「そうか」グニッ


 キャーリサ「あっく・・・!//」

 
 横須賀「痛むか?」


 キャーリサ「い、いや、何て言えば・・・//」


 キャーリサ「痛いけど気持ちいー、と言うか・・・//そのまま続けてほしーし//」

 
 横須賀「ああっ」


 キャーリサ「>>186




 >>184 足(無慈悲
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 21:32:28.77 ID:kn/7ykmzO
キャーリサこういうマッサージ受けるの好きそう

痛気持ち良いとか少し変かもしれないけどなかなか悪くないし…
横須賀がうますぎると思うぞ
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/16(日) 21:33:09.56 ID:N8jBCrCDO
私を踏んでくれてもいいぞ、痛み的に

てっきり腰かと思った
188 :1 [saga]:2020/02/16(日) 21:57:38.73 ID:YKrgEpag0
 キャーリサ「痛気持ち良いとか少し変かもしれないけど・・・//」


 キャーリサ「っく・・・//なかなか悪くないし//」


 横須賀「それなら、よかったと思う」グニグニッ


 キャーリサ「んぐー・・・!//横須賀が上手すぎるとも思うがっ//」

 
 横須賀「それほどでもないぞ」グニグニッ


 キャーリサ「んーーーー・・・//」


 キャーリサ「・・・ん//もー、いいし//ありがとー//」

 
 横須賀「ああっ」パッ


 キャーリサ「はぁー・・・//心地良ーな、これは//」

 
 横須賀「>>89
189 :1 [saga]:2020/02/16(日) 21:58:09.21 ID:YKrgEpag0
 台詞 
 >>190
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 05:40:32.35 ID:PzMuzA9KO
身体のことは勉強していて楽しいからな、足の裏はどうやら身体の中に通じているらしいし
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 05:45:18.48 ID:ZBkdJEgLo
そう言ってもらえると悪い気はしないな、キャーリサに喜んでもらえるのは嬉しい
192 :1  [saga]:2020/02/17(月) 07:18:52.62 ID:2XZrdVHuO
 横須賀「そう言ってもらえると悪い気はしないな」クスッ


 横須賀「キャーリサに喜んでもらえるのは嬉しい」


 キャーリサ「そーか//・・・それにしても、指圧が上手いな//」


 横須賀「身体のツボは勉強していてわかるからな」


 横須賀「足の裏はどうやら身体の中に通じているらしいし」


 キャーリサ「ほー、そーなのか//」ゴロン


 キャーリサ「上手いだけあって詳しーのか?//」


 横須賀「ああっ。バイトのために資格を取る必要があったからな」


 キャーリサ「それはすごいし//」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 07:25:21.18 ID:PzMuzA9KO
足裏の一通りの施術が終わったらキャーリサをうつ伏せに寝かせる横須賀
ドキドキしながらも待つキャーリサを尻目に脹脛から太腿にかけて念入りに揉みほぐす
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 07:29:49.80 ID:LjUQ3hPVO
横須賀はパワータイプだし力強そうだから揉まれると気持ちいいだろうな

>>193+甘い声をあげるキャーリサに少しドキドキな横須賀さん
195 :1  [saga]:2020/02/17(月) 07:56:44.64 ID:2XZrdVHuO
 横須賀「(よし。足裏はもういいな)」


 横須賀「キャーリサ、うつ伏せになってくれ」
  

 キャーリサ「んー・・・//」ゴロン


 キャーリサ「次はどーするし?//」ドキドキ


 横須賀「今度は脚全体を解すぞ」


 ―グニッ グッグッグッ

 キャーリサ「んっ・・・っ//」

 
 横須賀「(始めは脹脛・・・)」グニグニッ


 キャーリサ「は、んっ・・・//」


 横須賀「(徐々に上へと、太股を念入りに・・・)」グニーッ


 キャーリサ「>>196
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 08:01:55.51 ID:VNwqhnSkO
太股を触られるのってなかなかないから少しくすぐったいし…
だが悪くないつわ…
197 :1  [saga]:2020/02/17(月) 08:11:27.59 ID:2XZrdVHuO
 キャーリサ「(太股を触られるのは中々無いから、少しくすぐったし・・・//)」ピクッ


 キャーリサ「(けど、悪くないな・・・//)」


 横須賀「どうだ?」グニグニッ


 キャーリサ「ぅんっ//気持ちいいし・・・//」


 横須賀「そうか」グニグニッ


 キャーリサ「っ・・・//これだけマッサージが出来るなら//」


 キャーリサ「店ではさぞ人気なんじゃないのか?//」


 横須賀「まぁ、好評ではあるな。店長からも評価してもらっている」


 キャーリサ「ふーん・・・//よかったな//」


 横須賀「>>198
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 08:12:41.33 ID:QJ3cp1Z5O
これでお金を稼ぐのが夢ではあるがキャーリサに慎ましい思いをさせてしまうかもな
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 08:16:25.05 ID:B0y+2n1vO
独立がそのうちの夢ではあるんだがな
200 :1  [saga]:2020/02/17(月) 08:34:42.07 ID:2XZrdVHuO
 横須賀「そのうち、独立したいとは思っているんだがな」
 

 横須賀「それで稼ぎができるはずだ」


 キャーリサ「これ程の腕があるし、全く問題ないぞ//」


 横須賀「ただ・・・キャーリサに慎ましい思いをさせてしまうかもな」


 キャーリサ「・・・あのな//私を誰だと思ってるし?//」


 横須賀「イギリス王室の第二王女だろう」


 キャーリサ「その通りだし//だから、金くらいで困る訳がないし//」


 キャーリサ「逆にお前の援助も余裕だぞ//」


 横須賀「・・・それもそうか」グニグニッ


 キャーリサ「>>201
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 09:59:00.14 ID:j7MGVjQgO
伴侶の夢を追うのを応援するのが将来の妻として当然のことだと思ってるし
ナイジョノコーとか言うのだろー?
202 :1  [saga]:2020/02/17(月) 12:04:47.17 ID:2XZrdVHuO
 キャーリサ「伴侶の夢を追うのを応援するのが」


 キャーリサ「フィアンセとして当然のことだと思ってるし//」


 横須賀「助かる。感謝するぞ」


 キャーリサ「鬼にする事ないし//」


 キャーリサ「ナイジョノコーとか言うのだろー?//」


 横須賀「・・・内助の功だろう? 」


 キャーリサ「ん?//違ってたか?//」


 横須賀「いや、合っている(発音が伸びてはいたが)」


 キャーリサ「まぁ、そーいう事だし//いつでも助けてやるぞ//」クスッ


 横須賀「>>203
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 12:06:20.17 ID:hKy3boSsO
その時はよろしく頼む、キャーリサや他の客のためにもこの腕をもっと伸ばさないとなクスッ
204 :1  [saga]:2020/02/17(月) 14:54:25.58 ID:2XZrdVHuO
 横須賀「その時はよろしく頼む」グニーッ


 キャーリサ「くぉぉぉ・・・//ま、任せておくしっ//」


 横須賀「キャーリサや他の客のためにも、この腕をもっと伸ばさないとな」クスッ


 キャーリサ「んんんー・・・//」




 キャーリサ「ふぅぅーーー・・・//」ポスン


 キャーリサ「さっきまでの疲労が抜けたの//」


 横須賀「それは何よりだ」ナデナデ


 キャーリサ「ん・・・//」クスッ


 横須賀「・・・キャーリサ」ナデナデ

 
 キャーリサ「何だし?//」チラッ


 横須賀「呼んだだけだ。・・・だが、何かしてほしいことはあるか?」ナデナデ


 横須賀「撫でる他に、だ」


 キャーリサ「・・・なら//」


 キャーリサ「>>205
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 17:21:15.78 ID:cr2cECfBO
膝の上に乗ってもいいか?
好きな人を背中で感じるのをやってみたかったし
206 :1  [saga]:2020/02/17(月) 17:46:57.31 ID:2XZrdVHuO
 キャーリサ「膝の上に乗ってもいいか?//」


 キャーリサ「好きな人を背中で感じるってのを、やってみたかったし//」


 横須賀「構わないぞ。・・・ほら」ポスン


 キャーリサ「・・・//」ソロソロ


 ―ポスン・・・

 キャーリサ「(の、乗ってしまったし・・・//)」


 横須賀「・・・座り心地は良くないだろうが」


 キャーリサ「そ、そんなことはないの//・・・暖かいし//」モジモジ


 横須賀「・・・ふっ。それなら、安心した」ナデナデ


 キャーリサ「ん・・・//」クスッ


 横須賀「>>207
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 18:22:23.78 ID:585xgmMIO
思ったより軽いな…
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 18:25:24.47 ID:3kd9hwjcO
変かと思われるかもしれないがこういうのは夢だったんだ
209 :1  [saga]:2020/02/17(月) 18:29:50.08 ID:2EVw+fWdO
 横須賀「(軽いな・・・毎回思うが)」


 横須賀「(何故こんなにも軽いんだ・・・)」


 キャーリサ「よ、横須賀?//お、重たいなら、降りるし//」


 横須賀「いや。寧ろ軽すぎる」


 キャーリサ「そ、そんな訳はないと思うの・・・//」


 横須賀「本当だ。このまま居てほしい」ナデナデ


 キャーリサ「・・・そ、そーか//」


 横須賀「ああ。・・・変かと思われるかもしれないが」


 横須賀「こういうのは夢だったんだ」


 キャーリサ「ふ、ふーん?//・・・そーなのか//」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 18:42:55.90 ID:3kd9hwjcO
ちゃんと声をかけてから背後からハグをする横須賀
キャーリサも満更ではないようで横須賀に凭れて耳が赤くなる
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 18:43:12.02 ID:qX0clv8IO
キャーリサの香りを堪能
212 :1 [saga]:2020/02/17(月) 20:19:08.41 ID:vI+ulRnw0
 横須賀「・・・キャーリサ。抱きしめてもいいか?」」


 キャーリサ「どーぞ//」


 横須賀「ああ・・・」


 ―ギュッ・・・

 キャーリサ「・・・///」ニギッ


 横須賀「・・・お前も暖かいな」


 キャーリサ「お前ほどではないし//・・・でも、嬉しいの//」クスッ


 横須賀「(・・・耳まで赤くなるほど、恥ずかしがってるのか)」クスッ


 キャーリサ「どーしたし?//」


 横須賀「いや・・・気にするな。今はこうしていたいんだ」ギュッ


 キャーリサ「・・・そーか//」クスッ


 横須賀「>>213
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 20:24:20.17 ID:qX0clv8IO
こんな距離でハグできるなんて夢のようでな
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 20:32:34.44 ID:0FqTPn1uO
吐息や鼓動や香りまでわかるなんて贅沢だな俺は
215 :1 [saga]:2020/02/17(月) 20:45:50.28 ID:vI+ulRnw0
 横須賀「こんな距離でハグできるなんて夢みたいだな」


 キャーリサ「夢なんかじゃないの//ちゃんとしたリアルだし//」


 横須賀「そうだな・・・」ナデナデ


 キャーリサ「・・・私だって、お前のようなフィアンセを見つけられるなんて・・・//」


 キャーリサ「思ってもみなかったし//」


 横須賀「そうか・・・」ナデナデ


 キャーリサ「・・・横須賀//」


 ―クルッ

 キャーリサ「お前に出会えて、本当に・・・嬉しいの//」


 横須賀「・・・ああ。俺もだ」


 横須賀「まぁ・・・最初の出会いが、喧嘩を売りに来たような感じだがな」クスッ


 キャーリサ「>>215
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 20:48:56.23 ID:ab4MBmG3O
超電磁砲放送延期(´・ω・`)
ここは毎日更新だからありがたい…

あれからここまでの仲になれるなんて珍しい出会いだと思うし!
217 :1 [saga]:2020/02/17(月) 21:03:40.25 ID:vI+ulRnw0
 キャーリサ「確かに、あれからここまでの仲になれるなんて・・・」


 キャーリサ「珍し過ぎる出会いだと思うし//」


 横須賀「そうだろうな・・・」クスッ


 キャーリサ「詩人、ジョージ・ゴードン・バイロンの「ドン・ジュアン」の一説から」


 キャーリサ「こう生まれた表現があるの//」


 横須賀「なんだ?」


 キャーリサ「Truth is stranger than fiction・・・//」


 キャーリサ「日本語で言うと、事実は小説よりも奇なり、だし//」


 横須賀「なるほどな・・・」クスッ


 横須賀「確かに・・・その通りだ」ナデナデ


 キャーリサ「そーだろう?//・・・運命と呼ぶには、ロマンが少ないしな//」


 横須賀「>>218




 >>216  あらま。そら残念
     3年間、ほぼ毎日続けてきたんでせうね〜。そういや
     最近、他にも禁書SSを書いている方々が居らしているので嬉しいでせう。
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 21:14:52.73 ID:Wqx+MpxWO
俺はロマンより結果を求める男だからな、追ってたファンの魔法少女だけじゃなくて全部を好きになれた…

界隈が賑やかなのはいいことよねー
219 :1 [saga]:2020/02/17(月) 21:30:51.91 ID:vI+ulRnw0
 横須賀「俺はロマンより結果を求める男だからな」


 横須賀「だからこそ追っていたファンの魔法少女だけじゃなく、お前自身を全部を好きになれた」


 キャーリサ「魔法少女ではなくてプリキュアだしっ//」


 横須賀「違いがよくわからん・・・」


 キャーリサ「魔法少女は魔法だけしか使えないが、プリキュアは拳を使えるのっ//」


 横須賀「(それだけの違いか・・・)」


 横須賀「わかった。気をつけよう」


 キャーリサ「それでいいし//」フンス


 横須賀「・・・そう言えば、最近変身はしていないのか?」


 キャーリサ「いや?時折してるし。アップグレードもしたからな」


 横須賀「アップグレード?」


 キャーリサ「そーだし」


 横須賀「>>220」 




 >>218 でせうね〜
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 21:35:40.00 ID:9vh1840yO
強くと言うのかそれともきれいにと言うのか…?フム
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 21:36:02.63 ID:8gZ27J53O
俺の見ていないところで鍛えてるんだな、どんな感じなんだ?
222 :1 [saga]:2020/02/17(月) 21:47:02.67 ID:vI+ulRnw0
 横須賀「俺の見ていないところで鍛えてるんだな」


 キャーリサ「まぁ、それは当たり前だし。もっと別のアップグレードが施されたの」


 横須賀「ん?・・・強く、ではなく別の事でなのか?」


 キャーリサ「そーだし。ちょっと見せてやるし」スクッ


 横須賀「ああ・・・?」


 キャーリサ「プリキュア!ラブリンク!」


 『L・O・V・E!』
 
 ―パァァァアア・・・!


 横須賀「・・・」


 キュアハート(キャーリサ14)「どう?これがアップグレードだよ♪」


 横須賀「・・・幼くなったのか?」


 キュアハート(キャーリサ14)「そう!大体何時ぐらいだったかな・・・」ウーン


 横須賀「(見た目からして14くらいか・・・?)」


 キュアハート(キャーリサ14)「・・・忘れちゃったけどアップグレードされましたって」


 キュアハート(キャーリサ14)「コミューンに通達が来てね。変身したらこうなれるようになったの!」


 横須賀「そうなのか・・・」


 キュアハート(キャーリサ14)「>>223
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 21:57:04.92 ID:y59zJLQxO
どうかな?ちょっと幼いかもしれないけどパワーは保証出来るレベルだよ!

横須賀ってまだイラストないのよねー
ちょっと残念だが楽しみ
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 21:57:33.27 ID:y59zJLQxO
どうかな、こういうかわいい系って苦手?
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 21:58:11.14 ID:Px05/x1kO
ピッチピチだよピッチピチ!
身体も結構軽いし!
あーでもさっきのマッサージのおかげかも!
226 :1 [saga]:2020/02/17(月) 22:04:10.16 ID:vI+ulRnw0
 キュアハート(キャーリサ14)「どうかな?ちょっと他の子と同じくらいに幼いかもしれないけど・・・」


 キュアハート(キャーリサ14)「パワーはいつも通りの保証出来るレベルだよ!」


 横須賀「俺は気にしないぞ。・・・可憐だと思うしな」


 キュアハート(キャーリサ14)「そ、そう?//えへへ・・・//」


 キュアハート(キャーリサ14)「横須賀って可愛い系は苦手じゃない?//」


 横須賀「お前だから苦手なんてことはないぞ」


 キュアハート(キャーリサ14)「そっか・・・//」


 キュアハート(キャーリサ14)「それなら嬉しいかなっ//」ニコリ


 横須賀「>>226




 >>223 んー、SS2がアニメ化されないと・・・望み薄でせうね
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 22:08:07.69 ID:9OxrKDRrO
超電磁砲かアストラルバティの中でチラッとの方が可能性高いかもね

邪なようだがその笑顔と可憐さと強さに心を打たれたからな…
……少しハグしてもいいか?
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 22:09:43.47 ID:3rAKppJNO
きれいな金髪、美しい瞳どれをとっても心を撃ち抜いてくれる…
美女と野獣だな、俺と隣に並んだら
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 22:10:51.45 ID:7bj2TIaHO
元々カツアゲみたいなのしていた悪い輩が救われたのはハートのおかげだからな…
俺の太陽で有り続けてもっと照らしてくれナデナデ
230 :1 [saga]:2020/02/17(月) 22:13:36.95 ID:vI+ulRnw0
 今日はここまで。
 おやすみなさいませー

 >>227 あー、アニメのオリ回か原作アスバディではそぎー出てますから、1番可能性があるのは
     アスバディでせうね。
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/17(月) 22:24:19.50 ID:7bj2TIaHO
乙ー
イギリス王女sと神華って身長差どんな感じなのかとふと気になったり
232 :1  [saga]:2020/02/18(火) 05:02:45.03 ID:bhGLZ8BY0
 横須賀「俺が惚れたのは、その笑顔と可憐さと強さだからな・・・」

   
 横須賀「眩しい程綺麗な金髪、美しい瞳どれをとっても心を撃ち抜いてくれる」


 キュアハート(キャーリサ14)「て、照れちゃうよ//そんなに言われると///」テレテレ


 横須賀「本当の事を言っているんだ。・・・まぁ、周りから見れば」


 横須賀「美女と野獣のようだがな。俺と隣に並べば」


 キュアハート(キャーリサ14)「野獣でもカッコいいよ!」
 

 横須賀「元々カツアゲのような事をしていた悪い輩が救われたのは」


 横須賀「ハートのおかげだからな・・・キャーリサ」スクッ


 キュアハート(キャーリサ14)「うん?なに?」ニコリ


 横須賀「いつまでも俺の太陽で有り続けて、もっと照らしてくれ」ナデナデ


 キュアハート(キャーリサ14)「>>233




 >>233 姉様さんちゃん達は大体170くらいはあるんで、胸上ぐらいかな。
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 05:15:32.55 ID:D5tB9y34O
うんっ!
みんなも照らすけど好きな人はもっと明るく照らすからね
指切りげんまんしてあげる!
234 :1  [saga]:2020/02/18(火) 06:42:48.73 ID:bhGLZ8BY0
 キュアハート(キャーリサ14)「うんっ!」ニコリ


 キュアハート(キャーリサ14)「皆も照らしてあげるけど・・・」


 横須賀「けど、何だ?」


 キュアハート(キャーリサ14)「好きな人はもっ〜〜と明るく照らしてあげるからね!」ニコリ


 キュアハート(キャーリサ14)「指切りげんまんしてあげる!」スッ


 横須賀「・・・ああっ」


 ―ニギッ

 キュアハート(キャーリサ14)「はいっ。指切りげんまん♪(以下略」


 キュアハート(キャーリサ14)「指切った!」


 横須賀「・・・>>235」」
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 06:52:32.56 ID:uItzetzeO
ああ…しっかり約束したからなフッ

削板、横須賀、アックアって王室の旦那たちを見たら度肝を抜かれそう
横須賀とアックアってガタイ同じくらいだろうし
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 06:54:12.31 ID:jVkR5k2tO
その、だな…将来も出来れば最期まで隣にいさせてくれ
ハートとキャーリサ、両方の帰る場所に俺はなりたい、いわなる
237 :1  [saga]:2020/02/18(火) 06:59:49.44 ID:bhGLZ8BY0
 横須賀「ああ。そう、だな・・・しっかり約束したぞ」クスッ


 キュアハート(キャーリサ14)「えへへっ♪//」


 横須賀「・・・キャーリサ。将来も出来れば最期まで隣にいさせてくれ」


 横須賀「ハートとキャーリサ、両方の帰る場所に俺はなりたい・・・いや、なってやる」


 キュアハート(キャーリサ14)「うんっ!//なってほしいな//」ニコリ


 横須賀「任せろ。期待しててくれ」


 キュアハート(キャーリサ14)「はーいっ//」




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:10:05.61 ID:jVkR5k2tO
膝の上に乗せてハートの肩に優しく手を乗せて目を瞑る横須賀
口下手だが誓いのキスなのかなと苦笑するハート
そしてそっと重ねる唇
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:14:18.18 ID:8nDbNQTQO
横須賀ってスキルアウトのトップだからだいたい18歳くらいかな
14歳のハートに恋してもセーフか

積極的に動き横須賀と添い寝しない?と提案するハート様
240 :1  [saga]:2020/02/18(火) 07:22:52.17 ID:7nWOJSWpO
 キュアハート(キャーリサ14)「ふふ♪//やっぱり横須賀のお膝の上はいいなぁ〜♪//」パタパタ
 
 
 横須賀「そうか・・・」


 キュアハート(キャーリサ14)「うん!//暖かくて安心するって言うか・・・//」


 横須賀「・・・」ジッ・・・


 キュアハート(キャーリサ14)「・・・?。どうかしたの?」


 横須賀「・・・キャーリサ」スッ,ポンッ


 キュアハート(キャーリサ14)「う、うん・・・?//」ドキドキ


 横須賀「・・・」ズイッ


 キュアハート(キャーリサ14)「(あ・・・顔が、近づいて・・・//)」ドキドキ


 キュアハート(キャーリサ14)「(・・・誓いのキスかな・・・?//)」クスッ


 ―・・・ちゅっ

 キュアハート(キャーリサ14)「んっ・・・♥///」


 横須賀「っ・・・//」
 

 ―ちゅぷっ・・・ちゅっ ちゅぷ・・・
 
 キュアハート(キャーリサ14)「ん、ふっ・・・♥///」

  
 キュアハート(キャーリサ14)「(優しいキス、してくれてる・・・♥///)」


 横須賀「、ん・・・//」


 キュアハート(キャーリサ14)「(>>241)」
 



 >>239 せうせう
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:28:19.39 ID:Tf+pIdoGO
好きな人とキスするってこんな温かい気持ちになるんだ…
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:30:06.14 ID:v0MgD1LyO
年上のキャーリサと年下のハート両方を共に愛せるってかなりすごいことじゃないか!

なんか頭がポーっとしてきちゃった
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:32:47.61 ID:QnNbsJbvO
多分ここほど横須賀が幸せなssは無いと思うな…
だがそれがいい安価下
244 :1  [saga]:2020/02/18(火) 07:51:47.03 ID:7nWOJSWpO
 キュアハート(キャーリサ14)「(なんか頭がポーっとしてきちゃう♥///)」ポーッ


 ―ちゅうっ・・・ちゅっ・・・

 キュアハート(キャーリサ14)「んうっ・・・♥///ん、んっ・・・♥///」


 横須賀「っ、・・・//」


 キュアハート(キャーリサ14)「んん・・・♥///」
 

 ―ちゅぷっ ちゅうっ・・・ちゅっ・・・

 キュアハート(キャーリサ14)「(好きな人とキスするって・・・//)」


 キュアハート(キャーリサ14)「(こんなキュンキュンするんだ・・・♥///)」トロン


 ―・・・パァァァアア

 ―パキュンッ 

 キャーリサ「ん・・・///」


 横須賀「・・・っはぁ//」


 キャーリサ「ん、はぁ・・・///」チュパッ


 横須賀「戻ったのか・・・//」


 キャーリサ「・・・キスが、気持ちよすぎて、変身が強制解除されたし//」


 キャーリサ「>>245




 >>242 一粒で二度美味しいとはこのこと
 >>243 どっかのSSで、まだ縦ロール時代だった潤子ちゃんと付き合ってるSSがあったすね
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:56:14.59 ID:QnNbsJbvO
横須賀と潤子ちゃんってすごい組み合わせすぎる…

こんなに長くしたのは久しぶりだな…
今度は素の私ともいいか?
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 07:58:27.95 ID:FUtSIFN4O
とある魔術の禁書目録ssはたまに何だこの組み合わせ!って言うのがあっていい
ましてやそういうのに限って正統派で面白いのもグッド
247 :1  [saga]:2020/02/18(火) 08:01:33.96 ID:7nWOJSWpO
 キャーリサ「こんなに長くしたのは久しぶりだな・・・///」


 横須賀「そうだな・・・」


 キャーリサ「・・・横須賀///」


 横須賀「ん?」


 キャーリサ「今度は・・・私とも、いいか?///」


 横須賀「・・・ああっ」


 ―ちゅぷっ・・・

 キャーリサ「ん、ふぅっ・・・///」


 横須賀「、っ・・・」


 ―ちゅうっ ちゅぷっ・・・

 キャーリサ「ん、ぁ・・・///んんっ♥///」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 08:04:53.59 ID:FUtSIFN4O
経験がないキャーリサだがこの日のためにとイメージトレーニングはしていたようで舌を横須賀の口内へ侵入させる
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 08:05:23.59 ID:Lngw0/y1O
↑+キャーリサが抱きついてくるのでハグしかえす横須賀
250 :1  [saga]:2020/02/18(火) 08:33:21.19 ID:7nWOJSWpO
 キャーリサ「んむっ・・・♥///」


 キャーリサ「(やられ、っぱらしはっ//性に合わないのっ//)」

 ―ギュッ・・・

 ―レロッ にゅるっ・・・


 横須賀「ん・・・//」


 ―ちゅるるっ ちゅぷっ・・・ ちゅうっ・・・

 キャーリサ「は、ぁ・・・♥///んっ♥///んぅっ・・・♥///」


 キャーリサ「(こ、これで、いいのか・・・♥?///)」フーッフーツ


 横須賀「(・・・よく頑張ってるな/)」


 ―ギュウッ

 キャーリサ「んんっ・・・♥///」


 横須賀「っ・・・//」


 ―レロッ ちゅぷっ ちゅるるっ・・・ちゅうっ・・・

 キャーリサ「ん、ふ・・・♥//ん、あぅ・・・♥///」


 横須賀「(>>251)」
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 12:04:54.05 ID:Lngw0/y1O
全部受け止めてやるからな…
252 :1  [saga]:2020/02/18(火) 15:39:02.33 ID:7nWOJSWpO
 横須賀「(慌てなくても焦らなくてもいい・・・//)」


 横須賀「(全部、受け止めてやるからな・・・//)」


 ―ちゅぷっ レロッ ちゅるるっ・・・ ちゅうっ・・・

 キャーリサ「んっく・・・♥///んっんん・・・っ♥///」


 横須賀「、・・・//」


 キャーリサ「(横須賀・・・♥///)」


 横須賀「・・・っ//」


 キャーリサ「っ、はぁ・・・♥///」チュパッ


 横須賀「んっ・・・//・・・満足したか?//」


 キャーリサ「ん・・・♥///」クスッ


 キャーリサ「>>253
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 17:48:42.55 ID:Lngw0/y1O
こんなふうにするのは結構好きになりそうだし…
254 :1  [saga]:2020/02/18(火) 18:10:09.41 ID:7nWOJSWpO
 キャーリサ「こんなに、するのは・・・♥//」


 キャーリサ「結構好きになりそうだし・・・♥//」クスッ


 横須賀「それなら・・・よかったな//」クスッ


 キャーリサ「・・・横須賀♥//愛してるの・・・♥//」ギュウッ


 横須賀「俺もだ//」ギュウッ


 キャーリサ「ふふ・・・♥//相思相愛、だな♥///」


 横須賀「ああ。その通りだな・・・//」ナデナデ


 キャーリサ「(・・・嬉しすぎて、泣きそうだし//)」ウルッ


 横須賀「?。目がどうかしたのか?」


 キャーリサ「あっ・・・//」


 キャーリサ「・・・その・・・///」


 横須賀「ん?」


 キャーリサ「ーーー」



 台詞
 ↓2
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 18:12:26.26 ID:Lngw0/y1O
き、気持ちが昂ぶってしまってな…
……キチンと言ってなかったが、恋人行く行くは妻として付き合って欲しいし
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 18:13:05.79 ID:IFG91JMoO
私の軍事を隣で毎日支えてくれないか?心を支えるのは横須賀しかいないし//
257 :1  [saga]:2020/02/18(火) 18:27:21.21 ID:7nWOJSWpO
 キャーリサ「き、気持ちが昂ぶってしまってな・・・///」グシッ


 横須賀「大丈夫か?」ナデナデ


 キャーリサ「ん・・・//」コクリ


 キャーリサ「・・・そういえば、キチンと言ってなかったの//」


 横須賀「何をだ?」


 キャーリサ「告白を、だし//・・・ふぅーっ//」


 横須賀「・・・」


 キャーリサ「恋人、行く行くは妻としてを前提に付き合って欲しーし//」


 キャーリサ「そうして・・・私を隣で毎日支えてくれないか?//」


 キャーリサ「心を支えるのは・・・横須賀しかいないの//」


 横須賀「>>258
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 18:36:08.54 ID:9VfTHs5KO
……心構えをしていたつもりだが改めて言われると緊張するものだな
不束者だがよろしく頼む
259 :1  [saga]:2020/02/18(火) 18:51:11.49 ID:bhGLZ8BY0
 横須賀「・・・心構えをしていたつもりだが・・・//」


 横須賀「改めて言われると、緊張するものだな//」クスッ


 キャーリサ「そ、それは私も同じだしっ//」


 キャーリサ「もっと言えば私の方が緊張したの!//」プンスコ


 横須賀「ははは・・・すまん」クスッ


 横須賀「・・・キャーリサ」ギュウッ


 キャーリサ「・・・うん?//」ギュウッ


 横須賀「不束者だが、よろしく頼む」


 キャーリサ「・・・こちらこそだし//」ニコリ




 どうする?orどうなる?
 ↓2
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 18:59:32.03 ID:aTi9eVT7O
夫婦としてのこれからを聞いてみる横須賀
思ったより大変そうでたじろぎつつも気合を入れる
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 19:00:41.72 ID:f83qeBsXO
キャーリサの潤んでる眼に気が付き抱き寄せて拭いてあげる横須賀
そしてそのままどんな夫婦になろうかと盛り上がる
262 :1 [saga]:2020/02/18(火) 19:59:57.63 ID:bhGLZ8BY0
 キャーリサ「ふふっ・・・//グスッ


 横須賀「・・・」フキ


 キャーリサ「ん・・・//ありがとだし//」


 横須賀「気にするな。・・・結婚後は、どのような夫婦になりたいんだ?」


 キャーリサ「それは当然・・・//」


 キャーリサ「今よりも、もっと幸せな関係を築きたいの//」クスッ


 横須賀「今よりもか・・・悪くないな」クスッ


 キャーリサ「その為には横須賀も少しは王室について学ばなければならない事が沢山あるし//」


 キャーリサ「フレンダは三日三晩、サバ缶を食べながら何とか全部把握したんだからな//」


 横須賀「・・・それは大変だな」


 キャーリサ「>>263
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 20:04:13.56 ID:dpi86Hbr0
一歩間違えりゃ大変だし
264 :1 [saga]:2020/02/18(火) 20:10:10.42 ID:bhGLZ8BY0
 台詞
 >>265
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 20:21:38.37 ID:f83qeBsXO
表立ってべた褒めはしないがよく頑張ってたし
横須賀にもできると信じてるぞ
266 :1 [saga]:2020/02/18(火) 20:46:13.28 ID:bhGLZ8BY0
 キャーリサ「表立ってべた褒めはしないが・・・よく頑張ってたの」


 横須賀「それなら・・・」


 横須賀「俺も気合を入れなければならないな」


 キャーリサ「横須賀も、学んで覚えられると信じてるし」クスッ


 横須賀「だといいが・・・」


 キャーリサ「私も手伝ってやるから、頑張ってほしいの」


 横須賀「そうか」


 キャーリサ「んっ//言ったろう?//」


 キャーリサ「フィアンセとして当然のことだと思ってるし、って//」


 横須賀「あぁ、そうだったな」クスッ


 横須賀「>>267
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 20:47:52.04 ID:dpi86Hbr0
英王室の勉強をきっちりとやり遂げようか
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 20:52:18.23 ID:9FoM7ARhO
キャーリサの横に立てるくらいの男になるさ、さっきの指切りは守る
269 :1 [saga]:2020/02/18(火) 21:22:53.08 ID:bhGLZ8BY0
 横須賀「王室の勉強をきっちりとやり遂げようか」

 
 キャーリサ「その意気だしっ//」クスッ


 横須賀「・・・ちなみにだ。具体的にどんな事を覚えればいいんだ?」


 キャーリサ「まぁ、まずはイギリス全土にある財政機関及び軍事ネットワークの把握」


 キャーリサ「経済政策はもちろん、国民達の指示を得る方法や」


 キャーリサ「魔術師が所属している十字教三大宗派などの公的な宗教組織や魔術結社の把握を」


 キャーリサ「主に覚えるの」


 横須賀「・・・(本当に大変だな・・・)」


 キャーリサ「>>269
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 21:26:52.77 ID:/XyvkWiHO
軍事に関してはこのキャーリサ直々に教えるからそう身構えるでもないの
座学だけでなく実技でも教えるし
271 :1 [saga]:2020/02/18(火) 21:41:34.10 ID:bhGLZ8BY0
 キャーリサ「軍事に関しては、このキャーリサ直々に教えるからそー身構えるでもないの」


 キャーリサ「座学だけでなく実技でも教えるし」


 横須賀「ふむ・・・それなら俺でも問題はなさそうか」


 キャーリサ「私も、そー思うし」クスッ


 横須賀「・・・しかし、イギリスの財政機関や宗教組織と魔術結社だったか?」


 横須賀「それを覚えるのは骨が折れるかもしれないな・・・」


 キャーリサ「大丈夫だし。フレンダも最初はどれから覚えればいいのかわからない状態だったし」


 キャーリサ「だから誰でもそう思うから、気にする事はないの」


 横須賀「・・・それを聞いて安心した」


 キャーリサ「ん・・・まぁ、今はこうして・・・恋人らしくしたいし//」ギュウッ


 横須賀「ああ・・・そうだな」クスッ




 視点変更

 ヴィリアン♥アックア
 小牧 feat新たなる光

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定) 
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 21:45:43.67 ID:/XyvkWiHO
新たなる光
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 21:45:49.59 ID:Ppuypo8HO
ゔぃりあく
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 21:46:01.93 ID:36PdgPqFO
第三王女
275 :1 [saga]:2020/02/18(火) 22:08:47.46 ID:bhGLZ8BY0
 -ウィンザー城 第三王女室-

 ヴィリアン「うふふふっ///ウィリアム〜///」スリスリ


 アックア「(どうしてこうなってしまったのであるか・・)」


 アックア「(キバットU世がくれたオレンジジュースと書かれているだけのラベルの飲み物)」スッ


 ―ペラン・・・ 
 
 アックア「(ウォッカではないかっ!)」


 ヴィリアン「えへへ・・・///」


 アックア「(絶対にわざと渡してきたのであるな・・・)」ワナワナ


 ヴィリアン「・・・むぅ〜〜〜!//ウィリアム!///」


 アックア「は、はい?」


 ヴィリアン「>>276
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/18(火) 22:10:40.55 ID:36PdgPqFO
そんなに怖い顔しないで見ててください〜
カッコいい顔がだちなしでふよ
277 :1 [saga]:2020/02/18(火) 22:13:41.81 ID:bhGLZ8BY0
 今日はここまで。
 おやすみなさいませー
278 :1  [saga]:2020/02/19(水) 06:07:25.52 ID:aRSyzsmV0
 ヴィリアン「そんなに怖い顔をしないでください〜///」プンスコ


 アックア「も、申し訳ない・・・」アセアセ


 アックア「(これはかなり酔っているのである・・・)」


 ヴィリアン「カッコいい顔が、台無ちでふよ〜///ほらほら〜///」ズズイッ


 アックア「あ、あの・・・」

 
 ヴィリアン「こうして・・・///うふふ///笑っているお顔も素敵です///」ニマー


 アックア「・・・」ムニーッ


 アックア「(早くなんとかせねば)」


 ヴィリアン「>>279
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 06:16:26.48 ID:gcg6lvPFO
ウィリアムもっとこっちに来てください〜
こうやってくっつけるなんて幸せなんですよ〜!
280 :1  [saga]:2020/02/19(水) 07:19:51.65 ID:PhSN11tLO
 ヴィリアン「ウィリアム〜///もっとこっちに来てくださいな///」キャルン 


 アックア「ヴィ、ヴィリアン様。今、お水をお持ちいたしますので」


 ヴィリアン「む。こうやってくっ付いててください!」ヒシッ


 アックア「い、いえ、喉が乾きましたので」


 ヴィリアン「でしたらこちらのオレンジジュースを///」


 アックア「やはり喉は潤っていたのでそれは結構です!」アセアセ


 ヴィリアン「じゃあ、こうしててください///」ギュウッ


 ヴィリアン「幸せなんですよ〜///」


 アックア「・・・>>281
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 07:23:29.71 ID:SRnwWdKqO
ヴィりあん様がこんなに甘えてくるなんて最近だと記憶にないのである
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 07:24:20.81 ID:afLXubHDO
あんまりくっつくと緊張しますので…
今日は構いませんが
283 :1  [saga]:2020/02/19(水) 07:50:41.41 ID:PhSN11tLO
 アックア「構いませんが・・・あんまりくっつかられると緊張しますので」


 ヴィリアン「えぇ〜〜//イヤなんですか?//」ションボリ


 アックア「い、いえ、そんなことは滅相も・・・」


 アックア「ヴィリアン様がここまで近付いてくださるとは、近頃でも記憶にございませんので」

 
 ヴィリアン「でしょう///ですから・・・///」


 ヴィリアン「今は、こうして甘えたいんです♥///」ニコリ


 アックア「・・・そうですか」


 ヴィリアン「はぃ〜・・・///」ヒック




 どうする?orどうなる?
 ↓2
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 07:52:33.61 ID:ju5CpddtO
ヴィリアンに押し倒されるアックア
ただ安全面を考えた考慮でベッドの上に倒れることができてホッとするも胸板に顔を埋めてきて胸が高鳴る
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 07:54:45.40 ID:puxQaOvjO
↑+出来心で顎の下をくすぐるウィリアムに満更でもない第三王女
2世がさらなる弱点をツンデレ気味に教えては去っていく
286 :1  [saga]:2020/02/19(水) 08:16:28.07 ID:PhSN11tLO
 ヴィリアン「んふふ〜♪///」スリスリ


 アックア「・・・」


 アックア「(猫のようであるな・・・)」コショコショ


 ヴィリアン「ん・・・///」


 アックア「!?。あっ、いや、も、申し訳ないっ。つい出来心で」アセアセ


 ヴィリアン「・・・もっと///」


 アックア「はい?」


 ヴィリアン「もっとしてください///」


 アックア「・・・よ、よろしいのですか?」


 ヴィリアン「>>287
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 08:21:03.80 ID:puxQaOvjO
ええ、今日は甘えたい気分なんでふにゃーん
288 :1  [saga]:2020/02/19(水) 08:42:41.72 ID:PhSN11tLO
 ヴィリアン「ええ♪///今晩は貴方に甘えたい気分なんでふにゃーん///」


 アックア「・・・左様であるか」
 

 ヴィリアン「ほらほら///もっとしてください///」


 アックア「・・・」コショコショ


 ヴィリアン「ん〜///んふふ〜///」ゴロゴロ


 アックア「(本当に猫のようであるな・・・)」クスッ


 ヴィリアン「・・・ウィリアム///」


 アックア「はい?」


 ヴィリアン「えいっ///」

 ―ドンッ

 アックア「っ!?」ドサッ


 ヴィリアン「ぎゅ〜〜っ・・・///」ギュウッ


 アックア「あ、危ないではありませんかっ」


 ヴィリアン「>>289
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 11:48:55.10 ID:puxQaOvjO
ウィリアムなら受け止めてくれるとしんじてめしたから
290 :1  [saga]:2020/02/19(水) 15:17:03.75 ID:PhSN11tLO
 ヴィリアン「ウィリアムなら受け止めてくれるでしょう?///」


 ヴィリアン「そう信じてましたから♪///」


 アックア「・・・それは、そうかもしれませんが・・・」


 アックア「危険ですので、お止めください」


 ヴィリアン「はぁ〜〜い///」


 アックア「(本当にわかってくださったのであるか・・・?)」


 ヴィリアン「ウィリアムの胸は暖かいですね・・・///」スリスリ


 アックア「っ・・・//」


 ヴィリアン「>>291
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 17:42:03.52 ID:NA8GJQawO
香りも結構好きなんメスよクンクン
292 :1  [saga]:2020/02/19(水) 17:55:46.55 ID:PhSN11tLO
 ヴィリアン「香りも好きです・・・♥///」クンクン


 アックア「ヴィ、ヴィリアン様っ//」


 ヴィリアン「ん〜///」クンクン


 ヴィリアン「良い匂いがいます・・・♥///」クンクン


 アックア「っ!//」グイッ


 ヴィリアン「やんっ///」


 アックア「いい加減にしなければ、本当に・・・っ///」


 ヴィリアン「>>293
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 18:20:50.77 ID:NA8GJQawO
ダメですよ、ウィリアムのそういう顔見るのも好きですから//ムフフ
294 :1  [saga]:2020/02/19(水) 18:30:50.98 ID:PhSN11tLO
 ヴィリアン「ダメですよ///ウィリアム///」ギュウッ

 
 ヴィリアン「怒ってしまっては素敵な顔が台無しです///」ニコリ


 アックア「・・・っ///」


 ヴィリアン「ウィリアムのそういった顔を見るのも・・・好きですから///」


 アックア「・・・///」


 ヴィリアン「もっと見せてください///」ニコリ


 アックア「・・・ヴィリアン様///」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 18:46:17.68 ID:tVbiViyiO
隠れ肉食系なヴィリアンも美味しい
酔って見えるとかねえ…

それとなく腰に手を回して抱き寄せるアックア
自然と顔が近くなったので目を瞑るヴィリアンにつられて目を瞑りキス
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 18:47:31.17 ID:4bdhaIbuO
キバット2世にからかわれかけるもヴィリアンにたしなめられてタジタジに
297 :1 [saga]:2020/02/19(水) 19:29:33.74 ID:aRSyzsmV0
 アックア「・・・どこに行きませんので・・・少し降りていただけると」
 

 ヴィリアン「・・・はい///」ススッ


 アックア「・・・」ムクリ
 

 ヴィリアン「・・・ウィリアム?//」


 ―・・・ギュッ
 
 ヴィリアン「んっ・・・///」


 アックア「・・・//」
 

 ヴィリアン「・・・ウィリアム///」ジッ


 アックア「・・・ヴィリアン様//」
 

 ヴィリアン「・・・ん・・・///」


 ―ちゅっ・・・

 アックア「っ・・・//」
 

 ヴィリアン「ん、ふ・・・///」


 ヴィリアン「・・・ふあぁ///」チュパッ


 アックア「・・・>>298
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 19:49:59.45 ID:odhV2Tq5O
お酒の味が強いですね、なかなか上質というか…
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 19:50:27.36 ID:doAzWqxCO
こんな感じでやるとは思いもよらないというか…
300 :1 [saga]:2020/02/19(水) 20:25:26.32 ID:aRSyzsmV0
 アックア「お酒の味が強いですね・・・//」
 

 アックア「こんな感じで口付けをするとは・・・思いもよらなかったのである//」


 ヴィリアン「心地良くて・・・とても甘く感じます・・・///」


 アックア「まぁ・・・上質な味わいと言いますか・・・//」
 

 ヴィリアン「美味しいですか?///」クスッ


 アックア「・・・ええ//」
 

 ヴィリアン「ふふっ・・・♥///」ギュウッ


 アックア「・・・//」クスッ、ナデナデ
 

 ヴィリアン「>>301
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 20:33:34.97 ID:doAzWqxCO
もう一口いかがですか?
アックアと味わいたいです
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 20:34:14.46 ID:Af6IIZz4O
一緒に飲むと美味しいですから、それだけじゃないですけどね
ウィリアムの温かさに包まれてる感じでとっても幸せなんです
303 :1 [saga]:2020/02/19(水) 20:45:21.61 ID:aRSyzsmV0
 ヴィリアン「一緒に飲むと美味しいですからね//」


 ヴィリアン「それだけじゃないですけど・・・//」


 アックア「そうですか?//」
 

 ヴィリアン「ええ//ウィリアムの温かさに包まれてる感じで・・・//」


 ヴィリアン「とっても幸せなんです♪///」


 アックア「・・・そうであるか//」クスッ
 

 ヴィリアン「あの・・・もう一口いかがですか?///」


 ヴィリアン「アックアと味わいたいです♥///」


 アックア「・・・では・・・お言葉に甘えましょう//」
 

 ヴィリアン「どうぞ♥///」




 視点変更
 このまま

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 20:45:49.65 ID:Af6IIZz4O
このまま
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 20:45:59.31 ID:lEEn7I02O
だだあまにこのまま
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 20:46:03.12 ID:lpaIybx4O
へんこ)
307 :1 [saga]:2020/02/19(水) 20:53:20.90 ID:aRSyzsmV0
 アックア「っ・・・はぁ・・・//」
 

 ヴィリアン「はぁ・・・はぁ・・・♥///」


 アックア「(・・・しまった)」


 アックア「(歯止めが効かず・・・)
 

 ヴィリアン「は、ぁ・・・///ウィリアム・・・♥///」


 アックア「だ、大丈夫であるか?//ヴィリアン様//」アセアセ
 

 ヴィリアン「ふふっ・・・♥///随分と、情熱的でしたね・・・♥///」


 アックア「い、いや、それは・・・その・・・//」
 

 ヴィリアン「とても心が温まって・・・///」


 ヴィリアン「とても心地良かったですよ///」ニコリ


 アックア「・・・>>308
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 20:55:28.76 ID:RrB9IqPiO
酒の力は恐ろしいのであるな…
私は自分を自制しようとしましたがあなたの積極さに絆されたといいましょうか…
309 :1 [saga]:2020/02/19(水) 21:09:59.42 ID:aRSyzsmV0
 アックア「酒の力は恐ろしいのであるな//」
 

 ヴィリアン「?//お酒なんて飲んでませんよ〜?//」ヒック


 アックア「・・・私は自分を自制しようとしましたが//」


 アックア「貴女の積極さに絆されたといいましょうか・・・//」
 

 ヴィリアン「私だって普段は攻めてるんですよー!//」


 アックア「(今以上には大人しめであるがな・・・)」
 

 ヴィリアン「ウィリアムは私との結婚は楽しみですか〜?///」


 アックア「え?」
 

 ヴィリアン「え、っじゃないです!///重大な事なんですからっ!///」ヒック


 アックア「お、落ち着いてください・・・」アセアセ
 

 ヴィリアン「・・・///」ジーッ


 アックア「>>310
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:11:30.79 ID:JiSTCqRgO
楽しみではありますが…
毎日変える場所にあなたがいるということは間違いなく幸福ですから
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:12:22.89 ID:RsVtJjSoO
私の将来の夢の一つなのである
あなたからそう思われているなら本望です
312 :1 [saga]:2020/02/19(水) 21:19:07.64 ID:aRSyzsmV0
 アックア「もちろん、楽しみではあります//」


 ヴィリアン「どんな風にですか?///」ワクワク


 アックア「毎日変える場所に貴女がいるということは・・・//」


 アックア「間違いなく幸福なのでありますから//」


 ヴィリアン「私もそう思います//」ニコリ


 アックア「はい。・・・貴女がそう思われているなら本望です//」クスッ


 ヴィリアン「嬉しいです♪//・・・では・・・//」ズイッ


 アックア「、・・・?//」


 ヴィリアン「子供は何人欲しいでしょうか?///」


 アックア「・・・そ、それは、流石に聞くには気が早いのでは・・・」


 ヴィリアン「そんなことはありませんっ//」


 ヴィリアン「>>313
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:22:53.84 ID:7JrbSZttO
早めに子供を作らないとやっぱり私の体力の問題がありますから…
その出来ればたくさんの子に囲まれたいと思いますし…

結婚観というか子育てまで考えるあたり王室四人のうちヴィリアンが進んでるな
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:23:14.83 ID:Vn3oyeVCO
サッカーチームができるくらいというのが夢ですから…
315 :1 [saga]:2020/02/19(水) 21:34:06.99 ID:aRSyzsmV0
 ヴィリアン「早めに子供を作らないと・・・//」


 ヴィリアン「やっぱり私の体力の問題がありますから・・・///」
 

 アックア「そ、それは私も同じ・・・だと・・・///」


 ヴィリアン「嘘です!///ウィリアムが満足させてあげられるかどうかも・・・///」


 アックア「・・・あの、話しが逸れてしまっていますが//」


 ヴィリアン「あ//」


 ヴィリアン「ですから!///その・・・///」

 
 アックア「はい・・・?//」


 ヴィリアン「私は、出来れば沢山の子に囲まれたいと思いますし・・・///」


 ヴィリアン「お母様に孫の顔をお見せしてあげないです//」
 

 アックア「・・・>>316




 >>313 酒のせいでせう。
     一応、神華君もそれなりに・・・
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:38:50.54 ID:kzLw3ktLO
なるほどなるべく早めを所望されるということですか?
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:39:49.39 ID:b1eNba3xO
ちなみにですが子供がどのようにできるかはご存知ですか?
我々十字教の教徒は結婚をしてからではないと行けないのであるが…
318 :1 [saga]:2020/02/19(水) 21:45:50.37 ID:aRSyzsmV0
 アックア「ちなみに、ですが・・・」

 
 ヴィリアン「はい?//」


 アックア「我々、十字教の教徒は結婚をしてからではないと・・・」


 アックア「子を持つ事は許されないのであるが・・・」


 ヴィリアン「それは私も同じことです//」コクリ
 

 アックア「では・・・子を恵まれるには、どうすれば良いのか・・・ご存知ですか?//」


 ヴィリアン「ええ、それはもちろん//」
 

 ヴィリアン「キバットからもお母様からも詳しく聞いていますから//」


 アックア「(あのコウモリ擬きめ・・・)」


 ヴィリアン「ウィリアムは・・・まさか、ご存知ないのですか?」
 

 アックア「い、いえ!決してそのようなことは」アセアセ


 ヴィリアン「それならよかったです・・・//」ホッ


 ヴィリアン「>>319
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:49:21.88 ID:b1eNba3xO
それならばなるべく早く報告をしなければなりませんね…
神華たちはすぐ迎えちゃいそうですし…
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:50:44.52 ID:5qQ8wSZjO
キバーラは絶対Hをからかったり唆したりするだろうけど2世も応援してたのか…

私は初めてをウィリアムに捧げられるのでしたら幸せです…
321 :1 [saga]:2020/02/19(水) 21:54:32.77 ID:aRSyzsmV0
 ヴィリアン「それならば、なるべく早く報告をしなければなりませんね//」
 

 アックア「何をですか?」


 ヴィリアン「神華たちはすぐ迎えちゃいそうですし・・・//」


 アックア「ですから、何の話しを」


 ヴィリアン「ウィリアム?//」
 

 アックア「・・・はい?」


 ヴィリアン「結婚日の夜は・・・お覚悟してくださいね♪///」


 アックア「・・・肝に銘じておきましょう・・・//」


 ヴィリアン「はい//」ニコリ


 ヴィリアン「・・・ふあぁ〜・・・//」ウトウト


 アックア「・・・おやすみになられますか?」


 ヴィリアン「はい・・・//・・・ウィリアムも、一緒に・・・//」


 アックア「>>321
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 21:56:01.10 ID:5qQ8wSZjO
ええ…よければ私も隣でよろしいでしょうか?
323 :1 [saga]:2020/02/19(水) 22:02:11.57 ID:aRSyzsmV0
 アックア「ええ・・・//隣でよろしいでしょうか?//」


 ヴィリアン「隣以外にどこがあるのですか//」クスッ
 

 アックア「ソファでも」


 ヴィリアン「却下します//」ピシャリ


 アックア「はい・・・」



 ―コロン・・・

 ヴィリアン「ん〜・・・//ひんやり冷えてて気持ちいいです・・・//」


 ヴィリアン「ウィリアムも入ってください//」ポンポンッ


 アックア「・・・失礼します//」ギシッ


 ヴィリアン「ん〜・・・//」ギュウッ


 アックア「・・・//」ギュッ


 ヴィリアン「おやすみなさい・・・ウィリ、アム・・・//」


 ヴィリアン「すぅ・・・すぅ・・・//」スヤスヤ


 アックア「・・・安らかにおやすみを。ヴィリアン様」クスッ、ナデナデ


 ―ちゅっ・・・

 ヴィリアン「ん・・・♪//」



324 :1 [saga]:2020/02/19(水) 22:12:03.62 ID:aRSyzsmV0



 -イギリス セイヴェルンコープ SABAホテル 4号店 509号室-

 小牧@パジャマ「ではパジャマパーティーといきましょうか〜!」


 ランシス@パジャマ「わぁ〜〜♪」パチパチッ


 フロリス@パジャマ「わぁ〜」パチパチッ


 ベイロープ@ネグリジェ「パジャマパーティーなんて、いつ以来かしら・・・」


 小牧「あ、やったことあるんですか?」


 フロリス「うん。でも一度きりでやめたよ」


 ランシス「レッサーがふざけてお酒飲んじゃって・・・」


 ベイロープ「・・・私の胸とかお尻とか揉み拉きまくってきたのよっ///」


 小牧「あ、そ、それで乗り気じゃなかった訳なんですか・・・」


 フロリス「まぁ、今回はあのお調子者も居ないから大丈夫だよね?」


 ベイロープ「>>325
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 22:16:17.95 ID:31FrXjRUO
レッサーなら親愛なる彼とやることしてるんじゃない?
こうして小牧とみんなで話すとこができて良かったわ
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 22:17:04.81 ID:nb9lguh0O
確か風紀委員だっけ?
風紀委員じゃなければ新生新たなる光のメンバーにするくらいなのに…クッ!
327 :1 [saga]:2020/02/19(水) 22:17:41.71 ID:aRSyzsmV0
 今日はここまで。
 おやすみなさいませー

 花粉症辛す・・・
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/19(水) 22:18:06.19 ID:nb9lguh0O
誉望パパがヤミーのおもりをしてるのか
最近は割と懐いてるだろうしサシもよかろう
安価した
329 :1  [saga]:2020/02/20(木) 05:45:19.34 ID:faveveru0
 ベイロープ「レッサーなら親愛なる彼とやることしてるんじゃない?」


 ランシス「じゅ、10人も相手にしてるの・・・?///」


 フロリス「すげー・・・」


 小牧「(10人?)」


 ベイロープ「まぁ、こうして小牧と皆で話すとこができて良かったわ」ニコリ


 小牧「あ、はい!私もそう思っています」ニコリ


 フロリス「うんうん。流石お嬢様って感じがする」


 ランシス「レッサーよりも礼儀正しくて、おしとやかだよね」ニコリ


 小牧「いえいえ、そんなことないでよ〜//」テレテレ


 ベイロープ「もしも、小牧がイギリスに住んでたら」


 ベイロープ「新生「新たなる光」のメンバーにするくらいなのに・・・」

 
 小牧「>>330




 >>328 そうでせう。
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/20(木) 06:31:25.45 ID:blLylXrOO
!?
でと私魔術もな勉強したことないですよっ!
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/20(木) 06:32:50.14 ID:pFShN12ZO
いや〜でもベイロープさんたちみたいにすごくないですし…
普通の女子中学生なんですから
332 :1  [saga]:2020/02/20(木) 06:56:23.52 ID:faveveru0
 小牧「いや〜。でも、ベイロープさん達みたいにすごくないですし・・・」


 フロリス「(いやいやいや)」


 小牧「普通の女子中学生なんですから」


 ランシス「(いやいやいや)」


 小牧「それに、私魔術なんて使えないですよ?」


 ベイロープ「使えなくても十分に戦力にはなれるわ」


 ランシス「そうそう。小牧、すごい強いもん」


 フロリス「私は直接見たことないけど、2人がそう言ってるならそうなんだな」


 小牧「て、照れますね・・・//」ポリポリ


 フロリス「>>333


 ランシス「>>334
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/20(木) 07:04:50.94 ID:pFShN12ZO
謙虚なところも悪くないね、やっぱり強くなると過信や慢心が出てきちゃうけどそれもないし
見た目以上に大人だねウンウン
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/20(木) 07:06:54.13 ID:YCX7bf4RO
学園都市にいるから私はよく見るけど普通に強いと思うよ、悪い子たちを倒すだけじゃなくて諭してるし
うちの子にも困ったら行ってもらうようにしちゃおうかなフフフ
335 :1  [saga]:2020/02/20(木) 07:18:51.96 ID:DjlJWX7yO
 フロリス「見た目以上に大人だね。謙虚なところも悪くないし」ウンウン


 ベイロープ「本当にね。レッサーは見習うべきだわ」ハァー


 小牧「(レッサーさんどんだけなんですか・・・)」


 フロリス「やっぱり強くなると過信や慢心が出てきちゃうけど・・・」

 
 フロリス「それもないから、信頼できるよ」


 ランシス「うん。学園都市にいるから私はよく見るけど」


 ランシス「普通に強いと思うよ。悪い人達を懲らしめるだけじゃなくて、きちんと諭してるもんね」


 ベイロープ「(偉いわねぇ、ホント・・・)」ナデナデ


 小牧「ベ、ベイロープさん?//」キョトン


 ランシス「うちの子にも困ったら、小牧の所へ行ってもらうようにしちゃおうかな」フフフ


 小牧「うちの子?」


 ランシス「>>336
139.51 KB Speed:52.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)