【安価】ダーウィンズゲーム

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

180 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/01(日) 22:01:10.24 ID:x6tYAX6iO

シギルの詳細についてハッキリと分かっていれば多少自信を持てたのかもしれないが、十日経った今でも分からないものは仕方がなく、頼れるのは人一倍動ける身体そのものだった。

バーの扉に触れ、ギィと音を立てながらゆっくりと前へ押す。夏らしい全身に絡むようなジメッとした空気を浴びながら、バーを後にする。

転送先であるバーは地下にあったらしく、扉を出てすぐの斜面がそこそこある階段をゆっくり登る。

「会いませんように。会いませんように」

ルールにリングのやり取りには必ず戦闘をしなければならないというルールは無かった。しかしバトルロワイヤルモードとして、殺し合いは推奨されている。

見つかり、分が悪いと感じたとき差し出せる物は命しかないのか。手早くリングを集めればそれで見逃して貰えるかもしれない。

イベント開始前は「まぁ大丈夫でしょ」という謎の自信に満ちていたが、実際に始まると嫌な汗が滲み出るのがわかる。

階段を登りきり、その先の外と繋がる重い鉄の扉を押すと、眩しい陽の光を浴びる。


【安価です。
奇数:他のプレイヤーと遭遇
偶数:遭遇なし
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 22:06:02.89 ID:9jYsD8Z30
182 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/01(日) 22:13:32.83 ID:x6tYAX6iO
>>181 「9」 他のプレイヤーと遭遇
1:制服姿の女子高生
2:四十代ぐらいの小太りのおじさん
3:大学生くらいの男性2人組
4:左目に切り傷のある隻眼のカタギじゃなさそうな男性
5:制服姿の女子高生
6:目元に隈のあるスーツ姿の女性
7:???
8:大学生くらいの男性2人組
9:制服姿の女子高生
0:左目に切り傷のある隻眼のカタギじゃなさそうな男性
ゾロ目:シュカ
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 22:14:10.59 ID:6icjUtMDO
はい
184 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/01(日) 23:29:08.54 ID:x6tYAX6iO

>>183 「9」制服姿の女子高生】

さて、と一呼吸ついてトウカは異次元カメラを頼りに数年ぶりの渋谷を散策する。

ダンジョウ拳闘倶楽部にて聞いていた話の通り、プレイヤーでない一般人は強制的に退去させられている。

なんでもイベント開始時と同時にエリア内に居る一般人のスマートフォンから特殊な電子音が流れ、自然とエリア外に出るという信じがたい現象が起こっているらしい。

今回はその光景を見損ねたが、人が洗脳されている姿を特別見たい願望はトウカに無かった。

異次元カメラによると、最寄りのリングは六百メートルほど離れていた。見渡す限り人の姿は無く、また日陰も極端に少ない。日陰を壁伝いにリングのある場所まで辿り着くのは不可能らしい。

しかし裏を返せば待ち伏せするような場所も無いと解釈することもできる。

距離は六百メートル。体力には自信がある。全力で走り続ければ二、三分程度で着くだろう。
185 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/01(日) 23:29:43.91 ID:x6tYAX6iO

行くか、行かないか。

短時間であったものの、考えが一つの物事に集中していたせいか、すぐそばまで忍び寄る人の気配にギリギリになって気がつく。

「そ、そこに居るのは分かっているんだからっ!」

リングのある方面とは逆。バーへと続く階段のある扉からすぐ近くの路地裏から人影が覗いていた。

影だけでは背が分からず、男性か女性か分からない。

しかし、すぐに性別を知ることはできた。

「あ、影出てたのね。ごめんなさい、驚かせるつもりは無かったの」

そう言いながら路地裏から黒のローファー、紺のハイソックス、すらっと伸びた白い脚に、膝上数センチのチェック柄のスカート、紺のベストを着た女性が現れる。

見たところ年齢はトウカとそう変わらない。制服姿であることを加味して同い年か一つ違いだというのはすぐに分かった。


【安価です。
1・3・7・0:「よければこのイベント中だけ協力しない?」
2・5・6・9:「驚かせるつもりは無かったの。驚かせる前に殺れたらなって思ってたわ」
4・8:「あっちから人、来てない?」
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/01(日) 23:34:29.53 ID:9jYsD8Z30
187 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 08:27:53.19 ID:vYBpqwtcO

>>186 「3」
「よければこのイベント中だけ協力しない?」】

「えーと、一人よね?」

トウカは首を縦に振った。

初対面の相手とはどうにも口で話せない。根の暗さがこういう時に限って嫌になる。

「あぁ、よかった。団体行動はどうにも苦手でね? 私も一人なの。よければこのイベント中だけ協力しない?」

「協力?」

「えぇ。二人合わせてリングを六個集めるの。ポイントはどうでもいいわ。私は生き残りたいだけ。あなたがダイヤモンドとかを狙うんだったら、ちょっと考え直させて欲しいけれど」

一人で三個を集めるより、二人で六個を集める方が現実的だ。何よりも後ろをケアできる存在が大きい。

トウカにとっては願ってもない申し入れだった。

「私も、なんでもいいです。生き残れれば」

「そう? じゃあ契約成立ね」

小走りで近寄り、女性はトウカの手を取る。

「……かわいい。近くで見るとかわいいわね、あなた」

「か、かわ……?」

「ぱっちり二重でまつげ長くて、髪も────って、こんなこと話してる場合じゃないっ。まずは自己紹介ね」

女性は一歩、二歩と下がり、短いスカートの端を摘んで恭しく一礼をした。


【安価です。
今回は女子高生の名前を決めます。
このあと頭の良さ、運動神経、シギルと決めます。
下3までで案をお願い致します。】
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 08:38:24.05 ID:HzhuPiRD0
壬生 翔子(みぶ しょうこ)
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 08:45:25.65 ID:2ouX4dT70
諸星 琴音(もろぼし ことね)
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 08:46:45.59 ID:cvTpkC/DO
緑河 弥生 (みどりかわやよい)
191 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 12:08:38.20 ID:vYBpqwtcO

1.>>188 壬生 翔子(みぶ しょうこ)
2.>>189 諸星 琴音(もろぼし ことね)
3.>>190 緑河 弥生 (みどりかわやよい)
先に2票入った名前に決定します。】
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 14:54:27.83 ID:cvTpkC/DO
1
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 15:58:54.93 ID:OaiacpBs0
3
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 16:27:17.05 ID:pQZa5sZr0
3
195 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 21:19:06.63 ID:aoJ9SvKQO
【先に3票入ったため、緑河弥生に決定です。
次は頭の良さを決めます。
次の運動神経と決め方がちぐはぐで申し訳ありませんが、
トウカと同じくコンマ2桁を反転させて決めます。
「.28」 → 「82」
「.31」 → 「13」
以下、目安です。
200人の同級生のうち
01〜10:180番 トウカ
12〜30:150番
31〜50:110番
51〜70:70番
71〜80:50番
81〜90:30番
91〜95:10番
96〜97:1番
98:全国模試一位
11〜66までのゾロ目は81〜90の30番とします。
88は96〜97の1番とし、
99は98と同じ全国模試1位とします。
77もしくは00は素で世界関数とします。
下1のコンマ一桁を反転でお願い致します。
196 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 21:19:50.00 ID:aoJ9SvKQO
【先に3票ではなく2票でした。
安価は下1の二桁でお願い致します。】
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 21:21:24.90 ID:pQZa5sZr0
198 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 21:28:15.08 ID:aoJ9SvKQO
>>190 「90」→ 「09」
トウカと同じぐらいですね。
次に運動神経です。
1が最低、数字が上なほど運動神経が良くなります。
9よりも0の方が良いです。
また、ゾロ目の場合はコンマ一桁を優先しつつ固定で決めます。固定の値は7です。88か99、00以外のゾロ目が固定で7になります。

コンマ一桁:1(悪い)、5(普通)、7(学年トップクラス)、9(全国大会レベル)、0(世界レベル)
コンマ二桁がゾロ目:11(固定で7、学年トップクラス)、77(固定で7、学年トップクラス)、88(コンマ一桁を優先して8)、99(コンマ一桁を優先して9)
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 21:32:30.60 ID:OTkoziKT0
うりゃ
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 21:37:14.03 ID:cc5CMwSvo
脳筋ばっかじゃねえか
201 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 21:38:00.27 ID:aoJ9SvKQO
>>199 「0」 0(世界レベル)
頭の良さ同じくらい、運動神経はヤヨイの方が良いことになりました。
次にシギルを決めます。
下3までで案をお願い致します。
今回はコンマ2桁を反転させ、値が大きいものに決定します。

それと>>198にて>>190のコンマと書き込みましたが、>>197です。申し訳ありません。】
202 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 21:41:10.05 ID:aoJ9SvKQO
【申し訳ありません。
先にシギルのランクを決めます。
次に異能です。
Wikiを確認したところ、まず異能の種類が5種類に分かれていたりレア度が4種類あったりするようです。

まずはレア度から決めたいと思います。
下2番目のコンマ一桁
神話級・・・0
王級・・・2、5、7、9
超人級・・・1、4、8
獣級・・・3、6
また、コンマ2桁がゾロ目の場合は神話級です。

「神話級」 … 神の名を冠する本当に稀なもの(1%以下)
「王級」 …… 王や姫などの貴族の称号が入り強力な念動系が多い(4%以下)
「超人級」 … 機能そのものが名前になり個性的なものが多い(20%以下)
「獣級」 …… 動物の名を冠し身体強化系や五感拡張系となる(75%)と分類される

下1のコンマ1桁でお願い致します。】
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 21:42:31.80 ID:+0hNcviA0
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 21:42:46.38 ID:cvTpkC/DO
はい
205 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 21:54:40.46 ID:aoJ9SvKQO
>>203 「0」神話級
神様の名前にちなんだ強シギルですね。
それでは改めて下3までで、コンマ二桁を反転させて一番数字が大きいものにします。よろしくお願い致します。】
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:20:33.27 ID:ZqS/nmiq0
オオヤツヒメ
植物に命を与え自在に操る
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:21:31.36 ID:WNDR7VrZ0


ルドラ

能力者の背後から地鳴りが起こるほどの轟音の衝撃波が発生する。

相手は遮蔽物に身を委ねない状態で衝撃波の直撃を受けた場合
身体は軽く吹き飛ばされ、旧式テレビである砂嵐のような耳鳴りの症状がしばらく続き他の音が非常に聞き取れにくくなる。
立て続けに直撃を受けたら鼓膜が破壊される危険も及ぶ。


※行使者は"ルドラ"に一切干渉されない
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/02(月) 22:22:51.77 ID:2ouX4dT70
天照大神(アマテラス)

光を操ることができる能力。強い光で相手を目眩まししたり、ビームを出すことができ、他にも光で剣や弾丸など形を変えることが可能。ただし光なので鏡などは反射してしまうことあるがそれを利用して遠くにいる敵に当てることができる。
209 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 23:56:47.82 ID:aoJ9SvKQO
>>208 「77」天照大神に決定です。
光を操ることができる能力。
強い光で相手を目眩まししたり、ビームを出すことができ、
他にも光で剣や弾丸など形を変えることが可能。
ただし光なので鏡などは反射してしまうことあるが
それを利用して遠くにいる敵に当てることができる。】
210 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 23:57:26.20 ID:aoJ9SvKQO


「私は弥生。緑河弥生ね」

そう言ってヤヨイはスカートを摘んでいた左手ではなく、腰の胸の前で誠意を見せていた右手を差し出す。

「えっと、葛城冬華です。よろしくお願いします」

「歳は?」

「十六。今年の冬で十七」

「あ、ほんと? よかった。私も一緒」

トウカが手を取ると、ヤヨイはぎゅっと手を握り返し、微笑む。

至近距離で顔を見ることによって、一つ気がつく。

「綺麗な瞳……」

「ふふっ。瞳って。なかなか人の口からは出ないわよ? 普通は綺麗な眼とかっていうと思うけれど、そう言って貰えるのは嬉しいわ」

ぱっちりとした瞼の奥には翡翠の瞳があった。宝石と見紛う美しさとはこのことだと思う。
211 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/02(月) 23:57:53.19 ID:aoJ9SvKQO

「ぜひともエメラルドのリング欲しいわね。実物って見たことないから。私の眼とどっちの方が綺麗か感想聞かせてね?」

「う、うん」

お互い初対面だというのに、ヤヨイは気にせず饒舌に喋る。その流暢な口はイトウに通ずるものがあるが、あの時とは全く状況が異なる。

「さて。もちろんシギルの言い合いは無しよ。危なくなる前に助け合う。自分に余裕があって、相方が危なくなったら助ける。自分に余裕がなくて、相方が危なくなったら助けない。おーけー?」

「お、おーけー」

「うん。おっけーおっけー。まぁ安心してよ。私って強いから。シギル無しでもね」

シギル無しでも、と聞いて真っ先に思い浮かべたのは雪蘭の動きだった。目にも留まらぬ速さで、平気で腹を貫通させるほどの手刀を繰り出す技術。

暗殺術に特化した彼女はシギル無しでも十二分にDゲームの世界を渡り歩いて日本サーバーの第一位に君臨している。

そんな彼女とまで期待するのは野暮だが、一人よりもずっと心強いのは確かだった。

未だにシギルの詳細を知らない身としては、ヤヨイの存在はかなり心強い。

「じゃあ、どうしよっか」

自己紹介もほどほどに、行動に移る。


【安価です。ダイヤモンドのリングまであと5ターン
これからの行動でターンを消費していきます。
1.リングのところへ移動
2.バーへ戻り、ヤヨイと交流
また、この後の安価でヤヨイとの信頼度を決めます。
信頼度は交流することによって上げることができます。
信頼度によっては助けてくれる場合、
もしくは助けなければならない場合が出てきます。
ひとまずつぎの行動を下1でお願い致します。】
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 00:01:32.74 ID:nVgHUPRX0
2
213 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 00:12:31.37 ID:N2lt1yRcO
>>212 「2」 バーへ戻り、ヤヨイと交流
ヤヨイとの初期信頼度を決めます。
最高値は100です。90ぐらいが家族です。
信頼度は以下の仕様です。
トウカからヤヨイへ/ヤヨイからトウカへ
60(友達)/30(手助けはする)の場合、
トウカはヤヨイのことを友達だと思っていますが、
ヤヨイは「まぁ危なくなったら助けてあげてもいいかな」
ぐらいの関係です。
初期値は30/30です。
プラスアルファとして下1でトウカ→ヤヨイ、
下2でヤヨイ→トウカを判定します。
コンマ一桁×1.5倍をした値を初期値にプラスします。
下1と2でそれぞれお願い致します。】
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 00:40:09.49 ID:0Mt8mzjDO
はい
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 00:41:26.26 ID:nVgHUPRX0
216 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 00:48:53.13 ID:KNVInE4Q0
>>212 「9」 ×1.5倍で14 (今回のみ13.5から切り上げ)
>>213 「6」 ×1.5倍で9
トウカとヤヨイの関係は44/39になりました。
かけ算をしたときに小数点以下が発生した場合は次回以降は切り捨てに致します。
また、ゾロ目の待遇も記載忘れていました。
次回以降気を付けます。
今回はここまでです。
ありがとうございました。】
217 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 00:51:21.71 ID:KNVInE4Q0
>>216のレス指定がめちゃくちゃですね…
>>214の「9」、>>215の「6」です。
また、44/39は友達未満知り合い以上/知り合いです。】
218 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 22:02:06.48 ID:L9F4061mO

>>212 「2」バーへ戻り、ヤヨイと交流
残り4ターンでダイヤモンドのリング出現です
ターンの消費は一通りを終えてから次のターンへ移ります】

変わらず最寄りのリングは六百メートル先にあった。

ヤヨイとの出会いが無ければ、今ごろはリングを手にしていたか。それとも既に戦闘まで発展していたか。

そんなことを考えながら、トウカはバーへと続く扉を見る。

「この先、なにかあるの?」

「わたしの転送先だったバーがあって…」

「バー! いいわね、バー。無人だったのでしょう? せっかくだから行きましょう。普段は入れないところなのだし」

リング集めよりもバーへの興味が優ったヤヨイに手を取られ、バーへと続く扉を開く。地下へと続く階段を降りていくと、店名が刻まれた扉へと行き着く。
219 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 22:02:33.73 ID:L9F4061mO

まったくの躊躇なくヤヨイは扉を開け、中の雰囲気を愉しむように長細い店内を見渡す。

「ドラマで見たようなところね。雰囲気も良いし、欲しいくらい」

「欲しい……って」

「幸い、お金には困ってないからね。このイベントを生き残れたら買おうかなって。そうしたらトウカも招待してあげるね」

「それ、死亡フラグというやつでは…?」

「エイスと当たらない限りは大丈夫だって。リーダーの王のシギルもいまいち分からないけれど……個室なら勝機があるわ」

渋谷を拠点としているエイスのクランリーダーである王のことはダンジョウ拳闘倶楽部にて聞いていた。

クランの方針はやりたい放題で、特に王は人の指を瓶に詰めるのを趣味としている。血で赤く染まった水が入った大きな瓶の中には何十人もの指が詰められていると囁かれている。

その王を相手に勝機を見出すヤヨイは誇張なく、自信満々な笑みを浮かべていた。


【安価です。
1.「Dゲーム始めてどれくらい?」
2.「これからどうしよう」
3.その他
下1でお願い致します。】
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 22:08:58.36 ID:/0PlKsoS0
2
221 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 23:11:21.00 ID:L9F4061mO

>>220 2「これからどうしよう」】

ヤヨイは店主側に回り、辺りを物色し始める。

「好きに座ってていいよ」と言われたトウカは八席並ぶカウンター席の中、扉から五番目の席に腰をかける。

「んーと、んーと」

そう言いながら店内を物色したヤヨイは二つのグラスと炭酸水の入ったボトルを取り出す。

何の躊躇いなくキャップを捻り、プシュッと音を立てたボトルを傾け、グラスに注ぐ。

「ま、バチは当たらないわよ」

炭酸水の入ったグラスを手に取ったところで、共謀罪の肩を担いてしまったと後悔する。
222 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/03(火) 23:11:50.22 ID:L9F4061mO

「私たちの出会いに、乾杯」

「……乾杯」

店主側と客側で、互いにグラスを傾けてカチンと響く音を愉しんでから炭酸水を口に含む。

何の香料も入っていない炭酸水は全く味がなかった。

「さて」

グラスを置き、ヤヨイは真剣な面持ちで切り出す。

「彼氏は、」

「これからどうするか、だよね」

「連れないなぁ。そういうとこよ」

もしかして真面目ちゃん? と嫌そうな顔をしながら、天を仰いで「よしっ」と意気込む。

「いっせーので、でどうするかを言い合いましょう。あいにくだけれど、私はあまり頭が良くないの。直感を信じるタイプでね? ということで、どうかしらこの案は」

「私も、それでいいと思います」

「思いますって。同級生なんだからタメでいいわよ」

「……じゃあ、それで」

頭が良くないのはトウカも同じだった。運動がものすごく出来るわりには勉強ができず、しかし趣味は読書ということで「変なやつ」と言われた経験は数知れず。

論理的に考えるよりも直感を信じて突き進むというのはトウカの性に合っていた。

「いっせーので、」

考える時間も無しに、ヤヨイは切り出す。


【安価です。
1.「すぐにリング集め」
2.「しばらくここで待機」
2を選択した場合は2ターン消費し、
ダイヤモンドの出現まで残り2ターンになります。
下1の方お願い致します。
また、下1のコンマ一桁が「4」か「0」だった場合は襲撃ありです。
4と0以外のゾロ目はシュカです。】
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/03(火) 23:14:55.73 ID:0Mt8mzjDO
2
224 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/04(水) 22:00:49.37 ID:+CdTnnS9O

>>223 2「しばらくここで待機」】

「もう少しここで」

「夕方までバーで」

表現こそ違ったものの、二人の意見は合った。

「へぇ。一応聞いておくけれど、どうして?」

「……一人だったら今すぐにでも外に出てた。でも、二人なら戦闘を視野に入れて行動できるから」

「私もそんなところね。時間の経過と一緒にリングが強い人たちのもとに集まるのは必然だし、そこを叩きましょう。もしそれがエイスや花屋だとしたら、サイアクだけれど」

「花屋?」

「都内のDゲームプレイヤーの中で危険視されてる一人。なんでも植物を操るシギルらしいわ。それで花屋ってね」

ダンジョウ拳闘倶楽部に世話になっている間、Dゲームの詳細とエイスについてだけ教わった。

それ以外のプレイヤーについては全く知識がなく、そういった危険人物の情報は必ず武器になるだろう。
225 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/04(水) 22:01:41.43 ID:+CdTnnS9O

「その情報って、どこかで知れるの?」

「情報屋にお金を払えば、かなぁ。あとは自分の足で探したりね。手っ取り早いのは前者。でも、かなりぼったくられるわ」

お金を対価に情報を仕入れる。

まさしく情報屋の名に相応しい職務だった。得意なことをビジネスとして展開する姿勢は見習いたいな、とトウカは思う。

「あとはこの前、パンダくんが初心者にやられてたわね。その初心者がまだ生きているのかは知らないし、このイベントに首を突っ込んでいるのか……」

そのプレイヤーの正体は高くて知れなかった、とヤヨイはため息混じりの息を吐く。

「パンダ、くん」

「うん、パンダくん。顔バレが怖いのか、球団のぬいぐるみの格好をした人でね? 初心者狩りを好き好んでやってるやつよ。私はせいせいしたわね。右も左も分からない初心者を襲うなんて私のポリシーとは真反対」

「あぁ、うん……そう、だね」

そのポリシーには共感きる部分が大きい。

しかしトウカはそのポリシーから外れた者によりDゲームの世界へ誘われ、紆余曲折を経て命を助けられている。

とても複雑な思いを、炭酸水で紛らわす。

「それにしても、ほんと知らないのねぇ」

「ご、ごめんなさい……」

「いえ、そういうのはいいのよ。結局、私たちはイベント中だけ利用し合う関係なんだからさ。だから、今はマズイ。かなり情が移ってる。下手に命を賭してでも助けるなんて気にならないうちに、行動しないとね」

「……」

結局のところ、やはりそれがトウカの心を引きずる。

助け合う。けれど自分の命は賭けない。

それがこのイベント中に共同戦線を張る協定だ。

もしヤヨイが危険に晒されたとき、頭の悪い自分には何ができるだろう。

────そのときは、きっと。


【安価です。
5、7、0で特殊イベント
4で襲撃
その他で会話を続けます。
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 22:08:55.36 ID:CxJ2wnll0
227 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/04(水) 23:23:56.83 ID:+CdTnnS9O
>>226 「6」普通の会話】

「はい、真面目なお話はここまで。襲撃とか無い限りはDゲームに関する話は禁止ね」

パンパン、とヤヨイの手拍子が響く。

言葉の通り、真面目な話はここまで。これからはもっとプライベートの話をしよう、と意図が伝わる。

「トウカってさ。スポーツ得意でしょ」

「え、どうして?」

「さっきリングのところまで走ろうとしてたよね。狙撃とかあるかもしれないのに、あの距離を走ろうなんて運動神経に自信が無いと無理だって」

「あぁ……うん」

意を決して走り出そうとしている姿を路地裏から見られていたと思うと恥ずかしく、ヤヨイから目を逸らす。

基本的に動きを観察されることは好ましくない。

小学生の頃、全学年男女含めて足が一番早かったために体育の時間で走っている姿をクラスの全員から見られた経験が今でも鮮明に思い返される。
228 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/04(水) 23:24:24.09 ID:+CdTnnS9O

もはやトラウマも同然で、それ以来は普通を心掛けてきた。ただし勉強ができない分、体育の成績に直接影響する場面では本来の自分を見せていた部分もある。

「で、私も体力には自信があるのよ。頭は悪いけど」

「一緒……!」

「いや、そんな目を輝かせないでよ。勉強が出来ないと私たち学生が肩身が狭いんだって……って、あれ。トウカも勉強できないの? そんななのに」

いかにも文学少女、とでも言いたそうなヤヨイの視線はこれまで幾度となく浴びてきた。ただの同級生なら、いつも通り目を伏せてしまうところだが、ヤヨイ相手では違った。

「勉強は苦手。覚えること多くて、一度覚えれなかったものを後でまた使うって言われても……」

「あー、それね。わかるわかる。ほんと勉強するくらいなら死んだ方がマシってね」

「ううん、そこまでは……」

トウカは真面目に向き合いながら単純に覚えられないのに対して、ヤヨイは根本的に勉強を嫌っていた。

「あれー? うっそ。私たち完全に似た者同士だと思ったんだけどなー」と駄々のようにこねるヤヨイを横目に、トウカは炭酸水を口に含み、

────あぁ、楽しい

似た者同士との会話は楽しい、と心からそう思った。


【安価です。
ダイヤモンドのリング出現まで残り2ターン
あと2ターン後に強制でイベントが発生します
1.リング探し
2.バーでもう1ターン消化
下1でお願い致します。
また、コンマ1桁が「4」だった場合は襲撃です
ゾロ目の場合は何もありません。】
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/04(水) 23:36:40.93 ID:k/Xa2c5DO
1
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/05(木) 01:54:40.56 ID:MYA0aAW+O
これ行動してもしなくてもカナメ君がクリアして終わり?
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/05(木) 19:54:38.06 ID:Y7VYg4L4O
>>230
イベントルールを見て真の意味に気づけば主人公がクリアできたかもしれないけど、今回の主人公脳筋タイプだし気づかなかったからカナメがクリアして終わりだろうね

だからカナメ君がクリアする前に、ヤヨイちゃんの分も含めて6個リング獲得しないといけないね
232 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/05(木) 22:15:41.11 ID:3/02Ir0bO

>>229 「1」 リング探し
>>230 リング集めなくてもカナメがクリアしますが、強制的にイベントに巻き込まれます。
それとこの後の安価でルールの意図に気付くかもう一回だけ極少ない確率で判定します。】

「と、まぁいい時間ね」

似た者同士の雑談は種が尽きることなく、薄暗いバーの雰囲気をものともしないほど盛り上がった。

中学二年生の頃、クラス対抗リレーのアンカーを務めて学校史に刻んだ武勇伝について話したところでひと段落つき、ヤヨイはスマホの画面をトウカに向ける。

「あと百三十人。最初の半分以下になったわね」

「あぁ、うん……」

当初の参加人数は三百人だった。この短期間に百七十人もの人が命を落としたのか、と思うと胸の奥が痛くなる。全く知らない人で、もしかしたら自分の命を狙っていたかもしれない人に対して同情の念を抱く。
233 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/05(木) 22:16:16.84 ID:3/02Ir0bO

イベント参加は強制。もし誰もクリア出来なかった場合はリングを持ってないと死ぬ。当初の参加人数全員に三個ずつ行き渡るリングは用意されていない。取り合うしか道が残されていない状況に追い込まれたら、誰だって────

「トウカ。余計なこと考えないの」

「……でも」

「確かに参加してるのはみんな人。家庭を持っていて、家には親とか兄弟、子供だっているでしょう。会社ではその人がいないと仕事が回らないとか、クラスではムードメーカーとして親しまれていたり……」

「……」

「このゲームの基本仕様は、殺すか殺されるか。あんまり気負いすぎないようにね」

あれだけ楽しげに話していた時とは一転、ヤヨイは沈痛な面持ちでトウカから視線を逸らし、ふぅと息を吐く。

「まぁ、とはいえ。今回はリング争奪戦。別に殺して奪えなんてルールは無いわ。話の通じる相手なら、リングを渡せば見逃して貰えるかもね」

「あなたはそうする?」

「話の通じる相手ならそうする。話が通じない相手はポカンね」

可愛らしい表現で誤魔化しているが、ヤヨイの覚悟は決まっているようだった。
234 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/05(木) 22:16:49.24 ID:3/02Ir0bO

「そうと決まったら行きましょう。そろそろ日が暮れていい感じだわ」

「見つかる可能性が減るってこと?」

「まぁ、それも理由の一つ。もう一つは私のシギル」

と言いながら、ヤヨイは客側のスペースへ回って、そのまま唯一の出入り口へと向かう。

重厚な扉に手をかけたところで、

「最後に言い残すことは?」


【安価です。
1.「来週の土曜日、一緒に渋谷に来よう」
2.「できるだけ……頑張る」
3.「あなたのこと信用してもいい?」
4.その他
この選択肢の後で信頼度を決めます。
その他は常識的な範囲内でセリフをお願い致します。
下1でお願い致します。】
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/05(木) 22:18:39.87 ID:MS7QZMJDO
1
236 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/06(金) 07:10:24.66 ID:x32YnlgLO

>>235 「1」 「来週の土曜日、一緒に渋谷に来よう」】

息を呑む音がバーに中に響く。

不思議とそれが恥ずかしいとは思わなかった。

「来週の土曜日、一緒に渋谷に来よう」

トウカの決意に、ヤヨイは刹那的に驚いた表情を見せた後、ふふっと笑みをこぼして返答する。

「えぇ、ぜひ。喜んで」

よほど面白かったのか、「あー、おもしろい」と言いながら目元の涙を拭う。

「おもしろかった?」

「それはもう。トウカって渋谷とか普段来ないでしょう? それなのに行こうだなんて。無計画にも程があるわ」

「渋谷は……」

これまで目的があって来たことはない。

唯一思い返せるのは、一年半ほど前に妹と一緒に新宿近くのコンサートホールを訪れ、帰りに代々木公園で花見をしてから渋谷駅を利用した。

ブティック等に大した関心を抱かないトウカには今後も含めてまったくの無関係な地帯だと、自身でもよく分かっていた。
237 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/06(金) 07:10:51.54 ID:x32YnlgLO

「話の流れ、的な?」

「なにそれ。トウカってそういうこと言えたのね。でも渋谷に来るのは賛成よ。おそらくアナタは暇するでしょうから、私の服選びの後に良いところ連れて行ってあげる」

「本屋さんっ?」

「せっかくのお出掛けに本屋さんは勘弁。池袋よ。私、池袋の水族館の年パス持ってるの。同伴者は安く入れるから。あと、展望台とかプラネタリウムも安くなるって書いてあったかな」

本屋の選択肢を否定されたトウカだったが、魅力的な提案に目を輝かせる。水族館、展望台、プラネタリウム。普段行くことのない夢のような施設に高揚せずにはいられなかった。

「都内だったら水族館も展望台もプラネタリウムもたくさんあるでしょうに。行ったことないって、もしかしてインドア系?」

「外には出るけど、あんまりお金は使わないかな」

ただでさえ本以外に物欲が無いにも関わらず、本すらも家族で出かけた時に買ってもらっている。

そのため、おそらく一般的なお小遣いを毎月余らせて
貯金はたまっていく一方だった。
238 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/06(金) 07:11:22.27 ID:x32YnlgLO

友達とお茶をする、などの出費は生憎と無い。

「やっぱりトウカって変わってるわね。というか、ただ友達が少ないだけかしら。普通は友達と遊んだりでお小遣いが足りないって困窮するところなんだけどねぇ」

「う……」

「私がお金使わせてあげるわ。来週の土曜日に、ね」

だからDゲームのポイントを現金に換算せず、家の貯金全部持って来てね。

と言いつつ、階段を登った先。地上へと続く最期の扉を何の躊躇もなく開く。

むわっとした空気が全身を包む。夕方の渋谷だというのにまったく音がなかった。特定のプレイヤー以外の一般人の姿が無いからだろう。

「やっぱり。これならいける」

人が居ないというのに、渋谷の街は明るかった。

その輝きを空から見下ろしたらどれほどか。トウカはシギルの中には空を飛んだりするものもあるのか、ということを考えながら地上のアスファルトを踏む。

「さぁて。目標は二人で六個ね」

「……結構、固まってるね」

異次元カメラを通して三百六十度、周囲を見渡す限りではリングが独りぼっちになっている事は無かった。

必ず他のリングと共にある。この渋谷内で誰のものでもないリングは存在しない。

「あんまり固まりすぎてないところに行くわよ。そこがエイスの溜まり場だったらサイアクだから」

と、ヤヨイは先導してリングが二個固まっている方角へと足を進める。トウカはその半歩後ろをついていく形で、リング探しはようやくスタートした。


【安価です。
下1のコンマ1桁がトウカ→ヤヨイの好感度
下2のコンマ1桁がヤヨイ→トウカの好感度です。
現在は44/39で会話イベントをこなしたことにより、
47(危険な目にあっても助けてあげたい/42(可能な限り助けたい)
になりました。
プラスαで判定をします。
コンマ1桁マイナス5をして余剰分が上乗せされます。
「3」だった場合は3-5で-2となるためプラス無し
「8」だった場合は8-5で3プラスされます。
ゾロ目だった場合は固定で8プラスされます。
下1と2よろしくお願い致します。】
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/06(金) 07:29:37.35 ID:vj0C5VRD0
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/06(金) 07:30:36.61 ID:/gTD9DyDO
はい
241 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/06(金) 08:13:12.30 ID:x32YnlgLO
>>239 「5」5-5で0
>>240 「1」1-5で-4
どちらもプラスαの上昇は無しです。
トウカ/ヤヨイ
47(危険な目にあっても助けてあげたい/42(可能な限り助けたい)

次に会敵する相手です。
1・4・7・0:エイス
2・5・6・8:大学生くらいの男性2人
3・9:ダンジョウ拳闘倶楽部の人(イヌカイ等)
ゾロ目:???
下1のコンマ1桁ででお願い致します。】
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/06(金) 08:14:44.47 ID:rYCFMpAU0
えい
243 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/07(土) 22:08:09.72 ID:1bQ7FOaE0
>>242 「7」エイス
昨日は更新できず申し訳ありませんでした。】

可能な限り日陰を徒歩で進むこと十五分。

バーから最も近かったリングの反応まで三百メートルほどのところまで二人は忍び寄っていた。

「サーチ機能は使えないようだし、アレが私たちに気がつくことはないでしょうね」

と、異次元カメラでビル二棟越しにリングが集まっている場所をターゲットに決めたヤヨイは微笑む。

「サーチ機能?」

「Dゲームアプリの機能。1回1ポイントで対戦相手の位置が分かるみたい。高さはダメみたいだけれどね」

「高さ…」

例えば校舎を舞台にした場合、この位置というのは特定できても、それが1階か2階か3階かが分からない。

この機能について知っていれば、あんなにも校舎中を走り回らなくても避けれたのか、と今さら思う。
244 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/07(土) 22:08:47.90 ID:1bQ7FOaE0

「1回で10万円って……馬鹿げてるわよねぇ」

「でもそれで会敵を避けられるなら…」

もしこのイベントから無事に帰り、いつかDゲームに巻き込まれることになった場合はサーチ機能を有効に利用しようと肝に銘じる。

どうせこのゲームで保有しているポイントを日本円に換金するつもりは無い。単純にお金に困っていたとしても、アルバイトを始めるだろう。

「それで、あれ。狙うの?」

「もちろん。何人いるかは分からないけど……」

異次元カメラをそっちの方角に向け、リングの反応を数える。


【安価です。
下1のコンマ2桁を反転させます。
反転後の1桁目:リングの数
反転後の2桁目:プレイヤの人数
「24」の場合は「42」として、
リング4個、プレイヤー2人となります。
「0」は再安価いたします。
反転後の2桁目が0だった場合は、
下2のコンマを反転した二桁目をプレイヤーの人数とします。
ゾロ目の場合は特殊イベントです。】
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 22:10:11.11 ID:obj5HbyW0
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 22:24:22.82 ID:vpItZ5wf0
247 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/07(土) 22:32:50.13 ID:1bQ7FOaE0
>>245 「11」
ゾロ目のため特殊イベントです。
奇数:カナメ
偶数:王(エイスのリーダー)
下1のコンマ1桁でお願い致します。】
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 22:34:40.08 ID:79pUHLPDO
はい
249 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/07(土) 23:23:01.50 ID:1bQ7FOaE0

>>248 「8」 王(エイスのリーダー)】

「……やけにリングが多いわね」

ビル二棟先にリングが複数固まっていた。それはバーからでも異次元カメラ越しに見えていたが、実際に近付いて見るとその数はあまりにも多すぎた。

「反応が重なってて見えない部分もあるけれど、最低でも十は…二十、三十持っていてもおかしくないわ」

「それも一人が持ってる……?」

宝石がついたリングだけに、アクセサリーとしても見栄えが良いのだろう。異次元カメラ越しに、リングの反応が人の形を作っていた。

その周囲にリングの反応は無く、その存在だけが気味悪く目立っている。

「なーんか嫌な予感。一攫千金のチャンスではあるけれど、これはまずいわ。エイスの王とか花屋の可能性がある。あー、あと無敗の女王ね」

「無敗の女王?」

「そ。名前はシュカって言ったかな。未だ誰にも負けたことがないとか────あぁ、でも。噂だけれど、パンダ君を倒した新人プレイヤーがシュカを降参させたとかって小耳に挟んだわ。情報屋から買った情報じゃないから信憑性は無いけれどね」

初心者狩りに続き、無敗の女王まで。
250 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/07(土) 23:23:48.98 ID:1bQ7FOaE0

噂が確かなら新人プレイヤーはどれほどのセンス、もしくは強いシギルを与えられたのだろうと考える。

「シュカは鎖を操るそうよ。今回、彼女も参加しているようだからもしそれっぽい人を見かけたら逃げるように。それと例の新人プレイヤーもね」

特筆して警戒するべきプレイヤーは四名。

エイスの王、花屋、無敗の女王、そして新人プレイヤー。残り百人近くなったプレイヤーの中に、彼らはリングを着々と集めているのだろう。

その周りには、一体どれほどの血が流れているのか。

「……ほら、またヤなこと考えてる。今はあっちをどうするか。バレないうちに逃げるわよ。サーチ機能が無く、リングも持っていない私たちをこの距離で見つけるのなんて、シギルじゃないとムリ。もしそのシギルを持っていたら運が悪かったことにしましょう」

一刻も早く、と二人は多数のリング反応のあるプレイヤーから離れようと来た道を戻る。


【安価です。
奇数:エイスの構成員4名
偶数:エイスのリーダー王
奇数の場合でも王が立ち塞がる可能性あります。
下1のコンマ1桁でお願い致します。】
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/07(土) 23:26:54.86 ID:mUPjRHqD0
252 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/08(日) 22:42:44.60 ID:Kdv6ai7T0

>>251 「6」エイスのリーダー王】

「トウカ、バーまで全力で走るわよ」

「ぜ、全力っ?」

「えぇ、そう。この距離なら、わざわざ薄暗い道を通る必要はない。明るい道を正々堂々と全力で駆け抜ける」

でも、と言いかけたところでトウカは息を呑む。

リングを数十個保有しているアレに居場所がバレるのは他のプレイヤーにとっても避けたい出来事。

街灯近くを一定の速さで走るトウカらを撃ち抜くのは造作もない。しかしリングを保有していないプレイヤーを殺害するのと、リングを数十個保有しているアレに居場所を知らせるのは釣り合わない。

それどころか他のプレイヤーもトウカらと同様に接触を避けようとしているだろう。よっぽどの自信が無い限り、そして人を殺すことに快感を覚えていない限りは狙われることが無い、と二人は公道を走る。
253 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/08(日) 22:43:12.73 ID:Kdv6ai7T0

「そこの信号を左に────ッ!?」

左に抜けた先、目的地まで残り数百メートルのところで道路の真ん中に巨漢が立ちふさがっていた。

「おいおい、遅かったじゃねぇか」

威圧的な声色。ドレッドヘアに鋭い目つき。筋骨隆々なその身体は平均的な成人男性の腕さえ容易く折ってみせるだろう。

二人は確認するまでもなく、直感で分かった。

その男こそ、Dゲームプレイヤー界隈で悪名を轟かせている────

「エイスの……」

「王(ワン)……!」

「へぇ。知ってるんだぁ、俺のこと」

とことんシギルを利用して悪事を尽くす最低な人間に相応しい笑みに、二人は一歩後ずさる。

「まぁまぁ。別に今すぐ殺そうってわけじゃないからさ。俺様から聞きたいことは一つ。生き残りたいか、生き残りたくないか。それだけだ」

「……生き残りたい、と言ったら?」

「俺たちと仲良くしようよ。ほら」

ジャラリ、と腕につけた多数のリングを見せつける。その数は想定通り、二十を優に上回っていた。
254 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/08(日) 22:43:41.17 ID:Kdv6ai7T0

「このイベントか終わるまで残り半日と少し。俺たちに付き合ってくれたらリングを三個ずつやる。俺たちもハッピー、君たちもハッピーな良い条件だよなぁ」

「……下衆ね」

王には聞こえない声で、ヤヨイが言い捨てたのをトウカは心の中でだけ同意して表情には出さない。

「シンキングタイムは十秒。話し合ってもいいぜ。一人だけでも大歓迎だ。二人揃ってだと尚良し」

あぁ、でも。と、王は続ける。

「俺の流儀はテイクアンドテイクッ! この意味が分かるよな?」

「て、テイク……て、なに?」

「あぁ?」

トウカの真面目な質問に、王は顔をしかめる。

一瞬の間を置いて、ヤヨイの方を見やるとそちらも頭の上からクエスチョンマークを沸かせているような表情をしていた。
255 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/08(日) 22:44:24.74 ID:Kdv6ai7T0

「お前ら……あぁ、いいや。めんどくせぇ。一緒に来たら命は取らねぇ。一緒に来なかったらこの場で殺す。こう言えば分かるか?」

王の直接的な表現でようやく二人は意図を理解し、アイコンタクトを取り合う。

「さて。十秒だ」

カウントダウンが開始する。

「私は、あなたに任せる」

九秒、八秒、七秒。

刻一刻と制限時間が迫る。

「……わたしを信じてくれる?」

六秒。五秒。
256 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/08(日) 22:44:52.96 ID:Kdv6ai7T0

「えぇ。約束は守る主義なの。一緒に渋谷、行くんでしょう? なら一つじゃない」

四秒、三秒。

トウカは頷くと、王の方へ一歩近付く。

「にー、い。お、まだ一秒残ってたぜ?」

「いらない」

「へぇ」

興味深そうな視線を送り、返答を促す。

「で、どうするの? 生きたいか。死にたいか」

「わたしたちは……」


【安価です。
1.「あなたみたいな下衆に着いて行くくらいなら死んだ方がマシ」
2.「情報をあげるから見逃して」
3.「……生きたい。リングのことは約束して」
4.その他(状況に合ったもの以外は再安価させていただくかもしれません)
下1でお願い致します。】
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/08(日) 22:47:39.60 ID:HLr8nJbDO
1
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/08(日) 23:17:48.37 ID:SVnFHzTtO
吸い寄せられるかのように王に会ってしまったけど勝率どんなもんだろうね
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/09(月) 08:15:35.27 ID:IfVQmSwU0

どうなるかな?
260 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/09(月) 22:18:12.80 ID:8M6gChE4O

>>257 「1」「あなたみたいな下衆に着いて行くくらいなら死んだ方がマシ」】

キッと巨漢を睨みつけ、吐き捨てるように言う。

「あなたみたいな下衆に着いて行くくらいなら死んだ方がマシ」

「なら無理やりだな。死んでも────」

「忠告。がっつきすぎるのはモテないわよ」

一歩、二歩と。ヤヨイがトウカより前に出た。

近くにあった街灯に手をかざし、王の意識をトウカよりも自分に惹きつけようと挑発的な姿勢をとる。

「生憎だが、モテモテでたまんねぇんだよ。喉の潰れた命乞いをするようなやつらにばっかだけどなぁ」

「あら。それは失礼。醜い者同士お似合いね」

「……テメェ」

トウカにNOを叩きつけられたときは表情一つ変えなかった王だが、ヤヨイの挑発は癪に障ったのだろう。
261 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/09(月) 22:18:42.39 ID:8M6gChE4O

先にお前だ、とヤヨイの方へと向かって踏み出す。

「腕をへし折られても、足が無くなっても文句は言えねぇよな。あぁ、安心しろ。俺たちはそれでも愉しめるような連中だからよ」

「安心していいわ。私はそういう強欲で傲慢な男を嬲るのが趣味なの」

お互いが挑発し合い、その間も二人は近寄る。その距離は約十メートル。このペースでヤヨイの足だと十歩。王の足だと五歩まで迫る。

「よくよく考えたらアナタが居る限り渋谷で遊べないのよね。私、嫌いな物は先に食べてしまうタイプなの。何事も目につくものは先に消してしまおうってね」

「それは甘ぇな。俺は嫌いな物は捨てるタイプだ。いいじゃねぇか、捨てても。俺みたいな男には似合わねぇ。地を這う蟻が拾って食えばいいのさ」

「自分が蟻以下だということも理解していないだなんて。随分とお粗末な人形生物ね」

「……マジで死んどくか」

「えぇ、どうぞやれるものなら」

「予告する。一秒後、お前は首根っこを掴まれて命乞いをする」

「予告しましょう。あなたは私の前で膝をつく」

言い切る前に、王はヤヨイの視界から姿を消した。

言い終わると同時にヤヨイの背後に現れ、容易くヤヨイの首をへし折れるであろう五指で首を掴みにかかる。


【安価です。コンマ一桁。
4・8・0:王の先制攻撃
1・3・6・7・9:ヤヨイの先制攻撃
2・5:トウカ発砲(命中率は3割です)
王よりヤヨイの先制攻撃確率が高いのはシギルのランク故です。
下1でお願い致します。】
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/09(月) 22:19:22.56 ID:n3L9BVO20
263 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 00:00:08.00 ID:6+P6iJZ9O
>>262 「6」 ヤヨイの先制攻撃】

────この瞬間がタマラねぇ

男でも女でも、ごく稀に王の容姿に怖じけず果敢に立ち向かう姿勢を取る者がいる。

初見では理解できるはずのない絶対先制の異能。

虚空の王(ベルゼブブ)。

それが王がDゲームから与えられたシギルだった。

自分を中心として、半径五メートルまでの距離なら瞬間移動ができる。また、わずか一メートルほどとなってしまうが、空間を切り裂くことも可能だ。

人は前しか見えていない。突然背後に現れた人間の攻撃など避けれるはずがない。勘の良い相手でさえ、気付けても動けない。それがどんなシギルであっても。

実際に数えきれぬプレイヤーを殺して回った。会敵して半径五メートルまで近寄り、あとは背後に瞬間移動をしてから空間を切り裂く。
264 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 00:00:41.12 ID:6+P6iJZ9O

それでいつも、上手くいっていた。

「おそい」

────おかしい。何がおかしい。どうしてだ。

どうして俺の右肩が痛む。今の「どさっ」という音はなんだ。背中が痛ぇ。地面が冷てぇ。

「なにが、起こった」

「さぁて。なんでしょうね」

膝をつかせることは出来なかったものの、恰幅の良い腹を仰向けにしている姿はヤヨイの笑いを誘うのに十分だった。

「……あら、蟻以下ね。仰向けになってるわ」

ふふっ、と右手で口元を隠して挑発的に嘲笑う姿を見て、王は腹の奥が煮え滾る思いをバネに、
265 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 00:01:15.02 ID:6+P6iJZ9O

「ぶっ殺すッ!」

首の根を掴むのを辞め、いつもの連携で出し抜こうと考えた。背後に迫り、あとは切り裂くだけ。これを避けれた者はいない。いるはずがない。例えそれがランキング一位であたっとしても。

小生意気に嘲笑を浮かべる小娘のシギルは得体が知れない。未だに右肩が痛む。貫通してはいないようだが、地味に痛いのがまた癪に触る。

だが、これは油断したせいだ。可能であれば命はとらない。仲間内で廻すのはやめだ。俺一人でこいつに対して陵辱の限りを尽くし、蟻以下の存在にして棄てる────

「おまえ……っ!」

瞬間移動をした先、あとは右手を振りかざすだけ。

そう思っていたのに、瞬間移動をした先で。

「どうしてこっち向いて────」

「ワンパターンすぎ。拍子抜けね」

ヤヨイの両手元には光が集まっていた。それは可視化されたもので、とても眩い光は一帯を照らす。

まずい、と察した王は空間を切り裂くのを辞め、光から距離をとった。
266 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 00:01:42.37 ID:6+P6iJZ9O

「なんだ、それ……!」

「そう聞かれて教えるバカがどこにいるのよ」

両手でお椀の形を作り、口元に持っていく。

「ふ」

小さく、光の集合体に向けて息を吐く。

それは光の速さで王の脇腹を穿つ。

「ッ……なんだ、それェ……っ!」

一瞬、脇腹付近が痛んだものの致命傷ではない。右肩もそうだったが、殺傷能力は低いようだ。しかしそこそこ痛いものは痛い。何よりあの速さ。目にも留まらぬ速さで何発も撃たれたらたまったものじゃない。

得体の知れないシギルに、王は一歩下がった。


【安価です。
7・0:「チッ……めんどくせぇ」王 撤退
それ以外:「二人まとめて滅茶苦茶にしてやる」
ゾロ目:???
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/10(火) 00:03:52.27 ID:OJnYvc680
268 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 00:16:54.82 ID:6+P6iJZ9O
>>267 「7」王 撤退
明日の22時頃に更新します。
王がどうしても小物になってしまいます。
ここで倒すわけにはいかないというのも含めて、
上手に役を立たせれなくて申し訳ありません。
問題はトウカのシギルをどうするか、考えています。
Siriのように安価先でアドバイスを出す、というのも
なんだか微妙な気がしています。
壁の王についてアドバイスを戴けると幸いです。】
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/10(火) 01:06:54.84 ID:n54otPlK0
能力持ってる自分はある地点から分離した自身とか?
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/10(火) 01:24:08.61 ID:xz90UnXvO
まあ今のところ読者も知り得ない展開だから安価で自由にアドバイスというのも難しいわな

王級なんだからそれなりにチート性能でもいいと思う
アプリを使えばいつでも知り得ない情報を収集できるとか
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/10(火) 13:16:22.71 ID:Ur9Lx7Ae0
上手く説明できないけど、一定の範囲内を壁で覆うことができで壁の範囲内にある空間、あるいは人間の過去や未来を漫画やゲーム画面を見る感覚で観測することができるとか?
未来については観測された未来と違う行動をすることで(良い悪いは別にして)変えることができるみたいな
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/10(火) 19:34:38.21 ID:bFnoY5390
自身の携帯を相手に向けると薄い壁のようなものが現れて薄い壁の範囲に相手が入ると相手の情報を知ることができるとか?「物語を自分の有利になるよう書き換える」とかはよくわからないけど

この壁の王って能力正直よく分かんないけど(自分が分かってないだけだと思うけど)実際に壁を出すわけじゃなく安価とかそんな感じのことなんだよね?
273 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 22:35:36.24 ID:vSD44Ud6O

>>267 「7」 王 撤退】

「チッ……めんどくせぇ」

そう言い捨てて、王は踵を返す。

足取りは重かったが、それは負傷によるものではない。この場で敵対している二人を滅茶苦茶にしてやろうという意識がこの場に引き止めようとしている。

しかしゲームクリアを目指す王がこれ以上この場に留まることはできない。

苦渋の決断だったが、目的地へと急ぐことにした。

「逃げるのね」

「逃げねぇ。お前は絶対に殺す」

「後ろから刺してもいいのよ」

「お前のシギルに殺傷能力なんて無ぇだろ」

「小物相手だから使わなかっただけ」

「……ああクソ、ムカつきやがる……ッ!」

背を向けて頭をかく王の背を穿とうと、ヤヨイは右腕を伸ばし、人差し指を突き付ける。
274 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 22:36:10.74 ID:vSD44Ud6O

手に集まっていた光は指の先に集中する。それは肩や脇腹を狙った光線とは比べ物にならない。筋骨隆々な王をもってしても無事では済まないだろう。

「やめとけ。今は見逃してやるって分からねぇか」

「……」

ヤヨイは手を下ろした。人差し指の先に集まっていた光は霧散し、街灯だけが彼女らを照らす。

怠そうにその場を立ち去る王の後ろ姿に、ヤヨイは声をかける。

「予告するわ。あなたは出し抜かれる」

「出し抜かれねぇ。お前はぜってぇぶっ殺す。顔は覚えたからな」

「良い迷惑よ。さっさとくたばれ」

数メートル離れた距離でも十分に聞こえる舌打ちをして、その直後に王の姿は消える。

引いてくれたのか、逃げたのか。トウカにはその真意を汲み取れなかったが、ひとまずは退けた。

凶悪クランであるエイスのリーダー王を。
275 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/10(火) 22:36:40.13 ID:vSD44Ud6O

たった一人で容易くあしらって見せた彼女は今、

「……トウカ、来て来て」

その場から一歩も動かず、トウカの方を向いて手招きする。今さら彼女のことを信じられず罠を疑う、といった思考は一切働かなかった。

トウカはヤヨイのもとへ駆け寄ると、

「わっ」

「……ごめん」

ヤヨイはトウカの胸へと向かって崩れ落ちる。同じくらいの体型だったため、トウカがそれで押し倒されることはなかった。

「めちゃくちゃ怖かった……」

「無理、してたの?」

ヤヨイの背中に手を回し、優しく語りかける。

「そりゃあね。捕まったら何されるか分からないし。あなたのことも守りたかった。だから、似合わないことをした」

「……ありがとう。本当に」

「いいのよ。トウカの胸の感触でチャラね」

「ッ!」

ヤヨイのことを遠ざけようとするが、背中に手が回り逃れることができない。気が付けばヤヨイの足はしっかりと地についている。態勢からしても不利だと悟ったトウカは、

「……今回だけだから」

「えへへ。やったぁ」

命を助けられたことに加えて、拝むことは叶わなかったもののヤヨイが喜ぶ顔が想像できた。

安いものかな、とトウカは友達を抱きしめた。


【安価です。
1.「で、結局リング0個だね」探索
2.「あの人、どこに向かったんだろ」追跡
3.「さっきは本当にありがとう」会話
下1でお願い致します。
(王さんが冷静すぎるのはご容赦下さい。
ひとまず今はクリアを目指して小娘に
構っている暇はない、と……)】
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/10(火) 22:37:01.36 ID:zmpKQJyV0
3
277 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/11(水) 22:56:31.49 ID:FI/xBWFW0

>>276 「3」「さっきは本当にありがとう」】

王の姿が消えたのを確認して戻ってくる輩が居るかもしれない、と二人は辺りにリングの反応が無いことを確認して適当なお店に入る。

暗い裏路地よりも「あなたのことを守りやすいから」という理由でヤヨイが半ば強引にトウカを先導した。

「で、ケーキ屋さん?」

「無銭飲食なんてしないわよ。あ、バーではちゃんとお金置いてきたからね。市販の炭酸水ボトル半分で千円。よく知らないけれど、チャージ料も込みよ。……足りなかったかしら」

「……さぁ?」

そういったお店とは年齢的にも縁の無いトウカは頭を傾けることしか出来なかった。

鼻歌交じりにご機嫌にショーケースを眺めるトウカの横顔を見て、トウカはほっと息を吐く。

リングを多数持った相手を見つけた時からずっと気を抜くことも許されなかった。見つからないように、逃げるために、他のプレイヤーが戻ってくる前に。
278 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/11(水) 22:56:57.76 ID:FI/xBWFW0

気疲れした、とはこのことだろう。数キロ走る程度では呼吸一つ乱さない自信はあるが、今回は常に自分以外に気を配らなければならなかった。その疲れが今になってどっと来て、壁に寄りかかる。

「初心者のトウカには辛かったかな」

「……アナタに比べれば全然」

先の戦闘においてトウカは何もしていない。ただ啖呵を切っただけで、一切の戦闘行為をしなかった。

注意を引き、命を賭し、退けるまでに至ったヤヨイの苦労は知れない。ケーキ屋に店主が居たならば、好きなだけ食べてと促すことも厭わない。

「でもイベントはこれからが本番。危険視してた王は大したことなかった。奇襲もしくは……」

「うん、わかってる」

「……トウカがドジを踏まない限りは大丈夫。あとは花屋と無敗の女王と有望の新人プレイヤーの三人ね」

「無敗の女王と新人が組んでる可能性あると思う?」

「どうだろうねー。私には、ああいう人たちのことは分からないかな。何を考えているかなんて、理解したくもない」

一人殺せば殺人犯、十人殺せば英雄。

むかし読んだ本に、そう書いてあったことを思い出す。

新人プレイヤーはともかく、花屋と無敗の女王は確実に多数の人を殺めている。それこそ十人どころでは無いだろう。殺人犯でも英雄でも無い、もっと高いところで何を考えているのか。
279 : ◆yOpAIxq5hk [saga]:2020/03/11(水) 22:57:27.36 ID:FI/xBWFW0

その思考を理解したくないのはトウカも同じだった。

一度理解してしまえば、戻ってこれなくなりそうで。

胸の奥が痛むのを、深呼吸で紛らわす。

「さっきは本当にありがとう」

「私がしたいと思ったからしただけ。そのお礼はトウカの胸で返してもらった。それでお終いでしょう?」

「ううん。……わたし、やっぱり覚悟できてなかった。アナタほど戦う意識も、能力も。なのに口からは強がった言葉だけが出て、本当に……危なかった」

「……」

独白するトウカをヤヨイはただ傍観した。

宥めることも、近付くことさえせず。

「……ありがとう。ほんとうに」

頭を下げるトウカを見て、ヤヨイは目を逸らす。

視線のやり場に困り、天を仰いで蛍光灯へと右手を伸ばす。

「協力関係。私が危なくなったら助けてよね。それでチャラにしよう」

「でも、わたしのシギル……」

「シギルなんてどうでもいい。結果的に私の命が助からなくてもいい。けど、助ける姿勢だけは約束して。……裏切りとかそういうの、嫌なの」

物悲しそうに震える声は、トウカの心に響く。

「わかった。約束。絶対に助ける。もちろんあなたの命も。……生き残ろう、二人で」

「えぇ、もちろん。まぁ、私は強いから助けられる場面なんて無いと思うけどね」

「たしかに」

王を容易くあしらった実績のあるヤヨイはプレイヤーの中でも屈指の実力者であることは間違いない。

そのシギルについて、疑問が湧き上がる。


【安価です。
奇数:シギルについて
偶数:これからについて
ゾロ目:???
下1のコンマ一桁でお願い致します。】
176.39 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)