【ダンガンロンパ】花村「新人アイドルをプロデュース」【あんこ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/13(金) 19:47:53.35 ID:qmvCyl0eo
☆───今からそう遠くない未来


人類は絶望し切っていた。
耐えぬ混乱と破壊、そして全てを覆い尽くす闇。それらが人々を絶望に追いやっていた。

しかし、ある時そこに光が生まれる。

???「みんなー!まだ絶望するには早いよー!!」

その歌声はまるで天使。
その顔つきは勇敢な剣士。
世界を守るためいざ出師。

名を【舞園 さやか】と言った───


☆───それから1年後


??「んふふ……ぼくもあんな素晴らしいアイドルをこの手で作りたい……」

??「その為にこの扉を叩いたんだからね!」


こんこんこん がちゃ


??「初めまして!今日からこの事務所で働くことになりました……」


花村「花村 輝々だよ!よろしくね!!」てるてるーん


○ルールは>>2以降
○連投禁止の青春
○そんな某ピコハンPにはならないはず
○安価を守って楽しくデュエル

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1584096473
2 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/13(金) 19:52:00.88 ID:qmvCyl0eo
☆───基本方針
みんな(スレ参加者とぼく)でプレイヤー(花村輝々)を操作して、アイドルをプロデュースしよう

☆───目標
トップアイドル【舞園さやか】との対決とかデュオとかそう言う感じ

☆───判定について
基本はコンマ判定。日常含めてだいたい裏でコンマ判定しているよ。
一桁か二桁かはその時に指定されるよ。ただし特に指定がない時は一桁だよ。
←弱い 1~9 0 ぞろ目 66のぞろ目 99のぞろ目 三桁以上のぞろ目 強い→
※4は絶対に失敗し、44は致命的なミスをする
また00の時だけは特殊判定となるので気をつけようね!

☆───ステータスについて
必要に迫られたら説明するよ!

☆───そのた
基本的に柔軟に変更していくよ!



つまり、設定だけはかっちりとしてますがただの安価スレなので、みんな今回は安心して遊んでください。
44が出なければどうにでもなります。

44が出なければ。
3 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/13(金) 19:56:53.48 ID:qmvCyl0eo
★1日目★

社長「君が今日から働いてくれるというプロデューサーか!」

花村「え?ぷ、プロデューサー……?アイドルを作りたいなぁと思ってたけど、まさかほんとに作れるとは!」

社長「ははは、実は以前のプロデューサーは、アイドルたちと逃げてしまってね!」

花村「大分ヤバい事務所じゃないか!ぼくの給料は出るよね……?」

社長「多分ね!」

花村「うわああああ!?」


社長「……さて、早速だがすまない、アイドルをスカウトして来てくれないか?」

花村「はっ!」

社長「ほら、ひとりもいないから……」

花村「……そんな適当にスカウトして人は集まるものなのかな?うーん、でもやって見なくっちゃ分からないよね!」


☆───そと


花村「と意気込んできたはいいものの」

ざんざわがっがらがん

花村「人はたくさんいるけど……アイドルになってくれそうな人はあまり……」

花村「いや、そこで諦めちゃダメだ……!」



はいアイドル候補安価
↓5までで候補を出してね!実際のプロデュース1人目はさらにそこから絞ります
論破系キャラなら名前ありキャラ誰でも、出来れば学生で(学生じゃなくても何とかする)
論破系以外を書いた場合は覚悟するように
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/13(金) 20:10:29.77 ID:6l4FYrv10
澪田
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/13(金) 20:25:04.71 ID:M4q4XSRT0
赤松
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/13(金) 21:00:58.64 ID:7YB0Rxut0
言子
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/03/13(金) 21:02:24.55 ID:Z5+SLxnVO
まいぞのさんのグループのあやかさん
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/13(金) 21:03:18.05 ID:/3Gm0uO9O
罪木
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/13(金) 21:03:25.90 ID:kgvCzfh70
入間
10 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 13:46:45.16 ID:UEFPzhCBO
>>4-9
せっかくだしコンマも良いので入れますか……


花村「さて、誰かパクパク行けて可愛くてアイドルになれそうな良い子はいないかな?」





すたすた……どんむ


花村「うわっ!?」

??「あわわ、大丈夫っすか!?」

花村「うん、なんとかね。あ……」

特徴的な髪型をした彼女は、青年の前に立ち不安そうな表情をして見ていた。自分が怪我をさせてしまったらどうしようかと思っているようだ。

花村「ご、ごめんごめん。怪我はしてないから気にしないで!」

??「め、めんごっす……ちょっと急いでて」

花村「急いでる?」

??「あ、はい!いぶ……私、向こうのライブハウスで今からライブをやるんっすよ!」

ぺらっち

花村(ライブ……?)

??「それじゃあ!」

すたこらさっさ


花村「ちらしをくれたなぁ……ええと、【澪田 唯吹】さん……音楽家なんだね」

花村「バンドのヴォーカル兼ギター。へえ……結構可愛かったし、アイドル路線も行ける子かな?」


11 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 13:51:12.30 ID:UEFPzhCBO



すたすた……


花村「よし、ライブを見に行ってみよ……」

♪〜……

花村「? 別なところから音楽が……」

♪♪〜  ♪〜 ♪♪♪〜───


そこには路上ピアノが設置されていた。どうやらイベント時限定で、誰でも弾けるピアノが置いてあるらしい。
そこにひとりの女性が座り、コマーシャルで聞いたことがある音楽を軽快に奏でていた。とても楽しそうだ。

ぱちぱちぱち……

??「あはは、今日はありがとう!また会えたらね!」

わーわーわー

花村(あの子は……よし)


花村「ねえ君、これから暇?」

??「きゃっ!だ、誰ですか!?」 

花村「ああ、ごめん……ぼくはこう言う物だよ」つ名刺

??「はぁ……」

花村「少し話をしてみたいなと思って!」

??「すみません、あまり時間が無いので……」

花村「そう?」

??「あ、また明日、このピアノを引く予定だから……その時時間があればお話しませんか?」

花村「うん!ぼくは紳士だからね、いつだって待てるよ!」

??「ありがとうございます……それじゃあ」


すたすたすた


花村「ふぅーん……」ぽちぽち

花村「あの子……【赤松 楓】ちゃんか……ネットでも人気なんだ……」


12 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 13:55:40.77 ID:UEFPzhCBO



花村「しまった!そんなことをしていたらライブが終わっていたぞ!」

花村「うぅーん、おかしいなあ。そんなに時間は経ってないはずなんだけど」

すたすた……

花村「はぁ、仕方がない。ここは帰って……ん?」

すた……

花村「あれは……!」


??「♪」すたすた


花村「ねえ、君!」

??「? 誰さんですか?豚さん?」

花村「豚さんじゃないよ!ぼくはこう言うもの!」つ名刺

??「……ああ、業界の方ですか。私、もうそういうのは興味無いので」

花村「そんなこと言わないで、少しだけでも話を聞いてくれないかな!」

花村「天才子役、【空木 言子】さん!」

言子「そういうの……もう、いいんですよ!」

ばんっ!

花村「わっ!?」


たったったったっ……


花村「……言子さん……」


彼女は恵まれた才能と、美しい顔つきで世界の人間を虜にした超有名な子役だ。
しかし、1年ほど前に仕事をぱったりと辞めてしまい、そのごの消息も不明である。なぜ彼女がここにいるのだろう?


13 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 13:56:08.02 ID:UEFPzhCBO
続きは午後っす。たぶん夜中になるからきたいしないで待っといてねー
14 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 20:07:41.39 ID:n3/tLeD4o



すたすたすた……


花村「ん?あれは……」


??「……んー……」

花村(何か雑誌を読んでるな……あれは「オーディション」?アイドル系のオーディションが沢山載っている本だよな)

花村(ってことはあの子はアイドルになりたい子、なのかな)

??「……」さは

花村「?」

??「……」ぽろ


花村「ど、どうしたの?大丈夫?」

??「わっ!」

花村「あ、ご、ごめんね?突然声をかけちゃって」

??「つ……、ううん、大丈夫です。ありがとう」

花村(!!)

??「っ、あ、あっ!ちょ、ごめんなさ、失礼します!」

花村「……待って!ぼく、こう言う人間だから!」つ名刺


すたたたたたた……


花村「……あ、行っちゃった……」

花村「って、学生証落としてる!【羽山 あやか】ちゃんか……」


15 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 20:42:45.55 ID:n3/tLeD4o



花村「歩き続けてたらなんだかクラクラしてきた……」


どさ


??「ひ、ひゃあ!」


花村「ううん……あれ?」

花村(……なんだろう?頭の後ろが柔らかいな)

??「う、うゆぅ……大丈夫ですかぁ?」

花村「    」チーン

??「ふえぇぇ!?」


花村(頭に太もも……見上げればおっぱい……)

花村「最高だ……」



花村「……うーん、ちょっと寝ちゃってたみたいだね」

花村「ふふん、一流のシェフ(性的な意味で)はちゃんと休憩もするのさ。ん……?」


ぱさ

花村「手紙か……」

『気をつけて帰ってくださいね 何かあったら連絡をしてください』

花村「【罪木 蜜柑】ちゃんかぁ……また会いたいなぁ〜!」


16 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 20:47:59.44 ID:n3/tLeD4o



すたすた


??「おい、そこの童貞」

花村「童貞ちゃうわ!……って、なんですか?」

??「はぁ?この【入間 美兎】さまに話しかけられたんだぞ?もう少し喜べよ」

花村「いえ……」

入間「あん?」


花村(みみみみみみ見た事ある顔してるぅーーー!!!!)

花村(田舎から出てくる前にテレビで何回か見たことあるぅぅぅうーーーー!!有名人っちゃよ!!!)

花村(いい匂いするぅーーー!!!)


花村「ごほんっ!……失礼、道案内ならそっちの交番の方がいいですよ」

花村(マジでぼくのピストルが誤射しそうです)

入間「あ?股間パンパンにして何言ってやがんだ。やりたきゃやるか?」

花村「ひいいいい!!!!???」


説明しよう!花村はえっちなワードを自分から言うのは慣れているが、痴女には慣れていないぞ!


入間「っと、クソ。次があるんだったな。クビとカリ洗って待ってろよ」

入間「ひゃっひゃっひゃっ!」


すたすたすた……


花村「」


17 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 20:49:58.58 ID:n3/tLeD4o
☆───じむしょ


社長「ははは、誰か良い子は居たかな?」

花村「ひ、人はたくさん居ましたけど……」

社長「まあ、今すぐ無理にアイドル候補を見つけろ、というのも無理な話だからね。ゆっくりやりたまえよ」

花村「で、でもそれじゃあ、会社が……」

社長「気にしなくても良いよ、花村くん。まだ何とかなるさ!」

花村「ほ、ほんとかなぁ……」



1:気になるあの子をスカウトしてみよう
2:もう少し街を探索しよう
3:社長オススメの子を見てみよう(コンマしだいでは……?)
4:そのた

↓2
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 20:50:53.41 ID:L5gXboUS0
1
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 20:51:11.93 ID:g4G0yjHe0
1
20 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/14(土) 20:53:36.87 ID:dmrsulbmO
>>19


花村「……早く候補生を見つけないと。その為には……」





ぷるるる……ぷるるる……

がちゃ


花村「あ、もしもし!突然ごめんね!」




ここから↓5まで
候補生6人の中から一人選択して安価つけてください
一番票が入った子が最初のアイドル候補生だ!

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 20:53:50.49 ID:g4G0yjHe0
言子
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 20:54:26.04 ID:rXTt5+nK0
赤松
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 20:54:34.47 ID:kY1f2BiCO
言子
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 20:55:57.15 ID:L5gXboUS0
言子
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/14(土) 21:08:31.93 ID:eWN11EeGO
あやか
26 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/15(日) 12:09:07.39 ID:PHMB4QuDo
じっくりことこと
27 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/15(日) 12:13:03.73 ID:PHMB4QuDo
言子ルート


言子『昨日の方ですかぁ?なんでこの番号を……』

花村「実は……君の履歴書、ぼくの事務所にも届いていたんだ」

言子「ッ!」

花村「それで分かったんだよ。君は本当は、もう一回やり直したいって思ってるってね!」

言子「それは、それは……」

花村「何か辛いことがあったのかもしれない、だからこの業界から足を洗ったのかもしれない。だけど……」

花村「もしも良かったら、ぼくと一緒にまた花開いてみない?」

花村「ふふっ、ぼくの女の子を見る目は間違いないからね!きみなら絶対最高の【アイドル】になれるよ!」

言子「……アイドル……私が、アイドルになれるでしょうか……?」

花村「もちろんさ!ぼくがそうして見せる!」

言子「……一晩考えさせてください」


がちゃん☆


花村「さて、どうなるかな……?」


28 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/15(日) 12:22:40.03 ID:PHMB4QuDo
☆【2日目】


がちゃ……


花村「おはようございます!」

社長「やあ、おはよう花村くん」

花村「社長!……と、そっちは……!」


??「遅刻ですか?ありえません!タレントを差し置いて後からくるプロデューサーってどうなっているんでしょう!」

??「どうなっているかと言えば柿ピーです!柿とピーナッツの割合が当然のように変更されて悔しくないんでしょうか!」

花村「……空木さん」

言子「まあ、新人プロデューサーとお伺いしましたし仕方がありませんね!全く、業界では私の方が先輩です、手取り足取りお教えしますね♪」


☆New!
空木 言子(ウツギ コトコ)が加入しました。


花村「よかった……」

社長「ああ、そうそう。実はマネージメント業務は君とはまた違う子に頼もうと思っていてね」

花村「え?」

社長「君は言子くんをどう言う方向に伸ばすのか、それを考えてくれたまえ。マネージメント、つまりスケジュール管理はこちらでやるからね」

社長「マネージメントを頼めそうなのは……」


▼スケジュールの埋まり傾向に差があります
1:ずっしりした体格の子だね(コンマ奇数で弐大、偶数で大神)
2:随分わたわたしている子だね(奇数で御手洗、偶数で不二咲)
3:とても冷静な人だね(奇数で葉隠母、偶数で宗方)
4:よく分からんけど手が空いてた人(奇数で田中、偶数で王馬、ゾロなら……)
5:こっちで適当に見繕っておくね(フレーバー程度の何か、キャラ付け必要なら指定)

↓5までで一番多いやつ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 12:26:23.95 ID:0zShjPIS0
1
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 15:16:23.22 ID:DAUkhfZSo
安定の1
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 15:36:12.46 ID:P+PWShLjo
1
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 17:37:49.08 ID:k8/Q5j6n0
もう確定っぽいけど、一応 1
33 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/15(日) 19:35:35.93 ID:wOcDQ1aBO
1じゃん!!!!!

しかもコンマ足して奇数じゃん!!!!
34 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/15(日) 19:36:03.80 ID:wOcDQ1aBO
弐大で進めます。すまん、今日は無理かもです……
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/15(日) 22:49:55.41 ID:LinImeyl0

待っとるで
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 00:22:13.26 ID:/C0LFSaX0
3
37 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 13:12:52.75 ID:vVdpo0Sqo
やるかぁー
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/03/16(月) 13:28:20.29 ID:psj0/uP90
期待
39 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 13:53:05.54 ID:vVdpo0Sqo
1奇数


ずしずし

がちゃ

社長「おお、先に手配していた子が来たようだね」

花村「え?」くるっ

????「ガッハッハ!タレントのレベルはまず事務所からと言うが、良いところじゃのう!」


花村「で、デカいッ(色んなところが)!?」

????「応、何じゃあ?お前さんがワシのマネージメントするアイドルか?」

花村「あ、えっとすみません、ぼくじゃないんだ。ぼくはプロデューサー、アイドルは……」

言子「わ、私です!」

????「ほう、空木言子!逸材をあのステージに戻すことが出来るとはのう……うおおおお!!」

花村(喜びで吠えただけで事務所全体がぶるぶる震えている。なんだこの人は……)

????「応、すまなんだ。ワシは【弐大 猫丸】と言うんじゃ」すっ

花村「う、うん、宜しくね」ぎゅ

弐大「ワシとお前さんで、空木……あの子を一番のアイドルにしてやる。分かっておるな?」

花村「勿論だよ!」


☆New!
弐大 猫丸(ニダイ ネコマル)がマネージャーに就任しました。
○アイドルに無理のないスケジュールをくんでくれます。
○体力や体づくりをメインとした練習をささてくれます。
×少しでも体力が落ちていると休ませるように言います。
×業界を生きる処世術のようなものへのアドバイスは出来ません。


花村「よぅし、これから頑張ろう!」
40 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 14:13:49.92 ID:vVdpo0Sqo
☆言子ステータス

肩書:元天才子役
体力:最高(100)
気力:最高(150)
話術:低 (40)
歌唱:低 (40)
技術:中 (80)
容姿:良 (92)
運動:最低(18)
魅力:良 (100)
感性:最低(5)
コネ:最低(3)


☆解説
ステータスはそれぞれ、
最低(〜30)→低(31〜60)→中(61〜90)→良(91〜120)→優秀(121〜150)→最優(151〜180)→最高(180〜)
と言うように上がっていきます。
体力と気力のみは初期値が100/150を最高とし、仕事結果で更に初期値が上がっていきます。

肩書:現在、アイドルが世間から持たれているイメージです。
体力:仕事をするための体力です。無くなると倒れます。
気力:仕事に挑んだり辛い場面を踏ん張るためのものです。無くなると泣いたりしてしまいます。
話術:トーク技術です。バラエティなどへの耐性になります。低いとぶっちゃけトークをしてしまいます。
歌唱:歌を歌う能力です。高ければ高いほどシングルが売れます。
技術:アイドルとして生きていくために必要な技術を行使出来ると増えます。
容姿:どれだけ可愛いかを表します。言子は元天才子役なので、初期値は高めです。
運動:ダンスや身のこなしを表します。低いとダンスはあまり上手く出来ません。
魅力:どれだけ対面した相手の心を掴めるかの能力です。言子は元天才子役なので、皆心を奪われやすいです。
感性:アイドルの素養に相応しい芸術性があるかどうかです。
コネ:業界内のコネクションです。全て奪われた状態なので低めです。
   また、言子は1度業界を辞めているため、本人がそのコネクションを使うと決意しない限り増えにくくなっています。


他に必要なステータスがあったら設定するね!(思いつかなかった)
41 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 14:19:33.63 ID:vVdpo0Sqo
花村「ふむ……」

弐大「お前さん、空木が前はどんな子じゃったか分からんじゃろ」

花村「そうだね、業界のことはよく分からないから……」

弐大「あの子はのう、可愛いんじゃが……」

花村「え?な、なに、なに、大事なことなら教えてよ!」

弐大「うむ。あの子はこう、何か昔あったせいか……良い事と悪い事に境目がないようなんじゃ」

弐大「所謂『ぶっちゃけトーク』と言うのをたまにしてしもうて、それをカットさせてもらうこともしばしばじゃった」

花村「そ、そうなのか……」

弐大「運動も得意という話じゃが、どうかのう?アイドル的な動きのことは忘れておるじゃろうし」


花村「……とにかく、頑張ろう。空木さんを一流アイドルにするんだ!」


弐大「とはいえ今日からいきなりなにか、と言う訳にもいかんじゃろうて。明日、スタジオを抑えた。初めてのレッスンじゃあ」

言子「れ、レッスン……!」

弐大「久しぶりじゃろう?じゃから、明日はまず慣らしで構わんからの」

言子「は、はい!」


花村「……!」


42 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 14:21:00.23 ID:vVdpo0Sqo
☆【3日目】

スタジオ


43 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 14:34:18.16 ID:vVdpo0Sqo
がちゃ……


花村「うわぁ、こんな広いスタジオを!」

弐大「がはは!ワシに掛かればまあ、このくらいはな!お前さんも業界初めてと言うことじゃし、ここはワシが力を貸すからの」

花村「すみません、なんだか」

言子「いえ、花村さん!この業界では使えるものは使うべきです!使うべきと言えば、耳かきの後ろのぽんぽんもちゃんと使うべきです!」

花村「そ、そうかな……」


??「こいつが新しいアイドルか?」

弐大「応。お前さんの力で体の動かし方を教えてやってくれんか」

??「任せとけって!なんせおっさんの頼みだからな」

花村「ええと、この人は?」

弐大「ワシの友人でな、【終里 赤音】じゃあ」

終里「へへっ、おっさんには昔すっげぇ世話んなったんだ」

花村「そうなの!?」

終里「教えてもらったぜ、色々な!」

花村「いろいろ!?」


終里「んで、今日はどんな感じでやればいいって?」



1:今日は慣らしで、体を解す感じで
2:軽くステップを見る感じで
3:普段のやつを短めに
4:そのた

↓2
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 16:18:12.03 ID:uD7Vb10yO
1
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 17:16:29.86 ID:/C0LFSaX0
1
46 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 21:33:21.71 ID:vVdpo0Sqo
>>45


花村「今日は初日だし、軽く……体を解す感じでお願いするよ!」

花村「そう、くんずほぐれつ……むふふ!」


終里「おう?よく分かんねえけど……まあ、今日はそこそこやるか。な?」

言子「はい、お願い致します!」





終里「……」

たん たん たん たん

言子「ふう……どうでしょう……」

終里「かなり固くなってんな。踊りの為の動きとか、そういうの忘れてる感じだな」

花村「随分淡々と言うんだね……」

終里「あ?よく分かんねえけど、オレも振り付け忘れたら動けなくなるぜ?」

終里「こいつ、そもそもダンスとかあんまやってなかったろ。そう言う動きに慣れてねえ感じもするしな」

言子「うう……お恥ずかしい……」

終里「なーに?恥ずかしくねえって。オレはスグ出来るけど、他のやつはそんなに簡単には出来ねえって!」

花村「あはは……」





そういう訳で明日からさらに本格的なレッスンが開始します。

▼ぼくはどうしようか?
1:言子を見学見学!
2:ご飯をたべよう
3:マネジメント会議
4:スケジュール確認
5:そのた

↓2
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 21:48:18.14 ID:t4VCOMOW0
4
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 21:53:48.03 ID:Y3nceTr9o
4
49 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 22:09:11.90 ID:vVdpo0Sqo
>>48


花村「そう言えば、スケジュールはどうなっているのかな?」

弐大「応、そのことじゃがのう」

花村「?」

弐大「ほれ、彼女はまだ復帰することすら周りには話しておらん。故、まだスケジュールは埋めておらんのだ」

弐大「そもそも、復帰したての人間をいきなり舞台に立たせるのもまずいじゃろうしのう」

花村「確かにね……」

花村(それに、彼女は今回『アイドル』として舞い戻る予定だ。今までの子役とはまた違うものを求められることになる)

弐大「じゃから、どうしたものかと思うてな。そのあたり、お前さんが決めてくれ」


▼今後はどうしよう?
1:レッスンを優先する
2:トークライブを計画する
3:先に弐大に何か仕事を探してもらう
4:言子がやると言うまではレッスンのみ
5:そのた

↓2
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 22:19:05.60 ID:t4VCOMOW0
4
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 22:44:20.55 ID:uD7Vb10yO
1
52 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/16(月) 23:29:06.37 ID:vVdpo0Sqo
あざっす!更新はまた明日。

そのうち仕事安価とか取ります。
大物俳優とか新人とかグラビアの人とか若手(10年目なのに若手扱い)芸人とか色んな人と絡むかも知んないけど、
まあ言子ちゃんだから大丈夫……よね?
おやみ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/16(月) 23:41:17.92 ID:t4VCOMOW0
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/17(火) 00:50:52.68 ID:kvilH0Gy0

55 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 19:30:42.75 ID:/1GDPRE3o
実は最近めちゃくちゃ文書書きたい欲が凄いです。みなさんありがとうございました。
今日も頑張ろうね
56 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 19:41:58.91 ID:/1GDPRE3o
>>51


花村「しばらくはレッスンを優先させよう。その方が彼女の為にもなるよ」

弐大「うむ、そうだの。お前さん、なかなかきちんと考えておるではないか」(♡↑↑)

花村「そうかな?当たり前だと思うけど……」

弐大「新人と言うから少し心配しておったんじゃあ。意味の分からんスケジュールを組むのではないかとな」


☆info
弐大の好感度がちょっと上がった。


弐大「……あとはあやつのやる気次第じゃが……」


☆→【6日目】


言子「まいにちレッスンをしていると、あの頃が懐かしくなってきますね!」

言子「懐かしいと言えば、リバイバルブームだそうですよ?昔の漫画をドラマ化したり、そう言うことがあるみたいです」

言子「……ああ、まだ私の復帰は内緒でしたっけ!突然オファーが来ることは無いと思います」


☆言子ステータス

肩書:元天才子役
体力:中 (60)
気力:最高(130)
話術:低 (40)
歌唱:低 (45)
技術:中 (80)
容姿:良 (92)
運動:最低(25)
魅力:良 (101)
感性:最低(6)
コネ:最低(3)


終里「まぁ、最悪のとこからはマシんなったな。何日かしかやってねえのに偉いよ、オメーはよ」

言子「うふふ、ありがとうございます」

花村「その通りだよ、空木さん!よくなってきてる、この調子で頑張ろうね!」

言子「ええ、モチのロン!」


57 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 19:48:39.15 ID:/1GDPRE3o
☆→事務所


花村「今日もレッスンをして来ました!」

言子「今戻りましたー!……え?」


ぱさ

社長「……」

花村「どうしたんです、社長」

社長「意外にも早かったな、あいつら」

花村「まさか……!」


週刊誌が目の前に置かれる。どうやら発売前の見本誌と言うやつらしい。
表紙には、信じ難いが……華麗な見出しがでかでかと踊っているではないか。

【目撃!? 元子役空木言子、復活の序章───】

いつの間にか自分たちは尾行されたうえ、写真まで撮られてしまったようだ。
男がいるとはいえ、今まで通っていた場所が場所なだけに『言子は復帰するのでは?』と言われてしまっていた。


花村「な、内緒にしていたのに……」

言子「……」

弐大「じゃのう。空木のコンディションが整うまでは色々避けた方が良いんじゃが」

弐大「……しかし、これは逆にチャンスでもある」

花村「え?」

弐大「この事務所は残念ながら金はない。だから、この情報をもみ消すことは出来んじゃろう」

弐大「だが、逆に考えるんじゃよ。これを利用して、空木を華々しく再デビューさせる!」

花村「けど、そんな方法が?」

社長「会見……かね」

弐大「あるいはバラエティ出演でもええ」

花村「ラジオって手もあるかな……」

言子「そんな……うう、私のツメが甘く申し訳ありません……」

花村「空木さんのせいじゃないよ!こういうのは、守れないぼくに責任があるんだから!」



1:雑誌発売翌日に会見を開く
2:雑誌発売当日に生放送バラエティへ
3:今の内に音声を録音しメディアへ配る
4:あえて黙認。話題が高まるのを待つ
5:そのた

↓2
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/17(火) 19:58:24.59 ID:kvilH0Gy0
2
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/17(火) 20:03:07.15 ID:nXbtgHTs0
2
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/03/17(火) 20:23:25.03 ID:lhcjy16F0
2
61 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 21:49:48.90 ID:/1GDPRE3o
>>59


花村「こうなったら……」


☆→【8日目】 某スタジオ


ぱちぱちぱちぱち


大物俳優「さあ始まりました『ギャラルホルン』の時間です」

女子アナ「今日も台場シティビルから生放送でお届けします!皆さんよろしくお願いします!」

中堅芸人ツッコミ「よろしくお願いしますー!」ぱちぱちぱち

大物俳優「さあ、まずはこちらの記事ご覧下さい」

ばばん(SE)


【ついに!?あの人気子役、復帰!!】

おおー!!

大物俳優「これ本当なのかねえ?」

中堅芸人ボケ「ああ、あの子かぁ!マイムちゃん!」

中堅ツッコミ「それはまいんちゃんやろ」ぺち

\ドッ ワハハハハ/

グラドル「え〜?もしかして【空木 言子ちゃん】ですかぁ〜?」

若手俳優「あの子は共演してみたかったんですよ!」

女医「態度が気に食わなかったのよねぇ……」

中堅ボケ「突然仕事辞めはって、残念やってんすけどね」

歌手「あんま詳しくないんすけどそうなんすか?」



女子アナ「なんと本日……



本人をお呼びしています!」



「「「!?」」」


じゃじゃーん!!(SE)


言子「よろしくお願いします!」
62 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 21:55:40.73 ID:/1GDPRE3o
☆舞台裏


花村「よし、印象はバッチリだ!」

弐大「……」

花村「ああ、あの女医さん……毒舌キャラの人だったっけ?ちらっと嫌なこと言ってたね」

弐大「いや……」

花村「ん?」





言子「はい!ちょっと宣伝に来させていただきました!」

大物俳優「ふぅん」ちら

言子「───!」

かたかたかたかたかたかた

言子「……!」にっこり

女医「ちょっと、灰家さん。この子のこと睨みすぎじゃないの?」





花村「え?」

弐大「……何かあったのかのう」





言子「いえ、大丈夫です。大丈夫……ですよ」

女医「……そう?」

中堅ボケ「灰家さん顔怖いから子供泣かしよるわ!」

大物俳優「うるさいねえお前は」ぽか


\ドッワハハ/


雑誌の記事を訂正することも間に合わないと考えた花村達は、逆にこれを利用することにした。
即ち、自ら「それが事実だ」と訴えに行ったのである。もちろん、リスキーな選択でもある。

なぜなら、以前彼女と「付き合い」があった人物が何かを訴えてくる可能性もあるのだから。


……が。


女医「あのねぇ、女の子の新しい門出を祝わないとか、あんたイカれてるんじゃないの?」

何だか心強い女医と、

中堅ツッコミ「いやぁ、僕の子供がめっちゃ君のファンやねんて!」

何だか優しい大人のおかげで、

事なきを得た。ばかりか───


63 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 21:58:40.46 ID:/1GDPRE3o


りりりりり……


がちゃ

花村「はい、こちらプロデュース担当花村です」

弐大「応、言子のマネジメント担当の弐大じゃあ」

花村「……え?ほ、ほんとですか!?」

弐大「無?誠か。少し考えさせてくれんか?」



☆→出演後、事務所


社長「問い合わせの電話がすごいね。電話番を雇わなきゃあダメだなこりゃ」

言子「……」ふぅ

花村「お疲れ、空木さん。最高だったよ!」

言子「ええ、ああ……ありがとう、ございます」

花村(ん……なんだか疲れてるみたいだな……)



1:届いたオファーを確認する(仕事決めへ)
2:電話番を雇う
3:ここいらでまた生放送の仕事を探す
4:そのた

↓2
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/17(火) 22:12:16.27 ID:nXbtgHTs0
2
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/17(火) 22:33:09.69 ID:OmT0t2UDO
2
66 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/17(火) 23:38:07.48 ID:/1GDPRE3o
>>65


花村「うん、電話番……雇おうか……」





苗木「えっと……アルバイトって呼ばれたんですけど……」

花村「ようこそ!」

弐大「応、来てくれたか!ありがたい!」

苗木「ええっと……どうしたらいいですか?」

弐大「事務所に掛かってくる電話に出てくれんかの?」

苗木「あ、はい!」

がちゃ

苗木「はい、ホーププロダクションです!」


花村「順応性の高さ」

弐大「ハッハッハ!あやつ、人の世話で手一杯になりそうじゃの」






苗木「ええっと……いろんなお仕事が入ってます……」

苗木「どれかうけますか?」


▼現在8日目 言子体力は低(50)
複数選択可能、ただし状況によっては弐大が断ります
1:【12日目】有名な芸人さんのラジオアシスタント
2:【10日目】雑誌のピンナップ
3:【10日目】雑誌の取材
4:もっといろんな仕事を探してみる
5:そのた

↓2
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 00:12:19.31 ID:wYqspYtG0
2
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 00:30:05.82 ID:hICa/5jq0
2
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 06:48:14.51 ID:E/v6ijnX0
ステータスの中に幸運の要素はないのかな?
70 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 08:37:59.22 ID:w5cPesGSO
>>69
忘れてたのであとで判定やります

>>68


花村「……ピンナップの仕事なら受けられそうだね。今からでも問題ないと思う」

弐大「ワシも賛成じゃあ。アシスタントは危険すぎる」

花村「取材もだね。どこまでカットしなきゃ行けないか分かんないし」





言子「……ピンナップ、写真撮影ですか?」

花村「うん、空木さん、得意かなと思ったから仕事を受けておいたよ!」

言子「ありがとう、ございます」(♡↑)

花村(あれ?あんまり嬉しくないのかな)

言子「私に今出来ることを考えてくださったんですよね……嬉しいです」

言子「嬉しいと言えば、ショートケーキのうえに乗っているイチゴです!」

花村「……?」

言子「だからその、わ、私のことを考えてくださったこと、嬉しく思っていますよ」


☆info
言子の好感度がちょっぴり上がった。


花村「……ああ、もうこんな時間かあ」

言子「今日も1日早かったですね」

花村「さて、どうしたもんか……」


▼翌日の行動アンカーとりまーす
1:レッスンで程よく体を解す
2:マッサージ(意味深)
3:思い切って休みにしよう
4:感性を磨くために良いパフォーマンスに触れよう
5:そのた

↓2
ミラージュ
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 09:05:03.18 ID:HHm/u9OyO
2
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 10:07:54.26 ID:gOwj2I6G0
これって体力回復するやつだよね? 2
もし違うなら3で
73 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 12:55:00.80 ID:w5cPesGSO
体力が回復?するやつ
>>72


☆【9日目】


弐大「ほれ、そこに横になるんじゃあ」

言子「え?あ、はい……」

ぱさ

弐大「ワシはこういうのも得意じゃからのう、まあ任せておくといい」

花村「うん、宜しくね!」


もみもみ……もみもみ……もみもみ……


言子「ン、っ」

弐大「うむ、子供には刺激が強すぎるじゃろうか?」

言子「い、いえ、そういうわけでは」

かたかたかたかたかたかた

弐大(……)

ぱっ

言子「え?」

ぴぽぱ

弐大「ワシじゃあ、ひとり頼む。」





女性マッサージ師「はい!お任せ下さい!」

言子「え?あ、あの?」

弐大「ワシじゃと力が強すぎる、お前さんの肉体が壊れんとは限らんからな」

弐大「という訳で頼んだぞ」

女性マッサージ師「勿論ですよ、弐大先生」

言子「先生?」

弐大「昔の話じゃ」


もみ……もちもちもみもみ……


言子「あ……ッ」

女性マッサージ師「どうですか?」

言子「す、っごく……良い、です……ッ、」

言子「良いと言えば、ァ……昨日の、視聴率ッ、う、うあ……♡」


☆info
たっぷりほぐされました。


74 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 12:59:42.73 ID:w5cPesGSO
☆【10日目】 都内某カフェ



花村「集合はここらしいね。今日はいろんな姿を見たいから一日撮影するって」

言子「はい!私、やれるだけやって見ます♡」

言子「あまり気は乗りませんが……しかし、プロデューサーさんの気持ちを受け止めていますよ!」





カメラマン「おはよう、言子ちゃん」

言子「おはようございます!……堀ノ内さん、お久しぶりですね!」

カメラマン「ああ、君が突然引退するから何かと思ったけど。でも、こうしてまた撮影できるなんて僥倖だね」

言子「今日は一日、よろしくお願いします」

カメラマン「頼んだよ。自然体な言子ちゃんを撮れるように僕も頑張るから」


花村(撮影が始まった……)

花村「……うーん、やっぱりぎこちないな」


カメラマン「……!」

かしゃ

言子「……70点、でしょうかね」

カメラマン「うーん、そうだね。やっぱり感覚がまだ戻ってない感じかな?」

言子「なのかもしれません……」


すたすた

言子「プロデューサー、どうしたら良いですか?」


▼アドバイス
1:自然体でトライ
2:気持ちをお姫様にしてみよう
3:考える必要は無い
4:笑わせる
5:そのた

↓2
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 15:39:24.82 ID:HHm/u9OyO
4
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 17:01:57.44 ID:E/v6ijnX0
1
77 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 18:23:06.86 ID:w5cPesGSO
>>76
44出ちゃうのかー



花村「自然体でやってみよう!あんまり演技をしようなんて思わなくていいよ」

言子「ううーん、自然体、ですか……はい、やってみます!」





言子「……!」ぱっ

カメラマン「!」

かしゃ

言子「あぁー……ッ、すみません、また私!」

カメラマン「まあ仕方がないさ。君は子供の頃からカメラの前に立つことを考えて生きてきた子役だ」

カメラマン「自然体がそんなに上手くいくとはこちらも思ってないとも」

言子「うう……」

かしゃ

言子「っ!?」 

カメラマン「だからこう言うふとした表情、素の姿も撮影していくよ。新しい君を見せるためだからね」

言子「あ、えっと……はい」



花村(……うーん……調子が悪そうだな……)

花村(あまり撮影は上手くいっていないみたいだ……)


78 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 18:25:49.59 ID:w5cPesGSO
☆夕方


言子「すみません、私……」

カメラマン「はは、いいよいいよ。俺が撮りたいものは撮れなかったけど」

言子「うう」

カメラマン「でもね言子ちゃん。これから、きっと君はいくつも挫折しかける。そういう時に、必ずそばに居てくれる人をちゃんと信用するんだよ」

言子「……はい、ありがとうございました!」


花村(撮影が終わったみたいだ)


すたすたすた……


言子「終わりました」

花村「うん、見ていたよ。空木さん……」

言子「……」しゅん

花村(あんまり上手くいかなかったから落ち込んでいるようだ)

花村(でも、無駄に力が入っていたことは確かだし……それを指摘するのは今しかないんだよなぁ)



1:指摘する
2:慰める
3:フォローする
4:そのた

↓2
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 18:37:43.41 ID:tVV3gLclO
3
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 18:42:17.03 ID:HHm/u9OyO
3
81 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 22:15:14.32 ID:AXN+BrcVo
>>80
狂気に呑まれたか、お祓いいるかなぁ


花村「大丈夫だよ。きみのかわいい所はちゃんと写真に撮ってもらっていたじゃないか!」

言子「ですが……」

花村「完璧にやりたい気持ちも分かるけど、初めから完璧にできる人間はいないよ」

言子「……」!

花村「だからね、空木さん。焦っちゃダメだ。きみは確かに天才子役なんて呼ばれたけど、」

花村「これから入ろうとしている道は子役、つまり今まで使えていた武器が全て使えるような場所じゃあない」

花村「それに、また今度やったらよく出来るかもしれないじゃない?」

言子「そう、でしょうか」

花村「もちろんさ!その為にぼくも、弐大くんもいるんだからね!」

言子「……ありがとうございます!」(♡↑)


☆info
今回の仕事はあまり上手く行かなかったようだ……。
言子の好感度は少しだけあがった。



肩書:元天才子役
好感:最低(20)
体力:高 (90)
気力:中 (70)
話術:低 (42)
歌唱:低 (45)
技術:中 (81)
容姿:良 (96)
運動:最低(25)
魅力:良 (105)
感性:最低(7)
コネ:最低(3)


82 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/18(水) 22:43:28.94 ID:AXN+BrcVo
☆【11日目】 事務所


言子「おはようございます!」

花村「やあ、おはよう」

言子「昨日のことはもう忘れます。今日は今日で頑張りましょうね、プロデューサーさん!」

花村「そうだね!」


苗木「おつかれさまです!」


☆info
今日の予定はありません。


苗木「お仕事の依頼もあるみたいですけど……どうしますか?」

○【15日目から】朝の帯番組に参加
○【14日目】雑誌の取材
○【14日目】ラジオのアシスタント
○【11日目】お昼の生放送に参加



1:今日はレッスン
2:どれかのお仕事を受けよう
3:誰かにアドバイス貰おう
4:そのた

↓2
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 23:20:52.63 ID:el+LIFSN0
1
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/18(水) 23:21:37.73 ID:hICa/5jq0
1
85 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/19(木) 19:22:55.87 ID:uzo9BszAO
そのうち絶対若手芸人イベントやる。頑なな意思
86 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/19(木) 19:27:29.31 ID:uzo9BszAO
>>84


☆レッスン場


言子「今日はどうされるのですか?」

花村「うん、今日は昨日の反省を活かしつつもちゃんとレッスンをしようかなと思ってね」

言子「昨日の反省、ですか」

花村「まあ、ね。昨日は上手く力を抜けなかったんでしょ?」

じじー

花村「なので、今日は一日ぼくがビデオカメラを回していろんな一面を見てみることにするよ!」

言子「!?」

花村「それもレッスンさ。分かるだろ?」

花村「ふふん、ぼくも何も考えずにこんなことを提案している訳じゃないだよ」

言子「はい、わかり……ます」


かたかたかたかたかたかた


花村「……」


花村(……聞いても、いいのかな?)



1:今日はまったりいろんなところに行く
2:許可取ってちいさな温泉へ
3:猫カフェごー
4:なぜ震えてるのか聞く(目標コンマ8以上orゾロ目、それ以外は失敗)
5:そのた

↓2
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/19(木) 19:28:53.84 ID:B+YZ/+Yp0
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/19(木) 19:32:53.63 ID:arxF8mFL0
4
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/19(木) 19:51:29.11 ID:5sriA6qC0
このコンマの悪さ、今までのどこかに十神いたんじゃ…
90 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/19(木) 20:10:01.37 ID:uzo9BszAO
>>88
ダメーーーーー(トム・ブラウン布川風)


花村「ねえ、空木さんは……」

そこまで聞いて、気づく。
空木言子は虚ろな瞳をこちらに向けていた。
ああ、そうか───そんなに簡単に聞けるような問題ではないようだと気づいてしまった。
故に、だ。
こちらとしては、聞かなかったことにするしかなかった、のだ。

花村「……」

かたかたかたかたかたかた


全身が、震えている。
かなりの恐怖と不安がなければこうはならないだろう。
それをただ、見ているしか無かった。

花村「……とりあえず、レッスンしようか」

提案するのも恐ろしかったくらいだ。
だから、どうしたらいいか、一瞬分からなくなってしまった。

空木はなんとか頷いて、自分の言う通りに従ってくれた。ピンナップ撮影に慣れるために、あちこち一緒に歩いてくれたのだ。
ありがたい、ほんとうに、ありがたかった。






一回お祓い……する……?とりあえず続きは数時間後のよていです
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/20(金) 09:51:31.34 ID:E73E6xFH0
とりあえず十神邸に乗り込んでかませのメガネというメガネを片っ端から叩き割りに行こうぜ
で、ノコノコ現れたかませのケツにぶっとい物をぶち込んでからジェノサイダーに3割引で売りつけよう
92 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/20(金) 21:08:30.17 ID:aL9d34U7o
まあまあ元気です。すみません、やります。
93 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/20(金) 21:11:52.04 ID:aL9d34U7o
☆数時間後……


言子「本当に……すみません、上手くできなくて」

花村「それはもう良いって!あんまり気にしちゃダメだよ?」

言子「……はい、そうですね」


すたすた


ひそひそ

花村「……」

花村(街を行き交う人達の噂話、こう言う時に限って耳に入ってくるんだよねえ……)

花村(空木さんがかわいいって言うことばもたくさんあるけど、同じくらい酷いことを言ってる人もいるな……)


花村「とにかく、これに懲りちゃだめだ。またどんどん挑戦していくんだよ。ああ、無理のない程度に!」

言子「ふふ、ありがとうございます」

言子「その……、私の過去については、まだ」

花村「え?」

言子「お話、出来ません。する勇気がありません。だから」

言子「もう少しだけ、待っていてください」


94 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/20(金) 21:17:58.50 ID:aL9d34U7o
☆【12日目】 事務所


花村(事務所に空木さんが来て間もなく2週間か……)


苗木「あ、プロデューサー!」

花村「おはよう苗木くん、って、そんなに慌ててどうしたの?」

苗木「はい、大きなお仕事のオファーです!過去の空木さんの演技を見て気に入っていたスタッフさんからの依頼なんですよ!」

苗木「確認してください」

ぱら

花村(ドラマか……それも連続ドラマだ)

花村(時間帯は深夜で、内容もそれなりには過激だけれど……)

花村(……復帰したてのアイドルにさせられるような仕事じゃないな……)

花村「空木さんはアイドルとして勝負していくんだ。このお話は、1度断った方がいいかもしれないね……」

苗木「! そうですよね」

花村「まあ、でもうん……重大な決心が必要だし、少しだけ考えなきゃね」


☆info
今日の予定はありません。
今日は弐大がお休みです。


☆仕事の依頼
◆【20日目から】深夜の連続ドラマ撮影
○【14日目】雑誌の取材
○【14日目】ラジオのアシスタント
○【12日目】ショッピングモールのトークライブ
○【14日目】バラエティ番組の撮影



1:本日もレッスン
2:どれか仕事を受ける
3:言子と談笑など
4:そのた

↓2
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/20(金) 21:20:30.71 ID:RJUdff5H0
2
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/20(金) 21:41:52.50 ID:JhWd/4UI0
2
97 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/21(土) 08:32:25.66 ID:y9S/BTWRO
>>96


花村(……危険だな)

花村「弐大くんが今日はいないし、当日の突発的な仕事は避けよう。それに……」

花村「まだ生放送への耐性も出来てないみたいだから、そう言うのも避けた方がいいね」

苗木「雑誌とバラエティ番組の収録なら、時間帯も被ってませんし両方受けられます」

花村「うん。だけど、一日いくつも仕事を受けるのはまだ多分やめておいた方がいいんじゃないかな」

花村(子供だし、体力面以上に精神面が心配だ)

花村「かと言って雑誌の取材ばかりを受けていると何も進歩しない……いや、却って前回のおさらいが出来るからその方がいいのか?」

花村「うん、そうしよう。雑誌の記者さんに仕事をお受けするとお伝えしておいて」

苗木「あ、はい!」


☆info
14日目に雑誌の取材の仕事を受けました。


花村(さて……)



1:言子とドラマの件を話し合う
2:言子に受けたい仕事がないか確認する
3:他の仕事も受ける(指定)
4:こちらからいろんな事務所に出向いてみる
5:そのた

↓2
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 12:52:16.04 ID:yFJlgD1O0
2
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 13:05:52.03 ID:J1sM2O430
2
100 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/21(土) 20:29:52.57 ID:7wSSy91Io
ひゃく


>>99


花村(話してみようかな……)





花村「空木さんは、これからやってみたい仕事とかある?」

言子「そうですね……折角アイドルになるのですから、きゃわいい衣装でダンスがしたいです!」

言子「ダンスなら何でもよいのですが!」

花村「うーん、そうだね……」


花村(受ける仕事じゃなくて、PRとしてやるなら……)

花村「今の時代は、ジューチューブとかもあるからね。ジューチューブを使ってもいいのかも……」

言子「ああ、それは良いと思います!」

言子「良いと言えば、リメイク版のゲームでの操作改善、アレは本当にいい物ですわよ!以前出来なかったことが出来るようになります!」

花村「うん……うん?」

言子「あとはそうですね……お芝居はそれなりに出来ますから」

言子「お芝居の仕事があれば是非受けたいですね!」

花村(連ドラ……どうしようかなぁ……ちょっと悩んでみるか、答えを出すのも焦らなくていいはずだ)

花村(【連ドラの仕事を断るなら18日目まで】に決断しないとな)

言子「それからええっと……生放送ではないバラエティも気になりますね」

花村「ほんと?バラエティとか得意?」

言子「得意ではありませんが、キャワイイ猫ちゃんを見たいんです!」


☆info
提案として【動画サイト・ジューチューブでダンスを披露する】が追加されました。
レッスン場に移動した後に選べるようになります。

新たなオファーとして【映像系バラエティ】【再現ドラマ】が追加されます。


101 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/21(土) 20:37:06.47 ID:7wSSy91Io
☆【13日目】

弐大「おはようさん」

花村「うん、おはよう!」

弐大「お前さんは暫く休んでおらんようじゃが、大丈夫かの?」

花村「いや、社長も休んでないしね。ぼくが休む訳には行かないでしょ」

かぱ

花村「今日は豚の角煮を作ってみたんだ。よかったら食べてよ!」

苗木「! うわあ、すごい……お店で出せるようなものだ……!」

弐大「ありがたく頂くとするかのう!」


がちゃ


言子「おはようございます!」

花村「うん、おはよう空木さん。今日も元気だね」


☆仕事の予定
【14日目】雑誌の取材

☆仕事の依頼
◆【20日目から】深夜の連続ドラマ撮影
○【14日目】バラエティ番組の撮影
○【15日目】地方CMの撮影
○【15日目】再現ドラマの収録
○【19日目】新鋭のバンドと雑誌対談

☆info
◆マークは断るなら18日目までに連絡



1:今日はレッスンや
2:何か仕事を受ける(複数選択可)
3:自分は休んであとは弐大と言子に任せる
4:社長と方針の話
5:そのた

↓2

これ以降、【安価について、特別な場合を除き2項目までの複数選択】を許可します。
なので例えばレッスンもしたいし、仕事も受けたい時は【1+2】のように安価を出してください。
また、仕事を受ける場合はどれを受けるか指定してください。無い場合はステータスに従ってきまります。
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 20:40:36.55 ID:J1sM2O430
1+2再現ドラマ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 20:42:04.53 ID:yFJlgD1O0
104 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/21(土) 20:56:16.59 ID:7wSSy91Io
>>103
>>102


花村「……そうだ!ドラマに出たいって言ってたね!」

言子「はい!」

花村「あまり大きな仕事じゃないけど、再現ドラマの仕事が来たんだ」

言子「! ほ、本当ですか?」(♡↑↑↑)

花村(とっても喜んでいるよ。やっぱりお芝居への気持ちはまだ残ってるのか)

花村(……うん、最初はお芝居メインの立ち回りでもいいかもしれない)

花村(彼女はアイドルだ。色々な素質を求められるんだからね)


☆info
【15日目】に再現ドラマの仕事を受けました。
言子の好感度が上がりました。


花村「それじゃあ、今日もレッスンに行こうか」

言子「はい!」





終里「よぉ!おつかれさん」もしもしもし

花村「な、何食べてるの?」

終里「あ?その辺に落ちてた骨」

花村「角煮食べて」さ

終里「は?いいのか!?」


がつがつがつがつ


終里「ふー……めちゃくちゃ美味かったぜ、サンキューな!」(♡↑↑↑)

終里「さーて、今日はどうすんだ?」



1:お芝居を学ぼう(技術/感性↑)
2:ダンスレッスン(運動/感性/魅力↑)
3:美術館に行く(感性↑↑)
4:とにかく歌う(歌唱↑↑)
5:上げたいステータスのレッスン

↓2
レッスンは1項目固定で!
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 22:04:09.43 ID:AVcrn08cO
4
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/21(土) 23:26:38.63 ID:AVcrn08cO
4
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 12:44:21.93 ID:x01N5do20
コンマの3率高くね?
108 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/22(日) 13:08:20.24 ID:GgBVn3OaO
葉隠ェ!お前か!!
109 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/22(日) 13:13:58.30 ID:GgBVn3OaO
>>106
まま、ええわ



花村「今日は歌唱レッスンだよ」

言子「お歌を歌うと言うことですね」

花村(ええと……何か良い教材は無いかな……)

花村「! パプリカ!?」

言子「パプリカ……」





♪。.:*・゜♪。.:*・゜♪。.:*・゜


言子「一見すると中々変わり種に見えますが、緻密に計算されているのですね……」

言子「ここはこう……もっと伸びやかに……」

言子「♪〜♪〜♪〜」


花村(うーん、やっぱり背伸びしてる感じがするなぁ)

花村(もう少し力を抜ければいいんだけど……)

言子「……子供らしさって何でしょうね?」

花村「ん?」

言子「いえ、確かに私は子役として色んなものを求められましたが、キャワイイ以外は言われたことがなくって……」

花村「うーん、そうだなぁ……もっと何も考えず、無邪気な感じでやってみるとか?」

言子「ど、努力します!」

花村(努力しちゃダメなんだってば……すぐには無理かな)


☆結果

肩書:元天才子役
好感:最低(27)
体力:高 (75)
気力:中 (60)
話術:低 (42)
歌唱:低 (52)
技術:中 (81)
容姿:良 (96)
運動:最低(25)
魅力:良 (105)
感性:最低(7)
コネ:最低(3)


110 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/22(日) 13:21:14.13 ID:GgBVn3OaO
☆【14日目】


花村「おはよう、空木さん!」

言子「はい、おはようございます!」

花村「今回は雑誌の取材だよ。前回とは違って、本当に取材だからね」

言子「インタビューと言うことでしょうか?」

花村「うーん、ぼくも詳しくは聞いていないんだけど、きっととってもご機嫌な仕事のはずさ!」

言子「ご機嫌なのですか!?それなんてDAPUMP?」


☆仕事の予定
【14日目】雑誌の取材←Now!
【15日目】再現ドラマの仕事

☆仕事の依頼
◆【20日目から】深夜の連続ドラマ撮影
○【15日目】地方CMの撮影
○【19日目】新鋭のバンドと雑誌対談
○【19日目】地下アイドルライブに出演


☆info
◆マークは断るなら18日目までに


花村(ライブ出演の依頼……?まだ曲も出来ていないのに?)

花村(……少し考えよう)


▼今日の取材、どうしようかな?
1:心配なのでついて行く
2:同席するのを取材条件にする
3:行かないフリして近くに座る
4:心を鬼にして言子を送り出し事務作業
5:そのた

↓2
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 13:41:06.42 ID:/VTxcrAt0
5(1+3)
言子ちゃんには側にいると伝えてどうしても必要そうならカンペとか出しつつ、相手にはそれを伝えない的な
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 14:58:24.89 ID:MyjGKJlp0
2
113 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/22(日) 20:54:13.62 ID:4wFJoVeRo
>>112


花村(……ぶっちゃけトークも怖いべか)

花村「よし、行こうか」


☆とあるオフィス


記者「よろしくお願いします」

カメラ「今日は取材の様子を写真に撮らせていただきますね」ぺこ

言子「はい、よろしくお願いします」

花村「……今回の件ですが、」

記者「はい?」

花村「以前の復帰リークの事もあります。内容がどうなるか分からない。なので、」

花村「このインタビューにはプロデューサーのぼくが同席させてもらいます。問題がある質問にはストップをかけさせてもらいますね」

記者「以前のことを考えれば当然だと思います。勿論、それでお願いします」

花村(意外とすんなり行けちゃった!これって記者さんも攻略出来るということでは?)

花村(……いけないいけない、我慢してるのに♡)





言子「ええ、諦められなかった……というか」

記者「新しいことにチャレンジしたかった、ということですね」

言子「その通りです!新しいこと、と言えばやはり春!出会い!素敵な未来!」

記者「……それでまたどうしてこちらのプロダクションに?」

花村「ああ、それは」

言子「たまたま、ではあるんですけれど、実は複数の事務所に履歴書を送っていまして……」

言子「それがたまたま、本当にたまたまこちらの事務所に届いたんですよ!」

言子「ああそうそう、その直前にたまたま花村さんにお会いしたんでしたね!」

花村「うんうん、アレは偶然にしちゃ出来すぎてたよねえ。ぼくも思わず興奮しちゃったなぁ」


114 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/22(日) 20:59:06.06 ID:4wFJoVeRo
☆30分ほど経過



記者「……なるほど……」

記者「しかし、昨今はアイドルブームと言われています」

花村「確かにそうですね」

記者「品性が良い方にも、悪い方にも、アイドルは大量に存在する社会です」

記者「そんな中で、元子役の子供を引っ掛けてアイドルデビューなんてね」

言子「!」

花村「む」

カメラ「ちょっと言い方が悪いんじゃないか?」

記者「事実でしょう?ここまでお話をうかがってその本気度は分かった。けれど、実態はこう」

記者「子役をだまくらかしている可能性すらある。その自覚はあるんですか?」

花村「そう言われるとは思ってなかったなぁ」

言子「失礼ですね、私は自分の意思で花村プロデューサーのところに来ました。それ以上でも以下でもないでしょう!」

記者「そう思いたいだけなんじゃないですか?」

言子「なっ……」

記者「再デビューだし、元の名声は付いてくる。楽して人気者、そう思ってませんか?」

言子「それは……」

花村(悪質だなぁ。ここまでまともな話をして置いて、気を許した頃に失言を誘ってるのか)

花村(ここで何か強く出れば、思うつぼだ。恐らくそれを種に本を書かれてしまうだろう)



1:目には目を。こっそりレコーダー起動
2:とにかく言子を庇いまくる
3:相手の思惑を利用し、熱意持って語る
4:挑発には乗らない、帰る
5:そのた

↓2
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 21:16:25.14 ID:MyjGKJlp0
3
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/22(日) 21:46:20.58 ID:ip0L9sE5O
3
117 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/23(月) 08:38:36.39 ID:G/F35mofo
>>116
※本当に適当


花村「ちゃーがつかー!」

だんっ

記者「!?」

花村「さっきっからおめえらいちびってるんか!?」

記者「??!!」

花村「わあがおだってるっちゃか、なごむわ!ずんずんなごむわ!」

記者「?????」

言子「は、花村さん……!」

花村「なんちゃね、そがなえずいかおして」

言子「……何を言っているか分かりません……」

花村「! ……あ、あはは、すみません、つい(適当な)方言が……」

記者「あ、えっと……あ……の……」

花村「ええ、ええ!記者さんの言うことも当然のことだと思います!」

花村「けどぼくも彼女も本気ですよ、ンフフ」

記者「……」

花村「本気じゃなきゃ怒れませんし、本気じゃなきゃ取り組めません。騙すつもりはないし、きちんと成功させるつもり以外はないですよ」

花村「ぼくも彼女もです。記者さんが疑う気持ちはよくよく分かります。でもよく考えて欲しいんです」

花村「むしろ、本気でなければ。貴方のようなことを言う人が出てくるであろう、こんなリスキーな行動を取りますか?」

記者「それは、確かに……」

花村「ンフフ、でしょう?ぼくの審美眼は色々な意味で磨かれていますから!」

花村「彼女は出来ますよ。あの伝説のアイドルにだってきっと手が届く」

言子「花村さん……」(♡↑↑↑)

花村「信じて貰えませんか?」

記者「……」


勢い任せに話をしたが、その勢いは記者に届いたようだ。
暫く黙っていたが、「その気持ちは強く伝わりました」と深く頷いて、自らの行いを謝罪したのだ。

花村「いい記事になること、期待してますよ!」

言子「ありがとうございました!」


☆info
言子の好感度が上がりました。


118 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/23(月) 08:45:47.11 ID:G/F35mofo
☆【15日目】


がちゃ

言子「おはようございます!」

苗木「おはよう、空木さん」

言子「貴方は確か……電話の受付の、苗木さんでしたね!」

苗木「名前を覚えてくれたの?」

言子「毎日会っていれば自然と覚えます!ああ、覚えると言えば今日のドラマの台本もばっちりです!」

苗木「ボクが毎日来れるような状況じゃなくなったら、妹に仕事を頼もうと思っているんです」

苗木「もしも会ったら、仲良くしてあげてくださいね」

言子「はい!……敬語じゃなくていいですよ?苗木さんは年上ですから」

苗木「……え?いいの?」


☆仕事の予定
【15日目】再現ドラマ←Now!

☆仕事の依頼
◆【20日目から】深夜の連続ドラマ撮影
○【19日目】新鋭のバンドと雑誌対談
○【19日目】地下アイドルライブに出演
○【21日目】バラエティ番組のアシスタント
○【25日目】大物歌手との対談

☆info
◆マークは断るなら18日目までに


花村(スケジュール、もっと埋めちゃっていいのかな?)

花村「うーん、でもレッスンも進めたいよなぁ!」 



1:仕事に出発だ
2:何か仕事を受けておく
3:苗木に仕事依頼の傾向について相談
4:言子の肩を揉んでみる
5:そのた

↓2
マントル
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/23(月) 08:52:40.81 ID:A4McOtmHO
3
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/23(月) 12:17:14.39 ID:n1JfkJPxO
121 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/24(火) 20:17:33.80 ID:nhaMZ02mo
Abema!!!!!
122 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/24(火) 20:21:59.11 ID:nhaMZ02mo
>>120


苗木「どうしたの?花村クン」

花村「うん、実は……」





苗木「なるほど……」

花村「本人はドラマの方の仕事を希望してるから、今はそっちをやらせて上げたいんだけど」

花村「そんなに都合よく演技の話ばっかり来るわけじゃないよねえ。ぼくなら何でもパクパク行っちゃうよ!」

苗木「うん……分かったよ」

花村「え?」

苗木「次に来る電話から、交渉してみるよ。演技系の仕事、それからアイドルらしい仕事だよね?」

花村「あ、そうそう!そんなこと出来るの?」

苗木「仕事をうけるにはボクがまず話を聞かなきゃダメだから、きっと出来ると思うんだ」

苗木「大丈夫、ボクは人よりちょっとだけ前向きだからさ!」


☆info
仕事傾向がちょっと変わりました。


花村「ありがとう……それじゃあ、行ってくるね!」

苗木「うん!」

花村「あ、それと……」

苗木「どうしたの?」

花村「もしもいい仕事があったら、ひとつくらい受けてみてくれないかな?保留って形で」

苗木「う、うん、それも言ってみるよ」

花村「苗木くん優秀ゥ!後で夜のなでなでをして上げるからね!」

どひゅん

苗木「夜の……????」


123 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/24(火) 20:29:08.62 ID:nhaMZ02mo
☆【現場】


スタッフ「空木言子さんはいられまーす」

どよどよどよ

言子「よ、よろしくお願い致します!」ぺこりん

「お願いします」「はーい!」「おなしゃっす」

言子「……!」ふすん


花村(いい緊張感のある現場だなあ)


男優「今日はよろしく」

言子「はい、お願いします!お手柔らかにどうぞ」

男優「ははは、またまた。君の力は信じているよ」


花村「ええと……」ぺら

花村(20年ほど前に実際に起きた事件の再現ドラマか)

花村(空木さんは、『後に復讐鬼になる女スパイの幼少期』としてキャスティングされている)

花村(父親役の男優は再現ドラマのベテラン、ぼくもテレビで何度もお見かけした方だ)

花村「で、この家族の平穏を壊すのが……」ぺら


こつこつ……


花村「……!」

旬俳優「よろしくお願いします」

花村(今が旬の若手俳優───ッ!再現ドラマ初挑戦でこの『自身を貶めたという勘違いから家族を殺害してしまう男』と言う難役!)

花村(彼の方がメインなのは間違いないけれど、空木さんに求められるものも多い……!)


旬俳優「今日は宜しくね」しゃがみ

言子「っ! は、はい、よろしくお願いします!」ぺこ


花村(! 空木さんをちゃんと子供扱い……彼女、きっとああいうの慣れてないな)



1:言子に賭けて静かにする
2:視察!色んなところを見て回る
3:旬俳優の演技を学ぶくん
4:そのた

↓2
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/24(火) 20:30:43.61 ID:Z4nq8XeY0
3
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/24(火) 20:51:24.12 ID:cQoNg0ZB0
126 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/24(火) 23:46:57.82 ID:nhaMZ02mo
>>125
>>124


花村(ぼくは表に出ることは無いだろうけど、ちゃんと彼の演技を勉強しておかないとな)





旬俳優「このぉーーーッッ!」

男優「な、う、うわああああ!!」

どたどたどただだだだ!

がんっ!ごんっ!


花村(う、うわ、見えてないところでもちゃんと乱闘、こんなに迫真の演技を!)


\はい、カットー/


男優「いたたた……」

旬俳優「すみません、力の加減が出来なくって」

男優「いやいや、大丈夫大丈夫!」

花村(……)

旬俳優「次のカットもちょっと力を出しすぎたらごめんなさい」

男優「あはは、お手柔らかに頼むよ」

すたすた


男優「……いたた、ほんとに力加減が出来てないな、彼」


旬俳優「……」ぺら

旬俳優「……ふぅん……次は……」ぺら

花村(あの人、目の奥が笑ってない)


127 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/25(水) 00:02:22.14 ID:1da/uOMCo



どんっどんっ
ざく……


旬俳優「はあ……はあ……!」

がたんっ

旬俳優「!? 誰だッ!!」ばっ


\カット!/

監督「旬くん、もう一回やろう」

旬俳優「何でですか?」

監督「振り返りに間を作った理由が分からないからな」

旬俳優「理由?よく考えてくださいよ、音が聞こえてすぐ振り返るなんて人としておかしい」

監督「人を殺すような人間だぞ?その位神経が逆立っていてもおかしくはない」

旬俳優「人間には限界があるでしょう」

がやかやかやがやがや


花村(すごいな……!これがプロフェッショナル、なのかな?)

花村(でもあの旬俳優、何か反発してるだけにも思えるけど……)


言子「次は私の番ですね」

花村(ああ、次は空木さんを追いかけるシーンか)

旬俳優「……よろしく」

花村(なんかあの子目ぇやばいぞ!?) 



1:静かな見守り
2:一度インターバルを挟もう
3:あの俳優に話しかける?
4:そのた

↓2
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 00:14:02.21 ID:6uYbehRV0
3
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 00:51:56.15 ID:7cLqo1As0
普通の人間でも音がしたらすぐ振り返るだろ…2
130 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/25(水) 16:13:38.80 ID:1da/uOMCo
あばばばば
131 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/25(水) 16:27:53.23 ID:1da/uOMCo
>>129
まじそれな


花村「す、すみません!少しだけ時間をもらえませんか!」

旬俳優「あ?」

花村「……!」

監督「わ、分かりました」





言子「助かりました!」(♡↑)

花村「うん、あの子大分エンジンかかってたからね。あのままヤってたら大変なことになってたよ」

花村「それに……なんだか、ただ監督に逆らいたいだけなのかなって……」

言子「ああ、それは私も感じました!」

言子「よく見ました、昔も。そう言う人は多いです……例え人気でも、今後どうなるか分からない……」

花村「……空木さん、とにかく落ち着いてね。何かあったらぼくが何とかするから」

言子「はい!」





言子「きゃあああ!!」

だだだだだだ

旬俳優「畜生!待て!!」

だだだだだだだだ


花村(やっぱり演技は迫真だ……)

花村(特に大きなトラブルもなく撮影は進み……)


言子「……」かたかたかたかた

\はいおっけー!/


花村(収録は終わった)


旬俳優「……」

花村(……こっち睨んでるな……)


☆結果

肩書:元天才子役
好感:最低(30)
体力:低 (30)
気力:中 (40)
話術:低 (42)
歌唱:低 (52)
技術:中 (86)
容姿:良 (96)
運動:最低(29)
魅力:良 (105)
感性:最低(7)
コネ:最低(3)


132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 16:30:16.54 ID:dYiWMrqS0
幸運のステータスのコンマってとります?
133 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/25(水) 17:12:01.78 ID:1da/uOMCo
>>132
忘れてました

すんません、と言うわけで忘れてた分のコンマとりますね
演技の項目はこっちで設定します……

↓1コンマ
コンマの強さは>>2参照
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 17:48:11.05 ID:K9evm7fWO
はい
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 17:54:44.68 ID:dYiWMrqS0
おのれ十神財閥…
136 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/25(水) 18:16:50.14 ID:1da/uOMCo
5て。


肩書:元天才子役
好感:最低(30)
体力:低 (30)
気力:中 (40)
話術:低 (42)
歌唱:低 (52)
技術:中 (86)
演技:良 (115)
容姿:良 (96)
運動:最低(29)
魅力:良 (105)
感性:最低(7)
コネ:最低(3)
幸運:最低(5)
137 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/25(水) 18:20:01.31 ID:1da/uOMCo
☆【16日目】


言子「おはようございます!」


花村(昨日の今日だから元気がないけど、大丈夫かなあ)

弐大「応、花村。少しええか?」

花村「うん?どうしたの?」

弐大「空木は疲れきっておる。今日は休みにしてやるべきじゃあ」

弐大「心身ともにすり減っとるじゃろうからのう」

花村(確かに……!)


☆仕事の予定
ないです。

☆仕事の依頼
◆【20日目から】深夜の連続ドラマ撮影
○【19日目】新鋭のバンドと雑誌対談
○【19日目】地方のコマーシャル出演
○【21日目】バラエティ番組のアシスタント
○【25日目】大物歌手との対談

☆info
◆マークは断るなら18日目までに



1:今日はお休みにしよう
2:何か仕事を受けておく
3:局の人に仕事をねだる
4:そのた

↓2
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 19:30:06.82 ID:dYiWMrqS0
ここはやっぱり2で
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/25(水) 19:55:48.19 ID:6uYbehRV0
1+2 バラエティ番組のアシスタント
140 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/26(木) 21:30:54.59 ID:FCpEbojHo
はいお待ちぃ!
141 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/26(木) 21:35:48.20 ID:FCpEbojHo
>>139


花村「そうだね。ぼくも疲れてるし、ちゃんとお休みにしようか」

弐大「素直でいいのう。ようし、今日は休みじゃあああああ!」

言子「い、いいんですか?」

花村「毎日仕事じゃ疲れちゃうでしょ?ぼくの実家だってほぼ毎日仕事だけど、疲れたらちゃんと休んでたよ」

言子「実家?」

花村「ああ、まあそれはまた今度ね」

☆info
言子に休暇を取らせます。
体力と気力が回復します。





花村「うーん、いろんなコネを持って欲しい……」

花村「ねえ、このバラエティ番組のアシスタントってどんなの?」

苗木「ええと、今度から始まる新番組ですね。お笑い芸人さんがわいわいやる番組みたいです」

花村(なるほど……アイドルと芸人か……)

花村(食い合わせは悪いけど、一定の知名度が出てからでは却って遅すぎるな……今のうちにコネクションを作るのはアリだろう)

苗木「どうします?」 

花村「うん、受けておいてくれないかな?」

苗木「分かりました!」

花村「だから敬語はいいのに……」

苗木「あはは、仕事のはなしだからつい角張っちゃって」


☆info
【バラエティ番組のアシスタント】の仕事を受けました。


142 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/26(木) 21:43:25.59 ID:FCpEbojHo
☆【17日目】


花村(間もなくドラマのオファーを受けるかどうか、決断しないといけないな)

花村「今の空木さんにプレッシャーじゃないかな……ドラマだけじゃなくて、歌やダンスもしてもらいたいし……」

花村(そのためにはまずダンスレッスンが必要なのかな)

花村(うーん、でも空木さんひとりじゃ出来ることに限界もあるし、終里さんはダンス専門じゃないし……)


言子「おはようございます!」

花村「ああ、おはよう」

言子「昨日はお休みをありがとうございました!お陰様で私はピンピンのビンビンです!」

花村「ビンビン♂!?」

花村(……うん、それはそれで美味しいな!)

言子「???」 


☆仕事の予定
【21日目】バラエティ番組のアシスタント

☆仕事の依頼
◆【20日目から】深夜の連続ドラマ撮影
○【19日目】新鋭のバンドと雑誌対談
○【19日目】地方のコマーシャル出演
○【25日目】大物歌手との対談
○【22日目】動画視聴系バラエティ番組
○【23日目】ダンス大会

☆info
◆は断るなら18日目までに連絡!
→連絡しない場合はそのまま予定が埋まります。定期的に撮影が入ります。
→レッスンが時々出来なくなります。
→世間のイメージが変わります。



1:レッスンに行こう
2:何か仕事を受ける
3:局に仕事を探しに行く行く!
4:◆を断る
5:そのた

↓2
連ドラはメリットもデメリットもありますー
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/26(木) 22:21:40.48 ID:xgLHx2E00
1+4
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/26(木) 23:37:26.32 ID:Pf84SJth0
145 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/28(土) 13:46:39.00 ID:rVJCoNuPO
ヘブンリー
146 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/28(土) 13:52:15.80 ID:rVJCoNuPO
>>144
>>143


花村(やっぱりリスクが高すぎる。今は断ろう)


ぷるる

花村「もしもし、以前ご連絡頂いたホーププロダクションの花村と申します」

花村「……はい、はい……お世話になっております、それで……」

花村「……ええ、今回は……」

花村「……」

花村「……お仕事のお話を本当にありがとうございました」


◆連ドラの仕事を断りました!


言子「? なんのお話ですか?」

花村「あ、ごめんね待たせちゃって。さあ、行こっか!」

言子「はい!」


☆→レッスン場


言子「さて、終里さん!」

言子「……あら?」

花村「いないのかなぁ……ちょっと探してくるよ。先にアップしててくれないかな」

言子「はい!」



1:歌を歌おう(歌唱/感性↑)
2:レッツリンボー(運動↑+ランダム↑)
3:そこに新トレーナーが!(人物指定)
4:動画サイトにダンスを投稿
5:そのた

↓2
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/28(土) 14:39:08.34 ID:W+5J+X640
3 転子ちゃん
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/28(土) 15:55:41.96 ID:exOTmZvj0
3 白銀
149 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 16:17:18.45 ID:dlLCE2Z9o
パーパー
150 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 16:20:12.32 ID:dlLCE2Z9o
>>148


こつこつこつ

花村「あれえ?いないのかな……」


言子「困りましたね。困ったと言えば花村さんです、何だかどんな人にも変な目を向けている気がします」

??「それってどんな目?」

言子「そうですね……狩りをする獣、いわゆる野獣の目と言いますか……」

??「やっぱりな♂ でもいいんじゃない?恋愛に性別が関係あったのは過去の古い考え方だよ」

言子「うーん、私としてもどちらでも良いのですが、その……」

??「うん?」

言子「そもそも誰ですか?」

??「あー……やっぱり?地味過ぎて覚えてないよね」

言子「?」


こつこつこつ

花村「やっぱり終里さん、今日休みなのかな?」

??「うん、地味に連絡したの、気づかれてないっぽいね?」

花村「あれ?誰?」

??「あー……」
151 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 16:24:38.12 ID:dlLCE2Z9o
??「わたしは【白銀 つむぎ】。実はいろんなレッスンを受け持っているんだよ、ふふん」

花村「きみが?すごい!じゃあ、今日は……」

白銀「もちろん、わたしが見るよ。これからはちゃんと頼ってくれたら嬉しいかな?」

花村「当然さ!なによりきみって、とっても難攻不落って感じがするからね。通い甲斐もあるよ」

白銀「さては当然のようにわたしを攻略するつもりでいるな?アップデートをお待ちください」

白銀「それで……ここに来たってことは、今日はレッスンの予定なんだね」

言子「は、はい!そうです!」

白銀「なるほど。ええっと、どんなレッスンがいいのかな?」

白銀「終里さんはダンス、わたしはお歌とか演技を教えてあげられると思うけど」

花村「それなら、まずは彼女の歌を聞いて貰えないかな?」

白銀「合点承知之助」

花村「それ流行るの?」

言子「流行らせません」


☆info
白銀つむぎと知り合った!
つむつむ。


今日はこのまま歌を見てもらおう。本格的なレッスンはこれからまた次回と言うことにした。
白銀は歌と演技に教養があるらしい。なんでも、自分もコスプレをするので練習する必要があったんだとか……。


152 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 16:28:35.76 ID:dlLCE2Z9o
☆【18日目】


花村「おはよう!」

おんなのこ「おはようございます!」

花村「……苗木くん、TSした?」
※TS…トランスセクシャル。ここでは主にえっちな本で使われる(可逆、不可逆を問わない)性転換のことを指す。

おんなのこ「てぃー……えす?何の話ですか?あ、もしかしてお兄ちゃんから聞いてません?」

花村「お兄ちゃん……あ、もしかして!」

おんなのこ「はい、苗木誠の妹、【こまる】です!」

花村「そっか、自分が来られないときは妹に来させるって言ってたもんね」

こまる「もしも私も来られないって言う時はまた違う人がくる予定です」

花村「毎日張り付いて仕事、なんて無理だもんね」


☆仕事の予定
【21日目】バラエティ番組のアシスタント

☆仕事の依頼
○【19日目】新鋭のバンドと雑誌対談
○【19日目】地方のコマーシャル出演
○【25日目】大物歌手との対談
○【22日目】動画視聴系バラエティ番組
○【23日目】ダンス大会
○【18日目】生放送のアシスタント



1:本日もレッスン
2:何か仕事を受けよう
3:こまるにもっと探してもらおう
4:そのた

↓2
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 16:35:42.17 ID:9CrV9Fkm0
1+地方のコマーシャル出演
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 17:50:53.69 ID:SdCYAq4EO
155 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 18:57:24.99 ID:dlLCE2Z9o
>>154
>>153


花村「地方のコマーシャル、ってなんだろう……?」

こまる「はい、一部地域にしか放送されないコマーシャルへの出演依頼です」

こまる「そこにある企業の……えーと、なにか?みたいですよ?」

花村「なんとなく分かったような、うーん……わかった、それを受けておいてくれないかな?」

こまる「はい、分かりました!」


☆info
【地方のコマーシャル撮影】を受けました。


花村「それじゃあ、行ってきます」

こまる「はい、気をつけてくださいね!」


☆→レッスン場


終里「おう、昨日は悪かったな!ちょっと弟たちのとこに行っててよぉ」

言子「まあ、ご兄弟がいらっしゃるのですね!」

終里「あー、まあ1番下とかだとオメーとおんなじくらいの歳だな。みんなかわいいぜ?」

終里「んじゃ、さっさと始めるか。今日はどうすんだ?」 



1:歌唱力が気になる(歌唱/技術↑)
2:ダンスダンスダンス(技術↑/運動↑↑↑)
3:動画サイトにダンス投稿(運動+ランダム)
4:そのた

↓2
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 19:00:55.32 ID:1dhPoloY0
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 19:11:43.18 ID:9CrV9Fkm0
2
158 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 19:18:40.81 ID:dlLCE2Z9o
>>157


言子「今日はとにかくダンスレッスンを!お願いします!」


終里「お?」

言子「私、アイドルになりたいって言ったものの、歌もそこまで得意ではありませんし、ダンスも……」

言子「けれど、私……やりたいんです。アイドルになって、そして……もう一度……」

言子「今度は、自分の力で……」

終里「……似たようなもんか」

言子「え?」

終里「よぅし、オメーの気持ちはわかった。んじゃ、派手にやっから着いてこいよ!」

言子「! ……はい!」


ずんちーずんちーずんちー

キュッキュッ!

言子「く……」

終里「型を決めようとすんな!」

ずんちーずんちー

終里「ダンスってのは自由でいいんだよ!」

ぎゅぎゅ

終里「魅せたもん勝ちだ!」


激しい稽古をした。
言子は満足げだ……!


肩書:元天才子役
好感:低 (32)
体力:高 (80)
気力:高 (100)
話術:低 (42)
歌唱:低 (52)
技術:中 (88)
演技:良 (115)
容姿:良 (96)
運動:低 (37)
魅力:良 (105)
感性:最低(10)
コネ:最低(3)
幸運:最低(6)


159 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/29(日) 19:23:11.98 ID:dlLCE2Z9o
☆【19日目】


花村「苗木さん、TSした?」

苗木「花村クン、それ妹にも聞いたんでしょ?話をきいて、調べてつい笑っちゃったよ」

花村(笑って許せるのかこの冗談)

苗木「ボクはそう言う特殊なことは出来ないけど、人よりちょっとだけ前向きなところがあるかな?」 

花村(あーだからかー……いやあーだからかーじゃないな!?)

言子「そう言えば、以前の雑誌が発売されていましたよ、花村さん!」

花村「ああ、取材して貰ったやつか。どう?」

言子「私が今日の朝見た限りでは、数名がコンビニで買っていました。そこそこ注目されているのかもしれませんね?」


☆仕事の予定
【19日目】地方のコマーシャル出演←New!
【21日目】バラエティ番組のアシスタント

☆仕事の依頼
○【25日目】大物歌手との対談
○【22日目】動画視聴系バラエティ番組
○【23日目】ダンス大会
○【25日目】ラジオパーソナリティ
○【26日目】再現ドラマの撮影



1:仕事に出発
2:何か仕事を受けておく
3:もっと仕事を探す
4:そのた

↓2
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 20:03:59.84 ID:9CrV9Fkm0
2 ラジオパーソナリティ
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 22:42:39.24 ID:JvVyI7ok0
1+2再現ドラマ
162 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/30(月) 07:31:40.04 ID:TrmUEtSpo
>>161

花村(演技系の仕事は本人にはとてもやりがいがあるようだし、今は受けておこう)

苗木「この仕事だね!……あ、これは前の監督とは違う人からの依頼みたいだよ?」

花村「リピートがかかった、ってわけじゃないのか……うーん?」


☆info
【再現ドラマの撮影】を受けました。


花村「とにかく、行ってくるね。あと宜しく!」

苗木「うん!」

弐大「わしもスケジュール調整をやっておく、お前さんが付き添うならわしが行かんでも問題ないじゃろうて」


☆→とある遊園地


てんてろりーん

従業員「今日はありがとうございます!宜しくお願いします!」

言子「はい、よろしくお願い致しますわね!」

花村(今日の空木さんは地方のコマーシャルへ出演する)

花村(なんでも地元の人なら知っているが、都心にはあまり知られていない遊園地らしい)

花村「確かにここはぼくも来たことがなかったなあ……」

出演者「よろしくお願いします!」ぺこ

花村(そして共演は、地元の人気レポーター。なんでもフリーでやってるらしい)

レポーター「空木さん!すごい……わたし、ファンなんです!」

言子「ありがとうございます!名物レポーターの笹草さんにそう言われると嬉しいですよ……♪」

レポーター「わたしのことを知っているんですか?」

言子「勿論です!ふふん、実は私の実家は××という場所で……」

花村(話が弾んでるな!心配する必要なかったか……)

花村(撮影も問題なく進んでいるようだし、ぼくはやることなくなっちゃったなぁ)



1:レポーター笹草について調べる
2:遊園地について調べる
3:言子とアトラクションに乗る
4:そのた

↓2
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 09:02:08.66 ID:8FFucTFxO
1
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 10:00:45.48 ID:FqA1Cjci0
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 14:05:05.09 ID:FZefTsgMO
3
166 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/30(月) 20:16:08.97 ID:TrmUEtSpo
午後だよ
167 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/30(月) 20:24:53.71 ID:TrmUEtSpo
>>164
>>163


ぽちぽち

花村(ふむ、名物レポーター【笹草 咲紗(ササグサ サクサ)】か……)

花村(植物、特に食べられる野草に詳しいらしく、かつてそれを特技として披露したところ面白がったとある局が採用)

花村(しかし草を愚弄するスタッフに嫌気が刺し局を数年で退社、その後はフリーランスで呼ばれた場所に現れる)

花村(明るい性格、何より草……植物に対するリスペクトが強く、一部からは「ささねぇ」の愛称と共に愛される名物レポーター)

花村(しかしかと言って味覚が壊れている訳ではなく、通常の食レポも淡々とこなせる腕があるとか……)

花村(肩書きは……ん?元【超高校級の放送部員】……? 本当かなぁ、超高校級って肩書きはたしか……)


笹草「ああ、ほら見てください!つくしさんが生えています」

言子「まあ、やっぱり春ですねえ」

笹草「つくしは美味しいですよ、是非食べましょう」すっ

笹草「……つくしさん、その命を私に、頂きます」ぺこっ

ぷち

言子「……」ぺこ


花村「なるほどね……」

スタッフ「いい子だよね。几帳面だし、何より綺麗だ」

花村「空木さんも一緒にたべるのかな……」


☆そして本番


言子「きゃーー!!たのしーー!!」

言子は遊びに来た子供役らしく、とにかくアトラクションで遊びまくった。

笹草「向日葵のような笑顔を、貴方も咲かせませんか?」

一方で笹草はナレーションを撮ったり、言子と遊んだりと忙しそうだ。
その合間合間にたんぽぽを集めているようだった。なんでも、たんぽぽも美味しいんですよ?家でコーヒーにします、とのこと。


168 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/30(月) 20:28:54.69 ID:TrmUEtSpo


言子「来て見て!」

笹草「遊んで!」

「「わんパーク!」」



スタッフ「カット!おっけー、今日の撮影終了です!」

わーわーぱちぱちぱち……


言子「ありがとうございました!」

笹草「いえいえ、こちらもありがとうございます。お陰で植物の大切さをお話出来ました」

笹草「あ、でも植物だけ食べていちゃあダメですよ?お肉も食べてくださいね」きりり

花村「あはは、本当に今日は色々勉強になりました!」

笹草「あ、えっと、終里さんって元気にしてますか?」

花村「え?終里……さん、なんでその名前が?」

笹草「ええ、以前野草のことをお教えしたんですけど、その後どうしているかなって」

花村(マジかー)


こうして撮影は和やかに終了した。
あと笹草が野草のてんぷらを振舞ってくれたお陰で、心晴れやかに帰宅できそうだ。


☆お仕事結果

肩書:元天才子役
好感:低 (33)
体力:高 (75)
気力:最高(120)
話術:低 (46)
歌唱:低 (52)
技術:中 (89)
演技:良 (116)
容姿:良 (96)
運動:低 (38)
魅力:良 (105)
感性:最低(12)
コネ:最低(5)
幸運:最低(6)


169 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/30(月) 20:33:11.58 ID:TrmUEtSpo
☆【20日目】


花村「昨夜は再現ドラマのVTRも流れてたね」

言子「とっても良い映像でしたね!」

花村「けど、うん……あの若手の旬俳優くん、大丈夫かなぁ……」

言子「……これは噂なんですけど、」

花村「うん?」

言子「相手役のベテラン俳優さん、実はあの後肋骨が折れていることが判明したとか……」

花村「!?」

言子「相手の事務所の力が強すぎて話にも出来ないって言う噂です。でも、火のないところに煙は立ちませんから」


☆仕事の予定
【21日目】バラエティ番組のアシスタント
【26日目】再現ドラマの撮影

☆仕事の依頼
○【25日目】大物歌手との対談
○【22日目】動画視聴系バラエティ番組
○【23日目】ダンス大会
○【25日目】ラジオパーソナリティ
◎【24日目】立食パーティ


花村「ん?パーティのお誘い?」

苗木「はい、コネクションを作るにはどうか、って社長が言ってました」

花村「なるほど」



1:さあレッスンだ
2:何か仕事を受ける
3:弐大苗木と会議する
4:他の事務所の様子を見る
5:そのた

↓2
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 21:02:37.04 ID:eOh9OR1K0
1+2 立食パーティ
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 06:09:07.66 ID:PRzV8VR50
1+言子は>>40にあるようにコネは今あまり使えないから無闇に探すより、今まで出てきたキャラの知り合いで信頼できるコネを探す、で。
172 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 09:34:14.20 ID:CuSdOP/0o
ギャラクシー
173 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 09:38:35.20 ID:CuSdOP/0o
>>171


花村(……コネクション、か)

花村(でも、空木さんが昔のコネクションを使いたがらないのはなんでなんだろう?理由があるはず……)

花村(それが分からない以上、新しいコネを早急に作るなんてのはやめた方がいいかもしれないな)


花村「……ううん、パーティに行くのもありだけど、今新しい出会いよりも、今まで知り合った人達と深い仲になるのが先じゃない?」

花村「んふふ、ゆくゆくはくんずほぐれつ……」

苗木「聞かなかったことにするよ」

花村「ん?そう?……それじゃあレッスンに行ってくるから、後は頼んだよ」

苗木「うん、もしもいい仕事が合ったら受けておきますね」


☆→レッスン場


白銀「アイドルになるにはダンスと歌、そしてそれを両立出来る運動能力がないとね」

終里「だな。オメー、見る感じ弱っちいけど大丈夫なんか?」

言子「はい!これから大丈夫になる、はずです!」

終里「まぁいいけどよ。ぶっ倒れたりすんじゃねーぞ?」

白銀「そうそう。焦ったりしたら地味に危ないからさ。自分のペースで頑張ろうか」

言子「……はい!」



1:歌唱力が気になる(歌唱/技術↑)
2:ダンスダンスダンス(技術↑/運動↑↑↑)
3:動画サイトにダンス投稿(運動+ランダム)
4:そのた

↓2
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 10:04:13.07 ID:NKAPw7d00
両立って出たし、4 運動しながら歌う練習
ダメ(orまだ早い)なら2で
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 12:23:06.33 ID:JWRlRBqbO
2
176 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 19:21:14.09 ID:71lALRS4O
>>175


言子「やはりどちらもいっぺんに鍛えた方がいいのでしょうか?」

花村「あんまり急いでも仕方がないんじゃないかな?包丁の握り方しか知らないのに、突然飾り切りしてみろなんて無理な話でしょ?」

言子「なるほど……」

花村「ダンスも覚えて、歌も覚えて、それから2つを両立させても遅くないとは思うよ。デビューを急ぐ理由があるなら別だけど」

花村「けど、あんまり無理してもダメだからね?」

言子「……はい、分かりました。ゆっくりやって行きましょう」





たんたんたんた

言子「ふっ!はっ!」

終里「まあ様になってきたんじゃねえか?つってもまだまだ素人レベルだけどな」

終里「それでも最初より随分いいじゃねーか。そのまま気張れよ」

言子「! はい、ありがとうございます!」

終里「オレも最初はししょー……おっさんに散々言われてこうなったんだぜ?」

たんたんたんた

終里「今出来ることからやれってな!つっても、オレはやりてーことをやりてー時にしかやんねーから有名にはなんねえんだけどさ」


……終里は楽しそうに笑いながらそう言った。なにか深い事情があってここで働いているのだろうか?
今日は非常に良い結果が出たようだ!

☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (33)
体力:高 (70)
気力:最高(120)
話術:低 (46)
歌唱:低 (52)
技術:良 (92)
演技:良 (116)
容姿:良 (96)
運動:低 (50)
魅力:良 (105)
感性:最低(14)
コネ:最低(5)
幸運:最低(8)


177 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 19:24:09.40 ID:71lALRS4O
☆【21日目】

がちゃ


言子「今日は……うんと、えっと……」よみよみよみ

花村「今日はバラエティ番組の撮影だったね。いろんな芸人さんが出てる番組だって」

言子「あ、はい、私も大好きな番組なので頑張ります!」

花村「ふふふ。ここで上手く行けばいろんな道が生まれるかもしれないね」

花村「とはいえ、出ると見るでは大違いなんて良く言う話だから気をつけなきゃ。実際のベッドの相性と一緒だよ」

弐大「お前さん今何か言うたか?」

花村「なんでもないよー!」


☆仕事の予定
【21日目】バラエティ番組のアシスタント
【26日目】再現ドラマの撮影

☆仕事の依頼
○【25日目】大物歌手との対談
○【22日目】動画視聴系バラエティ番組
○【23日目】ダンス大会
○【25日目】ラジオパーソナリティ
○【27日目】カラオケ番組



1:最後に出演者を確認しておこう
2:とりあえず今はリラックスしてもらおう
3:自分も台本をチェックしなくちゃ
4:そのた
↓2
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 19:35:47.31 ID:PRzV8VR50
2
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 19:36:41.52 ID:jzSbXVli0
180 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 20:07:26.07 ID:CuSdOP/0o
>>179


花村「最後に出演者を確認しておこう……」ぴら


花村(司会は冠番組などを多数持つコンビ芸人のツッコミの方、濱澤さんか)

花村(で?共演は……あー、若手揃いか。何人か若手のフリしたベテランいないこれ大丈夫?)

花村(ひとり気になる人はいるけど……うーん)

花村(ああ、でも前にフォローしてくれた中堅芸人さん達も一緒だ)

花村「まあ問題になるような人間はいなさそうだから大丈夫かな……」ぺら


☆→数時間後 スタジオ、控え室


言子「ふう……」

花村(とまあ、色々ありながら打ち合わせ終了……濱澤さんとも顔合わせしたし、芸人さんたちとも挨拶が済んだな)

言子「今日は私の存じ上げない方ばっかりですね……」

花村「だと思う。芸能界の中でも、特に入れ替わりが激しいジャンルだからね、お笑いは」

花村「しかも最近では元アイドルが芸人に混じることも多いし、あの辺はカオスだよ」

言子「そうなんですか……」ぺらっ


花村(撮影前になんかしらアドバイスするべきかなあ)



1:知ってる人に話しかけるといいよ
2:とにかく笑顔を絶やさないように
3:乗っかっていけば大丈夫だよ
4:そのた

↓2
コンマによっては番組中にアクシデント発生します。
みんなはどんな芸人が好き?
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 20:12:39.71 ID:CKpU29TI0
2
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 20:22:36.81 ID:PRzV8VR50
4.一生懸命なところを見せれば良いよ。
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 20:23:54.19 ID:PRzV8VR50
コンマ末尾1か…
言子ちゃんも本当にコンマに嫌われてるな…
184 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 20:25:19.36 ID:CuSdOP/0o
誰かアマビエ持ってきて。
185 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 20:34:48.85 ID:CuSdOP/0o
>>182


花村「とにかく、一生懸命なところを見せればいいよ。周りは言ってもテレビ慣れしてるタレントさんばかりだし」

花村「空木さんを傷つけるような相手はいないはずだし、万一そんなことになったらぼくが怒ってあげるからね!」

言子「! あ、ありがとうございます、はい!私……頑張ってみますね!」

言子「こう言う時は、不慣れな子の振りをした方が愛されますよね。って言って、ほんとに不慣れなんですけど」ふふふ

花村「うん、とにかくやってみよう。ね?」


☆そして本番


濱澤「その疑問、解決し隊ー!!」わーわーぱちぱちばち

言子「はい!この番組では、視聴者の方から寄せられた『なかなか自分では解決出来ない疑問』を集め、」

言子「それをお笑い芸人のみなさんに、体当たりで解決してもらいまーす!」

わーわーわー

濱澤「司会の濱澤 将吉です、そして」

言子「はい!アシスタントを努めさせていただく、空木 言子と申します!」

ぱちぱちぱち

濱澤「なんと復帰されたとのことで。おめでとうございます」

ぱちぱちぱち

言子「ありがとうございます!これからは……そのお芝居以外のことにも挑戦したくて……」



花村(うんうん、なかなかいい感じだな)

花村(しっかし今回の共演者……)

ぺらり

花村(前にテレビで一緒になった中堅さん、最近売り出し中のチャラ若手とキャラ若手、あまり体当たりイメージの無いシュール系、)

花村(それと……気難しそうなピン芸人……)

花村「まあ何とかなるかぁ!」


186 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 20:43:58.62 ID:CuSdOP/0o


その後も暫く収録は危うげなく進んでいたのだが……。


濱澤「続いてはこちら、バナナンチェックー!」

ぱちぱちぱち

言子「ここではみなさんに、マイナス50度の冷凍庫に入っていただき、制限時間内に冷凍バナナで釘を何本打てるか競っていただきます!」

えええーーーー!?

中堅ボケ「めちゃくちゃしはりますやん!!」

濱澤「えー、やらんでもええですよ。やらんかったら失格」

シュールボケ「失格、いや失格ってなんすか!?」

チャラツッコミ「マジつらみが深いっしょ」

チャラボケ「なんもなんも、オレの出身寒ゲタンよ、任しとき」

言子「ふふふっ」

中堅ツッコミ「まあまあまあ、うちのボケは寒いところでも生きていけるように出来てるんで」

中堅ボケ「出来てへんわ」

どっ わははははは


花村(内輪ウケすげぇな)

言子「あははは!」

花村(あ、でも楽しそうでよかった)


言子「では、みなさんの挑戦前に……?」

言子「わ、私が冷凍バナナがどれだけ硬いのかチェックしますね」すたすた

濱澤「気ぃつけぇよ言子ちゃんな、中寒いからな」

言子「はい!ではハンディカムを持って行ってきます!」E:防寒具


すたすたすた……がちゃん


言子「はい、冷凍庫に着きました!それではバナナを……あれ?」

言子「バナナがない?……えっと、どれだろう……これかな」

言子「って、全然凍ってない!これ後で使う分ですか!えっと、どれだ?」


ゴオオオオオオオ


花村「……なんか手間取ってるのかな、随分遅い……」



1:収録を壊すかもしれないけど割って入ってみる
2:ディレクターに確認
3:めちゃくちゃすげぇ顔で睨んでみる
4:そのた

↓2
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 20:46:54.19 ID:CKpU29TI0
2
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 22:43:40.70 ID:NKAPw7d00
2
189 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 23:06:24.46 ID:CuSdOP/0o
>>188


花村「プロデューサーさん」

P「……少しおかしいですね」

花村「段取りはどうなってます?」ぱらぱら

P「もしかしたら……今空木さんに使ってもらう練習用のバナナの他に、本番用、つまり演者さん用のまだ凍っていないバナナを入れて置いたから」

P「間違えて凍っていないバナナを掴んだことに気づいて、慌てて凍っているバナナを探しているだけかもしれないです」

花村「なるほど。そうかもしれない……」

P「にしても時間がかかりすぎているようなきもしますね。どうしたんでしょう」

P「……ん?」


がちゃがちゃ


P「! 深川くん!鍵かけてる!」

花村「え?」

花村(良く見ると、ピン芸人が扉に鍵をかけてしまっていたようだった。多分扉を閉める時に間違えて鍵をかけちゃったんだな)

花村「も、もしかして、鍵がかかってるから出て来れない!?」

ピン芸人「え?……あ、ああ、すみません、僕!なんか触っちゃったみたいで……!」

がしゅっ

ぷしーっ



濱澤「……言子ちゃん!!」

言子「あら?どうされました?」

キャラボケ「無事無事の無事ちゃんだね」

言子「? はい、何もありませんでしたが……」

言子「ああ、ほら!見てください、バナナでちゃんと釘を打てましたよ!制限時間内になんと5本!」

濱澤「無事かーーーい!いや、良かったなぁ!!」


190 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 23:14:55.76 ID:CuSdOP/0o



その後は特に問題はなく進み……


スタッフ「以上で撮影を終了します、ありがとうございましたー!」

ぱちぱちぱち

花村「ほぅ……よかったぁ」

P「本当にすみませんでした……」

花村「いえいえ!怪我がないし、なにより面白い場面が撮れましたから、むしろありじゃないですか?」

P「あはは……」


ピン芸人「……」


中堅ツッコミ「僕が紫藤、こっちが焼津や。また宜しくな」

言子「はい、また宜しくお願いします!」


言子「今日は楽しい体験でした!」

濱澤「うん、俺もおもろかったわ。また頼むで!」

言子「はい!」


ころころころ……こつん

濱澤「ん?誰やこんなとこにいつまでもバナナ置いてんの……」



☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (33)
体力:中 (50)
気力:高 (95)
話術:低 (52)
歌唱:低 (52)
技術:良 (93)
演技:良 (116)
容姿:良 (96)
運動:低 (50)
魅力:良 (106)
感性:最低(15)
コネ:最低(10)
幸運:最低(8)


191 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/03/31(火) 23:22:00.52 ID:CuSdOP/0o
☆【22日目】


花村「昨日は大変だったねえ」

言子「そんなことがあったのですか……」

花村「まあ、何も無くてよかったよ、本当にね!」

花村「固くなるのは凍ったバナナとぼくのバナナだけでいいのさ!」

弐大「……花村、お前さん」

花村「なんでもないよ!」

弐大「ところで、マネージャーのわしに直で仕事依頼が来ておる。中身に目を通してくれんかの?」


☆仕事の予定
【26日目】再現ドラマの撮影

☆仕事の依頼
○【25日目】大物歌手との対談
○【23日目】ダンス大会
○【25日目】ラジオパーソナリティ
○【27日目】カラオケ番組
○【28日目】ゲーム番組の収録
□【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)


花村「最初の現場からのリピートが!?」

弐大「のようじゃのう」

花村「何度もやって行くことに意味がありそうだね。とにかく受けるかどうか考えよう」



1:レッスンに行く
2:何か仕事を受ける
3:街に行って言子の評判をさぐる
4:いろんな局に行脚
5:そのた

↓2
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 23:48:27.51 ID:CKpU29TI0
1+2 再現ドラマの撮影(リピート)
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/01(水) 01:07:30.88 ID:OdjgsDco0
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/01(水) 06:09:25.96 ID:x6y5PLOV0
ぞろ目!
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/01(水) 11:01:51.48 ID:5O3tOjZao
なんか陰謀がありそうだねぇ
196 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/01(水) 14:30:47.15 ID:v7fjLAxBO
ゾロ目やいい目が出ると段々ステータスの幸運が上がる仕様です。やったね!
197 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/01(水) 14:37:35.14 ID:v7fjLAxBO
>>193
>>192


花村「リピートの仕事、受けておこう。相手は誰なんだろ?」

弐大「前の旬俳優ではないようじゃな」

花村「え?そうなの?」

弐大「応。旬俳優のやつは業界内の評判があまり良くないようでな……」

花村(煙が立つのは火があるからだもんなあ、きっと彼になんらかの問題があるんだろう。ぼくが考えても仕方がないことだけどさ)

弐大「まあ良い。スケジュールの調整はわしがやっておこう。お前さんは空木と一緒にレッスンに行くと良いじゃろう」

花村「はーい!」 


☆→レッスン場


白銀「ダンスは段々上手になってきてるから、そろそろオリジナルソングを作る計画を立てるのもありかもよ?」

終里「ああ、そうだな。オレ達がいうんだから間違いねえぞ、空木!」

言子「本当……ですか?」

白銀「うん。出来ないことを恥じることはないんだってば。出来ないから、不完全だからこそ愛らしく見えるものもあるんだ」

白銀「赤ん坊が可愛いと思うのもそれに近い心理が働くからだからね。そしてそれが行き過ぎると欠損フェチが生まれます、まあ嘘なんだけど(オタク特有の早口)」

終里「おう……おう?」

花村「傷跡って感度がよくなるって言うよね」

終里「……おう?」

言子「何の話ですか……?」 



1:歌とダンスを複合させてみよう(ちょっと難しい)
2:歌を重点的に(歌関係↑↑)
3:まだまだダンス(踊り面↑↑)
4:動画サイトに投稿(運動+ランダム↑↑)
5:そのた

↓2
最近目覚めた気がするやーつ。
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/01(水) 15:53:45.91 ID:OdjgsDco0
1
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/01(水) 17:46:18.27 ID:z0HOq9+vO
2
200 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/01(水) 23:29:12.09 ID:ylwzD6F8o
ちょっとやるしん
201 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/01(水) 23:36:27.67 ID:ylwzD6F8o
>>199
歌え!少女


白銀「歌は心を込めて歌わなきゃ行けない、そう思い込んでない?」

白銀「違うよ。心を込めない、って言うのも表現技法としてありなんだ。それが歌だよ」

言子「!!」

白銀「地味に難しいんだけどね」

言子「私……挑戦、してみます」

言子「ええっと、ヴォーカロイド?でしたっけ、ああいうタイプの曲なら……」


♪♪。.:*・゜♪。.:*・゜♪。.:*・゜♪


言子「ふう……」

白銀「まだ高音域がキツイでしょ?これ人が歌うような譜面じゃないんだって」

白銀「けど、なかなか悪くないと思うんだよね……特にこの辺とか……」かち

言子「かち?」

白銀「ボイスレコーダーだよ。聞こえるかな?」

言子「うわわわ、私の歌ですか!?」

白銀「……うん、ここ。分かる?」

言子「あ、Bメロの」

白銀「そうだね。地味に転調するから難しいところだけど、ちゃんと素直に音に乗れてたよ」

白銀「それにテンポもちょっと取りにくいのに、よく間違えなかったね」

言子「はい……この曲、結構好きでよく聞くんです」

白銀「ふぅん……なるほど。ええと、作者は……イツキPかあ、それなら納得」

白銀「……お約束なら「するわけねーだろ!」っていうけど、そういうの募集してないのよー」

言子「はあ……?白銀さんは時々分からないことを言いますね。分からないと言えば、魚を3枚に卸す工程が未だによく分かりません……」


なかなか上手くできたようだ。


☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (33)
体力:低 (25)
気力:高 (90)
話術:低 (52)
歌唱:低 (60)
技術:良 (95)
演技:良 (116)
容姿:良 (96)
運動:低 (50)
魅力:良 (107)
感性:最低(19)
コネ:最低(10)
幸運:最低(8)


202 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/01(水) 23:41:49.27 ID:ylwzD6F8o
☆【23日目】


言子「私はまだまだやる気ですよ!」ふんふんふん


弐大「とは言うものの、かなり疲れておるじゃろうて。わしも休みたいのう(ぼそ)」

花村「聞こえてるよ弐大くん!?」

弐大「がっはっは!たまにはいいじゃろう?」

花村「いいけど、良いけどね!?」

こまる「この事務所、タレントさんやスタッフは増やさないんですか?」

花村「増やしてもいいけど、それは今じゃないと思うなぁ」


☆仕事の予定
【26日目】再現ドラマの撮影
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)

☆仕事の依頼
○【25日目】大物歌手との対談
○【25日目】ラジオパーソナリティ
○【27日目】カラオケ番組
○【28日目】ゲーム番組の収録
○【28日目】単発ドラマの撮影
○【32日目】ナレーションの仕事


弐大「と言うか花村。お前さん、何時休んでおるんじゃ?」

花村「え?夜?」

弐大「ではなくて!お前さん、ずっとはたらきっぱなしではないか?」

花村「そんなことないよ?ぼくだってちゃんと休んではいるんだからね!」

花村「……え?し、信じてくれないの?」

こまる「お兄ちゃんが、いつも花村さんが事務所にいるって言ってましたよ」

こまる「ほんとにいつ休んでるんですか?」


☆info
今日は言子と弐大がオフになります。


1:じゃあぼくも温泉に行こう
2:映画とか見ちゃおう
3:中堅芸人さんのライブDVDかぁ……
4:家帰って寝ます
5:そのた

↓2
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 01:32:03.83 ID:r9YkFp8x0
2
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 01:55:08.18 ID:fkTdB/fo0
1
205 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/02(木) 02:24:33.06 ID:GUF1G/xMo
>>204


花村「じゃあ、ぼくも温泉とか行っちゃおうかな?」


☆というわけで


花村「ふう……」

早速温泉にやってきたのだった!
……というのも、意外と早めに温泉へ行けるバスが近くのビルに来ていた。
それに揺られて30分、綺麗なお風呂に入れているというわけである。

花村「しあわせ……」

体の疲れがどんどん取れていくのを感じる……。

花村(ん?あ、テレビが屋外にも付いてるのか)

花村「どれ……?」


テレビでは以前撮影したcmが既に放送開始されている!かなりいい感じの編集をされているようだ。
それを間近でみた人達の表情もかなり明るいようだ。


男「おお、笹草」

男2「かぁわいいよなあ笹草 咲紗」

男「ほんとな。何食ったらこうなるんだ?」

男2「雑草だろ?」

はははははは

男「それにあれ、空木言子か」

男2「なんで戻ってきたんだろうねえ、かわいいけどさ」


花村(うーん、やっぱり復帰理由が浸透してないな)


1:︵温泉を満喫︶
2:マッサージや!
3:旅館偵察
4:そのた

↓2
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 05:03:45.87 ID:0ooWLtqr0
3
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 06:23:28.61 ID:uiIkLXZK0
他の客と交流しつつ、言子についてそれとなく聞く
208 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/02(木) 14:58:52.38 ID:GUF1G/xMo
>>207


花村(ちょっと話聞いてみたいな……)


ざばざば

花村(お!またCMが流れてるぞ!)

花村「んふふ、やっぱり言子ちゃんは可愛いなぁ」ちょい大声

男「おっ、あんたも空木 言子を覚えてたタイプの人かい」

花村「ええ、まあ。彼女はほんものの天才でしたからね」

男2「確かになあ、でもなんで戻ってきたんだ?引退も意味がよくわからんかったけどな」

花村「ああ……突然いなくなりましたからね」

空木言子は天才子役だった。
当時から非常に人気が高く、何をやってもドラマは大ヒット、と言うくらい。スキャンダルらしいスキャンダルも出回らなかった。

花村「一体なんで突然いなくなったんですかね?」

男2「さあねえ……」

男「噂によりゃあ、親が『枕』をやってて、それが上手くいかなくなったって話だが……、どこまで本当だか」

……引退後に唯一流れた噂がそれだった。
空木に仕事を流すために、母親がプロデューサーなどと夜の関係を持ち、そのお陰で空木は人気を得ていたと言うものだ。
根も葉もない噂で……空木の才能を羨んだ人物の流したものだとされている。

花村「……ふむ」

男2「しかしお兄さん、随分若く見えるのに言子が好きかい?」

花村「え?まあええ、最近昔のドラマを観るのが趣味でして」

男2「ははあ……突然復帰して驚かなかったか?」

花村「驚きましたよ!雑誌もつい読んじゃいましたけど、アイドルになりたいって!」

男「アイドル!思い切ったなああの子も」

男2「踊りたいんだねえ……まあ子供だしな、まだ」
209 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/02(木) 15:11:48.08 ID:GUF1G/xMo
男「子供なら何でも出来るしねえ」

男2「アイドルか。最近はアイドルつっても多いよなあ」

花村「ですねー、空木さんはどんなアイドルになりたいんでしょう……」

男「今までとは全然違うことやろうとしてるってことだろう?なかなかむずかしいんじゃねえかなあ」

男2「そうかあ?あの子なら何でも万能に出来るんじゃないか?」

男「ドラマの時からも思ってたけどあの子ほんと器用だろ?だから逆に色々やろうとしてごちゃごちゃになるんじゃねえかと思うんだよな」

花村「ああ、なるほど……個性つけようとして、かえって没個性になりがち……」

花村(勉強になるな……やっぱりあんまり無理させちゃだめだ……)

男2「まああの子ならなんとでもなるんじゃねえの?笹草みたいな、どこかに尖るような子になるのも違うと思うし」

男2「歌って踊ってるところ、見てみたいだろ?」

男「だが、アイドルは女優より険しい道だぞ?」

花村「……アイドルは年齢に縛られる……ってやつですか」

男「今じゃほとんど関係ないって流れになってるがな。それでも、若い女の方が使われるからよ……」

男「言子ちゃんにゃあ……なるべく頑張って欲しいがよ……」


花村(……空木さん……)

花村(期待はされてるみたいだ。けど、同時に心配もされている)

花村(それに……)


花村(歳の行った男性タレントを見ると震えている……)

花村(さっきの噂に関係なければいいんだけど……)


ざばざばざば

男「じゃあな兄ちゃん」

男2「最近じゃテレビにちょくちょく出てるらしいぞ、言子ちゃん。見とくんだぞう」

ばざらが

花村「あ、はーい、ありがとうございます」


その後もお風呂を満喫した……。


210 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/02(木) 15:16:19.49 ID:GUF1G/xMo
☆【24日目】

花村「昨日は楽しかったー!」

弐大「酒でも飲んできたのか?」

花村「まさか!温泉を満喫しただけさ」

花村(まあ、他にも色々収穫はあったけどね)

言子「おはようございます!」

花村「うん、おはよう空木さん。疲れは取れた?」

言子「はい!お陰様でバッチグーです!」


☆仕事の予定
【26日目】再現ドラマの撮影
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)

☆仕事の依頼
○【27日目】カラオケ番組
○【28日目】ゲーム番組の収録
○【28日目】単発ドラマの撮影
○【32日目】ナレーションの仕事
○【29日目から】深夜の連続ドラマ


花村「あれ?また連ドラの話が来たの?」

弐大「端役じゃそうでな、そんなに負担にならんのでどうかと誘われたそうじゃわ」

花村「なるほどね」

花村(うーん、でもアイドルらしい仕事がまだ定着してないな)



1:今日もレッスン
2:何か仕事を受ける
3:そろそろ新曲の準備
4:そのた

↓2
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 15:18:18.97 ID:9tWZYXHiO
1+3
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 19:29:31.33 ID:fkTdB/fo0
213 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/02(木) 23:33:56.13 ID:GUF1G/xMo
>>212
>>211


花村「よし、空木さんはレッスンに行こうか」

言子「あ、はい!そうですね!」

苗木「? 花村クンは?」

花村「大人たち(?)は集合して!」





花村「そろそろ、空木さんの新曲を作りたいんだ」

弐大「ふむ、そうだのう。アイドルに必要なものじゃろうし、きちんとしてやらんとな」

花村「うん。だけど、どうしたらいいかなって……」

??「話は聞かせてもらったよ」

花村「! 社長!」

社長「ふふ、それなら任せなさい。作曲家の方は手配しておくとも」

社長「しかし、残念ながら歌詞を書く方、つまり作詞家は以前の離脱に伴って全員いなくなってしまってな……」

社長「なんとか、作詞家が見つかればよいんだが……」

苗木「ええと、今まで連絡をくれた中でそれっぽさそうなのを探しましょうか」

花村「う、うん、そうだね。まずは行動しなきゃ……!」


▼そして見つけたのは?

↓3まで、人物指名 コンマが1番高い人
出来ればロンパシリーズから(じゃなくてもいいけど扱いがどうなっても知らんぞ知らんぞ的なあれです)
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 23:36:25.97 ID:TsG2rZnu0
天海蘭太郎
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 23:56:22.32 ID:fSXBuSdEo
駄目元で大泉洋
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 23:59:33.86 ID:fkTdB/fo0
葉隠
217 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/03(金) 00:11:45.45 ID:Fnkn56reo
>>215
めちゃくちゃ締切破りそう

>>214


苗木「! ひとり連絡付きました!」

花村「ん?どんな人?」

苗木「ええっと……【天海】さんって人なんですけど、しってますか?」

弐大「応、【天海 蘭太郎】か!確か冒険家じゃったか?」 

苗木「はい、自分の旅を本にする仕事の傍ら、詩を書いているとか」

花村「早速連絡してみようか」


ぷるるぷるるぷるる


『はい……』

花村「あっ、天海さんのお電話ですか?自分はホーププロダクションの花村と申します……」

花村達は懇切丁寧に今の状況を説明した……。

天海『……状況は把握しました』

天海『アイドルデビュー、っすか。なかなか面白い話っすよね』

花村「それで、歌詞を貴方に頼めたらとても嬉しいなと思って!」

天海『うん、いいっすよ。仕事もひと段落ついて、次は何をするか悩んでたとこだったんっす』

花村「! ありがとう!」

天海『ちょっと時間が欲しいっすね。そんなにすぐ出来るもんじゃないんすよね……せめて1週間はくださいっす』

それでも1週間で詩が上がってくるなら早すぎるくらいだ!実際に曲が歌えるまであと何日かかるかは分からないが、前進はした。
後はこの企画を進めるだけだ……。


☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (33)
体力:高 (90)
気力:高 (120)
話術:低 (52)
歌唱:中 (65)
技術:良 (95)
演技:良 (116)
容姿:良 (96)
運動:低 (53)
魅力:良 (109)
感性:最低(22)
コネ:最低(11)
幸運:最低(9)


218 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/03(金) 00:18:12.44 ID:Fnkn56reo
☆【25日目】


言子「昨日はひとりでレッスン場に行きましたが、なかなか新鮮な体験でした!」

言子「新鮮と言えば、この間お惣菜コーナーになぜかエビがいたんです」

言子「なんでも鮮魚コーナーにいたはずなんですが、脱走しちゃったそうでして」

花村「どんだけ新鮮なのそれ!?」

苗木「あはは……いい話じゃないかな、それ」

言子「本当ですか?」

花村「うん、そうだね、話の種も多くなってくれば楽しい話題も振れるし、どんどん出来ることが増えるはずだよ」

言子「……はい、どんどん色んなことを体験しましょう!」


☆仕事の予定
【26日目】再現ドラマの撮影
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)

☆仕事の依頼
○【27日目】カラオケ番組
○【28日目】ゲーム番組の収録
○【28日目】単発ドラマの撮影
○【32日目】ナレーションの仕事
○【29日目から】深夜の連続ドラマ

☆info
【31日目】天海から歌詞が到着予定


花村「明日は以前とは別な場所での再現ドラマだね。今回は賞レースに出たような芸人さんとの共演みたいだ」

花村「最近こう言う仕事の垣根って減りつつあるよねえ……」



1:本日もレッスン
2:何か仕事を受ける
3:スイーツを買ってくる
4:明日の台本を読んでおこう
5:そのた

↓2
分かりにくいですが、ちょっとだけ現場の雰囲気が変わります。前回が「仰天ニュース」だとしたら今回が「突破ファイル」みたいなもんです。
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/03(金) 00:34:57.83 ID:wjJshvEX0
1+3
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/03(金) 08:05:51.77 ID:Wdzb9WQjO
221 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/04(土) 08:18:34.49 ID:LSDrkaNoO
家にいよう。
222 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/04(土) 08:24:25.61 ID:LSDrkaNoO
>>220
>>219
77ゥー!君は天才です


花村「それじゃあ、今日もレッスンに行こうか!」

言子「はい、よろしくお願いします!」

すたこら

☆道中

花村「今日は少し暖かくなるそうだから、レッスン場に行く前にお茶でも買っていこうか」

言子「え?でもお茶くらいならレッスン場にも置いてあるのでは無いですか?」

花村「ふふ、ついでに甘いものも欲しいでしょ?」

言子「……ああ!はい、是非お願いします!」

ういーん  \ラッシャーセー/

花村(空木さんが好きそうなものは……)

言子「やっばり甘栗です!甘栗は剥いちゃったほうが良いと思います!」

花村(ええ、そっち!?なかなか好みって分かんないもんだなあ)





終里「今日随分機嫌いいな、なんかあったんか?」

言子「ふふ、内緒です!」

終里「……? まあいいけどよ。で?今日はどうすんだ?」



1:歌とダンスを複合させてみよう(ちょっと難しい)
2:歌を重点的に(歌関係↑↑)
3:まだまだダンス(踊り面↑↑)
4:動画サイトに投稿(運動+ランダム↑↑)
5:そのた

↓2
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/04(土) 11:21:07.04 ID:dLBcx7dr0
2
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/04(土) 12:08:47.87 ID:rQXRSBCg0
3
225 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/04(土) 20:47:27.23 ID:NvVtZ3Zlo
やるわよ!!
226 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/04(土) 20:52:05.47 ID:NvVtZ3Zlo
>>224


ズンタッズンタッ♪

言子「ふっ、はっ……!」

終里「お?」

ズンタッ♪

終里「こっから、こう!」

ズンタッ♪

言子「はいっ!」びしー

ジャン♪

言子「ふう……!」

終里「……すげーなオメー、今日のは結構難しいと思ったんだけどよ」

終里「3倍……いや、5倍……?」

言子「ふふ、今日は出来る気がしました!」

言子「できる気がしたと言えば、この辺りにおいしいつけ麺屋さんが出来るそうですね!」

花村「そうなの?」

言子「たしかチラシを配っていました!」

終里「へえー、美味いのか?」

言子「きっと美味しいはずですよ。……さあ、次のダンスを教えてください!」

終里「ひゃー、気合い入ってんなあ!」


今日の言子はひと味違う!なんかとっても元気だぞ?


☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (33)
体力:高 (95)
気力:高 (120)
話術:低 (52)
歌唱:中 (65)
技術:良 (104)
演技:良 (116)
容姿:良 (96)
運動:中 (68)
魅力:良 (109)
感性:最低(25)
コネ:最低(11)
幸運:最低(11)

227 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/04(土) 20:56:04.67 ID:NvVtZ3Zlo
☆【26日目】


言子「気合いがはいっています!」

花村「昨日甘栗食べてから元気だね」

言子「はい、甘栗はやはり剥くべきです!そして剥いた結果、元気が出ました!」

花村「なるほど……?」

言子「さあ花村さん、今日はシャカリキ頑張りますよ!」


☆仕事の予定
【26日目】再現ドラマの撮影←Now!
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)

☆仕事の依頼
○【28日目】ゲーム番組の収録
○【28日目】単発ドラマの撮影
○【32日目】ナレーションの仕事
○【29日目から】深夜の連続ドラマ
○【33日目から】水泳大会
○【32日目】公開トークショー

☆info
【31日目】天海から歌詞が到着予定


花村(なんとかアイドルらしい仕事をさせてあげなきゃなあ)

花村「そのためにはまずは知名度獲得かな?」

言子「うふふふふ」ずごごごごご

弐大「空木のやつ、やる気がすさまじいんじゃが!?」



1:現場に向かう
2:何か仕事を受ける
3:天海に進捗を聞く
4:弐大にスケジュール調整を頼む
5:そのた

↓2
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/04(土) 21:21:29.81 ID:dLBcx7dr0
1+4
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 01:43:59.68 ID:JDiJIMa4O
230 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 14:15:57.53 ID:xBZ4vlXCo
てんしん!
231 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 14:24:05.29 ID:xBZ4vlXCo
>>229
>>228


花村「弐大くん、スケジュール調整を頼めるかな?」

弐大「適度に練習と仕事を入れておけば良いのであろう?」

弐大「ええじゃろう!わしに任せておけ、お前さんは空木の姿を見ておくんじゃぞ!」

花村「はい!」


☆→収録現場


花村(今日も1日がかりになりそうだな……)


カメレオン俳優「おはようございます!」

花村「はい、おはようございます」ぺこ

カメレオン「今日はよろしくお願いします」

言子「はい、よろしくお願いします、良いものを作りましょうね!」

賞レース優勝トリオ「「「よろしくお願いしまーす!」」」


花村(なるほど、今日は最近巷で話題の「カメレオン俳優」と……あっちはこの前の大会で優勝したお笑いトリオだな)

花村(今回は空木さんがメイン級だし、ちゃんと映える演技が出来れば……)

がちゃ

花村(ん?)

男性アイドル「おはようございますー!!」

花村(関西で活動してる人気アイドルグループ【おこのみエイト】の唐上くん……?どうしてここに、台本にはそんな人の名前は)ばばば

言子「あの、花村さん……」こそ

花村「う、うん、ぼくも聞いてないんだけど……」


スタッフ「今回、少しストーリー構成が変わりました!新しい台本をお配りします!」

トリオ小ボケ「ええ……?うわ、セリフ削られてる」

カメレオン「あちゃー、ほんとですね」


花村(んなっ、当日変更とかありかよ!?)



1:とりあえず台本を読んでから考えよう
2:空木さん、出来そう?
3:ちょっと抗議しておこう
4:そのた

↓2
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 14:28:56.81 ID:kDcqq4eH0
1
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 14:31:29.00 ID:bV83+eAp0
1
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 14:33:45.96 ID:bV83+eAp0
…このスレ初のパルプンテ?
むしろセリフ増えたな(確信)
235 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 14:55:54.93 ID:xBZ4vlXCo
ぱぱぱ、パルプンテだとぅ!?
236 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 15:07:10.64 ID:xBZ4vlXCo
>>233


言子「ええと、新しい台本をください」

スタッフ「はい、どうぞ」


ぱらっ

花村(なんだこれ……もともと聞いてた話と全然違うじゃないか……)


花村(確か、今日は再現ドラマの収録だよな?それで、空木さんが主役のはずだった)

花村(山奥のロッジに泊まりに来た家族だが、一家が揃って中毒状態になってしまう)

花村(ひとり助かった娘は、なんとゲームで得た知識を元に車を走らせ、麓の人に助けを求める、というのが大筋だ)

花村(だから当初は、父親のカメレオン俳優と、母親のトリオ大ボケ、麓の人役のトリオツッコミ、兄役のトリオ小ボケと……空木さん、これだけで足りるはずだった)

花村(だが、何故か分からないが……ひとりキャストが増えている。役柄はなんと、救急隊員となっているじゃないか)

花村「車を運転するという正解が消えて、電話をかけるになってる!?」ぱらぱら

言子「それどころか、主人公があのアイドルさんになってますね……」

花村(再現ドラマどころか……!ストーリーそのものがおかしくなってるぞ……!)

言子「これは……」

花村(せっかく現場まで来たのに、これじゃあスタジオ収録でもそんなに変わらない)

花村(プロフェッショナルなカメレオン俳優はともかく、演技力にまだ不安が残るトリオに……上手いとはいえ、突然の変更で気持ちが入らないかもしれない空木さんだ)

花村(いったいどうしたら……)


▼なにがでるかなパルプンテ。直下コンマ
1 カメレオン俳優が抗議してくれる
2 トリオ芸人の仕事が削られる
3 言子のセリフも削られる
4 俳優と芸人が抗議し仕事が飛ぶ
5 言子の活躍が増える
6 アイドルのシーンが減る
7 お好きに指定を
8 全員の印象あるシーンを追加する
9 「そうだ!」と名案が思い浮かぶ
ゾロ目、0の場合は自由安価で内容指定
44は仕事が飛び、暫くこの局から仕事が来なくなる
66だと……?
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 15:08:37.50 ID:T/lYaP2N0
うりゃ
238 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 15:20:52.96 ID:xBZ4vlXCo
>>237
0やん……なぁ……なぁ……


じゆうあんかです。(棒読み)
○↑の中に無いものでも可
○無理ではない、現実的な範囲で
○プラスの効果があるものを

↓1でどうぞ
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 15:25:24.79 ID:kDcqq4eH0
9
240 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 15:49:00.08 ID:xBZ4vlXCo
>>239
9の効果


花村(ストーリーはちゃんと成立させなきゃ……だけどこの台本じゃ……)


その時、花村に雷が落ちる───


花村「! そうだ、こうしたらどうかな?」

言子「? どうするんですか?」

花村「台本は変えない。元の台本でやる」

言子「ですが、それではあのアイドルさんは……」

花村「……麓にいる人が救急隊員ならいいんだよ」ぺか

言子「!!」

カメレオン「なるほど、面白いことを考えますね」ひょこ

花村「うわっ!?……い、いやいや、いちプロデューサーが適当に言ってるだけですから、あまり気にしても……」

カメレオン「救急隊員の衣装、トリオ芸人さんの分もあるんですかね?」

衣装係「は、はい、一応……予備も含め何着か」

トリオツッコミ「採寸してください。着られる衣装ありますか?」

衣装係「! はい!こちらに!」

ばたばた

スタッフ「……? なにしてるんですか?」

カメレオン「いやあ、監督。突然ホンが変わります、で対応出来る俳優はそう居ないと思いませんか?」

スタッフ「またまた。松谷くんならできるでしょ?」

カメレオン「僕が出来ても周りが着いて行けません。一緒に作る映像作品なら、みんな納得できるようにしないと」
241 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 15:57:40.26 ID:xBZ4vlXCo
スタッフ「だけど、こっちもプロデューサーから「アイドルをメインに立てろ」って言われてて……」

カメレオン「でもそうしたら話が破綻する、それは分かってますよね」

スタッフ「う……」

カメレオン「それなら、最初と中間に彼のシーンを足せばいいじゃないですか」

言子「! そうです、彼のナレーションベースのシーンや、今日は非番で麓にいたと言うことを説明すれば、」

カメレオン「お、いいねえ!それなら突然救急隊員が出てくる事もおかしな点はない」

トリオ大ボケ「その場合って、こっちが立ち回りを変える必要とかありますかね?」

カメレオン「いや、多分ロッジ組は特にありません。あ、でももし救急隊員の数が足りないなら……」

トリオ小ボケ「オレが救急隊員役に回ればいいですよね!セリフも削られてるし、このドラマに必要不可欠な人物じゃない」

スタッフ「ええ、でも……」

アイドル「なんや面白そうな話になってますやん?」ひょこ

花村「うわあ出た!?……お、おはようございます」

アイドル「おおきに!俺のこと考えて色々練ってくれてはったんでしょ?」

アイドル「合理的やし、みんな丸く収められる。非番の救急隊員がたまたま道すがらでそんな危険な車に出会ったら、自分が勤めてる会社に連絡するんも当たり前です」

アイドル「そしたら連絡受けたみんなで山に向かう、これでええやないですか」

言子「小ボケさん……いいんですか?」

トリオ小ボケ「いいんだよ。言子ちゃんはあんま気にしないで。オレもさ、ちょっと映ったらきっとファンのみんなは喜んでくれるから」

言子「……ありがとうございます」

トリオ小ボケ「よし、そんな感じでどうですか?監督さん」

スタッフ「むむむ……」

カメレオン「なやむ必要ないでしょう?ただの再現ドラマでも、ちゃんとドラマとして成立させたいだけなんです」

スタッフ「……わかった。君たちの言う通りやってみよう」

言子「わあ、ありがとうございます!!」


242 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 16:04:38.88 ID:xBZ4vlXCo
☆数時間後


どばぁん

アイドル「大丈夫ですか!?」

カメレオン「うう……あ、貴方は……」

アイドル「救急隊です。もう大丈夫ですよ」

アイドル「……ストレッチャー!」

がらがらがら

トリオ小ボケ「もう1台準備済んでます」

アイドル「乗せるぞ。いち、に、さん……!」

とさっ

トリオ小ボケ「ツッコミ!」

トリオツッコミ「必ず助ける!」


がらからからから……



スタッフ「……かっと!!」


お疲れ様でしたー!!





言子「上手くいって良かったですね!」

花村「空木さんの車のシーン、なかなか良かったよ」

言子『ああ、うう……お父さん、お母さん……どうしよう、電話も繋がらない……!』

言子『! そうだ!大丈夫、マリオカートを信じて……!』

花村「笑っちゃうけど事実だって言うんだから驚きだよねえ」

言子「初めて車のアクセルを踏みましたが、結構硬いんですね」

言子「硬いといえば、花村さんの胸元もなかなか硬いですよ」

花村「えっと……それ、どう言う意味……」

言子「ふふっ、お疲れ様でした!」


☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (35)
体力:高 (80)
気力:高 (110)
話術:低 (55)
歌唱:中 (65)
技術:良 (107)
演技:良 (120)
容姿:良 (96)
運動:中 (68)
魅力:良 (110)
感性:最低(29)
コネ:最低(11)
幸運:最低(15)

243 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/05(日) 16:10:26.81 ID:xBZ4vlXCo
☆【27日目】


花村「もうそろそろ、春も終わり初夏って感じか。早いなぁ」

からから

言子「おはようございます!」

花村「うん、おはよう空木さん。昨日はどうだった?」

言子「最高でした!」

花村「ふふ、それなら良かった」

弐大「応、おはようさん。スケジュールを調整してみたんじゃが、確認しとくれ」


☆仕事の予定
【28日目】単発ドラマの撮影
【29日目】レッスン
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)
【31日目】奄美の歌詞受け取りレッスン
【32日目】ナレーションの仕事
【33日目】休み
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン

☆仕事の依頼
○【28日目】ゲーム番組の収録
○【28日目】単発ドラマの撮影
○【29日目から】深夜の連続ドラマ
○【33日目から】水泳大会
○【32日目】公開トークショー
○【35日目】有名な菓子店の取材

☆info
【31日目】天海から歌詞が到着予定


花村(ん、結構かちかちに決めてくれたんだ)

花村(不満があるなら早めに言わなきゃな。ドラマもどうしたもんか……)



1:レッスン
2:何か仕事を受ける
3:スケジュールを調整する
4:そのた

↓2
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 16:18:41.78 ID:NvULzLqN0
踏み台
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 16:36:04.42 ID:cbgYFgTU0
明日からに備えて休ませる。
せっかくだから花村が言子にスイーツを作ってあげる。
246 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/06(月) 21:19:21.02 ID:ERFI2dudo
ソシニウム
247 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/06(月) 21:25:43.01 ID:ERFI2dudo
>>245


花村「明日から仕事が山積みだし、今日は休もうか?」

言子「え?い、いいのですか?」

花村「ちょっと忙しなくなるからね。辛くなったら言ってよ?」

言子「も、もちろん……いえ、プロとしてやり遂げてみせます!」

花村「あはは、気持ちは受け取っておくから!」

弐大「わしらも無茶はさせられんからのう。……じゃが、お前さんがいろいろやりたそうにしておったので、」

弐大「今回は試験的にやってみるということで、良いか?」

言子「はい!頑張ります!」





花村「……はい、どうぞ」ことん

言子「まあ、これは……」

花村「栗が好きだったはず、っと思って……作ってみたんだよ、モンブラン」

花村「やー、専門じゃないからそこまで凄いものじゃないと思うけど、どうかな?」

ぱく

言子「これは……なかなか……!いい、美味しいですよ!」(♡↑↑↑)

花村「ほんとに?」

言子「はい、最高です!まさかプロデューサーさんにこんな力があったなんて!」

花村「まあね、実家を手伝ってたから料理がちょっと出来るだけだよ」

言子「はむはむ……なるほど……」

花村「って、お気に入りみたいだね……」


言子は大喜びだ!
明日からも上手くやれそうな気がした……。


248 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/06(月) 21:31:06.99 ID:ERFI2dudo
☆【28日目】


花村「さて、今日からはスケジュールが山積みだよ」

言子「は、はい!」

花村「だけど、順番にこなしていこうね。がんばろう、空木さん!」 

言子「必ずやりとげます!」

弐大「がっはっは!その意気じゃあ!」

苗木「えっと、仕事の電話はどうしますか?暫く受けますか?」

花村「うーん、直近のものは断ってしまって大丈夫だよ。後から予定を組みたいからね」

苗木「分かりました」


☆仕事の予定
【28日目】単発ドラマの撮影←Now!
【29日目】レッスン
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)
【31日目】歌詞を受け取り次第レッスン
【32日目】ナレーションの仕事
【33日目】休み
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン

☆仕事の依頼
○【35日目】有名な菓子店の取材
○【35日目】動物園への取材
○【38日目】カラオケ番組
○【39日目】バラエティ番組出演
○【45日目】有名ダンサーと共演

☆info
【31日目】天海から歌詞が到着予定
:これ以降新曲の完成待ちになります


言子「私、アイドルになります。絶対にアイドルになります」



1:現場へ
2:台本を確認しよう
3:お土産でも買っていこう
4:一旦落ち着こう
5:そのた

↓2
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 21:34:14.27 ID:DEgUiiGW0
1+3
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 21:41:56.83 ID:wCGa21oS0
1+2
251 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/06(月) 22:26:05.80 ID:ERFI2dudo
>>250


言子「行きましょうか!」

花村「うん、そうだね。弐大くん、車って出せる?」

弐大「応、今日はちと遠いんじゃったか?」

花村(いつもは経費削減の為に電車使ったりしてるけど、流石に今日は現地集合だし……)

言子「そうですね。今から出れば問題なく着くとは思います」

弐大「じゃろうなぁ。渋滞が出来る前に、さっさと出てしまおうかのう」





ぱたん

花村(さて、今のうちに台本を再確認と)

花村(さすがにメイン級の仕事はまだ振ってもらえないよあ……ええと、今回は主人公の娘のクラスメイト)

花村(しかし、今までと違ってちょっと嫌なやつの役だそうだ。うーん、空木さんにプラスかどうかは分からないな)

花村(出番もそう多くないけど、出だしでインパクトを与える重要な役割がある)

花村「あとは……」





ぶろろ……


言子「到着ですね」

花村「結構遠かったねー!」

花村(これで完全に上手く行けばいいんだけど、どうかなぁ)
252 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/06(月) 22:30:40.83 ID:ERFI2dudo
すたすた

監督「よろしくお願いいたしますー!」

スタッフ「「「よろしくお願い致します!」」」

花村「こ、こちらこそ空木をよろしくお願いします」ペコリーヌ

言子「は、はい!がんばります!」

花村(うわあ、気合いがすごい)


すたすた

2.5次元俳優「おはようございまーす」

子役「よ、よろしく、ふへへ……」

花村(ん?あの子役は見たことないな……なんで顔隠してるんだろ……)

2.5次元「今日はよろしくね、空木さん」

言子「は、はいっ。しばらく業界を離れておりましたので、勉強させて頂きます」

子役「う、うう……よ、よろしく……」ぺこ

言子「はい、よろしくお願いしますわね!」


すたすた


旬俳優「……おはようございます」

花村(問題はこいつなんだよなぁ……って言うか、既に役入ってるな……)


言子「ええと、今回はちょっと残酷な描写があるんでしたっけ?」 

花村「一応全部見られないようにはするそうだけど……」



1:だ、台本は大丈夫なの?
2:ええと、これからの流れを確認して……
3:空木さんはとにかくリアクションを!
4:旬俳優、大丈夫かなあ
5:そのた

↓2
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 22:36:46.63 ID:wCGa21oS0
4
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 22:51:52.73 ID:DEgUiiGW0
4
255 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 08:22:18.28 ID:Kw8TRMWpo
宮下
256 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 10:58:46.11 ID:Kw8TRMWpo
>>254

花村(再現ドラマの仕事では会わなかったけど……まさか単発ドラマで会うとはなぁ)

花村(旬俳優、大丈夫かなあ)

言子「……花村さん?大丈夫?」

花村「うん、ぼくは大丈夫。だけど」

言子「あっちですか」


旬俳優「……」本読み


言子「おはようございます、旬俳優さん」

旬俳優「ああ、言子ちゃん……」

言子「大丈夫ですか?」 

旬俳優「あ、ああ……うん、大丈夫だよ。ごめんね、気を使わせちゃって」

言子「いえ、共演者が気になるのは普通のことですよ。気を張りすぎないでくださいね」

旬俳優「……ああ、ありがとう……」


言子「……うーん」

花村「どお?……ダメそうだね」

言子「何か背負っちゃってますね。前から色々言われてるのが効いてきてるのかもしれません」

花村「とにかく、気をつけて臨もう。今日は短いからそこまで揉めることもないと思うし」


257 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 11:17:58.85 ID:Kw8TRMWpo



花村(まずはあの子役と言子ちゃんのシーンか)

ぺらっ

花村(2.5次元俳優が子役の父親役……)

すたすた

子役「あ、あの、よろしくお願いします……」

言子「! はい、よろしく……」

花村(! さっきの顔隠してた子役……?めちゃくちゃ可愛いな!?)


監督「……アクション!」


子役「……」

すたすた

言子「あら、誰かと思えば」

子役「……あ」

言子「ふ、先生に取り入って気に入られようとしているみたいだけど、無駄よ?」

言子「貴方がそんなことしてもこれは終わらないから、ふふっ」

子役「……」

言子「……何とか言えよ!」

ばんっ

言子「ちっ……」

すたすた


子役「つう……うう、う……」ぽろぽろ


監督「……カット!いいね。悪いこの演技もなかなか様になってるよ」

言子「ありがとうございます、うふふ!」

子役「うへへ、こ、言子ちゃん、すごいねえ……」

言子「貴方もなかなかですわよ、煙くんでしたわね」

言子「素晴らしい物が作れると思います、ファイトファイトです!」

258 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 11:34:49.03 ID:Kw8TRMWpo



花村(よしよし、だいぶ収録が進んできた。今のところ問題は無いけど……)

花村(2.5次元俳優もなかなか上手いな。やっぱり舞台で培われたものが発揮されている)

花村(次は……)

ぺらっ

花村(これ大丈夫かなぁ……)


次は───
言子が煙くんの放つ『得体の知れない何か』に襲われるシーン。何かはCGで付け足し。
それを旬俳優がやっている教師が後ろから見てしまう。


花村(旬俳優、なんか硬いぞ)


アクションッ!


言子「おらっ!」

がしゃん

子役「く……」

言子「何チクってんだよ!お前、キモイよ」

子役「……、……う」どろっ

子役「……ふ、はは、ははは」

どんっ(効果音)

言子「……は?」


カット!


言子「ふう……この後がCGが出るんですね?」

スタッフ「CGを重ねるものはこちらのスタッフが動いたものになります」

青スーツくん「はい」

言子「そう言えば、今までCGと一緒の演技ってやったことがないんですよね、上手く出来るかな?」



1:想像力を膨らませて!
2:己の引き出しを引っ張って!
3:何度かテイクを重ねさせてもらおう!
4:そのた

↓2
なお旬俳優に構ってる時間はコンマが低かったので作れなかったとする
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 12:20:06.50 ID:fVTx7uE6O
2
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 12:20:17.12 ID:j17pELG/0
ksk
261 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 12:40:27.71 ID:Kw8TRMWpo
>>260
加速しちゃったよ!

>>259

花村「己の引き出しを引っ張って!」

言子「引き出しを!?」

とある俳優も昔語っていた。
「役者とは、己の引き出しとの戦いである」と。
つまり、バリエーションを増やし、己が表現出来るものを増やす───それが役者だ。

言子「うーんうーん……!」





ずごごごご


青スーツくん「……」うぬぬぬ

言子「ッ……!」がたっ

言子(そうだ、これは……怪物)

言子(恐ろしい、怖い、私を殺さんとする、)





(マモノ───)



どたんっ


花村「!」

監督「───!」


言子「いや……なに、なんなの?来ないで!」

ドギャッ

言子「げ、はっ……が……いや、いた、いたい、や」

ぶわっ  ごしゃ

子役「……ふふ、くく……はは……」

言子「……」


監督「カット!」
262 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 13:08:33.18 ID:Kw8TRMWpo
言子「ふふ、へへ」ひょこ

花村「いきなりスイッチが入ったように見えたね」

言子「はい!気持ちを作るのも俳優の仕事ですから!」

花村「すごいなぁ、言子ちゃ……空木さん」

言子「? は、はい、ありがとうございます!」


子役「すごいや、ぼくチンにも本当にそこにソレがいるように見えたよ」

言子「ふふ、そうだと嬉しいです♪」



「すごいな、空木言子」「未だにその才能衰えず、ってところか」「ああ、あれならまだまだどこにだって呼ばれる」
「ほんとにモンスターがいるように見えましたね!」「編集楽だろうなぁ」



言子「!」ぴく

花村(結果は上々だ。かなり評価が高いぞ……!)



☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (40)
体力:高 (75)
気力:高 (90)
話術:低 (55)
歌唱:中 (65)
技術:良 (110)
演技:優秀(123)
容姿:良 (96)
運動:中 (68)
魅力:良 (111)
感性:最低(30)
コネ:最低(11)
幸運:最低(16)


263 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 13:13:55.03 ID:Kw8TRMWpo
☆【29日目】


花村「そろそろバラエティ番組も放送だったっけ?随分放送急ぐんだね」

言子「業界ではたまにあることですよ。前に撮っていたものが使えなくなってしまったから、慌てて他のストックを撮ったりするんです」

言子「誰かが逮捕されるとか、そういうのがあるとなるべく頑張るみたいです。間に合わない時はそのまま流すみたいですけどね」

花村「ふうん……?」


☆仕事の予定
【29日目】レッスン←Now!
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)
【31日目】歌詞を受け取り次第レッスン
【32日目】ナレーションの仕事
【33日目】休み
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン
これ以降の予定は未定です

☆仕事の依頼
○【35日目】有名な菓子店の取材
○【35日目】動物園への取材
○【38日目】カラオケ番組
○【39日目】バラエティ番組出演
○【45日目】有名ダンサーと共演

☆info
【31日目】天海から歌詞が到着予定
:これ以降新曲の完成待ちになります


花村「それにしても、ここに来たら間もなく1ヶ月なんだね。結構早かったなあ」

花村「早く新曲完成させて、歌って踊らないと。ね?」

言子「! はい!」



1:イザレッスン!
2:天海さん、進捗どうですか?
3:何かしら仕事を探す
4:そのた

↓2

きつい状況だけど、みんなで乗り切ろうな。私も出来ることをやってみるよ。
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 14:03:17.77 ID:8wc8l25w0
1
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 15:30:02.82 ID:fVTx7uE6O
1と2
266 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 16:51:18.57 ID:Kw8TRMWpo
>>265


花村「ちょっと電話しておこう」

言子「」?





天海『ああ、進捗確認すか。大切っすよね、そう言うの。ちゃんとやってくれてありがたいっすよ』

天海『それがなかなかいい感じでして、予定通りには行けるはずっす。待っててくださいっすよ』

天海『ピュアソングになる予定……自分でピュアっつうのも恥ずかしいっすけど』

花村「あはは、分かった。楽しみにしてるね!」



花村(締切を破らない系の人でよかった……!)


☆→レッスン場


言子「今日もよろしくお願いします!」

終里「へっ、やる気満々でいいじゃねえか。そろそろアイドルとしての活動もできそうなんだろ?」

言子「! はい!だからそのために……」

終里「おう、振り付けとかな。音楽ねえと分かんねえけどよ、一応考えとくぜ」

言子「……わくわくのドキドキですわね!」



1:踊れ!未成年少女(ダンス系↑↑)
2:歌え軽やかに(歌系↑↑)
3:そろそろ複合練習をしよう(全体↑↑)
4:そのた

↓2
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 16:57:06.28 ID:GOzXC3epo
かそく
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 17:20:56.41 ID:8wc8l25w0
3
269 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 17:40:31.55 ID:Kw8TRMWpo
>>268
ぬおー


終里「っし、じゃあ本格的に複合練習に入るか」

終里「ちっと厳しいかもしんねえけど、踏ん張れよ?」

言子「は、はい!」

終里「んじゃ課題曲は……」

白銀「当然パプリカ」しゃっ

終里「何が当然なんだ?つーか、あれあんま踊る曲じゃねーだろ、もっとだんさなぶる?ななつにすんだよ」

かち……

言子(! これはハリケーンの!?)

終里「やっぱよぅ、激しく動くならこう言うやつだよな!」 


☆数時間後


言子「ほんとに疲れました」はあはあ

終里「流石にばてちまったか……」

言子「ええ、まさかこんなにキツいとは……」はあはあ

終里「今日はこの辺でやめとくか。無理すんじゃねえぞ?」

言子「……はい、お疲れ様でした」

終里「おい、オレは本気で言ってんだからな!」

言子「ッ、は、はい!すみません、気落ちして返事が暗く……分かりました、ありがとうございます」ぺこ


☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (40)
体力:中 (55)
気力:中 (70)
話術:低 (55)
歌唱:中 (67)
技術:良 (110)
演技:優秀(123)
容姿:良 (96)
運動:中 (69)
魅力:良 (112)
感性:低 (31)
コネ:最低(11)
幸運:最低(16)


270 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 17:46:21.15 ID:Kw8TRMWpo
☆【30日目】


花村「いよいよ月末かあ……」

言子「花村さん、まだ明日がありますよ」

花村「いや、そうなんだけどね。なんか、感慨深くなっちゃって……」

花村「よくここまで来てくれたな、続けてくれたなって思うし。なにより、今物凄くいい感じに来てる」

花村「それこれも、全て空木さんのおかげたよ。ほんとにありがとね」

言子「いえ、そんなことは。周りの方や、プロデューサーさんのおかげですから!」

花村「ちょっと疲れたと思うけど、なんとか乗り切ろうね」


☆仕事の予定
【30日目】再現ドラマの撮影(リピート)←Now!
【31日目】歌詞を受け取り次第レッスン
【32日目】ナレーションの仕事
【33日目】休み
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン
これ以降の予定は未定です

☆仕事の依頼
○【35日目】有名な菓子店の取材
○【35日目】動物園への取材
○【38日目】カラオケ番組
○【39日目】バラエティ番組出演
○【45日目】有名ダンサーと共演
○【40日目】音楽番組への出演

☆info
【31日目】天海から歌詞が到着予定
:これ以降新曲の完成待ちになります


花村「今回は、前回、一番最初にお世話になった監督のとこに行くよ」

花村「あの監督、名前なんて言ったっけ?」

言子「覚えてないです……名刺はないんですか?」

花村「ええと……」がさごそ



1:いざ現場へ
2:何か仕事を受ける
3:スケジュール調整を頼む
4:そのた

↓2
モブの名前は適当にきめてます。今決めた!みたいな奴もいます。
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 18:51:54.75 ID:fVTx7uE6O
1と3
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 19:01:02.63 ID:7cMFgiLe0
273 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/08(水) 22:28:18.23 ID:Kw8TRMWpo
>>272

ごめん確認遅れました
どの仕事をうけるか
直下
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:31:00.93 ID:fVTx7uE6O
音楽番組への出演
275 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/09(木) 20:17:13.90 ID:lPc3f3fFo
パーパー
276 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/09(木) 20:22:20.12 ID:lPc3f3fFo
>>274


花村「! そうだ、今のうちから音楽番組を受けておいて」

苗木「え?でも……」

花村「もしかしたら、最速で新曲の宣伝が出来るかもしれないじゃない?」

言子「ですが、もし完成していなければ……」

花村「そ、その時は……保険も用意しておかなきゃな、何かカバーソングで対応しよう。できるものは探しておくよ」

言子「分かりました。……ええと、時間なので行ってきますね!」

花村「うん!」





花村「と言ったものの」

弐大「どうするんじゃあ?保険かけるにしても、わしらのような弱小に……彼らは曲を貸すかのう」

花村「そこなんだよねえ……あー、どうしようか?」

苗木「でも、言ったからにはやっておくべきですよ」



1:フォーチュンなクッキーがイェイイェイするやつを用意
2:マネキンが制服着たやつを用意
3:絶滅危惧種の黒髪少女を保護したいやつを用意
4:いっそ権利が無さそうな曲を……?
5:そのた

↓2
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/09(木) 20:28:01.64 ID:89SFTYd90
4(というか5?) ジャ○ラック非加盟の人の、的な
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/09(木) 20:33:31.92 ID:GTMmPVtbO
4
279 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/09(木) 22:10:40.62 ID:lPc3f3fFo
>>278


花村「なんとか、権利が絡まなさそうな曲は用意できないかな。誰にも許可取らず使えるような……」

弐大「無ぅ、そんなものあるわけ……」

かちかちかち

苗木「パブリックドメインの楽曲はいくつかありますね。うーん……」

花村「おっ!」ひょこ

弐大「ほうほう……」

苗木「無難に童謡系にしておきますか?」

花村「ロイヤリティフリー、パブリックドメインになっている曲なら、編曲などは誰かに申告する必要も無いし……」

花村「もし作曲家が間に合うなら、こう言う曲を選んだ方がよくなるね」

弐大「意外とあるもんじゃのう?」

花村「アメイジング・グレイスとかどうかなぁ」

苗木「そ、それってものすごく難易度が高いんじゃあ!?」

花村「言ってみただけだよ。……だけど、もしも本人がやりたいっていったら、考えよう」

苗木「そ、そうですね。作曲家の人にも連絡を入れておきます」


☆→夜


花村「って話だったんだ。どうかな?」

言子「まあ、素敵です!ですが、そんな難しい曲……」

花村「大丈夫!なにごともまず挑戦してみなくちゃ分からないよ!」

言子「! そうですわね、まずは挑んでみましょう!」

苗木「あはは、ボクより前向きかも……」


☆結果

肩書:元天才子役
好感:低 (40)
体力:中 (40)
気力:中 (60)
話術:低 (55)
歌唱:中 (67)
技術:良 (113)
演技:優秀(125)
容姿:良 (97)
運動:中 (69)
魅力:良 (113)
感性:低 (34)
コネ:最低(12)
幸運:最低(16)


280 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/09(木) 22:16:29.00 ID:lPc3f3fFo
☆【31日目】 月末です


花村「さて、ここまでやっときたね」

からんからん……

花村「はい、いらっしゃいま……」

??「えっと、ここがホーププロダクションで合ってるっすよね?」

花村「! はい、そうです!もしかしてきみが」

??「はは、もう分かってるっすよね。そうっすよ、俺が【天海 蘭太郎】っす」

言子「という事は、ついに!」

天海「はい、歌詞が出来上がりました」

花村「すごい!見せて見せて……」

花村「……!!」

言子「ス、素敵……!」

天海「あはは、なんでもお抱えの音楽家さんがめちゃくちゃ曲を早く仕上げてくれたとかで」

天海「歌詞書くのもプレッシャーでしたけど、なんとかなって良かったっすよ」

天海「ついでに、はい。デモテープっす」ほいっと

言子「デモテープ……」

弐大「うむ。曲がどんなものか、作曲家が吹き込んで送ってくるもんじゃな。しかし、いつの間に完成させたんじゃあ?」

花村「社長?」

社長「うむ、未発表曲のいくつかの中から、手直ししたものを送って貰っていたんだ」

社長「お陰でスムーズに作品が作れた、感謝するよ」

天海「いやいやそんなそんな……」

社長「レコーディングはすぐにでも始められるよう手配する。ただ、無理だけはしないようにね」


☆Tips
ついに!新曲が完成!しました!やったぜ。
このあとレコーディングが選べるようになります。
レコーディング→編集→発売!です。
発売日を決めるとその日に発売できるようになります。


弐大「しかしじゃなあ、空木は疲れておるし……今日はデモテープを聞かせるだけにして、休ませたらどうじゃ?」



1:れっすん
2:やすもう
3:そのた

↓2
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/09(木) 22:42:03.57 ID:GTMmPVtbO
2
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/09(木) 23:05:40.61 ID:89SFTYd90
2
283 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 00:29:08.46 ID:xIokv2FNo
>>282


花村「……うーん、そうだね。今日はお休みにしようか」

言子「いいのですか?」

花村「焦ってもしかたがないしさ。明日から頑張ろうね」

言子「! はい!」


☆今日は休みになりました。


花村「さて、ぼくはどうしようかな……」


☆→街


すたすたすた


花村(あの時出会った子達、げんきにやってるかなぁ……)

花村「ん?」

花村(新しいフライヤーだ。……澪田さんだっけ、またライブやってるんだ)

すたすた


花村「……どうしよっかな……」



1:澪田のライブを見よう
2:もう少し街をうろうろ
3:家に帰ってご飯でも作るかな
4:たまには運動だ!
5:そのた

↓2
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 00:47:11.46 ID:EJ0mJfGz0
1
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 00:51:42.35 ID:/x1KBnfoo
1
286 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 00:59:15.51 ID:xIokv2FNo
りょうかいー。おやすーみすーみみ
287 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 09:14:17.85 ID:mVnZ89RuO
いっちょやりまスかー
288 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 09:20:44.31 ID:mVnZ89RuO
>>285

花村(当日券あるのかな……あ、あるみたいだ)

花村(芸術を見るのは仕事にも影響出そうだし、ちょっと見ていこう)





澪田「いえぇぇーい!」ギャウウウンッ!

花村「!?」

花村は考えていた。
パンクロック?いや、しかし声のポップさで曲のトゲを隠している。
それ以上に、人間がこなしているとは到底思えない早業で指を動かして、目にも止まらぬ速度のコードを演奏しているではないか!

音は忙しないのに、うるさ過ぎない。
技巧は確実に最上級だ。

花村「す、すごい……」

圧倒される。
音の暴力、とも読んで差し支えなさそうな支配力。
歌詞は女の子の純情を泣きながら書きなぐった、ストレートなものだ。そのギャップがたまらない。
パンクとはなにごとも最初にやったもののことを指す。それを真似るだけならただのファッションに過ぎない。これも受け売りだけど。

花村「……」ほげー


1時間ほどのライブが終わる頃には、花村は魂が抜かれたようになっていた。
魅了耐性の判定に失敗したようだ。



1:出待ちしよう
2:物販に並ぼう
3:早速音源を買おう
4:そのた

↓2
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 11:32:30.37 ID:J3gEI7LgO
1
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 12:32:53.64 ID:PbpAU4HC0
音源買ったら再利用できるよね、3で。
291 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 20:09:50.12 ID:xIokv2FNo
>>290
その発想は無かった


すとすとすと


花村「すいませーん」

澪田「お?あの時のちいこちいこちゃんっスね!」

花村(ちいこちいこちゃん?)

澪田「どした急に?も、もしかして唯吹を、す、スカウトに……」

花村「ううん、それが実はちょっとお願いが……」


ごにょにょ


澪田「なるへそなるへそ。唯吹の曲を、自分とこのアイドルに歌わせたいと」

花村「無茶なお願いだとは思ってるんだけど、どうかな?」

澪田「ダメですね(即答)」

花村「……え?」

澪田「これ唯吹が歌うようの曲っすもん。他人に合わせられるように作ってないんすから無理ですね」きぱ

花村「そ、そんな……」

澪田「それなら……何ヶ月後か分かんないっすけど、今度またライブが合ったら来てくださいっすよ」

澪田「そこで本物のアイドル用ソングってものをお見せしますっす」

花村(しますっす)



……残念ながら断られてしまった。しかし、未来がない訳でもない。
今度は、きっと澪田が最高の曲を作ってくれるに違いないからだ。


292 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 20:17:55.49 ID:xIokv2FNo
☆【32日目】 2ヶ月目です


花村「今日はナレーションの仕事だってよ、空木さん」

言子「ええ、そうですね。一体何をしゃべるんでしょう?」

言子「しゃべると言えば、最近トークの練習を凄くしているんです」

花村「? そうなの?」

言子「はい!なんとかして、お話でも印象を残さないと……!」

弐大「がっはっは!考えることはいいことじゃあ!」


☆仕事の予定
【32日目】ナレーションの仕事←Now!
【33日目】休み
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン
【40日目】音楽番組への出演

☆仕事の依頼
○【35日目】動物園への取材
○【39日目】バラエティ番組出演
○【45日目】有名ダンサーと共演
○【42日目】猫カフェの取材
○【46日目】再現ドラマ(リピート2回目)
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優

☆備考
◆マークは断るなら43日目までに
→受けるとスケジュール拘束、周りの印象が変わります


花村「何か面白い仕事が来てるね?」

弐大「うむ。局の人間が面白がっているようじゃな」

花村「ふむぅ……」



1:イザ現場へ
2:何か仕事を受ける
3:スケジュール調整してもらう
4:そのた

↓2
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 20:20:34.17 ID:J3gEI7LgO
1と3
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 20:22:13.54 ID:vuk2+eII0
295 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 20:23:31.09 ID:xIokv2FNo
>>294
何受けるか指定してクレメンス

直下
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 20:50:37.06 ID:EJ0mJfGz0
再現ドラマ
297 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 21:01:42.39 ID:xIokv2FNo
>>296
ウィ


花村「リピートがかかってるなら、やり続けるべきだよね。番組でシリーズ化されれば、準レギュラーって形で定着するかも」

弐大「じゃのう、そのパターンが最も目指しやすいところじゃわ」

花村「問題はそのシリーズにたどり着けるかどうかだけど……どうかなぁ」

弐大「さあて。そこは作品との運があるじゃろうし、受けてみて考えていくしかなかろう。行くか、空木」

言子「はい、行ってきます!」





かたかたかた……


苗木「……」

花村「ん?苗木くん、どうしたの?」

苗木「はい、初回の収録分が、放送されたので……その感想のツイートを検索したんですが……」


『旬俳優くんかっこいい♡♡♡』
『旬俳優さんの迫力ある演技に魅了されました』
『空木ちゃんドラマ復帰!?wktk』
『ベテランはオワコン』
『これ言子の意味ある?』


苗木「あまり前向きなツイートが確認できなくて……」

花村「なるほどね。確かにあの時の旬俳優くんはものすごかったから、そこに取られてもおかしくはない」

花村「だけど……うん、もうちょっと頑張らないとな……」





言子「ただいま戻りました!」


結果はそこそこ、と言うところか。ナレーションの出来が期待されるが……?


☆結果


肩書:元天才子役
好感:低 (45)
体力:高 (95)
気力:高 (110)
話術:低 (57)
歌唱:中 (67)
技術:良 (114)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (69)
魅力:良 (113)
感性:低 (35)
コネ:最低(12)
幸運:最低(15)


298 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/10(金) 21:05:23.72 ID:xIokv2FNo
☆【33日目】


花村「初夏の気配が近づいてるねえ」

弐大「もうそんな時期か……」

花村「全国的には一斉にお休みシーズンだし、ゆっくりできちゃうんじゃないかな」

花村「テレビの前で視聴する人がどれだけいるか心配になるけど……」


(※このレスのコンマが言子の幸運値以内の時、CMボーナス)


☆仕事の予定
【33日目】特になし
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン
【40日目】音楽番組への出演

☆仕事の依頼
○【35日目】動物園への取材
○【39日目】バラエティ番組出演
○【45日目】有名ダンサーと共演
○【42日目】猫カフェの取材
○【46日目】再現ドラマ(リピート2回目)
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優
☆【32日目】!突発!生放送のアシスタント


こまる「花村さん、テレビジャパンから生放送に出られるタレントが居ないかと要請があります」

こまる「もしもでられるなら受けますが……どうしますか?」



1:生放送へ
2:別な仕事を受ける
3:いや、レッスンだ
4:もうレコーディングだ!
5:そのた

↓2
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/10(金) 21:28:15.58 ID:J3gEI7LgO
3
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/11(土) 03:21:00.08 ID:nfSODdof0
仕事の予定に再現ドラマ入ってなくない?
安価は上で
301 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/11(土) 07:35:29.29 ID:Oa3Ue4xHo
>>300
あれ、見落としてました、すいません

>>299


花村「……いや、生放送はまだ危険だろうね。やめておこう」

言子「そうですか?」

花村「空木さんの力は信じてるけど、周りがどうなるかがまだ分からないからね」

言子「き、気遣ってくださっているのですか?」

花村「それもぼくの務めだよ。さあ、行こうか!」


☆→レッスン場


終里「よぉ!とうとう完成したんだってな、新曲!」

花村「終里さん、白銀さん!」

白銀「こっちにもデータが届いてたから聴いてたよ。中々やるじゃない……」

白銀「今日からはこの音源を使って特訓できるからね」



1:新曲を練習(難易度:中)
2:まずはヴォーカルから
3:ダンスを確認
4:動画サイトに告知を載せる
5:そのた

↓2
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/11(土) 10:10:06.95 ID:3AfFVNMkO
2
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/11(土) 16:01:35.47 ID:X/827dqv0
1
304 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/11(土) 18:38:23.33 ID:Oa3Ue4xHo
今日も不定期かもしれないけど、よろっしゃっしゃっしゃーす!
305 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/11(土) 18:55:34.44 ID:Oa3Ue4xHo
>>303


花村「早速、新曲を練習しようか」

言子「はい!」





チッチッチッ

言子「……!」きゅっきゅっ

終里「うし、イントロはそんな感じで大丈夫だ」

言子「い、イントロだけでこの動きですか……」

終里「おう。もっともっと動くんだぞ?オメーは小さくてわけーだろ?」

終里「この曲は、そんなオメーの、やくどうかん?あー、分かんねえけど、すげぇ動いてるのがいいんだよ!」

言子「躍動感、ですか」

終里「おう。オメーの小ささだとこのステージで見えなくなるしな」

白銀「そうだね。子供だとどうしてもそれがマイナスになっちゃうから……」

終里「けどよ、この曲調とこのダンス!これで行けるはずだぜ!」

言子「……!頑張ってみます……!」


ぎゅっぎゅっ

終里「ポーズ!」

言子「はい!」んぱっ!

白銀「うん、初日にしては良いよ!」


上々の成果だ!


☆結果


肩書:元天才子役
好感:低 (45)
体力:高 (80)
気力:高 (110)
話術:低 (57)
歌唱:中 (70)
技術:良 (115)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (71)
魅力:良 (115)
感性:低 (38)
コネ:最低(12)
幸運:最低(15)


306 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/11(土) 19:07:19.96 ID:Oa3Ue4xHo
☆【34日目】


花村「徐々に暖かくなってきたね!」

からんからん

言子「おはようございます!」しゃらんら

花村「花柄ワンピース?!」

弐大「愛い」ぐっ

苗木「かわいい」ぐっ

花村「最高だね」ぐっ


☆仕事の予定
【34日目】レッスン
【35日目】レッスン
【40日目】音楽番組への出演
【46日目】再現ドラマ(2リピート)

☆仕事の依頼
○【39日目】バラエティ番組出演
○【45日目】有名ダンサーと共演
○【42日目】猫カフェの取材
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優
○【46日目】動物番組の出演



1:レッスンレッスン
2:何か仕事を受ける
3:スケジュール調整を頼む(弐大が適当にスケジュールを組む)
4:そのた
↓2
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/11(土) 19:17:17.22 ID:3AfFVNMkO
1と3
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/11(土) 19:18:11.85 ID:EPjjOMNt0
2 有名スイーツ店の取材
309 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 15:04:17.67 ID:zfDTlF95o
いざ
310 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 15:13:12.90 ID:zfDTlF95o
これからの方針について

>>308なんですが、
仕事の依頼リストから既にスイーツ店の取材が消えているため、無効になります
しかしながらこれをアナウンスしていなかったため、「今回は再安価」とさせて頂きます


>>101で「特別な場合除いて安価時のコマンド2個まで選択可」としていましたが
テンポ改善と、さらにやりやすさを増やすために以下のようにルールを定めようと思います
なんかまずそうならおしえてください

1:お仕事前含め、ほぼ全ての安価についてはコマンド2個まで選択可
仕事に行くを選ぶと花村が言子と一緒に現場に行きイベント
選ばない場合は事務所に残りイベント

2:どうしても1個しか選べないイベントの選択肢はその都度アナウンスする

3:連投/連取りについて
連投は基本的に禁止とするが、「コンマ判定で3レス」などの場合は連投可
連取りは同一IDで2連続まで、3回目は流して↑にずらす(判定もずらす)

4:無効安価について
例えば「2:仕事を受ける」で2しか安価しない場合は無効にして↑にずらす
同時に、今回のように既に依頼リストから削除されてしまっているものを選んだ場合も↑にずらす
311 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 15:14:02.14 ID:zfDTlF95o
と言うわけでスマンが今回だけ再安価

↓直下
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/12(日) 15:30:37.53 ID:oni4i5h0O
1と3
313 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 15:56:46.00 ID:zfDTlF95o
>>312


花村「よし、今回もスケジュール調整をお願いしていいかな?」

弐大「応、問題ないわい。わしも上手くやろう」

弐大「ああ、じゃがあとでもう一度話をさせてもらうことになるかも知れんがな。いいか?」

花村「勿論だとも!空木さんのためだからね、ちゃんと話し合いしなくっちゃ」

弐大「そうじゃな。……ほれ、そろそろレッスンの時間じゃろう?気をつけて行ってこい」

花村「はーい。ほら、空木さん、行こうか」

言子「はい!」


☆→レッスン場


白銀「今日は終里さんはお休みだよ」

花村「そうなの!?」

白銀「だから、振り付けの練習は出来ないかも、だけど……どうしよっか?」

白銀「一応、ここに終里さんが振りを動画で残してくれてるから、自主練って形で練習は可能だよ」


▼どれかひとつ
1:ボイトレだ!(歌系のステータス↑↑)
2:動画でダンス確認(体力低下低め)
3:動画サイトで告知
4:基礎体力を作る
5:そのた

↓2
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/12(日) 17:54:17.18 ID:oni4i5h0O
下2にする意味あるのか
1
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/12(日) 19:27:01.88 ID:t9kTGRBO0
316 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 19:46:01.52 ID:zfDTlF95o
>>314
癖で2にしてたのでもう1にします

>>315


花村「ボイトレだ!今こそボイトレだ!」

言子「はい、お任せ下さい!」





♪〜♪〜♪〜

言子「ルルル〜……らら……♪」

白銀「うん、いいね。高音域もちゃんと出てる」

言子「本当ですか?」

白銀「スタッカートを使うところ、息の量が調節できてなくて後半バテ気味だから」

白銀「……こう、フッフッフッ、とお腹の筋肉をもっと使っていいかもよ」

言子「は、はい、やってみます!」

白銀「それから……そうだな……」

ぽーん

白銀「逆に低音域が不安定かな。下の方になるとちょっとブレてる」

言子「ら、らー……♪らー♪」

白銀「もうちょっと下、あとちょっと」

言子「んー……」





白銀「みっちり特訓すると、徐々に成果が出てくるからいいね。1日の中でもめちゃくちゃ成長してるよ」

白銀「その成長速度、恐ろしいくらい……」

言子「褒めすぎです!褒めすぎと言えば、「店長のおすすめ」もなかなか味を褒めすぎではないかと思います!」

白銀「ちょっと何言ってるか分からないです」

花村「今のはフォローできない!」


☆結果


肩書:元天才子役
好感:低 (45)
体力:中 (60)
気力:中 (80)
話術:低 (57)
歌唱:中 (80)
技術:良 (117)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (71)
魅力:良 (115)
感性:低 (42)
コネ:最低(12)
幸運:最低(16)


317 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 19:51:48.10 ID:zfDTlF95o
☆【35日目】


花村「おはよう、弐大くん!あのあと、スケジュール調整はどうなったかな?」

弐大「応、花村!おはようさん。ああ、あれな。確認してくれんか?」


☆仕事の予定
【35日目】レッスン
【36日目】レッスン
【37日目】休み
【38日目】休み
【39日目】レッスン(最終調整)
【40日目】音楽番組への出演
【41日目】休み
【42日目】猫カフェの取材
     〜未定〜
【46日目】再現ドラマ(2リピート)

☆仕事の依頼
○【45日目】有名ダンサーと共演
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優
○【46日目】動物番組の出演
○【47日目】単発ドラマのゲスト
○【49日目】深夜ラジオにコメント出演
○【50日目】ショッピングモールでイベント

☆備考
◆マークは断るなら早めに


花村「なるほどね……」

弐大「休みを2日入れてみた。ここで気持ちを切り替えて、本番に向けて挑んでもらうと」

花村「毎日レッスンレッスンじゃ、あの年頃も疲れるもんねえ」

弐大「それにお前さんも社長も、ろくに休んでおらんからの」

花村「ええ?ぼくらは別にいいのに……」



1:レッスンについていく
2:別な仕事を受ける
3:局を回って仕事を探す
4:街の様子を見てみる
5:そのた

↓1
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/12(日) 19:57:30.37 ID:he5Kn04K0
319 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 21:15:39.06 ID:zfDTlF95o
>>318


花村「ここはプロデューサーの売り込み技術を見せてみようじゃないか!」


☆→【ユメノシマテレビジョン】


花村(ゴミも積もれば夢の島、をモットーに、様々な小さな情報を的確にお伝えすることに定評のあるテレビ局だ……)

花村(電話にて事前アポイントメントを取ったところあっさり許可が出た。そしてぼくは……)


音楽番組D「へえ、アイドルを、あの空木言子が!」

花村「そうなんです!可愛らしいだけじゃない、新たな魅力が引き出せるはず!」

音楽番組D「なるほど……確かに面白い話だ」

花村(話がうますぎるくらいとんとんと進んでいく!)

音楽番組D「新曲も完成してるって?」

花村「ええ、今シングル発売に向けて準備中です」

花村「音源はありますし、歌唱はいつでも」つ【USB】

音楽番組D「……なるほど。一度その音源聴いて、考えてみよう」

花村「! ありがとうございます!」


☆GOOD!!

かなり前向きに考えて貰えそうだ!
今後ユメノシマテレビジョンから仕事が来るかもしれない、備えよう!


☆レッスンの結果

肩書:元天才子役
好感:低 (45)
体力:中 (45)
気力:中 (60)
話術:低 (57)
歌唱:中 (85)
技術:良 (118)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (72)
魅力:良 (116)
感性:低 (42)
コネ:最低(12)
幸運:最低(16)


320 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 21:18:24.56 ID:zfDTlF95o
☆【36日目】


花村「音楽番組出演が近づいてるね……」

言子「ど、ドキドキが止まりません!」

花村「うんうん、ぼくもとってもどきどきしてるよ、空木さん!」

言子「このまま上手くいくように、頑張りますね」

言子「ほんとうはあまり頑張る、と言う言葉は好きではなかったんですが……」

言子「……でも、言っていると段々、この言葉に背中を押されているような気がしてきました」

花村「くれぐれも無理はダメだからね?」


☆仕事の予定
【36日目】レッスン
【37日目】休み
【38日目】休み
【39日目】レッスン(最終調整)
【40日目】音楽番組への出演
【41日目】休み
【42日目】猫カフェの取材
     〜未定〜
【46日目】再現ドラマ(2リピート)

☆仕事の依頼
○【45日目】有名ダンサーと共演
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優
○【46日目】動物番組の出演
○【47日目】単発ドラマのゲスト
○【49日目】深夜ラジオにコメント出演
○【50日目】ショッピングモールでイベント

☆備考
◆マークは断るなら早めに



1:レッスンについていく
2:なにか仕事を受ける
3:今日も局を回ろうか
4:街を見回ってみようか
5:そのた

↓1
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/12(日) 21:45:30.65 ID:oni4i5h0O
1と4
322 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 23:19:25.55 ID:zfDTlF95o
>>321


花村「じゃあ、行ってくるよ」

言子「行ってきます!」

弐大「おう、頑張るんじゃぞ」


☆数十分後


花村「さて……」

花村(空木さんも無事にレッスン場に送り届けたし……ぼくは街でも見て回ろうかな)

すたすたすた

花村(お、レストランで新作料理か……ちょっと食べてみたいなぁ、この店のシェフはどっちの味もよさそうだし)

花村「ふぅん、牛肉か……」

すたすた

花村(空木さんの写真が載った雑誌がいくつかならべてあるのを見た)

花村(訴求していくなら、もっと雑誌の取材を受けてもいいかもしれない)

花村(フリーペーパーならさらに簡単に人の目に着くのかな?)


\てーっててー!/

「きて、みて!わんパーク!」


花村「! CM……街頭ビジョンでも流れてるのか!うわあ、この辺じゃ知名度ないからってよくやるよ」

花村「予算的に大丈夫なのかなあ……」


すたすた

花村(ん……あそこを歩いているのは……)

???「なーなーそこの兄ちゃん、一回占いどうだー?」

花村(……誰だよ、今向こう側を歩いてる女の子が気になってるのに!)


▼どれかひとつ
1:レストランでぱくぱく
2:出版社にオファー
3:気になる女の子を追いかける
4:占い師に絡む
5:やっぱり言子ちゃんのとこに帰ろう

↓1
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/12(日) 23:24:37.40 ID:oni4i5h0O
3
324 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/12(日) 23:32:18.25 ID:zfDTlF95o
>>323


花村「うるさいなぁ!あとで食べてあげるから!」

???「!?」





たたたた……

花村「はあ、はあ、はあ……ど、どこだ……?」

??「ど、どうされたんですかぁ?」

花村「! いた……えっと、罪木さん、だよね?」

罪木「は、はい、そうですが……?」

花村「いやぁ、会えてよかった!1ヶ月くらいまえに助けてもらったんだ」

花村「会ったのは偶然だけど、それならそれでお礼を言わなきゃって思ってね!」

罪木「えへへ、そんな……わざわざすみませぇん。いいのに、そんな」

花村「そうはいかないよ!まあ?あの時きみとあまり喋れず倒れたぼくもぼくだけどね!」

花村(このナイスバディだぞ!目に焼き付けなくてなんとする!?)

罪木「ああ、その後は大丈夫でしたかぁ?」 

花村「うん!(股間を除いて)無事だったよ!」

罪木「そうでしたかぁ、よかった……!」


▼どれかひとつ
1:健康管理の方法を聞く
2:罪木を事務所に誘う(成功率:低)
3:食事の約束をする
4:連絡先交換
5:そのた

↓1
おやすみすー
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/13(月) 00:00:36.59 ID:iEuhTdDuO
3
326 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 14:14:02.99 ID:0GdS/Qm/o
おはごいすー
327 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 14:27:00.91 ID:0GdS/Qm/o
>>325
3


花村「そ、そうだ!これも何かの縁だよね。ねえ、もしよかったらお礼も兼ねて今度ご飯を食べようよ」

罪木「え?そ、そんな、私にそんなことしなくてもいいですよぉ?」

花村「いやいや、ぼくの気(と股間)が収まらないし!是非とも!」

罪木「そ、そうですかぁ?それでしたら……」

花村「! 突然過ぎるけど、明日、とかどうかな?」

罪木「ええ、明日なら私も暇なので是非!」


☆!
罪木と食事の約束をした。やったね!
これは攻略のフラグ立ったのでは。
罪木の連絡先を手に入れた!


花村「じゃあ、何が食べたいのか考えておいてね!」

罪木「え?あ、はい!」

花村(たくさん話をしたいけど今話をガンガンしてもなぁ、あとでゆっくり話したいし)

花村(明日が楽しみだな)





言子「ちょっと花村さん!どこに行ってたんですか?!」(♡↓)

花村「あ、えっとごめんごめん……」

言子「まあ、いいですけど……」

白銀「花村くん」こそっ

花村「ん?」

白銀(言子ちゃんね、花村くんに見てもらえるの、地味に嬉しいみたいなんだよ)

白銀(だから、一緒に来てあげるならなるべく見てあげて欲しいな?)

花村(そうなの?……うん、分かった。覚えておくよ)

白銀(言子ちゃん、頑張ってるけどまだ子供なんだからね)


☆レッスンの結果

肩書:元天才子役
好感:低 (42)
体力:低 (25)
気力:低 (30)
話術:低 (57)
歌唱:中 (88)
技術:良 (118)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (72)
魅力:良 (117)
感性:低 (45)
コネ:最低(12)
幸運:最低(16)


328 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 14:46:27.71 ID:0GdS/Qm/o
☆【37日目】


花村「ふぅー……」

今日はお休みだ!


花村「今日明日、意外とお休みが連続することなんて無かったから新鮮な気持ちでいられるな」

花村「さてと、今日は……」


ぷるるぷるるぷるる


『はい?』

花村「あ、もしもし」

罪木『花村さん!』

花村「やあ、罪木さん。きみの声も罪だねぇ……ぼくは最高に嬉しいよ!」

罪木『あはは、よく分かりませんが……ありがとうございます』

罪木『それでは11時に駅で……』

……場所を約束して、遊びに行くことにした。





こつこつこつ

罪木「あ、花村さん!」

花村「やあ、罪木さん。うんうん、キュートだね!いや、クールなのかな?」

罪木「???」きょと

花村「ああ、なんでもないなんでもないから!」

罪木「はい……はい?大丈夫ですか?」

花村「もちろん!……多分」

罪木「ふええ!?」 

花村「ええっと……じゃあ……」


▼どれかひとつ、いいデートしよう
1:ちょっと買い物でもどうかな
2:もう食事行こうか
3:動物園でも行こう?
4:映画でも見る?
5:そのた

↓1
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 15:19:04.71 ID:n2ytkTZN0
4 一緒に映画を見ると話題に困らないってエロい人が言ってた
330 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 16:38:59.31 ID:0GdS/Qm/o
>>329
コンマ1て何見たんですかね……


花村「そ、そうだ!映画を観ようよ!」

罪木「映画ですか……いいですねぇ、何を観ますか?」

花村「映画館では何をやってるかなぁ?」


☆数時間後


花村「……」

罪木「……その、お、面白かった……ですね?」

花村「う、うん……」

罪木「あのエンディングも、う、うん、考えさせられる感じで……」

花村「そうだね……」

罪木「だ、大丈夫ですかぁ!?」


花村(ホラー作品の呪霊シリーズしかやってなかった……めちゃくちゃ有名な監督の作品だからと言って期待して入ったけど)

花村(怖い……なんま怖かったべ……)かたかたかた

花村(吊り橋効果!とか狙ったのにそんなことしてる場合でもなかった……)

花村(罪木さんも怖がってたのに、もう最後ぼくが怖がりすぎたせいで笑ってたな……)


花村「しかし旬俳優くんですら端役とはね」

罪木「ああ、あの方ですねえ。あんまりセリフがなかったのが残念ですぅ」

花村(見たことある大物俳優や、最近役者業に力を入れてる芸人なんかも出てたけど、みんな良かったし良すぎて怖かったなくそ!!!)

罪木「……主役のアイドルさんも凄かったですねえ。ホラー初挑戦、なんてテレビでは言ってましたけど」

花村「あ、ああ!すごく良かったよね。自然な演技の中に狂気も混じってて……」

花村(空木さんもこう言う映画に出ることがあるのかな)

花村(ほんっと、ほんっとごめんだけど試写会行かないぞ)

罪木「あの、どこかで休みますか?」

花村(いかん、罪木さんに気を使わせてしまっている!)


▼どれかひとつ
1:オシャレなカフェへ
2:スウィーツのお店へ
3:ハリネズミカフェへ
4:ショッピングモール
5:そのた

↓1
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 16:44:25.51 ID:C5BIPvzlo
3 速そう
332 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 19:36:36.79 ID:0GdS/Qm/o
>>331
1連続ってマージついてない


花村「あ、ああ、じゃあアソコにあるハリネズミカフェにでも……」

罪木「わあ、最近流行っているってお話を聞いたことがありますぅ!」

花村「ぼくも初めてイクんだけど、んふふ……どうなのかな……」


☆カフェ


かさかさかさかさか

ハリネズミ「……」かさかさ

罪木「わ、わぁ、かわいい……」

花村「さーハリネズミくん、ぼくも手のひらに乗せたいんだけどどうかn」

手のひらハリネズミ「……!」しゃきーん

花村「うーんチクチクするなぁ」ちくちく

店員さん「おかしいなぁ、普段こんなことないんですけどね……」

花村「ああそうなんですか?」ちくちく

罪木「見てください、花村さぁん!この子、ご飯を上げたら食べてくれましたぁ!」

ハリネズミ「……♪」もしゃお

花村「すごいかわいいね!」

手のひらハリネズミ「……(怒)」ちくちく

花村「こっちの子は心をひらいてくれなさそうなんだけどぉ!?」

罪木「うふふ……」

ハリネズミ「……♪♪♪」もしゃしゃお

店員さん「単純に、そちらのお客様とハリネズミの相性が悪いのかもしれませんね」

手のひらハリネズミ「……(死)」しょぼ

花村「ちょ、ハリネズミくん!?ハリネズミくん!!」

罪木「ふえええ!?う、動かなくなって……ハリネズミさぁぁぁぁん!」

手のひら降りたハリネズミ「……」かさかさかさかさか


花村「……」





からんころん……


花村「もう2度と行かんわ」

罪木「は、花村さん、そんなに落ち込まなくても……」

花村「だってあんなに困ったハリネズミ、初めて見たよ!?」

罪木「確かに……」

花村「はぁ……」

花村(どうしよう、全然上手くいってないな……もう時間もいい時間なのに……)


▼どれかひとつ
1:今日は和食
2:やっぱ洋食
3:地味に中華
4:すしたべたい
5:そのた

↓1
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 19:38:16.33 ID:b7IE34vQ0
334 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 20:03:57.20 ID:0GdS/Qm/o
>>333
わーい333が33だぁ


花村「……食事、食べに行こうか」

罪木「! そ、そうですね!」

花村(うう、最後まで気を使わせてしまうのはやはり不味い……!)

花村「そうだ、ぼくが最近気になっている和食のお店に行こうよ!」

罪木「和食、ですか?」

花村「創作和食って言うのかな。いろんなジャンルの料理を、和食と融合させている新しいタイプの和食料理店なんだ」

花村「ふふん、大人を舐めちゃあダメだよ?今日は奮発するんだからね!」どやゃああああ





罪木「お吸い物にフレンチの技術ですかぁ!?」

罪木「にこごりにナタデココを一緒に合わせて出す発想……凄いですねぇ……」

罪木「お魚を揚げてると思ってましたが、違うんですねぇ」

罪木「ムースみたいなもの、ジャガイモだったんですかぁ!」


花村(ここの店長はあらゆる料理の種類を学んだ、人呼んで【元超高校級の板前】)

花村「日本料理の良さを活かしつつ、多くの調理法で素材の味を引き出すことに定評があるんだよ」

罪木「そうなんですねぇ……すごいですぅ、お肉もほろほろ溶ける……」

花村「これは伝統的な煮の料理だね。香辛料を一緒に入れる発想で、煮物の価値をさらに高めている」

花村「創作和食ってみんな下に見すぎなんだよ。創作だから何作ってもいいってわけじゃあないんだ」

花村「あくまで、日本本来の調理法を崩さず、そこにひと手間、周りの国から与えられた物を足すだけさ……!」

罪木「すごいですぅ!美味しい……おいしすぎます……!」

花村「デザートも、ほら」

罪木「ふゆぅ!?ぜんざい……の上に何か乗ってます、綿あめ……?」

花村「ぜんざいをかけながらゆっくり溶かすと……」

罪木「中からココナッツオイルが!?」

花村「これが意外と合うんだよね!」


美味しい料理を満喫できた!

罪木「今日は本当にありがとうございます!楽しかったです……♡」(♡↑)


335 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 20:06:38.76 ID:0GdS/Qm/o
☆【38日目】───自宅


花村「ううん……あとちょっと……」

花村「はっ!……そうか、今日はまだ休みなんだった……」

花村「ううん、2日も休みが入るの、随分ぶりすぎて体がおかしくなりそうだなぁ」

よいしょ

花村「料理でも作りながら、今日はどうするか考えよう……」


今日は完全オフの日。やること?ないです。



1:テレビでも見ようかな……
2:動画サイトを確認だ
3:外に出てみようかな?
4:買い物しよう!
5:そのた

↓1


今回は完全にオフで、花村もなにも決めてませんので、この後どうなるかは皆さん次第です。
いつもこんなバイブスでやってきたよな俺たち?上げるぜぽんぽーん
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 20:22:58.34 ID:3y8WxmVLO
4
337 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 20:32:19.62 ID:0GdS/Qm/o
>>336


花村(うーん、そうだなぁ……)

じゅううううう

花村「ほっ」

ぱぁん!けぇきっ!(パンケーキが焼き上がる音)

花村「んー……食料もちょっと心配になってきたし……」もっもっ

花村「買い物に行ってもいいかもしれないね」


☆で、


花村(外に出たぞ!うーん、今日もいいペンキ)

花村(じゃなかった。ええっと、さてさて)

すたすたす

花村「おっ、スーパーマーケット。今日もいい感じにセールをやってくれてたら有難いんだけどなぁ」

ういーん

花村(さーて、どうかなぁ)すたすた

花村(おっ、野菜も肉も安い!嬉しいなぁ……昨日たんまり食べちゃったけど、人参とか玉ねぎとかいいかもね)しゃ

花村(……ん?)


【1Fホールにてこのあとヒーローショー】


花村(ふーん……)


??「焼きたての美味しいパンはいかがですかー?」


女性?「そこのお兄さん、このウインナー食べてかない?」


花村(活気があるなあ)


▼どれかひとつ
1:ヒーローショーかぁ
2:パンが食べたいな
3:ウインナー買おうかな
4:いや!ぼくは!服を見に行く!
5:そのた

↓1
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 20:37:13.18 ID:b7IE34vQ0
339 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 20:53:55.68 ID:0GdS/Qm/o
>>338


花村「いい匂い……パンは自分で作れない食べ物だし、ちょっと見て行ってもいいかもしれないな」


☆パン屋さんコーナー


花村「えーと?」

花村(色々美味しそうな菓子パンから、綺麗に成形された食パン、野菜のカップ……ザンギ、ザンギ?)

花村「色々あるんだなぁ……」

花村(パン屋なのに、串に刺さった唐揚げ?……何でだろう)

店員さん「いらっしゃいませ。どうですか?」

花村「あの、なんでパン屋さんなのに唐揚げがあるんですか?」

店員さん「ザンギですか?」

花村(違うのか……?)

店員さん「ああ、あれは本元のお店がもともと置いているメニューなんですよ。お店の2番人気です」

花村「へええ……?」

店員さん「どうですか?」

花村「じゃあ、それと……この菓子パンと……」


色々なパンを見つけたのでそれを買うことにした。
明日、空木さんにもわけてあげようかな?
食パンは焼いたらすごく美味しかった!


340 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 20:57:06.97 ID:0GdS/Qm/o
☆【39日目】


からんからん

言子「おはようございます!」

花村「おはよう、空木さん。二日会わなかっただけで、何だかひさしぶりに感じるね」

言子「あはは、そうですねぇ」

弐大「おはようさん。どうじゃあ?具合は」

言子「もちろん万全です!」

言子「……必ずや期待に答えますよ!」


☆仕事の予定
【39日目】レッスン(最終調整)
【40日目】音楽番組への出演
【41日目】休み
【42日目】猫カフェの取材
     〜未定〜
【46日目】再現ドラマ(2リピート)

☆仕事の依頼
○【45日目】有名ダンサーと共演
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優
○【46日目】動物番組の出演
○【47日目】単発ドラマのゲスト
○【49日目】深夜ラジオにコメント出演
○【50日目】ショッピングモールでイベント

☆備考
◆マークは断るなら早めに


花村「あ、そう言えば……」

がさがさがさ

花村「はい、空木さん」

言子「!? これは……マフィン?ですか?」

花村「うん、多分。パン屋さんで見つけたんだ、好きかなと思ってさ」

言子「……嬉しいです、美味しそうですね!」


▼2個まで
1:レッスンについていく
2:なにか仕事を受ける
3:レコーディングの手配
4:そのた

↓1
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 21:00:20.45 ID:G2GGs3GL0
1
342 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 21:04:24.76 ID:0GdS/Qm/o
>>341

花村「それじゃぁ、レッスン行こうか」

言子「……はい!」


☆レッスン場


終里「明日が本番なんだって?オメー」

言子「はい、そうなんです!」

終里「ほおぉ、んじゃいままでの結果を出さねーとな!」

白銀「焦ってもダメだけど、のんびり過ぎてもダメ。この塩梅、地味に難しいよね」

終里「ああ?時間は限られてんだぞ?オレならまだしも、やれるときにやんねえと」

花村「ヤレる時に!?」

白銀「はいはい黙ってて!」

言子「……そうですね、全力を出し切れるかどうかが問題です」

言子「今日で一定のクオリティまで仕上げないと!」


▼どれかひとつ
体力消費が大きいほど結果が大きくなる
1:かなりハード目に(消費特大)
2:いままでのおさらいを(消費大)
3:合わせる程度に(消費中)
4:さらっと流すくらいに(消費小)

↓1
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 21:06:49.13 ID:b7IE34vQ0
344 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 22:40:26.19 ID:0GdS/Qm/o
>>343

言子「今までのおさらいをしましょう!」

終里「おう。んじゃ歌と踊り、両方合わせながらやっていくぞ」

白銀「歌詞はプロンプターがあるから、本番でも緊張せずにやっていこうね」

言子「……はい!」





ズンタッズンタッ

言子「ここで、ターン!」くるっ

言子「心の奥で〜♪ はい、はいっ!」たんたん


白銀「決めポーズ硬い!もう一回やろう!」

終里「そうだな。オレから見ても分かる」

言子「はい!すこし考えすぎてしまいました……」

終里「あのなぁ、ダンスっつーのは気持ちの問題なんだぞ?」

言子「! はい!」

終里「オメーのハートをぶつけろ!!」

言子「……!!」


345 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 23:02:04.29 ID:0GdS/Qm/o


たんたんたん

言子「♪〜♪〜♪〜」くる

言子「ここでー、はいっ!」にこーっ

言子「ふんふんふーん♪」


白銀「よしよし、歌詞は何とかなりそうだね」

終里「ダンスも結構よくなってきたんじゃねえ?」

言子「……はい!」ふうふう

終里「その調子だぜ?ちゃんと飯食えよー」


言子「今日は上手く出来ました!」

花村「そうだね、すごくいい感じだよ!明日が楽しみだねえ……」

言子「……少し怖いけど……頑張りたいですね!」


☆レッスンの結果

肩書:元天才子役
好感:低 (42)
体力:中 (70)
気力:高 (100)
話術:低 (57)
歌唱:良 (91)
技術:良 (120)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (76)
魅力:良 (117)
感性:低 (45)
コネ:最低(12)
幸運:最低(16)


346 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 23:26:20.31 ID:0GdS/Qm/o
☆【40日目】───局


言子「今日が本番……ですね……」

花村「緊張、してる?」

言子「そりゃあ、初めての音楽番組……ドキドキしてしまいますよ」

言子「ドキドキと言えば、今日少し走っただけなのにちょっと息を切らしてしまいました」

言子「体が緊張して固まっている感じがしたので、ちょっとだけ走ったのですが……」

花村「いい心がけだと思うよ。緊張しっぱなしだと体に悪いしね」

言子「……ふぅー……」

花村「ちょっとあくびをするくらいでいいんじゃない?ほら、ね?」

言子「ふふふ、ありがとうございます。ちょっとほぐれました」





こつこつこつ……


「おはようございます、よろしくお願いしますね」

花村「おはようございます、こちらもよろしくお願いします!」

言子「は、はい、おはようございます!」

「おはざーす」「おっ、おはよう空木さん」「よろしくお願いしますね!」

言子「はっ、おはようございます!おはようございます!」

「おはよー……、あ!言子ちゃん!」

言子「あ!おはようございます、舞子さん!」


花村「さすがに知り合いが多いねえ」

言子「あはは、一度はこの世界に足を踏み入れた身ですからね」

花村(さて、リハーサルが始まるのかな)


▼どれかひとつ
1:共演者へ挨拶回り
2:挨拶は出会った人にしつつ見学
3:自分だけで挨拶回り
4:そのた

↓1
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 23:28:00.13 ID:3y8WxmVLO
1
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 23:36:54.45 ID:JqcNDdino
3以下多すぎ問題
349 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 23:39:01.59 ID:0GdS/Qm/o
>>347


花村「先に共演者の方に挨拶回りに行こうか?」

言子「知っている方ばかりなので大丈夫かなあ、とは思いますが、そうですね!」





花村「今日はよろしくお願いします」

司会「おう、よろし……あれ?」

言子「濱澤さん!」

濱澤「なんや、言子ちゃんかいな」

言子「……濱澤さんなら、私も落ち着いてお話が出来て嬉しいです」

濱澤「んなっはっはっは!そうかぁ、それなら嬉しいな。俺の娘もこのくらい小さい時はなぁ……」

花村(穏やかな表情だ。普段は芸人さん相手に厳しい顔をしている事が多いけど……)

花村「優しい顔をすることもあるんですね……」

濱澤「ん?なっはっは、よお言われるわ!」

花村「あ、しまっ……すみません、不躾に!」

濱澤「かまへんよ、そういうことあるよね」





女性シンガー「おはよう、今日はよろしく」

言子「はい、メイルさんの歌、大好きなので今日はとっても嬉しいです!」

メイル「ふふ、お世辞でも嬉しいよ。私も、君の歌を楽しみにしてる」





男性アイドルグループ「「「よろしくお願いしまーす!」」」

リョウジ「ほんっとかわいいね、君!」

ツカサ「こら、やめないかリョウジ。……お手柔らかにお願いしますね」

ランク「ぼく達のMusic……聴いてくださいね」


350 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/14(火) 23:45:30.16 ID:0GdS/Qm/o



花村「結構いっぱいいるんだね、今回」

花村(ふう……なかなか時間がかかったけど、なんとかなりそうだ)

言子「あとは今リハーサル中のユニットの方々なので……」

花村「うん、それが終わってからお話しても遅くなさそうだね」


男性シンガー「楽しい、本当に」

男性シンガー「ありがとう、嬉しい、君と会えて」

言子「……! は、初めてお会いしました、浅野凛平さん……!」

花村(めちゃくちゃ有名なシンガーじゃないか!)


☆……そして……


AD「空木言子さん、リハーサル入られまーす!」

「よろしくお願いします!」「今日は頑張りましょうね!」「楽しみです!」

言子「はい!」

女社長「ふうん?……空木言子ちゃん、一体誰に担ぎ上げられたのかと思ってたけど、良さそうなプロデューサーに出会えたのね」

花村(あちこちからの視線が怖い……)

花村(……リハーサルもそこそこ上手く行けてるけど、ところどころ詰まってて心配だなぁ……)


スタッフ「間もなく本番でーす!」


▼何かアドバイスを送る?どれかひとつ
1:とにかく落ち着いてね
2:せいいっぱい楽しんでね!
3:完璧にやろうとし過ぎないで
4:笑顔が1番だよ
5:そのた

↓1
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/14(火) 23:48:49.90 ID:3y8WxmVLO
2
352 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/15(水) 09:55:09.55 ID:CPMkr0/6o
落ちてた……すまぬ
353 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/15(水) 10:01:09.03 ID:CPMkr0/6o
>>351
2


花村「色々やろうとすると大変だと思うから、ひとつだけ」

言子「……はい」

花村「せいいっぱい楽しんでね!」

言子「分かりました!私、楽しくやってきます!」


☆そして……


濱澤「さあ今日は初登場、初登場なん?空木言子ちゃんでーす」

言子「よろしくお願いしまーす!」

アシスタント「かわいいー!」

言子「ふ、ふふーん、よく言われます!よく言われると言えば、最近テレビで見ないね!なんて言われます!」

濱澤「それ言うなら「テレビでよぉ見るね」でしょうよ!失礼なやっちゃねぇ」

言子「一度引退してますからね、そう言われるのもやむなしと考えてますよ!」

濱澤「できた子ぉやねぇ」

アイドルグループ「ちょっとちょっとちょっとー!」「僕らと対応全然違うじゃないですかー!」

濱澤「そらせやろ、子供やで?」ぎろり

アイドルグループ「わーこわい!」「濱澤さんのわるいとこ出てます!」

言子「あははは!」

アシスタント「空木さんは、なんと!この春にアイドルとして再デビューをされたと言うことで」

\うおおおおおお/

濱澤「野太い声が上がってるけどwww」

言子「はい、もともと興味があったんですが、一度子役を辞めた時に〜……」





花村(よしよし、ちゃんとトークも出来てるな)

言子「あそこに、うちのプロデューサー見に来てます(笑)」

花村「えっ!!??」びくっ

濱澤「あああれかぁ……なにきみ、どの国から来たの?特徴的やねぇ」

どっ わはは

花村「いやぼくはいいでしょう!?空木をお願いしますね!?」


354 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/15(水) 10:07:39.89 ID:CPMkr0/6o


アシスタント「それでは、スタンバイお願いします」

言子「はーい!」 

ぱちぱちぱち

メイル「どんな歌をうたうんだろう……♪」

浅野「楽しみ、とてつもなく」

濱澤「では行ってみましょう!」

アシスタント「はい!テレビ初披露の新曲です!空木 言子さんで───」


そこから先、花村は魅了されていた。
あの小さな体躯で、ステージを子供の体力で走り回り、と思えばしっとり聞かせるような余韻、あるいは元気のいい声色。
様々に目まぐるしく回転する、少し難しめの曲とも言えるそれを、空木 言子は間違いなく自らの血肉としていた。
目の当たりにして、初めて思うことがある。

彼女はやっぱり、アイドルなのだと。


☆数時間後


\それでは本日の撮影、以上となります!ありがとうございましたー!/

わーぱちぱちぱち


言子「なんとか終わりました……!」

花村「はぁ、お疲れ……ふぅ、見てるだけなのに、ぼくもなんだか物凄く疲れちゃったよ」

言子「あはは、何でですか!」

花村「それで、どう?今日は」


言子「すっごく───楽しかったです!」


その笑顔がひまわりみたいだったから。
この子を守ろうと、一生かけてでも育てようと、
そう思えたんだ。


355 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/15(水) 10:09:35.92 ID:CPMkr0/6o
コンマ0が発生したため、大きく成果を上げました。
全体的なステータスが変動しました。


☆結果

肩書:大型新人アイドル
好感:低 (45)
体力:低 (40)
気力:高 (95)
話術:低 (60)
歌唱:良 (93)
技術:良 (120)
演技:優秀(126)
容姿:良 (97)
運動:中 (76)
魅力:良 (118)
感性:低 (48)
コネ:最低(13)
幸運:最低(17)


356 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/15(水) 10:16:25.00 ID:CPMkr0/6o
☆【41日目】


からんからん


花村「おはようございます!」

弐大「応、おはようさん」

苗木「おはようございます、花村ク……花村さん」

花村「いいのに、そんな気を使わなくっても」

今日はもともと決まっていた空木のオフの日だ。

弐大「昨日は相当手応えがあったようじゃな」

花村「うん、上々と言えるだろうね」

弐大「オンエアが楽しみじゃのう……いつじゃったか?」

花村「確か来週……【47日目】だったかな」

弐大「うむ。ある程度曲が世間に馴染んでからCD発売、としても良いかもしれんの」


☆仕事の予定
【41日目】休み
【42日目】猫カフェの取材
     〜未定〜
【46日目】再現ドラマ(2リピート)

☆仕事の依頼
◆【47日目から3日間】短編アニメのゲスト声優
○【49日目】動物番組のロケーション
○【50日目】ショッピングモールでイベント
○【50日目】衝撃映像系番組の出演
○【53日目】お昼のラジオのゲスト

☆備考
◆マークは断るなら早めに


花村(そろそろゲスト声優の件、どうするか考えなきゃな)


▼2つまで
1:◆を断る電話をかける
2:弐大にスケジュール調整を頼む
3:皆に料理でも振舞おうか
4:折角だし「わんパーク」に行く
5:そのた

↓2
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/15(水) 10:40:15.89 ID:od1XbVd00
2+3
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/15(水) 17:41:00.22 ID:QGvsLn820
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/15(水) 17:42:18.60 ID:QGvsLn820
秒とコンマゾロ目やったぜ
360 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/16(木) 10:55:56.94 ID:65TJF0F5O
間違えて↓2にしてたけど結果幸せならオッケーです
361 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/16(木) 20:49:56.34 ID:r1hl/MBEo
>>358
>>357


花村「それじゃあぼくが料理でも作ろうかな?ああ、楽にしてて」

苗木「ほんとですか?それじゃあ……」

弐大「わしも何かせんと、落ち着かんのじゃが」

花村「あ、弐大くんはスケジュール調整をお願いしてもいいかな?」

弐大「応、そういう事なら任せておけい!」





じゅうううう

花村「ふんふんふん……♪」

苗木(鼻歌混じりで調理してるけど集中力と精度……すごいなぁ、そんな簡単にやっちゃうんだ)

苗木(キャベツの千切りも細かいし凄く早くて尊敬するよ)(♡↑↑↑)

ぱちぱちじゅわああああ

花村「へいおまちぃ!!」とん

弐大「とんかつ!?」

苗木「ん……!」しゃくっ

苗木(聞いたことがない音がする!?なんだ、このサクサクした衣!!)しゃく

花村「決め手は二度揚げ!」

花村「低温で肉の旨味を逃がさないように一回、少し冷ましながら油の温度を一気に上げてカラッと速攻もう一回!」

しゅわあああ……

弐大「美味いんじゃああああああ!!!」(♡↑↑↑)


皆に喜んでもらえたみたいだ!やったね!!
花村の何かがぐんっと上がった。


362 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/16(木) 20:58:37.56 ID:r1hl/MBEo
☆【42日目】


言子「今日の撮影もとっても楽しみです♪」

花村「! 今日は猫カフェだっけ?」

言子「はい!楽しんできますね!」

花村「猫かぁ……」

???「今日はもう寝ようぜ。」

花村「まだ早くない?」

言子「何がですか?」

花村「それともベッドで僕の夜のマネージメントを受けたいと?」

言子「花村さん?」


☆仕事の予定
【42日目】猫カフェの取材←Now!!
【43日目】レッスン
【44日目】ボイスレッスン
【45日目】休み
【46日目】再現ドラマ(2リピート)
【47日目】短編アニメのゲスト声優
     !音楽番組の放送!
【48日目】↓2日目
【49日目】↓3日目
【50日目】休み

☆仕事の依頼
○【52日目】ファッションショー
○【53日目】お昼のラジオのゲスト
○【56日目】芸人番組の審査員
○【56日目】バラエティ番組(1リピート)
○【59日目】ショッピングモールでイベント
○【60日目】水泳大会のロケ

☆備考
短編アニメのゲスト声優はまだ断れる。断るなら45日目までに。


花村「ぼくはべっきぃ派だから!!!!」

言子「花村さん!???!!」

苗木「それは違うよ!一二三さんだって可愛いはずだ!」

言子「苗木さん!!????」


▼2こまで
1:現場について行こう
2:仕事を探してみよう
3:ゲスト声優を断ろう
4:テレビでも見てみようかな
5:そのた

↓1
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/16(木) 21:01:20.98 ID:U+/M9pLOO
1
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/16(木) 21:04:08.04 ID:cuRG81UK0
365 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/16(木) 21:43:26.05 ID:r1hl/MBEo
>>363
コンマ高い高い


花村「それじゃあ、ぼくも現場についていっちゃおうかな?」

言子「ぜひ!」


☆→【猫カフェ ささら】


ねこちゃんたち「「「「なーぉ」」」」


言子「ぎゃわいい!!もうきゃわいい通り越してぎゃわいいです!」

花村「濁音になっちゃってるよ!?」 

言子「あ、これはオフレコでお願いしますね!」

カメラ「ふふ」

音声「……セット完了です」

ネコD「それじゃあ言子ちゃん、一度店の外に出て、コーナータイトルとかオープニングトーク撮ろうか」

言子「はい!」


撮影はとても順調に進んでいるようだ。
自分が監視に来るまでもなかっただろうか……?


からんからん


ネコ店員「いらっしゃいませにゃ〜」

うにゃーお なーお にゃあにゃあ

言子「きゃわいい!」

言子「ほんとにきゃわいいねこちゃん達がお出迎えしてくれますー、わあ!何人いるんだろう?」

花村(猫も人扱い、さすうつ)

言子「それでは……早速、猫ちゃんと遊びたいと思いますっ!」

ネコ店員「はい、それではまずこの猫じゃらしを持っていただきまして……」


花村(リラックスした空木さんの顔もとてもきゃわいいよ)

花村(これは新たな1面が垣間見得るな、ファン層開拓できそうだ……)

花村(さて、ぼくはどうしようかな……?)


▼ひとつ
1:自分も猫と戯れよう
2:猫の気持ちになるですよ
3:普通にコーヒーを飲みたい
4:餌を体に着けて猫に囲まれたい
5:そのた

↓1
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/16(木) 21:54:35.13 ID:U+/M9pLOO
4
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/17(金) 06:36:19.22 ID:DIGKVkDZ0
一二三さんで山田の方が思い浮かんだ…
368 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/17(金) 20:12:45.32 ID:HAbv2I6Eo
ひ!ふ!み!
369 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/17(金) 20:22:15.06 ID:HAbv2I6Eo
>>366


花村「……」

にゃーおにゃーお
ちゅーるちゅーる

花村「……我慢できない」

ネコ店員「どうされましたか?」

花村「実はぼく、夢があるんです」

ネコ店員「なんでしょう?私に出来ることであれば……」

花村「本当ですか!?じゃあ……」





言子「次は美味しい猫ちゃんスイーツを……!?」

カメラは素早く空木の見た方向に振り返る。

そこにいたのは───


花村「嬉しい……嬉しい……」

>カフェ勤務の 猫の群れが 現れた!
>花村は 猫に 踏まれている!


言子「 」

花村「嬉しい……」

言子「……ぷぷぷ、プロデューサーさん!?何してるのですか!?」


───これが後々、大きな転換になることを、今の彼らは知らない。


☆結果


肩書:大型新人アイドル
好感:低 (46)
体力:高 (110)
気力:高 (110)
話術:低 (60)
歌唱:良 (93)
技術:優秀(121)
演技:優秀(126)
容姿:良 (99)
運動:中 (76)
魅力:良 (119)
感性:低 (50)
コネ:最低(13)
幸運:最低(17)


370 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/17(金) 20:26:16.45 ID:HAbv2I6Eo
☆【43日目】


☆仕事の予定
【43日目】レッスン←Now!!
【44日目】ボイスレッスン
【45日目】休み
【46日目】再現ドラマ(2リピート)
【47日目】短編アニメのゲスト声優
     !音楽番組の放送!
【48日目】↓2日目
【49日目】↓3日目
【50日目】休み

☆仕事の依頼
○【52日目】ファッションショー
○【53日目】お昼のラジオのゲスト
○【56日目】芸人番組の審査員
○【56日目】バラエティ番組(1リピート)
○【59日目】ショッピングモールでイベント
○【60日目】水泳大会のロケ

☆備考
短編アニメのゲスト声優はまだ断れる。断るなら45日目までに。


花村「おはよう!」

言子「はい、おはようございます!」

花村「よし、色々予定が詰まってるからね」

言子「そうですね!これからもシャカリキ元気にやっていきますよ!」


弐大「なんじゃあお前さんら、テンションがおかしいんじゃあ無いか?」

言子「そんなことないですよ!ね!」

花村「そうだね!!」

弐大「そんなに猫がよかったんか?」

花村「もちろんさ……♡」

言子「今日もがんばろ、って思えます!」


▼2こまで
1:レッスンについて行く
2:何か仕事を受ける
3:弐大にスケジュール調整を頼む
4:街をぶらぶらするも
5:そのただなも
6:短編アニメの仕事を断る

↓1
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/17(金) 20:41:09.81 ID:YT5XXb7PO
1
372 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/17(金) 20:55:14.60 ID:HAbv2I6Eo
>>371



花村「さ、今日もレッスンだよ!」

言子「はい!」


☆→レッスン場


白銀「ふうん、面白いお仕事を受けたんだね」

白銀「この白銀つむぎ、本気を出してアドバイスをする時が来たようだなッ!!」ばぁーんっ!

言子「ほ、本気ですか!?」

白銀「左様」こくり……


白銀「とりあえずよいしょ」どさっ


言子「……」

言子「……」

言子「……は?」

白銀「これがボイストレーニングの参考資料だよ」ぱんぱん

花村(山のように本やらCDやらいろいろ積まれている……)

花村(中に何か如何わしいものが混じっているように見えたが気の所為だろうか)

言子「えと、あの、なんですこれ」

白銀「もちろん!声による演技のトレーニングさ!」

言子「さ!じゃなくてですね!?」

白銀「さあて、君たちが出るのはどんな作品……ああ、あれかぁ。子供向けのやつだ」

白銀「それならこれとかこれとかで……」がさがさがさ

言子「……!!」


花村(空木さんがこっちを見ている)


▼ひとつ
1:なんとか話を逸らして歌の練習を……
2:あ、アニメ!ぼくも見たいなぁ
3:し、白銀さんの好きなアニメは?
4:台本も貰ったんだけど確認して?
5:そのた

↓1
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/17(金) 21:05:08.16 ID:YT5XXb7PO
1
374 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/20(月) 12:08:16.65 ID:DTGZzOQto
おうち時間、いかがお過ごしですか?私はradikoをプレミアムにしました
375 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/20(月) 12:30:26.58 ID:DTGZzOQto
>>373


花村(な、なんとかして話を逸らさないと!)


花村「え、ええと、その作品さぁ、」

白銀「ん?」

花村「この作品の主題歌、すごくかっこいいよね」

花村(よし!これで歌の練習をさせてもらえるは……)

白銀「! ……花村くん」

つかつかつかつ

花村「!?」

がしっ

花村「え……」

白銀「よく分かってらっしゃる」

ぎゅゆゆうううう

花村「!!!」

白銀「いや、本当にその通りなんだよね。この番組は子供向けと言っておきながら、その実内容はヘビーな戦闘シーンと落涙必死の重苦しい設定や描写、なにより台詞回しがとにかくおもかったりキツかったり」

花村「あの……」

白銀「その当時は『作者は鬼』とか『作者には人の心がない』とか言われまくってたけど、わたしはそんな事思わなかったなぁ。あれ、結局テンポを上げる必要があるじゃない?人も多いし」

花村「えっ……と……」

白銀「声優も今見たらすごく豪華だよね、今じゃ絶対捕まえられないようなメンツばっかりじゃない?だから最近ファンになったという人にもぜひみてほしいなって思ってるし」


_人人人人人人人人_
> オタク特有の早口 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


花村「」

白銀「よし、それじゃあ歌の練習しよっか」

言子「はい!よろしくお願いいたします!」

花村「 」


☆結果


肩書:大型新人アイドル
好感:低 (48)
体力:高 (100)
気力:高 (90)
話術:低 (60)
歌唱:良 (97)
技術:優秀(122)
演技:優秀(126)
容姿:良 (99)
運動:中 (76)
魅力:良 (120)
感性:低 (54)
コネ:最低(13)
幸運:最低(17)


376 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/20(月) 12:36:35.76 ID:DTGZzOQto
☆【44日目】


花村「 」

弐大「花村?どうしたんじゃあ?」

言子「昨日のダメージがまだ抜けていないんですか?」

花村「 」

言子「うーん……あまり調子はよくなさそうです」

花村「あっ、ごめんぼーっとしてた」

言子「大丈夫ですか……?」

花村「うーん、多分。大丈夫、大丈夫だから」

言子「無理してはダメですからね!」


☆仕事の予定
【44日目】ボイスレッスン←Now!!
【45日目】休み
【46日目】再現ドラマ(2リピート)
【47日目】短編アニメのゲスト声優
     !音楽番組の放送!
【48日目】↓2日目
【49日目】↓3日目
【50日目】休み

☆仕事の依頼
○【52日目】ファッションショー
○【53日目】お昼のラジオのゲスト
○【56日目】芸人番組の審査員
○【56日目】バラエティ番組(1リピート)
○【59日目】ショッピングモールでイベント
○【60日目】水泳大会のロケ

☆備考
短編アニメのゲスト声優はまだ断れる。断るなら45日目までに。


花村「いやぁ……本当は、昨日あのあと……」

言子「ああ、私が帰ったあとですか?何か声を掛けられて残ってましたね」

花村「そう、あのあと」

花村「……見たんだよね……アニメ……」

言子「ああ、そう言う……」

花村(白銀さんと顔を合わせるのやだな)


▼ふたつまで
1:今日は家で寝よう
2:テレビでも見てみるかな?
3:音楽でも聴きながら外へ
4:事務作業を手伝おうかな
5:そのた

↓1
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 15:51:13.89 ID:81P+IvQbO
4
378 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/20(月) 21:30:28.55 ID:DTGZzOQto
>>377


花村(今日は事務作業を手伝おう……)

言子「? 私、行ってきますね」

弐大「わしが送ろう。……花村は休んでおけ」

花村「う、うん……」





かちゃかちゃかちゃ

社長「うん、何しているんだい?」

花村「ああ、ええと……前々から後回しになっていた事務作業を少々……」

社長「弊社の情報整理などか。すまないねえ」

花村「いえ、とんでもない!……あれ?」

花村(見たことの無い女性が映っている。桃色の長い髪を束ねている……タバコ咥えてるけどいいのか)

社長「ああ、彼女か。昔、女優やモデルの仕事を少しだけ手伝ってもらったことがあってね」

花村「へええ……」

社長「浩子ちゃん、今元気かなあ。どこかで何かしてるとは思うんだけどねえ」

ぱらぱらかちゃかちゃ

社長「以前、とある事件があってから……所属タレントは全員いなくなっしまったんだ」

花村「それ、って」

そう言えば……そんな感じのことを初日にも……?

社長「ある事務所にハメられてね」

花村「ええ!?」

社長「まだ細かく話せないけれど、まあ、そう言うことだ。」

社長「今は事務所名も拠点も何もかも変えて、いちからのスタートってところだな、ははは」

社長「……すまないね」

花村「そんな!社長は悪くないんでしょう!?」

社長「どうだろうね。気づけなかった私にも非はあるよ……」

花村「社長……」


……その後は詳しいことは聞けずに、この日は終わった。

☆結果


肩書:大型新人アイドル
好感:低 (48)
体力:中 (70)
気力:中 (70)
話術:中 (62)
歌唱:良 (97)
技術:優秀(125)
演技:優秀(126)
容姿:良 (99)
運動:中 (76)
魅力:良 (120)
感性:低 (54)
コネ:最低(13)
幸運:最低(17)


379 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/20(月) 21:36:04.42 ID:DTGZzOQto
☆【45日目】


ぴぴぴ……

がちゃ


花村「ん……」

花村(……ああ、そうだ。今日は休みなんだったな)

もそもそもそ

花村「ふああ……朝ごはんでも作りながら考えよう……」

ぴっ


テレビ「今はアイドル戦国時代!特に最も人気があるのが───」

テレビ「───と言うグループと───」

じゅううう

テレビ「───センターの【舞園 さやか】さん!」

花村「!」


かちゃかちゃ

テレビ「こんにちは、舞園さやかです」

テレビ「───で、メンバーとは───」

テレビ「……ふふっ、なので、これからは新曲───」

花村「……」もっもっ

テレビ「応援よろしくお願いします!」


花村(圧倒的だ)

花村「まずかわいい、そして隙がない」

花村「敢えて作っている隙すらもある」


テレビ「プロデュースはこの方が───」

テレビ「……プロデューサーが前に出るべきではないだろう、舞園。お前は仕事を───」

テレビ「……、………………、……、」


花村「強そうだな、あのプロデューサー」

花村(それに、舞園さんの後ろには、以前に所属していたとかいうタレントの多くがいる……)

花村(手が借りられそうなのは、あとは……昨日見た、浩子さん?って人くらいか?)


▼今日はなにする?前半2こまで
1:さーて、映画からインスピレーションもらうんだべ
2:男は黙ってつりぼり
3:このままテレビを見ようかな
4:散歩しに行ってみるかぁ
5:敢えてのラジオッ!!
6:そのた

↓1
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 21:37:38.99 ID:8WAQYX4s0
3
381 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/20(月) 22:09:37.07 ID:DTGZzOQto
>>380
デカァァァァイッ!説明不要!


花村(このままテレビでも見ておくか……)





テレビ「今注目のアイドルは───」

テレビ「……、…………、…………、」

花村(ほんと知らない人ばっかりだなぁ)

テレビ「……から…………、そして……」

テレビ「───空木 言子さん!」

花村「!?」がたっ

テレビ「最近復帰した言子さんは───で───」

テレビ「実は2日後に───新曲───、そこで初───」

花村「……すごい……」


ぷるるぷるるぷるる

がちゃ

花村「……空木さん?」

言子『いま、テレビ見ました?』

花村「ああ、ダイバーテレビジョンの朝の番組のアイドル特集……だよね」

言子『私、わたし……やっと、アイドルとしてみんなに周知されたんですね』

花村「……うん、その通り」

言子『ありがとうございます、やっと……スタートラインに立てた気がします』

テレビ「今後はあらゆる活動を───に───行っ───」





花村(空木さんは泣くほど嬉しかったらしい)

花村「感慨深いなぁ……」

花村(テレビで披露される新曲が楽しみだ……)


▼まだ時間ありそうだね、2つまで
1:さーて、映画からインスピレーションもらうんだべ
2:男は黙ってつりぼり
3:もっとテレビ
4:散歩しに行ってみるかぁ
5:敢えてのラジオッ!!
6:そのた

↓1
ゾロ目ボーナス乗ります
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 22:11:41.55 ID:F2nkod/JO
4
383 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 00:04:39.93 ID:Uwp6EZ0Go
ちょっと待って?またゾロ目なの??
384 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 00:07:55.01 ID:Uwp6EZ0Go
>>382

花村(ちょっと散歩に行ってみるかなぁ)





すたすたすたこら

花村「今日もいい天気でよかったぁ」

すたすた

花村(街の大型モニターには、舞園さやかさんの曲が流れている)

花村「ううん……敵が強いなあ……」


どんっ


花村「うわっ!」

女性「! あんた、どこ見て歩いてんだい!」

花村「わわ、す、すみません……!」

女性「ったく、ぼーっとしてんじゃないべ。全くもう……」

花村「す、すみませんすみません」

女性「……じゃあね」

すたすた


花村「あ……」


花村(あの人……この前見た……?)


▼ひとつ
1:引き止めてみようか
2:怪我してないか確認だべ
3:さりげなく尾行など
4:そのた(ゾロ目補正あり、無理やりでないかぎりほぼ成功)

↓1
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/21(火) 00:14:33.72 ID:VZU8sS1W0
3
386 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 08:36:46.39 ID:PbyZNb1aO
>>385


花村(ま、間違いない!昨日の資料で見た人だ!)

花村(一体どんな人なんだろう?ちょっと後ろを着いて行ってみるか……)


すたすた

女性「はぁ……」

すたすた……

花村「……病院?」

花村「って、そっちに行くのか」

すたすたすた

女性「……」

花村(えーと、正面じゃなくて横側の扉、スタッフしか入れない入口だよな。つまり……)

花村(医者……看護師、技師、何かの医療従事者ってことだ)


花村「今から仕事なのかぁ……」

花村(さすがに激務の人に付きまとうほどぼくもダメな大人じゃないし……)

花村(聞きたいことはいっぱいあるけど、それなら日を改めて別なタイミングにしよう)


花村(それは分かったけど、もうすぐ夜だ)

花村「今日……何にもしてないな……」


▼まあ、休みですし。2こまで
1:家でテレビでも見るか
2:居酒屋じゃーい
3:敢えての水族館
4:温泉に入ろうかな
5:そのた

↓1
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/21(火) 08:41:44.86 ID:N+rKECttO
2
388 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 21:39:59.67 ID:Uwp6EZ0Go
>>387
ぽんぽーん!





花村「夜だし、まぁいいよね!」かっきーん

黒髪の男「……いらっしゃいませ」



花村「ぷはー!」

※このスレッドの花村くんは成人まで頑張っていたぞ!

花村「はぁ、うーーまい。何でビールってこんなに美味しいんだろうね?」

黒髪の男「大人の舌の感覚は何故か成長して変化するようです。僕には理解できませんが」

花村「それはちょっとあるかも」

黒髪の男「……ごゆっくり」

すたすた


花村「ここの食事は何を食べても美味しいなぁ……ぼくもこれくらいか、いやそれ以上か、もっと良いものを出せたらすぐにでも家を継いだのかなぁ……」

花村「……」ぐぴぐぴ


女社長「♪〜 あら?珍しい子がいるじゃない」

花村「あれ?この前の……」

女社長「ええ、そうよぉ♡ まあ、お互いに頑張りましょう?」

花村「ええ、ありがとうございます」

女社長「それにしても、貴方達って……本当に一生懸命、よね。必死、と言ってもいいかもしれない」

女社長「そんな貴方達のこと、応援したいの。本当に」

花村「社長さん……」

女社長「……まあ、よかったらうちのタレントとも共演してあげてちょうだいね」

花村「はい!」


こうして夜は更けて行く───


女社長「貴方みたいなガッツのある人、嫌いじゃないのよ。私も」


389 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 21:45:07.94 ID:Uwp6EZ0Go
☆【46日目】


がちゃ からんからん

花村「おはよう!」

言子「はい、おはようござ……なんです?その名刺」

花村「ん?ああ、この間の女社長さんからもらったんだ」

言子「ああ……」

花村「ん?どうしたの?」

言子「……いえ。あの方はお酒が大好きですからね。お食事の席でよく会うかもしれません」


☆仕事の予定
【46日目】再現ドラマ(2リピート)←Now!!
【47日目】短編アニメのゲスト声優
     !音楽番組の放送!
【48日目】↓2日目
【49日目】↓3日目
【50日目】休み

☆仕事の依頼
○【52日目】ファッションショー
○【53日目】お昼のラジオのゲスト
○【56日目】芸人番組の審査員
○【56日目】バラエティ番組(1リピート)
○【59日目】ショッピングモールでイベント
○【60日目】水泳大会のロケ
○【61日目】カラオケ大会の司会


▼2こまで
1:現場について行く
2:何か仕事を受ける
3:弐大にスケジュール調整を頼む
4:街をぶらぶらするも
5:そのただなも

↓1
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/21(火) 21:49:19.03 ID:C2ZXbPFEO
1
391 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 22:09:43.18 ID:Uwp6EZ0Go
>>390

花村「よし、いこっか」

言子「はい!」


☆→現場


花村(さて、今日はいつもの現場)

花村(そしてなんと……)

『小学生探偵 ミナコ』

花村「ついに準レギュラー!?」ててーん

言子「嬉しいです!!」ててーん


監督「現場から、スタジオ側からの印象がとっても良くってね」

監督「だから、ついに空木さんには定期的に出て欲しいと思ってるみたいなんだ」

監督「ただ、まだ事務所の方……貴方か、話をまだまだ詰めないといけないからね」

花村「なるほど、是非!」

監督「それでね……」

花村(なるほど、これからは定期的にこの現場の仕事が自動的に入るのか)

花村(でも全部で何回になるかはまだ分からないらしい……どうしたもんか)

花村(……監督が決められる事でもないしな)

監督「詳しいことはまた明日にでも連絡をするよ。……ごめんね」

花村「とんでもない!ありがとうございます!」



言子「……この事件、バツ印です!」

「ええっ!?」「どういうこと?」「なんだ?」

言子「犯人は、この中に……います!」


花村(今日も絶好調だな、空木さん)


▼ひとつ
1:言子ちゃんを見守ろう
2:監督と話をちょっと詰めよう
3:台本をよみよみよみ
4:そのた

↓1
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/21(火) 22:11:55.55 ID:VZU8sS1W0
1
393 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/21(火) 22:23:50.77 ID:Uwp6EZ0Go
レス時間 22:11:55:55

ええ……?
数年やってますけどこんな綺麗な数字初めて見たかも。
これはボーナスちゃいます?
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/21(火) 22:37:59.57 ID:VZU8sS1W0
まさかこんなコンマが…。自分でもびっくり。
ボーナスお願いします!
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 06:27:58.42 ID:cSoyzY4C0
「これはボーナスちゃいます?」
言ってるダベミさんのレスも77ですねw
396 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 15:42:51.18 ID:vOLTOPwYo
>>393
わーーーーー!?

>>395
ほんとですね。びっくりしました。

丸1日考えたんですけどボーナス内容がなーんも思いつかないので適宜募集します。とりあえず、今回の分は完全成功になりますのでご覧下さい。
397 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 15:50:28.80 ID:vOLTOPwYo
>>392


花村(ぼくが口出しをしてよくなるとは思えない。今回が初めてなんだし、空木さんを信じよう。ゆっくり見守るよ)





言子「という訳で、これが正解!」

小学生「そ、そんなぁー……なんで分かったの?」

言子「ヒントはこれ!」

ぴーんっ

小学生「チョークの……粉?」

言子「そう!チョークの粉が黄色であることは、犯人しか知らないはずだからね!」

言子「……これで花まる、一件落着ー!」ぽん!





花村「お疲れ!とっても生き生きとしてたね!」

言子「ああ、花村さん、お疲れ様でした……」

言子「ふう……」

花村(! 予想以上に疲れてるのかな)

言子「やっぱり……演技は、この世界はいいですね、花村さん」

花村「え?」

言子「さっきの私、楽しそうに見えましたか?」

花村「うん、とっても楽しそうだったよ」

言子「……そうですか。よかったです。あんなにお芝居が楽しかったの、実は初めてでしたので」

花村「!?」

言子「今まではやらされていました。売れるために、お金のために、母のために、やらされていました」

言子「でも、今は違う。母に従ってやっているんじゃない、今は自分の意思で、自分の言葉で振る舞えている。それが、とっても嬉しい」

花村「あ……」

あの時見た少女は、震えていたように記憶していた。けれど、今目の前にいる少女は、凛とした顔で正々堂々立っている。
この舞台に、この世界に、そこに必要性を持って、立っている。それでいい、それだけでいいのだ。
彼女は、この世界で立っているための、意味を遂に見つけたのだから。




肩書:大型新人アイドル
好感:低 (55)
体力:中 (60)
気力:高 (150)
話術:中 (62)
歌唱:良 (97)
技術:優秀(128)
演技:優秀(130)
容姿:良 (99)
運動:中 (76)
魅力:優秀(126)
感性:低 (60)
コネ:最低(13)
幸運:最低(30)


398 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 15:54:18.79 ID:vOLTOPwYo
☆【47日目】

花村「おはようございます!」

社長「おお、おはよう花村くん。昨日の仕事、上手くいったようだね」

花村「はい、お陰様で。空木さんのおかげです」

社長「ああ、よかったよかった。お陰でこの事務所もかなり軌道に乗ってきたよ、本当にありがとう」

花村「そんな……それも社長のお力あってのことですよ、ほんとうに!」

社長「ははは、君は乗せるのが上手いなあ。ところで、だ」

社長「今日、遂にテレビで空木くんの新曲が流れるね。CDリリースを何時にすべきか悩んでいるところだ」

社長「我々のような弱小では物理的なリリースが難しいところもあるし……そこで提案なのだが」

花村「はい?」

社長「デジタル版、つまり配信限定シングルとして、今日からリリースしてはどうかな?」

花村「あ、えええ!?」

花村(いやいや、ちょっと急ぎすぎな気がするが……ど、どうしよ……)
※このレスのコンマが奇数で賛成、偶数で反対


☆仕事の予定
【47日目】短編アニメのゲスト声優←Now!!
     !音楽番組の放送!
【48日目】↓2日目
【49日目】↓3日目
【50日目】休み

☆仕事の依頼
○【52日目】ファッションショー
○【53日目】お昼のラジオのゲスト
○【56日目】芸人番組の審査員
○【56日目】バラエティ番組(1リピート)
○【59日目】ショッピングモールでイベント
○【60日目】水泳大会のロケ
○【61日目】カラオケ大会の司会


▼2こまで
1:現場について行く
2:何か仕事を受ける
3:弐大にスケジュール調整を頼む
4:街をぶらぶらするも
5:そのただなも

↓1
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 16:26:24.29 ID:37IbBZU+o
1

曲も出したし、そろそろ二人目とか?
400 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 16:57:38.91 ID:vOLTOPwYo
>>399
そうなんですよねー。もうひとりっていうのもなかなか悩ましい。

という訳で、ここで一旦アンケートとりまーす。



1:このまま言子ひとりをなんとか育てて、言子で舞園を倒す。

2:もうひとりくらい育成したい。2人目のアイドルを探す。

3:もうふたりくらい行けそう。アイドルのMAXは3人にする。

1ならそう長くない時間でゴールに行けると思います。2・3はもうちょっとかかりますがゴールは分かんない。


↓5くらいまでで多数決。
人数が決まったらアイドル安価はそのうちやるのでお待ちくだされ
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 17:34:21.84 ID:Vny7ezI60
2
相手は一応グループっぽいから、1人でもいいけどやっぱりコンビというかデュオで対抗ってアツいじゃん?
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 17:54:35.33 ID:wh879IAgO
1
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 18:27:39.48 ID:yNu7HgDh0
2
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 19:32:44.68 ID:EDkOtxFmo
2

デュオで行こう
言子一人で舞園倒すのは荷が重い
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 20:14:32.30 ID:zw0i26g50
2かな、言子の好感度を下げないようにしたいところだけど…
むしろそれにボーナス使うのもありか…?
406 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 20:38:47.68 ID:vOLTOPwYo
状況整理しまーす。

>>398のコンマ→奇数
音楽番組オンエア後から配信限定シングルとして発売が決定しました
(特に皆様からのご意見なければこっちでタイトルとか歌詞は適当に作ります)

>>400の多数決結果→2(アイドル2人)
そのため、新たにアイドルをもうひとりスカウト出来るようになります。
なので、

○47日目の安価をやり直してアイドル探しにするか
○47日目はそのままで48日目まで進めて次の行動安価取るか

って感じです。
言子の好感度は、よっぽどでないかぎり下がんないような仕組みにはなっているはずなので、あまり気にしなくても大丈夫です。どちらか片方だけを構うとかし続けると切れられます。

で、どうする?
47日目は……
1:行動安価取り直し
2:そのまま

↓1
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 20:42:47.77 ID:wh879IAgO
1
408 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 20:55:47.21 ID:vOLTOPwYo
>>407
おいおいおい君まで777とか出すのかい!?粗品大歓喜。


では……改めて行動安価とりまーす。

▼2こまで
1:現場について行く
2:何か仕事を受ける
3:弐大にスケジュール調整を頼む
4:とびだぜ!スカウトの街
5:そのたなんだなも

↓1
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 21:04:38.84 ID:BSTc4lw10
4
410 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 21:22:45.69 ID:vOLTOPwYo
>>409


花村(……よし)

花村「分かりました。販売しましょう」

社長「では、番組終了後から販売できるように手配しておくよ」

社長「そう思って実はもうテレビ局には手回ししてあったんだがね」ふふふ

花村「ええ……?」

社長「時期尚早、とも思ったのだよ。君が反対するなら辞めておこうと思ったが……」

花村「で、でも前回テレビにも取り上げられ、今日が初放送です。時期はピッタリかと」

社長「ああ、私もそう思っていた!」

花村「……ありがとうございます」

社長「それと、花村くん」

花村「はい?」 

社長「やはり、舞園さやかに勝つためには……チームを組むべきだと考えている」

花村「ですね。個人の力で勝てるような相手では無いですし」

社長「ああ。だから君は……」

花村「スカウト、ですね!」


言子「! スカウトですか!」

花村「うん、言子ちゃんの……あ、空木さんの仲間になってくれる人を探しに行くんだ」

言子「はい!わかりました……わくわくしておきますね」





花村(……さて……!)



はい、行きますよー。久しぶりに。
↓3迄でアイドルにしたい候補の人
論破以外を書いたら覚悟すること
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 21:22:57.18 ID:BSTc4lw10
西園寺
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 21:23:20.92 ID:wh879IAgO
夢野
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 21:24:31.86 ID:yNu7HgDh0
転子
414 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 22:30:53.02 ID:vOLTOPwYo
あいよー
415 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 22:35:24.33 ID:vOLTOPwYo


すたすた

子供?「ちょっと、そこの変態そうなおにい」

花村「失礼な、変態そうなじゃなくて『変態』だよ」

子供?「そっちの方が最悪じゃない?!」

花村「……誰?どうしたの?」

花村(……着物?こんな街中でどうして着物を着てるんだろう)

子供?「実は、道に迷っちゃったんだ。こう言うところを彷徨いてる危なさそうなおにいなら、道を知ってるんじゃないかなーと思って!」

花村「随分失礼な言い方をするねぇ!ご褒美だけど!」

子供?「わたしの見る目って危険水準入ってるなぁ……」

子供?「それで、行きたいのがこの施設なんだけど……」


すたすたすま


花村「ああ、ここだよ。ほら」

子供?「わあ、本当だあ!やったー!ありがとう、変態おにい!」

花村「こら、ぼくには「花村 輝々」って名前がちゃんとあるんだよ?」

子供?「花村おにい、ねえ?ふーん」

子供?「わたしは【西園寺 日寄子】。ここで踊ってるんだ!じゃあねー!」


花村「って、おーい!」

花村「話すだけ話して行っちゃったな……なんてマイペースなんだ……」


416 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 22:45:42.83 ID:vOLTOPwYo



すたすたすた


ローブを着た女「んあ……」

花村「……え?」

花村(突然倒れそうになってる!?)

花村「あ、あぶなーい!」


がしっもちっ


ローブ「あ……なんじゃ?何か使い魔のような物に助けられたような……」

花村「ちょっと、大丈夫!?」

ローブ「んあー……うむ、ウチは無事じゃ。怪我もしておらんし、魔力も足りておる」

花村「……魔力?」

ローブ「なんじゃ、お主。ウチのことをそんな鳩がファイアアローを喰らったような顔で見るでない!」

ローブ「お主の目の前におるのは【夢野 秘密子】、偉大なる魔道士じゃぞ!」

花村「……大魔道士?」

夢野「そうじゃ。ウチの手に掛かれば、この地に描かれた魔法陣が作動し、地中深くに眠っているカーマインドラゴンが復活するのじゃ」

花村(何か危ない薬をやってらっしゃる?)

夢野「じゃが、ふふん!よかったのう、今はMP切れじゃ。助かったことを有難く思え!」はははははは

花村「は、はぁ……」

夢野「んまぁ、ウチを救ったことは褒めてやろうではないか。ほれ、これを受け取れ」

ひょい

花村「これは……」

夢野「ふふ、ウチが出演するショーじゃ。世間に溶け込むため、魔法は存在しないと言う事にさせられておってな」

夢野「しかし魔法はあるのじゃ。あるが、無いと言うことにさせられてこのような……マジックショーに出させられておる!」

夢野「むうう……!いかん、時間がない!またな、使い魔!」ぴゅー


花村「あっ、ちょ!……行っちゃった……」


417 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 22:51:55.89 ID:vOLTOPwYo



すたすた


少女「待ちなさい、そこな男!」

花村「!?」びくっ

少女「貴方は今、蛮行を犯しましたね!?」

花村「え?ちょ、なんの話……」

少女「キエエーーーイ!!」

花村「はっ?あ、いでぇ!?」ずってーん

少女「やはり!……あれ?違いました?」

花村「ちょ、いきなり人を掴まえて投げるとかどういうことさ!?」

少女「すみません、別な方だったようで……さっき痴漢を働いた、悪い男を探していたのです!」

少女「転子は人を投げれば、その人の気持ちが分かるのですが……今貴方を投げたところ、どうやら変態ではありますが、痴漢はしていないようですね」

花村「どんな判断の仕方」

少女「申し遅れました。ワタクシ、【ネオ合気道連盟】の【茶柱 転子】と申します。キエエイ!!」

花村「ネオ合気道……?」

茶柱「はい!あらゆる武道の頂点、力で敵を制する訳では無い、柔の極みに達する武術です!」

花村「結局投げるんですよね!?」

茶柱「そのようなことは……ああ、もしもネオ合気道に興味がありましたらこちらに連絡頂ければ!」

さっ

花村「名刺!?……いや、もらってはおくけどさ……」


418 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/23(木) 22:56:12.40 ID:vOLTOPwYo



花村「ふう……」


花村(なんかヤバそうな人達と知り合ってしまった……)


すっ

花村(ええと、日本舞踊で生計を立てている西園寺さん)

花村(マジックショーをやっている自称魔術師、夢野さん)

花村「そして……」

花村(まだ背中痛い……茶柱さん……だっけ?)


花村「……スカウト……」


花村(するのか?この中から?!)




じゅうようあんかっぽいので↓5まで多数決
メンバーによっては今後の世界観がアレするかも

西園寺だと日本舞踊なので、世界観はかなり和風になっていきます。和楽器バンド的なものを目指すことに?
夢野だとガチでファンタジー展開になりそうで恐ろしいですね。偉大なるブラックサバンナ計画的な
茶柱の場合は格闘王への道ルートも一応開けます。責任は取らない。

なお、この3名がどうしてもいやです、と言う場合は「もう一回!」って書いてください。
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 22:56:55.22 ID:BSTc4lw10
西園寺
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 23:05:53.81 ID:yNu7HgDh0
転子
割とアイドル好きだったような
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 23:06:44.62 ID:wh879IAgO
西園寺
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/24(金) 02:19:21.36 ID:9ehmYRXx0
てるてるは大人だけど西園寺はロリひよこのままって事でいいんだよね? 西園寺
違うならてんこちゃんで
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/24(金) 06:17:56.01 ID:DFMpepE60
罪木とフラグ立ってたけど罪木じゃだめなの?
424 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/24(金) 15:20:07.73 ID:bnELGS6ao
>>422
ごめんなさい、自分はロリひよひよで書いてました。
ビッグバンと迷ったんですけど、ビッグバンするならデビュー後のほうが面白そうだったのでそこノータッチで行かせていただきました。

>>423
友達から発展しそうなフラグが立ってる人間をアイドルデビューってちょっと危険な音がしたのでやめました。
と言うのは冗談で、単純にめちゃくちゃ花村との雰囲気が良かったので、あのまま単発、或いはアイドルデビューで終わらせるのが惜しくなりました……。


和楽器ルート解放です、おめでとうございます。
425 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/24(金) 15:23:38.91 ID:bnELGS6ao


がちゃん

苗木「あ、おかえり花村クン」

花村「ただいま。しごとはどう?」

苗木「うん、事務作業は順調だよ。そっちはどうだったの?」

つかつかつ

社長「どうだったのかね、花村くん」

花村「はい、面白そうな人を見つけました」

社長「ほう?そうかね。それで……」


☆その日の夕方


西園寺『わたしがアイドルに!?』

花村「うん、どうかな?」

西園寺『……まぁ……おにいには助けてもらったし、わたし、舞踊とかもう飽き飽きしてたんだよねー』

西園寺『おじいに言われて無理やりやってたようなもんだしさー。丁度いいよね、舞踊やーめた!』

花村「ええ!?」

西園寺『じゃあ、あしたそっちに行けばいいの?』

花村「う、うん、そう言うことになるね」

西園寺『分かった。じゃあ、明日ね!』


がちゃ



花村「……ええー……?はなし早過ぎない……?」


426 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/24(金) 15:29:02.31 ID:bnELGS6ao
☆【48日目】


苗木「すごいですね、売上が」

社長「ああ、まさかこんなに早く結果が出るとは」

からんからん

花村「おはようございます!……社長、昨日のは」

社長「ああ、とんでもないよ。初日でもう8000ダウンロードだ」

花村「!」

花村(少なく聞こえるかもしれないが……実力未知数のアイドルの曲、と考えれば様子見せず8000人程がスグ曲を買ったこと、充分にすごいや)

社長「今日だけで1万はいけるかもしれないな」

苗木「そうなれば、この事務所も大きく……」 


からんからん


西園寺「おはようございまーす」

花村「! 西園寺さん!来てくれたんだね!」

西園寺「なに?来ないと思ってたの?」

苗木「おはようございます。事務の苗木です」

西園寺「ふぅーん……わたし、西園寺。西園寺 日寄子って言うんだー!」

西園寺「よろしくね、地味なおにい!」

苗木「」Break!!


花村(西園寺さんの状況はレッスン場で確認することにしよう)

花村(空木さんは今日もアニメの収録だな……)



1:現場を見に行こうかな
2:レッスン場へ
3:スケジュール調整してもらう
4:そのた

↓1
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/24(金) 16:25:21.76 ID:9ehmYRXx0
2 初日だしここは西園寺優先しとこう
428 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/24(金) 18:38:17.53 ID:bnELGS6ao
>>427


花村(さすがに初日についていかないのはどうなんだろう……)


☆レッスン場


終里「新しいアイドル?」

西園寺「はーい!西園寺日寄子だよ」

終里「またちっこいの連れてきてんなぁオメーは」

花村「そう言う趣味じゃないからね?」

終里「オメーのしっぽが入る相手探してんじゃねえだろうな」

花村「趣味とかじゃないからね?」 


☆西園寺 日寄子
肩書:舞踊家
好感:最低(10)
体力:高 (120)
気力:高 (200)
話術:最低(8)
歌唱:中 (62)
技術:最低(10)
演技:最低(5)
容姿:良 (100)
運動:優秀(133)
魅力:最低(25)
感性:最低(5)
コネ:最低(0)
幸運:最低(0)


花村(西園寺さん、ダンスをやってたから基本的にダンスの才能はあるんだけど……)

花村(他が壊滅的だ……アイドルとしての素養、そういうのはまだゼロ、むしろマイナス位まである!)

花村「どうしたもんか」



1:と、とりあえずお喋りする?
2:エチュード(即興演技)
3:FMラジオでも聞いてみるか……
4:そのた

↓1

西園寺っぽいなと思って振っていったら予想以上に極振りになった。反省している
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/24(金) 19:01:16.21 ID:FDnYcFpsO
1
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/24(金) 19:20:33.92 ID:zSC/vAo5o
尖ってるなぁ…
で、でもこういうタイプは後半爆伸びするはず…!
431 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/25(土) 12:46:57.58 ID:Y8Yo63YKO
>>429


花村「と、とりあえず西園寺さんのことももっと知りたいし、お話しない?」

西園寺「クスクス……おにぃ、もう興奮してるのー?もっと罵倒してあげようか?社会のゴミー!」

花村「それは嬉しいけどまた後でね!!」ずきゅううううん

終里「嬉しいのか?」





西園寺「わたしのどんなことが知りたいの?」

花村「ええと、そうだな……普段何してるかとか……」

西園寺「ええー?昨日今日知り合った人に、どうしてそんなプライベート言わなきゃ行けないの?」

花村「えっ」

西園寺「ちょっと個人を重んじるってことに気持ちが行かなさすぎじゃない?日本人の趣ある部分が足りてないと思うなぁー!」

花村(そ、そんなこと言われるとは思ってなかったな……)

花村「じ、じゃあ、趣味とか特技とか……ああ、ぼくは料理が得意なんだ」

終里「オメーの飯、ほんとにうまかったよな!」

西園寺「ほんとに?へー……わたしはね、」

西園寺「アリさんをぷちぷちするのが好きだよ!」

花村「……ぷちぷち?」

西園寺「うん。だってアリさんに生まれてくるなんて、前世でよっぽど悪行を積んだか、とっても不幸な人でしょ?」

西園寺「だから、一刻も早くアリとしての今世を終わらせてあげて、輪廻転生させてあげるのがわたしの趣味なんだー!」

花村「」!?

西園寺「ぷちぷちってして上げると、直ぐにくるんってまんまるになってね、きゃはは!」


終里「おい……」ずああああ


花村「ひっ!?」

終里「命を弄ぶんじゃねぇ!戦ってもねーやつを殺すのは間違ってんだろ!!」

西園寺「ひゃっ!?お、おねぇが……おねぇが怒鳴ったァ……」

西園寺「うわーん!!」びゃー


花村(しっちゃかめっちゃかだ……今日は引き取ろう……)


432 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/25(土) 12:53:00.01 ID:Y8Yo63YKO
☆【49日目】

西園寺「おはよ、おにぃ」

花村「ああ、西園寺さん!」

花村(よかったー、昨日の今日だから来ないかと思ったぁ……)

西園寺「あの……昨日は、ごめんね?わたし、ちょっといきなり色々話しすぎちゃったかな」

西園寺「あんなに怒ると思ってなかったしー……」

花村「いや、ぼくもカバーできなくてごめんね。ちょっとあんなに怒ってる彼女は初めて見たからさ」

西園寺「そっか。なら仕方がない。わたしを守れなかったことはチャラにしておいてあげるね」

花村「うん……、……うん?」


☆仕事の予定/空木
【49日目】短編アニメのゲスト声優←Now!!
     3日目
【50日目】休み
〜ここから先は未定〜

☆仕事の予定/西園寺
〜未定〜

☆仕事の依頼
○【53日目】お昼のラジオのゲスト
○【56日目】芸人番組の審査員
○【56日目】バラエティ番組(1リピート)
○【59日目】ショッピングモールでイベント
○【60日目】水泳大会のロケ
○【61日目】カラオケ大会の司会
○【63日目】ラジオのブース外ロケ
○【63日目】ゲームセンターのロケ


▼2こまで
1:言子の様子を見に行く
2:西園寺をレッスン場へ
3:弐大にスケジュール調整を頼む
4:街をぶらぶらするも
5:そのただなも

↓1
弐大にスケ調整頼むと、西園寺はまだ時期尚早と見なされ1週間分くらいレッスン場行きにさせられます 
仕事の依頼は事務所へ来ているので、西園寺が受けることも可能です(上記の理由で自動では受けられない)
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/25(土) 13:44:55.66 ID:b1sCIwKEO
1と3
434 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/25(土) 20:21:36.31 ID:buEZwQt6o
だからさぁ!!軽率に!!そんなゾロ目を!!出すなよォ!!


ボーナス案募集しまーす。
435 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/25(土) 20:27:00.77 ID:buEZwQt6o
>>433

花村「ぼく、ちょっと空木さん見てくる。西園寺さん、レッスン場は分かるよね?」

西園寺「は?ミジンコみたいなおにぃの脳みそと一緒にしないでよ!行けるもんねー」

花村「OK。わかんなくなったら苗木くんに電話してね」

花村「あ、弐大くん。スケジュール調整頼めるかな?」

弐大「応、任しておけい!」

花村「それじゃ行ってくるね!」

苗木「花村クン!お菓子とか持っていった方がいいんじゃないかな?」

花村「お、ないす!そうするよ!」


☆→で、現場


花村「最終日なので、見に来ました」

音響監督「わざわざすみません……おい、みんな!ホープさんから差し入れもらったぞ!」

うおおおおお

花村「活気がすごいですね!」

音響監督「ええ、さすがに3日目となるとチームワークも凄くいいですよ」

花村「ああ、それはよかった……空木も上手くやれてますか?」 

音響監督「上手く、なんてレベルじゃないですよ!」

花村「え?」


女性声優「じゃあ、貴方は!」

言子「ボクは……この世界を滅ぼす」

メイン声優「そんなの、俺達が許さない!」

言子「やってみるといいよ。ボクのことを止められるなら」

かきん!(SE)

メイン声優「くっ!」


花村「!!」

花村(め、メイン級とは聞いてたけど、まさかそんなめちゃくちゃ大切な立ち回りとか!)

花村(でも……上手い!可愛さと儚さ、そして芯の強さを兼ね備えた声音が合っている!)



\休憩入りまーす/
436 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/25(土) 20:31:32.62 ID:buEZwQt6o
がちゃ……


お疲れ様でーす


花村「お疲れ様です!お疲れ……あ、空木さん」

言子「お疲れさ……花村さん!来てくれたんですね!」

花村「すごく上手かったよ!」

言子「うへへ……そうですか?」(♡↑)

言子「初めての体験でしたが、とても有意義でした!あと少しだけ録音すれば、おしまいです」

花村「そっか……やり遂げたね」

言子「……はい。ですが、ひとつ質問が」

花村「うん?」

言子「この部分です」


ディア、刺される。

ディア:う、ッ!?

ザクロ:やった……!?

ディア:く……それでも、ボクは……!

ディア:……ママ、今、そっちに……行くね……。


言子「……」

花村「なるほど、このディアのセリフか」

言子「自分の命をかけてでも、母の目指した世界に近づくために彼は力を振り絞ります。でも……」

ぎゅうう

言子「わからない、んです。私は、母にそこまでの思い入れがないから。この気持ちが分からなくて、それで……」



1:たとえばこれがぼくなら?
2:想像してご覧
3:無理する必要は無いよ
4:思ったことを伝えるんだ
5:そのた

↓1
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/25(土) 20:40:04.42 ID:Dt0qAgUCO
1
438 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/26(日) 19:37:37.33 ID:K63MaS7go
今日もやります〜
439 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/26(日) 19:43:11.38 ID:K63MaS7go
>>437
軽率にゾロ目を出しては行けない



花村(……)

花村「例えば、これがぼくなら?」

言子「……え?」

花村「ぼくが、このお母さんの立場だったら、どうする?」

言子「それは、それは……」

言子「……分かりません。世界を滅ぼしてまで、花村さんを助けたいかどうかは……まだ」

言子「……でも、少なくとも母よりは……助けたい」

花村「……うん」

言子「花村さんの目指す世界を作りたい、って……思えるんです。今は」

花村「それじゃあ、その感情をぶつけてみようか」

言子「! はい!」


☆数時間後


言子「ママのために……ボクは……」

言子「世界さえ全て敵に回して……ああああっ!」


\おつかれさまでしたー!/


言子「ふう……お疲れ様でした!」

音響監督「上手すぎるよ空木さん!前にもやってた?」

言子「いえ、声優さんのお仕事をさせて頂くのは初めてです!」

女性声優「ほんとに上手かったよ……同業者だったら震えてたかも……」

言子「そんな、私のような若輩者にわざわざ指導ありがとうございました」ぺこ

女性声優「私、お世辞言わないからほんとに安心して。最高だったよ」ぽむ

言子「はい……!」


440 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/26(日) 19:51:57.31 ID:K63MaS7go


言子「やりましたよ花村さん!」

花村「うん、どうしたの?」

言子「小さい頃からの憧れだった声優さんに、上手いって言って貰えました!」

花村「! ほんとに!よかったね!」

言子「はい!まさか、ご一緒できるだけでも幸せなのに……」

言子「うわあーんっ!私、お仕事復帰して良かったです……!」ぽろりん

花村「ふふ、お疲れ空木さん」

言子「はい、はい……っ……!」

ぽんぽん

花村「やっぱり子供だな、空木さんも」


ぽん

喜びの中で笑いながら泣いた彼女を、ぼくは覚えていよう。




肩書:大型新人アイドル
好感:中 (62)
体力:低 (40)
気力:高 (150)
話術:中 (65)
歌唱:良 (99)
技術:優秀(130)
演技:優秀(135)
容姿:良 (99)
運動:中 (76)
魅力:優秀(128)
感性:中 (64)
コネ:最低(13)
幸運:低 (38)


441 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/26(日) 20:00:11.57 ID:K63MaS7go
☆【50日目】


花村「節目の50日目だ」

弐大「じゃのう。じゃが、今日は」

花村「ふたりとも休みなの?」

弐大「西園寺にいきなり無理させるのもあまり好かんからの」

花村「なるほど。ぼくも休みで……」

がしっ

弐大「お前さんには事務作業がある」

花村「ええー?」 


☆仕事の予定/言子
【51日目】おやすみ
【52日目】レッスン(生放送への支度)
【53日目】お昼のラジオのゲスト
【54日目】レッスン
【55日目】おやすみ
【56日目】バラエティ番組(1リピート)
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント

☆仕事の予定/西園寺
【51日目】レッスン
【52日目】↓
【53日目】↓
【54日目】おやすみ
【55日目】レッスン
【56日目】↓
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い

☆仕事の依頼
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【63日目】ラジオブース外の中継
【64日目】討論番組
【64日目】面白タレント弄りの番組
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)


▼2こまで
1:寝ます
2:いろんな局を回る
3:街のトレンド探し
4:こんな仕事あったらいいな
5:そのた

↓1
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/26(日) 20:02:15.55 ID:4tfbXKXJO
2
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/26(日) 20:06:36.19 ID:HuZqEDPb0
このスレゾロ目多いなw 前は1~3ばっかりだったのに、幸運の効果かね。
444 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/26(日) 21:58:27.39 ID:K63MaS7go
ゾロ目多すぎない?凄くない?凄いよね。どうしよう?
445 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/26(日) 22:14:05.99 ID:K63MaS7go
>>442

花村「さてと……」


すたすたすた


☆→ダイバーテレビジョン

花村(ここが前回空木さんを取り上げてくれたテレビだ)

花村(……うーん、大きい場所だよなぁ。海が見える場所だ)


☆→ミドリヤマスタジオ

花村(ここは音楽番組が強いんだっけな?)

花村(今後お世話になるのかもしれないけど……まだ入ったことはない)


☆→テレビJAPAN

花村(再現ドラマをリピートしてくれてるのはここだ)

花村(濱澤さんの番組もここの放送だったな……)


☆→NTD

花村(日本テレビジョン団体……公共放送だな)

花村(ノースポンサーだから自由にやれるって噂もあるけど、どうかなぁ)


☆→テレビ夕日

花村(ここもバラエティは強い。音楽番組も超有名番組がある)

花村(あれは生放送だし、生歌唱だ。能力を試されるぞ……)


☆→トーキョーホーソー

花村(アニメに強い場所だよな)

花村(この局がアニメを打ち切ったら日本の終わり、と言われるくらいだ)


花村(あとはローカル局がひとつ……)


▼ひとつ
1:どっかの局に飛び込んでみる
2:ローカル局へGO
3:いや、ラジオがあるはずだ
4:いっそ動画サイト……?
5:そのた

↓1
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/26(日) 22:46:56.90 ID:VIHfV3q90
1
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/27(月) 13:03:23.37 ID:UDLCG8jo0
局の安価ならミドリヤマスタジオで。
448 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/28(火) 08:27:33.98 ID:mVUo1Hpao
ゴールデンウイーク期間突入しました。だらだらやりまーす。
449 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/28(火) 08:34:44.49 ID:mVUo1Hpao
>>446
>>447
スタジオどうやって決めよ、って考えてました。すまん、ありがとう


花村(よし……)


☆→ミドリヤマスタジオ


花村「私、こう言うものでして……」

受付「……少しお待ちください」

そして……


音楽AD「なるほど、売り込みですか」

花村「はい!」

音楽AD「すみません、チーフDが忙しくて……」

花村「いえ、こちらも飛び込みですから。音源はこれです」つ(オンラインのコード)

音楽AD「ああなるほど、配信限定シングルですか!」

♪〜♪〜♪〜

音楽AD「凄いPOPですね。今の時流にも合ってる」

音楽AD「次のシングルのご予定はないんですか?」 

花村「ええ、まだ企画段階でして……」

花村(西園寺さんも加入したしな、次いつにしようか……)

花村(……畳み掛けるなら早めに企画を立てた方がいいか?)

音楽AD「よかったら、僕からDに伝えておきます。新曲発売の際には是非うちの番組で宣伝をお願いします」

花村「ああ、はい!是非!」

音楽AD「何処までできるか分かりませんが、こちらも伝えてみますから。よろしくお願い致します」


反応はかなり良い!
これは次回以降期待できそうだ……。


450 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/28(火) 08:43:30.67 ID:mVUo1Hpao
☆【51日目】


たかたかたかた

社長「空木くんの曲、売上はかなりいいようだね」

花村「そうですね。CDという媒体を介さなかったことで、リターンもかなり大きいですし」

社長「……時に花村くん」

花村「はい?」 

社長「空木くんの次の曲、進めることは出来るかね?」

花村「と、言いますと……」

社長「次クール(90日目以降)のドラマの主演と、主題歌担当の話が来た」

花村「!!」

社長「さすがに大きな案件だったのでね。私宛に来たのだよ」

社長「作曲家は数名手配している。可能であれば……」

社長「次クールまでに新曲……それから」

花村「……アルバム発売、ですか?」

社長「ここまで行ければ最高だがね。空木くんのスケジュールを調整してみてくれ」

花村「あ、は、はい……」


☆仕事の予定/言子
【52日目】レッスン(生放送への支度)
【53日目】お昼のラジオのゲスト
【54日目】レッスン
【55日目】おやすみ
【56日目】バラエティ番組(1リピート)
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント

☆仕事の予定/西園寺
【52日目】レッスン
【53日目】↓
【54日目】おやすみ
【55日目】レッスン
【56日目】↓
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い

☆仕事の依頼
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【63日目】ラジオブース外の中継
【64日目】討論番組
【64日目】面白タレント弄りの番組
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


花村(まだ本決まりじゃないから空木さんには言えないな)

花村(でも、確かにシングルをもう一枚出すのはいい選択だ。ノータイアップでも売れることは確信した)


▼ふたつまで
1:レッスン場にいく
2:作詞家を手配
3:スケジュールを調整
4:各メディア媒体を確認
5:そのた

↓1
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/28(火) 09:07:56.51 ID:mSIRxQiVO
2と3
452 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/28(火) 14:49:29.96 ID:mVUo1Hpao
>>451

花村(善は急げ、早速スケジュールを確認しよう……)





花村「え?」

天海『や、ちょっと旅に出ることにしたんすよ』

花村「そう、だったんですか!おめでとうございます!」

天海『今電話くれてるってことは、次の仕事の依頼っすよね?』

天海『タイミング悪くてすいませんっす……』

花村「いや、こっちもスケジュール抑えてなかったし、アポ取ってなかったので……」

天海『多分これも新しい試練ってやつっすよ』

花村「というと……」

天海『俺ができない分、新しい人を探す必要がありますよね?だから、新しい出会いの予感って考えた方がいいんすよ』

花村「! そうか!」

天海『なんで、よかったら俺の知り合いを紹介しましょうか?』

花村「そんなことしてもらえるんですか!?」

天海『はは、特別っすよ。それに、引き受けてもらえるとは限りませんし』


▼どんな人とのコネクションが!?
1:最近人気のバンドのギタリストっすね
2:新進気鋭のアニメーターっすね
3:超ベテランっすね
4:他(人物指定)っすね

↓2
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/28(火) 15:37:32.89 ID:mSIRxQiVO
1
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/28(火) 16:22:29.10 ID:akWf+vD+0
元万能家政婦???とか。
455 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/28(火) 17:46:23.65 ID:mVUo1Hpao
>>454
おや?


天海『連絡先は送っておくっす』

花村「あ、ありがとう!」

天海『連絡をしてみてくださいっす。一応俺からも一言入れておきますけど』

花村「うん、やってみるよ!」





花村「それでその相手とやら、検索してみたんだけど……」

弐大「応、なにか問題じゃったか?」

花村「いや、プロフィールが……」


『元万能家政婦』

『お家の事情は何でもお任せ下さい』

『掃除洗濯、家事は何でも』


花村「これホントに歌詞書いてくれる人のプロフィールかな」

弐大「気持ちは分かるがの」

花村「とりあえず連絡をしてみるよ。メールを入れて……」

ぱちぱちぱち

花村「……うーん、本当に上手くいくかなぁ……」

弐大「さあのう。向こうからどう言う言葉が帰ってくるかじゃが」

弐大「まあ、やってみるしかなかろう」

花村「そうだね……」


かたかたかた


456 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/28(火) 17:56:48.60 ID:mVUo1Hpao
☆【52日目】


花村「今日は空木さんの生放送だよね」

言子「ちゃーんと覚えてましたね、良い心がけです!」

花村「勿論覚えてたよ!だってぼくの大事なアイドルなんだからさ!」

言子「なっ……!」

西園寺「言葉そのままなんだよね?おにぃ変な思いとか入ってないよねぇ?」

花村「変な思いを入れても良いと申すか」

西園寺「吐くよ」


☆仕事の予定/言子
【53日目】お昼のラジオのゲスト←Now!!
【54日目】レッスン
【55日目】おやすみ
【56日目】バラエティ番組(1リピート)
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント
【60日目】レッスン

☆仕事の予定/西園寺
【53日目】レッスン
【54日目】おやすみ
【55日目】レッスン
【56日目】↓
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い
【60日目】レッスン

☆仕事の依頼
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【63日目】ラジオブース外の中継
【64日目】討論番組
【64日目】面白タレント弄りの番組
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


弐大「この週を終えたら、そろそろ西園寺にも仕事を経験させても良いかもしれんのう」

弐大「なに、ふたりで色々な場所に行くのは悪いことではないじゃろうて」


▼2こまで
1:言子の放送について行こう
2:スケジュールを調整
3:街をぶらぶら
4:そのた

↓1
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/28(火) 18:42:47.75 ID:+T22prAsO
1
458 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/29(水) 19:43:03.89 ID:QkxHCaU/o
ゴールデンウイーク突入したので、ここ以外にも違う企画をやるかもしれませんがなんも思いつかないのでやらないかもしれません。
よしなに。
459 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/29(水) 19:53:44.30 ID:QkxHCaU/o
>>457


弐大「西園寺は送っていくか。そちらも気をつけるんじゃぞ」

花村「勿論!」


☆→wangan-FM


DJ「結構気温も暖かくなってきて、外にお出かけする方も増えたと思いますが───」

DJ「行楽シーズンはまだまだ続いてますよ、という訳で今回は『お出かけする時に聴きたい曲』、リクエストお待ちしてます」

DJ「そしてテーマメール!本日のテーマは『いま、貴方が行きたい場所』。こちらもメールお待ちしてます」

DJ「さあそしてそして、さらに!今日はゲスト!お呼びしてますなんと、こちら!」

言子「こんにちは!みんなの妹、空木 言子と申します!オッスメッスでございまーす!」

ぱちぱちぱち

DJ「初登場!空木 言子ちゃんでーす!」

言子「よろしくお願いします!」

DJ「まさか、ねえ。出てくれるとは思ってませんでした」

言子「ラジオ、出演してみたかったのでとっても楽しみでしたー!」


花村(ぼくはどちらかと言うと深夜のAMラジオ派なので、こう言うキラキラしたラジオのことはよく分からない)

花村(眩しいなぁ……眩しい……)


言子「1曲目は、やっぱり……ねえ、新曲を!紹介させてください!」

DJ「先日発売になったばかりの新曲です、それでは曲紹介!」

言子「はい!空木 言子で、『虹色スマイル』」

♪〜〜♪〜〜


花村(何回聞いてもこの伸びやかな声が素敵だ、ほんと達する達する!……おっといけない、ポリスメンに捕まったらおしまいだぞ)

花村「さてと……」


▼ひとつ
1:こっそりリクエストメールを送る
2:この場を離れリスナー気分で楽しむ
3:テーマメールを送ってみる
4:そのた
  メールは内容指定があればそれで送ります

↓1
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/29(水) 19:58:01.59 ID:z26snIZq0
461 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/29(水) 20:29:08.97 ID:QkxHCaU/o
>>460


こそこそこそ

スタッフ「いいんですか?」

花村「ちょっとずっと見てるとプレッシャーかなと思いまして。それに……」

花村「リスナー気分で楽しんでみたいんですよね」

スタッフ「!」





言子「ラジオネーム『スパイススキー』さんからのメールです。『ke-koさん、言子ちゃん、こんにちは!』はい、こんにちは」

DJ「ふふっ、こんにちはー」

言子「『今日のテーマは行きたい場所、と言うことですが、私が行きたいのはハワイです!』なるほど、いいところですよね。暖かくて……」

言子「……ええと、『というのも、実は私の両親がハワイで結婚式を挙げたので』!え!すごい!『私も両親の見た景色を見てみたいと思います』」

DJ「すごくあったかい理由ですね、ホッコリしちゃった、ふふふ」

言子「はい、あったかいと言えば、ハワイも今の時期はもう海に入れるくらいあったかいはずですね」

言子「私もハワイは行ったことがないんですが、是非行ってみたいでーす!」

DJ「やっぱりハワイと言えば、観光って感じだけど……言子ちゃんがハワイに行ってやるとしたらどんなことするのかな?」

言子「甘いものが好きなので、スイーツを食べてみたいですね。アイスが有名だと聞いてますけれど……」

言子「でも、クッキーやマカロンもあるそうですよ!美味しそうだし、見た目もとってもキャワイイですよね!」

言子「キャワイイと言えば……」





花村(かなりスムーズに進行できてるね)
462 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/29(水) 20:34:32.38 ID:QkxHCaU/o



言子「あー、温泉もいいですね」

DJ「やっぱり温泉では、卓球とか」

言子「卓球?」

DJ「そうそう。なぜか卓球台が置いてあって、お風呂入ったばっかりのみんなで卓球するのが定番だったの!」

DJ「誰それが上手くって……そう、この局のみんなとも一回行ったんだけど、ランちゃんって、この番組のディレクターが」

DJ「卓球部だったから、学生時代ずーっと。すっごく上手くって!」

言子「まあ!そんな特技を持ってらっしゃったんですか!」

DJ「しまいには、「俺を倒せたら賞金をやるー!」なんて息巻いちゃって。最後は深夜担当の龍平君に倒されてましたけど(笑)」

言子「龍平さん、元サッカー部でしたっけ!あはは!」

DJ「そうそうそう(笑)……ああ、楽しかった。あっという間に1時間、そろそろゲストとお別れの時間です」

言子「もうそんな時間ですか。早いですね……」

言子「早いと言えば!」

DJ「言えば?」 

言子「……なにも思いつきませんでした(笑)」

DJ「ふふふふっ」

言子「今日は本当にありがとうございました!」

DJ「ゲストは空木言子さんでした!それでは最後に曲のリクエスト!」

言子「はい!最後はコチラの曲でお別れです、Mr.Childrenで『終わりなき旅』」


♪〜〜〜


463 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/29(水) 20:39:08.71 ID:QkxHCaU/o


がちゃ

花村「お疲れ!」←退出直前に戻ってきた

言子「ありがとうございましたー、ありがとうございました、……あ!お疲れ様です!」

花村「すごくよかったよ。ひとりのリスナーとしても満足だった!」

言子「ふふ、そう行って頂けたら幸いです」

花村「やっぱり、昼間と深夜のラジオは毛並みが違うなぁ……」

言子「え?」

花村「学生時代に聴いてたラジオなんかは、それはそれは下世話なトークとイカれたコーナーで有名だったからさ……」

言子「な、なるほど……」

花村「ちょっと浄化されちゃったよ」

言子「綺麗になって良かったですね……?」


☆結果/言子

肩書:大型新人アイドル
好感:中 (62)
体力:高 (90)
気力:高 (130)
話術:中 (73)
歌唱:良 (99)
技術:優秀(133)
演技:優秀(135)
容姿:良 (99)
運動:中 (76)
魅力:優秀(128)
感性:中 (68)
コネ:最低(13)
幸運:低 (38)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(10)
体力:高 (100)
気力:高 (160)
話術:最低(10)
歌唱:中 (70)
技術:最低(13)
演技:最低(7)
容姿:良 (115)
運動:優秀(140)
魅力:最低(25)
感性:最低(5)
コネ:最低(0)
幸運:最低(0)

464 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/29(水) 20:45:15.94 ID:QkxHCaU/o
☆【53日目】


花村「昨日は最高だったなあ」

こまる「またリピートで言子ちゃんの放送聞いてるんですか?」

花村「最高じゃないか!こんなのご褒美だよ!」

こまる「ご褒美はいいですけど、ちゃんと仕事してくださいね?」 

花村「ぼくの知ってるラジオじゃないよ……これは陽のラジオだもん……」

こまる「今まで何聴いて暮らしてきたんですか……」

花村「ゲスナーであり家族」

こまる「ええ……意味分からないので通報していいですか?」

花村「なんで?」


☆仕事の予定/言子
【54日目】レッスン
【55日目】おやすみ
【56日目】バラエティ番組(1リピート)
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント
【60日目】レッスン

☆仕事の予定/西園寺
【54日目】おやすみ
【55日目】レッスン
【56日目】↓
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い
【60日目】レッスン

☆仕事の依頼
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【63日目】ラジオブース外の中継
【64日目】討論番組
【64日目】面白タレント弄りの番組
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


言子「西園寺さんは今日はお休みですか」

花村「詰め込みすぎるのは大変だからね。ちょっとずつやろうねって話で……」

花村(ん?メールがとどいてる……?)


▼2こまで
1:レッスンについていく
2:仕事の依頼をうける
3:スケジュール調整してもらう
4:メールを確認しよう
5:街ブラ
6:そのた

↓1
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/29(水) 20:53:26.28 ID:z26snIZq0
3・4
466 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/04/30(木) 09:40:32.53 ID:2+Y4lw5EO
>>465


花村(メール、返さなくちゃな)

花村「ちょっと事務作業が立て込みそうだから、レッスンに行ってきてもらえるかな?」

言子「全く、仕方がありませんね!」

からん

言子「まるでほんとに忙しい事務所です、売れっ子でーす!」

からんからん

弐大「送っていくかのう……」よっこいせ

花村「あ、弐大くん後でちょっと」

弐大「応、分かった」

からんからん……


花村「さて……?」 





『ご依頼ありがとうございます』
『私はただのしがない家政婦、この身に余るほどのお話で光栄です』
『ご依頼はしかと受け止めました』

花村(……)

『こちら承らせていただきます』

花村(よしっ!)

『早速ではありますが細かい内容の確認をさせて頂きたいのですが』
『音源データがあれば添付してください』

花村「あ、音源は……」

花村(……先に歌詞があがる可能性があるな……社長にもその旨伝えておかなきゃ……)

花村「ええと……『音源はまだ選定されていないようです。可能であれば歌詞に合わせた音楽を……』」かちかち

花村「あとは……」


▼次の曲はどんなイメージで行こうか?
1:童話をイメージした優しく暖かいもの
2:子供の残酷さを見せるようなクール系
3:歌唱力で勝負!落ち着いた癒し系
4:いっそ振り切ってキャラもの
5:そのた

↓1
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/30(木) 11:49:01.78 ID:bVsV8aBO0
1
468 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/01(金) 12:47:34.99 ID:6fiEovatO
>>467


『次の曲は、童話をイメージしたような、暖かく優しいものを想定しています』

『曲もそれに合わせたものを検討の予定です、詳しく分かり次第こちらからご一報差し上げます』

『子供に読み聞かせるような柔らかい歌詞をお願いします』

かたかたかた

花村「こんな感じでいいのかな……うーん、進んでるなあリモートワーク」







弐大「スケジュールか」

花村「うん、ムリの無いように組んでみて貰えないかな?」

花村「宇津木さんには、2枚目のシングルの件は内緒ね。まだ決定じゃないし」

弐大「応、分かった。なるべく余裕のあるスケジュールを組んでみよう」


469 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/01(金) 12:48:04.88 ID:6fiEovatO
誤字。

>>468
宇津木 こっちはまちがい

空木  こっちが正解

謹んでお詫び申し上げます。
470 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/01(金) 12:54:30.62 ID:6fiEovatO
☆【54日目】

言子「きょうはお休みです!おやすみなので、事務所のチェックをしまーす!」

弐大「応、済んだらすぐ帰るんじゃぞ?」


花村「ふんふんふん……」♪

言子「何そんなにニヤニヤしてるんですかぁ?」

花村「ぴゃっ!?い、いや、なんでもないよ……」テルテルテルテル

弐大(お前さん隠すの下手すぎんか……)

花村「あっ!あー!そうそう、ツブヤイターを検索してたんだァ〜!」テルテルテルテル

『言子ちゃん声かわいいよな』『マジ最高』『ラジオやんないかなぁ』『僕の虹色スマイルも見てください』『←通報した』

花村「上々の評価だよ!」

言子「あの、最後のやつはどう言う意味で……」

花村「いやぁ順調だなぁ!」

言子「あの」

☆仕事の予定/言子
【55日目】おやすみ
【56日目】バラエティ番組(1リピート)
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント
【60日目】レッスン
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継

☆仕事の予定/西園寺
【55日目】レッスン←Now!
【56日目】↓
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い
【60日目】レッスン
【61日目】↓
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く

☆仕事の依頼
【64日目】討論番組
【64日目】面白タレント弄りの番組
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【74日目】ファッションショー
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:レッスンを見に行く
2:言子に付き合ってあげる
3:街ブラ
4:飯だ飯!
5:そのた

↓1
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/01(金) 14:11:31.63 ID:mvM+SOdO0
これってどれでも組み合わせ可? 1+2
無理なら1
472 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/07(木) 13:23:56.75 ID:jgY2f3Sco
ゴールデンウィーク休暇いただいてました。お疲れっした、ありがとうございました。

>>471
1と2とかだと
○組み合わせは可能
○でも同時処理が出来ない

なので、先に2処理して1の安価とりやす。
473 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/07(木) 13:29:34.25 ID:jgY2f3Sco
>>471
なので


言子「とにかく、今日は事務所のチェックでーす!」


☆事務所内の物置


がちゃがちゃ

花村「手伝ってもらっちゃってごめんね?」

言子「なんの!私は今日はお休みですから、お休みの日を好きに使うのは私の自由です!」

社長「ははは、助かるよ」

言子「なんでここはこんなに汚いんですか?」

社長「ああ、実はまだ片付けが終わっていないんだよ。ほら、君が来る前に全員出ていってしまってからね」

言子「そうだったんですか……」

社長「そんなわけで必要では無いものはここに全部入れていたというわけだね。ははは」

がちゃ

言子「? これはなんですか?」

言子「───!」

花村(! 空木さんが見つけたのは───【舞園 さやか】のシングルだった)

社長「ああ、それは……」

社長「かつて、この事務所にいた舞園さやかくんが出したもの、だね」

花村「そう、だったんですか」

社長「……いつまでも持っていても仕方がない、ってのは分かっているんだがね、ははは」

言子「これ……私、貰ってもいいですか?」

社長「ん?ああ、いいよ。資料用のものは残っているし、それに」

社長「……私には不要なものだ」


花村(社長……)

花村(……悲しそうな顔をさせたくないな。ぼく達も頑張らなくちゃね)


474 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/07(木) 13:34:01.04 ID:jgY2f3Sco
☆レッスン場


終里「何なんだぁ?オメーは!」

西園寺「はあ?おねぇが話聞いてないのがわるいんでしょ?」 

終里「んだとぉ?」

西園寺「ほんと頭が軽いと生きていくのが楽そうでいいよねー!」

終里「オレの話を聞く気ねぇのか……?」


花村「……ってなにしてんの!?」 

ばたばたばた

終里「おう、花村!こいつ、すり潰していいか!?」

花村「なんでさ!なに、何があったのか教えて!?」

終里「ん?ああ……こいつがよぉ、オレに向かって『おねぇはバカなのかな?』とか、言ってきやがって!」

西園寺「だって、終里おねぇほんとにバカなんだもーん!」


花村(なんてこった)

花村(トレーナーにストレートな暴言を吐いているとか……マジかよ)

花村(事情があるにはあるんだろうけど、今聞く訳には行かないな)



1:ここは穏便に!
2:西園寺を叱る
3:終里に殴られる
4:そのた

↓1
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/07(木) 16:10:48.06 ID:iTBS6QMx0
2
476 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/08(金) 18:02:22.94 ID:hQYYyxT9o
やーるよ
477 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/08(金) 18:09:12.06 ID:hQYYyxT9o
>>475


花村「……西園寺さん!」

西園寺「なあに?あ、おにぃも言ってやってよ!このおねぇが……」

花村「そげなこと言うたらいかんべ!」

西園寺「!?」

終里「!?」

花村「今のは西園寺さんが悪かとよ!」

西園寺「ええっ?!なんで……」

花村「なごむわー!ずんずんなごむわー!したっけ、西園寺さんはおめも「馬鹿なの?」て言われてもいいっちゅってんね!?」

西園寺「いや、それは……」

花村「はぁー……理由はあるかもしれないけど、自分がされて嫌なことはしない、これ鉄則でしょ?」

花村「西園寺さん、頼むよ。きみのことは信頼してるけど、トレーナーさんと仲良く出来なきゃ今後が無くなっちゃうよ」

西園寺「そん、な」

花村「ぼくも出来るだけフォローするから。だから、ちゃんと自分に接してくれてる人にはやさしくして」

花村「ぼくと約束して?」

西園寺「……うう……分かったよ……」(♡↓)

花村(失言ってレベルじゃないぞ……これは早めにトーク練習とか、マナー教育しとかないと……)


花村(いつか、大きな火種を産む)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(6)
体力:高 (95)
気力:中 (100)
話術:最低(12)
歌唱:中 (70)
技術:最低(15)
演技:最低(8)
容姿:良 (112)
運動:優秀(140)
魅力:最低(20)
感性:最低(5)
コネ:最低(0)
幸運:最低(0)

478 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/08(金) 18:40:51.06 ID:hQYYyxT9o
【55日目】


苗木「昨日、なんか揉めたって連絡が来たけど……」

花村「ん?ああ、それならもう解決済みだよ」

苗木「ほんと?なんか白銀さんが相当焦ってたみたいだよ……」

花村「後で菓子折りもって謝りに行くよ……」テルテルテルテル

苗木「ボクも行こうか?」

花村「いや、だ、大丈夫……」テルテルテルテル

☆仕事の予定/言子
【55日目】おやすみ
【56日目】バラエティ番組(1リピート)
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント
【60日目】レッスン
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継

☆仕事の予定/西園寺
【55日目】レッスン←Now!
【56日目】↓
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い
【60日目】レッスン
【61日目】↓
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く

☆仕事の依頼
【64日目】討論番組
【64日目】面白タレント弄りの番組
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【74日目】ファッションショー
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:レッスンを見に行く
2:スケジュール調整
3:街ブラ
4:飯だ飯!
5:そのた

↓1

なんかスケジュールの日付ズレてました。次の判定でなんかしらするから許して。
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 19:10:00.65 ID:dsnUA0c00
1,2
480 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/08(金) 21:17:53.34 ID:hQYYyxT9o
>>479


花村「スケジュールもう一回調整入れようかなぁ……弐大くん、後でちょっと」

弐大「応、任せろい!」


☆レッスン場


終里「あ?また来たんかオメー」

西園寺「う、うう……」

花村「うーん、西園寺さん、あんまりお喋りが得意じゃないみたいなんだ」

白銀「そうなの?意外だね、結構お話得意そうに思ってたんだけどな」

西園寺「そうなの?」←意外すぎた

白銀「うん。地味に色々語彙力あるみたいだし?」 

西園寺「地味に、は要らなくない!?」

花村「まあまあまあ!……と、とにかくね、とにかくその……うん……」

西園寺「……ちょっとおにぃ、ちゃんとフォローしてくんない!?」

終里「こりゃダメだな……」

花村「というわけで、トークを練習したいんだけど、どうかな?」 

白銀「うんうん、いいと思うよ!」

花村「それで……」



↓3くらいまで
西園寺に話して欲しいテーマ
コンマで成否判定あり
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 21:19:21.90 ID:wj3NEA5r0
自分の最強のライバル
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 22:35:58.06 ID:k0xAeYM60
アイドルと日本舞踊家の違い
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/09(土) 01:52:43.13 ID:gA+TjI1Zo
和の美しさについて
484 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/09(土) 13:11:45.52 ID:K3PZ05Cwo
>>481


花村「あ、西園寺さん。西園寺さんにとっての最大のライバルとか、いる?」

西園寺「え?なにそれ」

花村「最強のライバル……って言うのか、な。西園寺さんのモチベーションに繋がるような、敵?」

西園寺「は?そんなのなんで今言わなきゃ……」

白銀「うーむ、なかなかの難題。結構ぱっと出てこないもんだよね。あ、わたしはとある作家さんかな」

花村「作家?……って、本?」

白銀「うん。同人誌の作家さんなんだけど、地味にいい試合出来てるんじゃないかなって思うこと、あるんだよね」

白銀「本の売れる速度もおんなじくらいみたいだし、お互い相手のセンスに脱帽してるとこなんだ」

白銀「って、勝手にライバル視してるだけなんだけどさ。勝てるかどうかなんて分かんないし、なんならホントにいい試合なのかどうか……」

西園寺「ふ、ふぅん?そう言う相手がいるの、いいんじゃない?わたしはそんなに、わたしとおんなじくらい踊れる子なんていないもん!」ぱ

花村「んじゃあ、ライバルがいないの!?」

西園寺「まぁそうなっちゃうかなぁー?おにぃの期待に答えられなくてごめんね!」

終里「つーことは、ライバルはオメー自身ってわけか」

西園寺「へっ!?な、なにそれ。今どきそう言うスポコンみたいなセリフ、流行んないよ?」

花村「ライバルは自分自身、か……カッコイイと思うけど?ぼくは」

西園寺「そう?なんかダサくない?今それ言い始めるの、3周遅れっぽくて……」

花村「そう思うでしょ?逆なんだよ」


花村「3周遅れじゃない、3周早いんだ」
485 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/09(土) 13:20:58.48 ID:K3PZ05Cwo
西園寺「え……?」

花村「先に行き過ぎてて、遅れているように見えるだけなんだよ!」

花村「それに、頂点に立つ人は大概周りより自分に厳しかったりするものじゃない?」

白銀「あー、西園寺さんのキャラクター性にも合う?」

終里「なるほどな。他人にゲロ厳しくて自分に甘い、と見せかけて実は誰よりもテメェに厳しいと」

終里「はっ!これがギャップ萌え、ってやつかぁ?オレには分かんねえけどよ!」

西園寺「そうなのかなぁ……」

花村「実際、周りの人って自分と戦えると思う?」

西園寺「え?ううん、全然」

花村「それなら、自分と競うって言うのもアリなんじゃない?」

西園寺「そうかな……うーん……」

西園寺「……」


花村(何かを考え込んでいるような……よし、次のテーマだ)


>>482


花村「アイドルと日本舞踊の違いって何か感じた?」

西園寺「へ?なに言ってるのおにぃ、全然違うじゃーん!」

花村「え?」

西園寺「ただ踊るだけじゃないんだよ、どっちも!」

白銀「具体的に教えてくれたら地味に嬉しいかも?」

西園寺「そもそも日本舞踊ってどんな物か分かってる?」

西園寺「要素として舞い/踊り/振りって別れてるの、アイドルで言うダンスがその全部含まれてるわけ!」

西園寺「わたしは基本どれだって出来るけど、アイドルのダンスとはまた表現方法も段違いだし、なによりわたしの体って小さいでしょ?」

終里「ああ。だから場で映える動きを考えねえとなぁ」

西園寺「日本舞踊にはバエル、って発想自体無いからぜんっぜんわかんないよ〜!」

西園寺「それに、流派ごとに重きを置く部分って違うし。西園寺流はわたしがやってるうちは何でも持て囃されてたから分かんないけどね」
486 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/09(土) 13:24:36.45 ID:K3PZ05Cwo
>>483


花村「和の美しさ、和風に備わってるものとか語れたりする?」

西園寺「ええ?無茶言わないでよぉ、わたし和に詳しいわけじゃないんだけど!」

西園寺「だけどそうだなぁ、微細な色の違い?みたいなのにひとつひとつ名前を付ける繊細さみたいなのがいいんじゃなーい?」

白銀「日本語の色の名前だね。似たような色なのに、名前は全部違う」

西園寺「あれって感性あるからこそ出来るようなもんでしょ」

花村「ううん、確かに」

西園寺「それに花村おにぃ、料理するなら分かるでしょ?飾り包丁とかさ、」

西園寺「あーあ、そう言う細やかな仕事に言及しないおにぃにはがっかりしちゃったなぁー!」


花村「えっ、なんで?」


……その後も西園寺と話を続けた……。


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(7)
体力:高 (95)
気力:中 (100)
話術:最低(20)
歌唱:中 (70)
技術:最低(18)
演技:最低(8)
容姿:良 (112)
運動:優秀(140)
魅力:最低(21)
感性:最低(10)
コネ:最低(0)
幸運:最低(2)

487 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/09(土) 13:28:55.54 ID:K3PZ05Cwo
【56日目】


言子「ばっちり復活でーす!」

西園寺「クスクス、空木ちゃんが来ないから倒れちゃったかと思って花村おにぃが心配してたよ?」

言子「ええっ!?そんな……だ、大丈夫ですよぅ!」

花村「ごめんごめん……」

苗木「寧ろ花村クンもたまには休まなきゃダメだよ?」

花村「え?いや、ボクは……」

苗木「ずっと働いてるし、みんな心配してるんだからね?」


☆仕事の予定/言子
【56日目】バラエティ番組(1リピート)←Now!
【57日目】☆再現ドラマ
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント
【60日目】レッスン
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継
【64日目】討論番組

☆仕事の予定/西園寺
【56日目】レッスン←Now!
【57日目】↓
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い
【60日目】レッスン
【61日目】↓
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く
【64日目】面白タレント弄り

☆仕事の依頼
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【77日目】街ブラ系のロケ
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:レッスンを見に行く
2:現場について行く
3:街ブラ
4:お言葉に甘えてやすむ
5:そのた

↓1
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/09(土) 13:46:58.39 ID:Eu0UxjOU0
4
489 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/09(土) 20:51:36.17 ID:K3PZ05Cwo
>>488


花村「うん、それじゃあ、お言葉に甘えて休もうかな……」

言子「私は大丈夫ですからね!」

弐大「空木の方の収録はいつもの濱澤さんだしのう。問題ないじゃろう」

西園寺「それにわたしもただのレッスンだし?大丈夫だよ」

西園寺「ふにゃちんおにぃは家で寝てればー?」

花村「ふにゃちんじゃないけど寝るよ!!!!!」テルテルーン





花村「さて、1日暇が出来ちゃったな。予想してなかった休みだから何も予定がないぞ……」

花村(とはいえ、いきなり誰かを誘うなんて無理に決まってるし……アイドルスカウトも厳しいかな)

花村(メールの返事も……まだ来てないみたいだ。さて、どうしたもんかな……)


すたすたすた


花村「空木さんのことを書いてある本もいくつか出てるな……」



1:ゲーセン!ゲーセン!
2:孤独のグルメ
3:家で寝よう!!!!!
4:ショッピングぅ
5:そのた

↓1
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/09(土) 21:26:33.27 ID:k6DuB/wX0
2+家政婦にメール
491 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/12(火) 07:16:14.65 ID:VJORxOkzo
>>490

花村(3日経っても返事が無いのが怖いな……1回催促ついでにメール入れてみるか)

花村(それにしても腹が減った……)

花村「……考えろ……ぼくは今何が食べたいのか……」

花村(───!)ぴきーん





花村「ほぅ……いい店……」

店員「いらっしゃい。ささ、どうぞこちらへ。今はお客さんも居ませんから」

花村(大きい椅子に招待されてしまった……まぁいいか。さて、今日は……)

花村「ほう……ステーキかぁ」

店員「はい。その日仕入れた一番の上等な肉を使った豪快なステーキです」

花村「なるほど、値段は……ええ!?そんなの安すぎるでしょ!?だ、大丈夫なの……?」

店員「問題ありませんよ、金額的にもギリギリ抑えてます」

花村「……?」

店員「一頭買いです」

花村「!!」


一頭買い───!
「牛の部位」での買い方ではなく、「牛を丸ごと買い付ける」方法……!


店員「この方法で失費を抑えつつ上等な肉を手に入れることに成功しました」

花村「なるほど……!」





じゅううう……


花村「さて、調理を待つ間にメールを、あれ?」


ピロン♪


花村「丁度いいタイミングで返信だ」
492 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/12(火) 07:22:31.48 ID:VJORxOkzo
『雪染です!ごめんなさい、返事が遅れてしまったわね』

『ああ、音源は制作中って聞いていたけれど、とにかく何点か詩を作りました』 

花村(添付資料に……5曲分の詩が入っている!早い、筆が早すぎる……!)

『基本報酬は既にお支払いいただいてますから、あとは』

『その詩を使う時の使用料、マージンなんかを貰えれば良いわね』

花村(……そう、だな。契約書は初回で送ってるから……あとは……)

『それじゃあ、良いお返事を期待しています。売れるといいわね』

花村(よし、歌詞を社長にもスグメールだ。今のストックで行けるかな……それとも)


じゅううううう


花村「!」


ごとんっ

店員「どうぞ、ワイルドステーキです」

花村(分厚い───!一体何ミリあるんだ!?少年ジャンプくらいの厚みない!?)


さくっ  じゅわああああ


花村(そしてこの厚みにも関わらず、簡単に切れる!とんでもない上等な肉だぞ……!)


花村「んま……!」

店員「味付けはシンプルに塩コショウで。ああ、足りなければそちらで足してください」

店員「すりおろしたワサビもありますよ。付けて食べると甘さが引き立ちます 」

花村(む、無限に食べられるなこれ……)

ぱくぱくぱくぱく……


493 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/12(火) 07:25:42.72 ID:VJORxOkzo
【57日目】


花村「間もなくまた1ヶ月経とうとしてるのか……」

かたかた

社長「ああ、花村くん、あとでちょっと。アレな件だ」

花村「アレな件ですか」

言子「おふたりが何かをしようとしています!?事件です!」

花村「そういうのじゃないってば!」

弐大「それならええんじゃがの」


☆仕事の予定/言子
【57日目】☆再現ドラマ←Now!
【58日目】おやすみ
【59日目】ショッピングモールのイベント
【60日目】レッスン
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継
【64日目】討論番組

☆仕事の予定/西園寺
【57日目】レッスン←Now!
【58日目】おやすみ
【59日目】イベントお手伝い
【60日目】レッスン
【61日目】↓
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く
【64日目】面白タレント弄り

☆仕事の依頼
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【77日目】街ブラ系のロケ
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:レッスンを見に行く
2:現場について行く
3:街ブラ
4:例の話を進行する(コンマ成否)
5:そのた

↓1
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/12(火) 07:28:04.73 ID:ENyniD540
2と4
495 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/14(木) 07:58:38.38 ID:XHjq/l/ho
>>494
3


花村「はい、今行きます、社長」





社長「雪染さんからの資料、受け取ったよ。さて、どうしたものかね」

花村「どれも魅力的ですが、リリースシーズン的に夏に掛かってくると思いますし……」

社長「うむ、そこなんだ。それですこし悩んでいる。どれもが夏に使っても問題ない歌詞だ」

社長「しかし、そうなると上手く合わせられる音楽を探すのに少し手間取りそうでね」

花村「……なるほど」

社長「こちらのストックと、それから外部の音楽家の何人かに声をかけてはみるが」

社長「すこし時間がかかるかもしれないな」

花村「分かりました。ぼくの方でも出来ることがあればやっておきます」

社長「うむ、頼んだよ花村くん」

花村「はい!では、現場に向かいます!」


496 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/14(木) 08:06:48.39 ID:XHjq/l/ho
☆→現場


『小学生探偵 ミナコ』


花村「何回みてもいいね!」ててーん!

言子「表紙に私の名前が書いてあります」ててーん!


子役たち「「「よーろーしく、おねーがいーしまーす!」」」

言子「はい!よろしくお願いします!今日は楽しく頑張りましょうね!」





監督「いやあ、言子ちゃんとの仕事はやりやすくて本当に助かってます……」

花村「そうですか!そう言っていただけて何よりですよ」

監督「これが本当に笑い事じゃなくって、彼女ほど色々気づけて表現もできる子って、最近じゃなかなかいないんですよ」

監督「それに気遣いも出来るし、細かい表現も出来る。ほら……」

花村「え……」



言子「あ……」

でぇぇぇぇんっ!

子供A「た、たろうが……」

子供B「死んじゃった……!」

言子「……」

子供E「松本くんが、生物係なのにご飯を上げるのを忘れたからだよ!」

子供C「な、違うよ!あいつがたろうをぽいってするの見たもん!」

子供A「あっ……そ、それは……!」

言子「静かに!」

「「「!!」」」ぴた


言子「この事件……」

きりっ

言子「バツ印です!」



監督「あの切り替え方、見事だ……カット!オッケー!次のシーン行くよ!」



1:視聴者気分で見守る
2:いろんな事務所の人に挨拶回り
3:進捗確認
4:西園寺に電話
5:そのた

↓1
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/14(木) 10:11:27.37 ID:P/gutt7m0
1!
498 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/14(木) 12:43:58.57 ID:by941AEQO
>>497


花村「楽しいなぁ……」

監督「第三者から見てそうなら嬉しいことですよ。ほら、」

きゃっきゃわいわい

監督「子供達も喜んでます。よかったぁ……」

監督「脚本や担当Dも喜びますよ」

花村「あはは、そんなに大袈裟に言わなくても……」





言子「亀のたろうの水槽の中を見てください!」

子供B「! あっ……ない!」

子供A「ないってなにが?」

言子「そう───「石」が無くなっています」

子供D「あの石がないと、たろうは甲羅を乾かせないよね」

言子「その石はどこにありますか?」

子供E「それは……」

子供A「なんで水槽じゃなくて床に置いてあるんだ?」

子供C「それとたろうが死んじゃったことは何が……」

言子「近井さん」

子供E「!」

言子「たろうの水槽を綺麗にする仕事は当番制、そして今日の当番は貴方だったはず」

言子「だから貴方はそれを実行した」

言子「貴方は水槽、そして石を洗う為に、まずたろうを水槽から出し───」

子供E「もうやめて!」

言子「……」

言子「私の推理が正しければ、これは……事故です」

「「「事故……?」」」
499 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/14(木) 12:54:34.75 ID:by941AEQO
言子「そう───」





まず近井さんは、たろうを水槽から机に出しました。
その後、水槽を運ぶためにたろうが登る石を出した。……そのまま運ぶには少々重たいですからね。
石は濡れているし汚い。だから机の上に置くことはしない。床に雑巾を引いて、そこに載せる事にしていたはずです。

そして近井さんは石を置き、水槽を持った状態ですぐ教室を出てしまいました。
ここで悲劇が起きた。

そうです。

たろうは机の上を歩いてしまった。机の端から、偶然にも石の上に落ちてしまったのです。
まだ子供だったたろうの甲羅はそんなに固くありません。
強い衝撃を受けたたろうは、そのまま動かなくなってしまった……。
固くないと言えば、貴方の口もですよ、近井さん。あとでちゃんと皆に謝ろうとしていましたね?貴方がたろうを殺したわけじゃないのに!





言子「それに……」

ひょこ

子供E「え?」

子供A「たろうが生き返った!」

言子「どうやらびっくりして動かなくなっていただけのようです。これで花まる、一件落着!」

わーぱちぱち





花村「微笑ましかった……」ほっこり

言子「そう言って貰えてうれしいです!」


☆結果/言子

肩書:大型新人アイドル
好感:中 (68)
体力:低 (20)
気力:低 (40)
話術:中 (73)
歌唱:良 (99)
技術:優秀(137)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (76)
魅力:優秀(129)
感性:中 (74)
コネ:最低(13)
幸運:低 (38)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(17)
体力:中 (70)
気力:高 (120)
話術:最低(28)
歌唱:中 (70)
技術:最低(13)
演技:最低(10)
容姿:良 (115)
運動:優秀(140)
魅力:最低(25)
感性:最低(8)
コネ:最低(0)
幸運:最低(0)

500 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/14(木) 12:57:27.96 ID:by941AEQO
【58日目】


花村「休みになってしまった……」


☆前日夜

社長「空木くんも西園寺くんも休みなのだろう?なら君も休むといい」

花村「いやいやそんな、ぼくばっかり休みを貰う訳には……」

社長「弐大くんには既に連絡をしてある。それに私も休みたいからね」にや

花村「もう……全く、素直じゃないんだから……」

社長「そういう訳だ。プロジェクトの件は何か分かったら連絡するよ」



というわけで、暇すね。
1:テレビでも見るか……
2:ラジオでも付けてみるか……
3:孤独のグルメ
4:こういう日はジムに行って運動したい
5:そのた

↓1
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/14(木) 14:36:13.29 ID:P/gutt7m0
人脈を広げるために街へ
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/14(木) 14:37:00.26 ID:P/gutt7m0
あっ、連投ダメだっけ、なら下で。
503 :501 [sage]:2020/05/17(日) 19:18:03.13 ID:OjpZeAsp0
安価来ませんね…
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 19:19:11.68 ID:OjpZeAsp0
安価来ないので>>501採用して頂いてもよろしいでしょうか
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 19:19:51.52 ID:OklOwxtoo
>>501
506 : ◆z.6vDABEMI [saga sage]:2020/05/18(月) 12:43:39.35 ID:d5FaGbd1O
安価をどうしようか悩んでいる間に、4日経っていた上流れを作っていただいていた。ご参加の皆様に置かれましてはお待たせして申し訳ありません……今晩から再開しますー。
507 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/18(月) 23:10:52.89 ID:2TNS6WJIo
行くわよ!!!!
508 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/18(月) 23:20:36.44 ID:2TNS6WJIo
>>501だね


花村(もっと人脈を広げる必要がありそうだな……街に出てみるか……)





こつこつこつこつ


猫耳メイド「ふわっとカフェでーす♡」

花村「ど、どうも……」ぴら

花村(最近はいろんなカフェがあるなぁ……え?黒猫魔法メイドカフェ?)

花村(さすがに乗せすぎでは……いや、それはともかくだ)

猫耳メイド「お兄さん!よかったら遊びませんか?」

花村「ええ?そうだなぁ……」





花村「にゃーんにゃん♡♡♡」

猫耳メイド「にゃん♡」

ぶっちゅうううう

猫耳メイド「書けました!ケチャップでハート♡」

花村「いいねぇ……ぼくもソーセージからマヨネーズが出ちゃいそうだよ!」

猫耳メイド「は?」





花村「いけないいけない、こんなことしてる場合じゃないんだった……人脈を」

??「キエェーーーイ!!」

花村「!?」

ばしぃん

茶柱「不届きな変態!転子が成敗し……あれ?あ、貴方はいつぞやの!」

花村「あぶぶぶぶ……あ、茶柱さん!ご褒美です」

茶柱「はあ……?」


↓1とか↓2
遭遇したい人とかイベントとか
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/18(月) 23:42:01.98 ID:kcG6/+oYO
入間さん
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/18(月) 23:58:04.63 ID:1UmfGufP0
小泉
511 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/19(火) 00:18:57.17 ID:pcR8wqaro



こつこつこつ


花村「さすがにこれ以上変な人に会うことはないだろうな……」

??「誰がチワワ10000頭分の可愛さを持った究極超人だって?」

花村「言ってないんですけど!?……って、入間さん」

入間「ひゃはは!こんなとこで会うとはな?よう短小包茎、顔出して生きてたか?」

花村「それが事実だとしても顔は出てるからね」

入間「亀の方の顔は出てねえだろ」

花村「もう少し恥じらいと言うものを覚えてくれないかな!?」

入間「まぁいいんだけどよぉ、なぁチビ……あー、名前は?」

花村「ぼくは花村 輝々ですけど!?」

入間「ちん○こからカウパーてろてろ?」

花村「ダメだこいつ……早くなんとかしないと……って伏せられてないし」

入間「テメー暇か?オレ様に付き合えよ。オレ様もなかなか暇してんだ、テメーのあんなところやこんなところ貸しやがれ」

花村「なにそのエッチなビデオにある感じの言い方!?」

入間「ほぅ、テメーはエロいもんはまだビデオ派か?無料動画なんか最低だよなァ!ヒャッヒャッヒャッ!」

花村「いやあの……」

入間「自分で出るのはゴメンだけどよ、やっぱああいうのに出てる女ってのはリスペクト出来んだよな!それから一割だけある本物の時間停止物の……」


花村(そーっ)


512 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/19(火) 00:24:38.28 ID:pcR8wqaro



花村「危なかった……致命傷で済んだ……」

むくむくむ

花村(ぼくの股間も☆3から☆4にランクアップしそうだ……いかん、こんなところは2人には見せられないよ……)


ぱしゃ


花村「ん?」

女性「よし」

カップル女「わあ、ありがとうございます!」

女性「いやいや、アタシも練習になってるし。ありがとうございます」

ちゃりりん


花村(街中で人の写真を撮ってお金を貰っている人がいるな)

花村(旧型のポラロイドだ。撮ってもらった人が幸せそうに笑っている……)


老人「良ければワシも撮ってくれないかね」

女性「勿論です!あ、すみません気が付かなくて。ここに座ってください」がっちゃん

老人「おお、すまなんだ」よいしょ

女性「うん……いい被写体。歴史、年月の重みが有り余って……いい写真が撮れると思いますよ」





花村「面白そうだな……」すたすた

女性「あ、おーい!そこの貴方!」

花村「はい?」

女性「よかったら、アタシに写真を撮らせて貰えないですか?」



1:スマイル!
2:しかし無情にも入間の所に連れていかれる
3:名刺でも渡してみようか
4:そのた

↓1
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 06:35:02.12 ID:miwjwDaf0
1 big smile!
514 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/19(火) 18:42:37.67 ID:pcR8wqaro
>>513


花村(断る理由もないし)


花村「はい、いいですよ。どうしたらいいですか?」 

女性「あ、大丈夫。そこに止まって立ってくれるだけで大丈夫ですから」

花村「え?」


ひゅう


花村(!? 風が吹いて……)

<きゃー!

花村(!! めちゃくちゃ遠くの方で女の子の、ぱ、パンツが……)にへらん


ぱしゃ


花村「!」

女性「うん、いい笑顔!」チェック

花村「あ……」

女性「ありがとうございます。あ……アタシ、部活動の課題で写真提出しなくちゃいけなくって」

女性「よかったらこれ、今の写真なんですけど、これ顧問の先生に出していいですか?」

花村「え?うん、いいけど……」

女性「ほんと!?ありがとうございます!やった、これでクリアだ……」ぽちぽち

女性「あ、す、すみません!名乗らずにベラベラと。アタシ、こう言うものです」

つ[名刺]

花村「なるほど……【小泉 真昼】さんかあ」

小泉「もし写真が必要なら、アタシに任せてくれたら写真撮りますから!」


花村(後から調べたらこの小泉さん、高校生の身でありながら個展を開くほどの才能の持ち主ようだ)

花村(もし宣材写真を撮ったり、ジャケット写真が必要なら彼女に任せてもいいかもしれないな……)


515 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/19(火) 18:51:27.92 ID:pcR8wqaro
☆そして夜になる


花村「と言ってたらすっかり夜だな。全く……」


花村(人脈広げよう、って言ってるのにろくな事にならないな)

花村(どこかに行けば人脈が広がるだろうか……)


▼スポット選択よー
選択安価の

1:テレビJAPAN周辺のカフェ
(偶数で濱澤さんの相方/奇数で女社長/ゾロ目だと……?)

2:海鮮系の居酒屋
(偶数でバイト朝日奈ちゃん/偶数で謎の自称シンガー/ゾロ目は店長さんとコネ)

3:知る人ぞ知るカレー店
(偶数で若手モデル/偶数で若手芸人/ゾロ目は有名な芸人?)

4:やっぱ二郎系ラーメンっしょ
(偶数で大食いYouTuber/奇数でダイアモンド兄弟/ゾロ目だと……?)

5:と見せかけてスウィーツ
(偶数で地上最強の店員/奇数でるるかたゃん/ゾロ目は超高校級のコネ)

6:そのた
(スポットと会いたい人を指定願いますん)


↓1
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 18:53:51.92 ID:7kgmrfEB0
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/21(木) 13:17:35.59 ID:scCEQWQdO
朝日奈と謎の自称シンガーのどっちも偶数ってことはどっちともコネが築けるのか。
518 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/22(金) 00:00:13.98 ID:SEzhJt29o
>>516
違う俺そうじゃなくって
でもえっとその



花村(よし、今日はここにしよ……)


☆海鮮居酒屋


<やっしゃっしぇー!

花村「なんて?」

バイト「いらっしゃいませー!」

花村「あ、えっと……」

花村(で、デカァァァァァいッ!説明不要!)

※なにがデカいかはおっぱい、ご想像にお任せしますっぱい。

花村「っと……最初はビールで」

バイト「はーい!ビールいっぱーい!」

<あざぁぁぁぁす!!

花村「なんて?」





花村「いろんなメニューがあるんだなぁ……」

バイト「オススメはこれかな?今日捕れた新鮮な魚を使ったお造りです!」

花村「おお!舟盛り!」

バイト「大きさが『松盛り丸』『竹増し丸』『梅乗せ丸』になってます!どうかな?」

花村「さすがに松竹は大きすぎるし、梅で」

バイト「梅乗せ丸1隻ーーー!!」

<出港ーーー!!!

花村「そう言う感じでいくのね!?」





花村(うん、何を食べても美味しいな、当たりだここ!)

バイト「えへへ、気に入ってくれた?」

花村「勿論だよ!」
519 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/22(金) 00:12:51.30 ID:SEzhJt29o
バイト「えへへ……ありがとう!よかったぁ!」

花村(ええと、名札が着いてるな。この子は【朝日奈】さんって言うのか……)

朝日奈「今日ほんと遊びに来てくれてありがとう!よかったら、はい!」

つ(お店の名刺)

朝日奈「次に来てくれたら、ちゃんと割引するっす!」

花村「え?……いいの?」

朝日奈「とーぜんだよ。お客様♡」

花村「こういうの弱いんだよなぁ……わかった、また来るね」

朝日奈「ありがとうございまーす!!」


がらがらがら


謎のシンガー「やっぱ朝日奈葵ちゃん、いいよな」

花村「ほんと可愛かったなぁ……いや誰!?」

謎のシンガー「あん?オレのこと知らねーの?モグリかよオメー」

花村「マジで知らない……」

謎のシンガー「オレは【LEON】だ、これからデッケーシンガーになんだから覚えとけよ!!! 」

花村「ああそう……」

つ(シンガーLEONな名刺)

花村(いる……いる?いらなくない?とりあえず貰うか……)


520 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/22(金) 00:18:20.99 ID:SEzhJt29o
【59日目】


花村「おはよーーーー!!」

言子「おはようございます!!」

西園寺「おはよう!!」

花村「!?」

西園寺「挨拶は大事、坂東は英二!ってスタッフさんに怒られちゃったから、その、花村おにぃにはちょっとだけ大声で挨拶してあげるね?」

花村「それはぼくじゃなくてほかの人にやってあげてね?」


☆仕事の予定/言子
【59日目】ショッピングモールのイベント←Now!
【60日目】レッスン
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継
【64日目】討論番組

☆仕事の予定/西園寺
【59日目】イベントお手伝い←Now!
【60日目】レッスン
【61日目】↓
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く
【64日目】面白タレント弄り

☆仕事の依頼
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:現場に急行だ
2:スケジュールを整理する
3:街ブラ
4:例の話を進行する(コンマ成否)
5:そのた

↓1
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/22(金) 00:42:04.98 ID:n4CWGmqyO
1と4
522 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/23(土) 17:55:53.69 ID:LKg1vpuLo
>>521


花村「……そうだ、あれどうなったかな」





社長「おお、花村くん。来たんだね」

花村「どうでした?」

社長「ああ、なんとか進んできたよ。曲もなんとか決まりそうだ」

社長「デモテープを作ってもらったのでね、後で聞いてくれ」

花村「はい!……それじゃあ、いってきます」


☆→現場


がやがやがや


西園寺「今日はショッピングモールのイベントって言ったっけ?」

言子「グッズ的なものはまだ作れていないので、チェキ!とサイン!でなんとか対応予定です」

西園寺「ふぅーん、なるほどね。それで、わたしは何をしたらいいんだろう?」

花村「空木さんの話に拍手したり、人の整理をぼくと一緒にしたりってとこかな」

西園寺「完全に裏方だね!!??」


花村(よし、結構準備できてきたな。ええと)

花村(ふんふん……もらった音源は……おっ!)

花村(いいな……なかなか聴きごたえがある、けれど優しい曲調だ。あまり音も起伏が激しくないから歌いやすそうだ)

花村「っと、そろそろ開演かな?」


▼さあトークだ!
1:新曲について
2:パーソナルな話を
3:会場についてコメントを
4:そのた

↓1
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 18:01:47.50 ID:guunjYchO
1
524 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/23(土) 18:44:36.94 ID:LKg1vpuLo
>>523

ぱちぱちぱち

司会「それでは登場して頂きましょう、どうぞー!」

ぱちぱちぱち

言子「よろしくお願いしまーす!」

司会「空木 言子さんでーす!」

ぱちぱちぱち


花村(始まったぞ……)


司会「先日の新曲についてですが……」

言子「はい!あの曲は、私にとっても初めての体験だったので楽しかったです!」

言子「初めて披露したのもテレビだったので、最初は不安だったんですが……練習の成果も出ましたし、なにより楽しかったですし」

司会「やっぱりあの番組、緊張しました?」

言子「緊張……しましたねぇ……」

司会「すごいですね、緊張なんて見てる側には全く伝わらない、伸びやかな歌声だったと思いますよ、ね」

ぱちぱちぱち

言子「あ、ありがとうございますー!」

ぱちぱちぱち

花村(確かにあの空木さんはよかった)

司会「どうなんでしょう、新曲とか」

言子「どうなんでしょうねー?『虹色スマイル』が発売されたばかりなので、」

言子「この曲を長く!出来るだけ!いろんなひとに伝えて、歌って、聞いて欲しいなと思います」

司会「しっかりした答え!かっこいい!」

花村(うんうん、空木さんはこの子供らしさと大人らしさのバランスがいいんだよね)

言子「この曲の話を最初に貰った時は、本当に私でいいんですか?って思ったんですけど……」

言子「スタッフさんも、プロデューサーさんも……みんな、私のためにこれを作って、持ってきてくれて、振り付けを考えてくれて」

言子「ほんとに……嬉しかったです!」

わーわーわー


西園寺「ねえ、おにぃ」

花村「ん?どうしたの?」

西園寺「なんか、空木おねぇ……輝いてるね」

花村「ふふ、そうだね!」


525 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/23(土) 18:48:48.46 ID:LKg1vpuLo



司会「さあ、それでは質問タイムに入ろうかと思います……はい!」


<今までで1番辛かった仕事ってなんですか?


言子「あ、なんだろ?……えーと、そうですね……5年前くらいかな……」

司会「え?そんなに前に?」

言子「あ、はい。バラエティ番組に確か番組の宣伝で出させていただいて、」

言子「そこであれ、あの、ノニ?」

司会「ああ!ノニの!」

言子「はい!ちょっとだけ飲まなくちゃいけなくて、飲んでその場でぶーっ!って出しちゃって(笑)」

司会「子供に何やらせてるんだ!ってあの当時炎上したやつですね(笑)」

言子「あんまり気にしてないんですけど、なんかスタッフさんはものすごい怒られたらしくて(笑)」


<今後やってみたいことはありますか?

言子「そう、ですね。やっぱり、スカイダイビングとか?」

司会「意外ですね!?」

言子「楽しそうじゃないですか!飛べるなんて!」


花村(変な質問なんて来てくれるなよ……?)


言子「どんな質問でもお答えしますよ!」

花村(あっ)

<言子ちゃんの好きなタイプはー!?

言子「えっ?」



1:ご、ごまかせ!
2:旬俳優って言っとけ
3:優しいから濱澤さんって!
4:なんかいい感じのやつを!
5:そのた

↓1
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 19:00:45.87 ID:o8elbN6B0
4
527 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/26(火) 07:57:56.94 ID:1gYtUK4Lo
>>526

花村(めちゃくちゃ言われるなぁ!な、なんかいい感じのやつを!)


言子「えっ?ああ……」

花村(……!)さっさっさ

言子(はい、あれを言ってみます)


言子「好きになった人がタイプですね!」

\おおお!?/

花村(!?)

言子「誰か、とかじゃなくって、その人を好きになるから好きになるんです」

言子「だから、特定のどんな人が好きとか、あんまり考えた事ないですかね」

司会「ほんとですかー?」

言子「誰が好き、とかどんな物が好き、で自分の好みを狭めたくないと言うか……大人になりたいんでーす!」


花村(かっ、かっこいい……)

西園寺「咄嗟に言った割にはかっこいいこというじゃん……」

花村「だね。以前の仕事だって変な人に言い寄られたり付いてこられることもあっただろうし、」

花村「それで特定の誰かのことを指さずにああいう風に濁せるなんて……」

花村(また変な人に付いてこられるかもしれないリスクもあるのに、敢えてこれを言ってのける……)

花村(よし、ぼく達も全力で空木さんを守らなきゃな……!)


その後も上手いやりとりが出来た!

☆結果/言子
肩書:大型新人アイドル
好感:中 (70)
体力:高 (90)
気力:高 (105)
話術:中 (79)
歌唱:良 (101)
技術:優秀(137)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (77)
魅力:優秀(129)
感性:中 (74)
コネ:最低(13)
幸運:低 (38)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(17)
体力:高 (100)
気力:高 (120)
話術:最低(29)
歌唱:中 (70)
技術:最低(16)
演技:最低(10)
容姿:良 (115)
運動:優秀(140)
魅力:最低(25)
感性:最低(9)
コネ:最低(0)
幸運:最低(0)


528 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/26(火) 08:02:18.32 ID:1gYtUK4Lo
☆【60日目】

花村「とうとう2ヶ月経過か……」

言子「感慨深いですね、私と花村さんが出会って2ヶ月、ですか」

花村「だね。意外と早かったんじゃない?」

言子「はい!ものすごく早かったです!」

言子「それに、楽しかった。まだまだたのしませてくれますよね、花村さん?」

花村「もちろんだよ!皆でテッペン取ろうね、空木さん!西園寺さん!」

西園寺「ええー?すごいめんどくさいテンションなんだけどー!?」


☆仕事の予定/言子
【60日目】レッスン←Now!
【61日目】カラオケ番組のゲスト
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継
【64日目】討論番組

☆仕事の予定/西園寺
【60日目】レッスン←Now!
【61日目】↓
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く
【64日目】面白タレント弄り

☆仕事の依頼
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:現場に急行だ
2:弐大にスケジュールを整理してもらう
3:街ブラ
4:例の話を進行
  (コンマ成否/成功で言子に新曲を準備していることを伝える)
5:そのた

↓1
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/26(火) 08:27:40.41 ID:uqAIjnsrO
1、4
530 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/26(火) 21:18:04.67 ID:1gYtUK4Lo
はーいよー
531 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/26(火) 21:25:40.77 ID:1gYtUK4Lo
>>529
4判定失敗


花村(曲はすごくいい、いいんだけど……)

花村(……この間のこと……)

花村(……空木さんは、まだ『虹色スマイル』を色んな人に聴いて欲しいと思ってる……伝えるのは今じゃないのかもしれないな)

花村(でもなぁ、早めに伝えなきゃ……)


西園寺「おにぃ?何時までぼーっとしてんの?賢者タイム?」

言子「行きますよ、花村さん!」

花村「おっと、ごめんね!今行くよ!」


☆→スタジオ


<ハラヒレホレハレ〜♪


花村「おっと、ボイトレルーム誰かつかってるみたいだね、ほんと興奮してきたな」

西園寺「こんなとこで盛んないでよ!」


すたすた

白銀「あ、お疲れみんな。今日もレッスンだね」

花村「うん、おはよう白銀さん。ふたりをびしばし調教してほしいんだ」

白銀「調教……ソソる単語だね?地味に」

言子「恐ろしい大人の会話が繰り広げられてます……?」

西園寺「そういえば、あのボイトレルームは誰が使ってんの?見たことない人だったけど……」

白銀「それが、わたしも今日初めて見た人なんだよね。どっから来たんだろう……」

白銀「花村くん、あの人のこと知ってる?」



1:2人で合同ダンス訓練(ダンス系↑↑)
2:個別の苦手科目を練習
3:ちょっと皆で外に飛び出そう
4:そのた
X:あのブースの人は……(コンマ80以上で自動派生)

↓1
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/26(火) 21:28:00.97 ID:BIz2CKrL0
1
533 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/27(水) 10:42:03.56 ID:dNlbbYPZo
あいやしばらく
534 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/27(水) 10:51:00.72 ID:dNlbbYPZo
>>532


花村「うーん、どこかで見たような……?」

白銀「知ってる人なら話をしてきてもいいよ。こっちはふたり一緒にダンス練習しようね」

西園寺「はーい!……あれ?今日、終里おねぇは?」

白銀「ちょっとご飯食べに行ってるよ。戻ってくるまで、まず準備運動しよっか」

西園寺「終里おねぇはほんと野生だよねー!それもまぁいいとこだけど……」

言子「とにかく体をあっためまーす!」





すたすたすたすた


花村「うーん、あれ誰だっけな……?」


<うぉ〜〜〜〜〜!!!!


花村「……えーっと、いや、見間違いじゃなさそうだな……」

がちゃ

謎のシンガー「ふぅ……」

花村「やはり……謎のシンガーLEON……!」

花村「いや、【桑田 怜恩】くん……かつて高校野球を制した時代の寵児!」

桑田「あん?オレの丸坊主の頃知ってる感じ?ったはー、アレってマジデビル似合わねえからヤなんだよなぁ」

花村「桑田くん、なんでここに?」

桑田「いやいや、オレはシンガーLEONとしてデビューすんだよ」

花村「デビュー?」

桑田「そう、あの舞園ちゃんと同じ事務所からな……!」

花村「!」

桑田「アイドル戦国時代だろ?オレもそう言う感じのとこ狙いたかったけど、シンガーとしてやっていきてーんだよ」

桑田「歌って踊るだけがオレの才能じゃねぇってわけ。つーわけで、今はまだデビュー前でよ、練習所が借りれねぇから色々探して」

桑田「たまたまここ空いてたから来たんだよ」

花村「あ、ああ……そうなの……」

花村(今後もここで桑田くんと出会うことがあるのかもしれないなぁ……)


535 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/27(水) 10:52:53.09 ID:dNlbbYPZo



☆結果/言子
肩書:大型新人アイドル
好感:中 (70)
体力:高 (70)
気力:高 (80)
話術:中 (79)
歌唱:良 (104)
技術:優秀(137)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (84)
魅力:優秀(129)
感性:中 (75)
コネ:最低(13)
幸運:低 (40)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(17)
体力:高 (95)
気力:高 (100)
話術:最低(29)
歌唱:中 (70)
技術:最低(26)
演技:最低(10)
容姿:良 (115)
運動:優秀(142)
魅力:最低(26)
感性:最低(10)
コネ:最低(0)
幸運:最低(3)


536 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/27(水) 10:57:56.32 ID:dNlbbYPZo
☆【61日目】


花村「よぅし、今日から3ヶ月め。気を引き締めて頑張ろうね」

言子「勿論でーす!」

花村「じゃ、仕事内容を整理していこうか……」


☆仕事の予定/言子
【61日目】カラオケ番組のゲスト←Now!
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継
【64日目】討論番組

☆仕事の予定/西園寺
【61日目】レッスン←Now!
【62日目】おやすみ
【63日目】ラジオ中継について行く
【64日目】面白タレント弄り

☆仕事の依頼
【66日目】突発/30分のラジオ生放送
【67日目】雑誌の取材(言子向け)
【68日目】カフェの取材
【68日目】突発/生放送でアピール(言子向け)
【70日目】水着で撮影(ふたり分)
【71日目】海の家を取材
【71日目】カニを食べる仕事
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【75日目】バイト体験の番組
【75日目】ランドセルのCM撮影
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで
1:現場に急行だ
2:弐大にスケジュールを整理してもらう
3:街ブラ
4:例の話を進行
  (コンマ成否/成功で言子に新曲を準備していることを伝える)
5:そのた

↓1
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/27(水) 11:37:34.83 ID:F1/0LaioO
2.4
538 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/28(木) 03:10:30.81 ID:qoTDSlkao
>>537
うーん、失敗……?


花村「あ、空木さん、話が……」

言子「はい、今……あれ、花村さん、入り時間何時でしたっけ?」

花村「え?確か今日は……」

花村「……」さぁぁぁぁぁぁ


花村「ち、遅刻するぅぅぅぅ!?」


☆数十分後


花村「ま、間に……」

言子「行ってきます!」

花村「い、行ってらっしゃい、行ってらっしゃ……」はひー

言子「ちゃんと事務所戻ってスケジュール確認、お願いしますね!」

花村「ごめんなさい……!」





弐大「がっはっは!珍しいのう、お前さんにしちゃあ。時間ギリギリじゃったか!」 

花村「久しぶりに慌てたよ……あ、西園寺さんは?」 

弐大「自分で出かけたわ。流石に、道は覚えたようじゃの」

花村「はぁ……またしそびれちゃったな……」

弐大「? 新曲の件か?」

花村「流石に早くしておかないと練習が間に合わないでしょ?だからさ」

花村「それに……」

弐大「……ああ、大型の仕事の件なあ。そちらも進めないと不味いか」

花村「うん。だから準備しないとね。あ、弐大くん、スケジュール調整もお願いしていいかな?」

弐大「応、分かった。その代わりお前さんは、曲と仕事の件をちゃんと進めるんじゃぞ」

花村「うん、分かった!」


花村(ドラマの主役の件もあるし……そろそろ本決まりしておかないと……)
539 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/28(木) 03:19:26.81 ID:qoTDSlkao
☆【62日目】


花村「……は、今日は休みか……」

花村「空木さんも西園寺さんも、事務所の皆も一斉に休みを取ってしまった……」

花村(確か、電話番兼アポ確認で苗木くんの妹さんだけ事務所にいるはずだ。仕事できるから任せられるんだよなぁ)




テレビ『舞園 さやか率いる【ニュースターエージェンシー】、ビッグイベント開催!』

テレビ『○○月××日、Tookyoドームにて開催!チケットは前売り6000円から……』


花村(ニュースターエージェンシー)

花村(アイドルも多く所属するタレント事務所、養成所があるために多くの子が毎年書類審査に掛けられている)

花村(良い事務所らしいけど、代わりに悪い噂もたくさんある。社長だか、マネージャーだかが悪列な人物らしい)

花村(うちの社長は話したがらないけど、かつてホーププロダクションにいたアイドルはかつて根こそぎここに持っていかれた)

花村(引き抜き……移籍ってことになってるけど、どんな手を使ったのか考えたくもない……)


花村「桑田くんもここからデビューか……まずいなぁ」

花村「向こうは一大事務所だ。ぼく達弱小で勝てるのかな……」



1:即戦力がいれば……
(プロデュース担当ではないタレントが来る)
2:何かいい案は……
(フリーのディレクターと仲良くなる)
3:せめてレギュラーがあれば……
(ローカル局のレギュラーの話がくる)
4:そのた
(内容指定+コンマで判定)

↓1
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/28(木) 07:13:08.72 ID:w0JDPnaJ0
初見、アポ確認を桑田と勘違いした。
安価はメジャー局とコネを築く(コンマ判定あり)で。
541 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/28(木) 19:33:32.31 ID:qoTDSlkao
>>540
どこか有名な局にコネクションがあれば……


花村「と言ってもそんな簡単には行かないだろうし……」

花村(でも……ええい、ここは行動するしかないな!)


がちゃ





花村「と意気込んでは見たものの……」


再現ドラマの準レギュがあるテレビJAPANは既にコネがあるはず。
なので、このまま結果を出し続ければ新しい仕事が来る可能性は高い。
実際、今来ている主演ドラマの話はテレビJAPANからの依頼だったはずだ。断れるはずもない……。

ミドリヤマスタジオは前回飛び込みで行った時の感触がいい。新曲を発売する時には確実に呼んでくれるだろう。
日曜日夜の伝統あるドラマへの起用だって考えられないことではない。

花村(と、なると……)

ダイバーテレビジョン
NTD
テレビ夕日
トーキョーホーソー

花村(ここにコネクションが欲しいか?うーん)

ダイバーテレビジョンはお台場の海に浮かぶ人工島のテレビ局だ。バラエティ、ドラマ、音楽、多彩なジャンルを持っている。
しかし、昼間の情報バラエティ番組への起用はリスキーだ。かなり過激な報道をしているらしい……。

NTDは公共放送を唄うだけあり、最も正確なニュース番組、経済番組などを持っている。バラエティは特にタガを外しやすい。
子供向け番組や教育系の番組も多い。語学番組のレギュラーになれば、半年は安泰だ。

テレビ夕日は主にバラエティへの評価が高い。優秀なディレクターが多数在籍し、放送作家も多く出入りしている。
音楽番組の生放送知識も非常に広く有しており、かなりの実力があると言っていいだろう。

トーキョーホーソーは我を貫く。それだけである。アニメの天国、深夜の聖地。


花村(どこかの局に行ってみる?いや、うーん……)


1:どこか行ってみる(指定)
2:ミドリヤマスタジオを倍プッシュ
3:ラジオも良いかも?
4:そのた

↓1
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/28(木) 19:39:45.04 ID:wwgpa6kx0
543 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/05/28(木) 22:00:58.46 ID:qoTDSlkao
>>542


花村「よし、そうだ!」


☆→ミドリヤマスタジオ


AD「あー、すいません……今は枠、空いてなくて」

花村「ええ!?」

AD「ほら、新人が今度デビューするじゃないですか、あそこから」

花村「ああ、ニュースターエージェンシーの……確かに……」

AD「で、うちの局はニュースターさんが株主なもんで」

花村(なるほど、ニュースターはタレントを生み出し、ミドリヤマがそれを広報する……すごい関係性だな)

AD「申し訳ない、本当に!でも、新曲出来たら流したいって、Dも言ってますから」

AD「だから、その時は言ってください。今すぐじゃないけど、絶対枠作ります、僕クビになっても、絶対」

花村「いやいやいや、そこ、までは……」

AD「……!」

花村「……! わ、わかりました、必ずや連絡します」

AD「はい!」





花村「うう、今すぐの仕事に繋がらなさそうだな……」



1:やっぱ別な局に声をかけてみるか
2:そのへんふらふらフラミンゴ
3:こうなりゃニュースターに殴り込み?
4:そのた

↓1
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/29(金) 00:09:13.17 ID:wDU91vwDO
2
545 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/01(月) 15:01:04.25 ID:ICLNtbgbo
>>544


花村(ぐぬぬぅ……手柄ゼロで帰る訳にも……)


☆→ミドリヤマスタジオ周辺


花村(オシャレなカフェに来た。噂ではここには業界人が多数来るらしい)

ざわざわ

花村(だけど、業界人がこんなオープンスペースで仕事の話を大っぴらにするだろうか……)


ひらひらひら ぺら

花村(ん?)

女性「ああ、すみません!」

花村「ああ、ええと」ぴら

花村(これは……何かの企画書みたいだ。複数の女性タレントを集め、新人アイドルグループを作ろうとしているらしい)

女性「あれ?貴方、もしかして空木さんの……?」

花村「え?あ、すみません……はい、え?」

花村(ん?なんでぼくと空木さんのことを知ってるんだ?)

女性「私、ミドリヤマスタジオのスタッフ、吉沢と申します」べこりん

花村「ああ、どうもご丁寧にすみません……しかし、なぜぼくのことを知って居るんです?」

吉沢「実は、その……貴方が今拾ってくださった企画書の事で悩んでおりまして」

花村(……?)

吉沢「今のご時世、なかなか実力と人気を兼ね備えた女性タレントと言うのは少なくなりました」

吉沢「なので、実力はありながら知られていない女性タレントを集め、グループを結成する新番組を計画しています」

吉沢「それで、色々リサーチしていた時に、ホーププロダクションさんの情報に突き当たりまして……」

花村「なるほど……それでぼくのことを……」

吉沢「聞けば花村さん、2人目のアイドル育成に取り組み始めているとか」

花村「? え、ええ、まだデビューは先ですが」

吉沢「どうでしょう!」

花村「……まさか」

吉沢「忖度無しのオーディションに合格すれば、ブレイクは確約します」

吉沢「貴方のアイドルを、我々に預けてみてくださいませんか!」


▼突飛な申し出だが……
1:本人に聞いてみないと……
2:分かりました、ぼくから説得します
3:あの子には早すぎます
4:もう少し考えてみないと……
5:そのた

↓1
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 15:03:05.59 ID:eXVMh+uno
4
547 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/01(月) 15:07:02.71 ID:ICLNtbgbo
>>546

花村「いや、いやいや!さすがに突飛すぎて……!」

吉沢「で、ですよね、す、すみません私ったら……」

花村「少し、考えさせてください。きっと本人にとっても良いステップになるとは思いますが」

花村「同時に、とてつもない試練にもなりうる問題です」

花村(今の彼女のままでそのままテレビに映されれば、ましてや何かの演出など受けてしまったら……きっと視聴者からのヘイトは彼女に……)

花村(……)

花村「良い申し出なのに、すみません」

吉沢「いえ、こちらも突然不躾なことを言っていますから!」

花村「ぼくと貴方だけのことだったら良かったんですけどね。ふふ、ぼくの手で歌わせてあげたいなぁ、なんて」

花村(茶を濁すように適当なことを言ってみる)

吉沢「えっ……?///」

花村( えっ ? )


花村(吉沢さんからめちゃくちゃアプローチを受けたので逃げるように立ち去った。こわい)

花村「ホテル誘われそうでこわい……」


548 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/01(月) 15:15:01.79 ID:ICLNtbgbo
☆【63日目】


☆仕事の予定/言子
【63日目】ラジオ中継←Now!!
【64日目】討論番組
【65日目】おやすみ
【66日目】ラジオ生放送
【67日目】雑誌の取材
【68日目】生放送でアピール
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】海の家の取材

☆仕事の予定/西園寺
【63日目】ラジオ中継について行く←Now!!
【64日目】面白タレント弄り
【65日目】おやすみ
【66日目】レッスン
【67日目】レッスン
【68日目】カフェの取材
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】かにをたべる

☆仕事の依頼
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【75日目】バイト体験の番組
【75日目】ランドセルのCM撮影
【76日目】◆アイドル番組/オーディション
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


花村(きょう辺り、さすがに新曲の話はしておかなきゃな……ドラマも控えている)

花村「調子がこのまま良ければいけるとおもつんだけど……」

花村(それに……アイドル番組のオーディションの話も……)

花村(西園寺さんを華々しくデビューさせるならそっちの方がいいのかな?)

花村(ただ、あの性格でやって行くのがどうか……)


弐大「悩んどるのう花村」

花村「プロデューサーだからね。ふたりの人生預かっちゃってるし」


▼今回は1こまで
1:現場に急行だ
2:弐大にスケジュールを整理してもらう
3:街ブラ
4:西園寺にアイドル番組の話をする
X:例の話を進行
  (自動選択/言子に新曲を準備していることを伝える)
5:そのた

↓1
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 15:30:18.44 ID:fo+ptE1WO
4
550 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/01(月) 17:38:04.54 ID:ICLNtbgbo
突然の44

内容を考えてくるのでしばしお待ちを
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 18:40:57.36 ID:IJ3MJeIV0
コンマ神は歌を作らせない気か・・・?
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/02(火) 20:18:19.27 ID:gF0nBKGF0
44だから、新曲に盗作疑惑が浮上したとか…?
553 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/03(水) 07:53:08.84 ID:95hQAVc9O
コンマ44は「致命的なミスをする」
554 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/03(水) 08:00:45.80 ID:95hQAVc9O
>>549

花村「まずは西園寺さんに仕事の話を───」





西園寺「ふぅん、面白そうじゃなーい?」

花村「ただ、これは【リアリティショー】の側面を含んでる。西園寺さんへの誹謗中傷が起きる可能性もあるんだ」

西園寺「リアリティショー?」

花村(ここ数年、リアリティショーの在り方は問題視されてもいる。国内だけじゃない、海外もだ)

花村(彼らは台本のない素の姿で舞台に上がることを求められる。そして、発信者と受信者の距離が近すぎる今)

(それは余りにも、危険な行為に他ならない)

花村「もちろんぼく達も全力でカバーはするけど、全部守れる自信は……」

西園寺「……いいよ、その程度」

花村「その程度?」


花村(そうだ、その時の西園寺さんは、どっか悲しそうな顔をして)

西園寺「その位、慣れてるもん」

花村(泣き出しそうなのを我慢するように漏らした)


花村「……無理しちゃ、ダメだからね」

西園寺「え?なに、おにぃのくせに優しーなぁ」

花村「まぁ、ね。ぼくは君達のプロデューサーだから」

西園寺「別にいいけどさ。おにぃの短足でどこまでわたしに着いてこられるかな?」

花村「短足って、ひどいなぁ!」


花村(ぼくは、気付くべきなんだろうか)

花村(それとも、踏み込まなくても良いんだろうか)


(この歳の子供が、誹謗中傷に慣れてるなんて有り得ないだろう)


花村(───西園寺さん)

(ここで声をかけないのは、ぼくが弱いからか、それとも何かが恐ろしかったのか)


555 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/03(水) 08:08:05.90 ID:95hQAVc9O


花村(ラジオ終わりに空木さんとも話しないとな)


………………。


言子「まぁ……!そうなんですか!?」

花村「うん。今現在、進行形で進んでる」

花村「これがデモテープ。聴いておいて」

言子「ついに、私の第二弾シングル……!」

花村「これも配信限定で行く予定だ。リターンも多いし、ぼく達で管理できるからね」

言子「分かりました。ふりつけは?」

花村「今終里さんが練ってるとこ。決まり次第連絡があるはずだよ」

花村「本当なら空木さんの言う通り、1枚目のシングルをもっと長くプッシュすべきなんだけど」

花村「ごめん。そこはぼく達に力がなくて……」

言子「いいえ、いいえ!謝ることじゃないですよ!」

花村「……ありがとう。とにかく、今は新曲のこともあるし、空木さんのステップアップも、西園寺さんの活動も」

花村「色々あるけど、ここを乗り越えてもっと面白いことをしよう、空木さん」

言子「! はい!ぜひ宜しくお願いしまーす!」(♡↑↑↑)


(いいことがずっと、続けばいいのに)

(……ずっと、いいことだけが)


556 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/03(水) 08:12:04.90 ID:95hQAVc9O
☆【64日目】


社長「……」むう

言子「そんな……」


からんからん


花村「おはようござ……あれ?社長?空木さん、一体……」

ぱさ

社長「これを見てくれ」

花村(え……さ、作曲者が……逮捕……?)

社長「フリーランスの作曲者に依頼したんだが……くっ、まさかその作曲者が窃盗犯とはね……!」

社長「やられたよ。曲のプロジェクトは一時停止だ」

花村「な……」

言子「さすがに犯罪をした人の曲を歌う訳にはいかないですもんね」

社長「レコード大賞候補の曲を作った実力派だから信用してたんだがな!どうしたもんか……」



1:社長と会議
2:そうだ、誰か知り合いに……(キャラ指定)
3:言子のケアを優先
4:そのた

↓1
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/03(水) 08:50:15.17 ID:W75BuqlaO
3
558 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/05(金) 08:09:03.80 ID:QBV6uMj0o
>>557


花村「……空木さん」

言子「終里さんも……作詞の方も、すごく残念がっている、でしょうね」

花村「ぼくたちも当然、残念だけど……」

花村「ごめんね、空木さん。ぼく達が迂闊だから……」

言子「いいえ、いいえ!そんなことはないですよ!だって、こんなの……気付きようがない!」

言子「人の家に入って盗みを働いている人が……作曲家だなんて!」

花村「そう……だね。今回はそういう事になってしまった」

花村「……でも、昨日の今日の出来事だし、結果的にぬか喜びさせてしまったことは事実だ。本当に、ごめん」

言子「花村さんが謝ることなんて……! 

花村「きみを悲しませてしまったことに、謝らせてくれないかな」

言子「……ッ……、あ、貴方は本当にそう言うところ、律儀なんですのね!」

花村「終里さんにもこっちからフォローしてみる。新しい曲が決まったら、直ぐに言うね」

言子「は、はい。お願いします」

花村「あの曲もいい曲だった。だけど、今こうして世に出なくなるってことは……」

花村「もしかしたら、空木さんをもっと良い曲に出会わせてくれる、ってことなのかもしれないね」

言子「……そう、だといい、ですね。花村さんも、あまり気張らずにお願いしますね?」


花村(ええとええと……)


社長「作詞家の方には私から連絡を入れようと思ったんだが、向こうから先にメールが来ていたよ」

花村「早いですね」

社長「先に情報が入ったのかもしれないな。他の候補曲を含めてデータを送ってある」

社長「前回ボツにした詩がいくつかあるそうなので、それを利用して前回より早く曲を上げると意気込んでるようだよ」

花村「助かります。ぼくは終里さんと、空木さんのケアを」

社長「そうしてくれ。あとは外回りに行ってくるよ」

花村「社長自らですか!」

社長「……作詞作曲は、自社のチームを組むべきかも知れないからね」がたん

花村「……!」
559 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/05(金) 08:13:05.86 ID:QBV6uMj0o
☆仕事の予定/言子
【64日目】討論番組←Now!!
【65日目】おやすみ
【66日目】ラジオ生放送
【67日目】雑誌の取材
【68日目】生放送でアピール
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】海の家の取材

☆仕事の予定/西園寺
【64日目】面白タレント弄り←Now!!
【65日目】おやすみ
【66日目】レッスン
【67日目】レッスン
【68日目】カフェの取材
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】かにをたべる

☆仕事の依頼
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【75日目】バイト体験の番組
【75日目】ランドセルのCM撮影
【76日目】◆アイドル番組/オーディション
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!



花村(今日も仕事があるけど、空木さんのメンタルが心配だな……)

花村(ううん、だけど西園寺さんのやつも心配すぎる!カット箇所の確認はぼく自身がその場で判断したいし)

花村(ああもう、スタッフがもっと欲しいなぁ!)


弐大「無ッ?どうしたんじゃあ、花村?」

花村「今日に限って気になることが多すぎるよ!」

弐大「気持ちは分からんでもないがのう……」


▼2こまで
1:言子の仕事場/西園寺の収録どちらかに着いて行く
2:スケジュール調整を弐大に頼む
3:念には念をで言子を休ませる(ドタキャン扱い)
4:コンビニでかいもの
5:そのた

↓1
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/05(金) 08:47:29.86 ID:skZq7GAoO
1 西園寺 と4
561 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/06(土) 21:40:41.92 ID:yz3hVMmro
【報告】
完全に私事になってしまって大変申し訳ないのですが、
使用中の端末が不具合を起こし、更新がしにくい状態が続いております。
しばらくの間、更新がちょっと遅くなりますがご了承ください。
562 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/06(土) 21:45:50.97 ID:yz3hVMmro
>>560


花村「むむむ……」


言子「まあ!花村さん、私の方はどうかお構いなく。西園寺さんのほうに行ってください」

花村「だ、だけど……」

言子「ふふ、気にしてると思ってますか?」

言子「全く、心配性すぎます!心配性と言えば、不安すぎてぬいぐるみをカバンに入れる歌がありましたね?」

言子「私は大丈夫でーす!……もっとひどいことなんて、いくらでもありましたから」

花村「……空木さん」

言子「気持ちは嬉しいですよ、花村さん。だって、私のことを考えてくださるんだもの!」

言子「大丈夫。行って」

花村「……ごめん!」


たたたたた、がちゃん  からんからん


言子「全く、花村さんってほんとよわよわですよね。こういう時に、どっしりしてもいいのに」

弐大「そうなれんからアイツらしい、とも言えるがの」

言子「ですね。……さて、行きますか」

弐大「応、送るか」





花村「ちょっとコンビニでお茶でも買おうか、西園寺さん?」

西園寺「え?花村おにぃ、まさか変なプレイでもするつもりじゃあ……」

花村「お茶からそんな発想出てくるきみが怖いよ。まあいいけども!」

花村(西園寺さんが疲れた時用に、お団子とか買っておくか)


563 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/06(土) 21:56:23.02 ID:yz3hVMmro
☆【トーキョーホーソー】


花村(この番組、ここのだったのか……)

花村(チープなセット、少ない演者とスタッフ、そしてゲストの雑さがちょっと心配だけど……)


スタッフ「……という感じです。大丈夫ですか?」

西園寺「はーい!基本的に、キツいこととか言って困らせたらいいんでしょ?」

スタッフ「そうなりますね」

??「小さなバラでも棘はある……可愛いからって侮れないな」ふっ

スタッフ「ああ、颯馬さん」

西園寺「見たことある!【キャラビー】の【颯馬 数外代(ソウマ カズトヨ)】さんでしょ!?初めまして!西園寺 日寄子でーす!」


花村(中堅芸人、【キャラメルビーチ】の人が……今回の司会で、登場するタレントさんへのフォロー係らしい)

花村(そして西園寺さんは、もう一人のゲストの人と一緒に審査する側。出てきた一芸タレントさんたちに色んなことを言う係だ)

花村(西園寺さんには、キツいこと、辛辣なセリフを期待されている。リスキーだが、その辺の配分は彼女自身わかってるはずだし……)


エッセイスト「元【超高校級のエッセイスト】、立花 ミカです。よろしく」

西園寺「はーい!西園寺 日寄子です!よろしくお願いしますね、おねぇ!」

エッセイスト「ふふ、ええよろしく……」





そして本番がいよいよ始まろうとしている……。

花村「西園寺さんの方向性を決定づける日なのかもしれない……」



1:毒舌は売りだ。キツめにやろう
2:毒と薬を使い分ける優しい目線が欲しい
3:ちょっと抜けてるくらいがいいかも?
4:毒と言うより真剣さがいいかもね
5:そのた

↓1
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/06(土) 21:58:31.50 ID:NhxLM0vJO
4
565 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/09(火) 21:33:45.49 ID:Ia9JHyhCo
テスト。
566 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/09(火) 21:40:26.86 ID:Ia9JHyhCo
>>564

花村「毒づくと言うより、ちょっと真剣さのある方がいいかもしれないね、そっちの方が求められてるかもしれない」

西園寺「うーん?……分かった、ちょっと気をつけてみるね」





タレント「私は利き酒日本一タレントです!」

立花「お身体壊したりされない?大丈夫?うふふ」

タレント「全然!もういくらでも大丈夫なので、毎日お酒を楽しみながら……」

西園寺「それってさぁー、お仕事に繋がっているの?」

タレント「な……」

西園寺「ほんとに好きならそれでもいいけど、いやいや仕事のためにやってるなら身にならないよ?」

立花「それもそうね」賛成!

タレント「!」

颯馬「待ってよ2人とも」反論!

西園寺「どうしたの?数外代おにぃ」

颯馬「彼がほんとに趣味でやってるかもしれないのに、決めつけはよくないな。話を聞こう」

タレント「は、はい。私は日本全国の日本酒、ビール、ワインなど、様々な種類の酒類を嗅ぎ飲み分けることが出来まして……」

西園寺「はーい!じゃあ、ほんとに出来るかやってもらおうよ!」

タレント「! ええ、ぜひ!」





花村(タレントに目隠しをしたぞ、どうするつもりなんだ……?)

西園寺「で、全部水にしておくの!どうかな?」

立花「まあ!すてき!」

颯馬「なるほど。確かにそれなら分かるかもしれないね」
567 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/09(火) 21:45:28.79 ID:Ia9JHyhCo



タレント「これは……瑞々しいですね」

タレント「飲みやすい!まるでお水みたいだなぁ」

ぐび
ぐび

タレント「うーん……?」

ぐび

タレント「! これは!」

颯馬「何かわかった?」

タレント「ええ、清涼感が溢れて、口の中が洪水になりそうです!」

西園寺「……(笑)」

立花「!!」





そしてこのいたずらにより、このタレントが虚偽の報告をしていた事が判明してしまった───

タレント「……そんな、せっかく……ここまで……」

西園寺「だから言ってるじゃーん、嘘なんて無駄なんだって」

ぽん

西園寺「でも、味の感じ分けみたいなのはしてたし?路線は合ってるんじゃないかなぁ」

西園寺「酸味に弱いみたいだから、そこを気をつけたらいいんじゃない?」

立花「そこまで分かるのですね、素晴らしい……」

西園寺「ところでさー、おねぇ」


西園寺「おねぇは何年卒業なの?」

立花「……!」

花村(!?)


▼雲行きが怪しい。成功ボーナスで発展しました
1:西園寺、新番組に起用?
2:エッセイストと討論へ(勝つ)
3:颯馬の番組アシスタント内定
4:そのた

↓1
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/09(火) 22:13:38.32 ID:LpGE4cqLO
2
569 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/11(木) 20:46:09.53 ID:f4UEJGxSo
スマホ復活祭
570 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/11(木) 20:56:46.26 ID:f4UEJGxSo
>>568

立花「それは……」

西園寺「わたしの記憶では、立花なんて人は卒業してないと思うなぁ?」

西園寺「あ!それとも────」


「予備学科?」


立花「!」顔面サアァーッ


西園寺「あ、あったりー!」

颯馬「立花さん、貴方……」

立花「……ええ、ええ!そうよ!私は【予備学科卒】!でもそれがなんだって言うの!?」

立花「希望ヶ峰を出ていればみんなチヤホヤしてくれる!例え予備学科でもその名前だけで羨んでくれる!」

立花「私の夢の為に必要だったの!何が悪いのよ!」

西園寺「生き恥じゃないの?嘘はダメだってば。それは辛いだけでしょ?」

立花「ガキが……舐めてると潰すわよ……」

西園寺「嘘は良くないんだって。だからさぁ」


西園寺「立花さんのエッセイ、ほんとに面白いのに、肩書きが邪魔なんだよねー」

立花「……!?」ぴくっ


花村(え……?)
571 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/11(木) 21:01:58.30 ID:f4UEJGxSo
西園寺「だってさぁ、あんなに面白い文書書いてるのが、才能があるから当然、なんて言われるの腹立たない?」

西園寺「どれだけやっても、どれだけ上手く出来たと思っても、それが当たり前だなんて言われたら頭に来ない?」

西園寺「違うよねー?おねぇはがんばって、がんばって、たくさん勉強して、そしてあれだけのものを書けるようになったんだよね」

西園寺「自分に嘘つくの、辛くない?わたし、そういうのは嫌いだな」

花村(西園寺さん……)

立花「う、うう……う……! 」すとん

颯馬「さすがだね、西園寺さん。君のことを信用してほんとによかった」

西園寺「そーお?おにぃも何言われるか分かんなくて怖かったんじゃないの?」

颯馬「賞レースに勝ってないとか、そういうのは言われ慣れてるからね。それに、一番が素晴らしいわけじゃないよ」

西園寺「おにぃ……」

ぽん

颯馬「そうでしょう?立花さん。人は誰だって、この世界のオンリーワンなんだから」

颯馬「自分と言うジャンルのナンバーワンでオンリーワン、ライバルは自分自身。ね、だから元気だして」

立花「私を……責めないの?」

西園寺「そんなの意味ないし、そもそもおねぇは自分のことずっと責めてたんじゃない?」

颯馬「なら僕達がやることはひとつ。本来の君を抱きしめることだけさ」

立花「颯馬さん……西園寺さん……、私、私はなんてことを……!」


そしてこの番組があるひとつの「キッカケ」になるのだが、それはまた別の話。


572 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/11(木) 21:06:38.53 ID:f4UEJGxSo



☆結果/言子
肩書:大型新人アイドル
好感:中 (78)
体力:低 (30)
気力:中 (55)
話術:中 (84)
歌唱:良 (108)
技術:優秀(141)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (85)
魅力:優秀(130)
感性:中 (77)
コネ:最低(13)
幸運:低 (50)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:最低(30)
体力:低 (15)
気力:低 (20)
話術:低 (50)
歌唱:中 (70)
技術:最低(29)
演技:最低(15)
容姿:良 (115)
運動:優秀(142)
魅力:最低(29)
感性:最低(18)
コネ:最低(5)
幸運:最低(10)


573 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/11(木) 21:12:18.77 ID:f4UEJGxSo
☆【65日目】


<あの人気司会者が活動自粛!?

<複数人の女性と交際!?


花村(うわー……)


花村(濱澤さんや、昨日の颯馬さんはそういうの無さそうだけど、一回ああいうの出たら番組は全部吹っ飛ぶからなぁ)

花村(出てくれるなよ、逮捕者……)


ぴっぴっ


<リ-ビン センシ-ン
<今年の夏はこれで、きまり!

花村(ほかの事務所のアイドルも可愛いよな……)

花村(あ)


<つめたぁーい、もなか、なのじゃー!


花村(MONACAちゃん……だっけ?なんかの雑誌で見たな…… )

花村(なんでも個人事務所に所属してて、お兄さんがプロデュースしてるとか……すごいなぁ……)

ぴっ

<ンダゴルァ!!コッチミンジャネェ!!
<暴走族集団が街を暴れ尽くす
<オレァコノバステイヲエモノニシテンダ
<がごおおおんっ


花村「……」

花村「……戸締り、気をつけよ……」


▼あと3回くらい行動
1:映画でも見ようかな
2:瞑想します
3:スポーツのアクティビティ
4:そのた

↓1
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/11(木) 21:16:58.40 ID:An6yNIBuO
2
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 07:04:30.56 ID:jr+zBYqU0
さらっと時事ネタぶっこんでくるの流石ですね。
576 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/13(土) 16:31:19.13 ID:b04EJdJSO
来週ちょっと長めに休み頂くかもですー、更新がなくても死んでないので安心してくださいね
577 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/13(土) 16:36:28.71 ID:b04EJdJSO
>>575
お褒めの言葉で有難う御座い丸が出港しました。

>>574


花村(そうだ!ここは瞑想してみよう)

花村(アメリカでも「禅」と言うのは用いられているし、ぼくがこれを習得していればアイドル達にも教えられるかも)









花村(────)

花村(部屋を暗くして、四隅でロウソクを付ける。アロマディフューザーでイランイランの香りを撒き散らし)

花村(なんかちょっとムラムラしてきたような気がしていたが、それも数分の話。気がつけば、深い集中状態に陥っている)



影の花村「それにしても、上手くやってるね?ぼく」

花村「!? 誰だ!?」

影の花村「誰でもいいでしょ?いい男ってことだけ分かればいいさ」

花村(自分で言うのもなんだが、非常に腹立つ顔をしている)

影の花村「たまに思わない?他のアイドルがコケてくれたらとか、誰か引退したら?とか」

花村(……)

影の花村「そうすれば、ぼく達や他のアイドルがもっと活躍できるのにね」

花村(……)

影の花村「そうだよ、それこそ伝説なんて言われてるけど、舞園さやかが───」


花村「くだらないな。そんな節穴節脳みそでぼくの名前を名乗らないで欲しいよ」
578 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/13(土) 16:42:53.84 ID:b04EJdJSO
影の花村「なに?」

花村「ふふん、誰かを蹴落として上に上がっても、それは結局繰り上がりでしかない。自分が高まったわけじゃないでしょ?」

花村「それって本当に実力なの?それは幻想の喜びでしかないでしょ?」

影の花村「!」

花村「ぼくは、2人にはそんな風にはならないでほしい。そんなことをしたって、誰も喜ばないから」

花村「誰かの不幸を祈るようでは3流、自分のミスを無いようにするだけなら2流」

花村「無意識でも、その場を楽しめるようになって初めて1流だ。ぼくは厨房でそれを学んだんだよ」

影の花村「かっこつけちゃって。どうせほんとはアイドルとヤリたいくらいしか思ってないくせに」

花村「え?アイドルとはヤリたいよ?」

影の花村「あ、それは認めるんだ」

花村「ばりばりヤリたいよ。それは当たり前じゃない、ぼく男の子だよ?」

影の花村「そんな正論みたいに言われても」

花村「でもそれは純粋に性的なものだけじゃないんだってこと。はぁ……君はお子様ランチから出直しな」

花村「卵の使い方も分かんないようじゃ、一生カチカチのオムレツしか作れないよ」


花村(気が付くとぼくは全身から汗をかきながら、壁に向かって喋っていた)

花村「こんなの見つかったら不味かっただろうな……あっ」

花村「……」

花村「……ふぅ…… 、さーて片付けよーっと」


☆花村の高感度が上がりやすくなった。


▼あと2回くらい
1:おでかけ致しません?
2:ご飯でも作ってみよう
3:よーし、ランニングだ
4:そのた

↓1
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 17:11:43.38 ID:zufeV7Nt0
2、ところで今回も舞園はラザニアが好きなんかな。
580 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/14(日) 09:35:39.72 ID:20PZFZ1WO
他の作家さんや公式はともかく、この見慣れたコテの作る世界線では「舞園さやかはラザニアが好物」です。逃れられぬ運命
581 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/14(日) 10:14:02.94 ID:20PZFZ1WO
>>579


花村「時間もあるし、ちょっとランチでも作ろうかな?」

さがさがさがし

花村「最近ちゃんと料理を作ってないからなぁ……お母ちゃんに怒られちゃうよ、こんなんじゃあ……」

花村「ん……」

さがさがし

花村「この材料なら……出来そうだな、あれが」



☆ご家庭でも簡単に作れる!餃子の皮を使った簡単ラザニア☆
参考→ttps://oceans-nadia.com/user/10254/recipe/145019など!

花村「まずはミートソースを作ろう。ひき肉と……あった、玉ねぎと人参と……」

花村「それからニンニク!」

♪point
食材は細かくみじん切りにして、火を入れすぎないように。
野菜をオリーブオイルで炒め、しんなりしてきたらすかさずひき肉を入れて混ぜよう!

じゅわああああ……

花村「火が通ったら薄力粉。さらにしっかり炒めたら……」

きゅぽ

花村「赤ワイン50CC……アルコールを飛ばしてからホールトマトを入れる、と」

くつくつくつくつ

♪point
ホールトマトは潰しながら入れよう!水っぽすぎるなと感じたら、弱〜中火にならない程度の火で10分ほど煮込もうね。
ローリエなどを入れると香りが引き立つぞ。
赤ワインを入れないレシピや、仕上げにバターを入れるレシピなどもあるので調べてね。

花村「さーて、これでミートソースはオッケー。次は別なお鍋で」がたん

花村「ホワイトソースっ!さて、フライパンに有塩バターと薄力粉……これを弱火でぐっつぐつ!」

♪point
有塩バターと薄力粉が纏まってきたら、3〜4回に分けて牛乳を入れるよ。ちょっとずつ伸ばしていこうね。
とろっとろになったら全部牛乳を入れて、塩コショウで味を整えてみよう。
レシピによっては他に色々入れたりするよ。今回は餃子の皮だからそんなに味濃くなくてもいいかな?

花村「ソースがいい感じだ……んー、いい匂い……」

花村「ギンギンに勃つね!(直接表現)」

花村「この性欲をどこかにぶつけなければ……」
582 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/14(日) 10:29:52.36 ID:20PZFZ1WO
ぐつぐつぐつ


花村「おっと、今のうちにオーブンを準備準備」

ちっちっちっちっ

花村「ホワイトソースを耐熱容器の下に半分引いて、と」

花村「その上に餃子の皮!」ぱ

♪point
餃子の皮は容器に合わせて1層につき6〜8枚使おう。このレシピだと全部で3層なので、最低でも18枚使う計算だね。
もっとモチモチ感が欲しい人は米粉を使った餃子の皮を使うとさらに良いかも!

花村(本来はラザニア用の平たいパスタを使うからちゃんとお湯で湯掻いたりする必要があるんだけど、)

花村(餃子の皮は簡単に火が通っちゃうからハケで水をかるーく塗るだけで大丈夫。この手間が大事だよね)

ぺたぺた

花村「餃子の皮の上にミートソースを3分の1、その上にチーズ……チーズ……」がらっ

花村「ほんとのラザニアは複数種類のチーズを使うんだよなぁ。でもそんな手間はかけたくないよね、という訳で上からピザ用チーズ」ぱらぱら

花村「その上に2層目。さらに餃子の皮、勿論ハケで水を塗って……」ぺたぺた

花村(ホワイトソースの残り、ミートソースの3分の1、ピザ用チーズ)ぱらぱら

花村(さらに3層目、餃子の皮、ミートソースの残り、ピザ用チーズ……)

花村「モッツァレラチーズは……あー、塩分が多くなりすぎるからやめとこうかな」

花村「美味しくなりそう……」

がしゃ

花村「余熱したオーブンに、220度で15分!」


ちっ……ちっ……ちっ……



ちーん!
583 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/14(日) 10:33:53.44 ID:20PZFZ1WO
しゃくっ

花村「んまーーーーーーい!!」ぴかん

花村「美味すぎて馬になったわね……」

もっちもっちもっち

花村(うん、なかなかいい、結構いい)

花村(いやぁ……性欲を全部料理にぶつけてぼく大満足)

もっちもっちもっち

花村(基礎に持ってる3大欲の内のふたつを一気に解消するの、ライフハックだよな。これトリビアになりませんか?)

花村(年齢がバレる)

花村(ほんと美味しい……モチモチ感が口の中で広がる……)

もっちもっちもっち
ごっくんちょ


花村「はー!!満足まんぞく……」


☆花村は満足した。お腹の最大値が上がった。


花村(ぼくは不思議のダンジョンにいたのかな?)


▼あと1回くらい?
1:そうだ、ランニングだ
2:ドライブしよーぜ
3:テレビみるか
4:ゲームすっか
5:そのた

↓1
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:43:16.70 ID:NpSKTxnr0
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 12:38:33.44 ID:Z7mF8VUsO
休日を最大限に満喫してて草
586 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/14(日) 13:42:20.36 ID:20PZFZ1WO
>>584
ご飯も食べたし


花村「うわ、結構時間経ったな……ランニングでも行こうかな」





たったったったった


花村「ふぅ……ふぅ……」

花村(あー、つっかれる……なかなか運動する機会が無いからなぁ……)

花村(でも、基礎体力が必要なのはぼくもだし、今のうちに体力付けておこう……)


たったった……


▼0特大成功なので、判定
1:あれは誰だ?誰だ?(人物指名)
2:道端でケバブが
3:いいお店を見つけたよ
4:いい音楽が聞こえてくる
5:そのた(よほどむちゃくちゃでない限り)
↓1
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 14:40:41.07 ID:1G7DM/y2O
1オーガ
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:20:20.27 ID:pcKJPDt1O
道端でケバブも大分めちゃくちゃだと思うんだが。
589 : ◆z.6vDABEMI [saga sage]:2020/06/15(月) 10:53:53.59 ID:VrO4axIaO
【予告のようななにか】
私事ではありますが1週間ほどお休みを頂きます。文章を書けるほど頭が回らない環境になってしまうからです。申し訳ねえ……。
来週の月曜日から再開するので、ケバブを食べながらお待ちいただければ幸いです。

>>588
×道端でケバブが
○路肩でケバブの屋台が

大変失礼いたしました。
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 14:07:11.16 ID:rOhLXlawo
>>589
お疲れ様です。いつも楽しませてもらってます。
ご多忙ですか?ゆっくり休めますように
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 13:15:33.55 ID:sRyMn38l0
トリコみたいにケバブ丸かじりしたいです
もしくはソーマみたいにケバブバーガー食べたい
592 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 20:09:29.87 ID:rkpz0+WTo
スレッドよ、私は帰ってきた
ガチで私情なのでかいつまんでお話するとホスピタルに入ってました。大病とかじゃないです。ご心配おかけして申し訳ないです。
これからもひとつよしなに。

めちゃくちゃ遅れてしまったのですがダンガンロンパ10周年おめでとうございます。
世界で一番遅いお祝いしたスレ主だと思う。

>>590
ゆっくり休めました!ありがとうございます!!

>>591
あのくるくる回ってるやつ食べたいよね、絶対美味しい。トリコの食い方は夢ですわ
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 20:16:30.20 ID:zdtaKLQZ0
おかえりー
594 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 20:18:23.69 ID:rkpz0+WTo
>>587
あれは大天使


たったったっ

ぶぉん


花村(……?)

花村(なんだ?風も吹いていないのに、風の音……?)


ぶぉんっ
ぶぉぉんっ


花村(近づいている?こっちの方に……)


ゴ ォオッッ


花村(!? 体が引っ張られる!?)


巨躯「む……」


ズォオオォオォオォッ


花村「うわ!?」すぽ

巨躯「! む、済まぬ……」

花村「……あ、あれ?」

花村(気付けばぼくの体は、大柄な方の腕の中に収まっていた)

花村(後ろには鉄板の如く硬いものを感じる)

巨躯「……」

花村「これどう言う状況?」
595 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 20:26:25.63 ID:rkpz0+WTo


巨躯「我の名は【大神 さくら】」

巨躯「今我はトレーニングをしていたのだが……その……」


花村(大神さんが型を特訓していたらしい)

花村(その型の動きが余りに早いから世界に突風が吹いていたようだ)

花村(そしてその風になぜか乗せられたぼくは、大神さんの腕の中に収まったのだ!!)ばばーん



大神「お主、何故にここに」

花村「ぼくが聞きたいかな?」

花村(抱き枕を抱いているような感じでぼくは大神さんに抱かれていた)

花村(あと硬いなと思っていたのは大神さんの胸板だった。やだ、強い……///)

大神「お主も分からんのか。我にもよく分からぬことが起きたようだな」

大神「ひとまずは解放しよう」

すとん

花村「おっ、と。ありがとう……でいいのかな?」

大神「良い。お主が何故こちらに来たかは分からぬが、これも何かの縁であろう。偶然ではなく必然だろうな」

花村(確かに……確かに?)

大神「時にお主……今、何をしていたのだ?」

花村「えっと、体力を作るために走ってたから……」

大神「ほう。お主、体力が欲しいのか?」



1:体力が……欲しいです……!
2:欲しいのはキミさ
3:そんなことよりパーティ抜け出さない?
4:そのた

↓1

>>593
あざっす!!!!!
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 20:27:45.31 ID:PR3cSq+GO
1
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 20:34:40.46 ID:zdtaKLQZ0
1
598 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 20:52:51.65 ID:rkpz0+WTo
>>596


花村「大神さん……体力が……欲しいです……!」


大神「……ほう、良い目をしているな」

花村「うん、ぼくは本当に体力が欲しいんだ。昼も夜も、ベッドの中でも戦える体力が!」

大神「一番最後はよく分からなかったが……うむ、その意気や良し。お主と出会ったのはこのためだったか」

ぐっ……

大神「お主、名は」

花村「ぼくは花村 輝々!」

大神「……花村。お主、覚悟はあるか?」

花村「勿論!」

大神「ならば、着いてくるがいい。我の走り込みにな」

大神「とはいえ、突然いきなり全てをこなそうとしても無理がある。我に着いてこようとする意志は捨てるなよ」

大神「これから、この先にある公園を50周する。お主は出来る範囲で周回するように……ただし、途中で諦めてはならん。きちんと周回して終わるのだ」

花村「……うん!」





そして……一瞬で覚悟は砕けた……。


花村「はひ……はひ…… 」

花村(公園は……思ったより広かった……何メートルなのここ……)

花村(やば、一周はなんとかなったけど……二周……さ、三周くらいからきつ……)

大神「諦めるでない!最後まで走りきるのだ!」

花村(そうだ、スタート位置まではなんとか……いかなきゃ……)

大神「きちんと最後までたどり着け!諦めるな!」

花村(出来ないなりに……やらなきゃな……、そうだ、頑張れぼく……、大神さんも背中を押してくれてる……!)

花村(うおおおおお……!)


599 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 20:57:26.96 ID:rkpz0+WTo



花村「」ぷすぷすぷす……


大神「……初めてにしてはよくやった方ではないか?」

花村「」

大神「体系的にあまり運動をしていなかったのだろう?だが、一念発起した」

大神「突然出来るようになるわけではない、何事も当然……しかし、やるつもりだった、その意思が大切なのだ」

花村「」

大神「何事もまずは気持ちだ。それを忘れるでないぞ」

花村「」

大神「我は普段からこの辺りにいる。お主が気に係る事があれば、ここに来れば良い」


すたすたすた


花村「」

花村「」

花村「はっ!ここは……」


花村(いつのまにか自宅に来ていた……いつのまに……)

花村「泥のように寝てたみたいだな……いたたたたた」

花村(体いってぇ……無理しちゃったかなぁ……)

花村(……うん……でも、やりきったんだろうな……)

花村(また……やってみようかな……)


……大神さんと知り合った。
あと体力作りをするようになった。
やったね。


600 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 21:07:04.94 ID:rkpz0+WTo
☆【66日目】


花村「お、おはようござま……」がくがくがく


言子「おはようござ、どうしたんですか!?」

花村「あはは……ちょっとね」

言子「ボロボロでーす!ボロボロと言えば、新しいボロボロのジーンズが流行っているそうでーす!……ボロボロなのに新品?」

花村「ああ、ダメージジーンズか……あれが流行ってるの?」

西園寺「あ、おにぃ。なんかー、前にいた赤とさかのやつ?が履いたやつが突然流行ってんだって」

西園寺「どうせ金積んでテレビでバンバン映像流してブーム煽ってるだけでしょ?」

花村「へぇ……?そんなことあるの……?」

弐大「意外じゃのう。ほれ」ぱさ

花村「……雑誌の広告欄、がんがん埋めてる感じなんだ……すごいな……」

☆仕事の予定/言子
【66日目】ラジオ生放送←Now!
【67日目】雑誌の取材
【68日目】生放送でアピール
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】海の家の取材
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ

☆仕事の予定/西園寺
【66日目】レッスン←Now!
【67日目】レッスン
【68日目】カフェの取材
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】かにをたべる
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ

☆仕事の依頼
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【75日目】バイト体験の番組
【75日目】ランドセルのCM撮影
【76日目】◆アイドル番組/オーディション
【77日目】音楽番組
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
【83日目】音楽番組
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


花村(アイドルオーディション、どうしよっかなぁ…… )

▼2こまで
1:言子についていく
2:スケジュール整理
3:◆を受ける/断る
4:コーヒーを1杯
5:そのた

↓1
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:08:34.09 ID:kiIIl8tZ0
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/22(月) 22:04:42.68 ID:6IzE5/PsO
アプリの方のダンガンロンパまさか買った?
603 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/22(月) 22:21:29.95 ID:rkpz0+WTo
>>601

花村「ちょっとスケジュールのことで相談が。弐大くん、いいかな?」

弐大「応、なんじゃあ?」





花村「ファッションショーはふたりで出ても良いと思うんだ。だから、これを受けたい」

花村(アイドル番組は……断る連絡さえ入れなければ、多分出ることになるし……)

花村(西園寺さんはまあやる気だから、そのままにしておいてもいいのかな?それにしても)


花村「問題は……」

弐大「75日目かの?」

花村「うん。出来ることが多いでしょ?それに」

弐大「全て受ける訳にもいかんしのう」

花村「うーん、困った……どうしよう?」

花村「こんなのムラムラして来ちゃうよね」

弐大「何故じゃあ……?!」

花村(断るならバイト体験の番組、かなぁ……子供にやらせるのは早すぎる、キッザニアでまず練習しないと)

花村(いや、やるならやってもいいけど……うーん)



1:言子に朗読会、西園寺にランドセルcm
2:言子にランドセルcm、西園寺はやすみ
3:言子にバイト体験、西園寺にランドセルcm
4:他の組み合わせ(全て断るとか、ふたりとも朗読会とか)

↓1


>>602
お恥ずかしながらまだ買えていないので使用中の端末が新しくなったら買います……!
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 22:51:01.68 ID:ZEmIcPBU0
1
605 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/24(水) 16:59:25.06 ID:/HAh8o1xo
デスカムも楽しみ
606 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/24(水) 18:23:07.55 ID:/HAh8o1xo
>>604


花村「バイトは早すぎるか。よし、これでいこう」

弐大「応、良い判断じゃろう」

花村「曲があれば西園寺さんの曲を流してもらう、なんてことが出来たかもしれないけど……」

弐大「CMじゃろう?よもや歌がないとは思えんがの?」

花村「企画書、どれだっけ?えっと……」ぺら

花村(歌については何も書かれてないのかぁ……まさかその場で決まるなんてことないだろうし……)

弐大「無?歌について書かれておらんとな……」

花村「どうなるんだろうね」

弐大「もしかすると、CMソングをその場で渡されるかもしれんぞ?可能性は忘れておらん方が良いじゃろう」

花村「おっと、そろそろ空木さんのラジオの時間かな……」ぴっ


男A『……なるほど、色々な活動をされてるんですねぇ』

言子『はい!色々なのです!色々と言えば、ナッツアラカルトの中に入っている、乾燥フルーツが好きなのです!』

男A『あ、分かる。あれってさぁ、すごい美味しいんだよね』

言子『貴方もあの良さが分かる方でしたか……!』

男A『アレの酸っぱさがちょうどよくね、口当たりも良いし』

言子『そうです、そうです!ハニーナッツの合間に食べるあのどことなくぼんやりしつつも、口に残る酸っぱさが良いんです!』

男A『乾燥フルーツってなんであんな美味しいんだろうな。大人になると分かると思うけど、あれがまた酒によく合うんだよ。飲み物だと、紅茶とかかな?』

言子『ああ、いいですね!最近、アッサムティーを飲んでいるんですが……よく合います!でもあの乾燥フルーツだけ欲しくなるかって言うと違うんですよね』

男A『そう!違うんだよ!ナッツに入ってるからいいの!あれだけ食べるって言うのは!違うんだよ!』


花村「何の話してんだよこれ!?」


アシスタント『す、すみません、新曲のお話を…… 』


花村「ほらぁ……!」

花村「でもお預け受けてるみたいで興奮してきた」

弐大「花村!?」
607 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/24(水) 19:00:07.10 ID:/HAh8o1xo
☆【67日目】

花村「今日もジーンズのCMが流れてるな……」

西園寺「大丈夫だって、おにぃ。わたしがかっちりCMに出てさ、大人気になっちゃうから!」

花村「だ、大丈夫なのかな……」

花村(いや、ぼくがネガティブになっちゃダメだ……勝てる、絶対に桑田くんに、彼らに勝つ!)

花村「よし……!」


☆仕事の予定/言子
【67日目】雑誌の取材←Now!
【68日目】生放送でアピール
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】海の家の取材
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【76日目】おやすみ

☆仕事の予定/西園寺
【67日目】レッスン←Now!
【68日目】カフェの取材
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】かにをたべる
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】ランドセルのCM
【76日目】◆アイドル番組/オーディション

☆仕事の依頼
【77日目】音楽番組
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
【83日目】音楽番組
【85日目】◆ドラマの打ち合わせ(言子)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


社長「おお、花村くん!空木さん!」

花村「は、はい?」

社長「ようやく朗報だ。新曲、準備が出来たぞ」

花村「!!」

言子「ほ、本当ですか!?」

社長「サンプルを渡しておくよ。後で聴いてくれ」

言子「……!」


▼2こまで(1と2は併用不可)
1:言子の撮影へ同行
2:西園寺のレッスンを確認
3:スケジュール整理
4:局に売り込み
5:新曲を早速チェケラ☆
6:そのた

↓1
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 19:12:12.00 ID:EGrV/1ShO
2と5
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 20:23:10.08 ID:BM6BQg0a0
ここで無慈悲にもパルプンテか。
610 : ◆z.6vDABEMI [saga sage]:2020/06/25(木) 20:46:03.52 ID:hn5FYSgOo
某ゲームがあまりにも面白いので今日だけ休暇ください!ごめんなさい!ってパルプンテじゃねーか!!
611 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/26(金) 19:51:15.83 ID:5VNgPsDmo
パルプンテ判定しまーす

下1

1 西園寺がやらかす
2 新曲が思ったのと違う
3 西園寺がだだこねる
4 新曲がヤバイ(顔面蒼白)
5 西園寺がちょっと頑張る
6 新曲が思ったよりいい
7 お好きなイベント
8 西園寺がめちゃくちゃ頑張る
9 新曲が神曲
0 出てから考える

ゾロ目は数値にかかわらず良い効果
00とかは……うーん、わかんない
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 20:13:05.20 ID:HrZI+XL+O
だべ
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 20:37:13.73 ID:AbODlDW30
出たのでリクエストいいなら5+9で。
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 20:58:41.59 ID:O9fiq8HY0
今、花村はこうして空木と西園寺とを
プロデュースしてますが……もう一人
追加するなら誰がいいでしょ? なお、
この僕は白銀を推しておきますね(^^)
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/26(金) 21:58:59.93 ID:3U/+QfHrO
因みにダンガンロンパアナザーって知ってる?
韓国産のダンガンロンパ二次創作なんだけど結構クオリティ高いよ
(1の方に超高校級のメイド、2の方に超高校級の宇宙飛行士が居た
)
気になるならYouTubeにプレイ動画が出てるよ
(先言っとくけどオシオキが原作よりえぐい
)
616 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/26(金) 22:26:04.68 ID:5VNgPsDmo
うわあああああ!!!出るんかい!

>>613
0なのでどっちの判定も色付けておきます……!

>>614
これ以上は管理できるかどうか怪しいですが、どちらかが手のかからないアイドルになったらありえますね。
安価取るかもしれないです。

>>615
お名前はかねがねお伺いしています。まだ見たことはないです……
617 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/26(金) 22:33:35.56 ID:5VNgPsDmo
>>612
さ葉神(さすが葉隠っちはコンマ神だべ!の略)


言子「出発前に聞いてみましょう」

花村「そうだね。先にどんな曲なのか確認しておかないと………」


かちゃかちゃ……ぴっ


花村(圧倒された)

花村(その曲は、音作りが丁寧なものであることを示している。サンプリングされた街の音が、風景として眼前に浮かぶようだ)

花村(前回の曲からかなりテイストは変わっており、歌詞もそれにともなって大幅な変更を加えられている───が、こちらのほうが良い)

花村(サンプルボイスは作曲者だろうか?空木さんによく似た声のおかげで、歌う空木さんのことを想像しやすい)

言子「こ、これは……!」

花村(しかし、歌いこなせるのか?と言う不安はなかった。空木さんなら、自分のものにできる確信があったからだ)

花村「すごいね。聴いているだけで、体が熱くなっちゃうよ!」

言子「はい!こんな素晴らしい曲ができるなんて……!」

花村「もしかしたら、前回の作曲者さんが捕まったのですら、運命だったんじゃないかって思えるくらいだよ……不謹慎だけどさ」

花村「それでも、そうなる運命だと思うくらい、素晴らしい曲が空木さんのところに来た。とんでもないことだ」

言子「責任重大ですわね……重大といえば、今日のお仕事も重大ですよね?だから、ばんがりまーす!」

花村「絶対緊張してるやつだこれ!」


618 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/26(金) 22:44:12.82 ID:5VNgPsDmo
☆レッスン場


西園寺「で、今日はなにするのさ?」

終里「あ?オメーの苦手なダンスだよ」

西園寺「苦手な?」

終里「オメーはきれいな、今までの経験を汲んだダンスはうめぇ、間違いねーよ。だが、ヒップホップみてぇなジャンル違いのもんには対応できてねえ」

終里「だから今日はとにかくダンスだ。流れる動きに身を任せろ!」

西園寺「クスクス、なーんだ。そういうことかぁ」

ズンチャカズンチャカズンチャカ

西園寺「はっ!ほっ!」

終里「!?」

きゅきゅっ  ずんだんっ

西園寺「♪〜♪〜」くるっ

だんどんだん

終里「おい、マジかよ?オメー、いつのまにできるように」

花村(すごい……畑違いのダンスが、とてもうまくなっている!)

花村(……あれ?シューズ、前に見た時と違うものを履いてるのかな?って、まさか……)

西園寺「へへーん、わたしって天才なんだよ?侮らないでほしいよね!」

ずっちゃっずっちゃっ

西園寺「ターンもきれいにできるし!」くるっ

西園寺「決めポーズ!」ずだん


終里「へへ……認めるぜ、オメーは天才だよ」

西園寺「まぁね?」

終里「じゃあよぉ、その勢いで歌と一緒に練習しちまうか!」

西園寺「え?う、うた……」


花村(あれ、そういえば西園寺さんには課題曲みたいなものも設定されてないな……)


▼西園寺に歌とダンスをさせよう
1:やっぱ「恋」でしょ
2:「WAになって踊ろう」とかは?
3:ぱぷりーか♪
4:むずそうなやつ
5:ボーカロイドのやつ(MMDとか)
6:そのた

↓1
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/26(金) 22:47:46.88 ID:3U/+QfHrO
西園寺は「日本舞踊家」のセンスがある
ならばここは千本桜だ
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 01:21:54.23 ID:zR0bI4SrO
追い討ちかのようにゾロ目を出して行くぅ
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 06:38:34.23 ID:WYgeBm+/0
ここにきて幸運のステータスがすごく上がってる気がする
622 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/29(月) 21:09:54.07 ID:WQ/exl/Ho
オーバースペックぅ!
623 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/29(月) 21:52:38.24 ID:WQ/exl/Ho
>>619


終里「あー、どうすっかな……」

花村「ねえ、これとかどうかな?」

西園寺「え?あ、これちょっとだけ知ってるよ!これ、踊れるの?」

花村「確かこんな感じで……」





※調べたところダンスは結構アレンジ含めて種類が多いみたいです


西園寺「千本桜 夜ニ紛レ 君ノ声モ 届カナイヨ♪」

西園寺「此処は宴 鋼の檻♪ その断頭台で見下ろして♪」

しゅんしゅん


花村「刀剣を使った振り付けなんてあったのか!」

終里「これならオレでもかんたんに教えられるしな」

花村(プロの振付師の振り付けを簡単とは……やっぱりこの人もプロだからか……)

終里「しかし西園寺のやつ、キラキラしてんな!やっぱ踊るの好きなのか?」

花村「絶対そうだよ!やっぱり彼女はアイドルになるためにぼくと出会ったのかもしれないな……!」

花村「ンフフ、興奮してきたなぁ」じゅるり

終里「うげ、その変な顔すんじゃねぇよ!ち、近寄んなよ?」

花村「終里さんのふともももすごく素敵だよね」

終里「やーめーろー!オメーは西園寺だけ見ておけ!」


西園寺「ねー、おにぃ?見てた?わたしのダンス!」

花村「えっ!あ、え、見てたとも!」

西園寺「ほんとー?わたしの×××とか見て×××してたんじゃないのー?」

花村「言いがかりが過ぎる」

終里「いや、ぜってぇオメーは×××が☆☆☆してるだろ」

西園寺「そうだよ!○○○が×××して、△△△で……」

花村「ふたりがかりでやめてくんない!?」


624 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/29(月) 21:56:30.52 ID:WQ/exl/Ho



☆結果/言子
肩書:大型新人アイドル
好感:中 (88)
体力:中 (70)
気力:高 (90)
話術:中 (90)
歌唱:良 (108)
技術:優秀(141)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (85)
魅力:優秀(130)
感性:中 (77)
コネ:最低(13)
幸運:低 (55)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:低 (50)
体力:中 (70)
気力:高 (100)
話術:低 (50)
歌唱:中 (80)
技術:低 (35)
演技:最低(18)
容姿:良 (115)
運動:優秀(142)
魅力:最低(29)
感性:最低(25)
コネ:最低(5)
幸運:低 (40)


625 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/29(月) 22:05:06.55 ID:WQ/exl/Ho
>>607


☆【68日目】


言子「昨日の取材もいい感じでした!いい感じといえば、新曲でーす!」

花村「最高の曲ができたこと、本当に嬉しいよね!」

言子「私によく合う曲だし、早くレコーディングしたいなぁ……」

花村「うん、そうだね。それまでに練習時間も確保しないと……レッスン、ちょっと入るよ」

言子「当然でーす!」

西園寺「わたしも早く曲がほしいなぁ……」

花村「そっちも考えないと……と思ったんだけど、もしかしたらもしかするかもしれないし」

西園寺「え?」

☆仕事の予定/言子
【68日目】生放送でアピール←Now!
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】海の家の取材
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【76日目】おやすみ

☆仕事の予定/西園寺
【68日目】カフェの取材←Now!
【69日目】おやすみ
【70日目】水着で撮影
【71日目】かにをたべる
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】ランドセルのCM
【76日目】◆アイドル番組/オーディション

☆仕事の依頼
【77日目】音楽番組
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
【83日目】音楽番組
【85日目】◆ドラマの打ち合わせ(言子)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


▼2こまで、1と2の併用不可
1:言子についていく
2:西園寺についていく
3:レッスンの手配
4:西園寺のアイドル番組を一応調べとく
5:そのた

↓1
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:12:30.43 ID:fm6JfTZ1O
1と3
627 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/06/29(月) 22:59:53.53 ID:WQ/exl/Ho
>>626


花村(今決まっている仕事以外は、基本的にレッスンを優先しよう……それでもまだオファーがくるなら考えないとな……)

苗木「空木さんへのオファーを基本断る?」

花村「うん、そうしてほしいんだ。彼女の新曲へのレッスン時間がほしいからね!」

苗木「わかった。その方向でこっちもやらせてもらうね」

花村「本当に苗木くんは頼りになるなぁ……」


☆→【テレビ夕日】


花村「珍しいよね、この局から仕事の話なんて」

言子「ええ、本当にそうです!なので、気合が入りますね」

言子「えへへ、頑張りましょうね!」

花村「頑張るのは空木さんね?!いや、ぼくも売り込みはかけるけど……!」


フロアディレクター「今日はお昼の番組のゲストとしてお越しいただきました!」

ぱちぱちぱち

言子「よろしくお願いします」

司会アナ「はい、宜しくお願い致します」


花村(お昼の情報番組のゲスト……)

花村(番組中盤から登場し、そのまま最後まで出続けることになる。最初は堅苦しい話題やおふざけ禁止のニュースが続く)

花村(緊張した場面を緩和させる重要な役割だ。大丈夫かなぁ……)


フロアD「空木さんには、コーナー『街の人気ごはん!』から登場していただきます」

フロアD「今回は近場のスウィーツ特集でして……AD!」

AD「はい!」がらがらがら

フロアD「空木さんがお好きな栗や、栗を使ったスウィーツを紹介します」

言子「わあ……!本当に美味しそう……!」


花村(そう言えば、取材のあるたびに栗の話、してたもんな。実を結んだってところか)


言子「食レポも試されるのですね……花村さん、私……生放送でしかも大好物の食レポなんて初めてです!」



1:とにかく喜びを表現しよう
2:冷静に美味しさを伝えよう
3:何も考えるな!感じろ!
4:子供らしさをみせてもいいんじゃないかな
5:そのた

↓1
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 23:01:40.02 ID:/1zHs+Ik0
4
629 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/01(水) 09:41:49.56 ID:BAhTohYmo
夏だ!山だ!山山山だ!
630 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/01(水) 09:58:49.09 ID:BAhTohYmo
>>628

花村(本人は子供っぽいって言われるの、いやがるかもしれないけど……)

花村「空木さん、たまには子供らしさをみせてもいいんじゃないかな?」

言子「子供らしさですか?」

花村「うん。今いろんな姿を見せてきた空木さんが、敢えて子供らしさを見せることに意味があると思うんだ」

言子「!」

花村「等身大の空木さんに見える、と思う。やりにくいとは思うけど……」

言子「何言ってるんですか、花村さん?」

花村「……え?」

言子「私は元とは言え、プロの子役ですよ?そのくらい、ちょちょいのジャンです!」

花村(ちょいではないのか)





司会アナ「続いてはこちらのコーナー」

女子アナ「街の〜?」

言子「人気ごは〜ん!」

テッテッテテーテーン♪

女子アナ「はーい!今日はこの局からすぐ近くのごはんを紹介します、その名も『救世飯(メシヤ)』!」

言子「壮大な名前でーす!壮大といえば、昔オーストラリアで見た巨大な滝のことを思い出します!」

女子アナ「この『救世飯』さんは、学生さんに向けた大盛りメニューを多数用意しているお店なんですが……」

モニターに写真ばーん
デカい器に肉も飯もずどーん
魚もりもりーーーーん

女子アナ「すごい量ですね」

言子「こっ……怖いです、この量は」

言子「すっ……すっごい……あ、私のマネージャーさんはちゃんと食べられそうです!」

女子アナ「マネージャーさんが!?(笑)」

言子「はい!すっごい大きくって、すっごいよく食べます……すごいんですよ……ほんとにすごいんです!」


花村(ああ……弐大くんならまぁ……)

弐大「がっはっは!このくらいなら問題なしじゃあ!」

終里「おい、おっさん!何独り占めしてやがんだ?オレにもよこせよ!」

花村(……あれ?)
631 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/01(水) 10:19:56.73 ID:BAhTohYmo
言子「こないだもこーんな!もりもりになってるのをばくばくばくーって」

女子アナ「こんな?」

言子「重さ計ってもらいたいです、ほんと」

女子アナ「ふふ、ぜひそちらもお願いします」


事務所で仕事整理してた弐大「ぬぅ!?なぜワシの話をしておる!?」

事務所で事務処理してた苗木「……テレビ夕日さんから早速メール来てるんだけど……」

弐大「!?」


言子「でも、ごめんなさい!私は子供なのでこんなには食べられないでーす!」

女子アナ「……実は!『救世飯』さんは大盛りメニューだけじゃないんです!」

言子「えっ?」

女子アナ「こんな料理もあります、はい!」

かき氷どーん
写真でバケツ入りかき氷もとどーん

言子「わぁ……しろくまさんの形のかき氷です、キャワイイ〜!」

女子アナ「普段は特盛り!氷としてご用意しているんですが、実は今年から小さいサイズのかき氷もご用意してあります!」

言子「今年からなんですね?」

女子アナ「そうなんです!」

言子「去年からあったら、食べに行っちゃってたからセーフ?セーフです」

女子アナ「美味しいものって食べたくなりますよね」

言子「いっぱい食べちゃいます、へへへ」

女子アナ「そしてさらに、今日はこちら!」

言子「これは……!?」

女子アナ「はい!新オープンしたお店をご紹介します。『Sweet House Ruruka』さんでーす!」

モニターに外観とか地図とかどーん
結構近く

女子アナ「こちらのお店では、ひと足お先に秋の味を楽しめるんです。ご紹介するのは、栗まみれメニュー!」

商品『栗どっさりモンブラン』 790円
生地にも栗、中に挟んだ栗、ムース状の栗、ソースも栗とまさに栗まみれの一品。口の中が栗に包まれる。

言子「すっっっっごーーーーい!!私、栗がだい、大、だーいすきなので!本当に嬉しい!」

女子アナ「ぜひ食べてください」

言子「いただきます!」さく

ぱく……

言子「……んんんっ……、口の中が栗のお祭り……!一回食べてみたかったぁ……!」

言子「すっごいです、ずっと栗、くり、くり!栗だらけでーす!嬉しい……んふふ!うれしい!」ぴょいんぴょいん

女子アナ「私達も、こんなに喜んでもらえて嬉しいです」

女子アナ「栗はまだシーズンではないんですが、去年からフリーズドライで鮮度抜群の状態になっている栗を使うことによって、一足先に秋模様を楽しめます」

言子「全部食べちゃっていいですか?」

女子アナ「うふふ、かわいい。ぜひ食べてください」

言子「わ〜い!ありがとうございます!」



花村(奔放な子供っぽさを表現できてるんじゃないかな?このあとも普通の企画や街ブラのVTRが続くし、問題なさそうだな……)


632 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/01(水) 10:25:28.86 ID:BAhTohYmo



お疲れ様でしたー!


花村(ふう……終わった。一時間位だったけど、ヒヤヒヤすることがなくてありがたいな)


言子「お疲れ様です、花村さん」

花村「うん、お疲れ、空木さん。楽しかった?」

言子「はい、とっても美味しかったです」

花村「モンブランの味の感想になってるよ!」

言子「あはは!……なんにも考えないで楽しく食べちゃいました。やっぱり栗はいいですね」

言子「こんなにいいことがあるなんて、頑張って良かったです!」

花村「そこまで!?じゃあ、次の曲が上手く行ったら、あのモンブランをたくさん買ってこよっか」

言子「……ほんとですね?」

花村「も、もちろん本当だよ。嘘ついても仕方がないでしょ?」

言子「忘れませんよ、それ!私、とっても頑張っちゃいます」

花村(そんなにものすごく頑張らなくても、今の空木さんなら新曲も売れると思うんだけどな……)


633 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/01(水) 10:27:58.85 ID:BAhTohYmo



☆結果/言子
肩書:大型新人アイドル
好感:中 (88)
体力:中 (55)
気力:中 (75)
話術:良 (93)
歌唱:良 (108)
技術:優秀(142)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (85)
魅力:優秀(130)
感性:中 (80)
コネ:最低(13)
幸運:低 (56)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:低 (50)
体力:低 (30)
気力:中 (60)
話術:低 (54)
歌唱:中 (80)
技術:低 (38)
演技:最低(18)
容姿:良 (115)
運動:優秀(142)
魅力:低 (33)
感性:最低(25)
コネ:最低(5)
幸運:低 (42)


634 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/01(水) 10:34:02.79 ID:BAhTohYmo
☆【69日目】


花村(休みか……)


ぴっ


テレビ「今日よるはー!」

テレビ「小学生探偵ミナコが!」

テレビ「ヒントはこれ!」

テレビ「子供の事件を、まるっと解決!」

テレビ「こんや7時ー!」


花村「……すっかりレギュラーだな、空木さん」

花村「西園寺さんにもきっかけを……いや、きっとなんとかなるさ」


すたすたすたとんとんとんことことことじゅうう


花村「ベーコンを焼きながらパンをセットして、っと……うーん、今日はどうしようかな」



1:美味しいスイーツの店を探すかな
2:美味しいコーヒー豆でも探そうかな
3:ネットサーフィンだ
4:ランニングしよう
5:そのた

↓1
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 11:06:24.89 ID:Anmg5h4T0
1
636 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/03(金) 23:36:05.96 ID:w2isf3F3o
>>635


花村(空木さんも喜んでたし、スウィーツを買って差し入れするのはありだな)

花村(となると……うーん、ぼくはパティシエじゃないし、甘味は専門外だしなぁ……)


ちーん

花村(よいしょ)

じゅわああああっ

花村(ぱりぱりに焼いたベーコンをパンの上に載せる、っと)

さくさくさく ぱりっ

花村「うん、おいしいっ!」

花村「いやぁ、ただのトーストもこんなに美味しく作れるぼくって天才かもなぁー、はっはっは!」





花村「いや、自分で言ってても虚しいだけだぞこれ。とにかく美味しいスイーツの店でも探すか」

ぽちぽち

花村「前にテレビで紹介された店は……あー、行列必至の人気店か……」

花村(せっかく行くなら、そういう人気店もいいけど新規開拓もしてみたい)

花村(よし……!!)


☆→【都内】


すたすたすた


花村「いいお店!いいお店……」

花村「……いや、そんなかんたんに良いお店が見つかるわけ無いか……」


花村「ん?」


【くろねこケーキ店】


花村「こんな店、今まで合ったっけ?新規開店なのか……?」

からんころん

いらっしゃいませにゃー♪
にゃー♪ にゃー♪ にゃー♪

花村(ブックオフばりの連続攻撃)

花村「て、店員さんがみんな猫耳をつけている……大丈夫かこの店!?」



1:俺はくろねこドームケーキで行く
2:しろねこチーズケーキが来る
3:みけねこモンブランでしょうよ!
4:ワイは猫や、ぶちねこタルトや
5:そのた

↓1
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/03(金) 23:57:27.37 ID:1yH8eFAv0
3
638 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/06(月) 21:52:08.88 ID:ujtg+TJZo
土日サボってしまった、泳ごう
639 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/06(月) 21:57:51.75 ID:ujtg+TJZo
>>637


花村(いや!ここはやっぱりモンブランだ)


そのモンブランは───【猫】だった。
茶色に染まったモンブラン。その上に猫耳が立てられている。どうやら栗を使い、そこにさらにチョコレートで耳の内側部分を書いているようだ。
目と思しきところはチョコマーブルが埋まっている。
なにより、三毛猫を名乗るだけありホワイトチョコレートで模様が書かれている。

目にしてすぐに分かるだろう。

これは、【猫】だ、と。


花村(うん、そうだ。これにしよう)


花村「あのぅ、すみません」

猫店員「にゃい!」

花村「えっと、みけねこモンブランを……6個。あ、明日取りに来ます」

花村(流石に置いておいたら食べたくなってしまう可愛さだ)

花村(むしろ可愛すぎて食べるのを忘れそうだし!明日の出勤前に取りに来よう!)

猫店員「かしこまりましにゃ!予約を受付するにゃ!」

ちーん

猫店員「ありがとうございましにゃ!明日、待ってるにゃ!」


花村(ぼくの股間からもホワイトチョコレートがd)

??(言わせねぇよ!!)

花村(誰だこいつ)





花村(とはいえ買い物だけでは当然ながら時間は潰せないわけで……)



1:ラジオで市場調査
2:本屋でオーディション本を視察
3:西園寺のライバルを調べよう
4:そのた

↓1
本番は間近
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/06(月) 22:01:07.35 ID:+brU/KSx0
1
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/07(火) 19:41:25.71 ID:OHuIl3DN0
ライバルキャラは夢野と魔法繋がりでモナカとかかな?
西園寺ー夢野
言子ーモナカ
みたいな感じで
642 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/07(火) 21:37:41.24 ID:tnP0if3vo
>>640


花村「さて……」





花村(ラジオで市場調査だ)

花村(アイドル戦国時代。いろんな番組でゲストをやっていたり、あるいはパーソナリティだったり)

花村(もしくは曲が流れたり……そういうのを探すことで、今誰が注目されているのかを確認できる)


??『こんにちは!あなたのアイドル、舞園さやかです!』


花村(!! ま!舞園さやか……っ!)


舞園『毎週この時間は、私舞園さやかがお届けしています、ということで。ふふふ、まずは』

作家『ライブ、お疲れ様でした』

舞園『はい、お疲れ様でしたー!今回とってもこだわったライブでした、来てくださった皆さん!応援してくれる皆さん!いつもありがとうございます』

舞園『スタッフさんにもちょっと、ふふ、無茶をいくつか言ってしまいまして』

作家『そうなんですか?』

舞園『はい!ひとつは……中盤の、ステージ上で炎が吹き出す演出があるんですけれども……あれですね、実は本番まで上手く動かなくって』

作家『え!?』

舞園『でも、今回は、どうしても使いたい演出だったんので……諦められなくって。曲も激しいアップテンポのもので、それで最後までスタッフの方にお願いし続けて、』

舞園『じゃあ、リハーサル、あと一回。そこでちゃんと予定通りに火柱が上がらなかったら、やめましょう、って言うお話をさせていただいたんです』

舞園『それで私が歌いだして、Bメロからサビに入る直前に、ぼぁあああーって!』

作家『ぼぁあああー(笑)』

舞園『そう、ぼぁあああー(笑)』


花村(なるほど……ライブの裏話か。こういうのは確かにファンも喜ぶよな)

花村(ぼくもいろんな裏話(意味深)を聞きたくなっちゃうよ!)


舞園『今日も短い時間ですが、最後までよろしくお願いします。ではまず一曲、そのぼぁあああー!の曲です、【Burning Heart】』


花村(夏前に出された新曲、アップテンポでダンサナブルな一曲だ……)

花村(いわゆるロック系のバンドサウンドだが、そこに愛らしい舞園さんの声が妙なほどマッチする)

花村(新境地の一曲……すごいな、舞園さんはこんな難しいものを歌いこなせる……)


舞園『メール、来ています。ありがとうございます』

舞園『ラジオネーム『パオっぷ』さんから。ありがとうございます』

『ライブツアー【ダイメイキュウ】、とても楽しかったです。最初はタイトルの意味がわかりませんでしたが、ライブが進むに連れてどんどん変わる舞園さんの姿が魅力的で』

『ああ、そうか、僕たちは舞園さやかという【大迷宮】に迷い込んだんだ!と思いました。あの日のことが夢なのかと思えるくらいです』

舞園『ふふふっ、ありがとうございます。そうです、今回タイトルもこだわりました』
643 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/07(火) 21:47:19.95 ID:tnP0if3vo
作家『なんでダイメイキュウだったんですか?』

舞園『今までが結構、ストレートなタイトルで来てたので、ちょっとひねりたくなったというところですね。いろんな舞園さやかを見てほしいなと』

舞園『それで、そう!書いてくれて本当に嬉しいんです、舞園の大迷宮に皆さんをご招待したかったんですよ』手ぱち

作家『今回のライブグッズ、猫みたいなのが多かったのは、これマスコット?』

舞園『迷宮のマスコット、にゃーぞのさんです(笑)』

作家『すっごい可愛い!これは誰が、舞園さんがイラストを?』

舞園『いえ、これは同じ事務所の、マネージメントをしてくれている子が描いてくれたんです。可愛いから、そのままマスコットにしません?ってお願いして』

作家『そうなんですか!グッズが全部売れちゃって手に入らなくて……』

舞園『はい、ここでお知らせです!なんと、ライブグッズはインターネット通販にて特別に購入することができるようになります!』

作家『!!』

舞園『完全予約制でのグッズ販売となりますので、買えなかった……ということはなくなります。だからお願いします、公式以外のルートでグッズを売買するのはやめてくださいね?』


花村(そんな踏み込んだところまで!……しかもいやみったらしくもなく、むしろ言葉遣いから優しさすら感じちゃうじゃないか)

花村(ぼくの股間のマスコットも公式グッズ化しそうだよ…………!)


花村(はっ!いかんいかん、市場調査ということを忘れていた。ええと、舞園さんのラジオは……)

花村(……あった、選曲リスト。リクエストコーナーもあるから、結構いろんなジャンルがかかってるな)

花村(アイドルも……舞園さん、桑田くんの曲もかけたのか)

花村(あれ、意外と他の事務所の曲も……?先週なんか、空木さんの曲もかかってるな!)

花村(なるほどな、舞園さんの番組は、少なくともそういう音楽面で忖度するような番組じゃないわけか)



1:メール送ってみる?
2:リクエストメールする?
3:他のラジオも聴く?
4:そのた

↓1
あと一回くらいでおやすみ終わり
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/07(火) 21:54:41.11 ID:Oy46uYMWO
1
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/08(水) 06:05:53.17 ID:1tdQjE6/0
ゾロ目多くね?
646 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/08(水) 22:49:54.70 ID:UX4zJ8HPo
せせらぎ
647 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/09(木) 11:15:34.77 ID:k65tmjxHo
>>644
なんで3桁ゾロ出すん?



花村「ちょっとメール送ってみるか……」





舞園『さあ、まだまだメール頂いています、ありがとうございます!えーと次は……』

舞園『はい、ラジオネーム『テルテルコック』さん。ありがとうございます』

『初めてラジオを聴きました』

舞園『あ、本当ですか?ありがとうございます!』

『こんなに軽快なお話をされているところを初めて聴いたので新鮮です。すごく楽しいですね。舞園さんのいろんな一面が見られてとっても楽しいです!』

『これから毎週の新しい楽しみができました、ありがとうございます』

舞園『いえいえそんな、こちらこそありがとうございます。ぜひ来週も、よろしくお願いしますね?……最近そうですね、新しくリスナーになって頂いた方からのメールが増えてきましたね』

作家『やっぱりお引っ越しだとか、色んなものが重なったからでしょうかね?』

舞園『お家時間が少し長くなったとか、そういうことも関係しているのかもしれません』

作家『なるほど』

舞園『こういったメールが、本当に嬉しいです。新しい楽しみに出会えたときの幸せって、何ものにも代えがたいじゃないですか。その、私のこと以外だとしても』

舞園『好きな作家さんができた、新しい番組がとても好き、美味しいスウィーツに巡り合った……エトセトラ、エトセトラ。いろんな新しい出会いって、いつでもできるんです』

舞園『私もよく言われるので。ちょっと前まで、アイドルアイドルしてて嫌いだった、とか(笑)ふふふ、でも、曲がよかったとか、今まで触れてないのを後悔してる!って言われて』

舞園『そうか、学びはどんな歳になっても出来るんですね、って気がついて。自分が触れていないものに新しく触れることって、勇気がいるけれど楽しいことなんですよね』

舞園『もちろん、今までのものを大切にすることも必要ですよ!どちらも、どちらにもいいことがあります!』

作家『そのとおりです。どちらかだけが、いいってことはないですから』

舞園『はい。だから今まで私を好きな人も、これから好きになってくれる人も、みんなに感謝をしたいです。そして、』

舞園『ファンの方々も、みんなで仲良くしてほしい。時間の長さじゃなくって、今一緒に同じものを見ているってことが大切だから。ね?』


花村(……うまい。そして、嬉しい)

花村(元来、アイドルのファンは『ファン歴』で争いやすい。自分のほうが長く、深く好きだと争いやすい)

花村(舞園さんは、それをぼくのメールをフックにして説いてみせた……)

花村(こうして読まれたぼく自身も嬉しいし!すごいな舞園さん……)


648 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/09(木) 11:23:30.78 ID:k65tmjxHo
☆【70日目】


言子「おはようございま……ええっ?これ、どうしたんですか?」

花村「うん、近所で見つけたから買ってきたんだ。おいしいから、食べていいよ」

言子「ほ、本当に?」

苗木「こんなかわいい猫だと、ちょっと食べづらくない?」

弐大「旨いのう!がっはっは!」ムシャムシャァ

西園寺「ちょっ、弐大おにぃ!そんなガツガツたべないでよぉー!」

苗木「……そうだ、花村クン」

花村「うん、どうしたの?」

苗木「新しい仕事の依頼があったから、確認してほしいんだ」



☆仕事の予定/言子
【70日目】水着で撮影←Now
【71日目】海の家の取材
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【76日目】おやすみ

☆仕事の予定/西園寺
【70日目】水着で撮影←Now
【71日目】かにをたべる
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】ランドセルのCM
【76日目】◆アイドル番組/オーディション

☆仕事の依頼
【77日目】音楽番組
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
【81日目】◆舞園のラジオゲスト(言子)
【83日目】音楽番組
【85日目】◆ドラマの打ち合わせ(言子)
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


花村(っ……!? 昨日の、あのラジオに空木さんがゲスト出演の依頼!?)

苗木「もちろん、スケジュールが厳しければ断ってもいいって」

苗木「ほら、空木さんのスケジュールを調整して、レコーディングに備えたいって話があったよね?」

花村「……そうだね」

花村(だけど、相手は最終目標たる舞園さやか!宣伝効果も期待できる!)


▼2こまで
1:今日の現場へ向かう
2:ラジオゲストの依頼を受ける
3:事務作業を手伝う
4:更に市場調査してみる
5:そのた

↓1
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/09(木) 12:17:43.54 ID:39EDkY1MO
1と2
650 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/13(月) 03:47:33.88 ID:BzisY303o
>>649

花村(……それにしても、何を考えて……?)

花村(いや……、そんなの気にしても仕方がないが……)

花村「……ん!このラジオ録音放送だよな……、放送日は……ああ、そうか」

花村(時期的にドラマ主演が発表できる頃かもしれない。少し細かく詰めなきゃな)


花村「舞園さんのラジオゲスト、受けよう」

苗木「はい、先方にはそのように返信します」

花村「うん、よろしくね!」

苗木「……ついに来るところまで来たね」

花村「そう、だね。ちょっとうるうるムラムラするよ」

苗木「ムラムラは分からないけど」


☆→で、【細石海岸】


ざざーん

言子「海です!」

西園寺「ビーチじゃん!」

花村「いいねぇー!」

言子「なんでもう花村さんは海パンなんですか!?」

花村「え?ぼくも雰囲気を作りたかったからね」

西園寺「せめてサングラス外しなよ、なんかずんぐりした花村おにぃの体型でサングラスしてたらギャグじゃん」

言子「そうですよ!ちょっとかわいい夏の新マスコットになってしまいまーす!」

西園寺「えっ、かわい……可愛いかな……?まぁ、そこまで悪くはないけど、」

花村(ふたりとも優しいなぁ)

西園寺「玄関先に飾っとけば悪魔が逃げ出しそうだし」

花村(あ、褒めてはないのか)


ディレクター「今日は宜しくお願いします。早速ですみませんが、まず水着に着替えてもらってもいいですか?」

言子「! はい!」

西園寺「もちろん!」


花村(今日は少し冷たい風が流れているが、日差しがあったかいからちょうどいいかもな)


651 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/13(月) 03:55:37.66 ID:BzisY303o


西園寺「わ、かーわいいー!」

花村(西園寺さんの水着はピンクのフリルが3段ついたパレオにも似たトップス部分と、いわゆる海パンのような形のアンダー部分に分かれている。お腹はざっくり見えている)

花村(アンダーも太もものあたりにフリル、ズボンなのかな?紐でゆるさを調節するようだ。ユニセックスサイズなのかな?うーん?)

言子「なかなかの着心地です……」

花村(空木さんの方は一体型のいわゆるオーソドックスな水着、しかし全体的に明るい水色を基調にしていろいろなイラストが描きこまれている)

花村(ええと、もらった資料によると、イメージは人魚姫?ふうん……外側には邪魔そうな飾りや突起は全く無いようだな)


言子「うんうん、最高ですよ。さて、ディレクターさん、どうしましょう?」

ディレクター「はい。水着で普通に遊んで貰えればいいです。お二人で泳ぐもよし、疲れたら休むもよし」

ディレクター「海辺で遊んでいる姿を写真に撮りたいので!」

西園寺「わーい!わかりましたー!じゃあ、わたし、おっぱい泳いでみるよ!」

言子「! そ、それなら私も一緒に泳ぎましょうか!」


花村(自然な表情や動きを撮りたいんだな。にしても、水着は何着か着るはずだぞ。今から全力を出すと疲れるのに!)



1:まずはふたりで泳いでよ
2:波打ち際を走ってみたら?
3:スイカ割りのショットは?
4:砂浜でぽーず!
5:そのた

↓1
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 06:35:36.16 ID:Z1Z1BaCi0
なんか、あれ、水掛け合うやつとかどう?
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 10:29:19.76 ID:U9eDsj4V0
西園寺がセクシーな泳ぎをしようとしてるように見えるのは自分の心が汚れてるから?(いがおに見える…)
654 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/14(火) 19:16:35.73 ID:R27QQgEYo
心が汚れてるから絶対誤字しちゃいけないとこを誤字してるけど僕は元気です。
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 06:44:41.64 ID:lBsN23al0
これはダベミに罰が必要ですねぇ(ゲス顔)
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 11:33:29.17 ID:z+3Pu0gZ0
いっそ西園寺のセクシーな泳ぎで皆下半身に毒が溜まる(意味深)ようにしてしまえば良いと思う
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:32:14.08 ID:1Ky8TG43O
スーダンもアプリ配信決定だってさ
658 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/19(日) 22:00:11.10 ID:BRWVES/Vo
>>655
すいません許してください何でもしますから……

>>657
8月ですね!やったね
今のうちにアプリ版ダンガンロンパクリアしなきゃ……
659 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/19(日) 22:04:53.98 ID:BRWVES/Vo
>>652


花村「あっ、そうだおっぱい、ふたりでおっぱい、水掛け合いしておっぱい」

西園寺「は?」





ぱしゃぱしゃ

言子「きゃっ!?」

西園寺「へへ、どーお?」

言子「やりましたね……お返しです!」

ぱちゃぱちゃ

西園寺「わ、つっめた!」

ぱしゃぱしゃ
ぱしゃぱしゃ


花村「おっぱい!!!!!!(うーん、かわいいなぁ)」

西園寺「おにぃ、本音と建前逆になってない?」

花村「おっと、おっぱ……もういいか、それにしてもおっきいおっぱいだ」

後ろのほうでお姉さんたちがきゃっきゃうふふ

西園寺「おにぃ……どこみてるのかな……??それとも眼球がゴミなのかな……?」

花村「さーーーせん!!」

言子「西園寺さん、まだまだ行きますよぉ!」

西園寺「きゃー!冷たーい!何すんのさ、えいえい!」

ぱちゃぱちゃ
ぱしゃぱしゃ

花村「うーん、いけない。ぼくの水鉄砲がそろそろ限界だ」

西園寺「そのランチャームしまいなよ」





カメラマン「いい写真がどんどん撮れてますね。さすがだなぁ」

花村「本当ですか!よかった……」
660 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/19(日) 22:09:53.90 ID:BRWVES/Vo
カメラマン「次はそれぞれのソロショットを撮ろうと思います」

花村「ソロショットだってー!空木さん、こっちにきて。先に撮影するよ」

言子「あ……はい、わかりました!」

西園寺「わたしは?」

花村「ぼくと一緒にバナナボートに乗ろうか!」

西園寺「お!いいねえ」

花村「それともぼくのバナナボートに乗」

西園寺「言わせないよー?頭もバナナになっちゃったのかなー?」





ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ

パシャパシャ


言子「どう、ですか?」

カメラマン「つ……いいね、最高だよ」

カメラマン「あどけなさと成長、未解と大人への一歩……!バランスが最高だ!」パシャパシャ

言子「は、はあ……?」

カメラマン「次はここに作った砂の城で撮影しようか」

言子「これは……」

カメラマン「僕が朝から作った!」

言子「!?」

カメラマン「これを作っている、みたいな写真を撮ろう!」

言子(す、すごい熱量、すごい圧……このひと、これにかけているのかな……?)

パシャパシャ

パシャパシャ……


カメラマン「いいね!いいね!!」

カメラマン「あ、そうだ!よかったら言子ちゃんも、バナナボート乗ろうよ!」


ばしゃえああああああおおおお

花村「あああああああああ!!」ずばじゃぁぁぁぁ


言子「花村さん!?」



1:ゴーゴーバナナボート
2:でもサーフボードとかもいいかな
3:なんか水の力で飛ぶやつ
4:かき氷いかがっすか?
5:そのた

↓1
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 23:57:23.88 ID:KvqfpMpe0
1
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 06:10:36.49 ID:/gRZmH670
ん?今なん(ry
663 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/20(月) 22:02:12.11 ID:lBoLkbj1o
君たちさぁ……どうしてそんなにゾロ目出せるの?なんなの?
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 22:33:49.59 ID:WNKI8AdR0
そう言うダベミもゾロ目なんだよなぁ…
665 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/22(水) 22:15:05.86 ID:TtxHK3xyo
>>661


言子「わ、わかりました……大丈夫でしょうか……?」


花村(………)

花村(………!!)

ざぶざぶざぶ……

花村「ぷはぁ!死ぬかと思ったけど案外生きていた!」

言子「あ、浮き上がってきた」

西園寺「中身はキショイけど、わたしがトップを獲るまでは死なないでよね」

花村「うーん、そんな西園寺さんもかわいいね」

西園寺「やっぱ足に重りつけて二度と上がってこないで」

言子「辛辣でーす!?」





ぶぃーーーーん


言子「きゃははは!」

西園寺「ちょ、は、早すぎるってば!あぶな、危ない!」

言子「きゃーー!!あははは!」

西園寺「ねえなんで笑ってられるわけ!?この事務所の人はみんな頭がメロンパン入れにでもなってるのー!?」

ざばばばばばば

西園寺「ちょちょちょちょっ!!」

ざばばばばばば

言子「早いですねー!きゃははは!!」

西園寺「なんで平気なのー!?落ち、落ちちゃうって!」

言子「あははははーー!!」

西園寺「きゃーーー!!!」

言子「きゃはははは!!」


パシャパシャパシャパシャ

カメラマン「いいね!この表情はこの危機感でしか出せない!」

花村(趣旨ずれてないかな……大丈夫かな……、見本出来たら速攻チェックしよう)

カメラマン「ほら、見てください!」

花村(……あ)


花村(ふたりとも、楽しそうだ)

花村(そう、アイドルとか、そういうのは関係なくって)


花村(人として、素直に子供の姿で、楽しそうに笑っている)


花村「あ、でもこの必死すぎる西園寺さんのカットは事務所的にもNGです」

カメラマン「わかりました、これは載せない方向で……写真は」

花村「いります。現像して送ってください」


666 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/22(水) 22:17:23.68 ID:TtxHK3xyo


その後も海を満喫した。
夏はこうして始まっていくんだなぁ。


☆結果/言子
肩書:大型新人アイドル
好感:中 (89)
体力:高 (90)
気力:高 (80)
話術:良 (93)
歌唱:良 (108)
技術:優秀(142)
演技:優秀(140)
容姿:良 (100)
運動:中 (88)
魅力:優秀(133)
感性:中 (81)
コネ:最低(13)
幸運:低 (60)


☆結果/西園寺
肩書:舞踊家
好感:低 (50)
体力:中 (60)
気力:中 (65)
話術:低 (55)
歌唱:中 (80)
技術:低 (40)
演技:最低(18)
容姿:良 (115)
運動:優秀(150)
魅力:低 (35)
感性:最低(25)
コネ:最低(5)
幸運:低 (45)


667 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/22(水) 22:26:23.56 ID:TtxHK3xyo
☆【71日目】


西園寺「海嫌いになりそう」

花村「そんなに!?」

苗木「昨日は大変だったみたいだね。大丈夫?」

花村「ま、まぁ何事もなく、おっぱい、って感じだったよ」

苗木「なるほど(←慣れているので流した)」

西園寺「ていうか、おにぃ!ちょっと、今日のこれ、なに!?」


☆仕事の予定/言子
【71日目】海の家の取材←Now!
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【76日目】おやすみ
!81日目に舞園のラジオゲスト!

☆仕事の予定/西園寺
【71日目】かにをたべる←Now!
【72日目】レッスン
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】ランドセルのCM
【76日目】◆アイドル番組/オーディション

☆仕事の依頼
【77日目】音楽番組
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
【83日目】音楽番組
【85日目】◆ドラマの打ち合わせ(言子)
【88日目】芸人ラジオのアシスタント
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!


西園寺「かにを!たべる!って!?」

花村「うん、なんでも西園寺さんにどうしてもやってほしいって話があったらしくってさ」

西園寺「かにを!?」


▼2こまで
1:かに たべ いこう
2:スケジュール調整を依頼する(言子はレッスン中心)
3:ちょっとそのへんで昼寝
4:そのた

↓1
うぃーふぃー飛んでるかなー
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/07/22(水) 22:34:54.43 ID:LKILQkikO
1
(とりあえずアナザーで「存在自体がネタバレ」な二人を紹介
)(「幸運」マエダユウキと「商人」オオトリテルヤ、存在自体がネタバレな理由この二人はアナザー1、2両方しかも学級裁判に出ている)
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/22(水) 22:35:42.03 ID:EJGYpeT6O
1と2
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 03:46:12.29 ID:Ew4mIimJo
アナザーって公式関係ないよね?
なんかやたら押す人いるけど他の二次創作を出すのはマナー違反じゃないか?
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 14:03:09.01 ID:+T11Q7+s0
まあ別の二次創作絡ませようとするのは普通にアウトだからスルー安定でしょ
そもそもアナザーなんて初めて聞いたけど
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 18:22:28.35 ID:4drpf5na0
>>668は荒らしじゃなくとも荒らし認定され兼ねないから気を付けた方がいいよ。sageてないし。
673 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/24(金) 07:28:25.74 ID:cR+FiA2vo
あれこれ言いませんが、ネタバレはよろしくないです。>>1だけが困るなら良いのですが、スレは>>1以外の人もいるので止めましょう。
って感じで。優しい世界。
674 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/24(金) 07:35:08.19 ID:cR+FiA2vo
>>668


花村「まあまあ、そう言わずにさ。カニ食べに行こう?張り切って行こう」

西園寺「意味分かんないんですけどー!?」





テレビクルーと合流し、某所のそれなりのお値段が張る高そうなお店に来た………。


カメラ「よろしくお願いします」

ディレクター「よろしくお願いします、西園寺さん」

西園寺「よろしくお願いしまーす……あの、不躾な質問かもしれな……しれませんけど、なんでわたしなんですか?」

ディレクター「はは、あなたはご自身の魅力に気付いておられないと見える」

西園寺「?」

ディレクター「素のままそのまま、振る舞っていただねれば大丈夫です。多少失礼な言葉遣いも、注意するものはおりません」

花村「そ、それって大丈夫なんでしょうか……?」

ディレクター「はい、問題ありません。むしろ、多少乱暴な所作をお願いします」

西園寺「えっと、どういうことですか?」

ディレクター「そういうものを求めている観客がいる、ということです」


すたすたすた


西園寺「どういうことだろ……?」

花村(西園寺さんの魅力か)

花村(まさか……毒舌タレント的な要素を求められている?そんなまさか)

花村(でも、周りに忖度しない姿は確かに魅力的か?うーん)



1:とにかく素直に
2:暴言っぽく褒めよう
3:往年のツンデレ
4:とにかくカニを食べよう
5:そのた


↓1
かにたべたい
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 07:57:55.90 ID:xiGiQabx0
西園寺らしさを
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 08:00:15.53 ID:Alsblwm30
5.あくまで毒舌。毒舌と暴言を履き違えてはいけない。
677 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/27(月) 21:23:30.80 ID:Wp8MoQG3o
>>675


花村「……今回は西園寺さんらしさを求められている仕事だ。だから、とにかく西園寺さんらしさを出していこう」

西園寺「わたし、らしさ……」

花村「ぼくの考えている西園寺さんは、言葉は辛辣だけど、絶対に芯を傷付けない人だよ」

西園寺「……!」

花村「難しいと思うけど、きみならできるよね?ふふ、だってきみは一流だもの!」

西園寺「ふ、ふふん?おにぃはよくわかってんじゃん、さすがはわたしの奴隷だよねー!」

花村「有り難き幸せ」

西園寺「ちょっとおにぃ!?そこ乗るの!?」





西園寺「わー、これがこの辺りで名産って言うかに?」

かに『………』うごうごうご

西園寺「すごい動いてる!捕まったのに、残念だねー。動いても無駄だよ?」

西園寺「このっ、このっ!」がしっ

かに『!?』

西園寺「きゃはは!生きてるかにを食べるなんて初めてー!」

かに『!!』うごうごうご

店主「ええ、ここでお出しするまでは生け簀に入れてありました」

西園寺「でもわたし、かにって食べづらいからきらーい!」

店主「! そう言われると思っていましたよ!」

西園寺「え?」

ぱちんぱちぱっちーん!!

西園寺「!! かにが……」

店主「ふふ。食べやすいように甲羅にカットを入れる、当たり前ですよ」

西園寺「ふ、ふふん!この程度でいい気になんないでよ!実際に食べてみなきゃわかんないんだから……」


ぱく


西園寺「!!!???」
678 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/27(月) 21:32:52.74 ID:Wp8MoQG3o
西園寺「身がしっかり弾力がある……うちのプロデューサーのお腹と同じくらい、ぶるぶるで歯が跳ね返されてるよ!?」

西園寺「それに、ただしょっぱいだけのはずの海水でしか味付けしてないのに、あとからこみ上げる味わいが口の中に広がるとか……!」

店主「どうです?」

西園寺「お、おい……っ、いや、甘みは確かに強いけど、そんなの普通のかにだってあるし……!」

店主「果たして本当でしょうか?」

はむ……

西園寺「……!? 噛めば噛むほど、甘くなる!?和菓子みたーい!」

店主「かには主に冬の時期が食べごろです」

店主「なので、水槽も氷点下の世界を再現し、水温も限りなく冷たくしてあります」

西園寺「く……かにのエキスパートは舐めちゃいけないってことか……!」

店主「ふふふ……」

西園寺「でもそれだけじゃないでしょー?おらっ!もっと重要なこと、言いなよ!」

店主「うっ……これは言うわけには……!」

西園寺「えー?店主さんはわたしにも負けちゃう弱虫さんなのー?」

店主「くっ、仕方がない!!」

店主「……かにの身の甘みを引き出す、独自のバランスで配合された餌を与えています!」

西園寺「ま、まだまだ、それだけじゃ足りないって!」

はむはむはむ

店主「さらに!シーズンに合わせて産地の違う多種類のかにを用意!」

西園寺「もっと!そんなんじゃかにさんが可哀想だよ!?」

店主「今なら期間限定、7500円(税別)でかに三種食べ比べコースだぁぁぁ!」

西園寺「三種!?二種じゃなくて!?」

店主「9500円(税別)なら当店の全種類のかに180分食べ放題コース+プレミアム飲み放題でエビスビールも付いてる!」

西園寺「うわーん!!店主さん、太っ腹すぎるよー!!」




ディレクター「なんか……思ってたのと違うな……」

西園寺「え?こういう感じじゃなかったんですか?」

花村「店主さんノリノリすぎてよかったね」

店主「たのしかったです」


679 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/27(月) 21:40:38.43 ID:Wp8MoQG3o
☆【72日目】


花村「ぼくもトレーニング、受けたほうがいいかな……」

弐大「なんじゃあ、藪から棒に?」

花村「いや、ちょっと……」たぷん

西園寺「そこはおにぃのいいとこなんじゃないの?」

花村「もっといいとこほしくない?」


☆仕事の予定/言子
【72日目】レッスン←Now!
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】朗読会
【76日目】おやすみ
!81日目に舞園のラジオゲスト!

☆仕事の予定/西園寺
【72日目】レッスン←Now!
【73日目】おやすみ
【74日目】ファッションショー
【75日目】ランドセルのCM
【76日目】◆アイドル番組/オーディション

☆仕事の依頼
【77日目】音楽番組
【77日目】街ブラ系のロケ
【78日目】雑誌取材(言子向け)
【80日目】◆新曲の仮歌入れ(言子)
【80日目】リモート系の収録(ふたり分)
【83日目】音楽番組
【85日目】◆ドラマの打ち合わせ(言子)
【88日目】芸人ラジオのアシスタント
!重要:90日目以降主演ドラマ+主題歌!



花村(空木さんのドラマの話、近付いてきたな。)

花村(撮影をぱっと短期間で行って、放送するらしいけど……間に合うのか?)




1:レッスン行こう
2:ぼくは事務作業さ!
3:何か一品作ろう
4:そのた

↓1
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/27(月) 22:33:33.33 ID:Ig4PQSUu0
3
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/27(月) 23:43:31.69 ID:wnfENwkCO
オーバーキルやめよ???
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 01:16:12.23 ID:oNBre0Jn0
6桁ゾロとか、長く続くダベミスレでも何回あったっけ…?もしや初なのでは??
これはこじつけかもだけど、安価も3で実質7桁だし!!
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 06:08:06.60 ID:oaFHu0W30
地味に時間もゾロ目だと言う…
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 08:33:13.68 ID:i0jrPwm70
>>680
(゚Д゚)
685 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 11:51:31.46 ID:7KLtDPjwo
6桁ゾロは記憶にある限り2回目でしょうかね……?
こんなにきれいなゾロでオーバーキルされたのは初めてです。ありがとう680

今のうちに願望を書いておくんだ。
686 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 11:57:10.81 ID:7KLtDPjwo
>>680
パァン!(様々な判定が大破する音)



花村「今日はレッスンだっけ?」

言子「はい、歌のレッスンを受けてきます」

西園寺「わたしも一緒に受けてくるんだー!」

花村「なるほど。じゃあぼくもあとから行くよ。きみ達は弐大くんに送ってもらって」

西園寺「え、おにぃが送迎するんじゃないの?そのために存在してるんでしょ?」

花村「うーん、実はそれだけのためじゃないんだよねえ!」





花村「さて」ごとん

社長「花村くん?何を始めるのかね」

花村「いやぁ、ふたりとも頑張ってますし、社長も最近お疲れみたいですから……」

花村「ここいらでぼくが、みんなを元気(意味深)にする料理を作ってあげようかなと思いまして!」テルテルーン

社長「なん……だと……?」

花村「んふふ、特に暑い時期は夏バテなんかが怖いですし。今のうちに精力(直球)を付けとかないとね!」

花村「ぼくのツノも元気にしないと!」

社長「それはいいんだが、何を作るのかね?」

花村「そうですねー……、」



せっかくだから せっかくだから
俺はこのフリー安価タイムを選ぶぜ!

↓3くらいまで
花村に作らせたい料理とか、社長と会話したい内容とか
既にコンマ判定は壊れているので、よっぽど内容が破綻してない限り採用
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 12:30:56.70 ID:fXKyXKTRo
アツアツのピッツァも食いてえ!
ナラの木の薪で焼いた故郷の本物のマルガリータだ!
ボルチーニ茸ものっけてもらおう!
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 12:32:47.47 ID:oYs6upk70
料理とか内容じゃあないけど、タイミング的にこれを食べて西園寺がビッグバン化ってのはどうでしょう?
この後のCMとかが破綻しかねないのがアレですが。
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 13:05:32.15 ID:ql3rLbkdo
社長の過去話聞きたい
なんかライバル社との因縁とかそろそろ明らかになってもいいんじゃないかなと
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 15:55:56.76 ID:dH4zkTdVO
そろそろ舞園と直接会っておきたいな。
言子たちも本人を目の前にすればさらにモチベーション上がるだろうし。
691 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 17:33:10.00 ID:7KLtDPjwo
>>687


花村「熱々のピッツァ、喰いてぇなぁ〜〜〜〜」

社長「えっ?」


花村「実は!今ピザ釜にもいろんな種類があるんです!」

社長「花村くん?」

花村「設置型……はこの事務所に置けなかったので、苗木くん」

苗木「うん、前に注文しておいたこれだね」

参考→ttps://www.amazon.co.jp/dp/B07HTB83BT/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_LktiFbZ8ZNT1G
こんなの

花村「こういったポータブル、持ち運びができるものを用意すれば、いつでもどこでもピザが焼けます」

社長「花村くん?誰に説明してるんだ?」

花村「ナラの木を薪に使えば、熱量も多く延焼時間も長いため、非常に長く楽しめます」

たんたんたーん(薪を切る音)

花村「苗木くん、中に着火剤と炭を入れて内部を温めておいてくれないかな?」

苗木「そう言われると思って既に加熱済みだよ。あと少しで400℃まで上げられるんじゃないかな」

社長「室内だよね!?」

苗木「はい。ですが、換気は充分に行っていますし、窓も開けているため窒息に至ることにないです!」

苗木「また、感染症対策として逐一器具などを消毒し、衛生管理を徹底して、最小限の人数で作業を行っています」

花村「予めご了承ください」

社長「ご了承はしているが誰に説明しているのかね、私じゃないよねこれ?」

花村「内部に熱が溜まったらこのナラの木材を入れて加熱の準備を」

苗木「わかったよ!」

花村「さてその間にぼくはピッツァの支度を………」

花村「と、実は前日から生地を捏ねて仕込んできましたー!!!」

社長「なんで?」
692 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 17:44:25.45 ID:7KLtDPjwo
花村「今から社長に食べていただくのは……そう、ナポリピッツァの代表、もっともシンプルかつ最高に美味しい一品」


花村「マルガリータ!!」

社長「それを言うならマルゲリータだろ!?」


✕ マルガリータ(テキーラベースのカクテル)
○ マルゲリータ(ピッツァ)


苗木「何かおかしいなと思って事前にヤホーでぐーるぐるっておいて正解だったね!」

花村「ファイヤフォイッッッッキシ!!でも調べたけどよかったよ!」

社長「YahooだしGoogleだしfirefoxは検索エンジンではないんだが……」

社長「なに?どうした?君たち何か危ないヤクでもやってしまったのか……?それとも私の教育が……」

花村「危ない薬?そんなもの摂取していませんよ……ただばかうけの表面を舐めたくらいです……」

社長「ちゃんと食べ給え」


☆マルゲリータのレシピは→ttps://www.orangepage.net/recipes/detail_137075を参考にしました。コウテンケツさんありがとう


花村「フライパンに」ごとん

社長「いつのまにカセットコンロを……」

花村「社長、『カセット↓コ↑ンロォ!』です」

社長「言い方はどちらでも良い」

花村「オリーブオイルとにんにくを入れ、匂いをオイルにつけていきます」じゅわっ

花村「予め用意しておいたホールトマトを軽く潰して……」ぐしょぐしょっ

パチパチパチパチ……

花村「にんにくの香りがしてきたあたりで、投入!」じゅわおっ

花村「中火で煮立てて準備しながら……よいしょ」ごとん

社長「それは前日に仕込んだと言うピザ生地……」

花村「今日使わなんだら腐っでまうでねえか!パイ生地のように!パイ生地のように!」

花村「というわけで何個かの塊に切り分けまして……」とんとんと

社長「そのパイ生地を菊練りされたいのかね君は」

花村「大きく広げていきます……よっ!ほっ!」ぐにんにんにんにん

ぱちっ……ぱちぱち……

苗木「よし、木材で温度も上がった。いつでも焼けるよ」

花村「ありがとう、苗木くん!」
693 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 17:52:41.52 ID:7KLtDPjwo
花村「生地に先程作ったトマトソース!そして上からさらにチーズとバジルを乗せ、」

花村「いざ!なう!」がっこん

苗木「早ければ2分ほど、少なくともこの大きさなら5分くらいで出来上がると思います」

社長「ツッコミどころも多かったが、たしかに美味しそうな匂いはしているな……」

じゅううううう……

花村「ちょっと生地を薄めにして、カリッとグリズリー風に焼くと食感にアクセントが出て」

社長「クリスピーだな」

花村「シンプルなマルゲリータには合うかもしれないね」

苗木「次のマルゲリータも用意しちゃって大丈夫だよ」

花村「おっけー!」ぐにぐに

社長「ふむ……匂いが……室内に充満して」

じゅううううう……

花村「よし、どんどん焼けるよ。サイズも小さいから、次々食べられるんじゃないかな!」

苗木「うん!じゃあ、最初のピザを出すよ!」

がしゃがしゃ さっ

社長「! シンプルながら見た目も香りも十分、それに……!なんだ、食欲をそそられる……!」

花村「フチが軽く焦げているように見えますがご安心を……切りますね」

しゃくっ!

社長「な、まるで野菜でも切ったかのような音!」

花村「かりかりに焼き上がったからこそのこの音ですよ。食べてみてください」

ぱりっ

社長「う………うーまーいーぞー!!」ぴかーん

社長「シンプルなレシピながら、私の舌を包み込む旨味!」

社長「それに……なんだ、生地も特殊なのか?ソースでヘタレずしっかり焼き上がっている!」

花村「まだまたありますからね、食べてください」

社長「ああ、いただくよ、いただくとも……!」

社長「こうしていると、あの頃を思い出すねえ。まだ私の事務所に、アイドルがたくさんいた頃を……」

花村「え?」
694 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 19:11:01.94 ID:7KLtDPjwo
>>689

花村「その話……よかったら、詳しく聞いても?」

社長「まあ、そろそろタイミングだろう。いいよ、話そうか」





>>378あたりから



社長「……以前、私が他の事務所にハメられて、タレントを奪われた話をしたね」

花村「そうでしたね。そのときはまだ離せないって……」

社長「君も感づいている通り、あれは【ニュースターエージェンシー】……今の舞園くんがいる事務所だ」

社長「かつてここは、【ホワイトプラン】と言う事務所だった。多くのタレントが所属していたんだ」

苗木「舞園さんや……あの人、ですね」

社長「以前見せたのは【葉隠 浩子】……女優、モデルの仕事をしていてくれた。それから、この子」さっ

花村(また見たことないひとの写真だ)

社長「……【忌村 静子】……顔を出さない、メディア露出を極力減らすことを条件にヴォーカルデビューした歌手だ」

社長「他にも何人か……ああ、言ったことはあったかな?実は白銀さんも昔はうちの所属だったんだ」

花村「そうなんですか!?」

苗木「本人、絶対言わないからわかりませんでした……」

花村「それで……」

社長「……ああ。この事務所の当時のマネージャー……今の【ニュースターエージェンシー】の社長に、話を持ちかけられたことがあった」

社長「他社との業務提携。つまり、マネジメント業務などを分担しようというはなしだよ」

社長「CD発売や様々な業務を向こうの事務所に、タレントのマネジメントなどは【ホワイトプラン】に、という話だった。ところがそれがこじれてしまってね」

花村「シングル販売やグッズ制作の事務所が別事務所として立ち上がることはそこまで珍しくないのに、どうして……」

社長「当時の彼はあまりタレントに好かれていなかったのもあるし、あるいは業務量やらギャランティの問題だね」

花村「……」

社長「同意書が私の見た時から書き換えられており、タレントの所属がすべて向こうに移っていることが分かったのは、全て終わったあとだったよ」

社長「はは、私も最終チェックを怠ってしまった。当時、舞園さんを売り出し中で大忙しでね」

社長「同意書を書いて一週間も経たないうちに、まずニュースが流れて……それから……」


花村「……その社長って……」

社長「ああ。まだ社長をしているんじゃなかったかな」

社長「【大江 稔】……下卑た人間だが、手腕は本物だ」
695 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 19:57:31.94 ID:7KLtDPjwo
花村(大江……)

苗木「……ニュースでは事務所設立!としか流れてなかったので、知りませんでした……」

社長「だろうねえ。そして、それを不満に思ったタレント達は事務所との契約を更新せず、引退や移籍を行ったのだよ」

社長「浩子ちゃんもそのひとりだな。今は何をしているんだろう……」

花村「……」

花村(社長……)

花村(……ぼくが、ぼく達が頑張らなきゃ……)

花村(なんとかして、社長に笑顔を……!)


>>688


☆数時間後


がちゃ

言子「只今戻りました……あら?」

西園寺「ただいまー!って、なにしてんの?」

ごおおおぱちぱちぱち

花村「ん?おかえり。あれ……もうそんなに時間経ってたのか……」

苗木「おかえり。ふたりにもピザがあるよ」

言子「ピザ、ですか?」

花村「ああ、うん。ピザを作ったのさ。食べるかい?」

西園寺「いっただっきまーす!」

ぱく

西園寺「うん!美味しい!」



ぴかーーーーーっ


花村「!?」


ビッグバン西園寺「これが……花村おにぃのピザ!」

花村「」





西園寺「えーーっ!?なんかわたし、おっきくなってるーーー!!??」

花村「どういうことなの……」

苗木「愛の力?」

弐大「昔聞いたことがあるのう。心に何か思うところがあれば、肉体も成長が止まると言う話じゃ」

弐大「おそらく、じゃが……花村のピザを食べた西園寺の心にあったトラウマが溶かされ……」

花村「相応の成長したってこと!?」

社長「これは……」


社長「明日から使える」きりりっ

花村「タフネスー!?」


696 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/07/29(水) 20:01:33.01 ID:7KLtDPjwo
【73日目】


おやすみ


花村「今日は休みだ」

ぷるるるるぷるるる

花村「……ん?はい、もしもし……あ、西園寺さん?」


☆昨日

西園寺『おにぃー、これ大丈夫かなぁ』

花村「一応病院で見てもらいなよ」




花村「うん……うん……」

花村「ほんとに!?よかったね。あ、でも無理しちゃだめだよ?」

花村「大きくなったってことは多分一番上に血が集まってる状態だから、つまり勃」

花村「……切られちゃった」


ぴっ


テレビ『奇跡!?西園寺日寄子、突然大きくなる』


花村「ニュースんなってるよ、そりゃそうだよね」

花村「………」

花村「………いや、こんなことってある!?」



1:このまま西園寺の番組収録までダイジェスト
2:もう判定は無意味?エンディングまで書く

3:まったりおやすみなので飯を作ろう
4:さくらちゃんとこに行こう
5:街ブラ
6:そのた

↓1

>>690
よく考えたら直近でそのタイミングがあるのでそこでやりまーす。
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 20:44:33.09 ID:9m82hjP60
浩子さんか静子ちゃん探そう
698 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/08/02(日) 21:58:40.02 ID:s6ooOwS6o
いくぜいくぜいくぜ
699 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/08/02(日) 22:18:39.84 ID:s6ooOwS6o
>>697
8月じゃん………



花村(………とにかく)

すくっ


花村「探そう。ふたりを」

花村(事務所を立て直すには、最盛期のメンバーを集める必要がある)

花村(行方がわからないのは、葉隠さんと……忌村さんか)


───舞園さんは、やめることもできない状態だ。

花村(本人がアイドルの仕事を好きなのもあるし、それに……)

花村(おそらく契約も……うーん、なによりも売れてしまったし……)


ぴっぴっ

花村(いや……!葉隠さんは以前に会ったな。ものすごい偶然だった)

花村(病院だよな?でも、いきなりノーアポで行くのはまずいか)

ぴっ……

花村(……忌村……さん、ダメだ、見当も付かない)

花村(うーん、どうしたもんか……?)


がちゃ


花村(とりあえず無策で外に出てきた、けど……どうしよ)



1:街に繰り出すか?
2:病院……?
3:どこか遠くの方へと
4:そのた

↓1
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/02(日) 22:25:31.66 ID:MCxyxFfm0
701 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/08/02(日) 23:24:52.76 ID:s6ooOwS6o
>>700
まちにいこうよ!


花村「とびだせ!」


☆で、街



花村「さて、街に来ました」

ざわざわ

花村「いやー!人が!そこそこ歩いているなぁー!そこそこ!」

花村(しかし、無策すぎて)


??「ふぅ………」とぼとぼ


花村「………」


??「どうしましょう……」


花村「………ん?」

ちら

花村(この写真)

ちらちらちら

花村(え?)


??「………」


花村「あれ、忌村さんじゃね?」


すたすたすた

花村「あ……」

花村(しかしだ、どうやって声をかけたもんだろう)

花村(社長に聞いたところ、忌村さんは結構なビビリらしい)

花村(ぼくみたいな知らない人が突然声をかけたら心臓破裂するかもしれないが、)

花村(はてさて)


忌村「あの……」

花村「!?」

忌村「あの……あなた、その……」

忌村「どうしたの?私のこと……見ている、から……」

花村「えっ!????」


花村(なんなん!?)

花村(なん……え?そしてめちゃくちゃ声か細いな?)



1:とりあえず家に連れ帰る
2:今まで……何してたんです?
3:大丈夫ですか?お体大丈夫ですか?
4:ひとまず連絡先交換
5:そのた

↓1
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/03(月) 00:02:02.92 ID:/1QYd6CM0
2
703 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/08/04(火) 11:35:14.08 ID:FTFKGkhbo
>>702


花村「はは……本当にこんな美人がぼくの前に現れるなんてね!」

花村「興奮しすぎて昼も眠れなさそうだよ!」

忌村「は、はあ……?」

花村「それより、忌村さん……ですよね」

忌村「? そう、よ……私、あなたと会ったことが……あったかしら?」

花村「いえ、ちょっとひとつお聞きしたいことがあるんです」

ぺら

忌村「それ、は、昔の事務所、の……みんなの、集合写真……?」

花村「……社長も、あなたの行方を知らないと言ってました」

花村「今まで……何してたんです?」

忌村「あ、それは……特に、なにも」

花村「なにも?」

忌村「私は……」

忌村「……、……言えない……いえ、言えるようなことは何もしていないの」

花村(……?)

忌村「昔から、あまり体も……強くなかったし」

花村(そういえば、忌村さんは大きめなマスクをつけている。ご時世かと思ったけど、そうでもないみたいだ)

花村(素材は……なんだろう?分からないけど、通気性は良さそうだね)

花村「会社の方針が嫌になって、いなくなってしまったんですか?」

忌村「そうね、そんなところよ……私も、バカだった……まさか、あ、あんな契約書を理解してなかった、なんて」

忌村「社長に申し訳、ないし……新しい事務所では、み、み、水着に、なれなんて、言われるし!」

忌村「……む、無理よ、無理なの!私は、容姿には自信がなくて……」

花村(顔を見せないという条件はそのためか。声だけなら活動できると思ったんだろう)

忌村「それで、あなたは……なんで私を……?」

花村「あ、それは……」


★かくかくしかじか


忌村「新しい事務所を?」

花村「はい。それで、忌村さんの話を聞いたんです」

花村「それで、もしよかったらまたどうかなと!」

忌村「ありがとう、だけど私は……」

忌村「……アイドル、なんて仕事、もうできないわ……」


花村(………)



1:事務所にきてください!
2:一緒に遊んでもらえませんか?
3:僕の料理(直球)をお食べ
4:そのた

チェだぜ
↓1
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/04(火) 12:20:46.59 ID:BsghmCQxO
3
705 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/08/09(日) 15:37:35.65 ID:YnCoGJtho
夏バテです。暑いね。みんな水分補給はしっかりと。
706 : ◆z.6vDABEMI [saga]:2020/08/09(日) 15:45:24.39 ID:YnCoGJtho
>>704


花村「ふっふっふ……そう言われると思って、対抗策はすでに用意してあるのさ」

忌村「それに乗るとは、い、言ってないのだけれど……」

花村「ぼくの料理をお食べ、お食べぼくの料理を」

忌村「!?」


◇数十分後、事務所


花村(休みだけどキッチンは借りられたから……)


花村「かんたんなものしか出来ないですけど」

ことん

忌村「か、簡単でこんなに……完璧、じゃない……?」

花村「そんなそんな、余り物でもできる簡単なものをいくつか出しただけですよ」

忌村「お、おいしい……おいしいわ……」

ぽた

忌村「う、うう……うううっ……!」ぽろぽろ

花村「え?き、忌村さん、突然どうして……」

忌村「うっ……こ、こんなに美味しいもの……初めて、食べたわ」

忌村「私ね、持病があって……薬との兼ね合いで、甘いものが食べられないの」

忌村「だけどこれは……違う、人工的な甘味じゃない、作った甘みじゃなくて……自然な、甘み!」

忌村「こんなの、食べられるなんて……思ってもなかったわ……」

花村「……忌村さん」

忌村「……今はね、」

花村「?」

忌村「近所の薬局で、働いているのよ。薬剤師として」

名刺すっ

忌村「だ、だから……ほら、兼業なんて……できない、でしょう?」

忌村「あなたの気持ちは、嬉しいわ。だ、だけど、今すぐあなたにどうこうとか、できるわけじゃない……」


花村「確かにそうですね……」

花村(ぼく達の都合で、いきなり今の仕事をやめてくれ!なんて虫が良すぎる。なにより、今後を保証できない)

花村(………)



1:声の仕事を続ける、とかは?
2:大きなイベントを手伝ってください
3:んふふ、会えただけで嬉しいですよ
4:コネクションを活用
5:そのた

↓1
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 16:34:41.31 ID:t2oqLQ+t0
1,具体的にはコーラスとかでやっていけると思う
454.59 KB Speed:4.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)