男「それは、宇宙の彼方」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

63 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2021/01/14(木) 02:29:51.38 ID:JGFtN5qb0
 中はとてもじゃないが、生活感がまるでない、銀色の世界だった。

 というのも、周りは冷たい鉄のような内装で、家というよりは研究所のような様相だ。

 そもそも、何も物がない。遠近法がおかしくなりそうだ。

 音もなく、ニオイも無く。殺風景にもほどがある。

 外の世界から隔絶されているとすら感じた。

男「お、おじゃまします」

 しかし不思議っ娘が家だと主張するなら、俺もそれに従わざるを得ない。

 だからこその、「おじゃまします」だ。

女「……」

 当の彼女は、何も言わなかった。
26.72 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)