絶対に笑ってはいけない勇者一行

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:16:10.00 ID:WwI9Uzsy0
王様「おお。勇者、戦士、魔法使い、僧侶よ。死んでしまうとは情けない」

勇者「……はっ!あれ、王様!?」

勇者「たしか、魔王城に乗り込んで……なんで故郷の城に戻ってるんだ?」

魔法使い「んん……うるさいなぁ。どうしたのよ勇者」

戦士「グゴゴ……zzz」

勇者「みんな起きてくれ!!」

僧侶「……うーん。珍しいですね、私か戦士さんがいつも早起きなのですが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1587892569
2 : ◆uw4OnhNu4k [saga]:2020/04/26(日) 18:19:17.38 ID:WwI9Uzsy0
勇者「三人とも無事か?」

僧侶「ええと、寝ぼけてるのか記憶があいまいで」

勇者「世界中の教会を破壊されて、俺たちの復活の力も失われただろ。満身創痍で魔王城に乗り込んで、それで……」

王様「おお勇者よ。世界中の教会を破壊されたとは情けない」

魔法使い「王様!?申し訳ございません、目が覚めたらどういう訳かここに転送されていて……」

王様「おお魔法使いよ。事態を把握できていないとは情けない」

僧侶「王様、一体どういうことでしょう?復活の力は魔王の手によって失われたはずでは……」

王様「おお僧侶よ。失われてしまうとは情けない」

戦士「……むーう。さっきからなんでござるか」

王様「おお戦士よ。今目覚めるとは情けない」

魔法使い「ふふwww」

僧侶「ちょっと!王様の前で失礼ですよ!」

魔法使い「だって!!さっきから王様がおっしゃってることがおかしくて……」

デデーン 魔法使い アウトー

魔法使い「……えっ?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:20:36.11 ID:WwI9Uzsy0
魔法使い「なになに!?今の音なに!?」

僧侶「魔法使いさん!後ろ!!」

魔法使い「誰こいつら……痛っああああああ!!?」

魔法使い「お尻叩かれたわ!!敵!?」

勇者「全身黒い衣装。兵士か?」

ガチャ……

姫「いいえ。彼らは兵士ではありません。『罰』そのものです」

魔法使い「姫様!?一体これはどういう……」


姫「参加者は絶対に笑ってはいけません。笑ってしまった場合、笑ってしまったことに対しての罰を受けるのです」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:21:57.07 ID:WwI9Uzsy0
姫「さっそくですが、あちらのボックスにお入りください。衣装に着替えていただきます」

戦士「衣装?お言葉ですが姫殿、冒険は遊びではござらぬ。装備を貧弱なものに変える訳にはいかぬ」

魔法使い「私も事態を把握できていません。魔王城に到達してからの記憶が曖昧です。どうしてこの城下町に転送されたのでしょう?」

僧侶「もしも私たちが復活したというのであれば、それもおかしな話です。全国の教会が破壊し尽くされた今、勇者一行のパーティーといえど戦闘に敗北したら復活できないはずでは」

勇者「姫様は僕たちに何が起きたか、事情をご存知で……」

姫「FUCK YOU!!ぶち殺すぞゴミめら!!!世間はお前らの母親ではない!!!」

デデーン 勇者 魔法使い アウトー
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:22:48.33 ID:WwI9Uzsy0
勇者「ご乱心ですかwww」

魔法使い「笑っちゃだめよww」

勇者「こ、こいつらまた……痛っ!!!?」

魔法使い「キャッ!!!」

戦士「なんという手際の良さ。尻を叩く動きに一瞬の無駄もなかった」

僧侶「フー……危ないところでした。笑うと叩かれてしまうシステムのようですね」

姫「質問すれば答えが返ってくるのが当たり前か?バカがっ!いいから黙って着替えてこい!!」

戦士「逆らわぬ方がよさそうだ……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:23:44.55 ID:WwI9Uzsy0
姫「みなさま、お着替えは済みましたかね。それでは魔法使いさんから出て来て頂けますか」

……ガチャ

魔法使い「なによ、このピンクのフリフリドレス!絵本の魔法少女じゃないんだから。すっごい恥ずかしいんだけど」

姫「それでは、僧侶さん。どうぞ」

……ガチャ

僧侶「……どうも」

魔法使い「なんで全身にお鍋の蓋を身に付けてんのよwwwwお尻のとこだけ蓋ついてないしwww」

僧侶「魔法使いさんこそ少女みたいな格好をしてwww一応私は皮のドレスも着ていますからねwww」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「やば……キャっ!!」

僧侶「や、やだ!!怖い!!……イタっ!!!?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:25:43.95 ID:WwI9Uzsy0
僧侶「イタタタ!!!これ痛すぎます!!!今すぐ回復魔法を!!」

魔法使い「待って!気持ちはわかるけど、この先何が起きるかわからないし、魔力は温存しといた方がいいわ」

僧侶「……そうですね。一理あります」

魔法使い「事態が把握できるまで様子を見ましょう」

僧侶「わかりました、笑わないように気をつけます。笑いさえしなければいいんですものね」

魔法使い「そういうこと」

姫「それでは戦士さん。出て来てください」

……ガチャ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:31:25.89 ID:WwI9Uzsy0

戦士「…………」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

戦士「笑うでない!!」

魔法使い「まさかのバニースーツwww痛っ!!」

僧侶「屈強な肉体にピチピチに張り付いていますねwwwキャッ!!」

戦士「拙者はこれも羞恥に耐える鍛錬だと心得る!!己が精神を不動にさせてこそ戦士に足ると!!」

魔法使い「あんたが嫌々着てるのはわかってるから心配しないでよ。くっ……ふぅー」

僧侶「私も僧侶の身でありながら、人様の姿を見て大笑いをしたことに後悔の念に駆られています……ふわ〜あ」

戦士「二人とも頰が緩んでいるのは気のせいか?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:33:00.42 ID:WwI9Uzsy0

姫「さて、それでは最後。勇者様、お出になってください」

……ガチャ

勇者「こんにちは」

デデーン 戦士 アウトー

戦士「全裸wwwwwwww……グハっ!!な、なかなかのダメージ……」

僧侶「神聖なお姿でお出でとは……」

魔法使い「勇者のバカ!!衣装を着忘れたの!?」

勇者「全部脱いで出てこいって指示が書かれてたんだ。言う通りにできたぞ」

魔法使い「その馬鹿正直な性格を直しなさいって言ってるでしょ!!」

勇者「戦士から貰ったミサンガはつけてるぞ?」

戦士「おお、友情の証!!」

魔法使い「逆に変態度増すわよ!!服を取って来なさいって言ってるの!!私があげた道具袋だって無いじゃない!!ろくに戦闘もできないわよ!!」

勇者「今やろうとしてたのに今のでやる気なくしたよ、お母さん」

デデーン 魔法使い アウトー

魔法使い「こどもみたいなこと言うなwwwイタッ!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:34:22.19 ID:WwI9Uzsy0

ガチャガチャ

勇者「あれ、おかしいな。更衣室のドアが開かない」

姫「さて、着替えも終わったことですし、朝食に向かいましょう。勇者様、心配はご無用です。食堂は暖かいので風邪を引く心配はございませんよ」

勇者「それはよかった。姫様、やっぱりお優しいんですね。心まで暖かくなりそうです」

姫「そんな////」

魔法使い「はぁー???」

僧侶「魔法使いさん落ち着いて!!さぁ朝食に向かいましょう!!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:36:06.49 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「そうはいってもさぁ、このままだと勇者のこと、まともに直視もできないんだけど……」

戦士「うーむ、どうしたものか。着替えは預けられてしまったようだ」

僧侶「あっ、妙案を思いつきました。勇者様、これを」

勇者「ん?」



デデーン 戦士 僧侶 アウトー

戦士「お鍋の蓋で股間を隠すなwwwwぐおっ!!」

僧侶「でもこれですっぽり覆えますwwwwイタっ!!」

勇者「僧侶、やっぱり優しいな。心まで暖かくなるよ」

僧侶「そ、僧侶の勤めですから……フー、フー……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:37:19.73 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「僧侶も楽しんでるんじゃないわよ!!」

僧侶「失礼ですね!!神に仕える者として、他人の辱めを嘲る真似はいたしません!」

魔法使い「どう見ても楽しんでるじゃない!」

僧侶「そういう魔法使いさんこそ、さっきから顔を覆った指の隙間から勇者様のことをチラチラみているんじゃないですか?」

魔法使い「は、はぁ!?何言ってんの!?バカじゃないの!?」

僧侶「バカ?それじゃあ、バカに回復魔法をかけられたくなかったら、やくそうでも使うといいですよ。自分のお尻に直接塗ったらどうですか?私が調合した回復魔法瓶も返却してかまわないですよ」

戦士「まあまあ、二人とも落ち着け」

僧侶「はぁー……」

魔法使い「ふんっ……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:38:15.37 ID:WwI9Uzsy0

姫「少し距離がありますが、この廊下の先に食堂がありますので」

勇者「楽しみだなぁ」

魔法使い「…………」

僧侶「…………」

魔法使い「ねえねえ僧侶」

僧侶「……なんでしょう」

魔法使い「隣の家に、囲いができたんだってさ」

僧侶「…………」

魔法使い「Cooooool!!!(巻き舌)」

僧侶「…………」

魔法使い「……ブフッww」

僧侶「ふふwww」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「自爆しちゃった……キャッ!!」

僧侶「異国語ジョークで仲間になんてことを……イタっ!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:38:56.51 ID:WwI9Uzsy0

僧侶「よくもやってくれましたね……」

魔法使い「誰も笑えなんて言ってないけど?」

僧侶「…………」

魔法使い「…………」

僧侶「魔法使いさん」

魔法使い「なによ」

僧侶「メンヘラ女とかけまして」

魔法使い「…………」

僧侶「リストカットとときます」

魔法使い「……そのこころは?」

僧侶「闇に沈んでいる!!!!!」

魔法使い「……w」

僧侶「心が!!!闇に!!!深くwww」

魔法使い「wwwww」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「勢いで笑わせるのやめて……キャッ!」

僧侶「道連れ成功です……痛っ!!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 18:39:59.50 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「痛たた……じんじんする……」

僧侶「毎回痛恨の一撃です……」

戦士「何を二人でくだらぬ諍いをしているのだ」

魔法使い「私が悪かったわ……ごめんなさい……」

僧侶「私こそ、もう無益な争いはやめましょう……」

魔法使い「お腹も空いてるし、体力温存しましょう」

カランカラン……

僧侶「そうですね」

カランカラン……

魔法使い「…………」

カランカラン……

僧侶「…………」

カランカラン……

魔法使い「………ww」

僧侶「www」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「歩くたびにお鍋の蓋の音がうるさいwww痛っ!!」

僧侶「不可抗力ですwwwキャッ!!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:21:33.51 ID:WwI9Uzsy0

姫「さあ、着きましたよ。こちらが食堂です」

デデーン 勇者 戦士 アウトー

勇者「男子トイレじゃねーかwww痛っ!!!」

戦士「姫様、ご冗談が過ぎますぞwwwwぐおっ!!」

魔法使い「なんて所に連れてきてるんですか!」

僧侶「不衛生極まりないですね……しかも生暖かい……」

姫「さぁ、みなさま。それぞれのチェアにお座りになってください」

魔法使い「チェアじゃなくて便器でしょ!」

僧侶「食事のメニューは?」

姫「カレーを用意しております」

デデーン 勇者 アウトー

勇者「最悪だwww痛っ!!!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:22:41.15 ID:WwI9Uzsy0

戦士「何か事情があるのだろう。仕方あるまい、それぞれ個室に入ってチェアに座り茶色の液状を食そう」

魔法使い「言い換えが絶望的に汚い」

僧侶「まぁ私も幼い頃は馬小屋で食事をしていたこともありますしね。食事をいただけるだけでありがたいことです」

魔法使い「……しょうがないわね。でも、個室のドア全部閉じてるわよね」

勇者「鍵はかかってないみたいだぞ」

ガチャ

王様「のわっ!!使用中じゃボケッ!!」

デデーン 勇者 アウトー

勇者「びっくりしたwww痛っ!!」

戦士「ノックもせずに入るからだ。王も一般兵と同じ厠を使うのだな」

姫「いいえ。こちらが、王の間です」

デデーン 戦士 魔法使い アウトー

戦士「便所の個室wwwwぐおっ!!」

魔法使い「よっぽどの財政難なのかしら……イタっ!!!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:23:17.02 ID:WwI9Uzsy0

姫「みなさま、席につきましたね?それではいただきましょう」

勇者「いただきまーす」

戦士「いただく」

僧侶「いただきます」

魔法使い「個室の仕切りでみんなの顔が見えない……」

戦士「早速ではあるが、状況を整理しておきたい。今後の魔王討伐にあたって……」

王様「食事中の私語は慎みなさい!!!!!!!!!!」

戦士「っ!!?」

戦士「す、すまぬ!!!」

王「…………」

戦士「…………」

魔法使い「…………」

僧侶「…………」

戦士「…………」

僧侶「…………」

勇者「……ww」

デデーン 勇者 アウトー

勇者「空気が重過ぎるwwwwイタっ!!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:24:23.39 ID:WwI9Uzsy0

姫「ごちそうさまでした。さて、食後の運動も兼ねて屋上まであがりましょうか」

〜屋上〜

僧侶「うわぁ、いい天気ですね。見晴らしもきれいです」

魔法使い「ここで食事をすればよかったのでは?」

王「それで、戦士殿が言いかけたこととは」

戦士「今後の魔王討伐にそなえて、状況を整理しておきたいのです。魔王城に入った記憶はあるが、それ以降の出来事を忘却している。どうしてもあれが夢の出来事とは思えん」

魔法使い「私も同じ。やっとの思いで魔王城までたどり着いて、それからどうなったんだっけ……」

僧侶「勇者様は何か覚えてないですか?」

勇者「……俺は」



――――ドクン


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:25:17.62 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「どうしたの、勇者?」

勇者「…………そうだ。ぼろぼろの身体で魔王城の上階にたどり着いたんだ。そこには、四天王がいた」

王様「なんと!」

勇者「でも、魔王と対峙したのは俺ひとりだった」

魔法使い「私たちは、死んじゃったってこと?」

勇者「わからない。ただ、あらゆる戦いにおいて、戦闘力に圧倒的な差があった。武術でも魔術でも、魔王と四天王に歯が立たなかった」

戦士「信じられぬ……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:25:57.34 ID:WwI9Uzsy0

勇者「それに魔王城までの道のりで道具や魔力が尽きたことも痛手だった。最新鋭の装備もしっかりと整えておくべきだった」

僧侶「そんな……」

勇者「そこで王様、お願いがあります」

王様「何でも申せ」

勇者「軍資金を、100万Gいただきたい」

王様「何でもは申すな」

デデーン 勇者 魔法使い アウトー

勇者「前言撤回がはやいwww痛っ!」

魔法使い「即答だったわねwwwイタっ!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:26:38.17 ID:WwI9Uzsy0

戦士「勇者、さすがに無礼だぞ」

僧侶「無理なお願いですよ」

王様「そうじゃ。いくら勇者殿といえど、国民の汗の結晶である100万Gをそのまま渡すことはできぬ」

姫「父上、そこをなんとかできないでしょうか。私からもお願いです」

王様「100万Gを渡そう」

デデーン 勇者 魔法使い アウトー

勇者「前言撤回がはやいwww痛っ!」

魔法使い「娘に弱いwwwイタっ!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:27:49.13 ID:WwI9Uzsy0

王様「いやぁ、しかし、家臣や国民からの反発を招いて反旗を翻されかねん。渡すにも皆が納得するような建前が必要じゃて」

僧侶「では、こういうのはどうでしょう。国家からの要請として、100万Gのクエストを用意するのです。私たちにしか達成できないような高難易度の内容にすれば、結果的に私たちが100万Gを受け取れることになります」

王様「そんな危険なクエストを請け負って大丈夫なのかね?」

戦士「俺たちも、この国の役に立ってお金が受け取れるなら気分がいいというもんです」

王様「……わかった。家臣と協議し手配をしておこう。後ほど、町の広場にある掲示板を見に行くと良い。そこにクエストが記載される」

勇者「ありがたき幸せ。必ずそのクエストをこなしてみせます。ご協力を賜り感謝します」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:28:33.94 ID:WwI9Uzsy0

〜広場〜

魔法使い「そろそろクエスト情報更新の時間ね」

僧侶「早速人だかりができていますね。王様が用意したクエストにみんなが注目しているのでしょう」

勇者「すいません、ちょっと通してください!」

勇者「えーと、クエスト内容は……」

魔法使い「みつかった?」

勇者「おお!!すげえ!このクエストをこなせば100万G手に入る!!」

魔法使い「どれどれ?」

『魔王討伐 100万G』

デデーン 魔法使い アウトー

魔法使い「そのための100万Gでしょwwwwイタっ!!」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:32:13.87 ID:WwI9Uzsy0

勇者「これで100万G手に入れれば魔王討伐の準備を整えられる!!あれ、でもその前に魔王を討伐する必要があるから……」

魔法使い「騙されてんじゃないわよ!!これならむしろもっと欲しいわ!!」

僧侶「他のクエストはどれも少額のものばかりですね。資金調達はやはり難しいのでしょうか……」

町民「あんたたち、冒険者かい?」

僧侶「ええ、そうですけど」

町民「金にこまっているなら、隣町で行われる闘技場での大会に参加すればいい。エントリー締め切りは今日までぎりぎり間に合うよ」

僧侶「それは決闘なのでしょうか?」

町民「毎年競技内容は当日まで明かされないんだよ。2年前は綱引き、去年は演武の美しさを競い合う内容だった。今年は芸を競い合うって噂だけど、詳しいことは知らねーな」

僧侶「なるほど。気になりますね」

勇者「闘技場に行ってみるか。おじさん、ありがとうな!」

町民「エントリー料も用意しとけよ。せいぜい気をつけな!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:32:53.46 ID:WwI9Uzsy0

勇者「ふぅー、なんとか締め切りに間に合った」

僧侶「エントリー料が思いのほか高かったですね。人数を制限するためでしょうが、これで負けては元も子もないですね」

戦士「チーム戦と考えれば良い。誰かひとりが勝てばいいのだ。心配してもしょうがない」

魔法使い「そうね。今日はもう遅いしご飯食べてさっさと寝ましょう。勇者、期待してるわよ!」

勇者「チーム戦と考えるのでは?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:35:09.10 ID:WwI9Uzsy0

〜大会当日〜

司会「さぁー!今年もやって参りました!!朧月夜の開闢トーナメント2020!!優勝は誰の手に!?」

デデーン 魔法使い アウトー

魔法使い「タイトル名が厨二くさいwwwwキャッ!」

司会「優勝者にはトロフィーと、賞金50万Gを授与します!!」

僧侶「魔王討伐の半額報酬が貰えますね」

勇者「トロフィーほしいなぁ」

司会「それでは、Aブロック第一回戦。挑戦者は前に!」

勇者「俺と戦士だな」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:36:06.20 ID:WwI9Uzsy0

戦士「勇者、お互い戦い合うことになっても手加減は抜きだ。俺も全力で戦わせてもらう」

勇者「当然だ」

魔法使い「二人とも、怪我にだけは気をつけてね」

僧侶「ご武運をお祈りしています」

勇者・戦士「ああ、行ってくる」

スタスタ

魔法使い「…………」

僧侶「………ふっw」

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「セリフがかっこよくてもバニースーツと全裸に鍋男なんですよwwwキャッ!」

魔法使い「見ちゃいられないわね……」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:37:34.47 ID:WwI9Uzsy0

司会「今年の競技を紹介しましょう!」

司会「内容は、今ジパングで話題のNIPPONグランプリ!!お題に対していかに面白い回答を出せるか競い合っていただきます!!」

司会「Aブロックの選手は、勇者、戦士、商人、宿屋の4名!」

司会「今回は特別ルールとして、全ての回答が終わったあとに審査員による投票で勝者を決定します」

勇者「な、なんだって!」

戦士「大喜利というやつか……」

司会「では、お題の発表です!」


司会「『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?」


勇者「……負けないぞ、戦士」

戦士「望むところだ、勇者」

司会「スタート!!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:38:38.94 ID:WwI9Uzsy0

僧侶「お題の意味がよくわからないのですが……」

魔法使い「『今のはメラゾーマではない、メラだ』」

魔法使い「勇者冒険譚の漫画が元ネタよ。魔王が放った強大な炎が、メラゾーマという最上級呪文かと思ったら、実はメラという下級呪文だったっていうね。メラにも関わらずメラゾーマに見えるほど、魔王が強力であることを描写したシーンのセリフよ」

僧侶「なるほどです。娯楽系の知識にどうも疎くて」

魔法使い「どうなるかしらね。勇者は天然なところがあるし、戦士は堅物なところがあるから、上手にボケることができない気が……」

ピンポン!

勇者「…………」

魔法使い「うそ!?はやい!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:39:18.34 ID:WwI9Uzsy0

司会「お〜お!勇者選手がボタンを押した!!」

『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?


勇者「今のはメラゾーマではない。ファイガだ」

wwww  www  www

魔法使い「ウケてる!他のシリーズの呪文を使うのは良い発想ね!!」

デデーン 戦士 アウトー

戦士「ふははwwwwwぐおっ!!」

魔法使い「何あいつ普通に笑ってんのよ!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:39:52.17 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「戦士のやつったら、今はライバルでしょう!」

僧侶「……なるほど。戦士さんはこれをチーム戦と考えているのです。勇者さんが回答した時に自分も笑うことで、会場を盛り上げる作戦のようですね」

魔法使い「あら、戦士も頭が回るじゃない。そうね、私たちの誰かが優勝すればいいのよね。二人で力を合わせて回答を……」

ピンポン

商人「おほん」

魔法使い「他の選手が!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:40:56.05 ID:WwI9Uzsy0

司会「商人選手がボタンを押したー!どうぞ!」

『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?


商人「今のはメラゾーマではない。私は巨乳が好きではない」

wwwww www wwwwww

魔法使い「会場が沸いてるわ!!」

僧侶「巧妙なジョークですね。『お前の趣味なんて聞いてねえよ!!』と思わず突っ込みたくなるボケ回答です」

デデーン 戦士 アウトー

戦士「お前の趣味なんて聞いてねえよwwwwwwぐはっ!!」

魔法使い「あいつ馬鹿笑いしてる!!ただ面白かったから笑ってるだけ!!!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:41:48.53 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「コラー!!戦士!!!笑ってる場合じゃないっての!!はやくあんたも回答しなさいよ!!!!」

戦士「はっ!!!い、いかぬ……俺としたことが」

ピンポン!

勇者「よし」

戦士「なぬ!?」

僧侶「勇者様が押しましたよ!」

『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?


勇者「今のはメラゾーマではない。そして優勝するのもこの俺ではない」

wwwww  www wwwww

魔法使い「自虐ネタ!!ウケてる!勇者やるじゃないの!」

僧侶「さすがリーダーですね」

魔法使い「戦士にいたっては、頭を抱えてるわ」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:42:27.57 ID:WwI9Uzsy0

ピンポン!

宿屋「よし」

僧侶「違う回答者が押しましたわ!」

『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?


宿屋「今のはメラゾーマではない。投げつけたフレイムだ」

wwwwww ww wwwww

魔法使い「魔物の名前を知ってる人は笑ってる印象ね。敵もなかなかやるわ。戦士も頑張って!!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:42:58.31 ID:WwI9Uzsy0

ピンポン!

ピンポン!

戦士「(ぐっ……くそっ……)

ピンポン!

ピンポン!

戦士「(何も思い浮かばん!!)」

ピンポン!

ピンポン!

戦士「(くそっ!!ぜんっぜん思い浮かばん!!)」

ピンポン……

ピンポン……

戦士「(何も!まったく思い浮かばぬ……)」

ピンポン……

戦士「(ぐぬぅううう…………)」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:44:01.50 ID:WwI9Uzsy0

魔法使い「戦士!もうすぐタイムリミット来ちゃうよ!なんでもいいから答えて!!」

僧侶「そうです!!ここで会心の一撃を出しましょう!!」

戦士「そうはいっても、堅物の俺なんかでは……」

僧侶「自分ではいまいちだと思っていても、他者にとってはすごく価値があるということがあるのです!!」

魔法使い「見せてやりなさい!!あなたが脳筋だとしても、脳の筋肉まで鍛えてるんでしょうが!!」

戦士「……そうだ、俺は。俺は戦士!!」

戦士「戦うものだ!!どんなフィールドでだって!!」

ピンポン!

司会「おおーっと!!ここで戦士選手!!はじめてボタンを押したー!!」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:44:32.26 ID:WwI9Uzsy0

司会「回答をどうぞ!!」

『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?


戦士「今のはメラゾーマではない。俺のひいおばあちゃん家から持ってきた、暖炉の火だ!!!!!」

………… ………… …………

………… ………… …………

………… ………… …………

司会「…………」

魔法使い「…………」

僧侶「…………」

商人「…………」

宿屋「…………」

戦士「……え?」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:45:10.94 ID:WwI9Uzsy0

ピンポン

勇者「…………」

司会「ここで、勇者選手がボタンを押したー!!」

『今のはメラゾーマではない』この後に魔王が放った一言は?


勇者「今のはメラゾーマではない。マヒャド級に寒いジョークだ」

wwwwwwww  wwwwwww wwwwwwww

司会「wwwwwwwwwwwww」

商人「ふふwwwwwwwwwww」

宿屋「ぬはwwwwwwwwwww」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「ごめんなさいwwwイタwwww」

僧侶「勇者様ひどいwwwwwwキャッwwww」

戦士「……………………」





グス……
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:46:21.13 ID:WwI9Uzsy0

司会「Aブロックの勝者は、勇者選手!!」

〜〜〜〜〜〜

僧侶「さすが勇者様ですわ!!キレッキレの冗談でしたね!!」

魔法使い「まぁ、ちょっとだけあんたのこと見直したわよ」

僧侶「さっきまであんなに褒めていたのに」

魔法使い「し、知らないわよ!」

勇者「次に進めてよかったよ」

魔法使い「ところで戦士は?一緒じゃないのね」

勇者「戦士なら、人間界を滅ぼすってつぶやきながら魔王城の方角に歩いて行ったよ」

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「とめてあげてwwwwキャ!」

僧侶「相当傷心中のようですねwwwイタッ!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 19:47:26.91 ID:WwI9Uzsy0

勇者「少し目を離した隙に見失ってしまった。俺が試合中に戦士の回答をフォローする回答もしたのになぁ」

魔法使い「あれがとどめを刺したんでしょ」

僧侶「こればかりは回復魔法でも癒せませんね」

魔法使い「ほうっておいて大丈夫なのかしら」

勇者「戦士は俺が探してくるよ。それより次、二人ともBブロック出場だろ。行ってきてくれ」

魔法使い「あーあ、会場で滑ったら嫌だな〜」

僧侶「私こそ不安ですよ。昔から厳戒な教会で育ってきたのですから」

勇者「ベストを尽くすしかないよ。二人なら大丈夫。それじゃあまた後で!!」

魔法使い「仕方ないわね。私たちもがんばろっか」

僧侶「はい……。人前に出るのは緊張しますね……」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 20:21:03.25 ID:WwI9Uzsy0

司会「Bブロックの選手は、魔法使い、僧侶、バニー、踊り子の4名です!」

踊り子「よろしくー」

バニー「テンションあがるなぁ」

魔法使い「あれ、参加者全員が女性ね」

僧侶「わわ……人がこんなに……うぅ……」

魔法使い「大喜利どころじゃなさそうね」

司会「Bブロックのお題を発表します!!」


司会「『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して告げた一言とは?』」


司会「試合、開始!!」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/26(日) 20:28:30.90 ID:WwI9Uzsy0
書き溜めはしておりますが見直し中です。
また明日続きを投稿します!
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:43:02.06 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「(あなたを、っていうのがミソよね。つまり、勇者が女性に対して何かを言うシチュエーションってことね。このロマンチックな背景で、アホなことでも言えば笑いにできそうだけど……)」

ピンポン!

踊り子「よーし」

魔法使い「(はやい!)」

司会「踊り子選手がボタンを押した!!どうぞ!!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して告げた一言とは?』


踊り子「いまさら道間違えたって、みんなにどう伝えればいいと思う?」

www ww wwww

魔法使い「(ウケてる。やはりコツコツヒットを打つしかないのかしら)」

僧侶「…………」

魔法使い「(僧侶ったら緊張のあまりか目を閉じてるわ。どうしたものか……ん?)」

魔法使い「(審査員席、女性も何人か混じってる。この人たちを狙って票を取れないかしら)」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:43:52.91 ID:3fHmNG6P0

ピンポン!

バニー「できた〜」

司会「バニー選手!回答をどうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して告げた一言とは?』


バニー「魔王の正体がうちの親父らしいんだけど、どう驚けば喜んでくれるかなぁ?」

www www www

魔法使い「(ややウケね。男性審査員は笑ってるけど、女性審査員はほほえんでるだけみたい)」

魔法使い「(ロマンチックな設定、女性選手、女性審査員……っ!!?)」

魔法使い「(そういうことね!!会場に今勇者もいないし……いける!!)」

ピンポン!
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:45:40.91 ID:3fHmNG6P0
司会「魔法使い選手!!回答をどうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


魔法使い「魔王が今日まで生きててよかった。君と一緒に、冒険することができたから」

///// /// /////

司会「おっと!!会場がニヤついている!!」

魔法使い「(若手の女性審査員が嬉しそうな顔をしてる!!やはりね。盛り上げるっていうことは、笑わせることだけじゃない)」

魔法使い「(ここでの鍵は、心を掴むこと!!)」

魔法使い「(このままロマンチックなことを言い続けるわ!!他の選手が今更私の真似をしたって二番煎じにしかならない!!企画者の意図を完璧に読み取った私の勝ち確……)」

ピンポン!

魔法使い「(誰!?)」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:46:31.68 ID:3fHmNG6P0

僧侶「…………」

魔法使い「(僧侶!?緊張のあまり手が滑ったの!?)」

司会「おおっと、僧侶選手がボタンを押した!!どうぞ!!」

魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?


僧侶「ああ〜〜wwなんか決戦前の男って生き物は、ムラムラするんだなぁこれがwwwwwちらwwwww」

wwwwwwww  wwwww  wwwwwww

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「ちらちらwwwwイタっ!!!」

魔法使い「(えっ、最低……)」

魔法使い「(というか女性審査員も爆笑してる。企画者の意図とか関係ないのね。みんな下ネタ好きなのね……)」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:47:20.66 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「(でも、僧侶のやつ、相当無理して言ったはず。元が戒律の厳しい教会育ち。一票取るために心を削って言ったに過ぎないわきっと。普段あんなこと言う子じゃないもの)」

ピンポン

司会「魔法使い選手、ボタンを押した!!」

魔法使い「(私が試合で勝つから、あなたは無理しなくていいのよ)」


『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』

魔法使い「魔王のセリフを少し借りるよ。俺の世界を君に半分あげる。だから、君の世界を半分俺にくれ!」

//// /// /////

魔法使い「(やっぱり女子ウケがいいわ!男子もニヤついてるし、反応いいわね。この攻め方こそが……)」

ピンポン!

魔法使い「!?」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:48:14.02 ID:3fHmNG6P0

司会「僧侶選手、回答どうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


僧侶「魔王のセリフを少し借りるよ。僕の遺伝子を半分君にあげる。だから君の遺伝子も半分、僕とシェアしないかい?」ニタァ……

wwwwwwwww wwwww wwwwwwww

魔法使い「(ひどい。聴衆の民度が低過ぎる。僧侶も自分の職業を忘れたの!?)」

魔法使い「(というか私のネタに被せてきてるんじゃないわよ!!ふざけないで!!)」

ピンポン!
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:49:10.08 ID:3fHmNG6P0

司会「魔法使い選手、どうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


魔法使い「この戦いが終わったら結婚する。そんなフラグより誓いを立てたい。今から、俺と結婚してくれ!」

////// //// //////

魔法使い「(ヒャ〜。恥ずかしかったー。でもみんなも恥ずかしがってる!!心をちゃんと掴ん……)」

ピンポン!

僧侶「…………」

魔法使い「(……貴様)」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:50:12.02 ID:3fHmNG6P0

司会「僧侶選手、回答をどうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


僧侶「周期的に明日から女の子の日だと思うけど、決戦大丈夫でっか???」

wwwwwwwwwwww wwwwwwww wwwwwwwwww

踊り子「きもwwwwww」

バニー「ないわwwwwwwww」

魔法使い「(もはや被せてすらこなくなった……)」

魔法使い「(負けない……ロマンチックが負けるものですか!)」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 02:51:17.13 ID:3fHmNG6P0

ピンポン!

司会「魔法使い選手、どうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


魔法使い「この冒険を通して覚えた呪文がある。キミノ・コトガ・スキダ!」

www /// www

魔法使い「(えっ、なんか笑われてる。だめだ。完全に会場が下ネタの余韻を引きずってる)」

ピンポン!

司会「僧侶選手、どうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


僧侶「ぶっちゃけ、野糞ってどのタイミングでしてました?」

wwwwwwwwww wwwwwwww wwwwwwwwww
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:06:57.16 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「(飲まれる……私のロマンチックが飲まれる……)」

ピンポン!

司会「僧侶選手2連続!どうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


僧侶「もう絶対全滅するって確信した瞬間おっぱい揉む!!!絶対揉む!!俺は勇者様だぞ!!」

wwwwwwwww wwwwwwwwwwwww wwwwwwwwwwww

ピンポン!

司会「僧侶選手3連続!どうぞ!」

『魔王との決戦前夜。勇者があなたを呼び出して言った一言とは?』


僧侶「明日の全滅に備えて懺悔しておきたい。今まで寝顔見ながら白魔法を放っていました。ごめん。本当ごめん。神の慈悲で我を天国に導き給へ」

wwwwwwwwwwwwww wwwwwwwww wwwwwwwwwwww

魔法使い「(私の……ロマンチックが……)」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:08:02.67 ID:3fHmNG6P0

勇者「わりぃ、戦士をずっと探してた」

僧侶「見つかりましたか?」

勇者「打倒勇者って言いながら、木の前でブンブン剣を振り回してたよ。身の危険を感じて逃げてきた」

僧侶「元気そうでよかったです」

勇者「結果はどうだった?」

僧侶「私が勝ちました」

勇者「おお、よかった!!ところで、魔法使いはどこに?」

僧侶「魔法使いさんは、人間界を浄化するってつぶやきながら魔王城の方角に歩いて行かれました」

勇者「なんでみんな人間の敵になるんだよ。勇者一行の半分が魔王の味方になってるよ」

僧侶「人混みの中を歩いて行ったのですぐ見失ってしまって。心配なのでちょっと探してきます。あっ、でも次の試合は勇者様の出番……」

勇者「俺のことは心配すんなって。魔法使いのこと頼んだぞ。決勝で会おうな」

僧侶「かしこまりました。ご笑運お祈りしています」

勇者「なんだそりゃ。まあ、行ってくるぜ」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:10:34.54 ID:3fHmNG6P0

僧侶「やっぱりここにいました」

魔法使い「……ぐす……なによ……」

僧侶「落ち込んだ時はいつも本屋に行かれますものね。それも、難解な呪術書を読みに。私だったらやさしい絵本でも読みたくなるところですが」

魔法使い「勝者が敗者を慰めにきたってわけ。放っておいてよ。私ったら、あんな恥ずかしい言葉を晒して……」

僧侶「確かに少し、聴衆に向かって恥ずかしい言葉を並べてばかりいましたね」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:11:18.01 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「笑いに来たんでしょ」

僧侶「お尻を叩かれなかったとしても、笑いませんよ。心配だから来たのです。ちなみに今はどんなタイトルの本を……」

【縊殺呪文】

僧侶「あっ、用ができたので故郷に帰ります。さようなら」

魔法使い「待ちなさいって。次の試合もあるんでしょ」

僧侶「漢字は読めないけど生命の危機くらいは読み取れます……」

魔法使い「残虐系の呪文はあまり覚えてないの。痛みを与える工程が無駄だし、魔力も余計に消費するからね。ただ呪文の仕組みの勉強にはなるわよ」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:13:35.77 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「悔しいって思った時さ、新しい自分にならなくちゃって思うんだ」

魔法使い「こんな自分じゃダメだって。自分に厳しくしようと、普段なら読みたくない難解な書物に取り組むの。でも、いざ取り組みはじめたら、大して時間も経たないうちに退屈になってきちゃって中断しちゃう」

魔法使い「私の悔しさなんてこの程度なんだなって自分を客観的に見れて、そこで感情が収まるの。なんでも器用にこなすあなたにはわからないでしょーけど」

僧侶「…………」

魔法使い「さ、いきましょ。不貞腐れてわるかったわ。まぁ私のフリのおかげであんたが勝てたと思えば……」

僧侶「器用なんかじゃ、ないですよ」

魔法使い「えっ?」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:32:39.70 ID:3fHmNG6P0

僧侶「確かに、幼い頃から特別な教育を受けることもなく、教会にある書物を読んで私は呪文を自然に体得していきました。とりわけ回復魔法に関しては、周囲の大人を上回るくらいに」

僧侶「賢者であったと聞く両親の血を確実に継いでいると自覚していました。教会の特別選抜に選ばれ、支援を受けて王国のアカデミーに入ることもできました。でも、その後に挫折したんです」

僧侶「人間関係で色々と揉めて、つらい日々が続きました。最初はトップだった成績もみるみる下がってしまいました。結局私は、教会にも無断でこっそりアカデミーから逃げ出してしまったんです」

魔法使い「……早く実践に出たくて抜け出したとばかりに」

僧侶「劣等感と中途半端なプライドを引きずって一人で旅して、瀕死になっていた私を、救ってくれたのがあなたたち3人でした」

僧侶「それぞれ実力がありながら、私の力を頼ってくれたこと、本当に嬉しかったんですよ。女の子の仲間ができてうれしいってあなたが言ってくれたこと、ずっと忘れないですよ」

魔法使い「僧侶……」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:33:28.49 ID:3fHmNG6P0

僧侶「さて、勇者様の応援に行きましょう。それと、せっかく買うならこっちの本にしましょうよ」

魔法使い「ちょ、ちょっと!!恋愛の心理学なんて今は関係ないでしょ!!呪文の要素のない学問なんて怪しいものだわ!!」

僧侶「あらそうですか。残念。じゃあお会計は私だけの分ですね」

魔法使い「いつのまに、あなた何の本を持って……」

【天才のあなたへ 〜職場の軋轢を避ける極意 『挫折を告白せよ』〜】

デデーン 魔法使い 僧侶 アウトー

魔法使い「さっそく使ってきてたのねwwwキャッ!!」

僧侶「天才でごめんなさいwwwイタっ!」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:35:50.56 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「闘技場見えてきたわ!!すごい盛り上がってるみたい!!はやくはやく!!」

僧侶「待ってくださいってば!走るたびにお鍋の蓋がなるのが恥ずかしいんです!!」




僧侶「(試合に勝てなくて、悔しかったんじゃないんですよね)」

僧侶「(勇者様のお役に立てなくて、悔しかったんですよね)」

僧侶「(そんな感情を抱いているあなたが、ちょっと羨ましいですよ)」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:37:13.95 ID:3fHmNG6P0

勇者「…………」

ぶつぶつ……ぶつぶつ……

魔法使い「あら、勇者!どうしたの?」

ぶつぶつ……ぶつぶつ……

僧侶「戦いの結果は?」

勇者「…………人間界を滅ぼす……魔王と世界の半分をシェアする…………」

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「4分の3が魔王側にwwwイタっ!」

戦士「帰ってきたか、二人とも」

僧侶「何が起きたのですか?」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:37:58.54 ID:3fHmNG6P0

戦士「今人気絶頂の『笑わせ師』が出場していた。他の出場者は戦意喪失し、全員棄権」

僧侶「ええと、つまり」

戦士「これから僧侶と笑わせ師、決勝戦だ」

僧侶「そんな人を相手に、勝てるんでしょうか……」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:38:38.03 ID:3fHmNG6P0

ざわざわ…

司会「決勝戦についてですが、もうしばらくお待ちください……」

ざわざわ…

戦士「いつまで待たせる気だ。すぐに開催すればいいではないか」

魔法使い「段取りが狂った影響かしら。僧侶も一人で立たされててかわいそうよね」

勇者「あれ、なんか動きがあったみたいだぞ」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:39:15.93 ID:3fHmNG6P0

司会「……大変お待たせいたしました。決勝戦は僧侶選手と笑わせ師の一騎打ちの予定でした。しかし、笑わせ師の棄権により、僧侶選手の優勝といたします!!」

エー!! フザケンナー!!

カネカエセー!!

司会「僧侶選手に、トロフィーと賞金を授与します!!」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:47:47.32 ID:3fHmNG6P0

僧侶「怖かった……」

戦士「何も僧侶にブーイングを浴びせることはなかろう。悪いのは勝負を棄権した奴だ」

魔法使い「ねえ勇者、笑わせ師と戦ったんでしょ?どういう奴だったの?」

勇者「……リズムネタで回答していた。回答の内容に関わらず、ずっと爆笑の嵐だった。俺もそこそこうまいことを言ったつもりだけど、勝てなかった」

魔法使い「なるほど。ブームのリズムネタほどウケるものはないからね。会場にいる小さな子まで巻き込めるのが強いわ」

戦士「なんだか、ずるい気もするな。言葉でつくる笑いこそ王道の笑いではないのか」

僧侶「私は娯楽には疎いですが、リズムネタは好きですよ。小さい子も含めて、同じ時を生きている人たちと共通のもので笑う仲間意識が芽生える感じがいいですよね」

魔法使い「でもあんたはそういうので笑わないでしょ?」

僧侶「さぁ、どうでしょうか」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:49:22.34 ID:3fHmNG6P0

戦士「何はともあれ、僧侶が優勝してよかった。賞金50万Gだ!」

勇者「トロフィーも金ピカでかっこいいな。……あれ、何かここにボタンがついて……」

「押してはなりませぬ!!!!!」

勇者「今の声は!」



姫「そのボタンは絶対に押してはなりませぬ!!!!」

勇者「姫様!」

魔法使い「どういうことですか?」

姫「それは『“絶対に”笑ってはいけないボタン』です。帝王学でそのトロフィーに関する記述を読んだことがあります」

姫「トロフィーを対象の敵に掲げてボタンを押すと“笑いの決闘”が始まります。決闘状態では、武術と魔術による攻撃、及びアイテムによる回復が不可能になります。笑った場合は、非常に重い罰がくだると言われています」

魔法使い「笑いのみで敵と戦いたい場合に使用するのね」

勇者「……自分の実力を上回る敵に使えるな。例えば、四天王とか、魔王とか」

魔法使い「なるほど……」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 03:50:27.84 ID:3fHmNG6P0

姫「みなさまが大会に出場したと聞いて、駆けつけた甲斐がありました」

勇者「このためにわざわざ?」

姫「他にも朗報があります。学園都市のアカデミーの推薦状を1パーティー分入手したのです。とても貴重なものなので、従者を連れて私が直々に渡しに来ました。それと、預かっていた服装や装備もお返しします」

魔法使い「やっとこの変態パーティーから元に戻れる……」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:13:32.47 ID:3fHmNG6P0

僧侶「学園都市のアカデミーの推薦状、本当に私達がいただいてもいいのですか?」

姫「ええ。短期コースですが、クラスに入学できます」

魔法使い「姫様には申し訳ないけど、私も地方のアカデミーには通ってたわ。今更また通うことに意味があるのかどうか……」

戦士「拙者は通ったことはないが、授業をのんびり受けている余裕はないと思うぞ」

僧侶「学園都市のアカデミーは特別ですよ。全国からトップクラスの能力や知識を持つ生徒しか入学できません。あるいは、資産家か、由緒ある家系か、王国や教会からの推薦状でもない限り。学区内の立ち入りさえ部外者は不可能です」

魔法使い「あんたが通ってたアカデミーより凄いの?」

僧侶「学術系統に違いはありますが、おそらくは」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:14:37.15 ID:3fHmNG6P0

僧侶「アカデミーに通わなくとも、形式だけでも生徒になる価値はあります。学区内のお店で装備を整えることができるので。賞金の50万Gもありますし」

魔法使い「でも、トロフィーの“笑いの決闘”ボタンがあるんだし、装備を整える必要あるの?」

姫「……笑いの決闘の罰は、尋常ではない威力だと言われています。なので、守護の魔法をかけられた衣服でないと命に関わります」

戦士「俺たちのは着慣れた装備ではあるが、最新式とは言えんな」

僧侶「勇者様、いかがなさいますか?」

勇者「……今の俺達のままじゃ、きっと魔王たちには勝てない」

勇者「装備を揃えに、学園都市に行こう」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:16:32.32 ID:3fHmNG6P0

〜数日後〜

勇者「魔法使い、ちゃんと姫様からもらった推薦状持ってるか?」

魔法使い「持ってるわよ。あんたが失くすのが不安だからって私に預けたんじゃない」

戦士「景色がすっかり変わってきたな。ここが学園都市か?」

僧侶「まだ郊外ですね」

魔法使い「僧侶、よかったの?違うアカデミーとはいえ、行くことに対して抵抗とか……」

僧侶「もう過去のことですから。それに、皆さんと一緒に学生時代を過ごしていたら楽しかっただろうなって、時々想像するんです。その夢が叶いそうなのが嬉しくって」

勇者「僧侶は純粋だな」

僧侶「えへへ、それほどでも」

魔法使い「(……えげつない下ネタを連発した子と同一人物には思えない。あれは戒律に抑圧され生み出された二重人格だったのか)」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:18:06.66 ID:3fHmNG6P0

戦士「地面が気色の悪い色になってきたな」

僧侶「ここらの道路は舗装されているんです。馬車の代わりに、動力による乗り物も通っているんですよ。資材を運ぶのに重宝されていて」

魔法使い「なにそれ?」

僧侶「『トラック』って言うんです。ご存知ないですかね?」




ブロロロロロ!!!!!!

「キャー!!!」

勇者「あそこ!!騒ぎが起きてる!!」

「酒気帯び運転か!?」「みんな逃げろー!!」

僧侶「トラックが暴走しているみたいです!!」

戦士「こっちに向かっている!!凄まじいスピードだ!!」

魔法使い「キャッ!」

魔法使い「(まずい、つまづいて……)」

勇者「魔法使い、危ない!!」

ドン!

魔法使い「えっ……」




バーーーーーーン!!!!!!!!!



魔法使い「う、うそでしょ……」

魔法使い「勇者ぁあああああああ!!!」


72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:19:11.13 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「勇者!!どこ!?どこなの!!?どこにいったのよ!!!」

戦士「魔法使い、落ち着け!!錯乱していては解決できる問題も解決できんぞ!!」

魔法使い「だ、だって私のせいで!!私を救うために、あのでかい乗り物に吹き飛ばされて……」

僧侶「……おかしいです。勇者様の姿が見えないこともそうですが。さきほどのトラックもみつかりません」

魔法使い「もしかして、勇者はまた王様のところに転送されているんじゃ……」

僧侶「パーティーメンバーがひとりで転送されることはまずあり得ません」

魔法使い「勇者……わたしのせいで……」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:21:45.61 ID:3fHmNG6P0

戦士「駄目だ。いくら探しても肉片の一つも見つからない」

僧侶「見つからなくていいんですよ」

魔法使い「……徹夜で探そうよ。見つかるまでずっと……」

戦士「しかし、現場は散々見たぞ」

僧侶「手がかりが全くない今、勇者様を探そうとする行動は無意味です。勇者様と再会した時にそなえて、当初の予定通りに行動すべきです」

魔法使い「あんた、勇者のことは放っておいて、アカデミーに行けとでも言うの!?」

僧侶「そうです」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:23:47.20 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「ふざけないで!!そんなの納得できるわけないでしょ!!私はここで勇者を探し続けるわ!!」

戦士「いや、僧侶の言う通りだ。それに、この学園都市に何か秘密があるのなら、学区内で活動しているうちに勇者が消えた手がかりが見つかるかもしれない」

魔法使い「推薦状は私が預かってる!どうしてもアカデミーに行くというなら、私を置いてあなたたちだけで入学してちょうだい!!」

僧侶「嫌です。3人で行きます」

魔法使い「だったら招待状を力づくで奪うことね!!私も手加減しないから!!」

僧侶「……戦士さん、ちょっと来てください。作戦を練りましょう」

戦士「うむ」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:25:44.06 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「……あいつら何やってるのかしら」

魔法使い「放っておけばいいわ。それより私は勇者を……」

僧侶「おまたせしました」

魔法使い「……何?戦うっていうの?」

戦士「すれ違いコント」

僧侶「お花を摘みに行くという表現の意味を知らないパーティーメンバーとの会話」

魔法使い「…………」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:26:25.69 ID:3fHmNG6P0

僧侶「うう、冷えてきましたね。ちょっとお花を摘みに行ってきます」

戦士「おう、俺も手伝うぞ」

僧侶「何言ってるんですか!!」

戦士「カップに浮かべるといい感じなんだよな」

僧侶「注ごうとしないでください!」

戦士「俺はまっ黄色いのが好きだな」

僧侶「好きとか言われても困ります!!」

戦士「僧侶は女の子だし赤が好きそうだな」

僧侶「それ一番嫌です!!」

戦士「青いのも良いよな」

僧侶「それ病気です!!」

戦士「風情を感じるよな」

僧侶「どこに!?」

戦士「ひらひらしてるところに」

僧侶「ビラビラしてますから!!」

デデーン 魔法使い アウトー
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:27:29.79 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「最後のツッコミはないわ……痛っ!!!!」

僧侶「戦士、今よ!!」

シュパ!

戦士「推薦状は預かった。三人分アカデミーへの入学手続きをさせてもらう」

僧侶「頭を冷やしてからまた会いましょう」

魔法使い「ちょっと待ちなさいよ!!力づくで止め……」

戦士「因みに茶色いのも好きだ」

魔法使い「wwwww」

デデーン 魔法使い アウトー

魔法使い「こ、こんな低俗なネタで……痛っ!!!」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:28:14.86 ID:3fHmNG6P0

〜アカデミー〜

僧侶「戦士さん、おはようございます」

戦士「おお、僧侶。俺らは隣の席みたいだぞ」

僧侶「それはよかったです。あっ、魔法使いさん。おはようございます」

魔法使い「……おはよ」

僧侶「おはようございます。みなさんとクラスメートになる夢が叶いそうです」

魔法使い「……叶いそう?」

僧侶「勇者さんが揃ったら叶います。私だって、見つけるのを諦めてなんてないですよ」

魔法使い「……昨日はごめんなさい」

僧侶「ふふ、お互い様です」

バタバタ! ドタドタ!

戦士「なんだか廊下が騒がしいな」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:28:53.06 ID:3fHmNG6P0

「あー!!もう!!最悪!!」

生徒A「げっ、アクアのやつ、朝から不機嫌だぜ!」

生徒B「何があったかは知らんが、巻き込まれないようにしとこうぜ」

アクア「……あんたたち、何か言った?」

生徒A・B「い、いえ!!何も!!」

アクア「私に喧嘩売るつもりなら、いつでも買ってあげ……」

コツ コツ

先生「どうされましたか。ミス・アクア・デ・ルシャルイローズ・シャンメリゼ」

アクア「……何でもないわ」

先生「そうですか。では、朝礼を始めるので席についてください」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:29:40.11 ID:3fHmNG6P0

戦士「あの女子生徒、なんだか異彩を放っているな」

僧侶「なんでしょう……表現するなら……」

魔法使い「澄み渡るようなブルーに染まった髪。西洋のお人形さんの様な顔立ちで、唇はほんのりとした桃色。くっきりとした目鼻立ちて気の強さを感じさせながらも、そっと伏せた目からは切なく脆い印象を受けるような……」

僧侶「今のは何ですか?」

魔法使い「な、何でもない!!」

魔法使い「(あまりにもヒロインらしさを感じて、つい本みたいな描写を口にしてしまった……)」

魔法使い「(こんなこと今までなかったのに……嫌な予感がする……)」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:30:28.04 ID:3fHmNG6P0

先生「みなさん、はじめまして。私がこのクラスの担任です。よろしくお願いします」

生徒A「先生!!毎日顔をあわせてんだから知ってるよ!!」

先生「長期コースのみなさんはいつも顔をあわせていますが、短期コースの生徒さんが新しくお仲間になります。短い期間の参加とはなりますが、既に働かれている社会人の方もいらっしゃるので、ぜひ交流を深めてくださいね」

戦士「俺たちのことだな」

僧侶「し、しばらくよろしくお願いします……」

魔法使い「ふんっ」

生徒A「へー、あの二人の女、ツラは極上じゃん」

生徒B「短期コースだし能力はしれてるな。どうせコネだよ。お遊び相手なら最高だけどな」

戦士「……こやつら」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:31:27.91 ID:3fHmNG6P0

先生「さて、もうひとりご紹介です、本日から長期コースのお仲間になる、転校生の方がいらっしゃいます」

ガヤガヤ……

生徒A「こんな時期に長期コースに編入なんて珍しいよな」

生徒B「噂で聞いたんだけど、入学前テストでレベル1だったって噂だぜ」

生徒C「はぁ!?レベル1!?こりゃあ、初日で逃げ出すな」

生徒A「ギルドにも入ってたけど、すぐ追い出されたらしいぞ」

生徒B「落ちこぼれ決定だな。まぁ、アクアみたいな乱暴者じゃなければ誰でもいいけど」

アクア「…………」ギロ…

生徒B「ひっ!!」

先生「それでは、教室に入ってきてください」

ガラガラ……

魔法使い「……えっ」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 04:31:58.52 ID:3fHmNG6P0

「はじめまして。今日からこのアカデミーで一緒に学ばせていただく」

勇者「勇者と申します」

魔法使い「っ!?」


アクア「あー!!あんたは今朝の!!!」

勇者「げっ!!!お前はビチャビチャ!!!」

アクア「ビチャビチャって言うな!!」


僧侶「ど、どうなっているのでしょう……」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:30:24.49 ID:3fHmNG6P0

先生「1時間目はガイダンスですが、2時間目からは魔法訓練を行います。みなさん、新入生にわからないことがあったらお手伝いを……」

生徒A「しつもんしつもーん!勇者くんのスキルって何なんですかー?」

先生「えーと……」

勇者「スキルは『地面に落ちているゴミが気になる』です。よろしくお願いします」

生徒A「くくっ……ありがとうございまーす!」

生徒B「聞いたか今の!?外れスキルもいいところだぜ!!」

生徒C「しかもレベル1!こりゃ終わりだな」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:31:24.66 ID:3fHmNG6P0

僧侶「まさかの勇者様との再会ですね。ただ、私達のことをまったく気にかけてくれませんが」

戦士「瓜二つの別人じゃないか?」

魔法使い「……そんなことないよ。戦士があげたミサンガも、私があげた道具袋も持ってる。間違いないよ」

僧侶「事故のショックで記憶を失っているのかもしれません。無意識のルーティンで物を身に着けることもありますし」

戦士「しばらく様子を見たほうがよさそうだ」

僧侶「そうですね。装備を整えるのも勇者様の記憶が戻ってからにしましょうか」

魔法使い「記憶喪失……そんなの認めないわ……」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:32:05.47 ID:3fHmNG6P0

〜2時間目 魔法訓練〜

魔法使い「ガイダンス後はいきなり魔法訓練なんて、なかなか厳しいアカデミーね」

僧侶「新学期が始まる前に、基本的な座学は自習していることが前提となっているんです。これは訓練という名の、生徒の実力を測るテストのようなものですね」

戦士「俺は魔法はからきしなんだが……」

僧侶「魔術を使える生徒しか基本いないので、仮病で休むのが一番です」

戦士「…………」

魔法使い「勇者ったら、長期コースの若い生徒たちに囲まれてるわね」

僧侶「それに、なんだかあの水色の髪の女の子と口論になっているようです」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:32:53.24 ID:3fHmNG6P0

勇者「あれは不可抗力で!!」

アクア「初めて会ったのにあんなことまでして!!あんたのせいでお嫁に行けなくなったらどうすんのよ!!」

勇者「だから事故だって!!それに、あんたなら貰い手なんてたくさんいるだろ!!」

アクア「はっ///へっ///ばか、何言ってんのよ!!!そ、それじゃあ……あんたが私のこと……」

勇者「その暴力癖さえなおしたらな」

アクア「こんのぉ〜!!!!」

勇者「や、やめろビチャビチャ!!あんな水責めは二度とごめんだ!!」

アクア「だからビチャビチャって言うなぁ〜!!!」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:34:03.49 ID:3fHmNG6P0

戦士「仲がよさそうだ。俺たちがいなくても成立するような寂しさを感じる」

僧侶「なんだかあの子、魔法使いさんに似てますね……ってあれ、魔法使いさんは?」

戦士「向かって行ったようだぞ」

僧侶「様子を見ましょうと行ったのに……」



魔法使い「ちょっと、馬鹿勇者!!今まで何やってたのよ!!」

勇者「ぼ、僕?」

魔法使い「本当に心配したんだから……さっきから私たちのこと無視するし。何かあったなら、ちゃんと言ってよ!!」

アクア「どういうこと?あんた他の女の子にもちょっかい出してるわけ!?」

勇者「誤解だよ!!」

魔法使い「何が誤解なのよ!!」

勇者「君たちのこと、知らないよ!!!」

魔法使い「…………そう。わかった」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:34:50.74 ID:3fHmNG6P0

先生「はい、それじゃあ次の生徒。魔法使いさん、こちらに来てください」

魔法使い「……はい」

先生「あの人形に向かって、得意な攻撃呪文をぶつけてください。大砲でも撃ち抜けないほど頑丈な素材でできているので、遠慮なく攻撃してください」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:35:42.00 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「どういうことよ……私たちのこと、忘れちゃったっていうの?」

魔法使い「……なんでそんなことになったのよ。なんでこんな目に遭うのよ!!」

ゴゴゴゴゴゴゴ!!!!

魔法使い「『爆炎弾!!!!!』」



先生「……ほぉ」

生徒A「すげぇ!!人形が遥かまで吹き飛んだぞ!!」

生徒B「なんて威力だ!!もしかして、レベル5の実力があるんじゃないか?」

先生「それでは次の生徒。アクアさ……」

アクア「『清冽なる水龍の涙(デ・セ・ポルネルーゼ・クアンテット)』!!!!!」



――――――――――――――――――


91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:36:31.12 ID:3fHmNG6P0

アクア「ふん、こんなもんよ」

生徒A「おわ〜すげー!!!」

生徒B「相変わらず恐ろしい水流だな!!さすが学園都市最強のレベル5!!」

先生「今年は面白い生徒が多そうですね……。では、次。勇者さん、前へ」

勇者「はい、今いきます……あれ、なんか地面に埋まってるぞ」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:37:26.47 ID:3fHmNG6P0

先生「どうされましたか?」

勇者「いや、地面に何かゴミが埋まってて。つまづいたら危ないので取ってもいいですか?」

生徒A「あいつ、洗練された一角獣の伝説を知らないのか?」

生徒B「学園創立以来、訓練場の地中に埋まっているという謎の武器。周りの土を爆発させようが絶対に掘り出せない」

生徒C「もしそんなの掘り出せるとしたら、あの偉大なる伝説の偉人、ガオガー・D・バネットの子孫ってことに……」

ひょい

勇者「あれ、抜けたぞ?」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:38:09.16 ID:3fHmNG6P0

「う、うそだろ!?」

「あれが洗練された一角獣!!手のひらに収まるくらいのサイズだ!!」

「シルバーの輝きだな。しかも四角い形」

先生「これは……勇者さん。その武器を使って、あの的を攻撃してみてください」

勇者「攻撃つったって、一体どうしたら」

『起動してください』

勇者「だれだ、今の声」

『私の名はヒップ。側面についているボタンを長押ししてください』

勇者「ええと、これか。押してみるか」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:38:50.02 ID:3fHmNG6P0

――――ピカン!

僧侶「光り出した!!」

戦士「りんごのマークが見えるぞ!!」


勇者「は、羽のように軽い……いや、羽よりは重い」

勇者「初めて握るはずなのに、ずっと使ってたみたいに……スマートに操作できる……」

勇者「いくぞ」

勇者「『フラッシュライト!!!』」

ピカーーーーーーーーーーーーーーーン!!



「人形が……消滅した」

先生「伝説のオーパーツ、洗練された一角獣『スマートホーン』を手にしましたね」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:39:23.20 ID:3fHmNG6P0

生徒A「今年の新人はやばいぞ!!」

生徒B「俺たちとは桁違いだ!!」

先生「次は戦士さん。よろしくお願いします」

生徒C「次は、一体どんな力が……」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:40:05.70 ID:3fHmNG6P0

戦士「やぁーーーー!!!!!!」

ダダダダ!!!!

戦士「ていていてい!!!!」

ザシュザシュ!!!

戦士「せいせいせい!!!!」

ズバズバズバ!!!


………… ………… …………

………… ………… …………

………… ………… …………

先生「…………」

魔法使い「…………」

僧侶「…………」

アクア「…………」



戦士「……あれ?」

戦士「またオレ何かやっちゃいました?」

デデーン 魔法使い アウトー

魔法使い「本当にやらかしてる……イタッ!」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:43:15.94 ID:3fHmNG6P0

〜昼休み〜

魔法使い「勇者に何が起きたかわかったわ」

僧侶「一体何が?」

魔法使い「あいつは今、ナロウ系主人公になっているの」

僧侶「?????」

魔法使い「narrow(ナロウ)って異国語知ってる?」

僧侶「ええと、狭い、という意味だったかと」

戦士「ナロウ系主人公とはなんなのだ?」

魔法使い「私は冒険譚とかよく読んでたからわかるんだけど。ファンタジー世界に転生した無双系主人公をそう呼ぶの。趣味を同じくする者同士の距離感を縮めることから、ナロウって言葉で表現しているんだけど」

僧侶「なるほど。勇者さんはどういうわけか記憶を失い、ナロウ系主人公としてこの世界に再登場しているわけですね。ところで、そういう冒険譚は面白いのでしょうか」

魔法使い「私も昔はよく読んでたわ。主人公が最初から最強な状態で冒険を進めていくから、無敵な自分の理想像を重ねてしまえるのよね」

戦士「けしからん!!鍛錬や努力あってこその強さであろう!!」

魔法使い「それじゃあ魔法も覚えてくださいな」

戦士「俺は剣術で生きるのだ!!勇者が使ったあのインチキ光線など言語道断!!」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:45:10.57 ID:3fHmNG6P0

僧侶「まぁまぁ、本題に戻りましょ。勇者様の記憶はどうすれば戻せるのでしょうか?」

魔法使い「そんなの簡単よ。ナロウ系主人公の座から引きずり下ろすのよ」

僧侶「どうやって?」

魔法使い「徹底的に笑わせて、尻を叩かせまくる」

魔法使い「気取ったナロウ系主人公のプライドを破壊し、主人公の座から引きずり下ろすのよ!!」

僧侶「それじゃあ私たちが悪役みたいでは……」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:47:39.33 ID:3fHmNG6P0

〜入学1週間後〜

勇者「おいおい、ドラゴったら。学校なんだから大人しくしてろよなー」

ドラゴ「ドラドラ〜♪」

アクア「ちょっとあんた!!今朝もまた逃げたわね!!しかもそんな派手な銀髪にして!!」

勇者「げっ!ビチャビチャ!!これは薬瓶をうっかり被っただけで……」

巫女「勇者様、おはようございます。先日は一夜を共にしていただきありがとうございました。それにしてもドラゴったら、すっかり懐いちゃって」

ドラゴ「ドラドラ〜♪」

アクア「一夜を共にって……あんたねぇー!!!!」

勇者「誤解だっつーの!!」

眼鏡っ娘「あっ、勇者くん!!昨日は私が一人で帰っている時に暴漢から守ってくれて本当にありがとう。古代に失われたはずの伝説のスキル『地表看破』により罠を全て見破った姿、とてもかっこよかったです。ちなみに私は男の子とまともに話したことのない処女です」

ドラゴ「ドラドラ〜♪」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:48:21.55 ID:3fHmNG6P0

僧侶「数日様子を見ている間に勇者様がドラゴンみたいな魔物に懐かれています。髪の毛も銀髪になっていますし、ヒロインらしき人物も一気に増えています」

戦士「くそ、勇者の奴。常に女に囲まれているか、トラブルとの遭遇続きで話しかける隙さえない。登場人物も増えすぎて覚えきれん……。女子に囲まれても全然うれしくなさそうなのは格好つけてるだけなのか?」

魔法使い「それが主人公属性なのよ」

僧侶「地表看破だなんて初めて聞きましたけど。勇者様にそんな力が?」

魔法使い「それは多分……」

僧侶「あっ、勇者様が頭を抱えながら溜め息をついています!」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:49:01.02 ID:3fHmNG6P0

勇者「目立ちたくないのに余計なことしちまった。これから異界の十字架(エルシュアレンス・サウザンドクロス)を手に入れて聖騎士の魔窟(ホーリートワイライト・カーズ)を攻略した後、腐海の大時計(クロノ・デュ・マザー)を巨神の大振り(ギガンティック・ウォー・オブ・ウォー)しないといけないってのに……」

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「ダメです、一語も解読できませんwwwキャッ!」

戦士「魔王討伐より凄そうなのは気のせいか?」

魔法使い「ナロウ系主人公としての適正が高すぎる……。このままじゃ、ヒロインと一夫多妻制のハーレムエンドに……」

魔法使い「なんとかしないと……」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:50:13.76 ID:3fHmNG6P0

〜昼休み〜

魔法使い「あのさ、勇者……くん」

勇者「ええと、魔法使いさんだっけ?」

魔法使い「うん。珍しく一人だね」

勇者「そうだね。あれ、いつも一緒にいる友だちは?」

魔法使い「ヒロイン払い……えっと、他の女の子たちと話してるみたい」

勇者「そうなんだ」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:51:08.57 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「記憶を失ってるって、本当?」

勇者「そうなんだよね。幼い頃の記憶とか、冒険してた記憶とかあるんだけどさ」

魔法使い「…………」

勇者「何のために頑張っていたのか。誰と一緒に頑張っていたのか。肝心なピースが欠けている気がしてさ。剣術も魔術も、今の俺は何も使えないんだけど、体にその痕跡は残っているような」

魔法使い「……そうなんだ」

勇者「君は僕のことを何か知っているのか?」

魔法使い「どうかな……。知っているつもりになってただけってこと、たくさんあるから」

勇者「例えばどんな?」

魔法使い「1番と2番って、全然違うよね」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:53:11.64 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「いつも1番前で歩く人はさ。罠を警戒して地面を見る癖が刷り込まれているから、猫背になりがちになっちゃうよね。それを知らない2番目に歩いている人は、シャキっと歩きなさいよなんて偉そうに注意するんだ。なのに笑顔で、気をつけるなんて返事されてさ」

勇者「それは君のお仲間の話かな。戦士くんとか?」

魔法使い「さあ、どうだろ」

勇者「僕は僕のことをちっともわからないよ」

魔法使い「それは、記憶のある私だってそうだよ。自分自身のことなんてちっともわからない」

魔法使い「でもさ。誰かを想うとき、その人が自分にとってどんな存在かは、はっきりとわかるんだ。その人が記憶を失ったとしても、私にとってのその人は変わらないんだ」

勇者「……魔法使いさん?」

魔法使い「あれだけきれいな女の子たちに囲まれて。私みたいなガサツな女はきっと1番になれないかもしれないけど」

魔法使い「一夫多妻制のこの設定の中なら、私でも第4夫人くらいには……」

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「1番と2番は違うという良さげな話をした直後に、なに一夫多妻制を受け入れようとしてるんですかwwwwwキャッ!!」

魔法使い「僧侶!!?いたの!?」

僧侶「ちょっと来てください!!お説教です!!懺悔なさい!!」

勇者「あれ、行っちゃった」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:54:47.58 ID:3fHmNG6P0

僧侶「戦士さんはどこか行ってるし、私ひとりで死にものぐるいでヒロインを遠ざけてたのに!なに第4夫人になろうとしているんですか!!笑わせるチャンスだったのに!!」

魔法使い「なによ!!私の人生だから、私の幸せは私が決めるわよ!!」

僧侶「一番を遠くに感じてしまう不幸は確かにあるかもしれません!!でも、二番目を一番だと思い込もうとするのも不幸だと思います!!」

魔法使い「何を偉そうに!!」

僧侶「私だって失恋の経験くらいあります!!あなたたちと会う前の話ですが!!」

魔法使い「失恋したんならやっぱり偉くないじゃない!」

僧侶「恋愛においては成就した人よりも失恋した人の方が偉いんです!!」

魔法使い「初めて聞いたわよ!!」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:56:46.87 ID:3fHmNG6P0

僧侶「余計なことは考えず、勇者さんの目を覚ましましょう!!魔王討伐の旅を再開させましょう!!」

魔法使い「でも、勇者って入学してから一度も笑ってないのよ。普通の人なら喜ぶようなことがあっても、ヤレヤレ、って肩をすくめるだけだし」

僧侶「勇者さんのツボに特化した、絶対に笑うジョークを数日かけて開発しました。これさえ仕掛ければ確実に笑います」

魔法使い「本当に?」

僧侶「王様の前で復活した後、勇者さんが笑った時を思い返したんです。トイレの大に関係するネタに弱いようでした」

僧侶「明日、食材調合の授業があります。その時に、クッキーをつくったふりをして、固めたウ○コを渡すんです。それを食べた勇者さんが『ウ○コじゃねーか!』とツッコミを入れながらゲラゲラ笑うはずなので、罰が執行されてお尻を叩かれます。みんなの前でお尻を叩かれてナロウ系主人公のプライドもズタズタ、女の子も幻滅するって戦法です」

デデーン 魔法使い アウトー
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 20:57:35.24 ID:3fHmNG6P0

魔法使い「いやもうブツを食べさせられた時点でプライドズタズタだからwww痛っ!!」

僧侶「自分だけブツって上品な言い方するなんてずるいです!」

魔法使い「僧侶のあなたこそ慎みなさいよ!というか絶対成功しない!!異臭騒ぎが起きた時点で通報されておしまいなクソ作戦よ!!」

僧侶「ウ○コだけに?」

魔法使い「うまくない!!」

僧侶「そりゃあまずいでしょうよ。さ、女子トイレまでご案内します」

魔法使い「私に何させるつもりよ!!却下却下!!!作戦は私が考えるからあんたは控えてて!!」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/27(月) 21:00:35.48 ID:3fHmNG6P0

僧侶「魔法使いさん、ジョークというものが通じないんですから。私の発想が天才過ぎるのでしょうか」

僧侶「それにしても戦士さんは一体どこに……」

シュバ!  シュバ!

僧侶「おや、先ほどの訓練場から空を切るような音が聞こえます」

シュバ!  シュバ!

僧侶「戦士さんの姿が見えます!素振りをしている様子ですね。剣術の腕が鈍らぬよう、鍛錬をされていたんですね」

……ト ……ト

僧侶「ん?」

戦士「フラッシュライト!!フラッシュライト!!」

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「絶対出ませんからwwwwキャッ!!」

戦士「僧侶!!聞いてたのか!?」

僧侶「どうして私のお仲間は自分の世界に入りがちなのでしょうか」

戦士「こ、これは違う!!光線なぞに憧れなどない!!違うんだぁー!!!!」

僧侶「あっ……走ってどこかへ行ってしまった」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:14:52.47 ID:a+I1EmaE0

僧侶「戦果は今のところ皆無ですね。もう昼休みも終わってしまいますし、教室でゆっくりするとしましょう」

眼鏡っ娘「…………」

ペラ…

僧侶「(読書してますね。この人は大人しいんですよね)」

僧侶「あの」

眼鏡っ娘「は、はい!」ビクッ!

僧侶「いつも凄いですよね。授業中、誰も答えられないような地学や植物学の問題に回答されていて。文芸や歴史にも詳しいみたいですし」

眼鏡っ娘「はわわ……え、えっと。たまたま本で読んだ知識が出ることが多くて……」

僧侶「昔からずっと学術のエリートだったんですか?」

眼鏡っ娘「エリートだなんてとんでもない!!昔の話ですけど、初等部のお受験で失敗したこともあります。武芸が特に全然だめで……。ただ、両親が学者だったので、勉強を続けることでなんとか綱渡りしてきた感じで……」

僧侶「学問に強いだけで羨ましいですよ。私はそっちの知識はけっこう穴があって」

眼鏡っ娘「いえいえ、ただのガリ勉です」

僧侶「そんな謙遜なさらずに。ところで、何の本を読まれているんですか?」

眼鏡っ娘「はわわ…これは…」

【天才のあなたへ 〜職場の軋轢を避ける極意 『挫折を告白せよ』〜】

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「やられたwwwww」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:15:35.69 ID:a+I1EmaE0

僧侶「イタタタ……」

眼鏡っ娘「こ、これは、えーと、その……」

僧侶「大丈夫ですよ。実は、私も同じ本を持っているんです。ほら」

眼鏡っ娘「ふぇぇ!奇遇ですね!」

僧侶「天才は何かと嫉妬されがちで苦労しますよね」

眼鏡っ娘「は、はい!!」コクコク!

僧侶「凡人には天才のジョークが通じなくて困っちゃいますよね」

眼鏡っ娘「そうですよね!!きっと“お通じ”も悪くて笑う余裕がないんですよ」

デデーン 僧侶 アウトー

僧侶「(えっ、この子超天才……)イタッ!!」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:16:33.51 ID:a+I1EmaE0

アクア「何二人して楽しそうな話してんの?」

眼鏡っ娘「アクアさん!!い、いえ、何でも……」

巫女「私も混ぜてくださいよ。あと僧侶さん、さきほどは誰かが仕掛けたスケベな魔術から助けてくれてありがとうございました」

ドラゴ「ドラドラー♪」

僧侶「アー……イエイエ、オカマイナク」

アクア「私なんて男子に攻撃魔法仕掛けた疑いで先生に怒られてたわ!!あんなやさしい水温で私が攻撃するわけないっての!!」

僧侶「ソレハ……災難デシタネ……」



僧侶「(どうしましょう。この調子では、あっという間にタイムリミットが来てしまいそうです……)」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:17:32.55 ID:a+I1EmaE0

〜アカデミー最終日〜

戦士「とうとうこの日が来てしまったか」

僧侶「勇者様は長期コースの生徒として編入しています。今日中に記憶を呼び覚ませられないと、短期コースの私たちはそのまま卒業で離れ離れです」

戦士「しかし勇者の取り巻きが多すぎて、笑わせる隙なぞなかったぞ。上級生に8人、下級生に14人も勇者の追っかけが増えた。えーと名前はリリィにキュレンヌ、艶波音葉、マリアンヌ、風白麗香、ジョン、シュクランゼルにサマーセットに……もう覚えきれんわ!!!」

僧侶「このまま勇者様が戻らなかったらどうしましょう」

魔法使い「その時は、私たちだけで魔王討伐に行きましょう」

僧侶「無理ですよ!!相手は四天王に魔王、強敵が5体もいるんですよ!」

魔法使い「笑いの決闘なら勝てるかもしれないわ。人数が不安なら他に仲間でも加えればいいじゃない。それも無理なら故郷に帰りましょう」

僧侶「思ってもないことを口にしないでください!!」

戦士「喧嘩はやめだ。とにかく、今日1日、今まで以上に勇者に接近するのみだ」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:18:40.04 ID:a+I1EmaE0

先生「本日は短期コースの生徒さんにとって、最後の授業の日となりますね。そこで、特別に校外訓練を行います」

先生「『迷いの森』にて、月のキノコを採ってきてください。昼間に生えているものは珍しいですから、一本でも見つけたら成績に大幅に加点しますよ」

先生「チーム編成は1チーム4人までとします。ルール違反者はその場で退学としますからね。それでは、各自スタートしてください」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:25:29.48 ID:a+I1EmaE0

僧侶「チームは四人まで!はやく勇者様とチームを……」



巫女「勇者様、お供させてください。回復は私にお任せを」

眼鏡っ娘「わ、わたしもいきます!魔法植物の知識があるので、探索に力を貸せるかと……」

アクア「え、えっと私は……別にあんたと行きたいってわけじゃないけどさ。ほ、他の二人の女の子にあんたが変なことしないか監視するからついてく!!」

勇者「それはよかった。みんな、やっぱりお優しいんだね。心まで暖かくなりそうだ」

巫女「/////」眼鏡っ娘「////」アクア「ち、違うっての////」

ドラゴ「ドラドラァ……」

勇者「人数制限が四人ってだけで、ペットは人数に含まれないみたいだぞ。ドラゴも一緒に行こうな」

ドラゴ「ドララ〜♪」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:27:34.65 ID:a+I1EmaE0

僧侶「あっ……チームが組まれてしまいました」

戦士「おい、もうあいつら違和感ないぞ。成立している雰囲気を出しているぞ。アクアだのドラゴだの、よくわからん名前の世界観が定着してきているぞ」

魔法使い「いいわよ。私達3人で行きましょう」

僧侶「こっそり後をつけるのですか?」

魔法使い「はたから見たら7人編成になっちゃうわ。監視員もいるだろうし、そしたら即刻退学よ」

戦士「それなら勇者も退学させられて結果オーライなのでは?」

魔法使い「他の女の子3人も退学になっちゃうわ。僧侶もそれは望まないわよね」

僧侶「……ええ。いきなり学校の世界から放り出されるほど、大変な思いをさせたくありません」

魔法使い「運命に委ねるしかないのよ。ここで勇者であることの自覚に目覚めないようなら、きっと魔王を倒すことなんてできないわ」

魔法使い「だから私たちも、生徒らしく月のキノコを探しに行きましょう」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:29:28.46 ID:a+I1EmaE0

アクア「はぁ…はぁ…。ねえ、まだなの?」

眼鏡っ娘「……おかしいです。方位の魔法が正しく機能していません。以前何度か訪れたのですが、こんなことは初めてで」

巫女「最初の方は他のチームの気配も遠くに感じたのに、今は感じないです」

勇者「不穏だな。何かあったんだろうか」

ドラゴ「……ドラドラ!?」

勇者「ドラゴ、どうした?」

ドラゴ「ドラララララ…!!」

アクア「気配を感じる……!巨大な魔物!!」

巫女「邪悪なオーラがします!!!!!」



バサァアアアア!!!


117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:34:28.95 ID:a+I1EmaE0

ヤマタノオロチ「ヒヒヒヒ。この男か。魔王様が言っていた勇者っつー奴は」

アクア「な、何この怪物……」

ヤマタノオロチ「こいつをぶっ殺せば、人間の娘をたんまり貰えるんだな……ジュルリ……」

眼鏡っ娘「や、やまたのおろち……」

巫女「伝説の魔物が、なぜこんなところに!?」

ヤマタノオロチ「おおっと、極上の女もいるじゃねえか!持って帰れねえのが残念だ!!代わりにここでたっぷりかわいがってやるよ!!」

アクア「むかつく野郎ね。勇者下がってて、こいつは私がぶっ飛ばすから!!」

勇者「アクア!!」


―――――――――――

118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:36:55.44 ID:a+I1EmaE0

戦士「ふうー、もう日が暮れそうだ。それにしても地形の隆起が激しい森だな。俺でも体力を持っていかれる」

僧侶「アカデミーにしてはハードな課題ですよね。月のキノコも全然見当たりませんし」

魔法使い「勇者のチームはもう見つけたのかしら」

僧侶「さて、どうでしょう……」

――ドラドラ!ドラドラ!

魔法使い「今の鳴き声!!勇者と一緒にいた幼獣の鳴き声!!」

僧侶「様子が変です。何か切迫しているような……」

魔法使い「合流しに行くわよ!!」

戦士「で、でもそしたら退学になってしまうのでは……先生に怒られてしまう……」

魔法使い「そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!!さっさと行くわよ!!」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:38:44.69 ID:a+I1EmaE0

ドラゴ「ドラドラ!!ドラドラ!!」

魔法使い「森が破壊されてる!!!この巨大な跡は何!!」

アクア「にげ……て……」

眼鏡っ娘「う、うう……」

魔法使い「一体何があったの!?」

巫女「ヤマタノオロチが出現したんです……勇者様を捕まえてあちらの方角に……」

戦士「お前たちが束になっても勝てないのか?」

巫女「いずれかの頭部を破壊しても、たちまち再生するんです。いくら攻撃してもキリがなくて……」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:40:11.64 ID:a+I1EmaE0

僧侶「弱点はないの?」

眼鏡っ娘「再生するのは頭部だけで、それ以外の部分は再生しません。でも、背後にまわる隙もなくて……」

戦士「勇者のスマートホーンの必殺技、フラッシュライトはどうした。あの最強技なら粉微塵にできるのでは?」

アクア「充電が切れたから使えなくなったって……」

魔法使い「(充電が切れた?ナロウアイテムならそんなことありえない…)」

僧侶「状況は大旨把握しました。これからみなさんに回復呪文と保護呪文を施しますので、じっとしていてください。あとは私たちに任せてください」

アクア「無茶よ!!あんな化け物、どうやって……」

僧侶「困った時こそ、笑い事で済ませるんです。それでは、また」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:43:51.79 ID:a+I1EmaE0

勇者「うぅ……ここは……」

ヤマタノオロチ「目覚めたか。だがもう遅い。わしの仲間も迎えに来た」

ブロロロロ……

勇者「あれは、トラック……」

ガチャ…

先生「どうも、お待たせしました。ヤマタノオロチくん、そいつごと一緒に、荷台の中に乗り込んでください」

勇者「先生!?」

ヤマタノオロチ「魔王様の命令とはいえ、またあんなところに押し込められるのか。しかも勇者の奴なんかと」

先生「ご安心を。そいつは勇者であるときの記憶を失っています。偽チート武器のスマートホーンを与えていたので、この期間ろくに武術も魔術も磨いていない。戦闘力はほぼ皆無です」

先生「異世界を渡り歩いては、何度もトラックで才気を秘めた若者を吹き飛ばしてきたこの私ですが。まさか同じ世界に転生する者がいようとは。よほどこの世界への執着が強いらしい。まぁ運良く記憶を消せたのでよしとしましょう」

勇者「嘘だ……何かの間違いだ……」

先生「魔王様も心配性だ。アカデミーの推薦状をこいつの故郷の王国に送り、私の縄張りであるこの学園都市に誘い込むとは。迷いの森の深部から魔王城へのルートを繋げる作業も今朝やっと終わりましたよ。さて、勇者の身柄を魔王様へ献上しに……」

魔法使い「話は全て聞かせてもらったわ」

先生「……おや。悪い生徒が隠れていたようですね。退学にしますよ?」

戦士「退学は嫌だぁああああ!!!!!」
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:44:57.29 ID:a+I1EmaE0

魔法使い「僧侶!!貸して!!」

僧侶「どうぞ!!」

先生「黄金に輝くトロフィー……まさか!!」

魔法使い「ポチッとね!!」

ピカン!

ヤマタノオロチ「なんだ?変な光を浴びたぞ?」

先生「ヤマタノオロチ、“絶対に”笑ってはいけませんよ!!笑いの決闘モードに入ったんです!!」

ヤマタノオロチ「はぁー、何言ってんだ?」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:51:52.22 ID:a+I1EmaE0

魔法使い「ねえねえ、ヤマタノオロチさん。あなたに良いニュースと悪いニュースがあるの」

ヤマタノオロチ「ああ?」

魔法使い「まずは良いニュースから。あなたが痛ぶった女の子3人について……」

魔法使い「死んでいるのを確認したわ」

ヤマタノオロチ「ゲハハハwwwww死に様をみたかったぜwwwwwwww」


デデーン ヤマタノオロチ タイキック


ぷわわわ〜ん

ヤマタノオロチ「なんだこの音は?」

先生「まずい!!逃げろ!!」

ヤマタノオロチ「おい、なんだ貴様!!まわりこむんじゃねえ!!」

ヤマタノオロチ「な、なんて速さだ!!やめ!!やめろ―――――」




――――――――――パァアアアアアンン――――――――――



124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:53:51.64 ID:a+I1EmaE0

ヤマタノオロチ「…………ニッ…………ミ…………」ピクピク…

魔法使い「悪いニュースは、あんたに良いニュースなんかなかったってことよ」

戦士「凄まじい破壊力……」

僧侶「避けようとするのも虚しく、お尻が消し飛びましたね。胴体を失いバラバラになった頭部が痙攣しているのはグロテスクですね」

魔法使い「これが、“絶対に”笑ってはいけないボタンの力」

僧侶「対象はヤマタノオロチに絞っていたから、これで一旦解除されましたね。先生は戦闘で仕留めましょう」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 01:55:16.59 ID:a+I1EmaE0

勇者「うぐ……」

僧侶「勇者様、今治癒呪文をかけますね」

勇者「すまない……」

魔法使い「さて。そろそろあんたの正体を明かしてもらえるかしら。魔王の手下の魔物さん」

先生「クククク……半分不正解だ。私は魔物ではなく人間だ」

先生「そして、半分は正解だ。私は『四天王』の一人」

先生「暴走のトラック使いだ!!」

先生「お前ら全員、異世界に飛ばしてやるよ!!!!」

ブロロロロロロ!!!!
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:11:03.81 ID:a+I1EmaE0

僧侶「まずい!!トラックに乗ったまま突っ込んできます!!」

魔法使い「これでもくらいなさい!!」

魔法使い「『爆炎弾!!!!!』」

先生「ふん、バカが」

シュン! ! !

魔法使い「呪文が消えた!?」

先生「このトラックの正面に触れたものは、人であろうが呪文であろうが異世界に飛ばせるんだよ!!!!」

勇者「うわ…く、くる…!」

魔法使い「勇者、危ない!!」

ドン!
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:11:53.63 ID:a+I1EmaE0

先生「くっそ、避けられたか」

魔法使い「痛っ……」

勇者「ど、どうして俺なんかのことを守って!」

魔法使い「……正直、迷ってた。魔王討伐のために苦難に満ちた冒険を続けるより、ここで楽しい学園生活を過ごした方があなたは幸せなんじゃないかって」

魔法使い「でも同じ様な選択肢は、記憶を失う前のあなたにだってあったはず。それでも尚、私達と命がけの冒険をすることをあなたは続けた」

魔法使い「私だったらどう思うか考えたの。あなたの幸せを願っているから別れるなんて言われるよりも。あなたが必要だから一緒に来てほしいって言われる方が幸せだって思った」

魔法使い「だから勇者!!これからも、私達と一緒に冒険を……」

先生「遺言は済んだか!今度こそくらえ!!」

ブロロロロロ!!!!

魔法使い「勇者!!避けて!!!」

勇者「……違う!!狙いは僕じゃない!!」

先生「気づくのがおせーよ!!!」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:12:48.36 ID:a+I1EmaE0

魔法使い「っっ!!」

バン!

魔法使い「…………うぐ……」

勇者「魔法使いさん!!」

僧侶「ドリフト運転で車体の後部をぶつけた!!」

先生「正面からの突撃でしか異世界に転生させられないのは残念だが、不意をつく必要があったからな。攻撃魔法の使い手が一番やっかいなんだよ」

先生「おい勇者、俺はそこに倒れている女めがけてまた突っ込む!!かわいそうだったら守ってやることだな!!」

ブロロロロロロ!!!!
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:14:51.26 ID:a+I1EmaE0

僧侶「(まずい、魔法使いさんは深手を負ってる!!この距離から回復呪文をかけに行っても間に合わない!!)」

僧侶「(勇者様が前に轢かれた時は、現世への執着が強かったからこの世に再転生させられたと聞きました。もし記憶を失っている今の勇者様が轢かれたら、今度こそ異世界に転生してしまう……)」

戦士「くそ……剣技では歯が立たぬ!!飛び道具さえあれば……」

先生「くたばれええ!!!!」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:15:35.65 ID:a+I1EmaE0

魔法使い「勇者……逃げて……」

勇者「なんで最後まで、僕を救おうとするんだ……」

魔法使い「それはね……あなたが、私を救ってくれたから。ずっと前、二人で冒険を始めようって声をかけてくれたあの時から」

魔法使い「だから、世界を救いたいというあなたの願いを、私も手伝ってあげたかったんだ」



『ほら、シャキっと胸を張って!勇者なんだから!』



131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:55:29.99 ID:a+I1EmaE0

勇者「…………」

魔法使い「……勇者?」

勇者「……トラックが走ることで、雑草が宙に飛んでるな。蟻も這いずり回ってる。小石も転がってる。砂も舞ってる」

勇者「小さいものが色々な動き方をする……フッ……まるで将棋だな」

――――!!?

勇者「そうか……『駒』を投げれば!!!」



ダダダダダ!!!!!

戦士「どうした勇者!!こっちなんかに来て!!!」

先生「ふははは!!女を見捨てて逃げ出したか!!!!」

勇者「戦士、身体借りるぞ!!!」

戦士「ちょ、ちょ、ちょ?」

僧侶「勇者様、戦士さんを抱えて何を!?」

勇者「飛べぇええええぇえええええええええ!!!!!!」




バリイイイインン!!!!!



132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:57:13.06 ID:a+I1EmaE0

僧侶「ドア側の窓から戦士さんを投げ入れた!!」

僧侶「なるほど!!飛び道具がないなら、飛び道具をつくればいい!!!おかげでトラックの軌道も魔法使いさんから逸れました!!飛車に駒をぶつけるなんて、お上手ですね!」

魔法使い「勇者、記憶を戻したのね……」

勇者「ああ、待たせたな」

魔法使い「遅いわよ、バカ」

僧侶「魔法使いさんも、今治癒呪文をかけますね」

魔法使い「ありがとう。僧侶も怪我はない?」

僧侶「ドラドラ〜♪」

デデーン 勇者 魔法使い アウトー

勇者「なんで急にドラゴの真似www痛っ!!」

魔法使い「怪我してるのにwwwwイッタアア!!!」

僧侶「私に苦労させた罰です。さて、これで一件落着ですね」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 02:59:08.81 ID:a+I1EmaE0

先生「あが…………がぁ……」戦士「うぐぉ………ぬぉ……」



〜アカデミー〜

校長「今回の件はお見事じゃった。奴は巧妙に正体を隠しておった。見破れなかったのはわしの責任じゃて……」

勇者「魔物が化けているならともかく、奴は人間でした。正体を見破るのは困難だったでしょう」

アクア「まさか、あんたが魔王討伐の旅に出ている勇者だったなんて。ごめんなさい。無礼を働いてしまったわ」

眼鏡っ娘「魔王城の付近まで到達したという噂を聞いていたので。まさかこのアカデミーに入学しているとは夢にも思いませんでした……」

勇者「気にしなくていいって」

巫女「本当に、ここでお別れなのですか?」

ドラゴ「ドラドラ……」

校長「そうじゃ。せめて今夜一晩くらいは皆でゆっくりしてはどうか」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:02:03.15 ID:a+I1EmaE0

僧侶「先生が魔王城に直通する通路を開通させていたんです。いつ閉じるかわかりません。準備を整えたら今すぐにでも森に戻って、魔王城へ乗り込むつもりです」

アクア「今から!?本気!?_」

魔法使い「魔王城って到達するまでの道のりこそが大変で、道具も魔力も大幅に消費してしまうの。それらの過程を飛ばして魔王城に直接乗り込めるチャンスなんてきっともう訪れない」

戦士「残念だが、ここでお別れだ」

校長「しかたあるまい。道具と装備は、この学園にある限りで最上級のものをわたそう。ちょうど4名分あるはずだ。今すぐ手配してくるから待っておれ」

僧侶「50万Gを使わずに済んじゃいましたね」

勇者「紆余曲折あったけど、目的達成だな」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:05:27.99 ID:a+I1EmaE0

アクア「あとさ、ええと……」

戦士「アクア殿、どうした?」

巫女「実は、みなさんに向けて色紙を書いたんです。数日前からこっそりと長期コースのメンバーで用意していて」

魔法使い「私達ひとりひとりに?」

眼鏡っ娘「もちろんです。冒険に持ち運びやすいように小さいサイズにしたので、皆さんと直接お話したメンバー分だけなのですが」

僧侶「ありがとうございます!!ずっと宝物にします!!」

勇者「今見てもいいのか?」

アクア「駄目!!絶対ダメ!!!」

魔法使い「ふーん……」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:08:03.96 ID:a+I1EmaE0

勇者「最新の装備、けっこう着心地いいな。これでバッチシだ」

眼鏡っ娘「残念ですが、お別れですね。短い間ですが、一緒のクラスで学ぶことができて楽しかったです」

僧侶「私こそ。大変なこともあったけど、楽しい学園生活でした」

巫女「皆様、お気をつけて。無事魔王を倒したら、今度は教師としてぜひこの学校にいらしてください」

戦士「剣術でよければ俺が授けよう」

アクア「……ちょっと、あんた!!」

勇者「は、はい」

アクア「この子泣かしたらぶっとばすからね!!」

魔法使い「えっ、私!?」

勇者「もちろんみんなのこと守るけど?」

アクア「はぁー……鈍感なんだから。あなたも大変ね」

魔法使い「何のことよ!」

アクア「みんな、気をつけてね。無理しないでね」

勇者「ああ。ドラゴも、元気でな!」

ドラゴ「ドラドラ〜♪」

勇者「俺たちが魔王を、ぶっ倒して……」



――――ドクン

勇者「(また……意識が遠のいて……)」

137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:11:33.05 ID:a+I1EmaE0

魔法使い「勇者!?しっかり!?」

勇者「……思い出した。孵化するんだ」

僧侶「孵化?」

勇者「魔王の間には卵がある。それが魔王の前で孵化してしまうと、取り返しがつかないことになる。そして孵化するのは、今夜だ」

戦士「時間がないということか」

勇者「だから前回も、一人ずつ四天王と戦ったんだ。俺が卵にはやく到達できるようにするために。そして俺が魔王と一対一で対峙したんだ」

勇者「でも、勝てなかった。戦力差が開きすぎていた」

勇者「“笑いの決闘”で、戦いを挑むんだ」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:53:04.91 ID:a+I1EmaE0

〜魔王城〜

魔王「……先生の帰りが遅い。勇者はまだ捕らえられぬのか。運命を狂わすあいつこそ、俺の目の前で確実に仕留めておきたい」

「予定では既に到着しているはずなのですが……。ヤマタノオロチも送り込んだので間違いはないはずです……」

魔王「油断するな。あやつは未知の可能性を秘めている。だから我輩も、一度では殺しきれなかった」




ブロロロロ…

魔王「……何か、外から聞こえぬか?」

「様子がおかしいですね」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:55:48.29 ID:a+I1EmaE0

ガチャ!

「大変です!!勇者が攻めてきました!!」

魔王「どういうことだ!!」

「先生が開いた通路をわたって、直接魔王城に入り込んできたようです!!」

魔王「魔物を警護に配備しているだろう。囲い込んで倒してしまえ」

「それが……」



ブロロロロロロロ!!!!!!!

勇者「覇王色の覇気!!!」

ドガガガガ!!!! ギャアアアアアア!!!!!!!

僧侶「勇者様が運転するトラックが、魔物の群れを蹴散らしていく!!」

勇者「このまま最上階まで一気に階段をのぼるぞ!!!」

魔法使い「敵が蜘蛛の子を散らすように逃げていくわね……」

戦士「大扉の前にたどり着いたぞ。強敵の気配が中からする」

魔法使い「トラックから降りるわよ。あとは大ボスさんをとっちめるだけね」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:57:52.69 ID:a+I1EmaE0

「……よくぞここまで来た」

戦士「貴様は、四天王だな!先生という奴は倒した!」

「ふん!奴は四天王の中でも最弱!」

武道家「俺とは格が違うんだよ!!」

僧侶「また人間!!魔王側に寝返ったというの!?」

武道家「難しい話は好きじゃねぇ。ごちゃごちゃ言ってねえで、どこからでもかかってきやがれ!!」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 03:59:39.45 ID:a+I1EmaE0

戦士「……勇者、一刻を争うのであろう。こいつは俺が食い止める。だから他の者は先に進んでくれ」

勇者「戦士……」

戦士「肉体派同士が一番単純だからいいのだ」

僧侶「でも、勇者様の夢によると、戦闘でわたしたちに勝ち目は……」

戦士「ああ、だからこれを使わせてもらう」

――ポチッ

142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:00:45.48 ID:a+I1EmaE0

武道家「てめぇ!!それは魔王様が警告していた『“絶対に”笑ってはいけないボタン』!!俺と決闘モードにしやがったな!!」

僧侶「戦士さん無茶です!!あなたのギャグセンスはたかが知れています!!」

魔法使い「あなた笑い死にするわよ!!今のは笑いながら死ぬという意味ではなくて、一つの笑いも生み出せずに自己嫌悪で死ぬっていう意味で……」

戦士「お前らはどっちの味方だ!!邪魔だからさっさと卵のあるフロアへと進め!!」

勇者「……戦士」

戦士「勇者。言葉にせずとも漢同士だ。わかっておる」

勇者「リーダーなのに事前に確認していなかった俺が悪いんだけど、火葬と、土葬と……」

戦士「埋葬方法を聞くな!!ちなみに火葬だ!!とっとといけ!!!」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:03:47.46 ID:a+I1EmaE0

戦士「ふぅ……邪魔者は消えたか」

武道家「それ、俺のセリフじゃないのか」


ひぃっ…ひぃっ…

下級魔物「あのトラック怖かったぁ……逃げてるうちによくわからん部屋に来ちまった……。今度彼女の親父さんに会いに行くってのに、こんなところで怪我しちゃいらんねーっつーの」

武道家「おい、そこのお前」

下級魔物「ひぃ!!四天王様!!」

武道家「俺らは今から笑いで勝負を決する。だから大喜利のお題を出せ」

下級魔物「今人間界でも魔界でも流行のやつですかね」

武道家「何でもよい」

下級魔物「それじゃあ……」


『お前に娘はやらん!!』と怒鳴っていた彼女の父親が結婚を認めてくれた。どうして?


武道家「……だいぶひねったお題だな」

戦士「イレギュラーという奴か」

下級魔物「(かなり王道だと思うのでげすが……)」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:04:56.82 ID:a+I1EmaE0

下級魔物「それでは、両者準備は整って?」

戦士「…………」

武道家「…………」

下級魔物「(腕を組んで目を閉じてる……まあいいや)」

下級魔物「回答は挙手制でお願いしやす。試合開始!!」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:12:34.06 ID:a+I1EmaE0

『お前に娘はやらん!!』と怒鳴っていた彼女の父親が結婚を認めてくれた。どうして?

下級魔物「(このお題は、父親が手のひらを返すところがポイント)」

下級魔物「(無難な回答例としては)」

『石油王、と書かれた名刺を渡した』

『御社の株式を過半数保有していると告げた』

下級魔物「(でもこれだとありきたりだから、意外性の要素を強めるのがコツ)」

『私も女なんです、と言ったところ百合好きの父親が認めてくれた』

『お父さん。実は私、あなたの本当の娘じゃないのと彼女が衝撃のカミングアウトをした』

『お父さんを僕にください!と言ったところ、僕との結婚を認めてくれた』

下級魔物「(お題が王道だからこそ、着地点を意外なところに持ってくると面白い回答になるのでげす)」

下級魔物「(さて、二人は一体どんな回答を……)」

戦士「はい」

武道家「ちっ……」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:13:31.01 ID:a+I1EmaE0

下級魔物「あなたが先ですか。では、回答をどうぞ」

『お前に娘はやらん!!』と怒鳴っていた彼女の父親が結婚を認めてくれた。どうして?


戦士「彼氏の、一生懸命で熱い思いに心を打たれたから」



下級魔物「…………」

下級魔物「(最悪です。ひねりも何もない。糞オブ糞回答で……)」

武道家「ぶほほほほほほwwww心打たれたんかーいwwwwwwww」

デデーン 武道家 タイキック

下級魔物「(え、なんで笑った?)」

武道家「しまった…………来る!!!!」

バチーーーーン!!!!

武道家「ぐおおおおおっ!!!!!!?」

戦士「さすがは四天王。ヤマタノオロチを吹き飛ばしたケリに耐えるとは」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:16:42.24 ID:a+I1EmaE0

武道家「……次は、こちらの番だ。はい」

下級魔物「武道家様!どうぞ!」

『お前に娘はやらん!!』と怒鳴っていた彼女の父親が結婚を認めてくれた。どうして?


武道家「父殿は、本当に娘をやらない気などなかったのだろう。ただ、男の思いの強さを測るために、あえて厳しい父親を演じてみせていただけだったのだ」

下級魔物「(……えっ、そのまま?国語の授業のお時間ですか?)」

下級魔物「(この人、筋肉だけで四天王になったんだな……こんな回答じゃ……)」

戦士「不器用な父親だwwwwwしかしそれでこそ娘思いというものだwwwwwww」

デデーン 戦士 タイキックー

下級魔物「(もう嫌になってきた)」

戦士「俺は耐えるぞぉおお!!」

バチーーーーン!!!!

戦士「ぬおおおおおおおおっ!!!!!!」
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:19:34.70 ID:a+I1EmaE0

戦士「……はぁ、はぁ。学園都市で身につけた最新装備がなければ、消し飛んでいるところだった。立っているのがやっとだ……」

戦士「次はこちらからいくぞ!!」

武道家「俺だって!!」





『彼氏が絶対に結婚したいと、懇願し続けたから』

デデーン…

『恋のキューピッドの妖精の力で、まず父親が彼氏に恋をして、彼氏が娘と結婚したいという要求に対して彼氏を想うあまりに承諾したから』

デデーン…

『宇宙人がやってきて、結婚を認めたくなるビームをかけたから。ビームの速度はトビウオと同じくらい』

デデーン…

『実は娘が地底人であることに気づいた父親は、怒りを買ってはいけないと渋々結婚を認めることになった。地底は意外にも涼しく、累進課税制度が整っている』

デデーン…

『彼氏がひいおばあちゃんちの実家にある暖炉をもってきたところ、和やかムードになったから』

デデーン…

『逃走中の銀行強盗が部屋に入ってきて、それをやっつけた彼氏に漢としての強さを見出したから。でもその銀行強盗が実は恋のキューピッドで、地底人と結ばれて……』

デデーン…
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:22:09.50 ID:a+I1EmaE0

戦士「がはっ……ごぼっ……」

武道家「ぶはぁ……ぜはぁ……」

戦士「……はい」

武道家「ま、まだ強力なネタがあるのか……」

下級魔物「戦士、回答どうぞ」

『お前に娘はやらん!!』と怒鳴っていた彼女の父親が結婚を認めてくれた。どうして?


戦士「…………彼氏が……紅白饅頭を……手土産に持ってきてたから……」

武道家「……めでたいwww」

デデーン 武道家 タイキック

武道家「はあ……俺、ここで死ぬな」

戦士「楽しかったぞ……お前は、真の武道家だ」

武道家「おまえこそ……戦士だったよ……」


バチーーーーン!!!!


―――――――――――――――




武道家「…………」

戦士「気絶している……」

戦士「勇者……今から……俺も加勢に……」

バタリ…



下級魔物「やっと……この苦痛から解放され……」

バタリ…

150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:25:57.48 ID:a+I1EmaE0

魔法使い「なんて長い階段なの。呪文で近道できないかしら」

僧侶「魔王城内では移動に関する呪文は全部かき消されてしまいます」

勇者「……今なんか、後方から凄い音がしなかったか」

僧侶「戦士さんが戦っているのでしょう。魔王の企てを止めたあとに、急いで戦士さんを助けに行きましょう」

勇者「ああ……。あれ、扉が見えてきたぞ」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:27:55.32 ID:a+I1EmaE0

「まぁ……よくここまで来たわね」

魔法使い「あんたも四天王ね!武道家は戦士が戦ってるわ!」

「ふん!奴は三天王の中でも最弱!脳筋のお粗末な奴よ!!」

賢者「この賢者様と一緒にしないでほしいわね」
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:34:10.56 ID:a+I1EmaE0

僧侶「……賢者」

賢者「あら、よく見たら知ってる顔がいるじゃないの」

魔法使い「知り合いなの?」

僧侶「ええ……アカデミーで一緒のクラスで……」

賢者「あーら!!中退してたって言ってたけど、元気にしてたー!?あの頃は大変だったわね〜」

僧侶「……思い出したくもありません」

賢者「失恋したもんねぇ!!!私に大好きな人を取られちゃってさぁ!!学校中に知れ渡って悲しかったわねー!!!それで成績もみるみる下がって私に抜かれちゃってさ!!」

僧侶「…………」

賢者「でも安心して!!あの男、真面目でつまらないから、すぐ浮気して乗り換えちゃったから。あいつも落ちぶれて、今じゃ田舎の片隅で暮らしてるって噂よ」

僧侶「あなたという人は……」

賢者「燃えるじゃないの!!恋敵にリベンジする絶好の機会よ!!私があなたの相手になって……」

魔法使い「てい」

ポチッ

賢者「『“絶対に”笑ってはいけないボタン』!!」

僧侶「魔法使いさん!?」

魔法使い「こいつは、私がしばく」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:37:54.02 ID:a+I1EmaE0

僧侶「どうして」

魔法使い「感情に流されたんじゃないよ。戦略的に考えたの。魔王城の入り口から弱い順番で敵が配置されているでしょ。きっとこの次の広間で待つ四天王の方が強い」

魔法使い「私よりも天才なあなたこそ強敵に充てがうべきよ。切り札を雑魚相手に使うことほどもったいないことはない。カードゲームでいう、大富豪と同じ理屈よ」

賢者「舐めた口をきいてくれるじゃないの……」

魔法使い「さあ、はやく行って!!!」

勇者「魔法使い、どうか無事で!!」

僧侶「また後で必ず!!」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 04:47:09.72 ID:a+I1EmaE0

賢者「お題を決めたいところね」

フゥ…

中級魔物「あのトラック怖かったぁ……逃げてるうちによくわからん部屋に来ちまった……。家に帰ってドラゴンRPGやりたいのに、こんなところで怪我しちゃいらんねーっつーの」

賢者「おい、そこのお前」

中級魔物「ひぃ!!四天王様!!」

賢者「私らは今から笑いで勝負を決する。だから大喜利のお題を出せ」

中級魔物「それじゃあ、今RPGにはまってることだし……」

中級魔物「私がみなさんに『新しい仲間が加わったんだって?』と尋ねるので、誰が加わったか答えてください。次に私が『それはよかったねぇ』と言うので、そこでまた一言答えてください」

賢者「通なお題が出た」

魔法使い「座布団が出てきそうな雰囲気ね……」

賢者「どんなルールでもあなたに勝つわよ。すぐに潰して、あの勇者を追いかけに行く」

中級魔物「それでは、お考えください」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:22:06.97 ID:a+I1EmaE0

賢者「…………」

魔法使い「…………」

賢者「はい」

魔法使い「(もう!?)」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:25:41.26 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「賢者さん。新しい仲間が加わったんだって?」

賢者「恋人のいない僧侶が加わったんです」

中級魔物「それはよかったねぇ」

賢者「クリスマスは他宗派のやることだって言ってました」

魔法使い「……ふん、仲間の悪口で笑うほど性悪じゃないわ。次は私が行くわ」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:27:28.54 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「魔法使いさん。新しい仲間が加わったんだって?」

賢者「僧侶が加わったんです」

中級魔物「それはよかったねぇ」

魔法使い「はい。本当に、心の底からよかったです」

中級魔物「……?」

賢者「はぁ?全く笑いどころがないんだけど」

魔法使い「あんたの汚い言葉で汚れた、お耳直しよ」

賢者「遊んでる暇なんてないと思うけど。次は私」
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:29:00.03 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「賢者さん。新しい仲間が加わったんだって?」

賢者「魔法使いが加わったんです」

中級魔物「それはよかったねぇ」

賢者「30過ぎの童貞でした」

デデーン 魔法使い タイキックー

魔法使い「私の悪口で来るかと思ったら……」

バチーーーーン!!!!

魔法使い「きゃああああああっ!!?」

魔法使い「な、なにこの痛み……今までの比じゃない……。……次は私よ」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:30:01.90 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「魔法使いさん。新しい仲間が加わったんだって?」

魔法使い「賢者が加わったんですよ」

中級魔物「それはよかったねぇ」

賢者「風俗帰りの素人童貞でした」

デデーン 賢者 アウトー

賢者「賢者タイムネタについ……」

バチーーーーン!!!!

賢者「イギっっっっっっ!!!!!!?」

魔法使い「下ネタでも何でも使って勝ってやるわよ」

賢者「同じボケを再利用する“天丼”テクニック……やるわね。次は私の番」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:30:51.53 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「賢者さん。新しい仲間が加わったんだって?」

賢者「女メンバーと話せない、勇者が仲間に加わりました」

中級魔物「それはよかったねぇ」

賢者「30過ぎて魔法使いに転職しました」

魔法使い「wwwww」

デデーン 魔法使い タイキックー

魔法使い「勇者の姿を重ねてしまった……」

バチーーーーン!!!!

魔法使い「イぃいいいいいいっ!!」

魔法使い「つ、次は私……」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:32:03.00 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「魔法使いさん。新しい仲間が加わったんだって?」

魔法使い「僧侶が仲間に加わりました」

中級魔物「それはよかったねぇ」

魔法使い「失恋でくたばりました」

賢者「wwwwwww」

デデーン 賢者 タイキックー

賢者「突然のディスリ……予測できるわけない!!」

バチーーーーン!!!!

賢者「ウグっっっっっっ!!!!!!?」

魔法使い「僧侶、私あなたのために戦うわ!」

賢者「その口が言うな……」
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:34:26.87 ID:a+I1EmaE0

賢者「……はい」

デデーン…

魔法使い「……はい」

デデーン…

デデーン…

デデーン…

デデーン…
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:35:15.62 ID:a+I1EmaE0

賢者「はぁ……はぁ……」

賢者「(痛みで…頭が回転しない…)」

魔法使い「……あの子は……天才なのよ……あなたが足元にも及ばないほど」

賢者「……はぁ?」

魔法使い「思いやりの天才なのよ……」

賢者「それがなんだっていうのよ……」

魔法使い「……私の回答いいかしら」

賢者「!?」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 05:36:31.86 ID:a+I1EmaE0

中級魔物「魔法使いさん。新しい仲間が加わったんだって?」

魔法使い「思いやりのある、心やさしい僧侶が仲間に加わりました」

中級魔物「それはよかったねぇ」

魔法使い「それでも失恋でくたばりました」

賢者「wwwwwww」

デデーン 賢者 タイキックー

賢者「同じネタでの最悪のディスリ……前フリからの見事なオチだったわ……」


バチーーーーン!!!!


―――――――――――――――


賢者「…………」

魔法使い「気絶している……」

魔法使い「ふたりとも……今から……加勢に……」

バタリ…



中級魔物「女同士の争い……怖かった……」

バタリ…

165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 06:59:49.99 ID:a+I1EmaE0

僧侶「雰囲気が変わって来ましたね。魔王の座までもうすぐでしょうか」

勇者「……ふたりとも無事かな。魔法使いの相手も強そうだったし」

僧侶「きっと大丈夫です。仲間想いのあの子なら、誰もが笑顔になるようなやさしい冗談を思いついてくれます」

勇者「そうだな……。あそこ、また扉が見えてきた」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:01:36.29 ID:a+I1EmaE0

「ようこそ!よくここまで来たね!」

僧侶「あなたも賢者と同じ、四天王ですね!!」

「ふん!奴は二天王の中でも最弱!頭でっかちでユーモアのない奴さ!!」

勇者「お前、まさか……」

笑わせ師「この笑わせ師様と一緒にしないでほしいね。戦闘でも笑いの決闘でも、好きな方でかかってきなよ」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:02:49.45 ID:a+I1EmaE0

僧侶「勇者様、この人は」

勇者「そう。朧月夜の開闢トーナメント2020で、俺を敗北させた相手だ。僧侶と決勝戦で戦うはずだった」

勇者「こいつは危険だ!!こいつのリズムネタは……」

僧侶「ここで誰が戦うべきか、考えるまでもありません」

ポチッ

笑わせ師「君が僕の相手か。あの時の決勝戦を、ここで行おうじゃないか」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:03:31.04 ID:a+I1EmaE0

勇者「僧侶……」

僧侶「魔王を倒せるのはきっと勇者様だけです」

勇者「笑わせ師が四天王最強の敵だとしたら、それを上回る魔王を、笑わせ師に負けた俺が果たして……」

僧侶「勇者さん、私には笑いにおいて致命的な弱点があるのです。人を笑わせる点に関してはそれなりに自信があるのですが……。だからあなたが上に行かなければいけないのです」

勇者「弱点ってなんだ?ええと、自爆が多いとか?」

僧侶「それも時々ありますが、内緒です。決闘に集中したいので、はやく上に行ってください。卵が孵化してしまいますよ」
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:04:22.30 ID:a+I1EmaE0

僧侶「あっ、最後にひとつだけ!!これを!!」

勇者「……魔法瓶」

僧侶「決闘モードでは回復アイテムは使えませんが、あくまでお守りとして。私のお手製ですから」

勇者「……いつもありがとな。俺からも、ひとついいか」

僧侶「なんでしょう?」

勇者「ご笑運を祈る」

僧侶「……はい!」
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:05:36.83 ID:a+I1EmaE0

僧侶「思わずほほえんでしまうところでしたよ、勇者様」

笑わせ師「別れの挨拶は済んだみたいだな。ところで、お前の弱点ってのはなんだ?」

僧侶「笑ってからのお楽しみですよ」

笑わせ師「ふーん、まあいい。さっさと決闘を始めよう」

僧侶「その前に、一つお尋ねしたいことがあります。あなたたちは人間なのに、どうして魔王の味方に?」
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:07:01.12 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「……なんで俺が、大会で辞退したかわかるか?」

笑わせ師「降ろされたんだよ!!笑わせ師協会のお偉いさんどもからな!!!」

笑わせ師「リズムネタなんて邪道!!漫才や大喜利で人を笑わせるのが、笑わせ師だって言われてな!!リズムネタをやるなら踊り子にでも転職しろと言われたよ!!」

笑わせ師「人間界の不条理に耐えきれない!!大会の日までは魔界と人間界の共存を少しは考えていたが、完全に吹っ切れたよ!!あのトロフィーが笑いの決闘ボタン付きだとわかってたら、俺も辞退するなんて愚かなことはしなかった!!」

僧侶「……元から魔王の配下にいた四天王の魔物は?」

笑わせ師「僕たち四天王は、元冒険者一行だ!!魔物四天王を倒した後、魔王様に今の地位をもらったんだ!!僕らは勇者のいないパーティーだったがな」

僧侶「そんな……」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:07:39.29 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「思い出話はいい。お題を決めたい」

僧侶「……リズムネタなら引き受けませんよ」

笑わせ師「いや、リズムネタ以外でやるつもりだ。ここまで来た君が、僕のリズムネタで笑うとは思えない。あれは人を笑わせるものじゃない。ニコニコさせるものだ」

僧侶「……ニコニコ?」

笑わせ師「うむ、お題はどう公平に決めようか……」

トコトコ…
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:08:36.77 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「あのトラックは危険だ……逃げているうちに上層階の部屋まで来てしまった……」

上級魔物「眼鏡を落としたのが最悪だ。ろくに景色も見えやしない。困ったな、『新卒の採用面接』で忙しいというのに。勇者の奴らめ……」

僧侶・笑わせ師「(新卒採用!?王道のネタ!!)」

笑わせ師「あの、すみません」

上級魔物「ん、人間かね?声に聞き覚えがあるが……こんな上層階に何の用だ?」

僧侶「(……笑わせ師が四天王だと気づいてない)」
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:09:44.26 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「お初にお目にかかります。新卒の採用面接を受けに来たものです」

僧侶「わ、私もです!!城の中で迷ってしまって……果てしなく歩いていたらここに着いていて」

上級魔物「なるほど。人間が四天王になってから人間枠の採用もできたからね。でも残念ながら今日は緊急事態が起きて中止になったんだよ」

笑わせ師「それじゃあ面接は受けられないんですか?」

上級魔物「そうだね、残念ながら」

笑わせ師「でもどうしても、憧れの御社に入りたいんです。入社希望の手紙をいくつも送っていました!」

僧侶「パスポートの関係で、再びいつここに来れるのかわからないんです。今日でなければ駄目なんです!」
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:10:16.64 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「…………」

上級魔物「(日々の仕事に追われて、手紙を見落としてしまっていた。これだけ熱意のある人間の面接を拒んだことが後でしれたら、人間四天王からの評価が下がる可能性がある)」

上級魔物「(こいつらは形だけでも面接して、採用にしておいた方が私の評価のためには良さそうだ)」

上級魔物「……わかった!君たちの熱意に負けたよ。今から面接をしよう!」
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:11:05.74 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「それでは、面接を始めます。自己紹介からお願いします」

笑わせ師「笑わせ師と申します。どうぞよろしくお願いいたします」

僧侶「僧侶と申します。どうぞよろしくお願いいたします」

上級魔物「順番に質問していきますね。まず、笑わせ師さん。弊社を志望する理由はなんですか?」

笑わせ師「圧迫面接だっ!!!!!!!」


デデーン 僧侶 タイキックー

僧侶「全然普通の質問なのにwwww」

僧侶「しまった……」


バチーーーーン!!!!


177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:11:44.51 ID:a+I1EmaE0

僧侶「(うぐぅうううううううう!!!死ぬぅうううううううううう!!)」

上級魔物「(なんだ今の音は、階下からか?誰かうめいてる気もするが視界がぼやける……)」

上級魔物「それにしても君!こんなのは全然普通の質問だよ。もういい。僧侶さんの志望理由は?」

僧侶「いたた……私は昔から魔王様に憧れており、人間のスパイとして御社で働くことでお役に立ちたいと考えていました……」

僧侶「(痛みのあまり普通に答えてしまった……)」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:12:36.14 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「なるほど、良いでしょう。では公平性を期するために、次は僧侶さんからお尋ねします。今まで一番力を入れてきたことは何ですか?」

僧侶「セクハラですか!!!!!?」

デデーン 笑わせ師 タイキックー

笑わせ師「過敏過ぎるwwww」

笑わせ師「しまった……」

バチーーーーン!!!!

笑わせ師「(ぎぃいいいいいいいやぁあああああああ!!!!!!)」

上級魔物「せ、セクハラなんて誤解だ!!ええと、君!!力を入れてきたことを答えて!!」

笑わせ師「いてて……今、一番力を入れています……」

上級魔物「面接に対してかね?そういう変化球の回答は印象がよくないよ。さて、次の質問だ」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:14:16.88 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「笑わせ師さん、あなたの成功体験を教えてください」

笑わせ師「はい。私は笑わせ師として、地方の飲食店でアルバイトをしていました。そのお店では月に1度ほどショーを開催するのですが、最初に踊り子が、次に笑わせ師が出場する順番となっています」

笑わせ師「ある日の夜のショーで、僕が新しいネタに挑戦したところ、全くウケずに白けてしまったんです。一人宿屋に戻って落ち込んでいると、ノックの音が聞こえました。ドアを開けると踊り子さんが立っていました。年上の女性で、ベテランの方です。僕のことを心配して来てくれたんだと思いました」

笑わせ師「暖かい飲み物をつくってくれて、飲んでいるうちにふと涙が出てしまいました。すると、彼女が僕にそっと口づけをして、ベッドに押し倒したんです。ウブな僕は何が起きたかわからず混乱していると、彼女がいきなり脱ぎだして……」

上級魔物「性交体験じゃない!!!」

デデーン 僧侶 タイキックー

僧侶「お題の時点で予想はしてたのに……」

バチーーーーン!!!!
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:15:02.12 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「ええと、君の成功体験は?」

僧侶「私の成功体験は……今生きていることです……」

上級魔物「そういう変化球の回答はやめたほうがいいと言っているでしょう。さぁ、次の質問に行きましょう」

僧侶「はい……」

上級魔物「では僧侶さん。あなたを物に例えるとなんですか?」

僧侶「油圧シリンダです。クロームメッキと青銅系鋳物を使用してロッドの損傷を防止しているかの如く耐久性に自信があります。また、サージ圧力を半減させ、スムーズに停止するクッション機構のように周囲との調整を成し遂げます」

デデーン 笑わせ師 タイキックー

笑わせ師「例えがわからなさ過ぎるwww」

僧侶「トラックの部品ですよ」


バチーーーーン!!!!

181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:15:40.21 ID:a+I1EmaE0

上級魔物「君は?」

笑わせ師「いてて……僕は物に例えると……ボロ布です……」

上級魔物「深堀りする気も起きないよ。では、次の質問です。笑わせ師さんは……」


デデーン…

デデーン…

デデーン…

デデーン…

182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:16:11.73 ID:a+I1EmaE0

僧侶「ぐぽ…………」

笑わせ師「うぷ…………」

上級魔物「では、私からの質問は以上です。あなたたちから質問はありますか?」

僧侶「……はい」

上級魔物「僧侶さん」

僧侶「……あなたが今まで一番力を入れてきた体位は何ですか?」

上級魔物「セクハラですか!!!!!?」

デデーン 笑わせ師 タイキックー

笑わせ師「天丼の誘導、お見事……」

バチーーーーン!!!!
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:16:56.60 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「(意識が朦朧とする……)」

僧侶「うぅ…………」フラフラ…

笑わせ師「(でも、こいつもあと一発でくたばる状況だ。次のネタで倒せる……)」

上級魔物「他に質問はございませんか?笑わせ師さんは?」

笑わせ師「(笑いで、素人に負けてたまるか。この女は下ネタに弱い。それで笑わせれば……)」



『アハハハハハ』『おにいちゃんおもしろーい!!』



184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:17:43.34 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「(昔は、王道のネタをやってたな。一人漫才、ショートコント。ブレイクこそしなかったけど、それなりにウケていた)」

笑わせ師「(でも、俺のネタで大勢のひとたちが笑ってくれたのが、リズムネタだった。こどもまであんなにゲラゲラわらったのが嬉しくて、それでリズムネタをやるようになったんだ)」

笑わせ師「(俺はあの時、ある種のプライドを捨てたんだ。俺が求める笑いをやるんじゃない。人が求める笑いをやろうと)」

笑わせ師「(いつの間にか、それが俺のプライドになっていた)」

笑わせ師「……はい。最後に」

上級魔物「笑わせ師さん、どうぞ」

笑わせ師「(いつものように!!)」
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:18:29.49 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「オムオムオムオムオムライス!まんまといえばオムライス!ママといってもオムライス!パパといったら鍋だよね?」

笑わせ師「今日もまたー!ミラクルがー!!やってーきたんだよー!」

笑わせ師「傘をさしたら、まあびっくり!」

笑わせ師「内側から雨がふってきた!!」

笑わせ師「オムオムオムオムオムライス!まんまといえばオムライス!ママといってもオムライス!パパといったら鍋だよね?」










上級魔物「はっ?」



186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:19:09.20 ID:a+I1EmaE0

笑わせ師「(……シラけた。そうだよな。大人はこんなの……)」

僧侶「うふふふwww」

デデーン 僧侶 タイキックー


笑わせ師「うっ……くそ……なんでだよ!!」

笑わせ師「お前ならこれくらい我慢できただろ!!無理して笑ってんじゃねえ!!」

僧侶「私の弱点は、愛想笑いが大好きなところです」

笑わせ師「ふざけんな!!」

僧侶「ネタそのものにではなく。笑わせようとしてくれたことが嬉しくて、本当に笑ってしまうのです」

僧侶「参りました」

バチーーーーン!!!!
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:19:42.32 ID:a+I1EmaE0

僧侶「…………」

笑わせ師「気絶したか……」

笑わせ師「…………」

笑わせ師「……ふふっwww」

笑わせ師「ははははwwwwww」

デデーン 笑わせ師 タイキックー

笑わせ師「お前、最後にとんでもない、究極の笑いのテクニックを使いやがったなwww」

笑わせ師「『釣られ笑い』!!」

笑わせ師「笑わせたければ、まず笑えってなwwwww」

バチーーーーン!!!!
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 07:20:09.07 ID:a+I1EmaE0

僧侶「…………」

笑わせ師「…………」

上級魔物「ふたりとも、寝てる」

上級魔物「…………」

上級魔物「……不採用」
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:03:39.35 ID:a+I1EmaE0

勇者「……レッドカーペットが敷いてある。ついに、魔王の間にたどり着いた」

勇者「奥に輝いている球体が見える。あれが、夢に見た卵!」

勇者「魔王はどこに……」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:04:24.47 ID:a+I1EmaE0

「くそー!!まさかのVRオチだったなんてー!!何がコンピュータウイルスじゃあああ!!俺は勇者じゃなかったのかよー!!こんなゴーグル取ってやる!!」

勇者「……お前は誰だ?」

「はっ……ここは。そうだ、俺は勇者じゃない……」

魔王「私は魔王だ。ようこそ、勇者」

勇者「凄い、出会った瞬間からコントが始まっている……!」
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:05:14.86 ID:a+I1EmaE0

勇者「まずはこれを!」

ポチ

魔王「“絶対に”笑ってはいけないボタン。そうだな、実力ではお前らは私らには決して勝てないのだからな。一周目がそうであったように」

勇者「一周目!?お前は記憶が残っているんだな!」

魔王「世界中の教会を破壊し、貴様ら勇者の復活の力を奪ったつもりだった。だがここで、イレギュラーが発生した」

勇者「イレギュラー?」

魔王「不死鳥だよ。これがその卵だ。俺がとどめをさす瞬間、貴様はこの不死鳥の卵に触れた。そのせいで、パーティーメンバーもろとも復活できたのだろう」

勇者「なるほど。でも、笑ったら尻を叩かれるというルールは何故?」

魔王「この世には、使うとランダムに何かが起きるという呪文がある。この卵の保護呪文にそれがかけられており、その効果が貴様らに付与されたのだろう。だから私も迂闊にこの卵に手を出せなかったのだが……」

勇者「王様と姫様たちがおかしなテンションで笑わせてきたのも、その影響か……」

魔王「まもなく卵も孵化する。孵化した日の翌日には、保護呪文の影響は消滅する。そのくだらない笑いのルールとおさらばできるぞ。生き延びられればの話だがな」
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:06:12.19 ID:a+I1EmaE0

魔王「授業はここまでだ。不死鳥は最初に見た顔を自分の親だと認識する。だから、貴様にこの部屋にいてもらっては困るのだ」

魔王「俺は不死鳥を手なづけ、この世界で最強の存在として君臨するのだからな!!」

バタン!

勇者「扉が閉じた!?」

魔王「並の魔物では開けられぬ仕組みだ。よそ者に戦いを邪魔されたくないのでな。死んだら外に放り出してやろう」

魔王「お題も制約もない、自由な決闘と行こうじゃないか!」

勇者「……望むところだ!!!」
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:06:56.20 ID:a+I1EmaE0

勇者「そっちからかかってこいよ。下ネタでも何でも使ってこい」

魔王「ふん。魔族の王たる俺が、下ネタなぞ使って笑いを取るか」

勇者「何?」

魔王「いいか勇者。昔、とある笑わせ師が言っていた。笑いは悲しみと表裏一体なのだと」

魔王「緊張と緩和。意外性と納得感。相反する要素を組み合わせる、魔力を使わぬ魔術なのだ」

魔王「お笑いの真理を応用すれば、どんなくだらないギャグでさえも、高尚なジョークへと昇華できる」

勇者「なんだと……」

魔王「では、試そう勇者。パンはパンでも、食べられないパンは何だ?」

勇者「……フライパン」

魔王「正解は、パンツだ!!!」

ボロン!!

勇者「出てるwwwww」

デデーン 勇者 タイキックー

194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:07:33.42 ID:a+I1EmaE0

勇者「この野郎……」

バチーーーーン!!!!

勇者「痛ぇええええええええ!!!!!!」

魔王「ふん、貴様の5倍の大きさはあろう」

勇者「ずるい……結局下ネタかよ……。下ネタなんて笑うに決まってんじゃないか……魔王のくせにずるいぞ……」

魔王「フリがきれいだっただろう。笑った方が悪い」

勇者「(……くそ、なら俺も下ネタで)」

魔王「勇者よ」

勇者「なんだ」

魔王「次は、絶対下ネタで来い!!」

勇者「!?」

勇者「(こんなこと言われて下ネタを言ったら、笑いが成立しなくなってしまう!!)」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:08:38.93 ID:a+I1EmaE0

勇者「一体どうすればいいんだ……」

魔王「手も足もでないようだな」

勇者「わからない……何をどうすればいいのか……」

魔王「普段下ネタばかり言っていたのだろう。ゲスなメンバーとともに旅してきた運命を呪うんだな」

勇者「……ゲスなメンバー?お前、今俺の仲間を侮辱したのか?」

魔王「そのとおりであろう。あの弱そうな、戦士と魔法使いと僧侶の3人……」

勇者「許さねえ!!絶対に許さねえ!!!」
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:09:25.53 ID:a+I1EmaE0

勇者「影分身の術!!」

勇者「シュンシュンシュンシュンシュン!!!!」

魔王「(高速で反復横とびを始めた……)」

勇者「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

魔王「(壁に向かって走り始めた……)」

勇者「これは、戦士の分!!!!」

ガンッ!!!!

魔王「(頭を壁に打ち付けた!?)」

勇者「いて、いって…………うおおおおおおおおおおおお!!!!!」

魔王「(また壁に向かって走り始めた……)」

勇者「これは、戦士の分!!!!」

ガンッ!!!!!!

勇者「……おぇ……きっつ…………」

魔王「…………」

勇者「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

勇者「そしてこれがぁああああああああああ!!!」

勇者「戦士の分だぁあああああああああああああ!!!!」

ガンッ!!!!!!

魔王「全部戦士の分wwwwwwwww」

デデーン 魔王 タイキックー
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:10:15.53 ID:a+I1EmaE0

魔王「くそっ!!来る!!」

バチーーーーン!!!!

魔王「ぬおおおおおおおおお!!!!!!」

魔王「……今までくらったどんな魔術よりも強烈なダメージだ」

魔王「混沌(カオス)ネタとは、考えたな。相手のペースを完全に飲み込む技。仮にくだらないと思われても、そのあまりのくだらなさに相手を笑わせられる術」

勇者「うぉおおおえええ……」ビチャビチャ…

魔王「貴様の方がダメージが多いかもしれんが」

勇者「これで1対1だ……」
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:10:43.42 ID:a+I1EmaE0

魔王「なんとも、のんびりとした戦いだ。本来であれば貴様など瞬殺しておるというのに。武術も魔術も使えぬというのがこれほどやっかいとはな」

魔王「これも、使い物にならんて」

ザシュ!

勇者「あれは魔剣……地面に突き立てた!」
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:12:15.76 ID:a+I1EmaE0

魔王「AAN(アアン)」

勇者「(身体を剣に密着させて、何を!?)」

魔王「UHHHNN(ウフーン)」

クネクネ…

魔王「I(アイ)」

魔王「LOVE(ラッヴ)」

魔王「PEACE(ピース)」

クネクネ…

魔王「HAAAN(ハァァン)」

勇者「(ポールダンスを始めた!?)」
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:12:47.28 ID:a+I1EmaE0

魔王「BABY(ベイビー)」

魔王「COME ON(カモーン)」

クネクネ…

魔王「YO・DA・LE(ヨ・ダ・レ)」

タラ〜リ…

勇者「(剣にヨダレを垂らした…)」

魔王「BABY(ベイビー)」

魔王「COME ON(カモーン)」

クネクネ…

勇者「…………」

魔王「BABY(ベイビー)」

魔王「COME ON(カモーン)」

クネクネ…

魔王「BABY(ベイビー)」

勇者「wwwww」

デデーン 勇者 タイキックー

勇者「魔王が絶対にやらないことを、魔王がやっているwwwwwwww」

バチーーーーン!!!!

勇者「ぐぁああああああ!!!!!!」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:13:19.03 ID:a+I1EmaE0

勇者「これは身体を張った芸……言葉の文化を超えて相手を笑わせる術!!どんな理屈をも超越して笑ってしまう……」

勇者「負けてられるか……俺も何かネタを……」

魔王「BABY(ベイビー)」

勇者「!?」

魔王「COME ON(カモーン)」

勇者「(魔王のやつ、ずっと妖艶な踊りを続けている!!)」

魔王「COME ON(カモーン)」

勇者「(なぜだ……なぜ新しいネタに移らない……)」

魔王「BABY(ベイビー)」

魔王「COME ON(カモーン)」

勇者「(やばい……また手招きしてる……)」

魔王「BABY(ベイビー)」

デデーン 勇者 タイキックー

勇者「も、もしかしてこれはwwww」

バチーーーーン!!!!

202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:13:46.14 ID:a+I1EmaE0

魔王「(勇者め、気づいたところでもう遅い)」

魔王「(貴様は、“ツボに入っているのだ”!!これぞ単純な身体ジョークのなせる技!!)」

魔王「(扉を閉じたのは純粋な決闘を望んだからではない!この醜態を部下に見られないためだ!)」

魔王「(このネタで一気に葬り去ってくれるわ!!)」
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:14:22.59 ID:a+I1EmaE0

魔王「BABY(ベイビー)」

デデーン…

魔王「COME ON(カモーン)」

デデーン…

魔王「BABY(ベイビー)」

デデーン…

魔王「I LOVE YOU(アイ ラッヴ ユー)」

デデーン…

魔王「BABY(ベイビー)」

デデーン…

魔王「COME ON(カモーン)」

デデーン…
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:15:15.02 ID:a+I1EmaE0

魔王「BABY(ベイビー)」

魔王「COME ON(カモーン)」

勇者「はぁ……はぁ…………」

魔王「やっと収まったようだな。だがボロボロではないか」

勇者「……くそ……」

ピキピキ…

魔王「卵にヒビが入った。もう間もなくだな」

魔王「万が一にも孵化の瞬間に貴様の顔を見られら台無しだ。今より凄まじいポールダンスをして、とどめと行こうか」

勇者「させる……かよ……」

ガサ…
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:15:41.16 ID:a+I1EmaE0

魔王「トロフィーを取り出した?なんの意味がある?」

勇者「こうするんだよ!!」

魔王「まさか、よせ!!!!!!」

ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ……!!!!!!

魔王「 “絶対に”笑ってはいけないボタンを連打した!!貴様、それが何を意味するのかわかっているのか!!」

勇者「次笑った方が、確実に死ぬだろうな」

勇者「“絶対に笑ってはいけない、戦いだ!!”」
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:16:28.90 ID:a+I1EmaE0

魔王「勝ち目のない戦いに挑むアホめ!!もはやその身体では親父ギャグのひとつも思い浮かぶまい!!」

勇者「……ああ、俺ひとりだったら無理だったろうな。でも俺には、俺を支えてくれるたくさんの仲間がいるんだ」

魔王「くだらない!!お仲間との冒険中に起きた愉快なエピソードでも話す気か?」

ガサ…

魔王「いまさら道具袋から何を取り出すつもりだ?」

勇者「これは……アカデミーのみんなから貰った寄せ書きだ」

魔王「ふん、俺の使えぬ四天王が教師をやっていたところか」

勇者「記憶を失っていたし、短い間だったけれど……俺をあたたかく迎えてくれる人たちがたくさんいたんだ」

魔王「くだらん。腹の足しにもなるまい」

勇者「なるよ!!!」

バリバリ!! ムシャムシャ!!

勇者「うめぇえええええええええ!!」

魔王「…………」

207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:16:54.62 ID:a+I1EmaE0

ガサ…

勇者「この魔法瓶は、僧侶のお手製だ。自分がそばにいなくても体力と魔力を回復できるようにって、寝る時間を削っては仲間のためにつくってくれていたんだ」

魔王「決闘モードでは道具による回復はできん。意味のないものだ」

勇者「そのとおり!!!!!」

ガシャン!!! バリイイインン!!!

魔王「……フー……」
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:17:38.73 ID:a+I1EmaE0

ガサ…

勇者「この道具袋は、魔法使いが冒険を始めた頃に編んでくれたものだった。サイズが大きいよって言っても、これくらいのアイテムが入るほどたくさん手に入れるのよって言われちゃってさ」

魔王「……戦闘中に使いづらいだろう」

勇者「そのとおり!!!!!」

ブチブチブチブチ!!!!!!!! バリバリバリバリ!!!!!!!!

魔王「……ハッ…ハッ……」

勇者「そして、既に股間に巻きつけているのが戦士から貰ったミサンガだ」

ボロン

魔王「お前勇者やめろwwwwww」

デデーン 魔王 タイキックー

209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:18:18.51 ID:a+I1EmaE0

魔王「しまった……!!」

魔王「し、死ぬ!!これは死ぬ!!」

魔王「ぐ、ぐるな!!ぐるなー!!!!」



バチィイイイイイイイイイイイインンン!!!!


210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:19:14.51 ID:a+I1EmaE0

魔王「……………か……は…………」

勇者「おお、人間なら消し飛んでる威力だな」

魔王「不謹慎ネタ……人としての道を踏み外したことで取れる笑い……勇者のくせに……」

勇者「これが友情パワーだ」

魔王「色紙……魔法瓶……道具袋……」

勇者「仲間には、すべてお前にやられたと告げておく」

魔王「勇者の股間にミサンガを、巻きつける魔王がどこにおるのだ……」

バタリ…


勇者「……勝った。魔王をついに倒した」

勇者「……ふっ。結局最後は、下ネタか」



ピキピキ!!

勇者「不死鳥の卵!」

ビキビキビキ!!!

勇者「孵化する!!」




――――――――――――――――




211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:20:18.10 ID:a+I1EmaE0

――そして――

王様「……おお!あれは!!」

姫「勇者様のおかえりですわ!!」

勇者「ただいま。王様、姫様」

王様「よくぞ無事じゃった!!」

姫「申し訳ございません……アカデミーの招待状が、魔王側の策略だったとは……」

魔法使い「結果オーライですよ。魔王の野望も打ち砕けましたし」

姫「勇者様の肩に乗っているかわいらしい鳥は?」

戦士「新しい仲間だ。勇者に懐いておる」

フシチョ「フシフシ〜♪」

勇者「俺たちが復活できたのも、フシチョのおかげだったんです。笑ってはいけないルールだけは今夜限りで消滅するようです」
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:24:59.10 ID:a+I1EmaE0

姫「勇者様、ちょっとトロフィーをお借りしてもいいですか?」

勇者「どうぞ」

姫「……ふむふむ。やはり記述されていますね」

姫「皆さんが笑った回数を発表します!」

魔法使い「ええ!?」

姫「4位からの発表です。戦士さん。笑った回数10回!」

戦士「全然笑ってないな。まぁ笑わせ役に徹していたからな」

魔法使い「…………」

姫「3位は、勇者様。笑った回数17回」

魔法使い「あんたそんなに笑ってたっけ?」

勇者「魔王が強敵でな……」

姫「2位は僧侶さん。22回」

僧侶「……ということは」

姫「1位、魔法使いさん。26回でした!」

魔法使い「へえー!意外ね!!」

僧侶「ぐす……うぅ…………」

魔法使い「えっ!?別に悔しくないでしょ!?」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/04/28(火) 18:26:39.61 ID:a+I1EmaE0

姫「皆様本当にお疲れさまでした。しばらくはゆっくり休まれてください」

僧侶「そうですね。賞金で得た50万Gもありますし、魔王討伐による100万Gも加えて贅沢三昧することにします」

王様「ええと……ちょっと急用を思い出した!!」

姫「お父様、約束は約束ですよ」

王様「そしたら経費削減で、お主の部屋も個室の便所になるが?」

姫「ええと……ちょっと急用を思い出しました!!」


アハハハ!!!


デデーン 全員 アウトー





〜fin〜
214 :踏切交差点 ◆uw4OnhNu4k [saga]:2020/04/28(火) 18:28:18.20 ID:a+I1EmaE0

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

突然なんだと思われそうですが、10年ほど前に
一方通行「君の瞳にラストオーダー」
という、禁書を題材にした絶対に笑ってはいけないのSSを書きました。
今でもこのSSを思い出してくれる人をネットでお見かけします。また書いてほしいというコメントを見るたびに本当に嬉しくなると同時に、申し訳なさも感じました。実は何度か書こうとしたのですが、毎回いろいろな壁にぶつかって挫折していました。
面白いものが世に大量に出回っている今更になってですが、10年ぶりに笑ってはいけないのSSを無事に書けてよかったです。
ここ数年は、少し不謹慎な物語を書いていました。ツイッターのプロフィールにリンクを貼っているので、よかったら読んでみてください。
アカウント:
踏切交差点@humikiri5310

最後に笑いどころのないあとがきを残して申し訳ありません。当時の人と1人でも再会できているかわかりませんが、10年来の感謝を伝える場を設けたいという気持ちが強くありました。
今作からお読みいただいた方も、5万字ボリュームの話に付き合ってくださり、本当にありがとうございました。
みなさまのご笑運、お祈りしています!
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/04/28(火) 20:41:42.27 ID:wW3uhlqz0
笑いすぎて家族に変な目で見られた。起訴
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/28(火) 23:14:55.20 ID:hLdmzENjo
最初のノリは好きだったけどすぐにネタ切れして迷走した感あるがとりま乙
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/28(火) 23:18:28.94 ID:yMTLJEzc0
学園辺りからは正直「笑ってはいけない」感なかったのがちょっとね
大会決勝で魔王出てきてお前ここにおるんかい\デデーン/で終わりでも良かった気がする
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/03(日) 15:21:50.73 ID:TCIkMOgmo
嫌いじゃない
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 11:35:10.28 ID:f/ucOmgt0
笑ったよ面白かった
ありがとう
小動物もかわいい
145.33 KB Speed:1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)