このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】上条「とある禁書目録で」看取「仮面ライダー」【禁書】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

81 :1  [saga]:2020/06/12(金) 12:12:31.17 ID:H9vvVLsJO
 青星「・・・忍者の方々って、皆そうなの?」


 釣鐘「それは、ちょっとオラにもわかんないっスけど・・・」


 嬉美「・・・とりあえず、園長に頼んでズボン借りてこい」


 嬉美「パンツは・・・好きにしろ。ノーパンがいいならそのままていいけどよ」


 釣鐘「好きで履いてない訳じゃないっスから!//」


 青星「(それでもノーパンなのはすごいわね・・・)」


 「・・・//」ポケー 


 青星「(・・・あの子にはちゃんとフォローしてあげないと)」


 青星「(パンツじゃなくてお尻を見てしまうなんて思ったもみなかったでしょうし)」 


 

 釣鐘@ジャージズボン「なんとかピッタリのがあったっスよ」


 嬉美「そうか。で?」


 青星「履いて・・・?」


 釣鐘「>>82



 >>80 お尻を出した子一等賞
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 12:36:45.55 ID:eQ1If6qTO
なんなんすか、これなら鉄壁オブ鉄壁っすよ
83 :1  [saga]:2020/06/12(金) 12:53:07.35 ID:H9vvVLsJO
 釣鐘「るっスよ!なんなんすか大丈夫っスから!」プンスコ


 釣鐘「これなら鉄壁で見られることもないっス」


 嬉美「だと良いんだけどなァ・・・」


 「ねえねえはやくやらうよー」


 青星「あぁ、そうね。ごめんなさい」


 嬉美「よしっ・・・やってやろぜ!」


 「「「「「おおーーっ!」」」」」


 釣鐘「負けないっスよ〜!皆、がんばりましょうね!」


 「「「「「おおーーっ!」」」」」




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 19:19:33.28 ID:8Xn811HFO
嬉美ちゃん全力でぶん投げると思いきやしっかり手加減して子供に投げており楽しませていることに気が付き少し気を抜く釣鐘さん
しかし釣鐘さんにはマジで投げてくる嬉美ちゃん…
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 19:28:55.49 ID:qFUsdqsfO
86 :1 [saga]:2020/06/12(金) 20:15:51.65 ID:0xwiZKyU0
 嬉美「ッ!」ブンッ!


 ―ヒュンッ!

 釣鐘「どわっと!」ヒョイッ


 「よっ!」パシッ


 「それっ!」ブンッ!


 ―ポーンッ
 
 釣鐘「(捕れる!)」パシッ!


 釣鐘「それっ!」ブンッ!


 「わわっ!」サッ


 嬉美「おい。本気で投げるやつがあるか」


 青星「少し手加減はしてもらわないと・・・」


 釣鐘「あっ。す、すみませんっス・・・」


 嬉美「>>87



 とあるIFにてスカベンジャーズ続々登場!
 http://toaruindex-if.boom-app.wiki/entry/chara-lis

 リタ「やっぱり僕はアシストだったね」

 清ヶ「だな。俺とナルがバトルで、意外なことに薬丸もアシストなのか」

 ナル「なんでだろうね?液体で人凝固化させて砕くのがまずいから?」
 
 薬丸「別にそれだけじゃないからね?私ができるのは」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 20:25:29.94 ID:8Xn811HFO
相手に合わせることも大事だぞ、特に自分より弱い者に対しては相手の力を引き出すくらいでなくてはな
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 20:31:21.57 ID:qFUsdqsfO
スカベンジャーズも良いキャラだからこう言うので出番あるのは嬉しい屋根
89 :1 [saga]:2020/06/12(金) 20:37:47.34 ID:0xwiZKyU0
 嬉美「相手に合わせることも大事だぞ」


 嬉美「特に自分より弱い者に対しては相手の力を引き出すくらいでなくてはな」


 釣鐘「は、はいっス」


 嬉美「よし。・・・いくぞっ」ブンッ


 ―ポーンッ

 「っ・・・!・・・とった!」


 釣鐘「お見事っス」クスッ


 「ふふーん♪いっくよーっ!」ブンッ!

 ―ポーンッ

 青星「っと・・・嬉美」スッ、ポイッ


 嬉美「ああっ。・・・釣鐘っ!」ブンッ!


 ―ヒュンッ!
 
 釣鐘「(絶対オラだけ本気っスよね!?)」




 ◎ 50以上orゾロ目
 ○ 30以上
 × ↑以下

 ↓2まで


 >>88 ねー。猟虎ちゃんとか涼子ちゃんも出てきてほしいもんでせう
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 20:43:44.97 ID:8Xn811HFO
ほい
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 20:44:16.73 ID:qFUsdqsfO
操歯&ドッペルは出るかなー
むしろでろ
92 :1 [saga]:2020/06/12(金) 20:50:16.92 ID:0xwiZKyU0
 釣鐘「ソィヤッ!」バッ!グルンッ


 ―パシッ

 釣鐘「セヤアアッ!」ブンッ!


 ―ヒュンッ!

 嬉美「くっ・・・!」パシッ!


 釣鐘「・・・自分より弱い者に対しては、相手の力を引き出すくらいでいいのなら」


 釣鐘「元から強い人に対しては、本気でもいいっスよね」クスッ


 嬉美「・・・ああっ、そうだなァ」ニヤリ


 青星「(とんでもなくイヤな予感が・・・)」



 ―ヒュンッ!

 嬉美「どうだァ!」


 釣鐘「まだまだぁっ!」パシンッ!ブンッ!


 ―ヒュンッ! 

 
 青星「(案の定1対1になったじゃないの・・・)」


 「鈴お姉ちゃ〜〜ん。あの2人だけしかやってないよー」ムスップー


 青星「>>93



 >>91 アニメには出る予定でせうし出るかと。潤子ちゃんだって出たんでせうから
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 20:59:52.47 ID:qFUsdqsfO
あなた達力比べなら外でやりなさい、夕飯のおかず減らすわよ
94 :1 [saga]:2020/06/12(金) 21:14:35.54 ID:0xwiZKyU0
 青星「・・・仕方ないわね」


 青星「みんなはあっちの方でやってて?別のボールは倉庫にあると思うから」


 「「「「「「「「「「はーい」」」」」」」」」」


 青星「・・・嬉美!釣鐘!」


 嬉美「ん?」ピタッ


 釣鐘「はい?」ピタッ


 青星「2人だけでやるなら他でやりなさい。夕飯のおかず減らすわよ」ゴゴゴッ


 嬉美・釣鐘「「・・・悪い/ご、ごめんなさいっス」」


 青星「はぁ・・・まったくもう」


 青星「次からは気を付けること。いいわね?」


 嬉美・釣鐘「「はい・・・」」コクリ


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 21:20:25.42 ID:MZQs+F3sO
鈴姉ちゃんキャッチボールを二人にみんなの誰かとペア組んでさせる
ただし変わったゲーム方式で相手とお話しながらキャッチボールをして喋らなくなったほうが負けの特殊ルール
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 21:21:04.06 ID:8Xn811HFO
ハネジロー先輩からの暑い叱咤激励を受ける二人in青星さんの肩から
97 :1 [saga]:2020/06/12(金) 21:39:36.47 ID:0xwiZKyU0
 嬉美「で、次はキャッチボールやるんだったな」


 青星「そう。円形になって投げてあげてね」


 釣鐘「はいっス」


 青星「みんな、円になって。キャッチボールしましょ」


 「「「「「はーい!」」」」」


 「まだドッチボールやりたいんだけど・・・」


 青星「あぁ、そう・・・じゃあ、ドッチボールやりたい子はやってていいわ」


 青星「キャッチボールをやりたい子はこっちに来て」


 釣鐘「・・・やっぱ小さい子の扱いがとっても上手っスね」


 青星「>>98
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 21:45:18.56 ID:8Xn811HFO
もうすぐ社長の子が産まれるからしっかり勉強したのよ
……それに子供なら身近にかなりいるしボソッ
99 :1 [saga]:2020/06/12(金) 21:51:54.72 ID:0xwiZKyU0
 青星「もうすぐ社長の子が産まれるからしっかり勉強したのよ」


 釣鐘「え?・・・あぁ、天井社長のっスか。なるほど」


 青星「ええっ。それに、子供なら身近にかなりいるし慣れるのは当然よね」ボソッ


 釣鐘「?」


 嬉美「なぁ、特殊ルールでやろうぜ。相手と喋りながらやって」


 嬉美「喋らなくなった方が負けの特殊ルールってやつでな」


 釣鐘「おっ!それ面白そうっスね!」


 青星「いいんじゃないの。お互いに親睦も深められそうだから」


 嬉美「じゃ、決まりだな。やろうぜ」ニカッ




 ―ヒュ〜〜ン

 嬉美「っと・・・鈴姉、この間1人隠れてプリン食ってたろ」ポイッ


 ―ヒュ〜〜ン

 青星「>>100
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 22:02:09.07 ID:8Xn811HFO
ええ新商品のものね、まさか見られるなんてあなたも好きなの?
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 22:02:31.59 ID:MZQs+F3sO
自分へのご褒美よ、そういうの好きなら声かけてもいいのに
102 :1 [saga]:2020/06/12(金) 22:09:49.59 ID:0xwiZKyU0
 青星「ええ。新商品のものを貰ったのよ。自分へのご褒美よ」パシッ


 青星「まさか見られるなんてね。食べたかったのなら声かけてもよかったのに」ポイッ


 嬉美「別に、食べてたってのが気になってたからよ」


 ―ヒュ〜〜ン

 釣鐘「オラは食べてみたかったっスね〜」パシッ


 青星「今度、買ってきておいてあげるわ」


 釣鐘「へへっ、どうもっス」ポイッ


 ―ヒュ〜〜ン

 「僕も食べたい!」パシッ、ポイッ


 「わたしも!」


 青星「はいはい」クスッ


 嬉美「>>103
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 22:39:44.60 ID:yRAEnuB50
人気あるねえ
104 :1 [saga]:2020/06/12(金) 22:58:08.48 ID:0xwiZKyU0
 嬉美「人気あるね〜」


 「嬉美ねーちゃん投げるぞー!」ポイッ


 嬉美「おっと」パシッ


 青星「嬉美はいらないの?」


 嬉美「あー・・・じゃあ、俺も1個な」ポイッ


 ―ヒュ〜〜ン

 青星「わかったわ」パシッ、ポイッ


 ―ヒュ〜〜ン

 釣鐘「えっと、嬉美さんと青星さんに雷斧さんはここの出なんっスか?」パシッ、ポイッ


 青星「そうよ」


 釣鐘「そうっス」か、だから3人揃って仲がいいんっスか」


 嬉美「・・・ああっ。ホントなら・・・」


 釣鐘「え?」


 「嬉美ねーちゃん!」ポイッ


 ―ヒュ〜〜ン

 嬉美「・・・」パシッ


 嬉美「>>105
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 06:13:15.76 ID:Qm2Ne/JlO
昔のことをふと思い出しちまったな
おら、好き嫌いせず何でも食べろよっ!
106 :1  [saga]:2020/06/13(土) 07:50:29.65 ID:ml8eubSS0
 嬉美「昔のことをふと思い出しちまったな・・・」


 青星「・・・」


 釣鐘「・・・あ、あの」


 嬉美「おらっ、鈴姉はいつ彼氏つくるんだよ!」ポイッ


 −ヒュ〜〜ン

 青星「考えてもないわよ」パシッ,ポイッ


 青星「今はね」
 
 
 −ヒュ〜〜ン

 釣鐘「っと・・・じゃあ、いつかつくる予定なんっスね?」パシッ,ポイッ


 青星「そうよ」


 釣鐘「そうっスか」



 青星「みんな、ちゃんと手を洗ってきて」


 「「「「「「「「「「はーい!」」」」」」」」」」

 −パタパタ パタパタ

 釣鐘「ふぅ〜〜・・・遊びまくったっスねぇ〜」


 嬉美「・・・」


 釣鐘「・・・>>107
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 07:50:52.38 ID:MP8DWEv0O
何を言いかけたんすかさっきのは…
108 :1  [saga]:2020/06/13(土) 09:02:20.82 ID:ml8eubSS0
 釣鐘「何を言いかけたんっスか、さっきのは・・・」


 嬉美「・・・3人揃ってって言ってただろう」


 嬉美「実は、もう1人仲がよかった奴がいたんだ。・・・死んじまったけどな」


 釣鐘「・・・そうなん、っスか・・・」


 嬉美「ああっ。白絹仄火、そいつの名前だ」


 嬉美「鈴姉の次に年上で、ちょっとばかりお転婆だったけど」


 嬉美「よく苛められてた雷斧を一緒に助けてくれたりして・・・」


 嬉美「まァ・・・良い奴だったよ。当時の置き去りになった皆のことも、心配してくれててさ」


 釣鐘「そんな人が、何故お亡くなりに?」


 嬉美「・・・」



 − 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 09:09:22.89 ID:Qm2Ne/JlO
ほい
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 09:09:27.93 ID:MP8DWEv0O
とくん
111 :1 [saga]:2020/06/13(土) 09:40:42.88 ID:ml8eubSS0
 嬉美「・・・鈴姉が卒業してから、仄火が最年長となって」


 嬉美「皆の面倒を見るようになったんだが・・・問題が起きていた」


 釣鐘「問題?」


 嬉美「当時、ここの経営は芳しくなかったんだ。人数が許容範囲を越えてしまっててな」


 嬉美「だから時々、飯が出せない時期もあったな」

  
 釣鐘「マジっスか」


 嬉美「園長も先生達も、別のとこでバイトしないといけないヤバイ状況だったんだ」


 嬉美「吾達じゃ、どうにもできないもんで歯痒かったもんだった・・・」


 釣鐘「まだ子供っスもんね。働くこともできないっスし・・・」


 嬉美「そんな時、能力向上施設ってとこから子供を3人ほど移動してほしいと打診してきて」


 嬉美「渡したその代わりに融資を受けさせてくれる、と依頼してきたんだ」
 

 釣鐘「おぉ、天からの救いっスね」


 嬉美「>>112




 そこにあることを条件に融資する話が舞い込み
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 11:28:23.17 ID:pQnGpAf0O
謎の地の文だけどどうしたっぽい?

天からの救い、だと思ったんだがな…
113 :1 [saga]:2020/06/13(土) 12:22:11.96 ID:ml8eubSS0
 嬉美「天からの救い、か・・・ハッ」


 嬉美「だったらよかったんだがな・・・」


 釣鐘「え?」

 
 嬉美「金は確かにここへは来たそうだ。が・・・」


 嬉美「頭蓋骨に穴開けたり、クリスマスケーキみたく脳みそを切り分けて弄ったりして」


 釣鐘「(それ絶対ヤバいじゃないっスか)」


 嬉美「雷斧は2年足らずで低能力者から強能力者まで成長し」


 嬉美「逆に、何故か仄火は元々異能力者だったにも関わらず無能力者へ降格してしまった」


 嬉美「しかも、雷斧は実験後の酔いのせいで段々と精神的に変になってきてたんだ」


 釣鐘「やっぱ脳みそを切ったのがまずかったんっスか?」ゴクリ

 
 嬉美「ああ・・・というより、その施設へ移動したのがまずかったんだがな」


 嬉美「能力向上施設は、そもそも能力向上が目的ではなく」


 嬉美「脳の一部を切ったり肥大させたりして、どんな影響が出るのか実験してやがったんだ」

 
 釣鐘「え。・・・そ、それは、つまり・・・」


 嬉美「とどのつまりが人体実験ってとこだ。雷斧や仄火の様子がおかしいのもそのせいだ」


 釣鐘「」ゴクリ

  
 嬉美「後から知ったことだが、暗闇の五月計画って名の計画の1つみたいでな」


 嬉美「個人の人格を他者の都合で蹂躙する非人道的な計画をやってたんだ。能力向上施設は」

 
 釣鐘「>>114



 >>112 メモっス

 ちなみに、とある未元にて嬉美と釣鐘ちゃんがちゃんと描かれてるんでせうよね
 http://s.kota2.net/1592018247.png
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 12:26:59.36 ID:pQnGpAf0O
そんなの許せないっす、でもどうして急に語ってくれたんすか?
115 :1 [saga]:2020/06/13(土) 12:56:31.09 ID:ml8eubSS0
 釣鐘「そんなの・・・そんなの許せないっスよ!」


 嬉美「今でこそは、そうだな。そう思って当たり前だ」


 釣鐘「・・・でも、どうして急に教えてくれたんっスか?」


 嬉美「・・・気まぐれだ」


 嬉美「お前を仄火の代わりとは思わない。だが・・・


 嬉美「友として教えておきたかったんだ」


 釣鐘「・・・そうっスか」


 釣鐘「・・・それで、それからどうなったんっスか?」


 嬉美「2年後、突然だったな。能力向上施設が廃棄されることが決まって」


 嬉美「吾達、被験者全員が始末されることになったみたいだったんだ」


 釣鐘「!?。・・・まさか、そのせいで白絹さんは」


 嬉美「・・・だけど、そこで現れたんだ。土御門舞夏、って女神様がな」


 嬉美「>>116
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 13:00:53.84 ID:/hvBZm3IO
吾が唯一信じている神にも等しい存在だな、くだらない奴らをなぎ倒し助け出してくれたんだ
117 :1 [saga]:2020/06/13(土) 13:11:27.44 ID:ml8eubSS0
 嬉美「吾が唯一信じている神にも等しい存在だな」


 釣鐘「(嬉美さんがそこまで信頼してる人なんっスか・・・)」


 嬉美「その舞夏が研究員や管理部隊を全員黙らせて、吾達は自由の身になれた・・・」


 嬉美「吾達は喜びあって、泣いたりして・・・」


 嬉美「仄火は抱き着いてきたと思えば、笑ってたよ・・・」


 嬉美「また孤児院に戻って、皆と一緒に楽しく過ごせるって言ってたな・・・」


 嬉美「俺も、そうなると思ってたはずだったんだが・・・」


 嬉美「その場に遅れて隠れてた野郎がいてな」丁度、目の前に吾は立っていたようで」


 嬉美「まず俺を狙って撃ってきやがった」


 嬉美「それに気づいた仄火が押し退けて・・・吾を庇って全身撃たれたんだ」


 釣鐘「・・・」


 嬉美「舞夏はすぐにそいつを蒸気にしてくれたが、まだ増援がきやがって」


 嬉美「そいつらの相手をしてる間に・・・吾は仄火の手を握ってやってたよ」


 嬉美「血で滑りそうだったから強く握って離さないように・・・」


 嬉美「雷斧も泣きじゃくりながら反対の手を握ってたな・・・」


 嬉美「ホントに、最期の瞬間・・・仄火は吾にこう言い残した」


 嬉美「―――」




 仄火の最期の言葉
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 13:13:28.74 ID:pQnGpAf0O
みんなで楽しく生きてキラキラしたものを見て欲しい
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 13:13:38.28 ID:/hvBZm3IO
私を忘れないで
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 13:14:00.90 ID:8caVbixyO
私みたいな子が出ないようにしてね
121 :1 [saga]:2020/06/13(土) 13:45:51.43 ID:ml8eubSS0
 嬉美「私を忘れないで、ってな・・・」


 嬉美「・・・全部が終わった後、吾達はここへ戻ってきて鈴姉ともまた会えた」


 嬉美「仄火のことは既に聴いてたみたいで・・・吾達を抱きしめてくれたよ」


 釣鐘「・・・」グスッ


 嬉美「しばらくしてから、舞夏が来て吾達をプリキュアにならないか推奨してきたんだ」


 釣鐘「あ、そういや3人方ってプリキュアだったんっスよね」


 釣鐘「嬉美さんはライダーでもあるっすから珍しいような気がするっス」


 嬉美「ま、吾自身も2足の草鞋履いてるとは思ってるさ」


 釣鐘「そうっスか。で、プリキュアになったと」


 嬉美「そうだ。まだライダーの活動が公式でもなかった頃だからな」


 嬉美「人目にあまり触れず、活動して・・・連中を探してたんだ」


 釣鐘「連中?」


 嬉美「決まってるだろ、能力向上施設にいた研究者共をだ」


 嬉美「>>122
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 13:53:33.82 ID:pQnGpAf0O
アイツらを倒して仇を取るまでは吾は泊まれねえからよ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 14:22:01.17 ID:8caVbixyO
叩きのめさなくては敵は取れねえ
124 :1 [saga]:2020/06/13(土) 14:22:35.35 ID:ml8eubSS0
 嬉美「アイツらを全員殺して、仇を取るまでは吾は止まらねえ覚悟だったからな」


 釣鐘「せ、正義の味方がそんなことしちゃダメじゃないっスか?」


 嬉美「そう思うか・・・まぁ、そうか。おかげで吾達はあっさり波紋されたよ」


 嬉美「ただ・・・何でだろうな。普通なら変身アイテムを没収するだろ?」


 釣鐘「されなかったんっスか?」


 嬉美「ああっ。ま、変身はできないアイテムになっちまってたが」


 釣鐘「あぁ、やっぱそれはそうなんっスね」


 釣鐘「その後は?」


 嬉美「関わっていた研究者全員豚箱行きになって、その後は知らねえな」


 嬉美「そんなわけで・・・仄火は第十三学区の墓で眠ってるよ」


 釣鐘「>>124
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 14:27:12.13 ID:8caVbixyO
なら行くっすよ、お世話になってるお礼を言わないといけないっすから
私は行きたいっす
126 :1 [saga]:2020/06/13(土) 14:48:25.04 ID:ml8eubSS0
 釣鐘「なら今から行かないっスか?」


 釣鐘「お世話になってるお礼を言わないといけないっスから」


 嬉美「そうだな・・・けど、雷斧も一緒の方がいいと思うし」


 嬉美「また今度にしてもらえないか?」


 釣鐘「あ、そうっスね・・・すみません。つい急かしちゃって」


 嬉美「いいってことだ。・・・さてと、俺達も中に入るか」


 釣鐘「はい。・・・ん?」


 嬉美「どうした?」


 釣鐘「いえ、あそこで園長さんが誰かさん達とお話ししてるみたいっスから」


 嬉美「ん?・・・。・・・」




 ― 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 14:51:13.02 ID:pQnGpAf0O
偶数化にゃーん
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 14:51:30.62 ID:mZTcdGIpO
偶数狙う
129 :1 [saga]:2020/06/13(土) 15:06:52.97 ID:ml8eubSS0
 「すまないね、また君に貸しを作らせてしまって・・・」


 恋査29「いいってことだ、園長」


 恋査29「親父の頼みごとだったからよ」クスッ


 「そうか・・・ありがとう」


 恋査29「ああっ。んじゃ、またな」ヒラヒラ


 「気を付けて帰るんだよ」


 ―スタスタ・・・
 
 嬉美「園長・・・あいつは?(吾達の頃の期生で見たことない顔だが・・・)」


 「あぁ、あの人は恋査29、さんといって少し前から寄付金を持ってきてくれてるんだ」


 「こうして寄付金を持ってきてくれていた前者の絹旗さんが亡くなったそうだから」


 「代行して持ってきてくれるようになったそうだ」


 嬉美「フーン、そうなのか・・・」


 釣鐘「>>130
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 15:59:35.66 ID:pQnGpAf0O
んーありがたいっすね、そういうのも知ってるとか…
131 :1 [saga]:2020/06/13(土) 16:58:42.06 ID:ml8eubSS0
 釣鐘「それはそれは。とってもありがたいっスね」


 釣鐘「そういった協力をしてくださる方がいるなんて・・・」


 「本当に助かっているよ。彼には・・・」


 嬉美「・・・けどよ、明らかに名前が変じゃねえか?」


 釣鐘「ま、まぁ、確かに29って何々っスかね?」


 「さぁ・・・私も不思議には思っていたが、聴こうにも聴けなかったものだから」


 嬉美「そうか・・・なら、仕方ないな」


 「けれど彼はこういった施設の間ではかなり知名度が高いようだよ?」


 「寄付金だけじゃなくておもちゃなんかも提供してくれているようだからね」


 釣鐘「へぇ、なんかどっかのプロレスラーみたいっスね」


 嬉美「>>132
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 17:17:02.56 ID:pQnGpAf0O
29って何なんだろうな…
吾の知り合いをあたったがイマイチ誰かわからない

29たん素敵
彼女に言わないでしてると思うとなおさら
133 :1 [saga]:2020/06/13(土) 17:26:27.40 ID:ml8eubSS0
 嬉美「(にしても29って何なんだろうな・・・)」


 嬉美「・・・アイツはここの出なのか?吾の中じゃイマイチ誰かわからないんだが」


 「いや、彼は違うよ?どこの出身かもわからないし・・・」


 嬉美「そうなのか」


 釣鐘「けど、風貌からして・・・学校行ってる感じの人じゃないっスね」


 「こらこら人を見かけて判断してはダメだよ」アセ


 釣鐘「あ、さーせんっス」

 
 嬉美「・・・ま、悪い奴じゃなさそうだからな」


 嬉美「今度どっかで会ったら礼くらいは言っとくか」


 「そうしなさい。さ、そろそろ夕食の時間になるよ」

 
 「手を洗って食堂に行って待っててもらえるかな?」


 釣鐘「そうっスか。わかりましたっス」


 嬉美「ああっ」





 >>132 お父さんとの約束はきっちり守ってるでせうからね
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 17:30:27.57 ID:7zl2BkMLo
最愛パパはかなしかったなあ
毒親?生き汚いっすね
135 :1 [saga]:2020/06/13(土) 17:33:37.27 ID:ml8eubSS0
 

 
 -学園都市 第七学区 第七マンション 警策宅-

 看取「じゃあ、皆気を付けて帰ってよ〜!」 


 打ち止め<はーい!ってミサカはミサカは大きく手を振ってみたりー


 番外個体<じゃあね〜


 御坂妹<それでは、失礼します ペコリ


 ドリー<またね〜!みーちゃん!妹ちゃ〜ん!

 
 五和「では、私も失礼しますね。また何かありましたらご連絡ください」ニコリ


 看取「>>135
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 17:55:17.95 ID:pQnGpAf0O
ん、私もそんな忙しくないからそっちから連絡してくれてもいいわよ
137 :1 [saga]:2020/06/13(土) 18:08:40.32 ID:ml8eubSS0
 看取「ん、私も今はそんな忙しくないし、そっちから連絡してくれてもいいわよ」


 五和「はい、わかりました」コクリ


 ドリー妹「こんどは、わたしがおりょうりつくってあげるからね!」ニコリ


 五和「それは楽しみですね。是非お願いします」ニコリ


 看取「そうしてて」クスッ



 『お風呂が沸きました。お風呂が沸きました』
 
 看取「あっ。ドリー、お風呂入りましょ」


 ドリー妹「うんっ!」




 ―チャプン・・・

 ドリー妹「はぁ〜〜〜//あったかぁ〜い//」ハフー


 看取「うん//」クスッ


 ドリー妹「>>138
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 18:27:03.69 ID:pQnGpAf0O
みんな良い人だったね、みーちゃんあんまり学園都市のことよく言わないから意外だったよ
139 :1 [saga]:2020/06/13(土) 18:51:49.26 ID:ml8eubSS0
 ドリー妹「みんなやさしかったね//」


 ドリー妹「みーちゃん、あんまりこのまちのことよくおしえてくれなかったから//」


 ドリー妹「どんなヒトがいるのかなって思ってたけど、なんだかあんしんした//」ニコリ


 看取「それならよかった//トモダチがもっと増えるといいわね//」クスッ


 ドリー妹「うんっ//」ニコリ


 看取「・・・ドリー、ちょっと相談があるんだけど//」


 ドリー妹「なあに?//」


 看取「・・・これから、呼び方をどうしよっかなって//」


 看取「昼間は区別するために、アンタのことは妹って呼んでたけど・・・//」


 ドリー妹「あー・・・そっか//」


 看取「>>140
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 18:56:32.65 ID:Ydr7HR+QO
なんて呼んでほしい?
あだ名でもいいし…
141 :1 [saga]:2020/06/13(土) 19:06:59.06 ID:ml8eubSS0
 看取「なんて呼んでほしい?//アダ名でもいいし・・・//」


 ドリー妹「ん〜〜〜・・・//」


 ドリー妹「なやんじゃうなぁ//いつもドリーって呼ばれてたから・・・//」


 看取「やっぱそうよね・・・//」

 
 ドリー妹「みーちゃんはなんて呼ぶほうがいいの?//」


 看取「・・・そう言われると、私も悩んじゃうのよねー//」


 ドリー妹「そっか//」クスッ


 看取「>>142
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 19:19:49.47 ID:fXKs2zLxO
私だけっていうのは難しいのよね…
なんてったって操祈ちゃんがいるし、話して決めなきゃ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 19:22:27.43 ID:Ydr7HR+QO
今までで慣れてたからね、あっちのドリーも大事だしもちろんあなたも大事だから
144 :1 [saga]:2020/06/13(土) 20:41:05.48 ID:ml8eubSS0
 看取「私だけっていうのは難しいのよね・・・//」


 看取「なんてったって操祈ちゃんがいるし、話して決めなきゃ//」

 
 ドリー妹「操祈ちゃんと?//」


 看取「うん//・・・アンタもあのドリーも、どっちも大事だからね//」


 ドリー妹「そうだね・・・//」コクリ


 看取「(でも・・・まさか、生き返ってたなんて予想外過ぎたわ//)」


 看取「(アマゾン細胞・・・//そんなものまで学園都市で創られたなんて//)」
 

 ドリー妹「みーちゃん//」


 看取「何?//」


 ドリー妹「いっちゃんのおっぱいもおふろのなかで浮くのかな//」


 看取「」


 ドリー妹「まえに、オンセンにはいってたヒトはういてたのみたことあるけど//」


 看取「>>145
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 20:43:07.38 ID:fXKs2zLxO
う、浮くんじゃないかしら…
あの大きさは正直反則級だし
操祈ちゃんもそうね…
146 :1 [saga]:2020/06/13(土) 20:57:27.70 ID:ml8eubSS0
 看取「う、浮くんじゃないかしら・・・」


 ドリー妹「やっぱり?//」


 看取「あの大きさは正直反則級だし・・・//」


 看取「操祈ちゃんもそうでしょうね//」


 ドリー妹「そっかー//・・・うくんだから、かるいのかな?//」


 看取「え?//・・・んー、あー・・・//」


 ドリー妹「みーちゃんはおもたくないの?//」


 看取「」ピクッ


 看取「ぜ、全然?//わ、私は丁度いいサイズのおっぱいだもんね〜//」ピュ〜ヒュ〜


 ドリー妹「>>147
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 21:01:41.16 ID:vDUnBR2CO
みーちゃんもやっぱり大きい方がいいの?
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 21:03:35.17 ID:n9WLsDilO
みーちゃんは小さいんだね、あまり考えたことなかったけど
149 :1 [saga]:2020/06/13(土) 21:52:38.05 ID:ml8eubSS0
 ドリー妹「みーちゃんは小さいんだね//」


 ドリー妹「あまりおもったことなかったけど//」


 看取「」ピシッ!パリーン!


 ドリー妹「みーちゃんもやっぱり大きい方がいいの?//」


 看取「っべぇ〜〜っつに〜〜〜?//」ケッ


 看取「あんなのカザリにしかなんないしー//」


 看取「重かったら肩コリそうでイヤだしー//」


 ドリー妹「そ、そっか・・・//」


 看取「そうですー//」フンッ


 ドリー妹「でも、おおきかったらギューってしたときふかふかしてそうで//」


 看取「そんなことないわよ//」


 看取「>>150
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 21:54:59.93 ID:7zl2BkMLo
肩こりがひどいらしいしバカな男どもがみてくるだろうし
あー貧乳でよかった
151 :1 [saga]:2020/06/13(土) 22:01:57.90 ID:ml8eubSS0
 看取「特に肩こりがヒドイらしいし、バカなオトコどもが見てくるだろうし//」


 看取「あー、フツーのサイズでよかった//」


 ドリー妹「みーちゃんはふつうなの?//」


 看取「そうそう//これが、フツーなの//」


 ドリー妹「そうなんだ//・・・じゃあ、わたしはおおきくなるね//」


 ドリー妹「おねえちゃんのいもうとなんだから//」


 看取「」グサッ!


 ドリー妹「そうなったら、わたしがみーちゃんをギューってしてあげるね//」


 看取「・・・アハハータノ、シビブェ〜//」ブクブク


 ドリー妹「?//」




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 22:07:11.81 ID:Xst5s4sGO
気を取り直して胸を大きくする方法を考えながら自分でもんでみる看取さん
すると手伝うよとドリー妹に揉まれてくすぐったくて笑ってしまうも徐々に甘い声に
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 22:09:43.09 ID:/fKk9Ul6O
大きくなったらどうしたいかと聞いてみるとイマイチうまく考えられず安心する
154 :1 [saga]:2020/06/13(土) 22:33:51.38 ID:ml8eubSS0
 看取「びばびびぼりー?//」


 ドリー妹「え?//」


 看取「ぷはっ・・・//」バシャッ


 看取「そのウチ、大きくなったらどうしたい?//」


 ドリー妹「え?//さっき言ったけど・・・//」


 看取「それとは別のことをするなら//」


 ドリー妹「・・・ん〜//」


 ドリー妹「・・・イマイチ、思いつかないなぁ//」


 看取「・・・//」ホッ


 ドリー妹「>>155
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 22:44:26.27 ID:Ydr7HR+QO
大きくなったらスカウトって人たちが来るみたいだからお話聞いてみたいかな
どんなことやるかわからないけど…
キチンとみーちゃんにもいうからね!
156 :1 [saga]:2020/06/13(土) 22:52:38.03 ID:ml8eubSS0
 ドリー妹「おおきくなったらスカウトってヒトたちがくるみたいだから//」


 ドリー妹「おはなしきいてみたいかな//」


 看取「な、何話すの?//」


 ドリー妹「えっと、どんなことやるのかな、とか//」


 ドリー妹「あ、キチンとみーちゃんにもいうからね?//」


 看取「・・・あのね、ドリー//」


 ドリー妹「うん?//」


 看取「オトコの人に、そういう話は絶対しないこと//いい?//」


 ドリー妹「え?//どうして・・・?//」


 看取「アブナイからよ//ワーちゃんも言ってたでしょ//」


 看取「>>157
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 22:54:13.10 ID:+QLITPv+O
甘い言葉で釣られて誘拐とかなっちゃうかもしれないんだから…
158 :1 [saga]:2020/06/13(土) 23:01:20.47 ID:ml8eubSS0
 看取「アマい言葉で釣られて誘拐とかなっちゃうかもしれないんだから//」


 看取「絶対に言っちゃダメ//約束して?//」

 
 ドリー妹「はーい//」


 看取「・・・//(でも、豆乳を飲んであんな大きくなるなんてホントなのかしら//)」


 看取「(よく聴くけど、揉めば大きくなるっていうのはウソなの・・・?//)」

 
 看取「・・・//」ムニュムニュッ


 ドリー妹「・・・?//みーちゃん?//」


 看取「(操祈ちゃんに聴いても同じように豆乳で大きくしたって言うのかな//)」ムニュムニュ

 
 看取「(・・・って、何考えてるんだろ//さっきフツーで言ってたくせに//)」パッ


 ドリー妹「・・・えいっ//」ムニュッ


 看取「ひゃんっ!?///ちょ、ド、ドリー!?///」

 
 ドリー妹「手伝うよ〜♪//」ニヒヒー、ムニュムニュッ


 看取「や、やめっ!//あははっ!//ひゃふっ、きゃははっ!//」

 
 ドリー妹「>>159
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 23:02:44.80 ID:+QLITPv+O
みーちゃんもフカフカしてる!
ちょっと小さいけどすごいよ!
160 :1 [saga]:2020/06/13(土) 23:15:54.77 ID:ml8eubSS0
 ドリー妹「あっ//でも、みーちゃんもフカフカしてるね!//」


 ドリー妹「ちょっと小さいけどすごくやわらかい!//」


 看取「っ!///」


 看取「(こ、この状況はマズイ・・・!//)」

 
 ドリー妹「このままこうして続けるの?//」ムニュムニュッ


 看取「も、もうっ、いいからぁ・・・!//」

 
 ドリー妹「えー?//わたしはもうちょっともんでたいよー//」ムニュムニュッ


 看取「〜〜〜っ!//」プルプル

 
 ドリー妹「あれ?//みーちゃんカオがまっかだけど・・・//」


 看取「>>161
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 23:19:34.60 ID:Ydr7HR+QO
あんまり浸かり過ぎちゃうとのぼせちゃうでしょうが!
頭洗ってあげるからほら、アイスもあるし…
162 :1 [saga]:2020/06/13(土) 23:47:41.52 ID:ml8eubSS0
 看取「あ・・・アタリマエでしょっ!///」ザパァッ!


 ドリー妹「わっ!?//」


 看取「あ、ああ、あんまり浸かり過ぎちゃうとのぼせちゃうでしょうが!//」


 看取「頭洗ってあげるから、ほら早く出て出て!//・・・//」

 
 ドリー妹「う、うん・・・//」


 

 ―ワシワシッ・・・

 看取「・・・//」

 
 ドリー妹「♪〜//」


 看取「私が言うのもなんだけど・・・髪、このままでいいの?//」

 
 ドリー妹「え?//」


 看取「だって、お姉ちゃんの方は短いから・・・//」

 
 ドリー妹「>>163
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 23:50:26.56 ID:+QLITPv+O
んーもうちょっと似合う髪型を見つけてから切りたいかなーって
全部同じにするのもなんか違うしね
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 23:50:38.33 ID:7+sMySnVO
切ったほうがいいかなー?たしかに少し長いけど
165 :1 [saga]:2020/06/14(日) 00:02:23.16 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「んー//もうちょっとにあうカミガタを見つけてから、きりたいかなーって//」

 
 看取「そう・・・//」

 
 ドリー妹「でも、きったほうがいいかなー?//」


 看取「え?」


 ドリー妹「たしかにすこしながいけど・・・//」


 ドリー妹「おねえちゃんとクベツがつかなくなっちゃうんじゃないの?//」


 看取「あぁ・・・それもそうかも・・・//」

 
 ドリー妹「だから・・・このままでもいいと思うな//」


 ドリー妹「それに、みーちゃんとおそろいにもできるからね//」ニコリ


 看取「・・・なら、いいんじゃないの//」クスッ

 
 ドリー妹「うん//」


 看取「>>166
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 00:03:37.27 ID:FDsySTUEO
私とお揃いにするならヘアゴムとか探さないとね、似合うの見繕ってあげるわ
他のミサカたちにも布教しなきゃいけない…
167 :1 [saga]:2020/06/14(日) 00:12:24.10 ID:anS/fV8y0
 看取「私とお揃いにするならヘアゴムとか探さないとね//」


 看取「似合うの見繕ってあげるわ//」クスッ

 
 ドリー妹「みーちゃんとおなじのは?」


 看取「あれは飾りっ気もないし・・・//」


 看取「もうちょっとオシャレなのにしてみよ//」クスッ

 
 ドリー妹「うん//わかった//」コクリ


 看取「・・・さ、流すよ//」

 
 ドリー妹「ん・・・//」


 ―バシャァァァッ・・・




 ドリー妹「いたくない?//」ワシワシッ


 看取「んっ//」コクリ

 
 ドリー妹「>>168
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 00:24:22.15 ID:FDsySTUEO
みーちゃんもきれいな髪してるけど変えないの?
169 :1 [saga]:2020/06/14(日) 00:51:59.93 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「みーちゃんもきれいなかみだけど、かえないの?//」


 看取「私はこのままでいいわ//」


 看取「あの頃はまだ短くて、チョット変な髪型になってたけど・・・//」


 看取「今の長さなら、似合ってるって自分でも思えるから//」

 
 ドリー妹「そっかぁ・・・//」クスッ


 看取「うん//」クスッ
 

 ドリー妹「ねぇねぇ//あした、へあごむさがしにいってみようよ//」


 看取「そうね//(ついでに、公園で試しても・・・って、期末試験中でしかも平日だから//)」


 看取「(ヒトが少ないか・・・//もう少し後にしよ//)」


 ドリー妹「みーちゃんはどんなのがにあうと思う?//」


 看取「>>170
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 05:45:30.53 ID:0ISp3LHSO
そうね、かわいい色のほうがあなたは似合うと思うけど…
オレンジ色とか私は好きよ
171 :1  [saga]:2020/06/14(日) 07:34:52.86 ID:anS/fV8y0
 看取「そうね・・・カワイイ色の方がは似合うと思うな//」


 看取「オレンジ色とかがいいかも//私は好きよ//」クスッ


 ドリー妹「そっか//オレンジ色だね//」ワシャワシャッ


 看取「まぁ、アクまではね?//もっと他にも色々とあるかもしれないから//」


 看取「探してみましょ//」クスッ


 ドリー妹「うん♪//」ワシャワシャッ


 ドリー妹「あっ、流すよー//」


 −バシャアアアァァッ・・・

 看取「っ・・・//はぁ・・・//」


 

 −チャプンッ・・・ 
 
 看取「・・・で、ナンデこうなったの//」 


 ドリー妹「♪〜//」


 看取「(ドリーの膝の間に座ってるけど・・・こ、これ、恋人がよくやるヤツだよね//)」


 ドリー妹「>>172
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 07:54:15.38 ID:0ISp3LHSO
こうしたらくっつけるでしょ?
173 :1  [saga]:2020/06/14(日) 07:58:30.51 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「こうしたら、もっとくっつけりるね♪//」


 看取「そ、そうかもしれないけど・・・//」


 看取「・・・向かい合って入っちゃダメなの?//」


 ドリー妹「ダメー//ギューってできないもん//」ギューッ


 看取「あ、そう・・・//」


 ドリー妹「ふふ〜〜♪//」ギューッ


 看取「・・・ねぇ//」


 ドリー妹「なあに?//みーちゃん//」

 
 看取「>>174
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 08:04:17.06 ID:A67QX8UCO
こ、これって恋人同士でやることなのよ
平気なの?
175 :1  [saga]:2020/06/14(日) 08:28:16.40 ID:anS/fV8y0
 看取「コ、コレって、その、恋人同士でやってみることなの//」


 看取「だから・・・//」


 ドリー妹「はずかしい?//」


 看取「・・・わ、わかって、聴いてるでしょ//」


 ドリー妹「ど〜なの〜?//」ニマニマ


 看取「クゥッ・・・!//」プルプル


 ドリー妹「みーちゃん?//」


 看取「・・・>>176
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 08:30:21.55 ID:4to3NCoqO
ものすごく、う、うれしいけど…
落ち着くし贅沢な気持ちよ

看取ちゃんは肝心なところでヘタれちゃうタイプに感じる
177 :1 [saga]:2020/06/14(日) 09:59:34.66 ID:anS/fV8y0
 看取「ものすごく、う、嬉しいくて・・・//」モジモジ


 ドリー妹「うん//」コクリ


 看取「落ち着くし・・・安心する、気持ちになるよ//」


 ドリー妹「ふふっ♪そっか//」ニコリ


 看取「・・・///」カァァア


 看取「(ナ、ナンテこと言ってんのさ私は!//ホ、ホントのことだけど・・・//)」


 看取「(恥ずかしすぎるでしょっ!///)」
 

 ドリー妹「わたしもね・・・こうしてると、おちつくんだ//」クスッ


 ドリー妹「あのころは、こんなことできなかったでしょ//」


 看取「・・・っ//」


 看取「・・・うん//」 


 ドリー妹「>>178





 >>176 まぁ、ドリーちゃんでせうし
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:00:18.98 ID:0ISp3LHSO
だからその分の時間を取り戻さなきゃねっ!
こうやってお風呂にも一緒に入れるようになったんだし
179 :1 [saga]:2020/06/14(日) 10:27:42.44 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「だから、そのぶんのジカンをとりもどさなきゃねっ!//」


 看取「・・・うん//」コクリ


 看取「私だって、ドリーとまだまだ遊び足りんだから//」


 ドリー妹「わたしもだよ!//」ニコリ


 ドリー妹「こうやっておフロにもいっしょに入れるようになったんだし・・・//」


 ドリー妹「もっとたくさんあそびたいね!//」
 

 看取「うん//・・・アンタのためなら、どこへだってまたつれってあげるわよ//」


 ドリー妹「ホント!?//」

 
 看取「ええっ//・・・まぁ、操祈ちゃんからのお小遣いがまだ残ってればなんとか//」ボソッ


 ドリー妹「?//」


 看取「そろそろ上がりましょ//ホントにのぼせそうだから//」ザパッ


 ドリー妹「あ、うんっ//」


 

 12月14日 終了
180 :1 [saga]:2020/06/14(日) 10:41:13.10 ID:anS/fV8y0
 12月15日 

 とある学生の期末試験 Final Battle
 悠里ちゃんのお散歩
 オルソラ=アクィナス
 ドリー妹&みーちゃん
 鳴護アリサ
 神華皇子
 パトリシア=バードウェイ

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:42:49.66 ID:0ISp3LHSO
お散歩
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:43:00.21 ID:OjokMVg6O
パット
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:43:13.37 ID:HQPlnPlsO
オルソラさん
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:43:28.91 ID:UUFk3HYJO
皇子
185 :1 [saga]:2020/06/14(日) 10:56:05.76 ID:anS/fV8y0
 -学園都市 第七学区 街道-

 悠里「♪〜」


 悠里「今日もいいと〜〜ってもお天気だな〜♪」


 悠里「少し寒いけど、お日様が顔を出してるからあったかいや♪」


 悠里「♪〜」


 
 ― 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:58:40.93 ID:0ISp3LHSO
はい
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:59:07.70 ID:UUFk3HYJO
ついてなさそう
188 :1 [saga]:2020/06/14(日) 11:11:08.65 ID:anS/fV8y0
 悠里「あっ、お花だ。冬なのに咲いてるんだ」


 悠里「わぁ・・・綺麗に赤く咲いてる」クスッ


 ドリー妹「どうしたの?」


 悠里「え?」クルッ


 ドリー妹「おなかがいたいの?」


 悠里「あ、ううんっ!お花が咲いてたから見てたの」ニコリ


 ドリー妹「え?あっ、ホントだ!きれいだね!」


 悠里「うん!なんて言うお花なのかな・・・?」


 ドリー妹「ん〜、わたしはわかんないなぁ・・・」


 看取「ドリー?・・・何してるの?(隣の子は・・・どちらさん?)」


 ドリー妹「あ、みーちゃん!これみて!」


 看取「え?・・・花?」


 ドリー妹「>>189
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 14:44:22.80 ID:UUFk3HYJO
偶数なら誰だったんだろー

真っ赤で鮮やかに咲いててきれいだなーって
190 :1 [saga]:2020/06/14(日) 14:58:55.03 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「うん!あかくてきれいにさいてるよ」 


 悠里「とっても綺麗だから、なんの花かなって見てたの」


 看取「あぁ、そう・・・ところで、お嬢さんはダレ?」


 悠里「私?」


 看取「そう。というかアナタ以外いないでしょ」


 悠里「私は悠里千夜だよ!」


 ドリー妹「ここでかがんでたから、おなかがイタイのかなって思っちゃって」


 看取「そういうこと。・・・えっと、悠里ちゃん?学校は?」


 悠里「まだ期末試験中だから通えないんだ。来年から1年生として入学するの!」


 看取「(・・・ナンカ、訳ありっぽそうね。聴かないでおいた方がいっか)」
  

 看取「>>191




 >>189 あとで出てきます
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:02:04.85 ID:UUFk3HYJO
ふーん勉強も大事だけどこうやって楽しそうなこと見つけるのも悪くないわね…
192 :1 [saga]:2020/06/14(日) 15:08:41.33 ID:anS/fV8y0
 悠里「だからね、せんせーと一緒に入学へ向けて」


 悠里「う〜〜〜〜んと勉強はしっかりしてるんだ」ニコリ


 ドリー妹「そうなんだ。えらいね〜」ナデナデ


 悠里「えへへ//」


 看取「フーン・・・まぁ、勉強も大事だけど」


 看取「こうやって楽しそうなこと見つけるのも悪くないわね」


 悠里「うんっ。・・・2人も学校はどうしたの?」


 看取「訳あって行ってないの。去年から学園都市を離れてて、世界中飛び回ってたもので」


 悠里「そうなんだ!すごいね」


 ドリー妹「いっぱいいろんなものをみてきて、たのしかったよ」


 悠里「>>193
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:11:22.96 ID:d6E/NtkuO
どんなの見たの?!
海とか山とかお寺とか?ニコニコ
194 :1 [saga]:2020/06/14(日) 15:18:20.11 ID:anS/fV8y0
 悠里「どんなところに行って、どんなの見てきたの?」


 悠里「海とか山とかお寺とか?」キラキラ


 ドリー妹「うん!いっぱいみてきたよ」ニコニコ


 悠里「わぁ〜!羨ましいなぁ〜」キラキラ


 看取「(あれ、いつの間にこんな仲良しになったのこの子達・・・)」


 ドリー妹「わたしはドリーっていうの。この子はみーちゃんだよ」


 悠里「ミーチャン・・・外国からきたお姉ちゃんと妹ちゃんなの?」


 看取「イヤイヤ違う違う。みーちゃんはあだ名であって、本名は別だから」


 看取「というかどこを見て外国の要素が出てきたのよ。どう見たって日本人でしょうよ」


 悠里「あれれ、そうなんだ。ごめんね」テヘッ


 看取「(>>195)」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:19:10.63 ID:d6E/NtkuO
なんか不思議と人懐っこい子ね、変な感じだけど波長も合うっていうか…
196 :1 [saga]:2020/06/14(日) 15:26:21.00 ID:anS/fV8y0
 看取「(ナンカ・・・不思議と人懐っこい子ね)」


 看取「(変な感じだけど、波長が妙に合うっていうか)」


 悠里「じゃあ、お名前は?」


 看取「警策看取よ。だからみーちゃんって呼ばれてるの」


 悠里「そうなんだ。じゃあ、私はなんて呼びたい?」


 ドリー妹「ん〜〜・・・」


 看取「(センちゃんとか?セっちゃんとか?・・・意表をついて、ユーちゃん?)」


 看取「(ってか、さり気なしにあだ名で呼び合おうとしてるわね、この子)」


 悠里「」ワクワク


 ドリー妹「―――」




 台詞(悠里ちゃんのあだ名)
 ↓3まで
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:28:40.56 ID:d6E/NtkuO
ユーちゃん!ユーちゃんかな!
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:28:58.60 ID:UUFk3HYJO
せっちゃんとかどうかな?
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:29:14.49 ID:dlRt56j/O
せんちゃんとか?
200 :1 [saga]:2020/06/14(日) 15:39:12.47 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「せんちゃんとかどうかな?」


 看取「(あ、やっぱり)」


 悠里「せんちゃんか〜・・・!//うん!いいね!」


 悠里「じゃあ、せんちゃんって呼んで」ニコリ


 ドリー妹「うん!」ニコリ


 看取「(よかったー、気に入ってもらえたみたいで・・・)」


 悠里「これからドリーちゃんとみーちゃんはどこかに行くんだったの?」


 看取「そうよ。ドリーのヘアゴムを探しにね」


 ドリー妹「みーちゃんとおそろいにするだ♪」ニコー


 悠里「そっか〜。2人ともと〜〜〜っても仲良しなんだねっ」ニコリ


 看取「>>201


 ドリー妹「>>202
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:42:08.41 ID:d6E/NtkuO
な、仲良しっていうかまあ仲良しだけど…カミノケクルクル
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:42:56.82 ID:dlRt56j/O
ま、まあ子供のからの縁だしっ…
悠里ちゃんは友達とかどんな子がいるのよ?
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:43:30.50 ID:0jLUjn8qO
わかる?!
みーちゃんすごい能力持ってて強くて優しいんだよ!
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 15:43:47.00 ID:UdicvMMoO
超がつくくらいなかよしたなんだよ!
205 :1 [saga]:2020/06/14(日) 15:59:02.09 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「わかっちゃう?えへへ〜♪」


 ドリー妹「超がつくくらいなかよしたなんだよ!」ニコリ


 看取「ま、まぁ、小さい頃からの縁だし・・・//」


 看取「な、仲良しっていうか、まぁそうなんだけど・・・//」ケクルクル


 悠里「照れちゃって〜」ニヨニヨ


 看取「んなっ//コ、コイツ・・・//」ワナワナ
 

 ドリー妹「みーちゃんはね、すっごくつよくてやさしいんだよ」ニコリ


 悠里「うんうん。わかるよ、そんな感じが伝わってくるもん」ニコリ


 看取「・・・ハァー(ダメだ。怒る気にもなれない・・・)」


 看取「・・・じゃあ、せんちゃんにも友達とかどんな子がいるのよ?」


 悠里「えっとねー、沢山友達がいるけど・・・1番のお友達は潤子ちゃんだよ」


 悠里「>>206
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 16:10:09.26 ID:d6E/NtkuO
見た目はとってもお嬢様なんだけどすごいタフでかっこいいんだよ
友達も多くて恋人もいるんだけど納得しちゃうなーって感じ!
同じ施設で育ったし友達なんだ
207 :1 [saga]:2020/06/14(日) 16:26:08.21 ID:anS/fV8y0
 悠里「見た目はお嬢様って感じのと〜〜〜っても綺麗なんだけど」


 悠里「すごっく強くてタフでかっこいいんだよ!」


 看取「お嬢様・・・ってことは、常盤台の生徒?」」


 悠里「うん、けどもう卒業したんだ。3年生だったから」


 看取「そっか(卒業か・・・そういえば、操祈ちゃんも来年で高校進学だっけ)」
 

 ドリー妹「いつからおトモダチになったの?」


 悠里「えっと・・・同じ施設で育った友達なの」


 悠里「その施設の皆との友達が多くて、恋人もいるんだけど」


 悠里「美人で賢くて優しくてすっごく納得しちゃうなーって感じ!」


 ドリー妹「そうなんだ。せんちゃんもそのこと、すごく仲良しなんだね」ニコリ


 悠里「>>208
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 16:30:58.63 ID:UdicvMMoO
うんっ!
だから私も頑張るんだみんなと同じ学校行きたいしね!
209 :1 [saga]:2020/06/14(日) 17:26:42.08 ID:anS/fV8y0
 悠里「うんっ!だから、私も頑張るんだ♪」


 悠里「潤子ちゃんと同じ学校行きたいしね!」


 ドリー妹「そうなんだ。がんばってね!」


 看取「・・・」
 

 看取「(言えない・・・中1スタートからなら高校上がっても)」


 看取「(その友達が高校卒業してるなんて)」タラー


 悠里「操祈ちゃんっていう子も、潤子ちゃんと同じ学校を目指してるから」


 悠里「先にいっちゃうけど頑張ってるんだよ」ニコリ


 ドリー妹「え?操祈ちゃん・・・?」


 看取「アナタ・・・操祈ちゃん、って食蜂操祈ちゃんと知り合いだったの?」


 悠里「うん。同じ施設にいたからね」
 
 
 ドリー妹「そ、そうだったんだ・・・」


 看取「>>210
  



 っしゃぁあああああーーーーー!!!ゲコ太石の蓄え半分消失したけどゲットだぜ!

 みこっちゃん
 http://s.kota2.net/1592122816.png
 みさきち
 http://s.kota2.net/1592122835.png
 五和ちゃん
 http://s.kota2.net/1592122850.png
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 17:39:35.92 ID:No7KAlw2O
うらやまー!
ウエディングみさきちとチラメイド五和は来たけどみこっつぁん来なかった

なるほどね、ドリーとよく会っていたみたいだし只者じゃないと思ったけどあの子も…
211 :1 [saga]:2020/06/14(日) 17:52:37.53 ID:anS/fV8y0
 看取「なるほどね・・・ドリーとよく会っていたみたいだけど」


 看取「時々会わずに別のところへ行ってたっていうのは、そういうことだったのね」


 ドリー妹「うん。なにかおはなししたりしたの?」


 悠里「それが〜・・・あんまり話したことはないんだよね」


 悠里「と〜〜〜っても忙しくて、誰かと話したりすることは滅多になかったもん」
 
 
 悠里「でもね!クリスマスに貰ったギンガマンの人形をプレゼントしてあげたことがあるの!」


 悠里「今も大事に持っててくれてるんだ♪」


 ドリー妹「そうなんだ」クスッ


 看取「(あの操祈ちゃんが洗脳もせずに貰ったってこと・・・?)」


 看取「(・・・この、只者じゃないのかも)」


 悠里「潤子ちゃんもと〜〜〜っても憧れてて、操祈ちゃんと仲良しになったんだよ」ニコリ


 悠里「なんていうか・・・女王様を守る騎士みたいなの!」


 ドリー妹「わぁ、カッコいいね・・・!//」


 看取「>>212




 いやーーーこれは嬉しいでせうね。
 次のスカベンのメンツも全員集めちゃります!
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 17:58:07.69 ID:UdicvMMoO
潤子ちゃんって子以外にどんな友達がいるの?
操祈ちゃんと私たちも友達だから教えてほしいな
213 :1 [saga]:2020/06/14(日) 18:15:44.20 ID:anS/fV8y0
 看取「・・・その、潤子ちゃんってコ以外の友達はどんな子がいるの?」


 看取「私達も操祈ちゃんとは友達だから教えてほしいなって」


 悠里「え?あっ、そうだったんだ」


 ドリー妹「うん。もしかしたら悠里ちゃんと同じ時期に出会ってたのかも」


 看取「まぁ、施設の場所は違うだろうけどね」


 悠里「わぁ〜。すごい偶然なんだね」


 悠里「(でも、潤子ちゃんからはあの事は他人に話しちゃダメって言われるし・・・)」


 悠里「(誤魔化しながら教えないとね)」


 悠里「えっと・・・蜜蟻愛愉ちゃんと弓箭猟虎ちゃんと妹の入鹿ちゃんがいるかな」


 悠里「ただ、皆も同じように操祈ちゃんとはその頃、会ったことあるのは」


 悠里「1回きりなんだけどね。だからお友達になったのはつい最近なの」


 悠里「でも、と〜〜〜っても皆仲良しになったんだよ」ニコリ


 看取「フーン、そうなの・・・」


 ドリー妹「>>214
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 18:18:19.25 ID:CIq+DlicO
いいなーみんなに会ってみたいかも!
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 18:18:57.47 ID:OBjPZsQrO
ねえねえ、みんなもライダーなの?ヒソヒソ
216 :1 [saga]:2020/06/14(日) 18:24:47.62 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「わたしもみんなにあってみたいかも!」


 悠里「いいよ!あ、でも・・・」


 悠里「皆、今は忙しいみたいだからね・・・」


 看取「まぁ、そりゃそうでしょうね(期末試験中だし・・・)」


 ドリー妹「そっかぁ・・・そうだよね。今はみんないそがしいみたいだもんね」


 悠里「うん。だから、また今度会わせてあげるよ!」ニコリ


 ドリー妹「うん!楽しみにしてるね!」


 看取「・・・じゃあ、そろそろ行きましょうか」


 看取「よかったら、アナタも一緒についてくる?」クスッ


 悠里「え?いいの?」


 ドリー妹「いいよ!わたしにピッタリのヘアゴムをさがしてほしいから」ニコリ


 悠里「>>217
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 18:27:21.22 ID:No7KAlw2O
わぁ…そういうところ行ったことないから楽しみ!
218 :1 [saga]:2020/06/14(日) 18:33:58.07 ID:anS/fV8y0
 悠里「うん!いいよ!そういうところにいったことないから楽しみ!」


 看取「そうなの(まぁ、施設育ちだから・・・)」


 看取「(そういった境遇は同じなのかもしれないわね)」


 悠里「私も見つけてみようかな〜」


 ドリー妹「きっといろんなカミガタがにあうと思うな。せんちゃんなら」ニコリ


 悠里「そ、そうかなぁ〜?//」テレテレ


 看取「それだけ長ければ、色々とできそうだものね」クスッ


 

 -台七学区 セブンスミスト-

 看取「さってと・・・とりあえず、見て回っていいわよ」


 ドリー妹・悠里「「はーい!」」


 看取「迷子にならないようにね」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 18:47:37.62 ID:No7KAlw2O
二人とも子供っぽいと思って目を離せないと警戒するも意気投合している様子にほっこりな看取ちゃん
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 18:51:53.45 ID:OvZeCqgDO
先にヘアゴムのお店に向かう3人
すると店の主人が結構常盤台等の学生のファンみたいでそれぞれに似合うヘアゴムを独断でコーナーを作っておりずっこける看取
221 :1 [saga]:2020/06/14(日) 19:03:27.94 ID:anS/fV8y0
 看取「(とは言ったものの・・・)」ヒョコッ


 看取「(やっぱ心配になっちゃうわ・・・)」



 ドリー妹「あ、これもかわいい!」


 悠里「こっちも可愛いよ!」


 ドリー妹「ホントだ!」パァァア


 悠里「どれも可愛くて、悩んじゃうね〜」アハハッ


 ドリー妹「そうだね」クスッ


 

 看取「(・・・意気投合して仲良くしてるわね)」クスッ


 看取「(>>222)」
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 19:14:30.94 ID:tOHqf11MO
精神年齢も近いのかしら…
223 :1 [saga]:2020/06/14(日) 19:32:31.93 ID:anS/fV8y0

すると店の主人がそれぞれに似合うヘアゴムを独断でコーナーを作っておりずっこける看取

 看取「(精神年齢も近いのが理由かしら・・・)」


 看取「(ドリーはあの頃から変わってないし、せんちゃんも変わってないって感じなのかな)」


 看取「(見た目はどっちも中学生っぽいんだけどね・・・)」


 看取「(・・・ん?なんか店員さんが・・・)」 





 ドリー「せんちゃんはこっちとこっとのどっちもにあいそうだよ」


 悠里「ん〜・・・どっちがいいかな〜」

 
 「いらっしゃいませ。ヘアゴムをお選びしてるんですか?」


 ドリー「あっ、うん。でも、どっちがいいのか悩んでて・・・」


 悠里「>>224
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 19:44:43.54 ID:No7KAlw2O
結構髪が長いから可愛いものが欲しいんだけど…
225 :1 [saga]:2020/06/14(日) 19:52:26.79 ID:anS/fV8y0
 悠里「結構髪が長いから、可愛いさで少し目立つ感じのがいいな」


 「それでしたら・・・」


 「こちらはどうですか?」スッ


 悠里「ん?・・・あっ、桃?」


 「今、こちらのフルーツの飾りが付いているヘアゴムが流行っていまして」


 「他にも沢山の種類がありますので、お好きなものをお選びしてみてはどうでしょうか」ニコリ


 悠里「はい!わかりました!」


 ドリー妹「ありがとう!」ニコリ


 「どうぞごゆっくりお楽しみください」ニコリ、ペコリ





 悠里「・・・やっぱり、これとこれかなー」


 ドリー妹「モモとバナナ?」


 悠里「うん!なんていうかな・・・」


 悠里「>>226
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 19:53:29.91 ID:tOHqf11MO
潤子ちゃん達を見てるこれが1番かなーって思いついちゃって!
すごいきれいなカップルなんだよ!
227 :1 [saga]:2020/06/14(日) 20:09:33.37 ID:anS/fV8y0
 悠里「潤子ちゃんと恋人のトール君を見てると、これが1番かなーって思いついちゃって!」


 ドリー妹「トール君っていうの?こいびとって」
 

 悠里「そうだよ!すっご〜〜〜〜く綺麗なカップルなんの!」


 ドリー妹「へぇ〜。とっても仲良しなの?」


 悠里「もっちろん!いっぱいちゅーってキスしたりしてるもん//」イヤンイヤン


 ドリー妹「あ、やっぱりちゅーってするんだ」


 悠里「そうだよ//」


 悠里「・・・じゃあ、私はこの2つにするね//」


 ドリー妹「ん〜・・・わたしはどうしようかな」


 悠里「>>228
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 20:12:20.92 ID:fpoMexRHO
このコウモリのとかどうかな?
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 20:12:29.42 ID:9CiIkJHrO
ちょっとかっこいいものを…
230 :1 [saga]:2020/06/14(日) 20:23:53.02 ID:anS/fV8y0
 悠里「じゃあ、ちょっとカッコイイのを・・・」


 ドリー妹「カッコいいの?」


 悠里「そう!ミスマッチみたいな・・・あ!これはどう?」


 ドリー妹「コウモリ?」


 悠里「うん!」


 ドリー妹「ん〜・・・コウモリはちょっと・・・」


 ドリー妹「ものすごいかずのコウモリがあたまの上をとおりすぎていったのがとらうまで・・・」


 悠里「あ、そ、そっか・・・」


 悠里「じゃあ〜・・・ん〜・・・」


 悠里「・・・あっ!これは!」スッ


 ドリー妹「?」



 
 せんちゃんが選んだの
 ↓3まで
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 20:29:56.65 ID:FkHN7qwy0
白水玉の赤いリボンがついたヘアピン
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 20:32:19.84 ID:No7KAlw2O
真っ赤なシンプルなヘアゴム
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 20:32:55.20 ID:pS++pCDeO
レインボーカラー
234 :1 [saga]:2020/06/14(日) 20:49:14.88 ID:anS/fV8y0
 ドリー妹「わぁ・・・これ、にじいろになってるんだね・・・」


 悠里「うん!どうかな?」


 ドリー妹「いい!すっごくきれいで・・・」キラキラ


 悠里「よかった〜」ホッ


 ドリー妹「ありがとう、せんちゃん!」ニコリ


 悠里「えへへ//どういたしましてっ♪」


 看取「2人とも、どれにするか決めたの?」


 悠里「うん!私はこの2つで」


 ドリー妹「わたしはこれだよ!きれいでしょ」


 看取「>>235
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 20:52:39.97 ID:No7KAlw2O
二人ともセンスいいじゃない、ちょっとびっくりしたわ
236 :1 [saga]:2020/06/14(日) 21:09:39.88 ID:anS/fV8y0
 看取「2人ともセンスいいじゃない。ちょっとびっくりしたわ」
 

 ドリー妹「むぅ?それちょっとひどーい」プンスコ


 悠里「みーちゃんだったらどれを選ぶの?」ムスーッ


 看取「え?・・・私だったら・・・」


 看取「・・・これとか?」


 ドリー妹・悠里「「・・・」」


 看取「・・・な、何よその目は!//」


 ドリー妹・悠里「「べつに〜?」」フイッ


 看取「うぐぐ・・・!//」プルプル




 ドリー妹「ありがとう、みーちゃん!」


 悠里「よかったの?私の分まで払ってもらっちゃって・・・」


 看取「いいのよ。友達になった印にね」


 悠里「>>237
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:12:34.35 ID:No7KAlw2O
ねえねえ、今度も遊んでくれる?
私も二人ともっと仲良くなりたいから!
238 :1 [saga]:2020/06/14(日) 21:22:12.70 ID:anS/fV8y0
 悠里「・・・ありがとう、みーちゃん」ニコリ


 ドリー妹「ねぇねぇ!ヘアゴムはかったから、こんどはどこにいこっか!」


 看取「え?・・・せんちゃん、どこかに行く予定はないの?」


 悠里「うん、大丈夫だよ。だから、行きたい!」


 悠里「2人とも〜〜〜っと仲良くなりたいから!」ニコリ


 看取「・・・そういうことなら、いいよ」クスッ


 ドリー妹「やったー♪」


 悠里「ふふっ♪」ニコリ


 看取「(同い年・・・よね?まぁ、そんな感じの友達ができてよかったわ)」


 看取「(ドリーと一緒に遊んでもらえるなら私としても嬉しいし)」クスッ




 -学園都市 第七学区 公園-

 看取「公園に来たけど・・・なんで公園?」


 ドリー妹「コーエンであそびたかったから♪」


 看取「あ、そう・・・」


 

 ― 偶数
 〜 奇数
 
 ↓2まで
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:27:43.81 ID:No7KAlw2O
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:28:09.05 ID:pS++pCDeO
なかなか偶数にならなくてキレそう
241 :1 [saga]:2020/06/14(日) 21:32:28.30 ID:anS/fV8y0
 悠里「どれからやってみよっか」ワクワク


 ドリー妹「えっとね〜・・・ん?」


 悠里「?。どうかしたの?」


 

 ランシス<はいっ。召し上がれ♪

 
 ハネジロー<パムーッ パクパクッ


 ランシス<ハーちゃんもね。ビスケット


 ハゲタカヤミー<ヴヴ パリパリッ


 

 悠里「わぁ・・・なんだろ、フラミンゴと猫みたいな黄色い動物だね」


 ドリー妹「行ってみる?」ワクワク


 悠里「うん!」


 看取「(>>242)」
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:33:49.78 ID:No7KAlw2O
ランシスすっかり不思議生物の管理係になってる…
絵が想像できて似合うけど
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:34:23.23 ID:No7KAlw2O
ごめん安価した
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:34:43.26 ID:pS++pCDeO
え?あんな動物って図鑑で見たことないけど…
245 :1 [saga]:2020/06/14(日) 21:39:03.38 ID:anS/fV8y0
 看取「(イヤイヤ待って。え?あんな動物、図鑑でも見たことないんだけど)」


 看取「(というかフラミンゴがなんでビスケット食べてんの?)」


 
 ランシス「よしよ〜し」ナデナデ


 ハネジロー「パムー」スリスリ


 ハゲタカヤミー「ヴヴ」


 ランシス「あ、もう1個欲しい?」


 悠里「あ、あの・・・すみません」


 ランシス「ん?あ、こんにちは」ニコリ


 悠里「こ、こんにちは・・・」


 ドリー妹「こんにちはー」


 ハネジロー「パムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴ?」


 ドリー妹「>>246


 悠里「>>247
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:43:49.70 ID:No7KAlw2O
お、お姉さんが飼ってるんですか?
撫でてもいいかな…
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:44:07.55 ID:pS++pCDeO
うわあ…この子大きい…
248 :1 [saga]:2020/06/14(日) 21:53:02.25 ID:anS/fV8y0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:56:50.28 ID:No7KAlw2O
おつなのよーん
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 22:21:43.74 ID:WjCiANWso
おつです
251 :1  [saga]:2020/06/15(月) 08:00:11.10 ID:An6xg/BaO
 ドリー妹「そのコたちってあなたのおトモダチ?」


 ランシス「お友達っていうか、この子は家族の一員だよ」ニコリ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」

 
 ハネジロー「パムパムー」


 ランシス「この子は預かってるんだけどね。飼い主の子に頼まれて」


 悠里「フラミンゴと・・・猫ちゃん?」


 ランシス「あっ、この子は猫じゃないよ。えっと・・・」


 ランシス「そうそうっ、ムーキットっていう宇宙の生き物なの」


 ハネジロー「パムー」コクリ


 ドリー妹「宇宙の・・・?」


 悠里「生き物・・・?」


 看取「・・・>>252
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 08:02:30.25 ID:LCcbBHCwO
宇宙ってあのお空の上のよね…?
……頭痛くなってきたけどそうなのね
253 :1  [saga]:2020/06/15(月) 08:17:09.26 ID:XrS5QezKO
 看取「宇宙って、あのお空のずっと上に広がってる空間のことよね?」


 ランシス「そうだよ」


 看取「・・・頭痛くなりそうだけど、そうなのね」


 悠里「フラミンゴの子も宇宙の生き物なの?」


 ランシス「ううん。この子は普通に地球の生き物だよ」


 ハゲタカヤミー(フラミンゴ)「ヴヴッ」


 ランシス「(怪人だけど)」


 ハネジロー「パムー」


 ドリー妹「な、なでてみてもいい?」ソワソワ


 ランシス「いいよ。優しく撫でてあげてみて」ニコリ


 ドリー妹「うん・・・」ナデナデ


 ハネジロー「パム〜」スリスリ


 ドリー妹「〜っ!//」キューンッ


 悠里「>>254」 
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 08:22:14.52 ID:LCcbBHCwO
や、やばいわね…人懐っこいとかそういうレベル超えてるわよ…!
255 :1  [saga]:2020/06/15(月) 09:02:34.20 ID:XrS5QezKO
せんちゃんの台詞で
>>256
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 10:28:04.85 ID:vHMvfd3eO
も、モフモフしてもいい?
257 :1  [saga]:2020/06/15(月) 11:11:14.33 ID:XrS5QezKO
 悠里「モ、モフモフってしてもいい?//」


 ランシス「どうぞどうぞ」ニコリ


 悠里「ん〜//」モフモフ


 ハネジロー「パムパムー」


 悠里「にへへ〜〜//」デレー


 看取「(や、やばいくらい可愛すぎるでしょ・・・!//)」


 看取「(人懐こいとかそういうレベルじゃなしに・・・//)」


 ドリー妹「みーちゃんもなでてみて?//」


 看取「え?あ、いや、別に私は」


 ランシス「遠慮しなくていいよ?あっ、もしかして動物がダメだったり?」


 看取「そ、そうじゃないけど・・・」


 悠里「なら、ほらほら」


 ハネジロー「パムー」


 看取「・・・」ゴクッ


 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで 
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 11:22:23.84 ID:p2qwwBrYo
意を決してハネジローをなでなでする看取さん
喜んだときの可愛さにキュンキュンする
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 13:17:44.28 ID:35LGAMoiO
↑+無警戒な体制になり尚の事心を打たれる
260 :1  [saga]:2020/06/15(月) 16:08:12.81 ID:XrS5QezKO
 看取「・・・」ソロー,ナデナデ


 ハネジロー「パムー」


 ハネジロー「クゥ〜ン」スリスリ


 看取「〜〜〜・・・っ!///」キュンキュンッ


 看取「(ヤバイでしょ!?//この可愛さヤバイっしょ!///)」デレー


 ハネジロー「パームー」コロン


 看取「え?」


 ランシス「あっ、珍しいね!お腹撫でてもらいたいみたいだよ」


 ランシス「飼い主の子にはよくしてもらってるみたいだけど、他の人には滅多にしないんだよ?」


 悠里「そうなんだ!すごいね、みーちゃん」


 ドリー妹「うらやましい〜」


 看取「>>261」 
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 17:10:21.37 ID:p2qwwBrYo
撫で方が気に入られたかしら(やばいやばいやばい!超可愛いんですけど!!)
262 :1  [saga]:2020/06/15(月) 17:51:03.95 ID:XrS5QezKO
 看取「フ、フーン?そ、そうなの」


 看取「撫で方が気に入られたのかしら。・・・わかんないけど」


 ハネジロー「パムー」フリフリ


 看取「ヤバイヤバイヤバイ!超〜〜〜〜絶カワイイんですけど!?//)」」


 看取「こ、ここがいいのかなー?//」ナデナデ


 ハネジロー「パームー・・・」ウットリ


 ドリー妹・悠里「「カワイイ〜〜!//」」キャーッ!


 ハゲタカヤミー「ヴー」


 ランシス「>>263
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 17:58:07.58 ID:URv3imvaO
はーちゃんも撫でてほしいみたい!はーちゃんもなでてくれる?
264 :1  [saga]:2020/06/15(月) 18:08:30.94 ID:XrS5QezKO
 ランシス「ハーちゃんも撫でてほしいみたいだね」クスッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 ランシス「撫でてあげてもらえる?」


 ドリー妹「うんっ。よしよし」ナデナデ


 ハゲタカヤミー「ヴー」


 悠里「綺麗な色だねー」ナデナデ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 ランシス「ありがとう、だって」ニコリ


 ハネジロー「パムー」


 看取「・・・にへへ//」デレデレ


 ドリー妹「(あ、みーちゃんがみたこともないカオになってる・・・)」


 看取「(>>265)」
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 18:54:22.71 ID:Zak8ewNxO
不思議な生き物だけど人懐っこいってことは悪い子達じゃないわねウン
266 :1  [saga]:2020/06/15(月) 19:29:59.18 ID:v3n6Xjai0
 看取「(不思議な生き物だけど・・・//)」ナデナデ


 看取「(コレだけ人懐こいってことは、ワルいコじゃ全然ないわね//)」ウンウン


 悠里「この子はハーちゃんっていうの?」ナデナデ


 ランシス「そうだよ」コクリ


 悠里「そうなんだ。フラミンゴだからフーちゃんかと思った」


 ランシス「あ、あはは・・・」タラー


 ドリー妹「こっちのコは・・・ムーちゃん?」


 ランシス「ううん。ハネジローって名前なの」 

 
 看取「ハネジロー?・・・どこからそんな名前になったのよ」


 ランシス「羽がついてるから、だったかな?」ウーン


 看取「(ドリー並みに安直ね・・・)」


 ドリー妹「>>267


 悠里「>>268
 



 とあるIFでまさかスカベンと木原クンの絡みを見られるとは
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 19:42:25.20 ID:PfmnsVOcO
いいねっ!私でも多分同じ名前にしたと思うなー
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 19:43:13.13 ID:MKk+zHyoO
ジローだから男の子なのかな…
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 19:44:18.08 ID:uo+gY+H+O
木原くんとスカベンジャーのやり取りって全く想像できないっぽい…
でも楽しみ
270 :1 [saga]:2020/06/15(月) 20:33:10.37 ID:v3n6Xjai0
 ドリー妹「いいねっ!わたしでもたぶん、おなじなまえにしたと思うなー」


 看取「(でしょうねー)」


 悠里「ジローだから男の子なのかな」


 ランシス「ん〜、私もそれは聴いたことないからわからないね」


 ハネジロー「パムー」


 看取「ま、まぁ、どっちでもいいじゃない//可愛いんだから//」


 悠里「それもそっか」ニコリ

 
 ドリー妹「あっ、そういえばあなたのなまえは?」


 ランシス「ランシスだよ。・・・あなたは、御坂の親戚さん?」


 看取「え?御坂と知り合いだったの?」


 ランシス「うん。なんていうか、先輩後輩って感じ」


 ドリー妹「そうなんだ。じゃあ、操祈ちゃんのことも知ってるの?」


 ランシス「知ってるよ。打ち止めのこともね」

 
 ランシス「>>271




 >>269 まぁ、実験台になって死ねって感じでせうね(白目
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 20:38:07.08 ID:cWv8YVp+O
まーみんな悪い人じゃなくて頼もしいよ、人懐っこいからありがたいし
272 :1 [saga]:2020/06/15(月) 20:52:24.79 ID:v3n6Xjai0
 ランシス「他にも知ってる人はいるけど・・・まー、みんな悪い人じゃなくて」


 ランシス「すごく頼もしい人ばっかりだし、ありがたいよ」クスッ


 悠里「そうなんだ」クスッ


 看取「・・・もしかして、アンタも仮面ライダーなの?」


 ランシス「」ギクッ


 ドリー妹「操祈ちゃんやいっちゃん・・・あっ」


 ドリー「五和ちゃんがカメンライダーなのは知ってるよ」


 ランシス「あ、そ、そうなんだ。・・・うん、私もライダーだよ」


 悠里「やっぱりそうなんだ。どんなライダーなの?」


 ランシス「ん〜、黒くてコオロギみたいな?」


 看取「コオロギってなんか地味に感じるね・・・」


 悠里「>>273


 ドリー妹「>>274
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 20:56:21.19 ID:uo+gY+H+O
コオロギってあのコオロギ?なんか鳴いたりとかするの?
……見たことないかもコオロギって
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 20:56:30.96 ID:cWv8YVp+O
コオロギってなあに?
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 20:56:42.73 ID:KDPRXtNxO
でも強いのかもよ!
276 :1 [saga]:2020/06/15(月) 21:04:07.09 ID:v3n6Xjai0
 ドリー妹「コオロギってなあに?」


 悠里「あのコオロギかな?なんか、秋になると鳴いたりしてる」


 悠里「図鑑で見たことあるけど」


 看取「そうそう。あのコオロギ、なのよね?」


 ランシス「そうだよ。リンリンって鳴く虫のコオロギ」


 看取「あぁ・・・(見た目がちょっと・・・アレに見えて私苦手なのよね)」


 ドリー妹「じゃあ、ランちゃんもヘンシンしたら鳴くの?」


 ランシス「鳴かない鳴かない」フルフル


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 21:06:53.85 ID:p2qwwBrYo
鏡からサイコローグがはーちゃんやハネジローばかりずるいとぷんすかしてる
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 21:10:32.24 ID:uo+gY+H+O
↑+ピシッと固まる三人だがサイコローグに触れ合うランシスに興味を示す
279 :1 [saga]:2020/06/15(月) 21:24:27.95 ID:v3n6Xjai0
 ―キィィーーン・・・キィィーーン・・・

 ランシス「あっ・・・」キョロキョロ


 看取「どうかしたの?」


 ランシス「・・・あっ、いたいた。後ろに」


 悠里「?」クルッ


 サイコローグ[]ムッスー


 ドリー妹「うわぁ!?」


 看取「な、何よあれ・・・!?」


 ランシス「落ち着いて?あの子はサイコローグっていうミラーモンスターなの」


 ランシス「私の系統ライダーは、そのモンスターと契約することによって」


 ランシス「力を貸してもらえるようになるんだよ」


 ドリー妹「コ、コワくないの・・・?」


 ランシス「全然?ほら、おいでー」チョイチョイ


 サイコローグ[]


 ―シュイィィーン・・・

 サイコローグ「」


 悠里「わぁ〜・・・すっご〜〜〜〜く大きいね!」


 看取「>>280
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 21:26:00.93 ID:lZj4MZ8NO
で、でかくない…?
中の人とかいないわよね…
281 :1 [saga]:2020/06/15(月) 21:40:15.65 ID:v3n6Xjai0
 看取「イヤ、ホントデカすぎでしょ!?」


 ランシス「大体、200cmは越えてるよ」
 

 看取「中に人とか入ってんじゃないわよね・・・」


 ランシス「そんなわけないでしょ。バイクにも変形するんだから」


 悠里「バイクに!?」
 

 ランシス「うん。ほら」


 『ホイールベント』

 ―ウィィィン ガチャン!
 

 サイコローダー「」


 ドリー妹・悠里「「おぉぉ〜〜〜〜!!//」」


 看取「・・・モンスターって生き物なの?それともロボットなの?」


 ランシス「ん〜・・・わかんない」


 看取「」ズコッ


 看取「あ、そう・・・」


 悠里「>>282
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 21:45:46.18 ID:uo+gY+H+O
でもランシスちゃんにとって大事なお友達なんでしょ?
かっこいいし素敵だと思うなー
283 :1 [saga]:2020/06/15(月) 21:50:52.76 ID:v3n6Xjai0
 悠里「でも、ランシスちゃんにとって大事なお友達なんでしょ?」


 悠里「カッコいいし素敵だと思うなー」


 サイコローダー「」ブロロロンッ!


 ランシス「ありがとうだって」クスッ


 看取「言葉わかるの?ってか喋ってないような」


 ランシス「テレパシーみたいなものかな?頭の中で聞こえてくるんだ」


 ドリー妹「ねぇねぇ、のってみていい?」ワクワク


 悠里「私も!」


 ランシス「いいよー」ニコリ


 看取「え?だ、大丈夫なの・・・?」ハラハラ


 ランシス「>>284
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 21:52:20.69 ID:mIMlVFWFO
んーそんなに怒るような感じじゃないしねかまってほしいところあるし
なにかやったら私が怒るしまあ見てなって
285 :1 [saga]:2020/06/15(月) 21:59:45.79 ID:v3n6Xjai0
 ランシス「んー、そんなに怒るような感じじゃないからね」


 ランシス「寂しくなったら甘えたいようなところあるし」


 看取「(あんな見た目で甘えてくるんだ・・・)」


 ランシス「それに、何かいけないことをやったら私が怒るし」


 ランシス「まぁ心配しなくていいよ」


 看取「そう・・・」


 
 
 ドリー妹「よいしょっと・・・」ストン


 悠里「よっと・・・」


 サイコローダー「」ブロンッ


 ―ノロノロ・・・

 ドリー妹「あっ、動いてる動いてる!」


 悠里「>>286
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 22:11:55.42 ID:8SvGWSHDO
二人で乗っても平気なんだー
すごいねこの子!

ランシスはなんか不思議な生き物を引き付けるというか飼いならすのうまそうだよね
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 22:12:20.06 ID:uo+gY+H+O
楽しい!バイクってこんな感じなのかな
288 :1 [saga]:2020/06/15(月) 22:14:46.84 ID:v3n6Xjai0
 今日はここまで
 おやすみないませー

 >>286 ね。雰囲気というか動物に好かれそうでせうよね
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 22:29:59.78 ID:p2qwwBrYo
おつー
290 :1  [saga]:2020/06/16(火) 05:28:56.21 ID:k/y/Qn1S0
 悠里「私とドリーちゃんの2人で乗っても平気なんだ〜」


 悠里「すごいねサイコロちゃん!」


 ドリー妹「うん!」


 サイコローダー「」ブロン!

 −ノロノロ・・・

 ドリー妹「バイクってこんなかんじなんだね」


 ドリー妹「たのしい!」


 悠里「あははっ!」キャッキャッ


 
 
 看取「楽しそうにしてるわね・・・」クスッ


 ハネジロー「パムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」

 
 ランシス「>>291
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 05:43:19.58 ID:tYfat3iIO
あの子もハネジローやヤミーも良い子だしねー、あんな風に楽しませることができるなら本望だよフフッ
292 :1  [saga]:2020/06/16(火) 07:15:20.30 ID:SOjfZ0j5O
 ランシス「あの子もハーちゃんやハネジローも良い子だしねー」


 ランシス「あんな風に楽しませることができたなら、本望だよ」フフッ


 ハネジロー「パムパムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」
 

 看取「そうっ。・・・(ちょっと変わってそうだけど、良いヤツなのね)」クスッ


 ランシス「あっ、そういえば名前聴いてなかったね」


 看取「警策看取よ。・・・みーちゃんってのはあだ名だから」


 ランシス「うん、わかってるよ。よろしくね」ニコリ


 看取「・・・こっちこそ」クスッ


 看取「>>293
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 07:20:49.68 ID:le5sRNOKO
ランシスは学校とか行ってないの?
いや私が言えた身分じゃないけどさ
294 :1  [saga]:2020/06/16(火) 08:01:54.49 ID:SOjfZ0j5O
 看取「ランシスは学校とか行ってないの?」


 ランシス「え?」


 看取「イヤ、退学になった私が言えた身分じゃないけどさ」


 ランシス「えっと・・・うん。行ってないよ」


 ランシス「私、外から来たからね。能力開発も受けてないし」


 看取「あぁ、そうなんだ」


 ランシス「うん」クスッ


 ランシス「でも。こうして楽しく過ごしてるよ」


 看取「なら、よかったわね。不自由じゃない?」


 ランシス「大丈夫だよ!恋人の万化と一緒だから」


 看取「>>295
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 08:08:53.83 ID:8oLbFMXsO
恋人ってホント?てっきり恋人とかいない気がしてたけど
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 08:09:16.72 ID:QqVLpsv+O
あの大きい子が二人もいるのに心が広い彼氏ね…
297 :1  [saga]:2020/06/16(火) 08:19:49.74 ID:SOjfZ0j5O
 看取「え」


 ランシス「?」


 看取「恋人って・・・マジ?」


 ランシス「大マジだよ?」


 看取「へ、へー・・・」


 ランシス「むっ。何、その目は」


 看取「イヤ、てっきり居ないと思ってたから・・・」


 看取「こんなデカイのが2匹もいるのに心が広い彼氏がいたもんね」


 ランシス「うん。万化は優しくてカッコいいもん//」


 ランシス「>>298 」
298 :1  [saga]:2020/06/16(火) 08:20:36.77 ID:SOjfZ0j5O
 ランシス 台詞
 >>299
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 08:25:50.62 ID:QqVLpsv+O
優しくて頼れて心も広くて…言葉じゃ言い切れないくらい素敵なんだから!
300 :1  [saga]:2020/06/16(火) 11:54:16.33 ID:SOjfZ0j5O
 ランシス「頼りにもなるし・・・心が広いのはもちろんだけど」


 ランシス「言葉じゃ言い切れないくらい、素敵なんだから!」

 
 看取「フーン、そっか・・・仲睦まじそうで何よりね」クスッ


 ランシス「うん。ハーちゃんも仲良しだからね」ニコリ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 ランシス「あっ、ちなみにね」


 看取「何?」


 ランシス「ハーちゃんも・・・(腕輪を外して、と)」スポッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」

 
 看取「」


 ランシス「怪人なの」


 看取「」




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 13:12:29.55 ID:n6t6aCMAO
看取ちゃん警戒して液化人影を出すものの何もする様子のないヤミーに警戒を説く
怪人にも悪い人もいるけど良い子も居るんだよと背中をナデナデするランシスだがむしろ二人とも液化人影が気になる様子
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 13:14:49.91 ID:E/x/ESoKO
303 :1  [saga]:2020/06/16(火) 13:31:26.58 ID:SOjfZ0j5O
 看取「・・・っ」


 −ギュロロロッ

 看取「(油断した!まさかどっかの組織の刺客・・・!?)」


 ハゲタカヤミー「ヴー」


 ランシス「こんにちはだって」ニコリ

 
 ハネジロー「パムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 看取「・・・(でも、ハネジローがあんなに懐いてるってことは、大丈夫なの・・・?)」


 ランシス「怪人にもね、悪者だけじゃなくて良い子もいるんだよ」ニコリ


 看取「・・・>>304
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 13:37:52.79 ID:E/x/ESoKO
確かに襲うんならすぐに動くものね、でもあなたから離れないし…そうか…
305 :1  [saga]:2020/06/16(火) 14:00:47.03 ID:SOjfZ0j5O
 看取「確かに襲うんなら、とっくに動くものね」


 看取「でも、アンタから離れたりハネジローが恐がってもないし・・・」


 看取「・・・そっか。大丈夫なんだ」ホッ


 ランシス「ところでさ、みーちゃんの後ろにいるのは?」


 液化人影「」ゴププッ


 看取「え?あ・・・(しまった、咄嗟につい出しちゃってたんだった)」アセアセ


 ハネジロー「パムパムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 ランシス「もしかして・・・みーちゃんの能力?」


 看取「あっ、そ、そうよ。あれー?なんで出てきたのかなー?」アセアセ


 ランシス「>>306
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 18:31:18.74 ID:pi67ee0HO
こういう能力を見れたのって結構久しぶりー
どんなことできるの?
307 :1 [saga]:2020/06/16(火) 20:38:07.97 ID:k/y/Qn1S0
 ランシス「へぇ、こんな能力もあるんだ。初めて見たよ」


 ランシス「というか能力を見れたのって結構、久しぶりかも」


 看取「そ、そう・・・」


 看取「(よかったー、警戒してたの気付いてなかったみたいね・・・)」ホッ


 ランシス「どんなことできるの?」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」
 

 看取「まぁ、こんな風に完全な液体じゃない液体金属を操ることができるよ」


 看取「精密性を考慮しないなら、自由に形状を操作することもできて・・・ほらっ」


 ―ビシャアァァァ・・・

 ランシス「わっ、溶けちゃった・・・」


 液化人影(イルカ)「」ピョーンッ


 ランシス「おぉ〜〜・・・!」パチパチッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴ〜」パチパチッ


 ハネジロー「パムー」パチパチッ


 看取「>>308
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 20:39:14.35 ID:lDoME9PU0
喜んでくれてうれしいわ
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 20:39:29.81 ID:VGzVa+1Ko
ふふふ、悪い気がしないわね
310 :1 [saga]:2020/06/16(火) 20:51:09.87 ID:k/y/Qn1S0
 ランシス「動物にして動かせたりもできるんだね!すごい!」パチパチッ


 看取「喜んでもらえて、まぁ・・・悪い気はしないわね。嬉しい」クスッ


 ハネジロー「パムー」


 ランシス「あっ、ハネジローにもできる?」


 看取「ハネジローに?・・・ん〜、ちょっと待って?」


 看取「えっと・・・ここがこうで・・・」


 ―ブロンッ

 ドリー妹「はぁ〜、たのしかった!」


 悠里「あれ?何してるの?」


 ランシス「みーちゃんの能力でハネジローを今創ってもらってるんだよ」


 ドリー妹「ハネジローちゃんを?わぁ、創れるのかな・・・」


 悠里「楽しみだね」ワクワク




 どうだった?

 ◎ 30以上orゾロ目
 × ↑以下
  
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 20:54:35.77 ID:VGzVa+1Ko
……ネットに接続
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 20:55:44.23 ID:pi67ee0HO
最高じゃないか
313 :1 [saga]:2020/06/16(火) 21:06:14.96 ID:k/y/Qn1S0
 看取「どうよ!」


 液化人影(ハネジロー)「」ピョコピョコ 


 ランシス・ドリー妹・悠里「「「おぉ〜〜〜!そっくり〜!」」」パチパチッ


 ハネジロー「パム〜」パチパチッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴ〜」パチパチッ


 看取「イヤ〜、疲れたわ・・・」


 ハネジロー「パムパムー」


 液化人影(ハネジロー)「」ピョコピョコ


 悠里「みーちゃんすごいね!こんな風にできるんだ!」


 ドリー妹「>>314
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 21:09:39.61 ID:pi67ee0HO
みーちゃんくらいになるとこれくらい朝飯前だよっ
でもすごく可愛いね、ハネジローそっくりだよ
315 :1 [saga]:2020/06/16(火) 21:28:32.09 ID:k/y/Qn1S0
 ドリー妹「みーちゃんなら、これくらいあさメシまえだよっ」フフン

 
 ドリー妹「でも、すごく可愛いね!ハネジローちゃんそっくりだよ」


 ランシス「うん!嬉美も・・・あ、飼い主さんのことなんだけど」


 ランシス「そっくりだから、喜ぶと思うなぁ」ニコリ
 

 看取「そ、そう?」


 ランシス「うん!ハネジローもすごく喜んでるからね」クスッ


 ハネジロー「パムパムー」


 悠里「ホントだ。お友達と思ってるのかな」


 ドリー妹「そうだと思うよ」


 ドリー妹「これなら、みーちゃんユーエンチでパフォーマーになれそうだね」


 看取「>>316
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 21:29:46.57 ID:vVVvtHfxO
ぱ、パフォーマー?
確かにピエロっていうか奇抜な格好してたけどさ…ポリポリ
317 :1 [saga]:2020/06/16(火) 21:32:42.97 ID:k/y/Qn1S0
 前回のスレでの会話でパフォーマーを推奨されていますので

 台詞
 >>318
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 21:36:53.64 ID:VGzVa+1Ko
そうね、これだけウケるならいいかも
319 :1 [saga]:2020/06/16(火) 21:49:47.00 ID:k/y/Qn1S0
 看取「そうね・・・これだけウケるならいいかも」


 ランシス「みーちゃん、パフォーマーになるの?」


 看取「まだ予定ではないけどね」


 看取「ただニートじゃあ、ダメでしょうから働かないと・・・」


 ランシス「そっか。ピエロっていうか奇抜な格好するの?」


 看取「しないわよ」キッパリ


 ドリー妹「残念・・・」


 悠里「面白そうなのにー」


 看取「恥ずかしいっての・・・」


 ランシス「>>320
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 21:51:29.50 ID:lDoME9PU0
タップダンスでもジャグリングでも、
奇抜ななりする必要はないもんね
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 21:54:32.91 ID:pi67ee0HO
まー今の服だと少しエッチだけど地味だし色々考えたら良いと思うよ
322 :1 [saga]:2020/06/16(火) 22:00:43.71 ID:k/y/Qn1S0
 ランシス「まー、今の服だと少しエッチだけど地味だし色々考えたら良いと思うよ」


 看取「エ、エ、エッチって、そんなことないでしょ!?//」


 悠里「いやー、胸元開きすぎじゃないかなー」


 ランシス「ねー?」


 看取「こ、こういうファッションだから・・・//」


 ドリー妹「ん〜・・・やっぱり私もエッチだと思っちゃうかなー」


 看取「」ガーン


 ハネジロー「パムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 看取「>>323
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 22:06:25.09 ID:pi67ee0HO
あなた達にも言われるってことはそうね…
さらしくらいは巻いてあげるわよ
324 :1 [saga]:2020/06/16(火) 22:09:38.03 ID:k/y/Qn1S0
 今日はここまで 
 おやすみなさいませー

 http://jump.vip2ch.com/http://s.kota2.net/1591437924.jpg

 やっぱこれエッチっすよね
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 22:09:44.84 ID:vVVvtHfxO
ひ、平たくないってアピールなんだから!
326 :1  [saga]:2020/06/17(水) 06:09:53.74 ID:O4kzh7B70
 看取「ひ、平たくないってアピールなんだから!//」


 ランシス「だからってそこまで胸元開けなくても・・・」


 看取「ぐぬぬ・・・」


 看取「・・・ハァーー、わかったわよ。そうですね」


 看取「んじゃ、サラシくらいは巻けばいいんでしょ」


 悠里「サラシ?」


 ランシス「よくこう、悪ぶってる人が胸とかに包帯みたいなのを巻いてるアレだよ」


 悠里「ん〜・・・わかんない」


 ランシス「っていうかみーちゃんノーブラ?」 


 看取「・・・」フイッ


 ドリー妹「>>327



 画像を見る限りノーブラっすよね。えっち
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 06:25:19.62 ID:GAPveuGOO
あわきんもそうだけど強能力者って少し服装変わってるよね

確かにつけてるとこ見たことないかも
買ってみようか?
328 :1  [saga]:2020/06/17(水) 06:59:27.23 ID:O4kzh7B70
 ドリー妹「たしかに、つけてるとこ見たことないかも・・・」

 
 悠里「えぇ・・・着けないとうっかり出ちゃったらどうするの」タラー


 ランシス「そうそう」


 看取「そ、そんなことまず私はしないから/」


 ランシス「それでも、というかそれ以前に擦れていたくない?」


 看取「別にそこまで私大きくないし/」


 悠里「でも、大きくなったら着けないとダメだよ?」


 悠里「>>329




 >>327 あわきんとみーちゃんは大能力者でせうね。
     蜜蟻ちゃん、妹達(打ち止め含)、湾内さん、万彬たん、リタ、ナルが強能力者でせう
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 07:03:57.18 ID:wkPhvX6AO
そういうところを隠しておしゃれするのも大事だって聞いたし!
330 :1  [saga]:2020/06/17(水) 07:59:22.23 ID:o0wyNnYAO
 悠里「そういうところを隠してオシャレにするのも大事なことだよ」


 悠里「って、せんせえがそう言ってた」


 看取「フ、フーン・・・納得するっちゃ納得する言い分ね・・・」


 ランシス「私はねー、万化がいつでも脱がしてきてもいいように毎日気合い入れてるんだよ//」キャッ


 看取「あー、そーですかー」シラー


 ドリー妹「みーちゃん、昨日大きくならないでよかったって言ってたけど・・・」


 ドリー妹「もしかして着けなくていいからなの?」


 看取「イヤ、別にそういうわけではないけど・・・」


 ランシス「>>331
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 08:12:32.33 ID:GAPveuGOO
小さい方が動きやすいっていうのはあるよねー、仕事仲間で大きい娘いるけど大変そうだもん
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 08:14:34.90 ID:wkPhvX6AO
男の子が勘違いしちゃうし気をつけて方がいいよ、火遊びしちゃったら大変だよ?
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 08:17:45.38 ID:wkPhvX6AO
先生って胸大きかったっけ?
ふと気になったっぽい
334 :1  [saga]:2020/06/17(水) 08:23:27.29 ID:o0wyNnYAO
 ランシス「小さい方が動きやすいっていうのはあるみたいだよねー」


 ランシス「友達に大きい娘いるけど、大変そうだもん」


 悠里「あっ、私の友達も少し大変って言ってたね」


 ドリー妹「操祈ちゃんも大変なのかな・・・」


 看取「じゃないの。知ったこっちゃないけど」フンス


 ランシス「でも、男の子が勘違いしちゃうし、気をつけて方がいいよ」


 ランシス「火遊び感覚で近寄ってきたら大変だよ?」


 看取「その時はその時で、対処するから大丈夫だから」


 ランシス「そう?・・・なら、いいのかな?」ウーン


 看取「>>334
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 08:28:28.97 ID:GAPveuGOO
そのうち付けるかもしれないし、そのときはそうね…
336 :1  [saga]:2020/06/17(水) 12:19:46.28 ID:o0wyNnYAO
 看取「その内着けるかもしれないから、その時は・・・そうね」ウーン


 看取「友達に相談してみるわよ」


 ドリー妹「操祈ちゃんに?」


 看取「うん。五和ちゃんでもいいんだけど・・・流石にまだ出会って1日の仲じゃねぇ」


 ランシス「五和とも友達だったんだ。1日ってことは、昨日初めて会ったの?」


 ドリー妹「うんっ。おなじマンションに住んでるの」


 看取「少し離れてるけどね。お昼に手料理振る舞ってもらったわ」


 ランシス「おぉー、よかったねー」ニコリ


 看取「うん。・・・ランシスと悠里ちゃんはどこに住んでるの?」


 ランシス「マンションだよ。結構、ランクが高いから快適だね」クスッ


 悠里「えっと・・・ところどころ歩いたら床が抜けちゃいそうで」


 看取「ごめん。聴かなかったことにして」ギューッ

 
 悠里「え?う、うん・・・?」キョトン


 ランシス「>>337




 >>333 まぁうーん、大人って感じのサイズでせうかね
     そこまでデカくはないでせうが
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 12:34:55.87 ID:Fu4QXCxwO
悠里ちゃんのところも先生が働いたら普通に引っ越すんじゃないかなあ…
引っ越し作業なら私達も手伝うよ
ハネジローも応援してるだろうし
338 :1  [saga]:2020/06/17(水) 12:55:00.51 ID:o0wyNnYAO
 ランシス「え?そ、そんなに生活厳しいの?」


 ドリー妹「床がぬけるって・・・どういうこと?」


 悠里「こう、畳を足でズポッて穴を空けちゃうの」


 悠里「私はまだないんだけど、せんせえは結構ズポッていっちゃうかな」


 看取「まぁ、大人と子供の差ね・・・」


 ランシス「先生と一緒に住んでるの?先生、お仕事はしてるんだよね?」


 悠里「まだだよ。色々あって、私を守ってくれてたからな」


 看取「そうなの・・・(やっぱり何か訳ありだったんだね)」


 悠里「でも、もうすぐしたらせんせえも学校で働くことになるから」


 悠里「きっとお引っ越しはすると思うよ」ニコリ


 ランシス「そっか。その時は、私も手伝うよ。ハネジローとハーちゃんも応援してくれるから」

 
 ハネジロー「パムパムー」


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」


 ドリー妹「わたしもおてつだいしたい!」


 看取「>>339
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 12:56:49.03 ID:Fu4QXCxwO
そーねー私も手は空いてるしドリーの社会勉強になるだろうから手伝うわ
340 :1  [saga]:2020/06/17(水) 17:52:32.39 ID:aCkecRMRO
 看取「そうね、私も今は手が空いてるし・・・」


 看取「ドリーの社会勉強になるだろうから、手伝わせてもらうわ」コクリ


 悠里「ありがとう、みんなっ」ニコリ


 ランシス「あっ、携帯持ってる?よかったら番号交換しようよ 」


 看取「うん。いいわよ」


 悠里「この間買ったばかりだから、連絡先が増えて嬉しいな」ニコリ 


 ドリー妹「いいなー・・・」チラッ


 看取「・・・私が働いて生計立てられるようになって、買ってあげるから」


 看取「もう少し待っててもらえる?」クスッ


 ドリー妹「うん!」ニコリ




 ランシス「じゃあ、みんなまたね〜」ヒラヒラ


 ハネジロー「パムパムー」パタパタッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」フリフリ




 悠里「またね〜」ヒラヒラ


 ドリー妹「バイバーイ」ヒラヒラ


 看取「ちゃんとフラミンゴに戻すのよー」ヒラヒラ




 ランシス「あっ、そうだった」アセアセ


 ハゲタカヤミー「ヴヴッ」
341 :1  [saga]:2020/06/17(水) 18:34:56.35 ID:aCkecRMRO
 視点変更

 とある学生の期末試験 Final Battle
 シャットアウラ 事件簿
 芳川桔梗
 オルソラ=アクィナス
 恋査28 
 鳴護アリサのスクールシティープリンセス ラジオ
 神華皇子
 パトリシア=バードウェイ

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 19:05:47.58 ID:bv+zcyn4O
ファイナル
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 19:05:53.14 ID:xDEx9lntO
オルソラ
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 19:06:10.28 ID:a7SXQOjUO
桔梗
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 19:28:32.69 ID:G/7N2ECmo
ある意味最終決戦だな
346 :1  [saga]:2020/06/17(水) 19:57:06.58 ID:O4kzh7B70
 -学園都市 第七学区 とある高校-

 小萌「はーい、皆さんこれが最後の科目のテストですよー」


 小萌「気を引き締めて挑んでくださーい!」


 上条「(ついに・・・ついに最後か・・・)」



 −キーンコーンカーンコーン

 小萌「はーい!スタートー!」


 −ゴソゴソッ ゴソゴソッ


 上条「(よしっ・・・!まずはわかる問題から)」


 上条「・・・」カリカリッ



 最後の科目は?
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:00:57.61 ID:NmxCFmP50
物理学
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:02:42.59 ID:G/7N2ECmo
数学3
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:09:19.09 ID:bv+zcyn4O
能力開発
350 :1 [saga]:2020/06/17(水) 20:35:57.57 ID:O4kzh7B70
 上条「(まさか能力開発が最後に来るとはな)」


 上条「(けど、これで終わりなんだ)」


 上条「(最後までやってやるぜ・・・!)」


 上条「(よし、大方解答はできた。次は・・・)」



 『次の能力名を漢字で書きなさい』


 『1.ストレスダウンジング』
 
 『2.メンタルスティンガー』

 『3.アスポーツ』
 


 1.ストレスダウンジング >>351 

 2.メンタルスティンガー >>352 

 3.アスポーツ      >>353  


 すーわせん。>>1天っ才物理学者じゃないので無理でせう・・・
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:38:33.67 ID:bv+zcyn4O
雑意感知
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:39:28.67 ID:Ngxb3m8aO
心理穿孔
これミスったら蜂に刺されるぞー
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:40:12.41 ID:G/7N2ECmo
精神刺突
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 20:41:27.03 ID:G/7N2ECmo
あ、本編にあるのか和訳こいつは失礼をば
355 :1 [saga]:2020/06/17(水) 20:50:02.14 ID:O4kzh7B70
 上条「・・・」カリカリ


 『雑意感知』

 『心理穿孔』

 『精神刺突』

 
 上条「(まぁ、恋人の能力名を間違えるってことはしないでせうよ)」


 上条「(間違ってたら上条さん、ザビーゼクターにブスリと刺されるからな・・・)」


 上条「(でもって補習になったりでもしたら・・・)」


 上条「(全員から何を言われ続けられるか・・・)」


 上条「(・・・ええい!今はそれを考えずにやらねば!次!次!)」



 『能力開発の最低になる年齢制限を答えなさい』


 『1.0歳』

 『2.10歳』

 『3.5歳』

 
 上条「・・・」

 

 どれ?
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)


 あ、書き忘れてましたが場所の書き間違えでも問答無用で採点は×でせう
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:08:01.05 ID:bv+zcyn4O
3番
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:08:12.26 ID:+Laje/CkO
5歳
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:08:28.78 ID:L6PUuAXeO
アツシナオ受けてるし5歳かにゃーん
359 :1 [saga]:2020/06/17(水) 21:19:27.00 ID:O4kzh7B70
 上条「(そりゃ幼稚園児が学園都市にいるわけでせうし・・・)」カリカリ


 上条「(5歳からでせうよね。上限の年齢は知らないでせうけど・・・)」


 上条「(まぁ、美鈴さんぐらいからは厳しいよな)」


 上条「(次の問題はっと・・・)」



 『以下の能力者の段階を「漢字」で答えよ』


 『無能力者→ → → →超能力者』

 『レベル1・レベル2・レベル3・レベル4』


 上条「・・・」




 解答してください
 ↓1
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:27:20.59 ID:WfKHHSdoO
低能力者→異能力者→強能力者→大能力者

だったはず
361 :1 [saga]:2020/06/17(水) 21:47:29.01 ID:O4kzh7B70
 上条「(ここは点数が高いからな・・・慎重に答えないと)」


 上条「(まず・・・低能力、次に異能力・・・)」カリカリ


 上条「(・・・最後の2つ、どっちが上だっけ・・・)」タラー


 上条「(落ち着け落ち着け。まだ時間はあるんだ)」


 上条「(・・・!。そうか!強大って並びになってるって美琴が教えてくれたな)」


 上条「(そうだそうだ。強能力者、それから大能力者だ)」カリカリ


 上条「(ふぅ〜・・・なんとか難問を答えられたな)」


 上条「(さて、次の問題だ)」



 『超能力者の1人 削板軍覇が行っていない行動を答えよ』


 『1.拳を突き出すだけで山火事を鎮火する』

 『2.何らかの得体のしれない力で体を包む』

 『3.心理掌握の洗脳を解く』

 『4.地面を殴り後方に衝撃波を放つ』


 上条「・・・」



 ↓2まで(コンマが高い安価で決定))
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:56:57.75 ID:bv+zcyn4O
4って後方じゃなかったっけ?なので4
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:57:39.80 ID:bGUgKnnRO
2?
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 21:58:22.77 ID:bv+zcyn4O
やっべ
4は前方に衝撃波だった気がするので4ね
後方は誤りな気が
365 :1 [saga]:2020/06/17(水) 22:03:29.15 ID:O4kzh7B70
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 土曜日仕事になりやしたので。ちなみにそぎーの問題はひっかけ問題でせう
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 22:04:27.04 ID:G/7N2ECmo
お疲れ様です
先ほどはすみませんでした
367 :1  [saga]:2020/06/18(木) 05:02:17.62 ID:7h7ov4Nj0
 上条「・・・(どれだろなー・・・)」


 上条「(何か全部できそうな気がして・・・いや、でも操祈の能力を自力で解けるのか?)」


 上条「(・・・解けそうだな、あいつなら)」


 上条「(じゃあ・・・これか?得たいのしれない力で体を包むっての)」


 上条「(バリアみたいなのを張って自衛するようなやつじゃないしな)」


 上条「(よし、4だ)」カリカリッ


 上条「(よーし・・・難問の穴埋めはこれで全部だな)」


 上条「(最後は・・・これだな)」 



 『貴方自身の能力についてお書きください(意見、改善点など)』


 上条「・・・」


 上条「(うーん・・・)」



 
 上条さんの幻想殺しについての感想or意見
 ↓3まで
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 06:06:38.18 ID:hPHeF8D5O
右手を負傷するとイマイチ記憶が飛んだり覚えてないことがあるのでなんとかしたい
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 06:10:59.56 ID:8hKokRbvO
能力に対しては効果があるので上手く使えば防衛力に使えるけど範囲がせまいのが難点でせう
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 06:21:11.36 ID:Qu4qwtLkO
異能を消せるので使い方次第だと思うが幸運まで打ち消されるのは勘弁してほしい
371 :1  [saga]:2020/06/18(木) 07:24:32.38 ID:1imk17v1O
 上条「(能力に対しては効果があるので、上手く使えば防衛力に使えるが)」


 上条「(範囲が狭いのが難点であり、更には自身の幸運まで打ち消されるのは勘弁してほしい)」


 上条「(・・・こんなもんでいいか)」


 上条「(詳しく書けとかも説明文にはないし、というか書いたところでどうにもならないもんな)」


 −キーンコーンカーンコーン

 上条「(・・・終わったか〜)」


 小萌「はーい!終了ですよー!」


 小萌「皆さんお疲れさまでしたー!それでは後ろから回収してくださいねー」


 −ザワザワ ザワザワ・・・

 土御門「にゃはは〜やっと終わったですたい」ノビー


 姫神「お疲れさんどした」クスッ


 青ピ「これで後は結果次第やなー」


 上条「>>372
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 07:28:52.15 ID:hPHeF8D5O
補講にはなりませんように願いますことよ
勉強も普段よりはやったし平気なはずっ!
373 :1  [saga]:2020/06/18(木) 07:42:21.10 ID:1imk17v1O
 上条「補習にはなりませんように願いますのことよ」


 青ピ「せやねー」


 姫神「そのせいで。冬休みが短くなるのは。悲惨でしかない」


 土御門「にゃー」


 上条「予習も普段よりやったんだ、平気なはずでせうっ・・・!」


 青ピ「僕もそう思うてるで!」


 土御門「まぁ、そういうわけで終わったんだから帰ろうぜい」


 姫神「うん・・・元春君。一緒に帰ろ?」


 土御門「ああっ、いいぜい」ニカッ


 メビオ「クウガ。褒美の馬刺し・・・」ピョコピョコ


 青ピ「はいはい。よう頑張ったやん、メビオちゃん」ナデナデ


 −ワイワイ ワイワイ・・・

 上条「・・・さてと、上条さんも帰るでせうか」


 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 07:51:49.23 ID:hPHeF8D5O
ふっきーと帰ろうとするもアイテムの打ち合わせだから無理そうだぞと語り背後からぬっと現れて驚かす雲川先輩
昼も食べてないんだろうし一緒に行かないか?と誘われてお昼に

高校の考査機関って午前中だけだったなそういえば
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 07:55:26.51 ID:vLIRVNHoO
↑+まさかの個室居酒屋で困る上条さんだがランチもやってんだぞと引っぱっていく先輩
学校から離れた場所に変身して上条さん運転で連れて行く用意周到っぷり
376 :1  [saga]:2020/06/18(木) 08:19:31.62 ID:1imk17v1O
 上条「せっかくだし制理と帰るか」


 上条「制理は・・・あっ、電話中か」
  

 雲川「「アイテム」の打ち合わせだから、一緒に帰るのは無理そうだぞ」ヌッ


 上条「うおっ!?・・・せ、芹亜先輩、驚かさないでくださいよ」アセアセ


 雲川「ふふっ、すまんすまん。ついな」クスッ


 上条「ついって・・・はぁ、まぁいいでせうが。制理はこれから用事になりそうなんでせうか?」


 雲川「期末試験まで「アイテム」の活動を休んでいたからな、あの生真面目な制理のことだから」


 雲川「試験明けになったら仕事に行くと思うんだけど」


 上条「あぁ、確かに・・・」


 雲川「そういう訳でだ当麻。昼も食べてないんだろうし、一緒に行かないか?」


 雲川「制理にも一応聴いてみてからな」


 上条「>>377



 >>374 はい。なんで>>1は家帰ったらまず遊んでましたねw
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 08:22:23.37 ID:7pbC5XMpO
そうですね、先輩は忙しくないんですか?
ほら採点とか…
378 :1  [saga]:2020/06/18(木) 12:17:44.18 ID:1imk17v1O
 上条「そうですね。・・・でも、芹亜先輩は忙しくないんでせうか?」


 雲川「なんでだ?」


 上条「いや、なんでって・・・」


 上条「芹亜先輩、大学通いつつ講師してるんでしょう?見たことないでせうが」


 雲川「あぁ、私は担任という訳ではないからな」


 雲川「だから採点しないんだけど」


 上条「さいでせうか・・・」


 雲川「ああっ。ほら、制理が電話を終えたみたいだけど」


 上条「あ、はい」




 上条「制理、これから「アイテム」の活動に行くのか?」


 吹寄「あっ、ええっ。そうなのよ」コクリ


 吹寄「・・・だから、今日はパスするわね。ごめんなさい」


 上条「いや、いいんだ。謝ることねえよ」


 吹寄「>>379
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 12:31:24.27 ID:AIj6ZzZiO
ありがと
テストの結果も見た感じ当麻も悪くなさそうだし冬休みに楽しみを残しておくわフフッ
380 :1  [saga]:2020/06/18(木) 19:21:46.94 ID:0d+VVsr6O
 吹寄「ありがと」クスッ


 上条「時間が取れそうだったらまた今度、一緒に遊ぼうぜ」


 吹寄「ええっ。テストの結果も見た感じは、当麻も悪くなさそうだし」


 吹寄「冬休みに楽しみを残しておくわ」フフッ


 上条「そか。じゃあ、また今度な」


 吹寄「うん」ニコリ


 吹寄「・・・あっ・・・と、当麻」


 上条「ん?どうしかし」


 −ちゅっ

 上条「んっ・・・」


 吹寄「っは・・・//・・・き、期末試験頑張ったから、その・・・//」モジモジ


 吹寄「・・・そ、そういうこと!//じゃあねっ//」ソソクサ


 上条「・・・お、おう//」ポリポリ


 雲川「>>381




 雨がすごいすね
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 19:23:42.98 ID:NBCIKRMUo
…っうかうかしてたらご褒美を先にやられたか
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 19:24:50.89 ID:27Phl8+9O
西がひどいならこっちは明日が怖いわねぇ…

見せつけてくれるな
383 :1  [saga]:2020/06/18(木) 19:46:45.44 ID:7h7ov4Nj0
 雲川「・・・っ。うかうかしてたからご褒美を先にやられたか」グヌヌッ


 雲川「くっ・・・やるなな、制理も 」


 雲川「・・・」スタスタ



  
 雲川「見せつけてくれるなぁ」


 上条「あっ・・・み、見てましたか//」


 雲川「見てない方がおかしいんだけど」フンス


 雲川「私もご褒美にくれてやろうと思っていたのに・・・」


 上条「え?あ・・・そ、そうなんでせうか//」


 雲川「>>384



 >>382 お気をつけて
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 20:03:32.48 ID:27Phl8+9O
頑張ってる伴侶にご褒美を与えるのは妻として当然なんだけどフンス
さて何がいい?
385 :1 [saga]:2020/06/18(木) 20:42:43.70 ID:7h7ov4Nj0
 雲川「頑張ってる伴侶にご褒美を与えるのは妻として当然なんだけど」フンス


 上条「いや、まだそこまで俺達いってないでせうが・・・」


 雲川「いずれそうなるだろう?」


 雲川「まぁ、それはさておき。何がいい?」


 上条「ご褒美がでせうか?」


 雲川「それ以外ないと思うけど?他にあるのか?」


 上条「い、いえ、ないでせう・・・ん〜・・・」


 雲川「(何を要求してくるのか・・・ちょっとばかり楽しみなんだけど)」ワクワク


 上条「・・・―――」



 台詞
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 20:49:16.36 ID:27Phl8+9O
じゃあ頭を撫でてほしいでせう
普段撫でる側なんで…
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 20:53:19.64 ID:JXr4tVrOO
↑+ハグ
388 :1 [saga]:2020/06/18(木) 22:09:51.68 ID:7h7ov4Nj0
 上条「じゃあ、ハグして頭を撫でてほしいでせう」


 雲川「え?・・・そんなのでいいのか?」


 上条「普段は撫でる側なんで・・・たまにはそうしてもらいたいなと思った次第でせう」


 雲川「そうか・・・ふむ。それなら別にいくらでもしてあげるんだけど」


 雲川「ほらっ」スッ


 上条「あ、いや、ここじゃまずいんで外で・・・」


 雲川「・・・制理とはキスかましたくせに」ムスッ


 上条「あ、あれは、不意打ちと言いますか・・・//」


 雲川「・・・まぁ、させないのであればいいんだけど」


 雲川「ほら、行くぞ」


 上条「あ、は、はい」コクリ



 
 -第七学区 とある高校 校門前-

 雲川「さて・・・ほいっ」


 『ガシャット!』


 バイクゲーマー「」ブロロン!


 雲川「今日は私が運転してやるんだけど」


 上条「あ、どうも。・・・ってか、変身しなくてもバイク出せたんですか」


 雲川「>>389
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 22:14:03.43 ID:JXr4tVrOO
目立つのは嫌いじゃないが大事な人と二人でいる時くらいは目立たないほうが良いと思ったから改造したけど
390 :1 [saga]:2020/06/18(木) 22:34:40.50 ID:7h7ov4Nj0
 雲川「そうだけど。1人で乗る時は元々こうしていたんだ」


 上条「さいでせうか・・・」


 雲川「まぁ、目立つのは嫌いじゃないけど大事な人と2人でいる時くらいは」
 

 雲川「目立たないほうが良いと思ったからな」クスッ


 上条「・・・ありがとうございます」クスッ


 雲川「んっ・・・//・・・ほら」スッ


 上条「はいっ」カポッ


 ―ブロロン!

 上条@ヘルメット「ちなみに先輩?どこに行くでせうか?」


 雲川@ヘルメット「店に着いてからのお楽しみなんだけど」クスッ


 上条「そうですか・・・」


391 :1 [saga]:2020/06/18(木) 22:45:43.44 ID:7h7ov4Nj0



 -第八学区 居酒屋-

 ―キキィッ

 雲川「着いたぞ。ここで昼食とするんだけど」
 

 上条「え?・・・ここでせうか?」


 雲川「そうだけど」


 上条「(確かここって・・・シャットアウラが働いてたよな)」


 ※http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488540511>>21 参照

 上条「(今思えば、あれって探偵としての依頼かなんかで働いてたのか・・・?)」


 雲川「さっ、入ろう。当麻」


 上条「あ、はい」コクリ




 -居酒屋 個室-

 雲川「当麻はここへ来たことはあるのか?」


 上条「はい。クラスメイトの歓迎会の時に来たことがあります」


 上条「なんとなく、つくねが美味しかった記憶が・・・」


 雲川「そうか」


 雲川「>>392
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 22:51:57.76 ID:IOIVK6KrO
なかなかいい店を知っているな、私もお前たちが来たと聞いてここに通うになったんだけど
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 22:53:29.22 ID:JXr4tVrOO
あの頃は上条さん×姫神もあったのかねーと
今が幸せそうなのでつっちーと末永く爆発してほしいけど

私も焼き鳥が好きなんだけど
394 :1 [saga]:2020/06/18(木) 22:57:52.01 ID:7h7ov4Nj0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 >>393 あったっすねー。みさきち×一方先生なんてのもあったのかもしれない分岐点がありましたねー
     つっちー意外と秋ちゃんに詰め寄らないでせうよね
395 :1  [saga]:2020/06/19(金) 05:44:09.50 ID:eaz5A7lV0
 雲川「私は芳川さんから聞いて、ここに通うようになったんだけど」

 
 上条「確か、同じ系統のリーダーになってる人でしたっけ?」


 雲川「そうだけど、本人はあまり自覚していないようだがな」


 雲川「私のオススメは焼き鳥のふりそでなんだけど」


 上条「ふりそで?」


 雲川「手羽元と胸肉の間の部位のことだ。1羽につきちょっとしか取れないから」


 雲川「希少な部位でもあるけど」


 上条「へぇ・・・」


 雲川「>>396
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 06:00:33.11 ID:0jrW5p3CO
値段もそれなりだが食べる価値はあるぞ
テスト頑張ったろうし奢るけど?
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 06:16:51.51 ID:UjeSkiK3O
フリソデって部位があるのか知らなかったけど美味そう!

さてアーンでもしてあげるけと
398 :1  [saga]:2020/06/19(金) 06:32:32.34 ID:eaz5A7lV0
 雲川「値段もそれなりにするけど、食べる価値はあるぞ」


 雲川「よかったら食べてみるか?」


 上条「え?いいんでせうか?」


 雲川「試期末験も頑張ったことだしな、奢ってやるんだけど」クスッ


 上条「あ、ありがとうございます。じゃあ・・・お願いします」


 雲川「ああっ。他にも色々メニューを選んでいいけど」


 上条「はい」コクリ


 上条「えーっと・・・(あの時は適当に選んでたからな。今度はしっかり見てみるか)」


 雲川「・・・」ジーッ


 雲川「・・・」スススッ,ギュウッ


 上条「・・・あ、あの、芹亜先輩?い、今抱きついてこなくても」


 雲川「>>398
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 07:08:02.38 ID:0jrW5p3CO
いいだろう?なかなか当麻と会う機会がレッサーたちと比べて少なかったんだ
たまには甘えさせてもらってもいいけど
400 :1  [saga]:2020/06/19(金) 07:30:52.15 ID:D0WcKRonO
 雲川「いいだろう?期末試験もあって、中々当麻と会う機会がレッサー達と比べて少なかったんだ」


 雲川「たまには甘えさせてもらってもいいけど」


 雲川「ついでに・・・撫でてもやる」ナデナデ


 上条「・・・ありがとうございます」クスッ


 −ムニュッ ムニュッ・・・

 上条「(・・・ただ、これは非常に//)」ドキドキッ


 雲川「期末試験中はどうしてたんだ?当麻は」


 上条「え?//」ドキッ


 雲川「ん?」


 上条「いや、あの・・・//」


 雲川「どうした?レッサーかレイヴィニアに手伝ってもらってなかったのか?」


 上条「あっ、そ、そうでせうね・・・//」


 上条「風呂場に隔離してそこを勉強するために使ってましたね」


 上条「>>401
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 07:34:24.62 ID:0jrW5p3CO
レッサーが飴でレイがムチと言いますか…
ただ教え方は二人ともうまいんですよ
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 07:35:15.14 ID:l+dn4BvrO
レッサーは教えるとき伊達メガネかけてできるアピールして教えてくるイメージ

狭いんで勉強に集中するには一番でしたことよ
403 :1  [saga]:2020/06/19(金) 07:49:21.44 ID:D0WcKRonO
 上条「狭いんで、逆に勉強に集中するには1番でしたことよ」


 雲川「そうか。ならよかったんだけど」


 雲川「ちなみにあの2人の教え方はどうなんだ?」


 上条「んー・・・レッサーが飴でレイがムチと言いますか・・・」


 上条「レッサーは教える時に伊達メガネかけてできるアピールして・・・」


 上条「レイは鞭を持ってペチッペチッと鳴らしながら威圧してくるんでせうよ」


 雲川「(物理的な鞭なのか・・・まぁ、想像できるな)」


 上条「ちょっと変な感じでせうが、ただ教え方は2人とも上手いんでせうよ」


 上条「今回は久しぶりに自力で勉強しましたけど・・・」


 雲川「なるほど。まぁ、自力でやることも大切だからな」ナデナデ


 雲川「>>404
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 07:53:18.43 ID:0jrW5p3CO
自分で何かを成し遂げたときの達成感は何者にも変えがたい幸福だけど
私だってこうして誘うのも勇気がいるがそれを達成した喜びもまた同じだ
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 07:53:47.45 ID:+KbWgZTOO
私が最初に褒めてやろうよしよし
406 :1  [saga]:2020/06/19(金) 08:14:05.28 ID:D0WcKRonO
 雲川「私が最初に褒めてやろう。よしよし」ナデナデ


 上条「ど、どうも・・・」テレ


 雲川「自分で何かを成し遂げたときの達成感は何者にも変えがたい幸福だからな」

  
 雲川「私だってこうして誘うのも勇気がいるが・・・」


 雲川「それを達成した喜びも、また同じだと思うんだけど」ナデナデ


 上条「そ、そんなにまでなんでせうか?」


 雲川「ハァー・・・お前はまだまだ乙女心を理解しないとな」


 雲川「いくら余裕そうに見えていても、緊張くらいはしてるんだけど」


 上条「は、はぁ・・・」


 雲川「ま、今後そんなことがあるかもしれないからな。覚えておくことだ」ナデナデ


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 08:22:51.94 ID:XWdvVPfzO
今向かい合わせで座らずに隣同士で座ってるっぽい?

雲川先輩に褒められてドキドキな上条さん
気を取り直してメニューを決めませうと流れを取り戻そうと必死
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 08:24:32.40 ID:XWdvVPfzO
雲川先輩にリードされっぱなしなので話題を変えようとする上条さんだが先輩にオティヌスについて聞かれて吹き出す
先輩もオティヌスについては情報を集めているらしく携帯に盗撮したであろう写真が
しかもこの間の夜中のデートの写真もありバレてたのかと緊張
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 08:25:33.62 ID:0jrW5p3CO
客もそれほど多くなく雰囲気も良いなと思っていると雲川先輩が自らの手を掴んで太ももに乗せてきて理性が飛びそうになる上条
410 :1  [saga]:2020/06/19(金) 08:58:27.06 ID:D0WcKRonO
 雲川「期末試験の方は大丈夫そうか?」


 上条「はい。出来る限り問題の解答はできましたから」


 雲川「そうか。よく頑張ったな」ナデナデ


 雲川「自力でやり遂げたんだからな、本当に偉いぞ。当麻」ニコリ


 上条「は、はい・・・//」ポリポリ


 上条「・・・あっ、ま、まだ選んでなかったでせうね//」


 雲川「あぁ、そうだったか。どれにするんだ?」


 上条「えっと・・・」


 雲川「・・・」スッ,ニギッ 


 上条「・・・?(手を握りたい・・・訳じゃなさそうだけど、なんで手首を)」


 −ピトッ サワサワ・・・

 上条「っ!?///」カァァア


 上条「んなっ、な、何してっ!?///(なんか妙に太ももがはだけてると思ったら!///)」アセアセ


 雲川「>>411」 



 >>407 男女の逆にあすなろ抱きでした
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 12:12:01.87 ID:LKYmY8O9O
私に遠慮することが多い気がしてるんだけど、当麻なら構わないぞ
412 :1  [saga]:2020/06/19(金) 12:50:42.16 ID:D0WcKRonO
 雲川「私に遠慮することが多い気がしてるんだけど」


 上条「え、遠慮って・・・べ、別に、上条さんはそんなことは//


 雲川「当麻なら・・・構わないぞ?//」


 雲川「勉強に励んでいたのなら、その分我慢もしていただろうし・・・//」


 上条「・・・っ//」ゴクッ


 雲川「・・・まぁ、ここでは流石にな?//できれば、2人っきりになって・・・//」


 上条「で、でせうね//ははは・・・//」


 上条「(・・・マジでいいのかな//でもからかって言ったんなら・・・//)」モンモン


 雲川「あ、そういえばだ・・・」ゴソゴソッ


 上条「は、はい?//」


 雲川「この少女がオティヌスなのか?以前に会った気がするんだけど」


 上条「」


 上条「(こ、これって大分前にオティヌスが告白してきた、あの日の写真!?)」


 雲川「実は土御門から連絡があってな。当麻に危険人物が近寄っていると」


 雲川「それで、こっそり追跡していたんだけど・・・」


 雲川「>>413
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/19(金) 12:54:56.65 ID:U9b/OowUO
私は寧ろあっちの方が危険人物なんだがな
414 :1  [saga]:2020/06/19(金) 13:06:25.19 ID:D0WcKRonO
 雲川「色んな意味で危険人物だと判断したな。なんて格好してたんだあの女は」


 上条「やっぱ見てたんでせうか・・・」


 上条「というか、見てたんなら何で知らないような感じでいたんでせう?」

  
 雲川「まぁ、私の口から言うよりも当麻からの言った方が信憑性があるとも思い」


 雲川「何よりパニックを引き起こさないと思ったからなんだけど」


 上条「な、なるほど・・・」


 雲川「・・・それにしてもだ、単なる女子生徒だと思っていたのに、とんでもない奴だったんだな」


 雲川「魔神というのも頷けるんだけど」


 上条「調べたんですか?オティヌスのこと・・・」
   

 雲川「土御門の奴に頼んでな。まぁ、提供してくれたのはほんの一部だけだったが」


 雲川「それほど知っては危険だということもわかったけど」


 上条「>>415
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 19:29:23.92 ID:gyRZtxTvO
雲川先輩から動くと思っていたので動かなかったのはなんでてせうか?
416 :1 [saga]:2020/06/19(金) 20:56:13.61 ID:eaz5A7lV0
 上条「気になってたんでせうが、芹亜先輩ならあの時は動いてくると思っていたんでせうけど」


 上条「動かなかったのは、何かあったのでせうか?」


 雲川「学園都市統括理事会そのものが動けさせられなくなっていたんだけど」


 雲川「理事長によってな。だから、お前の元へも向かうことができなかったんだ」


 雲川「私を雇っている貝積継敏に頼み込もうにも手も足も出せなくなってな・・・」


 上条「そうだったんでせうか・・・」


 雲川「・・・で、オティヌスに関する資料を読んで燃えたが」


 上条「燃えた?」


 雲川「そう、一度読み終えた瞬間に物理的に燃えてしまったんだ。跡形もなく」


 上条「(そんだけやばいもんなのか・・・)」


 雲川「935歳となっていたがマジなのか?」


 上条「アイツが嘘をつくなんてことはないでせうからね・・・」


 上条「>>417




 明日通常通り休みになりましたやったぜ
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 20:59:41.21 ID:s4zwiJRXO
良かったわねー
じぶんもやすみでうれしひ

真実だと思いますけどだからといってどうもこうもないですしね
大事な人なのは変わらないですし
418 :1 [saga]:2020/06/19(金) 21:33:47.46 ID:eaz5A7lV0
 上条「真実だと思いますけど、だからと言ってどうもこうもないですからね」


 上条「大事な人なのは・・・変わらないですよ」


 雲川「知ってるんだけど」


 上条「え?」


 雲川「全部見てたからな。まったく・・・見せつけてくれたな」


 上条「あ、あはは・・・(そういやそうだった・・・)」


 雲川「・・・話し合える奴なのか?オティヌスは」


 上条「そりゃもちろん。日本語はペラペラで」


 雲川「そっちじゃなくて・・・あぁー、もういい。なんでもない」


 雲川「とにかくだ、期末試験も終わったことだ。全員できっちり話し合おうじゃないか」


 上条「そ、そうですね・・・」


 雲川「ほら、それ押してくれ。店員呼ぶから」


 上条「あっ」カチッ、ピンポーン





 「お待たせしました。ふりそで、ねぎま、つくね、さえずりの2人前です」

 
 雲川「どうも」


 上条「どうもでせう」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 21:41:38.13 ID:gAm5rWXzO
例のごとく美味しい焼鳥に舌鼓を打つふたり
特に自身おすすめのふりそにご満悦な上条さんを見て満足げなセン
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 21:43:34.88 ID:Jpq1nQKQO
雲川先輩って何歳くらいだろう19?

お酒が飲みたくなるなと語る雲川先輩に突っ込みつつ贅沢なランチを楽しむ2人
421 :1 [saga]:2020/06/19(金) 22:12:54.35 ID:eaz5A7lV0
 上条「んっ・・・」


 雲川「ふーむ・・・美味いな」モグモグ


 上条「はい。やっぱつくねが美味いでせう」クスッ


 雲川「酒が飲みたくなるんだだけど」


 上条「いや、アンタまだ19でしょうに」


 雲川「フフンッ、甘いな?黒ビールくらいな」


 雲川「こう見えても一通りの酒は飲んでみたんだけど」


 上条「おい」


 雲川「まぁ・・・お酒は二十歳になってからな?」


 雲川「その日の内に10種類も飲むような馬鹿なことはするなよ」


 上条「当たり前でせう・・・」


 雲川「>>422




 >>420 でせう。
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 22:19:53.46 ID:Y8Rjyin3o
上条は酒をたしなみそうだからな…何回か飲んでるのはしってるんだけど
423 :1 [saga]:2020/06/19(金) 22:26:48.38 ID:eaz5A7lV0
 雲川「当麻は意外と酒を嗜みそうだからな・・・」


 雲川「何回か飲んでるのは知ってるだけど」 


 上条「いやー・・・正直、もう飲まない方がいいかもしれないでせうね」


 雲川「飲んだ勢いで五和とよろしくしたからか?」
 

 上条「そ、それもあるんでせうが・・・」


 雲川「ん?」
 

 上条「やっぱり人に迷惑をかけるのはよろしくないというか・・・」


 雲川「そんなの今更なんだけど。散々心配かけさせやがったくせして」
 

 上条「反省してます・・・」


 雲川「ホントか?」
 

 上条「>>424
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 22:30:02.73 ID:ZyZujq5YO
も、もちろんですことよ
だからきちんと先輩に俺の弱みも話しましたし…
425 :1 [saga]:2020/06/19(金) 22:43:48.23 ID:eaz5A7lV0
 上条「も、もちろんですことよ。だから・・・」


 上条「きちんと先輩に、俺の今の状況も話したんです」


 雲川「・・・そういうことなら、信用してやるけど」
 

 上条「」ホッ


 雲川「ただし」ズイッ
 

 上条「はぃっ」


 雲川「もしも・・・また無茶したら、わかってるな?」


 雲川「その時は、壊れかかってるそのベルトを壊してやるんだけど」
 

 雲川「二度と戦わせないように。・・・いいか?」


 上条「・・・も、もちろんでせう」コクリ


 雲川「言っておくがこれは脅しじゃないんだけど」


 雲川「正真正銘の宣言だ。・・・そのベルトが・・・いや」


 雲川「お前という存在がいる限り、戦わなければならないんだからな」
 

 上条「>>426
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 23:14:00.58 ID:RDVw+2j80
勇気と無謀を履き違えちゃあいけないでせう
427 :1 [saga]:2020/06/19(金) 23:26:34.12 ID:eaz5A7lV0
 上条「はい・・・勇気と無謀を履き違えちゃあ、いけないでせうね」


 雲川「それをわかってくれているならいいんだけど」フンス
 

 雲川「言ってもわかってくれなさそうだからな、お前は」モグモグ


 上条「は、はは・・・」パクッ、モグモグ


 雲川「んぐっ・・・」ゴクンッ


 雲川「・・・当麻、クリスマスの予定なんだが」
 

 上条「あ、はい?」


 雲川「プレゼントは用意してあるのか?全員分」
 

 上条「い、今のところ・・・8人分は。もう後3人はちょっと考え中でして」


 雲川「誰と誰と誰のだ?」
 

 上条「あー・・・オティヌスと―――」



 誰と誰?(2名)(コンマが高い安価で決定)
 ↓3まで
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/19(金) 23:27:50.37 ID:Y8Rjyin3o
パイセン
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/20(土) 00:14:57.96 ID:ENFoF6bZO
蜜蟻
430 :1  [saga]:2020/06/20(土) 00:22:27.24 ID:bGhfnU7R0
一旦ここまで。
431 :1  [saga]:2020/06/20(土) 05:59:52.02 ID:bGhfnU7R0
 上条「貴女と愛愉のがまだ・・・」


 雲川「ふーむ・・・私もなのか・・・」


 雲川「オティヌスはともかくとして、私と愛愉のプレゼントは選び難い理由でもあるの?」


 上条「選び難いっていうか・・・」


 上条「まだどれにすればいいのか決まっていなくて・・・」


 雲川「あぁ、そうなのか・・・」


 上条「愛愉はバレエで使う何かでも良いと思うんでせうが・・・」


 雲川「私とオティヌスは難しいか?」


 上条「>>432
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 06:15:39.18 ID:VnW20fvMO
先輩の好きなことや頑張ってることに活かせるものをプレゼントしたいんですけど先輩は何でもこなせるタイプですし…
433 :1  [saga]:2020/06/20(土) 08:37:13.84 ID:bGhfnU7R0
 上条「芹亜先輩の好きなことや頑張ってることに活かせるものを」


 上条「プレゼントしたいんでせうが・・・それも難しくて」


 雲川「そうなのか?」


 上条「先輩は何でもこなせるタイプですし・・・」


 雲川「そういうことか・・・」パクッ,モグモグ


 上条「なんで、なるべく早くには見つけてきますから」


 雲川「楽しみにしてるんだけど」クスッ


 上条「はい。・・・ただ、オティヌスは・・・」


 上条「何がいいのかが、わからないでせうよね・・・」


 雲川「>>434
434 :1  [saga]:2020/06/20(土) 08:37:54.71 ID:bGhfnU7R0
 台詞
 >>435
435 :1  [saga]:2020/06/20(土) 08:38:23.00 ID:bGhfnU7R0
 台詞
 >>436
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 08:42:42.64 ID:urfMPo3yO
900年も生きてる魔神の好みなんて誰もわからないけど
ただ本当に当麻が良いと思うものならそれを嫌がらないと思うぞわたしは
437 :1 [saga]:2020/06/20(土) 09:01:10.64 ID:bGhfnU7R0
 雲川「900年も生きてる元人間の好みなんて誰にもわからないと思うけど」


 雲川「そもそもそういったものに興味が無くなっているかもしれないものな」


 上条「そ、それを言っちゃあ、どうしようにもないじゃないでせうか・・・」


 雲川「ただ、本当に当麻が良いと思うものなら・・・」


 雲川「それを嫌がらないと思うぞ。私は」


 上条「・・・」


 雲川「まぁ、少しでも相手の事を考えて選べばいいと思うけど」


 雲川「それ以上の助言は言わないぞ」


 上条「・・・>>438




 禁書24巻買ったんでせうが、こぎのん先生腰痛がひどいようせうね。お大事にしてほしいでせう
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 09:06:12.65 ID:urfMPo3yO
それだけで十分です、俺の気持ちを伝える機会ですし頑張りますことよ

座り仕事だと腰痛めるからねええ…
439 :1 [saga]:2020/06/20(土) 09:26:52.10 ID:bGhfnU7R0
 上条「それだけで十分ですよ」


 上条「俺の気持ちを改めて伝える機会ですし、頑張ります」ニコリ


 雲川「それなら・・・いいんだけど」クスッ


 雲川「オティヌスは元人間という普通なら信憑性もない存在だが」


 雲川「お前に惚れたのなら、女であることに違いはないな」


 上条「そ、そうなんでせうか?」


 雲川「そうだけど?」


 上条「あ、はい・・・」


 雲川「しかし11人目の恋人をつくってしまうとは・・・」


 上条「>>440




 >>438 ね。なんで立ったまま描いてるそう。いやー頭が下がります
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 09:35:01.03 ID:urfMPo3yO
こ、好意は無碍にできないですし
それに武器用なんですけど良い奴なんですよ
441 :1 [saga]:2020/06/20(土) 10:00:43.05 ID:bGhfnU7R0
 上条「こ、好意は無碍にできないですし・・・」


 上条「アイツもアイツで不器用なんですけど・・・良い奴なんですよ」クスッ


 雲川「・・・お前らしいな。まったく」パクッ


 上条「でも、芹亜先輩だってちょっと不器用に告白してきたじゃないですか」


 雲川「・・・ほうはっけは?」シラー、モグモグ


 上条「いやいや上条さんが覚えてて」


 上条「当の本人が覚えてないのはおかしいでしょ」


 雲川「んぐっ・・・」ゴクンッ


 雲川「冗談なんだけど」クスッ


 上条「なんで冗談でとぼけたんでせうか・・・」


 雲川「>>442
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 10:15:50.67 ID:UkR4118TO
私だって本当はもっとカッコつけたかったんだがな、こう外車を乗り回して夜景の見える丘からとか…
443 :1 [saga]:2020/06/20(土) 10:25:41.31 ID:bGhfnU7R0
 雲川「私だって本当はもっとカッコつけたかったんだけど・・・」

 
 雲川「こう、外車を乗り回して夜景の見える丘からとか」


 上条「・・・なんつーか、古臭いって思うのは気のせいでせう?」


 雲川「気のせいだ」


 雲川「学園都市ならそんな風にしても、ロマンがあると思うんだけど」


 上条「はぁ・・・」





 上条「ごちそうさまでした」


 雲川「ごちそうさま」


 雲川「満足したか?」


 上条「はい。ありがとうございます、芹亜先輩」


 雲川「>>444
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 10:30:06.65 ID:urfMPo3yO
普段は一人飯が多いからなかなか楽しかったけど、私も楽しめて何よりだフフッ
445 :1  [saga]:2020/06/20(土) 10:42:03.08 ID:KXMxeIfnO
 雲川「普段は1人飯が多かったからな。中々楽しい食事になって」

 
 雲川「私も満足したんだけど」フフッ


 上条「それならよかったでせうよ」クスッ


 雲川「先に出といてくれ、お勘定しとくから」


 上条「はい」コクリ




 ー第八学区 居酒屋 駐車場ー

 雲川「お待たせ。さっ、乗ってくれ」


 『ガシャット!』

 バイクゲーマー「」ブロロン!


 上条「はい。次はどこに行くんでせうか?」カポッ


 雲川「ん?・・・わかるだろう?」クスッ


 上条「?」




 ♥    50以上orゾロ目
 ゲーセン ↑以下

 ↓2まで(コンマ合計)
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 10:45:19.91 ID:urfMPo3yO
たまってたな先輩
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 10:45:33.18 ID:UkR4118TO
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/20(土) 10:45:54.82 ID:V1xaosoX0
[ピーーー]
449 :1 [saga]:2020/06/20(土) 11:24:31.76 ID:bGhfnU7R0
 上条「いや、わからないでせうが・・・」


 雲川「おいおい・・・」ハァー


 上条「す、すみませ」

 ―グイッ

 
 ―ちゅっ・・・
  
 雲川「んっ・・・//」


 上条「んっく//」


 雲川「っぷあ・・・//」


 雲川「・・・な♥?//」


 上条「あ、は、はい・・・//って、これから行くとこは・・・//」


 雲川「そうだけど?//」クスッ


 上条「・・・も、もう少し時間が経ってからでも・・・//」


 雲川「やだ//」ギュウッ


 上条「せ、先輩・・・//」ドキマギ


 雲川「>>450
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 11:25:40.24 ID:UkR4118TO
年下どもに譲ることが多いからな
たまには私が独り占めって言うのも悪くないと思うけど?
451 :1 [saga]:2020/06/20(土) 11:43:34.20 ID:bGhfnU7R0
 雲川「明日は休みなんだろう?//なら・・・//」


 雲川「これから明日まで楽しみたいんだけど?//」クスッ


 上条「・・・//」


 雲川「それに、年下どもに譲ることが多いからな//」


 雲川「たまには私が独り占めしても、悪くないと思うけど?//」


 上条「・・・そうでせうね//」コクリ


 雲川「だから・・・//当麻♥//」


 雲川「・・・お願いしたいんだけど//」


 上条「・・・はいっ//」コクリ





 -第八学区 スポーツジム(用語)-

 上条@バスローブ「・・・//」


 上条「先輩シャワー長いな・・・//」


 上条「まぁ、大体そうだなんだけど・・・//」


 上条「(期末試験前にそれなりに済ませたりはしてたのに・・・//)」


 上条「(やっぱ、我慢できないもんでせうね・・・//)」


 上条「・・・>>452
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 11:45:05.38 ID:ELyirpez0
長すぎたって迷惑でせうが
453 :1 [saga]:2020/06/20(土) 11:49:28.36 ID:bGhfnU7R0
 台詞
 >>454
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 12:01:04.15 ID:UkR4118TO
先輩の体を考えただけでなんか元気になってきたかも…
455 :1 [saga]:2020/06/20(土) 12:25:14.80 ID:bGhfnU7R0
 上条「(先輩の事を考えただけで・・・//)」モンモン


 上条「(なんか元気になってきたような・・・//)」ドキドキ


 上条「・・・な、なんか喉が渇いたな//」スクッ


 上条「(水を・・・ん?)」


 上条「なんだこれ・・・?」


 『夜戦ノ極』


 上条「(・・・あ、これか。最近浜面の手助けになってるっていう精力剤ってのは)」


 上条「(名前聴いてヤバそうだとは思ってたけど・・・)」


 上条「(ラベルに書かれてる名前自体でやばそうだな・・・)」


 上条「・・・」




 どうする?
 
 飲む
 飲まない

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 12:40:53.64 ID:urfMPo3yO
のんじまえ
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 12:41:07.85 ID:UkR4118TO
飲まない選択肢があるものか
飲む
458 :1 [saga]:2020/06/20(土) 13:06:28.11 ID:bGhfnU7R0
 上条「・・・試しに飲んでみるか」


 ―カチリ キュポッ 

 上条「」グビグビッ


 上条「かふっ・・・ケフッ」


 上条「お゛お゛ぅ・・・こりゃ、すごい、な・・・」コトッ


 上条「・・・口、苦くなっちまったな。水飲んどくか・・・」ゴクゴクッ 


 ―ガチャッ

 雲川@バスローブ「はぁ〜・・・//出たぞ//」


 上条「ん・・・っ、はい」コクリ


 ―ポスンッ

 雲川「・・・ふふっ」クスッ


 上条「?。どうしたんでせうか?」


 雲川「いや・・・私達の初めてが、そういえば実質的に野外だったんだな、って」


 雲川「ふと思い出したんだけど」クスッ


 上条「>>459
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 13:07:55.45 ID:UkR4118TO
誰にも見られてなかったから良かったですけどドキドキでしたね
でもロマンチックで俺は好きですことよ
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 13:08:40.18 ID:urfMPo3yO
先輩って外好きです門毛
461 :1 [saga]:2020/06/20(土) 13:32:35.38 ID:bGhfnU7R0
 上条「そ、そうだったですね・・・//」


 上条「誰にも見られてなかったから良かったでせうが・・・//」


 雲川「スリルあって萌え上がったんだけど//」クスッ


 上条「まぁ・・・はは・・・//」


 雲川「・・・思い出したら、なんかドキドキしてきたんだけど・・・//」ドキドキ


 上条「・・・俺もですよ//」


 上条「・・・ちなみに、あの時2回戦目でゴム付けずにヤってたんでせうが・・・」


 雲川「あぁ、そうだったな」


 上条「あれ、ホントに大丈夫だったんでせうか?」


 雲川「・・・どうだったかな」


 上条「はい?」


 雲川「>>462
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 13:42:26.51 ID:urfMPo3yO
まだ調べてないけどニヤッ
463 :1 [saga]:2020/06/20(土) 14:16:03.92 ID:bGhfnU7R0
 雲川「いや、興奮気味だったから大丈夫な日だったのか」


 雲川「あの時、うろ覚えになってしまってたような・・・」


 上条「・・・い、一応外には出したんでせうが・・・」


 雲川「まだ検査してないけど・・・どうだろうなぁ」ニヤッ


 上条「」ダラダラ


 雲川「・・・ぷふっ。あはははははっ!」


 上条「・・・いや、笑いごとじゃ」


 雲川「なーーんてな。あの時、ちゃんとピル飲んでたんだけど」ケラケラ


 上条「・・・あ、さいでせうか」


 雲川「まぁ、一応外には出してお前を安心させたかったんだけど」


 雲川「>>464
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 14:26:15.42 ID:urfMPo3yO
孕んだとしてもその時はその時だけど
責任をもって私が育てるし他の者たちもママになる練習になるだろうしな
…しかしみんなどんなママになるんだろうな
465 :1 [saga]:2020/06/20(土) 15:06:43.51 ID:bGhfnU7R0
 雲川「孕んだとしても、その時はその時だけど」


 上条「・・・どうしてたんでせうか?」


 雲川「責任を持って当麻には迷惑をかけさせないように私が育てていくし」


 雲川「他の皆もママになる時の練習を教えてあげてたんだけど」


 上条「そ、それはちょっと上条さん気が引けるんでせうが・・・」


 上条「先輩だけに任せるなんてできませんよ」


 雲川「そういうと思ってたけど・・・まぁ、まず私もそこまでの覚悟は持てなかったからな」


 雲川「だからゴムもつけてピル飲んでたんだよ」


 上条「そ、そうでせうか・・・」


 雲川「ん・・・」


 雲川「・・・しかし、皆はどんなママになるんだろうな」


 上条「>>466
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 15:15:47.62 ID:UTlcd1AK0
美琴は教育ママになりそう
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 15:16:06.30 ID:UkR4118TO
レッサーと五和はママしてる姿想像出来ますけど先輩とオティヌスは想像が…
468 :1 [saga]:2020/06/20(土) 15:41:28.72 ID:bGhfnU7R0
 上条「美琴と制理は教育ママで、サンドリヨンと愛愉は踊りを教えてそうで」


 上条「操祈とレイは甘そうだけど厳しい感じの母親になって」


 上条「アリサは歌を歌ってあげたり教えてあげたりしてて・・・」


 上条「レッサーと五和は料理を教えてそうって姿は想像出来ますけど・・・」


 上条「先輩とオティヌスは想像が・・・」


 雲川「なんで私とオティヌスは想像つかないんだ?」ムスッ


 上条「いやぁ・・・なんていうか・・・」


 上条「ほぼ全員の特徴に当てはまりそうで、絞れないんでせう・・・」


 雲川「なんだ、そういうことか」


 雲川「強いて言うなら、どうなんだ?」


 上条「>>469
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 15:52:06.11 ID:UkR4118TO
勉強を教えたりやる気にさせるのが上手そうと言うか…
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 15:52:53.85 ID:VFp27c1dO
んートーク力とかでせうか…
471 :1 [saga]:2020/06/20(土) 16:50:30.13 ID:bGhfnU7R0
 上条「ん〜・・・勉強を教えたり、やる気にさせるのが上手そうと言うか・・・」


 雲川「オティヌスは?」


 上条「・・・じ、人徳を教えてそうでせう」


 雲川「・・・人徳か?それとも仁徳の方か?」


 上条「え?」


 雲川「人に備わっている徳の人徳、他を慈しみ愛する徳の仁徳と2つあるんだけど」


 上条「あぁ・・・」


 上条「多分、後者の方を1番に教えてそうでせうね」


 雲川「ふーん・・・まぁ、神となればそうだとは思うけど」


 上条「はい」


 雲川「・・・さて、お話はこれくらいにして・・・緊張は解けたか?」クスッ


 上条「・・・はい」クスッ


 雲川「ん・・・」



 どうする?orどうなる?(ソフトなので)
 ↓2まで
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 18:02:07.98 ID:urfMPo3yO
先輩を膝の上に座らせてハグしかえす上条さん
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 18:06:04.18 ID:X1HpAHZ+O
先輩の足をマッサージタイム
474 :1 [saga]:2020/06/20(土) 19:55:39.67 ID:bGhfnU7R0
 上条「先輩」ポンポンッ


 雲川「・・・んっ//」イソイソ


 ―ポスン
 
 雲川「重くないか?//最近、また胸が成長したような気がするんだけど//」


 上条「そうなんでせうか?//」


 上条「全然、重くなった感じはしないでせうが・・・//」


 雲川「なら、いい・・・//」ホッ


 上条「・・・先輩でも体重って気にするんでせうね//」クスッ


 雲川「女の子らしくないと?//」ムスッ


 上条「い、いえいえいえ//」アセアセ、フルフル


 上条「>>475




 ひとまずリタリーダー、ゲットだぜ
 http://s.kota2.net/1592650359.png

 胸無いけどスパッツにショートーパンツなのは良き
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 19:56:47.77 ID:urfMPo3yO
スパッツ好きだからたまらなかった
リーダー色気あるよねこう見ると

先輩って性別を超越してるというか頼れるところが強すぎるので…
476 :1 [saga]:2020/06/20(土) 20:04:11.65 ID:bGhfnU7R0
 上条「先輩って性別を超越してるというか、頼れるところが強すぎるので・・・//」

 
 雲川「それは遠回しに女の子らしくないってことだろう//」グニーッ


 上条「ごみぇんなひゃいー」


 雲川「フンッ・・・//」パッ


 上条「だふ・・・//」ヒリヒリ


 雲川「・・・お前が私のハジメテを奪って、女にしたんだけど//」


 雲川「だから・・・お前だけだからな//」


 雲川「女の子らしく、してるのは・・・//」


 上条「先輩・・・//」


 上条「・・・すみません//俺、失礼なこと言って//」


 雲川「全くなんだけど//」フンス


 上条「・・・お詫びしますのことよ//」ズイッ


 ―ちゅっ・・・

 ―ちゅぷっ ちゅるるるっ・・・ ちゅうっ・・・

 雲川「んぅっ//っ・・・ん・・・//」


 雲川「んっく//んむ・・・///」


 上条「っふ・・・ん・・・//」


 雲川「(>>477)」
 


 >>475 ね。胸はとことん残念だけど
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 20:16:57.31 ID:urfMPo3yO
リタやナルがそれなりにありすぎるのでは…

舌使いがうまくて蕩けそうなんだけど…
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 20:17:07.05 ID:GXCkipzjO
暖かくて美味しいな…
479 :1 [saga]:2020/06/20(土) 20:31:49.40 ID:bGhfnU7R0
 雲川「(暖かくて、舌使いも上手い・・・//)」


 雲川「(蕩けそうなんだけど・・・っ//)」


 上条「んっ・・・//」


 雲川「ふ、んん・・・///んむっ//っ・・・//」


 上条「っ・・・//ん、ぅ・・・//」


 雲川「は、ん・・・///」


 上条「っ・・・ぷはっ//」


 雲川「ふぁ・・・///んっはぁ・・・///」ドキドキ


 上条「・・・先輩//」チュッ

 
 雲川「当麻・・・♥//」


 上条「・・・やっぱ、女の子らしいですね//可愛いですよ//」クスッ


 雲川「っ・・・//」ゾクゾクッ


 上条「>>480
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 20:36:44.19 ID:8Ma959LqO
こんな風に弱い顔してる先輩なんて見れませんしね、二人きりの秘密ですよ
481 :1 [saga]:2020/06/20(土) 20:44:55.44 ID:bGhfnU7R0
 上条「こんな風に弱い顔してる先輩なんて見れませんからね//」


 上条「俺と先輩だけの・・・2人きりの秘密でせう//」クスッ


 雲川「・・・ふふっ//」クスッ


 雲川「それは嬉しいけど・・・//照れくさいな//」


 上条「俺にとっては嬉しい思い出になりますけどね//」クスッ


 雲川「何を言ってるんだ・・・//」


 上条「・・・先輩//」


 雲川「・・・いいぞ//キてくれ//」


 雲川「いっぱい、愛してほしいんだけど♥///」チュッ




 丁度1ヶ月ぶりに 
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555456461/
482 :1 [saga]:2020/06/20(土) 20:47:15.43 ID:bGhfnU7R0
 視点変更
 
 看取&ドリー&悠里
 シャットアウラ 事件簿
 芳川桔梗
 鳴護アリサのスクールシティープリンセス ラジオ
 神華皇子
 パトリシア=バードウェイ

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/20(土) 21:05:31.31 ID:250TZREXO
シャットアウラ
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 21:10:02.46 ID:urfMPo3yO
桔梗
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 21:10:12.03 ID:8Ma959LqO
パット
486 :1 [saga]:2020/06/20(土) 21:26:26.51 ID:bGhfnU7R0
 -第七学区 幻夢コーポレーション 開発部-

 鴻野江「なので、やっぱりモーションキャプチャーを使用しないと難しいんです」


 芳川「そういうことね・・・」


 芳川「なら、誰かに頼んでみたらどう?」


 鴻野江「うーん・・・誰に頼めばいいでしょうか・・・」


 芳川「開発部には女性は居ないの?」


 鴻野江「まだ居ませんね・・・だから、それも含めて困っているんですよ」


 鴻野江「男性にキャプチャーをしてもらっても・・・」


 鴻野江「なんというか・・・」


 芳川「キツイわね。恋愛ゲームだからキスシーンなんて・・・」


 芳川「>>487





 ご唱和ください!我の名を!ウルトラマンゼェェエエエエエーーーーット!!
 http://www.youtube.com/watch?v=cW5QcZs1K8k

 いやー遠藤さんがウルトラマン歌うとは知らなかったもんで驚きました。
 変身の時叫ばなくてもトリガーだけ押せばいいんじゃは禁句だよ?ね?
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 21:28:22.57 ID:urfMPo3yO
遠藤さん歌うのウルトラマン!?
いやーテンション上がるな

経験もそんなにないし…
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 21:29:31.56 ID:8Ma959LqO
キスね…
489 :1 [saga]:2020/06/20(土) 21:58:58.92 ID:bGhfnU7R0
 芳川「私でも経験がないし・・・」

  
 鴻野江「え?あ・・・そ、そうなんですか」


 芳川「あら、意外だったかしら?」クスッ


 鴻野江「その、芳川さんなら恋人の方がいても不思議じゃないと思ってましたから・・・」


 鴻野江「・・・意外だな、とは確かに思いました」


 芳川「まぁ、人付き合いが少ないとそういうものなのよ」


 芳川「いくら研究を頑張ったとしても、人との関わりを持たないと」


 芳川「恋人もできないんだから」


 鴻野江「そうなんですか・・・」


 芳川「>>490




 >>487 水木兄貴=マジンガーZ、影山長老=ドラゴンボールZ
     そして遠藤さんがウルトラマンZ、とJAMプロメンバーでZが受け継がれていきますね
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 22:10:29.48 ID:T71lGySfO
良い人がいれば靡いちゃうわねきっと
鴻野江くんも良い人がいたらすぐに捕まえちゃいなさい
491 :1 [saga]:2020/06/20(土) 22:15:52.98 ID:bGhfnU7R0
 芳川「良い人がいれば靡いちゃうわね、きっと」クスッ


 芳川「鴻野江くんも良い人がいるなら、すぐに捕まえちゃいなさい」クスッ


 鴻野江「え?あぁ・・・」


 芳川「逃したらどんな人でも後悔してしまうかもしれないから」


 鴻野江「・・・は、はい」コクリ


 芳川「ちなみに・・・今いるの?」


 鴻野江「・・・えっと・・・います//」コクリ


 芳川「そう・・・どんな子なの?」


 鴻野江「>>492>>493




 芳川さんがママになったら、性格が真逆のしほさんになりそう。
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 22:17:25.55 ID:T71lGySfO
わかる
自分に甘いタイプだから世話焼かれるお母さんになりそう

黒髪ロングでキレイな瞳をしていて…人懐っこい大型犬みたいな感じの子です
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 22:18:52.95 ID:urfMPo3yO
穏和なお母さんなんだろうなって思う
子供の試合は毎試合行くタイプ

正直スクールカーストとかだとトップクラスな人を引き付ける明るさといいますか…
スタイルも良いですし…
494 :1 [saga]:2020/06/20(土) 22:34:41.75 ID:bGhfnU7R0
 鴻野江「黒髪ロングでキレイな瞳をしていて・・・」

 
 芳川「うん・・・?」


 鴻野江「正直スクールカーストとかだと」


 鴻野江「トップクラスに人を惹きつける明るさといいますか・・・」


 鴻野江「人懐っこい大型犬みたいな感じの子です」


 芳川「へぇ・・・鴻野江君が好きになった子としては意外ね」


 芳川「なるべく大人しめな子を選ぶかと思ってたから」
 

 鴻野江「そ、そうですか・・・」


 鴻野江「・・・あと、スタイルも良いですかね」


 芳川「>>495




 >>492 わかるわかる
 >>493 んー、ゲーム大会とか?

 てかガルパンも8年前になるんでせうね・・・
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 22:40:55.55 ID:/+2W6fFXO
やはり物静かなかんじでも男の子ね…
496 :1 [saga]:2020/06/20(土) 22:43:50.83 ID:bGhfnU7R0
 台詞 
 >>497
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/20(土) 22:48:21.89 ID:250TZREXO
まさかそれって私の間違い?
498 :1 [saga]:2020/06/20(土) 22:49:05.54 ID:bGhfnU7R0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 22:52:24.22 ID:Ohe9/tSEO
おつー
ガルパンは20週くらいみたなあ
500 :1  [saga]:2020/06/21(日) 08:04:58.41 ID:eq4MvdVC0
 芳川「それ、私への嫌味?」


 鴻野江「えっ!?い、いえ、そんな」アセアセ


 芳川「冗談よ。ふふっ、面白い反応するわね」クスッ


 鴻野江「か、からかわないでください・・・」


 芳川「ごめんなさい」クスッ


 芳川「その女の子は同級生なの?それとも違う学年の子?」


 鴻野江「転校したので学校は違いますけど、元同級生ですね」


 鴻野江「佐天さんって言います」


 芳川「あぁ、佐天さんね・・・ウチの子がお世話になってるから、知ってるわよ」


 鴻野江「そうでしたか」


 芳川「ええっ。・・・彼女のどこに惚れたの?」


 鴻野江「>>501
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 08:21:30.15 ID:TWMLVMANO
まっすぐなところというか優しいところというか…
すごい褒めてくれて嬉しくて親身なんですよね
502 :1 [saga]:2020/06/21(日) 08:30:15.89 ID:eq4MvdVC0
 鴻野江「まっすぐなところというか優しいところや・・・」


 鴻野江「すごく褒めてくれて嬉しくさせてもらって、親身なんですよね//」


 芳川「ふ〜ん、それなのにまだ付き合ってないの?」


 鴻野江「お、お互いにまだそこまで知り合えている仲ではないですから・・・」


 鴻野江「あ、でも期末試験が終わったら一緒に遊びに行こうと、誘われたんです」


 芳川「あら、そうなの。じゃあ、脈アリ?」


 鴻野江「いや・・・どうなんでしょう・・・」


 鴻野江「僕の事をもっと知りたいとは、言っていましたけど・・・」


 芳川「脈アリね」


 鴻野江「え?そ、それだけで決めるのは・・・」タラー


 芳川「>>7503
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 08:37:45.69 ID:d36XkLxwO
遊びに行くだけならその人のことを知りたいとは思わないわよ?
私がその人を知りたいと思うときは少なくとも脈があるときだけね
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 08:38:33.20 ID:d36XkLxwO
あなたの立場に立って考えてみるといいわよ?
あなたは佐天さんの事知りたくないの?
505 :1 [saga]:2020/06/21(日) 08:58:26.26 ID:eq4MvdVC0
 芳川「遊びに行くだけなら、その人の事を知りたいとは思わないわよ?」


 鴻野江「そう、でしょうか・・・」


 芳川「逆の立場に立って考えてみるといいわよ?」


 芳川「私がその人を知りたいと思うときは、少なくとも脈アリな時だけね」


 芳川「鴻野江君は佐天さんの事知りたくないの?」


 鴻野江「・・・し、知りたいとは、思います」コクリ


 芳川「でしょ?それは何故かというと、君も佐天さんの事が好きだからよ」


 鴻野江「・・・//でも、佐天さんの場合は好意ではないような気もしますけど」


 芳川「>>506
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 09:01:09.55 ID:TWMLVMANO
私は好意だと思うわよ、女の子の方が警戒心が強いんだからフフッ
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 09:02:17.67 ID:d36XkLxwO
いくら誰にでも親しいタイプでも異性と一緒に遊びに行く人なら脈アリよきっと
508 :1  [saga]:2020/06/21(日) 09:52:55.51 ID:eq4MvdVC0
 芳川「私は好意だと思うわよ」


 鴻野江「わかるんですか?」


 芳川「それは当然ね。だって、同じ女性なんだもの」


 芳川「女の子の方が警戒心が強いんだから」


 芳川「いくら誰にでも親しいタイプでも、異性と一緒に遊びに行く人から」


 芳川「好意を持って誘ったに違いないし、脈アリよ。きっと」フフッ


 鴻野江「・・・恋愛に関する研究ってあるもんなんですか?」


 芳川「思春期の少年少女は心身ともに複雑な構造へ移り変わっていく時期でもあって」

  
 芳川「そういった恋愛も研究はされてはいるみたいよ」


 芳川「まっ、私から言わせればそんなの個人差がありすぎて意味がないわ」


 鴻野江「>>509
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 09:54:05.68 ID:TWMLVMANO
そこまで詳しいのにどうして…
いえなんでもありません
510 :1 [saga]:2020/06/21(日) 10:21:15.57 ID:eq4MvdVC0
 鴻野江「そこまで詳しいのにどうし」


 芳川「ん?」ニコリ


 ―ゴ ゴ ゴ コ゛ コ゛ コ゛ッ!

 鴻野江「いえなんでもありません」ダラダラ


 芳川「そう」ニコリ


 鴻野江「(こ、今度は気を付けて話題を話さないと・・・)」


 芳川「・・・まぁ、実はというと男性と関わりを持って恋をしてみたいとは」


 芳川「あんまり思ってないのよね・・・」


 鴻野江「え?どうしてですか?」


 芳川「まだ若い方って自分で言うのもなんだけど、年齢を過ぎていくとね・・・」


 芳川「理想の人に巡り合える確率は285000分の1って結論してるの」


 鴻野江「に、28500分の1・・・」


 芳川「>>511
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 10:23:18.55 ID:d36XkLxwO
だから途方もない確率に足が止まったりとかね…

28500分の11な男がいるんですがどうしてでせうか
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 10:23:36.87 ID:ngtgX5umO
だいたい私も変わり者だしね…
513 :1 [saga]:2020/06/21(日) 10:33:04.76 ID:eq4MvdVC0
 芳川「だから途方もない確率に足が止まったりとかあって」


 芳川「その確率で出会うなんて、もう運任せでしかないわよね」


 鴻野江「うーん・・・でも、自分自身から動けばいずれ出会えるんじゃ」


 芳川「そう考えてた時期もあったわ。けれど、よーく考えてみたの」


 芳川「もしも誰かが私と関わりを持ちたいと思って付き合ったとして・・・」


 芳川「とっても沢山の幸せを手に入れていくとして・・・」


 芳川「その過程で、その人のダメなところを受け入れられる自信が」


 芳川「私にはないかもしれない。・・・それが怖くて恋愛はできないと思ってるわ」


 鴻野江「・・・」


 芳川「大体、私も変わり者だものね・・・」クスッ


 鴻野江「>>514




 >>511 主人公補正
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 10:38:33.44 ID:TWMLVMANO
芳川さんがやられている研究はいくらうまく行かなくてもやるものだと思います、恋もそう考えたらうまく行くと思いますよ…
僕は芳川さんと素敵なパートナーを応援したいです
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 10:46:05.89 ID:ngtgX5umO
↑+だからその時のための練習だと思ってキスを…
516 :1 [saga]:2020/06/21(日) 11:03:23.13 ID:eq4MvdVC0
 鴻野江「芳川さん。いくら上手くいかなくても、やるべき事だと思います」
 

 鴻野江「恋愛ゲームだって、そう好感度をあげていっても」


 鴻野江「途中で失敗してしまうこともあるんですから・・・」


 芳川「それはゲームだからであって、現実ではもっとハードモードになるでしょ」


 鴻野江「僕もそう考えてますよ。だから・・・」


 鴻野江「失敗してもいいじゃないですか。現実でも幻想でも」


 鴻野江「クリエイティブに生きてみて、信じてみるのもいいと思いますよ」
 

 芳川「・・・」


 鴻野江「僕は芳川さんを応援したいです」


 鴻野江「こうして僕にアドバイスをしてくださってるんですから」


 芳川「・・・ふふっ。ありがとう、鴻野江君」ニコリ
 

 芳川「>>516
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 11:08:27.19 ID:TWMLVMANO
良い人が見つかったらダブルデート手伝ってもらおうかしら?
518 :1 [saga]:2020/06/21(日) 11:38:10.42 ID:eq4MvdVC0
 芳川「もし私に良い人が見つかったら、ダブルデート手伝ってもらおうかしら?」 


 鴻野江「ダブル・・・え?」


 鴻野江「ま、まだ僕、付き合ってもないですけど・・・」


 芳川「何言ってるのよ。もう決まってるのも同然じゃない」クスッ


 鴻野江「いや、そう決めつけられても・・・困りますよ」


 芳川「自信ないの?」


 鴻野江「だって・・・初めて、好きな人ができたんですから・・・//」

  
 鴻野江「ないっていうより、上手く話せるのかって不安もあって・・・//」


 芳川「(青春してるわねぇ・・・)」クスッ


 芳川「>>519
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 11:42:57.86 ID:ngtgX5umO
緊張するのは当然だと思うけれどドーンと構えなさい
自分の好きなことを話すことも佐天さんのお話を聞くことも大事よ、あの子は顔に出るタイプだし笑顔のときは心から楽しいときよ

ピュアだなあ鴻野江くん…
520 :1 [saga]:2020/06/21(日) 12:01:39.80 ID:eq4MvdVC0
 芳川「緊張するのは当然だと思うわ。けれど・・・」


 芳川「男の子ならドーンと構えなさい」ポンッ


 鴻野江「は、はい・・・」コクリ


 芳川「自分の好きなことを話すことも、佐天さんのお話を聞くことも大事なのよ」


 鴻野江「・・・」


 芳川「あの子は顔に出るタイプみたいだし・・・」


 芳川「笑顔のときは心から楽しい時だと思うわ。だから・・・」
 

 芳川「君も佐天さんと同じくらい楽しまないとね」ニコリ


 鴻野江「・・・そうですよね」


 鴻野江「楽しい時に楽しまないと、失礼ですもんね」


 芳川「そうよ。・・・さて、もうこんな時間ね」
 

 鴻野江「あ、すみません。長々とお話に付き合わせてしまって」


 芳川「>>521
 



 >>519 伏線だったりもする
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 12:03:00.41 ID:TWMLVMANO
また1の伏線かもっとやれ楽しみ

良いわよ、若い子とお話すると私の心も若くなりそうな気がしてくるし
私で良ければ何でも相談に乗るわよクスッ
522 :1 [saga]:2020/06/21(日) 12:22:24.62 ID:eq4MvdVC0
 芳川「良いわよ、若い子とお話すると私の心も若くなりそうな気がしてくるし」


 芳川「私で良ければ何でも相談に乗るわよ」クスッ


 鴻野江「はい、ありがとうございます」


 芳川「ええっ。それじゃあ、またね」


 鴻野江「お気をつけて」ペコリ




 -第七学区 五十一号線-

 ―ブロロロロォーーーッ

 芳川@ヘルメット「恋愛ね・・・」


 芳川「・・・まぁ、その内に見つかるでしょ」


 芳川「焦らなくても愛穂だって出会えたんだし」


 

 ― 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 12:22:56.67 ID:TWMLVMANO
偶数狙い
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 12:25:47.82 ID:FNqrEzNmo
たのむよ
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 12:26:48.63 ID:TWMLVMANO
>>524
すばら
526 :1 [saga]:2020/06/21(日) 12:56:48.54 ID:eq4MvdVC0
 ―キキィッ

 芳川「・・・ん?」



 ―スタスタ・・・



 芳川「・・・(あの白い服の団体は・・・)」


 芳川「(それにサイズのケースは・・・)」


 芳川「・・・まさか」




 -第七学区 路地裏-

 「遅かったではないか。何を手古摺っていたんだ」


 「こちらとしても少々手痛いお断りをいただいたものでな」


 「フンッ・・・それに例のが入ってるのか?」


 「何とか眠らせることはできたが、本当に必要なのか?こんな危険な」


 「そうとも。危険だからこそ・・・我々にの教義にとって必要なのだ」


 「・・・では、そちらの車に入れて取引を早急に」


 芳川「お昼ご飯を食べ終えてから人身売買なんて、随分と悠々としてるわね」


 「「「「!」」」」」ザッ


 芳川「>>527
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 13:06:07.97 ID:TWMLVMANO
しがない研究者の私に見つかってる辺りもう長くないわよ
素直に投降しなさい
528 :1 [saga]:2020/06/21(日) 13:22:46.40 ID:eq4MvdVC0
 芳川「しがない研究者の私に見つかってる辺りもう長くないわよ」


 芳川「素直に投降しなさい」


 「貴様・・・公安の仮面ライダーエグゼイドか」


 芳川「ええっ。まさか、警備員が人身売買に手を染めて・・・」


 芳川「しかも財団Xに取引を要求していたの?」


 芳川「教師として失格ね。見損なったわ」


 「黙れ。これは我々の掲げる教義のために行っているんだ」


 芳川「何よ、その教義って」 


 「絶対正義、それこそがこの街の平和的均衡を保つための教義だ」


 「お前達のような偽りの正義を持った者のせいで生徒が怪人になっているのだ!」


 「それなのに周囲はお前たちを称えている。実に・・・嘆かわしい!」


 「お前達の存在よりも・・・我々こそが絶対なる正義だ!」


 『マイティアクションX!』


 芳川「・・・その言葉はそっくりそのまま返すわ」


 『ガシャット!』


 『レッツゲーム!メッチャゲーム!ムッチャゲーム!ワッチャネーム!?』

 『アイム ア カメンライダー!』


 エグゼイドLV1(芳川)「>>529
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 13:23:48.76 ID:TWMLVMANO
その人の運命は私が変えるわ!
530 :1 [saga]:2020/06/21(日) 13:32:50.70 ID:eq4MvdVC0
 エグゼイドLV1(芳川)「そんな歪んだ教義なんて必要でもなんでもないわ」


 エグゼイドLV1(芳川)「怪人になってしまった、その人の運命は・・・」


 エグゼイドLV1(芳川)「私が変えるわ!」 


 「やれッ!」

 ―ダ ダ ダ ダ ダ ダ ダッ!!
 

 エグゼイドLV1(芳川)「・・・ゴム弾?」


 エグゼイドLV1(芳川)「こんなもので倒せると思ったら・・・本当にアホね」


 「撃てっ!撃てぇっ!」


 エグゼイドLV1(芳川)「ノーコンティニューでクリアしてやるわっ!」


 ―グオッ!



 「おい!車へ運ぶんだ!急げっ!」


 ―ゴロゴロゴロッ

 エグゼイドLV1(芳川)「ハァッ!」

 
 ―ドゴォッ!

 「がは・・・!」


 ―ガシャァアアーーンッ!

 「「うぐわぁあっ!」」

 


 ― 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 13:35:07.17 ID:TWMLVMANO
カッコいいとこみたい
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 13:35:32.92 ID:ngtgX5umO
芳川素敵…
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 13:37:38.31 ID:ngtgX5umO
芳川に子供ができて結婚の挨拶とかになったら私を倒してからにしなさいみたいな感じになりそう
子供が
534 :1 [saga]:2020/06/21(日) 14:00:13.69 ID:eq4MvdVC0
 ―ガコンッ


 「・・・?」


 「・・・」ムクッ


 
 エグゼイドLV1(芳川)「ほらほら、それが絶対正義って教義って掲げてるアホの本気なの?」


 「貴、様ァッ!」


 ―ガシッ バキョッ!

 「!?」

 
 ―ドゴンッ!

 「ゲ、ェァ・・・!」


 エグゼイドLV1(芳川)「おもちゃなんかで街の平和を説くんじゃないわよ」



 「・・・」

 ―トコトコ・・・



 『『『マスカレイド』』』』


 マスカレイドドーパント「フンッ!」


 エグゼイドLV1(芳川)「っと・・・!次はアンタ達ね」


 『ガッチャーン!』

 『レベルアップ!』


 『マイティジャンプ!マイティキック!マイティマイティアクション!X!』

 
 『ガシャコンブレイカー!』


 エグゼイド(芳川)「フィニッシュは必殺技で決まりよ!」

 『ジャ・キーン!』
 

 『ガシャット!』

 『キメワザ!』


 『MIGHTY CRITICAL FINISH!』


 エグゼイド(芳川)「ハァァァアアッ・・・!」


 エグゼイド(芳川)「デアァァアアッ!!」


 マスカレイドドーパント「「「グアアァアアアア!!」」」


 ―ドガァァァアアアアアンッ!!


 エグゼイド(芳川)「ハァー・・・」
535 :1 [saga]:2020/06/21(日) 14:15:43.89 ID:eq4MvdVC0
 エグゼイド(芳川)「・・・あっ」


 ―スタスタ・・・

 エグゼイド(芳川)「大丈夫?・・・あら?」


 エグゼイド(芳川)「・・・何も入っていない・・・?」

 
 エグゼイド(芳川)「どういうこと・・・?」


 エグゼイド(芳川)「・・・一先ず、愛穂に連絡しないと」




 伊藤「さっさと歩け!偽善者どもが!」


 「黙れ!我々こそが、正義を示してやるんだ・・・!」


 高梁「そんなの誰も聞いちゃいねえんだよ」



 芳川「DAラウンズ?」

 
 黄泉川「そう。過剰な制圧活動で学生を半身不随にした後に行方不明になっていた者」


 黄泉川「警備員の装備をテロリストの敵対組織に横流し、テロリストの殲滅を図った者」


 黄泉川「そういった、行き過ぎた思想や行動に傾倒していることが見て取れる連中じゃん」


 黄泉川「以前にも、一方通行がしばらく家に帰って来なかった時期にも」


 黄泉川「菱形の協力関係になってたことがあるじゃんよ」


 芳川「>>536




 >>533 しほさんみたい
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:20:30.94 ID:ngtgX5umO
全くやりすぎね…
私が駆けつけたからいいものの…
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:21:05.33 ID:i5DWBLPGO
過激派の学生集会って感じかしら、愛穂助かったわ
538 :1 [saga]:2020/06/21(日) 14:32:49.35 ID:eq4MvdVC0
 芳川「過激派の互助集会って感じかしら」

 
 黄泉川「懲戒処分を受けた警備員同士の互助組織と建前はあるけど」


 黄泉川「実際は、完全なる正義を実現するとか謳ってる武装カルト集団みたいなもんじゃん」


 芳川「全くやりすぎね・・・私が駆けつけたからいいものの・・・」


 芳川「ありがとう、愛穂。助かったわ」


 黄泉川「こっちこそ・・・ところで、奴らは何をしようとしていたんだ?」


 芳川「それが、財団Xの連中と取引をしようとしてたの」


 芳川「それも人身売買を。あそこのケースの中に入れてたんだと思うんだけど・・・」


 黄泉川「人身売買?なんでわかったんだ?」 


 芳川「あのケースは改造品よ。遺体安置所なんかで使われてる防腐性の棺のね」


 黄泉川「・・・なるほど、それなら人を入れてるって丸わかりじゃん」


 黄泉川「で、その売買されそうになった被害者は?」


 芳川「わからないわ。いつの間にか消えてて・・・」


 黄泉川「>>539
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:34:11.39 ID:L84JaQ0y0
途中で正気を取り戻しただけじゃんか
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:34:27.25 ID:TWMLVMANO
んーあたりを探してみたが見つからなかったじゃんよ
風紀委員に協力してもらって探してもいいから特徴を言うじゃん
541 :1 [saga]:2020/06/21(日) 14:55:09.08 ID:eq4MvdVC0
 黄泉川「んー、意識が戻ってこの場から離れたのか・・・」


 黄泉川「けど、周辺に他のDAラウンズか財団Xの残りが居ないか捜索したが・・・」

 
 黄泉川「誰も見つからなかったじゃん」


 芳川「そう・・・どこに行ったのかしら」


 黄泉川「風紀委員にも協力してもらって、捜索してもらうか」


 黄泉川「その被害者を特徴とかは」


 芳川「見てないからわからないのよ」


 黄泉川「んじゃ・・・鑑識に頼んで指紋、毛髪のDNAを採取してみるじゃん」


 芳川「お願いね」


 黄泉川「はいよ。なるべく早く見つけ出してみるじゃん」


 芳川「ええっ」コクリ




 視点変更

 上条当麻
 悠里ちゃん
 佐天&初春 
 
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:58:07.57 ID:TWMLVMANO
佐天さん
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:58:15.74 ID:i5DWBLPGO
ゆーりちゃん
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 14:58:20.54 ID:ETIZPT9NO
かみやん
545 :1 [saga]:2020/06/21(日) 15:34:59.12 ID:eq4MvdVC0
 『完全下校時間となりました。生徒の皆さんは・・・』
 

 -第七学区 公園-

 悠里「じゃあ、またね!ドリーちゃん!みーちゃん!」


 妹ドリー「バイバーイ!せんちゃん!」


 看取「またね。一緒に遊びたくなったら連絡してね」


 悠里「うん!わかった!」


 悠里「バイバ〜〜〜〜イ!」





 悠里「ふ♪ふ♪ふん♪ふ♪ふ♪ふん♪」


 悠里「楽しかったな〜♪た〜〜〜っくさんお友達も増えて♪」


 悠里「>>546
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 15:35:54.45 ID:L84JaQ0y0
この髪留めも買ってもらったもんね
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 15:37:16.20 ID:SMXyXp7lO
学校とか行くとこんな感じなのかなー
548 :1 [saga]:2020/06/21(日) 15:47:01.93 ID:eq4MvdVC0
 悠里「この髪留めも買ってもらったもんね」
  
 
 悠里「ずーーーっと大切にしないと。ふふっ♪」


 悠里「せんせえにも教えてあげないとね♪」ルンルン


 悠里「学校に行き始めると、こんな感じの生活になるのかなー」


 悠里「楽しみ♪」



 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 15:55:28.86 ID:KMR5CP5dO
お仕事帰りの先生と合流
早く帰れたみたいで一緒にスーパーへお買い物ぅ
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 15:58:50.35 ID:l6QO0p/SO
ナンパされるもののマッハに助けられる悠里ちゃんだが見たことない顔&私服姿のため黒子に詰所に任意同行されちゃう
551 :1 [saga]:2020/06/21(日) 17:00:51.28 ID:eq4MvdVC0
 悠里「ふ♪ふ♪ふん♪」


 遠峰<いい加減にしなさい!
 

 悠里「えっ?」ドキッ


 悠里「・・・あっ、せ、せんせえ・・・?」



 遠峰「貴方達ね、まだ学生の年齢なのにこんなことして良いか悪いかわからないの!?」


 「いいじゃんせんせーよ〜。俺達と遊ぼうぜ」


 「つーか先生時代遅れな考えしてるよな?」


 「な?俺らぐらいでこんなことぐらい誰だってしてるし」


 遠峰「そんなことどうでもいいのよ!」


 遠峰「非常識なことをわかってないって言ってるの!」


 「おい、俺らをあんま怒らせんなよ?」


 悠里「えぇーいっ!」ドンッ!


 「どわっ!」ドタッ!


 「お、おい!?」


 遠峰「千夜ちゃん!?」


 悠里「>>552
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 17:03:19.18 ID:L84JaQ0y0
今のわたしは強いんだから
553 :1 [saga]:2020/06/21(日) 17:03:44.42 ID:eq4MvdVC0
 台詞
 >>554
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 17:06:55.18 ID:Cvy4vWdxo
先生行こうっ!
逃げるが勝ちだよー!
555 :1 [saga]:2020/06/21(日) 17:14:00.96 ID:eq4MvdVC0
 悠里「先生!行こう!逃げるが勝ちだよっ!」グイグイッ


 遠峰「え、ええっ!」タタッ!


 ―タッタッタッタッ!

 「あのアマッ!待ちやがれっ!」


 ―タタタタタタッ!



 悠里「わぁあ〜〜!ど、どうしよう!追いかけてきてるよ!」アワアワ


 遠峰「っ・・・(ここは私が食い止めてっ)」


 遠峰「千夜ちゃん、このまま走って別々に」


 「よーしストップだ!」ダンッ


 遠峰「あっ・・・!」


 悠里「わっ!?」


 「このガキ、よくもやってくれたな?」


 悠里「せんせえを困らせてたからいけないんでしょ!」


 「減らず口を叩きやがって・・・痛い目みたいとわからないみたいだな?」ポキポキッ


 遠峰「>>556
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 17:16:59.09 ID:l6QO0p/SO
こらっ!私なら好きにしていいけどこの子に手を出したら本気で怒るわよ
557 :1 [saga]:2020/06/21(日) 17:47:36.44 ID:eq4MvdVC0
 遠峰「こらっ!私なら好きにしていいけどっ」


 遠峰「この子に手を出したら本気で怒るわよ!」


 悠里「せんせえ・・・」


 「はっ!今更それ言うのかよ」


 「なら、わかってんな?あ?」


 遠峰「っ・・・」


 「―――」


 「あ?」


 遠峰「あっ・・・」


 悠里「?」



 
 965 00〜33
 45  34〜66  
 158 67〜99

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 17:49:32.82 ID:Cvy4vWdxo
誰じゃ
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 17:49:39.72 ID:l6QO0p/SO
ほい
560 :1 [saga]:2020/06/21(日) 17:57:42.31 ID:eq4MvdVC0
 五和「女性を囲って言い寄る不届きは許しません」


 「・・・おいおい、こっちの姉ちゃんのがいいんじゃね?」


 「だよな!やべ、胸デカすぎだろ」


 遠峰「」ムカッ


 五和「ふざけたことを言ってないで今すぐその人から離れなさい」


 「へいへい、んじゃ。アンタ代わりでいいから俺達と遊ぼうぜ?」


 五和「嫌です。貴方達のような教育のなっていない人とつるむなんてことは」


 五和「治安維持組織として断固お断りします」スッ


 「・・・は?そんなおもちゃなんて見せてどうすんだよ」


 「ぷははははっ!おいおい、マジで言ってんのか?」


 ―チャキンッ

 ―スパッ


 「・・・へ?」サラサラ


 五和「そのみっともない髪型よりも、そちらの方がお似合いですね」ニコリ


 「テ、テメ!」


 五和「>>561
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 18:07:19.32 ID:l6QO0p/SO
日本には頭を丸めるという言葉がありますが、しっかり反省してもらいますよ!
562 :1 [saga]:2020/06/21(日) 18:14:01.03 ID:eq4MvdVC0
 五和「日本には頭を丸めるという言葉があります」


 五和「しっかり反省してもらいますよ!」


 「うるせぇえっ!」


 悠里「危ない!」


 ―ドスッ! バキッ!

 「がっ!?」ドサッ


 五和「エイヤッ!」


 ―ドゴッ!

 「ゴフッ・・・!」バタリ


 「うあ、うわぁああっ・・・!」ヘタリ


 五和「・・・そこでうつ伏せになりなさい」


 「は、はいぃ!」ササッ

 ―カチャリッ


 五和「・・・」カチッ、ピリリッ


 五和「こちら第七学区の・・・」



 悠里「・・・」ポカーン


 遠峰「すごい・・・」ポカーン


 悠里「>>563
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 18:18:26.04 ID:Cvy4vWdxo
すごいキレっ…!
こんなふうになりたいなぁ…
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 18:20:51.62 ID:70zZzKmDO
どっかで見たような…
565 :1 [saga]:2020/06/21(日) 18:30:31.61 ID:eq4MvdVC0
 悠里「す、すっごくカッコよかったね・・・!//」キラキラ


 悠里「あれって、槍なのかな?」


 遠峰「みたいだけど・・・(あれ、危険物所持になるんじゃ・・・)」


 悠里「あんな風に私もなりたいなぁ・・・」


 遠峰「せ、千夜ちゃんは千夜ちゃんのままでいてほしいかな・・・」タラー

 
 悠里「えぇ〜・・・あれ?あの人、こっちに来るよ?」


 遠峰「あっ・・・」


 五和「あの、お怪我はありませんか?」


 遠峰「は、はい。助けていただき、ありがとうございます」ペコリ


 悠里「ありがとう!」ニコリ


 五和「いえいえ」ニコリ


 五和「>>566
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 18:33:44.98 ID:Cvy4vWdxo
五和の槍ってなんて名前なんだろうか…

みんなのために頑張るのが私の仕事ですから、夜も遅くなりますし早く帰ってくださいね
567 :1 [saga]:2020/06/21(日) 19:29:20.58 ID:eq4MvdVC0
 五和「学園都市の皆さんのために頑張るのが私の仕事ですから」ニコリ


 悠里「さっきと〜〜〜ってもカッコよかったよ!」


 五和「ありがとうございます」ニコリ


 遠峰「・・・貴女、さっき治安維持組織って言ってたけど」


 遠峰「「アイテム」に所属してるの?」


 五和「はい、そうですよ」コクリ


 遠峰「ホームページでプロフィールを見たことがないけど・・・」

 
 悠里「新しく入ってきたから?」


 五和「そうです。期末試験中でしたので、まだ公式発表が成されていないのですけど」


 五和「明日、遊園地で挨拶をすることになってるんです」


 遠峰「あぁ、そうだったの・・・」


 五和「はい。夜も遅くなりますし、早く帰ってくださいね」


 悠里「うんっ」コクリ


 遠峰「ええっ、今度から気を付けるわ」


 遠峰「>>568




 >>566 海軍用船上槍といいまして
     ヴェネツィアの隣にあるイタリア北東部の都市国家フリウリで生まれたコルセスカの一種で
     15から17世紀のヴェネツィアやフリウリなどの海洋都市国家の海軍で使用されていた武器でせう
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 19:40:51.32 ID:Cvy4vWdxo
悠里ちゃんとは仲良いのかしら…?
569 :1 [saga]:2020/06/21(日) 19:52:16.29 ID:eq4MvdVC0
 台詞
 >>570
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 19:54:29.18 ID:R5OWybY60
この娘を宜しくね
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 19:56:13.39 ID:70zZzKmDO
やっぱり帰り道は気をつけないとだめねブルブル
572 :1 [saga]:2020/06/21(日) 20:02:32.43 ID:eq4MvdVC0
 遠峰「・・・貴女も仮面ライダー、なの?」


 五和「はい、そうなんです」


 悠里「やっぱりそうなんだ!」


 悠里「す〜〜〜っごく強いもんね。ライダーだったらそうでなくっちゃ」ニコリ


 五和「ですが、強いだけではライダーとしては成り立ちませんから」


 五和「誰かを助けるために戦うことも必要なんです」


 遠峰「そう・・・(潤子ちゃん達もその信念を持っているんでしょうね・・・)」


 悠里「私ね、悠里千夜って言うの。せんちゃんって呼んでもいいからね」ニコリ


 五和「はい。私は五和と申します」


 遠峰「(私も名前を言った方がいいわね)私は遠峰叶里よ」


 遠峰「この子をよろしくね」ニコリ


 五和「はい」コクリ


 五和「>>572
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 20:05:21.54 ID:70zZzKmDO
お二人のお家はどちらですか?
よろしければ送り狼させてくれませんか、せっかくのご縁ですし
574 :1 [saga]:2020/06/21(日) 20:24:14.45 ID:eq4MvdVC0
 五和「あの、お2人のお家はどちらですか?」


 遠峰「え?あぁ、このまま真っ直ぐいったアパートだけど・・・」


 悠里「どうかしたの?」


 五和「いえ、よろしければお送りさせていただけませんか?」


 五和「せっかくお会いしたご縁ですし」ニコリ


 遠峰「でも、お仕事の方はいいの?」


 五和「はい。もう終わりましたので、帰る途中だったんです」


 五和「ですので、お2人がまた危険に遭わないように護衛いたします」


 悠里「ホントに?やったー♪」


 遠峰「すみません。ありがとうございます」ペコリ


 五和「いえいえ。・・・あの、遠峰さん?」


 五和「私より年上だと思いますので、敬語なくても構いませんよ」

 
 遠峰「あ、そ、そう?・・・じゃあ、遠慮なく」クスッ


 悠里「>>575
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 20:28:47.22 ID:R5OWybY60
かっこいいお姉ちゃんだね
576 :1 [saga]:2020/06/21(日) 20:39:07.35 ID:eq4MvdVC0
 悠里「(優しいお姉ちゃんだなぁ・・・//)」キラキラ


 遠峰「あ、帰る前に買い物行くんだったわ・・・」


 五和「ではご一緒します」ニコリ

 
 悠里「あの人達はいいの?」


 「「「 /ちくしょう・・・」」」


 五和「手錠は掛けておきましたので、後で白井さんが連行しますよ」


 遠峰「そう・・・まったく、学生のくせしていい歳したおばさんにナンパしてくるなんてね」


 遠峰「信じられないわ・・・」 


 五和「それだけ遠峰さんがお若く見えているからでしょうね」クスッ


 悠里「うん。と〜〜〜っても綺麗なんだもん」ニコリ


 遠峰「ありがと」クスッ


 
 
 -第七学区 スーパー 体育会系のために!!-

 遠峰「さーて、今日はどれが最安売りされてるかしら」


 悠里「はぁ〜//あったか〜い//」


 五和「それは寒かったですもんね」クスッ



 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 20:49:56.09 ID:dLSz26KlO
五和の買い物慣れしている様子にほうほうと目を皿のようにして観察してくる先生
悠里ちゃんが安いお野菜を指さしてこれなら何作るの?と聞くと答えてくれるのでそれもメモ
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 20:51:58.74 ID:0HWEoF3fO
セールの品を頑張って狙う先生
お礼とばかり(五和の分もゲットする
579 :1 [saga]:2020/06/21(日) 21:48:20.72 ID:eq4MvdVC0
 遠峰「おっ?もやしが安いわね・・・」


 遠峰「よし。2袋くらい買っておこっと」ヒョイッ


 悠里「また、もやし炒め?」


 遠峰「こ、今度は色々工夫してみるから・・・」アハハ・・・


 悠里「うん・・・」コクリ
 

 五和「(せ、生活に苦労しているのでしょうか・・・)」


 五和「・・・あ、大根とネギが安いですね」


 悠里「五和お姉ちゃんは自分で料理とか作るの?」


 五和「はい。作るのは得意なんです」クスッ


 遠峰「羨ましいわ〜。私なんて・・・」ズーン


 悠里「>>580
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 21:52:37.44 ID:dLSz26KlO
先生は野菜炒めがとってもうまいんだよ!
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/21(日) 21:52:52.57 ID:Zsf2YB48O
この人は塩コショウ醤油味が最高の人なのです

582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 21:52:58.94 ID:0HWEoF3fO
先生のレパートリー少ないよね…
583 :1 [saga]:2020/06/21(日) 22:02:49.53 ID:eq4MvdVC0
 悠里「せんせえの作れる料理って少ないもんね」 


 遠峰「うぐ」グサッ


 悠里「でも、もやし炒めとっても美味しいよ」ニコリ


 遠峰「あ、ありがと・・・」


 五和「遠峰さんは教師の方なのですか?悠里さんは先生と呼んでいますけど」


 遠峰「教師って言うより、前までは施設の研究者であって」


 遠峰「そこで千夜ちゃんや他の子共達の担当をしてたのよ」
 

 五和「あぁ、なるほど。それで先生と呼ばれているのですね」


 悠里「そうだよ!せんせえはね、皆のためにい〜〜〜っぱい頑張ってくれてたの」


 遠峰「いやー、仕事で無茶してたもんよ・・・」


 五和「>>584




 何故か遠峰先生は残念美人感が拭えない・・・まぁ、出来合いの弁当を果物でミキサーして飲んでた人でせうもんね(白目
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/21(日) 22:11:20.62 ID:dLSz26KlO
プロテインとか飲んでタンパク質完璧!とか言いそうだよね…
残念美人…

どんなことをされてたかは存じ上げませんが慕われていますし、先生も悠里さんのヒーローなんですねクスッ
585 :1 [saga]:2020/06/21(日) 22:15:50.21 ID:eq4MvdVC0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 >>584 あー・・・
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 00:14:22.97 ID:yFDdylayo
おつおつ
587 :1  [saga]:2020/06/22(月) 07:00:27.63 ID:FQ4jozcW0
 五和「どんなことをされてたかは存じ上げませんが・・・」


 五和「悠里さんにとてと慕われていますし、遠峰さんは悠里さんのヒーローなんですね」クスッ


 遠峰「ヒーロー、ね・・・」クスッ


 悠里「うん!先生はね、皆を守ってくれるヒーローなんだよ!」ニコリ


 五和「そうなんですか。とても頼もしいですね」ニコリ


 遠峰「まぁ、ライダーではないけど・・・」


 五和「それでも立派ですよ。戦えなくても、誰かを守るために頑張っているのでしたら」

 
 五和「それこそが正義なんですから」ニコリ


 遠峰「・・・そっか」ニコリ


 五和「>>587
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 07:07:57.91 ID:vTplPv8xO
私達はそういう頑張る人のサポートも大事だと思っていますしね
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 07:16:39.85 ID:lfFl0/n+O
悠里ちゃんの見本にならないとですね
590 :1  [saga]:2020/06/22(月) 07:56:36.66 ID:EURy82B1O
 五和「私達はそんな風に頑張る人のサポートも大事だと思っていますからね」


 五和「悠里さんの見本になると思いますし・・・遠峰さん」


 五和「これからも悠里さんを支えてあげてくださいね」


 遠峰「ええっ。もちろんよ」クスッ


 五和「悠里さんも、遠峰先生が困っていたら助けてあげてね?」


 悠里「うん!」コクリ


 五和「ふふっ♪・・・あっ、私は買い終えましたけど遠峰さんは?」

 
 遠峰「私もいいわよ。会計に行きましょ」


 五和「はい」コクリ





 ー第七学区 アパートー

 五和「ここが、お住まいなんですか・・・?」


 遠峰「うん。築30年はいってるかしら」


 五和「>>591
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 08:07:33.82 ID:vTplPv8xO
結構味のある建物ですね…
先生ならもっと明るいところに住めそうですけど…
592 :1  [saga]:2020/06/22(月) 08:15:31.58 ID:EURy82B1O
 五和「結構、味のある雰囲気ですね・・・」


 悠里「時々ね、足がズボッてハマっちゃう時があるから気を付けてね?」


 遠峰「そ、そういうこと」


 五和「あ、は、はぁ・・・」コクリ


 五和「(遠峰さんでしたら、もっと明るいところに住めそうですのに・・・)」


 五和「(やはり苦労なされてるんでしょうか・・・)」


 

 ーアパート 遠峰&悠里宅ー

 五和「(お部屋は綺麗・・・と言うよりも、最低限の家具や家電しかありませんね)」


 悠里「五和お姉ちゃん、手洗ってね」


 五和「あ、はい」コクリ


 遠峰「さってと、じゃあ早速作りますか」




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 08:19:37.41 ID:vTplPv8xO
興味津々な様子で見つめる五和だが先生のある種男の料理なところを見てこうするといいかもしれませんよと控えめにアドバイス
アドバイスどおりやるとたしかに普段より出来がよくびっくりな先生
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 08:20:12.66 ID:lfFl0/n+O
↑+悠里ちゃんにできることをお願いしてみる!
595 :1  [saga]:2020/06/22(月) 08:31:51.60 ID:EURy82B1O
 遠峰「んー・・・とりあえずもやしを炒めて」

 
 五和「(とりあえず!?)あ、あのー、遠峰さん?」


 五和「よろしければ私もお手伝いさせていただけませんか?」


 遠峰「え?いいわよ、そこまでしてもらうのも悪いから」


 五和「いえいえ!お気になさらず!私なんだか料理を作りたい気分がしてるんです!」アセアセ


 遠峰「あぁ、そう?・・・じゃあ、お願いするわ」ニコリ


 五和「」ホッ


 悠里「じゃあ、私も勉強してるね」

  
 
 −グツグツ・・・

 遠峰「水を入れてたからいつもベシャベシャになってたのねー」


 五和「なので、炒める際前に湯通ししてから炒めるといいんです」


 遠峰「>>596
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 08:44:33.88 ID:vTplPv8xO
湯通しってどうやるといいの?
初めて聞いたからわからなくて
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 08:53:36.47 ID:lfFl0/n+O
遠峰先生の声が脳内でなぜかcv日笠になる…
598 :1  [saga]:2020/06/22(月) 11:29:51.05 ID:EURy82B1O
 遠峰「湯通しってどれくらいすればいいの?」


 遠峰「初めて聞いたからわからなくて・・・」


 五和「30秒で大丈夫です。取り上げてから湯切りをしてください」


 遠峰「はい。五和先生」クスッ


 五和「せ、先生だなんて・・・//恥ずかしいですよ//」


 遠峰「こんなにも作り方を知ってるんだから、先生って呼べるわよ」クスッ


 五和「・・・あ、ありがとうございます//」




 −ジューッ ジューッ

 五和「次にコチュジャンを入れてください」


 遠峰「えーっと・・・これだっけ?」

  
 五和「それは豆板醤です・・・」タラー



 ◎ 30以上orゾロ目
 △ ↑以下

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)

 >>597 シャットアウラちゃんと被りますねw
     >>1的には・・・んー、沢城さんでせうかね
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 11:32:26.30 ID:fbHsJ6CvO
ほい
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 11:32:32.67 ID:lfFl0/n+O
601 :1  [saga]:2020/06/22(月) 12:30:45.38 ID:EURy82B1O
 −ジューッ ジューッ

 遠峰「おおー・・・美味しそうに出来てきた」


 五和「では、お皿に移してください」


 遠峰「はーい。よっ・・・と」トントンッ


 −ホワホワ・・・

 五和「これで完成です。本当は丼に乗せたりして、もやし丼になるんですけど」


 五和「丼が無いそうなので今回はおかずにして食べてみてください」ニコリ


 遠峰「ええっ。今度、丼を買っておくわね」


 悠里「(わぁ、す〜〜〜っごく良い香りがする・・・)」スンスンッ


 五和「次は大根とネギを調理しましょう」


 遠峰「わかった。最初に、どうするの?」


 五和「ではですね・・・」



 −シャリシャリシャリッ・・・

 五和「♪〜」


 遠峰「(す、すごい・・・包丁だけで回しながら皮を剥いてる・・・)」


 遠峰「(>>602)」
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 12:43:13.58 ID:lfFl0/n+O
こ、この子どっかの料理屋さんの人とかじゃないやよね…
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 12:53:54.00 ID:JcGkZBcSO
か、かつら剥きよね
皮の向こうが透けてるわ!
604 :1  [saga]:2020/06/22(月) 12:59:48.22 ID:EURy82B1O
 遠峰「(五和ちゃん、どこかの料理屋さんで働いてたりしてなのかしら・・・)」


 遠峰「(同じ女性でありながらこの女子力・・・か、完敗だね・・・)」ズーン

 
 五和「これで皮は剥けましたね。・・・遠峰さん?どうかしましたか?」

 
 遠峰「あ、う、ううん。なんでもない・・・」ハハハ・・・


 遠峰「えっと、それで?油は温めておいたけど」

  
 五和「はい。小麦粉を少し大根とネギにつけてから揚げます」


 −ジュワワワッ・・・

 五和「その間に、醤油とみりんと生姜を煮詰めて・・・」


 −グツグツ・・・

 五和「揚げ上がったら、お皿に盛り付けてタレもかければ・・・」


 五和「揚げだし大根とネギの完成です」


 遠峰「お〜」パチパチッ


 悠里「>>604
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 13:19:36.91 ID:fbHsJ6CvO
甘じょっぱい匂いがする〜
あまり食べたことない匂いかも!
606 :1  [saga]:2020/06/22(月) 16:07:24.57 ID:8aT3fUPqO
 悠里「甘じょっぱい香りがするね。すっごく美味しそう!」キラキラ


 五和「ありがとうございます」クスッ


 五和「あとはご飯をよそおって、いただきましょう」

  
 遠峰「ええっ。千夜ちゃん、机の上を片付けておいて?」


 悠里「はーい」ガサガサッ


 

 遠峰「じゃあ、いただきますっ」


 悠里「いただきまーす!」


 五和「いただきます」ペコリ


 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 16:09:00.53 ID:QgFB4w5vO
普段の材料でこんなにも違う料理になるなんてと感動の先生
五和にお礼をさせてほしいとお願いする
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 16:10:04.30 ID:rPie7jQmO
悠里ちゃんが美味しそうに食べてる姿を見て微笑ましく見守る五和とこんな顔するのねと自分の実力を磨こうと決心する先生+↑
609 :1  [saga]:2020/06/22(月) 18:25:53.87 ID:8aT3fUPqO
 悠里「あーんっ♪・・・〜〜っ!//」パァァア


 遠峰「お・・・美味しい・・・!//」


 遠峰「えっ?これ、いつも使ってるもやしなのに・・・」


 悠里「全然違う料理だね!//」


 五和「喜んでいただけてよかったです」ニコリ


 悠里「んっ・・・ん〜!//大根の揚げものも美味しい//」シャクシャクッ


 遠峰「(本当に美味しい・・・これはいけないわね)」


 遠峰「(自分の腕を磨かないと・・・)」パクッ,モグモグ


 遠峰「・・・ん〜//」パァァア


 悠里「五和お姉ちゃん、料理屋さんになったら絶対に評判になるよ!」


 五和「>>610
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 18:30:31.85 ID:p+v4w4qQO
ふふっお料理屋さんですか?
それは楽しいかもしれないですね

多分五和とサンドリヨンが手を組んで店開いたらチェーン店になりそうな…
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 18:31:18.72 ID:fbHsJ6CvO
もちろん店の主人は…ですよね?
対馬姉さん&五和はイギリス組の中でもレベル高いですしお寿司
安価した
612 :1  [saga]:2020/06/22(月) 19:06:42.63 ID:8aT3fUPqO
 五和「ふふっ♪お料理屋さんですか?」

 
 悠里「うん!色んな料理を作れるお店のねっ♪」


 五和「それは・・・楽しいかもしれませんね」クスッ


 五和「そうなれば、もちろん店の主人は・・・。・・・ふふふっ///」テレテレ


 遠峰「?(店長になれるから喜んでるのかな・・・?)」


 悠里「五和お姉ちゃんのお店ができたらぜ〜〜〜ったい食べに行くよ!」


 悠里「ねっ?先生」ニコリ


 遠峰「ええっ、もちろん行きたいわ」クスッ


 五和「そうですか。とても光栄です」クスッ


 遠峰「>>613
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 19:17:48.45 ID:fbHsJ6CvO
すごい行列できちゃいそうねぇ…
こんなに美味しいと特にね
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 19:20:57.16 ID:p+v4w4qQO
料理の先生も似合いそうだし楽しそうね
615 :1 [saga]:2020/06/22(月) 20:58:30.41 ID:FQ4jozcW0
 遠峰「すごい行列できちゃいそうねぇ・・・」


 遠峰「こんなに美味しいと特に。料理の先生も似合いそうだし楽しそうだわ」


 悠里「「アイテム」で活動しながらやってみたら?」


 五和「そ、それはちょっと・・・」


 五和「学校にも通うことになっていますから、あまり忙しいといけませんし・・・」


 悠里「あ、そっか・・・」


 遠峰「通うことになってるってことは、まだ通ってないの?」」


 五和「はい、実は・・・」




 遠峰「そういうこと。じゃあ、千夜ちゃんと同じなのね」クスッ


 悠里「私もそろそろ学校に通うことになったんだ!」


 五和「それはよかったですね」ニコリ


 悠里「>>616
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:00:01.32 ID:p+v4w4qQO
友達たくさん作るんだー!
今日も早速お友達が出来たし!
617 :1 [saga]:2020/06/22(月) 21:10:22.58 ID:FQ4jozcW0
 悠里「友達た〜〜〜〜っくさんつくるんだ!」


 悠里「今日も、お友達が6人も出来たし!」


 五和「わぁ、これからもっと沢山増えていきそうですね」ニコリ


 悠里「うん!100人よりもっとも〜〜〜〜っと!つくるんだよ!」


 五和「それは楽しみですね」ニコリ


 遠峰「・・・ん?あれ?千夜ちゃん、そのヘアゴムどうしたの?」


 悠里「あ、そうだった!あのね、今日できた友達のみーちゃんに買ってもらっちゃったの」


 遠峰「え!?あぁ、そうなの?」アセアセ

 
 五和「(みーちゃん?)」


 悠里「うん。ちゃんとお礼を言って、連絡先は貰ったから大丈夫だよ」


 遠峰「そ、そう・・・今度はお礼言っておかないとね」


 五和「>>618
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:13:15.90 ID:p+v4w4qQO
みーちゃんってどんな方なんですか?
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:13:30.62 ID:/qQxU0mHO
みーちゃんってもしかして…?
620 :1 [saga]:2020/06/22(月) 21:25:29.90 ID:FQ4jozcW0
 五和「みーちゃんってもしかして・・・?」


 悠里「ん?」


 五和「そのみーちゃんって、どんな方でしたか?」


 悠里「えっとね、紫色の長い髪でツインテールにしてる」


 悠里「ドリーちゃんって子のお母さんみたいな子だよ」


 五和「あぁ、やっぱり!私も先日お会いしたばかりなんですけど」


 五和「同じマンションに住んでいる方なんです」


 遠峰「へぇ、そうなの。偶然というか奇遇というか・・・」


 悠里「じゃあ、ランシスちゃんとハーちゃんとハネジローちゃんも知ってる?」


 五和「えっと・・・ハネジローさんはわからないですね。どんな男性の方なんですか?」


 遠峰「というかそれ本名?」


 悠里「うん。こう猫に羽根が付いてるみたいな黄色いペットの子なの」


 五和「あぁ、ペットでしたか」


 遠峰「>>21
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:26:59.67 ID:fbHsJ6CvO
ね、猫に羽ってスフィンクス的な…?
どんな子なのかしら、不思議な子ねぇ

ハネジローってたとえ難しいよね
多分一番的確な例えだと思う
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:27:16.01 ID:kiIIl8tZ0
宇宙生物みたいね
623 :1 [saga]:2020/06/22(月) 21:40:27.71 ID:FQ4jozcW0
 遠峰「ね、猫に羽って・・・スフィンクス的な?宇宙生物?」


 悠里「みたいな感じかな?」


 遠峰「どんな見た目なのかしら・・・」


 悠里「と〜〜〜っても可愛いよ!ギューってしてモフモフしちゃった」エヘヘ


 悠里「あとね、サイコロちゃんにも乗せてもらったよ」


 五和「横転しなかったですか?」


 悠里「うん。ドリーちゃんと一緒に乗ってたからゆっくり動いてくれたの」


 五和「そうなんですか。ランシスさんがしっかり教育しているんですね」クスッ


 遠峰「そのランシスって子も知り合い?」


 五和「はい。えっと・・・(ライダーであることと魔術師であることは伏せておきましょうか)」


 五和「>>624
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:51:24.18 ID:fbHsJ6CvO
実は私の出身地の近くでして…
とっても人懐っこくて優しかったでしょう?
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 21:51:52.81 ID:/qQxU0mHO
はい、とっても優しい感じの子ですね
626 :1 [saga]:2020/06/22(月) 21:58:36.32 ID:FQ4jozcW0
 五和「とっても優しい感じの子ですね」


 五和「イギリス出身地で近くに住んでいて、お話しをしたりしてましたよ」


 五和「とっても人懐っこくて優しかったでしょう?」


 悠里「うん!ハーちゃんとハネジローちゃんとサイコロちゃんが」


 悠里「す〜〜〜っごく懐いてたね」


 五和「ランシスさんは不思議と動物に懐かれるみたいですから」クスッ


 遠峰「そうなんだ・・・(それなら、千夜ちゃんと仲良くしてくれそうね)」クスッ


 遠峰「これからも仲良くしてあげるんだよ?」


 悠里「うん!」ニコリ




 悠里「ごちそうさま!」


 遠峰「ごちそうさまでした」


 五和「お粗末さまでした」ニコリ

 
 遠峰「洗い物は私がやっておくから、もう帰って大丈夫よ。五和ちゃん」


 悠里「ありがとね!五和お姉ちゃん」ニコリ


 五和「>>627
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 22:01:33.39 ID:/qQxU0mHO
ええ、学校一緒に頑張りましょうね
約束の指切りげんまんしますか?
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 22:02:05.38 ID:fbHsJ6CvO
喜んでくれたなら何よりです、私も作ってて一緒に食べて楽しかったですよ
629 :1 [saga]:2020/06/22(月) 22:10:33.76 ID:FQ4jozcW0
 五和「いえいえ。喜んでくれたなら何よりです」ニコリ


 五和「私も作ってて一緒に食べて、とても楽しかったですよ」


 遠峰「ホントにありがとうね。助かったわ」


 遠峰「また今度、よかったら他の料理の作り方教えてね」ニコリ


 五和「はい!」


 悠里「また会えたら、一緒に遊ぼうよ!」


 五和「はい。学校に通い始めたら、勉強も一緒に頑張りましょうね」


 五和「約束の指切りげんまんしますか?」スッ


 悠里「うん!」ニギッ

 
 五和・悠里「「指切りげんまん嘘ついたら針千本の〜ます!」」


 五和・悠里「「指きった!」」パッ


 悠里「頑張ろうね!五和お姉ちゃん!」


 五和「はい」ニコリ



630 :1 [saga]:2020/06/22(月) 22:14:24.98 ID:FQ4jozcW0




 -学園都市 第七学区 街道-

 ―ちゅぷっ・・・ちゅっ・・・

 上条「ん・・・//」


 雲川「・・・っぷは//」


 雲川「んっ・・・ふふっ//十分、楽しめたか?//」

 
 雲川「当麻・・・//」ニコリ


 上条「はい・・・//」クスッ


 上条「>>631」 
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 05:57:49.22 ID:OtdLLdgmO
試験期間中我慢したものが一気に発散されましたことよ…
先輩も欲求溜まってたみたいですねクスッ
632 :1  [saga]:2020/06/23(火) 07:44:50.33 ID:CkfRVOYHO
 上条「試験期間中、我慢したものが一気に発散されましたのことよ・・・//」


 雲川「それはよかったけど//」


 上条「先輩も欲求溜まってたみたいでせうね//」クスッ


 雲川「まぁ、な・・・//」クスッ


 雲川「けど、当麻が満足してくれて私は嬉しいよ//」


 上条「ありがとうございます//」


 雲川「ん・・・//じゃあ、気を付けて帰るんだぞ?//」


 上条「はい//」コクリ


 雲川「・・・もう一度、キス、するか?//」


 上条「・・・します//」クスッ



 −ちゅっ・・・



 − 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定) 
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 07:48:21.31 ID:OtdLLdgmO
イチャイチャ
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 07:48:40.54 ID:KpvrVv7mO
トーリ
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 07:49:07.56 ID:KpvrVv7mO
よし偶数
636 :1  [saga]:2020/06/23(火) 08:09:46.43 ID:CkfRVOYHO
 ー学園都市 第七学区 街道ー

 −ブロロロロローーッ

 上条「(明日の朝まで楽しむつもりだったでせうが・・・)」


 上条「(言い出しっぺの芹亜先輩の方が先にギブアップしてしまうとは・・・)」


 上条「(まぁ、久しぶりだったからな。仕方ないか・・・)」


 上条「(・・・ちょっと、喉乾いたな。自販機・・・あった)」


 
 −カシュッ

 上条「っ・・・」ゴクゴクッ


 上条「・・・っはぁ・・・」


 一方通行「・・・あァ?・・・上条か」


 上条「おっ?一方通行、久しぶりだな」


 一方通行「おゥ・・・こんな時間にバイク飛ばしてたのか?」


 上条「ま、まぁ・・・」


 上条「>>637



 まだもうちょい先でせうが、次回作の劇場版安価は一方通行主演でせう
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 08:12:41.16 ID:OtdLLdgmO
試験も終わったんで冬休みのことに思いを馳せているんですことよ
一方通行は仕事の方はどうだ?
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 08:13:23.58 ID:KpvrVv7mO
一方通行もこんなところにいるなんて珍しい気がしますことよ
639 :1  [saga]:2020/06/23(火) 08:26:39.13 ID:CkfRVOYHO
 上条「期末試験も終わったんで、冬休みのことに思いを馳せていましたのことよ」


 上条「一方通行も、こんな所にるなんて珍しい気がするな」


 一方通行「気紛れに出歩いてただけだ。珍しくもねェよ」チャリンチャリン


 上条「さいでせうか・・・仕事の方はどうだ?」


 一方通行「問題ねェ・・・が、清ヶの野郎がなァ」ハァー,ピッ


 −ガコンッ

 上条「どうかしたのか?」


 一方通行「恋人としばらく会えてねェからって愚痴が鬱陶しいンだ」


 上条「あぁ、そっか。彼女さんも期末試験中なんだもんな」


 一方通行「>>640」 
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 08:29:13.72 ID:OtdLLdgmO
俺の彼女が宥めたりはしていたがなァ…
気持ちはわからなくねェけどよ…
とりあえず仕事振って黙らせたが
641 :1  [saga]:2020/06/23(火) 12:53:26.91 ID:CkfRVOYHO
 一方通行「女子共が宥めたりはしていたけどよォ・・・」


 一方通行「気持ちはわからなくねェが、仕事中に愚痴ンのは勘弁してほしいもンだ」


 上条「まぁ、それはな・・・」


 上条「寂しくなったら話し相手が欲しくなるのと同じだと思うぜ?」


 一方通行「仕事してンのに私情を挟むのは良くもねェだろ」


 一方通行「だかや、別の仕事振って黙らせてやったりはしたがな」 


 上条「さいでせうか・・・」


 上条「・・・何て言うか、案外優しいな。物理的に黙らせたりしなくなった辺り」


 一方通行「うっせェ」グビクビッ


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 13:13:34.41 ID:hAz+2t1AO
雰囲気からヤったな?と一方通行から聞かれて図星でびっくりな上条さん
シャンプーのいい香りがしたからなと語る一方通行によく気づくなと感心させられる
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 13:13:55.64 ID:KpvrVv7mO
一方通行からのろけ話を聞き出そうと頑張る上条さん
644 :1  [saga]:2020/06/23(火) 16:20:11.63 ID:CkfRVOYHO
 上条「一方通行は円周とは普段、恋人らしいことしてんのか?」


 一方通行「あァ?・・・例えばなんだ?」


 上条「まぁ・・・接吻したりとか」


 一方通行「丁寧に言い直してるが普段でするもンなのか?」


 上条「そりゃあ、しちゃうでしょうよ」


 上条「その反応からしてしてないのか?」


 一方通行「だったらなンだ」


 上条「いや・・・円周からねだってきたことも?」


 一方通行「>>645
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 17:21:39.04 ID:40h22CT5O
ン、気が向いたらせがんでくるな
普段はアシがいるからなのもしれねェが…
646 :1  [saga]:2020/06/23(火) 18:05:02.67 ID:CkfRVOYHO
 一方通行「・・・気が向いた時に、せがんでくるかもな」


 上条「てことは、まだないと」


 一方通行「あァ。つーより、ベタベタひっついてくる方が多いしよォ」


 一方通行「それに、普段はアイツらがいるからなのかもしれねェな」


 上条「人目を気にするのか。なんか、意外だな」


 一方通行「アイツにだって羞恥心の欠片ぐらいはあるぞ」


 上条「へぇ・・・(やっぱいつも一緒なだけあって、よく知ってるんだな)」


 一方通行「そう言う上条、お前は・・・つい数時間前まで女とヤってたのか」


 上条「え」ギクッ


 一方通行「そういう臭いがすンだよ。他人にはわからねェと思うが」


 一方通行「俺は人並みの嗅覚じゃねェから、わかンだ」


 上条「そ、そうなのか。能力を使ってるからか?」


 一方通行「いや、これは自前だ。アマゾン細胞のせいだ」

 
 一方通行「>>647
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 18:28:27.69 ID:KuD3wrUeO
そういうのに過敏なんだよな
648 :1  [saga]:2020/06/23(火) 18:53:29.60 ID:EcdAWMmq0
 一方通行「感覚が過敏になっちまってるンだよ」


 上条「そ、そうか・・・ってか、何でそういう臭いって知ってるんだよ?」


 一方通行「清ヶの野郎から最初に感じて、それを問いかけてわかったなァ」

  
 一方通行「流石にアイツも見てたのかってキレちまって」


 一方通行「面倒くさかったにも程があったもンじゃねェよ」


 上条「で、どうなったんだ?」


 一方通行「アマゾン細胞の基礎基本を改めて教えてやった」メキメキッ


 上条「物理的に?」


 一方通行「会話でだ。・・・つーか、アイツ既に他の連中に覗き見されてンのに」


 一方通行「今更キレンなっての・・・」


 上条「いや、誰だって見られてたら怒るでせうよ・・・」タラー


 一方通行「>>649
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 18:57:34.71 ID:Rj4reHJEO
したあとはシャワーとか当然浴びてンだろ?
してるよな…?
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 18:59:55.58 ID:AxlsYXF2o
そうか…まァ仮にだがもし俺と円周のそういうのを覗いた糞度胸がある馬鹿がいたとしたら
その勇気に免じて愉快なオブジェクトにしてやる
651 :1 [saga]:2020/06/23(火) 20:33:36.62 ID:EcdAWMmq0
 一方通行「そうか・・・まァ仮にだが」


 上条「ん?」


 一方通行「もし俺と円周のそういうのを覗いた糞度胸がある馬鹿がいたとしたら・・・」


 一方通行「その勇気に免じて愉快なオブジェクトにしてやる」


 上条「」ゾクー


 上条「・・・ま、まぁ、多分居るわけないから、な?」


 一方通行「・・・いやァ、そうとも限らねェからなァ」
 

 上条「いやいや絶対ないって」


 一方通行「ウチのバカどもがやりかねないンだよ」


 一方通行「清ヶのそういうのを見たンだからよ」


 上条「あぁ・・・」


 一方通行「・・・あのよォ」


 上条「なんでせう?」


 一方通行「終わり次第、シャワーとか当然浴びてンだろ?」 


 上条「>>652
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 20:34:24.01 ID:KuD3wrUeO
ま、まあカラスの行水かもしれないですけど…
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 20:34:51.95 ID:Rj4reHJEO
そこは二人で風呂に入るのもダイジナコトダシ…
654 :1 [saga]:2020/06/23(火) 20:43:30.58 ID:EcdAWMmq0
 上条「まぁ、カラスの行水かもしれないでせうが・・・」


 上条「2人で一緒に風呂に入るのも中々いいもんだぜ?」


 一方通行「そォかい・・・」


 上条「けど、もう期末試験は終わったんだし、清ヶの愚痴を聞かなくて済むようになるな」


 一方通行「あァ、マジでクソッタレなくらいウザかったよォ・・・」


 一方通行「清々すンなァ、ったく・・・」


 上条「というか、清ヶは彼女さんと期末試験終わるまで電話もしなかったのか?」


 一方通行「みたいでよ、気ィ遣ってたらしいがそれは俺にもすべきだろうがよォ」チッ
 

 上条「は、ははは・・・」タラー


 一方通行「>>655
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 20:49:26.48 ID:+aC5m8DwO
まァまだまだ青いってことで勘弁してやるよ
休みも与えたし明日あたりからデートだろうなァ…
……俺も最近行ってねェしどうすっか…
656 :1 [saga]:2020/06/23(火) 21:05:30.85 ID:EcdAWMmq0
 一方通行「まァ・・・まだまだ青いってことで勘弁してやるよ」


 一方通行「休みも与えた事だしなァ、明日は朝っぱらからデートだろうなァ」


 上条「期末試験明けは休みって決まってるから・・・」


 上条「丁度いいタイミングだと思うぞ」
 

 一方通行「あァ。俺も最近はどこにも行ってねェし・・・どうすっか」


 上条「まぁ、円周と行きたいところを決めて行ってこいよ」クスッ


 一方通行「・・・おう」


 上条「さてと・・・」



 
 一方先生に言う?
 ↓3まで(多数決)
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:05:58.53 ID:KuD3wrUeO
言う
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:06:11.90 ID:+aC5m8DwO
言わぬい
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:06:31.93 ID:Wx9zQ/FNO
どんなメリットデメリットがあるのか知りたい…
一応言っとくか
660 :1 [saga]:2020/06/23(火) 21:13:10.92 ID:EcdAWMmq0
 上条「・・・そうだ。一方通行、話さなきゃいけないことがあるんだ」


 一方通行「あン?」


 一方通行「改まってなンだよ」


 上条「・・・」スッ


 ―パチンッ パチッ・・・

 一方通行「・・・俺に直せってンのか?」


 上条「いや・・・これは誰にも直せないって言われちまっててさ」


 一方通行「・・・つまり、もう変身もできねェのか?」


 上条「まだ数回までは稼働してくれるみたいだけど・・・」


 上条「いつかは変身できなくなっちまうな・・・」


 一方通行「・・・>>661
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:16:23.34 ID:KuD3wrUeO
……そンなことで泣き言言う奴になるなンて思わなかったぜ
どうしたいか決まってンならあとは周りとどうしたいか、それをなしとげるのがお前じゃなかったのか?
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:17:53.59 ID:IqlBZhQiO
変身できなくなっても上条当麻は上条当麻だろ
慰めはしねェがベルトで自分の価値が決まると思ってンならそれは違うだろうな…
663 :1 [saga]:2020/06/23(火) 21:29:13.93 ID:EcdAWMmq0
 上条「そうなったら・・・上条さんは単なる無能力者の不幸な学生に逆戻りでせうよ」


 一方通行「・・・そンなことで泣き言を言う奴になるなンて思わなかったなァ」


 上条「え・・・?」
 

 一方通行「変身できなくなってもお前はお前、上条当麻だろ」


 一方通行「どうしたいか決まってンならあとは周りとどうしたいか」


 一方通行「それを成し遂げるのが、お前じゃなかったのかよ?」


 上条「・・・けど、こればっかりは上条さんもお手上げで」


 一方通行「慰めはしねェ」


 一方通行「ベルトで自分の価値が決まると思ってンなら・・・」


 一方通行「俺ァ、違うと思うぞ。上条」


 上条「・・・」


 一方通行「説教臭せェ事は言いたかねェが・・・これだけは言っておくぞ」


 上条「・・・なんだ?」


 一方通行「>>664
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:32:35.50 ID:5mkyoBqTO
俺やお前の仲間、彼女はベルトの有無で価値や信頼をしてる訳じゃねェ
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:33:10.05 ID:Q2/xMjWbO
お前を慕う奴らに自分の価値を下げるような事を言ったら、その信頼も下げることになるぞ
666 :1 [saga]:2020/06/23(火) 21:44:51.55 ID:EcdAWMmq0
 一方通行「俺やお前の仲間・・・恋人はベルトの有無で」


 一方通行「お前の価値を決めて、信頼をしてる訳じゃねェ」


 一方通行「お前を慕う奴らに自分の価値を下げるような事を言ったら」


 一方通行「その積み上げてきた信頼も下げることになっちまうぞ」


 上条「(一方通行・・・)」


 一方通行「・・・俺もアイツらとまだ1年も経ってねェが」


 一方通行「過ごしてきた分、頼り甲斐は少しばかり感じてンだ」


 一方通行「そういうわけで・・・お前も腹ァ括っていけよ」


 上条「・・・ああっ。・・・ありがとな、一方通行」


 一方通行「礼を言われるほどじゃねェよ」


 上条「>>667
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:46:42.47 ID:KuD3wrUeO
一方通行もこう言ってくれてるということは俺を…
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:47:07.58 ID:Q2/xMjWbO
お礼じゃなくて実感ですことよ
669 :1 [saga]:2020/06/23(火) 22:01:14.58 ID:EcdAWMmq0
 上条「一方通行がそう言ってくれたからには・・・」


 上条「上条さん、挫けずに戦ってみせるでせうよっ」


 一方通行「・・・まァ、死なねェようにな」


 一方通行「お前が消えちまったら学園都市が終わっちまう気がするからよォ」


 上条「ぜ、善処するでせう・・・」


 一方通行「なるべくでも頼むぞォ・・・」


 上条「は、はい・・・」


 上条「・・・んじゃ、そろそろ行くな。風邪引くなよ?」


 一方通行「お前こそなァ」


 
 ―ブロロロロォーーッ!

 一方通行「・・・お前が居なけりゃ、世界も同然にヤベェことになっちまうからなァ」


 一方通行「お前は・・・マジでとことん不幸だな」ポイッ


 ―カコンッ



 12月15日 終了
670 :1 [saga]:2020/06/23(火) 22:06:47.19 ID:EcdAWMmq0
 12月16日 

 五和 公安ライダー認定式
 シャットアウラ 事件簿
 婚妃♥赤影 ご挨拶
 オルソラ=アクィナス
 垣根♥湾内さん
 恋査28 
 清ヶ♥挟美
 鳴護アリサのスクールシティープリンセス ラジオ
 神華皇子
 パトリシア=バードウェイ

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)

 ぇー・・・残念ながらスカベンコンプ無理した(血ナミダ
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 22:08:20.75 ID:KuD3wrUeO
リーダーしか出なかったよ畜生!

パトリシアん
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 22:08:36.31 ID:Q2/xMjWbO
五和
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 22:09:30.70 ID:Ne1H5OFmO
赤影
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 22:09:44.29 ID:jBhgc3sXO
オルソラ
675 :1 [saga]:2020/06/23(火) 22:11:59.50 ID:EcdAWMmq0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 マジでくそ暑くなってきましたから皆さん、水分補給にお気をつけて
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 22:30:05.75 ID:KuD3wrUeO
乙ー
水分と適度な塩分大事よねー
677 :1  [saga]:2020/06/24(水) 07:24:12.53 ID:aom6KBjYO
 パティー どうしてる?orどうしてた?
 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 07:28:34.16 ID:niCrdcfxO
シェリーと図書館で調べものタイム
と言ってもクリスマスに作るお料理のレシピ本調べ
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 07:30:15.03 ID:o6uQBvxBO
ステイルと一緒に御勉強タイム
680 :1   [saga]:2020/06/24(水) 08:11:53.67 ID:qrMQ0arsO
 ーイギリス ロンドン 大英図書館ー

 シェリー「んー・・・無いねぇ」ゴソゴソッ
 

 パトリシア「や、やっぱり一般の図書館で探した方がよかったでしょうか・・・」


 シェリー「いや、ここにもあるはずだよ」


 シェリー「古今東西の幅広い言語の書籍を収集してて、雑誌、新聞、パンフレット、録音、特許」


 シェリー「データベース、地図、切手、版画、絵画、その他諸々の資料を保存してるんだから」 


 シェリー「料理に関する本の1つや2つあってもおかしくないんだからさ」


 パトリシア「そ、そうですね・・・」


 ヴェノム「パトリシア。これはどうだ?」


 パトリシア「え?」


 『男女の神秘なる繋がり R-15』


 パトリシア「」ブファッ!


 パトリシア「>>681
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 08:13:05.63 ID:niCrdcfxO
そ、それは私が見えも問題無いんですか…?
682 :1   [saga]:2020/06/24(水) 08:19:48.65 ID:PKcmr1joO
 パトリシア「ななななっ、なんてものを・・・!///」


 パトリシア「どこから持ってきたんですか!///」


 ヴェノム「暇だったから色々見て回って見つけた」


 ヴェノム「読むか?」


 パトリシア「そ、それは私がまだ見てはいけない本ですから///」


 ヴェノム「どうしてだ?もう15歳なら読んでもいいんだぞ?」


 パトリシア「え?///」


 ヴェノム「ここに15歳以上からなら読めると書いてある」


 パトリシア「・・・///」ゴクリッ


 パトリシア「・・・>>683
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 08:23:33.09 ID:niCrdcfxO
べ、勉強ですから構いませんよね…//
684 :1   [saga]:2020/06/24(水) 18:47:50.62 ID:PKcmr1joO
 パトリシア「べ・・・勉強のためですから、問題はないですよね//」シラー


 ヴェノム「無いぞ」


 パトリシア「・・・では、こちらを一冊お借りしま」


 シェリー「パティー」


 パトリシア「しょおぉおおっ!?///」ギクッ!


 シェリー「うわ。な、なんだよいきなり」


 −ザワザワ ザワザワ

 パトリシア【ご、ごめんない!なんでもないんです!//】アセアセ


 シェリー「なんでもなけりゃ大声出さないでよ・・・」


 パトリシア「す、すみません・・・//」アセアセ


 シェリー「で、あー。見つけたよ、レシピ集を」


 パトリシア「あっ、ありがとうございます。シェリーさん」ペコリ


 シェリー「>>685
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 18:52:55.27 ID:9NF730bTO
なんか良さそうな本でも見つけたの?
顔赤いな
686 :1   [saga]:2020/06/24(水) 19:11:40.74 ID:PKcmr1joO
 シェリー「ええっ。・・・にしても顔が赤いわよ?」


 パトリシア「っ!//」ギクッ!


 シェリー「大丈夫なの?熱でもあるんじゃ」


 パトリシア「ぜ、全然ないですよ!//ねっ!?ヴェノムさん!//」


 ヴェノム「無いぞ」


 シェリー「それなら、いいんだけど・・・ん?」


 シェリー「その持ってる本は?何か良さそうなのでも見つけたの?」


 パトリシア「こ、これは・・・あの・・・///」


 ヴェノム「勉強で使う本だ」


 パトリシア「そうです!///」コクコクッ


 シェリー「あぁ、そう。恋人揃って真面目だね〜」


 パトリシア「>>687
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 19:19:21.97 ID:9NF730bTO
こ、これからのことにも役立ちますし私の知らないことをもっと知りたかったので…アタフタ
688 :1   [saga]:2020/06/24(水) 19:47:29.59 ID:6uwDfWxT0
 パトリシア「こ、これからのことにも役立ちますし//」


 パトリシア「私の知らないことをもっと知りたかったので・・・///」アタフタ


 シェリー「パトリシアでも知らないことなんてあるんだ」

  
 シェリー「意外だね。博士号取ってるのに」

 
 パトリシア「そ、それとは関係性があまりないと言いますか・・・」タラー


 シェリー「あぁ、そう。まぁ、案内するから付いてきな」クイッ


 パトリシア「はいっ」コクリ




 パトリシア「ふむふむ・・・」ペラッ


 パトリシア「(やはりロースト料理をクリスマスには食べるんですね・・・)」


 シェリー「・・・」ペラッ


 ヴェノム「>>689
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 19:48:02.69 ID:9NF730bTO
このクッキー面白いな人型をしているが
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 19:48:14.75 ID:6KExS9YpO
マジパンは聞いたことおるぞ
691 :1 [saga]:2020/06/24(水) 20:10:08.99 ID:6uwDfWxT0
 ヴェノム「面白いな。このクッキーは」


 シェリー「」ドキッ


 パトリシア「あ、ジンジャークッキーですか?」


 シェリー「べ、別に作ろうとは思ってないからね」


 ヴェノム「日本ではそれをフリって言うんだったな?」


 パトリシア「シェ、シェリーさんが作るのでしたら」


 パトリシア「きっと可愛く作れそうですけど・・・」


 シェリー「だから作ろうとは思ってないっての」


 パトリシア「す、すみません・・・」


 ヴェノム「なら何で見てたんだ?」


 シェリー「>>692
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 20:12:41.79 ID:9NF730bTO
……作ったら喜んでくれる人がいるかと思ったからよ
693 :1 [saga]:2020/06/24(水) 21:58:25.02 ID:6uwDfWxT0
 シェリー「・・・作ったら喜んでくれる人がいる、と思ったからよ」


 ヴェノム「旦那か?」


 シェリー「・・・そんなとこ」


 パトリシア「いいじゃないですか。とても素敵だと思いますよ」ニコリ


 シェリー「・・・ホントにそう思う?」


 シェリー「私みたいな女っ気のないやつが・・・クッキー焼くなんて」


 パトリシア「はい、もちろんですよ」


 ヴェノム「パトリシアだって作ってる」


 シェリー「そりゃ、こいつは作っても不思議じゃないだろ」


 パトリシア「>>694
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 22:06:43.58 ID:9NF730bTO
愛する女性がお菓子を作ってくれるって嬉しいことみたいですよ、小説とかでもかなり描写はありましたし…
良ければ一緒に…?
695 :1 [saga]:2020/06/24(水) 22:18:21.38 ID:6uwDfWxT0
 パトリシア「愛する女性がお菓子を作ってくれるって嬉しいみたいですよ」


 パトリシア「小説とかでもかなり描写はありましたし・・・」


 シェリー「作り話で盛り上げるためだからだよ」


 パトリシア「そ、そうかもしれませんが・・・」


 ヴェノム「リアルでやつも中にはいるんじゃないのか?人間は面白いからな」


 シェリー「・・・人間じゃないお前が言うと妙に説得力があるわね」
  

 ヴェノム「よろしければご一緒に作ってみませんか?」


 シェリー「・・・構わないけど、私焼いたことないわよ」


 シェリー「>>696
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 22:21:30.89 ID:90gxSuO5O
料理ならともかくお菓子だもんな…
オルソラを筆頭にお菓子作りが得意な逃す多くて遠慮していたわね
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 22:21:44.04 ID:9NF730bTO
不器用でも良ければやってもいいわよ
698 :1 [saga]:2020/06/24(水) 22:27:09.55 ID:6uwDfWxT0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 水分補給も大事でせうが、帽子もなるべく被って外は出歩きましょうね
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 22:37:14.10 ID:9NF730bTO
おつー
ひざしいやなのよなー
700 :1   [saga]:2020/06/25(木) 06:32:13.96 ID:aWpSxdge0
 シェリー「料理ならともかくお菓子だもんな・・・」


 ヴェノム「作るのはイヤなのか?」


 シェリー「いやじゃないけどさ・・・オルソラを筆頭にお菓子作りが得意なのが多くて」


 シェリー「遠慮していたのよね」


 パトリシア「それなら、オルソラさんは学園都市に行っていますから」


 パトリシア「もう遠慮せずに、作ってみませんか?」


 シェリー「・・・まぁ、そうだね。気が向いたら・・・」


 シェリー「作ってみるか。・・・そん時はパトリシアも手伝ってもらえる?」


 パトリシア「はいっ。一緒に本を探していただいたお礼もしたいので」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 06:56:23.58 ID:tajaaAF5O
お互いの彼氏について
クリスマスじゃなけれ何してそうかとか
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 06:56:47.33 ID:NPy6PBlwO
一緒にレッツランチ
703 :1   [saga]:2020/06/25(木) 08:12:46.07 ID:/f2BWu5EO
 シェリー「パトリシア。クリスマスじゃなければ、アイツ何してると思う?」


 パトリシア「ステイルさんですか?」


 ヴェノム「アイコス吸ってる」


 パトリシア「それは、毎日ですから・・・」


 パトリシア「えっと、そうですね・・・やっぱり、お話ししたりでしょうか」


 シェリー「それも毎日してることだろ」


 パトリシア「あっ。・・・そ、そうですね・・・」アハハ・・・


 ヴェノム「お前の方はどうなんだ?」


 シェリー「エリスは・・・そうだね」


 シェリー「怪物が出てこないように日本的に言えばお祓いに行ったり」


 シェリー「剣を振ったりしてるよ。私が創った木人形相手に」


 パトリシア「>>704
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 08:13:52.80 ID:W+F9YOXjO
鍛えてらっしゃるんですね、少し線が細い方と思っていましたが…
705 :1   [saga]:2020/06/25(木) 08:29:46.83 ID:Bj74He6zO
 パトリシア「なるほど。鍛えていらっしゃるんですね」


 シェリー「少し線が細いって気にしてるみたいでさ」


 シェリー「私は全然気にしてないけど、本人が逞しくなりたいからって」


 ヴェノム「アイツは意外とガタイは良いよな」


 パトリシア「わ、私はまだ見たことがないですから、わからないです・・・//」


 シェリー「って、じゃあ何でお前は知ってるの・・・」


 ヴェノム「一度寄生したからわかるんだ」


 ヴェノム「あっちの方は・・・ウーン」


 パトリシア「い、いいい、言わなくて結構です!///」アワアワ


 シェリー「>>706
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 12:28:03.77 ID:W+F9YOXjO
あっちって何よ?足とか?
707 :1   [saga]:2020/06/25(木) 13:53:14.85 ID:Bj74He6zO
 シェリー「あっちって、何よ?」


 パトリシア「え」


 シェリー「足の長さとか?」


 ヴェノム「違う。足と足の間にぶら下が」


 パトリシア「ああぁ〜〜!//そ、そうですよ!///」


 パトリシア「ステイルさん足が長くてスタイルがとっても素晴らしいんですよね!?///」


 ヴェノム「俺に聴いてるのか?」


 パトリシア「(後でポテトとチョコレート買ってあげますから、そうだな、って)」


 パトリシア「(答えてください。お願いですから!)」


 ヴェノム「そうだな」


 シェリー「フーン、まぁ見た目からしてそうだもんね」


 パトリシア「>>708



 シェリーさんって性知識が乏しかろうが豊富だろうがどっちもいけるって感じのポテンシャルでせうよね
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 19:13:53.96 ID:W+F9YOXjO
そ、そのとおりです!フンス
ところで男の人で好きなポイントとかありますか?

知識とかはあってもいいし無くてもいいし珍しいキャラ
イギリス組だと知らなそうなのってアルファルくらいかにゃーん?
709 :1   [saga]:2020/06/25(木) 20:31:00.57 ID:Bj74He6zO
 パトリシア「そ、その通りです!」フンス


 シェリー「けど、キスするとき面倒じゃない?」

 
 パトリシア「まぁ・・・ステイルさんが屈んでくださらないと、できませんね・・・」


 ヴェノム「だから俺が土台になってやってる」


 ヴェノム「なのにしないんだこいつは。この鶏」


 シェリー「・・・チキンね」


 パトリシア「だ、だってあんな往来の場所でできるわけないじゃはいですか!//」


 シェリー「あぁ、そりゃあ私でも遠慮しとくかな」


 ヴェノム「なんだ揃って鶏なのか」


 シェリー「あ?」
 

 パトリシア「ち、ちなみに、シェリーさんは男の人で好きなポイントとかありますか?」アセアセ


 シェリー「私?・・・>>710



 >>708 産みの親からの知識で知ってそうではある
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 20:40:27.30 ID:W+F9YOXjO
腕周りの筋肉とかかしらね
細くても太くてもいいと思うわ
711 :1   [saga]:2020/06/25(木) 21:18:56.23 ID:aWpSxdge0
 シェリー「腕周りの筋肉とかだね」


 シェリー「細くても太くても、その人物の特徴的な部分だし」


 シェリー「芸術家にとっての大事な商売道具でもあるからね」


 パトリシア「わぁ〜。とってもプロフェッショナにルに感じますね」


 シェリー「そうかな・・・」クスッ


 パトリシア「私はそう思いますよ」ニコリ


 シェリー「そりゃどうも」クスッ


 ヴェノム「>>712
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 21:20:23.33 ID:W+F9YOXjO
腕枕とかされると至福らしいぞ
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 21:21:02.46 ID:YHrG3YMYO
芸術家というだけはあるな感心したぜ
714 :1 [saga]:2020/06/25(木) 22:16:27.46 ID:aWpSxdge0
 ヴェノム「芸術家というだけはあるな」


 パトリシア「シェリーさんはロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで」


 パトリシア「美術講師をしたことがあったんですよね?」


 シェリー「あー、まぁー・・・うん」コクリ


 シェリー「(適当に返事してたのは言わないでおくか)」


 パトリシア「彫刻家としても世界的な有名人ですもんね」ニコリ


 ヴェノム「あの裸の人間の人形作ってるのか?」


 シェリー「全部が全部裸じゃないっての」


 パトリシア「ま、まぁ、肌が露出しているものが多いですから・・・」


 シェリー「>>715
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 22:18:16.74 ID:as6hR+TeO
筋肉美を描くのは難しいけど楽しいのよ、ひとりひとり違うものを表現するって不思議で面白くてね…
716 :1 [saga]:2020/06/25(木) 22:23:29.84 ID:aWpSxdge0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 22:25:24.58 ID:as6hR+TeO
おうー
湿気が嫌よねー
シェリーとか梅雨に髪型すごそう
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 06:10:34.16 ID:Dnmy82/0O
そういう像を作りまくってるから男の人の大事な部分も見慣れてるとかなのかな
ただ詳しくはよく知らないとかそんな感じ
719 :1   [saga]:2020/06/26(金) 06:44:35.27 ID:3PtEtP4m0
 シェリー「それはそうかもしれないか・・・」


 ヴェノム「裸の人間を見て何が楽しいんだ?」


 シェリー「筋肉美を表現して彫るのが、難しいけど楽しいのよ」


 シェリー「1人1人、違うものを表現するって不思議で面白くてね・・・」クスッ


 ヴェノム「フーン」


 シェリー「(聴いといて全く興味なしだなおい)」イラッ


 パトリシア「私も、彫刻って自らの想いを現実に存在させようとする」


 パトリシア「魅力的な芸術だと思います」ニコリ


 シェリー「だろ?流石天才だね、わかってるじゃないか」クスッ


 パトリシア「>>719



 >>717 元からすごいことになってるのに更にボンバーになりそうっすね
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 06:52:07.45 ID:nSmx0246O
いえいえ素晴らしい彫刻には今にも動き出しそうな迫力や躍動感を感じますから…
モデルとかご覧になったことは?
721 :1   [saga]:2020/06/26(金) 07:35:45.13 ID:GKexpzFTO
 パトリシア「いえいえ。素晴らしい彫刻には今にも動き出しそうな」

  
 パトリシア「迫力や躍動感を感じますから」クスッ


 シェリー「その通りだよ。・・・ふふっ、ここまで話がわかるなんて」


 シェリー「パトリシアも中々ね。素直に見直したよ」ナデナデ


 パトリシア「あ、ありがとうございます//」テレテレ


 シェリー「・・・」クスッ




 シェリー「けど、ホントにこっちに戻ってきてよかったの?」


 シェリー「学園都市に住む予定だったみたいなのに」


 パトリシア「そ、その・・・やっぱり、ステイルさんが側にいないと」


 パトリシア「不安になると言いますか・・・」


 パトリシア「>>722
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 07:36:45.85 ID:nSmx0246O
遠距離恋愛よりはそばに寄り添いたいって思ってしまいまして…
贅沢かもしれないですけど
723 :1   [saga]:2020/06/26(金) 08:06:46.95 ID:GKexpzFTO
 パトリシア「遠距離恋愛よりは、そばに寄り添いたいって思ってしまいまして・・・」


 パトリシア「贅沢かもしれないですけど・・・」


 シェリー「そう・・・まぁ、いいんじゃない」


 シェリー「恋人と仕事の両立は大切だけど、何より信頼関係な1番大切だからね」


 パトリシア「信頼関係ですか・・・」


 シェリー「ええっ。アイツの側に居たいなら自分の意思を尊重すべきことだし」


 シェリー「こっちに戻ってきて正解だと思うよ」


 パトリシア「・・・はい。そうです、よね」


 シェリー「>>724
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 08:09:09.58 ID:mzghJJC6O
私らとしてもいてくれた方が勉強になるしね
たまに姉の顔を見に行くくらいでいいんじゃないかしら?
725 :1   [saga]:2020/06/26(金) 08:26:35.10 ID:/ZZo7OAaO
 シェリー「私らとしても、いてくれた方が勉強になるしね」


 シェリー「たまに姉の顔を見に行くくらいでいいんじゃないかしら?」


 パトリシア「はい。姉さんにもそう伝えておきました」


 シェリー「ならいいね。・・・ところでさ」


 シェリー「あの使い走りは学園都市なの?」


 パトリシア「マークさんですか?」


 ヴェノム「クビにした」


 シェリー「え」


 パトリシア「違います違います!す、数日だけ滞在してここへ合流するんですよ」アセアセ


 シェリー「あぁ、そういうこと・・・でも」


 シェリー「パトリシアだけでイギリスに帰るのをよく承諾したわね」


 パトリシア「ヴェノムさんが付いていますから、安心していただいたんです」


 ヴェノム「>>726
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 12:22:56.03 ID:0aSt7ujIO
アイツが過保護なのもあるがな…
そもそもパトリシアは俺がいなくてもサバイバルなら意外とやるぞ?
727 :1   [saga]:2020/06/26(金) 15:49:16.54 ID:/ZZo7OAaO
 ヴェノム「アイツが過保護なのもあるがな」


 パトリシア「か、過保護と言うほどでもないと思いますが・・・」


 パトリシア「姉さんの方がよっぽど過保護だと思いますよ」


 シェリー「(あの「明け色の陽射し」のボスがねぇ・・・)」


 ヴェノム「そもそもパトリシアは俺がいなくても、サバイバルなら意外とやれるぞ?」


 シェリー「え?アウトドアタイプには見えないけど」


 パトリシア「知識は確かに事足りますけど、実践はごめんですよ」


 パトリシア「クレバスに落ちたときなんて、もうホントに死ぬのを覚悟したんですからね」


 ヴェノム「俺が助けたろ」


 パトリシア「ヴェノムさんじゃなかったらどうなってたと思うんですか」ジトー


 ヴェノム「・・・HAHAHAHA」


 パトリシア「笑うところじゃありませんよ!もう!」プンスコ


 シェリー「>>728
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/26(金) 17:43:49.17 ID:IQ1AO8ebO
(バードウェイがもしそこにいたら間違いなくこいつボコってるな)
729 :1   [saga]:2020/06/26(金) 22:08:53.09 ID:/ZZo7OAaO
 シェリー「(バードウェイがもしそこにいたら間違いなく殺ってたな)」


 ヴェノム「だけどな、俺も命辛々逃げてきてたんだ」


 パトリシア「それは・・・事情はわかりますけど・・・」


 ヴェノム「ならお相子だな」

 
 パトリシア「・・・はぁ、そういうことにします」


 シェリー「(苦労してんのね、パトリシアも・・・)」


 パトリシア「あっ、シェリーさん。そろそろお時間がきてますよ」


 シェリー「ん?・・・あぁ、もう経ったのか」


 パトリシア「すみません、お時間を取らせてしまって」


 シェリー「別にいいわよ、気にしなくたって」


 シェリー「それより、アイツを喜ばせてあげられるよう頑張りな」クスッ


 パトリシア「>>738
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 22:09:46.06 ID:zuULPWq4O
お仕事乙なのよー

頑張りますよ!
どっちが喜ばせられるか…負けませんからね!
731 :1   [saga]:2020/06/26(金) 23:02:37.98 ID:3PtEtP4m0
 パトリシア「頑張ります!」


 パトリシア「どっちが1番喜ばせられるか・・・」


 パトリシア「負けられませんからね!」フンス


 シェリー「そうなんだ。じゃあ、尚更クリスマスは勝負になるね」


 パトリシア「はいっ。シェリーさんもエリスさんと楽しいクリスマスを過ごしてくださいね」ニコリ

 
 シェリー「ええっ。んじゃ、またね」ヒラヒラ


 パトリシア「行ってらっしゃ〜い」ヒラヒラ


 ヴェノム「」ノシ




 視点変更

 五和 公安ライダー認定式
 婚妃♥赤影 ご挨拶
 オルソラ=アクィナス
 恋査28
 
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 23:04:16.69 ID:zuULPWq4O
五和
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 23:04:21.09 ID:7hbv0LJoO
五和
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 23:04:27.16 ID:N730AU30O
おるそらさん
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 23:04:55.55 ID:yDIGBxbtO
五和
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 23:05:03.31 ID:F2CMYIOXO
恋査
737 :1 [saga]:2020/06/27(土) 00:26:42.42 ID:R9e077x/0
一旦ここまで。
738 :1   [saga]:2020/06/27(土) 07:04:34.17 ID:R9e077x/0
 -日本 学園都市 第七学区 第七遊園地-

 −ワイワイ ワイワイ


 彩愛『はーい!みんなー!おっはYOー☆!』


 <<<<<おはよー! おはようございまーす!


 彩愛『うんうん、元気な挨拶ありがとう!』


 彩愛『中学生や高校生の皆は、昨日まで期末試験を頑張ってお疲れ様!』


 彩愛『今日は学校がおやすみになるから、勉強で遊べなかった分をここで遊んで』


 彩愛『楽しんでね☆!』


 彩愛『それじゃあ、告知してた「アイテム」からの重要なお知らせを発表するZE☆!』


 彩愛『なんと!新しく公安のライダーになるライダーの認定式をここで行うYO☆!』


 −ザワザワ ザワザワ

 <認定式なんて見たことないよな
 <マジか、じゃあスッゲーラッキーじゃね?
 <写真撮っとこ
 <どんなライダーだろ・・・
 <早く見たいね!


 彩愛『>>739
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 07:09:34.79 ID:uVkC9VRxO
うんうん!みんなの反応が良くて新しい子もドキドキしてると思うYO!


学生がテスト期間中はアイテム遊園地もおやすみってかんじなのかにゃーん
740 :1   [saga]:2020/06/27(土) 07:33:36.66 ID:R9e077x/0
 彩愛『うんうん、皆の反応が良くてよかったZE☆』


 彩愛『公安になるライダーの子はドキドキしてると思うYO☆』


 彩愛『じゃあ、早速呼んでみよっか!せーので名前を呼ぼう!』


 彩愛『ご唱和ください!彼女の名を!』


 彩愛『仮面ライダ〜〜〜〜!オーディン!』


 <<<<<オーーーーディーーーン!

 −シュイィィーン

 −スタッ

 オーディン(五和)「・・・」


 <<<<<おおぉお〜〜〜〜〜〜!!

 −パチパチパチッ! パチパチパチッ!


 彩愛『本日、公安のライダーとしての認定をすることになった仮面ライダーオーディンだYO☆』


 彩愛『最愛ちゃんと同系統のライダーで、以前まではイギリスで活動してたんだZE☆』


 彩愛『>>741



 >>741 でせう。
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 07:39:40.50 ID:s1iGmr5YO
学園都市でもみんなのために頑張りたいって立候補してくれたんだYO☆
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 07:40:47.74 ID:EPWB7YcRO
アイテムの新しい仲間としてがんばってくれるから応援頼むYO!
743 :1   [saga]:2020/06/27(土) 08:10:27.47 ID:R9e077x/0
 彩愛『学園都市でも、皆のために頑張りたいって立候補してくれて』


 彩愛『「アイテム」の新しい仲間として、頑張ってくれるから応援してあげてね!』


 −パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 オーディン(五和)「・・・」ペコリ


 オーディン(五和)「(よかったぁ、皆さん歓迎してくださっていますね・・・)」ホッ


 彩愛『それでは、変身を解いてもらっていいかな?』


 オーディン(五和)「(はい)」コクリ


 −キュキィーーン

 五和「・・・」




 何のコスプレ?(嵐or鹿島)
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定) 
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:15:05.30 ID:s1iGmr5YO
どっちも悩む…
鹿島でいくか
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:16:20.67 ID:wHZeIos3O
彩愛ちゃん司会だけで飯食っていけそうな気がする…
とある魔術の禁書目録だと鹿島系ゆるふわキャラ少ないしここは鹿島
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:16:35.65 ID:MHgYY2aOO
鹿島
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:16:39.80 ID:MYBjOyn0O
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:16:43.68 ID:evzxi5weO
749 :1   [saga]:2020/06/27(土) 08:44:07.69 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)『皆さん、初めまして。新しく公安のライダーとして』


 五和(鹿島)『アイテム』に所属することになりました、愛衣響子です!』


 五和(鹿島)『よろしくお願いしますね』ニコリ


 −ザワザワ ザワザワ

 <え、めっちゃくそ可愛くね?
 <てか鹿島だよなあれ
 <コスプレ?
 <あれ?五和ちゃんじゃない・・・?
 <イヤイヤ、あってるでしょ。多分、偽名・・・


 彩愛『愛衣ちゃんは諸事情でコスプレで活動することになるから』


 彩愛『その辺は覚えておいてね』


 彩愛『さてさて、ではでは認定式を行いまーす!麦野さん、どうぞ!』


 麦野『前フリ長かったわねー』スタスタ


 −ワァァァァアアアッ!

 −パチパチパチッ! パチパチパチッ!
 

 五和(鹿島)「わっ・・・(す、すごい歓声ですね・・・)」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで

 >>745 彩愛「私の本職は歌手だYO☆!」
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:49:24.40 ID:s1iGmr5YO
学園都市で五和のこと知ってる人って誰だ…

むぎのんがトークで愛衣ちゃんを紹介しつつも時に質問を振ったりどうしたいかとか話しかけてきてさながらトークショーに
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 08:49:55.63 ID:evzxi5weO
麦野から一応真面目に委任状を渡される
752 :1 [saga]:2020/06/27(土) 09:14:45.97 ID:R9e077x/0
 麦野『えーっと・・・まぁ、おはようございます』


 <<<<<おはようございまーす!


 麦野『期末試験期間が終わって遊園地も3日ぶりに開園した直後だけど』


 麦野『新しく仲間を迎え入れることができて、嬉しい限りだと思うわ』


 麦野『・・・はい、挨拶終わり。次は愛衣の事を知ってもらうために』


 麦野『質問でもしようかしら。いい?』


 五和(鹿島)『あ、はいっ!どうぞ』コクリ


 麦野『じゃあ・・・質問ある人、手を挙げて』


 <<<<<はーい!


 麦野『・・・そこの黒い服の片手にジュース持ってるアンタ』


 


 五和(鹿島)『なので、楽しみにしてくださいね』ニコリ


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 麦野『丁度いい時間になったわね。じゃあ、認定式始めましょうか』

 
 五和『はいっ』


 麦野『>>753



 >>750 結構居るような・・・
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 09:18:47.46 ID:s1iGmr5YO
コホン…
愛衣 響子殿…これからアイテムの一員として活躍されることを期待して任命するわ
よろしく
754 :1 [saga]:2020/06/27(土) 09:43:30.80 ID:R9e077x/0
 麦野『コホン・・・愛衣響子殿』


 麦野『仮面ライダーオーディンを公安のライダーとして認定いたします』


 麦野『学園都市の自由と平和を守るため、全身全霊で象徴の務めを果たしてください』

 
 麦野『これからアイテムの一員として活躍されることを期待して、任命します』


 五和(鹿島)『はい!』


 麦野『・・・よろしくね』スッ


 五和(鹿島)『頑張って参りますっ』ペコリ


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 彩愛「麦野さん、ちょっといいですか?」


 麦野「ん?」


 彩愛「」ヒソヒソ


 麦野「あぁ、そうなの?・・・じゃあ、用意しといて」


 彩愛「はいさーっ」

 
 五和(鹿島)「何かあったんですか?」


 麦野「ううん。問題発生した訳じゃないから大丈夫よ」


 麦野『じゃあ、抱負を言ってもらおうかしら』


 五和(鹿島)『はいっ。ただいま公安のライダーとして認定していただきました』


 五和(鹿島)『>>755
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 09:56:03.06 ID:HXPfuwZzO
学生が多いこの街で皆さんを守るだけでなくて、皆さんのお手本になれますように頑張りたいと思います
まだまだ若輩者ですがよろしくお願いしますねニッコリ
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:00:58.16 ID:s1iGmr5YO
アイテムの皆さんに並べるように頑張りたいなとオモイマス
757 :1 [saga]:2020/06/27(土) 10:28:08.56 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)『学生が多いこの街で皆さんを守るだけでなくて』


 五和(鹿島)『皆さんのお手本になれますように頑張りたいと思います』ニコリ


 五和(鹿島)『と言っても、私もまだまだ若輩者ですので』


 五和(鹿島)『不甲斐ないところをお見せしてしまうかもしれませんが』


 五和(鹿島)『よろしくお願いしますね』ニッコリ


 五和(鹿島)『「アイテム」の皆さんと肩を並べるように、頑張りたいなと思います!』


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 彩愛『ありがとねー、いつ、ゲフン!愛衣ちゃん!』


 彩愛『さぁ、実はまだもう1人公安のライダーとして認定することになってる子が』


 彩愛『丁度タイミングよく来てもらえたから、ちょっと待っててね』


 ―ザワザワ ザワザワ

 <今度はどんなライダーだろうな
 <というか、どんだけライダーいるんだ?
 <いや、わかんねぇな
 <・・・ 


 彩愛『じゃあ、もう1回同じようにせーので名前を呼ぼうZE!』


 彩愛『ご唱和ください!彼女の名を!』


 彩愛『仮面ライダ〜〜〜〜!キックホッパー!!』


 <<<<<キックホッパー!

 [CLOCK OVER]


 キックホッパー(入鹿)「・・・」ピシッ


 <<<<<おぉおお〜〜〜〜〜っ!!

 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!


 彩愛「(入鹿ちゃん、直立不動になっちゃってるよ・・・緊張してるのかな)」タラー


 彩愛『あ、えっと。というわけで、公安のライダーとしての認定をすることになった』


 彩愛『もう1人の、仮面ライダーキックホッパーだYO☆』


 彩愛『猟虎ちゃんとテレスさんと同系統のライダーなんだ♪』


 彩愛『>>758
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:32:04.47 ID:s1iGmr5YO
タイプとしては名前の通りキック力がウリだYO☆
ちょっとシャイなところもあるけど優しい子なんだぜ
759 :1 [saga]:2020/06/27(土) 10:40:06.24 ID:R9e077x/0
 彩愛『タイプとしては名前の通りキック力が主体だね』


 彩愛『ちょっとシャイなところもあるけど、優しい子なんだZE☆』


 彩愛『じゃあ、変身を解いて自己紹介をお願いね?』


 キックホッパー(入鹿)「は、はい・・・」


 ―カシャンッ

 ―キュロロロロロ・・・


 入鹿「」カチコチ


 五和(鹿島)「い、入鹿さんリラックスしてください?」


 麦野「深呼吸しな」


 入鹿「すぅ〜〜〜・・・はぁーーー・・・」

 
 彩愛「はい、マイク」スッ


 入鹿「はいっ・・・。・・・み、皆さんおはようございます』ペコリ


 <<<<<おはようございまーす!


 入鹿『お初目にかかります。私は弓箭入鹿と申しまして・・・名字からお察しの通り』


 入鹿『弓箭猟虎ちゃ、んんっ!さ、さんとは姉妹になります』


 入鹿『私は妹の方で、猟虎さんは姉なんです』

 ―ザワザワ ザワザワ

 <あー、確かに似てるな
 <姉妹揃って美人だなー
 <弓箭入鹿ってあの弓道で有名じゃなかったか? 
 <そうそう!すげぇ、ライダーになってたんだ


 入鹿『>>760
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:40:17.55 ID:s1iGmr5YO
旦那というか相棒は来てるのだろうか
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:41:25.44 ID:s1iGmr5YO
ごめーん安価したですの
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:42:22.05 ID:HXPfuwZzO
し、姉妹ともどもこのアイテムで皆さんに尽力できるよう尽くしていきますので…よ、よろしくお願いしますわんっ!
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:43:01.20 ID:qMPvRC4OO
弓道も頑張りながらも二足のわらじになりますがどちらでも一流になれるよう鍛錬していきます
764 :1 [saga]:2020/06/27(土) 10:53:02.49 ID:R9e077x/0
 入鹿『し、姉妹共々、治安維持組織「アイテム」で皆さんに尽力できるよう』


 入鹿『尽くしていきますので・・・二足のわらじになりますが、学生としても頑張りながら』


 入鹿『どちらでも、一流になれるよう鍛錬していきますので』


 入鹿『よ、よろしくお願いしますっ!』


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 彩愛『ありがとね〜。ってちょちょちょどこ行くの』


 五和(鹿島)「まだ委任状を渡していただいてませんよ」アセアセ


 入鹿「あ、す、すみません!///」アセアセ


 麦野「落ち着きなさいって・・・」ハァー


 彩愛『じゃ、じゃあ認定式、いってみYOー』


 麦野『えー・・・弓箭入鹿殿』


 麦野『仮面ライダーキックホッパーを公安のライダーとして認定いたします』


 麦野『学園都市の自由と平和を守るため、全身全霊で象徴の務めを果たしてください』

 
 麦野『これからアイテムの一員として活躍されることを期待して、任命します』


 入鹿『はいっ!』


 麦野『よろしくね』スッ
 

 入鹿「」ペコリ


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 彩愛『(あ、入鹿ちゃんへの質問はどうしようかな・・・)』


 彩愛『(>>765)』
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:57:42.98 ID:UjInBxb8O
入鹿ちゃんがこうなりたいとかこんな人とともに頑張りたいとか理想像はあるのかな?
766 :1 [saga]:2020/06/27(土) 11:49:47.50 ID:R9e077x/0
 彩愛『(・・・あ、皆からじゃなしに私が質問すればいいのか)』


 彩愛『入鹿ちゃんはこうなりたいとか、こんな人とともに頑張りたいとか』


 彩愛『理想像はあるのかな?』


 入鹿「え?あ・・・そ、そうですわね』


 入鹿『皆さんを全力で守り、学園都市の治安のためにも節度ある勧善懲悪として』


 入鹿『仮面ライダーキックホッパーでありたいです』


 入鹿『私には掛け替えの無い親友がいて、同系統のライダーなんです』


 入鹿『公安のライダーではないのでお名前は申し上げられませんが』


 入鹿『ライダーとしての名前はパンチホッパーと言います』


 入鹿『とても信頼できて頼れるパートナーですわ』


 入鹿『>>767
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 11:59:58.38 ID:s1iGmr5YO
不器用というかぶっきらぼうですけどパートナーとして気心を許せる間柄と言っていいんでしょうか…/
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:00:25.67 ID:SvxLom12O
たくましくてとても頼りがいがあるバディですフフッ
769 :1 [saga]:2020/06/27(土) 12:15:53.19 ID:R9e077x/0
 入鹿『不器用というかぶっきらぼうですけど・・・』


 入鹿『パートナーとして気心を許せる間柄と言っていいんでしょうか・・・』


 入鹿『逞しくて、本当にとても頼りがいがあるバディなんです』フフッ


 入鹿『なので、一緒に頑張っていきますわ』


 入鹿『これから・・・よろしくお願いいたします!』ペコリ


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!


 彩愛『はい、ありがとう。・・・よかったYO☆」ニコリ


 入鹿「はぁ〜・・・」ホッ


 麦野「>>770


 五和(鹿島)「>>771
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:19:52.84 ID:s1iGmr5YO
挨拶くらいで緊張されると困るにゃーん、胸をしっかり張って頑張んなさい
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:20:38.17 ID:SvxLom12O
髪の毛サラサラだけど何かこだわりとかあるの?
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:21:16.46 ID:Sclg6eDeO
そんなバディの子に負けないように頑張らないとね、応援するし鍛えてあげるわクスッ
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:21:50.95 ID:+c7P74O9O
とってもいいコメントだったと思いますよフフフ
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:22:39.01 ID:4CeaN1OvO
それではお客さんで入鹿さんに質問のある方は?
775 :1 [saga]:2020/06/27(土) 12:32:29.79 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)「とっても素晴らしいコメントでしたよ」フフフ


 入鹿「あ、ありがとうございます」ペコリ


 麦野「けど、挨拶くらいで緊張されると困るにゃーん」


 麦野「胸をしっかり張って、頑張んなさい」ポンッ


 入鹿「は、はい・・・申し訳ございません」


 麦野「まぁ、そんな頼り甲斐のあるバディの子に負けないようにアンタも頑張らないとね」


 麦野「応援するし、鍛えてあげるわ」クスッ


 入鹿「お、お手柔らかに・・・」


 彩愛『以上で公安ライダーの認定式を終わります』


 彩愛『これから2人の応援をどうぞ、よろしくお願いねー♪』


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 

 -舞台裏-

 猟虎「よ、よく頑張ったね、入鹿ちゃん」


 入鹿「>>776
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 12:36:59.81 ID:s1iGmr5YO
と、とってもき、緊張しましたわ…
普段かかないところも汗が…
777 :1 [saga]:2020/06/27(土) 13:25:06.66 ID:R9e077x/0
 入鹿「と、とっても、緊張したわ・・・」


 サンドリヨン【はい、タオル。とアクエリアス】スッ


 入鹿「あ、ど、どうも・・・」フキフキ、ゴクッ


 入鹿「」ブフゥーーー!


 猟虎「にゃあああ!?」ビクッ


 麦野「ちょ、どうしたのよ」


 入鹿「ず、ずみ゛ま゛ぜん・・・んんっ!こ、この飲み物、なんというか・・・」


 麦野「あー・・・変わった味がしたからでしょ」


 麦野「婚后も言ってたわ。甘いようなしょっぱいようなって」


 入鹿「は、はい・・・」


 五和(鹿島)「飲んだことはないんですか?」


 入鹿「初めて飲みましたわ・・・」


 猟虎「ほ、ほら、口元拭いてあげるから」フキフキ


 入鹿「んむっ・・・//」


 彩愛「五和ちゃん、もう衣装は脱いでいいってさ」


 麦野「握手会やらサイン会はちょっと延期にしたから、先に上がってもいいわよ」


 五和(鹿島)「>>778
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 13:28:41.72 ID:4CeaN1OvO
こういう服装ってあまり経験が無いのでちょっとお写真を撮っても良いですか?
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 13:30:25.83 ID:4CeaN1OvO
こんな可愛いお洋服ってなんか脱ぐのがもったいなくて…//
ちょっと演技の練習もしてみますね
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 13:31:07.46 ID:JPhadaP1O
ありがとうございます
でも麦野さんお手伝いさせてください、私もアイテムの一員になったんですから
781 :1 [saga]:2020/06/27(土) 14:06:46.30 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)「ありがとうございます」


 五和(鹿島)「でも、麦野さん。この後の予定は特にありませんので・・・」


 五和(鹿島)「どこかのお手伝いさせていただけませんか?」


 麦野「ん?いいの?」


 五和(鹿島)「私もアイテムの一員になったんですから」


 五和(鹿島)「是非、お願いしますっ」


 麦野「そう・・・じゃあ、そうね。どこ頼もうかしら・・・」


 彩愛「あっ、入鹿ちゃんに頼んであった」


 彩愛「新しいアトラクションのスタッフのサポートはどう?」


 麦野「>>782



 五和ちゃんはコスプイヤー枠で衣装も自前(自作手製)でせう
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 14:12:58.66 ID:/JK1ISQH0
よし、そこね! ちょうど
 船にゆかりがあるから
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 14:13:21.38 ID:s1iGmr5YO
コスチューム作れるのって手先が少し不器用な小牧ちゃん以外の常盤台組
サンドリヨン五和あたりかねえ…
サンドリヨンは蜜蟻のバレエ衣装とかもやれそう

そうね、せっかくのお披露目の機会だしアリかしら
私も後で見に行くから教えてあげられる?
784 :1 [saga]:2020/06/27(土) 14:29:33.73 ID:R9e077x/0
 麦野「そうね、せっかくのお披露目の機会だし任せようかしら・・・」

 
 麦野「私も後で見に行くから入鹿、教えてあげられる?」


 入鹿「あ、はい。キチンとメモを取って覚えておりますので」


 入鹿「大丈夫です」


 五和(鹿島)「ご指導のほどよろしくお願いしますね」ニコリ


 入鹿「はいっ」コクリ


 麦野「じゃあ、また後でね」


 彩愛「頑張って〜☆」

 
 サンドリヨン【何かあったら連絡いれるのよ】


 猟虎「>>785



 >>783 なーる
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 14:32:28.79 ID:/daGZIcrO
わ、私も後で行くからがんばって!
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 14:32:40.03 ID:MxrHJyLMO
絵に描いちゃおうかな
787 :1 [saga]:2020/06/27(土) 14:59:01.56 ID:R9e077x/0
 猟虎「わ、私も後で行くからがんばって!」


 入鹿「うんっ。ありがとう、猟虎ちゃん」ニコリ


 猟虎「えへへ・・・//」テレテレ




 -第七遊園地 園内-

 入鹿「それから、こちらの金具を腰のベルトに固定して」


 入鹿「飛んでいただきますわ」


 五和(鹿島)「なるほど・・・」メモメモ


 入鹿「・・・」ジーッ


 五和(鹿島)「・・・?。どうかしましたか?」


 入鹿「あっ、いえ、その・・・とても精密なコスチューム・プレイだと思いまして・・・」


 五和(鹿島)「あぁ、ふふっ♪ありがとうございます」ニコリ


 五和(鹿島)「この衣装は自作してみたものですので、そう言っていただけで嬉しいです♪」 


 入鹿「>>788
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:00:29.65 ID:s1iGmr5YO
私もそういうのは興味があるといいますか…
常に制服着用が求められている学校なのでなかなか…
部活で弓道着を着るくらいですもの
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:00:49.58 ID:/JK1ISQH0
あとで、姉さまが
絵にかくかも……
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:01:34.77 ID:MxrHJyLMO
ゆるふわでしょうか?
すごいフワフワしてる感じでかわいいですわ!
それにしても太ももがきれい…ジーッ
791 :1 [saga]:2020/06/27(土) 15:38:09.89 ID:R9e077x/0
 入鹿「私もそういうのは興味があるといいますか・・・」


 入鹿「ゆるふわ、でしょうか?すごいフワフワしてる感じで可愛いです!」


 五和(鹿島)「うふふっ♪こういったキャラクターを演じるのも」


 五和(鹿島)「コスプレとしての醍醐味ですから、楽しいんですよ」ニコリ


 入鹿「なるほど。私は常盤台中学に通っていた頃は」


 入鹿「常に制服着用が求められていましたのでしたから、中々私服を着る機会がなくて・・・」


 入鹿「あるとすれば部活動で弓道着を着るくらいですもの」


 五和(鹿島)「あぁ、そうなんですね。でも、高校生になったのですから」


 五和(鹿島)「そういった校則に縛られなくなってよかったですね」ニコリ


 入鹿「はいっ。先程話していた親友と楽しく洋服店へよく赴いているんですわ」


 入鹿「彼女の名前は北条彩鈴と言いまして・・・ズボンをよく履いているんですが」


 入鹿「スカートもとても似合うのですのに、嫌うんですよ?」


 入鹿「もう少し女性としての魅力を自覚してほしいですわ」フンス


 五和(鹿島)「そうなんですか」クスッ


 入鹿「・・・それにしても、いつ・・・愛衣さん太ももがお美しいですね」ジーッ


 入鹿「>>
792 :1 [saga]:2020/06/27(土) 15:38:46.24 ID:R9e077x/0
 入鹿 台詞
 >>793
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:39:13.45 ID:MxrHJyLMO
スベスベしてそうというかもちもちしてそうで…
あ、後で触らせてもらえませんか?
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:40:11.14 ID:WI+ktZpFO
五和はコスプレとかなりきり系は好きそうだよね
普段控えめだから張り切っちゃう的な

何をどうしたらこんなに美しく…
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:40:42.82 ID:s1iGmr5YO
彩鈴もこんなふうに見せたいって言ってくれたら協力しますのに…
796 :1 [saga]:2020/06/27(土) 15:53:00.68 ID:R9e077x/0
 入鹿「ムチムチしていると言いますか、スベスベしてそうで・・・」


 入鹿「何をどうしたらこんなに美しく・・・?」


 五和(鹿島)「ん〜・・・髪のお手入れは特にしてますが・・・」


 五和(鹿島)「身体は別段、念入りというわけでもないですけど・・・」


 入鹿「とても羨ましいですわね・・・」


 五和(鹿島)「入鹿さんも中々の美脚だと思いますよ」クスッ


 入鹿「い、いえ、そんな・・・//」テレ


 入鹿「・・・彩鈴もこんな風に見せたいって言ってくださったら」


 入鹿「喜んで協力しますのに・・・」
  

 五和(鹿島)「まぁ、肌を露出させたいと思いたいという気持ちは人それぞれですから」


 入鹿「あ、後で触らせてもらえませんか?」


 五和(鹿島)「>>797



 >>794 なんで嵐のまま上条さんと夜戦に突入したことあります
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:54:47.37 ID:WI+ktZpFO
構いませんよ?
あとで汗を流すときにご一緒しますか?ニコッ
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 15:55:17.39 ID:RN+SbCy6O
今でもいいですよ、まだお客さんまばらですし
799 :1 [saga]:2020/06/27(土) 16:30:56.75 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)「構いませんよ?あとで汗を流すときにご一緒しますか?」ニコッ


 入鹿「ぜ、是非お願いしますわっ」


 五和(鹿島)「それか・・・今でもいいですよ?」ススッ


 入鹿「え・・・」ドキッ


 五和(鹿島)「周辺のお客さんはまばらですし・・・どうですか?」ウフフ


 入鹿「・・・っ//」ゴクッ


 五和(鹿島)「・・・うふふっ♪なんて、冗談ですよ」

 
 五和(鹿島)「ここでは遠慮していただきますが、先程言った通りに」クスッ


 入鹿「・・・は、はぃ///」プシューッ


 入鹿「(わ、私ったらなんて・・・//恥ずかしい・・・///)」フルフル


 

 -第七遊園地 バンジージャンプ-

 ―カチャンッ

 五和(鹿島)「OKです。じゃあ、3カウントで飛んでくださいね」


 「はいっ」


 「や、やっぱり怖いんだけど・・・」


 入鹿「ご心配なく、学園都市の技術力は安心安全なのですから」ニコリ




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 16:33:57.67 ID:s1iGmr5YO
怖がってるお客さんを上手く励まして気持ちを乗らせる五和
戻ってきた人の頭を撫でたりしてホッとさせたりする姿を参考に学ぶ入鹿さん
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 16:36:56.21 ID:k2Uv7mphO
たまに入鹿が見本とばかりに体を張る姿に舌を巻くお客さんたち
体を張った姿勢を学ぶかーしま
802 :1 [saga]:2020/06/27(土) 17:17:51.50 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)「それでは3、2」


 「あぁああ!やっぱ待って!怖い怖い!」アセアセ


 「うぉい!俺飛べるんだったんだぞ!」アセアセ


 五和(鹿島)「リラックスしてください。大丈夫ですよ」


 五和(鹿島)「私なら綱が無くても飛べるんですから」


 「・・・いやいや、それおかしいですよ?能力かなんかを使っての話ですよね?」


 五和(鹿島)「まぁ、身体能力での話です」ニコリ


 入鹿「お手本をお見せしましょうか」カチャリッ


 入鹿「>>803
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 17:19:42.94 ID:k2Uv7mphO
このアトラクションは一気に行って楽しむのが最高なんですよスイッ
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 17:22:00.06 ID:s1iGmr5YO
見ててください、思いっきり飛びますよ!

…入鹿さんスカートじゃないよね
805 :1 [saga]:2020/06/27(土) 17:30:23.30 ID:R9e077x/0
 入鹿「このアトラクションは一気に行って楽しむのが最高なんですよ」スイッ


 「「あ」」

 ―ヒュウウウゥゥゥゥ・・・!!


 五和(鹿島)「即座に飛べるなんて入鹿さんすごいですね。うふふ♪」クスッ


 「しかも叫び声も上げないで・・・」


 「すげー・・・」


 五和(鹿島)「あ、お2人は思う存分絶叫してくださいね」ニコリ




 入鹿「再確認、完了。問題ありませんっ」


 五和(鹿島)「それでは改めて・・・3、2、1!」


 五和(鹿島)「ゴーッ!」


 ―ヒュウウウゥゥゥゥ・・・!

 <<ウワアァアアアアアアアアアアアアア!!/キャアアァアアアアアアアアア!! 


 五和(鹿島)「うふふっ♪楽しそうですね」ニコリ


 入鹿「>>805
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/27(土) 17:31:29.38 ID:JImMX39zO
因みにあなた高い所は平気?
807 :1 [saga]:2020/06/27(土) 17:44:44.47 ID:R9e077x/0
 入鹿「絶叫してますけどね・・・」タラー 


 入鹿「ちなみに、愛衣さんは高所は問題ないのですか?」


 五和(鹿島)「はい、まったく大丈夫ですよ」


 五和(鹿島)「セスナやヘリといった乗り物の操縦もできますから」ニコリ


 入鹿「そ、それはすごいですね・・・」


 五和(鹿島)「うふふ♪」

 
 五和(鹿島)「それにしても、入鹿さんがいきなり飛ぶんですからビックリしちゃいましたよ」


 五和(鹿島)「スカートなんですから中が見えちゃうかとも思っちゃいました」


 入鹿「ご心配なく。ちゃんとスパッツを履いてますから」クスッ


 入鹿「愛衣さんの方こそ、大丈夫ですか?」


 入鹿「下からお客様を引き上げる際に見えてしまうんじゃ・・・」


 五和(鹿島)「>>808
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 17:52:34.28 ID:k2Uv7mphO
…キャッ!
そ、そう言われるとそうでしたねエヘヘ
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 17:53:39.87 ID:s1iGmr5YO
ちょっと大変ですけどキチンとポジション取りしてるから平気ですよ
810 :1 [saga]:2020/06/27(土) 18:05:23.58 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)「・・・きゃっ!///」カァァア


 五和(鹿島)「そ、そう言われると、そうですね・・・///」アセアセ


 入鹿「い、一度降りてもらって何か履いてきていただくしか・・・」


 五和(鹿島)「わかりました。では、少しお任せいたします」


 入鹿「はいっ」コクリ




 -第七遊園地 園内-

 五和(鹿島)「えっと・・・(控室に作業用のズボンが・・・)」


 ドリー妹<いつ、むぐっ


 看取<違うでしょ。愛衣さーん ヒラヒラ


 五和(鹿島)「え?あっ!お2人とも!」


 看取「ドーモ。認定式見てたわよ・・・でも、なんでコスプレ?」


 ドリー妹「すっごくかわいいね!」


 五和(鹿島)「ありがとうございます」ニコリ


 五和(鹿島)「実はですね・・・素性は隠していただいて」


 五和(鹿島)「活動することになってるものですから」


 看取「あぁ、そうなんだ」


 ドリー妹「>>811
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 18:11:27.56 ID:s1iGmr5YO
秘密?なんかミステリアスでかっこいいね!
812 :1 [saga]:2020/06/27(土) 18:20:46.76 ID:R9e077x/0
 ドリー妹「なんていうか、ミステリアスでかっこいいね!」


 五和(鹿島)「うふふ♪ありがとうございます」ニコリ


 看取「で、今業務中?」


 五和(鹿島)「そうですよ。あちらのバンジージャンプでサポートを任されていまして」


 看取「あぁ、そう・・・」


 ドリー妹「あれ?それなのにどこ行くの?」


 五和(鹿島)「ちょ、ちょっとスカートの中が、引き上げるお客様から」


 五和(鹿島)「見えてしまうのに気付いたものですから//」


 看取「でしょうね。ってか、スカートも短すぎて階段上ってる時後ろから丸見えでしょ」


 五和(鹿島)「そ、そうですね・・・//」モジモジ


 ドリー妹「でもスラッとしててキレイだよ」ニコリ


 五和(鹿島)「>>813
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 18:27:38.62 ID:2XcuapFtO
褒められるのは照れくさいけどとってもうれしいです、ありがとうございますねナデナデ
814 :1 [saga]:2020/06/27(土) 20:10:25.12 ID:R9e077x/0
 五和(鹿島)「褒められるのは照れちゃいますけど、とっても嬉しいです//」


 五和(鹿島)「ありがとうございますね。うふふ♪」ナデナデ


 ドリー妹「えへへ//」


 看取「まぁ、初仕事なら頑張ってね」


 看取「さっきのスピーチも中々よかったわよ」


 五和(鹿島)「それならよかったです」クスッ


 ドリー妹「やっぱりライダーになってるヒトってかっこいいね!」キラキラ


 五和(鹿島)「うふふっ♪それほどでもっ」ニコリ


 看取「>>815



 大体4年ぶりかに新しい吹雪型の7番艦が着任しましたね。
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 20:13:27.33 ID:KOAidOwKO
いやーキャラまで変わる感じってすごいわね…

4年ぶりってマジかマジだった
816 :1 [saga]:2020/06/27(土) 20:48:36.29 ID:R9e077x/0
 看取「イヤー、キャラまで変わる感じってすごいわ・・・」


 五和(鹿島)「鹿島は大体、私とそう変わらないと思いますけど・・・」


 五和(鹿島)「演技力も活動においては大切な武器ともなりますからね」ニコリ


 看取「なるほどー。流石だねー」


 看取「・・・あっ、仕事中なのにこうして話してる場合じゃないよね?」


 五和(鹿島)「そ、そうでした!すみません、これで失礼します」


 ドリー妹「頑張ってね〜」ヒラヒラ


 看取「張り切りすぎるのもよくないから、気を付けてよ〜」


 五和(鹿島)<はーい!




 視点変更

 婚妃♥赤影 ご挨拶
 オルソラ=アクィナス
 恋査28
 
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)


 早く冬月と矢矧改二と水着能代と球磨改二が来ないでせうかねー
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 20:53:29.58 ID:KOAidOwKO
ご挨拶

1の好きな艦娘が気になる
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 20:53:49.50 ID:nGHO1nOuO
こんごーさん
漢字が違うっぽい?
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 20:53:56.84 ID:u5iRyAHSO
オルソラ
820 :1 [saga]:2020/06/27(土) 22:00:45.81 ID:R9e077x/0
 -学園都市 第二三学区 婚后邸-

 婚后「お父様。お話があるのですが・・・」


 婚后「よろしいでしょうか?」


 婚后父「うん?どうしたんだ、改まって」


 婚后「・・・はい」


 婚后「あの、ですね。実はっ、私・・・」
  

 婚后「こ、ここ、こ、こっ、こい、こい、こい、ここ」


 婚后父「光子、落ち着いて教えもらればいい。深呼吸してごらん」


 婚后「は、はい。・・・すぅ〜〜〜はぁ〜〜〜・・・」


 婚后「・・・>>821




 >>817 由良、木曾、親潮、満潮でせうかねー
 >>818 大体「こんごう」と打っても変換されないので「こんきさき」としてるんでせうよ
    ふっきーも「すいより」とかでしてます
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 22:14:16.83 ID:s1iGmr5YO
好きな殿方ができまして…
822 :1 [saga]:2020/06/27(土) 22:59:06.49 ID:R9e077x/0
 婚后「実は、好きな殿方様ができまして・・・」


 婚后父「・・・ほう。光子が、惚れたのか?」


 婚后「はいっ。修学旅行でイギリスへ行った際に、道に迷ってしまって・・・」


 婚后「道中、不良に絡まられている時に、その殿方様に助け貰ったのです//」


 婚后父「そんなことが・・・何故、私に話さなかったんだ」


 婚后父「危険な目に遭っていたというのに」


 婚后「ご、ごめんなさい!その・・・ご心配をおかけさせると思いましたから・・・」


 婚后父「・・・まぁ、助けてもらったというのであれば少しばかり目を閉じよう」


 婚后「ありがとうございます」ペコリ
 

 婚后父「それで・・・その男性に好意を抱いたというわけか?」


 婚后「>>823




 今日のZに出てきたイナバ班長ってゴジラVSスペゴジのGフォースに出てきてた新城さんだったんでせうねー 
 見たことあるのに全然知らなかったでせう。
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 07:29:27.91 ID:GjeE9t7xO
確かに気が付かなかったっぽい

ええ、一生を尽くしたいと思う方を見つけましたので
824 :1 [saga]:2020/06/28(日) 07:48:10.98 ID:lH9TSGLx0
 婚后「ええっ!一生を尽くしたいと思うお方と巡り合えましたからっ//」


 婚后「学究会事件の際にも助けていただきまして・・・//」


 婚后父「・・・それも話てないような」


 婚后「」ギクッ

 
 婚后「で、ですので!//・・・その事件が終息後、私は・・・///」


 婚后「告白いたしましたわ//・・・お返事も、承諾いただく形で///」


 婚后父「・・・そうだったのか。もう交際というところまで進展しているんだな」


 婚后「はい。・・・とても誠実で優しく、逞しいお方で・・・//」


 婚后「私は一生、一途にその方を愛し続けられると確信していますわっ//」


 婚后父「・・・それなら、私の口から何も言う必要はないな」


 婚后「どんな人物なのか楽しみだよ」クスッ


 婚后父「・・・ちなみにお名前は?」


 婚后「あ、その・・・実はその方が間もなくこちらにお出でなさることになってまして」


 ―コンコンッ

 婚后父「入っていいぞ」


 ―ガチャッ

 「失礼します。お嬢様、お客様がお見えになられました」


 婚后「あっ!はい!お父様、少々お待ちください」ペコリ

 
 婚后父「ああっ」コクリ


 婚后「>>825
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 08:07:43.40 ID:uCTyhqOYO
迎えに行ってまいりますからお待ちください

婚后さんの家って富豪なイメージが
みこっちゃんの家も富豪までとは言わなくてもお金持ちなんだろうなと思ったり
黒子&小牧ちゃんは意外と普通のお家なのかなあ
826 :1 [saga]:2020/06/28(日) 08:20:50.20 ID:lH9TSGLx0
 婚后「迎えに行ってまいりますわね」


 「ホールでお待ちしておりますので」


 婚后「わかりましたわ」コクリ


 ―ガチャッ パタン

 婚后父「・・・恋人か・・・そうか、光子もいよいと色を知る時がきたのか」


 婚后父「・・・はっはっはっ。寂しくなるものだな」


 婚后父「なぁ・・・お前もそうだろう?」クスッ


 『婚后一家の写真』




 ―ガチャッ
 
 婚后「お待たせいたしました!」


 婚后「どうぞ、お入りくださいな」


 ―スッ・・・

 アウレオルス「・・・」ペコリ


 婚后父「・・・どうも、初めまして。私が光子の父です」


 アウレオルス「>>827




 >>825 はい、ホールがあるくらい家めっちゃ豪邸すね。執事&メイドさん軽く100人は居ますね
    みこっちゃん家はその通りで、Sで内装を見る限りではよくある広い家って感じでせう。
    ゆーても小牧ちゃんはそうかもしれませんが、黒子ちゃんの実家コンビニや輸入雑貨スーパーまわりを取り扱う企業でっせ
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 08:37:56.85 ID:GjeE9t7xO
はじめましてである
ご息女には普段からお世話になっていて感謝の気持ちはいくら伝えても伝えきれないのである
828 :1 [saga]:2020/06/28(日) 09:09:46.42 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「こちらこそ。お初目にかかる」


 アウレオルス「私は赤影。・・・見ての通り、日本人ではないが」


 アウレオルス「我が師からいただいた名で生きている」


 婚后父「・・・と言うと?」


 婚后「赤影様は記憶喪失になられているようなのですわ」


 婚后「恐らく、イタリア系統の人種ではないかと思われるのです」


 婚后「文通でのやり取りの際、英語の文字がイタリア寄りになっていますから」


 婚后父「なるほど・・・まぁ、記憶が無いというのは大変でしょう」


 婚后父「今後、記憶が戻ることを祈ります」」


 アウレオルス「お気遣い、心に沁みいる」ペコリ


 アウレオルス「ご息女にも普段からお世話になっていており」


 アウレオルス「感謝の気持ちは、いくら伝えても伝えきれないのである」


 婚后「あ、赤影様・・・//」


 婚后父「>>829
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 09:15:06.51 ID:GjeE9t7xO
ところで清きお付き合いをされてるとは思いますが、光子のどこが最も素晴らしいか教えてくれませんか?
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 09:15:53.75 ID:YZD2YQ8XO
この子は真面目なんですがどこか弱みを強がりで隠してしまったりするきらいがありまして…
あなたの前では素直ですか?
831 :1 [saga]:2020/06/28(日) 09:21:43.39 ID:lH9TSGLx0
 婚后父「そう言っていただけで嬉しく思います」クスッ


 アウレオルス「はっ・・・」ペコッ


 婚后父「ところで、清きお付き合いをされてるとは思いますが・・・」


 アウレオルス「はい」


 婚后父「光子のどこが最も素晴らしいか教えていただけないでしょうか?」


 婚后「!//」


 婚后父「私としては、それが1番に貴方が光子のことをどう思っていただいているのか」


 婚后父「父親として娘を委ねていいのかを決めたいのです」


 アウレオルス「・・・」


 婚后「・・・//」ドキドキッ


 アウレオルス「>>831>>832
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 09:23:36.26 ID:HyQ9uv5L0
なんといっても控えめで清楚
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 09:23:43.86 ID:GjeE9t7xO
いついかなるときも凛とした佇まいで私を支えようとする献身性は大和撫子そのものではと思います
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 09:24:44.83 ID:C/OEBhsTO
欠点とするならば私の後ろに常に付いてきて頂いてるので不自由させてないか不安です
835 :1 [saga]:2020/06/28(日) 09:28:22.11 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「何時如何なる時も凛とした佇まいで」


 アウレオルス「私を支えようとする献身性と控えめで清楚な様は・・・」


 アウレオルス「大和撫子そのもの、と思います」


 アウレオルス「欠点とするならば・・・」


 婚后「・・・」ドキドキ


 婚后父「・・・」


 アウレオルス「私の後ろに常に付いてきて頂いてるので」


 アウレオルス「彼女に不自由させてないか不安です」


 婚后父「・・・だそうだが、どうだ?光子」


 婚后「いえ、まったく不自由なんて思っていませんわ」


 アウレオルス「・・・本当にか?」


 婚后「>>836
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 09:34:36.77 ID:GjeE9t7xO
ええ、私は私の意志であなたについていくあなたと共に行くと決めたのですから…
837 :1 [saga]:2020/06/28(日) 09:59:59.68 ID:lH9TSGLx0
 婚后「ええ、私は私の意志で赤影様についていき」


 婚后「貴方と共に行くと決めたのですから//」ニコリ


 アウレオルス「・・・。・・・そうか」


 婚后父「・・・よしっ。お互いの気持ちを聴けたことだ」


 婚后父「認めましょう。光子との交際を」


 婚后「お父様・・・!//」


 婚后父「赤影さん。・・・これからも、光子のことをよろしくお願いします」


 アウレオルス「お任せを。絶対に・・・娘さんをお守りします」


 婚后「・・・お願いいたしますわ//」ペコリ


 婚后父「・・・」クスッ


 

 -婚后邸 光子の部屋-

 婚后「こちらが私の自室になりますわ」


 アウレオルス「うむ・・・」




 どんな部屋?
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)

 まぁ、皆さんご存知でしょうが光子ちゃんはアクセル・ワールドを愛読してる様子(アニレー23話)
 http://s.kota2.net/1593305971.png
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 10:02:26.12 ID:GjeE9t7xO
年相応にライトノベル読んでる婚后さんかわいいよね…
少年マンガすきなみこっちゃんと話し合いそう

きれいな和室だが本棚にはライトノベルがぎっしり…
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 10:03:39.52 ID:C/OEBhsTO
整理はされているもの年相応な感じのお部屋
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 10:03:58.14 ID:DnUsSixMO
>>838+いろんな本はあったりとか
841 :1 [saga]:2020/06/28(日) 10:17:37.73 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「(整理整頓されているな・・・)」


 アウレオルス「(和室というのも光子に似合っていると思う)」


 婚后「こちらへお座りくださいな」ポスッ


 アウレオルス「ああっ。すまない」


 婚后「お茶をお淹れしますが紅茶と日本茶、どちらがよろしいでしょうか?」


 アウレオルス「・・・紅茶で頼もう」


 婚后「かしこまりましたわ」ニコリ、トタトタ


 ―ガラガラッ

 アウレオルス「(・・・自室にキッチンを設備しているとは、中々にすごいな)」


 アウレオルス「(本棚にも・・・これは小説か?埋め尽くしている)」


 アウレオルス「(アクセル・ワールド、ソード・アート・オンライン)」


 アウレオルス「(ヘヴィーオブジェクト・・・よくわからない作品名だな)」


 アウレオルス「(>>842)」



 >>838 ね
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 10:22:19.65 ID:HyQ9uv5L0
とあるシリーズもあったりしてな
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 10:23:43.19 ID:GjeE9t7xO
電撃文庫というものか…
他にもあるがなるほど…
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 10:24:40.39 ID:9KBpShvTO
インテリビレッジの座敷童子とは妖怪が主役のファンタジーか?
845 :1 [saga]:2020/06/28(日) 11:34:06.85 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「(電撃文庫というものか・・・)」


 アウレオルス「(インテリビレッジの座敷童子とは・・・)」


 アウレオルス「(座敷童子という名前からして、妖怪が主役の物語なのか?)」


 アウレオルス「(他にも様々な本がある。中々に読書が好きなようだな)」
 
 
 婚后「どうぞ、お召し上がりください」コトッ


 アウレオルス「すまない」ズズッ


 アウレオルス「・・・美味いな」


 婚后「それはよかったですわ」ニコリ 


 婚后「>>846




 >>842 無いでせう
 禁書外典書庫買いました。国語辞典化よこれ
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 11:38:55.60 ID:HyQ9uv5L0
小説・漫画の登場人物がその
小説・漫画を読むなんて……
お約束展開なんですけど(--#)

安価下
847 :1 [saga]:2020/06/28(日) 11:44:11.56 ID:lH9TSGLx0
台詞
>>848
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 11:48:24.34 ID:GjeE9t7xO
お茶のいれ方はあちらでなくてここで勉強したのですわ
舌にあって何よりです
849 :1 [saga]:2020/06/28(日) 12:06:15.26 ID:lH9TSGLx0
 婚后「お口にあって何よりです」


 アウレオルス「ん・・・学校で学んだのか?」


 婚后「いえ、お茶の淹れ方はあちらでなくてここで勉強したのですわ」


 アウレオルス「そうなのか」


 婚后「メイドの皆さんのお力添えのおかげもありまして」


 婚后「学校での課題ではとても良い評価をいただきました」ニコリ

 
 アウレオルス「それはよかったな」 


 アウレオルス「お前の実力もあるだろうが、人の協力を惜しまないところも」


 アウレオルス「良いところだな」


 婚后「は、はい・・・//」テレ


 アウレオルス「>>850
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 12:09:44.50 ID:9KBpShvTO
……父上が私のことを認めてくださって正直なところ驚いた
本当であれば素性もわからぬ私などはっ倒すものだと思ったが…
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 12:10:34.63 ID:GjeE9t7xO
光子が良い人に囲まれて育ったことは伴侶動物となる私にとっても誇りだ
ありがたい
852 :1 [saga]:2020/06/28(日) 12:23:03.34 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「光子が善良な者達に囲まれて育ったことは」


 アウレオルス「伴侶となる私にとっても誇りだ。ありがたい」


 婚后「///」カァァア


 アウレオルス「・・・お父上が私のことを認めてくださって、正直なところ驚いた」


 アウレオルス「本当であれば・・・素性もわからぬ私など」


 アウレオルス「あの場ではっ倒すものだと思ったが」


 婚后「まさか!お父様はそんな乱暴なご行為をするはずがありませんわ」


 婚后「本当に赤影様を信頼してくださったのですよ」ニコリ


 アウレオルス「・・・そうだな」


 アウレオルス「ならば、私もお父上を信頼しよう」コクリ


 婚后「はい」ニコリ


 アウレオルス「・・・あの本は全て光子自身が買い集めたものなのか?」


 婚后「はい。お友達の方々からお薦めされたものでして」


 婚后「>>853」 
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 12:25:05.81 ID:GjeE9t7xO
勧められたものはまず読んでみないとと思う質ですから、読んでみたらすっかりハマってしまって…//
854 :1 [saga]:2020/06/28(日) 12:42:35.38 ID:lH9TSGLx0
 婚后「薦められたものは、まず読んでみないとと思う質ですから」


 婚后「読んでみたらすっかりハマってしまって・・・//」


 アウレオルス「なるほど。それで全巻を集めたのか」


 婚后「はい。初版は既に8年前に発売されたものでしたので」


 婚后「所々、何巻かが無いなど中々見つけられずに苦労いたしましたわ・・・」


 アウレオルス「では、まだ集めきれていないのか?」


 婚后「いえ、何とかまだ発売されていない新刊以外の全巻は揃えられましたの」フフン


 アウレオルス「それはよかったな」


 婚后「何よりこちらのアクセル・ワールドが1番のお気に入りでして」


 婚后「>>855
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 12:46:18.81 ID:9KBpShvTO
いじめられっこの主人公がメキメキとヒーローになっていく姿がどうしても追い続けたくなってしまって…
856 :1 [saga]:2020/06/28(日) 15:24:51.43 ID:lH9TSGLx0
 婚后「いじめられっこの主人公がメキメキとヒーローになっていく姿を」


 婚后「どうしても追い続けたくなってしまって・・・」


 アウレオルス「青春活劇の物語が描かれているのか?」


 婚后「う〜ん、青春活劇とは少し言えませんね」


 婚后「ジャンルはVR格闘ゲーム、サイバースペースといったものですから」


 婚后「物語の内容は仮想現実、拡張現実が発達した今より30年後程の東京都でのお話で」


 婚后「ニューロリンカーという携帯端末を用いることで生活の半ばが」


 婚后「仮想ネットワーク上で行われるようになっていますが、未だ人が現実社会のくびきから
    逃れられずにいる世界観で」


 婚后「主人公のハルユキはいじめられてしまう少年で、中学内格差を強いられる現実を」


 婚后「呪いながら学内ローカルネットの片隅でスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの
    日々を送っていました」


 婚后「そんなある日、ハルユキは美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられます」


 婚后「もっと先へ−『加速』したくはないか、少年、と」

 
 婚后「黒雪姫の誘いに応じたハルユキは、ブレイン・バーストというプログラムを受け取り」


 婚后「プレイヤー、用語ではバーストリンカーになったハルユキは、デュエルアバターを
    操り戦いに身を投じてゆく・・・」


 婚后「と言ったあらすじとなっていますわ」


 アウレオルス「>>857
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 15:26:28.99 ID:GjeE9t7xO
納得、分かりやすいあらすじ説明感謝する
なるほどこの作品は光子のバイブルと言っても過言ではないのだな
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 15:27:05.40 ID:9KBpShvTO
光子が応援する気持ちも分かるな、優しい気持ちだし
859 :1 [saga]:2020/06/28(日) 15:47:17.67 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「分かりやすいあらすじ説明をしてくれて感謝する」


 婚后「いえ・・・む、寧ろ、熱く語ってしまって、すみません//」


 アウレオルス「いや、光子が応援する気持ちも分かるな」


 アウレオルス「なるほど・・・この作品は光子のバイブルと言っても」


 アウレオルス「過言ではないのだな」


 婚后「そうですわね・・・」


 婚后「ハルユキのように勇気を持って、誰がために勇ましく戦いたいと思っていますから」


 アウレオルス「良き心がけだな。その意気を持ち続けていくんだぞ」


 婚后「はいっ!」



 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 15:51:34.76 ID:9KBpShvTO
黒子の水着とかなんかお薬とか詳しいのは実家の企業柄なのかもね
小牧ちゃんは卒業したらイギリス王室と新たなる光へのパイプが出来てるのでもうそこだけで一般人をやめてる気が…

長旅だったためか少し疲れた様子のアウレオルスに気がつく婚后さん
心配してるとメイドが耳かきをそそくさと渡してきたので察する
そしてアウレオルスに膝枕&耳掃除をしてやらう
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 15:56:36.26 ID:+duvxxd2O
自室というのもあり寄り添い甘えてくる光子を優しくなでるアウレオルス
櫛を見つけたので漉いてやるとうっとりなご様子
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 16:01:39.34 ID:GjeE9t7xO
エカテリーナちゃんをモフる
863 :1 [saga]:2020/06/28(日) 16:33:44.62 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「・・・」フゥー


 婚后「(・・・赤影様、お疲れのようですね・・・)」


 婚后「(長旅だったからでしょうか・・・)」


 ―コンコンッ

 婚后「あ、はい。どうぞ」


 ―ガチャッ 

 「失礼します。お嬢様、こちらの方をお渡しいたします」


 婚后「?。はい・・・あの、これは?」


 「開けてみていただければおわかりいただけます」ニコリ


 「では・・・」スッ

 ―パタン・・・


 アウレオルス「・・・小さい長細い箱のようだが、何なんだ?」


 婚后「さぁ・・・なんでしょうか」パカッ


 婚后「(・・・耳かき?・・・あっ)」


 婚后「赤影様、私のお膝に寝転んでください」


 アウレオルス「ん?」


 婚后「>>863




 >>860 多分そうでしょうな
     というか能力者の時点で一般人と言るのでしょうか
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 16:35:26.05 ID:GjeE9t7xO
日本では妻は耳かきをするものなのです、ダメでしょうか?
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 16:36:26.28 ID:LX9PJF7CO
地味だけど結構えらい能力だしね小牧ちゃん

お疲れのときは素直に休まれてはいかがですか?
耳を掃除いたしますので
866 :1 [saga]:2020/06/28(日) 17:17:14.39 ID:lH9TSGLx0
 婚后「お疲れのようですので、お体をお休めください」


 婚后「それと耳を掃除いたしますので」


 婚后「日本では妻は耳かきをするものなのです」

 
 アウレオルス「・・・つい先日洗浄したのだが」 


 婚后「あ・・・そ、そうですか・・・」


 婚后「・・・で、では、耳かきのマッサージというのでどうです?」


 アウレオルス「・・・」


 婚后「ダメでしょうか?」 
 

 アウレオルス「・・・>>867




 >>865 ただサーモグラフィーでバレるかと。ネロンガみたく体温も消すことができれば完璧なんでせうがね
     まぁクロックアップで賄うには十分過ぎでせうが
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 17:44:32.76 ID:GjeE9t7xO
……任せてみるか、人にやってもらうのは初めてだが好意に甘えないのはおかしいからな
868 :1 [saga]:2020/06/28(日) 18:12:11.15 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「・・・任せてみるか」


 婚后「!//」パァァァア


 アウレオルス「人にやってもらうのは初めてだが」


 アウレオルス「好意に甘えないのは恋人として不甲斐ないからな」


 アウレオルス「・・・膝、借りるぞ」


 婚后「ど、どうぞ//」


 アウレオルス「・・・」ポスン


 婚后「で、では・・・//い、痛くしてしまったら申し訳ございません//」


 アウレオルス「・・・できるだけ気を付けてな」


 婚后「・・・//」ドキドキ




 ◎ 30以上orゾロ目
 × ↑以下

 ↓2まで
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 18:16:07.24 ID:GjeE9t7xO
ガリッ
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 18:16:16.77 ID:LX9PJF7CO
高め狙い
871 :1 [saga]:2020/06/28(日) 18:31:25.97 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「・・・」


 婚后「・・・」カリカリッ


 婚后「どうでしょうか・・・?」

 
 アウレオルス「・・・快感だ」


 婚后「そうですか・・・」ホッ


 アウレオルス「・・・」


 婚后「・・・赤影様は・・・過去のご自分がどのような人物だったのか」


 婚后「ご想像されたりはするのですか?」

 
 アウレオルス「・・・そうだな」


 アウレオルス「>>872
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 18:32:40.90 ID:GjeE9t7xO
手前味噌だが誰かのために頑張るような性格ではあったと思う
私自身何かが好きというのはあまりなかったような気がしてな…
873 :1 [saga]:2020/06/28(日) 19:56:42.90 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「手前味噌だが・・・」


 アウレオルス「誰かのために頑張るような性格ではあったと思いたいな」


 婚后「あら、今とそう変りないではありませんか」クスッ


 アウレオルス「私自身、何かが好きというのはあまりなかったような気がして」

 
 アウレオルス「そこから逆に考えて、導き出した結果なんだ」


 婚后「それでも、以前までの記憶は思い出せなかったのですか・・・?」カリカリッキ


 アウレオルス「ああ・・・残念ながら」

 
 アウレオルス「・・・だが、記憶が無くなってしまったからと言っても」


 アウレオルス「不自由ではないのであれば、私にとっては何も問題はない」


 婚后「>>874
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 19:58:54.99 ID:6oFpbxT/0
今を大切にしたいのですね?
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 20:06:50.91 ID:GjeE9t7xO
しかしそれでは申し訳ないような…
だから何があっても私は支えますわ
876 :1 [saga]:2020/06/28(日) 20:16:23.45 ID:lH9TSGLx0
 婚后「今を大切にしたいのですね?」ニコリ

  
 アウレオルス「ああっ・・・お前とこれから歩んで行く人生が」


 アウレオルス「私にとって大切になるのだからな」


 婚后「・・・ありがとうございます///」


 婚后「(キャァアアアアア〜〜〜〜ッ!///そ、そんなこと言われては・・・///)」


 婚后「(私・・・っ///とても嬉しくなってしまいますわ///)」

 
 アウレオルス「・・・まだ続けるか?」


 婚后「あっ、も、もうよろしいですわね・・・///」


 婚后「・・・ですが、このまま膝枕を堪能していただいてもよろしくてよ?//」


 アウレオルス「・・・では、お言葉に甘えよう」


 婚后「はい//」ニコリ


 アウレオルス「・・・>>876
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 20:18:39.95 ID:xS38StHUO
締まっているがちょうどいい柔らかさだ…
878 :1 [saga]:2020/06/28(日) 20:27:20.81 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「寝心地がとてもいいな・・・」


 アウレオルス「とても落ち着く柔らかさだ・・・」


 婚后「そ、そうですか・・・///」テレテレ

 
 アウレオルス「ああっ・・・」


 婚后「・・・あの、お眠りになさってもよろしいのですよ?//」


 アウレオルス「いや、眠くはない。心配は無用だ・・・」


 アウレオルス「この寝心地を味わいからな」


 婚后「・・・///」


 婚后「(そ、そんなにお気に召していただけたのですか・・・///)」テレテレ

 
 アウレオルス「」フーッ・・・


 婚后「>>879
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 20:34:43.41 ID:GjeE9t7xO
髪の毛、本日もとてもサラサラしていて素敵です
880 :1 [saga]:2020/06/28(日) 20:44:49.45 ID:lH9TSGLx0
 婚后「・・・//」ススッ…


 婚后「(髪の毛・・・本日もとてもサラサラしていて素敵です//)」クスッ

 
 アウレオルス「・・・む」


 アウレオルス「そういえば・・・」ムクリ


 婚后「え?どうかなされましたか?」


 アウレオルス「・・・これを忘れていた。お前への贈り物だ」


 婚后「あっ、わ、私に・・・?」

 
 アウレオルス「うむ」コクリ


 婚后「・・・あ、ありがとうございますっ///」パァァア


 婚后「・・・あ、あの、お開けしても・・・?//」


 アウレオルス「もちろんだ」


 ―パカッ

 婚后「これは・・・櫛、ですか//」

 
 アウレオルス「不器用ながら、作ってきた中でも上出来なものを選んだんだが・・・」


 婚后「>>881
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 20:46:05.03 ID:xS38StHUO
これほどのものをいただけるなんて…
家宝にしますわっ
882 :1 [saga]:2020/06/28(日) 20:58:35.98 ID:lH9TSGLx0
 婚后「これほどのものをいただけるなんて・・・///」キラキラ


 婚后「是非とも家宝にさせていただきますわ!///」

 
 アウレオルス「・・・できれば使ってほしいのだが」


 婚后「あ、も、もちろん家宝として大切にお使いしますわっ//」コクコクッ


 アウレオルス「それならありがたい」クスッ


 婚后「・・・あ、あの、赤影様?//」チラッ

 
 アウレオルス「うん?」


 婚后「その・・・お願いがあるのですが・・・//」


 アウレオルス「なんだ?言ってみろ」


 婚后「こ、これで私の髪の毛を、梳かしていただけると嬉しいのですが・・・//」


 アウレオルス「>>883
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 20:59:46.76 ID:6oFpbxT/0
では、お祝いにとかしてやろう
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 21:00:47.68 ID:GjeE9t7xO
烏の濡れ羽色に相応しいその髪を漉けるのは光栄だがかまわないな?
……手入れを欠かしていない美しい髪だ
885 :1 [saga]:2020/06/28(日) 21:10:24.82 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「烏の濡れ羽色に相応しい、その髪を漉けるのは光栄だが・・・」


 アウレオルス「構わないのだな?」


 婚后「はいっ//もちろんですわっ//」コクリ


 婚后「赤影様だけ、特別にですから・・・//」

 
 アウレオルス「・・・では、梳かしてやろう」


 婚后「ありがとうございます///」ペコリ



 ―シャッ シャッ シャッ・・・


 アウレオルス「・・・手入れを欠かしていない美しい髪だ」


 婚后「ふふっ//髪を綺麗にすることは乙女の嗜みでもありますから//」

 
 アウレオルス「そうなのか・・・」


 婚后「>>886


 

 サローニャの声優さんってすみっぺとジェーニャさんどっちが似合いますかね?
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 21:21:45.97 ID:GjeE9t7xO
ぺのかわいい系の声なら似合う気が
なんだろう吹雪寄りっていうか…
ジェーニャさん美人系だから可愛いよりのサローニャだと違う気がするにゃーん

こうして触れてもらったりとかされるためでもあるんですのよ
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 21:22:51.59 ID:xS38StHUO
髪がキレイじゃないと魅力が減ってしまいますもの、だからこそですわよ
888 :1 [saga]:2020/06/28(日) 21:35:50.55 ID:lH9TSGLx0
 婚后「こうして触れてもらったりとかされるためでもあるんでしてよ?//」


 婚后「髪の毛は乙女の武器でもあるのですから//」

 
 アウレオルス「ふむ・・・なるほど」


 婚后「髪が美しくありませんと魅力が減ってしまいますもの//」


 婚后「だからこそ、お手入れは必要なのですわ//」


 アウレオルス「誰かの手伝いなどは借りずに自身で手入れしているのか?」


 婚后「はい。と言うのも、ルームメイトは居ませんから」

 
 アウレオルス「大変ではないのか?これだけ長ければ」


 婚后「>>889




 >>886 あーやっぱっすか。
     サロニャンにしちゃちょいと大人っぽすぎますか
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 21:37:18.72 ID:6oFpbxT/0
量も多いので、手入れには
いつも時間がかかりますの
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 21:40:12.01 ID:NNn9RvulO
キチンと毎日お風呂に入って整えるだけですからちょっとお風呂が長いだけですわ
あまりキューティクルしすぎると傷んでしまいますし
891 :1 [saga]:2020/06/28(日) 22:00:25.46 ID:lH9TSGLx0
 婚后「そんなことはありませんわ」


 婚后「ただキチンと毎日お風呂に入って整えるだけですから」


 婚后「少しお風呂に入る時間が長くなりますけどね」


 婚后「それと、あまりキューティクルしすぎると傷んでしまいますので」


 婚后「その点は注意していますわ」

 
 アウレオルス「そのおかげでこれほど美しい髪を維持しているのだな」


 婚后「はいっ」ニコリ
 

 ―シャッ シャッ シャッ・・・

 婚后「・・・ふふっ」クスッ


 アウレオルス「ん?」


 婚后「あ、いえ・・・幼き頃は、よくこうして」


 婚后「お父様やお母様に髪を梳かしていただいていましたものでして」

 
 婚后「懐かしく感じたのですわ」クスッ


 アウレオルス「>>892
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 22:04:35.62 ID:GjeE9t7xO
……これからは私がその役割を引き継ぐのか、責任は重大だな
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 22:04:57.65 ID:NNn9RvulO
大事な思い出話、よければ聞かせてはくれないか?
894 :1 [saga]:2020/06/28(日) 22:26:02.17 ID:lH9TSGLx0
 アウレオルス「・・・そうか。それならば」


 アウレオルス「これからは、私がその役割を引き継ぐのか・・・」


 アウレオルス「責任重大だな。少し不安になる・・・」


 婚后「そ、そんな、あまり気を遣わなくてもよろしくてよ?」アセアセ


 婚后「赤影様の想いは伝わってきますわ・・・」


 アウレオルス「それなら、いいのだが・・・」


 婚后「お父様もお母様も、私に愛を注いでくださいましたから」


 婚后「赤影様もそうしてくだされば、とても嬉しいです」ニコリ

 
 アウレオルス「・・・わかった」コクリ


 婚后「はい」ニコリ



 ―シャッ シャッ シャッ・・・

 アウレオルス「・・・光子、お前の大事な思い出話を」


 アウレオルス「よければ聞かせてはくれないか?」


 婚后「私の、ですか?はぁ・・・そうですわね」




 みっこちゃんの思い出話
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 05:45:55.34 ID:aG+Hx+ZHO
ご両親とも海外でのお仕事が多く一人でメイドさんたちと頑張ってたけど帰ってきたときに髪を漉いてくれて嬉しかったり
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 05:56:31.25 ID:ieriuJtDO
結構色々な土地に連れて行ってもらってそこで触れ合った文化や体験
特に射撃場で初めて射撃したことは意外と今のライダーにつながっているかも
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 05:57:57.14 ID:6a5QUyZoO
小学生の頃の初恋の話とか
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 05:58:43.89 ID:aG+Hx+ZHO
結構メイドさんたちに色々教わることが多くてお休みの日はお料理やお掃除とかやれることは楽しんで取り組んだ
899 :1   [saga]:2020/06/29(月) 13:10:02.08 ID:ktzeufQIO
 婚后「お父様とお母様との思い出をお話しするのもよろしいでしょうけど・・・」


 婚后「私個人の思い出と言えば・・・」


 アウレオルス「なんだ?」


 婚后「幼き頃、お母様は今も海外出張をしていらしてるのですが」


 婚后「一時期はお父様も海外へ赴いていたことがあるのです」


 婚后「私以外に我が家を切り盛りする者が居ないという状況を感じた私は」


 婚后「自ら進んで執事やメイドの皆さんと我が家の生活維持を始めていましたわ」


 アウレオルス「それは素晴らしい行いだな」


 婚后「・・・なのですが、何をしても失敗してしまいまして・・・」


 婚后「お皿洗いは洗った分だけ割ってしまい、作って差し上げた料理を召し上がったシェフの方々は」


 婚后「お手洗いに籠りっきりってしまったり・・・」


 婚后「挙げ句の果てには>>900
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 17:50:11.18 ID:p1m3wwrvO
庭を手入れしたつもりが雑草を残してしまい見るも無残な雑草畑に…
901 :1   [saga]:2020/06/29(月) 17:56:57.02 ID:ktzeufQIO
 婚后「庭のお手入れをしたつもりが、芝生を雑草と間違えてしまい」


 婚后「見るも無惨な荒れ地に・・・」ズーン


 婚后「しかもそこはお父様がゴルフの練習として使用していたスペースだったんです・・・」

  
 アウレオルス「(フォローできる言葉が・・・見つからない・・・)」


 婚后「そして、お父様が帰国してきて・・・」


 婚后「私はお父様のお叱りを受ける覚悟で全てを自白しましたわ」


 アウレオルス「・・・」


 婚后「・・・ですが、お父様はお怒りにならず寧ろ、お褒めになられました」


 婚后「私は混乱してお父様の顔を見ていると・・・」


 婚后「お父様は私の頭を撫でながら、仰ってくださいましたわ」


 婚后「>>902
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:07:09.35 ID:p1m3wwrvO
人のためを思って何かをすることは大事だ、今回のことも失敗ではなく成功への踏み台だと思って頑張りなさい
903 :1   [saga]:2020/06/29(月) 18:30:43.99 ID:ktzeufQIO
 婚后「人のためを思って何かをすることは大事だ」


 婚后「今回のことも失敗ではなく、成功への踏み台だと思ってまた今度も頑張りなさい」


 婚后「と・・・私はとても嬉しくも恥ずかしくもなって」


 婚后「思わず泣いてしまいましたわ・・・」クスッ


 婚后「以来、私はお父様の仰った通り常盤台で頑張っていきました」ニコリ


 婚后「今の私があるのも・・・お父様の教えのおかげなのですわ」


 アウレオルス「・・・そうか」


 婚后「ですが、まだまだ励まなければならないことは沢山ありますの」

  
 婚后「ですので・・・赤影様を支えながら、私も日々精進いたしますわ」


 アウレオルス「>>904
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 18:33:33.81 ID:6a5QUyZoO
……やはりと言ってはなんだが素晴らしい家庭で育ったのだな
そういったことの本意を読み取って褒めるなどなかなかできないな
905 :1   [saga]:2020/06/29(月) 19:03:02.60 ID:H0wjwFdr0
 アウレオルス「・・・やはり、と言ってはなんだが」


 アウレオルス「とても素晴らしい家庭で育ったのだな」


 アウレオルス「そういった行いの本意を読み取って、褒めることは中々できないからな」


 婚后「確かに・・・私もそう思いますわ」


 アウレオルス「うん・・・お前の父上は立派なお方だ」


 アウレオルス「誇りに思うんだぞ?光子」


 婚后「はいっ。もちろんですわ」ニコリ


 アウレオルス「・・・フッ・・・」クスッ,ズズッ


 アウレオルス「・・・光子、もう一杯」


 婚后「あっ、はい!」コクリ


906 :1 [saga]:2020/06/29(月) 19:12:28.91 ID:H0wjwFdr0


 


 -学園都市 第七学区 第七遊園地-

 絹旗『間もなく閉園時間と超なりました。お忘れ物なく、皆さんお帰りください』


 
 入鹿「や、やっと終わりましたわ・・・」ヘトヘト


 五和(鹿島)「だ、大丈夫ですか?」


 入鹿「もうヘトヘトで・・・足腰がガクガクします・・・」ヨロヨロ


 麦野「お疲れー、2人とも。よく頑張ってくれたわね」


 五和(鹿島)「あ、麦野さん。お疲れ様です」ペコリ


 入鹿「お、お疲れ様ですわ・・・」ヘロヘロ


 麦野「あらら、入鹿ちゃん大丈夫かにゃーん?」


 入鹿「>>907




 メッセージリレーの一発目にメッセージをくださったのはアレイ☆さんでした。なんで・・・
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 19:24:29.33 ID:p1m3wwrvO
まあ学園都市の(元)統括理事長だし…

ひ、人が多くて目が回りましたわ…
908 :1 [saga]:2020/06/29(月) 20:01:07.44 ID:H0wjwFdr0
 入鹿「お、大勢のお客様をお相手してきましたから・・・」


 入鹿「もう目が回ってしまって・・・」


 麦野「まぁ、それは慣れてもらうしかないわね」クスッ


 麦野「愛衣は大丈夫そうだけど、平気?」
 

 五和(鹿島)「はい。私はそういった業務などには慣れていますから」


 麦野「そう。じゃあ、入鹿に慣れてもらうためのコツでも教えてあげてくれる?」


 五和(鹿島)「ちょ、ちょっと難しいような気もしますが・・・」


 入鹿「ぜ、是非お願いしますわ」


 五和(鹿島)「わ、わかりました」コクリ


 麦野「じゃっ、シャワー浴びてらっしゃい。あっちの控え室にあるから」


 五和(鹿島)「はい」コクリ


 入鹿「ありがとうございます」ペコリ





 -第七遊園地 控え室 シャワールーム-


 ―シャアアァァァーーー・・・

 五和「んっ・・・//」


 入鹿<五和さん。先程の件なのですが・・・


 入鹿<どうすれば、慣れるのですか?


 五和「えっと・・・>>909
 


 >>907 でせうね
     皆さんは誰でしたか?というか一緒なんでせうかね?

 さらっとカラー版美琴A.A.A.と運搬着浜ちゃんを背景にするという贅沢さ
 http://s.kota2.net/1593426743.png
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 20:12:49.51 ID:p1m3wwrvO
かなり贅沢にやってくれて満足
自分も☆でした

人とお話するようするとかでしょうか、お店で買い物するときとかバスに乗るときとか隣の人に話しかけたりとか…
910 :1 [saga]:2020/06/29(月) 20:22:29.95 ID:H0wjwFdr0
 五和「人とお話するように、とかでしょうか//」


 入鹿<それだけ、ですか?


 五和「お店で買い物する時やバスに乗る際に、隣の人に話しかけたりとか//」


 五和「日常の中で慣れていく機会があるんですよ//」


 入鹿<な、なるほど・・・


 五和「なので、これからはサインを求められたりする時もありますので」


 五和「その時も慣れていく練習だと思ってくださいね//」


 入鹿<・・・わかりました

 
 入鹿<頑張ってみます!


 五和「はい//」ニコリ





 >>909 さいでせうか。あざます
911 :1 [saga]:2020/06/29(月) 20:29:29.88 ID:H0wjwFdr0



 -第七遊園地 控え室-

 五和「はぁ〜〜〜//」フキフキ


 入鹿「ふぅ・・・//」フキフキ


 五和「(あっ、替えの下着を出してなかった・・・)」ゴソゴソ


 入鹿「・・・//」ジーッ


 五和「えっと・・・あ、あった//」スッ


 入鹿「五和さん//」ヌッ


 五和「ひゃっ!?//あっ、ど、どうしました?//」アセアセ


 入鹿「・・・(わ、私のサイズより大きい・・・!?)」


 五和「?//」アセアセ


 入鹿「・・・>>912
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 20:35:23.97 ID:z1156Yw8O
わ、私もスタイルには自信はある方ですけどなかなかやりますわね…
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 20:35:43.36 ID:MAgninSEO
こ、こんな大きい人ってあまり…//
914 :1 [saga]:2020/06/29(月) 20:49:03.09 ID:H0wjwFdr0
 入鹿「わ、私もスタイルには自信はある方ですけど・・・」


 入鹿「そ、それほどまでに大きい人はあまりお目にかかったことがありません//」


 入鹿「中々やりますわね・・・」グヌヌ


 五和「は、はぁ・・・//」


 入鹿「それにもって・・・やはり美脚ですわね・・・//」


 五和「ど、どうも、ありがとうございます//」


 五和「あっ、そういえば触ってみたいのでしたよね?//」


 入鹿「そ、そうでしたわね・・・よろしいですか?//」


 五和「はい//どうぞ//」クスッ


 入鹿「・・・//」ゴクリ


 ―ツツーッ・・・

 五和「ん・・・っ//」


 入鹿「>>915
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 20:51:24.25 ID:WjI/tqX5O
…!?
柔らかさとハリがすごいよろしくて、不思議な感覚ですわ…//
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 20:51:49.28 ID:lz6Euia/O
肌がすべすべしてて筋肉の質も程よい…
917 :1 [saga]:2020/06/29(月) 21:03:50.51 ID:H0wjwFdr0
 入鹿「・・・!?//」ギョッ


 入鹿「スベスベとした肌に、程よくついている筋肉質・・・//」サワサワ


 入鹿「柔らかさとハリがすごいよろしくて・・・//」ムニムニ


 入鹿「不思議な感覚ですわ・・・//」


 五和「そ、そうでしょうか・・・//」


 入鹿「普段から鍛えてらっしゃるだけありますわね・・・//」


 入鹿「・・・ふへへ・・・//」ジュルッ


 五和「あ、あの入鹿さん?//よ、涎が垂れてますが・・・//」


 入鹿「」ハッ!?


 入鹿「」フキフキ


 五和「>>918
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 21:07:17.42 ID:z1156Yw8O
き、筋肉が好きなんですか?
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 21:08:10.30 ID:lz6Euia/O
褒めていただいて光栄ですフフッ
920 :1 [saga]:2020/06/29(月) 21:26:18.77 ID:H0wjwFdr0
 五和「え、えっと・・・ほ、褒めていただき、光栄です//」フフッ


 入鹿「そ、そそそ、そうですか//」アセアセ


 五和「・・・もしかして、筋肉フェチとかなんですか?//」


 入鹿「き、筋肉フェチ・・・?//」


 五和「筋肉に見惚れてしまうことでして・・・//」


 入鹿「・・・た、多分、そうですわね・・・//」コクリ


 入鹿「浜面さんや裕也さんのお体を見たときも・・・//」


 五和「そうでしたか・・・//」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 21:33:34.57 ID:z1156Yw8O
女の人で良い筋肉の人いましたか?と聞く五和に麦野さんも脱ぐとなかなかですしと悩む様子の入鹿だが北条さんが良かったようで熱弁
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 21:34:13.68 ID:lz6Euia/O
猟虎さんが二人の初仕事を記念してか飲み物を奢ってくれて初仕事の反省会っぽい
923 :1 [saga]:2020/06/29(月) 21:45:48.41 ID:H0wjwFdr0
 五和「女性の方で、お気に召したという方はいらっしゃるのですか?//」


 入鹿「そうですわね・・・//」ウーン


 入鹿「滝壺さんや麦野さんも脱ぐと中々ですし・・・//」


 入鹿「意外と猟虎ちゃんも中々のものでしてよ?//」


 五和「へぇ、それは意外ですね・・・//」


 入鹿「・・・ですが、やはり・・・//」


 入鹿「彩鈴の筋肉質な肉体美が1番ですわね//別格です・・・//」


 五和「ふふっ//そうなのですか・・・//」クスッ


 入鹿「男性特有の硬質な筋肉質もいいのですけど・・・//」


 入鹿「>>924」 
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 21:51:33.85 ID:z1156Yw8O
しなやかな筋肉と言いますか…五和さんもなんですがハリのある筋肉が…//
その中でも彩鈴の質は絶品で無駄がないんですキラキラ
925 :1 [saga]:2020/06/29(月) 22:03:03.30 ID:H0wjwFdr0
 入鹿「しなやかな筋肉美と言いますか・・・//」


 入鹿「五和さんもなんですが、ハリのある筋肉が素晴らしくて・・・//」


 入鹿「その中でも、彩鈴の質は絶品で無駄がないんです!//」キラキラ


 五和「な、なるほど・・・//」


 五和「何かスポーツをなさってるんですか?//彩鈴さんは//」


 入鹿「はい//長点上機学園のボクシング部に入部していまして//」


 入鹿「なんと無敗の6連勝中なのでしてよっ//」フフーン


 五和「無敗というのはすごいですね//」


 五和「ですが・・・ボクシングとなると、とても怪我をしそうですよね//」


 入鹿「そうですわね・・・//彩鈴がボクシング部に入部したのを初めて知ったのは//」


 入鹿「顔中が絆創膏だらけになったからなんです//」


 五和「そ、それは何勝目の時なんですか?//」


 入鹿「確か、2勝目だったかと・・・//」


 入鹿「>>926
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:10:34.92 ID:z1156Yw8O
攻撃を探るために待ってたら打たれすぎたってサラッと言ったんですわ
見てられないったら!ってくらいどうしようもなくて、作戦を練ってあげたのもいい思い出ですわね
927 :1 [saga]:2020/06/29(月) 22:16:18.56 ID:H0wjwFdr0
 入鹿「攻撃を探るために待っていたら、打たれすぎたって」


 入鹿「サラッと言っていましたわ」


 五和「(カウンターパンチャーなのでしょうか・・・?)」

 
 入鹿「もう見てられないったら!というくらいで・・・」


 入鹿「嫁入り前なのに顔中傷だらけになっては乙女としての自覚がなってないと」


 入鹿「2時間ぐらいは説教して納得させましたわ。・・・まぁ」


 入鹿「すっかり忘れてるんでしょうけど・・・」


 五和「あはは・・・」タラー


 入鹿「なので、どうしようもなくて作戦を練ってあげたのもいい思い出ですわね」


 五和「とても大切な親友なのですね、彩鈴さんは」クスッ


 入鹿「・・・ええっ」クスッ


 ―ガチャッ

 猟虎「お、おお、お疲れ様です・・・」


 五和「あ、猟虎さん」


 入鹿「猟虎ちゃん。どうしたの?」




 ― 偶数
 = 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:17:47.58 ID:z1156Yw8O
ここは偶数で姉妹パワーで飲んでほしい…
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:18:04.45 ID:Dmnwh2I9O
偶数
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:18:26.34 ID:z1156Yw8O
奇数だとどーなってたんだろ
931 :1 [saga]:2020/06/29(月) 22:27:33.03 ID:H0wjwFdr0
 猟虎「お、お飲み物をお持ちしました」
 

 五和「あ、すみません。わざわざ持ってきていただいて・・・」


 猟虎「い、いえいえいえ。お、おお、お、お仕事を頑張ってくださった」


 猟虎「お2人への奢りですから・・・」アセアセ


 入鹿「そっか・・・ありがとう、猟虎ちゃん」ニコリ


 五和「ありがたくいただきますね」ニコリ


 猟虎「は、はは、はい//」コクリ




 入鹿「猟虎ちゃんは人形焼屋の担当やってるんだよね?」


 猟虎「そ、そうだよ。うん・・・」


 猟虎「焼型の絵も描いたりして、発注してもらったりとかも・・・」


 五和「>>932




 >>930 北条さんも来てました
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:28:18.67 ID:z1156Yw8O
絵が得意と伺いましたがそういう風にもできるんですね…
すごい…
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:30:24.11 ID:vhPD/WNwO
型のデザインってすごいですね、お客さんの皆さんかなり食べてられたの見ましたけど猟虎さんの血からですねニコッ
934 :1 [saga]:2020/06/29(月) 22:33:25.40 ID:H0wjwFdr0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 明日のメッシャンジャーは誰なのか楽しみでせう。
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 22:34:21.02 ID:z1156Yw8O
おつでさのー
936 :1   [saga]:2020/06/30(火) 06:51:40.38 ID:N4fK7pic0
 五和「型のデザインってすごいですね。絵が得意と伺いましたが」


 五和「そういったお仕事にも繋げられるんですか・・・」


 猟虎「は、はは、はい」コクリ


 入鹿「通りかかったお客様がとっても美味しそうに食べてられたの見たけど」


 入鹿「猟虎ちゃんのおかげなんだね」ニコッ


 猟虎「そ、そそ、そんなことは、ないよ//」


 猟虎「ほ、他の皆さんが楽しませてくださってるのもあるんだから・・・//」


 猟虎「い、入鹿ちゃんと五和さんのおかげでも、あるよ//」ニコリ


 入鹿「ありがとう、猟虎ちゃん」クスッ

 
 五和「猟虎さんは漫画家さんでもありますけど、お仕事の両立は大変じゃないですか?」


 猟虎「>>937
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 06:55:43.08 ID:wlRlEp3GO
い、いえ気分転換になりますし人と触れ合う練習になりますから
部屋にこもってばかりは良くないって麦野さんや後輩の子に言われますしね
938 :1   [saga]:2020/06/30(火) 07:44:38.21 ID:n0HdBsNxO
 猟虎「い、いえ、気分転換になります、人と触れ合う練習にもなりますから」


 入鹿「!」


 入鹿「(ら、猟虎ちゃんもそうしてるんだ・・・)」


 猟虎「部屋にこもってばかりは良くないって麦野さんや後輩の子に言われますしね・・・」


 五和「出歩いた先でアイデアを見つけたりもするんですか?」


 猟虎「は、はい。そうですわ」コクリ


 猟虎「(それとは別の稼業になる同人誌のネタも探したりしてますが・・・)」


 入鹿「>>939
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 07:50:19.82 ID:wlRlEp3GO
後輩の子ってどんな子?
ちょ、ちょっとだけ気になるわ
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 07:50:42.94 ID:mqYpg9XPO
漫画のネタとかになりそうなこと、とかも?
941 :1   [saga]:2020/06/30(火) 08:04:55.51 ID:n0HdBsNxO
 入鹿「後輩の子って、どんな子?」


 入鹿「ちょ、ちょっと気になるんだけど」


 猟虎「え?あぁ、吹寄さんのことだよ。同い年だけど、後から所属してきた人になるから」


 猟虎「吹寄さんは後輩ってことになるの」


 入鹿「そういうこと・・・なるほど」


 五和「(制理さんは健康的なことを好みますからね・・・)」


 五和「漫画のネタとかになりそうなことはメモをしてるんですか?」


 猟虎「そ、そうですわね。ただ、その場で得た情報を元に話の構想を立ててから」


 猟虎「メモをしていますわ」


 五和「>>942
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 08:11:48.92 ID:wlRlEp3GO
なるほど、実際にあったことをお話にされると臨場感がありますよね…
943 :1   [saga]:2020/06/30(火) 08:54:47.18 ID:n0HdBsNxO
 五和「なるほど、実際にあったことをお話にすると臨場感がありますね」フムフム


 入鹿「その場で物語の内容を作れるってすごいね」クスッ


 猟虎「あ、あ、ありがと・・・///」テレテレ


 入鹿「ふふっ」クスッ


 五和「(姉妹愛に満ち溢れてますね・・・)」クスッ




 -学園都市 第七学区 第七遊園地 出入り口付近-

 入鹿「では、失礼しますわ。お疲れさまでした」


 五和「お疲れさまでした!」


 猟虎「お、お疲れさまでしたわ」ペコリ



 select

 入鹿
 五和
 猟虎

 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 11:35:29.93 ID:TFQQYuYCO
入鹿
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 11:35:36.16 ID:eE5aqQCJO
らっこ
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 12:08:05.26 ID:herCD0e9O
五和
947 :1   [saga]:2020/06/30(火) 12:37:52.62 ID:n0HdBsNxO
 -第七学区 街道-

 入鹿「・・・」スタスタ


 入鹿「(やはり、と言いますか・・・誰からも声が掛かりませんでしたね)」


 入鹿「(まぁ、つい数時間前に発表したことですし)」


 入鹿「(明日になればどうなるか、わかりますわよね)」


 「入鹿」


 入鹿「!!(と思っていたら早速!?)」


 入鹿「はい!?サインでしょうか握手でしょうか!?//」クルッ


 北条「・・・いや、別に私はいいんだけど・・・」


 入鹿「・・・なーーんだ、綾鈴でしたか・・・」ハァーー


 北条「そんなため息をつかれてもな・・・」ポリポリ


 北条「>>948
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 12:56:01.62 ID:X2Xjn89EO
慣れない仕事お疲れ様だ
……これくらいは言うぞ私も
949 :1   [saga]:2020/06/30(火) 13:05:37.12 ID:n0HdBsNxO
 北条「まっ、慣れない仕事お疲れ様だな」


 入鹿「・・・彩鈴がそんなことを言うなんて」


 北条「・・・これくらい言うからな。私も」


 入鹿「冗談ですわよ。ふふっ♪ありがとうございます」クスッ


 北条「あっそ・・・」フンス


 入鹿「もしかして、認定式を見に来ていましたの?」


 北条「ああっ。たまたまな」


 入鹿「たまたまって・・・(それなら何故遊園地に入ってきてるんですか・・・)」


 北条「>>950
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 18:20:32.16 ID:X2Xjn89EO
福引でたまたま当たったが使い道に悩んでいたら風の噂に聞いてな
951 :1   [saga]:2020/06/30(火) 18:49:36.59 ID:N4fK7pic0
 北条「福引きでたまたま遊園地のチケットが当たって、使い道に悩んだ挙げ句」


 北条「1人で来たんだよ。で、お前の認定式を見てた訳だ」


 入鹿「そ、そうでしたの・・・」


 北条「ああっ。いきなりお前の名前が聞こえてビックリしたな」クスッ


 入鹿「ほ、本当ならもう少し後にしようとしていたのですが・・・」


 入鹿「用事が早くに済みましたので、遊園地に駆けつけたんです」


 北条「そういうことか。まぁ、何にせよ・・・」


 北条「公安のライダーになったんだ。頑張れよ?」


 入鹿「>>952
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 19:15:49.89 ID:kRlJkS1Zo
反対しないのですか?
てっきりなんか言われるかと思って心の準備はしていましたのに
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 19:16:14.79 ID:X2Xjn89EO
こ、公安のライダーにはなりましたけど本当のバディはあなたしかいないのは約束ですの
954 :1 [saga]:2020/06/30(火) 19:46:25.63 ID:N4fK7pic0
 入鹿「は、はいっ。・・・ですが」


 入鹿「こ、公安のライダーにはなりましたけど・・・」


 入鹿「本当に信頼できるバディは貴女しかいないのは、約束しますわ」


 北条「・・・そりゃ、どうも」


 入鹿「・・・改めて聞きまずが、反対しないのですか?」


 入鹿「てっきり何か言われるかと思って、心の準備はしていましたのに」


 北条「言う気もないよ。頑固なお前に何言っても無駄なのは知ってるからな」


 入鹿「なっ・・・」ムスッ


 入鹿「あ、貴女だけには言われたくありませんわ!」


 北条「はいはい・・・」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 19:50:03.20 ID:4a0ScYOVO
アトラクションに乗らず結構入鹿を観察していたようでその時の様子を淡々と語る北条さんに少し恥ずかしがる入鹿
相方をしていた五和のことは気になっていたようでどんなやつだったんだ?と聞かれる
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 19:53:24.44 ID:X2Xjn89EO
ポンポンと頭をなでてくる彩愛
私にはアレはできないしすごかったと褒めてきて顔がポッとなる入鹿
957 :1 [saga]:2020/06/30(火) 20:04:50.66 ID:N4fK7pic0
 入鹿「認定式が終わった後は、どうしてましたの?」


 北条「別に。菓子とかアイスとか食って飲み物飲んでたぞ」


 入鹿「アトラクションなどは?」


 北条「乗っても遊んでもない。・・・お前はバンジージャンプの接客に勤しんでたな」


 入鹿「あ、はい」コクリ


 北条「客じゃなしに自分でも飛んでたりしてたけど・・・」


 北条「私にはアレはできないし、すごいと思うぞ」ポンポンッ


 入鹿「そ、それほどでもありませんわ//」


 入鹿「>>958




 今日はコローラさんからのメッセージでしたね。
 明日はあの男と言ってたんで・・・もちろん、あの人でせうよねー
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 20:10:46.65 ID:4a0ScYOVO
五和さんが見本になってくださったからですし…
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 20:10:59.79 ID:X2Xjn89EO
まさかのローラで笑った
960 :1 [saga]:2020/06/30(火) 20:18:46.48 ID:N4fK7pic0
 入鹿「五和さんが見本になってくださったからですし//」


 北条「・・・五和?」


 入鹿「あ・・・え、えっと、実は愛衣響子というのは偽名でして・・・」


 入鹿「本名は五和さんという方なのですわ」


 北条「ふーん・・・そうだったのか」


 北条「そのサポートしてくれてた五和は、どんなやつだったんだ?」

 
 入鹿「はい。とても優しいお方で、初めてとは思えないほど接客に慣れていましたから」


 入鹿「私に色々と教えてくださいましたわ」ニコリ


 北条「そうか・・・ならよかったな」


 北条「>>961




 >>959 まぁ、学園都市のトップの次は魔術サイドのトップが挨拶するのは礼儀でしょうし
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 20:44:26.80 ID:4a0ScYOVO
人見知りするというか私以外にアソコまでなつく姿は想像できなかったからな…
まあ嬉しさ半分だな
962 :1 [saga]:2020/06/30(火) 20:51:51.17 ID:N4fK7pic0
 北条「人見知りするというより、私以外にあそこまで誰かと仲良くしてる姿は」


 北条「正直、想像できなかったからな・・・」

 
 入鹿「そ、そんなことはありませんわよ」


 北条「(どうだか・・・)」フンス


 北条「まぁ・・・嬉しさ半分だな」


 入鹿「え?」


 北条「・・・私以外のやつと仲良くしてるのは、なんつーか・・・」


 北条「少しだけ・・・寂しいって感じるからさ」


 入鹿「」キュンッ


 入鹿「やだもぉ〜〜〜〜〜!///彩鈴ったらぁ〜〜〜!//」ギュウッ


 北条「お、おい」


 入鹿「そんな可愛いこと言うなんて、んもう!//言ったじゃないの//」


 入鹿「貴女が信頼できるバディーって//」


 入鹿「>>963
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 20:58:54.75 ID:LJun8FHyO
あなたの背中を支えるのは私、私の背中を支えるのはあなたなんですもの!
心配しても寂しくさせませんわギューッ
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 20:59:21.91 ID:1m5Y0ygwO
そんな拗ねた子猫みたいな顔されたら近くによってしまいますわ!
965 :1 [saga]:2020/06/30(火) 21:02:47.44 ID:N4fK7pic0
 入鹿「貴女の背中を支えるのは私。私の背中を支えるのは貴女なんですもの!//」


 入鹿「心配しなくても寂しくはさせませんわ!//」ギューッ


 北条「わかったから、離れろって」


 入鹿「それは無理ですわねー//」


 北条「はぁ・・・?」
 

 入鹿「そんな拗ねた子猫みたいな顔をされてしまっては・・・」


 入鹿「ますます近くに寄ってしまいもの!//」ハァハァッ


 北条「耳元で荒い息吹きかけるのはやめろっ」


 入鹿「うへへへ〜//」


 北条「・・・」


 ―ポコッ

 入鹿「痛!?」


 入鹿「な、なんで叩くんですの!?」ジンジン


 北条「966」
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 21:05:01.80 ID:4a0ScYOVO
調子に乗りすぎだ…!
ったく見てくれはかなりいいのに鼻の下伸ばし過ぎやがって…
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 21:05:32.60 ID:1m5Y0ygwO
痩せてっから体温が熱いんだよ、猫だって構いすぎるとこうするだろ
968 :1 [saga]:2020/06/30(火) 21:12:16.13 ID:N4fK7pic0
 北条「調子に乗りすぎだっての・・・」ハァー


 入鹿「むぅ・・・」ムスップー


 北条「ったく・・・(見てくれはいいのに・・・)」


 北条「(鼻の下伸ばし過ぎやがって。お前の方は乙女らしさがないだろ)」
 

 入鹿「どうして嫌がるんですの?」


 北条「嫌がるっつーか・・・お前、抱き着いてくると暑苦しいんだよ」


 入鹿「え?」


 北条「痩せてから抱きつけ。そうすりゃ少しはマシになるだろ」


 入鹿「んな!?そ、それは失礼じゃなくって!?//」


 北条「前にお前、猫抱きしめた時速攻で逃げられただろ?」


 入鹿「え?・・・あー」


 北条「猫だって構いすぎるとああるんだからな?」


 入鹿「>>969
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 21:15:04.55 ID:1m5Y0ygwO
むぅ…わかりました
寛大な私はベタベタしすぎないようにしてあげますわ
そういえばあなたはなつかれていましたわね
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 21:15:35.10 ID:1m5Y0ygwO
自分を猫に例えてるなんて可愛いですわね
来てくれたことに感謝してやめてあげますわ
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 21:16:00.53 ID:6PguLcPDO
確かに見てくれは猫ですわね
972 :1 [saga]:2020/06/30(火) 21:27:06.79 ID:N4fK7pic0
 入鹿「むぅ・・・わかりました」


 入鹿「寛大なる私はベタベタしすぎないようにしてあげますわ」


 北条「はいはい、寛大な入鹿さんお願いしますねー」


 入鹿「・・・それにしても、自分を猫に例えてるなんて」


 入鹿「彩鈴も可愛いですわね」クスッ


 北条「お前反省してないだろ」ピキッ


 入鹿「あ、そういえばあの時、猫は貴女にとても懐いていましたわね」


 北条「・・・そうでもないだろ」


 入鹿「私は撫でようとしても逃げられてましたわよ」


 入鹿「それなのに彩鈴にはお腹を見せて撫でさせていましたし・・・」


 北条「>>973
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 21:29:23.82 ID:+Fvrtaa6O
アイツらは自分が構って欲しくなって近づいてくるまで大人しく待つんだよ…
974 :1 [saga]:2020/06/30(火) 22:08:31.33 ID:N4fK7pic0
 北条「アイツらは自分が構って欲しくなってから」


 北条「近づいてくるまで大人しく待つんだよ」


 入鹿「へぇ、詳しいですわね」


 北条「こないだテレビで知った情報だから。私は初めから知ってた訳じゃないし」


 入鹿「あら、そうですの」


 北条「ん・・・」


 北条「・・・入鹿、夕飯はこれからか?」


 入鹿「はい。そうですが・・・」


 北条「奢ってやるから、一緒に食べに行かないか?」


 入鹿「ええっ。是非行きましょう」ニコリ




 -学園都市 第七学区 屋台ラーメン お彦-

 「いらっしゃい。おぉ、お嬢ちゃんにお友達かい」


 入鹿「お久しぶりですわ。店主さん」


 北条「よっ、おっちゃん。いつもの2杯で」


 「はいよ」


 入鹿「・・・」スンスン


 入鹿「はぁ〜・・・やはりとてもいい香りがしますわね」クスッ


 北条「>>975
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 22:12:35.36 ID:4a0ScYOVO
寒いから温まるし今日は動き回って消費した塩分も取れる、何より美味しいからな…
……それに今日は一緒に食いたい気分だからな
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 22:14:26.75 ID:+Fvrtaa6O
一人もいいんだが人と食うのも悪くない、付き合え
977 :1 [saga]:2020/06/30(火) 22:20:19.59 ID:N4fK7pic0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 22:24:26.93 ID:4a0ScYOVO
おつー
北条さんは動物の扱いうまそうだよね 寡黙だし犬猫好かれそう
979 :1   [saga]:2020/07/01(水) 05:42:06.02 ID:QZljT9Ac0
 北条「寒いから温まるし、今日は動き回って消費した塩分も取れる」


 北条「何より美味いからな」クスッ


 入鹿「はい。わかりますわ」クスッ


 北条「・・・それに今日は一緒に食いたい気分になってたしさ」


 入鹿「そうなのですか?」


 北条「ん・・・まぁ、お前の初仕事のお祝いだ」

 
 入鹿「>>463
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 05:57:29.79 ID:lPbnDgWpO
安価が前に飛んでる…?

今日はお祝いされてばかりですわねクスッ
ありがたくお供しますわ
981 :1   [saga]:2020/07/01(水) 06:25:52.23 ID:QZljT9Ac0
 入鹿「今日はお祝いされてばかりですわね」クスッ
 
 
 入鹿「ありがたくお供しますわ」


 北条「ん・・・」


 入鹿「7戦目の試合は、明日開催になるのでしたわよね?」


 北条「ああっ。だから、昨日まで減量期間だったから腹減ってるんだ」


 入鹿「そうだったのですか・・・」


 北条「>>982」 




 >>982 んや?飛んではないでせうが
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 06:49:14.63 ID:GMi5TmM+O
やるだけのことはしたしリフレッシュがしたかったからな、今日はいい一日だった
983 :1   [saga]:2020/07/01(水) 07:10:16.87 ID:Vt47h/7QO
 北条「やるだけのことはしたし、リフレッシュがしたかったからな」


 北条「今日はいい一日だったよ・・・」クスッ


 入鹿「何か良いことでもありましたか?」


 北条「別に。・・・あぁ、そうだ」ゴソゴソッ


 北条「ほらっ。明日のチケット」スッ


 入鹿「あっ、ありがとうございます。必ず明日、観に行きますわ」ニコリ


 北条「ああっ。私の知り合いも観に来てくれるだから」


 北条「明日も勝つぞ」クスッ


 入鹿「>>984
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 07:17:38.93 ID:GMi5TmM+O
も、もちろんですわ!
あなたは私のバディなんですからっ
勝ってお祝いさせてくださいな
負けたら残念会で慰めますけど
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 07:18:11.51 ID:lPbnDgWpO
小牧さんね…隣の席に座ったらキチンとお話しないと
986 :1   [saga]:2020/07/01(水) 08:05:18.41 ID:Vt47h/7QO
 入鹿「も、もちろんそうしてくださいな!」


 入鹿「貴女は私のバディなんですから、祝勝祝いをさせていただきます」

 
 北条「そうか。なら、楽しみにしてみようか」


 入鹿「負けたら・・・残念会で慰めますけど」


 北条「必要ないって。勝つんだからな」クスッ


 入鹿「そ、そうですか・・・まぁ、そこまで言うのでしたら」コクリ


 入鹿「ところで、そのお知り合いと言うのは・・・小牧さんのことですか?」


 北条「いや、別の奴だ。小牧にも一応チケットは渡しておいたけど」


 北条「春暖嬉美って少し前に会った奴なんだ」

 
 入鹿「春暖嬉美・・・常盤台の生徒の方ですか?」


 北条「違うな。アイツは学校に行ってないみたいでさ」


 北条「>>987
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 08:10:09.97 ID:lPbnDgWpO
見るからに不良なんだが劣等生って訳でもなく気になる奴なんだ
おまけに可愛い子も連れていたし
988 :1   [saga]:2020/07/01(水) 08:22:00.42 ID:Vt47h/7QO
 北条「見るからに不良なんだが・・・劣等生って訳でもなく」


 北条「なんとなく気になる奴なんだ」


 入鹿「どうしてですの?」


 北条「さぁ・・・ただ、不思議と同類って感じがしてな」


 北条「おまけに可愛い子も連れていたし、撫でさせてもらったよ」クスッ


 入鹿「可愛い子?」


 北条「ハネジローって名前の猫に羽が生えてるみたいなペットのことだ」


 入鹿「(猫に羽?・・・生体実験で生まれた生物でしょうか)」


 北条「なんでも、宇宙から来たんだと」


 入鹿「>>989
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 10:21:32.44 ID:tKbmYTwrO
なるほど宇宙……宇宙!?!?
990 :1   [saga]:2020/07/01(水) 11:53:51.95 ID:Vt47h/7QO
 入鹿「あぁ、なるほど。宇宙からなら羽も・・・宇宙!?!?」


 北条「うわ。なんだよ急に、ビックリすんなぁ」


 入鹿「お、お待ちください。宇宙というとあの星空よりも遥か彼方のことですわよね?」


 北条「ああっ」コクリ


 入鹿「その宇宙から・・・生命体が来訪してきたというのですか?」


 北条「そうなるな」


 入鹿「・・・に、俄に信じられませんが・・・」


 入鹿「北条が見て、信じているのなら・・・本当なのですね・・・?」


 北条「・・・」タプタプ


 北条「ほら、これが証拠だ」スッ


 入鹿「はぁ・・・」



 どんな写真?(ハネジローじゃなくて間違えて出したのでも可)
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 12:03:46.68 ID:pLwsfd5Vo
かわいらしい格好してこれまたかわいらしい笑顔でピースしてる北条さんの画像
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 12:03:51.68 ID:LCx/OBf4O
自身のトレーニングあとの半裸(背中向き)写真
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 12:04:17.16 ID:EqEruOHAO
ハネジローが好物のNUTSを食べながらブログ更新中
994 :1   [saga]:2020/07/01(水) 12:55:53.29 ID:Vt47h/7QO
 入鹿「・・・えっと、これは」


 北条「嬉美から送られてきた画像だ。ハネジローはピーナッツが好物なんだよ」


 入鹿「は、はぁ・・・ですが、その・・・」


 入鹿「(これは間違えて違う画像を表示してますわね)」タラー


 北条「どうした?」


 入鹿「・・・その、トレーニング用の下着姿な貴女の画像な表示されて」


 北条「」バッ!タプタプ


 北条「こ、こっちだった」アセアセ


 入鹿「・・・あらー、可愛いですわねー」

 
 北条「そうだろ。結構気に入っててさ」


 入鹿「貴女スカートは嫌いと言っていたのに随分と短めの、それも実にフリフリな」ニヤニヤ


 入鹿「スカートを履いていますのねー?」


 北条「」


 入鹿「しかもとびっきり、可愛い笑顔でピースサインまでして」ニヤニヤ


 北条「・・・ち・・・違、これは」ダラダラ


 入鹿「>>995



90
【安価】上条「とある禁書で」ドリー「仮面ライダー!」【禁書】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593575197/
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 12:56:51.03 ID:EqEruOHAO
少女趣味てしたら私のコーディネート力に頼ってもいいんですわよ!

たておつー
996 :1   [saga]:2020/07/01(水) 17:14:14.25 ID:Vt47h/7QO
 入鹿「こんな貴女は初めて見ましたわ」ニマニマ


 入鹿「少女趣味があったのでしたら〜・・・」


 入鹿「私のコーディネートを頼ってくださってもよかったのに」ニヤニヤ


 北条「〜〜〜〜っ!///」ワナワナ


 入鹿「・・・彩鈴。別に私は変には、くふっ。思ってませんわよ?」


 北条「今笑っただろが!///」


 入鹿「気のせいですわよ。・・・できればその画像をいただきたいのですが」

  
 北条「もう消したから保存されてない//」


 入鹿「えぇぇ〜〜!?そんなぁ・・・」プクー


 北条「>>997
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 17:50:07.07 ID:EqEruOHAO
試しに着たまでだ他意は一切ないからな
998 :1   [saga]:2020/07/01(水) 18:25:44.90 ID:hdwfFqkeO
 北条「い、言っとくけどなあれは試しに着てみただけだからなっ//」


 北条「他意は一切無い//」


 入鹿「・・・その割りにはノリノリに着こなしてピースしてましたわね?」


 北条「そ、そんなことは絶対にないっ//」プイッ


 入鹿「んもう、照れなくても可愛くて素敵でしたわよ」クスッ


 入鹿「今度からもあのお召し物で来てくださっても」


 北条「そんなことは死んでもごめんだからな//」フンス


 入鹿「むぅ・・・彩鈴のおケチ」


 北条「ラーメン奢ってやってるだろ今まさに。どこがケチなんだよ」


 「はい、おまちどう。ラーメン2つだよ」コトッ,コトッ


 入鹿「あっ、ありがとうございます」


 北条「・・・サンキュ、おっちゃん」




 どうする?orどうなる?
 >>1000まで

 では次スレで ノシ
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 19:05:42.55 ID:EqEruOHAO
ラーメンを美味しくすする二人
アイテムの面々について気になるようで聞いてくる北条さんに答える入鹿さん
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 19:07:46.67 ID:EqEruOHAO
1000なら激戦 

彩愛の交友関係が広がりつつあることを喜ぶ入鹿
1001 :1001 :Over 1000 Thread
                   、..:ヽ::.i::::i:::..:/::,                  .:.:.:.: .
                 、:.:.'.;.:.}:.|:.:.|:.:/:.:.:./             .: : : : :::... 、::::::v:.....:v...     .0::。::゚..
.           .:.:.:.: ._:.:.:.\ヽ:.:.|:.:.!/:.:/:/               ∴∵。o∞o.。 、ヾ:::::゙::|::::|::::::/:::/::., O*、。! o'x*
         .: : : : ::===:.:\:.|:.:|://:.==             ∴∵o゚     、\::丶:*|::::|*/://。 =-o::○。=ニ
       ∴∵。o∞o.。三三二:::.:*::::二三三 . ...::*:::*..... *   .::::8 ::::::::::::::ー-::ヽx※::.:::.::※*::::/-' . :O:゚ 0 o゙::。
     ∴∵o゚       ゚:===.:./:i:.:i:.\:::::::*:.:.:*:.:.:.i: :i : :/:.... *::∴゚o..   .三ニ*※::::::::::::※=:ニ:三" ..:~....:::|:::.....
.    ::::8      8: ´./:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:\.::゙:\:.:ヽ:.:|:.:|:.:/:.:/::::..∵∴:゚:::∞ ゚--―"'※:::::::::※゙*ー--z \...:*::::::*../:.
.      ∵∴゚o     o゚.::´./:/゚:|:.:.|:.::丶*ー- .。::゚::: ::゚:::o:. -― * :: ∵ : : :゙彡/*/:*i:::i゙\\`::、ミ _*,:::'"゚゙':::* ―
        ∵∴゚ ∞ ゚∴∵。':/:.:.:i.:.:.i.:.:ヽ:*ー--o::::::::::::::::::::::o--―*  "゚ ¨ ゚"",;:"/::::::川::',::ヽ*\:゙  :::.:*'::,:.....:,:':*ー:
        ∵ : : : ∵           *--―o::::::::::::::::::::::o:―--*        "'':://:::|:!:::',::::ヾ゙     /::*":::゙*::\::
            ゚ ¨ ゚           * -一 :O:::: :::: :::o:::゚ー-- *                    ":/:::::::|:::丶:: ゙
                            /:../:.:i:.:.:i:.ヽ:.:\:.:.:
                     ┌::┐      *  /:.:.:.!:.:.:!:.:.:*:.:.:*  ┌┐  _       __ __
                    _|「|;,|           * ::::*:::*::::::    rf::::L_ |::::|      |:::L!::|
      ┌┐      ┌┐   |「「|;,|           _,,,,,        |::::::: |::::「:::::|┐   ┌|:::|: ┌┐    ┌┐
───┤├───┤│__|「「|;,|_______}_r┴-、____|___|___!_|::|__|__│├──┤├───‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ノ乙(、ン、)_          i m_\ <みんな終わってしまった     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                ノr'" _<00       / ,' 3  `ヽーっ
                 _,,..,,,,_                 ̄   _,,...,,,,_      l やる夫 ⌒_つ  _,,..,,,,_
    _,,..,,,,_          / ,' 3  `ヽーっ   _,,..,,,_      / ,' 3  `ヽーっ `'ー---‐'''''"   / ,' 3  `ヽーっ
   / ,' 3  `ヽーっ   l 幼馴染 ⌒_つ  / ,' 3  `ヽーっ l ハルヒ ⌒_つ          l 魔王 ⌒_つ
   l 禁書  ⌒_つ    `'ー---‐'''''"   .l けいおん⌒つ `'ー---‐'''''"             `'ー---‐'''''"
    `'ー---‐'''''"               `'ー---‐'''''"                   SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
                                                  http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
【安価】上条「とある禁書で」ドリー「仮面ライダー!」【禁書】 @ 2020/07/01(水) 12:46:37.16 ID:Vt47h/7QO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593575197/

【まちカドまぞく】桃「シャミ子がいなくなる夢を見た」 @ 2020/07/01(水) 11:14:02.47 ID:AXcv3ucX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593569642/

キョン「絶望先生?」 @ 2020/07/01(水) 03:46:11.64 ID:3fKuwVeh0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593542771/

スイレン「サトシの笛…」ペロペロ @ 2020/07/01(水) 01:38:16.06 ID:EwUTxMGnO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593535096/

右京「タイムパラドクスゴーストライター?」 @ 2020/07/01(水) 00:24:33.81 ID:A7tKNGJh0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593530673/

緒方智絵里「みんなで占いっ!」白菊ほたる「朋さん誕生祭!」 @ 2020/07/01(水) 00:05:02.32 ID:Dchf+69/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593529502/

速水奏「月の丘の裏側まで」 @ 2020/06/30(火) 23:40:22.96 ID:usvCEay50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593528022/

【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです 8巡目 @ 2020/06/30(火) 21:49:13.75 ID:95X6QNvq0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593521353/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

413.05 KB Speed:15.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)