【エグゼイド】ニコ「た、たたた大我のアレが・・・?!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 02:58:24.75 ID:hauYTBin0
短いです
頭空っぽで見てください
時期は一応小説版付近のイメージ

大我「くっそ・・・何で4日連続で夜にバグスターが出やがる! おかげで寝不足だ・・・さっさと根絶されろ・・・」

大我「しかも戦闘のダメージでバンバンシューティングもイカれやがった。デュアルβがあって助かったぜ」

大我「だぁぁぁぁぁくっそ、ゲンムのとこに修理に持って行きたいがそれより仮眠だ。流石に倒れる・・・」(無造作にズボンのポケットにガシャットを突っ込む)

大我「・・・zzZZ」(ポケットの中で引っかかって変な角度で起立するガシャット)



ニコ「大我ー! 久しぶりー・・・ッッッ!!!???」ガチャッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1595095104
2 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 02:59:38.15 ID:hauYTBin0

ニコ(え! えっ! た、大我のズボンの膨らみって、え!?)

ニコ「・・・大我ー?」

大我「・・・zzZZ」

ニコ「駄目だ、パーフェクトノックアウトされてる」

ニコ「えぇぇぇぇどうすれば良いの・・・? いやどうもしはしないけど」

ニコ「気にしないしかないけど・・・うぅぅ、早く起きてよ大我ぁ・・・」


大我「・・・zzZZ」
3 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:00:34.83 ID:hauYTBin0

大我「・・・zzZZ」

ニコ「うううう・・・」チラッ チラッ


大我「・・・んう」モゾッ・・・(身動ぎによってスイッチが押され発光するポケット内のガシャット)


ニコ「ひぇッッッ?!!?」

ニコ「ひひひひひ、光ってる・・・?!」

ニコ「え、光るの?! 大我のアレって光るの?!」

ニコ「駄目だ、誰かに連絡しなきゃ・・・」

ニコ「・・・悔しいけど永夢に聞いてみるか」
4 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:01:27.39 ID:hauYTBin0

永夢『もしもしニコちゃん? どうしたの?』

ニコ「えっと・・・そのぉ」

ニコ(しまった、勢いで電話しちゃったけどこの状況をなんて説明して聞けば良いのか分かんないよ・・・ええええっと・・・)


ニコ「その、た、大我の・・・あ、アレが光ってるんだけど普通のことなの・・・?」

永夢『大我さんの・・・アレ?』

永夢(・・・っは、まさか!)

永夢(大我さん、ストレスとかで遂に生え際が・・・! 前から髪が一部白くてガシャットの影響とかメッシュとか色々言われてたけどやっぱり白髪だったのか!)
5 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:02:20.36 ID:hauYTBin0

永夢『・・・ニコちゃん、それは誰しもがなる可能性があるんだよ』

ニコ「えっ???!?!?」

永夢『多分そうなって一番辛いのは大我さん本人だと思うから、(おでこが)光ったりしてもいじったりしちゃダメだよ?』

ニコ「い、弄るわけないでしょそんなもん!? あんた馬鹿じゃないの!!?!」

ニコ「もういい! それじゃ!」


ニコ「・・・誰でもなるのかぁ・・・知らなかったなぁ」
6 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:03:42.78 ID:hauYTBin0

大我「・・・zzZZ」モゾッ・・・(身動ぎでスイッチが押され壊れかけの音声が鳴るガシャット)

ーーーバン・・・バン・・・


ニコ「ん?」

大我「・・・zzZZ」バン・・・バン・・・バン・・・シューティン

ニコ「?!??!」

大我「・・・zzZZ」バンバン・・・ティン・・・ティン


ニコ「ひぃッッッ!!?!!?」

ニコ「なななな鳴ってる・・・?!」

ニコ「え、鳴るの?! 大我のアレって音が鳴るの?!」

ニコ「そうだ、あのおぼっちゃんの先生ならきっと何か分かるはず!」
7 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:04:42.56 ID:hauYTBin0

飛彩『ニコちゃんか。一体どうした?』

ニコ「えぇと、その、大我のア、アレから音が鳴ってるんだけど・・・大丈夫なの?」

飛彩『開業医の・・・アレから音?』

飛彩(・・・あれのことか?)


〜回想〜

大我『こうも戦闘ばっかだとくたびれるなぁ』パキッゴキッ

飛彩『だからといって首や腕の節を鳴らすのはよせ。骨などに甚大なダメージを負わせ、最悪神経を傷付ければ麻痺もあり得る』

大我『あー分かってるって』


〜〜〜

飛彩(やはり止めていなかったか)
8 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:05:50.58 ID:hauYTBin0


飛彩『音が鳴るのはまぁ事実だ』

ニコ「えっ!??!」

飛彩『開業医のあれは恐らく癖だろうな』

ニコ「癖?! 癖で鳴るの?!」

飛彩『人体によろしくはない。ニコちゃんの方からも、止める様に良い含めてやってほしい』

ニコ「自分の意思でなんとかなるの?!!?」

飛彩『? まぁきっとニコちゃんが言えば開業医も言うことを聞くさ』
9 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:07:40.19 ID:hauYTBin0


ニコ「そうなんだ・・・光るのも鳴るのも普通なんだ。なんかDXおもちゃみたい・・・」


大我の携帯<pipipipi

ニコ「! なんだ、大我の携帯か。相手は・・・九条貴利矢・・・確か監察医の、レーザー」

ニコ「・・・一応聞いてみようかな」

ニコ「もしもし?」
10 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:09:09.81 ID:hauYTBin0

貴利矢『うえ? あれ、この声はニコちゃん?』

ニコ「大我は今寝てて・・・」


貴利矢『そっか、じゃあ掛け直そうかな』

ニコ「待って! 聞きたいことがあって」

(説明中)


貴利矢『な、なんだって・・・?!』

貴利矢(・・・とは言え、状況から察するにポケットにガシャットでも入ってんだろうなぁ。まぁでもここは・・・)
11 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:09:48.89 ID:hauYTBin0

貴利矢『ニコちゃん、実はそれは強いストレスが原因なんだ。くれぐれも優しくしてやって欲しいな』

ニコ「っ、わ、分かった」


貴利矢(素直に事実を述べるのは自分らしくないっしょ☆)


貴利矢『温かいコーヒーとか淹れてやって、肩でも揉んでやればきっと喜ぶよ。それじゃ、頑張って!』
12 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:10:42.27 ID:hauYTBin0


大我「・・・んんん、今、何時だ・・・?」

ニコ「た、大我・・・」

大我「ニコ!? なんだ来てたのか」

ニコ「ほ、ほら。とりあえずコーヒー淹れたから、飲むでしょ?」

大我「は?」

ニコ「肩とか凝ってない? マッサージしてあげるから」

大我「は???」

ニコ「その・・・恥ずかしくて言い辛いんだけどさ、そのぉ・・・いつもありがと、ね?」

大我「は??!!?!?!!?」
13 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:11:48.26 ID:hauYTBin0

大我「」

ニコ「くぅぅ、やっぱ恥ずい! けどキツいことも言えないし・・・」

大我「ニコがおかしくなったぁぁぁぁぁ!!!」

ニコ「え?」

大我「ニコ、病院行くぞッ! ほら早くしろッ!!!」ダッ!

ニコ「え、ちょ、待って大我!!!」ダッ!


この後誤解は解けた。4人はゲームオーバーになった。


ーSee you Next gameー
14 : ◆HLLGEraKlA :2020/07/19(日) 03:15:05.25 ID:hauYTBin0


おわりです
頭空っぽで書きました
反省はしていない
6.75 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)