勇者「僕が勇者ですか……?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/22(水) 08:44:57.86 ID:2Qm1e7ZbO

王様「左様。君は神代の巫女によって今代の勇者として示された」

王様「今日この時をもって、勇者を名乗り世界を救う旅に出て貰いたい」

勇者「お、お待ち下さい……陛下! 僕はしがない町の靴磨きに過ぎません!」

王様「それが何だね。歴代勇者の中には不治の病を患った者もいたそうだ」

王様「案ずるな若き勇者よ、君は過去に囚われずとも良い」

勇者「しかし……僕には妹と、妻がいます! 妻の腹には子供もいるんです!」

王様「ほう、その歳にして妻を持つか」


勇者「陛下……家族は僕がいなければいけません! 妻は、体が弱く……」


王様「では我が城にて双方ともに面倒を見よう。世界を救う為なのだ、勇者よ」

王様「家族と離れ離れになることは辛いことも多かろうが、どうかここは使命を全うしてくれぬか?」

勇者(そんな……)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1595375097
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 16:12:13.88 ID:z69A34BDO
続きはよ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 15:25:58.24 ID:O4h0WM5RO

勇者妻「そうなの……暫く会えなくなるのね」

勇者「そんな事はないと思う。別に戻って来てはいけないとは言われてないんだから」

勇者「それより僕は君が城で慣れない生活を強いられる事の方が心配だよ」

勇者妻「確かに私は下町育ちだし、慎ましく生きて来た事を誇りはしても自信は無いわ」

勇者妻「けど大丈夫よ。あなたは世界を救う為に街を出るんだもの」

勇者妻「こんなに誇らしくて、運命的な事はきっと無いと私は思う」

勇者「……僕は」

勇者妻「泣かないで、本当はあなたは寂しいのよね」

勇者妻「12歳の頃から夫婦として、これまで生きて来たんだもの。私もきっとお城では寂しくなってしまう日は来るわ」

勇者「……」

勇者妻「それでも、大丈夫。安心して旅立って欲しいの」

勇者「ああ……」

勇者「分かったよ」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 15:36:21.70 ID:O4h0WM5RO


――こうして、世界を救う旅に出る事になった彼は。

 僅かながらの孤独に堪えながら、それでもと大切な者の為に身を奮わせて親しんだ国の外へと歩き出して行くのだった。


【一日目】


勇者「はぁ……空気が美味しいな」

< ガタンガタンッ

勇者(うお、っと。思ったより馬車ってものは揺れるんだなぁ、お尻が痛くなりそうだ)

勇者「えーと……そうだ。装備の点検でもしよう」


御者「はっは! なんじゃそら、今から荷物を検めんのかい?」


勇者「え? ぁあ、はい」


御者「いけねーな兄ちゃん。勇者とかってのが何かは知らねえけど、冒険者や傭兵稼業知ってる俺からすりゃ先行き不安になるぜ!」


勇者「ええ、なんでです?」


御者「いくらウチみたいな安全な街道走る馬車って行っても、稀に賊に襲われる事もある」

御者「それは何と比べても有り得る事だ。人生は先が見えないんだ」

御者「覚えときな兄ちゃん、この『異世界』では何が起きても良いように備えるべきだってことをよ」


勇者「はぁ……」

勇者(変な人に当たっちゃったな、こんな人と次の町まで二日過ごすのか)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:01:33.21 ID:O4h0WM5RO

勇者(持ち物は常に二十点に抑えないといけない)

勇者(これは僕がまだ強くないのと、旅に慣れてないから……ってお城の兵士は言ってたけど)

勇者「ちょっと水が少なかったかな……」


御者「水汲むかい? 横の方に川が流れてんの見えたぜ」


勇者「いいんですか」


御者「いいぜいいぜ。じゃあちょいと停めるから、とっとと行って来な」

< ガタガタ…ピタァ……ッ


勇者(この辺はのどかな平野だけど、二つも町を越えたら険しい山道が殆どだしな……こうして道中にすぬ補充出来るのも今のうちかな)

勇者(えーと、この辺で良いかな)タッタッ

勇者(確か消毒の為の祝祷をしないといけないんだよね)

勇者「異なる世界の外なる神よ……貴方の血を啜る事をお赦し下さい」


< キィァアアア……ッ


勇者(慣れないなぁ、この悲鳴みたいな音)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:23:40.75 ID:O4h0WM5RO


【二日目】


御者「おはようさん勇者どの! ガハハッ、今日は一雨降りそうだからとっとと行くぞぉ!」

勇者「はわぁ……っ、おはようございます。雨、降るんですか」

御者「おう。俺の馬は雨に敏感でな、半日以内に雨来る時は具合悪そうになんのよ」

勇者「そ、それって大丈夫なんですか……?」

御者「問題ねえよ。それよかアンタを無事に運んで酒飲みてーしな!」

御者「旅に出る前になんか、勇者の祝福を受ける遺跡に行くんだろ? 頑張んなよ!」

勇者「はい!」

御者「とりあえず馬車すぐ出すからよ、用を足したらこれでも食って待ってな!」


勇者(何やかんや、一晩経てば良い人だったなぁ)ガブッ

勇者(うん。朝食代わりに貰った干し肉美味い、今度自分でも作れるかなぁ)


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:26:41.96 ID:O4h0WM5RO

< ガタンガタンッ

勇者「……む……」

勇者(さすがに、慣れて来るとこの激しい揺れが心地良いな)

勇者(僕もこれから本格的に勇者になるし……)

勇者(少しくらい。寝てもいいよね……)うとうと


勇者「……す…」


勇者「すぅ……」

< ガタンガタンッ

< ガタンガタンッ

< ガタンガタンッ


< 「おいおい、ありゃあなんだぁッ!?」


勇者「ん……?」ぱちっ


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:29:54.08 ID:O4h0WM5RO


勇者「どうかしたんですか?」


御者「いや、さっき空を真っ赤な火の玉みたいのが通ったんだよ!」

御者「あんなの初めて見たからビビったぜ、星でも落ちて来たのかと思ったくらいだ」


勇者「はぁ」


御者「魔物とかの襲撃じゃねえとは思うんだがな。さっきの飛んで行ってから何もねぇし」


勇者(珍しい事もあるんだなぁ、星が落ちて来たのかな)

勇者「昼間に流れ星ってあるんですね」


御者「ガハハッ、願い事でもしときゃ良かったかぁ?」


勇者「あはははっ」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:35:26.45 ID:O4h0WM5RO


御者「さーて。到着だぜ兄ちゃん! 降りな!」


勇者「はー、早かったですね。夜になってすぐ着くなんて」タッタッ

御者「へへ。ウチの馬が頑張ったみてーだな!」

勇者「お世話になりました」

御者「また次の、別の馬車便に乗ってくんだろ? そっちの組合の連中に話は通しとくから安心しな!」

御者「アンタは世界を救ってくださる勇者だって聞いて、今も半信半疑だけどよ」

御者「期待はしてるんだぜ。男は誰でも英雄譚は好きだからな、へへ」

勇者「ありがとうございます……僕に出来る全てを出し切って、使命を果たすつもりです!」


勇者(……英雄譚かぁ)

勇者(本当に、僕にそんな力があるのかな)

勇者(喧嘩だってロクに勝った事もないのに)

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:43:39.52 ID:O4h0WM5RO

【異世界第二区画:中央宿】



勇者「こんばんは」チャラッ

宿主人「はいはい。おやそのチャームは……お客さんが例の勇者様ですかい」

宿主人「王都から一報頂いております。どうぞこちらへ」

勇者「はい」


< 「……!」

< 「あの、お待ち下さい!」


勇者「はい?」

ローブの男「貴方が今代の、勇者様ですね!?」

勇者「そうですが……あなたは?」

ローブの男「話は後です、私は王都から派遣されている者の一人。荷物はここに置いて、どうかこちらへ!」

勇者「ちょっと待って下さい! 何をそんなに急いでるんですか!?」

勇者(この男、怪しい……物盗りかもしれない)

ローブの男「時間が……いえ、もう全て遅かったのです。これ以上の時間を無駄にはできません」チャキッ

勇者「ひっ……!?」ビクッ


宿主人「……!」


勇者(刃物……ど、どうすれば……)ガタガタ

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 18:48:37.10 ID:O4h0WM5RO

宿主人「も、もし……そのお方を傷つけるつもりならお止めなさい」


ローブの男「……」

ローブの男「来なさい」ギロッ

勇者「あ、ぅ……」コクコク


宿主人「……だ、誰かー! 誰かきてくれー!」


ローブの男「早く! 走って!」

勇者「は、はいっ……!」ダッ‼︎


宿主人「誰か憲兵を呼んできてくれ! 誰かー!!」


勇者「ひぃ、ひぃっ……!」

勇者(落ち着け落ち着け、大丈夫だ。宿屋のご主人が助けを呼んでくれてる)

勇者(大丈夫……大丈夫な筈だ)

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 19:04:54.00 ID:O4h0WM5RO

< タタタタッ――――!


勇者「はぁ……はぁ……ッ、あの、どこまで……これっ……!」ゼェゼェ

ローブの男「町外れに留めてある馬で北に向かって貰います」タッタッ

ローブの男「……いや。馬に乗れますか?」

勇者「の、乗れないです……!」

ローブの男「く、やはりまだ……この際賭けるしかない」

ローブの男「いいですか! あなたはこのままでは死ぬ、そしてあなたを最後にしてこの世界は滅びるんです!」

勇者「はぁ!?」

ローブの男「既に数刻前、王都が崩壊しました。狙いはあなたです」

ローブの男「魔王は全戦力をもってあなたを殺す事を決意して来ています、どう足掻いてもあなたは死ぬ!」

勇者「な、なんで……! なんでそんな事が……」

ローブの男「事の起こりを説明する時間すらないんです!!」

ローブの男「正直……こうしてあなたを勇者にしたからといって、何か奇跡が起こるとも思えないほどに……ッ」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 19:12:14.49 ID:O4h0WM5RO

ローブの男「乗って!!」

勇者「む、無理だよ……僕は馬に乗ったことなんて一度も!」

ローブの男「いいから……ッ」


< ――ズゥゥッ……ン


勇者「……?」

勇者(今なんか、足元が揺れたような……)


ローブの男「ぁ、ああ……っ! もうおしまいだぁ!」

勇者「え……?」

ローブの男「あああぁ……っ! ああああぁぁあ!!」

勇者「ちょ、落ち着いて……どうしたって言うんですか!」

ローブの男「ひ、ひ……ぁあ……!」ガタガタ

勇者(僕がさっき着いた町のある辺りの空を指さしてるけど、何も見えない?)

勇者(何が起きてるんだろう……)

ローブの男「ひひっ……ぃひっ……」

ローブの男「か……ぐ、ゥゥッ」スッ

勇者「?」

ローブの男「はぁー……ッ、はぁー……ッ」ススッ


勇者(僕の手に、何かを指で書いてる……)

勇者(『 イ キ ロ 』……?)

勇者「あの……?」

ローブの男「ぃ、ヒッ! ぁぁあ……」ポロポロ

勇者「……」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/07/25(土) 19:15:48.23 ID:O4h0WM5RO

< ヒヒィンッ‼︎


< ダッッ――!!

勇者「はぁ、はあ……ッ」

勇者(何だろう。どうしてこうなってしまったんだろう)

勇者(さっきの人はおかしくなってしまった)

勇者(なのに、僕に生きろって。ずっと身を案じてくれてた)

勇者(もしかして本当に何か起きてるのかもしれない)

勇者(北に……このまま、馬に乗って北へ向かえば何か分かるのかな)


勇者(……怖い。怖いよ、王都が崩壊したってどういうことなんだろう)

勇者(僕の妻は、子供は……城は?)

勇者(本当にこれで良かったのかな)

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 23:06:08.57 ID:4eaG1MMDO

怒濤の展開だな
11.76 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)