タツマキ「このハゲも一緒に暮らすから」ブブキ「はあっ!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 21:47:52.38 ID:5NhpqbcGO
「フブキ様、そろそろ目的地周辺です」
「停めて」

怪人出没の通報を受け、組員が運転するブブキ組御用達の高級車にて現場へ急行した。

「酷いわね……」

そこには瓦礫が散乱していて、肝心の怪人の姿は見当たらず、どうやら私より早く駆けつけたヒーローによって退治された後らしい。

先を越された憤りよりも急いで駆けつけた徒労感が勝り、思わず溜息を吐き、そこでふと気づいた。鉄筋が奇妙に捻れていることに。

それを見て、ゾクリと、『戦慄』が走る。

「この破壊の仕方は、まさか……!」
「如何されましたか、ブブキ様」
「すぐにこの場を離れるわよ!」
「は、はいっ!」

即座に回れ右をして来た道を引き返す。
自分の勘が正しければ、近くに居る。
ある意味、怪人よりも凶悪なヒーローが。

「うわっ!」
「どうしたの!?」
「急にタイヤの接地感がなくなって……!」

しまった。時既に遅かったか。
車窓から外を見ると、そこは空中。
やはり、私の勘は正しかった。

「ブブキ。おうちに帰るわよ」

窓から身を乗り出すと、世界で最も恐ろしい姉である、戦慄のタツマキがそこに居た。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1595594872
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 21:50:16.93 ID:5NhpqbcGO
「入りなさい」
「お、お邪魔します……」

車ごと連行されたのは高層マンション。
その最上階のフロアの庭に、着地した。
ブブキ組の運転手はそこから紐なしのバンジージャンプを強要されて、既に居ない。

一応、姉の能力によって墜落寸前で一命は取り留めたようだが、落下中のドップラー悲鳴は実の妹たる私ですら恐怖するほどのまさに断末魔であった。

「お邪魔しますじゃなくてただいまでしょ」

という経緯で玄関からではなく、庭に面したベランダから姉の自宅に上がることになった私に、姉はまず挨拶の仕方を注意した。

「でも、ここはお姉ちゃんの家で……」
「今日からはあなたの家でもあるわ」
「いや、私には自分の家が……」
「あなたの家はここ。わかった?」

姉は昔から基本的に人の話を聞かない。
こうと決めたら聞く耳をもたない人だ。
無論、口答えは許さず意味をなさない。

「……はい。ただいま、お姉ちゃん」
「おかえりなさい、ブブキ」

だから私は渋々従う他、選択肢はなかった。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 21:52:56.26 ID:5NhpqbcGO
「お、来たか。遅かったな、ブブキ」

姉の家はとても広く、部屋数も多くて、そしてそのほとんどが使われておらず、なんて無駄に贅沢だろうと思っていたら、彼が居た。

つるりとしたその禿頭を見違える筈はない。

「サ、サイタマ!? どうしてあなたがこんなところに居るの!?」
「お前と同じく、いきなり連行されたんだよ。とりあえず、ポテチ食うか?」

突然連行されたにしてはまるで抵抗した様子は見られず、どうも部屋の中身丸ごと連れてこられた様子のサイタマはTVゲームをしながらポテトチップスを頬張っていた。

「このハゲも一緒に暮らすから」
「はあっ!?」

状況がわからず、困惑する私を姉は更なる混乱に突き落とす。全然、意味がわからない。

「これは全部、あなたの為なのよ」
「わ、私の為ってどういう意味?」
「ブブキは弱いから、だから私の家で守ってあげる必要があるの。コイツは私が留守にしてる時のボディガードみたいなものよ」
「うっす。よろしくなー」

説明されればされる程、わけがわからない。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 21:55:18.03 ID:5NhpqbcGO
「じゃ、私は仕事があるから」
「ま、待って、お姉ちゃん!」
「良い子にしてるのよ、ブブキ」

制止虚しく、姉は飛び去った。
残されたのは、私とサイタマだけ。
彼は呑気にポテチを食べながらゲームを続行しており、役に立たない。携帯を取り出す。

「もしもし。私よ。すぐに迎えを……」

ブブキ組の事務所に連絡して、迎えを呼ぼうと試みるも、電話の向こうで轟音が響いた。
何事か問いただす前に、姉の声が伝わった。

『もしもし、ブブキ? あなたの事務所はたった今、潰したから。良い子にしてなさいね』

プツッ。ツー、ツー、ツー、ツー、ツー。

それから何度コールしても無駄だった。
どうやら本当に私の職場は姉によって物理的に潰されたらしく、マンションのベランダから事務所の方角に目を凝らすとうっすらと煙が立ち昇っているのが見えた。滅茶苦茶だ。

「あーあ、畜生。ゲームオーバーか。どうだ、ブブキ。お前もゲームやってみるか?」
「……そうね」

組員の安否やら損害状況やらが気になって仕方ないが、たとえ能力を使って事務所に駆けつけたとしてもそこには姉が待ち構えているに違いないので、私は考えることをやめて、サイタマから手渡されたゲームのコントローラーを受け取った。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 21:57:19.14 ID:5NhpqbcGO
「そろそろ腹が減ったな」
「そうね。ちょっと冷蔵庫に何か入ってないか見てくるわ」

結局、それから陽が暮れるまで2人でゲームをして姉の帰りを待っていたのだが、姉が帰ってくる気配はなく、空腹を感じたので冷蔵庫があるキッチンへと向かった。

「お姉ちゃん、意外と料理するんだ……」

冷蔵庫の中身はなかなかの充実ぶりで、これだけの食材があれば大抵の料理は作れそうだった。よもや、姉がこんなに家庭的とは。

「さて、調味料は……あ、全部新品なのね」

未使用の調味料を見て全てを悟る。
やはり、姉は料理などしないらしい。
大方、私に作らせる算段だったようだ。

「まったくもう……仕方ないわね」

やれやれと呆れつつも、少しやる気が出た。
そこまでお望みならば、久々に腕を振おう。
明らかに私サイズのエプロンに身を包み、姉の好物を思い出しながら、料理に精を出す。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 21:58:26.68 ID:9s3gH0tz0
ブブキって誰だよ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 21:59:09.65 ID:5NhpqbcGO
「ただいま」
「あ、お姉ちゃん。おかえりなさい」
「おせーよ!」

それからしばらくして姉が帰宅した。
不満を口にするのは腹ペコのサイタマだ。
完成した料理の匂いを嗅ぎつけてキッチンに現れた彼に対し、私が姉が帰宅するまで待つように言うと、サイタマは文句を言いつつもきちんと待っていた。

しかし、いい加減我慢の限界だったらしく、姉に対して恨み言を連ねる。

「どこほっつき歩ってたんだよ! こっちは腹減って死にそうだっての!!」
「うるさいわね。私だってお腹空いたわよ」

良かった。外食はしていないらしい。
それならば、料理は無駄にはなるまい。
口喧嘩を聞きつつ、食卓に料理を並べる。

「ごめん、お姉ちゃん。勝手に食材を使っちゃって。もし良かったら、食べてみて」

次々と出される料理に、姉は目を丸くして。

「流石は私の妹。好みを知り尽くしているわね。謝罪は不要よ。ありがとね、ブブキ」

久しぶりに見た姉の笑顔に、今日一日の理不尽さや横暴さを忘れてしまうほどの喜びを、私は感じた。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:01:38.62 ID:5NhpqbcGO
>>6

ああ、すみません!
フブキの間違いです!
ご指摘くださり、ありがとうございました!

以下、続きです。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:03:06.74 ID:5NhpqbcGO
「久しぶりに一緒にお風呂でもどう?」

食後に姉から誘われて、一緒に入浴した。
姉は小学生の頃から文字通りの意味で何も変わっておらず、なんだか懐かしかった。
しかし、姉は私の成長に思うところがあるらしく、自分の身体と見比べながら呟いた。

「どうやら、私の分の栄養は全部フブキに奪い取られてしまったようね」

落ち込んだ姉の背中を流しながら、私は慌てて姉の発育の良いところ探して褒める。

「そ、そんなことないわよ! ほら、お姉ちゃんちゃんだって、良いお尻してるし……」
「サイタマみたいなこと言わないで」

せっかく見つけた長所は姉のお気に召さなかったようで、仕返しとばかりに背中をガリガリ洗われた。ヒリヒリする。

そんな一悶着もありつつも、常日頃超人的な姉の人間らしさを垣間見て、久しぶりの姉妹水入らずの入浴は楽しかった。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:05:08.10 ID:5NhpqbcGO
「あ、サイタマ。お風呂空いたわよ」
「ああ。あとで入る」
「あれ? その格好、どうしたの?」

入浴の後、リビングで姉のくるくるの髪の毛をドライヤーで乾かしていると、サイタマが何故か仕事をする際の格好で現れた。

赤、白、黄の生地で作られたマントと衣装。

「ちょっと行ってくる」

高層マンションの屋上から、飛び降りる彼。
はためく真っ白なマントはヒーローらしい。
どうやらサイタマは仕事に向かったようだ。

「怪人の通報なんてないのに……」
「空を見ればわかるわ」

ヒーロー協会から出撃要請がないにも関わらず、出動した彼を訝しんでいると、髪が乾き終った姉が空を指差す。

もう夜の筈なのに、それはあった。

「あれは……雲?」
「怪人よ」

バリバリと紫電を迸らせる、黒雲の塊。
稲妻によってその輪郭が浮かび上がる。
姉の言葉の通り、それは怪人であった。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:10:15.77 ID:5NhpqbcGO
『オレの名はバイウゼンセン!! この街に暮らす人間共に告げる! 今から1時間後、貴様らは水没するだろう!!』

怪人の名はバイウゼンセン。
そのまんま、梅雨前線の怪人らしい。
そしてその名が示す通り、激しい雨が降り注ぎ、自らの宣告を実行に移した。

「た、大変、お姉ちゃん! 避難しないと!」
「大丈夫よ」

まるで滝のような尋常ではない雨量に慌てた私が避難を促すも、姉は落ち着いていた。
たしかにここは高層マンションの最上階であり、水没の危険性はないにせよ、周囲が海となってしまっては孤立は避けられない。
いくら超能力で空が飛べるとしても、姉はともかく私は滝の中を上手く飛べる自信はない。

だから一刻も早く避難するべきだと私は思ったのだが、姉は別の理由で落ち着いていた。

カッ!!

「っ……!? な、なに!? 今の光は!?」

突如、夜空を白く染めた一条の眩い光線。
それは怪人の雷、ではなくヒーローの一撃。
地上を見ると、『鬼サイボーグ』が居た。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:11:31.58 ID:5NhpqbcGO
「あれはジェノス!? 地上から雨雲を焼き払うつもりなの!? まさか、そんなこと……」
「ええ。無理だったみたいね」

S級ヒーロー、『鬼サイボーグ』ジェノス。
サイボーグの彼は身体中至るところに兵器を仕込んでおり、特にレーザー兵器が強力だ。
だが、彼の最大出力の攻撃を以ってしても。

『グワハハハハハ!! まるで効かんわ!!』

暗雲はゴロゴロと雷鳴を轟かせながら嘲笑を浮かべながら、モクモクと空いた穴を塞ぐ。

「あいつ、強い……!」
「たしかに強力な怪人であることは確かね。でも、今度は人類最強の番よ」
「人類最強って、まさか……!」

ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ

この最上階まで伝わるそのエンジン音。
この世界に生きる誰もが尊敬する英雄。
『人類最強』、『地上最強』、キング。

『ぐえっ!? もうキングが来やがった!』

これには空を覆い尽くす暗雲も驚愕と焦りを禁じを得ない様子で、幾分雨脚が弱まった。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:13:52.31 ID:5NhpqbcGO
「……! ……………!! …………………ッ!!」
『え? ちょっと待って、全然聞こえない!』

キングが空に向かって何やら吠える。
しかし声が小さくて全く聞こえない。
聞き取る為に、雨脚は更に弱まった。

それを見てキングは踵を返し、立ち去った。

「あ、キングが帰っていくわ」
「ふっ。圧倒的な存在感だけで敵を弱体化させるなんて、流石はキングね」

ともあれ、雨雲は弱体化した。
滝のような雨は今や普通の雨となった。
これならば、空中戦も可能かも知れない。

「私が出るわ」
「ダメよ。フブキはここに居なさい」

能力で飛行して雨雲にトドメを刺そうとするも姉に止められた。今が好機なのに、何故。

「今やらないと、また回復するわ!」
「あなたがやる必要はない。何のためにアイツを家に呼んだと思っているのよ」

意味深な姉の言葉に応じるように地上から。

「おーい! フブキの姉ちゃーん!! ちょっと能力で俺を空に上げてくれー!!」

呑気な声で、サイタマがそんな要請をした。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:19:39.64 ID:5NhpqbcGO
「チッ。あのハゲ。考えなしで地上に降りたわね。アイツ重いから、私だけじゃ無理よ」

サイタマの無茶振りに悪態を吐いた姉は、溜息を吐き、そして私の方を向いて命じた。

「悪いけど、フブキ。今からあのハゲを空にぶち上げるから、手伝いなさい」
「サ、サイタマを、空に……?」

思いがけない姉からの協力要請。
もちろん手伝うのはやぶさかではないけれど、果たして空に上げたとしてサイタマはあの怪人を倒せるのだろうか。

「大丈夫よ。アイツなら、きっとやれるわ」

この信頼はどこから来るのだろう。
ともあれ、今は姉の言葉を信じるのみ。
姉と共に、渾身の能力を発揮するも。

「お、重いっ……嘘でしょ!?」
「だから言ったでしょ。あのハゲは信じられないくらい重たいのよ。いくわよ、フブキ」

サイタマはまるでこの惑星そのものに根付いているかのように重くて、びっくりした。
姉と息を揃えて持ち上げようにも浮かない。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:22:17.99 ID:5NhpqbcGO
「はあ……はあ……無理よ、もう限界!」
「くっ……ちょっとサイタマ! アンタ、その場で思い切りジャンプしなさい!!」
「おお! よし、わかった!」

姉と共に鼻血が出るくらい能力を発動するも僅かに浮かせるのが精一杯であり、あまりの重さにキレた姉がサイタマに垂直跳びを命じた瞬間、目の前を何かが通り過ぎた。

ドヒュンッ!!

「わっ!?」

それと同時に彼の重さがすっぽ抜けて、私はマンションの庭で尻餅をついてしまった。

「えっ!? な、なに!? 今の!?」
「あのハゲ。自力で届くじゃないの」
「あっ……」

動転する私とは対照的に、姉は別段驚きはないとばかりに腕組みをして、空を見上げていてそれにつられて夜空を見ると、彼が居た。

『な、なんだ貴様は!? 生身の身体でどうやってこの高度まで飛んできた!?』
「垂直跳び」

動揺する怪人にいつも通り飄々と事実を告げるサイタマは当然、雷雲の怒りを買い。

『ふざけるな! 黒コゲにしてやる〜っ!!』

ゴロゴロ! ピシャンッ! バリバリバリバリ!

夜空に紫電が迸って、サイタマに直撃。
目が眩む閃光と鼻をつくオゾンの匂い。
光の奔流が収まり、再び闇が空を覆う。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:25:11.64 ID:5NhpqbcGO
「サイタマ、まさかやられたの……?」

激しい明暗によって一時的に視界を奪われた私がサイタマの安否を気遣うと、そっと姉が手を握ってくれて確信に満ちた返答をした。

「あの男は誰にも負けないわ」

その言葉を裏付けるように、爆音が轟く。

ボ ッ !!

『ぐあっ!?!!』
「俺の一張羅を消し済みにしやがって……消え失せろ! 連続・マジ殴りッ!!!!」
『ぐえあああああああああああッ!?!!』

ボッ! ボッ! ボッ! ボッ! ボッ! ボッ!!

「すごい……」

分厚い暗雲に次々と大穴が空いていく。
まるで現実味のないその光景だが、ちゃんと雲の向こうの星空と、お月様が見えた。

「綺麗……」
「そうでもないわよ」
「えっ?」

見惚れる私を置いて、姉が家に入る。
もう素直じゃないんだからと呆れつつ、再びお月様を見上げてふと気づく。
あれはお月様、ではなく、サイタマだ。
雷に打たれた彼は無傷だが、全裸だった。

サイタマの生尻が、空から降ってくる。

「悪い、フブキ! 受け止めてくれ!」
「いやああああああああっ!?!!」

思わず私は『地獄嵐』を発動してしまった。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 22:25:24.51 ID:ftUMJnr10
早く漏らせよ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:25:53.05 ID:5NhpqbcGO
「んぎっ!?」

ぶちゅっ!

「えっ……?」

お尻に『地獄嵐』が炸裂するとどうなるか。
その答えは、内容物を撒き散らすだった。
サイタマの尻穴から噴き出した、糞の嵐。

「あ、ああっ!? ああ、あああっ!?!!」
「きゃあああああああああああっ!?!!」

それは先程と同じく非現実的な光景であり、とにかく姉の家に入ろうとして、目撃した。

「フハッ! フハハハハハハハハッ!!!!」

窓からこちらを眺めながら、狂ったように哄笑する姉の姿に『戦慄』する。頭おかしい。

「クソったれぇえええええええっ!!!!」

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ〜っ!

「フハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

こうしてたった1日の同居生活で、私はこの人たちと暮らすのは不可能だと結論付けた。


【ウンパンマン 4撃目】


FIN
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/24(金) 22:27:48.37 ID:5NhpqbcGO
フブキの名前の誤字につきましては、確認不足で本当に申し訳ありません。
改めて、お詫びと訂正します。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 22:38:48.66 ID:aXQl2/060
何だ……これは……
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 01:05:40.20 ID:Mp9ZdBjuo
>確認不足
嘘つけぇ!
16.76 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)