このスレッドは950レスを超えています。そろそろ次スレを建てないと書き込みができなくなりますよ。

【艦これ】提督「捨てられた艦娘とケーキ屋をやりつつ生活する」【寝落ち】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

443 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/22(日) 10:58:40.65 ID:etDjRqJO0
大和「私は提督から酷い扱いを受けて元々好意自体が無かったですし」

曙「私達は提督どうこうの前に奴隷商出身だし」

秋雲「私も逃げてきた時点でねー」

雷「えっ……ケーキ屋とかファンシーなお店やってるけどそんなに過去が重かったの……?」

提督「暁くらいかな。まともに建造してうちに来たのは。まぁ別の鎮守府で建造したんだけど」

雷「みんないろいろ大変だったのね……全然気付かなかったわ」

霞「まぁ過去の事がどうでも良くなるくらい今が幸せだからねー。あーむっ。んー、おいしー」

龍驤(これが無意識デレってやつか)

曙「あ、でも龍驤さんはどうなの?」

龍驤「どうって?」

曙「だってほら、龍驤さんは奴隷商でもないし、大和さんみたいに幽閉されてた訳じゃないでしょ?」

龍驤「司令官が飛んでもうたんやから似た様なもんやろ?」
444 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/22(日) 11:06:35.84 ID:etDjRqJO0
曙「でも今まで龍驤さんが頑張ってたからまだ鎮守府は残ってるのよね?」

龍驤「まぁ……一応な。誰もおらんけど」

曙「龍驤さんってクソ提督の事好きなんでしょ?」

龍驤「な、なんやねん!急に!」

曙「でももし前の鎮守府の提督がポッと帰って来たらどっちを好きになるのかなーって」

龍驤「そんなん……ウチかてこっちに移籍したんやからこっちの司令官に決まっとるやん!」

霞「でも確か龍驤さんって一途に最後の最後まで待ち続けてたのよね。離れていた時間が愛を育んでとか?」

龍驤「あー!!あほー!そないな事言うてウチを残り2席のケッコン戦線から離脱させる作戦やな!」

大和「あ、そう言えば私……先程提督から正式にケッコン指輪をいただきました♪」

曙「はあ!?ちょっ、クソ提督!何勝手にケッコンしてんのよ!!」

秋雲「おめでとー大和さん。これからよろしくねー。主に夜の方の分担を……」

提督「…………」

曙「ちょっと聞いてんの!?クソ提督!!どこ見てんのよ!!」
445 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/22(日) 11:15:23.33 ID:etDjRqJO0
歓迎会後 龍驤の部屋

龍驤「やれやれ……ほんまにやれやれやで」

提督「龍驤、ちょっといいか」

龍驤「びっくりした!!なんやねん急に。夜這いにでも来たんか?」

提督「今日の歓迎会での話なんだけどな」

龍驤「歓迎会で?なんや真面目な顔して」

提督「ほら、龍驤が前の提督と俺のどっちを選ぶかみたいな話」

龍驤「あー、なんか言っとったなぁ。ほんまアホらし」

提督「俺はお前を返す気は無いから」

龍驤「はえ?」

提督「じゃあおやすみ」

ガチャッ

龍驤「…………いやそこは指輪わたす流れちゃうんかい!!」
446 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/11/22(日) 11:16:47.33 ID:etDjRqJO0
翌日から提督の龍驤へ対するスキンシップが過剰になる
龍驤天国へのカウントダウン
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 11:39:16.05 ID:eeYKgFi4o
あぁ、
ついに龍驤のバルブが緩むのか…

龍驤の激しい尿もれが始まる
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 00:37:52.15 ID:RCRpcnmX0
RJT
はっきりわかんだね
449 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 01:38:27.73 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」
450 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 01:47:59.89 ID:sZ3t4arm0
秋雲「あ〜、分かるわ〜。良いよねぇ〜異世界転生」

秋雲「不慮の事故とかに巻き込まれて前世の記憶持ったまま次の人生始めるやつでしょー?」

提督「しかもなんかチートみたいな能力持って女の子にモテモテなんだよな」

秋雲「人生イージーモードだよねー」

提督「イケメンに生まれ変わっておねショタとかやってみたいんだけど」

秋雲「いやいや、むしろ提督は美少女に生まれ変わってみるのはどう?」

提督「挿れる人生じゃなく挿れられる人生か……」

秋雲「…………あ、そっかぁ!」

提督「なんだ?」

秋雲「異世界から来た主人公が提督になって艦娘とヤリまくるネタで行こう!うひょー!」

秋雲「っと、でも待てよ。あえて艦娘に転生した男が提督♂にヤられるのも……うひひ……」

秋雲「よーし!やる気出て来たー!!」

提督「異世界転生したい」
451 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 01:57:38.14 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

長波「異世界……なに?」

提督「違う世界に転生してイケメンで才能に溢れた勝ち組になりたい」

長波「あ、そう」

提督「女騎士とかがいる世界が良いな」

長波「なに?艦娘に飽きたって言いたいのか?」

提督「……2日だけ異世界転生したい」

長波「どうどうと浮気宣言されてる気分なんだけどさ」

提督「なんでこの世界にエロい女騎士はいないんだ!」

長波「…………いや、ここ日本だし」

提督「女騎士……」
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 02:26:04.21 ID:9bUDhDH30
何に忠誠誓ってるかって点で違うが大別すれば軍人じゃね
453 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 08:01:40.56 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

龍驤「…………」

提督「異世界転生したい」

龍驤「…………」

提督「異世界」

龍驤「聞こえとるわボケ!またアホな事言い出した思うて黙っとるだけや」

提督「異世界転生すれば龍驤の胸もボインボインに……なる…………かもしれないぞ?」

龍驤「あのなぁ……転生っちゅう事はいっぺん死ななあかんのやろ?それでカエルにでも転生したらどないすんねんな?」

提督「それはまぁ……多分イケメンに転生するはずだから」

龍驤「それは死ぬ前にええ事してたり神様の手違いで〜みたいな話やろ。そんな転生したいから死んだろみたいな考えしとったら良くてカエルに決まっとるわ」

提督「……でもカエル界のイケメンになれるなら」

龍驤「ちなみにカエルのオスは卵に精子をかけるだけでエッチとかせんらしいで」

龍驤「あとオスメスの見分けがつきにくいから、いきなりオスに後ろから抱きつかれたりするらしいわ」

提督「異世界転生したくないな」
454 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 08:14:31.21 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

暁「いせえびてんせいしたい?」

提督「ああ、異世界転生って言うのは──」

暁「し、知ってるわよ!お子さま扱いしないでよね!」

提督「そうか」

暁「まあ司令官も大人なんだし?一度くらいは経験しておいた方がいいんじゃ無いかしら?」

提督「えっ?大人はみんな経験してるのか?」

暁「と、当然よ!暁みたいに一人前のレディーにもなると3回はいせえびてんせいしてるんだから!」

提督「3回も!?その時どんな気持ちだった!?」

暁「気持ち!?あ、あー……えーっと…………けっこう疲れたなーって……あとお金もかかるから続けて何度もするのは無理ね」

提督「お金もかかるのか……」

暁「どうしても1人でするのが寂しいなら暁が付き合ってあげるわ!」

提督「無理心中みたいな感じになってきたな」

暁「いいわね!メリッシューズ!暁はもう何度も経験あるから教えてあげる!」

提督「じゃあその時は頼むよ」
455 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 08:27:58.87 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

大和「異世界転生……と言うのは、違う世界で生まれ変わりたいと言う事でしょうか?」

提督「ファンタジー溢れる世界で冒険してみたいんだよな」

大和「艦娘が沢山いるこの世界も充分ファンタジーな気もしますけど……提督がお望みならこの大和、一肌脱がせていただきます♪」

提督「えっ?」

大和「転生という事は一度死ぬ必要があるんですよね?」

提督「転移じゃなくて転生だからそうなるな」

大和「その死因は何でもかまわないんですよね?例えば腹上死とかでも♪」

提督「あっ」

大和「なんなら今すぐ提督を襲って、昼……いえ、提督の精力的に夜くらいには異世界転生の準備をして差し上げます♪」

提督「俺の前に大和が異世界転生する事になるんじゃないか?」

大和「あら、この前は提督が70回目くらいで泣き言を言ったからやめて差し上げたんですよ?」

提督「面白い。あの日は大和のペースに合わせたからああなっただけだ。今日は俺のやり方で泣き言を口にするがいい」

大和「それは楽しみですね♪」


受け身の大和は弱く、10回目で泣きながらギブアップ

決まり手は正常位
456 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 08:37:58.23 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

曙「あっそ」

提督「異世界転生したい」

曙「うっさいわねぇ……じゃあ私が殺してあげるからそこに背中向けて正座しなさいよ」

提督「暴力的に異世界転生!?」

曙「一思いにサクッとあの世に送ってあげるわ」

提督「…………」

提督「えっ?なに?目隠し!?何も見えないんだけど!」

曙「せめてもの慈悲よ」

シュルシュル…

提督「何の音!?怖くなって来たんだけど!」

曙「目隠しとったら殺すわよ。死にたかったらジッとしてなさい」

提督「どっちみち死ぬのでは……」

曙「フ-……フ-……」

提督「ど、どうした?」

曙「手も動かさない!次動いたら殺すから!」

提督「……………………」

曙「…………」

提督「曙?いるか?」

曙「い、今殺し方を考えてるところよ……」

ガチャッ

朝潮「司令官、今日の…………曙?なぜ司令官の前で裸になっ」

曙「わああああああ!!ち、ちがうのよ!これはお風呂上がりで、だから……と、とにかく続きはまた今度だから!このクソ提督!」
457 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 08:50:32.93 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

霞「あっそ」

提督「異世界転生したい」

霞「うるさいわねぇ……じゃあ私が殺してあげるからそこに背中向けて正座しなさいよ」

提督「暴力的に異世界転生!?」

霞「一思いにサクッとあの世に送ってあげるわ」

提督「…………」

提督「えっ?なに?目隠し!?何も見えないんだけど!」

霞「せめてもの慈悲よ」

シュルシュル…

提督「なに!?なんで脱がされてるの!?」

霞「はあ?日本人なら腹切りに決まってるじゃない。介錯してあげるから覚悟決めなさい」

提督「自分で腹切りはちょっと……」

霞「そう言うと思ったわ。仕方ないから私が手伝ってあげる」

霞「切るのはココからこの辺りまでかしら……」ツツ-…

提督「霞……指でなぞられると腹がくすぐったいんだけど」

霞「これから死ぬんでしょ。我慢しなさい。……でもそうね、背中から切ってみるのも面白いかも」ペタペタ

霞「それよりも散々悪さしてきたこの手か……いっそ1番大事なコレを切り落としてあげようかしら」ギュッ

提督「いだだだだだ!!そんなに強く握ったら!!」

霞「ナニ硬くしてんのよ?あー、でもこれなら切り落としやすそうね……フフッ」

提督「まって!そこを切ってもすぐには絶命しないから!失血死まで結構かかりそうだから!」

霞「噛み切るのもいいかもね。でもその前に全身──」

ガチャッ

朝潮「司令官、お昼からの…………霞?おしっこなら我慢せずに早く行ってください。そんなに股を押さえてナニを」

霞「わあああああ!お姉ちゃん、これは……そ、そう!おしっこ!おしっこしたくて抑えてただけだから!このクズ司令官!!」
458 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 09:05:44.81 ID:sZ3t4arm0
提督「異世界転生したい」

朝潮「いせかいてんせい?とは何でしょう?」

提督「異世界転生っていうのは基本的に一度死んで違う世界に前世の記憶をもったままイケメンチート野郎に生まれ変わる事だよ」

朝潮「そんなの朝潮は反対です!」

提督「反対?」

朝潮「それではこの世界の司令官が死んでしまうじゃないですか!」

提督「まあそうなるな」

朝潮「朝潮は司令官に死んでもらいたくありません!だからいせかいてんせいは反対です!」

提督(100点満点の答えが返ってきた)

朝潮「もしどうしてもすると言うのならこの朝潮を殺してからにしてください」

提督「いや、冗談。冗談だから。落ち着いて」

朝潮「司令官は冗談でそのような事を言う方ではありません!やると言ったら必ずやり遂げる人です!」

朝潮「私は司令官のいなくなった世界でなんて生きていけません。司令官はハンバーグと同じくらい大切な存在なんです!」

提督「分かった!もう異世界転生したいとか絶対言わないから!」

朝潮「…………ずっと朝潮と……一緒にいてくれますか?」

提督「もちろん!」

朝潮「……司令官がいけない事を言ったからいっぱい不安になりました。責任をとってください」

提督「責任を!?」

朝潮「ケッコンしてくれたら安心できると思います」

提督「よし、じゃあ今すぐケッコンするから!」
459 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 09:12:11.65 ID:sZ3t4arm0
霞「ああもう……いや、お姉ちゃんなら気付いてないかもだけど……」

朝潮「霞、夕飯の時間ですよ。布団から出てください」

霞「お姉ちゃん!あの、さっきの話なんだけど!本当におしっこが…………」

朝潮「?」

霞「お、お姉ちゃん……その指についてるのってまさか……」

朝潮「これは司令官がいせかいてんせいをすると言い出してしまって……ケッコンしました」

霞「どういう流れでそうなったのか詳しく聞かせてよ!」


霞「そんな模範解答が……」

朝潮「今日はケッコン記念にハンバーグを作ってくれるらしいですよ!楽しみですね!」
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 09:12:40.35 ID:S46N7Zxw0
自然な導入
461 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 09:29:58.20 ID:sZ3t4arm0
食堂

朝潮「ハンバーグは神様が作った料理に違いありません」モグモグ

提督「どんどん焼くから好きなだけ食べてくれよ」

朝潮「はい!」


秋雲「にしても3人目があさちんなのは驚きだわー」

大和「好きだとは言ってましたけど、セミ採りばかりでそういうのにはあまり興味なさそうでしたもんね」

龍驤「迂闊やった……朝潮は完全にノーマークやったで……」

曙「なんで私はあんな変態行為を思いついて……」

長波「変態行為?……まぁ提督に似てきたんじゃ無いか?悪い意味で」

霞「とにかくこれでケッコン(仮)争奪戦はおしまいね……」

長波「まぁ書類があればケッコン出来るけど……700万はなかなか貯まらないだろうな。うちは食費が凄いし。それこそ雷の鎮守府じゃないけどギャンブルでどかんと当てなきゃ」

曙「無理無理。私たち運良く無いし。大和さんくらいでしょ?」

ガラッ

女提督「ノンケ募集中!!!!」
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 09:32:01.35 ID:rkMTfUx+O
自然薯挿入
463 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 09:41:19.12 ID:sZ3t4arm0
提督「久しぶりに出てきたと思ったらなんだいきなり。不法侵入で通報するぞ」

女提督「ノンケ募集中!!」

曙「クソ提督、今忙しいからとりあえず帰ってもらうわよ」

女提督「報酬は700万円……相当のケッコン(仮)書類一式を出すわ!」

龍驤「話聞かせてもらおか。曙、はよお客様にお茶用意して」


女提督「実は色々あって、いまうちの鎮守府は百合畑になってしまっているの」

暁「ゆりばたけ??」

女提督「艦娘同士……特に姉妹艦内で百合百合しちゃってるのよ」

秋雲「あー、つまり艦娘同士でラブラブイチャイチャしてるってことね」

霞「つまり私とお姉ちゃんが好き同士って事?仲が良いなら別にいいじゃ無い。私だってお姉ちゃんの事大好きだし」

長波「霞って無意識に恥ずかしい事言う時あるよな。あたしは夕雲姉とかに絶対そんな事言えないわ」

女提督「仲良いくらいなら問題ないんだけどね。最近度を越していると言うか……早い話女の子同士でオセッセしてるのよ」

龍驤「オセッセ?……ああ、オセッセか。え?あー……」
464 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 09:53:46.12 ID:sZ3t4arm0
秋雲「つまり間に入ってそれを止めれば良いのー?」

女提督「いや、それはそれで全然かまわないの。私そういうの大好物だし」

長波「さすがうちの提督の知り合いなだけあるな」

女提督「ただね、みんなイチャイチャしてるのを見て思ったのよ……」

女提督「たまにはノンケ×百合勢の絡みが見たいって!」

女提督「片方はヤル気満々なんだけど、相手は好きだけどそういう好きじゃないから……みたいな」

曙「…………」

女提督「今奇跡的にうちの鎮守府にはあなた達がいないの!だから助けて!」

霞「つまり私達に生贄になれと?ハッキリ言って私たち同性愛者じゃないわよ?」

女提督「それが良いのよ!突っぱねてしまうのもよし!堕ちていくのもよし!私はその過程が見たいの!」

龍驤「で、具体的に何をすればええんや?」

女提督「みんなには姉妹艦の誰かと数日一緒に過ごしてもらいたいの」

龍驤「……ん?でもウチは姉妹艦おらんよ?」

女提督「じゃあ龍驤ちゃん以外のみんなで!」
465 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 10:00:04.42 ID:sZ3t4arm0
大和「そう言われましても流石に何日も鎮守府を空けるわけには……」

長波「ケーキ屋だってあるしな」

提督「ケーキ屋に関しては気にしなくて良いぞ?なんかアレがアレして休業要請が来ててな。何日か店を閉めなきゃならんらしい」

龍驤「せやったら鎮守府の仕事はウチが引き受けてもええよ?」

曙「でも龍驤さん1人に仕事させるなんて悪いし……」

龍驤「あほ。これも報酬のためや。ウチはそっちに行かれへんならな。そのかわり報酬もろたらうちにも争奪戦に参加する権利ちょうだいや?」

女提督「よし!決まりね!じゃあ善は急げって言うし夕食が終わったらすぐ行きましょ!」
466 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/25(水) 10:10:33.14 ID:sZ3t4arm0
食後

龍驤「ほなみんな気ぃ付けて行ってきーやー」

曙「いってきまーす」

女提督「武蔵は姉妹艦が大和しかいなくて1人きりだったからきっと大喜びするわ♪今まで駆逐艦を食べて我慢してたみたいだし♪」

大和「ええー……」


提督「みんな行っちゃったな」

龍驤「なんや?寂しいんか?ウチがおるやんか♪」

提督「そうだな。しばらくは龍驤と2人きりか」

龍驤「あっ、ああ……そう言われてみればそうなるなぁ……」

提督「とりあえず風呂にでも入るか」

龍驤「せやな!いつもはウチが最後やけど今日はウチが一番最初に髪洗ってもらえるなぁ」

提督「さっきも言ったけど2人きりだしな」

龍驤「せ、せやな……他に誰もおらへんもんな……」

龍驤「まぁ何でも遠慮せず言うてや!パトロールもウチ1人でなんとかなるし、その……キミがどうしても言うんやったら秋雲と大和の代わりに相手したってもええでー……なーんて、あはは。そりゃ無理か」

提督「じゃあ色々たのむな」

龍驤「うえぇ!?ちょっ、色々ってどこからどこまでや!?」
467 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/11/25(水) 10:12:08.24 ID:sZ3t4arm0
みんなの貞操があぶない
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 11:16:31.72 ID:bmHNKu4UO
百合NTRです?
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 11:51:29.50 ID:AvX8S0Wbo
みんなを追っ払うための長い前フリが終わったと
やっと龍驤編が始まる
秋雲と大和の代わりの相手をした上にバルブまで…
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:41:57.59 ID:laQlB+PN0
待ってくれ、朝潮とのそういうことは?
ケッコンしたのに…
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/25(水) 21:45:51.90 ID:HWcNmrD6o
うっかりボロンしてソーセージだぞ〜なんて冗談を飛ばした日には噛みちぎられそう
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 00:30:26.35 ID:0eXKw2LSO
上も下も提督プロテインを腹パンパンになるまで飲ませれば少しは食費が抑えられるだろう
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 01:24:46.63 ID:xZPwWOI90
でも妊娠したら倍になりそうじゃない?
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 01:34:21.06 ID:RgewgSFuo
早く朝潮とオセッセしてクレメンス
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 11:31:27.93 ID:BUv4V4/8o
提督が朝潮に手を出して
その結果、朝潮が開眼してしまったら…
食魔人が色魔人になるんじゃ?
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 12:36:07.78 ID:fVxXdCeLO
色情で食欲も多少なりとも補完出来ればねー
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 13:57:49.68 ID:pGGONSeRo
朝潮もああ見えて一応自慰行為はしたことあるんだよな
ハンバーグや子持ちししゃもをおかず(ダブルミーニング)にして
478 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 00:17:42.32 ID:VAbMQc4X0
雌鎮守府

女提督「それじゃあ皆さん姉妹艦の部屋で生活を楽しんでくださいね♪」

曙「どうして姉妹艦の部屋限定なの?」

女提督「近親相姦や姉妹姦が好きだからです。姉妹艦だから姉妹姦!みたいな」

曙「……」

女提督「うちの子たちはみんなテクニシャンだから身を任せるだけで快楽の──」

霞「この人ってこんな感じだったっけ……?」

曙「だいたい姉妹艦って言ったら絶」

漣「はいはい!ぼのたんは私達の部屋にきまり!」

曙「……」

漣「潮ちゃんと一緒にいると肩身が狭くてさぁー。ぺったん仲間が来てくれて助かったにゃ〜☆」

曙「ウザい」
479 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 00:25:08.77 ID:VAbMQc4X0
夕雲「長波さんは私の部屋ね♪」

長波「夕雲型は夕雲以外いないのか?」

夕雲「何人かいるんだけどみんな壊れちゃって……♪」

長波「壊れた?」

夕雲「ちょっと激しくしすぎちゃって……♪でも長波さんは丈夫そうな胸部装甲もあるし、しばらくは楽しめそうね♪」

長波「あー……」

秋雲「ねぇねぇ、私も同じ部屋に行けば良いの?」

陽炎「何馬鹿なこと言ってんのよ!秋雲は陽炎型なんだからこっちに決まってんでしょ!」

秋雲「そっか。あっちの部屋は大変そうだし陽炎型の方が良いかもね〜」

陽炎「そうそう。私たちとおもちゃでいっぱい遊びましょ」

浜風「それでは早速用意します」

秋雲「おもちゃ?」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 00:27:49.39 ID:w3lhvdAao
おもちゃより提督のちんちんのほうが強そう
481 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 00:42:37.57 ID:VAbMQc4X0
武蔵「大和はもちろん私の部屋で決まりだな!」

大和「そうですね♪」

武蔵「貴様が相手なら思う存分ヤれそうだ」

大和「お手柔らかに♪」

朝潮「私と霞は朝潮型なので同じ部屋ですね」

霞「そうね」

夕立「ええ〜!!白露型はいないっぽい!?」

女提督「ごめんなさいね」

時雨「新しい子たちが来るって聞いてたんだけどね……」

女提督「でもほら睦月型とか神風型なんかも相手がいないし……」

夕立「あの子達は姉妹艦柄いっぱいいるから別に良いけどうちは時雨と2人っきりっぽい!」

霞「あー……私で良かったら行こっか?」

時雨「ほんとに?いいの?」

夕立「お願いするっぽい!」

霞「なんで2人とも胸と下腹部に話しかけてるのよ」
482 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 00:48:54.45 ID:VAbMQc4X0
朝潮「では私は妹達の部屋に」

大潮「はい!朝潮は私たちの部屋です!」

朝潮「…………?」

大潮「えええ!?ちっさな体におっきな魚雷でお馴染みの大潮ですよ!?」

朝潮「私の知っている大潮とちょっと違う気がしますが……そんなものでしょうか」

大潮「大潮は大潮と違うんですか!?」

朝潮「私の知っている大潮は手足が多くて空を飛んで美味です」

大潮「美味!?」

朝潮「あと寿命は1週間か2週間です」

大潮「ええー!?」

暁「私の妹は誰かいるのかしら?」

電「はいなのです」

暁「あら、雷じゃ無くて悪かったわね」

電「暁ちゃんでもとっても嬉しいのです!ね?響ちゃん」

響「セッ」
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 00:58:19.42 ID:+0Um7ffSO
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 01:02:07.41 ID:6l7GnOYdO
暁の影には…
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 02:17:22.44 ID:gyVP7v/vo
あー、ケーキ屋組の圧勝コースなのか…

それよりもはよ龍驤編を!
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 07:19:56.93 ID:IpRy4HYro
夜戦経験ある秋雲、長波、大和は圧勝だろうけどその他はどうか
487 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 09:25:47.65 ID:VAbMQc4X0
鎮守府

提督「みんな元気にやってるかな」

龍驤「出て行ってまだ1時間くらいしか経っとらんのに、なに何日も会ってないみたいな事言うとるんや」

提督「俺が他の鎮守府へ行った事はあるけど、うちの艦娘が他の鎮守府に行くなんて初めてだろ?」

龍驤「今頃誰がどの部屋で寝るか決めとるんちゃうか?修学旅行みたいで楽しそうやん」

提督「そうか。まぁたまにはそういう交流も必要だよな」

龍驤「可愛い子には旅をさせよっちゅうやつや」

提督「龍驤だけ留守番みたいになって悪かったな」

龍驤「しゃーないよ。ウチには姉妹なんておらんし。それにキミが留守中に他の艦娘でも連れ込まんか見張っとかなあかんからな!」

提督「俺がそんな浮気者に見えるか!?」

龍驤「3人とケッコンしといてどの口が言うんや!しかも結婚しとらん長波ともあー……あれこれして!曙とか霞ともよー寝とるらしいなぁ自分!」

提督「ぐうの音も出ない」

龍驤「さっきかてなーんか怪しい電話しとったし。ウチがしっかり見張っとかんとな」
488 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 09:33:02.06 ID:VAbMQc4X0
提督「ああ、あの電話の話聞いてたのか」

龍驤「内容は知らんけど女の声が聞こえてたなぁ。誰が相手かは知らんけど」

提督「うーむ……」

龍驤「そない深刻な顔せんでもみんなには黙っといたるよ。……今ここで洗いざらい白状したらな!」

提督「龍驤、ちょっとこっちへ」

龍驤「なんや?」

提督「膝の上に座って」

龍驤「…………こ、こうでええんか?」ストン

提督「では遠慮なく」ガバッ

龍驤「はぁ!?ちょっ、いきなりなに発情しとんねん!こんなんで有耶無耶にされるほどウチは簡単な女やないで!」

提督「ふむふむ……」

龍驤「こ、こら!どこ揉んどんねん!ちょっと待っ……せめてシャワーに!」

提督「ふむ」

龍驤「あ、あれ?もうおしまい……?」
489 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 09:40:43.21 ID:VAbMQc4X0
提督「次はこっち向いて座ってくれるか?」

龍驤「……わかった。こうか?」クルッ

提督「ふーむ……」

龍驤「今度はなんやねん……そないジロジロ顔見られたら恥ずかしいんやけど……」

提督「うーん…………やっぱり可愛いよな。好きな顔だ」

龍驤「そ、そういうとこ!そういうん……目見ながら言うから、あ、あかんねん!この浮気者!」

提督「これで見納めになるかもしれないからな」

龍驤「えっ……ちょっと待ちや。これもうちゅーとかする流れちゃうかったん?……あれ?なんかまさかの解雇通告されそうな流れになって怖いんやけど……」

提督「実はさっきの電話の事なんだけどな」

龍驤「うん……」

提督「あれは明石からだったんだよ」

龍驤「明石って……あのマッドな明石かいな?」
490 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 09:56:45.61 ID:VAbMQc4X0
提督「この前みんなで歓迎会しただろ?あれで五月雨が大喜びしてたらしくてな。毎日毎日あの日の事を話すようになったんだって」

龍驤「あー、確かにえらい楽しそうにしとったなぁ。期間は短かったけどうちの鎮守府におったし、みんなと話せて楽しかったんちゃうか?」

提督「あと食事もな。明石は料理をしている暇がないから基本外食ばかりになってるらしくて。ああいう家庭料理みたいなのが嬉しかったんじゃないかって」

龍驤「で?それとウチの顔見れんくなるって話し、どう関係があるんや?」

提督「明石は五月雨の為にこれからも時々うちで一緒に夕飯を食べさせてやりたいそうなんだ」

龍驤「朝潮みたいなんが来たらちょっと困るけど……あの2人やったら少食やし別に食費も問題ないんちゃうの?誰も反対せんやろ?」

提督「むしろ明石はとんでもない額を提示してきたけどな……金額がデカすぎて流石に断ったけど」

龍驤「確かに娘の為なら平気で料理に何十万も出しそうやしな……」

提督「でも何かしら対価を払いたいって言われて、みんなを改装してもらう事になったんだよ。もちろん希望者だけな」

龍驤「いやいや、改装って結構金かかるやろ。しかも全員って……それもう何千万って話やろ……」

提督「夕飯代も似たような金額提示してきたからな」
491 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 10:03:23.76 ID:VAbMQc4X0
提督「でだ!龍驤はどうする?改装するか?」

龍驤「まぁタダでやってくれるんやったら頼もかな。ちっとは強なるやろし」

提督「という訳で今に至る」

龍驤「意味がわからん」

提督「だってさ!改装とかしたら結構見た目も変わる子いるだろ!?」

龍驤「ああそれで見納めとか言うてウチの顔ジッとみとるんかいな。別にそんなかわらんやろ?」

提督「でも改二って結構みんな印象かわるから!」

龍驤「そりゃー改二までしたら変わるやろけど……え?ウチまだ1回目の改装すらしとらんで?」

提督「ん?接客練度が99だから改二までいけるんだけど」

龍驤「ええ!?いきなり改二まで飛び級かいな!」
492 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 10:13:30.61 ID:VAbMQc4X0
龍驤「そりゃー……ちょっと変わるかもしれへんなぁ……」

提督「だからしっかり目に焼き付けとこうかと思って」

龍驤「そ、そんなにウチの顔好きなん?」

提督「好き。めちゃくちゃ好き」

龍驤「……ほんならこのままでおろか?別に強ならんでええんやったらウチはかまへんけど」

提督「でも改二の龍驤はもっと好きなんだ……!」

龍驤「ほんならさっさと改装せんかい!!」

提督「正直改二になった龍驤を見て手を出さない自信がない」

龍驤「……」

提督「ぶっちゃけ改装前の今ですら押し倒したい……!」

龍驤「まぁ……その思いはお尻の下からひしひしというかビンビン伝わっとるけど」

提督「なんで艦娘は改装する度に可愛くなってしまうんだ!」

龍驤(うちの鎮守府やと大和と曙だけは改二がまだやったな)

龍驤(それ以外はみんな改二になれるし、大和はケッコンしとるからええけど曙は……こりゃ荒れそうやな……)
493 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 10:20:52.75 ID:VAbMQc4X0
龍驤「分かった。ほな改装して貰うわ」

提督「そうか……」

龍驤「それでいつ改装するんや?」

ガチャッ

明石「今でしょ!」

龍驤「うわっ、え?今から!?」

明石「お任せください!私にかかれば改装・改二なんて小1時間で終わらせてやりますよ!」

龍驤「せ、せやけどそんな……」

提督「他に誰もいない鎮守府、改二になった龍驤。何も起こらないわけもなく」

龍驤「えっと……身体がもつように感度抑えて貰う事とかできひん?」

明石「すみません。感度についてはまだ研究中でして……感度はノーマル設定か3000倍設定しかできないんです」

提督「じゃあそこは3000倍で」

龍驤「殺す気か!ノーマルでええわ!!」
494 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 10:30:07.40 ID:VAbMQc4X0
小1時間後……

明石「じゃじゃーん!完成しましたよー!」

五月雨「私も一生懸命頑張りました!」

提督「2人ともありがとうな」

明石「では龍驤さんどーぞ!」

ガチャッ

龍驤「ど、ども……」

提督「うおおおお!!可愛い!可愛い!!太ももえっち!可愛い!」

龍驤「ちょ、静かにして……」

提督「龍驤ー!!」ギュッ

龍驤「んぎいぃぃぃぃ!!」ビシャビシャビシャ

提督「え?」

龍驤「イクッ!イグイグイグイグ!またイク!!」ビクンビクン

提督「こんな海老反り初めて見た」

明石「おかしいですね」

五月雨「ねぇお母さん、この部品余ったの持って帰る?」

明石「あー、さみちゃんそれ取っちゃってたのねー。感度3000倍になっちゃうやつだわ」

龍驤「無理無理!!スカートが擦れるだけでイクッ!」

提督「とりあえず流石に可哀想だから治してもろて……」
495 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/29(日) 10:38:00.60 ID:VAbMQc4X0
10分後

明石「では改装した龍驤さんどうぞ!」

五月雨「すごく可愛く出来たんですよ!」

ガチャッ

龍驤「…………」

提督「うおおおお!!可愛い!!」

龍驤「いや、あんな醜態晒しといてどんな顔で入ってきたらええねん!!」

提督「龍驤!」ギュッ

龍驤「んっ……」ビクン

明石「あれ?まだ感度がおかしかったですか?」

龍驤「い、いや、大丈夫やと思うけど……」

明石「では食事の件よろしくお願いしますね!」

五月雨「食事のけん?」

明石「ムフフ、さみちゃんにはまだ内緒♪それでは失礼します!」

五月雨「あっ、おじゃましました!」

ガチャッ

提督「さてと」モミモミ

龍驤「こ、こらっ!とこ触って…………もうしたいんか……?」

提督「改装前と比べて胸部装甲には変化なし……っと」

龍驤「よし、しばいたるからちょっと離れんかい」
496 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/11/29(日) 10:40:37.32 ID:VAbMQc4X0
全戦全勝で調子に乗っていた普通の夕雲姉さんが普通じゃない長波さんに妹達の前で逆レイプされる悲しい物語
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 10:43:50.58 ID:w3lhvdAao
感度の良い龍驤とかいうえっちすぎる存在
そして夕雲はつよくいきて
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 10:45:46.58 ID:9q3ecmtbO
やっぱりサキュバスじゃないから…
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 18:57:38.43 ID:qZBgppb20
悲しい物語もそう言う悲しい物語も好きです

500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 19:01:58.51 ID:IpRy4HYro
長波様に妹達の前でアヘ顔ダブルピースさせられる夕雲姉かぁ
501 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:03:37.44 ID:fvcTJCuL0
雌鎮守府 夕雲型の部屋

夕雲「さぁ長波さん、私たちの部屋はこっちよ♪」

長波「おい、そんなにひっぱるなよ」

夕雲「だってもう待ち切れないんですもの♪」

ガチャッ

早霜「ひっ……」

清霜「夕雲姉さん……おかえりなさい……」

夕雲「ただいま♪」

長波「なんだ?お前らなんでそんな隅っこに固まってんだよ?」

高波「長波姉さま……!」

長波「せっかく広い部屋なんだからもっとこっちに来ればいいだろ?」

浜波「ここで……いいです……」

長波「? ひよこみたいな奴らだな」
502 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:10:27.58 ID:fvcTJCuL0
夕雲「みんなごめんなさい。今日は長波さんと寝るからみんなの相手はできないの」

清霜「ほっ……」

長波「ほっ……って言葉にして安堵してるのなんて初めて見たな」

夕雲「この子達は毎晩私が可愛がってあげてるのよ♪でも今夜は長波さんだけ……♪」

長波「可愛がってる割には怯えてるようにしか見えないぞ」

夕雲「自分が選ばれるか緊張してるだけよ♪それよりもこっちこっち」

長波「…………」

夕雲「さあ脱いで♪」

長波「いや、なんで脱ぐんだよ。ってかまだ昼間なのにベッドに入る意味がわからないんだけど」

夕雲「平気よ。遮光カーテンだし……すぐにそんな事どうでもよくなるから♪清霜さん?」

清霜「は、はい!」

シャッ
503 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:16:53.75 ID:fvcTJCuL0
夕雲「うちにいる子たちは私以外みんな小ぶりだから……長波さんみたいな私より大きい子は初めてだわ♪」

長波「デカくても肩凝るだけだろこんなの」

夕雲「あら、こっちの方はツルツルに処理しているのね」

長波「まぁ……提督の趣味で」

夕雲「ふふっ……私のテクニックを知ったらもう提督じゃ満足できなくなっちゃうと思うけど……その時はまたいつでも相手してあげるから♪」

長波「ふーん。そりゃ楽しみだな」

夕雲「まあ、まあまあ♪長波さんもヤル気になって来たみたいね♪」

長波「提督以上って言うくらいだからな」

夕雲「じゃあさっそく……うちの子達は5分ももたないけれど……長波さんは何分持つかしら♪」
504 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:26:07.52 ID:fvcTJCuL0
30分後

夕雲「あ、あれ?おかしいわね……」

長波「ふぁーあ……もう終わりかー」

夕雲「長波さん……あなたもしかして不感症?」

長波「ふんっ!」ゴツッ

夕雲「いっ……!ちょっと、長女の私に何するの!?頭をぶつなんて……」

長波「あたしも提督以外とこんな事しないし詳しくは分かんないけどさ。夕雲、お前下手くそだぞ」

夕雲「な、なんですって!?じゃああの子達はどう説明するの?毎晩5分も持たずにイッてるのよ?私のテクニックで!」

長波「ただ単に痛いからイッたふりしてるだけだろ」

夕雲「ちゃんとビクンビクンしてるわ!」

長波「うちの提督が本気なら1分でベッドを水浸しにしてるぞ」

夕雲「ありえないわ」

長波「仕方ないな……じゃあ手っ取り早く身体に教えてやるよ」
505 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:33:41.57 ID:fvcTJCuL0
長波「よいしょっと。はいばんざーい」

夕雲「ちょっと……離しなさい!片手で私の両手首を抑えるなんて無理……あ、あれ?うごかない?」

長波「私の練度は限界振り切って200だからな。単純な腕力なら大和型並だぞ」

夕雲「あ、あの、私……受けは……」

長波「おーい、お前ら。ちょっとこっちきてみろ」

清霜「えっ……」

夕雲「来ちゃダメよ!こんな無様な姿……あの子達に見せる訳には……」

早霜「ひっ……」

長波「あのなぁ……この夕雲と、それを片手で抑えつけてるあたし。どっちのが怖いんだ?」

ひそひそ……

スタスタ

夕雲「あなた達!?何してるの!?」

清霜「長波姉さん、私たちはどうすれば良いの?」

長波「んー?今から夕雲の恥ずかしい姿みんなに見せて、怖く無いって教えてやるからよーく見てろよー」
506 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:44:01.84 ID:fvcTJCuL0
夕雲「どうして誰も私の言うことが聞けないの!!」

長波「そりゃあ私に馬乗りされて、両手は頭の上で拘束。これじゃあ威厳も何も無いだろ?」

長波「まぁ私もこういうのは初めてだけどさ、体験したりされてる奴を見てきたりしてるし、それなりには上手くやれるはずだぞ」

夕雲「な、なにを……」

長波「ん?なんだ夕雲。何もしてないのにもうこんなに……もしかしてMっ気があるんじゃないか?」

夕雲「それは長波さんを押し倒した時に──」

長波「まぁいいか。じゃあとりあえず10回な」

夕雲「10回!?そんなにも無理よ!」

長波「はい、いーち」

夕雲「あっ……ぃ…………な、なによ、驚かせて……10回出し入れするくらいぃぃぃぃぃぃっぐぅぅぅ!!!!」

清霜「夕雲姉さん、何をしてるの?」

長波「ん?うちの提督の真似。中で凄い動きすんだよ、指が」

夕雲「はぁっ……はぁっ……」

長波「じゃあ2回目いくぞー」

夕雲「ま、待って!休憩!休憩は……あ、ああああああ!!!!無理無理!そっちはダメ!!」

長波「あ、こら。勝手に3回もイクなよ」
507 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 08:50:42.58 ID:fvcTJCuL0
15分後

夕雲「はぁ……はぁ……」

長波「流石に後半は時間がかかったな。にしても感度良すぎだろ。提督なら3分コースだぞ」

清霜「…………」

長波「どうした清霜?」

清霜「夕雲姉さん……なんだか可愛い」

夕雲「はぁ……はぁ…………へ?」

浜波「うん……怖くなくなった……気がする……」

夕雲「私が……怖い……?」

早霜「いつも痛かったから……」

夕雲「じゃあ私は本当に下手で……」

清霜「長波姉さん!私も夕雲姉さんにやってみたい!」

夕雲「清霜さん!?」
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 08:58:12.37 ID:+tiVhzNHO
あら^〜
509 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 09:02:21.66 ID:fvcTJCuL0
長波「おー、やってみろやってみろ。やり方教えてやるから」

夕雲「待って!末っ子にそんな恥ずかしい事は──」

長波「指は上向きにして、こう挿れるんだぞ」

清霜「こう?」

夕雲「んっ、はあぁ……!清霜さん、やめなさい!」

浜波「はむっ……ちゅっ……」

早霜「夕雲姉さんの腋……綺麗……ぺろっ……」

夕雲「あなた達までどうしたの!?ま、待って、もう軽くイッちゃってるからぁ……!」

浜波「夕雲姉さん……痛いのは怖かったけど……大好きだから……」

早霜「今の夕雲姉さんは可愛いだけです……フフッ」

長波「上の方がザラザラしてるの分かるか?」

清霜「んー……ここ?」

夕雲「イッ……!!あああっ!!」プシュッ

長波「おお、正解正解。夕雲はこの水みたいなのがすぐ出るから分かりやすいだろ?」

清霜「ほんとだ!えいっ、えいっ♪あははっ、噴水みたいに出てくる!」

夕雲「カ……ハッ…………もう……」
510 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 09:10:20.50 ID:fvcTJCuL0
長波「んじゃ次は指をひっくり返して下の方をグッと押してみ。夕雲はこっちの方が弱いから」

清霜「こう?」

夕雲「だめだめだめだめ!!おしり……お尻の方にきちゃうから!!いいぃぃ……!!」

清霜「わぁっ、でたでた!また噴水みたいにでたよ!」

早霜「私もそれやってみたい……」

浜波「あの……あたしも……」

長波「おう。やれやれ。夕雲は怖く無いから仲良くするんだぞ」

清霜「はーい」

夕雲「…………はぁ、はぁ」グッタリ

長波「あーあー、だらしない顔して。こりゃもう手を抑える必要もなさそうだな」

長波「そんじゃああたしは向こうでちょっと寝てるから」

清霜「きゃっ!!夕雲姉さん!?痛い、痛い!」

長波「ん?まだそんな元気が」

夕雲「ごめんなさい清霜さん、でも何かを抱き締めていないともう意識を保てないの……!」

清霜「夕雲姉さん……はむっ……ちゅっちゅっ……」

夕雲「だからどうして吸うの!?」

清霜「夕雲姉さんが可愛いからつい……清霜も夕雲姉さんを抱きしめてますから!早霜達の指でいっぱい気持ち良くなってくださいね!」

夕雲「んっ、じゃあお願いだから……イク時の顔だけは見ないでね……イッ、イクッ……」

清霜「じぃー……夕雲姉さんかわいい」

夕雲「姉としての威厳が……」
511 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/11/30(月) 09:19:58.46 ID:fvcTJCuL0
長波「やれやれ、流石百合鎮守府だな。一件落着だけど……攻守が変わっただけだったような……んまぁいいか」

ツンツン

長波「ん?なんだ、高波は一緒にいかなかったのか?」

高波「はい……高波もお願いしたいかも……です……」

長波「恥ずかしがらなくてもみんなしてるんだから混ざればいいだろ?」

高波「でも……やっぱり恥ずかしいかも……」

長波「仕方ないなぁ。ほら、連れて行ってやるから」

高波「あ、あの、そうじゃなくて!」

長波「ん?」

高波「だから、あの……高波は、長波姉さまに……してもらいたいかも……です……」

長波「えっ?」

高波「長波姉さま…………挿れてほしいかも……」

長波「あー、んー……あんまりそっち系は興味ないんだけど……」

高波「長波姉さま……長波姉さま…………」

長波「分かった分かった。分かったから擦り付けるな。もっと良くしてやるから。ほら、股を──」


この何回も後イクかもした
512 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/11/30(月) 09:21:50.46 ID:fvcTJCuL0
末っ子の秋雲に自分たちの一般常識が通用しなかった陽炎型の悲しい物語
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 09:43:12.33 ID:ZlLjdZIOo
悲しいねバナージ…
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 10:43:34.94 ID:+tiVhzNHO
なぜ悲劇は繰り返すのか
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 14:42:43.83 ID:cv7J0Qe+o
童貞だった提督がどうやってそんな指技を身につけたのか
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 16:31:44.94 ID:a2Hg23WSO
百合畑に絶倫巨根提督をぶち込みたい
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 18:06:09.56 ID:CEeOUld+0
でえじょうぶだ
提督のフィンガーだけで再起不能にできる
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 19:27:27.69 ID:sEQsQbZKO
シャイニングフィンガーとはこういうものか
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 21:01:11.18 ID:RGNKRMQDO
百合の妨害はうんたらかんたら
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 21:27:52.18 ID:a60FKtFI0
ここはR版じゃったか
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 21:38:11.74 ID:AvDwT+t+o
R板で詳細な模様を書いてもいいのよ?
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/06(日) 23:25:01.69 ID:u5w314kk0
Rの方待ってる
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 01:01:47.95 ID:E+OVpTNe0
クレクレウザイな...しつこく要求して>>1が描写自体しなくなる可能性とか考えないんかね
524 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/12/07(月) 01:54:29.68 ID:V5+aANEx0
年内休みなし
それでも間に合わないからバイトを雇った
それでもそれでも間に合わないギリギリのギリ

イベントに参加できない
甲勲章21個目取り逃がしの危機
新しい軽巡の子は欲しい

出来るだけこっちに書く
龍驤だけはR板に行く。ホテルか多目的トイレか公園の草むら
バイトくんの頑張り次第で10日過ぎから少しづつ書いていく予定

書ければ短いのをポンポンと書いていきま
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 02:37:12.63 ID:0wbBssYMo
リアル大事にね、応援しています
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 02:41:08.04 ID:E+OVpTNe0
お疲れ様です 気長に待ってますよ
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 03:45:47.91 ID:gf94WvTDO
本人の知らないところでプレッシャーが掛かっているバイト君
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 00:30:36.23 ID:7E3kHcQO0
しかしそのバイト君も知らず知らずの内にこのSSを読んでる可能性も...
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 00:35:50.28 ID:LlyIly5Mo
バイト君みてるか
君だけが頼りだ
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 07:22:19.54 ID:N207iU8co
バイト「他の人の作品も面白いですね。読むのに夢中で仕事が手に付かないわー」
531 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/12/08(火) 20:07:26.40 ID:ZNn0S3YC0
バイト辞めました
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:09:18.30 ID:RGUt20ZfO
/(^o^)\ナンテコッタイ
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:15:13.89 ID:wMN/m7G0O
無茶しやがって…
534 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/12/08(火) 20:31:24.62 ID:ZNn0S3YC0
買い物中

提督「今日は2人だから食費も安く済みそうだな」

龍驤「むしろ2人だけなんやから贅沢しよーや」

提督「贅沢かぁ」

龍驤「冗談や冗談。ウチはなんでもかまへんよ」

提督「刺身買って女体盛りかぁ」

龍驤「凹凸が無いから盛り付けやすいで〜」

提督「あははははは」

龍驤「アハハハハハ」

提督「龍驤はわかめ酒できないからなぁ」

龍驤「アハハハハハ」
535 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/12/08(火) 20:38:12.38 ID:ZNn0S3YC0
文月「ふみぃ……」

龍驤「お?どないしたんやろか?」

提督「あー、あの木に引っかかってる風船じゃないか?」

文月「ふみぃ……」

提督「風船引っかかったのかい?」

文月「ふみぃ」

提督「よし、おじさんが肩車してあげよう」

龍驤「え?手伸ばしたらとれるんちゃうん?」

提督「肩車で幼女の太ももを堪能するくらいのメリットは必要なんだよなぁ!」

文月「ふみぃ」

提督「をほほっ!細いけど柔らかい!」

文月「ふみぃ」

龍驤「アホな事言うとらんで、もう取ったみたいやからはよ下ろしたり」

提督「……」

文月「ふみぃ……」

龍驤「なにじっくり堪能しとんねん」

提督「ふみぃ……」

文月「ぱぱ」

提督「ふみぃ……」

龍驤「なにこれ……」
536 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/12/08(火) 20:48:28.70 ID:ZNn0S3YC0
男「おいねぇちゃん!ぶつかったんやから謝らんかい!!」

タシュ「どうしてこっちがあやまるんだい?」

男「日本は左側通行や言うとるやろ!そっちが右側あるいとったからぶつかったんちゃうんかい!」

龍驤「うわー。わかりやすい迷惑おっさんやなぁ。あんなんがおるから関西弁しゃべっとるウチらまで肩身狭なるんや」

提督「歩行者は右側だしな」

龍驤「……」

提督「さあ行こうか」

龍驤「はっ?えっ??なんで?助けへんの?」

提督「俺も普通の人間だからな。出来るならややこしい問題に巻き込まれたくない」

龍驤「いやいやいや、どないしたん!?いつもやったら飛んで助けに行くやろ!?」

提督「ちょっとその……怖いんで」

男「なんとか言わんかい!!もうええわ。これ骨折れとるし金払うか介抱してもらおか」

タシュ「解放?」

男「ちょっと2時間くらいあっちのホテルで相手してくれたら許したる言うてんねん」


龍驤「ほら!アホな事言うてらんと!」

提督「俺たちは何も見なかった。良いな?よし、いくぞ」

龍驤「なんやそれ。ちょっと見損なったで。せやったらウチが助けに行くわ」

提督「バカ!やめとけ!危ないから!」

龍驤「はなさんかい!!」

大尉「おやおやおやー……?何をやっているんだ?同士中くらいの」

提督「あー……」
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:50:09.88 ID:PvQCLP7Mo
魂の解放
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:51:06.11 ID:wMN/m7G0O
オワタ
539 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/12/08(火) 21:00:23.27 ID:ZNn0S3YC0
龍驤「なんやあのえっらい傷だらけの姉ちゃん……司令官かいな?」

提督「龍驤、俺たちは今日何も見なかった。いいな?」

龍驤「さっきからなんやねんな?」

タシュ「なんだかぶつかって怪我をさせちゃったみたいなんだ」

大尉「私にはピンピンしているように見えるが?」

男「そう見えるだけで折れとんねん!」

大尉「同志ちっこいの。この場合この国ではどうするのが正しいのだ」

ヴェル「普通に謝れば良いと思うよ」

タシュ「なるほど。すまなかったね」

男「謝って済むかい!!」

大尉「どうやら謝るだけではダメみたいだぞ?」

男「せや、介抱してもらおうか。そっちの姉ちゃんでもワシはかまへんで?」

ガングート「?」

大尉「同志おっきいのに何をさせたいのかハッキリ言ったらどうだ?」

男「せやから女が男にする介抱言うたらあれしかないやろ」

大尉「同志ちっこいの、こいつは何を言っているのだ?」
540 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/12/08(火) 21:17:05.83 ID:ZNn0S3YC0
ヴェル「ドスケベな事を要求しているよ」

大尉「ああ、なるほどなるほど。そう言うことか」

男「で?誰が相手してくれるんや?そっちの小さいんでも、なんならあんたでもええんやで?」

大尉「フフッ……フハハハハハ!!」

男「な、なんやねん」

大尉「いや、失礼。普段私がいる国ではそんな事を言うバカはいなかったものでな」

タシュ「もう!結局どうしたらいいんだい?」

大尉「良いじゃないか。だったら私たち全員で介抱してやろう」

男「なんやフルコースかいな?ほなたのむわ!」


龍驤「…………なんやったんや?結局男が連れてかれたで」

提督「明日のニュースになりそうだね」

龍驤「ってかあのおっさん……途中からペラペラとロシア語喋っててビビったわ」
541 : ◆HhGf8jwqok [sage]:2020/12/08(火) 21:18:43.31 ID:ZNn0S3YC0
働こう
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 21:18:53.48 ID:jQ5b/wm3O
以外と許してって言っても枯れるまでとかありそう
502.83 KB Speed:2.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)