このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】上条「とある禁書目録で」リーダー「仮面ライダー」【禁書】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 12:33:43.82 ID:7c9Cc66eO
私より良いところもたくさんあるから
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 12:35:12.00 ID:hk8KM13VO
スタイルも抜群だし面倒見もいいし…
良いところなら山ほど言えるからっ
281 :1 [saga]:2020/09/12(土) 13:14:23.95 ID:0gsfrlST0
 猟虎「私より良いところもたくさんあるんだから」


 入鹿「そ、そんな。猟虎ちゃんだって」


 猟虎「学舎の園で親しい人達がたくさんいて、一目置かれてる姿も見たことあるし・・・」


 猟虎「私も、あんな風になれたらなって・・・」


 入鹿「・・・きっと、ううん。絶対になれるよ」

 
 静護「そうだとも。君はもう1人ではないんだろう?」


 静護「ライダーになり、「アイテム」の一員になって順風満帆に歩み進んでいる」

 
 静護「それこそ素晴らしいことじゃないか」


 猟虎「・・・ありがとうございます。静護さん、入鹿ちゃんも」ニコリ


 猟虎「胸を張らないとね。自分を惨めに思っちゃダメなんだから」


 入鹿「その通りだよ」ニコリ

 


 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 13:25:03.08 ID:sNBWV6O8O
弓箭姉妹が仲良くいちゃついてるのを見てふと妹のことを語りだすお兄ちゃん
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 13:28:52.28 ID:7c9Cc66eO
かなり嬉しかったようで食べ物をアーンしてきたりする入鹿にタジタジになりつつ応じる猟虎+うえ
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 13:29:31.40 ID:wxIqE46xO
ベタベタ具合を見て妹ともこんな感じなのかと推測するおにいちゅあん
285 :1 [saga]:2020/09/12(土) 13:56:41.46 ID:0gsfrlST0
 入鹿「あ、これ美味しいわね・・・猟虎ちゃん。はい、あーん♪」


 猟虎「えぇっ?//・・・あーん・・・//」パクッ、モグモグ


 入鹿「美味しいでしょう?」ニコリ


 猟虎「んむ・・・//」コクコクッ


 入鹿「じゃあ、次は・・・あ、これはどうかしら?」パクッ、モグモグ

 
 猟虎「ゆ、ゆっくり自分で食べるから・・・//」タジタジ


 静護「・・・(なるほど、姉妹でならこれほど親しく食べさせあえるのか)」


 入鹿「食べてみてよ。本当に美味しいんだから」

 
 猟虎「わ、わかったから//お皿に乗せさせて・・・//」

 
 静護「・・・1つ再確認なんだが、君が妹で君が姉だったか?」


 入鹿「え?はい。そうですが・・・」


 猟虎「?」モグモグ


 静護「いや、何・・・>>286
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 13:58:33.76 ID:wxIqE46xO
面倒見の良さ的にどことなく君の方がお姉ちゃんに見えてな…
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 14:02:46.14 ID:7c9Cc66eO
俺も昔そういうふうに妹を面倒見てたんだが…うん…
288 :1 [saga]:2020/09/12(土) 14:11:10.61 ID:0gsfrlST0
 静護「面倒見の良さ的にどことなく君の方が姉に見えてな」


 入鹿「そ、そうでしょうか・・・?」

 
 猟虎「た、たた、た、確かに「内部進化」に居た頃は・・・」


 猟虎「そう思われていた時期もありましたね。愛愉さんですら・・・」


 静護「あぁ、蜜蟻愛愉は行方不明となっていたはずだが・・・」


 入鹿「あ、いえ。ご健在でいらしていますわ」


 静護「そうか。あの事故で無事であったのなら、よかったな」


 猟虎「は、ははは、はい・・・」コクリ


 入鹿「そういえば私が居ない時は、愛愉さんによく慰めてもらってたね」クスッ


 猟虎「う、うん・・・//」

 
 静護「私も昔そういうふうに妹を面倒見てたんだが・・・うん」

 
 静護「時の流れというものは・・・進むにつれて妹を大きくしてくれたが」


 静護「私との親しさを薄れさせてしまうものだ・・・」


 猟虎「>>289
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 14:13:36.26 ID:RnqYs2RsO
お、お兄さんとそんなに疎遠な感じはしませんでしたけど…
290 :1 [saga]:2020/09/12(土) 15:02:20.17 ID:0gsfrlST0
 猟虎「お、お兄さんとそんなに疎遠な感じはしませんでしたけど・・・?」


 入鹿「ええ。とても仲が良さそうで・・・」

 
 静護「そう見えているのは、私と妹を一緒に見るのが初めてだからだろう」


 静護「実際に私と彩鈴との生活風景を見れば・・・少し、壁があるんだ」


 入鹿「そうなのですか・・・?何故壁が・・・」

 
 静護「やはり思春期となれば、そういった男女の考えには違いがあるんだろう」


 猟虎「男女の考え・・・た、例えば・・・?」

 
 静護「浴室の棚にタオルを入れようとしていて入浴が済んだ彩鈴と出会い頭となり」


 静護「思いっきり叩かれたことがある」


 入鹿「えぇえ!?お、お兄様を!?」


 猟虎「だ、大丈夫だったんですか?腫れるだけじゃ済まなそうですが・・・」

 
 静護「ああっ、顔半分が真っ赤に腫れて脳が揺れて意識が朦朧としたな」


 入鹿「も、申し訳ございませんお兄様!後でしっかりと反省させますわ!」ペコペコ


 静護「>>291
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 15:04:46.16 ID:RnqYs2RsO
お兄さんが某トラブル系ラブコメの主人公に見えてきた

良いんだ、きちんとそういう反応を示したことは安心したからな
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 15:05:03.32 ID:7c9Cc66eO
良いパンチですごかったぜ
293 :1 [saga]:2020/09/12(土) 15:37:03.22 ID:0gsfrlST0
 静護「良いんだ、きちんとそういう反応を示したことは安心したからな」

 
 猟虎「あ、安心した・・・?」


 静護「先程言った男女の考えの違いだ。思春期に入れば少年少女は性別に対して意識を持つ」


 入鹿「は、はい。授業で習いましたわ」コクリ


 静護「少し前までは、彩鈴も恥ずかしがってはいなかったのに思春期に入ってからは」


 静護「必ず私よりも先に入浴を済ませ、髪を梳くのと束ねるのは自分ですると私に注意し」


 静護「トイレは消臭スプレーを撒いてお互い使用されてから10分経ってからなど」


 静護「細かい事を気にし始めたんだ。・・・それとシャンプーも別々で使うよう言われた」


 入鹿「そ、そこまで・・・彼女は少しガサツな面がありましたので」


 入鹿「それは全く知りませんでしたわ・・・」


 猟虎「ご、ご苦労をかけているのですね・・・」


 静護「まぁ、これが兄妹での家族構成の事情というものなのだろう」


 入鹿「>>294




 >>291 お兄さんダンデーなんでラノベ系は厳しいかと
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 15:39:01.03 ID:7c9Cc66eO
男女の兄妹でそういう苦労があるとは…
お兄様もかっこいいですのに…
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 15:40:02.65 ID:RnqYs2RsO
口で言えばいいのに手を出すのは私が注意しますから安心してください
……お義兄さまのそうした配慮が彼女を育ててるとするならそれはいいことなのでしょうね
296 :1 [saga]:2020/09/12(土) 17:05:21.83 ID:0gsfrlST0
 入鹿「口で言えばいいのに手を出すのは私が注意しますから安心してください」


 静護「そうか・・・すまないな。君にも苦労をかけさせてしまって」


 入鹿「いえいえ。静護お兄様のそうした配慮が彼女を育ててるとするなら」


 入鹿「それはいいことなのでしょうね」ニコリ


 猟虎「でで、で、ですが、男女の兄妹ではそういう苦労があるのですか・・・」

 
 猟虎「静護さんはダンディーですから、少しのことは怒られそうにはありませんのに・・・」
 

 静護「そんなことはない。今でも彩鈴には怒られたりしているんだ」

 
 静護「毎朝、必ず行ってきますと言わなければ気が済まないようで・・・」


 猟虎・入鹿「「(あらかわいい)」」

 
 静護「おっと・・・この事は話したことは察しられないように頼む」


 入鹿「あ、秘密ということですね。わかりましたわ」コクリ


 猟虎「ぜ、ぜぜ、ぜ、絶対にバレないようにします」コクコクッ

 
 静護「ありがとう」


 猟虎「>>297
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 17:24:59.21 ID:RnqYs2RsO
秘密にしなくても良さそうですのに…
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 17:25:53.36 ID:7c9Cc66eO
ほ、他には何か行っていることは?
299 :1 [saga]:2020/09/12(土) 18:18:53.50 ID:0gsfrlST0
 猟虎「(・・・で、でで、で、でも別に秘密にしなくても良さそうですのに・・・)」


 入鹿「ちなみにバレた場合は・・・?」

 
 静護「私の月1の楽しみである晩酌を1ヶ月禁止だろうな・・・」


 猟虎「そ、そそ、そ、それはかなりキツそうですわね・・・」


 入鹿「気をつけますわ。静護お兄様のお楽しみを無くさせたくありませんからっ」


 静護「そうしてくれると助かる」

 
 猟虎「・・・ち、ちなみに他には何か行っていることは?」

 
 静護「ん?・・・特にはないな。趣味などは持っていないもので」


 猟虎「そ、そそ、そうですか・・・」


 入鹿「そういえば、静護お兄様は彩鈴のセコンド?を担当されていますが」


 入鹿「普段のお仕事はお医者様でしたね?」

 
 静護「ああっ、第七学区の第七病院に勤務している」




 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 18:32:12.64 ID:7c9Cc66eO
入鹿と出会う前はオーバーワークばかりしていた妹だが、入鹿や小牧といった友達が増えて最近は自分の身体のことも考えるようになったと嬉しそうに語る兄に微笑む二人
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 18:32:34.62 ID:Kpdg8mXPO
レッツ恋バナとばかりに付き合ってる人がいるのかと興味を示す二人
302 :1 [saga]:2020/09/12(土) 18:45:17.39 ID:0gsfrlST0

レッツ恋バナとばかりに付き合ってる人がいるのかと興味を示す二人


 静護「・・・しかし、彩鈴も変わったものだな」


 入鹿「どういった風に変わったのですか?」

 
 静護「君と出会う前はオーバーワーク気味だったんだ」


 静護「他の部活動での助っ人もやっているのにも関わらず・・・」


 静護「体を休めず、ただひたすら拳を打ち続けて無理をしていたな」


 入鹿「そ、そうだったのですか・・・(今の彩鈴からでは考えられませんわ)」


 静護「・・・だが、君や牧上小牧といった友達が増えて心の余裕ができたのだろうな」


 静護「自分の身体のことも考えるようになってくれたんだ」


 猟虎「そ、そそ、そ、それはよかったですね・・・」ホッ


 入鹿「>>303
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 18:47:41.95 ID:7c9Cc66eO
少しは口酸っぱく言ったかいもありますわ、そんなに余裕がなかったなんて…
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 18:48:07.79 ID:UsJRjB3bO
本当ですわ、会ったばかりはすぐどこか痛そうにしてましたもの
305 :1 [saga]:2020/09/12(土) 20:09:18.16 ID:0gsfrlST0
 入鹿「本当ですわ。少しは口酸っぱく言った甲斐もありますね」


 入鹿「ですが、そんなに余裕がなかったなんて・・・」


 静護「アイツは何事も抱え込んだりする癖があるからな・・・」


 入鹿「・・・確かに、会ったばかりはすぐどこか痛そうにしてましたね」


 入鹿「私が心配してみても、ぶっきらぼうに話を逸らしてましたわ」


 静護「そうか。私に対しても、毎回大丈夫と言っていたんだが・・・」


 猟虎「無理をなされていたのですね・・・」


 入鹿「もう・・・あの子ったら・・・」

 
 静護「まぁ、同じ気持ちだったんだろう。私も君も心配させたくないという気持ちが」

 
 静護「だから、大目に見てあげてくれないか」


 入鹿「静護お兄様がそう仰るのでしたら・・・はい」コクリ


 静護「いつかどこかの男と交際を始めたとしたら、尽くす女の子にはなってほしいな」


 入鹿「まぁ・・・なってはほしいものですね・・・」

 
 猟虎「ちちち、ち、ち、ちなみに静護さんはどなたかとお付き合いを・・・?」


 静護「いいや、まだしていない。成人が希有なこの街ではな・・・」


 静護「>>306
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 20:20:38.84 ID:7c9Cc66eO
仕事が忙しいのと妹のセコンドで出会いもないしな…
307 :1 [saga]:2020/09/12(土) 20:59:54.51 ID:0gsfrlST0
 猟虎「仕事が忙しいので出会いもないしな・・・」


 入鹿「看護婦さんとはどうなのですか?」

 
 静護「ふーむ・・・正直に言えば、そこまで私の好みの女性が・・・」


 猟虎「あ・・・(や、やや、やはり好みは重視するのですね・・・)」


 入鹿「あぁ、そうなのですか・・・」

 
 静護「ああっ、まぁ・・・いずれ会えるなら会えると思って過していこう」


 入鹿「そうなさってください」ニコリ

 
 猟虎「き、きき、き、きっと素敵な女性と邂逅するかと思いますので・・・」

 



 視点変更

 トール♥帆風 feat悠里
 北条&小牧
 遠峰&蜜蟻
 
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:00:16.99 ID:7c9Cc66eO
遠峰せんせー
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:00:23.27 ID:3Cq+rerZO
こまきち
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:00:28.15 ID:eVLLjVHxO
とーる
311 :1 [saga]:2020/09/12(土) 21:15:48.65 ID:0gsfrlST0
 -パーティー会場 バックステージ-

 遠峰「・・・」ジーッ


 蜜蟻「・・・あ、あのお、遠峰先生?」


 蜜蟻「さっきから私のことを見過ぎなんじゃないとお・・・」タラー


 遠峰「あ。ご、ごめんね?つい・・・」アハハ


 蜜蟻「い、いえ・・・私の顔に何か付いてたんですかあ?」サスサス


 遠峰「ううん。その・・・」


 蜜蟻「?」


 遠峰「あの頃は皆小さかったけど・・・高校生に成長して・・・」


 遠峰「おっぱいデカイなーって・・・」ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・


 蜜蟻「・・・はい!?//」バッ


 蜜蟻「きゅ、急に何ですかっ?//」アセアセ


 遠峰「>>310
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:18:14.44 ID:eVLLjVHxO
いや発育良すぎでしょみんな…
私が学生の頃を思い出してもそんな子ほとんどいなかったから!
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:19:19.09 ID:7c9Cc66eO
おまけにみんな美人だしこれはもうモテてモテて仕方ないって考えると年甲斐も無くフツフツと嫉妬しちゃうのよ…
そんな自分に自己嫌悪したりね…
314 :1 [saga]:2020/09/12(土) 21:32:04.72 ID:0gsfrlST0
 遠峰「いや、発育良すぎでしょ・・・」


 遠峰「潤子ちゃんや食蜂さんほどじゃないけけど・・・


 蜜蟻「それ地味に私ディスってません?」ピク


 遠峰「私が学生の頃を思い出しても、そんな子ほとんどいなかったから!」


 遠峰「私も含めてね!」クワッ


 蜜蟻「そ、それはあ・・・ほ、ほらあ、時代のせいだと思いますよお」


 蜜蟻「先生が育った時代よりも成長には良い食事が多いですし」


 遠峰「えぇ〜〜〜?そうかしらぁ・・・」


 蜜蟻「そもそも先生だって男性が満足するぐらいには大きいじゃないですかあ」


 蜜蟻「欲張っても仕方ないないと思うわよお?」


 遠峰「>>314
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:36:55.30 ID:7c9Cc66eO
人はどうしても欲が芽生えちゃう生き物なの!
あとやっぱりハリとかは若さの特権よね…
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:38:59.22 ID:eVLLjVHxO
モテてないわよ…
317 :1 [saga]:2020/09/12(土) 21:52:46.82 ID:0gsfrlST0
 遠峰「うっ・・・そ、そうよね・・・」


 遠峰「人はどうしても欲が芽生えちゃう生き物なの!」


 蜜蟻「さあ・・・でもお、欲が無いと食べたいとか楽しいって感情が無くなっちゃってえ」


 蜜蟻「生きたくなくなっちゃうんじゃないかしらあ」


 遠峰「ん〜・・・そっか。・・・でもさー」


 遠峰「やっぱりハリとかは若さの特権よね〜・・・」プニプニ

 
 蜜蟻「先生だってまだまだハリはあるじゃないのお」


 遠峰「これはお化粧でどうにか誤魔化せてるからよ」


 遠峰「もうおばさんになっちゃう年齢なんだし・・・」


 遠峰「おまけにみ〜〜んな美人になって、これはもうモテてモテて仕方ないって考えると」


 遠峰「年甲斐も無くフツフツと嫉妬しちゃうのよ・・・」


 蜜蟻「先生・・・」


 遠峰「そんな自分に自己嫌悪したりね・・・」


 蜜蟻「>>318
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:55:08.38 ID:eVLLjVHxO
本当ならあの頃に相手を見つけてラブラブしたり青春してたのよねぇ先生は
遅くなった青春だけど私達と味わったらおかしいのかしら?
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:56:28.11 ID:mPSZGx+DO
私はそういう先生の人間臭いところ大好きなんだけどぉ…
大人の魅力に関しては先生にはまだまだ及ばないしぃ…
だからライバルだと思ってるわ私は
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 21:57:18.35 ID:7c9Cc66eO
先生も嫉妬したりそういう気持ち持ってくれるのねぇ…うれしいわぁ
私たちをあの頃の子供としてじゃなくてきちんと女性として対等に見てくれてるってことだしぃ
321 :1 [saga]:2020/09/12(土) 22:05:17.19 ID:0gsfrlST0
 蜜蟻「本当ならあの頃に相手を見つけてラブラブしたりしてたのよねえ、先生は」


 遠峰「そうなのよねぇ〜・・・」


 蜜蟻「遅くなった青春だけど私達と味わったらおかしいのかしら?」


 遠峰「ん〜〜・・・この歳で青春って正直もう十分だと思っちゃうのよね〜」


 蜜蟻「あらあ、そうなのお?珍しいと思うわあ、普通の人ならあ昔を懐かしんでえ」


 蜜蟻「過去に戻りたいって言うと思うのにい・・・」


 遠峰「それは人それぞれだからね」


 遠峰「そう思う人もいれば私みたく満足してる人もいるだろうし」


 蜜蟻「そうなのねえ・・・」


 
 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 22:07:46.92 ID:7c9Cc66eO
おもむろにバレエで鍛えた柔軟性を披露して先生もスポーツとかどう?と愛愉が誘うと悠理ちゃんにも言われたわよとグヌヌな先生
そんな様子を見て急に抱きついてくる愛愉、筋肉量とかどうかしらとボディタッチ
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 22:10:38.80 ID:7c9Cc66eO
心理穿孔で先生の身体を操ってストレッチさせる蜜蟻さん
自分が思ったより身体がしっかり動くのを見て驚く先生にこれだけ動くんだから先生も若いんだぞと褒めてくれる

しかしお返しとばかりに先生からの愛のハグを食らう
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 22:13:12.65 ID:ePyBt2AIO
先生にこっそり耳打ちして経験について教えてみよう
325 :1 [saga]:2020/09/12(土) 22:56:44.79 ID:0gsfrlST0
 蜜蟻「・・・もう少ししたらお呼びがかかるわねえ」ノビーッ


 蜜蟻「っん〜〜・・・」グイーッ


 遠峰「うわぁ・・・えぇ?すごい体柔らかいわね・・・」


 遠峰「椅子に座ったまま床に掌付いてるし・・・」


 蜜蟻「ふふっ☆つい最近、バレエを再開し始めたのよお」


 遠峰「あっ、そういえばやってたんだっけ?再開ってことは、一度はやめてたの?」


 蜜蟻「ええっ。色々と・・・あって忙しかったからあ」


 遠峰「そう・・・でも、またできるようになってよかったじゃない」ニコリ


 蜜蟻「そうねえ。・・・先生もスポーツとかしてみたらどお?」


 遠峰「・・・それ、千夜ちゃんにも言われたわよ・・・」グヌヌ


 蜜蟻「え?」


 遠峰「>>326
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/12(土) 22:58:15.88 ID:yf/ZCHUbo
……ぐすんっ…すべてクロワッサンがわるいのよ…
327 :1 [saga]:2020/09/12(土) 23:11:08.22 ID:0gsfrlST0
 遠峰「ぐすんっ・・・」


 蜜蟻「せ、先生・・・?」


 遠峰「全部クロワッサンが悪いのよ・・・」シクシク


 蜜蟻「(あぁ・・・少し丸くなったと思ったらあ・・・)」


 蜜蟻「・・・」ギュウッ


 遠峰「・・・愛愉ちゃん?」グシッ


 蜜蟻「ん〜・・・筋肉量とかどうかしらねえ」


 遠峰「・・・私、全然鍛えてもないから全然無いわよ」


 蜜蟻「そうかしらあ?・・・えい☆」カシャッ

 
 ―グイーッ

 遠峰「お、おおぉ〜〜〜・・・!?」ピタッ


 蜜蟻「あらあ、先生だって指先が床についてるわよお」


 遠峰「ホ、ホントだ・・・」


 蜜蟻「これだけ動くんだからあ、まだまだ先生も若いのよお」クスッ


 蜜蟻「>>328
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 03:11:29.90 ID:y8tsCWarO
老け込むにはまだ早いと思うわぁ、何にしてもチャンスはするべきじゃないかしら
329 :1   [saga]:2020/09/13(日) 08:52:10.00 ID:eYVEH3Vd0
 蜜蟻「老け込むにはまだ早いと思うわあ」


 蜜蟻「先生だって、何にしてもチャンスがあればするべきじゃないかしらあ」


 遠峰「・・・」


 蜜蟻「先生は千夜さんはもちろん私達にとっても、命の恩人なんだからあ」


 蜜蟻「色々できなかったことを今やってみてもいいと思うわよお」


 遠峰「・・・そうね。・・・うん、ありがと」クスッ,ギュッ


 蜜蟻「ん・・・//」


 遠峰「・・・あの頃よりも、お姉さんらしくなったわね」ナデナデ


 蜜蟻「ふふっ☆恋人の当麻クンのおかげかしらねえ・・・」


 遠峰「・・・あ、愛愉ちゃんも誰かと付き合ってるの?」ヒクッ


 蜜蟻「>>330
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 09:00:14.41 ID:JCu11WpXO
ええ…
ものすごく熱くてかっこいいのぉ…///
331 :1 [saga]:2020/09/13(日) 09:51:04.50 ID:eYVEH3Vd0
 蜜蟻「ええ・・・ものすごく熱くてかっこいいのお・・・///」


 蜜蟻「初めて会った時はあ、何このウニ頭はって思ってたけどお//」


 蜜蟻「私をずっと守ってくれてえ、色々楽しいことを教えてくれてえ//」


 蜜蟻「段々と好きになったのよお//」


 遠峰「へぇ・・・愛愉ちゃんもラブラブになってるんだあ・・・」

 
 遠峰「羨ましいなあ・・・ちなみにどこまで進んでるの?」


 蜜蟻「えっちしちゃいましたあ//」


 遠峰「ド直球!?///包み隠さずなんで言えるのよ!///」アセアセ


 蜜蟻「>>332


 

 仮面ライダー史の中でもトップクラスに明るしOPじゃないなと>>1は思います
 2号ライダーで敬語使うの753以来でせうね
 でもってまさか思ってたどこでもドアを言っちゃうとはw
 あと、セイバー始ってまさかのクウガがつべで配信開始されたよ
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 09:59:13.73 ID:JCu11WpXO
EDもあって東京スカパラダイスオーケストラが爽やかで結構いい曲だなーと思ってる
真面目系ポンコツの香りがする2号もいいねー

だって先生に隠すなんて失礼かなぁってねぇ…
あとその子だけじゃなくて同居してる良い子ともねぇ…
真面目だけどすごくいい子で…
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 10:01:43.74 ID:y8tsCWarO
はじめはちょっとだけ怖かったけどぉやっぱり熱を感じるとすごいのぉサ
334 :1 [saga]:2020/09/13(日) 10:40:17.48 ID:eYVEH3Vd0
 蜜蟻「だってえ、先生に隠すなんて失礼かなあってえ//」


 遠峰「そ、それは、嬉しいと言っていいのか何て思えばいいのか・・・//」
 

 蜜蟻「あとねえ、同居してる良い子や他にも付き合ってる子がいるんだけどお・・・//」


 遠峰「・・・ゑ」


 蜜蟻「同居してるその子はあ、真面目ですっごくいい子でえ//」


 蜜蟻「おっぱい大きくてえ、格好良くってえ//」


 遠峰「」ビキッ
 

 蜜蟻「結構、私に甘えたがりなのよねえ・・・//」


 遠峰「・・・そ、そう」


 遠峰「・・・って待って?あの、さっき他にも付き合ってる子が、っていうのは」


 蜜蟻「あぁ・・・当麻クン、学園都市の中ではハーレムが認められてるのよお」


 遠峰「ハーレム?ハーレムって・・・一夫多妻制みたいなあれ!?」


 蜜蟻「そうよお。ちなみに今は11人の女の子と楽しく交際してるわあ」


 遠峰「>>334





 >>332 ね。こんなに真面目で根が優しい2号ライダ初めて見たかも
    
     父親ライダーは今まで出てきましたけど、パパ活中ってのは珍しいライダーでせうね。
     でもってゴツい!カッコイイ!
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 10:44:05.26 ID:JCu11WpXO
11人っ!?
石油王とかじゃないのよね…

空飛ぶ絨毯に乗った人じゃなくてパパ活ライダーは新しくていいよね
ヒロインもなんかウザカワでアリかなって
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 10:44:49.38 ID:51hwmye8O
そ、その11人ってどんなひとなのかしら…
それによって先生が教育的な指導を…!
337 :1 [saga]:2020/09/13(日) 11:14:18.42 ID:eYVEH3Vd0
 遠峰「11人っ!?え?何?その当麻クンって石油王とかなの?」


 蜜蟻「生粋に道民の男の子よお。まあ、そう思っても仕方ないわねえ・・・」クスッ


 遠峰「そ、その11人ってどんな人達がいるの・・・?」


 蜜蟻「先生も顔見知りの食蜂操祈さんやあ、同じ超能力者の御坂美琴さんにい」


 蜜蟻「私がお世話になった先輩とかあ、学園都市の歌姫のアリサさんもそうだしい」


 遠峰「嘘」


 蜜蟻「マジよお。後は歳下の子とかあ同い年の子達がいるわねえ」


 遠峰「・・・その当麻君って、本当に付き合ってて大丈夫なの?」


 遠峰「それによって先生が教育的な指導を・・・!」


 蜜蟻「しなくても大丈夫よお。私が人の心を読めるのは知ってるでしょお?」


 遠峰「そ、それは知ってるけど・・・」


 蜜蟻「彼は・・・特殊な能力を持ってるの。能力とかの異能の力を消す事ができるね」


 蜜蟻「私の心理穿孔でさえも無効化されて心は読めないんだけどお・・・」

 
 蜜蟻「>>338




 >>335 ね。
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 11:20:02.96 ID:51hwmye8O
それに操祈ちゃんもいるしねぇ…
心理系の能力のトップがいるんだから平気でしょう?
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 11:22:15.82 ID:2NWTMk7qO
悪いことはしてないって必ず言えるわぁ、だって誰に対しても一生懸命なんだもの
340 :1 [saga]:2020/09/13(日) 11:37:15.22 ID:eYVEH3Vd0
 蜜蟻「それに操祈ちゃんもいるものねえ・・・」


 蜜蟻「心理系の能力のトップが心から愛してるんだから平気でしょう?」


 遠峰「・・・愛愉ちゃんは?」


 蜜蟻「もちろん・・・愛してるわよお。一生離れたくないって誓ってるからあ」ニコリ


 蜜蟻「それにい、悪いことはしてないって必ず言えるわあ」


 蜜蟻「だってえ・・・」


 遠峰「だって、何・・・?」


 蜜蟻「誰に対しても一生懸命なんだものお・・・見ず知らずの人でもねえ」


 蜜蟻「困ってる誰かを助けてえ、傷だらけになってもお絶対に負けない・・・」


 蜜蟻「そんな人なのよお・・・当麻クンって」クスッ


 遠峰「・・・そっか。それなら・・・安心したわ」ニコリ


 遠峰「>>341
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 11:47:12.71 ID:2NWTMk7qO
そんなに素晴らしい人と愛を育んで友情や愛情も育めてるなら私が言う事はないわね…
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 11:48:34.17 ID:JCu11WpXO
愛し合うことはいいけど、その…ヤる時は体に無理させたらだめよ?
343 :1 [saga]:2020/09/13(日) 11:55:46.24 ID:eYVEH3Vd0
 遠峰「そんなに素晴らしい人と愛を育んで、友情や愛情も育めてるなら・・・」


 遠峰「私がとやかく言う事はないわね・・・」


 蜜蟻「でもお、それって先生が心配してくれてるって事でしょお」


 蜜蟻「私は嬉しいわよお。先生が私達の事を思ってくれてえ」クスッ


 遠峰「そう・・・あと、愛し合うことはいいけど・・・」


 蜜蟻「?」


 遠峰「その・・・えっと・・・//」


 遠峰「(ヤる時は体に無理させたらダメよ?///)」
 

 蜜蟻「はあい」クスッ


 遠峰「(こう言うとき、その能力は便利よね・・・//)」


 遠峰「(口に出して言わなくてもいいから・・・//)」


 蜜蟻「ふふっ☆」


 入鹿『あー、あー・・・はい、皆様。ごきげんよう、そしてお久しぶりですわ』


 遠峰「あっ・・・よしっ」スクッ


 蜜蟻「・・・」スクッ




344 :1 [saga]:2020/09/13(日) 12:05:03.71 ID:eYVEH3Vd0



 -パーティー会場 舞台上-
 
 入鹿『6年ぶりに皆様と再会できて、とても嬉しく思っています』


 入鹿『お集まりいただき誠にありがとうございます』ペコリ


 入鹿『さて、実は・・・このパーティーに際して特別ゲストをお招きしております』


 ―ザワザワ ザワザワ・・・

 <ゲスト?誰だろ・・・
 <まさかトップアーティスト、だったり?
 <でも昨日、ARISAもボイジャーも万彬タンはライブやってたし・・・
 <え〜?じゃあ誰なのかな


 入鹿『・・・皆さんはあの事故を思い出したくはないと思いますが』


 入鹿『あの事故で遠峰先生が亡くなり、そして蜜蟻さんが行方不明となっていました』


 入鹿『・・・ですが、それはある目的のためでありお2人はご健在しているんです』

 
 ―ザワザワ ザワザワ

 <え?えっ?
 <み、蜜蟻さんは行方不明になってたら、生きてるって信じてたけど・・・
 <せ、先生って崩落で死んだんじゃ・・・
 <目的って何?どういうこと!?
 

 入鹿『お2人とも、こちらに』


 ―・・・コツコツ・・・

 遠峰「・・・」


 蜜蟻「皆〜、久しぶりねえ。元気そうで何よりだわあ☆」


 ―・・・ワッ!

 <<<<蜜蟻さん!遠峰先生!


 遠峰『>>345


 蜜蟻『>>346
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 12:10:34.22 ID:JCu11WpXO
や、やっほー…
なんて言えばいいのか言葉が出ないけれど…
ただいまっ
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 12:11:05.04 ID:ONU2qLjkO
みんな変わらず元気な姿で良かったわ、すっかり大きくなっちゃって…
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 12:12:32.66 ID:y6LGH0gLO
聞いてたわよぉ、ちゃんと信じてくれていた子がいるみたいねぇ…
ありがとう、またこうして会えるなんて夢にも思ってもなかったわぁ
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 12:12:56.43 ID:4lvhnTfLO
ゾンビとかじゃなくて普通にピンピン元気よぉ
349 :1 [saga]:2020/09/13(日) 12:58:01.54 ID:eYVEH3Vd0
 遠峰『や、やっほー・・・なんて言えばいいのか言葉が出ないんだけど・・・』


 遠峰『皆、変わらず元気な姿で良かったわ!すっかり大きくなっちゃって・・・』


 蜜蟻『聞いてたわよお、ちゃんと信じてくれていた子がいるみたいでえ・・・』


 蜜蟻『ありがとお。嬉しいわあ☆またこうして・・・』


 蜜蟻『・・・っ、皆と、会えるなんて・・・夢にも思ってもなかったわあ』ウル・・・


 遠峰『皆・・・ただいまっ!』


 蜜蟻『ただいまあ☆』ニコリ


 ―・・・パチパチパチッ!!パチパチパチッ!!

 <お帰りなさい!先生!蜜蟻さん!
 <私も会えてホント嬉しい!
 <うわぁ〜〜ん!先生〜〜〜!蜜蟻さぁ〜〜ん!
 <でも、なんで目的って何だったんだろ・・・?


 遠峰『あぁ、実はね。皆は会ったことがないと思うんだけど・・・』


 遠峰『悠里千夜ちゃんっていう子を守るために死んだってことにしてたのよ』


 蜜蟻『千夜さんは私よりもずっと前から「内部進化」に居たのよねえ?』


 悠里<はーい!


 ―ザワザワ ザワザワ

 遠峰『「内部進化」の最高責任者の蠢動が悪い事をしようとしてて』


 遠峰『それは阻止されたけど・・・アイツはそれでも悠里ちゃんを狙ってたから』


 遠峰『私がずっと守り続けていたの。だから・・・皆を悲しませちゃってごめんね?』


 蜜蟻『>>350
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 12:58:54.70 ID:JCu11WpXO
私もそのアシスタントって感じかしらねぇ…
まっ色々してたんだけどぉ…
351 :1 [saga]:2020/09/13(日) 13:32:26.58 ID:eYVEH3Vd0
 蜜蟻『私はあ・・・まあ、色々してたんだけどお・・・』


 蜜蟻『皆のためにい、って少し荒っぽいことをしてしまってたわあ』

 
 蜜蟻『だけどお、もうそんなことはしないわあ』


 蜜蟻『皆とこうして再会できたのだからねえ・・・』ニコリ
 

 遠峰『先生と千夜ちゃんも、もう安全になったから・・・』


 遠峰『これから楽しく過ごしていくわ。皆ともまた交流していきたいの』ニコリ


 遠峰『だから・・・皆、また改めてよろしくね』


 蜜蟻『また仲良くさせてもらえると嬉しいわあ』ニコリ


 ―パチパチパチッ! パチパチパチッ!

 入鹿『ありがとうございます。遠峰先生、愛愉さん』ニコリ


 


 ―ワイワイ ワイワイ

 「先生!久しぶり!」


 「私のこと覚えてますか・・・?」


 遠峰「もちろん。面影があるから大きくなっても変わらないもんね」クスッ


 「蜜蟻さん、今年の大覇星祭の時に借り物競走でテレビに映ってましたよね?」


 蜜蟻「あぁ・・・ええっ。そうだったわねえ」クスッ


 蜜蟻「>>352
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 13:49:53.45 ID:4lvhnTfLO
気がついてくれるなんて嬉しかったわぁ…
バレないようにはしてたんだけどぉ

どこのスレだっけ…
353 :1 [saga]:2020/09/13(日) 14:08:07.81 ID:eYVEH3Vd0
 蜜蟻「気がついてくれるなんて嬉しいわあ」クスッ


 蜜蟻「本当はバレないようにはしてたんだけどねえ・・・」


 「もう見た瞬間、どこかで見たことあるなーって思ったら思い出したんです」


 遠峰「まぁ、特徴のマシュマロ頭が変わってないものね」


 「「「「確かに」」」」ウンウン


 蜜蟻「ちょっとお〜!私未だにくせっ毛気にしてるのに〜!」プンスコッ


 遠峰「でも似合ってるわよ?もう見慣れたからかもしれないけど」クスッ


 蜜蟻「むぅ〜・・・」


 「遠峰先生も変わってないね!前より美人になったからかな」


 遠峰「あら、ありがと」クスッ


 遠峰「>>354




 >>352 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541892684/>>280でせう
     借り物競争で愛してる人、月が綺麗ですねといいたい人、私死んじゃってもいいと言える人で皆連れてきたとこ
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 14:21:43.17 ID:5H+RNY0VO
皆にそう言ってもらえると何よりだわ
私もまだまだみんなくらい頑張るわよ
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 14:22:35.29 ID:Ry06BIM/O
皆にもっと教わらないと
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 14:24:37.13 ID:0van2XglO
少し太っちゃったんだけどね
357 :1 [saga]:2020/09/13(日) 14:35:49.34 ID:eYVEH3Vd0
 遠峰「皆にそう言ってもらえるなんて何よりだわ。私もまだまだ皆なくらい頑張るわよ!」


 遠峰「ダイエットを!」


 「「「「え」」」」


 遠峰「クロワッサンのせいで太っちゃったの!」シクシク


 「「「「あー・・・」」」」


 蜜蟻「まぁ、確かに少しムニーっとはしたわねえ」


 遠峰「ぐゅ・・・!」グサッ


 「先生、触ってみていい?」ワキワキ


 「あ、私も触ってみたい!」
 

 遠峰「いやぁ〜〜〜!やめてぇ〜〜〜!」


 

 悠里「あははっ!皆楽しそうだね」クスッ


 トール「ああっ。サプライズは成功してよかったな」モグモグ


 帆風「はい」ニコリ

 
 入鹿「>>357
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 14:50:10.75 ID:5H+RNY0VO
あんな風にみんなに囲まれるってことはやっぱりそれだけ人徳があるんですわ…
私もああいうふうになりたいです、将来的には
359 :1 [saga]:2020/09/13(日) 15:10:48.25 ID:eYVEH3Vd0
 入鹿「あんな風に皆さんに囲まれるということは・・・」


 入鹿「やっぱり、遠峰先生はそれだけ人徳があるんですわね・・・」


 帆風「ええっ、本当に皆さんがあんなにも喜んでくださっているのですもの」


 悠里「皆大好きなんだね、先生のこと」ニコリ


 入鹿「私も・・・あんな風になりたいです。将来的には」


 トール「まっ、なれるだろ。「アイテム」で活動してたら知らず知らずの内に」


 トール「追っかけも出てくるだろうぜ」クスッ


 入鹿「そ、そうでしょうか・・・?//」


 帆風「ええっ、きっと皆さんから数多くの支持がなされられるはずだと思いますわ」ニコリ


 悠里「ねぇねぇ!私達も行こうよ!」グイグイッ


 帆風「きゃっ!ちょ、ちょっと千夜さん!」アセアセ


 入鹿「落ち着いてくださいな!」アセアセ


 トール「・・・はははっ」クスッ


 トール「俺も行くかな!」スタスタッ





 視点変更

 清ヶ♥挟美
 警策看取&ドリー姉妹
 青ピ♥メビオ
 レストランAGITΩ
 治安維持組織「アイテム」
 超電磁砲組(みこっちゃん不在)
 上里一家
 建宮♥フロリス
 イギリス清教
 土御門♥姫神
 イギリス王室
 
 ↓3まで(コンマが高い安価で決定)
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 15:18:02.59 ID:5H+RNY0VO
上里一家
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 15:18:14.23 ID:0van2XglO
めびおたん
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 15:18:40.24 ID:AWLsyKZSO
AGITO

稼ぎ時で忙しそう
363 :1 [saga]:2020/09/13(日) 15:33:49.82 ID:eYVEH3Vd0
 -学園都市 第七学区 シルバークロース宅-

 ―グラグラ・・・

 上里「去鳴?危ないさかい、やめたらええや」


 去鳴「あははっ、ごめんごめん」ガシッ
 

 上里「まったく・・・よし、これでいいな。最後に星を飾ろう」


 去鳴「ほーい」ゴソゴソッ




 府蘭「・・・」ジーッ


 シルバークロース「府蘭、まだ焼き上がるまでは時間かかるぞ?」クスッ
 

 府蘭「そうですか・・・」


 シルバークロース「フッ・・・ん?・・・ん?」


 府蘭「どうかしましたか?」


 シルバークロース「いや、買い置きしていたイチゴが・・・」ゴソゴソ


 府蘭「>>364
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 15:34:36.65 ID:u80kVk7wO
無いんでしたら買いに行きますか?
この時間ならまだお店も空いてますし
365 :1 [saga]:2020/09/13(日) 15:58:30.98 ID:eYVEH3Vd0
 府蘭「おや?どこに行ったのでしょうか・・・?」


 上里「どうかしたのかい?」


 去鳴「ん〜?何々?」


 府蘭「いえ、盛り付けるためのイチゴが紛失してしまってまして・・・」


 上里「え?無いのかい?」


 シルバークロース「参ったな・・・まだスポンジケーキ台は焼き上がってないが・・・」


 府蘭「無いんでしたら、探すよりも買いに行きますか?」


 去鳴「まぁ、その方が早いんじゃね?シルバー」


 シルバークロース「・・・そうだな。買いに行ってくるか」

 
 上里「あ、ぼくも行こうかな。洗剤が少なくなっていたから」


 去鳴「私も行くわ。シルバーナンパされたら困るっしょ」


 府蘭「>>366




 思えばアクア様と1週間フレンズの藤宮ちゃんが同一だという事実に驚き
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 15:59:42.28 ID:u80kVk7wO
雨宮天さんは演技力幅広いからね
清楚系が多いからアクア様は珍しいタイプなような…

家族総出になっちゃいそうですね
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 15:59:57.29 ID:5H+RNY0VO
な、ナンパ!?
368 :1 [saga]:2020/09/13(日) 16:22:53.74 ID:eYVEH3Vd0
 府蘭「ナ、ナンパ・・・!?」


 去鳴「そっ!鼻の下伸ばしたシルバーなんて見たくないっしょ」


 シルバークロース「おいおい・・・私がそんな風になると思ってるのか?」


 去鳴「ううん?」フルフル


 上里「え?じゃあ、ナンパされても大丈夫なんじゃ・・・」


 府蘭「ただシルバーと一緒に行きたい口実を作りたかったんじゃないですか?」


 去鳴「正解っしょ」HAHAHA


 シルバークロース「そんなことしなくても普通に一緒に行きたいと言えばいいだろう」


 府蘭「・・・では、家族総出になっちゃいますが私も行きましょう」

 
 上里「そうか。じゃあ、鍵は閉めて行こう」


 去鳴「ん?じゃあケーキ焼き上がったらどうするの?」


 シルバークロース「自動的に調節してくれるから問題ないぞ」


 

 
 -第七学区 街道-

 ―♪〜♪♪〜♪〜♪〜


 上里「賑わってるなぁ・・・故郷の方ではこんな光景は見たことないよ」


 去鳴「ね〜、ど田舎で京都だもん。クリスマスなんて無縁だったっしょ」


 府蘭「>>369



 >>366 ね。
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 16:26:11.79 ID:KYIClnzFO
確かにあまり意識したことはなかったですねクリスマス…
370 :1 [saga]:2020/09/13(日) 17:11:44.00 ID:eYVEH3Vd0
 シルバークロース「確かに、あまり意識したことはなかったな。クリスマスは」


 去鳴「あれ?そうなの?」


 上里「シルバーは海外出身だから、国内特有の行事をやってるのかと思ってたよ」


 シルバークロース「まぁ。私の実家は祖国でも変わっていると思うからな」


 シルバークロース「プレゼントは自分で買わせていたくらいだからな」


 府蘭「それは何とも・・・」


 去鳴「お父さんとお母さん冷たくない?」


 シルバークロース「私は当時、それが普通だと思い込んでいたんだ」


 上里「そ、そうなんだ・・・」


 去鳴「ちなみにウチはお婆ちゃんが渡してくれてたよね?」


 上里「うん。サンタさんの格好して・・・」


 上里「何でか必ずトイ・ストーリーのポストカードと一緒にくれてたね」


 シルバークロース「好きだったからじゃないのか?」


 去鳴「いや・・・別に・・・」


 上里「ぼくもだけど・・・>>371
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 17:23:58.13 ID:KYIClnzFO
あれはきっとお婆様なりの子どもたちの好きそうなものだったんじゃないかな…
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 17:24:18.09 ID:u80kVk7wO
アレは取ってあるよ今も
373 :1 [saga]:2020/09/13(日) 17:46:01.96 ID:eYVEH3Vd0
 上里「あれはきっとお婆ちゃんなりに、ぼくらが好きそうなものだと思って」


 上里「一緒に渡してくれてたんじゃないかな」


 去鳴「もちろん大切に持ってるけどね。今も」


 シルバークロース「そうか・・・まぁ、それはいいことだな」


 府蘭「お2人ともお婆ちゃん思いですね」クスッ


 上里「ありがとう」クスッ


 去鳴「ちなみに府蘭はイギリスではどんなクリスマスを過してたの?」


 府蘭「そうですね・・・日本ではイブの24日がメインとなっていますが」


 府蘭「イギリスでは翌日の25日が重要となっていますので然程盛り上がったりしませんね」


 上里「へぇ、そうなんだ」


 シルバークロース「確か、イブの夜に教会へ行ってミサに参加するんだったな」


 府蘭「はい。聖ジョージ大聖堂で聖歌隊の素晴らしい歌声が天井の高い教会内に響き渡たり」


 府蘭「心に染み入るような歌声に、スーッと気持ちが清められていく気がするんです」


 去鳴「>>374
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 17:51:14.58 ID:KYIClnzFO
荘厳ですごいけど緊張するっしょ
家族でこうやって仲良く過ごして過ごす方が私には向いてるかなー
375 :1 [saga]:2020/09/13(日) 17:58:02.18 ID:eYVEH3Vd0
 去鳴「荘厳ですごいけど緊張するっしょ・・・」

 
 府蘭「まぁ、真面目な行事ですからね」

 
 去鳴「家族でこうやって仲良く過ごして過ごす方が私には向いてるかなー」


 シルバークロース「私も同感だな。ミサは行っていなかったものでな」


 府蘭「そうなんですか・・・」


 上里「それで、ミサの続きはあるのかい?」


 府蘭「はい。ミサは9つの教えとクリスマス・キャロルで構成されていて」


 府蘭「1つの教えは司教のお言葉、聖歌隊の歌、そして参列者を含めた合唱を行ないます」


 府蘭「1つの教えが行われるごとに立ったり、膝をついたりと周りに合わせて祈るんです」


 去鳴「うら、面倒くさ・・・どんぐらいやるの?」

 
 府蘭「お教えを仰ぎ、厳粛な雰囲気の中1時間ほど行ないますよ」


 府蘭「最後はクリスマス・キャロルを歌ってミサは終わりです」


 府蘭「その瞬間が私は好きですね。教会内が安堵感で包まれて」


 府蘭「無事に今年もクリスマスを迎えることができた喜と笑顔で溢れますから」


 上里「>>376
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 18:04:37.65 ID:u80kVk7wO
みんなで無事にクリスマスを迎えられたこと、そして次のクリスマスに向けての区切りみたいな感じになるんだね…
いい空気なんだろうなきっと
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 18:05:06.90 ID:KYIClnzFO
家族全員にとって大事なクリスマスか…
いい行事だね
378 :1 [saga]:2020/09/13(日) 18:35:07.62 ID:eYVEH3Vd0
 上里「皆で無事にクリスマスを迎えられたこと、そして次のクリスマスに向けての」


 上里「区切りみたいな感じになるんだね・・・」


 去鳴「とってもいい空気なんだろうね。きっと」クスッ


 シルバークロース「それから、帰ってどうするんだ?」


 府蘭「我が家は、暖炉のまえにサンタクロースとトナカイにあげるための」


 府蘭「チーズとワイン、ニンジンとよく見る長いウールの靴下を寝ます」


 府蘭「両親もプレゼントが欲しいようで置いていましたね」


 上里「そうなんだ。家族全員にとって大事なクリスマスか・・・」


 上里「本当にいい行事なんだね。クリスマスって」クスッ


 府蘭「そして翌日、凄く早起きをして両親も叩き起こします」


 シルバークロース「な、何故なんだ?」 

 
 府蘭「サンタクロースから貰ったプレゼントが早く欲しいからです」


 去鳴「別に親は起こさずに自分だけで開ければいいんじゃ・・・」


 府蘭「そうはいきません。プレゼントを交換しなければいけませんから」


 府蘭「日本と違って一般的にイギリスではプレゼントを交換しますので」


 シルバークロース「>>379
434.31 KB Speed:19.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)