【神様になった日】ひな「お前は本当にイザナミが好きなのか?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/15(日) 22:37:42.22 ID:4f9OVUrc0
陽太「え?どうしたの急に」

ひな「わしがあそこまでお膳立てしたのに告白できんとは…」

ひな「よほどのヘタレでないと有り得んぞ」

陽太「そこまで言う!?」

ひな「貴様は確かに平凡な人間だが、そこまでヘタレではないと見ておる」

ひな「それで何故うまくいかんのか不思議じゃ、わしでも予想つかんとは…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1605447461
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/15(日) 22:40:20.48 ID:4f9OVUrc0
陽太「いや、あの時も言ったけどさ、やっぱりああいうのはズルいかなって」

ひな「手段を選んでられるほど余裕か!?お前は」

陽太「折角お父さんとも向き合えて…」

陽太「やっと昔の伊座並さんに戻ったような気がしたんだ」

陽太「僕はそれだけで満足だよ」


ひな「・・・・・」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/15(日) 22:42:27.46 ID:4f9OVUrc0
ひま「あまーーーーーーーーーーーーーい!!!!!」ドン


陽太「な、なんでそんなに怒ってるの!?」

ひな「お前は男女の付き合いというのがまるでわかっとらん!」

陽太「うん、幼女にそれは言われたくない」


ひな「幼女ではない!わしは全知の神オーディンじゃ!」

陽太「はいはい」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/15(日) 23:33:18.43 ID:4f9OVUrc0
陽太「それで、わかってないってどういう事」

ひな「じつは先日お前が出かけている間に部屋を物色したんじゃが…」

陽太「何してんの!?」

ひな「まぁ見つかったらヤバいアレな本とかもまぁアレじゃな」


陽太「ああああああああああああ!!!!!!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 00:41:46.86 ID:bGvIoCrF0
ひな「とまぁそんなことはどうでもよい」

ひな「問題は…

陽太「問題は…?」






ひな「お前の部屋のゴミ箱がからっぽという事じゃ」

陽太「は?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 07:50:38.22 ID:bGvIoCrF0
ひな「人間というのは好きな人を思っていたしてしまうのだろう?」

陽太「いやそれは一部の人だけよ」

ひな「いやいやそんなことはない、じつはこの間の夜…」

陽太「あ、回想入るんだ」

ひな「あれはわしがトイレに起きた日じゃった…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 10:16:20.49 ID:bGvIoCrF0
ひな「空ちゃんの部屋から何か物音がしたから覗いてみたら…」


ひな「あっ…兄貴ィ…と悶える空ちゃんが…」

陽太「うんできれば聞きたくなかったなそれは」

ひな「でも本心は嬉しいのじゃろう?愛する妹にそこまで想われて…」

陽太「ま、まぁそれはやぶさかではないけど…///」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 13:00:54.10 ID:bGvIoCrF0
バァン!

空「ハァ…ハァ…」

陽太「そ、空…?」


空「違うから!映画でそういうシーン撮ることも今後あるかもしれないから練習してただけだし!」

陽太「そ、そうなんだ…」

ひな「そんな言い訳せんでも素直になればよかろう」ニヤニヤ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 15:04:42.75 ID:bGvIoCrF0
空「そもそもあの時先輩のラーメン屋の割引券3枚あげるから兄貴には黙っててって言ったし!」

ひな「知らん、そんなんで神を怪獣できるとでも思ったのか?」

空「ぐぬぬ…」


陽太「よしよし、これはひなが悪いよなぁ…」ナデナデ

空「な、撫でるなし///」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 19:03:18.01 ID:bGvIoCrF0
空「とにかく!そのことはすぐに忘れるし!お願い!」


バタン


陽太「何だったんだ…」

ひま「話が逸れたが、まぁそういう事じゃ」

陽太「どういう事?」

ひま「お前もイザナミにもっとがっつくくらいいってもいいのではないか?という事じゃ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 19:08:06.00 ID:bGvIoCrF0
ひな「わしが言うのも何じゃが、イザナミはなかなかの肢体じゃろ?」

ひな「妄想も滾るのではないか?」

陽太「そうだね、でも…」

ひな「でも?」

陽太「伊座並さんを僕もいつの間にか、そういう風に見てたんだなって」

陽太「僕にとっては日常の、当たり前の存在だったのに…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 19:13:50.13 ID:bGvIoCrF0
陽太「だから今は。彼女が笑顔で僕の傍にいてくれる」

陽太「それだけで満足かな」

ひな「それを世間ではヘタレというのではないか?」

陽太「うるさいな」


ピンポーン


時子「陽太ー!杏子ちゃんが来てるわよー!」

陽太「え?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 19:17:20.62 ID:bGvIoCrF0
杏子「おはよう成神君、図書館行きましょう」

陽太「ど、どうして迎えに?」

杏子「いけなかった?」

陽太「ぜ、全然いいよ!むしろ大歓迎?」

杏子「そう、それじゃ行きましょうか」

陽太「うん!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 19:18:52.92 ID:bGvIoCrF0
ひな「まったく…あれでただの友達というのか…」

ひな「ま、もうしばらく見守ってやるとするかの」

ひな「そう…」










ひな「世界が終わるまで」


〜おわり〜
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/16(月) 19:19:45.58 ID:bGvIoCrF0
これで終わりです

あの2人はあの距離感でちょうどいいのかもしれない。

そして鈴木君はどう絡んでくるのか…
5.70 KB Speed:0.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)