目が覚めるとあなたは今までの記憶を失っていた

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 21:00:35.77 ID:5NmZARBa0
あなたは混乱しながらも周りの状況を確認した

薄暗い。そこは牢屋であるようだった

あなたは少し考えた後、>>3をすることにした

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1607083235
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 21:03:27.86 ID:hoKFnuQnO
びっくりするほどユートピア
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 21:03:29.48 ID:vWck+BUuO
寝る
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 21:17:28.58 ID:5NmZARBa0
あなたは少し考えた後、寝ることにした

目が覚めてからというもの、何やら頭がぼうっとしていた

固く冷たい床に身を丸めて少し、あなたは寝息を立て始めた…
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 21:21:25.28 ID:5NmZARBa0
「おい! 起きろ!」


乱暴な男の声に、あなたは目覚めた

あなたが目を擦りながら顔を上げると、そこには鍵束を腰に付けた大柄な男が立っていた

どうやらこの牢獄の看守のようだった


看守「検査の時間だ! こっちに来い!」


看守は寝ぼけ眼のあなたを無理やり立たせると、尻を蹴飛ばして牢の外へ連れ出した
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 21:25:04.22 ID:5NmZARBa0
あなたは初めて牢の外に出た

あなたの目覚めた牢の他にも無数の牢が並んでいて、あなたと同じく収容された人間が多くいるようだった


看守「キョロキョロするな! 早く歩け!」


あなたはまた尻を蹴飛ばされるのは嫌だったので素直に看守の言う通りに歩くことにした
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 21:29:53.04 ID:5NmZARBa0
あなたが連れて行かれた場所は、真っ白で何もない部屋だった。わずかに薬品の匂いを感じられる

あなたの背後から、ガチャン、と扉が閉められる音が聞こえた

あなたが部屋に気を取られている隙に、あなたを連れて来た看守は退出してしまったらしい
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 21:33:43.33 ID:5NmZARBa0
あなたが取り残されてしまった部屋には、何ひとつ物が置かれていなかった

辺りを見回すと、壁の内、1面だけ曇りガラスのようになった壁が確認できた

残りの3面は真っ白な壁だった


何もすることが無い

退屈になったあなたは>>10をすることにした
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 21:54:15.45 ID:pWYsI6dr0
壁ドン
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 22:01:50.18 ID:QDtTsz6T0
曇りガラスに何かしら影が映っていないか確認する
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 22:22:19.87 ID:5NmZARBa0
あなたは曇りガラスに顔を近づけて目を見開いた

しかしガラスは変わらず曇ったままだった


何かが映らないかと、あなたは更にガラスに顔を近づけた

ガラスはあなたの顔を反射することさえしなかった


あなたは思い切って、ガラスに顔を押し付けてみた

ひんやりとしたガラスの温度があなたの顔中に広がった

もしこのガラスが透明だったならば、ガラスの向こうから見たあなたの顔はとても面白いことになっていただろう
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 22:26:08.25 ID:5NmZARBa0
あなたが曇りガラスと格闘していると、あなたの頭の上の方から気が抜けたようなプシューという音が聞こえてきた

あなたが慌てて上を見ると、白色の煙のような物が天井から吐き出されていた

あなたは煙から逃げようとしたが、そこは密室。逃げ道など無かった

あなたは煙を吸い、意識が遠のいていくのを感じていた…
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 22:32:19.75 ID:5NmZARBa0
あなたが目を覚ますと、そこは薄暗い牢屋だった

あなたが最初に目覚めた牢屋だった

どうやらあの煙を吸った後、意識を失ったあなたはまたしてもこの牢屋に運び戻されたらしかった

あなたは自分の身に何が起きているのか、何をされているのか、何のために閉じ込められているのか、考えてみても何も思い当たらなかった

何せ、ここで目覚めるまでの記憶すら無いのだ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/04(金) 22:33:20.92 ID:5NmZARBa0
少し考え込んだ後、あなたは>>15をしてみることにした
32.34 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)