モバP「やってしまった…」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/02/04(木) 22:24:53.26 ID:ppbzzZ2x0
兎にも角にも、このガキンチョに己の罪を自覚させねばならない。

「ピンクヘッドクソデカおっぱいさん、貴方何回炎上させれば気が済むんですか?」

「いや、バズらせようと思って…」

何度も聞いた言葉だ。だがこの頭ピンクがバズった試しはない、こいつに現実は見えてないのだろうか。

「貴方にそんなことは無理なんです。無理、できない、これは必然。」

「そ、そんなこと言われたって…」

ピンクが食い下がる、いや、何回も炎上してるくせによくそんなこと言えるな。いくら頑張ったって無理無理カタツムリ。そう思っていた時に、ちひろさんは援護射撃を開始する。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/02/04(木) 23:14:17.97 ID:WIMQNeE90
「あのね、りあむちゃん、貴方は上野動物園のサル山から来たからわかんないんでしょうけど、あなたはもう簡単に炎上するの、ゲームでいうボーダーブレイク勢なの。」

「ガンダム勢ではなく!?」

プロデューサーは、ちひろさんはやはりすごいなぁと思った。あのりあむをファ○ク盗む[ピーーー]しか通じないようなスラム街のギャングのようなボダ勢に例えるとは思わなかったからだ。しかし、ちひろさんはまだ止まらない。

「りあむちゃんはもう、どこその県知事をキレさすようなアホと同じです」

「そ、そんな…」

えげつない、その一言である。みるみるうちにりあむは絶望していった。



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/04(木) 23:35:08.28 ID:OzUe/vYfo
言い過ぎやぞりあむ以外に
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/02/25(木) 23:14:06.45 ID:swbFEuSXO
すごい。さすがちひろさん。

言葉の一撃が違う、彼女の発言を見るたびに、自分の甘さを思い知らされる。ワンパンで自画自賛していた自分が恥ずかしくなる。

「聞いてるんですか?チンパンジーだって聞きますよ!?」

「うう…」

りあむが憔悴しきっている。でも、全く可哀想とは思わない。むしろちひろさんに申し訳なさすら感じるし、応援したくなった。

頑張れ、ちひろさん。

5.97 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)