このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【シャニマス】灯織「それは違います!」【ダンガンロンパ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

413 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/03(水) 00:23:18.11 ID:bQoT/KLs0
>>412
マジですね……中学英語レベルなのに……
学のなさを晒していましたね……
恥ずかしい……!!
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/03(水) 02:58:19.06 ID:H577CVW+0
1章乙です。浅倉の才能は今後の伏線なのかとも思うし、本当に???でも浅倉らしいかなと思います。

2章も楽しみにしてます
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/03(水) 03:20:40.50 ID:Zt5s2s3y0
乙です
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/03(水) 08:17:01.07 ID:t4+Z+3neo
乙乙
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/03/03(水) 11:31:02.59 ID:24JZjlR50
一章乙です
あの優しい真乃が……
418 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/07(日) 19:39:06.29 ID:2e2GeyIj0
3/8月曜日22:00~二章より再開予定です
419 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/07(日) 20:06:00.55 ID:2e2GeyIj0
再開前に自由行動について詳細な部分を確定させたので説明させていただきます。
スキル習得のためには自由行動で信愛度を高める必要があるとは以前も申しあげましたが、
スキルを獲得できるのは『親愛度』が12に到達したときになります。
親愛度は【交流】で選択する際に1上昇、【プレゼントを渡す】ことで0.5上昇。
【良いプレゼント】を渡した時に更に0.5上昇することとします。
つまり最短で六回選択することで信愛度が12に到達し、スキル獲得となるわけです。
学級裁判でたびたびかち合うコンマの壁もスキルがあればなんなく突破できるかもしれません。
親愛度の高いアイドルから優先的に狙ってみるのもよいでしょう。

【現段階での親愛度】
櫻木真乃……1 【DEAD】
八宮めぐる……0
田中摩美々……0
白瀬咲耶……0
幽谷霧子……0
西城樹里……1
杜野凛世……0
園田智代子……1
大崎甘奈……1
大崎甜花……0
和泉愛依……0
浅倉透……0 【DEAD】
樋口円香……0
福丸小糸……1 
市川雛菜……1
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/07(日) 23:40:25.57 ID:NzpfOelyo
了解です
421 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:02:16.54 ID:DKwoH+sK0





スタッフ「はいっそれじゃ収録5秒前ー!5、4、3…………」




422 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:03:07.29 ID:DKwoH+sK0
芸人「赤裸々スタジオー!今日もゲストをお招きして、根掘り葉掘りとことん詳しく聞いちゃいますよー!」

芸人「本日のゲストはこの方!【超高校級のアイドル】、舞園さやかさんでーす!」

舞園「よろしくお願いします!」

芸人「いやぁほんと可愛らしい……これでボクと同じ人間ってのが信じられませんわ」

舞園「ふふっ、そうですね!実は私、宇宙人なんですよ?」

芸人「やっぱり!可愛すぎると思うたわ!」

舞園「もー、冗談ですよー!」

芸人「舞園さんが超高校級のアイドルに選ばれてから結構経ちましたけど、どうです?反響とか」

舞園「ええ……周りの方はそれで改めて評価してくださる機会も増えたので、とても光栄なことだと思っています」

舞園「でも、私のやるべきことはステージの、目の前のお客さんを喜ばせること。これはずっと変わりませんから!」

芸人「はえー立派ですねぇ……流石!アイドル業界ダントツ人気なだけありますわ!」
423 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:03:38.16 ID:DKwoH+sK0

芸人「もう他のアイドルなんか目じゃないでしょ?」

舞園「そんなこと……同世代でも私よりももっとすごいアイドルの子なんてたくさんいますよ!」

芸人「ないない!そんなわけない!」

舞園「もー!本当ですよ!最近は他のアイドル事務所もメキメキ力をつけてるんですから!」

芸人「えー?」

舞園「【283プロ】の方々なんか、ご一緒した時に圧倒されちゃって……!みなさんすごい熱意を持ってるんです」

芸人「283……イルミネとかか、確かに最近人気よね」

舞園「彼女たちは、自分の芯にしっかりとした希望を持っているんです。だから折れないし、常に磨かれ続ける……まさにアイドルの鑑ですよ」

芸人「舞園さんがそこまで言うか……」

舞園「はい、彼女たちから……次の超高校級のアイドルが出ますよ!間違いないです!」

芸人「おっ、言い切った!」

舞園「私、未来が見えるんです」

芸人「おいおい今のアイドルは超能力も身につけてんのか!」

舞園「ふふっ、冗談ですよ」
424 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:04:15.42 ID:DKwoH+sK0
-------------------------------------------------

CHAPTER02

存在証明を、この悲鳴を、或いは絶望を

(非)日常編

-------------------------------------------------
425 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:05:13.74 ID:DKwoH+sK0
【灯織の部屋】

裁判終了後は努めて明るく振舞っていたけれど、部屋に入るなり我慢していた感情が一気にあふれ出し、枯れるまで泣いた翌朝。
気が付けば夜時間の終わりを告げるチャイムが鳴る。

灯織「朝礼……いかないと」

個室の扉を開ける時ですら、どうしても真乃のことが頭をよぎる。
ここに来てからの数日間、毎朝一緒に食堂に行っていたのに……

(いやいや!センチメンタルになっていてばかりじゃダメ!)

顔を両手でパン、と叩いて無理やり元気を引き出す。
裁判場で大見栄切ったのは私。こんなところで止まってちゃダメだよね。

(……こういうとき、いつもならめぐるが勇気づけてくれるんだけどな)

今日はめぐるのモーニングコールもない。
めぐるも思うところがあるんだろうし、そっとしておこう。
426 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:06:04.57 ID:DKwoH+sK0
【食堂】

咲耶「やあ、灯織」

灯織「おはようございます……」

咲耶「昨日は……寝れなかったみたいだね」

灯織「……はい、真乃のためにも頑張らなくちゃいけないんですけどね」

咲耶「大丈夫、私たちがついているんだ。そう気負わなくていいよ」


出迎えてくれた咲耶さん。
いつものようにふるまってはいたものの、さすがに元気がないことが伝わってくる。


灯織「みんな辛いだろうに、こんなに早くから集まって……私も負けてられませんね」

樹里「おいおい、灯織が言ったんだろ?二人との絆をアタシたちで守り続けるって」

灯織「……うん、必ず」

灯織「……あれ?」


そこでようやく食堂の違和感に気が付いた。
いつもなら、私やめぐる、そして今は亡き真乃が着く頃には咲耶さんと霧子さん、樹里と凛世が待っているはずなのに……


灯織「……どうして?」
427 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:07:50.85 ID:DKwoH+sK0

小糸「お、おはようございます……」


その場所には、福丸さんの姿があった。


灯織「福丸さん……?」

小糸「あ、あの……き、今日から早めに朝礼に参加したいなって……ご、ごめんなさい!」

灯織「あ、謝らなくても!」

咲耶「しかし驚いたね……昨日までは透と円香、雛菜と四人で同時に来ていたよね?」

小糸「……ぁ……あう……すみません」

咲耶「いやいや、むしろ歓迎さ。小糸とこんなに早くから会えたなら、一日を気持ちよく走り出せそうだよ」

霧子「小糸ちゃん、来てくれて……嬉しいな……」

(昨日の事件、裁判……それを経たことで福丸さんの中で、何かが変わったのかな……?)

灯織「福丸さん、その……昨日の事件で、何か思うところが……?」

小糸「ぴぇっ……あ、その……」

灯織「あ、いえ!すみません、言葉足らずで……えっと……」

小糸「いえ…………あの、ええっと……と、透ちゃんが……し、し、死んじゃったから……」
428 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:09:36.39 ID:DKwoH+sK0
小糸「わたし、わたし……みんながいなくてもやっていかなくちゃって……いつまでも、わたしを守ってくれる人を頼りにしてちゃ、いけないんだって……」

小糸「わたしの力で円香ちゃんと雛菜ちゃんを守りたいから!な、なーんて……」

樹里「小糸……へへっ、知らなかったよ。小糸がそこまで強いなんてな」

小糸「ぴゃっ?!わ、わ、わたしが……つよい……?」

樹里「昨日の事件で誰よりも深い傷を負ったのは円香に雛菜に小糸だ。それなのに、アタシなんかよりよっぽど前を向いてるんだもんな」

小糸「……え、えへへ……」

樹里「……よしっ!負けてらんねえな!」

樹里「アタシみんな呼んでくる!朝礼はしっかり全員でやらねーとな!」


福丸さんの強さ、勇気に焚きつけられてか樹里は食堂からとび出していった。遠くに樹里のパワフルな叫びが聞こえる。


霧子「小糸ちゃん、ありがとう……小糸ちゃんの希望で、みんなが前を向ける……小糸ちゃんは、おひさまみたい……!」

小糸「お、おひさま……」

凛世「一人一人の希望はたとえ小さくとも……その希望が集えば、いずれ闇を掃う光明にもなることでしょう……」

(そうだ。真乃の死も、浅倉さんの死も決して無駄になんかならない。私たちが前に進むための力になるんだ)

429 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:11:12.92 ID:DKwoH+sK0

福丸さんの姿からそんな教訓をかみしめていると、樹里が他のみんなを引き連れて戻ってきた。


樹里「おしっ!それじゃあ朝礼始めるぞ!」

智代子「うぅ……樹里ちゃん、もうちょっと優しく起こしてよ……」

円香「……」

めぐる「灯織、おはよう」

灯織「めぐる……大丈夫?」

めぐる「……うん!大丈夫、真乃と約束したから!」

モノクマ「うんうん、みんな早起きで感心感心!」

小糸「ぴゃっ?!」

灯織「も、モノクマ……!」

摩美々「何か用ですかぁ?」

樹里「よく顔出せたもんだな、おい」

モノクマ「うぅ……女子高生とは思えない剣幕に正直ブルっちまいそうだぜ」

モノクマ「でもオレは負けないんだぜ!なぜなら届けたい情報があるからなんだぜ!」

円香「……情報?」

モノクマ「皆さんは、この合宿生活はどこかせま苦しいな、あと一フロアでも行ける範囲が広ければ開放感があるのになぁ……」

モノクマ「そんな風に感じたことはありませんか?」

愛依「いやいやどこの通販だし……」
430 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:14:01.00 ID:DKwoH+sK0

モノクマ「そんなかゆいところに手の届かないあなたに!新エリアを開放いたしました!」

灯織「新エリア……?」

モノクマ「これまで行けなかったところを一部ボクの裁量で開放しておきました!」

霧子「これまで行けなかったところ……学校エリアの二階、とかかな?」

甘奈「二階って廊下の突き当りの階段?!」

愛依「あっこの階段が使えるようになんの?!」

摩美々「そういえばここに来る途中、お風呂と倉庫の封鎖が解かれてるのを見た気がしますー」

霧子「お風呂……みんなで一緒に、入れるかな……?」

智代子「倉庫……新しいお菓子とか、無いかな?!」

モノクマ「百聞は一見に如かず、ぜひ一度お立ち寄りください!」

甜花「行っちゃった……」

雛菜「本当に今の情報を伝えるためだけだったみたいですねー」

甘奈「……どうしよっか」

樹里「行くしかねーだろ、そりゃ」

凛世「はい、一階にはなかった手掛かりが見つかるやもしれません……」

めぐる「うん!それじゃあまた、探索だね!」

咲耶「ああ、今日は一日探索にあてて、夕食会で情報共有を行おうか」

小糸「は……はい!」
431 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:15:34.33 ID:DKwoH+sK0

円香「…………」

樹里「お、おい円香!」

円香「……何?探索、行くんでしょ?」

樹里「あ、いや……夕食会も、できれば来てほしいからさ、頼む」

円香「…………」


返事をしないまま、樋口さんは食堂を後にした。


愛依「やっぱまだ割り切れない系みたいだね……」

小糸「ま、円香ちゃん……昨日の裁判以降まだわたしとも話相手にすらなってくれなくて……」

雛菜「円香先輩、ちょっと心配ですよね〜」

咲耶「すぐにどうこう何かするようなことはないと思うけれど、観察はしておいた方がいいかもしれないね」

摩美々「真乃が透を殺したこと、まだ呑み込めてないみたいだよねー」

灯織「……はい、致し方ないですが」

小糸「あ、あの……わたし、円香ちゃんのところに行ってきます!……せ、せ、説得……頑張ってみます!」

樹里「お、おい小糸……!……行っちまった」

霧子「小糸ちゃん……張り切りすぎないか、心配……」

樹里「雛菜、小糸たちのこと頼めるか?」

雛菜「……まあ、雛菜がやるしかないですよねー」


市川さんは渋々といった感じで福丸さんの後を追った。


432 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:17:00.27 ID:DKwoH+sK0

智代子「……私たちもそろそろ行こっか!」

めぐる「うん!頑張ろう!」

咲耶「探索する場所は寄宿舎エリアの倉庫、浴場、学校エリアの二階だったね」

凛世「はい……確認しに参りましょう……」

智代子「まだ見ぬお菓子を求めて……!」

甘奈「甜花ちゃん、甘奈たちも行こ?」

甜花「今日も一日、がんばるぞい……!」

こうして私たちは、新エリアとやらの探索を開始した。

-------------------------------------------------
【探索について】
今章より探索時にモノクマメダルが回収できるようになります。
場所指定の安価と同時にコンマを判定し、末尾の数字と同じ枚数だけモノクマメダルが獲得できます。
-------------------------------------------------

めぐる「灯織、どこから行こっか?」

灯織「うん、はじめは……」

めぐる「灯織、どこから行こっか?」

灯織「うん、はじめは……」

-------------------------------------------------
1.【学校エリア2F】図書室
2.【学校エリア2F】プール
3.【寄宿舎エリア1F】倉庫
4.【寄宿舎エリア1F】大浴場

↓1
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 22:18:55.69 ID:oAzTcjsM0
3
434 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:21:46.11 ID:DKwoH+sK0
3 選択

【寄宿舎エリア 倉庫】

寄宿舎の二階は封鎖されたままだけど、その階段の手前、倉庫は解放されていた。
さっきの食堂の話でも出たとおり、多分既にチョコが……

智代子「あっ灯織ちゃんだ!」

いた。しかも両手に何か箱を持っている。

灯織「それ……何持ってるの?」

智代子「え?!あー、えへへ……これ、私が外の世界で大好きだったチョコ菓子なんだよね」

めぐる「え?!なになに!?見せて見せて!」

智代子「えへへ……こちら、普段ならセーブしちゃうからそんなにいっぱい食べれないんだけど、ここなら夏葉ちゃんがいないから……!」

(夏葉さんが聞いたらチョコ用のジャージをすぐさま持ってきそうな話だ……)

智代子「……うう……でも、夏葉ちゃんを裏切るわけにはいかないし……うう……」

(謎の葛藤を始めてしまった)

【コンマ69】

【モノクマメダル9枚獲得しました!】

【現在のモノクマメダル…43枚】

-------------------------------------------------
1.【学校エリア2F】図書室
2.【学校エリア2F】プール
3.(選択不可)【寄宿舎エリア1F】倉庫 
4.【寄宿舎エリア1F】大浴場

↓1
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 22:22:43.90 ID:6xsiukgE0
2
436 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:26:55.14 ID:DKwoH+sK0
2 選択

【更衣室前】

円香「……」

(……樋口さん!?)


二階階段上がってすぐの扉を開くと、仏頂面の樋口さんが待ち構えていた。


灯織「ひ、樋口さんも調査中ですか……?」

円香「……」

灯織「あの、その……」

円香「……はぁ」

円香「別に灯織が謝る必要はないから」

円香「いくら謝っても透は帰ってこない、そっちも。罪を雪いだところで真乃も帰ってこない、そうでしょ?」

灯織「それはそうですが……」

円香「真乃のことを許すことはない。けどそれだからって残った人間にもどうこうとかは無いから」


そういった樋口さんの口元には力がこもっていて。
必死に何かをかみつぶそうとしているように見えた。
自分自身の感情と向き合うのに、私以上の葛藤をしている、そんな風に思える。


めぐる「灯織、わたしたちはわたしたちのやるべきことをやろうよ」

灯織「うん、そうだね……」


樋口さんとも、以前のように話せる日がきっとまた来る。
今はそれを信じるしかない。


【コンマ90】

【末尾0は10として扱います】

【モノクマメダル10枚を獲得しました!】

【現在のモノクマメダル…53枚】

437 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:27:52.00 ID:DKwoH+sK0

【更衣室の扉】


灯織「トイレと同じく……一応男女には別れてるんだね」

めぐる「もともと希望ヶ峰学園は共学だったってことだよね!」

灯織「にしても……」

(この扉の真ん前のいかついマシンガンは一体……?!)

モノクマ「はぁ……はぁ……」

めぐる「出た!モノクマ!」

モノクマ「はぁ……はぁ……ぶっぱなしてえ……マシンガンを、ぶっぱなしてえよぉ……」

めぐる「わわ!ダメだよ!ぜったい!」

モノクマ「はぁ……はぁ……このマシンガンは、神罰のガトリング……」

モノクマ「性別を無視して更衣室に入る不埒な輩のみを裁くんだ……だから抑えろ、抑えるんだパトス……」

灯織「消えた……」

めぐる「ぽかーんだね」

灯織「要は更衣室の性別は守れ……ってことだよね」

めぐる「心配しなくても男子の方には入らないよー!」

灯織「電子生徒手帳を使って入室するみたいだね。行ってみようか」

めぐる「うん!」

438 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:31:23.79 ID:DKwoH+sK0

【女子更衣室】

プールの前の部屋……ここで更衣をしろってことなのかな?
更衣目的に加えてトレーニングルームとしての利用もできそうな部屋。
ダンベルとか腹筋マシーンとか……夏葉さんがいれば喜んだのかな。

めぐる「灯織みて!ポスターが貼ってあるよ?」

灯織「ポスター……?」


めぐるが指さした先には男性アイドルのポスターが。
トレーニング中に眺めろとでも言いたいんだろうか。


灯織「見たことあるアイドルグループだね……たしか元先生のユニットアイドルじゃなかったっけ?」

めぐる「灯織、詳しいんだね」

灯織「い、いや別に!お仕事でいつかご一緒する機会もあるかと思って、下調べをしていただけで!」

めぐる「ふふふ、さすがだね!準備はいつでも万全ってところかな?」

灯織「もう……めぐる、からかわないで」

439 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:33:54.74 ID:DKwoH+sK0

【プール】

めぐる「すっごーい!プールめちゃくちゃ広―い!」


めぐるの興奮も納得の規模のプール。
25mのコースはもちろんのこと、横幅も広くとられていて、それこそ記録会の一つや二つぐらいいつでも開けそう。


めぐる「灯織!プールだよ!プール!」

灯織「め、めぐる……わかったからそんなにはしゃがないで……」

めぐる「いい?灯織、水泳は全身を使う運動なんだよ!」

めぐる「そして運動をすると気持ちを前向きにする物質が作られる……つまり、水泳をすれば全身ポジティブになるんだよ!」


目をらんらんと輝かせてる……
エネルギッシュなめぐるだもん、少しでも発散先が増えるなら喜ばしいことなんだろう。


めぐる「今度灯織も一緒に泳ごうよ!」

灯織「……うん、せっかくだし一緒に泳ごうか」

めぐる「やったー!どうしようかな、10000mメドレーとか、どうかな……?」

(……やっぱり、やめようかな)

-------------------------------------------------

(さて、次はどこを調べよう)

1.【学校エリア2F】図書室
2.(選択不可)【学校エリア2F】プール
3.(選択不可)【寄宿舎エリア1F】倉庫 
4.【寄宿舎エリア1F】大浴場

↓1

440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 22:35:38.33 ID:oAzTcjsM0
1
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 22:36:26.87 ID:Dy+HDmOf0
>>438のポスターはMドル?Mわからんからわからへん…
442 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:38:06.42 ID:DKwoH+sK0
【図書室】

凛世「…………!!」

凛世「樹里さん……!!こちら、こちらの一冊は……!!」

樹里「お、おう……すげーのか、それ?」

凛世「すげーでございます……いえ、すげーで済まぬほど……国立図書館で禁帯出になっていたはずの一冊……!」

凛世「蔵書のラインナップが、超すげーのでございます……!」


図書室に入るなり目に入ったのは、本棚を嘗め回すように確かめては目をらんらんと輝かせる凛世の姿。
一緒に調査をしているだろう樹里の袖を引いてあちらこちらへと動き回っている。

-------------------------------------------------
【本棚】


私の背丈の倍近くありそうな本棚。
端から端までギチギチに詰まった本の数々が目を引く。
……全部読むってなったら何年かかるんだろう。


灯織「素人目に見ても本の数はすごいかも……」

めぐる「うわぁ……文庫本から図鑑まで、すごいいっぱいあるよ!」

樹里「……漫画とかはないみたいだな」

めぐる「みたいだねー、学校の図書館だしね!」

灯織「学校の図書館なら、戦時中に裸足で奮闘した少年の漫画とかあってもおかしくないけど……そういうのもなさそう」

樹里「っておい!凛世気をつけろ!梯子を使うなら先に言えって!アタシが支えるから!」

凛世「ああ……!これは、『磯の香りの消えぬ間に』……!凛世にとっても、思い出の一冊でございます……!」

樹里「へー、面白いのか?それ」

凛世「恋愛文学に革命を引き起こしたともされる一冊でございます……樹里さん、ぜひ一度ご覧になってみては……?」

樹里「凛世がそこまで言うなら……読んでみるか」

-------------------------------------------------

【コンマ33】

【モノクマメダルを3枚獲得しました!】

【現在のモノクマメダル…56枚】
443 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:40:41.61 ID:DKwoH+sK0

【ノートパソコン】


めぐる「あれ?受付コーナーに置いてあるこれって、パソコンだよね?」

灯織「……パソコン?!パソコンなら何か使える情報とかあるかも!?」


インターネットを使えば外部の情報も手に入るかも!
そう思いかじりつくようにパソコンの前に座ったけど……


灯織「……ダメだ」

めぐる「電源はつくけど、壊れてるみたいだね……」

樹里「あ、アタシが壊したんじゃねーからな?!」

灯織「ふふっ、樹里焦りすぎ」

めぐる「大丈夫だよ!」

樹里「お、おう……下手に触って壊すのが、怖くてオチオチ触れねーからな……」

凛世「樹里さんに代わって凛世が調べましたが、きーぼーども反応している様子すらございませんでした……」

(まあそりゃそう簡単に情報を渡したりしないよね……)

-------------------------------------------------

【書庫】

灯織「けほっ!けほっ!狭いうえに埃っぽい……!」

めぐる「この部屋も本がいっぱいだけど、図書室の本棚と何か違うのかな……?」

灯織「あんまり長居はしたくないね……一冊だけ手に取って様子見たら出よう……!」

そう言ってすぐそこにあった一冊を手に取った。

灯織「ええっと……?……『世界の殺人鬼図鑑』」

めぐる「これ、モノクマの趣味なのかな……?」

(……最悪の気分)
-------------------------------------------------

(よし、あとはあそこだけだね……)

【選択肢が最後の一つとなったので、残った探索先の大浴場へ向かいます】

【コンマ判定でモノクマメダル獲得枚数の判定を行います】

↓1
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 22:44:29.09 ID:6xsiukgE0
ぴゃ
445 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:46:31.81 ID:DKwoH+sK0
【大浴場】


寄宿舎エリア、食堂と向かい合う形で設けられているエリアが開放されていた。
これまでは自分の個室でシャワーだけだったけど、ここでなら足を広げて入浴できるのかな?


摩美々「灯織とめぐるじゃーん、早速お風呂―?」

灯織「い、いえ……とりあえずは調査を……」

霧子「お風呂はすごく広くて、気持ちよさそうだったよ……」

めぐる「わー!せっかくだしみんなで一緒に入ったりしたいね!」

咲耶「浴場奥にはサウナもあった……汗を流すこともできるようだよ」

灯織「無駄に充実した設備ですね……」

摩美々「ま、お風呂もいい発見なんだけどさー」

摩美々「この部屋だけの特徴、あるみたいだよねー」

(この部屋だけの特徴……?)

めぐる「あっ!この脱衣所、カメラがないよ!」

灯織「えっ……ほんとだ!監視カメラがない!」

咲耶「どこまで信用していいものかはわからないけど、黒幕の目が他の場所よりは届きにくいつくりになっているようだ」

霧子「なにか、使えるかもしれないね……!」

(監視カメラのない部屋、か……何か隠すときに使えるかもしれない……!)

-------------------------------------------------

【コンマ09】

【モノクマメダル9枚を獲得しました!】

【現在のモノクマメダル…65枚】


(さて、調査はこんなものかな)
446 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:48:08.29 ID:DKwoH+sK0

【食堂】

咲耶「さて、いつもの報告会だね。どうだろう、大きな発見はあったかな?」

甘奈「脱出の決め手になるようなものはなかったね……」

甜花「あぅ……二階も、窓は全部鉄板がついてた……」

摩美々「まぁそんな簡単な話なわけないよねー」

凛世「図書室には数え切れぬほどの蔵書がございました……」

樹里「凛世いわく掘り出し物もたくさんあったってよ」

小糸「そ、そういえば……ノートパソコンも置いてありましたよね!」

凛世「はい、ですが……壊れて使い物にならず……」

摩美々「樹里、今時のパソコンは精密だから叩くとかえってよくなかったりするんだよー」

樹里「ちげーよ!アタシが壊したんじゃなくて元から壊れてたんだよ!」

めぐる「二階にはプールがあったから、運動できるよ!今度みんなで一緒に泳ごうよ!」

愛依「おっ!いいじゃんいいじゃん!泳ごう泳ごう!」

霧子「愛依ちゃん……その、脱臼がまだ完治してないから……」

愛依「あー……ごめんね!マッハで治すから!」
447 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:49:21.89 ID:DKwoH+sK0

智代子「倉庫にはお菓子以外にも生活用品・日用品があったから……学校生活の助けになりそうだったね!」

霧子「うん……!救急グッズとか、お薬もいくつか数があったよ……」

咲耶「有事の際には霧子を頼るといいよ」

樹里「倉庫といえばよ、なんか箱が二、三個持ち出されたみたいな痕があったんだけど、誰か知らねーか?」

智代子「え?あー……モノクマもうっかりだなー、ハハ……」

(あの後結局お菓子を持ち去ったのか……)

摩美々「新しく解放された大浴場、使い勝手は良さそうだから一度行ってみたらいいと思いますよー」

甘奈「やった☆こっち来てからシャワーだけだったから、お風呂に入りたかったんだよねー!」

甜花「にへへ……お風呂、楽しみ……」

めぐる「奥にはサウナもあったんだよね!」

咲耶「フフ、サウナでみんなでデトックスというのも乙なものじゃないかな?」

摩美々「ふふー、それもいいですねー」

灯織「摩美々さん、脱衣所の……」

摩美々「灯織―?」

灯織「……あっ」

(大浴場、その前の脱衣所には監視カメラが無かったこと……は監視カメラのある食堂で共有はできないよね)

448 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:50:41.48 ID:DKwoH+sK0

咲耶「残念ながら、脱出の糸口は見つからなかった……」

摩美々「ま、元から期待してなかったけどねー」

咲耶「しかし、気を落とすことはない。私たちの間には絆があるから、ね」

灯織「……!そうですね、諦めなければ必ず道は開けるはずです!」

めぐる「うんうん!落ち込んでる暇はないよー!」

小糸「……は、はい!明日からも……が、が、頑張りましょう!」

愛依「……おっし、そんじゃもうちょいで夜時間だし……早速、お風呂とかどうよ!」

咲耶「フフ、大浴場で決起集会……といったところかな?」

摩美々「えー、準備とかしてないんですけどー」

愛依「まあまあ!ゼンは急げっていうじゃん!」

摩美々「それ、使い方あってるー?」
449 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:51:38.02 ID:DKwoH+sK0

円香「……」

愛依「……ほーら、円香ちゃんも!」

円香「……私も?」

愛依「いいじゃんいいじゃん!せっかくだしさ!」

雛菜「円香先輩、どうする〜?」

円香「……はぁ、わかった。行く。行くからその手離して」

愛依「あっ、ごめん!重かった?!」

円香「重かった、いろんな意味で」

愛依「……どゆこと?」

円香「……はぁ」

智代子「そうだ、凛世ちゃん!お風呂上りに着物を着るわけにもいかないから、倉庫にあったジャージを着るといいよ!」

凛世「智代子さん……ご忠告、痛み入ります……」

めぐる「よーし、それじゃあ後でみんな大浴場に集合だね!」

(みんなでお風呂、か……こんな状況下ではあるけど、合宿生活らしい催しで気分が高揚しちゃうな)

450 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:53:15.36 ID:DKwoH+sK0

【大浴場】

愛依「うーわ咲耶ちゃんマジでスタイルお化けだわー……」

咲耶「ふふっ……そうマジマジと見られると流石に照れてしまうね」

摩美々「そういう愛依もスタイルえげつないですけどねー」

霧子「摩美々ちゃんも、素敵だよ……!」

摩美々「霧子も肌白いしスレンダーですごいよね、スキンケア何使ってるのー?」

小糸「……ぁ……ぁぁ……」

円香「……小糸には小糸の魅力があるから」

雛菜「小糸ちゃ〜ん、ここの浴槽深いよ〜?一緒に泳ご〜?」

小糸「だ、ダメだよ雛菜ちゃん!」

灯織「やっぱりみんなスタイルに気を使ってるんだろうな……私ももっと食生活を見直すべきかもしれない」

灯織「ここに来てから炭水化物の摂取量が多いような気はしていたし、明日からはお茶碗に盛る量も……」

めぐる「灯織―!何考え込んでるの?せっかくのお風呂なんだしリラーックスリラーックス!」

灯織「め、めぐる……めぐるは普段何を食べてるの……?」

めぐる「へ?何って……普通だけど?」

樹里「かぁ〜……やっぱり湯船は格別だよな〜……」

智代子「ふふふ、樹里ちゃんお父さんみたいになってるよ!」

樹里「しょうがねえだろ……あー、最高……」

凛世「はい……極楽、です……♪」

甘奈「痒いところはございますかー?」

甜花「大丈夫、です……!」

甘奈「はーい☆次はお背中流しますねー?」

甜花「にへへ……あ……くすぐったい……なーちゃん……!ふふ……!」

甘奈「ほれほれー!」

甜花「もう……次は甜花の番……なーちゃんを、天国に連れて行ってあげるからね……!」
451 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:55:19.65 ID:DKwoH+sK0

【灯織の部屋】

キーン、コーン…カーン、コーン

モノクマ『えー、校内放送でーす。午後10時になりました。ただいまより、“夜時間”になります。間もなく、食堂はドアをロックされますので、立ち入り禁止となりま〜す』

モノクマ『ではでは、いい夢を。おやすみなさい…』

みんなで入ったお風呂は最高に気持ちよくて、最高に楽しいひと時だった。
この学園に来てから、ここまでの満足感、幸福感を味わえたのは初めて。
冷え切った心が、だんだんと溶かされていくような、体の芯からあったまる感覚。

そう、私たちは仲間なんだ。
同じ夢を追いかけた仲間たち。信頼しあえる仲間たち。コロシアイなんかに屈しない仲間たち。
この絆がある限り、私たちは大丈夫。

(……よし、明日からも頑張ろう!)

ベッドに横になる。
体がまるでベッドにとろけていくような心地よさ。

この日私は、この学校に来て以来一番の熟睡をした。


452 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:57:29.61 ID:DKwoH+sK0
___

_____

_______

キーン、コーン…カーン、コーン

モノクマ『オマエラ、おはようございます!朝です、7時になりました!起床時間ですよ〜!さぁて、今日も張り切っていきましょう〜!』

これまでで一番すっきりとした目覚め。もちろん問題は山積みだけど、私たちの中に感じる確かな絆が前向きな気持ちにさせてくれる。

(よし、まずは朝礼!)

私は颯爽として個室を後にした。

-------------------------------------------------

【食堂】

小糸「お、おはようございます!」

灯織「福丸さん!おはようございます!」


今日も福丸さんは私より先に食堂についていた。
ずっと内向的な側面ばかり見て来た福丸さんが、こうやって自分から変わろうと努力しているさまは見ていて私も力がもらえる……


小糸「円香ちゃんと雛菜ちゃんにも一緒に来てほしいんですけど……ふ、二人とも起きる時間がばらばらだから……」

咲耶「フフ、それでも結局二人しっかり参加はしてくれるから気に病むことはないよ」

めぐる「うんうん!みんな八時までに来てくれるからね!」

小糸「え、えへへ……」


このコロシアイ合宿生活のおかげで親しくなったって言うのは語弊があるけど、結束は深まったんじゃないかな。


今日の朝礼も何事もなく終わり……自分の部屋に戻った。
453 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 22:59:03.13 ID:DKwoH+sK0

【灯織の部屋】

(まだ時間はあるな……せっかくだし他の誰かと過ごそうかな?)

【自由時間開始】

灯織「さて、どうしようかな……」

-------------------------------------------------
1.購買でモノモノマシーンに挑戦する(現在モノクマメダル65枚)
2.交流 (人物指定安価)
3.休憩

↓1
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:00:20.00 ID:6xsiukgE0
1
455 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 23:07:54.11 ID:DKwoH+sK0

【購買】

(よし、モノクマメダルもだいぶ溜まったし、ここでアイテムを集めておくのはありだよね)

(なにか実用的なものが手に入ればいいけど……)

-------------------------------------------------
ここでアナウンスです。
探索でのコンマ数値が思った以上にはねたので枚数が過多気味になってしまいました。

そこで購買での選択肢に次回更新時より【自動販売機】を追加しようと思います。
モノクマメダルを数十枚単位で消費することにより、強力な効果を持ったアイテムを入手できるように調整します。
プレゼントとは別枠ではたらく、スキル的なものとお考え下さい。

-------------------------------------------------

(さて、どれぐらい回そうかな?)

【モノクマメダルを何枚消費するか安価で指定してください】

【消費した枚数分だけコンマ判定を行い、番号に応じたアイテムが獲得できます】

↓1
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:11:45.19 ID:oAzTcjsM0
15
457 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 23:13:34.49 ID:DKwoH+sK0

【モノクマメダルを15枚消費します】

【現在のモノクマメダル…50枚】

【直下より15回のコンマ判定を行います】

【消費した枚数分だけコンマ判定を行い、番号に応じたアイテムが獲得できます】

↓1~15 ※連投OKです
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:13:54.18 ID:6xsiukgE0
ふふー
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:15:41.59 ID:oAzTcjsM0
やあー
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:15:56.70 ID:6xsiukgE0
おー
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:16:30.59 ID:oAzTcjsM0
てー
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:17:07.32 ID:6xsiukgE0
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:17:22.68 ID:Dy+HDmOf0
ガチャが、ガチャが回せるゥゥ
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:17:39.93 ID:6xsiukgE0
もうダブってて草
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:17:50.17 ID:oAzTcjsM0
びゃ
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:19:17.94 ID:6xsiukgE0
ていやー!
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:19:34.66 ID:oAzTcjsM0
せいやー
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:21:50.79 ID:6xsiukgE0
11連目?
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:22:10.67 ID:oAzTcjsM0
もうちょい
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:23:49.13 ID:6xsiukgE0
25って書き込むのやめといてよかった
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:24:32.49 ID:oAzTcjsM0
15でも結構多かったかも
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:26:55.22 ID:Dy+HDmOf0
15連目GET
473 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 23:34:45.86 ID:DKwoH+sK0
【これくらいのお弁当】
【永遠のミサンガ】
【色恋沙汰リング】
【スカラベのブローチ】
【新品のサラシ】
【斬鉄剣】
【アンティークドール】
【アンティークドール】
【ミレニアム懸賞問題】
【携帯ゲーム機】
【プロジェクトゾンビ】
【超技林】
【水笛】
【無銘の巾着】
【ジャスティスV変身ベルト】
を獲得しました!

-------------------------------------------------

93.無銘の巾着
〔だれが作ったのかも不明の巾着。ほとんど値段もつかぬほどの商品だが、よく似た特徴の品がオークションに出た際にはすさまじい金額の金が飛び交ったとの噂がある〕

-------------------------------------------------

94.ジャスティスV変身ベルト
〔戦隊ヒーロージャスティスファイブの人気グッズ。刺したカードリッジによって返信の時の効果音とボイスが変わる(カートリッジは別売り)。〕

-------------------------------------------------

灯織「わわっ、すごいいっぱい出てきちゃった……」

灯織「なんだか見覚えのある品もあるし……これならプレゼントにも使えるかも?」

-------------------------------------------------

【灯織の部屋】

(まだ今日は時間があるな……)

灯織「さて、どうしようかな……」

-------------------------------------------------
1.購買でモノモノマシーンに挑戦する(現在モノクマメダル50枚)
2.交流 (人物指定安価)
3.休憩

↓1
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:35:10.19 ID:oAzTcjsM0
2 小糸
475 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 23:37:07.73 ID:DKwoH+sK0

2 小糸選択
476 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 23:41:45.22 ID:DKwoH+sK0
途中送信すみません……

2 小糸選択

【図書室】

灯織「あ、福丸さん……こんにちは」

小糸「え、あ……こ、こんにちは!」

(福丸さん……挨拶の返しはいつも通りたどたどしいけど、前とは違って目を見て返してくれるようになった)

(前回の事件を経て福丸さんの中には確かな変化があったんだ)

小糸「あ、あの……その、もしよかったら、一緒に……なにか」

灯織「……!はい、ぜひ!」

小糸「……!!わぁ、よかった!そ、それじゃあこっちでき、気になった本があるんですけど……!」


福丸さんと同じ本を読んで過ごした……

-------------------------------------------------
プレゼントを渡しますか?

現在
【これくらいのお弁当】
【永遠のミサンガ】
【色恋沙汰リング】
【スカラベのブローチ】
【新品のサラシ】
【斬鉄剣】
【アンティークドール】
【アンティークドール】
【ミレニアム懸賞問題】
【携帯ゲーム機】
【プロジェクトゾンビ】
【超技林】
【水笛】
【無銘の巾着】
【ジャスティスV変身ベルト】
を所持しています。

1.渡す(プレゼントを一つ選択)
2.渡さない

↓1
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:48:40.69 ID:6xsiukgE0
1【ミレニアム懸賞問題】
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:48:53.80 ID:oAzTcjsM0
1 永遠のミサンガ
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/08(月) 23:53:13.11 ID:Dy+HDmOf0
あれ、壊れかけのレイディオだかなんだか持ってなかったっけ?
480 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/08(月) 23:58:10.38 ID:DKwoH+sK0

【ミレニアム懸賞問題】を渡した……

小糸「これは……?」

灯織「いまだ世界中の誰も解いたことのない難問、みたいです。解いたら多額の報酬がもらえるみたいですよ!」

小糸「へ、へぇ……そうなんだ……」

灯織「どうでしょう、福丸さんは聡明ですし、もしかして……」

小糸「い、いやいや!わ、わたし、さすがにこんな問題に手が届くほどじゃないから……えっと、その……ごめんなさい!」

灯織「さ、流石にそうですよね……」

小糸「……」

灯織「福丸さん?そ、そんなに眺めてどうしたんですか?」

小糸「や、やっぱり無理そうです……」

(解こうとはしたんだ……)

-------------------------------------------------

小糸「ご、ごめんなさい!」

灯織「え、ええっ?!と、突然どうしたんですか?!」

小糸「あ、あの……円香ちゃんに、みんなと一緒に仲良くしてもらえるよう頼んでるんですけど……なかなかうまくいかなくて……」

(ああ、そういえば福丸さんは事件の翌日からずっと樋口さんにつきっきりで私たちとの仲を取り持ってくれようとしているんだった)

灯織「い、いえ……仕方ないですよ、私たちは恨まれて当然だとも思いますから」

小糸「ち、違うんです!円香ちゃんは皆さんを恨んだりなんか……えっと、その……」

小糸「今はまだ、気持ちの整理に時間がかかるってだけで……恨みとか、そういうのじゃ……」

灯織「福丸さん……」

小糸「だから、か、か、風野さんたちも……円香ちゃんを、悪く思わないで挙げて下さい……!」

灯織「そ、それはもちろんです!はい!」

灯織「私たちはみんな仲間なんですから……樋口さんだけ邪険にするなんて無いですよ、大丈夫です」

小糸「え、えへへ……!」

小糸「わたし、頑張りますね!絶対円香ちゃんが皆さんとしっかりお話できるようにしてみせますから!」


1.福丸さん、ありがとうございます
2.今度私も一緒について行ってもいいですか?
3.自由安価

↓1
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/09(火) 00:05:56.97 ID:yrd3PexC0
1
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/09(火) 00:06:06.17 ID:1IJrTbT20
1
483 :時間的に次の自由行動を選択したら終了します ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/09(火) 00:11:34.34 ID:jRx96E3t0
>>479
【昭和ラジオ】が完全に抜け落ちてましたね……すみません
もしも小糸に今回で渡したい方がいらっしゃったなら申し訳ないです、次回以降でお願いします!

-------------------------------------------------

1 選択

灯織「福丸さん、ありがとうございます」

小糸「ぴぇっ?!」

灯織「私たちからは何もできないですから……福丸さんのおかげですごく助かってるんです」

灯織「霧子さんも言ってましたが、福丸さんのおかげで私たちはみんな勇気づけられてるところもあるんですよ」

小糸「そ、そんな……えへ、えへへ……」

灯織「今度私たちからなにかお礼でもさせてもらえたらと……」

小糸「お、お礼……?!」

灯織「はい、何がいいでしょうか……福丸さんの好きな料理があればぜひ……」

小糸「そ、そんな大丈夫ですって!」

灯織「いや、料理を私がふるまったところで福丸さんの舌に合うかどうか……」

小糸「え、え……?」

灯織「何か形として残るものを渡した方がいいのかな?」

小糸「か、風野さん……?」

灯織「それなら金額としてはどれくらいがいいのかな、あんまり高額なものを渡して気を使わせてはいけないし……」

小糸「ぴゃっ……」

【親愛度が上昇しました!】

【福丸小糸の現在の信愛度…2.5】


484 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/09(火) 00:13:39.92 ID:jRx96E3t0

(福丸さんと福丸さんにするお礼について考えて過ごした……)

【灯織の部屋】

(さて、もう少しぐらいは行動する時間があるかな?)

-------------------------------------------------
1.購買でモノモノマシーンに挑戦する(現在モノクマメダル50枚)
 ※次回更新時には【自動販売機】も追加予定
2.交流 (人物指定安価)
3.休憩

↓1
485 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/09(火) 00:19:58.84 ID:jRx96E3t0
すみません、もう時間的に厳しくなってきたのでここで中断します

先ほども述べた通り、次回までに購買で一度にメダルを複数枚消費することで入手可能なアイテムを【自動販売機】の枠で考えておきます。
今回の安価選択で購買を選んでいたら次回開始時に即時【自動販売機】でアイテム購入も可能なようにする予定です。
安価を出して終わっておくので選択いただけたら幸いです。

まだ数日準備期間を頂きます、それではおやすみなさい……


-------------------------------------------------
【灯織の部屋】

(さて、もう少しぐらいは行動する時間があるかな?)

-------------------------------------------------
1.購買でモノモノマシーンに挑戦する(現在モノクマメダル50枚)
 ※次回更新時には【自動販売機】も追加予定
2.交流 (人物指定安価)
3.休憩

↓1
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/09(火) 00:22:52.14 ID:1IJrTbT20
2.樹里
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/09(火) 00:33:09.08 ID:yrd3PexC0
乙です
最近の楽しみです
次回を心待ちにしております
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/09(火) 18:48:08.72 ID:Qt7A4T9xo
乙乙
489 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/10(水) 22:02:36.78 ID:sN9EQLQu0
明日22:00より自由行動で樹里を選択したところより再開します
自動販売機で購入できるアイテムも大体決まりました。
490 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/11(木) 18:59:52.94 ID:LfSvCBkB0
すみません、宣言しておいてなんですが体調を崩してしまったので今日は見送らせてください…
体調が一日で治れば明日、ダメだったらさらにその翌日に持ち越させていただきます…
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/11(木) 19:14:42.92 ID:ONNsMGaQo
了解です
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/11(木) 19:28:57.02 ID:QtVRwMSxo
御自愛下さい
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/11(木) 20:52:00.47 ID:4eXua/xQ0
お大事にしてください
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/11(木) 22:40:00.88 ID:zhWUpbwE0
把握です。お大事になさってください
495 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 18:05:01.42 ID:czw+ipLf0
体調がだいぶ落ち着いたので本日21:00より再開します
よろしくお願いします
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 18:07:28.79 ID:YCpgnFqno
了解
無理はなさらず
497 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 21:01:25.55 ID:czw+ipLf0
完全に自己管理の怠慢さからの発熱でしたが、温かい言葉ありがとうございました
以後気を付けます…

-------------------------------------------------
2 樹里選択

【女子更衣室】

灯織「樹里、トレーニング中?」

樹里「おー、灯織。まあな、こうも室内にいると体がなまっちまうからな」

樹里「出た時に夏葉に小言言われたらたまんねーしな」

灯織「樹里なら心配ないんじゃない?」

樹里「まあどこぞのチョコアイドルよりは心配はないけどな」

-------------------------------------------------
プレゼントを渡しますか?

現在
【これくらいのお弁当】
【永遠のミサンガ】
【色恋沙汰リング】
【スカラベのブローチ】
【新品のサラシ】
【斬鉄剣】
【昭和ラジオ】
【アンティークドール】
【アンティークドール】
【携帯ゲーム機】
【プロジェクトゾンビ】
【超技林】
【水笛】
【無銘の巾着】
【ジャスティスV変身ベルト】
を所持しています。

1.渡す(プレゼントを一つ選択)
2.渡さない

↓1
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 21:03:26.11 ID:mO1gBNi00
1 【これくらいのお弁当】
499 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 21:11:49.58 ID:czw+ipLf0

【これくらいのお弁当】を渡した……

灯織「樹里、これ購買のガチャガチャから手に入れたんだけど……」

樹里「ん?なんだ?……弁当、か?」

灯織「ほ、ほら、樹里って料理とか割とやるイメージだから何かに使えたりしないかなって……」

樹里「んー?……へー、結構これ凝ってんだな」

灯織「え?」

樹里「肉類を一切使わずにこのボリューム、案外気使って作られてるみたいだぜ?」

灯織「ほんとだ……すごい」

樹里「ありがとな、灯織。ちょっと参考にしてみる、明日からの朝ご飯期待してくれていいからよ!」

灯織「え、そ、そんなつもりじゃ……」

樹里「ははは、いいんだよ。アタシが勝手に閃いただけだからな。ナイスチョイスだぜ、灯織!」

【PERFECT COMMUNICATION】

【親愛度がいつもより多めに上昇します】

-------------------------------------------------

樹里「灯織、大丈夫か?」

灯織「え……?」

樹里「いや、その……みんなの前ではああは言っても、やっぱり気になってんじゃねーかなって」

(樹里……こそばゆそうにしながらも私のことを気遣ってくれてる)

(樹里が言ってるのは多分、真乃の事……)

灯織「うん、大丈夫。心配してくれてありがとう」

樹里「……ほんとか?ほんとだよな?」

灯織「もう、樹里……心配しすぎだよ」

樹里「嘘ついてたら許さないからな!」

灯織「え、えぇ……」

樹里「あのな、アタシたちは今生き残りをかけた敵同士なんかじゃねー」

樹里「"生き残る"って共通の目的を持った仲間だ。その中で嘘とか隠し事とかは絶対ダメだからな」

灯織「樹里……」

1.樹里も辛いときは隠したりなんかしちゃだめだよ
2.樹里は心配性だね
3.自由安価

↓1
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 21:17:32.17 ID:gYTSXSS40
1
501 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 21:31:52.54 ID:czw+ipLf0

1 選択

灯織「だから、樹里も辛いときは隠したりなんかしちゃだめだよ」

樹里「……へへ、なんか前も似たようなことあったよな」

灯織「あれ、そうだった、かな」

樹里「あんときは事件が起きる前。……灯織、その時と同じこと言ってるぜ」

灯織「ええっ?!ご、ごめん!!」

樹里「だから謝んなって。アタシは灯織の事信頼してるんだからさ。遠慮なく頼らせてもらうぜ」

灯織「う、うん!どんとこい!」

樹里「ははっ、なんだよそれ」

灯織「うぅ……」

樹里「……あのさ、アタシには何かできなかったことはないのか、真乃と透をどうにか止める方法はなかったのか」

樹里「そんぐらいにはアタシも悩んでんだ」

灯織「樹里……」

樹里「……嘆いても仕方ないってのによ」

灯織「……ううん、そんなことない」

樹里「灯織……?」

灯織「樹里が後悔してるってことは、ずっと二人のことを想い続けてるってことだから……」

灯織「えっと、言葉にするのは難しいんだけど、すぐに諦めたり気持ちを切り替えたりすることが必ずしもいいってわけではなくて……」

灯織「思い悩む時間こそが大きな意味を持つときもありやなしや……」

樹里「……ああ、そうだよな」

灯織「頼って、って言ったのに口下手でごめん……」

樹里「だー!だから謝んなくていいって、アタシが勝手に相談したんだから!」

樹里「それに、灯織もアタシと同じこと考えてんだってわかっただけでうれしいよ」

灯織「樹里……」

樹里「また、相談に乗ってくれよな。今日はありがとう、じゃあな!」

(私でも相談に乗ることができた、のかな……)

【親愛度が上昇しました!】

【西城樹里の現在の親愛度…3.0】

-------------------------------------------------

【スキル:一番星の魔法を発動できます】

【モノクマメダルを10枚消費することにより、本日の自由行動をもう一度だけ追加することができます】

【現在のモノクマメダル 50枚】

【スキル:一番星の魔法】を使用しますか?
↓1
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 21:34:19.86 ID:mO1gBNi00
使う
503 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 21:37:08.75 ID:czw+ipLf0

【スキル:一番星の魔法を使用しました】

【現在のモノクマメダル…40枚】

-------------------------------------------------
【灯織の部屋】

(樹里からも今回は少し本音を聞けたし、私も成長してるのかな)

(……うん、絶対にみんなで生きて帰るんだもの)

(私も強くならないと……!)

(さて、もう少しぐらいは行動する時間があるかな?)

-------------------------------------------------
1.購買に行ってモノモノマシーンか自動販売機を使う(現在モノクマメダル40枚)
2.交流 (人物指定安価)
3.休憩

↓1
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 21:52:59.35 ID:gYTSXSS40
2.摩美々
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 21:53:03.08 ID:mO1gBNi00
2 小糸
15分経ったので申し訳無いですが投稿します
506 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 21:57:30.01 ID:czw+ipLf0

2 摩美々選択

【図書室】

灯織「摩美々さん……?」

摩美々「灯織じゃーん、読書ー?」

(摩美々さんが図書室にいるとは……)

(根はまじめな方だし、案外そういう趣向があるのかな……)

灯織「ええ、何か外の世界の手掛かりになるものでもあればと思い……」

摩美々「それじゃここ座りなよー、今面白い本見付けたんだよねー」

灯織「え、ええ……それじゃあご一緒させていただきます……」

摩美々「……座らないのー?」

灯織「な、なにか仕掛けてませんよね……?」

摩美々「ヒドー、何もしてませんよ?」

(摩美々さんにブーブークッションでからかわれて過ごした……)

-------------------------------------------------
プレゼントを渡しますか?

現在
【永遠のミサンガ】
【色恋沙汰リング】
【スカラベのブローチ】
【新品のサラシ】
【斬鉄剣】
【昭和ラジオ】
【アンティークドール】
【アンティークドール】
【ミレニアム懸賞問題】
【携帯ゲーム機】
【プロジェクトゾンビ】
【超技林】
【水笛】
【無銘の巾着】
【ジャスティスV変身ベルト】
を所持しています。

1.渡す(プレゼントを一つ選択)
2.渡さない

↓1
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 21:58:21.76 ID:mO1gBNi00
1【プロジェクトゾンビ】
508 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 22:14:37.29 ID:czw+ipLf0

【プロジェクトゾンビ】を渡した……

灯織「摩美々さん、こういうのお好きじゃないですか?」

摩美々「んー?……ひぃっ?!」

灯織「摩美々さん方アンティーカのゴシックな感じと似たりしていませんか?」

摩美々「いや、灯織……悪気はないんだろうケド、ちょっとこれはロックが過ぎるんじゃない……?」

灯織「え、ええっ?!あ、その!すみません!」

摩美々「……別に大丈夫だよ、パッケージもよく見たらイカしてるじゃーん」

(驚かせてしまったかな……?)

-------------------------------------------------

(摩美々さん……前回の事件で真相にたどり着く最後の証拠)

(『ネイルチップ』のもともとの持ち主……)

(真乃のことについて、一度話をしておきたかった)

灯織「摩美々さん……」

摩美々「あれー?……今日はいつになく真面目な顔だね」

灯織「ええ……その……」

摩美々「真乃のコト、だよね?」

灯織「お気づきでしたか……」

摩美々「そりゃね、灯織に真乃を指名させようとしたわけだし」

(そう、前回の裁判で摩美々さんは真相にただひとり最初っから気づいていた)

(そのうえで私自身に、私の手で謎を解かせるという選択をした)

灯織「……どうして、だったんですか?」

摩美々「んー?」

灯織「……どうして摩美々さんははじめっから真実を語らなかったんですか?」

摩美々「灯織が解かなきゃあの事件は意味がなかったでしょ?」

灯織「……」

1.私を試したってことですか?
2.真乃の気持ちに摩美々さんは気づいていたんですか?
3.自由

↓1
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/13(土) 22:21:30.47 ID:gYTSXSS40
2
510 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 22:32:15.95 ID:czw+ipLf0

2 選択

灯織「真乃の気持ちに摩美々さんは気づいていたんですか?」

摩美々「さあ、どうでしょうかねー」

灯織「さあって……」

摩美々「私にわかってたのは事件の顛末だけ……でも、この謎を解くべきなのは"田中摩美々"じゃないってことはわかったんだよねー」

灯織「……そういう、ものなのでしょうか」

摩美々「私たちは誰もまだ、この合宿生活に適応できてない、わかってない未知の段階だからちゃんとステップは踏まないとー」

灯織「……よく、わかりません」

摩美々「事件の謎にはそれぞれ意味があって、それに気づくべき人がいるんだよ」

摩美々「そうじゃなきゃ、真乃も灯織もめぐるも、みーんな本音は隠したまま、だったんじゃない?」

灯織「そういう、ものでしょうか……」

摩美々「消化不良だっただろうし、それこそ円香に真乃は刺されてたかもねー」

灯織「……!」

摩美々「小糸があの時動けたのも真乃の想いを引き継いだからだって、摩美々は解釈してるんですケド」

灯織「福丸さんは、確かに事件の前後で大きく変わりました……」

摩美々「それが全てなんじゃないですかー?」

灯織「摩美々さんは、お強いんですね」

摩美々「別にー?やるしかないから、やってるっていうかー?」

灯織「それができるだけ、強い心を持っていらっしゃると思います」

摩美々「……ふぁぁぁぁ。眠くなっちゃいました、じゃあねー」

灯織「えっ?!ま、摩美々さん?!急にどうして?!」

(行ってしまった……)

(摩美々さん……相変わらず真意の読みづらい人だ)

【親愛度が上昇しました!】

【田中摩美々の現在の親愛度…1.5】
511 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 22:34:45.72 ID:czw+ipLf0

【灯織の部屋】

(昨日は広々とした浴槽に疲れたおかげで熟睡できたし……)

(今日もまだ時間があるから、お風呂に行こうかな)

(せ、せっかくだしめぐるも誘って……)


-------------------------------------------------
【めぐるの個室前】


インターホンを鳴らすとものの数秒で扉が開いた。


めぐる「はいはーい!何か用ですかー?……あれ、灯織?どうしたの?」

灯織「めぐる、せ、せっかくだから……お風呂一緒にどうかな?」

めぐる「わあ!うんうん!いいよ、一緒に入ろう!ちょっと待ってて……準備してくるから!」


案の定めぐるは快諾。そのまま風呂支度をしに部屋の奥へと走っていった。
……怪我しなきゃいいけど。


甘奈「あれ?灯織ちゃん……どうしたの?」


めぐるを待っているとそこに大崎姉妹がやってきた。
甘奈と甜花さんの手にはちょうど入浴具が万全の状態で抱えられている。


灯織「あ、今めぐると一緒にお風呂に入ろうかって話をしてて……せっかくだし、甘奈と甜花さんも一緒に……ど、どうかな?」

甘奈「もちろんオッケーだよ☆」

甜花「うん、風野さん……一緒に、入ろう……!」

めぐる「灯織お待たせー!……あれ?甘奈に甜花?」

灯織「あ、うん……二人も一緒にお風呂に入ろうって話に成ったんだけど……いいかな?」

めぐる「もちろん!一緒に行こう!」
512 : ◆zbOQ645F4s [saga]:2021/03/13(土) 22:36:14.92 ID:czw+ipLf0
___

_____

_______


【食堂】


お風呂あがり、まだ夜時間にはなっていないこともあり食堂であったかい飲み物を淹れることにした。
リラックスして寝るのには、気持ちを落ち着かせるのが一番だから。


甜花「気持ちよかった……にへへ……」

甘奈「うん!大浴場が解禁されてホントに良かったね☆」

灯織「甜花さんもホットミルクで良いですか?」

甜花「え!あ、うん……ありがとう……」

めぐる「コロシアイ合宿生活自体は嫌だけどこうやってみんなでのんびりするのは好きだなぁ〜」

甘奈「ねー、もともとの合宿に行けてたらこんな感じだったのかなー?」

ホットミルク片手にのんべんだらりとしていたら、食堂の扉が開いた。

円香「……あれ」

めぐる「円香!どうしたの?」

円香「……いや、眠れないから。これでも飲もうかと」


652.51 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)