佐久間まゆ「ドッキリ企画を成功させますよぉ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:30:31.61 ID:GHHQ9EKz0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です。



---ある日、事務所にて



モバP(以下P)「ただいま戻りましたー」

ちひろ「お帰りなさい。どうでしたか?」

P「上々です。まゆは居ますか?」

ちひろ「まゆちゃんなら、さっきレッスンから戻ってきてましたよ。休憩室じゃないですか?」

まゆ「ここにいますよぉ」ヌルリ

P「うわ! 机の下か!」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1615703431
2 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:31:53.63 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「うわ、って…。ひどいですよぉ。傷ついちゃいます」

P「ごめんごめん。森久保といい輝子といい、机の下好きだなほんと。寒くないのか?」

まゆ「まゆ達、アンダーザデスクですから。それに床暖房が効いてるから平気です♪」

P「えっ……そんなのあったっけ?」

ちひろ「この前導入したんです。まゆちゃん達を寒がらせる訳にはいきませんから」

P「知らなかった…そんなの」

ちひろ「プロデューサーさんも使っていいんですよ?」

P「マジかよやったぜ! これでこっ寒い日も事務仕事が捗るってもんだ!」

ちひろ「1時間250ジュエル」

P「ガッデム! んなこったろうと思ったぜ!」
3 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:32:55.89 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「それで、まゆに何かご用ですか?」

P「おおそうだ。あんなデーモンに構ってる場合じゃない」

ちひろ「あ?」

P「まゆに新しいお仕事だ! ドリームアウェイのユニットで!」

まゆ「まあ! 日菜子ちゃんと一緒のお仕事、楽しみです♪」

P「街の人にインタビューして恋の悩みを解決をするって特番で、二人にはインタビュアーをやってもらう」

まゆ「まゆ達が、恋のお悩み相談…?」

P「そう。この前のユニットソングのMVが好評でさ。ドリームアウェイらしい、あんな感じの雰囲気でさ」
4 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:34:27.16 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「なるほど…。ドキドキするお話がたくさん聞けそうな、素敵な企画ですね」

P「そう言ってくれると嬉しいよ。詳しいことはまた日菜子と一緒の時に話すからな」



P「……っと、そろそろ会議の時間か」

ちひろ「あら、私もそれ出席しなきゃ。そろそろ行きますか」

P「はい。んじゃまゆ。すぐ戻るから、少しだけ留守番頼む」

まゆ「はぁい♪ 頑張ってください♪」

ちひろ「それじゃまゆちゃん、宜しくね」

まゆ「はい♪」



ガチャッ バタン
5 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:35:06.04 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(うふふ♪ 久しぶりに日菜子ちゃんとお仕事、それも恋のお悩み解決なんて、とっても楽しみ!)

まゆ(流石プロデューサーさん、いつだってまゆが笑顔になれるお仕事をまゆたちに持ってきてくれます)

まゆ(そんなプロデューサーさんだから、まゆは100%信じられるんですよぉ)
6 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:35:39.12 ID:GHHQ9EKz0



バサッ!

まゆ「あら?」

まゆ(いけない。プロデューサーさんの机にある書類が、風で飛ばされてしまいました)

まゆ(窓を閉めておきましょう)ガラッ

まゆ(あれは……さっきプロデューサーさんが持ってきた書類。今度の企画書でしょうか?)
7 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:36:28.67 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(あんまり勝手に見ないほうが良いんでしょうけど、まとめて机に戻しておくくらいなら……)チラッ






企画書『佐久間まゆドッキリ企画 仕掛人:喜多日菜子』






まゆ(……こ)



まゆ(これ、私が見ちゃ絶対だめなやつですよぉ……!!!!)
8 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:37:18.36 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「えっ? ド、ドッキリ? さっきの企画が?」

まゆ「しかも仕掛人が日菜子ちゃん?」

まゆ「佐久間まゆドッキリ企画って、日菜子ちゃんが私に内緒で」

まゆ「私をびっくりさせる企画ってことですよね?」

まゆ「それってつまり」

まゆ「佐久間まゆドッキリ企画ってことですかぁ!?」(混乱中)
9 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:38:26.93 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(これは…大変なものを見てしまいました…!)

まゆ(ドッキリ企画ということは、当然騙されるまゆはその事を知らない前提…)

まゆ(まゆがこれを見てしまったのは、プロデューサーさんにとって計算外の出来事のはず)

まゆ(それならこんな大事な書類を机の上にポンッと置かないでくださいよぉ!!)

まゆ(それに、なぁ〜にがドリームアウェイらしい特番ですか! まゆを騙すつもりでしたねぇ!)

まゆ(ぽんこつプロデューサーさん! いちぱーせんとも信用なりませんよぉ!)



<コマリマスヨネ、キュウナリスケナンテ…ネェプロデューサーサン

<イヤーシャチョウガカゼヒイタンジャショウガナイデショ



まゆ「!!」

まゆ(プ、プロデューサーさん達が戻ってきます!)

まゆ(と、とりあえずこの書類は元あったように戻さなきゃ!)シュババ
10 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:39:12.29 ID:GHHQ9EKz0
ちひろ「ただいま戻りましたー…あら?」

P「ただいまー……何やってんだまゆ? 俺の机のそばで変なポーズ取って」

まゆ「あ、いや、その、これはその、ヨガです」

P「随分独創的なポーズだな……ん?」



机の上の企画書「I'm here」



P「あっ!!」バッ

まゆ「!?」
11 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:40:09.83 ID:GHHQ9EKz0
P「あ、あの、ま、マヨさん?」

まゆ「ま、まゆですよぉ」

P「もしかしてだけど、机の上にあった書類……見た?」

まゆ「しょ、書類ですか? 見てませんよ?」

P「ほ、ほんとにほんとか? 全く見てない? 一ミリも?」

まゆ「は、はい。一ミリも見ていませんよ? そ、そんなに大事な書類なんですかぁ?」

P「え!? い、いや? 別に? 昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わりない平穏な書類だけど?」

まゆ「そ、そうですかぁ。 何か気になるので、見せて貰ってもいいですかぁ?」

P「え!? そ、それはできないかな! ほらこの書類ほら、今すぐ届けなきゃならないからさ!」

まゆ「は、はぁ」

P「じゃちょっと俺この書類を届けてくるから、また後でな!」シュバッ

まゆ「は、はぁい! お気をつけて!」



ガチャッバタン ドタドタドタ……



ちひろ「……何だったんでしょう? なんか妙に慌ててましたけど」

まゆ「さ、さぁ……?」
12 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:41:41.58 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(あの反応……やはりまゆには内緒で進める企画だったんですね…!)



まゆ(つまり、まゆが既にドッキリである事を知っていたり)

まゆ(日菜子ちゃんが繰り出すドッキリにリアクションが取れなければ)

まゆ(「この企画つまんねーな。数字取れねーだろ」という評価に繋がり)

まゆ(せっかくのドリームアウェイの特番がお蔵入りなんてことに……!?)
13 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:42:07.63 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(これはまゆの女優力に賭けて……)



まゆ(日菜子ちゃんにバレないよう、全力でドッキリに引っかからなければなりません…!)



まゆ(まゆ、やってまりますよぉ……!)ゴゴゴゴ
14 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:42:57.62 ID:GHHQ9EKz0
---同時刻 事務所外






P「はぁ、はぁ」



P「ここまで走ってくれば大丈夫だろ」ピポパポ

P「もしもしちひろさん? まゆどんな感じですか?」

ちひろ『あのリアクションじゃ聞くまでも無いでしょうに』

P「ハハハ、そっすね。窓も閉まってたし」






P・ちひろ「計画通り」ニタリ
15 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:43:23.58 ID:GHHQ9EKz0
---------

------

---
16 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:43:52.69 ID:GHHQ9EKz0
---ドッキリ特番撮影当日、撮影現場



まゆ「佐久間まゆと」

日菜子「喜多日菜子の」



まゆ・日菜子「「恋のお悩み相談室〜〜!」」チャーララー



まゆ「この番組は、私たちドリームアウェイの二人が」

日菜子「街を行く人の恋のお悩みを解決する、恋のキューピットになっちゃう番組です♪」
17 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:45:07.70 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「どんなキュンキュンするお悩みが聞けるか、今から楽しみです♪」

日菜子「むふ、最後にはギュッとして、チュッとするような展開もあったり? むふふぅ〜♪」

まゆ「それでは、早速恋に悩む相談者を見つけに」

日菜子「れっつごーですよぉ〜!」



<ハイカットー

<イドウジュンビシマース



まゆ「ふぅ、日菜子ちゃん、今日は頑張りましょうね♪」

日菜子「はい♪ あ、すみません。スタッフさんに呼ばれてたんでした。ちょっと待っててくださいね」

まゆ「はい♪」






まゆ(……よし)
18 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:45:40.44 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(滑り出しは順調です)

まゆ(あの後、何事も無かったように日菜子ちゃんと打合せを重ね)

まゆ(何も知らないまゆを完璧に演じ続けました)

まゆ(プロデューサーさんも、まゆが企画書を見てしまったなんてことは夢にも思わないでしょう)



まゆ(この番組……頭脳派のまゆが完璧にこなし)

まゆ(ドリームアウェイのお仕事を成功させてみせますよぉ!)
19 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:46:32.20 ID:GHHQ9EKz0
---同時刻、別室モニタールーム






乃々「どうも皆さん……もりくぼですけど……」

輝子「どうも……星輝子だ……フヒ」



乃々「ここはまゆさん達がいる撮影現場からほど近い別室スタジオ……」

輝子「カメラを通じて…まゆさん達の様子はここからモニターしてるぞ……」
20 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:48:37.63 ID:GHHQ9EKz0
乃々「この番組は……ドリームアウェイによる恋のお悩み相談室……」

輝子「に見せかけた……まゆさんドッキリ番組……」



乃々「……ということを、ウッカリを装ってまゆさんにバラしておくと」

輝子「まゆさんはドッキリにどんなリアクションを取るのか? という」

乃々「二重ドッキリ番組ですけど……」
21 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:51:28.34 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「むふ♪ こんにちは、喜多日菜子です♪」

輝子「今日は、仕掛人よろしく頼むぞ……」

日菜子「はい♪ がんばります♪」



乃々「それでは日菜子さん、ランデブーポイントへどうぞ……」

日菜子「は〜い♪ よろしくおねがいします〜♪」トコトコ

輝子(ボノノさん……この前のお仕事でだいぶ亜希さんの影響受けたみたいだな……)
22 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:51:56.07 ID:GHHQ9EKz0
---同時刻、撮影現場



スタッフ「この通りを歩いてもらって、基本、人選はお二人に任すんで、悩んでそうな方に声をかけてください」

まゆ「はい、分かりました」

日菜子「まゆさん、お待たせです〜。それじゃ行きましょうか」

まゆ「はい。行きましょう、日菜子ちゃん」



スタッフ「それじゃ、カメラ回しまーす」






まゆ「……はい、それではここ原宿で、恋に悩む人を探していきますよぉ」

日菜子「むふふ、最初の相談者さんはどこでしょう〜?」
23 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:52:35.63 ID:GHHQ9EKz0
<ワイワイキャッキャ

日菜子「ふむ、あそこにいる女の子達に声をかけてみましょうか」



まゆ「すみませ〜ん」

女子A「はい……え!? 佐久間まゆちゃん!?」

女子B「うわ! 喜多日菜子ちゃんも! 本物だ!」






別室の輝子「フヒ…順調だな…」

別室の乃々「あの二人は仕込みでも何でもなく、一般の方ですね…」

別室の輝子「最初はまぁ、真面目にやらないとな…」
24 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:53:21.69 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「わぁ〜!日菜子達のこと知ってるんですね! ありがとうございます♪」

まゆ「今、ドリームアウェイの二人が、恋のお悩み相談に乗ります、って企画で、インタビューをしてるんです」

日菜子「何か恋のお悩み、ありませんか?」

女子A「えっと、何でもいいんですか?」

まゆ「はい♪」



女子A「えっと…実は私、同じ高校に通ってる男の子が好きで、今片思い中なんです」

日菜子「まぁ〜! むふふ♪」

女子A「でも、その子が大学は海外の大学にスポーツ推薦を受けるみたいなんです」
25 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:53:57.57 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「スポーツ推薦……運動部の方なんですね」

女子B「はい。その子は野球部のキャプテンで、将来はメジャーリーガーになるのが夢だそうで」

日菜子「ということは、その方にとっても大チャンスなんですね」

女子A「私は運動苦手だし、彼と同じ大学には到底行けそうもなくて…でも、彼の夢は応援してあげたくて」

まゆ「それは、止められないですね……」

女子A「今、変に告白して、彼の負担になりたくないし、思いを伝えるべきなのかなって、ずっと悩んでるんです」

日菜子「うーん…確かに、悩んじゃいますねぇ……」






輝子「思ったより…ガチ相談だな…」

乃々「そりゃそういう企画ですから……」

輝子「ちなみにこれ、ボノノさんなら何て答える?」

乃々「早めに全てを諦めた方が楽ですけど…って答えますね……」

輝子(ボノノさんがあの場に居なくて本当に良かった……)
26 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:54:50.71 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(大好きな人が遠くに行ってしまう……そしてそれを応援したい時の気持ち……)

まゆ(プロデューサーさんが、夢を叶える為に海外に赴任したとしたら…まゆは……)



まゆ「まゆなら……どんな障害があっても、大好きな人を支えることを諦めないと思います」

女子A「支えること…?」

まゆ「はい。その方も、海外で一人挑戦することは大変で、心細いと思うんです」

まゆ「そんな時こそ、夢を叶える為に、そばで支えてあげたい」

女子A「まゆちゃん…」

まゆ「一緒についていくのが難しいなら、メールでも電話でも、今なら何だって繋がれます。心の支えにはなってあげられます」
27 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:55:29.01 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「彼の夢を応援してあげる為にも、まずは思いを伝えなくちゃ、って、まゆは思います」

女子B「まゆちゃん……!」

女子A「うん…ありがとう! 勇気湧いてきた!」

まゆ「うふ♪ 良かったです。ふぁいと、ですよぉ」

女子A「うん!」






乃々「茶化すのが心苦しいくらい、普通に良いアドバイスですね……」

輝子「まぁ……まゆさんも現在進行系で恋する乙女だからな……」

乃々「プロデューサーさんが海外に行ったら……絶対についていきそうですもんね……」

輝子「月に行ったとしてもついていくだろうな……」
28 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:56:03.80 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「離れ離れになった王子様とお姫様が、再会を誓ってお手紙で愛を綴る…」

日菜子「むふぅ〜♪ それもステキですよぉ♪」

女子A「あはは! うん! お姫様になれるように、頑張る!」



日菜子「ステキなお話、ありがとうございました♪」

女子A「こちらこそ!二人共、ばいばい!」

まゆ「はぁい♪ ありがとうございました♪」
29 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 15:56:40.47 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「いやぁ〜、早速キュンキュンするお話が聞けましたねぇ♪」

まゆ「うふふ、そうですね」






まゆ(その後も、撮影は順調に続いて)



まゆ(…正直、いつドッキリされるんでしょう?ってビクビクしてましたが)



まゆ(なんだか普通……。もしかして、ドッキリは別の企画だったのかな?)
30 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:00:46.80 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「むふ♪ 次はあの子達に話しかけてみましょうか」

まゆ(日菜子ちゃん…ということはやっぱり……)

まゆ(あの子達が……変装した仕掛人!)

日菜子「もしも〜し、今少しお時間良いですか〜?」






加蓮(フル変装)「はい、大丈夫ですよ」

智絵里(フル変装)「ど、どうしましたか?」

美穂(フル変装)「え? わぁ! ドリームアウェイの二人だ!」
31 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:01:38.68 ID:GHHQ9EKz0
李衣菜(タキシード仮面の仮面)「うわ〜! 本物のアイドル! 超ロックじゃん!」



まゆ(隠せて!!!!!!!ない!!!!!!)






乃々「り、李衣菜さんっ……ンフッ、フフッ……ww」

輝子「隠す気…ウフッ…ww無い…ングッwwww」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/14(日) 16:01:57.77 ID:8EYyghxDO
バレバレやん
33 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:02:39.26 ID:GHHQ9EKz0
まゆ(加蓮ちゃん達はウィッグや眼鏡で完璧な変装です)

まゆ(正直、李衣菜ちゃんが居なければ皆だって分からなかったかもしれないです)

まゆ(なのに李衣菜ちゃん、何で目元に仮面付けてるだけなんですかぁ!!)



まゆ(あ、Masque:Radeだからマスクをしてるんですね♪ なっとく♪)

まゆ(するわけありませんよぉ!!)



日菜子「えへへ〜、今ですねぇ、私達二人が街の人の恋のお悩み相談に乗ります、って企画をしてまして〜」

まゆ(えッ!?!? これ気づいてない体で進めるんですか!?)

加蓮「へえ、面白そうですね。相談に乗ってもらったら?」

美穂「私は今、そういう話は無いかな」

智絵里「わ、私も…無い…です」

李衣菜「あ、じゃあじゃあ! 私が相談乗ってもらってもいいですか!?」

日菜子「ぜひぜひ〜! ……あれ、まゆさん、どうしました? 何か気になることでも……?」

まゆ「い、いえ……!」

まゆ(気になることしか無いですよぉ…!)
34 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:03:30.72 ID:GHHQ9EKz0
李衣菜「実は私、三度の飯よりロックが大好きなんですけど」

まゆ(今の格好は決してロックでは…いや、李衣菜ちゃん基準だとこれもロック…?)

李衣菜「私の彼氏が、時代はカワイイ系の、ネコちゃんアイドルソングだ、って言うんです!」

まゆ(みくちゃん…いつのまに彼氏に…)

李衣菜「もー私、頭きちゃって! 解散だ! って飛び出して来たんです。どうしたらいいですか?」

まゆ(ただの痴話ゲンカじゃないですか…)

日菜子「うんうん…音楽性の違い…辛いですよね…」

まゆ(そ、そういうノリで聞く流れなんですかぁ…!?)






乃々「音楽性の違い、って……」

輝子「バンドみたいだな…」

乃々「ちなみにこの話は実話だそうです…」

輝子「日常すぎて…驚きもへったくれもないな…」
35 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:04:45.88 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「まゆさん、何かアドバイスありますか?」

まゆ「そ、そうですねぇ……その彼氏さん?も、きっと言い過ぎたって思ってるはずですので…」

まゆ「好きな夕ご飯のメニューを作ってあげたらどうでしょうか…?」

李衣菜「そうですね…そうですね!」

まゆ「な、悩みは解消しそうですか?」

李衣菜「はい! 今日は彼氏の大好きな、カレイの煮付けを作ってあげることにします!」

まゆ「えっ!? は、ハンバーグとかが良いんじゃないでしょうか…?」

李衣菜「いいえ!! 私、カレイの煮付け得意ですから!!」

まゆ「頑固…!」

加蓮「ンフッw」

美穂(ちょ、ちょっと加蓮ちゃん、だめだよ笑っちゃ)ヒソヒソ

加蓮(ごめんごめん、でも李衣菜…鬼…w)ヒソヒソ

まゆ(聞こえてますよぉ…)
36 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:05:33.56 ID:GHHQ9EKz0
日菜子「無事に仲直りできるといいですね♪」

李衣菜「はい! バシッと再結成しますよ!」

日菜子「ファイトです♪」



日菜子「……おや? そういえば皆さん、どこかで見たような……?」

まゆ(あまりにも白々しすぎませんかぁ…?)



加蓮「ふっふっふ……バレてしまっては仕方がないね」

智絵里「そう…何を隠そう、私たちは!」

まゆ(ともかく…ここがドッキリポイントなら、最高のリアクションをしなきゃ…!)
37 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:06:23.85 ID:GHHQ9EKz0
ババッ!
ババッ!
ババッ!
スッ



加蓮・美穂・智絵里・李衣菜『Masque:Radeです!!』



まゆ「ど、どしぇ〜っ!」スッテーン!

まゆ「ま、まさか皆さんだったなんてー!」ワナワナ

まゆ「わ、わぁー、びっくりしましたよぉー」パチクリ






乃々「棒読みですね…」

輝子「転ぶ演技も…最高にわざとらしいな…」

乃々「まぁ…これで驚けって方が難しいですけど……」

輝子「李衣菜さん、仮面外しただけだからな…」
38 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:07:32.72 ID:GHHQ9EKz0
加蓮「ふふふ、驚いた?」

まゆ「お、驚きましたよぉ。まさか、Masque:Radeの皆さんだったなんて」

美穂「うふふ、まゆちゃん!」

智絵里「後ろ、向いてもらえますか?」

李衣菜「お約束のヤツ、あるからさ!」



まゆ(お約束…? あぁ、なるほど)

まゆ(ここで「ドッキリ大成功!」の看板を持った日菜子ちゃんが現れるわけですね)

まゆ(これで、この企画、ドリームアウェイ・原宿・ツアー御一行様は大成功の最後というわけです…!)






まゆ「後ろ…何が…?」クルッ
39 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:08:06.45 ID:GHHQ9EKz0






ヘレン「ヘーイ!!!」






まゆ「!???!!!?!?!」
40 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:09:03.73 ID:GHHQ9EKz0
ヘレン「ドッキリ大成功ね、まゆ」

まゆ「!?!?!?!?!?」



加蓮「私達もいるわよ!!」

まゆ「!?」



ババッ!
ババッ!
ババッ!
ババッ!スッ
41 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:09:54.27 ID:GHHQ9EKz0
ヘレン(元加蓮)「世界レベルのこのドッキリ…」

ヘレン(元美穂)「今、この空間はダンスを求めてる。ならばヘレン…いや、ヘレン"達"は踊るまで!」

ヘレン(元智絵里)「それが…それこそが」



ヘレン(タキシード仮面の仮面)「ロック……そうでしょう?」



ヘレン「ミュージック……スタート!」

デンデデッデデレデンデデッデデレデンデデッデデレデンデデッデデレ♪

ヘエーエ エーエエエー エーエエー♪

ウーウォーオオオォー♪

ララララ ラァーアーアーアー♪
42 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:10:42.81 ID:GHHQ9EKz0
ズッタンタン ヘーイ!! ヘーイ!! シュタタッ ヘーイ!!



まゆ「」






乃々「5人のヘレンさんが……おどりくるってます……」

輝子「すさまじい…光景だな…」

乃々「ちなみにMasque:Radeの4人は、特殊メイクと晶葉さん製のボイスチェンジャーで…」

輝子「日菜子さんは……まゆさんが目を離したスキにこっそり入れ替わった本物のヘレンさんだ」
43 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:11:29.11 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「」

まゆ「」

まゆ「」

まゆ「」



まゆ「」






日菜子「まゆさん、完全にフリーズしてますねぇ…」

乃々「あっ…日菜子さん、お疲れ様です。こっち来たんですね」

日菜子「お疲れ様です〜。いやー笑いを堪えるのに大変でした」

輝子「フヒ…やっぱキツかったんだな…」

日菜子「遠くでスタンバイしてるヘレンさんがチラチラ見えてて、ほんとに危なかったです」

乃々「何やってんですかヘレンさん…」

日菜子「おもむろにスクワットを始めた時は、もうだめかと思いましたよぉ〜」

輝子「武○真治さんみたいだな…」
44 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:12:08.47 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「」

ヘレン「ヘーイ!」

まゆ「……はっ」

ヘレン「心まで…ダンザブル!」

まゆ「……これが」



まゆ「……これが、世界レベル……?」ぐるぐる目






乃々「まゆさんが…世界レベルの扉を開きそうなので…」

輝子「そろそろネタバラシといくか…」

日菜子「では、まゆさんのところに向かいましょう〜」
45 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:12:34.92 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「まゆも……まゆも…ヘレンさんにならなきゃ……」

日菜子「まゆさ〜ん」ツンツン

まゆ「私が…6人目のヘレンさん…」

日菜子「これ見てくださ〜い」



看板『ドッキリ大成功!』






まゆ「ふぇ…?」
46 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:13:07.47 ID:GHHQ9EKz0
乃々「ドッキリ大成功ですけど…」

まゆ「乃々ちゃん…?」

輝子「フヒ…驚きすぎて、逆にリアクション取れなかったみたいだな…」

まゆ「輝子ちゃんも…」

日菜子「むふ、まゆさん、騙していてごめんなさい」

まゆ「日菜子ちゃん…? ヘレンさんになったはず…」

加蓮「あはは、まだ混乱してるみたいだね」

まゆ「あれ、加蓮ちゃんも…」
47 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:14:22.21 ID:GHHQ9EKz0
ヘレン「極星はひとつ。天に輝くヘレンの星が、急に五つに増えてしまった。貴女が驚くのも無理は無いわ」

まゆ「ま、まさか…ここまでが…」

日菜子「そう、Masque:Radeがサプライズ登場するドッキリに見せかけて、実は全員ヘレンさん、っていう、二重ドッキリ企画でした」



まゆ「は、はふぅ〜……」ペタン

美穂「ご、ごめんねまゆちゃん。びっくりしたかな?」

智絵里「私達も、ヘレンさんだ、って思ってもらえるように、ダンスの練習、たくさんがんばりました…」

李衣菜「ヘレンさん直々のレッスンでね。もークタクタ。こんなの毎日やってるなんてやっぱりヘレンさんは凄いや」
48 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:14:56.39 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「まさか二段構えなんて……事前情報が完全に裏目です…」

加蓮「ああそれね、それも仕込みだよ」

まゆ「ふぇっ!?」

李衣菜「わざとまゆちゃんが気付くところに企画書を置いておいて、情報をリークしてたってわけ」



まゆ「っていうことは、全て計画通り…!?」カァァァ

乃々「イグザクトリー…そのとおりでございますけど……」
49 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:15:43.37 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「もう、もう! あんな呆けた表情を晒してしまって、恥ずかしいです…!」

日菜子「むふ♪ おかげでドッキリ大成功です!」



日菜子「と、言うわけで、ネタバラシも済んだので!」

輝子「ドリームアウェイ with Masque:Rade with アンダーザデスク featuring ヘレン 佐久間まゆドッキリ企画は」

乃々「これにて終了です…」

日菜子「ではまた〜♪」

まゆ「で、ではまた〜…」
50 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:16:13.66 ID:GHHQ9EKz0
---------

------

---
51 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:16:50.56 ID:GHHQ9EKz0
---後日、事務所



P「おはようまゆ。この前の撮影、大成功だったみたいだな」

まゆ「〜〜〜っ! もう! もう! プロデューサーさんってば! ひどいですよぉ!」プンプン

P「ははは、ごめんごめん。でもおかげで撮れ高良さそうだって、ディレクターさんも言ってたよ」

まゆ「それは…良かったですけど…」

P「大変だったもんな、今度何か埋め合わせするから、許してくれよ、な?」
52 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:17:16.95 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「本当ですか…?」

P「ああ、何でもいいぞ」

まゆ「そうですねぇ…なら、今度のオフに、二人でお出かけしたいです」

P「お出かけか、良いぞ。どこでも連れていくぞ。行きたいところ、考えておいてくれ」

まゆ「はい♪ あと……」

P「あと?」
53 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:17:48.16 ID:GHHQ9EKz0
まゆ「みくちゃんと李衣菜ちゃんが仲直りできるように、美味しいハンバーグをごちそうしてあげてください」

P「?」






おわり
54 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/03/14(日) 16:18:36.09 ID:GHHQ9EKz0
以上になります。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。
まゆちゃんが企画の為にあたふたしながら頑張ってたらカワイイなと思ったんですが
以下に二段目ドッキリを強くするか悩みに悩んだ結果、
世界レベルの圧倒的パワーでゴリ押ししてしまいました。反省しています。



こちら過去作です。宜しければどうぞ。

佐久間まゆ「ぽんこつ疑惑を払拭しますよぉ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1610342017/

佐久間まゆ「プロデューサーさんの社会の窓が!!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1610789173/

佐久間まゆ「プロデューサーさんと二人きりになりたいです」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1611670760/



お目汚し失礼致しました。
後ほどHTML依頼を出してきます。
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/14(日) 16:32:07.29 ID:8EYyghxDO
乙まゆ

名前が出てないのに、にゃんみくの存在をこんなに感じるとは……
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/15(月) 00:06:24.47 ID:L4d2Ao3fo
乙ー
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/15(月) 19:02:23.85 ID:o5y3W6uUo
まゆすき
28.17 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)