八幡「先生」静「どうした比企谷?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : [saga sage]:2021/03/31(水) 20:39:45.17 ID:5eBPj/GsO
八幡「好きです。将来俺と結婚してください」

静「そうか。そろそろ部活が始まるぞ。戯れ言を言い終わったら部室へ急ぎたまえ」

八幡「ちょっ、俺の一世一代の告白を戯れ言とかひどくないですか?」

静「なにが一世一代だ馬鹿者。毎日毎日放課後になったら用もないのに訪ねて来てからに…………」

八幡「用ならあります。先生に会いに来ました」

静「うるさい。さっさと奉仕部に行け」

八幡「はい。先生の作った奉仕部の名に恥じないよう頑張ってきます」



※キャラ崩壊注意。特に八幡のスペック爆上げ
※平塚先生は原作と違って異動せず、総武高校勤務

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1617190785
2 : [saga]:2021/03/31(水) 20:46:12.21 ID:5eBPj/GsO



静「はあ…………」

鶴見「お疲れのようですね平塚先生」

静「ええ、まあ…………」

鶴見「でも変わりましたね比企谷くんも。正直去年レポートサボって補習やらせた時はどうしようかと思いましたが」

静「私の記憶が確かなら鶴見先生は比企谷を私に丸投げしてきたはずなんですが?」

鶴見「いえ、適材適所です。平塚先生ならきっと何とかしてくれると思いまして」

静「調子のいいことを…………吸っても?」

鶴見「ええ、どうぞ」

静「ふぅー…………」

鶴見「で、結婚するんですか?」

静「しません!」

鶴見「しないんですか…………」

静「何で残念そうなんですか。私とあいつは教師と生徒ですよ」

鶴見「あら。教師生徒がくっつく例なんて過去にもあったかと」

静「それは卒業後な上に性別が逆でしょう。とにかく、あり得ませんので。この話はここまでで」

鶴見(でも平塚先生、彼と話してるときが一番楽しそうなんですよね)
3 : [saga]:2021/03/31(水) 20:48:44.13 ID:5eBPj/GsO



八幡「ういっす」ガラガラ

結衣「あ、ヒッキーが来た」

雪乃「遅かったわね。また職員室に?」

八幡「まあな」

結衣「ヒッキーも懲りないねー。そろそろ諦めたら?」

八幡「安心しろ、もう半分以上諦めてる。往生際が悪いだけだ」

八幡(俺が鞄を置いて椅子に座ると再びドアが開く)

大志「ちわっす。掃除当番で遅れました」

小町「ましたー」

八幡(総武に入学し、新入部員として奉仕部に入った小町と大志がやってきた)

雪乃「構わないわ。教師に手を出そうとする誰かさんもまだ来たばかりだし」

八幡「ふむ、プラトニックだから俺は違うな」

大志「もう一年の間でも結構な有名人ですよお兄さんは。毎日のように女の先生に告白してフラれる三年男子がいるって」

小町「まだ名前バレしてないからいいけど、兄だとわかったらこの先小町が何を言われるやら…………およよ」

八幡「泣き真似やめろ。明らかに面白がってる表情じゃねえか」

小町「あ、バレた。でもお兄ちゃん変わったねー。去年は恋愛事なんて真っ平だって感じだったのに」

結衣「そだねー。告白も最初は先生をからかってるもんだとばっかり思ってたし。でも何で突然? きっかけとかあったの?」

八幡「ぼっちでコミュ障に恋愛トークさせようとすんな。秘密だ秘密」

大志「ぼっちでコミュ障は毎日のように告白したりしないと思うんすけど」

雪乃「さて、無駄話はそのくらいよ。最近は依頼もいろいろ増えているし部活を始めましょう」
4 : [saga]:2021/03/31(水) 20:50:22.51 ID:5eBPj/GsO



八幡「…………というのが今日の活動内容です。大体は新入生からの学校についての質問だったり不安なことだったりなんで、もうちょっとすれば依頼の量も落ち着くでしょう」

静「そうか。いや、それはいいのだが…………」

八幡「何でしょうか?」

静「あー、いくつか質問するぞ」

八幡「はい、誕生日は八月です。結婚できる歳になるまであと三ヶ月ちょいですね」

静「誰も聞いとらんわ馬鹿者……いやな、何でこんなに新入生の相談が奉仕部に来てるんだ? そこまで知名度高い部活でもないだろうに」

八幡「大したことはしてないですよ。入学案内書やポスターでの告知くらいはしてますが」

静「ふむ…………」

八幡「あと何故か、某生徒会長や某サッカー部キャプテンが『何か困ったら奉仕部を訪ねるといい。時には厳しいことも言われるが、きっと助けになる。自分も随分お世話になった』みたいなことを言っているようですが」

静「隠しきれないボカしかたはやめろ、一色と葉山じゃないか…………というか比企谷はそれを止めようとしなかったのか? 面倒事は御免だってのが君のスタンスだろうに」

八幡「俺のことなら何でも理解しているぞアピールなんてしなくても大丈夫ですよ、わかってますから…………いや、すんません調子に乗りました。その振り上げた拳を下ろしてくださいちゃんと説明しますんで」

静「まったくお前というやつは…………」

八幡「えっと、去年のアレ覚えてますか? 俺と雪ノ下と由比ヶ浜のうち、誰が一番依頼を解決できるかで勝負して、勝者は敗者にひとつ言うことを聞かせられるってやつですが」

静「ああ。そもそも私が提案したことだしな」

八幡「それのためです。俺の解決数を増やすために葉山や一色にちょっと協力してもらいました」

静「いや、奉仕部に来る人数が増えても誰が解決するかなんてわからんだろ。むしろコミュ障の君が一番不利ではないか?」

八幡「そこは新入生の心理で考えてみてください。相談事があって奉仕部に来てみるとそこにいたのは才色兼備の雪ノ下とトップカーストグループの由比ヶ浜ですよ。普通なら気後れします。それでも女子なら俺に話しかけるよりはマシだと思うでしょうが、男子なら間違いなく俺に相談するでしょう。相談者の男女差比率が同じなら1:1:2で俺が一番有利なんです」

静「せ、せこい……しかしちゃんと人のためになっているから文句も言えん…………というかそこまでしてあいつらに何をさせる気なんだ? エロいことか?」

八幡「違いますよ。俺がエロい目で見るのは平塚先生だけです!」

静「何職員室で堂々とセクハラを宣言してるんだ!」

八幡「言い出したの先生からじゃないですか…………」
5 : [saga]:2021/03/31(水) 20:51:19.63 ID:5eBPj/GsO
八幡「まあその辺は心配しないでください。あいつらにはそのことも俺の望みの内容も了承得てますんで」

静「何、そうか。なら構わないか…………じゃあもう一つ質問するが」

八幡「はい」

静「何で比企谷が報告と鍵の返却に来てるんだ? 元々部長である雪ノ下の役目だっただろう」

八幡「…………わかってて聞いてますか?」

静「予想は付くがあえて聞いている」

八幡「つまりちゃんと俺の口から聴きたいってことですねわかります」

静「もういい。気を付けて下校したまえ」

八幡「平塚先生に会うためです!」

静「もういいと言っただろうが。さっさと帰れ」

八幡「はい。では失礼します」
6 : [saga]:2021/03/31(水) 20:52:40.60 ID:5eBPj/GsO



静「ふう…………」

教頭「平塚先生」

静「あ、教頭先生。すいませんうるさくしてしまって」

教頭「いや、構いませんよ。それにしても随分好かれているようですな」

静「ええ。何を血迷っているんだか…………」

教頭「ですが忘れてはいけませんよ。あくまで教師と生徒だということを」

静「はい。それはもう…………」

教頭「わかっているなら結構。付き合うならこっそり。結婚は卒業後。避妊はしっかり。です」

静「何を言ってるんですか!?」

鶴見「そうですよ教頭先生」

静「あ、鶴見先生からも言ってやって…………」

鶴見「周囲に隠しての学生結婚とかも燃えるじゃないですか!」

静「いやいやいやいや」

教頭「残念ながら鶴見先生。我々はしがない宮仕えの身。結婚したら職場に届け出を出さねばいかん立場なのですぞ」

鶴見「そうでしたね……平塚先生、すみませんが比企谷くんが在学中は同棲までということで」

静「私とあいつがくっつく前提で話を進めるの止めてくれませんかね」
7 : [saga]:2021/03/31(水) 20:53:39.23 ID:5eBPj/GsO



静「ただいま……って言っても誰がいるわけでもないがな」

静「夕飯は……もう面倒くさいからカップ麺でいいか」

>スマホ「メールチャクシンデス♪」ピピピピ

静「ん、誰だ……って、比企谷?」

八幡『そろそろ帰宅時間かと思ってメールしました。おかえりなさいです。今日の夕飯はオムライスを作ってみました。なかなか良い出来だったので写メ送ります。いつでも自信を持って専業主夫になれますよ』

静「タイミングよすぎる……あいつ、盗聴器とか仕掛けてないだろうな…………?」キョロキョロ

静「しかし、うん…………」

静「……………………」

静「…………玉子あったかな」
8 : [saga]:2021/03/31(水) 20:55:03.32 ID:5eBPj/GsO



八幡「ん?」

結衣「どしたのヒッキー?」

八幡「いや、平塚先生が来る気がする」

雪乃「何を言ってるのかしら比企谷くん、目だけでなく頭まで腐ってしまったの?」

静「失礼する」ガラガラ

八幡以外の奉仕部一同「!!???」

八幡「先生どうも。とうとうみんなの前で俺のプロポーズを受ける宣言ですか?」

静「違うわ馬鹿者。ゴールデンウィークに奉仕部の活動をするかどうかの確認に来た」

八幡「何かするのか雪ノ下?」

雪乃「えっ? えっと、特に予定はありませんが。去年の夏休みのように先生が何か依頼するのであれば検討しますけど」

静「いや、現時点では特にない。夏休みはまた頼むかもしれんがな。もしゴールデンウィークに何か奉仕部として活動することがあれば報告に来るように」

雪乃「わ、わかりました」

静「ところで小町くんに大志くん。そろそろ学校には慣れたかね?」

小町「あ、はい。問題なく楽しくやれてます」

大志「俺もっす」

静「それはよかった。君たちのような新入生が奉仕部にいれば相談に来た他の生徒も不安が和らぐだろう。今後も頼むぞ」

小町・大志「はい」

静「ではまたな」

八幡「はい! またあとで鍵返却の時に!」

静「…………ああ」
9 : [saga]:2021/03/31(水) 20:56:41.63 ID:5eBPj/GsO
小町「ねえお兄ちゃん、何でせんせーが来るってわかったの?」

八幡「もちろん愛のなせるわざで」小町「そういうのいいから」

雪乃「比企谷くん、本人の許可なしにGPSを付けるのは犯罪よ。早いところ自首をしなさい」

八幡「んなことするか。歩く音って人によって違うだろ? さっき俺が一番廊下側にいて平塚先生の足音が聞こえただけだよ」

結衣「理屈はわかったけどキモい…………」

大志「平塚先生ってそんなに目立つ足音でしたっけ?」

八幡「ふふふ、ぼっちの観察力をもってすれば容易いことだ。休み時間に寝たフリして顔を伏せてても戸塚の足音を区別できるように鍛えたからな」

雪乃「気持ち悪いことを堂々と宣言するその胆力だけは目を見張るものがあるわね」

八幡「ところで大志」

大志「なんすか?」

八幡「死ね」

大志「何ですかいきなり!?」

八幡「うるせえ。なんでお前は平塚先生に名前で呼ばれてるんだ羨ましい」

大志「あー、姉ちゃんがいるからっすね。比企谷さんもお兄さんがいるから下の名前で呼ばれてるじゃないすか」

八幡「小町、先生に苗字で呼ぶように言え。そうすれば必然的に俺が名前で呼ばれることに…………」

小町「ならないと思うけどなあ」
10 : [saga]:2021/03/31(水) 20:57:36.07 ID:5eBPj/GsO
結衣「結局ゴールデンウィークは何かするの? 別に奉仕部としてじゃなくてもさ」

八幡「いや、せっかくだから奉仕部でまたボランティアか何か活動しようぜ。こういうのは推薦にも役立つぞ」

大志「ずいぶんやる気っすね」

雪乃「比企谷くん、学校外で活動するとしても顧問が付き添うとは限らないのよ。平塚先生の立場ならむしろ宿直とかで学校にいなければならないとかの方が可能性高いわ」

八幡「はぁー面倒くせえな、ゴールデンウィークくらい何もしなくていいだろ。休みだ休み」

小町「お兄ちゃん!?」

結衣「すごい手のひら返し…………」
11 : [saga]:2021/03/31(水) 21:21:45.71 ID:5eBPj/GsO



八幡「ま、結局ゴールデンウィークは奉仕部としては何もしないわけですね」

静「それは前に聞いたが…………ならばなぜ比企谷はここにいる? もうゴールデンウィークに入ったのだから学校に来る必要もなかろうに。家族で旅行とか行かないのか?」

八幡「俺は受験生ですよ。旅行なんて行ってる時間はありません。学校に来たのは自習室を利用するためです」

静「じゃあその『奉仕部活動中。雑用引き受けます』と書いてるボードを殊更私にアピールしているのは何なんだ…………」

八幡「骨休めです骨休め。俺って人助けをしてないと落ち着かないんで」

静「誰も信じない嘘は止めろ。だいたい学校来てすぐここに寄ってるくせに」

八幡「休日でも学校に駆り出されて職員室に詰めっぱなしの平塚先生をどうにか助けたいと思いまして」

静「独身で若手だからこういうのを押し付けられやすいのでな。しかしそれも教師の仕事だ。雑用だからといって生徒にやらせるものではない」

八幡「結構今までやらされてたと思うんですけど…………」

静「そういうわけだからさっさと自習室に行きたまえ。人助けしたいならグラウンドで練習してるサッカー部の手伝いでもしてこい」

八幡「ぼっちで繊細な俺をリア充の中に放り込んで死んだらどうするんですか!? 責任取って結婚してくれるんですか!?」

静「そんな繊細で弱っちい男は白昼堂々と年増教師に告白したりせんぞ」

八幡「ああ言えばこう言う…………」

静「こっちのセリフだ馬鹿者。早いとこ勉強しろ受験生」

八幡「うう、はい…………」トボトボ

静「……………………比企谷」

八幡「はい?」

静「あとで時間出来たら様子を見に行く。サボるんじゃないぞ」

八幡「! はい!」
12 : [saga]:2021/03/31(水) 21:23:02.80 ID:5eBPj/GsO



八幡「ってことがさっきあってな。これもう脈ありじゃね? じゃね?」

いろは「戸部先輩並みにウザいです先輩」

八幡「は? あんなチャラくて単純で頭悪そうでコミュ力高くて意外と一途で性格も悪くないリア充なんかと一緒にすんな」

いろは「何で後半べた褒めになってるんですか…………てゆーか先輩、勉強はいいんですか? 出会い頭に資料運びを手伝ってくれるのを申し出てくれたのは嬉しいんですが」

八幡「今更そんな必死になるほどヤバい成績でもないしな。ゴールデンウィークなのにわざわざ登校して生徒会の仕事してる生徒会長をほっとけなかっただけだ」

いろは「ははーんさてはわたしの」

八幡「いや違うから」

いろは「ちょっ、最後まで言わせてくださいよ!」

八幡「お前に振られるシーンなんか平塚先生に見られてみろ。『ああ、やはり比企谷は私に本気でなかったのだな。胸に咲いたこの恋心は一生表に出さないようにしなければ…………』とかなったらどうすんだ? 責任取って平塚先生と結婚させてくれんのか?」

いろは「なんで平塚先生が先輩に好意持ってる前提なんですか……それこそ何度も振られてるくせに」

八幡「そもそも俺の人生自体がマイナススタートだからな。振られてからが本番といっても過言じゃない。こうやって頼れる男アピールしているわけだし」

いろは「やっぱ下心ありありの手伝いじゃないですか。予想はしてましたけど」

八幡「何もしないよりはいいだろ。俺にも一色にも」

いろは「ですけどねー…………あ、ここです。その机の上に置いといていただければ」

八幡「おう。そんじゃ俺は自習室で勉学に励むから。そっちも頑張れよ生徒会長様」

いろは「はい、どうもです」
13 : [saga]:2021/03/31(水) 21:25:01.17 ID:5eBPj/GsO



八幡「まあ概ねゴールデンウィークはそんな感じの有意義な連休を過ごしたな」

小町「要するに暇さえあれば平塚先生に会いに行ったってことじゃん」

雪乃「一応勉強もしているのだから無為ではないのでしょうけれど、授業の代わりに自習なだけでいつもと変わらないわね」

八幡「実際焦ることはないが、あまり遊んでもいられないがな。推薦も視野に入れてる以上はもう積み重ねる段階だし」

結衣「あ、ヒッキー推薦狙ってるんだ?」

八幡「ネックだった理数系も中の下くらいまで上がったからな。文系で底上げすれば推薦基準の平均成績は越えられるはずだ」

大志「推薦だと受験勉強しなくていいんすか?」

八幡「推薦で受かったならそれでいいんだが、受かるまでは辛いぞ。落ちたら一般受験になるからそれまではセンターや入試対策もやらなきゃならんし、並行して小論文や面接対策もあるし」

小町「面接対策って、お兄ちゃんの超苦手分野じゃない?」

雪乃「最近の比企谷くんを見てるとそうでもないように見えるけれど、その辺は本人的にどうなのかしら?」

八幡「あー、もう吹っ切ったというか開き直ったというか。どうせ駄目なんだから言いたいこと言ってやりたいことやろうの精神で会話力はそこそこになったと思う」

大志「正直吹っ切ったってより振り切ったって感じが強い気がしますけどね、お兄さんの場合」

八幡「何上手いこと言ってやがるんだ」

雪乃「まあコミュ障を治すならそのくらいの勢いがあった方がいいかもしれないわね。やりすぎるのもよくないけれど」

八幡「でもまだまだ不安ではあるけどな。そんなわけで面接対策をしてくるわ」ガタッ

雪乃「面接対策ならクラスの担任か学年主任などに担当してもらうのが普通よ。間違っても部活顧問に頼むことではないわ」

八幡「まあ今更あせることもないか」ストン

小町「お兄ちゃん…………」

結衣「超素早い手のひら返し…………」
14 : [saga]:2021/03/31(水) 21:26:15.20 ID:5eBPj/GsO



八幡「…………明日から夏休みか」

小町「いつもと違って分かりやすいほど落ち込んでるねお兄ちゃん」

雪乃「どうせ平塚先生と会えないからとかでしょう?」

結衣「去年みたいな夏休みの奉仕部の活動はナシって言われちゃったもんねー」

大志「まあ俺と比企谷さん以外は受験生っすからね。『夏休みが勝負だ』とかよく聞くフレーズですし…………でも去年は俺以外のここのメンバーでキャンプ行ったんすよね? どんな感じだったんすか?」

小町「小学生のキャンプのお手伝いとかしたんだよ。スマホに写真データあるから見せてあげる」

結衣「あ、あたしにも見せて。懐かしいなあ」

大志「他にも高校生組がいるんすね」

結衣「うん。隼人くんとか優美子とか
さいちゃんも一緒だったよ」

雪乃「あの時も色々あったわね。まだ一年も経っていないのに随分昔のことのように感じるわ」

八幡(俺そっちのけで思い出話に花を咲かせている。ちなみに俺はその時の平塚先生と戸塚の水着姿を反芻していた。もちろん表情に出ないよう細心の注意を払いながらな)
15 : [saga]:2021/03/31(水) 21:27:12.89 ID:5eBPj/GsO



静「…………なあ、比企谷」

八幡「はい、どうしました?」

静「学校に来て推薦面接対策をするのはわかる」

八幡「ええ」

静「なんで私が相手をしているんだ? 担任や学年主任はどうした?」

八幡「説明したじゃないですか。今日面接対策をしたいって相談をしたら、忙しくて空いてるのは平塚先生しかいないけど構わないかって言われましたよ」

静「何か作為的なものを感じるのだが…………」

八幡「ききき気のせいです。さ、早く始めましょう時間は有限ですよろしくお願いいたします」

静「はあ…………」
16 : [saga]:2021/03/31(水) 21:28:04.81 ID:5eBPj/GsO



静「おい」

八幡「どうしました先生? 何か怒ってるように見えますが…………」

静「とぼけるな。これが偶然なわけないだろう」

八幡「何がでしょうか?」

静「毎回毎回私が学校にいて他の先生方が忙しい時に限ってお前が面接やら受験対策に来ることだ」

八幡「たまたまですよたまたま。だいたい俺が平塚先生の勤務スケジュールを知ることが出来ると思いますか?」

静「むう……いや、しかし…………しかもこういう時に限って私の仕事は手が掛からないものばかりになってるし…………」

八幡「それに今日は小論文対策です。むしろ平塚先生の方が適任でしょう」

静「だ、だが経験値がだな」

八幡「ならむしろ今こうやって経験を積みましょう。ほら早く」

静「強引だな。お前本当に変わったな…………」

八幡「なんだったらいくらでも先生好みの男に変わりますよ…………いやすいません調子に乗りました振り上げた腕下ろしてください」

静「まったく…………」
17 : [saga]:2021/03/31(水) 21:54:52.54 ID:5eBPj/GsO



結衣「そういえばさ、運動部とかは二学期になったらふつー三年生は引退だけど、奉仕部ってどうするの?」

雪乃「文化部も文化祭が終わったら引退なんでしょうけれど…………奉仕部に関しては前例がないものね」

八幡「適当でいいんじゃねえの? 引退した先輩が部活に入り浸るなんてよくあることだろ」

 なんとなく去年の柔道部を思い出すが、あれはまた違うだろう。引退どころか卒業までしたのなら。
 まあ卒業したのにちょいちょい母校に顔を出して引っかき回す人には他にも心当たりがあるが。

大志「それに俺と比企谷さんの一年生だけじゃまだツラいっす。出来ることならギリギリまでいてもらいたいというのが本音っすね」

小町「そだねー。さすがに三学期はあれだけど二学期中はいてほしいです。もちろん受験勉強とかは優先してほしいですけども」

八幡「まあここは依頼さえなきゃゆっくり勉強できる環境だしな。家だとゲームやら漫画やら誘惑も多いし」

雪乃「あなたはむしろ引退したくないのでしょう? 顧問と会える機会が少なくなるもの」

八幡「はっはっは、証拠もないのにこれは面白いことを言う。推理小説家にでもなった方がいいんじゃないか?」

大志「お兄さん、それ間違いなく真実を言われた犯人のセリフです」
18 : [saga]:2021/03/31(水) 21:56:18.17 ID:5eBPj/GsO
八幡「ところで話は変わるんだがな」

雪乃「いきなりね」

八幡「新学期になってやたら気になったんだが…………なんか校内にカップル増えてねえか? くっついてないにしろ、男女の距離が近い。ぼっちの観察眼をもってすればわかる」

雪乃「ぼっちをこじらせた被害妄想の
方がしっくりくるのだけれど」

八幡「うっせ」

大志「あー…………」

小町「うん…………」

結衣「えーっと…………」

八幡「おい、どうみても心当たりありますって反応してる三人。さっさと知ってることを吐け」

小町「えー、本人に言っていいのかな?」

大志「どうせどこかで耳にするんじゃないすか? だったら言っても」

結衣「でもヒッキーはここのメンバー以外でお話しするような相手いないから卒業まで知らない可能性もあるよ」

八幡「おいやめろ、ホントに可能性あるから。あと俺が原因に聞こえかねない言い方もよせ」

小町「合ってるよ」

八幡「えっ?」

小町「原因はお兄ちゃん」

八幡「…………why?」

結衣「ヒッキーが平塚先生に頻繁にプロポーズしては玉砕してるって噂が校内に広まってるじゃん?」

八幡「由比ヶ浜、無理に難しい単語使わなくてもいいんだ。頭使いすぎるとオーバーヒートするぞ」

結衣「今関係ないでしょそれ! そこまで難しくないし、そもそもあたしだって受験生だし!」
19 : [saga]:2021/03/31(水) 21:57:41.78 ID:5eBPj/GsO
八幡「で、何で俺?」

大志「その噂っすよ。それに影響されて告白とかへのハードルがやたら低くなってるんす」

小町「なんというか、告白するとかフラれるとかって大したことじゃないんだなーみたいな空気がね…………」

八幡「おい聞き捨てならないぞ。俺がどんだけの勇気の搾りカスを使って平塚先生にプロポーズしてると思ってんだ」

結衣「最初から搾りカスじゃダメじゃん…………」

雪乃「でも恋愛事が軽んじられるのはどうかと思うのだけれど」

結衣「あ、その辺はなんか棲み分けができてるみたい。本気で恋したりしてる人はちゃんと真剣に考えてるって」

八幡「つまりチャラいやつらとかが期間限定だったりお試しだったりでくっついてるだけなのか。許せんな、告白ってのは自分の人生を賭けるような一世一代のイベントで…………」

小町「はい、ではここで小町によるお兄ちゃん中学時代黒歴史告白の物真似をご覧いただきましょう」

八幡「やめろ小町俺が悪かった自分の事を棚にあげたのは潔く認める」

大志「まあ実際にくっついた例は多くはないんすけど、中学終えた辺りだとまだ男女間での距離感がわからなかったりするじゃないすか。異性に話し掛けるだけでも恥ずかしいって人もいますし。そんな中でフラれまくっては男女問わず色んな人に慰められてるお兄さんを見て、あまり気を張りすぎることもないんだって思うらしいです」

八幡「ん? 男女問わずって、誰だ? そもそも慰められた記憶なんてほとんどないぞ」

大志「そりゃ奉仕部の方々とか生徒会長とかサッカー部の方々とか…………」

結衣「姫菜だって『大丈夫大丈夫、平塚先生がダメでも隼人くんがいるじゃない』って言ってくれたしね」

八幡「改めて言うが、そいつらにからかわれたり揶揄されたりはしても慰められた記憶がない! 特に海老名さん!」
20 : [saga]:2021/03/31(水) 21:59:07.99 ID:5eBPj/GsO
八幡「しかしそんな状況だといつ小町にも魔の手が伸びるかもしれんな。気を付けろよ」

小町「んー平気、大志くんと付き合ってるから」

八幡「そうか、なら安心…………え?」

小町「そーいうのは何回かあったけどね、最近はもう大丈夫だよ」

八幡「大志、ちょっと話し合おうか。八十年後くらいに行くから先にあの世で待っててくれ」

大志「いやいやいや待ってくださいお兄さん!」

雪乃「そうよ比企谷くん、あなたは地獄に堕ちるのだから死んでも再会できないわよ」

大志「ツッコミはそこじゃないっす! 比企谷さんとはフリですから、フリ!」

八幡「フリ?」

大志「そうっす! さっき言ってた煩わしいことから逃れるためにそういう設定でいようってだけで!」

八幡「なんだ、それならそうと早く言え。あと0.5秒遅かったら心臓握り潰してたぞ」

大志「タッチの差にも程があるっす!」

八幡「しかしさすがは小町。モテるんだな」

小町「お兄ちゃんの妹ですから」フンス

八幡「おいおい褒めても何も出ないぞ。そうだ、俺のモテ期も全部持っていけ。平塚先生の分だけ残しといてくれればいいからな」

結衣「それもう空っぽじゃないかなー…………」

八幡「まあ二学期は学校行事も目白押しだからな、最後にはクリスマスも控えているから焦るやつも出てくるだろうし、アベック達の逢い引きも流行るだろう」

大志「なんか言い方が古くなってません?」

八幡「これは平塚先生に合わせてだな」

静「ほう」

八幡「」
21 : [saga]:2021/03/31(水) 22:00:14.22 ID:5eBPj/GsO
八幡「」チーン

静「ちょっと目を離したらすぐに人を年増だのなんだの言いおって」

大志「だ、大丈夫ですかお兄さん?」

八幡「お、お前にお兄さんと言われる筋合いはない…………」

大志「こんな時にまでそこっすか!?」

八幡「せ、先生……言われたく、ないなら……俺から、目を離さないでください……一生…………」

小町「その執念はもはや尊敬に値するよお兄ちゃん」

結衣「見習いたいかっていうとそんなことはないけどねー」

雪乃「ゾンビみたいに這いつくばっている姿だものね。ところで平塚先生、何かご用ですか?」

静「ああ、奉仕部も一応文化部として認知されているからな。文化祭に参加するか確認だ。参加登録にはまだ日があるから回答を急ぐことはないが」

雪乃「では部員で話し合っておきますので回答は後日ということでよろしいですか?」

静「わかった。ではまたな」ガラガラ、ピシャ
22 : [saga]:2021/03/31(水) 22:01:24.76 ID:5eBPj/GsO
八幡「…………ふう」ムクリ

大志「あ、大丈夫っすか?」

八幡「ああ、眼福だった」

大志「え?」

小町「気にしなくていいよ大志くん。どうせ下から見上げるせんせーも素敵だとか言うだけだから」

八幡「さすが小町、わかっているな。比企谷家の血を引いているだけのことはある」

小町「いや、ウチの家系の血筋にそんな宿命っぽいのないから。おとーさんも草葉の陰で泣いちゃうよ」

八幡「おい、親父はまだ生きてるぞ。俺が平塚先生と結婚するまで養ってもらわないと困る」

雪乃「むしろ親御さんの方があなたの扱い方で困っていると思うのだけれど」

結衣「で、文化祭なにかするの?」

八幡「する必要ないだろ。運動部じゃないから文化部ってことになってるけど、何か研究したり発表するような活動してねえし。やるならせいぜい俺と平塚先生の結婚式くらいだ」

雪乃「クラスの出し物もあるでしょうし、一旦は保留ね。もし奉仕部として何かやりたいことがあればその都度話し合ってみましょう」

小町「そうですね。クラスの方が忙しかったら大変だし。まだ何をやるか決まってないですけど」

八幡「あの、スルーが一番つらいですごめんなさい」
23 : [saga]:2021/03/31(水) 22:02:50.11 ID:5eBPj/GsO



八幡「結局文化祭は不参加ということになりました」

静「まあそうだろうな。聞いておいて何だが、奉仕部が文化祭でやるものなんてないだろう」

八幡「受験生ということもあってうちのクラスの出し物も手のかからない展示ものになりそうです。なので平塚先生、当日は推薦面接の近い俺と付き合ってください」

静「『付き合ってください』が『当日は』でなく『俺と』にかかっているならお断りだが」

八幡「くっ……さすが国語担当教師…………言葉による隙がない」

静「馬鹿なこと考えてないで、せっかく高校生活最後の文化祭なんだ、妹とか部員とかと一緒に回ったらどうだ?」

八幡「え、先生と離れたくないから留年しますよ? 最後じゃありません」

静「冗談でもそういうこと言うのは止めろ。私の評価が下がるじゃないか」

八幡「俺自身の心配はしてくれないんですか…………まあ当日は適当にだらだらして過ごしますよ。入場口担当になった先生の邪魔はしません」

静「おい、なぜ私の担当を知っている?」

八幡「鶴見先生を責めないでやってください」

鶴見「…………!!」スタコラサッサ

静「鶴見先生!? なんと逃げ足の速い…………」

八幡「じゃ、そろそろ暗くなってきたんで帰ります。良ければ車で送ってくれてもいいんですよ?」

静「チャリ通のやつが何を言うか。さっさと帰れ」

八幡「はい、ではまた明日」
24 : [saga]:2021/03/31(水) 22:04:29.82 ID:5eBPj/GsO



雪乃「思い返してみれば二学期も忙しかったわね」

結衣「でも修学旅行がない分去年よりはそうでもなかったんじゃない?」

大志「というか去年は奉仕部がいろいろ手助けしてたんですよね? 文化祭とか体育祭とか生徒会選挙とか」

雪乃「選挙に関しては奉仕部が、というわけでもないのだけれどね…………」

いろは「でも去年色々盛り上がった分、今年はプレッシャーがありましたよー。大成功とは言わずともそこそこ上手くいったので満足ですが」

八幡「お疲れだったな一色。その調子で来年も頑張れや」

いろは「もう先輩達もいないですからねー。小町ちゃんと川崎くんに期待ですよ」

小町「うっ……今度は小町達にプレッシャーが…………」

八幡「いや、小町を当てにすんなよ。そもそも二期目なんだから余裕だろ。雑用だけなら大志だけで充分だし」

大志「俺っすか!? いやまあ構いませんけども。二期連続で生徒会長務めるようなすごい先輩に雑用とはいえ頼られるのは光栄っすから」

いろは「あう…………」

結衣「あっ、いろはちゃんが照れてる」

いろは「ゆ、結衣先輩っ」

八幡「大志、気をつけろよ。あのあざといのも計算のうちかもしれん。女は怖い生き物だからな」

大志「平塚先生もですか?」

八幡「そりゃな。この色々厳しいご時世なのに容赦なく鉄拳制裁してくるんだぞ。今まで結婚できないのも当然と言えば当然だったかもな」

静「ほう、私が様子見に来た瞬間にこれか」

八幡「」

結衣「あっ、このパターン見たことある」
25 : [saga]:2021/03/31(水) 22:05:46.36 ID:5eBPj/GsO
八幡「」チーン

雪乃「どうして学ばないのかしらこの芋虫谷くんは」

小町「もう死んでて這ってすらいないですから芋虫じゃないですよ」

八幡「平塚先生に殺されるのは吝かではないが、今はその時じゃない」ムクリ

大志「吝かではないんすか…………」

八幡「ところで先生、ちょっとお話があるんで廊下に出てきてもらっていいですか?」

結衣「あっ、ヒッキーがまた告白しようとしてる」

八幡「違う。それなら廊下に出る必要ないだろ。この場でするわ。先生、結婚してください」

いろは「するんですか…………」

静「断る」

大志「秒で断られた…………」

八幡「まあそれはいいです。とりあえず廊下に」

静「下らない話だったらアイアンクローの刑だからな」スタスタ

八幡「世間一般的にも下らなくはないかと思いますんで大丈夫です」トコトコ
26 : [saga]:2021/03/31(水) 22:07:18.08 ID:5eBPj/GsO
結衣「なんだろうねお話って」

雪乃「下らなくはないと言っていたけれどもいまいち信用ならないわね」

>ヒキガヤー!
>ナンデスカセンセイクダラナクハナイデショ!
>クダラナクハナイカラオコッテルンダ!
>チョ、アイアンクローハ、ア、デモセンセイノテノニオイガ
>ヌオオオオオ!
>ギャアアアアア!

いろは「なんかとても教師と生徒とは思えない会話と叫び声が聞こえるんですけど…………」

小町「今度は何をやらかしたのお兄ちゃん…………」

ガラガラ、ズルズル、ポイ

八幡「」

大志「お兄さんがボロ雑巾のように…………」

静「まったく…………」

雪乃「先生、ゴミのポイ捨てはよくありません」

静「本当に焼却炉に突っ込んでやろうかと思ったぞ」

小町「せんせー、お兄ちゃんは何をやらかしたんですか?」

静「やらかしたというかよくやったというか…………」

小町「?」

静「比企谷が推薦入試で志望校に合格したのを知っている者は挙手しろ」

「「「「「…………えっ?」」」」」

静「まさか本当に小町くんすら知らないとは…………おい比企谷、のんきに寝てないでさっきの合格通知を出してみんなに見せろ」
27 : [saga]:2021/03/31(水) 22:10:11.70 ID:5eBPj/GsO



八幡「昨日は大変だった。親父に褒められながら殴られた」

雪乃「それはそうでしょう。本来真っ先に伝えるべき相手を後回しにしているのだから」

小町「おとーさんの表情すごかったよ。喜びと怒りが同時に出てたもん」

八幡「平塚先生には俺から直接報告したかったからな。どこから漏れるかわからんから情報は徹底的にシャットアウトさせてもらった」

大志「親に言わないどころか担任まで口止めさせるのはどうかと思うんすけどね…………でも、とりあえずおめでとうございます」

結衣「そだね。ヒッキーおめでとう」

八幡「おう、ありがとな。これで受験勉強をせずに平塚先生にアタックできるわ」

雪乃「今までしてなかったかのような言い方ね。むしろ面接対策などを理由にしてかなり頻繁に会いに行ってなかったかしら?」

八幡「気のせいだ気のせい。んじゃ、早速…………」

小町「駄目だよお兄ちゃん、平塚先生に言われたでしょ。推薦合格した先輩として後輩の相談にも乗ってやれって。相談メール来てるよ」

八幡「ちっ、仕方ねえか」
28 : [saga]:2021/03/31(水) 22:11:22.08 ID:5eBPj/GsO



いろは「あ、先輩。奉仕部は終わりですか?」

八幡「おう。今から鍵の返却に職員室だ」

いろは「……………………」

八幡「どうした一色?」

いろは「すいません先輩、ちょっとだけ真面目な話をしていいですか?」

八幡「ああ、構わねえけど…………」

いろは「先輩は、平塚先生のことが好きなんですよね?」

八幡「まあな」

いろは「本気の本気で、ですか? 結婚したいくらいの」

八幡「…………ああ。本気の本気で、だ」

いろは「……………………」

八幡「それがどうかしたのか?」

いろは「わたしに、しときません?」

八幡「あん?」

いろは「わたしは、先輩が好きですよ。それこそわたしも本気の本気で、です」

八幡「……………………」

いろは「わたしもそこそこ優良物件ですよ。他に売れてしまう前に、わたしで妥協しませんか?」

八幡「……………………嬉しいけど、すまん」

いろは「…………いえ、ダメ元で言ってみただけですから。ただ、伝えないまま終わりにするのも良くないなって」
29 : [saga]:2021/03/31(水) 22:12:53.45 ID:5eBPj/GsO
八幡「俺は、平塚先生がいいし、平塚先生じゃなきゃ駄目なんだ」

いろは「いいんですよ、もう吹っ切れました。わたし、もっともっといい女になって将来先輩を後悔させてみせますから」

八幡「もういい女になってるよ一色は」

いろは「えへ、ありがとうございます先輩。それじゃ、また」タタタ

八幡「……………………」

八幡「……………………」

静「……………………」

八幡「…………覗きなんて趣味が悪いですよ先生」

静「たまたま通りかかっただけだ……………………いいのか? 一色みたいな女子に告白されるなんてこれから先、ないかもしれんぞ?」

八幡「聞いてましたよね。俺は平塚先生がいいんですよ」

静「…………君と私は生徒と教師だ」

八幡「…………今日は、帰ります。茶化す雰囲気でもないので」

静「ああ、気をつけてな」

八幡「はい…………では、クリスマスイブは18時に駅前で」

静「ああ…………って、どさくさ紛れに何を約束させようとしてるんだ!? 早速茶化すな!」

八幡「でも先生、特に用事はないですよね?」

静「残念ながらある」

八幡「えっ?」

静「さあ、鍵を返却してとっとと帰りたまえ」
30 : [saga]:2021/03/31(水) 22:13:50.42 ID:5eBPj/GsO



八幡「まあ実際はただの宿直だったわけだが。学校に来たら二度と口を利いてやらんと言われた…………」

小町「そりゃそうでしょ。受験勉強もないのに行く必要のない学校に行ってもしょうがないでしょ。他の受験生にうざがられるよ」

八幡「普段からうざがられるからそれは問題ないんだが、このままだと来年まで平塚先生に会えない」

小町「いや、問題あるでしょそれ…………言っとくけど会えないからってメール送りまくるような真似すると本っ当に嫌われるからね」

八幡「何とか我慢する…………」
31 : [saga]:2021/03/31(水) 22:14:46.47 ID:5eBPj/GsO



八幡「明けましておめでとうございます平塚先生。実家に帰って親御さんに早く結婚しろとか言われませんでしたか? うるさく言われたのなら俺がそのお役目を引き受けます。気にしないでください、やりたくてやってることなんで」

静「新学期早々職員室に来て何を言っとるんだ馬鹿者」

八幡「あれ、言われてないんですか?」

静「言われたけどさあ…………その相手が教え子ってのはおかしいだろ」

八幡「まあ他に当てがあるなら潔くすっぱり諦めますよ。いるなら」

静「いないのわかってて言ってるだろ! さっさとホームルーム始まる前に教室に戻れ」

八幡「はい、では今年もよろしくお願いいたします」
32 : [saga]:2021/03/31(水) 22:16:05.00 ID:5eBPj/GsO



八幡「平塚先生、これをどうぞ」

静「…………これは?」

八幡「バレンタインのチョコですよ。お世話になった人に配ってます。先生のは特別ラッピングです」

静「まさか、手作りか?」

八幡「はい」

静「君はこういうイベントが嫌いではなかったかね?」

八幡「まあ好きではないですが、利用するのは吝かではありませんので」

静「変なもの入れてないだろうな?」

八幡「もちろん疑われることは想定済みなので小町を連れて歩いてます」

小町「はい、大丈夫ですよ。作業過程見張ってましたので、ごくごく普通のチョコレートです」

静「想定済みなのか…………大変だな小町くんも…………」

小町「いえいえ、お兄ちゃんがこういうイベントに参加してるのは見るだけでも楽しいので」

静「そういうことならありがたくいただこう。お返しは期待するな」

八幡「俺があげたくてやってることなんで気にしないでください。それでは」

小町「それではー」







静「ビターチョコか…………美味いな」
33 : [saga]:2021/03/31(水) 22:17:55.92 ID:5eBPj/GsO



八幡「先生、卒業式ですよ卒業式」

静「ああ、卒業おめでとう比企谷」

八幡「もう俺は先生の教え子じゃありません。だから、改めて言いますけど、俺と付き合ってください」

静「卒業式はしたが籍は今月いっぱいあるからまだ君は私の教え子だ。そして私は教え子と付き合うことなどできん」

八幡「細かいですね…………でも、そうですか」

静「どうした?」

八幡「いえ、もういいかなって」

静「……………………」

八幡「最初の方に賭けをしましたよね。俺が生徒であっても俺を好きになってくれたら付き合ってくれるって」

静「……………………」

八幡「在籍中に受け入れてくれたら嬉しかったんですが、ここまで鉄壁だと辛いものがありますね。どうやら俺の負けのようです」

静「……………………」

八幡「平塚先生、今までありがとうございました」

静「…………昔の君ならいざ知らず、今の君ならもっと素敵な女性とも付き合えるだろう。そんな君に惚れられていたことは私の誇りになるよ」

八幡「はは、泣かせにこないでくださいよ先生。この腐った目がますます見れないものになっちゃうじゃないですか」

静「元気でな、比企谷」

八幡「はい、先生もお元気で」
34 : [saga]:2021/03/31(水) 22:19:54.92 ID:5eBPj/GsO



三月三十一日
深夜


静「ふむ、今年度ももう終わりか…………テレビも面白いのないし、そろそろ風呂に入って寝るかな」


>ピンポーン


静「誰だこんな時間に…………暴漢や酔っ払いじゃないだろうな…………」

>センセイ、ヒキガヤデス

静「は? 比企谷?」ガチャ

八幡「あ、どうも。夜更けにすいません」

静「いや本当にな。独身女性の家を訪ねる時間ではないぞ」

八幡「すぐ済みます。あの、どうしても気になったことがありまして」

静「何だ?」

八幡「その前にほら、この通り」

静「スマホなんて見せてどうした? …………ああ、もう日付変わったのか」

八幡「はい、なので俺はもう総武在籍ですらありません。生徒であっても俺を受け入れさせてみせるという勝負は俺の負けですかね。だから正直に答えてください。エイプリルフールだとかのネタはナシでお願いします」

静「…………何を聞きたいんだ?」

八幡「先生、先生は本当に俺のことをただの一生徒としか見ていなかったんですか? これっぽっちも心動かされてないんですか?」

静「……………………」

八幡「どうしても、先生の本心を知りたくて、ここまで来てしまいました」

静「……………………」

八幡「先生…………」
35 : [saga]:2021/03/31(水) 22:20:41.13 ID:5eBPj/GsO
 
 
 
 
 
静「           」
 
 
 
 
 
 
 
36 : [saga]:2021/03/31(水) 22:22:40.62 ID:5eBPj/GsO
八幡「……………………」

静「だが、もう勝負も終わったことだしな。君は君の新しい人生を歩みたまえ」

八幡「……………………」

静「…………比企谷?」

八幡「…………った」

静「?」

八幡「言質、取ったあああぁぁ!」

静「え、は?」

>テレビ「ポーン、ジュウニジヲオシラセシマス」

静「な、何っ!?」

八幡「さっきのしっかり録音しました! ギリギリで俺の勝ちですね!」ピッ

>スマホ「ワタシモ、ズットキミノコトヲ…………」

静「……………………」

八幡「いやー、雪ノ下や由比ヶ浜と策を練りに練った甲斐がありました」

静「……………………」

八幡「あ、スマホの時計表示戻しておかないと…………先生?」

静「…………ふ、ふふ」

八幡「ど、どうしました? 目が少し怖いんですけど」
37 : [saga]:2021/03/31(水) 22:24:20.53 ID:5eBPj/GsO
静「ところで比企谷」ガシッ

八幡「は、はい何でしょうか? あと、掴まれてる肩、ちょっと痛いです」

静「君は、数学が苦手分野だったが、数くらい数えられるだろう?」

八幡「え、そりゃまあ…………ま、まさか死ぬまでの秒数を数えろとか言うんじゃないでしょうね? 俺たち両想いの男女ですよ?」

静「ああ、そんなことはしない…………ただ、天井のシミの数を数えられるかを心配しただけだ」グイッ

八幡「え? それって…………い、いや、俺は今日はそこまでの覚悟は…………」

>バタン、ガチャ、ドサッ
>セ、センセイ、セイトヲイエニヒッパリコムノハドウカト
>モウセイトジャナインダロウ、ジブンデイッテタジャナイカ
>ソ、ソレハ……ア、ヤメテフクヲヌガサナイデクダサイ
>キミモコウイウノヲキタイシテタンダロウ?
>アーッ!

雪乃「…………」

結衣「…………」

小町「…………」

雪乃「帰りましょうか。たぶん比企谷くんはこのままお泊まりでしょうね」

結衣「あ、あはは、一応上手くいった、でいいのかな?」

小町「ホント、最初から最後まで兄がご迷惑をおかけします…………」
38 : ◆zO7AQfurSQ [saga]:2021/03/31(水) 22:26:24.49 ID:5eBPj/GsO



>チュンチュン

八幡「うう……汚された…………まさか一晩中だなんて…………」

静「むしろ一晩もつとは、初めてとはいえ若さだな」タバコスパー

八幡「酷いですよ。初めては素敵なホテルで夜景を眺めながらのディナーのあとロマンチックにって決めてたのに」

静「乙女か。嫌なら別れてもいいんだぞ。今なら一晩の過ちということで済ませられる」

八幡「別れませんよ。前も言ったでしょう。俺には平塚先生しかいませんよ」

静「まったく…………だが結婚は最低でも君が大学を卒業してからだ。その間に新しい女を見付けたらさっさと私に見切りをつけろ」

八幡「じゃあ婚約くらいしてくださいよ。うちの親ならとっくに説得済みですから」

静「本当に昔の君からは考えられん行動力だな…………考えておこう。朝飯は食っていくか?」

八幡「はい。あ、俺が作りましょうか?」

静「付き合って最初の飯くらいは私が作るさ。いいからのんびりしてろ」

八幡「じゃあ、すいませんお願いします」

静「ああ」

八幡「……………………」

八幡「先生」

静「どうした比企谷?」



八幡「…………好きですよ、静さん」

静「…………私もだよ、八幡」



              完
39 : ◆zO7AQfurSQ [saga]:2021/03/31(水) 22:29:06.88 ID:5eBPj/GsO
以前から書きたかった平塚先生エンドを書きたい欲求が急激に膨れ上がったので一気に書いてみました
多少の矛盾や誤字脱字はご容赦くださると嬉しいです

読んでいただいてありがとうございました
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/31(水) 23:59:49.39 ID:qqiJyHSDO
月曜日のたわわを思い出した
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/02(金) 09:11:20.69 ID:EDmU8sLf0
本当にキャラ崩壊激しかったけど面白かった
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/02(金) 18:40:13.27 ID:rx9d8ZBcO
某サークルの平塚先生同人誌が出るタイミングでこれはいいものだ
45.60 KB Speed:0.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)