【ひぐらしのなく頃に】羽入「雛見沢の皆にイタズラ?」梨花「そうよ」【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/07/25(日) 01:49:14.11 ID:f1M9C5BDO
一人だけシリアスモードに入っても周りがみんなギャグ…
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/02(月) 23:31:44.69 ID:4Rp2Bpxq0
梨花「知恵、こんばんはなのです!」

知恵「あら古手さん、こんばん…」

知恵「キャッ!?」

梨花「どうしたのですか?変質者にでも会ったような悲鳴を上げて」

知恵「ふ、古手さん!服はどうしたんですか!?」

梨花「あんなものもう要らないのです。生まれたままの姿こそが真の正装なのですよ」

知恵「な、なにか!なにか着ないと!」

梨花「………」ジロジロ

知恵「…古手さん?」

梨花「知恵…よく見るとなかなか良い身体をしているのです」ジュルリ

知恵「えっ」

梨花「女教師を調教してみるのも悪くないのです」

知恵「古手さん…さっきから何を…?」

梨花「いただきますです〜!」ピョ-ン

知恵「!!?」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/02(月) 23:32:36.51 ID:4Rp2Bpxq0
圭一「部活が白熱して帰るのすっかり遅くなっちまったな」

魅音「へっへっへ、今日も圭ちゃんはおじさんに完敗でしたなぁ」

レナ「はうぅ〜!次は圭一くんにどんな女装させよっかな!かなぁ!」

圭一「うるせぇぞ!」

魅音「でも梨花ちゃんと沙都子がいたらもっと楽しかっただろうね」

レナ「用事ってなんだろ?」

圭一「まぁ、あの2人にも色々あるんだろ」

魅音「…んあ?」

圭一「なんだよ」

魅音「あそこにいるの、知恵先生と梨花ちゃんじゃない?」

レナ「ほんとだ」

圭一「なんでこんなとこに…」

レナ「………えっ!?」

圭一「なんだ、ありゃあ!?」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/02(月) 23:34:08.39 ID:4Rp2Bpxq0
梨花「クボボッ!ガボォ!!」

知恵「口ほどにもありませんね……」

知恵「さぁもっと!もっと味わいなさい!!」

圭一「な、なにしてんだよ!先生!!」

魅音「梨花ちゃんが……」

レナ「全身カレーまみれになってる!?」

知恵「あぁ、貴方たちですか……」

知恵「全裸の古手さんが乱心して私に襲いかかってきたんです」

知恵「私は迎撃せざるを得なかった…なぜなら」

古手さんと既成事実ができる
?↓ ?
淫行で逮捕される?
↓ ?
クビ
?↓
カレーが食べられない
?↓ ?


知恵「だからです」

知恵「仕方なかったというやつですよ」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/02(月) 23:35:10.95 ID:4Rp2Bpxq0
圭一「や、やべぇよ…先生何言ってんだよ…」

魅音「明らかに正気じゃないよね…梨花ちゃんが全裸で襲いかかるなんて、あるわけないじゃん……」

レナ「ただのカレキチだと思ってたのにこんな危険人物だったなんて!」

知恵「うるさぁい!!」ビュッ

魅音「おわーっ!?」ヒョイッ

ジュッ……

圭一「ヒェっ!こ、高熱のカレーを!」

知恵「あなた達も味わいなさぁい!!」ダッ

圭一「うわっ!こっち来るぞぉ!!」

レナ「圭一くん、魅ぃちゃん!梨花ちゃん確保したよ!逃げよう!」

魅音「と、とりあえず私の家へ!!」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/02(月) 23:35:55.72 ID:4Rp2Bpxq0
魅音「ぜぇ、はぁ……」

レナ「やっと着いたぁ」

圭一「どうなってんだよあの先生は…」

梨花「うぅ……」

レナ「あっ!梨花ちゃん、目を覚ました!」

梨花「圭一、レナ、魅ぃ…ここはどこなのですか?」

レナ「魅ぃちゃん家だよ!」

魅音「ほんとに全裸だね。先生に服取られちゃったのかな」

圭一「お、俺は紳士だから目線をずらしておくぜ」チラチラ

レナ「部屋から出て行こうねぇ」ゲシッ

圭一「ぐぁっ」

魅音「カレーまみれにしとくのもなんだから、いっしょにお風呂入ろっか」

梨花「みぃ…良いのですか?」

魅音「当たり前じゃん!おじさん、こう見えて背中流すの得意なんだ〜!」

梨花「そうなのですか…それでは」

梨花「ぜひお願いするのです」ニヤァ
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/02(月) 23:37:10.13 ID:4Rp2Bpxq0
圭一「俺たちどうやって帰ればいいんだろうな」

レナ「先生がまだうろついてるかもしれないから、まずは警察に通報しないと」

圭一「…先生、なんであんな」

ピンポ-ン

圭一「誰が来たみたいだな」

レナ「せ、先生じゃないよね?よね?」

圭一「わからん」

圭一「魅音は梨花ちゃんと風呂入ってるし、魅音の婆ちゃんもいないみたいだし…」

圭一「ここは俺が出てみるか」

レナ「気をつけてね圭一くん」

圭一「大袈裟だな。インターフォンに出るだけだぜ?」

レナ「……」

圭一「…はい、どちらですか?」ガチャッ

来訪者>>86
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/08/02(月) 23:52:11.37 ID:EmZ5FiYoO
鷹野
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/13(金) 23:54:33.77 ID:E4LejgPt0
鷹野「園崎さんのお宅ですか?私……」

鷹野「あら?この声は……前原くん、だったかしら?」

圭一「あっ、えーと…鷹野さん、ですか?」

鷹野「うふふ、そうよ。久しぶりね」

鷹野「でもどうしてあなたがインターフォンに出ているのかしら?ここは園崎家よね?」

圭一「それはその、色々ありまして」

鷹野「ふふ、まぁいいわ。詩音ちゃんはいるかしら?貸していたノートを返して貰いに来たんだけれど」

圭一(ノート…?詩音のやつ、勉強でも見てもらってたのか?)

圭一「えっと、詩音はいません。たぶん興宮の方にいるんじゃないですかね?」

鷹野「あらあら、それは残念。また出直すとするわね」

鷹野「……えっ?」

圭一「どうかしましたか?」

鷹野「だ、誰よ貴方……」

鷹野「キャアッ!?」

バギッ !!!

圭一「えっ?」

「出てこいや園崎!!!!」

圭一「な、なんだぁ!?」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/13(金) 23:55:04.21 ID:E4LejgPt0
レナ「どうしたの?」

圭一「なんか変な怒鳴り声が」

ガッシャ-ン !!!

レナ「!」

鉄平「なんね…おらんのか?園崎のクソババア…」

鉄平「あいつさえ仕留めりゃ御三家はガタガタじゃ…」

鉄平「あとは古手のガキも、公由のジジイも、全員まとめて……!!」

レナ「あれは…悟史くんのバット!?」

圭一「げぇっ!あのオッサンは!」

レナ「えっ?圭一くん知り合い?」

圭一「い、いや知り合いではねえけど…」

鉄平「なんじゃぁおどれら」ギロッ

圭一「っ!」

鉄平「邪魔するんならタダじゃおかんぞ!!」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/08/13(金) 23:56:44.38 ID:E4LejgPt0
レナ「圭一くんは魅ぃちゃんと梨花ちゃんを避難させて!私は時間を稼ぐよ!」

圭一「お、おい!危ないぞ!」

レナ「大丈夫…」スッ…

圭一「うわっ、なんだそのナタ」

レナ「レナは簡単には殺されないよ!」

鉄平「どりゃあっ!」ブンッ

レナ「はぁああっ!」ガキンッ

圭一(何もんだよコイツ…)

圭一(まぁいっか)


圭一「えっと、風呂場はここか?」

圭一「魅音!梨花ちゃん!大変だぞ!」ドンドン

圭一「…おーい、二人とも?」

圭一「……入るぞー?」ガラッ

圭一「なっ!?」

二人は何を?>>90
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/08/14(土) 00:02:06.28 ID:v60TNdGPO
ちゃん梨花に胸をひたすら責められてる魅音
56.48 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)