【変わった安価】年功序列のない拳と魔法の世界の学園もの

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/20(水) 18:01:27.30 ID:rTjOjsmfo
同族!
136 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:01:42.28 ID:aorFkuV00

一人称(女) このレスのコンマ1桁が

1〜3 私
4〜5 うち
6 ボク
7 俺
8 わっち
9アタイ
0 自分の名前
137 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:03:19.54 ID:aorFkuV00
このレスのコンマ1桁の数字が

1で無乳
2〜3で貧乳
4〜5で微乳
6〜7並乳
8〜9で巨乳
0で爆乳

身長 120+このレスのコンマ2桁
138 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:07:20.55 ID:aorFkuV00

「お年寄り機械のわっち相手にタックル、少しは敬老精神を持ってほしいのう」

そう言う彼女は美人だった
銀髪のロングヘアー、顔は整っていて、体も整っている
女性にしては少し背がでかいが、巨人というほどではない

「ご、ごめんね」

女性は笑顔になった

「まぁよい、わっちはシロじゃ。こう見えてアンドロイドじゃよ」



ダーク君はこっちによって来る

「美人さん、ぜひデートしてほしいね」

シロちゃんは笑顔で断わった

「おぬしかなり見どころがあるとは思うが、3歳とデートする気はないのう」

ダーク君はおどけた

「あはは、気にしてんだよ自分の年齢
 どうせ俺はガキだよ」

「なんか、ごめん」



シロちゃんは拳技の素振りをやっていた
特に普通で何も言うことはない

※このスレでは立場の違いでさん付けすることはあっても、年功序列はないので
  シロでもちゃん付けですね、教員相手には普通さん付けでしょうが(しない生徒もいる)
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/20(水) 18:08:08.31 ID:eJ739tjSo
今更だけとこの身長コンマの仕方って高確率で女子の平均身長より高くなるよな
140 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:17:17.68 ID:aorFkuV00

ダーク君は頭を掻きながら、シロちゃん言った

「あんた、ただ機械に言われたことをこなしてないか?」

「なんだ、機械を侮辱…」

ダーク君はお手本を見せた

「あんたは女性にしてはでかい、だからそれを生かした動きがある
 かくかくしかじかすれば、もっと伸びるぞ」

『!!!!』



シロはお礼を言った

「ありがとう」

ダーク君は笑顔で言った

「こう見えて10年生だからな!!史上最年少の」

シロちゃんはがっかりした

「1歳のころからおぬしいたから、同期なのよな
  それなのにわっちは!!わっちは!!」



ボクはシロちゃんを抱きしめた

「だ、大丈夫!!彼が異常なだけだから、ね?」

「ドレッド…」

コンマ2桁 機械の羞恥心 −30
141 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:21:23.60 ID:aorFkuV00

ダーク君は笑った

「いいムード?」

「「いいムードじゃない!!出会ったばかり!!」

ダーク君は笑顔で誘った

「出会った記念に食堂行こうぜ、ドレットお前金大丈夫か?」

学院での通貨は世界共通通貨 ワールド 1ワールド 10円ぐらいの価値

このレスのコンマ1桁

1 無一文
2〜3 100ワールドはもってる
4〜5 1000ワールドはもってる
6〜7 1万ワールドはもってる
8〜9 10万ワールドはもってる
0 家ぐらいはもってる
142 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:34:24.66 ID:aorFkuV00

ボクは笑った

「食堂より、ボクの持ち家に招待するよ」

『!!!!』



ボクは2人を一軒家に連れ込んだ。
そこそこでかい一軒家だ。

「もう40代だからね、ここに来るまでは仕事してたし
 入学前に家ぐらい買ったんだ」

「「すげぇ」」

2人は驚いている



2人はリビングに座る
ボクは笑った

「サンドイッチでいい?作るね」

このレスのコンマ2桁料理の腕
143 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:39:49.09 ID:aorFkuV00

「はい、サンドイッチ」

ダーク君は笑った

「なかなかいけるじゃねぇか」

「はい、サンドネジ」

薄い鉄板にネジが挟まっている

「おぉ、なかなかいけるのう!!」

シロちゃんは笑った

お友達のご招待大成功!!



ボクはさっきとは別の端末、学生端末を見る

「拳科はさっきの動きを見て、3年生扱いだね」

シロちゃんはネジを噴出した

「ぷっ!!」

「「シロ「ちゃん」」

「わっちの3年間っていったいなんなん?」

…なんか、ごめん



ダーク君は言った

「初対面でまぁ世話になったし、俺たちはもう行くわ。」

シロちゃんは笑った

「じゃーな、紳士でいいやつじゃった
 悪質タックルが傷じゃが」

それは、ごめん
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/20(水) 18:41:11.89 ID:QJpSA7Z+o
ドレッドさん結婚しててもおかしくないでこれ
145 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:41:22.93 ID:aorFkuV00

ボクは端末の学院の説明を見る

【説明】
学院は拳部の区画、魔法部の区画、基礎学部、商の区画に分かれている
拳部の区画では拳部の施設や道着、拳部の修練場(教室のようなもの)がある
魔法部の区画では魔法部の教室や修練所(魔法を撃つ場所)や実験室がある

基礎学部の区画ではボランティアが各国の歴史を教えている、特に単位はないが
外国人との雑談などには必修だし、多くの生徒が受ける
また基礎学部に居る生徒は外国人に友好的な生徒が多い、基礎学部町にはレストランが多い

商の区画ではファッションからおもちゃからレストランまでなんでもある


それぞれの区画にはギルドがあり、依頼を受けられる。
146 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:49:47.95 ID:aorFkuV00

「ふむふむ、どこへ行こうかな?」

ボクはオイルを片手で飲みながら、ネジを食べながら考える
お金には余裕がある
ここに来るまでは【コンマ1桁】で部長をやっていた

1〜2生命生産部門
3〜4バイオ食料部門
5〜6エンジニア部門
7〜8生活改善部門
9〜0美少女アンドロイド研究部門
147 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:52:53.97 ID:aorFkuV00
名前 ドレッド・ノート
性別 男 種族 機械 年齢学年 41歳
外見服装 クールな男性型、整っていてふけてる。色は漆黒 身長 212 胸のでかさ なし
性格 心優しいが気が小さく臆病、怒らせると怖い。小動物になつかれる 職業

魔法属性や特性 ない

筋肉 C 拳技 A 足技 C 魔法技術 ない 魔法力 ない

格闘技
タックル タックル
魔法

備考
心優しいロボ、怒らせると怖い
外見の割にそこまでパワータイプではないが拳技の天才である
外見に黒幕感があるが、いいやつである

料理はそこそこできる、元エンジニア部門部長
148 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 18:54:17.64 ID:aorFkuV00

お金はあるから、とりあえず何かやろうと思えば何か買える
そんなことより学問をするべきだ、という意見もあるだろうが
とりあえず今は夕方、店はやってるかな。

スレ住民のみんな、これからどこに行こう?

ドレット

所持金 100万ワールド(手持ち、貯金は本国)

所持品
レンチ、ハンマー、ドライバー、ネジ、学生用端末


※中断、続きはまたあとで
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/20(水) 19:02:49.77 ID:eJ739tjSo
食後の運動
お外で鍛練しましょう
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/20(水) 19:06:00.86 ID:QJpSA7Z+o
鍛錬がてら学校に戻って設備を確認
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/20(水) 19:19:52.37 ID:iBlbm37D0
基礎学部の区画に行ってみてやってたら各国の歴史について学んでみる
152 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 23:27:38.72 ID:aorFkuV00
再開します
153 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 23:33:43.91 ID:aorFkuV00
>>149>>150
ランニングしながら拳学部に戻って設備を確認だね
>>151
もう夕方だし、授業は終わりだと思う。
だからそれはまた今度



ボクはランニングしながら拳学部に行く

「えっさ、こいさ」

「ひそひそ」「ひそひそ」

うぅ、すごく目立ってる!!



ボクは拳学部の設備を確認する
今の時間帯はあまり人が居ない
機械武術修練所、中国武術修練所、フリーの修練所なんかがある

中華レストランも機械レストランも完備
シャワートイレは当然完備だ

自分たちの学費はしっかり重要なところに使われてるな
と、元部長の感想
154 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 23:35:43.31 ID:aorFkuV00

奥の方に、小さな道場を発見した。いっぱいある

「これは?」

性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
155 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 23:43:07.15 ID:aorFkuV00

スーツを着た、黒髪の
ザ、案内人って感じの男が現れた

「優秀な生徒は、道場を持つことがあるのです
  自分が教え、自分も学ぶ。というか…ここは学生だけの学院ですから」

スーツの人は笑顔で言った

「道場の師範代も学生なんですよ、たいていは拳学部を卒業済みで。
  魔法学部にてこずってる学生が、師範代やってます」

そうなんだ、合理的だな



「この小道場での授業は、師範代の決めた金額で行われます。
  また1つの道場にまでしか入れません、また道場主の許可がなければ入れません」

師匠をつける、ということか
ふむ。

「ちょうど放課後の鍛錬が盛んなところでしょう
  道場は8つあります、雰囲気だけでも見学して行っては?」

しない理由が見当たらないので、見学してみることにした
156 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/20(水) 23:47:57.42 ID:aorFkuV00

1つ目の道場の師匠はダーク君であった

「あんまり金ねぇから、こいつみたいな壁に教えなきゃいけないんだよクソ」

「す、すみません壁で・・・」

ダーク君がリムルちゃんにレクチャーしている




「ドレッド」「ドレットさん」

「ダーク君じゃないか、道場主だったのか」

ダーク君は笑った

「収入が居るからな、拳才はあるし
  でも女の子の生徒、俺がナンパだからすぐにげて今こいつだけ
   この壁で」

「すんません壁で…」

リムルちゃんは卑屈すぎる
ボクは叫んだ



「女の子に壁なんていっちゃいけない!!
  ナンパ師ならしっかり」

ダーク君はうつむいた

「すまない、壁も楽しむべきだよな。揉んでいいか?」「いやだ!!」

ここは愉快な師弟関係なようだ
とりあえず次に行ってみよう、道場は残り7つ

※今日はここで終わり、続きは明日の適当な時間に
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/21(木) 00:14:37.31 ID:UaGkFVuRo
おつー
リムダークなかなか良いコンビ
158 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:39:03.07 ID:1saahizk0
再開します
159 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:39:59.02 ID:1saahizk0

性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
160 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:42:12.39 ID:1saahizk0
順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/21(木) 14:42:54.61 ID:+jHy9vdn0
162 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:43:09.41 ID:1saahizk0
このレスのコンマ1桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ
163 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:46:55.43 ID:1saahizk0

ひげもじゃら、プロレスラーすがたのマッチョおじさんは泣いていた

「勝てねぇよ、ダークに勝てねぇよ!!
 うぉおおおおおおおお!!」

オレンジ髪ポニーテールで身長は普通
巨乳でビギニで胸を隠して、ベストを羽織った女の子が慰める

「もじゃら師匠、落ち着くッスぅうううううう!!
 あんな小童一ひねりっすよ!!1回も勝ったことないけど」



ひげもじゃらは笑った

「だがよ、ッス。
  お前はリムルに勝ったことある、だからこれはつまり俺とダークは互角」

俺は道場の扉を閉めた
ダーク君の道場のほうがよさそうかな
道場の横にランキング10位、って書いてある。

拳術学校ランキング

1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位 ダーク
10位ひげもじゃら
164 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:48:07.24 ID:1saahizk0
性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
165 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:48:49.37 ID:1saahizk0
順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある

このレスのコンマ2桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ
166 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:55:06.78 ID:1saahizk0

バンダナを巻いてる、黒髪ショートヘアーの女の子が
並乳の女の子が一生懸命修行している
その青白い肌から、アンデット族であると分かる

「投げる!!でもしっかり型を意識して投げる!!
 努力だよ!!」

『うっす!!』

ここには数人の弟子が居るようだ



金髪ロングのギャルっぽい子が来た、人間だ
胸元を丸出しにして、その、卑猥だ

「パン師匠は真面目ちゃんだよ♪ここで勉強していかない?
 まじめに修行できるぞ」

「え?あ、…」

パンさんって言うんだ



「こら、困らせない」

パンさんが出てきた

「ごめんね、いろいろなところ見てきてからのほうがいいよ
 ここは投げしかできなくて、君のようなでかい人なら、いろいろ生かせる場所あるから
  もっと高ランクの師匠も居るし」

パンさん、なんていいひとだ!!

「ありがとう、ございます」

「敬語なんていいよ気楽に、私たち同じ学生だし!!あくまで部活感覚でね」

キュン!!

キュンとしながら私は部屋を出た、ランキングは7位と書いてある。
なるほど


拳術学校ランキング




1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位 パン
8位 
9位 ダーク
10位ひげもじゃら
167 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:57:14.89 ID:1saahizk0
中断、続きはまたあとで
個人的に悪い生徒が居て暴れる、というより生徒同士の争いでは
純粋に強さや技量を競う方が好き。グラップラー刃牙の史上最強トーナメントみたいな感じで
168 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 14:57:50.13 ID:1saahizk0
あっ、悪人とはギルドの依頼を受ければ会えるので大丈夫です
悪党を退治するためのギルド、みんなで切磋琢磨する道場
169 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:17:07.14 ID:1saahizk0
再開します
170 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:19:17.55 ID:1saahizk0
性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
171 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:19:51.07 ID:1saahizk0

順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある

このレスのコンマ2桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ
172 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:29:58.45 ID:1saahizk0

そこには上半身下着姿、ピンク色の髪の女が居た
胸はそこそこでかい

「脱がせばぁ、戦意喪失するのよぉ」

道場には男子生徒だらけだ

「だけどなんで男子ばっかりなのよ!!テンション下がるわい」

こんなところに女子が来たら、レイプ被害者になりかねない。



道場の中では、男どもが脱がせ合いをしていたので
ボクはそっと道場の扉を閉めた
あの師匠は8位、エロスだそうだ

拳術学校ランキング

1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位 パン
8位 エロス
9位 ダーク
10位ひげもじゃら
173 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:34:54.17 ID:1saahizk0
性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
174 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:35:32.10 ID:1saahizk0
順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある

このレスのコンマ2桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ
175 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:39:03.69 ID:1saahizk0

そこには、きれいな薄い紫髪の
ロングヘアーの美少女が居た

「筋肉を外につけるのは愚か者よ、マッスルマッスル!!
  筋肉は中につけるもの!!」

彼女の手足は細い、だが

「ふんす!!」

指1本で石を砕いて見せた
すごい!!



「へい、私はミリアよ。
  この学校のナンバー1をやっているわ」

すげぇ!!

コンマ2桁 道場の人気
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/21(木) 20:45:55.46 ID:UaGkFVuRo
なかなか!
177 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:47:06.75 ID:1saahizk0

そこそこの人数の生徒が筋トレしてる、組手してる生徒もいる
男女問わずに

「男女問わず、ここで筋トレしてる
 パワーのつけかたから生かし方まで、指導する
 ロボの生徒もいるから、あなたも入ってみる?そんなに入門費は高くないわよ」

メガネっ娘が止めに来た
茶髪で眼鏡をしている、制服のような服を着ている
胸のサイズは分からない

「だめ、ミリア様はすごいお方
 そんなに簡単に受け入れては、駄目」



「ネーナ、筋肉は万人を受け入れる。
  ただ世の中には汚い筋肉が多すぎる、私はそれを正すだけなのよ
   私自信はすごくない」

「ミリア様…」

すごく信奉されてるんだな

「ほかのところ見て、ここがいいと思ったら来てね
 こう見えてもナンバー1だから、脳筋なだけじゃない
  格闘系なら知識的なことも成績ナンバー1だから☆」

いいひとそうだ、かなり有力候補かもな


ネーナは頭を下げた

「さっきはごめん、ここではきれいな筋肉を学べるから
 来たければ、来て」

「あぁ」

ボクは外に出た、ナンバー1ミリアの道場
ネーナは少し気難しそうだが悪くないな
178 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:55:04.73 ID:1saahizk0
性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
179 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 20:55:53.53 ID:1saahizk0
順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある

このレスのコンマ2桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ

180 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:00:23.89 ID:1saahizk0

次の道場を開けると、そこには
赤髪ショートヘアーの男が居た

「スピード命、バーニングだぜぇえええええ!!

青髪ショートヘアーの貧乳女と叫んでいる

「スピード命、バーニングだぜぇえええええ!!」

道場内で生徒たちが走り回っている



「あ、あの。」

貧乳女は足を止めた

「おっ、新入生か?私はバニってんだ
 こっちは師匠の」

赤髪男は言った

「ビートだよろしく、学院のナンバー3なんだぜ」

ナンバー3、すごい!!



「よっと!!」

ビートさんはボクの後ろに居た

「!!!!」

ビートさんは笑顔だ

「こういうことができる、スピード道場だ。まぁよろしく!!」

『よろしく!!』

「…よろしく」

そう言ってボクは道場の外に出た
そこにはナンバー3と書かれていた
181 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:01:46.46 ID:1saahizk0
性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
182 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:02:21.62 ID:1saahizk0
順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある

このレスのコンマ2桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ

183 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:07:36.13 ID:1saahizk0

次の道場には、白髪ショートヘアーのロリが居た
Tシャツに半ズボンを着ている

「えっさ、こいさ」

『えっさ、こいさ』

この部屋はロリショタだらけだ



「ここは…」

ボクは驚いた

白髪ショートヘアーのロリは言った

「ボクはリーア、この学校のナンバー2だよ。
 スピードではナンバー1」

リーアか壁を自由自在に駆け巡って見せた

『!!!!』



「新入生さん?見学?
 あなたここに向いてないように思えるけど、ええっと、止はしないよ」

リーアちゃんはボクの体格を見て言った

金髪メガネの男の子は言った

「リーアちゃん、そんな言い方ないと思う
  頑張りたい人も居るし」

「ごめんごめん、頑張りたいなら来てね
  歓迎するしそういうメニュー組めるから」

そう言ってリーアは部屋の奥に去っていく




茶髪メガネは挨拶する

「ちゃぱ、同じ機械族です
  もし来てくれたら仲良くしたいな。じゃっ」

ちゃぱは去っていった

184 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:09:31.89 ID:1saahizk0
次でラストの部屋か、トップはもう見たけど…

性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明

185 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:10:08.33 ID:1saahizk0
順位 このレスのコンマ1桁位、もし埋まってた場合下にずらす、下にずらしきれない場合1位になることもある

このレスのコンマ2桁が

1〜2パワー
3〜4柔
5〜6スピード
7〜8バランス
9〜0ストリップ
186 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:15:53.60 ID:1saahizk0

部屋を開くとそこには、下半身が機械で出来た
人間が居た
上半身はボーイッシュで男にも女にも見える

オレンジ髪ショートヘアーで活発的だ
服装はラフなTシャツ

「おっ、機械族の仲間かいな」



周りには車いすの障害者や、目が見えない障害者などが居る

「ここは障害者向けの道場やけど、健常者も歓迎しとるよ
  うちはユーメ、よろしく」

目を閉じた老紳士が挨拶してきた

「魔族のモクです、3つ目の魔物でしたが
 人間の勇者に目を切られましてな」

「モクちゃんは1番弟子だよ、てへ☆」

雰囲気はよさそうだ
自分の健康体でここに入るのは気まずいが

ボクは部屋を出た
4位、ユーメ。か…

187 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/21(木) 21:18:30.94 ID:1saahizk0
さて、一通り8つの道場は見たけど
スレ住民のみんな、どこに入門しよ
ちなみにここにいないランキング者は、道場を開いてないみたいだ

拳術学校ランキング

1位ミリア
2位リーア
3位ビート
4位ユーメ
5位
6位
7位 パン
8位 エロス
9位 ダーク
10位ひげもじゃら

※今日はここで終わり、続きは明日の適当な時間に
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/21(木) 21:32:22.05 ID:UaGkFVuRo
おつ
成績の1か、初期メンツと一緒に駆け上がる9か
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 08:10:30.66 ID:gnK+czGY0
個人的には下位グループから駆け上がる展開が好きだからダークの所かな
190 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 17:16:47.09 ID:jfdg9VZ10
今から投下したいところですが。
私には真流行り神を1〜3まで買いに行くという使命があります
ということで、普通の安価になってしまいますが多数決&コンマ形式で道場は決めたいと思います

入りたい道場を書き込んでください、書き込んだ人が多いほどコンマ判定で当たる確率が上がります
19時59分までの安価です
20時に来る予定ですが、もし遅れたらそのときは流行り神をやりながらブルブル怯えてるか、推理の世界に浸ってるのです
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 17:33:25.81 ID:WfPZ8+xoo
ダークのところ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 17:57:29.19 ID:gnK+czGY0
ダークの所
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 18:08:10.96 ID:Psve/hdoo
ぞれぞれ魅力あるけど一つ選ぶならやっぱりダーク道場
194 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:06:41.90 ID:jfdg9VZ10
再開します、やはりダーク道場ですよね
195 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:37:47.42 ID:jfdg9VZ10

ボクはダーク君の道場の門をたたいた

「ダーク君、いや師匠
 ボクはここに入門することにした」

ダーク君がクエッションマークを浮かべている

「もっといいとこあるだろ、ドレットなら」

ボクは笑った

「君は友人だ、それだけでいい」


ダーク君が笑った

「なら師匠はなしだ、切磋琢磨していこうぜ
 これからはお互い呼び捨てで行こう

リムルは口から泡を吹いて倒れた

『り、リムルぅううううううう!!』



「呼び捨てとかむりぃいいいいいいい!!」


しばらくして


「まぁ私がリムル様だ、よろしくなお前ら」

この態度の差だ

「リムルってこんな奴だったんだな」

「だね」

なぜか喪女、という言葉が頭に浮かんだ
196 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:42:18.34 ID:jfdg9VZ10

ダークは言った

「うちは魔力を込めた攻撃やカウンターをやってる
 技量だけなら上位陣にも引けを取らないぜ、筋肉はないが
  ためしにかかって来てみてくれ」

ボクはダークにタックルした
ボクは倒れていた

「がはっ!!」



ダークは笑った

「今のがカウンター、こういうことをうちはやってる」

なるほど!!
うん?ボクカウンターよりパワー技のほうが。



リムルがパソコンを使って分析した

「パワータイプのカウンターも、できる!!
  この私にはできないけど」

ダークは笑顔だ

「リムルは実技はいまいちだけど、頭いいから
  リムルが開発してくれたシュミレーション通りやってみな
   巨大体でのカウンター、完成するかもよ」

『!!!!』



ボクはシュミレーター通りやってみた

このレスのコンマ1桁÷2の成果、ただし0で成功
197 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:48:13.51 ID:jfdg9VZ10

「ふんす、ふんす
 タイミングが難しい」

リムルは言った

「当然だよ、技が簡単にできたら技じゃない」

ダークが笑った

「まぁクンフーってやつだ、道場はいつでも開いてる。
 練習しに来いよ、組手でも俺は受け付ける」

「私は拒否る」「お前は受け付けろ」



ボクは聞いた

「あ、そういえば入門費は」

ダークは頭を掻きながら言った

「なしでいいって言いたいが、寮費が払えなくてな
 お前の家住ませてくれるか?それが入門費」

「了解だ」

こうして同居人と道場が決まった

名前 ドレッド・ノート
性別 男 種族 機械 年齢学年 41歳
外見服装 クールな男性型、整っていてふけてる。色は漆黒 身長 212 胸のでかさ なし
性格 心優しいが気が小さく臆病、怒らせると怖い。小動物になつかれる 職業

魔法属性や特性 ない

筋肉 C 拳技 A 足技 C 魔法技術 ない 魔法力 ない

格闘技
タックル タックル

カウンタックル 習得まで 2/10

魔法

備考
心優しいロボ、怒らせると怖い
外見の割にそこまでパワータイプではないが拳技の天才である
外見に黒幕感があるが、いいやつである

料理はそこそこできる、元エンジニア部門部長
198 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:51:53.32 ID:jfdg9VZ10

ドレット家

普通の家家 1件屋2階 4部屋

部屋1 ドレット 部屋2 ダーク

部屋3 部屋4 

設備 キッチン、ロボ食品キッチン、風呂、洗濯機
    電気水道は通ってる
199 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:52:45.77 ID:jfdg9VZ10

ふぁああああ、朝になった
朝起きるとダークが飯を用意していた

「ダーク!!師匠なのに」

「居候でもあるからな」

このレスのコンマ2桁 ダークの料理力
200 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 20:55:51.93 ID:jfdg9VZ10

「チキン風ネジなどいかがかな?ドレッド君」

ごくり

「もぐもぐっ、おいしい!!
 ずっと家にいてほしいよ」

ダークは笑顔で言った

「卒業まではいるかもな」

あぁ、幸せ



ダークは聞いてきた

「今日はどうする?俺は弟子の勧誘ついでにナンパに繰り出すが」

相変わらず、この子は…

「授業は自由参加だぞ、永遠に卒業できなくても自己責任」

残酷な学校だなぁ
ボクはどうしよう?スレ住民のみんな

※中断、続きはまたあとで
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 21:12:09.95 ID:gnK+czGY0
真面目に機械拳法の授業を受ける
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 22:00:43.12 ID:DRF1jhmQo
わざわざ勤め人から学校にきてサボりはもったいない
授業うけよー
203 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:27:22.89 ID:jfdg9VZ10
再開します

>>201>>202

了解、いろいろな生徒と会えるかもだし

このレスのコンマ1桁位の生徒と遭遇
204 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:31:38.93 ID:jfdg9VZ10

「はぁ!!」

ダークは魔力を込めた拳撃を、壁に当てていた
火の魔力が衝撃的に当たる

「!!!!」

【くまぁ、一撃で倒せます】



ダークは笑った

「熊ぐらい上位陣なら倒せる、やっぱしドラゴン倒してぇな」

スケールが違う。

「やぁ、ダーク」「おぉ、ドレッド。」

ボクはおどけるように笑って見せた

「さぼりは?」「ちょっと修行したくなって、女の子にアピールできる技」

なんだかんだ努力家なんだよな。



ボクは自分の端末を見た、ボクはまず正拳突きから
ダークは笑った

「まずは正拳突きをまともに覚えろ、素質があるのに
  拳技がなさすぎだ」

師匠からの言葉にボクは頷き
拳を放った!!

才能天才な技 このレスのコンマ1桁習得度上昇
205 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:32:56.38 ID:jfdg9VZ10
格闘技
タックル タックル

カウンタックル 習得まで 2/10

正拳突き 習得まで 3/10
206 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:35:59.84 ID:jfdg9VZ10
技について 覚えられすぎても技はいっちがコントロールできないので、魔法含め10種類までしか覚えれません。
         いい技を10個集めて、自分だけの最強技集を作りましょう
         また技は上位技に進化することがあります
207 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:37:04.56 ID:jfdg9VZ10
この技いらね、と思ったら入れ替えも可能です
208 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:39:13.46 ID:jfdg9VZ10

ボクはダーク君と一緒に、食堂で飯を食べる
かつ丼だ、ボクはネジ丼

「うめぇな、お前のそれうめぇのか?」

「ロボにとってはね」

彼はナンパもので、軽薄に見えてそうではない
いいやつだ、一緒に居て心地いい



おや、落ちこぼれ魔族じゃぁないですか
魔法ランクコンマ1桁位
209 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:40:03.25 ID:jfdg9VZ10
性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
210 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:44:32.43 ID:jfdg9VZ10

金髪縦ロールの、いかにも貴族という感じの少女が
声をかけてきた
胸は普通

「そこの人とは初対面でしたわね?私はローラ、名家の吸血鬼でエリートですわ
  魔法ではナンバー6をさせていただいています」

ナンバー6!!

「落ちこぼれ魔族さん、あなたは拳は得意ですが魔族なら
 もっと魔法を学ぶべきですわ、苦手というわけでもあるまいに」



ダークは拳をローラの顔面に寸止めした

「ひっ!!」

ダークは笑う

「ランニングが強さじゃない、拳法ならそういうこともできる」

ローラは慌てて詠唱を唱えようとする、

「水の聖霊よ、我に力を…」

だが

「はい」

返された、ローラは水浸し
下着は丸見えだ

「つっ!!」



「敗因は虚栄心、ってところかな?
 レディ相手に怒るなんてガキかな?」

「お、覚えてらっしゃい!!」

縦ロールは去っていった
ランキング的には上なのに

ダークは言った

「ランキングがすべてじゃないさ」


211 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/22(金) 23:47:52.69 ID:jfdg9VZ10

ボクは笑った

「君が師匠でよかった、まだまだ成長できそうだ」

ダークは笑った

「俺も一緒に成長する、3歳なんだ
 あいつより伸びしろはある」

ありすぎじゃね?



「昼飯うまかったな、俺は魔法学の授業受けるから今度こそお別れだ
  元気にやれよ」

彼はさっきの魔法をメモしながら歩いて行った、勤勉!!
3歳だから魔力がないだけで魔法事態はかなりの腕なんだよな

スレ住民のみんな、これからどこに行こう?

※今日はここで終わり、続きは明日の適当な時間に
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/22(金) 23:53:42.17 ID:Psve/hdoo
ドレッドさんの魔法方面なんとかして伸ばせねぇっすか?

おつおつ
213 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 10:42:33.90 ID:nnFinlDx0
再開します
214 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 10:49:40.13 ID:nnFinlDx0

>>212
…とりあえず魔法の受付に行って聞いてみるよ
何か方法があるかもしれないし


受け付けは魔法帽子をかぶったショタだった

「はいはいいらっしゃい、機械?」

「かくかくしかじか、ってことで機械にできる魔法ないです?」

受付のショタは考え込んで、言った



「うちも拳部と同じで、授業は生徒がやっていて
  講義を開いてるだけど、優秀な生徒は講義室を持ってるの」

講義室!!
なるほど

「確かそのうちの…このレスのコンマ1桁位が機械が使える魔法について研究してたかな
  話をしてみるといいよ」

215 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 10:50:54.88 ID:nnFinlDx0

性別 コンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
216 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 10:57:45.89 ID:nnFinlDx0

赤い髪で、肌着にトランクス姿の並乳女性が居た
女性は授業をしている

「いいか、魔力は作れる。 
  こうやって属性を持った薬草を入れることにより、貯蔵できる」

ロボ生徒たちは真剣に聞いてる



「残念だがてめぇらに魔力の素質はまるでない。
  だけど魔法技術は機械なら高くなるはず、制限が多いができねぇことはないはずだ」

金髪メガネの美少女アンドロイドが目を輝かせている

「さすがウルフさん、できないを許さない!!」

ウルフと言われたトランクス講師は笑った

「できないは言い訳だし、それでロボ?魔法を学びに来たのか?」

「あ、はい」



ウルフは髪を書いた

「自分のサイズに合った魔法器、それと放出器は自費だ
  お前のサイズだと10万ワールド(100万円ぐらい)かかるが、できるか?
   +授業料1万ワールド、属性草は集めるのも勉強のうちだから金はかからない」

スレ住民のみんな、どうしよう!!
お金なら100万ワールドあるけど、入学早々かなり使うことに

※中断、続きはまたあとで
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/23(土) 11:44:19.12 ID:DIaxTO3/o
ん、できる事と費用が判ったから今はいいかな
またの機会に
218 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 19:12:30.16 ID:nnFinlDx0
再開します
219 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 19:23:39.10 ID:nnFinlDx0

>>217
「そうだねまたの機会にするよ
  方法は分かったし」

メガネアンドロイドがこちらをにらんでいる

「方法だけパクる気かしら?」

「そ、それは…」

し、しまった



ウルフは笑った

「いい師匠が居るのか?
  居るならいいが、居ないなら俺たちのゼミに入ったほうがいいと思うが」

俺はつぶやいた

「拳道場の、ダーク」

ウルフとダークの仲良し度 このレスのコンマ2桁+20(気が合いそう)
220 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 19:26:23.07 ID:nnFinlDx0

「けっ、あいつか。
 あいつは、クソ!!」

「ど、どうかしたの?」

金髪メガネは冷静に言った

「ウルフさんの胸を触ったんです、あいつ
 セクハラです」



ウルフは怒った

「あとで燃やす」

あはは、変態だからねダークは。



「とりあえず行くよ、方法を教えてくれたことは感謝する」

「セクハラしないならいつでも来いよ、ダークもつれて 
 ダークはぶっ倒すけど」

「あはは」

ボクは講義室から出た
ダーク君…あとでお説教かな
221 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 19:29:48.32 ID:nnFinlDx0

ボクはダークの道場でカウンタータックルを磨く
ためにリムルに突撃してきてもらう

「とりゃ!!」

リムルが突撃してくる

このレスのコンマ1桁÷2の成果、ただし0で成功
222 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 19:32:03.16 ID:nnFinlDx0

カウンタックル 習得まで 2→3/10

「はぁはぁ…」

ダークは笑った

「あはは、力みすぎ。でも成果は少し出た
 千里の道も1歩からだな、俺も試してみるか
  新技を…波動拳、炎!!」

才能天才な技 このレスのコンマ1桁習得度上昇
223 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 19:49:32.15 ID:nnFinlDx0

「拳から火が…出た!!」

ダークは笑った

「だけどまだ実戦に通じるレベルじゃねぇな、日々クンフーだ。」

ダークは本当にすごい
波動拳だけでも難しいのに、火を込めるなんて



リムルは笑った

「ここで技の習得難易度を説明するよ
 技には習得何度があるんだ、まずは魔法で言うと」

習得難度?

下級魔法がC 才能があれば習得可能

中級魔法がA 才能と努力が必要

上級魔法がS 習得できる人は少ない

卒業生も大半はAまでしか習得してないよ




「次に拳技については
 下級拳技が習得難易度D 誰でも習得可能
 上級拳技が習得難易度C 努力次第で習得可能」

「拳技は魔法に比べて簡単なの?」

リムルは笑った

「そうじゃないんだな
 魔法拳技がある、下級拳技魔法は習得難易度B
  上級拳技魔法は習得難易度Aだよ。今のは習得難易度Bかな?波動拳はそこまで難しくないし」
224 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 20:00:59.26 ID:nnFinlDx0

ダークは笑った

「Bランクぐらいちょちょいのちょいと習得したかったんだけどな
 難しいや」

「ボクは真面目に聞いた、それぞれのランクについて
具体的にどんな技か、どんな威力か教えてほしい」

「「う、うん」」

インテリな2人はあっさり答えてくれる


下級魔法がC 才能があれば習得可能 ファイヤー、ウォーターなど、手りゅう弾ぐらいの威力

中級魔法がA 才能と努力が必要 ファイヤーストーム、落雷 家を破壊できるぐらいの威力

上級魔法がS 習得できる人は少ない 大きな建物を一撃で破壊する威力

卒業生も大半はAまでしか習得してない

拳技については
それ以下 普通の突きとか
下級拳技が習得難易度D 誰でも習得可能 波動拳、連続拳
上級拳技が習得難易度C 努力次第で習得可能 消力、急所連撃、気の波動


そうじゃないんだな
下級拳技魔法は習得難易度B 波動拳火、連続風神突き
上級拳技魔法は習得難易度A 風神消力 気のファイヤーボール
225 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/23(土) 20:05:37.39 ID:nnFinlDx0

「俺はいまいち得意技がないのよな、カウンターとか得意だけど
  あまり上位技持ってない」

「それでも、すごいよ」

ボクなんてまだまだ。
でも、魔法や拳技の世界を知れたのは大きい。



ダークは笑顔で言った

「まずはカウンタータックル、練習したくなったらこい」

リムルは笑った

「付き合ってやるよ」

ボクは笑顔になった

「ありがとう」

さて、スレ住民のみんな、これからどうしよう?
一通り稽古は終わったけど

※中断、続きはまたあとで
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/23(土) 20:09:30.26 ID:kNcWNgc2o
新たな出合いを!
道場で会った人達でもいいぞ
学園の他の場所で会いたい
たんおつ
227 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 01:15:00.12 ID:LuARGN8P0
再開します
228 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 01:19:30.18 ID:LuARGN8P0

>>226
そうだね、まだ学院に入ったばかり
いろいろな人に会いたい、出会いを求めて
中庭のレストランでカフェを飲む

ボクは笑顔でメイドさんに言った

「油、それとネジを」

「かしこまりました」

ボクは油を飲みながら片手でネジを食べる

「優雅なひと時だ」


性別 このレスのコンマ1桁が

1〜3男
4〜6女
7男の娘
8漢女
9汎
0不明
229 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 01:26:59.32 ID:LuARGN8P0

そこにはTシャツを着た、泥だらけの少女が居た
茶髪まんまるヘアーで、まだ子供だ
ここには似つかわしくないな

「君は何者だ?」

ボクは冷静に聞いた

「分かんない、目が覚めたらここに居た」

目が覚めたらここに居た

「とりあえずオレンジジュースどうぞ」

「わーい、ゴクッゴクッ」




ボクは考えた
これはどういうことだろう?

メイドは笑顔で言った

「死んだアンデットでしょうね」

アンデット!!

「そんな平然と」

メイドは隣の席のテーブルを拭きながら言う

「ギルドの依頼のさなかに殺された、あるいは他種族の生徒に殺された
  ここはそこまで平和な学院ではありませんから、危険なスラムというわけではないですが
   いざこざはある」

…いろいろな種族を無理やり集めたわけだからな



「彼女はどうなるんだ?」

「…不法侵入で国籍なし、処刑です、人権がないので
 アンデットになったら元の国での人権もなくなりますから」

スレ住民のみんな、彼女を家で保護していいか?
かわいそすぎる

※中断続きはまたあとで
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/10/24(日) 01:41:42.90 ID:xKRaME/Uo
問題なければ(保護)
おつ
231 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 12:44:25.61 ID:LuARGN8P0
再開します
232 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 12:54:19.31 ID:LuARGN8P0

「問題なければ、ボクが保護しよう」

ボクは笑った

「注意点は?」

メイドは真剣な顔で言った

「リムルさん以外のアンデットには未練があります
  その未練を刺激しないこと、かといってケアしすぎないこと」

???

「ケアすると駄目なのか?」

「成仏してお別れしてもいいなら、実際人間の国ではそれが正しいとされています
  アンデットの国ではそれは殺人扱いです」

国によって違うわけか



「やぁ、よろしく君の名前は?」

「オイラはドロって言うんだ」

ドロちゃんか

「ドロちゃん、女の子ならその口調は」

俺は腹パンを食らっていた
でかいのであまりダメージはないが



「ドロちゃん?」

今度は股間ケリを食らう、機械なのでダメージがないが

「ドロ!!」

今度は何もない
ドロは正気に戻った

「ご、ごめんオイラ女の子扱いされるとあぁなっちゃう。
  ごめんよ捨てないで。」

…そういう未練なのか


メイドは笑った

「扱いやすい方だ、女の子扱いしなきゃただの人」

「そうかよ」

このレスのコンマ2桁位ぐらいの強さ、ゾロ目で2桁がなかったことになる
233 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 12:59:08.65 ID:LuARGN8P0

ボクはひざをついた

「うっ、さっきの拳強い」

メイドは笑った

「この学校の生徒でしょうからね、ここにいるということは」

新入生のボクより普通に強いのか
まだ技もろくに覚えてないし



「ドロ君、でもいい修行相手になりそうだ
 男として扱うのはいいんだね?」

ドロ君は飛び跳ねて喜んだ

「いいよ!!」

遠慮しなくてよさそうだ

名前 ドロ
性別 漢女 種族 アンデット 年齢学年 12歳 8年生
外見服装 Tシャツ短パン 身長 140センチ 胸のでかさ 膨らみかけ
性格 オイラっ子、男っぽい 職業 学生
魔法属性や特性 土属性

筋肉 C 拳技 C 足技 C 魔法技術 C 魔法力 C

格闘技
正拳突き

まわし蹴り

残像拳

股間挟み

かんちょー

魔法
土の壁

土の矢

備考
漢女の男の子。
学校で31番目ぐらいに強い、初期主人公より普通に強い
234 : ◆PMZNEPtbHI [saga]:2021/10/24(日) 13:17:23.38 ID:LuARGN8P0

「それで性別がダメなら、逆説的に死因は聞いて問題ないということに
 なんで死んだの?」

ドロは恥ずかしそうに言った

「さっき窓から飛び降りたんだ、男ならチャレンジだと思って」

ボクはキレた

「それは男じゃない、お ば か
  勇敢と無謀は違うから反省して」

「…はい」






ボクはこの子を家に連れ帰った
そしてシャワーに入れて、Tシャツと短パンを着せてシャワーから出す
そして考えた

「どうしたの?考え込んで」

「女扱いされたくないなら、胸とかを隠さないとな」

ドロは怒った

「胸を隠す必要ない、男の子!!」

「…だとしても、君の暴走はやばい。
 でかいボクじゃなきゃ死んでたかも、だから。
  胸を隠して、ちゃんと男の子になる必要がある」

スレ住民のみんな、どうやって胸を隠そう?

※中断、続きはまたあとで
  本当はもっと長い時間投下してからこういう相談出したいんですが
  最近用事が立て込んで、申し訳ない

127.86 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)