このスレッドは950レスを超えています。そろそろ次スレを建てないと書き込みができなくなりますよ。

【艦これ安価】漣「作り事を貴方達と」2

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 01:36:27.40 ID:xiG1MpDSo
体力づくりに励む提督
訓練に励む朝潮型
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 09:25:46.63 ID:76Vu6sfxo
漣と大井っちの会話
最近の鍛錬詳報や鎮守府の様子を話しつつ話題はもう朝潮型ツンツン二人を落としたのかと
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 13:51:03.46 ID:19n7PVjJO
ー鎮守府内ー


漣「いやー〜大井っちさん調子はどうですか?」


大井「皆の様子を言えばいいの?」


大井「訓練室は常に満員で演習海域もいつも使われてるわね」


漣「艦隊の底上げみたいになってますねえ」


大井「姉妹艦を呼ぶ為に士気も高いわよ」


漣「大井っちさんは球磨型呼べちゃいますよね?」


大井「北上さんはマストで球磨型全員は欲しいわよね」


大井「支援艦隊が落ち着いたらアイツと話をするつもりよ」


漣「絶対通るっていうか通さないと他の艦娘に示しがつきませんから」


漣「第一艦隊の旗艦ですら姉妹艦呼べないなんて頑張る意味ないですからね」
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 13:54:58.39 ID:19n7PVjJO
漣「いずれ姉妹艦が揃うと思うんで先を見越して寮を計画してます」


大井「訓練棟とは別に建てるのね」


漣「ちっちっちっ、寮を『建てる』なんて言ってませんぜ」


漣「鎮守府近郊のアパートや廃屋なんかを買い取ってそれを寮にできないかと考えなうです」


大井「姉妹艦で一軒家に住めるのはいいわね」


漣「予算がどうなるかですが支援艦隊でバリバリ稼げるなら無問題です」


大井「アイツがやる気を出せばいいのよ」
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 14:02:49.36 ID:2CPi059D0
漣「ご主人様は朝潮型ツンツン二人を落とすのに夢中みたいですから」


大井「真面目に働きなさいよ……」


漣「カスミンとはもうヤリましたがまだ心は開ききってません」


漣「ミッチーは逆でもう落ちてますけどまだヤってはいません」


大井「アイツの頭の中はそれしかないの?」


漣「ご主人様の中心はぼのたんでしたからね」


漣「大井っちさんこれはチャンスですぞ」


漣「ツンデレ3人を落とせばご主人様の中心になります」


漣「ぼのたんだけを満足させるのではなく3人も考えなきゃいけません」


漣「そうなるとご主人様の働く量も増えていい感じになりますぜ!」


下1から2、このあとは?
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 14:07:28.37 ID:e3g1CZFv0
アイツの中心という言葉にガラにもなくときめいてしまう
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 16:20:08.56 ID:b7pfeMSro
>>465
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 16:32:17.43 ID:2CPi059D0
大井「ふう……」


漣「なんか珍しいリアクションしてますな」


大井「アイツの中心っていう言葉が引っかかっただけよ」


漣「そりゃ女として気になりますわなあ」


漣「お前が世界の中心だって言われて嬉しくない人はいませんぜ」


大井「私は絶対に無理でしょうね……」


漣「大井っちさんの彼氏は性行為NGでしょうからね」


大井「彼氏どころかケッコンも無理よ」


漣「いつか乗り越えられると信じてますよ」
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 16:37:31.33 ID:2CPi059D0
漣「演習してる艦娘でいい感じの人居ますか?」


大井「現時点で突出してる子は居ないわ」


大井「でもこれからが楽しみな子は何人か居るわね」


漣「朝潮さんとかもそうですよね」


大井「遠征組も頑張ってるわよ」


大井「対潜のメンバーも朝潮が言ってた子たちで問題なさそうね」


漣「ではもう編成しちゃっていいですかね」


大井「正式に通知も出して構わないわ」


下1から2、このあとは?
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 16:54:08.34 ID:COPKWsrwo
対潜艦隊の実践形式訓練
第二艦隊の攻撃を掻い潜りつつ海中の標的(潜水艦いるならそれ)を攻撃する
第二艦隊の訓練も兼ねている
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 17:07:52.77 ID:WV/v7kPa0
漣に手伝われつつ潜水艦を沈めた朝潮
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 17:22:10.52 ID:19n7PVjJO
安価はあと一つ募集中
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 17:44:03.71 ID:8Zjcubjuo
>>474
敵役は深海が
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 17:45:01.70 ID:8Zjcubjuo
深海棲艦がする、です
すまん
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 17:53:11.38 ID:19n7PVjJO
ー演習海域ー


朝潮「これより実戦形式の訓練を始めます!」


朝潮「第二艦隊の攻撃を掻い潜りつつ海中の標的を攻撃して下さい!」


鈴谷「おっけー〜」


熊野「第二艦隊の皆さまも気合いが入っているようでしてね」


日向「奴らの訓練も兼ねているとのことだ」


皐月「大和さんの砲撃には気を付けないとね!」


ジャーヴィス「仮想の敵としては手強すぎるけど頑張る!」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 17:57:23.99 ID:19n7PVjJO
朝潮「潜水艦役は深海棲艦の皆さんにお願いしました!」


鈴谷「長い時間潜れるってチョー羨ましい」


熊野「撃破の判定もお任せしてるんですわよね」


日向「状況はどうするんだ」


朝潮「仮想の戦況はこちらが対潜支援を開始したと同時に敵本隊と遭遇!」


朝潮「こちらの損害は無し、旗艦は私です!」


皐月「指示に従うからお願いね!」


ドオオオオオンッ


ジャーヴィス「ヤマトの主砲が発射されたよ!」


朝潮「開始の合図です、それではいきましょう!」


下1から2、どうなった?
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 18:02:49.53 ID:MLC2q1qJo
対潜装備が旧式なのではという問題が露呈する
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 18:29:15.04 ID:A0K53igy0
それでも、うまく敵を
察知して沈めた皐月
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 18:35:14.61 ID:xiG1MpDSo
解説の大井さんが>>481に気付く
(実況は曙)
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 19:12:17.19 ID:HqwBFe760
ー放送席ー


曙「実況をやることになった曙よ」


大井「私が解説なのね」


曙「第一艦隊の旗艦としてお願いしたいの」


大井「曙の頼みなら仕方ないわね」


ドオオオンッ


曙「大和さんの主砲が発射されたわ」


大井「狙うのは日向でしょうけど相手が悪いわね」


曙「原理はよくわからない瑞雲ダッシュで避けたわ」


大井「大和は初見みたいで驚いてるわね」


曙「次は航空戦だけど鈴谷さんと熊野さんは戦闘機を出してないわ」


大井「制空権は放棄する作戦みたいね」
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 19:18:00.39 ID:HqwBFe760
曙「3隻の駆逐艦がいるから対空は必要十分ってとこね」


大井「第二艦隊は制空権は取ったけど攻撃機が貧弱だから意味ないわね」


曙「爆戦は全て落されたわ」


大井「第二艦隊の空母が置物になったわね」


曙「それに引き換え対潜支援艦隊は着実に潜水艦に攻撃してるわ」


大井「あまりダメージが通ってないのはどういうことかしら」


大井「あれだけ攻撃していれば一隻くらい撃破判定でもおかしくないわよ」
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 19:23:00.16 ID:HqwBFe760
ドオオオンッ


曙「大和さんが日向さんを仕留めたわ」


大井「でもまだ中破よ、瑞雲でズラされたわね」


曙「神威は飛び回ってるけど全くデコイになれてないわ」


大井「対潜支援艦隊の目標は潜水艦だから当然ね」


曙「中破した日向さんに向けて響が追い討ちをかけた」


大井「それをジャーヴィスが庇って中破したわね」


曙「対潜攻撃はまだ続けるみたいね」


大井「もうとっくに撃破しててもおかしくないわよ」


大井「あ……そういうこと」


曙「対潜支援艦隊が撤退していくわ。第二艦隊の戦略的勝利ってとこかしらね」


大井「いいえ対潜支援艦隊の勝ちよ」


曙「どうして?」


大井「先にあの子達に教えてくるからその間に考えてなさい」
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 19:25:31.99 ID:HqwBFe760
ー演習海域ー


朝潮「私たちの勝ちですか?」


大井「よくもまあそんな装備で戦えたわね」


鈴谷「だってこれしか無いって言うしー〜」


熊野「あるものでどうにかするしかありませんわ」


ジャーヴィス「もっといい爆雷があればやられなかったもん!」


皐月「確かにもう少しいいのは欲しいかな」


大井「装備の件はアイツによーーーく言っておくわ」


下1から2、このあとは?
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 19:33:31.19 ID:A0K53igy0
驚いた提督により、早速近代化改修を受ける朝潮たち
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 19:39:04.72 ID:ZAuxL2XQO
大井っちの話を聞いて第一艦隊もこの間装備更新したばったかりなんだがなぁ…な提督
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 19:48:10.55 ID:EIy5MY+GO
>>489
まさか装備の改修手つかずなんじゃと工廠を確認する大井さん
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 19:48:33.09 ID:HqwBFe760
ー執務室ー


提督「お前の言うことはわかってんだよ」


提督「でもよ第一艦隊がこの間装備更新したばったかりだろ」


大井「なんとかするのがアンタの仕事でしょ」


提督「無理なもんは無理だ」


提督「ツテに装備くれって言いに行ったが外れだったな」


大井「じゃああのまま対潜支援艦隊を使うっていうの?」


提督「あのままは使わねえよ」
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 19:48:48.08 ID:8Zjcubjuo
大井「このまま旧式武装で出撃させられるなんてブラックすぎるわよ!」
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 19:53:16.66 ID:HqwBFe760
提督「第二艦隊の動きはどうだった」


大井「悪くなかったわよ」


提督「第一艦隊と比べるとどうだ?」


大井「比べるのは悪いわよ」


提督「バーカそれだけ差があるのが問題なんだよ」


提督「第二艦隊は一旦解散して対潜支援の方に力を入れる」


大井「あの子の頑張りはどうなるの?!」


提督「頑張るだけなら猿でもできんだよ。結果出せ結果」


提督「第一艦隊と対潜支援艦隊は準備が整えば支援に出るぞ」


提督「お前も旗艦として準備しとけ」


下1から2、このあとは?
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 20:42:56.14 ID:ZAuxL2XQO
装備の差によって本来の差で競えないからそれが成長を妨げることもあるわと引かない大井っち
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 20:47:19.98 ID:MLC2q1qJo
>>494
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 20:58:51.47 ID:HqwBFe760
大井「ちょっと待ちなさいよ第二艦隊の装備も良くないじゃないのよ」


大井「装備の差のせいで本来の差で競えない。それが成長を妨げることもあるのよ!」


提督「なんでそんなに第二艦隊を庇うんだよ」


大井「あんたそれ本気で言ってんの?」


提督「逆に聞くが第二艦隊がヘマをしたら責任は誰が取ると思ってんだよ」


提督「俺とぼのたんの生活を脅かす要素は徹底的に排除するのが当然だ」


提督「第一艦隊と対潜支援艦隊は文句がねえんだからいいだろうが」
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 21:05:03.34 ID:HqwBFe760
大井「第二艦隊のなにがいけないのよ」


提督「それを俺に聞くようじゃお終いだろ」


大井「この……」


提督「俺をぶっ叩いた所でアイツらの実力は変わらないぞ」


大井「もう!!」


提督「第二艦隊にかけてた費用を対潜支援艦隊に回す。そうすりゃいい装備が一通り揃う」


提督「第二艦隊の編成は全員解散。改めてテストをやってから再編成」


提督「こうすりゃ艦隊の士気も落ちねえし悪くないだろ」



下1から2、このあとは?
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 21:32:01.60 ID:xiG1MpDSo
実際ストイック組(大和、駆逐、日向師匠)は一層の実力向上を目指すし、艦隊外組もチャンス有りと意気込む

フォローすべきは空母、というか龍驤
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 22:21:23.01 ID:ZAuxL2XQO
>>498
意気消沈して胸も真っ平らになってる
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 22:30:47.91 ID:HqwBFe760
ー掲示板ー


〈第二艦隊の編成は白紙に戻す〉


〈選抜のテストを行ったのちに再編成する〉


〈総合的に優秀な奴より一芸特化を優先する予定だ〉


〈大和を含む内定者は現在存在しない〉


〈選ばれたいのなら結果を出せ〉



「これ本当だよね」


「私たちにもチャンスがある!」


「やってやろう!」
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 22:34:41.14 ID:HqwBFe760
ー演習海域ー


ドオオオン


日向「やっているようだな」


大和「平等にチャンスが与えられるというのは素晴らしいことです」


大和「結果を出す必要があるのなら全力で取り組むだけです」


日向「頼もしいな」


大和「日向さんもテストを受けるんですか?」


日向「結果を出す為ではないが受ける」


日向「瑞雲を積みながらの砲撃は練習したい」


大和「対潜支援艦隊でも砲撃はありますからね」


日向「自らを高めるいい機会だろう」
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 22:38:08.04 ID:HqwBFe760
ヴェールヌイ「私も負けてられないね」


日向「そうだろう」


ヴェールヌイ「皆んなにチャンスがあるのはいいことだけど安心できない」


ヴェールヌイ「日々の訓練と演習は大事なんだ」


日向「しかし内定者は居ないと言っても大和、響、神威は確定だろう」


大和「いいえ神威さん以外は本当に白紙です」


ヴェールヌイ「私は雷撃で採用されたけど対空や砲撃に負けるかもしれない」


大和「私も日向さんの回避に負けてしまうかもしれません」


日向「そういうことか」
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 22:42:18.76 ID:HqwBFe760
大和「可哀想なのは空母のお二人です」


大和「特に龍驤さんは急な改装でまだ熟練度も足りなかった点を配慮して欲しかったですね」


日向「雲龍と組み合わせたのが悪かったんだろう」


ヴェールヌイ「艦載機を積める量が多くないからね」


大和「雲龍さんが慰めていたそうですが食事中にもどしてしまったりしたそうです」


ヴェールヌイ「元気付けてあげたいね」


日向「龍驤は心療内科を受診すると聞いた」


大和「まあ……」


日向「無理に強くなる必要はないと理解しなけらばならないだろう」


下1から2、どうなった?
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 23:26:52.04 ID:iV4x1+tio
カウンセリングを受けると環境が急に変わって急に頑張りすぎたんですよって話を聞く
元の環境に一度戻ったけれど全ては戻らず改装された状態なのはアドバンテージと考えてみてください
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/14(火) 23:29:10.01 ID:MLC2q1qJo
>>504
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 23:47:10.10 ID:HqwBFe760
ーとある心療内科ー


龍驤「せっかくチャンスもらったのに……」


龍驤「イイ所を見せるどころか実質クビやなんて……」


龍驤「うちもう自信無い……無理や……」


カウンセラー「貴女は環境が急に変わって急に頑張りすぎたんですよ」


カウンセラー「クビとは言いますが元の環境に戻るだけです」


カウンセラー「しかし全ては戻ったわけじゃなく貴女は改装されたじゃないですか」


カウンセラー「アドバンテージと考えてみてください。きっと心が軽くなると思いますよ」


龍驤「……」
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 23:52:16.12 ID:HqwBFe760
ーカウンセリング後ー


龍驤「元に戻るだけか……」


龍驤「遠征組のお守りをやっとったけどもうその役割も無い」


龍驤「姉妹艦を呼ぶんやってみんな張り切っとる。うちなんかでは勝たれへん」


龍驤「司令官の言う甘えがあったんやろうな」


龍驤「他にお守りができるのが誰もおらんかったから訓練も最低限で終わっとった」


龍驤「全部うちのせいなんや」


龍驤「ただの自業自得にみんなを巻き込んで申し訳ないわ」


龍驤「……」


龍驤「暫く一人になりたいなあ……」
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/14(火) 23:56:29.41 ID:HqwBFe760
龍驤「なんも考えんとなんもしたくない」


龍驤「誰ともうちと関わって欲しくない」


龍驤「現実は辛過ぎるわ……そんなん見たくないよ」


龍驤「一人でどっか満喫でも泊まり歩こ」


龍驤「鎮守府には一応連絡しとこかな……」


龍驤「脱走扱いになったら困るやろし」


龍驤「……もうええわ」


龍驤「他人のことを考えたくない」


龍驤「うちのことは放っといてくれ……」


下1から2、どうなった?
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 00:04:58.62 ID:ttwNLLMwO
しばらく一人でいたけど雲龍に捕まって人肌に触れ泣く
そんな龍驤をよしよしする雲龍
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 00:05:02.91 ID:cuIjgBPOo
漫喫にて
ただぼーっとしてたら隣から聞き覚えのある声が
そーっと覗くと漫喫を満喫(フードドリンクましまし)している雲龍の姿が
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:09:00.31 ID:kpVlXfxL0
ー漫画喫茶ー


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「……」
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:12:05.73 ID:kpVlXfxL0
〈美味しい〉


龍驤「……」


龍驤「今の……」


龍驤「まさか……」


龍驤「……」チラッ


雲龍「カロリーは美味しさと直結するわ」


龍驤「アイツ……なにやっとんや」


龍驤「うちを追いかけてきた?そんなはず無いわな」


龍驤「せやけどなんでここにおるんやろ」
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:15:11.89 ID:kpVlXfxL0
雲龍「電話……もしもし」


龍驤(鎮守府からか?)


雲龍「ええ探しているわ」


龍驤(やっぱりそうやったか)


雲龍「近くのホテルも探してみたけど居なかったわ」


雲龍「彼氏は居なかったから誰かの家は無いと思う」


雲龍「売春みたいなことをしてる可能性はある」


龍驤(うちのことを探してたんやけど疲れて休憩ってとこか?)


龍驤(それにしてもくつろいでるみたいやけどな)
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:18:23.12 ID:kpVlXfxL0
雲龍「まだ必死で探してるの」


龍驤(はあ?)


雲龍「集中して探したいから暫くかけてこないで」


龍驤(コイツ……うちをダシにしてサボっとんのか)


雲龍「ふう」


雲龍「これで夜まで大丈夫ね」


雲龍「ジュースのお代わりとお菓子を……」


龍驤(はああ自由にやっとんなあ)


龍驤(うちを探しとる雲龍がこれやし、やっぱ連絡せんとおったろ)


下1から2、このあとは?
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 00:22:23.29 ID:Ta5iDsHno
なんとなく龍驤がいるところはわかってる雲龍
夜までゆっくりさせてあげて帰ろうって考えてる
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 00:38:49.79 ID:oZ55N6DOO
>>515
そろそろ寝よか〜って思ってたら休憩できた?って雲龍が覗いてくる
そんでなんやかんやで一緒に寝る
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:50:35.98 ID:kpVlXfxL0
龍驤「……」


龍驤「…………」


龍驤「もう夜か」


龍驤「眠たくないけど寝よか」


龍驤「うちは体小さいから狭いとこでも寝れんねん」


龍驤「鎮守府であったかいお布団で寝られへんでもええ」


龍驤「お休み……」


雲龍「ねえ」ひょこっ


雲龍「こっちの部屋の方が広いわよ」


龍驤「……」


龍驤「気付いてたんか」


雲龍「なんとなく。雰囲気は感じてたわ」
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:54:57.08 ID:kpVlXfxL0
雲龍「ゆっくりできた?」


龍驤「そうやねえ」


雲龍「一日で足りないなら何日でもいいわよ」


龍驤「キミは優しいんやね」


雲龍「こっち、来る?」


龍驤「お邪魔させてもらうわ」


雲龍「待って。一緒に寝るならシャワーを浴びましょう」


龍驤「着替えもなんも持ってきてないで」


雲龍「今日は仕方ないわ」


雲龍「着替えや服はまた明日買いに行けばいいから」
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 00:57:23.16 ID:kpVlXfxL0
ーシャワー後ー


龍驤「二人でも広いくらいやね」


雲龍「そうみたい」


龍驤「もっとくっついて寝てええかな」


雲龍「一緒の布団に入る?」


龍驤「うん……」


雲龍「これでどう?」


龍驤「いい……落ち着くわ」


雲龍「よかった」


龍驤「……」


龍驤「あったかい……」
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 01:02:02.90 ID:kpVlXfxL0
龍驤「キミはうちになんも言わんつもりなん?」


雲龍「私は龍驤じゃないから」


龍驤「なんやねんそれ」


雲龍「自分だったらこうして欲しいって思うことをしてるだけ」


龍驤「……」


雲龍「体調を崩すくらい悔しい思いができる龍驤が羨ましい」


雲龍「私はそういう感情は無い」


雲龍「ぼーっと海を眺めてるのが好きなだけだから」
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 01:05:18.91 ID:kpVlXfxL0
雲龍「鎮守府に戻ってこなくてもいい」


雲龍「やりたいことがなくてぼーっとしてるのもいい」


雲龍「心が落ち着くまでここに居て」


龍驤「うん……」


雲龍「でも一つだけ約束して」


雲龍「カウンセリングに通うことと、どこにいるのかは教えて」


雲龍「着替えもご飯も持っていくから」


龍驤「ありがとう……」


龍驤「戻ってこいとか頑張れとか……そう言われれへんのが凄く嬉しいんよ」


龍驤「ずっとはあかんけど……今はその言葉に甘えさせてな」


下1から3、どうなった?
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 01:22:53.54 ID:cuIjgBPOo
(上記)……と、そんな感じと翌日鎮守府に戻ってから報告する雲龍
脱走は不味いのですぐ言えよ無駄に気を揉むだろうがと提督凄むも、いや今回はあんたも大概だと漣・大井に怒られ、龍驤は雲龍に任せる事に
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 09:08:51.49 ID:vLcNjEj9O
>>522
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 09:08:56.76 ID:MMrpFW5iO
朝、胸に埋もれて目を覚ました龍驤
雲龍が目覚ますまでしがみついとこ
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 13:47:06.46 ID:80F2YiHIO
ー翌日、鎮守府ー


雲龍「と、そんな感じよ」


提督「あのなあ漫喫で見つけたならすぐに報告しろよ」


提督「脱走は不味いんだよ無駄に気を揉むだろうが」


大井「アンタが悪いんでしょうが!」


漣「ご主人様ー〜これは庇えませんぜ」


提督「ああ?」


大井「まさか自分は悪くないとでも言うんじゃないでしょうね?」


提督「アイツがもっと訓練なりしてればよかっただけの話だろうがよ」


漣「改装したてで連携の確認もありましたぜ」


提督「やる奴はやれるだろうが」
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 13:50:07.45 ID:80F2YiHIO
提督「龍驤はお前に任せたからな」


雲龍「わかった」


大井「雲龍からも言ってやりなさいよ!」


漣「鬱に追い込んだのはこの男なんですぜ」


雲龍「龍驤は鍛錬が足りなかったと自分で言ってた」


雲龍「自業自得とも言ってた」


提督「本人はわかってるってとこだな」


雲龍「それでも」


雲龍「貴方には謝って欲しい」


雲龍「龍驤に対して謝罪して」


下1から2、提督の反応は?
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 15:28:45.06 ID:RbidQ3TTo
お前には龍驤を任せる仕事増やすから謝ってもいいがこっちから出向いて龍驤に謝りには行かない
アイツが戻ってきて結果出したらいくらでも謝罪するぞ
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 18:11:00.37 ID:kz/V79tao
あいつがそれを望むならな
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 18:22:39.82 ID:80F2YiHIO
提督「お前には龍驤を任せる仕事増やすから謝ってもいい」


提督「だがこっちから出向いて龍驤に謝りには行かないからな」


提督「アイツが戻ってきて結果出したらいくらでも謝罪してやるよ」


大井「アンタ本当にクズね」


漣「仕方ないからフォローしますけどご主人様は自分は悪くないとは言ってませんからね」


雲龍「そう」


提督「そもそもお前が謝れって言うのはおかしいだろ」


提督「アイツが頭を下げろって言ったならわかるけどな」
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 18:24:28.53 ID:80F2YiHIO
雲龍「龍驤はそんなこと言わなかった」


提督「お前が謝らせたいだけだろうが」


雲龍「ねえ、第二艦隊のテストは私も受けるの?」


漣「ええ……受けてもらうつもりですけど」


雲龍「絶対に?」


漣「強制ではないですけど理由が無いなら受けて下さい」


雲龍「わかったわ」


雲龍「じゃあ受けられない理由を作る」
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 18:27:57.27 ID:80F2YiHIO
バキッ


提督「ぐあっ……!」


バターン


漣「椅子に座ってたご主人様を殴り飛ばすとは流石空母パワー」


雲龍「提督に対して怒りはないわ」


雲龍「けどこうしないといけない気がしたの」


大井「ざまあみろって感じよね」


漣「提督に対して暴力沙汰は謹慎ものですけどお、なにもありませんでしたよね?」


提督「漣……お前……」


大井「無かったわね」


雲龍「ありがとう」


漣「たまには痛い目みといて下さいよ。雲龍さんは龍驤さんのケアをたっぷりとお願いします」


下1から2、このあとは?
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 19:07:13.46 ID:cuIjgBPOo
ぼのたんに手当てしてもらいながら(お小言ももらいながら)支援先の選定をする提督
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 19:43:33.87 ID:LuUXj1lbo
提督は成敗したと言う雲龍に流石にちょっとだけ心配する龍驤
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 19:55:36.30 ID:jtw4Dt3d0
ー提督と曙の部屋ー


曙「あなたが怪我するなんて相当な力でやられたわね」


提督「雲龍の野郎……」


曙「言っておくけどあなたが悪いのよ」


提督「イデデ!染みるって!」


曙「それくらい我慢しなさい。龍驤さんはもっと辛い思いしてるのよ」


曙「これくらいで済んで良かったと思いなさい」


提督「ぼのたんにまで責められるとは……」
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 19:59:58.41 ID:jtw4Dt3d0
曙「第二艦隊は本当に白紙に戻すの?」


提督「それしかないからな」


曙「神威なんかわざわざ呼んできたのに可哀想よ」


提督「その辺は考えてある。大和や神威は第一艦隊と入れ替え要員に回せる」


提督「大和の指揮能力は大井と同じレベルだ影響は出ない」


提督「支援先で大破して次の支援まで時間がない。そんな時は入れ替えで対応する」


曙「一航戦以外は替えの要員がいるわね」


提督「暁の替えに初春もいるしな。速力も問題ない」
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 20:03:36.22 ID:jtw4Dt3d0
曙「このあと第一艦隊が支援先に向かうっていうのに大井さんはあなたのことを怒ってくれたのよ」


提督「チッ」


曙「大井さんが居ない間はあたしがクソ提督を見張るわよ!」


提督「ぼのたんはガキの面倒を見てればいいんだ」


曙「そうはいかないわよクソ提督!」


提督(ぶっちゃけぼのたんが側に居るのはプラスだけどな)


曙(合法的にクソ提督の隣に居れるの最高よ)


曙「第一艦隊の戦果に期待ね」


下1から2、どうなった?
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 20:16:13.34 ID:LuUXj1lbo
戦果は上々
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 20:39:44.12 ID:5GWJcyVKo
難攻不落だった海域の突破口を開く
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 21:37:37.99 ID:jtw4Dt3d0
ー執務室ー


提督「おいどうした」


金剛〈支援に成功しまシターーー〜!〉


提督「お前なあ……緊急通信で報告してくんじゃねえよ」


漣「作戦失敗かと思いましたぞ」


大井〈止める間もなかったのよ〉


赤城〈秋津洲は頑張りましたね〉


秋津洲〈レ級の攻撃に比べれば大したことなかったかも!〉


暁〈速力も問題無かったわ〉


提督「作戦が成功したならそれでいい」
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 21:40:57.23 ID:jtw4Dt3d0
加賀〈この海域が本当に難攻不落だったんですか〉


提督「そんなに簡単だったか」


大井〈正直レ級のフラグシップを体験した身から言えば簡単だったわ〉


金剛〈的も大きくて狙いやすかったデーース!〉


漣「やっぱうちの第一艦隊超エリートですぞ」


提督「お前らは補給基地を経由して戻ってこい」


大井〈支援を依頼した鎮守府には寄港しないのね〉


提督「向こうとの話し合いは俺がやる。うまくやれば報酬ザクザクだからな」


下1から2、このあとは?
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 21:58:19.09 ID:cuIjgBPOo
いやーキツかったっすねーってこっちもぎりぎりだった様に話して出来るだけ報酬たんまり貰う
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 22:21:24.83 ID:Ta5iDsHno
>>541
相手のメンツに泥を塗らないように貰うもんは貰うムーブ
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 22:29:12.02 ID:jtw4Dt3d0
ー通信中ー


提督「なんとか作戦は成功しました」


某提督「本当かね?!」


提督「余裕が無いギリギリの戦いだったと報告を受けました」


某提督「あれだけ苦労した海域をたった一度の出撃で成功させるとは流石だな」


提督「支援を受けた以上は勝利することが最低限であります」


某提督「うむ素晴らしい……」
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 22:35:08.11 ID:jtw4Dt3d0
提督「我々が出向かなくともそちらの艦隊の勝利は目前であったと考えます」


某提督「ふはは見えすいたお世辞は結構だ。それより別の話をしたいんじゃないのかね?」


提督「報酬でありますな」


某提督「事前に聞いていた装備一式は揃えてある。それを君に譲渡しよう」


某提督「それだけではなくもう一つ報酬を上乗せだ」


某提督「そちらに空母を着任させたいと思う」


提督「有難い話でありますが何故でしょうか」


某提督「隠していてもいずれバレるから先に言っておくが、彼女は協調性が全く無い」


某提督「旗艦の指示には従わず自分勝手に動き回る困った艦娘だ」
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 22:39:13.78 ID:jtw4Dt3d0
提督「厄介払いということでありましょうか」


某提督〈彼女の練度は高い、厄介払いかどうかは君次第ということだ〉


提督「……有難い話でありますがこちらには艦載機の余裕がありません」


某提督〈わかっている。希少な艦載機を搭載した彼女をそちらに着任させよう〉


提督「ありがとうございます」


某提督〈今回の支援、とても感謝しているよ〉
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 22:42:31.47 ID:jtw4Dt3d0
提督「クソ、こっちの負けだ」


漣「これはうまくやられましたなあ」


提督「苦労してる海域をこっちで攻略した挙句厄介払いもされた」


漣「こちらが欲しがっている装備は向こうにとって余剰ですと」


提督「向こうにとって得が多過ぎる」


漣「報酬に上乗せしようにも無理な所です」


提督「あー〜クソ、俺の判断ミスだ」


漣「相手のことを知るのは交渉術の基本ですぜ」


提督「支援先の選び方はかなり重要なのが今更わかった」


下1から2、このあとは?
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 22:51:26.38 ID:Ta5iDsHno
どんなのが来ても驚かないように落ち着いとかないとな…
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 23:25:58.15 ID:MMrpFW5iO
>>547
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 23:44:00.99 ID:kpVlXfxL0
漣「どんな空母が来ても慌ててる場合じゃねえですね」


提督「護衛を寄越せと言ってこなかったってことは陸路で来るんだろうな」


漣「練度が高いのは魅力ではありますけど、実際どうです?」


提督「使えるなら使う」


漣「さっすがご主人様」


提督「第二艦隊で使うとなると雲龍と連携させるが……」


漣「雲龍さんを使うなら龍驤さんに謝罪案件ですぞ」


提督「それしかねえよな」
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/15(水) 23:47:03.67 ID:kpVlXfxL0
漣「第一艦隊だけじゃなく第二艦隊も支援に出れれば報酬は倍ですぞ」


提督「わかってるんだよ」


漣「そんなに謝りたくないですか?」


提督「ああ」


漣「ぼのたんとの安全な暮らしと頭を下げるのを天秤にかけて下さいね!」


提督「チッ」


漣「さあ次の支援を考えつつ問題児の対応を考えましょう!」


提督「あーーーやりたくねえ」


下1から2、どうなった?
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/15(水) 23:57:42.25 ID:cuIjgBPOo
雲龍、最近の鎮守府動向を龍驤におはなし
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 00:39:15.90 ID:jWWmGrNPO
>>551
雲龍の膝上でもたれかかりながら聞きながら
ふーんそもそもクセのあるのが多いやろウチらって
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 00:49:17.72 ID:tyvOr43e0
ー漫画喫茶ー


雲龍「私の膝の上が好きなの?」


龍驤「ぬくもりが欲しいんよ」


雲龍「龍驤は軽いわね」


龍驤「うん……最近ご飯食べれてないから余計やね」


雲龍「提督をもう一度殴ってこようかしら」


龍驤「ええってもう。キミがそんな性格やと思わんかったわ」


雲龍「艦娘は見かけによらないのよ」
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 00:55:53.99 ID:tyvOr43e0
龍驤「第一艦隊の支援が成功してよかったなあ」


雲龍「そうね」


龍驤「ほんまやったらうちも第二艦隊で支援に行ってたんやけどなあ」


雲龍「もうそのことは考えないで」


龍驤「一人やと考えてしまうんよ。鎮守府に戻れても出撃はできへんと思う」


雲龍「そんなこと言わないで」


龍驤「……支援先から来た新人の話聞かせてよ」


龍驤「クセのあるのが多いからどんなんか気になるわ」


下1から3、空母の特徴は?
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 01:06:13.33 ID:GJWfEY5so
実力は確かにあるけどスタンドプレーにすぎる
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 01:08:34.19 ID:bM9gXj1zo
やあやあ我こそはみたいな感じで突っ込んでいくので言うこと聞かない
でも一定の戦果は上げるので練度も高くなってる
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 01:12:54.68 ID:tB7F7RFio
自分が一番目立ってないと不安で仕方がない
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 01:48:36.85 ID:tyvOr43e0
雲龍「指示には従わずに勝手に突っ込んでいくの」


龍驤「空母やのに?」


雲龍「駆逐艦並みに突出して艦載機を出していくのよ」


龍驤「空母が前に出る意味ないで」


雲龍「それでも実力はあるのよ」


龍驤「実力があってもそんな性格やったら使えれへんわ」


雲龍「だからこの鎮守府に飛ばされたんだと思うわ」
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 01:53:00.86 ID:tyvOr43e0
龍驤「その空母の気持ちわかるかもしれんわ」


龍驤「多分な自分が目立たなあかんと思ってんねん」


龍驤「そうやないと不安で仕方ないんと違うかな」


雲龍「そうかもしれない」


雲龍「心療内科の通院記録があると聞いたわ」


龍驤「記録があるだけやったら最近は調子ええんかもね」


雲龍「龍驤の調子も良くなるといいわね」


龍驤「お願いやから期待はせんといてな」


下1から3、このあとは?
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 02:19:31.40 ID:jWWmGrNPO
雲龍がもぐもぐ食べてるのを横であーんしてもらうとわりと食べれる龍驤
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 09:27:25.81 ID:kQTB04Tco
>>560
雲龍「このために多めに注文したからどんどん食べて」
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 12:25:36.56 ID:Nd1SpyVPO
>>560
>>561
(にしても多すぎや……)と思うけど言わないでおく龍驤
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 13:47:04.14 ID:VEj0+ExqO
ー食事タイムー


雲龍「あーん」


龍驤「ん……」


雲龍「美味しいわね」


龍驤「キミに食べさせてもらうのはちょっと恥ずかしいなあ」


龍驤「せやけどこれやったら少しは食べれるわ」


雲龍「多めに注文してあるからどんどん食べて」


龍驤(それにしたって多いやろこれどんだけ食べんねん)


龍驤(この子は脂肪が全部胸にいってるんやろうな)
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 13:55:08.24 ID:VEj0+ExqO
ー食事後ー


龍驤「また来るからって帰っていったけどいつまでも心配かけられへんな」


龍驤「雲龍がおれへん今のうちに……もしもし大和?」


龍驤「第二艦隊の旗艦になるからって連絡先貰っててよかったわあ」


龍驤「こっちは心配せんでもええからそっちはどうなってる?」


龍驤「ありがとう後はうちがサインしたらええんやね」


龍驤「退役してもまた艦娘になれるのは大和を見てたらわかる」


龍驤「このままズルズルしてたらどこまでもいってしまうから一旦リセットや」


龍驤「ええか雲龍にだけは最後まで知らせやんといてな」


龍驤「ほんまにありがとうな」


龍驤「そうそう住居やねんけどな、山の方で廃屋を利用した住居があるねん」


龍驤「都心部でアパート借りるのと同じ値段やからそこを借りることにしたんよ」


龍驤「山やから毎日生活するだけでも大変や、あれこれ考えてる暇なんか無いよ」


龍驤「うん……相談に乗ってくれてありがとうやで」


下1から2、このあとは?
387.74 KB Speed:4.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)