このスレッドは950レスを超えています。そろそろ次スレを建てないと書き込みができなくなりますよ。

【艦これ安価】漣「作り事を貴方達と」2

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 15:42:35.26 ID:7mbbIVODo
>>565
このまま離れて欲しくないが、それは自分が寂しいだけなのではないか…と悩みつつやってきた龍驤と対面
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 15:55:46.33 ID:ITvLiXlQ0
ー執務室ー


提督「これで龍驤も一般人か」


大和「この選択が最善だったと思います」


大和「艦娘を退役させるのは提督として良くありません。しかし艦娘からの依頼退役ならば話は別です」


提督「艦娘の都合で辞めるから提督には関係ないってか」


大和「龍驤さんの病気も伏せることができますね」


提督「その意図は無かったがな」


大和「曙さんとの生活を脅かすものは排除していくんですよね?」


提督「そりゃそうだ」


提督「まあお前に任せて良かったと思っとく」


大和「これからも大和にお任せ下さい」
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 15:58:37.46 ID:ITvLiXlQ0
ドダダダダ……


提督「誰が走ってやがる」


大和「雲龍さんですよ。今の会話が聞こえたはずです」


提督「そこまでするか」


大和「雲龍さんには新しく来た空母の方との連携があります。提督との隔たりは無い方が良いです」


大和「後日退役したという結果だけでは雲龍さんは納得しません」


大和「龍驤さんと最後のお別れは彼女に必要なんです」


提督「大和に任せた以上なにも言うことはねえよ」


大和「ありがとうございます」
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 16:02:04.43 ID:ITvLiXlQ0
ー駅ー


「いい時間だからそろそろ行こうかな」


雲龍「待って」


「キミ……来たんだ」


雲龍「その喋り方やめて」


「もう私は艦娘じゃないから。あ、いつもの関西弁は演技だったんだよ」


「住所はまた知らせるから。新人さんと頑張ってね」


雲龍(龍驤に離れて欲しくないけどそれは私の我儘)


雲龍(会いに来るべきじゃなかったかもしれない)


雲龍(けどじっとしていられなかったの)


下1から2、どうなった?
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 16:58:55.63 ID:2IfZZllK0
雲龍の新たな友として名乗り出る不知火
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 16:59:27.44 ID:jDsACgkCO
我儘だとしても独りにしたくない!
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 17:02:20.90 ID:9+40ZQDxO
いつか戻ってくる日を待っているから
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 17:24:09.91 ID:VEj0+ExqO
雲龍「やめて」


雲龍「行かないで」


雲龍「我儘だとしても独りにしたくないの」


「その気持ちは嬉しいよ」


「けど私はもう艦娘じゃないから」


雲龍「そんなの関係ない」


雲龍「お願いだから行かないで……」


下2コンマ 51以上で引き留め成功
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 17:29:40.42 ID:GJWfEY5so
踏み台
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 17:34:00.80 ID:k+Jusrmlo
どっちがいいのかしらね……
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 17:34:22.83 ID:bM9gXj1zo
いかないで…
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 18:10:31.74 ID:VEj0+ExqO
ー数日後、執務室ー


大和「まさか雲龍さんがあそこまで龍驤さんに拘るとは思っていませんでした」


大和「全て私の責任です」


大和「彼女は鎮守府と艦娘から離れる必要があったんです」


大和「山にある住居を紹介したのは海から遠ざけたかったからです」


大和「今は鎮守府近郊のマンションに住んでいますが良くありません」


提督「金はほとんど雲龍が出してんだろ」


大和「お金の問題ではなく精神的に良くありません」


提督「どうなる?」


大和「最悪の事態が待っているかもしれません」


提督「俺が悪いっていうのかよ」


大和「きっかけは提督でトドメは雲龍さんになるかもしれませんね」


提督「笑えない冗談はやめろって」
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 18:14:37.91 ID:VEj0+ExqO
ーマンションの一室ー


「ほとんどお金出してもらってるから文句は言えないけど狭い部屋かな」


「こんなのじゃすぐに掃除も終わっちゃう」


「もうすることが無くなった」


オオ……


「遠くで鉄の音がする。防音対策してても聞こえてくるんだ」


「夜になったら雲龍が来てくれる」


「磯の匂いがする艦娘が来る」


「……」


「逃げられないのかな」


「逃げるには、死ぬしかないのかな」
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 18:17:20.38 ID:VEj0+ExqO
ー執務室ー


漣「ご主人様ーー〜今日も新人と面談ですぞ!」


提督「いい加減にしてくれよ」


漣「ちなみに今日も演習で大暴れしてたようです!」


提督「あれは暴走だろうがよ」


漣「練度が高いのは事実なんです!あとはご主人様次第ですぜ!」


提督「俺は責任は取らないからな」


下1から2、問題の空母は?
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 18:25:03.01 ID:GJWfEY5so
瑞鶴改二甲
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 18:25:56.72 ID:tB7F7RFio
づほ改ニ
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 18:48:05.96 ID:w9BvukME0
ー瑞鶴入室ー


瑞鶴「また提督さんと話さないといけないの?」


漣「旗艦の言うことを聞こうとしないからですよ」


瑞鶴「私はやりたいようにやるの!」


漣「改二甲というだけあって練度はバリ高ですよ」


漣「こちらに来る時に噴式景雲に橘花という超レア装備も持ってはきてくれましたよ」


漣「けど野良犬みたいに暴れ回る空母なんて無理なんですよ」


瑞鶴「それはそっちの都合でしょ!」
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 18:50:58.67 ID:w9BvukME0
漣「悪びれる様子も無さそうですぜ」


提督「頭おかしいんじゃねえか」


漣「心療内科への通院記録がありますからあながち間違ってない可能性はあります」


漣「元龍驤さんからの伝言によると瑞鶴さんは不安だから暴れ回ってる可能性があるそうです」


提督「なんだよそれ」


漣「解体することなんか無いと不安を取り除いてあげるか、いっそのこと旗艦を任せるくらいしてみたらどうですかね」


下1から2、このあとは?
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 18:58:36.57 ID:ljImyJQbO
いいね、YOU旗艦やっちゃいなよ
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 19:22:15.90 ID:7mbbIVODo
提督
あっそうだ。元龍驤んとこ連れてってこんなになってもウチじゃー解体はしねえ穏便に辞めさせてやるって示すのはどうだ?雲龍にも聞いてみよ
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 19:32:09.66 ID:w9BvukME0
提督「なら元龍驤んとこ行かせてみるか」


提督「こんなになってもウチじゃー解体はしねえし穏便に辞めさせてやるって示せるだろ」


漣「鬱ってる人に会わせるなんて流石ご主人様!」


提督「おい瑞鶴いまからこの住所のとこ行け」


瑞鶴「なんで行かなくちゃいけないのよ」


提督「そこには元艦娘がいる」


漣「心の病気になって一線は退いてます」


瑞鶴「なによそんなのに会わせてどういうつもり」


提督「戦えなくなろうが解体はしねえってことだよ」


漣「ついでに様子見もしてきて下さーー〜い」
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 19:35:27.47 ID:w9BvukME0
ー某マンションー


瑞鶴「鬱ってるとかどうとか言ってたけど嘘よね」


瑞鶴「元艦娘なのは本当かもしれないけど」


瑞鶴「役立たずはゴミみたいに捨てられる」


瑞鶴「私はやらなきゃいけないの」


瑞鶴「やれることを示すには敵を沈めるしかない。指示なんか従わう理由は無いのよ」


瑞鶴「あったわ、この部屋ね」


瑞鶴「適当に挨拶してさっさと帰るわよ」


下1から2、どうなった?
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 19:45:41.56 ID:ljImyJQbO
龍驤と会って本当だと分かる
でも雲龍に引き止められたけどやることないって話す龍驤
それに対してやることは作ればいい、雲龍が毎日来るなら毎日違う料理でも作って待ってれば喜ぶんじゃないって
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 19:55:09.17 ID:bM9gXj1zo
>>588
気を紛らわせられるならってやってみる
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 20:01:28.68 ID:7m3HRqsQ0
ー部屋の中ー


「……」


瑞鶴(本当に鬱か何かだったのね。濁った目が証拠だわ)


瑞鶴(ここまで酷いなら普通なら解体よ。それがないってことは提督さんが言ってることは事実)


「なにしに来たの……」


瑞鶴「私も貴女と同じだったのよ」


瑞鶴「元気付けるなんて安易なこと言わないけど会っておいてよかったわ」


「なにそれ……」


瑞鶴「窓に貼ってるの防音シールよね?音が嫌ならもっと鎮守府から離れたらよかったのに」


「私がここを選んだんじゃないから」
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 20:05:42.56 ID:7m3HRqsQ0
「雲龍に引き止められたけどやることはない」


「毎日地獄」


「早く死にたい……」


瑞鶴「やることくらい作ればいいじゃない。料理なんかいくらでも凝れるわよ」


「貴女は私と同じだったならわかるでしょ」


瑞鶴「包丁を取り上げられててもいくらでもできるわ」


瑞鶴「お鍋一つあればどうとでもなるのよ」


瑞鶴「ここまで来たんだから手伝うから一緒に作るわよ!」


下1から2、このあとは?
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 20:10:43.39 ID:tB7F7RFio
(包丁無しからメシマズの波動を感じてしまったので)
このレスコンマで1の位が瑞鶴、10の位が龍驤の料理力
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 20:32:32.98 ID:HcmQxao2O
初めてだから時間もかかるし不格好
憂鬱な気分は置いておいて目の前のことに集中
雲龍も訪れて食べる時はドキドキ
当然上手ではないけど頑張った味は何より美味しいよ
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 21:24:32.62 ID:7m3HRqsQ0
瑞鶴の料理力9、龍驤は3


「やっぱり無理だって……」


瑞鶴「食材は揃ってるから大丈夫よ」


瑞鶴「白菜は手でむしればいいし野菜はピーラーで剥けるの」


瑞鶴「下拵えは私がやるから貴女も手伝って!」


「いきなりやれって言われても無理……」


瑞鶴「初めてなんだから完璧に出来なくて当然なの!」


瑞鶴「やれるだけやればなんとかなるから集中してやって!」
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 21:28:36.24 ID:7m3HRqsQ0
ー数時間後ー


雲龍「帰ってこないと思ったら料理を作ってたのね」


瑞鶴「最低限の味は保証するわ!」


「……」


瑞鶴(ねえいつから包丁取り上げてるの?)


雲龍(ここに来て2日目よ。自殺未遂をやったの)


瑞鶴(フォークも無かったからかなり危なかったのね)


雲龍「お鍋を瑞鶴と貴女が作ったの」


「……ん」


瑞鶴「食べてみて!」


雲龍「うん悪くない」


瑞鶴「そっちはどう?」


「……違う味がする」
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 21:31:43.85 ID:7m3HRqsQ0
「いつもと違う……何かが違う」


瑞鶴「自分で作った料理は一味違うわよ」


雲龍「お鍋以外にも包丁を使わない料理はある?」


瑞鶴「いくらでもあるわよ!」


瑞鶴「私は料理が好きだったんだけど途中から包丁を使わせてもらえなかったの」


瑞鶴「理由は貴女と同じよ」


「……」


瑞鶴「提督さんに報告しなきゃいけないし今日は帰るわね」


雲龍「瑞鶴ありがとう」


下1から2、このあとは?
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 21:58:08.09 ID:M8Gv9vx/O
…また作ってもいいかな
毎晩でも食べるわ楽しみね

濁ってた龍驤の目に生気が
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 22:29:32.88 ID:bM9gXj1zo
自信と役割を失ってた所で世話になるだけじゃないと感じれたのは小さくも大きな出来事
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 22:44:54.53 ID:L6oh6Dn2O
雲龍「瑞鶴とはどんな話をしたの」


「覚えてない」


雲龍「そう……」


「料理、また作ってもいいかな」


雲龍「毎晩でも食べるわ」


「上手くできないよ」


雲龍「貴女が作ることに価値があるの」


「ありがとう……」


「その言葉で少し救われた気がする」
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/16(木) 22:50:12.75 ID:L6oh6Dn2O
ー鎮守府ー


瑞鶴「提督さんが言いたいことはわかったわ」


提督「アレでも解体しないんだよこっちは」


漣「不安は少しでも取り払えましたか?」


瑞鶴「取り払えたと言えば嘘になるわ」


瑞鶴「けど安心する材料にはなったわね」


提督「じゃあいい加減指示に従えよ」


瑞鶴「一つ条件を出すわ活躍できなくても解体しないって誓って」


提督「ああ?だから」


瑞鶴「誓え!!!!」


提督「……わかった決してないと誓おう」


漣「ちょうど夜間演習の準備してたんでそこに参加して下さい」


提督「殺されるかと思ったぞ」


漣「あんな殺意マシマシのガンギマリ顔見たことないですって」


下1から2、どうなった?
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/16(木) 23:19:57.08 ID:pAFu56JzO
瑞鶴に悲しき過去
前の前の鎮守府でトラウマができた
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 00:19:52.91 ID:E26OiQSJo
どこでも解体ばっかり見てきたので過剰反応してしまう
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 00:31:16.12 ID:2oUL7wxI0
〈翔鶴姉はどこに行ったの?〉


〈私の足元に転がってるこれがどうしたの〉


〈ただの鉄屑じゃないこれが何なのよ〉


〈……〉


〈嘘でしょ〉


〈どうして翔鶴姉が解体されたの?!〉


〈ねえなんで!〉


〈は?〉


〈翔鶴姉がそれを望んだっていうの?〉


〈そんなわけないじゃない嘘を言わないで!〉
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 00:37:53.03 ID:2oUL7wxI0
〈こんな時に食べながら喋らないで!〉


〈こっちは真剣に話しているのよ!〉


[美味そうな肉だろ]


[これは翔鶴の腕だ]


[腕と脚を切っただけで殺してくれだと。翔鶴はつまらなかった]


[だから解体してやったんだ]


[なにを言ってるか理解できないか?]


[お前が昨日食った肉もそうだったんだぞ]


[姉を食った気分はどうだ瑞鶴]
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 00:43:59.10 ID:2oUL7wxI0
ー深夜ー


瑞鶴「ぎゃあああああああああああああ!!」


瑞鶴「はあ……はあ……!!」


瑞鶴「クソっ!!またあの時の夢が……うううう!」


瑞鶴「最近調子も良かったのに!どうしてまた私を苦しめるの!」


(瑞鶴)


瑞鶴「ひっ!!」


(私は美味しかった?)


瑞鶴「やめて!やめてよ翔鶴姉!」


(貴女は強くなれたみたいね)


瑞鶴「なにも聞こえない!私の妄想なんだ!」


(都合良く解釈するのはあの男と同じね)


(貴女も同じなのよ瑞鶴)


下1から2、どうなった?
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 01:16:50.46 ID:E26OiQSJo
こんなどったんばったんしてたから誰か来た
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 07:52:32.51 ID:BxWYy5/BO
>>606
空母寮寮長の赤城さん
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 10:03:41.88 ID:88qehgmZo
重い重い重い
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 14:06:52.42 ID:9dSGir2v0
ガチャ


赤城「どうしたんですか何かありましまか?」


瑞鶴「わああああああああああ!」


赤城「酷く錯乱しているようですね」


赤城「瑞鶴さんを刺激しないよう落ち着いてもらいましょう」


(誰か来たわよ)


瑞鶴「赤城……!」


(違うわあれは艦娘じゃない)


瑞鶴「艦娘……」


(艦娘じゃない)


(私の言うことが信じられないの?)


(翔鶴のことを美味しそうに食べたくせに)


瑞鶴「いやあーーーー〜!!」
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 14:10:57.74 ID:9dSGir2v0
赤城「○○○○○」


(ほら艦娘じゃなかったでしょ)


(アレは言葉を話してない)


瑞鶴「ほんとだ……コレは艦娘なんかじゃない」


瑞鶴「よくも私を惑わせたな!」


(頑張って瑞鶴)


瑞鶴「お前は艦娘の形をした化け物だ!」


赤城「○○○○」


(まだなにか言ってるわうるさいわね)


(仕方ないから黙ってもらいましょう」


「大丈夫よもし殺しちゃっても解体すればいいんだから」


瑞鶴「解体すれば証拠は残らないのよ」


赤城「瑞鶴さん正気に戻って下さい!」


瑞鶴「黙れこの化け物が!」


下1から2、どうなった?
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 14:18:23.78 ID:Diq7BIQYO
一航戦を舐めてはいけない
取り押さえて地下室へ
錯乱してるなら引き戻せばいいだけよ!
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 16:06:17.39 ID:8jxrW6u7O
>>611
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 16:23:03.87 ID:vn0EhJkP0
瑞鶴「あああああああっ!!」


赤城「致し方ありせんね……」


バシッ


瑞鶴「う……あ……?」


赤城「一航戦として体術も会得しています」


瑞鶴「……」バタッ


赤城「手荒い真似をしてごめんなさい」


赤城「正気を失っているのならこれしかこれしかなかったの」
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 16:27:12.21 ID:vn0EhJkP0
ー地下ー


提督「起きろ瑞鶴」


瑞鶴「……!!」バッ


提督「俺の話はわかるみてえだな」


瑞鶴「どこから夢だったの!」


提督「さあな」


瑞鶴「ここはどこなの?!」


提督「うちの鎮守府の地下だ」


瑞鶴「まさかここで艦娘を解体してるんじゃないでしょうね!」


提督「解体したことなんかねえんだよ」


瑞鶴「嘘をつくな!」


提督「もう夜中なんだからテンション下げろよ。こっちはぼのたんとのピロートーク邪魔されて腹立ってんだ」


提督「お前に何があったか話せ。仕方ねえから聞いてやる」


下1から2、このあとは?
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 17:06:48.11 ID:CMymgNH50
「神のお告げで地下室へ来た」と語る瑞鶴
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 17:15:25.48 ID:vn0EhJkP0
安価はあと2つ募集中
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 17:15:29.66 ID:Diq7BIQYO
リラックスできるだろと頭マッサージしてやりながら話を聞く
翔鶴?が現れるけど瑞鶴のツインテールが伸びて邪魔をさせないって謎の状況の幻影が見える
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 17:24:08.99 ID:w+RkXP64o
>>617
提督から見ると大体これで落ちるのに効きがあまり無く(リラックス効果が見えない)驚いている
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 17:47:41.26 ID:9dSGir2v0
わしゃわしゃ


提督「これで少しはリラックスできるだろ」


瑞鶴「……」


提督「おいおい無反応かよ」


(翔鶴)


(どうして私を拒否するの)


瑞鶴「翔鶴姉……」


(この髪を早くどけて)


瑞鶴「私が操ってるわけじゃないのよ」


提督(髪の毛イジってるから変な妄想見てんのか?)


(ツインテールは私を拒否するためのものだったのね)


瑞鶴「違うのよ翔鶴姉」


提督「効果無しかやっぱ洗いながらじゃねえと意味ないな」


提督「おい脱がすぞ抵抗しないなら同意したとみなすからな」
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 17:53:53.05 ID:9dSGir2v0
シャワーー


瑞鶴「う、あ」


提督「これでも効かねえのかよ」


瑞鶴「瑞鶴は自分の罪を忘れたの?」


瑞鶴「違うそんなことない……」


瑞鶴「私を食べた罪は一生消えないわよ」


瑞鶴「やめて翔鶴姉!」


提督「うっそだろ……」


瑞鶴「解体すれば証拠は残らないのは知ってるでしょ?」


瑞鶴「真実を知っているのは瑞鶴と提督だけ」


瑞鶴「ねえ瑞鶴」


瑞鶴「貴女のお腹を食い破って出てきてもいいかしら?」


瑞鶴「いやああああああああああああ!!」


提督「落ち着けやおらあ!」ガシッ


瑞鶴「は、あ……え?」


提督「ふう、洗いにくいから動くんじゃねえぞ」


下1から2、このあとは?
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 18:57:37.25 ID:E26OiQSJo
自分の過去を語り出そうとするも「黙って身を委ねてろ」の言葉を優しさと受け取りさめざめ泣きながらヘアケアされる瑞鶴


提督(こいつまだ蕩けねえのか……ちょっと腕に自信あったがまだまだだな俺も)
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 19:00:48.94 ID:LNiRhbkE0
瑞鶴の持つ素直さを感ずる提督
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 19:32:06.05 ID:9dSGir2v0
瑞鶴「提督さん私……」


提督「黙って俺に身を委ねてろ」


瑞鶴「う……ん」


提督「これで集中できるな」


わしゃわしゃ


瑞鶴「……ぐす」


瑞鶴「……」


提督(こいつまだ蕩けねえのかよ)


提督(腕に自信はあったんだがな)
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 19:35:51.92 ID:9dSGir2v0
瑞鶴「……あ!」


瑞鶴「裸じゃないの私!」


提督「服着たままジャンプーできるかよ」


瑞鶴「変態シャンプー男!」


提督「ごぶっ、お前やめろ笑かすな」


瑞鶴「離してよ私のことどうするつもりなの!」


提督「とりあえずトリートメントまでやる」


瑞鶴「手つきがいやらしいわよ!」


提督「さてはお前美容室行ったことねえな?本場のはこんなだぞ」


瑞鶴「いやーー!変態に犯される!」


下1から2、このあとは?
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 19:57:56.43 ID:7Lbmr6Tdo
瑞鶴「本当に頭洗うだけだった…」

提督「お前髪適当にしてただろ取り敢えずこれとこれとこれ使え(ポイポイッ」

赤城「終わりましたか〜?」
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 19:58:27.43 ID:/FQ0s77ho
>>625
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 20:23:32.88 ID:9dSGir2v0
ートリートメント終了ー


瑞鶴「本当に頭洗うだけだった…」


提督「お前髪適当にしてただろ取り敢えずこれとこれ使っとけ」


瑞鶴「……ありがと」


赤城「終わりましたか?」


提督「おう終わったぞ」


赤城「では瑞鶴さんあちらで着替えてきて下さい」


瑞鶴「はい……」


提督「お前のお陰でなんとかなった」


赤城「これくらい当然です」


赤城「私が心配してたのは瑞鶴さんと性行為でも始まるのではないかということでした」


提督「ぼのたんと散々愉しんだあとだから勃たねえよ」
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 20:28:42.13 ID:9dSGir2v0
ー着替えましたー


提督「お前はなにも言わなくていいんだよ」


瑞鶴「でも」


提督「その代わり精神科行って薬もらってこい」


赤城「今はなにも飲んでないのよね?」


瑞鶴「わかりました……」


提督「旗艦の指示に従うなら第二艦隊で使う。かいた」


赤城(提督、瑞鶴さんにとって解体という言葉そのものがトラウマなのかもしれません)


提督「……指示に従うならお前が心配することは一切起こらないと誓ってやる」


瑞鶴「本当に?」


提督「本当だからこっちの言うこと聞けよ」


下1から2、このあとは?
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 20:49:17.28 ID:E26OiQSJo
私……私、頑張ります!!
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 21:17:17.74 ID:J4mHa9Myo
チームプレイ可能になった瑞鶴
漣「また堕としたんですかご主人様ホンっとタラシですねぇ!」
提督「いやあいついくらヘアケアしてもとろけねえんだよ凄いわ」
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 21:39:56.01 ID:9dSGir2v0
ー後日ー


漣「瑞鶴さんが旗艦の指示に従うようになりましたなあ」


漣「また堕としたんですかええ?ご主人様ホンっとタラシですよね!」


提督「いやアイツにいつものやっても無反応だったんだよ」


漣「またまたあ」


提督「冗談じゃねえっての」


漣「真偽は置いとくとして、瑞鶴さんは戦力として見込めますね」


提督「あれだけやれれば文句はねえな」
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 21:44:10.31 ID:9dSGir2v0
漣「ではそろそろ第二艦隊のテストでも始めますか?」


提督「やってくしかねえだろうな」


漣「雲龍さんが居なくても瑞鶴さん一人で制空権はなんとかなる計算ですよ」


提督「雲龍が居るに越したことはねえ」


漣「でもご主人様のせいで無理でーすバーーーカ」


提督「お前な」


漣「ではテストをやっていきましょう!」


提督「今回のテストは第一艦隊の予備も一緒に選ぶ。前に第二艦隊に編成されてたからってそのままとは限らないからな」


漣「そのように通達しておきますゆえ!」


下1から2、どうなった?
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 22:40:43.15 ID:Diq7BIQYO
第二艦隊の旗艦は〜瑞鶴!
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 23:04:36.00 ID:E26OiQSJo
>>633
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 23:23:36.17 ID:2oUL7wxI0
ーテスト後ー


提督「第二艦隊の旗艦はお前だ」


瑞鶴「嬉しいけどどうして私なの?」


提督「成績が優秀なのもあるがリスクもある」


提督「旗艦以外でお前を使うとまたキチる可能性があるからな」


提督「本来なら第二艦隊でも使うのを躊躇うレベルだが贅沢は言ってられないんだよ」


瑞鶴「私より大和さんの方が凄かったわよ?」


提督「アイツは第一艦隊の予備だ大井と同じ旗艦の能力は見過ごせねえ」
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 23:30:57.74 ID:2oUL7wxI0
瑞鶴「神威はどうなるのよ文字通り飛び回ってたけど、あれも指揮しろっていうの?」


提督「あれは囮で敵にとって鬱陶しいハエだと思え」


瑞鶴「細かい指示は必要ないってことでいいの?」


提督「一撃でも当たったら終わりだ、秋津洲と神威は当たらない訓練をしてる」


瑞鶴「それなら大丈夫そうね」


提督「第一艦隊の予備は大和、響だ」


提督「第二艦隊はお前が旗艦で速力調整に初春に囮で神威」


提督「決まってるのはこれだけだ」


瑞鶴「残りはどうしたのよ第二艦隊を選ぶ為のテストじゃなかったの?」


提督「後はお前が選んでみろ。テストの結果と動画は用意してあるからな」


下1から2、声をかけた艦娘は?
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 23:41:09.78 ID:a5xgau48o
山風
(同レベルは何人か居た。その目に自分と似た執念を感じた)
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/17(金) 23:48:33.63 ID:Diq7BIQYO
比叡
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/17(金) 23:58:54.79 ID:2oUL7wxI0
ー駆逐寮ー


山風「なに……」


瑞鶴「第二艦隊のテストで私が旗艦に決まったのよ」


山風「自慢……?」


瑞鶴「確定してるのは私を含めて3人だけ残りは自分で選べって言われたのよ」


瑞鶴「山風に声をかけたのは第二艦隊に入って欲しいからよ」


山風「どうしてあたしなの一位じゃなかったよ……」


瑞鶴「似たような成績の子は居たけど貴女がいいのよ」


瑞鶴「私と同じ目をしてる気がするの」
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 00:03:36.36 ID:PjKo1Ios0
山風「それだけで選ばれるの……?」


瑞鶴「私が旗艦なんだからその方がいいのよ」


瑞鶴「テストを受けてるってことは第二艦隊に入るつもりはあったのよね?」


山風「それもあるけど違う理由もある……」


山風「提督に謝って欲しかった」


瑞鶴「ナニをされたのよ」


山風「遠征組の待遇が悪かった」


瑞鶴「最近大本営から遠征について改善せよって通達来てたじゃない」


山風「違う……!そうじゃないの!」


瑞鶴「理由はどうあれやってくれるってことね」
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 00:05:57.56 ID:PjKo1Ios0
山風「雲龍さんは……どうしたの」


瑞鶴「テストを受けてないでしょ」


山風「実力はあるよ……」


山風「あたしと雲龍さんで提督の所に行くから……返事はそれからね」


瑞鶴「なにをするのかは知らないけど一応確定したと思っておくわ」


瑞鶴「こうなると残りは一人ね。火力でいくのかその他違うものでいくのか考えなきゃ]


下1から2、声をかけた艦娘は?
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 00:30:18.38 ID:l0vJx1N3o
火力ヒエー
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 00:40:07.99 ID:Tw2qKK/PO
ひえー
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 00:55:52.27 ID:PjKo1Ios0
ー金剛型ー


比叡「比叡が第二艦隊に編成されるんですか?!」


瑞鶴「火力が欲しいのよ」


比叡「願ってもありませんぜひお願いします!」


瑞鶴「テストでもいい数値が出てたから火力の心配はしてないわ」


瑞鶴「けど命中率はどうにかならないの?」


比叡「ええっとお」


瑞鶴「無理なのね」


比叡「ひえ……」
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 01:01:43.01 ID:PjKo1Ios0
比叡「金剛お姉さまと並んで第二艦隊に編成されるのは喜ばしいことなんです!」


瑞鶴「じゃあ命中率を努力しなさいよ」


比叡「不器用なのでどっちもは無理なんですう!」


瑞鶴「よくそれでテストを受ける気になれたわね」


比叡「瑞鶴さんはこの鎮守府の方針をご存知ないのですか?」


瑞鶴「聞いてないわね」


比叡「第一艦隊の映像をご覧になったこともありませんか?」


瑞鶴「記録を見たことはあるわよ」


比叡「では映像を一緒に見ましょう!」


下1から2、瑞鶴の反応は?
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 01:03:54.27 ID:Tw2qKK/PO
なんというかとっても個性的ね…
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 01:24:14.76 ID:ERnDVAXgo
長所を伸ばして短所を補うってことかしら
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 01:43:31.29 ID:PjKo1Ios0
ー視聴後ー


瑞鶴「なんというかとっても個性的ね……」


比叡「それだけじゃありませんよ!」


瑞鶴「長所を伸ばして短所を補うってことかしら」


比叡「短所を補うどころか長所でゴリ押しです!」


瑞鶴「なるほどだから貴女はテストを受けたのね」


比叡「この火力は誰にも負けない自信があります!」


瑞鶴「ふーん……」


比叡「比叡の火力を十分に使って下さいね!」
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 01:46:34.16 ID:PjKo1Ios0
瑞鶴「命中率を上げると火力は下がると考えていいのね」


比叡「そうですけど……」


瑞鶴「それでいいから命中率を上げておいて」


比叡「ひえーーー?!」


瑞鶴「私が第二艦隊の旗艦に選ばれた理由がわかったかもしれないのよ」


比叡「本当に火力を下げていいんですか?!」


瑞鶴「私の考えが合ってればそれでいいから」


瑞鶴「提督のところに行って答え合わせをしてくるわ」


下1から3、提督の様子は?
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 09:36:06.06 ID:l0vJx1N3o
第一に大和を予備配備するならどうしても出涸らし的になる、それなら旗艦の瑞鶴が最大限活きる艦隊にして対抗しろ!的な?
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 10:26:30.56 ID:tlNS8Cjvo
山風、雲龍、江風に土下座迫られてる
瑞鶴に本当に山風抜擢したのか確認してくる
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 11:30:17.74 ID:jJIjBKukO
>>651
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 14:28:48.13 ID:PjKo1Ios0
ー執務室ー


江風「おい謝れよ!」


山風「土下座して」


雲龍「龍驤に謝って」


瑞鶴「なんだか賑やかなことになってるじゃない」


提督「おい本当に山風を選んだのかよ」


瑞鶴「成績も悪くなかったし私と同じ目をしてたのよ」


提督「なんだよそれ」


瑞鶴「旗艦の私に選べって言ったんだから文句は無しよ」
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 14:36:33.12 ID:PjKo1Ios0
瑞鶴「提督って結構嫌われてるの?」


提督「努力しねえコイツらが悪いんだよ」


江風「なンだよそれ!」


山風「あたしだけが悪くない」


雲龍「龍驤を追い込んだのは提督よ」


提督「瑞鶴ー〜お前が旗艦なんだからなんとかしろよ」


瑞鶴「こうなった原因は提督さんにあるみたいだけど」


提督「うるせえなんとかしろってんだよ」


下1から2、瑞鶴はどうした?
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 15:25:02.02 ID:+nvqLKEYo
詳しく話を聞いた瑞鶴さんの裁定
江風、雲龍はともかく、山風は遠征要因から第二艦隊まで頑張ったし……
山風に一対一で土下座か、第二艦隊で成果上がったら三人に土下座か、どっちかじゃない?
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 16:18:17.40 ID:hlGLZ2mmO
結果を見せれば文句は言えないでしょ
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 16:18:55.27 ID:yXh7GJ3Xo
どうしても嫌?(提督に)
他の条件、して欲しいことない?(3人に)
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 16:35:51.99 ID:4CeDszOD0
瑞鶴「江風、雲龍はともかく、山風は遠征要因から第二艦隊まで頑張ったわよね」


瑞鶴「山風に一対一で謝罪か、第二艦隊で成果上がったら3人に謝罪かのどっちかじゃない?」


提督「俺が頭を下げるのは確定かよ」


瑞鶴「どう考えても提督さんが悪いわよ」


山風「活躍して絶対に土下座させる」


瑞鶴「それは無理ね山風たちも悪い所はあるもの」


江風「コイツを庇うのかよ!」


瑞鶴「努力しなかったのは事実なんだから仕方ないわよ」
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 16:39:25.59 ID:4CeDszOD0
瑞鶴「提督さんが土下座するのは龍驤だけよ」


瑞鶴「言っておくけど龍驤に殺されても文句は言えないのよ?」


提督「努力しなかったアイツが」


瑞鶴「連携の確認に演習もあって絶対に無理」


瑞鶴「例え大和でも同じ条件なら練度は上がってなかったわよ」


提督「……」


瑞鶴「山風と雲龍は第二艦隊に編成するわ。そこで活躍したら3人に謝ること」


瑞鶴「龍驤はいつ戻ってこれるかわからないからその時にちゃーんと謝りなさい!」


提督「コイツを第二艦隊の旗艦にしたのが失敗だったか」


下1から2、このあとは?
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 16:44:08.77 ID:Pe9i9/Nho
ぼのたん聞いてよーからの女々しいわね!びしっと謝ればいいじゃない!
それより第二艦隊メンバー選出はどんな狙いで任せたの?
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 17:18:25.31 ID:cPnq2Qhpo
>>660
ぼのたんの髪を洗いながら
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 17:26:13.88 ID:4CeDszOD0
ー風呂場ー


提督「なあぼのたん俺は悪くないよなあ?」


曙「女々しいわよクソ提督!びしっと謝ればいいじゃない!」


提督「それが嫌なんだってえ」


曙「あのねえ頭を下げれば済むってわかってるんでしょ!」


曙「ヘコヘコしてる男も嫌だけどちゃんと謝れない男の方が嫌よ!」


提督「ぼのたんに嫌われるくらいなら謝る……」


曙「あたしに言われなくても謝りなさいよもう!」
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 17:30:45.21 ID:4CeDszOD0
提督「いつもより丁寧にシャンプーするから許してくれよお」


曙「あっ……はあん」


曙「ちょ、ちょっと待って気持ち良くされる前に聞きたいの」


曙「第二艦隊メンバーはどんな狙いで任せたの?」


提督「それはな瑞鶴も気付いてやがった」


提督「第一艦隊の予備に大和を使った時点で第二艦隊に超火力は求めてない」


提督「うちは艦娘に余裕がある方だが違う鎮守府もある」


提督「第一艦隊しかまともな戦力がない鎮守府もザラにあるんだよ」


曙「それがどうしたのよ」


提督(ここまで言ってわからねえのはちょっとマズイな。ぼのたんは嫁とはいえ多少鍛えた方がいいな)
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/12/18(土) 17:34:44.92 ID:4CeDszOD0
提督「第二艦隊は人数不足の所とか数合わせに使う」


提督「連合艦隊を組めれば攻略できる海域とか、後方支援に役割を限定させるんだよ」


曙「つまり第二艦隊にはいつもの長所の寄せ集めじゃなくて普通に強い艦隊を組みたかったのね」


提督「だから瑞鶴に旗艦と編成を任せたんだよ」


曙「やりたいことはわかったけど需要があるの?」


提督「こっちが想定してるより使い道は多い」


提督「報酬さえ払えば絶対に海域を攻略できると思えば案外需要は多いぞ」


下1から2、このあとは?
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/12/18(土) 17:55:24.54 ID:ScQi3UyRO
瑞鶴の爆弾の解除と、向こうへのお返しも考えなければなと提督
387.74 KB Speed:4.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)