このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価・コンマ】もう一つの魔法少女U【外伝】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:20:30.48 ID:Ww4e8TBWO
魔法少女の安価スレです
舞台は元ネタの8年前の世界です
元ネタと同じ通り分岐点で会話安価等を募集します
その安価を元に>>1が調整をかけて書き進めます


また元ネタのいちさんはグロスカリョナは苦手なみたいなので>>1もそれに従う予定でしたが
そのいちさんがエターになりましたので緩和します

スカ…尿系はok
リョナ…基本的に部位破壊系もこのスレからokですが部位破壊の時点でbad確定

※前スレ
【安価】もう一つの魔法少女【外伝】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1490814291/
2 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:22:12.92 ID:Ww4e8TBWO
前スレ安価募集を継続します
※22時まで

即死回避の為前スレの物も>>1がこちらに貼り付けます
3 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:23:05.33 ID:Ww4e8TBWO
995 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 00:00:23.02 ID:TQCJ0dbsO
直接触れずアナルを円を描き指でなぞるように開発
4 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:23:34.76 ID:Ww4e8TBWO
996 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 00:15:14.34 ID:fBBDWUr50
クリームに催淫粘液を少し混ぜてマッサージ
5 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:25:55.65 ID:Ww4e8TBWO
申し訳ありませんがキャラ指定はできません静香の判定のコンマ時08に近い物がでれば
静香に以下のイベントが起きます

997 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 05:43:28.08 ID:q4+J3XDmO
詩織
クリームを塗る段階で催淫粘液を代わりに塗りたくり
効果が出始めたところで触手で拘束し前後の処女を奪う

6 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 12:30:34.61 ID:Ww4e8TBWO
上と同じ理由でこちらもです
片方だけ14に近い値が出れば片方だけにこれが行われます

998 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします sage 2017/10/13(金) 09:56:06.14 ID:vjcbIXd90
まだ次スレ立てないのかな

手順5の段階で二人を拘束具で動けなくしておいて手順8でリッパーの催淫粘液を二人に塗りたくる

マッサージにより全身の感度が最大限にまで高まった状態で処女貫通

時間終了までたっぷり中出し凌辱が行われ催淫粘液の効果もあって二人は何度も絶頂を味わうことに
7 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 12:43:19.83 ID:Ww4e8TBWO
現在募集中の安価

今からノイズリッパーとエステ資格を持つセクハラおじさんがエナジーテラピーで魔法少女である静香と詩織に酷い事をしようとしています

ノイズ
【名前】リッパー
【性別】♂
【容姿】人間の上半身に烏賊の足、イソギンチャクの様な触手状の腕を持つ。舌も非常に長い
【備考】(付け足したい事があれば)
連続強姦魔がノイズに侵食されたなれの果て。
性欲が異常に発達しており眼鏡に適った女性を執拗に襲い犯す。
衣類だけを溶かす粘液と催淫効果のある粘液との二種類を用いて触手で拘束した得物をじっくり犯す。




エナジーテラピー手順(普通にやる場合)

1案内されます

2店が用意した丈夫な紙で作られたショーツに着替えます(服はもちろんブラジャーやパンツも脱ぎます)
 ※今回はブラの方はなしです
 ※参考画像1参照

3ベッドの上にうつ伏せで寝ます(顔は用意している枕の上)
 毛布があるので待っている間はそれをかけて待ちます

4担当が来ます

5まず位置調整まずうつ伏せになっている顔をベッドの穴が開いている位置に移動させます
 ※参考画像2参照
 ※穴から床が見えている状態、普通のエナジーテラピーはここに顔を突っ込んでいればいい

6ショーツを腰まで履いている場合は少しずらされます
 ※大体尻の割れ目がギリギリ見えるか見えないかの位置

7担当がお腹あたりに電気の逃げ道となる道具を置きます(何なのかは確認できなかった)

8担当が背中にクリームを塗っていきます

9担当が電気の強弱をつけながら客のマッサージを行います(担当の両手を経由して電気を流す)

10指定時間までマッサージを受けることになります


参考画像1
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%99%E3%83%A9-Cier-ETBELLA-c003-7/dp/B00TJJOYHS/ref=pd_lpo_vtph_194_tr_t_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=DQVV537B1RDG7GKY1JV5

参考画像2
http://www.beautygarage.jp/ws/bed_cmdty/22092/DP-1370P/DP

このスレではこのレスを最後に>>1はもう書かないつもりです
またエロイベなので次のレスまでしばらく時間がかかります

募集終了後に二人の判定を二回ずつ取り(詩織1 静香1 詩織2 静香2)それを混ぜ合わせたものとなります
※矛盾が発生する場合は詩織1 静香1が優先されます

現状
詩織 処女 アナル開発が少し進んでいる
静香 処女 開発なし

↓22時までエロイベント募集中
8 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 12:44:20.31 ID:Ww4e8TBWO
キャラ紹介などは募集が終わった後に行います
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 13:23:58.36 ID:XWH5txOb0
おつ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 13:37:14.84 ID:XWH5txOb0
静香
8まで普通にエステしたあと段々触り方が大胆になる
9、ショーツを引っ張り割れ目を擦りたまに強い電流を流したりクリにデンマを押し当てる
10、尻の穴をチンポで擦るよう尻コキ静香をイカせて自分も尻にぶっかけて特殊ローションだといって尻に塗り込みマーキング
11 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 17:42:56.23 ID:Ww4e8TBWO
っと一つ忘れていい忘れてました現在の募集が終わった後に強制レズプレイ等二人同時にさせる酷い事も募集するので準備しておいてください
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 21:08:17.87 ID:N7Seu3mkO
おどされてお掃除フェラ
大きくなってもう1回戦
13 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 22:01:19.06 ID:TsoQJHWso
さてと募集はここまでです

詩織判定1
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:01:45.47 ID:TsoQJHWso
静香判定1
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:02:21.08 ID:TsoQJHWso
詩織判定2
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:03:12.22 ID:TsoQJHWso
静香判定2
17 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 22:09:27.50 ID:TsoQJHWso
詩織の安価は
前スレ995と前スレ997を採用

静香は
前スレ996と前スレ998を採用します

どちらも催淫粘液がかかり処女を失いますね
18 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/10/13(金) 22:10:43.59 ID:TsoQJHWso
人物紹介

【名前】 冴島 光(さえじま ひかり)
【性別】 女性
【年齢】 16
【容姿】黒髪ロング  ロリ 爆乳
【性格】 温厚、人を疑わない
【変身時の名前】 リリカル シャイン
【変身時の容姿】 白い修道服
【備考】魔法少女として前線で戦うより他人に魔法少女としての戦い方を教えるほうが好きなタイプ
    特になにもない時は自分の教官の娘である日向秋子と遊んでいることが多い
    
エミュリア「そう言えば…この前、酔っ払っている時に秋子が光お姉ちゃんと呼ばなくなったことを嘆いていたって桜が言ってたわね…」

輪廻「…姉妹みたいだった…」

【名前】 東城 梓
【性別】 女
【年齢】16
【容姿】 黒髪ボブ 爆乳
【性格】 腹黒い所もあるが根は優しい
【変身時の名前】 黒雷(こくらい)
【変身時の容姿】 銀髪のメイド服
【今は何をしている?】 喫茶店のマスター
【備考】主人公とは小学校からの親友
黒い雷を操る魔法を使う
ちなみに魔法少女達の活動資金は彼女のメイド喫茶でのバイトから出ている
また彼女が魔法少女達の弁当を作っている

名前】日之出ホムラ
性別】女
年齢】16
容姿】赤みがかったセミロングヘアに黄色いリボン 爆乳 お腹は日々の腹筋で引っ込めている
性格】天真爛漫 元気で活動的
変身時の名前】紅蓮姫
変身時の容姿】赤いカラーリングでアイドルっぽい
今は何をしている?】プールでのインストラクター
備考】明るく社交的だが男女問わず距離をグイと詰めてくるので困惑&勘違いする男を続出させるタイプ
   夜9時になると眠り始める、光以上に人のことを信じてしまい初対面であろうと素直に聞いてしまうことが多い

【魔法】歌を歌い徐々に上がっていく曲のテンポに合わせて自身の動きも早くなっていく

奏「この人だよ!この前フルートを吹いている時に横で歌っていいかいって聞いてきたの!!」

秋子「歌うのが好きだからな…ホムラさん」



【名前】三橋静香
【性別】女
【年齢】16
【容姿】銀髪、クール系の美人
【性格】気だるげで面倒くさいことが嫌い
光とは昔からの付き合いで親友だと思っており魔法少女は光がやっているから付き合っている
【変身時の名前】神威
【変身時の容姿】カラーリングは青、ミニスカ軍服っぽい
【今は何してる?】大手会社の秘書
【備考】結構口が悪く無意識に挑発的
    ちなみに自分のためには動かないが他人のためなら動けるタイプ
    
【魔法】様々なタイプの糸を取り出して自由自在に操る魔法 ピッキング、網の作成、捕縛、罠の作成、攻撃なんでもござれ
    
【その他】現在彼女が毒島邸に行き重蔵に頼み事をした場合とても大変なことになります
    
オラトリオ「そう言えば、この前あそこのベンチで寝ていたわよ?」

エミュリア「何やっているのよ、先代」
19 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/13(金) 22:11:13.80 ID:TsoQJHWso
>【名前】ジェシカ=桐山
>【性別】女
>【年齢】17
>【容姿】金髪ポニテ 爆乳爆尻
>【性格】陽気で強気 正義感に溢れている
>【変身時の名前】ラビットスター
>【変身時の容姿】バニーガール
>【今は何をしている?】新聞記者
>【備考】某国からの留学生 日本のアニメ・漫画などの2次創作にも詳しい 薄い本のコレクターでもある

このスレでは活躍させたい

【名前】神山 詩織(かみやま しおり)
【性別】女
【年齢】16
【容姿】物静かな文学少女ぜんとした眼鏡の似合う美人。黒髪ロングストレート。着痩せするタイプのグラマー
【性格】穏やかな性格で本が好き。争い事は苦手
【変身時の名前】シャイン・バロール
【変身時の容姿】瞳が金色に輝く。服装含め他は変化なし
【今は何をしている?】司書
【備考】(付け足したい事があれば)
魔法少女であるが身体能力は極めて低く、変身後も強化されない
しかしその瞳には強力な魔翌翌翌力が宿っており見つめられたノイズは一切の力が使えなくなり、弱いノイズなら数秒で消滅する。
本人はノイズとの戦いに乗り気ではない。
20 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/10/13(金) 22:18:22.61 ID:TsoQJHWso
それでは固定イベントを次回に入れましてその次にエロイベントに入ります

その前に>>11でも書いたとおり

二人同時に行うことが出来るエロイベントを募集します

一例
レズプレイ強制 Wフェラなど

コンマ80超えたものは全て採用、全部越えなかった場合はコンマ値が一番高いものを採用

↓24時まで
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2017/10/13(金) 22:19:07.45 ID:XWH5txOb0
媚薬で発情しきった体で二人にダブルフェラチオ、屈辱と恥辱にそまり睨み付けながら舐めて舐めるだけで感じてしまう
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 22:31:10.19 ID:BejPs28QO
リッパーによる触手同時凌辱
穴という穴を犯されまくり際限なく絶頂を繰り返す
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/10/13(金) 23:04:07.85 ID:vjcbIXd90
触手による快楽地獄
「もう許して」との懇願も無視してノイズの本能のままに犯しつくす
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:10:54.65 ID:4eFQtwRxO
あっちエタった以上、向こうとの辻褄合わせとか気にせず好きにやってほしい
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:25:02.10 ID:GDmUP+TQo
触手を双頭ディルド代わりに静香攻めで強制レズレイプ
その際、詩織は胸の感度を高められ乳首だけで何度も絶頂
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:38:38.87 ID:tuvuRobUO
股縄綱渡りレース
コブ付きの縄に股をすられながらゴールに向かってレースをする
止まると鞭によるお仕置きがまっている
負けたほうは三角木馬によるお仕置きがまっている
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/13(金) 23:59:12.33 ID:hlYnSc6LO
smレズプレイ強要
28 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/14(土) 09:38:27.50 ID:HA31esKEo
…寝てました…

>>23 >>26採用です

次の固定イベントの後にエロイベントが発生します
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 10:18:44.91 ID:ywpwp6Wf0
乙です
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 10:49:26.09 ID:ZlOjWSqe0
乙です
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/14(土) 22:52:34.06 ID:S9MenAm3O
今日はないのかな?
32 :今週の土日も忙しかった… ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/15(日) 21:43:20.93 ID:yMzfZ7rPo
ー二時間前 ドクトル研究所研究室ー

ポネ「ドクトル様」

そう言いながら研究所の主ドクトルに要件があった助手のポネが扉を開けるととんでもないことになっていた

男「あああああ!!ぐあああああ!!」」

ドクトル「ぽっぽね!!ちょうどいいタイミングに来てくれた、ちょっと助けてくれ!」

ドクトルはそのポネを見ると助けを求めてきた

ドクトルの前のベッドには一人の男が下半身と両腕を失った状態でベッドに横たわっている

彼は痛がっており研究室の防音設備がなければ三つ隣の部屋にまで響いていただろう

ポネ「どういうことですか!?後できちんと説明してもらいますよ!!」

ドクトル「とりあえずお前はそこのイカノイズ失敗作で出来たそれを繋げてくれ」

ポネ「了解しました!」

そう言ってポネは強引にその男とそれをつなげることになった


……
………

ドクトル「…………ふう…何とか人殺しは回避したな…」

ドクトルは男の下半身をイカの物に両手をイソギンチャク(こちらも失敗作ノイズの部位)の触手部分の様なものに付け替えることで応急処置を終えることが出来た

ポネ「ドクトル様、これは一体どういうことです?」

ドクトル「ああ、こいつは先程、影子が連れてきてくれた人間でな」

ドクトル「お前も知っているだろう?例の魔法少女達がいる街で好き放題やっていた強姦魔のことを」

ドクトル「それがこいつだ」

ポネ「なるほど…一日でもう二人捕まえたというわけですか…」

ドクトル「で…じっくり馴染ませる方法は既にAVスカウトマンで行ったから今回はこちらのレイプ魔にはすぐにノイズ化を起こすパターンを試そうとしたわけだ」

ポネ「なるほど…それで拒否反応が起きて先程の状態だったというわけですか」

ノイズが好きになってしまったあまりに自分がノイズを作り出すためのノイズになった男

ドクトルは植物や動物をノイズにすることが出来る液体を生成することが可能だが

生物によっては突然その液体にかかると拒否反応を起こしその生き物が命を落とすこともあるのだ

特に哺乳類系統で起きることが多い

ドクトル「…やはり駄目だったか…」

ポネ「ですからゆっくりとなじませようと、いつも言っているではないですか」

がそれは対象にじっくりとなじませるようにすれば発生率を大幅に下げることが出来るのである

AVスカウトマンの方はそちらの方法で行っているため現在は問題が起きていない
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 22:20:22.03 ID:UzDjjH/m0
更新きてた
34 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/15(日) 22:39:31.13 ID:yMzfZ7rPo

強姦魔「くっ…うぅぅ…何だったんだ……あの手は…」

そうこうしている内に強姦魔は目を開けた

ポネ「おはよう、目覚めはどうかな?」

ポネはそう言って強姦魔に声をかけた

強姦魔「あんた!誰だ!?」

ドクトル「ああ失礼、あまりにも突然のことだったから驚いただろうな」

ドクトル「突然ついでで悪いのだがもう一つあるのだ、自分の手と足を動かせるか試してみてくれないか?」

そう言われて強姦魔は動かそうとする

するとある違和感に気づく

強姦魔「なっ!何なんだこれは!?」

自分の手足が全く別のものになっていたことに気付いた

強姦魔はドクトルの方を見る

強姦魔「貴様の仕業か!俺に何をしやがった!?」

そう言って強姦魔はドクトルに飛びかかろうとするが…

強姦魔「あがががががが!!」ビリビリ

胸倉に手を伸びる直前で強姦魔に強力な電撃が流れる

再び男はベッドに横になった

ポネ「身体の自由は効きませんが会話が出来るというくらいの調整で流しました」

ドクトル「ご苦労」

強姦魔「…貴様等何者だ?」

ポネ「魔法少女研究機関の者とだけ言っておこう」

強姦魔(!?)

魔法少女研究機関かつては異端と思われている魔法少女と敵となるノイズを調べようとしていた国の機関のことであった

しかしそこの所長がその研究対象であるノイズに心奪われた所長は人的とは思えない研究を始める

これには対して国も危ないと判断し研究の支援金を断ち切ったのだが今も研究が続いているという機関である

警察や自衛隊も動こうとしたが既に研究所は裏で引っ越しを行っておりどこにあるのかわからないのである

強姦魔(……ここまでの出来事は化け物たちの仕業か!いや現在の状況を見る限りだと俺もその化物になっている!)
35 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/15(日) 22:59:14.38 ID:yMzfZ7rPo
ポネ「そのような顔をするな、お前にとって決して悪くない話をしようと思う」

不安な顔をした強姦魔を見たポネは強姦魔にそう言った

強姦魔「…何だよ?」

ポネ「魔法少女を犯せるぞ」

強姦魔「!?」

ポネは事実をものすごく簡潔に説明をした

魔法少女、それは強姦魔にとってこれは貧乏人が見るショーウィンドウの向こう側の商品のような物である

確かに対魔法少女の兵器などは存在するが、それらの存在は魔法少女達も知っており

持っていた所で魔法少女相手に一対一では勝てるようなものではない

強姦魔にとってはその一言はとてつもなく魅力的であったのだ

強姦魔「何をすればいい?」

ポネ「まずはお前が先程胸倉をつかもうとした奴に、そいつに忠誠を誓うことだ」

強姦魔「断れば?」

ポネ「記憶を消して、人間に戻しここに来る前にいた場所に帰す」

ポネ「ただお前の顔は警察に特定されている、捕まるのは時間の問題だと思うが」

ポネ「お前には暗い牢獄で無駄な時間を暮らすか、我々の味方になりやりたい放題を続けるかの二択だがどうする?」

強姦魔「…」


……
………

ドクトル「それではリッパーよ、まずはその身体に慣れるために外へ出て数人の女性を相手に色々とやってみろ」

リッパー「了解、それじゃあ行ってくるぜ」

ドクトルに忠誠を誓った強姦魔はリッパーの名前を貰い最初の命令を貰うのであった



ドクトル「所でポネ、私に用があって来たのではないか?」

リッパーの出撃を見送った後ドクトルはポネに訪ねた

ポネ「はい、AVスカウトのものだと思われる身分証明書を見つけました」

ドクトル「でかしたぞ」

そう言ってドクトルはポネが持っていた免許書を受け取る

ドクトル「歴山 温斗(れきやま おんと)、変わった名前だなあ」

ポネ「ノイズ後の名前はどうしますか」

ドクトル「……れきやまおんと……れきやまおんと…れきおん……」

ドクトル「レギュオンで行こう!」

ポネ「かしこまりました、それではその名前で登録しておきます」

ポネ「それとこれ絡みで何かトラブルが発生しそうな場合は消しておきます?」

ドクトル「そうしてくれ」

ポネ「了解しました、それでは」

そうしてポネは一礼をしてドクトルの研究室を去るのであった
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:08:09.74 ID:yMzfZ7rPo
固定イベントもう一つ入ってエロイベント作成に入ります
明日に続きます
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:12:27.47 ID:+0Aa0CnaO
おつーです
頑張れー
38 :>>1です [sage saga]:2017/10/16(月) 21:28:21.45 ID:YFcGj/Js0
ーリッパーが出撃するタイミングー

ー毒島邸 重蔵の部屋ー

重蔵「お前、よりによってあの組の組長の娘に手を出したというのか!?」

重蔵は困っていた自分の家で経営させていた

吸おうとして火をつけた葉巻を持った手は火をつけた位置からほとんど動いていない

マッサージ師が極道の娘にセクハラ行為をしてしまったのだ

セクハラオジサン(以下おじさん)「出来心だったんです、申し訳ありません」

おじさんは重蔵に土下座をしている

和解金として向こうは三千万を要求してきた

あかり「お前さんやっちまったな、あの組は武闘派だってのに」ハハハハ

あかりは笑いながらおじさんのほうに話す

重蔵「いや、笑い事じゃないんだが」

重蔵もそれなりにこのマッサージ師を利用しているので

あかり「…まあいいや、ちょっと私があちらさんに顔を出してくる」

あかり「あそことはいい付き合いをしている、少しは負けてくれるさ」

そういってあかりは重蔵の部屋の扉から出て行く

重蔵「………さて、どうするんだ?お前」

重蔵はおじさんの方を見る

重蔵「確かにお前の腕はいいが…こんな事をしていたらここには置けなくなるぞ」

重蔵「最近…夢のマイホームを買ったらしいな?奥さんも娘さんも大層気に入っているそうじゃないか?」

重蔵「しかし、このままだとローンどころではなくなるぞ」

おじさん「…!」

この後重蔵が代わりに払ってくれるがこの分を長い時間をかけて返さないといけなくなる
今よりもずっと給料が少なくなるであろう条件でだ

重蔵「……………」

重蔵は考えるこのマッサージ師には結構世話になったので助けたい気分なのだ

重蔵「そうだ…今から言う条件を飲むのだったらここから去ることは変わらないが…この和解金は払わなくてよくなるぞ」

おじさん「!!教えてください!何でもやります!」

重蔵「では言うぞ」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 21:50:16.13 ID:3TGyjOW10
きた!
40 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/17(火) 01:09:18.28 ID:+f89z1bQo
ー今ー

静香「…朝も…思ったけど……詩織…また……胸が大きく……なった?」ムギュ

詩織「ひゃあ!突然揉まないでください」

静香「大丈夫……この部屋は……完全防音……だから…」モニュモニュ

静香は日課のおっぱい揉みのスキンシップさではなくおっぱいの動きを楽しむようにもんでいる

詩織「…んっ♡…そういう問題じゃ……」

静香「その声……いいねえ…もっと……やりたくなる」モニュモニュ

詩織「……やめ…んんっ♡…やめてください!」

ゴチン!

静香「痛い」

詩織「やりすぎです!」


おじさん「…」

部屋は完全防音であったがおじさんが盗聴器を仕掛けていた

どういう風に方針を決めるかをこれで聞いていたからだ

銀髪の方はマッサージ店の方によく行くようだ

おじさん(会話や見た目からして大体うちの娘と同じ年くらいか)

重蔵が出してきた条件とは自分の娘とほぼ同い年であろう

この銀髪少女の痴態を録画しそれで彼女を脅すというものだった

おじさん(重蔵様がどういう目的でこういう事をさせるかは知らないが…)

おじさん(こちらも生活がかかっているんだ申し訳ないが…犠牲になってもらおう)

リッパー「おい、あんたこれをやる」

ふと後ろからリッパーに声をかけられた

おじさん「何だ?これは?」

リッパー「よくわからんがこの粘液には塗るだけで催淫効果が出てくるようだ」

リッパーはこの施設に辿り着く前に一人の少女を犯していた

その為基本行動となる動きは先程の段階で覚えた

後はただの少女で場数を踏み動きそのものに慣れたら魔法少女を犯す段階へ進むつもりであった

リッパー「それでお前が言っていたクリームを塗る段階であの雌共に塗りたくるんだ、効果が出てきた辺りで襲うぞ」

おじさん「便利だな…その体」

リッパー「…慣れが必要みたいだけどな…っとそろそろ時間だな、とりあえずおっさんの指示に従うからその都度指示を出してくれ」

二人の魔法少女の花は二人の悪意を持った男の手によって散らされようとしていた
41 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/17(火) 01:27:56.32 ID:+f89z1bQo
ほい固定イベント終了

次回はエロイベ入るので間が空きます


設定紹介

魔法少女による状態異常治療
-やられた人が女性の場合-

1.まずはノイズの攻撃によりやられた人の上半身に着ている物を脱がしおっぱいを出している状態にします

2.治療に当たる魔法少女は両手に魔翌力をこめて1を行った人のおっぱいを揉みます
※乳首を時々つねるとなお効果的、顔に魔翌力を込めて乳首を吸い付くのが最も効果的だがとある理由で推奨されていない

3.乳首から白い液体が出ます、この白い液体と一緒に状態異常の原因も出てきます
※母乳ではないので飲むのはやめましょう、間違ってしまって飲んだ場合、飲んだ人がその状態異常にかかります
 これが乳首を吸い付くのが推奨されていない理由
 
 以上
 
 
一応治療者が魔法少女であれば被害者は一般人でも問題なし
媚薬毒などの状態異常はこの方法をするとかえって発情してしまう可能性もあるので薬を飲むか時間経過で回復するしか無い

なお男性は本来おっぱいから何かを出すことが出来ないため別の部位から出す必要がある
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 02:00:51.59 ID:oLNt/T5M0
ワクワクしてきた
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 08:43:11.13 ID:q/lFREDxO
ていうことは媚薬で発情した男のナニからは媚薬効果を持つアレがでるって事?
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 21:13:53.92 ID:MW4hQl7z0
媚薬毒の対処法を間違えるのを
見てみたい
45 :蛇足  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/19(木) 00:17:53.39 ID:ibq9EYKfo
ーポネ研究室ー

ポネ「…」カリカリ

ポネ(問題はここからだな…人間を無事に一体のノイズに変えるなんて初めてのことだからな…)

ポネはドクトルのノイズ生成液によるレギュオンのノイズ化経過報告の日誌を書いていた

コンコンコン

その部屋がノックされる

ポネ「誰だ?」

ポネは日誌を書く手を止めて扉の方を向いた

「…私」

ポネ「シャルルか」

シャルルはポネ研究室に入ってきた


……
………

ドクトル研究所に住んでいるノイズ

シャルル・カラフはポネから出されたコーヒーを少し飲む

ポネ「…こんな時間にどうした?明日も学校だろう?」

シャルル「先程、あのノイズにしていた話だけど…」

シャルル「ノイズを人間化することって可能なの?」

ポネ「…聞いていたのか…」

ポネは頭をかく

ポネ「先に結論だけを言おう、不可能だ」

シャルル「やっぱり」

ポネ「まあ、お前なら気付いただろうな、あの言葉が戻れるのなら別にいいかと思わせる事が目的であることに」

ポネは何故出来ないのか詳細な理由をシャルルに説明する

ポネ「…というわけだ、他に聞きたいことは?」

シャルル「…それが気になっただけ、コーヒーありがとう。それじゃあお休みなさい」

ポネ「おやすみ、シャルル」

シャルルはポネの部屋を後にしようとした

ポネ「シャルル」

シャルルがドアノブに手をかけた時にポネが声をかける

ポネ「もし人間化に興味があるのならいつでもいえ、私が個人的に研究しておく」

シャルルはそういうつもりはないという意味を込め、軽く首を横に振り部屋から去った
46 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/10/19(木) 00:27:43.97 ID:ibq9EYKfo
エロ部分が行き詰まり進まないのでちょっと物語の補完でもしてみた

魔法少女による状態異常治療
-やられた人が男性の場合-

1.まずはノイズの攻撃によりやられた人の下半身に着ている物を脱がしナニを出している状態にします

2.治療に当たる魔法少女は両手に魔力をこめて1を行った人のナニをしごきます
※口や膣を使ってもいいが女性編と同じ理由で推奨されていない、そもそも魔法少女が嫌がる(手でも充分嫌がる)

3.ナニから白い液体が出ます、この白い液体と一緒に状態異常の原因も出てきます
※精液ではないので飲むのはやめましょう(精液でも飲みたくないが)、間違ってしまって飲んだ場合、飲んだり膣内に入れてしまうとその状態異常にかかります
 
 
 以上
 
ちなみにこの治療法を知っている男性は魔法少女にノイズにやられてしまったと嘘をつき、魔法少女達の善意を悪用する人が時々いる

なお母乳が出る男性の場合は女性と同じ方法でも行うことが可能

実は媚薬毒にかかった人にこの治療を行ったパターンが本編の方に有りますよ
※秋子と奏がイビルフラワーを倒した後(秋子がオナニーをして奏が秋子をレイプした)
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 00:58:42.18 ID:P2EHMir50
ふむふむ
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 23:13:44.27 ID:3Ju30gcQO
ほんと本編止まったの残念
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 22:52:17.36 ID:R5Lx1A4S0
そういやノイズになった秋子ってどうなったっけ?人間化したんだっけ?
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 21:13:52.56 ID:y1i9Y2a+0
まだしばらくは来ないかな
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 07:40:07.31 ID:9V0aI9ki0
本格的なエロは今回がはじめてだからやっぱ時間かかってますね

書き溜めして一気に終わらせるのかな?
52 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/10/30(月) 20:46:01.93 ID:lGbdc/+xo
生きてます
生存報告ついででジェシカ編の蛇足を入れようとしたのですが
寝違えて痛いのでやめます
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 22:22:11.19 ID:TySPnT3kO
おつです
お大事に
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 22:27:15.12 ID:9V0aI9ki0
寝違い欠航痛いからねえ

期待して待ってます
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 09:27:14.82 ID:FJ8Ivi/IO
寝違い回復待機
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 22:58:51.84 ID:yVQFJGMo0
寝違いは治ったんかな?
57 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/06(月) 23:10:34.96 ID:a55qdt+Vo
治りました 最近忙しいのです
エロシーンを想像するのは簡単ですがそれを文字にするのが大変なのです

現状はようやく一回詩織のアナルに舌を伸ばした状態です
(まだ本格的なレイプに入っていない)

ちょいとジェシー蛇足をやろうと思います
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 23:30:42.24 ID:hj9nlMwP0
わーい
59 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/06(月) 23:49:51.59 ID:a55qdt+Vo
すんません明日作ります
今日やったら大変な時刻になりそう
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 23:53:13.99 ID:yVQFJGMo0
ういー楽しみにしてまふ
61 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/07(火) 22:25:56.82 ID:EavIXMpio
ー詩織の家ー

ジェシカ(フウ…助カリマシタ)

ジェシカは新聞の記事を作っている最中に晩御飯をどうしようか考えていた所

幽霊部員が図書室に遅れてやってきて記事作りを手伝ってくれた

その時にジェシカが

ジェシカ「トイウコトデ、ディナーハ私ガドウニカスルノデス」

と何気なく言ったら

幽霊部員「ジェシー」

ジェシカ「ドウシマシタ?」

幽霊部員「ジェシーがよければ、私が晩御飯を作ってあげるけど?」

ジェシカ(yes!!)

という事で詩織の家の台所には家主である詩織ではなくその幽霊部員が立っていた

当然家主の許可はもらっている

幽霊部員「ジェシー、あんたの好きなものは何?それを作ってあげるわよ?」

台所から声が聞こえた

ジェシカ「↓」

ジェシカは自分の好きなものを注文した

※↓1ジェシカの好きなものを募集します
 
 この設定が後で役に立つのかどうかわからないので
 コン○ット越前が焼きビーフンが好きという設定レベルのものだと思って安価を取ってください
 
 今日は安価これだけなので適当に取ってください
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 22:33:11.57 ID:zQLIwyfP0
ハンバーグ
63 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/07(火) 22:45:24.21 ID:EavIXMpio
本編の方の時間稼ぎを兼ねているのでしばらく一日一更新と行きます
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:09:04.48 ID:zQLIwyfP0
待ってます
65 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/08(水) 22:50:34.86 ID:M+/2o2MZo
すまん本編作成のスピードが落ちるのでやっぱり二日に1度で許して
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 22:51:28.07 ID:rTMfMhFl0
おつー無理せずw
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:18:15.43 ID:RXcNSPGZ0
乙です。
無茶せずに。
68 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/09(木) 23:51:59.12 ID:5qyzz+uGo
ジェシカ「ハンバーグプリーズ」

ジェシカは自分の好物であるハンバーグを注文する

幽霊部員「OK、ちょっと待ってて」

そう言って幽霊部員は冷蔵庫の中身を見る

幽霊部員(………必要な材料は……ある)

ハンバーグに必要な材料があることを確認した

幽霊部員「ジェシー、材料が足りるからこれで作るね」

ジェシカ「thanks サクラ」

そう言って幽霊部員となっている看護科の新聞部部員 長石 桜はジェシカの為に晩御飯を作り始めるのであった

桜(…)

桜は自分のポケットから薬入りの袋を取り出した

↓1

コンマ判定です
コンマ値が高いほど桜の料理スキルが高くなります

ちなみにコンマ値80までは旦那さんがいればメシマズ嫁のスレの住人になるレベルです
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:58:18.84 ID:Ktunw0JA0
はい
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 06:05:40.06 ID:12bSiH4dO
どうなる
71 :二日後の48時だからセーフ ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/13(月) 00:00:38.44 ID:+GietrE50
コンマ84 普通な飯

桜「出来たよ、ジェシー」

そう言ってジェシーの前に桜が作ったハンバーグをメインとした夕食が置かれた

ジェシカ「thanks イタダキマスネ」

桜「はい、召し上がれ」

普通なハンバーグであった


食事後

ジェシカ「何ダカ眠クナッテキマシタ」

桜「そう?じゃあ私が片付けをしておくから寝ていいわよ?」

ジェシカ「言葉ニ甘エマス」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 00:09:09.35 ID:lYF5o9nG0
きたー
73 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/14(火) 01:01:39.13 ID:Jn/YC5ev0
ジェシカ「…スゥ」スヤスヤ

皿洗いを終えて食器棚に戻した後ジェシカの寝室へ向かおうとすると

その途中の廊下でうつ伏せで倒れているジェシカがいた

桜(効きがとてもいいね…これは相当無理していたね)

先ほど桜が取り出した袋の中身はちょっと特別な薬であった

そこまで疲れていない人が飲んでも塩味がする粉末だが

度が過ぎた重労働を行っていた場合は短時間で眠り

疲れの度合いに比例するように長い時間眠るようになるのだ

少し昔、ブラック企業問題を深刻に見た政府が調査用に作った薬のような粉末である

桜は先程のハンバーグにそれを少し混ぜたのである

桜「よいしょっと」

桜はジェシカを姫様抱っこで持ち上げ、彼女の部屋へ歩き始めるのであった


ージェシカの部屋ー

桜(…)

ジェシカを彼女のベッドの上に運んだ後

桜は机の上にあるパソコンへ移動し、その電源をつけた

ジェシカの新聞部として…そして魔法少女として集めていた情報がこの中に入っているのである

↓1逆転コンマ判定

偶数ゾロ→実はジェシカ狸寝入り
81以上→ジェシカパスワード変更によりログインできず
80以下→情報を2個取り出す(次回安価)
奇数ゾロ→情報を4個取り出す(次回安価)
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:15:45.69 ID:I7in7PTy0
そいや
75 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/14(火) 01:28:23.45 ID:Jn/YC5ev0
逆転コンマの為96で失敗です
それと凄くどうでもいいことを今決めておきたいので↓1〜3コンマ

↓1 10の位 光      1の位 梓
↓2 10の位 静香    1の位 ホムラ
↓3 10の位 ジェシカ  1の位 詩織

何のコンマかは判定が終わった後に発表
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:30:09.90 ID:WzWmREglO
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:31:23.58 ID:Jn/YC5ev0
たまには自分でも取ってみる
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 01:31:47.93 ID:I7in7PTy0
逆転コンマってそういうことだったか
79 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/14(火) 01:35:23.38 ID:Jn/YC5ev0
2日目安全日危険日表

1→排卵日
2→排卵日
3→安全日 詩織
4→安全日
5→危険日 静香
6→危険日
7→危険日
8→危険日 ホムラ
9→安全日 光
0→安全日 梓 ジェシカ

こういうことでした

というわけで静香は危険日レイプという方向性で行きます
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:40:10.98 ID:ZRAss3Pc0
危険日だけどマッサージだからもんだいないね
81 :外出中の>>1 [sage saga]:2017/11/15(水) 21:44:08.17 ID:ohBfTNFr0
桜(…確かパスワードは…)

桜はパソコンの前の椅子に座りログイン用のパスワードを入力し

ログインボタンにマウスカーソルを合わせてクリックをした


PCはパスワードが違いますと表示された

桜「…」

桜は再びキーボードに手を伸ばし入力するべき最初の文字のキーを確認して指を乗せ

モニターを確認しながら押し画面にある入力スペースにひとつ●が出来た事を確認する

そして次の入力するべき文字のキーの位置を確認して指を動かし目的のキーに指を乗せ、画面を見ながら押し

再びモニターを確認しながら押し新たにひとつ●ができたことを確認する

以降はすべての文字が入力されるまで同じことの繰り返しである

すべての文字を入力した後にもう一度ログインのボタンを押した

PCは再びパスワードが違いますと表示された

桜「ジェシー、パスワードを変えたね?」

桜は眠り姫となっているジェシカの方を見て一言そう言った

ここまで慎重にパスワードを入力してパスワードが違うと表示された場合

自分が常識の範囲を超えたそそっかしさを持っているか

パスワードがそもそも間違っているかのどちらかである、後者であろう

桜(…情報は欲しかったけど…目的はこれじゃないからね…)

桜はジェシカのに近づき眠っている彼女の頭を撫でる

桜「はりきりすぎよジェシー、いくら後輩が沢山出来たからといってこんなになるまで頑張るなんて」

桜「これはナースストップね」

こうして桜の手によって本日のジェシーの活動は一回休みとなった
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:27:03.79 ID:L23Kpa5yO
敵とかじゃないのか
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 19:30:46.24 ID:4dpAFZk1O
更新されてたのか・・・
84 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/17(金) 01:54:59.89 ID:rA2p7wja0
いいニュースと悪いニュースが有ります

いいニュースは大まかな流れが出来ました後は肉付けするだけでなのでスピードが上がります

悪いニュースはその大まかな流れだけで30項目もあります(現在7項目終了)
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 06:40:59.34 ID:1J6vbKaY0
‥おう、頑張りすぎやね

気長に待ちますんで自分のペースでいいですよー
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:35:32.14 ID:f5v2iJR80
楽しみっす。
無理はなさらずに。
87 :>>1外出なう [sage saga]:2017/11/17(金) 21:35:03.53 ID:oTkyq3NP0
桜「さてと…どうしよう」

桜は考えていた

ジェシカを眠らせる所まではよかったが

ジェシカを眠らせたことによって桜が家を出た後、詩織の家に鍵を閉める存在がいなくなった

当然彼女は鍵を持っているわけがないし、勝手にジェシカから借りるわけにはいかない

桜「文学少女ぉ〜早く帰ってきてぇ〜」

ちなみに先程飲ませた薬は粉末で眠ってしまった場合最低6時間は何があっても起きない効果がある

桜は詩織が帰ってくることを待つしかなかった
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:43:51.29 ID:1J6vbKaY0
ここでほのぼのしてる間に向こうではセックスしてると思うと
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:05:19.44 ID:r/aR6R180
そういや情報コンマで情報得られたとしてなんか意味があったの?
90 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/19(日) 22:34:26.98 ID:k1cVbxZi0
実はあったりします

さてと蛇足編もネタ切れなのでこっからはしばらく生存報告も兼ねてで一週間に一度の何がイベント安価を募集します

現在動かせないキャラ

ジェシカ
詩織
静香

この三人以外であれば何が起きたかを安価を取ることが出来ます(ノイズ可能)
(詩織と静香のエロシーンを作っているため 安価内容がエロシーンの場合は安価下になります)

ちなみに前に書いた項目は一レスで2〜3項目同時に消化というところも所々あるのでそこまで長くはならないと思います

エロシーンが出来るまではageないのでもうしばらくお待ち下さい

↓1〜3 ジェシカ・詩織・静香以外に何があったかをこっそり募集コンマ10の位+1の位の足し算で最も高いものを採用
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 23:03:16.95 ID:2hdBoMDC0
ホムラ
部活動中のスク水姿を盗撮される(気づいてない

これくらいならエロではなかろう
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 23:19:09.41 ID:r/aR6R180

たまたま健太にあい世間話、ジェシカが調べてることを軽く聞く
イッシュン何やら不穏な気配を感じるが気のせいだと思ってそのまま別れる
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 23:25:19.78 ID:tztj9lus0

ふと、眠くなる。その夢の中で「闇の力を得ればもっと強くなるよ」と誰かの声が聞こえて目を覚ます。
94 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/20(月) 00:31:46.17 ID:M6zEjKpo0
ちょいと予定変更
明日合計値が一番大きかった>>93のイベントは本日中に
2番目に大きかった>>91は来週の日曜日に
3番目に大きかった>>92は再来週の日曜日に投稿します
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 00:33:14.36 ID:f/qdc+0L0
本編は今週中はないとみたほうがいいですか?
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 00:35:33.25 ID:M6zEjKpo0
あーちょっと言葉が足りなかった
>>94のあれは本編ができなかった場合はです

ただ今週中どころか来週中も絶望的ですが
97 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/11/21(火) 01:26:47.41 ID:S9ELV7/00
魔界

人間界とは別に存在している世界

この世界での魔界は人間界には特別興味なく侵略しようとは思っていない

魔界の住民達のほとんどはプライドが高く人間の目に入る事を嫌う為

人間界に干渉はしない事にしている

がその一部の例外が人間界にやってきて

時々気に入った人間と主従契約を結ぶ(大体の場合は人間側が主の方)

特に魔法少女はこの契約によって魔力の向上やその魔界の住人の能力を借りる事が出来る

ちなみに魔界の住人のタイプによって契約方法が変わるので契約の方法は確認すること


涼香「というわけですの、質問は?」

理沙は涼香から現在魔法少女の座学を受けていた

理沙「闇よりいでし時の輪の接続によって眠りし力を目覚めさせることが出来るというわけだな」

涼香「もうちょっと普通の言い方はして欲しいですの、合っていますけど」

理沙「所で一部例外と言うのはどういうのがいるのだ?」

涼香「そのほとんどがサキュバスとインキュバス、いわゆる夢魔ですわね」

涼香「人間の精力や微々たる魔力はこの種族にとってはごちそうですの」

涼香「そのごちそうを食べに人間界によく来ていますわ」

理沙「…」カキカキ

涼香「特に魔法少女はあちらにとっては魔力の塊である故に一番のごちそうではありますわ」

涼香「それ以外の魔界の住人がこちらに来るということはかなりのレアケースですわ」

理沙「…所でごちそうと言っているが食べるのか?」カキカキ

涼香「ああ、そういうわけではなくて……」

そう言って涼香は理沙を見る

涼香「………あなたにはまだ早い話ですわね」

理沙「………子供扱いしているな?」

まだ8歳の少女にエスイーエックスを説明することは早かった
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 02:34:06.95 ID:Co5lii9GO
おっ?きてる
99 :次で>>93は終了  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/11/21(火) 23:41:38.71 ID:S9ELV7/00
ーとある食堂ー

似たような話をしている二人がいた光と秋子である

光「で魔界の契約はその種族が得意とする事を行う必要があるというわけね」

光「凄く痛い目にあったけど鬼と契約した魔法少女もいたらしいわよ?」カランカラン

店の出入口の扉を開きながら光は秋子の方を見る

秋子「…かなり面倒な話だね…………ぜ」

光「じゃあこの話はおしまい」

光(最もエンカウントが多い夢魔は性行為で特殊な液体を膣内に出すという事だから魔法少女はやりたがらないのよね)

光(やることがやることだから処女失っちゃうし)

店長「いらっしゃい契約の話かい?魔法少女?」

光「こんばんは、マジョリーヌ先輩」

この店はアラシックスの大先輩が経営している

ちなみにマジョリーヌは魔法少女として活躍していた時の魔法少女名らしい

ちなみに店の名前もマジョ・リーヌである

店長「ご注文は?」ウシロノコハコウハイカイ?

光「いつもの」エエ

店長「はいよ、そっちの可愛いお嬢ちゃんは?」

秋子「えっと…このレディランチを」

店長「ついてくるデザートはどれがいいかい?」

秋子「プリンで」

店長「あいあい…ちょいと混んできたから20分位待つと思うけど時間はあるかい?」

光「それくらいなら」

店長「それじゃあ適当な席に座って待っていな…」

そう言って店長はバイト達が汗を流している調理場へと向かうのであった
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 00:05:20.30 ID:klO3uo+m0
闇の力だかの安価に関係してんのかな?
101 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/11/25(土) 21:26:22.61 ID:qD+LYeU+0
ちょいと体がだるいのでかけていない状態です
一応明日ギリギリイケルと思います

ついでだから安価
ホムラ
部活動中のスク水姿を盗撮される(気づいてない

盗撮犯はその盗撮写真で何をするかを決定

1.自分用
2.販売用
3.その他自由安価(3の場合は内容も書いてください)

10分後
↓1〜2の高い方を採用 
※高い方と低い方のコンマ値の差が大きければ大きいほど規模が大きくなる
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 21:55:29.39 ID:yZj05Ce/0
1

ご無理はなさらずに
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 22:30:31.35 ID:/ayZVzT10
2
104 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/27(月) 23:04:12.15 ID:bURWJYhX0
光「ふわああああ…」

秋子「おねーちゃん大きなあくび」

光「まともに寝ていないからねえ」

一昨日はレトロゲームをやりすぎてコントローラーを持った状態で眠ってしまいちゃんと眠れず

昨日は予習と宿題が思った以上に長引いてしまった為3時間睡眠だったのだ

光(授業中に眠りそうだったわ…)

光「秋子、さっきの人は20分位待つって言っていたわね?」

光は秋子に確認する

秋子「うん」

光はテーブルに対してうつ伏せになる

光「ごめん秋子、私ちょっと眠るわ」

秋子「お姉ちゃん、大丈夫……か?遊ぶ約束無理して守らなくていい……ぜ?」

光「大丈夫、大丈夫、それよりも私が頼んだものが来たら起こしてちょう…だい…?」zzz...zzz...

そういうと光は仮眠を取り始めた

秋子「もう寝ちゃった……のか」
105 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/27(月) 23:05:10.74 ID:bURWJYhX0

……
………

『魔法少女…魔法少女……』

光(…誰?)

光は何かに声をかけられた、光はそちらの方を見た

そこには白い輝きを放つ球体があった

光(…これは…魔力の集合体?)

『闇の力を探せ、闇の力を手に入れ強くなれ!』

光(闇の力?)

おねーちゃん!

ふと光は別の方向から声をかけられた

………
……
106 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/27(月) 23:07:28.09 ID:bURWJYhX0
秋子「光おねーちゃん!!」ユサユサ

秋子は光の肩を軽く揺らして

光「んっんんぅ……秋子?」

秋子「お姉ちゃんの分来たよ?」

光「………ありがとう、秋子」

そう言って光は寝かしていた身体を起こした

店長「いつものチキンカツカレー大盛り+ラーメンだよ」

そう言って店長は山のようにこんもりとご飯をよそったチキンカツカレーと肉が2切れ入ったラーメンが運ばれてきた


……
………

秋子「うなされていたけど大丈夫?」

光「変な夢を見ていたわ」ズズ-

秋子「どんな?」

光「闇の力を手に入れろって」

秋子「闇の力?」アッコノプリンオイシイ

店長「魔界の契約によって得られた力のことだねえ」アリガトウカワイイオジョウサン

忙しい時間が終わったようで店長が会話に入ってきた

店長「…ただそういう言い方をするのは…もっと強い魔界の住人か私より前の世代の魔法少女だねえ」

店長「かなり昔に鬼と契約した教官から少し聞いた話だから詳しくまでは知らないからねえ…気になるかい?」

光「鬼と契約!?とても気になるわ」

魔界の中で最上位に当たる種族である鬼

その鬼と契約したという話を聞き光は瞳を輝かせる

店長「そういう事ならちょいと待ちな」

店長はそう言って近くのメモ帳から一枚紙を取りエプロンからペンを取り出し何かを書き始めた

光(まさか…こんなに近くに鬼と契約していた元魔法少女がいるとは思わなかったわ)

店長「この住所に私の教官がいる」

そこに書かれている住所は老人ホームの一室だった

店長「今から行っても就寝の時間帯をとっくに過ぎているから明日以降に行きなさいな」

店長「私の紹介といえば話してくれるさ」

光「ありがとう先輩」

光は常連の食堂の店長の教官から闇の力の話を聞くことが出来るようになった
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 23:12:09.77 ID:bURWJYhX0
ようやく一つ目の安価終了

ホムラ
部活動中のスク水姿を盗撮される(気づいてない

のイベントは安価内容は自分用の盗撮でコンマ値にそこまで差がないので小規模なイベントとなります
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 23:43:48.34 ID:fOna1BR8O
おつー
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:33:43.89 ID:N2zWKP8e0
乙です
110 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/30(木) 01:42:29.08 ID:3C0hVAj00
ー男子寮 302号室ー

隆「…これ…どうしよう…」

ここは光達の通っている学校の男子寮

その一室に困っている隆がいた

その前には1枚の写真があったその写真には自分のクラスの女子生徒がプールサイドで競泳水着を着ている写真だった

写真に映っているプールによって濡れた少女は笑顔をみせている

その早く泳げるようになる為に性能を上げるために競泳水着は彼女の身体のラインを教えており、

特にその胸部分は包んでいるものの大きさによってはち切れてしまいそうである

この写真を見た思春期男子達は色々と想像してしまうだろう、それだけの想像の余地は残っている

それだけだったら当たり前の写真だったがこの写真の少女は明らかにカメラ目線ではなかった

結論から言えばこれは盗撮写真である

但し意図して撮ったものではないが




何故隆がこれを持っているのかというと

話は光達がフライング・フィッシュを動けない状態にしてから一体ずつ確実に討伐している時間まで話は戻る

それと同じ時間帯に隆は室内プールのプールサイドにある椅子で座って待っていた

その日、隆はホムラに取材をする約束をしていた

学内新聞の記事、期待の新人日之出ホムラの独占取材の約束をしていたのである

最も独占と行ってもまだ公式に記録を残してはいないため取材するような所は学内新聞を発行している新聞部ただ一つしか無いのだが
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 01:44:12.48 ID:qfx5f3pbO
来た!
112 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/11/30(木) 01:45:32.49 ID:3C0hVAj00

……

ホムラ「タカちゃん、お待たせ」

約束の時間の5分前にインタビュー対象のホムラが笑顔を見せながらこちらの方に来ていた

隆「よろしくな、日之出」

そう言ってホムラの方を向きながら椅子から立ち上がった

ホムラ「もうタカちゃん硬いよ、ボクの事はホムラでいいっていつも言っているのに」

ガンッ

その時、足に衝撃が走る

ホムラの練習光景を取るために準備していたカメラが足に思いっきりぶつかったのだ

隆「つつつつ…」

隆はぶつけた方の足を抑える

ホムラ「大丈夫?」

ホムラは屈みながらその足の様子を見る

隆「ああ…………………そっそんなことよりあちらの方テーブルでインタビューするぜ」

ホムラ「それじゃあ、よろしくね」

隆(………)

隆(…日之出は…もう少し警戒心が会ったほうがいいと思うな…)

………
……


隆(…どう考えてもあの足を当てたときだよな)

足に衝撃が走った時に偶然シャッターボタンが押す形になってしまったようだ

シャッターが大きくないタイプのフィルム式を使っていたため、その場では気づかず

隆の部屋で現像している最中に気付いたのである


コンコンコン

ふと玄関の扉がノックされる

健太「たかし、そろそろ行かないと隣の銭湯、混雑の時間帯になるぞ」

男子寮は風呂がないため隣の銭湯を利用している形を取っているのである

光が通っている学校の生徒達はその銭湯に学生証を見せると無料で利用ができるのである

隆「ああ、ありがとう健太でも俺はこれから現像の作業を終わらせないといけないから」

健太「ああ、そうか日之出の特集お前張り切っていたからな、じゃあ先に俺は行ってひとっ風呂あびてくるぞ」

健太はそのまま隣の銭湯へ向かうのであった

隆(これどうしよう?まさか…この写真を記事に載せるわけにも行かないし)

これを乗せた瞬間ジェシカと部長から冷ややかな目で見られるという未来を容易に想像が出来る

隆(やっぱり処分するべきかな…)

↓1〜3 隆がこの写真をどうするかを安価で決定 このレスのコンマに最も近いものを採用


※ちなみに現在自分用の小規模ですが行動次第では売買用に変わったり規模が上がったりします(どちらも低確率)
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 01:51:00.30 ID:qfx5f3pbO
見てる内にボッキしてしまい取り合えず自分で保管する
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 02:04:11.42 ID:3C0hVAj00

その早く泳げるようになる為に性能を上げるために競泳水着は彼女の身体のラインを教えており、


その早く泳げるようになる為に性能を上げるため形状に仕上がった競泳水着は彼女の身体のラインを教えており、


寝ます
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 02:08:11.37 ID:q4kMZupA0
やはりおかず用に保管しておこう
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 08:34:16.57 ID:qTxySxBm0
スマホにデータ化して保管する
117 :>>1 [sage]:2017/11/30(木) 12:35:39.12 ID:PyRihJ4YO
似たり寄ったりなのでまとめます

あと前の2レスは後で修正します
118 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/03(日) 22:45:33.16 ID:Jiz2wsZn0
隆(うーむ…)

隆はふとある感触に気付き自分のズボンを見る

自身のクラスメイトに劣情を催していた

隆「………俺のバカヤロー…」

隆は立ち上がってトイレの方へ歩いた


……
………

-15分後-

トイレから戻った隆は早速フィルムと写真をどうするか決めたので

隆(…とりあえずこの写真は処分しておかないと…ついでにフィルムも)

隆は一度このフィルムで撮った写真が全て現像しているかどうかを確認し

その写真のネガが入ったフィルムを指定のゴミ袋に入れた

隆(そう言えば…これ明日だったな、もうすぐで溜まるし今から出しに行くか)

この寮の対応したゴミ置き場は地下にある為、害獣による被害の心配はない

隆(しかし…この写真うまく写っているよな)

これからゴミ箱に移そうとしたホムラの写真を見た

とても偶然シャッターボタンが押されて撮れたとは思えない出来栄えである

隆(…勿体無いよな…よく撮れているのに)

隆(………………)


……
………

隆はバラバラにした写真とフィルムを入れたゴミ袋をゴミ置き場においた後

隆はベッドで横になり自分のスマートフォンを取り出しロックフォルダのボタンを押す

そのフォルダを開くためのパスワードを入力し開いた

隆「これでよし」

そのフォルダの中には先程のホムラの盗撮写真が写っていた

隆(……………やっぱり消しておこうかな…バレてしまったら…さすがの日之出も軽蔑するだろうからな…)

しばらく隆は良心と本心の間に立たされるのであった

↓1 コンマゾロ 偶然誰かがゴミとして捨てられたフィルムを見つける
   それ以外 隣の銭湯を通りがかった光と秋子が健太と会う
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 22:50:20.61 ID:p0e3utCKO
ぞろ目だから見とけよ見とけよ〜
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:00:11.35 ID:Ty720Oej0
ちっ
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:07:11.66 ID:Jiz2wsZn0
報告です

とりあえず3週間後の日曜日に出来ている範囲で本編エロを投稿します
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:18:44.22 ID:p0e3utCKO
1が偶数ぞろ目で草

来週の日曜日ってことですか?滅茶期待してます
123 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/03(日) 23:21:10.14 ID:Jiz2wsZn0
今月の24日です

今月は繁忙期なんです、すいません
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:31:55.96 ID:p0e3utCKO
クリスマスイヴで草

因みに今ってどのくらい本編進んでるんです?



125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:51:38.88 ID:Jiz2wsZn0
5項目は進みました、但し気に入らないところがあったので少し戻る予定です
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/03(日) 23:59:04.55 ID:p0e3utCKO
おつ
楽しみにしてますんで気長に待ちます
お仕事頑張ってください
127 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/11(月) 00:13:41.76 ID:Zdrozfd00
隆「………」

隆は黙ってスマホの電源を落とした

どうやら本心のほうが勝ってしまったようである

隆(あんなことを無自覚で行うところがなかったらいいんだけどな)

隆はプールでカメラを足にぶつけた時の事を思い出す

その日の昼に見た時よりも近い位置かつ競泳水着という制服より大きく見える条件でそれが見えたのである

隆(小さく見ても…Gくらいはあるよな…あれ)

隆(いやいやいやいや、煩悩退散!煩悩退散!!)

ちなみにホムラは誰に対しても無自覚でこのような行動をしている為、

クラスメイトや一部生徒からはそういう娘だという認識は一応あるが…

隆(わかってはいるけど!わかってはいるんだけど!)

ちなみにこの無自覚行動のせいで「日之出ホムラ被害者」の会というのが学校であるとかないとか
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 00:22:38.03 ID:a110Dr/S0
男子が一番の被害者
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 04:17:56.17 ID:YAdDRy3VO
見たいな…画像
130 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/13(水) 00:16:15.77 ID:3NpytP9q0
ーコンビニー

店員「ありがとうございました」

光(とりあえず…ランランパック[ハム&エッグ]とプリンパンでいいわよね?)

定食屋を後にした二人は一度光の家に戻った後朝食の材料が無いことに気付き

光は一人コンビニで明日の朝ごはんを購入し、そのまま帰り道を歩いていた

ちなみに秋子は光の家で遊ぶための準備をしている最中だ

光「ここからだとこっちが近いわね」

光は男子寮の近くを通るルートで家に戻ることにした

その途中の銭湯の前を通ろうとした所

ふとある人物が男の暖簾から外へ出てきたことに気付き光は声をかけることにした

光「佐藤君」

健太「えっ?あっ冴島さん」

光「こんな所で会うとは奇遇ね」

健太「そうだね、冴島さんも銭湯?」

光「いや私はコンビニ帰り、こっちの方が近いのよ」

健太「そう言えば冴島さんはあちらの住宅街の人だっけ?」

光「そうなのよ、だからちょっと学校から遠くてね…」

二人は軽く世間話をすることになった

コンマ判定

健太がどれくらいジェシカの調べている事を知っているか判定

1〜70   …そこまでは詳しくない
71〜98  新聞部としてのジェシカの活動に詳しい(安全なライン)
奇数ゾロ 結構街の危ない噂を調べることを知っている(新聞部としてのライン)
偶数ゾロ ジェシカ「ナンデソンナ事ヲ調ベテイルノヲ知ッテイルノデスカ!?」(何故か魔法少女の時に調べていることも知っている)

↓1
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/13(水) 00:28:19.98 ID:GEL9bl3L0
ほい
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/13(水) 00:48:07.62 ID:jXSdvijV0
ギリギリで草
133 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/18(月) 01:11:52.18 ID:HyII/KHT0

……
………

光「あら?佐藤君、靴紐が解けてわよ?」

ふと足元を見た光は健太の靴紐の状態を指摘する

健太「えっ?あっ本当だ」

健太はそう言って靴紐を直そうとしゃがむ


その靴紐に手を伸ばしたタイミングで健太の胸ポケットから赤いボールペンとメモ帳が出てきた

健太「ああ!もう!」

光はそれを拾い健太に差し出す

光「昼間はこんなもの胸ポケットに入れてはいなかったわよね?」

健太「ああ、ジェシー先輩に数合わせで入ったとはいえお前も新聞部部員だからいつでもメモを出来る様にしておくように言われてね」

光「…」

光(ジェシーねえ)

光「そう言えば佐藤君は今日ジェシーの後ろで調査をしていたみたいだけど…」

光は梓とホムラを見送った後ジェシカの後ろに健太がついてきて調査をしていた時のことを思い出していた

光「ジェシーって何を調べているの?」

健太「う〜ん………まあいいか、今話さくてもジェシーが話すだろうし」

健太は少し考えて話すことにした

↓1〜3(10分経過後) ジェシーが調べることを募集 コンマ最大のみ採用
(どこにでもいるような新聞部が調べることが出来る範囲で募集します)
>>1の判断でこれは危ないやこの調べごとは魔法少女状態じゃないと無理じゃないかと思った場合は安価内容に少し修正をくわえます)

※1:26までに三つ埋まると…?
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 01:48:59.39 ID:jh/J3R3Y0
最近学校の近くに出来たスィーツの店について
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 01:54:17.24 ID:nwxzqOZXO
学校のプールで起きた事件の経過
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/12/18(月) 02:19:03.18 ID:jh/J3R3Y0
この時間帯で1:26までは無理だろ

街で起こっている怪事件についてのウワサ
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/18(月) 04:05:55.72 ID:nZMciCiTO
今はやりのあの子
男子が選ぶ女子人気ランキング
138 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/20(水) 23:41:58.61 ID:GDarD6eF0
健太「と言っても俺もいつもは隆と一緒に調査をしていてジェシー先輩と組んだのは始めてだからなあ…」

健太「…そう言えば今日の調査中最近男子が選ぶ女子人気ランキングってのをやっていたよ」

光「そう言えば、私達も女子が選ぶ男子人気ランキングという投票をやっていたわね」

光「あれってジェシーの企画だったのね」

光(多分、魔法少女活動とは関係は無いわね…)

光「そういえば提出明日までだったわね。ねえあなたの名前を使っていい?」

健太「それでいいのかい?」

光「突然好みのタイプを聞かれても答えられないわよ。一人ならまだしも三人もなんて」

健太「適当だね…ちなみに残りの二人は誰と誰?」

光「鈴木くんと……後は………涼香にしようかなと」

健太「一人は女子じゃないか」

光「じゃあ佐藤君は、どうなのよ?」

健太「俺?俺は…」

1.誰に入れたかを正直に話す(これに決定した場合は直後に誰に入れたか安価に発生する)
2.光と同じく適当に入れた
3.自由台詞安価(言わせたい台詞かどういうニュアンスの台詞を言わせたいか書く必要あり)

10分経過後 ↓1〜3
139 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/20(水) 23:49:30.07 ID:GDarD6eF0
書き忘れていた

健太の選択安価です

1が採用された場合はすぐに投票した人の安価へ発生します

23:51以降↓1〜3のコンマ最大を採用
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:24:08.83 ID:fpRaD1/h0
1 ジェシカ
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:33:48.19 ID:JaHGoP/QO
2
142 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/21(木) 02:15:20.93 ID:PG6pDs3Z0
締切

次の安価に行きます

健太「俺は、真面目に考えてもう既に提出しているよ」

光「えっ?本当に?」

健太「…東城さんや神山さんとはそういう話題しないの?」

健太「結構男の話題をしているよ?」

光「えっ…そうなの?」

光はこの街の魔法少女の中で誰よりも魔法少女としての活動に

精一杯取り組んでいるお陰で魔法少女達のメンバーの中で一番色恋系統は遅れているのである

魔法少女としては合格だがこの街の魔法少女の中で誰よりも行き遅れをしそうである

実際に彼女は現在も未婚である

あっ!やべ!現時代の光さんが鬼のような形相でこちらを見てる

健太「ちょっとくらい異性を研究していないと置いていかれるかもよ?余計なお世話かもしれないけど」

光「今はそれどころじゃないからいいの!で、結局誰に投票したの?1位から3位まで」

光は流れを断ち切るかのように改めて訪ねた

ちなみに1位に選ばれた人は3票 2位は2票 3位は1票入る仕組みである

健太「↓」

安価↓1〜3健太が誰に投票したかを決めます(今後のバアルの行動方針が決まります)
※ちなみに女キャラであれば魔法少女でなくてもOKです

コンマ最小→1位 コンマ最大→2位 真ん中のやつが3位投票となります

今日はここまで
…エロシーン 詩織→静香→二人という流れで24日に静香まで終わらせる予定だったけど…
詩織までになりそう
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 02:33:59.55 ID:fpRaD1/h0
ジェシカ
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 02:46:34.35 ID:JaHGoP/QO
おつです

ホムラ
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 18:46:59.51 ID:J8FU8QwsO
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 05:19:37.06 ID:C2xlpkwaO
147 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/23(土) 12:04:42.22 ID:XCDmUEtd0
健太「………1位に…」

光「うんうん」

健太「いや、やっぱりやめておく」

光「どうしてなのよ」ズコッ

光は軽くずっこける

健太(………)

投票した3人の内の一人は目の前にいる小柄体型に似合わぬ物を持っている少女だった

健太(言えるわけないよな…)

言ってしまったら少し気まずい雰囲気になるのは明らかだった

3位なったとはいえ1位のホムラ2位のジェシカそして次点となった梓と4人のうちどのように投票するか最後まで悩んでしまったからである

光「教えてよ〜試験の勉強の時とか世話になっているから少しお礼がしたいの〜」

健太のそんな心を知らず光は聞き出そうとしている


自身の恋愛の話題には興味はないが他人の恋愛話は興味津々であるそうだ

健太「勉強のお礼だったら…↓」

選択or台詞安価募集
1.週末ちょっと付き合ってくれないか?投票した女子にアプローチをかける方法を思いついたんだ
(※4日目の光が確定します)
2.別にいいよ
3.自由台詞安価(こういうニュアンスの台詞を言わせたいでも可)

↓1〜3 コンマ最大採用(台詞安価の場合は1.5倍補正)
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 13:18:31.74 ID:XCDmUEtd0
修正

健太「………1位に…」

光「うんうん」

健太「いや、やっぱりやめておく」

光「どうしてなのよ」ズコッ

光は軽くずっこける

健太(………)

3位に投票したのは目の前にいる小柄体型に似合わぬ物を持っている少女だった

彼女には3位に入れたとはいえ

1位のホムラ2位のジェシカそして次点の梓をどのように投票するか悩んでしまった

彼にとってはこの4人は甲乙つけ難いのだ

健太(言えるわけないよな…)

言ってしまったら少し気まずい雰囲気になるのは明らかだった

光「教えてよ〜試験の勉強の時とか世話になっているから少しお礼がしたいの〜」

健太のそんな心を知らず光は聞き出そうとしている


自身の恋愛の話題には興味はないが他人の恋愛話は興味津々であるそうだ

健太「勉強のお礼だったら…↓」

選択or台詞安価募集
1.週末ちょっと付き合ってくれないか?投票した女子にアプローチをかける方法を思いついたんだ
(※4日目の光が確定します)
2.別にいいよ
3.自由台詞安価(こういうニュアンスの台詞を言わせたいでも可)

↓1〜3 コンマ最大採用(台詞安価の場合は1.5倍補正)
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 13:49:39.39 ID:kiS4sFep0
1
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 16:27:58.86 ID:BfbhlwfwO
1
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/23(土) 17:26:31.61 ID:+9wiODoBO
1
152 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 03:03:51.50 ID:R855hhmgO
健太「勉強のお礼だったら…週末ちょっと付き合ってくれないか?」

光「んっ?何をするの?」

健太「投票した女子にアプローチしようと思ってね」

光「そういう事?でも私でいいの?」

健太「同じ女子の感性が欲しいんだ、頼むよ」

そう言って健太は頼み込む

光「まあ、あなたがそれでいいなら、それでいいわ」

光「……わかったわ、ちょっと予定をみるわ」

少し光は考える仕草をしてスマートフォンを取り出した

光(確か今週の休みのパトロールは↓3と↓4だったと思うけど)

一応光は予定表を確認するのだった

光「大丈夫、何も予定はないわ」

光は片手の親指と人差し指で小さな丸を作る

健太「ありがとう冴島さん」

光「但し、昼ご飯は奢ってね」

健太「あっあはは…ワクドでいいなら」

そう言って健太と光は今週の休みに一緒におでかけする事になった

光「それじゃあ、佐藤君また明日ね」

光は健太に向けて手を横に振る

健太「また明日」

それに答えるように健太も手を振った

そうして二人はそれぞれの方向へ歩いていった
153 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 03:06:56.26 ID:R855hhmgO
ー男子寮〜光の家ー

光「…」

光「…………?」

光「……………!!」

光はある事に気付く

光(こっこれってもしかしてデートの約束じゃない?)

ようやく彼女は自分がとんでもない安請け合いをしてしまった事に気付いたのである

光「まっまあ、大丈夫よね」

少し顔が赤くなっているような気がするけど…彼女は気のせいということにした

そんな思案をしていると光が歩いていると

光(…!この気配は)

一瞬ノイズの気配を感じた光はいつでも戦う事が出来る態勢をとりその方向を向く

しかしそちらの方は健太の後ろ姿だけだった

↓1コンマ
奇数ゾロ 健太、光が一瞬こちらを見たことに気付く
偶数ゾロ バアル、光が一瞬こちらを見たことに気付く(似ているかもしれないけど違いあり)
それ以外 光(…気のせい?)

↓2と↓3 四日目に街のパトロールをする魔法少女を決定(光、詩織以外)
※ちなみに今回のエロイベントで捕らわれ状態になることはないので静香も選択可です
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 03:36:13.86 ID:wM7Fn6AGO
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 05:09:20.23 ID:jLZHksE00
ホムラ
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 05:46:31.73 ID:CzAHYcINO
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 05:52:10.77 ID:MmaTytnnO
静香が大丈夫ってことは詩織に何かあるんすね
158 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 19:40:05.18 ID:R855hhmgO
光「…あれ?」

そこにはノイズの姿らしきものは見えなかった

光(…気のせいだったのかな?)

光はそう言って再び家の方へ歩き始めた

予定表を確認しようとして取り出したスマートフォンを鞄の中に戻そうとした時

スマートフォンが着信音を鳴らし始めた

光(…梓?何かしら?)

コンビニに行く前に一度巫女さんについての報告を受けたはずだ

光は画面の電話から受話器を取るマークをタッチをして

スマートフォンを耳に近付けた
159 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 19:46:06.01 ID:R855hhmgO
光「もしもし、どうしたの?」

梓「ひっ光!大変よ!」

電話越しの梓の声は明らかに冷静さが無かった

光「落ち着いて梓、何があったの?」

梓「詩織が電話に出ないの!」

光「それだけじゃあわからないわ、一回深呼吸して梓」

光(とりあえず…とてつもなく厄介なことになりそうという事はわかったけど…)

電話に出ない事は当たり前の事だ、既に眠っているや既に風呂に入っているなどがあって電話には出られない状況があるからだ

しかし、梓がこの慌てているのは詩織が起きていて更にすぐに電話が出られる状況であるという確信があったのだろう

とりあえず光は2度か3度か掛け直してみた?と聞いたら

既に10分おきに3回試してみたと答えた

光「でもどうして?」

一番気になっていた理由を尋ねていた

梓「詩織はもう既に最終バスに乗っていて帰っていないといけない時間よ」

光「…なるほどね」

光はすぐに理解した

詩織と静香が二つ隣の温泉施設に行っていることは知っている。

他の交通機関が無い山中だ、乗り遅れるともうタクシーを利用するしかない

そういう所がしっかりしている詩織がそういうドジをするとは思えなかった

バスに乗っていたからでなかったという可能性を考えられるかもしれないが

詩織の場合は一度電話に出た後、今の状態を説明して「こちらからかけ直します」と説明をするのだ

光は嫌な予感がした

光「…梓、隣の眠り姫を起こして今すぐ施設の方に行きなさい。ジェシカの方は私の方から連絡を入れるわ」

時間帯を見てホムラが眠りかけている事を想像しながら梓に最悪のケースだった時を想定した指示を出す

光「私も後で行くわ、それじゃあ行きなさい」

光はそう言って電話を切った

光(秋子に謝らないと行けないわね)

遊びの準備をニコニコ顔でしている妹分を想像すると光の足取りは少し重くなるのであった。
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 19:58:36.95 ID:62k4FCC40
きた
161 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 20:05:50.85 ID:R855hhmgO
一つ謝らないと行けない事が
ちょっと今は入力すると中途半端な状態なのでエロシーンは明日にします

それとこの時は一度上げるのでバアルの詳細を決める安価を取ろうと思います

・どのような能力を持っているか
・どのようにして部下ノイズを従えているか(力か?自身の能力か?人望か?)
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 20:15:19.96 ID:62k4FCC40
今の時間からあげても挙げきれないとは

安価は力で
163 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 20:24:31.61 ID:R855hhmgO
沢山書いたわけではなく…書き足りずいや途中で終わるので
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 20:25:56.41 ID:jLZHksE00
催眠洗脳
165 :>>1 [sage saga]:2017/12/24(日) 20:34:04.86 ID:R855hhmgO
すまぬ 募集はまだです
次にあげた時です
166 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/25(月) 22:49:38.48 ID:bE1xpUez0
まだ出来ていないけど始まる前のところまで投稿します

流石に宣言していて何もなしはまずいと思いますので
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 22:50:15.15 ID:gj5WuQs70
OK!期待してます
168 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/25(月) 22:51:54.30 ID:bE1xpUez0
コンコンコン

扉をノックする音が響き渡る

おじさん「もうよろしいでしょうか?」

詩織「はい、大丈夫です」

詩織の返事を聞き、二人の担当が部屋に入ってきた

おじさんはうつ伏せになっている静香のベッドに

リッパーは詩織がうつ伏せになっているベッドへと向かった

詩織(ほっ本当に男の方がやるのですね)

おじさん「それでは位置調整をしますのでベッドの穴が開いているところがあると思います、そちらに顔を突っ込むような形になるように移動してください」

詩織「こうですか?」

おじさん「はい、その通りです」

おじさん「それではクリームを塗っていきますね」ヌルヌル

そう言って二人の偽担当は本来のクリームにリッパーの催淫粘液を混ぜた物をそれぞれの背中に塗り始める

詩織「ひゃあ!」

詩織は突然ぬるっとしたので驚く

静香「詩織……驚きすぎ……」

詩織「しっしょうがないじゃないですか」

ちなみにこのヌルッとした感じクリームのせいではなくノイズが詩織を触ったためである

一時的に触手を集めてリッパーの手足自体は人間の手に見せかけているが人間の肌のさわり心地までは再現できない

マッサージ慣れしている静香だったら一発でこの違和感に気付いたであろう

リッパー「それでは続けますね」ヌルヌル
169 :いきなり細かいミスに気づいたので修正 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2017/12/25(月) 22:54:49.41 ID:bE1xpUez0
コンコンコン

扉をノックする音が響き渡る

おじさん「もうよろしいでしょうか?」

詩織「はい、大丈夫です」

詩織の返事を聞き、二人の担当が部屋に入ってきた

おじさんはうつ伏せになっている静香のベッドに

リッパーは詩織がうつ伏せになっているベッドへと向かった

詩織(ほっ本当に男の方がやるのですね)

おじさん「それでは位置調整をしますのでベッドの穴が開いているところがあると思います、そちらに顔を突っ込むような形になるように移動してください」

詩織「こうですか?」

おじさん「はい、その通りです」

おじさん「それではクリームを塗っていきますね」ヌルヌル

そう言って二人の偽担当は本来のクリームにリッパーの催淫粘液を混ぜた物をそれぞれの背中に塗り始める

詩織「ひゃあ!」

詩織は突然ぬるっとしたので驚く

静香「詩織……驚きすぎ……」

詩織「しょしょうがないじゃないですか」

ちなみにこのヌルッとした感じクリームのせいではなくノイズが詩織を触ったためである

一時的に触手を集めてリッパーの手足自体は人間の手に見せかけているが人間の肌のさわり心地までは再現できない

マッサージ慣れしている静香だったら一発でこの違和感に気付いたであろう

リッパー「それでは続けますね」ヌルヌル
170 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2017/12/25(月) 22:55:47.54 ID:bE1xpUez0

二人の偽担当は二人の魔法少女の背面に粘液クリームを塗っていく

腕・手・首・ふともも・足・お尻と漏れなく塗っていく

一通り塗り終わった後は次の段階へ行く

リッパー「それでは始めますね」

そう言ってリッパーは両手に見せかけた部分を左肩に当てて電気を流す

それと同時におじさんの方も静香の右肩に対して両手で同じことをしていた

詩織の左肩からお腹に向けて電気が流れた

詩織(あああ…これはいいですね)


静香の担当のおじさんは詩織の担当のリッパーを見る

リッパーは首を横に振る

リッパー(…まだまだ回るのには時間がかかりそうだし、このまま見よう見まねでマッサージをするのも…きついな…)

リッパー(回るまでの間に少しいたずらしてみるか)

そう思いリッパーは音を立てないように自分の細めの触手を伸ばしていく

リッパー(大体ここあたりか)

リッパーは身体のラインなどから大体の詩織の肛門の位置に目星を立て

そこから少し離れた位置に先程わけた触手を一旦止める

リッパー(…)

リッパーはそのまま触手を伸ばし詩織のアナルに紙パンツ越しで軽く触る

詩織「ひゃあ!」

リッパー「どうされました?」

すぐに細めの触手をアナルから離れた位置に移動し、声をかける

詩織「いっいえ、なんでもありません」

詩織(今お尻を触られたような…?)

詩織(でも…私の担当の人の両手はしっかり私の方を触っていますし…)

ちなみに静香の担当のおじさんは静香の相手をしているため、彼でもない

静香と詩織のベッドは手を伸ばしても届かないくらいの距離はある

静香は気のせいかなと思いそれ以上考えないことにした
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 22:59:26.69 ID:bE1xpUez0
書き溜めはあるのですが書くと中途半端になるので一先ずここまで

年末年始が12連休もあるのでそこが勝負になると思います(数日間はPCの前には座れない日があるけど)

この後募集を行います
172 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/25(月) 23:15:40.23 ID:bE1xpUez0
ここから募集です

バアルの設定をします

【名前】佐藤 健太
【変身時の名前】バアル
【変身時の容姿】銀髪オールバックになり悪魔の羽と尻尾が生える
【備考】光のクラスメイト。
人間とノイズのハーフで二重人格。
もう一人の自分(ノイズ)に薄々気づいていてその影に怯えている。
バアルは度々健太の体を乗っ取りノイズ達を指揮している。

バアルはノイズを従えているという設定がありますがその従えているノイズは何故バアルに従えているのかをまず設定します

1.純粋な力
2.洗脳・催眠系の能力(個人毎にかける必要があり時間はかかるが効きはすごい)
3.支配系能力(一気に不特定多数にかけることが出来るが魔法少女や意志が強い人にはかからない場合がある)
4.バアル形態は人望持ち
5.その他(安価)

投票者のコンマ合計最高を採用
但し5のその他が出て>>1が理由としてそれも有りだなと思ってしまった場合はそれも加えて暫定1位と決選投票となります

↓投票は0時から9時まで
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:17:10.14 ID:bE1xpUez0
…すいません
5のその他はやっぱり今から0時までに募集します
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:21:56.63 ID:gj5WuQs70
3で
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:27:24.80 ID:gj5WuQs70
>>173
間違えた2
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 23:28:05.13 ID:bE1xpUez0
5のその他を募集中ですよ
まだ能力投票はしてません
177 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/26(火) 00:08:27.69 ID:JvWgj4dm0
というわけで募集開始です
その他は無いので1〜4のコンマ合計が最も高いものを採用します

1.純粋な力
2.洗脳・催眠系の能力(個人毎にかける必要があり時間はかかるが効きはすごい)
3.支配系能力(一気に不特定多数にかけることが出来るが魔法少女や意志が強い人にはかからない場合がある)
4.バアル形態は人望持ち

↓9時まで
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 00:08:56.75 ID:efL2tYBJ0
2
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 00:28:03.30 ID:3JOh4BGb0
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 00:45:49.26 ID:HWIHmQ4eO
2
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 01:15:20.11 ID:LiYx0rPL0
2
182 :>>1 [sage saga]:2017/12/26(火) 12:21:16.37 ID:JKHlztIoO
結果
洗脳・催眠系の能力になりました

詳細な能力を募集します
・どういう風な洗脳or催眠をするか
・他に記載したい事があれば何でも
>>1が気に入ったのをまとめます

今日が終わるまで募集
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 15:21:35.00 ID:3nlxlsOlO
指鳴らしで洗脳が可能、正し相手にハッキリと聞こえる距離で指鳴らしを見てもらう必要がありその後に指示を出す

・意識朦朧としてる半睡眠状態が可能
・意識が覚醒してるが相手の体の主導権を握り命令通り行動させることが可能
・幻覚を見せることが可能
・催眠相手の五感をかえる
・体験したことを忘れさせられる
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 18:58:22.11 ID:uOkK6hKZO
健太とバアルは好きなものが同じ、健太が気に入ったらバアルはその全て催眠堕ちで手に入れる。
185 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2017/12/26(火) 23:41:20.79 ID:JvWgj4dm0
>>183がほとんど全て書いて誰も書かなかったということですかね…

ただ>>183の能力だと結構チートじみているので若干弱くします

一回目のみバアルが持っているCDをヘッドホンで聞かせる必要がある

それは催眠音声でそのCDが終わるまで30分はかかる

これを全て聞かせれば>>183の方法でいつでも洗脳が可能とする
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:57:11.07 ID:efL2tYBJ0
なかなかハードル高いね
187 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/27(水) 00:06:48.05 ID:nDFItYq60
むぅ…

ただ一回目から指パッチンで洗脳だとすると
バアルがその気になれば

指パッチンである国の偉い人を全員一発で洗脳

世界終末時計「0:00をお知らせします」

世界の人々「のおおおおお!」

という感じの事をあっさり出来ちゃうんですよね

一回目の条件で他に案があったらいつでも受け付けます

当分健太及びバアル出せそうにないので
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 11:45:12.73 ID:QH8HfxJX0
>>185
CDでなくDVDでみる
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:06:01.97 ID:9EHQn+D6O
…見てる人は一人だけか…
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:31:35.04 ID:MLhTPgG4O
本編上げないことにはどうしようもない
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 15:55:40.63 ID:IazBOvG30
年内にあがるのかなあ
192 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2017/12/31(日) 14:52:04.18 ID:tCvF5jLH0
何で年末とはこう忙しいのか…
このまま年超えます…

今の現状を正直に言うと
少し書く→気に入らず戻る→少し書く→気に入らず戻るを繰り返しています
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 15:15:47.65 ID:4qydF2xsO
もっと気楽に書けばいい

来年よろしく
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 16:37:26.85 ID:UXNJw2xqO
サキュバスの人おるしエロエロはそっちに任せればいいんじゃね?
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 00:55:37.57 ID:vlE3YpNZO
またしばらくは来ないのか
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 01:32:46.90 ID:0PQQlsff0
年末年始で連休らしいけどそれすぎても終わんないなら途中でもいいから出したほうがいいとおもうよ
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 23:24:50.50 ID:k2f9NMsg0
もしかして年末年始に更新ないしエタッた?
198 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/01/10(水) 23:45:41.63 ID:hpBW8lu30
まだ2週間も経過していないのに…
それなりにPCの書き込みが出来ましたので3日おきに投稿します

この更新の間はレスを控えてくれればありがたいです
199 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/01/10(水) 23:46:38.10 ID:hpBW8lu30
ちなみに一レス更新です

今年入ってからずっと体の調子が悪いとです
200 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2018/01/10(水) 23:48:04.29 ID:hpBW8lu30

……
………

静香(…さっきから……体が……熱い…)ハァハァ

その数分後二人の魔法少女は息を荒げてきた

ふと静香はあることに気付いた。

静香(………もしかして……この感覚……濡れ……てる?)

自分の秘所が明らかに汗ではない物で濡れている事に気づいた

静香(……どう…しよう……)

おじさん「お客様、少し熱いですね…クーラーの温度を下げましょうか?」

静香「はい……」ハァハァ

おじさん「わかりました、おい君クーラーの下げてくれ」

リッパー「りょかっす」ピッピッ

言ってリッパーは冷房のリモコンを取り出し温度を2℃下げた

リッパーはおじさんの方を見る

おじさんはゆっくりと頷いた

リッパー(始めるか)
201 :間違って下書きの方を投稿してしまった  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2018/01/10(水) 23:54:32.38 ID:hpBW8lu30

……
………

静香(…さっきから……体が……熱い…)ハァハァ

その数分後二人の魔法少女は息を荒げてきた

ふと静香はあることに気付いた。

静香(………もしかして……この感覚……濡れ……てる?)ハァハァ

自分の秘所が明らかに汗ではない物で濡れている事に気づいた

静香(……どう…して……)ハァハァ

静香(……まだ…長い………お願い……どうか気づかないで……)ハァハァ

静香はマッサージ屋のベッドがうつ伏せで顔が見えない状態になるのがこれほど有り難いと思いつつ顔に少し重心をかけるのであった。



おじさん「お客様、少し熱いですね…クーラーの温度を下げましょうか?」

静香「はい……」ハァハァ

おじさん「わかりました、おい君クーラーの下げてくれ」

リッパー「りょかっす」ピッピッ

言ってリッパーは冷房のリモコンを取り出し温度を2℃下げた

リッパーはおじさんの方を見る

おじさんはゆっくりと頷いた

リッパー(始めるか)
202 :ちなみに最後まで書ききったら一気に最後の文まで投稿して次行きます ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/13(土) 22:13:31.39 ID:rg/Y0hgM0
詩織(……それにしても本当、急に…熱くなりましたね、それに…どうしてか体がうずく…)ハァハァ

このうずきを彼女はどうにかしたいがどうすればいいのか彼女にはわからなかった

詩織「…ひゃあ!?」

また詩織はお尻に何かが触れた

その触れたものはそのまま詩織のアナルの縁をなぞるように動き始めた

詩織「んんっ♡」

詩織(まっまた!?)

詩織(さっ触られている!?)

詩織は紙パンツ越しに自分のアナルの縁をなぞられていることに気付いた

詩織「ひゃああっ♡」

しかし先程の状況と同じく両手は担当の者は両手を確かに自分の背中をマッサージしている

更にそのなぞる動きが早くなった

詩織(なっ何が起きているのですか?)
203 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/16(火) 22:28:25.49 ID:0qCa3Pl/0
この部屋はマッサージ師の二人と詩織と静香しかいない

扉もマッサージ師である二人が入った後から開いたような音はしていない

それではこの今お尻を触っているのは何だろう…

詩織はそれを確認しなければならなかった

詩織(…えっ?)

自分のお尻を紙パンツ越しで細長い真っ赤なウネウネとした何かが触っていた

詩織(なっ…何でしょう、これ)

あまりにも突然のことだったため彼女はまだ理解できない、理解できるわけがない

詩織(あっ!?)

それがノイズのものだと気付くのに少し時間がかかる、これが致命的であった

リッパー「…チッ」

詩織「んぐっ!!」グポォ

ノイズであることに気付き叫ぼうとした段階で小さな舌打ちが聞こえると同時に

自分の口の中に自分が見た物とは別のウネウネが突っ込んできた

詩織は自分の口の中に入ったウネウネの根元のほうを見る

リッパー「ふう…危なかった」

詩織(ひっ!?)

そこには自分の担当の足元に続いていた

詩織は担当の方を見るとそこには更に別のウネウネで自身の汗を拭っていた

リッパー「ちょいと効きが悪いな、もうちょっと粘液の配合分を多くするべきだったか?」

詩織の担当は凄く小さな声でそうつぶやいた

リッパー「っと暴れられても困るから両手両足も塞ぐか」

そう言った後詩織の両手両足に向けてウネウネを伸ばし両手両足をぐるぐると包帯を巻く要領で拘束する

彼 女 は も う 逃 げ ら れ な い
204 :エロシーン入りつつあるのにエロさがない… ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/19(金) 00:18:15.04 ID:1MC/ui/60
詩織「んんんっ!?」

詩織(なっ…何をしているのですか!?)

詩織(へっ変身しないと!!)

詩織は先程のウネウネがこのノイズの触手であることに気付く

突然のことで驚いてどうすればいいか戸惑っていたが自分が拘束になった段階で我に返り
我に返って変身を試みようとするが…



詩織(…!?)

その変身が出来ない

詩織(どっ…どうして!?)

変身には集中力が必要なのである

現在の彼女は目の前のノイズの催淫粘液によって集中が出来ていない状態となっている

魔法少女では常識レベルではある為そういう事態に陥りそうと直感すれば予め変身しておくなどの予防策をとるが

戦闘の経験があまりにも少なすぎる彼女には知らなかった事である

ちなみに元々魔法少女として活動する気が無かった彼女には教官がついたことも無い

詩織(こんなの……こんなの!!)

詩織は両手両足を縛った触手をなんとかしようともがく


リッパー「諦めろ!!」

詩織「あぐっ!?」

リッパーは絡まった触手をそれぞれ外側に引っ張り彼女の両手両足を限界まで伸ばす

詩織(やめて!!ちぎれる!!ちぎれちゃいます)

その状態からリッパーは引っ張る力を込めた

そうしてリッパーは彼女の顔に自身の顔を近付けた
205 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/23(火) 00:06:49.37 ID:huvdWlXw0
リッパー「おい」

いったん詩織の両手両足を引っ張る力を弱めてから囁く

リッパー「もしまだ暴れる気だったら、本当にその両手と両足を引きちぎるぞ?」

その声はドスが利いていた

リッパー「……痛いだろうなあ…もしかすると死んでしまうかもなあ?」

リッパー「最も、俺はそっちも行ける口だけどな?」

詩織(…まっ…まさか…)

ふと詩織の脳裏にある事が浮かぶ

連続強姦殺人事件…最近街を騒がせている事件だ
206 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/27(土) 03:45:31.83 ID:qDSO9sfd0
リッパー「この力を四肢切断した少女の死体を犯すって事もやってみてもいいかもな…」

詩織「んんぐっ!?んんっ!!」

必死にやめてと訴えるように顔を横に振る、その瞳には先程引っ張られた時の痛みと恐怖によって滴を貯めていた

リッパー「…………」ペロリ

詩織(ひっ!?)

その滴を拭き取るようにリッパーはその長い舌で詩織の眼球を舐める

リッパー「なかなかいい味してるよ、お前」


詩織(あっああああ…)

じょわあああああああ…

リッパー「おいおい汚ねえな」

リッパーはそう言いながらそれを狙っていたかのように用意していたタオルを取り出し詩織が恐怖のあまりに出してしまった

その不始末を拭き取っていった

リッパー「…っとそうだった喋られるわけないよな?」

まだ彼女の口の中には触手が入ったままである
207 :訂正  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/27(土) 03:55:05.56 ID:qDSO9sfd0
リッパー「この力を四肢切断した少女の死体を犯すって事もやってみてもいいかもな…」

詩織「んんぐっ!?んんっ!!」

必死にやめてと訴えるように顔を横に振る、その瞳には先程引っ張られた時の痛みと恐怖によって滴を貯めていた

リッパー「…………」ペロリ

詩織(ひっ!?)

その滴を拭き取るようにリッパーはその長い舌で詩織の眼球を舐める

リッパー「うむ…上の中なかなかだ」


詩織(あっああああ…)

じょわあああああああ…


リッパー「おいおい汚ねえな、トイレに行きたいのなら言えよ」スッ

そう言うとこうなることを予想していたかのように用意していたタオルを取り出し詩織が恐怖のあまりに出してしまった

その不始末を拭き取っていった

リッパー「…っと喋られるわけがなかったな。」

わざとらしくそう言った

まだ彼女の口の中には触手が入ったままだった
208 :やっちまった直す必要のないところまで戻しちまった ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/27(土) 04:00:22.61 ID:qDSO9sfd0
リッパー「この力を四肢切断した少女の死体を犯すって事もやってみてもいいかもな…」

詩織「んんぐっ!?んんっ!!」

必死にやめてと訴えるように顔を横に振る、その瞳には先程引っ張られた時の痛みと恐怖によって滴を貯めていた

リッパー「…………」ペロリ

詩織(ひっ!?)

その滴を拭き取るようにリッパーはその長い舌で詩織の眼球を舐める

リッパー「なかなかいい味だよ、お前」

詩織(あっああああ…)

じょわあああああああ…


リッパー「おいおい汚ねえな、トイレに行きたいのなら言えよ」スッ

そう言うとこうなることを予想していたかのように用意していたタオルを取り出し詩織が恐怖のあまりに出してしまった

その不始末を拭き取っていった

リッパー「…っと喋られるわけがなかったな。」

わざとらしくそう言った

まだ彼女の口の中には触手が入ったままだった
209 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/01/30(火) 23:56:26.12 ID:ym4LSFgo0
詩織(…間違い…ない…です……ジェシカさんが……話していた情報と……同じ…です)

その強姦魔は趣味のひとつとして死姦趣味と襲った女性の涙を舐めるという趣味を持ち合わせていた

先程の言動からして少し冷静になった詩織は

今、この目の前にいる

このノイズがその犯人という確信を得た

詩織(どっ…どう……すれば…)

この触手はどうやっても解けそうにない

変身も出来ない

詩織は必死に考えるこの状況から脱出する方法を考える

詩織(あっ…そっ……そうです静香さん、静香さんは!?)

最初はあまりに突然の事で考える事が出来なかったが周りの事を考える事が出来るようになった



となりのベッドで横になっている静香の方がいるベッドの方を見る

詩織は何とかして静香にこの状況を伝え彼女を逃げさせなければと考えた

どうして自分が変身出来ない理由を知らなかったが…この状況で彼女も変身出来るとは思えなかった



しかし

どうしてここまで考えが至れたというのに、

どうしてこのノイズが静香の方にはまだ手を出していないと考えてしまったのだろう
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/05(月) 23:25:06.55 ID:QDtqssZyO
ストックきれたか?
211 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/05(月) 23:27:06.53 ID:sstabES10
静香「はぁ♡はぁ♡」

静香「うぁ…ぅ///」

詩織(…えっ?)

詩織が見た静香は遠めで見ても明らかに熱があるように見え先程から彼女はベッドにこすり付ける

彼女の息は明らかに荒くなっており、その履いている青色の紙パンツは色濃くなっていた

紙パンツは本来の役割こそ果たしているものの

その色変わりによって隠しているソレがどうなっているのか想像が容易かった

詩織(しっ静香さん?えっ?)

そして、その状態を疑問に思わずマッサージをしている担当はゴムパンツを履いておらず

カチンカチンとなった男の証を出した状態であった

詩織(なっ!?)

リッパー「…こういうことさ、彼女の担当であるあの男は俺によって操られているわけさ」

リッパー「これからその口に突っ込んでいる触手を抜くが…叫ぶなよ?」

リッパー「騒いだらあの男が彼女の処女を奪うぜ?」

リッパー「釘を差しておくが、仮に彼女がオリンピック級の運動能力が有ったとしても叫んだ瞬間あの男が強力な電気を流して抵抗が出来なくなり終わりだ」

リッパー「無駄に被害者がひとり増えるだけだぜ」

リッパー「最もあの女もお前らにつけた粘液によってエッチなことしか考えられなくなって逃げるどころではないだろうがな」

リッパー「お前にはどういうわけかお前には効き目が弱いが…」

そう言いながらリッパーはゆっくり詩織の口に突っ込んだ触手をゆっくりと抜き始めた
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/05(月) 23:29:54.02 ID:sstabES10
ばれて〜ら
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/05(月) 23:55:21.55 ID:QDtqssZyO
エロいから頑張って
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/06(火) 08:01:32.50 ID:sB8Hmx850
誤 リッパー「お前にはどういうわけかお前には効き目が弱いが…」

正 リッパー「どういうわけかお前には効き目が弱いが…」
215 :詩織視点 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/09(金) 22:58:52.83 ID:ue4TJHRQ0


リッパー「彼女が何を考えていることなど手に取るようにわかる、あのぐしょぐしょとなったおまんこに手を伸ばし」

リッパー「いじっていじってこの疼きをどうにかしたいとな」

リッパー「だが回りの目があると訴える最後の理性がそれを抑えている」

静香「んっ…///くっ…////……はぁ♡はぁ♡」

顔は見えませんが普段の面倒くさがり屋な彼女からは想像も出来ない表情をしているのでしょう

長年の幼馴染である光さんや梓さんですら見たことのない表情を

リッパー「だが…その最後の理性もこれで終わりだろう」

そうしてそのノイズは透明の洗面器を取り出しました

その中には黄色い液体が入っていました

リッパー「出したてほやほやのおしっこに…これを」

そう言うと先程まで私の口に入っていた触手から粘液と思える何かを出しました。

恐らくこれは、先程話していた粘液でしょう。

その二つの液体が入ったボールを一本の触手でかき混ぜています

216 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/13(火) 00:09:54.76 ID:Ytxv2j8d0
詩織「そっそれをどうするおつもりですか?」

リッパー「言ったばかりだろう?最後の理性はこれで終わりだって」

リッパー「俺の催淫粘液とてめぇのおしっこのえっちぃ香りで最後の砦はあっさり崩壊するだろうなあ」

リッパー「女から誘っているのなら強姦ではないな?」

詩織「先程手を出さないって言ったじゃないですか?」

リッパー「あの男はな?しかし、俺が手を出さないとは言っていないだろう?」

その通りです、確かにあの時騒いだら手を出すといったのは操られたという静香さんの担当です

…でも…でもこんな事って

詩織「やっやめてください!!」

私は小さい声ながらも強さがある声を出す

リッパー「…いい女であるお前が俺に目をつけられたのが運のつきだと思え」

詩織「……だっだったら…私だけに手を出せばいいじゃないですか!!」

リッパー「ほう?それでは、全てお前が全て受けるということでいいのか?」

詩織「…」

静香「くっ♡はぁ♡」


静香さんは今も生物としての本能と人間としての理性が戦っているようです。

詩織「………」

いつも私達にセクハラを仕掛けてくる静香さん…

ぐうたらごろごろで何に対してやる気がなさそうに行動をする静香さん…

しかし…そんな静香さんがいなければみんなと出会わなかった

きっと私は今も一人、図書室の隅っこでずっと本を読んでいる毎日でした

詩織「……………」ギロリ

リッパー「美人に凄まれても興奮するだけなんだが」
217 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/02/18(日) 13:25:38.02 ID:x27lRIX+0
ストックナウ

来週の日曜日から三日に一レスを再開します

某スレで海賊さんと水晶玉さんを投稿してみました
活躍が楽しみです
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/18(日) 15:10:19.06 ID:3WJbkVINO
OK
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/02/22(木) 17:21:08.73 ID:u+hCjN1zO
まだ続いてたのね…そしてオリジナルはエタと
220 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/02/26(月) 21:55:45.32 ID:yjl4aVcq0
詩織「……好きにしてください」

私は覚悟を決めました

リッパー「…投げやりだな」

当たり前です

誰が好き好んであなたみたいな化物に好き放題にされる事を望みますか?

しかし、この状態…私はどうする事も出来ません

ブルブルブルブル

その時に私のスマートフォンが鳴りました

振動の仕方からして着信中であることを伝えるものです

そのノイズはそのかごの方を見ましたがすぐに私の方を向き直しました

…時間帯からして梓さんでしょう

想像どおりの相手でしたら10分後と20分後の2回にまた電話をかけてくるはずです

壁にかけている時計の針を見ました

20分後の終電のバスに乗らなければならない時間の時に

私が電話を取らなかった場合はおかしいと思うはずです

最低…20分……もちろん勘付いたとして仮定した場合の話です。

もちろん移動にも時間がかかります…最短だったとしても50分ってところでしょうか

…厳しいですね

しかし、私が駄目になったらおそらくこいつは約束を破り

すぐに静香の方に移り、今度は彼女を好き放題にするのでしょう

出来るだけ私がこいつを止めなければなりません
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga sage]:2018/03/02(金) 23:24:34.84 ID:XxTQdgy/0
リッパー「…覚悟を決めた少女を犯すというのはつまらねえな」

ぼそりとつぶやくとそいつは考え込む

リッパー「なあ、ちょっとしたゲームをやろうぜ?」

詩織「ゲームですか?」

とんでも無いことを考えたことはすぐにわかりました

この状況で余計なことを言ってこれ以上の気紛れを起こされては困りますので話を聞くことにします。

リッパー「これからのやることでお前が声を上げる度にあのおじさんはどんどんお前の友人のおまんまんに近づいてだな」

リッパー「最終的にはお前の友人を犯すぜ?」

…こいつにとってこの様な行為は遊びかなにかだと思っているのでしょうか?

私達は今このノイズにとってのおもちゃなのでしょう。

…許せません、許せません!!
222 :4日置きになっているな…書き置きはあるのに [saga sage]:2018/03/06(火) 21:01:37.12 ID:kXGxgccZ0
リッパー「ととと…彼女に使わないとなると…これは勿体無いことになるな」

先程まで混ぜていた液体を私の顔に持ってきました

リッパー「…飲め」

詩織「えっ?」

リッパー「とっとと飲めよ!」

そう言ってその洗面器を私から出した液体とこいつの出した液体が混じったものが入った洗面器を強く私の顔に押し付ける

詩織「んぐっ!」

私は当然口を強く閉ざし飲んでしまわないように抵抗をする

リッパー「………」

こいつは洗面器で私の顔に押し付けていた洗面器を押し付けながら

一度静香さんの担当の人の方を見る

リッパー「…おい!」

そう言って一声をかけた

詩織「飲みます!飲みますから!!」

リッパー「次に時間稼ぐような真似をしてみろ?今度は止めないぞ?」

そういって持っていた洗面器の中身を詩織の口に入るように傾ける
223 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/03/10(土) 23:20:31.84 ID:6kZQUqv+0
リッパー「次に時間稼ぐような真似をしてみろ?今度は止めないぞ?」

そういって持っていた洗面器の中身を私の口に入るように傾けます

詩織「おぐっ……んぐっ……」

くっ…苦しい…本来は流してしまう液体とこいつのよくわからない液体が混ざったものが私の喉を通ろうとします

詩織「げほっ!げほっ!」

その異様な色と明らかに飲み物とはかけ離れたドロッとした飲み具合で私はそれを吐き出そうとする

リッパー「…こぼすなよ?もしこぼしたらどうなるかわかっているよな?」

こいつはその様子を見て私に釘を差します。

…私はこぼすまいと必死にそれを飲み込もうとしました
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/16(金) 23:47:23.97 ID:Ikbeu0V70
間隔空いてきたな
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 23:52:07.57 ID:QW+Cq/Ej0
いつまで続けるのか純粋に気になる
226 :来期に向けてかなり忙しいのよ それと一応>>198のお願いは継続中です ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/03/18(日) 06:19:52.32 ID:o1XXKTxa0
リッパー「うっわ!!こいつ本当に全部飲みやがった」

詩織(魔法さえ使えれば…)

魔法さえ使えれば確かにこのノイズの動きを止めて二人と脅しの道具兼人質のおじさんは逃げられるだろう

リッパー「まあ、ちゃんと飲んだからご褒美としてその両手の拘束を解いてやろうか」

その程度では私が逃げられないと確信してからの行動でしょう



どくんっ!?

詩織「っ!?」

その時です

リッパー「しぶとかったな…これだけで体に回してようやくかよ」

詩織「あぐっ…はぁはぁ♡」

なっ…なんですか…これ……これは…まずい…です…

私の体は先程と比べ物にならないほど体が熱くなっていました

自身の下半身は何もしていないはずだが…明らかに濡れていることがわかる

リッパー「ヌレヌレじゃないか…お前のおまんこいつでもどうぞと言ってやがるぜ」

そう言いながら私の意思と関係なくどんどん溢れていく愛液によって触手が濡れていくのを楽しんでいます

詩織「あっ♡…やあっ♡…やめて…あぁ♡…ひぐぅ♡…ください…」

リッパー「いい声で喘ぐじゃねえか」

詩織「あっ!」バッ

解放された両手で自分の口を塞ぎ静香さんのほうを見ます

静香さんの手は震えていました

リッパー「おお、まだ他人を気にする余裕が残っているのか」

リッパー「とっとと全てを諦めて手を伸ばせば楽になれるというのにな?」

こんな奴の…こんな奴の思い通りになんてなりません!
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/03/22(木) 17:13:08.75 ID:QyO5EsSwO
 
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 17:30:43.60 ID:Lj4arUtTO
上げんなゴミ
229 :第三者視点 [saga sage]:2018/03/23(金) 00:18:34.17 ID:Gr7Pgv8A0
リッパー「さてさて…中身はどうなっているかな?」

リッパーは触手で筋をなぞることをやめ、詩織の花びらの左右を触手で抑えゆっくりと開き始める

リッパー「………!!まじかよ」

詩織「あぐっ」

触手によってゆっくりと開いていた花びらは一気に開かれる

そこにはあるとは思わなかった物が誰のモノも侵入する事を許さなかった証があった

リッパー「お前、処女かよ!?」
230 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/03/27(火) 23:07:49.60 ID:O6/NwNA60
リッパー「その子のスマホを持ってきてくれ!」

詩織「…はぁはぁ…んくぅ♡…何を……しゅる気…れしゅか?」

そう言って相変わらず静香のマッサージを行っていたおじさんは詩織の荷物が入った籠からスマートフォンをリッパーに渡す

それとは別にもう一つスマートフォンを構えていた

リッパー「処女喪失記念としてその直前の状態を撮ってやるからピースしな?」

そう言っての二つスマートフォンのカメラレンズを詩織に向ける

いつでもシャッターを押せる状態だ

詩織「撮りゃないで!撮りゃないでください!!」

リッパー「はい、チーズ」カシャカシャカシャカシャ

そう言って二つのスマートフォンから連続でシャッター音が鳴る
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 23:56:37.64 ID:pVpeLdTk0
2週間エッタたか
232 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/04/11(水) 00:32:59.91 ID:lmqCbIzP0
 |▽\) 誰もイないし生存報告しても無意味だと思ったからしなかったの生きてますよ
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 00:43:15.82 ID:lmqCbIzP0
ちなみになんか上げられたので上から300くらいに行くか、出来るまで更新の予定はないっす
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 01:00:54.64 ID:fMggnm1K0
生きてたか。んじゃ更新楽しみにしてます
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/11(水) 06:42:11.86 ID:kktA+wC10
魔法少女スレが無差別に上げられてたな
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/04/18(水) 22:14:41.00 ID:9hB6ADI0O
たのしみ
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/26(木) 16:52:00.09 ID:kWr7pg6rO
ageる馬鹿いるせいでいつまで経っても再開しなさそうだな
238 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/04/26(木) 20:52:13.63 ID:zUFyBSbq0
生存報告
もうすぐ静香に行けそうです
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/04/30(月) 00:19:17.60 ID:GzY9lrdpO
お?マジっすか!
ちゃんと進んでたんだ。期待してます!
240 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/05/09(水) 23:26:07.21 ID:07nlOWHO0
現状静香はリッパーに両手を押さえつけられていて両足はおじさんに拘束されています

詩織の口の中には再び触手が突っ込まれています
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/10(木) 23:58:57.20 ID:ELSOpPB80
ということは静香の方に突入したんかな
242 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/05/22(火) 22:43:34.42 ID:adbLHW+/0
現在静香のシーンの導入を書き直しています

…次のエッチシーンポイントのアイディアだけが浮かぶという地獄
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 05:00:48.98 ID:EiSdJRpGO
進んでるようで何よりです
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 20:51:53.16 ID:Eyga0i/40
300レスより書き終わる方が速そう
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/05/30(水) 21:48:06.47 ID:A/e/9gAv0
300レスじゃなくてスレ順300ですぜ
246 :なすーん [なすーん]:なすーん
                     __        、]l./⌒ヽ、 `ヽ、     ,r'7'"´Z__
                      `ヽ `ヽ、-v‐'`ヾミ| |/三ミヽ   `iーr=<    ─フ
                     <   /´  r'´   `   ` \  `| ノ     ∠_
                     `ヽ、__//  /   |/| ヽ __\ \ヽ  |く   ___彡'′
                      ``ー//   |_i,|-‐| l ゙、ヽ `ヽ-、|!  | `ヽ=='´
                        l/| | '| |!|,==| ヽヽr'⌒ヽ|ヽ|   |   |
  ┏┓  ┏━━━┓              | || `Y ,r‐、  ヽl,_)ヽ ゙、_ |   |   |.         ┏━┓
┏┛┗┓┗━━┓┃              ...ヽリ゙! | l::ー':|   |:::::::} |. | / l|`! |i |.        ┃  ┃
┗┓┏┛     ┃┃┏━━━━━━━.j | l|.! l::::::ノ ,  ヽ-' '´ i/|  !|/ | |リ ━━━━┓┃  ┃
  ┃┃    ┏━┛┃┃       ┌┐   | l| { //` iー‐‐ 'i    〃/ j|| ||. |ノ        ┃┃  ┃
  ┃┃   ┃┏┓┃┗━━━.んvヘvヘゝ | l| ヽ  ヽ   /   _,.ィ ノ/川l/.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃  ┏┛┃┃┗┓     i     .i  ゙i\ゝ`` ‐゙='=''"´|二レ'l/″           ┏━┓
  ┗┛  ┗━┛┗━┛    ノ      ! --─‐''''"メ」_,、-‐''´ ̄ヽ、              ┗━┛
                   r|__     ト、,-<"´´          /ト、
                  |  {    r'´  `l l         /|| ヽ
                  ゙、   }   }    | _|___,,、-─‐'´ |   ゙、
                    `‐r'.,_,.ノヽ、__ノ/  |  |      |、__r'`゙′
                            |   |/     i |
                             |          | |
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/18(月) 12:49:14.99 ID:QnHPIHOO0
勘弁してくれよ
248 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2018/06/19(火) 00:20:16.88 ID:wR4kq72B0
きりないので次に上から100行くたびに1レス進めますね

そのレスはsageないので再び100行ったらもう一レス進める形

もち終わったら一気に書き上げ
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/06/19(火) 02:28:41.94 ID:8KAnduTs0
おつ
待ってます
250 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/07/01(日) 10:26:55.41 ID:esPyZznH0
一通りとると詩織のスマートフォンの画面をすっと見せつける

リッパー「ほら見てみろよ、お前の処女膜だぜ。これから無くなるぜ?無くなるんだぜ!?」

詩織(…そんな画像…見せつけないでください)

リッパー「さてここまで焦らされるとお前の今か今かと待っているおまんこがかわいそうだな」

詩織(だっ…だれが…)

それまでスジをなぞっていた触手はその動きを止め

本人の意志とは無関係に欲しがっているそこにいつでも入る状態になっていた

リッパー「ととと…こう口を塞いでいたら大きな声には期待出来そうにないな」

そう言って別の触手を取り出した

詩織「どっ…どうしゅるつもりれすか?」

リッパー「お前が変態で助かったぜ。おかげで前後から攻めることが出来るからな」

詩織「だっ…誰が変態れしゅか!?」

リッパー「変態じゃないのなら何故、前をいじった回数は明らかに少ないというのに」

そう言ってリッパーは昨日時間をかけてメイドが小さなバイブが入るようになったアナルに軽く触れる

詩織「んんぅ♡」

リッパー「どうして初めてのアナルでそんな顔になる?」

詩織「そっそれは?…あああっ!?」

ズブブブブブ

リッパーは詩織の返答を待たずに二本の触手で詩織の二つの入り口に突っ込む

リッパー「どうだ?あと一歩だ?何か言いたいことは?」

詩織は必死に両手で口を塞いでいる

リッパー「………おらよ!」

詩織「〜〜〜〜〜〜!!」

寸止めした二本の触手に力を込め詩織の中へと入っていった。
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/02(月) 09:04:09.10 ID:3tF1lfmn0
2ヶ月半くらい前に上げられたスレが今270ちょい
超絶過疎ってるこの板で300はハードル高い
252 :最近一番悩んでいるところは一般の温泉施設にどうして三角木馬があるのかということです ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/07/11(水) 19:45:43.12 ID:cm1NH47h0
リッパー「おめでとさん、これでお前も大人の仲間入りだ、これから女を教えてやるぜ」

詩織(余計な…お世話です)

リッパー(って言いたそうな顔をしてるぜ)

リッパー「まあ嫌だと言っても教え込むがな」

詩織(どうやってもこうなる事はわかっていましたけど…やっぱり…こうなるのは辛いです)

魔法少女になった場合何らかの形で3年以内に純血を奪われる率が高いと聞いたことはあるが

いざ失うとなると悲しくなる。

リッパー「これから男の喜ばせ方ってのを教えてやる授業料はいいぜ?その処女をもらったからな」

詩織「…ふっ…ふざけないでください」

そう言うと詩織はリッパーを再びにらむ

リッパー「…やっぱ才能あるぜ、お前」

リッパー「お前のように反抗的な娘を見るとこのちんぽ触手に屈服してアンアン言う所を想像すると興奮してたまらないな」
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 07:17:14.30 ID:czXkfBdxO
安価ズラすかそういうの好きで組み立て式の持ってきたか近場に置いといたとかでいいんじゃない?
254 :2日ほど猫の島にすごく焦げてしまい痛くて下書きが進まなかった… ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/07/30(月) 21:42:07.57 ID:FoArE4Yj0
リッパー「さてと動くか」ズチュ

詩織「んっんん!?」

蜜壺に入った触手の方だけが動く

リッパー「ととと、なれないな流石に」

詩織「んんっ……///」

今度は不浄の穴に入れた触手だけが動く

リッパー「おいおい本気を出してねえのにその調子かよ。大丈夫か?」

そう言うと詩織のスマホを見る

リッパー「指紋認証のタイプか」

リッパーは詩織の右親指にその指紋認証部分に近付ける

こういう人の情報を元にロック解除するタイプのスマホは自分は簡単に開き

他人は用意に解除出来ない強みがあるが、こういう状況に陥ると恐ろしく弱くなる

リッパー「へえ…」ズチュヌチュ

詩織「んっ…///」

必死に口を抑え明らかな喘ぎ声を出さないようにしている詩織をよそに

リッパーはロック解除のスマホ見ながら時にニヘラと笑ったり様々な顔をしながら見ていく
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 16:38:01.63 ID:AxhYkBcB0
100スレいったで?エタッた?
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 18:54:56.84 ID:6NpHiIIQO
確認します
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/11(土) 18:56:30.35 ID:6NpHiIIQO
越えてるの確認しました
後程更新します
258 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/08/12(日) 20:06:35.34 ID:IiUN4GF30
リッパー「いい物を持っている友人がたくさんいるな」

どうやらリッパーは詩織のスマホから写真を見ているようだ

リッパー「俺の犯すリストに追加してやるよ」

詩織(なっ!?)

詩織はもう一度リッパーを睨む

リッパー「どれどれ」ズチュヌチュズチュズチュヌチュ

リッパーは詩織のスマホをいじりながら二本の触手のスピードを上げる

詩織「〜〜っ」

詩織(だっ駄目…ちょっとでも気を抜くと…こっ…声が出ちゃいます)

リッパー「ちっチャンスだと思ったが」

リッパー「何だお前、結構近いところに住んでいるな」
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/24(金) 22:00:00.76 ID:jUaWLgpk0
100確認すぐに書ける状況ではないので日曜日に
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/25(土) 00:51:37.67 ID:2snOr2Z/0
おつ
261 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/08/26(日) 23:43:08.90 ID:/SbDb6wG0
リッパー「くっ…余裕こいてきたが…そろそろ…やばいな…」

詩織(やっ…やばいって………)

この状況でやばいといったら一つしか思いつかない。

詩織(まっ…まさか!?)

リッパー「…このまま膣内で射精してもいいよな?」

詩織「んんぅ!!んんぅ!!」

はっきりと言われ首を全力で横に振る。

リッパー「…首を横にふるんじゃなくて、お前の言葉から聞きたいなあ…」

リッパー「言葉が無かったらイエスととらえるぜ」

詩織(いいわけないです!)

しかしそう答えようとしたら間違いなく誤魔化しのきかない喘ぎ声が出る。

もちろん、リッパーはそうなることがわかっているからこういう風に訪ねているのである。
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/08/27(月) 00:46:08.09 ID:f1j5IEjC0
age忘れ
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/08/27(月) 07:36:37.26 ID:B0hbNXeHO
まだやってたんかここ
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/16(火) 23:45:09.84 ID:6DTGOyHWO
おつー。
100スレ目ですよ
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/10/17(水) 00:28:07.59 ID:LaY/we7XO
266 :以下、名無しにかわりまして詩織の受精判定です↓1ゾロ目で受精 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/10/17(水) 22:26:22.04 ID:QDF/qwB90
リッパー「…もっもう限界だ!出る!!」

リッパー「お前の望み通りに膣内で射精してやる」

ドピュドピュドピュドピュ

詩織(いやあああああ!!)

リッパー「…ああ出た出た、今日はもう五回目だがまだまだこんなに出すことが出来るのかやっぱりすごいやこの体)

リッパーは萎み始めた触手をゆっくりと抜き始める

詩織(あっあああ、こっこんなに)

詩織は膣内に入りきらず化物と自分の接合の隙間から溢れる白濁液を見つめる

確か今日は安全日であったがそれでも孕んでしまうのではないかと不安になってしまう量であった。

詩織(でも…何とか声を…あげずに耐えました)

小さな声は漏れたものの明らかな喘ぎ声を出さずに済んだ。

ここからは時計を見えない位置にあるもののそんなに短い時間では無かったと思われる。

詩織(…後、何回かこれを何回か耐えれば…梓さんが…)

リッパー「さてと…次行くぜ」ズチュ

詩織(えっ…?)

さっきまで自分に入れられていた2本の触手とは別の触手が自分の中に入れられようとしていた。

リッパー「休んでいる暇はないぜ、お前はこの触手をすべて相手にしなければならないのだからな?」

詩織「いっ…いや…」

リッパー「さあ二回戦と行こうか」
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/18(木) 19:24:18.04 ID:ClGQb8tM0
戻って来たやったぜ
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2018/10/23(火) 17:41:37.27 ID:a7Mz3PRoO

269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/23(火) 17:50:02.88 ID:1F5AUXrEO
100スレいってましたよ

>>268ら嫌がらせやめろや


270 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/10/23(火) 18:50:17.43 ID:a7Mz3PRoO
あーそれ私です
帰ったら書きます
271 :言ってなかった自分も悪かったけどね ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/10/23(火) 21:13:24.83 ID:tPFDhlsQ0
詩織「っく…ああ…//」

リッパー「ここまで耐える女も珍しいな…」ヌチュズチュヌチュズチュ

リッパー(ただまあ…その表情はもう女がしていいものではないがな。)

詩織(気持ち悪い…です…気持ち悪いのに…気持ち悪いはずなのに……///)

昨日毒島邸でメイドに教えられたあの頭が真っ白になる感覚、

それが数倍の威力で何度も何度も襲ってくる。

それを声をもらさずにただただ耐えているのだ。

詩織(駄目…このまま…これ以上は…)

一昨日までは自慰行為をすることはあっても気持ちよさが出てくる所

リッパー「声に出さずともわかるぜ、限界…近いだろう?」ズチュズチュ5

リッパー「上げちまえよ、情けねえ声、俺に聞かせろ」

詩織「んっ…んんん…///」
272 :100確認 [sage]:2018/10/27(土) 20:56:26.87 ID:u+PNYTHao

なんかスレ乱立が起きているのですみませんがしばらく200で行きます
273 :200確認 :2018/11/05(月) 07:38:10.39 ID:QBwYUQYgo
274 :↓1ゾロ目でエッチシーン後魔法少女現れることが確定 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/11/05(月) 20:33:42.45 ID:QBwYUQYg0
詩織(だっ…だめぇ…///体がもたない…///)

詩織は口を抑えている両手へ更に力を込める。

リッパー「おお、どんどん締め付けがよくなったぞ」ズチュズチュグチュ

リッパー「いくのか?いくのか?」

詩織(もういやぁ…夢なら…夢なら覚めてください)

初めて教えられる女というもの

詩織(いやっ…いやあああああああああああ)ビクンビクンビクン

彼女の抑えていたものが一気に爆発する、爆発したものが彼女の身体中を駆け巡る。

リッパー「今…イッたな?」

詩織「あっ…ああ…」

リッパー「おっと眠るんじゃねえぞ?まだ続きがあるんだからな?」

触手で詩織の身体を思いっきり叩く。彼女の叩かれた部分が赤くなる。

しかし、彼女はピクリとも動かなかった

リッパー「…気絶しやがった。」
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/11/24(土) 23:31:34.40 ID:zBfWCSY80
200
276 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2018/11/25(日) 09:58:39.54 ID:0cZIzynP0
リッパー「ちっ…」パシン

詩織「あぅ……///」ビクン

気絶した詩織を先程まで彼女の中に入れていたものでムチの様に叩き

今度は軽く反応をするが

リッパー「…つまんねえ」

リッパー「そういうズルをするんだったら、しょうがねえな?」

リッパーはおじさんの方を見る。

おじさんは、軽く頷いた


……
………

静香「はぁ…はぁ///」

なに…これ…下半身がベタついて…気持ち悪い…

どうなっているか…見なくても…わかる…

…先程から…この疼きをなんとかしたい…

おじさん「……」サワサワ

静香「んんっ♡」

おじさん「お客さん、疲れていますか?」

静香「はぁ…はぁ……わかります?」

確かに最近は魔法少女としての活動が多かった…

その疲れが今になって来たのかもしれない。

おじさん「その証拠にクリームの効果が早く回っていますよ」

静香「これ………クリームの効果……なのか…」

おじさん「お客さん、商店街のくじ引きの景品の方でしたよね?オプションをつけることが出来ますが?」

静香「…お願いします…」

少ない言葉で返答をする。

余計な注文を加えると絶対変な声を出してしまうから
277 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/12/10(月) 20:51:08.38 ID:5w4wdyGb0
おじさん「それではこちらをつけてください。」

そうして私の担当はホットアイマスクを差し出した。

おじさん「それと仰向けになってください」

静香「…えっ?」

今の私は確か紙ブラジャーをつけていない

おじさん「ああっと失礼しました。」

そうして担当は私にタオルを巻き始める

私の許可を取る前に

静香(………まあいいか)

こういうことは偶にある。

時々微妙にセクハラかどうかわからないように触ってくるのだ

静香(面倒くさいし…)

おじさん「それでは仰向けになってください」

改めて言われて私は仰向けになる

タオルで既に前を隠している事知っているがそれが見えていないためあんまり気分がいいものではないが
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/12/19(水) 12:40:48.59 ID:euKtpspY0
これ200スレ縛りだけど今回どうなんの?

今300いってんだけど
279 :次回400の時に ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2018/12/19(水) 23:52:41.74 ID:7NyoQX010
おじさん「それでは失礼しますね」

静香「んんっ…///」

何か棒状のものが私の秘所に当たる

おじさん「ああ、突然すいません、ここもマッサージをする必要があるのですがデリケートな所を直接触るわけにはいかないでしょう?」

静香「んっ…んんぅ///」

それは私の筋をなぞるように

先ほどと違い電気が流れている感じが全然しない

おじさん「流石にここを強力な電力で流すわけにはいきませんよ」

おじさん「今度はこちらにも電気を流しますね。」モミュモミュ

静香「んあぁ!?」

おじさんはタオル越しに胸のマッサージを始めた

おじさん「お客さん、肩がこりにくいでしょう?余計な脂肪分が少ないですね。」

こ…こんな…マッサージ…聞いたことが…
280 :NEXT500 ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2019/01/02(水) 17:12:17.83 ID:X/DlxKlP0
戸惑っていると担当の男は私の口に手をかける

おじさん「口を開いてくれませんか?」

えっ?よくわからず口を開く

おじさん「少し苦しいかもしれませんが我慢してくださいね。」

そうして私の口に先程のものと思われる棒状のものが入ってくる

おじさん「顎の筋肉をほぐすためにそのマッサージ機にできるだけ舌を当てるようにしてくださいね。」

静香「んんぐっ!?」

突然棒状の何かが私の口の中に入る。

それを噛んでしまった、

おじさん「いたっ……」ボソッ

おじさん「すみません、できればあまり歯を当てないように気をつけてください。結構デリケートな機械ですので」

静香「んっ…レロ…ちゅっ」

静香(…なんだろう…この袋)

おじさん「おっおおお…」

おじさん「おっお客さん、結構筋が良いですね」

静香「んっ…ん♡…レロレロ…じゅる…」

おじさん「あっとすいません、返事する余裕なんてありませんよね?」

その棒状の何かを包んだ袋に穴が空いていた

おじさん「くぅぅ…おぉぉ…」

おじさん「そっその調子です…その調子ですよ。その袋の空いているところを舐める様にするといい感じです。」
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/01/04(金) 00:33:51.23 ID:nJ/TH9QPO
アゲ
いいっすな
282 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/01/04(金) 02:18:01.53 ID:OmfcHqWK0
…ネクスト200です
283 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/01/22(火) 00:11:04.48 ID://nWxSVr0

おじさん「こちらの方のマッサージを再開しますね」

そう言うとおまんこに再び棒状の何かがパンツ越しをなぞり始めた

静香「んんんっ♡」

だめ♡それ♡だめぇ♡

おまんこの事…頭をそらそうとしているのに、そらそうとしているのにぃ♡

静香「れる…じゅる…じゅる…じゅる…んんんっ♡」

私はひたすらデリケートな機械を壊す覚悟でマッサージ機を舐め続ける

静香「れる…じゅるれろれろ…はむっ…じゅるじゅっぽ」ぐっぽ♡ぐっぽ♡

もしちょっとでも……これ以外のことを考えようとしたらもう

人目を気にせず…ただひたすらにおまんこに手を伸ばしぐちゃぐちゃにしてしまいそうだから

おじさん「おっお客様、おっ!そんなに激しくしないでください。機械が壊れてしまいます」

静香「じゅっぽ!じゅる、れるれる、じゅぽじゅるれるれる」ぐっぽ♡ぐっぽ♡
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/01/22(火) 00:12:58.32 ID://nWxSVr0
ネクスト300
285 :次400  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/02/03(日) 20:18:32.94 ID:O4T6FYzl0
おじさん(いかんますます激しくなる)

静香「んんんっ♡おおおぅ♡」

突然、私のおマンコをなぞっていたマッサージ機が激しく動き始め、私はマッサージ機から

そこから先ほどから紙パンツ越しに棒状の何かが私のお尻のワレメをこすり付けて居る

おじさん「……まっ…まずい…このままだと…こちらもスピードを上げなければ」

静香「んんんっ♡」

オマンコの筋をなぞっていたマッサージ機のペースが上がる

駄目♡

マッサージ機でイカされちゃう♡

マッサージ機でイク変態になっちゃう♡

おじさん「くっ…ああ…駄目だ」

担当がなにか焦っているようだけどそんなことを気にしていられない

イク…♡

あああっ…キモチイイ♡

静香「んんんっ♡んんんんんんんんっ♡」ビクンビクンビクンビクンッ

どぴゅ♡どぴゅ♡

あっ♡あああ♡

私…マッサージ機でイカされてしまった♡
286 :※第三者視点 次は500 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/02/17(日) 19:35:49.08 ID:+RPQmqGA0
おじさん「おおおおおお…射精した射精した」

静香の口から穴開きコンドームを装着したおじさんの息子を出す

静香「はぁ……♡はぁ……♡はぁ……♡なにこれぇ♡」

喋る静香の口中にはチラチラと先ほど出された精液が見える。

静香「はぁ…はぁ…これ…どうすれば…」

おじさん「唾液を使って一つにまとめてから飲んでください。」

おじさん「飲みにくいでしょうが頑張ってください。」

静香「わかり……ました…」

静香「んっ…あぁ…♡」

静香「んく…んんっ…」ヌチュ…

静香(粘ついて…飲めない…)グチュ…モギュ…モギュ…

口の中で唾液を使って精液を一つにまとめる。

静香「んんぅ…」ゴクン

おじさん(あーあ、本番前に出しちまったよ)

リッパー「あんた、これでいいのか?フェラチオシーンとごっくんは撮れたみたいだが」

そう言って、ビデオカメラを差し出した。

おじさん「…出来れば本番も撮っておきたかったが仕方ない」

リッパー「これでも飲みな、ちょっと興奮するだけで再装填するぜ?」

そう言ってリッパーは先程の粘液が入ったコップをおじさんに渡した。

おじさん「それ飲むのやだなあ」

リッパー「借金を帳消しにするためだろう?この雌に飲ませた物より粘り気はないから飲みやすいと思うぜ。」

そう言われたおじさんは渋々とその粘液の入ったコップの中身を一気に飲み干した。

おじさん「まっず」

リッパー「文句を言うんじゃねえ」
287 :600  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/03/04(月) 23:47:20.45 ID:VGhQM2zh0
おじさん「それでは失礼しますね」

男は鍼灸マッサージ用に使っている針を取り出し静香の紙パンツに軽く穴を開ける

おじさん(もともとスースーする紙パンツだ、一つ増えたところで気にならないだろう)

その穴を広げるように両手で引っ張る。



おじさん(元々スースーする紙パンツだ、気にならないだろう)ビリビリ



そうしてあらわになった静香の花弁にゆっくり近づける



おじさん(ああ、懐かしい処女の香りだ)クンクンクンクン



この男には家族がいる、丁度この位の年頃の娘もいる。

この娘は自分の娘と知り合いなのかもしれない。



そう考えると男には
背徳感を感じてしまう。

おじさん(しかし…こういう妻も娘もいるのに…こういう娘を襲うのはやっぱりたまらねえな)ギンギン

おじさん(再装填早いなあ、若い頃ですらこのスピードはなかったぞ)
288 :次700 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/03/21(木) 22:42:45.82 ID:A27VjJ8L0
おじさん「失礼します。」

そう言って静香の両足を広げ、挿入れやすい状態にする。

ヌレヌレのそこはもう何もしなくても楽に入るだろう。

男は、自分のものを片手で抑え狙いを定める。

そのまま目標へ一直線

静香(!?)

静香「ああああああああっ!!」

そして考える暇を与えずに一気に挿入れた。

おじさん「ふぅ…」

静香「…なに…今の」

静香は産まれて初めての痛みに襲われた。

男につけられたアイマスクを外し、自分の下半身を見る。

静香「えっ?…はっ?」

おじさん「…」

そこにはおじさんのモノが自分と繋がっているのが見えた。

おじさん「よいしょっと」

男は静香が仰向けになっているベッドに両膝を乗せる

静香が今の状態を理解し、抵抗されない様に両腕を抑えながら

静香「…なにを…あっ♡…やっ♡」ギシッギシッ

言い終わる前に男は腰を振り始めた。
289 :次800 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/04/06(土) 20:14:06.16 ID:NBoX8m7Z0
おじさん「何って、スペシャルコースのセックスマッサージですよ」パンッパン

肉と肉がぶつかる音が部屋中に響き渡る。

静香「やっ♡…やめろ…あっ♡あっ♡あん♡」

おじさん「お客様のような。初めての人になれておじさん嬉しいよ。」パンパンッパンパン

静香「抜け…んんっ♡…抜け」

おじさん「でも静香ちゃん、抜こうと思っても静香ちゃんのおまんこ、おじさんのおちんちんを吸い付いて離そうとしないんだ」

おじさん「だから、最後までマッサージを続けちゃうよ」

静香「やめ…あああっ♡」

おじさん「口では嫌がっているのに、おまんこは締め付けてくれるなんて静香ちゃんってツンデレ?」パンパン

静香(…なっ…何で…何でこんなことになっているの?詩織と一緒に私は確かマッサージを受けていたのに)

静香(そうだ詩織は!?)

ふとある事に気付いたそして詩織を見る。

こんなに騒いでいるのに隣の方が気づかないわけがない。
290 :↓1静香の受精判定 危険日のため確率3倍 ゾロ目orゾロ目の±1で静香受精 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/04/22(月) 23:56:58.91 ID:yFB5qWNA0
そこを見るとベッドの上で気を失っている詩織がいた。

ベッドは知らない間に自分の横に移動していた。

明らかにムチのようなもので叩かれた痕やずらされた紙ブラジャーと破られた紙パンツ

そして、その破られたものの中から溢れている白い液体が明らかに乱暴された事が明らかであった

リッパー「もうそこまで考える余裕が戻ったか」

静香「あっ♡…おっ…お前…んんっ♡…詩織に何を…何をした!?」

リッパー「ああ…お前が自然音で癒やされている時に沢山楽しませてもらったよ」パシン

詩織「あっ♡」

静香「やっやめろ…あっ♡……んんっ♡」

おじさん「おじさんを無視しないで欲しいなあ、今こんなすごいことをしているのにさあ」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ

おじさんは腰のスピードを上げる

静香「あんっ♡あっ♡あっ♡あっ♡あっ♡あっ♡」ギシッギシッギシッギシッギシッギシッ

ベッドの軋みが激しくなる

おじさん「おおお、やべえ調子乗りすぎた、ねえ静香ちゃん膣内射精していいかな?」パンッパンッパンッパンッ

静香「いやっ…あっ♡…あっ♡中はいやああああ…んんっ♡んああ♡」ギシッギシッギシッギシッ

おじさん「いいね…その反応、絶対膣内で!!膣内で出すよ!!おじさんの子供を作ってね。」パンッパンッパンッパンッ

詩織「んっ…んんぅ…………」

詩織「……!?あっ…ああ…」

リッパー「いいタイミングだな、特等席に移動させたかいがあるってもんよ」

詩織「あっああああ」

静香「みっみな…んあああ♡見ないで詩織…んんっ♡」

詩織「どうして…」

リッパー「そりゃそうだろ?いくら声を出さないようにする為とはいえ、気絶するなんてズル認めるわけ無いだろ?」

リッパー「おっと…目を逸らすなよ?後ろ首に何が当たっているかわかっているよな?力を入れさせるなよ?」

詩織「ごめんなさい…静香さん…ごめんなさい」

おじさん「おじさんのザーメン、静香ちゃんの一番奥に全部射精る!!」パンッ パンッ パンッ

ビュルルルルル

静香「ああああああああああああああっ♡」ビクンビクン

おじさん「ああ…一杯出た出た」ニュポン

ゆっくりと萎え縮んだ自分のモノを静香の膣内からゆっくりと引き抜く

静香「あっ…ああっ♡…こんなにたくさん」

静香の花弁から入り切らなかった精液が溢れ出ていく。
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/04/23(火) 00:19:27.01 ID:wpoZNwpx0
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/25(木) 10:28:09.10 ID:vvDO/Nr70
命中したかこれ?
293 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/04/25(木) 23:54:39.34 ID:lRa4QC8R0
イエス
ヒットでございます

ちなみにこの世界の魔法少女の体内は魔力が充満しておりこの魔力によって精子は活性化します
そのため、受精まではSEXから1時間以内 着床までは一日となっております

この一日以内になんとかしないと静香ちゃんは16歳にして1児の母になるか中絶かの二択に迫られる事になってしまいます
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/08(水) 12:55:08.58 ID:S2znBHQTO
200いきそう
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/13(月) 22:08:59.16 ID:ltXkWEkBO
元スレの>>1複雑骨折から治ったみたいで安心したよ
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/20(月) 16:56:32.75 ID:T3IYklWAO
複雑骨折(大嘘)だぞ
骨折宣言した直後にうっかり同じIDでスレ立てて200レス近くSS書いてたからな
297 :先走り  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/23(木) 00:26:52.98 ID:FgjsV4sq0
静香「はぁ♡」ドロォ

リッパー「さあてと…」シュルシュルシュルシュル

詩織「やっ…あっ…」ガシッ

静香「ああっ」ガシッ

おじさん「二人の両手を高く上げてどうするつもりだ?」

おじさんの目の先には天井から吊り下がった触手が二人に向かってゆっくりと降りてきた

リッパー「お楽しみさ」ギュッギュッ

その触手が二人の交差した両腕を縛る。

リッパー「これで完了っと…」

ふとリッパーはおじさんの方を見る。

リッパー「さてと…」

そう言ってリッパーはおじさんの目の前に一本の触手を止める。

その触手を時計回りに円を描くように回し始める。

リッパー「おまえはーいえにかーえーるーこのことはだーれにもはーなさなーい」

おじさん「……?」

おじさん(あっそうだ、操られているという設定だった)

おじさんは肩を落として力のない足取りで歩き始める。

その途中でテーブルに置いていた静香とのセックスを行った際に取ったビデオカメラを回収し、部屋の外へと出ていった。
298 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/05/31(金) 01:54:33.30 ID:1BI5Eab20
リッパー「さてと…まさかお前ら、あれだけで終わりって思っていないよな?」

そう言うと両手の自由を奪った二人に触手を伸ばし両足と頭を絡めて運べる状態になる。

詩織「なっ…何をするつもりですか。」

リッパー「ああ、ちょっと疲れたからな。お前らにちょっとしたゲームをやってもらおうと思ってな」

リッパー「お前らまんこの方を見てみな」

詩織「なっ何ですか?これは」

リッパー「股縄と言ってな、まあ口で説明するよりも体感するほうがいいだろうな」ポチッ

静香「ああっ♡」

詩織「うぐぅ♡」

リッパーの持っているリモコンが押されると同時に二人の足元にあった縄が二人の股に強く食い込む



リッパー「さてゲームの説明なお前らはまっすぐ歩けば相方の所に到着する状態になっていることは見てわかると思う」

リッパー「この状態で相方の所に到着した状態がゴールだ、ゴールの状態になった時に沢山進んでいたほうが勝ち」

リッパー「負けた方は罰ゲームだ。」

静香「…」

詩織「…」
299 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:55:08.67 ID:1BI5Eab20
リッパー「おい…感じたくないからといって動かないを認めるわけねえだろ」パチン

リッパーは二人に向けて触手を鞭の様にふる

静香「あぐっ」

詩織「ああっ」

リッパー「それとも一生残る痣がほしいか?俺はそっちでもいいぞ?」

静香「…詩織」

詩織「……」コクリ

静香「んっ…」

詩織「ああっ…」

リッパー「そうそう、さあさあ歩け歩け」

詩織(こっこれ…)

静香(歩くたびにこすれて)

詩織「あっ…あんっ♡」

詩織(こっ声が)

詩織「あぐっ…」

詩織(いっ…痛いけど)

リッパー「ちょっとずつ気持ちよさそうな声を出しているな、こんな体を痛めつける行為がお好みか?とんだ変態だな」
300 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:55:51.81 ID:1BI5Eab20
静香「そんなわけ…ないだろ…ぐっ…ああ…」

リッパー「そりゃそうだ、痛めつけてる少女がとんだマゾとか興ざめだもんな」

詩織「あぐっ…あがっ」

リッパー「…さてと、そろそろ、お楽しみと行きましょうかね」ポチ

リッパーが

ずっと二人の様子を眺めていたリッパーは持っていたリモコンのボタンを押す。

静香「あああああああああっ!!」

詩織「おまんこを食い込んでいる縄がああ」

二人のおまんこを食い込んでいるロープが二人のゴールとは反対方向に動き始める。

静香「うぐっ・・・ああっ」

詩織「あああっ」

リッパー「ほいほいじゃんじゃんスピードアップスピードアップ」

ああああああああああっ♡

リッパー「おらおら…動かなくていいとは一言も言ってないぞ」ペシンパシン

静香(駄目っ所々にある結び目がぁ♡)

詩織(声を封じたくても声が♡出てしまいます♡)

静香「あぐぅ♡」

詩織「いっ♡」
301 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:56:29.52 ID:1BI5Eab20
リッパー「感じてんじゃねえよ、ドM雌豚!!」パシン

詩織「ちっ…ちがっ…あああっ♡」

リッパー「せめて、その喘ぎを止めてから否定してみせろよ?」

静香「くぅ♡」キッ

リッパー「…股のロープを完全にびっしょりにして睨まれても怖くねえな」

リッパー「というかお前ら全然足を進めていねえよな?一回ムチ止めてやるから歩いてみろ」

詩織「はぁ…ああっ♡くぅ…♡」

リッパー「歩かねえと両者敗北ということでどちらにも罰ゲームを与えるぞ、さあさあ」

ぎゅいーーーーん

静香「くっ…はっ」

リッパー「さあ歩け」

詩織「あぐっ♡」

ぎゅいーーーーん

静香「あああ…きつい♡」

詩織「さっきより食い込みが…強くぅ♡ああっ♡」

二人は前に進もうとするが、回転を続けるロープが二人に裂けるような痛みと時々の快楽を与えてうまく歩けない
302 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:57:05.56 ID:1BI5Eab20
リッパー「抗う姿を見せろよ、感じているところばっかじゃ飽きるぜ」

詩織〈そっそんなことを言われても…〉あっ…あっ…

静香「ある…歩けない」

リッパー「…ほうそうかだったら馬になってもらおう」

バシン パシーン

詩織「あああああ!!」

静香「あぐぅぅぅぅ!!」

リッパー「お前ら、全然だめだな。」

リッパーはそういうとスイッチを押す、股縄が突然影の中に消えて変わりに何かが静香と詩織の足元から二人のおまんこに何かが現れる

詩織「あがあ!!」

静香「お゛お゛っ!!」

二人は自分の体重が全て自分の肉壷にかかった。

リッパー「その三角木馬に馬の正しいあり方を教えてもらえ」パチン

リッパーは触手で指パッチンのような音を鳴らすと三角木馬は影の中に隠れる

リッパー「もういっちょお」パチン

詩織「ああぐぅ!!」

静香「おぐぅ!!」

静香(こっ壊れる!)

詩織(何度もこれやられると…壊れちゃいます)

リッパー「さあ、もう一セット行こうか?」

静香「やっ…やめろ」

リッパー「…………まだ俺に返事できるほどには元気があるみたいだな。」

今度は静香の腰を掴む。
303 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:57:41.42 ID:1BI5Eab20
リッパー「だったら、もっともっとひどい目にあってもらおう」

そう言うと静香の肉壷を三角木馬の鋭利な部分を何度もこすらせる

静香「ああああああ、だめぇえっぇ!!裂ける!!本当に裂けちゃう、だめ♡だめえ!!」

リッパー「おい、痛みの中に喘ぎが混じっているぞ。まじかよ、これ感じるのかよ!!」

静香「やめえあああああ♡いだい!!いだい♡」

リッパー「痛がっている割には、身体は喜んでいるな!!おい!!」

詩織(あっ…あああ…静香さん…)

リッパー「もしかして…お前、友達がこんなことで感じていることに興奮しているのか?」

詩織「そっ…そんなこと」

リッパー「そうか、じゃあこんなことをしても平気だよな?」

詩織の後頭部を抑えこみ、静香の頭に近づける。

リッパー「おら、舌をからめろ…」

静香「だめぇ…ああっ♡」

自分の後頭部には鋭利なものが当たっている。
304 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:58:14.55 ID:1BI5Eab20

詩織「……………レロ」

静香「…!?」

リッパー「おっ?」

静香の口の中に詩織の舌が入る

リッパーは静香を三角木馬に擦る行為を一旦止めた

静香「じゅる…んんっ…れろ…しっ詩織…なっ何を…あああ」

そして詩織の主導でお互いの舌を絡ませる

詩織(ああ…静香さん…こんなに乱れて)

そう言うと更に激しく絡める

静香「だっダメぇ詩織、あんたがおかしくなったら、私…じゅるどうすればいいの」

リッパー「おおお、やっぱりお前らそんな関係だったのか」

静香「ちっ…ちがっ、レロ…じゅる…ああっ♡」

リッパー「ほう、キスしている間、俺は何もしなかったが…さっきよりもお前のそこ濡れているぞ?」

静香「そっ…んんっ…♡」

リッパー「素直じゃない静香ちゃんには更にお仕置き追加」

静香「あああああっ!? やめっもう擦らないでああああっ♡」
305 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 01:59:54.28 ID:1BI5Eab20
静香「おお…♡ああ…♡」

リッパー「…鳴けなくなったか…ほい終了」

リッパーが擦ることをやめた時には静香は自力で立ち上がる事すら出来る体力も残っていなかった。


リッパー「さあてと」

リッパー「そろそろ俺の方も準備ができたことだから2回戦と行こうか?」

すごくいい笑顔で二人を見た

詩織「ひっ…」

静香「あっ♡はぁ♡」ビクッ

二人は周りを見る沢山の触手が二人を囲んでいた。

二人にはもう立ち上がる体力も気力もなくなっていた。

詩織「…お願いです…あぐ…もう…もう許して下さい」

その触手はじりじりと近づいてきた。

もし二人が今から逃げたとしてもどれかに捕まってしまうだろう。

リッパー「…おいおい…お前らのせいで俺のチンチンは全部ギンギンになってしまったんだぜ?責任くらい取れよ!!」

すべての触手は飛び掛かるように一気に距離を詰めて

詩織「いやあああああ!!」

静香「うぅ…」
306 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 02:01:07.02 ID:1BI5Eab20

……
………

詩織「んんっ♡おぐっ♡むごっおぐっ」グッポグッポ

静香「あぅ…♡あぅ…♡」

リッパー(しかし…なんかこの体を手に入れたからにはもうちょっと外れたプレイが出来ないかな…)

ふとリッパーは一本だけ異様に長い触手があることに気付く

リッパー(…いいこと思いついた)

その触手を詩織のアナルへゆっくりと近づけるもともと挿入中の触手を抜き代わりにその触手を突っ込んだ

リッパー(マグロになってるやつよりこっちだよな)

詩織「んんんっ!!」

リッパー「おおおっしっしかし…これは流石にきつい」ズププ

触手を抜こうとはせずどんどん奥の方へと突っ込む

詩織(なっ…何を…)

リッパー「おっと…暴れるなよ。ヘタに暴れると…わかっているな」

そう言うと口に突っ込んでいた触手を抜く

詩織「こっ…ああっ♡今度は何を」

リッパー「…気付かないのなら、どうなるか楽しみにしていな」ズプ

詩織「おおっ!?」

詩織(……これ…もしかして…)

詩織「やめ…ああ…それだけはやめて…おおっ♡…おぐっいやっ…ごぼぉ!」

静香「ごぼぉ」

詩織の喉奥から出てきた触手が静香の口に入りそのまま喉を通る。

詩織「がぽっ…」

静香「ごぽっ…」

詩織(苦しい…息が…あああ…)

リッパー「痛そうだな、まあこれが気持ちいいと言ったらさすがにこの俺様も引くが」

リッパー(しかし痛いのは最初だけだ、徐々にこれが快楽になっていく事に戸惑いな)

    (おおお、しかし…さすがに締め付けがきつい…ここで一発目か…)
307 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 02:01:36.87 ID:1BI5Eab20
リッパー「さあてと一発目行くぜ!!」

どぷどぷどぷどぷどぷどぷ

詩織「んうぅぅぅ!?」

静香「あああぅ…♡」

二人の体の中に入った一本の触手の至る所から粘着質の高い白濁液が放たれる。

詩織「ごぼっ…」

静香「むぐぅ…」ゴキュゴキュ

詩織の喉で出された分が口からあふれて静香の口に入り喉を通る。

射精した触手は再び静香の身体の中を進入する事を再開した。

静香「んんっ…あがぁ…」

詩織「おぐぅ…」

リッパー「これで終わるわけないぜ、このまま2回戦と行くぜ」ズププ

詩織(……あああ…痛いです…痛いです)

静香(いたい…いたい…)

リッパー(…ととと、肉壺の形は違うように食道の形も変わるんだな、慎重にしなければ)

詩織「んんぅ…んんぅ…」フルフル

詩織は必死に首を振る

リッパー「やめてほしいのか?残念だが」

静香「あぐぅ…」ブポッ

静香の不浄の穴から詩織の身体を貫通した触手が出てきた

リッパー「こっちも貫通っと、さあ…今度はこっちの肉壺を味わってみるか」

その触手をそのまま静香の先ほど犯されたばかりの前の穴をに挿入する。

リッパー「あっ…これやべ」

どぷどぷどぷどぷどぷどぷ

再び二人の身体中にねっとりとした欲望の液が放たれる。

リッパー「さすがに遊びすぎた、射精感がマヒしてきた」
308 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/05/31(金) 02:02:19.62 ID:1BI5Eab20
リッパー「……やっぱり一番奥で出さないとな」

再びリッパーは静香の最奥に向けて触手を進める。

静香「お゛っおぐっ」グッポグッポ

詩織「お゛お゛お゛お゛」ゴッポゴッポ

静香(いっ息が…)

詩織(ダメ…これダメ…冗談抜きで…じゃなく死ぬ…死んじゃう)

リッパー「息が出来ないか?」ズチュヌチュ

リッパー「まあ俺は苦しくないからどうでもいいがな。」

詩織「おぐっ、おぐっ」グッポグッポ

リッパー「所でどうだ?そろそろ食道中が犯されている事も快楽になってきているだろう?」

詩織(あっ…こんなの…こんなの嘘です…こんなことでぇ いや……です…こんな事で)

リッパー「今のお前らだったら、ただ食事をするだけでイク事ができるぜ」

リッパー「ととと…お前の方のおまんこが今は寂しい状態となっているな、安心しろ、お前にも別のちんちん触手を入れてやるよ」

ズチュ

詩織「おぐぅ!?」

リッパー「さあて…このプレイのラストスパート行くぜ?」

ズチュズチュズチュ

静香「おごぉぉおぉ♡」ゴッポ

リッパー「おっおおお…やっぱり身体中でしごかれると気持ちよさが全然違うな、この俺がここまで早漏になるとは」

リッパー(しかし…この全身を通すプレイ、所々触手が消化液にかかっていてぇ)

ズチュズチュズチュ

詩織「おぼぉぉ♡」

リッパー「さてと…イクぜ、最後の一発行くぞおおおおお!!」


ビュルルルルルルル

詩織「おぼおぉぉ!?」

静香「むぐぅぅ!?」

再び二人の身体中に催淫作用の精液が射精される。

リッパー「はぁはぁはぁ…流石にこの身体で遊びすぎたか…サラサラな精液しかでねえ」

ここに来る前に二人以外にも色々な少女を遊んできたがそろそろ限界がやってきた

リッパー「…流石にそろそろ戻るとするか」
309 :ようやく終わったぞおおおおお!! 修正発生するかもだけど今は気にしない ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/05/31(金) 02:05:34.23 ID:1BI5Eab20

……
………

リッパー「…はあはあ…やっと引き抜けたぞ」クラッ

引き抜いてから立ち上がろうとしたら立ちくらむ

リッパー(流石に疲れた…)

詩織「ああ…あああっ♡」ビクンビクン

静香「おっ♡おおおお♡」ビクンビクッ

二人の身体中の穴という穴から白濁液が溢れていた、溢れている白濁液は床で混じり
もともとどちらの中で出したものか判別が出来なくなっていた。

リッパー「流石に…立ち上がれる気力も体力も残っているわけ無いか、やりすぎた」ハァハァ

まあリッパーからするとまあ死んでも別にいいかというノリでやった行為であったが、
まさかどちらも生きているというのはリッパーからしたら予想外だった。

リッパー(人間の体って意外と丈夫に出来ているんだな…)ハァハァ

リッパー(しかし…これはまずいな、多分これ魔法少女から気配を隠す力も残ってねえ…)

今、もし魔法少女に見つかりでもしたら勝てるビジョンが見えない。

リッパー(見つかる前にずらかるか)

リッパー「…なんだ?」

↓1 静香の受精判定 18 42 48 63 81 84 で二卵性双生児(おじさんとリッパーが父となります)

↓2 詩織の受精判定 コンマゾロで受精します

↓3コンマを4で割った結果
1か3余る パトカーのサイレンの音が聞こえる
2余る   影から声をかけられる(詩織が攫われ状態になるかも)
割り切れる もう一回コンマ判定(光・ホムラ・梓のいずれかが現れる)
ゾロ目 扉が開く(ホムラ・梓共闘)

ちなみに↓2で受精した後に攫われ状態となったら詩織が1児の母親になることが確定です。
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/31(金) 06:11:43.68 ID:13kZMUi20
滅茶苦茶更新あって嬉しいあとエロい
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/31(金) 06:48:16.91 ID:wpfqbV9iO
ゾロ目
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/31(金) 07:43:02.01 ID:ASmVlZVW0
おう
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/05/31(金) 12:18:10.79 ID:13kZMUi20
お疲れ様
314 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/02(日) 00:06:47.30 ID:AZ+6i9uN0
ファンファンファンファン

リッパー「パトカーか」

リッパー「流石に化物になった後もこの音だけは苦手だ、面倒な事になる前にずらかるか」ガチャ

裏口から逃げようとしたところ

リッパー「んっ?」

警官「へっ?」

鉢合わせた。

リッパー(こいつ、俺をしつこく追っかけてた警官じゃねえか!!)

※警官視点

警官「ばっ化物!!」

警官はとっさに銃を取り出す。

リッパーがここにたどり着く前に陵辱された少女達を辿っていたら偶然ここにたどり着き

これまた裏口周辺の駐車スペースで車を止めたところ、目的の強姦魔と出会ったのである。

警官(…何という不運だ…逃げようとしたら後ろをやられる)

最も彼は化け物となったその強姦魔を認識できなかったが

警官「くっ…覚悟を決めるか」

↓1 戦闘コンマ

奇数の69まで 警官の攻撃(弱 拳銃ぶっぱ)

偶数の50まで リッパーの攻撃(弱 触手のムチ)

奇数の71以上 警官の攻撃(中 マジカル警棒 ※魔法少女やノイズ特攻の警棒)

偶数の51から80までリッパーの攻撃(中 触手で突く)

ゾロ目全部 警官の攻撃(強 マジカルリボルバー ※魔法少女やノイズ特攻のリボルバー銃)

それ以外  リッパーの攻撃(強)
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 00:07:35.97 ID:HXemTzzNO
316 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/02(日) 00:22:46.91 ID:AZ+6i9uN0
警官「よかった、念の為常備しておいてよかった。」

警官は帯革の左腰に装備している警棒を取り出す

これは化物や魔法少女用を相手する際にのみ使用が許可されている警棒である。

しかし、相手と自分とでは明らかにリーチが違う。

警官(確か、リボルバーも持っていたはずだが……確か車の中だよな…)

車に入っていることは覚えていたがどの位置に置いておいたかは覚えていない。

しかし、道具が道具なのですぐには取り出せない位置に入れているだろう。

警官(これで何とかするしかないか)

↓1 ダメージ判定
偶数ゾロ  カウンター
1〜30   かわされた  ※2ターン目へ
31〜65  触手に当てた ※決着戦で警官が若干有利に
67〜98  胴体に当てた  ※決着戦で警官が有利に
奇数ゾロ 胴体に当てた上にリッパーバランスを崩す ※一発勝利

↓2 2ターン目の戦闘判定へ
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 01:00:57.35 ID:ikbwesl80
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 01:10:52.52 ID:d+p3oy0fO
319 :寝落ちしてました ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/02(日) 18:59:50.29 ID:AZ+6i9uN0
リッパー「…これでも喰らえ」バッ

そんなことを考えていると触手が警官に向けて突いてきた。

警官「ちぃ!!」

警官はその触手に警棒を叩きつけはらう。

リッパー「あがああああ!!」ジュウウウゥゥ

警棒で払った触手が蒸発する。

警官「化物相手にここまで効くとは聞いていたがここまでとは」

人間相手にしかこの警棒を使ったことなかったが化物相手だとこんな風になるとは想像もしていなかった。

リッパー「野郎!!何しやがる!!」

リッパーは別の触手でもう一度警官に向けて突く

警官「無駄だ、ぐっ」

その触手に向けてその警棒にもう一度はらう。

がその時に更に別の触手が警棒を持った手をはらう。

警官は持っていた警棒を落としてしまう。

リッパー「そこだ!!」

さらに別の触手が警棒をつかみ大きく投げた。

警官「しまった!」

リッパー「頼みの警棒はどこかへ行ったぜ!さあて…反撃開始だ!」

そう言うと警官に複数の触手で突いてきた。

決着(4ターン目)コンマの警官勝率+5%

現在 警官勝利 15% リッパー勝利 35% 魔法少女乱入 50%

↓1コンマ
偶数ゾロ 一発敗北
コンマ下一桁 1〜3 足を貫通   警官勝率ダウン
コンマ下一桁 4〜6 一部だけ掠る 警官勝率若干ダウン
コンマ下一桁 7〜9 完全回避   3ターン目へ
奇数ゾロ カウンター

↓2コンマ 3ターン目戦闘判定

警官攻撃コンマが変更
奇数の79まで 警官の攻撃(拳銃ぶっぱ)
奇数の81以上 警官の攻撃(マジカルリボルバー)
ゾロ目全部  警官の攻撃(応援の警官が駆けつける ※マジカルリボルバー二丁持ち)
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 19:09:42.30 ID:mQsbJ8N+O
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 19:14:53.30 ID:WCDoHARXO
322 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/02(日) 19:22:42.60 ID:AZ+6i9uN0
0の場合を用意してなかったので以下の通りに訂正します。

偶数ゾロ 一発敗北
コンマ下一桁 0〜2 足を貫通   警官勝率ダウン
コンマ下一桁 3〜6 一部だけ掠る 警官勝率若干ダウン
コンマ下一桁 7〜9 完全回避   3ターン目へ
奇数ゾロ カウンター

0のため警官勝率ダウンです
323 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/02(日) 20:02:24.81 ID:AZ+6i9uN0
警官「くっ!!」

警官は飛んで避けようとする

ザシュ

リッパー「手応えあり!!」

警官「あがあああああああ!!」

リッパーの放った触手のうち一本が足を貫通した。

警官「いってえええええええ!!」

ドゴーン

残りのすべては警官の乗ってきたパトカーの貨物扉を貫通した。

リッパー「これで逃げる手段はすべて封じたぞ、さっきはよくもやってくれたな」

パシーン パシーン

触手をムチのように振っていく

リッパー「すぐには殺さん、じわじわとなぶってやんよ」

警官「くっ!!」

警官は触手をガードでその触手のムチをガードする

警官勝率 10%ダウン
現在の決着コンマ
警官勝利 5% リッパー勝利 45% 魔法少女乱入 50%

コンマ44    一発敗北
その他偶数ゾロ ガードのはずみで貫通部分にダメージ 警官勝率ダウン
コンマ下一桁 0〜2 ガード完全失敗 警官勝率若干ダウン
コンマ下一桁 3〜6 ガード失敗   警官勝率ごく僅かにダウン
コンマ下一桁 7〜9 ガード成功   決着へ
奇数ゾロ カウンター
324 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/02(日) 20:02:50.89 ID:AZ+6i9uN0
コンマは↓1です
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 20:11:25.71 ID:Z4cpLsvXO
おお
326 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/02(日) 20:27:15.12 ID:AZ+6i9uN0
警官「あっつ、いたっ!」

パシーン

リッパー「おいおいどこに目がついているんだ、ガードの腕が全部触手を避けているじゃないか」

警官「くっ」

警官「がはっ」

警官は力尽きうつ伏せとなった

リッパー「もう終わりか、立ち向かった割には大したやつじゃなかったな。」

リッパー「貴様のラストキスは地球だったな、さよならだ」

リッパーは警官にとどめを刺そうと首元に向け触手振り下ろした

↓1決着コンマ(ゾロ目無関係)
偶数 リッパー勝利
奇数 魔法少女乱入
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 20:29:54.18 ID:Z4cpLsvXO
これが婦人警官だったらエロ展開だったんだろうか
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 20:31:12.36 ID:WCDoHARXO
負けた
329 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/02(日) 20:45:39.21 ID:AZ+6i9uN0
ちなみに応援の警官が婦警さんでした
マジカルリボルバーは1/4で一発勝利のため、二回1/4をくぐった上で勝ちに持っていかないといけません
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 21:09:45.90 ID:WCDoHARXO
もううろ覚えすぎるけど警察と魔法少女って一応連携してたっけ?
331 :いんや連携はしてませんよ 異端視してますので ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/02(日) 21:23:51.52 ID:AZ+6i9uN0
リッパー「野郎の返り血とは…やっぱ気持ちいいもんじゃねえな、近くに愛するその野郎を愛する雌が必要だ」

リッパー「まあ…贅沢は言えねえな」

返り血の噴水を受けたリッパーは温泉施設の近くの森林へと逃げていた。

ノイズの気配を出しながら森林を駆け抜けるという危険な状態が続いている

魔法少女に出会ってしまったら絶対にやられてしまうだろう

魔法少女だけではない、人間相手も先程のような武器を持っているやつがいるかもしれない。

さっきはヘボな動きだったから助かったようなものである。

出会ってしまったらまた勝てる保証はない。

「お見事だったぞ」パチ…パチ…

ふと後ろから声をかけられた。

リッパー「あっあんたは」

そこには研究所の助手のポネがゆっくりとした拍手をしていた。

ポネ「合格だ、リッパー。当研究所はお前を正式に迎える」パチ…パチ…パチ…パチ…

リッパー「…ずっとつけていたのか?」

ポネ「当然だ、よくわからんものを当研究所の兵器にする訳にはいかないからな…これを飲め、ノイズ版の元気ドリンクだ」

そう言うとポネはゲル状の液体が入ったコップを渡した。

リッパー「…」

ポネ「魔法少女等に見つかりたくないのならそれを飲め、私はここで失礼するよ」

そう言うとポネは森林の影へと消えていった。

リッパー(………嫌な女だ。)ゴクゴクゴクゴク
332 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/02(日) 21:49:40.13 ID:AZ+6i9uN0
梓「すみません、入館料は連れが渡しますので」

その頃、梓とホムラが温泉施設にたどり着いていた。

受付「おっお客様?受付時間過ぎてます!困りますよ!」

梓は受付を通り過ぎて真っ直ぐとマッサージルームへと向かっていた


……
………

梓【変身中】(詩織と静香につけた黒い雷はこの部屋からね)

ガチャ

梓「………」

詩織「うぁぅ♡」ドロォ

静香「あっ……あずさ…んあぁ♡」ヒクヒク

そこには説明するよりも見たほうが早い光景が広がっていた。

梓「いっいやああああああああああああ!!」
333 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/02(日) 22:37:41.46 ID:AZ+6i9uN0
ー詩織の家ー

ジェシカ「シオリ、ダイジョーブネ?」

詩織「なんとか、大丈夫です」ヨロ

静香「私は…大丈夫じゃない」ハァハァ

ホムラと駆けつけた光によって詩織と静香は詩織の家へと運ばれてた。

ちなみにジェシカはまだ眠っていたので叩き起こした。

光「どう見ても大丈夫じゃなさそうね」

ホムラ「そう……だね……」

ジェシカ「ソレト梓、アナタモ休ンデクレマセンカ?ノイズトセックスシタ時ノ治療ハアナタノ能力ガ活躍シテイマス」

梓「了解」

ジェシカ「ジャア光、ホムラ、明日ハ早イカラ早ク帰ッテ寝ルコト、ソレト明日ノパトロールハ別ノ地区担当ノ魔法少女二依頼シマス」

光「了解」

ホムラ「はい……」

ジェシカ「……光、ホムラハ無理シテ起キテイルノデ送ッテクダサイ。」

光「了解、ホムラ帰るわよ」

ホムラ「うん…」ウトウト
334 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/02(日) 23:25:03.68 ID:AZ+6i9uN0
ー男子寮ー

光「…」コソコソ

光はホムラに肩を貸しながらコソコソっと男子寮に潜入していた。

ホムラ「…」ウトウト

「………門限過ぎているぞ」

光は後ろから肩を叩かれる。

光「!?」バッ

そこには女子の体育教師であり寮長の如月がいた。

如月「…魔法少女のことがあるから門限の事は別に目を瞑るが…コソッと戻るのだけは勘弁してくれよ」

如月「それと規則だから報告書、適当でいいからそれっぽい理由を書いてくれ」

ホムラは男子寮、寮長の如月の義姉の娘の為か女子でありながら男子寮に住んでいるのであった。

ちなみに女子寮は看護科の関係で満杯なのでもう入らない。

↓1 男子寮もしくは光帰宅時のイベント、この時に何が起こるか募集します。
   多分今日はこれが最後です。
   >>1に前スレのurlがありますのでそちらの>>37>>68までに登場人物がいますので参考にしてください(※ノイズ系は敵として登場しないのならセーフです)
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/02(日) 23:47:21.49 ID:WCDoHARXO
男子寮に戻るホムラに偶然健太と会う写真のことを思い出しドギマギしながら部屋まで見送る
336 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/03(月) 00:56:26.81 ID:3z8jPQ3Q0
ちょっと安価と変わっちゃうけど許してね
それと写真を持っているのは隆のためそこを修正します。

ホムラ「…」ウトウト

隆「あれ?日之出、この時間まで起きているとは珍しいな」

ホムラ「うん……シャワー浴びたくなっちゃって」ゴクゴク

銭湯はもう流石に閉まっているので、寮内の共用シャワーを浴びていたホムラは男子寮共用スペースで冷蔵庫の中の麦茶を飲んでいた

隆「……所で明日も同じ時間帯でいいの?」

ホムラ「うん…朝練はいつもどおりに…」コクリコクリ

ホムラ「ごめん…タカちゃん、ボク、もう寝る」ウトウト

いつも寝ている時間から更に3時間以上過ぎている、流石にホムラは限界であった。

隆(やばいやばい…)

ホムラは立ち上がり寮長室横の自室へと歩こうとした。

ホムラ「…」クラッ

あるきながら眠りそうになりバランスを崩す

隆「おとと」

バランスを崩したホムラを支えようと両手を差し出す

ムニー

隆(って…しまったああああ)

その際にホムラの禁断の果実にシャツ越しで触れてしまったのである。

ホムラ「Zzz…Zzz…」

隆(………セーフ…軽く揉んじゃったけどセーフ)

とりあえず隆はホムラを自分の座っていた椅子に座らせる。

隆(……ととと、とりあえず)


……
………

如月「…あーあーしょうがねえな。うちの姪は、悪いな鈴木。今度お前の為に特大スクープを探しておいてやるよ」

隆「あっ…別にいいです。そういうのは気持ちだけで」

如月「そうか、じゃあまた明日な」

そう言うと如月はホムラを寮長室横の彼女の部屋に運び始めるのであった。

その様子を隆は眺めていた。

先程まで見ていた写真を思い出す。

あの写真で強調していたものに一枚のTシャツ越しに触ってしまった。

隆(落ち着け俺、落ち着け俺、あれは胸に溜まったハリがある大きな脂肪分だ。落ち着け落ち着け)ギンギン

とりあえず今日のオナネタには困りそうにない隆であった。
337 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/03(月) 01:07:16.39 ID:3z8jPQ3Q0
今日は終了です。
それと佐藤 健太及び変身後のバアルの設定が出来ましたので記載します。

【名前】佐藤 健太
【性別】男
【年齢】16
【容姿】長い黒髪で目が隠れている
【性格】臆病、優しい
【変身時の名前】バアル
【変身時の容姿】銀髪オールバックになり悪魔の羽と尻尾が生える
【備考】光のクラスメイト。
人間とノイズのハーフで二重人格。
もう一人の自分(ノイズ)に薄々気づいていてその影に怯えている。
バアルは度々健太の体を乗っ取りノイズ達を指揮している。

健太とバアルは好きなものが同じ、健太が気に入ったらバアルはその全て催眠堕ちで手に入れる。
ちなみに健太の好みのタイプの女性は爆乳の娘
男子が選ぶ女子の人気ランキングでは上位から順番にホムラ・ジェシカ・光 最後まで光か梓のどちらに投票するか悩んでいた。


ノイズとしての力
→指鳴らしで洗脳が可能、正し相手にハッキリと聞こえる距離で指鳴らしを見てもらう必要がありその後に指示を出す

・意識朦朧としてる半睡眠状態が可能
・意識が覚醒してるが相手の体の主導権を握り命令通り行動させることが可能
・幻覚を見せることが可能
・催眠相手の五感をかえる
・体験したことを忘れさせられる

ただし最初の一度だけハードルが高く、彼自身が作成した、催眠動画か、催眠音声をフルで見せるか聞かせる必要がある。

催眠動画は一度に大量の人に催眠をかけることが出来るが魔法少女には効かない(ホムラは例外)
催眠音声は、一度に一人しか聞かせることが出来ないが魔法少女にも効く
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 01:32:54.99 ID:0wwBM9XTO
おつ
339 :ちょいと修正プラス加筆  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/03(月) 21:24:42.01 ID:3z8jPQ3Q0
ホムラ「…」ウトウト

隆「あれ?日之出、この時間まで起きているとは珍しいな」

ホムラ「うん……シャワー浴びたくなっちゃって」ゴクゴク

銭湯はもう流石に閉まっているので、寮内の共用シャワーを浴びていたホムラは男子寮共用スペースで冷蔵庫の中の麦茶を飲んでいた

隆「……所で明日も同じ時間帯でいいの?」

ホムラ「うん…朝練はいつもどおりに…」コクリコクリ

ホムラ「ごめん…タカちゃん、ボク、もう寝る」ウトウト

いつも寝ている時間から更に3時間以上過ぎている、流石にホムラは限界であった。

隆(やばいやばい…)

ホムラは立ち上がり寮長室横の自室へと歩こうとした。

ホムラ「…」クラッ

あるきながら眠りそうになりバランスを崩す

隆「おとと」

バランスを崩したホムラを支えようと両手を差し出す

ムニュ

隆(って…しまったああああ)

その際にホムラの禁断の果実にシャツ越しで触れてしまったのである。

ホムラ「Zzz…Zzz…」

隆(………セーフ…軽く揉んじゃったけどセーフ)

とりあえず隆はホムラを自分の座っていた椅子に座らせる。

隆(……ととと、とりあえず)


……
………

如月「…あーあーしょうがねえな。うちの姪は、悪いな鈴木。」

隆「あっ…いえ。」ドギマギ

如月「じゃあまた明日な」

そう言うと如月はホムラを寮長室横の彼女の部屋に運び始めるのであった。

その様子を隆は眺めていた。

先程まで見ていた写真を思い出す。

あの写真で強調していたものを一枚のTシャツ越しに触ってしまった。

隆(落ち着け俺、落ち着け俺、あれは胸に溜まった大きな脂肪分だ。落ち着け落ち着け)ギンギン

とりあえず今日のオナネタには困りそうにない隆であった。


ダボダボのシャツを着たホムラをベッドに寝かしつける

如月「ホムラ…年頃の少女が寝間着のまんま、男子寮の廊下を歩くんじゃないよ」

ホムラ「すぅ……すぅ……」

完全に眠ってしまった彼女は答えない。

如月「誰に似たんだか………」

ふと唐突に8年前、如月が寮長になりたての頃であり、兄夫婦からホムラを預かった頃に

自分がシャツとパンツの状態で共用スペーステレビの前でビール片手に野球観戦したときのことを思い出す。

如月「あかん…どう考えても私のせいだ。寮内での生活を知られたら私が義姉さんにどやされる…」

340 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/03(月) 21:44:00.75 ID:3z8jPQ3Q0
ー光の家ー

光が自宅に戻るとスヤスヤとソファの上で秋子が眠っていた。

テーブルの上には一緒にTVゲームで遊ぶ準備が残っていた。

どうやら、すぐ問題が解決して戻ってくる事を期待していたようだ。

光「…全く…しょうがないわね…先に眠っていいって言ったのに」

秋子「…おねえ…ちゃん」スヤスヤ

光「…ごめんね」

光は秋子をお姫様抱っこで彼女をベッドに運び。

自分も机へと向かった

光「…今日は色々あったわね…これは簡潔にメモを残した方が良さそう…」

二日目出来事 まとめ
@プールが逃げ出した。

A巫女さんの正体はやっぱり雀だった
 彼女のご先祖が私達、魔法少女に様があるそうだ明日の放課後に理科室へ行く必要がある

B鬼と契約した元魔法少女が遠場の老人ホームにいるようだ。

C明後日、佐藤くんとショッピングを付き合う事になった

D触手を大量に持ったノイズが現れた

光「こんなところかしら、早く寝ましょう」

走り書き程度にメモを残し、ベッドへと向かった。
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/03(月) 21:51:51.65 ID:FUf0lUZT0
おつおつ
342 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/03(月) 21:56:04.71 ID:3z8jPQ3Q0
その頃、警察では警戒態勢が敷かれた

森林の中で首無しの警官の死体が見つかったからである。

彼が運転していたパトカーの取り付けドライブレコーダーにちらりと化物が写ったことから

光達の街及び周辺の街の警官達には対化物兼対魔法少女用のマジカルリボルバーを装備するという指示が出された。
343 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/03(月) 23:54:28.61 ID:3z8jPQ3Q0
三日目

ー日之出ホムラの朝は早いー

AM4:00

隆「ぐぅ…ぐぅ…」

コンコンコンコン

ホムラ「タカちゃん、時間だよ、起きて起きて!!」

健太「おい、隆。早く起きろよ。今日から朝練を始めようと言い出したのはお前だろう?」

隆「そうだった…」

昨日、おとといの取材の続きとして朝練の様子を取材をしていた

その際に冗談半分で俺も朝練始めようと言ったらその流れで、隆と健太もホムラの朝練を付き合うことになったのである。

隆(運動をやること自体は…得意だから別にいいのだけれど…この時間に起きるのはやっぱりきついものがあるなあ…)

↓1 朝練中もしくは朝練〜投稿までのイベント安価です。
   この時に何が起きるかを募集します。

ホムラの朝(基本)※参考にしてください

1町内一周する→終わった後共用スペースで腹筋100回

2腹筋が終わったあたりで銭湯の営業時間になるので朝風呂(サウナ付き)

3朝ごはん(多め)※ちなみに寮の朝飯と夕飯は寮長の如月が作っている

4登校時間ギリギリまで寝る(大体2時間)

5デンジャーラインギリギリで登校
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 00:10:01.09 ID:lDMdsbCAO
隆はホムラの朝練情景を撮影。

健太はホムラの足を押さえて腹筋の手伝いするが揺れる爆乳と谷間に目がいく

男子二人サウナで昨日の夜のホムラの話を隆が話題にだす
345 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/04(火) 01:48:18.68 ID:ypTbewWO0
健太「はぁはぁはぁはぁはぁ…何で隆も日之出も…息上げてねえんだよ」

ホムラ「ケンちゃん、流石に運動不足だよ。」

隆「まだ町内半周じゃないか」カシャカシャ

健太「いやいやいやあんたらおかしいよ!!なんで隆は走りながら日之出の写真を取ることが出来るの?」

健太「絶対にピント合わないだろそれ?」

隆「まだまだだな健太、この程度は新聞部の序の口だよ?」

健太「昨日もその様子で!!全然ピントの合ってない写真ばかりできたから今こうしてやり直してるんだろ!!」

ー男子寮ー

ホムラ「じゃあケンちゃん、ボクの両足を抑えててくれる?」

健太「あっ…ああ…」ゼェゼェ

健太(…流石にあれを毎日やるのは…きつい…今日だけで終わらせよう)

ホムラ「いぃぃち! にぃぃぃぃ! さぁぁぁん!しぃぃぃ!」

すごいスピードで腹筋を行う。

健太「おおお、すごいスピードだ」

ホムラ「毎日やっているからね」フッ ホッ ハッ

健太(しかし)

ホムラ「じゅーよん!! じゅーご!!」ブルン ブルン

健太(こっちもすげえスピード)

健太(ちょっとまって、よく見ると身体を起こしている時に体操着からちらっと…谷間も見える…いいなこれ…)

それに気づいてからはずっとそれを見る。

ブルンブルン

眼の前で揺れ続ける

健太(これが見られるのだったら毎日付き合ってもいいかもな)

ホムラ「ケンちゃん、ケンちゃーん?」

健太「あっいや、大変素晴らしい光景でした」

ホムラ「?何言ってるの?100回終わったよ?」

健太「えっ?もう」

ホムラ「じゃあ交代だね。次はボクが抑えてあげるよ」

健太「あっいや、それはちょっと悪いかなあ?って」

ホムラ「大丈夫だよ、ボクもやってもらったんだから、お互い様ってことで」

健太「あっいや町内一周して100回だなんて」

ホムラ「ほらほらしっかりやる」ムニュ

健太「おおっ!?」

逃げようとした足をホムラの上半身すべて使って押さえつけられる

片方のメロンも片方の足を押さえつけるように

健太(…これだけのために、毎日続けられそうな気がする…)
346 :6月3日分 投稿終了 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/04(火) 01:50:20.91 ID:ypTbewWO0

……
………

銭湯男湯

健太「はあキツかった」ゴシゴシゴシゴシ

隆「毎日続けていたら、きつくなくなるはずだから、それまでは積み重ねだね」ゴシゴシゴシゴシ

朝練を終えて男二人は風呂に入っていた。

健太「しかしなんでこんなに早く起きるんだろうな」

隆「運動疲れを授業まで持っていかないようにする為に、運動後にご飯をたくさん食べて寝る時間を作るためらしいよ?」

健太「なるほどなあ」ジャー

隆「サウナ入ろうか?」ジャー

健太「そうだな」

↓1 偶数ゾロで銭湯の店員達のミスが重なり男湯のサウナにホムラがいる
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 01:55:28.21 ID:NDO5Y7oS0
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 02:29:03.32 ID:l6X3bHhAO
惜しい
349 :>>1です [saga]:2019/06/04(火) 20:50:46.24 ID:vJAGX1Eq0
これから一つ投稿します。
次のレスから10分以内にイベントを書けばサウナもしくは銭湯内のイベントが継続します。
350 :>>1です [saga]:2019/06/04(火) 20:55:28.70 ID:vJAGX1Eq0
隆「ところで日之出といえば0時ちょっと過ぎたあたりにな」

サウナの中で適当にだべっていると唐突に思い出したようにホムラの話題を出す

健太「んっ?」

隆「すごく眠そうな時に出会ってな」

健太「珍しいな、あいつどんなに遅くても10時くらいだろう?エヌエイチケーのゆく年くる年なんて見たことないって聞いた事あるぜ」

いつも光の家で年越しを迎えるが、いつも年越しそばを食べた後に眠ってしまうそうだ。

隆「…なんつーか無防備すぎてあいつの未来が心配になってきたよ」

健太「実はあいつに頼み込めばセクス出来るじゃねえか?」

隆「さすがにねーよ」

ないない

↓1 10分以内にイベントを書けばサウナ内もしくは銭湯内がそのイベントで継続
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 20:57:32.06 ID:ME8D9drt0
銭湯の店員達のミスが重なり男湯のサウナにホムラが入ってくる
352 :>>1です [saga]:2019/06/04(火) 20:59:44.21 ID:vJAGX1Eq0
そのイベントはコンマ判定で有無を判定したため

コンマ判定で
↓1 ぞろ目で発生
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 21:00:56.34 ID:ME8D9drt0
くっ!
354 :>>1です [saga]:2019/06/04(火) 21:32:49.46 ID:vJAGX1Eq0

……
………

朝食後

健太「…さすがにデンジャーラインは嫌だからな…」クルクルクルクル

二時間寝ると聞いていたがデンジャーラインを走るわけにはいかない

健太(多分俺だと走っても間に合わない)

健太「一時間半くらいでいいか」

隆もそれくらいで起きると言っていたから、問題ないだろう

健太(さてと寝るか…朝からもうへとへとすぐに眠れそう)

↓1コンマ判定 75以下で夢の中にバアルが出てきて夢の中で健太に催眠をかけてくる
        ゾロ目ならバアルはさらに強力な下準備をしていた
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 21:44:57.82 ID:NDO5Y7oS0
ばあるさんこい
356 :1です [sage]:2019/06/04(火) 21:52:31.09 ID:wv9h0pGuO
350の安価を踏んでくれたので
ワンモアチャンス
奇数orゾロ目でバアル登場
357 :1です [sage]:2019/06/04(火) 21:53:15.13 ID:wv9h0pGuO
↓1ね
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 21:53:39.38 ID:R4xVKMeWO
たー
359 :1です [sage]:2019/06/04(火) 21:55:59.07 ID:wv9h0pGuO
...偏るなあ
流石に2度目は無いです
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 22:10:21.73 ID:ME8D9drt0
残念
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 22:24:01.35 ID:NDO5Y7oS0
マジか
362 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/04(火) 22:48:05.53 ID:ypTbewWO0
ー以降健太登場中のコンマ判定にゾロ目が出た場合は次の日の夢にバアルが登場しますー

ホムラ「おっはよーひかりん」

光「おはよう、ホムラ、今日も相変わらずね」

ホムラ「その風呂敷は、何だい?」

看板を持っている反対の手で運んでいる風呂敷を指を差す。

光「弁当よ、今日は梓が午前は休みだから私が代わりに作ったわ」

ホムラ「ひかりんが?」

光「何よ、その表情」

ホムラ「だってひかりんって料理を作ろうとしている、イメージが全然わかないから」

光「ああそうか、ホムラって私のちゃんとした手料理初めてだっけ?」

ホムラ「ひかりんって簡単な料理しか作らないイメージだから」

光「ふーん、じゃあ昼を楽しみに待ってなさい。」

↓1コンマ
奇数 午前の授業もしくは休み時間中のイベントが発生
偶数 特に何事もなく昼休みへ
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 22:49:11.03 ID:ME8D9drt0
おう
364 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/04(火) 22:51:55.72 ID:ypTbewWO0
イベント安価です
午前の授業もしくは休み時間中のイベントを募集します。
5分後の一番最初のものを採用
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 23:00:18.81 ID:ME8D9drt0
ジェシカ先輩、こっそり持ってきていた薄い本を紛失する
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 23:02:41.80 ID:ypTbewWO0
すんません、ジェシカさんも梓と同じ理由で午前休です。
詩織と静香の治療のため
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 23:08:33.22 ID:NDO5Y7oS0
プールの授業

ぽろりもあるよ
368 : ◆g446MdnZpZQ3 :2019/06/04(火) 23:20:33.86 ID:ypTbewWO0
>>365さんが修正を行えば365さんを優先的に採用します
なければ>>367になります。
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/04(火) 23:39:27.54 ID:ME8D9drt0
>>367でよいです
370 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/04(火) 23:43:58.74 ID:ypTbewWO0
ー二日目 光とホムラ帰宅後〜朝までー

ジェシカ「アズサ、ソレデハノイズ二侵サレタ後ノ応急処置ヲ始メルヨ」

梓「でどうするの?」

ジェシカ「説明シマスノデ耳ヲ貸シテクダサイ」

梓「はいはい」

ジェシカ「……」

梓「うんうん」

ジェシカ「……」

梓「ふんふん」

ジェシカ「………」

梓「えええ!?」

ジェシカ「ヨロシクデス」

梓「………////」

ジェシカ「急イデクダサイ、着床シタラ手遅レニナリマスヨ?」

梓「わっわかった」

梓「ごめんね、シズ」

静香「あっああ♡」

そういうと梓は指を静香のおまんこに突っ込む

梓「これくらい!!」

静香「んんっ♡」

そしてその指先から軽く電気を流す。

ジェシカ「後ハ一時間毎二、電気ヲ流シテ潮を吹けば、避妊成功デス。」

梓「了解」

ジェシカ「ワタシハ、ノイズ二レイプサレタ後ノ治療薬ヲ作ッテオキマス」

これを光とホムラ帰宅後からずっとやっていた。

そのため二人は午前休を取っていた。
371 :次が安価の内容です ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/05(水) 00:27:44.87 ID:BG0boIw30
梓「所でジェシー」

ジェシカ「ハイ?」

梓「魔法少女って人外相手でも受精するって本当?」

ジェシカ「ハイ、魔法少女ニハ無意識デ適正化魔法トイウ魔法ヲ使ッテイマス」

適正化魔法

魔法少女がまとっている魔力が身体に合わない物を受け取ったり、状況に陥ってしまったら、その魔力が
そのものを魔法少女にとって合うものや適正な環境に書き換える。

ただし人の住める環境から離れれば離れるほど秒単位で使う魔力が大きくなる

ジェシカ「極端ナ話、膨大ナ魔力サエアレバ、極寒ノ南極ヲ裸デ過ゴシタリ、深海ヲ散歩シタリ、溶岩ヲ風呂トシテ使用スル事モ可能デス」

ジェシカ「タダソノ副作用デ、異種ノ生物ノ精液ヲ膣内射精サレテシマエバ適正魔法ガ働イテ受精出来テシマウノデス」

梓「…アタシも気をつけないといけないと」
372 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/05(水) 00:33:12.63 ID:BG0boIw30
?梓「…アタシも気をつけないといけないと」

○梓「…アタシも気をつけないと」
373 :6月4日分最後 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/05(水) 00:58:24.07 ID:BG0boIw30
ー教室→プール用更衣室ー

ホムラ「プールの授業♪プールの授業♪」

光「ご機嫌ね」

ホムラ「だって今日のプールの授業は座学に変更になると思ってたからねえ」

昨日プールの授業で水を逃げるというハプニングがあったものの

すぐに水の補充が行われ、次の日の女子のプールの授業には間に合ったのであった。

ホムラ「ひかりん、ボクと勝負する?負けたほうが勝った方に梓の店のデラックスパフェ奢るの」

光「ハンデあるわよね?私が学校の代表に勝てるわけ無いでしょう?」

ホムラ「いいよ、じゃあボクがひかりんに3秒以上差をつけられなかったらボクの負けということで」

光「それだったらいいわ」

↓1ゾロ目で昨日逃げたプールに戻ってきていた。

↓2(↓1ゾロ目じゃない場合のみ)
  ちなみに何か書いたらその内容が反映されるかも

奇数 光が勝つ
偶数 ホムラが勝つ

更にゾロ目だったら負けたほうがポロリ(覗きの男子生徒歓喜)
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:02:42.52 ID:3s1KxaYT0
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:09:21.33 ID:cHqBCUDX0
更衣室に戻ったらノイズが罠を仕掛けてる とか
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:09:54.88 ID:cHqBCUDX0
って ポロリきた
377 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/05(水) 01:11:38.93 ID:BG0boIw30
ポロリなので
その前提で書き直していいですよ
>>375さん限定
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:13:16.92 ID:R6aMkE37O
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:16:36.38 ID:R6aMkE37O
ゾロ目ナイス
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:17:46.12 ID:cHqBCUDX0
では可能なら
逃げたプールの水が戻ってきてホムラが男子生徒の目の前でエロいことされる

無理なら>>375のままで
381 :1です [sage]:2019/06/05(水) 01:26:10.15 ID:BG0boIw3o
ポロリとは大きく外れますし↓1を取った意味がなくなるので申し訳ないですが375で
まだ次のレスを書き初めてないので修正受付は継続しておきます(375さん限定)
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 01:31:10.78 ID:cHqBCUDX0
すまん…眠くて内容思いつかんので任せる…
383 :本日投稿開始の前に ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/05(水) 21:26:20.08 ID:BG0boIw30
次回のコンマ判定は罠を仕掛けるノイズの判定をします。

罠を仕掛けるノイズ

75以下 イリス(被害者ホムラのみ)
76〜98 バアル(ゾロ目あったしチャンスということで)
ゾロ目 自由安価

ちなみに罠が得意なノイズシャルルは接点がなさそうだし自分から仕掛けるタイプではないと判断したのでこの段階ではコンマで選ばれません。

これから登場人物まとめを投稿します その間に何らかのレスがあればその値がコンマ判定の対象となります
ただしその間のコンマ判定は

75以下 バアル
76〜98 イリス
ゾロ目 自由安価となります。
384 :一般人枠(場合によっては竿役になりうる) [saga sage]:2019/06/05(水) 21:27:30.68 ID:BG0boIw30
【名前】鈴木 隆
【性別】男
【年齢】16
【容姿】愛嬌のある[ピザ]
【性格】明るくお喋り 根は弱気
【備考】町や学校の噂に通じておりネットやSNSからの情報収集を趣味としている。[ピザ]だけど身体能力はクラスでも上位に入る、動ける[ピザ]。
   ホムラの被害者1

【名前】佐藤 健太
【性別】男
【年齢】16
【容姿】長い黒髪で目が隠れている
【性格】臆病、優しい
【変身時の名前】バアル
【変身時の容姿】銀髪オールバックになり悪魔の羽と尻尾が生える
【備考】光のクラスメイト。
人間とノイズのハーフで二重人格。
もう一人の自分(ノイズ)に薄々気づいていてその影に怯えている。
バアルは度々健太の体を乗っ取りノイズ達を指揮している。
 ホムラの被害者2


【名前】槍帯 忠夫
【性別】男
【年齢】19
【容姿】日焼けした肌 意外と筋肉がついている 顔立ちは整っているほう 金髪
【性格】刹那主義 女好き 根底では自分に自信がない
【備考】本当はいいとこの息子(次男)
    但し、出来が悪いと家族からは見放されている
    その反動でこうなった
    薬は幼馴染みの女(ヤクザ)から分けてもらった
    弱味を握って手にいれた女を何人もAV撮影して幼馴染の利益に貢献している絶倫で真珠入りの巨根
    詩織に連絡先を渡した


【名前】 佐藤 美保
口調は穏やかだが本性はドS
本当は嫉妬深く自分よりも美しい人をみると自分のコレクションにしたがる。
そのコレクションの不幸や破滅する姿を見るのが事とコレクションをAV撮影するのが趣味。
くさっていた幼馴染みに色々便宜をはかりつつ自分の家の手伝いもさせている
緑がかった黒髪、長髪の美人

あかりの組の下っ端であり不良達に薬等を売るのは彼女の担当である

忠夫のことが好きで正妻は私であると思っている
忠夫の童貞を奪った人物
(忠夫が唯一相思相愛で処女を奪った人物でもある)

催眠術を扱うことが出来るが魔法少女には効かない
385 :一般人枠(味方枠) ※敵でもあるやつが混じってるけど [saga sage]:2019/06/05(水) 21:29:14.26 ID:BG0boIw30
【名前】入山 涼香 (いりやま すずか)
【性別】女
【年齢】16 (実年齢不詳)
【容姿】貧乳でツインテール、黒目
【性格】態度がでかい
【変身時の名前】イリス
【変身時の容姿】紅と蒼のオッドアイ、金髪のロングとなり胸も大きくなる。服装は際どい
【備考】光達と同じクラスの同級生
光達とそれなりに仲はよく、でかい態度をとっても弄られて笑われる
その正体はノイズの突然変異であり、人間体とノイズ体への変身が可能
本人は人を倒すという意志が全く無いが、一度本気をだせば国一つが滅びる(らしい)
魔法少女とノイズの戦いを鑑賞するのが趣味
因みに自分がノイズだということは誰にもバレていない

【名前】神原 雀
【性別】女
【年齢】16
【容姿】プライベートでは巫女服、人形っぽい整った顔立ちで無表情、銀髪おかっぱ
【性格】無口、どじっこ、へこたれない
【備考】光と同じクラスで光によく世話を焼かれている。陰陽師の家系で邪なる者を祓うのを生業としているが実際祓っているのは低級ノイズである。たが、強力なノイズを祓うことはできないようだ。
独自のネットワークを持っておりノイズのことにとても詳しい。
陰陽師関連のこと以外はからっきしで歩けばこけ、喋れば噛み、通学路以外の道は迷い、掃除をすれば余計に汚し、料理をすれば生ゴミが産まれるが本人は気にせず前向きでへこたれないからタチが悪い。
いつか魔法少女を越える初の陰陽師となるため日夜修行に勤しんでいる
彼女の技は3つの御札と巫女の棒を使っている


【名前】 毒島 重蔵(ぶすじま じゅうぞう)
【性別】 男
【年齢】 45
【容姿】 大柄で葉巻が似合うタイプの髭を蓄えた壮年
【性格】 横暴なうえつかみどころが無い
【備考】(付け足したい事があれば)
富豪。魔法少女がノイズと戦った際に引き起こした被害の事後処理や隠ぺい工作を行う人物。
豊富なコネクションがあり情報元としても優秀。
仕事の報酬として羞恥プレイ(下着無しで1日過ごせ、リモコンバイブを装着しろ等)を強いるという悪癖があり
魔法少女としてはなるべくこの男の力を借りたくないと思われている。なお直接的な肉体関係は要求しない。
386 :ノイズ1 [saga sage]:2019/06/05(水) 21:30:26.45 ID:BG0boIw30
【名前】スノウ
【性別】女
【年齢】14
【容姿】黒髪で異形の瞳に死体のような純白の肌、黒い着物
【性格】無邪気ゆえに残酷
【備考】
氷を操る雪女型ノイズ。人間をおもちゃのように思っていて命を弄ぶような言動をとる。飼い主が居るらしく飼い主に対しては大人しく従う


【名前】佐藤 健太
【性別】男
【年齢】16
【容姿】長い黒髪で目が隠れている
【性格】臆病、優しい
【変身時の名前】バアル
【変身時の容姿】銀髪オールバックになり悪魔の羽と尻尾が生える
【備考】光のクラスメイト。
人間とノイズのハーフで二重人格。
もう一人の自分(ノイズ)に薄々気づいていてその影に怯えている。
バアルは度々健太の体を乗っ取りノイズ達を指揮している。
健太とバアルは好きなものが同じ、健太が気に入ったらバアルはその全て催眠堕ちで手に入れる。
ちなみに健太の好みのタイプの女性は爆乳の娘
男子が選ぶ女子の人気ランキングでは上位から順番にホムラ・ジェシカ・光 最後まで光か梓のどちらに投票するか悩んでいた。


ノイズとしての力
→指鳴らしで洗脳が可能、正し相手にハッキリと聞こえる距離で指鳴らしを見てもらう必要がありその後に指示を出す

・意識朦朧としてる半睡眠状態が可能
・意識が覚醒してるが相手の体の主導権を握り命令通り行動させることが可能
・幻覚を見せることが可能
・催眠相手の五感をかえる
・体験したことを忘れさせられる

ただし最初の一度だけハードルが高く、彼自身が作成した、催眠動画か、催眠音声をフルで見せるか聞かせる必要がある。

催眠動画は一度に大量の人に催眠をかけることが出来るが魔法少女には効かない(ホムラは例外)
催眠音声は、一度に一人しか聞かせることが出来ないが魔法少女にも効く


【名前】入山 涼香 (いりやま すずか)
【性別】女
【年齢】16 (実年齢不詳)
【容姿】貧乳でツインテール、黒目
【性格】態度がでかい
【変身時の名前】イリス
【変身時の容姿】紅と蒼のオッドアイ、金髪のロングとなり胸も大きくなる。服装は際どい
【備考】光達と同じクラスの同級生
光達とそれなりに仲はよく、でかい態度をとっても弄られて笑われる
その正体はノイズの突然変異であり、人間体とノイズ体への変身が可能
本人は人を倒すという意志が全く無いが、一度本気をだせば国一つが滅びる(らしい)
魔法少女とノイズの戦いを鑑賞するのが趣味
因みに自分がノイズだということは誰にもバレていない
387 :ノイズ2 [saga sage]:2019/06/05(水) 21:32:07.13 ID:BG0boIw30
47 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします[sage] 投稿日:2017/04/04(火) 07:14:57.23 ID:OVQJ9Ke2O [1/2]
【名前】影子
【性別】女
【容姿】ゴスパンク貧乳。紫髪でボンボンみたいなツインテール。常時チュパチャップスをくわえている
【性格】クール 小悪魔
【備考】影がノイズに変貌した生命体。影を変幻自在に操る。影に潜ることができ、人を影の世界へと連れ込み二度と光のある世界へは帰さない
誘拐や失踪事件などはほとんど彼女が起こしたもの

自分の存在の不透明さからくる依存体質であり今は男を口でイカせる時の必要とされてる感じにハマっていて影に連れ込んだ男達を使って自分の存在を確かめている。口になにかくわえていないと不機嫌になる
最近は他のノイズに協力しているらしい

魔法少女の監視を行っていたが、バレそうになったため材料用に様々な人をさらっている


【名前】シャルル・カラフ
【年齢】18
【容姿】金髪くせっ毛碧眼Aカップスレンダー
【性格】しっかり者、人心掌握術に長ける
【変身時の名前】トラップメーカー
【変身時の容姿】下着姿の上に馬鹿でかいコート、内側には大量の小道具
【備考】(付け足したい事があれば)
人型ノイズ。罠のスペシャリスト。ノイズでありながら光と同じ高校に通っているが人類とは一線を引き馴れ合わない。
ノイズとしての不可思議な力と心理学まで盛り込まれ巧妙に張り巡らされた罠を潜り抜けるのは特殊訓練を受けた軍隊でもない限り不可能だろう。敵と対面した戦闘中に置いても10手以上先を予測し状況に適した罠をバレずに仕掛け、攻めてくる獲物をゆっくりとなぶり尽くす。
自分(ノイズ)が受け入れられない世界など壊してしまえばいいと半ばやけになっている。そこまで攻撃的になる理由は人類に強い関心を持ち愛しているからこそなのだが本人はまるで気付いていない。罠や心理学に詳しいのは人類の文献を読み漁ってきたから。なので、今まで自分を成長させてくれた人類の文化を本心から壊したいと思えるはずがないのだ。


【名前】イエー君とガックリ君
【容姿】球体黄色[イエー君]球体青[ガックリ君]
【備考】(付け足したい事があれば)
ふたりで一つの生命体
自分の名前を貼り付いた人にだけ聞こえるように叫ぶ
それぞれが別の人に貼りつくとイエー君が貼り付けた方はとんでもなく幸せな一日になる
がガックリ君が貼り付けた方は漫画の世界だけだろと言いたくなる様な不幸な事が一日中起きる

不死身な上、イエー君は攻撃するとガックリ君になる、貼り付けは取れない

上位互換のスーパーイエー君、スーパーガックリ君がいる


【名前】リッパー
【性別】♂
【容姿】人間の上半身に烏賊の足、イソギンチャクの様な触手状の腕を持つ。舌も非常に長い
【備考】(付け足したい事があれば)
連続強姦魔がノイズに侵食されたなれの果て。
性欲が異常に発達しており眼鏡に適った女性を執拗に襲い犯す。
衣類だけを溶かす粘液と催淫効果のある粘液との二種類を用いて触手で拘束した得物をじっくり犯す。

詩織と静香を犯した
その逃走の際に警察官を殺し、警察を警戒態勢にしている。

【名前】パオパオ
【性別】男
【容姿】細身、全裸にカジュアルな服のボディーペイント、腰まで伸びたボッサボサのピンクの髪
【性格】丁寧な口調だが、酒に酔ってると勘違いされる異様なテンション。端的に言うとキチガイ
【備考】善悪の判断が付かず本能に従い行動するノイズ。楽しいことが大好きで人を喜ばせるのも大好き。話していると意外と純粋で可愛いものだが変な所で突然キレて叫ぶのでビビる。
こいつにとって楽しい=戦いなので強い奴が居れば魔法少女だろうがノイズだろうがお構い無しに襲う。
異常な身体能力を有しており獣が如く暴れまわる。目で追えぬ速度で飛び回り地面を殴ればクレーターのできあがり。肉体は瞬時に再生するが1日に再生できる質量には限りがある。
勝負に勝っても殺しはせず物凄く丁寧にお礼を言い、お土産を渡して去る。負けたら妙に冷静になり独り言で反省しだす。戦いの中で相手を殺してしまった場合号泣...後、戒めのためにセルフ拷問。
男性器は収納式で始めて見る人は女性器と勘違いするみたい。

【名前】スライムプール
【容姿】プールに擬態している
【備考】(付け足したい事があれば)
プールのふりをして、入ってきた女性の数が多くなると男性をぶっ飛ばし女性達の水着を溶かしたのちに麻痺成分を流し拘束、
自身の苗床にするという生き物、海外系の強いスライム、やばくなったら苗床の生き物を盾にし攻撃を仕掛けてきた奴らの対策もしている。
やられた女性は助けられるまでスライムの赤ちゃんを生み続けるようになる

【名前】ブラックミストタイフーン
【容姿】黒い1メートルくらいの雲
【性格】陽気
【備考】笑いながら媚薬効果の雨を撒き散らす。強くはなく簡単には倒せるがやられると半径1メートルに媚薬効果や痺れ効果のある霧を微量ながら発生させる。微量なので1体ではあまり害はないが数が増えると危険。詩織の魔眼で見ると無造作に倒せるので注意が必要。

【名前】影住
【容姿】人型の黒い影
【性格】臆病で弱いが自分より強い者の生活を破壊することが好き
【備考】もとが影のため何かの影と同化しないと存在することができず、移動も建物のような動かないものでは動くことができず別の動く影が重なった時にその影に追従する形でなければ動けない

攻撃能力は一切もたないが宿主の分身である影と同化してるため宿主の精神に侵食することができる

同化してる間は影住の意識がある程度はんえいされ宿主の常識や倫理観を破壊し本人に違和感を覚えさせることなく行動させることができる、同化してる時間が長ければ長いほど大胆なことをさせられる

倒す方法は魔法少女やノイズが同化してる影に攻撃するか直接触れ引っ張りだせば消滅する
388 :ノイズ3 [saga sage]:2019/06/05(水) 21:33:02.55 ID:BG0boIw30
【名前】モンスターパニック
【容姿】ジリジリと蠢いている半径50cm程の黒い球体
【備考】内臓されたデータを参考に想像上の生物の姿形をしたノイズを生成する。昔は書物を取り込む事でレパートリーを増やしていたが時代と共に進化し、記録媒体を取り込む事もできるようになった。基本は竜や妖怪や魔物だがこれも時代か...二次元の女の子率も上がっている。
389 :敵になりうる一般人(元も含む) [saga sage]:2019/06/05(水) 21:34:18.23 ID:BG0boIw30
【名前】ドクトル・N(自称)
【性別】男
【年齢】38歳
【容姿】オールバックに眼帯
【性格】狂人
【備考】
ノイズを研究するうちにノイズに魅入られ、自らノイズとなった男。この世をノイズの楽園にするのが野望
体内で他の生物をノイズに変質させる効果のある薬液を生成できる。
それを手頃の動植物に投与してはノイズ化させ、街中で暴れさせる。
ただし、生成にはそれなりに時間が掛かるうえノイズ化により戦略的思考が欠如しており、
一度に一体のノイズしか作らない。
よって薬液ができ次第、生物に投与→魔法少女に退治される→次薬液ができるまで待つ
を繰り返いしている。ただし技術力は本物で投薬からモニタリングまで自作の小型ロボットで遠隔で行っているので
未だにその存在を知られていない。所謂頭の良い馬鹿

【名前】 毒島 重蔵(ぶすじま じゅうぞう)
【性別】 男
【年齢】 45
【容姿】 大柄で葉巻が似合うタイプの髭を蓄えた壮年
【性格】 横暴なうえつかみどころが無い
【備考】(付け足したい事があれば)
富豪。魔法少女がノイズと戦った際に引き起こした被害の事後処理や隠ぺい工作を行う人物。
豊富なコネクションがあり情報元としても優秀。
仕事の報酬として羞恥プレイ(下着無しで1日過ごせ、リモコンバイブを装着しろ等)を強いるという悪癖があり
魔法少女としてはなるべくこの男の力を借りたくないと思われている。なお直接的な肉体関係は要求しない。
390 :ボスノイズ(出現に条件あり) [saga sage]:2019/06/05(水) 21:35:34.02 ID:BG0boIw30
【名前】 ワーグザーク
【容姿】 四肢の長い巨大な銀のスズメバチのような化物
【性格】残忍で執念深い
【備考】(付け足したい事があれば)
太古に封印された大型ノイズ。
相手に針を打ち込む事で精神を侵食し自らの奴隷にできる
再生能力に優れ長期戦により疲弊した相手の隙をついて針を打ち込む戦法を得意とする
現状の光達では数人がかりでも叶わない難敵
391 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/05(水) 21:37:34.60 ID:BG0boIw30
以上
登場人物(魔法少女以外)でした
この間何らかのレスがありませんでしたので通常の判定で罠をかけるノイズを決定します。
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 21:39:11.29 ID:AAl9lHgbO
おう
393 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/05(水) 21:40:59.97 ID:BG0boIw30
シュルルル

二人は制服を脱ぐ

ホムラ「…う〜ん」

光「どうしたの?」

ホムラ「なんだか…水着の着心地に違和感が…」

光「…何?また大きくなったの?」

ホムラ「これ以上、大きくなっても困るのだけどなあ。」

光「そろそろ授業始まるわよ?」

ホムラ「う〜ん…仕方ないや。これで行こう」



いっちにーさんしーごーろくしつはち

光「…」

「やあねえ…男って」ヒソヒソ
「また覗いているの」ヒソヒソ
「あれで気付いていないつもりなのかしら?」ヒソヒソ

体育祭の練習で暇な状態となっている生徒がこっそりと女子のプールの授業の様子を見ているのであった

ホムラ「じゃあひかりん25mの自由形でいいよね?」ザパーン

光「当然ね、それ以上だったら絶対勝てないわ」ザパーン

飛び込み禁止のため水中からスタートとなる

光「じゃあ雀の指がカウントダウンを終えて一回両手を叩いたらスタートよ、いいわね?」

ホムラ「わかったよ、じゃあひかりんの好きなタイミングで合図を送って」

光「すずめー!!こっちはいいわよ!!」

雀「…」コクリ スッ

指を3本立て一本ずつ減らしていく

雀「…」パチーン
394 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/05(水) 21:43:36.74 ID:BG0boIw30

光とホムラは同時に壁を蹴りスタートする

お互いにクロールを始めた。

明らかにホムラのほうが速かった。

即答したけど3秒ハンデは短すぎたかもしれない。

光「……」バシャバシャ

光(当たり前だけど息継ぎはしないわね。)

あっという間に向こう岸に辿り着いた。

光「流石に速いわね」

ホムラ「ふふーん、そう簡単には負けるつもりはないよ」

雀「日之出さん、12.6秒」

普通の人だったらちょっとやそっとの練習では出ない秒数である

光「……」

雀「冴島さん、15.5秒」

光「っしゃー!!ギリギリ」

ホムラ「やるねーひかりん」

光「じゃあ放課後約束のパフェ奢ってね」

光ははしごを掴み水中から出てくる

ホムラ「あーあ、3秒で乗った時点で勝つつもりだったんだけどなあ」ブルン

ホムラもそれに続く

光「ふふふ、3秒で乗った時点で警戒するべきだったわね」

「「「おおおおお!!」」」

覗きの男子生徒が歓喜の声を上げる

光「んっ?」

光は後ろを見る

光「…」

そこには水着がずれて水着によって日焼けていないホムラのたわわな乳房があらわになっていた

B地区がちゃんと見えている

光「ほっホムラ!!それ早く隠して!!」

ホムラ「んっ?えっ?わあああああああああ!!」

咄嗟にホムラはそれを隠すのであった。

↓1コンマ値で罠を仕掛けるノイズを決定します

4で割り切れる →バアル
ゾロ目      →自由安価
それ以外    →イリス
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 21:53:29.23 ID:AAl9lHgbO
おう
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 21:59:15.38 ID:3s1KxaYT0
75以下だからバアル?
397 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/05(水) 22:01:34.51 ID:BG0boIw30
登場人物まとめ中にコンマを取らなかったのでイリスです
398 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/05(水) 22:37:19.62 ID:BG0boIw30
授業終了後

ホムラ「ああ…酷い目にあったよ…////」

光(無自覚で触らせたり、揺らしているところを見せるのに直接見られるのは駄目なのね…)

ホムラ「…んっ?あれ…?」

ホムラは何かを探し始める

光「どうしたの?」

ホムラ「あっいや…なんでもないよ、ボクに付き合わないで次の授業に急いだほうがいいよ」

光「なんでもないわけが無いでしょうそれで、なにか忘れ物?」

ホムラ「あっそうだプールサイドだ、プールサイドに忘れ物をしたからボクそれを取りに戻るよ」

ホムラ「ボクに付き合っているとボクはともかく光は次の授業遅れちゃうよ?」

光「…わかった…じゃあ次は化学の実験だから急いでね。」

ホムラ「うん」

光は更衣室を後にした

ホムラ「なんで…なんでパンツもブラジャーもないの!?」



ーその頃ー

涼香「はぁ…はぁ…次の授業…始まっちゃうけど……駄目…この誘惑に耐えられない」ハムハム

極度の魔法少女ファンのイリスが魔法少女の一人がホムラと知った後に何もしないはずがなかった。

今日は水泳の授業があるということを知って予め更衣室のすべてのロッカーに予め罠を仕掛けておき

ホムラの使ったロッカー以外に罠を解除したのである。

その罠はロッカーの中の特定の物を自分のロッカーに転移するという罠であった。

その罠を使いホムラのブラジャーとパンツを盗んだのである。

涼香「やりすぎちゃうと…紅蓮姫ちゃん要素が…消えちゃう…でもやめられない…関節クンニ」ハァハァハァハァ

その包むものを異常な大きさがわかるブラジャーを顔にかぶり、パンツをなめて楽しんでいるのであった

※ホムラはこの日、ノーパンノーブラで過ごすことになります。

↓1コンマが4で割れたら 科学の授業or休み時間のイベントを募集します。
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 22:40:16.75 ID:/qO0LAF0O
400 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/05(水) 23:32:41.89 ID:BG0boIw30
ー昼休みー

ースースーするー

光「…確かに…これはいいものね。」

光はぐうたら同好会の部室でホムラの膝枕を楽しんでいた

ホムラ「ボクのでよければいつでも使っていいよ」

ホムラ(それに今はこうしていたほうが見られる心配がないし)

ホムラはその後誰にもバレることなく無事午前中を乗り切ったのである。

ホムラ(どうしよう…意識しちゃうとこんなにスースーするものなんだ…これ…///)

今すぐ男子寮に戻ってパンツを履きたいがこの時間は男子寮は閉まっている。

鍵は警備の都合上、如月しか持っていない。

借りるにしてもこの状況をどう言えばいいのかわからない。

どうすることも出来ないまんま、ぐうたら同好会部室で梓とジェシカの二人を待つことにしたのである。


光「ホムラ?」

さっきからホムラから異様な雰囲気を感じていた光は横になっていた身体をホムラの顔の方に向けようとする。

光(………顔が見えないわね…)

がおっぱいが邪魔でホムラの顔を見えなかった。

光「ホムラ、さっきから異様な顔をしているけど大丈夫?」

ホムラ「ああ、ボクそんな顔をしていた?ごめんごめん大丈夫だよ」

光「そう?水泳の授業からずっとそんな感じだけど…気にしちゃ駄目よ?あれは事故みたいなものだから」

光はあのポロリのことが原因かなと思いそう言った。

ホムラ「うん…わかっているよ」

ホムラ(現在進行系なんだ…この問題)
401 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/05(水) 23:46:11.16 ID:BG0boIw30
ー大きくなった梓ー

ホムラ「そういえば梓って静香程じゃないけど水泳の授業嫌がっているよね?どうして何だい?」

とりあえず、ノーパンノーブラの状態から頭をそらすように
以前から気になっていたことを本人が居ない時に光から聞いてみた。

光「あれ?気付いていたの?」

ホムラ「泳ぐこと自体は嫌いじゃないみたいだけど、水泳の時間が近づくとなんだか憂鬱そうな顔になっているみたいなんだよね」

光「…実はね、あの子もともと静香みたいに貧乳だったんだけどね…小学校6年生の時に急成長したんだけど」

光「その時に陥没乳首になってしまってね…あの子、それを見られるのが嫌らしいのよ」

ホムラ「ああ…なるほど…温泉施設の券で温泉に行きたがらなかったのもそういう理由があったんだね。合点がいったよ」

ガラガラ

ジェシカ「オ待タセネ〜」

梓「何か話でもしていたの?」

光「ちょっと昔の話をね」

↓1奇数orゾロ目で昼休みイベント追加 更にゾロ目だったら自由安価
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/05(水) 23:52:42.37 ID:1x/4XAzMO
403 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/06(木) 00:25:16.99 ID:Snoho2aZ0
光「どうだった?」

梓「バッチシ、とりあえず問題は解決したよ」

ジェシカ「来週ニハ何事モ無カッタカノヨウニ復帰出来ルネ」

ホムラ「良かった…見つかったときは悲惨だったから」

ジェシカ「シズカモ受精シテイマシタガ、無事二外ヘ出スコトニ成功シマシタ」


……
………

秋子「光お姉ちゃんの料理久しぶりだー」

光「…なんでいるの?秋子」

秋子「学校抜け出しちゃった…んだぜ」テヘ

梓「こらこら、学校から出ちゃ駄目じゃない」テヘジャナイヨ

秋子「大丈夫、昼休みが終わる前には戻るよ……ぜ」

そうして秋子も昼食に参加するのであった。

ホムラ「美味しい!!」モグモグ

光「そうでしょう?そうでしょう?」ドヤァ

梓「意外かと思うけどアタシに料理教えたの光だからね。上手くて当然よ」

↓1奇数なら昼休みor午後の学校のイベント安価を募集します。
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 00:26:32.37 ID:/YphX0kh0
きすう
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 00:27:21.95 ID:bm+zSSqi0
ゾロ目
406 :6月5日分最後の投稿 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/06(木) 00:33:30.56 ID:Snoho2aZ0
↓1 昼休み〜午後の授業のイベントを募集します
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 00:52:45.63 ID:/YphX0kh0
いたずらな風が吹き ホムラのスカートがめくれる
誰にも見られて無いよねとサッとその場を立ち去るが隆くんがおしりを目撃していたことには気づかなかった
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 00:53:45.60 ID:bm+zSSqi0
健太朝練の影響で授業中に居眠り、夢の中でバアルと接触
409 :1です [sage]:2019/06/06(木) 08:18:32.08 ID:439D/CCOO
いたずら風の強さ
↓1コンマを4で割った結果
1余る 微妙
2余る まあ強いっちゃあ強い
3余る 強い
割り切れる 強い!!
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 08:42:38.78 ID:Nv+CxnFeO
鎌鼬
411 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/06(木) 22:47:32.64 ID:Snoho2aZ0
光「午後の授業始まるわね。」

光は壁の時計を見る。

ホムラ「じゃあボクは自動販売機に飲み物を先に行くから」

梓「じゃあアタシ達は先に行ってるね。」

そろそろ移動教室の生徒が移動を始めている頃である。



ホムラ「うーん…困ったな…」

午後の授業が始まる前に、買い物を何か飲み物を買っておこうとしていたが、

普段使っている自動販売機が故障中であった

ホムラ(これ以外の自動販売機…外に出る必要があるからあんまり行きたくないなあ)

ホムラは外を見る、誰も歩いていなかった

ホムラ(……そうだ…授業前だからだれも歩いていないんだ、だったら問題ないかな?)



ー自動販売機前ー

ホムラ(えっとこれこれ)

お気に入りのジュースを購入し戻ろうとした

ホムラ(さっきから風が強いなあ…早く戻ろうと)

その時である

びゅおおおおおおお!!

ホムラ「うわあ!!」

突風が吹きホムラのスカートがめくれた。

ホムラ「……あっ危ない…」

正直、一瞬だけ周りに自分が履いていないということを伝えてしまった。

もっと強い風が吹いていたら大惨事になっていただろう

ホムラ「誰も…見ていないよね…もう早く戻ろう…」キョロキョロ

ホムラは少し早足になりその場から離れた

隆「…見間違いだよな」

その一瞬を後ろから人がいる。

隆(…うんうん…日之出に限ってそんなことはないだろう…多分辺りTバックが食い込んでそう見えただけだろう)

だが一瞬の出来事だったのでまさかお尻を直接見たとは思わないのであった。

↓1 このレスから1分以内のレスかコンマが4で割り切れたら隆の行動を募集します。
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:48:29.09 ID:/YphX0kh0
413 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/06(木) 22:49:37.81 ID:Snoho2aZ0
ちっ…気付かれた

↓1 この後の隆の行動を募集します
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 22:57:22.42 ID:/YphX0kh0
やはり気になったのでこっそり後をつける
階段を登る際に妙にホムラがそわそわするので隆はノーパン疑惑を更に深め、階段下からのスマホ撮影チャンスを狙う
415 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/06(木) 23:22:06.90 ID:Snoho2aZ0
ホムラ(うぅ…誰も居ないよね?)キョロキョロ

階段を上る前に回りの様子を確認する

隆(…気になったからつけてみたが…無茶苦茶怪しい…本当にノーパンかもしれない…)

スマホを取り出しカメラ機能をオンにする。

隆「よし…後はこれで日之出が一番上に登りきったタイミングで」

裏技でシャッター音を消すということも行った。

これで成功した所で何をするのかは一先ず考えない。

自分の中の男が気になった以上、調べている感じだ。

隆(これくらいだな!)

ちょうどいいズームにして階段下からシャッターを押そうとした。

↓1 コンマで4で割った結果 
1余る 先生「鈴木、何やってんだ」
2余る ホムラ「タカちゃん…何やっているの?」
3余る 見当違いの所を撮る           (再挑戦するか選べる)
4余る 撮れたがズームミスで肝心な所が撮れてない(再挑戦するか選べる)
コンマ44のみ 一発成功

ただし↓1がやめるなど行動を入力した場合はその行動を優先する

ちなみに3回チャンス 
ばれない限り精度が上がります 
挑戦して1余ると2余るが出た場合は隆が停学処分になる可能性があります。
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:26:03.87 ID:YV1jXHtYO
隆はできる奴
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:27:23.17 ID:/YphX0kh0
4で割ったら4余ることはないのでは…
418 :割り切れるですね すまん ◆g446MdnZpZQ3 :2019/06/06(木) 23:35:47.93 ID:Snoho2aZ0
再挑戦しますか?
↓1yes or no

(これに関しては連取りOKです)
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:37:02.98 ID:/YphX0kh0
yes…!
420 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/06(木) 23:43:27.31 ID:Snoho2aZ0
隆(しまった…左にそれた今のところはもうちょっと右か)

階段の下で階段に向けてシャッターを合わせるなんてどう考えても不自然なため一瞬で決めなければならない。

ホムラは2階から3階への階段の方へ歩き始める。

隆(チャンスは後2回…これを失敗するわけには行かない)

隆は出来るだけ音を立てずに2階へ上り3階への階段の一段より手前の地点で再びシャッターを切った

↓1 コンマを4で割った結果 
1余る 先生「鈴木、何やってんだ」
2余る ホムラ「タカちゃん…何やっているの?」
3余る 今度は右過ぎた          (再挑戦するか選べる)
割り切れる 撮れたがズームミスで肝心な所が撮れてない(再挑戦するか選べる)
偶数ゾロ 成功
奇数ゾロは健太参戦

ただし↓1がやめるなど行動を入力した場合はその行動を優先する

※見つからなかった場合の失敗した場合、次回の成功は、隆のみは3で割った場合割り切れる 健太が参戦した場合は偶数
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/06(木) 23:51:11.26 ID:bl+GQnWgO
ゾロだ
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:01:39.92 ID:sX+0/htHO
こりゃ2かな
423 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/07(金) 00:03:07.68 ID:JElbnLiA0
ホムラ「………」

シャッターを構えた時にホムラはこちらを見ていた。

隆「…あっ」

ホムラ「タカちゃん…何やっているの?」

隆(…やばいどうしよう…俺、どうするよ?どうするよ?)タラタラタラタラ

階段の上を向けた状態でスマホを構え、構えた先に女の子が立っている状態なんて

まんまパンツの盗撮現場である、いや実際そのとおりなんだけど

隆(…でもだからってダンマリだなんて)

ただの好奇心でやった事が一発で窮地に立たされてしまった。

隆「↓1」

隆のセリフ安価です
言葉次第で隆の退場も有り得ます。
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:10:23.69 ID:bmZISiVR0
すいません出来心なんですもう二度としません許してくださいなんでもしますからあああ(必死にドゲザァァァ
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:40:12.74 ID:sX+0/htHO
お前パンツ…とか意味深なこと言ったらどうやったやろな

普通に低学案件だけどホムラはちょいどう対応するのかわかんないな
426 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/07(金) 00:40:17.50 ID:JElbnLiA0
隆「すいません!」ドゲザ

隆「出来心なんです!!」ドゲザァ

隆「二度としません!!!」ドゲザァァァァ

隆「許してください!!!!」ドゲザスト

隆「なんでもしますから!!!!!!!!」ドゲザァァァァァァァァ

ホムラ「…………………」

見つかってから隆は必死に土下座をしている。

そりゃそうだ、女子生徒の盗撮をして停学処分なんて受けた日には待っているのは転校かそのまま退学である

ホムラ「…………………」

隆(沈黙が…沈黙が怖い)

ホムラ「スマホだして」

隆「はっはい…!!」

ホムラ「…これは後で返すけど…一先ず教室に戻ろうか、先に歩いて」

隆「はいぃ!!」

こうして目の先の難からは逃れることが出来た 隆であった

↓1 4で割り切れる 午後の授業〜HRまでの間のイベントを募集します。
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:46:25.32 ID:sX+0/htHO
428 :一先ず隆に対しての処分は後で決めるとして… ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/07(金) 00:50:08.08 ID:JElbnLiA0
午後の授業〜HRまでの間のイベントを募集します。

5分後一番最初を採用
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:50:35.08 ID:sX+0/htHO
エロでもいいの?
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 00:55:04.16 ID:sX+0/htHO
>>408
431 :6月6日投稿分ラスト ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/07(金) 01:00:03.49 ID:JElbnLiA0
>>429
OKですよ。
ただし到達難度は高いですけど
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/07(金) 01:14:47.30 ID:sX+0/htHO
取り敢えずバアルに暗躍させたい
433 :1です [saga]:2019/06/07(金) 21:01:06.65 ID:n9xLUfAhO
A「そういやあさあ、今日の日之出って妙に色っぽくね?」

B「確かにそうだな、男でも出来たんかな?」

健太「そりゃあねえよ。」

B「まあww日之出に限ってそれはねえかww」

健太「でもまあ…確かに色っぽいよな」

A「……心なしか普段よりおっぱいの揺れが普段より大きいんだよな」

B「あっお前もそう思った?」

A「実はブラ忘れてたとか?」

健太「あーなるほどそれはあるかもな」

B「所で隆おせえな、もうそろそろ鐘なるぞ」

キーンコーンカーンコーン

A「ととと…席に戻るか」

隆「………」

健太「おーようやく戻ったか…どうした…心なしか何か死んだ顔しているな」

隆「何も聞かないで」


授業が始まった


教師「…これが……であるから…」

健太(この科目苦手だからなあ…朝練もあったからか…すごく眠い…仮眠をとっておけばよかった)

健太(やっべ…これ眠る)



ー夢ー

健太(んっ…なんだ?人影?)

↓1 偶数で教師に名指しで刺され起こされ 黒板の問題を解いた結果目が冴える
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 21:02:01.66 ID:bmZISiVR0
ほう
435 :1です [saga]:2019/06/07(金) 21:05:40.40 ID:n9xLUfAhO
健太登場イベでゾロ目の為一発クリアです。
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 21:14:35.87 ID:aXIWGXp+0
ナイス!
437 :1です [saga]:2019/06/07(金) 21:45:11.59 ID:fgxQOO3qO
その人影は銀髪オールバッグで翼と尻尾をはえていた

健太(目付きは俺に似ている)

???「よう兄弟、直接会うのは初めてだな」

健太「なっ…何者だ!?」

???「何者だって…俺はお前でお前は俺だ…」

バアル「まあ…どっちも健太って名乗っていたら、訳が分からないから、俺はバアルと名乗ろう」

健太「いったいいったい何の用なんだ」ガクガクブルブル

バアル「怖がるなよ、兄弟。俺はお前にとっていい話をしに来たんだよ。」

バアル「お前は朝興味深い事を話してただろ?」

健太「興味深い事?」

バアル「頼み込めばあの爆乳の同級生とセックスできるんじゃねえかって」

バアル「なるほどなあ…薄々感づいていたけどやっぱりお前ってでっかいおっぱいを持つ子がお好みか」

健太「だっだから何なんだ」

バアル「だからよーお前の願いかなえてやるよ」

バアル「頼み込まなくてもセックスできる様になるぜ?」

健太「なっ何をやらせるつもりだ?」

バアル「お前が無自覚に持っている、そのCDとDVDな、それを見せた人間をすべて自分の思い通りに動かすことが出来るようになるんだよ」

バアル「当然…あの娘も、あのデートにちっこい体に似合わないものを持っているあの娘もだな」

健太「そんなこと、出来るわけない!!」

バアル「………大人しくやれ!!」

そういって指をさす

健太「わああああああああああああ!!」


健太はバアルに催眠音声と催眠動画を人にかけるという暗示をかけられるのであった。

↓1コンマ23で割れる数字が出たら午後の授業から放課後までのエロイベント発生
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 21:46:44.33 ID:aXIWGXp+0
こい
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/07(金) 21:51:12.94 ID:UTE45Ui2O
これ2、3でコンマ悪ってことか?
440 :1です [saga]:2019/06/07(金) 21:54:17.96 ID:fgxQOO3qO
23で間違ってないですよ
441 :1です [sage]:2019/06/07(金) 22:11:47.05 ID:fgxQOO3qO
ただし奇数ゾロが出たのでチャンスはあります

このレスから>>1の5レス分のコンマに注目してください


ゾロ目だったり
4で割った結果
割り切れたり、3余ったりしたらえろイベント募集のチャンスが広まります
442 :2/5  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 00:52:13.65 ID:e4kfU5ex0
健太「わああああああああああああ!!」ガバッ

目を覚ますと周りの視線がすごく痛い。

先生「…すごい悪夢を見たようですね、佐藤くん。廊下に立ってなさい」

健太「…………はい」

A「だっせぇwww」

B「wwww」


ー廊下ー

健太(……………あ〜あ…昨日冴島と日之出のために作った聞けばよく眠れるCDとレジェント選手の泳ぎ方のDVDの作成に熱中しすぎてしまったよ…)

これから光にはよく眠れるようになるCDという名目で催眠音声を渡せるようになりました。

ホムラにはレジェント選手の泳ぎ方の名目で催眠動画を渡せるようになりました。

※ちなみにどちらも催眠要素を取り除けばそのとおりの動画や音声となっています
443 :3/5 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 03:57:45.48 ID:e4kfU5ex0
ー封印されしノイズー

放課後

理科室、光達魔法少女は昨日 雀のご先祖が封印したというノイズについて話を聞きに来たのであった

光「来たわよ。雀」

雀「……………本当に灯台の元暗し」

梓「本当にね」

雀はご先祖降臨の準備をしている。

流石に3日連続は目立つのでわかりにくいようにカーテンを付け外からは中の様子を見えないようにしている。

光達も手伝っているがわかりにくいレベルで微差な違いがあるので結局雀が調整しているのである


……
………

雀「…………」

曾祖母「早速呼ぶか」

雀「…」コクリ

携帯燭台に火をつけ、御幣を取り出し振り始める。

するとどこからともなく新しい霊が現れた。


???「………こんなに早く呼び出したということは…」

曾祖母「はっ…見つけてきました。」

御先祖「もうしばらくはかかると思っていたが…どうやらお主らを侮っていたようだ。」

御先祖「…しかし…」

光達を見る。

御先祖「何だこれは。」

光達を見た後でこれである。

曾祖母「一応、ここの周辺の中では一番平均を大きく上回る魔法少女を連れてきたつもりですが…」

御先祖「…これで平均を大きく上回るのか…」

御先祖は少々残念そうな顔をする。

ホムラ「なんだか…酷いいいようだね」

御先祖「すまない。ただあのノイズを封印した時の魔法少女と比べ明らかに纏っている魔力が少なかったもので」

光「……物事をはっきり言う人だわ…」

御先祖「いつ起きるかわからぬ、カウントダウンは始まっているからな」

ジェシカ「…トリアエズ、ソノノイズニツイテ、教エテ欲シイネ」

御先祖「ああ」
444 :4/5 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 03:58:32.59 ID:e4kfU5ex0
まとめるとこうだ
1.平安時代、宇宙からノイズがものすごく強いノイズが現れた。
2.そのノイズは大量の人を丸呑みするノイズを従えて地上を支配しようとしていた。
3.何とか当時の魔法少女がそのノイズを弱らせて、御先祖が大岩に封印したということだ。


梓「で、その封印が解けかけているということ?」

御先祖「その通り、だから私は必死に昔封印した方法に基づいて動いていたというわけだ」

光「…ちなみにその封印が弱まったという根拠は?」

御先祖「私が起きてしまったということだ。恥ずかしいことなのだが封印する時に少し失敗してしまってだな…私の魂もやつと一緒に封印してしまったのだ。」

御先祖「だが…こうして目を意識が戻っているということは、封印が弱まっているということとなる。」

ホムラ「……」

御先祖「まあ…結果オーライということだ」

ジェシカ「チナミニ封印石ハ?」

御先祖「………岩に封印した後、当時居た力持ちの魔法少女が沖まで投げる手はずだった」

御先祖「どういう手違いか、その岩は島となっていた」

御先祖「沖ノ鳥島、あれが封印の際に使った岩だ、残り時間は長く見積もっても一年といったところだ…」

御先祖「ちなみに…残り時間は長く見積もっても1年と言ったところだ。今のうちに準備をしておいてくれ」

445 :5/5 一回寝ます ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 04:00:42.35 ID:e4kfU5ex0

……
………

光「さて…今の時間は」

御先祖たちとの話を終えた光達はそれぞれのバイト先、部活先へと向かっていた。

ホムラの部活が終わるまでまだ時間がある。

光「…さてとどうしようかしら?」

1.老人ホームへ行き 鬼と契約した元魔法少女と話をしに行く
2.家に行き 秋子と遊ぶ
3.その他 自由安価

↓1
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 05:13:56.43 ID:FE++/szj0
1
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 05:52:43.37 ID:GY+nDoYj0
おつ
448 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/08(土) 11:46:30.04 ID:e4kfU5ex0
>>438 のタイミングで取ったゾロ目により

エロイベントフラグ成立orエロイベント発生チャンス

※コンマのため連取りok

5ポイント エロイベントフラグが1つ立つ
8ポイント エロイベントフラグが2つ立つ
10ポイント エロイベントのフラグが3つ立つ

15ポイント エロイベント 1個
20ポイント エロイベント 2個
25ポイント エロイベント 5個

↓1 2コンマ   
偶数ゾロ1ポイント 11 55 99 2ポイント 33 3ポイント 77 5ポイント

↓3 下一桁コンマ 
偶数 1ポイント 1と5と9 2ポイント 3で3ポイント 7なら5ポイント ゾロ目だったらもう一回

↓4 5コンマ 
どちらも偶数 1ポイント どちらも奇数 2ポイント 37 33 73 なら3ポイント 77 5ポイント その際にゾロ目だったらもう一回
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 11:55:32.79 ID:GY+nDoYj0
むう
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 11:56:33.09 ID:GY+nDoYj0
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 11:57:48.26 ID:GY+nDoYj0
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 11:58:45.67 ID:Nw7TlRsrO
ほいさー
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 12:00:58.83 ID:GY+nDoYj0
454 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 12:04:20.97 ID:e4kfU5ex0
………アカン
この設定はきつかったか

現在1ポイント

ラストチャンス
↓1 下一桁分だけ更にポイント追加(0は10ポイント)
    ゾロ目が出たらもう一回
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 12:05:49.76 ID:GY+nDoYj0
そりゃ無理やろ
456 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/08(土) 12:13:47.31 ID:e4kfU5ex0
計7ポイントの為
エロイベントのフラグが成立権が1つ獲得しました。
エロイベントフラグが立つイベントのときは必ずコンマ判定の説明を行いますのできついと判断した場合はこの権利を使ってください。

…次回以降はこのイベントの条件を満たしたら必ず1個獲得で行こう…
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 12:22:44.54 ID:GY+nDoYj0
↓3下けつ偶数1p
↓4、5どちらも奇数で2pで9pじゃない?

1レスの3/5 割りきり
4/5 5/5 3余り反映してイベント募集チャンス増えてんだろうけどきついね

頭悪いから自分が間違ってるかもだけど
458 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/08(土) 12:34:04.05 ID:e4kfU5ex0
ああすいません どちらもというのは下一桁目と下二桁目がどちらも奇数という意味でした
そう捉えても仕方ないので今回は2p追加で9ポイントとします。
459 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 12:39:40.64 ID:e4kfU5ex0
光「えっと…ここね?」

光は昨日食堂に行ったときの大先輩からもらった住所を元に老人ホームへ向かうことにした。


……
………

光(……えっと受付の人を探さないと)

受付の人「こんにちは」

光「あ〜すみません。この施設に木戸という人がいると思うのですが」

受付「失礼ですが、あなたはどういった方でしょうか?どうもお孫さんとは思えないです。」

受付は怪訝そうな顔で見る。

光「木戸さんにアナタの大後輩の現役ですと伝えてくれれば通してくれると思います。」

受付「かしこまりました」

受付は内線を繋げた。


……

受付「今は友人の部屋で麻雀をしているそうです、あちらの角を左に曲がったところにありますエレベーターを3階に行った後に右に曲がったら右手の方です。」

光「ありがとうございます。」


……
………

「リーチ!!」

光「おっとあそこね」

そこには雀卓を囲んでいるおばあさんが一人と残りはおじいさんであった。

木戸「…お前さんが受付の満島さんが言っていた、後輩か」

おばあさんが声をかけてきた。

光「………こんな堂々と賭け麻雀をしないでくださいよ」

木戸「何を言っているんだ、これはれっきとした健康麻雀だぞ」

光「だったらリー棒代わりに投げている千円札の説明をしてください。」デカピンジャナイデスカ

おじいさん1「まあまあ…お嬢ちゃん、細かいことはいいっこなしじゃ、これは身内通しで行っていることだしな」

おじいさん2「木戸さん、アンタこんなべっぴんさんの後輩を持っているんだな。羨ましいよ」

おじいさん3「半世紀前に出会っていたら口説いていたんだがな」

↓1 老人ホーム内でのイベントを募集します。
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 12:52:56.65 ID:ZmpBP102O
契約している鬼の話と雀の話にでて来たノイズのことを知らないか聞いてみる。
461 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 14:53:34.03 ID:e4kfU5ex0
木戸「…ちょっと待ってな、この半荘終わったらすぐやめるからな、オーラス報告」プラ11ウキ

おじいさん1「ええ…木戸さんラス引いてないじゃないか勝ち逃げずるいですよ」プラ2ウキ

おじいさん3「こんなべっぴんさんをほうっておく方が問題あるとワシは思うがの」シズンデイル

おじいさん2「さて…ラス親だから何とか連荘して逆転したい」タン

木戸「人和」

おじいさん2「うそだろおおおおおおおおおおおお!!」


……
………

ー木戸の部屋ー

木戸「私が鬼について聞きに来たのか?」

光「はい」

木戸「どうしてまた、単に魔力を強くするのなら他にも契約可能な魔族がいるだろう?」

光「…どうも…平安時代に封印されていた大物ノイズが復活するからです」

昨日までだったら単純な興味だったが…今日になって事情が変わった。

木戸「平安時代…封印…まさか…そのノイズワーグザークと言わないか?」

光「…はい、封印した一族はそう言っていました。」

木戸「なるほど…あれだったら納得だ…あのノイズは今の教科書からは抹消されたが一般人、魔法少女共に大量の犠牲者を出したからな」

光「消された?」

木戸「ああ、教科書にあれを載せていると候補生達が怖がってしまってだな…消してしまったんだ。他にあそこまで犠牲が出た事例も無かったものでな」

木戸「しかしワーグザークか、から危険を覚悟で強力な部類の鬼を探しているという事か…で私が鬼と契約したいと…」

光「はい」

そこまで強いノイズであるのなら、最終的な結論はそうなるだろうと判断し返事をした。

木戸「……だが魔族は契約に関しては1つルールが有る。一個体につき一人までしか契約出来ないという決まりがある。」

木戸「更にいうと鬼レベルの魔族は…基本は人間界に興味を持たない…私の契約した鬼はレアケースだったというわけだ」

光「………」

木戸「…いや…待て…確かあいつ10年前に人間界に興味を持っている孫がいるということを話していたな…ちょっと連絡取ってみよう」

光(テレパシー?)

木戸「………」pipipi

光(電話…)

木戸「顔に出ているぞ、仕方ないだろう私が引退して何十年経過していると思っているんだ」


……
………

木戸「………出ないなあ」

木戸「すまない…出掛けているようだ…あいつ一度出かけると数日は帰ってこないんだ」

光「携帯は持っていないのですか?」

木戸「ああ…携帯は苦手らしくね…連絡を取れたら、電話するから連絡先を教えてくれ」

光「わかりました」

光は木戸に連絡先を渡すのであった。

↓1 奇数なら老人ホームの安価を募集します。(ちなみにこっちが出ても梓orホムラ視点チェンジにする事もできます。)
   偶数なら部活中ホムラorバイト中梓視点に移ります。

※最終的にはホムラor梓視点に移ります。
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 14:58:07.52 ID:GY+nDoYj0
463 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 15:03:02.85 ID:e4kfU5ex0
部活中のホムラorバイト中の梓の視点 
どちらかに起きるイベントを募集します。

どちらの視点化を記入してイベントを入力してください

ホムラは水泳部
梓はメイド喫茶のバイトです

↓15分後最初のレス
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 15:48:10.50 ID:Sm+AmRmGO
部活中のホムラ

隆に写真はなかったがノーパン見られたのではないかと疑心暗鬼で部活に集中できないでいる様子どう接するか悩み中
465 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 17:37:09.34 ID:e4kfU5ex0
ー水泳部 プールサイドー

顧問「日之出…さっきからタイムが微妙だな…」

ホムラ「…はい…すみません」

顧問「何か悩み事か?」

ホムラ「はい…」

顧問「珍しいな…何があったんだ」

先程隆からスマホを没収し、写真を見てみたが…何も写っていなかったがそれでも見られたかもしれない。

そう考えていると泳ぐことが集中できないのだ。

いくらなんでも、それを相談するわけには行かない。

ホムラ(それにタカちゃんとこの後どう接すればいいんだろう…)

顧問「…相談できないことか……まあどっちにしろ、今日は早めに上がったほうがいいかもな」

顧問「本番までにそれを引きずられても困るからな…」

ホムラ「そんな…ボクはまだ」

顧問「休むのも大事だ、解決の為に行動したり、普段とは全く違うことをやって忘れることも大切さ

こうしてホムラは早めに水泳部から上がることになった



この後、健太に出会う判定を取ります(成功率50%)、健太に出会った場合は催眠動画を見る判定が出て(成功率50%)
、光と出会ったら催眠音声を渡すように頼まれます(成功率50%)

がエロイベント成立権を使えばこの全てが一発で成功します(普通にやったら成功率12.5%)

↓1使いますか?(エロイベントフラグ成立権残り2回)

↓2使わない場合は奇数で健太と出会う。
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 17:47:17.15 ID:FE++/szj0
1 使おう
467 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 19:39:29.23 ID:e4kfU5ex0
ホムラ「…早く上がっちゃったけど…どうしよう」

健太「あれ?日之出?」

ホムラ「ケンちゃん?」

健太「どうしたんだ?まだ部活動の時間のはずだが」

ホムラ「うんちょっとね、休みを貰っちゃった。」

健太「…何だ無理しすぎて休む命令でも貰ったのか?そりゃそうだ…休むことも大事だもんな」

健太「休むにしても、水泳を完全に休むというわけではないんだろう?」

ホムラ「うん…」

健太「だったら俺が水泳のレジェント選手の泳ぎ肩をまとめた動画をDVDにまとめたぜ?見るか?」

ホムラ「そんなのを作ったの?」

健太「昨日の隆が写真に写っているお前に心打たれてな何か応援したくなってな」

ホムラ「…ありがとう」

健太「視聴覚室はそこだから今すぐ見ようぜ」

ー視聴覚室ー

健太「一先ず一通り全部見て気になった所を後で全部見ようぜ」

ホムラ「うん」

動画内のレジェント選手のコーチ「もっと早く泳げる様になるためには体操から見直さないといけません。

動画内のコーチ「泳ぐ前の体操として…何も考えずに大きく息を吸って…」

ホムラ「すぅぅっぅぅぅぅ」
468 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 19:40:04.43 ID:e4kfU5ex0

……
………

動画内のバアル「さて…これから俺が10を数える…そうなったら全てを忘れる…そして俺か健太が指パッチンをしたら再びお前は深い催眠状態に戻る。」

ホムラ「……はい」

動画内のバアル「そしてお前が見た、これはただの動画であると認識する。

バアル「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」パァン

動画のバアルが一度手を鳴らすと

ホムラ「わっ」

健太「…何か見直したいところでもあるか?」

ホムラ「ううん…でもすごいねこれ、こんな短時間なのに全て理解できたよ。」

健太「凄いだろ?俺の動画編集技術」

ホムラ「うん、これボクに頂戴!!」

健太「…いいぞ、ただこちらの頼みを聞いてくれればな」

ホムラ「頼み?」

健太「ああ、そこまで大変なことじゃないぞ、このCDを冴島に渡してほしいんだ」

ホムラ「これは?」

健太「ああ、これは聞くだけであっという間に熟睡してしまって疲れが無くなってしまうCDさ」

ホムラ「へえ…そんな物があるんだ」

健太「9時台に凄く眠くなるお前とは縁がないものだろう?」

健太「最近、冴島ちゃんと眠れている感じがしなくてな」

ホムラ「たしかにね…ひかりん。最近ちょっと頑張りすぎているから」

健太「じゃあ頼んだぞ」

ホムラは催眠音声の入ったCDを1枚手に入れた。

ホムラ「↓」

ホムラのセリフ安価です
↓1 ホムラのセリフを募集します 特に思いつかなければなしにすることも出来ます。
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 19:43:07.22 ID:GY+nDoYj0
なし
470 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/08(土) 19:45:37.69 ID:e4kfU5ex0
ゾロ目なので>>1からヒント
実は催眠CDや催眠DVDを健太はまだ持っています。
隆のことを相談することも出来ます。

どうします?
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 19:55:42.02 ID:FE++/szj0
タカちゃんに個人的な秘密を知られちゃったかもしれなくて、それを確かめるのが怖いんだけどどうしよう
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 19:57:07.81 ID:GY+nDoYj0
隆のことを話してどう接すればいいのか相談。

健太からきつく言っとくと言ってあいつも疲れてるんだろうと催眠CDもう一つ渡す
473 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/08(土) 20:00:44.28 ID:e4kfU5ex0
セリフは471 結果は472を採用します。
474 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 20:25:53.63 ID:e4kfU5ex0
ホムラ「…実は…たかちゃんに個人的な秘密を見られたかもしれないの、それを確かめるのが怖いんだけどどうしよう」

健太「んっ?個人的な秘密?」

健太(バアル)「………」パチン

ホムラ「あっ…」

健太「その個人的な秘密を見せてみろ」

ホムラ「……はい」

そう言われるとスカートの裾を掴みたくし上げた

健太【ほぼ中身バアル】「ほうほう…これはなかなか…」

健太(明日以降のパンツはどうしようか?)

↓1履かせる やめておく 更に特別な指示を出す
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 20:31:43.88 ID:FE++/szj0
パンツは履かせず、大事な部分にばんそうこうだけ貼って投稿してもらう
476 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 21:07:04.04 ID:e4kfU5ex0
健太「よし…お前、明日からパンツを履かずに大事なところには絆創膏を貼れ」

ホムラ「はい…了解しました。」

健太「そういえば、やけに今日は揺れていたが、もしかしてブラジャーもしていないのか?」

ホムラ「………はい。」

健太「見せてみろ」

そう言われるとたくし上げるのをやめて今度は上のセーラー服を脱ぎ始める。

シャツを脱いだ所で一回止める。

確かにブラジャーをつけていなかった。

健太「おおお、確か前見たときはパンツを確かつけていた気がするが、つけるの忘れていたのか?」

ホムラ「………いえ…水泳の授業の時に誰かに盗まれてしまいました。」

健太「ちっ…そういうプレイを楽しむ変態じゃなかったか…まあこれからそういう性癖を目覚めさせればいいか」

健太「おい、お前これからブラジャーをやめて絆創膏を貼り付けろ」

ホムラ「………はい」

健太「ほい、やるから今つけろ」

そう言って絆創膏の箱を渡す。

ホムラ「………はい」

ホムラは黙々と絆創膏をつけていく

健太「すげえな、絆創膏で乳首が全部隠れねえ」

健太「じゃあ…ちゃんと着ろ」

ホムラ「………はい」



健太「それでは健太とホムラ、これから俺が3数えますそうすれば先程の事は全て忘れます。ただしホムラに関しては必要な暗示だけは残っています」

健太「1、2、3」パチン

ホムラ「…んっ?」

健太「日之出、隆は疲れていたんだろう、隆については俺からきつく言っておくから許してやってくれ。」

健太「そうだ、もう一枚疲れが取れるCDをもう一枚渡しておくよ。仲直りの証として渡しておきな」

ホムラ「わかった…ありがとう」

ふと時計を見る。

ホムラ「あっもうこんな時間、ボク行かないと!!」

ホムラはもう一枚催眠音声のCDを手に入れた。

そう言ってホムラは急いで待ち合わせの場所へ向かうことにするのであった。
477 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 21:11:54.06 ID:e4kfU5ex0
ーその頃ー

光「あっと…もうこんな時間、早く行かないと」

おじいさん1「お嬢ちゃん…もういいのかい?」

おじいさん2「楽しかったんだがな」

おじいさん3「たまにやるノーレートも普通に面白かったよ」

光はノーレートという条件で約束の時間まで麻雀をやっていた。

↓1 奇数なら 梓のメイド喫茶までの道中でイベント発生
   偶数なら 何も問題なく到着
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 21:16:25.22 ID:LtO5ogHdO
479 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 21:23:28.80 ID:e4kfU5ex0
ゾロ目の為
ノイズ出現を含めてイベントを募集します。



22のゾロのため、ノイズ側が先に魔法少女を見つけました。

ちなみに有利不利の条件は以下の通りです
魔法少女有利 77>33>>その他奇数ゾロ>>>22 88 00>その他偶数ゾロ ノイズ有利


ノイズを出す場合は>>386>>387のノイズから選んでください

※ただし バアルはこの状況で出すのはかなり違和感あるので除外させてください
480 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 21:24:15.81 ID:e4kfU5ex0
↓1 登場ノイズorイベントを募集します
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 21:28:41.38 ID:LtO5ogHdO
俺入れてもOK?
482 :1です [sage]:2019/06/08(土) 21:30:24.97 ID:f0dLKpP6O
もち
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 21:33:46.57 ID:LtO5ogHdO
ノイズ影住
浮浪者のような男がふらつき寄りかかられ影から寄生される
484 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 21:33:50.48 ID:e4kfU5ex0
問題ないです

コンマは基本連取り対象としません
485 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/08(土) 21:38:56.36 ID:e4kfU5ex0
影住了解です ただしファーストアタックはコンマ判定となります。(安価に干渉出来る光のため回避率ど高め)
486 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 21:50:57.47 ID:e4kfU5ex0
光「はぁ…はぁ…」

ちょっと予定よりも遅れて老人ホームを後にした梓の店へと走っていた。


……

信号に引っかかる

光「はぁはぁ…こりゃ遅れそうだわ」

光はラインを開きホムラに連絡をつけようとした。

ふと光は後ろから気配を感じた。

光「!?」

↓1 影住のファーストアタック

偶数ゾロ 光を押し倒す
6で割り切れる 成功
6で余りが出る 失敗
奇数ゾロ 光のカウンター
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 21:52:00.19 ID:FE++/szj0
おう
488 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 22:18:31.18 ID:e4kfU5ex0
光は咄嗟に浮浪者が抱きついてきた。

が光は咄嗟に横に飛び回避した。

光「………突然どういうつもりかしら」

浮浪者「…じょしこーせーおまんこー」

光「ひぃ!!」

信号はまだ赤だったが無視して渡る。

光「………」キョロキョロ

光(どこかどこか変身できる場所)

光は直感からこの男はノイズに操られていると判断した。

しかし人影はないとはいえこんな開けた場所で変身するほど光は冒険家ではない。

↓1コンマ 4で割った結果
 1余った  ちょうどいい所を発見 変身の際にノイズ登場時のコンマが33に変更される
 2余った  浮浪者も渡ってくる。
 3余った  ちょうどいい所を発見 変身の際にノイズ登場時のコンマが77に変更される
 割り切れる 浮浪者も渡ってくる。
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 22:23:28.42 ID:FE++/szj0
とう
490 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 22:46:44.78 ID:e4kfU5ex0
そうこうしているうちに浮浪者が渡ってきた。

光「…仕方ない…あんましやりたくなかったけど」

光はその場で変身をする。

光の服装はセーラー服から白い修道服に変わる。
その右手はスタッフを持っている。

光「デラックスパフェ前のいい運動よ」

最低二人は居ないと頼めないあのジャンボパフェとその味を今は想像することで我慢した

光(しかし…いきなり距離を詰めて抱きついてきた所を見ると…近づかないといけない技があるということかしら…後はあれはどう見ても憑依するタイプのノイズ…)

光(…近づいて戦うのは危険ね)

↓1 1ターン目
   偶数ゾロ 影が重なる(強攻撃)
   1〜64の偶数 影住の攻撃(浮浪者がパンチをする)
   1〜31の奇数 光の攻撃(魔力弾を撃つだけ ※魔法少女共通技)
   35〜67の奇数 光の攻撃(スタッフで突く)
   65〜98の偶数 影住の攻撃(中攻撃)
   69〜97の奇数 光の攻撃(スタッフの連続突き)
   奇数ゾロ 一発勝利

【ちなみにここには本当に光と浮浪者以外は誰も居ない為これをネタに光を揺することは不可能】
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 22:48:30.23 ID:lgzybAq10
ほい
492 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/08(土) 22:59:43.21 ID:e4kfU5ex0
光「とりあえずこれで様子見ね……あんまりただの人間相手には使いたくないけど」

自身の纏っている魔力を元に弾を作り始める。

光(人間に当たっても無傷なように魔力を調整しないと)

光「こんなところかしら、行きなさい」

一先ず人間部分に当たっても無傷になるように設定された

適度な大きさになった所で

そのままその弾を放った。

現在決着時の勝率 光70% 影住 30%

↓1
奇数ゾロ 一発勝利
下一桁 1〜2 避けられた
    3〜4 かすった  光勝率+2.5%
    5〜6 足に当てた 光勝率+5%
    7〜0 影にヒット 光勝率+10%
偶数ゾロ カウンター

↓2
2ターン目の戦闘判定
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:00:33.55 ID:FE++/szj0
むっ
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/08(土) 23:05:00.26 ID:FE++/szj0
勝ってしまったのか
495 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/08(土) 23:41:02.99 ID:e4kfU5ex0
光「せいせいせいせい」

光は次々と魔力弾を作り攻撃を仕掛けていく。

反撃の余地を許さない程度には

光(…時々不可解な行動を起こすわね…明らかに外れている魔力弾を自分から受けているような)

あんまり近づきたくないので魔力弾を沢山作って一気に放っている

故に絶対当たらないコースの弾も含まれているのだ。

光(身体のいたるところを攻撃しても全然ダメージを通っている感じはしないけど…偶に明らかに外れているものをわざわざ受けに来ているのわね。)

光(避けなくてもいいのにわざわざ受けに行く理由は…)

光(寄生型ノイズっぽいから、勝手に人の体のどこかにいると勝手に思っていたけど…それは見当違いだったかもしれないわね)

(今は時々狙って外している弾を撃っているけど…それをわざわざ受けに来ていないわね)

(…考えても見ると受け止めている弾は全て地面に着弾するかもしれない弾だったわ)

光(地面に本体があるということかしら?)

光(だとすれば試してみましょう)

光は浮浪者の影に向けて魔力弾を撃つ。

今度は浮浪者はそれをわざわざ受け止める

光「…なるほどね」バッ

一気に距離を詰め持っているスタッフを振り浮浪者を転ばせる。

浮浪者「わっ!!」

光はすかさずその浮浪者の影に反対側の手を突っ込み中に居た物を引っ張り出した

影住「なんで…なんでわかった!!」

光「さあね、ちょっと考えた結果がアナタの考えと一致しただけね。」

光はスタッフを持っていた手に魔力を込めてから握りしめ思いっきり影住を殴った

影住「うわあああああああああああああ!!」

影住は地平線の彼方へとぶっ飛んでいった。

光「…あーもう約束の時間過ぎちゃったじゃない、ホムラに謝らないといけないわね」
496 :6月8日ラスト  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/09(日) 01:12:40.39 ID:RZYZmUI80

光「ごめーん、待った?」

ホムラ「遅いよ、ひかりん」

光「ごめんごめん、奢りの話はなしでいいから入りましょう?」

カランカラン


ー店内ー

梓「おかえりなさいませーご主人様」ナンダヒカリカ

光「梓ーいつものー」

梓「デラックスパフェ?はいはい」

ホムラ「いつもどおり梓も一緒に食べる?」

梓「もちろんよ、ちょっと店長に休憩の許可をもらってくる」


……
………

ホムラ「だから今日は、レジェント選手の編集動画を見て座学となったんだ」

光「編集動画?」

ホムラ「うん、ケンちゃん、ボクのためにレジェント選手の水泳練習方法や泳ぎ方を編集したDVDを作ってくれたみたい」

光「へえ…やるわね…佐藤くん。」

ホムラ「そういえばひかりん」

光「んっ?」

ホムラ「ケンちゃんからひかりんにこれをと」

ホムラは健太から受け取った催眠CDを渡す。

光「…これは?」

ホムラ「これを聞くと一瞬で熟睡に入って疲れが一気に吹っ飛ぶんだって」

光「ふーん、確かに私最近は寝るのは凄く遅くなっているから、今日にでもこれ試してみようかしら?」

梓「…へえそんなCDがあるの?」

そこに梓がやってきた。

彼女の持っているおぼんにはデラックスパフェが乗っている。


……
………

3人がかりで食べているデラックスパフェが半分になった頃

梓「ねえ…ホムラ、もしもさっきのCDがまだあるんだったら、アタシにもくれない?アタシも作り置きをスル必要がある日は帰ったらぐっすりと休みたいのよね」

食べることを一旦休んで軽い談笑に入っていた

ホムラ(どうしようか?確かもう一枚そのCDはあるけど)

↓1 渡すor渡さない

497 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 01:37:32.92 ID:wHv2HvWv0
渡す
498 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/09(日) 13:16:22.63 ID:RZYZmUI80
ホムラ「もう一枚貰っていたからあげるよ」

梓「ありがと」

光「明日のパトロールはこちらからこちらをよろしく」

地図を取り出し指をさす

ホムラ「はいはい。」

梓「ホムラ、明日もよろしくね」

光「じゃあパフェの続き、食べましょうか?」

ホムラ「でもいつみても多いね、これ」

梓「そりゃそうよ、本来だったら3人いないと注文出来ないメニューなんだから」

立ち上がらないとスプーンが入らない大きさの器を3人は再び食べ始めるのであった

※梓と光は催眠音声が流れるCDを手に入れた


……
………

梓「…」

鍋1「…」コトコトコトコト

鍋2「…」コトコトコトコト

鍋にはコトコトとカレーとビーフシチューが煮込まれている

店長「梓君、お疲れ」

梓「お疲れ様です。店長」

店長「いつもわるいねーこんな時間まで」

梓「いえいえ」

梓は料理の腕が買われてバイトじゃない日の前日は予め作り置きをするという仕事があるのだ。

もちろん、この時間は残業のため、この時間は倍のバイト代が出るのだが。

梓(でも…今日はは多すぎると思うのよね。普段の休日よりも多い気がする)

店長「ありがとう…これで深夜もこれで何とかやり過ごすことが出来るよ」

梓「深夜営業やっているのですか?この店、初耳ですよ?」

店長「あっ…しまった……」

梓「…」

店長「…ここだけの話をしよう…実はこの店には偶に深夜営業があってだな…その時間帯はVIPの客がたくさん来るんだ。」

店長「梓くん…もしも本当にお金に困るようなことがあったら僕に話してくれ、その時間帯のシフトができるよ…」

梓(あらかさまに怪しい…)

梓(まあ…でも危害がこっちに来ているわけじゃないし…お金にも別に困っているわけじゃない)

梓(金払いがここまでいいのは多分ここくらいだもんね)

金銭面であんまり毒島には頼りたくないのもある。

梓「わかりました…必要ができたら頼むことにします」

梓(一先ずこういってこの場を凌ごう…)

裏がありそうなバイト先であった。

↓1三日目ラストイベント(確定分) ゾロ目ノイズは登場しません
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 13:25:34.78 ID:6mlmFSw4O
帰宅後
早速CDを聞いてぐっすり眠ることにする
500 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/09(日) 15:20:31.23 ID:RZYZmUI80
ー帰宅後ー

梓「…さてと…早速貰ったCDでも聞こうかな」

梓はイヤホンをつけベッドで横になり、再生ボタン押してから目を瞑る。


……
………

CD音声「私が3を数えたら、全てをそうなったら全てを忘れる…そして俺か健太が指パッチンをしたら再びお前は深い催眠状態に戻る。」

音声「1,2,3」パァーン

梓「…Zzz…Zzz…」

梓は知らない間に催眠をかけられてしまった。

音声のもう一つの目的である熟睡効果によりその事に気づかない。


……
………

梓「うーん、凄いわね…このCD目覚めのバッチシ」ノビー

知らない間に彼女はいつでも操り人形になってしまう事を彼女は知らない。

↓1 コンマ奇数で三日目ラストイベント+1
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 15:24:12.06 ID:wln0GlCwO
502 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/09(日) 16:01:32.76 ID:RZYZmUI80
光「ただいまー」

秋子「おかえりー光お姉ちゃん」

光「…この匂いは?」

秋子「光お姉ちゃん、最近忙しいみたいだから私が料理を作ってみた……ぜ」

光「ありがとうあきこぉ〜」ギュー

秋子「えへへぇ〜」


……

光「…秋子」ズズーッ

秋子「…うん」ズズーッ

光「…この味噌汁…作る時に出汁取った?」

秋子「…出汁?」

光「そこからか…」

光は頭を抱えた。

光「今度、私が料理を教えてあげるわ」


……
………

ー就寝ー

光「さてと…寝るか」

光(佐藤くんから貰った。CDでも聞いて寝ましょう)

こうして光は催眠CDを聞き始めるのであった

光(明日は佐藤くんとデートだったわね。久々に私服を着るわね)

光「Zzz…Zzz…Zzz…」

三日目終了
503 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/09(日) 16:51:40.66 ID:RZYZmUI80
影子「あーあ、影住、やられちゃったよ。」

リッパー「やっぱり魔法少女は手強いもんだな」

影子「まあ…あいつはカンが冴えている魔法少女相手だったらどういうタイプの相手でも無茶苦茶弱くなるからねえ」チュパ

影子は舐めているチュッパチャップスを口から取り出し現在の大きさを確認する。

リッパー「…所で相談があるそうだが」

影子「最近は男たちを影の世界に引きずり過ぎてねえ…影の世界の男達の対応に困っているのよね」

リッパー「ドクトルの野郎に素材用の人間を連れ去れという指示を受けていたな。そう言えば俺もその一人だが」

影子「素材不適合と決められてどんどん私の世界に男が増えていってるのよ」

ノイズ液は男の方が合う率が高いので男を連れ去っているのだ

しかしその連れ去った男共が最初のリッパーと二人目のAV撮影者以外は尽くハズレを引き続けたのだ

リッパー「だったらよー女をさらってその男の相手をさせればいいじゃないか」

影子「………そうね…単純かつ簡単にできる方法よ」

影子はこれから女の子をさらうようになります。
504 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/09(日) 17:03:58.65 ID:RZYZmUI80
今日はこれで終了です

明日からは健太(バアル)のデート編です

デート中の出来事とかあったら募集します。(>>1が使えそうだなあと思っただけを採用していきます)

以下確定事項
・偶然見かけたパトロール中の梓とホムラがついてくる
・光を含めた三人は健太もしくはバアルの指パッチンで操ることが出来る。
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 17:09:04.31 ID:zP18aEqOO
トリプルパイズリとかして欲しいよなぁ…
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 17:16:25.48 ID:wln0GlCwO
寂れた映画館で映画鑑賞
507 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/09(日) 17:23:29.85 ID:RZYZmUI80
ちなみに書き始めるのは明日の17時半以降なので
その時間までは募集します。
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 17:35:01.26 ID:dJIWCec7O
ショッピングで服選び
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 17:52:23.20 ID:CLJ5iUmX0
とりあえず3人揃うようなことがあったら
「せっかくだからラブホいこーぜ」で指パッチン
女の子たちは「いいね いこういこう」とごく自然に受け入れ直行する
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 21:51:38.28 ID:wHv2HvWv0
ゲーセンで遊んで一緒にプリクラを撮る

カーテンの下でエッチなことしてもええぞ
511 :今日は最後といったな? あれは嘘だ 今度こそ終了です ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/09(日) 22:20:39.95 ID:RZYZmUI80
光「ごめーん、待った?」タッタッタ

約束の時間に先に健太が来ていたことに気付き。走って健太のところにいった。

ちなみに秋子は詩織の家に預けている。

健太【ほぼ健太】「いや、今来たばっかりだよ、行こうか?」

光「ええ」


ーその近くー

梓「お待たせ、ホムラ、待ったあ?」

ホムラ「ちょっとだけ、それじゃあどこから…パトロールを始めようか?」

梓「……ねねねね…ホムラ」クイクイッ

梓はホムラの袖を引っ張る。

ホムラ「?どうしたの?」

梓「あれあれ」

そう言って梓が指さした方には光と健太が居た

梓「興味ない?」

ホムラ「うん、凄く」

梓「何だ…やっぱりホムラも乙女ねー」

ホムラ「何が言いたいんだい?」

梓「つける?」

ホムラ「パトロールはどうするんだい?」

梓「ちょっとまって、アタシの店の割引券を条件に変わりにやってくれる魔法少女探すから」ピッピッピ

梓は携帯を取り出して知り合いの魔法少女に連絡を始めるのであった。

梓「先に行っててアタシは後で追いつくから」telllll tellllll

ホムラ「うん、じゃあ後でね」タッタッタ

ホムラは光の後をつけるのであった。

↓引き続き募集中
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/09(日) 23:25:13.28 ID:m0Lo+3bcO
健太は仮性包茎
513 :>>511 どうしても気になった部分があったため修正 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/10(月) 00:14:34.70 ID:wX9Y1dXv0
光「ごめーん、待った?」タッタッタ

約束の時間に先に健太が来ていたことに気付き。走って健太のところにいった。

ちなみに秋子は詩織の家に預けている。

健太【ほぼ健太】「いや、今来たばっかりだよ、行こうか?」

光「ええ」


ーその近くー

梓「お待たせ、ホムラ、待ったあ?」

ホムラ「ちょっとだけ、それじゃあどこから…パトロールを始めようか?」

梓「……ねねねね…ホムラ」クイクイッ

梓はホムラの袖を引っ張る。

ホムラ「?どうしたの?」

梓「あれあれ」

そう言って梓が指さした方には光と健太が居た

梓「興味ない?」

ホムラ「うん、凄く」

梓「何だかんだ言っても、やっぱりホムラも乙女ねー」ニヒヒ

ホムラ「何が言いたいんだい?」

梓「なんでもないよー」ヒュー

ホムラ「…出来てないよ、あずあず」クチブエデキナイノ?

梓「まあ一先ずそれは置いといて、つける?」

ホムラ「パトロールはどうするんだい?」

梓「ちょっとまって、アタシの店の割引券を条件に変わりにやってくれる魔法少女探すから」ピッピッピ

梓は携帯を取り出して知り合いの魔法少女に連絡を始めるのであった。

梓「先に行っててアタシは後で追いつくから」telllll tellllll

ホムラ「うん、じゃあ後でね」タッタッタ

ホムラは光の後をつけるのであった。
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 00:42:17.70 ID:BZ36NUh3O
カラオケの個室にはいって歌いまくる
515 :ここも修正するべきだった ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/10(月) 07:49:55.76 ID:wX9Y1dXv0

梓「興味ない?」

ホムラ「うん、凄く」

梓「興味わかない?」

ホムラ「…すごく興味あるよ。」
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 07:57:59.10 ID:bharkc9XO
そう言えば1
上のリストにこれ載ってなかったぜ
【名前】チルドレン
【容姿】背の低い子鬼 成人男子の腰くらいまでしかない
【特徴】人間の子供くらいの力しかないが何十匹もの群れで徒党を組んだ時のチームワークが恐ろしい。ずる賢く色欲旺盛で人間の女性に集団で襲いかかり蹂躙してしまう。
このノイズがバアルの部下のワンチーム
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 08:13:15.47 ID:bharkc9XO
チルドレン続き
3人もいるんだから1人くださいと頼む
エッチシーンになった場合
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 10:17:25.74 ID:Gr/2GEs20
風呂場で3人にえろえろご奉仕してもらう
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 11:21:13.05 ID:zFodwtyu0
遊園地デートで密室観覧車で情熱的キッス
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 11:41:10.79 ID:JguLV0MyO
ショッピング
おしゃれな服を購入と思いきや、露出の多いエロい服を購入
指パッチンで光はなんの疑問もなくそれを着てデートを続行する
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 17:16:46.04 ID:Zqv21XM1O
やはり贅沢に3人の処女を一気にいただきたい

3人バックの姿勢でおしりを突き出させて次々にぶち抜いていきたい
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 18:13:51.07 ID:v/bCaSrjO
すんなりエロいかしてくんない気がするけどな
523 :>>1 [sage saga]:2019/06/10(月) 18:31:51.29 ID:GzS7V6DH0
正直に白状しますと
最後にラブホとかに行かせるのは最初から決めていました。

あとはデート中の出来事については>>519をちょっと変えたら全部いけそうですね
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 18:41:35.62 ID:v/bCaSrjO
1はできる子(擦り寄り)
525 :>>1 [sage saga]:2019/06/10(月) 19:24:20.75 ID:GzS7V6DH0
>>516
マジだ…通りで少ないわけだよ。

>>386>>387に登場していないノイズ以外は後でまとめて記載しておきます(ほとんどをバアルの部下にします。)


>>520
咲ののどっちや一ちゃんが着ている様なあぶないしふく的なものでOK?

あと>>519 遊園地のところを変えて
ショッピングモールとかにある観覧車で行くか?
それともラブホの中に観覧車で行くか?
をちょっと募集してみます。

↓先に二票集まった方
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 19:37:14.39 ID:Gr/2GEs20
ラブホの観覧車…噂には聞いたことあるが。
じゃあそれで
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 19:39:10.12 ID:v/bCaSrjO
ラブホに観覧車あんのか草

面白そうなんでそれで
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 19:41:00.59 ID:v/bCaSrjO
やっぱショッピングモールの方に一票
529 :>>1 [sage saga]:2019/06/10(月) 20:23:06.13 ID:GzS7V6DH0
後一票です
ショッピングモール1
ラブホ1
530 :>>1 [sage saga]:2019/06/10(月) 20:35:53.13 ID:GzS7V6DH0
梓「最初にショッピングねえ…」

サングラスをかけて二人を追いかける。

ホムラ「…」

梓「どう思う?」

ホムラ「まだわからないねー」

様子を見てる


……

光「…ふーん…それでそれで」

健太「そこでこれを加える。」

光「やるわね…女心を掴んでいるわ」

光「でも、これはこっちじゃなくてこっちの方がいいと思うわよ。」

健太「おおお、いいなこれ」

光「誰にあげるのかは知らないけど、こうすれば無難なプレゼントとなるわよ?」

健太「…あっという間に終わってしまった…冴島さんすげえ…」

光「ふっふーん、じゃあ朝で予定も終わったし、異性同士で今日は遊びましょうか」

健太「えっ?」

光「じゃあしっかりエスコートをしてね」

健太(………あれ…これってもしかしてデートってやつじゃあ?)

健太もようやく今の状況に気づくのであった。
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 21:29:59.37 ID:zFodwtyu0
観覧車はショッピングモール
532 :筆が進まないとから今日は物語の進行はここで終了 後はノイズ側の設定をまとめて終わります。 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/10(月) 22:37:22.04 ID:wX9Y1dXv0
光「まさか、一人の女を振り向かせる為にプレゼントを購入するだけで他の目的は決めて無かったと?」

光「目的だけ決めて後は何も決めていなかったわけじゃないわよね?」

光「最近は肉食系女子も増えているけど、やっぱり男が女をリードしないと」

健太(どうしようどうしよう…全然決めてなかった)

光「あなた、私の服を見てどうと思わない?」

健太「そう言えば…」

明らかに去年の流行の服を着ている。

健太「服屋に行こうか?」

光「そうそう、これくらいは言われなくても当たり前に出来るようにならないといけないわよ?」

光「女に好かれるとは大変なことなんだから」

こうして健太と光は服屋に向かうことになった。
533 :バアルの部下ノイズ  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/10(月) 22:42:48.85 ID:wX9Y1dXv0
バアルの部下ノイズ

【名前】ショクシュライム

【容姿】スライムから触手が生えている。緑色

【特徴】弱い、とにかく弱い
こんなノイズに負けた魔法少女は一生の恥になるだろう
倒した相手を触手からでる粘液で発情させたり触手で胸や性器を弄ったりするが、本番はしない
寸止めの状態で解放される

【名前】チルドレン
【容姿】背の低い子鬼 成人男子の腰くらいまでしかない
【特徴】人間の子供くらいの力しかないが何十匹もの群れで徒党を組んだ時のチームワークが恐ろしい。ずる賢く色欲旺盛で人間の女性に集団で襲いかかり蹂躙してしまう。

【名前】スライムプール
【容姿】プールに擬態している
【備考】(付け足したい事があれば)
プールのふりをして、入ってきた女性の数が多くなると男性をぶっ飛ばし女性達の水着を溶かしたのちに麻痺成分を流し拘束、
自身の苗床にするという生き物、海外系の強いスライム、やばくなったら苗床の生き物を盾にし攻撃を仕掛けてきた奴らの対策もしている。
やられた女性は助けられるまでスライムの赤ちゃんを生み続けるようになる
ショクシュライムはこのノイズの部下に当たる
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/10(月) 23:12:23.80 ID:wX9Y1dXv0
バアルの催眠で出来ること

ノイズとしての力
→指鳴らしで洗脳が可能、正し相手にハッキリと聞こえる距離で指鳴らしを見てもらう必要がありその後に指示を出す

・意識朦朧としてる半睡眠状態が可能
・意識が覚醒してるが相手の体の主導権を握り命令通り行動させることが可能
・幻覚を見せることが可能
・催眠相手の五感をかえる
・体験したことを忘れさせられる
535 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/11(火) 23:53:51.07 ID:YTCU4Hhj0
光「…♪」ジャー

試着室のカーテンが開く

光「どう、かわいい?」

健太「冴島…もう一時間も経過しているぜ?」

光「ごめん、もうちょっと待って久々に服を買うのだから」

最近のノイズ増加により、新しく服を買うなんてのは行っていたのだが、

光「…でもせめてかわいいという一言くらいは欲しかったわね」

隆や健太のようなと出かける機会が出来そうなので、おめかしの機会がドンと増えそうなので新しい服を選んでいるのだ。

光「これまで着た中でどれが一番いい?」

健太「…えっ?えーっと?うーん?」

健太は突然の質問に困惑する。

光「ちゃんと見てなさいよ…あなた未来の彼女にそれをやっちゃ駄目よ?」

光「…これもキープしておきましょう…」

健太「…そろそろ選んだほうがいいんじゃないか?そろそろお昼だぞ」

光「そうね…じゃあ佐藤くん一着くらい選んでみて一度試着して見るから」

健太「えっ?」

光「キープしたものの方向性から私の好み見えてこない?」

健太(うおー…ちゃんと覚えてねえぞ…)

あちらこちらを見る。

健太(……そうだ冴島って確かこういう色を選んでいた確率が高かったぞ、服のタイプはこん感じだったよな)

割と薄ら記憶で選んだ服を光に持っていく。

光「ホルターネックね。良さそう。」

服の前から首の後ろに回して結んだ形式の服を選んだようだ。

光「じゃあ…ちょっと待っててね。」
536 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/11(火) 23:55:34.33 ID:YTCU4Hhj0


光「えっ…ちょっとこれ…待っていや…これはちょっと…これは…これを…見せるのは…」

健太「…?」

光の言葉的や試着している音が聞こえない辺り、もう着替えが完了していた見たいだがなかなかカーテンを開こうとしない。

健太「おい、冴島。着替えたんだったらとっとと来てくれ」シャー

健太はカーテンを開く。

光「…」

光のその姿は背中が大きく開いており、もうちょっと下に開けていたらおしりのラインが見えそうである。

横から見ると横乳が見える。

前から見ると軽く前が開いており、その小さな前開きからは明らかに大きい事がわかる胸の谷間の始まりが見えている。

光「さっ佐藤くん、ごめん流石にこれを着て街中歩けない…///」

健太(……)パチン

光「…あっ」

健太「冴島さん…お願い、今日はそれ着ててくれない?」

光「…わかったわ、しょうがないわね…せっかく選んでくれたのだから」

健太「ありがとう…」パァン

健太は両手を叩いた。

バアル(よっしゃ…ちゃんと聞いているな!!そして健太の方も暗示が聞いている)

バアルは予め健太に暗示をかけており、興奮することがあるようだったら指パッチンをするという暗示をかけて欲望に忠実になるようになっている。




……
………

ホムラ「あずあず、二人が出たよ」

梓「ちょっと光何なのよ。その服」

二人は簡単に見つからないように遠くから様子を見ているがその遠くからでもわかる露出だった。

ホムラ「これ脈あるんじゃないかな?あるんじゃないかな?」

梓「あの二人、アタシ達が知らないうちにあんな関係になったの?」

二人は興奮している。

しかし光のその格好は催眠によるものだと二人は知るわけがなかった。
537 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/12(水) 00:17:14.26 ID:YbkCCMrN0
本日おーわりっと

ちょうどいい感じにノイズの勢力が割れたので世界観ノイズ編を書きます

ノイズには主に3勢力あります

1つ目はドクトル研究所の様に魔法少女を倒して世界征服を企む奴ら

2つ目はバアルのように好みの少女を手に入れて純粋に性行為を楽しみたい集団

3つ目は魔法少女に積極的に絡み敵にも味方にもなりうる存在(超少数派このSSではイリスのみ該当)

ちなみにこの3勢力はノイズ同士ですが敵対しあっています。
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 00:24:23.58 ID:t5bPezur0
なるほどなるほど
乙です
この後の展開が楽しみです
539 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/12(水) 00:26:07.34 ID:YbkCCMrN0
ちなみにデートはカラオケ 映画館近くのゲーセン 映画館 ショッピングモールに戻って観覧車(映画館のワンシーンに感化された感じ) ラブホって感じになります

ここまで予定の詰め込んだデートなんてそうそう見ないぞ…
540 :>>1 [saga]:2019/06/12(水) 20:41:29.90 ID:wF9jV1Ya0
忠夫(はあ…いい女いねえかな…詩織ちゃんはしばらく…電話こないだろうし…)

AV撮影を終えた忠夫はショッピングモールを散歩していい女を捜していた。

忠夫「…」

忠夫「おっ」

忠夫(おっ…あれいいじゃん、ちっこい癖に立派なもん持っているストレート黒髪の少女)

彼の前に光が歩いていた。

ゆっくりと光に近付く。

忠夫(ととと…何だ、男付きか…NTRのも燃えるが俺はすぐセックスしたいからこいつはスルー……するか?)

忠夫「!?」バッ

忠夫(なんつー格好でショッピングモールを歩いているんだよ!?)

大きく開いた穴から横乳と背中全部見える。
パンツこそ見えないが尻のラインが見えそうである。

光(……やっぱりこれ…///二度見の格好じゃない…///)

ちなみにこれ服の構造上、ブラをつける必要はないがブラをつけていたら、背中のワイヤーが全部見える。

またこれを後ろ前に着ていると無理しても下乳が見える状態となり下半身は足の付け根の線が見える状態になる。それくらい大きな穴が開いているのだ。



忠夫「なんだったんだ…あれ」

忠夫「…」

忠夫「気にしない気にしない。いい女を捜そう」

忠夫「!?」ギョッ

目の前にすごいアフロのグラサンをかけた二人が通りがかる

ホムラ「ボクならこれくらいの距離なら見落とさないよ」タッタッタ

梓「ホムラ、アンタが頼りよ。あの子、勘は鋭いから」タッタッタ

忠夫「…」

忠夫「……」

忠夫「よし…今日は帰って寝よう」

今日は竿休みに変更するのであった。
541 :>>1 [saga]:2019/06/12(水) 20:55:59.34 ID:wF9jV1Ya0
コンマ判定忘れてた

カラオケ店のタイプ判定
↓1

偶数 受付からルームナンバーを廊下を歩き個室に入るタイプ(一般的なタイプ)
奇数 コンテナ型個室タイプ(受付の建物とは別にコンテナが複数あり使うときに受付に鍵を開けてもらう昔よくあったタイプ)
ゾロ コンテナ型個室タイプ窓なし
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:14:56.75 ID:bf9yZNKB0
543 :>>1 [saga]:2019/06/12(水) 21:35:35.87 ID:wF9jV1Ya0
ーカラオケ屋ー

健太「それでは一部屋お願いします。」

店員「かしこまりました、それではしばらくお待ちください」

店員「…」チラ

光「!?」

やはりチラリと店員からチラリと見られる

健太「やっぱりその格好なれないのか?」

光「慣れるわけないでしょう!?」

健太「でも着続けるんだな」

光「…うん」

健太「ちょっとずれたら大変なことになりそうなのにな」

光「…言わないで気にしないようにしていたんだから」ナンデコンナノミセニウッテルノヨ

店員「開けました、それではお楽しみください」

↓1〜2 小さいほう採用 カラオケボックスでのイベントを募集します。
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 21:41:23.92 ID:bf9yZNKB0
タンバリン叩いてもらい胸が揺れ胸がこぼれる
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/12(水) 22:04:52.83 ID:mTQ3FgFRO
リズムとってるふりして催眠かけお互いに身を寄せあってデュエット

お互いにいい雰囲気でキスして光のむねを揉みしだきまくる
546 :1 [sage]:2019/06/12(水) 22:28:57.23 ID:w88DfsThO
現在移動中
対して期待せずにお待ちください
547 :今日ラスト…一個のエチシーンに時間がかかったのが原因だったのか感想少ねえ…以前からか ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/13(木) 01:04:33.57 ID:AvC1jHft0
光「〜♪〜♪」

健太「…」シャリシャリシャリシャリ

光「〜♪」

健太「…」パチンパチン

光が歌っている時にタンバリンを鳴らしたり、合いの手を入れたりするどさくさに紛れて指を鳴らす

健太「なあ、冴島。今度はデュエットしないか?」

光「いいわ♪」


……

健太「〜♪〜♪」ピトッ

光「〜♪」


梓「ねえ、あれ密着しすぎじゃない?」

ホムラ「えっ?あれくらいだったら、普通だとボクは思うけどなあ?」

梓「アンタはそうよね」


健太「……」チュ

光「!?」チュ

健太「……」モニュモミュ

光「んあぁ♡ああっ♡…なっ♡あっ♡」



梓「えっ?これってもしかしてしてる?してる?」ヨクミエナイ

ホムラ「してるって?」

店員「お客様、困りますよ」

梓「あっ!!にっ逃げるよ。ホムラ」

ホムラ「うっうん!!」

梓とホムラは逃げ出した。


光「全く…いきなり何をするのよ」

健太「いやあ…なんか盛り上がってきたかなって」

光「こんな窓がついているようなカラオケ店で始めないでよ!!」

健太「…じゃあ窓がついていなかったらいいの?」

光「…そっ…それは…///」

健太「今度はそのタイミングで行うよ」

光「…バカ…///」

そうこうしているうちにルーム時間の2時間が過ぎたのであった
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 01:06:33.17 ID:MXDfxoYc0
乙です!
盛り上がってまいりました
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 01:42:09.74 ID:rDdCiYg+O
これ盛り上がってんの?
AA略してない?
550 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/13(木) 08:14:11.99 ID:AvC1jHft0
せっかくだし出掛けている間にイベント募集

寂れた映画館待ちの際のゲーセンでのイベント

↓1〜2 どちらも採用

↓3 プリクラの際のイベント
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 08:28:26.61 ID:MXDfxoYc0
身体を激しく動かすダンスゲーム
光の服が着崩れてあられもない姿に
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 09:17:47.46 ID:N10pN1dp0
クレンゲームで光が欲しそうに見ていた人形を頑張って取ってプレゼント
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 10:06:52.92 ID:0f/g8h8AO
撮影時に抱き寄せて手マン
気持ちよくなってる時の顔を撮影されちゃう
554 :1です [sage]:2019/06/13(木) 12:25:18.69 ID:YmNF8BUvO
>>551
エロイベフラグ成立権を使いますか?
(使わなかった場合はあの格好でダンスゲームする事を止めなかった健太がホムラに殴られる可能性があります(発生率は37.5%)殴られた場合はデートイベ強制終了)

使う場合はどっちで使うかも記入してください。

@その瞬間を梓とホムラに見られる判定(75%で見た)
A@怒った二人に催眠をかける判定(50%で指鳴らしより先にホムラに殴られる)
↓1(エロイベフラグ成立権残り1回)
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 12:28:53.19 ID:WlEfC3+4O
?これ使った場合のコンマ判定なの?
556 :1です [sage]:2019/06/13(木) 12:38:59.28 ID:YmNF8BUvO
いいえ
使うか使わないかと
使う場合は@のタイミングで成功判定を取った事にするか
Aのタイミングで成功判定を取ったかかを尋ねています

それでは改めまして
↓1
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 12:42:24.38 ID:WlEfC3+4O
成立権はなに確定なの?
558 :1です [sage]:2019/06/13(木) 12:43:52.13 ID:YmNF8BUvO
デートイベ強制終了回避が確定です
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 12:46:19.70 ID:WlEfC3+4O
1だとデート続行、2だと梓、ホムラもデートに参加ってこと?
560 :1です [sage]:2019/06/13(木) 12:48:26.35 ID:YmNF8BUvO
詳細は教えません

ただし、どちらにしてもデートイベは続きます

それでは改めまして
↓1
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 12:48:53.37 ID:WlEfC3+4O
じゃあね使うで
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 13:00:03.17 ID:WlEfC3+4O
2
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/13(木) 18:56:12.28 ID:1ND5Sew7O
>>561
お前さん狙ってやったんだったらなかなかやるなあ
564 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/13(木) 21:56:40.15 ID:AvC1jHft0
ー映画館ー

ここは定年退職をしたサラリーマンが趣味で立てた映画館である。

上映は一部屋しかなく時間帯によって公開されている作品が違う。

「あー今は荒野の七人を上映中だが1時間程、過ぎていますよ?」

昔の作品を格安で見ることが出来るのだ。

ちなみに閑散としているがここが不良の多い裏通りの近くなのである。

健太「あっしまった間違えていたか」

光の好きなタイプの映画だったが上映時間を一時間、間違えていたのだ。

健太「次公開予定の作品は?」

「こちらですね」

健太「全く別ジャンルだな、どうする、冴島?」

光「次の作品を見ましょう、この作品も好きよ?」

健太「そうか、だったら待っている間はここのゲーセンで時間を潰そうか」

光「そうね」

こうして健太と光は映画館近くのゲーセンで時間を潰すことにするのであった。
565 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/14(金) 00:20:20.33 ID:SCJ5+qhg0
ーゲーセンー

不良地帯の近くということもあり昼は閑散としているゲーセンである

健太「そう言えば…冴島、日之出から聞いたんだがダンスゲームが得意なんだって?」

光「ええ…得意だけど」

健太「やってみてよ、奢るからさ」

光「ちょっと…本気で言っているの!?この格好でやれっていうの?」

健太「お願いだからさ、最近この曲ができそうで最後が突破できなくて困っているんだよ」パチン

そう言って指を鳴らす

光「仕方ないわね、だったら私が手本を見せてあげるから」

光(…本当は嫌だけど仕方ない…佐藤くんがどうしてもクリアしたいというのだから教えないといけないわ…)
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 00:27:11.74 ID:SCJ5+qhg0
本日終わり 最近暇がない

4日目の危険日 安全日を確認したら3人共安全日かセックスやってはいけない日だった

何とか抜け道探そう
567 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2019/06/14(金) 21:07:30.60 ID:joQKJ9LB0
光「でどの曲が出来ないの?」

健太「この曲、この曲」カチカチ

健太は一つの曲を選ぶ

光「げっ…人間卒業試験じゃない…」

足18の曲であった。


……

光「くっ!はっ!」タユンタユン

健太(いやあ…眼福眼福)

健太は横から光のプレイを見ている。

横乳がとんでもなく揺れる

光(…視線も気になる)ユッサユッサ

光「くっ…はっ」

ちゃんとした準備をしてから挑戦するような曲である。

準備もしてなければ服装も最悪である…

光(これバランスが取れない!!)

光「あっ!?」ポロン

光はバランスを崩した。

健太「…おおおっ!?」

転んだことにより着崩れを起こした。

ちなみに正しく着付けていた状態としても結構ギリギリな状態の着崩れのため…

光「きゃっ!?」サッ

光はとっさに着崩れによって晒された胸を隠した。

光「……ごっごめん…クリアできなかった。」

健太「いいよいいよ、一番問題としていたポイントをクリアしたから」

健太「じゃあちょっと俺はここから離れておくよ」


トイレ前

健太(ああ…やっぱり…いいなあ…冴島のおっぱいは)

「…ねえ」

健太「んっ?」

声をかけられた方を向く

ホムラが立っていた

ホムラ「ねえ…健ちゃん、あんな服を着ているひかりんに踊らせたの?」

健太「あっ…」

ホムラ「………一発殴っていいかな?それで許してあげるから」ニコリ

健太「お前のパンチ、普通に痛いじゃないか」

ホムラ「痛くないといけないよね?」シュッ!!

健太「…っぶねぇ!!」ヨケ パチン

そのパンチをよけカウンターで指を鳴らした。

ホムラ「あっ…」

健太(よしよし…簡単な命令を出そう)

↓1健太がホムラに出す命令を募集 ただし↓1のコンマ値が偶数ならホムラパンチで焦り「今のことは忘れろ」という命令になる(ゾロ目でも)
※ゾロ目だった場合はエロフラ権一個獲得
568 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/14(金) 21:30:33.09 ID:joQKJ9LB0
あげ忘れ
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:40:10.66 ID:cwVvsmKGO
ブラを見せてくれ
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/14(金) 22:57:34.00 ID:7wFC6Xtm0
上ニキ尊敬します
571 :今日は投稿できないかも ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/15(土) 01:05:52.46 ID:93ICIN+H0
【エロフラ権を取り戻しました】

健太「…よし…日之出」

ホムラ「…ハイ…」

健太「今のことは忘れろ」

ホムラ「わかりました」

健太「…じゃあ俺たちは出会わなかった、俺が距離をとってからお前は意識を取り戻す」パチ

一回手を打ち、その場から去った。

健太(あぶない…つけられていたのか)

【健太は少なくともホムラにデートの様子を見られていることを知りました。】

梓「ごめんね。アタシが席外している間に何かあった?」

ホムラ「ううん、何にもなかったよ?」

梓「そう、それとアフロのかつらがズレてるよ?」

ホムラ「ああっとありがとう」




健太(…ブラジャー見せろと言って絆創膏をちゃんとつけていることの確認くらいはしても良かったかな)

光「…」ジー

健太「…」

光「…」ジー

健太「冴島、何見ているんだ?」

光「…あっ何にも?」

健太は光の視線の先を見る。

健太「…かわいい犬だな」

その先にはかわいい人形があった。

健太「…欲しいの?」

光「いやそういうわけでは…」

健太「…本心は?」パチン

光「すごく欲しい」

健太「じゃあ…俺が取ってやるよ」

健太(……もう人の目が入るところでさっきのようなあんな大胆なことは出来ないよな)ウィーン

↓1コンマ?100円 ゲットまでにかかったお金 MAX3000円 安くすませばいい事あるかも?
  ゾロ目の数字?100円でゲット+ビンゴ券
572 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/15(土) 01:07:26.60 ID:93ICIN+H0
コンマ掛け100円です
↓1
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/15(土) 01:45:35.03 ID:xbQnZ/BI0
ほい
574 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/16(日) 20:26:26.46 ID:F9qAaErX0
健太(…なるほど…アームはここまで降りて…で、このクレーンは地味にここ出っ張りが出てるから、ここを利用して…)ウィーン

500円を入れ一回目のプレイ

最初の一回目にこのクレーンの大体の条件を確認する。

健太(普通にずらしていくと最後の出っ張りが邪魔になるな)

2プレイ目

健太(じゃあ早速ここで…)

横にずらし横にある出っ張りに景品の入った箱を乗っける

3プレイ目

健太「…よし後はゆっくりとずらして……ってあれ?」

アームががっしりと箱を掴み、そのまま持ち上げた

健太「あっ…アームが強くなった。」

前回の獲得から何も獲得されていなかったようだ。

クレーンゲーム機から賞品獲得時の音が流れる。

健太「ほい」

光「…やるわね」

健太「運がよかっただけさ、ちょっと回数余ったし、店員さんを呼ぶよ」

光「…じゃあ私、服のズレを直してくるわね」

そう言って光はトイレの方へ歩く。


……

店員「あいあい、このクレジット残りを別機種っすね」

鼻輪をしておりモヒカンの店員である。

雰囲気は明らかにこの街の不良である。

店員「そう言えば…お客さん、ウチらと同じに雰囲気を感じるっすね。どうっすか?一回500円っすけど、とても良い台があるんっすよ」

健太「…」

店員「…こっちついてきてくださいっす」
575 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/16(日) 20:27:07.81 ID:F9qAaErX0


ー???ー

店員「どうっすか?どれも表に出せるような物じゃないっすよ?」

明らかにこれを通報したら一発で検挙物である

健太「いいですね、これ」

店員「でしょ〜?500円入れてくれたら残りの3クレでワンクレジットにするっすよ?」

健太「5回挑戦で」

そう言って健太はクレーンゲームに500円を5枚投入する

クレジットはおまけがついて6クレとなった。

店員「男っすね!!じゃあこっちで一クレジット足しますよ」

クレジットは7と表示された。

このレスと↓1〜6で健太(バアル)が普通手に入らないものが手に入るクレーンゲームで挑戦します。
(ちなみにコンマなので連取りOKです。)

1ゾロ目 手錠
2ゾロ目 コンドーム
3ゾロ目 お手軽搾乳機
4ゾロ目 乳首用ローター(つけるタイプ)
5ゾロ目 ノイズが作った違法性媚薬
6ゾロ目 クリキャップ
7ゾロ目 好きなの全部で3つ(出た分合わせて3つ)
8ゾロ目 バイブ
9ゾロ目 散歩プレイ用リード
0ゾロ目 アナルバイブ
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 20:30:25.53 ID:sGUnyNMl0
ほう
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 20:36:23.40 ID:L9k8LAvEO
いえあ
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 20:37:05.87 ID:L9k8LAvEO
ゾロこいや
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 20:37:48.51 ID:L9k8LAvEO
あと任す
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 20:47:10.03 ID:XSZiYRtQO
当たらないものだな
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 21:41:29.19 ID:FepR7lBAO
無心
582 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/16(日) 21:58:32.62 ID:F9qAaErX0
エロフラ権一個消費して確定でゲットしますか?(残り1回)
↓1(ただしここでゾロ目が出たら消費なしで確定ゲットとなります)
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/16(日) 22:29:53.57 ID:XSZiYRtQO
温存する
584 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/17(月) 00:22:24.91 ID:26Fi9VDb0
健太「……くっ…しまった…今のはもうちょっと右だった」

次の500円を入れようとした所で一回落ち着く

健太(…これ以上金を使う訳にはいかないし、戻るか)

ぱっと見は後少しで取れるように見えているが、まだ対して動かした気がないのでそういう罠である可能性が高い。

こうしてエログッズクレーンゲームの前から去る健太であった。



ープリクラ機ー

健太「おっ?」

ゲーセンの隠しスペースから戻った健太はプリクラ機の前に光が立っていることに気付く。

健太「冴島どうした?」

光「これ撮らない?」

期間限定物のプリクラのようだ。

カーテンで仕切りつけられているタイプ

時間を確認する。これが終わる頃には、次の上映時間までちょうどいい時間になっているだろう。

健太「いいよ、じゃあ撮ろうか?」

こうして光と健太はプリクラを撮ることになった。

↓1 1時までのレスかゾロ目だったら
    残念賞としてビンゴ券(先程のコンマ判定の奇数ゾロのエログッズが当たるかも)を貰っていた
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 00:29:59.66 ID:CkfA1aByO
いつも乙です
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 00:41:26.30 ID:LARL7O1J0
すげ
587 :6月16日分ラスト ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/17(月) 00:59:37.47 ID:26Fi9VDb0
ぐほっ両方やりやがった

仕方ないのでビンゴの他にもう一個

↓1 コンマ下一桁

偶数 ハズレ
1 手錠
3 お手軽搾乳機
5 ノイズ製の違法媚薬
7 ノイズ製の分身薬(飲んだ人が分身する薬)24錠
9 散歩プレイ用道具一式

ゾロ目 自由安価で上記の中から自由に選ぶことが出来る(↓1に書いていたらそれを採用)
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 01:06:24.77 ID:LARL7O1J0
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/17(月) 01:08:48.80 ID:LARL7O1J0
7で
590 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/18(火) 00:12:11.73 ID:3p4PNWck0
ー光がいるプリクラへ戻る前ー

店員「惜しかったすね」

健太「……もうちょっとやりたかったけどなあ…」

店員「残念賞としてこれをあげるっす」

健太「これは?」

店員「この時間に結果発表するっすからその時まで持ってるっす。運が良ければこの中の景品がいくらか手に入るっすよ」

健太(ちょうど映画が終わった時間か、だったらついでで行けるかな?)

健太はビンゴ券を手に入れた。

ビンゴ表
123
456
789

終了条件を満たすまで下一桁のコンマでめくれます。ビンゴになった場合は健太がビンゴに応じて何かが手に入ります。

0が出た場合はその時に説明します。

一列目ビンゴ  手錠
二列目ビンゴ  乳首ローター(つけるタイプ)
三列目ビンゴ  散歩プレイ用リード

一行目ビンゴ  ノイズが作った違法媚薬
二行目ビンゴ  クリキャップ
三行目ビンゴ  バイブ

右上がりビンゴ お手軽搾乳機
右下がりビンゴ ノイズ製絶倫薬

終了条件
以下のどちらかを満たした状態で、既にめくれた数字をもう一度引く
@リーチ後一回目を外す
A3個めくれた状態になる

↓1 下一桁の数字がめくれる。
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 00:37:00.87 ID:5gmeL2as0
592 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/06/18(火) 01:10:59.52 ID:3p4PNWck0
6月17日分これ以上かけそうに無いので今日は終了

↓1 ビンゴ二枚目(現段階では被っても続きます。)
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 01:18:11.96 ID:5bRCteME0
ほい
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 10:07:59.15 ID:5gmeL2as0
おお
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 11:06:03.85 ID:V6BJu4xlO
まだいけるか
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/06/18(火) 22:12:40.74 ID:3p4PNWck0
ープリクラ機ー

プリクラ機の中にはカメラや様々なスイッチが有る

光「よくよく考えたら異性とプリクラは初めてね」

健太「俺はプリクラ自体初めてだぞ」

光「そうなの?」

健太「どちらかと言えば撮られるのあんまり好きじゃないからなあ」

プリクラと言えばカップルよりも女の子の友達が集まって遊ぶという使われ方が多い

何故ならば男は撮られる行為が苦手だからである。

実際インスタの自撮り系統は女性を中心に流行っている。

健太「…こういうのって初めてだから何をすればいいのかわからないんだが」

光「とりあえず、背景を決めるのよ。」

この機種はセンサーで人の認識を行い。

背景のカーテンと人が居ない位置に演出をかけ特殊な背景を作るというタイプである。

健太「…背景?ああこれか」

健太は後ろに複数のカーテンがあることに気付いた。

光「気に入ったものを選んでカーテン固定するの」

健太「じゃあ…適当にこれ、このカーテン好きな色だし」

そう言って引っ張って出てきたのは大きな赤いハートが中央にあり周りが水色とピンクの小さなハートで囲んでいるというものだった。

光「…///…さっ流石に恥ずかしいから他のにしない?」

しばらく複数の背景を選んでいたが、比較的地味な複数の様々な星がある背景となった。

光「じゃあ行くわよ?」チャリーン

そうして光は500円玉を投入口に入れる。

プリクラ「モードはどっちにする?」

超美白モードとお絵描きモードと表示される。

光はお絵かきモードを選択する。

健太「ここからは?」

光「何でもいいから好きなポーズを取る!!」

そう言って光は左足を左に上げ右足と垂直な形にする。

そして両手の人差し指をポッペに当てて目を見開いた。

健太「変なポーズだな」

光「後で色々と落書きするんだから、いいの!!ほらそっちもやる」

健太「…唐突に、好きなポーズをとれと言われてもなあ…そうだ!!」

光の後ろ側に後ろから抱き寄せた。

光「ひゃあ!!」

突然のことに驚き光はそのポージングを崩す。
597 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/18(火) 22:14:44.38 ID:3p4PNWck0

光「なっなに!?」

健太「いやあ…ごめんさっきから手を突っ込んでみたかったんだよね」

健太は手を伸ばし自分に密着した光の服の左腰部分から手を突っ込むそう言って服の内側に入った彼の手はそのまま光の下着に届いた

光「あっ…///」

健太「まあ…履いてるか」クニクニ

光「ちょ…ちょっとまって…やん…///待っ…///」

健太は直接光のおまんこに手を触れる。

プリクラ機「ポーズが決まったらシャッターボタンを押してね」

光「ほっほら…機械もそう言っているし、ひぐっ♡ああ♡」

健太「ととと…声を上げて大丈夫かな?」クリュクリュ
  「まあ…このゲーセンは閑古鳥が鳴いてるような場所だから漏れているんだろうけど」クニクニ
  「いたよ…僕たちの知り合いがこのゲーセンに」グニグニ

光「…!?」

健太「今はプリクラ機の周りにいるんじゃないかな?」クチュ

健太「…何だ?嫌がりながらも興奮しているじゃないか、指が入るぞ?」


……
………

ープリクラ機 周りー

ホムラ「終わらないね…撮影」

梓「コイン投入から結構経過していると思うけどね。」

健太の読みは正しく二人は周りに居たのである。

ちなみにこのプリクラ機の入口はカーテンで仕切りが出来ており、中の確認ができないのである。



健太「じゃあ、本当のことを教えた所で再開と行こうか?」

光「まっ待って!!ああ♡」

健太「感じていいのかなあ?」グチュッズチュッ

光「お願い……んああ♡今は…んんぅ♡許しあああ♡」

必死に声を抑え続ける、やめてほしい事を懇願するよう為に口を塞がすに

プリクラ機「まーだー?」

プリクラ機は二度目の催促を行う。

健太「すまないね……もうちょっと待ってはくれないか?」クチュクチュ

光「…やめて…んんぅ♡…こんな写真撮られたくないぃぃ♡」

健太「……こんなに濡れているのにか?」

ちなみにもしもこのまま撮られた場合は、直接は移りこそしないものの構図からして何やっているのかを簡単に当てることが出来る。

↓1 コンマ上一桁奇数で絶頂のタイミングをシャッター コンマ下一桁ビンゴ次にめくれる数字(被ってもビンゴ判定は続きます) 【被らなければ2以外でリーチ】
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 22:31:40.86 ID:5gmeL2as0
おお
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/18(火) 22:48:13.81 ID:BHsmg2lZO
600 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/06/19(水) 01:32:33.37 ID:ParpTDZI0
光「んんっ♡ああ!!」

健太「さてと…もっと鳴けよ、鳴けよ」クチュクチュ

プリクラ機「もう!!いつまでも押さない気だったら、こっちがカウントダウンするんだから!!10!!9!!」

健太「しまった、ちょっと遊びすぎた」グチュグチュグチュ

健太は慌てて手マンのスピードをあげる。

光「あっああ…い゛ぃぃ♡」

光(いやぁ♡イク♡イッちゃう瞬間が撮られちゃう…やだ♡いやあああ♡)

プリクラ機「チーズ!!サンドイッチ!!」

カシャ!…カシャ!…カシャ!

一度シャッター音がなった後一間隔空き再びシャッター音が鳴る、それが二度繰り返した後に

健太「…間に合わなかったか」

そう言うと手マンをしていた手を引いた。

光「へっ?あっ…♡」ハァハァ

突然の事だったので光はバランスを崩し地面に座り込む。

その手には光のラブジュースがべっとりとついていた。

健太「…」ベロリ

光(…///)

それを光に見せつけるように舐めとった。

健太「んじゃあ、とっとと行こうぜ」

光(あっ…///…佐藤くんの…凄く…大きくなってる…///)

光(私で興奮したの?)

光(……………いや!!何を考えているの私、あんな強引な男にあれ以上の事をされたら…どんな目に会うか!!)

 (でも佐藤くんがあそこまで強引な人だとは思わなかったわ…)

ちなみに本来ならばこんな事をされた光はとうの昔に逃げているし、そもそも健太もここまで強引なことはしない。

お互いにバアルに暗示をかけられているが故にあんな行動を起こしているのだ。


ちなみに落書きタイムだが、明らかに手マンをしている写真をまともに落書きできるわけが無かった。

光(……うぅ…///この私、なんて顔をしているの…///)

見事なまでのトロ顔であった。


そしてこの異常なデートは寂れた映画館へ

↓1〜3映画館でのイベントを募集します。 コンマ値真ん中を採用
    (ついでにビンゴ判定 ↓1 ↓2 ↓3の順番で出たコンマ下一桁の番号をめくります※終了条件を満たした時点でめくることは終了)
    (現在のビンゴの終了条件は6と7以外が出た後に 既にめくれた数字がもう一度出る事です)
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/19(水) 02:11:36.52 ID:dUD5w+G6O
ラブロマンス映画、ラブシーンの盛り上がりで互いにねっとりキス。
キスだけでイカせる
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/19(水) 06:03:26.40 ID:W81FCspOO
気付かれにくいよう、じわじわ肉体の感度を高めていく
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/19(水) 10:01:53.72 ID:jvQhcF6c0
ホラー映画で怖くて抱きついてくる光にキスや胸も揉んだりをしてイカせる。
604 :>>601採用 [sage]:2019/06/19(水) 12:32:34.50 ID:fCgw84oGO
こんにちは1です
終了条件を満たしたのでビンゴ終了
ノーアイテムでフィニッシュです。
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/20(木) 00:16:53.23 ID:eNzu8umyO
どうでもいいけどキス率がやけに多いのがちょっと気になるなあ
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/20(木) 00:18:48.29 ID:MHX6FV47O
…みんな青春時代にキスとかしたこと無かったのかも…な
607 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/20(木) 00:28:40.38 ID:RMLExlrOO
正直にいうとここまでキスが連続されると、ちょっとやりづらくなるので
観覧車イベは観覧車には乗りますがキス以外の何かを募集する事にします。
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/20(木) 04:37:10.14 ID:x41IronW0
エロいくとイベント強制終了すっからだぞたぶん、ダンスのやつで終わってもおかしくなかった
609 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/20(木) 07:39:24.95 ID:RMLExlrOO
ありゃ隠れもせずあんなエロ行為をやって、催眠状態になってない尾行者が疑問に持たない事がおかしいと思ったからですよ。
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/06/20(木) 11:46:59.97 ID:x41IronW0
どこにでも着いていってるわけだしなんとでも言えるからねそれ
611 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/20(木) 12:33:26.08 ID:RMLExlrOO
じゃあ本当に何とでも言おうか?

↓1 偶数で映画中に尾行二人にキスする光景が見られる(強制終了の危機)
612 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/06/20(木) 12:56:43.75 ID:RMLExlrOO
カッとして本来の予定にないコンマ判定を書いたが取り消すつもりは無いです
コンマ下
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/07/04(木) 01:17:37.49 ID:qCGCRvOV0
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/04(木) 17:58:28.63 ID:cSGIfelYO
なんでsaga?
615 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/04(木) 22:14:04.93 ID:ITMl8uLp0
確認しました
しばらくしたら続きを書きます
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/05(金) 06:35:16.04 ID:q71XjVxC0
本家エタってからどんだけ経つんだ
617 :今日はここまで [saga]:2019/07/06(土) 21:52:13.58 ID:Az2VbgYIO
ー映画館ー

上映時間が近付いた為、映画館のシアターへ移動した。

この映画館は常に閑散としているためか席に関しては早い者勝ちとなっている。

健太「この映画館はこの席が一番映画館が見えやすいぞ」

光「そっ…そうなの」

健太「冴島、さっきまで押せ押せって」

光「なっ何でもないわ」

光(こっこいつ…わかっているくせに///)

健太「そうか、じゃあほいコーラ」

映画館内にある自動販売機で買った飲み物はシアターに持ち込み可である。

光「…ありがとう」

健太「ちょうどいい時間だな」

ブーーーー

映画館のブザーがなる。

健太はふと前の席のほうを見る。

アフロ頭の二人がいた。

健太(…あれかそういえばさっきからちらちらと見えてたな。)

そのうちの一人をホムラと確信するのであった。

シアター内が暗くなる。

健太(…あれには注意しないとな)

そうして上映が始まった。
618 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/06(土) 21:53:07.33 ID:Az2VbgYIO
忘れてた
619 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/15(月) 23:56:27.39 ID:he5/UaQk0
ー上映中ー

「シャルロットどうして」

「こうするしかなかったのよ」

健太(……退屈だなあ)フワアアアア

ふと前のアフロ二人も映画に夢中になっている事に気付く。

健太(…あのアフロ…片方がホムラであることは間違いないがもう一人がわからないなあ)

健太(…試してみるか、静かなシーンだしこの音前にも聞こえるだろ)パチン

健太「右向いて」ボソッ

隣に座っていた光ですら聞こえないレベルで小さな声を出した。

するとアフロ二人と光は同時に右を見た。

健太(おおおっ!?)

これは健太にとっては朗報であった。

昨日CDは梓に渡していた事は聞いていたが、さらにそのCDを梓は聞いていて今この場にいるという事になる。

健太(これさえ解ればもう怖いものはないな)

健太「梓とホムラこれからお前らはこちらの事など気にもしないくらい位に映画に夢中になる、これから三つ数えれば何事も必要な暗示以外は全てなくなる 1、2、3」

健太(あの二人は後で頂くとしよう。)パチン

光「あっあれ?」

健太「どうした?冴島、こっちを見て」

スクリーンを見る。

健太「ああ、なるほどそういうことか」

ちょうど映画は舌と舌を絡めるねっとりとしたキスシーンであった。

光「そういうことって?んんっ!?」レロ

健太「…」ジュル

光「んんっ…れろ…んんっ」

光(ああ♡私の唾液が吸われている)

健太(そう言えばキスに関して暗示をかけていなかったな。)ジュルジュル

健太(まあいいか)

↓1コンマ値 偶数 抵抗される 奇数 キスだけでイカせる ゾロ目 キスだけでイカせる+???
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/16(火) 00:04:34.00 ID:6mC0E2at0
621 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/16(火) 00:26:05.61 ID:p+wz5KfO0
やりやがった
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/16(火) 21:37:51.63 ID:aykYu2br0
安価あるかな
623 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/16(火) 22:07:52.26 ID:1iDrcEIbO
安価のほうがいいですか?
ちなみに今回は暗示により二人は後ろを見られません

流石にギシギシ音を鳴らしたら映画館の人が注意しに来ますが
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/16(火) 22:30:27.79 ID:aykYu2br0
任せます
625 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/16(火) 23:08:48.62 ID:p+wz5KfO0
帰宅っと
ほんじゃ何が起きるかを募集します
???の内容を今募集します

↓1〜2 のうち 反転コンマ で大きい方 どちらかゾロ目ならどちらも採用
 ※どちらかゾロ目で混ざります(矛盾発生なら大きい方優先 小さい方は部分採用になります。)
 ※更に奇数ゾロかどちらもゾロ目で光が行う行動に限り自分の意志で行います。

ちなみに本番行為やアナルセックスなどギシギシ音がなる行為をやると映画館の人が注意しにやってきます。
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/16(火) 23:14:09.48 ID:5ixoJrRO0
フェラチオしてもらう
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/07/16(火) 23:23:36.87 ID:p+wz5KfO0
やべ上げ忘れた

安価&コンマ下
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/17(水) 00:27:46.20 ID:8G7MAsvI0
わざとクチュクチュ音を立てて(と言っても実際には周囲に聞こえにくいレベルで)手マンしつつ「ほら前のヤツらこの音聞いてるぜ」と囁く
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/18(木) 13:58:56.99 ID:LrlD07+c0
五感の味覚をいじりザーメンが美味しく感じるようにする。
パイずりフェラで搾らせたあと口に出して咀嚼させてから飲ませ写メる。ダメだとわかっているのに味が気に入りお掃除フェラ
630 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/18(木) 22:27:37.33 ID:L/gWWRvw0
ー10分後ー

光「ジュル…れろ…」

健太(…意外と抵抗しないなあ、それどころか時々抵抗するようにこっちの唾液も吸い込んでるぞ)ジュルルルル

ふとさっきのプリクラの時を思い出す

健太(まあ、さっきあんな事をした後のこれだからな。感覚麻痺を起こしているんかな)

光「んっ♡ちゅる…あむっ…ごきゅ」

健太(時々、こちらを甘く噛んできていたりする)

健太(うまいなこいつ、こっちも上手く立ちまわないと主導権を奪われる。)

光「ぢゅるる…んっ♡」

光(もっと…もっとぉ…♡)

光は自分から進んで深いネットリとしたキスを求めていた。




ー更に10分後ー

光「あっ♡…じゅる…レロ…んんっ…♡」

健太「ジュル」

最早映画のここまでの展開なんて知るわけないし覚えていないだろう。

それくらいにお互いはキスを続けていることに集中している。

光(あっ♡あっ…♡キシュだけで頭が真っ白になっていく…キシュってこんなにいいものなのね)

光「んっ♡じゅる……んんっ♡」ビクン

健太「ぷはあ」トロー

20分もキスをしていた二人の口が離れた。

二人の間からは唾液の橋が出来た。

健太(今、軽くイッたな?)

光「はぁ…♡はぁ…♡」タラー

バアル(変だな…確かにこいつにはキスを強制する暗示はかけていないはずだが、この積極性にはなにかあるぞ?)

健太の中で眠っていたバアルがこの長いキスによって目覚めるのであった

↓1偶数で健太に僅かに宿っている魔力が光に反応している事に気づく
  どちらがでても最終的に>>626
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/18(木) 22:32:13.89 ID:lJZSa4sL0
うむ
632 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/18(木) 23:59:18.80 ID:L/gWWRvw0
バアル(なんだかやけに積極的に見えたが、気のせいだな)

健太「所で冴島」パチン

光「うん?」

健太「さっきからやられっぱなしでイヤじゃないか?」

光「…うん」

健太「だったらプリクラ機で俺にやった様な事をしてみな?」パン

光「あっ?」

バアル【要領良くなったじゃないか?兄弟?】

健太【んっ?】

バアル【じゃあちょっと夢から冷ましてやろう】パチン


バアル【これからお前は一時的に催眠の力を忘れ、元のお前に戻ります。またこれが終わると兄弟はこの事を夢だと思います。】パチン

健太「はぅ!?」

光「どうしたの?健太君?」

健太「さっ冴島さん!?」

健太の前には両膝を床についた状態で健太の席の前に居た。

そのままの状態で上半身は健太に寄りかかった。

それは健太の足に小さな体に似合わぬ大きな物が彼の両足に少し潰れた状態となった。

健太「おっおおおお」ムクムク

そんな状態になっても寄りかかっている光の顔は自分のモノの近くにあった。

そんな物を見せられたら、イヤでも想像してしまうのであった。

光「さっきのお返し♡」ジジジ

健太「あああ」ボロン

そんな想像をしてしまったばかりに健太のものはガッチガッチに大きくなっていた。

その膨張に耐えられなくなった皮から亀頭が露出している。

光は男性器を直接は初めてであるため理解できないのは当然だが…

↓1〜3 健太のちんぽの特徴を募集 ただし>>512で仮性包茎であると入力されているため
     必ずするときはやるときは剥く必要があります。
     安価一個に付き特徴は1つまで

※↓4以降でも>>1がいいなそれと思ったら採用されるかも?(ここで採用されなくても別キャラの物で採用される可能性あり)
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/19(金) 00:02:34.54 ID:Jo1t5pZP0
亀頭のエラがエグい
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/19(金) 00:10:50.26 ID:NTJYcp9l0
臭いのに妙にクセになる 匂い
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/19(金) 03:18:04.17 ID:dnEPQxarO
ちょい汚いがチンカスの味も妙に中毒性がある
636 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/19(金) 08:22:22.24 ID:1INEnzDaO
>>633
ピンと来てないのですが、カリの部分が大きいということですか?
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/19(金) 13:18:34.95 ID:Jo1t5pZP0
その認識でOKです
638 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/19(金) 18:45:41.86 ID:MWNwypoQo
よし下書き始めます
ちょっと特徴的なちんちんになりましたね
639 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/20(土) 00:49:08.02 ID:NzbD1R6Z0
男性器を初めて見る光は知るわけないが亀頭と肉棒の境目であるカリが一般の男性よりもずっと大きい。

光(…こっこれが男の人の///)スンスン

男性器を軽く嗅ぐ

光(……うっ臭い…けどまた嗅ぎたくなる♡)

健太は人間とノイズのハーフだがノイズの半分が色々の種族の血が混じっているのである

その種族の中にちんちんからフェロモンを出す種族がいるのだろう。

そのフェロモンが光を女の子から一匹の牝に変える。

健太「さっ冴島さん、こんな所でほっほら前にも人が」

光「ああむ」カプッ

健太「あああ!!」

全て言い切られるより先に光は健太のモノを咥えた

健太(ああああ…冴島さんが俺のものを)

健太は今この状況を夢と思っているゆえに生々しいなと思うがそんな事を考える余裕など無かった。

光「レロ…じゅる…レロレロ♡チロチロチロ」

光は直感のみで尿道口を中心に攻める

健太「ああう…あっああ…冴島さん」

光「…レロ…レロレロ♡…んんっ♡凄く臭い…でも癖になっちゃう」

健太「あっああ…やめよう冴島さん、こんな事」

光「酷いわね、レロレロ、健太君さっきまであんなことしまくって///…んっ♡いざ自分の立場になったらじゅるじゅる、止めるなんて」

健太(夢の中の俺、冴島さんに何をやったんだ?)
640 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/20(土) 00:49:55.92 ID:NzbD1R6Z0
光「そういうことならばこっちもこうしてやるわ///」

光「んんっ♡…この臭いの元はここからね」

光はまだ向けきれていない亀頭と皮の中に舌を入れた。

健太「ああ!!そっそこは」

光「んん、ほほ、ほわいのね、レロレロ、ちゅくちゅく」

健太(あっあああ…確かそこは)

光は現在皮によって隠れたカリを攻めている。

健太(そっそうだ昨日は)

今、風呂には入ったもののチンカス処理をすることを忘れていたことを思い出した。

カリが大きいために人一倍チンカスが溜まりやすいのだ

健太「だっ駄目だよ、冴島さんそこにはチンカスが」

光「…じゅる」

光は舌を引き抜く

光「チンカス?」

健太の方を見た。

光「もしかしてこれのこと?」ベロ

健太(あっああ冴島さんのベロに俺のチンカスが)

光の下には健太の処理忘れのほぼ全てが乗っていた。

健太(AVで見るものよりも多い)

光(ふふふ…戸惑ってる、戸惑ってる。じゃあここでこうしたらどうなるのかしら?)

光は口を閉じる。

光「…ゴクン…」ベロ

そして口を開け再びベロを見せた

健太(冴島さんが俺の汚れを全部飲みこんでる)ギンギン

自分の物が限界を超え、更に大きくなる感覚に襲われた。

健太(いや…本当に大きくなっていないか?)

↓1 健太orバアルのフェライベント安価を募集します。
   このイベントが終わりで必ず光に対して健太orバアルは射精します。(その後上映終了)
   ※ただし↓1のコンマ値が6で割り切れたらこの段階で映画上映終了(分身薬をもらって観覧車へ)
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/20(土) 00:53:27.53 ID:jScqpxlyO
汗ばんでムワッとした玉袋も口に含んでもらいお口の中で愛撫してもらう
642 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/20(土) 01:01:22.22 ID:NzbD1R6Z0
今日は一先ず終了です

ちなみに安価によって営業妨害や青姦のように警察沙汰さえしなければ
4人でラブホ必ず到着します
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/20(土) 10:59:18.09 ID:yspaVXO7O
乙です。
楽しみにしてます。
644 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/07/24(水) 21:39:18.34 ID:rlo6kmFV0
健太(そうだ…どうせ夢だし)

健太「なっなあ、冴島さん。金玉の方もやってくれないか?」

光「金玉?」

光はズボンの中に金玉がある部分を見る。

自分の教官からは、変身していない時は玉を狙えと言われている程

金玉は弱点という認識がある。

光(ここを刺激してもいいの)

健太「強くしなければ、大丈夫だよ」

光「わっわかった」カチャカチャ

ズボンのホックの方に手を伸ばす。

光「…」ズルズル

外した後、ゆっくりとズボンをずりさげる。

おちんぽの全てがあらわとなる。

光(…こっこれが)

↓1 コンマ健太の金玉の大きさ 
  1〜95  並
  96〜00  でけえ!!
  ゾロ目だったらエロフラ権+1
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/24(水) 21:55:49.67 ID:zQSvV2TBO
ほい
646 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/07/28(日) 20:23:46.01 ID:tQhYMhrB0
ほとんど進んでませんorz
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/28(日) 23:22:32.08 ID:1cyGqHUwO
じっくりどうぞ
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/07/29(月) 00:52:24.04 ID:lzrwD/qTO
待ってます
649 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/08/03(土) 22:05:01.88 ID:iGKVO//Y0
何度か不良達に対して服越しで蹴ったことはあるものの、直接見るのは初めてであった。

健太「ちんちんと金玉の間をまず舐めてみて、強くは駄目だよ、さっきのようにアイスを舐めるように」

光「うっうん」

健太「ああさっきの後半でやったような速いあれは駄目だよ?」

光(…この中に健太君の子種が)

光(いやっ何を考えているのよ…)

光「レロ…」

健太「あぅ」

光「じゅる…レロ」

健太「あぅ、時々、吸ってみて」

光(吸う?こうかしら)ジュポ

健太「おおおお!!そっそう、その玉々があるところをでももうちょっとだけ弱く」

光「ほっほう?」

健太「そっそれを続けて」

光「ふぁ、ふぁはった」

健太(あっあの冴島さんが夢とは言え俺の金玉を…)
650 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/08/08(木) 01:01:22.17 ID:3EuaLvQf0

光「んっ♡じゅる」

光(汗の臭いがすごい、独特の臭い…男の臭い…でも…興奮する♡)

片手を竿を天井に向けしごきながら汗を舐め取る様に舐め続ける

光の片手が無自覚に自分のおまんこに手を伸ばす。

健太「おっと」

その手を止められた。

健太「今、それやると止められなくなるよ?いいの?」

映画はいかにも終盤の山場である。

光「うぅ…」

健太「……後でいっぱいしてあげるから」

健太(好みの女の子に一度言ってみたかったんだよな、これ夢だけど)

光(後で…いっぱい?私…;どうなるの♡)

健太「あっと山場終わったね。そろそろラストシーンみたいだよ」

健太は時計を見る。次の上映の終了予定まで後少しであることを示していた。

健太「終わる前に射精せることが出来たらご褒美も上げるよ?」

光「うっうんじゃあ続けるわね、ちゅうぅぅぅ♡」

光は再び金玉を吸い込んだ。

健太「おっおおお、ご褒美が欲しいのはわかるけど強く吸わないで」

光「ほっほめんなさい…れろぉ♡」

健太(あっまずいさっきの強い勢いで一気で射精感が)

↓1 4で割り切れたら映画終わる前に射精
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/08(木) 02:17:56.39 ID:TCdTK/qDO
652 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/08/15(木) 15:13:51.12 ID:Hcfb+Qoo0
健太(くっ!くっ!まずい射精る)

健太(堪えろ!!後もう少し頑張ればエンディングのはずだ)

そんなことを考えていると…

光「レロレロレロレロ」

絶頂を感づいた光は一気に止めを刺そうとばかりに舐めてきた。

健太(もっもうダメだ!!)

健太(あっエンディング)

健太「でっ射精る」ガシッ

光「おぐっ!!」

健太は金玉を中心に舐めている光の頭を掴む

光「ぶごっ!!」ビュルルルル

健太「ああああっ」

光「おお」ドロォ

健太「おっと飲み込んで?映画館を汚しちゃうから」

光「うっうん」

光(ううう…吐き出したいけど…飲み込まないと…)

光「…んっ…くっ……ごきゅ」

健太「おお…飲んだ飲んだ」

バアル(…墜ちたな、あとはじっくりと催眠じゃない状態へじわじわとシフトしていけば…この娘の身も心を俺のものになるというわけだ)

バアル(今日はあの二人も行けそうだな)

バアルは前の二人の少女を見た。

↓1コンマ
奇数 光or健太  もしくはこの二人に
偶数 梓orホムラ もしくはこの二人に

↓2
このあと映画館から出てゲーセンで商品を受け取った後観覧車に乗り込みます。
その間に発生するイベントを募集します(↓1コンマで決まった方のキャラに対して)
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 15:15:29.03 ID:/HdL1trBO
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 17:24:29.95 ID:Bzczw9Zz0
素股でイク&イかせる
655 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/08/15(木) 19:23:08.66 ID:Hcfb+Qoo0
えーとどこで行うのでしょうか?
(※場所次第では強制終了コンマ判定へ)
656 : ◆g446MdnZpZQ3 :2019/08/16(金) 03:31:54.62 ID:A2yLL4Eto
上げ忘れ
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 05:47:19.44 ID:sOFuXqzP0
トイレの個室
658 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/08/17(土) 09:29:11.62 ID:nWnLwrja0
トイレの個室には素股出来るスペースはありませんので共用トイレですね

↓1コンマ
・4で割った時3余る
誰かに男女が同じトイレに入る瞬間を見られる
・割り切れる
上記+警察通報

・ゾロ目
魔法少女(梓・ホムラ以外)に見られ、勘付かれる

エロフラ権(残り2)or中止でこのコンマを回避出来る(使う場合は↓1にそのことを書くこと)
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 09:35:31.29 ID:jizcb6OEO
通報怖いので
中止で
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 19:33:35.30 ID:0VsgfkVrO
イベント増やすのはいいがフラグ消失の可能性あるならそのままイベント通りに進めてほしいな。観覧車の時もなんかあったりする?あんなら最初にいっといてほしいんだけど
661 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/08/17(土) 23:07:21.62 ID:nWnLwrja0
中止了解しました

観覧車はコンマ判定で透明ゴンドラ・普通のゴンドラ・ラブゴンドラの3つの内どれに乗るのかの判定になります
確率は
透明     22%(足元を含め完全に透明のガラスのやつ)
普通     68%
ラブゴンドラ 10%(カップル向け内装)

どの観覧車でも激しい動きをしたら営業妨害になりそうです

ついでだから
↓1コンマ 4で割り切れる透明 ゾロ目 ラブゴンドラ それ以外 普通のやつ
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/17(土) 23:55:54.27 ID:91az6EgZ0
663 :>>1 [saga]:2019/08/25(日) 01:17:48.75 ID:6VPlQxzb0
映画館を後にした健太は光が劇場トイレでちょっと長めのお花摘みを行っている間に

ゲーセンのビンゴの結果の確認をしていた。

店員「おめっとさんっす、化け物が作った分身薬をプレゼントっす」

健太「分身薬?」

店員「あっ兄さんは知らない人っすか?」

店員「これ一粒飲むと兄さんの体が一つ増えるっすよ?」

健太「…そんなもの飲んで大丈夫?」

店員「まあ一般人でも二粒まではセーフっすよ。障害残りそうっすけど」

店員「まあ化物は全部飲んでも平気らしいっすけど」

健太「へっ…へえ」

健太(なんだか貰ってはいけなさそうなものを貰った気がするぞ)

店員「それさえ使えば自分が増えるっすから複数人の女を相手にすることは余裕っすね。」

店員「後は一人の女を輪姦して手籠めにするというのも余裕っす」

店員「あとは、女に飲ませて疑似多人数プレイというのもありっすね」

健太「はっはあ…」

店員「まあ、困惑するっすよね。取説はちゃんとついてるっすからちゃんと読むっすよ」

健太(……変なところで律儀だな)

こうして健太はノイズの分身薬を手に入れた。

↓1ぞろ目で ホムラ・梓にイベント発生
(※こっち側は何が起きてもイベント中断は起きません)
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/25(日) 01:18:59.57 ID:Mv2DwxWBO
665 :>>1 [sage]:2019/08/25(日) 01:22:53.92 ID:6VPlQxzb0
はやいなあ、次回観覧車乗ります
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/08/25(日) 01:28:58.72 ID:aqoS5UiM0
はやくて草
667 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/09/01(日) 21:41:49.37 ID:AQbgZ3C/0
進んでいません

現在観覧車にすら乗っていません
668 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/04(水) 23:33:32.67 ID:AX9jKV3u0
ー夕方 観覧車前ー

色々エッチな出来事はあったものの楽しい時間というのはあっという間に過ぎるものである。

太陽が沈むまでにはまだ時間があった

帰るのには早かった為、何かをして時間をつぶす事にした。

まあ健太は帰宅する気などさらさら無いが

健太「…」

二人は普通の観覧車に乗るのであった


……

ホムラ「どう思う?」

梓「………7割?」

二人は急ぎでその一つあとの観覧車に乗るのであった。

↓1 コンマ偶数 隣の観覧車がキス
   コンマ奇数 唐突に健太が光の口を奪う
   コンマゾロ 隣の観覧車ベロチュー

669 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/04(水) 23:39:29.23 ID:a87ydQoZ0
670 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/05(木) 02:40:58.68 ID:DDHryKMT0
光(…観覧車って数年前に梓と静香と乗って以来だけど…)チラ

健太「…?」

光(異性と二人きりで乗るというだけでこんなに違うのね)

まあ…高校生にもなって異性と二人きりの観覧車なんて友達以上レベルのじゃないと無理であろう

光(なんで…乗っちゃったの……いや…チンポしゃぶっちゃったけど)



光(いやいやいやいやいや…なんで私あんなことを)

この観覧車は街を一望できこの時間帯はいい夕日が眺めることが出来るのだが…

それどころではなかった

まともに健太を見られなかった。



ホムラ「見立てはどう?」ワクワク

梓「………わからないわ」

ホムラ「ああケンちゃん距離詰めた」

梓「近いわね」

ホムラ「しちゃうのかな?しちゃうのかな?」ワクワク

梓「しーっ…あんまり騒がないで気づかれるじゃないの」

ホムラ「…」

↓奇数 健太に気づかれる(堂々とキスする)
 偶数 二人に気付かれる
 ゾロ目エロフラ権+1 ※ゾロ目でも奇数偶数の内容に影響なし
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 02:49:58.88 ID:hMLm+KNY0
とう
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 18:34:01.01 ID:MpznxxcQ0
神か
673 :エロフラ権残り3つになりました  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/05(木) 22:47:43.62 ID:DDHryKMT0
ホムラ「あと…もうちょっともうちょっと」

健太からはゆっくりと顔を近づける。



ふと視線を感じた光はその方向を見た。

光「!?梓とホムラ」

梓とホムラがさっきから隣のゴンドラで熱心にこちらを見ていることに気づいた。

光「えっ?」

そのついでで健太の顔が近づいていることに気付いた

光「なっ何をやっているの、佐藤くん」

光は健太が顔を近づいていることに気付いた。



梓「…あーあ気付かれちゃった」

ホムラ「後ちょっとだったのにね」



情熱的キスを狙った健太の作戦は二人の情熱的な視線によって阻止されてしまった。

↓1 偶数ゾロ エロフラ権+1
    奇数ゾロ エロフラ権+1 更に以降コンマ偶数が出るまでに出たコンマ奇数レス分だけエロフラ権
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 22:58:14.53 ID:PlCFtoOtO

675 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/05(木) 23:09:37.36 ID:AtNDKKtM0
二度めは流石にないか
676 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/06(金) 01:40:02.44 ID:ldGD2vty0
光「で…一日つけていたというわけ?」

ホムラ「うっうん」

梓「やっやっぱり気になるじゃない」

観覧車を降りた梓とホムラは正座をさせられ、事情説明を行っていた。

ちなみにアスファルトの上なので結構痛い。

光「………私が昨日頼んでいたことは?」ボソッ

梓「一応、他の人に頼んでいるよ?」ボソッ

光「ちなみにいつから?」

梓「今日の朝からずっと」

光「………うううぅ///」

今日の朝からということは色々と恥ずかしいことも見られたかもしれない…

そんなことを考えると一気に恥ずかしくなった。

ホムラ「…どうしたの?」

光「なっ何でも無いわ」

光(ほっ)



ーちょっと離れたところー

健太(どうしよう…)

???(兄弟…お前は生温いぞ)

健太(わっ)

???(今日、ずっとお前に力を与えて様子を見たが生温いぞ、俺が変わるからもうお前は寝てろ)

健太(あああああああ)

バアル(よし、主導権ゲット)

健太は完全に引っ込んでバアルが前に出てきた。

バアル(ととと、まずいまずい翼と尻尾を隠さないとかつらかつら)

バアルに変身した後は髪が銀髪オールバッグになり翼や尻尾が出てくるため、まだ健太のフリをする必要があった。



パチン

バアル「なあなあ…こんな所で言い争いなんかしないでいいところ行こうぜ?そこで仲直りだ」

光「いいところ?」

バアル「ラブホテルだよ、行こうぜ?」

梓「えっ?えっ?ラブホテルって…恋人が二人で行くようなところじゃあ?」

バアル「俺たちみんな恋人同士だろう?問題ないだろう」

ホムラ「あ……、うんそうだね」

梓「ごめん、突然ラブホテルの話題が出たから戸惑っていたみたい」

バアル「じゃあ…自動運転タクシーを手配するから、ここの場所にある店でちょっと勝負下着とか買ってて」

バアル「一時間後にこの店の前にタクシーがくるからさ、俺は先にラブホテルに行ってるぜ」

光「わかった」

バアル「じゃあまた一時間後にな」
677 :本日ラスト ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/06(金) 01:53:22.54 ID:ldGD2vty0



……

ーバアルのアジトー

バアル「よし…みんな集まっているな?」

チルドレン1「ボス…今回の女は」

バアル「驚け、上玉が3人だ」

そういうと光、梓、ホムラの3人の写真をぽいっとテーブルの上に投げた

チルドレン2「おおおお、おっぱい!!おっぱい!!おっぱい!!」

チルドレン3「ぺちゃがいない…」

バアル「文句言うんじゃねえ、お前ら、最近女犯してねえだろ」

3人の写真を見ると座っている数十匹のチルドレンたちは一気に盛り上がった。

バアル「もちろん、わかっていると思うがただというわけには行かない」

バアル「少なくともラブホテルの人数増加の割増料金は出してもらわないとな」

チルドレン1「ちょっと待って下さい、全員で集めたお金を…」

↓1からコンマ奇数が2回出るまでの間全てのコンマ
 偶数×50円
 奇数×100円
 ゾロ目が出れば揃った数字×10000円(※0ゾロは10万円)

※ここでチルドレンが出した金額でラブホテルの豪華さが決まります
 もしも10万円超えたら最高級ラブホテルになります。(備品などほぼ集まっている。ベッドの上以外でもどこでもセックスをすることを想定した構造となっている)
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 02:59:04.38 ID:hJXRM8ntO
リッチな気分で
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 04:17:10.95 ID:9snXLeBF0
がっぽ
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 06:45:59.54 ID:xianw2H6O
ほい
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 06:55:55.86 ID:BmSsRDegO
モンハン
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 07:41:55.44 ID:ldGD2vtyo
自分もレッツコンマ
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/06(金) 08:14:50.73 ID:ZonlqUnUO
ショウタイム
684 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/09/06(金) 08:37:47.51 ID:KTF1YSkgO
結果65700円(高級よりな普通のラブホテル)

この後、バアルは3人に対して催眠で強引に生理周期をコンマ判定で操りますが排卵日(そもそもセクスしてはいけない日)は絶対に選ばれなくなります
685 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 01:57:50.25 ID:Un6VWYtf0
チルドレンからかき集めた65700円がバアルの前に置かれた

バアル「…お前ら、予め両替しとけと言ってただろ、小銭だらけじゃねえか」

バアル「…その金額だったらここがピッタリだな」

バアルは電話を取り出した。



バアル「お前らも入れてやるが、全員の処女は俺がもらうからな、お前らは俺が許可するまで隠れてろ」

そうしてバアルとチルドレンたちはラブホヘ向かい準備をするのであった。


……
………

ーアダルトショップー

その頃、光達はバアルが指定した店に辿り着いていた。

光「………」

ホムラ「…うわあ…」

梓「……どうしよう」

店の中の男達がこちらを見ている。

そりゃそうだ、アダルトDVD、アダルトゲームなソフトやエロ漫画やエロ雑誌。

オナホールやバイブやディルドーなどのジョークグッズ。

ナース服などのコスプレグッズ、面積が狭い物や無色透明や隠すべき部分の所が切れ目が入っており意味のない下着たち

そして何故かレインコート

明らかにこんな店で女は浮いている。

↓1〜3 イベ募集>>1がイケそうと思った中で一番高いコンマ
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 02:20:23.48 ID:IjikGtyx0
エッチなコスプレやエロ下着、エロ水着などを試着し購入する
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 02:29:13.19 ID:cnKVyJFXO
来ていた客にコスプレ着用を頼まれ着ることに通常よりも露出多目のメイドやナース服、対魔忍などリクエストに答えて着てく内にいつの間にか撮影会になって注目され人気に
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 02:37:11.27 ID:TtGdtZqgO
店員に声をかけられラブホに行くことを伝え、目的のエロ下着の他に販売根性で他にコンドームや光たち専用のローターやローションやバイブを勧められ売り付ける
689 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 20:17:25.12 ID:JRDNUP+/0
ー女性専用試着室ー

光「まさか、こんなところがあるとは」

まさかアダルトショップに試着室があるとは思わなかった。

高齢の女性店員の見張りが試着室で座っており間違っても中の様子は見られないようになっている。

ちなみにここの部屋は至る所に試着用下着が沢山ある。

ホムラ「…なんだかあんまり使われていないねえ」

梓「そりゃそうよ、この店あんまり女性客いないもの」

アダルトショップは女性客は男と連れて来店し、一緒に買い物をするというケースがほとんどである。

女性のみで来るなんてレアケースである。


梓「うわー…ここのメイド服…すごい…」

一つ目はどちらも北半球がものすごくあらわになるメイド服であった

その横は南半球があらわになりそうである。

どちらも乳首がぎりぎり隠れるラインとなっている。

光「こっちも凄いわよ…」

手に取った下着は星型やハート型の穴が開いており本来隠すべきところ物が隠せてない。

こっちは逆にハートや星型で隠す形になっているが凄く小さく簡単ずらせ、

ワイヤーも小さく想像の余地を残す分裸より恥ずかしいと思うだろう。

ホムラ「白い水着なんて始めて見たよ」

ちなみに水をかけると透けてしまうらしい。

3人はそれぞれ気になったものを試着することになった。

↓1 梓が試着したもの
↓2 光が試着したもの
↓3 ホムラが試着したもの

ちなみにここに記載されていないものを着せてもいいです。
またそれぞれが手に取ったものとはまったく別の物でもOKです。

ちなみにぞろ目が出たらエロフラ権orエロイベ権のどちらかを出た回数分獲得可能
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 20:25:21.92 ID:UCFq5y2aO
メイド服
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 20:30:36.29 ID:IjikGtyx0
白い修道服(丈は短くミニスカ状になっておりボディラインがくっきり出て背徳的かつエロい
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 20:35:51.73 ID:2svHqvy/O
サキュバスコスチューム
尻尾はバイブ機能つきアナルプラグ。
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 20:36:34.84 ID:VDaIg0Uy0
くの一エロコス レオタード型ラバースーツミニスカ衣装
694 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 20:41:58.37 ID:JRDNUP+/0
>>691
連取りのためずらします

>>690
メイド服ですがちょいと詳細をお願いします(こちらが提示したものでも二種類あるため)
695 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 20:59:18.08 ID:JRDNUP+/0
もし21時15分までに>>690さんから返答がない場合は
>>692>>693 ホムラは再安価となります。
696 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 21:17:32.76 ID:JRDNUP+/0
というわけで再安価
↓1ホムラの試着したものを募集します。
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 21:17:43.36 ID:1gc8JqXnO
マイクロビキニ 黒
698 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 22:47:58.09 ID:JRDNUP+/0
光「ちょっと着替えにくかったわね…」

ホムラ「うーん…ちょっとこの水着ちょっと隠すところが少ないかな?」

光と一緒に試着室から隠すところを最低限隠しているような水着を着たホムラが出てきた

光「…毛が生えていなくてよかったわね、ホムラ」

一番隠すべきところを隠したあふれんばかりの胸が激しく主張している。

下も隠すべきところだけを隠している、もしもちょっとでも毛が生えていたらはみ出ていしまうだろう。

ホムラ「ひかりんの服装もなかなかいいね」

光の服装はレオタード型のラバースーツ体のラインが出ているでミニスカからは太ももが見えている

顔の部分はくの一らしくチャックで顔が隠れている。

ちなみにこのチャック下げると光の顔だけではなくその体に合わないモノを含めた生まれたままの姿をさらす事になる

ホムラ「アズアズ、まーだー?」

梓「うっ…うっ…あっ…あっ…///」ブブブブブブ

光「……?」

光はカーテン越しから着替える音が聞こえず変わりに機械の音が聞こえた。

光「梓、着替え終わったでしょう」ジャー

梓「ちょっとやめてよ!!」

カーテンを開いた光の目の前にいたのは

梓の背中には翼がはえており明らかに大きな角をつけている。

胸は先ほどの穴あき下着で乳首と下半身やアナルが出ている。

そのアナルからはサキュバスの尻尾のようなバイブ

光「見られるのがいやならどうして着るのよ。」

梓「あんただけには言われたくないわ!!あんっ…♡」ブブブブブ

それぞれ自分が今来ている服でバアルの元へ向かう3人であった

↓1コンマ奇数でアダルトショップでのイベントを継続
  偶数ならバアルのシーンへ
  ぞろ目なら上記に加えエロフラ権orエロイベ権獲得チャレンジへ
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 22:49:04.56 ID:5Bo4y4vsO
700 :ワンモアチャンス ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/09(月) 23:04:19.64 ID:C/XIAu5Zo

そうこうしているうちにタクシーが約束の一時間がやってきた。

一時間後に店の前に来たタクシーに乗ってほしいといわれた光たちは3人揃って乗ることになった

ちなみにまだコミックマーケットではいそうなレベルのコスプレ光はともかく

明らかに人前で姿をさらすことができないような服を着ている梓とホムラはレインコートを渡される野であった。


光(レインコートってそういうことだったのね。)

裸やすごく恥ずかしい服を着てコートを羽織という露出プレイの夏用として用意されていたものだったようだ。

ちなみにタクシーは無人で自動運転で目的地にたどり着くものだったため、3人はそれぞれ運転手のことなど気にせず談笑するのであった

【ちなみにボイスレコーダーはあるがこれは犯罪などのトラブル発生時の証拠に使うため、脅しの道具としては使われません。】

↓1 コンマぞろ目で先ほどあったことを話合う
   それ以外でバアルたちの準備へ
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 23:05:18.37 ID:VDaIg0Uy0
702 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 00:29:50.42 ID:1He9W2YA0
ーラブホ バアルが確保した一室ー

バアル「ここも久しぶりだな」

前は一人の少女を一度俺の奴隷人形化して徐々にデフォルトで素面の状態で自分の物という状態にしようとしたが失敗してしまった

壊れてしまった、あのときの少女は奴隷市場で高く売れたが…今度こそジェシカを含めた4匹を身も心も俺様のものにしたいものだ。

ここのホテルはベッドの他にそのベッドから直接見られるように仕切られたまるでソープランドのような風呂、そしてその風呂とは別にもう一つ風呂がある。

バアル(カラオケとかもあるが…今日はこの体で沢山歌ったし今日はいいよな)

コンドームなどの備品も確認 デフォルトで3つは用意してある。

ちなみにこれでも足りないと判断した場合は部屋の中の自動販売機で購入することも可能だ。

風呂場の中には薄めていないローションやスケベイスそしてマットプレイ用マットも完備されている。

ここのラブホには他には↓1、↓2がある。

バアル「さてと準備をするか」

↓1と↓2にこのラブホは他に何があるか募集します。

また↓1〜3コンマで光たちと分かれる前にかけた光たちの生理周期にかけた強引な催眠の成果をコンマで判定します
名前横の()内は元々どのような日だったのか

↓1光(生理日)※元々セックスしてはいけない日
コンマ4で割り切れたら危険日に
それ以外は安全日に

↓2梓(生理日)
コンマ4で割り切れたら危険日に
それ以外は安全日に

↓3ホムラ(安全日)
奇数で危険日に
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 00:33:18.65 ID:xiVr9eHW0
首輪や手錠などの拘束具
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 00:36:55.09 ID:UUzRQBUp0
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 00:41:18.88 ID:3I6McizBO
ローター、電マ、バイブなど
706 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 01:07:53.37 ID:1He9W2YA0
↓3がゾロ目だったため ホムラは危険日に
梓と光はいい条件で もう一度再判定を行います。(ちなみに催眠によってセックスをしたことを忘れさせれば避妊とかそういうことを考えなくなりますので…)


健太→バアルになった事によって更に彼の性能を追加出来ます。
(健太部分が少しでも残っている状態では出来ないことの設定)
1個まで特にリスク無しでつけることが出来ます
2個以降はエロフラ権(残り3つ)を使用で一個つけることが出来ます


1.(>>1案)能力追加:刻印精液
  バアル状態のみピンクの精液を体内に放つことが出来る。出された女性は子宮内に目立たない刻印が作られる
  刻印を作られた女性は指パッチンを鳴らさなくてもバアルが強く念じるだけで操ることが出来るようになる。

2.その他能力アップ

3.その他性能力アップ

4.その他

↓1からこれ以上はつけないが出るまで安価で指定可能です

またついでに↓1 ↓2のコンマで光 梓の 安全日危険日判定を行います(奇数で危険日になります)
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 02:07:15.71 ID:UUzRQBUp0
1刻印精液
2テクニシャン(エロフラ使用)滅茶苦茶エッチが上手い
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 02:15:17.74 ID:QGs6tkPGO
なし
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 02:15:23.54 ID:xiVr9eHW0
これ以上付けない
710 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 20:37:54.52 ID:1He9W2YA0
バアル(…全体的にうまく行った感じだな)

膣内射精のたびにホムラと光は30%で梓は10%で受精するようになった。

もしも↓1安価内容のついででエロフラ権を使用したら梓も30%になります。

バアル「…さてとこっちも準備をするか」

状態       
ベッド      普通、横にはルームサービスのコンドームが置かれています。

ソープっぽい風呂 お湯が並々入っています。中の様子がベッドから確認できます。マットや薄めていないローション、スケベイスがあります。

もう一つの風呂   全て終わった後に汗を流すために使う予定です。変に弄りたくありません。

共用の庭への扉  窓から見たら何人かカップルが利用しています。ちなみに端っこは公園と壁で挟んでいる状態のため下手に近づけません。

冷蔵庫      上に値段が書かれた飲み物が何本かあります。これを引き抜くくらいなら近くのコンビニまで歩いて購入したほうが安上がりです。

部屋 エッチをするにはちょうどいい明るさです。
      カラオケと何故かDSR(ダンスステップレボリューション)がフリープレイモードで置かれています。

↓1 部屋弄りを行います。バアルが光達が来るまでの間に行った部屋弄りもしくは来るまでに起きたイベントを募集します。
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 20:46:49.58 ID:UUzRQBUp0
部屋弄りって何をすればよいのだろう
712 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 21:17:32.76 ID:1He9W2YA0
単純にお香をかけたりや風呂の液体を差し替えとかそんな感じです
まあ特に無いのならそれでもいいです
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 21:21:12.19 ID:ahVwRnPZO
とりあえず風呂の液体(ローションとか全部)に媚薬を混入させておく
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 21:31:49.83 ID:g5wZYzNCO
隠しカメラを仕込んでおく。
715 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 21:48:35.81 ID:1He9W2YA0
あー…

↓1:コンマ奇数で714も採用
↓2:4で割り切れたら更にもう一個プラス
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 21:50:10.84 ID:xiVr9eHW0
てい
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 21:50:34.13 ID:jBxnd/8d0
それいけ
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 21:51:01.25 ID:jBxnd/8d0
1多かったか…
719 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/09/10(火) 21:55:32.36 ID:1He9W2YA0
見事に716と717の登場するタイミングが逆だ

もし↓1で77を出せれば716と717のコンマを交換 更にエロイベ権1個プレゼント
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 21:57:52.18 ID:jBxnd/8d0
こい!幸運の神!
721 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 22:39:28.37 ID:1He9W2YA0
今日はひとまず終了

…地の文と業務連絡的な文章でろくに進まなかった

最後に
↓1〜↓3 この後光達が到着します。 バアルがいる部屋に入る前orバアルがいる部屋に入った後のイベントを募集します

コンマが真ん中の数字を採用、…ゾロ目があるとエロフラ権orエロイベ権獲得チャンス(採用コンマの場合は獲得率優遇)

ちなみにデート内容安価で以下の事は確定しているため逆らうことは出来ません
@トリプルパイズリは必ず行う。
Aお風呂でのご奉仕プレイは必ず行う。
B処女を奪う時の状態は三人バックの状態でおしりを突き出させて次々と奪う(この際に一人ずつ射精までやるのかは未確定)

・ちなみに詩織にはちょっとした問題が発生して今日は帰れないと電話で伝えています
・これ以降エチシーンの際に妨害が入る安価は安価下となります

安価は今から15分後に有効となります

↓1〜↓3
722 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 22:46:58.45 ID:1He9W2YA0
あーと一応書いておくと行為のすべてを募集するわけじゃないです。
節目節目に募集する感じになります

覚えている人はいないと思いますが本編の2行ルールです(安価は2行までに収まるもので)
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:54:36.80 ID:UUzRQBUp0
媚薬ローションで完全に全身発情させてから三人の意識だけ戻しガニ股騎乗位セックス。自分から腰をふるよう命令してさせるが途中から洗脳を解いてときそれに気づかす一心不乱に快楽のために無様に腰ふるのを嘲笑い種明かし
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:56:14.81 ID:jBxnd/8d0
上で
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/09/10(火) 22:56:28.65 ID:ahVwRnPZO
媚薬ローションで全身ぬるぬるにしたらおもちゃを全身に装着し放置して寸止め快楽責め。
そのまま喘ぎ狂う様を楽しんだら逆に連続イキさせ一人一人処女を奪いさらにご奉仕させて楽しむ。
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:57:00.79 ID:UUzRQBUp0
まとめ
媚薬ローションで発情させてから催眠解いて騎乗位セックスする。途中で催眠をとき気づかず後で種明かしして中だし
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 22:59:31.97 ID:g5wZYzNCO
淫語を教えてからプレイし、処女を奪う際におねだりさせてはめ撮り。
728 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 23:03:00.35 ID:1He9W2YA0
えーっと二度も解くんですか?立ちバックの後に処女を奪った後に騎乗位ということでいいんですよね?

>>1は混乱中
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 23:07:46.09 ID:UUzRQBUp0
>>728
わかりずらくてすみませんそれでいいです
730 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/10(火) 23:12:25.43 ID:1He9W2YA0
えーといきなりかなり後半よりの内容が出ちゃいましたが
これは採用しつつ
入った直後レベルの内容を募集します

↓1〜3 (※9月11日になってから) ゾロ目の報酬は先程と同じ
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/10(火) 23:59:53.21 ID:1He9W2YA0
忘れてましたけど真ん中採用です
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/11(水) 00:01:09.16 ID:BedezJ5vO
光にアナル、ホムラにタマフェラ、梓にフェラチオさせる。ホムラに口内射精後梓に口移しさせ光はお掃除フェラ
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/11(水) 01:29:36.37 ID:CPGGCA+bO
初めては大事だからと言って催眠をかけ、記念日感覚で動画撮影スタート。
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/11(水) 05:40:33.76 ID:Hdf0iHPU0
とりあえずコスプレ衣裳は着たままで
三人を抱き寄せ それぞれの豊満ボディを揉んだり舐めたりしゃぶったりとその感触を堪能する
735 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/13(金) 00:57:37.87 ID:/ajxn/8c0
もうちょっとだけエロイベ開始前の安価&コンマが続くんじゃ

簡易手順

@最初にカメラを取る(仕込みの際に用意していなかったため動画撮影時のカメラにコンマ判定)

A3人に先にソープ風呂に入らせる(液体やローションは媚薬入り)

Bバアルソープぶろに入り、お風呂のご奉仕プレイ

Cその流れでトリプルパイズリ

D並べてバック一人ずつ処女を奪う(この時に中出しまでを行うのか安価で決定)

Eベッドの上に戻って>>723の騎乗位以降の部分(ただし腰を降る催眠を解いた後も腰を振り続けるかどうかはコンマ判定【エロフラ権1回で失敗した人全員に再判定することも可能(全員成功するまでエロフラ権を消費するということも可能)】)

使っていない要素
首輪や手錠などの拘束具、ローターなどのジョークグッズ、コンドーム、共用庭への扉
後ビンゴで当てたノイズの分身薬(現状ではEのベッドのに戻る、段階で二錠のみます【バアルはノイズのため何錠飲んでも大丈夫です】)

↓1 コンマ値奇数なら エロイベ+1 (その安価は朝に募集します) 
   ゾロ目ならエロフラ権orエロイベ権獲得のチャンス(偶数ゾロは上記エロイベ+1獲得は失敗)
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 01:07:46.21 ID:5aguJmuaO
ゾロ目こい!
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 01:09:21.30 ID:5aguJmuaO
イチタリナイ…
738 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/13(金) 07:54:51.77 ID:/ajxn/8c0
↓1〜3 「@」から「Eの後」までの間に発生するエロイベを募集します。
 まず最初に「A〜Bの間」等、入れたいところを指定してからエロイベを入力してください(2行まで)
※真ん中採用


↓4 4で割り切れる数字or奇数ゾロで更にエロイベ+1
   ゾロ目ならエロフラ権orエロイベ権獲得のチャンス(44や88以外の4で割り切れてない偶数ゾロはエロイベ+1は獲得失敗)
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 08:09:43.32 ID:HSHMtXHf0
1でローター責めしながらコスプレ服でAV風に自己紹介、セクハラ6の前に分身薬使用三人に
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 08:30:52.17 ID:vX3CGhgMO
1と2の間

撮影しながらコスプレ衣装のまま体を揉まれたりキスしながら自己紹介。
自己紹介を終えたら、くぱぁしながら今日で処女卒業宣言。
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 11:32:57.03 ID:NBD06I1qO
6の後でコンドーム装着電マ押し当てながら正常位セックスし使用済コンドーム持たせて記念撮影
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 17:25:46.13 ID:PkHU2jtNO
割り切れよ
743 :あと4回ゾロ目回避でエロフラ権orエロイベ権獲得 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/13(金) 20:35:14.59 ID:isPqGI94O
予め決められそうな所だけ先にコンマ判定を取ります

↓1コンマ@で使ったカメラを後で見返したバアルの感想

4で割った結果
余り1 よしよし
余り2 自動追尾機能オンにしてなかった...ブレブレだ
余り3 これそのままエロ動画サイトにあげても高評価いけるな
割り切れる 誰だ!!メモリカード抜いたバカは!!(記録に残っていないだけで脅しの材料としては充分)

奇数ゾロ これ市場流通しても間違いなく黒字だな
偶数ゾロ 録画ボタン押した後に電池切れ...
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 20:49:18.58 ID:HSHMtXHf0
745 :ここのコンマ全てゾロ目回避でエロフラ権orエロイベ権獲得 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/13(金) 21:08:02.66 ID:112JGn3JO
Aで意識のみ催眠解除をした際に自信の言葉を出す権利も与えるか?

↓1~3 与えるかどうかで多数決


その際のコンマ値で光、ホムラ、梓の順でE催眠完全解除後も腰を振るか判定
奇数 振る
偶数 振らない
ゾロ 振る+振らない判定になってしまったキャラに対してもっといい条件で再度判定を行う

一人でも振らないがでた場合はエロフラ権1つ消費で振らないが出たキャラ全員に再判定
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 21:23:41.60 ID:D8t5LaAY0
与えない
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 21:43:57.47 ID:Ni3WbxR3O
ないで
748 :ここのコンマ全てゾロ目回避でエロフラ権orエロイベ権獲得 ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/09/13(金) 22:26:42.02 ID:112JGn3JO
どうせコンマだけだしここは私がとるか

ちばみにエロフラ権利使用で光(もしもこのコンマが偶数だったら梓も)

もう一度腰振るか判定を取りますがどうします?

↓1(1回分で振ってない娘全員再判定)
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/13(金) 23:16:04.53 ID:g8OHp3zAO
ない
750 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/14(土) 00:24:50.18 ID:hLyQhPGdo
最後に20回連続ゾロ目回避した為
エロフラ権orエロイベ権獲得

ゾロ エロイベ権
それ以外 エロフラ権

以上がエロイベ作成前の安価とコンマです

さてと肉付け開始っと今度は半年で終わるといいなあ
751 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/14(土) 00:25:22.94 ID:hLyQhPGdo
↓1コンマっす
忘れてた
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/09/14(土) 06:12:17.07 ID:P2vkNYgS0
753 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/09/21(土) 01:18:26.65 ID:oIi4/o1n0
>>1です。

ひとまず@とAの間まで出来ましたのでひとまず投稿します。
これ以降のエチシーン投稿は完結するまでsage進行で行きます

エチシーン投稿中の>>1のコンマでエチシーン終了後のコンマが発生します。
>>1のコンマが奇数でHポイントに+1 35や73など奇数のみで構成されたコンマでHポイントに+3 奇数ゾロでHポイントに+5入ります

エチシーン終了までに溜まったHポイントを10で割った回数だけエロフラ権orエロイベ権獲得チャンスのコンマ判定が発生します。

また
>>1のコンマが偶数でMポイントに+1 24や46など偶数のみで構成されたコンマでMポイントに+3 偶数ゾロでMポイントに+5入ります。

エチシーン終了後に溜まったMポイントで バアルVS魔法少女のコンマを取ります。

対戦相手は最後に記入しています。

無駄に長々と書きましたが

簡潔に言うと「エチシーンを書いている>>1のコンマが奇数だったらチャンス 偶数だったらやばいという認識でOKです」








溜まったMポイントと対応した相対する魔法少女(や攻撃能力を持った一般人)

※左ほど現れる確率が高い ただしorがついている場合は同じ確率

0ポイント 誰も来なかった
5以下   誰も来なかった 警察官 モブ魔法少女 ジェシカor静香or詩織
10以下  警察官 モブ魔法少女 ジェシカor静香or詩織
15以下  モブ魔法少女 ジェシカor静香or詩織
20以下  ジェシカor静香or詩織
25以下  詩織(バアルにとって相性が悪い魔法少女)or二人(ジェシカ・静香・詩織の中から二人現れます)  ???(こいつが現れたらバアル討伐)
30以下  三人(バアル敗走かバアル討伐のどちらかになります) ???(こいつが現れたらバアル討伐)
754 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/21(土) 01:19:26.93 ID:oIi4/o1n0
バアル「ようよう、部屋迷ったか?待ちくたびれたぜ」

光「気合いいれすぎじゃない?」

バアル「いいんだよ。」

ホムラ「けんちゃん…角生えておない?」

インキュバスのような角に指をさす

バアル「梓に生えているものと似たようなものさ、雰囲気作り雰囲気作り」

光「そうね」

バアル「ととと…ちょっと待ってろ」

梓「そう言えば何やってんの?」

パチン

バアル「ビデオカメラの準備さ、せっかく処女を失うという記念日だというのに何にもないというのも悲しいだろう?だから記念にな」

バアル「だから処女喪失にビデオカメラがあっても別におかしな話ではないよな?」

光「…そうね」

ホムラ「ごめんね、変な事を聞いちゃったよ」

バアル「さてとカメラに向かって一人一人自己紹介しようか?」

ホムラ「なっ何で?」

バアル「そっちのが雰囲気でるだろ?」

梓「えっちねえ///」

バアル「男が頭おちんちんで何が悪い、ほらほら三人ともベッドに座ってベッドに座って」
755 :いきなり間違えた このコンマ値は無視 ここからエチシーンです ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/21(土) 01:20:53.20 ID:oIi4/o1n0
バアル「ようよう、部屋迷ったか?待ちくたびれたぜ」

光「気合いいれすぎじゃない?」

バアル「いいんだよ。」

ホムラ「けんちゃん…角生えてない?」

インキュバスのような角に指をさす

バアル「梓に生えているものと似たようなものさ、雰囲気作り雰囲気作り」

光「そうね」

バアル「ととと…ちょっと待ってろ」

梓「そう言えば何やってんの?」

パチン

バアル「ビデオカメラの準備さ、せっかく処女を失うという記念日だというのに何にもないというのも悲しいだろう?だから記念にな」

バアル「だから処女喪失にビデオカメラがあっても別におかしな話ではないよな?」

光「…そうね」

ホムラ「ごめんね、変な事を聞いちゃったよ」

バアル「さてとカメラに向かって一人一人自己紹介しようか?」

ホムラ「なっ何で?」

バアル「そっちのが雰囲気でるだろ?」

梓「えっちねえ///」

バアル「男が頭おちんちんで何が悪い、ほらほら三人ともベッドに座ってベッドに座って」
756 :現在Hポイント3 Mポイント0 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/21(土) 01:23:39.78 ID:oIi4/o1n0
ーベッドの上ー

光「…冴島 光 15歳です…あっ♡…処女///…です…///」

バアル「気にしないで急に揉みたくなっただけだから」モニュモニュ

バアル「やっぱり光のおっぱいは素直でいいなあ」デケエクセニカンドモイイシ

光「なっ何を!?」

バアル「何ってカメラの前で緊張しないように気をほぐして…」

光「まっ待って…やめっ…んんっ♡」

今度はパンツがある部分に手を突っ込んだ

バアル「ほらほら自己紹介、自己紹介。普段は誰に対して自慰しているんだ?」

光「じっ自慰!?そんなこと…」


バアル「ところで何でくノ一の恰好なんだ?」

光「そっそれは…あの店の中ではまともだったから…」

バアル「…正直言うとその恰好もお前の体のラインがはっきりわかってエロいけどな」ジジジ

光「なっ!?」

そう言いながら光の口元を隠しているジッパーに手を伸ばし、そのままさげていく

これまで男に見せた事も無かった光の肌が徐々にあらわになってくる

バアル「こんなくノ一がいたら意地でも引っ捕らえて側室入りだな。」

光「そっそんなことされたら隠し刀でだまし討ちよ」

バアル「既にこんなに濡らしているのにか?想像しているのか?」

バアル「と言いたかったが…この濡れ具合…自慰はまともにしてないな…」ズチュ

光「んんっ♡」

バアル「まあ自慰すらロクにしたことのねえ処女まんかあ…最高じゃないか。」
757 :【速報】何か接近中?  ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/21(土) 01:25:32.57 ID:oIi4/o1n0
バアル「じゃあ次はうちの高校の期待のエースのホムラちゃんだ」

ホムラ「…あんまり詳しく言わないで…」

バアル「いいじゃねえか、恋人同士の動画だ、他人に見せるわけじゃねえしな」

バアル(まあ…撮った後、まだどうするかも予定は決めていないが)

ホムラ「日之出…ホムラ…16歳…処女だよ…///」

バアル「そのレインコートの下はどうなっているんだ?脱いでみろ」

ホムラ「あっえっえっと…わっわかった」シュルシュル

ホムラはレインコートを脱ぐ

その中から明らかにサイズのあっていない水着がわずかに隠しているものを今でもあふれ出るような状態となっていた。

トップスはおっぱいで固定されてはいないようで簡単にずれてしまいそうだ。

パンツはおまんこの筋の部分を隠しているだけである。

ちょっとした事故が起きるだけでマイクロビキニはビキニとしての機能をしなくなる。

ホムラ「どっ…どう///」

バアル「おっほ、これはなかなか…そりゃあ、こんなので街中は歩けないわな」

バアル「どれ」

軽くその布地に手を触れる、簡単にずれてしまった

バアル「うわっこんな格好でタクシーに乗ったのかよ。とんだ変態だな」モニュ

ホムラ「いっ言わないで…///ああっ…ボクも途中から恥ずかしかったんだよ」

バアル「最初はそうでもなかったんだな、この変態」モニュモニュ

ホムラ「あっ♡…やめてんんっ♡」

バアル「ホムラちゃんのファーストキスいただき」

ホムラ「んんっ!!じゅる…レロ」

ホムラ(ボクの舌、吸われてる♡なにこれキスってこんな幸せな気持ちに…なれるものなの♡)

バアル「ととと…もうちょっとホムラの舌を楽しみたいところだが…ここだけで時間を取るわけにもイカないからな」

ホムラ(ああ)

ホムラとバアルの口はそこまで絡ませずに離れたがその短時間であっという間に唾液の橋が出来ていた。

少しだけ名残惜しそうなホムラを尻目にカメラは梓の方に移した。
758 :現在Hポイント6 Mポイント1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/21(土) 01:27:50.42 ID:oIi4/o1n0
バアル「さてこの子はあのメイド喫茶の人気メイド、あずあずの梓ちゃんだ」

梓「ちょっとやめてよ、店の事は言わないでって言われているのよ!!」

バアル「えっ?そうなの?まあいいや自己紹介よろしく」

梓「東城 梓、16歳の処女よ」

バアル「ところでお前もレインコートを着ているがお前はその下はどうなっているんだ?」

バアル「どうせお前もホムラみたいに街中では歩いてはいけないような服装を着ているんだろ?」


梓「…うぅ」シュルシュルシュル

梓も着ていたレインコートを脱いでいく

その中から梓が着たサキュバスの衣装が出てくる

ホムラとは逆に布地は大きいもののこっちは肝心な部分を隠していない。

がそこは梓の左腕で上を隠されて、右腕は下を隠している

バアル「そんな隠すくらいなら普通のコスプレで来いよ」

バアル「ほらほら、その邪魔な腕をどけて」

梓「いっ…///いやあ///」グググ

全力の力をもって梓は抵抗する

パチン

バアル「抵抗するな!!というかこんなんで催眠を使わせんな!!」

梓「うっうぅぅ///」

抵抗する力が弱まる。

梓の必死に隠した胸があらわになった。

乳首が乳輪に陥没していた

バアル「なるほど、これは恥ずかしがるよな」

陥没乳首の女性はこれをコンプレックスと思っている率が多い

梓「だから嫌だったのに…///」

バアル「こんなのは舌を入れりゃいいんだよ」レロレロ

梓「あっ♡やっ♡あああ♡、私のくぼみに健太の舌がああ♡」

バアル「じゅる…興奮してきたか、乳首が勃って乳輪から露出したぞ」

梓「あっあぅ///」

バアル「というかお前…俺のことを頭おちんちんとか言ってたくせに、そんな格好をするお前は頭おまんまんじゃねえか。人のことは言えないぞ」
759 :現在Hポイント6 Mポイント4 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/09/21(土) 01:29:00.88 ID:oIi4/o1n0
パチン

バアル「さてお前らはどうしてここにいるのか説明してもらおうか」

光「私達はこれから産まれてから」クパァ

ホムラ「ずっと大切にしていた処女を」クパァ

梓「健太君に捧げます」クパァ

光「どうか、私達の全てを受け取ってください」

バアル「くっくっく…ああ、もちろんだ、受け取ってやるよ。っと…その前にお前ら今日は色々と動き回って湯を浴びたいだろう?」

バアル「先に風呂沸かしておいたから先に入っておきな。俺も準備ができたら入るからよ」

そう言ってバアルは予め風呂中の液体に媚薬を仕込んだ風呂の方を指した。

その風呂場は透明ガラス一つで仕切られており、脱衣場はない、このベッドのある部屋で脱げということなのだろう。

光「ありがとう。お言葉に甘えるわ」

ホムラ「本当のことを言うと沢山汗かいたからこのままやるのはちょっと嫌だったんだ」

梓「今日も暑かったからね…先に入っておくね」

こうして3人はソープの様な風呂に入るのであった。
760 :偶数1ポイント 偶数のみ2ポイント 偶数ゾロ3ポイントに変更 現在Mポイント6 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/10/01(火) 02:08:44.50 ID:sPZV+jqL0
ーソープっぽい風呂ー

すでにちょうどいい感じの温度のお湯が張られていた。

湯船は二人はいるのがやっとといったところか

シャー

3人は軽くシャワーを浴びる

梓「アタシがローションの準備をするから先に入ってて」チュー

ホムラ「いいの?じゃあ言葉に甘えようかな?」チャポ

光「じゃあ先に入るわね」チャポ

梓「♪」シャー

梓はローションを風呂場に置いていた。

バケツに入れそれをお湯を入れ薄める

梓「♪〜」クチュクチュクチュ

そしてそれをクチュクチュと音を鳴らしながら混ぜている

光「手慣れているわね」

梓「褒めているのかわからないけど…あんまり嬉しくないね…」

梓は伸ばしたりして粘り気の様子を確かめている。

ホムラ「練習したの?」

梓「まさか、今日アダルトショップに行ったでしょう?あそこで店員にラブホ行くって話したら店員さんが教えてくれたのよ」クチュクチュ

梓「同じ女性として教えてくれたのよ、ちょっと粘り気が強いわね」シャー

光「そりゃ男に教えられたくないわね」

梓「まあね」クチュクチュ

梓「ところで健太君は?」



バアル「おいっちにーさんしー」

ベッドの横でパンツ一丁で準備運動しているバアルがいた。



ホムラ「あそこでなんだか準備運動やっているよ?」

梓「…早く入ればいいのにねえ///」

光「パンツ越しでもわかるくらいチンチンをギンギンしているのに///」ハァハァ

ホムラ「ボク達、今日あれに貫かれるんだね///」ドキドキ

ホムラ(なんだろう…体熱いや…)ハァハァ

梓(なんだろう…ここにきてアタシ…興奮しているの?)ハァハァ

光(私のおまんこ疼いちゃっている…どうしたんだろう私…こんなエッチだったけ?)ハァハァ
761 :Hポイント6 Mポイント7  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/10/01(火) 02:13:17.22 ID:sPZV+jqL0

バアル(よしよしじわじわと効いているな。ここに来る前にローションと水道管分解して媚薬仕込んだかいがあるってもんだ。)

ちなみにこれ風呂に媚薬を仕込む時彼はこれを毎回やっているそうな…



梓「こんなところ…んっ…ね///」

説明された通りの粘り具合になったことを確認し、梓は風呂の中に入る。

二人入ることを想定した風呂に入る。

ちょっと窮屈になった。

ホムラ「ねえねえ、こんなものがあるよ」

そう言うとホムラを風呂場の棚から泡風呂の元を取り出した。

光「泡風呂の元?でもそれって水圧で泡を立てる必要があるから入れ直さないといけないんじゃないの?」

ホムラ「これを見て」

説明書を見るとジェットバスを使うと泡がたつようだ。

ホムラ「使ってみる?」

↓1 安価 泡風呂の元を使うor使わない 
   コンマゾロ出たゾロになった数字だけMポイントが減ります
762 :Hポイント6 Mポイント10 ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/10/01(火) 02:15:15.11 ID:sPZV+jqL0
ちなみに奇数ゾロならエロフラ権orエロイベ権獲得です

このレスのコンマは無効
コンマ下
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/01(火) 02:17:55.12 ID:kbQ1hSKdO
↑がちょうど奇数ゾロだったのに…
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/01(火) 02:19:26.18 ID:kbQ1hSKdO
失礼しました。使うでお願いします。
765 :Hポイント6 Mポイント10 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/10/06(日) 22:22:36.17 ID:SQPyG9NY0
梓「せっかくだし使ってみようよ、あわあわの風呂、興味あるし」ハァハァ

梓(それに…///時間でこれ解決するかもしれないし///)

光「そうね」ハァハァ

ホムラ「えっと、どれどれ使い方は…」ハァハァ

裏面の説明書を読みながら封をきる


………

ホムラ「最後にジェットバスをオンにすれば」

ボコボコボコボコボコ

ジェットバスの水圧でどんどん泡が出来ていく。

光「わあ」

梓「へえ」

あっという間に風呂は泡風呂となった。

ホムラ「いっちばーん」ザプーン

泡風呂となった直後にホムラが飛び入った。

光「あーずるい」ザプン

光がそれに続く

梓「もう子供じゃないんだからさ」ジャポン

ホムラ「えい」フー

ホムラが両手にためた泡を梓に向けて放つ。

梓「わっ」

飛び散った泡が梓を襲う。

梓「やったわね、あわあわ反撃よ」

梓は片手片手に泡を貯めて、両手をホムラの果実に向けて一気に手を伸ばす。

ホムラ「あっ」

梓「ちょ///ちょっと///」

光「変な声、あげないでよ///」

ホムラ「ごっ///ごめん///」ジュンジュン

梓(うぅ、また気になり始めたぁ///)ジュンジュン

光(おまんこが切ない…///)キュンキュン


……

バアル「頃合いかな」

風呂の様子を見ていたバアルはベッドから立ち上がった。

↓1コンマ値 コンマゾロ…出たゾロになった数字だけMポイントが減ります
   奇数ゾロならエロフラ権orエロイベ権獲得です
  安価………>>1が採用可能と判断したら採用するかも
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/06(日) 22:47:43.73 ID:JKPXGdHN0
自分もバスに浸かって三人の体をあわあわモミモミして感触を楽しむ
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga sage]:2019/10/06(日) 23:45:24.74 ID:SQPyG9NY0
>>766
行けると判断しました
追加しつつBへ行きます
768 :H9 M10 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/10/15(火) 01:05:50.10 ID:Wirz9tbU0
バアル「楽しんでいるかい?」バタン

ホムラ「あっ…♡」

バアル(なんだそのトロンとした表情は3人共雌の表情をしているじゃねえか、漫画だったら瞳がハートマークになってるな)

バアル「場所を開けてくれないか?入れない」

光「ああ、ごめんなさい///」

光と梓は座っている所からちょっと動く

バアル「…」チャプン

そこに出来た隙間に入り込む。

バアル「おお…すげえボリューム」

梓「あぅ///」

座ると3人の風船が6つも湯船に浮かんでいた。

バアル(更に本来は二人で入ることを想定した風呂に4人だからすごくギュウギュウ…嬉しいギュウギュウだ)

風呂の中はどうなっているのか見えてないが、三人の体が密着状態となっている。

バアル(ボイン…ボイン…ボインボインボインボイン)

バアル(これから三人が俺様の物になるんだな。)フフフ

↓1コンマ
※これ以降特記がなければ奇数で+αな展開が待っている
 ゾロ目の場合はこれまでと同じ
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/15(火) 03:44:59.64 ID:Vx/oOJBTO
770 :ちなみに後16回連続でゾロ目が出なかったら5割でエロイベ権獲得です。 H9 M11 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/10/19(土) 01:40:47.05 ID:Zc1O0iAN0
バアル「どれどれ」モニュ

バアルはとりあえず手頃な位置になったおっぱいに手を伸ばした。

ホムラ「あっ♡」

バアル「…何度も何度もお前が無防備に俺達の前でこの豊満なものを揺らす度にこの女いつか、あひぃあひぃ言わせてやるって思ってたぜ」

ホムラ「やっ…やっぱり見ていたんだ、ボクのおっぱい」

バアル「男はおっぱいが好きなのさ、それが好みの女の子のものだったら尚更な」モニュモニュ

光「やっ♡」

梓「んんっ♡」

バアル「さてとじゃあ俺の体を洗ってくれないか?今日一日中歩いてもう汗でビショビショだ」

↓1コンマ
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/19(土) 05:19:14.68 ID:cyMq0J+wO
772 :H10 M11  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/10/24(木) 00:43:55.91 ID:nxH8fwgr0
湯船から上がったバアルはシャワーの前へ移動した。

バアル「じゃあ俺の体を洗ってくれ」

梓「了解ちょっとまってて」

梓はボディタオルを取る

バアル(…おっと…本当だったらその豊満な体を使って体を洗ってほしかったがまあ、若葉マークにそれを期待するのは駄目か)

バアル(出来るだけこういう細かいことには催眠で動かしたくないしなあ)

梓「ごしごしごしごし♪」

光「ごしごしごしごし////」

光(うぅ…///男の人のって結構…////)

梓は背中を洗い光は前を洗っている。

ホムラ「…暇だなあ」←前担当後ろ担当がとられた為、やることがない

バアル「手持ちぶさたなら、その体で俺をマッサージしな」

ホムラ「それってどうやるの?」

バアル「決まっているだろう[その豊満なおっぱいで首筋当たりをモミモミするんだ]」

↓1安価
 []内の文章を変える事ができます。(変えたくない場合はその旨を書いてください)
 コンマ(奇数のほうが+αがつく ゾロ目も普段どおり)
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/24(木) 01:19:22.89 ID:nxH8fwgr0
ちょっと修正
バアル「手持ちぶさたなら、[その体で俺をマッサージしな]」

↑こちらも修正可能です、こちらに合わせて

バアル「決まっているだろう[その豊満なおっぱいで首筋当たりをモミモミするんだ]」

↑こちらも修正することは可能です

安価下
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/24(木) 06:06:57.55 ID:t7v2G9/c0
バアルに全身を押し付けて胸で洗う
775 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/10/24(木) 14:35:31.74 ID:lYWR8wviO
>>774
一応確認ですが

最後の言葉を安価のニュアンスに書き換えるでいいですよね?
(安価内容をそのまま書き換えるパターンの構想が何故か先に出来てしまったので)
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/24(木) 18:19:40.60 ID:t7v2G9/c0
それで大丈夫です
777 :H13 M6 E1  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/10/25(金) 00:15:10.09 ID:ahUht0Wj0
バアル「手持ちぶさたなら、その体で俺をマッサージしな」

ホムラ「それってどうやるの?」

バアル「決まっているだろう、その豊満な胸を使って俺の体を洗うんだよ」

ホムラ「えっえええ!?本気で言っているのかい?」

バアル「誰か一人そういう役が欲しかったんだよな」

ホムラ「いや、そういう都合じゃなくてね…ううう…///わかったよ///」

バアル「髪を洗いたいからそのシャンプーをまず谷間に垂らして泡立ててくれ」

ホムラ「うん///」グチュグチュ

自分の2つの乳房を擦り合わせ泡立てていく

ホムラ「じゃあ行くね」

ムニュ

ある程度泡立てるとその豊満な体をバアルの頭に押し付けそのまま髪を洗い始める

ホムラ「どっどうだい///」ゴシゴシ

バアル「おっおおお、これは思ったより」

バアル(いろんな女を操ってきた俺だがまさか今更これくらいで…)ボッキン

光「うぅぅ」

光(完全に勃ってるわ)

梓(健太くんの尻尾が…興奮しているみたい…///)

前はボッキボキだが後ろも尻尾が興奮しているようにピーンとしていた。

バアル(一応…この尻尾と羽がコスプレ用と信じ込む洗脳をかけていてよかったぜ…)

↓1コンマ奇数orエロフラ権消費で光と梓も…
  ここで33or77が出たらエロイベ権
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/10/25(金) 00:29:57.89 ID:Pn78gata0
779 :H14 M6 E1   ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/11/05(火) 00:49:35.16 ID:9FKcu2QR0
バアル「おっおおお」

梓「…ホムラがおっぱいで頭を洗い始めてずっと興奮してる♡」

ホムラ「アズアズもひかりんやってみたら?んんぅ♡…これ…あんっ♡ボクもこれやると…幸せな気持ちに…なれるよ?」

梓「そっ…そうなの…じゃあアタシも///」

改めて梓は泡風呂から泡となった湯を取り出し自身の乳房へ伸ばしそのままバアルの背中に押し付ける

光「わっ私も…///」

光も同様にバアルの胸板に押し付けた。

バアル「おっ…おおおおおお」

バアル(一人ですらすごい乳圧なのに3人がかりとなったら、これは……今ならいけるぜ…今だったら限界を超えて大きくなれる!!)

光のものにしか直接見ることが出来ないが、3人のおっぱいがどういう形になっているのか想像に容易かった。

780 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 00:51:34.09 ID:9FKcu2QR0
↓1から↓3が
全部奇数のみコンマ(10の位も奇数であること)or2個ゾロ目があったらエロイベ権獲得
3つともただの奇数だったらエロフラ権獲得
一個のみゾロ目はエロイベ終了後にエロイベorエロフラ獲得チャンス+1
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 00:52:56.95 ID:f2WOD2Q+O
ほい
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 01:18:19.72 ID:Wgmv9kEX0
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 01:25:58.18 ID:TE1bWGyWO
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/05(火) 17:54:48.02 ID:EBZ0BaNmO
今更ですが、他の二人は風呂で着れる服じゃないので脱いでいますがホムラだけマイクロビキニです

マイクロビキニは水着か下着かを多数派で取ろうと思います
(水着なら室内で脱ぐ、下着なら風呂場で脱ぐ、外に出る機会があった場合はどちらを選んでも着る事が出来る)

※酉抽出で引っかからないよう名前を外してますが「いち」です

↓1〜3
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 20:01:42.51 ID:JGUjkdORO
水着で!
786 :H14 M7 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/11/05(火) 22:59:02.97 ID:9FKcu2QR0
バアル「おっおおおお、これはこれは」

ホムラ「ふふふ、どんな感じ?あっ♡」ゴシゴシ

バアル「幸せな気持ちだ」

梓「じゃあアタシ達が…あっ♡昇天させてあげるわ///んっ♡」ズチュ

三人のおっぱいを体重をかけるようにあてつけられ洗体されるという経験が無かった。

光「ねっねえ///…あっ♡…また大きくなってない?」ズチュヌチュ

性欲特化のノイズの性器はそのノイズの単純な強さ、性欲、性的経験量できまる。

バアル「お前らが魅力的なせいだよ」

そういいながらフリーな片手は光の下半身の方へと伸びる。

ホムラ「興奮しちゃって、かわいいね」ニチュヌチュ

光「あっ♡」

そのまま筋を沿って指をなぞる

梓「正直、情けない優男と思っていたけど…んっ♡…こういうところは立派な男ねえ」

バアル「そいつはどうも」ホメコトバダヨナ?

光「あっ♡あっ♡」ソー

ガシッ

光も仕返しにとバアルの下半身に手を伸ばそうとしたがその手は止められてしまった。

梓「駄目よ、んっ♡おちんちん独り占めは…あっ♡…許さないよ」ヌチュヌチュ

ホムラ「せっかく、アズアズがマットの準備をしていたんだからそっちでやろうよ」シャー

十分に泡が広がったことを確認しお湯の温度を確かめる。

ホムラ「それじゃあ流すよ?」


……

↓1〜2 水着or下着
あと↓1はいつものコンマ判定
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 23:04:00.10 ID:gRnITmZIO
水着
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/05(火) 23:50:16.46 ID:Wgmv9kEX0
水着
789 :H17 M7 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/11/06(水) 01:00:15.13 ID:qSZzMlZb0
ーマットー

バアル「よっと」

バアルはマットの上で仰向けになる。

ホムラ「慣れているねえ?」

バアル「まあな」

光「そういう店に行ったりするの?」

バアル「いんや、普段から練習はしているからな」

ホムラ「…どういう練習なのそれ?」

バアル「それは企業秘密ということで…」

これまで催眠をかけて女とエッチしまくっただけである。

ちなみにその女達は部下たちにエッチさせまくったら壊れてしまい。

興味がなくなったのである。

バアル(この女達はその女達より明らかに上玉だからそうそうかんたんに壊さねえぞ)

梓「彼女作る前から脱がせた後の練習なんてしないの」

バアル「ははは」

ホムラ「…ところでこの後はどうすればいいの?まさかローションの作り方の説明だけを受けて終わりというわけではないよね?」

梓「そりゃそうよ、じゃあ健太君にローション垂らすから手伝って」

そう言って、2つのローション入りのバケツをそれぞれに渡す。

ホムラ「ねっちょりしているねえ」グチョ

光「ひんやりしてる」グチョ

梓「じゃあ健太くん、ちょっとひんやりするよ〜」タラー

梓は両手ですくったローションをバアルの足に垂れていく。

ホムラもそれを参考にローションを胸板にかける

ホムラ(わっ…///わあ…♡…見たことなかったけどすごい胸板///…男の人ってこんなたくましい胸をしているんだ…///)タラー

梓(…結構グロテスクね…おちんちんって///これが…これから私達の膣内に///)タラー
790 :H20 M7 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/11/06(水) 01:02:12.13 ID:qSZzMlZb0
梓(…さてと…十分垂らした…これからは…///)

光(…)タラー

光「えいっ!!」

梓「なっ!?光」

光は両手分のローションを健太の腹に向けて垂らすと光は健太の腹の上に上にうつ伏せで重なった

光「この後は、このように重なってローションを伸ばすつもりだったのでしょう?」

梓「うっ」

光「その反応やっぱりね…あんっ♡」ヌチュヌチュ

ホムラ「あずあず…抜け駆けは駄目とか言っておきながら自分が抜け駆けをしようとしたんだね?」

梓「うう…」

ホムラ「まあ…でもひかりんに先越されちゃったからこっちもね」ヌリヌリ

そういいながらホムラは自分の体にローションを塗る。

一応マイクロビキニをずらして全身に塗りながら。

ホムラ「んっ///……あっ♡」

ホムラ(どうしよう…こうふん……してきちゃったよ///)

ホムラ(…いざ行こうとしたら…ボクの…下半身…疼いてきちゃった…///さっきの男らしい胸板を見て、興奮してきちゃたのかな?)ジュン

そのままバアルの横に倒れ込む

バアル「おっとと…危ねえぞ」

空いていたホムラが方向の手がマットの上で滑るホムラの体を止める。
791 :H23 M7 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/11/06(水) 01:04:19.35 ID:qSZzMlZb0
ホムラ(…駄目だ…ほしい♡…健太くんの…何もかもが…今すぐにでも…♡)

バアル「んぐっ!!」

ホムラはその状態でバアルの口の中に舌を突っ込み引っ張り出す。

ホムラ「じゅる…♡れろ…♡」

二人は積極的に舌を絡める。

光「ひぐっ♡ああっ♡ずっずるい///私も」ツー

ローションによってよく滑るようになった体を利用してホムラとバアルの顔に近づけそのまま二人の舌に絡める。

3人の舌が絡まる

光「れろ♡んっ♡」

梓「あっあああ…ホムラにも先を越された…アタシも混ぜなさいよ」

梓はローションを自分の体に塗り伸ばす

十分に塗ったことを確認した後にホムラとは反対側で横になる。

そこから顔を3人に近づき…

梓「じゅるる…♡レロ♡ちゅる…♡」

4人の舌が絡まる

もはやどの部分が誰の舌に絡まっているのかわからない状態である。
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/06(水) 01:07:35.22 ID:qSZzMlZb0
↓1〜3 のいずれかに4で割り切れる値があったらバアルは3人が魔力が流れていることを感知する
 奇数ゾロ→一個に付きHポイント+10
 偶数ゾロ→一個に付きHポイント+3
ゾロ目が出たときに4で割り切れる値が出なかったらゾロ目が出た回数だけ再抽選
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/06(水) 01:08:18.43 ID:NsfaCs5BO
んん
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/06(水) 01:34:23.31 ID:Liq66iNEO
ほい
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/06(水) 07:06:22.88 ID:kmDbf/Qp0
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/06(水) 07:07:34.41 ID:kmDbf/Qp0
よし
797 :ここのセリフ次第で…?  ◆g446MdnZpZQ3 [sage saga]:2019/11/08(金) 22:24:42.25 ID:nE0utrMz0
ホムラ「じゅる…んっ♡」レロレロ

梓「はむ…じゅる♡」ヂュー

バアル(しかし…先ほどからこちらに流れているこの感じ…なんだ?)

さっきから3人と舌を絡めればからめるほど

普段抱いている女とは明らかに違う感じだ。

バアル(…いい女だからだからというわけじゃないよな?)

バアル(………………そうだ…思い出した。)

バアル(俺の先輩が魔力の才能があるものを犯しているときに…魔力がこっちに流れる感覚があったと…しかし…3人がいっぺんにそこに集まるということはあるのか?)



……

バアル「↓1」
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 22:25:39.95 ID:nE0utrMz0
オーマイガー
age忘れ 安価下
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 23:22:28.38 ID:CU8fTJwM0
お前ら隠し事してないか?
800 :台詞安価判定 良 (次回コンマ判定超優遇) ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/11/13(水) 23:38:37.28 ID:/0rhy5BM0
バアル「なあ…お前ら、なにか隠し事をしていないか?」

キスをやめた後ローションをお互いの体中に広げている三人に聞いてみた。

光「なっ♡あっ♡なあに突然?」

梓「隠し事と言ってもねえ?んっ♡」

バアル(……んー?本当にただの偶然か?)

ホムラ「そっそうだよ、人には誰にだってあっ♡隠し事がんっ…♡あるんだよ」

バアル(………)

↓1 偶数のみコンマかつ下一桁が4 
    バアル(…偶然の重なりだ、考えすぎか)
   それ以外 
    バアル「ストレートに聞こう、お前ら魔法少女か?」パチン
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/13(水) 23:55:18.67 ID:1+kTX0hP0
パチン
802 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/11/17(日) 02:20:19.01 ID:cYIEepPe0
バアル「これ以上遠回しはやめよう、お前ら…もしかして魔法少女か?」

光「まっまさかあ」

パチン

光・梓・ホムラ「あっ」

バアル「正直に答えろ」

ホムラ「うん、そうだよ」

梓「アタシたち…3人共魔法少女よ」

バアル(なんという幸運だ、好みの女の尻を追っていたらそれが偶然魔法少女だった)

バアル「ふふふはっはっはっはっは」

バアルは一応自身の催眠能力で部下のノイズたちを従えている。

しかし、自身は戦闘力がないため戦いあうとなったら普通に負けてしまうだろう。

がその部下たちも魔法少女が相手となったらあっさりと倒されてしまうだろう

そこに偶然とはいえその魔法少女を偶然自分の操り人形としてしまったという偶然は笑わざる負えなかった。

【バアルは戦闘時に強攻撃として魔法少女を呼ぶを使えるようになりました。】


バアル「…↓1」

※台詞安価です。特になければ「特になし」と入力してください。
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 04:42:06.14 ID:vaT836Sw0
他に知ってる魔法少女はいるか?
804 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2019/11/26(火) 01:40:13.64 ID:ubMzIFZ/0
バアル「他に知り合いの魔法少女は居ないか?」

この町は回り町と違って魔法少女との戦いを避けるために慎重にならないとならなければならなかった

しかしその魔法少女を手に入れたとなれば話は別である。

芋づる式で魔法少女を自分の物にできるかもしれない

最初に他に近くの魔法少女が居ないかを聞くことにした。

魔法少女に催眠をかけてこの町の脅威を完全になくすことが今のバアルにとっての最優先事項であった。

光「…私たちのほかには、あっ♡…静香、詩織、ジェシー…」ムギュ

そう言いながら尻の割れ目でバアルのモノを挟んだ。

バアル「いっ意外とお前らの周りにいる奴らだな……おおお」

梓「ちょっと何をやっているのよ」

光「ちょっと思いついたことを…んっ♡…こうやってオイルを」ズリュズリュ

ホムラ「さっきからひかりんだけずるいよ」

バアル「とっ……ところで神原はどうなんだ?昨日からあいつもお前らとよく話しているようだが?おおお…魔法少女とは違うのか?」

梓「あの子は巫女さん、理科室の騒動があったでしょう?」レロ

ホムラ「あの騒動の犯人だったんだ」レロレロ

梓とホムラはバアルの横腹に大きな乳房を押し付けながらバアルの両乳首を舐め始めた。

バアル(あ…おおお…魔力が口から流れて…まずい…このままだと…こちらが…)

バアル「ぐっ……なんであんな事を?」

ちょっと気になったので聞き出すことにする。

梓「もうすぐ、とんでもなく強いノイズが…レロ♡…蘇るんだって…ジュル♡」

梓は時々吸ったりしながら舐めている。

ホムラ「だから対抗するために、ボクらを探していたんだ…レロレロ♡」

ホムラは乳輪の外側を舐め続けている

バアル「おおお…」

バアル(耐えろ…もうちょっとだけ…)

バアル「↓1」

セリフ募集 更に詳細を聞き出すか、別のことを聞き出すか、それとももっと別のプレイをやらせるかは自由
※ただしコンマが偶数の場合はトリプルパイズリへ
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/11/26(火) 09:47:31.96 ID:YYmkSuODO
魔法少女達の能力の詳細を聞き出す
806 :H31 M11 E1 バアルにとって一番の脅威は詩織で変わらず ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/12/03(火) 01:19:03.80 ID:lyU1gH+a0
バアル「じゃあ、その魔法少女をジュル…」

言いかけた所で口にホムラの舌が入る

ホムラ「ジュル…もうさっきからボクたちがエッチしているのに…」ツルーン

梓「私達とエッチしているのに他の女の子の話題なんてとんでもない神経しているねえ。」ツルーン

光「これはお仕置きが必要かしら?んっ…♡」クルン

そう言うと三人はよくローションで滑るようになった体を滑らせてバアルのちんちんを包囲するように囲んだ

がバアルからはその様子は自分の胸板の上に乗っている光のお尻で見えない。

バアル「おっおい見えないぞ」

梓「見せないだけよ、この場に居ない女の名前を出す。健太くんへのお仕置き」

光「ふふふ、覚悟しなさい健太君」

バアル(…参ったな…封印のノイズや他の魔法少女とか色々とあったんだが…まあ…今はこの状況を楽しまなければ罰が当たるか)

↓1コンマ
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/03(火) 22:22:14.34 ID:GjWU8QjwO
パイズリ奉仕を気持ちよく味わいながら目の前の光の尻穴と膣穴をいじくりまわす
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/05(木) 21:24:22.00 ID:5IWACWXxO
コンマなのですが…
809 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/12/10(火) 21:29:46.09 ID:328mUG0xo
せいぞんほうこく
810 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2019/12/18(水) 01:47:09.38 ID:Vj+ZJ5H70
ホムラ「どうするの?」

梓「こうするの」ニュプ

そう言うとバアルのちんちんはなにかに包まれたような感覚に襲われた。

ホムラ「健太くんのおちんちんあずあずのおっぱいで隠れちゃった///」

梓「ふふふ?どう?あっ♡」ニュルニュル

そのまま2つの果実を上下にちょっと動かす

バアル「圧巻だな」

梓「それじゃあ光、ホムラ」ニュポン

梓の谷間から隠れたちんちんが顔を出した

先程まで包んでいたものから離れたそれは天井を向いている。

梓「三人でやるよ?」ムニュ

そう言うとその豊乳を柱を支えるかのように当てる。

ホムラ「真似をすればいいの?」

光・ホムラも同様に別の方向から梓と同じように当てる。

光「また隠れちゃった」

3人の6つのおっぱいで恥ずかしくなったのかバアルの息子は再び隠れてしまった。
811 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2019/12/24(火) 00:17:33.35 ID:j8u4rMR70
生きています
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/12/28(土) 20:55:43.32 ID:LLqjylqXo
多分大晦日に1個書くか年末年始書かないになります
813 :H31 M14 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/09(木) 01:25:37.24 ID:IeCnlMZ10
光「でこれからどうするの?」

梓「決まっているでしょう?このままこうして…んっ♡」ニュプ

ホムラ「あっ♡ちょっと…突然だから…んっ♡…びっくりしたよ…仕返し!!」ニュプニュプ

梓の動きに合わせてホムラも合わせて動かす

光「あんっ♡、こっちに流れ玉こっちに来ているわよ、私も…んっ♡あっ♡」

バアル「おおおっ息ピッタリだな流石は日々力合わせて化け物と戦っていることはあるな」

梓「ふっんっ♡そっ…そう?」ムニュムニュ

バアル「あっああ…少なくとも初めてとは思えない」

梓「ふーん…んっ♡やっぱり…アタシ達が初めての女じゃないのね♡」

バアル「まあな、本命の女達とやるときの為に既に遊んでいる」

ホムラ「寮ではそんな雰囲気出してないのに…とんだヤリチンさんだね」ニュプニュプ

バアル「初めての男が右や左もわからねえよりかはマシだろう?」

光「んっ♡あっ♡あっ♡健太くんのちんちんが顔を出した」ムニムニ

6つの果実から健太のせがれが顔を出す

梓「あっ♡びくっとしてる」

ホムラ「気持ちいいんだね」

バアル「…お前らもそうじゃないのか?というか限界に近いんじゃないのか?」

バアル「少なくとも目の前の物は欲しくて欲しくてたまらないようだが?」

光「いっ…言わないで…///」ニュプ

バアル「そうだこのプレイこのプレイで一番気持ちよく出来た奴の膣内に入れてやる」

ホムラ「んんっ♡んああ♡ホントに?じゃっじゃあ頑張るよ」ムニュムニュムニュ

梓「負けないよ♡ああっ♡」ズニュズニュズニュ

二人が突然ペースアップを行う。

バアル「やっぱりお前らも限界だったんじゃねえか」

バアル(…まあぶっちゃけ…誰が気持ちよかったなんてわかるほど器用じゃないし終わったあとに適当に答えればいいか)
814 :H31 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/09(木) 01:27:38.87 ID:IeCnlMZ10
光「あっ♡あっ♡」ニュプニュプ

ホムラ「あ♡僕の乳首と梓と光の乳首が擦れて気持ちいい♡」ムニュムニュ

梓「じっ実況しないで…あっ♡木にしないようにしているのにぃ///」ズニュズニュ

ホムラ「ごっごめん、でもこれえ…変な気分だよお♡」ムニュムニュ

既に敏感となってしまった同士で急に早く擦ったら変な感じになるのは当たり前な話である

光「あああっ♡ふたりとも突然ペース…あっ♡…あげないで…」ニュプニュプ

バアル「…」クリュクチュ

光「ひゃあ♡なっ…何を///」

バアル「目の前にあるのに触らないというのも失礼な気がしてな」

光「ずっずいぶんとあっ♡余裕があるのね///」

バアル「いんや?そういうわけでもない、そろそろ射精そうだな」

ホムラ「でっ出るって?何が?ああ♡」

梓「…きっ…あん♡…決まっているでしょう…んん♡…だめぇ…これ以上は…あああ…」

バアル「これからお前らをママにするおちんぽ様の一発目で受け取れええ」ビュルルルルルルルルルル

「「「ああああああああああああああああ♡」」」ビクンビクンビクン

6つの果実に食べられていたバアルのせがれは限界となり放出した白濁液は3人の顔からおっぱいを汚していく。

光「あっ♡あっ♡顔にいっぱい…///」ドロォ

ホムラ「あずあず…精液化粧だね///」ハァハァ

梓「そういうホムラだって…」ハァハァ

絶頂を達した3人はマットの上で横たわる

バアル「さてと…ウォームアップはこんな感じか」スク

光「えっ」ハァハァ

そんな三人をお構いなしにバアルは立ち上がる。

バアル「よし、お前らそこのガラスに手を当てて尻を差し出すように並べ」

そのガラスの向こうにはカメラがあった。

ホムラ「はっ早くない?」ハァハァ

バアル「そうか?俺は、どうやら遅えぞ、早く挿入れろと言っているがな」ボキボキーン

三人はマットで横になった状態でバアルについているものを見る。

梓「うっうそ…もう勃ってる!?」ハァハァ

バアル「ここで勃てねえようじゃあ、男としてまだまだだぞ、わかったならさっさと並びな」
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 01:48:59.88 ID:IeCnlMZ10
バアル(これから魔法少女共を犯すわけだが誰の膣内に挿入れるか)

安価+ひねくれコンマ
[光・梓・ホムラ]の内
誰に最初に挿入れる?

コンマ奇数     安価通り
コンマ偶数で4で割り切れる   選ばれなかった内の左の子([]内の順番で)
コンマ偶数で4で割り切れない 選ばれなかった内の右の子
↓1(コンマゾロ33・77以外 エロフラ権+1 33 5割でエロイベ権+1 77 エロイべ権+1) 





バアル(後は…どっちの精液を出そうか?)

刻印精液か普通の精液か

刻印精液のデメリットは精子が子宮内に刻印を作るため、絶対受精しません。
ちなみに刻印を作るとバアル状態であればバアルが考えるだけで対象を操ることが出来ます。
※健太のときは指パッチンが必要
この娘だけ普通の精液というような指定方法もOKです
ホムラ   危険日(ゾロorその前後or97or02で受精)
光 危険日(ゾロorその前後or97or02で受精)
梓 安全日(ゾロで受精)
ちなみにこれ以外にバアルが3人に対して最低でも一回だけ膣内射精する機会があります。

バアル(ぶっちゃけこの後も犯すつもりだし全員刻印精液でもいい気がするがな)

↓2(コンマゾロ33・77以外 エロフラ権+1 33 5割でエロイベ権+1 77 エロイべ権+1) 
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 06:00:06.71 ID:51AvZgHFO
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/09(木) 11:41:56.45 ID:OdYASgNCO
全員に刻印で
818 :H32 M16 E1 ↓1奇数なら梓以外の二人に手マン ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/10(金) 01:12:10.57 ID:4W31Nc8/0
3人は言われた通り風呂と部屋を仕切る窓に手をかける

その向こうにはバアルが予め仕掛けていたカメラが有る。

ホムラ「なんだか…恥ずかしいね///」ハァハァ

光「これいる///」ハァハァ

バアル「未貫通の証を失うんだ、その瞬間は永遠に残しておいた方がいいだろう?」ギュ

バアル「しかし…グショグショが3つかそんなに我慢できなかったのかよ」

そう言うと梓の後ろに立ち片手で狙いを定める

ホムラ「ええ、あずあずから入れちゃうの?」

バアル「さっきのプレイが一番良かったからな」ヌチュヌチュ

バアル(…色々と積極的なところもあるしな)

梓の筋をなぞっているバアルのモノは彼女のラブジュースで濡れていく。

バアル(…)

梓「ちょちょっとゴムつけずにやるつもり?」

バアル「大丈夫だ、外で射精すからな」

バアル(刻印精液だからそのつもり毛頭ないけどな)

バアル「じゃあ行くぞ?」ズズズ
819 :H35 M16 E1  ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/11(土) 07:05:20.14 ID:uzB1X/JM0
光「とうとうこのときが来たわね」

梓の右横で自分の幼馴染が奪われる瞬間を一番近い位置でみている。

ホムラ「ちょっと見辛いかな」

ホムラはその光が邪魔で梓の様子を確認するのはちょっと見辛そうだ。

バアル「…くっ…」ズズズ

梓「あぐぐ…」

バアル「…くく…、濡れ濡れとはいえ、処女はきついな」ズズズ

光「ねっねえ…すごく痛そうだけど大丈夫なの?」ハァハァ

奥に進むに連れ挿入が遅くなる、その様子を梓の右横でみている光が確認をとった

バアル「大丈夫、大丈夫お前らの膣内に入れるときも多分こんな感じだ」ズ…ズ…

ホムラ「処女ともやっているのかい?」

バアル「まあな…既に何人か破いているが…この瞬間を痛がらない方が珍しいからなっと…おっ?」

梓「なっなにっ」

バアル「処女膜に到達したみたいだぜ?」

梓「まだ破られてなかったの?」

バアル「さて、破く前に確認しておくか、お前の処女膜に未練はないな?」

梓「女にここまでやらせて今更それを聞くの?焦らさないでよ、アタシはもう限界可笑しくなりそうなのとっととそのちんちんでアタシを貫いて!!」

バアル「…言ったな?じゃあ行くぜ、力抜け…ぐっ」ズズズ

梓「ああああああ!!」

入場を許した、彼女の本心を無視して
820 :H35 M17 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/11(土) 07:07:18.07 ID:uzB1X/JM0
バアル「失った気持ちはどんな感じだ?」

梓「思った以上に…痛い」

バアル「そうか、だったらしばらく休むか?」

バアル(この痛みだけはどんな媚薬でもごまかせる物じゃないしな)

梓「いいよ///動いて、健太をもっと感じたいの」

バアル「…そうか」

バアル(…純愛物ならあるあるなセリフだが、これが催眠によって出来ているものと知っている俺からしたら、笑いがこみ上げてくるな、その催眠かけたの俺だし)

バアル「だったら行くぜ」ズププ

梓「くっ…ぐっ」

梓は痛そうな声を上げる

光「…なんだか見ているとやってみたさ半分と怖さ半分ね」

ホムラ「同感」

バアル「これから見せるものを見たらお前らもやってみたくなるさ…どうやら子宮に辿り着いたようだぜ?」
821 :H36 M17 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/11(土) 07:10:12.58 ID:uzB1X/JM0
バアル「このまま言葉通り、始めるぜ」

梓「うっうん…早く///」

バアル「急かすな急かすな」ズズズ

梓「お願い、抜こうとしないで///」

バアル「んなわけあるか」

パンッ・・・パンッ・・・

引き抜く素振りを見せそのまま腰を振り始める。

梓「…あっ♡…あっ♡」グチュ

処女膜破れたてである事を考慮したスロースピードで

肉と肉がぶつかる音が風呂場に響き渡る

梓「あっ♡…くっ…つぅ…あっ♡」

バアル「痛みと気持ちよさが入り混じっている感じだな」パンッ・・・パンッ・・・

梓「…変な…あっ♡…感じ…///」グチュ・・・グチュ・・・

バアル「嫌でも慣れるさ…嫌でもな」パンッ・・・パンッ・・・

梓「いやなわけ…つぅ…ないじゃない」グチュ・・・グチュ・・・

バアル「そうか…まあそうだよな」パンッ・・・パンッ・・・

その言葉には嘘偽りはない、少なくとも今は
822 :H36 M18 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/11(土) 11:24:26.88 ID:uzB1X/JM0
光「うぅ…セックスがこんな行為なんて」ジュワ

光は目の前の光景をマジマジと見ている、人と聞く話と実物ではとても大差がある。

バアル「…よし決めた、次は羨ましそうにしている光お前だ」パンッ・・・パンッ・・・

ホムラ「えぇ?ボクが最後なの?」

バアル「楽しみは最後に取っておくと言うだろ?」パンッ・・・パンッ・・・

梓「…なに?今抱いているアタシは…あっ♡…あっ♡対して楽しみじゃないってこと?あっ♡あっ♡」グチュ・・・グチュ・・・

バアル「…好きなものは先にいただくとも言うだろ?」パンッ・・パンッ・・

光「…じゃあ真ん中な私はどうでもいいって事?」ハァハァ

バアル「おいおい、全部言わせる気か?俺の女はみんな一番さ」パンッパンッ

梓「そんなセリフ…あっ♡あっ♡、よく恥ずかしげもなく言えるね///」グチュグチュ

バアル「事実だからしょうがねえだろ、余裕が出てきたようだしそろそろラストスパートと行くか」パンッパンッ

パンッパンッパンッパンッ

梓「あっ♡ひぅ♡やぁ♡まっ♡まって♡」

バアル「待たないぜ…しかし傷の治りが早い所は流石魔法少女と言ったところか」

パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ

梓「あん♡あん♡んんっ♡やっ♡これ以上は…あっ♡」

バアル「これ以上は何だ?」パンッパンッ

梓「いや♡あん♡いっ…あっ♡なんでも…ああ♡ない///」ブルンブルン

バアル「とととこんなに揺らしてはしたないな、おさえておいてやるよ」ムニュモニュ

バチュバチュバチュバチュバチュバチュ

梓「ひゃああ♡むっあっ♡むぼうびにぃなってる、あずさのおっぱい揉まないでぇ♡」

バアル「さあて、そろそろ出すぞ」

バチュバチュバチュバチュバチュバチュ

梓「あっああ♡待って♡待ってぇ♡」

バアル「俺様の物となれ!!梓!!」ドプドプドプドプ

梓「やああああああああああああああああ♡」ビクンビクン



梓「はぁ…///はぁ…///」ドロォ

梓はガラス窓によりかかりズルズルと床に倒れた。

しばらく立ち上がれそうにない。

光「梓がこんなに乱れるなんて///」ドキドキ

バアル「お前もすぐこうなるぜ、このおちんぽ様で」ビーン

梓の膣内で射精したばかりのはずだが風呂場の天井の方に向いている。

光「やっぱりグロッキーね///」

光は顔の向きを変えた。

バアル(顔の向きは変えたが目線は相変わらずこれだな、気付かれていないと思っているのだろうか)

バアル「じゃあ…光、次行くぜ」スッ

片手で尻を掴み、もう片方の手でその天井に向けたモノ手でつかみ光の入口に入るように調整をする。
823 :H36 M21 E1 [sage]:2020/01/11(土) 11:33:34.85 ID:uzB1X/JM0
↓1 コンマゾロ→出た数字分 Mポイントが減る(現在エチシーン終了後に残りの3人の内の誰かがバアルの前に立ちはだかる状態になっている)
↓1 奇数ゾロ→エロフラ権orエロイべ権獲得


↓1 何か書けば採用するかも(内容を複数個書いた場合は一番最初の一個のみ また挿入相手の変更は行いません)
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/11(土) 14:11:48.79 ID:MknxnAsm0
騎乗位で挿入。最初光に動いてもらい途中からバアルがおもいっきり犯す
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/11(土) 14:19:10.88 ID:uzB1X/JM0
正直後に騎乗位シーンがあるからここで使いたくないのですが…立ちバックという状態で「。」以降の内容を採用します。
今日はここまで
826 :H36 M21 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/01/14(火) 01:12:31.71 ID:gdj7OF9l0
バアル「こっちも充分濡れてるな、このまま挿入しても大丈夫そうだ。」グリ

光「…あっ♡」

バアル「………そうだ、お前ちょっとそのまま自分の体を前に出してみろ?このちんちんから少し離れるように」

光「…何を考えているの?」

言われたとおりに窓にくっつけている腕を曲げ自分の体を窓に近づけ、ちんちんから距離を取る

バアル「よしよしじゃあ、こっちも」

片手でつかみちんちんの先が光の入口がある状態にする。

バアル「じゃあ、そのまま下がれ」

光「えっ?」

バアル「お前の処女は自分の力で差し出すんだ。」

光「わっわかった///」

曲げた腕を伸ばしゆっくりと下げていく

バアル「そのまま下げろ、向きはあってる。」

光「わっわかった…」ススス

バアル「後少しで入る、そのままだそのまま」

光「あっ♡健太くんのおちんちん♡」ズズ

バアル「もう誘導は要らないな?そのまま下がれば全部入るぞ」

光「うん///」

ホムラ「目の前で見たら…すごい光景だね///」

バアル「だろう?最後はお前がこうされるんだ覚悟しておけ?」

ホムラ「うっうん///」ドキドキ

光「…今は私だけを見てよ」ズズズ

バアル「わりぃわりぃ」

光「…ぐっ…」

バアル「…ととと、処女膜にもう到着か」

バアル「…中途半端な力では破けないぞ?一気に行く感じで来い」

光「…くっ…あぐっ!!」

ストッパーがなくなりバアルのものが更に奥へ進んだ感じが光に襲いかかる。

バアル「これでお前も大人の女の仲間入りだ、処女を破られた感じはどうだ?」

光「…痛いけど…思っていたほどじゃない…」

梓は結構痛がっていた為、ちょっと怖かったがそこまでは痛くなかった。

バアル「…梓にも言ったが無理しなくてもいいぞ、お前のタイミングでいいんだぞ?」

光「うん…でも…」

光「梓の言っていたことわかる気がする、今は私のものを奪った健太くんがとにかく欲しいの」

バアル「…そうかだったら好きなだけ動きな」

光「うん///」
827 :H39 M21 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/15(水) 00:37:38.71 ID:cx5wd7n40
パチュ………パチュ………パチュ………

光「あっ♡……いぃ♡…あぁぅあっ♡」

光は両腕を伸ばしたり縮めたりを繰り返し、腰を窓に近づけたり離れたりを繰り返す。

その動きは不慣れのようであった。

バアル「おいおい…抜けるぞ」ガシッ

時々接合部が抜けそうになってしまいそうになったりする。

光「ごっごめん」

バアル「初々しい感じがあってこれはこれで有りさ」

バアル「もうちょっと前に出てやるよ、ちょいとペースを上げて見るように意識してみな」ズズ

光「うん///…やってみる///」

パチュ……パチュ……パチュ……

バアル(…さっきの言葉に嘘はないが…このスピード…スローセックスかよ…さっきよりかはスピードアップしたけどさ…)

光「んっ…♡くぅ…♡」

バアル「…俺のような絶倫はこういうのより」ガシッ

もう一度光の腰を掴む
828 :H42 M21 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/15(水) 00:41:47.08 ID:cx5wd7n40
バアル「こういう方がいいんだよ!!」

パチュパチュパチュパチュ

その掴んだ腰をすごいスピードで動かす。

光「ひゃっ♡あっ♡何っ♡これっ♡あっ♡知らない♡」

バアル「お前のスローセックスに付き合ってもいいが…絶倫相手だったら通常スピードでもセックスを感じることができるんだよ!!」

パチュパチュパチュパチュ

光「いいぃ♡あんっ♡あぐっ♡とっ♡止めてぇ♡」

肉音と水音の交じる音が響き渡る。

バアル「ほいよ、さあ…お前もやってみろさっきのスピードでな」

光「あぅ♡ひゃっ♡…ひゃい///」

パチュパチュ

光「あっ♡あっ♡」

バアル「さっきの快楽を知ると腰が止まらなくなるだろ?」

バアル(それでもさっきよりかは遅いけどな)

パチュパチュパチュパチュ

光「あっ♡ああ♡腰があぁ♡止めて♡」

バアル「おいおい…それ自分で振ってるんだぜ?自力でなんとかしろよ」

パチュパチュパチュパチュ

光「やだっ♡止められないぃ♡止められないィィ♡」

バアル「…俺も止めようとしたら止められるが…射精そうだし、このままにしておくか」

光「やっ♡やだぁ♡もっもうだめぇえ♡」

バアル「俺のものとなれえ!!光!!」

光「ひゃああああああああああああ♡」ビクンビクンビクン

ドクッ♡ドクッ♡ドクッ♡ドクッ♡

光の子宮内にバアルの刻印の精液が溢れていく



光「あっ///…はぁ///」ドロォ

バアル「ふう…さあて待たせたな…ホムラ」ビーン

ホムラ「すごい///…君のまだそんなにピンピンなの///」

バアル「俺の息子はお前らから全てを奪えと言っているからな」

比喩とかではなくそのままの意味である
829 :H42 M23 E1 [sage]:2020/01/15(水) 00:43:54.76 ID:cx5wd7n40
↓1 >>823と同じ内容の安価とコンマ判定
   ↓1は文字通り一部分採用をするかもです。
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/15(水) 01:00:16.58 ID:jFb2AQSs0
風呂に備え付けの鏡の前で鏡の中の自分の淫らな姿と表情を見せつけながら
バックから突きまくりピストンの勢いで爆乳をばるんばるん揺らしてやる
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/15(水) 21:08:04.94 ID:cx5wd7n40
鏡〜見せつけながらのところを事実上採用です
※残りの部分はほぼ>>1の構想と同じなため
832 :H42 M23 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/01/15(水) 21:42:55.65 ID:cx5wd7n40
バアル「一気に行くぞ、お前も待ちに待たされて、おまんこ切ないだろ?」ズブズブズブ

休みや筋をなぞるなどの前戯を挟まずホムラのおまんこに入れていく

ホムラ「アハ、バレた?」

バアル「そりゃあ…数十分も目の前で友人達が犯されて自分だけ放置されていたらそらな」ズブズブズブ

バアル「おっ?」グググ

抵抗感を感じる。

バアル「どうやらお前も卒業する時が来たみたいだぞ!!っと」ズズズ

間髪入れずにそのまま破っていった。

ホムラ「あぅ…えっ?」

バアル「どうだ?破れた感じは?」

ホムラ「えっ?今破れたの?」

バアル「もしかして…全然痛くないのか?」

ホムラ「…うん」

バアル「体もそうだがおまんこも…生意気なやつだな」

ホムラ「そんな事を言われても…」

バアル「数多くの男を悩殺させて勘違いさせて…性交の時もこの余裕な感じ…こりゃあそのずるい体におしおきが必要のようだ」

ホムラ「…けんちゃん…なんだか怖いよ…」

バアル「3人共ビデオを使って後で辱めようと思ったが気が変わったお前だけ今辱める!!」

ホムラの体から自分のものを抜きホムラを持ち上げる。

ホムラ「なっ何をする気」

バアル「痛がらねえのなら、初っ端から高度なことをやってやる!!」

そう言って部屋と浴槽を仕切るガラスとは別の壁の前に移動する。

その壁は鏡で出来ておりこの浴槽内の状態を映していた。

バアル「さっきと同じ体勢をしな」

ホムラ「わっわかったよ///」

バアルはホムラが壁に手を当てて尻を差し出した状態にする。
833 :H43 M23 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/01/15(水) 22:41:19.09 ID:cx5wd7n40
先程のポーズになった事を確認したバアルは非処女になったばかりの彼女の膣内へ再び突っ込んだ

バアル「…くっ…まだまだきついな」ズブブ

ホムラ「あっ♡あっ♡」

バアル(ととと…忘れる前にこれもやっておかないとな)

バアル「自己催眠…超遅漏に」パチン

ホムラ「なっ?何?」

バアル「…いきなり飛ばすぜ覚悟しろ」

パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ

ホムラ「あっ…♡そんな♡いきなり♡」

先程梓を犯すときよりもとんでもなく早くピストン運動を行う。

ホムラ「やっ♡やだぁ♡ヒドイぃ♡ボクの♡時だけぇ♡こんなスピードでぇ♡」

バアル「罰を与えているつもりでやっているからな」

ホムラ「でっ…でも♡そんな、あっ♡スピードだったら…んんっ♡すぐに…ああっ♡射精しちゃうんじゃあ…あっ♡ない…かなぁ♡」

バアル「見ときな信じられないほど我慢してやるからな」

ちなみに今の自己暗示で並の遅漏以上に遅漏のような状態となっている。

ホムラ「んっ♡あっ♡ひゃあ♡その余裕が…あぁ♡いつまで持つか…あんっ♡見ものだね」

バアル「じゃあ更にスピードアップしていくぜ」

パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ

肉と肉のぶつかる音が激しくなる。

ホムラ「あっ♡くっ♡すごっ♡二人は♡こんな事を♡やって♡ああん♡だね♡」

バアル「お前は最初にその向こうの世界を知るんだ」

ホムラ「そうなの♡それはあっ♡楽しみだね…あっ♡あっ♡」

バアル「余裕そうだが…鏡を見てみろ」パンッパンッ

ホムラ「あっ♡あっ♡かがみ♡」

ホムラは言われたとおりに鏡を見る

そこには情けなく豊満な胸を激しく揺らしながら気持ちよさそうな顔をした少女が映っていた。

ホムラ「やっ♡これ♡だれぇ♡」

それが自分自身である事はわかっているが認めたくない。

パンッパンッパンッパンッパンッ

ホムラ「ああああああああっ♡」ビクンッ♡ビクンッ♡

バアル「はい、一回目俺が射精するまで何回絶頂に達するかな?」
834 :H44 M23 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/16(木) 00:37:34.41 ID:VaCg4caR0
バアル「誰ってお前、鏡なんだからお前以外有り得ねえだろ?」

ホムラ「こんなの♡ボクじゃない、あっ♡あっ♡あっ♡」

バアル「おいおい、普段あんなに誘うような色気を出しておいて…知っているんだぞ、お前色んな男とデートに出かけている事、クラスでも話題になってたりするんだぞ?この処女ビッチが!!」

パンッパンッパンッパンッパンッ

ホムラ「あっ♡あれはぁ♡男友達だよ、あっ♡あっ♡」

バアル「その男達みんな鼻の下を伸ばしていたと言うぞ。何をやったんだ?」

パンッパンッパンッパンッパンッパンッ

ホムラ「知らないよお♡あっ♡やぁ♡あっ♡あっ♡ボクは♡処女ビッチあっ♡じゃあないよお♡」

バアル「ああ、そうだったもう既に処女じゃなかったな悪かったな、このビッチ」

パンッパンッパンッパンッ

ホムラ「ちっ違うよ、あっ♡あっ♡ボクはビッチじゃあ♡」

バアル「よく言うな、隆の事もそのふくよかな今のような感じに胸を揺らしまくって誘っていたくせに」パンッパンッ

ホムラ「ホントに、あっ♡あっ♡知らないよぉ♡」

バアル「まあいい、お前がビッチであることを認めるまで俺は耐えてやるからな」パンッパンッパンッパンッ

ホムラ「やだっ♡やだぁ♡」

ホムラ「やあああああああああああああ♡」ビクンッ♡ビクンッ♡ビクンッ♡

バアル「二回目っと、俺はまだ絶頂に達していないからまだまだ行くぜ」パンッパンッパンッパンッ

ホムラ「やだぁ♡早く終わって、早く膣内に射精してよぉ♡」

バアル「わかったわかった。じゃあ認めるんだな?お前がビッチってことを」パンッパンッパンッパンッ

ホムラ「認める♡認めるからあ♡あっ♡」

バアル「わかったわかった。ただ変な意地はったから男を喜ばせる言葉を言って貰おうか。その後に射精してやる」パンッパンッ

ホムラ「男を…ああっ♡…喜ばせる言葉って…ひぐぅ♡」

バアル「ビッチのくせにそんな事も知らないのかよ、じゃあ文章を2つやるから考えろ、ホムラのビッチまんこと健太様の立派なおちんぽ様」パンッパンッ

ホムラ「あっ♡だっダメぇ♡気持ち良すぎて♡あっ♡あっ♡考えられない」

バアル「ダメダメだな」バンッバンッパンッパンッ

ホムラ「だってぇ♡だってぇ♡あっ♡あっ♡」
835 :H45 M23 E1 [sage]:2020/01/16(木) 00:44:11.99 ID:VaCg4caR0
↓1コンマ 奇数 あくまで言わせる
       偶数 まあ意地悪が過ぎたな射精してやるか
ゾロ (エロフラ権獲得 33か77ならエロイべ権獲得チャンス)
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 00:54:07.00 ID:ZCwVkCngO
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 01:03:19.73 ID:VaCg4caR0
エロフラ権が4つになりました

本日は終了となります

次は835のコンマ偶数の内容で続きが始まります。
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 01:37:39.45 ID:VaCg4caR0
ちなみに9時までにエロフラ権使う宣言をした場合は奇数で続きが始まります
※差異としてはホムラのシーンがちょっと長くなるくらい
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/16(木) 01:49:40.49 ID:8C5wdH6MO
つかう
840 :H45 M23 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/16(木) 23:58:42.62 ID:VaCg4caR0
バアル「だってもクソもあるか」パンッパンッパンッ

ホムラ「あっ♡やっ♡ひっ♡」

ホムラ「ひゃあああああああああああ♡」ビクンッ♡ビクンッ♡ビクンッ♡

バアル「ほいっ3回目」パンッパンパンッパンッッ

ホムラ「あ♡…あぅ♡…ひぅ♡」

バアル「ほらほら、マグロにならずに早く言えよ早く」パンッパンッパンッパンッ

ホムラ「ああ♡…ぐぅ♡…あぐぅ♡」

バアル「何とかしないと、その豊満な胸が鏡を叩くことをやめないぞ」

ホムラ「ひぐっ♡…あぐぅ♡」

バアル「まあイジメすぎたな…答えの一つくらい出してやろうか」パンッパンッ

バアル「私、日之出ホムラは誰とでも寝る事の出来るビッチです、健太様の立派なおちんぽ様をホムラのビッチまんこにびゅっびゅっとしてください。こんな感じだ」パンッパンッ

ホムラ「あぐぅ♡わたしぃ♡日之出ホムラは、あっ♡あっ♡誰とでも寝るビッチです。健太様のおちんぽ様を…あぐぅ♡」

バアル(まんま、俺の言った言葉かよ。まあいっか)パンッパンッパンッパンッ

ホムラ「ホムラのビッチまんこにびゅっ♡びゅっ♡としてくださいぃ♡」

バアル「まあいいか、これでいつでも出してやるよ」パチンッ

バアル「おおお!!こんなに溜まっていたのかまあ、いつもなら3回分くらい射精しなかったからな。」パンッパンッ

ホムラ「あぐっ♡ひぐっ♡」

バアル「行くぞ!!4回分の射精を受け取って俺様のものになれぇ」パンッパンッ

ホムラ「4回分の♡射精でぇ♡またいぐぅぅぅぅ♡」ビクンッ♡ビクンッ♡ビクンッ♡ビクンッ♡

ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡ビュル♡

ホムラ「いひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♡」

我慢しまくった分を一気に放出する。

バアル「おお、すげえ…お腹が膨れて妊婦みたいになってるじゃねえか…」

バアル(刻印精液だからこんなにやっても絶対受精しないから悲しいもんがあるが)ヌポン

ホムラから抜くと同時に蓋で閉じられて出てこなかった刻印精液が出てくる

ホムラ「あひぃ♡」ドロ♡ドロォ♡

ホムラは抜けたと同時に床に倒れ込んだ。

舌を出した情けない顔からヨダレを垂らしている。

ホムラ「うぅぅ///」

鏡の自分を見て恥ずかしくなった。

バアル「…ととと…流石にやりすぎて…疲れてきたな…風呂場の後処理頼んだ」

「「「はあい♡」」」

3人にソープ風呂の後処理を任せてバアルは先に部屋に戻った。
841 :H46 M23 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/17(金) 00:50:42.23 ID:+lwnipDZ0
ー部屋ー

バアル(ふう…一通り楽しんだしそろそろあいつらに渡そうかな)

バアル(拘束が十分であることを確認してから催眠を説いて隣の部屋で三人の叫び声でも楽しもう…)ボフッ

さっきの3人の乱れようを思い出す。

まだまだ行けそうだが…そうも言ってられない自身の部下であるアイツラの忠誠はこの催眠能力で女とエッチことが理由であるものなんだ。

蔑ろにする訳には行かない。

バアル「…んーっ!!」ノビー ゲシッ

バアル(んっ?今なにか蹴ったか?)

ベッドの上に戻り体を伸ばしたバアルは何か箱を蹴ったことに気付いた。

バアル「…これは分身薬…」

光とのデート中にゲーセンの景品のレア物らしい薬だ。

飲めば飲んだ者の独立した体が一つ増えるという薬らしい。

体の特徴などは全てそのままコピーされるという事である。

薬を飲んだときに出来る体と一緒に出来る核を握りつぶせば分身体が消えるという物だ。

バアル(そういえば…勧められたのに1錠も飲んでいないな…)

バアル(……いいことを思いついた!!)

バアルはその薬を拾い上げ再び風呂の中に入った。
842 :H47 M23 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/17(金) 00:52:12.92 ID:+lwnipDZ0

……
………

※以下名前の後ろに「'」や「"」がついていた場合は分身体1と分身体2という意味です。

光'「…」

光"「…」

梓'「…」

梓"「…」

ホムラ'「…」

ホムラ"「…」

バアル「お前ら、右手あげてみろ」パチン

6つの分身体は同時に右手を上げた

バアル「よし思ったとおりだ、これなら今思いついたあのプレイもできそうだな」

ちなみに本体には分身薬を飲んだという事実を催眠で忘れさせている。

バアル「よし、付いてこい」

バアルと6つの分身体はチルドレン達がいる隣の部屋へ移動した。

チルドレン1「ボス〜まだですか…さっきからずっと想像しか出来なくて辛いっす。」

バアル「安心しろ、後でちゃんと本物を犯させてやるから…その前にだがお前ら、コイツラを犯してくれないか?」

チルドレン1「分身体っすか?」

バアル「ああ」

チルドレン1「何を企んでいるっす?」

バアル「ひ・み・つだ」

チルドレン1「生の嫌がる声が聞きたいっすから拘束が完全になったら催眠を解くようにしてくださいっす。」

バアル「りょ、後しばらくしたら回収しにくるからそん時はよろしくな」

チルドレン1「ああ…何考えているか大体わかったす、えげつないことしますね」

バアル「まあ流石に付き合いの長いお前ならわかるか、じゃあ楽しみな」バタン

バアルは部屋に戻る前に玄関に戻り

バアル「よし、下準備完了、当分健太の資金面が辛くなるがしょうがねえか」

そうしてバアルは次の準備をするべく部屋に戻るのであった。
843 :H47 M26 E1 [saga]:2020/01/17(金) 01:00:37.82 ID:+lwnipDZ0
>>735のEちょっと後のシーンの準備ぽいものを作って本日は終わり

↓1コンマ 戻っている最中にバアルが出会ったものは?
 偶数      誰とも出会わなかった
 50以下奇数  ラブホのカップルと出会った(一応当たり枠)
 50以上奇数  外道と出会った(一応当たり枠)
 偶数ゾロ    (別件で調査に来ていた)警察と出会った(ハズレ枠)      ※敗北率は極低
 奇数ゾロ    (別件で調査に来ていた)モブ魔法少女と出会った(ハズレ枠)※敗北率はとても低い

↓2 エロフラ権使用で出会ったものを変更することが出来ます(一応ハズレ枠にも変更可)

※これとは別にもう一つ安価がありますが、今回は連取りOKです
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 01:06:10.91 ID:+XB54uYWO
いいねぇ
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/17(金) 01:23:46.09 ID:+lwnipDZ0
とくに変更希望がないので次の安価に行きます。

次は>>735の思考能力のみ催眠を解除するところからEのシーンに入ります。

光、梓、ホムラのうち誰を中心としたシーンにしますか?

※バアルと選ばれたキャラの考えがそのシーン中に表示されます。


ちなみに動きに関する催眠を解除した後に自分の意志で腰を振り続けるのはホムラのみです。
※梓と光は動かないことを感づいたバアルがすぐに刻印精液の力で腰の動きを動かします。

↓1〜3の中でコンマ値が一番高い人が↓4で選ぶ事ができます。(※↓1〜3で指定しても無効です。またゾロが出た場合はその数字だけMポイントが減ります)
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 08:28:26.54 ID:INY4AaDkO
ん コンマなのか
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 15:04:33.90 ID:JJ24A+kM0
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 17:17:54.87 ID:p8rSSDez0
どうなる
849 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/01/17(金) 18:57:10.43 ID:ph496RJvO
>>847さん
次の騎乗位シーンは誰中心がいいですか?
光or梓orホムラ
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/17(金) 21:04:25.82 ID:c7GgtVu3O
ID変わっちゃったら本人かどうか確認しようがないな
851 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/18(土) 00:28:00.56 ID:+Ln6c2m10
ちょっと新しいことを試してみようと思ったけどダメだった

というわけで↓1〜2でコンマが高いほうが騎乗位のシーンのメインを決定します
(ゾロがあったらMポイントが減る 更に採用コンマがゾロだったらエロフラ権かエロイべ権獲得)
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 00:49:19.76 ID:z5eFlaVOO
ホムラ
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/18(土) 04:33:41.87 ID:Ukoskd0iO
ほムラ
854 :H47 M26 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/19(日) 00:01:23.97 ID:Aq7ivUBB0
ーラブホ廊下ー

バアル「おっ?」

外道「インキュの兄ちゃん楽しんでいるか?」

バアル「こんにちは、外道さん」

バアルに声をかけた外道と呼ばれた男は数人がかりで運ぶ必要な重さがありそうな椅子に座っていた、その椅子は小さな車輪がついており

その椅子とはロープが数本伸びており前の四つん這いとなっているそれぞれ女達の首輪と繋がっている。

バアル「相変わらず、すごい光景ですね」

外道「兄ちゃんもなかなかだと思うぜ、あんな3人を連れてくるなんて」

バアル「それほどでも」

外道「そうだ…最近魔法少女とかピリピリしているような感じがするからお前にもお裾分けをしてやろう」

そうして外道は何かを取り出した。

↓1コンマ

奇数 魔法少女や化け物等の特効武器(どういうものかは安価で決定します。内容次第ではエロフラ権を消費します。)
偶数 お守り(Mポイント-10)
ゾロ 両方更にエロフラ権orエロイべ権獲得
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 00:16:31.12 ID:eiGOHYOt0
ゾロ!
856 :H47 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/19(日) 00:41:37.51 ID:Aq7ivUBB0
外道「ほい、お守り」

バアル「…出会わないことを祈れと?」

確かに自身の催眠にかかっていない状態の魔法少女とは出会わないことに越したことは無いが…

外道「効き目があるということに定評があるらしいぞ」

バアル「…本当かなあ?」

外道「…まあ、持っておけ、さあ行くぞ!!」パチーン

外道は持っていた鞭を使って首輪を付いた女の一人に叩きつける

女1「あがっ…」

女達は前進を始めた。

まるで馬車のように動き始める。

バアル「これからどこに?」

外道「ちょっとラブホの庭にな、おらおら遅いぞ!!」パチーンパチーン

外道は女達に沢山鞭を打ち付けていた。

バアルは操っていない魔法少女と出会いにくくなった。

↓1別にMポイント減らなくてもいいぜという場合はその旨を入力してください(但しMポイントが大きくなりすぎるとバアルが負ける可能性が大きくなります)
  あとエロフラ権を一個使えば特効武器を手に入れます。(特攻武器を手に入れること自体にエロフラ権一個消費、更に安価の内容次第で更にエロフラ権消費)

ちなみにエロフラ権は残り3つです

ゾロ目が出た場合はエロフラ権orエロイべ権獲得
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 06:38:35.97 ID:PggYEcI30
特殊武器 魔剣 剣に宿る力により下級ノイズでも魔法少女と戦えるほどの大幅なステータスアップが見込める
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 06:41:18.39 ID:PggYEcI30
>>857
イメージとしてはカバンにいれて持ち運べるくらいのでお願いします
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 20:08:33.94 ID:Aq7ivUBB0
装備を貰うことに対してエロフラ権一個
魔剣の内容に対してエロフラ権を一個の計2個使用します

使用後の残りエロフラ権は一個

よろしいですか?

※使用後バアルの中攻撃の発動率アップ(弱攻撃の発動率がダウン) 中攻撃のダメージアップします

OKorNGで先に二票溜まった方で
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/19(日) 20:11:42.80 ID:Aq7ivUBB0
age忘れ
↓ここから先二票
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 20:12:05.70 ID:eiGOHYOt0
おk
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 20:57:09.54 ID:/KYuV1PpO
OKで
863 :H48 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/19(日) 22:12:33.31 ID:Aq7ivUBB0
外道「そうだ、なんだかお前、雰囲気上り調子みたいだからこれも寄越すぞ」

人間馬車から一旦降りた外道がかばんを差し出した。

バアル「これは?」

外道「開けるな、魔法少女が現れたとき用の武器だ。相手の魔法少女の魔力を利用して魔法少女と互角に戦う身体能力になれる武器だ。」

外道「ちなみに誰かに見られたら銃刀法違反の現行犯で逮捕されるようなものだ」

バアル「上り調子なのにどうしてだ?」

外道「こういうときの反動が一番怖いんだよ、とっとけ」

バアル「返す保証はしないぞ?」

外道「構わねえよ、落としたりそれを魔法少女に向けていないと本来の機能が働かないから気をつけろよ」

バアル「ありがとよ」

こうしてバアルはバッグに入った魔法少女の魔力を利用して自身の身体能力を上げる魔剣を手に入れた。


ー3人がいる部屋ー

バアル(3人はまだ後処理中か)

バアル(…)

バアル(……)

バアル(………)

バアル(…………退屈だぞ…)

バアル(というか他にやることもねえのになんで律儀に待っているんだよ)

コンマ↓1 
4で割り切れる 追加エロイべ+1(ここでMポイントは増えない)
それ以外     なんかやろうと考えた瞬間、後処理が終わった
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/19(日) 22:56:06.18 ID:qt2tOXWoO
どや?
865 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/01/20(月) 00:31:41.10 ID:eZSypQzX0
続きは明日以降に
866 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/01/21(火) 00:45:48.83 ID:IzsVsijg0
バアル「…………よし」

ホムラ「ケンちゃんどうしたの?」

何かをしようとした所ちょうど3人は戻ってきた。

バアル「…」

バアル「…まあいいか…」

バアル「まあ、下から揺れ揺れすることを楽しむか」パチン

3人「「「あっ」」」

バアル「これからあなた達は次に指パッチンをしたら、あなた達は自力で物事を考えられるようになります。」

バアル「その次にパッチンをしたら、忘れてほしい記憶と残した暗示以外の全ての催眠が解けます」

バアル「では次に手を叩いた瞬間ここの会話は忘れます」パァン

こうしてバアルは3人を騎乗位で楽しむことにした。
867 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/01/21(火) 23:41:53.71 ID:IzsVsijg0
バアル「さっきは一人犯されているときにただ眺めているというのは辛かったよな?」

ベッドの上に座っている

ホムラ「うん…ずっと目の前でひかりんやあずあずが犯されているのは辛かったよ」

バアル2「だからこういう事をやってみたぞ」ボキーン

バアル3「どうだ?」ボッキン

ソープ風呂じゃない方の風呂から二人のバアルが現れた。

3人のバアルは3人の魔法少女を囲むようにして立つ。

梓「なっなに」

バアル「これで一対一でセックスが出来るというわけだ」ボキボキボキボキ

光「すっすごい健太くんって…こんな手品も出来たのね」

バアル2「ふふふすごいだろう」バフッ

バアル2は梓の横で仰向けで倒れる

バアル3「これで3人同時に犯す事ができるぞ」ボフッ

バアル3は光の横で仰向けとなる

バアル「さあ俺達の暴れ馬の騎手になりな」

仰向けになったバアルは3人の魔法少女に天井へ向けたチンチンを見せる

ホムラ「…元気だねえ」

ホムラはゆっくりと自分の門をバアルの槍に近づける。

バアル「元気三倍だぜ?」

バアル2「おいおい違うだろう?三倍じゃなくて三乗だろ」

バアル3「という事は3人だから27倍か」

梓「自分同士で会話していないでアタシ達をみてよ」ズズズズ

3人は相変わらず濡れていた、これならあっさり入りそうである。

バアル「ごめんね」

光「今すぐ私達だけしか見えないようにしてあげる」ズズズ

ホムラ「ケンちゃん…覚悟してね」ズズズズ

バアル「ああ…わかったよ」パチン

こうしてバアルの本体は指を鳴らした。
868 :H52 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/22(水) 23:17:30.39 ID:EyPTTGfB0
3人「「「あっ♡」」」



ホムラ(えっ?あれ…?)

ホムラ(確かボクは…デートの尾行をしていたはずなのに…)

バアル「おらおら…もっと腰を振れ、もっとこのベッドをギシギシさせろ」ズチュズチュ

ホムラ「あっ♡あっ♡さっきより深いぃ♡」ギシッギシッ

3人はそれぞれのバアルの腰を挟むように両足を起きそれぞれの濡れ濡れまんこに勃起チンポの挿入する。

そのまま腰を上下を始める、いわゆるガニ股騎乗位である。

ホムラ(どうして…?どうして…?ケンちゃんとエッチなことをしているの!?)

ホムラ「あっ♡あっ♡いぃ♡」ギシッギシッ

ホムラ(この感じ…絶対夢じゃないよ。それに勝手に喋らされている)

バアル「…さてと…無理矢理、こんな事をやらされているのにどうすることも出来ない気持ちはどうだい?」ズチュズチュ

梓「なっ♡あっ…何言っているの?あっ♡あっ♡」ギシッギシッ

光「私達、健太君のことがあっ♡あっ♡こんな事をしているのよ。あっ♡あっ♡」ギシッギシッ

バアル「あっとそうだったよな」ズチュズチュ

ホムラ「もう♡あんっ♡あんっ♡突然言い出すんだいぃ♡」ギシッギシッ

ホムラ(…これってもしかして…ボクの心に聞いているの?)

バアル(ふふふ…俺に犯されているのにそれをただ見ているだけなんて悔しいよなあ?)

ホムラ「あっ♡あっ♡すごい♡」ギシッギシッ

ホムラ(だめぇ♡考えようとしているのにぃ♡頭に電気が流れる感じが邪魔をするぅ♡)

光「あっ♡あっ♡気持ちいい♡」ギシッギシッ

バアル3「どうだ?最初は処女喪失の痛みでそれどころじゃなかったかもしれないがさっきよりも気持ちいいだろう?」ズチュズチュ

光「うっ♡うん♡最初はセックスって気持ちいいものじゃないって思っていたけどさっきよりずっと気持ちいいぃ♡」ギシッギシッ

バアル3「そうだろう?そうだろう?」ズチュズチュ

バアル2「しかし…情けねえなあ…魔法少女とあるものがこんな男の上にまたがってガニ股姿勢でぶるんぶるんと駄肉を揺らすなんてなあ」ズチュズチュ

梓「それはっ♡健太君、あっ♡あっ♡だからいいのお♡」ズチュズチュ

バアル2「そうかそうか」ズチュズチュ

ホムラ「あっ♡あっ♡ボクの駄肉こんなに揺れちゃって///」ギシッギシッ

バアル「誰の前でも揺らしまくっているクセに恥ずかしいのか?」ズチュズチュ

ホムラ「あっ♡あっ♡そんな誰の前でもなんて///あっ♡あっ♡」ギシッギシッ

ホムラ「あっ♡あっ♡腰がぁ♡腰がぁ♡止まらないぃ♡」ギシッギシッ

バアル「…止まらねえんだったら、もうその気持ちよさに従っちゃいな。誰も責めたりしねえよ。」ズチュズチュ

バアル「うっ♡うん♡あああっ♡」ギシッギシッ

ホムラ(ひかりんも…あずあずも…ボクも…こんなに乱れてる///もしかして…ボク達ってみんな操られているの?)

部屋は三つの肉音と水音が混じった音とベッドのきしみ音が激しくなった。

バアル(…そろそろ頃合いかな…自分の意志で腰振りな!!)
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/22(水) 23:35:12.14 ID:EyPTTGfB0
ここで催眠解除です。

ホムラは催眠解除後も腰を振ります
※梓と光は刻印精液で引き続き操られて腰を振ります。

次のセリフはどっちかをコンマで決めます。

↓1コンマ

奇数 光
※光はバアルが健太を捕らえ健太のふりをして最近を過ごしていたと思っています。
偶数 梓
※梓は快楽に飲まれながらもバアルが健太の真の姿ではないかと推理しています。

ホムラはコンマで選ばれた方のキャラの考え方に近い考えで行きます。

ちなみにエロフラ権消費したら選ぶことも出来ます
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 23:38:39.02 ID:EIOINjMb0
使わず
871 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/01/23(木) 07:49:50.03 ID:J3J7be5L0
「「「あっ」」」

バアル「どうだ?自分の意思を取り戻した感じは?」パチュパチュ

梓「佐藤!!くっ♡あっ♡やってんのあんた…!!なんて事を!!」ギシッ……ギシ

バアル「何ってセックスだろ?」

梓「こっこの」バッ

光「なんてことを」バッ

光と梓は腰の動きを止めて

バアル(やべっ!!)

バアル「腰を振れ!!」パチンッ

それぞれの分身だがあんまり攻撃されるところを見るのはいい気持ちではないので指をぱちんと鳴らす。

光・梓「「あっ」」

バアル(動作は普通の催眠だが実際に行うのは刻印精液だ、梓と光はさっきの調子で腰を振り続ける事)

光「あっ♡…ぐっ♡…」ギシッ…ギシッ…

梓「いやっ♡…ああっ♡…」ギシッ…ギシッ…

バアル(アブねアブね…)

腰が止まると同時にパンチをしてくる可能性は十分に想定できていたのですぐに対応することはが出来たのである。

光「ひっ///卑怯あっ♡卑怯ものぉ///」ギシッ…ギシッ…

バアル「…性交している関係だから別にいいだろ」パチュ…パチュ…

梓「くっ♡無理矢理しているくせに///」ギシッ…ギシッ…

バアル「まあ、そうなんだけどな。喘ぎ声出しながら睨むなよ。変態」チラリ

ホムラ「あっ♡あっ♡あっ♡ケンちゃん…あっ♡お願い止めてぇ♡」ギシッギシッ

バアル(…お前だけ何もかかってねえのにじゃんじゃんと動くねえ。)クククッ

ホムラだけ催眠を解いたにもかかわらず、ガニ股騎乗位セックスの性的快楽で気付かず腰を動かし続けていた。
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 12:36:39.46 ID:8x9ZKLsAO
このスレはまだ続く予定?
個人的な願望ではあるけど元ネタの設定に縛られない>>1オリジナルのSSを読みたさがある
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 21:46:28.49 ID:J3J7be5L0
誤 梓「くっ♡無理矢理しているくせに///」ギシッ…ギシッ…

正 梓「くっ♡無理矢理させているくせに///」ギシッ…ギシッ…


>>872
元ネタの人がエタッタから割と自由にやっているつもりだったんですが…
予定としましては何らかのエンディングに到着するまでは最低ラインでやろうと考えています
(そこで終わった場合はBAD到着でも前日譚の正史となります[その場合は本編光は何者かに既に堕とされている。楓を救ったりしたのはそのご主人さまに改めて堕として貰うためということになります])


それとやろうとして忘れていた安価↓

ネタバラシのタイミングは?

@射精するずっと前
A射精する直前
B射精した後

自分の意志で動かしたという証拠として
バアルは催眠がかかっていないのに腰を動かした人だけ(ホムラのみ)に何かやらせようと考えています。
何をやらせますか?

↓1〜3 番号と内容を書いてください コンマ値最高を採用
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/23(木) 21:47:12.36 ID:J3J7be5L0
上げ忘れ!!
安価下
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 21:57:58.45 ID:sQXakjht0
なにが証拠になるかわからないんですけど
なんでもいいのかな?体位変えても大丈夫ですか?
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/23(木) 22:09:34.17 ID:J3J7be5L0
証拠として

「催眠かかっていないのに腰を振った奴、○○をしろ」パチン

って感じの催眠をかけます
安価下
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/23(木) 22:12:25.25 ID:J3J7be5L0
加えて言うと指パッチン催眠の方の説明もこの段階で行います。

安価下
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:18:41.19 ID:sQXakjht0
騎乗位中クリや胸で激しく[田島「チ○コ破裂するっ!」]して潮吹き
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:34:08.34 ID:1amvFJyHO
ピースしながらビッチ風に自己紹介させる
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 00:17:07.01 ID:dBCtv69j0
>>878
881 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/24(金) 00:30:20.55 ID:q8VW2dIH0
「番号」と内容を書いてください

「」内を無視しないでー
※内容は879で確定

@射精するずっと前
A射精する直前
B射精した後

↓1
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/24(金) 00:43:37.13 ID:q8VW2dIH0
なんもやってないけど本日はここまで

ちなみに最低ラインは何らかのエンディング到着ですが
BADの場合はその後の投票安価で続けるに3票集まれば物語は指定ポイントからのやり直しとなる予定となっています

※ちなみに終わるに3票集まればそこからのBADの後日談が始まり完全終了となります

安価は下
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 01:05:51.82 ID:W1cT2UqSO
2
884 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/25(土) 09:35:16.15 ID:pWhg03l60
バアル「さてと、気にならないか?」パチュパチュ

梓「あっ♡あっ♡なにを」ギシッギシッ

バアル「どうしてお前らが今こうなっているのかだ」パチュパチュ

光「する…あっ♡…つもりなの…」ギシッギシッ

バアル「俺の能力はな対象をあることをさせれば、指パッチンをすれば人の言うことを聴かせる事が出来るんだ」パチュパチュ

ホムラ「あっ♡ぐっ♡」ギシッギシッ

バアル「これが便利でな、普通の催眠と違って個々に指定できたり、光右手、梓左手を上げろ、ホムラはそのでかい胸を一回揉め」パチン

光「あっ♡」ビシッ

梓「いやっ♡」ビシッ

ホムラ「あああ♡」モニュ

それぞれ言われた事を行う。

バアル「面白いことはここからでな、普通の催眠では出来ない自殺など命に関わることも出来るんだ。お前らの心臓は俺が握っているんだ」パチュパチュ

バアル「どうだい?逆らって命を落として見るかい?」パチュパチュ

バアル(まあ…そんな勿体ないことしないがな)

梓「こんな…こんな事をやってアタシ達の体は奪えても…あっ♡あっ♡」ギシッギシッ

バアル「ココロは奪えないというつもりか?」パチュパチュ

バアル「そういう事を言う雌は何人も居たよ」パチュパチュ

バアル「全員奪ったけどな」クククッ

光「ひっ♡ひどい…あっ♡あっ♡」ギシッギシッ

バアル「ところでちょっとだけ面白い話をしてやろう、実はこの中に催眠にかかっていないのに腰を振ってるやつがこの中にいるぜ?」パチュパチュ

ホムラ「そんなの…いるわけぇ♡あっ♡あっ♡」ギシッギシッ

バアル「まあ…本人も快楽で無自覚に腰を振っているからな」パチュパチュ

梓「やっ♡やだ♡やめてぇ♡」

バアル「催眠かかっていないのに腰を振ってるやつ、ピースしながらビッチ風に自己紹介をしろ」パチン
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 10:08:01.90 ID:xhM57LLhO
>>884
修正

バアル「ところでちょっとだけ面白い話をしてやろう、実はこの中に催眠にかかっていないのに腰を振ってるやつがこの中にいるぜ?」パチュパチュ

バアル「ちょっとだけ面白い話をしてやろう、実はこの中に自分で腰を振ってるやつがいるぜ?」パチュパチュ
886 :H56 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/26(日) 02:25:28.35 ID:rNufgUwv0
ホムラ「あっ」

指パッチンにホムラだけが反応したことに気付く

バアル「さあ…お前だけそうだよなあ?」パチュパチュ

バアル「みんなに本当のことを説明しろ」ペチンペチン

そう言ってホムラの尻を何度も叩く

ホムラ「あぐぅ♡あっ♡ごめんなさいぃ♡ボク日之出ホムラはぁ♡友達の前が♡自分だけぇ♡自分の快楽を求めて腰を振ってましたぁ♡」ギシッ♡ギシッ♡ギシッ♡ギシッ♡

そう言いながら両手をピースしながら近くの光と梓にはっきりと聞こえるようにそう言った。

バアル「おいおいお前ら?一人目はもうすぐ堕ちそうだぜ?どうする?」パチュパチュ

梓「アンタが…ぐぅ♡…言わせてるだけでぇ♡…」ギシッギシッ

バアル「でも…自分で腰を振ったという部分は本当のようだぜ?俺の催眠は対象にちゃんと指示を出さないとそのとおりに行動しないからな?」パチュパチュ

光「…そんなの///あっ♡あっ♡なにかの間違いぃ♡」ギシッギシッ

バアル「…ふん…まあいいか…ところでそろそろ行きそうなんだが膣内でいいよな?」パチュパチュ

梓「やだ!!中はいやぁ///」ギシッギシッ

光「外で…お願い外で出してぇ///」ギシッギシッ

ホムラ「はいぃ♡ホムラのビッチおまんこに射精してぇ♡」ギシッ♡ギシッ♡

バアル「…賛成一人で反対二人か…でもこういうのは満場一致じゃないといけないよな?というわけで膣内に出すぞぉ!!ついでにビッチ催眠解除!!」パチン

梓「いや!!お願いやめてぇ///」ギシッギシッ

光「受精しちゃう…やだぁ///」ギシッギシッ

ホムラ「許してぇ♡さっきのは間違いだからぁ♡許してぇ♡」ギシッギシッ

バアル「魔法少女たちよ、俺様の子供を孕めぇぇ」パチュパチュパチュパチュパチュパチュパチュパチュ

三人のバアルは三人の腰をつかみ一気にピストンのスピードを上げる。

そして…



ビュルルルルルルル

梓「いやぁぁぁぁぁぁぁ♡」ビクンビクン

光「いくぅぅぅぅぅぅぅ♡」ビクンビクン

ホムラ「あひぃぃいぃぃ♡」ビクンビクン

3人の膣内に子種が沢山入った精液が発射された。
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:26:04.02 ID:rNufgUwv0
光たちの受精判定です

コンマ
↓1 梓の受精判定   (ゾロ目で受精)
↓2 光の受精判定   (ゾロ目orその±1で受精)
↓3 ホムラの受精判定 (ゾロ目orその±1で受精)

※ぶっちゃけ深夜なんで同じ人が連続でとって問題ないです(コンマだし)


それと安価です
この後3人はそれぞれ別部屋に入れられてちょっとしたことをやられます。(安価では募集した内容とは別)

やること自体は三人共
同様な内容のため、代表して誰のシーンを入れるのかを募集します。

選ばれたキャラクターの特典
@そのキャラのそのシーンを見ることが出来る
Aそのシーンが終わった後に三人に対して快楽堕ち判定が発生します。
 選ばれたキャラクターの堕ち判定が優遇されます(堕ちやすくなる)


誰のシーンを見ますか?(光or梓orホムラ)
↓4(但し有効なのは9時以降)
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:31:07.95 ID:rNufgUwv0
すんません

受精判定コンマは↓1〜3で

個別シーン安価は↓4〜6でコンマ値最高を採用します
※この4〜6のゾロ目はエロフラ権orエロイべ権獲得チャンス
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:32:39.63 ID:3kcslv860
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:33:59.89 ID:3kcslv860
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:35:21.45 ID:3kcslv860
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:35:25.36 ID:Tk1JICE3O
当たれ!
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 02:41:25.34 ID:rNufgUwvo
>>1です
忘れていました、先程のちょっとしたシーンでは選ばれた代表者のみ中出し時の判定が発生します。(選ばれなかった二人は腟内以外で射精します。)

それでは9時以降に
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 09:12:47.60 ID:bWjB6ElIO
ホムラ
まんぐりで自分の痴態を延々と責められ変態だと認めさせおねだりするよう誘導、Gスポットに種付けプレスしてアへらせる
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/26(日) 09:24:26.84 ID:rNufgUwv0
9時になりましたので改めて

↓1・2誰のシーンを見ますか?(光or梓orホムラ)
 ちなみに内容は募集していませんので誰がいいのかを決めてください
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 10:01:50.25 ID:a7OlUTmF0
ホムラで
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 18:27:58.72 ID:rNufgUwv0
21時になりましたらコンマ判定を取りまして61以上になった場合
奇数 光
偶数 梓
になります。

安価↓
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 18:58:47.27 ID:3kcslv860
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 19:04:58.88 ID:rNufgUwv0
21時までにレスが有りましたのでコンマ値が一番多いホムラが採用となります。

それでは共通シーンを書きましてホムラ単独シーンに入ります

※ちなみに光とホムラは受精しました
900 :H59 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/26(日) 21:59:51.71 ID:rNufgUwv0
光「はぁ///はぁ///」ドロォ

梓「あっ///ぐぅ///」ドロォ

ホムラ「うぅ…ぐすっ」ドロォ

三人は膣内に出された子種をそれぞれの花弁から出していた。

ホムラは先程あんな恥ずかしいことを強制的にさせられていたため顔を手をあてて泣いている。

ちなみに三人とも媚薬の効果と先程まで恥ずかしい事で激しく体を動かした事でベッドで横になっている。

バアル(まあ一応逃げるという発想が出ないように暗示をかけているからな)

バアル「よいしょっと」

光の体を片手で持ち上げ部屋の外へと出ていく


……

しばらくすると抱えた物が無くなったバアルが戻ってきた

梓「…あんた…光をどこにやった!!」

バアルが戻ってくるまでの間に回復した梓が聞く。

バアル「すぐにわかるさ…これからお前らにも同様の事を行うからな」

そう言うと梓はバアルに抱えられ部屋から出ていく。


……

また梓をどこかに運んだらしいバアルが戻ってきた。

バアル「…」ガシッ

ホムラ「あぅ///」

作業感覚でホムラも同様に抱えられる。

バアル「…流石水泳部というべきか、筋肉がある分他の二人より重い」ガチャ

全裸のホムラを抱えラブホテルの廊下を歩く

エレベーターの下るのボタンを押した。

外道「おおう…お前さん三人の上玉を相手にしていたのか?」

エレベーター前の廊下で女の調教を行っている。

バアル「ずっと目をつけていた雌さ、苦労してようやく手に入ったんだ」

外道「………見れば見るほど素晴らしい女だ…どうだ?こちらは一人に当たり三人やるが?」

バアル「有りがたい話だが…」

ホムラ(…ボク、どうなっちゃうんだろう…)
901 :H62 M16 E1 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/26(日) 22:03:19.86 ID:rNufgUwv0


ーラブホ 安めな部屋ー

バアル「ほいよ」ポイッ

ホムラ「あぐ」ボフッ

エレベーターで下った後すぐ近くの部屋に入って部屋からすぐ近くのベッドへ投げる。

バアル「ちょちょいと」

そのまま慣れた手付きでホムラの両手を後ろにし拘束し

両足もロープで太ももと足を囲むようにロープで固定する。

両手両足は動かせない状態となった。

ホムラ「ボクを…どうするつもり?」

バアル「お楽しみさ」

そう言うとバアルはアイマスクとヘッドホンをホムラにかけた。

ホムラ(…何も聞こえない…何も…見えない…)

何が起きているのかわからなくなったホムラに

ホムラ「あっ♡」ブブブブ

バアル「これは光にも梓にもやっているからな…しばらくこれで感じていろ」

ホムラの寂しいまんことアナルに二本のバイブをぶっさしていた。

バアル「じゃあ俺…別のやつ相手してくるわ」

ヘッドホンの片方を外しそう言った。

ホムラ「待ってぇ♡あっ♡お願いぃ♡ひぐっ♡どこにも行かないでぇ♡」ブブブブ

バアル(よし三人とも同じ状態にして同じ言葉をかけて…俺は休むか)ノビー

ホムラ(やだよ…誰か…助けて…)
902 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/26(日) 22:50:34.24 ID:rNufgUwv0
ーラブホ 屋上のビアガーデンスペースー

バアル「ふぅ」ゴキュゴキュ

ここは様々な人が身分などは隠し自身のコレクションである雌奴隷たちを自慢しあっていた。

その様子をバアルは麦茶を飲みながら眺めている。

治安の悪い街のラブホテルだからなのか自身が化け物であってもそこまで気にされていないのである

「インキュさん、お久しぶりですね」

バアル「ちょびヒゲか」

ちょびヒゲ「今日は?」

バアル「いんや今日は調教だ」

ちょびヒゲ「今は?」

バアル「休憩中だ、これは時間を開けないと出来ないことだしな」

ちょびヒゲ「放置プレイですか?」

バアル「ノンノン、それ以外に色々と目的があるのさ」

こうしてしばらくビアガーデンでのんびりと過ごすのであった。

※ここまで溜まったコンマはMポイントは18です。ここでエチシーン終了後に登場する相手を決定します。

↓1コンマ判定

偶数→いつまで立っても帰ってこない光達が心配した、残りの3人の内の誰かが男装して潜入していた。
奇数→モブ魔法少女がこのビアガーデンに偵察に来ていた。
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 22:54:46.70 ID:55LhACVlO
どうなる?
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 22:56:51.29 ID:kvtS7NUPO
905 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/26(日) 23:29:00.69 ID:rNufgUwv0
ー詩織の家ー

※見辛いので、このレス以降ジェシカのセリフは漢字以外はオールカタカナは辞めます

秋子「光お姉ちゃん遅いねえ…」

詩織「そうですね、もうこんな時間ですか」

秋子は壁にかかっていた時計を見る。

時間は10時を指していた。

予定よりも遅くなり晩御飯も風呂も終わっても光が迎えに来なかった。

いや確かに本人から遅れて帰るという事は聞いていたがいくらなんでも遅すぎである。

ジェシカ「確かに心配ですね、ミーがちょっと調査しますね…シオリ…シズカはもちろんですが、スズメにも連絡をつけてほしいね。人探しは彼女の能力が便利です。」

ジェシカ「スズメが提示する集合場所は、ラインで送ってください。」

詩織「…こんな時間ですが、事情が事情ですね。起きていればいいですが」ピピピッ

詩織は雀に電話をかけるのであった。

ここまで溜まった
Hポイントは62です
↓コンマ判定 1〜6(コンマなため同じ人が何度もとってもいいです)
 奇数のみコンマ(35、53、91など)→エロフラ権獲得
 奇数ゾロ               →エロイべ権獲得
 偶数ゾロ               →Eポイント+1(次の判定対象です。)
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:40:23.06 ID:3kcslv860
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:41:01.79 ID:3kcslv860
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:42:08.28 ID:3kcslv860
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:42:35.02 ID:3kcslv860
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:43:01.62 ID:3kcslv860
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:43:41.22 ID:3kcslv860
912 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/27(月) 00:14:48.33 ID:+BXGgosh0
本日ラストです。
このレス投稿後寝ます。

エロフラ権1個獲得 残り2回
Eポイント+1 
それとコンマ取得の部分で20回連続ゾロ目が出なかった事があったのでこれもEポイント+1

最終Eポイント 3

↓1〜3 コンマ ゾロ目以外 エロフラ権+1 ゾロ目 エロイべ権+1(今回は連取り禁止)



↓1〜3 安価  
これまでのバアルの準備の描写から
もしもバアルがこれから魔法少女3人にやろうとしていることを当てれば
梓と光のシーンも書きます。
           
安価の結果、3人の内正解が出れば

(部分正解の場合)
梓のシーンも追加+堕ち判定優遇+中出し判定発生
(正解の場合は部分正解の内容に加え)
光のシーンも追加+堕ち判定優遇が起きます
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 00:32:55.51 ID:+BXGgosh0
ちなみに3人の内ってのは安価取得者の3人の内誰かということです

安価下
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 01:16:26.22 ID:g7Rogd8y0
バイブをギリギリ絶頂させないレベルの強さで挿入しておきバアルが戻ってきたところで あなたのおちんぽでいかせてほしいなどとおねだりさせた上でぶちこみイカセまくる
915 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/01/27(月) 07:57:14.85 ID:+BXGgosho
エロイベ権獲得

>>914は当てて欲しい所を全然当てていないので部分正解にも満たしていません

ヒント:時間を開けることはイキたいのにイケないという事以外に目的があります。

安価残り2回↓
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 10:12:50.63 ID:FHccGtGq0
よく濃く催眠かけるための下準備
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 16:29:29.22 ID:FYlN83CdO
他の魔法少女に対する対策の仕込みとか?
918 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/01/27(月) 19:39:58.87 ID:+BXGgosho
安価の出し方が悪かった…

答えは>>841の「いい事」です。
それを踏まえてこの後どういうプレイをやろうとしているのか当ててください


↓1(結構なヒントを出したつもりなのでチャンスは1回だけ)
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:08:07.71 ID:FYlN83CdO
分身したバアルを本人だと三人に勘違いさせ部下と楽しむ
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:52:50.61 ID:+BXGgosh0
エロイベ権が2つになりました。
※エロイベのフラグが立っていたら一発でそこまで辿り着く権利です(更にエロフラ権が必要な場面は全部使用状態や一番いい結果で帰ってきます)

安価の方ですが
実は割と惜しいです
…エロフラ権一つ消費で部分正解扱いにしますがどうします?
※残り2個

↓1
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:21:32.30 ID:+BXGgosh0
age忘れ

安価下
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:24:51.76 ID:wEu7f6p7O
正解にしようぜ
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/01/27(月) 22:25:05.56 ID:+BXGgosh0
今日は何もしていないはずなのにもうダメだ

安価した
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 23:03:45.36 ID:+BXGgosh0
エロフラ権利使用了解しました
ちなみに正解例は
「【分身させた本人以外の二人を連れて】部屋に入る。
 【時間を開けたこと】と分身体にもかかっているパッチン催眠や刻印精液をうまく使って【他の二人は堕とされた】と勘違いさせた上でのプレイでした。」

【】内のいずれかがあれば部分正解
全部あったら正解でした

ジェシー&雀が男装潜入シーン→ホムラシーン→梓シーン→光シーン【キンクリ】→バアルVS魔法少女3人の内の誰かor雀となります。
925 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/29(水) 00:51:53.72 ID:4cPK/hQX0
雀「………こっち」テヲフリフリ

ジェシカは詩織と静香をいつでも出られるように準備をし自宅待機をすることをラインで送った後に雀と合流する。

ジェシカ「よろしくネ」

雀「……………よろしく」オリオリ

雀は合流直後に御札の一枚を取り出して折り紙の要領で折り始めた。

ジェシカ「ワット?」

雀「……………待って…」オリオリ

慣れた手付きでその御札をちょうちょの形にした。

そのちょうちょはどこかへ飛び始めた。

雀「…追いかける」

ジェシカ「とってもわかりやすいネ…」



二人はそのちょうちょを追いかけるとあることに気付いた。

ジェシカ「治安が悪い方のエリアネ…」

雀「…」

ジェシカ(…想像以上に深刻かもネ、一応シオリとシズカを準備状態にして正解だったネ)

休みのデートでわざわざ街の危険地帯を歩くなんて普通はありえない。

不良やヤクザ、化物と平気でエンカウントするのだから

こんな所を一般女性のみで歩いていたら襲ってくださいと言っているような物である。

ジェシカ(ミーはともかく…雀は…)

しかも雀は明らかに動きづらそうな巫女服である。

ジェシカ「スズメ…プラン変更ね。一回着替えるね」

雀「…」コクリ

とはいえ、雀の力なしで人探しなんて困難を極める。

一見では女性には見えない格好をして入ることにするのだった。

↓1 ホムラの堕ち判定 奇数のみコンマでホムラはバアルに墜ちる(偶数ゾロはハズレ扱い)
↓2 梓の堕ち判定    6で割り切れるコンマでバアル墜ちる(条件を満たす66以外のゾロ目はハズレ)
↓3 光の堕ち判定    奇数ゾロで墜ちる
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 00:52:40.72 ID:7K94RZGXO
そりゃ
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 01:16:35.70 ID:KWNokDb/0
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 01:26:17.80 ID:feUs6dPI0
929 : ◆g446MdnZpZQ3 :2020/01/29(水) 08:12:45.73 ID:hqICYvNvO
エロフラ権使用で若干有利な条件で全員再判定をしますがどうしますか?

※使用した場合
ホムラ→3で割り切れる
梓→5で割り切れる
光→ゾロ目


ちなみに残りフラ権は1個
イベ権は2個です(1個に付きフラ権5個と交換可能、逆は不可)

↓1 再判定するorしない
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 08:18:56.10 ID:lEjvfI8QO
しない
931 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/30(木) 01:55:31.74 ID:Hvdy9vtz0
ー個室ありの漫画喫茶ー

ジェシカ「こんな感じネ」

ジェシカはポニーテールをほどき、長い髪型を束ねた形にする。

メンズ系の化粧をし、サラシと若干大きめな服を着てじっと見ても女ではないということがわからない格好になった。

雀「…」ブカッ

ジェシカ「…oh」

ジェシカの用意していた服は雀には明らかに合わなかった。

雀「………」

ジェシカ「…困りましたネ…」

男の近くに女が歩けば問題ないが恋人同士がここを歩くのは…変な目で見られる

簡単にはバレはしないレベルだが…その筋のプロが見たらまじまじと見てしまったらジェシカの男装を見抜かれてしまうだろう。

ジェシカ「どうしましょう…」

雀を置いていくという選択は無い。

彼女がいないとどこに光がいるのかがわからなくなるからだ。

@雀に首輪をつけてみる?
Aその他自由安価(あんまりな格好は雀さんからNGが出る)

↓1安価
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 07:08:00.30 ID:wwzKU9ze0
1
933 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/30(木) 22:37:04.19 ID:Hvdy9vtz0
ジェシカ「こうすれば、あの治安の悪い場所を変な目で見られずに済むネ」ジャラ

そう言って鎖を手に持った。

雀「………」ギロリ

その鎖は巫女服を着た雀の首輪につながっていた。

傍から見たら奴隷とその主人の関係である。

ジェシカ「…ゴメンヨスズメ…but、こうしないとあの危険地帯は通れないヨ」

雀「………我慢する」ハァ

誰が好き好んで奴隷役をやりたいものか当たり前だが雀はすごく不機嫌だった。

事情が事情じゃなければまっすぐ帰っているところだ


……
………

ー毒島邸の横道ー

ジェシカ「…本当に危険地帯に入りますヨ?準備はイイデスカ?」ジャラ

雀「……」コクリ ジャラ

そうして男装ジェシカと奴隷の雀は雀のちょうちょの導きで治安の悪い街の奥へ進むのであった。

ジェシカ「…気をつけるネ、ここから先は来るたびに街の構造が変わっている気がするヨ…」

このレスコンマ

奇数        目的地到着
下一桁 2or8or0 大通り
下一桁 4  風俗街
下一桁 6  無法地帯(ノイズや極悪人が平気で出てくるような場所)
ゾロ目       上記の内好きな場所を指定して安価を取ることが出来る。
934 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/30(木) 22:43:48.42 ID:Hvdy9vtz0
…いきなり目的地のラブホに辿り着いたジェシカと雀


この後二人はビアガーデンに潜入するのですがそこに辿り着くまでの間に何が起きたか募集します。
コンマ値「最低値」を採用

ちなみにジェシカの男装はコンマ判定(エロフラ権使用で若干優遇)かエロイベ権を使わないと見抜かれません

↓1〜3(23時以降)
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 23:28:11.46 ID:wwzKU9ze0
雀を気に入った金持ちが譲ってほしいとしつこく交渉され目立ってしまう
936 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/31(金) 00:43:54.43 ID:IhZl3mpJ0
現在はシーンストック中です。



今更ですがエロフラ権とエロイベ権の違い

エロフラ権を使用した場合は魔法少女がエッチィ目にあっている時の行為の1個のコンマ判定に対してやり直したり、結果を選んだりしたり、必ず有利な結果にすることが出来ます

エロイベ権は低確率のコンマ判定を必ず突破することが出来ます。
そしてエロイべ権を使った場合はその使った段階で起きたことがきっかけとしたエロイベに発展します。
※すぐにエロイべに発展することも出来ますがその場合は2個もらいます

また既に現在フラグが立っていることに対しても一直線でエロイベに向かいます(中断はなし)

※エロイべ権の獲得の機会が少ないのは使えば必ずエロイベントが発生するため


簡潔に言うと
エロフラ権は一個の安価やコンマに対して発動するもの
エロイべ権はエロイベント一個に対して発動するものと解釈してください

安価は引き続き募集
残り↓1〜2
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 01:01:23.84 ID:q/XwIzOK0
ジェシカの男装がバレて口止めにエッチなことを要求される
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 01:29:57.66 ID:Mm9xSV1YO
>>937
939 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/01/31(金) 22:29:39.60 ID:IhZl3mpJ0
>>935採用
※連取りですが一回目のがほぼ一択の安価だったため
940 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/01/31(金) 23:44:39.28 ID:IhZl3mpJ0
ここからスレ終了までに>>1の安価含めて奇数のみコンマが出ると…フラ権orイベ権チャンス一個獲得 更に奇数ゾロが出ると…

御札のちょうちょ「…」パタパタ

御札の蝶はパタパタと進んでいく

ジェシカ「…気をつけるデス…この道は視界もワルイですからネ」

御札のちょうちょはある建物の壁で羽休みをする

御札「…」シュルシュル

ちょうちょからただの御札に戻り雀の手元に戻った

雀「……ここ」

ジェシカ「ラブホテルじゃないデスカ…」

ー内部ー

ジェシカ「うぅ…///」

異様な臭いが充満している。

ジェシカはこういうところにも潜入することもありこの臭いがなんなの知っている。

ジェシカ「廊下で何やっているんデスカ…」

雀「…………///」カァァァ

その一言で何があったのか想像した雀は恥ずかしくなる。

ジェシカ「………イキましょう///」

雀「……///」コクリ

雀は気を取り直して目をつぶる

雀「……………屋上、魂沢山」

ジェシカ「ソッチに行けば何か解るかもしれませんネ」

ジェシカ「…GPS情報を二人に贈りマシタ」

これで二人はすぐにこっちに向かってくるだろう。

合流前にある程度情報を集めておこう

エレベーターの扉が開いた

二人はエレベーターに乗るのであった。

ー屋上 ビアガーデンー

ジェシカ「…oh…」

雀「………っ」

二人は目の前の異様な光景を見た

ビアガーデンには馬車の馬…ベッド、椅子、ミルクサーバー、一回○○○○円とまんこの横に記載されたものなど人間扱いされていない女性がたくさんいた。

何人かは好き好んでやっているようだが…殆どが嫌がっている。

ジェシカ「…落ち着くネ、スズメ」ガシッ

先走って動きそうな雀をジェシカが止める

ジェシカ「気持ちハ、ワカリます。でもいくらなんでもこの数は魔法少女でもインポッシブルデス」

この中にはヤクザとつながりがあり魔法少女用特攻兵器を持っているのも数人はいるだろう。

ジェシカ「今回の目的ハ光達を見つけ助け出す事デス、ここの女性たちを助けるわけではありマセン」

雀「……」ジワッ

ジェシカ「…行きますヨ、今ハ一秒でも惜しいデス」

雀「……………………」コクリ

そうして二人は情報を集めるべくあるき始めたその時だった。
941 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/01(土) 00:25:35.07 ID:fJiilJr50
???「はーい、そこのアメリカーン、いい娘を連れているじゃないかk−」

後ろから声をかけられた。

ジェシカ「ミーのことデスカ?」

ジェシカは振り返る

ちょびヒゲの男がいたカレの足元には、四つん這いで歩いている女性たちが数人いた。

ちょびヒゲ「いきなりですまないがその巫女服少女を譲ってくれ!!頼む!!」

ジェシカ「…イヤです」

ジェシカはそのまま進もうとした方向へ歩き始めるが…

ちょびヒゲ「もちろんタダでとは言わん!!この娘だと…○百万円が相場って所か…○千万円出すぞ!!」

今度は相場と言った額の四倍を提示してきた。

ジェシカ「ノーです」

横に通り過ぎようとすると…

ちょびヒゲは手を伸ばし通せんぼをしようとする。

ジェシカはピョンとそれを交わす

ジェシカ(地味に危なかったデス)

隠していても流石に触られると一発でバレる。

ちょびヒゲ「わっわかった…分割とか、小切手とかケチなことはやらん、ズバリキャッシュ現金一括だ」

ここで分割払いをする場合はこのラブホテルのオーナーの仲介でクレカ分割が出来るのである。

そう言うと、足元で四つん這いとなっていた女の一人が近くのトランクを開く

まさか自分がこんな大金を差し出される立場になるとは思わなかった。

もちろん受け取る気はないが

ジェシカ「ダメデス」

ちょびヒゲ「だったらせめて今日は俺にその娘の調教をさせてくれ!!一晩でここに相応しい人材にしてやるぞ!!!」

雀「………」ガクガクブルブル

雀は怖くなってきたのか震えてる。

ジェシカ「シツコイデス!!」

ちょびヒゲ「こんなに頼んでいるのにダメなのか!?」

「なんだなんだ?」
「喧嘩か?」
「いんにゃちょびヒゲさんがあのアメリカンな青年に奴隷を譲ってくれという交渉をしているわけさ」
「最終的にどうなると思う?」
「売るに500万」
「ちょびヒゲさんも一度ほしいと思ったものにはしつこいからねーあのにいちゃんも不幸だねー」

ギャラリーが集まってきた

このレスコンマ 奇数→ギャラリーに金貸しの部下のヤクザがいる(職業上変装を見破らないと行けない職種)

※このレスのコンマが奇数の場合のみ
↓1 コンマが5で割り切れる骨格でジェシカが男装であることを見極める。(55 00以外のゾロ目はハズレ)
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 00:31:06.01 ID:p9hb/hIg0
943 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/01(土) 00:54:12.14 ID:fJiilJr50
ジェシカ「こうなったら逃げるが勝ちネ」ダッ

雀「ぐぇ!!」

ギャラリーが出来てきたのでちょびヒゲがいる方向から全力で逃げ出した。

ちょびヒゲ「ちょっ…ちょっとまってくれ!!」

「おーあのちょびヒゲから逃げるとはあの兄ちゃん大したもんだ」
「あーあ…あの娘がどうなるのかちょっと楽しみだったのに」
「500万くれ」
「売らない方に誰も金を賭けなかったから賭けは不成立です」

金貸し(………さっきのアメリカンな方…な〜んか違和感あったんだよなあ…)


……

ーちょっと離れたところー

ジェシカ「はぁはぁ、ここまで逃げれば大丈夫ネ」

ジェシカ「…あのギャラリーたちの魂の形は覚えマシタカ?」

雀「……………」フルフル

雀「……でもさっきの人は覚えた」

ジェシカ「わかったヨ、じゃあ奴に近づいたら方角と距離を教えて欲しいヨ。離れマスから」

雀「……」コクリ

こうして情報を求めて二人は屋上をあるき始めるのであった。

このレスコンマ4で割り切れる場合はイベント募集

割り切れなかった場合はバアル発見+静香&詩織がラブホテルまで到着パートへ
944 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/01(土) 01:07:11.77 ID:fJiilJr50
雀「えっ?」

ジェシカ「ドウしましたか?スズメ」

雀「ううん…なんでも無い」

雀(今…エレベーターに入った化物…佐藤くんの魂に似ていたような…)

一瞬だったから判別できなかった。

バアルがエレベーターに入って行き先階を押し「閉」ボタンを押したその一瞬だけを雀は見ただけなので…本当に健太の魂なのか判別出来なかった。

ジェシカ「…」ブー

その時、ジェシカの持っているスマホのバイブが鳴る

ジェシカ「ちょっとまってネ」

ジェシカ「…二人がこっちに向かって行きていますネ。有力な情報を得て起きたいデス」

ちょっとしたアクシデントがあるとはいえ未だに何の成果も得られていなかったのでそろそろジェシカも焦り始めるのであった。
945 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/01(土) 01:28:21.46 ID:fJiilJr50
このレスから偶数のみコンマor4で割り切れるコンマが出るまで
奇数が出るたびにエロフラ権orエロイべ権獲得のチャンスが一個増える

ー毒島邸の横道ー

その頃、ジェシカからラブホテルの位置の連絡をもらった二人は

詩織「……行きましょう静香さん」

静香「……気をつけてよ……詩織」

二人共魔法少女姿となり(といっても詩織は目が金色になっただけだが)

どういうわけか同じ出発地点から同じ目的地にまっすぐ進んだとしても毎回同じところを通らないというおかしな場所に辿り着いた。

このレス 
奇数→目的地(ラブホ)到着
下一桁 2or8or0 大通り
下一桁 4    風俗街
下一桁 6    無法地帯(ノイズや極悪人が平気で出てくるような場所)
ゾロ目     上記の内好きな場所を指定して安価を取ることが出来る。
946 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/01(土) 01:50:28.02 ID:fJiilJr50
ー無法地帯ー

「おっおい魔法少女だ」
「魔法少女が来たぞ!!」
「隠れろ!!」

無法地帯の中でも特に弱い者たちは魔法少女に気付くとすぐに近くの場所へ隠れた。

治安が悪いエリアの中でも特に酷いエリアに二人は辿り着いた。

ここらへんは平気で死体が転がっていたり

その中には明らかに先程まで強姦されていたような女性もいた。

…息はしていないようだ。

詩織「ひっ…ひどい…」

静香「……気を…つけて………何か……感じる」

二人は構えを取る

↓1〜3 何者かが現れた
※注意 二人は魔法少女状態なのでエロフラ権とエロイベ権は効きません
>>386or>>387or>>533のノイズ(イリスと影住とチルドレンは選択不可)
か悪人(名前、特徴、どういう理由で悪人と呼ばれているかさえ書いておけば後は自由記載)を選択できます【悪人の場合はここだけの役で終わる可能性も高いです】
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 02:07:56.38 ID:5kL2Snu2O
ノイズ
名前 吸魔
人型の植物のような見た目。人体のエネルギーが好物で全身にまとわりついて吸収する
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 02:11:15.51 ID:fJiilJr50
忘れてたコンマ値最高採用です
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 13:02:50.06 ID:M5Qnp22WO
冨田茂夫 タトゥーのはいったチンピラ風の男でレイプ魔
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 23:33:56.73 ID:4ZzhYWZSo
ショクシュライム
951 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/02(日) 02:59:53.04 ID:nleFhv290
簡単なデータと戦闘開始前の状況だけ決定して私は寝ます

バアル配下のノイズ
(正確には配下の配下)

【名前】ショクシュライム
【容姿】スライムから触手が生えている。緑色
【特徴】弱い、とにかく弱い
こんなノイズに負けた魔法少女は一生の恥になるだろう
倒した相手を触手からでる粘液で発情させたり触手で胸や性器を弄ったりするが、本番はしない
寸止めの状態で解放される
スライムプールの配下ノイズ

このレスコンマ

※下であればあるほど魔法少女有利

44or66     ノイズ先制攻撃(強)
その他偶数ゾロ ノイズ先制攻撃(弱)
下一桁4or6   ノイズが先に魔法少女に気付く
下一桁2or8or0 同時に互いの存在に気付く
下一桁奇数   魔法少女が先にノイズに気付く
33と77以外の奇数ゾロ 静香先制攻撃
33    詩織&静香先制攻撃(弱)
77    一発勝利(詩織&静香先制攻撃(強))


※二人は触手にトラウマを持っているか?(※二人共触手持ちに犯されていた為)

下1コンマ
(但しこのレスのコンマが77の場合はあんまり意味ないので取りません)
偶数ゾロ 怒りを覚えている(ショクシュライムの攻撃割合減)
偶数   あんまし戦いたくないな−程度(補正なし)
奇数   トラウマ(ショクシュライム攻撃割合増)
奇数ゾロ とてもトラウマになっている(ショクシュライム攻撃割合大幅増、更に攻撃時与ダメージアップ)
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 04:42:31.56 ID:lOAhVpB60
953 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/02(日) 19:33:26.22 ID:nleFhv290
警戒状態の二人の死角から様子を見ていた存在がいた。

触手を生やしたスライム、ショクシュライムである。

ショクシュライムは二人のとんでもない魔力に気付き。

次のターゲットはこの二人にしようとした

丁度いいことに二人はこちらにはまだ気付いていない。

となれば今のうちに先制攻撃である。

↓1コンマ(下の結果ほど魔法少女有利な結果)
※攻撃が選択されたら必ずヒットします
偶数ゾロ 魔法少女拘束(強攻撃)
30以下偶数 触手大量突き(中攻撃)
それ以外の偶数 触手突き(弱攻撃)
奇数       魔法少女こちらに気付き回避
奇数ゾロ     魔法少女カウンター
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:59:43.61 ID:BWgfwsZFO
どうでしょう
955 :1ターン目 ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/02(日) 22:28:06.87 ID:nleFhv290
静香はふと後ろを見た。

静香「!?詩織!!危ない!!」ダッ

詩織「きゃっ!!」

静香は詩織に飛びかかり飛んできた二人めがけて飛んできた。

詩織の上に静香が覆いかぶさっている状態となった

詩織「なっ何をするのですか……」

二人が立っていた位置には二本のスライム状の触手があった

詩織「すみません、ありがとうございます」

地面には静香の糸によって作った簡易クッションが出来て倒れた衝撃はほとんどなかった。

静香「ったく…また触手…か」

ショクシュライム「…」

現在決着時 魔法少女勝利80% 痛み分け5% ショクシュライム勝利15%
(3ターン目までに一発勝利の条件を満たさなかったらコレを元に決着判定 3ターン目の攻防でここの確率は変更する)

1ターン目
下の結果ほど魔法少女が有利な結果
偶数ゾロ5%
→ショクシュライム(強攻撃)5%
62以上の偶数のみコンマor下一桁4
→ショクシュライム(中攻撃)10%
54以下の偶数のみコンマor下一桁4
→ショクシュライム(弱攻撃)15%
49以下の上記以外
→魔法少女(詩織の攻撃)【一度出たら詩織攻撃と静香攻撃のコンマを交換】31%
50以上89以下の上記以外
→魔法少女(静香の攻撃)26%【交換後もう一度出たらその時点で勝利】
90以上の94と99以外
→魔法少女(詩織と静香の連携攻撃)8%
奇数ゾロ
→!? 5%【一発勝利】
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 22:40:48.38 ID:lOAhVpB60
むっ
957 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/02(日) 23:04:36.30 ID:nleFhv290
ショクシュライムはただただ闇雲に触手攻撃を繰り返す。

静香「闇雲……すぎる」

自分の運動能力のなさを魔力で補い片っ端から回避しつつ、詩織へ向かう触手を自身の糸をあて方向をずらしていく

詩織「静香さん、私がやってみます!」

静香「…了解」

詩織は黄金に輝く瞳でショクシュライムを見る。

ショクシュライム「……」プルンプルン

ショクシュライムは必死に抵抗している。

静香「くっ!!」

触手の伸ばしたままそれを行っているので鞭のように二人を攻撃している状態となっている。

このレスコンマ
下一桁 0〜9 ギリギリで詩織に触手があたり消滅回避【決着時の勝率変動なし】
ゾロ     ショクシュライム消滅【一発勝利】
958 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/02(日) 23:08:53.79 ID:nleFhv290
忘れてた
下1 2ターン目 コンマ値は>>955と同じ
但し
49以下の上記以外
→魔法少女(詩織の攻撃)
50以上89以下の上記以外
→魔法少女(静香の攻撃)
の部分が
49以下の上記以外
→魔法少女(静香の攻撃)
50以上89以下の上記以外
→魔法少女(詩織の攻撃)【コレ以降に詩織単独攻撃が出たら魔法少女一発勝利】
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 00:25:27.09 ID:MY8TXmFrO
960 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 01:18:23.28 ID:/CeNZkmZ0
詩織「くっ…これは行けそうな気はするのですが」

抵抗の仕方などの傾向的にこのノイズは停止ではなく消滅するノイズと判断したが…

恐ろしいほど抵抗してくる。

静香「詩織頑張って」

先程までの攻撃より激しくなっている分回避と詩織への攻撃を止めるのが大変となった。

故に…

パシーン

詩織「きゃああああ!!」

止めきれなかった触手の鞭の一つで思いっきり叩かれた詩織はバランスを崩した。

静香「詩織!!」シュバ

静香はとっさに詩織の倒れた先に緩衝材となる糸を作り詩織へのダメージをほぼ皆無にした。

静香「貴様!!」

詩織の黄金の瞳による消滅を回避したショクシュライムはバランスを崩していた。

そのショクシュライムに間髪を入れずに糸を投げる

その糸は螺旋状、ショクシュライムに鉄線を包んだ。

静香「このまま………複数に…ばらばらにする!」

このレスコンマ(特記なければ下一桁のみ)
0 ノーダメージ スライム体を利用して抜け出す
1,2,3 ダメージ無しだがだったが動きに制限をかけることに成功(魔法少女勝率+1%)
4,5,6  触手の一部を本体から引きちぎることに成功(魔法少女勝率+3%)
7,8,9  引きちぎることに成功(魔法少女勝率+5%)
ゾロ目  螺旋に絡みついた鉄線はショクシュライムをバラバラにした(一発勝利)

下1コンマ 3ターン目攻撃
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 05:58:49.80 ID:MclLXuhgO
ほーう
962 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 08:37:58.13 ID:wdbkoOFyO
静香「…行け」ギギギギギ

見事に捕らえた静香の鉄線はショクシュライムを締め付けていく

静香「ここだ!」グッ

静香は一気に紐をひく

螺旋状にショクシュライムを包んだ一気に締め付けられ二つに別れた静香の鉄線から脱出した

静香「なっ!?」

ショクシュライムは本能的にこのままだとまずいと判断し体を別けたのである

その想像は正しく鉄線内に残してしまった身体はバラバラに粉砕した

あと一歩遅ければ全身がこうなっていただろう

抜け出した直後に反撃と言わんばかりに触手で二人を捕まえようと伸ばしてきた

このレスコンマ(内容は書かない)
偶数ゾロ ショクシュライム勝率+10%
下1桁
7-9 勝率+5%
4-6 勝率+3%
0-3 魔法少女回避
奇数ゾロ !?(魔法少女が一発勝利)
963 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 08:40:28.36 ID:wdbkoOFyO
↓1決着コンマ
ゾロ目 ショクシュライム 勝利
25 42 48 63 83 痛み分け
それ以外 魔法少女勝利
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 11:40:36.83 ID:9FkdaIoWO
そうれ
965 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 12:28:18.20 ID:wdbkoOFyO
まさかの痛み分け

被害者コンマ判定↓1
奇数 静香
偶数 詩織
ゾロ 両方(!?の内容も発生)
966 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 12:29:15.50 ID:wdbkoOFyO
フラ権使用なら選べます
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 12:38:26.03 ID:cEKJYI0w0
968 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 22:50:55.69 ID:/CeNZkmZ0
静香に伸びてきた触手を回避して詩織に伸びてきた触手も自分の放った糸で軌道修正をした

静香「これで止めだ!!」シュルルルル

静香はもう一度鉄線を放つ

がショクシュライムはそれを高く飛び上がり回避する。

詩織「えっ?」

そしてその体を詩織に向けて落としていった。

静香(まずい!!)シュルルルル

おそらく狙いは詩織をスライム本体に取り込みこちらが攻撃し辛い状況を作ることである。

静香は詩織をこちらに引き寄せようと魔力でロープを作り引き寄せようとした

ライム「…」ペチン

一本の触手がその糸をはじく

読まれていたようだ。

静香「ちぃ!!」

静香は伸縮性の高い上げたような物を魔力で作り出しその糸を近くの電柱二本へくくりつける

するとパチンコを引っ張ったような状態が出来た。

自分は玉である

限界まで伸びた状態の糸は足に魔力を込める事でその状態を維持している。

この状態でジャンプをすると…

勢いよく詩織の元へ移動を始めた。

静香(間に合えぇぇぇぇ!!)シュルルルル

もちろんこの状態で詩織にぶつかると魔力で肉体強化の全く出来ない詩織は大ダメージを避けられない。

ある程度進んだところで、ブレーキとなる糸を地面に向けて投げる。

そうすることで勢いを殺そうとするが…

詩織「きゃああああああ!!」

初めてやってみた試みをぶっつけ本番で成功するほど上手くは行かない。

詩織を思いっきり突き飛ばす結果となった。

が詩織はひとまずスライムに取り込まれるという自体は回避した。

問題があるとすれば…

静香(私がスライムに取り込まれてしまった…)チラ

詩織「…」キゼツ

静香(…勢いをつけすぎた…せいで詩織を気絶させてしまった事)

まあ超簡潔に言うとただ詩織が取り込まれてしまうという状況よりも悪化してしまったということだ。

静香(やってしまった…)

単純に強い魔力を持つ魔法少女に与えられる魔法少女名を持った魔法少女は弱ノイズに負けてしまったのであった。
969 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/03(月) 22:59:43.60 ID:/CeNZkmZ0
【名前】ショクシュライム
【容姿】スライムから触手が生えている。緑色
【特徴】弱い、とにかく弱い
こんなノイズに負けた魔法少女は一生の恥になるだろう
倒した相手を触手からでる粘液で発情させたり触手で胸や性器を弄ったりするが、本番はしない
寸止めの状態で解放される
スライムプールの配下ノイズ

これから静香にされることを安価で募集します 
但し痛み分けの結果なので後ほどショクシュライムは詩織によって倒されます←確定事項なのでこれが困難になる内容が含まれていた場合は部分採用となります

(主な制限事項)
他のノイズ・人などが絡むことは出来ません。
場所移動は詩織が見つけられなくなるので不可能です

↓1〜2(2/4以降)
970 : ◆g446MdnZpZQ3 :2020/02/04(火) 00:00:42.19 ID:g4jQOVyG0
安価有効時間age
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 00:13:01.97 ID:WQPGD6V50
執拗に触手で乳首を弄くられ不快に感じるも媚薬粘液の効果で強烈な快感を味わい乳首だけで潮吹きしてしまう
972 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/04(火) 13:36:53.09 ID:8Ps6UQx3O
一応19:30まで待ちます
973 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/05(水) 21:29:19.58 ID:9PlHP2lX0
静香「…くっ…そっ…」ジタ…バタ…

静香「ぷはっ!!」

静香は暴れて脱出を試みようとするがスライムは上手く動けない

抵抗したかいがあり顔を出した。

ガシッ

がすぐに首をつかまれすぐに包まれた状態に戻った

触手が本体と同色であるおかげで何をされているかよくわからないが

確かに今両手両足を掴まれた。

ライム「…」モミュ

静香「くっ…」

静香(気持ち悪い…)

ショクシュライムは静香の軍服越しに限りなく近い山を囲む

その状態からさらに伸ばし服越しで乳首を触っていた。

おっぱいを中心に囲んだ触手は作った丸を小さくしたりもとに戻したりを繰り返す。

静香「ぁ///……ないもの…をいじって…楽しい…か?」

静香からしたら自分の柔肌よりその体の方がふにふにして気持ちよさそうだ…流石に全身でそれを体感するのは気持ち悪いの一言だが…

静香「おぐっ!?」

透明でわからないが何か口に突っ込まれた。

静香「んんっ!!」ゴキュゴキュ

突っ込んだものから何か液体が入っていく

静香「…はぁ♡…はぁ////」

静香(こいつ…何を飲ませた!!)

媚薬の粘液をちょっと飲ませた

ライム「…」コスコス

静香「あっ♡ああ♡」

電撃が走る感覚に襲われる

静香「やっやだ、気持ち悪い!!」

静香(キモイ!キモイ!キモイ!キモイ!キモイ!!)

静香(キモイのに!!)

ライム「…」ブチッ

触手の一本が静香のミニスカ軍服の中のパンツのスジ部分を破く

器用にスジを触らずに

静香「やめっ♡…くぅぅ///」プシャアアアア

勢いよく静香は破けた部分から勢いよく潮を吹いた

その勢いはスライムの身体を貫通して外の世界へ出ていく

静香「くっ…///はっ…///」

女の射精をした静香はギリギリイキそうなところをこらえた。
974 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/05(水) 21:30:45.15 ID:9PlHP2lX0
ライム「…………」ペッ

静香「あぐっ」

静香はスライムの本体から追い出される。

ライム「…」ズズズ

そのままどこかへ行こうとする

静香「…まっ……待て…」ハァ♡ハァ♡

どんどん距離を開けられていく

静香は這いつくばりながらも追いかけようとする。

先程までの快楽で上手く立ち上がれない。

ふと黄金の光がスライムを包んでいることに気付いた。

その方向を見る

詩織「……くっ!!」

詩織の黄金の瞳から放たれる輝きが再びショクシュライムを包んだ。

ショクシュライム「………」シュワ-

ショクシュライムは消滅した。

静香「ごめん…詩織…助かった…」ハァハァ

詩織「大丈夫ですか?静香さん?」

どうやら今さっき気が付き詩織は

静香「詩織こそ大丈夫だった?」

詩織「私は大丈夫です。」

静香「……ごめんね」

詩織「いえ、それよりもここで時間をたくさん取ってしまいました。急ぎましょう」

※静香は欲求不満状態となりました。

↓1

奇数or6 目的地到着
4    風俗街
2or8or0 大通り
ゾロ目  静香にノイズに犯されたことによって後遺症が残る(場所は決定)
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 22:15:31.93 ID:a9yumwpg0
976 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/05(水) 23:16:13.23 ID:9PlHP2lX0
ーラブホー

詩織「なんとか…たどり着けましたね」

静香「うっ…うん…///」

詩織はスマホを取り出してチャットアプリでジェシカと連絡をする。

詩織「今は屋上のエレベータの前にいるみたいです行きましょう」

静香「…ちょっと…まって……トイレ行ってくる…///」

詩織「大丈夫ですか?」

チーン

エレベータの扉が開く

静香「大丈夫…先に行っていて…」

詩織「………わかりました。」

エレベータに入りRのボタンを押したことを確認し、静香はエレベータ横のトイレに行くことにした。

コンマ判定
オナニールーレット

これから静香のオナニーシーンを「見られ○」

↓1コンマで○の言葉を埋めよう
上一桁 1.あ行 2.か行 3.さ行 4.た行 5.な行 6.は行 7,ま行 8.や行 9.ら行 0.わ行
下一桁 1or2.あ列 3or4.い列 5or6.う列 7or8.え列 9or0.列

コンマ結果 言葉不成立                        ハズレ
        見られる等見れるという様な意味になった場合  静香オナニシーン
        見れるという意味以外で言葉が成立した場合   !?
      
      ゾロ→エロフラ権orエロイべ権獲得

977 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:29:15.68 ID:t8Gv5qbm0
ほほう
978 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga]:2020/02/05(水) 23:59:17.31 ID:9PlHP2lX0
結果

コンマ値に対応する言葉は「へ」

これから静香のオナニーシーンを見られへ

一応「見られへ」で調べましたが不成立のためハズレです


ーエレベーター近くあんまり人目がつかない場所ー

ジェシカ「やけに時間かかりましたネ?」

詩織「すみません、ちょっと厄介なモノの相手をしていました」

チーン

エレベーターの扉が開く静香が降りてきた

静香「……お待たせ///」ハァハァ

先程トイレで性器を色々と弄っていたがこの欲求不満状態をどうすることも出来なかった。

雀「…………魂が乱れている」

静香「…大丈…夫…気に…するな」

静香(あんまり変なのと…関わらないようにしないと…)

こうして4人による光達捜索作戦が始まるのであった。

次回 【安価・コンマ】もう一つの魔法少女すりぃ【本編エター】へ続く
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 00:00:31.68 ID:AbbDZiuk0
いつも乙です
980 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/06(木) 00:01:34.30 ID:seLWSiu90
というわけで次スレは現在作成中のホムラエチシーン(進捗具合4〜5割くらい?)と梓エチシーンを書いてから建てます

以下雑談スペース
(雑談できるほど人いないだろうけど)
981 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/06(木) 00:03:37.53 ID:seLWSiu90
2スレ目終了に2年と4ヶ月…まさか途中で平成が終わるとは夢にも思わなんだ…
982 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/06(木) 20:15:20.05 ID:2l1URpXKO
唐突だが↓1が自分と同じコンマで

ジェシカ「のっノー!!何するネー!!」

※30分経過で自力脱出
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 20:32:33.48 ID:GIM8Tj9EO
984 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/06(木) 21:27:35.84 ID:2l1URpXKO
どうせ雑談される様なスレでもないんで1日1回ラブホ探索組の誰かをこんな感じに上位世界に拘束してコンマチャレンジを行おうと思います
※自力脱出orコンマチャレンジ成功で終了

日に日にコンマチャレンジの成功率は上がります(最高9割くらい)

自力脱出の時間は日に日に短くなります(最短30秒くらい)

sage進行という意地悪をします、更に不定期です
985 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/07(金) 00:07:53.24 ID:ih+9j6Yj0
雀「………(首を振りながら必死に抵抗している)」フリフリブンブン

下1コンマ このレスのコンマorその±1

25分経過 自力脱出
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 00:33:20.32 ID:gPqqdptV0
987 : ◆g446MdnZpZQ3 [sage]:2020/02/07(金) 00:58:07.32 ID:ih+9j6Yj0
雀「………」バッ

雀は自身の拘束を自力で何とかした

雀「………」タッタッタ

雀はどこかへと走り出した。

自力脱出されました。
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 00:59:28.76 ID:ih+9j6Yj0
ラストチャンス
下1コンマゾロで

987と985のコンマ値交換
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 01:09:18.67 ID:Fa5CIVfQ0
むっ
990 : ◆g446MdnZpZQ3 [saga sage]:2020/02/11(火) 18:56:10.92 ID:d0QosbWk0
よっしゃ
もう最後まで埋めるか
↓1〜スレ終了まで

ゾロ目があったら…
※ゾロ目が出たら止めてください。
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 20:20:18.87 ID:78vO+w/S0
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 21:57:14.48 ID:iZKm/fAKO
へい
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 22:11:59.60 ID:QXphdQZFO
どうなる?
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 22:14:20.40 ID:78vO+w/S0
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 23:22:38.25 ID:78vO+w/S0
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/12(水) 00:40:28.18 ID:928QzN1U0
うめ
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/02/12(水) 00:43:21.23 ID:928QzN1U0
ゾロ
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/12(水) 00:43:48.23 ID:928QzN1U0
でろ
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/12(水) 00:45:17.12 ID:928QzN1U0
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/02/12(水) 00:45:44.15 ID:928QzN1U0
1差
1001 :1001 :Over 1000 Thread
              わ〜い、>>1001ゲット〜
               __
                    ‖ _~",ー 、,,_
      |           ‖ /  |ノ  ,>
   \ |  /      ‖ /ヽ_,:-−'´
                ‖/~         ヽ | /
                    ‖     ,   ))
       ,、      ,、   /'ll__/ ヽ
      / ヽ__/ ヽ/ _‖   _  ヽ.    ∧___∧
    /       /  ´ ‖ー/  `   l ロ. / _    _
    / ´ 、__,  ` |.    ‖∨      ,! || | l--l `
   _l    ∨    ヽ/ ̄)( ̄ ̄`"::::ノ (⌒ヽ, ..ヽノ   ,
  ( ヽ_        /   /ll `'ー、....::ノ ∀\/ー- /`l  ヽ
   ヽ、       ,ヽ:..:ノ ‖   '::::|⊃  iー- l (_〕i__     SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
     l          : :::Y  ‖     ::|   |"|ー-,|   |( .      http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
キョン「ほらよ」佐々木「ん? なんだい、この小包は?」 @ 2020/02/11(火) 20:59:57.10 ID:IEJuNBz7O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581422397/

フレデリカ「三味線は猫で出来ている」 @ 2020/02/11(火) 20:21:24.47 ID:CZCOeTaQO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1581420084/

めめたん(め_め,,)とみんなの遊び場!(癶_癶,,)たぶん34こめやのん! @ 2020/02/11(火) 19:44:44.16 ID:SUOydNyYo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1581417883/

【シートン学園】人「寺野先生が休み?」 @ 2020/02/11(火) 19:05:47.45 ID:aU3QekI40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581415547/

【ノラとと】ネコのお考え「愚か者」【ノラと皇女と野良猫ハート2】 @ 2020/02/11(火) 14:55:27.14 ID:bgzBvZUl0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581400526/

西住みほ「カードゲーム詰め合わせです!」 @ 2020/02/11(火) 13:46:53.24 ID:Ru6iyclXo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581396412/

イース・コス「安価で家族を暗黒卿から守る!」 @ 2020/02/11(火) 13:19:31.26 ID:Kt+o+D2A0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581394770/

輿水幸子「俺の竿を握ってほしい!?」 @ 2020/02/11(火) 10:31:38.16 ID:HVglxb5e0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581384697/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

485.35 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)