このスレッドはSS速報Rの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【安価&コンマ】あかり「艦娘?」球磨「その24クマ」【ゆるゆり×艦これ】 - SS速報R 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/10/15(日) 22:54:18.03 ID:m9A+e5qno
このスレは
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」愛宕「その23」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1501162894/
の続きとなっております。

オリ設定、キャラ崩壊、百合注意

※1スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1407/14074/1407415762.html

※2スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」叢雲「その2」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1409/14099/1409927222.html

※3スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」文月「その3〜」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1411/14114/1411486035.html

※4スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」大和「その4」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1413/14131/1413122339.html

※5スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」白雪「その5」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1414/14145/1414511487.html

※6スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」神通「その6」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1416/14167/1416746675.html

※7スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」蒼龍「その7」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1419/14193/1419347598.html

※8スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」熊野「その8ですわ」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1422/14222/1422282865.html

※9スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」三日月「その9」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1425/14251/1425128843.html

※10スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」天龍「その10」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1428/14282/1428246873.html

※11スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」夕立「その11っぽい」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1432/14320/1432041097.html

※12スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」扶桑「その12」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1435/14358/1435843566.html

※13スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」古鷹「その13」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1439/14398/1439817748.html

※14スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」金剛「その14デース」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1445/14450/1445002724.html

※15スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」那珂「その15」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1450/14507/1450705075.html

※16スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」千歳「その16」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456148187/

※17スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」瑞鶴「その17」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1460986742/

※18スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」千代田「その18」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1466258393/

※19スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」千代田「その19」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1472391830/
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報R板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

ssnipdatmateって無くなった? @ 2018/10/23(火) 09:34:34.56 ID:RwSq9Z1uO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540254874/

ssnipdatmateって無くなった? @ 2018/10/23(火) 09:33:46.95 ID:sHKfXoq9o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540254826/

上条当麻「インデックス。昼メシは何がいい?」 @ 2018/10/23(火) 05:11:01.58 ID:+PBulC0CO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540239061/

俺「俺が買った製品の強度が偽装されてただって!?」 @ 2018/10/23(火) 01:00:26.07 ID:tvG5fBuZ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540224025/

スライサー「もう肉なんか切りたくない!!」 @ 2018/10/22(月) 22:41:24.58 ID:2heYXViIO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540215684/

Rに移転されるバグがあるらしいんだが @ 2018/10/22(月) 22:29:21.68 ID:5ex94c59O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540214961/

【避難所】VIP発の仮想通貨『VIPS』作ったったwwwwwwww @ 2018/10/22(月) 21:35:51.53 ID:ywpVB0yJO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1540211751/

Bring Me To Life ! @ 2018/10/22(月) 20:21:21.78 ID:jNHR1uEc0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1540207280/

2 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:55:34.13 ID:m9A+e5qno
※20スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」足柄「その20」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1478871445/

※21スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」名取「その21」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1486218125/

※22スレ目
【安価&コンマ】あかり「艦娘?」卯月「その22ぴょん」【ゆるゆり×艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1493734082/


前回までのあらすじ

秋めいて来た季節を感じつつ日々を過ごすあかり達。
新たな仲間である不知火と防空棲姫を迎え賑やかさを増していくものの。防空棲姫の接し方を考えあぐねるあかり。
未だ深海に心を囚われているかのような彼女に光を当てるにはどうすればいいのか。
具体的な方法は思いつかないものの、折れずに向き合っていくことを誓って今日も日常を過ごしていく。
3 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:56:04.59 ID:m9A+e5qno
登場人物

赤座あかり

主人公。
指揮能力は個々への指揮を行える程度に止まった。
不知火以外のこともあだ名で呼べないかと色々考えているとか。
菊花紋章の髪飾りとハートのネックレスを付けている。

叢雲(改二) 練度 99 好感度 100

あかりが最初に出会った艦娘。
最近入って来た艦娘にも伝わるほどの仲の良さを持って、ビッグ3とあだ名されているが本人はやめてほしいと思っている。
あかりへの感情:デレるを通りこしてる気がする

文月(改) 練度 49 好感度 100

いつも能天気なところがあるがしっかり考えることは考えている艦娘。
ビッグ3と呼ばれるのはカッコイイということで喜んでいる。
あかりへの感情:幸せにしてあげたい

大和(改) 練度 100 好感度 100

被帽ブラをやめてちゃんと下着を付けている艦娘。
ビッグ3と呼ばれるのははずかしそうにしながらも、特別視されていることにまんざらでもないらしい。
寝るときは着ない派。
あかりへの感情:今までがんばってきてよかったです

白雪 練度 99 好感度 100

いつの間にかエロ担当みたいな立ち位置になっていた艦娘。
吹雪のことは素直に姉として、友達として尊敬している。
あかりへの感情:今は無理でもいつかはきっと

神通 練度 44 好感度 100

控え目な性格だが芯はしっかりしている艦娘。
不知火に何となく遠巻きに見られていることは分かっているが、上手く打ち解けるきっかけを探っているところ。
あかりへの感情:側で変わっていきたい

蒼龍 練度 48 好感度 100

色々と包容力のある艦娘。
どことなく天然で犬っぽい夕立のことを参考にしているとかいないとか。
あかりへの感情:犬みたいに遠慮なく愛でてほしい

熊野(改二) 練度 99 好感度 100

丁寧な言葉づかいをするお嬢様然とした艦娘。
大きくなった胸であかりに奉仕したい、というかあかりに胸を触ってもらいたくて仕方ない。
左足にあかりからもらったアンクレットを付けている。
あかりへの感情:愛している

三日月 練度 56 好感度 100

駆逐艦の中でもかなり生真面目な艦娘。
最近やたらとアイから止まるんじゃねぇぞと言われて何なのだろうと困惑している。
あかりへの感情:なんでも見せられる相手

天龍 練度 34 好感度 100

姉御肌で気の強い艦娘。
自由に刀が振り回せるということでVRルームにいることもしばしば。
寝るときは着ない派。
あかりへの感情:意識しないでいるのは無理だ

夕立(改二) 練度 99 好感度 100

どことなく犬っぽさを感じさせる艦娘。
中々ケッコンしに来てくれないので襲いに行くことを考え中?
あかりへの感情:一緒にエロくなるっぽい

扶桑 練度 44 好感度 100

大和にちょっと対抗心を持っている艦娘。
暑かったり寒かったり気温の変動が激しくてやっぱり秋も大人しい。
あかりへの感情:一緒に暮らせて幸せ
4 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:56:37.83 ID:m9A+e5qno
古鷹 錬度 34 好感度 100

ちょっとお茶目なところがある艦娘。
浴衣を用意してあかりを誘おうかと準備中?
あかりへの感情:いいところを教えてもっと好きになってもらいたい

金剛 練度 37 好感度 100

英国で生まれた帰国子女な艦娘。
多大な貢献をしているものの、暁とビスマルクにはもう少しお淑やかでなければレディーではないと思われている。
寝るときはもはや透明と言っても過言ではないくらい薄いベビードール。
あかりへの感情:プリーズセイバーニングラブ

那珂(改二) 練度 99 好感度 100

自称アイドルな艦娘。
アイドルは引退しても名取との再デビューに向けて路線変更はせずに頑張っている。
寝るときは地味なジャージ。
あかりへの感情:恋の2-4-11

千歳(航) 練度 24 好感度 100

お風呂好きな艦娘。
たまに千代田と自室のお風呂に入っているなど、姉妹仲はすこぶる良好
あかりへの感情:次は私が開発してあげますね

瑞鶴(改二甲) 練度 100 好感度 100

七面鳥ではない艦娘。
ごくたまにであればあかりを姉とするのも良いものだと思うようになった。
あかりへの感情:余すところなく触れ合いたい

千代田(航改二) 練度 61 好感度 100

軽空母になった艦娘。
ここ最近はまた姉べったりになって来ているとか。
寝るときは普段の服に似た色合いのパジャマ。
あかりへの感情:大事に触ってほしい

足柄(改二) 練度 99 好感度 100

戦闘大好きな艦娘。
実は神風型姉妹のVRゲームでは隣に住む妙高型姉妹の3女として登場する予定だったが尺の都合でカットされた。
あかりへの感情:たまには甘えさせてほしい

名取(改) 練度 99 好感度 100

少し怖がりな艦娘。
筋肉が落ちないだろうかと少し鍛錬に手を抜いているところがある。
あかりへの感情:一緒の気持ちになりたい。

卯月 練度 99 好感度 100

どことなくうさぎっぽい艦娘。
ハロウィンにはまた兎の仮装をしようかなと考えている。
あかりへの感情:寂しくなったら襲っちゃうぴょん

愛宕 練度 26 好感度 100

色々とふわふわした艦娘。
そろそろ自分もケッコンを考えようかと思っている?
あかりへの感情:適度にエッチにお姉ちゃんするね

球磨 練度 45 好感度 100

どことなくクマっぽくはない艦娘。
もうすぐ冬が来るので冬眠の準備……はしていない。
あかりへの感情:もっとみんなみたいに深い仲になりたい

ビスマルク(drei) 練度 100 好感度 100

ドイツから来た艦娘。
勘違いから始まった仲ではあるものの、暁との間に確かな絆を結んでいる。
あかりへの感情:Ich liebe dich sehr
5 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:57:07.33 ID:m9A+e5qno
若葉 練度 18 好感度 100

駆逐艦だけど硬派な艦娘。
不知火を見てまた寡黙仲間が増えたと喜んでいる。
寝るときは着ない派。
あかりへの感情:ここからが勝負だ

浜風 練度 29 好感度 100

駆逐艦だけどスタイルがいい艦娘。
中々ケッコンに踏み出す機会が掴めずにもどかしい思いをしている。
寝るときは自分の髪の色に似た白い水玉模様のパジャマ。
あかりへの感情:たまにはエッチな非日常もほしい

筑摩 練度 27 好感度 100

笑顔が素敵な艦娘。
自分もそろそろ大きく動くべきかと考えている。
あかりへの感情:一緒に笑顔で生きていく

大鳳 練度 99 好感度 100

少し運が低めな艦娘。
小さいながらも弄られるのが好きだったりする。
あかりからもらったお守りを胸に下げている。
寝るときは自主訓練に使う運動用のジャージをそのまま着ている。
あかりへの感情:愛しているからエッチなことしたいと思うんですよ

大鯨 練度 99 好感度 100

お母さんっぽい艦娘。
わりとよく映画を見るので暁達の映画鑑賞に付き合ってあげたりしている。
寝るときは浴衣に似たタイプのバスローブ。
あかりへの感情:あなたの元に託されてよかった

浦風 練度 16 好感度 100

広島弁で喋る艦娘。
浜風と同じくケッコンに踏み出すタイミングを掴めないでいる。
寝るときはちょっと野暮ったい感じなジャージ。
あかりへの感情:いつの間にこんなに入れ込んでしまったのか

明石 練度 31 好感度 100

機械弄りとかが好きな艦娘。
夕張やアイの努力のかいあって?オタク化してきている。
寝るときは突発的に作業ができるようにつなぎ
あかりへの感情:あんな人格が潜んでいたなんて

間宮 好感度 10000

鎮守府の甘味担当その1。
ケッコンアピールのお題で料理が使われてしまったので何で勝負するか考え中。
あかりへの感情:1日中愛し合っていたい

伊良湖 好感度 10000

鎮守府の甘味担当その2。
お医者さんごっこがアピールにならないかなと思っている。
寝るときは肌が透けるくらいのネグリジェ。
あかりへの感情:またお医者さんごっこしたい

北方棲姫 練度 99 好感度 100

人間に敵意を持たない深海棲艦。
ケッコンの意味をよくわかっていないが、仲良しの証だと思って自分もしたいと思っている。
『ほっぽ』という名前をあかりから名づけられた
寝るときは狼の着ぐるみパジャマを着ている
あかりへの感情:イツカガクルマデタノシマセテ

山雲 練度 18 好感度 100

文月よりもさらにのんびりした艦娘。
肌寒くてものんびりした性格は変わらないマイペースさん。
あかりへの感情:勉強してまたしましょう。

加賀 練度 99 好感度 100

クールな正規空母の艦娘。
瑞鶴が先にケッコンしたことに若干の対抗心を抱いている。
あかりへの感情:食べてしまいたいくらい好き
6 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:57:38.03 ID:m9A+e5qno
霧島 練度 99 好感度 100

金剛型の末妹である艦娘。
艦隊の頭脳としての役割はあまり果たせていないような気がすると最近気づいたとか。
あかりへの感情:人間らしさをくれてありがとう

Верный 練度 99 好感度 100

響から改造された艦娘。
暁のことをよくからかっているが、弥生への態度などから姉としての敬意はしっかり抱いている。
あかりへの感情:今を一緒に生きていく

山城(改二) 練度 99 好感度 100

どこか薄幸そうな艦娘。
寒空の下に物憂げな表情で佇む姿が絵になっていると評判。
寝るときは普段の服のように袖の長い無地の浴衣。
あかりへの感情:触れた証を刻みたい

伊58 練度 22 好感度 100

語尾にでちを付けるときがある艦娘。
水着でも平気だったのにちゃんと服を着ていても暑くないのが不思議だなと思っている。
特定の男性を殺す服を着ている
あかりへの感情:やっぱり可愛い

吹雪 練度 15 好感度 100

なんとなくあかりに似た雰囲気を持つ艦娘。
多くの艦娘からあかりの代用としての価値を見出されている。
あかりへの感情:もっと触れ合いたい

島風(改) 練度 99 好感度 100

とっても早い艦娘。
寒い季節も服装は変わらず元気に走り回っている。
あかりへの感情:世界で1番のお姉ちゃん

鳳翔 練度 17 好感度 100

あかり鎮守府はじめての軽空母な艦娘。
暇なときは季節物の料理を考えたりと小料理屋が生活の中心になっている。
寝るときはいつもの服に似た薄紅色の浴衣。
あかりへの感情:甘えるというのもいいもの、かもしれません

武蔵 練度 20 好感度 100

ワイルドな格好をしている艦娘。
眼鏡をはずした際の射貫くような鋭い視線がいいと防空棲姫に懐かれているとか。
あかりへの感情:心に従おう

伊168 練度 18 好感度 100

二人目の潜水艦の艦娘。
若干ヤンデレの気が本質に溢れだしてきている?
色んな水着を日によって着替えている
あかりへの感情:もっと色々なシチュでやりたい

酒匂 練度 43 好感度 100

鳴き声が特徴的な艦娘。
駆逐棲姫や叢雲などよくプラネタリウムに来る艦娘達と、星を見に行こうと画策中。
あかりへの感情:幸せな未来の象徴だね

瑞鳳(改) 練度 99 好感度 100

玉子と九九艦爆を愛する艦娘。
小ささは気にしていないのにやたらと胸に関わることをされるので、段々と気になって来ている。
あかりへの感情:だいしゅき

谷風 練度 7 好感度 100

江戸っ子気質の艦娘。
秋も祭りの季節だと若干テンション高め。
寝るときは白っぽい色のジャージ
あかりへの感情:起きているときに続きを

長門(改) 練度 99 好感度 100

かつては帝国海軍の象徴とも呼ばれた艦娘。
普段は駆逐艦達の面倒を見る優しいお姉さんといった立ち位置なのだが……
某喫茶店の制服を着ている。
あかりへの感情:お母さんになってほしい
7 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:58:08.52 ID:m9A+e5qno
飛龍 練度 6 好感度 100

蒼龍とよく似た正規空母の艦娘。
最近は日向ぼっこ部にもよく顔を出している。
あかりへの感情:私も堕ちちゃった

雲龍 練度 6 好感度 100

質素なのにどこか目を引く艦娘。
まだ見ぬ日向ぼっこスペースを探して近所を探索している。
寝るときはジャージだったが胸がキツいのでパジャマに変えた(たまにはジャージも着ている)
あかりへの感情:好きな人として触れてほしい

舞風 練度 100 好感度 100

ダンスが得意な艦娘。
運動の秋、ということでダンスに精を出している。
寝るときは着ない派
あかりへの感情:不安は何もないです

川内(改二) 練度 99 好感度 100

忍者っぽい艦娘。
夜が長い季節になって来て活動が活発になっている。
寝るときは那珂が着ているものと色違いのジャージ
あかりへの感情:青少年のなんかが危ないことばかりじゃないよ

朝潮(改二丁) 練度 100 好感度 100

実直な性格の艦娘。
新たな付け耳に手を出そうかと模索している?
犬耳と猫耳を気分で付け替えている。
あかりへの感情:笑ってくれたら自分も楽しい

陽炎 練度 165 好感度 100

服がはだけても気にしない艦娘
姉妹愛が重いと妹達に避けられ気味、でも呼べば応じてくれるのでわかってくれてるんだと思っている。
あかりへの感情:ここが私の居場所だね

離島棲鬼 練度 99 好感度 100

生き残っていた深海棲艦その1
新アニメの季節はいつもわくわくした様子を見せる。
アイという名前を自分に付けた。
夏なので髪形をショートカットにしている。
あかりへの感情:たまにはサディスティックもいいかも

戦艦棲姫 練度 99 好感度 100

生き残っていた深海棲艦その2
どこか危うげな防空棲姫のことを心配している・
ダイソンという名前を自分に付けた
あかりへの感情:漫画のような生活を作っていこう

秋月(改) 練度 155 好感度 100

防空駆逐艦の艦娘。
自分だけケッコン式を挙げようとしたりわりと抜け目がない。
改になった証として夕張の服を着ている。
あかりへの感情:好きだからもっと仲良くなりたい

春雨(改) 練度 100 好感度 100

料理が好きな艦娘。
温かいものが嬉しい時期になったと春雨スープの量産体制に入った。
寝るときはピンク色の羊の着ぐるみパジャマ。
あかりへの感情:ずっと側で自分を照らしていてほしい

葛城 練度 1 好感度 100

後輩キャラな艦娘
鍋焼きうどんをおいしく作れる人を尊敬している。
あかりへの感情:自由な手足と身体で好きにしてあげる

駆逐棲姫 練度 100 好感度 100

春雨に似た深海棲艦。
春雨に習って共に春雨スープ作りに励んでいる。
あかりへの感情:生まれてきてくれてありがとう。
8 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:58:37.97 ID:m9A+e5qno
如月 練度 100 好感度 100

誘惑迷彩を持つ艦娘。
周囲への気配りをしつつ自分もケッコンに至るという器用な立ち回りのできる艦娘。
あかりへの感情:そんなに隙は見せないんだから

五月雨(改) 練度 100 好感度 100

ドジっ子な気質のある艦娘。
前の服から姉妹達と同じ服装に戻ってみて、既にこちらの方が着慣れているんだなと思った。
改になった証として春雨までの白露型と同じ服を着ている。
あかりへの感情:いやらしい気持ちからの好意でごめんなさい

青葉 練度 1 好感度 100

戦史編纂のために来た艦娘
文学の秋、ということでアイと共に小説を書いたりしている。
あかりへの感情:一生見てますよ

プリンツ 錬度 100 好感度 100

ビスマルクの妹分の艦娘。
ケッコンしたら毎日エッチするんじゃなかったのかとあかりに怒り気味?
あかりへの感情:心も体もアトミラールさんのもの

木曾 練度 1 好感度 100

球磨の妹の艦娘
ぬいぐるみはまだ慣れていなかった頃に貰ったものだが、抱いて寝るのが習慣になっていただけだというのが本人の談。
あかりへの感情:可愛いのは別に好きじゃないからな!

レ級 練度 99 好感度 100

戦闘狂気質な深海棲艦
防空棲姫という自分に匹敵しうる相手が現れて喜んでいる。
あかりへの感情:知らないことを知るのって楽しいよね。

天津風 練度 100 好感度 100

体温が高い艦娘
この時期は体温が高くなることが利点だと思っている。
島風からお姉ちゃんと呼ばれている。
あかりへの感情:どっちもすごいのね

神風 練度 155 好感度 100

肌が敏感な艦娘
VRゲームはたまに進めに行っているとか。
あかりへの感情:エッチな恋もプラトニックな恋も大事

弥生 練度 100 好感度 100

口下手な艦娘
暁の姉らしさをよく知る理解者。
あかりへの感情:楽しいことを一緒に

暁 練度 100 好感度 100

大人なレディーの艦娘
ビスマルクのことは互いに敬意を持って接し合う仲。
あかりへの感情:エロさもすぐに追いつくんだから

Z3 練度 165 好感度 100

クール系なドイツ艦娘
練度1から165への急上昇の負荷は思ったより大きかったらしい。
あかりへの感情:人間らしさを教えて

不知火 練度 1 好感度 100

落ち度がない艦娘
自然な笑顔を見せられるようにと思っていたが、このままであかりを楽しませられるだろうという結論に至った。
あかりへの感情:いつか笑顔を読んでください。

防空棲姫 練度 99 好感度 40

痛みにこだわる深海棲艦
心が壊れてしまっているかのような言動を取るが、どことなく無理をしているように感じられる。
あかりへの感情:明るい子
9 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 22:59:33.23 ID:m9A+e5qno
歳納京子

あかりの幼馴染。同じ日に飛ばされたがあかりよりも半年前にこちらへついて提督をやっていた。
あかりの鎮守府における艦娘との触れ合いについての同人誌を描こうと思った理由は不明。

榛名(改二)

京子がはじめて会った艦娘。
最近ではベタ塗りが上手くなってきた。

赤城

京子艦隊の艦娘。
自給自足しようと料理を勉強中。



京子艦隊の艦娘。
年越し前はクール間の休みに加えて年末特番でアニメが休みになるのでちょっとブルー。

伊19

京子艦隊の艦娘。
潜水空母となったときにどこから艦載機を飛ばすのかは自分でもわからない。

不知火

京子艦隊の艦娘。
表情が変わらないのでわかりづらいものの、可愛いモノ好きである。

龍田

京子艦隊の艦娘。
槍の訓練はそれなりにやっているが必殺技を覚えようとはしていない。

第六駆逐隊

暁型の面々。
京子よりあかりになついているふしがある。

時雨

京子艦隊の艦娘。
ほとんどクリスマスイベントをこなすためにだけ登場したようなもの。

船見結衣

あかりの幼馴染。あかりより一年前に提督になっておりすでにベテランの貫禄がある。
艦隊の全員とケッコンするや否やすぐさま全員の練度をカンストさせたのは、練度を上げるためだという口実のため。

北上(改二)

結衣の初期艦。
ケッコン初夜の思い出(布団の中でキス)は結衣だけでなく、北上にとっても大切な思い出。

大井(改二)

ようやく第二改装された結衣艦隊の艦娘。
ケッコンしてからは結衣と、結衣とケッコン指輪で繋がる北上を感じられると、指輪を握りしめてニヤニヤする姿見られる。

日向(改)

基本的に落ちついているが常識人枠とはいえないかもしれない艦娘。
飲み比べは負け越しているので練習中。

隼鷹(改二)

お酒大好きな艦娘。
ケッコンして低燃費になったはずだが、酒の量は増えたような気がする。

鈴谷(改二)

ノリが今風な艦娘。
軽そうに見えて初心なので結衣との仲の進展度は羽黒とどっこい。

羽黒(改二)

おどおどしているが常識人枠と言える艦娘。
大人しく控えめな子だが酔っぱらうとすごいかもしれない。
10 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:00:03.09 ID:m9A+e5qno
吉川ちなつ

あかりの友達。あかりよりあとにこの世界に来た新米提督。
モフモフの中に手を突っ込むと引きずり込まれるともっぱらの評判。



ちなつの初期艦。
ちなつに見分け用のアクセサリーを買ってもらってご満悦。



電のお姉ちゃん。
電のアクセサリーを羨ましがっているがレディーなので催促はしていないと自分では思いつつ催促している。

榛名

ちなつが2-5でドロップした。
エプロン姿がまぶしいちなつ鎮守府の母。

叢雲

あかりのところよりちょっとだけツン比率の高い艦娘。
ダジャレの練習をしているところを度々目撃されている。

大潮

いつも元気でポジティブな艦娘。
鎮守府内を駆けまわると怒られるので外を走り回っているが、帰りが遅くなると結局怒られる。

荒潮

のんびりとマイペースな艦娘。
どこかへ行った大潮を探しに行くのは荒潮の役目である。

高雄

ちなつ艦隊の艦娘
榛名が鎮守府の母ならば鎮守府の姉として駆逐艦の子の皆と接しようとしている。

雲龍

ちなつ艦隊の艦娘
戦力増強のため、あかり鎮守府で建造されたちなつ鎮守府唯一の正規空母。
が、最終決戦には出されなかった。

杉浦綾乃

生徒会副会長。こちらの世界に飛ばされたのはあかりより前だが戦おうとしていなかった。
引っ込み思案なところは多少改善されつつある。

あきつ丸

綾乃の初期艦
色白を綾乃に羨ましがられているが、本人はちょっと白すぎじゃないかと悩んでいる。

熊野

あかりのところのよりも明確に好意を口にしている艦娘。
こちらは胸の大きさをあまり気にしていない模様。

叢雲

あかりのところのよりもツン比率の低い艦娘。
沸点の低さは綾乃と結衣と同様で、ギャグセンスも準じている。

陸奥

綾乃艦隊の艦娘。
彼女前で火遊びはご法度らしい。

翔鶴

綾乃艦隊の艦娘。
彼女の着任より綾乃鎮守府の食事情は大幅に改善された。

神通

綾乃艦隊の艦娘。
あかりのところのとはまた別の意味で綾乃のことを強く慕っている。
11 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:00:37.05 ID:m9A+e5qno
武蔵

綾乃艦隊の艦娘。
綾乃の中に拙くとも確かな指揮官としての素質を見出している。
それが間違いでなかったことを、最終決戦の後に確信した。

池田千歳

生徒会役員。こちらへ飛ばされたのはあかりより少し前でそれなりに戦ってきた。
雪風と伊勢の絡みを眼鏡を外して聞くことにより、妄想がより一層捗るようになった。

五月雨(改)

千歳の初期艦
改になって多少はドジさが解消されたが、まだまだなにもないところで転んだりすることがままある。

龍驤(改二)

千歳の艦娘
結局改二になっても胸部装甲は変わらず、はじめて鏡を見た際に倒れ込んだという。

霞(改)

千歳の艦娘
相変わらず手厳しいがそれも千歳のことを思ってのことだということは、本人以外の誰も知るところである。

初春(改二)

千歳の艦娘
改二になって主砲が飛ばなくなったので、なんとか飛ばせないか思索中。

五十鈴(改二)

千歳の艦娘
千歳を含めて小さい艦娘が多い中、お姉さんとしてまとめ役を担っていたが、伊勢が来てくれたので楽になった。

雪風(改)

千歳の艦娘
火力不足に悩む千歳鎮守府の中で、夜戦においてすさまじい火力を誇ることで頼りにされていた。
少し戦いの終わりを恐れていたが、なにも変わらず千歳の側に在れることを幸福に想っている。

伊勢

千歳の艦娘
妹の日向よりも軽いノリで、千歳のことをすぐに名前で呼びだしたので五月雨達が慌てている。

大室櫻子

生徒会役員。あかりよりもかなり前にこの世界で提督をやっていた。
艦娘達からは呆れられつつも放っておけない妹のように見られている。

鬼怒

櫻子の初期艦
櫻子ははじめ鬼怒のことをおにおこと呼んでいたため、自分でも時々その時の名残を口にしてしまうときがある。

利根

櫻子の艦娘
櫻子とは色んなことで張り合ったり共謀したりしている。

夕張

櫻子の艦娘
櫻子が彼女が撮ったちょっと深夜なアニメを見ようとするのを必死で止めている。
語りあえる仲間が漣以外にもほしいと想い色々と話した結果、ステージでのパロディショーが始まってしまい消え入りそうな想いをした。

翔鶴

櫻子の艦娘
空母棲姫が来る前は鎮守府の料理当番としてその腕を振るっていた。今でも時々振るっている。

日向

櫻子の艦娘
航空母艦に改造されても砲撃戦の要だった。
今では瑞雲を遠くのものを取るのに飛ばしている。
12 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:01:16.15 ID:m9A+e5qno
潮(改二)

櫻子の艦娘
身長が伸びて縮んだように見えるが実は大きくなっている。

空母棲姫

櫻子が鹵獲した深海棲艦
潮に変わっておっぱい禁止されているが意味はまだわかっていない。
ソラという名前を付けられている。

古谷向日葵

生徒会役員。こちらの世界に来たのはあかりより少し前である。
櫻子の隣にいるのが自分でないことに少し寂しさを覚えたが艦娘達に任せようと思っている。

飛鷹

向日葵の初期艦
カードが実体化しているので元からドレスは持っていない。

比叡

向日葵の艦娘
元気で何ごとにも気合を入れて当たるが空回りすることもしばしば。

瑞鳳

向日葵の艦娘
それなりに料理ができるので向日葵のお手伝いをしている。



向日葵の艦娘
艤装に飼っているカニの数は本人も把握していない。

鳥海

向日葵の艦娘
計算をしてから行動する慎重派。

長門

向日葵の艦娘。
あめを食べてないのでこちらはまだ陥落はしてない模様。

松本りせ

生徒会長。
遠征に出たあかりの艦娘達に色々と物をあげたりしていた。
奈々の実験の失敗によりこの世界に飛ばされて最初期から提督として戦っていた苦労人。

日向

りせの艦娘
爆発に縁があることから奈々の意向により、りせの艦隊に編入されている。
度々りせと奈々の関係に対して爆発しろとの見解を示している。

陸奥

りせの艦娘
爆発に縁があることから奈々の意向により、りせの艦隊に編入されている。
りせと奈々の関係をあらあらうふふと見守っている。

大鳳

りせの艦娘
爆発に縁があることから奈々の意向により、りせの艦隊に編入されている。
爆発に縁があるのは他の艦娘もそうなんじゃないかと思いつつ、みんなと共に戦い続けてきた。

摩耶

りせの艦娘
自分も含めて明るいタイプがいない事に思い至ったりせによって艦隊に編入された。
自信家だが実力に裏打ちされている。

初雪

りせの艦娘
あまり外に出たがらないので連れ出そうと考えたりせによって艦隊に編入された。
引きこもりがちだが開口部のある艦娘には飛びついて行く。
13 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:01:52.22 ID:m9A+e5qno
那智

りせの艦娘
冷静沈着な副官的な立ち位置の艦娘がほしいと思ったりせによって艦隊に編入された。
主張しすぎる摩耶を諫める役割を担うが、自分もまたその実力に応じた自尊心を持っている。

西垣奈々

七森中の理科教師。
遠征に出てくる艦娘達に度々アイテムを渡して支援していた。
実は船霊降霊装置の理論を作りあげた張本人で、ある意味全ての元凶だが責任はきちんと取っている。

妖精

鎮守府内の雑事や出撃艇の操縦および敵主力艦隊の探索、果ては車の運転までこなす万能な存在。
喋るタイプと喋らないタイプがいるが喋れないタイプはいないらしい。

オスカー

あかり鎮守府で飼われている子猫。
かつてビスマルクの艦内で飼われていた猫と同じ毛並みをしているが雌である。

イ級

駆逐棲姫が拾ってきた深海棲艦の生き残り。
長い間深海に1人で誰かに見つかったら殺されると怯えながら暮らしていたので人間不信になっていた。
あかりや朝潮、駆逐棲姫などの尽力と民間人であるパン屋のお姉さんに優しくされたことで、人間不信を克服した。

レ級の尻尾

レ級があかりの世界で暮らすことを想定して、尻尾を切り離し自立稼働させたもの。
自分の意思を持って動き回っていて、素っ気ない態度を取るものの構ってほしいというかのように人に近づいて来る。
14 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:02:27.38 ID:m9A+e5qno
スレの流れ

あかりの一日の行動を安価で以下から選択します。
選択肢に数字が付いている場合は、数字がない安価は↓となります。

艦娘との交流
艦娘と交流します。キャラの好感度上昇はこちら(一日に同じ艦娘は選択不可)
好感度が100の艦娘との交流は回数消費なし(一日2キャラまでで、次の日は同キャラとの交流不可)

執務
執務を行います。安価で色々なイベントが起きます

外出
外出します。あかり一人の場合はランダムイベント、キャラ指定の場合は複数可で好感度上昇イベントが発生します。

アイテムを使う
アイテムを所持している場合使用することができます

施設を利用する
施設を利用します。

ケッコンアピール
3〜5人の艦娘からケッコンする相手を決めます。


上記の行動を朝二回、昼二回行った後夜の行動を選択します

寝る
自発的にはイベントを起こさず寝ます

誰かの部屋へ行く
誰かの部屋へ行きます。好感度上昇イベント(朝昼に交流した艦娘は不可)

執務
執務を行います。昼の執務と同じ

散歩
散歩します。ランダムでイベントが発生します

バー
バーを開きます。3人まで艦娘を選んで交流します。
15 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:02:56.09 ID:m9A+e5qno
現在持っているアイテム

1.まんたんのふしぎなあめ
艦娘が食べることで練度が上がるあめ。
最高位のあめでこれ一つで練度が最大まで上がる。
妖精の研究により生産が可能になった。
現在所持数:∞

2.クッキー
色んな種類があるクッキー。
艦娘と一緒に食べると仲良くなれるかも。
現在所持数:2

3.最高級チョコ
有名ブランドの最高級チョコ。
艦娘も大満足の一品。
現在所持数:2

4.王族御用達のケーキ
どこぞの王族も御用達の超最高級のケーキ。
艦娘の心まで甘くするような一品。
現在所持数:2

5.香水
柑橘系の香水
化粧っ気のない艦娘達だが気になることは気になっているかもしれないので喜ばれるかも。

6.チョーカー
首輪、ではなく首飾り。
髪飾りと同じく菊花紋章の意匠が施されている。

7.書類一式&指輪
ケッコンカッコカリに必要な道具。
妖精の研究により生産が可能になった。
現在所持数:∞
16 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:03:47.08 ID:m9A+e5qno
最後に設定を

艦娘

軍艦の船霊の分霊を妖精が作ったカードに呼び出して実体化させた存在
分霊なので同じ艦が複数存在することもある
実は深海棲艦に対抗するために妖精が呼びだした船霊の和魂。
船霊の荒魂である深海棲艦とは文字通り同一の存在である。

当時の政府が扱いきれなかった船霊降霊装置を、妖精が改良することによって生み出された。

深海棲艦

突如として海に現れて人間を襲い始めた謎の存在
一定の海域に艦隊を展開し通りがかる船などを襲う。
主力艦隊を倒すことでその海域にはしばらく出現しなくなるが、時が経つとまた現れるようになる。
理由は不明だが人間を狙って浮上するので、海軍は人間を提督として彼らをおびきだしている。
倒されることで怨念などに凝り固まった思念が浄化、静かな気持ちになって沈んでいくらしい。

その正体は船霊の荒魂。
かつて人間が和魂、すなわち艦娘を生み出す計画に失敗して生み出してしまった存在。
最新鋭潜水艦ですら及ばない深い海溝の底に沈む社から生み出されていて、それを破壊することによって滅ぼすことができる。

実は奈々が元の世界に戻るための研究をする過程で生み出し、扱いきれないと断じた理論を当時の政府が実現させようとした結果生み出された。
あかり達のお祭りにより鎮められ、一度倒されて正気を取り戻した個体以外は全てあるべきところへ帰った。(駆逐棲姫はもう一度呼び出された)
と思われていたが全員が消えたわけではないようで残っている深海棲艦もいる(正気は取り戻しているので害にはならない)
17 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:04:22.23 ID:m9A+e5qno
執務

1 支給品のお知らせ
2 施設増築の嘆願書
3 酒保充実の嘆願書
4 他の鎮守府からの誘い
5 その他自由に
18 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:04:53.67 ID:m9A+e5qno
外出先

1 誰かの鎮守府
2 そこら辺ぶらつく
3 街に出る
19 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:06:01.98 ID:m9A+e5qno
施設

1  レッスンルーム
2  プール
3  プラネタリウム
4  夜戦場
5  学校
6  縁側
7  アニマルセラピールーム
8  図書室
9  お風呂
10 カラオケボックス
11 VRルーム
20 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:06:32.02 ID:m9A+e5qno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
21 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:07:10.04 ID:m9A+e5qno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     卯月     〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
プリンツ◇   北方棲姫  〇離島棲鬼
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火☆  木曾
22 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:07:44.13 ID:m9A+e5qno
テンプレ終わりです

昨日はすいませんでした。
今日の終わりに埋め小ネタ募集します

前スレに誘導張ってから続けます
23 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:14:00.04 ID:m9A+e5qno
あかり「ごほうび、何がいるんですか?」

ビスマルク「そうね……」

あかり「ん?」

ビスマルク「あ〜、なに? 私達、ケッコンもしたでしょ?」

あかり「しましたね」

ビスマルク「だから、そのあれよ。ケッコンしたら……」

あかり「したら?」

ビスマルク「す、することがあるじゃないの」

あかり「メイドさんやってくれるっていうやつですか?」

ビスマルク「違うわよ!」

あかり「じゃあなんです?」

ビスマルク「だ、だから、プリンツが言ってたような……」

あかり「ん?」

ビスマルク「ああもう! エッチよエッチ! ごほうびにエッチしなさい!」

あかり「ビスマルクさんもそれなんですね」

ビスマルク「な、何よ悪い!?」

あかり「いいえ。ビスマルクさんみたいな人にそう思ってもらえるのは嬉しいですよぉ」

ビスマルク「だったら、察しなさいよ、もう……」
24 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:37:15.53 ID:m9A+e5qno
ビスマルク「ん、んんっ……」

あかり「ビスマルクさんもおっぱい吸われるの好きですよね」

ビスマルク「プリンツが、やたらそうさせるから……」

あかり「おっきいと好きになっちゃうんですかね?」

ビスマルク「関係、ないでしょ……はぁっ……どうせ吸うのは、乳首だけなんだし……」

あかり「そうですけど、ほら、おっきいとこうして胸をくっつけて両方とも吸うっていうのもできますし」

ビスマルク「ああん、こらっ……そんな乱暴な……んっ……」

あかり「えへへ、あかりのおっぱいだと両方とも口元に持って行けませんから……」

ビスマルク「片方吸いながら、もう片方は指で弄ればいいでしょ……」

あかり「弄られるのも好きなんですか?」

ビスマルク「変なこと聞かない、でぇっ……!」

あかり「じゃあ、お望み通りに指で弄りますね……」

ビスマルク「望み、言って……あぁっ……!」

あかり「さすがのあかりもそれは察せますよぉ」

ビスマルク「はぁぁ……」

ビスマルク(変なところばかり察しよくなっちゃって……)

あかり「あかりが吸った分を返してあげますね……」クニクニ

ビスマルク「なっ、はぁっん……!」

ビスマルク(そんな唾液塗り込むみたいに……これじゃあまるで……マーキング……)

ビスマルク(あかりの所有物にされちゃってるみたいで……なんでこんなに、ぞくぞくするのよぉ……)ゾクゾク
25 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/15(日) 23:44:31.48 ID:m9A+e5qno
ビスマルク「はぁぁ……」ヘナッ

あかり「満足しました?」

ビスマルク「満足というか、これ以上されると倒錯しそうで……」

あかり「とうさく?」

ビスマルク「ええい、ちぐはぐね本当に!」

あかり「えっと、すいません」

ビスマルク「まあ、よかったわよ……Danke」

あかり「どういたしまして〜」

ビスマルク(胸吸われたり弄られたりされたことに礼を言うって、本当になんかあれみたいで……)ゾクゾク

あかり「ビスマルクさん?」

ビスマルク「ななな、何でもないわ! それよりも明日の秘書艦を決めなさい!」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>20-21の☆のついてない艦娘)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 23:48:32.20 ID:607yNY+kO
プリンツ
27 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 00:01:31.68 ID:FC6NlJyJo
あかり「プリンツさんにお願いしますよぉ」

ビスマルク「プリンツね、わかったわ」

あかり「お願いしますねビスマルクさん」

ビスマルク「いいけど、気を付けなさいよ」

あかり「何にですか?」

ビスマルク「あの子、ケッコンしたら毎日エッチしようって言ったのに全然来ないって言ってたから」

あかり「あれはプリンツさんが言ってただけですよぉ」

ビスマルク「下手したら今までの分とか言って、一日中相手させられるかも」

あかり「プリンツさんだってそこまでエッチのことばっかり考えてる人じゃないですから!」

ビスマルク「そう、よね。でも、ちょっとは構ってあげなさいよ。あんなにあなたのこと好きだって言ってるんだから」

あかり「すいません、時間が取れなくて」

ビスマルク「色々無茶なことさせてるとは思うわ。それは私達の想いが招いたこと」

あかり「はい、あかり達の想いです。あかりも望んでやってることです」

ビスマルク「そう言うわよねあかりは」

あかり「あかりが好きで、あかりを好きな人達のためです。何にも辛くありません!」

ビスマルク(やってることは爛れに爛れてるのに、どうしてこんなに純粋なのかしらね)

あかり「気にしないでくださいね、ビスマルクさん」

ビスマルク「ええ、そうするわ。Gute Nacht.」

あかり「グーテナハト〜、そうだよね。何も辛くないよぉ。これは皆と、あかり自身がやりたいことだから」

あかり「さて、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>20)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
(>>20-21の不知火、ビスマルク、木曾、陽炎、吹雪、弥生、暁以外から1〜3人)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:05:32.44 ID:2/dJOOrtO
5瑞鶴、秋月
29 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 00:13:28.03 ID:FC6NlJyJo
今回はここまでです
次はバーに瑞鶴と秋月が来るところからはじめます

今いるドイツ艦全員とケッコンしたので、全員となんかするみたいな話をどこかに入れようかと思っていましたがどうしましょうかね

↓1〜2で前スレの埋め用の小ネタを募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:13:35.24 ID:YmQYAQ9BO
前スレの>>897で他の陽炎型が来なかった場合のIF(R-18)
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 00:13:45.92 ID:QGSZzpMHO
前スレ>>937の続きでお仕置きセックス
32 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 22:42:05.33 ID:FC6NlJyJo
開始します
33 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 22:49:30.35 ID:FC6NlJyJo
妖精(猫吊るし)「バー行っちゃいます?」

あかり「行っちゃおうか」

妖精(猫吊るし)「自分から言っておいてなんですが、いいんですよ夜通しVRに籠ってたりしても」

あかり「いやそれも疲れるでしょ」

妖精(猫吊るし)「たまには1人の時間も欲しいのではないですか?」

あかり「あかりは皆といる時間が好きだから」

妖精(猫吊るし)「それにしても限度がありますよ」

あかり「1人になりたいって言ったら妖精さんも離れてくれる?」

妖精(猫吊るし)「今日も頑張って働きましょうか」

あかり「離れる気なしだよぉ」

妖精(猫吊るし)「と言うのは冗談にしても、滅私奉公……自分を捨てて他人に奉仕するだけというのは皆さんも望んでいませんからね?」

あかり「わかってるよぉ。心配してくれてありがとうね妖精さん」

妖精(猫吊るし)「ご主人様ですから」

あかり「いつからあかりご主人様になったの!?」
34 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:01:18.96 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「こんばんは妹ちゃん」

秋月「こんばんはあかり」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜」

あかり「こんばんは瑞鶴さん、秋月ちゃん、長10cm砲ちゃん」

妖精(猫吊るし)「いらっしゃいませ〜」

あかり「瑞鶴さんと秋月ちゃん、昔に何かあるんでしたっけ?」

瑞鶴「まあね、ちょっと守ってもらったことがあったり」

秋月「あはは、守れてましたかね」

妖精(猫吊るし)「まあまあ、昔話は湿っぽくなりますのでここはいっぱい」

あかり「こちらへご案内ですよぉ」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜!」ピュー
35 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:10:01.03 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「秋月、あんた妹ちゃんとケッコン式挙げようとしてたとか」

秋月「い、いいじゃないですか! 私が一番最初だったからそれも最初がいいんです!」

妖精(猫吊るし)「秋月さんが作ってほしいと言ったから式場も作ったわけですし」

長10cm砲ちゃん「きゅきゅ〜」

瑞鶴「長10cm砲ちゃんが導いたんだっけ? 本当によくやるわ」

あかり「何回も言ってるけど、順番に意味はないからね? 長10cm砲ちゃんが来なければたぶん白雪ちゃんが一番だったから」

秋月「わかってますよ〜ふふっ」

瑞鶴「ケッコンしようってのに姉に挨拶も無しとはいい度胸ね」

秋月「自称お姉さん皆に許可取っていたらいつまで経ってもできませんよ」

瑞鶴「最初にこだわるって言うなら、姉だって言い出したのは瑞鶴が一番なのよ?」

秋月「はい、ではお姉さんにお酌です」

瑞鶴「あぁ、これはどうも」

長10cm砲ちゃん「きゅう〜」ユサユサ

妖精(猫吊るし)「はいはい、もうすぐできますからちょっと待っててください」

あかり(お姉ちゃんかぁ。こんなにいっぱいの人とケッコンしたって言ったらなんて言うかな?)
36 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:12:43.00 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「妹はやら〜ん……」

秋月「そう言わずに……」

あかり「なんか呂律回ってないけど大丈夫?」

↓1 瑞鶴 ↓2 秋月
コンマ30以上で酔っぱらう
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:13:34.59 ID:ZaRS2EJLO
えい
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:13:48.64 ID:825cAhpjO
39 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:20:07.68 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「あぅ〜……」

あかり「瑞鶴さん、そんな格好でお酒飲んでたら気管入っちゃいます」

瑞鶴「大丈夫大丈夫、艦娘だから……」

あかり「そこは艦娘でもダメだと思いますよぉ!」

瑞鶴「ん〜……妹ちゃん」

あかり「なんですか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 妹になる
2 胸を強調して秋月を挑発する
3 姉になる
4 その他自由に
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:24:07.65 ID:UG2RvyZHO


(改二になっても秋月の方が大きく見えるのだが…とボブは訝しんだ)
41 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:34:21.93 ID:FC6NlJyJo
瑞鶴「んふぅ〜……今、瑞鶴の胸見てたでしょ?」

あかり「いや見てませんけど」

瑞鶴「ええ〜絶対見てたよ〜やらしいんだ〜」

あかり「見てませんって」

瑞鶴「そんな必死に隠さなくてもいいんだよ〜おっきい胸は女の子でも気になっちゃうもんね〜」

秋月「なんですか……?」

瑞鶴「べっつに〜暑いからはだけようかなと思ってただけ〜」

あかり「改二になってからやたらと強調してくるようになったんだよぉ」

瑞鶴「もぉ、どこ向いてるの〜せっかくはだけたんだからこっち来なさ〜い」グイッ

あかり「むぐぅ!」

秋月「ちょっと瑞鶴さん、あかりが苦しそうです!」

瑞鶴「こうして胸で窒息しそうになるくらいにはあるってことだよ〜えへへ〜」

あかり「むぅ〜……!」

秋月「そんなの誰だってあります〜!」

瑞鶴「ええ〜? 少なくとも秋月にはなくな〜い?」

秋月「ありまくりますし! 瑞鶴さんより大きいですし!」

瑞鶴「強がりはよくないな〜ねぇ、妹ちゃん? お姉ちゃんの方がおっきいもんね〜?」

あかり「うん〜……!」

瑞鶴「ほらうんって言った!」

秋月「唸ってるだけですよ!」
42 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/16(月) 23:43:39.41 ID:FC6NlJyJo
秋月「そもそも、雲龍さんとか蒼龍さんとかいる中で多少胸が大きいからと偉ぶるのがおかしいんです!」

瑞鶴「瑞鶴は改二で大きくなったからね〜成長よ成長〜伸びしろ〜」

秋月「私だって、まだ改二ありますし……照月おっきいですし!」

瑞鶴「ふふっ、大きくなるといいわね」

秋月「むむぅ〜!」

あかり「秋月ちゃん落ち着いて」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 挑発に乗って胸比べ
2 あかりの胸を触りだす
3 冷静に大きさを比べる意味のなさを説きだす
4 その他自由に
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:47:39.32 ID:Rgp0zqvpO
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 23:47:49.91 ID:GuxiCF1rO
45 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 00:02:17.23 ID:jKp+0azEo
秋月「私達の大きさ勝負に意味はないんです……浜風さんや浦風さん、夕立さん達には勝てませんから……」

瑞鶴「だったら、どうなの……?」

秋月「私達が最も重要視するべきなのは……こっちです!」フニッ

あかり「うひゃあっ!? 秋月ちゃん!?」

秋月「私達は、私達の大きさを比べるのではなく……この小さな蕾をどう愛でられるか! それを競うべきなのです!」

あかり「小さなって、余計なお世話……ぁっ……!」

瑞鶴「秋月……いいこと言ったわね! その通りよ!」

あかり「えええ〜!?」

秋月「指でも口でも、それこそこの胸さえも、あかりの胸を喜ばせるために使うことができるんですから……!」

瑞鶴「そう、そうね……大きさには上がいる……重要なのは妹ちゃんにどう思われるか……」

秋月「比べるなら、そちらを競いましょう……!」

瑞鶴「ええ……!」

あかり「ええじゃなくて! 秋月ちゃんも酔ってるの!? ちょっと〜!」

長10cm砲ちゃん「きゅ?」

妖精(猫吊るし)「はい、こっちでご飯食べてましょうね」

あかり「妖精さ〜ん!」

秋月「ちょうど2つありますし、どうですか?」

瑞鶴「比べときますか!」

あかり「そんな帰りにマック寄ろうかみたいなノリで!? だめですってばはぁ〜……」
46 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 00:03:50.23 ID:jKp+0azEo
今回はここまでです

たまには絡み酒っぽい選択肢も作った方がいいですよね
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 00:21:05.43 ID:9sYlxQDnO
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 01:00:31.88 ID:UR9kiBNwo
乙です
49 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:44:16.40 ID:jKp+0azEo
開始します
50 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:51:03.05 ID:jKp+0azEo
プリンツ「アカリさん」

あかり「なんですかプリンツさん?」

プリンツ「私は怒ってます」

あかり「何でですか?」

プリンツ「アカリさんがケッコンしたときのことを忘れてるからです」

あかり「忘れてはいませんよぉ」

プリンツ「じゃあなんでエッチしに来ないの〜!」

あかり「あれは内容じゃなくて、これをするっていう意志を一番明確に見せてくれたから選んだんだって言ったじゃないですか」

プリンツ「出来てなかったら口だけになっちゃうでしょ!」

あかり「その意思があるっていうことはあかりもわかってますから」

プリンツ「思いだけでもダメなの〜!」

あかり「わかりました、わかりましたから!」
51 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:51:32.88 ID:jKp+0azEo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
52 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 22:52:17.89 ID:jKp+0azEo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     卯月     〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
プリンツ☆◇ 北方棲姫  〇離島棲鬼
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火☆  木曾
53 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:05:36.66 ID:jKp+0azEo
プリンツ「はぁ……んっ……」

あかり「……今はこれくらいです」

プリンツ「ええ〜まだ全然足りない〜!」

あかり「まだ朝ですから」

プリンツ「朝ごはん!」

あかり「プリンツさん出ないじゃないですか」

プリンツ「アカリさんのためなら頑張って出すよ!」

あかり「いいですから! それにあかりはもう赤ちゃんじゃないですからそれじゃ足りません」

プリンツ「足りるまで吸ってていいよ?」

あかり「お腹減る方が早いですから! もう、早くおっぱい仕舞ってください」

プリンツ「今日は一日出したままで過ごしてもいいかな〜」

あかり「よくないですから!」

あかり(プリンツさん、何でこうなっちゃったんだろう。海外の人はなんだか裸になるのに抵抗がない人もいるイメージだけど)

プリンツ「それでアカリさん、今日はどうするの? することないなら続き――」

あかり「今日はですね!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の☆のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 23:09:37.60 ID:gsET6gT3O
4不知火7
55 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:15:10.79 ID:jKp+0azEo
あかり「ぬいちゃん」

不知火「なんでしょうかあかりん」

あかり「これをあげるよぉ」

不知火「これは……」

あかり「ケッコンセット〜」

不知火「セットって」

あかり「なんか妖精さんがいっぱいケッコンの改装してたら、指輪作れるようになったんだって」

不知火「書類の方はただの申請書ですからね。これで無限にケッコンできるというわけですか」

あかり「というわけですよ」

不知火「だから不知火にも使えるというわけですね」

あかり「というわけではないね。だからじゃないもん」

不知火「……ありがとう」
56 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:25:56.22 ID:jKp+0azEo
あかり「ぬいちゃんは今ケッコンしたいと思っている!」

不知火「思ってますよ」

あかり「やったぁ〜」

不知火「それは読んだことにはなりませんよ」

あかり「読めたことじゃなくてそう思ってることが嬉しいの」

不知火「……っ」

あかり「ふふっ、今の表情はさすがにあかりにも読めたよぉ」

不知火「……いいから、早く嵌めてください」

あかり「はぁい」

不知火「……」

あかり「ん〜……」

不知火「……何躊躇してるんですか?」

あかり「今の待ってるぬいちゃんの表情はよく読めるから、嵌めちゃうと戻っちゃうのかなぁって」

不知火「表情読むのとケッコン、どっちが大事なんですか?」

あかり「それはケッコンの方だよぉ」スッ

不知火「はい、それでいいんです」
57 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:36:54.49 ID:jKp+0azEo
不知火「なんだか、不思議な気持ちですね」

あかり「不思議?」

不知火「こう見えて、不知火はあかりんのことを結構警戒していたんですよ」

あかり「えっ、何で?」

不知火「やたらと周りから好かれ過ぎているから」

あかり「過ぎてるかなぁ?」

不知火「過ぎてます。若干空恐ろしさを覚えましたよ」

あかり「あかり怖がられてたんだ」

不知火「それが気づけばケッコンを許す仲になっていました」

あかり「もう怖がられなくて済むね!」

不知火「いえ、逆に恐ろしいですよ」

あかり「何で!?」

不知火「こんなにほだされる速度が速くて……気が付いたら、不知火達に対する陽炎のようなことをしてしまうようになるのではないかと」

あかり「ぬいちゃんなら大丈夫だよぉ!」

不知火「そうだと思いたいですね……」
58 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/17(火) 23:47:34.48 ID:jKp+0azEo
不知火「改造しに行ってきます」

あかり「行ってらっしゃ〜い」

不知火「しかし、不知火はまだ練度1なのにケッコンできるんですね」

あかり「それも妖精さんが何とかしたみたい」

不知火「妖精におんぶにだっこですね」

あかり「だからむちゃくちゃなことしても、皆少しは目を瞑っていられるんだよぉ」

不知火「不知火もあの水着を着てあげるくらいはしなくてはいけないかもしれませんね」

あかり「そこまではしなくていいんじゃないかなぁ」

不知火「あかりんがどんな顔をするか気になりますし」

あかり「あ、あかりの表情は読まなくていいよぉ!」

不知火「読みまくります」

あかり「まくらないで〜!」サッ

不知火「では、工廠に行きますのでまた」

不知火(ふっ、人がこうして笑顔でいるというのに、顔隠すなんて間が悪い人ですね)

あかり「はぁ、ぬいちゃんがあれ着てたらびっくりだよぉ。さてと、次は……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の不知火、☆のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 23:51:34.37 ID:Q9LfjdnxO
☆じゃなくて○の付いてる艦娘の間違えかな?
1プリンツ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 23:52:32.61 ID:vQPNm9pWO
1防空棲姫
61 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 00:09:30.46 ID:8rqCkqpHo
>>59
その通りです。ご指摘ありがとうございます


あかり「プリンツさん、戻って来ましたよ〜」

プリンツ「お帰りなさいアカリさん!」

あかり「本当に出しっぱなしで過ごすんですか?」

プリンツ「過ごすよ〜」

あかり「風邪……はひかないんでしたか」

プリンツ「艦娘の体便利!」

あかり「そういうことするためじゃないですから」

プリンツ「でもそういうことするためにも使えるっていうお話だよ。有効利用〜」

あかり「見てると寒そうですよぉ」

プリンツ「じゃあ、アカリさんが暖めてね」

あかり「はいはい……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 愛を育む
2 プリンツの真意について
3 あえて無視してみる
4 その他自由に
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 00:13:33.62 ID:JwYP3TsDO
2
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 00:17:45.82 ID:Fi4nXB6WO
4ドイツ艦全員と愛を育む
64 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 00:23:32.96 ID:8rqCkqpHo
今回はここまでです
次はプリンツに真意を聞くところからはじめます

本当のあかりならプリンツがこういうことしてても普通に順応しそうですね
もはやというかわりと初期からあかりという名の別のキャラですが、経験によって変わったということにしておいてください
65 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 22:42:05.49 ID:8rqCkqpHo
開始します
66 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 22:50:56.64 ID:8rqCkqpHo
あかり「プリンツさん、どうしてそんなにおっぱい吸わせたがるんですか?」

プリンツ「聞きたい?」

あかり「はい」

プリンツ「吸いながら聞いて!」

あかり「お話しに集中できなくなるので後です」

プリンツ「むぅ〜別にいいけど〜」

あかり「どうしてなんですか?」

プリンツ「私はアカリさんが好きだからだよ」

あかり「それは、なんというか、わかってますけど」

プリンツ「わかってるなら逃げないでよ!」

あかり「好きでもいつでもそういう事するわけじゃないんです!」

プリンツ「いつでもって言っても、アカリさんからそういうことしてくれないじゃない!」

あかり「そうっ、れは……」
67 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 23:09:06.46 ID:8rqCkqpHo
プリンツ「本当はね、私はアカリさんからしてほしいの。でもアカリさん、はずかしがって全然してくれないから」

あかり「あぅぅ……」

プリンツ「だから私から行ってその気にさせてあげる必要があるの」

プリンツ「吸わせるのが好きなのは、そうさせてるにしてもアカリさんに求められてるって感じるからだよ」

プリンツ「私のこと一生懸命吸って、可愛いなぁって思うから」

あかり「そんなこと思ってたんですね……」

プリンツ「でも本当はアカリさんから、吸いたいって言ってほしいの!」

あかり「そ、そんなこと言えませんよぉ!」

プリンツ「どうして?」

あかり「だって、それは……だって……」
68 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 23:25:43.99 ID:8rqCkqpHo
プリンツ「アカリさん……」ズイッ

あかり「ぷ、プリンツさん……」

プリンツ「アカリさんが恥ずかしいのは分かるよ。でもね、愛し合うって恥ずかしいことをしあうことじゃないの?」

あかり「うぅぅ……」

プリンツ「アカリさんの中にもそういう気持ちがあるんでしょう?」

あかり「それはあります。あっていいんだって京子ちゃんに言われましたから。でも……」

あかり「それをその、ぶつけるっていうのは……上手くできなくて……あかりの都合でしてもらうっていうのは、なんだか……」

プリンツ「いっつも自分は私達の都合でしてくれてるのに?」

あかり「あかりは皆にそうするのが好きだから……」

プリンツ「アカリさんが好きなように、私もアカリさんのお願い聞くの好きだよ?」

あかり「……っ」

プリンツ「何でもお願い聞いてくれるアカリさんが好きだよ。でもね、たまにはこっちにもお願いしてほしいの」

プリンツ「私はアカリさんの物だって言ったでしょ? 物だから、ちゃんと愛してほしいの」

あかり「プリンツさん……あかりは……」

プリンツ「どうしたいの? 何でも言って。私は、アカリさんの物だから、何でも言うこと聞くからね」
69 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/18(水) 23:48:44.56 ID:8rqCkqpHo
あかり「他の皆にも色々言われたんです。もっと好き勝手やっていいんだよみたいなこと」

プリンツ「うん」

あかり「本当はあかり、皆から好かれたいって思ってました。夢に見たこともありましたし」

プリンツ「誰だってそういう気持ちはあるよ」

あかり「でもいざ本当にそういう状況になってみたら、何ていうか好き勝手にするっていうのが出来なくて」

あかり「夢の中のあかりは調子に乗って皆のこと侍らせたりしてたのに……」

プリンツ「それはきっと、アカリさんの気持ちが本気だからだよ。本当の気持ちで好きだって思ってくれてるから」

あかり「あかりもそうなんだと思います。それに皆の好きの表現が凄くて、あかりは流されちゃうところもあって……」

あかり「ちょっと勇気出して調子に乗ってみたりしても、あんまり長続きしないし……」

プリンツ「アカリさんは自分を出すのが苦手なんだね」

あかり「だから空気だったのかなぁ」

プリンツ「空気? それはともかく、もっと自分を出して皆のこと振り回していいんだから」

あかり「う〜……いや」

プリンツ「そうやっていやとかそれはとか言うのがダメなの!」

あかり「はい〜!」

プリンツ「いつも気ままに行動してるでしょ? エッチなことするときもそうすればいいの」

あかり「難しいですよぉ」

プリンツ「大丈夫。私と練習すれば、いつかアカリさんの方からおっぱい吸ってって見せてくるようになるから」

あかり「それはダメなんじゃ……」

プリンツ「はい、アカリさん! 目の前に私のおっぱいがあるよ、どうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の不知火、プリンツ、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/18(水) 23:52:44.71 ID:4Mc58JSjO
4イムヤ1
71 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 00:06:02.04 ID:3O0JXCJdo
あかり「イムヤちゃん」

伊168「どうしたのあかり?」

あかり「イムヤちゃんにもふしぎなあめをあげようかと思って」

伊168「最近よく使ってるわよね。いっぱいあったと思うけど残り大丈夫?」

あかり「間宮さんと妖精さんの研究で好きなだけ作れるようになったんだって」

伊168「それもっと早く完成してたらよかったのにね」

あかり「皆の練度上げられて戦いが楽になってたかもね」

伊168「ある意味でありがたみもなくなってるけどね」

あかり「でも気にせず使えるのはいいと思うよぉ」

伊168「そんなに使いたいの?」

あかり「皆使いたいかなって思って……それに副作用のときは、あかりもちょっと言い訳して自分からできるし」

伊168「えっ?」

あかり「ううん、何でもない!」
72 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 00:09:43.16 ID:3O0JXCJdo
今回はここまでです
次は伊168にふしぎなあめをあげるところからです

傍から見ると女子高生くらいの子が中学1年の女の子に、おっぱい吸われたいがために性に素直になれと迫っているという状況です
普通に犯罪ですが気にしないでください。
73 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 22:45:51.69 ID:3O0JXCJdo
開始します
74 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 22:57:23.10 ID:3O0JXCJdo
伊168「イムヤも改二になれればいいのに」

あかり「イムヤちゃんはまだなんだっけ」

伊168「そうよ。それにイムヤは潜水空母にもならないし」

あかり「イクちゃんやゴーヤちゃんはそれになるんだったよね」

伊168「それはそれで使いようがあるんだけど。と言っても、もはや意味もないか。あんまり姿も変わらないし」

あかり「空母になったらおっきくなるかも」

伊168「ならないから。ゴーヤやイクは元から大きいでしょ」

あかり「胸の話じゃなくてね」

伊168「イムヤはこれくらいがいいわ。あかりと同じくらいの大きさが」

あかり「確かに同じくらいだよぉ」

伊168「やっぱりそれくらいが一番やりやすいっ……!」
75 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 23:21:52.26 ID:3O0JXCJdo
伊168「へぇ、これが……」

あかり「あれ、平気そう?」

伊168「ふふっ、イムヤはスナイパーよ……どんなときでも息を潜めてっ……死角から敵を撃つの……」

あかり「でも声が震えてるよぉ」

伊168「声が震えるような状況で、はぁっ……耐えきるのも仕事……」

あかり「体も震えてるよぉ」

伊168「む、武者震い、んっ……!」

あかり「あんまり平気そうじゃなかったよぉ」

伊168「か、隠れて凌ぐんだから……見つかったら打たれ弱いのよ……!」

あかり「潜水艦さんはあんまり耐久力ないみたいだからね」

伊168「はぁ、はぁ……絶対おかしなの入ってる……練度上がるだけで、こうならないもの……」

あかり「そのおかしなののおかげで練度上がってるのかもね」

伊168「その成分を抜く研究をしてもらいたいわ……うぅ……」

あかり「イムヤちゃん……」ガシッ

伊168「あかり……してくれるの?」

あかり「うん……」

伊168「もしかして、それが目的であめ持ってきた?」

あかり「……」

伊168「なんて――」

あかり「そうだよ」

伊168「ええっ……?」

あかり「それが、目的」

伊168「あかりが、それを……?」

あかり「イムヤちゃん言ってたから、むちゃくちゃしてほしいって」

伊168「あぁ、でも本当に望んでるんじゃなきゃ意味ないって……」

あかり「本当に望んでることだから……」

伊168「あかり……?」

あかり「皆に言われてから応えるんじゃなくて、あかりからも皆に言わなきゃいけないってわかったから」

伊168「はぁぁ……」

あかり「前に言われたことに応えてる感じになっちゃうけど……」

伊168「ううん、いいの……はぁ、あかりからそんなこと聞けるの、もっと先だと思ってた……」

伊168「うれしいよあかり……むちゃくちゃに――」

あかり「ううんイムヤちゃん。今日はあかりから言う」

あかり「イムヤちゃんをむちゃくちゃにしたい」

伊168「……うんっ」
76 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 23:41:22.55 ID:3O0JXCJdo
あかり「あかりも少しだけ先に進めた気がします」

プリンツ「うんうん。歩み寄った相手を受け入れるのも大事だけど、自分から歩み寄ることも大事だよ」

プリンツ「自分から離れようとしてる人にはぐいぐい行くのに、どうして好きだって人からは離れようとするのかな」

あかり「離れようとしてるわけじゃないですけど、あんまり踏み込めずにいたんですね」

プリンツ「これからはちゃんと踏み込めるね」

あかり「頑張って自分からやってみます!」

プリンツ「よしよし、その意気だよ!」ナデナデ

あかり「えへへ、ありがとうございますプリンツさん」

プリンツ「アカリさんが自分で頑張っただけだよ」

あかり「言われないとわかりませんでしたから」

プリンツ「私はただ私がしてほしいなって思ったことをアカリさんに言っただけだよ」

あかり「じゃあ、あかりはそれに応えられましたね!」

プリンツ「結局誰かに応えちゃってるってことになるのかな?」

あかり「それでも、応えるってことを自分で決めましたから!」

プリンツ「そっか……さあ、じゃあお昼からはどうしようか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51-52の不知火、プリンツ、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ、伊168以外から1〜3人 アイテム:>>15の1、7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 23:45:22.26 ID:AQC0muj5O
1 卯月
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/19(木) 23:45:23.78 ID:aLAFYwXqO
5暁、ビスマルク7
79 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/19(木) 23:56:27.09 ID:3O0JXCJdo
卯月「ぷへぇ〜……」

あかり「卯月ちゃん!」ダキッ

卯月「ぴゃっ!? なんだ、あかりぴょん」

あかり「あかりだよぉ」

卯月「急に抱き着いたらびっくりするぴょん」

あかり「卯月ちゃんにはいつもびっくりさせられてるからね」

卯月「う〜ちゃんがびっくりさせるのはいいぴょん! う〜ちゃんをびっくりさせるのはだめぴょん!」

あかり「ええ〜ずるいよぉ」

卯月「うさぎはびっくりすると死んじゃうぴょん!」

あかり「えっ、そうなの?」

卯月「寂しいと死ぬくらいだからびっくりするくらいでも死ぬに決まってるぴょん」

あかり「うさぎさんたぶんそんなに弱い生き物じゃないよぉ」

卯月「とにかくう〜ちゃんをびっくりさせるのはなしぴょん!」

あかり「しょうがないなぁ」スッ

卯月「あっ! 抱っこはしてていいぴょん!」

あかり「はいはい」

卯月「ふへへ〜」

あかり「卯月ちゃん何してたの?」

卯月「何もしてないぴょん。暇だからぴょんぴょんしてて疲れたから休憩してたぴょん」

あかり「じゃあ一緒に遊ぼっか」

卯月「遊ぶぴょん! 何するぴょん?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 うさみみを付ける
2 どっちがよりぴょんぴょんできるか勝負
3 最近の卯月の動向について
4 その他自由に
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 00:00:26.94 ID:aBDPGnJUO
4弥生について
81 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/20(金) 00:11:37.06 ID:/A8T9FiQo
今回はここまでです
次は前スレの埋め小ネタです

恥じらうにしても経験の豊富さとアンマッチなくらい拒否させてしまっていたような気がするので、もう少し自然に受け入れるような感じにしていけたらなと思います
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/20(金) 01:07:54.45 ID:zY9Td29/o
乙です
83 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 22:43:50.18 ID:1KjE7YdUo
開始します
84 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 22:53:32.69 ID:1KjE7YdUo
あかり「弥生ちゃんとか呼ぶ?」

卯月「弥生は暁のところの子になったぴょん」

あかり「確かに暁ちゃんと仲いいけどね」

卯月「暁とばっかり遊ぶぴょん。う〜ちゃんも遊びたいのに〜ぷっぷくぷ〜」

あかり「あはは、弥生ちゃんのこと好きなんだね」

卯月「う〜ちゃんも姉妹愛は人並みに持ってるぴょん」

あかり「そうだね、姉妹愛は人並みにとどめておいた方がいいよぉ」

卯月「まあ、一緒にああいうことするのが人並みかどうかは知らないぴょん」

あかり「うっ、そういえばそういうこともあったよぉ」

卯月「如月にああされるのがいやだから暁のところに行ってるのかもしれないぴょん」

あかり「た、たぶんそういうことではないと思う」
85 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:04:44.01 ID:1KjE7YdUo
卯月「あとあかりと遊んでる頻度も高いぴょん」

あかり「そうかな?」

卯月「う〜ちゃんも遊びたいぴょ〜ん!」

あかり「今日はいっぱい遊んであげるから」

卯月「そろそろう〜ちゃんのところにも指輪とか持ってきていいぴょん!」

あかり「あはは、その内ね」

卯月「ぶぅ〜弥生時々指輪見つめてニヤニヤしてるぴょん。う〜ちゃんもしたいぴょん!」

あかり「ニヤニヤしてるんだ?」

卯月「してるぴょん。めっちゃしてるぴょん」

あかり「あんまり想像つかないよぉ」

卯月「ちょっと気持ち悪いぴょん」

あかり「したいって言ってるのに!?」
86 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:15:42.43 ID:1KjE7YdUo
あかり「たまには暁ちゃん以外とも遊んでるんでしょ?」

卯月「たまには遊ぶぴょん。たまに文月について行って日向ぼっこしてるぴょん」

あかり「日向ぼっこの輪が広がってるよぉ」

卯月「あと若葉と仲いいみたいぴょん」

あかり「若葉ちゃんと?」

卯月「なんかよくわからないけど、2人共黙ってトランプとかしてるときあるぴょん」

あかり「黙ったまま?」

卯月「黙ったままぴょん。ちょっと怖いぴょん」

あかり「弥生ちゃんはお喋り好きだけど、喋るのが苦手なんだよね」

卯月「若葉もそんな感じぴょん。だから通じ合えるんだぴょん」

あかり「似た者同士なんだね〜」

卯月「う〜ちゃんも弥生とそういう関係なれるといいんだけどぴょん」

あかり「卯月ちゃんは真逆だからね。でも、卯月ちゃんみたいになりたいって思ってることもあるみたいだよ」

卯月「う〜ちゃんもたまには弥生みたいになるのもいいぴょん」

あかり「卯月ちゃんが弥生ちゃんみたいに?」

卯月「クールな方があかりの好みぴょん」

あかり「あかりは明るい卯月ちゃんも好きだよぉ」ナデナデ

卯月「えへへ〜」

あかり(こう言ってもらいたかったんだね)
87 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:29:23.73 ID:1KjE7YdUo
あかり「ん〜、もうそろそろあかりは行くね」

卯月「ええ〜もっと遊んでほしいぴょ〜ん」

あかり「ごめんね卯月ちゃん」

卯月「ぷっぷくぷ〜しょうがないぴょん」

あかり「よしよし、卯月ちゃんはいい子だよぉ」

卯月「また今度しっかり遊んでぴょん」

あかり「うん、わかった」

卯月「じゃあう〜ちゃん弥生のところに行ってくるぴょん」

あかり「暁ちゃんのところに行ってないかな?」

卯月「行ってるなら暁とも一緒に遊べばいいぴょん。そうだ、暁をこっちの子にすれば全部解決ぴょん!」

あかり「いや、それはどうだろう……」

卯月「よ〜し、如月にお願いするぴょん!」

あかり「如月ちゃんの手段はやめた方がいいよぉ! って行っちゃったよぉ」

あかり「まあ、如月ちゃんはわきまえてるし、大丈夫だよね? さてと、これからは……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>51
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ、伊168、卯月以外から1〜3人 アイテム:>>15の1、7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、卯月、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:44:36.90 ID:oTkwAvOBo
1
防空棲姫
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:45:06.57 ID:8zp+07YDO
1レ級
90 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/22(日) 23:54:50.66 ID:1KjE7YdUo
あかり「防空棲姫ちゃん」

防空棲姫「へぇ〜また来たんだぁ? 意外に心が強いのねぇ」

あかり「戦ってる間に色々あったから」

防空棲姫「そっかぁ、ふふっ……強い子は好きよぉ」

あかり「今の防空棲姫ちゃんには痛みは必要ないって教えてあげる」

防空棲姫「それは貴女が決めることじゃないわ」

あかり「そうかもしれない。でも、あかりの気持ちを防空棲姫ちゃんに伝えることに権利は必要ないと思うから」

防空棲姫「ふぅん……」

あかり「あかりが今防空棲姫ちゃんがいる世界がどんなところなのか、教えてあげるよぉ。そうすればきっとわかってもらえるから」

防空棲姫「やるだけやってみれば〜」

あかり「頑張るよぉ!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 買った服は着ないのかという話
2 名前を付けようという話
3 もっと追及してみようという話
4 その他自由に
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/22(日) 23:58:44.48 ID:8zp+07YDO
4マッサージしてみる
92 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 00:05:03.76 ID:a4zoeW2Lo
今回はここまでです
次は防空棲姫にマッサージしてみるところからはじめます

マッサージは久しぶりですが防空棲姫の装甲を貫けるか否かという感じですね
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 00:18:55.16 ID:CzLlX076o
乙です。久々のマッサージ楽しみ
94 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 22:43:54.81 ID:a4zoeW2Lo
開始します
95 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 22:50:27.10 ID:a4zoeW2Lo
あかり「そうだ、防空棲姫ちゃん」

防空棲姫「なぁに?」

あかり「あかり、マッサージが得意なんだよぉ」

防空棲姫「マッサージ?」

あかり「そう。だから、防空棲姫ちゃんにもやってあげようかなって」

防空棲姫「痛いの?」

あかり「痛くないよぉ」

防空棲姫「ならやるわぁ」

あかり「えっ、いいの?」

防空棲姫「痛くないって言う方が痛いものよぉ〜」

あかり「何でそういうお約束的なこと知ってるの?」
96 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:04:29.14 ID:a4zoeW2Lo
防空棲姫「服は脱ぐ?」

あかり「脱がなくていいよぉ。そこに横になって」

防空棲姫「ふぅ〜胸が苦しいわぁ」

あかり「わざとやってる?」

防空棲姫「苦しみも痛みの親戚みたいなものよぉ」

あかり「仰向けになって」

防空棲姫「あらぁ、おっぱいをマッサージするのかしら?」

あかり「しないから。ほら」ゴロン

防空棲姫「はいはい……どうぞ、内臓が潰れるくらい押し込んでいいからね〜」

あかり「あかりにそんな力ないから。はじめるよぉ」

防空棲姫「ふふん、私を感じさせられるかしら?」

あかり「気持ちよくはさせられると思うよぉ」グイグイ

防空棲姫「んふふっ、くすぐったいんだけど」

あかり「くすぐったいくらいがちょうどいいよぉ」

防空棲姫「んふ、んふふふっ、気持ちいいじゃなくてくすぐったいで終わりそうね」
97 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:17:30.72 ID:a4zoeW2Lo
防空棲姫「はぁ、んんっ……」

あかり「指噛むのダメだよぉ。歯形が付いちゃうから」

防空棲姫「噛んじゃだめってぇ、これで……んぅっ……!」

あかり「手は自然にしてて、リラックスだよぉ」

防空棲姫「出来なわいよ、リラックスなんて……あっ……」ピクン

あかり「気持ちよくなってるでしょ? 声出してるし」

防空棲姫「気持ちよくなんかないわ……」

あかり「嘘でしょ? 本当のことを言ってよぉ」グイッ

防空棲姫「はぁぅ……! や、やめ……」

あかり「だめ、やめない。痛いのが好きなくらいなら、エッチなの好きになってくれた方がいいから」

防空棲姫「エッチなのってわかっ、ああんっ……!」

あかり「よいしょ、よいしょ」

防空棲姫「わか、わかった、わかったからぁ……お腹、ひ、ひくひくして、止まらなくなるから、やめてぇ〜!」
98 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:31:53.26 ID:a4zoeW2Lo
防空棲姫「ふぅ、ふぅ……はぁ……何のよもうぅ〜」

あかり「気持ちよかったでしょ?」

防空棲姫「気持ちいいのは気持ちいいけど、そういう性感的な気持ちよさついて来るとは思わなかったわぁ」

あかり「普通のマッサージもできるけど、今回は防空棲姫ちゃんの趣味を変えるためにそっち目にいったんだよぉ」

防空棲姫「本当にお節介焼きな子……」

あかり「だって、悲しいもん。痛みでしか自分を感じられないなんて」

防空棲姫「そういうところにいたんだもの、仕方ないじゃない……私だって、好きでそうなったんじゃない」

あかり「今は違うってこれでわかってもらえた?」

防空棲姫「わかんない。まだ遠いわ」

あかり「じゃあもっとすごいことを……」

防空棲姫「も、今日は終わり! 出てって!」バンッ

あかり「あわわっ、追い出されちゃった。でも、やっと無理してない防空棲姫ちゃんが見られた気がするよぉ」

あかり「さてと、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>52の不知火、プリンツ、卯月、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>51〜52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫以外から1〜3人 アイテム:>>15の1、7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>51-52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>51-52の不知火、卯月、防空棲姫、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/23(月) 23:35:53.41 ID:1O2cUfC5O
5暁、ビスマルク7
100 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:45:21.78 ID:a4zoeW2Lo
オスカー「にゃ〜」

暁「にゃ〜にゃ〜」

ビスマルク「にゃ〜あ」

オスカー「にゃ〜?」

暁「にゃあ」

ビスマルク「にゃっ」

あかり「四つん這いになって何やってるんですか?」

暁「んにゃっ!? あかり!?」

ビスマルク「ちょっ!? どこから見てたのよ!?」

あかり「入口のところから見てました。というかビスマルクさんも暁ちゃんもスカートなんですから、ちょっとは気を付けた方がいいですよぉ」

オスカー「にゃ〜あ」

あかり「オスカー、遊んでほしいの?」ナデナデ

暁「あ〜! あかりのところ行った!」

ビスマルク「何で飼い主の私を差し置いてあかりのところに行くのよ〜!」

あかり「もしかしてオスカー呼ぼうとしてたんですか?」

ビスマルク「そうよ。気高い猫に懐かれるのもレディーの証よ」

暁「あかりが来なきゃ絶対暁のところに来てた!」

ビスマルク「私のところよ!」

あかり(パンツ丸出しで四つん這いになってにゃ〜にゃ〜言ってるレディーはいないと思うよぉ)
101 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/23(月) 23:56:08.84 ID:a4zoeW2Lo
イ級「……」テクテク

あかり「イ級ちゃん、どうしたの?」

イ級「……?」

暁「何でこっち見て首傾げるの?」

ビスマルク「何してたのって聞いてるんじゃない?」

暁「レディーには戦わなきゃいけないときっていうのがあるのよ! 貴女も覚えておきなさい!」

イ級「……?」

あかり「また首傾げてるね」

暁「言葉伝わってるのかしら?」

ビスマルク「深海棲艦同士ならもっとはっきりわかるみたいだけど」

オスカー「にゃあ!」

イ級「……!」コクリ

あかり「オスカーとは通じてるみたいですよ」

暁「深海棲艦は猫だったのかしら?」

ビスマルク「でもあれよね、ほっぽが持ってる艦載機とか猫っぽいし繋がりがあるのかもしれないわ」

あかり「そうなの?」

イ級「……?」

オスカー「にゃあ?」
102 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 00:14:16.64 ID:6OcVLctYo
レ級の尻尾「……」

あかり「尻尾ちゃんも来たよぉ」

暁「尻尾ちゃんっていつまでもそれじゃあ可哀想じゃない?」

ビスマルク「そうね、もっといい名前を考えてあげないと」

あかり「じゃあなんて名前にします?」

暁「尻尾でしょ? テールとか」

レ級の尻尾「……」ペシッ

暁「うわっ、何よ! 気に入らないの?」

ビスマルク「安直だからよ。そうね、レ級の尻尾でしょ? レッポ!」

レ級の尻尾「……」ビシッ

ビスマルク「いったぁ!? 暁より強く叩いたでしょ!?」

暁「安直も安直だからよ!」

ビスマルク「ぐぬぬ、だったらねぇ!」

戦艦棲姫の艤装「ギギギ〜」

イ級「……」クイクイ

あかり「あっ、艤装ちゃんとイ級ちゃんも考えてほしいみたいです」

暁「ちょっと待って順番に……え〜尻尾だから〜」

連装砲ちゃん「きゅ〜!」ピュー

ビスマルク「あっ、こら、今考え事してるんだからあっち行きなさい! あぁ、帽子欲しいなら貸したげるから」

あかり「暁ちゃんとビスマルクさん、皆に好かれてるんだね」

オスカー「にゃあ〜」

あかり「動物に好かれるのは、レディーかどうかはともかく、心優しい証拠だと思うよぉ」
103 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 00:17:10.31 ID:6OcVLctYo
今回はここまでです
次は木曾の好感度100イベントからです

まともな動物がオスカーしかいない気がしますが気にしないでください
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/24(火) 00:53:31.52 ID:ZJhQebFbo
乙です!
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/24(火) 07:55:45.69 ID:F036bzLSo
乙です
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/24(火) 18:35:04.41 ID:1BZ1N05vO
107 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 22:46:01.61 ID:6OcVLctYo
開始します
108 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 22:54:52.13 ID:6OcVLctYo
あかり「そろそろ執務室に戻ろうかな」

あかり「でもちょっと縁側に寄って行こうかな?」

あかり「あれ、電気付いてないのに誰かいる?」

木曾「……」

あかり「木曾さんが寝てるよぉ。帽子顔に被ってるけど、もう被らなくても十分暗くなっちゃってるね」

木曾「……」

あかり「木曾さ〜ん」

木曾「んん〜? なんだよ、姉貴……?」

あかり「球磨さんじゃなくてあかりですよぉ」

木曾「あぁ、なんだあかりか……って、何で俺の部屋に!? って、あれ?」

あかり「ここは木曾さんの部屋じゃなくて縁側ですよぉ」

木曾「あっ、あぁ、そうだった、な……」

あかり「ふふっ、寝ぼけてたんですね」

木曾「寝ぼけるくらい、誰だってあるだろう……」
109 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:12:02.02 ID:6OcVLctYo
木曾「何でこんな暗い中に縁側来たんだよ?」

あかり「何となくです」

木曾「相変わらず感覚で生きてる奴だ」

あかり「感覚で生きてますよぉ」

木曾「胸を張るな胸を」

あかり「ふふっ」

木曾「まったく、よく笑うな」

あかり「笑っていたら楽しいですもん」

木曾「本当にキラキラしてるな」

あかり「目がじゃなくてですか?」

木曾「全体的にキラキラしてるな」

あかり「あかりそんなに光ってますか?」

木曾「眩しくて見てられないな」

あかり「ちゃんと見てくださいよぉ」

木曾「無理やり視界に入って来ようとするな!」
110 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:25:39.27 ID:6OcVLctYo
木曾「最初に話聞いたときは、可愛い顔してなんてあれな奴だと思ったんだが」

あかり「あれって?」

木曾「あれってのは、あれだよ、ほら……あれだ」

あかり「わかりませんよぉ」

木曾「とにかくあれだ! あれはあれだったけども、それだけじゃないっていうか」

あかり「どれですか?」

木曾「あ〜もう! 察せ!」

あかり「理不尽ですよぉ!?」

木曾「まあ何というか、こう見えてお前のことを結構買ってるってことだよ」

あかり「木曾さんは結構ほめてくれるので、こう見えても何もないですよぉ」

木曾「そ、そうか……」
111 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:41:06.05 ID:6OcVLctYo
木曾(最初の頃は触れられるのもあれだったのに、今じゃ一緒に寝られるくらいになってる)

木曾(そんな意識が変わるような大きな出来事があったわけじゃないのに、不思議なもんだな)

あかり「どうかしましたか木曾さん?」

木曾「ん? 俺のあかりに対する好感度っていうのか? それがどうやって改善していったんだろうなって」

あかり「改善するっていうことは、最初は低かったんですか?」

木曾「あれだって言っただろ」

あかり「それだったんですね」

木曾「なんか爆発的に改善するようなことがあったわけじゃないよな?」

あかり「そうですね。何かあったわけじゃないと思いますよぉ」

木曾「むしろあかりと過ごした記憶なんか、本当に日常的な些細なことしか思い出せない」

あかり「一緒に寝るのは結構色んな人としてますからねぇ」

木曾「俺はしてないけどな」
112 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/24(火) 23:50:28.86 ID:6OcVLctYo
あかり「一緒に暮らしてると、自然にそういいところが見えて来るんですよぉ」

木曾「悪いところも見えて来るだろ?」

あかり「悪いところ見られちゃってますか!?」

木曾「悪いってほど悪くはねぇんだろうが……」

あかり「えっ、何ですか?」

木曾「あれだよ」

あかり「それに逃げないでください!」

木曾「ふっ、こうやってからかってやると面白いのはいいところだな」

あかり「それで好感度上がったんですね」

木曾「ちょっと上がったかもな」

あかり「他には何で上がったんでしょうか?」
113 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:02:05.11 ID:rroVF4qbo
木曾「他にはそうだなぁ」

あかり「……」ワクワク

木曾「和室作ってくれたこととか」

あかり「ええっ?」

木曾「なんだよ、何かしてもらったら好感度上がるに決まってるだろ」

あかり「そ、そうですけど、なんだか急に具体的になったので」

木曾「まあ確かにちょっと即物的かもしれないけど、物で釣るってのは結構大事なことだろう」

あかり「物というのも大きすぎますけど」

木曾「まあな。けど、結構嬉しかったぜ。縁側もこうして使わせてもらってるしな」

あかり「作ったのは妖精さんですよぉ」

木曾「妖精を動かしたのはあかりだろ?」

あかり「あかりを動かしたのは木曾さんの嘆願書ですから」

木曾「なら俺自身のおかげってことか。ならこの分の好感度は引いておこう」

あかり「わぁ〜! 引かなくていいですよぉ!」
114 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:12:59.68 ID:rroVF4qbo
木曾「眼帯の話もしたっけな」

あかり「ファッションですね」

木曾「そう言われるのはなんというか」

あかり「あれですか?」

木曾「あれだ」

あかり「でも怪我してるんじゃなくてよかったです」

木曾「そうかね。怪我の1つでもある方が、戦士としての箔がつくってもんだが」

あかり「うちに来たの戦い終わった後じゃないですか」

木曾「そこは気にするな」

あかり「今は戦士じゃなくて女の子なんですから。眼帯も似合ってると思いますけどね」

木曾「とはいえ、俺も眼帯を外すと力が解放されるとか思われると困るな」

あかり「力?」

木曾「天龍はそうなんだろ? 眼帯を外すとリミッターが外れるとかなんとか。浜風も実は髪で隠してる目を出すと力が暴走するとかなんとか」

あかり「しませんから騙されてますよぉ」
115 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:29:39.97 ID:rroVF4qbo
あかり「木曾さんはわりと天然さんですよぉ」

木曾「そんなことないだろ!?」

あかり「いいえ、天然さんです」

木曾「それ言うならあかりだってそうだろ!」

あかり「あかりはここに来てからしっかり者になりましたよぉ」

木曾「それでしっかり者なら、この世からうっかり者がいなくなるわ」

あかり「ええ〜そんなことないですよぉ!」

木曾「あるね! 絶対ある!」

あかり「むぅ〜」

木曾「まったく……」

あかり「ふふっ……」

木曾「何がおかしいんだよ?」

あかり「木曾さんだって笑ってます」

木曾「あっ、これはだな……」

あかり「楽しいですね、木曾さん」

木曾「まあ、な」

木曾(そうだな。何か大きなことはなくとも楽しい。そうやってずっと好感度が上がり続けてたってことなんだろうな)
116 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 00:30:31.79 ID:rroVF4qbo
今回はここまでです

木曾との交流はちょっと地味目だったかもしれませんがコツコツ積み重ねていく感じも好きですね
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 07:09:26.81 ID:wodQnClao
乙です
118 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 22:44:08.20 ID:rroVF4qbo
開始します
119 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 22:52:33.22 ID:rroVF4qbo
プリンツ「姉様は動物に好かれるんだね」

あかり「心が優しい証拠です」

プリンツ「後は純粋だってところかな?」

あかり「そこもあるかもしれません」

プリンツ「でもあの子達は皆人懐っこいよね」

あかり「イ級ちゃんは前はそうじゃなかったですけどね」

プリンツ「でも今は一番寄ってくるって言ってもいいくらいだよ」

あかり「はい、頑張りました」

プリンツ「えらいえらい」ナデナデ

あかり「えへへ、ほめてもらった後はあかりがほめる番ですよぉ」

プリンツ「ごほうび!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 ケッコン時の約束の履行
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 22:56:32.58 ID:mEH6hxlyo
3
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 22:56:34.17 ID:NSl90YcyO
3
122 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:10:52.79 ID:rroVF4qbo
あかり「何がいいですか?」

プリンツ「何がいいと思ってるか当ててみて」

あかり「当てる系ですか?」

プリンツ「当てる系です」

あかり「プリンツさんがしてほしいことですか」

プリンツ「わかるかな〜?」

あかり「……ケッコンしたときの約束を果たしてほしいとか?」

プリンツ「わぁ! よくわかったね!」

あかり「それが一番かなと思ったので」

プリンツ「果たしてくれるの!?」

あかり「え〜っと、あんまり長引くのは不公平ですし……」

プリンツ「え〜! 約束を守るっていう1点だけだよ?」

あかり「その約束が先長いですから」
123 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:21:08.66 ID:rroVF4qbo
プリンツ「じゃあね〜一週間に1回は?」

あかり「それくらいならいいかもですけど」

プリンツ「突発的に起こったのは数えないからね!」

あかり「突発的に起こりますか?」

プリンツ「起こるかもしれないよ〜」

あかり「本当にしれないのがちょっと……」

プリンツ「んふふ〜果たせなかったら次週持ち越しだよ」

あかり「そういうルールなんですか!?」

プリンツ「いっぱい溜めるようだったらちゃんと清算に来るからね?」

あかり「あぁ、はい」

プリンツ「ちなみに今日までの分は1日1回で数えてるから」

あかり「今日までの分も含んでるんですか!?」

プリンツ「当たり前だよ〜今日までは毎日って話だったもん」

あかり「今日でだいぶ清算できたんじゃないですか?」

プリンツ「まだまだ全然足りな〜い」

あかり「ええ〜!?」

プリンツ「利子が付かないだけありがたいと思って、ちゃんと清算しに来てね?」

あかり(なんか借金してるみたいだよぉ)
124 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:35:02.12 ID:rroVF4qbo
プリンツ「踏み倒そうとしたら押し倒すから覚悟しててね?」

あかり「そんなにしたいんですか?」

プリンツ「したい!」

あかり「断言しないでください!」

プリンツ「だってきっと皆そう思ってるよ。だから私は素直にそう言ってるの!」

あかり「素直すぎるのも考え物ですね……」

プリンツ「それを選んだのはアカリさんなんだから、言ったことの責任はちゃんと取らないとね」

あかり「はぁ、プリンツさんはどうしてそうなっちゃったんですか?」

プリンツ「アカリさんのことが好きになったからだよ!」

あかり「これもこれで愛が重いですよぉ」

プリンツ「アカリさんなら受け止められるよ、大丈夫!」

あかり「まあ、頑張りますよぉ」

プリンツ「ふふ〜手加減はしないからね?」

あかり「ふええ〜……と、とにかく、明日の秘書艦を決めましょう」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>51-52の☆のついている艦娘以外)
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 23:39:03.03 ID:drX29H4VO
離島棲鬼
126 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/25(水) 23:55:03.12 ID:rroVF4qbo
あかり「アイさんにお願いします」

プリンツ「アイだね、わかった」

あかり「お願いしますね、プリンツさん」

プリンツ「ja 任せておいて」

あかり「……」

プリンツ「……」ニコニコ

あかり「……清算待ちですか?」

プリンツ「ja」

あかり「全体としてはまだ残ってるかもしれませんけど、今日はもう十分じゃないですか?」

プリンツ「ううん。私は一日中でもするつもりだったもん」

あかり「本当にそのつもりだったんですね……」

プリンツ「今ならちょっと吸ってくれるだけで1回分に数えるよ〜」

あかり「触ったりすると色変わるっていうの、関係ないって聞きましたけど心配になりますよぉ」

プリンツ「艦娘だから平気!」

あかり「そんなところまで艦娘万能論使わないでください。排熱は、こうでしたね」カチッ

プリンツ「吸わせやすくて便利」

あかり「そのための機能じゃないですから」

プリンツ「いいのいいの。は〜い、どうぞ〜」プルン

あかり(本当に、赤ちゃんになったみたいだよぉ)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
(>>52の不知火、プリンツ、卯月、〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
(>>52の不知火、プリンツ、伊168、卯月、防空棲姫、ビスマルク、暁以外から1〜3人)
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/25(水) 23:59:03.79 ID:VcgYkgZJO
5舞風
128 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 00:02:42.33 ID:CTkb3Z1jo
今回はここまでです
次は舞風がバーに来るところからはじめます

たぶん清算してるところは描写されませんけどたまにしてたりしてなかったりすると思います
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/26(木) 00:25:53.14 ID:D7Y5TPDso
乙です
130 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 22:41:42.94 ID:CTkb3Z1jo
開始します
131 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 22:45:14.09 ID:CTkb3Z1jo
妖精(猫吊るし)「お酒が飲めないからミルクを飲んでいたというわけですね」

あかり「違うから! ていうか出てないから!」

妖精(猫吊るし)「まあまあ許してあげてください。艦娘は子供作れませんから」

あかり「あかりは怒ってはないよぉ」

妖精(猫吊るし)「それならよかったです」

あかり「でもあれは子供にする感じじゃないと思う」

妖精(猫吊るし)「気にしてはいけません」

あかり「気にしないようにする」

妖精(猫吊るし)「賢明です。でもあの後にバーを開くんですね」

あかり「いつもごほうびの後に開いてるしね」

妖精(猫吊るし)「今思えば、随分とあれと言いますか、うむ」

あかり「妖精さんまであれ使いだしたよぉ」
132 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 22:54:52.37 ID:CTkb3Z1jo
舞風「踊りに来たよ!」

あかり「飲みにじゃなくて?」

舞風「酒場って言ったらダンサーでしょ」

あかり「静かな雰囲気のバーだから」

舞風「ちぇ〜」

妖精(猫吊るし)「今日はお1人ですね」

あかり「舞風ちゃんだけだよぉ」

舞風「誰もいないなら雰囲気も何もないよね!」

あかり「あかりがいるよぉ」

舞風「あかりは店員さんだからいいの!」

妖精(猫吊るし)「はいはい、とにかくお席にご案内です」
133 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:06:37.71 ID:CTkb3Z1jo
あかり「舞風ちゃんは夜も元気だね」

舞風「夜でも元気だよ〜」

あかり「あんまりうるさくしないようにね」

舞風「防音しっかりしてるから平気だよ」

あかり「まあ確かにだいぶしっかりしてるけど」

妖精(猫吊るし)「だから落ち着いてできるんですね」

あかり「何をかは聞かないよぉ」

舞風「まあ、なに? 一応感謝してるよ。あそこ作ったのも妖精でしょ?」

妖精(猫吊るし)「そうですよ」

あかり「妖精さんの技術力はどこから出て来るんだろう?」

妖精(猫吊るし)「それはですね」

あかり「それは?」

妖精(猫吊るし)「へい、お刺身盛り合わせ一丁!」

あかり「はぐらかされたよぉ」

舞風「たぶん聞いてもわからないし、すごいことできるって覚えとけばいいよね」
134 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:08:33.84 ID:CTkb3Z1jo
舞風「はぁう〜なんか体が暖まって来た〜」

あかり「動いてないのに?」

舞風「動かなくても暖かくなるよ〜」

↓1 コンマ30以上で酔っぱらう
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/26(木) 23:09:34.77 ID:cGvtqCXxO
136 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:16:48.91 ID:CTkb3Z1jo
舞風「うへへ〜」

あかり「これは酔っぱらってるね舞風ちゃん」

舞風「酔ってないですよ〜」

あかり「酔ってるよぉ」

舞風「未成年飲酒とか、しないから。那珂さんに迷惑かかる〜」

あかり「やっぱり酔ってるよぉ。大丈夫?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
舞風の酔い方

1 静まる
2 激しく踊りだす
3 あかりを那珂だと勘違いする
4 その他自由に 
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/26(木) 23:20:49.10 ID:XzyStWhJO
1
138 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:37:13.52 ID:CTkb3Z1jo
舞風「……」ピタ

あかり「舞風ちゃん?」

舞風「……」

あかり「常に小刻みに動き続けてる舞風ちゃんが止まった!?」

舞風「……疲れた」

あかり「舞風ちゃんが疲れることあったんだ」

舞風「……ある」

あかり「あるんだ」

舞風「……あるよ」

あかり「静と動の差が激しいよぉ」

舞風「……溜めてる」

あかり「力を?」

舞風「……ん」

あかり「だからあんなに踊り続けられるんだね」

舞風「……回復大事」

あかり「そっか、まあ、しっかり回復してね?」

舞風「……ん。おかわり」

妖精(猫吊るし)(酔ってるんでしょうけど、たまに素でこうなってそうですね)
139 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:45:20.55 ID:CTkb3Z1jo
あかり「アイさんは酔ってもあんまり変わらなさそうですね」

離島棲鬼「それは私の素が酔っぱらってるみたいだって言ってる?」

あかり「言ってません」

離島棲鬼「こう見えてめっちゃ変わるからね! 豹変するから!」

あかり「どんな感じにですか?」

離島棲鬼「正統派美少女に!」

あかり「姿も変わるんですか?」

離島棲鬼「地味にひどくない!?」

あかり「それは冗談ですけど、そんなふうになるんです?」

離島棲鬼「なるなる、なっちゃうよ!」

あかり「じゃあお酒飲んでもらってから秘書艦さんしてもらった方がいいですね」

離島棲鬼「ねぇ、何で私に対してはSなのあかりちゃん!?」
140 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/26(木) 23:54:43.51 ID:CTkb3Z1jo
妖精(猫吊るし)「おはようございます」

離島棲鬼「おは妖精」

あかり「おはよう妖精さん」

妖精(猫吊るし)「今日はアイさんが秘書艦ですか」

あかり「秘書艦だよぉ」

離島棲鬼「ただでごほうびが貰えるって聞いてきました」

妖精(猫吊るし)「では早速仕事です」

離島棲鬼「タダじゃないし!?」

あかり「お仕事?」

妖精(猫吊るし)「新しい艦娘さんがお見えです」

あかり「新人さん? また増えるんだね〜」

離島棲鬼「またにぎやかになるわね」

妖精(猫吊るし)「ではお呼びしますね」

離島棲鬼「は妖精」

あかり「どんな子が来るのかな〜」

離島棲鬼「ねぇツッコんで? お願い」
141 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 00:02:40.63 ID:XOXjKwzno
朝風「おはよう! 朝風よ。神風型駆逐艦二番艦、朝風」

あかり「あさか……ぜちゃんだ。おはよう」

朝風「何でちょっと言いよどんだの? 早く覚えなさい! いい?」

あかり「覚えてるから大丈夫」

離島棲鬼「神風の妹ねよろしく」

朝風「貴女は深海棲艦ね」

離島棲鬼「アイっていうの」

朝風「アイ……目?」

離島棲鬼「何で愛情のアイじゃなくてそっち連想するの!?」

朝風「印象的な色してたからついね。んまあ、よろしくね」
142 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 00:14:58.00 ID:XOXjKwzno
神風「妖精に呼ばれて来てみたら、こういう事」

朝風「あっ、神風姉!」

あかり「妖精さんが呼びに行ったんだ」

神風「ここに配属になったのね朝風。あんまりあかりに迷惑かけないように」

朝風「私が迷惑なんてかけるわけないでしょ。神風姉こそかけてない?」

神風「かけて、ないよね?」

あかり「どうかなぁ?」

神風「ちょっと!?」

離島棲鬼「私に対してじゃなくて、今日はちょっとSな日だったのかな?」

朝風「はぁ、やれやれ。個々は私が神風型の評価を上げるしかないようね」

神風「調子に乗らないの。ほら、案内してあげるからついていらっしゃい」

朝風「はい! じゃ、また後でね司令官」

あかり「あかりのことは司令官じゃなくてあかりって呼んで。もしくはあかり姉って」

朝風「呼び捨てしちゃっていいの? じゃあ、あかり」

あかり「姉がよかったよぉ」

朝風「いきなり姉扱いはあれでしょ。ていうか、どう見ても姉って感じじゃないし」

あかり「むぅ、姉になってみせるよぉ」

朝風「あははは、やるだけ無駄でしょうけど頑張ってみれば〜」

神風「もう、朝風! ごめんね、あかり。悪い子じゃないと思うから」

あかり「うん、朝風ちゃん改めてよろしくね」

朝風「は〜いよろしく」
143 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 00:15:36.16 ID:XOXjKwzno
今回はここまでです

VRの朝風とは当然のことですが別人です
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 01:31:00.50 ID:dfJ2OWjlo
おつおつ
145 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:48:07.16 ID:XOXjKwzno
開始します
146 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:48:37.89 ID:XOXjKwzno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風
147 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:49:39.20 ID:XOXjKwzno
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫  〇離島棲鬼☆
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火☆  木曾
148 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 22:58:34.55 ID:XOXjKwzno
離島棲鬼「神風達の格好いいよね」

あかり「和服ですか? 可愛いですよね」

離島棲鬼「ああいうの着てみるのもいいかも」

あかり「アイさんは洋風じゃないですか」

離島棲鬼「だからたまには和風なのもね」

あかり「和服というか着物でも、着物ドレスって言うんでしたっけ? ああいうのが似合いそうです」

離島棲鬼「あ〜いいよねあれ。那珂が和ロックとか歌うときに着ないかな?」

あかり「那珂ちゃんそういうの歌うんでしょうか?」

離島棲鬼「わりと何でも歌いそうだけど」

あかり「でもああいうの着るなら髪の毛元に戻した方がいいかもしれませんね」

離島棲鬼「そう言えば去年の夏からずっと夏モードのままだった!」

あかり「忘れてたんですね……とにかく、たまには違った服装するのもいいと思います」

離島棲鬼「そうだね、たまにはコスプレもいいものよ」

あかり「それはなんか違うような。置いときますけど、これから何しましょうか」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>146-147〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>146-147から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>146-147から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>146-147から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>146-147の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 23:02:34.38 ID:R1uv0te+O
1朝風
150 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 23:13:37.12 ID:XOXjKwzno
神風「部屋はここね」

朝風「個室あるんだ! いいじゃん!」

あかり「1人1部屋あるよぉ」

朝風「見かけによらず太っ腹だねぇあかり」

あかり「単純にここが広いっていうだけだよぉ」

朝風「確かにここ広すぎだよ。慣れるまで迷っちゃいそう」

あかり「迷ったら誰でも声かければ案内してくれるからね」

朝風「それは負けたみたいでなんかやじゃん?」

神風「誰も貴女と勝負してないから」

あかり「探検するのはいいけどほどほどにね。変なところ入ってしばらく出て来られなかった子もいるから」

朝風「私がそんなんなるわけないじゃないのよ。で、どうして追いかけて来たの?」

あかり「お話ししようかと思って」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 服装について
3 元気だねという話
4 その他自由に
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/27(金) 23:18:21.01 ID:nn4vpajXo
152 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 23:31:18.72 ID:XOXjKwzno
朝風「私のことそんなに気になっちゃう?」

あかり「気になる」

神風「そうやってすぐ新しい子に飛びつくんだから」

あかり「人聞きが悪いよぉ!」

朝風「まっ、私に一目ぼれしちゃう気持ちもわかるけどね」

あかり「朝風ちゃんも神風ちゃんも和服だよぉ」

朝風「無視かい」

あかり「さっきアイさんと可愛いねって話してたの」

朝風「服装だけが可愛いわけじゃないけども」

神風「朝風、さっきからちょっと態度大きいよ」

あかり「でも堂々としてて知らないところに来て委縮してないみたいでよかったよぉ」

朝風「どこでもすぐ入り込めちゃうのよ私は」
153 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/27(金) 23:49:01.20 ID:XOXjKwzno
あかり「リボンもちょうちょみたいで可愛いよぉ」

朝風「でっしょ〜?」

神風「リボンも大きいわね」

朝風「態度もリボンも大きくなきゃ!」

あかり「綺麗な青色だね〜」

朝風「目の保養になるでしょう。じっくり見ていいわよ」

神風「色的な意味なのか容姿的な意味なのか」

朝風「どっちもよ!」

神風「言うと思った」

あかり「あはは、朝風ちゃんは気持ちのいい子だね」

朝風(ふぅん、結構神経太そうね)
154 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/28(土) 00:00:29.72 ID:Uh33379Do
神風「あかりは私に洋服を着せようとするけど、自分もこういうの着てみないの?」

あかり「着れるなら着てみたいけどね〜」

朝風「ええっ、赤2人になってバランス悪いじゃん」

あかり「赤2人?」

朝風「私は青でしょ? 神風姉とあかりは赤だから私が除け者っぽいじゃない」

あかり「じゃあ、あかりが青い着物を着ればいいんだね」

朝風「それなら1.5同士になってバランスがいいわね!」

神風「待って。赤が髪だけになるから、やっぱり1.2対1.8くらいにならない?」

朝風「細かっ! そこまで気にする?」

あかり「神風ちゃんは敏感だから」

神風「そこは敏感と違うわよ!」

朝風「あははは、洋服着せようとしてくるんだ? 私は別にこだわりあるわけじゃないし、さっきのアイさんみたいな服とかも着てみたいよ」

あかり「アイさんも朝風ちゃんの服着てみたがってたから、交換だよぉ」

朝風「身長差とか考えな〜」
155 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/28(土) 00:06:15.36 ID:Uh33379Do
今回はここまでです

離島棲鬼の髪形は戻すタイミングがなかっただけで忘れていたわけではないですはい
たぶん忘れられていたとは思いますが
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/28(土) 00:07:27.76 ID:K5mHIOCto
乙です!
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 16:25:28.29 ID:nQF+sAmTO
158 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:43:15.34 ID:Z1Uqo6aJo
昨日はすいませんでした
今日の終わりに小ネタ募集します
あと不知火に◇付け忘れてたので更新します

開始します
159 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:43:42.78 ID:Z1Uqo6aJo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風
160 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:44:10.15 ID:Z1Uqo6aJo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫  〇離島棲鬼☆
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
161 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 22:51:52.04 ID:Z1Uqo6aJo
朝風「あかりとなら交換できるかもね」

あかり「身長同じくらいだもんね」

朝風「私が司令官ってのもいいかもしれない」

神風「私達だって女の子の姿なんだから似合わないわよ」

朝風「私にはなんだって似合うの!」

神風「この子は全く……」

朝風「あっ、そろそろ案内の続きしてもらおうかな。あんまり遅いと日が暮れちゃいそうだし」

あかり「そうだね。引き止めてごめんね朝風ちゃん、神風ちゃん」

朝風「いいのいいの。司令官の人となりっていうのも気になるところだしね」

神風「色々迷惑かけるかもしれないけど、よろしくお願いしますね」

あかり「うん。あかりの方こそかけちゃうかもだけど、よろしくね」

朝風「むしろ私がかけるわけないし、そっちの方が多いかも」

神風「そういうの言動を迷惑に思う人もいるからね?」

あかり「あははは、朝風ちゃんは自信家だよぉ。さてと、これからはどうしようかな」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>159-160の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>159-160の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>159-160の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>159-160の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>158-160の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 22:55:52.05 ID:+ZsS9pThO
4不知火1
163 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:05:10.94 ID:Z1Uqo6aJo
あかり「ぬいちゃん」

不知火「何でしょうか?」

あかり「あめ食べる?」

不知火「何ですか急に」

あかり「陽炎ちゃんにもあげたし、いるかなって」

不知火「不知火には不要です」

あかり「でもこの前陽炎ちゃんに襲われそうになったって言ってなかった?」

不知火「言いましたけど」

あかり「あめであげたときに色々やってもうしばらくはないと思うけど、もしものために上げといた方がいいかも」

不知火「色々とは?」

あかり「え〜っと、色々」
164 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:12:12.27 ID:Z1Uqo6aJo
不知火「このあめ」

あかり「ふしぎな味?」

不知火「ですが、そうではなく。副作用があると聞きましたが」

あかり「うん。なんか練度が一気に上がるから体が凄く敏感になって、熱くなるみたい」

不知火「敏感になって熱く?」

あかり「簡単に言うと、エッチになるみたい」

不知火「……」

あかり「わぁ〜吐き出しちゃだめだよぉ!」

不知火「練度が上がるからといって、そんなものを食べさせないください」

あかり「だって、陽炎ちゃんに対抗できるようにしないと」

不知火「そもそもあかりんが陽炎にあめをあげるからっ……!」

あかり「それはおしおきのためにね」
165 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:41:38.49 ID:Z1Uqo6aJo
不知火「不知火も、おしおきされるようなことしましたか……?」

あかり「ぬいちゃんにはおしおきじゃないよぉ」

不知火「でも、おしおきになるくらい、つら、はぁっ……!」ガクッ

あかり「ぬいちゃん!」

不知火「あぁぁ……本当に熱いし、敏感にっ……」ビクッ

あかり「ぬいちゃん、あかりが――」

不知火「少し、外に出ていてください……」

あかり「どうするの?」

不知火「エッチな、気分になると言ったのは……あかり、んでしょう……」

あかり「1人でするの?」

不知火「そんなこと、聞かないで……」

あかり「あかりがしてあげるよぉ」

不知火「だ、だめっ……!」ギュッ

あかり「どうして?」

不知火「どうしてって、そんなのっ、うっ……!」

あかり「あかりは、ぬいちゃんがそうなるって知っててここに残ってたんだよぉ。そうなったぬいちゃんの相手をするために」

不知火「あかりん……」

あかり「大丈夫、あかりに任せといて。慣れてるからね」

不知火「いや、だ……」

あかり「まだいやなの?」

不知火「はじめて、がこんなっ……病気の介護、みたいな感じ、じゃ……やだ……」

不知火「もっと、ちゃんと……い、あぁっ……!」

あかり「ぬいちゃん……」

不知火「はぁっ、はぁ〜……」

あかり「介護だなんて思ってしてないよぉ。あかりはね、ぬいちゃんのこと好きだよ」

不知火「あかっ、んっ――」

あかり「……」チュッ

不知火(キスされた……!? あかりんの舌が不知火の口の中に……キスって、唇だけでするものじゃ……ないんだ……)

あかり「……はぁ。今までだって、病気の介護だとか思ってやってたことなんかないよぉ。仕方ないって自分を誤魔化してたことはあったけど」

あかり「もうそれはやめようと思ったから。あかりはね、ぬいちゃんと……エッチしたいの」

不知火「……っ!?」

あかり「だから、ぬいちゃんもそういう気持ちでいてね……」

不知火「ま、待って……」

あかり「まだ何かあるの?」

不知火「不知火は、まだ言ってません……あかりん、が、好き、です……して、ください……」

あかり「うん。いっぱい気持ちよくしてあげるからね」
166 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:49:39.27 ID:Z1Uqo6aJo
離島棲鬼「またふしぎなあめ誰かに使ったの?」

あかり「使いましたよぉ」

離島棲鬼「ふぅん……」

あかり「どうしたんですか?」

離島棲鬼「いや、なんて言うか……」

あかり「なんて言うか?」

離島棲鬼「ライトちゃんとして知ってた頃からだいぶ変わったというか、自分から行きはじめたなって」

あかり「あめのときは大抵自分からですよぉ」

離島棲鬼「いや、それだって最初は逃げようとしてたでしょ。なんかこう、生娘が穢された感じ? なんというか、こうゾクゾクするわねぇ」

あかり「あかりは穢れたとか思ってませんよぉ。愛情を皆が望む形で返してあげられるようになったんですから」

離島棲鬼「そ、そういう考え方なんだね」

あかり「というか、最初逃げようとしてたところまで知ってるんだね……京子ちゃん」

離島棲鬼「冷静に考えるとだいぶえげつない……っていうのは忘れて昼から何するか考えましょう!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>159-160の朝風、不知火、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>158-160の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 23:54:39.58 ID:2xHIneH8O
3 z3 プリンツ ビスマルク 3
168 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/29(日) 23:58:07.44 ID:Z1Uqo6aJo
今回はここまでです
次はドイツ艦達と街に出るところからはじめます

不知火とはこれがはじめて、のはずですね
小ネタでは陽炎に先にされてますけど本編ではあかりが最初です

↓1〜2で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 23:59:03.21 ID:kZvxn1mVO
朝風も鎮守府に着任したんだしこの前のエロゲの続きで朝風ルートも攻略お願いします
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/29(日) 23:59:26.70 ID:b/rvc8EHO
>>75の続き
171 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 22:45:18.09 ID:Bl3bNXLSo
開始します
172 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 22:49:46.22 ID:Bl3bNXLSo
Z3「街にですか?」

プリンツ「一緒にお出かけ! 行く!」

ビスマルク「しょうがないわね、付き合ってあげる」

あかり「ありがとうございます」

ビスマルク「で、どうやってドイツまで行くの?」

あかり「いや行きませんよ!」

ビスマルク「何でよ。このメンバーでドイツじゃないっておかしいでしょ」

プリンツ「姉様、さすがに天然が過ぎます」

Z3「街に出るんですね。少し支度をします」

ビスマルク「あの出撃に使ってた船使えば一瞬で行けるでしょうに」

あかり「そこは忘れてください」
173 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:09:39.22 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「どこ行くの〜?」

あかり「どこ行きましょうか」

ビスマルク「相変わらず決めてないのね」

あかり「皆で一緒に遊びたいというのが一番ですから」

Z3「それなら鎮守府から出なくてもできますけどね」

プリンツ「そうだね〜プールとかあるし」

あかり「お外に出るのがいいんです!」

ビスマルク「そうよ! 鎮守府の中で完結できるとはいえ、籠ってるのは体に悪いわ!」

Z3「ビスマルクはやけに外出に乗り気ですね」

プリンツ「ビスマルク姉様は外出ではしゃいじゃうタイプだから」

ビスマルク「行く場所は私が決めていいかしら?」

あかり「候補は決めていいですよぉ。プリンツさんとマックスちゃんにも聞きますから」

ビスマルク「私はね、あそこ行きたいわ。ゲーセン!」

あかり「ゲームセンターですか?」

ビスマルク「そう。秋月とか春雨とかが楽しいって言ってるもの」

あかり「ビスマルクさん達が行ったら浮いちゃいそう」

ビスマルク「いいじゃないの目立つなら」

Z3「目立ちたいだけみたいですね」

あかり「プリンツさんはどこがいいですか?」

プリンツ「私は車の中で皆でエッ――」

あかり「マックスちゃんは?」

Z3「わ、私は……服を……」

あかり「お洋服?」

Z3「いえ、下着……」

あかり「えっ?」

Z3「い、以前駆逐艦は皆あかりに選んでもらったと聞いたので! わ、私も……」

ビスマルク「そういえばそんなこともあったわねぇ」

あかり「パンツだからはずかしくなっちゃうけどいいの?」

Z3「そこはいいんですよ」

プリンツ「ねえ、アカリさん! 認めるんじゃなかったの!?」

あかり「あかりはあかりの気持ちを認めましたけど、だからって何でもするわけじゃないんです」

ビスマルク「プリンツ、貴女ちょっと思考が下品になりすぎよ」

Z3「もう少し貞淑にしてください」

プリンツ「やだ〜! これくらいしないとアカリさん乗って来ないもん〜!」

あかり「はぁ、どこにしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 ゲーセン
2 カー××××
3 ランジェリーショップ
4 その他自由に
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/30(月) 23:13:39.03 ID:A/pzrT+bO
175 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:28:44.02 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「実力行使〜!」ガバッ

Z3「うわっ!」

ビスマルク「ちょっと、プリンツ! 狭いんだしまだ走ってんだから暴れないで!」

プリンツ「関係ないです〜」

ビスマルク「ああんもう! あかり! おっぱい吸って静かにさせて!」

あかり「ええっ!? そうやって静かにさせるんですか!?」

Z3「そうしないと静まらないので」

あかり「もう、しょうがないですね」

プリンツ「おいで〜」

あかり「はいはい……」パカッ

ビスマルク「排熱機構を変な風に使いこなして……」

プリンツ「いいんです。アカリさんの口に熱が移るんです」

Z3「むしろあかりの熱が胸に籠りそうですが」
176 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:38:45.73 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「んっぅ……アカリさん、私を喜ばせる吸い方覚えたね」

あかり「これだけしてれば覚えます」

プリンツ「よしよし、いい子〜」ナデナデ

あかり「やめてください……本当に赤ちゃんになった気分になります」

プリンツ「赤ちゃんはこんな吸い方しないから。私はこういう吸い方をするアカリさんをほめてるんだよ〜」

あかり「プリンツさんったら……」

プリンツ「んふふっ、んんぅ……! はぁ……」

ビスマルク(さっきよりは声的には静かになったんでしょうけど)

Z3(性的にうるさい……気になる……)

ビスマルク(そりゃケッコンするとき、ああ言ったんだしやることやるんでしょうけどね)

Z3(あまりこう見せつけられると、湧き上がってくる気持ちをどう処理すればいいのか)

妖精「……」キキィー

あかり「わぁっ!?」グラッ

ビスマルク「……っ!」ムニッ

プリンツ「ああっ、アカリさん!」
177 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/30(月) 23:57:41.07 ID:Bl3bNXLSo
プリンツ「姉様〜アカリさんこっちに〜」

ビスマルク「……」

あかり「ビスマルクさん?」

ビスマルク「ええい! 私だってケッコンしてんのよ!? 横でそんなの聞かされて黙っておけるわけないじゃないの!」バサッ

あかり「ビスマルクさんもですか!?」

プリンツ「やっぱり姉様も人のこと言えませんね」

ビスマルク「あんたに当てられたのよ! まったく……ほら、私のもしなさいよ」

あかり「えっと……はい」パクッ

ビスマルク「んんぅ……ほんっとにもう! プリンツのせいでドイツ艦が胸吸われるの好きとか思われたらどうするのよ……」

プリンツ「好きだって顔と声で言われてもって感じですよ姉様」ツンツン

ビスマルク「ばっ……! やめなさいよ、胸突かないで……」

プリンツ「こっちも吸いやすくしとかないといけませんからね〜」

ビスマルク「ちょぉっ、まぁっ、はぁぁっ……」ビクン

Z3「……」
178 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 00:12:00.72 ID:b8Mk1ENNo
妖精「……」グルン

Z3「あっ、わぁっ……!」

あかり「マックスちゃんも? しょうがないね」

Z3「いや、私は……」

Z3(あかりが完全に出来上がってる目だ……)

プリンツ「じゃあしばらくは私がお相手しますね姉様」

ビスマルク「プリンツ、やめなさいって……!」

プリンツ「ふっふっふ〜この狭い車の中からは逃げられませんよ〜」

あかり「マックスちゃんはいつも静かだけど、これでもう少し静かになるかな?」

Z3「あ、あああっ……! これで、静かにできるわけない……!」

Z3(こんな狭い車内で、何をしているんでしょう私達は……)

ビスマルク(すぐ外に人が、いるっていうのに……!)

プリンツ(たまには皆でというのもありだね)

妖精「……」ヤレヤレ
179 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 00:12:56.70 ID:b8Mk1ENNo
あともう少しだけ続きますが今回はここまでです

普通は止めてするものだと思いますが走行中です
危ないので真似してはいけません
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/31(火) 00:40:27.52 ID:i1HOSz4So
乙です
181 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 22:42:25.13 ID:b8Mk1ENNo
開始します
182 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 22:58:10.79 ID:b8Mk1ENNo
妖精「……」

あかり「ゲームセンター着きましたけど、どうします?」

ビスマルク「はぁ、はぁ……これで、いけると思うの?」グタ

プリンツ「ふふっ、止まったから……もっとやりやすくなった」

Z3「こんなに、吸われては……下着を付けるのにも、苦労、しますから……」

妖精「……」ガチャ

あかり「あっ、妖精さん」

Z3「あまりシートを汚さないように、だそうです……」

あかり「あぁ、気を使わせちゃってるね……」

ビスマルク「プリンツは、本当にっ……もう……」

プリンツ「いいじゃないですか、皆ケッコンしたんですし……そういうことするのも……」

Z3「普通しませんよ……」

プリンツ「普通じゃないことをするから、特別な関係なんです……」

あかり「それは、そうですけど……」

プリンツ「んふふっ……仕切り直しだね。アカリさん、どのおっぱいから吸う?」ムニュ

ビスマルク「はぁ、はぁ……」プルン

Z3「んっ……ぁぁ……」ツン

あかり(これもある意味でゲームみたい……なんて……)
183 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:10:22.02 ID:b8Mk1ENNo
離島棲鬼「ゲーセン行ってたの?」

あかり「あっ、はい。行きました。一応」

離島棲鬼「一応? とにかく、今度は私とも行こうよ〜」

あかり「アイさんも目立ちそうですね」

離島棲鬼「ドイツ艦の子と行ってたんだっけ? 目立ってたでしょ。肌白いし」

あかり「えっ? ま、まあ、肌の白さはよくわかりましたけど」

離島棲鬼「いやあかりちゃんがわかるんじゃなくて。というかそこはお前の方がもっと白いだろってツッコむところでしょ!」

あかり「いいんですかそこツッコんで?」

離島棲鬼「別に気にしてないし。ていうか、アルビノっぽくてカッコいいじゃん! 大体物語のキーか主人公くらいの立ち位置だもんアルビノ」

あかり「確かになんか重要キャラっぽいですよね」

離島棲鬼「めっちゃくどい中二病みたいな言い回しすんの!」

あかり「一時期してましたね」

離島棲鬼「忘れて! 私の黒歴史を呼び起こさないで!」

あかり「黒歴史になる早すぎですよぉ」

離島棲鬼「乙女は育ちざかりなのよ! で、これからはどうしよっか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>159-160の朝風、不知火、Z3、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>158-160の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/10/31(火) 23:14:26.99 ID:XaUtmy+PO
4離島棲鬼7
185 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:20:27.89 ID:b8Mk1ENNo
あかり「もう1度遊びに行くのも遅い時間ですからね」

離島棲鬼「じゃあ執務でもする? もうほとんど片づけたけど」

あかり「それよりも、これです」

離島棲鬼「えっ?」

あかり「ケッコンですよぉ」

離島棲鬼「あぁ、なんか1日1ケッコンみたいなノルマがあるもんね」

あかり「それはないですけど、しようかなって」

離島棲鬼「次は誰とするの?」

あかり「アイさんです」

離島棲鬼「アイさんね……私!?」

あかり「他にいませんよぉ」
186 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:41:26.56 ID:b8Mk1ENNo
離島棲鬼「いやぁ、ついに私の番が回って来ましたか〜正直ほっぽより早くなるとは思わなかったわ」

あかり「ほっぽちゃんはケッコンって言ってもよくわからないと思いますから」

離島棲鬼「いや、よくわからないなりにしたがってるみたいだよ。わるさめが指輪見て喜んでるの羨ましそうにしてるし」

あかり「それ指輪欲しがってるだけじゃなくてですか?」

離島棲鬼「仲良しの証だって言ったら欲しいって」

あかり「ほっぽちゃんだけ仲間外れにはしませんけど、なんだかちょっと違いますよぉ」

離島棲鬼「でもダイソンよりも早いなんてね」

あかり「ダイソンさんはあんまり気にしないかなと思いまして」

離島棲鬼「何を?」

あかり「順番とか。アイさんは一番最後になったらすごく拗ねそうなので」

離島棲鬼「そんな理由なの!?」

あかり「順番にそんなに深い意味はないっていつも言ってますよぉ」

離島棲鬼「だからってそれはなんかやだなぁ」

あかり「拗ねそうだからという以前に、アイさんが好きだからするんですよ」

離島棲鬼「あっ、そ、そう……えへへ……」
187 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/10/31(火) 23:49:02.59 ID:b8Mk1ENNo
離島棲鬼「ねぇ、この書類さ」

あかり「はい?」

離島棲鬼「アイって書いて受理される?」

あかり「わるさめちゃんはわるさめで受理されてましたよぉ。というか妖精さんがわかれば何でもいいと思います」

離島棲鬼「私にとってはわりと重要なことだよ!」

あかり「自分で付けた名前ですもんね」

離島棲鬼「そう。離島棲鬼じゃなくて、アイ。それが私の名前」

あかり「アイランドのアイですよね」

離島棲鬼「アイだけでも色々な意味を持ってるし、それだけじゃないのよ!」

あかり「愛情のアイですか?」

離島棲鬼「専らそれで通してる!」

あかり「アイさんは色んなものを好きになりますし、似合ってると思います」

離島棲鬼「愛多き女アイ。でも、愛深き女でもあるんだよ」

あかり「そんなに深くは感じませんけどね」

離島棲鬼「そんなっ! こんなにも愛しているというのに!?」

あかり「あははは、あかりのことでいいんですね」

離島棲鬼「当たり前でしょ! ここで他の人の名前出すとか私でもしないからね!」

あかり「ありがとうございます、アイさん」

離島棲鬼「ありがとうよりも?」

あかり「愛してます」

離島棲鬼「うん! 私も!」
188 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 00:03:20.62 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「えへへ〜」

あかり「わるさめちゃんもそうやって喜んでたから、ほっぽちゃんが興味持ったんですね」

離島棲鬼「傍目から見ても嬉しそうってのがわかったからね」

あかり「今もわかりますよぉ」

離島棲鬼「わかっちゃう? わかっちゃうか〜」

あかり「分かっちゃいました」

離島棲鬼「ふふっ、うん。嬉しい、素直に」

あかり「なら、あかりも嬉しいです」

離島棲鬼「ずっと夢見てた世界に入って来られて、そこでもっと幸せな夢を見られてる」

あかり「夢じゃなくて現実ですよぉ」

離島棲鬼「夢のように幸せだよってこと!」

あかり「でも、夢のように消えたりはしませんから」

離島棲鬼「うん。それが、夢みたいだって」

あかり「ふふふっ、夢じゃないのが夢みたいだって、不思議ですね」

離島棲鬼「言葉って不思議だね本当に。だから、面白い」

あかり(アイさんは純粋に言葉が好きだから小説を書くのかな?)

離島棲鬼「これがごほうびみたいなものだけど、まだもらえるんだよね?」

あかり「もらえますよぉ。何がいいですか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 一緒にアニメを見る
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:07:20.43 ID:7k2nZa2QO
190 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 00:19:06.16 ID:HEnj9e+Ko
今回はここまでです
次は離島棲鬼と××するところからです

小ネタでキャラを考えたときはこうして本編に出て名前まで付けられるとは思ってませんでしたね
深海棲艦は正直オリキャラみたいなものなのであまり出張らせると反感を受けるかなと思いましたが、
特にそういったこともなくここまで来られて、安心しております
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:20:30.06 ID:/5cRVL/0O
おつ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 00:39:47.47 ID:Rc+B8dBdo
乙です、ほっぽちゃんもケッコン対象にしてよかったのね
193 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 22:46:26.60 ID:HEnj9e+Ko
>>192
でもエロ系の話には極力いかないようにすると思うのでご了承ください

開始します
194 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 22:56:54.07 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「ええっ、何がいいかなぁ」

あかり「アイさんのしてほしいことでいいですよぉ」

離島棲鬼「どうしよっかな〜」

あかり「ないなら無理にとは言いませんけど」

離島棲鬼「いや待って! 考える時間短すぎでしょ!?」

あかり「ふふふっ、ちゃんと待ってますので」

離島棲鬼「じゃあね〜ケッコンもしたし〜その〜ね?」

あかり「はい」

離島棲鬼「アイさんの愛を確かめたいと思いませんか?」

あかり「いいえ」

離島棲鬼「酷い!」

あかり「確かめなくてもわかってますから」

離島棲鬼「っ、そ、そう……いやでもね、行動で示すって大事だと思うんだ!」

あかり「それはわかりますよぉ。行動したいんですか?」

離島棲鬼「いい、かな?」

あかり「ごほうびですから」
195 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:15:47.48 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「えっと、まずはキスから……」

あかり「はい……」

離島棲鬼「んっ……」チュ

あかり「……」

離島棲鬼「……はぁっ、じゃあ服脱がせるね」

あかり「……ん」

離島棲鬼「よいしょっと……わたしも脱いでっと……」

あかり「なんか、すごい普通ですね……」

離島棲鬼「普通って?」

あかり「いえ、何ていうか、あかりが……想像してたエッチ、っていうのがこんな感じで……」

離島棲鬼「あかりちゃんもしてたんだそんなこと」

あかり「し、しますよそれくらい!」

離島棲鬼「それが今じゃ、普通じゃないプレイに傾倒しちゃって」

あかり「別に変なことばかりしてるわけじゃないですよぉ! でもなんだか、こうキスして、服脱いで〜ってやってると……」

離島棲鬼「やってると?」

あかり「逆になんだか、してるな〜って気がして、はずかしい、というか……」

離島棲鬼「逆になんて言えちゃうくらいの経験者なんだね〜」

あかり「い、言わないでくださいよそれは!」

離島棲鬼「まあ、なんか変なところ行っちゃったのを初心に帰ってね。普通に愛し合っちゃおうよ」

あかり「……はい」

あかり(あかりの初心は色々と激しかったんですけどね……)
196 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:24:20.00 ID:HEnj9e+Ko
離島棲鬼「ね、気持ちよかった?」

あかり「気持ちよかったですよぉ」

離島棲鬼「よかった。変態的なプレイでしか感じられない体になってなくて」

あかり「なりませんよそんなの」

離島棲鬼「むしろ変態的なプレイしてるから、一般的なのをより感じられるように……」

あかり「やめてください〜」

離島棲鬼「ふふっ、私ももっとすごいことやっちゃわないと」

あかり「ちゃわなくていいです。あっ、そろそろ明日の秘書艦さん決めましょう」

離島棲鬼「ええ〜もうちょっとピロートーク楽しもうよ〜一番楽しいところでしょ」

あかり「それはまた今度です」

離島棲鬼「むぅ〜まあしょうがないけど。で、明日は誰にするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>159-160の☆のついていない艦娘)
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:28:20.78 ID:Jg6ZeW4eO
朝風
198 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:38:37.37 ID:HEnj9e+Ko
あかり「朝風ちゃんにお願いしますよぉ」

離島棲鬼「朝潮?」

あかり「朝風ちゃんです」

離島棲鬼「あぁ、新入りの子ね。わかったわ伝えておく」

あかり「お願いしますね、アイさん」

離島棲鬼「ん、最後の仕事頑張るよ」

あかり「最後の仕事終わってからごほうびの方がいいですか?」

離島棲鬼「いや、一旦寮に行ってからまた戻ってこないといけなくなるし」

あかり「そうですよね」

離島棲鬼「それじゃあ、おやすみなさいあかりちゃん」

あかり「おやすみなさい、アイさん」

離島棲鬼「……ふぅ、今日はいい感じに過ごせたんじゃないかしら?」

離島棲鬼「ケッコンもできたし、ごほうびも……んふふふ〜ダイソンに自慢しちゃお〜」

あかり「あんまりしつこくケッコンした〜って言って、ダイソンさん怒らせないといいけど」

あかり「さてと、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3、離島棲鬼、〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
(>17)
5 バー
(艦娘:>>159-160の朝風、不知火、ビスマルク、プリンツ、Z3、離島棲鬼以外から1〜3人)
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:42:36.74 ID:MrwwfUgDO
2レ級
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:42:39.28 ID:mvC4waL3O
2駆逐棲姫
201 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/01(水) 23:51:57.84 ID:HEnj9e+Ko
あかり「今日はレ級さんいるかな?」

レ級「いるぞ〜」

あかり「わぁっ!? なんで後ろにいるんですか!」

レ級「今帰って来たから」

あかり「おかえりなさい」

レ級「ただいま〜そしていらっしゃい〜」

あかり「おじゃまします〜」

レ級「で、あかり何しに来たの? 空き巣?」

あかり「違いますよ! なんでそんなことしなきゃいけないんですか!」

レ級「取られるようなの特にないしね〜」

あかり「あっても取りませんから。お泊りしに来たんです」

レ級「お泊り? ここいてもあんまりおもしろくないよ」

あかり「そんなことないですよぉ」

レ級「まあ、あかりがそうしたいならいいけどね〜」

あかり「あっ、ところでレ級さんって寝るときどうするんです?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1  普通のパジャマ
2  浴衣
3  ベビードール
4  ネグリジェ
5  ガウン
6  着ぐるみパジャマ
7  着ない派
8  普段の服
9  ジャージ
10 下着
11 その他自由に
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/01(水) 23:55:57.89 ID:yCpVC/EvO
203 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 00:01:44.49 ID:ily1PYloo
今回はここまでです
次はレ級と一緒に寝るところからはじめます

気が付いたらもう11月とは時間が過ぎるのがだいぶ早く感じるようになってきました
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/02(木) 00:09:10.24 ID:r7q4LE+ko
乙です
205 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 22:42:33.75 ID:ily1PYloo
開始します
206 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 22:51:20.01 ID:ily1PYloo
レ級「どうって?」

あかり「どういう服着るのかなって」

レ級「こういうの!」

あかり「サメさんですか?」

レ級「サメじゃなくてシャチだよ」

あかり「シャチさんですかぁ」

レ級「シャチ強いんだよ! サメも食っちゃうんだから」

あかり「クジラさんよりも強いんですか?」

レ級「強いってアイが言ってた!」

あかり「シャチさんすごいんですね」

レ級「でも私の方が強い!」

あかり「まあ、レ級さんと比べたらそうですよぉ」
207 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:02:06.12 ID:ily1PYloo
あかり「レ級さん、まだ寝ないんですか?」

レ級「あと一冊読んでから〜」

あかり「漫画も好きになったんですね」

レ級「面白いもん。アイがいっぱい持ってたから借りてる」

あかり「興味持ってくれてよかったです」

レ級「んふ〜読んでると自分でやってみたくなるよね〜」

あかり「わかりますよぉ。どんなの読んでるんですか?」

レ級「ん〜一回死んで異世界行って戦いまくるの」

あかり「それはやってみたくないですよぉ!」

レ級「え〜いいじゃん、楽しそうだよ。魔物相手ならどか〜んってやっても感謝されるだけだし!」

あかり「魔物さんが可哀想ですからやめてあげてください」

レ級「雑魚狩ってるより川内とか強いのと戦ってる方が好きだけどね〜」

あかり「あはは、戦い好きは変わりませんね」
208 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:13:14.69 ID:ily1PYloo
レ級「電気消すぞ〜」

あかり「は〜い」

レ級「あかりは髪の色が目立つから電気消えてもよく見える」

あかり「見えてますか?」

レ級「見えてるぞ〜ここだ〜!」ガバッ

あかり「きゃあっ! あははっ、くすぐったいですよレ級さん!」

レ級「くすぐってるから当たり前〜」コチョコチョ

あかり「あはははl、はぁ〜、あかりはくすぐりに弱いんですからやめてください」

レ級「弱点を付くのが戦いの基本だ〜」

あかり「んふふ〜戦いじゃないですよぉ!」

レ級「んん〜! 楽しいな、こういうのも!」ワシャワシャ

あかり「ふふっ、楽しいことはすぐそこにいっぱいありますから」

レ級「うん! ありがとな〜あかり〜!」

あかり「いいえ、あかりも楽しんでいますから、あかりの方こそありがとうです」
209 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:20:37.68 ID:ily1PYloo
朝風「夜にそんなはしゃぐとかよくわかんないわね」

あかり「朝風ちゃんは朝元気なタイプ?」

朝風「そりゃ寝て起きたばっかりで、元気が有り余ってる状態でしょ?」

あかり「寝起きは元気出せない人もいるよぉ」

朝風「それじゃ二流ね。朝元気にやって、夜に騒がず眠る。この流れが普通なんじゃないの」

あかり「確かにね〜言われるとそうなのかもね」

朝風「でしょう? これが正しい生活のリズムっていうやつよ。あかりもちゃんとリズムを取っていきなさい」

あかり「は〜い」

朝風「よろしい! それじゃあ、朝の体操から!」

あかり「いや、あかり毎朝ランニングしてるから」

朝風「元気でいいじゃない! 見込みあるわよ!」

あかり「見込まれちゃったよぉ」
210 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:21:05.38 ID:ily1PYloo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
211 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:21:50.38 ID:ily1PYloo
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
212 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:28:32.63 ID:ily1PYloo
朝風「で、何すればいいの?」

あかり「秘書艦はね〜特にすることないんだよぉ」

朝風「はぁ?」

あかり「もうお仕事もあんまりないからね。ただ何となく毎日秘書艦さん決めてごほうびあげてるんだよぉ」

朝風「何もしてないのごほうびあげてるの? 変なの」

あかり「あかりと一緒にいてくれてありがとうというごほうびかな?」

朝風「ふ〜ん、よくわからないけどこの有り余った元気はどこにぶつければいいのよ?」

あかり「書類が少しだけあるけど」

朝風「貸しなさい! 私が片づけとく!」

あかり「あかりのハンコが必要なのもあるからね」

朝風「あかりのハンコを使えば私が押しても問題ないでしょ」

あかり「それはダメだよぉ。ちゃんと見るから避けといてね」

朝風「真面目ねぇ〜で、あかりはどうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/02(木) 23:32:33.24 ID:z8wlPmS2O
1朝風
214 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:41:23.81 ID:ily1PYloo
あかり「朝風ちゃんが頑張ってるところ見てる」

朝風「ええっ? 気が散るんだけど」

あかり「あかりはいても気が散らないタイプだから」

朝風「いや、私の話よ」

あかり「そう。だからあかりはいても気が散らないと思うよぉ」

朝風「はい?」

あかり「でも今は朝風ちゃんと仲良くなりたいから散らしちゃうね」

朝風「よくわかんないけど交流しようってわけ? このペースでやってたら瞬殺しちゃうしいいわよ」

あかり「ありがと、朝風ちゃん」

朝風「どういたしまして。で? どうするの?」

あかり「どうしようかなぁ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 神風について
3 元気だねという話
4 その他自由に
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/02(木) 23:45:24.27 ID:DokKQF3jO
2
216 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/02(木) 23:58:53.75 ID:ily1PYloo
あかり「うちの神風ちゃんどう?」

朝風「ん?」

あかり「お姉ちゃんのこと、どう思ってるのかなって」

朝風「どう思うって、まだ艦娘としては会ったばかりだから何とも」

あかり「第一印象は?」

朝風「第一印象ねぇ……こんな感じかなぁって思ってた通りだったかな」

あかり「知識があるんじゃなかったっけ?」

朝風「そりゃあるけど、実際に見るのとは違うでしょ。思ってた通りの人だったって感じ」

あかり「思ってた通りに真面目だった?」

朝風「だね。優等生っていうか、品行方正っていうか。そんな感じ」

あかり「品行方正、神風ちゃんがね……」
217 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 00:08:04.97 ID:rYca/NQTo
朝風「でもケッコンしてるんだよね」

あかり「してるよぉ」

朝風「そこだけイメージと違ったかな」

あかり「してないと思った?」

朝風「まあね。何があったかは私の知るところじゃないけど」

あかり「お姉ちゃんとケッコンしてるんだから、あかりのことお義姉ちゃんって呼んでくれてもいいんだよ?」

朝風「ケッコンと結婚は違うでしょ。カッコカリよカッコカリ」

あかり「むむ〜」

朝風「だって大和さんともしてるんでしょ? 武蔵さんからお姉ちゃんって呼ばれたいの?」

あかり「武蔵さんはお姉ちゃんの方ですから」

朝風「ほら。だから私も呼ばない」

あかり「朝風ちゃんは強敵だよぉ」
218 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 00:25:21.49 ID:rYca/NQTo
朝風「逆にそっちに神風姉がどうなのか聞きたいんだけど?」

あかり「あかりに?」

朝風「ケッコンするくらいの仲なんだしさ」

あかり「ん〜神風ちゃんはね〜」

朝風「神風ちゃんは?」

あかり「真面目なのは真面目だと思うよぉ」

朝風「それは知ってる」

あかり「あと敏感」

朝風「それ昨日も言ってたけど何なの?」

あかり「敏感なんだよぉ」

朝風「はぁ、そうですか」

あかり「色々やったけど、やっぱり一緒にいて楽しい子なの。あかりは大好きだよぉ」

朝風「そ、そう」

朝風(大好きとかよく臆面もなく言えるな。そこまで神風姉が好き? いや、そういう子なのか)
219 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 00:26:01.13 ID:rYca/NQTo
今回はここまでです
次は小ネタからです

シャチが人間襲わないのはガセだという説も聞きますがどうなんでしょうね
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 10:35:21.73 ID:/NonQO3ZO
乙です
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 13:34:53.88 ID:o8YfLUCVo
http://www.arrow-arrow.com
222 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 22:45:10.15 ID:rYca/NQTo
開始します
神風型VRの朝風編の小ネタから
223 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:01:45.88 ID:rYca/NQTo
あかり「妖精さん」

妖精(猫吊るし)「ようこそお越しくださいましたあかりん」

あかり「そのあだ名妖精さんも使うんだね」

妖精(猫吊るし)「意外にしっくり来ましたので。今日は前にプレイされたゲームの続きですか?」

あかり「そのつもりだったけど、他にどんなのがあるの?」

妖精(猫吊るし)「そうですねぇ。基本的にここの鎮守府にいらっしゃらない艦娘が出て来る物が多いですよ」

あかり「そうなんだ?」

妖精(猫吊るし)「VRと現実を混同してしまう恐れがありますし、どうせなら普段は交流のない方と交流する方がいいでしょう?」

あかり「そうかもしれないね」

妖精(猫吊るし)「空に浮かんだ島々に人間が暮らす世界で、魔物を召喚できる力を持った高雄さんと命を共有して空の果てを目指す物語とか」

妖精(猫吊るし)「羽黒さんと共に歪んでしまった過去に飛び、英雄達と敵対したり協力し合ったりして、人類の滅亡を止めるために戦う話とか、そういうのです」

あかり「なんかあからさまに元ネタありそうな話だね」

妖精(猫吊るし)「お気になさらず。それで、どうしましょう?」

あかり「今日はこの前の続きから!」

妖精(猫吊るし)「はいはい。では、こちらにどうぞ」

あかり「よいしょ」

妖精(猫吊るし)「しかし、自分からエロゲ――もとい、過激な内容のゲームを続けに来るとは思いませんでした」

あかり「話の続き気になるだけ! ちゃんとエンディングまでは見るよぉ」

妖精(猫吊るし)「そうですか。では、頑張ってノーコンティニューでクリアしてくださいね」

あかり「えっ!? ゲームオーバーあるの!?」
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/03(金) 23:04:53.80 ID:2NEgHivGo
ゲームオーバーもといバッドエンドだと刺されそう
225 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:11:52.68 ID:rYca/NQTo
あかり「んん〜……ここは?」

神風「……すぅ」

あかり「神風ちゃん……じゃなくて、みか。そっか、この前はみかと……」

神風「姉、さん……」

あかり「ふふっ、可愛い寝顔だよぉ。でも、そろそろ起こさないとね。起きて、みか」

神風「んっ、姉さん……? なんで、私の部屋に……?」

あかり「何でって、覚えてない?」

神風「……あああああっ!」

あかり「みか、声が大きいよ」

神風「だっ、ええっ!? いや、でも……」

あかり「落ち着いて、みか」

神風「これが落ち着いてられるわけない!」

あかり「しょうがないなぁ」チュッ

神風「んっ!?」

あかり「落ち着いた?」

神風「……落ち着いたけど、落ち着かない」

あかり「騒がしくしないならよかったわ」

神風「姉さん、私」

あかり「何も言わなくていいの。お姉ちゃんに任せないって、言ったでしょ?」

神風「うん……」

あかり「よしよし、何も心配いらないからね」

神風「姉さん、あの……」

あかり「そろそろ部屋に戻らないと、あさか達に見られちゃうかもしれないからね。また、あとで」

神風「あっ、うん。また」

妖精(猫吊るし)(お姉さんモードになると性格変わりますね)

あかり(お姉ちゃんは皆から頼られる存在でいなきゃいけないからね! 何事にも動じないの!)

妖精(猫吊るし)(演技でできるならいつもできそうなものですけどね)
226 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:26:02.34 ID:rYca/NQTo
春風「美味しいですか? あかりお姉様」

あかり「うん、おいしいよぉ。はるかはお料理上手だね」

春風「ふふっ、いつも聞いておりますわ」

松風「うんうん、料理の上手い姉さんばかりで助かるぜ」

神風「まつかも少しは覚えたらどう?」

松風「僕だってたまにはやるさ。けど、たまにしかやらない僕よりも毎日やってる姉さん達の料理を食べた方がやる気も出るってもんだろ?」

旗風「春姉さんの料理を食べると元気が出るというのは、わたくしも思います」

春風「あら、ありがとうございます」

松風「そう、こんな上手いご飯作ってもらっといて、あさかの姉貴はなんだって起きて来ねぇんだろ」

神風「あさかがこんなに遅いなんて珍しいわね。いつもは一番に早起きして、たまに朝ご飯も作ってるのに」

松風「麦飯な。僕ははるかの姉貴の和定食の方が好きだな」

春風「好き嫌いはいけませんよ、まつか」

あかり「でも本当に遅いね。あかりが見て来るよぉ」

旗風「それなら、わたくしが」

あかり「ううん。昨日みかと一緒に起こしてもらったし、ここはあかりが行ってくる」

松風「朝はうるさいし、どうせなら僕が学校行くまで寝ててって言っといて」

神風「もう、まつかったら!」
227 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:34:56.57 ID:rYca/NQTo
朝風「ぐぅ〜……」

あかり「あさか〜朝だよぉ」

朝風「……」

あかり「あさか、起きて」

朝風「んん、昨日遅かったんだから、もうちょっと寝かせて……」

あかり「昨日遅かったの?」

朝風「寝付けなかったのよ……あんなの見て……」

あかり「あんなの?」

朝風「んっ……? わぁぁぁっ!? な、なんであかり姉がいんのよ!?」

あかり「起こしに来たんだって。あさかが全然起きてこないから、皆心配してたんだよ?」

朝風「そ、そうなんだ、ごめんなさい」

あかり「寝付けなくて遅くまで起きちゃってたら辛いかもだけど、学校はサボっちゃだめよ」

朝風「うん、わかってる、ありがと」

あかり「はるかが朝ご飯作ってくれてるから、食べて今日も元気に行こうね」

朝風「……」

あかり「どうしたの?」

朝風「い、いやっ、何でもないよ! 着替えるからほら、外出てて!」

朝風(覗いてたって、気づかれてはないみたいだ。よかった……)
228 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:43:03.98 ID:rYca/NQTo
神風「行ってきます姉さん」

あかり「いってらっしゃい、皆」

あかり「……また時間飛ばす?」

妖精(猫吊るし)(別に大学に行ってもいいんですよ)

あかり「あかりは大学の授業わからないよぉ」

妖精(猫吊るし)(そこまで本格的なことはしませんよ。教材ソフトではないんですから)

妖精(猫吊るし)(ちなみに大学には隣の妙高さん達も通ってます)

あかり「妙高さんって足柄さんのお姉さんの?」

妖精(猫吊るし)(ええ。妙高さんと那智さん、足柄さんは大学生。羽黒さんは神風さん達と同じ高校生です)

あかり「そうなんだ。妙高さんに会いに行くのもいいけど……そういえば、みか達って5人姉妹なのに全員高校生なの?」

妖精(猫吊るし)(細かいこと気にしないでください。あっ、あと高校ではなく学園です。このゲームの登場人物は全員18歳以上です)

あかり「そ、そっか」
229 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/03(金) 23:56:53.61 ID:rYca/NQTo
あかり「結局時間を飛ばしたら、まだ夕方だね」

松風「ただいま〜」

あかり「あっ、まつか。おかえり」

松風「なんだあかりの姉貴いたんだ? 大学生なんだしもっとこうパーっと遊べばいいのに」

あかり「あかりはお姉ちゃんだからそういうのはしないの」

松風「さいですか。妹としては助かると思うか、鬱陶しいと思うか両極端になりそうな答えだね」

あかり「まつかはどう思うの?」

松風「どう思うか、教えてほしいかい?」ズイッ

あかり「ま、まつか?」

松風「こんなに美人なのにさ、妹が妹がって。もったいないと思うんだよね。引く手あまただろうにさ」

あかり「え、ええっと? 近いよ、まつか?」

松風「近づいてるんだから当然だろう? そういう引く手を断って僕らのところに来るってことはさ、そういうことなのかなって」

あかり「そういうことって?」

松風「こういうこと」ガバッ

あかり「まつか!?」

松風「知ってるぜ、姉貴がこうやって耳元で囁かれるの好きなんだってさ」ボソッ

あかり「ふぅっ……!?」ピクン

松風「僕もさ、正直姉貴ならって思うこともあるんだよ。美人だし、スタイルもいいし、それに僕のこと誰よりも好きだって知ってるし」

あかり「ま、まぁ、まつか、冗談は……」

松風「冗談じゃない……引く手を断り続けて来たその手、僕が引いてやるよ、姉貴――いや、あかり」

あかり「……っ!」
230 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 00:05:28.54 ID:LU+g8LWoo
春風「ただいま帰りました」

松風「おっと」バッ

あかり「きゃあっ!?」バタッ

春風「あかりお姉様? どうなさいましたか?」

松風「寝ぼけて椅子から転げ落ちちゃったんだよ。しょうがないなあかりの姉貴は」

あかり「まつかぁ〜!」

松風「ふふっ、そんなに怒るなよ。可愛い妹の悪戯じゃないか」

あかり「自分でそういうこと言う子は可愛くないよぉ」

松風「あっはは、ごもっとも。じゃあ、詫びついでに妹大好きあかりの姉貴にご報告」

あかり「なぁに?」

松風「あさかの姉貴、今日なんかずっと上の空だったぜ。先生に当てられても中々答えなくて怒られたりさ」

あかり「あさかが?」

松風「そ。朝起きて来なかったこともあるし、なんかあるんじゃないのかなって」

あかり「う〜ん、そっか。あさかはまだ帰ってないよね?」

春風「今日は少し用があると言って、部活にも出ずにどこかへ行ったようですけど」

あかり「そう、じゃああかり探して来るよぉ」

松風「あさかの姉貴ならたぶん近所の公園にいると思うぜ。考え事するときは、いつもそこ行くんだ」

あかり「わかった、ありがとうまつか。いってきます!」

松風「いってらっしゃい」

春風「いってらっしゃいませ……あさかお姉様のことよく観察してるんですね」

松風「ふんっ、あのバカデカいリボンが嫌でも目に入るだけだよ」
231 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 00:17:56.65 ID:LU+g8LWoo
朝風(一日中、あの光景が頭に浮かんで集中できなかった……)

朝風(私が溜まってるとかそういうわけじゃなくて! 色々と衝撃的だったわけで……)

朝風(今日もまたするのかな……? それとも、昨日の一回だけで終わり?)

朝風(どうなってほしいって思ってるの私は? どうしたいって、思ってるんだろう……)

朝風(わからない、頭の中ぐちゃぐちゃで考えがまとまらないよ……)

あかり「あさか!」

朝風「……っ!? わ、わわっ!?」

あかり「危ないっ!」ダキッ

朝風「あっ、ありがとう……」

あかり「ブランコから落ちちゃうくらいびっくりした?」

朝風「だって、急に出て来るから……」

あかり「結構声かけてたんだけどね」
232 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 00:53:17.68 ID:LU+g8LWoo
あかり「まつかから聞いたよ。今日ずっとぼーっとしてたんだって?」

朝風「うん……」

あかり「眠たかったから?」

朝風「そ、そうだよ! 眠かったからぼーっとしてたの! 心配かけてごめんね!」

あかり「……」

朝風「って、眠かったならこんなとこいないよねっていう」

あかり「何か悩み事? お姉ちゃんに話してみて!」

朝風「い、いやぁ、それは……」

朝風(言えるわけないじゃない! あかり姉とみか姉が、あ、あんなことやってるの見たからだって!)

朝風(あかり姉のせいなのに! 言えれば、どれだけ気持ちが楽になるか……ああもう!)

あかり「あさか?」

朝風「あのさ、あかり姉は……」

あかり「あかりは?」

朝風(なんて聞けばいいの? みか姉のこと好き?とか聞いたら一発でバレちゃうでしょ? どうすれば……)

朝風「あぁ、わ、私のこと、好き?」

あかり「えっ?」

朝風(な、何でこんなこと聞いちゃってんの!? い、いや、でも、この回答如何では、みか姉との違いがわかるかも……!)

あかり「好きだよ。当たり前でしょ」

朝風「そ、その好きは!」

朝風(いや、これはさすがに怪しまれるか?)

朝風「あぁ、いや、な、何でもないよ、えへへ。さあ、家に帰ろうか!」

あかり「……あさか」

朝風「なに、あかり姉?」

あかり「あかりの好きは、大好きって意味だよ。あさかのことがね」

朝風「そう、なの」

あかり「その気持ちは、普通の姉妹よりもちょっと強いかもしれないくらい好き」

朝風「なっ、な!?」

あかり「あさか。あかりは、あさかが望んでるなら、何でもするよ。だから、ちゃんと望んでることがあれば言ってね」

朝風「……」
233 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:16:09.44 ID:LU+g8LWoo
朝風「はぁ、もうそろそろ寝なきゃ、今度こそ寝不足でぼーっとするわ」

朝風「あかり姉、もしかして気づいたのかな? 普通の姉妹より強いって……」

朝風「私はみか姉が羨ましかったわけじゃないし! ただ、びっくりしただけだから!」

朝風「ぬ、濡れてたのだって、なんかエッチな事してるな〜って思ってなっただけだし!」

朝風「別に、ああなりたいわけじゃ……」

朝風(みか姉、気持ちよさそうだった……あんな幸せそうな顔してるみか姉、はじめて見た)

朝風(自分でするのと違うの? あかり姉が上手いのかな? それとも、好きな人だったから……?)

朝風(あかり姉……優しくて、綺麗で、自慢の姉。私の方が上って思ってるけど、それでもやっぱり危機感を覚えるくらいには、素敵な人)

朝風(だからって女同士だし、そもそも姉妹だし! そういうふうに思ったことなんてない、はず……)

朝風(だから、だからっ――)

朝風「ん……あぁっ……」

朝風(今こうしてるのも、ただ気持ちよくなりたいからで……気持ちよさそうにしてたから、思い出してる、だけで……)

朝風「あかり、姉……」

あかり「なぁに?」

朝風「……っ!?」
234 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:23:24.83 ID:LU+g8LWoo
あかり(やっぱり、あさか昨日の見ていたんだね)

妖精(猫吊るし)(そうですね。このままスルーすることもできますけど)

あかり(あかりのこと求めてるんだから、そんなことできないよぉ!)

妖精(猫吊るし)(そう言うと思ってました)

朝風「なななっ! 勝手に入って来ないでよ!」

あかり「あかりのこと呼んでたから」

朝風「き、聞き間違いでしょ!? 何だって私が、あかり姉のこと呼びながら、し、しなきゃいけないのよ!」

あかり「それはあさか自身じゃないとわからないことだね」

朝風(何よ、余裕ぶっちゃって! 私があかり姉のこと好きだなんて思ってるんじゃないでしょうね!?)

朝風「昨日、見てたんだから。みか姉と、してるの」

あかり「うん」

朝風「みか姉気持ちよさそうだった。だから、私も気持ちよくなりたいから思い出してた。それだけ」

あかり「それだけなの?」

朝風「それだけよ! だからっ――」

あかり「じゃあ、あさかにもしてあげるね」

朝風「えっ、ちょっ……!」
235 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:36:22.30 ID:LU+g8LWoo
朝風「あっ……」ピクン

あかり「キスもする?」

朝風「しない、わよ……キスは、しない……私はただぁ、気持ちよくしてもらってるだけっ……!」

朝風「そう、よ……あかり姉のせいなんだからね……! 責任取ってもらわなきゃ……!」

あかり「責任、ね。やっぱり姉妹だね」

朝風「なにがあっ……!」ビクッ

あかり「早く寝たがってたみたいだから、早めにするね」

朝風「あっ、はぁっ……! んんっ……!」

朝風(あかり姉、何でこんな、上手……)

あかり「明日はちゃんと勉強に集中できるように……」

朝風「あっ、あぁっ、あああっ……!」ビクンビクン

朝風(こんなことされて、集中できなくなるに決まってるでしょう〜!)
236 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:47:30.55 ID:LU+g8LWoo
あかり「昨日ああ言ったけど、今日お休みだったんだね」

妖精(猫吊るし)(そのようですね)

あかり「今日はどうしようかな? 妙高さんに会いに行こうかな」

妖精(猫吊るし)(大学も休みですよ)

あかり「お隣さんなんでしょ?」

妖精(猫吊るし)(そうなんですけどね。でも、昨日の選択により今日のイベントは決まってます)

あかり「今日のイベント?」

春風「あかりお姉様」

あかり「はるか、どうしたの?」

春風「お休みのところすいませんが、はるかのお願いを聞いて欲しいんです」

あかり「お願い? いいよ、何してほしいの?」

春風「はい、実は……はるかを抱いて欲しいんです」

あかり「抱っこしてほしいの? 甘えん坊だね」ダキッ

春風「ああんっ、違いますわお姉様。いえ、これもしてほしいことですけど」

あかり「どう違うの?」

春風「抱いてほしいというのは、抱きしめてほしいということではなく、性交してほしいという意味です」

あかり「なにに成功するの?」

春風「あかりお姉様はたまに察しが悪いですね。仕方ありません、こういえばお分かりになりますよね」

春風「わたくしと、エッチしてください」

あかり「えっ?」

妖精(猫吊るし)(2人に手を出したんです。当然他の3人も続きますよ。ハーレムルートは難易度高いですが、ノーコンティニュー頑張ってください)
237 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:48:24.95 ID:LU+g8LWoo
今回はここまでです
次は>>75に続きます

あかりも目を開けたあかねみたいな姿になっているので18歳以上なので問題ないです
238 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/04(土) 01:48:56.20 ID:LU+g8LWoo
>>75の続きですねすいません
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 10:25:51.87 ID:i3mmzWpmO
おつ
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 10:34:42.66 ID:zyy0ZsPlO
乙です、隣の妙高さん家ルートもあるのかな?
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/04(土) 17:25:36.19 ID:je/Rft6Po
乙です
242 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 22:44:32.38 ID:MUYIlu8Wo
>>240
VRなのでやろうと思えばやれると思います

昨日はすいませんでした
今日の終わりに小ネタ追加募集します

開始します
243 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 22:56:40.06 ID:MUYIlu8Wo
あかり「でもむちゃくちゃにするってどうすればいいのかな?」

伊168「あのね……んっ……!」

あかり「イムヤちゃん……」

伊168「どうするもなにも、ないわよ……あかりが、好きなようにすればいい……」

あかり「好きなようにして、むちゃくちゃになる?」

伊168「あれは、あかりの好きなようにすればって意味で、むちゃくちゃにしなきゃいけないってわけじゃないわよ……」

あかり「そうなの?」

伊168「そう、よ……したいことをすればいいって、意味だから……」

あかり「あかりのしたいように……」

伊168「いつも、イムヤがこうしてって言った、ことっ……思ってることを、してたでしょ?」

伊168「それを、自分がしたいことで置き換えて、すればいいの……」

あかり「う、うん、わかったよぉ」
244 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 23:15:03.42 ID:MUYIlu8Wo
伊168「というか、このあめのせいで既にむちゃくちゃになってる、気がするわよ」

あかりまともにお話しできるだけ、耐えてる方だと思うよぉ」

伊168「はぁ、はぁ……だんだん、強くなって、来るんだけどっ……!」

あかり「あかりが好きなようにして、何とかするよぉ」

伊168「はやく……今なら、何でも気持ちいい、と思うから……」

あかり「そうだね、じゃあまず脱がすよぉ」

伊168「んっ……」

あかり「んしょっと、今日は脱がしやすい水着でよかった」

伊168「水着、変えるようになってて、よかったでしょ……?」

あかり「こういうときのために変えるわけじゃないと思うけどね」

伊168「で、ぬがしたら、どうするの……?」ドキドキ
245 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 23:33:56.47 ID:MUYIlu8Wo
あかり「胸を触るね……」

伊168「んっ……? んっ……!」

あかり「えへへ……あかり、結構触るの好きなんだよぉ」

伊168「そう、だったの……?」

あかり「うん。人に触るのが好きだからね。それで、相手も気持ちいいと思ってもらえるなら、それがいいなって」

伊168「そういう、こと……」

あかり「今気持ちいいのはあめのせいかもしれないけど、でも、あかりが触ることで気持ちよくなってくれてるなら、それは嬉しいことだよぉ」

伊168「ん、んっ……もっと大きいのがいいでしょうに……」

あかり「おっきい胸はおっきい胸で触るのが楽しいよぉ。でも、イムヤちゃんくらいの胸だって、触ってて楽しい」

伊168「どこ、がぁっ……はぁっ……!」

あかり「あかりの手でも握りこめそうなところ? ちゃんと全部を揉めるところとか。おっきい人だと手から溢れちゃうから」

伊168「そんなに、ちいさくない……あぁっ……!」

あかり「でも、全体的にしてあげやすくはあるよね……気持ちいいところにも、当たりやすい」
246 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/05(日) 23:47:22.29 ID:MUYIlu8Wo
あかり「ここ、胸の先の周り。色が変わってるところなぞるのとか」ツー

伊168「あああっ……!」

あかり「こうしてると、先っぽに気持ちいいのが溜まってくの」

伊168「い、いああぁ……」ゾクゾク

伊168(も、もどかしい……もう、溜まってるから、はやく、はやくぅ……!)

あかり「そろそろいいかなぁ……」

伊168「……っ!」

あかり「もう待ちきれないって顔してるね」

伊168「だぁ、ってぇ……」

あかり「わかってるよぉ。いっぱい溜めたら、ちゃんと解放してあげないとね」ピンッ

伊168「あああぅ……!」

あかり「ここはどうされるのが好きか、人によって違うよね。弾かれたり、こねられたり、吸われるのがいい人とか、ここ同士くっつけるのが好きな人も……」

あかり「イムヤちゃんはどれが好き?」

伊168「はぁっ、うぅぅ……」

あかり「今はそれも話せないか」
247 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 00:04:16.51 ID:gZ/SjSY4o
伊168「あぁ……はぁぁ……」

あかり「ちょっと落ち着いた?」

伊168「はぁ、へぇあ……ちょっと、だけ……」

あかり「やっぱり、むちゃくちゃにするのはあかり、あんまり好きじゃないかも」

伊168「ええっ……?」

あかり「ちゃんと、お話しながらするのがいい」

伊168「お話?」

あかり「うん。ただ、気持ちいい声だけ出してるより、ちゃんと会話しながらする方が好きだなぁ」

伊168「してるとき話するの、結構はずかしいんだけど……というか、極まってきたら会話なんかする余裕なくなるし……」

あかり「だからそう、何ていうか、そうなるまでお話して盛り上がる方がいいかなぁって」

伊168「そっか、覚えておくわ……」

あかり「無理なときは無理しなくていいからね。今とかね……」

伊168「んっ……まだ、続いてるから……」

あかり「次は胸以外だね……」
248 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 00:16:09.15 ID:gZ/SjSY4o
伊168「はぁ、ふぅ……ふぅ〜……」

あかり「収まった?」

伊168「何とか、ね……」

あかり「これで練度最大だね」

伊168「そうね……あまり活かせないけど」

あかり「元気になるだけでもいいよぉ」

伊168「うん……ところで、あかり。好きなようにしろって言ったけど、あれってあかりがしてほしいことしたって思ってていいの?」

あかり「あかりがしてほしいこと、そうだよ。あかりが好きなことだもん」

伊168「なんか微妙に違うような気もするけど、まあいっか。あかりらしいわ」

あかり「ちゃんと覚えた?」

伊168「さあ、いっぱいいっぱいだったから」

あかり「ええっ!?」

伊168「忘れてもまた覚えさせてくれるでしょ?」

あかり「あっ……何回でも覚えさせてあげるよぉ」

伊168(回数的にはむちゃくちゃになりそう、かな)
249 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 00:17:38.77 ID:gZ/SjSY4o
今回はここまでです
次は本編の続きからです

前回と今回でレス数の差が激しいですがストーリーがあるものを短くまとめるのが苦手なものでご容赦ください

↓1で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 00:17:45.06 ID:3/pfKSGfO
いつぞやのあかりの裏人格に再び犯される神風で
251 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 22:40:47.62 ID:gZ/SjSY4o
開始します
252 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 22:50:54.51 ID:gZ/SjSY4o
あかり「まあね、色々あったけど神風ちゃんとは」

朝風「戦争終わった後に加わったのに?」

あかり「そっちの方が一緒にいる時間長くなるでしょ」

朝風「あぁ、そうなるのか」

あかり「最初はまあなんか物理的に避けられてたような感じがあったけど、今では触れるようになったんだよぉ」

朝風「触れる?」

あかり「あっ。触れ合えるって意味ね、うん」

朝風「ふぅん、神風姉を手懐けたのね」

あかり「手懐けたのかな? 手懐けられたのかな?」

朝風「手懐ける方でしょ司令官」

あかり「司令官はもうほとんど肩書だけだからね」

朝風「振りだけでもちゃんとしなさい! 私にお姉ちゃんと呼ばせたいならそれくらいはしてもらわないと」

あかり「むむ、厳しいよぉ」

朝風「これくらい朝飯前ってやつよ。で? 次はどうしましょうか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の朝風m〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/06(月) 22:54:54.67 ID:Dm+Oto7kO
5 吹雪、朝潮6
254 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:04:45.42 ID:gZ/SjSY4o
吹雪「うちって犬飼ってたっけ?」

朝潮「いえ、オスカーならいるけど」

吹雪「だよね。でも、何故かここで犬と戯れた記憶があるような気がするんだ」

朝潮「き、気のせいじゃないかな?」

吹雪「そうなんだと思うけど、なんだか朝潮ちゃんを見ていると何故かその記憶が鮮明に浮かぶようで」

朝潮「い、犬耳つけてるからじゃないかな!? でも私は犬じゃないよはい!」

あかり「何のお話ししてるの?」

吹雪「ここで犬と遊んだ記憶があるんですけど、犬飼ってないですよねって話です」

あかり「犬さんはいないねぇ。飼いたいけど」

朝潮「わ、私がいるじゃないですか!」

吹雪「さっき自分で犬じゃないって言ったのに」
255 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:16:46.13 ID:gZ/SjSY4o
あかり「あかりも犬の散歩したような記憶が……」

朝潮「き、きっと、飼いたいから夢に見たんですよ!」

あかり「そうかなぁ? まあ、蒼龍さんとか犬になりたいみたいなこと言う人もいるし」

吹雪「へっ?」

あかり「あっ、ううん、何でもないよ! ところで、2人は日向ぼっこ?」

吹雪「そうですよ。寒い日はぼこるに限ります」

あかり「だからやめようよ、その略称」

朝潮「こうして海を見ているのもいいものですよ。秋の海にはいい思い出がない人もいるでしょうけど」

あかり「そうなの?」

吹雪「それを言えば、いつの海にだってそういう人はいます」

朝潮「それでも私は海が好きです。きっと、そういうものなんでしょうね艦娘というのは」

吹雪「それはよくわかるよ」

あかり「……」
256 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:31:43.25 ID:gZ/SjSY4o
あかり「……」ギュッ

朝潮「あっ、な、何ですか?」

吹雪「なぜ急に抱きしめるんです?」

あかり「こっちの方が日向ぼっこより暖かいよぉ」

朝潮「日向ぼっこの暖かさとはまた別ですよ」

吹雪「日光と人肌の温もりは比べられません」

あかり「艦娘の皆が海を見るのが好きなのはわかるけど、海を見てるときの皆は何となくそのまま海の向こうに行っちゃいそうな気がするよぉ」

吹雪「海の向こうに?」

あかり「行っちゃったら寂しいから、こうして引き止めるの」

朝潮「どこにも行きませんよ。日向ぼっこはこうして座ったり、寝転がったりして楽しむものです」

吹雪「海の向こうに行くのなら、あかりも連れて行きますよ。そして、ちゃんとここに帰って来ます」

あかり「うん……」

吹雪「ここよりいいぼこスポットなんてそうありませんから」

あかり「ぼこスポットって……」

朝潮「ネーミングセンスはどうにかした方がいいね」

吹雪「ええ〜! ひなスポットだったらなんのスポットかわからないじゃない!」

あかり「ぼこスポットでも初見だとわからないよぉ」

朝潮「普通に日向、でいいじゃない」

吹雪「それじゃあ味気ないでしょ! 日向ぼっこだって近代化改修だよ!」

朝潮「休むためにやることなのに、何でそんな気合入れてるんだか」

あかり「あはははっ!」
257 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/06(月) 23:46:52.95 ID:gZ/SjSY4o
あかり「日向ぼっこする人増えてるんだって?」

吹雪「部員が増えてますよ。これは全国狙えますね」

朝潮「日向ぼっこの全国って何?」

吹雪「どれだけ日向にいて耐えられるかっていう競技とか」

あかり「それはただの我慢大会だよぉ。というか日向ぼっこじゃなくてサウナとかでやるやつだよね」

朝潮「それにしても、遊び場をこれだけ作ってもらったのに、何で日向ぼっこに走るんでしょうね」

吹雪「それはやっぱり日向ぼっこの魅力に憑りつかれちゃってるからだろうね!」

朝潮「私が思うに、いつあかりが来てもいいように待機するがてらやってるんだと思う」

あかり「あかりのことは気にせず好きに遊んでくれていいのに」

吹雪「私達は日向ぼっこのために、日向ぼっこしてるんだよ! ぼこ部魂をなめてたらぼこるよ!」

朝潮「物騒な」

吹雪「えっ? 強制的に日向ぼっこさせるって意味だけど?」

あかり「やっぱり物騒だよぉ!」

朝潮「あんまり長くいると干からびるまでぼこられそうなので、行きましょうか」

あかり「そうだね」

朝潮「ひなるに変えた方がいいのかなぁ」
258 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 00:02:13.83 ID:7JuSM8Gmo
朝風「日向ぼっこぉ?」

あかり「うん。朝風ちゃんは好き?」

朝風「ん〜別に嫌いじゃないけど。朝日を浴びるのは好きよ」

あかり「気持ちいいよね」

朝風「あれじゃないと起きた気しないっていうか、目が覚めないっていうか」

あかり「あめの日はお寝坊さんなのかな?」

朝風「気持ちの話だよ。ちゃんと起きるよ! でも、昼の日差しをわざわざ浴びたいとは思わないな」

あかり「そっかぁ」

朝風「午前中だけならやってもいいかもね」

あかり「休みの日の部活しか出られないね」

朝風「日向ぼっこは部活になんないでしょ」

あかり「吹雪ちゃんあっち行ったら本当に作っちゃいそうだよぉ」

朝風「認可されないでしょそんなの」

あかり「それを言われるとあかり達も弱いんだよねぇ」

朝風「よくわからないけど、好きなことやるんなら部活とかわざわざ自分で縛るような真似しないで、好きにすればいいじゃないのって話」

あかり「部活って形式にしてたら人が来るかもしれないから、考えようだね」

朝風「そこも含めて好きにすればってことよ。で、お昼からはどうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮以外から1〜3人 施設:>>19の6以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 00:06:13.95 ID:63kNIa8CO
4弥生1
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/07(火) 00:06:52.53 ID:uIahb1nO0
1天津風
261 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 00:11:10.84 ID:7JuSM8Gmo
今回はここまでです
次は弥生にあめを食べさせるところからです

変な部活物は色々ありますが一番インパクト強かったのは木工ボンド部ですね
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 00:40:08.87 ID:MpWSi47oo
乙です、木工ボンド部とは一体…
263 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 22:47:00.54 ID:7JuSM8Gmo
>>262
白い木工ボンドが乾いて透明になっていくのを眺め続ける部です(全国大会もあります)

開始します
264 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 22:56:41.31 ID:7JuSM8Gmo
オスカー「にゃあ〜」

弥生「あっ、もう行っちゃうの? ばいばい」

あかり「オスカーと遊んでたの?」

弥生「あかり……うん」

あかり「弥生ちゃんは猫さんと犬さんどっちが好き?」

弥生「えっ? 犬と猫?」

あかり「そう」

弥生「犬は飼ったことないからわからないけど、話し相手になってくれるのなら好き」

あかり「犬さんに話すの?」

弥生「猫は気まぐれだから、犬だったらずっと一緒にいてくれそう」

あかり「犬さんはこっちから離れるまでずっと一緒にいてくれるイメージあるよね」

弥生「うん……そういう子だったら好きかな」

あかり「いいよね〜」

弥生「……犬飼おうっていう話?」

あかり「あっ、ううん違うよぉ。あめ食べようって話」

弥生「犬全く関係ない……」
265 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:07:28.22 ID:7JuSM8Gmo
あかり「弥生ちゃんはあめ食べたことあるよね」

弥生「あるよ」

あかり「じゃあ副作用は大丈夫」

弥生「じゃないと思う……」

あかり「1からよりは弱いはずだから」

弥生「感じられる辛さって、ある程度の上限超えたら同じだから……」

あかり「あ〜」

弥生「でも、練度100の状態だから、強くなってる」

あかり「まあ、100からの子も結構辛そうだったんだけどね」

弥生「……」

あかり「弥生ちゃんなら耐えられるよ!」

弥生「その自信はどこから来るのか……」
266 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:38:05.94 ID:7JuSM8Gmo
弥生「弥生は……別に、苦痛に強い、とか……そういうわけじゃない……よ?」

あかり「わかってるよぉ。弥生ちゃんはむしろ打たれ弱い子だって」

弥生「だぁっ……だから、耐えられなくても……」モジモジ

あかり「あれ? もしかしてもう副作用出てる?」

弥生「出てる、よ……」

あかり「気付かなかったよぉ。ごめんね」

弥生「う、うん……いいんだよ……むしろ、あんまり気づかないで、欲しい、し……」プルプル

あかり「じゃあ、気を紛らわせて――」

弥生「い、いい……待って。いい、から……」

あかり「しなくていいの?」

弥生「……」コクリ

あかり「平気?」

弥生「あかりの期待に、応える……!」

あかり「さっきのは別に期待してたわけじゃ……」

弥生「期待、してないの……?」

あかり「聞こえ悪いね! そういうわけじゃなくてね」

弥生「だい、じょうぶ……今の弥生、なら……ふぅ〜……」

あかり「無理そうだったら言ってね」

弥生「はぁ、はぁ……はぁ……」

弥生(熱い……体が疼いて、仕方ない……今すぐ、あかりに……)

弥生(だ、だめっ……! 我慢強いところ見せなきゃ……あめに流されるような子じゃないって……)

弥生「んっ……んっ……」ピクンピクン

あかり(弥生ちゃん体の動かし方がなんか……)

弥生(少し、だけ……少しだけ、こうすると、気持ち……)

あかり「弥生ちゃん」

弥生「あっ、あかり……」

あかり「せっかくあかりがいるんだから、そうやって無理に自分でしようとする必要ないんだよ?」

弥生「無理は、してな、んんぁっ……!」

あかり「まだ強くなってる段階みたいだね。弥生ちゃん」スッ

弥生「だ、だぁ、めぇ……弥生は、これに、流される、ような……あぁっ……」

あかり「……あかりは流されることを期待してあめ持って来たんだよぉ」

弥生「えぇっ……?」

あかり「……」

弥生「あかり、が……? そう、なの……?」

あかり「えへへ……はずかしいけどね。だから、我慢しないで? あかりも、我慢しないといけなくなっちゃう」

弥生「あっ……あかり……」

あかり「今まで我慢した分を、あかりが解放してあげるよぉ……」

弥生「ん、あぁっ、あああっ……!」
267 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:47:57.46 ID:7JuSM8Gmo
弥生「んっ、んぅ……」ピクピク

あかり「そろそろ収まった?」

弥生「副作用、は……余韻が……」

あかり「それはもうちょっと待たないとね」

弥生「あかり、ちょっと積極的になった……?」

あかり「そうした方がいいんだってわかったからね」

弥生「ん……弥生も、積極的になる……」

あかり「弥生ちゃんもなっちゃう?」

弥生「積極的同士、活発な関係になれる……」

あかり「活発……」

弥生「積極的に……は、話しかけるね」

あかり「あはは、あかりが話しかけることが多いからね」

弥生「頑張る……」

あかり「ふふっ、頑張ってね」

あかり(さてと、これからはどうしようかな?)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>210-211の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生以外から1〜3人 施設:>>19の6以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>210-211の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:51:56.93 ID:NOpxggL+o
3 防空棲姫 1
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 23:51:57.38 ID:wx9oNAXxO
3不知火、陽炎3
270 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/07(火) 23:58:14.53 ID:7JuSM8Gmo
あかり「ぬいちゃん、一緒に遊びに行こう?」

不知火「構いませんよ」

あかり「やったぁ!」

陽炎「あれ? 何の話?」

不知火「何でも――」

あかり「ぬいちゃんと遊びに行くんだよぉ」

陽炎「へぇ〜私も着いてっていい?」

あかり「どう?」

不知火「……」

陽炎「露骨に嫌そうな目!」

あかり「あかりもいるから大丈夫だよぉ」

不知火「仕方ありませんね」

陽炎「最近何もしてないんだし、そろそろ許してよ〜!」

不知火「そういう言葉が出て来ること自体が反省してない証拠なんですよ」

あかり「あははは……」
271 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 00:05:32.15 ID:2vTZoXWfo
今回はここまでです
次は不知火、陽炎と街に出るところからです

陽炎はお仕置き受けてるので以前ほどではなくなっていますが何かの拍子に戻ることも無きにしも非ず
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 07:31:23.60 ID:uUy9X31Go
乙です!
273 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 22:45:11.18 ID:2vTZoXWfo
開始します
274 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:02:29.54 ID:2vTZoXWfo
不知火「あかりんが真ん中に座ってください」

あかり「あかりが挟まれる形ね」

陽炎「これは前の私でもそうしてたと思うよ」

不知火「本当ですか?」

陽炎「あのね、私は基本的に妹よりあかりよ」

不知火「それも言い切られると微妙な気分になりますね」

陽炎「どうしろと!?」

あかり「まあまあ、せっかく一緒にお出かけするんだから仲良くね」

陽炎「どこに行くのかしら?」

あかり「どこに行きたい?」

不知火「決めずに出て来たんですね」

陽炎「あかりはいつもこんな感じだよ」

あかり「あかりは皆の意見を重要視するタイプだから!」

不知火「行きたいところ、どこかありますか?」

陽炎「ん〜、私映画館行きたい! 見たい映画あるの!」

不知火「映画ですか。悪くはないでしょう」

あかり「ぬいちゃんはどこか候補ある?」

不知火「不知火は、お腹が空きましたね」

陽炎「ちょっと早いけど夕飯にしよっか?」

あかり「先にご飯食べに行く?」

陽炎「映画の後でも良さそうだけど、上映時間がどうかな〜」

妖精「……」

陽炎「妖精もご飯食べたいって。でもハンバーガー屋?」

不知火「ハンバーガーも興味ありますが……レストランというのも行ってみたいです」

あかり「どうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 映画館
2 ファミレス
3 ハンバーガーショップ
4 その他自由に
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:06:29.69 ID:5JlHxZ9RO
1
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage ]:2017/11/08(水) 23:06:51.42 ID:e/kLtsYp0
3
277 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:18:34.09 ID:2vTZoXWfo
あかり「やっぱり先に映画見る方がいいよね」

陽炎「お腹いっぱいになると眠くなるもんね〜」

不知火「そういうものですか」

妖精「……」

あかり「妖精さん、ポップコーンの箱に落ちないようにね?」

陽炎「油と塩でベタベタになった挙句に溺れるからね」

妖精「……」

不知火「それよりスクリーンが見れなくなるのが問題だって言ってます」

あかり「ポップコーンしか見えなくなっちゃうね」

不知火「すぐに出してあげますから。ところで、見たい映画ってどれです?」

陽炎「えっとね〜」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 ダークファンタジー漫画の実写版
2 日常系漫画の劇場版
3 ノベルゲームの劇場版
4 その他自由に
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 23:24:24.82 ID:hwMlrCuZo
4エッチな映画
279 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:40:58.76 ID:2vTZoXWfo
陽炎「これよ、これ」

不知火「その花にくちづけを?」

あかり「女の子同士の恋愛物?」

陽炎「それって今の世の中でも珍しいかなぁって思って」

不知火「まあ、確かに」

あかり「あんまり見ないよね」

陽炎「だからね、見てみたいなって思ったの。ほら、何ていうか、自分を客観視する的な?」

不知火「客観視ですか……」

陽炎「だって、そうでしょ?」

不知火「そう、ですね……」

あかり「う〜ん、あかりこのご注文はうなぎですか??っていうの見てみたかったけど」

陽炎「それはまた今度見に来ればいいよ! 今日は私の見たいの見る!」

不知火「不知火も他人ごとではありませんし、いいでしょう」

あかり「じゃあこれのチケットを4枚だね」

妖精「……」

陽炎「バッグの中に隠れてるって駄目だよ。ちゃんとお金は払わなきゃ」

あかり(他の人の恋愛を見て学べることもあるかもしれないもんね……)
280 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/08(水) 23:59:21.98 ID:2vTZoXWfo
陽炎「恋人と恋愛映画はともかく、妹と恋愛映画っていうのもどうかという話よね」

不知火「……」

陽炎「何その目は?」

不知火「どの口が言うのかと」

陽炎「だから私は恋愛感情じゃなくて、あくまでお姉ちゃんとしてね!」

不知火「姉としての距離の測り方を恐ろしいまでに間違えてます」

陽炎「妹のことが好きすぎてそこまで至っちゃう人もいるでしょ?」

あかり「いないと思うよぉ」

不知火「恋愛感情なくそれをするという方が問題な気も」

陽炎「姉妹って難しいねぇ」

あかり「むしろぬいちゃん来るまで浜風ちゃん達とどういう付き合い方してたのかが気になるよぉ」
281 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 00:18:02.65 ID:nvHgCkAWo
『ああっ……!』

『可愛い声出しちゃって……』

不知火「……」

あかり「……」

陽炎「ち、ちがっ……知らなかったの! 本当にっ! ただの恋愛映画だと思って……!」

妖精「……」シー

陽炎「本当に違うの……」

不知火「……」

陽炎「不知火……めっちゃ見てるね」

不知火「……っ! お金も払ってるんです、見なければ勿体ないでしょう」

陽炎「あれあれ? もしかして不知火興味あるの?」

不知火「べっ……つに……」

不知火(テクニックなど何も知らないから、学び取ろうとしてるだけ……これは純粋な勉強)

あかり(こんな大音量で聞こえると、なんだか不思議な気分になるよぉ……)

陽炎(しかしまあ、なんという迫力……人がしてるところとかまじまじ見る機会ないし……)

不知火(そ、そうするんですね……なるほど……)スッ

陽炎(不知火、その指の動きは何……!? もしかして、真似してるの!?)

あかり(あかりも、あんな顔してしてるのかなぁ……?)

陽炎(あかりも結構見入っちゃってるし、あれ? もしかして結構成功だったかも?)
282 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 00:19:30.63 ID:nvHgCkAWo
今回はここまでです

百合エロアニメが劇場公開されるような世の中になるにはまだ時間がかかりそうですね
或いはもうそんな時代は過ぎてしまったというべきかもしれません
283 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 22:44:57.31 ID:nvHgCkAW0
開始します
284 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 22:51:04.64 ID:nvHgCkAW0
陽炎「いやぁ、結構ためになったね!」

不知火「……恋愛映画どころではなかったですね」

あかり「あかりはああいうところより、もっとデートとかそういう感じのところが見たかったな」

陽炎「いやいや、めっちゃあったでしょ」

不知火「あのシーンの衝撃が強すぎて全部飛んでしまいましたよ」

妖精「……」

不知火「ええ。よく受付で止められませんでしたね……普通年齢確認があるものでは?」

あかり「映画館の人も内容知らなかったのかなぁ?」

陽炎「いいじゃんいいじゃん。私らだってあそこまで進んでるわけだし、同レベルかそれ以上の見ないと進めないでしょ?」

あかり「あかりは進むより別の道を探したかったけど」

不知火「……」

陽炎「不知火は追いつかなきゃいけないもんね?」

不知火「知らないです」

陽炎「ふふん、不知火は知らないか」

不知火「早くご飯食べに行きましょう」

あかり「変に力入れて見過ぎちゃったよぉ」

陽炎「ああっちょっと! 待ってよ〜!」
285 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 22:59:32.41 ID:nvHgCkAW0
朝風「映画観に行って〜ご飯食べて〜って、それ行く時間間違えてない?」

あかり「すぐ帰って来ちゃったもんね」

朝風「もっとあるでしょ、普通」

あかり「だけど、一日中出てるわけにもいかないからね」

朝風「別にいいじゃん。ここ色々あるんだし、他の人も勝手に出回るでしょ」

あかり「それはそうだけど、なんというか……」

朝風「ま〜別になんでもいいけど〜」

あかり「朝風ちゃん、朝に比べて明らかに元気ないね?」

朝風「そりゃまあ、朝あれだけ元気だったら夜はこうなるわよ」

あかり「川内さんとは逆のパターンだよぉ」

朝風「あんま好きじゃないしね〜夜は」

あかり「じゃあちょっとでも元気出るように、今日のごほうびをあげるよぉ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 早朝ランニングに混ぜる
4 お菓子をあげる
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:03:46.50 ID:gJCjW8uDo
マッサージは無いのな
出来ればマッサージで
無理なら3で
287 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:10:51.64 ID:nvHgCkAW0
>>286
マッサージは××と変わらないからと思って除外してましたが、好感度100未満なら有りでいいですね


朝風「ごほうび貰うほど働いた覚えもないけど〜」

あかり「それでもあげるのが日課だよぉ」

朝風「まっ、貰えるもんは貰っとく〜」

あかり「何がいいかな〜あっ、そうだ。マッサージしてあげるね」

朝風「マッサージ?」

あかり「あかり得意なんだよぉ」

朝風「ふ〜ん、そうなんだ? そうは見えないけど」

あかり「能ある鷹は爪を隠すんだよぉ」

朝風「それなんか違くない? できるって言うならお願いするわね」

あかり「用意するからね〜」

朝風「あっ、肩叩きとかじゃなくて本格的のなんだ。ちょっと期待しとくか〜」
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:14:12.10 ID:j1hpd5UYO
これからはご褒美安価の5の欄が好感度100未満ならマッサージ、以上なら××するになるって感じかな
289 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:24:49.90 ID:nvHgCkAW0
>>288
固有のごほうびも入れておきたいですしその方がいいかもしれません
(残りの好感度100未満は防空棲姫だけなので、使われるかどうかはわかりませんが)



朝風「んっ、んぅ……?」

あかり「どう? 効いてる?」

朝風「効いて、るけど……」

朝風(思ってた気持ちよさとなんか違うような……)

あかり「よいしょっと……」グッ

朝風「あんっ……!」

あかり「あっ、ここ気持ちいい?」

朝風「ちょちょちょ、待って……」

朝風(眠たくなるような気持ちよさを想像してたのに……なんで、これは……)

あかり「はじめてだから、気持ちいいところを探すところからはじめるよぉ」グイッ

朝風「……っ!」ピクン

朝風(声、何とか抑えられたけど……これ以上は……!)

あかり「神風ちゃんはほぼ全身的にだけど、朝風ちゃんはどこを……ここかな?」

朝風「ふあっ……!」

あかり「ふんふん、ここら辺が敏感っぽいね〜」

朝風(くっ、こんな、私が手玉に取られて……あぁっ……!)ピクン
290 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:34:19.57 ID:nvHgCkAW0
あかり「よしっ! そろそろいいよね」

朝風「はぁ〜……」

あかり「元気出た?」

朝風「ふぅ、ふぅ……元気っちゃ、元気になったけども……」

あかり「これでぐっすり眠れるね」

朝風(眠れるか!)

あかり「また元気になりたいときはいつでもするからね」

朝風「いや、今度は私がする」

あかり「えっ? 朝風ちゃんもできるの?」

朝風「やってできないことはない!」

あかり「あかりがされることはあんまりないから、楽しみにしとくよぉ」

朝風(このまま終わるわけにはいかないものね!)

あかり「それは今度の楽しみにしといて、明日の秘書艦さん決めるね」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>210-211の☆のついてる艦娘以外)
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:38:18.68 ID:raeXh0Ueo
扶桑
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:38:20.29 ID:FfB1xDTBO
葛城
293 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/09(木) 23:49:00.41 ID:nvHgCkAW0
朝風「明日の秘書艦、私が伝えるの?」

あかり「うん、一応最後の仕事」

朝風「そっか。最後に人働きしますか」

あかり「明日の秘書艦さんは葛城さんだよぉ」

朝風「葛城……空母の人ね。わかったわ」

あかり「お願いね朝風ちゃん」

朝風「ん、ごほうびまで貰ったんだから、その分働くよ」

あかり「おやすみ、朝風ちゃん」

朝風「おやすみ」

朝風「……あかりにその気はない、のよね? 無自覚でこれやっちゃうって結構危険な気がするわ」

朝風「ともかく、負けないくらいマッサージできるようになろう!」

あかり「朝風ちゃんとちょっとは仲良くなれたかなぁ? なれたよね! よし、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>210-211の朝風以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
>>210-211の朝風、吹雪、朝潮、弥生、陽炎、不知火以外から1〜3人)
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:53:02.17 ID:SCOQGWvVO
2神風
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/09(木) 23:53:09.23 ID:sPt7xJf80
2浦風
296 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 00:00:30.57 ID:1xOSeewu0
神風「朝風、そろそろ終わったかしら?」

あかり「終わったよぉ」

神風「で、私のところに来るのね」

あかり「来ちゃだめだった?」

神風「いいえ。むしろ朝風がどうだったか聞きたかったから」

あかり「どうだったか気になる?」

神風「来たばかりだしね。それに言動がちょっと不安だったから」

あかり「特に問題もなく頑張ってくれたよぉ」

神風「失礼なこと言われなかった?」

あかり「ううん、そういうことは別に」

神風「あかりの基準だからな〜」

あかり「あかりだって失礼なこと言われたら怒るよぉ」

神風「あかりがそう感じるレベルが高いって話よ。まあいいわ。もう少しゆっくり聞きましょう」

あかり「おじゃましま〜す」

>>このレスから四分後に一番近いレス
神風の寝間着

1  普通のパジャマ
2  浴衣
3  ベビードール
4  ネグリジェ
5  ガウン
6  着ぐるみパジャマ
7  着ない派
8  普段の服
9  ジャージ
10 下着
11 その他自由に
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:04:30.62 ID:zKN+8OLZO
7
298 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 00:07:34.88 ID:1xOSeewu0
今回はここまでです
次は神風と一緒に寝るところからです

マッサージはたまに明確に書いてますが、基本はどこをマッサージしているかは想像にお任せしています
決して考えてないだけではありませんはい
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:11:30.22 ID:FCidZ1PUO
乙です
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 00:14:34.76 ID:zKN+8OLZO
おつ
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 13:55:40.59 ID:vvJTkKgkO
乙。
302 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 22:51:18.03 ID:1xOSeewu0
開始します
303 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:00:30.57 ID:1xOSeewu0
あかり「っていう感じ」

神風「そう、あの子もちゃんと仕事してるのね」

あかり「夜になると若干やる気がなくなってたくらいだね」

神風「それならよし」

あかり「あはは、そんなに心配することないよぉ」

神風「それでもしちゃうものよ」

あかり「神風ちゃん根が真面目だからね」

神風「根じゃないところが真面目じゃないみたいな言い方するわね」

あかり「そんなつもりはないよぉ。あっ、そろそろ寝よう?」

神風「露骨に話題反らしたわね。いいけども」

あかり「神風ちゃんは寝るときどんな格好なの?」

神風「……き、着てると擦れたりするだけだからね!」

あかり「何が?」

神風「服着ないのよ!」

あかり「着ない派なんだね、そっか」

神風「なにその淡白な反応は!?」

あかり「だっていっぱいいるし」

神風「いっぱいいちゃうの!?」
304 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:22:37.05 ID:1xOSeewu0
あかり「むしろ直接お布団に触れるから、そっちの方が擦れない?」

神風「そうは言っても裸で布団なしで寝るわけにもいかないし」

あかり「艦娘は風邪ひかないでしょ?」

神風「でも寒さは感じるわよ! というかそれ以前の問題でしょ!」

あかり「見かけたら罰ゲームか何かかと思っちゃうよね」

神風「というかいやでしょ。裸のままそこら辺で寝ちゃう人なんて」

あかり「あかりは別にそれだけで判断しないから」

神風「でも、ちゃんと布団で寝ててほしいでしょ?」

あかり「それを言うなら服も着ててほしいけどね」

神風「そこは仕方ない」

あかり「仕方ないかぁ」
305 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:35:21.61 ID:1xOSeewu0
神風「スペース空いてると寒いから、もうちょっとこっち来てよ」

あかり「いいの?」

神風「よくなかったらそもそも一緒に寝てないわ」

あかり「そっか」ススッ

神風「触ってもらって、慣れないとね」

あかり「じゃあ服着た方がいいんじゃない?」

神風「服の刺激に慣れたいわけじゃないし」

あかり「というか、服着てるだけで敏感になっちゃうって、いつもそうなっちゃってるってこと?」

神風「……あかりが来たからだって、ちょっとは感づいてよ!」

あかり「あっ、そうだったんだ?」

神風「私の敏感さを少し貴女に分けてあげたいわ」

あかり「あかりも欲しいなって思うかな。神風ちゃんが感じてるもの、感じてみたいよぉ」

神風「いつか全部返してあげるから、今は頂戴……」

あかり「うん……」
306 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:40:22.87 ID:1xOSeewu0
葛城「おはよ」

あかり「おはようございます、葛城さん」

葛城「寒くなって来たけど、体調は大丈夫かしら?」

あかり「寒さに負けないようにランニングしてます!」

葛城「でもインフルエンザの予防接種とか受けといた方がいいんじゃない?」

あかり「注射……」

葛城「怖いの?」

あかり「怖くありませんよぉ! あかりはもう中学生ですから!」

葛城「そっかそっか、じゃあ妖精にお願いしてやってもらおうかしら」

あかり「か、艦娘は病気になりませんから、移される心配ないですし問題ないです!」

葛城「はいはい、そういうことにしといてあげるわ」
307 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:40:58.37 ID:1xOSeewu0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
308 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:42:00.22 ID:1xOSeewu0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑     大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
筑摩      〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
天津風☆◇  長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
309 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/10(金) 23:52:27.23 ID:1xOSeewu0
葛城「風邪ひくってどんな感じなの?」

あかり「ん〜体が熱くて怠くて重くなります」

葛城「めちゃくちゃ疲れてるのとどう違うの?」

あかり「どう違う……ん〜感覚的に熱さとか怠さが違うんですよね。汗が出ませんし」

葛城「汗かくと熱下がるって言うよね」

あかり「いっぱい走るとこう、胸が苦しい〜ってなりますけど、風邪のだるさはこう重力の重さを感じるようになったというか」

葛城「ふぅん、よくわかんない」

あかり「分からなくていいと思いますよぉ。楽しいことじゃないですから」

葛城「そうね。でもたまに、そういう不便な面でも人間らしくなってみたいなって思うこともあるわ」

あかり「……」

葛城「って、朝からそんな重い話するもんじゃないわね! 一発目、どうするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>307-308の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:56:27.27 ID:hKPMqI4+o
1朝風
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/10(金) 23:56:30.12 ID:4wnr4lDv0
1筑摩
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 23:56:41.10 ID:vbypYw78O
1ぬいぬい
313 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/11(土) 00:04:28.69 ID:my+Jb4+/0
今回はここまでです
次は小ネタからです

ハンコ注射とかいう入れ墨よりよっぽどひどい肌破壊兵器今はないそうですね
注射は大丈夫ですがさすがにあれはちょっと怖いですね
314 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/11(土) 22:42:39.46 ID:my+Jb4+/0
今日はちょっと書けそうにないので↓1〜2で追加の小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:46:43.02 ID:O9G0WeyKO
>>165の続きをお願いします
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:47:11.45 ID:YsJdB+cX0
あかり提督
全て終わって元の世界に戻るはずが目が覚めたら叢雲と一緒にアズレンの世界に行ってて司令官をやることに
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:49:40.99 ID:YsJdB+cX0
アズレンあんま知らなかったら安価下に下げてください
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 22:51:30.91 ID:0sbHxjSNo
んじゃ念の為安価下用に
エッチなマッサージで朝風を骨抜きにするあかり(r-18)
319 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 22:45:55.07 ID:yIQnEAcr0
昨日一昨日とすいませんでした
小ネタは今日も終わりに追加しますね

アズレンはやったことないのではじめてみました
にわかになりますが頑張ってみます

あかりの裏人格に××される神風の小ネタから開始します
320 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 22:59:51.37 ID:yIQnEAcr0
あかり「ふんふん〜」

あかり「今日はどこに行こうかなぁ」

あかり「神風ちゃんに会いに行こうか、なっ……!?」ズルッ

あかり「なんでこんなところにバナナの皮が〜!」ゴンッ



神風「んっ? なんか嫌な予感が……」

あかり「……」

神風「あかり……じゃなくて貴女は……!」

あかり「ひどいわぁ、私もあかりなのに」

神風「なんか違うのよ貴女は!」

あかり「最近は元の方も私っぽくなって来たわよぉ」

神風「いや貴女っぽいっていうのとは違うでしょ」

あかり「ええ〜そうかしらぁ?」グイッ

神風「少なくともこんなふうに脈絡なく服脱がそうとはしない〜!」
321 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 23:13:00.99 ID:yIQnEAcr0
神風「それで脱がされる私も私か……」

あかり「神風ちゃんは本当にエッチ好きねぇ」

神風「誰のせ――んっ」チュッ

あかり「……それ、もう禁句でしょ?」

神風「……うん」

あかり「ふふっ……じゃあ、はじめましょうか」スッ

神風「はぁっ……」

あかり「神風ちゃんは何でもないところに触れても、敏感に反応してくれるから好きよ」

神風「こんなんじゃ、なかったのに……」

あかり「あかりに随分と開発、されたもんね」

神風「むちゃくちゃにして来たの、貴女なんでしょ……?」

あかり「敏感になるまで触ってたのは表の顔よ」

神風「裏にこんなの秘めてるだけあって、あっちも実はあれね……」
322 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 23:29:40.44 ID:yIQnEAcr0
神風「んっ、んんぅ……」ピクン

あかり「おへそこちょこちょしてるだけなのに、いやらしい声出しちゃってるね」コチョコチョ

神風「はぁぁ、はぁ……おへそって、わりと、来るでしょ……」

あかり「好きな人いるわね。神風ちゃんはどこでも喜ぶけど」

神風「はぅんっ……!」

あかり「体の部位じゃなくて、場所もどこでもね」

神風「んっ……!?」

あかり「また満員電車で遊ぶ? 今度はしっかり痴漢してあげよっか……?」

神風「やぁっ、やめて……」

あかり「駅のトイレなんて、外に誰がいるかもわからないのに……あかりもはずかしかったんだよぉ……?」

神風「んんんぅ……!」ゾワゾワ

あかり「ついに触らなくても感じちゃうようになった?」

神風「わ、私を変な感覚に目覚めさせないでよ……」
323 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/13(月) 23:48:10.27 ID:yIQnEAcr0
あかり「おっぱい触ってほしい?」

神風「だれが……」

あかり「口ではどう言っても、そんなに張られたらわかっちゃうよ」

神風「うぅぅ……」

あかり「素直じゃない子にはちょっと意地悪しちゃう」

神風「なによいじわるって……」

あかり「おねだりするまで触ってあげない」

神風「なっ……」

あかり「可愛くおねだりしてくれるまでは、くすぐるだけね」

神風「い、いいわよ別に……貴女が引っ込むまでくすぐってれば……」

あかり「ふふふっ、どこまで耐えられるかしら」
324 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 00:10:46.74 ID:jsr7UjEb0
神風「あぁっ、あっ……」

あかり「まだ5分も経ってないけど〜?」

神風「んぅ、ぅ……」

あかり「別に嫌じゃないんでしょ? だったら、ほら、我慢しないで……」

神風「はぁ、はぁ……」

あかり「神風ちゃん、さぁ……」

神風「ふぁぁ……」

神風(もう、限界……!)

神風「お願い……これ以上焦らさないで……」

あかり「う〜ん、それはおねだりとはちょっと違うかな。それもそれで来るものがあるけど」

神風「お願い、します……胸を……張りつめて……ずっと、欲しかったの……お願い、触ってくださいっ……!」

あかり「くすっ……上出来」スッ

神風「あっ、ああぁっ……!」
325 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 00:25:56.39 ID:jsr7UjEb0
あかり「敏感なところを触ってあげた方が、反応がいいね。当たり前だけど」

神風「んんんっ……!」

あかり「いっぱい我慢した分、気持ち良くなったでしょ?」

神風「ふぅ、ふぅ……」

あかり「神風ちゃんは数の気持ちよさを知ってるから、次は質の気持ちよさを教えてあげるの」

神風「し、つ……?」

あかり「そう。たくさんするより、1回の気持ちよさを突き詰めてみるの」

神風「この上ないくらいになるのが、絶頂……でしょ……?」

あかり「それにも差があるってわかってるくせに……」

神風「はぁぁ……」

あかり「いっぱい気持ちいいのを貯めて、それから。だから、これからももうちょっと我慢してもらうからね〜」カプッ

神風「あ、あっぁぁ〜……!」

神風(私が普通にあかりと愛し合える日はいつになったら来るのかしら……)
326 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 00:27:55.17 ID:jsr7UjEb0
今回はここまでです
次は本編の続きからです

裏人格と統合して来たような感じになってますがまだ裏人格の方が積極的です

↓1で小ネタ追加募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 00:28:07.00 ID:Ug5GfNJvo
>>318
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2017/11/14(火) 00:28:37.43 ID:wcDpz+xO0
未体験組の間でのマッサージの噂
329 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 22:43:00.46 ID:jsr7UjEb0
開始します
330 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 22:48:44.78 ID:jsr7UjEb0
朝風「おっはよ〜あかり!」

あかり「おはよう朝風ちゃん。朝は元気だね」

朝風「昨日言ったでしょ。朝は元気にして夜に寝るんだって!」

あかり「落差が凄くてね」

朝風「そりゃ起きて元気いっぱいなのと、これから寝るってときじゃ大きく差があるに決まってるわ」

あかり「まあ、元気なのはいいことだよね」

朝風「そうそう。あかりも元気出していきなさい!」

あかり「うん。ところで、朝風ちゃんはこれから用事ある?」

朝風「ないわ。元気を持て余したところ」

あかり「じゃ、ちょっとあかりに付き合ってね」

朝風「また親睦を深めようってわけね。いいわよ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 マッサージのお返し
3 朝の元気の秘訣
4 その他自由に
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 22:52:45.84 ID:3X57v0MRO
332 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:03:32.13 ID:jsr7UjEb0
あかり「じゃあね〜昨日言ってた朝風ちゃんがマッサージしてくれるっていうの!」

朝風「えっ、もう?」

あかり「やっぱりまだ早すぎた?」

朝風「い、いやぁ? 私にかかればマッサージくらい!」

あかり「じゃあお願いね」

朝風「そこ座って」

あかり「ん」

朝風「肩揉みから行くわよ」

あかり「お願いしま〜す」

朝風(やったことないけど、ええいままよ!)

↓1 コンマ

0〜30  ド下手くそ
31〜65 普通
67〜98 上手い
ゾロ目  あかりと同じ
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:05:27.57 ID:b0suh2xfO
334 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:11:03.88 ID:jsr7UjEb0
朝風「……どう?」

あかり「ん〜? ん〜普通」

朝風「普通って何よ?」

あかり「なんて言うか、普通」

朝風「ぐぬぬ、何よそれ〜!」

あかり「でも、普通に気持ちいいよぉ」

朝風「普通に、は余計!」

あかり「いや、あかりはこの普通の気持ちよさを求めてたんだよぉ」

朝風「はぁ?」

あかり「うん、落ち着くよぉ。いい気分〜」

朝風(なんかよくわからないけど、気に入ってるみたい?)
335 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:19:06.36 ID:jsr7UjEb0
朝風「腕とかもマッサージしていい感じ?」

あかり「いいよぉ〜」

朝風「わかった」ギュッギュッ

あかり「あはは、やっぱりそうやってもらうと、こってたんだなぁってわかるね」

朝風「普段暮らしてるだけでも負荷はかかるものだもの。とはいえ、貴女の歳ならそんなに気にならないはずだけど、何か負荷がかかるようなことしてるの?」

あかり「えっ!? そ、それは、その、朝のランニングとかね」

朝風「ランニングねぇ。腕も振るし、負荷かかることもあるか」

あかり「そうなんだよぉ。動かしてるのは全身だからね」

朝風「なら、効いてるのか効いてないのかよくわからないけど、私のマッサージでほぐしてあげる」

あかり「ありがと〜……」

朝風(普通普通言われるのは癪だけど、喜んでもらえるなら嬉しいものね)
336 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:29:45.63 ID:jsr7UjEb0
あかり「はぁ〜気持ちよかった」

朝風「ふっ、これで昨日の借りはかえ……」

あかり「どうしたの朝風ちゃん?」

朝風(そうだ! 私昨日のあれの仕返しするつもりだったんじゃん! 何普通に喜ばせてんの!?)

あかり「朝風ちゃ〜ん?」

朝風「な、何でもないわ。これで昨日の借りは返した、わね」

あかり「昨日のはごほうびなんだし、むしろあかりが借りを返してたって言うべきかな」

朝風「それでも、あれよ。特に大きな仕事したわけでもなかったんだから、過剰に貰った分を返したってところ!」

あかり「気にしなくていいのに」

朝風「これでもう気にしないわ! でも、あれよ……これからも疲れたなってときは私のところに来ていいわ」

あかり「マッサージしてくれるの?」

朝風「元気があればね」

あかり「やったぁ!」

朝風(また今度、やり返してやるわ! 見てなさい!)

あかり「また楽しみが増えたよぉ。それじゃ、あかりはそろそろ行くね」

朝風「ええ、またね」

朝風(ああやって毎日鎮守府の中を駆け回ってるのも、負担になってるのかしらね。やっぱ、もう帳消しに……いや、ここはちゃんとやり返さないと!)

あかり「ふふん、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>307-308の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:34:02.49 ID:wcDpz+xO0
1筑摩
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:34:05.72 ID:Ug5GfNJvo
1弥生
339 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/14(火) 23:48:15.15 ID:jsr7UjEb0
筑摩「おはようございます、あかり」

あかり「あっ、おはようございます筑摩さん」

筑摩「なんだか機嫌良さそうですね」

あかり「朝風ちゃんにマッサージしてもらってました!」

筑摩「あら、マッサージが必要なくらいお疲れですか?」

あかり「気づかない内に疲れてたみたいです」

筑摩「多くを経験してたくましくなったとはいえ、女の子なんです。あまり無理はいけませんよ」

あかり「はぁい」

筑摩「ふふっ、よろしいです。お時間よろしければ、少し私と一緒にいてください」

あかり「あかりにご用事ですか?」

筑摩「急ぎの用はありませんよ。でも、一緒にいたいだけです」

あかり「はい、わかりましたよぉ。時間はいっぱいあるので、筑摩さんと一緒にいますね」

筑摩「ありがとうございます」

筑摩(久しぶりに2人きりになれたんですし、ここで大きく進みたいところですが……何をすれば……)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 改造したいと言う
2 マッサージ(意味深)する
3 膝枕で寝かせる
4 その他自由に
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 23:52:15.16 ID:51SyiXEvO
3
341 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 00:06:27.97 ID:Oc/XvH1K0
筑摩(私もマッサージするとかいって、そちらに……いや、無理するなと言っておきながらそれはいけません!)

筑摩(それに頼らなくたって、前には進めますから)

あかり「ん〜」

筑摩「マッサージ受けて眠くなってません?」

あかり「さすがにまだ起きたばかりですし。でも少し横になりたい気分です」

筑摩「それではこちらへどうぞ」ポンポン

あかり「お膝ですか?」

筑摩「はい。あまり柔らかくはないかもしれませんが」

あかり「たぶん、そんなことないと思いますよ」

筑摩「それは私の足が太いと仰ってます?」

あかり「仰ってません仰ってません! 柔らかいのと太いのとは違いますので」

筑摩「くすっ……わかっていますよ。さっ、はやく」

あかり「あ〜、じゃあおじゃまします?」

筑摩「いらっしゃいませ」
342 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 00:09:22.94 ID:Oc/XvH1K0
まだ続きますが今回はここまでです

長いので短縮しましたが、あかりと同じはあかりと同じようにちょっと触っただけで(性的に)気持ちよくさせられるという意味でした
上手いという設定からちょっとずれた感じになっちゃっていますので
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 00:18:46.29 ID:SAYmrS1Wo
乙です
344 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 22:44:17.03 ID:Oc/XvH1K0
開始します
345 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 22:53:01.24 ID:Oc/XvH1K0
あかり「ほら、やっぱり柔らかいですよぉ」

筑摩「本当ですか?」

あかり「筑摩さんもしてみればわかります」

筑摩「物理的に無理ですから」

あかり「おっぱいおっきいですもんね」

筑摩「胸の問題ではなく」

あかり「ちょっとお腹に寄ったら顔が見えなくなっちゃいます」ススッ

筑摩「あぁ、隠れないでください」グイッ

あかり「むぐっ……!」ムニ

筑摩「あら、顔が見たかったのに隠れてしまいましたね」

あかり「むぅ、あかりがやってもこうはならないのに」

筑摩「私だって普通はなりませんよ。わざとしなければ」

あかり「わざとしたんですか?」

筑摩「さあ、どうでしょうね」
346 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:02:02.38 ID:Oc/XvH1K0
あかり「そういえば、まだ泳ぎの練習してるって聞きましたよぉ」

筑摩「練習ではなく、忘れないように定期的に行ってるだけです」

あかり「そう簡単に忘れませんから」

筑摩「そうでしょうけど、もう定期的に行くのがサイクル化していますので」

あかり「帰った後が大変ですよぉ」

筑摩「近くにプールないんですか?」

あかり「ジムとか行けばあるかもしれませんけど」

筑摩「うちの豪華なプールに慣れていたら、競泳用の簡素なプールでは物足りないかもしれません」

あかり「色々と今より不便になっちゃいますよぉ。お風呂も小さくなりますし」

筑摩「お風呂が小さいのは悪いことばかりではありませんが」

あかり「えっ、何でですか?」

筑摩「狭いお風呂に1人でゆったり浸かるのもいいものです」

あかり「そう言えるってことは、水に浸かることはもうすっかり慣れてますね」

筑摩「お風呂には潜りませんしね。でも、苦手だって言ったら一緒に入ってくれます? 狭いお風呂に」

あかり「苦手だって言わなくても一緒に入ってって言えば入りますよぉ」

筑摩「それは、ふふっ、ゆったり浸かれなくなっちゃいますね」
347 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:17:21.86 ID:Oc/XvH1K0
あかり「ん〜……!」ググッ

筑摩「もういいんですか?」

あかり「はい、もう大丈夫ですよぉ」

筑摩「私がよくないのでもう少し寝ててください」グッ

あかり「ええっ!?」

筑摩「こんなにゆっくりお話しするのは久しぶりなんですから、少しくらいサービスしてください」

あかり「はぁ、構いませんけど」

筑摩「ありがとうございます」

あかり「でも足痺れません?」

筑摩「痺れたら突いてもいいですよ」

あかり「ええ〜しませんよぉそんなこと」

筑摩「むしろしてほしいんですけど」

あかり「何でですか?」

筑摩「それも触れ合いですよ」

あかり「痺れてないときの方がいいですよぉ。今つつきます」ツンツン

筑摩「うふふ、くすぐったいですよあかり」

あかり(筑摩さんがいつにもなく触れ合いを求めてる。やっぱり寂しいのかな? 櫻子ちゃんに利根さん連れて遊びに来てもらう?)

あかり(それともこっちから……でもまずはこのあとをどうするか考えるよぉ)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>307-308の朝風、筑摩、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:21:21.77 ID:etJhgVLIO
1天津風
349 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:34:58.55 ID:Oc/XvH1K0
連装砲くん「きゅ〜」ピュー

あかり「連装砲くん、どうしたの?」

天津風「待ちなさい連装砲くん!」

連装砲くん「きゅきゅ〜!」サッ

天津風「こら、あかりに隠れてもダメ! 整備受けるの!」サッ

連装砲くん「きゅうきゅ〜」ピュー

天津風「ああもう、何でいつもいやがるのよ〜!」ダッ

あかり「いやちょっと、あかりの周りを回らないで〜!」

連装砲ちゃん「きゅきゅ〜ん」ガシッ

連装砲くん「きゅう!?」

連装砲ちゃん「きゅ〜う」グイグイ

連装砲くん「きゅ、きゅ〜……」

あかり「連装砲ちゃんに連れてかれちゃった」

天津風「整備の日になるといつもこれなんだから。戦わないにしても、悪くなってないか調べた方がいいんだって何回も言ってるのに」

あかり「連装砲くんたちも整備してたんだね」

天津風「当たり前でしょ。急に動かなくなったりしたら悲しいじゃない」

あかり「連装砲くんたち機械なの?生き物なの?」

天津風「気にしないでいいわ。それよりも、せっかく会ったんだしこのまま遊びましょう」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 どっちが島風の長姉かという話
2 最近の陽炎型について
3 寒いのでくっつく
4 その他自由に
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:38:58.51 ID:usWHeQUoO
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 23:39:10.29 ID:K6QgdgE9O
352 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:49:00.24 ID:Oc/XvH1K0
あかり「そうだね、遊ぼう」ピト

天津風「んんっ、何でくっつくのよ?」

あかり「寒いから」

天津風「またそうやって人を暖房扱いする!」

あかり「だってあったかいだもん〜」グデー

天津風「ああん、嬉しいけどそこまで寄っかかられると重い!」

あかり「艦娘でしょ〜」

天津風「重量が肩に集中しすぎなの!」

あかり「じゃあ全体的にくっつく!」

天津風「ちょっと、こんな往来ではずかしいから! もぉ〜」

あかり「天津風ちゃんまた煙出てるよぉ」

天津風「そういうもんだからしょうがないでしょ!」
353 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/15(水) 23:59:50.48 ID:Oc/XvH1K0
天津風「私がもうちょっと抱き心地がある体してれば……」

あかり「ん?」

天津風「浜風……いや浦風くらいはあれば」

あかり「抱き心地はおっぱいで決まるものじゃないから」

天津風「別に胸だけで言ってるわけじゃないわよ。スタイルとか、いいでしょあの子達」

あかり「そういえば、天津風ちゃんの方がお姉ちゃんだっけ」

天津風「私はここにいる中じゃ不知火と陽炎の次にお姉ちゃんよ! と言っても全体で見れば真ん中くらいだけど」

あかり「雪風ちゃんの方がお姉ちゃんなんだっけ」

天津風「まあね。まあ、谷風ほどじゃなかっただけいいか」

あかり「抱き心地とは違うけど、谷風ちゃんくらいだと抱っこしやすいよね」

天津風「ぐぬぬ、中途半端か私は」

あかり「天津風ちゃんはあかりと同じくらいだから、抱きしめやすいんだよぉ」

天津風「抱っこじゃなくて?」

あかり「抱っこはちょっと厳しいかなぁ。されたい?」

天津風「いいわよ、このまま抱きついてて」
354 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 00:07:03.93 ID:xbT0mLe80
あかり「ぽかぽか〜」

天津風「湯たんぽだったりカイロだったり、忙しいわね」

あかり「加賀さんも体温高いんだよね」

天津風「加賀さんには、こういうことできないわよね」

あかり「させてくれるとは思うけどね」

天津風「あかりにはそうでしょうけど」

あかり「2人に挟まれてたら暖房いらないかも!」

天津風「あのねぇ」

あかり「あはは、天津風ちゃん達が寒いかぁ」

天津風「別に、あかりも体温高いし」

あかり「そう?」

天津風「そうよ! それに、あかりとくっついてたら余計暑くなるんだもの」
355 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 00:08:31.99 ID:xbT0mLe80
今回はここまでです

もうだいぶ寒いですがまだまだこれからなので気を付けていきたいですね
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 01:26:41.43 ID:vYqxbi+G0
乙です
357 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 22:44:57.05 ID:xbT0mLe80
開始します
358 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 22:50:35.91 ID:xbT0mLe80
あかり「葛城さんも雲龍さんほどではないですが寒そうな格好してますよね」

葛城「えっ、結構厚着じゃない?」

あかり「厚着じゃないです」

葛城「雲龍姉が基準になっちゃってたのかなぁ」

あかり「風邪ひいてみたいのはわかりましたけど、風邪はわざとひくものじゃないですから。体を大事にしてください」

葛城「いや風邪ひくためにやってるわけじゃないんだけど」

あかり「せめて瑞鶴さんと同じくらい着ましょう」

葛城「私が瑞鶴先輩とお揃いの服で!? そんな、恐れ多い!」

あかり「いえ、お揃いじゃなくていいので同じくらい暖かくしてくださいっていう意味です」

葛城「いやぁ、でも翔鶴先輩に悪いし……」

あかり「聞いてない……あかりはこれからどうしようかな」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>308の朝風以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 22:54:37.67 ID:9wTHgKL4o
3葛城、瑞鶴3
360 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 22:58:36.26 ID:xbT0mLe80
瑞鶴「妹ちゃん、いる?」

あかり「瑞鶴さん」

葛城「瑞鶴先輩!」

瑞鶴「あら、葛城もいたのね。じゃあ一緒に行くか」

あかり「どこにですか?」

瑞鶴「街に遊びに」

葛城「わ、私がご一緒してもいいんですか!?」

瑞鶴「貴女だけ仲間外れにするわけないじゃない」

葛城「やったぁ!」

瑞鶴「ちょっと遊びに行くくらい、何回かあるのにその喜び様はなに?」

葛城「何回だって嬉しいですよ!」

あかり「そうですよぉ。何回だって嬉しいんです!」

瑞鶴「あぁ、そうなの。喜んでもらえて何より。じゃ、行きましょうか」
361 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:11:01.48 ID:xbT0mLe80
葛城「どこに行きます?」

瑞鶴「妹ちゃんに姉っぽいことをしようと思ってたんだけど」

あかり「姉っぽいことって何ですか?」

瑞鶴「なんか奢るとか?」

あかり「アバウトですね」

葛城「では私が後輩として何か奢ります!」

瑞鶴「それじゃ瑞鶴が後輩にたかる悪い先輩みたいじゃないの」

あかり「そもそも何を奢るんですか?」

瑞鶴「ん〜? あ〜、お菓子とか?」

あかり「お菓子は手作りしてくれる方がお姉ちゃんっぽいです」

瑞鶴「買ったものの方がおいしいわ」

葛城「そうでもないかと……あっ、私はその、服を見に行きたいですね」

瑞鶴「そうね、冬物の服買った方がいいわよね。雲龍のも含めて」

葛城「せ、先輩と同じものを……」

あかり「だから同じ物じゃなくていいって言ってるのに」

瑞鶴「瑞鶴と同じって、こんな服そこらじゃ売ってないわよ。世間一般じゃコスプレ扱いでしょ」

葛城「じゃあコスプレ屋行きます!」

瑞鶴「おいおい……あっ、妖精はどっか行きたいところあるの?」

妖精「……」

葛城「コーヒーショップ? ドライブするときの眠気覚ましによく飲んでるって、貴女そんな小さいのにカフェイン過多になったりしない?」

瑞鶴「妖精の体にツッコむのはやめた方がいいわ」

あかり「艦娘もそうだと思いますけどね。えっと、どこに行きましょうか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 駄菓子屋
2 コスプレショップ
3 コーヒーショップ
4 その他自由に
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:14:57.70 ID:CVO870So0
3
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 23:15:01.50 ID:tRyhHVcAO
364 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:32:00.95 ID:xbT0mLe80
葛城「弓道着弓道着……あっ、胸当ても探さないと」

あかり「胸当てまで付けるんですね」

瑞鶴「でも瑞鶴と同じだとサイズ合わないわよ」

葛城「そこはほっといてください!」

あかり「部活服コーナーはあっちみたいです」

葛城「よ〜し! 行きますよ先輩!」

瑞鶴「はいはい。瑞鶴は普段からこれなんだから、見る必要ないけどね」

あかり「葛城さんは瑞鶴さんのこと本当に好きなんですね」

瑞鶴「一航戦じゃなくて、瑞鶴を慕うところは見所あるけどね。まあ、あの子が竣工したときにはもう……」

あかり「瑞鶴さん?」

瑞鶴「ううん、何でもないわ。可愛い妹ちゃんだけじゃなくて、後輩までできて。幸せなことだわ」

あかり「あかりにとってはどっちもお姉ちゃんですけどね」

瑞鶴「いやいや、瑞鶴のがお姉ちゃんだから。葛城はお姉ちゃんって感じじゃないでしょ」

あかり「そうですか? 葛城さんもわりとそういうところあると思いますよ」

瑞鶴「瑞鶴の方がいいお姉ちゃんだし!」

あかり「後輩と張り合っちゃだめですよぉ」
365 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:45:26.72 ID:xbT0mLe80
葛城「白……いや、あえての最終決戦仕様で……」

あかり「悩んでますね」

葛城「基本にするか、マニアックなところを攻めるかの鬩ぎあいだよ」

瑞鶴「マニアックっていうか、それ死に装束の色だからねある意味」

葛城「不吉ですかね?」

瑞鶴「今となっちゃそうでもないわよ。好きにしなさい」

葛城「ううむ……」

あかり「あはは、葛城さんが悩みこんじゃってます」

瑞鶴「んん?」

あかり「どうしたんですか、瑞鶴さん?」

瑞鶴「いや、この白い羽織りと何故か胸元が露出してる緋袴みたいなの、何でか知らないけど気になるのよね」

あかり「こっちの日本刀も持ったら、和風なゲームに出て来るキャラクターみたいですよぉ」

瑞鶴「何でかしら……グレイゴースト――エンタープライズのことを思い出すのは……」
366 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/16(木) 23:55:02.24 ID:xbT0mLe80
葛城「どうですか? 似合ってます?」シャッ

あかり「はい、似合ってますよぉ」

葛城「あれ? 瑞鶴先輩は?」

あかり「瑞鶴さんも服持って試着室に入っていきましたよぉ」

葛城「瑞鶴先輩に見てほしかったのに」

あかり「着替えたらすぐ出て来ますから」

瑞鶴「お待たせ〜」シャッ

葛城「瑞鶴先輩……ってなんで雲龍姉みたいな格好を!?」

瑞鶴「今の瑞鶴になら似合うかと思ってね〜どう?」

あかり「似合ってるんじゃないですか?」

瑞鶴「そんな目を逸らしながら言われてもな〜ちゃんとお姉ちゃんのことを見て言いなさい」

あかり「雲龍さん、おっぱいに目が行きがちですけどスカートもだいぶあれなんですよね……」

葛城「スカートっていうかあれほぼ腰みのだよね」

瑞鶴「パンツもだいぶ大胆だしねぇ。ちなみに瑞鶴のはこんな感じ」ピラッ

あかり「見せなくていいですから!」

葛城「他のお客さんもいますし!」

瑞鶴「おっと、そうね。この装備は妹ちゃんと遊ぶとき専用〜」

葛城「むぅ〜! せっかく私が同じ服になったんですから、元に戻ってください!」

瑞鶴「はいはい、わかったわかった」

葛城(遊ぶときっていうか、あれだよね……今日はごほうびもあるし……私も何か用意しといた方がいいのかな? いや、それともあかり用に……)

あかり(また何か嫌な予感がするよぉ)
367 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 00:01:28.49 ID:s0KiS95W0
瑞鶴「また行きましょうね」

あかり「コスプレ屋さんにですか?」

瑞鶴「衣装屋じゃなくて、プレイできる方行く?」

葛城「もう、先輩!」

瑞鶴「別に葛城なら一緒でもいいけど。ふふっ、じゃあね」

葛城「いい、一緒でいいってなんですかぁ!」

あかり「あははは……葛城さん弓道着の他に何か買ってませんでした?」

葛城「えっ!? いや、ひ、秘密だよ」

あかり「ええ〜知りたいです!」

葛城「だ、だめ! まだ教えられないから!」

あかり「まだってことはいつか教えてくれるんですね? ならそのときを待ちますよぉ」

葛城「そう、静かに待ちなさい。で、次はどうしよっか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>308の朝風以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城以外から1〜3人 施設:>>19以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、葛城、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:04:58.80 ID:vxCH24KWO
5舞風
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 00:05:30.28 ID:vxCH24KWO
途中送信してしまった
5舞風2
370 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 00:15:46.55 ID:s0KiS95W0
今回はここまでです
次は小ネタからです

>>1の中では今いる空母の中での順位は千代田>雲龍>千歳>=蒼龍>龍鳳(大鯨)>飛龍、加賀>瑞鶴(改二)>鳳翔>葛城>大鳳、瑞鳳くらいに思ってます
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 03:07:33.65 ID:vNn8mu/fO
372 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 22:43:36.97 ID:s0KiS95W0
開始します
>>165の続きから
373 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 22:52:59.79 ID:s0KiS95W0
不知火「不知火は、あまりいい体ではありませんが……」

あかり「あかりだってそうだよぉ」

不知火「あかりんは、それはそれで需要がありそうです……」

あかり「ぬいちゃんだってあるよぉ」

不知火「誰に、ですか……」

あかり「あかりに」

不知火「そんな、歯の浮くような台詞を……」

あかり「ぬいちゃんだって、あかりの需要があるでしょ?」

不知火「あります、けどっ……んっ!」

あかり「早く始めちゃおっか」

不知火「……ん」
374 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:01:23.29 ID:s0KiS95W0
不知火「裸を晒すというのは……存外心に来るものがありますね……」

あかり「やっぱり綺麗だから需要あると思うよぉ」

不知火「あかりんと、陽炎以外には……」

あかり「もっとあるからきっと……」

不知火「あったとしても、供給されるのはあかりんだけ、です……」

あかり「えへへ、ありがとうぬいちゃん。じゃあ、触るね」

不知火「はい……」

あかり「……」スッ

不知火「あっ、はっ……」ピクン

不知火(あれ……?)

あかり「おっぱい触られるって思った?」

不知火「……っ!?」

あかり「ぬいちゃんいきなり触るとびっくりしそうだったから。それに、今はどこ触ってもすごく気持ちいいと思うし」

不知火「やっぱり、手馴れてる……」

あかり「いっぱい経験あるから」
375 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:14:32.85 ID:s0KiS95W0
あかり「触ってほしい?」

不知火「そんなこと……あります」

あかり「あれ? ないって言われるかと思ったよぉ」

不知火「不知火も場はわきまえます……今は、あかりと愛を語る時間ですから」

あかり「そっか、嬉しいよぉ」

不知火「そのきっかけが、あめというのも締まらないものが、ぁっ、ありますが……」

あかり「そういうのは何かのきっかけが必要なんだよぉ。今回はあめだっただけ」

不知火「きっかけがあめになった人は……何人いるんでしょうね……?」

あかり「何人だろう……あかりもだし……」

不知火「罪作りな、人です……」

あかり「あはは……」
376 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:30:22.32 ID:s0KiS95W0
あかり「そ〜っと」

不知火「ふぅっ……」プルプル

あかり「ぬいちゃん震えすぎだよぉ」

不知火「副作用のせいもありますから……」

あかり「ちょっとでも紛らわせられればいいけどね」ツン

不知火「ふぅんっ……!」ピクン

あかり「ちょっとツンってしただけだけど、やっぱり反応しちゃう?」

不知火「ふぅ、ふぅ……してしまいますね……」

あかり「怖い?」

不知火「大丈夫……怖さより、好奇心や……あかりんへの想いが勝ります」

あかり「すぐに怖くなくしてあげるからね」サッ

不知火「あぁ、ああっ……!」
377 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:42:57.18 ID:s0KiS95W0
不知火「んぅ、んっ……」

あかり「今のぬいちゃんの表情なら、すぐに読めるね」

不知火「表情が読める、どころじゃないです……」

あかり「あかりが感じていて欲しいことを感じてくれてる……それがわかるのが嬉しい……」

不知火「あかりん……」

あかり「だからもっと感じさせたくなるよぉ」クリクリ

不知火「あぁぁんっ……!」

あかり「ふふっ……もっといろんな表情を見たいな……」

不知火「はぁ、はっ、今、は、こんな顔しか、あぁっ、見せられない……」

あかり「ううん、ちょっとずつでも違ってるよぉ。あかりはちゃんと見てるからね。どこをどうされるのが、一番好きなのかも……」

不知火「あっ、あああっ……!」
378 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/17(金) 23:54:59.05 ID:s0KiS95W0
不知火「あ、あかり、ん……」

あかり「なぁに、ぬいちゃん?」

不知火「あかりん、もぬい、で……」

あかり「あかりも脱いでほしいの?」

不知火「……うん」

あかり「需要があるからね」

不知火「それは不知火だけに供給されるわけではないので……できるときに、できるだけを……」

あかり「ん、よいしょっと……」

不知火「はぁぁ……」

あかり「そんな食い入るように見られると、はずかしいよぉ」

不知火「あかりんも、赤くなって、ます……肌が……それに、ぬれ……」

あかり「あかりの方からしたいって言ったこと、してるんだもん……」

不知火「はぁ、はぁ……感じててほしいことを、感じていたら嬉しい、ですか……こういう気持ち、なんですね……」
379 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 00:09:21.21 ID:6PF5bt8M0
あかり「ぬいちゃん、足開いて」

不知火「えぇ……?」

あかり「足をこうして……で、あかりがこうするの」

不知火「そ、そんな、の……気持ちいい、んですか……?」

あかり「やってみたらわかるよぉ……んっ……」

不知火「ん、くっ……!」ピクン

あかり「気持ちいい……?」

不知火「んっ、あぁん……はぁっ……んんっ……!?」ビクン

あかり「気持ちいいところ、触れ合ったら、すごく……はぁっ……」

不知火「こんなこと、がっ……はぁっ……」

不知火(不知火が知らないようなことがまだ、たくさんあるんですね……)
380 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 00:21:46.71 ID:6PF5bt8M0
あかり「収まった?」

不知火「おかげさまで」

あかり「よかったぁ」

不知火「不知火との行為がですか?」

あかり「どう反応するか困るねその質問」

不知火「不知火が素直に言ったのですから、素直に言ってください」

あかり「ん、よかった」

不知火「……」

あかり「素直に言えって言ったのに!?」

不知火「ふっ……最後、あかりが達する表情が見られなかったのが残念です」

あかり「あかりだってぬいちゃんの見られなかったよぉ」

不知火「そういう弊害もあるんですね」

あかり「あるあるだよぉ」

不知火「練度は上がり切りましたが、まだ学ぶことは多いようですね」

あかり「これを学んじゃうの?」

不知火「あかりんが知らない内に経験値を貯めているので、ついていけるようにです」

不知火「そのあかりんからしか、経験値は貰えませんけどね……」
381 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 00:23:27.58 ID:6PF5bt8M0
今回はここまでです
次は叢雲とアズレンの世界に行くところからです

まだようやく3-4安定して来て修理装置を集めに勤しんでる程度のにわかの知識になりますがご了承ください
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 00:25:17.40 ID:kh6X6FUzO

アズレンやってないけど面白いの?
383 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 22:48:50.28 ID:6PF5bt8M0
>>382
個人的にはわりと面白いです

開始します
384 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 22:59:59.04 ID:6PF5bt8M0
奈々「すまないな、今まで時間がかかってしまって」

あかり「いえ。こうしてちゃんと出来上がったんですからいいですよぉ」

京子「はぁ〜帰ったらまた学校かぁ。めっちゃ忘れてそう」

榛名(京子)「榛名達がちゃんと勉強付けてたんですから大丈夫ですよ」

ちなつ「何となく、お姉ちゃんに会ったら泣いちゃいそう。変に思われないかな?」

電「電が一緒にいる時点で怪しまれちゃいます」

結衣「こっちで買ったゲーム幾つか持って帰れないかな?」

北上「一応異世界なんだしやめた方がよさげ」

叢雲(あかり)「で? なんでごらく部って言ったっけ? この4人だけなのよ?」

奈々「うむ、テスト運用もしていないからな。いきなり全員一斉にというわけにもいかんさ」

京子「ちょいちょい西垣ちゃん! それ私らでテストするってこと!?」

妖精(猫吊るし)「大丈夫ですよ。変なところに行くようなら、私達がちゃんと連れ戻しますので」

結衣「でも私達がこっちに来た時間には差があったし、迎えに来るにも時間がかかるんじゃ……」

奈々「だから各々が一番信の置ける艦娘も一緒に行ってもらうんだよ。何があっても君達を守れるように」

北上「まっ、このウルトラスーパーハイパーミラクル北上様にかかれば、どんな世界も一瞬で征服できちゃうから」

電「電が必ず守りますからね、ちなつ!」

ちなつ「うん、お願いね電ちゃん!」

京子「赤城の方が偵察隊とか出せるし、守るってことには適してたかも」

榛名「えっ!?」

京子「嘘嘘冗談。榛名が一番だよ」

叢雲「あんたも、大和の方がよかったんじゃないの?」

あかり「ううん、叢雲ちゃんがいいよぉ」

叢雲「ふんっ……選ばれたんだからしっかり守ってあげるわ」

奈々「また危険なことになるかもしれなくてすまないな。だが、君達ならきっと乗り越えられると信じている」

妖精(猫吊るし)「では皆さん、来たときと同じように寝てもらいますね〜」プシュー

あかり「眠らせ方が雑!」
385 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 23:12:05.07 ID:6PF5bt8M0
あかり「ん……あれ、ここは?」

叢雲「起きた? あんた元からミリタリー趣味あったわけじゃないわよね?」

あかり「えっ? 何ここ?」

叢雲「やっぱり、あんたの部屋じゃないわけね」

あかり「ええ〜!? 失敗しちゃったの!?」

叢雲「にしても、なんだってまたこんな執務室のようなところに出て来るのよ? 下手したら不法侵入で捕まるわよ」

あかり「ど、どうしよう!?」

叢雲「どうもこうも、見つかる前に逃げるか――」

アマゾン「新米指揮官! 私が嚮導担当のアマゾンだ! 本当はお前みたいなバカ……ん?」

あかり「み、見つかっちゃった!?」

叢雲「あんたは……」

アマゾン「……どっちが指揮官だ? こっちの髪の長い方がそれっぽいが」

叢雲「違うわよ。あんた、アマゾンって言った? イギリスのA級駆逐艦の?」

あかり「えっ? 駆逐艦って、この子も艦娘なの!?」

アマゾン「はぁ? いぎりす? かんむす? なんだそれは。私はお前が言うそのアマゾンだが、イギリスというのはなんだ? 私の所属はロイヤルだぞ」

叢雲「イギリスを知らない? むしろロイヤルって何よ? イギリスってのはあんたの国名……」

あかり「ん〜? なんだかお話が噛み合わないから、情報を整理してみようね」
386 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 23:28:26.01 ID:6PF5bt8M0
叢雲「セイレーンに対抗するために作られた国際連合、アズールレーンね……」

あかり「ユニオン、ロイヤル、鉄血、重桜……国の名前まで違うんだ。前よりももっと異世界だよぉ」

アマゾン「あ〜なんだ? お前達はその、私達のような艦娘とかいうやつらと、セイレーンみたいな深海棲艦っていうのが戦っていた世界から来たって言うのか?」

あかり「そうなんだよぉ。あかりは元々その世界の住人でもなくて、元の世界に戻ろうとしたらここに来ちゃったの」

アマゾン「軍医を呼んだ方がいいか……」

叢雲「妄想に憑りつかれてるように聞こえるでしょうけど事実よ」

アマゾン「じゃあなんで今日新米指揮官がここに来るという事例が私に届いたんだ? わざわざ嚮導のために本体から出向してやって来たんだぞ」

あかり「それは前のときも同じだったよぉ。どうしてだろう?」

叢雲「名前までちゃんと赤座あかりって書いてあるわ」

アマゾン「どうしたものか……」

あかり「よくわからないけど、指揮官としての権限があるならあかり頑張るよぉ!」

叢雲「ちょっと安請け合いしないで!」

あかり「でも、こっちでも困ってる人がいて、あかりが助けられる立場にいるなら助けたいよぉ」

叢雲「……また戦うことになるのよ?」

あかり「大丈夫。今のあかりには経験も知識も、それに叢雲ちゃんもいるから!」

叢雲「あんた本当に……また面倒見てあげるわよまったく……」

アマゾン「どうやらまとまったようだな。よし、ならばここから規定通りに嚮導を行わせてもらうぞ!」

あかり「うん! 頑張ってセイレーンさん達を何とかしよう!」

アマゾン「悪いが私達の敵はセイレーンではない」

叢雲「はぁ? セイレーンに対抗するためのアズールレーンでしょ?」

アマゾン「語弊があったな。確かに私達の敵はセイレーンだが、目下のところの敵は別にいる」

あかり「それは?」

アマゾン「人類の敵という絶対の悪を相手にしていても、所詮人間同士は真にわかり合うことはできないということだ」

叢雲「まさか……」

アマゾン「4大国家の内の1つ、鉄血はアズールレーンを抜けてレッドアクシズという組織を設立した。そして重桜もそれに合流するような動きを見せている」

アマゾン「私達の敵は人間だよ。まあ、矢面に立つのは人間ではない、私達艦船というわけだがな」
387 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/18(土) 23:43:16.11 ID:6PF5bt8M0
アマゾン「ここで待っていろ。ここに配属になった艦船達を呼んでくる」

あかり「人間同士の……」

叢雲「絶対悪がいても真にわかり合うことはできない、か」

あかり「鉄血と重桜って元の世界で言うとどこの国になるのかな?」

叢雲「元の世界の太平洋戦争……第二次世界大戦の勢力と似ている気がするわ。セイレーンを除けばね」

叢雲「アズールレーンは連合国、レッドアクシズは枢軸国。だとすれば、鉄血は話を聞く限りロシア、そして重桜は……日本よ」

あかり「日本が、敵……」

ロングアイランド「全員が全員敵ってわけじゃないけどね〜」

あかり「えっ!? だ、誰?」

ロングアイランド「がおお!」

あかり「ひゃあ!?」

ロングアイランド「あはは! びっくりした〜? 幽霊さんの面目躍如〜」

叢雲「あんたは?」

ロングアイランド「へへ〜わたしロング・アイランドというの」

あかり「ロングアイランドさん?」

叢雲「アメリカ……ユニオンの護衛空母ね」

ロングアイランド「可愛い指揮官さんだね〜これは憑りつきがいがあるかも〜」ペタペタ

あかり「と、憑りつき?」

叢雲「あんたがアマゾンが言ってたここに配属になったかんむ……艦?」パシッ

ロングアイランド「そだよ〜ってなに手なんか掴んじゃって。幽霊さんには触れちゃだめなんだぞ〜」

あかり「幽霊さんなんですか!?」

叢雲「奇遇ね。私も幽霊みたいなもんよ」

ロングアイランド「えっ、本物? マジ?」

アマゾン「こら! ロング・アイランド! 勝手に動くなと言っただろ!」

ロングアイランド「幽霊さんは誰にも縛られないの〜」

アマゾン「ええいロイヤルらしく自由な奴め! まあ、そいつの紹介は終わったようだし、次はこっちを紹介しよう」
388 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:13:30.48 ID:YD+zPa2/0
ジャベリン「ジャベリンです、指揮官、どうぞよろしく。あれれ、女の子が指揮官!?」

あかり「ジャベリンちゃんって言うんだね。はじめまして、赤座あかりです」

叢雲「吹雪型駆逐艦の叢雲よ」

ロングアイランド「あかりちゃんと〜叢雲? 吹雪型って重桜の艦じゃん。なんだ全部敵じゃないってわかってるんじゃん」

アマゾン「そいつらは異世界から来たんだと」

ジャベリン「異世界から!? なんですかそれ!?」

ロングアイランド「それってあの世? だから幽霊みたいなもんだって――」

叢雲「違うわよ!」

あかり「話せば長くなるんだけど……」

アマゾン「その話はまた後でゆっくりとすればいい。色々と時間が押しているんだ、さっそく始めるぞ」

ホーネット「や〜っと私の出番かな? 待ちくたびれちゃったよ」

あかり「貴女は……」

ホーネット「ハロー〜私、ホーネット! はじめまして、可愛い指揮官さんと異世界の駆逐艦ちゃん。私のことは遠慮せずにホーネット様って呼んでいいよ〜」

叢雲「誰が呼ぶか!」

ホーネット「あっははは、釣れないにゃあ」

アマゾン「まずは何事も経験からだ。彼女に演習を頼んでいる。まあまず勝てないだろうが、こうやって揉まれて強くなっていくものだ」

ホーネット「ホーネットだけにハチの巣にしてやるから、楽しみにしといて〜」

ロングアイランド「全然楽しみにできないし〜」

ジャベリン「と、とにかく! 指揮官のために頑張ります!です」

アマゾン「叢雲、あんたも戦えるんだったわね?」

あかり「いい? 叢雲ちゃん?」

叢雲「あんたこそいいの? 日本が敵なのよ? それも、別に悪いことをしているわけじゃなくて、思想の違いから。なのよね?」

アマゾン「セイレーンに組したわけではない、とは思っている。奴らもセイレーンとは戦うからな。アズールレーンの目的はセイレーンの殲滅、レッドアクシズは奴らの有効利用が目的だ」

あかり「有効利用?」

ジャベリン「セイレーンの技術は私達の技術力を超えています。だからこそアズールレーン創設前は敗戦一方だったんです」

ホーネット「だからこそ、奴らの技術を持ってして人類の発展や革新がなんとやらってお題目掲げてるんだ。重桜の艦船はセイレーンの技術を体に使ってるせいで、動物みたいな耳とか角つか生えちゃってるんだよ」

ロングアイランド「叢雲は生えてないね〜」

叢雲「私は重桜じゃなくて日本の駆逐艦だからね」

ロイヤル「対してアズールレーンが今の人類がもてる科学技術と自然の力で戦うことを是としている。その思想の違いが両者の対立を生んだんだ」

あかり「どっちもセイレーンさんを倒すために戦ってるのに、仲良くできないのかな?」

ジャベリン「難しいことです。人と人がわかり合うっていうことは、とっても難しいことなんです」

叢雲「それでもやるの?」

あかり「叢雲ちゃんの言う通り、どっちも悪いわけじゃない。本当はお話で解決できればいいんだけど、そうはいかないんだってわかってる」

あかり「だから、あかりは戦うよぉ! いつかちゃんと分かり合える日が来るって信じて! セイレーンさんとも!」

アマゾン「セイレーンともですって? 大きく出たわね」

ホーネット「へ〜え、そう断言できるなんて。可愛いだけじゃなくてカッコいいじゃん」

叢雲(私に砲撃たれて泣いてたあの頃とは違うわね……)

叢雲「わかったわ。なら手伝ってあげる」

あかり「叢雲ちゃん、ありがとう!」

叢雲「実績があるから乗ってやるってだけよ。また見せみなさい、あのお祭りみたいな奇蹟を」

あかり「うん! それじゃあ、ホーネットさん演習お願いしますね!」
389 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:28:06.17 ID:YD+zPa2/0
しばらく後



妖精(猫吊るし)「よっと、こちらではだいぶ時間が経ってしまっているようですね」

妖精(お茶)「何故かまた擬人化した軍属の艦船が戦争する世界で指揮官やってるみたいね」

妖精(猫吊るし)「本来はおよそ戦いとは無縁の性格なのに、難儀なことですね」

妖精(お茶)「けれどどうするの? この状況であかりさんを連れて帰ったら、こっちの世界が……」

妖精(猫吊るし)「先に干渉してしまったのはこちらですからね。今までありがとう、あとは自分達でなんて無責任すぎますよね」

妖精(お茶)「どうしたものか……ん?」

ユニコーン「……」ジー

妖精(猫吊るし)「あらら、貴女は?」

ユニコーン「あ……わたし……ロイヤルネイビー……ユニコーン」

妖精(お茶)「ユニコーン! イギリスの航空機補修艦!」

妖精(猫吊るし)「あの色々できちゃう艦ですね! いやぁ〜私でもまだ艦娘としてお目にかかっていない艦がいるとは」

ユニコーン「あの、妖精さん?」

妖精(お茶)「はいはい、妖精ですよ。ここの指揮官さんの知り合い」

ユニコーン「あかり姉ちゃんの? じゃあ、案内する」

妖精(猫吊るし)「あっ、これはどうもご親切に」

ユニコーン「ユーちゃんに乗っててね」

妖精(お茶)「このぬいぐるみ、ユーちゃんっていうんですね」

ユニコーン「うん。ユニコーンのユーちゃんで、ユニコーンのお友達だよ……えへへ」

妖精(猫吊るし)「ん、これは中々の中々! こっちでも撮れ高がありそう」

妖精(お茶)「やめなさい」
390 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:42:13.46 ID:YD+zPa2/0
プリンツ「指揮官、働きすぎはよくないわ。死・ぬ・わ・よ?」

あかり「大丈夫ですプリンツさん。こう見えて体力ありますから」

加賀「毎朝走り込みをしているようだからな。強さを求めるものは好きだぞ」

陽炎「うむ、吾輩が見込んだ通り有能な指揮官じゃったのう! これからもどんどん働いてもらうのじゃ!」

古鷹「でもたまには休むのも必要じゃないかな」

蒼龍「休暇を取得する場合には、まずは文書で申請を。それから査閲しますので」

古鷹「会議はいやだけど、休暇なら付き合ってもいいよ」

加賀「どうやら私の尻尾が気に入ってるようだし、休暇とあれば触っていても構わん」

プリンツ「バカね。貴重な休暇を一日中尻尾触って潰すわけないじゃない。休暇を取るなら、私とショッピングにでも行きましょう?」

陽炎「出かけるなら吾輩とじゃ〜!」

蒼龍「外出許可も申請書を提出してくださいね」

あかり「だから休みませんってば!」
391 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:48:02.72 ID:YD+zPa2/0
あかり「はぁ……」

叢雲「あいつら、全然性格違うわよね」

あかり「叢雲ちゃん」

叢雲「加賀だけは何となく似てるかなって部分もあるけど、他は全然」

あかり「そうだよね。こっちのプリンツさんはおっぱい吸ってなんか言いそうにないし」

叢雲「あんたそれあっちのプリンツに言われてんの?」

あかり「えっ!? い、いやそれは」

妖精(猫吊るし)「まあ、そのうち彼女もそう言うようになりますよ」

あかり「妖精さん!」

叢雲「あんた達、遅いわよ」

妖精(お茶)「すいません。これでもあっちの時間では1時間後くらいに飛んできたんですが」

ユニコーン「あかり姉ちゃん。ユニコーンが案内したんだよ」

あかり「ありがとユニコーンちゃん」ナデナデ

ユニコーン「えへへ……あかり姉ちゃんの役に立てて嬉しい」

妖精(猫吊るし)「こちらでも相変わらずなようで」

叢雲「……」

妖精(お茶)(こっちでなら独占できると思ってたのにって顔だ)
392 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 00:59:14.42 ID:YD+zPa2/0
あかり「あかり達を連れて帰りに来たんだよね?」

妖精(猫吊るし)「はい、そのつもりです」

ユニコーン「えっ!? ユニコーンやだよ! あかり姉ちゃん!」ギュッ

あかり「ユニコーンちゃん……大丈夫、あかりはどこにも行かないよ」

妖精(お茶)「今更投げ出せませんよね、この状況」

叢雲「もう色々なことを知ってしまったわ。たくさん戦ったし、あいつらのこと仲間だとも思ってる」

あかり「見捨てていけないよぉ。だからって皆を連れて帰るわけにもいかないし」

妖精(猫吊るし)「事情は大体把握しています。この世界の情勢を無視していくような人達だとは思えませんね」

叢雲「だから悪いけど私達はまだ帰らないわ。せめてアズールレーンとレッドアクシズの戦争が終わるまではまだ」

あかり「その後のセイレーンさんのこともだよぉ!」

妖精(お茶)「では、あちらの皆さんにもこちらへ順次来ていただきましょう。それだけでもかなりの戦力補強になります」

アマゾン「あまり余所者の力ばかりに頼りたくはないんだがな」

あかり「アマゾンちゃん! 聞いてたの?」

アマゾン「ああ。確かに叢雲は高い練度を誇っていて頼りになる戦力だ。それと同じか、それ以上の戦力を呼んでくれるというのだろう?」

叢雲「そうね。私よりもまだ練度が高くて高性能なのがたくさん」

アマゾン「それは助かる。だがな、私達にも意地がある。私達の世界を護るのに、私達はただ見ているだけなんてことは我慢ならない」

アマゾン「別に指揮官と叢雲のことを認めていないわけじゃないぞ? ただ、それだけに頼ってまったく関与できなくなるのはごめんだと言ってるんだ」

ユニコーン「ユニコーンも、あかり姉ちゃんの力になりたい!」

妖精(猫吊るし)「そうですね……では、こうしましょう」
393 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 01:26:15.95 ID:YD+zPa2/0
ヒリュウ「さあ、ぼくの最後の戦いです!」

アマゾン「あんたそれ何回目なのよ! いい加減にしなさいよね!」

ヒリュウ「そっちが何回も来ているんじゃないですか!」

シラヌイ「いい加減にしてほしいのは、こっちでございます」

アブクマ「あてらも暇じゃないんで、そろそろ終わりにしてくれない?」

ハーミーズ「そちらが応急修理装置の設計図をアンティにかけてるのに、出さないのが悪いんだ!」

イスズ「それはどっちかというパズルカードなんじゃ……うにゃああ! 何でもない!」

ヒリュウ「とにかく、そろそろそちらを撃滅させてもらいますよ!」

アマゾン「それはこっちの台詞よ!」

あかり『アマゾンちゃん、お願い!』

アマゾン「言われなくてもするから命令しないで! ったく」ガチャ

シラヌイ「なんでございましょうあれは?」

イスズ「バイクのハンドル……?」

アマゾン「……何で私はこんななのよ」ガチャン

ヒリュウ「ベルト……?」

アマゾン「アマゾンッ!」
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 01:38:24.95 ID:56TLUhS70
それはアカン
世界観が崩壊してしまう!
395 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 01:44:02.48 ID:YD+zPa2/0
イスズ「うにゃあああ!? なにこの熱風〜!」

アブクマ「一体何が……?」

アマゾン「……」

ヒリュウ「な、なんだあの、化け物は!?」

シラヌイ「変身した……?」

イスズ「お、お前は誰だ!?」

アマゾン「通りすがりの私の中の私だ! 覚えておけ!」

ハーミーズ「私も始めよう。デュエル! 私の先行! 私は手札からレベルスティーラーを墓地に送り、クイックシンクロンを特殊召喚!」

ヒリュウ「モンスターが実体化した!?」

ハーミーズ「……そしてレベル4となったジャンクウォリアーとレベル6となったロードウォリアーに、シンクロチューナー、フォーミラシンクロンをチューニング!」

ハーミーズ「集いし星が1つになるとき、新たな絆が未来を照らす! 光さす道となれ! リミットオーバーアクセルシンクロォォォ!」

ハーミーズ「進化の光!シューティングクエーサードラゴン!」

イスズ「ドドド、ドラゴン!? なんかドラゴン出て来ちゃったよ!?」

シラヌイ「み、見掛け倒し……妾の全弾発射で……!」

ハーミーズ「それはどうかな? シューティングクエーサードラゴンの効果発動! 1ターンに1度、魔法・罠・モンスター効果の発動を無効にし破壊する!」

シラヌイ「きゃあ!?」

アブクマ「シラヌイの艤装が爆発した!?」

ヒリュウ「何なんだ、何なんだ一体……」

アマゾン「私も聞きたいくらいだ。なんなんだあの妖精は!? こんな、非常識な力を!」ズルゥ

イスズ「ひいいいっ!? どう見ても殺意の塊な槍がベルトからぁぁ!?」

ハーミーズ「行け! シューティングクエーサードラゴン! 天地創造撃ザ・クリエーションバースト!」

ヒリュウ「うわああああ!?」
396 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 02:05:31.41 ID:YD+zPa2/0
あかり「おかえりアマゾンちゃん、ハーミーズさん」

ハーミーズ「ガッチャ! 楽しいデュエルだったぜ!」

アマゾン「……」

妖精(猫吊るし)「どうでしたか私達の改造は?」

アマゾン「強いのはいいけど……強いのはいいけどっ!」

ハーミーズ「私は大満足だぞ! 次はちゃんとマスタールール4に則ったデュエルを……」

あかり「妖精さん、あんなむちゃくちゃな改造もできたんだね……」

妖精(猫吊るし)「諸事情あってあちらでは封印してましたが、こちらの方が状況は悪いですからね。解禁いたしました」

ユニコーン「可能性を示すの……ビームマグナムで!」ドシュゥン

ロングアイランド「せめて痛みを知らずに安らかに死ぬが良い……」

叢雲「コレデヨイ……」ダカダカダカ

ボーグ「チャージ3回! フリーエントリー! ノーオプションバトル!」

妖精(猫吊るし)「この力があれば、あちらの世界の皆さんとも対等に渡り合えますよ!」

アマゾン「私もっと強くできるだろ! 太陽の子とか、凄まじき戦士とか、黄金の最強ゲーマーとか!」

妖精(猫吊るし)「それじゃ名前ネタにならないじゃないですか」

あかり「あははは……大丈夫なのかなこれ?」

妖精(お茶)「大丈夫じゃないと思いますが、正気で戦争はできませんから」

あかり「ええ……あっ、そうだ。京子ちゃん達は大丈夫だったの? もしかしてまたこの世界で別れ別れになってた?」

妖精(お茶)「いえ、こちらの世界には来ていませんよ」

あかり「元の世界に帰れてた?」

妖精(お茶)「元の世界にも帰れてません」

あかり「それじゃあ、今のあかりみたいに異世界に?」

妖精(お茶)「そうです。そして何の因果か皆さんあかりさんと同じように、そのままでは帰れない状態になってました」

あかり「えっ、そうなの?」

妖精(お茶)「京子さんは花の名前を持つ女性達で作られる騎士団の団長として、結衣さんはゲイムギョウ界という世界の女神様達の仲間として」

妖精(お茶)「ちなつさんは伝説や神話の武器の名を持つ女性達の力を引き出すマスターとして、それぞれ世界を救うために戦っています」

あかり「そっか、皆それぞれ頑張ってるんだ……なら、あかりも頑張らないとね!」

叢雲「これでよい……の?」
397 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 02:16:09.45 ID:YD+zPa2/0
今回はここまでです
次は朝風をマッサージで骨抜きにする小ネタです

あかりのところにいる艦娘と同名のアズレン側のが出て来たところの人選は、>>1が所持している艦船です
同じものの擬人化なのでどうしても比べられますが、刀とか色々ありますし仲良くしていければいいなと思いますね
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2017/11/19(日) 10:10:54.13 ID:jGsRSFIG0
乙です ちなつがいった世界はファントムオブキルの世界でしょうか?
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 19:00:02.65 ID:WyqM+w4DO
やめろ!こんなのはアズレンじゃない!
俺の知ってるアズレンはみんなを笑顔にするものなんだ!
400 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 22:50:03.08 ID:YD+zPa2/0
>>398
京子がフラワーナイトガール、結衣が超次元ゲイムネプテューヌ、ちなつはその通りです
ファンキルは知らない内に男キャラ出てたみたいなのでちょっと適切ではなかったかもしれません

>>399
ハミの力で、世界に……皆の未来に、笑顔を……

開始します
401 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 23:04:37.14 ID:YD+zPa2/0
あかり「朝風ちゃん」

朝風「ん、どうしたの?」

あかり「この前のマッサージのお礼をしようと思って」

朝風「ええ? あれが私からのお礼だったんだけど?」

あかり「お礼のお礼だよぉ」

朝風「それじゃあお礼のお礼返しが一生続くでしょ」

あかり「でも朝風ちゃんまたやってくれるって言ってたし、あかりもまたしてあげないとね」

朝風「いいわよ別に、私は気にしないから」

あかり「あかりが気になるんだよぉ」

朝風「……しょうがないわね」

あかり「わぁい」

朝風「何でお礼する方が喜ぶのよ」

朝風(これは別に、いつかの仕返しのために逆に学び取ってやろうとしてるだけであって、他意はないんだから!)
402 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 23:14:06.17 ID:YD+zPa2/0
朝風「くっ、ふぅ……」

あかり「気持ちいい?」

朝風「ま、まあまあ?」

あかり「まあまあでも気持ちいいならよかったよぉ」

朝風(絶対なんかおかしい……艦娘がそう感じるツボ的なの知ってるでしょ!)

あかり「皆それぞれ気持ちよくなるところが違うから、そこを探すの。って前にも言ったっけ」

朝風「聞いた気がするわ……」

あかり「朝風ちゃんのは覚えてるよぉ。ここだよね?」グイッ

朝風「はぁぅんぅ……!」ビクン

あかり「気持ちいいときはみんな反応が大袈裟になっちゃうね」

朝風(それは気持ちいいの質があっちだからよ!)
403 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 23:24:43.72 ID:YD+zPa2/0
あかり「でもいっぱい触ってると、そこが気持ちよく感じるようになっちゃうんだって」

朝風「そ、そう……」

あかり「朝風ちゃんもいっぱい触ってたら、例えばこことかも気持ちよくなるかも?」

朝風「はぁっ……!」

あかり「あれ? もう気持ちよくなってる?」

朝風(何でもないところなのに……そんなところ、弱かったの私?)

あかり「あんまり色んなところ敏感になりすぎると問題だから、気持ちいいところを広げるのはやめよう」

朝風「へぇ?」

あかり「代わりに今気持ちいいところをもっと気持ちよくするために、重点的にマッサージするね!」

朝風(ひぃぃ〜!)
404 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 23:37:56.23 ID:YD+zPa2/0
朝風「あっ、あっ……」

あかり「ん〜」

朝風(気持ちいいけど、絶妙にもどかしい……!)

あかり「そろそろ終わろっか」

朝風「……っ!?」

朝風(これで終わりって、半端すぎるでしょ!?)

あかり「次の朝風ちゃんのマッサージに期待してるよぉ」

朝風「ま、待ってぇ……」

あかり「どうしたの?」

朝風「わ、私のマッサージを受けたいって言うなら、まだ続けて」

あかり「まだ足りないの? 朝風ちゃん荷解きとかで体凝ってた?」

朝風「こってはないけど、火照ってる……もっと、してほしいところが、ある……」
405 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/19(日) 23:49:23.42 ID:YD+zPa2/0
あかり「どこマッサージしてほしいの?」

朝風「ここ……」パサッ

あかり「ええっ!?」

朝風「ま、マッサージされてたら、そういう気分になっちゃったの! しょうがないでしょ!」

あかり「ええっと、ならやっぱり終わりにして1人で……」

朝風「はっ!」

朝風(そうよ、何で私あかりにお願いしてるの!? 1人で処理できるでしょ!)

朝風(で、でも……何でもないところであれだけ気持ちよくできるあかりにされたら、どれだけ……)ゴクリ

あかり「ということであかりは――」

朝風「あ、あかりがやったんだから、あかりにお願いするのは当然でしょ! やり逃げは許さないんだから!」

あかり「や、やり逃げって」

朝風「満足するまできっちりやりきってのマッサージよ! だから、ほら、しなさいよ……」

あかり「もぉ、しょうがないなぁ」
406 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 00:08:10.92 ID:yOUPj4st0
あかり「おへそのところをとんとんってするのもいいみたい」トントン

朝風「はっ、あぁっ……!?」ピクン

あかり「朝風ちゃんも気持ちいい人だね。良くないって人もいるからね」

朝風「おへそ、こんなっ……」

あかり「おへそから下って行って……」トントン

朝風「あっ、あぁっ……」

あかり「ここら辺をぐりぐりするのも効く人には効くみたいだけど……」

朝風「んんん……」ギュッ

あかり「ここだけで大丈夫?」

朝風「すご、く、んっ……来る、んだけど……足りない……」

あかり「それじゃ、しょうがないね……ここ、マッサージするから」

朝風「あぁ、あぁ……待ってたの、ずっと……あぁっ、あああっ……!」
407 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 00:15:35.91 ID:yOUPj4st0
朝風「普通のマッサージに喜んでたのは、こういうこと……」

あかり「あかりも普通にマッサージしてるつもりなんだけどねぇ」

朝風「意図せずにあれができるって才能だと思うよ」

あかり「そっちの才能は特に要らなかったなぁ」

朝風「下手よりは上手い方がいいじゃない」

あかり「朝風ちゃんはそう言いそうな気がした」

朝風「まだ会ったばっかりなのに、私のことわかった気になってる……」

あかり「会ったばっかりでも色々と曝け出されちゃってるから」

朝風「ぐっ……」

あかり「今度はあかりが曝け出さないといけないね」

朝風「それは負けた気がするからいいわ! 私が曝け出さしてやるの!」

あかり「でもマッサージは普通のままでね?」

朝風「ぐっ、くっ……考えとく!」

朝風(この人心掌握というか、身構えさせないようにするのも司令官としてのカリスマ的なものなのかしらねぇ)
408 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 00:25:06.08 ID:yOUPj4st0
今回はここまでです
次は本編からです

イベントもぼちぼち手を付けないといけませんね
艦これは放置しやすい部類とはいえ、やはり複数同時にやるのは気が逸れて集中できないので、掛け持ちしてると辛いですね
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 00:42:16.44 ID:cS5u41RpO

気を散らせての轟沈にお気をつけて
410 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 22:43:43.42 ID:yOUPj4st0
開始します
411 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 22:48:12.20 ID:yOUPj4st0
あかり「プール、筑摩さん来てたりしないかな?」

舞風「筑摩さんの方がよかった?」

あかり「あっ、舞風ちゃん」

舞風「そりゃ私の水着より筑摩さんの方が見たいでしょうね」

あかり「筑摩さんがよくプールに来てるって聞いたから、いないかなって思っただけだよぉ」

舞風「ふふっ、知ってる」

あかり「もぉ〜」

舞風「ごめんごめん」

あかり「舞風ちゃんは泳ぎに来たの?」

舞風「泳ぎながら踊りに来た」

あかり「シンクロでもするの?」

舞風「あれも楽しそうだけど、さすがにまだ無理かなぁ」
412 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 23:02:59.36 ID:yOUPj4st0
舞風「今の時期は温水になってるからいいよね〜」

あかり「お風呂みたいだよぉ」

舞風「お風呂もお風呂でだいぶ豪華だけど」

あかり「流れるお風呂とか波の出るお風呂はないから」

舞風「あったらお風呂だけでいいってことになるしね」

あかり「暖かい温水の中で踊るの?」

舞風「そうなるね今は」

あかり「暑くならない?」

舞風「熱くなるのが目的でしょ!」

あかり「熱くなりすぎそう」

舞風「ならどうだか試してみればいいよ!」グイッ

あかり「ああぁ、あかりも一緒に踊るの〜!?」
413 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 23:18:50.12 ID:yOUPj4st0
あかり「水の中で踊るの、辛い……」

舞風「もうバテたの? 早すぎ」

あかり「ちょっと体力付いたけど、あかりそんなに鍛えてるわけじゃないんだからね……」

舞風「じゃそこで舞風の舞を見ててよ」

あかり「ん」

舞風「よっ、はぁっ!」ザバザバ

あかり(水の中なのによくあんなに動けるよぉ)

舞風「ふっ!」

あかり(水しぶきもキラキラしてて綺麗……あっ、プールの色が変わった?)

舞風「……」スー

あかり(さっきまでの激しいのから、静かな動きに変わった……色に合わせてるの?)

舞風「……はぁ!」ザバッ

あかり(プールの色が変わると同時に水の上に出て来た!)

舞風「ふ〜んふ〜ん」スィー

あかり(今度は水の上を滑って……すごいなぁ、全部組み立てて来てるんだね)

舞風「ふふんっ」
414 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 23:35:31.73 ID:yOUPj4st0
舞風「どうだった?」

あかり「うん、すごかったよぉ」

舞風「本当はもっとこう、水がばしゃーってなるとか仕込みたかったんだけど」

あかり「ううん。踊りに合わせて色が変わるだけでもすごかったよぉ」

舞風「どっちかというと色に合わせて踊りを変えてたんだけどね」

あかり「色って重要なんだね」

舞風「とっても重要なものだよ。服にだって身に着ける物にだって、それに踊ってる人自身にだって色はあるんだもの」

舞風「目から受ける情報っていうのは本当に大事なもの。配色1つ1つにだってちゃんとこだわりがあるんだよ」

あかり「水着もそれで選んだの?」

舞風「うん」

あかり「本当にダンスには真剣だよね舞風ちゃん」

舞風「今は違うけど那珂さんに付いて人前で踊ってたんだもん。ちゃんと真剣にやらなきゃ失礼でしょ」

あかり「舞風ちゃんのそういうところ好きだよ」

舞風「ならもっと見せて、もっと好きになってもらう!」

あかり「そうしたいのは山々だけど、そろそろ行かなきゃ」

舞風「え〜もうちょっといいじゃん」

あかり「ごめんね」

舞風「しょうがないなぁ。次は水ばしゃーも追加しとくから」

あかり「それは楽しみ!」

あかり(さてと、これからは……)

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>308の朝風以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城、舞風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城、舞風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城、舞風以外から1〜3人 施設:>>19の2以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>307-308の朝風、筑摩、葛城、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 23:39:24.39 ID:P5fZLGY+o
執務 1
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 23:39:31.33 ID:RPorbfKo0
3 防空棲姫、秋月 1(櫻子)
417 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/20(月) 23:48:07.76 ID:yOUPj4st0
あかり「防空棲姫ちゃん、秋月ちゃん。櫻子ちゃんのところに遊びに行かない?」

秋月「またこの子とですか?」

防空棲姫「そんなに嫌わないでよぉ〜ねぇ?」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜」サッ

防空棲姫「この子にも嫌われちゃってる〜」

あかり「無理やり抱きしめたりするからだよぉ」

秋月「で、大室司令……じゃなくて、櫻子のところに行くんでしたよね」

あかり「うん。夕張さんと直接話したいこともあるでしょ?」

秋月「まあ、色々と」

防空棲姫「その子のところにも深海棲艦いるんだったっけ?」

あかり「そうだよぉ。空母棲姫さんのソラさん」

防空棲姫「ふぅん、そっか」

秋月(何だろう、何か前と雰囲気が違うような)
418 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 00:05:50.53 ID:gbTLkUfi0
櫻子「あかりちゃん!」

あかり「櫻子ちゃん久しぶり!」

櫻子「本当に久しぶりだよ〜会いに来てくれていいのに〜!」

あかり「ごめんね、結構忙しくて」

櫻子「あかりちゃんとこ人多いもんね〜しょうがないかぁ」

あかり「でも来てくれたら歓迎するよ」

櫻子「マジで? ありがとう! 今度歓迎されに行くね!」

鬼怒「歓迎されに行くっておかしいでしょ」

櫻子「してくれるって言うから行くんじゃん! おかしくないし!」

潮「そういうことではなく……」

櫻子「あっ、その子新しい深海棲艦の子? なんていうんだっけ?」

あかり「防空棲姫ちゃん」

櫻子「ぼ〜く? ぼくちゃん!」

防空棲姫「勝手に名付けないで欲しいわぁ」

空母棲姫「また深海棲艦が増えたのか。難儀なものだな本当に」

防空棲姫「あらぁ、貴女がソラ?」

空母棲姫「ああ、そうだ。少し話でもしようか、同胞」

夕張「久しぶりね秋月」

秋月「夕張さん! お久しぶりです!」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜きゅ〜!」クルクル

夕張「長10cm砲ちゃん達も久しぶり。また後でメンテしてあげるからね」

秋月「夕張さん! 昨日のあれ見ました? またED変わってましたね!」

夕張「そうね。3話ずつ季節ごとのEDを変えてるみたい。でも今までの3組以外にカップルいたかしら?」

櫻子「秋月とぼくちゃんは忙しいみたいだし、先にあかりちゃんだけでも歓迎しよう!」

あかり「あっ、うん」

櫻子「行くぞ潮〜」モミ

潮「あひゃんっ、は、はい!」

あかり「えっ? 今何で潮ちゃんのおっぱい揉んだの?」

櫻子「ん? おっぱい揉むのになんか理由いる? 手が気持ちいいからとかはあるけど」

あかり「ええっ?」

鬼怒「ある意味であかりちゃんのせい……いや、おかげって言うべきなのかな……」
419 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 00:10:11.91 ID:gbTLkUfi0
今回はここまでです

他鎮守府はあまり描写する機会がないので、ちょっと長めになるかもしれません
たまに無条件で誰かのところにいくとか、誰かが遊びに来るとかいうイベントを挟んだ方がいいかもしれませんね
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 00:21:36.80 ID:Ka5lJhQq0
乙です
421 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 22:44:34.06 ID:gbTLkUfi0
開始します
422 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 22:57:24.23 ID:gbTLkUfi0
利根「おおっ、あかり。元気にしておったか?」

あかり「利根さん。元気ですよぉ」

利根「筑摩は連れて来とらんのかの?」

あかり「筑摩さんは来てませんよぉ」

利根「なんじゃ、残念じゃのう。そろそろ改二にしてやったのか?」

あかり「まだです」

利根「早くしてやるといい。この服、動きやすいぞ」

あかり「でも今の時期寒そうですよぉ」

利根「吾輩は普段はもっと寒い格好を……いや、何でもない」

あかり「ん?」

翔鶴「お久しぶりです、あかりちゃん。瑞鶴は元気ですか?」

あかり「翔鶴さん! 元気です。今日も葛城さんと3人でお買い物行きました!」

翔鶴「あら、それは楽しそうですね。加賀さんとは仲良くできてます?」

あかり「あ〜ぼちぼち?」

翔鶴「ご迷惑をおかけしてすいませんね……」

あかり「目立って喧嘩はしてないので、迷惑だなんて……」

櫻子「あかりちゃ〜ん。話まだ終わらない〜?」モミモミ

潮「うっ、あぁぅ……」

あかり「もうすぐそっちい……ってめっちゃ揉んでる!?」

日向「やめろバカ! これではわざわざ……意味ないだろう!」

櫻子「だって暇なんだも〜ん」
423 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 23:07:38.54 ID:gbTLkUfi0
櫻子「テク教えてくれたのあかりちゃんじゃん」

あかり「ま、まあ教えたけど、そんなところ構わずやってるとは思わなくて」

櫻子「だってさあ、うちあかりちゃんのとこみたいに遊べる場所ないし。街もそんな簡単に行けないじゃん?」

あかり「あっ、街遠いの?」

櫻子「遠い!」

鬼怒「深海棲艦もいたし、海から離れた位置に移動しちゃったんだよね」

日向「徐々に開発が進んではいるが、さすがにそうすぐには戻せんさ」

櫻子「だから遊びにも行けないし〜テレビとかゲームばっかだと、健康に悪いとか言って怒ってくるし〜」

潮「実際悪いですからねそれだけど」

櫻子「だからおっぱい揉むくらいしかすることないの」モミモミ

鬼怒「んんぅ……」

あかり「そこに行きつくのはおかしいんじゃないかな!?」

翔鶴「あかりちゃんは人のこと言えないような気がしますよ……」
424 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 23:24:22.31 ID:gbTLkUfi0
櫻子「あかりちゃんとこの妖精貸してよ。あの喋る子」

あかり「喋る子2人いるけど」

櫻子「よく出て来る方」

あかり「あの子は……他の人のところには行かせられないよぉ」

櫻子「ええ〜いいじゃん!」

あかり「いや、あの子色々作ってくれるのはいいけど、それで面倒なことも起こしちゃうから」

櫻子「面倒ごと起こしちゃっていいよ! 暇つぶしになるもん!」

あかり「本当に暇なんだね……」

櫻子「そうなんだよ! 向日葵と勝負しに行っても、あんまり相手してくれないしさ〜」

あかり「向日葵ちゃんは忙しいの?」

鬼怒「あの子はあの子で、自分の艦娘達と色々あるみたい」

潮「綾乃さんや千歳さんも自分の艦娘達との時間を大事にされてるみたいです。なので、最近は生徒会の集まりもあまりなくて」

あかり「そっかぁ。もうすぐここからもいなくなっちゃうし、皆との思い出も残したいよね」

櫻子「も〜! 今なら補習授業でも何でも喜んで受けてやる〜!」

日向「言ったな? では特別授業を受けさせてやろう」

翔鶴「戻ったときに留年しなくていいように、きっちり教えてあげないといけませんからね」

櫻子「ええっ、い、いやぁ、ソラと夕張遅いな! 呼びに行ってくる!」

あかり「あははは……すいません、あかりが変なこと教えちゃったから」

利根「いや、教えを請うたときにはもう手遅れだった」

潮「むしろ、ちゃんと教えてくれたから、あの……」

鬼怒「変な感じだけど、ありがとう」

あかり「ど、どういたしまして……って言っちゃっていいのかなぁ」
425 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 23:31:58.24 ID:gbTLkUfi0
秋月「さすが今日のヒーロー像を作り上げて来た会社の1つって感じですよね」

夕張「そうね。アニメのヒーローって言えば思い浮かべるのはあの作品群って人も多いでしょうし」

秋月「夕張さんは特撮も見てます? 私、この前のがゲームモチーフだったので興味を持って見てみたら、すごく面白くてですね」

夕張「あのデザインからよくあそこまでのが作れたなって思った――」

櫻子「ゆ〜ばり〜」ムニ

夕張「ひゃあっ!? ちょっと、櫻子! 今くらいはちょっと自重しなさい!」

秋月「あっ、櫻子さん」

櫻子「秋月もあかりちゃんほっぽって2人で盛り上がってちゃだめだろ〜」

秋月「すいません。ついつい話に熱が入っちゃって」

夕張「私達呼びに来たの?」

櫻子「うん。ていうか、もうすぐ決闘王始まるけど」

夕張「うわっ、本当だ! 行くわよ秋月!」

秋月「はい!」

櫻子「次はソラとボクちゃんとこだな」

秋月「……今は自重しろってことは、普段は急に揉んでもいいってことなんですか?」

夕張「そっ……か、家庭の事情よ」
426 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/21(火) 23:59:28.41 ID:gbTLkUfi0
防空棲姫「貴女は深海での記憶が残ってる?」

空母棲姫「ああ」

防空棲姫「怖くない?」

空母棲姫「お前はそうなのか?」

防空棲姫「……自分の存在さえ不確かなあの暗闇の中で、悲しみや怒りや苦しみ……色んな負の感情が暴れ狂ったような声がずっと聞こえてた」

防空棲姫「怖いわ……もう、あんなふうになりたくない」

空母棲姫「わかるよ、その気持ち」

防空棲姫「貴女はどうやって乗り越えたの?」

空母棲姫「私はたぶんお前よりも期間が短かったというのもあるんだろうが、こうして櫻子に助けられてからもう長いからな」

防空棲姫「時間が解決してくれた?」

空母棲姫「ただ漫然と時間だけが経ったわけじゃないぞ」

空母棲姫「名前を付けてもらった。ソラという名前。空母棲姫という種別ではなく、私としての名前」

防空棲姫「名前……」

空母棲姫「大事なことだ。そうしてもらうことで、私はソラだと認識できる。暗闇の中に消えてしまわないように、確固とした自分を持てた」

空母棲姫「それと、たくさん会話をした。たくさん触れ合った。あの怨念の声とは違う、優しい声で私に話しかけて、撫でてくれた」

空母棲姫「次第に忘れたよ。あの怨念の声はあの子の元気で明るい声に。深海の冷たさは、あの子の優しい手のぬくもりに変わった」

防空棲姫「……」

空母棲姫「どれだけかかるかはわからない。でも、きっとお前もそうなれるよ。あの子は――あかりは、もしかしたら櫻子よりそれに向いてる性格をしているからな」

防空棲姫「たくさん会話して、たくさん触れ合う……」

空母棲姫「ああ。だから怖がらずに受け入れることだ。お前も最期は聞いたんだろう? あのお祭りのの声を。またそのときと同じ温もりを、いやそれ以上のものをくれるさあの子なら」

防空棲姫「……」

櫻子「ソラ〜!」モミ

空母棲姫「んっくっ……! 何だ櫻子?」

櫻子「なんだじゃないよ、いつまで話してんだ! もうすぐ夕飯できるぞ!」モミモミ

空母棲姫「んふっ……わ、わかった、行くから」

櫻子「よ〜し、このまま行くぞ〜!」

空母棲姫「お、押すな! せめて胸から手を離せ〜!」

防空棲姫(ソラ嬉しそう……触れ合い……胸を揉んでもらうのがいいの?)
427 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 00:11:05.59 ID:yuvB28T/0
夕張「今回のはどう思う?」

秋月「前回がストーリー面ボロボロに叩かれたので、丁寧に進めてる印象ですね。反面、決闘なし回が多発してるので、決闘者としては物足りない感じもします」

夕張「そうね。でもその分決闘の内容も面白くて好きよ。昔のカードが出て来たりするしね」

あかり「夜ごはんまでいただいていいんですか?」

翔鶴「構いませんよ。大勢で食べる方が楽しいですから」

櫻子「いっぱい食べてってよ! その分あかりちゃんち行ったときもらうから」

利根「何を言うておる、まったく」

あかり「あはは!」

防空棲姫「……」

あかり「防空棲姫ちゃん、どうしたの?」

防空棲姫「あっ、いや、何でもないわぁ」

櫻子「あかりちゃん、名前付けてあげないの?」

あかり「あっ、そうだ。名前はちゃんと付けてあげないとだよね!」

防空棲姫「……! 名前!」

あかり「これがいいって自分で決めてたりする?」

防空棲姫「え、えっと……」

>>このレスから四分後に一番近いレス
防空棲姫の名前

1 わるづき
2 エアディ(エアディフェンスの捩り)
3 ボク(防空の捩り)
4 その他自由に
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 00:15:44.82 ID:kUiPcfHZ0
1
429 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 00:21:29.51 ID:yuvB28T/0
今回はここまでです

中々ボクっ子が出せないので疑似的に出せればと思って本編で推してましたが目論見が外れました
候補にゾーマも入れておけばよかったですね
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 00:28:04.83 ID:6lzkj7xvo
乙です
431 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 22:43:05.29 ID:yuvB28T/0
開始します
432 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 22:52:26.50 ID:yuvB28T/0
防空棲姫「わるづき」

あかり「わるづき?」

防空棲姫「たぶん、あの子の姉妹の誰かが私なんでしょ?」

あかり「ん〜そうなのかな? 似てるような似てないような」

防空棲姫「だからわるさめと同じように、私もわるを名乗るわ」

あかり「わるはいい意味の名前じゃないんだけどね」

防空棲姫「ちょいわる的なあれよぉ」

櫻子「え〜ボクにしようよ〜」

鬼怒「それはもういいから」

秋月「本当にそんな名前でいいの?」

防空棲姫「ふふん、わるの魅力に勝てるかしらねぇ?」ムニ

あかり「あわわ」

秋月「なぁっ!? 悪だから色仕掛けってのが安直!」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜きゅ〜!」

防空棲姫「うふふっ、その安直さに負けるのよぉ」

秋月「負けないわよ! ねぇ、あかり!」

防空棲姫「わるの魅力に飲まれなさい」ムニュ

秋月「胸とか、私への当てつけなのか〜! もぉ〜!」

夕張「やれやれ、楽しそうで何よりね」
433 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 23:14:35.32 ID:yuvB28T/0
櫻子「ちゃんと歓迎用意して待っててね!」

あかり「うん、またね櫻子ちゃん」

利根「筑摩によろしくの〜」

防空棲姫「またね、ソラ」

空母棲姫「あぁ、わるづき」

夕張「冬アニメ始まったらまた会いましょう」

秋月「はい!」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜」フリフリ

櫻子「ふぅ、行っちゃったかぁ。泊ってけばいいのに」

鬼怒「あかりちゃんも自分とこの人達のことがあるからね」

日向「下手したらこっちに乗り込んでくる可能性があるからな」

櫻子「それはそれで楽しそう!」

潮「いやいや……」

櫻子「てかあかりちゃん達帰ったよ! ほら、さっさと脱いで!」

鬼怒「はいはい……」ヌギッ

潮「うぅ……やっぱりやめませんか? いつでも揉めるように胸出して生活しろって」

櫻子「潮が急に揉まれるとブラが型崩れするとか言うからしてんだろ〜!」モミモミ

潮「んぁっ……そうですけど、もはや型崩れ気にするどころかの話では、ああっん……」

日向「これを一切の下心なしに言えるのが、ある意味凄いというかなんというか……」

翔鶴「素直に従っている私達も私達ですね……」

利根「普段から目にするようになって、自分の小ささを意識するようになってしまったがな」

櫻子「利根だって私よりは大きいだろ〜! 喧嘩売ってんのか〜!」クリクリ

利根「あぁっ……や、やめぬか! なぜ吾輩だけ明らかに先を重点的にするんじゃ!」

潮(いいなぁ……潮ももっと揉まれるより……)

空母棲姫「いいのかな、これ?」

夕張「まあ、ごらくのない田舎とか、そういうこと多いって言うし?」

鬼怒「櫻子〜! こっちも触りなさ〜い!」

空母棲姫「何かが果てしなく間違っている気がする……」
434 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 23:25:45.13 ID:yuvB28T/0
葛城「翔鶴先輩怒ってなかった?」

あかり「いえ、瑞鶴さんと仲良くしてくれて嬉しいって言ってましたよぉ」

葛城「そっか、よかった」

あかり「翔鶴さんはそんなことで怒りませんから」

葛城「瑞鶴先輩のような妹がいて、独占したいと思わない方がおかしいわ!」

あかり「そう思ってるのがおかしいですよぉ」

葛城「で、久しぶりに友達に会ってどうだった?」

あかり「皆も色々変わっていくものなんだなって」

葛城「なにそれ?」

あかり「いえ、あんなに嫌ってたのに、あんなふうになっちゃうなんて」

葛城「なになに? 気になるじゃん!」

あかり「い、いえ、これは言えません! ごほうびの時間です!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 お姉ちゃんと呼んであげる
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 23:29:45.16 ID:NSMGKBdxO
436 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 23:43:26.97 ID:yuvB28T/0
葛城「露骨に隠したわね」

あかり「櫻子ちゃんの名誉のためです」

葛城「しょうがないわね。ごほうびの時間ね」

あかり「何がいいですか?」

葛城「ちょっと待って。これを」ガサガサ

あかり「あっ、それ今日買って来たやつですか?」

葛城「そう。実はあかりに着てほしいのも買ってて」

あかり「あかりに着てほしい服ですか? それなら隠さなくてもいいのに」

葛城「いやぁ、何ていうかはずかしいじゃん?」

あかり「人に服選んでもらうの好きですよあかり」

葛城「なら、喜んで着てくれるわよね?」

あかり「これは……」
437 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/22(水) 23:59:00.79 ID:yuvB28T/0
あかり「着替えましたよぉ」

葛城「あはっ、似合ってる」

あかり「これ葛城さんの服ですよね? よくありましたね……」

葛城「同じ格好した艦がいっぱいいるからね」

あかり「サラッと言いますね……やっぱり寒いですよぉ。胸のところすーすーします」

葛城「なら私が埋めてあげるわ」サッ

あかり「あっ、ちょっと……」

葛城「ほ〜ら、すりすり〜」スリスリ

あかり「あぁっ……葛城さんっ……」

葛城「私の手の中で暖めてあげるね」

あかり「んぁっ……これするために、着替えさせたんですか……?」

葛城「半分はそうかな?」

あかり「もう半分は?」

葛城「これ、私と同じ格好だから。私にもこうできるよって教えてあげてるの」

あかり「あっ、あっ……してほしいんですか……?」

葛城「わざわざこうしてる意味を考えればわかるでしょ〜?」

あかり「んぅ、ふぅ……今、ごほうびだから……あかりが……」

葛城「されるとそりゃ気持ちいいけど、してあげるのも気持ちいいわよ。それに、私の好きなやり方をあかりに教えてあげてるんだから」

あかり「はぁっん……」

葛城「ちゃんと体で覚えて、私に返すのよ? 覚えられないようなら、何度でもやっちゃうんだからね……」
438 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/23(木) 00:00:14.59 ID:neD6IxRK0
今回はここまでです

寒いのに寒い格好する話ばかりになってしまいました
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 00:00:38.92 ID:q4uatueVO

エッチで暖まるからセーフ
440 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/23(木) 22:45:45.42 ID:neD6IxRK0
開始します
441 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/23(木) 22:55:44.19 ID:neD6IxRK0
あかり「自分の服がエッチなことに使われるってはずかしくないですか?」

葛城「それは看護師や警察官も同じでしょ」

あかり「なんか違いますよぉ」

葛城「いいの。あかりだけが知ってることだから」

あかり「唐突にあかりに責任がのしかかりましたよぉ!」

葛城「ちゃんと覚えたかしら?」

あかり「……まあ覚えましたけど」

葛城「なら今度は私にするんだよ?」

あかり「葛城さんの方が大きいですから、一部できないことがあるような」

葛城「あっ、身長差は考慮してなかった。なら今度は考慮した形で練り直すから、またしようね」

あかり「機会があればですよぉ……明日の秘書艦さん決めますね」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>307-308の☆のついていない艦娘)
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 22:59:44.40 ID:s/UUbyqM0
扶桑
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:00:45.31 ID:YKQlqxiEO
瑞鳳
444 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/23(木) 23:10:55.20 ID:neD6IxRK0
あかり「扶桑さんにお願いします」

葛城「分かった、扶桑さんね」

あかり「連絡してくださいね」

葛城「はいはい。明日は扶桑さんとしたいってちゃんと伝えとく」

あかり「扶桑さんと?」

葛城「ごほうびのエッチ」

あかり「違います! 何を言うんですか!」

葛城「でもほとんどそのためでしょ?」

あかり「違いますから! ごほうびをあげるためみたいになっちゃってますけど、内容はそれだけってわけじゃないです!」

葛城「ほとんどそれになってるくせに」

あかり「むむぅ〜!」

葛城「あははは、とにかく明日は秘書艦だって伝えとくから。おやすみあかり」

あかり「……おやすみなさい葛城さん」

あかり「……別に、そういうわけじゃ。ううん、気分を切り替えていくよぉ!」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
(>>308の朝風以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
>>307-308の朝風、筑摩、天津風、瑞鶴、葛城、舞風、防空棲姫、秋月以外から1〜3人)
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:14:54.72 ID:ViD2DgcwO
2の>>308って朝風居ないような
だからって>>307の間違えだと朝風も防空棲姫も今日は交流済みだしなあ
まあいいや2の不知火で
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:16:23.42 ID:9r9TGrLoo
5陽炎、不知火
447 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/23(木) 23:29:29.92 ID:neD6IxRK0
>>445
>>307の間違いですね。防空棲姫とは外出しましたが交流はしていないので防空棲姫以外選べないんですが、
混乱させてしまいましたし安価に従わせてもらいます(ずっとミスっててすいませんでした)


あかり「ぬいちゃん」

不知火「あかりん、どうしました?」

あかり「遊びに来たよぉ」

不知火「こんな夜中に来なくてもいいのに」

あかり「今日は出かけてる時間が長かったからね」

不知火「そうですね。街と大室……さんのところに行っていたんですね」

あかり「そうだよぉ。久しぶりに櫻子ちゃんに会って来たの」

不知火「いい人なんですか?」

あかり「いい人……いい子だよぉ」

不知火「そうですか。お会いしたいですね」

あかり「ちなつちゃんとは海で会ったけど、それ以外の皆にはまだ会ってないんだったっけ」

不知火「ええ。まだ会えていません」

あかり「そういう子も増えて来たし、会いに行ったり来てもらったりしてもいいかもね」

不知火「迷惑になるのでは?」

あかり「櫻子ちゃんは暇持て余してたし、いい気分転換になるかも」

不知火「他の方もそうとは限らないのでは」

あかり「でもたまには会いたいよぉ」

不知火「あかりんの好きなようにすればいいです。みんな、友達なのですから」

あかり「うん! でも今は目の前の友達と遊ぶよぉ」

不知火「ええどうぞ。いらっしゃい」

>>このレスから四分後に一番近いレス
不知火の寝間着

1  普通のパジャマ
2  浴衣
3  ベビードール
4  ネグリジェ
5  ガウン
6  着ぐるみパジャマ
7  着ない派
8  普段の服
9  ジャージ
10 下着
11 その他自由に
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 23:33:32.70 ID:IapK5QcOo
449 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/23(木) 23:49:37.86 ID:neD6IxRK0
あかり「スリーカード!」

不知火「ストレート」

あかり「また負けたぁ!」

不知火「2人だけなのでダウンなしとはいえ、表情がわかりやすすぎますね」

あかり「そんなに表情に出てた?」

不知火「出てます」

あかり「だってAのスリーカードだったんだもん……」

不知火「やはりトランプはもう少し大勢でやった方が楽しいですね」

あかり「そうだね〜もう寝ちゃう?」

不知火「そうしましょう」

あかり「ぬいちゃんは寝るときどんな格好で寝るの?」

不知火「……あかりんにならいいですか」パサッ

あかり「あっ、もしかして着ない派?」

不知火「これから着替えるのかもしれないのに、なぜわかったんですか?」

あかり「最近多いから」

不知火「むしろ少なくなる季節だと思うんですけどね」
450 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 00:02:54.31 ID:1tSj9CvI0
あかり「着ない方が寝やすいの?」

不知火「服を脱いでいるとなんとも言えない解放感のようなものがあります」

あかり「服着てるの嫌なの?」

不知火「そういうわけではありません。むしろ普段は着ていないと落ち着きません」

あかり「寝るときだけ?」

不知火「そうですね。いわば完全に無防備になっているわけですから、あえて自らそうなることで、緊張がほぐれるのかもしれません」

あかり「ふぅん、そうなんだ」

不知火「あかりんもやってみればわかります」

あかり「最終的にそうなってること多いけどね」

不知火「今日はならないんですか?」

あかり「なってほしい?」

不知火「……なんでそういうことをわざわざ言わせるんです」

あかり「表情を読むためだよぉ」

不知火「普段から表情を出すようにしていた方が、こういうからかいがなくなっていいかもしれません」

あかり「ぬいちゃんのその顔が好きだから、なくならないと思うよぉ」

不知火「……不知火もその顔が見れなくなるのはいやですね。なってほしい、です」
451 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 00:04:04.36 ID:1tSj9CvI0
今回はここまでです

着ない派陣営がどんどん増えていきますね
452 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 22:43:36.76 ID:1tSj9CvI0
開始します
453 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 22:52:39.14 ID:1tSj9CvI0
あかり「おはようございます扶桑さん」

扶桑「おはようございます、あかり」

あかり「扶桑さん、元気ありません?」

扶桑「そうですか? 私は元々あまり元気を見せないと思いますが」

あかり「いつもより物憂げな顔が深刻に見えますよぉ」

扶桑「特にどうというわけではないですが、あまりよくないことを夢に見たといいますか」

あかり「怖い夢見たんですか?」

扶桑「怖い、といえば怖いですね。それよりも私にとっては悲しい夢ですが」

あかり「じゃあ怖い夢は楽しい現実で忘れちゃいましょう!」ダキッ

扶桑「楽しい現実……」

あかり「はい! 今日も楽しくしましょうね!」

扶桑「ええ……」ナデナデ

扶桑(怖くて悲しいのは夢……のように遠い出来事。忘れてはいけないけど、見続けてはいけないもの)

扶桑(今の感じるべきは爆炎の熱ではなく、小さくとも暖かい、大切な人の温もりです)
454 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 22:53:20.08 ID:1tSj9CvI0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
455 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 22:54:14.76 ID:1tSj9CvI0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑☆   大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
〇筑摩     〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
〇天津風☆◇長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
456 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 23:02:35.40 ID:1tSj9CvI0
あかり「いつもと同じくらいの深刻さになりましたよぉ」

扶桑「いつもそんなに深刻そうですか?」

あかり「はい」

扶桑「この時期はどうしてもそうなってしまいます」

あかり「そういう時期だから元気を出していきましょう!」

扶桑「ではもう少しあかりから元気を貰います」ダキッ

あかり「あかりの元気が扶桑さんの力になるならいくらでもあげますよぉ」

扶桑「それであかりの元気がなくなってしまったら、私もなくなっちゃいますので」

あかり「じゃあほどほどにあげます」

扶桑「ふふっ、ほどほどにいただきます。ほどほどの元気で何をしますか?」

あかり「何をしましょう?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>454-455の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>454-455から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>454-455から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>454-455から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>454-455の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 23:06:35.38 ID:F8qFcjLyO
4神風1
458 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 23:17:04.72 ID:1tSj9CvI0
あかり「神風ちゃん」

神風「どうしたのあかり?」

あかり「神風ちゃんってまだ練度上がるよね?」

神風「いやもう私ケッコンしてからあめ食べたわよ?」

あかり「神風ちゃんに食べてもらったあとに、練度がもっと上がるようになったんだって」

神風「そうなの?」

あかり「妖精さんが言ってた。Z3ちゃんはもうそっちの練度になってるよぉ」

神風「でもそんなに変わらないんでしょ?」

あかり「数字でいうと10くらいだって」

神風「なら誤差でしょ誤差。気にしなくていいわ」

あかり「でもそれだけならあめの副作用も低いかなって思って」

神風「そうねぇ。なら食べてもいいかしらね」
459 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 23:28:48.70 ID:1tSj9CvI0
神風「変な副作用がないならおいしいあめなのに」

あかり「これで副作用なしで食べられるよぉ」

神風「本当に出ないのかしら?」

あかり「前にほっぽちゃんに普通のふしぎなあめを上げたときは効果なかったし」

神風「変な成分が入ってるわけじゃないのね」

あかり「入ってるわけないよぉ」

神風「だけどこれあの妖精が作り出してるのよね?」

あかり「間宮さんも手伝ってるから」

神風「それなら安心か。あかり以外には手を出さないでしょうし」

あかり「あかりはふしぎなあめ食べないからね〜」

神風「あかりは舐められるし食べられる側だから」

あかり「神風ちゃん、変なこと言わないでよぉ!」
460 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 23:46:43.82 ID:1tSj9CvI0
神風「はぁ、はぁ、なんか暑くない?」

あかり「そう? 暖房はちょうどいいと思うよぉ」

神風「い、いや、暑いわよ……」

あかり「風邪ひいちゃった?」

神風「私艦娘よ……何かしら? やけに、こう、落ち着かないし……」

あかり「落ち着かないの?」

神風「すごくむずむずするのよ……下腹部の方が……」

あかり「う〜ん、それもしかして副作用じゃない?」

神風「たった10上がるだけよ?」

あかり「でも155から165だからね。経験値的にはすごい量だよぉ」

神風「そんな……」

あかり「あかりがしよっか?」

神風「いいっ! そうしなくていいから食べたのよ!」

あかり「耐えられるの?」

神風「前が耐えられたんだから、これくらいなんてことないわよ」

あかり「……」

神風「ん……」モジモジ

神風「んぅっ……」

あかり「神風ちゃん、さり気なく床にこすり付けてるでしょ?」

神風「そそそ、そんなはしたないことしないわよ!」

あかり「擦れて傷付いたら大変だよぉ。やっぱりあかりがしてあげる! ほら、スカートめくるよ」

神風「ああああぁ、だ、だめ……」

あかり「あかりの指でするからね……」

神風「ひぅっ……!」ビクッ

神風(いつもみたいに訳が分からなくなるほどじゃないから……あかりの指の感触、いつもよりはっきり感じて……)

あかり「今日は1回くらいで収まりそうかな〜」

神風「ひゃ、ああぅ、んんんぅ〜……!」
461 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/24(金) 23:58:21.53 ID:1tSj9CvI0
神風「絶対なんか入ってる……!」

あかり「練度に応じて副作用も小規模だったし、やっぱり入ってないと思うよぉ」

神風「練度によって耐性ができるだけで絶対なんか入ってる!」

あかり「そうなのかなぁ」

神風「そうよ、入ってないとあかりに効かないんだから、間宮さんが手伝ってるなら警戒しないといけないじゃないの!」

あかり「あかりあめ食べないよ?」

神風「単に食用として食べるならあるでしょ!」

あかり「まあ、いくらでも作れるようになったしあるかもね」

神風「絶対ダメだから! なんか入ってるから!」

あかり「そこまで言うなら……」

神風「もぉ〜! せっかく今日はそういうのなしにしようと思ってたのに〜!」

あかり「中々難しいね」

神風「普通はそういうのする方が難しいのよ! はぁ」

あかり「神風ちゃんがそれだけじゃないってあかりわかってるから。安心して」

神風「見せられないと自分が安心できないのよ」

あかり「また今度ね。それじゃあ、あかりはそろそろ行くよぉ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>454-455の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>454-455の神風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>454-455の神風以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>454-455の神風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>454-455の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 00:02:21.44 ID:XjrzlLI6O
1朝風
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 00:02:31.43 ID:ACMjRyfF0
1神通
464 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 00:06:27.39 ID:tf6V98pR0
今回はここまでです
次は朝風と交流するところからはじめます

ふしぎなあめはふしぎなだけで至って健全なお菓子です
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 01:18:52.65 ID:Xt8esL0po
乙です ふしぎ(意味深)
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 13:16:37.96 ID:nv4P8FyyO

ふしぎなのに健全とはムジュンでは?
一体どういうことだ?
ふしぎとはいったい・・・ウゴゴゴ
467 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 22:45:59.32 ID:tf6V98pR0
ふしぎなのにふしぎと健全なところがふしぎなあめなのです

開始します
468 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 22:56:30.83 ID:tf6V98pR0
あかり「朝風ちゃん」

朝風「あぁ、あかり」

あかり「もう元気なくすモードに入っちゃってる?」

朝風「いや全然元気だけど」

あかり「いつもよりはない気がするよぉ」

朝風「たまにはそういうこともあるわよ。病気にはならなくてもね」

あかり「そっかぁ」

朝風「それにしても毎日毎日飽きないわね」

あかり「まだ会ったばっかりだからね。早く仲よくなりたいもん」

朝風「これ以上仲良くなるってどういうことなのよ……」

あかり「ああいうのは仲がいいとかじゃないと思うよぉ」

朝風「……で、今日はどう仲よくなろうっていうの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 リボンの話
3 朝の元気の秘訣
4 その他自由に
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:00:51.87 ID:7H/kUx5vO
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:01:06.89 ID:AHvRTpsrO
1
471 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 23:11:52.23 ID:tf6V98pR0
あかり「前にも言ったけど、リボン可愛いよね」

朝風「あぁ、これ? ありがとね」

あかり「青いちょうちょさんみたい〜」

朝風「ま〜ちょっと戦闘には不向きかもしれないけどね」

あかり「う〜ん、確かに戦うときは邪魔になっちゃうかも?」

朝風「それにすぐ破けちゃうだろうし」

あかり「それはあるね」

朝風「そんなこと言うと、この服だって破けるわけだから」

あかり「裸で戦いに出るのは無謀だよぉ!」

朝風「もっと鎧みたいになればよかったのにね、この艤装」

あかり「そういうのもカッコよさそうだけどね」
472 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 23:22:41.03 ID:tf6V98pR0
あかり「あかりのお友達に京子ちゃんって子がいて、その子もおっきなリボン付けてるんだよぉ」

朝風「歳納司令官のことね」

あかり「といっても、朝風ちゃんのよりは小さいし1つだけだけどね」

朝風「やっぱりこれ大きすぎるかしら?」

あかり「もうちょっと小さくてもいいかなとは思うよぉ」

朝風「でもおっきくないとなんか負けた気するじゃん?」

あかり「誰も勝負してないから」

朝風「勝負してなくても、敗北感を味わうのは私だから!」

あかり「負けず嫌いさんなんだねぇ」

朝風「だからこれはこのままよ!」

あかり「はぐれたときに目印にもなるし、いいんじゃないかなぁ」
473 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 23:35:50.01 ID:tf6V98pR0
あかり「あかりもおめかしするときはリボン付けるんだよぉ」

朝風「あかりが?」

あかり「誰も気づかないんだけどね」

朝風「お団子ってわかりやすい特徴があるんだし、その上リボンまでつける必要はないでしょ」

あかり「特徴づけじゃなくて、おめかししてるの!」

朝風「でも髪の色からして目立つ色だし、あんまり装飾付けると逆に下品に見えるわよ」

あかり「あの頃は全然目立たなかったんだよぉ」

朝風「その髪で?」

あかり「何でだろうねぇ。主人公なのに」

朝風「はぁ?」

あかり「でも今はちゃんと見てもらえるよぉ!」

朝風「皆あなたのこと見てるものね」

あかり「朝風ちゃんも見てくれる?」

朝風「ん、まっ、私のほめてくれたんだし、私も見たらちゃんとほめるわよ」
474 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/25(土) 23:49:02.60 ID:tf6V98pR0
扶桑「おめかしですか……私もしていれば見てくれますか?」

あかり「見ますよぉ」

扶桑「では見てください」バサッ

あかり「パンツはそれとはなんか違います!」

扶桑「見てくれるって言ったのに」

あかり「見てますから……」

扶桑「ふふっ……今日は見せることになるだろうと思って、あかりの一番好きなのをはいて来ましたよ」

あかり「普通は見せることにはなりませんよぉ」

扶桑「見せたくなるの間違いでしたね……」

あかり「見せたがりさんですよぉ」

扶桑「もう少し近くで見て……顔を近づけてもいいんですよ……何なら、うずめてしまっても……」

あかり「うずめません! そういうのは後ですよぉ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>454-455の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>454-455の神風、朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>454-455の神風、朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>454-455の神風、朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>454-455の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 23:53:09.36 ID:ACMjRyfF0
5球磨9
476 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/26(日) 00:01:05.17 ID:s37rCFu90
あかり「そうだった、扶桑さんは下着を見せて来る人だったよぉ」

あかり「はくようになってくれたのはいいんだけどね」

球磨「はいてないのに見せられるよりは反応しやすいクマ」

あかり「パンツの感想を言えますからね……って、球磨さん」

球磨「球磨クマ〜」

あかり「なんだか汚れてますね。山に行ってたんですか?」

球磨「行ってたクマ。もう時期冬になるし、山の妖精達の冬支度を手伝ってたクマ」

あかり「お疲れ様ですよぉ」

球磨「今からお風呂入るクマ。あかりも来るクマ」

あかり「あかりも一緒にですか?」

球磨「球磨を労うクマ」

あかり「わかりましたよぉ。お背中流しますね」

球磨「ありがとうクマ。お礼に球磨の今はいてるパンツをあげるクマ」

あかり「いりませんから!」
477 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/26(日) 00:05:04.48 ID:s37rCFu90
今回はここまでです
次は球磨とお風呂に入るところからはじめます

はくようになったので見せてくるようになったという設定ですが、ここまでいくとはいてないのに見せて来るでも問題なかったのかもしれません
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/26(日) 00:52:14.75 ID:VCnAbNZ40
乙です!
479 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 22:42:58.28 ID:lX2WR/PT0
昨日はすいませんでした
今日の終わりに小ネタ募集します

開始します
480 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 22:54:42.66 ID:lX2WR/PT0
あかり「泥を落としますね〜」シャー

球磨「クマ〜やっぱりシャワーはいいクマ〜」

あかり「山行ってる間お風呂入らなかったんですか?」

球磨「ちゃんと入ってたクマ。今日の分入る前に帰って来たから汚れてるだけクマ」

あかり「こっちのお風呂の方がいいですか?」

球磨「快適さでいえばこっちの方が上クマ」

あかり「山の暮らしもいいって言ってたのに」

球磨「文明の利器には敵わんクマ〜」

あかり「ふふっ、でももうすぐあの山ともお別れですから」

球磨「そんなこと言って来年の冬支度も手伝ってる気がするクマ」

あかり「さすがにそこまではかかりませんよ、たぶん」
481 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 23:07:15.79 ID:lX2WR/PT0
球磨「ちゃんとごしごしするクマ〜山の汚れは強いクマ〜」

あかり「はいはい……」ゴシゴシ

球磨「何やってるクマ! もっとくっつかないと洗いづらいクマ!」

あかり「前は自分で洗ってもらえるといいんですけど」

球磨「洗うって約束クマ」

あかり「背中流すって約束ですけど」

球磨「球磨は胸も背中も変わらんから前も洗うクマ!」

あかり「それ言ってて悲しくなりませんか!?」

球磨「全然クマ〜」

あかり「そもそも言うほど変わらなくないですし……」ムニ

球磨「クマ〜」

あかり「あかりの方が変わらないのに、くっついてて気持ちいいんですか?」

球磨「大きさじゃないクマ。大好きな人の大事な部分が触れてることが気持ちいいんだクマ」

あかり「……ありがとうございます」

球磨「礼を言うならもっとエッチに洗うクマ!」

あかり「球磨さんははっきり言いすぎなんですよぉ……」
482 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 23:22:16.68 ID:lX2WR/PT0
球磨「球磨の肌は弱いから手で洗うクマ〜」ヒョイ

あかり「ああっ!」

球磨「ほら、洗うクマ!」

あかり「何が肌が弱いんですか、もう……」スリスリ

球磨「クマクマ〜」

あかり「ちゃんと洗わないと汚れ取れないんですからね……」

球磨「クマッ……んふ〜、球磨は今汚されてる最中クマ〜」

あかり「あかりにされるのは汚されるんですか?」

球磨「そうクマね〜汚されるのとは違うクマ……でも、あかり色に染められるクマ……」

あかり「まあ、赤くはなってますね……」

球磨「んっ、あぁっ……そうじゃないクマ〜……」

あかり「はい、わかってますよぉ……」

球磨「まぁっ……おっぱいばっかりじゃなくて、こっちもするクマ……」

あかり「わかりました……」スッ

球磨「くっ、まぁぅ……あぁぅ、あかり……あぁっ」

あかり「球磨さん……」

球磨「ちゅーしたいクマ……するクマ……」

あかり「はい、球磨さん……」チュッ

球磨「はむぅ……んぅ……はあぁ……」

球磨「くぅ……まぁぁっ……!」ガバッ
483 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 23:31:14.95 ID:lX2WR/PT0
球磨「お風呂は鏡があるからいいクマ」

あかり「鏡ですか?」

球磨「自分がどうされてるかよくわかるクマ」

あかり「ええっ、どうされてるかとか見るのはずかしいですよぉ」

球磨「はずかしいのがいいクマ! それに、あかりがどういう顔してるかもよく見えるクマ!」

あかり「……曇ってたからよく見えません!」

球磨「艦娘の視力をなめたらだめクマ」

あかり「艦娘の視力をこんなところに使わないでください!」

球磨「使いたくなくても使っちゃうクマ〜」

あかり「そりゃまあそうですけど」

球磨「身も心も清めたから今日はゆっくり休めるクマ〜」

あかり「ゆっくり休んでください……さてと、あかりはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>454-455の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>454-455の神風、朝風、球磨以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>454-455の神風、朝風、球磨以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>454-455の神風、朝風、球磨以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>454-455の朝風、球磨、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 23:35:15.00 ID:dT4Mxa8zO
5イムヤ11
485 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 23:45:25.65 ID:lX2WR/PT0
伊168「あぁ、あかり」

あかり「どうしたのイムヤちゃん?」

伊168「これからVRルームに行くんだけど一緒にどう?」

あかり「この前のRPGの続き?」

伊168「そ。秋月はいないけどね」

あかり「まあ、この前は特に何もしてないしね」

伊168「ある意味で色々したけどね」

あかり「まあ、うん……」

伊168「今日こそちゃんと冒険するのよ!」

あかり「そうだね!」
486 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/27(月) 23:55:41.51 ID:lX2WR/PT0
妖精(猫吊るし)「今度はイムヤさん1人に2人でやるんですか?」

伊168「やらないわよ! 今日は普通にプレイするの!」

妖精(猫吊るし)「普通のプレイですか。プレイという言い方がもう普通ではないような気が」

伊168「そういう意味じゃないわよ!」

あかり「ゲームをプレイするだけだよぉ」

妖精(猫吊るし)「つまらないですねぇ」

伊168「あんたじゃなくてイムヤ達が楽しむためにやるのよ!」

妖精(猫吊るし)「しょうがありません。では、RPGの続きですね」

あかり「うん」

伊168「秋月に勝手に進めちゃうけど、仕方ないわ」

妖精(猫吊るし)「そこはMMOのようなものと思ってください。今のところサーバーを開く予定はないので、MMではないんですが」

伊168「定義はどうだっていいわ。それじゃあかり、またあっちでね」

あかり「うん!」
487 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 00:07:03.92 ID:rHiS6KpF0
あかり「ん……」

伊168「おはよう」

あかり「このおっきい胸は、VRだよぉ」

伊168「それ空しくない?」

あかり「み、未来を先取りしてるだけだもん!」

伊168「あぁ、そう。とりあえず部屋を出ましょう」

あかり「そうだね、早く冒険に出るよぉ!」

伊168「いやその前に仲間を探すわ」

あかり「仲間を?」

伊168「イムヤはスナイパー、あかりは支援魔法使いどっちも後衛だから、前衛で戦う人が必要でしょ?」

あかり「あっ、そっか。前は秋月ちゃんと長10cm砲ちゃん達が前で戦ってたから」

伊168「あかりがそれ使って2人になれば、もう1人は前衛で戦えそうだけど」

あかり「あっ、これまだ持ってたんだ!」

伊168「あんまり使うと世界観的なあれが壊れて、壊れが荒れてになるからやめときましょう」

あかり「誰かいい人いるかなぁ」

>>このレスから四分後に一番近いレス
前衛職の艦娘(>>誰でもいいですがあかりのところにいる艦娘だと本人ということになります)
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:11:03.83 ID:aZZpMrlXO
神風
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:11:18.77 ID:2kCfx72QO
不知火
490 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 00:14:36.04 ID:rHiS6KpF0
今回はここまでです

ネタに困って追加したもののどこまでどう書いたものやらという感じなRPGですが頑張ります

↓1〜2で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:14:46.63 ID:2r90LwJsO
>>182の続き
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:14:56.72 ID:ZRqAp3iOO
>>325の続きで下の方も嬲られてる神風
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/28(火) 00:34:36.31 ID:QSGPTC84O
494 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 22:43:12.62 ID:rHiS6KpF0
開始します
495 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 22:52:55.60 ID:rHiS6KpF0
あかり「わぁ〜木の家とむき出しの地面! 本当に異世界の街みたいだよぉ!」

伊168「いい雰囲気ね。若干人が少ない気がするけど」

妖精(猫吊るし)「あまりNPCを増やすと何の話なのかわからなくなりますからね」

あかり「何の話?」

伊168「それはともかく、仲間探しと言ったら酒場よ!」

あかり「そうなの?」

伊168「今はそうでもないかもしれないけど、基本酒場なのよ」

あかり「あかりはお酒飲めないから入れないよぉ」

伊168「VRの中でまで現実の法に囚われちゃだめよ」

あかり「ん〜でもこのアバターのモデルのお姉ちゃんもまだ飲めない年齢だし」

伊168「いいの気にしない! ほら、いくよ!」

あかり「あぁ、待ってぇ〜」
496 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 23:02:26.59 ID:rHiS6KpF0
あかり「あかりは魔法使いさんっぽい格好だけど……イムヤちゃんはそれガンマンなの?」

伊168「スナイパーだから俗にいうガンマンとは違うと思うけど」

あかり「水着にジャケット着ただけなように見えるよぉ」

伊168「RPGだからそういうこと気にしないの。ビキニアーマーとかあるでしょ」

あかり「ファンタジーっぽい世界観が……」

伊168「あそこにもっと壊してるのがいるわよ」

神風「こ、これはすごい! 前のは現実世界の学校だったけど、これは本当に別の……!」

あかり「神風ちゃん? 和服だよぉ」

伊168「何故か和服着てるキャラもある意味でお約束だけどね」

あかり「東の方に日本風の島があるんだよね〜」

神風「あっ、イムヤさん! と、あかり?」

あかり「あかりだよぉ」

神風「なんだか成長してる?」

伊168「未来を先取りしたんですって。永遠にたどり着くことないでしょうけど」

あかり「サザエさん時空だからね〜」
497 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 23:14:20.44 ID:rHiS6KpF0
神風「本当は別のゲームをやろうと思ってたんですけど、あかりとイムヤさんが今来てるというので私も混ざりました」

あかり「あかりと一緒に来たときにやってたやつ?」

神風「そうよ。内容はあれだけど、やりかけで終わるのもあれだからね」

伊168「で、神風の武器は何?」

神風「ええっと、こうすると武器が……これです!」

あかり「槍?」

伊168「薙刀ね。ちょうど前衛を探してたところだし、いいんじゃないかしら?」

神風「一緒に行っていいんですか?」

あかり「一緒に行こう!」

伊168「むしろこっちが頼みたいところよ」

神風「現実では戦闘で役に立てなかった分、こっちではしっかり戦いますからね!」

伊168「前衛1人だからしっかり戦ってくれなきゃ困るわ」

あかり「頑張ってこっちまで敵を寄せ付けないでね!」

妖精(猫吊るし)「はい、ではパーティーも揃いましたので早速クエストに出かけましょう。一番簡単なスライム退治からでいいですよね?」

伊168「まっ、最初だからね」
498 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 23:31:31.22 ID:rHiS6KpF0
あかり「このゲーム何するのが目的なの? 魔王を倒すとか?」

妖精(猫吊るし)「今のところ特に決まってないので、適当に冒険してレベル上げててください」

伊168「アバウトねぇ。普通はα版ですらストーリーくらいは設定してあるでしょ」

妖精(猫吊るし)「貴女が歩んだその足跡が物語になるのです」

伊168「ありがちなキャッチコピーね」

神風「……」キョロキョロ

あかり「神風ちゃん落ち着かない?」

神風「こ、こんな遮るものもない広い草原なんて、はじめて来たから」

あかり「あかりもそうかも。こんなに開けてたら普通は遠くにビルとか見えるものだけど、今は見回しても地平線とお山しか見えないもんね」

伊168「こういうところを宛所なく旅するのが冒険なのよ。いいわね、滾るわ」

あかり「RPG要素失くして普通に旅するだけでも面白そう」

伊168「さすがにそれはつまらないわ。こういう異世界風の景色には、ああいう異世界の存在が必要なの」

深海猫艦載機「ニャー」プヨプヨ

神風「あれはほっぽの艦載機? でもなんだか水っぽいというか、揺らめいてる?」

妖精(猫吊るし)「あれがスライムです。さっ、ちゃっちゃと片づけちゃってください」

あかり「ええ〜、あんなにかわいいの戦えないよぉ」
499 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/28(火) 23:53:35.27 ID:rHiS6KpF0
神風「可愛くても問答無用です! たぁ〜!」

伊168「待ちなさい神風」

神風「なぜですかイムヤさん?」

伊168「これ、あいつが作ったゲームよ? あのスライムがただのスライムだとは思えないわ」

神風「そもそもスライム自体初見なのでただのも何もないのですが」

伊168「絶対あれ服だけ溶かす粘液的なの吐いてくる来るから」

神風「ええっ!?」

妖精(猫吊るし)「そんなことありませんよ〜」

あかり「明らかに挙動不審になったよぉ」

神風「ではどうするんです?」

伊168「先にイムヤが撃つから、その後に一撃で倒しなさい」

神風「分かりました! お願いしますね、イムヤさん!」

伊168「任せなさい。あかり、バフを」

あかり「あっ、うん。ええっと、レイジ?」パァー

伊168「んっ……なんでバフかかると微妙に変な気分になるのよ?」

妖精(猫吊るし)「仕様です〜」

伊168「狙撃しづらいじゃないのよ……そこっ!」ドン
500 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 00:06:25.96 ID:hb7d6tbJ0
深海猫艦載機「ニャッ!?」バッ

伊168「いまよ!」

神風「はぁ〜! てぇい!」ザンッ

深海猫艦載機「ニャアー!」バァン

神風「きゃああ!?」

伊168「爆発した!? 自爆!?」

妖精(猫吊るし)「いいえ。スライムは死ぬとき爆発して死ぬんです」

あかり「ああっ、本当に服だけ溶かしてる!?」

妖精(猫吊るし)「それも違います。このゲームは艦娘がプレイすることを想定していますので、ダメージを受けると服だけ破けるようになってるんです」

伊168「なんでそこ現実基準にしたのよ!?」

あかり「あかりは艦娘じゃないよぉ」

神風「ちょ、ちょっと〜! もっといっぱい来たんだけど〜!?」

伊168「イムヤはここから狙撃しとくからちゃんと引きつけといて」

あかり「ごめんね、あかりがそっち行っても役に立てないから〜」

神風「ひいい〜! なんで私がゲームするとこうなるのよ〜!」
501 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 00:15:37.53 ID:hb7d6tbJ0
今回はここまでです

スライムは元々強敵だったとか、バハムートは本当は魚だとか、そういうところはあまり気にしないでいきたいですね
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 00:22:12.13 ID:auYdp2qLO
乙です
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 00:38:56.30 ID:4+QIepn00
乙です!
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 08:25:17.56 ID:BwYZPrg5O

スライムは元々水みたいな生物だったのにあんなかわいいデザインを思いついて大人気にした
鳥山先生が悪い
505 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 22:45:41.59 ID:hb7d6tbJ0
>>504
あの初期画からあれを思いつく辺り発想力がずば抜けてるとしか言いようがないですね

開始します
506 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 22:57:59.30 ID:hb7d6tbJ0
あかり「クエストはクリアしましたけど、神風ちゃんが妖精さんを攻撃し始めたので強制ログアウトされました」

扶桑「はぁ、ちょっと想像がつきませんね」

あかり「扶桑さんもやってみますか?」

扶桑「興味はありますが、ちょっと怖いですね」

あかり「全然危なくないですよぉ。あかりだってぴんぴんしてます」

扶桑「あまりにも遠い話過ぎて、理解が追い付けませんね」

あかり「すぐ近くにありますよぉ」

扶桑「そんなものがすぐ近くにあるということが、遠いというのです」

あかり「難しいですね」

扶桑「何とか理解が付くように、追々山城も誘って試してみます」

あかり「楽しいですからやってみてください! これからはあかりのごほうびですけど」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 またどのパンツがいいか見てあげる
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:12:31.78 ID:jWCJW8jYO
508 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 23:20:36.16 ID:hb7d6tbJ0
扶桑「何をしてもらいましょうか」

あかり「何をしてあげたらいいでしょう」

扶桑「ふふっ、では頭をなでてください」

あかり「頭をなでるんですか?」

扶桑「はい。優しくなでてくださいね」

あかり「わかりましたよぉ」

扶桑「私が座らないとなでられませんね」

あかり「座ってても差がありますからね〜」

扶桑「私は座布団に座りますので、あかりはそのまま椅子に座っていてください」

あかり「これならちょうどいい差ですよぉ」

扶桑「はい。では、お願いします」

あかり「任せてください!」ナデナデ
509 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 23:36:19.31 ID:hb7d6tbJ0
扶桑「会ったばかりの頃と比べて、随分とたくましくなりましたね」

あかり「えっ、あかり腕だけマッチョになっちゃってます!?」

扶桑「筋肉の話ではなく」

あかり「えへへ、それは色んな人から言われますよぉ」

扶桑「それが、嘘ではないという証拠になりますね」

あかり「扶桑さんはそういう嘘をつく人じゃないって知ってますから」

扶桑「どうでしょう。あかりを喜ばせるためなら嘘もつくかもしれません」

あかり「嘘で喜んでもしょうがないですよぉ」

扶桑「ええ。だから、本当にほめられるところを探して、ほめているんですよ」

あかり「嬉しいですよぉ」

扶桑「色んな人から言われて聞き飽きてませんか?」

あかり「誰から何回言われたって飽きませんよぉ。あかりのことをちゃんと認めてくれる言葉。いつだって嬉しいです」

扶桑「認めてくれているのはあかりの方ですから。私達の存在を今でもこうして認めて、愛でてくれる」

扶桑「ありがとうあかり……大好きよ」

あかり「あかりも大好きです、扶桑さん。ずっと側にいてください」

扶桑「ええ。あかりが望む限り、私はずっとあかりの側にいますから……」
510 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/29(水) 23:46:25.72 ID:hb7d6tbJ0
あかり「もうそろそろいいですか?」

扶桑「もう少しだけ……足を開いてもらっていいですか?」

あかり「はい? あっ、あかりのパンツ見てたんですね!」

扶桑「あぁ、気づかれましたか」

あかり「何でこっち向いてるのかと思ったら、もぅ! いい話してたのに!」

扶桑「いい話をしているときに、パンツを見せているあかりが悪いんです」

あかり「見せてませんから!」

扶桑「ではお詫びに私のも見せましょう」

あかり「いいです!」

扶桑「そのいいは見せれば許してもいいのいいですか?」

あかり「見せなくても許してあげますのいいです!」

扶桑「パンツくらい今更はずかしがらなくていいのに……」

あかり「最近はパンツを飛び越してる場合が多いので慣れないんです。それはともかく、明日の秘書艦さんを決めますよぉ」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>454-455の☆のついていない艦娘)
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:50:25.88 ID:Kaq8jRPTo
明石
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/29(水) 23:51:33.40 ID:YdsrFOldO
瑞鳳
513 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 00:00:24.50 ID:gRlISJFl0
あかり「明石さんにお願いしますよぉ」

扶桑「明石さんですね。わかりました」

あかり「扶桑さん、深刻さがなくなりましたよぉ」

扶桑「今日はあかりと一緒にいる時間が長かったから」

あかり「一緒だと深刻じゃなくなるんですね」

扶桑「あかりにはそういう物事を軟化させる力があります」

あかり「なんか」

扶桑「柔らかくする、ゆるくするってことですよ」

あかり「深刻な表情をゆるめたんですね!」

扶桑「ゆるんでしまいました」

あかり「これからもゆるくいきましょうね」

扶桑「それは時々によりますよ」

あかり「ええ〜」

扶桑「ふっ……おやすみなさい」

あかり「おやすみなさいです、扶桑さん。扶桑さんの陰がある顔も好きだけど、元気な笑顔が一番好きだから、これからもゆるめちゃうよぉ」

あかり「さてと、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
(>>454-455の朝風、〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
>>454-455の神風、朝風、球磨、伊168以外から1〜3人)
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 00:04:24.81 ID:yQkOgKjTO
5不知火、陽炎
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 00:04:38.84 ID:S5pgiomj0
3外
516 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 00:13:51.66 ID:gRlISJFl0
今回はここまでです
次は陽炎と不知火がバーに来るところからです

あかりはくらげのパンツを卒業したのでその所在が今どこにあるかはわかっていません
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 09:29:21.66 ID:BD6g3BcKO

クラゲのパンツ卒業・・
ということはクラゲさんの手から離れて自由に考え動けるようになったってことか
518 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 22:44:38.03 ID:gRlISJFl0
>>517
>>1にはくらげ神の足1本分の価値もないですからね

開始します
519 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 22:52:49.31 ID:gRlISJFl0
あかり「バーを開くよぉ」

妖精(猫吊るし)「はい、準備は万端ですよ」

あかり「妖精さん、大丈夫なの? 神風ちゃんに2,3回斬られてたけど」

妖精(猫吊るし)「VRだから問題ありません」

あかり「いや現実でも斬りかかられてた気がするんだけど」

妖精(猫吊るし)「細かいことが気になるのがあかりんの悪い癖」

あかり「いや、気にしないことにするよぉ」

妖精(猫吊るし)「それがいいです」

あかり「今日もよろしくね」

妖精(猫吊るし)「お任せください」

あかり「今日は誰が来るかな〜」
520 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 23:02:38.03 ID:gRlISJFl0
不知火「やはりまだストーキングしているのでは?」

陽炎「してないってば! あかりに会いたい気持ちは同じってだけよ」

あかり「いらっしゃい陽炎ちゃんとぬいちゃん」

妖精(猫吊るし)「仲良し姉妹ですね」

あかり「仲良しに戻ったみたいでよかったよぉ」

不知火「以前の関係には戻れませんよ」

陽炎「何その破局した恋人同士みたいな言い方」

不知火「とにかく、まだ完全には警戒解けてませんからね」

陽炎「わかってるってぇ」

あかり「それじゃあ席にご案内だよぉ」

妖精(猫吊るし)「どうぞこちらへ〜」
521 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 23:15:07.92 ID:gRlISJFl0
あかり「ぬいちゃんとの仲を取り戻すのもいいけど、他の皆ともちゃんと仲良くしてる?」

陽炎「勿論。不知火以外とはもう仲直りしてるわ!」

不知火「と思っているだけです」

陽炎「ちゃんとしてるわよ! ここで一緒に暮らして来た年月が違うから。不知火との関係が一番浅いから一番時間かかってるのよ」

不知火「不知火はこれ以上深い関係になるつもりはありませんが」

陽炎「つれないなぁ。皆と仲良くしてるかって言うならあかりの方でしょ! 妹達が寂しがってたわ!」

あかり「ええっ? 舞風ちゃんとは昨日一緒に遊んだよぉ」

陽炎「もっと大勢と仲良くするのよ!」

不知火「あかりんの体は1つなんですから無理を言わないでください」

あかり「中々全員と一緒にって時間が取れなくてごめんね」

陽炎「全員一緒にするのよ! そうすれば雰囲気的に私とも……」

不知火「しばらく離れていてもらっていいですか?」

あかり「そうした方がいいかも」

陽炎「しまった!?」

妖精(猫吊るし)「そういうときは私に声をかけてくれればいいんですよ。はい、えだまめです」

不知火「ついでにこの妖精はどこかに吊るしておきます」
522 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 23:15:49.53 ID:gRlISJFl0
陽炎「んぇ〜……」

不知火「……」

あかり「なんだか2人ともぼーっとしてる? お〜い」

↓1 陽炎 ↓2 不知火
コンマ30以上で酔っぱらう
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:16:44.68 ID:hpy2GWbJO
ほい
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:16:54.60 ID:s76i1O03O
525 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 23:22:32.41 ID:gRlISJFl0
陽炎「がふっ……」

あかり「陽炎ちゃん、起きて〜」

陽炎「起きてるよ〜んはは……」

あかり「お水飲める?」

陽炎「水よりお酒〜」

あかり「これ以上は危ないからね」

陽炎「んにぃ〜けち〜」

あかり「はいはい。ひっく……ん〜……」

あかり「どうしたの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
陽炎の酔い方

1 クールになる
2 寝る
3 のじゃ口調になる
4 その他自由に
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:26:32.47 ID:ovXLdiApO
4エッチになる
527 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/11/30(木) 23:38:02.49 ID:gRlISJFl0
陽炎「ねぇ、あかりぃ〜」

あかり「なぁに?」

陽炎「そんな格好して、誘ってるの!?」ガバッ

あかり「きゃあっ!?」

陽炎「なんか可愛いものがさ〜チラチラ見えてるのよ〜! 誘ってるんでしょ? ねぇ? いいんでしょ!?」

あかり「よくない〜!」

陽炎「はぁはぁ、んふふふっ……あ〜、あかりはいいにおいがするわぁ」クンクン

あかり「ちょっ、陽炎ちゃん!」

陽炎「はぁ、んっ……」ペロッ

あかり「んぁっ……そんなとこ、なめないで……」

陽炎「やだ。なめたときの反応かわいいもん……めっちゃなめまくるわ……」

あかり「はぁぁ……」

陽炎「そんな声出されたらもっとしたくなっちゃうよ……あかり……」

あかり「だ、だめだって、陽炎ちゃん……ぬいちゃん!」

不知火「……」

>>このレスから四分後に一番近いレス
不知火の酔い方

1 お姉ちゃんっ子になる
2 本気で陽炎に冷たくなる
3 黙々とお酒を飲み続ける
4 その他自由に
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:42:02.04 ID:S5pgiomj0
3+時折淡々と支離滅裂な独り言をつぶやく
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/11/30(木) 23:42:02.56 ID:Pl3LwPG+O
530 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 00:02:18.89 ID:iftDAI1j0
不知火「ずるい」

あかり「えっ?」

不知火「あかりんばっかりずるいです……」

陽炎「あらぁ? 不知火もしてほしいの?」

不知火「……」コクリ

陽炎「なぁんだもう〜! 素直にそういえばいいのにぃ!」グイ

不知火「あっ……」

陽炎「ふふ……ペロペロしたげるわね〜」ペロペロ

不知火「はぁ、ふぁ……くすぐったいです、姉さん……」

陽炎「姉さんじゃなくて、お姉ちゃんでしょ〜?」

不知火「お姉ちゃん……もっと……」

陽炎「はいはい、お姉ちゃんがもっと気持ちよくするからね〜」

あかり「……」クイッ

陽炎「ふふふっ、どうしたのあかり? ダメなんじゃないの……?」

あかり「ぬいちゃん酔っぱらってるから、調子乗ってそういうことしてるとまた嫌われちゃうよぉ」

陽炎「今しかないんだから、今やるべきなの〜!」

あかり「あかりはぬいちゃん達の代わりになるつもりだったんだから、あかりの方に来てもらわなきゃ困るよぉ」

不知火「お姉ちゃん、まだですか?」

陽炎「あははは〜私モテモテ〜いい気分だよ〜」

妖精(猫吊るし)(ふむふむ、あかりんも嫉妬の感情を覚えた……んでしょうかあれは?)
531 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 00:04:04.27 ID:iftDAI1j0
今回はここまでです

素面に戻った2人が覚えているかいないかは想像にお任せします
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 10:48:18.56 ID:RFJNw5pbO
乙。
533 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 22:44:59.38 ID:iftDAI1j0
開始します
534 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 22:56:46.67 ID:iftDAI1j0
あかり「おはようございます明石さん」

明石「おはよう……」

あかり「眠いんですか?」

明石「昨日、というか今日になってましたが夜遅かったので……」

あかり「アニメ見てました?」

明石「開発ですよ開発」

あかり「今日は秘書艦だってわかってましたよね?」

明石「いいのを思いついてしまったんですよ、仕方ないじゃないですか……」

あかり「さすが寝るときもすぐに作業できるようにつなぎ着る明石さんですよぉ」

明石「ふぁ……すいません」

あかり「いいんですよぉ。あんまり仕事もありませんし寝ちゃっててください」
535 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 22:58:31.00 ID:iftDAI1j0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
536 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 22:59:07.15 ID:iftDAI1j0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑☆   大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆     ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
〇筑摩     〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
〇天津風☆◇長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇     不知火◇☆木曾
537 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 23:07:00.87 ID:iftDAI1j0
明石「こういうときに微妙におかしなテンションになるの、わりと好きなんですよ私」

あかり「ええっ? 好きでやることじゃないですよぉ」

明石「でもなんかよくないですか? 夜遅くまで何かしてて、気が付いたら窓の外が青くなってて……」

あかり「青?」

明石「明け方の色はどちらかというと青だと私は思ってます」

あかり「そうなんですね。あかりはあんまり見た経験ないですよぉ。若葉ちゃんとお外にいたことはありますけど」

明石「いいものですよ。無駄にハイになりますから」

あかり「無駄ってわかってるならちゃんと寝てください」

明石「キリのいいところまでやめられません」

あかり「はぁ、明石さんが好きなことに熱中できてるなら、それでいいですけどね」

明石「優しい貴女の下にいるからできることですよ……それで、これからはどうするんです?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>535-536の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>535-536から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>535-536から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>535-536から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>535-536の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 23:11:01.00 ID:Vjq0OZEFO
1朝風
539 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 23:20:26.48 ID:iftDAI1j0
朝風「おっはようあかり!」

あかり「おはよう朝風ちゃん。今日も元気だね」

朝風「朝はね!」

あかり「朝風ちゃんが徹夜したら朝になると元気になるのかな?」

朝風「いや私はちゃんと寝て起きるから元気になるんだから、徹夜したら元気じゃなくなるわよ」

あかり「そうなの?」

朝風「やったことないからわからないけど」

あかり「じゃあやってみて」

朝風「あかりが付き合ってくれるならいいよ」

あかり「あかりはそんなに起きられないよぉ」

朝風「途中参戦でいいからさ」

あかり「まあそれでいいなら」

朝風「でぇ、今日は何すんの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 他の神風型について
2 朝の風に当たりに行く
3 朝の元気の秘訣
4 その他自由に
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 23:24:27.32 ID:fV2feLjoo
4朝風にマッサージをしてあげる
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 23:24:37.87 ID:WYiUTj3x0
3
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/01(金) 23:24:38.77 ID:4AOXTqWfO
1
543 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 23:37:41.57 ID:iftDAI1j0
あかり「この前のお返しにあかりがマッサージしてあげるよぉ」

朝風「何でよ!? マッサージ以外することないの!?」

あかり「あるけど、お返しだから」

朝風「いいわよお返しなんて! 別のことしましょ!」

あかり「マッサージは飽きちゃった?」

朝風「飽きてはないわよ」

あかり「ならしてもいいでしょ?」

朝風「したいの?」

あかり「恩は返さないと!」

朝風「しょうがないわねぇ……」

あかり「わぁい!」
544 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 23:47:38.71 ID:iftDAI1j0
あかり「マッサージの動画を見たら、頭のマッサージをしてるのも見かけたよぉ」

朝風「頭のマッサージ?」

あかり「頭をこう、ぎゅ〜ってするの」

朝風「気持ちいいの?」

あかり「それをやってみたかったの」

朝風「お礼とか言って私を実験台にしたかたっただけかい!」

あかり「お礼のついでだよぉ」

朝風「何がついでよ。いいわよ、ほらやってみて」

あかり「じゃあリボン外すね」

朝風「あっ……」

あかり「どうしたの
545 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/01(金) 23:53:40.45 ID:iftDAI1j0
途中投稿してしてしまったのでもう一度


あかり「マッサージの動画を見たら、頭のマッサージをしてるのも見かけたよぉ」

朝風「頭のマッサージ?」

あかり「頭をこう、ぎゅ〜ってするの」

朝風「気持ちいいの?」

あかり「それをやってみたかったの」

朝風「お礼とか言って私を実験台にしたかたっただけかい!」

あかり「お礼のついでだよぉ」

朝風「何がついでよ。いいわよ、ほらやってみて」

あかり「じゃあリボン外すね」

朝風「あっ……」

あかり「どうしたの?」

朝風「いや、寝るときとお風呂以外ずっと付けてるから、なんか変な感じだなって」

あかり「リボン付けてない朝風ちゃんも可愛いよぉ」

朝風「当然でしょ。むしろ可愛くなかったらリボンが可愛いだけってことになるじゃないの!」

あかり「そうだね。リボン付けてない朝風ちゃんが可愛いんじゃなくて、リボン関係なく朝風ちゃんは可愛いんだね」

朝風「そう、わかってるじゃない! ふふっ」
546 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 00:07:29.36 ID:RIPSzas/0
あかり「こうやって頭をぎゅっと」グイッ

朝風「あぅっ……」

あかり「ん〜頭は固いから感覚が掴みづらい……」ギュッギュッ

朝風「まっ、まっ……ストップ!」

あかり「あっ、痛かった?」

朝風「痛くないけど……おかしい! おかしいでしょ!」

あかり「そんなにおかしいことしてたかなぁ?」

朝風「いやだって頭よ? 普通にこう押されてるだけなのよ? なのになんであんな感じるの?」

あかり「ちゃんと気持ちよかったんだねよかった」

朝風「いやいやいや、おかしい! 頭がそうなんて、絶対に何かやって――」

あかり「マッサージをやってるんだよぉ。続けるね」

朝風「まっ、わぁっ、がぇ……」

朝風(文字通り頭に直接来るような……何なの……頭にもあるのそういうツボが?)

朝風(それとも、私の気持ちの問題……?)
547 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 00:09:09.50 ID:RIPSzas/0
今回はここまでです
次は小ネタからです

これで朝風の好感度が100になったので次の日に好感度100イベントです

たまには本当にマッサージを受けに行ってみたいですね
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 00:45:33.45 ID:64LCofvIO
549 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 22:42:48.06 ID:RIPSzas/0
開始します
>>182の続きから
550 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 22:54:59.34 ID:RIPSzas/0
プリンツ「アカリさんこっち〜」グイッ

あかり「わっ」

プリンツ「口開けて……」

あかり「はぁ、負債一回分じゃ済みませんからね……」パクッ

プリンツ「んんっ……!」ビクン

ビスマルク「ちょっと、プリンツ! またそうやって実力行使に出るんだから!」

プリンツ「はぁ、はぁ……アカリさんはこうやって、迎えてあげないとしてくれませんから……あっ……」

Z3「手は、私が借りますね……」ムニ

あかり「んんむっ……」

プリンツ「あぁっ! 今の、いい感じだよアカリさん……」

ビスマルク「こっちの手は私が……はぅ……」

あかり「んん〜!」

あかり(なんかすごい変な格好になってる! いや、おっぱい吸ってる時点でそうだけど……)
551 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 23:11:53.81 ID:RIPSzas/0
プリンツ「手が塞がったら、こっちのおっぱい触ってもらえませんよ〜」

ビスマルク「吸われてるんだから、んっ……いいでしょ」

プリンツ「片っぽ吸わせながら〜もう片方を弄ってもらうのが好きなんです!」

Z3「私だってできるなら両方を触ってもらいたいですよ……」

ビスマルク「一緒にしてるんだから我慢しなさい」

プリンツ「姉様は足でやってもらってください」

ビスマルク「足じゃ無理でしょ!」

あかり「攣っちゃいますよぉ」

ビスマルク「あんた胸大きいんだから、寄せて両方吸わせればいいでしょ」

あかり「ビスマルクさんにしたやつですね」

Z3「私にはできない……」

プリンツ「こうやってくっつけて……はい、アカリさん」

あかり「あんまりやってるといつか本当に出るようになりそうですよぉ」チュッ

プリンツ「はぁぁ……んっ……」
552 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 23:32:05.03 ID:RIPSzas/0
プリンツ「んんぅ……はぁっ……」

あかり「ん〜……」

ビスマルク「ちょっと、プリンツばっかり優遇しすぎでしょ!」

あかり「んむぅ……ビスマルクさんにも手を貸してますよぉ」

プリンツ「あはぁ……そうですよ姉様……気持ちよさそうじゃないですか」

Z3「ですが、ずっとプリンツの方に顔を向けています」

ビスマルク「そうよ、よそ向いてされてたら、なんだかおざなりにされてるみたいじゃない」

プリンツ「それもそうですね……」

あかり「全員の顔を見ながらするのは難しいですよぉ」

ビスマルク「シート完全に後ろに倒して……私の上に乗りなさい」

あかり「いいんですか?」

ビスマルク「いいわよ。で、横に並んでればある程度2人の顔も見れるでしょ」

Z3「やはり大勢でするより2人きりでするべきですね……」

プリンツ「私はこれも楽しいけどな〜」
553 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/02(土) 23:47:34.10 ID:RIPSzas/0
あかり「ビスマルクさんも吸われたいですか?」

ビスマルク「口でしないと、他の2人にできないでしょ」

Z3「3人以上だとどうするんでしょうか?」

プリンツ「やっぱり足使うんじゃないのかな?」

あかり(夕立ちゃん達としたときは……)

ビスマルク「でも吸うんじゃなくて……なめなさい」

あかり「なめるんですか?」

ビスマルク「そう……舌でね」

プリンツ「いつも吸うというより口に含んでなめてる感じだから、いつもと同じだね」

Z3「指ですることを舌でしているようなものですか……」

あかり「いいですけど……ちょっと下品になっちゃいそう」

ビスマルク「それでいいのよ……」

あかり「下品な顔が見たいんですか?」

ビスマルク「げ、下品なことしてるんだから、しょうがないでしょ!」

Z3(こういうときも上品さを求めるものかと思っていましたが、意外ですね……)
554 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 00:05:49.10 ID:ikRyp/s/0
あかり「あんっ……」ペロ

ビスマルク「ふぁぅ……」

あかり「んん〜……」

ビスマルク「んん……」

Z3「やはりそうしていると、あかりも可愛さよりいやらしさが出て来ますね……」

プリンツ「アカリさんもエッチな顔してるね〜」

あかり「エッチなことしてるんですから、当然です」ムニ

プリンツ「あんっ! 姉様のおっぱい舐めながら、私のおっぱい触ってくるなんて……」

Z3「あかり……」

あかり「んっ、マックスちゃんも……」

ビスマルク「こんな美人に囲まれて、感謝しなさいよね……」

あかり「感謝してますし、あかりも好きだからこうしてるんですよ」チロチロ

ビスマルク「あっあっ、あっ……そ、う……そうやって、先の方を……んんっ……!」ピクン
555 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 00:24:06.37 ID:ikRyp/s/0
あかり「マックスちゃんはどうするのがいい?」

Z3「私は……キス、してほしいです」

あかり「ん、おっぱいじゃなくていいの?」

Z3「あの2人が胸をされるのが好きなだけです……ドイツ艦がみんなそうだと思われるのは心外です」

あかり「でもあかりの手はずっとおっぱい触らせてたよね」

Z3「……いいから、してください」

あかり「はいはい……」チュッ

Z3「んっ……」

あかり「んんぅ……はぁっ」

Z3「……しながら、胸、触ってもらってもいいですか?」

あかり「マックスちゃんは欲張りさんだね」

Z3「あの2人、伸びてしまってますから」

ビスマルク「はぇ……」

プリンツ「あっ、ふぁ……」

あかり「今がチャンスってことだね」

Z3「こうなるのを待っていたんですよ……」

あかり「策士だねマックスちゃん……」
556 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 00:36:16.20 ID:ikRyp/s/0
妖精「……」プップー

あかり「んっ……あれ? もう帰りついたの?」

プリンツ「ふぁ……?」

妖精「……」

ビスマルク「掃除するからさっさと降りろですって」

Z3「汚してしまいましたからね……」

あかり「あっ、じゃああかりも手伝う――」

妖精「……」シュッ

あかり「わぁっ!? なんであかりに消臭剤をかけるの〜!」

プリンツ「アカリさんが一番匂うからだって」

ビスマルク「中心だったんだから当たり前でしょ。お風呂入って私達も体の掃除よ」

プリンツ「お風呂で2回戦ですね!」

Z3「さすがにもう疲れました」

ビスマルク「盛りのついた猫じゃないんだから、少しはそっちから離れなさい!」

あかり「ごめんね妖精さん」

妖精「……」フルフル

プリンツ「アカリさん行くよ〜」

あかり「はぁい。また今度、何かお詫びにお菓子でもあげるね」

妖精「……」シュッ

妖精(猫吊るし)「ご苦労様です。いやぁ、こんなこともあろうかと車載カメラを車内に向けていてよかったですよ」

妖精「……」シュッシュッ

妖精(猫吊るし)「ええっ!? なんで外に向けてるんですか! 中映さないとダメじゃないですか! えっ、普通は外を映すものだって!? 普通じゃないんですよこれは!」

妖精「……」ハァ
557 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 00:39:11.25 ID:ikRyp/s/0
今回はここまでです
次は>>325の続きからです

これ以上続きを思いつかないから切ってるときもあるので、たまに続き系の小ネタが来ると無理やり考えて変な感じになることがあるかもしれませんがご容赦ください
558 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 22:43:03.74 ID:ikRyp/s/0
開始します
559 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 22:54:19.56 ID:ikRyp/s/0
神風「はぁ、はぁ……」

あかり「だいぶ出来上がっちゃったみたいだね」

神風「出来上がらせたんでしょ……」

あかり「胸だけでこんなになっちゃうなんてねぇ。胸にしてもらうのが好きって人は結構いるけど、ここまでなるのは神風ちゃんくらいかも」

神風「うぅ〜……」

あかり「反応が大きい方が楽しいんだから、そんなはずかしそうな顔しないで」

神風「こんな敏感になるとは思わなかったわよ……私旧型なのに」

あかり「古い方が性能がいいのってたまにあるでしょ。超古代文明の遺産的な」

神風「そこまで古くはないわよ!」

あかり「ふふっ、まだまだ元気……ならもう少し可愛がれるわね」

神風「うっ……」
560 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 23:03:43.27 ID:ikRyp/s/0
あかり「今日はとことん胸を触ろうかしら?」

神風「あ、あんまりすると、色が変わっちゃうでしょ!」

あかり「それはあんまり関係ないって聞いたわ。それに、どんな色だろうと可愛いわよ」カプ

神風「あああっ……!」

あかり「だけど、そろそろ下の方が寂しがって泣いちゃってるみたいだし〜」

神風「あうっ……」

あかり「下の方を可愛がってあげましょうか」

神風「す、好きにすればいいわよもう……」

あかり「そういうこと言ってると、またおねだりするまで放置しちゃうわよ」トントン

神風「あひっ……あっ……」ピクン

あかり「それとも、したいのかな?」

神風「したくわないよ! するなら、早く……して!」

あかり「ふふふっ、もうちょっと可愛いおねだりがよかったなぁ」
561 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 23:18:27.43 ID:ikRyp/s/0
神風「あぁぁ、はぁ……」

あかり「少しなぞってるだけで、痙攣しすぎだよ……」

神風「そこが一番敏感なんだから、しょうがないでしょ……」

あかり「あかりはもう少し大人しいと思うけれど」

神風「散々胸をされた後だからよ……!」

あかり「あはは、胸とここ。離れていてもちゃんと繋がっているのね」

神風「当たり前、でしょ……同じ私の体よ……」

あかり「そうだね、同じ神風ちゃんの体だもんね。中を通って気持ちよさが伝わってる……」グニッ

神風「ああっ……あんまり、広げないでよ……」

あかり「ここから気持ちいいの逃げてっちゃう? じゃあ、ふたしないとね……」

神風「あっ、まっ……んんんっ……!」
562 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 23:40:28.89 ID:ikRyp/s/0
神風「ああっ……」

あかり「あかりはあんまりこれやりたがらないのよね。痛そうだからって」

神風「はぁっ、ああぅ……」

あかり「ふふっ、痛そうって顔じゃないわね……」

神風「あっ、あっ……」ギュッ

あかり「ねぇ、神風ちゃん? わかる? ここ、あかりの指は今ここにあるよ〜」

神風「んぁぁぁっ! や、やめてよ、あっ、ふあぁっ……!」

あかり「やめてなんて心にもないことを」

神風「ある、んっ……!」

あかり「ん〜でもそうね、ここからどうすればいいかわからないし……とりあえず触れば反応するし、いっぱい触っちゃおうかな」

神風「だぁっ、な……」

あかり「神風ちゃんの中も、全部あかりのだって……ここまで触られちゃってるんだよって、覚えててね」

神風「あああああっ……!」
563 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 23:53:27.04 ID:ikRyp/s/0
あかり「……ん?」

神風「やっと目を覚ましたの?」

あかり「あれ、神風ちゃん? あかりはどうしてここに?」

神風「通路で伸びてたから連れて来たのよ」

あかり「あぁそっか。転んで頭を打ったんだった……」

神風「気を付けなさい。下手したら死ぬんだからね」

あかり「えへへ、ごめんなさい」

神風「危ないから何かこう、ヘルメットでも被ってなさい」

あかり「いや、こけることはそうないから」

神風「そうないにしてはあれに出会う回数が多すぎるのよ!」

あかり「あれ?」

神風「いや、それは……」

あかり「神風ちゃん、なんだか帯が乱れてるような……」

神風「とと、とにかく! こけてももう私のところには来ないで!」

あかり「神風ちゃんが連れてきたんじゃないの!?」

神風「いいの! そういうことなの!」

あかり「はぁ……わかったよぉ」

神風(諸悪の根源はあれなのよ。妖精に分離させる装置でも作らせようかしら……)
564 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/03(日) 23:56:18.64 ID:ikRyp/s/0
今回はここまでです
次は本編からです

パターンがなくてマンネリ化してますが、道具使うのは好きではないですし難しいところです
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 00:30:08.13 ID:y1uaJ0NMo
投下中にシチュ募集してもいいかもね
566 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/04(月) 22:44:38.46 ID:eeAFCdVU0
>>565
そろそろ本当に万策尽きそうなので唐突にお願いするかもしれません

開始します
567 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/04(月) 22:54:52.78 ID:eeAFCdVU0
朝風「頭が……くらくらする……」

あかり「やっぱり痛かった?」

朝風「ううん……気持ちよくて、朦朧と……」

あかり「頭のマッサージってそんなになるんだ」

朝風「私もはじめて知った。というか、たぶんあかりだけだと思う」

あかり「まだ試してないマッサージもどんどんやっていきたいね」

朝風「私以外にやってよ!?」

あかり「朝風ちゃん以外にもするけど」

朝風「も、じゃなくてに、で止めて!」

あかり「あははは」

朝風「笑ってごまかさない! ちょっと私、体を落ち着けるから」

あかり「じゃあ、あかりはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>535-536の朝風、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>535-536の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>535-536の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>535-536の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>535-536の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 22:58:53.03 ID:MMuKTIFJO
1離島棲鬼
569 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/04(月) 23:14:00.79 ID:eeAFCdVU0
離島棲鬼「そろそろ最終回が近いわね……寂しくなってくるわ」

あかり「また新しいアニメがはじまりますよぉ」

離島棲鬼「そうだけど、なるべく長く楽しんでいたいじゃない」

あかり「その気持ちはわかりますけど、最終回になって完成するものですから」

離島棲鬼「あぁ、全部お魚咥えたどらねこ追っかける陽気な人とか、お腹減った動物に自分の頭を食べさせるサイコパス系ヒーローくらい続けばいいのに」

あかり「全部そんなに続いてたら、テレビがアニメしかなくなっちゃいますよぉ」

離島棲鬼「アニメだけでいいのよ!」

あかり「秋月ちゃんと夕張さんは特撮も見てるそうなので」

離島棲鬼「特撮ねぇ。子供むけでしょ?」

あかり「子供向けと子供だましは違うってよく言いますよぉ」

離島棲鬼「そうだけどねぇ。あっ、ところで私に何か用?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 髪の毛を戻すという話
2 一緒にアニメを見ようという話
3 最近の深海棲艦事情について
4 その他自由に
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 23:18:42.63 ID:aClJ+aCko
571 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/04(月) 23:29:02.69 ID:eeAFCdVU0
あかり「特に用はないですけど、会いに来ました」

離島棲鬼「なんかいいねそういうの!」

あかり「いいですか?」

離島棲鬼「ラブラブじゃん?」

あかり「ラブラブ〜という感じではないんですけど」

離島棲鬼「否定しないでよ〜!」

あかり「ラブラブです」

離島棲鬼「私が言わせたみたいじゃない!」

あかり「どっちなんですか!」

離島棲鬼「ふふふっ、あっ、そうだ。せっかくだし一緒にアニメ見よう?」

あかり「アニメですか? どんなのです?」

離島棲鬼「見ればわかる〜」
572 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/04(月) 23:46:41.98 ID:eeAFCdVU0
<ホホヲカスメター

離島棲鬼「あかりはこういう系のアニメ好きそうだと思ってね〜」

あかり「……」

離島棲鬼「どうしたの?」

あかり「よくわかりませんが、なんだかすごく懐かしい気がするんです」

離島棲鬼「懐かしい?」

あかり「はい。この人達、どこかで会ったような……いえ、すごく近くにいた気がするんです」

離島棲鬼「アニメのキャラだよ?」

あかり「そう、そうなんですけど……なんだか違う気がするんですけど……」

離島棲鬼「あかりったら結構妄想激しいタイプね」

あかり「何なんだろう、この感覚は……」
573 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 00:06:57.01 ID:OZM5u5Bp0
あかり「このお宿はあの世とこの世の間にあるんですね」

離島棲鬼「わりと設定がふわっとしか語られてないんだよね。あんまり気にすることじゃないけど」

あかり「こんな可愛い狐さんがいるなら、ちょっと行ってみたいですね」

離島棲鬼「キツネ耳好きなんだね〜」

あかり「違います。女の子の姿してない普通の狐さんの方がいいです!」

離島棲鬼「エキノコックス不可避〜」

あかり「あの世に近いんですから病気は気になりませんよぉ」

離島棲鬼「まっ、死の先がこういう世界だと思って死ねるなら、幸せなことかもしれないね……」

あかり「まだこの世側ですから」

離島棲鬼「本当はそんなにいいものじゃないけどね。というか、世界なんかないわけだけど」

あかり「……」

離島棲鬼「ん〜? どうしたのそんな顔して?」

あかり「いえ……」

離島棲鬼「世界のなかった私に世界をくれた。閉じこもってた私を世界に連れ出してくれた」

離島棲鬼「こんな幸せな世界、アニメでだって滅多に見ないよ。だからアニメとあかりちゃん、どっちか選んだらどっちかはなくしちゃうって言うなら私は迷わずあかりちゃんを選ぶよ」

あかり「アイさん……」

離島棲鬼「あっ、でもごちうなだけは勘弁してほしい! できればガダンムも!」

あかり「……」
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 00:12:13.41 ID:QRthNeMSO
すごく近く(元の掲載誌的な意味で)
575 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 00:12:42.57 ID:OZM5u5Bp0
今回はここまでです

ゆるゆりとこのはな綺譚は元々同じ百合姫Sで連載してたんですね
百合姫はゆるゆりが最長寿なくらい入れ替わりが激しい雑誌ですがバーズはどうなんでしょうね
576 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 22:42:09.07 ID:OZM5u5Bp0
開始します
577 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 22:51:18.66 ID:OZM5u5Bp0
あかり「むぅ〜」

離島棲鬼「冗談だってば、ね? 機嫌直して?」

あかり「冗談じゃなかったですよぉ」

離島棲鬼「ちょっとした茶目っ気よ!」

あかり「……」

離島棲鬼「む、むしろ、あかりちゃんは私にそれだけ好かれたいって思ってるってことだよね!」

あかり「そうですよ」

離島棲鬼「うえぇっ!?」

あかり「アニメよりは優先してもらいたいなって思いますよぉ」

離島棲鬼「あぁ、そ、そっか……ごめんね」

あかり「えへへ、あかりも冗談ですよぉ」

離島棲鬼「嘘ぉ!? いや、嘘でしょ? 本当にそう思ってるよね? ね?」

あかり「アニメよりは大切に想ってますよぉ?」

離島棲鬼「うぐぅ……」

あかり「でもいいんです。今はもう我慢する必要はありませんから。アニメもあかりも好きなだけ見ててください」

離島棲鬼「あ、あかりちゃん……」

あかり「でもたまにはアニメよりあかりを優先してくれると嬉しいです」

離島棲鬼「本当の本当にそういうときは、ちゃんとあかりちゃん優先だから!」

あかり「信じてますよぉ。さてと、それじゃあかりはこの辺で」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>535-536の朝風、離島棲鬼、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>535-536の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 22:55:18.68 ID:ttRsxvNcO
3天津風3
579 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 23:06:58.14 ID:OZM5u5Bp0
天津風「外に出るの?」

連装砲くん「きゅう?」

あかり「うん。街に遊びに行こう!」

連装砲くん「きゅう! きゅう!」

天津風「私も行くつもりだからそんなに引っ張らないで」

あかり「連装砲くんはお外に出たかったのかな?」

連装砲くん「きゅ〜う」

天津風「ただあかりに遊んでほしいだけよ」

あかり「それならこっちにおいで」

連装砲くん「きゅ〜!」ガバッ

あかり「よいしょっ。軽くなったからあかりでも抱っこできるもんね」

天津風「そんなに懐かれて、妬けちゃうわね」
580 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 23:21:31.92 ID:OZM5u5Bp0
連装砲くん「きゅ〜」パタパタ

あかり「はい、あ〜ん」

天津風「あんまり甘やかしすぎないでよ?」

あかり「わかってるよぉ」

連装砲くん「きゅ〜う」クイクイ

あかり「あ〜はい、もう一個ね」

天津風「本当にわかってるのかしら? もうすぐお昼ご飯なんだから、今食べてると食べられなくなるよ」

連装砲くん「きゅ〜!」

天津風「ご飯は別腹って、残すよりはいいけどね」

あかり「どこかでお昼ご飯食べよっか」

天津風「そうね、まずはそうしましょう」

あかり「妖精さんは食べたいものある?」

天津風「うどん……って、貴女食べられるの?」

あかり「うどんね。天津風ちゃんは?」

天津風「お昼は軽いものでいいわ。パン屋さんにでも行きましょ」

あかり「パン屋さんね。連装砲くんは?」

連装砲くん「きゅう〜!」

天津風「肉って、めちゃくちゃアバウトだし私の話聞いてた?」

あかり「ステーキすぐに出してくれるところあったよね。あそことかいいかもね。どこにしよっか」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 うどん屋
2 パン屋
3 ステーキショップ
4 その他自由に(飲食店じゃなくてもいいです)
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 23:25:31.53 ID:i6u0WzbXo
4バイキング
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 23:25:40.55 ID:4af5tKCYO
2
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/05(火) 23:30:04.58 ID:1dBmiWNPO
ビュッフェ派とバイキング派でよく分かれるよね
584 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 23:37:13.88 ID:OZM5u5Bp0
あかり「皆食べたいものがバラバラなら、全部が食べられる場所がいいよね」

天津風「そうね、いい考えだと思うわ」

連装砲くん「きゅ〜!」ピュー

天津風「あぁ、連装砲くん! あんまりはしゃぎ過ぎないのよ」

妖精「……」

あかり「バイキングのおうどんなら、お皿が小っちゃいから妖精さんでも食べやすいよね」

妖精「……」クイッ

あかり「あかりに作ってほしいって? いいよぉ。わかめ入れる?」

天津風「少量ずつ取れるから結果として軽めにできるわね」

連装砲くん「きゅっきゅ〜」ヒョイヒョイ

天津風「連装砲くん、自分が食べれる量だけ取るのよ!」
585 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/05(火) 23:51:47.08 ID:OZM5u5Bp0
妖精「……」チュルル

連装砲くん「きゅ〜う」パクパク

あかり「天津風ちゃん、結局いっぱい取ってるね」

天津風「べ、別につい取り過ぎちゃっただけで、わくわくしたからとかそういうんじゃないからね!?」

あかり「ちょっとテンション上がるよねわかるよぉ」

天津風「だ、だから違うってば!」

連装砲くん「きゅう!」

天津風「あっ! 食べないならもらうじゃないわよ! 取ったからには自分で食べるわ!」

あかり「連装砲くんは本当にお肉ばっかりだね」

天津風「野菜もちゃんと食べないと体に悪いわよ」

連装砲くん「きゅ〜」フルフル

あかり(連装砲くんも野菜食べないとダメなんだ)
586 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 00:06:44.33 ID:dbrFwFPb0
天津風「バイキングではデザートをいっぱい食べる方が元を取れるそうよ」

あかり「そうなの?」

天津風「らしいわ」

あかり「元取るとか考えたことなかったよぉ」

天津風「まあ、そこまで考えるならそもそも外食するのが間違いだしね」

あかり「こうして皆で楽しくご飯を食べられるなら、お金なんか気にしないよぉ」

連装砲くん「きゅ!」

妖精「……」ズズズッ

天津風「ええ、そうね……」

天津風(連装砲くんと妖精のお世話して、こんな話をして。まるで夫婦みたいだって、あかりも思ってくれてるかしら……?)

あかり(連装砲くん達のお世話をしてると、お姉ちゃんっていうよりお母さんって気分になるよぉ。天津風ちゃんと2人でお母さんだね)
587 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 00:07:45.83 ID:dbrFwFPb0
今回はここまでです

>>1はバイキングの方がなじみがありますが最近はビュッフェの方が主流なんですかね
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 00:23:02.15 ID:1MyQWKN50
乙です!
ビュッフェは食べて良い量が決まってる場合があるから気にせず好きなだけ食べれるバイキングが好きですね
589 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 22:44:32.37 ID:dbrFwFPb0
>>588
バイキングとビュッフェって別物なんですねはじめて知りました

開始します
590 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 22:49:07.13 ID:dbrFwFPb0
連装砲くん「きゅふ〜……」

天津風「連装砲くん、はしたないわよ」

あかり「いっぱい食べたもんね」

連装砲くん「きゅう〜」

天津風「食べてすぐ寝ると太るよ」

あかり「連装砲くんも体型変わるんだ……」

天津風「それじゃまた遊びましょうねあかり」

あかり「うん、またね天津風ちゃん。さてと、明石さんは……」

明石「……」

あかり「まだ寝てるみたいだよぉ。起こさないように静かにしてなきゃ」

あかり「静かに、どうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>535-536の朝風、離島棲鬼、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>535-536の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:53:07.18 ID:uMl83mVUo
6 川内 神通 那珂
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 22:53:11.34 ID:JqGasoURO
1不知火
593 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 23:08:25.16 ID:dbrFwFPb0
那珂「なっかちゃんが〜来た!」

あかり「わぁっ! 那珂ちゃん静かに!」

川内「Wasshoi!」

あかり「アイエエエ! 川内さんまで!」

明石「う〜ん……ふぁ……なんですかもう?」

神通「すいません、明石さんが寝ていたんですね……」

那珂「那珂ちゃんが来たんだから起きないとダメだよ!」

川内「寝首かかれるよ」

あかり「寝首かくようなことしに来たんですか!?」

神通「違います。ケッコンのアピールをと思って」

あかり「あっ、なんだか久しぶりな気がしますね」

明石「ケッコンラッシュも落ち着きを見せていましたからね……」

那珂「ライバルが少ない今なら不戦勝かと思ったのに〜お姉ちゃん達が来るんだもんな〜」

川内「抜け駆けはムラハチよ」

神通「私はリベンジですからね」

明石「その意気やよしです。では今回は私が作ったマシンの実験だ――試運転に付き合ってもらいましょう」

あかり「今不穏な言葉が聞こえましたよぉ」

神通「マシンって、どんなものなんですか?」

明石「それはですね……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 あかりのマッサージマシン
2 夢可視化マシン
3 欲望解放マシン
4 その他自由に
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 23:12:26.30 ID:lZ74zltKO
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 23:12:35.92 ID:jqMMe/uMO
1
596 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 23:26:49.70 ID:dbrFwFPb0
川内「人の内に秘めた欲望を解放するマシン?」

明石「はい」

神通「要するに、素直になるということでしょうか?」

明石「いいえ。本人も気づいていない本当の欲望を曝け出すんです」

那珂「ええ〜那珂ちゃんアイドルだからそういうのNG」

川内「もうやめたでしょ」

那珂「艦隊のアイドルはやめてないの〜!」

あかり「それでどうやって決めるんですか?」

明石「あかりが一番いいと思った欲望を選んでください」

あかり「一番いい欲望って……」

神通「はずかしいですが、ケッコンするなら本当の気持ちを曝け出さなくてはいけませんよね」

川内「そう考えると妥当っちゃ妥当なのかな」

那珂「む〜しょうがないなぁ」

明石「はい、ではまずは川内さんから。そこに立ってください」

川内「ここに?」

明石「はいどうも。そしてこれを」

あかり「メダル?」

明石「その欲望、解放しろ」ポイ

神通「メダルの投入口が!?」

川内「はぅ……」チャリン

あかり「ど、どうなるの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
川内の欲望(どれでも結果はコンマなので影響しません)

1 本格的なイクサがしたい
2 あかりの乳首弄り尽くしたい
3 敵に捕まって尋問されたい
4 その他自由に
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 23:31:47.87 ID:+2e4FD1ho
2
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/06(水) 23:35:13.67 ID:ocZgjM7Fo
599 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 23:52:06.91 ID:dbrFwFPb0
川内「……」

あかり「川内さん、大丈夫ですか?」

川内「……イヤーッ!」ガバッ

あかり「ンアーッ!? ちょ、なんですか川内さん!?」

川内「いや、私の日頃の成果が実ってるか見たくて」

あかり「日頃の成果って何ですか!? なんで服を脱がして!?」

川内「くっくっく……ねぇ、あかり。朝起きたとき胸にって、言うか、乳首に違和感があるときない?」

あかり「ええっ!? な、なんですか急に!?」

川内「それね、私が弄ってるからだよ」

あかり「はぁっ!?」

川内「あかりの胸を開発してたのよ、密かに」

あかり「何やってるんですか!?」

川内「ずっとずっとやって来たからね〜もう相当敏感になってるでしょ? そろそろ、眠ってるときじゃなくて起きてるときにやりたかったんだよ」

あかり「せ、川内さん! やめてください!」

川内「ここは、やめろって言ってないわよ?」クニ

あかり「ふああっ……」

川内「悦んでるでしょ? 眠ってても体が覚えてるんだよ。私の指でされてることを」

あかり「そん、ふぁっ……」

川内「今までこの乳首で感じてた快感は、私のおかげ。つまり、私が気持ちよくさせてたのと同じ」

あかり「ふぇっ、あぁっ……」

川内「そう、何人としたのか知らないけど、あかりを感じさせてたのはその人達じゃない。この川内だっ、がっ!?」ガンッ

神通「発想が飛躍しすぎです」

那珂「そうだよ! 川内ちゃんがやってたことで感じやすくなってたとしても、それは川内ちゃんがやったことにはならないから!」

明石「なるほど、欲望の解放はこんな形になるんですね……」
600 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/06(水) 23:58:46.78 ID:dbrFwFPb0
川内「だったら、今からすべての経験を塗りつぶすくらいの快感を、あかりの乳首に与えてやる〜!」

あかり「ひゃああ〜! 明石さん、何とかしてください!」

明石「セイヤー!」ガンッ

川内「ンアーッ! ヤ!ラ!レ!ター!」バタッ

あかり「はぁはぁ……」

神通「すいませんあかり。姉が変なことしちゃって」

あかり「い、いや、いいんで、すよ? その、まあ、気持ちよくされてたのは、されてたわけですし……」

那珂「それで許しちゃうあかりちゃんもあかりちゃんだね〜」

明石「はい、では神通さん」

神通「つ、続けるんですか!?」

明石「でなければこのまま川内さんが不戦勝で、明日の朝にはあかりの乳首はドス黒くなって」

あかり「なりません!」

神通「や、やります! あかりの、ち……は綺麗なままであってほしい!」

あかり「何言ってるんですか神通さん!?」

明石「はいでは。その欲望、解放しろ」ポイ

神通「うっ……」チャリン

>>このレスから四分後に一番近いレス
神通の欲望

1 あかりをマッチョにしたい
2 訓練したい
3 ストレッチに見せかけてやらしいことしたい
4 その他自由に
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 00:02:47.41 ID:gTE0qHC4O
2
602 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/07(木) 00:09:53.83 ID:ny1EKYED0
今回はここまでです

欲望を満たしても怪人が生み出されるということはないので安心ですね
603 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/07(木) 22:44:32.57 ID:ny1EKYED0
開始します
604 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/07(木) 22:58:24.93 ID:ny1EKYED0
あかり「神通さんはどうなっちゃうんでしょうか?」

那珂「どんな欲望を持ってるのかな?」

神通「……訓練です」

那珂「えっ?」

神通「こんなことをしている場合ではありません、訓練です!」

あかり「あぁ〜これはぁ」

那珂「ひえっ!」

神通「皆さん平和にかまけて怠けすぎなんです! ここらで一度喝を入れなければ堕落する一方!」

神通「全員招集です! 10分以内にレッスンルームに集合! 1分遅れるごとに1時間訓練時間を延ばします!」

あかり「じ、神通さん落ち着いてください!」

神通「好意に流されて少し甘やかしすぎましたね。これからは朝のランニングも足腰立たなくなるまでやりますので」

あかり「ひえええ〜!?」

神通「那珂、貴女もです。戦場ではアイドルなんて何の役にも立たないことがわからないわけではないでしょう?」

那珂「いやもう戦場でないし」

神通「訓練です。死ぬほど訓練すれば死なずに済みます。訓練するんです!」

あかり「あ、明石さん!」

明石「神通さん、やっぱり訓練好きの意思は消えてなかったんですね」
605 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/07(木) 23:14:14.31 ID:ny1EKYED0
神通「一度地獄を見ておけば、どんな環境にも耐えられますよ」

あかり「明石さん何とかしてください!」

明石「セイヤー!」ガンッ

神通「がっ!?」

那珂「そうやって物理的に止めるしか方法ないの?」

明石「止める方法は今後の課題とします」

あかり「これもうケッコンのアピールになってませんよね?」

那珂「なら、那珂ちゃんが貰ったも同然だよね!」

明石「自信のほどを確かめてみましょう」

那珂「あっ!? ちょ、待って――」

明石「その欲望、解放しろ」ポイ

那珂「きゃあ!」チャリン

>>このレスから四分後に一番近いレス
那珂の欲望

1 路線変更したい
2 エッチなことしたい
3 もっと人気になりたい
4 その他自由に
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:18:13.18 ID:RifNJTsJO
4大人数のファン達にエッチな事をされたい

駄目なら大人数のファン達の前でエッチな事をやりたい
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:18:14.44 ID:8z1FiuWGo
1
608 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/07(木) 23:34:49.20 ID:ny1EKYED0
那珂「……」

あかり「那珂ちゃんはどんな欲望を秘めて……」

那珂「あぁ〜つっかれた」ドサッ

あかり「な、那珂ちゃん!? 床に座り込んだりしてどうしたの!?」

那珂「だぁから、疲れたって言ってんじゃん。はぁぁ」ゴロン

あかり「せめてカーペット敷いてあるとこに寝ようよ那珂ちゃん!」

那珂「動くのめんどくさいしいいよここで。床が冷たくて気持ちいいし〜」

あかり「アイドルがそんなだらけた格好見せたらだめだよぉ!」

那珂「そ〜いうのに疲れたっていうの! 私ニートに路線変更しま〜す」

あかり「大破しても路線変更しないって言ってた那珂ちゃんが!?」

那珂「あっ、もうちゃん付けで呼ばなくていいよ。呼び捨てでもさん付けでも、おいとかそこのとかでも好きに呼んで〜」ゴロゴロ

あかり「那珂ちゃんパンツ見えてるよ」

那珂「今更パンツくらいでどうだっていいでしょ。パンツの下だって見たことあるんだし。それともパンツ好きなの? 見たかったら見せてあげるよ」チラチラ

あかり「ちょっ、ダメだよ! どこにセンテンススプリングがいるともわからないんだから!」

那珂「べっつにどうだってい〜し。むしろ大々的に乗っけてくれていいよ。新人実力派アイドルの裏の顔はロリコンだった!?とかってさ〜」

那珂「むしろ撮って送っちゃおっか。はい、こっち来て」

あかり「行くわけないでしょ! 早く元に戻って!」

明石「那珂さん、実は結構無理してキャラ作ってたんですね……」
609 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/07(木) 23:41:46.46 ID:ny1EKYED0
那珂「はぁ〜、だる……」

あかり「明石さん、いつものやつ」

明石「セイヤー!」

那珂「ふぎゃっ!?」

あかり「全員気絶させましたけど、本当にこれで治るんですか?」

明石「さぁ、はじめて試しましたからね」

あかり「さぁって」

明石「科学の発展に犠牲は付き物デース」

あかり「犠牲にはなってませんから!」

明石「で、誰がよかったんですか?」

あかり「誰もよくないですけど……」

↓1 川内 ↓2 神通 ↓3 那珂
コンマが一番高い艦娘とケッコン
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:48:41.00 ID:AHu+Bvi1o
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:50:20.20 ID:K2250K80O
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:50:44.16 ID:5uozLRACO
えい
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:56:10.93 ID:8z1FiuWGo
みんな低すぎと思ったけどコンマ00は100だっけ?
なら川内が圧勝か
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/07(木) 23:59:59.32 ID:AHu+Bvi1o
そりゃあかりからしたらアピールで欲望見せつけられても…ってなってコンマも低くなる気がする
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 00:07:21.43 ID:mcUj6LkuO
0じゃない?
616 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 00:12:27.15 ID:8s51E7wh0
あかり「あえて言えば神通さんですね」

明石「訓練したいんですか?」

あかり「そうではなくて。あかりのこと好きだから優しくしすぎたけど、厳しくするって言ってました」

明石「そういえば、そのようなこと言ってましたね」

あかり「ただ甘やかすだけじゃなくて、ちゃんとあかりのこと考えてくれてるんだなって思ったんです」

明石「なるほど」

あかり「好きだけど厳しくしてくれる人って、すごく想ってくれてるんだと思いますよぉ。好きな人に厳しく接するのって、結構辛いですから」

明石「心の中で思っているだけとはいえ、しっかりと考えてくれてる神通さんがいいということですね」

あかり「はい。それがこういう極端な形でなくても出せれるようにしていきたいです」

明石「いいことじゃないですか。やはりこの方法にして正解でしたね!」

あかり「いやぁ、それはどうでしょうね……」

川内「ん……?」

神通「あれ……私は?」

那珂「あうぅ〜頭が〜……」

あかり「おはようございます」

明石「判定の結果、神通さんとケッコンするということになりました」

神通「えっ、私ですか?」

那珂「ええ〜!? 地獄を見せるって言ってたよ!? 心が渇いちゃうよ!?」

あかり「そういうところが理由じゃないよぉ」

川内「私は何してたの? 思いっきりジツ使いまくりたいとかそんなの?」

明石「知らない方がいいかと」

あかり「それじゃあ神通さん」

神通「自分が覚えていないことだというのが若干心残りですが……」

あかり「あかりのこと、心の中でどうしたいのか想ってること聞かせてもらいましたから。もっと厳しくても、あかりは耐えられますよ」

神通「……っ!」

あかり「毎朝神通さん達と一緒に走って鍛えられてますから! そのぉ、地獄を見るほどの訓練はできませんけど、それでもちゃんと強くなってますから」

神通「……名取さんや大鳳さんにも話をつける必要がありますが、ルートを少し長くしてみましょう」

あかり「はい!」

神通「好きという気持ちは甘美なものですから、溺れてしまいたくもなります」

あかり「でも、神通さんは溺れずにいてくれてますよぉ」

神通「少しずつ、表に出せるようにしていきますね」

あかり「本当に少しずつでお願いしますね? 一気に全部来るとあかり潰れちゃいますから」

神通「厳しくし過ぎて嫌われては元も子もないですから。好きという気持ちの中で、厳しくできるところはしていきます」

あかり「お願いしますね、神通さん」

神通「ええ。あかり」

川内「ちぇ〜神通が一番かぁ」

那珂「ま〜一番付き合い長いしね。でも次こそは那珂ちゃんなんだからね!」

明石(あかりの中のもう1人のあかりを表に出すために作ったものですが、止める方法が物理的なものしかないのはまずいですね。ちゃんと考えないと)
617 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 00:16:34.26 ID:8s51E7wh0
今回はここまでです

基本的に00〜99で考えているので0という扱いにさせてもらいました
まだ治ってなくて乳首弄られる訓練してるところを撮られるというオチにしようかと思いましたが行数が足りませんでした
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 07:06:51.77 ID:J6UbO4Mi0
乙です
619 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 22:44:26.82 ID:8s51E7wh0
開始します
620 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 22:50:54.94 ID:8s51E7wh0
明石「ケッコン相手もだいぶ増えて来ましたね」

あかり「もうこれで特別感は薄まったと思いますよぉ」

明石「逆にしてない派閥としてる派閥の溝が深まってたりして」

あかり「えっ!?」

明石「今のところそういう兆候はないので安心してください。ですが、最後の1人になるのもあれですよ」

あかり「寂しいですか?」

明石「いえ、それはそれで特別感があるのでいいかもしれませんが」

あかり「だから特別感出さないために軽くしてるんですって!」

明石「全員平等にということはできないんですから開き直ればいいのに。特別に想ってる人のこと知ってるんですよ?」

あかり「うっ……」

明石「私は好きなだけで信奉者ではありませんから。私の好きだという気持ちに応えてくれるなら、別に一番でなくても構いません」

あかり「明石さん……」

明石「でも一番になるための努力は怠りませんのでそのつもりで。では、次の予定を聞かせてください」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>535-536の朝風、離島棲鬼、神通、〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通以外から1〜3人 施設:>>19
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 22:54:55.02 ID:42aOXttIO
1不知火
622 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 23:07:31.62 ID:8s51E7wh0
あかり「ぬいちゃん」

不知火「どうかしましたかあかりん?」

あかり「昨日のこと覚えてる?」

不知火「忘れました」

あかり「あぁ、いっぱい酔っぱらってたもんね」

不知火「ええ。だから覚えてません。一切、これっぽっちも」

あかり「……覚えてるでしょ?」

不知火「ません」

あかり「あぁ、うん」

不知火「で、何をしに来たんですか?」

あかり「何をしようか」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 表情を読む
2 陽炎対策会議
3 あだ名を定着させようという話
4 その他自由に
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:11:39.30 ID:onAteYKjO
4明石のマシーンを使ってみる
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:12:18.45 ID:gqsycNrso
625 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 23:23:19.26 ID:8s51E7wh0
あかり「ん? あれ?」

不知火「どうしました?」

あかり「何かポケットに入って……あっ、これは!」

不知火「メダルですか?」

あかり「さっき川内型の皆のケッコンアピールに使ったやつだよぉ」

不知火「はぁ、ケッコンアピールですか。誰としたんですか?」

あかり「神通さんだよぉ」

不知火「そうですか、神通さんと……で、それをどう使ったんです?」

あかり「これを入れると持ち主の欲望が解放されるの。その欲望を見て誰が一番いいか決めるっていうの」

不知火「それはまた、随分と微妙な決め方をしましたね」

あかり「たぶん明石さんがこれ使って見たかっただけだと思うよぉ」

不知火「だと思います。けれど、これをどうすればそんなことに?」

あかり「えっとね、その欲望、解放しろって言いながらこうやって投げ入れると」ポイッ

不知火「えっ?」チャリン

あかり「あっ、しまった!」

>>このレスから四分後に一番近いレス
不知火の欲望

1 姉に甘えたい
2 感情を表に出したい
3 映画で学んだことを実践したい
4 その他自由に
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:27:15.56 ID:4Q7zv0GK0
2
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/08(金) 23:27:19.63 ID:IYn9DggDO
1
628 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 23:38:47.27 ID:8s51E7wh0
あかり「ぬいちゃ〜ん?」

不知火「……」

あかり「ぬいちゃんはどういう欲望を――」

不知火「お姉ちゃん!」ダキッ

あかり「うわぁっ!?」

不知火「うわぁってなんですか。不知火が抱き着いたというのに」

あかり「いやだっていきなりお姉ちゃんとか言うから」

不知火「急にお姉ちゃんに甘えたくなったんです」

あかり「あかりは陽炎ちゃんじゃないよぉ」

不知火「陽炎に限定されません。お姉ちゃんに甘えたいんです」

あかり「あかりがお姉ちゃんなの?」

不知火「はい。あかりが姉で姉があかりで、何度も何度も甘えてダブルエックスです」

あかり「ダブルエックスが何なのかよくわからないけど、まああかりがお姉ちゃんやればいいんだね」
629 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/08(金) 23:53:23.28 ID:8s51E7wh0
不知火「頭をなでてください」

あかり「はい、ぬいは甘えん坊ね」ナデナデ

不知火「ん……」

あかり「言われた通りなでてるんだから、もう少し嬉しそうにすればいいのに」

不知火「不知火の表情を読めないお姉ちゃんが悪いんです」

あかり「それって、嬉しがってるってこと?」

不知火「当たり前です。にぶちんお姉ちゃん」

あかり「そういうこと言う子はなでてあげないわ」

不知火「……」クイッ

あかり「この頭はなぁに?」

不知火「んっ……」スリスリ

あかり「ふふっ、なでてほしいときはなんて言えばいいかわかるでしょ?」

不知火「ごめんなさい……なでてください」

あかり「よし! ちゃんとぬいはちゃんと謝れるいい子だね〜」

不知火「んっ!」

あかり(あんまり表情に出ないけど、甘えて来てくれる子も可愛いかもね)
630 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/09(土) 00:05:06.49 ID:/guirH540
不知火「覚えてません」

あかり「あかりまだ何も言ってないよぉ」

不知火「覚えてません!」

あかり「あぁ、うん……」

不知火「覚えてませんが、あかりんが調子に乗っていた気がします」

あかり「お姉ちゃんやれって言ったのはぬいちゃ――うん、覚えてないよね」

不知火「明石さんに変なもの作らないでくださいって言っといてください」

あかり「明石さんも妖精さんに影響されて来ちゃってるよぉ」

不知火「まったく……」

あかり「でもぬいちゃんってやっぱり陽炎ちゃんのこと好きなんだね」

不知火「違います。あれがあんなのなので、ちゃんとした姉への憧れがあるだけです。覚えてませんけど」

あかり「そっかそっか。そういうことにしとくね」

不知火「しとくではなく! もう、聞いてるんですか!?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>535の朝風以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通、不知火以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通、不知火以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通、不知火以外から1〜3人 施設:>>19
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/09(土) 00:09:07.04 ID:IiX1llh2O
5陽炎9
632 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/09(土) 00:13:23.60 ID:/guirH540
今回はここまでです
次は陽炎とお風呂に入るところからです

リアル兄姉妹弟がいる人は創作のそれらに萌えないってよく聞きますが、いるからこそ憧れるのというのもあるかと思いますね
633 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/10(日) 22:41:43.41 ID:uDZ6CBp50
昨日に引き続き今日もちょっと書けそうにないので↓1〜3で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 22:45:11.65 ID:5bkaSyOJo
あかりのマッサージ後に[田島「チ○コ破裂するっ!」]をするのが癖になっちゃう朝風ちゃん
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 22:45:52.88 ID:GKfi34BEO
満員電車であかりの裏人格に痴漢される神風
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 22:46:05.33 ID:Gf2iUqQa0
秋月の妹たち(照月、初月、涼月)があかり鎮守府に着任
長姉の廃ゲーマーかつ主食がコーラ、ピザ、ポテチのニートセレブ(?)生活に苦言を呈するif
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/10(日) 22:47:07.50 ID:N83eBpyAO
>>530の続き
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2017/12/10(日) 22:48:42.26 ID:5bkaSyOJo
フィルターに引っかかってるけどそこはオナニーに変換しておいてください
639 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/11(月) 22:42:26.15 ID:HSyDa2Cr0
開始します
640 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/11(月) 22:52:45.46 ID:HSyDa2Cr0
あかり「お風呂〜」

陽炎「あら、あかりもお風呂なの?」

あかり「陽炎ちゃん」

陽炎「体を清めるのはいいことね。特にあかりはね」

あかり「あかりじゃなくてもいいことだよぉ」

陽炎「まあ、相手もね」

あかり「そういうことばっかり言うからぬいちゃんに嫌われるんだよぉ」

陽炎「いやぁ、あれはただの照れ隠しだよ」

あかり「それじゃすまないところあるよぉ」

陽炎「大丈夫大丈夫、あの子も興味津々だから」

あかり「ちゃんと抑えないとダメなんだからね?」
641 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/11(月) 23:09:24.04 ID:HSyDa2Cr0
陽炎「泡風呂いいねぇ、気持ちいいよぉ」

あかり「あわあわだよぉ。ちょっとくすぐったいね」

陽炎「そのくすぐったさがいいんでしょ」

あかり「そうだけど、苦手な人もいるかもね」

陽炎「こんなに気持ちいいのにね。あぁ、でも一緒に入るのには適してないかも」

あかり「何で?」

陽炎「泡で体隠れちゃうから」

あかり「体隠れちゃうとどうなの?」

陽炎「おっぱいが見えない」

あかり「見えなくていいよぉ!」

陽炎「ええ〜見たいじゃん。小っちゃくてもこの勢いなら揺れてるところ見えるでしょ?」

あかり「あかりのは揺れるほどないから」

陽炎「いやいや、噴出孔のところにもってけば揺れるでしょ。試しにやってみて」

あかり「やらないよ!」
642 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/11(月) 23:29:13.86 ID:HSyDa2Cr0
あかり「あかりの見ても楽しくないでしょ」

陽炎「別に楽しくなくはないよ。そりゃあ、浜風とか浦風くらい大きいのが暴れまわってるの見るのもいいけどね」

あかり「暴れまわるって」

陽炎「私はこれが好きなんだよ。あかりのちっちゃなおっぱいが好きなの」スッ

あかり「陽炎ちゃん……」

陽炎「揺れようが揺れまいが見ていたいって思うことに変わりないよ」

あかり「うん……でも今触ってるところおっぱいじゃないよ。胸は胸だけど」

陽炎「えっ? あれぇ?」

あかり「触っててもわからないところが好きなんだね」

陽炎「いや、これはそう! おっぱい当てゲームだよ! この泡の中で見事に触れた方が勝ち!」

あかり「何で急にそんなゲーム始めたの?」

陽炎「はい、次はあかりの番! ちなみに一番得点高いのは乳首同士くっつけ合うことで」

あかり「はい」ツン

陽炎「はぅあっ……! な、何で一発で……」

あかり「陽炎ちゃん、こうするの好きだからね。もう感覚でわかるよぉ」

陽炎「……あのさ」モゾモゾ

あかり「しょうがないから、抑えられるようにしてあげるよぉ。陽炎ちゃんがちゃんとこっち向いててくれるようにね」
643 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/11(月) 23:39:08.89 ID:HSyDa2Cr0
明石「お昼寝たら今目が冴えて来ちゃいました」

あかり「そうやって生活のバランスが崩れていくんですよぉ」

明石「生活バランス整えマシンでも作りましょうかね」

あかり「作れるんですか?」

明石「どうすれば整えられるのかからまず考えないと」

あかり「時間かかりそうですね」

明石「作るためにバランス崩しそうです」

あかり「それは本末転倒というやつですよぉ」

明石「艦娘なので病気になりませんが、体調が悪いのはよろしくないですから」

あかり「何度も言いますけど、ほどほどにしててくださいね」

明石「わかってますよ。で、今日のごほうびですね」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 マシンの被験者になる
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 23:43:08.44 ID:p6M+RuRV0
3
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 23:43:28.46 ID:d/ag/sDkO
646 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/11(月) 23:52:07.00 ID:HSyDa2Cr0
あかり「何がいいですか?」

明石「ふむ、そのオーメダ……じゃなくて欲望解放マシン使いました?」

あかり「あっ、これ! 明石さんわざとあかりにもたせてたんですか!?」

明石「気付いたら使うかなと思いまして」

あかり「間違ってぬいちゃんに使っちゃいましたよぉ」

明石「それはそれは。で、どうでしたか?」

あかり「どうって、ぬいちゃんはお姉ちゃんに憧れているみたいです。あっ、あとセイヤーってやらなくても元に戻りましたよぉ」

明石「効果が切れるのには個人差があるということですね」

あかり「危ないから返しますね」

明石「はい。ではあかりはどうなのか確認したいので更にお返しします」ポイッ

あかり「へっ?」チャリン

>>このレスから四分後に一番近いレス
あかりの欲望

1 裏人格化
2 チヤホヤされたい
3 皆を幸せにしたい
4 その他自由に
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/11(月) 23:56:06.99 ID:h1/A1xRsO
1
648 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/12(火) 00:02:54.43 ID:l16U4hQe0
今回はここまでです

家のせまっ苦しいお風呂に入ってるとたまには大きいお風呂で伸び伸びとしたいと思うこともありますね
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 05:56:08.89 ID:JG9ZOaoI0
乙です
650 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/12(火) 22:44:34.99 ID:l16U4hQe0
開始します
651 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/12(火) 22:57:14.66 ID:l16U4hQe0
あかり「……」

明石「私の目論見通りであれば……」

あかり「はぁ、出て来るときはいつも唐突に引っ張り出されるから困るわ」

明石「やはりあなたは、あかりの中のあかりですね」

あかり「やはりってもしかしてあかりを表に出したいから、そのマシン作った?」

明石「ええ、そうですよ。もう一度貴女に会いたかったんです。今度は現実で」

あかり「現実でされたかったのかしら?」

明石「貴女があかりの欲望だというなら、私はそれをも飲み干してみせます」

あかり「そう、いい心がけね……」スッ

明石「……っ!」

あかり「基本的にやってあげることの方が多くて、溜まる一方なの。全部受け止め切れるかしらね?」
652 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/12(火) 23:08:24.24 ID:l16U4hQe0
あかり「……あれ? ここは」

あかり「う〜ん、あれ? 頭がくらくらするよぉ……何してたんだっけ?」

明石「……」ピクピク

あかり「明石さんが裸で倒れてる!? どうしたんですか!?」

明石「あ、あい……あは……」

あかり「明石さん! 正気に戻ってください!」

明石「あひっ! は、はい! 正気ですはい!」

あかり「どうしたんですか一体? 何が起きたんです?」

明石「な、何もありませんでしたよ! 何も!」

あかり「いや裸で倒れて痙攣してて何もないはないでしょ」

明石「本当に何もないんです! はい! あ、明日の秘書艦決めましょう!」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>535-536の☆のついていない艦娘)
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 23:12:24.32 ID:t0k93ed3O
瑞鳳
654 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/12(火) 23:23:28.08 ID:l16U4hQe0
あかり「えっと、瑞鳳ちゃんにお願いしようかなと」

明石「瑞鳳さんですね! わかりましたぁ!」

あかり「あっ、ちょっと明石さん!」ガシッ

明石「あぅっ……」

あかり「はい?」

明石「な、何でしょうか?」

あかり「ちゃんと服着て行ってください」

明石「あっ、は、はい……」

あかり「あかりが眠ってる間に何があったかわかりませんけど、懲りたのなら妖精さんみたいなことするのはやめましょうね」

明石「懲りるどころか……」

あかり「えっ?」

明石「いえ、何でもありません。どうも、失礼しました。瑞鳳さんに伝えて来ますね」

あかり「はい、お願いしますね」

明石(やはり実地の経験が豊富だから、テクニックがものすごい……これは、ハマっちゃいそうですね)

あかり「結局何がどうなったんだろ? まあいいか。これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>535の朝風以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
>>535-536の朝風、離島棲鬼、天津風、神通、不知火、陽炎以外から1〜3人)
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 23:27:28.65 ID:W0QqoL1po
5五月雨、春雨
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 23:27:34.37 ID:c3X9XR790
3外
657 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/12(火) 23:30:55.93 ID:l16U4hQe0
ちょっと今日は体調がよろしくないのでここまでにさせてもらいます
次は五月雨と春雨がバーに来るところからです

キンクリはあんまりやりたくないとか前に書きましたけど結局多用することになってしまっていてすいません
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 23:31:28.55 ID:WQiwXRx/O
お大事に
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/12(火) 23:42:57.99 ID:c3X9XR790
めっきり冷え込んできたのでご自愛を
660 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/14(木) 22:37:56.02 ID:2BKxnD3W0
胃腸の風邪なるものの存在を始めて知りました
今日もちょっと体調不良なので↓1〜2で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです

また小ネタ溜まって来たので次は小ネタからとさせていただきます
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:39:09.33 ID:L4Y8rhqgO
>>486からのIFであかり二人とプレイ(意味深)をするイムヤ
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:39:38.35 ID:jZqNyLE1O
前スレの>>984の続き
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/14(木) 22:47:37.23 ID:Q7UHfGWkO
お大事に
胃腸の風邪はご飯食べられないし大変ですよね
664 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/16(土) 22:46:28.61 ID:8dS9bVrz0
まさかここまで長引くとは想定外でしたね
今日の終わりにもう1つ小ネタ追加します
開始します

あかりにマッサージされたあと××するのが癖になる朝風の小ネタから
665 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/16(土) 23:01:42.48 ID:8dS9bVrz0
朝風「ふぐぅ……」

あかり「今日はこんなところかなぁ」

朝風「私にはしなくていいって言ったのに……」

あかり「だって朝風ちゃんマッサージ気持ちよさそうにしてくれるんだもん」

朝風「そりゃ気持ちいいよ? 気持ちいいけどね?」

あかり「それにまたあかりにもマッサージしてほしいからね」

朝風「ぐぬぬ、やり返そうと思ったのが間違いだったのか……」

あかり「じゃ、あかりは行くね。またね〜」

朝風「あっ、ちょっと。本当に、いつも突然来てはやりたいことやってさっさと行っちゃうんだから」

朝風「いっつもこんな気分で残されるこっちの身にもなりなさいよね……」

朝風「はぁ、しょうがない……」スッ
666 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/16(土) 23:18:14.02 ID:8dS9bVrz0
朝風「くっ、あぁっ……」

朝風(いつか、みたいに……最後まで、やってくれればいいのに……)

朝風「あっ、うぅ……」

朝風(そっちのマッサージ、も……だいぶ……上手だったし……)

朝風(あんまりこういうの……得意じゃな……)

朝風「ん……!」ピクン

朝風(得意も下手もないわよね……ただ触るだけだもの、想って……)

朝風(……想うことは、やっぱり続きなわけだけど)

朝風「あああっ……!」

朝風(やっぱり、1人でこうするよりしてもらいたいわ!)
667 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/16(土) 23:30:36.87 ID:8dS9bVrz0
朝風「ぁっ……」ピクピク

あかり「今日はこんなものかなぁ」

朝風「それ以外することないの本当に?」

あかり「することはあるけど、これをしたいだけだよぉ」

朝風「あのねぇ……」

あかり「またあかりにもマッサージしてね」

朝風「考えとくわ」

あかり「ありがとう! じゃあまたね〜」

朝風「あっ、待ちなさい!」

あかり「なぁに?」

朝風「うっ、いやぁ、その……どういうマッサージがいいか考えといて」

あかり「朝風ちゃんがやりやすいやつでいいんだけどね〜わかった」

朝風「……」
668 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/16(土) 23:45:57.90 ID:8dS9bVrz0
朝風「うぅぅ……」

朝風(なんで言い出せなかったのかしらね……前は自分から言ったのに)

朝風「ふぅぅ……」

朝風(そもそもあかりが気づくべきなのよね。前言ったんだから、こうなるのわかるだろうって!)

朝風(そう、私が言ってあげることじゃなくて、あかりが自分で気づかなきゃだめなの!)

朝風(だから、気づくまではしょうがないから自分で……)

朝風「……っ!」ピクン

朝風(別に、こうするのが好きとかそういうことじゃないし。あかりにしてもらう方が好きだし)

朝風(いや、それもなんかおかしい。あぁ、もう!)

朝風「っぅ〜……!」ピン

朝風(そもそもマッサージしてこなきゃこんなこと悩む必要もする必要もないのに!)
669 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/17(日) 00:01:28.11 ID:5bI7UW4F0
あかり「今日もマッサージ――」

朝風「はしなくていいから」

あかり「ええ〜」

朝風「ええ〜じゃないわよ。私は実験台にしないでって言ったでしょう」

あかり「朝風ちゃんがあかりにしてくれるマッサージ代だよぉ」

朝風「マッサージ代をマッサージで払うんじゃないわよ!」

あかり「マッサージしなくていいの?」

朝風「いいの!」

あかり「そっかぁ、しなくていいのかぁ」

朝風「それ以外にもすることあるんでしょ。ほら、遊びましょうよ」

あかり「そうだね〜」
670 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/17(日) 00:29:31.78 ID:5bI7UW4F0
あかり「あそこのパン屋さん美味しいでしょ?」

朝風「ええ、何であんな人来なさそうな場所に店構えてるのかしら?」

あかり「知る人ぞ知る名店的なあれだよぉ」

朝風「そのために立地にまで気を使うことはないでしょうに」

あかり「あそこのお姉さんはイ級ちゃんのことも知ってるから、たまに遊んでもらってるみたい」

朝風「深海棲艦のこと怖がらないのね、珍しいわ」

あかり「ほっぽちゃんが外で暮らしてたときもお金あげてたみたいだから」

朝風「むしろ外で暮らしてた時代があることに驚きなんだけど……」

あかり「あっ、それじゃああかりはそろそろ行くね。また一緒に行こうね」

朝風「ええ、また行きましょう」

朝風(そうよ、そう。こういうのでいいんだわ。別にマッサージは絶対しなきゃいけないわけじゃないんだから)スルッ

朝風(そもそもマッサージなんてそんな頻繁にやることじゃ……って)スッ

朝風「何で下脱いでるの私!? 条件反射でしようとしてた!?」

朝風(違うから。今日はしなくていいから。そういう気分じゃないでしょ……そういう気分じゃないけど……)

朝風(するのが癖になってたから、しないのもなんだか気持ちが悪いような……)

あかり「朝風ちゃんごめん〜お財布忘れてなか――」

朝風「……っ!?」

あかり「パン食べたから次はパンツだよね。うん、わかるよぉ、じゃああかりはこれで」

朝風「分からないでよ! というかわからないわよ! ちょっと待ちなさい! ねぇ!」
671 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/17(日) 00:32:48.20 ID:5bI7UW4F0
今回はここまでです
次は満員電車であかりの裏人格に痴漢される神風の小ネタからです

うがいと手洗いはしっかりしないといけませんね

↓1で小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/17(日) 00:33:09.99 ID:/MEineDfo
不知火への行為が度を越していたため(他の陽炎型がプールに来なかったIF)その続きとして
前スレ>>935で不思議な飴を食べた際に通常のあかりではなくあかりの裏人格にちょっとキツめのお仕置きをされる陽炎IF(R-18)
673 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/18(月) 22:43:17.23 ID:nF4WuTwR0
どうもまだ体調安定しませんね
今日の終わりに小ネタ追加します

開始します
674 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/18(月) 22:54:59.29 ID:nF4WuTwR0
あかり「また満員電車になっちゃったねぇ」

神風「だからいやだって言ったのに」

あかり「だって朝風ちゃんがあそこのお菓子食べたいって言うから」

神風「なら朝風とくればいいでしょ」

あかり「そうしようとしたんだけど、この時間だと朝風ちゃん動かないから」

神風「あの子は本当に極端なんだから」

あかり「また何とか壁際に寄れてよかったね」

神風「私はいいけど、あかりは……」

あかり「周り皆女の人だから平気だよぉ」

神風「ならいいけど……」

あかり「心配してくれてありがとね」

神風「そりゃするわよ。だって、あかりされやすそうだし」

あかり「あかりよりももっと大人の人を狙うと思うけどなぁっと、わっ、たっ!」ガンッ

神風「ちょっ、あかり! 顔面打ったけど大丈夫? いや、というか顔面打ったってことは……」

あかり「……毎回出て来るわけじゃないわよ」

神風「出たぁぁ!?」
675 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/18(月) 23:12:18.51 ID:nF4WuTwR0
あかり「電車の中ではお静かに」スッ

神風「んん〜!」

あかり「そんなに怖がらなくていいじゃない。本当は期待してたくせに」

神風「んんっ!?」

あかり「してないって? うそ。だって、本気で嫌がってなかったでしょ満員電車」

神風「ん……はぁっ。何言ってるのよ! こんな狭苦しいの嫌に決まってるでしょ!」

あかり「狭苦しくて身動きが取れなくて。だから、何されても抵抗しない言い訳になる」カプ

神風「はぁん……ば、ばか、そんなところ噛まないで……」

あかり「揺れに合わせればこういう態勢になってもおかしくはないしね」

神風「そんなの……」

あかり「大丈夫、こんな中でもみんなスマホに夢中だもの。誰も気づかないし、気づいたって見せてあげればいいでしょ」

神風「だ、だめだって、あぁっ……」
676 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/18(月) 23:27:59.46 ID:nF4WuTwR0
あかり「だめって言われても動けないもの。どうしようもないわ」

神風「あ、あのねぇっ!」

あかり「だから、大きな声出しちゃだめだって。気づかれちゃうよ?」

神風「……っ!」

あかり「そうそう。皆お仕事で疲れてるんだから静かにね」

神風(くそぅ、いつもこうやって手玉に取られるんだから!)

あかり「ふん、ふふ〜ん」

神風「ふぅ、ふはぁぅ……」ピクピク

神風(鼻歌混じりに人のお腹くすぐらないでよね……!)

あかり「ふふ〜」

神風「ふあぁ、あぁぅ……」

神風(声出しちゃいけないのに我慢できない〜!)
677 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/18(月) 23:44:50.31 ID:nF4WuTwR0
神風「ひぃっ……!」

あかり「ほんと、いつ触ってもすぐ反応する」

神風「どこから手を入れるのよぉ……!」

あかり「ここからだよ、ここから」

神風「広げるなぁ!」

あかり「ふふっ、ちゃんと地肌に触れてあげないとね」

神風「あげないとじゃないわよ、なにしてあげてるみたいに言って、んひぅ!」

あかり「色々と素直になったんだから、満員電車の中でされるのが好きだっていうのも素直に言えばいいのに」

神風「好きじゃないから言わないの!」

あかり「なら、好きにしてあげましょう」

神風「や、やめてぇ〜!」
678 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/18(月) 23:57:02.56 ID:nF4WuTwR0
あかり「ふふん〜」

神風「んんんっ……!」

あかり「声漏れてるよ」

神風「……っ!……っ!」

あかり「ふふっ、こっちは漏れてないかな?」ヌチャ

神風「……っ!?」ビクン

あかり「まだ大丈夫だねぇ。おトイレにはちゃんと行ったもんね」

神風「……ふぅぅ」

あかり「パンツぬれちゃうのはいつものことだから許してね」

神風「んぅっ……!」ビクン

神風(いつものことだって、いつもそういうことしてるだけでしょ……!)

神風(そうやっていつもいつも……そうやって……)

あかり「……」

神風(あぁっ、く、来る――)

あかり「……」ピタッ

神風「へぇっ?」

あかり「駅、着いたからね」

神風「あっ……」

あかり「止まったのにガタガタしてたらさすがに怪しまれちゃうからこのまま」

神風「そうね……」

神風(若干興がそがれたわね……)
679 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 00:08:58.70 ID:yma+rAfK0
神風「はぁっ、はぁっ……」

あかり「また駅着いちゃったねぇ」

神風「くっ、うぅ……」

あかり「都会は駅の間隔が短いからねぇ」

神風「うぅぅ……」

神風(違う、わざと駅の間隔に間に合わないようにやってる……!)

神風(つまり、完全に覚えられてる。私がどうすれば達するのか、どうされるのがいいのか全部わかってて……)

あかり「次の駅までにイケるといいね」

神風「次の駅、行ったら……降りましょ……」

あかり「あらあら、おトイレはもう行ったのに」

神風「貴女のせいで全身的に行く理由が出来たのよ……」

神風(やっぱりもう、私はあかりなしじゃ生きられないんだなぁ……)
680 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 00:10:48.92 ID:yma+rAfK0
今回はここまでです
次は秋月型が着任して堕落してる秋月に物申す小ネタからです

さすがに満員電車でもここまで露骨にやってたらバレるのでやめましょう
というかやれるほどスペースないですけど

↓1で小ネタ追加します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/19(火) 00:11:32.84 ID:PBri5h3ao
早速ですが>>679の続きをお願いします
682 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 22:43:51.35 ID:yma+rAfK0
開始します
683 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 23:00:36.72 ID:yma+rAfK0
あかり「たくさん仲間が増えて嬉しいよぉ」

照月「着任しただけで喜んでもらえて嬉しいです。秋月姉さん同様、どうぞよろしくお願いします」

長10cm砲ちゃん(照月)「きゅ!」ビッ

初月「あぁ、僕もよろしく頼む」

長10cm砲ちゃん(初月)「きゅ……」

涼月「私も、よろしくお願いします!」

長10cm砲ちゃん「きゅ〜う!」

あかり「長10cm砲ちゃんもいっぱいだよぉ。みんな可愛いね〜」ナデナデ

初月「あまり長10cmを甘やかしすぎないでほしい」

あかり「ええ〜可愛いのに。ねぇ?」

長10cm砲ちゃん(初月)「きゅ〜……」

あかり「この子はクール系だね」
684 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 23:05:33.35 ID:yma+rAfK0
照月「ところで、これからは何をすれば……」

あかり「ちょっと待ってて。もうそろそろ秋月ちゃん辺りが来ると思うんだけど……」

長10cm砲ちゃん(照月)「きゅ〜きゅ〜」

涼月「来ませんね。秋月姉さん、どうしたんでしょう?」

長10cm砲ちゃん(涼月)「きゅ〜う!」ピョンピョン

涼月「あぁ、あまり暴れないで」

あかり「こっちから行こうって言ってるんだね。そうだね、たまにはこっちから行ってみるよぉ」

照月「姉さんを呼んでいたのではないんですか?」

あかり「ううん。いつもなんだか知らないけど関係ある艦娘さんが通りかかって、そのまま鎮守府案内はじめてくれるから」

初月「なんだその適当さは……」

長10cm砲ちゃん(初月)「きゅ……」

あかり「とりあえず秋月ちゃんの部屋へ行くよぉ」
685 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 23:18:17.94 ID:yma+rAfK0
あかり「長10cm砲ちゃ〜んっ!?」ガクッ

長10cm砲ちゃん(初月)「きゅう……」

初月「大丈夫か? 艦娘の艤装を人間が持てるわけないだろう」

あかり「そうだったよぉ。長10cm砲ちゃん達凄い重かったんだ……」

長10cm砲ちゃん(涼月)「きゅきゅ〜?」ナデナデ

あかり「あ、ありがと」

涼月「あまり無理をしないでくださいね」

照月「秋月姉さんの部屋はここですか。姉さん、入りますよ」

秋月「おりゃっ! おりゃっ!」カチャカチャ

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅ〜! きゅ〜!」

秋月「あ〜、空の王者が王者()的行動取らないとストレスなくていいわ〜」ポリポリ

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅきゅ〜」

秋月「ほら、これでトドメ! やった〜! これ最速討伐もあるでしょ! ん〜」チュー

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅきゅ〜!」

秋月「はいはい次はこっちの番。ちゃんと順番決めたでしょ? まだまだ体験版の時間残ってるから焦らないの」

照月達「……」

秋月「あら?」
686 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 23:40:33.54 ID:yma+rAfK0
秋月「照月! 初月! 涼月! どうしたの? ここに着任になったの?」

初月「そうだけど、姉さんは何やってるの……?」

秋月「なにって、モ〇ハン」

涼月「モン……?」

秋月「やっとPSに帰って来たのよ! やっぱりね、あっちは発想は凄いし万人受けするけどスペックが足りないのよね!」

秋月「このリアル感を再現するにはやっぱりPSなのよ! 真のモンハンはPSじゃないとダメなのよ!」

長10cm砲ちゃん(涼月)「きゅきゅ〜!」

涼月「よくわからないのに同意しないの!」

あかり「秋月ちゃん、昨日からずっと部屋籠ってゲームしてたの?」

秋月「ベータテストって形式の体験版なので時間が決まってるんですよ。一瞬たりとも無駄にできません!」

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅ〜!」

秋月「え〜! そんなテクニックが!? ちょっと今のどうやったの!?」

照月「……姉妹会議です」

あかり「えっ?」

照月「姉妹会議を開会します! すいません、少し席を外してくださいね」

あかり「あぁ、うん」
687 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/19(火) 23:55:11.58 ID:yma+rAfK0
照月「秋月姉さん、そこに正座」

秋月「は? 今忙しいの後にして」

涼月「正座です」

初月「……」ジロ

秋月「うっ、何なのよもう〜」スッ

照月「長10cm砲ちゃん達はあっち見てていいよ」

長10cm砲ちゃん(照月)「きゅっ!」

長10cm砲ちゃん(涼月)「きゅ〜」ピュー

長10cm砲ちゃん(初月)「きゅう……」

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅきゅ!?」

初月「さてと。姉さん、これは何だい?」

秋月「なにって、ポテチでしょ。おいしいのよ九州しょうゆ」

初月「ポテチでしょじゃなくてさ、何でこんなの食べてるの?」

秋月「おいしいから」

初月「高いだろ! こんなのおやつ感覚で食べてたら、すぐに自己破産だよ!」

秋月「感覚じゃなくておやつだしそれ」
688 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 00:12:47.82 ID:e45Vya5n0
涼月「芋ではなくかぼちゃを食べてください。かぼちゃはいいですよ」

秋月「何で芋はダメでかぼちゃはいいのよ」

涼月「ポテチは油を使いすぎなんです。油は貴重なんですよ。枯渇するんですよ」

秋月「それもう半世紀くらい言ってる」

照月「ジュースだって! こんな砂糖いっぱいの物飲んでたら骨が溶けますよ!」

秋月「それ迷信だから、ってあんた達何で戦中じゃなくて戦後の昭和っぽい思想になってるのよ!?」

涼月「だめです。ジュースは骨も歯もボロボロになります。かぼちゃの煮汁を飲んでください」

秋月「涼月はかぼちゃから離れなさい!」

涼月「私からかぼちゃを取ろうなんて! いくら姉さんでも許せません! 煮っころがしますよ!」

秋月「ぶっ転がすみたいに言うな!」

長10cm砲ちゃん(照月)「きゅ?」

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅ〜きゅきゅ」カチャカチャ

長10cm砲ちゃん(照月)「きゅ〜!」ピョン
689 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 00:21:40.81 ID:e45Vya5n0
秋月「あのねあなた達、ちょっと落ち着きなさい。今が何年の何月か思い出しなさい」

照月「……っ」

初月「……」

涼月「……」

秋月「ここはもう、末期でも戦後でもないの。油はお菓子に使えるし、ジュースも作れる時代なのよ」

初月「で、でも、アフリカには恵まれない子がいっぱいいるってテレビで見たぞ!」

秋月「だから? 私達がここで貧乏生活したら、恵まれない子達は裕福になれるの?」

初月「それは……」

秋月「私達は裕福に暮らせるところにいるのに、わざと苦しい生活を送ろうとするなんて、それこそ恵まれない子への侮辱だわ」

涼月「かぼちゃだっておいしいですよ……」

秋月「いやそれは食べるけどね。食べるけど、別にそれ以外食べちゃだめってことないでしょうに」
690 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 00:32:06.00 ID:e45Vya5n0
秋月「私も最初はそうだったよ。昔の感覚に引きずられてあんまり食べようとしてなかった」

秋月「でもあかりに無理やりでも食べさせられて、師匠とゲームに出会って、段々と今に慣れて来た」

秋月「過去に囚われて未来まで殺しちゃだめよ。私達がいる今は、どんな結末であれ、私達が頑張りぬいた果てにあるものだから」

照月「姉さん……」

初月「姉さん、僕は……」

涼月「ごめんなさい、姉さん……」

秋月「いいのよ。私もずっと迷い続けてて、ふっ切れるのには時間がかかったことなんだから。あなた達が困惑するのもわかる」

秋月「でもいいものよ、お菓子もジュースもゲームもね。ほら、こっちに初心者向けにうすしおがあるわ」

涼月「かぼちゃ味はないんですか?」

秋月「ありそうだけどここにはないわよ。ていうか芋だからね?」

照月「ほ、本当に骨溶けませんか? 大丈夫ですか?」

秋月「溶けないってば。ていうか照月も艦娘でしょうが。あっ、初月その本取って」

初月「こ、これか? 何なんだこの本は?」

秋月「これはTRPGのルールブック。TVは長10cm砲ちゃん達が使っちゃってるからね。ゲームの面白さは電子に頼らないってことを教えてあげるわ」
691 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 00:44:35.84 ID:e45Vya5n0
瑞鶴「あの子達が来たなら挨拶しとかなきゃね」

あかり「瑞鶴さんは皆と面識があるんですね」

瑞鶴「まあね。あの子達には色々世話になったのよ」

あかり「早々に姉妹会議はじめちゃったので、入っちゃっていいものかって感じですけど」

瑞鶴「まあ、今の秋月見たらびっくりするでしょうよ。最初の頃の秋月のこと覚えてない?」

あかり「あぁ、秋月ちゃん最初はお腹減らないんだ〜とか言って、全然ご飯食べてませんでしたよね」

瑞鶴「嘘だったわけじゃないけど、それが普通だったのよ。で、他の子もそうやって質素に、倹約して生活しようって気質なら」

あかり「もしかして喧嘩しちゃってますか!?」

瑞鶴「会って早々それはないと思いたいけどね」

あかり「確かめますよぉ!」ガチャ

瑞鶴「妹ちゃんはこういうとき行動派だよねぇ」
692 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 01:09:08.60 ID:e45Vya5n0
秋月「照月達の元に現れた秋月の様子はどこかおかしい。不気味な薄気味笑いを浮かべている」

初月「えっと、識別をかけてみる」

秋月「じゃあ識別値+1d6で10以上で看破ね」

初月「1d6……3だからギリギリ」

秋月「いや3はファンブルだから失敗ね」

初月「ええっ!?」

照月「初月またファンブルなの?」

涼月「お初さん……」

初月「しょ、しょうがないじゃないか! 初めてなんだから!」

照月「サイコロの出目に初めても何もないわよ」

涼月「私だってまだファンブル0ですし」

初月「うぅ、何で僕だけ……」

長10cm砲ちゃん(初月)「きゅ……」スッ

初月「ありがとう長10cm……」チュー

秋月「秋月の異変に気付かなかった照月達は、彼女を連れて先を進む。さり気なく最後尾に付けた秋月は不意を突いて照月達へ襲い掛かる」

照月「敏捷のロールですね!」

初月「次こそ避ける!」

涼月「あっ、私お菓子食べてて気づきませんでした」

照月「ちょっ、涼月!?」

長10cm砲ちゃん(涼月)「きゅう、きゅ〜?」カチャカチャ

長10cm砲ちゃん(秋月)「きゅ〜きゅ〜!」スッ

長10cm砲ちゃん(照月)「きゅうきゅう」コクコク

あかり「あれ?」

瑞鶴「ふぅん、なるほどね。秋月ももう妹達を説き伏せられるくらいにはなったってことか」

秋月「あっ、あかりと瑞鶴さんも! このセッション終わったら一緒にどうですか?」

初月「何でまたファンブルなんだ〜!」

照月「ギリギリ避けられた〜」

あかり「よくわからないけど、姉妹楽しそうにしてるならいっか」
693 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 01:11:36.26 ID:e45Vya5n0
今回はここまでです
次は>>486のIFでイムヤと二人プレイする小ネタです

TRPGも一時期に比べて落ち着きましたが色々と活発になっていいですね
好きだったやつはもう落ち目になってしまったのが悲しいところですけど
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/20(水) 01:13:43.16 ID:GxHfaqToO

涼月のかぼちゃ推しにワロタ
695 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 22:43:48.09 ID:e45Vya5n0
開始します
696 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 22:51:45.57 ID:e45Vya5n0
あかり「ここは……前いた宿屋だね」

伊168「みたいね」

あかり「今日はどうするの?」

伊168「まずは酒場に行って仲間を探す……と思ったけど」

あかり「思ったけど?」

伊168「あかりと2人でプレイするわ」

あかり「2人でやれるかなぁ?」

伊168「むしろ2人の方がいいわよ」

あかり「そういうもの?」

伊168「いやそうでしょうよ普通」

あかり「そっか、経験値分配的なあれ? じゃあフィールドまで行こう――」

伊168「レッツプレイよ!」ガバッ

あかり「ええっ!?」
697 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 23:05:55.17 ID:e45Vya5n0
あかり「ゲームをプレイするんじゃないの!?」

伊168「乳繰り合いをプレイするのよ」

あかり「それはプレイだけどプレイしてない〜!」

伊168「いいじゃない。このあかりはゲームじゃなきゃ味わえないんだから」ムニムニ

あかり「もぉ〜すぐ現実でも大きくなるよぉ」

伊168「それはそれで悲しむ人出ちゃうからね」

あかり「やっぱりおっぱい大きい方がいいの?」

伊168「いい悪いの話じゃないけど、触ってて楽しいのは大きい方でしょ。小っちゃいのは触れるのおっぱいじゃなくて乳首だし」

あかり「おっきい人だって触られたがるよぉ」

伊168「そりゃそこも触るけど、こうやって揉んで、形変えて、揺らして、顔うずめたり、腕挟んだりして、色々できるでしょ」

あかり「まあ、現実のあかりじゃできないこといっぱいできるけど」

伊168「それをプレイするのよ。ゲームをプレイしてるようなもん」

あかり「理屈はそうかもね」
698 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 23:18:39.20 ID:e45Vya5n0
伊168「エッチな水着も今なら似合うわね」

あかり「そういう装備は持ってないよぉ」

伊168「あの子なら勝手に装備欄に紛れ込ませてそうだけど」

あかり「そんなことするか……してた」

伊168「ほらぁ、初期装備チェックは基本よ基本」

あかり「ビキニ、アーマーじゃなくて普通の黒ビキニだって」

伊168「着て着て!」

あかり「はいはい。装備はこうして、こう」

伊168「うは〜」

あかり「着替える手間が省けるのはいいよね。どう?」

伊168「似合ってるわ、すごく!」

あかり「これお姉ちゃんの水着にそっくりだよぉ」
699 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/20(水) 23:37:14.94 ID:e45Vya5n0
伊168「ポーズとってよポーズ」

あかり「ポーズってどんなの?」

伊168「エッチなポーズ!」

あかり「お題がアバウトだよぉ」

伊168「じゃあほらあれ、腕を頭の後ろで組んで〜胸張るのやって」

あかり「グラビアとかでたまに見るやつね。いいよぉ」グイッ

伊168「おお〜!」

あかり「今のあかりも大きいけど、愛宕さんとか千代田さんとかもっと大きい人いるでしょ」

伊168「あかりがやってるっていうのがいいんでしょ!」

あかり「ん、まあ、そう思ってくれるならいいけど」

伊168「紐肩から外して、ちょっとはだけてみてよ」

あかり「はだける……」

伊168「はわわ〜!」

あかり(ちょっとこれ楽しいかも)

伊168「じゃあさ、じゃあさ……ええい、もう脱げ〜!」

あかり「身もふたもないよぉ!」
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:05:09.74 ID:Eq4mRr5HO
あれ?もう一人のあかりは?
妖精が匂わせてるようにあかり二人とプレイってのはあかりの裏人格含めて3Pって意味だったのだが…
701 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 00:07:37.07 ID:WZBfEu5w0
あかり「んんっ、うぅ……そんなに吸っても何も出ないよぉ」

伊168「んちゅ……あかりの口から声が出てるじゃない。それが聞きたいの」チュー

あかり「んむぅ……わざと音立ててる」

伊168「声だって音でしょ。大切なのよ、音っていうのは」チュ

あかり「ああっ……!」

伊168「んふふっ、いい音……おっぱいだけじゃなくて、全体的に肉付きよくなったから、抱きしめると気持ちいいわ」

あかり「んぁ、イムヤちゃん……」

伊168「そろそろこっちしちゃおうかな〜」

あかり「……」

伊168「どうしよっかな〜」

あかり「しちゃってください〜!」

伊168「はいはいお姫様。このスナイパーにお任せを」
702 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 00:11:33.94 ID:WZBfEu5w0
今回はここまでです
次は前スレ>>984の続きからです

>>700
そういう意味だったんですね普通に2人でプレイするってことだと思って書いてましたすいません
裏人格はこの次の次と次の次の次にも出て来るので今回はそちらでご容赦ください
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/21(木) 00:16:55.84 ID:Eq4mRr5HO

了解
また機会があったら小ネタで狙わせてもらいますね
704 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 22:44:28.63 ID:WZBfEu5w0
開始します
705 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 22:57:47.19 ID:WZBfEu5w0
不知火「ふんっ……あめでも食べてるわけじゃないんですから」

陽炎「あめなんか食べなくたって気持ちよくなれるわよ」

不知火「あかりんには及びもつかないテクニックです」

陽炎「あかりと一緒にしないでよ。経験値が違いすぎるわ」

不知火「やはり体でもあかりんの優位は変わりません」

陽炎「だからあかりへの気持ちを変えるつもりはないって言ってるのに」

不知火「好きにすればいいです。どうにもなりませんから」

陽炎「好きにしちゃうからね」クチュクチュ

不知火「ん、んんっ……」

陽炎「ふふっ、口ではどうとでも言えるけど、こっちの口は正直だぜぇ〜」

不知火「なんですか、その台詞は……」

陽炎「こういうときはこう言うものなのよ」

不知火「下卑てますね……」
706 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 23:21:17.86 ID:WZBfEu5w0
陽炎「……」

不知火「……ぅ」ピクン

陽炎「……」

不知火「……なぜ急に黙るんです」

陽炎「いや話しても不知火聞いてくれないから」

不知火「だからって無言ですか。そういう相手のことを考えない態度が、拒絶される原因だとわからないんですか」

陽炎「やっぱりお姉ちゃんに優しくしてもらいたい?」

不知火「……無言で弄られるよりは」

陽炎「だよね〜? お姉ちゃんに実況されたいよね〜?」

不知火「やっぱりいいです。黙っててください」

陽炎「ヤダ黙らない。ほらほら〜ここはもうこんなになってるぞ〜」

不知火「くぅっ、あぁっ……!」
707 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 23:36:17.51 ID:WZBfEu5w0
陽炎「不知火はさぁ、やっぱり表情あんまり見せないじゃない?」

不知火「んぅっ……!」

陽炎「だからさぁ、その鉄面皮を壊したくなるわけよ」

不知火「んんっ……!」

陽炎「こういう顔だけにしかさせられないのは残念だけど」

不知火「ならやめればいいじゃないですか……」

陽炎「だって壊したいんだもん」

不知火「あいにく、その程度では、はぁっ、壊れませんから」

陽炎「1人でやるもんねこれくらい」

不知火「……そういうところまで見ているから離れたいんですよ!」

陽炎「あっ、しまった」
708 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 23:55:03.41 ID:WZBfEu5w0
陽炎「そ、そうだ。お姉ちゃんのこれは、あかりにやってるのと同じなのよ」

不知火「はぁ?」

陽炎「あかりにも同じことやって、わりと好評なのよ。わかる?」

不知火「自慢ですか?」

陽炎「違うわよ! 私からあかりを感じなさいってことよ」

不知火「感じられませんよ。全然タイプが違います」

陽炎「そうじゃなくてね。あかりの悦ぶやり方とか、結構知ってるからさ」

不知火「……っ!」

陽炎「私から学び取りなさいってことよ」

不知火「初めからそう言っていれば、もっと素直に受けていたものを」

陽炎「だって、ちょっと負けたみたいで悔しいし」

不知火「みたいではなく負けたんですよ、あかりに」

陽炎「ちぇ〜! こうなったらとことんやってやるから覚悟しなさいよ!」

不知火(癪ですが、経験豊富なあかりに追いつくにはこうでもしなくてはいけませんからね)
709 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/21(木) 23:58:26.18 ID:WZBfEu5w0
あかり「ふんふ〜ん」

陽炎「……はぁ」

あかり「あれ? 陽炎ちゃんため息ついてどうしたの?」

陽炎「不知火が色々激しくてさ」

あかり「ぬいちゃんと最近仲いいよね。仲直りしたみたいでよかったよぉ」

陽炎「仲直りしたっていうのとは違うんだよね。微妙に喜べないし」

あかり「え〜何でぇ?」

不知火「姉さん。今日も学びますよ」

陽炎「きょ、今日は学びじゃなくて純粋にお姉ちゃんとだね」

不知火「学ぶ以外で興味はありませんので」

陽炎「あかりを感じろって言ったのは私だけどさ〜! ちょっとは興味持ってよ〜!」

あかり「あかりを感じる?」

不知火「何でもありませんよ。あかりんに不用意なこと言わないでもらえますか」

陽炎「うぇ〜い……なんか思ってたのと違うし〜」
710 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/22(金) 00:00:12.61 ID:lfCRiet60
今回はここまでです
次はこういうことをしていたので、陽炎にあめをあげたときにあかりの裏人格が出てきてより激しいお仕置きを受けるという小ネタです

とりあえずオチを付けましたがもうこれ以上続きは思いつかないのでこの辺りで勘弁してください
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 01:20:15.12 ID:YYSuEKsKo
乙です、よくネタが続くなぁと思ってました
712 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/22(金) 20:49:53.74 ID:lfCRiet60
今日はちょっと明日に備えて早めに寝ないといけないので↓1で小ネタ追加します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです

中々本編に復帰できなくてすいません
この時期はイベントも私事もたくさんあって忙しいですね
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/22(金) 20:57:02.51 ID:SPiYAGP9O
>>701の続きであかりの裏人格が乱入
714 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/23(土) 22:44:48.04 ID:vT0WJnAd0
開始します
715 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/23(土) 22:57:49.99 ID:vT0WJnAd0
陽炎「うぐぅ……」

あかり「辛いのはお仕置きだから我慢してね」

陽炎「ああぐっ……! 熱い……」

あかり「あかりの方しか向けなくするよぉ」

陽炎「ぐぅっ……! 私は妹を忘れるわけには……!」

あかり「そういうわけにもいかないよぉ、ああっ!?」ガンッ

陽炎「あっ、あかり……急に転んでどうしたの?」

あかり「……」

陽炎「あっ、あかりっ……大丈夫? これ、自力で処理するの無理……」

あかり「大丈夫よぉ、ちゃんとあかりがしてあげるから」

陽炎「ええっ?」

陽炎(雰囲気が変わった?)
716 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/23(土) 23:14:19.42 ID:vT0WJnAd0
あかり「今日はお仕置きだから、激しく行くわ」

陽炎「まっ、まっ……あぁっ!」

あかり「待ったなし〜」

陽炎「ああっ、ん、あぁぁうっ……!?」

陽炎(あめの効力が高すぎるのもあるけど、この怒涛の如く責め立てるようなやり方……いつものあかりじゃない!)

陽炎(噂の頭打ったときに出て来る別人格……!?)

あかり「まずは一回軽くいっときましょう」

陽炎「んいっ……!? い、あぁぁっ……!」

陽炎(うそっ、もうっ……!?)

あかり「ふふふっ、すごい乱れっぷりね」

陽炎「あぁ〜……」
717 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/23(土) 23:30:57.57 ID:vT0WJnAd0
あかり「まあまだまだ行くけどね」

陽炎「えっ、ま、まだっ?」

あかり「だってまだあめの副作用収まってないでしょ?」

陽炎「ない、けど……」

あかり「だったら続けないとね〜」

陽炎「あっ、がぁっ……!」ビクン

あかり「んっ、いい反応」

陽炎「ひぁっ、あぁっ……」クネクネ

あかり「そんなにくねくねしてたらやりづらいでしょ〜」

陽炎「あぁっ、ああっ……今日はなんだか、おま……たを重点的にしてるわね」

あかり「そうだね。あかりはどっちかというとおっぱい触ってる方が好きみたいだけど、こっちの方が気持ちいいでしょ?」

陽炎「人によ、あぁっ……!」

あかり「陽炎ちゃんは気持ちいい側みたいだね」
718 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/23(土) 23:42:06.10 ID:vT0WJnAd0
あかり「ここに口を付けるなんてやったのは、陽炎ちゃん相手がはじめてだったかしら」

陽炎「そう、なんだ……?」

あかり「場の雰囲気に飲まれて、やったことのない過激なことをして恥ずかしがっちゃうのよぉ」

陽炎「あかりらしい……」

あかり「お陰様で色々経験したから、もうそういうこともなくなって来たけどね」

陽炎「へぇ……」

あかり「ふふん、今ではこうして軽々とこっちにキスできるもんね」チュ

陽炎「ふあぁっ……!?」ビクン

あかり「舌ってとっても敏感なんだって。敏感な舌で陽炎ちゃんの快感を感じ取るね」

陽炎「やっ、あぁっ、ああああっ……!」

陽炎(またっ、いっ……)
719 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/23(土) 23:56:50.79 ID:vT0WJnAd0
陽炎「ひぃあぁ……」

あかり「まだ収まってない」

陽炎「も、もぅ、おさまっ、んっ……!」

あかり「ほら、まだだった」

陽炎「これ、はっ、あかりにされたのの余韻で……」

あかり「余韻でもまだ残ってるってことでしょう? なら、解消してあげないと」

陽炎「さらに募るだけなんですけど!?」

あかり「それが目的だもの、募るに決まってるでしょ」

陽炎「か、勘弁、して……もう、何回もいって、変に……」

あかり「なっちゃえばいいのよぉ。というかしようとしてるんだし」

陽炎「あ、あぁっ……」

あかり「何度も達して、あかりじゃないといけなくしてあげるから」
720 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 00:11:01.87 ID:1WVGoUk/0
後日

あかり「陽炎ちゃん!」ピトッ

陽炎「はぐぁっ!?」ピクン

あかり「そんなに驚かなくてもいいでしょうに」

陽炎「い、いや、驚いたわけじゃなくてね……」

あかり「ぬいちゃん達とのお触りは控えてる?」

陽炎「ええ。嫌われるのは望むところではないもの」

あかり「よしよし、それでいいよぉ」ナデナデ

陽炎「ふひゃっ、ああんっ……!」

あかり「えっ、なに? くすぐったかった?」

陽炎「ちょ、ちょっとね……」

陽炎(あかりにあれされてから、あかりに触られる=快感って体が反応しちゃうわよ〜!)

神風(私の仲間が増えた気がする)
721 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 00:13:26.89 ID:1WVGoUk/0
今回はここまでです
次は>>679の続きからです

裏人格の性格が安定しませんが出て来るときのあかりの溜め込み具合によって変わってるということにしておいてください
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/24(日) 09:31:10.26 ID:ydprLj/xo
乙です
723 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 22:47:38.99 ID:1WVGoUk/0
開始します
724 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 22:59:14.23 ID:1WVGoUk/0
神風「はぁっ、はぁっ……」

あかり「ん〜そんなに満員電車キツかった?」

神風「白々しい……」

あかり「ふふっ、おトイレだからもう大丈夫だよ」

神風「駅のトイレだし……本当は大丈夫じゃ、ない……」

あかり「お掃除したばかりのおトイレは綺麗なんだよ?」

神風「そういうことじゃないわよ!」

あかり「くすっ、わかってるわかってる」

神風「くぅ、おちょくって〜!」

あかり「はいはい。それで、何でまだ服を着ているのかな?」

神風「へぇっ?」

あかり「服着たまましてほしいならいいけど、ここから帰るまでが大変だからね」

神風「脱がせないの……?」

あかり「脱がせるのも好きだけど、こんなところで自分から脱がせる方がいいじゃない?」

神風「いい性格してるわ本当に!」
725 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 23:18:04.03 ID:1WVGoUk/0
あかり「どういう気分なのかな?」

神風「なにが?」

あかり「皆が使う駅のトイレで服を脱ぐの」

神風「……はずかしいけど、仕方ないでしょ」

あかり「どう仕方ないのかな?」

神風「そういう気分になったんだから」

あかり「エッチを我慢できなくなったんだねぇ」

神風「それはっ……!」

あかり「あかりのせいってもう言わないんじゃなかった?」

神風「ぐっ……いや、今みたいなときは言うわよ」

あかり「そっか、じゃあこれもあかりのせいだからはずかしがることないよぉ」

神風「どうであれ、はずかしいことには変わりはないわ……」

あかり「ならはずかしい姿を見せてもらおうかな」

神風「ぐぅ〜いつか覚えてなさいよ!」
726 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 23:32:44.62 ID:1WVGoUk/0
あかり「そこ座ってね」

神風「……」

あかり「ちゃんと足広げて」

神風「〜〜〜っ」

あかり「真っ赤になっちゃって可愛いんだ〜」

神風「何が可愛いのよ……」

あかり「よく見えるよ。散々焦らされて早くしてって震えてるのが」

神風「そういうのいいから……!」

あかり「せっかちだなぁ神風ちゃんは。こういうふうに盛り上げるのが大切なんでしょ」

神風「駅のトイレだからね! 盛り上げ過ぎないでくれる!?」

あかり「はいは〜い。じゃあ、まずは一回だね」クチュ

神風「っぁ、あああっ……!」
727 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/24(日) 23:43:54.51 ID:1WVGoUk/0
神風「はぁ〜はぁ〜……」

あかり「これで満足……はしないよね」

神風「何で、よ……」

あかり「神風ちゃんだもん」

神風「私だってたまには1回で収めるときもあるわよ……」

あかり「今日は違うでしょ?」

神風「……」

あかり「神風ちゃんをそうしたのは誰だと思ってるのかな?」

神風「貴女相手だと支配されてる感が強いのよ……」

あかり「好きなんでしょそういうの?」

神風「嫌いではないけど……」

あかり「どっちのあかりもあかりなんだから、気にせず支配されちゃって……」ペロッ

神風「はぁぁう……!」
728 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 00:00:59.04 ID:Rg8hCzB00
あかり「神風ちゃん」

神風「へぇぁ、あぁ……」

あかり「誰か入って来たよ」

神風「……っ!」

あかり「あんまり人が下りることのない駅選んだんだけど、さすがに誰も来ないことはなかったね」

神風「……」

あかり「そう、そうやって声を抑えてて」スッ

神風「……っ!?」

神風(そう来るだろうとは思ってたけど……!)

あかり「ふふっ……さすがに覗かれたりはしないはずだよたぶん」スリスリ

神風「……っ! っ!」

神風(声、やばっ……!)

あかり「……」クリクリ

神風「……っぅぅ!」ジャー

あかり「っ! そう、それがあったね」

神風「っはぁっ、んんっ……」

あかり「出て行ったみたいかな?」

神風「貴女は……!」

あかり「ふふふっ、ごめんね。ちょっと興が乗っちゃって。大丈夫、もうしないよぉ。神風ちゃんのエッチな声はあかりのものだからね」

神風「……っ」
729 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 00:15:38.83 ID:Rg8hCzB00
あかり「う〜頭がくらくらするよぉ」

神風「無理に満員電車なんかに乗るからよ」

あかり「頭打つと記憶なくなっちゃうよね」

神風「それはたぶんあかりだけよ」

あかり「ええ〜そうかなぁ?」

神風「そうよ。普通の人は頭打って気絶したらトイレじゃなくて、医務室か病院で目を覚ますものよ」

あかり「それは神風ちゃんが連れて来ただけでしょ」

神風「本当はあかりが連れて来させたんだけど」

あかり「えっ?」

神風「何でもないわ! ほら、帰りましょう。朝風が待ってる」

あかり「そうだね、お菓子あげないと。ん? 神風ちゃんなんか歩き方変じゃない?」

神風「ええっ!? そ、それは、あれよ、満員電車で足をちょっと捻っちゃったから……」

あかり「それは大変だよぉ!」

神風「お風呂入れば治るから、そんなにひどくないし、大丈夫!」

あかり「本当に? キツかったら言ってね」

神風「ええ、心配してくれてありがとう」

神風(あかりにはヘルメットでも被ってもらうようにした方がいいかもしれないわね)
730 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 00:16:45.93 ID:Rg8hCzB00
今回はここまでです
次は>>701の続きで裏人格が出て来るところからです

裏人格も大概オリキャラですがもうあかりという名のオリキャラみたいになってますので関係ないですね
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/25(月) 00:31:59.65 ID:JNraNh8M0
乙です!!あとメリークリスマス!
732 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 22:45:28.33 ID:Rg8hCzB00
>>731
メリークリスマスです
クリスマス短編とか書く暇がありませんでしたすいません

開始します
733 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 22:58:31.08 ID:Rg8hCzB00
あかり「ん……?」

伊168「どうしたのあかり?」

あかり「これ」

伊168「そのガシャ……危ないからしまっといて」

あかり「しまうってどうやって?」

伊168「持ち物欄からしまえるでしょたぶん」

あかり「そう言えばゲームだったよぉ。えっと、持ち物を」

伊168「間違って使わないでよ?」

あかり「大丈夫だいじょ、あっ」キュイン マイティシスターズXX!

伊168「ちょっと、フラグ回収早すぎ!」

あかり「ごめ〜ん! あわわっ、分裂しちゃう!」アカリガキミデキミガアカリデ(ウィーアー)マイティマイティシスターズ(ヘーイ)ダブルエーックス!

あかり(裏)「……心が躍るわね、あかり」

あかり(表)「ええっと、貴女もあかりでしょ?」

あかり(裏)「そう。私はあかりで、あかりは私よ」

伊168「なにがなにやら……」
734 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 23:10:50.50 ID:Rg8hCzB00
あかり(裏)「ゲームの中でならあかりに会えるわね」

あかり(表)「貴女はやっぱり、あかりの中にいるんだね」

あかり(裏)「そう。直接話すことはできないけど。というかあかりの本音が具現化したようなものだし」

あかり(表)「あかりの本音?」

あかり(裏)「そう。あかりも人の子だから、色々思うところがあるってことよ」

あかり(表)「なるほど〜」

伊168「あの〜自分同士で勝手に納得しないでもらいたいんだけど」

あかり(裏)「そうだった。本当は自分同士でっていうのもいいかなって思ってたけど、今はイムヤちゃんがいるものね」

あかり(表)「自分同士はさすがにしないよぉ」

あかり(裏)「それなら、超強力プレイでイムヤちゃんをクリアしましょう」

あかり(表)「イムヤちゃんの運命はあかりが変えるよぉ!」

伊168「なんでいきなり運命の話出てきた!?」
735 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 23:25:58.00 ID:Rg8hCzB00
あかり(裏)「いつものあかり達なら、2人に増えてもそんなに変わらないけど」

あかり(表)「今のあかり達にはおっきなものが付いてるからね!」

伊168「いやぁ、いつものでも増えたら喜ぶ人多いと思うけど」

あかり(表)「あかりはそっちからお願い!」

あかり(裏)「任されたわぁ」

伊168「ど、どうするつもり?」

あかり(表)「こうするんだよぉ」ムニッ

あかり(裏)「大きい胸にはこういう使い方もあるのよぉ」ムニッ

伊168「むぐあぁっ……!」

あかり(表)「どう?気持ちいい?」

伊168「きもちいいけど、苦しい……」

あかり(裏)「気持ちよさと苦しさは表裏一体なのよね」

伊168「そういうのじゃなくて……」
736 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 23:41:14.20 ID:Rg8hCzB00
あかり(表)「そういえば、あかりがしてもらうところだったんだよぉ」

あかり(裏)「そうだったわねぇ。なら続けてもらいましょうか」

伊168「待ってよ! 2人いっぺんになんかできないわよ!」

あかり(表)「できなくはないよね」

あかり(裏)「ええ、できなくはないわよぉ」

伊168「永……じゃなくて、表の方もそういうこと言う!?」

あかり(表)「でもできないって言うなら仕方ないね」

あかり(裏)「やっぱり超協力プレイしかないわね」

伊168「な、なにするのよぉ」

あかり(表)「あかり達の胸に挟まれて苦しいなら」

あかり(裏)「イムヤちゃんの胸を弄ってあげようと思って」

伊168「ふひゃっ!」
737 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/25(月) 23:50:57.57 ID:Rg8hCzB00
あかり(表)「イムヤちゃん口開けて」

伊168「ふぇっ?」

あかり(表)「挟まれるのが苦しいなら吸わせてあげるよぉ」

伊168「……っ!?」

あかり(表)「んっ……ふふっ、びっくりしててもちゃんと吸うんだね」

あかり(裏)「吸った分はこっちから回収するけどねぇ」チュウ

伊168「んっ!? んん、んっ……!?」ピクン

あかり(表)「んあぅ……舌がちょうど気持ちいい感じに」

あかり(裏)「くすっ、おっぱい吸いながら吸われてる感覚はどう?」レロレロ

伊168「……っ、……!」ビクッビクッ

あかり(表)「すごい顔してるねぇ」ナデナデ
738 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 00:01:17.50 ID:3+Pe3tCR0
あかり(裏)「あかり、交代」

あかり(表)「ん〜?」

あかり(裏)「そっちの胸がさっきから寂しそうだからね」

あかり(表)「そっか。じゃあ、そっちはよろしくねあかり」

伊168「はぁ……」

あかり(裏)「はい、あ〜んして」

伊168「あぁぁ……」

あかり(裏)「おっぱいでちゅよ〜」

伊168「んむっ……!」

あかり(表)「あんっ……出てないよぉ」

あかり(裏)「あかりも出ないし。でも、ゲームだから設定弄ったら出るようになるかも」

伊168(イムヤは今何をされてるのかしら……わからないけど、すごく気持ちいい……)
739 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 00:25:11.84 ID:3+Pe3tCR0
あかり(裏)「そろそろキメ技、行くよぉ」

あかり(表)「うん!」

伊168「な、なんっ……」

あかり(表)「ここを、こうして」

あかり(裏)「こうするとっ!」

伊168「んぁ、あああっ……!」

あかり(裏)「これでクリアね」

あかり(表)「いいコンビネーションだったよぉ」

伊168「はぁ、はぁ……なんで、貴女までイムヤの、弱いとこ知って……」

あかり(裏)「だから言ってるでしょ。私はあかり、あかりは私だって」

伊168「はぁっ、はぁっ……」

あかり(裏)「そろそろ時間切れみたいだから、戻るね」

あかり(表)「あかり……」

あかり(裏)「いつでもあかりはあかりの中にいるからね」シューン

伊168「消えた……」

あかり(表)「あれがあかりの中のあかりかぁ」

伊168「とんでもないものを飼ってるわね……あっ、そうだあかりとするとレベル上がるんだったわね」

あかり「そんな設定があったよぉ」

伊168「うわっ、2人にやってもらったから2倍上がってる!」

あかり「レベルマックスまで行った?」

伊168「いやマックスは程遠いけど、これを繰り返してたらいずれレベルを超越することもできそうね」

あかり「レベルを超越……」

伊168「もっと増えられないの!? クワガタとカマキリとバッタを探さないと!」

あかり「あかりに頼らずにこれからは普通にレベル上げようよぉ」
740 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 00:25:47.03 ID:3+Pe3tCR0
今回はここまでです
次は本編からです

ようやく本編に戻れますね体調不良には気を付けなくては
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 16:45:19.39 ID:xJf7Soh20

あかりちゃん二人による攻めのチームプレイがすごくよかった
表の飴と裏の鞭みたいな役割分担とかも見てみたいです
742 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 22:43:21.59 ID:3+Pe3tCR0
開始します
743 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 22:46:43.46 ID:3+Pe3tCR0
妖精(猫吊るし)「バーを開かれてはいかがですか?」

あかり「そうしよっか」

妖精(猫吊るし)「私も準備していたところですからね」

あかり「妖精さんにも準備がいるんだね」

妖精(猫吊るし)「何を当たり前のことを言ってるんですか」

あかり「だっていつも唐突に何でも出して来るから」

妖精(猫吊るし)「それはこんなこともあろうかと準備しているからですよ」

あかり「妖精さんの想定はほとんど未来予知だよぉ」

妖精(猫吊るし)「未来は自分の手で作っていくものですよ」

あかり「なんか主人公みたいな台詞言ってる! あかりが主人公だよぉ!」

妖精(猫吊るし)「あかりんはよくわからないことを言ってますね。まあとりあえずお客様を迎えましょう」
744 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:01:18.57 ID:3+Pe3tCR0
五月雨「こんばんは」

春雨「こんばんは〜」

あかり「いらっしゃ〜い」

妖精(猫吊るし)「いらっしゃいませ」

五月雨「なんだかバーに来るのも久しぶりな気がします」

あかり「そう?」

春雨「1日の時間の流れが凄くゆっくりに感じて、まるで何日も経っているかのような気分になりますね」

あかり「もしかしてまたあれ使ってる?」

妖精(猫吊るし)「使ってませんよ。単純にそれだけゆっくりとした生活をしているということです」

五月雨「とても幸せなことですよ」

あかり「それもきっともうすぐ終わっちゃうから、今の内に楽しまないとね」

春雨「それ去年の今頃にも聞きました」

あかり「……1年なんてあっという間だからね。すぐみたいなもんだよぉ」

妖精(猫吊るし)「それはともかくお席にご案内ですよ」
745 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:14:38.18 ID:3+Pe3tCR0
あかり「五月雨ちゃんと春雨ちゃんはよく一緒にいるね」

五月雨「そうでしょうか?」

春雨「確かに一緒にいることが多いような気もしますね」

あかり「夕立ちゃんがまた拗ねちゃうよぉ」

春雨「それなら早くケッコンしてあげてください」

五月雨「最近指輪を見る目が噛み千切ろうとしてるみたいで怖いんですよ」

あかり「そこまで!?」

春雨「それは言いすぎですけど」

五月雨「いや、言い過ぎじゃないです」

妖精(猫吊るし)「どうせ全員とするんですから一度集めてやっちゃえばいいじゃないですか。その方が特別感も薄まりますよ」

春雨「それは風情がないです」

五月雨「はい。それでは夕立も扱いが雑だともっと拗ねちゃうかもしれません」

あかり「う〜ん、大変だよぉ」
746 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:17:05.04 ID:3+Pe3tCR0
五月雨「指噛んじゃだめです〜」

春雨「春雨スープ〜」

あかり「なんか2人共よくわからないこと言い出したよぉ。大丈夫?」

↓1 五月雨 ↓2 春雨
コンマ30以上で酔っぱらう
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:17:45.63 ID:IXiYdg5xO
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:17:57.70 ID:77wAqKLAO
ほい
749 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:25:48.84 ID:3+Pe3tCR0
五月雨「私の指はおいしくないです〜」

あかり「誰も指は食べてないからね五月雨ちゃん」

五月雨「う〜……」

あかり「こんなに酔っぱらっちゃって、もう」

五月雨「酔っぱらって、ないれすよ〜」

あかり「呂律回ってないところがもう酔っぱらってるよぉ」

五月雨「な〜いですって〜むぅ〜」

>>このレスから四分後に一番近いレス
五月雨の酔い方

1 五月雨式に質問をしてくる
2 鬼軍曹になる
3 元の服に着替えようとする
4 その他自由に
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:29:47.40 ID:hSZm82Pjo
4姉妹をお姉ちゃん呼びして甘えるようになる
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:30:22.10 ID:ywP6D06qO
752 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:35:50.34 ID:3+Pe3tCR0
五月雨「春雨お姉ちゃ〜ん!」

あかり「あれ? お姉ちゃん?」

春雨「ん〜なに五月雨?」

五月雨「あかりが酔っぱらってるとか言うんだよ〜ひどいよね〜」

春雨「うんうん、それはよくないよね。酔っぱらってなんかないもんね〜」

五月雨「全然酔っぱらってないもん」

春雨「よしよし、いけませんよあかりちゃん。酒癖が悪いみたいな言い方をしては」

あかり「そこまでは言ってないよぉ」

五月雨「んふふ〜お姉ちゃんもっとなでて〜」グリグリ

春雨「あらあら、いつの間にこんな甘えん坊さんになったのかしらね〜」

五月雨「ずっと甘えん坊だったよ〜夕立お姉ちゃんとわるさめお姉ちゃんにも甘えるし〜」

春雨「はいはい、今は春雨お姉ちゃんで我慢ね〜」

あかり(酔っぱらうとお姉ちゃんっ子になる人は多いのかもしれないよぉ)
753 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:39:55.84 ID:3+Pe3tCR0
五月雨「んぅ〜……」

春雨「そんなにべったりだと動きづらいでしょ〜」

五月雨「動かなくていいもん。私をずっと抱っこしてて」

春雨「ずっとは無理よ〜」

あかり(う〜ん、春雨ちゃんも普通に対応してる辺り酔っぱらってるよね? あれはどんな感じになってるのかな?)

>>このレスから四分後に一番近いレス
春雨の酔い方

1 ただ五月雨を甘やかしまくる
2 春雨スープを飲ませようとしてくる
3 逆に五月雨に甘えだす
4 その他自由に
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:44:01.73 ID:F4EXG0NvO
1
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/26(火) 23:49:12.99 ID:G5IhHrAOo
今まで甘えてこなかった妹が甘えてきてくれたからそりゃもう溺愛不可避ですねわかります
756 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/26(火) 23:52:35.78 ID:3+Pe3tCR0
五月雨「ええ〜ずっと抱っこして〜」

春雨「もう、できるだけはしててあげるから」

五月雨「やった〜」クリクリ

春雨「そうやって頭擦り付けるとやりづらいよ〜」

五月雨「頭なでててくれたら止まるよ〜」

春雨「はいはい」ナデナデ

五月雨「えへへ〜」

春雨「もっと普段からこうやって甘えてくれていいのに」

五月雨「こう見えて結構甘えてるよ〜」

春雨「そう?」

五月雨「そうだよ〜春雨お姉ちゃんが気づいてないだけ」

春雨「じゃあ、気づけるようにもっと五月雨のことを見ていないとね」

五月雨「わぁい! 五月雨お姉ちゃん大好き〜」

あかり「五月雨ちゃんはだいぶ酔っぱらってるけど、春雨ちゃんは素でも五月雨ちゃんがああして来たらあんな感じになりそうだね」

妖精(猫吊るし)「まあ、もう少し戸惑った感じにはなるんでしょうけど」

春雨「よしよし」

五月雨「お姉ちゃ〜ん」

あかり(お姉ちゃんかぁ。早く会いたいなぁ)
757 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 00:01:59.60 ID:bz9zDRFM0
瑞鳳「あかりのお姉ちゃんってどんな人なの?」

あかり「すっごく綺麗で頭もよくて、それにとっても優しいの」

瑞鳳「ふぅん。身内の贔屓目除いたら?」

あかり「贔屓目なんかで見てないよぉ。本当にそうなの! スタイルもいいし、あかりの憧れで自慢のお姉ちゃんだよぉ」

瑞鳳「そこまで言うか」

あかり「言っちゃうよぉ。あっ、あと間宮さんと伊良湖さんと山雲ちゃんに雰囲気が似てる」

瑞鳳「その3人の雰囲気あんまり似てないでしょ」

あかり「そうなんだけど、なんだかね。あと、京子ちゃんのところで会った朝雲ちゃんと天城さんとも似てたよぉ」

瑞鳳「どんだけ似た人がいるのよ」

あかり「一番似てるのは間宮さんかなぁ」

瑞鳳「あんなにスタイルいいの?」

あかり「さすがに間宮さんと天城さんよりは……おっぱいは負けるけど全体のスタイルは負けてないと思うよぉ!」

瑞鳳「あかりがそこまで言うなんて、大好きなお姉ちゃんなのね」

あかり「うん! 帰ったら一日くらいずっと一緒にいたいなって思ってるよぉ」
758 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 00:04:59.01 ID:bz9zDRFM0
今回はここまでです

お姉ちゃんが妹のことを大事にするのは当たり前のことなので何も問題はありません
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 00:23:38.50 ID:X1pywTKZO
乙です
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 04:17:59.55 ID:rgEsobld0
乙!
お姉ちゃんは妹のためなら異世界の壁も超えてきますからね、普通ですね
761 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 22:46:07.44 ID:bz9zDRFM0
>>760
声帯から影響与えてくる系のお姉ちゃんですからね

開始します
762 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 22:47:01.34 ID:bz9zDRFM0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫 朝風☆
763 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 22:48:26.30 ID:bz9zDRFM0
朝風は好感度100になってるのでもう一回

※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
764 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 22:49:14.09 ID:bz9zDRFM0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑☆   大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆◇   ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳     朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田    〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
〇筑摩     〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 〇離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
〇天津風☆◇長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇    〇不知火◇☆木曾
朝風☆
765 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 22:53:32.75 ID:bz9zDRFM0
瑞鳳「お姉ちゃんの話は置いといて」

あかり「ええ〜もうちょっと語らせてよぉ」

瑞鳳「その内会うんだからそのときの楽しみにしとくわ」

あかり「あんまり知らない方が驚きも大きいかもね」

瑞鳳(なんでか会ったことがあるような気もするけど)

あかり「どうかした?」

瑞鳳「いやなんでもないわ」

あかり「もうあんまり仕事ないけどよろしくね」

瑞鳳「なければないでそれでいいわ」

あかり「それじゃあ今からは〜」

瑞鳳「なにするの?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>763-764の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>763-764から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>763-764から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>763-764から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>763-764の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 22:57:32.99 ID:3s2DEIo8O
5秋月、離島棲鬼、イムヤ11
767 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 23:10:58.31 ID:bz9zDRFM0
あかり「VRルーム誰かいるかなぁ」

秋月「奇遇ですね」

離島棲鬼「まさか私以外に誰かいるとは」

伊168「そりゃいるでしょうよ。結構人来るんだから」

あかり「今日は繁盛してるよぉ」

妖精(猫吊るし)「今日も、ですよ」

秋月「あかり!」

あかり「おはよう秋月ちゃん。長10cm砲ちゃんは?」

秋月「今は別のゲームに忙しいみたいです」

伊168「あかりが来たってことは今日はRPGの続きかしらね」

離島棲鬼「私ファンタジーより現代異能物の方が好きなんだけど」

あかり「何やるか決まってないの?」

秋月「そもそもたまたま会っただけなので何をするかは決めてないんですよ」

伊168「続きやりましょRPGの」

離島棲鬼「RPGなのはいいけど、こっちの現代異能系にしよう?」

秋月「私は人数多いですし、このパーティーゲームがいいんですけど」

あかり「う〜ん、どれがいいかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 RPGの続き
2 現代異能系RPG
3 パーティーゲーム
4 その他自由に
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:14:58.33 ID:uu2ghGBTo
4エロRPGゲーム
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:15:08.61 ID:q4skTDYIO
1
770 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 23:22:06.49 ID:bz9zDRFM0
妖精(猫吊るし)「ではこちらはどうですか?」

あかり「なにこれ?」

妖精(猫吊るし)「現代異能ではありませんが、架空の日本っぽい世界で彷徨える幽霊を浄化していくゲームです」

あかり「ええっ、ホラーなの?」

妖精(猫吊るし)「幽霊と言っても艦娘ですよ」

秋月「幽霊みたいなものですからね私達」

離島棲鬼「何で彷徨っちゃってるの?」

妖精(猫吊るし)「それはゲームを進めて行けばわかるでしょう」

伊168「ふぅん、まあとりあえずやってみましょうか」

あかり「ゲームでも艦娘さんを救うよぉ!」

妖精(猫吊るし)「はいそれでは、ゲームスタートです!」
771 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 23:30:27.46 ID:bz9zDRFM0
あかり「……あかりはやっぱりVRだと大人になるんだね」

秋月「初期アバターがそれに設定されてるんでしょう」

伊168「それはそれで綺麗だからいいと思うわよ」

離島棲鬼「う〜ん、ここはどこかの体育館? 確かに日本っぽい」

伊168「アイは肌色がアルビノじゃなくなってるわね」

秋月「あと髪の毛が会ったときと同じくらいになってます」

離島棲鬼「白すぎるってのはよくないのよ。肌焼けちゃうからね」

伊168「で、ここでなにをすればいいのかしら?」

あかり「外出てみる?」

秋月「いえ、あそこを見てください! 何かがいます!」

離島棲鬼「あれが敵の艦娘なの? なんだか様子が変だけど……」

>>このレスから四分後に一番近いレス
様子が変な艦娘(誰でもいいです)
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:34:27.57 ID:k85LpRZNO
舞風
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/27(水) 23:34:39.83 ID:p74D/jRvO
天津風
774 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 23:38:52.73 ID:bz9zDRFM0
舞風「……」

あかり「舞風ちゃん?」

伊168「みたいだけどどうなってるの? なんだか目が虚ろだし、フラフラしてるような」

秋月「明らかに正気じゃありませんね」

舞風「……い」

離島棲鬼「えっ、なに?」

舞風「……したい」

あかり「何かをやりたがってるみたいだけど」

伊168「いったい何を――」

舞風「エッチしたい!」

秋月「は?」
775 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/27(水) 23:52:36.55 ID:bz9zDRFM0
妖精(猫吊るし)『彼女達はとある1人の科学者が自分の欲望を満たすために生み出した存在です』

あかり「いきなりチュートリアルが始まったよぉ」

伊168「欲望って何よ? 大体予想付くけど」

妖精(猫吊るし)『可愛い女の子とチョメチョメしたいという欲望です。ちなみにその科学者は女の人で、女の子にモテるタイプではなかったようです』

離島棲鬼「でしょうね!」

秋月「だから自分で可愛い女の子を作り出して、しようとしたわけですか」

妖精(猫吊るし)『ですが目的が目的のため、嗜好が完全にそっちだけになってしまっていて』

舞風「はぁ、はぁ……」

妖精(猫吊るし)『暴走した艦娘にされ続けた科学者は絶頂しすぎて死んでしまい、止める者のいなくなった降霊装置は続々と脳みそピンク色の艦娘を生み出し続けたんです』

妖精(猫吊るし)『そうして研究所からあふれ出た艦娘達は、見境なく、そして際限なく女性達を襲いだして世界は滅亡の危機に瀕しているのです!』

伊168「しょうもない理由で世界の危機が!」

あかり「女の人だけなの?」

妖精(猫吊るし)『そもそもその世界女の人しかいませんので』

離島棲鬼「そこが現代じゃないところなのね!」

秋月「艦娘を浄化するゲームだって言っていましたよね? どうするんです?」

妖精(猫吊るし)『艦娘達の欲望を満たしてあげればいいんです』

あかり「つまり?」

妖精(猫吊るし)『エッチしてください』

伊168「できるかぁ!」
776 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 00:15:35.35 ID:6atkDEw10
舞風「うぁぁ〜!」ガバッ

あかり「く、来るよぉ!」

秋月「襲い掛かってくるなら物理で対処します!」ブンッ

舞風「あああ〜!」スカッ

秋月「すり抜けた!?」

妖精(猫吊るし)『幽霊なんですもの、そりゃすり抜けますよ』

離島棲鬼「それじゃあエッチもできないじゃないのよ!」

妖精(猫吊るし)『エッチするという意図を持った行動なら触れることができるんです』

伊168「どういう判定なのよ!」

妖精(猫吊るし)『そこはゲームなので気にしないでください』

舞風「あぅ〜」ガバッ

あかり「ちょぉ、た、助けて〜!」

離島棲鬼「あかりちゃんがピンチよ! どうすればいいの!?」

妖精(猫吊るし)『アビリティで攻めましょう。アイさんは指技、秋月さんは揉み技、イムヤさんは弱点看破、あかりんは囮になる技を覚えています!』

妖精(猫吊るし)『あかりんが狙われているのは、パッシブスキル『艦娘フェロモン』の効果でしょう! さあ、今の内に舞風さんを浄化しちゃってください!』

秋月「ええい、よくわからないけどやっちゃえ!」

離島棲鬼「指技と揉み技の違いがよくわからないんだけど」

伊168「弱点って、この場合は性感……なんでそんなアビリティなのよ」
777 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 00:16:44.23 ID:6atkDEw10
今回はここまでです

たまに作者頭おかしいんじゃないかって感じのバカゲーってありますけど、ああいうの作れるのもある意味才能ですよね
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 00:44:13.72 ID:+yf/IAmPO
おつ
779 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 22:44:54.13 ID:6atkDEw10
開始します
780 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 22:59:36.41 ID:6atkDEw10
妖精(猫吊るし)『RPGなのでちゃんとターンを守って行動してくださいね。じゃないと効きませんので』

伊168「ターンって、どうやって行動順決めてるのよ?」

妖精(猫吊るし)『ウィンドウの端に行動順を決めるカードが描かれているでしょう? この順に行動します』

あかり「ちょっとぉ! あかりのターン遅すぎでしょ! あかりのターン来るまでに舞風ちゃん2回行動するんだけど!?」

妖精(猫吊るし)『駆逐艦は足が速いんですよ』

あかり「バランスゥ!」

舞風「くくっ、服脱がすね」

あかり「あああ〜! 行動順じゃないのに動いてるよぉ!?」

妖精(猫吊るし)『VRですから、そりゃ動きますよ。システム的にダメージを与えられるのがターンの行動だけということだけです』

舞風「弱いところ探知……」スッ

あかり「んひゃっ、ひゃあっ、くすぐったいよぉ!」

秋月「助けますよ! まずは私のターンからです!」
781 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 23:15:02.77 ID:6atkDEw10
妖精(猫吊るし)『秋月さんは今『胸を揉む』という技を使えますよ』

秋月「それ技使わないとダメなんですか?」

妖精(猫吊るし)『使わないと通常攻撃扱いなので、ダメージが減ります』

秋月「あかりからどかさないといけないし、ここはアビリティで攻める!」

舞風「ふぅ〜ふぅ〜……」

あかり「あわわっ、あ、秋月ちゃん早くして〜!」

秋月「今行きます! そりゃ!」フニ

舞風「……胸、大体の人が感じる」

あかり「舞風ちゃ〜ん!」

秋月「そんな効いてない!?」

妖精(猫吊るし)『服越しだからですね。服と下着を脱がさないとダメージが軽減されてしまいます』

秋月「それを先に言ってよ!」
782 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 23:31:12.85 ID:6atkDEw10
離島棲鬼「服を脱がすコマンドはあるの?」

妖精(猫吊るし)『ありますよ。成功率はこの通り』

離島棲鬼「90%って、意外にチョロいね」

妖精(猫吊るし)『あかりんが引き付けてますからね』

舞風「ふふっ、どう? おっきな胸が私の手で潰される感覚は」

あかり「舞風ちゃんやめて、んあぁ、アイさ〜ん!」

離島棲鬼「今助けるよあかりちゃん! ええい、こっち来なさい!」グイッ

舞風「ああっ!」

離島棲鬼「この服は……こうして、こうすれば!」

舞風「きゃああっ!」

伊168「服が脱げた! これで防御ダウンなのね。よし、次はイムヤのターン! 弱点を探すわ!」

妖精(猫吊るし)『弱点探しも服を脱がすことによって成功率が上がります』

伊168「……見えた! 舞風の性感た……弱点は太ももの付け根よ! そこをくすぐられるのが好きみたい!」

舞風「……っ! どうして!」

あかり「現実のと同じだよぉ」

秋月「現実でもそうなんだ」

離島棲鬼「ラム子先生の本で読んだ通りだ」
783 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/28(木) 23:54:56.93 ID:6atkDEw10
舞風「ぐぬぬ……とりあえずこの人からやっちゃう!」ガバッ

あかり「やっぱりこっち来るのぉ!?」

伊168「そのフェロモンってパッシブスキルだいぶ強力なのね」

妖精(猫吊るし)『90%くらいの確率で艦娘に狙われることになります』

あかり「だからバランスぅ!」

舞風「んぅ……」ペロッ

あかり「あんっ……! な、なめないで……」

妖精(猫吊るし)『したでなめる攻撃です! 一定確率で麻痺しますよ』

離島棲鬼「麻痺とかあるんだ」

秋月「RPGですからね」

伊168「呑気に言ってないで次秋月のターン!」

秋月「あぁ、そうでした! 今助けますよあかり!」
784 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 00:13:39.56 ID:/6aW1Ftd0
秋月「服を脱がすのと同時に攻撃できないの?」

妖精(猫吊るし)『下着状態の相手なら大丈夫でしょう』

秋月「ならっ! 舞風さん! あかりから離れてください」フニッ

舞風「んぁっ! な、なに!?」

秋月「よし、効いてる! このままブラをずらして……直接揉む!」モミモミ

舞風「んひゃっ、ひゃっ! まっ、待って……!」

伊168「もしかして責められるのには慣れてない?」

妖精(猫吊るし)『基本的に捕食者側ですからね』

離島棲鬼「いや食べてはないでしょ」

舞風「あぁ、何これ……こんな、気持ち……」

秋月「胸も結構効くじゃないですか」

離島棲鬼「このまま畳みかける! 太ももの付け根だったよね!」スッ

舞風「んぃっ!」ビクッ

あかり「つ、付け根のところ、指でなぞってください!」

離島棲鬼「指でなぞる……」ツー

舞風「いっ、ひぁっ……」ピクンピクン

離島棲鬼「う、わっ、なんかすごい感じてるのが伝わるわね」

秋月「私のターンは終わったのでダメージは入っていませんが、このまま続けます」フニフニ

舞風「ふやっ、やめ、やめてぇ〜」

伊168「やめない。イムヤはアイと逆の太ももを攻める!」ツー

舞風「ひゃっ、ああっ、ああああっ……!」ビクンビクン

妖精(猫吊るし)『浄化成功です!』

あかり「浄化なのこれ?」

妖精(猫吊るし)『極楽浄土に行くので浄化なんですよ』
785 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 00:14:47.74 ID:/6aW1Ftd0
今回はここまでです

エロRPGはやったことありませんけどRTAとかやってるのはたまに見たりします
実際にコマンドでやってることを想像するとだいぶシュールな光景になりそうですね
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 00:44:19.99 ID:ns6eVyiIO
乙です
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 09:37:51.60 ID:4NdgHANSO
>>768
すげえ
788 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 22:43:00.80 ID:vD5c0rCD0
開始します
789 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 23:06:54.52 ID:vD5c0rCD0
あかり「舞風ちゃんが消えちゃったよぉ」

秋月「浄化されたってことなんでしょうね」

伊168「最終的にだいぶあれな格好になってたけど……」

離島棲鬼「ま、まあ、複数人で1人相手にするときはあんな感じになるんじゃない?」

あかり「なりますよぉ」

秋月「何で知ってるんですか?」

あかり「えっ!?」

伊168「レベルアップどんなもん?」

離島棲鬼「レベル1アップして、おへそ掘りを覚えたわ」

秋月「私はレベル上がってますけど何も覚えてませんね」

伊168「イムヤもだわ。アイだけずるいわよ!」

離島棲鬼「いやそんなこと言われても」

あかり「あかり襲われてるだけでレベル上がってる……」

妖精(猫吊るし)『このように艦娘達を浄化しながら世界を救ってください』

伊168「いや滅んでいいんじゃないかな別に」

あかり「そんなこと言っちゃだめだよぉ! 頑張って救わなきゃ!」

妖精(猫吊るし)『ちなみにプレイヤー同士ですることでレベル上げを行うことができますよ』

あかり「えっ?」

離島棲鬼「なるほど、私はきっちりレベル上げるタイプなのよね」

秋月「あっ、はい私もです」

伊168「イムヤは、わかってるよね?」

あかり「またこのパターンだよぉ! バランス考えようよぉ!」
790 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 23:21:16.95 ID:vD5c0rCD0
あかり「何であかりはされる側ばっかりなの?」

妖精(猫吊るし)「神風型のお姉さんのときはする側じゃないですか」

離島棲鬼「あかりちゃんは基本受けだよね」

秋月「ええ。あまり攻めるタイプではありませんから」

伊168「パラ……もう1人のあかりもいるしね」

あかり「むぅ〜! あかりだってやるときはやるんだからね!」

秋月「むしろやってほしいくらいなんですが」

離島棲鬼「よく考えると私はわりとやられてるかも?」

妖精(猫吊るし)「まあ楽しんでいただけたようで何よりです」

伊168「いや、イムヤは普通にゲームしたかったんだけどね。続きやろっかな」

離島棲鬼「あっ、私も」

秋月「お付き合いします」

あかり「あかりはこれからどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>763-764の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月以外から1〜3人 施設:>>19の11以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>763-764の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 23:25:17.78 ID:FmrHhz3HO
5春雨、わるさめ3
792 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 23:40:25.42 ID:vD5c0rCD0
あかり「次はプラネタリウムに行こっかな」

春雨「よく飽きないね」

駆逐棲姫「飽きない」

あかり「あっ、春雨ちゃんとわるさめちゃん」

春雨「あかりちゃん」

駆逐棲姫「あかり、おはよう」

あかり「また月見てるの?」

春雨「そうなんですよ。わるさめったらずっと月ばっかり見てるんです」

駆逐棲姫「綺麗だから」

春雨「もう、かぐや姫か何かですかわるさめは」

あかり「月に帰っちゃうの?」

駆逐棲姫「そもそも月には行ったことないから帰るじゃないよ」
793 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/29(金) 23:53:53.10 ID:vD5c0rCD0
駆逐棲姫「それに、近くで見たらただのクレーターだらけの荒廃した土地だから」

春雨「まあ、そうね」

駆逐棲姫「こうして遠くから見ているからこそ、綺麗なものというのもある」

あかり「あれ映像だから遠くから見てるっていうのも違う気が」

春雨「月でも装置があれば月が見れるよ」

駆逐棲姫「せっかく月に行ったのに月を見てどうするの」

春雨「なんだか感慨深いものがあるじゃない?」

駆逐棲姫「ないよ」

あかり「でもあかりは月行ってみたいよぉ。ふわふわしてるんでしょ?」

春雨「それは重力が弱いからですよ。宇宙空間の方がふわふわしてると思いますよ」

駆逐棲姫「下手に出るとそのままふわふわとあの世に行きそうだけど」

あかり「危ないから宇宙空間には出ないよぉ!」

春雨「そもそも出られる状況になる機会がありませんよ」
794 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/30(土) 00:07:11.02 ID:09mDgtqS0
駆逐棲姫「夜空に光る星も近づいてみたらただの岩塊みたいものかもしれないし、そもそももう存在していない可能性だってある」

駆逐棲姫「見ないでいい真実というのもあるんだよ」

あかり「でも、もしかしたら夜空の光よりももっと綺麗なところがあるかもしれないよぉ」

春雨「例えば宝石でできた星とか!」

あかり「それはそれで煌びやかすぎて若干成金な感じが」

春雨「誰も成ってないんですから成金じゃありませんよ! 自然の神秘です!」

駆逐棲姫「宝石の星……そんなのあるのかな?」

あかり「宇宙は広いから、探せばきっとあるよぉ」

春雨「見上げるだけで満足かもしれない。もしかしたら真実を知れば失望するかもしれない。けれど、追い求めて行動を続けていればきっと素敵なものが見つかるはずよ」

駆逐棲姫「春雨……」

あかり「もっかい旅行行く? 宝石の星にはいけないけど」

春雨「あっ、次は私も連れて行ってくださいよ! 2人だけで旅行はずるいです!」

あかり「あれはチケットの枚数的にしょうがなかったんだよぉ」

駆逐棲姫(追い求めて行動を続ければ、か。同じものばかりをずっと見上げ続けていてもダメだってことか)

駆逐棲姫(そう、だな。差し当たって、他に好きになれる星を探してみようかな)
795 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2017/12/30(土) 00:10:49.99 ID:09mDgtqS0
今回はここまでです

ゲームの話とのレス差が激しくてすいませんが、ゲームの話はどうしても長くなってしまうのでご了承ください

明日から1日まではさすがに色々あるのでお休みさせてもらいます
次はできれば2日になると思います
ちょっと早いですがよいお年を
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2017/12/30(土) 00:11:24.88 ID:vOpGvM5hO
乙です
良いお年を
797 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/02(火) 22:45:00.68 ID:xFrgB4vY0
少し遅いですがあけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

開始します
798 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/02(火) 22:52:12.58 ID:xFrgB4vY0
瑞鳳「宇宙ねぇ」

あかり「瑞鳳ちゃん行きたいって思う?」

瑞鳳「そんなこと考えたこともなかったわ」

あかり「あはは、あんまり考えないよね」

瑞鳳「私はその前に地に足付けて生活できるようにならなきゃだし」

あかり「宇宙は遠いね」

瑞鳳「できるようになっても行こうとは思わないわよ」

あかり「行きたくないの?」

瑞鳳「あかりも行くって言うならいいけど」

あかり「そっかぁ、あかりも行ってみたいから行けるといいね」

瑞鳳「アニメで見たけど、宇宙飛行士ってすごいハードみたいだけど。宇宙出るシャトルのGってものすごいらしいし」

あかり「ま、まずはムキムキにならなきゃいけないんだ」

瑞鳳「ムキムキまではいかなくても体もっと鍛えないとね。で、お昼からはどうするの?」

1 艦娘との交流
>>763-764の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫以外から1〜3人 施設:>>19の11、3以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>763-764の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 22:56:38.96 ID:jSysD+pqO
3舞風3
800 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/02(火) 23:06:04.59 ID:xFrgB4vY0
あかり「舞風ちゃん、街に遊びに行こう」

舞風「街に? いいけどいつも通り場所は決まってない?」

あかり「うん」

舞風「相変わらずだね」

あかり「どこに行くかわからない方が楽しいかも?」

舞風「サプライズだね」

あかり「そう、サプライズ」

舞風「結局あとでどこ行くか聞くからなってないけどね」

あかり「えへへ」

舞風「ふふっ、行こうか」

あかり「うん、行こう!」
801 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/02(火) 23:23:24.97 ID:xFrgB4vY0
あかり「舞風ちゃんはどこかで踊りたい?」

舞風「ん〜? ストリートダンスするのもいいけど、私一応元ダンサーだしあんまり人多く来ると警察沙汰になるからね」

あかり「そっかぁ」

舞風「今日はダンスなしで行くよ」バッバッ

あかり「いや、踊ってるから! 車狭いんだから!」

舞風「ごめんごめん」

あかり「舞風ちゃんは本当に止まらないね」

舞風「止まったら死んじゃうからね!」

あかり「なんかそんなお魚さんいたね」

妖精「……」

舞風「マグロだって」

あかり「マグロ、お寿司?」

舞風「お寿司食べ行くの? そういえばお昼ご飯まだだっけ」

あかり「お外で食べよっかなって思ってたから」

舞風「回るとこ?」

あかり「回るとこじゃないと落ち着かないよぉ」

舞風「庶民だなぁ。あっ、私はねハンバーガー食べたい」

あかり「ハンバーガー?」

舞風「あれ手に持って食べられるから、踊り食いできるんだよね」

あかり「いや踊り食いの意味が違うよぉ。行儀悪いからやめよう?」

舞風「あはは、妖精は?」

妖精「……」

舞風「コンビニ弁当でいい? 現代っ子!」

あかり「どこにしよっか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 回転すし
2 ハンバーガー屋
3 コンビニ
4 その他自由に
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/02(火) 23:27:25.74 ID:6OSpQnOzO
1
803 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/02(火) 23:40:07.49 ID:xFrgB4vY0
舞風「でも行ってみたいって思わないの? 回らない寿司」

あかり「行ってみたくはあるけどね。あかり達だけだと場違いだよぉ」

舞風「那珂さんがいても微妙かなぁ。重巡とか戦艦、正規空母がいたらいけそうだけど」

あかり「だね〜もっと大人の人がいないとね」

舞風「大人かぁ、私は成長しないからなぁ」

あかり「あかりもしないからね」

舞風「はい?」

あかり「行こっか、妖精さん」

妖精「……」コクリ

舞風「いやいや、待ってよ」

あかり「舞風ちゃん早く〜」

舞風「本当に時々わけわからないこと言い出すんだから」
804 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/02(火) 23:47:44.86 ID:xFrgB4vY0
舞風「はぁ〜、回ってるねぇ」

あかり「回ってるよぉ」

舞風「私も負けてられない!」クルクル

あかり「皆ご飯食べてるところだから、静かにしようね」

舞風「は〜い」クル、クル

あかり「どうしても回りたいんだね……」

妖精「……」

舞風「そういう回り方じゃない? 気にしないでいいの!」

あかり「他の人が気にするから早く座ろう」

妖精「……」テクテク

舞風「回転舞風〜」
805 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 00:17:16.56 ID:KuSe4ETv0
舞風「回ってるやつから取ってくんだよね?」

あかり「これから頼むこともできるんだよぉ」

舞風「へぇ〜便利だね」

妖精「……」ピッピッ

あかり「妖精さんが早速頼んでるよぉ」

舞風「いくらとか蟹とか高いのばっか選んでるし」

あかり「良いもの食べたいよねぇ」

舞風「だったら回ってないところ連れてこうよ」

あかり「それはまた別の機会だよぉ」

妖精「……」

舞風「高すぎると気を使う? そんな殊勝なキャラだったんだ?」

あかり「この妖精さんはいい子だよぉ」

舞風「むしろあいつ以外はいい子しかいないと思うけどね」
806 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 00:18:00.23 ID:KuSe4ETv0
半端なところですが今回はここまでです

今年中に完結できるように頑張ります
807 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 22:42:47.76 ID:2FFIcgP70
開始します
808 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 22:55:48.17 ID:2FFIcgP70
舞風「大トロ〜」

あかり「そんな大トロばっかり頼んで」

舞風「だって、マグロで思いついてここ来たんだからさ」

あかり「だからってそればっかり食べなくても」

妖精「……」パクパク

舞風「えっ? 回転すしのトロはマグロじゃない? 別の魚で代用してる?」

あかり「そうなの?」

妖精「……」コクリ

舞風「ええ〜そうなんだ。マグロ食べに来たのに」

あかり「全部が全部そうとは限らないよぉ、たぶん」

舞風「やっぱり、自分で釣るしかないね!」

あかり「釣れるの?」

舞風「やったことないけどヴェルに聞けば教えてくれるよ」

あかり「ヴェルちゃん釣り好きなの?」

舞風「なんかこの前凄い本格的な格好して釣りしてた」

あかり「へぇ〜そうなんだ。釣りはここに来てから最初の頃にやってもらったけど、あかりそのときは山に行ったんだよね」

舞風「あぁ、熊野さん拾ったってやつ?」

あかり「うん、そう。懐かしいよぉ」

舞風「ふぅん」
809 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 23:09:48.92 ID:2FFIcgP70
舞風「めっちゃデザート充実してる!」

あかり「なんかデザート多いよね」

舞風「うどんとかあるし、回転すし?」

あかり「回ってないお寿司屋さんと違って、アイデアで勝負してるところあるから」

舞風「このパンケーキ頼んでみよっと」

あかり「あっ、あかりマヨコーン1つほしいな」

舞風「お寿司屋さんに来たんだから海産物を食べなさい海産物を」

あかり「海苔が海産物だよぉ」

舞風「確かに。でもなんか釈然としない」

あかり「アイデア勝負。楽しんだもの勝ちだよぉ」

舞風「おいしいものを食べるというより、楽しく食べることでおいしく感じさせるって感じなのね。こういうのもあるんだ」

あかり「それ店員さんに失礼だよぉ」

妖精「……」パクパク
810 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 23:29:20.68 ID:2FFIcgP70
あかり「おいしくないわけじゃなかったでしょ?」

舞風「うん、おいしかった」

妖精「……」パンパン

あかり「妖精さんもお腹いっぱいみたい」

舞風「量的に1回頼んだ分しか食べられないからいいの選んでたんだね」

妖精「……」ヒョイ

あかり「うん? あかりの頭の上で休憩するの?」

舞風「まっ、運転するんだからちょっと休憩して体調万全してからしてもらわないとね」

あかり「何か飲み物いる?」

妖精「……」フルフル

舞風「今は寝ときたいみたい」

あかり「妖精さんも食べてすぐ寝ると太るのかな?」

舞風「さぁ、妖精も体型変わんないと思うけど」

妖精「……」ゴロゴロ

あかり「落ちないように気を付けてね」

舞風「さって、ご飯食べたし帰ったら何するのかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>763-764の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫、舞風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の3以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫、舞風以外から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫、舞風以外から1〜3人 施設:>>19の11、3以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>763-764の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 23:32:18.21 ID:HS/PK9ET0
2 4
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/03(水) 23:33:20.69 ID:pB/hYj2LO
5天津風9
813 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 23:47:19.24 ID:2FFIcgP70
あかり「お外から帰って来たらお風呂だよぉ」

天津風「あら、あかり」

あかり「天津風ちゃんもお風呂?」

天津風「ええ。連装砲くんが連装砲ちゃんやイ級達と遊んで泥だらけになったから、洗ってあげようと思って」

連装砲くん「きゅ〜」

あかり「わぁ、泥んこだよぉ」

天津風「砲口に詰まったりしたら大変なんだからね?」

あかり「でももう使わないでしょ」

天津風「整備を忘れて万が一のときに暴発したら大変でしょ。徹底的に洗うから」

連装砲くん「きゅきゅ〜……」

あかり「連装砲くんお風呂嫌いなの?」

天津風「整備が嫌いなのよ。くすぐったいんだって」

連装砲くん「きゅうきゅう〜」

あかり「あかりもちゃんと洗った方がいいと思うよ連装砲くん」

連装砲くん「きゅ〜」

天津風「何であかりの言うことなら素直に聞くのかしらね。ここまで引っ張ってくるのに苦労したのに」

あかり「だから天津風ちゃんも泥んこなんだね」
814 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/03(水) 23:58:18.07 ID:2FFIcgP70
連装砲くん「きゅ〜!」

天津風「こぉら! 泥だらけのまま湯船に入ろうとしないの!」

あかり「まずは体洗わないとね」

連装砲くん「きゅ〜?」

天津風「本当に洗うの?って、決まってるでしょ。というかそのためにお風呂来たんだから」

あかり「そんな大掛かりな整備するわけじゃないから大丈夫だよぉ」

連装砲くん「きゅ」

天津風「はい、こっち来てここ座って」

あかり「お湯かけるよぉ」ジャー

連装砲くん「きゅ〜……」

天津風「泥だらけの体が洗われたら連装砲くんも気持ちいいでしょ?」

あかり「体洗ってくからね」ゴシゴシ

連装砲くん「きゅ、きゅ〜きゅ」

天津風「はいはい、くすぐったいのも我慢。あかり、砲塔回りは危ないから私がやるからね」

あかり「うん。あかりは体を洗うよぉ」

連装砲くん「きゅ、きゅ」
815 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 00:10:56.50 ID:CzhJUzj80
天津風「詰まっては……ないわね」

連装砲くん「きゅ〜?」

天津風「詰まってないから分解整備はなしよ」

連装砲くん「きゅ〜!」

あかり「分解しても大丈夫なんだ……」

連装砲くん「きゅ?」

天津風「はいはい、もう湯船入って来ていいわよ」

連装砲くん「きゅ〜!」ピュー

天津風「やれやれ。手間のかかる子ほど可愛いとは言うけど、もうちょっと落ち着いて欲しいわね」

あかり「元気なのが一番だよぉ」

天津風「元気過ぎるって言ってるの」

あかり「まだ子供なんだからあれくらいが普通だよぉ」

天津風「子供くらいの精神年齢ってだけだけどね」

あかり「それでもだよぉ。じゃあ、次は天津風ちゃんの体を洗うよぉ」

天津風「えっ? い、いいわよ私は。自分で洗うから」

あかり「いいからいいから。はい、そこ座って」

天津風(これは、洗ってる最中に胸とか触られちゃったりとか、期待してもいい流れかしら!?)
816 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 00:13:41.64 ID:CzhJUzj80
今回はここまでです

三が日もあっという間に過ぎてしまいましたね
こうやってまた1年すぐ過ぎて行くのかと年明け早々微妙な気分になりますが頑張っていきます
817 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 22:41:33.70 ID:CzhJUzj80
開始します
818 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 22:55:27.22 ID:CzhJUzj80
あかり「ごしごし〜」

天津風「ちょっと力が弱いわ。もう少し強めに」

あかり「これでも結構力入れてるよぉ。皮がずるずるになっちゃうよぉ」

天津風「そんなことでずるずるになってたら、砲弾なんか受けた日には跡形もなくなるわよ」

あかり「そんな肌だとあかりが全力でこすっても足りなさそうだよぉ」

天津風「固さと敏感さは同じではないわ。頑張ればちゃんと気持ちよくなれる」

あかり「なら頑張る!」

天津風「はい、頑張って」

あかり「ふ〜んふ〜ん」

天津風「……」

あかり「これくらいでいい?」

天津風「そうね、弱めだけどまあ及第点」

あかり「わぁい。でも、地味に疲れるんだよねこの強さ」
819 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 23:08:04.52 ID:CzhJUzj80
あかり「よぉし、これで終わりだよぉ」

天津風「あぁ、ありがとう。泥が取れて気持ちがいいわ」

あかり「泥まみれなのは似合わないからね。天津風ちゃんは白のイメージだよぉ」

天津風「黒い服着てるのに?」

あかり「髪の色が銀色っぽいからかな」

天津風「ふふん、まあいいイメージね」

あかり「えへへ。さてと、あかりも体洗って湯船に」

天津風「って、ちょっと待って!」

あかり「どうしたの?」

天津風「何で普通に体洗うだけで終わってるの!?」

あかり「終わってるのって、体洗うだけでしょ?」

天津風「体洗うのにかこつけてエッチなことするとかないの!?」

あかり「ええっ?」
820 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 23:24:39.78 ID:CzhJUzj80
あかり「されたかったの?」

天津風「胸張ったりしてアピールしてたんですけど?」

あかり「アピールしてたんだ。くすぐったいのかと思ってた」

天津風「むぅ〜! どうせ、私は浜風や浦風ほど大きくないから、アピールしてもくすぐたがってるようにしか見えないわよ!」

あかり「いやたぶん浜風ちゃんや浦風ちゃんでも同じに思ったから」

天津風「ふんっ、どうだか!」

あかり「へそ曲げないでよ天津風ちゃん」

天津風「……ん」クイッ

あかり「ん?」

天津風「んっ!」ググッ

あかり「はい、これで機嫌直して」フニ

天津風「あっ……全然足りないから」

あかり「連装砲くん帰って来ちゃうよぉ?」

天津風「大丈夫よ、まだしばらく戻ってこないわ。お風呂は自由に泳げるっていつも泳ぎ回ってるから」

あかり「でも声は抑えないとね」

天津風「じゃあ、押さえて」

あかり「天津風ちゃん、いつの間にこんなになっちゃったの?」スッ

天津風「ケッコンしたんだからこれくらい当然でしょ。愛する者同士の裸の付き合いよ」チュッ
821 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 23:39:36.68 ID:CzhJUzj80
あかり「あかりが積極的になると、皆もそうなるのかな?」

瑞鳳「何が?」

あかり「いや、色々と」

瑞鳳「よくわからないけど、この鎮守府の中心は間違いなくあかりなんだし、あかりが変われば皆も変わるわよ」

あかり「そっか、そうなんだよね」

瑞鳳「なにに積極的になるの? あっち方面だとこれ以上積極的になると、ヤバいのが何人かいると思うけど」

あかり「な、なんだろうね」

瑞鳳「何であれ変わろうと努力するのはいいことね。今がダメだって自分でわかってるってことだもの」

あかり「結果変われなくても?」

瑞鳳「努力したって事実は褒めてあげるべきだと私は思うわよ」

あかり「なら、ほめてもらえるように頑張るね」

瑞鳳「変われるように頑張るんでしょ。目的をはき違えるとろくなことにならないわよ」

あかり「そうだった。じゃあ、助言をくれた瑞鳳ちゃんに今日のごほうび」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 明日一度交流する
3 卵焼きたべりゅ
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:40:34.66 ID:ifBmCeZ10
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/04(木) 23:43:33.75 ID:bZJsVhaGo
824 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 23:54:39.55 ID:CzhJUzj80
瑞鳳「積極的にねぇ」

あかり「何がいい?」

瑞鳳「なら私も積極的になりましょうか」

あかり「うん?」

瑞鳳「あれよあれ」

あかり「あれ?」

瑞鳳「瑞鳳のことたべりゅ?的な」

あかり「あぁ、あれね」

瑞鳳「何でそんなノリが軽いのよ!」

あかり「いやぁ、ごほうびそれになること多いから」

瑞鳳「わかって秘書艦制度続けてるって、相当あれよ?」

あかり「積極的になるって決めたからね」

瑞鳳「回りくどい積極性ね」
825 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/04(木) 23:55:28.08 ID:CzhJUzj80
今回はここまでです

胃腸風邪治ってからこっち咳が止まらなくなってしまいましたが私は元気です
体調にはお気をつけて
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 00:30:02.16 ID:rwXkcgU0O
おつ
食べりゅううううう
827 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/05(金) 23:05:46.56 ID:2VF+cMAq0
今日はちょっと書けそうにないので↓1〜2で埋め用の小ネタ募集します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 23:17:25.04 ID:INEyGYzpo
青葉の取材旅行第2弾
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/05(金) 23:18:34.40 ID:qvdUNZ6x0
絶対に笑ってはいけない杉浦鎮守府
830 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/06(土) 22:44:31.85 ID:xPEvXrjO0
開始します
831 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/06(土) 23:04:25.85 ID:xPEvXrjO0
瑞鳳「あんまり食べ応えはないかもしれないけどね……」

あかり「そんなことはないよぉ」カプッ

瑞鳳「んっ……」

あかり「瑞鳳ちゃんだってとっても素敵なごちそうだよぉ」ペロ

瑞鳳「あっ……やっ、もっと、卵焼きみたいにふわふわの方がいいかなって」

あかり「これだけ近づけばちゃんとふわふわだよぉ……」

瑞鳳「ふわふわ度が違うでしょ。まあ、別に競おうとは思ってないけどさ……」

あかり「んっ、でも卵焼きより甘い……」チュゥ

瑞鳳「ん、あぁっ……なにが、よ……」

あかり「よくわからないけど、何かが……」

瑞鳳「なにそれ……わかんないわよ……」

あかり「あかりもわかんないよぉ。でも、おいしいよ……」

瑞鳳「そっ……なら、ちゃんと全部食べてよね……」

あかり「ん……」

瑞鳳「あんっ……ううぅ……」ビクン

瑞鳳(本当、よくわかんないけど、甘くて、気持ちよくて……胸が詰まりそうだわ)
832 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/06(土) 23:11:18.19 ID:xPEvXrjO0
瑞鳳「……はぁっ」

あかり「ん〜、ごちそうさま」

瑞鳳「もぅ、全身ベタベタよ、色々と」

あかり「食べてって言うからね」

瑞鳳「比喩よ比喩。本当に食べられた気分だわ」

あかり「気持ちよかったでしょ?」

瑞鳳「……まあ」

あかり「ふふっ、あかりも頑張ったかいがあったよぉ」

瑞鳳「本当に積極的になってる」

あかり「皆もそれを望んでくれてるからね」

瑞鳳(個人的にはいいことなんだけど、なんだろうすごく道徳的に行けないことしてるような……)

あかり「さてと、それじゃあ明日の秘書艦さんを決めるよぉ」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>763-764の瑞鳳、☆のついている艦娘以外)
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:24:14.93 ID:xmPm/Msk0
千代田
834 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/06(土) 23:33:51.54 ID:xPEvXrjO0
あかり「千代田さんにお願いするよぉ」

瑞鳳「千代田ね、わかったわ」

あかり「行く前にお風呂入った方がいいかも」

瑞鳳「そりゃ行くわよ。こんなので千代田のところいけないわ」

あかり「こうするならお風呂の方がいいのかな?」

瑞鳳「お風呂が汚れるわよ」

あかり「シャワーすれば大丈夫!」

瑞鳳「シャワー場がね。ていうかまたするつもりなの?」

あかり「瑞鳳ちゃんはしないつもり?」

瑞鳳「……するけど」

あかり「それなら次のことは考えておかないと」

瑞鳳「わかったわかった。積極的なのもいいけど、ちょっとは落ち着いた方がいいかもしれないわよ」

あかり「頑張り過ぎないように頑張るよぉ」

瑞鳳「はぁ、ほどほどにね。じゃあ、おやすみ」

あかり「おやすみなさい、瑞鳳ちゃん。うん、頑張り過ぎないようにしないとね」

あかり「さてと、これからは……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
>>763-764の〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(>>鎮守府の中 or 外)
4 執務
>>17
5 バー
(>>763-764の伊168、離島棲鬼、秋月、春雨、駆逐棲姫、舞風、天津風以外から1〜3人)
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/06(土) 23:37:53.06 ID:3oQ4OqqQO
2朝風
836 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/06(土) 23:48:23.79 ID:xPEvXrjO0
朝風「……あ〜」ゴロゴロ

朝風「やっぱり夜は、やる気出ないな〜」ゴロゴロ

あかり「朝風ちゃん」

朝風「ん〜? あかり?」

あかり「朝風ちゃんやっぱり夜は元気ないね」

朝風「ないもんはないよ〜」

あかり「あはは、もう寝ちゃうの?」

朝風「寝ようかと思ってたけど、あかりが来たし起きとく」

あかり「あかりは一緒に寝に来たんだけど」

朝風「徹夜で元気になるか見たいんでしょ?」

あかり「あぁ、そっか、そんな話したね」

朝風「だから起きとくわ」

あかり「あかりが起きてられるかなぁ」
837 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/06(土) 23:54:02.50 ID:xPEvXrjO0
朝風「だから途中からでいいって言ったのに」

あかり「いやぁ、そんなつもり全然なかったから」

朝風「じゃああかり寝てていいわよ。1時くらいになったら起こすから」

あかり「いいの?」

朝風「あかりが付き合えないんじゃ、徹夜する意味ないでしょ」

あかり「なら寝てるよぉ」

朝風「はい、おやすみ」

あかり「……」

朝風「まったく、私も寝るんじゃないかとか考えないのかなこの子は」

朝風「全然疑わないんだもんね……」

あかり「ぐぅ〜……」

朝風「寝つきもめっちゃ早いし。さてと、コーヒーでも入れて来ようかしらね」
838 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 00:04:06.66 ID:t0/wtLAL0
朝風「さてとっと、あかりが起きるとあれだからテレビも付けられないし……」

朝風「寝顔でも観察しようかしら」

あかり「んぅ〜……」

朝風「寝顔こわ!? えっ、なにこれは!?」

あかり「んふふふ〜」

朝風「ちょっと、女の子がしちゃだめな寝顔してる! もう!」サッ

あかり「くぅ〜……」

朝風「普通にしてれば可愛いわねやっぱり」

朝風「……」ジッ

あかり「……」ググッ

朝風「だめっ! そのままでいなさい!」ガシッ

あかり「がぅ〜……」

朝風「なんかもう、すごい子ね本当」
839 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 00:05:22.27 ID:t0/wtLAL0
今回はここまでです
次は朝風の好感度100イベントからはじめます

夜の選択肢の後に朝風のイベントに入る予定でしたが、朝風が選ばれたのでここからはじめることにしました
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/07(日) 00:14:02.59 ID:wGa9ewnyO
841 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 22:46:11.71 ID:t0/wtLAL0
開始します
842 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 22:53:59.98 ID:t0/wtLAL0
あかり「くぅ〜……」

朝風「あかり、起きて」

あかり「ん〜?」

朝風「1時よ」

あかり「もうお昼?」

朝風「夜の1時」

あかり「ふぁ〜、そんな時間なんだぁ」

朝風「人に徹夜させておいてぐっすりだもんね」

あかり「えへへ、ここからはあかりも付き合うよぉ」

朝風「そう思うと少し気分が軽くなるわ。はい、モーニングコーヒー」

あかり「まだ夜でしょ?」

朝風「いいのよ寝起きなんだから」

あかり「いただきます。にがっ!?」

朝風「ブラックダメなんだっけ?」

あかり「いつか飲めるようになりたいけど、今はダメなんだよぉ」

朝風「お砂糖とミルクはそこよ」

あかり「やっぱりあかりはまだまだ子供だよぉ」

朝風(経験が子供じゃないけど、色んな意味で)
843 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 23:03:22.48 ID:t0/wtLAL0
朝風「それもうほとんどコーヒー牛乳ね」

あかり「おいしいからいいんだよぉ」

朝風「おいしいけど、徹夜するのには向かないでしょ」

あかり「一杯飲めばおしっこ行きたくなって眠気覚める!」

朝風「とんだ力業ね!」

あかり「でも今はちょっと寝たから大丈夫」

朝風「そうね、漏らされても困るから」

あかり「さすがに漏らしはしないよぉ。もう慣れたから暗くてもちゃんとおトイレ行けるもん」

朝風「無理しなくても言ってくれれば一緒に行くわよ」

あかり「無理じゃないよぉ。行きたくなったら1人で行けるってところを見せてあげるよぉ」

朝風「私が付いてかないと、そこで震えてるか行ったかわからないんだけど」

あかり「じゃあ付いてくればいい」

朝風「それじゃ1人で行ったことにならないでしょ」

あかり「あっ、そっか。難しい問題だよぉ」

朝風「どこがよ。もう、おかしな子なんだから」
844 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 23:14:12.05 ID:t0/wtLAL0
朝風「テレビでも見ましょ」

あかり「アニメやってる?」

朝風「今ってあれじゃない? 番組が入れ替わる時期なんでしょ?」

あかり「あぁ! そうだね。もうそろそろ1話の時期なんだけど」

朝風「アニメ以外にも面白い番組はあるわよきっと」

あかり「面白そうなの〜」

朝風「通販ばっかね」

あかり「付けてるだけで腹筋が6つに割れるんだって。朝風ちゃん買う?」

朝風「買わないわよ。筋肉なんかそんな付かないし、というか割れててほしいの?」

あかり「ん〜、お腹はぷにぷにしてた方があかりは好きかな」ツンツン

朝風「んひゃっ、ちょっと、くすぐったいからやめて」
845 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 23:27:09.10 ID:t0/wtLAL0
あかり「このままマッサージしちゃう?」

朝風「だからなんでそれに持ってこうとするのよ!」

あかり「眠気覚ましになるよぉ」

朝風「眠気だけ覚めてもダメでしょ。朝になったら元気になるかどうか見るための徹夜でしょ?」

あかり「うん」

朝風「マッサージしたら元気になるじゃない」

あかり「外部からの手は加えちゃいけないんだね」

朝風「朝で元気になったのか、マッサージで元気になったのかわからなくなったらいけないってだけよ」

あかり「じゃあまた今度だよぉ」

朝風「今度もしなくていいから」

あかり「新しいマッサージをやってみたいの」

朝風「話聞いてる!?」
846 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 23:42:18.23 ID:t0/wtLAL0
あかり「う〜ん」

朝風「どうしたの?」

あかり「いや、朝風ちゃん今でも割と元気だなって」

朝風「そうかしら? 全然元気ないけど」

あかり「朝ほどの元気はないけど、でも昼くらいの元気はあるように見えるよぉ」

朝風「そうなのかな?」

あかり「来たときはすごいごろごろして、やる気なさそ〜にしてたけど」

朝風「そうじゃなくて本当にやる気なかったのよ。というか後は寝るだけだったんだから、やる気出すも何もないでしょ」

あかり「あかりが来たからやる気出たんだね」

朝風「そうよ。来客がいるのにごろごろしてるのはよくないでしょ。それだけ」

あかり「行儀いいもんね朝風ちゃんは」

朝風「礼節をわきまえてるのよ! だけど、あかり以外だったらこんなに元気にはなってなかったかも……」

あかり「えっ?」
847 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/07(日) 23:51:51.95 ID:t0/wtLAL0
あかり「それはマッサージを受けたがってるから」

朝風「じゃないのは確実」

あかり「そっか……」

朝風「そこでそんなにがっかりしなくても」

あかり「じゃあね、あかりと朝、どっちの方が元気出る?」

朝風「ええっ? 何その質問は」

あかり「どっちかなって思ったから」

朝風「どっちかなって言われてもさ……」

あかり「それじゃあね〜、あかりがいなくなるのと、あかりと一緒に夜だけの世界に行くの、どっちがいい?」

朝風「はぁ?」

あかり「どっちがいい?」

朝風「……そんなの」
848 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 00:07:14.39 ID:it/+o/B20
朝風「あかりと一緒に永遠の闇の世界に行くわよ!」

あかり「そこまでは言ってないよ!?」

朝風「あかりがいなくなるよりは、朝が来ない方がいいわ」

あかり「えへへ〜朝に勝ったよぉ」

朝風「朝に勝ったって変な言い回しねぇ。で、あかりはどうなの?」

あかり「何が?」

朝風「私と一緒に闇に堕ちてくれるの?」

あかり「だからそこまで言ってないって。あかりから言ったことだもん。一緒に行くよぉ」

朝風「あっさりと言うのね」

あかり「決まってるもん。でも、あかりはずっと夜の世界よりも、この世界で朝風ちゃんと一緒にいたいけどね」

朝風「……」

あかり「朝のすっごく元気な朝風ちゃんも、昼のちょっと落ち着いて来た朝風ちゃんも、夜のやる気なくてごろごろしてる朝風ちゃんもね。あかりは好きだから」

あかり「でもあかりがいたらごろごろしないんだっけ。なら、夜はコーヒー淹れてくれる朝風ちゃんだね」

朝風「毎回コーヒー淹れるわけじゃないわよ」
849 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 00:22:46.86 ID:it/+o/B20
あかり「1日の中で朝からお昼になって夜になっていく中で、変わっていく朝風ちゃんのことを見ていたいよ」

朝風「自分から言い出した例えでしょうに」

あかり「あはは、ごめん」

朝風「……私も同じ気持ち」

あかり「そっか。それは嬉しい」

朝風「……ねえ」

あかり「なぁに?」

朝風「こういう話がしたくて私のところに来たの?」

あかり「積極的になるって決めたからね」

朝風「やっぱり、回りくどい」

あかり「うん」

朝風「でも、好き」

あかり「……うん」

朝風(なんだろうな、この雰囲気は。朝の静けさとは違う、夜の静けさだから合っている気がするわ)

朝風(この子といれば、どんな時間のどんな場所でも好きになれそうだわ)
850 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 00:25:12.82 ID:it/+o/B20
今回はここまでです

同じところでも朝と夜では全然雰囲気違いますので、日の光はすごいなと思いますね
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 00:29:29.96 ID:zy5lHgCe0
しっとりと乙
852 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 22:45:00.16 ID:it/+o/B20
開始します
853 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 22:52:15.23 ID:it/+o/B20
あかり「おはようございます〜」

千代田「おはよあかり。なんか眠そうね」

あかり「朝風ちゃんが朝になったら元気になるか見るために、徹夜してたんですよぉ」

千代田「なにそれ。暇なことしてるわね」

あかり「結構楽しかったです」

千代田「眠気でハイになってただけじゃないの?」

あかり「落ち着いてましたよぉ。ふわぁ」

千代田「眠いならほら、こっち来て」

あかり「ふわぁい……」

千代田「千代田が抱っこしててあげる」

あかり「ふかふかですよぉ〜」フニフニ

千代田「んもぉ、そんなことさせるのあかりだけなんだからね」

あかり「千歳さんには?」

千代田「千歳お姉にだってさせないわ。千代田が千歳お姉のでやることはあるかもしれないけど」

あかり「ならさせてあげないと不公平ですよぉ」

千代田「千代田はむしろ、千歳お姉と一緒にあかりにこうしてあげたいんだけどね」
854 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 22:53:14.36 ID:it/+o/B20
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
855 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 22:54:44.70 ID:it/+o/B20
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑☆   大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆◇   ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳    〇三日月
○瑞鳳☆   朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田☆  〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
〇筑摩     〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 〇離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
〇天津風☆◇長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇    〇不知火◇☆木曾
朝風☆
856 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 23:00:05.40 ID:it/+o/B20
千代田「で、朝風は元気になったの?」

あかり「終始割と元気そうでしたけど、日が昇ったらもう眠いから寝るって寝ちゃいました」

千代田「わりと元気そうだったら意味ないじゃない」

あかり「それでも楽しかったからいいんです」

千代田「楽観的というかなんというか」

あかり「細かいことは気にせず楽しく過ごせればそれでいいんですよぉ」

千代田「はいはい、そうですね」

あかり「あかりもちょっと眠ります」

千代田「おやすみ。お昼くらいまで寝てていいわよ」

あかり「さすがにお昼までには起きますよぉ。あかりは1回仮眠取ってますから」

千代田「あらそうなの。じゃあ、起きたら何するか教えて。準備があるならしておくから」

あかり「起きたらですね〜」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>854-855の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>854-855から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>854-855から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>854-855から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>854-855の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:04:07.36 ID:ZedZ2m8fo
4朝風7
858 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 23:11:39.38 ID:it/+o/B20
あかり「ん〜朝風ちゃんもう起きてるかな?」

あかり「朝風ちゃ〜ん」

朝風「くぅ〜……」

あかり「わぁ、まだ寝てたよぉ。朝風ちゃんは本当に徹夜だったもんね」

朝風「……」

あかり「ケッコン指輪と書類、枕元に置いとくっていうのもいいかも?」

あかり「でも付けてほしいよね。じゃあ起きるの待つよぉ」

朝風「すぅ〜……」

あかり「朝風ちゃんは寝るときもお行儀がいいよぉ。いつもの服のままっていうのを除けば」

あかり「そんなに眠かったんだね。やっぱり若葉ちゃんは特別なのかな」

朝風「んぅ〜……」

あかり「これでいつもの朝の分の元気、出してあげられたらいいんだけど」
859 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 23:18:27.21 ID:it/+o/B20
朝風「……ん?」

あかり「ぐぅ〜……」

朝風「ひえっ!?」

あかり「くぅ〜……」

朝風「起き抜けに見たらビビるわねその寝顔。なんでここで寝てるのよ?」

朝風「起きてあかり。起きて〜!」ペシペシ

あかり「んぅ? あれ、朝風ちゃんが起きてる」

朝風「もうこんな時間だからね。なんであかりはここで寝てるのよ?」

あかり「あかりは朝風ちゃんに渡すものがあって来たけど、まだ寝てたから待ってたの。そしたら寝ちゃってた」

朝風「渡すもの?」

あかり「はいこれ」

朝風「えっ、これって……」

あかり「ケッコンしよ」
860 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 23:32:57.33 ID:it/+o/B20
朝風「……」

あかり「ん? どうしたの?」

朝風「いや、いきなりすぎてちょっと頭が追い付かない」

あかり「えへへ〜本当は枕元に置いとこうかとか思ったけど、付けてほしいかなって思って」

朝風「付けてほしいとかそういうのの前に、いや、なんか……ええ?」

あかり「大丈夫、ケッコンしてもそんなに変わらないから!」

朝風「それは大丈夫なの?」

あかり「一緒にいたいって言ったでしょ」

朝風「……」

あかり「それがその証だよぉ」

朝風「……うん。ありがとう」

あかり「指出してね」

朝風「はい」

あかり「よいしょ……っと、はいできた!」

朝風「……なんか、わかんない。本当に急で、頭の中ぐちゃぐちゃだけど……でも、やっぱり、好きだって気持ちだけ強くなったよ」

あかり「ありがとう、朝風ちゃん。これからもよろしくね!」
861 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 23:37:07.65 ID:it/+o/B20
朝風「こういう書類って書いたことないからわからないわ」

あかり「妖精さんがわかればいいから、適当でいいんだよぉ」

朝風「一応提出するものなんでしょ?」

あかり「工廠に行って、ケッコンしたよ〜って言えばしてくれると思う」

朝風「そこはきっちり書くわよ。横着したと思われたくないからね」

あかり「朝風ちゃんはお行儀がいいよぉ」

朝風「他の皆だってやったんでしょ? 私だけやらないのもいやじゃない」

あかり「そうだね」

朝風「だからここ何書けばいいか教えて」

あかり「えと、ここはね〜」

朝風(こうやってあかりに教えてもらうってこともできるしね)

朝風「わかった。ありがと、これで書けるわ」

あかり「うん、それじゃまたね。あかりはこれからどうしよう」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>854-855の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>854-855の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>854-855の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>854-855の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>854-855の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:44:00.46 ID:K6Fep5Q2o
5 陽炎  9
863 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/08(月) 23:54:31.81 ID:it/+o/B20
あかり「眠気も覚めたしお風呂入ろ〜」

あかり「ありゃ、また誰かいる? 千歳さんかな?」

陽炎「あれ、あかり」

あかり「あっ、陽炎ちゃん。またお風呂で会ったね」

陽炎「そりゃあ会うときは会うでしょ。この時間にっていうのは珍しいかもしれないけど」

あかり「陽炎ちゃんお風呂好きだっけ?」

陽炎「好きは好きだけど、好きなものなにって聞かれて答えるほどじゃないわね」

あかり「ほどほどに好きってことだね」

陽炎「ほどほどだけど、今日はなんだかこの時間に入りたい気分になったの」

あかり「何で?」

陽炎「分からないからなんだかって言ったのよ。あかりはなんでなの?」

あかり「あかりもよくわからないけど、入りたくなったんだよぉ」

陽炎「変なところでシンパシーを感じるわ」
864 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 00:09:54.92 ID:hBUoB4Qb0
あかり「さっとシャワーを浴びるよぉ」

陽炎「ふぅ〜……ねぇ、私ってポテンシャルはあるはずなのよ」

あかり「何が?」

陽炎「胸の話」

あかり「はぁ、ポテンシャル?」

陽炎「浜風と浦風があれなんだから、私だって大きくなる可能性を秘めてるでしょ?」

あかり「でも谷風ちゃんとか雪風ちゃんみたいな体からして小っちゃい子もいるよ?」

陽炎「ぐぬ……で、でも私はたっぱはある方だから、ある側で考えて!」

あかり「舞風ちゃんとぬいちゃんはあんまり大きくないよね」

陽炎「でも萩風は大きいわよ! 京子のところにいるのと会わせてもらったの! 磯風も小っちゃくはないし」

あかり「なら秘めてるのかなぁ?」

陽炎「改二になったら愛宕さんくらいおっきくなるわ!」

あかり「う〜ん、そんなにおっきいとちょっと体とアンバランス感が」

陽炎「ということではい」

あかり「はいって?」

陽炎「揉んで」
865 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 00:10:50.31 ID:hBUoB4Qb0
今回はここまでです

陽炎型で一番改二の可能性が高いのはやっぱり雪風なんでしょうかね
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 00:13:41.78 ID:Z3bhjqPhO

雪風は元からスペックが高いから改二は違う艦の方が早そう
改二無くても強い島風、天津風、雪風、秋月型辺りが改二は一番最後じゃないのかな
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 07:15:34.55 ID:no9MoGGL0
乙です
868 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 22:44:10.07 ID:hBUoB4Qb0
>>866
そういえばそうでした
経歴的には一番やりやすそうですが名前が変わるとちょっとあれかもしれませんしね

開始します
869 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 22:54:05.83 ID:hBUoB4Qb0
あかり「何でそこから揉むって話になったの?」

陽炎「ポテンシャルを高めるのよ」

あかり「揉んだら大きくなるって嘘らしいよ」

陽炎「知ってる。でも好きな人なら効果あるって見たよ」

あかり「それもあんまりよくわからないって言ってたけど」

陽炎「ここは黙って揉んどくところでしょ〜」

あかり「はいはい」

陽炎「そんなおざなりじゃなくて! もっと気持ち込めて!」

あかり「はぁい」モミモミ

陽炎「そうそ〜、あぁ〜ポテンシャルが高まって来たわ」

あかり「高まってるのはポテンシャルじゃなくて乳首だよぉ」
870 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 23:11:42.66 ID:hBUoB4Qb0
あかり「ていうか元々艦娘なんだから意味ないんじゃないの?」

陽炎「こうして溜めておくことで、改二になったときに解放されるのよ」

あかり「それは陽炎ちゃんだけの問題じゃないと思うんだけど」

陽炎「んんぅ、あかり、もっと先っぽも触ってよ」

あかり「陽炎ちゃんここ好きだもんね」

陽炎「んっ……大体の人が好きだと思うけど」

あかり「そうかな。あんまりそうじゃない人もいるよ」

陽炎「はずかしっ、から……我慢してるぅ! だけで、きっと感じてるわよほぉ……」プルプル

あかり「陽炎ちゃんはものすごくわかりやすいね」

陽炎「あかりの触り方が上手いから……あっ、も、立ってられない」バシャ

あかり「ああっ、大丈夫?」

陽炎「シャワーの中でこんなふうにへたり込んじゃってるのって、なんかエッチじゃない?」

あかり「その感覚はわからないけど、エッチなのはそれ以前の問題だと思うよぉ」

陽炎「ふふっ、そうだね……シャワーの中でこんな身を寄せ合って……私達の姿がエッチだ。誰も見てないのが残念だね」

あかり「誰も見てないからやってるんだよぉ」

陽炎「ふふっ、ならそのエッチさは私だけのものってことで……」

あかり「エッチさと胸の大きさが関係してるなら、確かに凄いポテンシャル秘めてるね陽炎ちゃんは」
871 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 23:27:54.70 ID:hBUoB4Qb0
千代田「お風呂入ってたの?」

あかり「はい」

千代田「千代田もちょっと肩凝っちゃって」

あかり「ならあかりが肩揉みしますね」

千代田「あ〜ありがとう」

あかり「やっぱり大きいとそうなるんですね」

千代田「艦娘でもこうだから、普通に人間だともっとひどいんでしょうね。それとも鍛えられるのかしら?」

あかり「凝るっていうのはよく聞きますけど、勝手に鍛えられるのは聞きませんよぉ」

千代田「やっぱり大きくても自分には何にもメリットないのよ。他の人は見れて嬉しいかもしれないけどね」

あかり「あはは、運動もしづらいですからね」

千代田「そう、これ言うと見下してるみたいに言われるけど、本当に何もいいことないのよ」

あかり「男の人にモテるくらいですね」

千代田「千代田にとってはそれはデメリットなの!」

あかり「だけど、あかりにもモテますよぉ」

千代田「全然持ててないじゃない」

あかり「えっとぉ」

千代田「手広くするのはいいけど、千代田のことも忘れたら嫌なんだからね?」

あかり「わかってますよぉ、千代田さん。持ってたらちょっと楽になるんでしたっけ?」

千代田「そうね。あかりにモテるってところを見せてもらいましょうか」

あかり「結構重いですよぉ……」

千代田「それが千代田の愛の重みよ。千代田が満足したら解放してあげる」

あかり「え〜、その後どうしようかな」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>854-855の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>854-855の朝風、陽炎以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>854-855の朝風、陽炎以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>854-855の朝風、陽炎以外から1〜3人 施設:>>19の9以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>854-855の朝風、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:34:13.46 ID:Bb2CUL9k0
3 レ級、吹雪、古鷹 1
873 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/09(火) 23:40:34.18 ID:hBUoB4Qb0
あかり「吹雪ちゃん、今日はレ級さんと古鷹さんと部活だね」

レ級「あかり〜今日は暖かいぞ〜」

吹雪「こんにちはあかり」

古鷹「ぽかぽかして気持ちいいですよ、こちらに来ませんか?」

あかり「日向ぼっこもいいですけど、あかりとお出かけしませんか?」

レ級「お出かけ! 行く!」

古鷹「ぜひご一緒させてください!」

吹雪「あっちょっと! 日向ぼっこは!?」

あかり「行きの船でできるよぉ」

吹雪「ということは別の鎮守府に行くんですね」

古鷹「どちらに向かうのでしょうか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
3人と行く鎮守府

1 京子
2 結衣
3 ちなつ
4 綾乃
5 千歳
6 櫻子
7 向日葵
8 りせ
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 00:00:33.18 ID:ULloAuN+0
875 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 00:04:36.36 ID:pvHFHqdQ0
今回はここまでです
次は結衣の鎮守府に行くところからはじめます

そろそろEDまでキンクリを視野に入れておいた方がいいかもしれませんね
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 00:05:25.02 ID:ULloAuN+0


今日は人少なかった?
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 01:44:00.42 ID:bQ8NpWK7O
おつ
878 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 22:45:17.64 ID:pvHFHqdQ0
開始します
879 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 22:49:09.55 ID:pvHFHqdQ0
あかり「結衣ちゃんのところです」

古鷹「結衣ちゃんのところですか」

レ級「結衣〜って強い人?」

吹雪「たぶん一番強い人です。あっ、でも松本さんの方が強いのかな?」

あかり「強くても戦うのはなしですよ」

レ級「え〜ちょっとくらいいいじゃ〜ん」

古鷹「喧嘩しに行くわけではありませんよ」

レ級「ぶ〜」

吹雪「まあまあ、演習という形ならあちらも乗ってくれるかもしれませんし」

あかり「レ級さんでも危ないかも?」

レ級「マジで〜やったぁ!」

古鷹「そこで嬉しがるんですね」

吹雪「日向ぼっこでもこの闘争心は抑えきれませんか……」
880 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 22:55:12.29 ID:pvHFHqdQ0
あかり「結衣ちゃんどうしてるかなぁ」

古鷹「皆さんとケッコンされてますからね。きっとお盛んですよ」

あかり「お盛ん?」

古鷹「今のあかりのような……」

吹雪「古鷹さん! 何言ってるんですかいきなり!」

古鷹「そういうのに刺激を受けてくれたら、私達も嬉しいでしょう?」

吹雪「わ、私も混ぜないでください! 嬉しいですけど……」

レ級「強いやつどんなのいるか楽しみだぞ〜」

あかり「レ級さんは相変わらずですね」

レ級「戦う以外の楽しいこともいっぱい学んだぞ! 日向ぼっことか! あんま楽しくなかったけど」

あかり「楽しくないんじゃないですか」

吹雪「聞き捨てなりませんよ! ほら! 日向がそこにある! ぼこりますよ!」

レ級「おっ、やるか〜!」シュッシュ

あかり「日向ぼっこするっていう意味ですよ今のは」

古鷹「紛らわしいですね」
881 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 23:09:34.56 ID:pvHFHqdQ0
羽黒「あっ、あかりちゃんいらっしゃい」

あかり「こんにちは羽黒さん」

レ級「強い奴?」

羽黒「えっ?」

レ級「ん〜おっぱいおっきいのは強かったり弱かったりするから、あんまり指標にならん!」

吹雪「じゃあなんで見るんですか」

レ級「飛び出てると気になるだろ〜」

古鷹「すいません、この子戦うのが好きでして」

レ級「強い奴とは戦いたいぞ!」

羽黒「はぁ、私はあまり強くはないと思いますよ」

レ級「ええ〜そうなの? じゃあ他の強いの探す」

あかり「羽黒さんだって十分強いと思いますよぉ」

羽黒「うちの中ではですよ。さあ、こちらへどうぞ。結衣が待っています」

あかり「お邪魔しま〜す」
882 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 23:16:41.35 ID:pvHFHqdQ0
羽黒「結衣、あかりちゃん達来ましたよ」

結衣「あぁ、うん。ごめんねあかり、今ちょっと手が離せなくて」カチャカチャ

日向「ふっ」カチャカチャ

結衣「うおっ! 今のは卑怯だろ!」

日向「戦いにおいて一瞬の隙も命とりだと何度も教えただろう」

結衣「わかってるよ。でも今ので倒し切れなかったのが運のつきだね」

日向「そういつまでも優位に立っていると思い込んでいると、足をすくわれるぞ」

あかり「日向さんと格ゲーやってたんだ」

羽黒「あかりちゃんが来るからほどほどにって言ったんですよ?」

結衣「日向が妙に手ごわくなってるんだよ」

日向「時間だけならたっぷりとあったからな。これで結衣を楽しませてやれるだろう」

結衣「私は一方的に圧倒する方が好きなんだ、よっと!」

日向「それ以外の楽しみを教えてやろうということ、だ!」

レ級「お〜互角だ」

吹雪「2人の間の熱気が凄い!」

古鷹「真剣勝負ですね」

羽黒「お友達放り出してやることじゃありませんよ。すいません、あかりちゃん」

あかり「いえ、結衣ちゃんが楽しくゲームやってるの、あかり好きですから」
883 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 23:26:51.81 ID:pvHFHqdQ0
日向「くっ、まだだめか」

結衣「ふぅ、何とか勝てたな」

あかり「お疲れ様」

結衣「うん、最近皆強くなってて普通に焦る」

羽黒「暇あればゲームやってますからね」

日向「ゲームやってないと暇だからな」

古鷹「そう考えるとうちは相当恵まれていますね」

結衣「相当ってレベルじゃなく恵まれてるから。あかりのとこの妖精何人かうちに来てもらえない?」

あかり「妖精さんはどう思う?」

妖精(猫吊るし)「こちらに妖精はいますし、立地条件やら諸々あるので、妖精だけ来ても無意味ですよ」

結衣「うわぁっ!? どっから出てきた!?」

レ級「何で驚いてるの? 普通じゃん」

吹雪「それよりも日向ぼっこというどこでもできて、しかも楽しい遊びがですね」

結衣「ええっ? えっ?」

妖精(猫吊るし)「その反応! その反応が欲しかったんですよ! いやぁ、最近皆慣れちゃって反応してくれないから、寂しくて寂しくて!」

日向「これがずっと一緒にいるのか……」

羽黒「それはいやですね。やっぱりうちはうちらしくいましょう」

古鷹「すいませんね、この子だけなんですよこういうことするの」
884 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 23:40:29.06 ID:pvHFHqdQ0
結衣「あかりは今日遊びに来たの?」

あかり「うん。結衣ちゃんがどうしてるかなって思って」

結衣「見ての通り、ゲーム三昧だよ」

あかり「艦娘の人達もゲーム上手くなったみたいだね」

日向「結衣の遊び相手になってやろうと思ってな」

羽黒「時間が余ったときは、嗜むくらいに」

結衣「嘘ばっかり。1,2争うくらいやってるでしょ」

羽黒「ゆ、結衣!」

古鷹「意外ですね、羽黒さんがそんなにゲームをするなんて」

羽黒「だって、面白いんですもの……」

結衣「私はゲーマーが増えて嬉しいけどね」

吹雪「ゲームばっかりではいけませんよ! 目が悪くなりますからね!」

日向「私達は艦娘だぞ」

レ級「他の強い奴は〜?」

結衣「遊びに来たのはいいけど、具体的に何しよっか?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 強い奴探し
2 日向ぼっこ部の部員勧誘
3 営みについて聞く
4 その他自由に
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 23:44:45.46 ID:Wc6gG7Dko
886 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/10(水) 23:51:39.40 ID:pvHFHqdQ0
吹雪「私が皆さんにゲーム以外の楽しみを教えてあげます!」

結衣「いや、別に知らないわけじゃないけど」

吹雪「あげます!」

結衣「強引だな!?」

古鷹「日向ぼっこ部の事業拡大ですね」

レ級「あんまり楽しくないけどな〜」

吹雪「楽しいですよ!」

羽黒「日向ぼっこは楽しむというより、休憩するときにするものでは?」

日向「楽しいっという感じではないよな」

吹雪「その認識を改めるのです! 我が部に入れば真の日向ぼっこに目覚めることができるのです」

結衣「宗教みたいなこと言い出したぞ!?」

あかり「まあまあ、付き合ってあげて」
887 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 00:04:33.21 ID:2MU5SOHR0
吹雪「おや、あれは」

隼鷹「あ〜? 吹雪じゃん、何やってんの〜?」

日向「隼鷹、また昼間から酒飲んで」

隼鷹「い〜じゃん、酒飲むくらいしかやることないしさ〜? 赤座ちゃんも飲む〜?」

あかり「あかりはまだ未成年ですから」

隼鷹「固いこと言わないで、ほら! 20歳の誕生日迎えたら、いきなりアルコール分解機能が体に備わるわけじゃないんだからさ」

結衣「やめんかバカ隼鷹!」ゴン

隼鷹「いったぁ〜! お星さまが見える〜ってことはもう夜だな! 飲もう!」

羽黒「もぉ、隼鷹さん!」

吹雪「例えばこんな酒飲みも、日向ぼっこに駆り出せばあら不思議」

隼鷹「えっ、ちょ、なに? なんで縛るの!?」

妖精(猫吊るし)「真夏の日差し体感マシン、スイッチオン」

隼鷹「うぎゃ〜! 熱っ、あつぁっ!? 熱い〜!」

吹雪「汗と共にアルコールが体外へと放出され、あっという間に素面になります」

隼鷹「み、みず……」

吹雪「そして今まで浴びるように飲んでいたお酒、ひいては飲み物の大切さというものを学ぶことができるでしょう」

レ級「お〜勉強になるな〜」

結衣「いやそれ普通に拷問だからな!?」

日向「ん? 結衣との営みの話が聞きたい? お前も、随分とまあ毒されたようだな」

古鷹「お互い様だと思いますよ」
888 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 00:05:51.70 ID:2MU5SOHR0
今回はここまでです

寒い時期と暑い時期だとやっぱり寒い時期の方がシーズンになるんですかね
889 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 22:45:09.78 ID:2MU5SOHR0
開始します
890 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 22:55:43.98 ID:2MU5SOHR0
隼鷹「何だったのマジで……」

あかり「すいません、日向ぼっこのことになるとあんな感じで」

結衣「日向ぼっこってレベルじゃねぇぞ」

レ級「強い奴の気配がするぞ〜」ガチャ

羽黒「あっ、そこは大井さんの部屋です」

大井「うふふ……北上さんのパンツと結衣のブラジャー、今日はどっちで……いや、どっちもというのもありですね……」

吹雪「このように穢れた魂の持ち主でも」ガシッ

大井「えっ、吹雪さんなんですかいきなり?」

妖精(猫吊るし)「真夏の太陽体感装置、スイッチオン!」

大井「きゃ、な、なに、太陽……? あぁ、眩しい……こんな、こんな私まで照らし出さないでください……」

吹雪「日の光を浴びれば己の卑しさを自覚し、魂が洗い流されるのです」

レ級「太陽すごいな〜」

結衣「もはやどこからツッコめばいいのかわからん……」

古鷹「なるほど曜日ごとに」

日向「6人いるからな」

羽黒「曜日ごとに担当がいて、残りの1日はお休み……と全員を週ごとに……」
891 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 23:11:52.74 ID:2MU5SOHR0
大井「結衣……汗でベタベタになっちゃったわ……新しいの頂戴、使いたての……」

結衣「今日はお前じゃないだろ」

レ級「もっと強いのいるの?」

吹雪「北上さんの方が強いのではないでしょうか」

北上「呼んだ?」

あかり「わぁっ! 北上さんが急に出て来た!」

北上「なんか騒がしいと思ったら来客か〜見ない顔もいるし。いや、同じ顔は何回か見たけど」

レ級「ん〜? これ強いの?」

北上「えっ、なにこの深海棲艦は? 藻屑に変えられたい願望持ち?」

レ級「やるか〜!」シュッシュ

北上「たまにゃ体動かさないと腐っちゃうか。いいよ、揉んであげる」

吹雪「いえ、ここは日向ぼっこどっちが長く耐えられるか対決で」

北上「体動かすって言ってんでしょ」

レ級「開幕雷撃で終わりだ〜」

北上「こっちの台詞だし」

吹雪「あっ、ちょっと! むぅ〜、鈴谷さ〜ん! 鈴谷さん! 日向ぼっこしましょ〜!」

妖精(猫吊るし)「今ならふなみんのあられもない姿撮りおろし写真集が付いて来ますよ〜」

鈴谷「いやふなみんって誰やねん。わかるけど」

羽黒「あれで結構はずかしがり屋だから、こっちがリードしてあげないといけなくて……」

古鷹「あぁ、そうなんですね。わりと受けなんですね」

大井「そうなんですよ。いつもはあんな調子なのに、お布団の中では乙女そのもので……」

日向「隼鷹は担当の日だけは酒飲まないんだ。キスできなくなるから」

隼鷹「あたしのことはいいだろ!? そ、それよりもそっちの話も聞かしとくれよ」

結衣「やりたい放題だな!?」

あかり「あはは、ごめんね」
892 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 23:28:15.63 ID:2MU5SOHR0
北上「や〜やっぱ久しぶりに体動かすと気持ちいいわ」

レ級「中々やるな!」

北上「あんたもレ級の中でも上等なやつみたいだ」

鈴谷「ちょっとこれどこで撮ったの!?」

妖精(猫吊るし)「企業秘密です」

吹雪「知りたければ今後ともごひいきに」

結衣「マジでどこで撮ったんだよ! なぁ!?」

羽黒「か、数が多いだけあって、そんなに……」

日向「暇にかまけてる私達でもそんなにしないぞ」

隼鷹「最近の中学生は進んでるな〜」

大井「あの顔で、そんな大それたことを……!?」

あかり「……?」

古鷹「私にお鉢が回ってくれば言うことないんですけどね」

日向「数が多いとそういう問題もあるか」

大井「数が多いとそういう問題もあるんですね」

羽黒「め、恵まれてるんですね私達!」

隼鷹「恵まれてるっていうか、何だろうね……」
893 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 23:38:37.13 ID:2MU5SOHR0
あかり「結衣ちゃんがいつも通り元気そうで安心した」

結衣「いつもはこんな元気じゃないんだけどね」

レ級「強い人、また遊ぼうね!」

北上「次は格ゲー上手くなって来てくれると嬉しいな」

吹雪「鈴谷さんから熊野さんに部活に来るように言っておいてください」

鈴谷「それはあかりちゃんに頼んだ方が良さそうだけど」

古鷹「貴重なお話をどうもありがとうございました」

羽黒「いえ、古鷹さんも頑張ってくださいね」

あかり「何をですか?」

大井「貴女がいつも頑張ってること」

あかり「あかりが頑張ってることを、古鷹さんも頑張るんですか?」

古鷹「できればいいなと」

結衣「じゃあまたね、あかり」

あかり「あっ、うん! またね、結衣ちゃん!」
894 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/11(木) 23:55:49.49 ID:2MU5SOHR0
北上「結局何しに来たのあの子ら?」

日向「好き放題騒いで帰って行ったな」

結衣「あかりが京子みたいになってる……」

大井「あかりちゃん自体は特に騒いでなかったと思いますよ」

隼鷹「個性的なのに囲まれて大変だねぇあの子も」

結衣「それに埋もれなくなったって考えると、やっぱり変わったなって思うよあかり」

北上「私の知らないあの子みたいな話されると、ちょい嫉妬〜」

結衣「本当に小っちゃい頃からの幼馴染なんだから、仕方ないだろ」

北上「まっ、私はあの子の知らない結衣を知ってるけどね。あんなところやこんなところまで」

結衣「ええいやめろ、昼間っから!」

羽黒「えと、やめた方がいいですかやっぱり?」

結衣「うん? 羽黒?」

羽黒「昼間からは……だめですか?」

結衣「……羽黒の好きにすれば」

羽黒「はいっ!」

北上「羽黒に甘くな〜い? ねぇ、えこひいきじゃない? えっ、おっぱいなん?」

結衣「日頃の行いだ」

大井「まあまあ北上さん、明日はみんなの日ですから」

隼鷹「汗かいたし風呂で飲み直すか〜」

鈴谷「これ本当どっから撮ったの? というかいつ?」

日向「もう少し研鑽を積んでプロになれるくらいに……」

羽黒「あ、あの、じゃ、あ、こちら、に……」

結衣「羽黒は慣れないねいつまでも」

結衣(あかり、助言聞いてこんな感じになってるけど、これはこれで、幸せだよ。良くないことだとは思うんだけどね)

結衣(はずかしいから直接は言えないけど、ありがとね)
895 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 00:10:18.85 ID:NbxgLwfG0
あかり「レ級さん、あんまり動かないでください」

レ級「くすぐったいもん〜」

あかり「汚れちゃってるんですから、ちゃんと拭かないと」

レ級「楽しかったな〜またやりたいな〜」ブンブン

あかり「あぁ〜! 動かないでくださいって言ってるのに〜」

吹雪「あっ、そういえば私も汗かいてるので拭いてもらいたいです!」

あかり「ええ? 吹雪ちゃんも?」

古鷹「私も、汗だったりなんなりが出ているので」

あかり「古鷹さんもですか?」

レ級「順番だぞ〜」

吹雪「じゃんけんです!」

古鷹「負けませんよ!」

あかり「自分で拭くという選択肢は」

吹雪「ないです」

古鷹「です」

あかり「よね。はぁ、帰り着いたらどうしようかなぁ」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>854-855の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>854-855の朝風、陽炎、レ級、吹雪、古鷹以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18の1以外)
4 アイテムを使う
(艦娘:>>854-855の朝風、陽炎、レ級、吹雪、古鷹以外から1〜3人 アイテム:>>15の7以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>854-855の朝風、陽炎、レ級、吹雪、古鷹以外から1〜3人 施設:>>19の9以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>854-855の朝風、レ級、古鷹、◇のついている艦娘以外から3〜5人)
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/12(金) 00:14:20.19 ID:fhs+Bpf/O
5弥生,暁2
897 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 00:30:10.48 ID:NbxgLwfG0
今回はここまでです
次は弥生、暁とプールに行くところからです

結衣はああ見えて受けという感じなのですが京子も大概そうなので、いざその段になったらどっちも躊躇ってる内に朝になってそうなイメージです
898 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 22:42:52.92 ID:NbxgLwfG0
開始します
899 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 22:47:44.30 ID:NbxgLwfG0
あかり「プール行ってみようかなぁ」

暁「弥生〜早くしなさいよ!」

弥生「待って、もう少し……」

あかり「あっ、暁ちゃんと弥生ちゃん」

暁「あかり!」

弥生「あかり、もプール?」

あかり「うん、2人共プール遊びに来たんだね」

暁「プールサイドで優雅に過ごすのよ!」

弥生「すごくはしゃいでたのに……」

暁「はしゃがないわよ! レディーはプールごとき行きなれてるもの!」

あかり「素直にはしゃいでもいいのに」

弥生「暁だから……」
900 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 22:59:10.17 ID:NbxgLwfG0
暁「ちょっと弥生! その水着は何なの?」

弥生「指定の水着……」

暁「そんな可愛げのない!」

あかり「海行ったときは可愛いの着てたよね?」

弥生「あれは如月が用意したやつだから……あかりに見せる用」

暁「暁と2人だったら競泳水着でいいってこと!? 暁にも見せなさいよ!」

弥生「暁に見栄張っても仕方ない……暁にはまだビキニは似合わないよ」

暁「似合ってるわよ! ねぇ、あかり!」

あかり「あ〜うん、見栄張って大きめの付けてるみたいだけど、ずれてるよ」

暁「えっ、ど、どこ!?」

弥生「見栄を張らずに地に足を付けて行くことも大事……」
901 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 23:11:46.47 ID:NbxgLwfG0
暁「これくらいキツく締めたら大丈夫だもん!」

あかり「紐で止めるタイプでよかったね」

弥生「解けたら大変だけどね」

暁「い、いいわよ別に! あかりと弥生しかいないんだから! レディーは裸見られたくらいじゃどうにも思わないの!」

弥生「腕で胸隠してるのに……」

暁「こ、これはマナーとしてなるべく見せないようにとね!」

あかり「じゃあウォータースライダー行こう」

暁「一番激しいやつ行くの!?」

弥生「暁来るときにやりたがってた」

暁「うぐぐ、いいわよやってやろうじゃないの! 暁のレディー力を持ってすれば、ウォータースライダーなんか恐れるに足りないわ!」

弥生「ちゃんと体に合った水着着てればよかっただけだけど」
902 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 23:28:00.04 ID:NbxgLwfG0
あかり「あかりが押さえててあげるね」

暁「それなら安心ね」

弥生「どうだろう……」

あかり「それじゃあ行くよぉ」

暁「出発よ――」ガクン

あかり「ひゃあっ!?」ズルッ

暁「ひいっ!? あかり、いきなりずれたってか取れた!」ザー

あかり「えっ、な、なに? 勢い激しすぎて聞こえない〜!」

暁「ふひゃっ! ああ、あかり! ダメだって、そんな……」

あかり「ええ〜よくわかんないけど、取れないように頑張って押さえる!」ギュッ

暁「ぴゅいっ!? あ、あかり、はげし、ああっ……!」

あかり「何でやる度に速さとか色々変わっちゃうんだろうこのウォータースライダー!」
903 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/12(金) 23:45:56.82 ID:NbxgLwfG0
暁「ちょっと体冷まして来るわ!」

あかり「ウォータースライダーはダメだったみたい」

弥生「暁はあれでも楽しんでると思うよ……」

あかり「そう?」

弥生「うん……」

あかり「弥生ちゃんも楽しんでる?」

弥生「楽しいよ」

あかり「流れるプール何週目?」

弥生「2桁は行ったかな……」

あかり「ぷかぷか流されてるだけなのに楽しい?」

弥生「暁とあかりの声がするから」

あかり「あかり達の?」

弥生「浮かんで流されてるだけでも、あかりと暁の声が聞こえる……元気で、楽しそうな声。ぼーっとしながら、そういう声聞いてる時間、結構好きだよ」

あかり「そっか、でもおしゃべりも好きなんだよね?」

弥生「うん……」

あかり「じゃあ、行こっか」

弥生「……うん」

弥生(こうしてあかりが手を取ってくれるのもね、楽しみの1つだから)
904 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/13(土) 00:01:49.90 ID:vtPPVSUU0
千代田「帰って来たと思ったらプールに行って、元気ねぇ」

あかり「あかりは元気なのが取り柄です」

千代田「あかりくらいの歳の子は、それくらいが健全か」

あかり「でも毎日これだとちょっと疲れちゃいます」

千代田「たまには休むことも大切よ。体に気を付けないとね」

あかり「寒いですからね」

千代田「そう、風邪ひかないように注意しないと。艦娘はひかないから、移して治すこともできないし」

あかり「移すと治るっていうのは迷信ですから」

千代田「そうなの?」

あかり「それに治るとしても、あかりの風邪を他の人に移して治すなんてことしませんよぉ」

千代田「過激派はあかりからもらった風邪だって、喜んでかかりに来そうだけど」

あかり「か、過激派?」

千代田「とりあえず注意してるならいいわ。じゃ、今日のごほうびをもらいましょうか」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 頭をなでてあげる
2 ふしぎなあめをあげる
3 千歳とも交流する
4 夜も一緒に行動する
5 ××する
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 00:05:50.56 ID:PwmUt1cN0
3
906 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/13(土) 00:17:05.69 ID:vtPPVSUU0
今回はここまでです
次は千歳とも交流する約束をするところからはじめます

ただの風邪でも長引くと事なので気を付けないといけませんね
最近似たようなことばかり書いてる気がしますが、別に他のことを思いつかないわけではないですはい
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 00:44:11.80 ID:PwmUt1cN0
寒波来てますしインフルエンザ本格流行ですから注意喚起はしすぎることはないですよ乙
908 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 22:47:45.39 ID:Io5TxzMO0
昨日はすいませんでした。風邪をひいたわけではないです
今日の終わりに小ネタ追加します

開始します
909 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 22:51:14.48 ID:Io5TxzMO0
あかり「何か欲しいものあるんですか?」

千代田「千歳お姉が最近会えてないって寂しがってたわ」

あかり「千歳さんと、そういえば最近ゆっくりとお話出来てませんよぉ」

千代田「だから寂しがって千代田のところによく来るの」

あかり「千代田さんのところにですか? それは寂しがってるのではなくて、ただ千代田さんに会いに来てるだけでは」

千代田「来たら一度は、最近あかりと会えてない〜って愚痴るのに?」

あかり「それは寂しがってるっぽいですね」

千代田「だから、千歳お姉に会いに行ってあげて」

あかり「それがごほうびなんですか?」

千代田「そうよ。言うこと聞いてもらうって感じでね」

あかり「別にいいですけど……」
910 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 23:00:52.16 ID:Io5TxzMO0
あかり「自分へのごほうびはいらないんですか?」

千代田「お姉が喜ぶなら千代田も嬉しいわよ」

あかり「千代田さんはお姉ちゃん想いのいい妹ですよぉ」

千代田「お姉ちゃん想いっていうのは当たってるけど、それだけじゃないわ」

あかり「はい?」

千代田「あかりだって、いつも他人が喜ぶと自分が嬉しいって言うじゃない」

あかり「あぁ、あかりの真似だったんですね」

千代田「真似って、いや真似なんだけどなんか言い方」

あかり「嬉しかったですか?」

千代田「まだ千歳お姉に会ってないでしょ」

あかり「いいえ。あかりは真似してくれて喜んでますよぉ」

千代田「うん? あぁ、そうね。嬉しいわよ、あかりがそんなに喜んでくれてね」
911 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 23:11:38.22 ID:Io5TxzMO0
千代田「それに今日はもう胸揉んでもらったりしたし」

あかり「他の人はそういうのやった上でごほうびで追加して来ますよぉ」

千代田「……千代田も素直にエッチしとけばよかった」

あかり「何か言いました?」

千代田「別に何も。千歳お姉がこれで元気になるならそれでいいわ」

あかり「元気ないんですか?」

千代田「なくはないけど、千代田があかりの代わりにされてるというか、代わりというかまあ別枠なんだけど、あかりがしないからそうなってるというか」

あかり「ん?」

千代田「と、とにかく! ちゃんと会いに行ってね?」

あかり「わかってますよぉ。ごほうびですから」

千代田「それならよし。じゃあ、明日の秘書艦を決めましょう」

>>このレスから四分後に一番近いレス
明日の秘書艦(>>854-855の☆のついていない艦娘)
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:15:38.48 ID:vJmAqruWO
大鳳
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:15:39.31 ID:ByqMWynQ0
ほっぽ
914 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 23:23:38.69 ID:Io5TxzMO0
あかり「明日の秘書艦は大鳳ちゃんにお願いします」

千代田「大鳳ね、わかったわ」

あかり「今日は秘書艦お疲れ様でした」

千代田「言うほど疲れることなかったけどね」

あかり「そう言われるのはわかってますけど、何となく言っちゃうんですよね」

千代田「千歳お姉みたいに会えなくなっちゃう人もいるし、制度としてはいいと思うんだけどね」

あかり「秘書艦ですか?」

千代田「そう。逢瀬のためにするなら秘書艦って名前はよろしくない気がするけど」

あかり「なに艦にします?」

千代田「別に艦にこだわらなくていいと思うけど」

あかり「昔の名残ということでこのままにしておきましょう」

千代田「そうね、名前はさほど重要でもないしね」

あかり「それじゃあ、おやすみなさい千代田さん」

千代田「おやすみ、あかり」

あかり「明日は忘れないように千歳さんに会いに行かないとね。さてと、これからはどうしようかな?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 寝る
2 誰かの部屋へ行く
(>>854-855の〇のついている艦娘以外)
3 散歩
(鎮守府の中 or 外)
4 執務
(>>17)
5 バー
(>>854-855の朝風、陽炎、レ級、吹雪、古鷹、弥生、暁以外から1〜3人)
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:27:37.63 ID:ByqMWynQ0
3外
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:27:40.31 ID:KuxDiWZPO
2朝風
917 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 23:35:01.07 ID:Io5TxzMO0
あかり「ふええ〜やっぱりお外は寒いよぉ」

あかり「夏だと涼しくていいんだけどね〜」

あかり「はぁ〜息が白い」

あかり「でもこういうときだから、お外に出るのが乙っていうやつなんだよね!」

あかり「もうちょっと頑張ってお外に出てよっと」

あかり「夜風を背中に受ける。いい大人っぽいよぉ!」

あかり「と思って出たはいいけど、どうしようかなぁ」

↓1 コンマ

0〜30 何も起きない
31〜50 妖精からアイテムを貰う
51〜70 艦娘の誰かと遭遇
71〜98 艦娘の誰か達と遭遇 
ぞろ目 見覚えのない艦娘と遭遇
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:35:30.90 ID:Ielh8fEZO
えい
919 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 23:43:55.49 ID:Io5TxzMO0
あかり「はぁ〜カイロが暖かいよぉ」

あかり「コンビニで暖かいものでも買って帰ろうかな?」

あかり「わざわざ寒い中行くっていうのがいいんだよね!」

あかり「雪は降らないけど、体感的にそれくらい寒い。これはポイントが高いよぉ」

???「何の?」

あかり「大人ポイント。大人っぽさのポイントだよぉって、誰?」

>>このレスから四分後に一番近いレス
(>>854-855の朝風、陽炎、レ級、吹雪、古鷹、弥生、暁以外から2〜5人)
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:47:55.24 ID:ByqMWynQ0
川内、夕立、白雪、大和、島風
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/14(日) 23:48:05.91 ID:5yiB3JtQO
神風、舞風、イムヤ、天津風、如月
922 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/14(日) 23:55:19.06 ID:Io5TxzMO0
あかり「あれ、いない?」

川内「それは残像だ」

あかり「川内さん!? 残像すら見えませんでしたよぉ」

川内「あと後方注意」

あかり「えっ?」

夕立「ぽ〜い!」ガバッ

あかり「きゃあっ!? 夕立ちゃん!?」

夕立「私とケッコンするっぽ〜い!」グリグリ

あかり「夕立ちゃん、痛いって」

白雪「もう、夕立さん。がっつきすぎですよ」

大和「ほら、離れてください」ヒョイ

夕立「あ〜!」

島風「大丈夫? お姉ちゃん」

連装砲ちゃん「きゅ〜う」クイッ

あかり「あぁ、ありがとう連装砲ちゃん」
923 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 00:11:21.69 ID:HmdIw+yt0
あかり「皆集まって何してたんですか?」

川内「夜戦場で戦ってて、帰ろうとしたらあかりが見えたから追っかけて来たの」

あかり「だから服がボロボロなんですね」

白雪「夜戦場は演習弾を使うので、服だけがボロボロになるんですよね」

夕立「私はあんまり当たってないからボロくないっぽい!」

島風「大和のデカいの一発当たったでしょ〜」

大和「その大和は集中砲火を受けてましたけどね」

川内「なんだかんだで全員ボロボロってわけよ」

あかり「寒くないんですか?」

川内「今まで運動しっぱなしだったからねぇ。体の火照りを冷ますのにはちょうどいいよ」

島風「私はいつもこんな感じだし〜」

あかり「それは考えた方がいいと思うな」

連装砲ちゃん「きゅきゅ〜」

大和「この格好だとコンビニはさすがに……鎮守府の敷地からも出られませんね」

白雪「少し興味はありますけどね……」

夕立「何の興味?」

川内「火照り冷まそうって言ってるのに、火照らせたら意味ないでしょ。ということで鎮守府の敷地内をちょっと散歩しましょ」

あかり「あっ、はい」

川内「……戦いの火照りを鎮めるのは、夜風の寒さよりも人肌の温もりだけどね」

白雪「……」

夕立「ぽ〜い……」

あかり(よくわからないけど、寒気が強くなった気がするよぉ)
924 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 00:13:30.43 ID:HmdIw+yt0
今回はここまでです

夜に歩き回るのは好きですが、やはり今の時期よりも夏の方がいいですね
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 00:14:26.68 ID:eqEPDw1Io
小ネタは?
926 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 00:26:23.96 ID:HmdIw+yt0
すいません忘れていました
↓1で埋め用の小ネタ追加します
いつも通りifでも他鎮守府の話でもエロでもOKです
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 00:32:08.20 ID:YNXrZKFPo
>>739の続きで
増えまくったあかりに輪姦されるイムヤ
928 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 22:45:35.16 ID:HmdIw+yt0
開始します
929 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 22:59:06.89 ID:HmdIw+yt0
あかり「いつも夜出歩いてるんですか? そんな格好で?」

大和「今日はあかりがいたから特別!」

川内「まあ別に私はどうも思わないけどね」

夕立「私も〜」

白雪「私は思わないわけではありませんが……」

島風「私はいつもとそんなに変わらないもんね」

連装砲ちゃん「きゅう!」

あかり「それさっきも言ってたけど、どうにかした方がいい気がするね。うぅ」ブルッ

川内「マフラーを半分貸してあげよう」グルッ

あかり「あぁ〜ありがとうございます川内さん」

川内(確保したよ、どうする?)ボソッ

夕立(このままやっちゃうっぽい!)

白雪(いえ、ここはどこかに連れ込んでですね……)

大和(学校で肝試ししようとか言って、それぞれで脅かしついでに……)

島風(寒いから連装砲ちゃんとコンビニ行って来てほしいなぁ)

>>このレスから四分後に一番近いレス
あかりの処遇

1 このまま全員でする
2 学校で肝試しついでにそれぞれで
3 連装砲ちゃんとコンビニへ
4 その他自由に
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 23:03:55.02 ID:okc01Psoo
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/15(月) 23:12:01.70 ID:KnZCc72jo
島風以外ヤバいw
932 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 23:16:34.41 ID:HmdIw+yt0
島風「お姉ちゃん、コンビニ行こうとしてたんだよね?」

あかり「うん」

島風「じゃあ連装砲ちゃんと行って来て」

川内「ちょっ!? 島風!?」

夕立「何言ってるっぽい!?」

あかり「連装砲ちゃんなら行っても大丈夫だよね」

連装砲ちゃん「きゅう〜!」

大和「連装砲ちゃんだけで大丈夫では……」

白雪「そ、そうですよ! 連装砲ちゃんはお利口ですから!」

島風「え〜こんな夜中だし危ないよ。お姉ちゃんもね。連装砲ちゃんがいれば悪いのが出てきても倒せるし、お姉ちゃんがいたら連装砲ちゃん達が迷子になることもないよね」

あかり「そうだね。じゃあ、あかり行ってくるよぉ。行こう、連装砲ちゃん」

連装砲ちゃん「きゅ〜!」

川内「あぁ! 島風、どういうつもりなの!?」

島風「みんな本当に頭冷やした方がいいと思うよ。5人同時とか連続とか、お姉ちゃん死んじゃうから」

夕立「そんなことないよ! 私達でやったときはできたもん!」

大和「えっ?」

白雪「えっ?」

夕立「ぽい?」

川内「んもぉ〜せっかく、暖め合おうと思ってたのに〜」

島風「会う度そういうことばっかりしてたら飽きられちゃうよ。たまにはかけっことかしないと!」

大和「島風さんはたまにではないと思いますけどね」

夕立「とにかく談話室にでも行ってるっぽい。あとあかりに買って来てほしいもの連絡するよ〜」

白雪「いやあの、夕立さんさっきの話を詳しく……」
933 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 23:28:24.16 ID:HmdIw+yt0
連装砲ちゃん「きゅ〜」ギュッ

あかり「皆でくっついて暖めてくれてるの? ありがとね」ナデナデ

連装砲ちゃん「きゅう〜」

あかり「連装砲ちゃん達が軽くなっててよかったよぉ」

連装砲ちゃん「きゅう!」

あかり「でもコンビニの人びっくりしないかなぁ。連装砲ちゃんのこと見て」

連装砲ちゃん「きゅきゅ〜」

あかり「なぁに? 心配するなって言ってる?」

連装砲ちゃん「きゅ〜う」

あかり「そういえば街に出ても何も言われないもんね。大丈夫だよぉきっと」

連装砲ちゃん「きゅきゅきゅ」ポンポン

あかり「えっ? なに? あかりの方が言われるかもしれないって言ってるの? あかりはこう見えて提督だから大丈夫だよぉ!」

連装砲ちゃん「きゅ〜」

あかり「もう何度も夜に行ってるからね。心配せずにさあ行くよぉ!」
934 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/15(月) 23:44:55.19 ID:HmdIw+yt0
あかり「ふえ〜暖かいよぉ」

連装砲ちゃん「きゅ〜……」

あかり「あっ、スマホが……夕立ちゃんからだ」

夕立『聞こえてるっぽい?』

あかり「ぽいよぉ」

島風『連装砲ちゃん達も全員いる?』

連装砲ちゃん「きゅ〜」

あかり「3人ともいるよぉ」

白雪『大和さんが軽食を作ってくれているので、デザートが欲しいです』

あかり「デザートね。コンビニのデザートって種類いっぱいあるよね〜」

夕立『この時間でもまだあるの?』

あかり「結構あるよ〜どれがいいかな〜」

川内『マグ……いや、タマゴだ』

あかり「今デザートの話してるんですよ?」
935 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 00:04:48.78 ID:MdsVlULa0
あかり「暖かいものいる?」

白雪『今お茶飲んでますけど、まだおでんってあります?』

あかり「おでんはあるみたいだよぉ」

夕立『肉まんは〜?』

あかり「もうないかな」

夕立『ちぇ〜』

島風『私タマゴ〜』

川内『あっ、それ私のネタ!』

あかり「ネタとかじゃないですから。そうだ、大和さんにも何か欲しいものあるか聞いてください」

白雪『はい。大和さん……お醤油が切れそうなので、あれば買って来てほしいとのことです』

あかり「なんか違う感じするけど、大和さんっぽいよぉ」

夕立『お肉〜牛筋〜!』

川内『大根は当然いるよね。あと白滝とこんにゃくも』

白雪『薬味は味噌がいいですね』

島風『汁多めにしてね!』

あかり「はいはい」

連装砲ちゃん「きゅう〜!」

あかり「アイスとかお菓子も買いたいの? 連装砲ちゃん達もここまで来てくれたから、好きなの買っていいよ」

連装砲ちゃん「きゅう〜きゅう〜!」

川内『お菓子! そうだ、プッキー買って来てよ! ゲーム的なあれするから!』

白雪『お茶出てますし、米菓の方が。というか大和さんの軽食が出るんですよ?』

夕立『食べられなかったら明日食べればいいっぽい! あっ、私ねあれ食べたい! ポイってつくグミ!』

島風『私はね〜あのソーダとかコーラの味するソフトキャンディーがね〜』

白雪『はいなんでしょうか大和さん? お酢もあれば買って来てほしいらしいです』

あかり「注文が多いよぉ! あかりが持って帰るってこと忘れてないよね!?」
936 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 00:28:05.22 ID:MdsVlULa0
あかり「ただいま〜」

連装砲ちゃん「きゅうう〜」

大和「お帰りなさい、あかり」

川内「おっかえり〜スシは?」

あかり「ありませんよ。おでんです」

夕立「おっでん〜おっでん〜」

あかり「寒い中歩いて来たから、ちょっと冷えちゃってるよぉ」

大和「温め直すわね」

島風「連装砲ちゃん、アイスは冷蔵庫に入れとかないと。暖房効いてるからね」

連装砲ちゃん「きゅ〜」フヨフヨ

白雪「お疲れ様です。暖かいお茶をどうぞ」

あかり「これであかりも大人ポイント高まったよぉ」

川内「まだ言ってるのそれ」

大和「温まりましたよ」

夕立「おでん〜!」

島風「タマゴ〜」

川内「こんにゃくは私のだからね!」

あかり「残り買い占める勢いで買いましたから、喧嘩しないでください。あっ、あかりもちょっと食べますからね」

大和「完全に思考があちらに行ってましたが、冬の夜をこんなふうに暖かく過ごすのもいいものですね」

白雪「ええ、そうですね……」

大和「でもやっぱり、ちょっとはしたかったなって気持ちが……」

白雪「分かりますけど抑えましょう、今くらいは」
937 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 00:30:37.68 ID:MdsVlULa0
今回はここまでです

コンビニのおでんはだいぶ汚いそうですが、家で作るのもめんどくさいしということでたまに買います
でも調べたら家で作る派が一番多いみたいですね。言うほどめんどくさくないのかもしれません
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 00:41:16.38 ID:0gR10UVWo
乙 最近は蓋付きのおでんもありますがどうなんでしょうね
939 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 22:47:40.96 ID:MdsVlULa0
>>938
まあコンビニで買う以上は蓋をしていても衛生面は捨ててるようなものですからね

開始します
940 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 22:56:07.32 ID:MdsVlULa0
あかり「ていう感じで昨日の夜は遅くまでおでんパーティーだったの」

大鳳「楽しそうなことしてますね……」

あかり「大鳳ちゃんも来たかった?」

大鳳「行けるならそうしたいところでしたが、あまり人数が多くなりすぎるのもよくないですからね」

あかり「談話室だと全員は集まれないからね」

大鳳「私はまた別の機会に。空母の集まりなど、またいらしてください」

あかり「うん、また行きたいね」

大鳳「皆さん待っていますからね」

あかり「最近落ち着いて話せてない人も多いからね〜」

大鳳「私は毎朝のランニングがあるのでまだマシですね」

あかり「大鳳ちゃん達にはよく会うね。でもそれ以外でもお話したいよぉ」

大鳳「では今日は秘書艦ですし、色々とお話しさせていただきますね」
941 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 22:56:34.27 ID:MdsVlULa0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100未満。☆は秘書艦経験済み)
防空棲姫
942 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 22:57:29.19 ID:MdsVlULa0
※現在のあかり鎮守府の艦娘+深海棲艦(好感度100以上。☆は秘書艦経験済み。○は交流済み、◇はケッコン済み)
〇蒼龍☆   〇叢雲☆  〇白雪☆
〇加賀☆   ○山雲    足柄
〇扶桑☆   大和◇    〇ビス子☆◇
千歳      〇熊野    ○古鷹
神通☆◇   ○浜風    駆逐棲姫☆◇
〇文月     〇大鳳☆   〇三日月
○瑞鳳☆   朝潮☆◇   〇秋月☆
〇夕立     千代田☆  〇瑞鶴☆◇
名取☆     〇卯月    〇春雨☆◇
〇那珂     酒匂     〇川内
球磨☆     〇島風    ○金剛
○山城     〇舞風☆◇ 〇五月雨☆◇
〇筑摩     〇伊168☆◇〇伊良湖
〇間宮     〇武蔵    吹雪☆◇
〇如月☆◇ 〇若葉    天龍☆
〇プリンツ☆◇北方棲姫 〇離島棲鬼☆◇
〇陽炎☆    Bep     大鯨
〇戦艦棲姫  浦風     〇葛城☆
〇飛龍     〇明石   伊58
〇鳳翔     〇霧島   〇青葉☆
〇雲龍     谷風☆   〇神風☆◇
〇天津風☆◇長門☆   愛宕☆
弥生☆◇   暁☆◇   レ級☆
Z3☆◇    〇不知火◇☆木曾
朝風☆◇
943 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 23:12:11.21 ID:MdsVlULa0
大鳳「色々と遊び場はありますが、どうにも目的というものが見つけられないんですよね」

あかり「目的?」

大鳳「体を鍛えていますが、鍛えてどうするのかというのがわからないという感じです」

あかり「あ〜」

大鳳「艦娘なのでアスリートを目指すのはさすがに気が引けますし」

あかり「探せばきっと順位を競うよりも、走りきるのが大事みたいな大会もあるよきっと」

大鳳「そうでしょうかね」

あかり「絶対! それにほら、ただ山登りするだけなら別に競争とかじゃないでしょ?」

大鳳「登山は体力もそうですが知識も必要になりますからね。とはいえ、それも艦娘なので環境適応能力は高いのですが」

あかり「艦娘でもきっとエベレストを裸で登るのは難しいと思うよぉ」

大鳳「難しい以前にはずかしいですよ! なんで裸なんですか!」

あかり「あはは、でもそんな感じで艦娘の体でも大変なことってあると思うよぉ。だから、そういうのを目標にしたらいいんじゃないかな?」

大鳳「ではまず富士山から」

あかり「裸で?」

大鳳「登山用の服で! もう、それはいいですから今日の予定を聞かせてください」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>941-942の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>941-942から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>941-942から1〜3人 アイテム:>>15
5 施設を利用する
(艦娘:>>941-942から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>941-942の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/16(火) 23:16:11.10 ID:l9j0MemHO
4朝風1
945 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 23:27:02.49 ID:MdsVlULa0
朝風「朝から元気出せるわ〜!」

あかり「おはよう朝風ちゃん」

朝風「あぁ、おはようあかり」

あかり「今日は元気だね」

朝風「夜更かししなかったからね」

あかり「やっぱり夜寝るのが元気の秘訣かぁ」

朝風「当たり前でしょ。ちゃんと寝ないと元気も何も出ないわ」

あかり「じゃあ、元気な内にはいこれ」

朝風「なにこれは?」

あかり「ふしぎなあめだよぉ」

朝風「えっ、これが?」
946 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/16(火) 23:37:33.53 ID:MdsVlULa0
あかり「神風ちゃんから話聞いてた?」

朝風「聞いてたけど……そういえば私まだ練度1だ」

あかり「副作用が酷くなるやつだよぉ」

朝風「無理して練度上げたって意味ないわ。改二はまだだし」

あかり「でももっと元気になるよぉ」

朝風「別に私元気になりたくなってるわけじゃないし……」

あかり「きっとなりたくなるくらい元気になるよぉ」

朝風「それはそれで怖いけど……あぁわかったわよ!」パクッ

あかり「さてと、マッサージしよっか」

朝風「何でよ!?」

あかり「副作用出る前にはじめておいた方がいいかなって」

朝風「副作用が出る前にって、なっ、はぁっ……!」

あかり「朝風ちゃんは早いね」
947 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 00:04:27.34 ID:nPbY1VtQ0
朝風「な、なるほど、これは確かに……」

あかり「神風ちゃんも辛そうにしてたよぉ」

朝風「それをマッサージでやわらげようってわけね……」

あかり「うん、気を紛らわすためにあかりはいるんだよぉ」

朝風「……紛らわすっていうか、そうしたくてたまらなくなってるんですけど?」

あかり「マッサージされたくて?」

朝風「わかってるんでしょ……?」

あかり「……さすがにね。あかりも色々覚えちゃったから」

朝風「なら、私が本当にしてほしいマッサージがどんなのかも、わかる、でしょ……?」

あかり「うん……いい?」

朝風「もうそれ以上のことだってやっちゃってるでしょ……」

あかり「そうだね、わかった」スッ

朝風「あっ、ま、待って……」

あかり「どうしたの?」

朝風「後ろ、行って……顔、見られたくないから……」

あかり「見られたくないの?」

朝風「はずかしい、でしょ……」

あかり「ん、朝風ちゃんがそうして欲しいなら……」

朝風「んっ……」ピクッ

あかり「あかりがマッサージしたあと、いつも1人でしてるの?」

朝風「いい、いつもじゃな、はぁっ……」

あかり「あかりに言ってくれればいいのに」

朝風「言えるわけっ、あぁ……ないでしょ……! はずかしくて、我慢してるぅふぅ……」

あかり「もうバレてるんだから、隠さなくてもいいよぉ」

朝風「バレてたたって、はずかしいもんはぁっ、はずかしいのよ……んんぅ……!」

朝風「私だって本当は、ここ、マッサージしてって……脱いじゃいたく、なって、るぅ……!」

あかり「なら、今までの分も今やっちゃおうね」

朝風「あぁっ、はぁぁぁ……!」ビクビク
948 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 00:07:44.02 ID:nPbY1VtQ0
今回はここまでです

かなり初期の方に決まったマッサージ上手い設定ですがコンマで取ってもらったんですよね
これがなかったらネタを思いつかなくてエタっていた可能性もあるので、取っていただいた方には感謝しきれませんね
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 05:07:47.53 ID:qH+pg0JW0
遅れましたが乙です

あと、お味噌汁が凄く美味しいんですよね!
950 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 22:46:09.28 ID:nPbY1VtQ0
>>949
そちらはあまり活かせていませんのでそろそろまた料理ネタ推しで凌ぐという手も……

開始します
951 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 22:56:26.02 ID:nPbY1VtQ0
朝風「はぁ、はぁ……朝から、元気なくなった、じゃない……!」

あかり「しばらくしたらすごく元気になるよぉ」

朝風「なんか、危ない薬みたい……みたいというかそのものだけど」

あかり「これで練度最大だね」

朝風「ええ……そういえば、私練度1なのにケッコンしてたわね」

あかり「妖精さんが練度関係なくできるようにしてくれたんだよぉ」

朝風「妖精色んな物ぶち壊しすぎでしょ……」

あかり「妖精さんだからね」

朝風「はぁ……まあいいわ。落ち着くのを待つ」

あかり「元気になるようにマッサージ」

朝風「もっとなくなるからやめなさい! また今度にして」

あかり「今度していいの?」

朝風「……機会があればね」

あかり「なら機会を作るよぉ。さてと……」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>941-942の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>941-942の朝風以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>941-942の朝風以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>941-942の朝風以外から1〜3人 施設:>>19
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>941-942の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/17(水) 23:00:25.93 ID:WpDnDbubO
5不知火9
953 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 23:10:24.52 ID:nPbY1VtQ0
あかり「あかりもちょっと疲れたからお風呂〜」

あかり「あら、また誰か入ってる? この服は、また陽炎ちゃん……じゃないね。リボンが赤いからぬいちゃんだ」

不知火「人の脱いだ服をまじまじと見るのはやめてもらえますか?」

あかり「わっ、ぬいちゃん。もう上がったの?」

不知火「濡れてるように見えますか?」

あかり「見えない」

不知火「そういうことです」

あかり「服脱いでどこ行ってたの?」

不知火「誰かが入って来たので確認しに行ったんですよ。入れ違いになりましたが」

あかり「脱衣所も広いもんね〜」

不知火「規模が大きすぎるんです、色んな面で」
954 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 23:21:35.46 ID:nPbY1VtQ0
あかり「最近はいつもの時間以外にお風呂に行くと、陽炎ちゃんとよく会うの」

不知火「よく話していますよ。浦風がうちとの約束は忘れたのかって怒ってましたが」

あかり「あ、あかりはドラム缶のお風呂にはあんまりいい思い出がないから……」

不知火「約束したなら守ってあげてください。もうずいぶん前になるんでしょう?」

あかり「もうだいぶ前になるねぇ」

不知火「プリンツさんにされてるように、超過料金を徴収されますよ」

あかり「な、何で知ってるの!?」

不知火「むしろ気づかれていないと思っていたんですか? あんなに頻繁にやってたら誰だって気づきます」

あかり「そ、そうだったんだ……」

不知火「皆何かの理由を付けて同じようにしようと画策していますよ」

あかり「画策しちゃってるの!?」

不知火「無理な約束はしないようにした方がいいですよ」

あかり「プリンツさんのはあれ、約束っていうかプリンツさんの心構えの話でね!」
955 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 23:29:33.08 ID:nPbY1VtQ0
あかり「ぬいちゃんサウナ入るの?」

不知火「入ります」

あかり「好きなの?」

不知火「それなりに」

あかり「なんか意外だよぉ」

不知火「天津風は入りたがりませんけどね」

あかり「元々体温高いからねぇ」

不知火「あかりんは付き合ってくれますか?」

あかり「いいよぉ、一緒に入ろ!」

不知火「どちらが長く入っていられるか勝負です」

あかり「あかり負けないよぉ!」
956 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 23:43:52.53 ID:nPbY1VtQ0
あかり「ふええ〜」

不知火「もう音をあげたんですか? まだ3分も経ってませんよ?」

あかり「ラーメンできるから十分だよぉ」

不知火「うどんは5分です」

あかり「ならもうちょっと頑張るよぉ」

不知火「よくわからなくなっていますね」

あかり「ぬいちゃんは何分行けるの?」

不知火「1時間は」

あかり「ええっ!? 脱水状態になっちゃうよぉ」

不知火「若葉さんは24時間いても大丈夫と言ってました」

あかり「若葉ちゃんはとりあえずそう言ってみる子なんだよぉ」

不知火「ですが実際長く入り続けると、脱水症状が起きてしまいますからね。もう少ししたら出ましょうか」

あかり「おうどんできるまで待つよぉ」

不知火「作ってませんから」
957 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/17(水) 23:55:34.96 ID:nPbY1VtQ0
不知火「上がったらちゃんと体を冷やして、水分を取ってください」

あかり「ああ〜水風呂が気持ちいいよぉ」

不知火「急に暑いのと冷たいのが変わると入ると体に悪いので、徐々に入っていってくださいね」

あかり「ん〜……」

不知火「それに入り過ぎても風邪をひくので、まだ寒くなる前に出てください」

あかり「ぬいちゃん意外にサウナ通だね」

不知火「せっかく住んでいる場所にあるんですから、学んだだけですよ」

あかり「そうやって楽しもうとしてるの、いいと思うよ」

不知火「そう、ですか」

あかり「もうちょっと顔に出してくれるともっと嬉しいかも」

不知火「それはあかりんが表情を読めばいい話ですから」

あかり「でも、今は楽しそうだなってわかるよ。顔赤いもん」

不知火「それはサウナのせいですよ」
958 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/18(木) 00:13:08.01 ID:3f/tq4aU0
あかり「ぬいちゃん先に上がっちゃったけど、あかりはどうしようかなぁ」

千歳「サウナから上がったのなら、水分補給をした方がいいですよ」

あかり「千歳さん!」

千歳「飲みますか?」

あかり「お酒じゃないですかそれ!」

千歳「幾ら私でも朝からお風呂でお酒飲んで過ごしたりしませんよ。容器だけで中身は水です」

あかり「あっ、そうなんですね」

千歳「それに私が飲みますかと聞いたのは、こっちです」プルン

あかり「出ないでしょそれは!」

千歳「あかりが頑張って吸えば出る気持ちになるかもしれません」

あかり「気持ちの問題じゃありません!」

千歳「それで、お風呂上がらないんですか?」

あかり「昨日の千代田さんのごほうび、千歳さんに会いに行くことでしたから」

千歳「そうでしたか。まったくあの子は、余計な気を回して」

あかり「ここで会えましたし、今からは千歳さんとの時間です」

千歳「せっかく千代田が作ってくれた機会ですからね。では何をしましょうか」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 お風呂から上がって涼む
2 千歳に愛でられる
3 千代田と2人がかりで愛でられる
4 その他自由に
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 00:17:19.54 ID:Ay3wqMXGo
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/18(木) 00:17:25.17 ID:xfHGfxwU0
1
961 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/18(木) 00:24:26.76 ID:3f/tq4aU0
今回はここまでです
次は千代田と千歳に愛でられるところからはじめます

10分くらい耐えたみたいに書こうとして普通どれくらい入るのか見てみたら、10分前後って書いてたので修正しました
10分って結構長いですしサウナの暑さだとそれくらいになっちゃうんですね
962 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/18(木) 22:46:03.19 ID:3f/tq4aU0
開始します
963 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/18(木) 22:56:03.49 ID:3f/tq4aU0
千歳「千代田、入るわよ」

千代田「どうしたの千歳お姉、とあかり」

あかり「こんにちは千代田さん。ちゃんと約束守りましたよぉ」

千歳「お風呂でばったり会っただけですけどね」

あかり「会わなくても行ってましたから!」

千代田「ちゃんと守ってくれたならそれでいいわよ」

千歳「サウナで喉乾いたでしょうから、私はお茶淹れて来ますね」

千代田「いや、千歳お姉との交流がごほうびなんですけど?」

千歳「ちょっとお茶淹れる時間くらいいいじゃない」

あかり「暖かいのですか?」

千歳「冷たくも美味しいお茶ですよ」

千代田「さすがにお風呂上りに暖かいお茶はないわよ」
964 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/18(木) 23:08:21.91 ID:3f/tq4aU0
あかり「ん?」

千歳「どうかしました?」

あかり「このお茶、ふしぎな味がしますね」

千代田「冷たいからかしら?」

千歳「温度も味に関わって来る重要な要素ですからね」

あかり「温度がどうこうというよりも……」

千代田「なんかこれ……」

千歳「……」

あかり「千歳、さん……これ、何入れました?」

千歳「何も入れてませんよ。何で淹れたかを気にするべきですね」

あかり「やっぱり……高速修復材ですねっ……!」

千代田「ちょっ、千歳お姉!?」

千歳「あかりに効果があるとわかりましたので、使わない手はないかと」

あかり「うぅ〜」

千代田「ち、千代田にも効いてるんだけど!?」

千歳「私にも効いてるから大丈夫」

あかり「だいじょばないですよぉ……!」
965 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/18(木) 23:44:56.80 ID:3f/tq4aU0
あかり「普通に遊ぶとかできないんですか……」

千歳「すいません、久しぶりなものなので」

千代田「お姉ったら頭の中がピンク過ぎるわ」

千歳「そういう千代田だって服脱いでるじゃない」

千代田「こ、これは高速修復材のせい!」

千歳「そういうことにしておいてあげる」

あかり「はぁ、はぁ……」

千代田「あかりが苦しそうよ……」

千歳「そうね、まずはあかりを楽にしてあげましょうか……」スッ

あかり「んっ、うぅ……!」ピクッ

千歳「高速修復材の効果もあるんでしょうけど、随分敏感になりましたね……開発されちゃってます」

千代田「ちょっと触っただけで、そんなにもぞもぞしちゃうの?」

あかり「しちゃい、ますよぉ……もぉ、2人共あかりよりもだいぶ大きいのに、何でそんなに、あかりの、あっ……」

千歳「大きさの問題ではありませんから。小さくてもしっかりと自己主張しようとする、この可愛らしさが好きなんですよ」ツンツン

千代田「うん、しっかりとツンって立ってて……可愛い」ペロッ

あかり「ああっ……!」

千歳「くすっ……千代田ったら、私に譲ったくせにそんなにがっついて」

千代田「だって……」

千歳「2人で愛でてあげましょう。私達の最愛の人を……」レロレロ

千代田「うん……!」チュッ

あかり「んっ、あああっ……!」

千歳「ふふっ、随分前になるけど、あかりと一緒に私の部屋のお風呂に入っていて、こういうことしちゃいそうになったのを球磨さんに止められたことがある」

千代田「んぅ……なに、急に?」

千歳「その頃だったら千代田にも止められただろうなって」

千代田「いつの頃か知らないけど、だいぶ前だって言うならそうなのかもね」

千歳「それが今では2人でおっぱいを舐めて……こんなところを弄っちゃって……」クチュ

あかり「んんんっ……!?」ビクン

千代田「……変わるものね、こんなにも」スッ

あかり「んぅ、んん〜……!」

千歳「ええ、よくもここまで変わったものだわ……」

あかり「ふぅ〜……ふぅ〜……!」プルプル

千代田「あかり、すごい顔してる……」

千歳「最初は嫌ってさえいたこの子のこんな顔を見て、こんなにも愛情とか劣情があふれ出て来るようになるなんて……」

千代田「女の子にこんなことして、こんな顔や表情を見て……こんなにも興奮するなんて……きゅんきゅん来るなんて……」

千歳「本当に、思いもよらなかったことね……」

あかり「あぁっぁ……」

千代田「あかり、もう……」

千歳「千代田、ここ……」

千代田「んっ……」

千歳「とりあえず、1回……すっきりしておきましょうね。その後は、私達を」

千代田「お願いね、あかり」

あかり「〜〜〜っ……!」
966 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 00:00:15.88 ID:7MUBG95K0
大鳳「お風呂入って来たんですよね?」

あかり「う、うん」

大鳳「それにしては何か匂うような……」

あかり「あ、あかり臭い!?」

大鳳「いえ、そういうわけでは……それになんだか髪の毛などが乱れて……」

あかり「乾かし方が足りなかったのかな!」

大鳳「……まあ深くは聞かないことにします」

あかり「ありがとう……」

大鳳「まあとにかく、お風呂に入るのはいいことですが、あまり長く入りすぎるのもそれはそれでいけませんからね」

あかり「そう長くは入ってないんだけどね」

大鳳「湯冷めには気を付けてください。では、お昼からどうします?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 艦娘との交流
>>941-942の〇のついている艦娘以外)
2 執務
>>17
3 外出
(艦娘:>>941-942の朝風、不知火以外から1〜3人 or あかり1人 行く場所:>>18
4 アイテムを使う
(艦娘:>>941-942の朝風、不知火以外から1〜3人 アイテム:>>15の1以外)
5 施設を利用する
(艦娘:>>941-942の朝風、不知火以外から1〜3人 施設:>>19の9以外)
6 ケッコンアピール
(艦娘:>>941-942の◇のついている艦娘以外から3〜5人)
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 00:04:15.83 ID:eVDrIvUKO
3イムヤ3
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 00:04:16.55 ID:G4FgCki80
1球磨
969 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 00:12:13.51 ID:7MUBG95K0
今回はここまでです
次は伊168と街に出るところからです

千歳は1人だけ好感度マイナススタートでしたがいつの間にかこんな感じに
ファーストコンタクトが最悪だとデレるとすごいというあれですかね
970 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 22:47:15.62 ID:7MUBG95K0
開始します
971 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 22:56:32.82 ID:7MUBG95K0
伊168「お風呂入ったのに外出するの? 湯冷めしない?」

あかり「もう大丈夫だよぉ」

伊168「そう、それならいいけど」

あかり「伊168ちゃんはちゃんと服着替えてね」

伊168「はいはい」

あかり「家の中は暖かいからいいけど、外は寒いからね」

伊168「それが理由?」

あかり「それも理由」

伊168「イムヤだって常識はわきまえてるから、ていうか街に出るのはじめてじゃないし」

あかり「街で何しようかな〜」

伊168「相変わらずのノープランかぁ」
972 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 23:16:09.91 ID:7MUBG95K0
伊168「雪降らないねぇ」

あかり「富山は雪かき必要なくらい降るんだけどねぇ」

伊168「夕立が雪降れってテルテル坊主を逆さづりにしてたわ」

あかり「それは雨が降っちゃうんじゃないかな?」

伊168「雨が凍ったものでしょ雪って」

あかり「そうなの?」

伊168「それは霰だったかしら?」

あかり「曖昧だねぇ」

伊168「まあなんか降ってきてるっていうのは変わりないし、大丈夫よきっと」

妖精「……」

伊168「雨の日はドライブしづらいから嫌い?」

あかり「激しいと前見えなくなるもんね」

伊168「水で滑ることもあるしね。それは雪が降るくらい寒いのも一緒だけど」

あかり「この時期は安全運転を心がけてね」

妖精「……」コクリ

伊168「いやいつでも心がけてないとダメだから。で、どこに行くの?」

あかり「どこ行こうかなぁ。イムヤちゃんはどこかある?」

伊168「今の時期だと水着安いかなぁ」

あかり「そもそも売ってないんじゃないかな」

伊168「まっ、水着以外の服を増やすのもいいでしょ」

あかり「うん! いいと思うよぉ!」

伊168「そこけっこう食いつくよねあかり。妖精は?」

妖精「……」

伊168「コーヒー飲みたいって。どっかの喫茶店でも入る?」

あかり「それもいいねぇ。あかりは〜う〜ん、せっかくだし服着てるイムヤちゃんと街を歩きたいかな」

伊168「いつも全裸みたいな言い方やめて。そうやって適当に服屋とか喫茶店探すのもいいかもね」

あかり「どうしよう?」

>>このレスから四分後に一番近いレス

1 服屋
2 喫茶店
3 街を散策
4 その他自由に
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 23:20:49.65 ID:MEG5Ec3Vo
4正月だし着物屋で晴れ着でも
974 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 23:30:47.31 ID:7MUBG95K0
妖精「……」

あかり「服屋さん着いた?」

伊168「いや、服は服だけどここ……どう見ても呉服屋じゃないの!」

あかり「着物売ってるところだっけ?」

伊168「そうよ、着物屋! イムヤ普段着買いに来たんだけど?」

妖精「……」

伊168「正月だからって晴れ着とか着ないから! 新成人じゃあるまいし!」

妖精「……」

伊168「まあ1着くらいは持ってていいかもだけど」

あかり「あかりも気になるし行くだけ行ってみようよぉ」

伊168「冷やかしになりそうで気は進まないけどね」
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/19(金) 23:34:56.23 ID:E1/vrZb5O
結構晴れ着グラ実装されてる艦娘も居るしヘーキヘーキ
976 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/19(金) 23:51:29.30 ID:7MUBG95K0
あかり「わぁ〜綺麗な着物がいっぱい!」

伊168「反物買っても仕立てられないしなぁ。鳳翔さんならできるかしら?」

あかり「着物自分で作れるの?」

伊168「じゃなきゃその着物はどうやってできてると思ってるのよ」

あかり「そっかぁ、そうだよね。機械なんかない時代からずっと伝わって来たものだもんね」

伊168「今は機械製も多いでしょうけど、お店に並んでる品物だって、誰かが作ったものだってことはちゃんと覚えておかないとね」

あかり「作ってくれてありがとうございます」

伊168「着物に向かって言ってどうするの。ていうか買うの?」

あかり「買わないけど、綺麗だなって思ったからお礼を言ったんだよぉ」

伊168「もぉ、よくわかんないわよ」

あかり「あっちの方も見てみよぉ!」

伊168「あぁ、あんまりはしゃいで汚したら弁償代高いわよ!」
977 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/20(土) 00:23:57.48 ID:7MXXgonK0
あかり「ふええ〜お高い〜」

伊168「今のあかりなら買えるでしょ?」

あかり「買えるけど手が震えるよぉ」

伊168「貧乏性ね。まっ、いずれできなくなるんだから、庶民の感覚を残しておくことは大事よ」

あかり「お、帯だけ買わせていただきます〜」

伊168「帯だけ買ってどうするのよ」

あかり「お代官様ごっこ?」

伊168「万はする帯でやることじゃないわね。せめて使い道ありそうな草履とかにしとけば?」

あかり「ん〜……えっ、試着? い、いいですよぉ、見てるだけで。実際に着てみないとわからない?」

伊168「いやあの、えっと」

伊168(冷やかしに来たとは言いづらいわね……)

あかり「本当に大丈夫、あ〜!」

伊168「しょうがない、か……」



あかり「うぅ、動きづらい……」

伊168「そう? 水着に比べればまあそうだけども」

あかり「全身合わせて3桁マンだよぉ……」

伊168「そっちの意味でか。でも似合ってるわよ。着付け以外にも髪も弄ってもらった?」

あかり「う、うん。なんかこれでは空気になっちゃいそうだからって」

伊168「むしろだいぶ特徴的な気がするけどね」

あかり「えへへ、イムヤちゃんも可愛いよぉ。そっちも髪弄ってもらったでしょ?」

伊168「ええ、まあね」

あかり「髪留めよく似合ってる。でも」

伊168「うん、イムヤ達にはまだ早いかな」

あかり「もっと子供向けのも置いてればよかったんだけどね」

伊168「これはこれで貴重な体験をさせてもらったわ。たまには水着以外の服を着るのもいいものね」

あかり「こういうの着るのは成人式まで待つことにするよぉ」

伊168「レンタル頼んだのに来てくれないかもね」

あかり「それ今シャレにならないからやめよう」

伊168「ただ冷やかすっていうのもなんだし、小物でも買って帰りましょ」

あかり「あっ、じゃあその髪留め。すごく似合ってるから買ってあげるよぉ」

伊168「いいの?」

あかり「うん! 今日は2人で晴れ着を着たっていう思い出も残るしね!」

伊168「ありがとう。これ万するけどね」

あかり「うっ……い、今は庶民の感覚は忘れるよぉ」

伊168(こんなばか高い晴れ着でってことは滅多にないでしょうけど、一緒の服を着て、似合ってる似合ってないって言い合ったりして……)

伊168(服を着るのって案外楽しい)
978 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/20(土) 00:28:56.45 ID:7MXXgonK0
今回はここまでです
次は次スレになります

高いところは高いようですが、わりと安価で済ませられることもあるんですね
例のあそこはだいぶ高かったみたいですが、高いところの方を使ってるとしたら適正価格だったんですかね
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 00:34:49.27 ID:h0k14P6tO

なおそのバカ高い晴れ着を深海棲艦との戦いで破きまくる限定グラ艦娘ェ…
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/20(土) 00:36:49.75 ID:AmUk4fuBo
乙です
個人的にはづほとか大和の晴れ着グラ好きだなあ
981 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/20(土) 23:45:01.31 ID:7MXXgonK0
>>979
お風呂入ったらたぶん直るので安心ですね

>>980
>>1はアイオワと秋津洲ですかね

次スレです
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1516458661/
982 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/21(日) 22:58:07.59 ID:CiWDe6TT0
開始します

青葉の取材旅行2弾(1弾がごらく部だったので生徒会)から開始します
983 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/21(日) 23:07:02.33 ID:CiWDe6TT0
あかり「すいません、杉浦先輩。急にお邪魔して」

綾乃「だ、大丈夫よ……」ガクガク

青葉「どうかなさいましたか?」

綾乃「べべ、別に何でもナイナイナイアガラよ!」

青葉「何でそんなダジャレを言うのかがまず非常に気になりますね」

綾乃「ダジャレ? 何のこと?」

あきつ丸「綾乃は無意識で言ってるから、聞いても無駄であります」

あかり「なんですよね」

あきつ丸「ちなみに震えてるのは、取材なんか受けるのははじめてだから、緊張してるからであります」

綾乃「ちょっとあきつ丸!? なんでバラらすのよ!?」

あかり「そんな大げさなものじゃありませんから。雑誌やテレビに出るわけでもないですし」

青葉「戦史には乗りますが、青葉の個人的興味のためっていうところも大きいですから」

綾乃「それでも私注目されるの苦手なのよ〜」

青葉「生徒会副会長ですよね?」

あきつ丸「こういう子なのであります」
984 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/21(日) 23:22:15.55 ID:CiWDe6TT0
青葉「最初は戦えてなかったというのは、ちょっといただけないですね〜」

綾乃「しょうがないじゃない! いきなりこんなところに連れて来られて、戦えとか言われて戦えるわけないでしょ!」

熊野「普通の中学生の女の子が、ですわよ。それを考えれば致し方ないのことですわ!」

青葉「その後しっかりと戦うようになってからは、うちより戦果をあげていらっしゃる」

叢雲「そっちの司令官が平和主義なのもあるけど、遅れを取り戻すためにこっちも頑張ったのよ」

あかり「さすがですね杉浦先輩!」

綾乃「ま、まあ、赤座さんと歳納京子と2人の艦娘達のおかげだし……」

陸奥「ふふっ、そこは感謝しないとね」

翔鶴「その頃はまだ私はいなかったですからね」

青葉「結果として挙げた戦果で最初の分は帳消しですね」

神通「元々上の方からは何も言われてなかったみたいですから」

武蔵「どうやらあの先生はトップとも繋がりがあるようだからな」

あかり「西垣先生、一体こっちで何をしてたんだろう……」

綾乃「やたら爆発物作るだけの先生じゃなかったってことね」
985 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 00:00:57.27 ID:Nhinavac0
あかり「あっ、すいません。あかりちょっとおトイレに……」

綾乃「場所はわかる? 私が案内してあげるわ」

あかり「ありがとうございます〜、すいません」

青葉「お気になさらず」

あきつ丸「生理現象でありますから」

青葉「さて、お2人も行ったことですし、青葉の個人的興味の話をしましょうか」

武蔵「個人的興味?」

青葉「皆さん綾乃ちゃんとどこまで進んでるのか」

あきつ丸「なっ、す、進んでる!? 何を言うでありますか!」

青葉「いや〜それだって生理現象じゃないですかぁ〜」

あきつ丸「ははは、破廉恥であります! そんなのプライベートもプライベートでありますよ!」

陸奥「うふふっ、でも気になっちゃうわよねそこ。青葉達の鎮守府はお盛んらしいから」

熊野「綾乃よりも幼い女の子になんてことしますの!」

武蔵「一歳しか違わんし、綾乃も十分幼いけどな」

翔鶴「きっかけはそう、貴女達の鎮守府がそんな感じになってるって話を、生徒会の皆と話したことだったかしら」

叢雲「綾乃も思春期だし、興味ないわけじゃなかったみたいだからね。でも最初は苦労したわ」

青葉「ほうほう……」

あきつ丸「な、なんで話す流れになってるでありますか!」

熊野「いいではありませんの。あまり大っぴらに口にできませんから、わたくしこうやって惚気話というの一度やってみたかったんですわ!」

あきつ丸「う、う〜……」

青葉「はじめてはあきつ丸さんだったんですか?」

あきつ丸「ええ、まあ……本当に最初はものすごくはずかしがっていて、裸になるのも無理だから下着姿で一緒に寝て……」

青葉「わりとはずかしがりですよね、綾乃ちゃん」

神通「本当はかなり人見知りする子なんです。それなのに、人前に立って頑張ろうという姿がいじらしくて……」

あきつ丸「それから徐々にブラだけ取って、パンツも脱いで……裸で抱き合うだけで済ませ期間も長くて、それもそれで幸せな気分でしたが、欲求的には不満で……」

青葉「徐々にステップアップして行ったんですね〜」

叢雲「そっちはどうだったのよ?」

青葉「たぶんキスくらいはしてたでしょうけど、くす……あめで理性失ったときにしたのがはじめてみたいですよ」

翔鶴「今何を言いかけたんですか?」

青葉「お気になさらず。続けてください」

あきつ丸「抱き合ってるところから、少し手でなでたり……体を動かして、胸を、こう、押し付けたり、触れ合わせたり……して、していく内に、段々と綾乃も慣れて来たというか、我慢できなくなったみたいで……」

あきつ丸「最後は、本当に小さな声で、「して」と言って、自分の手を取って……そのときに顔が忘れられず……ってああもう、これくらいにするであります!」

青葉「はいどうもありがとうございました」

陸奥「まあその後も結構大変だったのよね。綾乃ったら自分でもしたことないのに、そんな味を覚えちゃったからね。思春期の子のあれは想像以上だったの」

熊野「落ち着かない様子でずっと過ごしていたからわけを聞いてみたら、むらむらが止まらないと言うので、わたくしがお相手してさしあげました」

神通「はずかしいし、こんな気持ちになるのは情けないとか、自分は変態なのかって悩んでたみたいですけど、普通のことだと言い聞かせながらしていたんです」

陸奥「私はそういう気持ちを汲んで、したそうだな〜って思ったらこっちからやってたんだけど、最後は自分から言ってくるようになって。自分でスカートたくし上げて言うのよ。可愛いでしょ」

武蔵「驚いたのは。誰に何回されたのかちゃんと覚えていて、後からその分だけ返して来たところだな。よく数えていたものだ」

青葉「きっと、綾乃ちゃんにとっては、むらむらの解消以上の意味があったんですよ。皆さんとの行為には」

翔鶴「そうですね。きっと、あの子にとって大事なことだったんでしょう」

青葉「貴重なお話をどうもありがとうございました!」

叢雲「まっ、私達もこうして話せる機会を待ってたところあるしね」

青葉(話したって綾乃ちゃんに言ったら顔から火を噴きそうですけどね)
986 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 00:09:36.46 ID:Nhinavac0
千歳「うちに取材言うてもそんなおもろい話聞けんで?」

五月雨「特に目立った戦果も挙げてませんからね」

あかり「あかりと一緒に最後戦ったじゃないですか」

千歳「ほとんど赤座さんとこ任せやったから」

あかり「そんなことないですよぉ」

青葉「戦果的な話は二の次ですから」

千歳「そうなん? 戦史まとめるんやなかったん?」

青葉「そうですけど、そうじゃないんですよ」

五月雨「よくわかりませんね」

千歳「とりあえずみんなのところにご案内や。五月雨」

五月雨「はい、こちらで、ぶっ!」ズルッ

あかり「だ、大丈夫!?」

青葉「五月雨さんはこちらでもドジ、っと」
987 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 00:25:15.70 ID:Nhinavac0
青葉「戦果としては最終決戦の件がありますが、正直微妙なところですか」

霞「しょうがないわ。最初の頃はこのアホが、事あるごとに鼻血出してまともに指揮も取れなかったもの」

千歳「だって危険なシチュエーションて色々妄想が捗るやんか」

龍驤「指揮取るときはそっちに集中しといてほしいわ」

雪風「でもなんだかんだで最後まで生き残れました! それは千歳のおかげです!」

千歳「皆が強かっただけや。うちはそない大したことしとらんよ」

初春「謙遜も激しいと嫌味になると言うておろうに。しかし、あかりに比べればそうなってしまうのかのう」

あかり「あかりだってみんなに助けられてただけだし」

五十鈴「素直に自分の手柄だって誇ればいいのに。消極的な子達だわ」

伊勢「それが日本人の美徳ってやつさ〜」

青葉「こうして艦娘に慕われている提督に悪い人はいませんよ」

千歳「うふふ、ありがとう」
988 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 01:06:47.29 ID:Nhinavac0
雪風「あかりぃ! 天津風ちゃん達は元気にしてますか?」

あかり「うん、元気だよぉ」

初春「若葉のやつは息災か? 何やらですそーすとやらが何とかと言っておったが」

青葉「あかりが話に気を取られていますので、今お聞きしましょう」

千歳「ん〜? なに?」

青葉「どうなんですか、皆さんとは?」

千歳「どうって?」

青葉「とぼけないでくださいよ〜」

千歳「そんなプライベートなことまで戦史に書くん?」

五月雨「さすがにそこまでは書かれたくないんですけど」

青葉「これは青葉の裏戦史に書くのでお気になさらず」

五十鈴「それは戦史なの?」

青葉「夜の戦史です。うちのは昼夜問わずですけど」

伊勢「そいつは聞くにたがわずお盛んなこって」

千歳「うちはやることにはやっとるけど、そこまで頻繁にはやらんよ」

青葉「そうなんですか?」

五十鈴「まあ、ね。この子妄想好きでしょ? シチュエーションにこだわるのよ」

千歳「シチュエーションは大事なことやで! ただ単にするだけよりも盛り上がる!」

霞「そのするだけってのだって、立派なシチュエーションでしょ! 変なところ凝り過ぎなのよあんたは!」

伊勢「そうそう、シチュエーションとか考えずにやりまくりたいもんな霞は」

霞「は、はぁ!? バカなこと言わないでよ!」

五月雨「だから何とかお眼鏡にかなうシチュエーションを作ろうと、私達自身が考えなくてはならなくて」

青葉「意外に千歳ちゃんが上位なんですね」

五十鈴「提督だからね」

千歳「そんなん気にしとらんって言うとるやん。ただ、ずっと他の人のことを思ってばかりおって、自分のこと想うとる人のことに気づかんかったから」

千歳「皆がうちにどういう想いを持ってくれとるんか、それが知りたいだけや」

霞「そう言って霞のときは千歳からやって来たくせに!」

千歳「それは霞の気持ちがわかっとったからや。五十鈴のこともな」

五十鈴「……あのホテル、高級な癖にお風呂場の防音がしっかりしてないのがいけないのよ」

五月雨「出遅れましたが、私も何とかシチュエーションを考えてしました!」

青葉「ちなみにどんな?」

五月雨「えっ、えっと……私がドジを踏んで、転んでばかりいるから矯正しようとして……千歳の前まで歩いて行くっていうトレーニングをしてて」

千歳「目の前までこれたところでこけて、うちのこと押し倒してまうんよ。で、上手く歩くこともできないって泣いてまう五月雨を慰めるためにって、流れ」

青葉「事前に打ち合わせてやったんですかそれ?」

五月雨「プレゼンさせられるんですよ! はずかしいのに、どうされたいかまで全部言わされて!」

伊勢「あれは本当はずいからやめてほしいわ」

千歳「どうせするんやから同じやろ。雪風なんか素直に何でも言ってくれるで、なあ?」

雪風「はい! 雪風は大体、回りくどいのよりすぐにしちゃうのが多いです!」

千歳「雪風は本当に真っすぐに来てくれるから好きやで。初春はどっちかというと、うちに強引にされるんが多いかな」

初春「べ、別に被虐趣味とかではないぞ! わらわから誘うなどプライドが許さんだけじゃ!」

千歳「そんな感じで、みんなの趣味もわかってくるからいい手法やと自分では思うとる。楽しいしな。なんかシリーズみたいになっとるのもあって」

青葉「ふふっ、物書きとしてはストーリー立てているというのは、興味をそそられますね」

あかり(何の話をしてるんだろう?)
989 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 01:09:00.70 ID:Nhinavac0
まだ途中ですが時間が時間なので一旦ここで終わります
さすがに何度も安価で取ってもらうのも悪いので、次はこの続きからになります

前にも言いましたが各鎮守府の事情は中々書けないので、ちょっと長めになってしまいます
他の小ネタとのレス差がついてしまって申し訳ありませんがご容赦ください
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 01:09:48.20 ID:FYPLacOVO
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/22(月) 21:05:23.41 ID:/wXPA8BGo
濃厚なゆるゆり分を補充できたし
続きも期待
992 :残レス数少ないので直で開始します  ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 22:45:51.62 ID:Nhinavac0
櫻子「私に取材!? いいね、目の付け所が!」

あかり「皆にやってるんだけどね」

鬼怒「戦史編纂のため?」

青葉「ええ。それと個人的興味のため」

鬼怒「ん?」

櫻子「櫻子様の武勇伝を幾らでも聞かせてあげるよ!」

あかり「櫻子ちゃんは結構戦ってそうだよね」

櫻子「当然! 百戦レンガだよ!」

鬼怒「練磨ね」

櫻子「向日葵なんかよりよっぽど戦果あげてるからね!」

青葉「その辺も含めてお話聞きましょうか」
993 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 22:58:37.69 ID:Nhinavac0
青葉「深海棲艦を最初に仲間に引き入れたのは、こちらだと聞きました」

櫻子「そうだよ。ソラが最初」

空母棲姫「まさかあんな行動を取ってくるとは思わなかった」

あかり「ほっぽちゃんが正気に戻れたのも、櫻子ちゃんそのとき投げたダメコンを拾ってたからですしね」

利根「しかしまあ、本当に無茶をしたというか、なんというか」

夕張「下手したらそのまま死んでた可能性もあったのに」

櫻子「何を〜! 私は泳ぎだって得意なんだぞ! あの程度で溺れるわけないだろ!」

潮「そういうことじゃありませんよ……」

日向「だがそのおかげで戦力的に助かったのも事実」

翔鶴「はい。ソラには随分と助けられました」

空母棲姫「命を助けられてここに来たんだ。それくらいは当然だ」

青葉「あの終戦方法を導くきっかけになったということですね」

鬼怒「大本を辿ればそうなるのかな」

櫻子「どうだ! すごいだろ!」

あかり「さすがだよぉ、櫻子ちゃん!」

青葉「戦史にも書き記しておきましょうね」
994 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 23:30:30.94 ID:Nhinavac0
櫻子「う〜ん、お茶が切れたな。あかりちゃん、お願い」

あかり「あかりが持ってくるの!? いいけど」

青葉「ではあかりもいなくなりましたし、個人的興味の話を」

櫻子「なになに? 私の好きな食べ物とか知りたい?」

青葉「食べ物ではなく、好きな人のことを知りたいですね」

櫻子「好きな人?」

鬼怒「ちょ、ちょっと青葉!」

櫻子「好きな人ね〜まあ、うちの艦娘のことは皆好きだよ」

青葉「ほう、直球ですね」

櫻子「直球? 好きな人のこと好きって言っただけじゃん」

利根「まったく、こやつは……」

青葉「スキンシップとかは取られているんですか?」

櫻子「うん。鬼怒、こっち来て」

鬼怒「いやな予感するけど……」

櫻子「大体おっぱい揉んでる」ムニッ

鬼怒「やっぱり〜!」

青葉「おっぱいを」

櫻子「うん。潮が級に触れるとブラが型崩れするとか言ってうるさいからさ〜、普段はみんな上着ずに過ごしてるんだよ」

潮「急にがってやられるとそうなっちゃうんですよ!」

青葉「それにしてもノーブラにすればいいだけでは?」

櫻子「なんか直接触んないと満足できないってさ〜めんどくさいからじゃあ最初から脱いどけってことになったの」モミモミ

鬼怒「んんっ……さ、櫻子、ちょっと……」

空母棲姫「来客のときは着させるだけの良識はあって助かったよ」

利根「吾輩にまでさせるからのう」

櫻子「利根だってあるし、むしろ自分からしろって言ってくるじゃん」

利根「こ、こら! 青葉の前で変なことを言うでない!」

日向「私は着衣の下に差し込まれるのも嫌いではないが」

夕張「私はどっちかというとそっちが……」

翔鶴「お2人共、少し自重をなさってください」

空母棲姫「翔鶴は全部曝け出して掴まれる方が好きだからな。私もそうさせられたとは、裸で過ごしていた時期があるからか、そちらの方が慣れている気がする」

潮「しょ、翔鶴さんそうだったんですか?」

翔鶴「ちっ、ソラさんも変なこと言わないでください!」

鬼怒「そ、その前に、櫻子が変なことしてるの、とめっ、ああぁっ……!」

櫻子「おっぱい揉んだ後は、下の方に……」

鬼怒「だ、だめっ! そっちは本当に今だめだから!」

櫻子「ええ〜なんでだよ〜いつもはちゃんといくまでやれって言うくせに」

鬼怒「今は本当に駄目なの、ね?」

夕張「あかりちゃんが実演形式で教えたせいで、人前でやることにも抵抗がなくなってしまってですね……」

青葉「あかりが実演で教えたんですか? それはまた……」

鬼怒「人前でするなって言ってるでしょ!」

櫻子「教えてくれたあかりちゃんとこのだし、別にいいだろ〜!」

あかり「お茶持って来ましたよぉ。って、どうしたんですか?」

青葉「あかりが各方面に影響を与えているんだなということを再確認していました」
995 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 23:46:03.59 ID:Nhinavac0
向日葵「取材ですの?」

あかり「そんなに大袈裟なものじゃないから」

青葉「戦史を纏めているんです」

飛鷹「なるほどね。とは言っても、うちは目立った戦果はあげてないからなぁ」

向日葵「櫻子との小競り合いに時間を取られ過ぎました」

あかり「あはは、それでもソラさんのいる櫻子ちゃん相手に、勝ってたし実力はすごく高かったよね」

向日葵「当然ですわ。どんなに強力な兵がいても、指揮官がおバカでは宝の持ち腐れですもの」

飛鷹「櫻子ちゃんも最後の方はそんな悪くない感じになってたけどね」

青葉「演習の話も重要な戦史ですから。お聞かせ願います」

向日葵「構いませんわ。せっかく来てくださったのですから、おもてなししませんとね」

あかり「あっ、お構いなく〜」

飛鷹「もう用意しちゃってるから構わせてよ」

青葉「ども、恐縮です」
996 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/22(月) 23:55:56.64 ID:Nhinavac0
比叡「演習は私達が勝ち越したと思いますよ」

瑞鳳「櫻子がちゃんとしだしてからは、ちょっと危ういところもあったけど逃げ切ったわね」

向日葵「あのまま続いていても、わたくし達が負けることはあり得ませんでしたわ」

青葉「ふむふむ、切磋琢磨し合っていたんですね」

朧「お互い戦術の何たるかを知るのにはいい機会だったと思います。最初はどちらも素人だったので」

鳥海「いきなり実戦に出るのは、危ないですからね」

あかり「あかりいきなり実戦でしたけど……」

長門「そこまで敵が展開していない海域なら、大和がいれば安心だからな」

向日葵「目立ったことはできませんでしたが、それでもちょくちょく出かけて戦果は挙げていましたわ」

鳥海「これ、纏めです」

青葉「おおっ! これは丁寧にまとめられていますね!」

向日葵「自分達が行ったことの記録ですもの。しっかりと残しておきませんとね」

あかり「……」

比叡「だ、大丈夫ですよあかりちゃん! 比叡もあんまり手伝えてませんでしたから!」

飛鷹「胸張って言わないの」
997 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/23(火) 00:43:09.41 ID:KU2XJchg0
青葉「では青葉の個人的興味の話をしましょう」

向日葵「なんですの?」

青葉「艦娘の皆さんとはどうですか?」

向日葵「どう、って?」

青葉「いやですねぇ、言わせないでくださいよ」

飛鷹「青葉! それはちょっと不躾でしょ!」

青葉「だって気になるじゃないですか。女の子ですもの」

あかり「何の話ですか?」

向日葵「……お付き合いしていますわ、皆と」

飛鷹「向日葵!?」

向日葵「褒められたことではないのはわかっていますわ。けれど、私は隠したくありませんの。皆のことを好きでいることを」

朧「向日葵……」

青葉「櫻子ちゃんとはまた違った意味で直球ですね」

あかり「あっ、もしかして櫻子ちゃんにもそれ聞いてたんですか?」

青葉「千歳ちゃんと綾乃ちゃんにも聞きましたよ」

あかり「あんまり踏み入ったこと聞いちゃだめですよぉ」

向日葵「いいんです。ちょっとだけ、誰かに聞いて欲しいなという気持ちもありますから」

向日葵「比叡はいつも頑張り屋で、なんにでも一生懸命で。空回りしてもめげずにやり遂げようとするところが素敵ですわ。いつも元気を貰えますの」

比叡「ひえ〜! 面と向かって言われるとはずかしいですよ」

向日葵「瑞鳳は玉子料理へのこだわりもそうですが、好きなものには思い入れの強い子です。私のことも本当に大事にしてくれますの」

瑞鳳「そ、そうね、玉子料理よりは好きよ、うん」

向日葵「朧は誰かの役に立とうと頑張る子。それは、誰かが苦労するよりも自分がという奉仕の心からですわ。だから私は朧に感謝しつつ、役に立ってもらった分を返してあげているんです」

朧「向日葵相手には、その、甘えられちゃうので……」

向日葵「鳥海は私のことをよく見ていて、欲しいと思ったときに欲しいものを出してくれます。けれどあまり自分のことは言わないので、私も鳥海をよく見て欲しいものを出せるようにしています」

鳥海「向日葵のことはずっと見てきているので、分析ができているんですよ」

向日葵「長門は大人の女性としての気品や風格があって、正直憧れていますの。けれど、存外可愛いところもあるというのが魅力的ですわね」

長門「向日葵も風格は立派な大人の女性だよ」

向日葵「そして飛鷹は……いつも私の側にいて、私を励まして、叱って、導いてくれた……パートナーですわ。私はこれからどんなことがあっても、飛鷹と共に歩みたいと、そう思っておりますの」

飛鷹「……そんなの私だって一緒だし」

向日葵「そんなふうに皆を愛していますの。その気持ちに嘘はありませんから、胸を張って言えますわ」

あかり「向日葵ちゃん、堂々としてる……」

青葉「う〜ん、青葉は夜の話を聞きたかったんですけどね〜」

向日葵「よっ……! そ、それは、愛し合っているのですし、そういう経験がないわけではありませんが……それは主題ではないと言いますか……」

瑞鳳「そっちみたいに朝から晩まで股の乾く暇がないような状況じゃないの!」

あかり「ど、どういう意味?」

青葉「やることはやってますが、欲に囚われてるわけではないということですか」

向日葵「無論、赤座さんの艦娘達も愛情が高じてそうなっているのだということは理解していますが、その、私にはまだ、早いというか……」

比叡「自分の体のことコンプレックスなんですよね! だからあまり体を晒したがらないんです」

長門「バカ比叡! オブラートに包め!」

向日葵「だ、だって、皆すごくスタイルよくて! 私なんておっぱいが大きいだけでそんな、あれですので……」

長門「その身体でそんなこと言うと敵を作るぞと言ってるだろう。ほら見ろ、あかりがものすごく微妙な表情をしている」

飛鷹「そんな感じで思春期特有の体の悩みとかあるから、期待してるようなことはそれほどないのよ……それほど」

青葉「なるほど、おっぱい大きいから性欲強いとか迷信ですからね。向日葵ちゃんが1番真っ当に恋愛しているのかもしれませんね」
998 : ◆aIl2cyLheeQT [saga]:2018/01/23(火) 00:52:19.38 ID:KU2XJchg0
あかり「後は会長さんのところですね」

青葉「あ〜、あそこはあそこでもう戦史纏めてそうですからね〜」

あかり「それは確かに」

青葉「それにりせちゃんは艦娘と関係結ばなそうですし。西垣局長がいるから」

あかり「はい?」

青葉「いえ、個人的興味も満たせそうにないなと」

あかり「皆話してくれたからいいものの、プライベートに突っ込み過ぎちゃだめですよぉ」

青葉「プライベートを漫画化されてるあかりが言いますか」

あかり「も、元々は無許可でしたから!」

青葉「まあ、どの鎮守府も幸せそうで何よりですね。司令官も艦娘も」

あかり「それがわかって何よりです!」

青葉「なのであかりもそろそろ青葉を幸せにしてくれませんか? おっぱいの感想、いいの聞かせてほしいんですけど?」

あかり「ええっ、今やるんですか〜!?」

青葉「んふふ〜個人的興味の話を聞いていたらその気になっちゃいまして」

あかり「しょうがないですね。あかりも皆を幸せにするためですから」

青葉「はいっ! 幸せにしてくださいね、あかり!」



今回はここまでです
次は次スレで絶対に笑ってはいけない綾乃鎮守府の小ネタです

本当はりせの鎮守府の話もする予定でしたがレス数が足りないので割愛させていただきます

>>1000の小ネタはいつも通り、ifでも他鎮守府の話でも〇〇が着任するなどの本編に関わる話もOKです
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/23(火) 00:53:27.85 ID:MpagJxiwo

>>1000なら国後着任
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2018/01/23(火) 00:53:29.42 ID:hgs1ABDOO
>>1000なら朝雲が鎮守府に着任する
1001 :1001 :Over 1000 Thread
 達 じ   |                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 者 ゃ   l                     | ・ な 会 多
 で あ  /                          | ・ い う. 分
 な    く      ,.'"´ ̄ ̄``丶.        | ・ と. こ 皆
___/ヽ)     /           ゙、.       ! ・ お と に
           /             ',       | ・ も が は
          ノ      _    __   !     |    う   も
         ,レ^ヽ  ∠:::::::.\ ヽ・ ヽ |     |       う
         / ,ヘ   ⌒`ト、:::.ヽ  ̄  |   _ノ           |
          l い    _,,,L・`ヽ:ル ノィノ     ̄\_____/
         ヽ       ー─-  ‘ー1
          >‐‐'.        、__,ゝ ,′
         /     ',       `二' /
          /     `丶、     /
        ノ           ``ーr‐'゙
      /           \  |
    _∠_ __ _ ,,,、、、-──‐┴-、、
    厂 ー──'''"´ ̄ ,  ニ二二ニヽ\
   ,′         , イ       ̄``ヽ \
.  /          //  `)         ',  ヽ
 /         //  .:/    /   i:::.  ゙,
 |        / 〃 .:.::/   /    i|::!  !
 |i     /  〈〈 .:.::/  /      /1ノ  |     SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
                                http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
【艦これ】大井「顔、赤いですよ。大丈夫ですか」 @ 2018/01/23(火) 00:53:18.84 ID:Nf6OgZl00
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516636398/

【ミリマス】百合子「プロデューサーさん」 @ 2018/01/23(火) 00:32:05.35 ID:W2ChVn270
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516635124/

穂乃果「独楽当てをするよ♪」海未「負けませんよ!」 @ 2018/01/22(月) 23:51:40.03 ID:/a+D61Hu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516632699/

結衣「わ、ヒッキーなにそのゲーム! キモっ! ロリコン!」 @ 2018/01/22(月) 23:49:18.23 ID:4VMYbKQM0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516632557/

渋谷凛「それはきっと、私にとっても記録的大雪」 @ 2018/01/22(月) 23:33:10.05 ID:Ths8Jl5j0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516631589/

ほーにゃんとお話し出来る素敵なスレ @ 2018/01/22(月) 23:24:08.47 ID:X0sCgwNKO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1516631048/

【デレマス】特殊形式SSスレ @ 2018/01/22(月) 22:15:45.39 ID:9WXhHvDVo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516626945/

モバP「異星交流」 @ 2018/01/22(月) 22:08:17.86 ID:2sE79mlk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516626497/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

620.71 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)