【艦これ】提督「そして誰もいなくなった」【安価コンマ18禁】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

10 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/11(月) 21:12:52.33 ID:cY5i80jcO
安価指定ありがとう。執務室で行きます。拷問室は次に持ち越しね。
>>6
>>7
おじさん提督の紹介ありがとう。しかし、おじさんの能力には底はない…と思う
>>8
>>9
ご両人、わざわざ見て来てくれてありがとう。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 21:38:34.97 ID:aDTWsv1E0
新スレktkr
何と摩耶様主役ですか!強気な娘とイチャイチャはおじさん俄然張り切っちゃいそう
12 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/11(月) 21:55:49.49 ID:cY5i80jcO
提督「ふむ、まずは新しい家具の確認だね。執務室の隣なんだよ」


がちゃ、ぎいぃ〜


提督「さあ二人とも、入りなさい」

摩耶「…は?なんだこれ?」

青葉「え〜と…マットに跳び箱に平行棒…?」

提督「むっふふふ。これぞ新家具!『体育倉庫』だぞぉ〜っ!」

摩耶「家具っつーか部屋だな」

青葉「はぁ。でも、ここで何を…?」

提督「決まってるだろ。指導だよ」

提督「…の名を借りた、体育教師と生徒のパコパコだよ。ぐふふふふ」

摩耶「いきなりかよ…って、え!?提督、お前いつの間にジャージに!?」

提督「そして…生徒の格好はね」

摩耶「はぁ…?半袖の体操服に、何だその赤いパンツみたいなの」

提督「ブルマっていうんだよ。動きやすくて、ムレムレの優れものだぞ〜」

摩耶「お前、『動きやすくて』ってのどうでもいいだろ」

提督「はっははは!その通りだよ。ほらほら、体操服に『まや』って書いてあるだろ〜?」

摩耶「あたしに着ろってか!?そんなもん履く女いねーよ!」

青葉「ふぅむ。確かに動きやすそうですねぇ、ピチピチで」

摩耶「は…あれっ!?いつの間に着替えたんだお前!?」

青葉「でもぉ…なんていうか、お尻の周りがはみ出てる感じ…うわっ!ホントにはみ出てるぅっ!」

提督「あれだよ…ブルマの端から微かにはみ出た白パンツ…そして、それを指でクイクイと直す仕草…ううぅっ」

摩耶「感動して泣くほどかよ!?」

青葉「なかなか収まらないですねぇ…でも、おじさん大喜びしちゃってます♥……で?」

提督「実は、おじさんの学生時代、ブルマなんてなかったけどね…で?」

摩耶「な、なんだよ…?」


どうする摩耶!?

コンマ下
奇数…絶対着ねーからな!
偶数…更に、右ストレート炸裂!!
ゾロ目…ブルマ摩耶誕生!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 21:56:27.96 ID:I0EnWSZfO
ゾロ目恋
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 21:58:00.59 ID:90jVC6syo
摩耶が着ないから青葉とのコスえっちが始まりそう
15 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/11(月) 22:10:14.62 ID:cY5i80jcO
>>11
強気な性格に強気なボディ…何気に情が深そうな摩耶さまです。ゴールは遠いと思いますが…
>>14
青葉と思いきや、ゲストの登場です。青葉の本番はもう少し先です。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 22:12:18.33 ID:Ghaxd3RMo
摩耶のパンチは、痛い
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 22:28:24.28 ID:T427z3AWo
ブルマといったら長良ちゃん!
18 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/11(月) 22:40:55.74 ID:cY5i80jcO
提督「うむうむ。青葉ちゃん、ブルマ姿もかわいいねぇ」

青葉「あはは、ありがとうございます♥いやー、おじさん目がやらしいですねぇ♥」

提督「むふふふふ。いわゆる、舐めるような視線ってヤツだよ」


じーろじーろ…


提督「くっくっくっ、本当に似合ってるなぁ。極端にムチムチしてる訳でなし、極端に細っこい訳でもない」

提督「まさに女子○生!学生時代に、こんな女友達がいたらなぁ〜」

青葉「あー、寂しい学生時代だったんですねぇ。まあでも、立派なおじさんになれたんだからいいじゃないですかー♥」

提督「ありがとう青葉ちゃん…さぁ、今度は摩耶ちゃんの番だぞぉ」

摩耶「ちょっ、体操服近づけんじゃねーよコラッ!」

提督「ふひひひひ〜、摩耶ちゃんのブルマ、きっと似合うだろうなぁ〜ほらほらほら〜ぐふっ!?」



提督「おおぉ〜…摩耶ちゃんの右ストレート、相変わらずの威力だねぇ」

青葉「すごい音でしたねぇ…おじさん、大丈夫ですか?」

摩耶「ったく…セクハラで告発されないだけ、ありがたいと思えよ」

提督「あーあ…体操服とブルマ、きっと摩耶ちゃんに似合うのになぁ」

提督「まあいい。今後も機会はあるだろう、とりあえず退却だ」

青葉「うーん、残念ですねぇ。…おや?誰か、執務室のドアをノックしてますね」

提督「あ、本当だ。摩耶ちゃん、取り次ぎしてくれる?」

摩耶「やっと秘書艦らしいことができるな…はいはーい!」



入って来た艦娘…彼女なら、抵抗なくブルマを履いてくれそうだ。

誰が来た?安価下1でお願いいたします。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/11(月) 22:41:43.30 ID:I0EnWSZfO
千歳
20 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/11(月) 22:48:36.32 ID:cY5i80jcO
>>16
なにせ、遠慮なく突き込まれるからねぇ…痛そう
>>17
確かに。しかし、今回は別の艦娘に譲っていただこう
>>19
千歳ね、了解。下より上に注意が向きがちだけど

今日の更新は、ここで終わります
21 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 12:21:03.31 ID:4hd+UxF+O
提督「前置きは無し!千歳ちゃん(半袖体操服・ブルマバージョン)の登場だっ!みんな拍手っ!」

青葉「いえー!ぱちぱちぱち!」

千歳「あはは…実際に着てみたら、やっぱり恥ずかしいですね」

摩耶「どうなってんだ?一瞬視線を外したら、次の瞬間に体操服に替わってたぞ…」

千歳「朝イチで報告書を提出したら、今日は予定なかったですから。ふふっ♥」

提督「そうか。なら、新しい家具の確認をお願いするとしよう」

提督「しかし…体操服のサイズ、少し小さかったかもね。千歳ちゃん、苦しくない?」

千歳「うーん。ぴっちりですけど、苦しいってのはないですね」

青葉「チビT着てるみたいですねぇ。おへそがチラ見えしちゃってます」

摩耶「いや、っつーか…体操服ってブラ着けないのか?ち、ちく…」

提督「これぞ、白地の体操服の醍醐味ってヤツだよ。見事なおっぱいの膨らみの頂点に、尖った乳首がうっすらぷっくり…素晴らしいだろう!」

青葉「うーむ、おじさんの目が爛々としてますねぇ」

摩耶(千歳のヤツ…恥ずかしそうだが、胸を隠す気ゼロだな。つーか腕を後ろに回して、むしろ胸を強調してんじゃねーのか…)

青葉「では千歳さーん、腕を後ろに回したまま上半身をこちらに…はーい撮りますよー♥」


ぱしゃっ!ぱしゃっ!


摩耶「おいおい!写真はマズイだろ!」

千歳「ふふっ♥青葉ったら、しょうがないわねぇ♥」

摩耶「千歳、まったく抵抗感ないな。むしろ撮られ慣れてるような…マジか…?」

青葉「後ろ姿も欲しいですねぇ。千歳さん、後ろ向いてもらって…はいその角度!ブルマの裾に指を…」

千歳「パンツを直す仕草ね。こう?」

青葉「そうそう!では撮りますよー♥」

摩耶「まさか…ブルマ履くの、初めてじゃねーのか…?」
22 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 13:44:29.26 ID:4hd+UxF+O
青葉「ふーう、いい写真が撮れましたー♥ありがとうございました千歳さん!」

千歳「どういたしまして。後で確認させてね♥」

提督「むふふふふ、おじさんにも見せてもらえるかい?」

千歳「仕方ないおじさま…♥」

摩耶「すっげー嬉しそうだな…ヤじゃないのか、普通は?」

千歳「あら、どうして?おじさま、私と青葉、すっごく嬉しそうに見ていてくれたじゃない?」

摩耶「いやそりゃ、提督は喜ぶだろうけどよ」

千歳「そうそう。そしてこの後のおじさま、はぁはぁしながらぁ…いーっぱい私にいやらしいこと♥してくれるんだからぁ…ね、おじさま♥」

提督「ふひひひひ!当然のことだよなぁ」

摩耶「結局それかよ…はぁ〜」

千歳「ん〜でも…摩耶、あなたの練度って99よね?」

摩耶「え…ま、まあな」

千歳「だったら…とっくにケッコンして、いーっぱいおじさまとイチャイチャしてなきゃおかしいじゃない?」

摩耶「い、いや、それは違うんじゃねーのか…」

青葉「あれっ?摩耶さん、おじさんとケッコンするのイヤなんですか?」

摩耶「いやあの、そういう訳じゃ…」

千歳「まあまあ、あまり追い詰めちゃダメよ。きっと恥ずかしいとか、やり方分からないとか…そういうことでしょうから」

青葉「ははぁ…ならば今日は、摩耶さんの実地研修ってことですねー♥」

千歳「とりあえず…今回は見て覚えるって感じかしらね、うふふっ♥」


さわさわさわ…


摩耶(千歳のヤツ…提督の身体を撫で回し始めてるぞ…)

青葉「千歳さんの綺麗な指が、おじさんをさわさわしてますね…おじさんの顔をうっとり見上げながら…すっごくいやらしいなぁ♥」
23 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 15:24:38.36 ID:4hd+UxF+O
提督「ふはぁ〜、千歳ちゃんの綺麗な指でさわさわ…きもちいい〜」

千歳「ふふっ、せんせーったら♥もう身体ぴくんぴくんしてますね♥」

摩耶「なんだよ先生って」

青葉「すでにシナリオが進行してるんでしょうねー」

提督「千歳ちゃん、今日の授業も大変そうだったねぇ。おっぱいぶるんぶるんで」

千歳「あはは…陸上を走るのは苦手ですね。水上なら問題ないんですけど…あんっ♥」


ふにいいぃぃ〜


提督「だよねぇ。こんな立派なおっぱいだからね、大事に扱わないと。こんなふうにね…」

千歳「はぁ、はぁ…あっあっ♥」

青葉「優しい手つきですねぇ。揉むってより撫でてるみたい…♥」

提督「さぁて…ふひひひひ」

千歳「やぁんっ♥体操服の裾からっ…♥」

提督「体操服の布地越しもいいけど、やはり直に揉み揉みしなきゃ。千歳ちゃんの肌触りサイコー!むふふふ」

千歳「ああぁぁ〜♥せんせーのゆびぃ♥すっごいゴツゴツしてるぅ♥」

青葉「千歳さん、肌もすっごく綺麗ですもんねぇ。うらやましいなぁ」

摩耶「………」

摩耶(千歳…口が半開きになって、目がとろーんとして…本当に気持ちよさそうにしてやがんなぁ…)

提督「千歳ちゃん、最近のおっぱいの調子はどう?明石ちゃんの治療が効いているのかな?」

千歳「はぁんっ♥はいぃ…最近は、全然張ったりしないし…♥」

提督「うんうん。痛がる様子もないみたいだね」

千歳「え、ええ…んうっ♥ていうか、なんか最近は…ふあっ♥おっぱいがきもちよくって…ああぁぁ〜♥」

提督「ほーお。逆に、おっぱいの感度が上がっちゃってるのかぁ…ますますサイコーだなぁ」

青葉「ふあぁ…千歳さん、身体全体がゆらゆらしちゃってますねぇ。顔がとろんとろんですねぇ♥」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 16:23:53.23 ID:1aUsqQBlO
千歳おっぱいでなくなっちゃたのか…
25 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 16:37:04.64 ID:4hd+UxF+O
もにゅんっ、ふにゅうぅ〜


千歳「はぁ〜はぁ〜♥んあぁっ♥んうぅ…やんっ♥」

青葉「千歳さんの体操服が、おじさんの手でモコモコ動いて…いやぁ、スケベな光景ですねー♥」

提督「むふふふふ、千歳ちゃんの半開きの口から、かわいい舌がチロチロしてるねぇ」

千歳「あっあっ♥せんせー、きすぅ…ふぁむっ♥ちゅむうぅ♥んっんぅ〜♥れろぉくちゅ♥ちゅぶっんふぅ♥」

摩耶(うっわあぁ…マジにキスしてる…)

青葉「濃ゆーいキスですねぇ…おや?体操服に突っ込んでるおじさんの腕から…」


ぽたっ、ぽたたっ…


千歳「ちゅ、ちゅっ…ぷはぁ♥いやぁん…あふれちゃったぁ♥」

提督「ふひひひひ…おっぱいミルクが出てきたね。おじさんの肘まで垂れてきちゃって」

摩耶「ま、マジか…」

提督「以前からミルクが出る体質だったみたいだがね。だから、おっぱいが張ってツラかった訳だが…今はどうだい?千歳ちゃん」

千歳「はぁ、はぁ…あんっ♥ぜんぜんいたくないですぅ♥おっぱいあついぃ…あはぁっ♥」

提督「むふふふふ。千歳ちゃん、軽くイッちゃったみたいだね」

千歳「やぁん…うふふ♥せんせーのゆびぃ♥すごいきもちよかったれすぅ♥」

提督「いやぁ、嬉しいねぇ。では」


ぐいぃっ、ぷるんっ!


提督「体操服を捲り上げて…おおぉ、千歳ちゃんの乳首周りがネトネトしちゃってる」

青葉「うーわ、でっかーい…改めて見ると凄いおっぱいですねぇ♥乳首もちっちゃくてかわいいー♥」

摩耶(モロチチだ…止めようにも、千歳もなんか嬉しそうにしてるし…どうなってんだコイツら…)

千歳「いやぁん♥せんせーも、青葉も、摩耶も…私のおっぱい、すごい見てるぅ…♥」
26 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/14(木) 16:52:26.66 ID:4hd+UxF+O
>>24
大丈夫大丈夫w
おっぱいミルクキャラは、増えることはあっても減ることはなさそう
27 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 17:35:46.33 ID:4hd+UxF+O
提督「くっくっくっ…先生の指、千歳ちゃんのミルクでびちゃびちゃだ。どんな味かな?れろぉ〜」

千歳「ああぁぁ…♥せんせー、わたしのミルクぺろぺろしてるぅ…はぁっはぁっ♥」


がくがくがくがくっ…


青葉「千歳さん、こーふんし過ぎですねぇ。おじさんが指をぺろぺろしてるの見て震えちゃってます♥」

摩耶「げ…千歳の瞳にハートマークが浮かんじまってんぞ」

提督「ふひひひひ…美味美味。こうなりゃ、直飲みさせてもらおっと!」


がばぁっ、ばふっ!


提督「マットの上に千歳ちゃんを押し倒し…いただきまーす!」

千歳「いやああぁぁんっ♥あっあっ♥ちくびぃっ♥れろれろらめぇっ♥」

提督「むふぅっ、ふほおおぉっ!れろれろぉ〜優しく乳房を揉みながら〜」

千歳「んいいぃぃっ♥しゅごひぃっ♥しゅごいぺろぺろぉっ♥あ〜っ♥あはああぁぁんっ♥」

摩耶「うわわ…千歳、歯をカチカチ言わせながら、顔を振りまくって…」

青葉「千歳さん、おじさんを抱きしめながら、身体をくねくねさせちゃってます♥すっごい気持ちよさそう〜♥」

提督「むふふふふ。そろそろ、乳首を咥えてちゅーちゅーしてあげなきゃね…行くよ千歳ちゃん」

千歳「らめぇっ♥ちゅーちゅーらめれす♥イッちゃうからぁっ♥あっあっ…♥」

提督「くくく、いいじゃないか千歳ちゃん。みんなにイッちゃうところ見てもらえばさ…はむ、ぢゅぢゅ〜ぢゅろろろろろ〜」

千歳「はああぁぁんっ♥もっらめっイッちゃうぅんっ♥ふにゃああぁぁ〜っ♥」


びくんびくんびくんびくんっ!


千歳「ああぁぁっ♥はぁ〜はぁ〜っ♥ほんとにイッちゃったぁ〜♥しゅごひやらしいぃっ♥ああぁぁ…あんっ♥」

提督「ごくっ、ごくん…ふへへへ、千歳ちゃんのおっぱいミルクがいっぱいだぁ…ご馳走さまだよ千歳ちゃん」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/14(木) 18:26:04.46 ID:7yxelrd4O
摩耶様のミルクマダー?
29 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 19:01:00.28 ID:4hd+UxF+O
千歳「はぁ、はぁ…せんせー♥わらひのみるく、おいひかったれすかぁ?あはぁ…♥」

提督「むふふふふ、すっごく美味しかったよ。おかげで、先生のチンポがギンギンになっちゃった」

千歳「ああぁぁ…♥しゅごひぃ♥せんせーのおちんちん、しゅごいもっこりぃ♥」

青葉「ふわあぁ〜♥おじさんのおちんちんすごいー♥ジャージのズボンのゴムに、先っちょが引っかかるぐらいにおっきくなっちゃってるぅ♥」

千歳「はぁ〜はぁ〜♥おちんちんっ♥みるくでおっきくなったおちんちんっ♥」

摩耶(千歳、はぁはぁしながら身体をくねらせて…ん?なんかニチャニチャ音が…?)

提督「ふぅむ…くくく。千歳ちゃん、おっぱいをちゅーちゅーされて、おまんこからもミルク出しちゃってるみたいだねぇ…よっと」

千歳「やぁん♥あしぃ♥ぐいってぇ♥」

提督「どれどれ…むふふふふ。ブルマ越しでもわかっちゃうね、千歳ちゃんのおまんこがグニグニ動いてるのが」

摩耶「いやオイ…顔近づけ過ぎだろ」

青葉「千歳さんのおまんこに、おじさんの鼻息がフンフンしちゃってますねぇ♥」

提督「くっくっくっ…まずはブルマの上から…べろおおぉ〜」

千歳「んああぁぁ〜っ♥はぁっはぁっ♥」

提督「うへへへ。ちょっとべろぉってしただけだよ?なのに、千歳ちゃんの腰がカクカク動いちゃうね」

千歳「いやぁんっ♥らってぇぇ♥」

提督「膣口がきゅってなって、奥からミルクがじゅわじゅわ出てくるねぇ。匂いも強くなっちゃうぞぉ」

提督「ブルマがすっかりムレムレだ。じっとり濡れちゃったから…ふひひひひ、千歳ちゃんのマンスジがくっきり。舌でくりくりしないとね」

千歳「あっあっあっ♥しゅごいうごいてっ♥ぐりぐりしてまひゅぅ〜っ♥きゃあぁんっ♥そこらめっ♥くりとりすぅっ♥ああぁぁぁ〜っ♥」

摩耶(すっげ…千歳の身体、のけ反りまくってる…)

青葉「千歳さん、完全にアヘアヘですねぇ♥おっぱいもたぷんたぷんだし…すてきぃ♥」
30 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/14(木) 21:15:43.59 ID:98h+XEODO
>>28
だいぶ先の話だね。じっくりねっとり堕としたいと思っている
31 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/14(木) 21:39:39.78 ID:98h+XEODO
提督「れーろれーろ…ふぅ。鼻先に千歳ちゃんの匂いが残っちゃってる」

千歳「はぁ、はぁ…ああぁぁ…♥」


ぴくんっ、ぴくんっ…


青葉「千歳さん、えっちぃなぁ…脚を拡げた格好のまんま、ぴくんぴくんしちゃってるぅ♥」

摩耶「はぁ…千歳のヤツ、目が完全にイッちゃってるなぁ…」

提督「うむ…ブルマで濾された、千歳ちゃんのおまんこミルク!美味だったねぇ…くっくっくっ」


ぺろぉ…こぷっ


千歳「あはぁん…ぶるま、めくらないでくらしゃいぃ…♥」

提督「ふひひひひ…いいじゃないか。ぺろっとめくったら、千歳ちゃんのおまんこがグニッとして、汁がぶぢゅって出てきちゃった」


ずるぅっ、びんっ!


千歳「ああん…♥せんせーのおちんちん♥すごいぐいーんってぇ…♥」

摩耶「うおっ!?いきなり脱ぐなよぉっ!」

青葉「わーあ…ちんちんの先っちょ、もうヌルヌルしてるよぉ…♥」

提督「ぐひひひひ。ミルクを口で味わったから、今度はチンポで味わってみたいなぁ…いいかな千歳ちゃん?」

千歳「はぁ〜はぁ〜♥いいれすぅ♥おちんちんずぽぉってして♥おちんちんにみるく塗り塗りしてほしいれすぅっ♥」

摩耶(す、すっげー…千歳、腰をユサユサしながら…)

青葉「激しくおねだりしちゃってますねー♥」

摩耶「んなっ!?他人の考え読むなよテメー!」

青葉「仕方ないですよぉ。摩耶さん、すっごい鼻息で見入ってるんだもん。あははははー♥」

摩耶「く、くっそー…」

青葉「気にしなくていいじゃないですかぁ。青葉も見入っちゃいます、千歳さんのえっちぃおねだり…報道艦として記憶に刻んでおかねば…えへへ♥」
32 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/14(木) 21:41:21.70 ID:98h+XEODO
今のところ…摩耶と青葉のコンビ、バランスが取れているかな?
今日の更新は、ここで終わります
33 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 11:58:58.19 ID:4vVryHksO
ぷちゅ…


千歳「ひああぁぁっ♥ちんちんぷちゅってしてるぅ♥」

提督「くっくっくっ、この瞬間がたまらんなぁ。チンポを膣口にくっつけて、膣口がちゅーってね」

青葉「ふわあぁ〜♥千歳さんのおまんこが、ちんちんぱぷってしてます…♥」

摩耶「ごくっ…」

提督「うーむ。チンポの先、鈴口から千歳ちゃんのミルクが染みてくる…お返しに、千歳ちゃんにカウパー腺液を」

千歳「はぁっはぁっ♥しゅごいあつぅい♥しみてまひゅっ♥せんせーのおちんちん…ふあっ♥」


ぐぷぷ…つぽっ


提督「おっほおおぉ〜…ほーら千歳ちゃん、亀頭を挿入しちゃったよ。すっげぇ吸い込みだねぇ」

千歳「あっあっあっ♥ちんちん〜っ♥かたぁい♥しゅごひぃっ…ふあっとまんなひぃっ♥」


ぐぬぬぬぬ〜ぢゅちゅっ!


提督「ふひっ、ふひひひひぃ…ああぁぁ〜チンポ全部はいったぁ〜」

千歳「あぁ〜っ♥これすごぉっ♥ふあっあっ♥」


びくっびくっ、びくんっ!


千歳「ああぁぁんっ♥はぁっはぁっはぁっ♥」

提督「おっうっ…おまんこが一気に締まっ…おおぉぉ…」

青葉「すっごーい…千歳さん、ちんちん挿入しただけでイッちゃってるぅ♥」

摩耶「うお…千歳、半笑いで痙攣して…」

青葉「すてきぃ…♥やっぱり、おじさんのおちんちん凄いなぁ〜♥」

摩耶「………」

千歳「あはああぁぁ…♥しゅごいいっぱいぃ♥おくぅ♥ぐいぐいきてるぅ〜♥しゅごいれしゅ〜♥」
34 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 12:47:50.57 ID:4vVryHksO
ぐぶぶぶぶ〜…


千歳「ひううぅぅ〜っ♥こしゅれっ♥こしゅれへりゅっ♥」


ぬぶぶぷぷ〜…じゅちゅっ!


千歳「はぁうんっ♥またぁっ♥またいっぱいぃっ♥」

提督「ふぅ〜ふぅ〜…へへへへ、千歳ちゃんのおまんこトロットロ」

千歳「とけちゃいまひたぁ♥わらひのおまんこぉ♥ちんちんでとろとろにぃ…あっあっあっ♥」


ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


千歳「しゅごっあんっ♥ごりごりぃっ♥うごいてっんううぅぅっ♥」

青葉「ちょっとずぽずぽしただけでイッちゃってますねぇ♥千歳さん、すっかりちんちんにハマってるんですねぇ♥」

摩耶「………」

提督「ぐひひひひ…千歳ちゃん。イくたびに、おっぱいミルクがじゅわじゅわ出てきちゃってるねぇ…れろぉれろぉ、はむ、ちゅちゅー」

千歳「あぁんっ♥みるくちゅーちゅーらめれすぅっ♥おっぱいとけちゃっあんっあっあっ♥」


ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


千歳「ふあっイクっ♥おっぱいぃっ♥ちんちんすごぉっイクイクイクイクぅ〜っ♥」


がくがくがくがくっ!


千歳「ふあっはぁっはぁっ♥しゅごひぃ♥せんせぇしゅきぃ♥せんせぇ…ふあぁ〜♥」


がばぁっ!


提督「上半身、裸になって…ほぉれ千歳ちゃんに抱きしめ攻撃、ぎゅー」


ぬちゃああぁぁ〜


千歳「あはああぁぁっ♥せんせーのむねぇっ♥おっぱいぃっ♥しゅごひぃぃっ♥」

青葉「いいですねぇ♥おじさんの胸板と千歳さんのおっぱいがむにゅ〜ってぇ♥」
35 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 13:20:20.41 ID:4vVryHksO
摩耶(うーん…千歳の言ってること、脈絡が通らなくなっちゃってんなぁ)

提督「ふひひひぃ…千歳ちゃんのミルクで、先生の胸がヌルヌルだぁ。あったかくて気持ちいい〜」

千歳「きもちいーれしゅぅっ♥わらひもぉ…ふむんっ♥んちゅううぅぅ〜♥んあぁ♥ちゅるちゅるぅぅ♥」

提督「ちゅちゅ、ぷはぁ…ああぁぁ、千歳ちゃんの唇までぷにとろだぁ。千歳ちゃん大好きだよ」

千歳「うれひいれすぅっ♥せんせぇ…おじしゃまらいしゅきぃ♥あっあっあっあっ♥」


ぐぷぐぷぐぷぐぷっ!


提督「はぁはぁはぁ…おじさんイッちゃいそう…千歳ちゃん、おじさん精子出しちゃっていいっ?おおぉ〜」

千歳「あはあぁっ♥らしてぇ♥らしてくらしゃいっ♥しゅごいびゅるびゅるぅっ♥」

提督「おっおっ…わかったぁっ!あっあっ!おおぉああぁぁ〜っ…あっでるでるでるでるっ…ああぁぁぁっ!」


がくがくがくがくっ!
びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


千歳「でてりゅううぅぅっ♥んうああぁぁっ♥あっしゅごっあっ♥あはああぁぁ〜っ♥はぁっはぁっ…ああぁぁ…あんっ♥」

提督「ああぁぁ…はぁ〜はぁ〜…うっおおぉ…すげぇでたぁ…はぁ〜」

青葉「すごぉ…♥いっぱいびゅるびゅるしちゃってるぅ…♥」

摩耶「………」

青葉「摩耶さん…大丈夫ですか?摩耶さん!」

摩耶「んいいっ!?あ、あぁ…だ、大丈夫だけど…」

提督「ふぅ、ふぅ…あぁ、千歳ちゃん、千歳ちゃん…ちゅっちゅっ」

千歳「んうっ♥おじしゃまぁ…しゅきぃ♥ちゅっちゅっ♥おじしゃまらいしゅきぃ…♥」


青葉「うーん…すっかりおじさんと千歳さん、二人だけの世界ですねぇ」

摩耶「……えぇっと。これ、仕事なのかぁ…?」

青葉「まあ、いいじゃないですか。とりあえず、私たちは執務室に戻りましょうよ」
36 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 13:43:23.80 ID:4vVryHksO
がちゃ…


摩耶「はぁ〜…いきなり疲れちゃったなぁ…あ!?」

加賀「お疲れ様、摩耶。新しい家具はどうだったかしら?」

執務提督「よう、お疲れさん」

摩耶「な、なんだ!?何で加賀が…」

加賀「そうね…」

加賀「あなたは秘書艦。私は執務艦。そういうことね」

摩耶「な、なんだそりゃ!?そんなのアリかよ…」

青葉「あっははは。仕事を分担してるってことですよぉ」

摩耶「はぁ〜…まあいいけどよ。だったら加賀!あたしと代わってくれよ!たまんねーぞこんなの!」

加賀「…別にいいけれど」

加賀「その代わり…執務終了後、おじさまと夕食、お風呂、就寝を共にすることになるわよ」

摩耶「い…」

青葉「あぁ〜いいですねぇ〜♥」

摩耶「クソがッ!わかったわかったよ!秘書艦続けりゃいいんだろチキショー!!」

提督「まあいいじゃない、摩耶ちゃん。決して悪い思いはさせないからさ…くっくっくっくっ」

摩耶「うわあぁっ!?な、なんだ…千歳とは終わったのか?」

提督「いや、まだヤってるよ。僕は別の提督だ、よろしくね摩耶ちゃん…むふふふふ」


次はどこに行く?
安価下1〜3で最もコンマが高い場所を選びます。

・工廠
・拷問室
・その他

その他の場合、部屋の名前と主目的を書いていただくようお願いします。
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 13:52:33.10 ID:CbxpKNXyO
講義室
艦娘達が授業をしたり受けたり、皆を集めて連絡したりするところ
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 13:58:23.96 ID:3aaVnrwAO
工廠の改造室
改や改二になった艦娘を改造する部屋
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 14:11:17.99 ID:s3V0Slz6O
工廠
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 14:11:44.75 ID:63oG4U50o
試薬室
健康な艦娘に参加してもらい様々なお薬を試す部屋
41 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/15(金) 14:16:28.23 ID:4vVryHksO
みんなレスありがとう。
>>39を採用します。次の場所選択は、

・工廠(改造室)
・拷問室
・試薬室(これも工廠かな?)

となります。
42 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/15(金) 14:19:11.08 ID:4vVryHksO
あ、ゴメン。

・講義室
・工廠(改造室)
・拷問室
・試薬室(工廠)

の4択で行きます。
43 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 15:35:26.37 ID:4vVryHksO
提督「いや、待たせてスマンね明石ちゃん」

明石「いえいえ!わざわざお呼び立てして申し訳ありません」

摩耶「よっ!新しいドックが出来たって?」

青葉「なんだろなんだろー?」

明石「ふっふふ、さっそくご案内いたしましょう!こちらでーす!」


がちゃっ…


摩耶「げげ…なんだこりゃ…」


ぬるぅ〜、のぷんっ、ちゃぷっ…


青葉「四畳くらいのプールに、真っ黒い触手がいっぱいうねってますねぇ」

明石「これが新式ドック(試作)でーす!」

摩耶「太かったり細かったりの…ヌメヌメしてんなぁ…」

青葉「プールにもずく酢が入ってるみたいですねぇ」

摩耶「あの…明石よぉ、この中に入れってのか?」

明石「その通りです!なにせ、触手と一緒に高速修復剤が入ってますからね。どんなに大破してても一瞬で直っちゃいます!」

明石「しかもぉ…ここが大事なんですが!修復剤の継ぎ足しは、月イチでいいんです!」

提督「ほーお…」

青葉「マジですか!?それで修復効果が続くんですか!」

明石「え、まあ…」

青葉「急に歯切れが悪くなりましたね…確認できてないんですか?」

明石「はぁ…今のは、小破限定の話なんですよねぇ。中破・大破艦を入渠させて、万が一ってなると…ねぇ」

摩耶「それ以前に…こんなのに入りたがるヤツっているかねぇ」

明石「あら。駆逐艦の皆さんには好評ですよ?特に、睦月型の皆さん、大喜びですから」

摩耶「前々から思ってたけど…ウチの駆逐艦、なんかおかしくねーか?」
44 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 15:53:51.41 ID:4vVryHksO
明石「まあ、それはともかくとしてぇ…ここは一発、『ご協力』願いたいと思ってですねぇ…へへへへ」

青葉「本当に揉み手でお願いする人、初めて見ましたねぇ」

摩耶「ま、確かに。実験は必要だな…よっしゃ、あたしが一肌脱いでやるよ」

明石「ええぇっ!?ま、まさか摩耶さんが協力してくれるとは…」

摩耶「表に出な、明石。いっちょ揉んでやるからよ」

明石「へ?そ、それって、演習ってことですか…?」

摩耶「なにヌルいこと言ってんだ?実弾の撃ち合いに決まってんだろ。どてっ腹撃ち抜いてやるからよ」

明石「は、ははは…摩耶さん、えらく殺気立ってますねぇ…」

青葉「うーわ…摩耶さん、顔は笑ってるけど、目がマジです…」

明石「うおっとぉ!内線鳴った!はいはーい!」


ばたばたばたばた…


摩耶「走って逃げてった。運のいいヤツだぜ」

提督「まあまあ摩耶ちゃん、ちょっと落ち着いてもらってさぁ」

摩耶「誰のせいでピリピリしてると思ってんだよ、ったく」

明石「…え、大破ですか!?わかりました、すぐさま搬送を…」

青葉「あれ。大破って…」


タイミング良く大破した艦とは?
安価下1でお願いします。
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 15:58:35.59 ID:5auiO2+X0
かしゅみママ
46 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/15(金) 17:21:52.09 ID:4vVryHksO
霞「はぁ、はぁ…じ、冗談じゃないわ…こんなんじゃ沈まないんだから…うぐっ」

明石「えぇ、もう大丈夫ですよ霞さん。ここは工廠ですから」

摩耶「…霞にしちゃ珍しいな」

青葉「うーん…やられる時はやられますよねぇ…」

明石「さぁっ、すぐさま入渠してもらいますからねっ!」

霞「う、うん…え、えぇっ!?」


どぷんっ、こぷっ…


霞「え、あの…これって…」

明石「さぁさぁさぁ!早く直さなきゃ霞さん。ほらほらほら!」

霞「いやいやいや!待って待って待って!何これ!?触手!?バッカじゃないの!?」

摩耶「…何か様子が変だな」

青葉「霞さん…新式ドック、知らなかったんでしょうか…」

提督「まあまあまあ…明石ちゃん。今回は、普通の高速修復剤でいいんじゃない?本人、予備知識無いみたいだし」

明石「はぁ…まあ確かに」

霞「え、あ…ありがとう、司令官」

明石「…チッ、逆張りすると思ったら、素直におじさんに従ったわね」

霞「明石、何か言った?あぐっ…」

明石「いえ、別に。では高速修復剤を…あっやべっ滑ったぁッ!」

霞「えっあっ…きゃああぁぁっ!」


どばちゃああぁぁっっ!!


摩耶「うおっ!?ドックに無理矢理放り込みやがったぞ!」

青葉「うーわ…無茶しますね明石さん」

提督「お、おいっ!何てことするんだよ明石ちゃん!?」

明石「まあまあ、お静かに。資材節約への分水嶺ですよ?ヤバいようなら、今度こそ修復剤を使いますから」

霞「あっちょっ…ふにゃああぁぁんっ♥」

提督「えっ…何か霞ちゃんから、変な声が…」
47 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/15(金) 17:42:24.56 ID:4vVryHksO
どうやってデレに持って行くか難しいよね霞ママって…
今日の更新は、ここで終わります
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 17:56:25.24 ID:63oG4U50o
かしゅみは最初から甘々ルート位しかデレを出す方法がわかりゃん
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 18:07:04.56 ID:qPahS/CIO
霞ママは卯月ママみたいにおじさんを出産できるのかな
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 18:54:59.76 ID:riQ7DY0CO
ここの鎮守府の場合
有能だが風紀に乱れがちな提督を警戒
➡周囲から人外ならではのテクやおじさんではあるが紳士的な振る舞いを頻繁に耳にする
➡大淀辺りが策にハメて実体験
➡アヘェ
➡提督の羽目外しっぷりが大きい度「見てられないったら!」と乱入
➡色々な意味でママっぷりを発揮

どうよ
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/15(金) 23:18:03.12 ID:RcRjaWKUo
信じて触手風呂に落とした霞が案の定触手でアヘアヘするなんて…
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/16(土) 22:27:42.55 ID:4Z4Cxx/S0
今の所、アヘアヘ止まりだから問題はないと思う(極論)

睦月型の誰かがアレして出産ごっごとか開発資材を産んでそう
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:08:23.21 ID:udTkSeSm0
霞ママになったら忍者コスでおじさんを搾乳手コキ
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 00:29:36.36 ID:1zo9UQNDO
改造ってなんだろう?
現時点でおじさんならイメージしやすい
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/17(日) 21:42:40.16 ID:KoVFgINL0
駆逐艦のほとんど触手風呂体験してんのか、対抗心あるのは大型艦ぐらい?
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/20(水) 04:06:32.95 ID:gLypRrSDO
霞がスライムになっちゃう!?
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 14:06:21.08 ID:VPwf4R5DO
触手風呂思ったより広々してる
58 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/23(土) 19:55:25.18 ID:wczuE3xrO
生存報告・コメ返しです
>>48
なるほど。鬼軍曹の霞ではなく、エロエロかしゅみん誕生って訳ね
>>49
できるでしょうね。しかし霞の場合、父親として躾直される日々が待っている
>>50
ありがとう。霞は風紀委員長ポジなのね。…風紀委員長ってエロいよね
>>51
信じていた。触手でアヘアヘしてくれるって
>>52
開発資材が増えるなら、明石は喜ぶでしょう。ゲーム的にはズルいけど
>>53
ふと思ったけど、忍者プレイってどんな感じなんだろう。書く機会あるかな…?
>>54
逆に、私はイメージが浮かばない。内面の改造しか…
>>55
大型艦には…おじさんとの、湯船イチャイチャ風呂も人気かもしれない
>>56
ケッコンカッコガチした霞の、果ての姿かもしれない…
>>57
確かに、少し広すぎたかも。しかし、多人数での使用には向いている
59 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/23(土) 20:46:12.42 ID:r+sCq1Ygo
霞「いやあぁんっ♥入ってきてるうぅっ♥服の中にぃっ♥あっあっあっあっ♥」


ばっちゃばっちゃっばしゃっ!


摩耶「おいおい…霞のヤツ、大破したクセにメチャクチャ暴れてるぞ」

青葉「そういえば…この触手プール、溺れたりしないんですかね?」

明石「大丈夫でしょう。睦月型の皆さんでも、足が着く深さですし」

明石「そして…触手たちも、イイ感じに霞さんの身体を支えてくれてますからね」

摩耶「あぁ、提督の触手だもんなぁ…」

提督「いや…実はこれ、僕の触手じゃないんだよねぇ」

明石「あっははは。おじさんの精子を培養して出来た触手なんですねー」

青葉「へぇ〜…あんっ♥」

摩耶「青葉…なんでいきなり変な声出してんだよ?」

青葉「あ、えへへ…青葉に中出しされた精子がぁ…んうっ♥子宮でおっきくなってウネウネしてるの想像しちゃって…♥」

摩耶「マジかぁ…お前の腹が裂けちゃうんじゃねーの?」

霞「ちょっ、なに世間話してんのよ!助けっふあっ♥そこダメっダメえぇ〜っ♥」

提督「うーむ…まあ、アヘアヘ言ってる間は大丈夫だろうけどね」

摩耶「…あれ?霞の肩が見えてきてるぞ」

青葉「あっホント!霞さんの服が溶けちゃってますねぇ」

明石「そうなんですよねぇ。正直、なぜ服が溶けるのか…わからないんですよねぇ」

明石「まあ…どうせボロボロでしたし。どっちみち仕立て直しますんで」

摩耶「適当だなー」

霞「ひにゃああぁぁっ♥そこぉっ♥おしっこぉっ♥おしっこするとこダメえぇぇ〜っ♥」


ばしゃっばしゃっ!


摩耶「動きがヘンだな…霞の身体が前後に波打ってるような…」

明石「あーらら…霞さんったら、腰を前後にカクカクし始めちゃいましたね♥」
60 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/23(土) 23:54:03.70 ID:CJEUgeeCO
霞「ひううぅぅ〜っ♥こすこすらめぇっ♥ほんとにぃぃっ♥んっんいいぃっ♥」

提督「霞ちゃん、だんだん呂律が回らなくなってきちゃったねぇ」

摩耶「霞、メチャクチャ歯ぁ食いしばってんなー」

明石「頭がガクガクしてますね…のけ反る寸前って感じで」

青葉「細かい触手が首もとでいっぱいウネウネして…捕食されてるみたいでイヤらしいです〜♥」

霞「あぁ〜♥ああぁぁ…イッイクっ♥もっらめっイクううぅぅ〜っっ♥」


びくんびくんびくんびくんっ!
ばちゃっばちゃっぢゅぷっ…


霞「はぁ〜はぁ〜っ♥ふあっ♥しみてるぅ〜♥しゅごいあったかぁいぃ♥はぅんっ♥」

青葉「うわぁ〜、霞さんイッちゃいましたぁ♥ぽーっとした顔でピクンピクンしちゃってるぅ♥」

摩耶「霞、顔が半笑いだなぁ」

明石「とりあえず…痛みなどは無い様子ですね。引き上げて調べてみますね」



霞「あぁん…♥あちこちさわんないでよぉ…あんっ♥」

明石「ふ〜む…診たところ、損傷は全て治っているみたいですね」

青葉「結局、霞さんが着てた服は全部溶けちゃったんですねぇ」

摩耶「提督の上着で隠してるな。けど、無事に治って良かったよ」

摩耶「…いや、無事とは言えないんだけどよ」


霞「はぁぁ…普通の修復方法もあったらしいじゃない…明石、覚えてなさいよ」

明石「あっははは、そう怖い顔しないで霞さん。貴重なデータも取れましたし、お礼を言わなきゃですね」

明石「ひとまず…すぐそこに浴室がありますんで、全身のデロデロを落としてもらってですね」

霞「う、うん…ありがと…やぁん、足がガクガク…」

提督「ありゃ…霞ちゃん、足に力が入らないみたいだねぇ」

提督「よろしい。霞ちゃんの身体、僕が洗ってあげよう。くっくっくっ」
61 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/23(土) 23:55:11.96 ID:CJEUgeeCO
少しの更新でしたが…今回はここで終わります
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:00:44.65 ID:Sm+R3RvA0
洗う(おじさんの白濁洗浄液で)
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:02:58.25 ID:l6QVEH2UO

折角なのでかしゅみとのツンデレイチャラブドロドロ本番エロが見たいです
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:03:46.10 ID:D8ppk/Hbo
あへあへさせるだけじゃなくトロ顔にもさせたいです!
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 00:04:43.42 ID:QlBaBFaco
触手の前にはあまりにも無力
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 01:07:01.03 ID:EL1ZJ15DO
明石は責任もって霞を抑え込もう、分身で四肢をね…
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 15:05:09.04 ID:SrN+kMqN0
アヘトロ出産でfinishです>霞
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:12:39.37 ID:wpi4/kaF0
摩耶が止めに入るんじゃねーか?
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 22:16:57.60 ID:JsX33k3HO
止めに入ると巻き込まれる
まあそもそもみんなカッコガチ(触手生命体への進化は伏せてある状態)が景品のエロトラクイズに全員参加するくらいだから
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:45:06.03 ID:wpi4/kaF0
そういやアカーシは大淀おばさんみたく能力みせてないっけ?

大淀はエロ同人みたく爆乳化させて平然としてるイメージだなww
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 23:48:04.51 ID:QlBaBFaco
明石はガチしてなかったはず
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/25(月) 00:28:17.03 ID:jJ49yOqDO
明石は疑惑程度だった
摩耶は大淀達が見てる()
霞のおっぱいペロペロッ
73 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/26(火) 18:16:28.59 ID:T1uD/bb5O
>>62
洗った後で、違う色が付きそう
>>63
乙ありがとう。ツンデレってのが難しい。もっとも、イチャラブドロエロも難しいけど
>>64
更に、脱力してピクピクもついてくる予定です
>>65
?「抵抗しない方がきもちいーですよ♥」
>>66
力ずくはちょっとねぇ。明石には、後で霞にプレゼントを渡す予定があるから…
>>67
やっぱ、実際にママ(擬似)になってもらわなきゃいかんかな
>>68
ターゲットが嫌がるなら止めるんだろうけどね
>>69
みんな、おじさんとケッコンしたいんだよね。テレが邪魔してるだけでね
>>70
爆乳大淀と普乳大淀が、フツーに並んでそう。明石の特殊能力…考えておかねば
>>71
書き手としては、答えを出してなかったね。ガチしてるかどうか…どっちだろう?
>>72
摩耶の仲魔入りを、ガチ艦が待ちかねている訳だ。霞のおっぱい美味しそう
74 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/26(火) 18:45:30.46 ID:T1uD/bb5O
摩耶「あーあ…霞、連れて行かれちゃったなぁ」

青葉「そうですねぇ。でも、なんか意外でしたね」

摩耶「あ?何が?」

青葉「いえ…摩耶さん、おじさんを止めに入るかと」

摩耶「あー…まあ、止めても良かったけどなぁ」

摩耶「霞本人が、嫌がる素振りがなかったからさ」

明石「霞さん、おじさんの上着にくるまって、少し嬉しそうでしたもんねぇ…けど」

明石「睦月型の皆さんも、触手ドックで修復した後は、おじさんと乱交するのがパターンですしぃ…」

明石「多分、霞さんもおじさんに…むふふふふ」

摩耶「ふーん…」

青葉「摩耶さん、えらく冷静ですねぇ…てっきり嫌がるのかと」

摩耶「いや別に。他人が提督とナニするのは勝手だろ」

青葉「ははあ…で、摩耶さん本人は」

摩耶「ほっといてくれ」

明石「ふむふむ。やはり摩耶さんの場合、照れが先立つってのは本当だったんですねー」

摩耶「あのなぁ…あたしは積み重ねとか、ムードってのか…そういうのを大事にしたいんだっての」

青葉「ムードかぁ。確かに大事です」

明石「なるほど…ちなみに摩耶さん、そのムードってのが、具体的にどんなものかって…わかってます?」

摩耶「え?ぐ、具体的って…」

明石「ほーら、ピンとこないでしょ?」

明石「そんな摩耶さんの為に…スイッチオン!」


かちっ!ぶううぅぅん…


摩耶「あ…なんだぁっ!?浴室の壁が、透けて…」

青葉「あらー…中が丸見えですねぇ」

明石「明石特製!マジックルーム仕様の浴室ですよぉ〜♥摩耶さんも、霞さんたちを見ながらムード作りを覚えてもらってですね〜くっくっくっ♥」

摩耶「明石…後でどうなっても知らねーからな」
75 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/02/26(火) 19:20:17.13 ID:T1uD/bb5O
ちゃぷ、ちゃぷ…


提督「霞ちゃん、湯加減はどうかな?少しぬるめにしたけど」

霞「お、温度はいいけど…」

提督「ふっふっふ。霞ちゃんと一緒に湯船に浸かる…おじさん幸せだなぁ」

霞(うぅ…せ、背中…お、お尻に…)

提督「湯船も、ちょうどいい大きさだからねぇ。先におじさんが入り、そして霞ちゃんが…」

提督「まるで、おじさんが霞ちゃんをすっぽり包んでるみたいじゃないか」

霞「………♥」

霞(ああぁぁ…♥さ、さっきの触手ドックとおんなじじゃない…♥し、司令官がぁ♥すごいいっぱいぃ…♥)

提督「霞ちゃん、身体の方はどう?痛かったり、感覚がヘンだったり」


ぱちゃあぁ…


霞「はぁ、はぁ…♥べ、別に痛みとかはっ」

霞(さっき…触手にいっぱいくりくりされたとこぉ…♥)

霞(ドックの液体が染みたとこぉ♥ずっとヘンなのよぉ…♥)

提督「ふむ、とりあえずは大丈夫か。では、もう少しぎゅ〜っと」


ちゃぱああぁぁ〜


霞「ひにゃああぁぁぁっ♥」

提督「後ろから、霞ちゃんをがばりと抱きしめちゃうぞぉ〜むふふふふ」

霞「ち、調子に乗るんじゃないわよぉ♥はぁっはぁっ♥」

提督「霞ちゃんをきちんと洗って…むひひひ、ツヤッツヤの霞ちゃんだぁ〜」

霞「いやああぁぁ…♥だきしめるのぉ…ダメだったらぁ〜♥」

霞(し、しれーかん…すごいよぉ♥すごいあついぃっ♥筋肉かたぁいっ♥)

霞「はぁ、はぁ…ああぁぁ…♥」


ぽた、ぽたぁ…


提督「ん…?ありゃりゃ霞ちゃん、半開きの口からヨダレ垂れちゃってるよ」
76 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/02/26(火) 19:21:33.90 ID:T1uD/bb5O
短めですが…今回の更新は、ここで終わります
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/26(火) 19:24:26.63 ID:+6uPrmWSO
乙です
霞には最後まで口では抵抗し続けてほしい
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/26(火) 21:45:09.50 ID:zBSkLEhP0
霞は司令官呼びなのね 
提督は筋肉もりもりマッチョマンの変態 
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 03:08:04.65 ID:mk2N5qJDO
最初リモコンバイブかと思った
明石のマジックミラー…
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 21:15:30.93 ID:CtJha4F00
摩耶様は見てるだけ 
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 21:20:36.39 ID:p6uYEwcbO
マジックミラー号(中からも外からもスケスケ)を作れるくらいの技術力だからな
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 21:34:16.97 ID:zZeuLsbP0
>かちっ!ぶううぅぅん… 電マっぽくも聞こえるから困る

そういや大淀は提督の尿道と尻穴に触手ブチこんだのか? ウホッ
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/27(水) 21:58:05.67 ID:bbZnwshc0
明石はエログッズとか制作してるだろうけど、この場で用意できない罠

青葉は動画撮影しながら[田島「チ○コ破裂するっ!」]してそう、摩耶は赤面しつつ太股をモジモジしてそう
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 00:22:19.70 ID:ZJtSiQ3DO
明石えもんの手により四次元ポケット完成
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 01:30:47.03 ID:FANyS7ZR0
霞ママがおじさんにデレデレしてるの見たい! 残り三人は悶々と…
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/28(木) 13:20:46.73 ID:+hbiENz/0
霞、ツンが多いから今ぐらいでデレ多目でもいい気が
87 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/03/05(火) 18:28:37.72 ID:ea6nDSAIO
>>77
乙ありがとう。その口ではってのが難しくってねぇ
>>78
とりあえず司令官呼び、いずれは…って感じ
>>79
特製リモコンバイブも、いずれ使いたいなぁ
>>80
登場人物が次から次にアヘるのを見て、何らかの影響が出てくるかも
>>81
視覚効果以外にも、普通の艦娘をエロに引き込む何かが欲しい
>>82
睾丸マッサージもした。上手く書ききれなかった
>>83
明石が独自のエログッズ片手に、神出鬼没に出てくるパートも書きたい。今回は無理だけど
>>84
中から何が出てくるだろう?ロクな物が無さそうだけど
>>85
間違った方向にデレる霞に、三人は何を思うだろう
>>86
デレ多め、別の物も多めになるかも知れない
88 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/05(火) 19:21:48.05 ID:ea6nDSAIO
提督「ふーむ、ふひひひ…イヤイヤ言いながらも、抱きしめられるのが気に入ったみたいだね霞ちゃん」

霞「このぉっ…耳元で喋るのやめてよぉっ…♥」

提督「何やら、おじさんの股間がじんわりしてきた気がするぞぉ?こりゃ霞ちゃんの…ぐふふふふ」

霞「ちがぁっ♥違うんだからぁ…っ♥」

提督「ふへへへへ。抱きしめた霞ちゃん、フワッフワだなぁ…サイコーの気分だよねぇ」

霞「んくっ♥バカじゃないのぉ…こんな小さい女の子で喜ぶなんてぇ、ク、クズじゃない…♥」

提督「むう…厳しいねぇ霞ちゃん」

提督「二人きりだってのに、まるで解放感が感じられないんだからなぁ。憎まれ口ばかり叩かれちゃってるし」


にゅるにゅろっ、つぷっ…


霞「あっあっあっ♥こらぁっ、そこに入れちゃダメえぇっ♥」

提督「ドックの触手、膣口は弄り回したようだが、膣内には入ってないようだね」

霞「あっくっ♥あついぃっ♥ほんとダメだったらっんうっ♥ちょっひあぁっ♥」


ばしゃっばしゃっ!


提督「あぁー、そんなに水面を叩いちゃダメだよ…仕方ない」


ぐむぐむぐむ…
どぷんっ、ぬちゃあぁ〜


霞「え、え、これは…ふあぁっ♥」

提督「とりあえず、おじさん自身がドロドロに溶けて、風呂のお湯に混ざっちゃおう…と。叩いても、浴槽からお湯が飛び散らないようにさ」

霞「うあぁ…身体中がドロドロに包まれ…んにゃっ♥」


にちゅっにちゅっ


提督「ふむ…霞ちゃんの子宮口に、極細触手が到着したね。おじさんの勃起チンポが触手に変化したヤツだよ…くっくっくっくっ」
89 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/05(火) 19:57:59.01 ID:ea6nDSAIO
ぬりゅぬりゅっにちゅっ


霞「はぁっはあぁっ♥つっつくのらめぇっ♥ふにゅうぅ〜♥」


ごぷぅ〜、どぷんっ…


提督「子宮口をやさしーくなぞりながら、溶液化したおじさんでどぷんどぷんしてあげるね霞ちゃん」

霞「あぁ〜♥きっ…きもちいーけどぉ…これらめぇ〜♥」

提督「ダメかな?霞ちゃんの膣壁、かなりトロトロしてきたけど」

霞「だ、だってだってぇ…♥」

提督「いやね、これはお礼なんだよ霞ちゃん。そりゃ厳しいこと言われるけど、艦隊維持と勝利に全てを尽くす霞ちゃんへの」

提督「霞ちゃんを、中も外もいーっぱいにして、真っ白になるくらい気持ち良くしてさ」

霞「き、きもちよくってぇ…♥」

提督「なんて言うかね。女の子の幸せって様々だろうけど」

提督「おじさんに出来ることって、女の子にきもちよーくアヘアヘさせることぐらいしか無いんだよねぇ」

霞「ほ、他にもいろいろ…んあ♥」


つぷ、にゅるんっ


霞「あぁ…あぁぁ…♥あかちゃんん〜♥あかちゃんのへやぁ♥はいったぁ〜♥」

提督「おじさんから分離した触手が、霞ちゃんの子宮に入っちゃったねぇ」

霞「はえぇ…?あかちゃんん…♥しれーかんがぁ…あかちゃんん…?」


ぬぷんっ、ちゃぷぷ


霞「はぁ〜はぁ〜♥れもぉ、ちゃぷちゃぷしてるのもぉ…しれーかんん…♥」

提督「はっはは。パパがお湯になって、霞ちゃんのお腹に赤ちゃんが新しく入ってるってことだわな」

霞「あぁ…あははぁ♥おなかのなかぁ♥しゅごいあったかぁい♥おゆもとぷんとぷんしてぇ♥いっしょにおふろぉ〜♥」
90 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/05(火) 22:18:29.52 ID:ea6nDSAIO
霞「んんぅ〜♥ふにゅうぅ〜♥とろんとろんのおふろぉ♥しゅごいきもちー♥」

提督(湯)「霞ちゃん、すっかり力が抜けちゃったねぇ」

霞「あはぁ♥らってきもちーからぁ♥ふあっにゅるにゅるらめぇー♥あかちゃんみてりゅからぁ♥」

提督(湯)「ははは。ママの乳首とクリトリスがピンピンだからさ。にゅるにゅるするパパも気持ちいいんだよ」

霞「あなたったらぁ♥ふあっおなかけってりゅー♥あかちゃんがぁ♥しゅごいげんきぃ♥」

提督(子)「パパとママ、すっごい仲良しなんだねぇ。こっちまで嬉しくなっちゃうよ」

霞「えへへ♥やきもちやいてりゅ〜♥あっあっ♥しきゅーつんつん〜♥ふはぁっ♥」


ぴくんっ、ぴくんっ!


提督(湯)「霞ママったら、おまんこから汁がダダ漏れだねぇ。身体もびくびくしてるし」

提督(子)「へっへっへっ…ママの子宮、僕をずーっとネトネト包んでるんだよねぇ。すっごいヤらしいよ」

霞「あぁんっ♥おなかのこがぁ♥しきゅーをトントンするとぉ…ほおぉっ♥んおぉ〜♥」

提督(湯)「霞ママ、よっぽど気持ちいいんだね。鼻の下が伸びて、脚が半開きで、腰をカクカク振って…」

提督(子)「むふふふふ。霞ママの溶け顔、見たくなっちゃったなぁ」


ぐぐぐ、にゅるううぅぅ〜


霞「あっあっあっあっ♥うまれひゃううぅぅっ♥らめぇぇっ♥まだママのおなかから出たらぁっ♥あぁ〜っ♥ああぁぁぁ〜っ♥」

提督(子)「くっくっくっくっ。霞ママの膣道、エロい液体でヌルヌルネトネトじゃないか…ちょっとローリングしながら出て行こう」


にゅちっぐぷっぐぷんっ!


霞「ほおぉっイクっ♥うまれりゅうぅぅっ♥おぉっ♥イクイクイクイクっおぉああぁぁぁ〜っ♥」


びくんびくんびくんびくんっ!
ぐぷぷっどぷんっ…どぽぉ…
91 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/05(火) 23:00:57.21 ID:ea6nDSAIO
霞「あぁ〜♥ひぅんっ♥はぁっはぁっ♥まだママのおなかから出たらダメらったのにぃっふあっ♥」


ぐむぐむぐむぐむ…


提督「むふふふふ…ひひゃあ、霞ママ、すごいアクメ顔だね。あぁ〜、まだママの身体、びくんびくんしちゃってるよ」

霞「あ、あ…あんっ♥お湯がぁ…とろんとろんじゃなくなってりゅうぅ〜♥」

提督「そう。溶液のパパと、お腹の触手…足して2で割って、おじさんになっちゃった訳だ」

霞「あはああぁぁ♥うまれたあかちゃん♥おじしゃんになっひゃったぁ♥」

提督「愛しの霞ママ…ちゅー」


ばちゃっばちゃっ!


霞「んんん〜♥あむんっ♥んちゅちゅ♥んふうぅ〜ちゅるっ♥ふあぁ〜はぷちゅ♥」

提督「ちゅぱぁっ…へへへへ、霞ママにキスしちゃったよ」

霞「はぁ〜はぁ〜♥ママにすっごいちゅー♥もっとぉ♥もっとちゅーしないとらめっ♥」


ぎゅううぅぅ〜
ばちゃっぱちゃっ


提督「おぉぉっ!霞ママから抱きついて来てくれるなんてっ!はぁっはぁっ…ちゅっちゅっ」

霞「んむんっ♥ちゅちゅっ♥ふはぁっおじしゃんっ♥しゅごいきんにくぅっ♥あふっとけちゃうぅっちゅるぅ♥」

提督「ちゅぱぁっ!霞ママ柔らかいぃっ!けど乳首ピンピンっ!コリコリきもちいい〜っ!」

霞「しゅごいぃっ♥おじしゃんしゅごいっ…あぁんっ♥あっあっあっあっ♥」


ぐちゅっぐちゅぐちゅぐちゅっ!


霞「かきまわすのらめぇっ♥おまんこぉっ♥ゆびでくちゅくちゅイクっ♥ああぁぁぁ〜っ♥」


びくっびくっびくっびくんっ!
ぷしゃああぁぁぁ〜っ!
92 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/05(火) 23:31:01.17 ID:ea6nDSAIO
霞「はぁぁんっ♥イクぅ〜♥イッたぁ♥しゅごいゆびぃ♥ああぁぁ…♥」


がくがくがくがくっ…


提督「おぉぉ…霞ママ、イキまくりじゃないか。触手だけじゃなく、指でもイッちゃえるんだねぇ」

霞「えへぇ〜♥おじしゃんのゆびぃ♥ゴツゴツのゆびぃ♥」

提督「ほお…霞ママ、触手より指が気に入ったのかな?」

霞「ふえ…?えっと、ゆびぃ…♥あん、でもぉ…ぬるぬるの触手ぅ…♥」

提督「頭と視線をゆらゆらさせながら迷う霞ママ…すっげー興奮しちゃうなぁ」

提督「ならば、第三の選択…チンポずぽずぽなんてーのも」

霞「ああぁ〜♥おっきいおちんちんー♥しゅごいそりかえってるよぉ♥」


ぱちゃっぱちゃっ


提督「むはははは!霞ママ、腰をユサユサしながらチンポを見ちゃってるねぇ…風呂の湯がパチャパチャ」

提督「いやたまらん。うっとりした霞ママがハフハフしながらチンポを…いや、うっとりどころか、瞳にハートマークが浮かんでる」


ざぱああぁぁ〜


提督「さあ霞ママ、物は試しだ。お風呂から出て、この…」


むくむくむくむく…


提督「ほらほら、触手でビニールマットを作ったよ。ここに横になってさ」

霞「やぁんっ♥おっきいちんちんっ♥ぴこんぴこんうごいてるよぉ〜♥」

提督「霞ママ、既に知ってるみたいだけどね…おじさんのチンポ、霞ママに興奮し過ぎてカチカチのビンビンになっちゃってるんだ」

提督「霞ママと一緒だよ…何度もイッて、クリトリスがカチカチのビンビンになっているだろ?くっくっくっ」

霞「んうぅ〜♥なってるぅ♥くりとりすぅ…じんじんしちゃってるよぉ〜♥」
93 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/03/05(火) 23:32:33.65 ID:ea6nDSAIO
最初に、「キャラ崩壊注意」と書いときゃ良かった
今回の更新は、ここで終わります
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/05(火) 23:42:08.41 ID:Qq4Fas9c0
乙 いつも通りで安心したのれす(^q^)
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/05(火) 23:42:42.71 ID:AByV1RmAO
へーきへーき
出産お祝いは何かな?
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/05(火) 23:48:40.32 ID:o2Tbff2QO
乙です
娘にも恋人にも母親にもなれる霞ってやっぱ至高だわ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/05(火) 23:53:07.97 ID:uWQCMNKdo
うーちゃんママに続いて霞ママ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/06(水) 02:33:20.12 ID:3m875mXP0
おじさん「アレ、何してんだ?(透視)」 カスミン「あれぇ…(白目)」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/06(水) 03:09:54.90 ID:1T+7bjYDO
ショタ提督?
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/06(水) 07:01:02.23 ID:ZKEU86SxO
ショタ提督(おじさん)
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/06(水) 10:09:45.13 ID:M9h0SCR00
大淀さん「」(●REC)
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 00:45:38.28 ID:8jXhKEWA0
大淀憲兵24時。
103 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/03/09(土) 00:58:57.44 ID:LVNZ8QJrO
>>94
乙ありがとう。いつも通りっていうか、他に書き様が無いのれす
>>95
出産祝いは、明石から贈呈される予定です
>>96
乙ありがとう。霞は至高だね。今後もガンガン提督をシゴいてくれるでしょう
>>97
今後も、ママが増えるんでしょうね。駆逐艦ばかりだけど
>>98
透視能力もいいなぁ。下着姿の女の子ばかりで…よくあるネタだけど
>>99
一人称を「僕」っていうおじさんもいると思い、ここでも使っていたけど…紛らわしいかもね
>>100
結局、正体がおじさんなのよね
>>101
視聴覚室(裏)にて、それまでのエロシーンが収録されている
>>102
普通、憲兵って、綱紀を粛正するためにいるはずだけど…大淀なら逆かも
104 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/09(土) 01:27:32.76 ID:LVNZ8QJrO
提督「さあさあ霞ママ、マットに仰向けに…」

霞「う、うん…ふあぁ♥マットあったかぁい♥」

提督「へっへっへっ、触手マットだからねぇ。しかし…」

霞「はぁ、はぁ…♥しゅごい見られてるぅ♥おじさんはぁはぁしてるよぉ…♥」

提督「ふひひひひ…きっと、目が血走ってるんだろうねぇ」

提督「けど、当たり前だろ?ピンク色に上気した肌、興奮でピンピンに尖った乳首、ツルツルのお股」

提督「ふ〜ふ〜…霞ママ、霞ママぁ〜」


がばぁっ!


霞「ふにゃんっ♥がばぁってぇ♥んっんうぅっ♥んちゅっあむっ♥ふむぁっじゅるっ♥れろぉっ♥」

霞「ぷはぁっ♥あぁん♥きすぅ♥くちのなかぁ♥いっぱいれろれろぉ♥んにゅっ♥」


ちゅぷ…


提督「はぁはぁ…チンポ、霞ママの膣口に押し付けちゃった。うひひひ、先っちょ熱いよぉ」

霞「はぁ〜はぁ〜♥先っちょあつぅい♥しゅごいくにくにぃっ♥」

提督「くっくっくっ。霞ママ、腰が動いちゃってるねぇ。おまんこがにちゃにちゃ鳴ってる」

霞「だってだってぇ♥赤ちゃん産んだあとぉ♥しきゅーが空っぽだからぁ♥」

提督「そうだね、子宮に大量射精しないとダメだよねぇ…だから」


ぐぐ…ぐぷんっ


霞「あっあっ…んあぁ〜♥ぐぽってぇ♥しゅごいかたいのぉっ♥」


かくっかくっかくっ!
ぶぷっぐちゅっぶぷっ…


提督「ふおぉ…霞ママ、早くも腰をフリフリしてるねぇ。痛みとか、大丈夫なの?」

霞「いいからぁっ♥はやくぅっ♥おくまでいれなきゃらめえぇぇっ♥」
105 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/09(土) 02:14:12.04 ID:LVNZ8QJrO
提督「よぉし…じゃ、ゆっくりチンポ挿入していくからね」

霞「うんっうんっ♥あぁ〜♥きてるぅっ♥しゅごいきてりゅううぅぅ〜っ♥」


ぐぷぷぷぷ〜


提督「おぉぉっ、ほおぉぉ〜…あついっ、霞ママのおまんこぉっ…」

霞「はぁっはぁっ♥ちんちんおっきいっ♥かたぁいっ♥ふにいいぃぃっ♥」


ぐちゅううぅぅ…


提督「はぁ〜はぁ〜…霞ママ、チンポ全部入っちゃったよ」

霞「あっあっ♥ちんちんはいっ…あはああぁぁ〜っ♥」


がくがくがくがくっ!
ぷしゅっぶじゅううぅぅっ!


霞「あぁ〜っ♥はぁっはぁっ♥あんっ♥」

提督「す、すっげぇ…チンポ挿入しただけでイッちゃった。ハメ潮まで…」

霞「あぁんっ♥とけひゃうぅ♥おまんことけひゃうぅ〜♥」

提督「あぁぁ〜…霞ママの締め付け、すっげぇ…おや?霞ママの乳首から…」

霞「ふにゅうぅ…♥おっぱいぃ♥なんかあついよぉ…♥」

提督「へ、へへ…霞ママから、おっぱいミルクが出てきちゃった。はぁ〜はぁ〜…れろぉ〜」

霞「みるくぅっ♥ああぁぁ〜れろれろぉ♥あっあっあっ♥」


びくんっ!びくんっ!


提督「むふふふふ、ミルクを舐め舐めしただけでイッちゃって…ならば、更にちゅーちゅーしてみよう」

霞「はぁっはぁっ♥ちゅーちゅーしてぇっ♥ママのみるくでおっきくぅっ…ふにゃああぁぁっ♥」

提督「ふもおぉぉ〜ちゅっぱちゅっぱ、れろれろれろぉ〜ちゅちゅー」

霞「しゅごおぉっイクっ♥ああぁぁ〜っ♥らめぇっあたまとけひゃうぅっ♥あっイクイクイクイクぅ〜っ♥」


がくがくがくがくっ!
ぶじゅああぁぁ〜っ!
106 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/09(土) 03:01:27.83 ID:LVNZ8QJrO
霞「あはああぁぁ〜♥またイッたぁ♥ちゅーちゅーしゅごひいぃ〜♥」

提督「はぁ、はぁ…ミルクうんめえぇ…チンポ、全然動かしてないのにきもちいい〜」

霞「あぁ…ちんちんおっきいままぁ♥ぴゅっぴゅしないとぉ…んっんっんっ♥」


くいっくいっ
にっちゅにっちゅにっちゅ


提督「ああぁぁ〜っ!霞ママ、自分から腰振ってチンポしごいてるぅ〜あっあっあっ」

霞「あはあぁっ♥おじしゃんもうごいてりゅうぅっ♥ちんちんしゅごおっ♥」


ぐっぷぐっぷぐっぷぐっぷ!


提督「か、霞ママっ!痛くない?」

霞「いいのぉっ♥いっぱいのおちんちんっ♥ごりごりゆってりゅううぅぅ〜っ♥」

提督「ああぁ、霞ママの瞳にハートマークがああぁぁ〜おほおおぉぉっ!」


ぱんぱんぱんぱんっ!
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅっ!


霞「これぇっ♥こしゅれてぇっ♥あっイキそっイキっ…んあぁっ♥あはあぁっ♥あっあっあっあっ♥ちんちんとまんなひいいぃぃっイクぅっ♥またイッひゃううぅぅっイクううぅぅ〜っ♥」

提督「ああぁぁ〜ママが連続イキしてるぅっ…あっ出そうっ!射精しそっ…あぁおおぉぉぉっ!」

霞「らしてえぇぇっ♥ママにいっぱいぃっ…あっまたイクぅっ♥あはぁっあっあっ…ああぁぁぁ〜っ♥」


がくがくがくがくっ!
びゅるっびゅるっどぷどぷどぷっ!


霞「でてりゅううぅぅぅっ♥あぁ〜っ♥んあぁっ…♥あっイクイクイクイクううぅぅっ♥はぁっはぁっ…はぁぁんっ…ああぁ…♥」

提督「ああぁぁ…はぁ、はぁ…ふおおぉぉ〜…ママ、霞ママぁ…ちゅっちゅっ」

霞「あはぁ♥ちゅ、ちゅ…♥しきゅーいっぱいになっひゃったぁ…ちゅっ♥」
107 : ◆DbtGHHDsis [sage saga]:2019/03/09(土) 03:11:05.87 ID:LVNZ8QJrO
あと3レスぐらいで、霞ママ編が終わるかなと思う
今回の更新は、ここで終わります
108 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/10(日) 06:44:47.31 ID:7RNlDONJO
提督「やぁみんなお待たせ。くっくっくっくっ」

摩耶「提督と霞、連れ立って出て来たな」

青葉「バスローブ姿ですね。中に用意してあったんですかねぇ」

明石「ふふ、霞ちゃん、おじさんにぴったり連れ添っちゃってますねぇ」

摩耶「いきなり『ちゃん』付けになってやがるな」

霞「ねぇ明石。私の服、用意できた?」

明石「えーと…あと30分ほどかかりますね」

霞「30分かぁ。このまま待つしかないわね」

提督「室内着なら、おじさんでも用意できたけどね」

霞「まあね。でも触手の服じゃ出撃できないからね。明石に溶かされたようなものなんだから、きちんと仕立て直してもらわないとね!」

青葉「ほーお、さっきまでとろんとろんだったのに、もうピシッとしてますねぇ」

霞「そんなの当然じゃない。せっかくおじさんを産んだんだから、ビシビシ育てないといけないでしょ!?」

霞「私たちがダラダラしてちゃ示しがつかないんだから…ガンガン行くわよっ!」

摩耶「お、おぉ…」

青葉「おー…」

霞「二人とも声が小さいッ!!」

摩耶「おっ、おうっ!」

青葉「おぉーっ!」


明石「にっひひひ、張り切ってますねぇ霞ちゃん。そんな霞ちゃんに出産祝いを差し上げちゃいますね♥むむむむぅ〜…」

霞「え、え…やぁんっ♥おちんちんにそんなことぉ♥あっあっ♥」

摩耶「な、なんだ!?明石が額に指を押し当てて唸り出したら、霞がクネクネし出して…?」

青葉「ふおぉー…明石さんのフェラテク、かーなりエグいですねぇ〜♥」

摩耶「え?なんなんだ一体…?」
109 : ◆DbtGHHDsis [saga]:2019/03/10(日) 07:24:32.98 ID:7RNlDONJO
青葉「いえ、実はですね。おじさんとエッチした艦娘は、テレパシーが使えるようになれちゃうんですよねー」

摩耶「え。マジかよ…」

青葉「マジです。気付かなかったんですか?出撃する艦娘によって、妙に連携取れてるなーとか」

摩耶「た、確かに…」

青葉「すっごい便利ですよー♥おじさんとエッチしちゃうとー♥」

摩耶「むむ…」


霞「はぁ、はぁ…♥すっごい…おじさん、すっごいびゅーびゅーしてたぁ…♥」

明石「ふー…霞ちゃん、どうですか?私からの出産祝い♥」

霞「ま、まあ…う、受け取らせてもらうわ。ありがと…」

提督「むふふふふ。もちろんおじさんも、明石ちゃんのテレパシーを受電してるからね。おかげで…」

霞「ふあぁ〜♥おじさんの前、すごいもっこりぃ♥し、シて欲しいの…?」

提督「当然じゃないか。他ならぬ霞ママに…ふへへへへ」

青葉「霞さん…霞ママって呼び方、完全に受け入れちゃってますねぇ。すっごく気持ち良かったんだろなー♥」

摩耶「あたしは見てて、正直引いたけどな」

霞「し、しょうがないわねっ♥ママがちんちんシコシコしてあげるから…♥」

提督「ぬははははっ!じゃ早速、バスローブを脱いでっと」


ばさぁっ!


摩耶「うわぁっ!あ、あぁ…」

青葉「ふわあぁ…♥バスローブの下、ハダカですもんねぇ♥」

明石「すごーい♥おちんちん、完全に上向いちゃってます♥」

霞「じゃ、じゃあ…私もバスローブ脱いで…きゃんっ♥おちんちんピクピクしてるぅ〜♥さ、触るからね…♥」


さ〜わ、さ〜わ…にちゅっ


霞「ああぁぁぁ♥ちんちんの先っちょからぁ♥なんか出てきちゃったぁ♥」
647.22 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)