【ガルパン】ミカ「私が犯される同人誌をアキとミッコが書いてた……」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 17:48:14.96 ID:zV1yWormO

*『母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」』のオマージ……パクリです。



ミカ「アキとミッコがぁ、アキとミッコが怖い……!」ガタガタ

アキ「誤解だよー」

ミッコ「まぁ落ち着きなって」

ミカ「ふ、二人がそんな目で私を見ていたなんて……」ブルブル

アキ「違うってー」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 17:52:19.81 ID:zV1yWormO

アキ「ねぇミカ、本当に誤解だよ?」

ミカ「え、誤解、なのかな……?」

アキ「うん」

ミカ「じゃあ、あの同人誌は、二人が書いたのではない……?」

アキ「え、いや、それはまぁ」

ミッコ「私とアキが書いたんだけどね」

ミカ「犯されるぅぅぅ! 親友だと信じていた二人に犯されるぅ!」ガタガタ

アキ「違うんだってばー」

ミッコ「もー、うるさいなぁ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 17:54:07.68 ID:zV1yWormO

ミカ「うぅ……私だって二人の事を大切に思ってる、二人は大切な友達だよ……」ビクビク

アキ「ありがとう」

ミカ「だから、仮に君たちが同性愛者だったとしても、けして二人を否定したりはしないし……」ブルブル

アキ「……ねぇ、ミカ?」

ミカ「な、何だい!?」ビクゥッ

アキ「どうして私達から距離をとってるの?」

ミカ「だって怖いもん!! 二人に犯されるもん!」ガタガタ

ミッコ「だからそういんじゃないってば」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 17:55:05.90 ID:zV1yWormO

ミカ「そ、そうやって油断させておきながら超マニアックな方法で私を犯すんだろう!?」

ミッコ「いやしないって」

ミカ「無理やり二人に押し倒されて『えへへ、ミカのカンテレはどんな音を聞かせてくれるのかな』とか言葉攻めされるんだろう!?」

アキ「さっきの本から抜粋するのやめて」

ミカ「『ミカのクリスティ・ヴォヴ・オーディオはやく聞かせてよ、我慢しないでトゥータしちゃいなよ、ほらローイローイ』とか言っちゃうんだろう!?」

ミッコ「……自分で書いといてなんだけど改めて聞くとバカみたい」

ミカ「あぁ、なんてマニアックな言葉責めなんだ……!!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 17:56:20.00 ID:zV1yWormO

ミカ「とにかく、私とそういうマニアックなプレイをするつもりなんだろう、二人は……」

アキ「違うってばー」

ミカ「さ、さらにマニアックな……?」

アキ「もぅ、そうじゃなくってー」 

ミッコ「てかさ、ミカが言ってるみたいなのは全然たいしたプレイじゃないよ」

ミカ「……へ?」

ミッコ「……あ」

アキ「……ばか」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 17:57:03.27 ID:zV1yWormO

ミカ「……あ、あれくらいは、基本なんだね……?」

ミッコ「あー、何でもないって。今のは取り消し」

ミカ「正直いまのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだよ……?」

ミッコ「聞いてよ。さっきのは間違い」

ミカ「こ、こんな程度じゃ、君たちは満足できやしないんだね……」

ミッコ「もー」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/23(土) 18:06:26.14 ID:FNZjIMII0
持ってたじゃなくて書いてたってのがヤバいな
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 18:39:48.31 ID:zV1yWormO


ミカ「二人ががどんどん遠のいていくよ……」

アキ「だからさぁ」

ミッコ「遠くに行ってるのはミカじゃん。物理的に距離とってるし」

ミカ「だ、だって二人が犯そうとするから……」

ミッコ「……、しないって、いってるでしょ?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 18:43:52.15 ID:zV1yWormO

ミカ「あぁ、私はいったいどうすべきなんだろう! もちろん二人は私にとって大切な友人。だけど私には二人の気持ちにこたえることは……」

アキ「もう、やめなよ、へんに重い感じに考えないでよ」

ミカ「ふ、二人だってきっと苦しんでいたんだ、悶々とした夜を過ごしてきたはずなんだ……私が鈍感だったばかりに……」

アキ「そういう優しさは、こっちもなんかちょっと辛いんだけどさ」

ミカ「い、いや待つんだ。シチュ的な見地から考えるとそういう焦らされもある種の興奮ポイントに……?」

ミッコ「なんでちょっと理解できてる感じなのさ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 18:51:44.73 ID:zV1yWormO

ミカ「一所懸命、二人を理解しようとしてるんだよ……」

アキ「さっきまで『犯される!』とか言ってたくせに」

ミカ「二人を刺激して余計にひどい目にあうのが怖い……」

アキ「いやそんな事しないって。何度言えばわかるのかなぁ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 18:53:09.74 ID:zV1yWormO


ミカ「な、なら、面と向かって宣言してくれるかい……?」

ミッコ「?」

アキ「何を?」

ミカ「『私達はミカを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」

アキ「ええ? 何よそれ」

ミッコ「うーん」

ミカ「言ってくれなきゃでなきゃ信用できない……獣と共に同じ戦車には乗れないだろう」

アキ「ケモノとか言わないで」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 19:02:31.32 ID:zV1yWormO

ミカ「とにかく言葉を聞けば私も安心できるかもしれないから……」

アキ「うーん。ミッコ、どう?」

ミッコ「ん? うーん。」

ミカ「……や、やっぱり虚偽の申告はできないかな?」ビクビク

アキ「またそういう事を言う」

ミカ「い、いいんだよ! 私だって、二人を嘘つきにしたいわけではないんだ」

アキ「その優しい感じ、やめて」

ミカ「アキとミッコにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私は二人の嗜好と向き合う!」

アキ「重いのはやめて」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 19:04:47.03 ID:zV1yWormO

アキ「えと、なんだっけ、『私は』?」

ミカ「『私はミカを犯したいと思っていないし』──」


ミッコ「……。」


ミッコ「あのさ」

ミカ「っひ……な、なんだい?ミッコ」ビクビク

ミッコ「一応、確認なんだけどさ」

ミカ「な、何?」

ミッコ「この『犯す』の範囲って?」

ミカ「!!」

ミッコ「一応、ね」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 19:08:58.24 ID:zV1yWormO

ミカ「そ、それってつまり範囲によっては……」

ミッコ「意外とさ、私達の間で食い違ってるかもしれないじゃん」

アキ「ん、そうだね」

ミカ「範囲によっては宣言できない……と……??」

ミッコ「あくまで確認、だよ」

ミカ「わ、わかったよ……二人の基準はちょっとアレだからね……」

アキ「アレとかやめて」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/23(土) 19:35:01.25 ID:zV1yWormO

ミッコ「んじゃ、少しずつ確認していくよ?」

ミカ「あ、ああ。……ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

ミッコ「うん」

ミカ「アキとミッコがさっきの宣誓を紡げない可能性が上がる、というわけだね……」

アキ「ま、大丈夫でしょ」

ミッコ「だね」

アキ「じゃ『犯す』の基準決めスタート」

ミカ「じ、じゃあ……まずは『キス』!」

ミッコ「へ?」

アキ「ええー?」

ミカ「えっ……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 00:58:37.55 ID:z+q5mzqPO

アキ「一旦ストップ」

ミッコ「うーん」

ミカ「怖い怖い怖い怖い!!」

ミッコ「ミカぁ、キスだよ? フィンランドの人達普通にしてるって。友達同士で」

アキ「そうだよ」

ミカ「私達は日本人だもん……フィンランド人じゃないもん……」

アキ「継続の隊長がそんな事言っていいのー?」

ミッコ「それにアレだぞ、キスって唇同士の奴だからな? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないからな?」

ミカ「当然だよ……ていうかなんなんだいその発想……ミッコこわい……」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 00:59:04.85 ID:z+q5mzqPO

ミカ「とにかく、キスが基準だとアウトなんだね? よね? あの、言わなくていいけれど」ビクビク

アキ「そんなにビクビクしないでよ、情けない」

ミカ「う……わかった、このさい二人に直接聞くよ……ど、どこラインにしたら、二人はさっきの宣言ができるんだい?」

アキ「え〜?」

ミッコ「うーん?」

ミカ「ふ、二人が決めてくれていいんだ。それを聞いて対処するよ……」

アキ「ん〜……」

ミッコ「むむむ」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 00:59:38.07 ID:z+q5mzqPO

(2秒後)



アキ「うん、決めた」

ミカ「はやいっ!?」ビクゥッ

ミカ「も、もっとゆっくりとよく考えるべきだよそうしなよ……」

アキ「考えたって変わらないもの。ミッコはどう」

ミッコ「うん、私も、もういいや」

ミカ「ねぇ、二人はどうしてそんなに清々しい顔をしているのかな……」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:00:12.47 ID:z+q5mzqPO

アキ「ミッコ、私から、いい?」

ミッコ「いいよ、多分同じ答えだし」

アキ「よね」

ミカ「それで、こ、答えは……?」

アキ「えっとね、多分、何をラインにしても、無理」

ミカ「え」

アキ「あの、だって」

アキ&ミッコ「ぶっちゃけミカと、ほんとにしてみたいし」

ミカ「」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:00:47.18 ID:z+q5mzqPO

ミカ「ひぃぃぃぃぃぃ! やっぱりガチじゃないかっっっ!!!」

アキ「ごめんねミカ、でもやっぱり私、ミカとしてみたい」

ミカ「ちっとも誤解じゃなかった!! 最初のリアクションでむしろ正解だよ!!!!」

ミッコ「ごめんごめん、それは本当に謝る。でもさっきの言葉責めとかすごくよかったよ」

アキ「ミカの音読、私すごく興奮しちゃった」

ミカ「そんなこと聞いてません!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

アキ「あのさ……いいかげん少しは静かにしなよミカ。でないと──」

ミッコ「本当に犯すよ?」

ミカ「せきららに本性を出してるぅ!!!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:01:17.26 ID:z+q5mzqPO

ミカ「うぅ、なんてことだ……二人が同性愛者だったなんて……」

アキ「え、ちょっと待ってよ、私達べつに同性愛者って訳じゃないと思うよ。ね、ミッコ」

ミッコ「うん」

ミカ「いやけど、二人は私を犯そうとしてるじゃないか……」

アキ「それは……相手がミカだからだよ」

ミカ「……え……?」

ミッコ「へへ……なんか、照れるね」

ミカ「二人とも……」

ミカ「……いや良い話風にしてもダメだからね」

アキ「ちぇー」

ミッコ「だめか」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:01:45.77 ID:z+q5mzqPO


アキ「……しかたないじゃん、ドヤ顔でカンテレ引いてるミカって、ほんと可愛いんだもん」

ミカ「!? き、急に何を言い出したのかな!?」

アキ「いやなんか、もういいかなって。」

ミカ「し、慎重になることも人生には必要じゃないかな」

ミッコ「ほら、そうやって変な詩人気取りとか、ホント可愛い。他のやつらは完全に引いてるけどさ」

ミカ「!? !? !?」

アキ「すました顔で人生がどうのこうのって、もう、私のこと誘ってるのかな?って感じだよね!」

ミッコ「わかるわかる。この子の相手は私がしてあげなきゃ、って、すんごい愛おしくなる……」

ミカ「!? !? !!!???」

アキ「はぁ〜、またミカの同人誌書きたくなってきちゃった」

ミカ「」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:02:32.03 ID:z+q5mzqPO


ミッコ「ミカ、心配しなくていいよ」

ミカ「な、何を……」

ミッコ「ミカは変人かもしれないけど、戦車道の才能は本物だよ。私とアキは、これからもミカを引き立てていくよ」

ミカ「え、ええー……。」

アキ「だから、同人誌の事は多めにみてほしいなぁ」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:03:06.12 ID:z+q5mzqPO

アキ「──さてと、それじゃミッコ、そろそろテントを設営しよっか?」

ミカ「!? い、いや、今日は学園艦に戻ったほうがいいんじゃないかな?」

アキ「何いってるの、もう日が暮れちゃうよ? 移動は無理だよ」

ミッコ「だな。じゃあミカ、今晩もヨロシクね」

ミカ「!? な、何をよろしくするのかな!?」

ミッコ「焚火の準備にきまってるじゃん。」

アキ「じゃ、ミッコとテントを立ててくるから、まき拾いよろしくねー」

ミカ「……。」

ミカ「……ええー……」

ミカ「どうしよう……絶対に今晩なにかしかけてくる……」

ミカ「怖いよ、こんなに怖いキャンプは初めてだよ……」

ミカ「どうしてあんな本を見つけてしまったんだろう……」

ミカ「……」

ミカ「決めた、大洗に転校しよう」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2019/02/24(日) 01:03:35.98 ID:z+q5mzqPO



ミカ(……けど……)


  ──しかたないじゃん、ドヤ顔でカンテレ引いてるミカって、ほんと可愛いんだもん──

  ──この子の相手は私がしてあげなきゃ、って、すんごい愛おしくなる──


ミカ「……。」ジュン




おしまい


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 01:05:57.13 ID:z+q5mzqPO
ありがとうございました。

書けば書くほど、元ネタのSSがいかに優れていたかをまざまざと痛感させられました。

書き終えるだけで精一杯じゃったよ・・・
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/02/24(日) 08:53:21.38 ID:TD49ab2so
おつおつ
13.60 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)