【五等分の花嫁】風太郎「自慰の回数が見える能力?」【安価SS】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆0UoR0VB8XuPC [sage]:2019/03/07(木) 20:47:46.51 ID:5vRtjTq10

らいは「おにーちゃん!朝だよ!起きてー!ご飯できたよー」

違和感に気がついたのは朝起きてからだ。

風太郎「らいは。顔に0って書いてあるぞ」

らいは「ゼロ?」

風太郎「ああ。デカデカと大きな字で」

らいは「お父さん、本当?」

勇也「あ?何も書いてねぇよ。勉強しすぎて目ぇ悪くなったんじゃねーか」

おかしい。目をこする。

らいはの顔に書いてあった数字はだんだん薄くなっていった。

らいは「お兄ちゃん、寝ぼけてる?」

風太郎「いや、確かにゼロ……1週間の[田島「チ○コ破裂するっ!」]の回数がゼロって顔に」

らいは「おなにー?」

勇也「ぶっ!何言ってんだ風太郎!」

らいは「?」

風太郎「あ、いや、忘れてくれ」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 20:50:53.64 ID:5vRtjTq10


親父から拳骨を食らったのはガキの頃以来だった。

風太郎「手加減を知らねえんだから……クソオヤジ」

タンコブが出来た頭を撫でながら、俺は学校へ向かった。

寝ぼけていたのだろうか。らいはの顔に確かに、1週間の自慰回数が浮かび上がっていた。

ガラガラヘビの鮮やかな縞模様が誰に教わらずとも危険だと認識できるように、俺はあの数字の意味をなにかに教わる事なく、直感的に知っていた。

まだ夢うつつだ。馬鹿なことは忘れよう。どうやら、定期テストの勉強で根を詰めすぎたらしい。ここのところ、睡眠時間が平均3時間を切っている。

一花「おっはー。フータロー君、顔色悪いけど大丈夫?」

通学路でばったり一花と会った。

風太郎「ん?」

またあのときの感覚だ。らいはの顔に、数字が浮かんできた時と同じだ。

一花の顔に数字がゆっくりと浮かび上がってきた。

下1 浮かび上がってきた数字:コンマ下1桁 ※ゾロ目の場合はそのまま
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 20:54:39.78 ID:QqnAI4tCo
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 20:54:53.93 ID:NK7/asPnO
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 21:22:26.64 ID:5vRtjTq10

風太郎「8回!?」

一花「え?何が?」

風太郎(1週間で8回はかなり多いんじゃないか?1日1回以上……こいつ、なんて時間の無駄使いをしていやがる)

一花「さっきから私の顔ジロジロみて、どうしたの?見惚れちゃった?あはは」

風太郎「いや、何でもない。忘れてくれ。時に一花。お前、昨日はちゃんと勉強したよな。勉強したノートみせてみろ」

一花「うっ。いやー、アッチの方が忙しくて。ごめんっ!今日はちゃんとやるからっ」

風太郎「アッチってどっちだ!?」

一花「最近また仕事が忙しくて……えへへ、また新しい映画に出れることになったんだ」

風太郎「労働基準法では未成年者の労働は22時までと決まっているんだが。夜はたっぷり時間があるだろ」

一花「もーっ、たまには休んでもいいじゃん」

風太郎「家帰ってからナニした!教えろ!」

一花「相変わらずノー・デリカシーの名を欲しいままにする質問だね・・・」

風太郎「勉強しなきゃダメだ!定期試験2週間前だぞ!直前に追い込まれて勉強するより、日頃からの習慣づけが大事なんだ」クドクド

一花「はいはい」

風太郎(反省の色が見えないな)

風太郎(もしかして、こいつらが成績悪いのは、己の快楽に耽っているからじゃないか?)

風太郎(そうならば他の姉妹も確認しなければ!)

風太郎「悪い、一花!急いで学校へ行くぞ!」

風太郎(もしかしたら、これがこいつらの成績改善につながるヒントになるかもしれん!)

一花「ちょっとまってよー!フータロー君、突然どうしたの!?」
6 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 21:24:22.75 ID:5vRtjTq10


風太郎「はぁーっ、はーっ……急ぎすぎた……」

風太郎(一花とはどこかではぐれたようだ)

四葉「あれ?上杉さんも朝練ですか?汗だくで走って来たんですねっ!」

校門の近くで、ランニングする四葉とばったり遭遇した。

風太郎「あ?お前、何やってるんだ?」

四葉「何って、駅伝の練習……はっ」

風太郎「お前!あれだけ、テスト前は部活をするなと言ったのに!また赤点だぞ!」

四葉「ご、ごめんなさ〜い、上杉さん!べ、勉強はちゃんとしていますから!ご安心を!文武両道、質実剛健、それが最上級学年の中野四葉であります!」

風太郎「本当に勉強しているんだろうな?」

四葉「信じてくださいっ!この真っ直ぐな瞳を!」キラキラ

風太郎「うーむ」

四葉の顔をじっと見つめると、ゆっくり数字が浮かび上がってきた。

下1 浮かび上がってきた数字:コンマ下1桁 ※ゾロ目の場合はそのまま
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 21:27:09.13 ID:mc4WIGADO
8 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 21:46:18.03 ID:5vRtjTq10

風太郎(3回か。一花よりは少ないが)

四葉「どうかしましたか?」キョトン

風太郎(実際のところどうなんだ?女子高生の平均回数がわからないから断定できないが)

風太郎(赤点すれすれの奴が部活とバイトをしながら、さらに[田島「チ○コ破裂するっ!」]をしている余裕はあるのか?勉強時間は確保出来ているのか?)

四葉「上杉さん?怖い顔してますよー?」

風太郎「四葉。昨日の夜はナニしていた?」

四葉「昨日の夜……」ポワポンポワ〜ン

四葉「っ……///いくら、上杉さんにも言えないことくらいありますっ!私にだってプライバシーありますから!」

風太郎「勉強はしなかったんだな?(威圧)」

四葉「勉強も、しました!」

風太郎「何時間した。答えろ」

四葉「ええっと。0.1時間……くらい」

風太郎「このアホー!たった6分で何が学べるんだ!」

四葉「継続は力なりぃ……」

風太郎(ダメだこいつ。だが、まだわからない。3回。もっとデータを集めて平均を出さねば)

四葉「それじゃ、上杉さん、また教室で!」ドヒューン

風太郎「くそっ!まだ説教は終わっていないぞっ!四葉ー!」
9 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 21:48:45.79 ID:5vRtjTq10

二乃「朝っぱら何大声出してるのよ」

風太郎「二乃か……ちょうどいいところにいた」

二乃「あら?そんなに私に会いたかった訳?昨日の夜も一緒だったじゃない、フー君っ」

風太郎「一緒だったのはバイトが終わるまでだ。あの後帰ってからちゃんと勉強したんだろうな」

二乃「んー、どうだったかしら」

風太郎(信じているぞ、二乃!)

二乃「ん?じっと見つめないでよ、照れるわ///」

下1 浮かび上がってきた数字:コンマ下1桁 ※ゾロ目の場合はそのまま
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 21:55:23.13 ID:QqnAI4tCo
11 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 22:16:51.03 ID:5vRtjTq10

風太郎「3回。四葉と同じか」

二乃「何が同じなの?」

風太郎「いや、こっちの話だ。お前らの成績にも関係する問題だが」

二乃「?」

風太郎(3回くらいが平均値なのか?一花は飛び抜けてるが……成績は一花の方がいいから、回数と成績は相関しないのか?)

二乃「ちょっと、今日のあんた変よ」

風太郎「時に二乃。お前昨日の夜」

二乃「ん?」

風太郎(そういえばこいつ俺の事好きなんだよな)

風太郎(落ち着け、上杉風太郎。くそっ、あの告白さえなけりゃ、二乃になら聞けたかもしれないのにっ!)

二乃「昨日の夜もあんたの事考えていたわよ」

風太郎「……は?」

風太郎(それはどういう意味だ、二乃……)

二乃「好きな人の事、考えるの当然じゃない。あんたはどうなのよ?」

風太郎「いや、俺は……昨日は勉強してたから」

二乃「はぁー(クソデカため息)。勉強中もたまには私達の事、考えなさいよ。

いつものお礼を考えていたんだから……ほら、毎日貧相な白米ばかり食べてるあんたのために、お弁当作ってあげたわよ」

風太郎「二乃様神様仏様!食費がらいはの文房具代に回せるぜ…!」

二乃「それじゃ、今日はお昼ご飯、二人で一緒に食べましょ」
12 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 22:18:43.90 ID:5vRtjTq10


三玖「ちょっと待った」

二乃「げっ!その顔は……三玖!」

三玖「私だって……フータローの事考えていた。お弁当作ってきたんだから」

二乃「珍しく早起きしていると思ったら……チッ」

三玖「抜け駆け禁止。お昼ごはん、みんなで食べよ?」

風太郎「サンキュー三玖。これで夕食分も食いだめできる……って、お前ら、弁当作ってる暇あったら勉強をしろ!」

三玖「うっ」

風太郎(三玖はもう心配ないと思うが。回数と成績の相関を確認せねば)

下1 浮かび上がってきた数字:コンマ下1桁 ※ゾロ目の場合はそのまま
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 22:19:00.60 ID:Eg10JnHko
ゾロ目がみたい
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 22:25:54.08 ID:u+IGABYDO
ゼロって逆に心配になるな
15 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 22:33:41.09 ID:5vRtjTq10


風太郎「ゼロ!ゼロ!圧倒的ゼロ……!信じていたぞ、三玖!」ガシッ

三玖「ちょっと、フータロー。突然、顔、近い……」

二乃「こら、離れなさいよ、フータロー!」

風太郎「俺は今、モーレツに感動している!お前が一番(ナンバーワン)だ、三玖!」

三玖「えっ……それって……告白///」

風太郎(快楽を貪ることなく、ただひたすら勉学に励む姿美しい)

風太郎(やっぱり三玖が俺の一番の生徒だ!他の姉妹の手本となるべき姿だ!)

二乃「告白じゃないっ…!ノーカン!今のノーカンよ!」

風太郎「黙れ週3回の女!」

二乃「はぁ!?」

風太郎「少しは三玖の姿勢を見習うんだな」

三玖「私が一番……私が一番……」ポワ〜ン

二乃「今日のあんたなんかおかしいわよ!三玖も早くコッチの世界に戻ってきて!」

ぎゃーぎゃー

五月「うるさいですね、朝から」

風太郎「最後は五月か」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 22:33:54.98 ID:nbwwSGXio
00はどうなんの?
17 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 22:41:17.62 ID:5vRtjTq10

風太郎(こいつは少し心配だ)

風太郎(一見真面目に見えて、姉妹の中で一番欲望に弱そうだ)

風太郎(食欲が強い奴は性欲も強いと聞いたことがある)

風太郎(だが、逆に、性欲を食欲で代償している可能性もある)

風太郎(適度な食事は脳にブドウ糖を補給するという意味で、見習うべきところだが)

五月「どうしたんですか?そんな真剣な顔して」

風太郎「信じているぞ、五月!」

ここまで一花が週8回。二乃と四葉が週3回。三玖は週0回!

このデータは今後の家庭教師の上でとても参考になる。

五月は成績は5人の中では中くらいだ。それでも、勉強や夢へ向かう姿勢は、尊敬できるところがある。

不器用だが、だからこそ報われてほしいとずっと応援しているんだ。

そんな五月が、欲望に溺れるはずがない。そう信じたい俺がいた。


下1 浮かび上がってきた数字:コンマ下1桁 ※ゾロ目の場合はそのまま
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 22:42:28.98 ID:D4CgqrVEo
どうぞ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 22:54:56.79 ID:L43cWBj+O
sagaにしないのか
20 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 23:08:25.64 ID:5vRtjTq10

風太郎「ぐわぁ〜〜〜!8回!やはり肉まんおばけは自制心がなかったぁー!」ガックリ

五月「に、肉…!!知りません、あなたのことなんて!」パシーン

三玖「私が一番。フータローの一番」ブツブツ

一花「あれー?みんな集まってどうしたの?」

二乃「今日はそっとしてあげましょう、一花。勉強病の発作よ……」

一花「たまには息抜きしなくちゃダメだよ、フータロー君。お姉さんが手伝ってあげよっか?」

風太郎「お前は息抜きしすぎだ、アホ」

一花「ひどい!」

五月「根の詰め過ぎは良くないと教えてくれたのはあなたじゃないですか」

風太郎「適度があるだろ、適度が!週8回は多すぎィ!」

二乃「さっきからなんの回数よ、それ」

風太郎「あ、いや、何でもない」

一花「私も8回って言われたけど」

二乃「私は3回。三玖は0回。四葉は何回だったのかしら?」

風太郎「四葉は週3回だ」

三玖「回数が少ないほうが、フータローが喜ぶ。私が一番」

一花「なになに〜?気になるな〜?」

風太郎「この回数は今後の家庭教師の上で参考にするぞ。それじゃあ各自、授業に集中し、2周間後に控えた定期試験に向けて勉強に励むように!」

一同「はーい」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 23:10:49.21 ID:Eg10JnHko
風太郎が週五回なら丸く収まるね
22 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 23:10:57.36 ID:5vRtjTq10


風太郎(なんとか成績向上のために、あの回数を利用したい。三玖はいいとして、他の4人はテスト前なのに自覚がなさすぎる!)

風太郎(特に一花と五月。1日1回以上している日がある計算になる。そんなにしていれば、成績に悪影響を及ぼしているのは間違いない)

風太郎(この点は指導する必要があるな)

風太郎(そして週3回組の二乃と四葉。週3回……難しいところだ。もしかしたら、ストレス解消で成績向上につながっている可能性もあるが)

風太郎(やはり勉強時間を圧迫しているのは間違いない。この点、詳細に確認する必要がある。場合によっては指導しなければ)

風太郎(最後は三玖。0回というのは素晴らしい数字だ。しかし、逆に不安になる。他の4人があんなに励んでいるのに、一人だけ禁欲していて大丈夫か?)

風太郎(ストレスは溜まっていないのか?逆にストレスが成績を下げる原因になったりするからな)

風太郎(デリケートな問題だけに、慎重な対応が必要だ。さて、早速、今日から彼女たちの個別指導に当たろう。)

風太郎(まずは、誰から指導する?)

下1 安価
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 23:11:50.19 ID:Eg10JnHko
三玖
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/07(木) 23:11:57.01 ID:mc4WIGADO
三久
25 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/07(木) 23:16:20.90 ID:5vRtjTq10
つづきは後日書きます
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/08(金) 00:12:15.86 ID:V1GWZi10O


1人で自慰をせず風太郎と一緒にやれば解決やな
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/09(土) 00:01:25.12 ID:7cCE4FWBO
三玖は妄想で風太郎とセッ…してるから必要ないのだ
28 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 15:19:53.20 ID:Bj4oMtqT0
風太郎(まずは三玖の指導からだ)

三玖は俺と二乃がバイトしているレストランの向かいのクソパン屋で働いている。

彼女が就職してからなぜか売上が下がったらしいが、理由はわからない。

俺は彼女と二人きりで話すために、店の前で仕事が終わるのを待った。

三玖「あれ?フータロー?お店の前でどうしたの?」

風太郎「偶然だな。俺も仕事終わったとこだ」

三玖「二乃は?」

風太郎「今日は休みだ。一緒に帰らない?」

三玖「うん。いいよ」

三玖は小動物のように俺のそばにぴったりと寄り添ってきた。

情緒が不安定な五つ子達の中で、三玖は一番安定しており、出会った当初は気まずさがあったものの、早々に優秀な生徒になってくれた。

俺が五つ子の家庭教師としてなんとかここまでやってこれたのは三玖という協力者の力が大きい。

二乃や五月と違って、不満を口にしない三玖だが、俺は逆に心配になる。

彼女だって人間だ。不満を中に溜め込んでいてもおかしくはない。それがいつか大爆発して、悲劇の引き金にならないとも限らない。

彼女の内に秘めた不満を引き出し、ストレスを解消して成績向上につなげる。これは家庭教師の仕事だ。

風太郎「あのさ三玖…」

風太郎「下1 安価」

1:なにか悩みはあるか?
2:最近溜まってない?
3:最後にしたのっていつ?
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 15:20:52.78 ID:UvrSw0ix0
1
30 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 15:41:21.97 ID:Bj4oMtqT0

風太郎「なにか悩みはあるか?」

三玖「どうして?」

三玖は怪訝そうに俺を見ている。

風太郎「パン屋のバイトも大変だろ。慣れないうちは俺もバイトだけで精一杯だった。勉強してる余裕もなかったのに、お前は勉強も頑張っている。」

三玖「……///」

風太郎「すごいと思うぞ。他の姉妹は勉強やバイト以外のこともやってるし」

三玖「勉強やバイト以外のこと?」

風太郎「なんでもない。で、そんな優秀なお前を見ていると少し心配になってな。悩みとかを溜め込んでしまってるんじゃないかと」

三玖「フータロー……私のこと、見てくれてたんだ///」

風太郎「そりゃ、一応お前のパートナーだから」

三玖「……うれしい///」

しばらく俺たちは無言で帰路を歩いた。三玖は俺の腕を

肝心の悩みを聞き出せないのがもどかしいが、ここは口下手な三玖が自分の言葉で悩みを打ち明けてくれるのを辛抱強く待った。

三玖「悩み、あるよ」

家が近くなったところで、彼女が口を開いた。

三玖「聞いてくれる?フータロー。絶対、笑わない?」

風太郎「ああ、絶対に笑わん」

三玖「……好きな人がいるんだ」

風太郎「……は?」

31 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 18:26:02.51 ID:Bj4oMtqT0

風太郎(定期テスト前の大事な時期に恋愛にうつつを抜かすとは馬鹿なやつだ)

風太郎(……と、彼女たちに出会う前の俺なら一蹴しただろう)

風太郎(だが、彼女たちと出会って、俺は人を好きになるという真剣さを、以前ほど馬鹿に出来なくなっていた)

風太郎(とはいえ、三玖に好きな人がいるとは……)

風太郎(誰だ?クソパン屋のバイト仲間か?それともクラスの奴か?)

風太郎(どこの誰か知らないけど、そいつのせいで三玖が赤点とったら潰すぞ……ガキが)イライラ

三玖「フータロー?顔険しいけど、大丈夫?」

風太郎「そうか?」ピキピキ

三玖「安心して。勉強は集中して頑張っているから」

風太郎「お前に関してはその点は心配していない。でも、誰なんだ?好きな人って」

三玖「知りたい?」
32 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 18:28:37.79 ID:Bj4oMtqT0


三玖は真剣な眼差しで俺を見つめてきた。

風太郎「あ、いや。言いたくないなら言わなくていい」

聞くのが怖かった。

三玖「もし、次の定期試験で、私が姉妹の中で1番だったら、教えてあげる」

三玖「そしてフータローにお願い。もし、私が1番だったら。私のお願いを何でも1つ叶えてほしい」

三玖「それくらい、いいよね?」

三玖が俺の手をぎゅっと握りしめてきた。

勉強の結果で何かを与えるというやり方は好きじゃない。テストの結果それ自体が、彼女たち自身の見返りだからだ。

しかし、努力に報いるのも家庭教師の仕事だ。成績向上のためには飴と鞭をうまく使い分ける必要もある。

だが、俺はこのときの三玖のお願いに、ただならぬ迫力を感じた。

引き受ければ逃げることは出来ない。そのまま、心の臓を握りつぶされてしまうのではないかというくらいの気迫だ。

どんな無理難題をふっかけられる?もしかして、家庭教師代をタダにしろって話か?

俺の本能が警告を発している。


安価1 三玖と約束を交わしますか?
1:YES 2:NO
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 18:29:03.61 ID:hRo22w8uo
1
34 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 18:46:26.99 ID:Bj4oMtqT0

風太郎「何でもって何だ?世界一の金持ちにしろとか、金銀財宝をよこせとか、そういう願いはちょっと」

三玖「大丈夫。お金関係じゃないから」

風太郎(ということは家庭教師代の話じゃないな)

風太郎「法律違反も出来ないぞ?殺したい奴がいても俺は手を貸せない」

三玖「それは自分でやるから大丈夫」

風太郎「今の俺にできることか?」

三玖「うん。今のフータローに出来ること」

風太郎「それなら……まあ。予算は1万円以内だぞ。俺の全財産だ。五月御用達の高級レストランで奢りは出来ないからな!」

三玖「約束してくれる?」

風太郎「ああ。約束するよ。お前が姉妹の中で1番だったら、願いを叶えてやる。俺の全力で」

三玖「やった」


この時、自慰にも耽らず、禁欲的に勉強している三玖が願う事を叶えてやりたいという気持ちが、俺の中の本能の警告を上回った。

だが、俺はこのときの三玖の表情に底知れない不安を感じずにはいられなかった。

果たしてどんな無理難題を押し付けられることやら。


指導成功!
三玖の勉強へのモチベーションが上がった!
次のテストで赤点回避が確定した!

35 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 18:50:00.73 ID:Bj4oMtqT0

風太郎「三玖は勉強を以前よりも頑張っているみたいだな」

風太郎「好きな人がいるという悩みは心配だが、自慰もしていないようだし、それで駄目になることはないだろう」

風太郎「問題は、他の姉妹か」

風太郎「さて、次は誰を指導するか」

下1 安価
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/03/09(土) 18:51:32.73 ID:lQFGW18R0
五月
37 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 19:31:57.57 ID:Bj4oMtqT0

風太郎(五月は週8回か。澄ました顔してこいつもやることやってるんだな)

風太郎(別に性欲自体を否定する気はない。問題は、大事な定期テスト前に、勉強時間を削って自慰に耽っているという事なのだ)

風太郎(逆に、それだけストレスが溜まっているという事であるなら、これは大きな問題だ)

五月「ミートスパゲティカツカレー親子丼セット頼んでいいですか?」

風太郎(前言撤回!こいつは食欲も性欲も強いだけだー!)

五月「いやー、奢りっていいですね。上杉さんが突然、ファミレスに誘って来た時はどんな裏があるのか心配しましたが」

五月「食べて栄養つけないと頭回りませんよ。で、今日はなんですか?」モグモグ

五月「貧乏な上杉さんが奢ってくれるというというのなら、よほど大きな頼み事なんでしょう?」モグモグ

風太郎「頼み事というよりは、勉強の指導なんだが。それに誘ったが、奢りじゃない」

五月「ええっ!?男の人にサシで晩ご飯誘われたら、大体は奢りだって……一花が言って///あわわっ、勝手に勘違いしてすみませんっ」

風太郎(ひどい勘違いだ……だが、指導失敗した時は奢りにしてごまかそう)
38 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 19:35:30.95 ID:Bj4oMtqT0

五月「……上杉さんの注文、水だけですよね……カツカレーのカツでも食べます…?(断腸の思い)」

風太郎「いや、念の為、今日は水だけでいい。そんなことより五月。今日誘った訳はだな……お前の抱えているある問題を解決したくて」

風太郎(図書館や学校で話せる話題じゃないし、他の姉妹がいたらややこしくなるからな。なんとかこいつ一人切り離して話したかった)

五月「私の……問題ですか」

風太郎「ああ。心当たりはあるか?」

五月「もしかして、体重……あっ、いえ、体重は大丈夫ですよ!女子高生の±2SD以内には入っていますからっ……///」

風太郎(志が低すぎませんかね)

風太郎「正直俺はお前の体重が何kgであろうと興味はない。体重と一緒に偏差値も+2SDをオーバーしてくれるのならな。俺はお前に惚れるぞ」

風太郎「8回。この数字に見覚えはあるかね、五月君」

五月「8回……?これまで次郎系ラーメンを完飲した数……ですか?」

風太郎「一旦食の話から離れてくれ。この回数が多ければ多いほど、お前のテストの点数が下がるんだ」

風太郎(とは言っても直接自慰の回数とは伝えにくい。なんとかうまく指導して、自慰の回数を減らす方向に誘導しなければ)

五月「それは確かに問題だと思いますが……見に覚えがありません」

風太郎「そうだな、五月」

風太郎「下1 安価」

1:昨日の夜、寝る前に何をした?
2:三玖が最近、お前の風呂が長いとボヤいていたぞ
3:週8回は多すぎると思うぞ
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 19:42:36.10 ID:s0Jr0saCo
2
40 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 20:18:27.57 ID:Bj4oMtqT0


風太郎「三玖が最近、お前の風呂が長いとボヤいていたぞ」

五月「三玖が?」

風太郎「三玖だけじゃない。二乃や四葉も言っていた。一花は……お前と同じくらい長いだろうけど」

五月「お風呂が長い…?」

風太郎(察してくれ、五月!お前、どうせ風呂でヤッてんだろ?引っ越してから個室なくなったよなぁ?流石に姉妹と一緒に寝ている寝室ではしないだろ?)

五月「それと私の問題とナニが関係……8回……」

下1 コンマ 偶数orゾロ目で察する ゾロ目は激怒して退席(指導失敗)
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 20:26:25.15 ID:FNKSms2XO
どう
42 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 21:03:30.52 ID:Bj4oMtqT0
五月「意味がわかりません。そんなにお風呂長いほうじゃないと思いますが」モグモグ

風太郎(駄目だ。こいつ察しが悪すぎる…)

五月「チェーン店ですが美味しいですね、たまにはファミレスのご飯も。ごちそうさまでした。上杉さん、これから私はデザートを頼もうと思いますが構いませんね?」

風太郎「まだ食うのか…」

五月「このデラックスパフェ、特盛で」

風太郎(クソ。時間がかかるほど、失敗したときのリスク(奢り代金)がかさんでいく……!次が俺の財布的に最後のチャンスだ…)

風太郎(なんとか、五月に回数が多いことを伝えねば)

風太郎「あのな、五月」

風太郎(ここで俺はスマートに五月の自慰回数が多いことを伝え、勉強に集中させる妙案を思いつくはずだ……!)

風太郎(ふざけた安価は絶対にやめろよ、絶対だぞ!)

風太郎「下1 自由安価」

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 21:13:36.76 ID:hRo22w8uo
昨日の夜、寝る前に何をした?
勉強はもちろんしたと思うがそれ以外で
44 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 21:32:27.14 ID:Bj4oMtqT0

風太郎「昨日の夜、寝る前に何をした?」

五月「何をって決まっているじゃないですか」

風太郎「勉強はもちろんしたと思うがそれ以外で」

五月「勉強以外、ですか」

五月「……」

五月は少し考え込んだ。

五月「はて?勉強以外した記憶は特にありませんが」カタカタ

スプーンを持つ手が震えている。

五月「当たり前じゃないですか!テスト前ですから。勉強に集中していますよ、私は!」カタカタ

こいつ、黒だ。

この反応、絶対に疚しい事をしている。

ここはもう少し、追い詰めてみるか……

風太郎「下1 安価」

↓1
1:教師という聖職を目指す者がそれでいいのか?
2:これで赤点だったら、みんな悲しむぞ
3:昨日は何回したんだ?
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 21:37:39.06 ID:35Z/dDIlo
2
46 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 22:02:56.23 ID:Bj4oMtqT0

風太郎「これで赤点だったら、みんな悲しむぞ」

風太郎「勉強に集中せず、自分の快楽を優先した結果」

風太郎「五月は落第。お前の場合、お前一人の問題じゃない」

風太郎「一花も二乃も三玖も四葉も一緒に留年なんだぞ」

風太郎「その原因が、お前の自堕落な行いだったとみんなが知ったらどう思うかな?」

五月「あの、その……ああぅ……ごめんなさい」

五月のパフェを食べる手が止まった。顔を真赤にして、己の行いを悔やんでいる様子だ。

これで指導は成功だ!流石に反省して、次のテストまでは自重するだろう。

風太郎「わかればいいんだ。これからは勉強に邁進するように」

五月「はい……ですが、上杉さん、あなたはどうしているのですか?」

風太郎「ん?」
47 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 22:10:58.15 ID:Bj4oMtqT0


五月「私だって……別に楽しくてしている訳じゃないのですが……どうしてもしたくなる時はあるじゃないですか」

五月「ですから……昨日はそういう日だったので……つい」

五月「そういえば以前、一花から聞いたのですが……男の子は一日平均三回はしないと大変なことになると」

五月「本当にそうなんですか?そんなにやったら馬鹿になりますよね?上杉さんは馬鹿じゃないから我慢しているんですよね?」

五月「後学のために教えて頂きたいのですが、上杉さんは週何回くらいなんですか?」


風太郎(まずい。思ったより深入りしてしまったっ……!勝利を確信した瞬間、思わぬ反撃を喰らったっ……!)

五月「……」ジーッ

風太郎(ここで流石に五月よりしていると答えたらあまりにもバツが悪い)

風太郎(していないと答えるのがベターか?しかし、それはそれで心配される可能性もある……!常識的な範囲内で……嘘をついてみるか)

風太郎(というか、俺友達いないから、周りが週何回なのかわからん……)

風太郎(というか、一日3回が平均って一花情報は本当か?一花はナニを知っているんだ)

風太郎「五月。周りに絶対言うなよ。約束だぞ」

五月「はい。約束します」

風太郎「下1 安価」

1:素直に答えてみる (コンマ下1桁 ※ゾロ目の場合はそのまま)
2:していないと嘘をつく
3:適当な数字で嘘をつく(回数指定してください)
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 22:14:27.31 ID:hRo22w8uo
3:週1回だと嘘をつく

(回数多いコンマ出たらあかんよな)
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 22:15:40.89 ID:FNKSms2XO
コンマ値が実際の値の方が進めやすいかもねと思ったらこれだよ!
50 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 22:55:11.86 ID:Bj4oMtqT0

風太郎「俺の場合は週1回だな」

五月「週1回、ですか……」

風太郎(とりあえず無難な数字で置きにいったが)

風太郎(100回とかありえない数ではぐらかした方が良かったかもな)

風太郎(逆に無駄なリアル感が出ちまった……)

風太郎「ほら、パフェ食えよ、五月。まだ残ってんだろ。早く帰って勉強しようぜ」

五月「上杉さん……大丈夫ですか?」

五月「私達に勉強を教えているせいで、する時間がないんじゃ」

風太郎「いや、それはお前が心配する問題じゃないというか、俺個人の問題だし」

風太郎(くそーッ!嘘をついたせいで心が痛いぜ!)

五月「ですが、上杉さんは私の回数を心配してくれていたんですよね?」

風太郎(追い詰めていたと思ったらいつの間にか追い詰められていたのは俺だった…?)

五月「私にだって、あなたの事を心配する権利があります。パートナーですから」

五月「それで、いつもはどこでしているんですか?らいはちゃんと暮らしていると難しいですよね?どういう工夫をしているんですか?」

五月「あと男の人は、気持ちを高めるために……本とか、ビデオとかを使うんですよね?そこのところ、どうしているんですか?」

五月「道具とか使っているんですか?した後に賢者になるって本当ですか?」

風太郎「五月。興味津津なのはわかった。だが」

店長「あのー、お客様。そういったお話はできれば、プライベートな空間でして頂きたく……他のお客様から苦情もありますので」

五月「……///」ボッ

食いかけのパフェを残して俺たちは逃げるように店を出た。
51 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 22:56:43.59 ID:Bj4oMtqT0

五月「それでは、私も上杉さんを見習って勉強をがんばります」

五月「上杉さんもどうかご自愛下さい」

五月「もし、私にお手伝い出来ることがあれば……力になりますから」

最後に意味のわからないことを言っていたが、なんとか五月の指導を成功させる事ができた。

指導成功!
五月の勉強へのモチベーションが上がった!
次のテストで赤点回避が確定した!


風太郎「ふぅ。この手の話で1番怒りそうだった五月をなんとか乗り切った……」

風太郎「自信がついてきたぞ」

風太郎「次は誰の指導をするか」

下1 安価
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 22:59:18.36 ID:HfSv0+Ml0
三玖
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 22:59:36.51 ID:35Z/dDIlo
一花
54 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/09(土) 23:07:42.15 ID:Bj4oMtqT0
三玖の指導は成功したので、次は一花になります

続きはまた後日書きます
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 23:10:44.74 ID:hRo22w8uo

翌日回数増えて見えたらどうするんだ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/09(土) 23:13:56.77 ID:s0Jr0saCo

風太郎は結局週何でしてるんでせうか
57 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/11(月) 23:09:10.95 ID:Lev1cC9A0
一花「突然、こんな人気のないところに呼び出して何の用かな?」

放課後、一花を校舎裏に一人呼び出した。

風太郎「大事な話があるんだ」

一花「愛の告白とかーーなんちゃって」

風太郎「……」

一花(まさか、だよね。フータロー君に限ってそんな事ないと思うけど)ドキドキ

一花(そんな真剣な表情されたら、期待しちゃうよ)ドキドキ

風太郎「下1 安価」

1:いけない事しているだろ?
2:俺たちを裏切っていないか?
3:最近溜まってないか?
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/11(月) 23:12:52.44 ID:dirknqWVo
2
59 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/11(月) 23:49:13.26 ID:Lev1cC9A0
風太郎「俺たちを裏切っていないか?」

一花「え?」

一花の顔から血の気が引いたのがわかった。

図星だ。勉強を疎かにして自慰に耽る、己の行いを恥じろ!

一花「えっ……嘘。どういうこと、かな」

一花は落ち着きなく、左耳のピアスを弄っている。

風太郎「胸に手を当ててよく考えるんだ。俺と、他の姉妹。特に三玖を裏切っただろ」

三玖は勉強に集中するという約束を守って、禁欲的に勉強している。

そんな妹をこの姉は裏切り、夜な夜な時間を浪費して快楽を貪っているのだ。

これを裏切りといわずして、なんと言う?

一花「あっ、その……それは違くて」オロオロ

一花「いつから、気がついたの……三玖はこの事、知ってるの?」

風太郎「三玖は知らないだろう。俺も気がついたのは最近だ」

一花「お願いっ……謝るからっ……他の子達には内緒にしてっ」

一花(バレてた、バレてた、バレてた……!三玖のフリして、三玖の想いを踏みにじった事……!)

一花(どうして?完璧な変装だったのに。このこと、三玖にバレたら全部終わる……三玖じゃなくても、多分、姉妹の誰も私の事、許さない)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/11(月) 23:52:40.05 ID:dirknqWVo
アンジャッシュ草
61 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/11(月) 23:59:58.53 ID:Lev1cC9A0


一花は涙目になって俺にすがりついてきた。あの一花が、ここまで動揺するとは想定外だった。

内緒にするまでもなく、三玖以外の4人も同じ事をヤッているのだが……

長女故に、一花は五月よりも責任感と罪悪感が強いようだ。

風太郎「他の姉妹に言えないような事、するなよ」

一花「ごめんなさい……お願いだから、他の子には言わないで……」

一花「何でもするからっ!三玖にだけは……言わないで……」

一花は涙目になっていた。

風太郎「何でもする覚悟があるんだな、一花」

一花「……はい」

ここはしっかり一花を教育しなくてはいけない。

風太郎「それじゃあ 下1 安価で」

1:テスト終わるまで自慰禁止だ
2:せめて週3回までにしろ
3:問題集5冊追加(お前には自慰をする時間をも与えんッ!!)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/12(火) 00:02:41.97 ID:TI6DxyLVo
3
63 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/12(火) 00:28:01.57 ID:avGmkj7k0

風太郎「そんな反省しているお前には……」

一花「ううっ……ごめんっ……三玖……ごめんっ」ポロポロ

風太郎「じゃじゃじゃ〜ん!各教科1冊ずつの新しい問題集(手作り)だァー!」

風太郎「合計5冊!内容は今のお前たちのレベルよりワンランク上だがな」

風太郎「テスト範囲分を頑張って俺が手書きで写したんだぞ」

風太郎「これをテスト2日前までに解いて俺に提出すること!」

一花「……ん?」

風太郎「言っておくが、今のお前じゃコレを完璧にこなそうと思ったら、それはもう寝る間も惜しんで取り組まないといけない」

風太郎「だが、お前は寝る時間を削る前に、削る事が出来る時間があるはずだ」

一花「あれ?フータロー君。どういうこと、かな?」

風太郎「みなまで言うな。お前が反省しているのは十分にわかった」

風太郎「何でもやるという覚悟を示したなら結果を残せッ!それが三玖へ唯一報いる道だ」
64 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/12(火) 00:30:36.35 ID:avGmkj7k0

一花(フータロー君はそう言い残して私に問題集を渡してクールに去っていった)

一花(どうやら私が最も恐れていた事が起きた訳じゃないみたい)

一花(結局、彼が何を思って私だけに問題集を追加で渡したのかは最後までわからなかった)

一花(でも、その問題集の圧倒的なボリュームにげんなりしつつも)

一花(私のために夜な夜な時間をかけて写してくれたであろう問題集の匂いを嗅ぐと)

一花(ほんのり彼の汗の香りがして)

一花「……」ムラムラ

一花(今晩1回で最後。今晩だけだから。今晩スッキリしたら、次のテストまで我慢するぞー!)


指導成功!
一花の勉強へのモチベーションが上がった!
次のテストで赤点回避が確定した!
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/12(火) 00:31:01.42 ID:Hy84zYv2o
結果的オーライ!
66 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/12(火) 00:35:40.25 ID:avGmkj7k0

風太郎「一花への問題集作成で寝不足だ……でもその甲斐あって、一花はやる気を出して勉強に励んでいるみたいだな」

風太郎「さて。残りは週3回組だ」

風太郎「二乃と四葉、どっちから指導しようか」

どちらを指導しますか?

下1 安価
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/12(火) 00:45:24.71 ID:MvavK2Pco
二乃
68 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/13(水) 21:18:41.72 ID:CRGPl4os0

二乃「何?話って」ワクワク

バイト終わりに二乃を厨房に呼び出した。

奇しくもあの期末試験の打ち上げの時、二乃から予想だにしなかった想いを打ち明けられた場所だ。

バイト終わりに大事な話がある、と伝えたら、二乃はその日の仕事はあまり手についていなかったようだ。

彼女は週3回。バイトも一生懸命こなして、店長からの信頼は既に俺より厚いかもしれない。さらに、二乃は自分の手入れにも時間をかけている。

そんな彼女に勉強を十分する時間は残っているのだろうか。夜更かしは美容の天敵とか言って1番寝ているのも二乃だ。

自慰は美容の天敵ではないのか。少なくとも勉強の天敵なのは間違いないが。

二乃「つまらない話だったら許さないから」

目を爛々と輝かせながら、二乃はそう釘を指してきた。

二乃の好感度は高そうだから、多少の無茶で自慰を辞めさせることも出来るかもしれない。

他の姉妹だと、セクハラ騒ぎになってしまうリスクもあったが、ここは思う存分攻めるべきだ。

風太郎「下1 安価」

1:オ○ニーしすぎると馬鹿になるぞ
2:テスト終わるまではオ○ニーを我慢したらどうだ?
3:俺でオ○ニーはしたら駄目だぞ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/13(水) 21:20:27.62 ID:2InjayGt0
1
70 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/13(水) 21:40:16.88 ID:CRGPl4os0

風太郎「オ○ニーしすぎると馬鹿になるぞ」

二乃「……え?」

風太郎「いや、行為自体を否定する訳じゃないんだが」

風太郎「テスト前に週3回もやるのはいかがなものかと思うんだ」

風太郎「せめてテスト終わってからにしようぜ。三玖も勉強を頑張っているから」

風太郎「お前より回数が多い一花や五月も今は心を改めて勉強に集中している」

風太郎「そんな中、お前は取り残されてるんだぞ」

風太郎「何も赤点を回避するだけが勉強じゃない。30点という赤点ラインは低すぎるしな」

風太郎「お前も将来やりたいことをする時に、実はここで勉強を頑張っていたのが何かに生きるかもしれない」

風太郎「赤点回避だけを目標にするんじゃなくて、より高い点数を目指そうぜ」

風太郎「俺は……勉強する子が好きだからよ……」

二乃「えっと、ごめん。フータロー、なにか心配してくれているのは伝わってきたわ」

二乃「でもなんのことかしら?」

風太郎「ええっ!?」

二乃「心あたりがないんだけど。というか、最初、換気扇の風が強かったかしら?聞き取れなかったわ」

風太郎(くそっ……!お前、いつから難聴になったんだよ!この歳で補聴器が必要なのか?)

二乃「……」

風太郎(このままじゃ指導失敗だ……どうする。どうする俺?)

下1

1:オ○二ーしすぎると馬鹿になるぞって言ったんだよ!

2:なんでもないぞ。忘れてくれ。
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/13(水) 21:41:15.85 ID:U3TIVrlVo
1
72 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/13(水) 22:07:57.68 ID:CRGPl4os0
二乃「……」

二乃はじっと俺の目を見つめていた。

聞かれていなくてむしろ良かったのかもしれない。もしこれが二乃の耳に届いていたら、俺達の関係はもう元には戻らない可能性もある。

よくよく考えたら、二乃は俺に幻滅するかもしれない。

当然だ。突然、同級生の男に「自慰するな」「お前は週3回もしているんだろ?」なんて言われて気持ちがいい女の子がいるはずがない。

それでも俺が踏み込んだのは、二乃が俺の事を好きだという保証があったからだ。

だが、二乃が一方的に俺の事を好きだというだけで、俺達は別に付き合っているわけでもないし、心を通わせているわけでもない。

そんな男から突然、土足で個人の触れられたくない領分にズカズカと踏み入られて気持ちがいい女がいるか?

いるはずがない。二乃に聞かれなくて正解だ……


風太郎「[田島「チ○コ破裂するっ!」]しすぎると馬鹿になるぞって言ったんだよ!」

二乃「は…?え?何?」

風太郎(だがそんなの関係ねぇ!二乃が勉強に集中して、次のテストで良い点を取るッ!それが今の俺の望みであり、全てだ!)

風太郎(その結果二乃に嫌われようが、俺は一向に構わん)

風太郎(我が心と行動に一点の曇りなし!)

風太郎「お前、[田島「チ○コ破裂するっ!」]週3回しているんだろ?知ってるんだぞ、俺」

二乃「……」

二乃「……その、さっきから何の話?お、おな?って何?」

風太郎「……は?」
73 :訂正 ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/13(水) 22:11:46.49 ID:CRGPl4os0
二乃「……」

二乃はじっと俺の目を見つめていた。

聞かれていなくてむしろ良かったのかもしれない。もしこれが二乃の耳に届いていたら、俺達の関係はもう元には戻らない可能性もある。

よくよく考えたら、二乃は俺に幻滅するかもしれない。

当然だ。突然、同級生の男に「自慰するな」「お前は週3回もしているんだろ?」なんて言われて気持ちがいい女の子がいるはずがない。

それでも俺が踏み込んだのは、二乃が俺の事を好きだという保証があったからだ。

だが、二乃が一方的に俺の事を好きだというだけで、俺達は別に付き合っているわけでもないし、心を通わせているわけでもない。

そんな男から突然、土足で個人の触れられたくない領分にズカズカと踏み入られて気持ちがいい女がいるか?

いるはずがない。二乃に聞かれなくて正解だ……

風太郎「オナニーしすぎると馬鹿になるぞって言ったんだよ!」

二乃「は…?え?何?」

風太郎(だがそんなの関係ねぇ!二乃が勉強に集中して、次のテストで良い点を取るッ!それが今の俺の望みであり、全てだ!)

風太郎(その結果二乃に嫌われようが、一向に構わん)

風太郎(我が心と行動に一点の曇りなし…………!)

風太郎「お前、オナニー週3回しているんだろ?知ってるんだぞ、俺」

二乃「……」

二乃「……その、さっきから何の話?お、おな?って何?」

風太郎「……は?」
74 :訂正 ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/13(水) 22:17:54.77 ID:CRGPl4os0


風太郎(このアマ、カマトトぶってるんじゃあねぇぞ!)

しぶとい。さすが二乃。自分の非は最後まで認めないつもりか。

風太郎「何度でも言うぞ。オナニーは馬鹿になるから我慢しろ」

だが、覚悟を決めた今日の俺は例えるなら暴走機関車ッ!最後まで指導を完遂する計画に変更はないッ!

二乃「だから、その、お、オナニーって何よ」

風太郎「……え?知らないの?」

二乃「……」

風太郎「……」

二乃「知らなきゃまずいの?」

風太郎「ちょっと待て。お前、週3回しているよな?それは事実だろ?」

二乃「……してないわよ。そもそもそれが何なのかわからないわ」

風太郎「え?本当に、オナニー知らないの?」

二乃「……そんなに言うなら教えなさいよ。それが、何なのか」

風太郎「そ、それは……気持ちよくなることで……勉強の邪魔になることで……」モゴモゴ

二乃「意味わからないわ。フータローにも教えられないことあるのねっ。勉強になったわ。それじゃあ、今日はここまで。バイバーイ」

風太郎「待て、二乃!」ガシッ

二乃「きゃっ」

俺は立ち去ろうとする二乃の肩を掴んだ。

だめだ。ここで帰られたら指導失敗になる。それに家庭教師として、教えるという行為から逃げる訳にはいかない。

風太郎「教えてやる。耳の穴広げてよく聞けよ」

二乃「……」ゴクッ

二乃にオナニーとはなにか、しっかりと言葉で伝える必要がある。

風太郎「オナニーとは……下1-3 自由安価 だ」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/13(水) 22:19:52.05 ID:K8CPWpN7o
一人で気持ちよくなること
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/13(水) 22:21:11.00 ID:oo1H31wDo
性器や乳房を自分でイジること
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/13(水) 22:22:25.49 ID:plcg2/7Lo
好きな人の事を思って快感を得ること
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2019/03/13(水) 22:46:30.72 ID:4dwWymhL0
2
79 :訂正 ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/13(水) 23:33:01.98 ID:CRGPl4os0
風太郎「一人で気持ちよくなることだ」

二乃「……どうやって気持ちよくなるのよ」

風太郎「方法は……性器や乳房を自分でイジることだ」

二乃「……ッ///」

風太郎「ただそれだけではない。物理的な刺激のみで得られる快感には限度がある」

風太郎「好きな人の事を思って快感を得ること。それがオナニーだ」

風太郎「お前は夜な夜な、自分で自分の性器を弄って、好きな人の事を思って一人で気持ちよくなってるんだよ!」

風太郎「本来勉強するべき時間を使ってなァ!」

風太郎「言い逃れできるか?認めろ!自分が、オナニーをしていた事を!」

二乃「……っ……あー、もう認めるわよっ。あんたの事を想って一人でシてたこと」

風太郎(そういやこいつ俺の事好きだったんだな……)

二乃「これでも最近控えてたんだから……バカ」

風太郎(じゃあテスト前は週何回やってんだこいつ。こいつらが馬鹿な原因はやはりオナニーのしすぎではないのか)

二乃「で、あんたはどうなの?」

風太郎「ん?」
80 :訂正 ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/13(水) 23:48:35.47 ID:CRGPl4os0

二乃「……あんただって男なんだからシてるんでしょ」

風太郎「……」

二乃「好きな人の事を思って快感を得ることって言ったわよね」

風太郎「……」

二乃「あんたは誰の事を思ってしてるのかしら?教えなさいよ!私だって教えたんだから!」

風太郎「二乃、顔真っ赤だぞ」

二乃「うるさいっ!」

二乃「これだけは教えて。私の事を思ってしたこと、ある?」

風太郎(正直に認めた二乃に対して、俺も誠意を持って答えることにしよう)

風太郎「俺はお前の事を思ってしたことは」

店長「ちょっと二人ともーそろそろ鍵閉めるから帰ってくれよー」

風太郎・二乃「ビクッ」

店長「ほら、帰った帰った。神聖な厨房で青春をおっぱじめられたらこっちも困るんでな」
81 :訂正 ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/13(水) 23:49:34.68 ID:CRGPl4os0

二乃「今日のところはこれくらいにしておいてあげるわ」

二乃「もし、次のテストで、私があんたを満足させる点数。姉妹で1番高得点とったら、さっきの続き教えなさいよ」

二乃「もしイエスなら、あんたも私の事好きってことでいいわよね?」

二乃「もしノーなら……無理矢理でも私でさせてやるんだから」

二乃「覚悟しててね、フー君♪」


指導成功!
二乃の勉強へのモチベーションが上がった!
次のテストで赤点回避が確定した!
82 :訂正 ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/13(水) 23:52:47.73 ID:CRGPl4os0


風太郎「さて、最後は四葉だな」

風太郎「あいつ自慰なんて知りませんって顔して、やることしっかりやってるんだなぁ」

風太郎(と、感慨に耽っている場合じゃない。最後の指導だ。気合を入れて取り組まねば)

風太郎(だが、素直なあいつのことだ。俺の指導はきちんと聞いてくれるだろう)

俺はこの時、甘く見ていた。

最後の四葉の指導で、俺の貞操は危機に陥ってしまうのだ。


つづく
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2019/03/13(水) 23:54:08.27 ID:2InjayGt0
打ち切りエンドみたいな締め方
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/14(木) 00:13:41.00 ID:NhhM3TNyo
卒業しちゃうのか
85 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 11:28:52.25 ID:N1pp/gGz0

定期試験1週間前になって、流石に四葉も部活を休んで勉強を頑張っているようだ。

だが、俺の目はごまかせない。

四葉はまだ深いところで勉強を舐めている。

なんとかテスト前までに自慰をやめさせたいところだ。

四葉「上杉さん、最近疲れてませんかー?」

風太郎「大丈夫だ、問題ない」

確かに疲れているのは事実だ。想像以上にこの仕事は俺の勉強への負担を強めている。

風太郎「俺のことより、四葉のことだ」

自慰をやめさせねば。

四葉「私のことなんてお気になさらずに!」

風太郎「だが」

四葉「そんなことより私が、上杉さんの悩み、聞いちゃいますよ!たまにはお役に立たせてくださいよっ」

風太郎「今の俺の悩みはお前なんだがな」

四葉「あはは……面目ない。でも上杉さん、無理してませんか?心配ですよ」

風太郎「え…」
86 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 11:33:34.58 ID:N1pp/gGz0

四葉「私に出来ることなら、上杉さんのお悩み、解決しちゃいますよ?」

四葉はそう言って身を寄せてきた。

他の姉妹は各々のアルバイトで不在にしており、特別成績の悪い四葉のために、彼女の家でマンツーマンで勉強を教えていた。

四葉の匂いがする距離だ。五つ子の中でも、最初から四葉は距離が近かった。

しかし香水もせず、小学生の頃からの下着を履いているお子様な四葉は、らいはのような妹に近い感じだ。

彼女から女を感じることなど、なかったはずだ。

だが……

四葉「色々溜まってませんか?」

風太郎「うっ……」

三玖が禁欲をしていると知って、他の姉妹にも禁欲を説いた手前、俺だけがするわけにもいかず、当然ずっと我慢しているのだが……

そのせいか、お子様の四葉とはいえ、この距離は危険だ。

嫌でもノートの端に四葉の胸が見え、匂いが脳を揺さぶってくる。

四葉「……」ジーッ

風太郎「俺を見ている暇があったら勉強しろ」

そう言って突き放すのが精一杯。

今の俺の精神状態では、まともに四葉の指導ができそうもない。

四葉「上杉さんのためなら、私、何でもしちゃいますよ。教えてください。お悩み」

四葉の天使の囁きに俺はつい本音を打ち明けてしまった……

風太郎「下1 安価」

1:最近、自慰ができなくて困っている
2:最近、気になる子ができたんだ
3:最近、見えてはいけないものが見えてしまうんだ

87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 11:37:46.80 ID:8t7qIBmi0
3
88 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 14:25:44.26 ID:N1pp/gGz0
風太郎「最近、見えてはいけないものが見えてしまうんだ」


最初は、らいはの顔に浮かんだ数字だった。

それから五つ子の顔に数字が浮かんだ。

1週間の自慰の数。ばかげている。

だが、俺はその数字に吐き気を常に感じていた。

澄ました顔をして、授業を受け、勉強して、バイトをして生活している彼女たちの裏の顔。

生々しくて、爛れた夜の顔が、あの数字を見ているとずっと透けてくる。

そんな中、俺は三玖のゼロという数字に救われたのだ。

ゼロという数字は透明だった。数が多ければ多いほど、自己主張が強く、凝視できないほど艶やかな色をする。

五月、一花、二乃。彼女たちを指導して透明にすることが、俺には必要だった。

成績のために指導したというのは嘘っぱちだ!

俺は、俺のエゴのために、彼女たちに自慰を禁じた。

そして、最後に残った四葉。

お前の顔にも数字が見える。

週3回。別に自慰をすることは悪いことじゃあないさ。

3回くらいなら健全だ。8回だって別に悪い数じゃない。俺だって暇な時はそれくらいするさ。

だが、その数がお前の顔にずっと浮かんでいるせいで、俺は夜も眠れない。

ずっとお前らの痴態が脳にこびりついて、いくら勉強をしても消せないんだ。
89 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 14:27:02.41 ID:N1pp/gGz0

四葉「ゲゲッ、上杉さん、夜な夜な私達のどんな姿を想像していたんですか…!」

風太郎「想像したくてした訳じゃねーよ!でもその数字を見ると……嫌でも浮かんでくるんだ!」

四葉「……そういうとき、どうやって解消してるんですか?」

風太郎「何度も何度も打ち消そうと勉強したが、さっぱりだ。最近じゃ寝不足で逆にケアレスミスが増えている」

風太郎「くそっ……このままじゃ、次のテストでまた点数が下がってしまう」

風太郎「どうすりゃいいんだよ……」

四葉「上杉さん、私いい方法を思いついたんですけど」

風太郎「本当か!」

四葉「最後にしたのいつですか?」
90 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 14:33:11.11 ID:N1pp/gGz0

風太郎「何を?」

四葉「ナニをですよ」

風太郎「……え?」

そういえばずいぶんしていない。テスト前は常に禁欲しているが、今回の定期試験は1ヶ月以上前から集中勉強期間に入っていた。

ゾーンに入った俺は自慰などしている暇はないのだ。

四葉「溜め過ぎじゃないですか?健全な男子高校生はそれこそ1日3回はしないと病気になるって聞いた事があります!」

四葉「上杉さんのそれは、多分、我慢し過ぎによる病気だと思うんですよね」

四葉「一回、スッキリしたら、どうでしょうか?」

風太郎「だが……家にはらいはもいるし……」

四葉「今してもいいですよ」

風太郎「…は?」

四葉「手伝ってあげるっていったでしょ?」

風太郎「……」ゴクッ

四葉の柔らかい手が俺の手をぎゅっと握った。しっとりと汗ばんで、生暖かい。

家には俺と四葉しかいなかった。止められるのは、俺の理性だけだ。


下1 どうしますか? コンマ50以上で誰かが帰ってくる
1:勉強に集中する
2:四葉を追い出して一人で処理する
3:四葉に身を任せてみる
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 14:33:31.43 ID:GG/erBYOo
1
92 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 19:55:14.15 ID:N1pp/gGz0

風太郎(この解は微分方程式を用いて)

風太郎(Xの場合分けは)

四葉「ねぇ上杉さん……難しいこと考えていないで、楽になっちゃいましょうよ」

風太郎「勉強だ、勉強に集中しろ。四葉も勉強に集中するんだ」ブツブツ

風太郎(この上杉風太郎が性欲にまけて勉学を疎かにするなどあってはならないっ!)

四葉「その計算間違ってませんか」

風太郎「ぐっ……!四葉に指摘できるレベルの間違いを……俺が……」

四葉「だから一旦休みましょうって」

風太郎「駄目だ。勉強に集中だ」

四葉「上杉さんのケチー……あー、部屋暑いですね」ヌギッ

風太郎「バカッ!脱ぐな!///」

四葉「キャミソール姿になっただけじゃないですか。動揺しすぎですよ」

風太郎(やばい。四葉を直視出来ない。というか、こんなに部屋広いのになんで隣にぴったり座って来るんだよ)

風太郎(なんとか打開せねば)


下1 どうしますか? コンマ50以上で誰かが帰ってくる
1:勉強に集中する
2:おっぱいを揉んで四葉を動揺させる
3:四葉に自慰をしないよう指導する

93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 19:57:05.86 ID:yURnUT6xo
1
94 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 20:28:43.26 ID:N1pp/gGz0

風太郎「勉強、勉強、勉強に集中だ」カリカリカリ

四葉「もーっ、どうしてそんなにお固いんですか」

風太郎「四葉、頼むから服着てくれ。その……目のやり場に困る」

四葉「いいんですよ?じっくり見てくれても」

風太郎「……悪いが、俺はお前の善意を踏みにじって欲望を解消したくはない」

風太郎「こういうのは、好きな人同士でするべきだ」

風太郎「悪いが、俺は……」

四葉「……」

四葉「好きな人、いるんですね、上杉さん」

風太郎「……」カリカリカリ

四葉は今どんな顔をしているんだ?怖くて見れなかった。

俺に出来ること。それは、無心に問題を解くだけだ。


……
95 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 20:29:36.17 ID:N1pp/gGz0

ノート2ページ分をひたすら無心に解き、硬くなっていた俺の股間もクールダウンしてきた。

やはり勉強はいい。勉強は心を癒やしてくれる。

ふと隣を見た。

四葉はリボンを外していた。リボンを外した四葉と、あの子が被った。

風太郎「……」ゴクッ

四葉「……上杉さん、私実は」

ガチャッ

二乃「ただいまー」

三玖「フータロー?来てるの?」

五月「まさか家の前でみんなとばったり会うとは」

一花「あー、今日も疲れたー」
96 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 20:31:16.48 ID:N1pp/gGz0


風太郎「お、おじゃましてます」

四葉「……///」

三玖「ちょっと。なんか距離が近い」

二乃「四葉、大丈夫?この獣に襲われなかったでしょうね?」

四葉「だ、大丈夫だよー」

風太郎(襲われそうになっていたのは俺がな!)

一花「うーん、怪しい」

五月「それじゃあ今日の夜から日曜日まで泊まり込みで勉強合宿ですね」

三玖「早速、この問題教えて。フータロー」

二乃「ちょっと、何当たり前のように隣座ってるのよ、三玖!」

三玖「早いもの勝ち」

ぎゃーぎゃー


風太郎(騒がしくなったが、なんとか勉強出来る環境になりそうだ)

風太郎(しかし、どういうつもりだ……四葉は)

四葉「上杉さん。どうしても困ったら教えてくださいね。私、最後まであなたの味方ですから」

四葉は耳元でそう囁いた。


四葉の(風太郎への)指導は失敗した!
97 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 20:32:35.49 ID:N1pp/gGz0

テスト当日。

寝不足だ。最後まで、四葉の数字を透明にすることが出来ず、俺は悶々とした夜を過ごしていた。

加えて、五つ子達への勉強の指導の負担。

ここまで自分の勉強に十分に集中することが出来ずに迎えるテストは初めてだ。

だが、俺には過去の積み重ねがある。この程度で泣き言を言っているようじゃ始まらない。

ふいに襲ってくる勃起の波と戦いながら、俺はテストに挑んだ。

下1 コンマ 風太郎の合計点数
400点+コンマ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 20:36:55.01 ID:4S7BNDfYo
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 20:38:57.01 ID:GG/erBYOo
やっぱり風太郎も高校生ナンスね〜
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 20:42:06.06 ID:4S7BNDfYo
やっちまったのかそれともスパイスになるのかどっちなんだ
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 20:42:08.21 ID:yURnUT6xo
完璧に寝不足ですわ
102 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 21:04:47.41 ID:N1pp/gGz0

結果発表。

教師から渡された答案と点数を見て、俺は卒倒しそうになった。

401点!

1科目あたり平均80点!?

嘘だと言ってくれ。これじゃあ学年トップどころか、学年10位以内も怪しいレベルじゃないか?

というか、401点だと学年何位くらいだ?それすらイメージできないほどの点数だ。

俺に、彼女たちの家庭教師を続ける資格はあるのか……


五月「上杉君?目の隈がすごいけど大丈夫ですか?」

風太郎「五月か……」

五月「そういえば、今日は結果発表でしたが、どうでした?」

風太郎「ああ実は」

五月「はっ!その手にはもう騙されませんよ!どうせ満点なのでしょう?危うく自慢されるところでした」

風太郎(流石にこの点数だと自慢は出来ねーよ……)

五月「そうそう、私の合計点数ですが」

五月「下1 コンマ × 5 点でした」

※赤点回避確定しているのでコンマ30未満ならその一個下のコンマで。
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:07:05.30 ID:GG/erBYOo
ほい
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:10:19.83 ID:73exGmaa0
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:10:23.61 ID:4S7BNDfYo
五月ちゃん…
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:16:33.52 ID:GG/erBYOo
草ァ!
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:19:41.24 ID:yURnUT6xo
ピッタリ全部赤点ボーダーって狙ってやってるとしか思えん
108 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 21:38:22.00 ID:N1pp/gGz0

風太郎(直前の問題集の出来をみると赤点は大丈夫だとは思うが…)

風太郎(もし、五月が俺の点数を超えてくるようなことがあれば)

風太郎(その時、俺は……屈辱で死ぬかもしれん)

風太郎(くそっ!素直に教え子の高得点を願えない、俺自信の弱さが悔しいっ……!)

五月「150点でした」

風太郎「ん?」

五月「150点でした」

風太郎「赤点」

五月「赤点じゃない」

風太郎「いやいや、赤点」

五月「オール30点。赤点じゃない。ドゥー・ユー・アンダスタン?」

風太郎「逆にすごいなお前!」

五月「よく言われます」エヘヘ

風太郎「馬鹿野郎!限りなく赤点に近い点数じゃないか!」

五月「ですが、赤点は回避しましたよ?」ドヤッ

風太郎「そんなんでいいのか、お前は」

五月「いいわけないじゃないですか。でも、今回のテストは普段の実力を出せなかったというか」

五月「心当たりは……我慢しすぎたと言うか」

五月「言われた通り、あの日からずっと我慢していたんですが」

五月「テスト中、全然集中できなくって」

五月「今も……責任とってください!責任!」
109 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 21:41:31.58 ID:N1pp/gGz0

風太郎(もし俺が普段どおりの点数だったら自己責任と一蹴出来たのだが)

風太郎(俺の点数も過去最低点だったことを鑑みると、彼女に禁欲を強要したことが正しかったか自信が持てなくて)

風太郎「……」

五月「?」

風太郎(まだわからない。他の姉妹の点数を……特に、禁欲しなかった、四葉の点数が知りたい)

風太郎(こいつが赤点なら、禁欲の有用性が証明されるはずだ!禁欲した五月より点数が低いのだからなぁ!(錯乱))

風太郎(だがもし……こいつの点数が普段より高かったら……)

風太郎(男・上杉風太郎、責任を取る覚悟だ)

四葉「あれれー?五月に上杉さーん!テストどうでしたかー?」

風太郎「四葉!お前の点数を教えろ!」

風太郎(俺の指導が正しかったか、それがここではっきりする)

四葉「ええっと、合計点は 下1 コンマ × 5 点でした」

※四葉のみは赤点プロテクトなし
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:42:03.38 ID:4S7BNDfYo
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:50:12.57 ID:GG/erBYOo
やっぱり発散は必要だな!
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:53:03.41 ID:kcKb3ghjO
初めて報われた日を更新しとるやんけ
113 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 21:58:14.31 ID:N1pp/gGz0

四葉「190点でした。平均38点です」

風太郎「フハハハ!いつも通りの四葉だ!」

四葉「これでも少しは点数伸びたんですよ!褒めてください!」

五月「私が……四葉に負けた……だと?」

四葉「どれどれ、五月は……150点!?オール30点!これは逆にすごい!」

五月「これやっぱりあなたの責任じゃないですか!普段どおりだった四葉が普段どおりの点数で、アレを禁止された私が、赤点スレスレで四葉以下ですよ!」

五月「責任!責任!責任!」

風太郎「まだだ、まだわからんよ!単純にお前の努力が足りなかっただけの可能性もある!」

風太郎「他の姉妹の点数も見てからだな。責任を取るのは!」

風太郎(俺が禁欲を強要したのはあとは一花と二乃だが……)

風太郎(三玖の点数も気になる。三玖には、1番だったら何でも願いをかなえるみたいな約束をしたからな)

四葉「三玖ー!テストどうだった?」

三玖「……」チラッ

風太郎「教えてくれ。三玖。お前の点数を」

三玖「今回は……下1 コンマ × 5点 だった」

※コンマ30未満ならその1個下のコンマで。
※00は100点です。
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:58:21.02 ID:YWzRT2Hk0
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 21:59:14.00 ID:jDtS9Sa3O
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:00:37.74 ID:j0Q2taiFO
流石三玖オール100点か
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:00:41.33 ID:4S7BNDfYo
確定やんけ
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:04:41.85 ID:XpxMx0VnO
なんかいろんな意味でコンマが美味しすぎる
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:10:20.01 ID:kcKb3ghjO
自慰せずに達する境地に至ってそう
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:17:51.73 ID:GG/erBYOo
Q.コンマ神はいる?
A.今このスレで見た
121 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 22:19:21.06 ID:N1pp/gGz0

三玖「500点だった」

五月「ファッ!?」

四葉「すごすぎる!凄すぎるよ!どんな魔法を使ったの!?三玖!」

三玖「……愛、かな?」

三玖「これで、フータローに並んだ。フータローの教えを一言一句忘れずに……テストに挑めた」

三玖「私も……報われた気がする」

五月「姉妹でトップどころか学年トップじゃないですか!中野家の誇りですよ!これは!」

四葉「私達も頑張れば、学年トップを取れるポテンシャルがある……?」

三玖「フータロー……約束。私、約束、守ったよ」

三玖「……ごめん、フータロー……嬉しくって、涙が止まらない」ポロポロ

風太郎「……」

風太郎(三玖は頑張った。自慰もせず、クソパン屋で働きながら、勉強も集中していた)

風太郎(落ち着け。落ち着くんだ、俺。素直に三玖を褒めろ)

風太郎(だが……俺は……俺の点数は)

三玖「フータローと一緒に、学年トップ。嬉しい……」

風太郎(俺はさも当然のように満点ということになっているが……!)

風太郎(まずい。教え子の三玖より圧倒的に点数が低い…!)

風太郎「三玖、答案見せてくれ」

風太郎(俺と三玖、名前間違えているんじゃないだろうな!)ジロジロ

122 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/16(土) 22:29:52.14 ID:N1pp/gGz0


風太郎(が……紛れもなくこれは三玖の字だ……三玖の奴、本当にやりやがった…!)

風太郎(過去に500点をとった俺にはわかる)

風太郎(200点を300点にあげるのは簡単だ。だが、499点から500点に点数をあげるのは至難の技だ)

風太郎(全科目に及ぶ深い知識と一問のケアレスミスも許されない集中力)

風太郎(そしてすべてが良問という訳じゃない。教師の悪問も、その意図を読み取り適切な解答を導き出すテクニック)

風太郎(500点という点数は、偶然で取れる点数じゃない)

風太郎(こいつ、本当に努力していたんだ……見えないところで、一人、ずっと勉強していたんだ……!)

風太郎(昔の俺のように……)

最初は認めたくなかった。自分を超えられたことを。だが、このテストの答案を見て、俺は三玖の努力が本物だと確信できた。

姉妹に祝福され、照れながら涙を浮かべる三玖を見て

俺の心が動く音がした。


一花「……」

四葉「あ、一花!」

五月「聞いてくださいよ!三玖がやりました!」

一花「……」

三玖「一花はどうだったの?今回の点数」

一花「テストは 下1 コンマ×5 点だったよ」


※コンマ30未満ならその1個下のコンマで。
※00は100点です。
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:30:36.45 ID:4S7BNDfYo
うい
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:30:40.11 ID:yURnUT6xo
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/16(土) 22:31:31.87 ID:GG/erBYOo
ほーい
126 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/17(日) 23:05:58.83 ID:sHYUZ9aM0

一花「225点……平均45点だった」

四葉「点数下がった?」

一花「うん…」

五月「原因はズバリなんですか」

一花「うーん……我慢しすぎちゃったかなぁ」

五月「ほら!原因は禁欲なのは明白です!」

風太郎「ふーっ……お前ら、三玖の点数を見ろ。禁欲が最強だと証明されたんだぜ」

三玖「今回は500点だったよ、一花」

一花「ぐっ……」プルプル

三玖「私が1番。やった」

風太郎(なんか俺の知らないところで壮絶な戦いが繰り広げられているらしいけど、触れないでおこう)

風太郎「これであとは二乃だけだな」

三玖(二乃が何点であろうと……私の優位は揺るがない)

三玖(フータローの1番になれたら……言うと決めている事がある)


四葉「あっ!二乃がいましたよ!」

風太郎「二乃!お前は何点だったんだ!」

二乃「今回は 下1 コンマ×5 点だったわよ」

※コンマ30未満ならその1個下のコンマで。
※00は100点です。
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 23:09:31.70 ID:8WF8xtQvo
へーい
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 23:11:33.83 ID:kNn5yBbOo
全員赤点はくぐり抜けたか
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 23:12:08.14 ID:vA9UHnyro
消化試合
130 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/17(日) 23:33:47.22 ID:sHYUZ9aM0

二乃「合計 350点。過去最高点だわ」

四葉「おおっ!すごい!」

風太郎「頑張ったな、二乃」

二乃「ま、私が本気を出せばこんなものね。今回の指導はセクハラ紛いだったけど、あんたの功績は認めてあげてもいいわ」

五月「私は認めていませんよ!」

一花「まあまあ。それにしても凄いのは三玖だよね」

四葉「上杉さんと並んで学年トップですよ!」

風太郎「あの、四葉……実は」

一花「もう三玖は卒業してもいいんじゃない?満点とったらもう家庭教師いらないよね?」

三玖「私はまだフータローに教わっていない事がある!今回のだって……まだフータローを超えた訳じゃない」

五月「でも三玖も今後は私達を教える側に回ってくれるのであれば力強いことこの上ないですね」

四葉「学年トップの二人に教われば、百人力だよ!私達の将来も安泰だ〜!」

二乃「フータロー、顔青いけど大丈夫?寝不足じゃないの?」

風太郎(……どうする)

風太郎(問題は2つ。俺の点数が三玖より低いこと、そして禁欲を強制して五月と一花の点数を下げてしまったこと)

風太郎(1つ目を打ち明ければ、上杉風太郎不要論が台頭して俺は家庭教師をクビになってしまうかもしれない……!)

風太郎(2つ目にしてもそうだ。今回、三玖が最高の点数をとって、二乃もそこそこの高得点をとったが)

風太郎(結局、俺のエゴで一花と五月の点数を下げてしまったのだ)

風太郎(責任は……とらねばならないのか……)

下1
1:自分の点数を打ち明ける
2:一花と五月の点数を下げた責任を取る
3:答えは沈黙

いずれのルートでも三玖エンドに到達します
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 23:36:59.34 ID:mM6QhKIjo
2
132 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/17(日) 23:39:58.09 ID:sHYUZ9aM0
続きは後日書きます。

次の更新でエンディングだと思います。
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/17(日) 23:54:26.23 ID:kNn5yBbOo
乙です
0回満点が偉大すぎる
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/18(月) 09:45:48.70 ID:s0abMFFD0
コンマ神は三玖推しか
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/18(月) 12:50:21.52 ID:iDUqe1cA0
最初の自慰0回といい
今回の満点といい
ガッツリご褒美で盛れ(そして作者はそれを書いてくれ)というコンマ神の啓示やろなあ
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/19(火) 07:50:13.79 ID:/pChCiYnO
おつ
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 10:31:53.87 ID:hKKBS34/o
なにこれコンマすごい
138 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 15:48:28.62 ID:eDPsd0vh0

風太郎「わかった。俺も男だ。責任を取る」

二乃「責任って何に対してよ?」

風太郎「一花と五月の点数を伸ばせなかった責任だ」

二乃「それは自己責任でしょ?あんたの指導で三玖は満点をとったんだから、家庭教師の有用性は証明されているわ」

風太郎「三玖に対して俺は今回何も指導していないんだ。三玖が勝手に成長した。それだけのこと」

三玖「そんなことはない!フータローが寝る時間も削って私達に解き方を教えてくれたり、直前予想問題まで作ってくれたおかげ」

四葉「そうですよっ!三玖が頑張ったのは事実ですが、上杉さんの指導のおかげで私も二乃も点数を伸ばせたんです!」

風太郎「違うんだ。一花と五月が点数を下げたのは……アレを禁止してしまったからなんだよっ!」
139 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 16:13:45.20 ID:eDPsd0vh0


三玖「アレって?」

風太郎「アレはアレだ。とてもここで口に出せるような事じゃない」

二乃「あんた、まさか二人にも禁止させたの?」

四葉「なになに?なんですか?」

一花「うわぁ……フータロー君、私だけじゃなくて姉妹全員に……?」

五月「変態ですね」

三玖「説明求む!私は特に何も禁止されなかった」

四葉「私も特に禁止は」

風太郎「とにかく、週8回もしている二人のアレを禁止したのは俺だ!逆にストレスを貯めてしまったせいで、本番で力を出しきれなかったのだろう」

五月「では、責任を取るんですね?」

風太郎「ああ。責任を取る」

一花「どうやって責任とってくれるのかな〜?我慢させた分、しっかり私に埋め合わせして欲しいよ」

五月「わ、私も……!我慢した分、気持ちよくして欲しい……です」

二乃「はぁ?何いってんの?フー君もこんなの相手にしちゃ駄目よっ!」

一花「二乃だって我慢してたんでしょ?期待してるくせにぃ」

二乃「そりゃ……フー君だって我慢してたんだろうから……成績あげてくれたご褒美に、気持ちよくしてやらないこともないと、思っていたところだけど……」

風太郎「責任は……俺が家庭教師をやめることで取ろうと思う。もうおまえたちに会うこともないだろう」


140 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 16:32:12.54 ID:eDPsd0vh0

場は水を打ったように静まり返った。

俺は自分のエゴのために、彼女たちに禁欲を強要した。

彼女たちの顔を見るたびに浮かんでくる数字が、俺の性欲を苛ませ、そのために成績が落ちることを恐れ、彼女たちのためだと言い聞かせて禁欲を強いたのだ。

そんな俺は彼女たちの家庭教師でいる資格はない。

風太郎「さよならだ。もうお前らなら俺がいなくても立派にやっていける」

風太郎「ここには満点の三玖もいる。俺はお役御免だ。わからないことがあれば三玖に聞けばいい」

風太郎「それに俺がいるせいで、お前たち姉妹の仲がギスギスしていくのを見ているのも辛かったんだ」

風太郎「みんな、血を別けた姉妹を大事にしろよ。それじゃあな」

卒業まで彼女たちの面倒を見れないのは残念だ。だが、もう十分だ。
141 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 16:47:48.23 ID:eDPsd0vh0

三玖「待って!」

立ち去ろうとする俺の腕を彼女はぎゅっと掴んだ。

三玖「フータローがいなくなることは許さない。責任を取るなら私達が卒業するまで面倒みて」

五月「ご、ごめんなさい!私が安易に責任なんて言ったから!冗談ですっ……やめないでくださいっ」

一花「私も色々悪ノリが過ぎたかな……ごめんっ」

二乃「辞めれば責任取れる程この仕事は甘くないわよ!責任感じてるなら最後まで指導しなさいよ!」

四葉「上杉さんに辞められて赤点とったら末代まで祟りますからね!祟りますよ!」

赤点を回避したというのに、みな泣きそうだ。

二乃や五月なんぞ、最初は俺を目の敵にして追い出そうとしていたじゃあないか。

邪魔者がいなくなって少しは喜べ。

三玖だって。

……何事も惜しまれている内が華だ。それにここでやっぱり辞めるのを辞めまーすと言ったら男が下がるってもんだ。

俺の決意は固い。涙だけはこぼさぬよう、下唇を強く噛んで俺は引き止める三玖の腕を振り払おうとした。
142 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 16:52:07.22 ID:eDPsd0vh0


三玖「フータロー、約束したよね。私がトップだったら。何でも言うこと1つ聞くって」

風太郎「ああ」

そういえばそんな約束したっけ。まさか三玖が姉妹トップどころか、学年トップまで取るとは夢にも思わなかったが。

三玖「その権利をここで行使する。辞めないで、フータロー」

その時の三玖の目はかつてないほど真っ直ぐ俺を見ていた。

自分のためだけじゃなく、姉妹みんなのために、三玖は俺を強く求めてくれた。

何でも願いを叶えろというから、一体どんな無理難題を押し付けられるのか、内心ヒヤヒヤしていたがなんてことはない。

ただ、元の職場に戻れってだけ。

給料は相場の5倍、アットホームで楽しい職場。

やれやれ、そこまで言われたら俺の返事は決まっている。

どうやら俺の家庭教師生活はまだ終わらないらしい。


True End!!
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 16:56:18.47 ID:6LyAn2BWo
二周目いこうぜ
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 16:59:48.57 ID:EIEtvniIo
イベントCG開放されたやろはよはよ
145 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 17:22:04.51 ID:eDPsd0vh0


三玖「はぁ……はぁ……んっ」

三玖「はぁ……もうっ……限界っ……」

三玖「フータローっ……もうこれ以上無理だからっ……んっ」

風太郎「まだイケるだろ?」

三玖「もう4回もイッたからぁ……5回目はむりぃ……あっ」ピクピク

風太郎「ふー、情けないなぁ。ほら、手伝ってやるから」

三玖「んんっー!んっ!」

風太郎「ほら、もっと腰使って!」

三玖「はぁぁー!んっ!」

146 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/21(木) 17:22:49.70 ID:SxmuvUu/O
!?
147 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 17:31:32.52 ID:eDPsd0vh0

ガチャンッ

風太郎「よく頑張ったな」

三玖「もう腕が限界……ベンチプレスは私には向いていない」

風太郎「重りつけずに鉄の棒だけでこれは……もう少し筋力つけた方がいいと思うぞ」

三玖「次、フータローの番。男の人ならあの大きい丸い重りつけるべきだよ」

風太郎「持ち上がらなかったらさっき俺がしたみたいに助けてくれよ、三玖」

三玖「善処する」

幸い、重りが重すぎて俺たちには取り付ける事が出来なかったので事故には至らなかった。

テストが終わって、俺と三玖は二人で体力をつけるためにスポーツジムに来ていた。

今回のテストで痛感したのは俺の体力のなさだ。2、3日眠らなかったからといって点数を大幅に落としてしまうとは情けない。

そこで俺は同じく体力不足の三玖とジムに来たって訳だ。
148 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 17:39:07.71 ID:eDPsd0vh0

一通りスポーツジムのマシンに触れていい汗を流した。

勉強ばかりしていたせいで、体中の筋肉が悲鳴をあげている。

三玖も歩き方がぎこちない。

風太郎「たまには運動も悪くないが、会員になるには金がないな」

三玖「安心して。ここお父さんの病院の系列のジムだから。プール・スパ・レストラン付きで病院の職員は福利厚生ばっちり」

風太郎「俺は病院の関係者ではないんだが」

三玖「満点のことを話したら、珍しく喜んでいた……と思う。フータローのことを話したら、会員カードを作ってくれた。一応、家庭教師も福利厚生に手厚くと。」

風太郎「いいのか、これ。家族会員カードって書いているが」

三玖「費用は全部お父さん持ちでこの施設使い放題カードだよ」

風太郎「なんだか悪いな」

三玖「お風呂で汗流したら、レストランで食事にしよ?」

三玖を高得点に導いた功績はあの堅物の中野父にも認められたということか。
149 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 17:55:25.46 ID:eDPsd0vh0

これまた高級料理で腹を満たしながら、俺は考える。

あの場で俺が責任をとらないことにしていたら、三玖は俺に何を願ったのだろうか。

振り返れば、あんなくだらない事に、その願いを使わせた事に関して俺はフェアじゃないと感じていた。

かといって俺が三玖にしてやれることは実はもう何もない。

成績は俺よりいいし、家だって金持ちで、こうして何不自由なく高級な料理を食べたり、ブルジョア的なスポーツジムで汗を流すことだって出来る。

そんな三玖は俺に何を求めていたのだろう。

風太郎「そういえば、お前、好きな人いるって言ってたけど今もそいつの事好きなの?」

三玖「うん。好きだよ」

風太郎「そうか」
150 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 17:59:22.25 ID:eDPsd0vh0

三玖の顔は晴れ晴れしていた。きっと、この前のテストで1番の成績をとって、自信を取り戻したのだろう。

その前のテストは一花に負けてすごい悔しそうにしていたからな。

三玖「そういえば、1番だったら誰か教える約束していたよね。知りたい?」

風太郎「知りたくないな」

三玖の好きな人はクラスの名前もわからない男やパン屋のジャムおじさんみたいなおっさんだったりするのだろうか。

確かにそうだとしたら恐ろしい。それを先に聞いてしまったら、俺はショックで死ぬかもしれない。

風太郎「俺は三玖が好きだから」

三玖「えっ……」
151 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 18:28:41.03 ID:eDPsd0vh0


彼女たちと出会う前までは、恋愛なんて馬鹿にしていた。

若さと性欲にのみ突き動かされて、親の金で生活している甲斐性もないガキが、大人の真似事をしているお遊戯に見えていた。

学生の本文は勉学であり、それを邪魔する恋愛なんて馬鹿げた行為にうつつを抜かす程俺は馬鹿じゃないと思っていた。

だが、誰かを好きになるという真剣な気持ちを俺は馬鹿にできなくなっていた。

そして俺は三玖に……その気持をいつの間にか抱いていた。

三玖「それって生徒として、だよね?」

確かに俺は昔、三玖を生徒として1番だと思っていたし、その気持は今も変わりない。

だが、確実に三玖に対する気持ちに変わったことがある。

風太郎「一人の人としてお前の事が好きだ」

俺は三玖と対等なパートナーでありたい。

三玖「人として好き……?」
152 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 19:22:22.10 ID:eDPsd0vh0

誰かに気持ちを伝えるということ。途方もない勇気がいる。

風太郎「他の誰よりも、三玖が好きだ」

一花より、二乃より、四葉より、五月より。同じ顔と体をしているけれども、俺はお前が1番好きだ。

風太郎「愛している、三玖。俺と付き合ってくれ」

俺はこの時、三玖の顔を見るのが怖くて、深々と頭を下げて頼み込んだ。

全身から冷たい汗が吹き出て、緊張で眼球がフラフラ揺れているのがわかる。

三玖「フータロー……顔あげて」

返事を聞くのが怖い。心臓が激しく鼓動している。これで三玖に振られたら俺は……!

風太郎「二乃と一花は振ってきた!三玖!俺はお前じゃなきゃ駄目なんだ!」

退路は断っている。四葉と五月にも、事前に三玖に告白することは通知している。

四葉は応援すると言ってくれた。五月は三玖を泣かせたらグーで殴ると脅してきた。

二乃と一花は……考えるな。今の俺には三玖しかいないんだ。
153 : ◆0UoR0VB8XuPC :2019/03/21(木) 19:26:58.16 ID:eDPsd0vh0

長い沈黙の後、ゆっくり顔を上げると目の前に涙を浮かべた三玖がいた。

その姿が、あの旅行のとき。俺にキスした五月の姿と被って見えた。

そして……あの時と同じように俺たちは唇を交わした。

あの時とは違う。一瞬じゃなく、気持ちが通じ合ったことを確かめ合うように、長い時間だった。

風太郎「三玖……」

三玖「これが私の気持ち」

そう言って三玖は、笑った。

やっぱり三玖は笑顔が最高だ。


三玖 End !!
154 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 20:45:39.05 ID:eDPsd0vh0


エピローグ


三玖と付き合って3ヶ月。それからのことを少しだけ話そうと思う。

付き合った直後の五つ子全員との勉強会ではかなりギクシャクしていたけど、今ではまた昔のように姉妹たちの間にも笑顔が見えはじめていた。

一花「ねえねえ、フータロー君。三玖とどこまでいったの?ABCで言うと?」

風太郎「一応Aまで……」

一花「うそぉ!まだA!?もう付き合って3ヶ月だよね?」

そのAも最初のキスだけ。勉強の合間を見て、休日は時々デートをしたり、恋人らしいことはしている。

家では三玖がずいぶんと上達したパンを振る舞ってくれたり(五月評価は30点だったが、俺の中では120点だ)、一緒にジムでトレーニングしたり、一花が出ている映画を見に行ったり、服を買いに行ったり。

だが、それ以上の進展はない。

そうそう。あれから彼女たちの顔に数字が見えることはなくなった。やっぱり、勉強をしすぎた事による一種の精神病だったようだ。

風太郎「実際、どうなんだ?高校生カップルってどれくらいで、そういう関係になるんだ」

一花「んー、早い子だと付き合ったその日には。というか付き合う前から」

風太郎「ファッ!?」
155 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 20:47:58.88 ID:eDPsd0vh0

一花「まあ二人とも初めての男女交際って考えると、それは流石に早すぎるかなーと思うけど、だいたい4、5回もデートしたらそういう雰囲気になるんじゃないかな」

だが、俺は三玖の0という無垢な数字が忘れられなかった。

一花とはこういう今どきの高校生らしいちょっぴりエッチな話もするけれど、デート中、三玖と性的な話題はある種のタブーになっており、なかなか先に踏み切れない。

一花「というか、男の子がそういう雰囲気作りしないと駄目だぞ!」

風太郎「だが三玖はそんな素振りはないぞ。一緒にいるだけで幸せですって感じで、俺はそれを壊したくないというか」

一花「うわぁ(ドン引き)……三玖かわいそう」

風太郎「それに、場所は?俺の家はらいはがいるし、三玖の家も休日や夜はいつも誰かいるだろ」

一花「そういう場合はホテルとかじゃないの?私の初めては海と星が見えるリッチなリゾートホテルがいいなー」

風太郎「そんな金ないし、お前の希望は関係ない」

一花「じゃあそこら辺のラブホで妥協しなよ」

風太郎「もちろん事前に下見して調べた。だが、あそこは高校生の立ち入りが禁止されているんだ」

一花「相変わらず堅いなぁ……そんなに心配なら私と一緒に下見してみる?私服着ていればバレないって」

一花「ここはお姉さんが一肌ぬいでチキンなフータロー君の初めての相手に……!遺伝子レベルで同じだからいい練習相手になれると思う!」

一花「っておーい!フータロー君!逃げないでー!」
156 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 20:50:44.27 ID:eDPsd0vh0


風太郎「というわけで、困っているんだ」

五月「それで私に相談に来るとは……三玖もこんな男を好きになるとかどうかしていますね」

風太郎「二乃とは気まずいし、四葉はこういう話は疎そうだから、頼りになるのはお前くらいなんだ。頼むっ!」

五月「こういうのは同性の友人と話すべきじゃないのですか。男の友達はいないのですか?」

風太郎「ぐっ」

五月の攻撃が俺の精神にダイレクトアタック!

五月「ずばり、三玖をどうやったら抱けるか、という問題ですね」

風太郎「ああ。話が早くて助かるぜ」

五月「まずは三玖をその気にさせることからですよ」

風太郎「実際のところ、どうなんだ?姉妹でそういう話は……聞いてたりする?」

五月「三玖はあなたの話、家では全くしてませんよ。一花や二乃に気を使っているのでしょう」

風太郎「そうなのか」

五月「あなたが誰を選んだとしても、こうなっていたと思いますから、これは私達姉妹が乗り越えるべき試練なのです」

5人から1人を選ぶとはそういうことか。三玖はもしかしたら他の姉妹に気を使って、そういう関係を望んでいないのかもしれない。

五月「それはそれ、これはこれです。三玖も待っていると思いますよ。あなたからの誘いを」
157 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 20:52:58.08 ID:eDPsd0vh0

風太郎「それは本当か?」

五月「ここ最近、多いですから」

風太郎「何が?」

五月「三玖のアノ回数。特にあなたとのデート前なんて……この前なんて、あまりにも露骨な声がするので二乃が怒って壁蹴っ飛ばしてましたよ」

風太郎「え?三玖もそういうことするの?」

五月「え?しないと思っていたんですか?」

だが三玖の回数は週0回のはずじゃ。

五月「三玖は私達の中で1番むっつりスケベで……あれ?上杉くん、聞こえていますか?」

なんてこった。ひょっとして俺が見ていた数字は……

風太郎「五月。確認だ。お前、週何回自慰していた!特に、この前赤点スレスレだったあのテストの前の週!」

五月「いきなり何聞いていくるんですか!……いいですよ、白状しましょう。毎日最低2回はしていました!朝と寝る前の日課で!あの赤点ギリギリ事件で反省して、今はもう少し控えていますが……」

毎日2回以上……週14回以上……

確か、五月の数は8回だったはずじゃ……

風太郎「ははは……」

乾いた笑いしかでない。俺が見ていたのは、俺の心が生んだありもしない数字。当たり前だ。他人の自慰回数が見えるなんて非科学的だ。とても全国模試4位の秀才が信じることじゃない。

最初から信じていなかったさ!最初からな!

五月「あなたはまだ週1回しかしてないのですか?そんなので三玖を満足させられるのか心配ですよ」
158 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 20:59:36.49 ID:eDPsd0vh0

三玖「そろそろ願書の時期だけど……どこ受けるか決めた?」

風太郎「一人暮らしは金がかかるから、家から通えるN大を考えているが……担任からはT大かK大を強く勧められていているんだ」

三玖「お父さんは医学部を受けるなら生活費と学費全額払うって」

風太郎「その話は丁重に断らせて頂いた。そんなの受け取ったら逃げられねぇ」

三玖「逃げる気なの?」ジロー

風太郎「あっ、そういう訳じゃなくてだな……俺、医者になりたい訳じゃないし……」

三玖「でもお医者さんはお金持ち」

風太郎「昔の俺なら金こそ全てと割り切ったんだが」

今はもう割り切れない。

風太郎「教師になろうと思うんだ、俺」

三玖「フータローが……先生……」

風太郎「お前たちの家庭教師をして、俺は変われた。そして、最初は勉強嫌いで、どうしようもない馬鹿だったお前たちが成長していく姿を見るのが何よりうれしかった」

風太郎「学校の先生になれたら、きっとそういう喜びを味わえる人生を過ごせると思うんだ」

三玖「今のフータローなら……きっといい先生になれると思う。でも、気をつけて」

風太郎「何に」

三玖「あなた、教え子に好かれやすいから。ロリコンとして逮捕されたら、私が介錯してあげる」

風太郎「ヒェッ」
159 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:00:51.70 ID:eDPsd0vh0


風太郎「三玖は大学決めたか?」

三玖「……まだ」

風太郎「最近のお前の成績ならそこそこの学校行けるだろ」

三玖「フータローが先に決めて欲しい。私、その近くの大学にするから」

風太郎「はぁ?お前、まだ自分がやりたいこと、見つかってないのか!?」

他の姉妹はそれぞれ夢を見つけて、その夢を叶えるために前を向いて歩きだしている。

もう俺の家庭教師としての仕事は終わった。あとはそれぞれが頑張るだけだと思っていた。

三玖「私はもう見つけているから……」

そう言って三玖はぎゅっと俺の袖をつまんできた。

三玖「お嫁さんが私の夢……逃げられないように近くにいたい」

風太郎「お、おう……」
160 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:04:23.43 ID:eDPsd0vh0

ブーッブーッ……

三玖「携帯鳴ってるよ」

風太郎「ああ。らいはからメールだ」

らいは『五月さんと遊園地で遊んでるよ!いつかのカレーライスのお礼に、夕ご飯も連れて行ってくれるみたい!』

らいは『帰るの20時ころになりそう』

らいは『お兄ちゃんも頑張って!』

三玖「今日はらいはちゃんいないんだね」

風太郎「ああ。珍しく友達と遠くにでかけたからな」

三玖「お父さんは?」

風太郎「仕事で深夜まで帰ってこない」

三玖「そっか。二人っきりだね」

風太郎「ああ」
161 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:09:13.25 ID:eDPsd0vh0

このボロ家に三玖を招待するのは正直嫌だったが、止むを得ない。

勇気を出して、三玖を家に遊びに来るよう誘ったら、あっさり承諾された。

しかし、誘ったはいいが、特に娯楽があるわけでもない。家にあるのはテレビ1台。暇つぶしに適当にチャンネルをいじったが、つまらない番組だけだ。

三玖が来て、30分でお互い話すことも特になくなった。

テレビはドラマの再放送をやっている。三玖の好きな戦国武将の話だが、正直俺は興味がない。三玖は真剣そうにテレビを見ていた。

このまま、二人でドラマを鑑賞するためだけにクソ高い遊園地代を出してらいはを追い出した訳じゃない。

「あっ、殿……およしになってっ」

「いいではないか〜いいではないか〜ほれほれ〜」

「あぁ〜〜」

ピッ。思わず俺はテレビのスイッチを切った。

風太郎「ふー。家族で見ている家もあるのに、昼間っから流すもんじゃあないよな」

三玖「……」

家族不在の男の家にあがったということ、三玖もこれからする事を諒解しているはずだ。
162 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:17:14.83 ID:eDPsd0vh0


三玖「んっ……ちゅっ……ちゅっ」

三玖とキスするのは、告白の時以来。あの時と同じく、無言のキスから始まった。

三玖「……んっ……はぁ、はぁ……」

だが、あの時より長く、あの時より、しっかりとお互いの形を確かめあうような、そんなキスだ。

それから何度も、俺達は手を握り合いながらキスをした。

三玖の口から唾液が溢れ、それを舐めるように、三玖の口の中に舌を入れた。三玖は驚いて俺の手を強く握り返してきたが、次第に三玖も舌を動かし始めた。

三玖「んっ、ちゅっ、んちゅっ……んっ……あむっ……んっ……ぷはっ……んっ、ちゅっ」

お互いぎこちなく口の中を探り合う。三玖の口の中は生暖かく、唾液が溢れ、いつまでもそれを舌で味わっていたくなる。

三玖は俺が乱暴に押し入れた舌に時には抵抗するように、そして時にはそれに応えるように舌を絡めてくる。

ここまではいい。問題は次だ。戦いの滑り出しは上々。だが、俺は次の一手を打てずにいた。
163 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:19:23.73 ID:eDPsd0vh0


次第に緊張で舌が乾いてくる。舌が攣りそうになって、俺は一旦、三玖から顔を離した。三玖の前髪が汗でピッタリ顔にはりついていた。

風太郎「はぁ、はぁ……」

三玖「……いいよ。触っても」

そう言って三玖は俺から手を離した。

三玖「んっ……あっ」

前々から興味のあった、大きな三玖の胸を服の上から揉んだ。

手が沈み込みそうになる感触だが、ブラジャーの感触が邪魔だ。

風太郎「三玖……ここじゃああれだから……隣の部屋に行こう」

三玖「うん……」

立ち上がる時、足がしびれていた。夢中になって、それさえも気が付かないとは。

164 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:26:06.35 ID:eDPsd0vh0

三玖「準備はしている?」

風太郎「一応、用意はしておいた」

寝室に隠しておいたコンドームを取り出す。これを買ったのは、三玖と付き合い始めた最初のデートの前日だ。

三玖「ほっ。用意していなかったら……どうしようかと思ってた」

風太郎「不安にさせてすまない」

三玖「大丈夫。私も初めてだから。一緒に頑張ろう」

風太郎「とりあえず……汚しちゃいけないから、脱ぐぞ」ヌギヌギ

三玖「うん……」ヌギヌギ

脱ぎながらも三玖から目が離せない。結構気合の入った下着をつけていた。こういうのも姉妹で買いに行くのだろうか。

三玖「……」ジーッ

風太郎「な、なんだよ!」

三玖「……フータロー、脱がせて」

お互い下着姿になって、そこからどっちが先に脱ぐかの牽制になった時、三玖からそういった。
165 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:29:27.71 ID:eDPsd0vh0

両手でぎこちなくブラジャーの繋ぎ目を外す。

三玖「んっ」

一枚剥がすと、三玖の豊満な胸があらわになった。

風太郎「すまん、触るぞ」モニュ……モニュ……

三玖「あっ……やっ……」

服の上からだとわからなかったが、張りがあって適度に硬さはあるものの、押せば沈み込みそうになる柔らかさ、これは俺の人生初の感触だ。

三玖は、布団に押し倒されなすがままに俺に胸を弄られていた。

三玖「んっ……あんっ……やっ」ピクッ

乳首をつまむと、三玖は悩ましい声を出した。いつも弄っているのだろか。

三玖「はぁ・・・はぁ……んっ!?そっちはっ……」

左手で三玖の胸をいじりながら、下に右手を這わせた。股を触ると、じっとり濡れているのがわかる。

三玖「だめっ……」

風太郎「顔、見せてくれ、三玖」

乱れた髪を払い、真っ赤になった三玖の唇にキスをして、俺はまた、彼女の体を弄った。

166 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:42:54.73 ID:eDPsd0vh0


次はショーツを脱がせ、中に手を這わせた。

毛の感触の奥に、柔らかくて熱くなっている場所があるのがわかる。

三玖「んんっ!あっ……そこっ……んっ!」ビクッ

指の腹で丁寧に三玖の秘所をいじった。軽く指を中に入れようとすると、腰を浮かしながら三玖は逃げようとする。

まだ、他人に触られる恐怖が強いようだ。

三玖「フータローも……見せて……」

パンツを脱ぐと、俺のも十二分に硬くなって、反り返っていた。

三玖「フータローが、興奮してくれている……んだよね」

風太郎「ああ。三玖と……こういう事が出来て、正直、興奮している」

三玖「私も、触っていい?」

風太郎「頼む」

三玖はおっかなびっくり、手で俺のを触った。最初は握り、それから形を確かめるように、手のひらで擦った。

確かにこれは怖い。自分だけの領域を、血の繋がっていない言うなれば他人に踏み込まれてくる感触だ。

だが、俺はあの真面目で、引っ込み思案で清楚な三玖が一生懸命、俺の汚い場所を、俺を悦ばせようと握ってくれるという、この状況に興奮していた。

そして、その三玖の、誰も立ち入ったことのない、1番神聖な場所をこれから独占出来る事に。
167 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:46:32.68 ID:eDPsd0vh0

三玖「あっ……やっ……んっ……」

三玖に触らせるのは程々にして、俺はまた三玖の秘所をいじった。

三玖は仰向けになって、足を開いている。顔は手で隠していたが、指をゆっくり中に出し入れすると、喘ぎ声が漏れた。

三玖「ヒッ……」

穴の上の、小さな突起を指の腹でなぞると、三玖は小さな悲鳴をあげた。

三玖「フータロー……そこ敏感だからっ……優しく」

風太郎「結構自分でいじってるのか?」

三玖「……」ムゥ

答えない。少し力を入れるように摘んでやると、足をぎゅっと閉じてきた。

三玖「はぁ、はぁ……そこっ……んんっ、ダメッ、やめてっ、あっあっ、んっ」ビクッ

三玖「イッちゃうからやめてっ!」

風太郎「凄い敏感だな、三玖。毎日いじってるのか?」

三玖「はぁ……はぁ……意地悪なフータローには教えないっ」
168 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:51:35.35 ID:eDPsd0vh0


風太郎「んっ……れろっ」

三玖「ひゃっ!ああっ〜〜!なにこれっ!舐めないでっ、やっ、変!やっ、あっ、んっ!?」

充血してきた三玖の陰核を舌で舐める。小さくてよくわからないし、毛が邪魔だが、三玖はまた鳴いた。

三玖「舐めるなんて汚いよ……フータロー……」

風太郎「いや、三玖に汚いところなんてないだろ」

三玖「ううっ……」

風太郎「で、結構してるの?家で、一人で」

三玖「……誰にも言わない?」

風太郎「ああ、内緒にするよ」

三玖「……してるよ……オナニー……」

三玖は消え入りそうな声で告白した。

風太郎「テスト期間中も?」ジュプッ

三玖「うんっ……」

風太郎「悪い子だな、三玖は」ヌプヌプ

三玖「ごめんなさいっ!あんんっ!」
169 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:53:32.96 ID:eDPsd0vh0

人差し指を濡れた口はしっかり咥え込み、指を曲げるたびに三玖は嬌声をあげた。

風太郎「いつも自分の指いれてるのか?」ヌップヌップ

三玖「あっ、あんっ、んっ、そうっ……時々……」

三玖「でもっ痛いからほどほどでっ」

風太郎「コッチのほうが好きなの?」キュッ

三玖「あっ!急につままないでぇ……」

風太郎「……おっぱいもいじってるのか?」モミュモミュ

三玖「あっ、やっ……そうっ……おっぱいも弄りながらしているっ……んっ」

風太郎「週何回くらい?道具は使うの?1回何分くらいかけてる?やっぱり好きな人とか想像するのか?」

三玖「ずいぶん気にするんだね」

風太郎「すまない」
170 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:55:44.23 ID:eDPsd0vh0


三玖「……そろそろ、いいよ」

三玖はすっかりほぐれた様子だ。俺も、さっきからすでに限界近くまで血流が集中している。

毛を巻き込まないよう注意しながら装備を装着して、三玖の上に跨った。

三玖「はぁ……はぁ……」ブルッ

三玖は身震いした。

三玖「んっ……」

俺はゆっくり腰を前にすすめ、先端をさっきまで十分にいじった三玖の穴にあてがった。

風太郎「ふーぅ……」

まるで相撲の立会いのようだ。俺は三玖と呼吸が合うのをじっくり待った。

焦るな。いよいよ、あの中野三玖を俺のものに出来る。

風太郎「……いくぞ、三玖」

三玖「うん……きて」
171 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:56:30.51 ID:eDPsd0vh0

ゆっくり、狭い三玖の中を押し広げるように腰を前に進めた。

三玖は腰を浮かせてそれを受け入れたが、次第に、痛みのためか、俺の背中に回した腕の締め付けがつよくなる。

三玖「んっ……まだ……?」

風太郎「もう少し」

1番奥まで進めたあと、俺は動きを止めて、三玖の痛みが和らぐのを待った。

それに、いま動けばすぐに達してしまいそうだ。

三玖の狭い穴はきゅうきゅうに俺のを締め付けてきた。

風太郎「大丈夫か?」

三玖「うん……うっ」

三玖は痛みのためか涙を流していた。

風太郎「動くぞ、三玖」ヌププ

三玖「あっ……やっ」

風太郎「はぁ、はぁ……」ヌポヌポ

三玖「あんっ、あっ、やっ……んっ」

動くたびに三玖はせつなそうな声をあげた。
172 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:57:39.71 ID:eDPsd0vh0


そこから先の時間は一瞬だったかもしれないが、永久のように長く感じた。

俺は余計なことを考えず、三玖の上で腰を振った。

あるのは真っ直ぐな本能だけだ。

家庭教師だとか、勉強だとか、将来の夢だとかそういう余計なものはもう一切合切忘れて、ただ、男としての喜びに打ち震えながら、動いた。

風太郎「三玖!三玖!三玖!愛しているぞ!」

三玖「私もっ……フータロー!キテっ!ああっ!」

風太郎「イクぞ!三玖!」

三玖「あっ」

1番奥で動きを止めて、俺は三玖の中に挿れたまま達した。

一人でする時では出せないくらい、金玉を根こそぎもっていかれるのではないかという長い放精だった。

173 : ◆0UoR0VB8XuPC [saga]:2019/03/21(木) 21:58:53.13 ID:eDPsd0vh0

しばらく三玖と抱き合った。

お互い体力不足で息が上がっている。

風太郎「ハァ、ハァ、ハァ……ハァ……」

三玖「はぁ、はぁ……プッ……あはは」

風太郎「ハァ、どうした、ハァ、三玖、ハァ」

三玖「一緒に走ったあのときの事、思い出しちゃった」

三玖「ありがとう。フータロー。あなたのおかげで、私、自信を持てたんだよ」

三玖「愛しているよ、フータロー」


エピローグ End 
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/22(金) 00:28:32.64 ID:sUR5n4nz0
二乃ルート早よ
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/22(金) 03:01:26.17 ID:GFEiMkQlo
まともな五等分の花嫁R-18を初めて読んだ
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/22(金) 19:26:21.62 ID:oJqQ33q0o
マジ乙
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/03/24(日) 06:48:10.25 ID:dCAytwA5O
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2019/04/01(月) 13:00:48.78 ID:JKTgQA0cO
よかった
99.49 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)