【デレマス ・R-18】モバP「飛鳥の誘惑になんて負けない」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:20:19.44 ID:i6MOp2afO
「っ!はぁ…っ!」

ドクドクと脈打つPの棍棒から、白く濁った液体がこぼれ出る。

ゴムを隔てていなければ、お互いの分泌液が絡み合い、子を残すための証が膣内に残ったのだろう。

「良かったよ、P。キミの熱いリビドーと共に、ボクの心も解き放たれた気分だ。……….P?」

「ま……」

「また飛鳥の誘惑に負けてしまった……」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:21:21.41 ID:i6MOp2afO
ーーーーーーーー

土曜日の朝9時、少し鈍い音を立てながら扉が開いた。

「おはよう、P」

「ん、おはよう」

朝のメール確認をコーヒーの香りと共に進めながら、事務所に訪れた飛鳥に挨拶を返す。

「今日はレッスンが11時から、その後は15時から雑誌のインタビューが入ってるぞ」

「心得た、心配はいらない、キミの期待に応えるよ」

そう飛鳥は呟くと、Pの太腿の上に座った。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:22:34.12 ID:i6MOp2afO
「んっ、ちゅっ…」

毎朝の日課となっているキス。

徐々に舌が絡み合い、飛鳥の唇の端から混ざった唾液ぐ伝う。

「ん……少し苦いね、これも大人の味かい?」

「でも、まぁ……キミの味だと思えば、悪くない。この一時は刺激的で喜劇的だ」

「それとも、キミはこれ以上に刺激を求めるのかい?」

「うおおおおぉぉ!」

「あっ、バカ…んっ…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:23:21.98 ID:i6MOp2afO
ーーーーーーーー

ちひろ「満足ですか?」

P「ち、ちひろさん、居たんですか…」

ちひろ「えぇ、飛鳥ちゃんが事務所に来た時から机の上に寝かせてセックスしてる間ずっっっっと居ましたよ」

P「こ、これは違うんです…」

飛鳥「違うのかい?」

P「これは二人の神聖な行為で…」

ちひろ「はぁ…まったく、程々にしてくださいね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:24:44.73 ID:i6MOp2afO
P「飛鳥に身の内を告げられた数日後、色々とグレーなことをして俺は総理大臣になった。

いろんな場所にグレーな根回ししたことで結婚できる年齢を14歳にした。

その後に色々とグレーなことをしていたことが発覚し、俺は辞職、再びプロデューサーの立場になった。

そして、今俺は飛鳥と真剣に交際している。

ファンからの誹謗中傷はとても多く、最初は心が折れそうだった。

それでも、飛鳥の一途な思いに惹かれたファン、後俺の色々グレーな団体やへのグレーな根回しによって理解が得られるようになっているんだ」

みく「色々言ってるけどPチャンわりとクズ野郎だと思うにゃ」

P「そうか?ちゃんと清い交際する為に理性を保ってるつもりだが…」

みく「早朝の事務所でやることやっておいてよく言うにゃ……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:25:31.34 ID:i6MOp2afO
ーーーーーーーー

「レッスン終わったよ、P。少し汗臭いかもしれないからね、距離を取った方がお互いの為さ」

「う、うぉぉぉぉ!」

「あ、ぅん…」


「インタビューというのは肩が凝るね、迂闊なことは言えない、でもボクについて問われることは、知らないボクを知る事でもあるようだ」

「ところで、少し飲み物は無いかな、君の飲みかけでも構わないさ」

「うぉぉぉぉ」

「んんっ…!……ん…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:26:08.96 ID:i6MOp2afO
ーーーーーーーー

【飛鳥ちゃんとPの接触禁止】

P「な、なんなんですかこの貼り紙!」

ちひろ「当然の結果です」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/27(金) 18:27:08.83 ID:i6MOp2afO
書き溜めてたあらすじが終わったのでここからは性欲に任せて書きます。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/03/27(金) 19:06:06.29 ID:AJDYOklZO
単乙
期待
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/29(日) 00:10:50.82 ID:Ou/SmM5j0
それから、2日。
最低限の会話で過ごした二人。

今までが濃密すぎたのか、それとも今が離れすぎなのか。

衰弱するPと悪戯心に苛まれる飛鳥。

二人の緻密なゲームが始まった。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/29(日) 00:11:31.69 ID:Ou/SmM5j0
「おはよう、P」

「あぁ、おはよう」

今まで座っていた膝の上ではなく、Pの机から見えるソファの上に座る飛鳥。

カバンからスマートフォンを取り出すと、デレポの更新を眺める。

ちらりとPに視線を送ると、慌てて向こうは目を逸らした。

意識しているその視線。

それだけで、背筋にぞくりと微細な電気が流れた気がした。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/03/29(日) 00:20:32.55 ID:Ou/SmM5j0
今ボクをみているのは、親愛するPだけ。

他のアイドルからしたらなんてこと無い1日の切り取り。


悪心がずくりと蠢く。

横顔を見つめていた彼に、ボクなりのサプライズを送ろう。

スマートフォンからは視線を、外さず。

左手の人差し指で、彼が見ることができる箇所だけ、スカートをたくし上げる。

ボクの太ももが彼にだけ露わになる。

他の人には膝の上に乗せた荷物のおかげでバレないだろう。

太腿の付根辺りまでずらしたスカートから、恐らく彼にはボクの下着が見えるはず。

次に視線を送られるのはいつになるのか。

鼓動が早くまくし立てる。

P、キミの目の前にいるキミの最愛のアイドルは。


今、柄にもなく肌を見せて興奮しているんだ。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/01(水) 22:09:03.68 ID:YTd312VC0
ーーーーーーーー

禁欲……というわけではないが、流石に飛鳥と遊びすぎた。遊びのつもりもないが。

反省している。むしろ反省しすぎているくらいだ。

暫くは過激なことを控えて、プラトニックに好意をぶつけようと思う。

少しずつ離れた場所にあるソファに座っている飛鳥の横顔を眺めて、気持ちを落ち着かせよう。

そう思った矢先、俺の目に飛び込んできたのは、飛鳥の透き通るような肌だった。

スカートが捲れて、長い靴下から太ももの付け根までがこちらに主張している。

あれが飛鳥のものだとすれば、その肌の白さが際立たせている漆黒の紐と結び目は、秘所を隠す僅かな布の一部だろう。

一糸纏わぬ姿を見たことがある俺にとって、あの微小に小さくちいぽけでちっちゃな布一枚、勃起させるには十分だった。

机の下にいる輝子が二度見したのを感じる。
乃々がさらに縮こまったことも。
まゆの息が荒くなったことも感じる。

この事務所の空気は、あのチラリと見えた布一枚で変えられてしまったのだ。

スマートフォンに目を落とす飛鳥が、ちらりとこちらの顔色を伺う。

先程は目を逸らしたが、今は逸らさない。逸らせない。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/01(水) 22:09:42.35 ID:YTd312VC0
ーーーーーーーー

ボクの下半身を熱を持った目で視つめる彼。

平常心を装ってはいるものの、鼓動ははち切れんばかりに高鳴っている。

エクステに触れ、服の裾を掴み、思考を纏める。

この悪戯、付き纏う悪魔、湧き上がる悪心。

エクステから指を離し、そのままボクは。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/01(水) 22:10:16.73 ID:YTd312VC0
ーーーーーーーー

エクステから指を離した飛鳥が、手を下にずらしていく。

そして、紐の端を掴み、解いた。

飾られていたそれは消え、僅かに露呈した飛鳥の太腿。

その奥に潜む湿原を想像し、今にも自分の自分ははち切れそうになっていた。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 21:37:05.17 ID:NMWtDCA2O
いいとこで切るね〜
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/05(日) 21:30:35.18 ID:PUc/hZYW0
ーーーーーーーー

カチッ

時計の針が動く音が聞こえた。

意識の全てが飛鳥のそれに向けられていた俺は、ハッとして時計を見上げた。

それにつられ、飛鳥も時計を見上げると、フッとため息混じりの嘲笑をした後、立ち上がりこちらに歩いてきた。

「P、これを貸そう」

飛鳥の手が背広のポケットに入れられ、その後すぐに次の言の葉を述べた。

「明日にでも返してくれればいいから」

そしてくるりと踵を返すと、飛鳥は事務所から出て行った。

慌ててポケットの中を確認すると、そこには生暖かい一つの布が入っていた。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/05(日) 21:36:44.29 ID:PUc/hZYW0
俺はそれを手に取ると、特にまだ確認することもなく口に含んだ。

すると、飛鳥をそのまま嗅いだような、濃厚な匂いが口の中に広がった。

その香りは血を巡り、筋肉が喜び、脳を蝕む。

次第に溢れてきた唾液と混ざり、奥のから滲み出た甘みが舌へと乗った。

傷つけないように優しく、ムグリと咀嚼をすると、えもいわれぬ歯応えが触覚を刺激する。

そして、俺は、俺のいちもつは、俺のいつのまにかまゆによって外気に晒されていたいちもつは、限界に達した。

止め処なく溢れ出るスペルマは、まゆの貴重なタンパク質へと変異を遂げるのだ。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 00:07:25.66 ID:fk0SkVOVo
ちゃっかりフェラされてるじゃないか!
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/07(火) 19:37:03.17 ID:u9pddEJo0
ーーーーーーーー

飛鳥「…………」

飛鳥「よ、予備のパンツがない……」

飛鳥「ま、まぁ、あとは帰るだけだし……だ、大丈夫だろう……」

飛鳥「……な、なんでボクはドキドキしているんだ……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/11(土) 14:31:56.82 ID:kNY5d/HN0
二宮飛鳥は、いつになく早歩きで、かつ慎重に帰宅していた。

夜の風が股の間をくぐると、ひらりとスカートが翻るきがして。

なにも隠されていない恥部に冷たい風が触れるたび、まるで愛撫でもされたような感覚が二宮飛鳥を襲う。

「はぁ……はぁ……」

客観的に見れば一人で息を荒げた不審者だが、主観視点でみれば正反対。

無いはずの視線に晒され、動けなくなりそうなほど。

ようやくたどり着いた自宅のドアに手をかけると、鍵が開いていた。

火照った体が、いっきに冷めた気がした。
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/12(日) 03:50:04.93 ID:LmSboXyw0
鍵を閉め忘れた。いや、今日の朝は確認した。

鍵が壊れていた。そんな可能性よりも現実的なこと。

誰かが部屋にいる。

ドアノブにかけた手に力を込める。

何かあったら大きな声を出して走って逃げよう。

覚悟を決め、ドアを開ける。

「……」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/12(日) 03:54:03.13 ID:LmSboXyw0
ドアを開けると、目の前には一人の男が立っていた。

「あ、おかえり。晩御飯は豚カツだぞ」

とても見慣れた男だった。

「……なんでボクの家にいるんだ」

合鍵は渡してないはずだ。

「なんでって……飛鳥、鍵会社に忘れてたから……」

「……は?」

「はい、鍵とパンツ」

「え、あ、あぁ、ありが……とう?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/14(火) 20:14:31.50 ID:z7ijO2pt0
「はぁ……まぁキミで良かったよ、もしキミじゃなかったら……っ!」

安堵したのも束の間、緊張から解かれた飛鳥に次に訪れたのは。

(まずい……出そうだ……)

突如襲い掛かる尿意だった。

「鍵に気付いて、慌ててバイク飛ばしてきたよ。その結果先に着いてたから晩飯も用意してたけどさ」

「は、はは、ありがとう、感謝は素直に贈るよ」

「そうだ、味噌汁を味見してくれないか?」

「う、うん……」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/14(火) 20:19:08.65 ID:z7ijO2pt0
小さく柔らかい唇を小皿につけ、上にのった液体を啜ると、程よい塩梅の味噌汁を味わう。

「わ、悪くないよ、Pは相変わらず器用だ」

「じゃ、じゃあまた後で」

そそくさと後ろを向き立ち去ろうとする飛鳥を見て、敏感なPはすぐに気付いた。

(なんかよそよそしいな…落ち込んでるのだろうか)



(よし、くすぐったら元気出るかもしれないな)
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/04/14(火) 20:34:51.37 ID:N1S2eFtIO
おいやめろ(建前)
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/16(木) 21:06:07.21 ID:eeK7ryjO0
「飛鳥、元気だしてくれ」

背中を向けた飛鳥の後ろから、脇の部分を手で掴むと、4本の指を巧みに動かした。

「っひゃぁっ!?」

不意をつかれた飛鳥は可愛らしい声を上げる。

「だ、だめだって、いっ、P!?」

「だ、だめ、やだっ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/16(木) 21:16:06.60 ID:eeK7ryjO0
ダムの決壊はいとも簡単で、一度壊れた防波堤は再び機能してくれない。

アンモニアの匂いと共に、飛鳥の桜色した秘部から放たれた液が足元に広がる。

「だっ……だめっ……止まってくれ……」

「あっ……」

事態の深刻さに気付いたPは、慌てた頭で着ていたワイシャツを脱ぐと、それを床に乗せる。

白いワイシャツは直ぐに染まる。

最後の一滴が足を伝い、床へと流れる。

夜の静かなキッチンに、茫然として立ち尽くす飛鳥と、必死に液体を拭うPが居た。

ーーーーーーーー

「ごめん……」

「……」

部屋の隅に体育座りをして座る飛鳥と、その前に正座するP。

「俺の考えが甘かった……許してくれというのは烏滸がましいが、俺にできることならなんでもする……」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/19(日) 00:01:57.96 ID:QmJBIP+DO
ん?
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/19(日) 20:39:22.83 ID:EuqrEuBD0
「……それなら」

俯いていた飛鳥が顔を上げ、毅然とした声で言った。

「キミのおしっこも見せてくれ」

ーーーーーーーー

お風呂場に、生まれたままの姿で立ち尽くす2人

「なんでトイレじゃないんだ……」

「トイレだと普通だろう、キミもボクと同じ屈辱を味わってくれなければ」

露出した性器を見つめ、早くしろと言わんばかりに顔を睨みつける。
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/19(日) 20:48:20.18 ID:EuqrEuBD0
「い、いいのか?」

「ボクの時は許可を取らなかった癖に」

「すまん……」

「……い、いくぞ?」

軽蔑したような冷えた視線に串刺しにされた陰茎から、やがて排泄液が排出される。

排水溝へと飲み込まれていくそれを、横に立った飛鳥が見つめる。

あと少しで全てが出るその時、飛鳥が陰茎の前に手を出した。

小さな白い掌に、黄色いアンモニアを放つ液体がかかる。

「っなぁ!?」

「……」

飛鳥は、その掌についた液体を

「っん……」

可愛らしい舌で、舐めた。

日常に訪れた異常な非日常が、水の垂れる音と共に広がった。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/04/22(水) 20:36:20.23 ID:GoPyNppj0
「……うぇ、臭いが気になって味がわからないよ……」

「な、ななな何してんだ飛鳥!?」

動揺するPとは対照的に、落ち着いた様子で奇行に走る飛鳥は、舐めていた指から視線を上げ、相手の目を見て言い放った。

「忘れないでくれるかな、ボクの今の行動を、言動を」

「そして、キミは今日から用を足すたびに思い出すのさ」

「非日常を、今の異様なセカイを」

「ああ、キミも変態だったね」

「盛るか逆らうか、キミの好きなままでいい」

「ボクもキミも、今は一つさ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/02(土) 22:50:25.94 ID:KSDTk2xk0
その日は、風呂場で二度犯した後、夜を明かした。

飛鳥の言っている意味、その目論見が、その時には理解っていなかった。

ただ欲望のまま、獣に成り下がったというだけ。


その意味を実感する日が、こんなに早く来るとは思っていなかったのだ。
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/04(月) 20:06:20.60 ID:/YXufzGP0
P「すみません、少し花を摘んできます」

ちひろ「はーい、ごゆっくりどうぞー」

ーーーー
ーー

P「……ふぅ……」

『んっ……』

P「っ!?」

P「な、なにを考えてるんだ、なにを思い出しているんだ俺は……」

P「ただ用を足すだけ…ただの幻聴だ、聞こえる筈がない……」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/05(火) 22:57:06.41 ID:/IzvDsejO
ただ用を足すだけにも関わらず、脳裏には先日の情事が浮かぶ。

それは、トイレに行くたびに訪れていた。

回数を増すごとに、鮮明に過激にフラッシュバックする。

気がつけば毎度、勃起している。

何度目かの排出を完了しデスクに戻ろうとすると、飛鳥がいつの間にかソファに座って居た。

「やぁ、おはよう」

「あぁ……」

飛鳥は俺の体を上から下まで、正確には下半身のソレまで舐める様に見ると。

「ふぅん……」

意味深に呟いたのだった。
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/13(水) 21:32:40.09 ID:8JwvZpmY0
「すみません、席外します」

異変に気づいてから3日、変わらずトイレでは脳裏に過ぎる飛鳥の情景。

立ちあがりそうな己を自制しながら用を足し、小便器から離れようとしたその時。

「っぐぅ!?」

襟首を掴まれ、後ろに引っ張られる。

そのまま個室便所に連れ込まれると、急いで後ろの犯人を睨みつけた。

「やぁ」

馴染みのある顔、少し強気な声、鮮やかな色のエクステ。

そこには、男子トイレであるこの場所にいてはならない人物だった。
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/13(水) 21:41:50.48 ID:aS9Bq/EsO
「っな!?」

「びっくりしたかい?まぁ無理もない」

「なんでここに!?」

「酷いことを言うじゃないか、ここはボクの所属している事務所だ、キミにスカウトされてここに来た筈だろう」

当然と言わんばかりの顔で言い放つ。

「まぁ聞いてくれるかな、P」

「ボクは欲求不満だ、キミならこの先、言わなくても理解だろう」

乱暴にPの手を掴むと、自らの秘所へと誘導する。

されるがままに触ったそこは、隔てるはずの布が無く、いつでも受け入れられるようにぐっしょりと濡れていた。

「あ、飛鳥…?」

抗えず拡大していくズボンの膨らみ。

「キミの準備も出来たみたいだね」

飛鳥は、ファスナーを開けて膨らんだそれを解放すると、壁に手をついて尻を向けた。

「キミの前だけだ、ボクが雌としてありのままを曝け出すのは。先を考えず、なりふり構わず、目の前の欲に飛びつくのは」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/19(火) 01:22:04.95 ID:/X1pf9Jc0
飛鳥から手渡されたコンドームをつけ、ぐずぐずに解れた隠部に当てがうと、飲み込まれるように根元まで入っていった。

「っぐぅ…!」

「っあぁ…!」

お互いに呻き声を上げ、繋がりに痺れる感触を確かめ合う。

「入れたね…キミも獣だったわけだ」

「飛鳥だって期待してただろう……!」

後ろを向いているため確認できないPの前で、何も警戒せず緩んだ顔をする飛鳥。

それにき付かないPは、馴染んできたことを確認すると、ゆっくりと腰を前後に動かし始めた。
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/24(日) 02:18:54.66 ID:IYMH9aQU0
「んっ!はぁっ!んんっ!」

この時間は人が来ないと分かっているから、飛鳥は声を抑えようともしない。

Pも責めに妥協しない。

飛鳥の弱点の入り口と子宮付近の膣壁を、長いストロークで交互に責め立てる。

奥へと差し込むときは、快楽を拒む様にひだが絡み、亀頭から竿まで包み込む。

逆に抜き取ろうとすれば、名残惜しそうに締め付け、陰茎の奥から精液を吸い上げようとする。

あまり長くは持たないと悟ったPは、休憩を挟まず徹底的に飛鳥のウィークポイントに自らの滾りを擦り付けた。
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/24(日) 02:24:51.01 ID:IYMH9aQU0
「っんんぅっっ!っぁあ!」

壁に当てた拳をにぎりしめ、身体を1、2度大きく震わせると、飛鳥の膣圧が一層に強くなる。

「飛鳥、俺も出そうだ……!」

「っ出してっ…構わっ…ない…!っボクに…っ!…刻み付けてっ…!」

「そしてっ…キミにも…っ……ふっ…!」

最後の言葉に引っかかりを感じつつも、考える余裕などなく。

コンドームの壁に溢れるほどの精液を流し込んだ。

激しい情事が収まると、飛鳥は便器の蓋にへたり込んだ。
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/06(土) 21:17:00.74 ID:MOpNemT90
暴れていた欲の果てを引き抜くと、どろりとした液体が先端にたまっていた。

「はぁ……はぁ……」

手をついて体を起こした飛鳥は、振り向くとヨダレで汚れた口元を取り出したハンカチで拭う。

「いい体験だった、キミにとっても忘れられないものだろう?」

「俺にとっても…?」

「そうさ、キミは仕事場≠フこの場所で、キミの欲望の滾りをぶつけたんだ」

その瞬間、全てを理解した。

意識に刻み込まれた劣情の経験、今まで何度も繰り返されてきたそのフラッシュバックを、これから幾度となく味わうのだと。
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/06(土) 21:22:48.97 ID:MOpNemT90
それからの日々は、忍耐と葛藤の毎日だった。

「すみません、少し咳を外しますので記者の方いらっしゃったらご案内をお願いできますか?」

「はい、いいですよ」

そそくさと席を立ったちひろさんの後ろ姿を見て。席を立った理由を頭に浮かべる。

2つ目に浮かんだそれが、先日の飛鳥を思い出させる。

ずくりと心の中の淫らな感情が蠢く。

「大丈夫ですかぁ…?」

机の下からまゆの心配そうな声が聞こえる。

固まり始めたらそれに気付かれないように脚を閉じる。
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/11(木) 17:21:27.30 ID:vvvaMUfr0
「どうしたんだい、P。そんな怖い顔をして」

廊下ですれ違った飛鳥に問われる。

「…っ」

トイレから戻る途中に話しかけられ、余裕がなかったのもある。

少し柔らかくなり始めていたそれが、飛鳥を見て戻っていく。

「っふふ…キミは単純だ。全てボクの思惑通りに進んでいるよ」

「今事務所で盛ったら、キミはどんな神罰をうけるんだろうか。我慢が身の為だろうね」

「ところで、P」

飛鳥はちらりとこちらの股辺りを一瞥すると、告げた。

「今夜も、ボクのことを満足させてくれるのかな」

再び怒張したそれを隠す為、俺はトイレへと戻った。
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/15(月) 22:32:56.02 ID:gnjwUtH70
ーーーーーーーー
「最近は飛鳥ちゃんとちゃんと適切な距離を掴めてますね」

ちひろは感心した口調で言葉を切り出した。

常なら意味ない会話から始まる雑談だが、二人の中を切り裂いたのかと不安になったのか、いきなり本題から始めた。

「お互いに余裕が出てきたんですよ」

短考からでた答えは不自然なほど自然に耳に入る。

携帯の通知音がなり、Pは会話を続けながら開く。

画面を一瞥すると自然なほど不自然に目を見開き、不自然に慌てて携帯をしまった。

ちひろは疑問を持てど、深入りする内容では無いようだと判断し、会話を続けた。
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/23(火) 20:42:52.69 ID:8LQRlwrY0
ーーーーーーーーー

暗い倉庫の隅で、二人は対峙していた。

「飛鳥…」

「そんなに息を荒げて呼ばなくても大丈夫さ、キミの言いたい事も理解っているよ」

「さっき送った画像はなんだ…?」

「もう理解っているだろう?それとも自分の目で見るまでは、夢のままであるとでも言いたいのかい?」

「違っ」

否定をしようとするPの言葉を遮るように、後ろを向いて前屈し、スカートの中を見せつけた。

紫色の布の中央部はくり抜かれ、下着としての意味を成さないそれは、飛鳥の手入れされた綺麗な陰部を強調するように存在していた。

「さっきの写真通りだろう?キミの嗜好に合わせて穿いてきた」

「ここは人が来る可能性があるからね、これ以上はよそうか」

「ただ、憶えておいてくれるかな、ボクはこのまま1日を過ごす」

「キミに焼き付けた、この衣で」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/26(金) 22:24:36.70 ID:rEUj1OqM0
ーーーーーーーー

ソファで寛ぐ飛鳥。

側から見ればいつもの光景であり、何気ない日常の一コマ

しかし事情を知っているからこそ、目が離せない。

飛鳥が足を組み変える度、嫌でも視線がそちらに行く。

暗く見えないスカートの奥に、何もつけていないよりも扇情的な下着が眠っているのだから。

「プロデューサーさん?」

「は、はい!?」

余りに気を取られすぎていて、そばに来ていたちひろに気付いていなかったPは、素っ頓狂な声を上げ跳び上がった。

「この後は美嘉ちゃんのお迎えじゃないですか?」

「あ、あぁ、そうでしたそうでした」

バレないようにいちもつの向きを整え立ち上がる。

「では少し出かけて来ます、美嘉を連れて戻りますね」

「はいっ、気をつけてくださいね」
24.16 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)