このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】ヒカリ「リリウム魔法学校へ! 4人でダブルデート……?」【百合】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

729 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/15(金) 01:19:48.58 ID:NS67Cm4dO
廊下でノワールとイリスに会い、身体のことを気遣う
それと母親に偶然会ったことを伝える
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/15(金) 01:21:23.97 ID:72mDM6DA0
演劇部にくるくまがアルトを連れて顔出しと大会への激励をしに来る。他にもそれぞれの演技にアドバイスをしてくれたりアルトからも衣装にあったメイクについてなど
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/15(金) 01:22:07.69 ID:VadN/fam0
ヴィーネ達のチームを招いたマホリオの特別講義が行われるらしくマホリオ馬鹿達が聞きに行く
732 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/15(金) 15:14:28.93 ID:GXSFEjdeo
今日は更新なしです!

>>728
誕生日決めてもらって大丈夫ですよ

>>720
とてつもないお金持ちです
トップアスリートなので年俸やら何やらですごく稼いでます
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/15(金) 16:26:25.27 ID:11m7kUBRO
了解
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/15(金) 16:48:15.61 ID:+pxp9oG/O
現状だと誕生日関連の設定があるのは『妊娠時の入院時期が被って以来親同士が仲良し』の楓と嵐ぐらいだっけ
735 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 01:18:31.40 ID:rFvkAJGAo
部室ーー


百合江「今日は通しで確認をしますわ。配置について……」


コンコン


クロエ「誰かしら……」ガチャッ


くるくま「や、やっほー」


アルト「来ちゃった……」


百合江「くるくまさん!」


ノルン(誰?)


百合江「こちら、先代部長の白夢くるくまさんですわ。そしてこちらはこいび……知人のアルト・ナナリーさん」

百合江「そうですわ。せっかく来ていただきましたし、ぜひ一度演技を見ていってくださいまし!」


くるくま「え、見たい見たい!」


百合江「皆さん! くるくまさんは演技の道の人ですわ。しっかり見てもらってください!」


はいっ!


ーーーーー

ーーー

736 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 01:18:59.66 ID:rFvkAJGAo
百合江(題目は『懺悔』。色恋の禁じられた寄宿舎で芽生えてしまった禁断の恋……)


時雨「『先生……私は、あなたが好きです……!』」


三年生ヒロイン「『……!』」


百合江(静謐な空気の中、告白する)


三年生ヒロイン「『……許されることではありません。それでも、私もあなたが好きです。……私と一緒にいてくれますか?』」


時雨「『もちろんです』」


百合江(そして二人は非難されることを承知で、茨の道を歩み始める……)


パチパチパチパチ……


くるくま「うん、お見事だね。百合江くんの良さがふんだんににじみ出た脚本だったよ」


百合江「お褒めに預かり光栄ですわ」


くるくま「演技に限って言えば……まず君」


二年生1「は、はいっ!」


くるくま「陰口を言うときの演技は、もう少し大げさでいいよ。徹底的に嫌な奴になりきるつもりでやるんだ」


二年生1「はいっ!」


くるくま「次は君かな」


二年生2「はい!」


くるくま「君はーー」ペチャクチャ


アルト「……ね、この衣装作ったの誰かな?」


クロエ「これは裏方の一年生ね」


アルト「これ、いいね。装飾がしっかりついてて、なおかつ動きを邪魔しないようになってる」

アルト「ただあのメイクに合わせるなら首元の装飾は控えめにした方が、顔の演技が分かりやすくなるかも」


クロエ「アルトさん演技詳しかったかしら?」


アルト「くるくまに付き合ってると自然とね」アハハ


ーーーーー

ーーー

737 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 01:19:37.36 ID:rFvkAJGAo
廊下ーー


イリス「もう、心配しすぎですよ」


ノワール「だめだって。ちゃんと寝る前に熱測らないと」


イリス「めんどくさい……」


ノワール「無茶させないようお医者さんから言われてるんだから。言う事聞いてよね」


イリス「わかりましたよ……」


クロエ「二人とも、どうかしたの?」


ノワール「イリスが顔色悪いように見えるから、とりあえず熱だけでも測らせようと思って……」


クロエ「確かに少し青白いわね……」


イリス「気のせいですよ、もうっ」


クロエ「念の為熱測っときなさい。……そうそう、少し前学校にイリスのお母さん来てたわよ。会ったかしら?」


ノワール「えっ!?」


イリス「いえ……会ってませんが」


クロエ「そう。私もイリスには無茶させるなってお母さんから言われてるから、これからは気にしとくわね」


ノワール「うん、お願い」

ノワール(イリスのお母さんか……。話を聞く限りイリスのお母さんより、その研究の支援をしてるって人が支援をやめればイリスは自由になれると思うんだけど……)


イリス「……二人が言うなら気をつけます。熱、測りに行ってきます」テクテク


ノワール「あ、待って。心配だしついてくよ」テクテク


クロエ(あの二人仲良くなったわねえ……)


ーーーーー

ーーー

738 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 01:20:12.57 ID:rFvkAJGAo
街中ーー


クロエ「あれ……ティアじゃない?」


デン「え……」


ティア「……」コソコソ


ウィン「なんだかこそこそしてるね〜」


ゼレス「あ、離れたところにラクリマさんがいます。追いかけてるんでしょうか……」


クロエ「気になるわね。聞いてみましょう」

クロエ「ティアー、おーい」テクテク


ティア「く、クロエさん!?」ビクッ


クロエ「こんなところでどうかしたの?」


ティア「……」

ティア【アレです】


クロエ「ラクリマ……と、アルシェ?」


ティア【浮気かも…】ワナワナ


クロエ「それで気になって付いてきちゃったのね」

クロエ(アルシェが浮気するようには見えないけど……。あ、ティアの誕生日プレゼント……!)


ティア【皆さんこそなんでここに?】


クロエ「私達はこれからマホリオの講義を聞きに行くのよ。なんでも世界一位のチームが来るって。ティアも来ない?」


ティア【私はこっちの用の方が大切なので】フルフル


クロエ「そう。あ、私の予想だけど、ティアの想像してるような悪いことは一切ないと思うわよ」


ティア「……?」


クロエ「おっと。そろそろ行かないと間に合わなくなっちゃう。それじゃあね!」タッタッタ…


ティア「は、はい……」
739 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 01:21:47.76 ID:rFvkAJGAo
ホールーー


ざわざわ ざわざわ


デン「すごい、こんなに人が……」


ウィン「ざっと数百人は入ってるね〜……」


クロエ「やっぱりみんな聞きたいのね……」


ゼレス「楽しみです。どんな話が聞けるのか……」


ヴィーネ「えー、後ろの方聞こえてますか」


シーーーーーン


ヴィーネ「お、声は通ってるみたいね。それじゃあステージの方に」テクテク

ヴィーネ「やっほー、みなさーん!」


パチパチパチパチ!!


クロエ「すごい拍手」


デン「世界一の三人が目の前にいるんだもん。そりゃ興奮するよ」


ヴィーネ「それじゃあ自己紹介からしてこうか。私はヴィーネ・ケルキオン。神聖魔法の使い手……だけど、今日は基本魔力の使い方について話すつもり。よろしく!」

ヴィーネ「それじゃあはい、マイクパス!」


クロエ(残りの二人の生の声を聞くのは初めてね……!)ドキドキ


世界一位のマホリオチームの残り【二人】のプロフィールを作ります

テンプレート↓
【名前】(和名でも洋名でも可)
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。(その他付け足したいことがあれば)

安価↓から本日昼くらいまで
13時くらいになったら、コンマを使用しての投票になります
一人で同時に二人作成もありとします(ただしその場合、採用までに必要なコンマが150ではなく200に増加します)
740 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 01:22:55.08 ID:rFvkAJGAo
ちなみにマホリオバカは、ウィン、ゼレス、クロエに加えてウィンの後釜候補のデンとなっています
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 01:27:57.49 ID:vsdrzxUWO
ゼレスで検索したらゼレス酢って名前のお酢がヒットしたんだけどvinegar→ヴィーネとか…?こじつけか……

安価下
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 04:03:11.18 ID:GvLDqRD5O
【名前】サリア・マグノリア
【容姿】鮮やかなライトグリーンの長髪に切れ長の碧の瞳、長身で均整が取れつつも大きな胸を持つ美形
【性格】冷静沈着でクールな性格 しかし実は甘いものが大好物という子供っぽい一面も
【得意魔法】未来予知 数秒〜数分先までの未来を見ることが出来る(より未来を見ようとするほど魔翌力消費は激しくなる)
また意図せずして数日〜数ヶ月先の未来が見えてしまうこともある
ちなみに予知の確率は100%ではないが、それでも九割方当たるほど精度が高い
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。21歳。リリウムの卒業生でもある(ウィン世代とは入れ違えに卒業)。
未来予知と魔翌力の地力の高さから十全に立ち回ることの出来るオールラウンダー。
実は凄まじい方向音痴であり、固有魔法を用いて未来をいくら見ても迷ってしまうほど。チームメイトからはその件でよく叱られており、必ず誰かと一緒に出かけるように言いつけられている。が、すぐに迷う。
それらのギャップがファンからは人気との噂もあったりする。

これ投稿した本人では無いんだけど良いなと思ったので。勝手に文章削ってごめんね(>>427の場面に合わせた記述だったので)
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 05:20:09.02 ID:YtBVJKsWO
【名前】リリィ・アクセルロッド
【容姿】青髪ショート。背は低いがスタイルはいい。瞳は普段はオレンジだが魔法を発動する時は黄緑色に光る(特に意味はない)
【性格】お堅い性格で融通が効かない
【得意魔法】他人の魔法を一時的に強化する
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。ヴィーネとは高校の頃から一緒で、しょっちゅう振り回されているが嫌ってはいない(なお恋愛感情は抱いていない)。固有魔法でヴィーネの神聖魔法を強化すると最早誰にも止める事が出来なくなる。意外と勉強熱心で研究機関への協力なども行なっているらしい。実は独身なのを気にしている
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 07:52:14.09 ID:DjAS9yaiO
【名前】六道 久遠(ろくどう くおん)
【容姿】銀色のショートヘアーに透き通るような翠の瞳 低身長の完全幼児体型
【性格】クールでプライドが高いが根は優しい
【得意魔法】転移魔法 ワープホールの入り口と出口を作り出すことで生物を含めて様々なものを移動させることが出来る 距離には制限がある
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。
類い稀なる知能と魔翌力の持ち主で弱冠12歳にしてヴィーネのチームに所属する天才児。普段はクールに振る舞っているが実はお化けや怪談が大の苦手という年相応の面もある。
両親とは離れて暮らしているが関係は至って良好……どころか互いに親バカ&マザコンであり帰省する度に甘えている。なおヴィーネからも娘のように可愛がられているが、そちらは冷たくあしらっている(ただし内心は好ましく思っているそうな)。
魔法に優れる反面、運動はからっきしの虚弱体質。普段の移動の際も自分の脚で歩かずに浮翌遊魔法を行使して常時浮翌遊している。

>>743
ファーストネームがリリィ先生と被ってるけど大丈夫かな?
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 08:51:57.32 ID:YtBVJKsWO
失礼、作ってる時はマジで気付いてなかった……名前変える

【名前】セレナ・アクセルロッド
【容姿】青髪ショート。背は低いがスタイルはいい。瞳は普段はオレンジだが魔法を発動する時は黄緑色に光る(特に意味はない)
【性格】お堅い性格で融通が効かない
【得意魔法】他人の魔法を一時的に強化する
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。ヴィーネとは高校の頃から一緒で、しょっちゅう振り回されているが嫌ってはいない(なお恋愛感情は抱いていない)。固有魔法でヴィーネの神聖魔法を強化すると最早誰にも止める事が出来なくなる。意外と勉強熱心で研究機関への協力なども行なっているらしい。実は独身なのを気にしている
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 08:59:11.20 ID:+csgM49u0
【名前】カノン・シュヴァルツヴァルト
【容姿】金髪ショートの碧眼、背は高いが絶壁
【性格】計算高くはかりごと大好き、常に何かしらの策を用意している
一方で騙し合いが通じない相手や策略で勝てない相手も嫌いではなく『力づくも一つの手』としてパワーでゴリ押しも好き
数字や理論の人間に見せているが実際は感情の人、謀を企むのも相手の弱った姿を見たいがため。悪く言えばマウント取る事に全力を捧げる性格
【得意魔法】幻覚魔法
実体の無い幻影を出す魔法、幻影をバラまきデコイにするのは勿論、実体に背景の幻影を纏わせることで消す/消えることもできる
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人
チーム内の参謀的な役割を狙っており作戦の提案回数も多い、だが十戦に一回位は結果を急ぎスタンドプレーに走ったりするため微妙に信用されてない
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/17(日) 09:43:13.57 ID:LyJpidn8O
【名前】アームストロング・白織(シラオリ・アームストロング)
【容姿】黒髪ストレートでたれ目、小柄で胸が大きく、デブではないのだが丸い
【性格】対外的には大和撫子のお手本みたいなキャラを演じているが実際は欲望に忠実で七大罪コンプリートも見えてる俗物
【得意魔法】空間歪曲
自分の周りの空間をねじ曲げる魔法、空間の向きを曲げる事で魔法の進行方向を曲げて逸らしたり打ち返したりする、短距離なら空間同士を繋げてワープも出来る
空間を広げたり潰したりもできるがその範囲内に有るモノが破裂したり圧壊するので基本封印してる
ウィン同様使用回数や展開時間・範囲に限度が有り乱発できない
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。既婚者
浮気者でファンや対戦相手をつまみ食いする事が多く、相手に恋人が居ようとお構いなし

>>435を微修正

>>744-745
桜ちゃんとか響ちゃんとかユキちゃん辺りは名前被りわりといるから気にしないでいいんじゃない?
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 10:01:17.44 ID:w8cIWXIyO
【名前】レギオン・オルゼラリア
【容姿】紅瞳で銀髪のツインテール。やや小柄で華奢な体型。
【性格】勝気。常に前向きで、どんな事にも手を抜かない。俺っ娘。
【得意魔法】鏡魔法 最大10枚の巨大な鏡を出現させる事ができる。鏡は魔法を反射する事ができ、それを応用して戦うことも可能(味方の魔法を反射させ死角から攻撃する等)
自身を鏡に映す事で分身を作り相手を錯乱させる事も可能(分身は攻撃する事が出来ず、少しでもダメージを食らうと消える)
魔法は反射できるが物理ダメージを受けると鏡が割れてしまい、1日経たないと修復できないのが弱点。
【備考】マホリオのプロランキング一位のチームに所属する。
勝気な口調、性格と容姿とのギャップがファンの中で人気を呼んでいる。
私服はクールでかっこいい物を好むが、チームメイトによくふりふりの可愛い服を着させられて遊ばれている。
実は密かにチームメイトの1人に片想いをしている。
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 10:27:16.81 ID:b+4V911L0
【名前】メイシア・ドラーパル
【容姿】碧髪の一つ結び。身長は平均的だが腰回りが大きい。いわゆる安産型
【性格】皮肉屋。人前ではシニカルな態度を崩さないが、マホリオに関わる事柄に対しては非常にストイック。実は家族思いな一面もある
【得意魔法】自身を霊的な存在に変換することができる。霊体化中はあらゆる物理的・魔法的な干渉を受けず、重力や慣性を無視した高速機動が可能となる。なお霊体化中はメイシア自身も物理世界に干渉することができなくなる為、攻撃の瞬間だけは実体化する必要がある
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。大家族の長女であり、妹たちに裕福な暮らしをさせてやりたいという願いから数年前にプロ入りを果たした
マホリオでは霊体化と実体化の切り替えや高速機動による撹乱、急襲を得意とする
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/05/17(日) 12:41:14.51 ID:cEP1bBQA0
【名前】レーネ・クラウディア
【容姿】水色髪のショートヘアーに紅の瞳、全体的にスレンダーだが少しお尻が大きい。胸よりもお尻に脂肪がいってしまうことをたまに愚痴って気にしている
【性格】まっすぐで優しくとても努力家で他人の努力を笑う人は許せない。物腰は基本的には柔らかい
【得意魔法】その場の空気を握りこんで魔力を込め衝撃として撃ち出すことで目には見えない攻撃を行う(見えないので手を向けてきただけでフェイント等も多様する)
当然移動にも使用して他の人ではありえない軌道の急静動で全く予測出来ない曲芸じみた動きを行うのが得意技
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。リリウム出身で得意魔法を生かすために学生の時に猛特訓して類い希なバランス能力になり今では超速箒も全くブレずに平然と乗りこなせる。総合力ではヴィーネにかなわないがシールドを使わずほぼ全ての攻撃を避けきってしまうことから機動力面については現マホリオ界ナンバー1と言われている
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 12:44:44.52 ID:NEZppCaT0
【名前】久遠 茜(くおん あかね)
【容姿】朱色髪のギブソンタック。巨乳
【性格】
おっとりぽわぽわとしているが、良くも悪くも言いたいことははっきりと言う。マホリオになると全く喋らなくなりちょっと怖い(他のメンバー曰く暗殺者)
【得意魔法】
自己の肉体強化。原理は不明だが肉弾戦で魔法を打ち破ったりする
【備考】
24歳。マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。性格に反して超肉弾戦特化。肉体強化魔法を使うと赤い花びらが舞ってカッコいい。マホリオ以外でも格闘技(この世界にある奴で)の世界王者だったりする。魔法の演出も相まってビジュアル的な人気はチームで頭ひとつ抜けている。
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 14:43:28.92 ID:U3L0iy59O
13時っていつさ
753 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 14:59:04.95 ID:rFvkAJGAo
申し訳ありません、所用で時間がズレてしまいました

1.サリア
2.久遠
3.セレナ
4.カノン
5.白織
6.レギオン
7.メイシア
8.レーネ
9.茜

↓から投票
投票レスのコンマの合計が二番目までに150を超えたキャラがチームメンバーとなります
本日中に誰も150に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラ二人がチームメンバーとなります
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:01:00.75 ID:DjAS9yaiO
サリア
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:01:26.09 ID:h904rKo60
1
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:01:46.96 ID:Fgc2Q5Qq0
2
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:01:57.99 ID:mX8wgSmDO
9
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:02:01.29 ID:U3L0iy59O
2
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:02:45.54 ID:R3kDxqp1O
9
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:03:06.20 ID:cQNtslMxO
1
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:04:10.44 ID:Fgc2Q5Qq0
6
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:04:46.10 ID:rqgNCP/X0
9
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:05:32.32 ID:Fgc2Q5Qq0
ごめん意味を勘違いしてた…両方無効にして
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:06:37.79 ID:vU5dMZMLO
6
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:06:50.51 ID:U3L0iy59O
>>758はミスですスミマセン

5の白織のつもりでした

訂正不可なら>>758共々無視して下さい
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:07:22.76 ID:cW/pq8rxO
1
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:08:22.05 ID:1tvtZHBxO
んん??

とりあえず整理だ

9は確定として、残りが

5が29
6が…

って思ったけどサリアが確定か
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:09:04.46 ID:Fgc2Q5Qq0
ごめん投票権も2人分あると勘違いしてた
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:10:45.26 ID:cW/pq8rxO
仮に9と2だったら『うーん久遠(名字)と久遠(名前)で久遠がダブってしまった……』ってなってた場合もあるのか
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:16:24.28 ID:U3L0iy59O
すまない

面倒を呼んでしまって本当にすまない
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:16:28.00 ID:1tvtZHBxO
ギブソンタックって髪型初めて聞いたわ
772 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/17(日) 15:18:44.64 ID:rFvkAJGAo
新キャラはサリア・マグノリアと久遠茜となりました
皆さんたくさんの投票ありがとうございました
設定は>>742>>751を参照
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 15:48:16.29 ID:R3kDxqp1O
推測ではあるけど両者ともリーダーとの歳の差がすごいな
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 16:18:17.06 ID:cW/pq8rxO
ふと読み返して気付いたんだけど、>>726以降の凜華の名前が時雨になってるね
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 18:35:03.05 ID:HLZXxHuDO
ヴィーネも最初は同世代で3人チーム組んでたけど他2人が肉体的についてこれなくなってきてメンバー入れ替えとかかね
776 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/18(月) 00:59:37.72 ID:IZS382wPo
>>774
うわーごめんなさい!
なんでこんなミスしてるんだ!
とりあえず場面に合わせたキャラで読んでください!
777 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/18(月) 01:00:12.20 ID:IZS382wPo
サリア「サリア・マグノリアです。よろしくお願いします」


茜「久遠茜です。よろしくねー」


パチパチパチパチ


サリア「早速話していこう。今日のテーマは『マホリオで勝つには』……か。そうね、まず確認から入ろう」

サリア「マホリオで「勝つ」ってどういう状態のことか……わかる人」


相手の大将を倒すことー!


サリア「そう、正解だ」


茜「じゃあこっちは大将が倒されなければいい。それが基本中の基本」


ヴィーネ「で、大事になってくるのは防御魔法で相手を上回ることだね。しっかり守れれば負けはない。単純で分かりやすい!」

ヴィーネ「てことで誰か壇上に上がって手伝ってくれる人……」


ウィン「はいっ!」


ヴィーネ「そこの人早かった……」

ヴィーネ(あっ! ゼレスちゃん発見!)

ヴィーネ「どうぞ壇上まで来てください」


てくてく……


茜「……」


サリア「茜さん」コショコショ


茜「うん、とんでもない子選んじゃったみたいだね」コショコショ


サリア「とりあえず……未来視【トキ】」キィィンッ

サリア「なるほど……ヴィーネさん」ゴニョゴニョ


ヴィーネ「うん……うん、分かった」

ヴィーネ「では早速実演です。あなたにはうちの大将のサリアを狙って魔法を撃ってもらうわ。でもサリアの代わりに私が防ぐ。いいわね?」


ウィン「はい」


サリア「ではどうぞ」


ウィン「神弾【ネオ】!」カッ


ヴィーネ「いっ!? 聖域【サンクチュアリ】!!」


ゴウウウウウッ!!


ウィン「……だめか」
778 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/18(月) 01:01:14.52 ID:IZS382wPo
ヴィーネ「ちょっと、あんなに威力高いとか聞いてないよ!」コショコショ


茜「サリアさんはちゃんと「すごい威力のネオを撃ってきます」って伝えてましたよー? ヴィーネさんが舐めてただけではー?」スッパリ


ヴィーネ「う……!」

ヴィーネ「あ、ありがとうございました。では一度席にお戻りください!」


ウィン「ありがとうございました」ペコリ


ヴィーネ「こ、こほん! このように、とても強い魔法でしたがサリアには傷一つついてません! ですが、相手の魔法を防ぐにはいくつかコツがあります」

ヴィーネ「相手より魔力を練ること、相手の魔法を逸らすように防ぐこと、いろいろありますが……結局は日々の鍛錬です! そこでこんな企画を用意しました!」

ヴィーネ「じゃん! 三チームで個別レッスンです! 私達一人ひとりが個別のレッスンをします! どれかやってみたいチームのところに移動してくださーい!」


サリア「私、サリアチームでは簡単な魔力診断と魔法トレーニングを教える」


茜「茜チームではヨガを元に、体力の付け方と魔力の鍛え方を教えちゃいまーす」


ヴィーネ「ヴィーネチームは、魔力の使い方を一人ひとりにアドバイスするよ! じゃあ移動スタート!」


クロエ「迷うわね……」


デン(なんかレナに雰囲気似てるし、サリアさんのところにしようかな)


ゼレス(お母さん以外のどっちかですね……。体力の付け方は知りたいですし、茜さんのところにしましょう)


ウィン(ヴィーネさんとこでまた手合わせしてもらえないかな……)


ぞろぞろ


クロエ「ああ、みんな動き始めてる……! えっと、どこにしようかしら」


安価↓
1.サリアチーム
2.茜チーム
3.ヴィーネチーム
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/18(月) 03:10:43.76 ID:t0rgdJhiO
2
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/18(月) 22:57:30.51 ID:rbMQ1OStO
闇の拳とかカッコいいかも
781 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/19(火) 01:28:01.08 ID:choXlAyno
茜チームーー


茜「わたしと一緒に外に出てきた人は……ふむふむ、あまり多くないですね」

茜「体力という基礎をないがしろにするから勝てないって皆さん気づいてないんですね」ウフフ

茜「あ、おしゃべりしてる場合じゃないですね。では早速始めましょう。例え相手より強い防御魔法を打てたとしても、相手が魔法を撃つのに気づかなければ元も子もありません。つまり大切なのは判断力!」

茜「さあ、各自受け取ったシートを敷いて、その上に座禅を組んで座ってくださーい」


クロエ「これね」バサッ


茜「これからする訓練は座っててもできるので、いつでもやってみてくださいね。ではまず、その状態で魔力を手のひらに溜めてみてください」


ゼレス「く……」


茜「いつもと勝手が違いますよねー? これが効くんですよー」

茜「普段は立って、あるいは飛びながら魔法を使います。そこであえて制約を課すことで、基礎魔力の向上に繋がるわけです。力を込めて姿勢が崩れるのももちろんダメです。背中は真っ直ぐに……そうです、皆さんいいですよー」

茜「!」


クロエ「難しいわね……」ボウ…


茜(闇の魔力……? 珍しいですねー……)

茜「次は体力向上のためのトレーニングですよー。では皆さん息を吸ってー」


ゼレス「すう……」


茜「吐いてー……」


クロエ「はあ……」


茜「はい、オッケーでーす」ニコッ


えっ!?
782 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/19(火) 01:28:27.81 ID:choXlAyno
茜「たかが深呼吸……そう思いますか? ですがとても大事なことなんですよ」

茜「呼吸は集中力に直結すると言っても過言ではありません。私が普段からしてるトレーニング方法をお伝えしますねー」

茜「まず息を吐きます。ゆっくり、ゆっくり全部吐きます。そして限界まで吐いたら今度は息を吸います。これもゆっくり、焦ってたくさん吸おうとしないこと。そして息をできるだけ吸ったら3秒だけ息を止めます。そして吐く。これを繰り返します」

茜「どうですか? 座っててもできるでしょう」


クロエ(これなら確かに……)


茜「毎日やるだけで精神がリラックスし、常に落ち着いて実力が出せるようになりますよ。皆さん継続してくださいねー」

茜「では後は時間まで簡単なストレッチとヨガを教えますねー」ニッコリ


ーーーーー

ーーー




茜「あ、時間になりましたー。ではホールの方に戻って、引き続きお話をどうぞー」


ゼレス(しっかりやるとこれだけの動きでも少し汗をかくんですね……)フウ…


茜「そこの金髪のお嬢さん」コソッ


クロエ「な、なにかしら?」


茜「怖がらないでー。えと、あなた闇の魔法使いですよねー?」


クロエ「そうだけど……」


茜「わあ、かっこいいですねえ。プロにも一人だけいますけどあまり話すことがなくて……」

茜「ね、よかったら後で個人的に魔法を見せてもらえませんかー?」


クロエ「ええっ!? わ、私でよければもちろん」


茜「やったっ。それじゃ後でねー」バイバーイ
783 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/19(火) 01:28:55.88 ID:choXlAyno
ホールーー


ヴィーネ「ということで今日は『マホリオで勝つには』をテーマに話させてもらったよ。各自学んだことを元に、ぜひマホリオに励んでほしい! 一人のマホリオプレイヤーとして応援してるよ」


サリア「今日は本当にありがとうございました」ペコリ


茜「ありがとうございましたー」ペコリ


パチパチパチパチ!!


ーーーーー

ーーー




マホリオ施設ーー


クロエ「友人達もついてきちゃって……」


茜「おおー、構いませんよー。もちろん」


ヴィーネ「ゼレスちゃーん! 見ててくれた!? 今日の私どうだった!?」


ゼレス「ああもうくっつかないでお母さん! かっこよかったから!」グイッ


ヴィーネ「きゃー!///」


クロエ「それで闇魔法……だったかしら?」


茜「そうそう。見せて見せてー」


クロエ「いいわよ。闇弾【ダークボール】!」ドシュッ


茜「おお!」


サリア「本当に闇……」


茜「でも闇と魔力が一緒だね。これなら察知して避けられそうだけど……」


クロエ「闇だけ撃つのもできるけど、闇には攻撃能力がないのよ。闇よ、彼の者を包め!」ヴオン


茜「おおー。真っ暗だ」
784 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/19(火) 01:30:15.89 ID:choXlAyno
茜「この状態で誰か魔法撃ってみてー」←顔だけ闇の中


デン「え!? 危ないですよ……!」


サリア「いいよ、私がやる。魔弾【シュート】!」ドウッ!


茜「……!」サッ


クロエ「避けた!?」


サリア「茜さんはそういう人だから……。多分迫るシュートの気配だけで避けたんじゃないかな」


茜「正解だよー。……うーん、これは練習に使えるかも」


サリア「無理ですよ。そんな人間離れした芸当みんなはできないですって」


茜「そっかー」ヒョコッ

茜「ありがとね、付き合ってもらっちゃって」


クロエ「これくらいお安いご用よ」


ウィン「ねえ、それよりもさ……もう一回やらせてよ」


ヴィーネ「もう一回?」


ウィン「シュート対シールドの撃ち合い」


サリア「ああ、さっきやってた……」


ヴィーネ「いいけど……あ! それなら3対4で魔法使いやっちゃおうよ!」


茜「ダメですよー」スッパリ


サリア「ケガでもしたらトレーナーさんとかマネージャーさんに怒られるんですから。無理ですよ」


ヴィーネ「知らないもーん」フワー


サリア「ああもう……! 戦ってる未来が見える……!」フワー


茜「ありゃりゃ……こうなったらわたしも参加しないと」


デン「マホリオ1位と戦える……ドキドキするな……」フワー


ウィン「そうこなくちゃ」フワー


ゼレス「お母さんのバカ……怒られても知らないから!」フワッ


クロエ「やるなら本気よ!」フワッ

クロエ「こっちの大将は私!」


ヴィーネ「こっちは私が大将!」


クロエ「オーケー! 試合開始!」


試合結果↓コンマ
01〜99 負け(数字が大きいほどいい勝負)
00 勝ち
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 01:40:46.79 ID:1WzlTSI0O
んあ
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 02:27:44.61 ID:AIBzdPbkO
そこそこ善戦ってところか
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 02:40:15.79 ID:gN4d8Z4dO
ゼレス→ヴィーネの呼び方はマホリオ絡みの時だけ名前にさん付けじゃないのん?
788 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:41:37.68 ID:pOOGldElo
>>787
今回は個人的な集まりで、公的な場ではないのでお母さん呼びにしました
そして設定を読み返して「マホリオ絡み」で名前呼びになることに気づきました
脳内で設定の思い違いをしてたみたいです、すみません
789 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:43:01.24 ID:pOOGldElo
デン「魔弾【シュート】!」ズゴォッ!


サリア「防御魔法【シールド】。うん、いい威力……狙いもいい」


デン「あっさり防がれた……」


ゼレス「神聖魔法【ホーリー】!」バウッ


ヴィーネ「神聖魔法【ホーリー】!」グアッ!


ゼレス(やっぱり強い……!)


ウィン「時間魔法【クロック】」ユラ…


茜「!?」バッ

茜(ふところに……!)


ウィン「魔弾【シュート】」ゴオッ!


茜「っ!」チリッ


ウィン(避けられた……)


クロエ「……よし」

クロエ「ゼレス! 私と一緒にサリアさんと! デン! 茜さんをお願い! ウィンさんはヴィーネさんを!」


デン「わ、分かった!」フワー


ウィン「……」フワッ


ゼレス「分かりました!」フワー
790 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:43:37.03 ID:pOOGldElo
ヴィーネ「分断してきたね……! いいよいいよー!」


ウィン「魔弾【シュート】」ズゴオオッ!


ヴィーネ「神聖魔法【ホーリー】!」バギュウウ


ウィン「光で自分を包んで守る……ズルいなあ」

ウィン(でも当たった箇所は凹んでる……。修復は難しいのか……)


デン「鋼化魔法【アイアンボディ】!」ギンッ

デン「はあ!」シュッ


茜「フッ!」ガシッ


デン(掴ませて……殴る!)

デン「腕巨大化魔法【ビッグフィスト】!」ブンッ!


茜「腕強化魔法【ザ・フィスト】……!」ゴッ


ミシッ……!


茜「ぐ……!」


デン(固い……!?)


茜「はあっ!」ドウッ


デン「いっ……たあ〜〜〜!」ヒューン
791 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:44:05.92 ID:pOOGldElo
クロエ(デンがやられた……!)


サリア「よそ見ですか? 魔弾【シュート】!」ビュオッ


クロエ「黒岩【ブラックモノリス】!」ガキイッ!


ボコオッ


クロエ「崩れた!?」


ゼレス「防御魔法【シールド】!」ミシッ

ゼレス「ぐ……ああっ!」バキィッ!


クロエ「ゼレス!」


ヴィーネ「おっと3対2になっちゃったか……」


ウィン「いいよ別に。魔弾【シュート】」ズゴオオッ!


ヴィーネ(弱いところしっかり狙ってくるなあ……!)ギィッ

ヴィーネ「ふっ!」バウッ バウッ


ウィン(守りながら攻撃……なるほど)

ウィン「防御魔法【シールド】」ガキイッ

ウィン「魔弾【シュート】」ドウッ


ヴィーネ「うわ!?」

ヴィーネ(基本魔法だけで同じことやっちゃうのか……末恐ろしい子。でも……!)

ヴィーネ「威力が落ちてるよ! はっ!」バウッ


ウィン「!!」


ドシュッ!


クロエ「ウィンさんも落ちた……!? こ、降参するわ。試合終了よ」


ーーーーー

ーーー

792 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:44:54.00 ID:pOOGldElo
クロエ「ウィンさんでも勝てないのね……」


ヴィーネ「さすがに負けられないよ」


ウィン「ううー、悔しいなあ〜……」


茜「いいパンチだったよ君ー」


デン「あ、ありがとうございます!」


茜「ただ、魔法に頼らない基礎動作の部分も鍛えると、もっとその魔法の使い勝手がよくなる気がするなー」


デン「そうですね……もっと素早く動ければ、私の戦略の幅も広がりますし……」


ゼレス「何もできませんでした……」


サリア「私たちは学生なんかに傷つけられるようじゃだめなんだから、君たちは何もできなくて当然」


茜「ヴィーネさんはちょっと危なかったですけどねー」スッパリ


ヴィーネ「う、うるさいうるさい! この子学生ナンバーワンなんだから! うかうかしてるとあなた達こそやられるわよ!」


茜「それはそれは……」


サリア「怖いです……ね……」ピタッ


ゼレス「さ、サリアさん……?」


ヴィーネ「あ、久しぶりに来た」


クロエ「どうしたの?」


ヴィーネ「サリアはね、たまに未来が無条件で見えちゃうんだ。何が見えたのかな〜♪」


サリア「……っ!」ガクッ

サリア「あ、あなた。クロエさん」フルフル


クロエ「な、なに……?」


サリア「冬……多分今年中……。研究所……みたいなところで、誰かと戦ってる……」


ヴィーネ「ふーん?」


サリア「よく分からない未来視だけど……気をつけて。なんかヤバそうな雰囲気だったから」


クロエ「え、ええ……」

クロエ(冬に……研究所……? 研究所なんてローラのところしかしらないけど……)
793 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:45:21.28 ID:pOOGldElo
茜「はいはーい、今日はここまで!」パンパン

茜「クロエさんもあまり気にしないで。外れることもある未来視らしいからー」


クロエ「ええ……」


ゼレス「そろそろ帰らないと学校の夜間時間になってしまいますね。行きましょう」


ヴィーネ「ゼレスちゃん最後にハグを……」


ゼレス「しません!」


デン「今日はほんとにありがとうございました」ペコリ


ウィン「すっごくためになりました〜」


茜「こちらこそありがとうございました。ヴィーネさんのわがままで戦うことになっちゃって……ゆっくり休んでくださいねー」


デン「はい」


クロエ「それじゃあ帰るわね。また試合見に行くわ!」


ヴィーネ「その時はぜひゼレスちゃんを連れてきてねー」
794 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:46:12.22 ID:pOOGldElo
その頃ティアはーー


ティア「……」コソコソ

ティア「……!」ハッ


ラクリマ「……」ニコニコ


アルシェ「……///」テレテレ


ティア(ラクリマが笑ってネックレスを持って、アルシェが照れてる……)

ティア(どうみてもデートです!)ガーン

ティア「うう……」フラフラ


ラクリマ「えっ、お姉ちゃん!?」ビクッ


ティア「あ、アルシェ……」ウルウル


アルシェ「ティア!? どうしたの……?」


ティア「私に飽きちゃいましたか? やっぱりラクリマの方が好きですか……?」


アルシェ「な、なんでそんなこと……。アルシェはティアのことが好きだよ」


ティア「だって、浮気……」


ラクリマ「浮気?」


ティア「これデートですよね……?」


ラクリマ「違うよ! これはデートじゃなくて……」チラッ


アルシェ「ティアの誕生日プレゼント選びを……」


ティア「!?///」


アルシェ「バレちゃった……」ションボリ


ティア「え、さっきのネックレスは……」


アルシェ「ティアに似合うかなって……結婚式のとき、何も渡せてなかったし……」


ラクリマ「それでプレゼントはアクセサリーがいいって言うから、私がアドバイス係としてついてきたの」


ティア「そう、だったんですか……///」ドキドキ


アルシェ「誕生日パーティーの時に改めて渡すから、それまで少し待っててほしい」


ティア「は、はい……!///」


ラクリマ(一件落着……かな?)
795 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/20(水) 05:46:41.23 ID:pOOGldElo
クロエ(この頃ティアが上機嫌ね……)

クロエ(いや、それより大会よ! 頑張るわよ!)ムンッ


現在の目標
・夏休みを楽しむ
・三年生最後の演劇のため練習する

安価↓〜↓5自由行動安価
今後三日程度の行動を指定してください

7/10回目の行動です
7回目の行動終了時点で演劇部の大会へと移行します
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 06:18:23.20 ID:hpJcQqifo
学内で演劇の公開リハーサルを行う
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 07:13:02.13 ID:gK3sbIT1O
初めての大会ということで緊張しているノルンにアドバイス
でも何だかんだで二年生組も全員緊張していた模様
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 07:24:07.59 ID:KhLKSbTVO
ノワールとイリスが公開リハを見にくる
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 07:32:16.04 ID:h7WM99GMO
久々のパンデモニウムガチャ

やばさはコンマで
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 07:40:37.89 ID:1+UGo0JUO
大会前ということで皆に一層気合いが入る
疲労していた百合江も負けじと奮起、各所で百合分を補充し気合いにブーストがかかる
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 15:03:57.47 ID:J37JctaDO
>>799
よわい(確信)
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/20(水) 18:53:51.99 ID:tcBDFo97O
二年目はいい結果出したいわね
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/22(金) 22:51:17.41 ID:Up47HojXO
今日はあるかな
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 02:02:11.58 ID:SPE48cXyO
もしかして2年目も演劇パート力入れてるのかな
805 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:49:17.65 ID:C8bSsc9Lo
大会前日ーー


百合江「今日は本番に向けた最後のリハーサルを生徒や先生に見てもらう、という形式ですが……今日は本番だという気持ちで臨んでくださいませ!」


はいっ!!


百合江「それじゃあ始めますわよ!」


ナレーション「これより、演劇部によるステージ『懺悔』を行います」


ビーーーーーーッ


パチパチパチパチ


凜華(今回私は主役として選ばれた。シスターとして修行するために、森の中の寄宿舎にやってきた新米シスターだ)


三年生ヒロイン「『ようこそ、フィアさん。私達はあなたを歓迎します』」ニコリ


クロエ(そこで出会った、見習いシスターに振る舞いを教える先生。彼女が真摯に向き合ったおかげで、少しずつフィアはシスターとして成長していく)


モミジ「『フィアさん、わたくし……あなたをお慕いしております』」


凜華「『……ごめん。シスターとして、その告白は聞き入れられない』」


モミジ「『そう……ですか』」


ヒカリ(背の高さや立ち振る舞いの優雅さから、フィアはすぐさま寄宿舎の人気者になる。そして告白までされてしまうも断る……。でも、戒律に縛られる中で自身にある感情が湧くのをフィアは感じる)


三年生ヒロイン「『ピアノですか……。ここはこう弾くんですよ』」ソッ


ポロン ポロン♪


凜華「『……っ』」


レナ(後ろから抱きしめられ、手を添えられ……その顔には恋慕の情が見て取れる。……しかし凜華さん、恋をする表情も上手ね……。流石だわ)


凜華「『先生っ……!』」ガタッ


三年生ヒロイン「『!』」


クロエ(立ち上がり、おもむろに先生を抱きしめるフィア。先生もそっとその腰に手を回す……)
806 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:49:48.41 ID:C8bSsc9Lo
二年生1「『昨日音楽室で抱き合ってる人影が見えてさ〜。もし見間違いじゃなかったらキモくなーい?』」キャハハ


レナ「『ホントね。シスターの戒律も守れないような人がこの寄宿舎にいるとは思えないけど』」


凜華「『……』」フイッ


ヒカリ「『文句言う前にまずお祈りの時間だよ』」


二年生1「『は〜い♡』」


レナ「『あなたこそユディのこと好きなんじゃなくて?』」


二年生1「『あたしはユディから元気もらってるだけだもーん』」


ヒカリ「『あはは……』」


クロエ「『あなた達、お祈りの時間です。祭壇の間においでなさい』」


はーい


ローラ(クロエちゃん先生役なんだ……! かっこいいなあ)ドキドキ


クロエ「『では黙して。神に感謝を』」


ーーーーー


レナ(それから……フィアは先生を避けるようになる)


三年生ヒロイン「『フィアさん、この間の聖歌のことなんですが……』」


凜華「『先生、わたし用があるので……』」ソソクサ


三年生ヒロイン「『……』」


モミジ(それが続いたある日、先生はフィアを呼び出す……)


ノルン「『フィアさん、先生が温室でお呼びです』」


凜華「『……わたし、今は先生に会いたくないから。作業なら別の人を呼んで……』」


ノルン「『それが……絶対にフィアさんを呼べと』」


凜華「『……分かった。ありがとう』」ペコリ
807 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:50:20.03 ID:C8bSsc9Lo
クロエ(そして温室で二人は対峙する……)


三年生ヒロイン「『……なぜ私を避けるんですか』」


凜華「『それは……』」


三年生ヒロイン「『嫌い、だからですか』」


凜華「『違う! 違います……先生』」

凜華「『先生……私は、あなたが好きです……!』」


三年生ヒロイン「『……!』」


凜華「『あなたの顔を見ると、それだけで自分がどうにかなってしまいそうなほど心が揺さぶられるんです。でも、シスターは神に仕える身……』」


三年生ヒロイン「『確かに……許されることではありません。それでも、私もあなたが好きです。……私と一緒にいてくれますか?』」


時雨「『もちろんです。……ああ、神よ』」


三年生ヒロイン「『願わくばこの恋、赦されたまえ……』」


ーーーーー

ーーー

808 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:50:58.80 ID:C8bSsc9Lo
パチパチパチパチ!!


ノワール「すごいねえ……みんな別人に見えたよ」


イリス「演技の力というのはすごいんですね……」


ノワール(みんな頑張ってるんだ……私も頑張らないと……!)


イリス「……」


ーーーーー

ーーー




修練場ーー


ノワール「い、イリス、ヤバイの来たら助けてよ」


イリス「はいはい」

イリス(やっぱりパンデモニウムの練習ですか……)


ノワール「パンデモニウム……!」カッ


シュウウウウウ……


「ゲホッゲホッ! なに!? なに!!?」キョロキョロ


イリス「……えい」デコピン


「いたいっ!? なに!?」


イリス「ちょー弱いみたいですけど……」


ノワール「だ、だね……」

ノワール(あまり強くないようにコントロールしたからかな……。コントロールできるようになってる……のかな)
809 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:51:45.58 ID:C8bSsc9Lo
部室ーー


百合江「今日はいい演技でしたわ。明日は大会本番です。しっかり休んで英気を養ってくださいまし!」


はいっ!


ノルン「……」


クロエ「ノルン? 暗い顔してどうしたのよ」


ノルン「あ、先輩……。明日のことを考えたら緊張しちゃって……」


クロエ「そこまで固くならなくてもいいのに。今日のいい演技だったわよ。明日もその調子でやれば大丈夫」


ノルン「先輩……」

ノルン「なんか震えてません?」


クロエ「気のせいよ」


ノルン「いやでも脚とか……」


クロエ「べ、別に緊張したっていいじゃない! 緊張しないわけないじゃない!」


ノルン「……ふふっ」クスッ


クロエ「……なによ」


ノルン「いや、先輩でも緊張するんだって思ったら気が楽になって。ありがとうございます」


クロエ「言っとくけど私だけじゃないわよ。ヒカリだって」


ヒカリ「!」


クロエ「レナだってモミジだって」


レナモミジ「!」


クロエ「凜華だって緊張してるんだから!」


凜華「まあね。緊張するのは当然だよ」


ノルン「凜華先輩も……」

ノルン「……ノルン、明日頑張ります。先輩たちのためにも、一生懸命演じます」


凜華「うん、よろしくね」


クロエ「二人だけじゃないわ。みんなで頑張るのよ!」
810 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:52:12.42 ID:C8bSsc9Lo
おーっ!


百合江(みなさん熱が最高潮ですわね……いいことですわ)

百合江(わたくしもこれが終われば引退……疲れている場合じゃありませんわね)スクッ


てくてく……


デン「レナ、いい舞台だったよ。明日のメイクは変更無しで大丈夫だね」


レナ「……その前に彼女のこと労いなさいよ」プー


デン「その顔が見たくてつい……。よしよし、頑張ったね」ナデナデ


百合江(キマシ)


てくてく……


ヒカリ「クロエ、明日も頑張ろうね」


クロエ「当然よ」


ローラ「二人とも、かっこよかったよ」


クロエ「ふふん、当然よ」ドヤッ


ヒカリ(かわいい)ナデナデ


ローラ(かわいい)ギュッ


クロエ「な、なによ!?///」


百合江(キマシ)


てくてく……


ティア「アルシェ……」ギュウウ…


アルシェ「ティア……」ナデナデ


いちゃいちゃ


百合江(キマシ)


てくてく……


百合江(チャージ完了ですわっ!!)クワッ

百合江(さあ、明日……どうなることかしら)


ーーーーー

ーーー

811 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:52:43.93 ID:C8bSsc9Lo
翌日、会場ーー


がやがや がやがや


クロエ「またここに来たのね……」


ヒカリ「今年は闇の試練なんかないし、とことん演技に集中しよう」


クロエ「ええ」


百合江「みなさん、準備しますわよ!」


はいっ!


ーーーーー


審査員『ーー学校の皆さんありがとうございました。1時間のセットタイムの後はリリウム魔法学校の発表となります』


百合江「さあ、舞台を準備しますわよ! セットは素早く!」


ばたばた ばたばた


ーーーーー

ーーー




ビーーーーーーッ


三年生ヒロイン「『ようこそ、フィアさん。私達はあなたを歓迎します』」


百合江(はじまった……! 皆さんお願いしますわよ……!)
812 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/05/24(日) 20:53:22.94 ID:C8bSsc9Lo
クロエ(演技は順調そのもので……)


時雨「『……ああ、神よ』」


三年生ヒロイン「『願わくばこの恋、赦されたまえ……』」


ビーーーーーーッ


パチパチパチパチ!!


百合江(……終わりましたわね)フウ…


ーーーーー

ーーー




百合江「皆様、お疲れ様でしたわ。結果発表までの残り時間は、自由に過ごしてくださいまし」


自由時間ができました
何をして過ごしますか?
1.他の学校の演劇を鑑賞(カサブランカ魔法学校の舞台を見に行きます。誰かと見ることも可能)
2.誰かと談話(誰と何を話すかも指定。人数制限なし)
3.その他(自由安価)
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 20:54:40.78 ID:KVT5ekJwO
2 ノルンに終わって見てどうだったか聞いてみる
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/28(木) 19:42:35.51 ID:Lk7BcQcdO
忙しいのかなぁ
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/05/31(日) 00:41:27.13 ID:blzmVemjO
まってる
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 21:36:16.75 ID:9oxmSl9L0
久々に間が空くね
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/02(火) 17:46:25.00 ID:EreCHpnEO
宣言解除されたけどまた感染増えてきたから少し心配
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/02(火) 18:11:13.86 ID:p9E5qLGS0
一応生存報告だけでも欲しい…
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/05(金) 00:28:31.76 ID:MzQYdc3KO
リアルが相当忙しいのだろうな
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/08(月) 01:02:59.45 ID:T7sXthigO
前止まった時も一年目の大会だったことだし、劇の内容で悩んでるのかね
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/09(火) 20:31:39.39 ID:+Un2HjDIO
クロエたちの演劇部分は終わったし、自由時間安価もカサブランカの劇を見に行くとかじゃないから別の理由なんじゃないかな
822 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/10(水) 15:37:07.69 ID:E3UKHKUZo
お待たせしました!
最近忙しかったので更新できず…申し訳ありませんでした
更新します!
823 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/10(水) 15:37:41.28 ID:E3UKHKUZo
クロエ「ノルン、どうだった?」


ノルン「なんか、すごかったです……今も拍手の余韻が鼓膜の奥で響いてるみたいで……」


クロエ「楽しかった?」


ノルン「はい。すごく楽しかったです」


クロエ「そう。良かったわ」


ノルン「良かった?」


クロエ「あなたは演技に情熱があるように思ってなかったから……演技の楽しさに気づいてくれて良かったわってこと」


ノルン「そうですね……正直、部に入ったのもたまたまなんです。寝ぼけて散歩してたら部室を見つけて、なんとなく面白そうだな〜って……」

ノルン「でも今……入って良かったって思ってますよ〜」ニコーッ


クロエ「いい顔ね」


ノルン「えへへ〜……」


クロエ「おっと……そろそろ何か食べに行かないと閉会式の途中でお腹空いちゃうわね」


ノルン「あ、ノルンも食べに行きます〜。休憩所にカフェが併設されてたので、そこで軽く食べましょう」


クロエ「そうね。行きましょう」


ーーーーー

ーーー

824 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/10(水) 15:38:12.90 ID:E3UKHKUZo
閉会式ーー


審査員『全ての演技が終了しました。これより閉会式に移ります』

審査員『まずは、昨年に引き続き特別審査員を勤めていただいた水津真凛様よりご挨拶です』


凜華(さすがにもう驚かないぞ……)


真凛『去年も見たけど……やっぱり若さっていいね。フレッシュな演技でこっちまで刺激されちゃう。……ま、私の感想はさておき審査結果だよね』


審査員『では、発表お願いします』


真凛『では発表します……まずは優秀賞3校から』


リリウム演劇部の結果
コンマ↓1〜3の合計
0〜80  選外
81〜140 優秀賞
141〜250 特別賞
251〜300 最優秀賞
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 16:24:04.45 ID:OIBVjZjR0
まってたほい
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 16:25:55.28 ID:EP9a4gktO
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 16:27:56.26 ID:x/Nas6QwO
頼む
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 17:02:57.22 ID:ItlD4moMO
お帰り!
そして結果は優秀賞か
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 17:39:09.64 ID:x/Nas6QwO
最優秀は平均84だし無理ゲーくさいな
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 18:34:17.30 ID:p0wXQaPx0
去年は選外だったから進歩進歩
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/11(木) 18:02:48.56 ID:DPO/0nBl0
ご無事で何より
832 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/12(金) 01:31:13.06 ID:bt8hIlJ7o
真凛『優秀賞は……学園、……学校、最後に……リリウム魔法学校』



わあっ! パチパチパチパチ!



百合江「……」


クロエ「部長! 優秀賞よ!」


百合江「ハッ! そ、そうですわね。呼ばれましたわ」


真凛『続いて特別賞は……』


ーーーーー

ーーー




凜華「結局最優秀賞はカサブランカか……」


ヒカリ「二連覇だね……」


百合江「皆様、早く学園に戻りますわよ。ここで集まっては迷惑になりますわ」


クロエ(なんか部長クールね。優秀賞くらいじゃ嬉しくなかったかしら……)


ーーーーー

ーーー

833 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/12(金) 01:31:53.33 ID:bt8hIlJ7o
部室ーー


百合江「皆様、改めて……お疲れさまでした」


お疲れさまでした!


百合江「とても良い舞台でした。私達三年はこれで引退になりますが……」ポロ…

百合江「最後に、みんなとあの舞台が作れて良かったと……心からそう思います」グスッ


三年生1「百合江泣くなよー……こっちまで泣いちゃうだろー……」グスッ


百合江「すみません……でも、嬉しくて……みんなと何か賞を取れて良かったって……」ポロポロ


クロエ(……なんだ、部長も泣いたりするのね)ポロポロ


百合江「皆さんと一緒に部活できてよがったですわ
……!」


ーーーーー

ーーー




百合江「こ、こほん……///」

百合江「少し恥ずかしいところをお見せしましたわ……」

百合江「気を取り直して……皆様、優秀賞おめでとうございますわ。全国の学校の中から私達が選ばれたのはとても名誉なことだと……そう誇ってくださいまし」

百合江「そして、先程も言いましたが私達三年生は今日をもって引退となりますわ。したがって、次の部長を決めなければなりません」

百合江「部長は……クロエさん、お願いできますか?」


クロエ「……わ、私!?」


百合江「はい」


クロエ「ま、待ってよ。嬉しいけど、演技に詳しい訳じゃないし、演技も上手い訳じゃないし……それなら凜華とかレナとか、もっと適任が……」


百合江「部長は、皆に道を示し部員をまとめられる者がなるのが適任ですわ。演技の指導ならそれこそ、部長でなくてもできますもの」


クロエ「それは……確かに……」
834 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/12(金) 01:32:26.13 ID:bt8hIlJ7o
百合江「それに、皆様も納得してるはずですわ」


レナ「まあ、クロエならまとめられるでしょうし」


凜華「これぞって指示をくれそうだしね」


モミジ「皆と仲いいから、しっかり連携も取れそうだね」


ヒカリ「意義なし、だね」


クロエ「みんな……」


百合江「引き受けてくださいますわね?」


クロエ「……分かったわ。引き受けてやろうじゃない!」


パチパチパチパチ!


百合江「では、今後はクロエさんの指示に従うように! 今後はクロエさんが部長ですわ!」


クロエが部長になり、3年生が引退しました。


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・夏休みを過ごす

安価↓〜↓5自由行動安価
今後三日程度の行動を指定してください

8/10回目の行動です
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 02:03:58.14 ID:RINCsjhF0
闇の魔獣が勝手に脱走する。ゼレスの神聖魔法属性に反応して襲い掛かろうとしたところを咄嗟にステラが庇う
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 02:13:02.96 ID:z5iVX4BUO
ラクリマが演劇部に入りたいとクロエのところにやってくる。ティアの物真似が上手い事を知っているので歓迎するがそれ以外での演技力は……(このレスのコンマ二桁)
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 02:14:17.37 ID:jGU+txOA0
茜に教わった体力向上のヨガや集中のための深呼吸等は演劇にも役立ちそうなので部内で広め日々の練習に早速実践してみる
それとは別に凜華、モミジと魔翌力鍛練の方の特訓もチームとして行う
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 02:20:33.67 ID:ugt0lK1Bo
孤児院の子供に頼まれ、カブトムシを捕まえる為に山へ入るクロエとステラ。なかなか捕まえられずにいると日が暮れて遭難しかけてしまうが、闇の試練以降も癖で持ち歩いていた星光の羅針盤が帰り道を指し示し事なきを得る
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 02:24:43.18 ID:3WL3uM3L0
↓1と↓2が街中でばったり出くわし、折角なのでと暫く一緒に見て回る
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 02:52:17.70 ID:GVM1wnukO
時雨
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 04:50:46.40 ID:CFvGkdWyO
ノワール
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 06:49:16.71 ID:+bl61dfZO
ラクリマの演技力がやべぇ
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 07:19:18.05 ID:RINCsjhF0
根っからの演技派か。だけど背が低いな
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 07:59:21.69 ID:CFvGkdWyO
高身長の子に主役の座を奪われちゃうみたいなのって実際あるん?
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 10:56:17.76 ID:FbBVK2D80
>>844
メイクと演技力で補える範疇を越えてキャラのイメージと役者の特徴が嚙み合わないと起こりえる
某ホグなんちゃら魔法学校の半巨人とかある程度以上に体格無いとできない
ボーイソプラノである事に意味がある役をダミ声のオッサンヴォイスが演じるとかも無い

駄菓子菓子この学校には体格容姿共に不問にできるチートメイクアップアーティストがいる
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/12(金) 23:56:19.09 ID:mWv4tNjG0
ノルンとラクリマで同学年同士の絡みを作れそうかしら
847 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/13(土) 00:54:23.44 ID:ProRNfHxo
翌日、部室ーー


ラクリマ「……」


クロエ「驚いたわね……まさかこんな時に入部希望なんて」


ラクリマ「だめ……ですか?」


レナ「ダメなんてことないわよ。私達の舞台を見てやりたいって思ってくれたなら、拒む理由はないわ」


クロエ「そうね。ラクリマの演技力はティアになりきれるくらいのレベルなのは知ってるし……」


凜華「一通りのシチュエーションを演じてもらって、それで演者か裏方か決めよう。新入部員と同じようにさ」


ヒカリ「そうだね。それが手っ取り早いかな」


クロエ「それじゃあテストをするわね。発声練習とストレッチをしてからテストをしましょう」


ーーーーー

ーーー




クロエ「……それじゃあ最後、勇気ある魔法使いの役を」


ラクリマ『私はこの魔法で……この国を守ってみせるッ!!』


クロエ「……終了よ」


ラクリマ「ど、どうでした?」


クロエ「正直……想像以上よ」


凜華「役になりきって、それぞれの違いを演じ分けてた。声量も問題なし。恥ずかしがらずに演じられてたのもいい」


ラクリマ「ということは……」


クロエ「演者として入部してもらうわ。みんな拍手を!」


パチパチパチパチ! おめでとー!


ラクリマ「あ、ありがとうございます!」


クロエ「それじゃあ早速だけど、みんなに新しいトレンドをしてもらうわ。簡単なヨガと呼吸法なんだけど、きっと身になると思うの」

クロエ「二年生には伝えてあるから、一年生は教わりながらやってみて」


はいっ!


ーーーーー

ーーー

848 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/13(土) 00:54:54.25 ID:ProRNfHxo
中庭ーー


凜華「お疲れさま、クロエさん。部長初日はどうだった?」


クロエ「どうってことないわよ。みんないい子だし、真面目だし、心配することは何もないわ」


モミジ「それに加えてマホリオも頑張るんだもんね……クロエさんすごいなあ」


クロエ「百合江さんもくるくまさんも通った道よ。私だけが避けられるわけないわ」


凜華「それじゃあ今日もマホリオの練習といこうか」


クロエ「ええ!」


ーーーーー

ーーー




寮ーー


闇の魔獣「グルル……」ギイ…


なにあれ? 黒いボール? クロエさんの部屋から出てきたけど……。


闇の魔獣「!」ダッ


中庭ーー


ゼレス「今日のところはこの辺で……」ストッ


ステラ「クロエ先輩達はまだ頑張ってますね……」ヒューン


闇の魔獣「ぐあう!」ダダダッ!


ゼレス「ひっ!?」


ステラ「ゼレスさん危ないっ!」ガバッ!


ゼレス「……あ、あれ……噛まれてません」


ステラ「いたた……大丈夫ですか、ゼレスさん」


ゼレス「ステラさん!? 血が……!」


ステラ「た、大したケガじゃありません。少し噛まれただけですから」


闇の魔獣「グルル……!」ギリリ…


ゼレス「な、なんですか……私のこと見て……」


クロエ「ステラ! ゼレス!」バッ

クロエ「あんたねえ! 迷惑かけちゃだめじゃない!」


闇の魔獣「ガウッ!!」
849 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/13(土) 00:55:21.47 ID:ProRNfHxo
クロエ(ゼレスを見てる……?)

クロエ「……ゼレス、あなたの神聖魔法ちょっとだけ出せる?」


ゼレス「は、はい……ふっ」ポワ…


闇の魔獣「ガウゥ……!」ジリ…


クロエ「ゼレスの神聖魔法に身の危険を感じて襲いかかった……のかしら」


シュウウウウウ……


闇の魔獣「ア゛……! グ……!」シュウウ…


クロエ「や、闇が溶けてく……!」


ステラ「だ、大丈夫なんですか!?」


クロエ「溶けてるのは闇だけ……。中の魔力はしっかり感じるわ」


シュウウウウウ……


闇の魔獣「あ……っ、うぅ……!」


クロエ「とうとうあなたの姿が見られるのね……凜華! モミジ!」


凜華「大変なことになってるね……」ストッ


モミジ「だ、大丈夫?」


クロエ「モミジ、ステラを保健室に連れて行ってあげて。凜華はローラを探して連れてきて」


モミジ「うん! ステラさん、歩ける?」


ステラ「は、はい……」


凜華「行ってくるよ!」タッ


クロエ「ゼレスはそのまま魔法を」


ゼレス「言われなくても……!」


闇の魔獣「ふう……! ふう……!」シュウウ…


クロエ「さあ、姿を見せなさい!」


闇の魔獣の正体 安価↓〜↓3

【名前】(魔獣の名前。クロエが名付けることになります)
【種族】(その魔獣自体の種族をお願いします。隕石から産まれてるので、空白(種族なし)でも構いません)
【特殊能力】(魔獣自体の持つ能力)
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。(その他付け足したいことがあれば)

最高コンマのレスを採用します
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 01:12:45.42 ID:dQjJ+fu0O
【名前】テネリタス
【種族】闇属性の猫のような宇宙生物
【特殊能力】闇魔法使いとのシンクロ。能力は闇による侵食。時間などの概念的なものも蝕む事ができるらしい。お互いにコミュニケーションが取れていない状態だと魔獣側に振り回されがちになる
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。宇宙で卵(隕石)が生まれ、孵化するタイミングになると地上に落ちてくるらしいが詳しい生態は分かっていない
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/13(土) 01:20:11.37 ID:U/rBaXy/O
【名前】ティト(由来はメテオライトから)
【種族】星空のような輝きを持つ肌の狼
【特殊能力】夜空で輝く星の力を魔力に変換する。星の輝きによって得る魔力が変わる。
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。闇や宇宙の魔力のある星に引かれ、隕石としてその星へ落ちてくるらしい。
性別という概念が存在しないらしいが、身体的特徴は地球上の生物では雌と同等。
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 01:38:17.42 ID:bEBI3kgW0
>>851
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 01:38:47.91 ID:bEBI3kgW0
まさかの同値か
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 06:36:50.37 ID:8lUdln8oO
これはどうなる
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 08:46:10.40 ID:s9EldI+yO
双子ちゃんとか?
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 11:29:51.28 ID:WGa6qrqBO
>>1が好きな方を選ぶ
・奇偶判定とかで決戦コンマして勝った方採用
・闇の力で融け合ってた、とかで二体に分離
辺りのどれかかな?
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 22:40:15.47 ID:K8RIheo6O
>>851だとステラの髪色と関連してステラ自身にも何か設定生えるのかなと思ったりした
858 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/14(日) 01:00:13.87 ID:QpDzZPx3o
シュウウウウウ……


クロエ「猫と……狼……?」


猫?「荒いね、我が主」


ゼレス「猫が喋った……」


狼?「貴様のせいだぞ。貴様がさっさと体を譲らないからご主人の手を煩わせることになったんだ」


クロエ「狼も喋った……」


ローラ「クロエちゃん! 大丈夫!?」タタタッ


クロエ「え、ええ。大丈夫よ。ステラがケガしちゃったけど……今は保健室で治療を受けてるわ」


ローラ「そっか。それでこの子達が……」


クロエ「私のことを主だとか主人だとか言ってるんだけど……」


猫?「ワタシは闇の魔力を感じてこの星に落ちてきたからね。その魔力の元を主と認識してるのさ」


狼?「我こそ闇の魔力を感じて引き落とされたのだ。我こそご主人の下にいるのに相応しい」


ローラ「つまり……落ちてる途中でぶつかって、闇に包まれたよくわからない状態でずっとくっついてたってこと?」


狼?「そうだ。不服だがな」


猫?「結局光の魔法で打ち消されるまで離れることもできなかったしね」


狼?「噛み付いたのは……悪かった。驚かせれば光の魔法を撃ってくれると思ったんだ」


猫?「思ったより早く防がれて、それで噛み付くことになっちゃったんだけどねー……」


クロエ「ケガさせる気じゃなかったのね」


狼?「無論」コクリ

狼?「それにあの子にも我の力の源泉を感じた。傷つけたくて攻撃する理由はない」
859 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/14(日) 01:00:42.39 ID:QpDzZPx3o
クロエ「えーと……猫も狼も、私の魔獣になるってことでいいのかしら」


猫?「そだねー。行くところもないし、我が主の魔力が一番心地いいし」


狼?「こいつと一緒なのは気に食わんが……。ご主人さえ良ければ傍に置いておいてほしい」


クロエ「そう。なら……テネリタスと、ティトね」


猫?狼?「?」


クロエ「名前よ。あなた達の名前。一緒にいるなら名前もないと不便じゃない」


猫?「テネリタス……」


狼?「我の名……ティト……」


クロエ「これからよろしくね。テネリタス、ティト」


テネリタス「あ、ああ!」


ティト「よろしく頼む、ご主人」


クロエ「まず最初にステラに謝りに行くわよ」


テネリタスティト「は、はい……」


ローラ(ふふ、しっかりね、クロエちゃん!)


ーーーーー

ーーー

860 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/14(日) 01:01:23.67 ID:QpDzZPx3o
マクベス・エクスルードハウスーー


「頑張ってねー!」


カーラ「ごめんなさい、どうしてもカブトムシが見たいって……でもこの子達だけで行かせる訳にはいかないので……」


クロエ「何回も聞いたわよ、先生。ちゃんと捕ってくるから安心して」


ステラ「では行ってきます!」


「いってらっしゃーい!」


ーーーーー

ーーー




てくてく……


クロエ「ステラ、ケガはもう大丈夫なの?」


ステラ「はい。噛まれたといってもちょっとかじられた程度でしたから」


クロエ「ならいいわ」キンッ


ティト「本当にすまなかった……」ペコリ


ステラ「もういいんですよ。礼儀正しい子ですねえ」ナデナデ


クロエ「あ、カブトムシ発見! 捕ってくるわ」


ステラ「……それクワガタムシですね」


クロエ「ち、違うの? 似てるけど……」


ステラ「全然違います。カブトムシは角が一本のはずですから」


クロエ「あれは角というよりハサミみたいになってるものね……カブトムシじゃないみたい」


ーーーーー

ーーー

861 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/14(日) 01:02:00.59 ID:QpDzZPx3o
クロエ「いた! あれよね!」


ステラ「ずいぶんかかりましたが……あれですね。捕まえて戻りましょう」


クロエ「ていっ!」パサッ

クロエ「捕れたわ! 早速戻りましょ……う……」


ステラ「……こんなに暗かったですっけ」


クロエ「虫取りに夢中になりすぎたわね。どうしようかしら……」キンッ


テネリタス「空間を食べよっか」


クロエ「は?」


テネリタス「主の力を借りれば、こことどこか別の場所との空間的距離をゼロにできる」


ステラ「?」


テネリタス「簡単に言えば、闇の力でワープができるってこと」


クロエ「そんなことできるの!? やってみましょう!」


テネリタス「んじゃ、意識を一つにするように集中してー」


クロエ(意識を一つに……)


テネリタス「侵食《ワープ》開始!」バクウッ!


クロエ「うっ……!?」グラッ


テネリタス「とりゃー!」


クロエ「待って! ストップ!」


テネリタス「なになに」ピタッ


クロエ「なんか……気持ち悪い……」ウプッ


テネリタス「やっぱだめかー。ワタシと主の意識が一つになるって難しいんだな」


クロエ「分かっててやったのね……」キイイイ…


ステラ「なんか光ってますよ?」


クロエ「あ、星光の羅針盤……」キイイイ…

クロエ「この光に沿えば帰れるわ……」ウップ


ステラ「あわわ……少し休んでから戻りましょう。ねっ?」


クロエ「そうするわ……」


ーーーーー
862 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/14(日) 01:02:51.89 ID:QpDzZPx3o
ある日の日中、街中ーー


時雨(あれは……ノワールか)


ノワール「!」


時雨「やあ、奇遇だな」


ノワール「ど、どうも、時雨先輩」ソワソワ


時雨「何か買い物か?」


ノワール「そ、その……下着を買いに」


時雨「そ、そうか。聞いてすまなかった」

時雨「学校の外で会ったのも何かの縁だ。よかったら昼食でも一緒に食べないか?」


ノワール「は、はい。ぜひ!」


ファミレスーー


時雨「こういうところは初めてだ……」キョロキョロ


ノワール「先輩は和食ってイメージですね」


時雨「そうだな。家族との外食は基本的に定食屋だ。マホリオで遠征してるときはホテルのバイキングをいただくが……」


ノワール「難しいことはないですよ。食べたいものを決めたら、店員さんを呼んで注文するだけですから」


時雨「そうか。なら……」ペラペラ

時雨「これにしよう。生姜焼き定食、だな」


ノワール「美味しそうですね。私はオムライスにします」


時雨「では……失礼! 店員を頼む!」クワッ!


ノワール「せ、先輩!? このスイッチを押すんです! すみません店員さんお騒がせして!」


時雨「そ、そうだったのか。すまない」アセアセ


ノワール(時雨先輩の焦ってるところ初めて見たかも……可愛いところあるなあ)クスッ


ーーーーー

ーーー

863 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/14(日) 01:03:18.72 ID:QpDzZPx3o
クロエ「あの後無事にカブトムシを先生の元に届けて、なんとか学校まで戻ってきたけど……」

クロエ「ワープやら迷子やら……散々だったわ」


現在の目標
・夏休みを過ごす

安価↓〜↓5自由行動安価
今後三日程度の行動を指定してください

9/10回目の行動です
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 01:13:41.86 ID:gOVKjjyXO
ローラヒカリと三人でおでかけ
すると何やら迷ってるような人を発見、話かけてみたらサリア(オフなので目立たないように変装済み)だった
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/14(日) 01:27:22.68 ID:Q8i7bayyO
旅行の時から人ならざるものの魔力を感じていたのか、楓に少し興味が沸いたスフィアが話しかける。
ついでにスフィアから吸血鬼についての話も聞けた。
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 01:38:40.30 ID:2s77TOZw0
ティアの誕生日パーティー
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 01:58:14.40 ID:EBKh2vdhO
チームの親睦を深める為3人で遊ぶイオ、ノワール、イリス
まだ若干の緊張が残るイオとノワールを心を読みながら立ち回るイリスだったが、ノワールがちょくちょく時雨の事を考えているので少し意地悪する
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 02:07:30.52 ID:uHKAjNgA0
大会はカサブランカ校が優勝したものの大会を経ての演劇部での舞の様子がやはり気になる凜華、遠出してカサブランカまで会いに行ってみる
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 06:53:12.81 ID:tW58NBQXO
猫の方は黒猫であって欲しい
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 07:01:10.41 ID:uRKvLyDLO
概念を喰らう猫って、SCPでそんな奴いそうだな……
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 09:50:50.41 ID:zWwYWu4BO
ティト、ステラ、星光の羅針盤と、闇魔法使いでありながら星に縁があるな
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:09:09.72 ID:IImX7ikWO
ついにきたかダークシンクロ
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 21:33:19.92 ID:r8bV5IknO
クロエたちは夏休み満喫してて羨ましい
874 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:13:41.35 ID:CopUdjDco
ガーデンーー


ノワール「あ、このクッキー美味しい……」サクサク


イリス「食堂のお菓子ですからね。外れはないです」


イオ(た、食べてみたいなあ……)チラチラ


イリス「イオさんもどうぞ」ニコッ


イオ「あ、ありがとう……!」パクッ

イオ「ほんとだ、甘いけどしつこくなくて……」


ノワール(時雨さんも美味しいって言ってくれるかなあ……)


イリス「……」イラッ

イリス「ノワールさん、こちらのコーヒーゼリーも美味しいですよ」


ノワール(う……さっき食べて苦かったやつ……。でもイオさんの前で粗末にはできないし……)

ノワール「あ、ありがと。いただくね」パクッ

ノワール(うう……苦い……大人の味だよこれ……)アムアム


イリス(ふふ、ちょっとスッキリです)


ーーーーー

ーーー

875 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:14:24.81 ID:CopUdjDco
寮、楓と嵐の部屋ーー


コンコンッ


楓(? 誰だろ……)

楓「はーい」ガチャッ


スフィア「どうもー」


楓「ああ、えっと……スフィアさん? どうかしたの?」


スフィア「あなたに話が」キョロキョロ

スフィア(他に人はいない、と……)

スフィア「あなた……吸血鬼よね? なんで普通に生活費してるの?」


楓「あ、えっと……分かるんだね、そういうの」


スフィア「旅行の時に気づいたくらいだから、普通に生活してる分には分からなかったかもね。なんというか……吸血鬼の気配が薄いというか……」


楓「その辺含めて説明するよ。入って」


スフィア「失礼するわ」バタン


楓「えーっとね……まず、吸血鬼ってのは正解。こういうちっちゃい牙と日光に弱い体質は遺伝してるんだ」イーッ

楓「でも、遠い遠い先祖から人間と交わり続けてきたから、ちょっとずつ吸血鬼の血が薄くなっていったの」


スフィア「それで吸血鬼の気配が薄かったんだ」


楓「そ。で、一応人にはバレないように振る舞ってるつもり。吸血鬼の血が入ってるってバレたらいろいろめんどくさいからね」


スフィア「めんどくさい?」


楓「吸血鬼っていろんな人の血を狙う種族じゃん? だから、その子孫ってバレると変な目で見られるんだよね」


スフィア「ふーん……」
876 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:15:00.53 ID:CopUdjDco
スフィア「わたしの知ってる吸血鬼とは違うのね」


楓「……?」


スフィア「わたしの知り合いの吸血鬼は、愛した人の血しか飲めないって」


楓「なにそれ……」


スフィア「なにそれ……って、昔聞いた話よ」


楓「吸血鬼は無差別に血を狙って徘徊するから危険視されてるって……」


スフィア「違う違う。奥さんの血だけを飲むの。その代わり力とか魔力とかが人より強いから、それを活かして生活を支えて、そして奥さんにより健康になってもらって、その血を飲む……」


楓「力や魔力が強いから昼間に行動できない呪いをかけられたって……」


スフィア「昼に行動できないのは、奥さんを盗ろうと企んだ魔法使いがかけた呪いのせい。愛し合ってる二人が羨ましかったんじゃない?」


楓「へー……」

楓(そんなことがあったんだ……知らなかった)


スフィア「あなたも好きな人ができたら吸血したくなっちゃうのかもね」


楓「な、ないない。今まで誰の血も吸おうと思ったことなんかないし」


スフィア「そう? ま、なんで吸血鬼が普通に生活してるのかは分かったし……そろそろ部屋に戻るわ」


楓「ああ、うん。またね」


スフィア「ええ。失礼したわ」


ガチャッ バタン……


楓(吸血願望ねえ……)


ーーーーー

ーーー

877 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:15:39.56 ID:CopUdjDco
街中ーー


クロエ「お菓子屋さんは……」


ヒカリ「あっちだね」


ローラ「ティアちゃんの好きそうな味のお菓子あるかなあ……」


クロエ「ティアが食べなくてもアルシェが全部食べるでしょ。大丈夫よ」


ヒカリ「それよりこの量をどうやって誕生日パーティーまで保存しておくかが問題だよ」


クロエ「そこは凜華に頼んであるわ。空き教室を借りて、そこを丸ごと冷凍庫代わりにするみたい」


ヒカリ「なら安心だね」


???「……」キョロキョロ


クロエ「あ、ちょっと待ってて二人とも」テクテク

クロエ「どうかしました? 何か探してるみたいですけど」


サリア「ちょっと道に迷ってしまって……」


クロエ「って……サリアさん!?」


サリア「し、しーっ! プライベート中だから内緒!」


クロエ「ご、ごめんなさい」

クロエ「それで、道に迷ったらしいけど……どこに行こうとしてたの?」


サリア「この辺りに様々なお菓子が集まるスイーツキャッスルという建物があると聞いて探しに来たんだ」


クロエ「スイーツキャッスルなら私達も行くところよ。一緒に行く?」


サリア「同行させてもらえると助かる」


クロエ「じゃあ行きましょう」テクテク
878 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:16:11.38 ID:CopUdjDco
ヒカリ「あ、戻ってきた」


ローラ「そちらは……」


クロエ「サリア・マグノリアさんよ。マホリオのトッププロ」

クロエ「行き先が同じみたいだから、案内ついでに一緒に行くことにしたわ」


ヒカリローラ(迷いなく人助けできるのかっこいいなあ……)キュン


サリア「かたじけない。地図で場所は確認したし、早速行こう」テクテク


クロエ「サリアさんそっち逆よ!?」


サリア「なにっ!?」


ーーーーー

ーーー

879 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:16:46.65 ID:CopUdjDco
食堂ーー


ローラ「ということで、ティアちゃんお誕生日おめでとう!」


パンパンっ! おめでとー!


ティア「ありがとうございます」ペコリ


アルシェ「ティア、これ」


楓「お、誕生日プレゼントか? じゃああたし達も……」


晶「楓、これはアルシェが最初の方がいいんじゃないか?」


楓「あ、そっか。じゃあ待つ」


ティア「あの時のネックレス……ですよね。つけてくれますか?」


アルシェ「ん」


す…… ぱちんっ


アルシェ「ついたよ」


ティア「……///」


ローラ(わあ……)キュンキュン


クロエ(なんかいいわね……)ホッコリ


通りかかった百合江「うぐっ」ドパッ


ティア「み、皆あまり見ないでください。早くお菓子パーティーにしましょうっ///」


クロエ「そ、そうね。お菓子はたくさん用意してあるから……皆で食べましょう!」


おー!


ラピス「……私も参加していいですか?」グウウ…


ヒカリ「どうぞどうぞ。たくさんありますから」


わいわいがやがや


ーーーーー

ーーー

880 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:17:29.53 ID:CopUdjDco
別の日、カサブランカ魔法学校前ーー


凜華「見学を予約したものですが」


守衛「はいはい。これ入学証。帰るときに返してね」


凜華「はい。ありがとうございます」テクテク

凜華(舞さんは……)


舞「凜華さん! こっちです!」オーイ


凜華「やあ、舞さん。久しぶり」

凜華「まずは……最優秀賞おめでとう。連覇だね」


舞「ありがとうございます」


凜華「それで、部活の方はどうだい?」


舞「皆のんきなものですよ。このまま三連覇ーって」


凜華「それで勝てちゃうんだ……」


舞「前も言いましたが、先輩と私の同級生はそもそも演技がしたくて入ってますから、演技力は高いです」

舞「でも一年生の中には私の演技を見たいというファンのような方が多くて……。それ自体は喜ばしいことなんですが、演技の練習には不真面目で……」

舞「しかも今回の大会の結果のせいで『やっぱり頑張らなくても賞が取れる』という雰囲気が部全体に広がって……」


凜華「そっか……」


舞「なので私、転校することにしました」


凜華「……え?」


舞「一人で演技はできません。もっと自分を高めてくれる仲間がほしいんです」


凜華「そっか。部員にはもう話したの?」


舞「はい。引き止められましたが……だからといって今更残ろうとは思えませんでした。もう引っ越しの準備もしてます」
881 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:18:15.65 ID:CopUdjDco
凜華「すごい行動力だね……」


舞「せっかく夏休みですし、手続きは早い方がいいですから♪」


凜華「でもいきなり抜けてカラブランカは大丈夫なの?」


舞「大丈夫じゃないでしょうね。でも、一人の役者に全責任を被せるような劇団なんていい劇団じゃないでしょう?」


凜華「うん……確かに」


舞「恨まれたって構いません。私は私のやりたいようにやるんです!」


凜華「強いね、舞さんは」


舞「お褒めに預かり光栄です」


凜華「気が早いかもしれないけど……転校先でも元気でね。応援してる」


舞「え?」


凜華「?」


舞「あっ、まだどこに転校するか言ってませんでしたね」

舞「私、リリウム魔法学校に転校するんですよ」


凜華「えっ……ええ!?」


舞「ふふふ……驚きました?」


凜華「びっくりしたよ、もう……。それ、ほんとなんだね?」


舞「ほんとです。私はリリウムの生徒になります」


凜華「そっか……。じゃあこれから大変だな。演者争いもすごいことになりそうだ」


舞「手は抜きませんからね。正々堂々役を取りにいかせてもらいます」ウフフ


凜華「こっちこそ簡単には譲らないよ」ニコッ


音無舞が転校することが判明しました。


ーーーーー

ーーー

882 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/06/17(水) 06:18:45.43 ID:CopUdjDco
クロエ「カサブランカの主役が転校ねえ……」


凜華「直接聞いたから間違いないよ」


クロエ「皆にいい影響があればいいわね」

クロエ「夏休み明け……楽しみだわ」


現在の目標
・夏休みを過ごす

安価↓〜↓5自由行動安価
今後三日程度の行動を指定してください

10/10回目の行動です
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 06:27:35.97 ID:hMTxCquQ0
ステラとゼレスが二人で出かける。なんだかいい雰囲気になりかけたが、ラクリマも偶然合流し結局いつもの3人組みたいな空気になる
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 06:50:21.70 ID:AKIjHIdVO
あれからどうなったのか気になったので橘花の研究室へ行くとエミールが床を転げ回っていた
元に戻れたのはいいものの、橘花に色々とお世話された記憶はしっかり残っているので恥ずかしさから『もうお嫁に行けない』状態らしい
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 06:57:29.86 ID:fn7lQYsfO
パルプンテでティアとラクリマの体が入れ替わってしまう(3日くらい)。姉の体を動かせるラクリマは大喜びで、ティアに自分の体を使って好きにしていいと言われるが、この姿のままアルシェと愛し合ったら何か変な性癖(擬人NTR…?)に目覚めてしまわないかと不安になるティア
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 07:08:55.41 ID:T1WftOOi0
食堂で超高級プリンが夏休み最終日限定、個数限定で販売されるらしく争奪戦が始まる
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 07:17:28.20 ID:PIRL0NgsO
夏休みの終わり、各所で夏休みが終わることへの現実逃避や宿題が終わっていない嘆きによる阿鼻叫喚が起こる。
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/17(水) 14:22:05.51 ID:xe/s7vuj0
1年生の時も「夏休みが終わってしまった」事を受け入れられずサボる生徒がいたがもしかしてリリウムは学習内容がキツいのでは

まぁただたんに一部生徒が怠惰なだけかもしれないが
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/18(木) 04:11:43.05 ID:2UQ6txgeO
朝更新気付けんかった
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/20(土) 22:41:57.93 ID:vAXUyu20O
忙しそうだな
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 21:32:42.30 ID:iiY5g7rR0
まだかなまだかな
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 21:47:07.83 ID:ShvRNExG0
気長に待ちましょ
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 00:13:56.28 ID:px/7sQTc0
そろそろリアルも夏休みに突入しそうかな
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 17:52:03.15 ID:BE8ZIIa1O
そろそろ折り返し地点だな
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/30(火) 13:21:38.81 ID:qI2itmPy0
まだかな〜
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 12:29:53.05 ID:SDO2YqCgO
前も二週間と少しぐらい空いたわけだし、くっつけたいカップリングとか考えながらゆるゆり待とう
個人的には『薄着で同じ寝床で抱き合って寝た仲』のモミジ&イオや夏休みに突如浮上してきた時雨&ノワール辺りが気になる
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 17:44:52.36 ID:XXw/dnyY0
ステラがどうなるのか全く予想できないな。誰とくっつくんだろこの子。必ずしもカップルを成立させる必要はないけど
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 18:50:43.90 ID:Lxqs70nbO
ラクリマが一番からなくなった感
最初はチームメンバーのどちらかかと思ってたがアルシェ姉妹丼とか、演劇部の同級生という事でノルンの線も出てきた
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/02(木) 03:22:24.79 ID:ilFrrMSNO
ティアルシェはティアルシェの二人のままでゴールインして欲しい感
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/02(木) 03:50:43.12 ID:GYX88wrfO
1年生組ってラクリマは姉キチ、ゼレスはマホリオキチだからチーム内恋愛成立しなそう……

ステラも性格上、先輩(or来年度以降の後輩)と結ばれそうな予感
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/02(木) 13:27:10.24 ID:Dh5RVIesO
>>1がどこ住まいかは分からないけど、東京は今日100人越えの感染確認されたみたいだから不安
無事なら良いんだが
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 19:59:33.89 ID:PC0TtGvQO
生存報告欲しいな
903 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/05(日) 00:05:52.58 ID:3DCfJaD4o
生存報告です
お待たせしてすみません…
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/05(日) 00:07:24.30 ID:V6zSLFfBO
ご無事でよかった。お気になさらず
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/05(日) 00:20:27.25 ID:5YjJpj+FO
こんなご時世だし無事が確認出来て何より
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/09(木) 00:43:47.17 ID:CcB4c/6Y0
待ってるよ
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/10(金) 07:23:06.44 ID:zxWLQZuq0
この板に限らないけど更新止まってるSSが結構あって少し寂しい
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/10(金) 07:33:33.71 ID:upCYd8BzO
>>1が描けない時に無理に急かしてもSSの質が下がるだけだ、ゆっくり待ちましょうぜ
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 05:35:23.92 ID:Vo53OsFd0
リアルと作中の時期が一致して安価に季節のネタとか入れやすくなるかもと思ったけど、普通の状況では無いから微妙なところか
910 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/17(金) 01:51:00.18 ID:dBsb5j4so
現況報告です
このSSを書く際には、文字の入力のしやすさから古めのスマホを使っておりました
しかしこの間からバッテリーの膨張が酷く、いろいろ試したり調べたりしたのですが、どうやらこれ以上は使用しない方が良さそうという結論に達しました
新しいスマホもあるのですが、画面下部のフリック入力でホームボタンなどが反応してしまい、とても文章を書くのに向いてるとは言えません
そこでひとまず、パソコンで書いたり、他の中古スマホを購入したり、いろいろ試そうと思っています

ずいぶんお待たせしてしまい本当に申し訳ありません
執筆はまだやめませんので、これからもよろしくお願いします
(なお1は至って健康です、ご安心ください!)
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 03:03:17.57 ID:Y5gjuM0e0
アンドロイドならこんなの出てきたけど

https://blue-de.com/blog/20190904140028/?amp
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 13:13:08.19 ID:ocawrxDiO
新しいスマホあるあるすぎる
とりあえずしばらくはPCで試すとかどうかな?
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:13:15.64 ID:vqYWUyDv0
そろそろ再開できるのかな、うれしい
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 01:02:49.54 ID:6465giEDO
どこまで進んでたっけと読み返したけど夏休み終わるタイミングだったね
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/22(水) 01:28:27.22 ID:TBY7VAnE0
まだかなー
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 07:08:28.71 ID:6m9gy4Cn0
文字入力問題は解決出来たのかな??
917 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:27:38.05 ID:SMTzgR6ro
橘花の研究室ーー


コンコンッ


クロエ「失礼するわ」ガチャッ


橘花「おお、クロエか。よく来たな」


クロエ「エミールさんがどうなってるのか気になって見に来たんだけど……」


エミール「……」


クロエ「あら、戻ってるじゃない。よかったわね」


エミール「よ、よくないよっ! 何もかも見られて……ううう……! も、もうお嫁にいけない……」


橘花「何を言ってるんだ」


エミール「裸にひん剥かれて、お……お世話されて、恥ずかしいんですっ!」


橘花「はんっ、そんなことか」


エミール「そんなことって……!」


橘花「お前の世話は私が見る。この先もずっとな」


クロエ「!?///」


エミール「そ、それって……///」


橘花「何赤くなってる。こんな面白い魔法使い放っておくわけがないだろう」


エミール「あ、そ、そうですよね……」

エミール(びっくりした……)


クロエ(この二人実はもう付き合ってたりしないわよね……? 橘花先生無意識にしてもすごいこと言ってるわよ?)


橘花(ん……? 今の発言……まあいいか。とにかく夏休みが明ける前にもう少し実験を進めよう)


ーーーーー

ーーー

918 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:28:05.03 ID:SMTzgR6ro
カフェーー


ステラ「すいませーん」


店員「いらっしゃいませ! ご注文はお決まりですか?」


ゼレス「チーズケーキとコーヒーをお願いします」


ステラ「私はそうですね……あ、このカップルプレートなんてどうでしょう。なーんて……」


店員「チーズケーキとコーヒー、カップルプレート ですね」


ステラ「あ、ま、待ってください! やっぱなしで! その、ショートケーキとダージリンをお願いします!」アワワ


店員「チーズケーキとコーヒー、ショートケーキとダージリンですね」


ステラ「は、はい。お願いします」


店員「かしこまりました。少々お待ちください」


ゼレス「何してるんですかステラさん……」


ステラ「ほ、ほんの冗談のつもりで……」

ステラ「こ、恋人に見えたんでしょうか……?///」


ゼレス「……さあ」プイッ

ゼレス(変なこと言わないでくださいよ……!///)


ラクリマ「あれ、二人とも」


ステラ「ら、ラクリマさん!? どうしてここに……」


ラクリマ「お姉ちゃんと服を見てたんだ。疲れたからちょっと休憩に寄って、今から帰るところ!」


ティア「……」ペコリ


ステラ「そ、そうだったんですね」


ティア【もう服は買ったので早く帰りましょう】


ラクリマ「せっかく会ったんだし、二人にご一緒してもいい?」


ゼレス「別に構いませんよ」


ステラ「どうぞどうぞ」


ティア【では私は先に帰ってますね】


ラクリマ「うん!」
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:28:32.33 ID:JJNVV2AaO
おおおお!久しぶり!
920 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:28:32.35 ID:SMTzgR6ro
店員「お待たせしました」コトッ


ラクリマ「二人は今からケーキ食べるとこだったんだ。お邪魔しちゃったかな」


ステラ「いえいえ。ですが少しお待たせしてしまうかも……」


ラクリマ「全然だいじょーぶ! 二人が食べてるの見てるから!」


ゼレス「見られてると気が散るのですが……」


ラクリマ「気にせず食べて食べて」ジー


ステラ「では……」パクッ

ステラ「うん、美味しいですっ」


ゼレス「あむ……」パクッ

ゼレス「ん……美味しいですね」


ラクリマ「……」ジー…


ステラ「……」

ステラ(見られてます……)


ゼレス「……」

ゼレス(すごく視線を感じる……)


ラクリマ「……」ジー…


ステラ「ひ、一口あげますから!」


ゼレス「ジロジロ見るのやめてください!」


ラクリマ「やった♪ ケーキいただきまーす!」パクッ

ラクリマ「うまー」ニコニコ


ステラ(毒気抜かれる笑顔ですね……)


ーーーーー

ーーー

921 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:29:02.08 ID:SMTzgR6ro
その頃橘花の研究室ーー


橘花「さあエミール、次の実験だ。この魔法陣の中でいつもの魔法を頼む」


エミール「は、はい。えいっ!」


橘花「今回は何が起きるか……」


玄関ーー


ラクリマ「ただいまー」


ティア「おかえりなさいです、ラクリマ。二人に迷惑はかけませんでしたか?」


ステラ「大丈夫でしたよ。とっても楽しく過ごせました」


ティア【それは何よりです】

ティア「……っ!?」ドクンッ


ラクリマ「お姉ちゃん!? うっ……!」ドクンッ


ゼレス「ちょ……二人とも大丈夫ですか!?」


ラクリマ?「は、はい……少しふらついただけです」ヨロ…


ティア?「びっくりしたー……なんだったんだろ……」


ステラ「あれ、口調が……」


ティア?「あれ、私が目の前にいる……」


ラクリマ?「え、あれ……私……?」


ティア?「もしかして……」


ラクリマ?「私達……」


ティアラクリマ「入れ替わってるー!?」


ゼレステラ「ええーーー!?」


ーーーーー

ーーー

922 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:29:31.26 ID:SMTzgR6ro
クロエ「それで相談に来たのね……正直パッと見じゃ分からないけど」


ティア?「でも入れ替わってるのは確かなの!」


ラクリマ?【助けてください!】


クロエ「そんな奇妙な魔法を使う人なんて……あ」


ステラ「心当たりが?」


クロエ「一人だけね」


橘花の研究室ーー


橘花「不発……と」カキカキ


エミール「何か出た気はしたんですけど……」


橘花「そういうこともあるさ。魔力だけ消費したのかもしれん」


コンコンッ


クロエ「失礼するわ。今日ってエミールさんの魔法使ったかしら」


橘花「使ったが……何かあったか?」ウキウキ


クロエ「なんでウキウキしてるのよ……。まあいいわ、入ってきて」


ティア?「失礼しまーす」


ラクリマ?【失礼します】


橘花「その二人に何か? 見た目にはよく分からないが……」


クロエ「入れ替わってるらしいのよ。中身が」


橘花「ほう!」

橘花「分析魔法【アナライズ】」ヴン…

橘花「……なるほど、確かにエミールの魔力が関与しているようだ」


クロエ「治るのかしら?」


橘花「この魔力量なら二日といったところか。夏休みが終わる前には勝手に魔力が薄れて元に戻る」


ラクリマ?【戻るんですね】ホッ


ティア?「よかったー。ずっとこのままじゃ不便だもんね」
923 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:29:58.66 ID:SMTzgR6ro
ティア?「それじゃあこのままアルシェさんに会ってみよーっと」ニヒヒ


ラクリマ?「……まあ構いませんが」


ティア?「えっ?」


ラクリマ?「さすがに入れ替わった以上アルシェに会わないで、というのは難しいですし」


ティア?「そ、その反応は予想外」


ラクリマ?「人に迷惑をかけなければいいです。アルシェにはしっかり説明しておきますから」


ティア?「はーい! 迷惑はかけません!」


ラクリマ?(……このままアルシェとラクリマが愛し合うとどういうことになるんでしょう……。見た目は私だし、浮気じゃない……? う、ううーん……?)モヤモヤ

ラクリマ?「あ、あんまりイチャイチャはしないでくださいね」


ティア?「うん、お姉ちゃんの彼女だもん。気をつけます!」ピシッ


ーーーーー

ーーー

924 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:30:27.47 ID:SMTzgR6ro
ラクリマ?「というわけで、今は中身が入れ替わってます」


アルシェ「こっちがティア?」


ラクリマ?「はい」コクリ


アルシェ「こっちはティアじゃなくてラクリマ」


ティア?「そうでーす!」


アルシェ「……」チラッ


ラクリマ?「今回はラクリマとくっついても仕方ないです。三日の辛抱なので、お部屋はこのままでお願いします」


アルシェ「分かった」コクリ


ティア?「よろしくね、アルシェおねえちゃん!」


アルシェ「おねえちゃん……」キュンッ


ラクリマ?(うう……ああ言ったばかりですが、目の前でこうイチャイチャされると気が気ではないですね……。寝取られ……になるんでしょうか)モヤモヤ


ーーーーー


夜ーー


ティア?「アルシェおねえちゃん、ご飯一緒に食べよう!」


アルシェ「……」フルフル


ティア?「ええー、今のラクリマはティアお姉ちゃんの体だよ? 浮気じゃないよ?」


アルシェ「アルシェが好きなのはティア。ティアの体じゃない」


ティア?「う……か、かっこいいなあ、もう」


アルシェ「ラクリマも好きな人ができたら分かるよ」


ティア?「そういうもんかなあ……」


ーーーーー

ーーー

925 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:31:00.84 ID:SMTzgR6ro
二日後ーー


ティア?(結局一度もイチャつけなかった……)


アルシェ「今日はプリンを買ってくる」


ティア?「プリン?」


アルシェ「食堂で美味しいのが売られるらしい。個数限定だから急がないと」


ティア?「……ぷっ」


アルシェ「?」


ティア?「なんかあれこれ悩んでたのが馬鹿らしくなってきちゃった。一緒に食堂行こ!」


アルシェ「ん。人手は多い方が嬉しい」


ティア?(アルシェおねえちゃんはブレないな……)クスッ


食堂ーー


「これより極上プリンの限定販売をはじめまーす!」


わあああああっ!


ティア?「すごい熱気……」


アルシェ「女の子は甘いものに目がない。こうなるのも仕方ない」グウウ…


ティア?「女の子は甘いもののためにそんなギラついた目はしないよ……」


ラピス「分かりますよ、アルシェさん」ヌッ


ティア?「うわびっくりした!」ビクッ


ラピス「負けられない戦いがここにはある。そういうことです」


アルシェ「その通り」コクリ


「他人の取ったプリンを強奪しない、ルールはそれだけです! では、スタート!」バサッ


ラピス「行きますよアルシェさん!」


アルシェ「ん!」


ーーーーー
926 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:31:28.59 ID:SMTzgR6ro
アルシェ「うまうま」パクパク


ラピス「美味しいですねえ」パクパク


ラクリマ?「あ、いました」


ティア?「お姉ちゃん!」


ラクリマ?「そろそろ魔力が切れるらしいので探してたんです。プリンが売ってると聞いて、もしかしたらここにいるかもと」


ティア?「そっか、もう入れ替わりもおしまいか」


アルシェ「元に戻るの?」


ラクリマ?「そのようです」


ラピス「ふむふむ、確かになんらかの魔力が消えかけてるのを感じますね。魔力消滅のカウントダウンでもしましょうか」


ラクリマ?「お願いします。急に変わったらびっくりしそうなので」


ラピス「残り30秒ほどでしょうか」


ティア?「え、もう終わっちゃうじゃん!」


ラピス「そうこう言ってる間に残り20秒です」


ラクリマ?(気が気でない数日でした……やっと終わるんですね)


ラピス「10、9、8……」


アルシェ「……」ウズウズ


ラピス「3、2、1、はい!」


ティア?「ううっ」ズクッ


ラクリマ?「く……っ」フラッ


アルシェ「ティア、ラクリマ!」ガシッ


ティア「ううん……」


ラクリマ「戻ったの……?」ムクリ

ラクリマ「おお! 体の感覚がいつもどおり! 戻ってる!」


ティア「よかった……無事戻ったみたいです」ホッ


アルシェ「ティア!」ガバッ

アルシェ「ティア……」スリスリ


ティア「ちょ、ちょっとアルシェ!?///」


ラクリマ「我慢してた分爆発してるのかな〜。私が何しても反応しなかったもん」
927 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:31:56.39 ID:SMTzgR6ro
ティア「そ、そうなんですか……?」


アルシェ「うん……中身までティアじゃないとティアじゃないから」ギュウウ…


ティア「わ、分かりましたからちょっと離れて……」


アルシェ「ティア……ちゅ」


ティア「んんっ!?///」


ラクリマ「!!///」キャー


ラピス「あらあら」


アルシェ「ティア……足りない……もっとぉ……」


ティア「ま、待ってください!」グイッ

ティア「せ、せめてお部屋で……ね?」


アルシェ「うぅ……」ウズウズ


ティア「ほ、ほら、行きますよ」


てくてく


ラクリマ(すごいもの見ちゃった……生ちゅー……///)


ラピス「あつあつですねえ。微笑ましいです」ウフフ


ーーーーー

ーーー

928 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:32:23.95 ID:SMTzgR6ro
始業式の日ーー


ヒカリ「ふあ……」ムクリ


クロエ「ちょっと、大丈夫? 用意しないとまずい時間よ」


ヒカリ「え、嘘……」ノソリ


クロエ「何回も起こしたのにぽけーっとしてるんだもの。初めて見たわ、そんなヒカリ」


ヒカリ「うん……なんでだろ……」モソモソ


クロエ「……ヒカリ、おでこ出して」


ヒカリ「うん……?」


クロエ「んー……」ピトッ

クロエ「熱はなさそうだけど……なんか気分悪そうね。大丈夫?」


ヒカリ「分かんないけど……なんか気分が悪いかも」


クロエ「今日は無理しないで休んだら? 今日は始業式だけだし……」


ヒカリ「うん……そうする……」モゾモゾ


クロエ(だ、大丈夫かしら……)


ーーーーー

ーーー

929 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:32:50.91 ID:SMTzgR6ro
始業式ーー


樹「ーーこれからの学生生活もより自立した精神で取り組むよう心がけてください。以上です」


「校長先生ありがとうございました。では退場を……」


クロエ(なんか休みが多いわね)キョロキョロ

クロエ(休み明け、だからかしら……)


校長室ーー


樹「休みが多すぎる!」ダンッ!


ラミー「い、樹落ち着いて……」


樹「休んだ生徒を集めて一度お説教が必要ね……!」ブツブツ


ラミー「い、樹っ」


樹「なに、ラミー。今忙しいから後で……」


ラミー「変じゃない? こんなに休むなんて……」


樹「変?」


ラミー「えっとえっと……休んだのに何か理由があるのかも。例えば……そう、昨日のプリンの争奪戦でケガしちゃったとか」


樹「それはそれでお説教ものだけど……確かにそうね、何か理由があるのかも……。一度確認しましょう。呼び出すから、ラミーは少し別の部屋にいてね」


ラミー「うん」


樹「拡声魔法【スピーカー】。『本日始業式に出られなかった生徒で、体調不良などて動けない者以外、校長室にお集まりください。繰り返しますーー』」


ーーーーー

ーーー

930 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:33:21.34 ID:SMTzgR6ro
樹「けっこう集まったわね……」

樹「さて、理由を聞かせてもらおうかしら。なんで休んだのか」


「それはその……宿題が終わってなくて」

「夏休みの終わりが受け入れられなくて……」


ヒカリ「なんだか気分が乗らなくて……」


ナナ「あ、わ、私もです……なんだか気分が」


樹「宿題が終わらないだの気分が乗らないだの……そんなことで休むのはごんごどうだ……」ハッ

樹「ヒカリさんに……ナナさん?」


ヒカリ「はい……」


ナナ「なんでしょう……」


樹「あなた達は気分が乗らないからって休むような生徒じゃ……いえ、他の子も休みがちな子ではないわね……」

樹「本当に「気分が乗らない」から休んだの?」


ヒカリ「そうです……朝からなんかダルくて……」


樹「……みんな、悪いけど今から橘花のところへ行ってくれる? 一応診てもらいましょう」


ナナ「はい……」


ぞろぞろ……
931 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:33:49.96 ID:SMTzgR6ro
橘花の研究室ーー


橘花「ふむふむ……なかなか面白そうな話だな。早速解析してみよう」


樹「ええ、お願い。終わったらあなたの主観で構わないから、何が起こってるのか教えてちょうだい」


橘花「了解した。じゃ、早速やっていこう。解析魔法【アナライズ】」

橘花「ふむふむ」カキカキ


ーーーーー

ーーー




橘花「樹、結果が出たぞ。ひとまず生徒たちは自室に帰した」


樹「そう。結果は?」


橘花「全員に魔力量減少の傾向が見られた。量に差はあるが、ひどい奴は半分以上も魔力が減ってる」


樹「そんなに……」


橘花「魔力量が突然減ったことによる強い倦怠感が原因だろうな。しっかり寝て休めば大丈夫だ」


樹「いっせいにいろんな人の魔力が無くなるなんて……そんなことってあるの?」


橘花「普通はない。明らかに人為的な何かが働いてる」


樹「誰かが魔力を奪った……」


橘花「そういうことだ。誰がなんのためにやったのかは分からないがな」


樹「分かったわ、ありがとう橘花」


橘花「いやいや、中々楽しかったよ。じゃあな樹」


バタン


樹(嫌な予感がするわ……)
932 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:34:19.25 ID:SMTzgR6ro
翌日、部室ーー


クロエ「ヒカリ、もう動いて大丈夫?」


ヒカリ「うん。動ける程度には元気だよ」


クロエ「良かったわ。みんな心配してたし、動けるのが一番よね」

クロエ「さてと……」

クロエ「みんなに報告があるわ。聞いてちょうだい」


ざわざわ ざわざわ


クロエ「私達二年生に転入生が来たの。その人が演劇部に入りたいとの希望で、早速来てくれてるわ」


ガラガラッ


舞「ごきげんよう。音無舞です」ペコリ


レナ「は!?」


モミジ「え、カサブランカの人……だよね?」


ざわざわ ざわざわ


ラクリマ(誰?)キョトン


クロエ「紹介するわ。元カサブランカ演劇部、音無舞。カサブランカを全国二連覇に導いた役者よ」


舞「よろしくお願いします」ペコリ


レナ「辞めてこっちに来たの?」


舞「はい。カサブランカは私一人には背負えませんから」


凜華「カサブランカの演劇部は舞さんに頼り切りで、他の人はやる気がないみたい」


レナ「ふうん……」


舞「リリウムの一員として、これから切磋琢磨していければと思っています。どうぞよしなに」ペコリ


クロエ「それじゃあ、今日の練習を始めるわよ。まずはストレッチから、次に発声よ」


はいっ!


ーーーーー

ーーー

933 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/26(日) 21:34:55.54 ID:SMTzgR6ro
クロエ(舞の入部もまずまず受け入れられたみたいね。さ、これからどうなるかしら)


現在の目標
・部活に精を出す

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

9月第1週
1/16回目の行動です

二学期は9月〜12月までの4ヶ月です(年末にはお休みになります)
1ヶ月を4週間として行動します

8回目の行動終了後、マホリオ学外対抗戦へと移ります
12回目の行動終了後、文化祭へと移ります
934 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:50:08.66 ID:9CMTEAjF0
リズがさらにひと回り大きくなる
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:05:24.51 ID:JrNyrTHMO
ラクリマ、ノルンに付き合ってもらって演劇のお勉強をする
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:11:19.26 ID:PfSDoNO40
リズがイタズラの楽しさを覚え色々やらかす

なお保護者達からのガチ説教が待っている模様
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:16:43.35 ID:Jd57MN2RO
魔獣2匹と仲良くなろうと色々頑張ってみるクロエ
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:17:53.00 ID:gxkAJb+Io
先日の集団体調不良について調べてみる
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/27(月) 10:16:52.88 ID:cP0Lp6Wp0
お帰りなさい
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/27(月) 13:00:03.41 ID:9B1ppyVqO
演劇戦力めっちゃ増えたけど今後の目標的にはどうなんだろかね
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 20:49:43.12 ID:v844YTMB0
意外な安価からシリアスになるの面白いな
942 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:04:05.70 ID:UEDBbKZpo
空き教室ーー


リズ「しゅあ……」ムズムズ


ローラ「よしよし」ナデナデ


クロエ「リズ、どうかしたの?」


リズ「体中かゆいの〜……」ムズムズ


ローラ「脱皮の前兆だよ。また体が大きくなってるの」

ローラ「少し皮がめくれてきてるし、もう少しの辛抱だよ」ナデナデ


リズ「ううう〜……!」ムズムズ


ルク「ほら、暴れない。暴れるときれいに脱皮できませんよ」


ローラ「ルクさんも人化して頭撫でてあげてくれませんか? そしたら落ち着くと思うので……」


ルク「構いませんよ」キンッ

ルク「ほら、これでどうですか」ナデナデ



リズ「ルクの手あったかい……」


ローラ「不死鳥の体温と癒やしの力の合わせ技だね」


リズ「うん……」ウトウト

リズ「!」ピクン


ずるずる……っ


リズ「脱皮できたー!」ワーイ


クロエ「おおー」パチパチ


ルク「中々大きくなりますね……不死鳥状態の私といい勝負なくらいですよ」


ローラ「まだまだ大きくなるはずだよ。成体のバジリスクは木と同じくらい大きくなるんだから」


リズ「大きくなるの楽しみ!」


ローラ「んーと……それじゃあリズ、脱皮した体に慣れてほしいから少しこの教室にいてくれる?」


リズ「うん!」
943 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:04:33.51 ID:UEDBbKZpo
クロエ「じゃあ次は私の番ね」


ローラ「うん。別の教室行こっか」


リズ「どこいくの?」


クロエ「私も魔獣と仲良くなる練習中なの。ここだと強力な魔獣がいすぎて訓練にならないわ」


リズ「そっかー……」


ルク「私も人化したのでちょっと出掛けてきます。いいですか?」


ローラ「うん、もちろんだよ」


クロエ「少し一人になるみたいね。留守番できる?」


リズ「できるよー! みんな、いってらっしゃい!」


ーーーーー

ーーー




リズ「……みんなもう行ったかな」キョロキョロ

リズ「しゅるる♪」


カチャリ


リズ(窓の鍵開けもお手の物♪)スルスル

リズ(今日はー……あそこ!)ウネウネ


食堂ーー


アルシェ「もぐもぐ……」パクパク


ティア「……」ジー…


アルシェ「……そんなに見られてると食べづらい……///」


ティア「ご、ごめんなさい。食べてるアルシェ可愛くて、ずっと見てられるから……///」


リズ(通りますよ〜♪)ウネウネ


アルシェ「!?」ガタンッ


ティア「どうしました?」


アルシェ「い、いま、窓の外、へ、へび、でっかいヘビ……!」ワナワナ


ティア「窓の外って……そんなところからヘビが見えるわけ……」チラッ
944 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:05:02.41 ID:UEDBbKZpo
リズ(べろべろば〜♪)


ティア「ひっ……!!」


アルシェ「こ、こっち見てる……! き、破壊魔砲【キャノン】!!」ズゴオオオッ!


バリイイイイインツ!


リズ(ひいいっ!?)ピューッ


「な、なにごと!?」 「窓割れてるよ……」 「びっくりしたー」


アルシェ「いま、窓の外に、へ、へび、いて、こっち、見てて……」


「わ、私も見ました……食べようとこっちを見てて……」


ティア「こ、こわかった……」


「先生に知らせてくる!」 「ちょっと誰か魔法強い人呼んできてー!」


リズ(あー面白かった♪ 教室にもーどろっと♪)シュルシュル


ーーーーー

ーーー




別の教室ーー


クロエ「テネリタス、ティト、こっちを見なさい」


テネリタス「……」ツーン


ティト「……」グテー…


クロエ「な、なんでダメなのよ……」


ローラ「どこかに逃げたり噛み付いたりはしないんだけど……」


ティト「すまないご主人……我は星の輝きがないと力が出ないのだ……」グダー…


クロエ「ティトはまあ……理由は分かるわ。テネリタスは……」


テネリタス「別に主のことは嫌いじゃないよ。でも特別好きでもない。一番魔力が馴染むから近くにいるだけさ」


クロエ「くう……!」
945 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:05:44.97 ID:UEDBbKZpo
ローラ「最初はそんなものだよ。ご飯とか、毛づくろいとか、そういうことを一緒にやってく内にいつの間にか特別な関係になれるんじゃないかな」


クロエ「じゃあほら……さっきローラからもらった小魚でも」ザラーッ


テネリタス「おっ、いいねー♪」パクッ


クロエ「はあ……早くローラと魔獣のみんなみたいに仲良くなりたいわね……」ナデナデ


テネリタス「!」


クロエ「……」ナデナデ


テネリタス「……これは」ボソッ

テネリタス(主の手……気持ちいいな……)スリスリ


ごろごろ……♪


ローラ「あっ」


クロエ「?」ナデナデ


ローラ「テネリタスちゃん、クロエちゃんの手が気持ちいいんでしょ」


テネリタス「!? そ、そんなことはないっ!///」


ローラ「でも喉鳴ってるもんなー。そのタイプの魔獣は気持ちいいところを撫でられると、ついつい喉がごろごろーって鳴っちゃうんだよね」


クロエ「そうなの?」ナデナデ


テネリタス「……っ、くるる……っ」プルプル


ローラ「わ、抑えようとしてる。可愛い♪」

ローラ「クロエちゃんはマッサージが上手だから、魔獣にも気に入ってもらえるかもね」


クロエ「そうなのね……! まずはナデナデから始めるわ!」ナデナデ


テネリタス「ごろごろ……っ♪」


ティト(気持ち良さそうだな……)


コンコンッ


ローラ「? はーい」ガララッ


樹「ああ、やっぱりここにいたのね。少しお話いいかしら」


ーーーーー

ーーー

946 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:06:17.66 ID:UEDBbKZpo
空き教室ーー


ルク「ただいま戻りましたよ」


リズ「おかえり、ルク!」


ルク「いい子にしてましたか?」


リズ「うん!」


ルク「そうですか」

ルク「勝手に脱走して、食堂の周りをうろちょろして、他の人に迷惑をかけるのがいい子ですか」


リズ「ひっ!?」


ローラ「リズ……」ユラリ


リズ「ろ、ローラ!?」


ローラ「私がクロエちゃんと他の教室にいた間、何をしてたか聞かせてくれる……?」ギギギ…


リズ「あ、あう、あうぅ……!」


クロエ(リズ……これはもう私にも止められないわ……)


ーーーーー

ーーー




リズ「ごべんなさいでした……」ベソベソ


ローラ「まったく……急に校長先生に声かけられてびっくりしたんだから。イタズラはもうしちゃダメだからね」


リズ「はい……」


クロエ「校長先生がフェイクの魔獣を仕留めたって言って回ったから、あまり混乱は広がってないみたいね」


ローラ「校長先生には頭が上がらないよ……」


ルク「一歩間違えたらアルシェさんの魔法が当たってたかもしれないんですよ。そこのところ分かってますか?」


リズ「はい……分かってます……」


クロエ「ルクさんやけに怒るわね。やっぱり心配だった?」


ルク「心配ですよ! リズはまだ子供なんですから、しっかり守らないと……」
947 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:06:46.70 ID:UEDBbKZpo
クロエ「最初の頃暴れてたリズを仕留めようとした人と同一人物とは思えないわね」


ルク「あれは……」


ローラ「ルクさんもいつの間にかリズのこと大好きになってましたもんね」


ルク「う、うるさいです。それよりリズ、あなたはもう少し反省して……」


リズ「ルク、リズのこと好きなの?」キラキラ


ルク「うぐ……っ。し、知りませんそんなこと」プイッ


リズ「……」シュン


ルク「ああもうっ、嫌いな相手のお世話なんかするわけないじゃないですか」


リズ「……!」パアアッ


クロエ(……というかルクさんが人化して済ませた用事って)チラリ


ローラ(子供服の紙袋……。リズがいつ人化できるようになってもいいように、お洋服買いに行ってたんだ)ホッコリ


リズ「えへへ、もうイタズラしないからね」


ルク「そ、そんなの当たり前です」プイッ


クロエローラ「……」ホッコリ


ーーーーー

ーーー

948 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:07:14.16 ID:UEDBbKZpo
中庭ーー


ラクリマ「あ、ノルンいた」


ノルン「ん〜……?」


ラクリマ「ここで寝てるって聞いてきたんだ。隣いい?」


ノルン「どうぞー……ふああ……」


ラクリマ「あのさ……ズバリ言うけど、演技を教えてほしいんだ」


ノルン「えー……?」


ラクリマ「ほら、途中入部で勝手が分からなくてさ。やっぱやるなら本気でやりたいし」


ノルン「いい心がけだねー。でも、わたしより先輩に聞いたほうがいいんじゃないの〜」


ラクリマ「先輩達はこれから文化祭に向けてそれどころじゃないでしょ。だからノルンにお願いしたいの」


ノルン「……ノルンも初心者だから、教えられることは少ないよ〜。それでもいいならいいけど〜」


ラクリマ「ぜひお願いします!」ガバッ


ノルン「分かったよ〜も〜。じゃあ部室行こ〜」


ラクリマ「うん!」


部室ーー


ノルン「ノルンが知ってるのは、一人でできる発声練習と筋トレくらいだから、それをまず教えるね〜」


ラクリマ「お願いします!」


ノルン「じゃあまず腹式呼吸の練習から〜。肩幅で足開いて立って〜」


ラクリマ「ふむふむ……」


ーーーーー

ーーー

949 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/29(水) 18:07:49.17 ID:UEDBbKZpo
クロエ「ラクリマもいい感じで馴染んできたわね」


ヒカリ「舞さんの演技もみんな感心してるよ。今のところはいい影響が出てるみたい」


クロエ「……」ジ…ッ


ヒカリ「な、なに?///」


クロエ「いえ、今はもうヒカリも元気だなーって」

クロエ「あの時休んでた人もみんなもう普通に生活してるのよ」


ヒカリ「いいことじゃない?」


クロエ「そうだけど……あの一日だけ大量に休むっておかしくない?」


ヒカリ「おかしい……かな」


クロエ「あの日と何か違うことってある?」


ヒカリ「あれから橘花先生に検査してもらって、体内の魔力量が正常値に戻ってるって聞かされたよ」


クロエ「魔力が減ってたの?」


ヒカリ「そうみたい。魔力が突然減ったせいでダルくなっちゃうのは、魔法使い共通の現象なんだって」


クロエ「魔力が突然減る……それも大量に……」

クロエ「誰かに奪われたとか、ないわよね?」


ヒカリ「夏休み終わる前はクロエと一緒にいたし、体調悪くなるまで誰とも会ってないよ」


クロエ「そうよね……。それは私が一番知ってることだったわ」

クロエ「ちょっと聞き込みが必要かもしれないわね」


ヒカリ「そこまでしなくても……」


クロエ「彼女がまたいつ体調不良になるか分からないって怖いわよ?」


ヒカリ「確かに……ボクもクロエが体調不良で寝込んだら嫌だな」


クロエ「でしょ? だから納得するまで調べるわ」


ヒカリ「うん、ボクも手伝うよ!」


現在の目標
・集団体調不良について調べる
・部活に精を出す

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

9月第2週
2/16回目の行動です

8回目の行動終了後、マホリオ学外対抗戦へと移ります
12回目の行動終了後、文化祭へと移ります
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 18:33:36.09 ID:TjHRCloyO
体調不良の件からかナナにいつも以上にべったりのウィン
ナナや時雨が言うにはかなりピリピリしているらしい
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 18:49:58.17 ID:yeCc2H2VO
旅行などのいつものメンバーで集合して他に体調を崩した人がいないかとか色々情報共有
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 19:02:48.56 ID:3OCOmL350
リリィから樹に「下心があるならまだしも橘花の行動は後々エミールや元黒魔術部員を悲しませる事にならないか?」と相談が上がる

生徒×教師の立場からナミネ・ラミーも交えて教え子のために介入すべきか自由恋愛の名の下静観すべきか方針検討会議(と言う名で実質デート)
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 19:03:16.60 ID:D+gJiGbpO
ラクリマがマホリオで合図がバレないよう古代言語を使おうと提案するが、ステラもゼレスもさっぱり理解できなかった
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 19:08:01.30 ID:JdOjt1ffO
ティトをステラ(とゼレス?)に預けてみる
955 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:20:07.84 ID:qRSfoFAPo
橘花の研究室ーー


橘花「じゃあな、エミール。また来週来てくれ」


エミール「は、はい」


リリィ「……」ジー…


校長室ーー


リリィ「あれはだめです。いけません!」バーン


樹「え、なに、なに!?」ビクッ


リリィ「橘花先生のことです! ラミーさんをたぶらかして……!」


樹「ああ、そういうこと……。でも橘花にはそのつもりはないのよね」


リリィ「余計たちが悪いですね……」


樹「橘花は面白い魔法にしか興味がないのよ」


リリィ「どうするんですか。あのままだとラミーさんが悲しむことになります。それに元黒魔術部員の皆さんも……」


樹「あまり介入しすぎても良くないけど、元とはいえうちの生徒が悲しむのは見たくないわね……。少し話し合いの時間を取りましょう」


リリィ「はいっ」


ーーーーー

ーーー

956 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:20:38.42 ID:qRSfoFAPo
レストランーー


樹「で、リリィ先生はどう考えてるのかしら」


リリィ「橘花先生に置かれてる状況を説明すべきです。誰がどう見てもエミールさんは橘花さんのことが好きです。それなのにあんな態度……」


樹「私はエミールさんが自ら動かない以上、静観するのも手だと思ってるわ」


リリィ「ナミネさんはどうですか?」


ナミネ「私はその……校長先生に賛成です。何も言わないってことは、今の関係で満足してるのかも」


ラミー「私は伝えた方がいいと思います。実験にだけ付き合わされるって……嫌じゃないですか。自分じゃなくて魔法にしか興味がないみたいで」


樹「意見が分かれたわね……」


ナミネ「やっぱりその、エミールさん? に聞くのが一番ではないでしょうか」


リリィ「それもそうなんですが……」


樹「ひとまず話し合いはやめて、食事でも楽しみましょう」


ラミー「うん。いただきます」


ナミネ「いただきます」


リリィ(ナミネさん一口ちっちゃい……可愛い……)キュン


樹(ラミーは美味しそうに食べるわね……)ホッコリ


ーーーーー

ーーー

957 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:21:12.57 ID:qRSfoFAPo
学校、食堂ーー


クロエ「大体集まったわね」


凜華「こんなに人を集めてどうするんだい?」


クロエ「単刀直入に聞くけど、夏休み明けに休まなきゃいけないほど体がダルかった人っているかしら」


ヒカリ「はい」スッ


ナナ「私もです」スッ


アルシェ「ん」スッ


デン「は、はい」スッ


クロエ「こんなに……」

クロエ「聞いてる人もいるかもしれないけど、夏休み明けに魔力不足で休んだ人がいるの。そこで、みんなの話を聞いてみたくて」


イリス(ママのせいだ……)


ノワール「イリス? どうかした?」


イリス「ど、どうもしてませんよ。大丈夫です」


ウィン「誰かが夏休み最後の日に盗ってったんだよ。間違いない」


クロエ「そうなの?」


ナナ「らしい……です」


ウィン「ボクも盗られたから分かる。誰かに何かされたんだ」


クロエ「ウィンさん機嫌悪い?」


ウィン「ちょっとね。ナナも目の前で魔力が盗られてたのに、何もしなかった自分が悔しくて……」ギリッ


時雨「ちょっとじゃないだろう。そんなにピリピリしてるくせに」


クロエ「まあ、そこはいいわ。それよりもこのメンバーを見るに……」


ウィン「魔力の質が高い人、魔力を他人に渡せる人を狙ったみたいだね」


クロエ「そう……ね」
958 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:21:41.69 ID:qRSfoFAPo
クロエ「魔力を欲しがってる人がいるってことね」


ノワール(なんだかイリスのママさんみたいな人だな)


ウィン(イリスの母親は確か魔法の研究を……)


クロエ「今のところは誰がなんのためにやったのか不明だけど……みんなもこれから注意してね。またいつ来るか分からないんだから」

クロエ「魔力がなくなると免疫力も下がって風邪引いたりもするし、それに魔力で悪さされないととも限らないし、いいことないからね」


ウィン「次来たらぶっ飛ばす」


クロエ「た、頼もしいわ」

クロエ「集まってもらって悪かったわね。解散してもらっていいわ」


ノワール「クロエ、ちょっと話が」ヒソヒソ


クロエ「?」


ーーーーー


ノワール「関係あるか分からないんだけど、イリスのママさんが魔力を欲しがってたなって」


クロエ「そうなの?」


ノワール「研究がどうのって言ってたし、なんかやばい人っぽかったし……」


クロエ「イリスのママってセレニテさんよね? 会ったことあるけど優しそうな人だったわよ」


ノワール「えっ?」


クロエ「えっ、違うの?」


ノワール「いや、セレニテさんだけど……娘のためならなんだってするみたいな感じの人だったし……」


クロエ「変ね……」


ノワール「もしセレニテさんならやばい気がする。これ、私から言っていいのか分からないけど、イリスって魔力欠乏症を患ってて、それも関係してるかもしれないから……」
959 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:22:10.33 ID:qRSfoFAPo
クロエ「魔力欠乏症!?」


ノワール「う、うん。でもその例のママさんのおかげで、人から魔力を貰って魔法が使えてるみたい」


クロエ「そうなのね……」

クロエ「調べてみてもいいかもね。ありがとう、ノワール」


ノワール「ううん。私は知ってることを教えただけだから。伝えたいことはそれだけ」


クロエ「そう。じゃあ私行くわね」


ノワール「うん」

ノワール(もし仮にイリスのママさんだとしたら、イリスに説得してもらわないとなのかな……)


ーーーーー

ーーー




クロエ「ステラ、ちょっといい?」


ステラ「あ、先輩。どうかしましたか?」


クロエ「ティト、おいで」


ティト「……」テクテク


ステラ「この子は……」


クロエ「ステラが落とした星から産まれた子よ。もしかしたらステラの魔力と馴染むかもと思って」

クロエ「ステラさえよかったら少しの間お世話してみてくれない?」


ステラ「ええ、いいですよ。懐いてくれるかは分かりませんが……」


クロエ「ダメならまた私が面倒見るわ。まあ、ティトは人間が好きみたいだからあまり心配はしてないけど」


ティト「よろしく頼む」


ステラ「はい、ティトさん。よろしくお願いしますね」ナデナデ


ーーーーー
960 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:22:41.20 ID:qRSfoFAPo
ステラ「二人とも、お待たせしました」


ラクリマ「なんの話だったのー?」


ティト「我のことだ」ヒョコッ


ゼレス「わっ!?」


ラクリマ「おお? 何この子」


ステラ「少しの間お世話してほしいとクロエ先輩に頼まれまして」


ティト「我はステラ殿の魔法によって引き寄せられた。よってステラ殿の魔力と馴染むかもしれないという我が主の提案だ」


ラクリマ「ほー」


ゼレス「人の言葉を喋る狼……興味深いですね」


ラクリマ「ねー」ナデナデ

ラクリマ「おっと、その前に作戦会議の続きだよ」


ステラ「そうでしたね。お待たせしてすみません」


ラクリマ「いいよいいよ。で、早速提案なんだけど、私のチェンジボードに番号を振ってるじゃん? その番号を古代数字に置き換えたら相手にバレにくいんじゃないかなって」


ゼレス「古代数字?」


ラクリマ「まず、マ、ア、サ、ラ、タが基本の1〜5ね」


ステラ「ま、待ってください。聞き取りづらいです」


ラクリマ「マ、ア、サ、ラ、タ」


ゼレス「……続けてください」


ラクリマ「それで、これがバレたときはチュータを使う」


ゼレス「チュータ?」


ラクリマ「足し算だね。マ、チュータ、マなら1たす1で2、つまりアってこと。ア、チュータ、サなら2たす3で5。タになる」


ステラ「えっと、えっと……」


ラクリマ「これもバレたら、キュータ。引き算を使う」

ラクリマ「タ、キュータ、マなら5ひく1で4。つまりラ」
961 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:23:16.57 ID:qRSfoFAPo
ゼレス「数字も記号も聞き取りづらすぎです! 却下!」


ラクリマ「えー!?」ガーン


ステラ「試合中に聞き分けて、しかもその数字を思い浮かべるとなるとちょっと厳しいと思います……」


ラクリマ「そんなあ……けっこういい案だと思ったんだけど」


ゼレス「別の案を考えましょう。例えば、6と言ったらその後からは数字をプラス1して計算するとか」


ステラ「最初は数字通りで、バレそうなタイミングで数字を入れ替えるわけですね」


ラクリマ「そっちの方が分かりやすいか……」


ーーーーー

ーーー

962 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/07/31(金) 07:23:43.07 ID:qRSfoFAPo
クロエ「さて、どう動こうかしら」


現在の目標
・集団体調不良について調べる
・部活に精を出す

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

9月第3週
3/16回目の行動です

8回目の行動終了後、マホリオ学外対抗戦へと移ります
12回目の行動終了後、文化祭へと移ります
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:23:47.76 ID:1ynFa81A0
マホリオ学外対抗戦に向けて手当たり次第に野良試合をしかけまくる
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:31:58.79 ID:ng9eoRPM0
野良試合をしすぎて疲れたクロエにローラとヒカリが愛のマッサージ
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:40:31.40 ID:EGlWTud20
スフィアとルクが良い感じになってる
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:44:11.87 ID:1mkCI0SbO
久々にコンマでノワール悪魔ガチャ
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:53:50.17 ID:W1HERfKiO
↓1と↓2がば街中でばったり出会す
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:56:13.11 ID:dfOTaKMwo
セレニテ
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 09:03:19.95 ID:dy5NfrI/O
クロエ
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 18:02:33.48 ID:iFxUb+SfO
ノワールは今度は何にブチギレるんだ……
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/01(土) 22:23:08.41 ID:y9hRDrVF0
次スレの季節
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/03(月) 21:58:52.83 ID:m/ZhE9j9O
ゼレスの愛が重い設定はそろそろ活きてくるかな?
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/04(火) 00:13:36.37 ID:LKlwZQCYO
まだかなー
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/04(火) 23:24:27.39 ID:DYIbr/Lg0
待ってる
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/06(木) 19:08:35.61 ID:hkRJyvaY0
また暫く間空いちゃうのかな
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 22:46:57.05 ID:imyH43Ix0
まだこのスレ内で投下するかもしれないし、そろそろレス控えた方がいいんじゃない

スレ埋まるまでは行かなくても投下するスペースが無くなるぞ
977 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:22:52.33 ID:gahdJqybo
掲示板前ーー


クロエ「今のところ私達のチームの順位は……」


1.ウィンチーム
3.楓チーム
11.クロエチーム


凜華「ギリギリ10位圏外だね……」


クロエ「大会に出るためにも、たくさん試合をこなしましょう」


モミジ「うん!」


ーーーーー


クロエ「とゆーわけで挑ませてもらうわウィンさん!」


ウィン「いつでもどーぞ」


リリィ「審判は私が。試合開始!」


クロエ「闇弾【ダークボール】!」


ウィン「魔弾【シュート】」


ゴオオオッ!


ーーーーー

ーーー




クロエ「いたた……」


凜華「これは明日筋肉痛かな……」


モミジ「ウィンさんから始まって、今日だけで5試合もしたもんね……」


クロエ「付き合わせてごめんなさいね、二人とも」


凜華「ううん。私も大会には出たいし、そのためならこれくらいへっちゃらだよ」


モミジ「わ、私も……クロエちゃんの役に立ちたいから」


クロエ「モミジ……」

クロエ「じゃあ今日はここまでね。また明日も何試合かするつもりだから、よろしくね」


凜華「ああ」


モミジ「うんっ」


ーーーーー

ーーー

978 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:23:25.36 ID:gahdJqybo
街中ーー


クロエ(薬局でモミジと凜華分の湿布と、あとは魔獣ショップでおやつを買って……)テクテク


どんっ


クロエ「ご、ごめんなさいっ。考え事をしてて……」


セレニテ「いえ、こちらこそ……」


クロエ「あ、あなた確か……イリスのお母さん」


セレニテ「あなた、リリウムの生徒の……」


クロエ「クロエ・アートルムよ」


セレニテ「そう、クロエさん。ぶつかってごめんなさいね」


クロエ(やっぱり普通の人に見えるけど……)


セレニテ「そうそう、イリスは今どんな様子かしら?」


クロエ「イリス? 特に変わった様子はなかったけど……」


セレニテ「そう、良かったわ。成功したみたいね」


クロエ「成功?」


セレニテ「あ、あら。なんでもないのよ、気にしないで」


クロエ「……勘違いならごめんなさい。セレニテさん、夏休みの最後の日にリリウムに来た?」


セレニテ「……ああ、もしかして気づいてたの?」


クロエ「その口ぶり……あなたが皆から魔力を奪ってたのね」


セレニテ「そうよ。でも死ぬほどじゃない。生活に支障は出てないでしょう?」


クロエ「なんのために……」


セレニテ「そんなのイリスのために決まってるじゃない。イリスのために、少しでも多くの魔力が必要なのよ」


クロエ「……そう」

クロエ「今はもう誰も魔力が減ったことを気にしてないわ。でももう二度と魔力を奪いに来ないで」
979 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:24:03.62 ID:gahdJqybo
セレニテ「大丈夫よ。たくさんの人からちょっとずつもらってるだけだから、人が死んだりはしないわ」


クロエ「体調を崩してる人がいるのよ! 何人も!」


セレニテ「ふふっ、ムキにならないで? それもこれもイリスのためなの。イリスの病気が治るまでの辛抱だから」


クロエ「……っ!」ギリッ

クロエ「言っても無駄みたいね。もういいわ」


セレニテ「あら、行くのね。イリスによろしくねー」


クロエ「ふんっ!」ツカツカ

クロエ(なんなのよあの人……!)


ーーーーー

ーーー

980 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:24:43.57 ID:gahdJqybo
学校ーー


ノワール「そんなことが……」


クロエ「セレニテさんが犯人ってことは校長先生にも伝えるつもり。まあ、証拠がないから警察は動かないでしょうけどね」


ノワール「やっぱりあの人おかしいよ……」


クロエ「そうね、ちょっと常軌を逸してるわ」


ノワール「魔力欠乏症だって、必死に治すほどの病気じゃないよ。魔法が使いたいなら魔力がストックされた魔石とか使えばいいんだし。目が悪い人がメガネかけるようなものじゃん」


クロエ「どうしても治すつもりみたいだったわね。何か理由があるのかしら……」


ノワール「理由……」

ノワール「お金……とか?」


クロエ「お金って……あの人天才なんでしょう? 稼ぎようならいくらでもあるじゃない」


ノワール「誰かがイリスのママさんにお金を渡して研究してもらってるみたい。娘の病気と最前線で戦えるし、それでお金も貰えるから……」


クロエ「つまり……」


ノワール「そのお金渡してるやつが悪いんだよ。自分で研究しないで誰かに丸投げしてさ」


クロエ「その人を説得して無茶な治療は止めさせるように言えばいいんじゃない? さすがに研究の過程で問題が起きるのは支援者からしても本意じゃないでしょうし」


ノワール「確かに! イリスは会ったことないって言ってたから、怖いけどイリスのママさんに頼んでみよう」


クロエ「そうね。連絡取るだけなら校長先生に頼めばなんとかできると思うわ」


ノワール「決まり! 連絡ついたら教えてね」


クロエ「ええ」


ーーーーー

ーーー

981 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:25:12.76 ID:gahdJqybo
修練場ーー


ノワール「はあ……」

ノワール(クロエの話聞いてたらムカムカしてきたから……この状態でパンデモニウムのコントロール練習しよう……)ムカムカ

ノワール(魔力を奪った犯人がイリスのママさん……! 娘のためとか、研究のためとか、そりゃ言い訳はできるだろうけど……それをさせてる奴がいるのが気に食わない!)ギリッ

ノワール「悪魔召喚【パンデモニウム】!!」カッ!


バシュウウウウウ!


黒い騎士「ゴ……オ……」ガシャン


ノワール「あ……」


黒い騎士「ガア!」ブンッ!


ノワール「きゃあっ!」バッ


ゴシャアッ!


黒い騎士「……ギ」ギョロリ


ノワール(こいつ……ヤバい……! 上級の悪魔だ……!)カタカタ


黒い騎士「ニガ……サヌ゛……」ガシャン


ノワール「い、いや! 来ないで!」ダッ!
982 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:25:43.37 ID:gahdJqybo
校舎裏ーー


ノワール(誰か……誰か……!)タタタッ


ルク「おや?」


ノワール「あ、ふ、不死鳥さん! 助けてください!」


スフィア「あの黒い鎧?」


ノワール「そうです! 魔界から召喚しちゃって……!」


スフィア「凍てつけ」パキンッ


黒い騎士「ギオ……!?」ガクンッ

黒い騎士「アア……マコウテイ……サマ゛……!!」


スフィア「……燃えろ」ゴオッ!!


ジュオオッ!


スフィア「……チッ」


ルク「おおー……」


ノワール「た、助かりました。ありがとうございます……」


スフィア「これぐらいお安いご用よ」ケロッ


ルク「……さっきマコウテイって……」


スフィア「やっぱ聞かれてたか……」

スフィア「あいつを見てちょっと思い出したよ、魔界時代のこと。確かにわたしは魔皇帝って呼ばれてた」


ノワール「魔皇帝って……確か魔界に三体いるすごく強い悪魔のことですよね」


スフィア「物知りね。そう、その三体の内一体がわたし」


ノワール「昔魔界について研究した人がいたらしくて、いろいろな本で勉強したので」フンス


スフィア「いい心がけだわ。思い出しついでに言っておくと、魔界は完全に実力主義。わたしと同列の魔皇帝がもう一体、わたしより強いのがもう一体。そして、わたしより遥かに強い魔王が魔界の頂点に君臨してる」


ノワール「魔王……」


ルク「聞くだけで恐ろしいですね……」
983 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:26:10.75 ID:gahdJqybo
スフィア「まあよっぽどのことでも起こらない限り、魔王に会うことなんてないでしょ」


ノワール「そうですね。次からは気をつけます……」


スフィア「それよりルク、どう? 惚れ直したかしら?」


ルク「惚れ直すもなにも惚れてませんから……」


スフィア「えー、ひどいなー。いいとこ見せようと思ったのに」


ルク「ま、まあ……カッコよかった……とは思いますが」ボソボソ


スフィア「えっ///」キューン


ルク「……///」


ノワール(あれ、いい雰囲気? 私いない方がいいかな……)ソソクサ


ーーーーー

ーーー

984 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:26:51.89 ID:gahdJqybo
♡愛のマッサージ♡

放課後、部活をこなし、そしてマホリオを連戦。その足で街中まで買い物へ向かい、帰宅。
言うまでもなく、その足はパンパンにむくれきっていた。

(ふう……今日はよく寝れそうね……)

そう心の中で独りごちて、自室のドアに手をかける。
開ければそこにはヒカリがいて、多少の労いの言葉をかけてもらえることだろう。

「ヒカリ、ただいま……」

「おかえり、クロエ」

「おかえり、クロエちゃん」

驚いたことに、そこには私の彼女が二人とも揃っていた。思わぬ歓迎に嬉しさがこみ上げる。

「ローラ、どうしたのよ。もう夜遅いわよ?」

「凜華さんとモミジさんが来て、クロエちゃんが買い物に行ったって聞いたから待ってたんだよ。きっと疲れてるだろうなって思って」

「部活にマホリオに買い物なんて、ちょっとハードスケジュール過ぎるよ。ほら、マッサージしてあげるから横になって」

ヒカリがポンポンと私のベッドを叩いて、横になるよう促してくる。

「お願いするわ。歩き過ぎて足がパンパンで……」

断る理由もないので、素直にうつ伏せになる。
その後でギシギシと二度ベッドが揺れ、ローラとヒカリもベッドに乗ってきたことを伝えてきた。
ソックスが脱がされ、ひんやりとした外気が足に触れる。

「それじゃ、やってくね」

ローラの手がむぎゅっと左足のふくらはぎを掴む。
暖かくて小さな両手が、必死にほぐそうとムニムニ動いている。

「こっちも」

今度はヒカリの手が右足のふくらはぎに乗せられる。
ひやりとしたきれいな指で、包まれるように動かされる。

これは……。

「気持ちいいわ……」
985 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:27:24.85 ID:gahdJqybo
固まった筋肉がほぐされていく感覚。
じわじわと熱が足先まで広がっていく。
しばらくふくらはぎをほぐされ、次は足の裏のようだ。
指でぎゅうぎゅうと押されると、これまたなんとも言えない感覚に体をよじってしまう。

「どうかな、気持ちいい?」

ローラから声がかかる。

「ええ、気持ちいいわ。だいぶほぐれたんじゃないかしら」

手をついて体を起こすと、足元の二人は顔を赤くして目線を交わしていた。
何事だろうか。

「あ、あのね、クロエちゃん。その……嫌だったら言ってね?」

「な、なんの話?」

「んと……今からクロエのこともっと癒やすから、やめてほしかったら言ってほしいな」

「もっと? お願いしようかしら」

さらに癒やしてくれると聞いて、もう一度うつ伏せてで横になる。
やめてほしくなるなんて、なんの心配かしら。
すると、膝まであったスカートが持ち上げられる感覚。そして太ももに手を置かれる。
なるほど、太もものマッサージもしてくれるらしい。何も言わずに二人に身を任せる。
むにむに、ぐにぐにと押し込まれる。

「ん、ふ……」

あまりの気持ち良さに、少し声が漏れてしまう。

「ご、ごめんクロエ。やめようか?」

「え? 気持ちいいからもう少しやって欲しいくらいだけど……」

「じゃあ……」

ごくりとツバを飲み込む音が私にまで聞こえた。
何をそんなに緊張しているのだろう。
太ももに置かれた手がゆっくりと上に上がって……。
986 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:27:57.37 ID:gahdJqybo
「んひっ!?」

「わーごめん! やっぱりやめるよ!」

い、今……下着の上からだけど……触られた……。
そっか、そういうことだったのね……。

「い、いいわよ、続けても……」

一気に心臓の鼓動が早まる。炎魔法を顔面で浴びたかのような頬の熱くなり方だ。

「そ、それって……」

「い、言わせないでよ……」

体の芯がきゅんきゅんとうずく。
ころんと仰向けになると、そこには顔を真っ赤にした二人がいた。

「クロエちゃん……」

「んっ……」

まず、ローラがちゅっと口づけてくる。
いつも可愛らしい声をころころと響かせている、幼馴染の唇。
暖かくて、甘い。

「ちゅ、ちゅ……」

「ん、んう……」

「ろ、ローラさん。ボクも……」

ローラの唇が離れると、今度はヒカリが覆いかぶさってキスしてきた。
形のいい、瑞々しい唇だ。
この短時間で二人の美少女の唇の感触を味わってしまった。

「ふ、ん……っ」

「ちゅ、ん……」

ぷはっと唇が離れる。
あまりの突然の関係の進展に、正直脳みそがぐらついている。
しかし、二人が勇気を出してくれたのだ。ここで逃げては女がすたる。

「脱がすね……」

二人がかりでまとっていた制服を脱がされる。
ヒカリがプチプチと上半身のボタンを外し、そのまま剥ぎ取られる。
ローラはスカートのベルトを緩め、そしてするりと脱ぎ去られてしまった。
上はキャミソールで、下は白いショーツが丸出しだ。
キャミソールの中に付けているブラジャーは下とお揃いだし、よれてもいない恥ずかしいものではない。
でも、二人に見られるかと思うとやはり隠したくなってくる。

「へ、変じゃない……わよね」

「うん。綺麗だよ、クロエちゃん」

キャミソールから覗いている鎖骨の辺りにキスを落とされる。

「んっ」

体が反応して、ぴくんと跳ねる。
今度はヒカリにキャミソールをまくられ、おへその辺りにキスされる。

「あぁっ、だ、ダメ……っ」

反応しまいと力を入れているのに、どうしても声が出てしまう。
987 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:28:30.26 ID:gahdJqybo
「ふふ、クロエ可愛い」

「クロエちゃん、もっと声聞かせて……?」

二人がかりのキスの雨。
ぴくぴくとどうしても体が反応してしまう。

「うっ、くぅ……! 〜〜〜もうっ! 二人とも!」

ガバッと体を跳ね起こす。
二人も驚いて手を止めた。

「二人も脱ぎなさいよ! せめて同じ格好になりなさいよ! 私だけこんな格好なんて、恥ずかしくてどうにかなりそうなの!」

うがーっとまくし立てると、二人はキョトンとした顔。
その後顔を見合わせてくすりと笑う。

「分かった、いいよ」

「クロエちゃんになら……」

するすると恥じらいなく脱いでいく二人……。いや、止まった。
上のボタンを外して、そこで二人とも手を止めている。

「どうしたのよ二人とも」

「や、やっぱり見られるのは恥ずかしいね……」

なるほどそういうことらしい。ならば。

「私が脱がせてあげるわ。まずヒカリからね」

え、と声を出す前にボタンが外れた上着を引っ張る。
そしてさっと腰のベルトを緩め、下も手早く下ろす。

「え、えっ!?」

そして、いっそのことと中に着ていたインナーもするっと頭から抜く。
これでヒカリは上下ともに下着姿になった。
青色の下着で、上品なフリルがあしらわれている。

「はい完了」

我ながら驚くスピードで脱がすことができた。ふふんと鼻を鳴らし、次の標的に向き直る。

「次はローラよ」

「うう……っ」

さささっとこちらも同じ手順で脱がせる。
ローラの下着は、緑色のスポーツブラとスタンダードなショーツだった。
脱がされた二人は顔を真っ赤にして体を隠そうとしている。

「こ、こうなったらクロエちゃんもだよっ」

「そ、そうだそうだ!」
988 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:29:01.39 ID:gahdJqybo
わっと襲いかかってくる二人。ヒカリにのしかかられ、ローラに頭からキャミソールを抜き去られる。
白地に花の刺繍があしらわれたブラがあらわになってしまう。

「〜〜〜っ!!」

「クロエ、恥ずかしい? ボクらも脱がされて恥ずかしかったからおあいこだね」

ぐぬう……。
確かにおあいこではあるので強く反論できない。

「……ぷっ」

すると、頭上の方からローラの笑い声が。
どうしたのだろうか。

「ご、ごめんね笑って。でも、なんだかえっちする雰囲気にしては明るいなあって思ったら、なんだか可笑しくって……ふふっ」

「そ……そうね。脱がし合ってイタズラしあってただけだものね」

「まあ、ボクらにはこれくらいの雰囲気が合ってるんじゃない?」

三人の小さな笑い声が部屋に響く。
そして……。

「じゃあ……全部脱ごっか」

ヒカリの声で、それぞれが自身の下着に手をかける。
ぷるんっ。そんな擬音が聞こえるような一瞬だった。三人ともが一気に下着を脱ぎ、そして恥ずかしがって滑るようにベッドへと潜り込む。

「なんでベッドに入ってるのよ」

「恥ずかしかったんだもん。それにクロエちゃんも入ってる」

「こ、ここは私のベッドだからいいのよ」

「クロエ、その言い訳は苦しいよ」

裸で密着しながら、互いに軽口を叩き合う。
すりすりと触れる柔らかい肌が心地良い。

「えへへ……クロエちゃん、こっち見て?」

「? 何よローラ……んんっ」

「えへへぇ……またキスしちゃった」

か、可愛い。

「クロエ」

ちょんちょんとヒカリに肩を叩かれて振り向く。

「んっ」

「ん……」

「ローラさんばっかりズルい……」

こっちも可愛い。
私の彼女可愛すぎる。
989 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:29:45.72 ID:gahdJqybo
やがて二人が両側から挟むように体を密着させて来た。
そしてすりすりと体をこすりつけてくる。

「んっんっ……」

「あっ、だめだよヒカリさんっ、クロエちゃんでオナニーしてるっ」

「ローラさん、だって……っ」

太ももの両サイドが、しっとりとしていくのを感じる。
そして二人の熱い吐息が首元にかかる。

「は、あっ……だめ、イく……!」

先に果てたのはヒカリだった。びくんと体を跳ねさせる。
力が抜け、くたりとしてしまう。
続いて、ローラも。

「クロエちゃん、クロエちゃん……っ! ぁぁあっ!」

びくびくとカラダを震わせ、甘い声を上げて、そして力尽きる。
二人とも軽くイってしまったらしい。

「……いや、私動けないんだけど」

「あっ」

やってしまった、というような声がステレオでシンクロする。
二人にされるがままだった私は、何をするでもなく二人に任せておくことしかできなかった。
結果二人は果てたが、私は一人で熱を持て余すこととなってしまったのだ。

「ご、ごめん……」

むにゅうと胸が押し付けられ、そのままヒカリの手が伸びてくる。

「っあ……」

手がそこに触れた瞬間、くちゅりと濡れた音がした。
そんなになっていたのかと、かあっと顔が熱くなるのを感じる。

「ふふ、濡れてるね」

くにくにと指で入り口をいじられる。
それだけのことに体の最奥が喜んでしまっている。

「ヒカリ、ヒカリぃ……っ」

「うんうん、任せて。大丈夫だよ」

「ヒカリさんズルいよお……私も触っちゃうからね」

そう言うが早いか、ローラはワタシの無い胸に口を寄せた。

「ちゅうう……」

「んんんっ!? ちょ、ローラ、なに、してぇ……!」

んふー、とドヤ顔で上目遣い。可愛いけどびっくりしてしまう。
挙げ句に口の中で舌が動き初め、ピンピンと乳首を弾かれてしまう。

「ふぁ、やら、ふたりともっ、もう、も、だめ……っ! 〜〜〜〜〜っ!!」
990 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:30:55.28 ID:gahdJqybo
体中に電撃魔法を浴びせられるような衝撃。
びくびくと跳ねる体が制御できない。

「ーーっは、あ……っ」

「ちゃんとイかせられたね」

ヒカリがちゅっと頬に口づけを落とす。

「かわいい、クロエちゃん」

ローラは逆側の頬に。

「気持ちよかったし……このまま寝ようか?」

一通り盛り上がって徐々に体の熱が引いていく中、ヒカリがそんな提案をする。
確かにもう寝てもいい程の疲労感と倦怠感に体を支配されている。でも……。

「私が二人を気持ちよくしてないわ」

ばさっとシーツをどけて、二人の足元へ。

「で、でも私達ももう気持ちよくなったし……」

「それは私の体でオナニーしただけでしょ、ローラ」

うぐっと言葉に詰まった顔をする二人。
何より、私が二人を気持ちよくしてあげたいのだ。

「ね、いいでしょ?」

「……クロエに頼まれたら断れないよ」

「……その代わり、ちゃんと気持ちよくしてね」

ヒカリとローラがそれぞれ自身の秘所に両手の指をあてがい、そして外側に開いた。
ぬぱあっと開かれたそこにはピンクの穴が二つ、いやらしく私を誘っていた。
体を近づけ、両手をそれぞれの秘所へと持っていく。そして、まず中指の腹で触れた。

「んっ」

二人の声が重なる。

「大丈夫……?」

二人ともこくりとうなずく。そして、ローラが口を開いた。

「く、クロエちゃん。あのね……中まで、入れてほしいな……」

それはつまり、膜を破って破瓜の血を流すということで……。

「いいのね?」

「ん……」

こくり。ヒカリも同時にうなずく。
それを見て、私はできるだけ痛くないようにと中指から小指に添える指を代えた。
そして……。
991 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:31:26.97 ID:gahdJqybo
「あ、ぁあ……っ!」

「く、う……!」

「だ、大丈夫?」

二人が顔を歪める。
愛液とは違うどろりとした熱い液体が小指にまとわりつく。

「あは、すごい、クロエちゃん……」

「すごいって何が……」

「幸せで、胸がいっぱいなの……!」

つう、と涙を零しながら。
きっと痛いだろうに、それでも本当に心の底から嬉しそうで。

「いいよ、クロエちゃん。動かして……」

できるだけ優しく、痛みの出ないように動かす。
くぷ、くぷ、と小さな音が響く。

「ボクも、もう大丈夫だから……」

ヒカリも、うっとりとした顔で告げる。
ああもう。

「あっあっあっ……!」

「クロエ……はぅ……っ」

私は、きっと。

「クロエちゃん……! もう、わたし……っ」

「ボクも、もう……!」

世界一の幸せ者だ。

「んきゅううぅぅ……っ!!」

「ふやああぁぁっ!」

きゅんきゅんと指が締め付けられる。
ローラはまるでかじりつくかのような締め付けで、指を離そうとしない。
ヒカリの方は、みっちりと全方位から包むようにしてきて、こちらも簡単には離そうとしない。
ややあって二人の絶頂が引き、二人の息が整うのを待って、ゆっくりと指を引き抜く。
やはりそこには赤い血の跡があり、行為の証拠をまざまざと見せつけてくる。

「えへへ、幸せだねえ……」

「うん。心の奥から温まる感じだ」

「ほらほら、ピロートークの前にささっと片付けるわよ。制服もシワになっちゃうし、シーツも取り替えないと」

はーいと元気に返事が返ってきて、三人で片付けに取り掛かる。
そのさなかキスをして、抱き合って。やっぱり幸せだなと感じながら夜は更けていった。
992 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/08/12(水) 23:31:56.99 ID:gahdJqybo
クロエ(し、しちゃったわ……。それに、初めてが三人だなんて……///)ドキドキ


現在の目標
・集団体調不良について調べる
・部活に精を出す

安価↓〜↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

9月第4週
4/16回目の行動です

8回目の行動終了後、マホリオ学外対抗戦へと移ります
12回目の行動終了後、文化祭へと移ります
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:58:43.35 ID:qru7mlIG0
ゼレスが風邪を引いたのでステラが看病。いつものツンツンした態度とは真逆の甘えたがりなゼレスに内心ドキドキなステラ。このレスのコンマ一桁が偶数なら回復後もゼレスの記憶が残っている
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:14:30.96 ID:8mbyyudpO
ソレル姉妹が週末にお出かけ
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:31:21.29 ID:lDs47PD+O
以前スフィアに言われた吸血鬼の吸血欲求に関して色々と気になった楓が親(吸血鬼の方)にそれとなく電話で聞いてみる
会話が終わった辺りでちょうど晶と嵐に出くわす
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:33:09.64 ID:OSxj+OdT0
舞、めきめきと演技が上達していくラクリマに興味を持つ
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:34:45.85 ID:Uzbkz7meO
演劇部にて、主人公凜華とヒロイン舞のエチュードの破壊力にやられる部員多数。
なお最も被害を被ったのはたまたま覗きに来ていた百合江で『止まるんじゃありませんわよ……』とでも言いたげに満足そうに倒れていたという。
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 01:00:00.40 ID:zPM7EV4B0
次からは次スレでスタートかな?
>>1投稿お疲れ様やで
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/25(火) 00:42:56.06 ID:Ov0p0Wu90
>>1000ならデンちゃんにハーレムができる
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/25(火) 00:55:14.14 ID:/d98ZBsvO
>>1000ならハロウィンイベント
1001 :1001 :Over 1000 Thread
      .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                 .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                    .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
                       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄|┌┬───―                .;.;.;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄| | | | ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ \        .;.;.;.;.;.;.;.;.;.
 ̄ ̄| | | |     /       :::::\        .;.;.;.;.;.;.;.;.
 ̄ ̄| | | |     (人_)     ::::::::|       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;
 ̄ ̄| | | |___ \.....::::::::: :::,/  カチャ     .;.;.;.;.;.;.;.;.;..;
  .o |└┴─┬── /      ヽ    カチャカチャカチャ .;.;.;.;..;.;.;
  °|     /⌒| ̄ __,       i         タンッ  .;.;.;;.;.;.;.;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |              .;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ノ    カチャカチャカチャカチャ .;...;.;.;.;.;
             |  _/ ̄ ̄ ̄|       パシッ タン .;.;.;.;.;.;.;
           _|  | ̄| ̄| ̄               .;.;.;.;.;.;    SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
          (___) |_|                       http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
浅倉透「洗い物の映画」 @ 2020/08/24(月) 22:57:05.55 ID:8mO0eKsLO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598277425/

五更瑠璃「それで、飲むの? 飲まないの?」高坂京介「わかった……頂くよ」 @ 2020/08/24(月) 21:33:09.87 ID:tDpFUbRvO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598272389/

(・ω・) @ 2020/08/24(月) 06:22:59.40 ID:uvutlXaiO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/gomi/1598217779/

【かぐや様は告らせたい】小野寺麗の日常 三学期 @ 2020/08/24(月) 01:40:19.12 ID:e76LH8lzO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598200819/

凪の陽炎型 @ 2020/08/24(月) 01:01:47.34 ID:bjQJDYE9o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598198507/

A雑シルバニアファミリー大好き部 @ 2020/08/23(日) 23:26:02.78 ID:o0vIZ+VtO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1598192762/

海上自衛隊の奇妙な話 @ 2020/08/23(日) 23:03:30.14 ID:fDbgxDM2O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598191410/

天馬「なんなんだ!この強さは!?」俺「フフフ...] @ 2020/08/23(日) 21:21:11.70 ID:YJg7s3uD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598185271/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

491.10 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)