【デレマス】今日は桃華の誕生日

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 21:57:50.98 ID:fxuSKfiDO
サッサッ

「これで洗濯はおしまい……」

コトコト

「んー」

ズズッ

「お味はよろしいですわね」



コチコチ

「そろそろでしょうか……?」



カチャ

「んっ」



モバP(以下P)「ふぅ……疲れた。って何で明かりが?」

パタタタタ

P「ん?」



「お帰りなさいませ」

桃華「私だけのPちゃま―― 」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 21:58:38.25 ID:fxuSKfiDO
櫻井桃華誕生日SSになります

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:03:40.61 ID:fxuSKfiDO
P「あれ?ちょっと前だけど、お前の家まで送って……あれ?あれ?」

桃華「ふふふっ、それはそれですわ」

P「というか、桃華は今日、誕生日だろ。なんで世話をしに?」

桃華「迷惑……でしたか?」ウワメヅカイ

P(どっきーん!)

P「うっ……」

桃華「今日もお仕事お疲れ様でしたわ」

桃華「さぁ、桃華特製シチューを召し上がれ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:06:57.07 ID:fxuSKfiDO
…………
……

P「ぷはーっ、うまかった」

P「よし、あとは俺が片付けるから桃華は帰り支度を……」

ギュッ

桃華「……えっと……その……」

桃華「今日は……帰りたくありませんの」ウルルッ

P「…………おっけ」グッ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:11:42.35 ID:fxuSKfiDO
カポーン

P「風呂まで支度してあるとは……」

P「しかし、親御さんは大丈夫かなぁ……」

桃華「心配ありませんわ。既に『孫の顔を見せろ』と言われていますの」

P「そっかぁ……孫……」





P「って、なんで風呂に入ってきてるの!?」

桃華「あら?いけませんか?」

P「ダメ、駄目。襲っちゃいたくなります!」

桃華「ふーん」



ツンッ

P「あうっ!」

桃華「Pちゃまのpはそうは言ってませんわ」ツンツン

桃華「さぁ、リラックスしてくださいませ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:25:51.80 ID:fxuSKfiDO
チュバチュバ

桃華「ん……ンっ……ちゅ……」

P「あ゛っ、ああっ」

P(しょ、小学生に口で……)

桃華「んっちゅ……ちゅ……んんッ……ふぅ……」

P「気持ち……いっ……」ビクンッ

桃華「ほほ……ふぇふの……(ここですの?)」

P「あ゛あ゛あ゛……」

P(喋る振動で……ぇぇぇえ……)ビクッビクンッ

桃華「あむっ……んンっ……むぅ……」クイックイッ

P(ヤバイヤバイ……出る出る……)ビクビクビクッ

桃華「んぐっ……んちゅ……ん……」チュクチュクッ



P「あ゛あ゛あ゛っ……出……るっ!」

ビュルッ

ビュッ

桃華「っ!ん゛んっ……うぅ……」

桃華「んんぅうう……」



ゴクンッ

桃華「す、すごい味ですわ……まだ喉に引っ掛かっていて……」

P「む、無理して飲まなくても……なっ」

桃華「心配いりませんわ」



クパァ……

桃華「今から、ここのお口にもいただきますから」トロォ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:33:07.28 ID:fxuSKfiDO
サスサス

桃華「はぁ……んん……あくッ……!」

桃華「ぴ、Pちゃま……桃華のお胸だけでなく……その……ンんぁ!!」

P「桃華……綺麗だよ」サスサス

桃華「ぁ……あ、ン……ぁ……ッッっ!」

ヂュルッ

桃華「い、いけませんわ……乳首を……そんな……っひャ!?」ピクッ

桃華「く、くすぐ……はぁぁ……ん…クっ」

桃華「も、もう……赤ちゃんみたいで……っっん……」ドキドキ

桃華「お腹の奥まで、じわーってきてますの……」

桃華「だから……だから……」ウズウズ





桃華「桃華を……気持ちよくしてくださいませ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:46:04.00 ID:fxuSKfiDO
チュッ

チュッ

桃華「ン、ンン……うッ……ンンッ……」

桃華(き、キスだけでこんなに気持ちいいなんて……)

桃華(やっぱり、Pちゃまは……私の……)

桃華「んぅ……ン……ふァ――――んんんくゥ?!」ビクビクビクッ

桃華「あ……――――」



P「気持ちよかったんだね」

桃華「……は……い……」

P「じゃあ、桃華が可愛いからもっと気持ちよくしてあげるよ」コリコリ

桃華「ぴぃアッ!?」ガクッ

桃華(だ、だめ……今、そこは刺激が強……)

クチュリュッ

クチュッ

桃華「ヤ……っ――んんゥッ……!」

桃華(Pちゃまの指が……は、入って……き……)

プチュ

桃華「んんっ!やっ?!……そこ……激し……あ、あ、あぁあああッ!」ビクッ

桃華(私の中でPちゃまの指が……)

桃華「だ、ダメっ!駄目ですわっ、またイっちゃ……やぁッ……あ、あぁっ!!」

チャブッ

クリッゥ

桃華「やぁ……も、もう……イってますのに……」

ビチュッルッ

桃華「あ゛っ!――ま、またぁ、イって……あぁ……!」ビクビクッ

P「……もっともっと」

桃華「はぁはぁ……?」

P「桃華の可愛いところを見たいだけなんだ」

チュッ

桃華「あ……」

桃華「もう……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:49:08.58 ID:fxuSKfiDO
桃華「Pちゃま……」



桃華「今日の桃華は大丈夫ですわ……ですから」

桃華「いっぱい、Pちゃまの愛をくださいませ……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 23:05:35.66 ID:fxuSKfiDO
グチッ

桃華「はぁ……」

ヌプ

桃華「は、入って……ん……あ……んぅ……」

P「入ったよ」

桃華「こ、これがPちゃま何ですね……」ドキドキ

P「あぁ、じゃあ……」

桃華「あ、はい……おねがい……ん……っ……」ギチギチ

グブッ

桃華「かはぁッ!?あっ、あぁあああっ、……あぁあぁああーっ!」ビクビクッ

桃華(い、入れていただいただけなのに……イっちゃいました……)

桃華(Pちゃまには内緒にしないと……)

ズンッズンッ

桃華「くぅ……うぅ……」

P「桃華……」

桃華「は、はいっ、ひあッ!」ズンッ

P「気持ちいいなら、イクのは悪いことじゃないからね」

ズイッ

桃華(も、もしかして……バレていましたの……?)

P「だから」

グイッ

桃華「え……」

桃華(私の腰を掴んで……?)



P「お仕置きだよ」

ズブブッ

桃華「はあああぁぅ、ッ、あっ! ああッ! っ……うぅッ!!」

桃華(い、今までのより、う、動きが……)

桃華「ああっ…あ、ヤぁっ…くぅ…」グッ

桃華(中で……上下だけでなく、横を突いたり、奥を攻めたり……)

桃華「ん、んぁっ、あ――あぁっ、あぁああッ……!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 23:17:50.97 ID:fxuSKfiDO
バチュッバチュ

桃華「んぁっ……は――あ、あっ……そこ、駄目ぇ……あン!」

バチュッ

桃華(だ、駄目ですわ。このままPちゃまのペースに引き込まれては……)

桃華「あぅっ! っあ、くっ……う――、うぁ゛ァッ!!」

ズルンッ

桃華(せめて、腰を……)

グイッ

桃華「ひっ!?あ、あぁあっ、深……」

P「そうか。桃華ももっと気持ちよくなりたいのか」

桃華「ち、ちがっ……ああァッ、違いま……すわ……」

桃華(み、耳元で囁かれますと……それだけでイキそう……)ハァハァ

ズンズンッ

桃華「あ……あっ…………あ、あ、ぁああ……」

桃華(お、奥……突かれて……お腹の中から……なにか……きます……)

桃華「も、わケわからなく……あぁ……めぇ……いアァァァ……」

P「桃華、そろそろ俺も……」

桃華「んぁっ!?あぁ、桃華も……いっぱい、いっぱい……キテますの……」

桃華「だから……下さい……桃華にいっぱい……」



桃華(こんなに激しいなんて知りませんでしたわ……)

桃華(Pちゃま……桃華をこんなカラダにした責任。取ってもらいますわよ)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 23:23:57.46 ID:fxuSKfiDO
P「桃華っ、あ、イク……出すぞ……」

P「今、俺達は……一番くっついているからな」

桃華「ひゃいッ!桃華の中とろけてま……ああぁあっ!」

桃華「Pちゃまっ!あ、イっちゃ……」





「ぅッ――!っはぁ、ああぁ……あ、あァ――――!!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 23:28:23.73 ID:fxuSKfiDO
…………
……

桃華「うぅ……まだ赤いですわ」

P「すまん……桃華が気持ちよくて」

桃華「そう言っていただけるのは嬉しいですわ。でも私、まだ12歳ですのよ。大事に労っていただかないと」

P「そうだな。よし、桃華が成人するまで性行為は……」

桃華「お待ち下さいませ!」ビシッ

P「はぅぅ……」

桃華「何もそこまでは言ってませんわ」

桃華「ただ……」





桃華「これから毎日でも愛していただければ、満足ですわ」

桃華「よろしくお願いしますわ。未来の旦那様」

チュッ

〜Fin
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 23:30:17.79 ID:fxuSKfiDO
はぴばー桃華!

桃華が来てくれて早くも……あれ?もう20歳になってる?……あ、ちひろさ(以下研削により消却されました)



ともかく、めでたいです。ではありがとうございました
9.40 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)