安価 サキュバス「異種姦しまくる旅に出る」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/03(水) 22:15:55.82 ID:EMkcb3Jr0
ボクの名はミリナ。サキュバスだ

サキュバスは思春期を終えると世界を広く知るため、あと淫魔としての修業のために世界を周るのが風習なのだという

そんな私も思春期を終えてしまったようで今日旅に出ることになった


母さんはこの旅で父さんと出会い、今に至ると聞く


だけどボクは人間も同族も興味が無い


ミリナ「ボクが興味があるのは姿形の全く違う異種族のみだ!とことん異種姦しまくってやるさ!」


と大見栄切ってやった。母さんは頭抱えていたが父さんは腹抱えて笑っていた
2 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/03(水) 22:16:58.37 ID:EMkcb3Jr0
―――――
―――

ミリナ「っと、そんなもんで旅に出たのはいいけど…お腹すいたなあ」クゥ

ミリナ「こんなことなら朝父さんの朝勃ちミルク絞ってくれば良かったなあ…次の町は遠いよー」

ミリナ「…せめてオスの魔物でも現れてくれないかなあ」


@スライムが現れた
A人食いカマキリが現れた
B火炎オオカミが現れた
C自由安価

>>4
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/03(水) 22:19:10.02 ID:xbHN5gi4O
4
巨大ローパー
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/03(水) 22:19:42.73 ID:VZ4PsvWRO
4 オーク
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/03(水) 22:31:29.35 ID:4IykDuQ9o
乱立作者
6 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/03(水) 22:34:16.46 ID:EMkcb3Jr0
オーク「ブヒィィイイ!」ブン

ミリナ「おっと」ヒョイ


いきなり後ろから大振りの攻撃を感じたので軽く避ける


ミリナ「オークね、ボクの要望に応えて来てくれたのは感謝するけどいきなり乱暴だなあ」

オーク「ブヒィ!ブヒィ!ブヒィ!」ブンブンブン


尚も棍棒をただただ振り下ろしてくるだけのオーク


ミリナ「ホント頭悪い豚だなあ。せっかく気持ちいい思いさせてあげようってのに」


@魅了魔法"チャーム"でオークの性欲を高める
A縛り上げて逆レイプ
B縛り上げて手コキからの勃起したところで好きにさせる

>>8
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/03(水) 22:36:14.82 ID:PZedK85SO
1
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/03(水) 22:37:45.36 ID:tn8iTdyE0
3
9 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/03(水) 23:13:21.28 ID:EMkcb3Jr0
オーク「ブヒィィイイ!」ブォン

ミリナ「よっと」ヒョイ


するりと懐から縄を取り出してオークを一瞬で縛り上げる


ミリナ「はぁい、ボンレスハム一丁上がり」ギュゥ

オーク「ブヒィ!ブヒィ!」フシュー

ミリナ「はいはい。睨まない、睨まない。今気持ち良くしてあげるから」


申し訳程度につけてる腰布をかき分けてチンポを取り出す


ミリナ「わーぉ、勃起してなくても流石のサイズ。ずっと洗ってない獣臭さ…たまんないなあ、これ」レロォ


竿全体をゆっくりと舐めあげ、それだけで舌にビッシリとついたくっさい痴垢を味わう


ミリナ「じゃあおっきくなろうねえ。ほぉらシコシコ〜♪」シコシコ


その大きなチンポを両手で包み、ゆっくりと上下に擦る。


ミリナ「ぅわっ、倍以上に大きくなってきた。すごい…」


サキュバスは子供の頃に父親で精を搾取する術を学ぶ。旅に出て世界を回るまでは大抵の子は父親や兄弟、精々友達や近所の人ぐらいしか味わっていない

それが外に出て初めて目にしたちんぽは今まで見た物の何倍も大きく、何倍も太いちんぽだ。自分の腕すらも軽く凌駕している


ミリナ「ほらほら我慢できなくなってきたんじゃない?」シコシコ


この太いチンポを入れられたらボクはどうなっちゃうんだろう…それを考えると下腹部がうずく

…欲しい…欲しい、早く
10 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/04(木) 00:31:08.05 ID:4fZPSZtM0
オーク「ブヒィィイイイイ!!!」ブチンッ

ミリナ「あ、やば」


オークが縄を引き千切った。チンポに見惚れ、一瞬反応が遅れる

頭を頑強なオークの腕で掴まれ、地面に叩きつけられる


ミリナ「ガハッァ…いったぁ、脳震盪したぁ…」

オーク「ブヒィ…」

ミリナ「いっ、ちょっと待ってまだ魔力練れなっ…」


サキュバスとしての本能がオークの興奮を感知する。自業自得だけどこれはマズい…


オーク「ブヒィイイイ!」ズンッ

ミリナ「カハッッ!!」


腹の奥深くまで極太チンポを突き立てられる。子宮どころか脳天まで付き壊すような暴力的な剛力


ミリナ「ははっ…なんとか間に合った…身体強化魔法…んぁぁああっっ♡♡」ズプゥッッ


オークの暴力的な性交にこの華奢な体は"物理的に"耐えられない。身体強化魔法を何重にもかけてようやく準備が整う

だがもちろん低能なオークはそんなの気にしない。身体強化をしようがしまいが遠慮せずに全力で突いてくる


ミリナ「んはっ、んあぁっ♡あんっ、んぁっっ♡すごいっ、抜き差しされるたびに、おまんこ裂けちゃってるっ♡あはっ♡子宮潰れちゃうぐらいのぉっ、強いっ♡♡」ズッチュズッチュ、ジュップジュップ、グチュ、ジュププッ、ズッチュズッチュ

オーク「ブヒッ、ブヒッ、ブヒィッ」ズンッ、ズンッ、ズンッ

ミリナ「あははっんぁっ♡あんっっ、んっ♡くぅっ♡んぁっあっ♡ふぅっ♡んぁっ」グチュグッチュ、ズッチュ、ジュププゥッ、ズチュ、グッチュグッチュ、ズププゥッ、ズププゥッ


深くまで突き刺したチンポを引き抜くと子宮脱している。変な角度で突かれると膣壁が破壊される。その度に回復魔法で体を修復するが快感で意識が飛びそうになるのが何よりもやばい

でも、でも


ミリナ「ゾクゾクするよぉぉおお♡♡♡」


オークにただの道具のように扱われ、体を押さえつけられてただただ性欲をぶつけられる。こんな汚らしい豚に、こんな低能な魔物に

それがサキュバスとしての本能を、ちょっとしたM心を、異種姦の背徳感を刺激し続ける



ミリナ「あがはぁっ!そんな乱暴にひっくりかえさないで♡んぁぁっ、そんな強くおっぱい握ったら破裂しちゃうっ♡ごほっっ♡んぁっ♡いいよぉっ♡んあっ、あんぅっっ♡♡」グッチュグッチュ、ズチュゥゥ、ズンッ、ズップズップ
11 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/04(木) 00:32:09.99 ID:4fZPSZtM0
ミリナ「あはっ、ちんぽビクビクしてきた。イくの?イっちゃうの?大事な精子をサキュバスなんかに捧げて餌にしちゃうの?もったいないなあ♡んあっ、でも我慢できないもんね?あっがぁぁ♡ほら無駄にしちゃお♡全部大事に食べてあげるからさぁぁ♡♡」グッチュグッチュグッチュ、ズププゥッ、ズッチュズッチュヂュププゥゥ


オーク「ブヒィィィイイイイ!!!」ビュルルルル

ミリナ「んぁぁあああああっっっっ!!」ビクンッビクンッ


お腹が妊婦かと思うほどに膨れ上がる。それほどまでに多いオークの精液


ミリナ「うわぁ、すごい量…もったいないなあ。取っておこ」


お腹を押して絞りだし、魔法瓶に入れる


ミリナ「…さて、この賢者タイムオークどうしようかな」

オーク「ぶひぃ…」


人間の女の気持ち良さを知ってしまったオークを放置しちゃうのはさすがにまずいかな?…ボクはサキュバスだけど


@今日のご飯に焼肉にしよう
Aまいっか、ボクには関係ない。このまま放逐
B責任とって去勢だけはしておこう

>>13
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 00:36:23.05 ID:IgApyqn2O
2
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 00:55:46.09 ID:3owXkfvFO
2
14 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/04(木) 01:30:11.33 ID:4fZPSZtM0
ミリナ「まいっか、ボクには関係ない。皆オーク如きにヤられたりしないだろ。うん」


そのままイき疲れて寝てる醜い豚を放って歩き出す。何か問題あったら誰かが退治するだろう
―――――
―――

その後

@大きなキャラバンに遭遇
A盗賊団に遭遇
B町に到着
C自由安価

>>16
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 01:39:54.78 ID:rYcHCZ6Po
1
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 01:43:10.23 ID:V3+H5ZeHO
1
17 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/04(木) 02:14:17.18 ID:4fZPSZtM0
ミリナ「いやー、お腹いっぱい」


つまみ食いのつもりがいっぱい食べちゃったなあ。こりゃ当分は人間のご飯で充分かなあ


ミリナ「…スンスン…もしかしてボクちょっと臭うかな…」


精液と獣臭さ…うん、今すぐ消臭魔法使おう。気づいてよかった


ミリナ「ん?」


大きなキャラバンの影が遠くに見える。だんだん近づいてきていた


おっさんA「よお嬢ちゃん、どっか行くところかい?」

ミリナ「あ、はい。とは行っても目的無く旅しているだけですけど」

B「ははは、自分探しの旅かい」

C「若いなあ」


キャラバンの人たちはある程度近づいてくると気さくに話しかけてくる


A「何なら最寄りの町までどうだい?こんな大所帯だ、一人増えるも増えないも変わらねえよ」

@ミリナ「じゃあお邪魔します」
Aミリナ「えー、おじさん達怪しいなあ」
Bミリナ「すいません。遠慮します」
Cミリナ「自由安価」

>>19
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 02:24:31.78 ID:rYcHCZ6Po
2
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 02:27:51.87 ID:nZg2x9M/O
1
20 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/04(木) 21:33:24.80 ID:4fZPSZtM0
ミリナ「じゃあお邪魔しまーす」

おっさんA「おう。よろしくな」

B「ひゃっはー可愛い女の子だ!」

C「いやあ、目の保養になるなあ」


A「…そうだなあ、前から二番目の馬車なら少し空いてるな。そこに乗ってくれ」

ミリナ「…かなりの数の馬車がありますね。全部人が乗ってるんですか?」

A「いやいや、おじさんたちは商人の集まりだからね、半分くらいは商品やらお金やら商売道具だよ。だから泥棒扱いされたくなかったら中に入ったりしないことだ」

がっはっはと笑うおっさん


B「特に一番後ろのは近づくのもダメだぞ」

ミリナ「ふぅん」
21 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/04(木) 21:39:14.22 ID:4fZPSZtM0
馬車の中に入る

結構広い中に数人の男女がいるが、全員中年以降で若い人間は見当たらない


おっさんD「おー、可愛い女の子だ。嬉しいなあ」

おっさんE「うへへ、こっちおいでよ。お酒飲もうぜ」


おばさん「こらあんたたち、下品に鼻の下伸ばしてんじゃないよ。あんたはおばさんの隣に来なさい。あんな男どもに近寄ったら穢れちまうよ」


恰幅のいいおばさんが馬車の奥に手招きする。入口は力の強そうな男二人が近くで座ってる

…露骨だなあ


@ミリナ「若い人はいないんですね」
Aミリナ「どんな商品を扱っているんですか?」
Bミリナ「自由安価」
C夕食時
D夜

>>23
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 22:31:36.80 ID:diIscF8BO
直下安価でもいいかも
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/05(金) 00:27:17.51 ID:8qfKB7LEO
5
24 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/07(日) 09:33:51.19 ID:2eFKcOPF0


馬車の中で雑魚寝。全員適当に寝ているように見えるけど入口の二人は寝たふりで監視しているね

ま、ボクには関係ないんだけどね

サキュバスは元々夢の中で精を貪る夢魔の一種、人を眠らせる事なんてお手の物よ


ミリナ「ふふん、いい夢を」


馬車から降りて夜の澄んだ空気を吸う。うん、良い夜

確か一番後ろの馬車だったかな…
25 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/07(日) 09:34:18.94 ID:2eFKcOPF0
あの馬車だね。見張りもいるけど眠っていてもらおう

地べたに倒れて寝た見張り×2を跨いで馬車の中を覗いてみる


ミリナ「やっぱりね」


中には数人の若い男女、それこそまだ子供と言えるような年齢の子までが両手両足を縛られ、猿轡まで噛まされて無造作に寝かされていた

これは奴隷商のキャラバンだ。専門か、扱っているものの一つかは知らないが

きっとボクのこともここに放り込むつもりなんだろう。今日中に手を出してこなかったのは信用させて油断させる気か、傷物にしないためにギリギリまで伏せて抵抗させないためか


ミリナ「ま、正義感なんて立派なもんもっちゃいないけど、見逃せないよねえ」


@全員解放して自分もトンズラ
A全員解放して自分は寝てた馬車に戻る
B今日のところは何もせず様子見
C自由安価

>>26
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/07(日) 09:36:20.52 ID:SABN2vnUo
2
27 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/07(日) 12:04:40.27 ID:2eFKcOPF0
ミリナ「うーん、鍵はどこだー」

見張りの男二人の服をまさぐるけどどこにも無い


ミリナ「見張りに持たせるわけはないかー。しょうがないなあ」

馬車の入口は檻のようになっており、鍵を何とかしなくてはいけない。が、考えるのがめんどくさいので超高熱呪文で檻を溶かすことにした


ミリナ「あちちち、燃える燃える」

この熱さで目が覚めたのか数人がこっちを怯えた目で見ている


ミリナ「よし。大丈夫だよー、今助けてあげるからね」

そう宥めながら慎重に縄を解く
28 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/07(日) 12:20:00.50 ID:2eFKcOPF0
少女「あ、ありがとうございます…」ペコペコ

ミリナ「いいよいいよ。そんな労力使ってないからねえ」

幼女「お姉ちゃんも、一緒に行こう…」


ミリナ「んー、お姉ちゃんはまだやることがあるから。ごめんね、先行ってて」

ショタ「お姉ちゃん…大丈夫?」

ミリナ「だいじょーぶ、だいじょーぶ」

ま、何も考えてないけどね
29 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/07(日) 14:11:47.24 ID:2eFKcOPF0


<ジ!ジギルさん!

<あ!?商品がいなくなっただぁ!?バカかおめえ等は!何してたんだ!


おー、おー気が付いたかぁ

見に行こうかな?

@見に行く
Aこの馬車の中で待ってる
B寝たふり

>>30
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/07(日) 14:34:14.02 ID:pu57CABDo
1
31 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/08(月) 20:01:27.23 ID:UUSGaK+50
おばさん「何の騒ぎだい?」

おっさんE「何か商品が盗られただが逃げられただが。ギジルの怒りがこっちに飛んでこないといいけどな」


入口の近くでおばさん達が話をしている


F「あー?おめえ等見張りだろ。何か見たり聞いたりしてねえのかよ」

D「…」

E「…」


顔を見合わせる二人


おばさん「煮え切らないねえ。どうなんだい?あんたら」


D「…だって、なあ?俺たちこっちの見張りだし」

E「そうそう。内側、しか見張って…無いしな」

おばさん「…じゃあ何かい?何も聞こえなかったってのかい?」

D「そ、そういうことだよ」


@ミリナ「本当にー?夜中目を覚ましたらおじさんたち熟睡してたけど」ニヤニヤ
Aミリナ「おはよー、何の話?」
Bミリナ「この馬車の中に見張らなきゃいけない物なんかあるの?」
Cミリナ「おはよー、外の空気吸いたいからちょっとどいて」
Dミリナ「自由安価」

>>32
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/08(月) 20:04:47.42 ID:bNTiC9CkO
2
33 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/08(月) 20:44:40.62 ID:UUSGaK+50
ミリナ「おはよー、何の話?」

おっさんども『』ビクッ

おばさん「ああ。おはよう。起きたのかい?えっと…ね、何かウチの商品が盗まれたらしくてね。それで騒がしいんだ」

ミリナ「へー、大変だね」


そう言いながら外に出ようとする


おばさん「待ちな。どこに行くんだい?」

ミリナ「ちょっと外の空気を吸いにね…何で腕を掴んだままなの?」

おばさん「行くのはやめな。イライラしているジギルに八つ当たりされるよ」

@ミリナ「そんな怖い人なら猶更一緒にいたくないなあ」
Aミリナ「もー、離してよー」
Bミリナ「はーい」
C自由安価

>>34
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/08(月) 20:49:09.50 ID:WLVNfVGfo
3
35 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/08(月) 22:26:25.06 ID:UUSGaK+50
ミリナ「はーい」


しょうがないなあ。ここで聞いてるかなー


<ざっけんな!いますぐ探し出してこい!見つからなかったらてめえらを売り払ってやる!


F「荒れてやがんなあ。どんなヘマしやがったんだ」

おばさん「黙ってな。こっちに飛び火しかねないよ」

D「…」

E「…」


A「おい!ディック、ロバート!てめえら何か」

ディック(おっさんD)「お、俺らこの中見張ってたし」

ロバート(おっさんE)「あ、ああ。何にも聞こえなかったよ。」


@ミリナ「夜中起きた時その二人寝てたよー」
Aミリナ「何かこのままだと町に行くの遅くなりそうだしボク先に行くよ」
Bミリナ「自由安価」

>>36
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/08(月) 22:28:46.97 ID:5MsZlZcMo
2
37 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/08(月) 23:17:18.28 ID:UUSGaK+50
ミリナ「何かこのままだと町に行くの遅くなりそうだしボク先に行くよ」

A「待て。お前はここにいろ」

おばさん「待ってジギル。あんまり強い言い方するのは良くないわ」

ジギル(A)「うるせえ。一人だけでも商品を確保しとかなきゃ大赤字だ!おいガキ、痛い目見たくなかったらマーサについてけ」

マーサ(おばさん)「はぁ。悪いねお嬢ちゃん、着いてきてくれるかい?」

@この場で暴れる
Aマーサをチャーム(魅了)
B外に出てから逃げる
C自由安価

>>38
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/08(月) 23:25:23.43 ID:urMX+6xNO
4 2の上で再度様子見はOK?
39 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/09(火) 00:12:53.61 ID:XxHOus6h0
ミリナ(チャーム、レベル1)

マーサ「♡」キュン

マーサ「な、なあジギル。この子このままここに置いちゃダメかな?私が買ってもいいんだ。可愛すぎてさ、可愛すぎて…///」

ジギル「あぁ?てめえ何言ってやがんだ。いつもなら金出しゃ良いって言うかもだけどな、全員逃げられたんだぞ!全員!このままじゃ信用を失っちまう!」

マーサ「じゃ、じゃあ私が説明するから」

ジギル「てめえ何かおかしいぞ。今まで何人のガキをてめえに宥めさせたと思っていやがる。ああもういい、ディック、ロバート、マーサから引き離せ」

@まだ様子見
Aチャームのレベルを上げる
Bディックとロバートにもチャーム
C自由安価

>>40

>>38
有りです
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/09(火) 13:44:10.12 ID:Ew9beuzC0
3
41 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/10(水) 17:00:01.78 ID:0wrApNRS0
ミリナ「はーい、君たちにもチャーム♡」

ディック「♡」キュン

ロバート「♡」キュン


ジギル「チャーム…?まさか、てめえ…」

ミリナ「ふふ、そうだよ。ボクはサキュバス。残念だったね♪ただのか弱い女の子じゃなくて」

ジギル「へ、へへ。むしろちょうどいいじゃねえか。普通のメスガキなんかよりよっぽど売れるぜ」

ミリナ「へぇ?この状況でどうにかできると思うの?」


広範囲に放ったチャームにかかった男達がジギルを取り囲んでいる


@心は操らないまま気絶するまで気持ち良くない強制射精
Aチャームで操っている男にギジルのケツを掘らせる
B自由安価

>>42
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 17:40:04.45 ID:A3Mal2BjO
3
偶然ジギルがチャーム対策を持っており、ミリナが男達に襲われる
ジギルはその間に逃亡
43 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/10(水) 20:14:14.43 ID:0wrApNRS0
ミリナ「君は沢山の子を酷い目に遭わせてきたんでしょ?少しぐらい同じ目にあったらどうかな?チャームっ!」

ジギル「くらえっ!」


特殊な魔法陣の書いてある鏡を向けられる


ミリナ「えっ!?」


そのチャームは性的魅力を高めて周りの男に襲わせるためのチャーム。それが跳ね返されたってことは


「勃起が治まらないんだ」

「はぁ…はぁ…ヤりたい…孕ませる…」

「女…女…」


ミリナ「ちょっと!ボクじゃない!あっち!」


『ぅぉぉおおおお』

ミリナ「うわぁぁ!やめっ、服脱がさないで!スカート伸びるぅ!ボク今お腹空いてないしただの人間に興味無いからぁ!うわぁレイプされるぅぅぅ!」


@チャーム解除してジギルを追いかける
A全員強制射精させる
Bミリナ「分かったよぉ、責任取るよぉ」
C自由安価

>>44
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 20:16:14.72 ID:ApphZjiAO
4 男達の予想外の性技と精力に翻弄され終わる頃にはすっかり男達の虜になってしまった
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 20:43:55.42 ID:rOnK7JOk0
3
46 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/10(水) 21:48:58.83 ID:0wrApNRS0
ミリナ「やめてってぇ。んあぁ、パンツ取られたぁ」

ミリナ「離してって、力強っ!」


ズブゥッ


ミリナ「んあぁっ!♡♡///」ビクンッ

ミリナ「ちょっとっ!入れていいなんていってない!んぁっ♡はっ、あんっ、んぁぁ♡♡おっきぃょぉ♡///」ズップズップッ、ズチュゥ、グチュグチュ、ズップズップ

ミリナ「あんっ、んぁぁ、待って、ってぇ♡あんっ。んっ、んぁっ…んっ、んぅっ♡だめっ、それ以上だめぇっ♡///」ズッチュズッチュ、グチュ、ヂュププゥッ、パンパン、ズプッ、

ミリナ「んぁあっ、お尻持ち上げてっ、だめ、そっちはまだしたことないからっ、んぁぁっ♡二穴なんてぇぇ♡♡んぁっ、あっあぁぁ♡ダメェっ、気持ち良すぎるよぉぉ♡♡///」ジュププ、グチュ、ズプゥゥッッ、ズップズップ、グチュグチュ、ヂュップヂュップ、グチュ、ニュップニュップ

ミリナ「んぁぁっっ、サキュバスの本能出ちゃうからぁぁ、んあっっ、イくっ、イクっっっっ♡♡♡♡/////」ビクンッ、ビクンッ


身体が大きく跳ね、頭の中が一瞬真っ白になる

下腹部の淫紋が大きく広がり、光り出す


ミリナ「もぅ、サキュバスの本能出ちゃったじゃん♡皆、もっとちんぽちょうだい♡」

ミリナ「んぁぁっ、んっ、うんっ、あっ♡はぁぁ♡んっ、もっとぉ♡もっとぉ♡!///」グッチュグッチュ、ジュプゥッ、ズップズップ、ニュププゥッ、ズッチュズッチュ、グチュゥズップズップ

ミリナ「んぁっ、四本同時は流石に無理があるょっぅぅぅっっ♡♡んあっ♡はぁ、すごい♡っ、こんなに入るんだぁ♡///」ズッチュズッチュ、グチュゥ、ズップズップ


ミリナ「ほらぁ、そこの人たちも来て、まだ口が開いてるんだからぁ♡あむっ、んぁっ、んちゅ、ちゅぅぅ、んぁっ、はぁぁっ、ボク、全身満たされちゃってるぅ♡///」ズップズップ、ズチュゥ、グッチュグッチュ、チュゥ


ミリナ「んぁっ、イくぅっ、またイくっ、イくよぉっ♡♡んぁぁぁああああっっっっ♡♡♡♡///」ビクンッ、ビクンッ、ビクンッ
47 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/10(水) 21:59:30.60 ID:0wrApNRS0
ミリナ「…うぅ、ついヤりすぎてしまった…自分の性欲も制御できないとかサキュバスとしてまだまだだなぁ、ボクは」

ミリナ「…まだ体が火照ってるよぉ///」


ちなみにチャームにかかった男たちは全員ヤりすぎで気絶している


ミリナ「…集団レイプもいいかも…虜になっちゃったよ。またヤろうかな♡///」

ミリナ「でもこの人たちはもういいや。さっさと町に行こ」

@金目のものを物色していく
A武器を取ってく
Bどっちも
C盗みは良くないよね

>>48
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 22:02:13.75 ID:B8XQuJgeo
1
49 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/10(水) 22:46:14.36 ID:0wrApNRS0
全員の懐を探ってお金を貰っていく


ミリナ「あれだけ気持ち良くしてあげたんだからこれくらい当然だよね♪」


他の馬車も探したけど何も無かった

ミリナ「んー、あいつが全部持って行っちゃったかなあ。逃がしたのは失敗だったなあ。次会ったら絶対キンタマ空っぽになるまで吸い取ってやる」
50 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/10(水) 23:52:12.42 ID:0wrApNRS0


ミリナ「着いた、着いた。さてと」





酒場

ミリナ「えー!?クエスト受けられないの!?」

受付嬢「はい。ギルドに所属しているか冒険者ライセンスが無い場合受けられません。冒険者ライセンスは冒険者協会で取得出来ますよ」

ミリナ「まあ知らなかったボクが悪いか。で、冒険者協会ってのはどこに」

受付嬢「この町にはありません。近いところだとカレイドルの町ですよ」

ミリナ「遠いじゃーん…はぁ、まじかぁ」



モブおっさん「田舎ものかよ、ダッセ」プ


ミリナ「」イラッ


@強制射精
A性欲を暴走させる
B無視

>>51
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/10(水) 23:52:59.84 ID:gEgWfVQto
2
52 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/11(木) 00:44:46.58 ID:hY6SUdxa0
ミリナ「性欲暴走」ボソッ


モブおっさん「ぅぉぉおお!まんこ!まんこ!まんこぉぉぉ!」ガシッ

近くにいた女性従業員に掴みかかってスカートを脱がそうとするおっさん


女性従業員「キャー!誰かぁぁああ!」


「おいおい、何だ何だ」

「あいつ押さえつけろ!」

「こいつなんて力だ!」

「痛っ!誰か、憲兵呼べ憲兵!」


ミリナ「ふっ、牢屋の中で後悔しな」
53 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/11(木) 01:01:19.06 ID:hY6SUdxa0
酒場から出ると同じく酒場から出てきたうさ耳の女性に肩を叩かれる


うさ耳「ねえ君、ちょっといい?」

ミリナ「何?」

うさ耳「私君がクエスト受付で言ってたこと聞いたんだよね。ギルド無所属で冒険者ライセンスも無いんだって?」


うさ耳「私のギルドに入らないかい?今日からでも働けるよ」


@ミリナ「やめときます。勧誘は大体悪質ギルドだって聞くんで」
Aミリナ「…すごい怪しい」
Bミリナ「何でボクなんですか?ギルドは大体厳しいテストと面接にパスしないと雇ってくれないって聞きますけど」
Cミリナ「自由安価」

>>54
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/11(木) 01:08:09.11 ID:ru67PANjo
3
55 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/13(土) 15:38:49.31 ID:qntisnsE0
ミリナ「何でボクなんですか?ギルドは大体厳しいテストと面接にパスしないと雇ってくれないって聞きますけど」

うさ耳「ふふん。それはね、君が私の求めている人材だからだよ」

ミリナ「求めている人材?」


嫌な予感がした。そしてきっとその予感は


うさ耳「君、サキュバスでしょ?しかも結構高位の」


当たっている


@ミリナ「違います。さようなら」
Aミリナ「サキュバスを求めている仕事って嫌な予感しか無いんですけど…」
Bミリナ「それが分かるってことはもしかしてあなたも」
Cミリナ「自由安価」

>>56
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 15:56:54.75 ID:fIM7jCaOo
3
57 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/13(土) 21:46:11.46 ID:qntisnsE0
ミリナ「それが分かるってことはもしかしてあなたも」

うさ耳「混ぜ物だけどね。サキュバスとしての特殊能力は無いくせに兎の獣人と混ざっちゃってるせいで年中発情が大変なんだ」


うさ耳「おっと、その話は関係無いんだった。つまりだね、私は"そういう"人材を集めているんだ」

ミリナ「風俗店でも始める気ですか?」

うさ耳「まさかまさか。ウチはギルド『エクスバニー』、性的な事件、事情が関わっている依頼を積極的に引き受けているギルドなのさ」

ミリナ「性的?魔物のレイプとか苗床とか?」

うさ耳「そうそう。他にもインキュバスの精液を研究に使いたい。閉鎖された村の宗教的な性的イベントの巫女みたいな依頼も」

@ミリナ「…面白そう」
Aミリナ「異種姦できる?」
Bミリナ「…面白そうだけどボクは誰の下にも着く気は無いね」
Cミリナ「自由安価」

>>58
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 21:53:32.95 ID:12ZLMt+/0
4「とりあえず一回あなたを食べてから決めたいんですけど?」(ギルド参加には肯定寄り)
59 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/13(土) 22:50:41.90 ID:qntisnsE0
ミリナ「とりあえず一回あなたを食べてから決めたいんですけど?」

うさ耳「うぇっ!?ごっ、ごほん。それはどういう意味で…」

ミリナ「分からないわけないでしょう?そんなギルドを作ろうとしているぐらいなのに」クイ


彼女の顎をクイと持ち上げ、目線を合わせる


うさ耳「いや、あたし、いや私は、今は、そういうこと、は…///」

ミリナ「目を逸らさないで、ボクを見てよ」

うさ耳「ひゃ、ひゃいっ///」


@ミリナ「名前は?」
Aミリナ「名前を教えてほしいな」
Bうさ耳をさわさわ
Cお尻とうさ尻尾をさわさわ
Dおっぱいを揉む
E自分に従わせるチャーム
F発情させるチャーム
G自由安価

>>60
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 22:54:05.21 ID:aeS6e5iIO
G @~DとF全部のせ
61 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/13(土) 23:56:08.62 ID:qntisnsE0
ミリナ「名前は?教えてほしいな」

うさ耳「あ、アリエス…///」

ミリナ「アリエス、可愛い名前だね」


長いうさ耳を指でさわさわする


アリエス「ひゃぅっ///」

ミリナ「可愛い反応するね。こっちはどうかな」モミュ

アリエス「だ、ダメ…///」


服の上からおっぱいを揉む


ミリナ「嫌なら手を払ってもいいんだよ?それとも、こういうことも望んじゃってるかな?」


ズボンの上からお尻を撫で、丸い尻尾をニギニギと揉む


アリエス「の、望んでるわけ、じゃ…///」

ミリナ「本当に?」


軽いチャームをかけて発情させる


アリエス「ぁ…ぁぅ…し、シたい///」


細長い耳が主張するようにピコピコと揺れる

丸い尻尾を振りながらミリナに抱き着いて下半身を押し付けるアリエス


アリエス「シたいよぉ。この発情納めてぇ///」スリスリ

ミリナ「ふふ、こんなところでいいの?それとも、宿屋行く?」

@アリエス「ここでいい!」
Aアリエス「…宿屋」

>>62
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/13(土) 23:57:35.06 ID:fIM7jCaOo
2 今夜は寝かさないぜ
63 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 00:44:52.71 ID:j11EtNc30
アリエス「…や、宿屋///」

ミリナ「ふふ、分かった。でも今日は寝かさないよ」チュ

アリエス「ん…///」チュ



右手で抱き寄せ、耳を軽く握るように触りながら軽くキスをする


ミリナ「ちなみにボクまだ宿取ってないんだよね。だからちょっと待っててくれる?」

アリエス「やだ、すぐがいい。あたしの泊まってる宿に来てよ///」

ミリナ「いいの?」

アリエス「いい、いいから早くシたい!///」

ミリナ「うん、じゃあ行こうか」

アリエス「うん…♡///」


アリエスの方から指を絡めて肩を寄せて来る
64 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 01:05:23.85 ID:j11EtNc30
宿屋

アリエス「…///」モジモジ

ミリナ「緊張してるの?可愛い」

アリエス「…むぅ、ぁ、私が何も分かってないとでも…?」

ミリナ「ん?何の話かな?」

アリエス「…チャームかけたでしょ///」

@ミリナ「じゃあ解いてあげるよ」
Aミリナ「かけてないよ」
Bミリナ「自由安価」

>>65
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 01:08:05.91 ID:760BSychO
B実はもうチャームは解けてるんだ…発情うさぎさん?
66 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 10:33:10.62 ID:j11EtNc30
ミリナ「実はもうチャームは解けてるんだ…発情うさぎさん?」

アリエス「え、そ、そんな…はず///」

ミリナ「だ、か、ら」


抱き寄せてうさ耳に囁く


ミリナ「その身体の火照りも、可愛い真っ赤な頬も」ハム

アリエス「やめ、耳甘噛みしないでぇ…///」

ミリナ「こぉんなに湿っちゃってるここも」クチュ

アリエス「ぁぅ♡…ん///」

ミリナ「全部あなたの意思だし貴女の性欲だよ?」レロォ

アリエス「ひゃぁぁ♡…耳の中舐めるのダメェ///」ゾクゾク

ミリナ「それでも、やめてほしい?」パッ

アリエス「ぁ…///」


ぱっと手を放して少し離れる。アリエスは切なげな声をあげて物欲しげな顔をする


アリエス「ゃだ…シたい。気持ち良くしてほしい♡///」ハァ、ハァ

ミリナ「よしよし、良く言えたね。可愛いよ…んちゅ♡ちゅ…ちゅぷ…ちゅぅ♡」

アリエス「ん、んちゅ…ちゅぷ…ちゅ…♡///」


@ミリナがリードする
Aベッドの上で抱き合いながらイチャラブ相互手マン
B自由安価

>>67
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 10:37:06.42 ID:ix0ES0XMO
3
どちらがリードしているのか分からなくなるぐらいのドロドロヌルヌル濃厚ナメクジックス
68 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 19:36:34.66 ID:j11EtNc30
二人で濃厚に舌を絡ませながらベッドに横になる


ミリナ「ん♡んちゅ…ちゅぷ…んぷ、はぁ…んちゅぅ♡///」

アリエス「ちゅぷ…ちゅぅ♡ちゅ…れろぉ♡ちゅぅ…///」

ミリナ「んは…もう服は邪魔だね♡///」

アリエス「うん…♡///」


互いに互いの服を剥ぎ取り、畳むこともせずに放り投げる


ミリナ「んちゅ…れろぉ♡ちゅ、んちゅぅ♡///」ムニュゥ、チュ、チュプ、チュ


自分より大きなアリエスのおっぱいにしゃぶりつき、片手でおっぱいを揉みながらもう片手でおまんこを弄る


アリエス「んっ♡んぁっあっ♡ふぅ…んっ…んぅぅ♡///」クチュクチュ、ジュプゥッ、チュプ、ジュップジュップ


アリエスもミリナのおまんこを弄る


ミリナ「んぁっ、は…ぁっ♡んっ♡ぅ…んっ、はぁ♡いいよぉ♡///」ズッチュズッチュ、ジュプゥ、グチュ、ズッチュズッチュ


二人の愛液が混ざり合い、水溜りを作る。それでも気にせずに横になって互いの唇を貪り、おっぱいを揉み、おまんこを弄り合う


アリエス「んっ♡はぁっ…んちゅぅ♡ちゅぷっ、ちゅ…いいっ♡んっっ好きぃ♡んちゅ、ちゅぷっ、んっ、んぅっ///」クチュ、チュプッ、チュププゥ、ンチュ、ムニュゥッ、チュプッ、チュ、チュゥ

ミリナ「んちゅ、ちゅぷぅっ、ちゅ、くちゅ、ボクも好きだよ。もっと気持ち良くなろ♡んちゅ、ちゅぷっ、ちゅぅ♡ちゅ♡///」ジュプ、クッチュクッチュ、チュプゥ、ズチュゥ、ジュプ

アリエス「うんっ♡ん…んはっ♡ぁっ…んぁっ♡んっ、んぅ、んっ…ふぅっ♡んぁっ。あ…♡///」クチュ、チュプッ、ジュップジュップ、チュゥ


抱きしめあう。おっぱいが押し付けられて歪み、乳首を互いのおっぱいに擦りつけ合う

おまんこを弄る手は更に激しくなり、お互いをイかせようとする


ミリナ「んぁあっ♡あんっはっ♡んちゅ♡ちゅ…んぷっ、んはぁ♡///」クチュ、チュプ、チュププ、ジュップジュップ

アリエス「んはぁっ♡あんっ、んぅぅ♡あんっ♡んあっ、イくっ♡イくよぉぉっっ♡♡///」クチュ、チュップチュップ、ジュプゥッ

ミリナ「ボクもっ♡ボクもイくっよっ♡♡んああっっ♡はぁっ♡///」チュププ、ジュプゥ、グッチュグッチュ、ジュプゥ


ミリナ&アリエス『んはぁぁああああ♡♡♡///』ビクンッ、ビクンッ
69 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 19:50:53.44 ID:j11EtNc30
アリエス「はぁ…はぁ…も…うごけ、ない♡///」

ミリナ「はぁ、はぁ…ボクも、満足…♡///」

@裸のまま、抱き合って寝る
Aアリエスがこの町にいた理由について話し出す
Bイチャラブピロートーク
C自由安価

>>70
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 19:53:25.59 ID:XH001Llyo
2
71 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 21:04:32.05 ID:j11EtNc30
アリエス「…そう言えば返事聞いてなかったな?」

ミリナ「ギルド?」

アリエス「そうそう」ニコニコ

@ミリナ「もちろん入るよ」
Aミリナ「アリエスと一緒に冒険できるならいいよー」
Bミリナ「可愛いアリエスの頼みだもん」
Cキスして「これが答えだよ」
D自由安価

>>72
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 21:05:13.21 ID:rltQSQ+W0
4
73 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 22:19:34.46 ID:j11EtNc30
ミリナ「」チュ

アリエス「ん♡…」

ミリナ「これが答えでいいかな?」

アリエス「うん…///」


そのまま何度かキスをしあう


アリエス「じゃあ仕事の話するけどね…」

ミリナ「え?」

アリエス「実は私、この町にはメンバー勧誘に来たわけじゃないんだよ」


指を絡ませたまま話す


アリエス「この宿、女性客やカップルの盗撮をしてるなんて話が合ってね」ニヤリ

@ミリナ「ボクを利用したの?」
Aミリナ「つまり今なら現行犯で捕まえられるね」
Bミリナ「自由安価」

>>74
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 22:30:53.14 ID:XH001Llyo
2
75 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 22:56:15.98 ID:j11EtNc30
ミリナ「つまり今なら現行犯で捕まえられるね」

アリエス「そういうこと♪」ピン


アリエスのうさ耳がピンと立って探るように色んな方向へ向く


アリエス「あの辺りね」

部屋の一角を指さす


ミリナ「なーぁる」

アリエス「多分魔力式の無線カメラ。魔力を辿れば簡単に送信先に着けるさ」

@服を着ていく
A今すぐ行く

>>76
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/14(日) 22:56:35.25 ID:WzAZsqy2o
2
77 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/14(日) 23:57:45.20 ID:j11EtNc30
管理室

おっさんA「っかぁー、今回はレベル高かったな」

おっさんB「美人のレズプレイだもんな。最高のおかずになったぜ。こりゃ売れるな」


ドドドドン!


おっさんA「な、なんだなんだ!?」

おっさんB「ま、マズイ!ディスプレイと回線を切れ!」


ドガン!

管理室の扉がいきなりぶち破られる


アリエス「観念しなさい!現行犯よ!」

おっさんB「何!?」

ミリナ「隠してももう遅いよ。全部分かってるからね」

おっさんA「こ、こいつら全裸のまま…正気か」

おっさんB「お、お前らこそ。今の映像が売られてもいいのか!今なら消してやる!」

ミリナ「いいよ?ボクサキュバスだもん」

アリエス「だいたいあんたらこれから捕まるのに売れるつもりなの?」

おっさんA「くっ、くそぉぉおおお!どけぇええええ!」


おっさんの一人が短剣を持って入口の前に立っているミリナ達に向かって走ってくる


@チャーム(行動支配)で二人とも動けなくする
AアリエスがおっさんAを捕まえてBに向けて投げつける
B自由安価

>>78
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 00:02:39.56 ID:S+hRZS03o
Bチャーム(発情)を改変しホモにさせおっさんを盛り合わせているうちに捕まえる
79 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/15(月) 00:38:30.00 ID:QD5KqC+S0
ミリナ「チャーム!」

おっさんA「うっ…」

おっさんB「はぁ…はぁ…」


ふらふらとおっさんどもが互いによっていく


おっさんA「お前のことが好きだったんだよ!(唐突)」

おっさんB「ンアッー!」


ミリナ「いいよぉ、いいよぉー」ハァ、ハァ


ズッコンバッコン


ミリナ「いいねぇ、いいねぇ。やっぱりBLは絵になるね」ハッハッ

アリエス「はいはい、ちゃっちゃっと縛っちゃうね」


二人ともをそのまま縄でグルグル巻きにする


おっさんA「ちくしょー、離せ―!」

おっさんB「くそっ、カールだけでも離してやってくれよ」

カール(おっさんA)「マーカス…お前…」ウルウル


アリエス「もう通報はしてあるし行こうか。この宿では泊まれなくなる」

@チャーム(ホモ化)を解除する
A発情は解くけどホモ化は残す

>>80
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 00:41:55.32 ID:GnuPQGrqO
2 幸せになれよ
81 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/15(月) 01:04:02.10 ID:QD5KqC+S0
ミリナ「チャーム解除っと。幸せになりなよ」

アリエス「うーん、いいのかな…」


マーカス「カール…お前と一緒で幸せだったよ…」

カール「俺もさ。捕まっても罪を償ったら一緒に暮らそうな…」
82 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/15(月) 01:04:35.75 ID:QD5KqC+S0
別の宿

ミリナ「これで今回の仕事は終わりなの?」

アリエス「うん。私はギルド本部のある町に戻るけど君はどうする?」

ミリナ「ボクは世界中を回るのが目的だけど…別れたら一緒の仕事はもうできないの?」

アリエス「私はワープ魔法使えるから用事が無ければ来てあげるよ。それに…その…良かった、し///」


最後の言葉は目線を逸らして小声で言っていた


@一緒にギルド本部のある町まで行く
A別の方向へ行く

>>83
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/15(月) 01:07:59.97 ID:XEOOtzSao
1
84 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/16(火) 14:42:44.38 ID:fftOTHfX0
ミリナ「ボクも一緒に町まで行っていい?」

アリエス「もちろん。私もすぐ帰らなきゃいけない理由も無いからゆっくり行こうか」

ミリナ「その町って近いの?」

@すぐ近く
A間にいくつか町がある
B結構遠く

>>85
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 15:05:00.05 ID:Dlv1Oxqfo
2
86 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/16(火) 23:30:44.92 ID:fftOTHfX0
アリエス「間にいくつか町がある感じかなあ」

ミリナ「じゃあそれまでは一緒にいられるね」ニッコリ

アリエス「〜っ♡」キュン

アリエス「ああもう可愛いなあ」ギュー

ミリナ「アリエスも可愛いよぉ」ギュゥ

@寝る
A次の日
B自由安価

>>87
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/16(火) 23:32:09.96 ID:SDF5T+5C0
2
88 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/22(月) 16:54:10.74 ID:uVw6YJUv0
次の日、酒場

受付嬢「ああ、アリエスさん。報告受けてますよ、こちら報酬です」

アリエス「ありがと。あの二人どうなった?」

受付嬢「憲兵さんの話によれば改心して真面目に罪を償おうとしているらしいですよ。何があったんですかね?」

アリエス「あはは…何があったんだろう」

ミリナ「うんうん、ボクたち良いことしたなぁ」

受付嬢「あら?あなた、アリエスさんのギルドに入ったんですか?」

ミリナ「そうそう。これでボクも一端の冒険者だよ」フフン

受付嬢「でもアリエスさんのとこは…」チラ

アリエス「大丈夫、大丈夫、私のギルドについては説明してあるから」

受付嬢「そう…ですか…」


少し不安そうな顔をする受付嬢


@ミリナ「大丈夫だよ、ボクサキュバスだから」
A @+ミリナ「何なら味わってみる?」
B A+チャーム(発情)
C A+チャーム(恋愛)
D自由安価

>>89
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 17:25:48.55 ID:7NNqyM/MO
B
90 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/22(月) 20:50:49.50 ID:uVw6YJUv0
ミリナ「大丈夫だよ、ボクサキュバスだから」

受付嬢「え、さ、サキュって…」

ミリナ「あー、信じてないね?じゃあ、味わってみる?」

受付嬢「い、いいです!遠慮しておきます!」

ミリナ「まあまあ、遠慮しないで。チャームッ♡」

受付嬢「っっっ!」ビクンッ


受付嬢「な、なんですか…これぇ…♡///」ジュン


受付嬢は
@カウンターの向こうにいる
A依頼掲示板の隣に立っているだけ

>>91
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 20:51:25.52 ID:cqYekrL2o
2 ぐへへ
92 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/22(月) 22:32:38.02 ID:uVw6YJUv0
依頼掲示板の隣に立っている受付嬢はスカートの上から股間を強く押さえつけて、壁にもたれかかっている


受付嬢「はぁ…はぁ…んん…これ、解いてくださいよぉ…♡///」

ミリナ「本当に解いていいの?もっと気持ち良くなれるのに?」


横から受付嬢の耳に囁く


受付嬢「そんな…恥ずかしい思いをしてまで…なんてぇ///」

ミリナ「こんなえっちな涎垂らしてんのに?」

受付嬢「そ、そんなこと…無いです///」

ミリナ「へー、じゃあこの足を伝っている滴は何かな?」

受付嬢「それは…その…///」

@ミリナ「ほら、その押さえつけている手をちょっと動かすだけで気持ち良くなれるんだよ?」
Aミリナ「ほらぁ、酒場の皆が君を見てるよ。皆君の姿を見てエッチな気持ちになっちゃってる」
B自由安価

>>93
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 22:34:05.77 ID:hlq8WH4Ko
2
94 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/22(月) 23:18:01.91 ID:uVw6YJUv0
ミリナ「ほらぁ、酒場の皆が君を見てるよ。皆君の姿を見てエッチな気持ちになっちゃってる」

受付嬢「やだ…みないでぇ♡///」ハァ、ハァ

ミリナ「あそこの人なんてズボンの上からでも分かるぐらい勃起しちゃってる。あっちの人はもう我慢できなくてシコシコし始めちゃってるよ。皆君に釘づけ♡」

受付嬢「あ…あれが、男の人の…///」クチュ

ミリナ「それだけじゃないよ、女の人も君にあてられて発情しちゃってる。ねー?アリエスちゃん?」

アリエス「えっ、い、いや、私は…兎だから…その…敏感で…///」


長い耳をピコピコ動かしながら足をモジモジさせるアリエス


ミリナ「ほらー、ウチのギルドマスターでさえこれなんだよ?自分に素直になろうよー?」

受付嬢「そんな…こと…ダメ、ですよぉ…///」クチュ、クチュ

@ミリナ「そんなこと言っても手は勝手に動いちゃってるよ?」
Aミリナ「ほら、指でそんなに気持ちいいんだからちゃんとしたもの入れたらどんだけ気持ちいいと思う?あそこに出てるおちんちん入れてみたいと思わない?」
B自由安価

>>95
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/22(月) 23:23:40.48 ID:VScP5fthO
1
96 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/23(火) 00:19:04.99 ID:4KiFd8/o0
ミリナ「そんなこと言っても手は勝手に動いちゃってるよ?」

受付嬢「え?な、何で…止まって…止まってよぉ///」クチュクチュ

ミリナ「そう言う割には更に早くなってるよ?気持ちいいもんね。止まらないよね。でも止めなくていいんだよ、気持ちいいのは悪いことじゃないんだよ」ムニュゥ

受付嬢「んぁっ、んぅ…ん…ぁ♡///」クチュ、チュプ、クチュクチュ

ミリナ「乳首もビンビンになっちゃって、そんなに弄ってほしいの?」コリコリ

受付嬢「んぁっ、ぁ♡だめぇ♡///」チュププ、クチュ、チュクチュ


服の下から手を入れておっぱいも弄る。その間も受付嬢のおまんこを弄る手は動き続けている


@服を脱がせる
Aそのままイかせる
B自由安価

>>97
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 00:27:58.92 ID:ZGEaXg2gO
B
ミリナの手でイカせてあげる
98 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/23(火) 01:08:40.86 ID:4KiFd8/o0
ミリナ「ボクの手でイかせてあげるよ」


左手で乳首を弄り、右手は股間を押さえている手に重ねる


ミリナ「その様子だとオナニーも初めてだよね?ほら、こうするんだよ」クチュ、クチュ

受付嬢「んっ、んぁ、ぁ…んん♡なにこれぇ♡///」チュプ、クチュ、ニュプゥ、クチュ


受付嬢の指を右手で誘導して気持ち良くさせる


ミリナ「皆が君のえっちなオナニー姿見て興奮しているよ。皆脳内で君を犯す妄想しているんだねぇ」


耳元で囁く


受付嬢「おか…され…んっ、んぁ…や…犯さないでぇ…♡///」クチュクチュ、チュププ、クチュ、ニュププゥ

ミリナ「もしかしたら今に襲われちゃうかもね。こんな風におっぱい揉みしだかれて」ムニュゥ、モミモミ

受付嬢「んぁっ、あ…はぁ…あっ♡///」チュププ、クチュ、チュップチュップ

ミリナ「この指より太いおちんちんでジュッポジュッポされて」ジュププゥ

受付嬢「んぁっ、ぁぁあ♡…はぁっ♡///」チュププ、ニュプゥ、クッチュクッチュ


エアリス「………///」クチュクチュ


ミリナ「息が荒くなってきたね。そろそろイっちゃうかな?」

受付嬢「んぁ、あ…んっ♡はぁ♡///」クチュクチュ、チュプ


@ミリナ「ほらほら、男性の皆、もっと集まって。みられる方が興奮するみたいから」
Aミリナ「皆、もっと集まって。もっと見えるようにシコシコして、受付嬢ちゃんにぶっかけしてあげて」
Bミリナ「自由安価」

>>99
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 01:24:57.96 ID:1p+62c4zo
2
100 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/23(火) 23:48:24.86 ID:4KiFd8/o0
ミリナ「皆、もっと集まって。もっと見えるようにシコシコして、受付嬢ちゃんにぶっかけしてあげて」


受付嬢を囲む人の輪が縮まり、汗だくになって働いているような屈強な大男からいつもは物静かに座っている爽やかなイケメンまでもが受付嬢に向けて大小さまざまなナニを握りしめ、一心不乱にシコっている


受付嬢「ぅぁっ♡らめ…こんなの…んぅっ、だめ、だよぉ♡んぁっ♡はぁぁ♡///」クチュクチュ、チュプ、ニュプゥ、チュップチュップ

受付嬢(皆が…いつも来てくれる皆が私を見てる…私でおなにーしてくれてる…ダメなのに…こんなので、こんなので興奮しちゃだめなのにぃ♡)ゾクゾクゥ


ミリナ「はぁい、受付嬢ちゃんのためにオナニーしてくれている皆のためにご褒美だよー!」


受付嬢の服を脱がし、おっぱいを丸見えにする。スカートもたくし上げ、オナニーしているびしょ濡れなおまんこも見え見えな状態になる


男たち『ぅぉおおおおお!!!』

男たち「やべえ、手が止まんねえよ」「今日はなんていい日なんだ」「ああ、アリサちゃん。君がこんなにえっちだったなんて」「風俗嬢とのセックスなんかよりいつも見てる娘へのぶっかけの方が興奮する!」「くそっ、手を出しちゃダメなんてもどかしすぎるぜ!」


受付嬢(皆の…皆のおちんちんが…こんな近くに…ああ、酒場のマスターまでも…皆…私にかけようとしてる…)

受付嬢(こんな…こんな私がいたなんてっっっ♡♡♡///)ビクンッビクンッ


潮を吹いてイく受付嬢

それと同時に男たもも射精し、受付嬢の顔が、胸が、腹が、生臭い白濁液で汚される


ミリナ「はいはい、ショーは終わりだよ。皆の出してくれた精液はボクが回収させてもらうからね。ごちそうさまー!」


男たちは熱に浮かされたようにフラフラと酒場を出たり、テーブルに突っ伏したり、冷めた料理を再び食べ始めたりと、少しずつ元の生活に戻っていく


@ミリナ「さて、ボク達も出発しようか」
Aミリナ「ところでアリエスはイったの?」
Bミリナ「ところでアリエスもオナニーしてたよね?」
Cミリナ「自由安価」

>>101
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/23(火) 23:50:46.08 ID:RekC97igO
A
102 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/24(水) 00:28:13.39 ID:xYN3J5r00
ミリナ「ところでアリエスはイったの?」

アリエス「……///」

ミリナ「あー、目ぇ逸らした―」

アリエス「…い、言う必要ないし///」

ミリナ「まあサキュバスのボクには丸わかりだけどねー♪」

アリエス「い、言う必要ないからね!///」

@ミリナ「ちゃんとイけてないみたいだし、宿屋行く?」
Aミリナ「あんな短時間でイっちゃうなんてエッチだなあ」
Bミリナ「自由安価」

>>103
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 00:33:40.30 ID:sAFtPg05o
2
104 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/24(水) 22:46:47.09 ID:xYN3J5r00
ミリナ「あんな短時間でイっちゃうなんてエッチだなあ」

アリエス「いいから早く行くよっ///」


グイグイと押されて酒場を出る


@町を出る
A自由安価

>>105
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 22:49:37.43 ID:sAFtPg05o
1
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/24(水) 22:50:03.05 ID:4Mii3zu80
2.宿で一泊+アリエスとイチャラブエッチ
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/24(水) 22:51:51.66 ID:sAFtPg05o
連取りだったから安価下で
108 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/25(木) 22:15:39.49 ID:vWuFOT0/0
ミリナ「ねえ、アリエス?」

アリエス「なぁに?」

ミリナ「宿でもう一泊していかない?一回イったぐらいじゃ満足できないでしょ」ニヒヒ

アリエス「だーめ、急ぐ必要は無くてもギルド本部に帰らなきゃいけないんだから」

ミリナ「むー、本当はまだシ足りないくせに」

アリエス「っ」ピクッ


耳が跳ねる大きく動く


アリエス「そ、そんなことは無いよ」

耳が反応した割にはすまし顔なアリエス


@ミリナ「へー、チャームかければ簡単に本心引き出せるんだけどなぁ?」
Aミリナ「じゃあ早く次の町に行ってヤりまくろうか」
Bミリナ「自由安価」

>>109
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 22:20:34.58 ID:h7qoG0oMo
2
110 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/25(木) 23:04:13.68 ID:vWuFOT0/0
ミリナ「じゃあ早く次の町に行ってヤりまくろうか」

アリエス「…うん」

ミリナ「あー、やっぱりしたいんでしょ。今顔がにやけたよー」

アリエス「してない!してない!」


抗議するように耳が動く


ミリナ「アリエスちゃんかわいーなあ」

アリエス「あーもう、行くよ」

ミリナ「はいはーい」

@徒歩で
A魔導馬車で

>>111
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/25(木) 23:06:35.97 ID:0GmWS2sCO
2
112 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/26(金) 00:22:20.09 ID:ZlKhMZJv0
魔導馬車

魔力で動く人工馬に引かれる馬車、魔力さえあれば制作料しかかからず、作ってもらう際に目的地をインプットしておけば自動で走ってくれるので結構便利である

ちなみに目的地に着くと大気に溶けるエコ使用


ミリナ「これは便利だねー」

アリエス「でしょ?これなら魔物に襲われない限りのんびり進めるよ」

ミリナ「ちなみに襲われたら?」

アリエス「守って戦わないと次の町まで歩きで行くことになる。私馬車作る術知らないから」


@何も無く次の町に
A魔物に遭遇
Bミリナ「ところで勝手に走ってくれるならここ(馬車内)でヤれるよね?」
C自由安価

>>113
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 00:23:21.57 ID:BmXsolg8O
B
114 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/26(金) 21:46:12.87 ID:ZlKhMZJv0
ミリナ「ところで勝手に走ってくれるならここ(馬車内)でヤれるよね?」
 
アリエス「もう、そんなにシたいの?」

@ミリナ「サキュバスと旅するってのはそういうことだよ」ニシシ
Aミリナ「アリエスだってシたいでしょ?」
Bミリナ「アリエスが可愛すぎるのが悪いんだよ!」と言ってキスしながら押し倒す
C自由安価

>>115
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/26(金) 22:07:25.03 ID:s1e2oekno
1
116 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/28(日) 22:36:18.81 ID:o4mkW/2S0
ミリナ「サキュバスと旅するってのはそういうことだよ」ニシシ

アリエス「まったく、しょうがないなあ」


そう言いながらもアリエスの方から顔を近づけ、そのまま唇を重ねてきた


アリエス「ん♡んちゅ…ちゅぷ…ちゅぅ♡」ンチュ、チュプ、チュゥ

ミリナ「ん♡んちゅぅ、ちゅ、ぷ…ちゅ♡」チュ、チュプゥ、チュ


ミリナ「ふふ、アリエスノリノリだねぇ♡///」

アリエス「ミリナのせいでしょ///」

ミリナ「今のボクはチャームも何もしてないけど?///」

アリエス「もう、そういう意味じゃないし…///」


ミリナ「ところでアリエス、ボクたちサキュバスは自在に生やすことも出来るわけだけど…どっちがいいかな?」

@今回はふたなりちんぽで
A今回もレズセックスを

>>117
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 22:44:50.08 ID:wvShVzjrO
@
118 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/28(日) 23:20:16.03 ID:o4mkW/2S0
アリエス「…じゃあ、ぉち…ぽ、で…///」カァァ

ミリナ「えー?聞こえないなあ」ニヤニヤ

アリエス「おちんぽ!///」

ミリナ「ふふ、恥ずかしがってるアリエスちゃんかーわい」

アリエス「もう、ヤるなら早くしてよ///」

ミリナ「はいはい」


スカートをたくしあげ、パンツを脱がすとクリトリスがみるみる大きくなり、ちんぽの形になる


アリエス「…大きすぎない?///」ドキドキ

ミリナ「サキュバスを見くびっちゃダメだよ。一番気持ち良く感じるサイズに調整できるんだから」

アリエス「絶対大きすぎるって///」

ミリナ「大丈夫、ボクを信じて」


馬車の端っこに敷いてある布団に優しく押し倒しながらキスをする



アリエス「んちゅ♡ちゅ‥ちゅぷぅ♡れろ…れろぉ、ちゅぅぅ♡///」

ミリナ「んちゅ、ちゅぷぅ、ちゅぅっ…ちゅ♡れろぉ///」


@いきなり挿れる
A手マンする
B擦りつける(まだ挿れない)
Cミリナ「ほら、濡らさないと入らないよ。アリエスが舐めて濡らして」
Dミリナ「どうしてほしい?」
E自由安価

>>119
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 23:21:01.77 ID:tjksqlREo
3
120 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/29(月) 00:05:04.19 ID:ZuKV+frA0
ミリナ「アリエスー♡」スリスリ

アリエス「ん…んぅ…///」


まだ挿れずに、おまんこにスリスリする


アリエス「…挿れ、ないの…?///」

@ミリナ「アリエス挿れてほしいならおねだりしてよ」
Aミリナ「自然に濡れてくるまで待とうと思ってね」
Bミリナ「もうちょっと遊ぶのー」と言いながらおっぱいを弄る
C自由安価

>>121
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 00:17:13.41 ID:rBoJHj/Uo
1
122 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/29(月) 01:00:43.89 ID:ZuKV+frA0
ミリナ「アリエス、挿れてほしいならおねだりしてよ」

アリエス「うぅ…いじわる///」

ミリナ「ほらほら、もう濡れて来てる。挿れてほしいんでしょ?」チュプ、チュプ

アリエス「んぁ‥ん…♡///」


ミリナ「先っぽだけ挿れて」

アリエス「んぅぅ…///」

ミリナ「抜く」

アリエス「ぁ…」

ミリナ「ほらほらー、早く言ってくれないと萎えちゃうよ」

アリエス「…て」

ミリナ「ん?」

アリエス「挿れて…///」

@ミリナ「もっとエロく!」
Aミリナ「じゃあ自分でくぱぁして」
Bミリナ「分かったよ」と言ってキスしながら挿れる
C自由安価

>>123
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 01:02:25.10 ID:7UW932hSO
1
124 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/29(月) 01:18:12.92 ID:ZuKV+frA0
ミリナ「もっとエロく!」

アリエス「えぇ…///」

ミリナ「ほらほらぁ」チュプチュプ

アリエス「ん♡わかったよぉ…///」


アリエス「…あたし、我慢できないの…お願い…ミリナの…おちんちん、あたしのおまんこに挿れて…ミリナと繋がりたいよぉ♡///」


ミリナを求める様に両腕を伸ばしてくるアリエス


自由安価
>>125
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 01:22:47.51 ID:pkGKtfdcO
挿入&チューしながら
ミリナ「あぁもう、本当に可愛いなぁアリエスは」
126 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/29(月) 01:58:35.38 ID:ZuKV+frA0
頬を撫でてチューしながら挿入する


ミリナ「んちゅぅ♡」ズプゥ

アリエス「んちゅ♡ちゅ…ちゅぅ♡ちゅ///」

ミリナ「ぷは…あぁもう、本当に可愛いなぁアリエスは」

アリエス「んあっ、嬉しい…よぉ♡///」

ミリナ「じゃっ、動くよっ。んっ、ふ…ぅ♡///」ジュップッ、ジュップッ

アリエス「んぁっ、あっ♡本当に、すごいっ…動くだけでっ、気持ちいいよぉっ♡///」ズッチュズッチュ、ジュプゥッ

ミリナ「そうっ、でしょぉっ♡んぁっはっ、一番気持ちいいっ、形と大きさにしてるもんっ///」ジュププッ、グッチュグッチュ、ズップズップ

アリエス「あっ♡はぁっんっ、んぁっ♡好きぃっ、ミリナちゃん好きぃっ♡///」グッチュグッチュ、、ズチュチュ、ジュプゥッ、ニュプ、チュプゥッ


ミリナに全身で抱き着いて腰を振るアリエス


ミリナ「ボクもっ、ボクも大好きだよっ♡アリエスちゃん好きっ、可愛いよぉっ♡///」ズプッ、ズッチュズッチュ、ジュプゥッ、グッチュグッチュ、ジュプゥ

アリエス「嬉しぃっ♡んちゅぅ♡ちゅぷぅっ、くちゅ…れろぉ♡ぷはんぁっ♡あんっ、んんぁっ、あたしの中、どうっ?♡///」

ミリナ「うんっ、気持ちいいよぅ♡んっ、一生懸命吸い付いてきてぇ♡ボクのこと好きって言って離さないもん♡///」ズップズップ、グチュ、ジュプゥ

アリエス「あっ♡はぁぁ♡んぁっ、あんっ、んっ♡んあっはぁぁ♡♡///」グッチュグッチュジュプゥッ、ズップズップ

@同時にイき、中出ししてフィニッシュ
A自由安価

>>127

今日はここまで
※サキュバス・インキュバスは有精、無精を選んで射精できるので妊娠のリスクはありません
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 02:06:32.95 ID:rBoJHj/Uo
1
128 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/29(月) 22:35:20.31 ID:ZuKV+frA0
ミリナ「出すよ!出すよアリエスっ♡///」パンパンパン

アリエス「出してっ♡ミリナの精液♡あたしの中に出してぇっ♡♡///」ズッチュズッチュ、ヂュププゥッ、クチュ、チュップチュップ

ミリナ「うんっ♡アリエスちゃんっ、好きっ、大好きぃっ♡♡♡///」パンパンパン

アリエス「あたしもっ♡♡あたしも好きぃっ♡大好きだよぉっ♡♡♡///」ジュップジュップ、グチュゥ、ジュップジュプ


腰を打ちつけながらキスをする。おっぱい同士がむにゅりと潰れてはまた膨らみ、また形が歪む

舌を絡ませ、乳首を同士を擦り、全身で愛し合う


ミリナ「んぁぁああっっっっ♡♡♡///」ビュルルル

アリエス「はぁぁっっっんっっ♡♡♡///」ビクンッ、ビクンッ
129 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/06/29(月) 23:17:32.47 ID:ZuKV+frA0
アリエス「はぁ♡…はぁ♡…ん…///」コポォ...

ミリナ「アリエスちゃんのおまんこからボクの精液垂れてるのすごいエロいよぉ///」

アリエス「もう…中でこんなに出して…♡///」

ミリナ「えへへ、アリエスちゃんへの気持ちの分だけ出たんだよ///」

アリエス「…ばかぁ♡///」ギュゥ


@その後、町に着く
Aいつの間にかアリエスも知らない場所に迷い込んでいた
Bいつの間にか周りに気配が集まっていた
C誰かが覗いていた
D自由安価

>>130
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/06/29(月) 23:21:05.12 ID:FPZNds5KO
1
131 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/02(木) 22:45:09.07 ID:d094Xn1W0
<ヒヒィーン!


魔導馬がいななく


アリエス「しまった、もう町!?」

ミリナ「そうなの?」

アリエス「やばいやばい、早く服着て!///」


@服を着る
A着る前に検問の兵士が覗いてくる

>>132
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/02(木) 22:49:39.70 ID:+eRpjFfro
2
133 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/03(金) 00:11:53.20 ID:LLOZJiOS0
<あれ?誰も出てこねえな。ちょっと覗きますよー


アリエス「ま、待って!まd―


アリエスが全部着る前に検問所の兵士が覗いてくる

ちなみにミリナは

@全裸
A着てる
B着てる途中

>>134
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/07/03(金) 00:12:15.88 ID:pvibZLMnO
B
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/07/03(金) 04:43:48.18 ID:0SpvGeWM0
個人の意見ですが、1レスごとをも少し長くした方がテンポも良いかと。
136 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/04(土) 21:30:08.51 ID:Pvwvgk+90
兵士「ちょっと覗きますよっ…とうわぁっ!」

アリエス「待ってって言ったのにぃ!///」

ミリナ「わー、兵士さんのえっちぃ。それともわざとかなぁ?」

兵士「す、すみませんっ」

@下着のまま誘惑してみる
Aこっそりチャームをかけてみる
B Aでアリエスを襲わせる
C自由安価

>>137
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/04(土) 21:57:30.72 ID:Pn7p0Y0go
C
A+半裸のまま目の前で濃厚にイチャイチャ
138 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/05(日) 12:58:32.31 ID:n/3rAc4e0
ミリナ「ねー、アリエス?せっかくこんな姿してるんだし、この人にサービスしてあげようか」クスクス

早く着ようとするアリエスの手を押さえてこっそりチャームをかける


アリエス「…ミリナ、またチャームかけたでしょ///」

ミリナ「ふふ、しらなぁぃ」


アリエスのブラの中に手を滑らせ、乳首を弄る


アリエス「ん、んぁ…ふ、あ…ゃ♡ん…ぅ///」

ミリナ「んっ♡アリエスもぉ…んっ、ふぅ…ぁっノリノリ、じゃん…///」チュプ、クチュ、チュププゥ、ニュチュゥ


アリエスもミリナのパンツに手を入れ、クチュクチュと弄り出す


兵士「き、君たち、やめないか///」

ミリナ「そんなこと言ってボクたちに目が釘付けなくせに♡」

アリエス「そうだよ、そこそんなに膨らましているのに///」

兵士「こ、これは…///」

ミリナ「わー、えっちぃ」

@ミリナ「しょうがないなあ、そんなに気持ち良くなりたいの?」
Aミリナ「じゃあこの人も気持ち良くしてあげようか。ねえ、アリエス」
Bアリエスがミリナに続きをおねだり
C自由安価

>>139
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/05(日) 13:02:59.55 ID:EM14UGSyo
3
140 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/05(日) 15:23:26.85 ID:n/3rAc4e0
アリエス「ミリナぁ…んちゅ♡///」


アリエスが腕を首に回し、キスをする


ミリナ「ん、んちゅ♡早く続きしてほしいの?///」

アリエス「うん…///」

ミリナ「ふふ、アリエスは可愛いなあ。大好きだよ♡///」クチュ

アリエス「ん。んちゅ…ちゅぷ♡んっ、はぁ、ぁ、んぁ…あ♡ゃ…あたしも、好きぃ♡///」クチュ、チュプ、チュ、クチュゥ、チュプチュプ


お互いにキスしてパンツの中に手を入れ、手マンしあう


ミリナ「ふぁっ♡んっ、んぁっ、やぁ、あ♡んっ、アリエス…いいよぉ♡んっ、んぁ、はぁ♡///」クチュ、チュプ、ニュッチュニュッチュ

アリエス「んっ、あ♡ミリナぁ♡んぁっ、んっ、ふっぁ♡///」チュプチュプ、クチュ、チュプ、ニュチュ、チュププ


兵士「はっ、はっ///」シコシコシコ


もはや兵士は仕事も忘れておちんぽをシコる事に夢中になっていた


@そのままお互いがイくまでする
Aパンツも脱いで貝合わせ
Bミリナ「兵士さんもそろそろイっちゃうかなあ?」
C自由安価

>>141
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/05(日) 15:27:28.85 ID:NI9dKuVF0
C
B+他の兵士も集まり出す
142 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/07(火) 23:13:51.28 ID:Mc6GEW560
ミリナ「兵士さんもそろそろイっちゃうかなあ?」

兵士「はぁっ、はぁっ」シコシコシコ


アリエス「ミリナぁ♡///」クチュクチュ

ミリナ「うん、アリエス、可愛いよぉ♡///」チュプゥ、クチュクチュ

ミリナ「じゃあアリエスの可愛いところを兵士さんにもっとよく見てもらおうねぇ///」ジュップジュップ


アリエスを連れて兵士の近くに移動し、目の前でおまんこを弄る


アリエス「やぁ、恥ずかしいっ、んぁっ♡はぁぁ///」ニュップニュップ、チュプゥ、チュプチュプ

ミリナ「そんなこと言って興奮してるんじゃない?もっと溢れてきたよ」

アリエス「んぁっ、そんなこと、無いよぉっ♡んぁっ、ぁぁっ、ふぅっ、んっ///」クッチュクチュゥ、チュプ、チュップチュップ


兵士B「おいハンク、いつまでかかってんだよ。もう他のは終わったぞ」

兵士C「っつーか変な声するしよ、なにしてんだ?」


三人の兵士が入ってくる


兵士D「なっ、お前ら何を…」


アリエス「ダメダメ、イっくぅぅっっっ♡♡♡///」ビクンッ!!

ミリナ「ふふ、アリエス可愛いよぉ♡///」チュゥ


ミリナ「そっちも、チャームなんかかけなくてもボクのフェロモンにあてられてギンギンみたいだし」ペロリ


兵士B〜D「」ギグッ


@ミリナ「ボクたちとみんなで楽しまなない?」
Aミリナ「アリエスはボクのだけどボクのここは皆が使ってもいいんだよ」クパァ
B自由安価

>>143
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/07(火) 23:15:52.13 ID:/ph6f0Q+o
1
144 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/11(土) 22:55:45.45 ID:qNgWQyIi0
ミリナ「ボクたちとみんなで楽しまなない?」クパァ

アリエスと共におまんこを広げて誘う

アリエス「あぅ…///」


兵士B「ゴク…」


アリエス「み、ミリナぁ、私は…///」

ミリナ「ふふ、ボクには隠せないよ。アリエスだって興奮してるでしょ?ここにいる兵士たちにグチャグチャに犯されるのを期待しちゃうでしょ?」

アリエス「そんなこと…///」

ミリナ「にひっ。じゃあアリエスちゃんの許可も出たことだしここにいるみんなでヤろっか♡」

A兵士たちも乗り気で乱交
Bまだオドオドしているのでミリナから仕掛ける
C自由安価

>>145
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:56:50.60 ID:OpRd8U9T0
A兵士たちも乗り気で乱交

@はどこ行ったんや…
146 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/12(日) 22:18:30.71 ID:47J0+LoA0
兵士B「ほ、本当にいいんだな?」

ミリナ「いいよぉ、おいで♡」

兵士B「やったぜ」ボロン

兵士A「こ、今度は触れていいのか?挿れていいのか!」ギン

兵士C「だだだ、脱童貞だ!俺今日童貞卒業できるんだ」

ミリナ「うわぁ、こんなに美味しそうな臭いちんぽが三本もぉ♡アリエスちゃんはどうするー?///」ニヤニヤ

@アリエス「…ほし、ぃ…///」カァァ
A最初は拒むけど途中で我慢できなくなって混ざってくる
B最初は拒むけど途中で我慢できなくなっておねだりする

>>147

>>145
間違えた。ナンバリング間違えであって@が抜けたとかじゃないけど
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 22:20:38.80 ID:KzeLnWx9o
1
148 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/13(月) 00:33:15.39 ID:CQPHZYSb0
アリエス「…ほし、ぃ…///」カァァ

兵士3人『うぉぉおおおおお!!!』



兵士B「お、俺アリエスちゃんで。恥じらいが可愛い!」

兵士A「俺ミリナちゃん!ビッチエロい!」

兵士C「俺もミリナちゃん!童貞貰ってください!」


ミリナ「ふふ、じゃあ童貞の人。美味しく貰ってあげるからおいで」

兵士C「は、はい!」

ミリナ「最初から挿れるのより少しずつ段階踏んでいきたいよね?ボクの身体好きに触ってみて♡」

兵士C「じゃ、じゃあ失礼して…」ムニュゥ

ミリナ「んっ、そう。本能の赴くままにおっぱい揉んで、握って、しゃぶっていいからね」ナデナデ

兵士C「こ、これが女の子のおっぱい…手に吸い付く柔らかさ…あぁ、頬ずりしてもスベスベで良い匂いして気持ちいい」ムニュゥ、スリスリ

ミリナ「ふふ、ボクの身体に夢中な童貞君かーわいい」


アリエス「…わ、私たちも…ヤろ…///」

兵士B「お?どうしたの?あっちの、ミリナちゃん取られて嫉妬?」ニヤニヤ

アリエス「そ。そんなんじゃないよ///」

兵士A「しょうがないなー、童貞の初プレイを尊重してミリナちゃんはあいつに独り占めさせてあげるか」

アリエス「ちょ、ちょっと待って二人同時なんて///」

兵士A「大丈夫、大丈夫。俺は最初舐めてくれればいいから」ボロン

アリエス「ぅ…臭い…///」

兵士A「悪いね。鎧の中って蒸れるんだ」

アリエス「ぅぅ…んちゅ、ちゅ…れろぉ…ん、ふぁ…んっ♡///」

兵士A「ぅぉっ、すげっ、こんな気持ちいいフェラ初めてだ…」


アリエス(やばい…サキュバスの血が…臭いチンポしゃぶってると…すごい疼いちゃう)


兵士B「うわ、ちんぽしゃぶってるだけなのにすげぇトロトロじゃん…えっろ」

アリエス「ぷはっ、ぁ、ダメ、あまり見ないでぇ♡///」

兵士A「ほらほら、口はこっちに集中しててよ」

アリエス「もう…んちゅ♡ちゅぷ…れろぉ…ん…んちゅ、ちゅぷ///」

兵士B「じゃあ挿れるよ」ズプゥッ

アリエス「んんんんっっ♡♡んぁっ、あんっ、いきっ、なりぃっ♡あっ、んっ、んちゅ…ちゅぷぅっ…れろぉっ♡///」ズップズップ、ズチュゥ、グチュ、チュプチュプ、ニュップニュップ

兵士B「やべえ気持ちいい。獣人のまんこは名器って言うけど半獣人でも十分名器だろこれ」パンパン

アリエス「ぁっ、んぁっ、はぁぁっんっっ♡やっんっ、んちゅ…れろぉ、くちゅ…んんっあっ♡ん…はぁっ♡///」グチュゥ、ニュプッ、ズップズップ、グチュ、ズッチュズッチュ、ンチュ、チュププ

兵士A「おい、あんまり激しくすんなよ。フェラしてる口が止まるだろ」

アリエス「んあっ、あっ♡…ん…いい、よ…んっ♡喉の奥まで…突いて♡///」ズップズップ、グチュゥ、ニュププ、ズプゥッ

兵士A「マジか?じゃあ遠慮なく」グッ


アリエスの頭を持ってオナホのように激しく突く
149 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/16(木) 23:20:28.31 ID:k7jdgF880
兵士C「そ、そろそろ挿れても…い、いですか?」

ミリナ「大丈夫、大丈夫。緊張しなくていいからね。ほらここだよぉ♡」クパァ

兵士C「ゴク…い、挿れるぞ…」ドキドキ

ミリナ「ん、んぁっ、挿ってきたぁ♡///」ゾクゾク

兵士C「す、すごい、これがセックスっ…」ニュップニュップ

ミリナ「あんっ、んぁっ、はっ、あっ♡いいよっ、うんっ、ぁ…ふ、ん…あ♡上手…んっぁっ、ふぅっ、んっ♡///」ジュップジュップ、ニュプゥ、ズップズップ


兵士A「ああ、すげえ気持ちいい」ズッポズッポ

兵士B「今日は最高の日だな」ズップズップ

アリエス「んっ、んぐぅっ、んむぅっ♡んっ、んんっ♡っ♡///」ズップズップ、ズチュウ、グッチュグッチュ、ズププゥ

アリエス(ああ、私今好き勝手に体使われて…♡///)ゾクゾクゥ


兵士C「すげぇっ、気持ち良すぎて止まらねえよ!」パンパンパン

ミリナ「あんっ、んぁっ、あっ、すごぅっ、んんん♡いいよぉっ、好きなだけ突いてぇ♡///」グッチュグッチュ、ズププゥッ、ニュップニュップ、ズププゥッ、パンパンパン


童貞の自分勝手で拙いSEXもたまらないよぉ♡


兵士A「あー出る出る、飲んでくれ」ビュー

アリエス「んっ、んぐ…ごくっ…ごく…ぷは…ぁ♡///」


飲み切れずに少し口の端から精液を零してしまうアリエス


兵士A「うっわっ、えっろ。本当エロイなあ君」

アリエス「んぁっ、あんっ♡んっ、ウサギの血のせいだからぁ♡あぁっ、発情したらっ、止まらないのぉっ♡///」グッチュグッチュ、ズププズッ、パンパンッ、ズッチュズッチュ


兵士Aが出した後も兵士Bは腰を振り続けている。手持無沙汰になった兵士Aはアリエスのおっぱいを揉みはじめる


兵士A「おいリック、お前どんだけヤってんだよ。俺にもまんこ貸せよ」モミモミ

兵士B「早漏のお前と一緒にすんなよ、こんな名器すぐ出して終わりたくねえよ」パンパン


ミリナ「あんっ、んぁっ♡はっぁ…んっ、んあ…あ♡はぁっっ、んっ、ねぇっ、あっちの一人は…んっ♡やらないのぉ?///」ズップズップ、ズチュチュゥ、グッチュグッチュ、ニュププゥ

兵士A「ああ、あいつ信心深いんだわ。よく協会行ってるしな」


兵士D「やめろ、俺に話を振るな。邪魔はしないから俺を巻き込むな」


ミリナ「へー」ニヤリ


@兵士Cがイった後兵士Dを誘惑してみる
Aヤっている間にサキュバスの淫紋が浮き出ているのを兵士Dに見られる
BABCをイかせて終わり
C自由安価

>>150
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 23:25:21.38 ID:alHC+C0zo
2
151 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/17(金) 00:28:08.36 ID:/CbBmCA40
兵士C「はっ、はっ」パンパン

ミリナ「あんっ♡んっ、んぁっ♡はぁぁ♡あっ、最初にしてはすごい上手ぅ♡///」ズッチュズッチュ、グチュゥ、ズップズップ、グッチュグッチュ


思ったより気持ち良くて…子宮が疼いちゃう♡


下腹部が熱くなり、サキュバスの証である淫紋が強く輝く


兵士D「なっ!?…おい、そいつサキュバスだぞ!」

兵士A「あーやっぱり、そんなことだと思ったよ」モミモミ

兵士B「マジで?俺初めて見たわ」パンパン

アリエス「待ってっ、私、サキュバスじゃないぃ、あの子、んぁっ♡だけぇ…♡///」ニュップニュップ、ジュププゥッ


ミリナ「あはは、バレちゃった?でもこの人は夢中だもんね?最後までボクのご飯になっちゃうよねえ?♡///」ニュップニュップ、ズププゥッ、パンパン

兵士C「もうっ、今更っ、やめられねえよっ、っく、イっく…」パンパン

ミリナ「イく?イってっ、イって♡ボクの中にいっぱい頂戴♡///」グチュゥ、ズップズップ、パンパン

兵士C「イくっ!」ビュルルルル

ミリナ「ぁはぁぁああああ♡♡♡///」ビクンッ、ビクンッ


兵士B「俺も君に出してあげるからね」パンパンパン

アリエス「だからっ、私サキュバスじゃないってっんぁあっ♡♡あっ、はぁっ、ダメっ、イっちゃう♡私もイっちゃう♡♡♡///」グップグップ、ジュププゥッ、ズプゥ、グッチュグッチュ

ビュルルルル

アリエス「んぁっあぁぁあ♡♡♡///」ビクンッ、ビクンッ


ミリナ「ほら、君も教会だなんだ言ってないでボク達と気持ち良くなろうよ」

兵士D「やめろ、俺を堕落させる気か淫魔め!」

ミリナ「酷いなあ、この人たちを堕落した扱いするの?」クスクス


まんこから兵士Cの精液を垂らし、淫紋を光らせ、少しずつ兵士Dに近づいていく


兵士A「次は俺にまんこに入れさせろ。どけリック」

兵士B「へいへい、じゃあ俺もおっぱい堪能しよ」モミモミ

アリエス「は…ぁ♡待って、まだ…敏感、だから、ぁ///」クテェ


兵士D「く、来るな!来るなぁ!」


少しずつ後ずさる兵士D


@ミリナ「じゃあ君の信仰心を試してあげるよ」チャーム
Aミリナ「じゃあその勃起ちんぽは何かなぁ?」
Bミリナ「兵士さんたち、その人掴まえといて♪」
C自由安価

>>152
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 00:40:24.74 ID:QR+z+p+lO
A
153 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/17(金) 01:03:06.10 ID:/CbBmCA40
ミリナ「じゃあその勃起ちんぽは何かなぁ?」

兵士D「こ、これは貴様がかけた魔法のせいだろ!」

ミリナ「おかしいなあ?まだチャームはかけてないんだけどなあ」ニヤニヤ

兵士D「違う!違う!俺は敬虔な神の信徒だ!淫魔の誘惑になんか屈しない!」


楽しいなあこの人


兵士A「前時代的だよな」

兵士B「教会は良いことも言うけど頭固いからなあ」


@ミリナ「ほらほら、早く逃げないと食べちゃうよー」
Aチャーム(行動支配)で動けなくする
B兵士Dのちんぽを引きずり出しておまんこにすりすりさせる。でもまだ挿れない
C自由安価

>>154
154 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/17(金) 01:13:07.98 ID:/CbBmCA40
今日はここまで
安価↓
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 01:42:14.19 ID:rSAk4/Wco
3
156 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/19(日) 14:36:27.08 ID:pCisDQ7Y0
兵士D「来るな!来るな淫魔ぁ!」

ミリナ「ふふふ、なら抵抗すればいいのに何で剣すら握らないのかなぁ?」ニヤニヤ

兵士D「う、うわぁぁああ!」


そこまで言ってようやく剣を握り、ぶん回す兵士D


兵士A「うおぉ、危ねえなお前」

兵士B「いい加減諦めて童貞捨てろよお前も」

兵士D「うるさい!俺はお前らみたいに堕落したくないんだぁ!」

@気づかれないようにチャーム(行動支配)をかけて剣を離させる
Aミリナ「はいはい、物騒なものは手放そうねえ」自力で剣をもぎ取る
B自由安価

>>157
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 14:37:30.32 ID:d6P9xTdOo
2
158 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/19(日) 17:56:18.23 ID:pCisDQ7Y0
ミリナ「はいはい、物騒なものは手放そうねえ」


ひっそりと腕に筋力強化をかけて剣をもぎ取る。ついでに兵士Dを仰向けに押し倒す


兵士D「ひぃぃいいい!」

ミリナ「ふふ、ほらね。君の本音は剣で傷つけたいなんて思ってないんだよ。その証拠に、ほらこっちはバキバキ」シコシコ


その兵士Dの上に乗っかり、服を剥ぎ取って体を擦りつけながら手コキする


ミリナ「ほら、感じる?ボクのおっぱいが、ボクの乳首が、擦りつけられてるよ」

兵士D「や…やめろ…頼む、違う…俺は、欲情など…///」ハァ、ハァ

ミリナ「ふひひ、そんな顔されたらむしろ止められないよぉ♡ほーら、ボクの邪悪なサキュバスまんこが君の純潔な童貞ちんぽを食べちゃうぞう」クパァ


わざとおまんこを手でパクパクさせてちんぽに近づける


兵士D「ぅ、うわ…ぁ、んぁっぁ///」

ミリナ「ぅひひ、どーぉ?ボクのおまんこが君のおちんちんを擦って、んっ♡粘液同士が擦れあってえっちな音立ててるよ♡///」ンチュ、チュプ、クチュ、チュプッ

ミリナ「ほーら、ボクの筋に君の亀頭が挟まって…でも挿れてはあげないよー///」チュプ、クチュッ、チュープッ

兵士D「ぁ…///」クチュ、チュプゥ

ミリナ「今切なげな声あげたよね?そうだよね、こんな生殺しでさえ童貞の君にはすごい気持ちいいもんね?やめられないよね」クチュ、チュプ、ニュッチュニュッチュ

兵士D「んぁ…ぁ…そんな…こと…///」チュププ、クチュ、チュプゥ

ミリナ「ほーら、ほーら、ボクがもう少し腰を下げるだけで入っちゃうんだよ…ほぉら、おまんことおちんぽがキスして離れる、こんなに擦りつけられても入れない…入れたらもっと気持ちいいのにねえ」チュップチュップ、クチュゥ、チュプチュプ

兵士D「ぅぁ…もっと…きもち…///」クチュ、チュプ、ニュプゥ

ミリナ「そうだよぉ?もっと気持ちいいよぉ。ほらこの手も剣なんて物騒なもんじゃなくてボクのおっぱいでも揉んでさぁ♡///」ムニュゥ、クチュ、チュププ、ニュチュ、


ミリナのおまんこから垂れる愛液は大気に混ざって拡散し、周りにサキュバスのフェロモンを振りまく

先ほどまでヤりまくっていた兵士A〜Cもフェロモンに当てられてナニを擦り続け、アリエスでさえ兵士たちの精液でドロドロになっているおまんこをかき回すように弄っている


@ミリナ「ほーら少しずつボクのおまんこに食べられちゃってるよぉ。このままじゃ奥まで入っちゃうね」
Aミリナ「ほらほら、君が一言『挿れたい』と言えばもっと気持ち良くなれるんだよ?ほら言っちゃえ」
Bミリナ「自由安価」

>>159
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:01:13.54 ID:XCRJBf5LO
2
160 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/19(日) 21:58:00.98 ID:pCisDQ7Y0
ミリナ「ほらほら、君が一言『挿れたい』と言えばもっと気持ち良くなれるんだよ?ほら言っちゃえ」

兵士D(やばい…ちんぽがすごいムズムズする…ダメだ…もっと、もっと強く挟んでほしい、もっと深く挿れて欲しい、締め付けて欲しい、欲しい欲しい欲しい…)

ミリナ「大丈夫、君は今サキュバスに襲われているんだよ。逆レイプは仕方ないんだよ、だから、君が挿れたいって思っても大丈夫」

兵士D(逆レイプ…襲われているから仕方ない…俺は…悪く、ない…気持ち良くなっても…大丈夫…)


挿れたい…挿れたい…気持ち良くなりたい!


ミリナ「ね?挿れたい?」

兵士D「挿れたい…」


その時、俺の中で何かが音を立てて崩れ去った


ズップゥ


ミリナ「んぁっ、はぁあんっ♡あはっ、ついに言っちゃったね。言っちゃったねぇ、にっししし♡///」


@ミリナ「ご褒美にすっごく気持ち良くしてあげるよ♡」
Aミリナ「じゃあ好きに動いていいよ。君が気持ち良くなるように」
Bミリナ「自由安価」

>>161
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/07/19(日) 22:01:01.07 ID:AqDrYujz0
Bミリナ「いっぱい犯していいよ、たくさん出してもう人間じゃ満足できないチンポになっちゃえ♥」
162 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/20(月) 01:01:56.16 ID:2TPIb3er0
ミリナ「いっぱい犯していいよ、たくさん出してもう人間じゃ満足できないチンポになっちゃえ♥///」

兵士D「はっ、はぁっ、んっ、あっ!くそっ、くそっ!」パンパン

ミリナ「んぁっ、あんっ、んんぅっ、初めてなのにっ、すっごい激しぃっ♡♡あんっ、貪るようなセックスも好みだよぉっ♡///」ズッチュズッチュ、ズププゥ、ニュプニュップ、グチュゥ、ジュップジュップ

兵士D「くそっ、淫魔め、こんなにっ…くそっ、誘惑しやがって!くそっ!」パンパンパン


口はそう言うがもう止められないようで腰を無理やり打ち付けるように振り続けている


ミリナ「んぁっ、そうだよ。おっぱいも好き勝手に弄っていいんだよ。んっ、あぁんっ♡♡そんなに強く噛まれたらイっちゃぅ♡///」ジュップジュップ、グチュゥ、モミモミ、ムニュゥ、ガブ、チューチュー

兵士D「くそっ、一回イっただけじゃ許さねえからな!イき狂わせてやる!」パンパンパン

ミリナ「くすくすくす。ねえ、教会がサキュバスとの性交を禁じてるの覚えてる?突けば突くほどボクの栄養になっているだけって覚えてる?///」グッチュグッチュ、ズププ、ジュップジュップ、ニュププゥ、チュププ

兵士D「うるさい!俺を逆レイプしたくせに!俺はお前に搾取されただけの被害者だ!」パンパンパン


そう言いながらも既に体勢は正常位であり、ミリナの両足を掴んで腰を打ちつけているのはもはや兵士Dだ


ミリナ「あんっ、んぁっ♡あはっ♡もう何も見えてないね♡あんっんん♡君の頭の中は気持ち良くなることしか考えていないっ♡もうボクの虜だよ♡///」ズップズップ、グチュゥ、ジュプ、ニュププ、ズプッ、パンパン

兵士D「俺はっ、俺はぁっ!」パンパンパン

ミリナ「んんぁっ、あんっ、はぁああ♡んっ、んぁぁっ、もっと激しくなってるっ♡あはぁっ、おちんちん膨らんできてるよ♡んっ、ふぅっ♡ねえっ、出しちゃうの?サキュバスの中に、淫魔の中に出しちゃうの?教会の教えを破ってさっ♡♡///」ズッチュズッチュ、ジュプゥッ、グッチュグッチュ、ジュププゥ、ニュプッ

@ミリナ「ねえ、キスして♡ベロチューしながら射精したらもっと気持ちいいよ♡///」
Aミリナ「君はもうとっくに教会の教えに背いちゃってるんだよ。だから神様にごめんなさいしないとだね♡ほら神様にごめんなさいしながらボクの中に出しちゃえ♡///」
Bミリナ「自由安価」

>>163

今日はここまで
淫魔、というか悪魔娘やるならこういう悪魔らしいパートは入れたいよね
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 01:05:31.85 ID:aOtXrq88o
1
164 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/23(木) 22:22:02.14 ID:MKXaJxTn0
ミリナ「ねえ、キスして♡ベロチューしながら射精したらもっと気持ちいいよ♡///」

兵士D(もっと気持ちいいの…ほしい!)ブチュゥー

ミリナ「んっ、んちゅ…ちゅぷ、れろぉ、んちゅぅ♡…っっっ♡♡♡!!」ビクンッ、ビクンッ


ビュルルルルゥ


ミリナ「あはっ♡ボクもイっちゃったっ♡ねえ?どんな気分?甘いイチャラブえっちで中出し童貞喪失した気分は♡」

兵士D「俺は…俺はなんてことを…神の信徒なのに悪魔と性交なんて…」

@ミリナ「クスクス、もう君は悪魔に魂を売り渡したも同然なんだよ♪」
Aミリナ「まあまあ、教会が一方的にボク達を淫魔呼ばわりしているだけでサキュバスは悪魔でもなんでもないし性交は食事だよ?」
Bミリナ「あはは、もう君はこれで二度と教会に立ち入りできなくなっちゃったね♪」
Cミリナ「自由安価」

>>165
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 22:33:18.58 ID:1CQRKzHl0
2
166 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/23(木) 23:11:51.18 ID:MKXaJxTn0
ミリナ「まあまあ、教会が一方的にボク達を淫魔呼ばわりしているだけでサキュバスは悪魔でもなんでもないし性交は食事だよ?」

兵士D「うるさい!悪魔はいつもそうやって俺たちを騙すんだ!悪魔じゃないという証拠なんかどこにある!」

ミリナ「クスクス、サキュバスが悪魔だという証拠も教会は見せてくれないでしょ?それこそ悪魔の証明だよ、どっちもね」

兵士D「ぐっ…ぅ…」

兵士A「まあまぁ、他の奴らもサキュバス店に行ってるけど教会に入れてもらえなくなった奴なんていないぜ?」

兵士B「考えを変えてみろよ。俺等はただ食事を提供してあげただけだぜ、慈善事業と変わらないって」

ミリナ「じゃ、ボクたち行くね。行こ?アリエス」

アリエス「待って…まだ歩けない…」

@回復魔法
Aすぐ宿屋見つけて休もう

>>167
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 23:12:38.85 ID:8cy0CufXO
@
168 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/23(木) 23:48:36.89 ID:MKXaJxTn0
ミリナ「じゃあボクが回復魔法かけてあげるね」チュ

アリエス「ん…んちゅ、ちゅ…ちゅぷ…ぷは…///」

ミリナ「…ぷは、どう?元気になったでしょ」

アリエス「うん…///」

ミリナ「そういやここ検問だったよね。町に入ってもいい?」

兵士A「ああ、あまり派手にヤりすぎて教会に目を付けられないようにな」

ミリナ「はいはーい」

兵士D「いいわけあるk―むぐっ」

兵士B「こいつはどうにか宥めておくから安心しておいてくれ」

兵士C「ありがとな、俺は何か自信が付いたよ」
―――――
―――

その後、全員馬車から降りると役目を終えた魔導馬車は大気中の魔力に溶けて消える。町は大きな都市で、中心に教会がそびえ立っていた


ミリナ「いやー、楽しかった。童貞は美味しいしサキュバス嫌いを誑かすのは楽しいなあ」

アリエス「…ねえ、本当はサキュバスは悪魔なの?それともただのそういう生き物?」


@ミリナ「…悪魔…って言ったらどうする?」
Aミリナ「アリエスはどう思う?」
Bミリナ「ただの生き物だよ。…まあ、サキュバスが気持ち良すぎて同種族で子作り出来なくなったって話聞くと悪魔呼ばわりされるのも分かるけどね」

>>169
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/07/23(木) 23:49:33.18 ID:R1HqkYqQ0
3
170 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/23(木) 23:59:32.52 ID:MKXaJxTn0
ミリナ「ただの生き物だよ。…まあ、サキュバスが気持ち良すぎて同種族で子作り出来なくなったって話聞くと悪魔呼ばわりされるのも分かるけどね」

アリエス「ああ、やっぱりあるんだ…」

ミリナ「うん、あと夫が寝取られただの子供の教育に悪いだの、根本的に道徳観が相容れないんだよねえ」

アリエス「じゃああと一つだけ。えっちは…ただの食事なの?」

@ミリナ「そうだね。本当に子作りする時は別だけど」
Aミリナ「ふふ、好きな人とのセックスは別だよ、アリエス」

>>171
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 00:22:03.17 ID:13UoZsLFo
1
172 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/24(金) 01:49:25.61 ID:Q7NdbSDr0
ミリナ「そうだね。本当に子作りする時は別だけど」

アリエス「そう、なんだ…」

ミリナ「なぁにぃ?ボクと子作りえっちしたいの?」ニヤニヤ

アリエス「そ、そんなんじゃないって///」

ミリナ「まあイチャラブエッチしてる時の言葉に嘘は無いけどね」ニコッ

アリエス「…もう///」

ミリナ「ふふ、食事だって感情が無いわけじゃないんだから」

@酒場(クエスト受付)に
Aアリエスの知り合いに会いに行く
B自由安価

>>173

今日はここまで
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 01:58:32.90 ID:+p8nKRANO
1 おつ
174 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/24(金) 19:11:21.92 ID:Q7NdbSDr0
酒場

アリエス「やあ、私たち宛ての依頼はあるかな?」


アリエスが受付嬢にギルドエクスバニーのギルドバッジを提示する


A人を苗床にする危険な魔物がいるという噂があるダンジョンの調査と討伐
B違法サキュバス店の調査と摘発
Cとある危険な魔物の精液採取

>>175
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 19:14:18.02 ID:cqPP6UdIo
2
176 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/24(金) 22:51:50.28 ID:Q7NdbSDr0
受付嬢「そうですね。違法サキュバス店があるという報告がいくつか上がっているんですが、はっきりとした確証が無くて摘発に乗り出せないんですよ」

受付嬢「それで憲兵さんたちから調査依頼が来ているんですけどお店がお店なんて真面目な人は受けたがらないし受けたがる人は虜になって報告しないんで困っているんです」

アリエス「なるほど、私たち向けだね。では受けようか」

受付嬢「ありがとうございます。ではクエスト受領の手続きをしますね」

ミリナ「違法なサキュバス店って何が違法なんですか?」

@法外な値段をチャーム(洗脳)で誤魔化すぼったくり店
A命の危機ギリギリまで精力を吸い尽くす危険な店
B自由安価

>>177
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 23:04:08.47 ID:cqPP6UdIo
ずれてる番号通りの2のつもりだった
安価下
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 23:19:02.26 ID:13UoZsLFo
あれ 触手じゃなかったん
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 00:09:32.63 ID:gUbkIj4wO
そのまま進めるの?
安価なら子供まで逆に取るから違法
180 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 15:01:25.04 ID:H0fbPiwo0
げ、やってしまった。なんで同じミスをまたやるかな…

すまん気を付けるわ。>>176は無かったことにしてくれ
181 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 16:17:10.69 ID:H0fbPiwo0
受付嬢「人間を生きたまま苗床にしている魔物がいるという噂のある洞窟の調査と討伐です」

アリエス「調査と討伐?討伐だけじゃなくて?」

受付嬢「はい。実は噂だけで正式な調査報告が無いんです…その、正式に依頼を受けて調査に行った方はまだ一人も戻られてなくて…」

アリエス「なるほど…相当危険なようだね。ミリナ、もしかしたら結構やb―」

ミリナ「行く行く!大賛成!」

アリエス「え、何でそんなにノリ気なの…?」

ミリナ「あ、言ってなかったっけ。ボク異種姦が大好きで大好きで、色んな種族とヤりたいんだよ!ああ、楽しみだなあ、四足ケモにバックで獣姦されるのもいいし沢山の蟲に集られて膣内まで侵入されて卵植え付けらるのもいいし触手に穴という穴を…」


アリエス「…クエスト受領の手続きをお願いします」

受付嬢「あ、はい」
―――――
―――

受付嬢「ではくれぐれもお気をつけて…何かあったら命最優先にして逃げてきてくださいね」

アリエス「うん、まあ大丈夫だと思う…うん」

ミリナ「行ってきまーす」


そう期待に胸膨らませて宿屋を出ると


「ちょっと待ってくれ、君たち。あの洞窟に行くんだろう?」


後ろから追いかけてきた風の女戦士が話しかけてくる


女騎士「君らのような素人二人が行くのは危ない!ここは熟練者の私が君たちを守ってあげよう!」


ドヤ顔で


アリエス「…私はギルドマスターだよ。素人じゃない」

女騎士「そう、私は熟練の女戦士!君らのようなか弱い女性を守るのが使命!」


ミリナ「話聞かないね、この人」

アリエス「…見るからに騎士として未熟にしか見えないんだけどどうしたもんかな…というかちゃんとしたところに属しているんじゃなきゃ騎士じゃなくて戦士じゃ…」


女騎士「なあに、お礼なんていらんよ。ちょっと護衛期間中の食事と報酬として当分の食事代を…」


@断る
A雇う

>>182
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 16:34:00.12 ID:0dMubctco
2
183 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 17:22:07.22 ID:H0fbPiwo0
アリエス「分かった、分かった。雇うよ」

女騎士「ほんと?良かったぁ。これで首の皮がつながっt―は、いやいや、あんな危険な敵地に女子供を向かわせるわけにはいかないからな!」

アリエス「ただし報酬は後払いね。護衛期間中の食事はちゃんと出すから」

女騎士「じゃ、じゃあ今すぐご飯を!」

@さっさと出発
A酒場に戻って奢ってあげる

>>184
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 17:36:18.60 ID:Rt8kbfVYO
2
185 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 19:54:24.68 ID:H0fbPiwo0
アリエス「はいはい」

ミリナ「いいの?無能そうだけど」ボソ

アリエス「人を決めつけちゃダメだよ。それに、こういう器量がギルドマスターには大事なのさ」

ミリナ「そうかな…」

女騎士「久しぶりのご飯だー!」
―――――
―――

女騎士を含めた三人でテーブルを囲んで食べる


アリエス「そう言えば名前聞いてなかったね。君、名前は?」

女騎士「ふっ、私に名など無い。騎士様と呼びたまえ」

ミリナ「分かったよ、騎士」

女騎士「いや、騎士様と」

アリエス「それで、騎士はいったい…」

女騎士「ごめんなさいリズです…」シュン

アリエス「それで、リズはその洞窟に何か用事でもあるの?」

リズ「そうじゃないんだけど…いや、そうではない!私は危険な洞窟に向かう二人を放っておけなかったのだ!」

@ミリナ「…誰からも雇ってもらえなかったんでしょ?それで初めて見たボク達に話しかけたと」
Aミリナ「理由ないならやめておいた方がいいよ。犯されて苗床にされちゃう」
Bミリナ「じゃあ評判聞いてこよっと」
Cミリナ「あ、料理来たよ」
D自由安価

>>186
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 20:01:26.76 ID:DXX6WuC0O
1
187 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 21:02:04.59 ID:H0fbPiwo0
ミリナ「…誰からも雇ってもらえなかったんでしょ?それで初めて見たボク達に話しかけたと」

リズ「な、なな、何故それを!…コホン、そんなわけが無かろう。私ほどの手練れとなると引く手数多なのだよ、君たちは光栄に思うといい」


ミリナ「ねえ、本当に大丈夫?」ヒソヒソ

アリエス「…ちょっと不安になってきたかも」ヒソヒソ


リズ「わーいいただきまーす」モグモグ


不安げにするボクら二人と裏腹に出てきた居酒屋料理を美味しそうに食べまくる自称女騎士リズであった
―――――
―――

リズ「ごちそうさまー!」

ミリナ「いっぱい食べたね。アリエスのお金で」

リズ「うむ。その分働くと約束しよう」

アリエス「まあ、期待しているよ」
188 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 21:19:02.51 ID:H0fbPiwo0
洞窟前


アリエス「うん、ここだね」

ミリナ「異種姦っ、いしゅかんっ♪」

リズ「待て!私が先導しよう!君たちは私の後をしっかりついてくるんだ!」


アリエス「…んー、まあどこに目標の魔物がいるか分からないから誰が先導してもいいけどね」

ミリナ「どんなのがいるかなー」


リズ(ここでこの二人を守り切れば名声が上がって私の汚名挽回で有名騎士になれる!ムフフフフ!)


@魔物に襲われても役に立たないリズ
A(性的に)魔物に襲い掛かられるリズ(どんな魔物かも)
B魔物に驚いてつい逃げ出してしまい、孤立するリズ
C何事も無く目標の魔物の巣に辿り着く
D自由安価

>>189
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 21:25:16.49 ID:mIXTchsz0
A
サキュバスの子供や悪戯好きなインプ♀
190 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 22:27:04.03 ID:H0fbPiwo0
「わー、人間だー!」

「わー、おもちゃだー!」


リズ「きゃーっ!敵だ―!やだっ!纏わりつかないで!やーだー!」ブンブン


ミリナ「…」

アリエス「…」


ロリサキュバスとロリインプに飛び掛かられてて騒いでいるだけである。剣をブンブン振り回してみっともないったらありゃしない


インプ「けけけー、鎧脱がしちゃえー」

サキュバス「パンツも脱がせ―」

リズ「やだっ!食べられる!お願い助けてー!」


ミリナ「どうする?」

アリエス「どうしよっか?」


@見てる
Aむしろ人生の先輩としてロリサキュバスにアドバイス
B自由安価

>>191
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 22:29:24.02 ID:Rt8kbfVYO
2
192 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/25(土) 23:17:26.45 ID:H0fbPiwo0
ロリサキュバス「おー、これが人間のまんこかー」

ロリインプ「おいもっと開け。中まで指突っ込めー」

ミリナ「ダメダメ、そんなやり方じゃ快感エネルギーを吸えないよ」

ロリサキュバス「ん?じゃあどうすればいいんだ?」


リズ「おい!私を助けるんじゃないのか!」


ミリナ「このまん筋をなぞるように舌を這わせてね」チュ

リズ「んぁっ♡!」ビクン

ロリインプ「おー、おもしれー!」


アリエス「…私はちょっと休憩でもしてるかな」

少し離れたところで壁を背にして座るアリエス


ロリサキュバス「こうかー?」

リズ「ふあっ、んっっ///」

ミリナ「愛液が出てきたら舌で膣内を刺激してあげて。クリトリスもしっかりね」

ロリサキュバス「ん、んちゅ、ちゅぷ、れろぉ、ぉぉ、何か出てきたぞー」

リズ「ぁっ、んぅ、ん…ふぁ、あ♡…だめ、魔物に、なんかぁ♡///」クチュ、チュプチュプ、クチュチュ、チュプゥ

ミリナ「そうそう。幼くてもサキュバスの体液には催淫の効果があるからね。涎たっぷり入れてあげてね♪」

ロリサキュバス「うんっ!」

ロリインプ「こらっー!オレが暇だぞー!」


@ミリナ「じゃあ君はおっぱいでもいじろっか」
Aロリサキュバス「じゃあ代わる?」
Bロリサキュバス「じゃあいっしょにしよ!」
C自由安価

>>193
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 23:23:19.21 ID:CFqHZqrJO
4.1に加えて、リズに「淫魔は怖くなんか無いよ。むしろリズをすごく気持ちよくしてくれるんだから、そのまま身を委ねてみなよ」
194 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/29(水) 22:47:44.38 ID:w1Uq+b/f0
ミリナ「じゃあ君はおっぱいでもいじろっか」

ロリインプ「おっー!すげえ、おっきくてやあらけえぞ!」ムニュゥ、モミモミ

リズ「んぁっ、あ…んぅ、ふぅっ、んっ♡んぁあっ♡やめろっ、魔物なんかにぃぃ///」ジュップジュップ、クチュ、チュププゥ

ミリナ「淫魔は怖くなんか無いよ。むしろリズをすごく気持ちよくしてくれるんだから、そのまま身を委ねてみなよ」


リズの耳に囁く


リズ「やだっ♡これ以上、これ以上気持ち良くなったら、なったらぁぁあ♡♡///」プシャァアア

ロリサキュバス「すごーい、潮吹いた―!」

ロリインプ「すげー、おもしれ−」

ミリナ「よしよし、次は…」


ロリサキュバス「次はあっちに遊びにいこー」

ロリインプ「きゃははー、待てよー」


・・・


ミリナ「逃げられた!」

アリエス「飽きっぽいのが子供だから仕方ないよ」


リズ「あへぇ…♡///」ピク、ピク


@リズを回復させて先に進む
A休憩中、いつの間にか魔物(標的の人間を苗床にする魔物)にさらわれるリズ
B自由安価

>>195
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 22:48:04.75 ID:YJUdTevEo
2
196 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/07/30(木) 00:46:34.06 ID:UCWDRgDA0
ミリナ「リズも疲れてるようだしこのままここで少し休憩していこうか」

アリエス「疲れてるのはミリナのせいでもあるからね?」

ミリナ「やだなあ、ボクはあの子に性の悦びを教えてあげたんだよ。ねえ?気持ち良かったからいいよね?」


ミリナ「…あれ?リズは?」

アリエス「…え?さっきまでそこで横たわって…」


正に凌辱後といった感じでほとんど裸になって寝てたリズが忽然と消えている


二人&「あ」


人を苗床にする魔物のいる洞窟、イかされたばかりで雌の匂いをプンプンさせているリズ…さぞ魅力的な獲物に見えたに違いない
―――――
―――

リズを連れ去った魔物は

@麻痺毒を打ち込み、意識はそのままに連れ去るムカデ型の魔物
A糸でぐるぐる巻きにして連れ去る蜘蛛型の魔物。幼体はワーム型
B物理的に自由を奪って連れ去る触手をたくさん携えた魔物
C体の中に入り込み、内側から体を操作する寄生型の魔物
D自由安価

>>197
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 01:10:14.80 ID:TUVCyH9go
3
198 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/08/01(土) 22:26:54.79 ID:kuxtoG1v0
〜少々時間は遡る〜


リズ「はぁ…はぁ…疲れた…///」


まだ少し体が火照っている…あんなのを経験したのは初めてだった…

あんなに好き勝手に身体を弄られていたのに腰が砕けちゃうほど気持ち良くて、頭の奥が痺れて…


リズ「…ん///」クチュ


気づいたら"ここ"を弄っていた。さっきの"気持ち良い"を思い出しながら…


リズ「っ!?」


いきなり何かに掴まれ、引っぱられた。そのまま抵抗するために力むことすらできずに強い力で引きずられる


リズ「たすっ…むぐっ!」


助けを呼ぶために叫ぼうとするも口に何か太くて長いものを二・三本突っ込まれ、声を出せなかった

動かせない舌で味わうそれはとても苦く、粘液にまみれていた


@自分を引きずるものの存在を見る(どんな見た目をしているか指定してもいい)
A自分が何に引きずられているのか見えない恐怖の中パニックになりかける

>>199
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/01(土) 22:30:48.80 ID:NeVvYYi6O
一、見た目はイッチにお任せで
200 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/08/01(土) 23:57:04.85 ID:kuxtoG1v0
自分の足を引きずっている存在を見る

そして瞬時に見てしまったことを後悔する。叫び声を上げたと思ったがそれは頭の中だけであり、触手によって塞がれていた口からは声など出るはずもなかった


巨大な、しかし平べったく黒い身体。背は光沢をもち、ツルツルしていたが短い毛が生えていてウゾウゾと蠢いていた。

平べったい身体の下にある肢は何対あるかここからでは見えないが、少なくとも3対以上あるように見える。その足とは別に体の下から何本も黒くヌルヌルとした触手が生えていて自分に巻き付いている

目が合った。黒いからから覗く赤い目、九つある瞳がギョロギョロと周囲を見渡し、内一つが一切動かずに自分を見据えている

口はあの体の下にあるのだろうか…ここからは見えないがきっとおぞましいものなのだろう…


おぞましい…おぞましいおぞましいおぞましいおぞましい…

魔物…話には何度も聞いた…本や標本でもいくらでも見たしスライムや化けネズミ程度の草原にいるやつなら実際に見たこともある。でもこんな、こんな恐ろしい虫に出くわすなんて…

しかもそれが今自分を捕まえているという事実、口の中にまで侵入し、ウゾウゾと口内を蹂躙している事実…そして、そして何よりも


"こいつらの巣"に連れ去られようとしている事実


誰か!誰か助けて!お願い!


いくら頭の中で叫んでも誰も助けになんか来ない。誰にも聞こえない

こんなことならあの二人から離れるんじゃなかった。そもそもついてくるんじゃなかった…


涙が出る。恐怖で全身が縮み上がり、毛穴が全部開く感覚がする。髪の毛までもが逆立った気すらする。余りのおぞましさに股間すらもが本来の機能も忘れて尿を漏らし、その不快感すら恐怖の前に忘れてしまう


これから何が起こるのか、何をされるのか、考えたくも無いそれを考えるだけで恐怖と吐き気が止まらなかった


@気絶する
A気絶することすらできずにこいつらの巣に連れて行かれる

>>201
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/08/02(日) 00:17:50.84 ID:qFBuiVS3o
2
202 : ◆1liatvkBmk [saga]:2020/08/02(日) 01:37:06.68 ID:RRsaD0+70
吐きそうになるほどにおぞましい。現に何度も吐いている。それでも口を塞いでいる触手に邪魔されて外に出せず、最終的にすっぱい吐瀉物を飲み干さすことになった

それでも気絶すらできない。慈悲深い忘却が訪れることは無く、このおぞましい虫に引きずられていく…

どんなにもがこうとも、叫ぼうとも、身をよじろうとも、逃げられず、反撃すら出来ない。無言呪文すらできない自分には何もできない


助けて!誰か助けて…!


いくら無駄だと思っても…分かっていても…心の中で、叫び続けた
―――――
―――

「キー!」

虫がいきなり叫びだした。それに呼応するように「キー!」「キー!」と同じ虫の声が方々からする

咄嗟に理解する。ここがこの虫の巣だ、虫達が会話するようにキーキー叫びあっている


広い空間にいくつもの穴があり、そこが小部屋となっているようで何匹もの虫が出入りしていく。その中で何が行われているのかは分からない…分かりたくもない、が…


「もうやだ!もういやだぁぁああ!!!」「助けて!助けてぇえっっ」「あっっ、んぁっ、んっ、んひぃっ…もうやめ…んひぃっ!」


様々な人間の叫び声がする。想像の中でも最悪のことが行われていると…理解してしまった

@恐怖する
A騎士として助けなければと自分を奮い立たせる

>>203

今日はここまで
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/08/02(日) 01:39:49.28 ID:ROa643xG0
A騎士として助けなければと自分を奮い立たせる
103.06 KB Speed:3.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)