阿笠「高級ソープ嬢になりたいんじゃが」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:18:48.70 ID:qFiEjITN0
阿笠「応援してくれるか、新一」

コナン「……」カチッ キュイイイィィン

コナン「オラァッ!!」ドゴォ!!

阿笠「っ……!?」

阿笠「し……しんい……ち……」ガクッ
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:20:08.64 ID:qFiEjITN0
…………

……



コナン「……っつーわけなんだよ」

灰原「そんな気色悪い話聞かせないでくれる?」

コナン「だけどよ、オメーの同居人の話だぜ?」

灰原「なおのことよ」

灰原「……まぁ、一応あの中年がノびてるワケは分かったわ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:20:53.83 ID:qFiEjITN0
コナン「俺も最初はあまりにキモくて蹴り飛ばしちまったんだけど」

コナン「よくよく考えてみると老い先短い中年の切望なわけだろ?」

コナン「無碍にするのもどうかと思ってよ」

灰原「世界一無駄な情ね……」

灰原「どちらにせよ、私はパス。これ以上関わり合いになりたくないわ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:22:18.99 ID:qFiEjITN0
コナン「そこを曲げてさ、な?」

コナン「博士がボケちまったときの予行演習だと思ってさ」

コナン「オムツ替えるよりはマシだろ?」

灰原「オツム交換した方がいいんじゃない」

コナン「ハハ……おめーも結構言うな……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:23:07.19 ID:qFiEjITN0
灰原「大体なんで初老の太った中年男性の望みがソープ嬢なのよ」

灰原「全てにおいて矛盾してるじゃない」

コナン「それはほら、博士も発明家だからな」

コナン「他人と違った感性を持ってても仕方ねーって」

灰原「発明家という職業を貶めるような発言はやめなさい」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:23:47.95 ID:qFiEjITN0
阿笠「む……ぅ……」ピクピク

コナン「ん、面白ハゲも起きたみてーだな」

灰原「できれば目覚めないでほしかったわね……」

阿笠「む……新一に……哀くんか」

コナン「博士、さっきは悪かったな。全力で蹴飛ばしちまって」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:25:02.63 ID:qFiEjITN0
阿笠「いや、心配には及ばんよ」

阿笠「もっと強く蹴ってもらってもよかったくらいじゃ」ドキドキ

灰原「」

コナン(やべぇなこのおっさん……)

阿笠「ふむ……それで二人は何を話しておったんじゃ?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:25:51.94 ID:qFiEjITN0
灰原「どこの老人ホームに博士を入居させるかの相談よ」

阿笠「む、むぅ……哀くんは怖いのう……」ビクッ

コナン「灰原にもソープ嬢の件について話してたんだよ」

阿笠「ほう、そうじゃったか」

灰原(この男、どうして平静でいられるのかしら……)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:27:09.33 ID:qFiEjITN0
阿笠「まぁいずれ哀くんにも相談しようと思っとったから」

阿笠「手間が省けたわい」

灰原「セクハラっていうかモラハラの領域ね」

コナン「大体よ、どうして高級ソープ嬢なんかになりてーんだ?」

阿笠「うむ、よくぞ聞いてくれた」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:29:13.03 ID:qFiEjITN0
阿笠「ローションにまみれ、マットの上で艶めかしく踊りたい……」

阿笠「身体のポテンシャルを余すことなく解放し、淫靡にまぐわいたい」

阿笠「極上の性技と天上の快楽で相手を癒しつくしたい……」

阿笠「そんな高級ソープ嬢になりたいと、男なら誰しも一度は夢見るじゃろ」

コナン「特殊な性的嗜好を一般化するんじゃねーよ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:30:06.29 ID:qFiEjITN0
灰原「私、部屋に戻ってもいいかしら」

コナン「待てって灰原、この変態発明家に現実を叩きつけてやらねーと」

灰原「どう考えても手遅れでしょ」

コナン「そもそも博士は『嬢』じゃねーだろ!」

灰原「あなたもひとの話を聞きなさい」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:31:05.12 ID:qFiEjITN0
阿笠「そんな問題は発明でどうとでもなるわい!」

阿笠「だいたい、君たち自身が幼児化しとる張本人じゃろう」

灰原「こんな低俗な話題で引き合いに出されるなんてムカつくわね……」

コナン「じゃあ仮に女体化できたとして、テクニックはどうするんだよ!」

灰原「仮定も問題も間違ってるでしょ!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:31:45.11 ID:qFiEjITN0
阿笠「そこは心配いらんよ、ほれ」スッ

コナン「財布を取り出す感覚でローションと桶を出すんじゃねーよ」

阿笠「ほれ、この通り」ダパダパダパダパ

コナン「妙に手慣れてるのがムカつくな……」

阿笠「毎晩風呂場でマットプレイの練習をしておるからのう」ニッコリ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:33:01.25 ID:qFiEjITN0
灰原「私、今度から銭湯を使うわね」

阿笠「まぁ、実際のところまだまだ未熟者じゃが」

阿笠「そこはここからの努力で補っていくつもりじゃよ」

コナン「なに爽やかなルーキーっぽく言ってんだよ」

阿笠「それに、実は既にとある発明品が完成しておるんじゃよ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:33:45.62 ID:qFiEjITN0
コナン「どうせロクなもんじゃねーんだろ」

阿笠「そんなことないわい、ほれ」パサッ

コナン「うわ……」

阿笠「名付けて、ランジェリー型ローション分泌装置じゃよ」ニッコリ

灰原「視力を持って生まれたことを後悔する光景ね……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:34:59.02 ID:qFiEjITN0
阿笠「電気と磁力で身体中のツボを刺激することで」

阿笠「汗腺からローション状の体液を分泌する……」

阿笠「まぁ、キック力増強シューズと同じような構造じゃな」

コナン「」

阿笠「まぁまぁ、とくと御覧じろ……ほれ」ヌパッ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:35:39.25 ID:qFiEjITN0
コナン「うっわ…………」

灰原「」

阿笠「どうじゃすごいじゃろう!」

阿笠「このように一瞬で全身ヌルヌルになれる!」

阿笠「これでいついかなる時でもローションプレイが可能というわけじゃ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:36:46.97 ID:qFiEjITN0
コナン「……」

灰原「……」

阿笠「……」

コナン「……わかったから、それ、やめろよ……」

灰原「……」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:37:59.36 ID:qFiEjITN0
阿笠「なんじゃ、ノリが悪いのう」

阿笠「まぁ、まだ試作型じゃからこれから改良を加えて……」ニュルッ

阿笠「……」ニュルン ニュパッ

阿笠「…………」

コナン「……どうしたんだよ?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:39:12.42 ID:qFiEjITN0
阿笠「……」

阿笠「手が滑ってスイッチが切れん……」

コナン「……」

灰原「……」

阿笠「た……助けてくれ……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:40:20.23 ID:qFiEjITN0
コナン「……」

コナン「そのうち効果も切れるんじゃねーのか?」

阿笠「いや、ダメじゃ」

阿笠「この装置はワシの生体エネルギーで動いとる」

阿笠「つまり死ぬまでローションの生成は持続する」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:41:19.84 ID:qFiEjITN0
灰原「なんで無駄にハイテクなのよ」

コナン「とはいえずっとそのままってワケにはいかねーだろ」

阿笠「いや、ダメじゃなこれ」

阿笠「もうワシはこのままの姿で生きていくわい」

コナン「なんでダメな方向に潔いんだよ」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:42:18.59 ID:qFiEjITN0
阿笠「きっとこういう運命だったんじゃよ」

コナン「なんだよその悟り……」

阿笠「それに……さっきから滑って……バランスが……」プルプル

阿笠「ぬおおっ!?」ズデン ビシャッ

コナン「うおおっ!?」ビクッ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:43:11.49 ID:qFiEjITN0
阿笠「」スイー

灰原「アシカショーみたいね……」

コナン「バーロォ! 言ってる場合か!」

コナン「今の博士の摩擦係数の小ささからして……!」

阿笠「」パリーン
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:43:50.07 ID:qFiEjITN0
灰原「窓を突き破って表に!?」

コナン「クッソ、あんなもんが外に出たら……!」

キャー!!!

コナン「手遅れか……っ!」

灰原「とにかく追いかけるしかないみたいね……!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:45:18.32 ID:qFiEjITN0
コナン「ああ! 少年探偵団にも協力してもらう!」カチッ

コナン「おいオメーら、聞こえるか!」

元太『オウ、どうしたんだよコナン』

歩美『聞こえるよ!』

光彦『何かあっ―――
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:46:03.45 ID:qFiEjITN0
歩美『キャアアッ!!』

コナン「おい、どうしたんだ歩美ちゃん!」

歩美『み……光彦くんがヌルヌルしたものに轢かれて……!』

コナン「本当か!?」

灰原「……いきなりビンゴみたいね」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:47:10.43 ID:qFiEjITN0
元太『なんだよ?』

コナン「いいか二人とも、それは博士だ!」

歩美『えぇっ!?』

コナン「それで博士はどっちの方に行った?」

歩美『米花駅の方に向かったよ!』
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:52:44.31 ID:qFiEjITN0
コナン「おーし……いいか、そのまま博士を追跡するんだ!」

元太『オウ、わかったぜ!』

歩美『コナンくんたちは?』

コナン「オレたちも後から追いかける! 見失うなよ!」

歩美『任せて!』
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:54:01.16 ID:qFiEjITN0
…………

……



阿笠「ふむ……駅舎にぶつかってなんとか止まれたわい」

阿笠「それになんとか立つコツも掴めてきたようじゃ」スタッ

阿笠「とはいえ……これからどうするかのう……」

コナン「博士!」

阿笠「む……?」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:56:46.68 ID:qFiEjITN0
コナン「大人しくしろ!」

阿笠「ふむ、少年探偵団のみんなも一緒か」

元太「うわっなんだあれ?」

歩美「なんだか水〇玄餅みたいだね〜」

灰原「もう逃げられないわよ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:57:58.01 ID:qFiEjITN0
阿笠「逃げたつもりはないんじゃが……まぁいいわい」

阿笠「今のワシはこの通り高級ソープ嬢そのものじゃ」

阿笠「そして、これこそがワシの新たなる生きるなんじゃよ」

元太「ソープ嬢ってなんだ? 食えるのか?」

コナン「大人になったらな」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:58:43.08 ID:qFiEjITN0
阿笠「これからワシは大地をマットとし、海原を浴槽とし」

阿笠「この空の下の全てをソープランドとして生きていくことを宣言する」

阿笠「言うなればソープの神じゃ……」

コナン「バーロォ!! 何血迷ったこと言ってんだ!」

コナン「いますぐそのふざけた夢から目を覚まさせてやるぜ!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 22:59:36.99 ID:qFiEjITN0
コナン(とはいえ……何か手は……!?)

光彦「みなさ〜ん」タッタッ

コナン「!!」ティロリン!

コナン「っしゃあ光彦そこを動くなよ!!」カチッ キュイィィン!!!

光彦「えっ――――
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:01:24.86 ID:qFiEjITN0
コナン「いっけえええええええっ!!」ドゴォ!!!

故・光彦「」シュゥゥゥン

阿笠「むっ!!」

灰原「考えたわね……円谷くんを弾丸に……!」

歩美「いけえええっ!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:03:02.22 ID:qFiEjITN0
阿笠「――無駄じゃよ」ニュルン

コナン「!?」

阿笠「……全ての攻撃は体表のローションと」

阿笠「衝撃を吸収するふくよかボディによって」

阿笠「完全に無効化されるからのう」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:04:19.37 ID:qFiEjITN0
コナン「クッソ……普段の五倍ムカつく……!」

コナン「それより何か次の手を……ん?」

元太「パトカーの音が近づいてくるぞ!」

灰原「どうやら誰かが通報したみたいね」

歩美「あ、佐藤刑事と高木刑事だよ!」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:05:38.23 ID:qFiEjITN0
佐藤「みんな、大丈夫だった!?」

コナン「佐藤刑事!」

高木「うわっなんだあれ!?」

コナン「阿笠博士が高級ソープ嬢になるための発明をしたんだけど、それが上手く機能しなくて一生ローションまみれになることを余儀なくされたから全てを諦めてソープの神になるなんて妄言を吐くようになっちゃったんだ」

佐藤「なるほどね」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:06:59.60 ID:qFiEjITN0
佐藤「どちらにせよ、あんな猥褻物を放っておくわけにはいかないわね……」スッ

佐藤「阿笠さん! その場で大人しく両手を上げて!」カチャッ

阿笠「ふむ、こうかのう?」スッ

歩美「へー、博士って腋毛も白いんだ!」

佐藤「今すぐ両手を下ろしなさい!!」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:08:01.84 ID:qFiEjITN0
阿笠「なんじゃ、勝手じゃのう……」ペチャン

佐藤「そのまま動かないで……動けば撃ちます」

コナン「ダメだ佐藤刑事!」

コナン「今の博士にはどんな攻撃も通用しない!」

コナン「それにここじゃ弾かれた銃弾が周りの人に当たっちゃうよ!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:08:35.21 ID:qFiEjITN0
阿笠「コナンくんの言う通りじゃ」

阿笠「ほれ、拳銃を下げるんじゃよ」

佐藤「くっ……!」スッ

高木「万策尽きたか……!」

灰原「アンタなにもしてないじゃない」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:09:47.10 ID:qFiEjITN0
佐藤「……!」

佐藤「じゃあ、精神的に攻めるのはどう?」

佐藤「とにかく罵倒して弱らせて動きを鈍くさせて……!」

コナン「ダメだ! 博士は真正のマゾヒストなんだ!」

コナン「そんなことしたら逆にパフォーマンスが向上しちまう!」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:11:24.68 ID:qFiEjITN0
佐藤「そんな……どうすれば……」

高木「今度こそ万策尽きたか……!」

灰原「だからアンタ何もしてないでしょ」

コナン(だが……どうする?)

コナン(何かあるはずだ……考えろ……方法を……!)
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:12:04.08 ID:qFiEjITN0
阿笠「さて……お遊びはおしまいのようじゃな」

阿笠「そろそろワシも本領発揮とイクかのう……」

阿笠「そうじゃな……一人目のお客様は高木刑事にしよう」

高木「ヒィッ!?」ビクッ

阿笠「大丈夫じゃよ、昇天するほど気持ちよくさせてやるわい」ムクムク
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:12:57.03 ID:qFiEjITN0
コナン「……!!」

コナン「そうか……考え方を変えればいいんだ」

コナン「みんな! 阿笠博士に思いつく限りの罵倒を浴びせて!」

佐藤「えぇ!?」

灰原「そんなことをしたら……!」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:13:53.64 ID:qFiEjITN0
コナン「大丈夫さ。オレを信じろよ」

灰原「江戸川くん……」

コナン「さぁ!」

佐藤「……わかったわ」

コナン「よし……子供にしか相手にされないおっさん!」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:14:21.57 ID:qFiEjITN0
灰原「中年変態印!」

佐藤「高齢独身!」

高木「変な髪型!」

歩美「移動手段!」

元太「バーカ!」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:15:07.14 ID:qFiEjITN0
羽賀響輔「不協和音!」

羽田秀吉「遊び駒!」

ウォッカ「無能!」

沼淵己一郎「蛍頭!」

梓「えっと……変質者!!」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:15:45.82 ID:qFiEjITN0
阿笠「……!!」ムクムクッ

コナン(よし、狙い通りだ)

コナン(あとは……)

コナン「元太! 博士の股間を見ろ!」

元太「あ? なんだよ?」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:16:13.64 ID:qFiEjITN0
コナン「いいからほら」

元太「見ろつったってよ、ただのチンコじゃねーか」

コナン「バーロォ、よく見ろ!」

コナン「細くて、ヌルヌルで、どことなく気持ちが悪い」

コナン「そうさ……あれは鰻だ!」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:17:38.23 ID:qFiEjITN0
元太「……!!」

コナン「さぁ行け元太!」

元太「――」ダッ

阿笠「うな重モードの元太くんか……だが詮なきことじゃよ」

阿笠「ワシのペニスはローションと我慢汁でコーティングされておる! 何人たりとも握ることは――」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:18:06.16 ID:qFiEjITN0
コナン「バーロォ……誰が握るなんて言ったよ」

阿笠「なんじゃと?」

コナン「元太ァ!! そのまま直接食らいつけ!!」

元太「」グポオッ

阿笠「」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:19:03.42 ID:qFiEjITN0
元太「」ジュルルルル!!! グッポグッポグッポ!!!

コナン「いいぞ! 頑張れ!」

阿笠「む……むぅん……」ビクビク

阿笠「じゃ、じゃがいくら吸い付かれようと、ただ気持ちいいだけで――」

コナン「まだだ元太! そのまま飲み干せ!!」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:19:59.44 ID:qFiEjITN0
元太「」ズゾゾゾゾゾゾ

阿笠「」

コナン「そのまま食いちぎれ!!」

元太「」ズゾゾゾ

元太「」ガブッ
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:21:24.23 ID:qFiEjITN0
阿笠「ア」

阿笠「……ぐおおおおおおおおっ!!?」ガクガクビュルルルル

コナン「よし!」グッ

佐藤「考えたわね……わざと罵倒して勃起させて元太くんをけしかけ」

佐藤「ローションと体液を飲み干させつつペニスを食いちぎらせたわけね」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:22:05.41 ID:qFiEjITN0
コナン「うん。あぁでもしないと博士にはダメージを与えられないからね」

灰原「探偵の面目躍如ってところかしら?」

歩美「コナンくんすごーい!」

コナン「とにかく、これで博士も大人しく――」

阿笠「そうは……いかんよ」ブルブル
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:23:07.38 ID:qFiEjITN0
コナン「!?」

阿笠「君も知っての通り、ワシは根っからのマゾヒストじゃからのう……」ガクガク

阿笠「この苦痛も無上の快楽じゃわい……」

佐藤「そんな……」

灰原「バケモノね……」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:23:47.97 ID:qFiEjITN0
阿笠「それに……お陰で『嬢』になる手間が省けたわい」

阿笠「これでより一層高級ソープ嬢に……ソープ神に近づいた」

コナン「くっ……!」

阿笠「しかし、君はやはり厄介じゃのう」

阿笠「これ以上邪魔されてはたまらん」ムニュルン
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:25:07.95 ID:qFiEjITN0
コナン「待て! どこに行く気だ!」

阿笠「君の大切なものを人質にするんじゃよ!」

阿笠「さらばじゃ!」スイー

高木「カーリングみたいだ……」

灰原「アンタ何しに来たの?」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:26:05.36 ID:qFiEjITN0
コナン(まずい……このままじゃ蘭が……!)

コナン(俺がやるより先にローションまみれにされちまう……!)

コナン(そんなことは絶対にさせねぇ……)

コナン(俺はお前のことをローションまみれにしてーんだ……この地球上の誰よりも――)

コナン「チクショー……らあああああああああああああん!!!!!!」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:26:54.88 ID:qFiEjITN0
…………

……



蘭「えーほんとー?」

園子「ほんとほんと! それでねー!」

阿笠(ふむ……やっと蘭くんを見つけたわい)

阿笠(ビルの上から飛びかかれば反応もできんし、今のワシには空手も通用せん)

阿笠(ローションで少し窒息してもらって、人質になってもらう……)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:27:53.57 ID:qFiEjITN0
阿笠「全てはワシの大望のため!」ヌルリ

阿笠「悪く思わんでくれよ!」ジュルーン

阿笠「今じゃ!」ヒュウウ

園子「……あ、蘭ちょっとこの店見て!」

蘭「ん? どうしたの」ピタッ
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:28:28.38 ID:qFiEjITN0
阿笠「」グサッ

蘭「いたっ」

園子「うわ……蘭、角に変なの刺さってるよ」

蘭「え……うわぁなんだろうこれ……」

園子「ハンカチ貸してあげるから早く取りなよ」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:28:56.45 ID:qFiEjITN0
蘭「うん……ありがと」グイッ

故・阿笠「」ビタンッ

蘭「取れた?」

園子「うん、取れてる」

蘭「たまにあるんだよね〜。前はお父さんが刺さってたし……」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:29:25.84 ID:qFiEjITN0
園子「もー私のことは刺さないでよー?」

蘭「もう! 園子ったら!」

園子「あはは! それでさ……」

蘭「うんうん」

故・阿笠「」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:31:14.14 ID:qFiEjITN0
…………

……




オレたちが発見したとき、博士は腹を何かで貫かれ、既にこと切れていた。

目尻から液体が流れ落ちた一筋の跡が残っていたが、それが涙だったのか、ローションだったのか今となっては分からない。

一連の騒動の結果、元太はローションで窒息死。佐藤刑事は懲戒免職となり、高木刑事は殉職。

博士は被疑者死亡のまま書類送検。光彦は極刑に処された。

中年が抱いた不相応な願いの顛末は、あまりにも残酷な現実だった――
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:32:07.94 ID:qFiEjITN0
…………

……



ジン「お客様、ご案内いたします」

??「うむ」

ジン「こちらです。ごゆっくり……」

??「」ガチャッ

??「ようこそおいでくさいました……ミワコです。よろしくお願いします」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/06/22(月) 23:33:42.09 ID:qFiEjITN0
??「うむ、よろしく頼むよ佐藤くん」

??「え……」

佐藤「め……目暮警部……!?」

目暮「高級ソープ嬢のテクニック、味わわせてもらおうか」

佐藤「」


BAD END
23.11 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)