栗花落カナヲ「心のままに、炭治郎を堪能するね」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:47:12.18 ID:pgps9vXh0
【はじめに】

・キャラ崩壊あり(主にエロい方面で)

・序章は『カナヲ単体ルート』
(短編的なので短い)

・序章終了後は『ハーレムルート(蝶屋敷の女の子達)』
(こっからが本番)
2 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:50:35.93 ID:pgps9vXh0
炭治郎「表だ!表にしよう!」

炭治郎は指で、表裏と書かれた銅貨を、ピィンッ音を立て高々と弾く

炭治郎「表が出たら、カナヲは心のままに生きる!」

カナヲ「……」

炭治郎「おっとっと…とれた!」パシッ

カナヲ(どっちだろう。落ちた瞬間、背中で見えなかった)

炭治郎「やった!表だぁぁ!!」

カナヲ「……ッ」

炭治郎「カナヲ、頑張れ!!人は心が原動力だから、心はどこまでも強くなれる!!」

カナヲ「な、なんで表を出せたの…?」

カナヲ(手元は見てた。小細工はしてない様だし)

炭治郎「偶然だよ!それに裏が出ても、表が出るまで、何度でも投げ続けようと思ってたから!」

カナヲ「…………」

カナヲ「……」キュッ

炭治郎から返された銅貨を、両手で握り締め、そっと胸元に寄せる

カナヲ(心のままに…)
3 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:52:30.16 ID:pgps9vXh0
それから暫く、時が経過し
数々の死闘を乗り越えた後

(深夜・医務室にて)

炭治郎「下駄箱に手紙が入ってたけど、差出人が不明だった」

炭治郎「いったい何誰だろう」

ガララッ

カナヲ「……」

炭治郎「カナヲ!君だったのか」

カナヲ「炭治郎、この間も怪我ひどかったけど、もう大丈夫?」

炭治郎「うん!もう大分よくなったよ!」ニコニコ

カナヲ「よかった」

炭治郎「んん?」ドキッ

カナヲ「……」

炭治郎(何だろう。雰囲気が)ムラッ

炭治郎(カナヲからくる、匂いが)ドキドキ

炭治郎「……」ムラムラ

炭治郎(ハッ!なにを考えてるんだオレは!?)

カナヲ「……」コツコツ

何かを察して、顔を真っ赤にし、目が落ち着きなく泳ぐ炭治郎
一方、カナヲはゆっくりと、炭治郎の目の前まで接近する
4 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:53:31.99 ID:pgps9vXh0
炭治郎「あ、あの、カナヲ…ち、近い…」

ほんのちょっとでも動けば、互いの肌が触れ合いそうな距離感

カナヲ「……」ニコニコ

炭治郎「カナヲ?」

カナヲ「最近、師範に褒められたの」ニコニコ

炭治郎「しのぶさんに?」

カナヲ「うん。自分の気持ちを…言葉に、行動に移す事が出来る様になってきたって」

カナヲ「頭、撫でてくれた」

炭治郎「カナヲ…前にオレが言った事、覚えててくれたんだね」

カナヲ「目の前であんな事されたら、絶対忘れないよ」

炭治郎「カナヲ…変わったんだね。凄く嬉しいよ!」

カナヲ「今日は、そのお礼をしにきたの」
5 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:54:32.30 ID:pgps9vXh0
炭治郎「お礼だなんてそんな…」

炭治郎「……」ドキドキ

炭治郎(気のせいであってくれ。鼻の調子が悪いせいだと思いたい)ムラムラ

カナヲ「……」

カナヲ「顔が真っ赤だよ炭治郎」

炭治郎「ふぇっ!?」

カナヲ「眼も泳いでて、汗も出てる」

炭治郎「あ、あの…その…」ドキドキ

カナヲ「炭治郎は鼻が良いように、私は眼が良いの」

炭治郎「こんな深夜の、窓から差し込む、月明かりしかない部屋で…」

カナヲ「うん炭治郎の姿はっきり見えるよ」

炭治郎「そ、そそ、そっか」ムラムラ

カナヲ「……」

カナヲ「炭治郎、すごい勃起してるね」
6 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:55:36.85 ID:pgps9vXh0
炭治郎「ボッ!!??な、いきなり何を言ってるんだ!!」

カナヲ「……」

カナヲ「匂いで、私がいま何を考えてるか、もう分かってるよね?」

炭治郎「あ…えぇ…その…」ドギマギ

さわさわ、さわさわ

炭治郎「ってうわあぁぁ!?何てところ触っているんだ!!」

カナヲ「何って、ナニをだよ」

さわさわ、さわさわ

カナヲ「硬くて熱い…それに、すっごく大きい」

さわさわ、さわさわ

カナヲ「わたし」

カナヲ「心のままに、炭治郎を堪能するね」

炭治郎「だ、駄目だよ…こういうのは好きな人とやらないと…」
7 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:57:10.81 ID:pgps9vXh0
カナヲ「昔、カナエ姉さんが言っていた事なんだけど」

カナヲ「私が幼いころ、蝶屋敷に引き取って貰って間も無く」

カナヲ「師範に指示待ちしないで、自ら考えて行動しなさいって叱られて」

カナヲ「その時、カナエ姉さんが庇ってくれて、表裏の銅貨を渡されて」

カナヲ「『いつか、好きな男の子でも出来たら、カナヲだって変わるわよ』って」

カナヲは、炭治郎の膨脹した陰茎から手を離し、両手でそっと炭治郎の胸元に手を当てる

カナヲ「カナエ姉さんが言ってた事、本当だった」

カナヲ「んちゅっ……」スッ

炭治郎「ッ!?」

カナヲと炭治郎の唇が重なる
8 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:58:21.29 ID:pgps9vXh0
カナヲ「んんちゅっ…じゅるっ、れろ…んん…」

炭治郎「―――――ッ」

情熱的に接吻(キス)を交わすカナヲ
舌も絡めていく

カナヲ「んん、んぁ…んん、れろ」スッ

ギュゥゥゥ

胸元に当てていた両手は、炭治郎の背中へと回して、両腕で強く抱きしめる

炭治郎「―――――」

一方、理解が追いつかない炭治郎

物静かな少女から、突如として受けた熱烈な好意
その普段からは想像もつかない言動と行動に、戸惑いを通り越し固まっていた

だが本能は正直なのか、勃起は止まらず
その陰茎はひたすら熱く硬く、抱きしめてきたカナヲの腹部を押し当てる
9 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 03:58:53.22 ID:pgps9vXh0
炭治郎「うっ…ンンッ!!」

ビュッ!ビュッ!

カナヲ「れろ、んじゅ、プハッ……あれ?炭治郎もしかして」

炭治郎「あ…ああ…」ガクガク

カナヲ「そっか。怪我とか治療とか重なって、全然ヌいてないだろうし…アソコも溜まってたよね?」

炭治郎「」

カナヲ「フフ。少し擦って、接吻(せっぷん)しただけなのに…もう射精しちゃうなんて」

カナヲ「実は炭治郎って絶倫?」

炭治郎「」
10 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 04:01:26.42 ID:pgps9vXh0
カナヲ「お願いがあります」

炭治郎「は、はいい!」

カナヲ「一生ついていきます。私の子供を生んでください」

炭治郎「え、えと…その…」ドキマギ

カナヲ「私なんかじゃ…イヤ?」ウルウル

炭治朗「と、とんでもない…むしろ、カナヲが俺なんかで良いの?」

カナヲ「炭治朗以外なんて、考えられない」

炭治郎「えと…禰豆子を人間に戻して、鬼舞辻を倒した後なら…」

カナヲ「……」

カナヲ「じゃあ今日は、避妊してヤラないとね」

炭治郎「え?」

ガチャガチャ…ススッ…

カナヲは、炭治郎のズボンのベルトを外し、下着ごと下ろしていく

カナヲ「これが殿方の、おちんちん…すごい大きい。先端の透明な液体は、精液かしら」

炭治郎「」

カナヲ「えい」ニギッ

炭治郎「ひぎぃぃぃ!?」ビクッ

炭治郎の膨脹した肉棒を握るカナヲ
11 : ◆ExcbJR30iQ [saga]:2020/06/29(月) 04:03:49.72 ID:pgps9vXh0
今日はここまで
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/01(水) 08:03:40.49 ID:I3cEYb8rO
続けたまへ
7.22 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)